青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「初めて~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

切れ~ 切符~ 刑事~ ~列 列~ 列車~ 初~ ~初め 初め~ ~初めて
初めて~
初夏~ 初期~ 判~ ~判らない 判らない~ ~判る ~判断 判断~ 判然~ ~別

「初めて~」 9783, 106ppm, 1022位

▼ 初めて~ (656, 6.7%)

8 ことで 7 ことだった, 経験である 6 ように, 事で, 人には, 日の, 経験で 5 ことだ, ことである, ことな, 事な 4 ことです, 手紙を, 経験であった 3 お手紙, ことであった, やうに, 土地で, 夏の, 夜の, 御見

2 [35件] お方の, こと, ことじゃ, ことでした, こととて, つくつく法師が, ような, 人でも, 人などは, 人に, 人は, 写真を, 土地である, 夜を, 定期市ゆきな, 恋を, 旅に, 日から, 日に, 日曜日休みでは, 時でも, 時は, 曲を, 経験だった, 経験な, 経験に, 經驗で, 聲を, 舟酔ひ, 西洋式の, 訪れである, 試みである, 詩集を, 語らい誠に, 黒い天鵞絨

1 [481件] あっしが, あなたに, うれしさ, おとなしい妓, お上り, お声がかり, お子, お客さんが, お客さんぢや, お客さんです, お客さんに, お客であっ, お客である, お客に, お客の, お方に, お方にとっては, お終, お芝居, お訪ね, お詣で, お顔, がああ, が右, ことだろう, ことであったろう, ことであり, ことでありました, ことでしょう, ことと, ことなれ, ことに, ことね, こと故, この仏蘭西語, この暑, ご見物, たどたどしい驚き, ときお母さんは, ときから, ときには, ときは, ところだ, ところでは, ところへなど, ふゆかいな晩であった, ふりの, ものであった, ものである, ものに, ものには, ものは, ようで, ような叱られ, よろこび, んだ, イギリスの, オザ, オンリイ一つの, コンクリートの, シベリヤ行きな, ピヤノ弾奏者, ホテルらしい, 三角標に, 上京の, 上京を, 下りが, 不通の, 不面目な, 世間への, 両面段ボールを, 乗合船で, 事であった, 事と, 事なる, 事件だ, 二十七歳の, 交際やの, 人々も, 人では, 人なら, 人よ, 人夫であった, 人様は, 人殺しだ, 人間に, 人間の, 人馬を, 仇名ぐさ恋す, 仕事だ, 仕事なれ, 仕事に, 他流試合に, 企ての, 伊吹の, 休息らしい, 会では, 会合, 会釈を, 体験だった, 作品として, 便りを, 借り着で, 僕には, 儀ゆえ大統領においても, 先生を, 光彩ある, 入獄を, 入用定めし, 入院な, 入館者などが, 公演な, 公開では, 内国勧業博覧会が, 内科は, 冒険であります, 冬を, 冬山入りの, 凱歌を, 出仕を, 出席に, 出征三十銭の, 出掛けには, 初代町奉行青山常陸介忠成の, 別謁, 力仕事を, 勤めである, 勤めであろう, 北海道の, 南蛮紅茶舌の, 印象を, 友釣では, 合戦に, 合戦を, 同座で, 命令だ, 和子が, 問いを, 啖呵を, 喊声は, 国難であり, 國を, 土地にて, 土地の, 地下鉄へ, 場合である, 場所でもな, 声で, 声に, 声を, 変装に, 夏を, 夏山入りの, 夕食さえ, 夜と, 夜は, 夜一行は, 夜卓子に, 夜歩き, 大きな昂奮, 大きな驚き, 大事業, 大作の, 大切な, 大役を, 大患, 大戦争, 大晦日と, 大衆によって, 大試練, 太子訪問の, 夫が, 失恋の, 女, 女の子である, 女の子といふ, 女校長, 如く珍, 子だ, 子でも, 子供を, 字の, 学士様じゃもの, 孫が, 孫だ, 宇宙旅行組の, 実地作業を, 実験, 客だった, 客だつた, 客であった, 客でした, 客に, 客には, 客を, 家で, 家に, 家の, 家は, 家へ, 家を, 寄航地である, 寒い日, 寒さ, 対外戦争であり, 対面だつた, 封印を, 小説や, 屈辱と, 山村の, 山登りでも, 山駕籠であった, 島, 島渡りだ, 差入, 市会も, 帰国だった, 帰省を, 幕間に, 年に, 幸福は, 庇髮に, 店出しで, 店出しという, 庭わたりでない, 廂髪に, 弟が, 強敵を, 役だ, 往診, 待つ身, 御休息, 御儀, 御墓参, 御対面, 御見だ, 御馳走であった, 思いに, 恋だ, 恋愛である, 恋愛生活を, 恐ろしいもの, 恐怖であった, 愉快だった, 意義ある, 愚痴で, 愛児として, 愛國切手が, 感じでした, 感動の, 感覚, 慇懃さで, 憂鬱症に, 戀人を, 戦慄を, 戦闘が, 手紙で, 手紙に, 手紙は, 批評的精神の, 挨拶した, 挨拶では, 授業, 授業を, 探勝を, 推参に, 收容を, 政治らしき, 政治経験において, 教員初めて, 教訓であった, 数の子を, 新聞小説を, 方なら, 方角だ, 旅, 旅だつた, 旅でした, 旅では, 旅といふ, 旅人であった, 旅興行は, 旅行である, 旅行らしい, 旅行を, 日こそ, 日は, 日嬢も, 映画です, 春は, 時から, 時であった, 時と, 時に, 時にも, 時の, 時より, 時よりも, 時三分やっ, 時下田しまと, 時伯父は, 時間西洋史の, 晩私を, 晩餐では, 晴れの, 晴天だ, 書簡に, 會では, 月給だ, 月給日が, 朝ベッキイは, 朝味噌汁も, 本だ, 村へも, 来訪な, 東京の, 東京を, 松村君は, 柴田には, 案内であった, 桜の, 検査を, 楮銭すなわち, 様に, 横町を, 橋を, 機会である, 歌である, 歓語と, 正三君に, 正月も, 正月迎え, 武者ぶる, 死者の, 殺人が, 殺人事件に, 氏は, 氣賀町の, 江の島に, 決戦なれ, 洋装を, 海外放送, 消息を, 滞在で, 父の, 版画集, 犧牲である, 狂言な, 独立の, 獅子吼, 珍しい飲料, 産が, 田舎住まひで, 田舎道の, 由一時から, 甲州入りだ, 申込で, 男が, 男の, 発見だった, 登山者は, 白い物, 盗みを, 盛儀だった, 目立った一大進歩, 眼新しい, 着工合は, 着船を, 知合いです, 私なぞには, 私には, 私も, 空襲が, 端午よ, 竹村は, 笹部が, 筈だ, 米国にての, 素直な, 経験だ, 経験と, 経験の, 絹夜具に, 縦走では, 義貞だった, 翌朝兄分の, 者で, 者には, 耕吉には, 聖体拝受も, 聖体拝受を, 背広服を, 胸が, 脂汗を, 自分には, 自動車に, 自然生活は, 臭い留置場, 舶来看板で, 芽出度い, 若者輩だ, 苦しみでも, 荊棘の, 著作を, 蒲団を, 薪作務が, 街筋な, 西洋の, 見参な, 見知らぬカフエエ, 見知らぬ土地, 触目, 言葉と, 記者月例会の, 記者月例會が, 訪問に, 試み, 試みだ, 試みであっ, 試みでは, 試みとしては, 試みな, 試みは, 詫びごとを, 誕生日だった, 説教, 講演である, 豊作と, 豪洒な, 豪華版, 貧乏に, 貸家さがし, 賜謁で, 足袋が, 軍糧を, 転換を, 軽井沢を, 輝かしき記録, 途で, 逢曳きな, 進出の, 過失である, 道だつた, 道である, 道では, 遠い船出, 遠出で, 遭逢であった, 選挙を, 邂逅だ, 部屋で, 郵便車が, 酒盃だ, 野営である, 野宿で, 金高でありました, 銀子の, 長旅な, 長篇な, 長篇小説, 長篇小説と, 閨戯を, 限りなく, 集りに, 雑誌社の, 雪, 雪の, 霧が, 非番で, 面識だ, 顔だ, 顔合せ社長曰く, 風呂を, 風景なら, 食後演説を, 驚きであった, 鵝筆を, 黄い, 黄ろい, 黒船と, 齋藤や

▼ 初めてその~ (189, 1.9%)

6 意味を 4 秘密を 3 名を 2 事を, 人の, 姿を, 必然性を, 意味が, 意義を, 村に, 物の, 男が

1 [158件] うまさ, ことに, ことを, ところの, やうな, ような, ように, らんらんと, イデオロギーと, マアザミの, 上に, 下宿に, 不思議を, 中から, 中年の, 二名は, 人々の, 人だ, 人に, 人を, 人間に, 代表の, 伝説を, 働きに, 兒を, 内に, 内容の, 前列を, 力を, 効力が, 効用が, 医者の, 十分な, 合理的核心を, 吉報を, 名で, 周囲に, 唯一性と, 問題性を, 図が, 固有な, 固有の, 地盤を, 場の, 大著を, 天恵を, 女を, 女房の, 妖怪に, 姿の, 娘を, 子細が, 存在に, 存在において, 存在を, 存在性を, 学問が, 学問に, 學説を, 完全な, 実在に, 実感を, 実際内容, 家の, 實在, 小屋の, 尺度が, 店は, 形態を, 復興を, 心身を, 志を, 怒りを, 性質を, 息子が, 愛を, 所謂, 技術の, 揚句に, 支流を, 文学的光芒を, 新学名, 日常的常識的な, 時, 時に, 時の, 時代を, 時呼んだ, 時妻の, 時母から, 最も特徴, 服装を, 本体に, 本来の, 概念は, 様子を, 沙門を, 河床の, 治療に, 沼を, 法的意味が, 活用実, 深祕さ, 燃焼が, 特権も, 独立を, 理屈を, 生きた具体性, 男と, 男に, 男の, 画の, 発明なり, 目的に, 盲人に, 眞因を, 真価を, 真実は, 真理性が, 真相を, 眼が, 眼を, 破れ笠の, 祖母が, 神機が, 神秘の, 科学乃至, 程度の, 突拍子も, 立場が, 端緒を, 紙を, 結び付きを, 絵巻物を, 罪の, 美貌が, 義にとって, 胸を, 自治を, 芸術の, 解題を, 言葉の, 評論の, 試みの, 話を, 誕生の, 谷中村という, 資格を, 過去の, 門を, 障害が, 雑誌を, 非を, 音が, 頼みを, 飛翔を, 馬車に, 魂に

▼ 初めてこの~ (156, 1.6%)

3 話を

2 [12件] お多福人形を, 不思議な, 人形を, 地に, 天工の, 家に, 寺へ, 山に, 景勝の, 村へ, 火山を, 路を

1 [129件] あたりを, お好み焼屋, お母さんも, かた与里に, ことを, ご参観, だんなの, まま眠り込ん, カルト・ディダンティテの, ドクトルの, ニュー・ジーランド南極間の, 上も, 不思議なる, 世界に, 世界へ, 予備折衝の, 事を, 事件に, 事件を, 事実を, 二つの, 二人に, 二十世紀にな, 二字に, 二月以来秘め, 享受家は, 人々が, 人に, 会で, 会の, 位置に, 像を, 光景に, 原っぱへ, 叫びが, 名あり, 名称が, 否定そのものが, 哲学が, 商売を, 問題を, 図を, 国に, 国の, 國の, 土地に, 地上に, 夜入浴致し, 夜出来, 天主閣の, 夫, 女に, 女を, 学習院という, 家で, 宿舎で, 寮で, 寺に, 寺院に, 小怪物, 屈辱的な, 山行を, 廓へ, 廣, 形式論理の, 思想の, 手毬歌の, 批准交換が, 批評の, 接待を, 支配人に, 新しい寝台, 方が, 方向に, 時ことばを, 時に, 時ヘルマン・バアルは, 時一喝した, 時代精神が, 時代精神の, 時嵐の, 時明る, 時経験した, 書物を, 機能が, 段階の, 汽車に, 消息を, 深き悲哀, 渦巻の, 演壇に, 物語が, 物語の, 犬に, 理想の, 生気説の, 男たちに, 男の, 町に, 画を, 病が, 病室へ, 白帝城に, 目的を, 真実味が, 瞬間に, 碑の, 秘められたる白い, 系譜を, 自由は, 葉切り蟻が, 西国の, 言葉は, 言託を, 記録によって, 詩人の, 誓ひ, 論文を, 辺一帯の, 運動の, 道傍に, 部屋へ, 里の, 陣営に, 霧は, 頃の, 頃わかりかけ, 領域で, 鼓の

▼ 初めて自分~ (139, 1.4%)

3 の心

2 [14件] が何, のうち, の位置, の体, の影, の才能, の暗い, の書いた, の生活, の身, の身体, の過去, はいかに, は二階

1 [108件] からの, から砕け, がからかわれ, がやや, が原稿料, が帰つて, が幾刻, が悪かっ, が想像, が意想外, が成り立つ, が成立, が教わった, が殺人犯人, が汽車, が真, が自分, が蒲団, が蘇生, が衆目, が軽率, が重大, が電車, でもそれ, でも少し, で病気, で自分, にかえった, にとった, にふさ, にも解つた氣, に声, に歸, に返っ, に返った, のいちばん, のうろ, のきたな, のほか, のもの, の下宿屋, の不注意, の代表者, の作品, の使, の傍, の前, の周り, の周囲, の國, の外出, の天命, の夫, の姿, の存在, の守護霊, の家, の寝, の廢嫡問題, の弱, の弱っ, の心構え, の忘れ物, の態度, の手, の本名, の格好, の決心, の涙, の滑稽, の父, の独り, の生きる, の生れた, の異様, の目, の眼, の研究, の禿頭, の立場, の素性, の置かれた, の肉眼, の腹の中, の舞台, の芸術, の號, の観念論的傾向, の足, の身體, の運命, の部屋, の陣所, の駈け, の魂, はほ, はもはや, は写真, は海, は生きた, は生涯, もまた, も人間, も小説家, をある程度, を取戻した, を満足, を見

▼ 初めて見る~ (117, 1.2%)

