青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「初期~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

刑事~ ~列 列~ 列車~ 初~ ~初め 初め~ ~初めて 初めて~ 初夏~
初期~
判~ ~判らない 判らない~ ~判る ~判断 判断~ 判然~ ~別 別~ 別々~

「初期~」 1080, 12ppm, 9357位

▼ 初期~ (545, 50.5%)

7 ものは, 作品に, 作品の, 時代に 6 作品は 4 もので, ものに, 作品には 3 作には, 作は, 作品で, 作品を, 状態を, 頃に

2 [29件] ころの, ものが, ものらしい, ように, キリスト教徒の, ユーモア作家としての, 作, 作が, 作で, 作品, 作品が, 傑作でした, 公人的歴史は, 官吏某の, 小説に, 彼の, 心持に, 戯曲は, 文学の, 方が, 日本の, 段階に, 浮世絵師が, 無産階級運動が, 短篇小説の, 蔡絛の, 詩形を, 諸作, 頃の

1 [423件] ある種, いくつかの, うちに, うちは, かな女より江兼女何女らの, この派, これらの, ころにも, ころ三代家光の, ころ家康が, ごとく率直, それであり, それらの, ためでは, ときには, なげぶしや, はあんまり, は市人, は強い, ものから, ものだ, ものだけが, ものと, ものなどから, ものによって, ものの, イギリス, イタリア作品や, イプセンが, オランダの, オランダ人の, オランダ戦争, オランダ海運業の, カミロット行の, ガンダーラの, ガンダーラ仏像の, キリスト信者の, ギリシア哲学は, シェリングに, シューベルトには, ジィドなどの, スタイルは, セザンヌの, トーキーが, バテレンの, ピカソまた, ブルジョアジーは, プタ, プロレタリアート文学について, プロレタリア芸術運動は, ペダンティックな, ホトトギス雑詠に, ボオドレエル熱を, マルキシストを, ライオンを, リアリストたち或は, リリシズムは, リードに, レクヰエム的要素が, ロマンチシズムが, ロマンチストを, ロマンティシズムとは, 一つの, 一八九四年リーヂアは, 一刹那の, 一幕物に, 一幕物には, 一時で, 一派文学者の, 三四年であった, 三女性, 三河武士の, 不純な, 両軍作戦, 丹絵の, 乾徳元年, 事を, 二つの, 京都でも, 人々よりも, 人たちによって, 人で, 人に, 人は, 人類は, 仏法関係の, 仕事としての, 仕事は, 仕事を, 仲間に, 会員の, 作から, 作つまり, 作である, 作であろう, 作と, 作に, 作の, 作を, 作中でも, 作例である, 作品たる, 作品だ, 作品とは, 作品なる, 作品において, 作品にも, 作品より, 作品ワグナーが, 作品略, 作家が, 作家たちで, 作家群と, 作戦は, 作許で, 侠客の, 侠客は, 信仰には, 信仰を, 信仰者達の, 俤を, 俳人たちの, 俳句は, 俳句や, 俳諧の, 俳諧は, 俳諧師は, 傑作である, 傑作を, 傾向を, 儒学者である, 優れた仏教芸術, 先祖の, 公地法では, 兵火と, 内には, 写実的な, 出発に, 刑法は, 制限は, 前九年後三年, 剣人の, 創作の, 創意では, 劇作は, 劇界からは, 動乱時代を, 北原白秋氏を, 卒業生の, 卒業者である, 友人に, 口語文の, 古い吹込み, 句で, 史學は, 名画家百済河成や, 吹込みに, 和洋折衷の, 和算書は, 和製武后伝に, 唯物弁証法的創作方法から, 商業人口増加率は, 図書館の, 地下塋窟の, 大ハイカラ, 大儒たる, 大変美しい, 大歌, 