4 ような 3 かのよう, のだ, ものの 2 ことに, やうな, ように, 彼の, 風景でも

1 [94件] お親しい, からサヨ, ことが, ことだった, ことであります, この夜, この大雪, せんべい蒲団や, その物すさまじい, その美しい, という, という人, といっ, といふ, ところでした, と彼, のだった, のであった, のであつ, のです, ので三藏, のには, ほか一般の, ものだ, ものだった, もののみの, ものらしい, やうに, わけで, アラスカの, ディグスビイの, ビザンチン式の, メロンは, リヨンの, 不可解な, 人の, 人計り立つ, 今年の, 仕事だ, 個人の, 南条力の, 和服の, 品ばかり, 土地の, 堕落である, 多くの, 夢だった, 大阪の, 女の, 女郎蜘蛛の, 客が, 宮原俊彦の, 家畜を, 小樽港の, 少年の, 尾田の, 峻厳な, 常磐では, 御状箱で御座いまし, 恋人栄三郎であった, 所の, 支那大陸は, 日の, 木であった, 村, 梅である, 梅原良三郎の, 江上佐助である, 燕の, 田山白雲にとっては, 男に, 直前顏見せ, 稲妻色の, 自分には, 若い女性, 葉子の, 蟹だった, 表現主義的演出といふ, 西洋人の, 負傷兵も, 越の, 都会の, 野球は, 顔だった, 顔で, 顔であった, 顔である, 顔ばかり, 顔ばかりが, 馴染の, 高名な, 魚で, 魚であった, 黒い顔

▼ 初めて見た~ (113, 1.2%)

12 のは 7 のである 6 時の 4 時から 3 のであった, んだ, 時は 2 ときの, と思った, のだ, ように, わ

1 [65件] が, が何となく, ここちが, ことが, この古い, この渓谷, し一昨日, そして見る, その顔, ために, だからの, だけにこの, とおどろい, ときおれは, ときから, ときなんと, ときには, との話, とみえ, と後で, と思い, と思わせた, な, にちがい, のかと, のでちょっと, ほどのもの, もので, ものであった, ものである, ものです, ものに, ものの, やうな, カブキで, 人の, 光景に, 其時から, 冬山の, 姿は, 富士春の, 截断刃大, 支那の, 敷香の, 時と, 時なるほど, 時には, 時ほど, 時ジャヴェルは, 時分は, 晩に, 気が, 父の, 程に, 窓の, 竜之, 箱丁は, 耀かしいばかり, 老人は, 者は, 芝居は, 花々しい彼, 蝴蝶である, 蟻の, 頃は

▼ 初めて~ (97, 1.0%)

13 はない 9 あつた 8 はなかっ 4 はありません 3 はある 2 ござります, はなかつた, はなく

1 [54件] あつたの, あの仕事, がんす, ここは, さあ, しかもそれ, しかも俊夫君, せう, そして勿論もう, その後も, その時, その時分彼女, それから, それを, つまりその, どうもぞっとなさらなかった, どう持っ, なかなか骨, な前, ね, はあり, はございませぬ, はございません, はなかろう, は無い, また最後, もあつ, もある, もそち, もない, も平気, よく見当, わたくしの, ドイツに, フィリピンの, 不折君も, 何だかを, 先生には, 勝手が, 口に, 古歌, 啓吉は, 大変愉快でした, 失礼です, 宮中に, 少し心, 心配した, 時間から, 炉端も, 珍しいといふ, 紹介も, 自分の, 衝動は, 見物に

▼ 初めて~ (95, 1.0%)

1152 から私, ぞ, という, と云

1 [71件] からのう, から事, から何, から僕, から多少, から嬉しく, から怖, が, がお, がお前さん, がこんな, がそれ, がなん, がゆめ, が丹頂, が俊基, が夢野君, が安直, が実は, が親しまれ, けれども御, さう, しなにやら, し小母さん, し米俵, し逢いたがってる, ぜこの, そうだ, っけ, つたで, といいした, という実君, という実習機関士, という気, といつ, といふ, とこぼし, と云い, と云っ, と仰っし, と仰つ, と呆れない, と思います, と思った, と武蔵, と流石, と考える, と自分, と見え, と見えます, と言っ, と言った, と飛白, な, なるほど, なァ静か, なア, ね今日, もの, もので, よほら, わって嬉し, わとても, ツて, 一匹の, 何処か, 名は, 実に堪らん, 思つたより, 昔帝劇の, 検査の

▼ 初めて~ (88, 0.9%)

3 と知る, の家, の眼 2 がその, のこと, のところ, の住居, は上, は悠

1 [67件] がこの, がたつ, がランプ, が久保田氏, が来, が見た, が見ました, が訪れた, にあたえ, につよい, には真実, にま, にもよく, にも肚, に味, に味わせ, に直接, に知らせた, に話し, に近づく, のとこ, の下宿, の作品, の前, の努力, の名づけた, の土産, の姿, の宅, の意識全体, の旅, の注意, の玄関, の目, の神経, の精神, の言いたい, の身体, の限り, はああ, はかなり, はこの, はその, はそれ, はまったく, はやっと, は乳母, は他, は先, は医員達, は喪, は城壁, は大きい, は宣り, は恐ろしく, は憧れ, は我, は昔, は毎日池, は私, は考えた, は自分, は自分自身, は西田先生, は豁然, やかに, を大阪

▼ 初めて~ (85, 0.9%)

3 の顔, は自分 2 の父陰謀政治家, の頭, は彼女, は知る

1 [71件] から聞いた, がどういう, がほとんど, がカトリーヌ, がシレジア, が地上, が怒気, が憧憬, が発言, が耳, が詩巻, だけが知つた, と出会った, と知りあった, と確か, に唇, に接した, の, のお金, の事情, の仁心, の名, の夫人, の守田勘弥, の室, の容貌, の心, の恋, の旗馬, の様子, の生死, の直接的, の眼, の知覚, の職業, の脳裏, の舞台, の芸術的, の領土, は, はいつも, はぎくりと, はこう, はここ, はその, はフランス人, は休息, は何故, は口, は心, は書類, は椅子, は気, は生活, は神, は神楽坂署, は節子, は考えた, は良一, は荒びた, は観せられた, も長途, も階, やお, れの著, を叱責, を御覧, を殿上, を犒った, を見る, を識

▼ 初めて~ (82, 0.8%)

18 目に 10 目にか 5 眼に 2 目通りを, 見かけ申した

1 [45件] ききした, ーお, 会いしたの, 会いしたみたい, 会いした今日, 会いして, 作さんの, 作に, 作の, 勤めを, 台所を, 君の, 君を, 志保は, 暇が, 書きに, 會ひなされた, 正が, 江戸を, 熊に, 目通り仕, 眼にか, 粂は, 絹が, 絹と, 綱の, 聞かせしたの, 聞き遊ばしますため, 艶の, 蓮を, 行きに, 見受け申すの, 角の, 訪ねしたの, 身にだけ, 辰は, 近づきに, 逢いした晩, 逢いして, 銀の, 錦は, 鎌の, 馴染に, 高と, 高祖頭巾の

▼ 初めて~ (80, 0.8%)

20 を開いた 8 をきいた 5 を利いた 4 を出した, を切った, を開い 3 にした, をひらい, を開き 2 に出した, をひらいた, を入れ, を開きました

1 [18件] が利け, にする, に上す者, に出す, に出すず, の中, へ入れ, をききました, をさし挟ん, をひらき, を入れた, を切, を切りました, を利きあった, を利きました, を利く, を開かれ, を開く

▼ 初めてそれ~ (63, 0.6%)

3 と気づいた, を見つけた 2 に気づいた, を発見, を知っ, を知った, を聞いた

1 [47件] あるを, かと気づいた, から私, が他, が判っ, が国家, が実は, が桐, が生れ, が眞實, が真実, が秘書官, が結果, が遊女, こそ文化的, だけの緊張, だけをぼ, と分かる, と思ひ, と悟っ, と悟つた, と悟りました, と気, と気がついた, と知った, について語られる, に屈服, に気, に気がついたらしく, に氣, に異いない, は全般, は意外, へ気がついた, をさとった, をただ, を察せられた, を彼, を揚げ, を明かそう, を發見, を着, を知ったらしく, を聞く, を見, を試みる, を趣味

▼ 初めて~ (56, 0.6%)

10 んです 6 のである 4 のです 3 のよ 2 ので, のよ文学

1 [29件] の, のか, のかい, のかも, のだ, のだった, のだつた, のであまり, のでずっと, のでそれ, のでちょッ, ので一寸, ので分りません, ので定雄, ので嶮, ので心配, ので梨枝子, ので熱海, ので目, ので相当苦心, ので非常, のは, もんかい, わけだ, んでしょう, 人だった, 感じが, 気は, 鐘巻自

▼ 初めて知った~ (56, 0.6%)

6 のである 3 のであった, のは, ように 2 のでした, わけで, 程だった

1 [35件] がもう, が其他, が是, が鰊, ことが, ことである, ことな, ことの, というのみの事, と云う, と云っ, のだ, のだった, のでござる, のです, ものである, わけだ, んじゃ, コケ共が, 前の, 四五年前に, 客であった, 彼女の, 恋です, 時の, 時私は, 様子で, 母親の, 甚三の, 男の, 私には, 美しい奴隷, 老婆の, 自分の, 館の

▼ 初めて来た~ (55, 0.6%)

2 ときの, ので, のは, 時に

1 [47件] お部屋, が市, せいか, ときここへ, ときは, とき出迎えた, とき小作を, とき玄関へ, とき軽井沢駅の, と仰っしゃいました, の, のが, のだった, のだつた, のであった, のである, のでお, のでまだ, ので尤も, ので馴れませぬ, ものだ, ものに, ものには, よという返答, んです, 人だ, 人に, 人は, 人造人間である, 叛逆との, 夜彼女が, 姉の, 婿にも, 家政婦に, 折は, 時ここの, 時の, 時ひろ子は, 時此の, 時着, 晩だ, 活動写真で, 者の, 若い魚屋, 話を, 頃の, 頃谷本梨庵博士は

▼ 初めて会った~ (54, 0.6%)

8 のは 4 時から 2 人の, 時の, 時分から

1 [36件] あの梅園, あの酒, ことを, だけじゃ分らないです, って云う, という気, ときの, のかい, ばかりだ, ばっかりでわかり, ようにしか, わけで, 人, 人だ, 人だった, 人に対しては, 他人から, 兄に対して, 南枝子の, 夜も, 妻の, 妻は, 従姉弟同士な, 日から, 日と, 時だって, 時と, 時とは, 時に, 時以上に, 時彼が, 時政の, 晩から, 木賃宿なあ, 老人である, 訳な

▼ 初めて~ (53, 0.5%)

14 が付いた 6 が注いた, が附いた 5 がつきました 4 がつく 3 のついた 2 が付い, が着いた, が附い 1 が付いたらしく, が付く, が付くん, が注, が着いたらしく, が附いたらしい, が附き, のつかない, の付いた

▼ 初めて聞いた~ (39, 0.4%)

2 がそれ, わ, んだ, 言葉では

1 [31件] お前が, が税金, ときそれを, と見える, と言っ, ね, のだ, ので, のである, のです, のは, のも, ものだつた, もので, ような, ように, んです, 仕事であった, 位です, 俳人の, 夜は, 女の, 時には, 時も, 晩から, 米と, 言葉であった, 言葉にも, 話だつた, 話に, 講演は

▼ 初めてここ~ (36, 0.4%)

1 [36件] だなと, で取り, で口, で学校, で新しい, で新米, で相, で知った, で社会心理学, と信念, にはいっ, に一つ, に与えられた, に大名, に家, に戦, に来た, に来りし, に移住, に経済世界, に詣でし, に開け, の主, の小学校, の教師, へはいった, へ参りました, へ来, へ来た, へ来る, へ訪問, へ誘っ, へ連れ, へ野々宮さん, を訪れた, を領せし

▼ 初めてこれ~ (36, 0.4%)

2 ほどの強震, を見た, を見る

1 [30件] が本当, が石橋助三郎, だけの深刻, で心, で救, に成功, に言語, に金紙, は, はいけない, はたまらぬ, までいた, までの長い, をなさん, を世に, を冠つた, を味わい, を売り出した, を完全, を手放す, を法例理由書, を為し得る, を看破, を稼業, を箱根, を行った, を試むる, を讀んだ, を身請け, を長崎

▼ 初めてです~ (33, 0.3%)

742 から, からそれ

1 [18件] からお金, からさぞ, からどうか, からまったく, から一種異様, から三両, から鳥渡好奇心, がお, が先生, が妻, が釘勘親方, な, な商売, ね, ねんけど宝塚, の, のにどうして, わ

▼ 初めて日本~ (33, 0.3%)

2 の土, の女, の詩壇

1 [27件] が半開國, が金貨本位, で完成, といふ国, と支那あたり, と条約, なる人種, に到着, に大砲, に来た, に渡来, に翻訳紹介, に耶蘇教, のお座敷, の劇壇, の国号, の大山高嶽, の山, の有難, の朝廷, の海水, の父, は最近, へはひつ, へ渡っ, へ金魚, を注目

▼ 初めて逢った~ (33, 0.3%)

2 のは, 時から, 時の

1 [27件] お話を, ときには, とは思えぬ, と云っ, ばかりです, やうじゃ, んだ, 人々と, 人達の, 他人の, 場面, 夜にも, 女で, 日から, 日と, 日の, 時分には, 時私は, 晩の, 母に対して, 男に, 男に対しては, 眉山氏を, 自分に, 記者クンに, 許り, 許りだ

▼ 初めて~ (31, 0.3%)

14 に返った 2 に返っ, れに

1 [13件] が思ふ, である, であるから, に復, に返, に返ったらしく立ち上った, に返つた, に返る, に還った, れと, を持ち, 居得たりと, 知らず闘って

▼ 初めてだった~ (30, 0.3%)

4 のです 2 と思います, のである

1 [22件] から, からだ, からである, からふと, から最初, から細かい, から見た, がいつも, がにもかかわらず, そうだ, にちがい, のか, のでそう, ので彼, のね, のよあたい, ものです, よ, ように, わ, わけで, わね

▼ 初めて発見~ (30, 0.3%)

4 した 3 したの, して 2 されたの, した母

1 [16件] されたという, されること, されるので, したかの, したので, したよう, した人, した人物, した山, した時, した魚屋, しました, しましたが, する, するとき, する私

▼ 初めて~ (30, 0.3%)

6 を上げた 2 をあげ, をあげた, を上げ, を見た

1 [16件] いろを, が合った, の合った, をあわせる, をほぐし, を出した, を出す, を合, を合せた, を合わした, を合わす, を合わせた, を挙げ, を見合せた, を見合った, を見知った

▼ 初めてから~ (29, 0.3%)

2 俄かに

1 [27件] すでに年月, そんな心, だ, ちょうど一年, どれくらいに, まだ一つぺん, まだ五時間, もう三ヶ月, ようやく五年, 一層枯骨, 一年にも, 三十分と, 二年昭和七年六月二十三日に, 五年目である, 人と, 人間様の, 今日ほど, 何事にも, 六年目, 凡そ一年工事は, 或る, 折々憂欝, 新聞雑誌記者や, 朱実は, 片時も, 西洋料理も, 間もなく警察

▼ 初めてである~ (29, 0.3%)

1 [29件] いかにも季節, からちよツ, からまごつかざる, から岡村, から曹操, から朱, がこれ, が名前, が君, が武蔵, こと身許も, し伯父, だけ, という, ということ, という人, という気, といふ気, ところの, と言った, ので張, ので東京, のにその, のにそれ, のも, 二千米以上の, 全く余, 場合若し, 而し

▼ 初めて気がついた~ (29, 0.3%)

12 ように 2 ような

1 [15件] がどうやら, がもう, くらいでございます, のだ, のだった, のである, のです, ほどな, ほどの間道, やうに, 人の, 博労どもが, 様子, 様子を, 米友は

▼ 初めて彼女~ (28, 0.3%)

3 を見, を見た

1 [22件] が死んだ, が鹿皮, と約する, と近づき, に会つたの, に手, に話しかけない, に逢, に逢った, のただれた, の助言, の志, の眸, の眼, の部屋, の面, の顔, は安堵, は私, は羞, をこの, を観た

▼ 初めて聞く~ (27, 0.3%)

1 [27件] が一体, ことだった, し思い, ぞ, といかにも, と実に, と少々, と皆狂人, のだった, のであつ, ので御座います, ものには, やうな, ような, 名だ, 名前な, 噂だ, 姓名です, 小川の, 水飴は, 琵琶法師だ, 発動機の, 蟋蟀の, 評だ, 話である, 話でした, 骨肉の

▼ 初めて人間~ (25, 0.3%)

2 の生活, の生血, は世界

1 [19件] が光る, なの, に出合, のマナ, の屍体, の悪意, の情熱, の意識的統一, の文化, の活動, の真実, の眼, の臨終, の足跡, の音楽, の食物, はこの, はその, は人間

▼ 初めて~ (25, 0.3%)

5 來た 3 て来た, て来る 2 ている, てくる, て來 1 づる時男子を, てからもう余程, てまいりました, て来, て衆, 會した, 遇つた, 遇つた龍子が

▼ 初めて安心~ (25, 0.3%)

4 した, して 3 したよう

1 [14件] したと, したもの, したやう, したらしくチョコチョコ, したらしく砂利, した様子, しましたと, し会心, する事, する男, できるわけ, ということ, な沈黙, の色

▼ 初めて~ (25, 0.3%)

2 のあたり, の前, をあげ, を開いた

1 [17件] がはっきり, が覚めた, が醒めた, が醒めました, にした, についた, に入る, に見える, を, をあいた, をあく, をそちら, をひらいた, をひらき, を天井, を見合わせた, を開け

▼ 初めて成り立つ~ (24, 0.2%)

11 ことが 2 のである

1 [11件] という関係, のであっ, ので資本制, ものだ, もので, ものであり, ものである, ものに, わけである, 処の, 筈であった

▼ 初めてほっと~ (23, 0.2%)

7 息を 4 した 2 して 1 したが, した安心, した態, しながら, しました, する者, 吐息を, 大きな吐息, 息が, 脇息に

▼ 初めて~ (23, 0.2%)

1 [23件] あるを, から聞伝え, がいる, にたのまれ, につれられ, に会う, に食物, のうち, の世, の前, の無情さ, の顔, は偉大, らしく呟きました, をなつかしい, をもっ, を斬る, を殺しました, を照, を用, を裁く, を轢殺, を食え

▼ 初めて完全~ (23, 0.2%)

2 なる山水, に手

1 [19件] たお, である, なの, なもの, なる社會人, な具体的実在, な幸福, な結晶, にできる, にらくだ, に保護, に公, に報いられる, に成り立つ, に救済, に正札, に自然人, に解體, に近い

▼ 初めてこんな~ (22, 0.2%)

2 ものを, 目に

1 [18件] ところへ, 不思議な, 事情を, 人がと, 人間と, 凄い女, 夢を, 待遇に, 怪しい声, 物を, 特殊な, 獣を, 環境という, 病室に, 発作を, 精しい消息, 自分の, 風に

▼ 初めて可能~ (22, 0.2%)

4 なこと 3 である, なの 2 であるという, になる 1 だから, です, となる, なもの, な運動, にする, になつ, に現れる

▼ 初めて~ (22, 0.2%)

2 の学生, の芸術家

1 [18件] から悲しい, と美, の北海道趣味, の吾, の平和, の幸福, の徳川武士, の恋, の意義, の戦, の拷問, の発達, の知識社会学, の自由, の舞踏会, の芸術, の隠遁, 成に

▼ 初めてあの~ (21, 0.2%)

1 [21件] ひとを, ような, ニコライ親爺に, 久しい間, 人と, 人に, 傅育官の, 厳しい禁慾, 叮嚀な, 娘の, 小僧を, 山で, 手紙の, 方に, 時の, 晩あの, 界隈に, 精妙剣が, 蜜入りを, 話が, 金堂を

▼ 初めて東京~ (21, 0.2%)

4 へ出 2 から帰っ, に出, へ行った

1 [11件] に上っ, に出た, に出現, に行く, へつれ, へ出た, へ来た, へ来る, へ行きました, へ輸入, を見る

▼ 初めて~ (19, 0.2%)

4 いって 3 見えて

1 [12件] いえますな, いえる者, いっても, 云つても, 云ふ, 思し召されましょうが, 申さるるか, 申しても, 申せます, 聞く仙台藩主, 見えますね, 言つていい

▼ 初めて存在~ (18, 0.2%)

2 する, は十分

1 [14件] し得るの, すること, すると, するの, する本質, の名, はその, はそのもの, は意味, は成り立っ, を存在, を確実, 出来ると, 出来るわけ

▼ 初めて成立~ (18, 0.2%)

6 する 4 するもの 2 するの 1 し得たファシズム, し発達, すること, せる内閣, 出来るという, 出来るには

▼ 初めて~ (18, 0.2%)

2 にした

1 [16件] が覚めた, が覚める, が醒めた, にし, にする, に入る, に映った, に映る, に留つた, をさました, をひらいた, をみはった, をみはり, を書物, を開い, 醒め驚き自己

▼ 初めて~ (18, 0.2%)

10 つた 3 つたこと 1 つたやう, つたよ, つたり, つたわけ, つたんで

▼ 初めて意味~ (17, 0.2%)

4 のある 2 を持つ, を有 1 ある言葉, があった, がよく, が分った, が明瞭, が生じる, が解った, を得る, を有った

▼ 初めてそこ~ (16, 0.2%)

1 [16件] が墓地, にいた, にわれわれ, に坐っ, に坐った, に幸福, に血, に話される, に這入, の木戸, へあ, へ来た, へ着いた, へ移っ, へ落ち着いた, へ行った

▼ 初めて問題~ (16, 0.2%)

7 となる 3 になる 1 として正当, なの, になれるだろう, の一句, はただ, も起こり

▼ 初めて~ (16, 0.2%)

4 を出し 2 を立てました 1 が唇, に出し, の主, をかけた, をかけられた, を上げた, を挙げ, を掛け, を掛けた, を立てる

▼ 初めて~ (16, 0.2%)

2 の名

1 [14件] から, からきいた, と沢庵, と辻馬車, に逢つたの, のこと, の心, の横死, の死, の死顔, の自殺, の顔, は私, を見

▼ 初めて意識~ (15, 0.2%)

3 の問題

1 [12件] がはっきり, されて, される, されること, して, であること, に上る, の名, の立体的, の統一, は意識, を取り戻した

▼ 初めて本当~ (15, 0.2%)

2 の肯定

1 [13件] の, のもの, の下手人, の不気味さ, の人間, の女, の科学性, の科学方法論, の葬式, の親しみ, の進歩, の非国民, の革命家

▼ 初めて経験~ (15, 0.2%)

1 [15件] しそれ以来, した, したから, したこと, したん, した壮快, するばかり, するもの, するよう, する一種, する戦争, する省作, する社会生活, だったの, という一定内容

▼ 初めてあなた~ (14, 0.1%)

1 [14件] がお, が分った, とぼく, と呼ばれた, にお, におめにかかる, にだけ心底, に打ち明けよう, に語るでありませう, のお, の真情, は思い出しました, を知った, を見た

▼ 初めて~ (14, 0.1%)

1 [14件] という, として様々, として生きられる, として生れ甲斐, に接する, に案内, のいった, の女らし, の成長, の顏, の顔, を感じた, を招, を知つたあと

▼ 初めて~ (14, 0.1%)

2 の底, をゆるした 1 おちつきたるさま, が落著, に落ちつき, のなか, の充たされる, の重荷, を惹く, を許す, 附きそれ, 附き倉皇箸

▼ 初めて~ (14, 0.1%)

6 がついた 2 がつく 1 がついたらしく, が付き, が着いた, が附いた, のついた, 付いて

▼ 初めて科学~ (14, 0.1%)

2 の発達

1 [12件] がこの, が身近, という名誉, と文学, に献身, の対象, の認識論, は一般, は単なる, は大衆化, を分類, を超越

▼ 初めて~ (14, 0.1%)

1 [14件] しかもそれ, たり, てこの, てその, てどんなに, てよ, てわたくし, て平林たい子, て泣きたい, て特に, て私, て自分, て驚い, て驚いた

▼ 初めている~ (13, 0.1%)

2 のであった

1 [11件] ところ, と思わず, のが, ように, んだ, 一めんな, 中を, 事に, 仲では, 時代であった, 門の

▼ 初めて~ (13, 0.1%)

6 に出た 2 に出した 1 に公, に出, に示された, の不思議, はうい

▼ 初めて~ (13, 0.1%)

1 [13件] と敵対関係, によつて根治, に帰属, に氣, はアカデミズム, は解き得る, を佛語, を問題, を單, を心理学的, を波斯語, を耳, を讀むだ

▼ 初めて気づいた~ (13, 0.1%)

4 ように 1 かの如く, くらい至って, と謙遜, のであった, ので御座います, のは, やうに, 彼女は, 珍しいもの

▼ 初めて理解~ (13, 0.1%)

1 [13件] される, されること, されるべきであった, され得る, され得るという, され得るもの, され得るやう, したの, し得たの, すること, 出来る, 出来るだろう, 出来るという

▼ 初めて知っ~ (13, 0.1%)

2 て彼

1 [11件] てああ, ていかにも, てのん気, てビックリ, て事, て二人, て喫驚, て実に, て自分, て驚いた, て驚愕

▼ 初めて~ (12, 0.1%)

1 [12件] に悟る, 分納った, 地震な, 坂にも, 安心, 安心を, 智恵者の, 楓子油の, 自信を, 都会の, 都会らしい, 雪山の

▼ 初めて接した~ (12, 0.1%)

2 のは, 時の 1 かも知れない, のである, ものである, やうな, 場合とは, 山の, 私の, 貴人の

▼ 初めて正当~ (12, 0.1%)

3 に問題, に解決 1 な問題, な解釈, に取り上げる, に平行, に特色, に結びつけられ

▼ 初めて~ (12, 0.1%)

2 になる 1 となり, の影, の役に立つ, をいう, を写し得る, を写す, を生物学的, を考え, を見, 心づき早く

▼ 初めて知る~ (12, 0.1%)

2 ことが 1 くらいの時, ここは, やうに, ように, わが身の, 古人の, 大きな動悸, 幸福の, 歓喜の, 熱と

▼ 初めて~ (12, 0.1%)

5 にした 4 にする 1 にいたします, にし得た, に入った

▼ 初めて読んだ~ (12, 0.1%)

2 時まさしく 1 が所謂熱情, が菊田, ときの, ときリップ・ヴァン・ウィンクルの, ので, のも, 八犬伝も, 時僕も, 武林無想庵氏の, 里見八犬伝も

▼ 初めていた~ (11, 0.1%)

2 のである, のです 1 が柔らか, が田舎, という事, のだった, のであろう, 杉川警察医と, 熱海検事も

▼ 初めてであった~ (11, 0.1%)

3 のだ 1 からカ氏, がこれ, が自分, けれども村, けれども私, しある, と官兵衛, ので私

▼ 初めて~ (11, 0.1%)

1 [11件] がのぼっ, が多少, のこれ, の家, の帰国, の話, はぞっと, は惨事, は感服, は戦後, は故郷

▼ 初めて~ (11, 0.1%)

3 から醒めた 2 からさめた 1 から呼び覚された, というもの, のさめた, のよう, を夢, を見た

▼ 初めて~ (11, 0.1%)

1 [11件] たいめんなされた, 対面つかまつる, 当家へ, 目に, 目にか, 目見えを, 稽古申上げた, 見に, 辺を, 隠家自身, 面識を

▼ 初めて~ (11, 0.1%)

1 [11件] に燃えてる, に落ちた, に落ち入る, の味, の楽し, の物, の苦しみ, らしい恋, をする, をでもする, を知った

▼ 初めて明るい~ (11, 0.1%)

4 光明の 2 紫紺に 1 一笑を, 欧洲の, 気層へ, 甦生を, 部屋に

▼ 初めて本当に~ (11, 0.1%)

1 [11件] マルクス主義的な, 人と, 味わったよう, 憂鬱に, 文化上の, 本能化し, 理解する, 発達した, 知能的と, 自分の, 面白いお話

▼ 初めて江戸~ (11, 0.1%)

4 へ出 1 という繁華, に一家, に出たる, に出でたる, の海, へ出た, へ参り

▼ 初めて~ (11, 0.1%)

1 [11件] がぱっと, に出, に浮び出る, のやう, の底, の春, も初めて, も持久戦争, を眺めた, を見, を見た

▼ 初めて自己~ (11, 0.1%)

1 [11件] というもの, の, の位置, の地位, の本質, の狭い, の生活, の目的, の真実, の秘懐, みづから

▼ 初めて自然~ (11, 0.1%)

1 [11件] が活き, として成立, とも物理現象, と社会, と言, に対する高度, に還った, の動き, の美, は偉大, は社会

▼ 初めて~ (11, 0.1%)