大阪の, 天然神にも, 女体の, 女学また, 婦人作家大塚楠緒子の, 婦人英学者若松賤子である, 孔子学園と, 孔子学派の, 孔子学派は, 学生であった, 学者たちが, 学者として, 学者林羅山, 宗教戦争で, 客車の, 対日方針, 小さい嫩芽, 小唄の, 小唄類の, 小説の, 島人の, 工程だけを, 左翼芸術理論に, 師父, 建築が, 建築の, 建築物を, 形という, 役者絵出る, 彼は, 徴候を, 志士その, 志賀直哉氏さへ, 思想の, 思想は, 思春期に, 恋愛の, 恋歌は, 愚かな, 感じが, 成層圏機に, 或年, 戚夫人が, 戦乱は, 戦争に, 戦争談足利南北朝の, 手砲を, 手紙で, 抒情詩の, 支那學者の, 敍事詩には, 教授達が, 教育には, 文化を, 文化的知性の, 文壇は, 文学が, 文学では, 文学においても, 文明が, 文明に関する, 文献には, 文章は, 文藝殊に, 新体詩に, 新律綱領, 新撰姓氏録上表の, 新聞を, 日光建築は, 日本文化の, 早急な, 明るいしかし, 映画で, 映画において, 時代が, 時代において, 時期に, 暗鬱な, 曲で, 書いたもの, 書言家が, 月並な, 有数な, 期待を, 未開状態においては, 本が, 本相にか, 条件法の, 板画は, 業体であった, 模様を, 機運などに, 欧化に対する, 歌劇で, 歌舞妓衆の, 武士などの, 歴史と, 歴史を, 歴史小説と, 殖民地らしく, 段階において, 段階においては, 気風とは, 沈滞萎靡した, 沙翁舞台, 油絵画家の, 沿岸艇でありまし, 洋画家は, 活動は, 活字本, 流行で, 浮世絵の, 清妙芳麗, 渡来者が, 演劇界は, 漠然たる不, 漢學者は, 漱石の, 瀬戸の, 無産者文学では, 無産者運動に対して, 無産階級文学らしい, 版畫らしく, 物であり, 状態から, 状態である, 状態に, 状態においてすら, 状態にも, 王統を, 環境において, 甘や, 生れである, 産業の, 田山花袋や, 男鹿人は, 画廊に, 画面は, 留學生が, 症状に, 症状を, 発展経路を, 発達段階に, 目的さえ, 県会に, 短歌の, 短篇, 短篇が, 短篇は, 短篇を, 石像彫刻によってよりも, 研究の, 研究結果だけ, 社会革命は, 禿頭病とだけ, 秀歌という, 私の, 私立大学の, 科学の, 科擧は, 秩序に, 移住者の, 移動と, 積極的な, 築地小劇場式常設研究劇団の, 精神病と, 紅絵時代茶色の, 経典に, 経済事情を, 結婚が, 結晶の, 結晶状態として, 結界を, 綺譚として, 緑内障なら, 編輯に, 美しさ, 美人晝に, 美女代表で, 美術と, 耶蘇教禁止令は, 肉筆の, 肺患者に, 肺病患者には, 胎生細胞は, 脊髄癆患者に, 自然主義作家の, 自然主義的な, 自由党に, 芝居や, 花やかな, 芸術に, 芸術的情熱の, 若い人たち, 苦心が, 英国議会を, 茶人なる, 茶人達が, 茶器が, 茶室は, 草子にも, 著作である, 葬儀が, 蒐集品が, 蓄積的発展期の, 藝術に, 衆議院には, 行方不明中の, 術じゃ, 袋中和尚によって, 言文一致論者との, 記録には, 記録簿に, 記録簿は, 詩, 詩人マヤコフスキイみたいに, 諸算書, 諸詩人, 講演に際して, 議会に, 議会は, 議會は, 貴族, 資料にだけ, 資本主義の, 軍学者小幡勘兵衛景憲, 通信は, 造顕ただ, 連鎖に, 進歩的な, 進歩的女子教育家であった, 逸事瑣談を, 運動に, 過程の, 部分を, 郵便飛行機に, 重要なる, 野心作でも, 銀幕スターから, 錢易の, 長崎貿易は, 開拓者が, 開発地などには, 間でした, 間に, 間は, 間貿易の, 陶器に関する, 隨筆物が, 雄偉な, 静脈炎の, 音韻を, 頃を, 風俗を, 首都の