3 を飲んだ 1 が出る, という物, の味, の徳, を口, を注ぎ, を造った, を造り

▼ 初めてお目にかかる~ (10, 0.1%)

1 ことが, これは, とき私は, んです, 日本の, 時逃げだし, 景色でも, 次第で, 気は, 訳じゃ

▼ 初めてこう~ (10, 0.1%)

2 いった 1 云ったが, 号令した, 悟ると, 積極的に, 訊ねた, 述懐した, 騒ぎ出しました, 驚き声を

▼ 初めてそんな~ (10, 0.1%)

2 話を 1 ことが, ことも, ものを, 事件を, 女性の, 気に, 無気味な, 目に

▼ 初めてでした~ (10, 0.1%)

1 か, から, からかたいへん, からね, からビックリ, から驚いた, が先方, ので, のに, よ

▼ 初めて~ (10, 0.1%)

3 あの欝 1 あの鬱い, 中, 何方に, 同情の, 女の, 女部屋には, 日と

▼ 初めてはっきり~ (10, 0.1%)

1 した, した形, とセエラ, と声, と押さえ, と映りました, 会得出来る, 味わい知ったの, 眼を, 覚り得た

▼ 初めてほんとう~ (10, 0.1%)

2 に入浴, に遇えた 1 に自分, に自然, の, の中国, の人, の自分

▼ 初めて~ (10, 0.1%)

2 いい時期, 青木の 1 それを, 一向差支, 同じやう, 暫くの, 構いはせぬな, 直ぐ曉

▼ 初めて会う~ (10, 0.1%)

1 この叔母, ときが, な, のだった, ような, 信長に, 文壇人に対する, 矢代の, 聟どの, 骨肉を

▼ 初めて先生~ (10, 0.1%)

2 に賞め 1 が小諸, と知合, に, にお目にかかり, の御作, の講演, の顔, を知りし

▼ 初めて出来た~ (10, 0.1%)

1 が誰か, のである, 中之島の, 句であっ, 子は, 年だ, 時は, 時募集に, 時将軍家の, 称呼だ

▼ 初めて実際~ (10, 0.1%)

3 的に 2 問題と 1 な形, に現代的意義, に行なうべき, の場合, 的な

▼ 初めて~ (10, 0.1%)

2 という者, の肌 1 で会った, なつかしみ出, に雪, の生活, へ来, また山

▼ 初めて~ (10, 0.1%)

1 たりし, ていました, てうろうろ, てくれた, てどこ, て兎, て師匠, て見た, て見る, 塲す

▼ 初めて気がつい~ (10, 0.1%)

21 てびっくり, てみます, てみる, てよく, て店, て正三君, て皆, て頭

▼ 初めて現われた~ (10, 0.1%)

1 がこれ, といっ, ときには, ところの, と云う, のでない, もので, ものである, ものでなけれ, 鋼鉄の

▼ 初めて認識~ (10, 0.1%)

1 されるべき事柄, した人, という主観, に客観性, の具体的, の名, の大いなる, の形態, は成立, を齎す

▼ 初めてじゃ~ (9, 0.1%)

3 ない 1 ないでしょ, ないの, ないん, なくて, ねえぞ, アなし

▼ 初めてよく~ (9, 0.1%)

1 するほどに, その正しい, なし得るところ, 分るの, 判る, 味はれます, 意味が, 至上の, 見詰めて

▼ 初めてハッキリ~ (9, 0.1%)

1 させられたという, した, したという, した苦悶, する方法, と意識, と知るだろう, と自分, 言って

▼ 初めてホッ~ (9, 0.1%)

3 と息 2 とした 1 としたらしく答えた, と安心, と気, と虎口

▼ 初めて一定~ (9, 0.1%)

3 の形態 2 の方向 1 の必然的, の性格, の政治形態, の法則

▼ 初めて具体的~ (9, 0.1%)

1 なこと, な意味, な方向, にその, になる, に会得, に知る, に答えられ得る, に限定

▼ 初めて哲学~ (9, 0.1%)

1 が世界観, というイデオロギー, として生き還える, と文学, と芸術, に従来期待, の言葉, は真正, を概念

▼ 初めて~ (9, 0.1%)

2 の帰る 1 がホント, が思想化, が社会科学, が論理, と例えば, に対立, の後ろ

▼ 初めて~ (9, 0.1%)

1 のなか, の棚, の露台, へ帰った, を出まし, を持った, を持つた, を明ける, を買い取り

▼ 初めて感じた~ (9, 0.1%)

1 ことで, と言つて, のだった, やうな, よ, ような, ように, 得々たる, 瞬間の

▼ 初めて~ (9, 0.1%)

1 にした, にとる, に入れた, に入れる, の書状, を付け, を付けた, を休めた, を弛めた

▼ 初めて~ (9, 0.1%)

2 の胎内 1 から聞い, としての実際, との間, と並ん, と私, にも怖い, の梅

▼ 初めて知つたの~ (9, 0.1%)

2 である 1 であるが, でした, はこの, はその, はまだ, は大正十四年, は恰度取手

▼ 初めて納得~ (9, 0.1%)

2 したよう, して 1 した, したやう, したらしくまた, したらしく彼, のいった

▼ 初めて紹介~ (9, 0.1%)

2 された 1 されたの, された日, された時, されて, したとかいふ, した時, して

▼ 初めて自由~ (9, 0.1%)

2 の身 1 となる, なること, な二人きり, に接する, に胸いっぱい, の妙境, を得たる如く

▼ 初めて行った~ (9, 0.1%)

2 私を 1 だけである, ときと, の, のである, 晩銀子は, 朝の, 露西亜の

▼ 初めて説明~ (9, 0.1%)

1 がつく, されること, され得るよう, した, し得ら, すること, になる, の基礎, 出来ること

▼ 初めてお目にかかった~ (8, 0.1%)

2 時の 1 かたに, がさては, のは, んで, 日, 頃から

▼ 初めてそういう~ (8, 0.1%)

1 いきさつに, 土地に, 寛達の, 往来の, 男に, 芸術至上の, 認識, 講義の

▼ 初めて人々~ (8, 0.1%)

1 の眼, の面前, はサイラス・ヒクラー, は予想, は彼女, は成, は深く, は理論的

▼ 初めて~ (8, 0.1%)

2 松は 1 までとは全, までの親不孝, スタートを, 伺ったお話, 居る位置, 迄の友情

▼ 初めて他人~ (8, 0.1%)

1 にも趣味, に使つた東京語, に対して何, に話しかけ, に髪, の中, の家, の男

▼ 初めて俳句~ (8, 0.1%)

3 というもの 1 に接した, や歌, を作る, を作ろう, を学び始めた

▼ 初めて~ (8, 0.1%)

2 また文壇 1 に会った, の秘密, の詩, の赤い, を見まつりし, を見る

▼ 初めて~ (8, 0.1%)

1 が身, った物, の出る, はつた, はふ, ひ得たので, ふので, ふ心持

▼ 初めて大きな~ (8, 0.1%)

2 声で 1 声し, 声を, 犯罪事件や, 眼を, 試みの, 都に

▼ 初めて少し~ (8, 0.1%)

1 ずつ少し, にこっ, の間, ばかり人心地, 水の, 色を, 身を, 顔を

▼ 初めて御意~ (8, 0.1%)

3 を得ます, 得申す 1 を, を得申す

▼ 初めて思想~ (8, 0.1%)

1 でなければ, というある, というもの, の名, の科学そのもの, の資格, は運動, を唯物論

▼ 初めて文学~ (8, 0.1%)

1 となる, と科学, にうつされた, になる, の中, の発達, は進展, らしい文学

▼ 初めて~ (8, 0.1%)

2 がこみ上げ 1 のうち, らしいもの, をたれた, を流しました, を落した, を頬

▼ 初めて~ (8, 0.1%)

1 といふもの, によつて口, に抱かれた, に逢った, の作家, の優し, の味, の弓端

▼ 初めて私たち~ (8, 0.1%)

2 の家 1 が入っ, の前, の関係, は分れなけれ, は本当に, は自然

▼ 初めて科学的~ (8, 0.1%)

2 な概念 1 となる, と呼び得る, な世界像, な歴史科学, な知識, に批評

▼ 初めて舞台~ (8, 0.1%)

1 にかけられた, にのせられた, にのぼせられた, に上せた, に現われ, の人, へ出, を眺め

▼ 初めて見ました~ (8, 0.1%)

21 がこいつ, がなかなか, のが, よ, 百円の, 者で

▼ 初めて言葉~ (8, 0.1%)

2 を交した 1 の形態, をかけた, をかける, を交し, を交す, を改めた

▼ 初めて~ (8, 0.1%)

1 にしみ, につく, に泌, に知った, を動かし, を動かした, を寄せた, を屈めた

▼ 初めて逢つた時~ (8, 0.1%)

2 からの事, は流石 1 の眼, は前科者ぢ, を思ひ出してる, を思出

▼ 初めてかれ~ (7, 0.1%)

2 の顔 1 に注意, はわたし, らに, らの, を見た

▼ 初めてそう~ (7, 0.1%)

1 かと悟った, かと気づいた, かと知る, かと胸, 呟いて, 心づくと, 顫える

▼ 初めてなん~ (7, 0.1%)

2 だからね, だな 1 だけれど, でございますから, でして

▼ 初めてみる~ (7, 0.1%)

1 となかなか, と何より, わが子の, 品であり, 景色なり, 東洋人見る, 樺太の

▼ 初めてわが~ (7, 0.1%)

1 喪を, 妻と, 所領が, 無形上の, 肉體の, 良人と, 違算を

▼ 初めてわたし~ (7, 0.1%)

1 の受けた, はあれ, はこの, はやわらかい, は安心, は母, も目

▼ 初めてわれ~ (7, 0.1%)

3 に返った 1 にかえった, に返っ, に返り, も忘

▼ 初めてゐた~ (7, 0.1%)

2 のを 1 がそれ, のだ, のに自分, 賢太郎が, 頃な

▼ 初めて一人~ (7, 0.1%)

2 になつ 1 が, が言葉, で其処, の夜, は出資者

▼ 初めて上京~ (7, 0.1%)

2 して 1 した, した時, した石川啄木, し上野, し歌舞伎座

▼ 初めて人心地~ (7, 0.1%)

2 がついた 1 がつい, がつく, に返った, のついた, をよびもどした

▼ 初めて信長~ (7, 0.1%)

1 から一個, に謁見, に随身, のす, の死, の軍, も快

▼ 初めて学校~ (7, 0.1%)

2 からの帰り道, の校庭 1 の運営法, へ上がった, へ通った

▼ 初めて~ (7, 0.1%)

2 供を 1 やかな家, 仏全, 信の, 學校へ, 馬に

▼ 初めて巴里~ (7, 0.1%)

1 で斯, にて相, に入った, に這入り込ん, の大気中, を見し, を訪れ

▼ 初めて師匠~ (7, 0.1%)

1 との対面, との息, に出, の作, の偉, の家, の高座着

▼ 初めて彼ら~ (7, 0.1%)

1 にわかる, に会う, の姿, の態度, の曲った, の舌, は怠惰

▼ 初めて微笑~ (7, 0.1%)

2 した, を洩した 1 したもの, を浮かべた, を浮べた

▼ 初めて~ (7, 0.1%)

2 る特定 1 ること, る時代, る目標, る種, る行為

▼ 初めて批評~ (7, 0.1%)

1 が制作, というもの, となる, なるもの, の問題, は批評, は科学的

▼ 初めて支那~ (7, 0.1%)

1 から来た, に對, に行く, の學問, の行政區域内, の金屬, の馬車

▼ 初めて~ (7, 0.1%)

1 というもの, と向いあっ, にぶつかる, にめぐり会った, の影, を盲目, を討った

▼ 初めて明らか~ (7, 0.1%)

2 になっ 1 にされる, にした, にせられた, になる, になるだろう

▼ 初めて~ (7, 0.1%)

1 の土地, の女, の室, の家, の死骸, の病い, の病人

▼ 初めて現実~ (7, 0.1%)

1 が視野, として存在, に返った, の仮感, の国力, の真理, への夢

▼ 初めて発生~ (7, 0.1%)

1 したと, して, すること, するの, する諸, 出来たの, 出来たもの

▼ 初めて真に~ (7, 0.1%)

1 勇気も, 尊崇すべき, 新開地的な, 理解される, 社会としての, 自然科学に, 高貴な

▼ 初めて矢代~ (7, 0.1%)

1 が東野, にはよく, の前, の方, は日, は汽車, をじっと

▼ 初めて知つた~ (7, 0.1%)

2 と言 1 からで, と云, と南洲, のかい, ほどです

▼ 初めて秀子~ (7, 0.1%)

1 に薄暗い, に逢った, の危険, の愛, の犯罪, の顔, を見た

▼ 初めて結婚~ (7, 0.1%)

2 の幸福 1 した気丈, した男, するよう, する人, する時

▼ 初めて~ (7, 0.1%)

2 を撫で下ろした 1 が開ける, に通りたる, の高, をのばした, を正した

▼ 初めて蚊帳~ (7, 0.1%)

2 を吊つた 1 のない, をつらないで寝た, を吊, を吊る, を釣らなく

▼ 初めてある~ (6, 0.1%)

1 ことを, とても可愛らしい, のだ, 信仰に, 地位を, 特定の

▼ 初めてお前~ (6, 0.1%)

2 に対する父 1 のお母さん, の論文, を呼んだ, を見た

▼ 初めて~ (6, 0.1%)

2 やない 1 や, やぞ, やの, や無理

▼ 初めてであり~ (6, 0.1%)

1 ことにフランス, そうしてまたおそらく, その以前, 人々は, 僕は, 本物か

▼ 初めてわかった~ (6, 0.1%)

1 あたしは, ことだった, ぜ, のである, ような, わ

▼ 初めて一つ~ (6, 0.1%)

1 うなずいて, の人間的態度, の全体, の専門的技術, の山, の席

▼ 初めて世の中~ (6, 0.1%)

1 に別に, に打つ, に飛び出した, のこと, の悲し, へ出た

▼ 初めて世界~ (6, 0.1%)

1 がある, に出, の人類, の年代記, の経済的危機, の航海者

▼ 初めて二人~ (6, 0.1%)

1 が交際, が妻籠, の乞食, の顔, は意中, を結びつけた

▼ 初めて~ (6, 0.1%)

2 の虚飾 1 か得た, か書け, が園子, とはなく

▼ 初めて分った~ (6, 0.1%)

2 のだ 1 のである, のです, ものである, よ

▼ 初めて大阪~ (6, 0.1%)

2 に来 1 に来た, はいい, へ乗込む, へ行き

▼ 初めて姿~ (6, 0.1%)

1 の変っ, をあら, をあらわし, をあらわす, を現, を顕し

▼ 初めて宗教~ (6, 0.1%)

1 という文字, という観念, とか道徳, に生命, の名, や道徳

▼ 初めて客観的~ (6, 0.1%)

2 な社会 1 な実在そのもの, になる, に取り扱われ得る, に定着

▼ 初めて居た~ (6, 0.1%)

5 のである 1 彼である

▼ 初めて彼等~ (6, 0.1%)

1 の勇気, の口, の集団, はフランス, は天王寺区上本町八丁目, は自分達

▼ 初めて心から~ (6, 0.1%)

1 そんな礼, な同感, の大笑い, 泣かされました, 眉を, 綻んだ笑顔

▼ 初めて新しい~ (6, 0.1%)

2 趣味の 1 二つの, 感激が, 時代の, 真理の

▼ 初めて~ (6, 0.1%)

2 するこの 1 したとき, にふさわしから, のこと, らしい旅

▼ 初めて日本語~ (6, 0.1%)

1 で馴れ馴れしく, となつ, に眞, に翻訳, の文章, を使った

▼ 初めて此処~ (6, 0.1%)

2 へ来た 1 に登られた, へ入, を縦走, を通過

▼ 初めて気付いた~ (6, 0.1%)

2 のだ 1 が彼, ものなどでは, ものの, ように

▼ 初めて決定~ (6, 0.1%)

1 された形態, されるの, されるべきであって, されるもの, される部分, すべきもの

▼ 初めて汽車~ (6, 0.1%)

1 に乗っ, に乗った, に遷しました, の二等, の食堂, を通す

▼ 初めて~ (6, 0.1%)

1 まみえる大事, 擁して, 見しとき, 見た少, 見て, 逢つた異性同士が

▼ 初めて~ (6, 0.1%)

1 つ赤, にイギリス, の人間, の信仰, の生活, の認識

▼ 初めて真理~ (6, 0.1%)

2 となる 1 であること, と虚偽, の概念, を獲得

▼ 初めて社会~ (6, 0.1%)

1 に於ける, に生れた, の認識, は成立, は自分, へ生れる

▼ 初めて~ (6, 0.1%)

1 一回が, 一回の, 一流の, 九が, 二期の, 五に

▼ 初めて聞い~ (6, 0.1%)

1 てその, て何, て吃驚, て知った, て解った, て驚いた

▼ 初めて自然科学~ (6, 0.1%)

1 に対して一定, の夫, の生命, の研究方法, の範疇組織, は哲学

▼ 初めて見出される~ (6, 0.1%)

1 ことが, のである, ものである, ものという, 固有な, 或いは造り出される

▼ 初めて~ (6, 0.1%)

1 というもの, になつ, にイノチ, を作り, を学ぶ, を書いた

▼ 初めて逢う~ (6, 0.1%)

1 ので遠く, のに無理, んだ, 人ばかり, 正月羅馬旧教国らしい, 頬の

▼ 初めてうち~ (5, 0.1%)

1 の中, の樹, の胡瓜, 寛いで, 明ける危険

▼ 初めてかの~ (5, 0.1%)

1 チャレンジャー航海報告書に, 女に, 無力な, 瑣末に, 高潔勇敢なる

▼ 初めてでございます~ (5, 0.1%)

1 あの晩, から何, が親父, この肉身一つ, よ

▼ 初めて~ (5, 0.1%)

2 こと笑っ 1 こついた, して, ツこりさせ

▼ 初めて~ (5, 0.1%)

3 ッと 1 つと息, ーっと

▼ 初めてほんと~ (5, 0.1%)

1 に気づいた, の人柄, の人間, の喘ぎ, の鶯

▼ 初めてより~ (5, 0.1%)

1 にわかに苦労, よく理論的実践的, われは, 幾程も, 昼は

▼ 初めてクリストフ~ (5, 0.1%)

2 に会った 1 と知り合った, の眼, を引き回し

▼ 初めて一人前~ (5, 0.1%)

3 の役人 1 の女, の江戸っ子

▼ 初めて一切~ (5, 0.1%)

1 の事情, の文学, の本格的, の淫蕩, を取りしきる

▼ 初めて与えられる~ (5, 0.1%)

1 ことを, のである, ものだ, わけだ, 順序に

▼ 初めて~ (5, 0.1%)

1 の容易, の次第, の真相, の重大さ, をなす

▼ 初めて京都~ (5, 0.1%)

1 からお, から東京, の土, へ来, を見た

▼ 初めて会っ~ (5, 0.1%)

1 てあの, てからどこ, てもあんまり, て下, て自分

▼ 初めて作品~ (5, 0.1%)

1 としての存在, の世界, の中, を出した, を発表

▼ 初めて~ (5, 0.1%)

1 た客, た家政婦, た日, た移住者等, れる者

▼ 初めて価値~ (5, 0.1%)

1 あるもの, がある, と権威, を持つ, を認める

▼ 初めて~ (5, 0.1%)

2 にされた 1 にした, にしたる, に使

▼ 初めて公然~ (5, 0.1%)

1 としかも, と全面的, と前, と厚母麻子, と哲学

▼ 初めて~ (5, 0.1%)

1 をも聞いた, を知った, を聞いた, を覚えた, 女優の

▼ 初めて~ (5, 0.1%)

2 に返った 1 にかえった, に返つた, れに

▼ 初めて地上~ (5, 0.1%)

1 で見た, に人類, に出, の教会, の運命

▼ 初めて完成~ (5, 0.1%)

1 されるに, したという, したもの, した戦闘員, するもの

▼ 初めて得られる~ (5, 0.1%)

1 のであった, のです, ものである, ような, 処の

▼ 初めて~ (5, 0.1%)

1 と認識, の種族, を味わう, を打ち明ける, を語り合った

▼ 初めて批判~ (5, 0.1%)

1 されたこと, されるべきもの, となる, は効力, は科学的

▼ 初めて日本人~ (5, 0.1%)

1 だけを聴衆, というもの, に接触, に本格的, のほんとう

▼ 初めて書いた~ (5, 0.1%)

1 のが, ものが, 學者である, 懸賞探偵小説を, 習作で

▼ 初めて~ (5, 0.1%)

3 實的に 1 はる同, わし得た

▼ 初めて現われ~ (5, 0.1%)

2 てきた 1 てくる, て来る, 銀子は

▼ 初めて現実的~ (5, 0.1%)

2 になる 1 な力, な恋愛, な意味

▼ 初めて~ (5, 0.1%)

1 の安, の料理屋, の深, の空, を見る

▼ 初めて~ (5, 0.1%)

2 をかく人 1 を描こう, を見た, を見る

▼ 初めて美しい~ (5, 0.1%)

1 から, と思った, 山々が, 或は懐しい, 霧として

▼ 初めて自分自身~ (5, 0.1%)

1 で自分, にめぐりあった, の具体性, の消, を感ずる

▼ 初めて~ (5, 0.1%)

1 で会った, で見た, に乗っ, を出された, を飛ばし

▼ 初めて~ (5, 0.1%)

2 が咲いた 1 が開いた, もむら, を開かう

▼ 初めて若い~ (5, 0.1%)

2 男性しかも 1 丸髷の, 女が, 男から

▼ 初めて英語~ (5, 0.1%)

2 の本 1 で, を学ばれた, を輸入

▼ 初めて観た~ (5, 0.1%)

2 のは 1 ときあの, のだ, のでそれ

▼ 初めて訪問~ (5, 0.1%)

3 した時 1 した, に来

▼ 初めて~ (5, 0.1%)

1 をとめなさる, をゆっくり, を引い, を緩めました, を踏み入れた

▼ 初めて驚いた~ (5, 0.1%)

1 と申す, のである, ような, ように, 事が

▼ 初めていろいろ~ (4, 0.0%)

1 な事, な話, の植物, の理由

▼ 初めてきいた~ (4, 0.0%)

1 さわがしさ, とみえ, ので, ように

▼ 初めてきた~ (4, 0.0%)

1 とき, 時は, 柳並木を, 頃誰からとも

▼ 初めてそれら~ (4, 0.0%)

2 の家々 1 の密集, を呼び醒さなけれ

▼ 初めてだから~ (4, 0.0%)

1 ね, 全然画, 全然畫, 十両又

▼ 初めてちようど今日~ (4, 0.0%)

4 と言

▼ 初めてなし得る~ (4, 0.0%)

1 ことで, ところであろう, のである, 所でありまし

▼ 初めてなる~ (4, 0.0%)

1 ほどと今に, ほどと思いました, ほどと思った, ほどと感づいた

▼ 初めてほん~ (4, 0.0%)

1 たうの, との声, との夫婦, との生死

▼ 初めてみた~ (4, 0.0%)

2 と思った 1 のが, 妹の

▼ 初めてよい~ (4, 0.0%)

1 情熱が, 日本に, 社会が, 食器が

▼ 初めてドストイェフスキイ~ (4, 0.0%)

2 の小説 1 が眞, を讀んだ

▼ 初めて一応~ (4, 0.0%)

1 の独立, 古典語の, 可能と, 観念上の

▼ 初めて一緒~ (4, 0.0%)

2 になった 1 に暮す, に江戸

▼ 初めて一般~ (4, 0.0%)

1 にそれ, にガス, に認識, の客

▼ 初めて世間~ (4, 0.0%)

1 で試, に洩れた, に発表, を騒がした

▼ 初めて~ (4, 0.0%)

2 軍は 1 党派が, 博士に

▼ 初めて了解~ (4, 0.0%)

2 した 1 される点, するの

▼ 初めて事実~ (4, 0.0%)

1 という概念, という資格, として安定, となる

▼ 初めて事情~ (4, 0.0%)

1 がわかった, が判っ, が判りました, が解った

▼ 初めて人生~ (4, 0.0%)

2 の曙 1 に希望, を解する

▼ 初めて人類~ (4, 0.0%)

1 が生活, の, の思考方法, の頭上

▼ 初めて仏蘭西~ (4, 0.0%)

1 のボギラール大佐, の劇壇, の土, へ来た

▼ 初めて作られた~ (4, 0.0%)

1 もので, ものである, 時の, 訳語である

▼ 初めて保証~ (4, 0.0%)

1 されて, される, されること, されるの

▼ 初めて~ (4, 0.0%)

1 つた十兩の, つて来る, 國せりと, 蔵した

▼ 初めて再び~ (4, 0.0%)

1 この校門, 彼女は, 足場を, 追憶され

▼ 初めて出た~ (4, 0.0%)

1 モンキーなる, 人が, 数字の, 頃は

▼ 初めて出会った~ (4, 0.0%)

1 ときから, ところの, ような, 時の

▼ 初めて出席~ (4, 0.0%)

2 したの 1 したといふ, した人

▼ 初めて出来る~ (4, 0.0%)

1 ことな, のです, 事で, 仕事である

▼ 初めて判った~ (4, 0.0%)

1 のだ, のである, のです, 新事実

▼ 初めて合点~ (4, 0.0%)

1 がいった, がゆき, したよう, のいった

▼ 初めて多年~ (4, 0.0%)

1 つれそいながら, の恨み, の迷夢, 修めたところ

▼ 初めて~ (4, 0.0%)

1 が明けた, の香水, は満天, 遅くまで

▼ 初めて大衆~ (4, 0.0%)

1 の中, の凡, は大衆, は指導者

▼ 初めて~ (4, 0.0%)

2 に昇る 1 より降っ, を眺め

▼ 初めて女性~ (4, 0.0%)

1 の全裸, の沸ら, は自分, を見る

▼ 初めて~ (4, 0.0%)

1 の実家, の涙, の行動, を見た

▼ 初めて~ (4, 0.0%)

1 に対する愛, を儲けた, を持ちし, を産み

▼ 初めて子供~ (4, 0.0%)

1 が作った, の世界, の出来た, らしい情熱

▼ 初めて孔明~ (4, 0.0%)

1 の心, の計, をあざむき得た, をあざむく

▼ 初めて実験~ (4, 0.0%)

1 が近代自然科学, で証明, としての価値, は一定

▼ 初めて~ (4, 0.0%)

1 と対等, のいつた, の涙, を見た

▼ 初めて少年~ (4, 0.0%)

1 に話しかけた, の前, の頬, らしい嗚咽

▼ 初めて山越し像~ (4, 0.0%)

2 の画因, の畫因

▼ 初めて必然的~ (4, 0.0%)

1 となる, な問題, に個人, に固められ

▼ 初めて必要~ (4, 0.0%)

2 とされる 1 な問題, になつ

▼ 初めて~ (4, 0.0%)

1 がつける, もされない, をつかん, をふき

▼ 初めて意義~ (4, 0.0%)

1 あるもの, があり, がある, を有

▼ 初めて意識的~ (4, 0.0%)

2 になった 1 に一種, に源六

▼ 初めて我々~ (4, 0.0%)

1 が漂着, にぴつたり訣つて, の独自, はこの

▼ 初めて手紙~ (4, 0.0%)

2 を書く 1 をよこし, を書い

▼ 初めて明るく~ (4, 0.0%)

2 なりました 1 微笑える, 笑顔を

▼ 初めて明瞭~ (4, 0.0%)

1 となる, な姿, になる, に国号

▼ 初めて普通~ (4, 0.0%)

1 の人間らしい, の御飯, の悲し, の病舎

▼ 初めて書い~ (4, 0.0%)

3 てみた 1 て企画

▼ 初めて月給~ (4, 0.0%)

1 といふもの, らしい月給, を懐中, を貰い

▼ 初めて歴史~ (4, 0.0%)

1 に見われた, の原理, の進動, をなす

▼ 初めて歴史的~ (4, 0.0%)

1 だと, であるよう, に見, 諸事件

▼ 初めて現れた~ (4, 0.0%)

2 時は 1 のだ, 形式で

▼ 初めて現代~ (4, 0.0%)

2 の我が 1 の吾, の社会

▼ 初めて~ (4, 0.0%)

2 のリアリズム 1 の鶏肉, 豆腐を

▼ 初めて甲武信岳~ (4, 0.0%)

1 に上った, に登る, の頂上, へ登った

▼ 初めて疑い~ (4, 0.0%)

1 の心, を晴らし, を解い, を解いたらしく

▼ 初めて病院~ (4, 0.0%)