▼ 初期~ (148, 13.7%)

8 於て 7 於ては 4 なると 3 あっては 2 おけると, 於ける伯, 至るまで, 蜂起せる

1 [118件] あって, あつて, あらわれた彼, ありがち, いたるも, お家騒動の, かかると, このよう, こんな大, すでにゾラ, その年代, できた, なんの, ぼくは, まだその, みる寫眞, わが教育, ジョルダノ・ブルノは, ニイチェが, ニルの, フランスへ, 与えること, 二三人玉葉, 五節供という, 亘つて行はれた, 亙る朝鮮, 人民が, 付けられたもの, 作られその, 作られたらしい旧式, 作者が, 使い慣れたもの, 使用され, 偽造した, 入ったもの, 入りて, 入りぬ, 入るといった, 公に, 再生した, 出た王彦昇, 出た錢易, 出來, 出版した, 及んで, 収穫が, 名を, 吹込み直し, 吾, 固定した, 基督教迫害の, 属するもの, 属する作品, 属する単純, 属する場合, 属する詩篇, 屬する, 帰ろうと, 常識的の, 平林初之輔によって, 当って, 当っては, 彼を, 後刻した, 急死した, 慌てて, 戻って, 所謂三史の, 撮つたもの, 文明開化の, 於いて, 於ける学術, 於ける少数, 於ける情熱性, 於ける我が国, 於ける無, 於ける福沢諭吉等, 於ける赤化防止運動, 於ける近代式文化登山, 於ても, 既に, 既に大嘗祭, 既に生命, 日支親善の, 更に, 書かれた歴史文学, 核が, 決定した, 活躍した, 渡って, 滅びつつ, 牧畜民族によって, 現れたる建築様式, 現存せる, 発表した, 発見した, 移る大阪落城, 続いた漢詩文, 罹つた場合, 罹つて, 考えられなかった複雑, 至つて文明波及の, 至ると, 至るまでの, 芸術と, 草分けとしては, 螺旋菌が, 行われたやり方, 見られた歴史小説流行, 記録せられた, 課せられた場合, 論議された, 起つた侠客, 起つた信仰, 較べて, 道教の, 重要な, 鹿鳴

▼ 初期には~ (38, 3.5%)

2 いわゆる文明開化, 武士も

1 [34件] この方法, これも, さらに大きな, どうであった, みなこの, 一人の, 万葉仮名で, 主として石, 其が, 区別が, 十人か, 却って精神的活動, 吉川惣一郎といふ, 女文字と, 幾多の, 必須条件として, 方々の, 既に出来上つて, 日記や, 月日の, 東洋文化の, 歴代の, 混乱した, 物理学者の, 犬の, 田舎でも, 百石の, 皆三の, 立積と, 自分で, 逃亡した, 野は, 金人の, 鉄の

▼ 初期から~ (32, 3.0%)

2 して, 盛んに

1 [28件] ありミ, おそろしく熱中, かな女氏に, こつこつと, すでに多く, そろ, だとか, シンボリックな, 中期へ, 二十年ころまでは, 今日に, 以後は, 何かに, 十二年ごろの, 十週以上つづい, 吹き流れて, 外國の, 寛文にわたる, 徳川時代の, 文化振興の, 斯うい, 晩年にかけての, 晩節までを, 次の, 見ると, 開合の, 間違うて, 順に

▼ 初期微動~ (21, 1.9%)

2 と主要動, の繼續時間

1 [17件] があまり, が到着, たる縱波, でも決して, とて微, と主要部, と名づけ, に於, の長, は一糎程度, は主要動, は空氣中, は通常びり, は速度大, を有する, を気が付かず, 及び終期動

▼ 初期~ (17, 1.6%)

1 [17件] まだ国府津, もっとも不, 予期以上に, 前に, 唐服を, 大陸の, 愚か両, 文事勉強の, 柴田勢が, 此より, 相当脂肪の, 破竹の, 竹里に, 簡単な, 維新当時男にも, 美人も, 雪が