1 の暮し, の玄關口, の着物, へ行つた日

▼ 初めて発表~ (4, 0.0%)

1 された, されたの, されたもの, されて

▼ 初めて目撃~ (4, 0.0%)

1 したに, したの, した遼東, しようとは

▼ 初めて真剣~ (4, 0.0%)

1 な恐怖, に首, に騒ぎ出し, の手合せ

▼ 初めて着いた~ (4, 0.0%)

2 時も 1 時の, 雪の

▼ 初めて私達~ (4, 0.0%)

1 の学校, の詩的感覚, は芝居, を比較的

▼ 初めて精神~ (4, 0.0%)

1 が地上, に復し, は文化, もしくは性格

▼ 初めて統一的~ (4, 0.0%)

1 に発展段階, に組織的, に結合, に解明

▼ 初めて聴いた~ (4, 0.0%)

1 とき同然可笑し, 時は, 者は, 興味ある

▼ 初めて~ (4, 0.0%)

1 いたよ, いた時, くぞ, く八五郎

▼ 初めて自分達~ (4, 0.0%)

1 が耕し, の口, の統一, は近江さん

▼ 初めて自動車~ (4, 0.0%)

2 に同乗 1 を呼びつけた, を降りた

▼ 初めて自覚~ (4, 0.0%)

2 したの 1 した形, した苦しみ

▼ 初めて荒々しい~ (4, 0.0%)

4 言葉を

▼ 初めて行く~ (4, 0.0%)

1 とカツレツ, のかい, 所だ, 食はせる

▼ 初めて見物~ (4, 0.0%)

1 いたしました, した人, して, する前

▼ 初めて観る~ (4, 0.0%)

1 が懐かしい, の多い, 美くし, 西洋映画は

▼ 初めて解けた~ (4, 0.0%)

3 ような 1 がさてさて

▼ 初めて言う~ (4, 0.0%)

1 がこの, ことが, ことを, つもりで

▼ 初めて論理~ (4, 0.0%)

1 なの, は活き, は自給自足, も真理

▼ 初めて~ (4, 0.0%)

1 個人の, 新聞に, 礼法は, 科学が

▼ 初めて警察~ (4, 0.0%)

2 へ行つた時 1 から来, の有難み

▼ 初めて讀んだ~ (4, 0.0%)

2 のは 1 ド氏の, 時から

▼ 初めて近く~ (4, 0.0%)

1 に見た, の森, 望まれた, 行って

▼ 初めて通る~ (4, 0.0%)

1 んだ, 人は, 家の, 難路の

▼ 初めて逢っ~ (4, 0.0%)

1 て他人, て口, て私, て見た

▼ 初めて連れ~ (4, 0.0%)

1 てまいった, て行かれた, て行っ, て行った

▼ 初めて~ (4, 0.0%)

2 が出来る 1 に志した, を聞いた

▼ 初めて~ (4, 0.0%)

1 に触れた, の上, の結晶, の降った

▼ 初めて顕微鏡~ (4, 0.0%)

1 で結晶, で雪華, というもの, を覗いた

▼ 初めて~ (4, 0.0%)

1 に乗った, に乗る, を使役, を見

▼ 初めて~ (3, 0.0%)

1 がつた, がつた者, つと疲れ

▼ 初めてあった~ (3, 0.0%)

1 かるい情なさ, 時から, 秋山との

▼ 初めて~ (3, 0.0%)

3 らした

▼ 初めていい~ (3, 0.0%)

1 かトント見当, ことを, 弟子悪い

▼ 初めておまえ~ (3, 0.0%)

1 がシャヴァノン村, と馴染ん, のこと

▼ 初めてこっち~ (3, 0.0%)

1 へ向き直った, へ来ました, へ流込ん

▼ 初めてこの世~ (3, 0.0%)

1 が常, にお出で, の風

▼ 初めてこんど~ (3, 0.0%)

1 の事件, の母, はあの

▼ 初めてさとった~ (3, 0.0%)

2 のです 1 ので

▼ 初めてそのもの~ (3, 0.0%)

2 の味 1 を十分

▼ 初めてであったろう~ (3, 0.0%)

1 か, それが, と思う

▼ 初めてという~ (3, 0.0%)

1 ものは, 時に, 話であった

▼ 初めてなれ~ (3, 0.0%)

1 ど日頃, ば何となく, ば心

▼ 初めてはっと~ (3, 0.0%)

1 思った, 気が, 気がついた程

▼ 初めてまた~ (3, 0.0%)

1 もとの, 彼は, 胸を

▼ 初めてもった~ (3, 0.0%)

1 ソヴェト同盟の, 記録文学の, 財布

▼ 初めてゆき子~ (3, 0.0%)

1 は声, は篠井春子, を振り返つ

▼ 初めてわが国~ (3, 0.0%)

1 に渡来, へ持込まれた, を少なくとも一旦

▼ 初めてイデオロギー~ (3, 0.0%)

1 はその, はイデオロギー, を真理

▼ 初めてインフルエンザ~ (3, 0.0%)

1 という病い, という病名, と云

▼ 初めてキリスト~ (3, 0.0%)

1 のパン, の感情, を見た

▼ 初めてニッコリ~ (3, 0.0%)

2 笑った 1 しました

▼ 初めてハッ~ (3, 0.0%)

1 と吾, と感づきました, と我

▼ 初めて一種~ (3, 0.0%)

1 の特殊科学, の自由, の言い知れない

▼ 初めて一道~ (3, 0.0%)

2 の慰藉 1 の曙光

▼ 初めて上演~ (3, 0.0%)

1 された桜痴居士, された際, した

▼ 初めて不安~ (3, 0.0%)

1 というもの, な影, の念

▼ 初めて世帯~ (3, 0.0%)

1 でも持つ, をもった, を持った

▼ 初めて主人~ (3, 0.0%)

1 と小僧, に紹介, の心

▼ 初めて事件~ (3, 0.0%)

1 の真相, を全然, を手繰る

▼ 初めて事物~ (3, 0.0%)

1 の認識, は真理, を一つ一つ発見

▼ 初めて二葉亭~ (3, 0.0%)

1 と面会, や美妙斎, を猿楽町

▼ 初めて~ (3, 0.0%)

1 ひ得るの, ふ事, へました

▼ 初めて今日~ (3, 0.0%)

1 の文明, の自然科学, の資本主義的金属工業

▼ 初めて仕事~ (3, 0.0%)

1 として実在, の出来る, を探すべきでしょう

▼ 初めて伊香保~ (3, 0.0%)

1 に遊ばれた, に遊んだ, へ来た

▼ 初めて元気~ (3, 0.0%)

1 な眼, になった, 付いて

▼ 初めて~ (3, 0.0%)

1 と差向い, の顔, らしい先輩

▼ 初めて兄弟~ (3, 0.0%)

2 の名のり 1 へことば

▼ 初めて~ (3, 0.0%)

1 を含んだ, を炬火, を認め

▼ 初めて全面的~ (3, 0.0%)

1 につけられる, に把握, に組織的

▼ 初めて其の~ (3, 0.0%)

1 家庭の, 服装を, 試驗を

▼ 初めて其処~ (3, 0.0%)

1 で口, に田原さん一人, に神道

▼ 初めて出版~ (3, 0.0%)

1 された, されたもの, され三百部限定

▼ 初めて出発~ (3, 0.0%)

1 して, する, するの

▼ 初めて切実~ (3, 0.0%)

1 にそれ, になる, に感じた

▼ 初めて劇場~ (3, 0.0%)

1 で合う, というもの, にはひつ

▼ 初めて効果~ (3, 0.0%)

1 を収める, を挙げる, を挙げ得る

▼ 初めて勝利~ (3, 0.0%)

1 の歓喜, の確信, を感じました

▼ 初めて参った~ (3, 0.0%)

1 のでございます, 牛なぞより, 田舎道勝手を

▼ 初めて参りました~ (3, 0.0%)

1 が泊, こと故, フランシスコ・ザヴィエルは

▼ 初めて吉原~ (3, 0.0%)

2 の遊里 1 の草市

▼ 初めて名前~ (3, 0.0%)

2 を聞いた 1 や父称

▼ 初めて~ (3, 0.0%)

1 つとして, とした, として嬢

▼ 初めて~ (3, 0.0%)

1 をひらいた, を許し合った, を開いた

▼ 初めて商売~ (3, 0.0%)

1 に出, に連れ, の道

▼ 初めて圓朝~ (3, 0.0%)

1 のトリ, は, は久保本

▼ 初めて~ (3, 0.0%)

2 へ出た 1 の風

▼ 初めて多少~ (3, 0.0%)

1 の興奮, 物質上の, 現代の

▼ 初めて大地~ (3, 0.0%)

2 に脚 1 を踏ん

▼ 初めて夫人~ (3, 0.0%)

2 と交すべき 1 の仏蘭西名

▼ 初めて奈良~ (3, 0.0%)

1 に来た, の博物館, へ旅

▼ 初めて好き~ (3, 0.0%)

2 になる 1 な帽子

▼ 初めて妻子~ (3, 0.0%)

1 と生活, を伴, を呼ぼう

▼ 初めて~ (3, 0.0%)

1 に入る, に就けり, に醒めた

▼ 初めて学問~ (3, 0.0%)

1 として構成, となし, の公共性

▼ 初めて安堵~ (3, 0.0%)

2 して 1 します

▼ 初めて実感~ (3, 0.0%)

1 として彼, となっ, のもの

▼ 初めて実現~ (3, 0.0%)

1 されるであろう, するであろう, するであろうと

▼ 初めて対面~ (3, 0.0%)

1 したが, した日, しました

▼ 初めて尋ね~ (3, 0.0%)

2 て見た 1 て行った

▼ 初めて對象~ (3, 0.0%)

1 となる, の生命, を生かす

▼ 初めて小説~ (3, 0.0%)

1 が発表, の長い, を書いた

▼ 初めて尾田~ (3, 0.0%)

1 の前, の心, は解した

▼ 初めて屋根裏~ (3, 0.0%)

2 に寝た 1 の部屋

▼ 初めて~ (3, 0.0%)

1 の色, の露出, を抱き

▼ 初めて島田~ (3, 0.0%)

1 に結った, の家, へ行っ

▼ 初めて幸福~ (3, 0.0%)

2 を感じた 1 を感じ

▼ 初めて弁証法~ (3, 0.0%)

1 という方法, の成立, は具体的

▼ 初めて弁証法的~ (3, 0.0%)

1 であること, であるの, に連関

▼ 初めて思い出した~ (3, 0.0%)

2 ように 1 がこれから

▼ 初めて愕然~ (3, 0.0%)

1 として, ともの, と声

▼ 初めて感ずる~ (3, 0.0%)

1 に違い, ような, 嫉妬女が

▼ 初めて~ (3, 0.0%)

1 程これ, 程と合点, 程と気

▼ 初めて成就~ (3, 0.0%)

2 すべき業 1 されたの

▼ 初めて戦争~ (3, 0.0%)

1 となる, を見た, を身

▼ 初めて承知~ (3, 0.0%)

1 されたこと, した, して

▼ 初めて接する~ (3, 0.0%)

1 それらの, 事の, 者です

▼ 初めて文化~ (3, 0.0%)

1 の自由, は発展, へである

▼ 初めて文字~ (3, 0.0%)

1 というもの, を学ぶ, を學ぶ

▼ 初めて~ (3, 0.0%)

1 夫の, 時代が, 様式の

▼ 初めて新富座~ (3, 0.0%)

1 でかれ, の芝居, の見物人

▼ 初めて新聞~ (3, 0.0%)

1 が張り出された, に寄書, は批評的

▼ 初めて~ (3, 0.0%)

1 の人, の秘密, の都

▼ 初めて最も~ (3, 0.0%)

1 平等を, 正面的に, 適切なる

▼ 初めて~ (3, 0.0%)

1 つた, つたん, ひました

▼ 初めて會つた時~ (3, 0.0%)

1 から好い, には私, はただ

▼ 初めて~ (3, 0.0%)

1 たれるであろう処, であり従って, となる

▼ 初めて~ (3, 0.0%)

1 にのぼった, 出たまま, 詣の

▼ 初めて木曾川~ (3, 0.0%)

2 に入る 1 の流るる

▼ 初めて~ (3, 0.0%)

1 になった, 當に, 邦人に

▼ 初めて本心~ (3, 0.0%)

2 の一部 1 を打ち明け

▼ 初めて本郷~ (3, 0.0%)

2 の古本屋 1 に店

▼ 初めて札幌~ (3, 0.0%)

2 に行つたの 1 から山男

▼ 初めて来る~ (3, 0.0%)

1 すると早, のであった, パリーでは

▼ 初めて椅子~ (3, 0.0%)

1 にかけて昼飯, にかけて食事, を与えられ

▼ 初めて横浜~ (3, 0.0%)

1 と新橋, の土, へ入荷

▼ 初めて~ (3, 0.0%)

1 のよう, の一足, の諺

▼ 初めて~ (3, 0.0%)

1 ひ暮風清蔭, をかへした, を教え

▼ 初めて武蔵~ (3, 0.0%)

1 との由緒, の国造, の非凡

▼ 初めて~ (3, 0.0%)

1 の決心, も生も, を見る

▼ 初めて~ (3, 0.0%)

1 の長者, は法政, も族

▼ 初めて気づい~ (3, 0.0%)

1 て, てあえて, て自分

▼ 初めて法則~ (3, 0.0%)

1 の名, の概念, の通用性

▼ 初めて注意~ (3, 0.0%)

2 するかの 1 するの

▼ 初めて洋服~ (3, 0.0%)

1 を着た, を着る, を着用

▼ 初めて父母~ (3, 0.0%)

1 の名, の故郷, の膝元

▼ 初めて爽快~ (3, 0.0%)

2 に風味 1 を感じた

▼ 初めて玄徳~ (3, 0.0%)

1 の口, の離京, は陸

▼ 初めて現在~ (3, 0.0%)

1 のごとき, の演劇, の順序

▼ 初めて生れた~ (3, 0.0%)

1 ばかりの坊や, ばかりの独創満々, やうに

▼ 初めて~ (3, 0.0%)

1 ひられた頃, ゐたと, ゐたもの

▼ 初めて男の子~ (3, 0.0%)

1 が生れ, が生れました, を産んだ

▼ 初めて登った~ (3, 0.0%)

1 人が, 山は, 時が

▼ 初めて登場~ (3, 0.0%)

1 して, する, せし時

▼ 初めて發見~ (3, 0.0%)