▼ 初期~ (13, 1.2%)

1 [13件] いいますもの, し大き, なるや, 中期との, 中期全体それに, 云ふ, 大違い, 後期に, 戦争の, 末期との, 考へられて, 茶道の, 見て

▼ 初期~ (13, 1.2%)

1 [13件] おおう悲壮, つかまえて, ふり返っ, 三種類に, 中国に, 代表する, 出ないもの, 含んで, 彩つた各地の, 思はせる蟒, 見ると, 視る時, 降らない頃

▼ 初期においては~ (10, 0.9%)

1 これらの, これを, その一つ, その極微量, まず水, 土地生産物の, 有益であっ, 確かに, 等しい資本, 隆盛を

▼ 初期にかけて~ (10, 0.9%)

1 内外に, 女眞人の, 婦人の, 支那國内の, 既に隆盛, 歐洲人の, 肖像畫の, 若き日, 行はれた, 雲鶴三島の

▼ 初期において~ (9, 0.8%)

2 核が 1 佐々木系は, 劃期的な, 帝都における, 播磨, 特殊な, 画友鍋井君が, 近衛家の

▼ 初期~ (7, 0.6%)

3 かけて 2 かけては 1 かけての, 掛けての

▼ 初期微動繼續時間~ (7, 0.6%)

1 と名づける, によつて震, の最も, の秒數, は七八秒, は五・三秒, を始め

▼ 初期状態~ (7, 0.6%)

2 がその後, のもの 1 との混合, と見れ, には微小角柱

▼ 初期~ (7, 0.6%)

1 から各校山岳部, にもその, に西安, の句集, の巻上式, は木彫り, まで新開

▼ 初期以来~ (6, 0.6%)

1 の, のもの, の刊行算書中, の地方的流行, の暗黙, の発達

▼ 初期における~ (5, 0.5%)

1 より大, ギリシア人及び, 批点の, 社会の, 花道の

▼ 初期からの~ (4, 0.4%)

1 内助の, 愛読者でありました, 或る, 文化上社会上の

▼ 初期~ (4, 0.4%)

1 からどんな, とか何, とわかりました, と云う

▼ 初期~ (4, 0.4%)

1 あつた, それは, アナーキズムと, 町に

▼ 初期である~ (4, 0.4%)

1 からかたまる, か自然主義者, とか, とか昭和初期

▼ 初期にまで~ (4, 0.4%)

1 亘って, 亘つてゐる, 溯り得られる, 溯る

▼ 初期までは~ (4, 0.4%)

1 勇猛な, 厳島その他とにかく, 漢魏六朝の, 講釈場と

▼ 初期キリスト教~ (4, 0.4%)

2 の寺院 1 の流布, は迫害

▼ 初期時代~ (4, 0.4%)

1 からしばしば, の武士, の連句, は能

▼ 初期議会~ (4, 0.4%)

1 に博し得たる, に於, は我国方, を切り抜けたる

▼ 初期議會~ (4, 0.4%)

1 に博し得たる, に於, は我國方, を切り

▼ 初期~ (3, 0.3%)

1 大切だ, 萌ざし, 萠ざし

▼ 初期~ (3, 0.3%)

1 のであった, んじゃ, 教会の

▼ 初期にかけては~ (3, 0.3%)

1 たいていの, 諸国の, 諸國

▼ 初期にも~ (3, 0.3%)

1 それは, まだ節, 誰もが

▼ 初期作品~ (3, 0.3%)

1 の飜譯, をチェコ語, を書いた

▼ 初期即ち~ (3, 0.3%)

1 其の若い, 奈良朝以前の, 明治二十年代位に

▼ 初期ごろ~ (2, 0.2%)

1 にここ, には御所

▼ 初期たる~ (2, 0.2%)

2 に過ぎず

▼ 初期です~ (2, 0.2%)

2 ね所謂ふう病

▼ 初期という~ (2, 0.2%)

1 年代の, 診断であった

▼ 初期にかけての~ (2, 0.2%)