1 した迄は, するとき, する私

▼ 初めて相互~ (3, 0.0%)

2 の連関 1 の価値

▼ 初めて相手~ (3, 0.0%)

1 の急, の男, を魅する

▼ 初めて真実~ (3, 0.0%)

1 にぶつかった, の価, をあらわし

▼ 初めて瞥見~ (3, 0.0%)

1 したところ, したよう, した日

▼ 初めて知り~ (3, 0.0%)

1 その作品, 中には, 責任の

▼ 初めて知りました~ (3, 0.0%)

1 な, ような, 真実の

▼ 初めて知り得る~ (3, 0.0%)

1 のである, 不幸であるらしい, 限りの

▼ 初めて社会的~ (3, 0.0%)

2 に一定 1 に客観的

▼ 初めて~ (3, 0.0%)

1 に對, の存在, はこれ

▼ 初めて秀吉~ (3, 0.0%)

1 という人物, に伊丹城中一年, に接した

▼ 初めて立った~ (3, 0.0%)

1 のである, 時の, 時何よりも

▼ 初めて笑い~ (3, 0.0%)

1 が込上げ, ごえを, を見せた

▼ 初めて箱根~ (3, 0.0%)

2 に入り込む 1 に遊んだ

▼ 初めて範疇~ (3, 0.0%)

1 であること, の体系, は論理

▼ 初めて築いた~ (3, 0.0%)

2 とある 1 ものか

▼ 初めて組織~ (3, 0.0%)

1 が与えられる, された野楽隊, 立てられる

▼ 初めて~ (3, 0.0%)

1 と暗黒, に落す, の及ぼす

▼ 初めて義雄~ (3, 0.0%)

1 の新説, は嘲弄, を天聲

▼ 初めて~ (3, 0.0%)

1 先生に, 先生の, 画師の

▼ 初めて老人~ (3, 0.0%)

1 に会つた時, の顔, は立

▼ 初めて聞かされた~ (3, 0.0%)

2 のである 1 家臣は

▼ 初めて聞き~ (3, 0.0%)

1 また依頼, 日本の, 知つたのである

▼ 初めて聞きました~ (3, 0.0%)

1 が凍っ, ね, わ

▼ 初めて~ (3, 0.0%)

2 を拱きました 1 を解いた

▼ 初めて自分たち~ (3, 0.0%)

1 がだまされ, の塒, の認識

▼ 初めて自我~ (3, 0.0%)

1 であること, の発展, を批判

▼ 初めて自然弁証法~ (3, 0.0%)

1 と史的唯物論, や史的唯物論, を展開

▼ 初めて良人~ (3, 0.0%)

1 である人, の凶変, の隣

▼ 初めて芝居~ (3, 0.0%)

1 ができる, の正本, を見る

▼ 初めて~ (3, 0.0%)

1 し生ずるの義, を吹きかけた, を噴いた

▼ 初めて落着~ (3, 0.0%)

1 いた青年, いて, して

▼ 初めて虚偽~ (3, 0.0%)

1 ともなる, と名づけられる, と現実的

▼ 初めて~ (3, 0.0%)

1 の形, の玉子, を見る

▼ 初めて見え~ (3, 0.0%)

1 ている, て来た, まさか日本

▼ 初めて見られた~ (3, 0.0%)

1 あの日, んでトテ, 時に

▼ 初めて見られる~ (3, 0.0%)

1 ことであろう, ような, 事柄であっ

▼ 初めて見出した~ (3, 0.0%)

1 ように, 子供の, 珍しい情景

▼ 初めて~ (3, 0.0%)

2 つた 1 つたらう

▼ 初めて言文一致~ (3, 0.0%)

2 を書いた 1 の弔文

▼ 初めて訪ねた~ (3, 0.0%)

1 が別に, 時だ, 陰女の

▼ 初めて~ (3, 0.0%)

1 も日頃, をした, を伺った

▼ 初めて読む~ (3, 0.0%)

1 ことが, とかこの, 公案である

▼ 初めて起った~ (3, 0.0%)

1 ことな, のは, モダンガールの

▼ 初めて踏む~ (3, 0.0%)

1 土は, 異郷の, 道場という

▼ 初めて近づき~ (3, 0.0%)

3 になった

▼ 初めて逢つたの~ (3, 0.0%)

2 は鶴飼橋 1 が昨年

▼ 初めて都会~ (3, 0.0%)

1 から郊外, の文化式登山, を彷徨い

▼ 初めて鉄砲~ (3, 0.0%)

1 が伝った, を取り上げる, を狙う

▼ 初めて~ (3, 0.0%)

1 をしめる, をたたい, を守る

▼ 初めて開通~ (3, 0.0%)

1 したの, したのに, した当時

▼ 初めて~ (3, 0.0%)

1 といふもの, の中, の魔群

▼ 初めて離れ~ (3, 0.0%)

2 て遠い 1 の柱

▼ 初めて~ (3, 0.0%)

1 が上るらしく, が降っ, の夜

▼ 初めて青木~ (3, 0.0%)

1 の威圧, を発見, を知った

▼ 初めて~ (3, 0.0%)

2 に触れた 1 になれる

▼ 初めて飛行機~ (3, 0.0%)

1 といふもの, に乗っ, に同乗

▼ 初めて食った~ (3, 0.0%)

2 のは 1 が鯛

▼ 初めて~ (3, 0.0%)

1 の筋, をふっ, を垂れ

▼ 初めて驚く~ (3, 0.0%)

1 事が, 気持ちで, 河漢の

▼ 初めて高い~ (3, 0.0%)

1 姿勢で, 感激に, 空の

▼ 初めて高座~ (3, 0.0%)

2 へ上がった 1 に上った

▼ 初めてああ~ (2, 0.0%)

1 いうこと, ほんとうに

▼ 初めてあたり~ (2, 0.0%)

1 の林, を見まわす

▼ 初めてあんな~ (2, 0.0%)

1 ものに, 素晴らしい効果

▼ 初めていくらか~ (2, 0.0%)

1 余裕の, 生気の

▼ 初めていたら~ (2, 0.0%)

1 太郎が, 私たちの

▼ 初めていつも~ (2, 0.0%)

1 の笑み, より遅く

▼ 初めていや~ (2, 0.0%)

1 この冬, にはずまない

▼ 初めているらしい~ (2, 0.0%)

1 事なぞを, 少女の

▼ 初めてうしろ~ (2, 0.0%)

1 に気がつく, の空

▼ 初めてうすい~ (2, 0.0%)

1 微笑を, 苦笑いを

▼ 初めておぼえる~ (2, 0.0%)

1 冷氣だ, 暑さ

▼ 初めておれ~ (2, 0.0%)

1 の心, の目

▼ 初めてお互い~ (2, 0.0%)

1 に相, を見合った

▼ 初めてお宮~ (2, 0.0%)

1 に会った, 詣りの

▼ 初めてお家~ (2, 0.0%)

1 に来た, は万代

▼ 初めてお目にかかっ~ (2, 0.0%)

1 て, てたいへん

▼ 初めてお目にかかつた~ (2, 0.0%)

1 のであつ, 時は

▼ 初めてお目もじ~ (2, 0.0%)

2 したとき他

▼ 初めてお目見得~ (2, 0.0%)

1 つかまつりまする, に上っ

▼ 初めてかも~ (2, 0.0%)

2 知れない

▼ 初めてからは~ (2, 0.0%)

1 いつも窓, 悪足掻

▼ 初めてきょう~ (2, 0.0%)

1 の大勝, の閣議

▼ 初めてぎょ~ (2, 0.0%)

1 ろと, ッと

▼ 初めてこういう~ (2, 0.0%)

1 ところへ, ものも

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 ういふ, う云

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 つくりあては, てみた

▼ 初めてしかと~ (2, 0.0%)

1 わかつた, 大地に

▼ 初めてしみじみ~ (2, 0.0%)

1 と眺める, 話して

▼ 初めてじっと~ (2, 0.0%)

1 彼の, 英子の

▼ 初めてすっかり~ (2, 0.0%)

1 我に, 目を

▼ 初めてだつた~ (2, 0.0%)

1 が心中ひそか, が郡

▼ 初めてちょうど~ (2, 0.0%)

1 一天才の, 今日と

▼ 初めてつけた~ (2, 0.0%)

1 かそれ, この麻

▼ 初めてであります~ (2, 0.0%)

1 から一寸, から一時

▼ 初めてできる~ (2, 0.0%)

1 ことである, ものである

▼ 初めてとは~ (2, 0.0%)

1 思へない早, 思われませぬ

▼ 初めてなり立つ~ (2, 0.0%)

1 のである, 処の

▼ 初めてにやりと~ (2, 0.0%)

1 しながら, 笑った

▼ 初めてはいった~ (2, 0.0%)

1 東京監獄では, 重病室の

▼ 初めてひっそり~ (2, 0.0%)

2 と鎮まっ

▼ 初めてびっくり~ (2, 0.0%)

1 したよう, して

▼ 初めてぶつかった~ (2, 0.0%)

1 ものだ, インテリゲンツィアの

▼ 初めてぶる~ (2, 0.0%)

1 と全身, んと

▼ 初めてまざまざ~ (2, 0.0%)

1 と圧, と見る

▼ 初めてまだ~ (2, 0.0%)

1 家中には, 片言の

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 てこれ, 気色を

▼ 初めてみたい~ (2, 0.0%)

1 なこと, なもの

▼ 初めてみのる~ (2, 0.0%)

2 自身の

▼ 初めてやった~ (2, 0.0%)

1 事件だった, 時に

▼ 初めてやって来た~ (2, 0.0%)

1 御殿場道の, 者は

▼ 初めてやつ~ (2, 0.0%)

1 てきた, と一句

▼ 初めてゆっくり~ (2, 0.0%)

1 お入り, たくさん眠っ

▼ 初めてようやく~ (2, 0.0%)

1 叫んだ, 微かな

▼ 初めてらしく~ (2, 0.0%)

1 てどこ, て賽の目

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 あっんと, つと喝采

▼ 初めてわかる~ (2, 0.0%)

1 ことである, 味である

▼ 初めてわが家~ (2, 0.0%)

1 の家系, へ帰る

▼ 初めてアインシュタイン~ (2, 0.0%)

1 の写真, の学説

▼ 初めてアフリカ~ (2, 0.0%)

1 の土, の西海岸

▼ 初めてイギリス~ (2, 0.0%)

1 へ行った, を其處

▼ 初めてガラス絵~ (2, 0.0%)

1 というもの, を買った

▼ 初めてザビーネ~ (2, 0.0%)

1 のこと, のはっきり

▼ 初めてシュレージエン~ (2, 0.0%)

1 に冬営, の領有

▼ 初めてジャーナリズム~ (2, 0.0%)

1 と哲学, は発生

▼ 初めてスリ~ (2, 0.0%)

1 という商売, という渡世

▼ 初めてドイツ~ (2, 0.0%)

1 に丸坊主, に入った

▼ 初めてドストエフスキー~ (2, 0.0%)

1 の, の名

▼ 初めてハツキリ~ (2, 0.0%)

1 した苦悶, と眼

▼ 初めてパラオ本島~ (2, 0.0%)

2 のガラルド海岸

▼ 初めてフィクション~ (2, 0.0%)

2 の意味

▼ 初めてボルシェヴィク作家~ (2, 0.0%)

1 によって書かれた, らしい著

▼ 初めてマリヤン~ (2, 0.0%)

2 を見た

▼ 初めてメトロポリタン~ (2, 0.0%)

1 に出た, に出演中

▼ 初めてヴィタリス親方~ (2, 0.0%)

1 がわたし, ととまっ

▼ 初めて一個~ (2, 0.0%)

1 の邦国, の邦國

▼ 初めて一家~ (2, 0.0%)

1 の主婦, の計

▼ 初めて一斉~ (2, 0.0%)

1 に奮力, に礼儀

▼ 初めて一方~ (2, 0.0%)

1 の手, の活路

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 から超絶者, され現に

▼ 初めて与えられた~ (2, 0.0%)

1 と云っ, 歴史的な歓ば

▼ 初めて世界観~ (2, 0.0%)

1 であること, の歴史的移行

▼ 初めて両者~ (2, 0.0%)

1 の真, は運動

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 にはいった, の姫

▼ 初めて主君~ (2, 0.0%)

1 のかたき, の面

▼ 初めて主観~ (2, 0.0%)

1 による方法, は主観

▼ 初めて乗った~ (2, 0.0%)

1 よ, 機上の

▼ 初めて乗る~ (2, 0.0%)

1 のだ, のである

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 せられて, り氣

▼ 初めて九州~ (2, 0.0%)

1 から東京, の地

▼ 初めて乞食~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 の国, の腹

▼ 初めて二つ~ (2, 0.0%)

1 の階級, の雑誌社

▼ 初めて二人きり~ (2, 0.0%)

1 で会う, になった

▼ 初めて互いに~ (2, 0.0%)

1 分離した, 視線を

▼ 初めて人民~ (2, 0.0%)

1 が自分, を相手

▼ 初めて人間的生命~ (2, 0.0%)

1 にとって現実的, にとつ

▼ 初めて今度~ (2, 0.0%)

1 の戦争, はそういう

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 のどこ, の名

▼ 初めて仙臺~ (2, 0.0%)

1 ではこんな, へ來

▼ 初めて伊太利~ (2, 0.0%)

1 に遊ぶ, の山

▼ 初めて伊藤侯~ (2, 0.0%)

2 の謦咳

▼ 初めて体系的~ (2, 0.0%)

1 に浮き出し, に講壇的

▼ 初めて作り出す~ (2, 0.0%)

2 ためによりも

▼ 初めて使用~ (2, 0.0%)

1 しそれに, 出来るよう

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 の一般的, の言葉

▼ 初めて信一郎~ (2, 0.0%)

2 を見付けた

▼ 初めて俳優~ (2, 0.0%)

1 とはなんぞや, の舞台顔

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 の至誠, は五十年前

▼ 初めて個人~ (2, 0.0%)

1 と個人, の意識

▼ 初めて偉大~ (2, 0.0%)

1 なる生活, な仕事

▼ 初めて兄さん~ (2, 0.0%)

1 の頼り, の顔

▼ 初めて先刻~ (2, 0.0%)

1 のぞいたの, の影

▼ 初めて光子さん~ (2, 0.0%)

1 に会っ, に見せた

▼ 初めて入学~ (2, 0.0%)

1 した時, した村

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 価値が, 過程を

▼ 初めて公衆~ (2, 0.0%)