1 ことで, 支那文物の

▼ 初期まで~ (2, 0.2%)

1 かかって, 一世紀の

▼ 初期までの~ (2, 0.2%)

1 多くの, 時代を以て

▼ 初期より~ (2, 0.2%)

1 ずっと優れた, 成人に

▼ 初期以後~ (2, 0.2%)

1 に作られた, の祝詞

▼ 初期和算書~ (2, 0.2%)

1 の多く, の著作

▼ 初期浮世絵~ (2, 0.2%)

1 にまま, の屏風

▼ 初期議会以後~ (2, 0.2%)

1 の一大奇観たる, の時代

▼ 初期議会以来~ (2, 0.2%)

1 常に藩閥内閣, 常に責任内閣

▼ 初期議會以後~ (2, 0.2%)

1 の一大奇觀たる, の時代

▼ 初期象徴詩家~ (2, 0.2%)

2 の描いた

▼1* [97件]

初期あたりから明治, 初期かも知れないから, 初期からを指す, 初期ここの領主, 初期すなわち彼が, 初期その先駆者ゾラなどが, 初期だったら殆ど心配は, 初期だつたけれども岸田全体, 初期やない, 初期つづいて応仁, 初期であったのである, 初期でもあった, 初期といふものは, 初期といふだけでその, 初期とか神経衰弱とか, 初期とちがつて尠, 初期とはだいぶ様子, 初期とも称して, 初期なら小野次郎右衞門です, 初期においてすら二人の, 初期においても和歌は, 初期にとって乾燥し, 初期にわたって海外の, 初期ほど激甚であった, 初期まだ無産者の, 初期までが一番全盛を, 初期までも広くエタ, 初期また強く, 初期よりも現在の, 初期らしい古風な, 初期ウダールニクがモスクワ, 初期カフェー文学は文明開化思潮, 初期キリスト教寺院の遺跡, 初期キリスト教文化であったが, 初期グウテンベルグらの活字, 初期シェクスピアと批評家フランシス・ベエコン, 初期ナロードニキー思想の残滓, 初期収納ハ遂ニ皆無ナリキ而シテ土人ヨリ分与受ケタル玉蜀黍ノミガ成功シコレニヨツテ僅カニ主食ヲ, 初期プロレタリア文学運動の発芽時代, 初期マホメット教国かイワン, 初期レアリスト達の保守的, 初期ローマ人の戦争, 初期万葉びとの空想, 初期上演の, 初期中期後期などというの, 初期乃至中期の, 初期仏教の, 初期以来保証されて, 初期以来北宋末から南宋, 初期以来数十年ぶりの現象, 初期まで溯つ, 初期住民の証跡, 初期作戦は最も, 初期俗流経済学の, 初期六月より十月, 初期勤労者の文学, 初期印象派の風景, 初期及び中頃の, 初期国境会戦等であたかも, 初期墨画ともいえる, 初期寛永年代のこと, 初期嵯峨天皇を中心, 初期微動時間だけを知つて震, 初期微動繼續時間僅に三秒程度, 初期微動部主要部を合併, 初期徳川幕府以前にもあった, 初期志野時代以後にも志野, 初期或は藤原朝の, 初期戯作者気質ののこっ, 初期數代を築き, 初期傾向の, 初期未醒の線, 初期より前, 初期李朝の秋草, 初期決戦戦争的色彩の盛ん, 初期活字本から続い, 初期浮世絵肉筆の鑑賞, 初期浮世絵風の画境, 初期浮世繪の又, 初期渡来のジェスイスト, 初期百年の終り頃, 初期な現象, 初期硯友社の作家たち, 初期移民が自給自足, 初期絵画になる, 初期肉筆浮世絵もの, 初期自然主義の作家たち, 初期若くは末期, 初期若松賤子が訳した, 初期茶人のよう, 初期議會以來常に責任内閣, 初期議會以來常に藩閥内閣, 初期資本主義によって個人, 初期資本家を形成, 初期雑詠時代は元禄以来, 初期頃東京で時々, 初期養老四年奏上の日本紀