2 の前

▼ 初めて公表~ (2, 0.0%)

1 された日本支配権力, した

▼ 初めて具体化~ (2, 0.0%)

1 されるの, され止揚

▼ 初めて凡て~ (2, 0.0%)

1 がはっきり, の事

▼ 初めて出る~ (2, 0.0%)

1 のは, 時好き幃帳内に

▼ 初めて出会~ (2, 0.0%)

1 つたやう, つたわけ

▼ 初めて出会う~ (2, 0.0%)

1 のです, 人々さえも

▼ 初めて出勤~ (2, 0.0%)

1 して, する時

▼ 初めて出家~ (2, 0.0%)

1 して, してから

▼ 初めて出逢った~ (2, 0.0%)

1 一月の, 怪しい箱

▼ 初めて分っ~ (2, 0.0%)

1 てきた, て来た

▼ 初めて分つた~ (2, 0.0%)

1 のだつた, のです

▼ 初めて分析~ (2, 0.0%)

2 という抽象

▼ 初めて判っ~ (2, 0.0%)

1 て来るであろう, て見る

▼ 初めて利根川~ (2, 0.0%)

1 が幽谷, に船橋

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 のもの, の広い

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 しい憎悪, らしい劇

▼ 初めて劒岳~ (2, 0.0%)

1 に登った, へ登った

▼ 初めて勝負~ (2, 0.0%)

2 をなす

▼ 初めて勢力~ (2, 0.0%)

1 が出た, を得る

▼ 初めて十ヶ月振り~ (2, 0.0%)

2 で鎌倉

▼ 初めて十分~ (2, 0.0%)

1 なる普及力, に知った

▼ 初めて千鶴子~ (2, 0.0%)

1 の影, の顔

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ 初めて博士~ (2, 0.0%)

1 とともにこの, の声

▼ 初めて印刷~ (2, 0.0%)

1 せられたの, の上

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 から孵化, から這い出した

▼ 初めて原子~ (2, 0.0%)

1 に核, を思惟

▼ 初めて参詣~ (2, 0.0%)

2 した時

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 折衷や, 紅に

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 の顏, の顔

▼ 初めて友達~ (2, 0.0%)

1 と一緒, になった

▼ 初めて反省~ (2, 0.0%)

2 の地位

▼ 初めて叔父~ (2, 0.0%)

1 と共に此, に強いられる

▼ 初めて取った~ (2, 0.0%)

1 のだ, 時の

▼ 初めて受けた~ (2, 0.0%)

1 印象は, 祝詞とも

▼ 初めて受ける~ (2, 0.0%)

1 ことに, ところの

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 が出来る, になる

▼ 初めて吃驚~ (2, 0.0%)

1 した, したよう

▼ 初めて合理的~ (2, 0.0%)

1 な企業, な文学的表象

▼ 初めて合點~ (2, 0.0%)

2 が行

▼ 初めて同じ~ (2, 0.0%)

1 ような, 故郷の

▼ 初めて吐いた~ (2, 0.0%)

1 一言を, 嘘言でした

▼ 初めて味わう~ (2, 0.0%)

1 者は, 肉も

▼ 初めて味わった~ (2, 0.0%)

1 といっ, ほどな惨

▼ 初めて味方~ (2, 0.0%)

1 の掩護, をあやつり

▼ 初めて哲學~ (2, 0.0%)

1 されると, の中

▼ 初めて唯物論的~ (2, 0.0%)

1 な, に定着

▼ 初めて商品交換~ (2, 0.0%)

2 は可能

▼ 初めて嘗むる祭~ (2, 0.0%)

1 の日, はあった

▼ 初めて固い~ (2, 0.0%)

1 頬を, 顔に

▼ 初めて国家~ (2, 0.0%)

1 の体, の富強

▼ 初めて国民~ (2, 0.0%)

1 の健康, の輿論

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 を形成, を成した

▼ 初めて園子~ (2, 0.0%)

1 と一緒, と世帯

▼ 初めて土地~ (2, 0.0%)

1 の人, を耕す

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 に着いた, を踏んだ

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 へお, へ兵

▼ 初めて墨色~ (2, 0.0%)

1 というもの, の差

▼ 初めて外出~ (2, 0.0%)

1 したので, して

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 衆は, 衆概念の

▼ 初めて大きく~ (2, 0.0%)

1 うなずいた, 息が

▼ 初めて大利根~ (2, 0.0%)

1 の大, の大観

▼ 初めて大学~ (2, 0.0%)

1 の服, へはいった

▼ 初めて大衆的文化運動~ (2, 0.0%)

2 を遂行

▼ 初めて天下~ (2, 0.0%)

1 の名人, の棋盤

▼ 初めて太平洋~ (2, 0.0%)

1 の名, の海岸

▼ 初めて太陽~ (2, 0.0%)

1 の光, を見る

▼ 初めて契った~ (2, 0.0%)

1 叡山の, 婚礼の

▼ 初めて女らしい~ (2, 0.0%)

1 嫉妬を, 親しみを

▼ 初めて女子~ (2, 0.0%)

1 が自動的, の改造

▼ 初めて女房~ (2, 0.0%)

1 の心持, の笑窪

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 に行った, を可愛がっ

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 に女, らしいこと

▼ 初めて始まった~ (2, 0.0%)

1 わけである, 文学の

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 に声, の面影

▼ 初めて婦人~ (2, 0.0%)

1 に参政権, の体

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 に会える, の顔

▼ 初めて安らか~ (2, 0.0%)

1 な心持, に息

▼ 初めて安全~ (2, 0.0%)

1 であるよう, を得る

▼ 初めて安心立命~ (2, 0.0%)

1 すること, の境地

▼ 初めて完結~ (2, 0.0%)

1 されるから, する或

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 応し, 朝祭を

▼ 初めて宮門~ (2, 0.0%)

1 のお供, へ導かれた

▼ 初めて家庭~ (2, 0.0%)

1 から離れる, らしい家庭

▼ 初めて家康~ (2, 0.0%)

1 に謁, のいる

▼ 初めて富岡~ (2, 0.0%)

1 に逢つて, の顔

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 を結び, 現される奴

▼ 初めて対象~ (2, 0.0%)

1 なの, や客観

▼ 初めて尋常~ (2, 0.0%)

1 な問, の中毒

▼ 初めて小さい~ (2, 0.0%)

1 声で, 子達の

▼ 初めて小学校~ (2, 0.0%)

1 へ入りました, へ入学

▼ 初めて小菅刑務所~ (2, 0.0%)

1 に収容, より放たる

▼ 初めて居士~ (2, 0.0%)

1 から話, に逢っ

▼ 初めて展開~ (2, 0.0%)

1 しつつ, して

▼ 初めて山中~ (2, 0.0%)

1 と口, に会つたの

▼ 初めて山村~ (2, 0.0%)

1 と一処, は微笑

▼ 初めて岐阜~ (2, 0.0%)

1 に信長, へ参った

▼ 初めて島村~ (2, 0.0%)

1 と二人きり, の家

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 に出る, を開く

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 に侍る, を立った

▼ 初めて平和~ (2, 0.0%)

1 な境地, のうち

▼ 初めて平地~ (2, 0.0%)

1 に行き着いた, の上

▼ 初めて平常~ (2, 0.0%)

1 の狭山九郎太, の聲

▼ 初めて平田鉄胤~ (2, 0.0%)

1 の講筵, を知り

▼ 初めて広々~ (2, 0.0%)

2 とした

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 の底, の濁

▼ 初めて座敷~ (2, 0.0%)

1 へ突き出された, へ通った

▼ 初めて形づくられる~ (2, 0.0%)

1 のであった, のである

▼ 初めて彫刻~ (2, 0.0%)

1 という芸術, の教師

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

2 を踏まれた

▼ 初めて従軍記者~ (2, 0.0%)

1 ということ, を名乗つたの

▼ 初めて得た~ (2, 0.0%)

1 のが, 恋人よりも

▼ 初めて心づきたるごとく~ (2, 0.0%)

1 なに帰る, 娘とともに

▼ 初めて必然性~ (2, 0.0%)

1 であること, を与えられる

▼ 初めて思う~ (2, 0.0%)

1 てくだ, のだった

▼ 初めて思った~ (2, 0.0%)

1 のだ, 通りヤな

▼ 初めて性格~ (2, 0.0%)

1 が機能, の誤っ

▼ 初めて恋人~ (2, 0.0%)

2 の唇

▼ 初めて恐怖~ (2, 0.0%)

1 がマタ・アリ, が心

▼ 初めて悟り~ (2, 0.0%)

2 自分に

▼ 初めて悟る~ (2, 0.0%)

2 のだった

▼ 初めて悲しい~ (2, 0.0%)

1 当惑を, 顔を

▼ 初めて悲鳴~ (2, 0.0%)

1 をあげました, を上げ

▼ 初めて情緒~ (2, 0.0%)

1 というもの, の表現

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 たる敗戦, ましい

▼ 初めて愉快~ (2, 0.0%)

1 になっ, らしい笑み

▼ 初めて感じ~ (2, 0.0%)

1 この巨大, もするであろう

▼ 初めて成り立っ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 初めて成る~ (2, 0.0%)

1 ほどという観念, もので

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 に臨み得る, に臨む

▼ 初めて戦い~ (2, 0.0%)

1 には勝つ, に臨んだ

▼ 初めて戯曲~ (2, 0.0%)

1 を書いた, を書き

▼ 初めて打たれた~ (2, 0.0%)

2 のも

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 わった, わるお

▼ 初めて技術~ (2, 0.0%)

2 は技術

▼ 初めて技術家~ (2, 0.0%)

1 としての生活, にわかった

▼ 初めて把握~ (2, 0.0%)

1 されるもの, 出来る

▼ 初めて投宿~ (2, 0.0%)

1 した家, した私

▼ 初めて拳銃~ (2, 0.0%)

1 というもの, と云う

▼ 初めて持った~ (2, 0.0%)

1 わが子という, 大兵な

▼ 初めて振向い~ (2, 0.0%)

2

▼ 初めて振返っ~ (2, 0.0%)

1 て博士, て見る

▼ 初めて採用~ (2, 0.0%)

1 された海老茶袴, し遂に

▼ 初めて放射線~ (2, 0.0%)

1 をかける, を受けた

▼ 初めて救い~ (2, 0.0%)

1 がたいお, を求める

▼ 初めて敗戦~ (2, 0.0%)

1 の辱, を知った

▼ 初めて教場~ (2, 0.0%)

1 に立った, へはいっ

▼ 初めて教鞭~ (2, 0.0%)

2 をとつ

▼ 初めて文展~ (2, 0.0%)

2 が出来た

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 ういう, かるみづみづしき空

▼ 初めて斯ん~ (2, 0.0%)

1 な処, な怖い

▼ 初めて新調~ (2, 0.0%)

1 したもの, の羽織

▼ 初めて斷續~ (2, 0.0%)

2 の言葉

▼ 初めて日記~ (2, 0.0%)

1 がつけられ, というもの

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 と同一, 事を

▼ 初めて明るみ~ (2, 0.0%)

1 に出す, に出た

▼ 初めて明白~ (2, 0.0%)

1 な内容, になる

▼ 初めて昨夜~ (2, 0.0%)

1 の真相, の約束

▼ 初めて時間~ (2, 0.0%)

1 が来た, に気が付い

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 り大笑い, り翁

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

2 を刊

▼ 初めて書く~ (2, 0.0%)

1 ことだ, 劇評

▼ 初めて曹操~ (2, 0.0%)

1 とも対立, の魏王宮

▼ 初めて會つた時分~ (2, 0.0%)

1 からで, から少し

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 は理解, を見し

▼ 初めて有機的~ (2, 0.0%)

1 となる, に媒介

▼ 初めて朧げ~ (2, 0.0%)

1 ながら感じ, ながら死

▼ 初めて木剣~ (2, 0.0%)

1 に手, を持った

▼ 初めて木曾~ (2, 0.0%)

2 の御岳

▼ 初めて本格的~ (2, 0.0%)

1 な行動, の肥育

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 と一緒, に出逢った

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 の家々, の祭り

▼ 初めて来朝~ (2, 0.0%)

2 せられた時

▼ 初めて東沢~ (2, 0.0%)

1 の奥, を遡行

▼ 初めて松太郎~ (2, 0.0%)

2 の話

▼ 初めて松脂の~ (2, 0.0%)

2 にほひ

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 の上, を高う

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

2 の芽生

▼ 初めて校歌~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ 初めて検事~ (2, 0.0%)

1 に判った, に隠れ衣

▼ 初めて概念~ (2, 0.0%)

1 は動機, は独立

▼ 初めて横たわる~ (2, 0.0%)

1 という点, わけである

▼ 初めて樹明さん~ (2, 0.0%)

1 の労働姿, の父君

▼ 初めて機嫌~ (2, 0.0%)

2 を直した

▼ 初めて欧州~ (2, 0.0%)

1 に入り, の強国

▼ 初めて欧羅巴~ (2, 0.0%)

2 の土

▼ 初めて正しく~ (2, 0.0%)

1 取り扱われること, 評価され

▼ 初めて正常~ (2, 0.0%)

1 な視角, に把握

▼ 初めて正確~ (2, 0.0%)

1 に検出, に見る

▼ 初めて正面~ (2, 0.0%)

1 から激突, から顔

▼ 初めて此の世~ (2, 0.0%)

1 に歓喜, の風

▼ 初めて此市~ (2, 0.0%)

2 に遊ん

▼ 初めて此處~ (2, 0.0%)

1 に住家, へ來

▼ 初めて此釧路~ (2, 0.0%)

1 に來, に来た

▼ 初めて歩く~ (2, 0.0%)

2 時には

▼ 初めて民衆~ (2, 0.0%)

1 というもの, の会合

▼ 初めて気がついたらしく~ (2, 0.0%)

1 俯向い, 尼は

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 が喉, の変態

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 にアックス, を見る

▼ 初めて永遠~ (2, 0.0%)

1 の肯定, の静けさ

▼ 初めて決まる~ (2, 0.0%)

1 ことだ, ことな

▼ 初めて決心~ (2, 0.0%)

1 が出来た, しましたの

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 が何, は真に

▼ 初めて洋行~ (2, 0.0%)

1 から帰っ, する人

▼ 初めて活動写真~ (2, 0.0%)

1 というもの, を見

▼ 初めて活字~ (2, 0.0%)

1 として読ん, になった

▼ 初めて浦賀~ (2, 0.0%)

1 に入港, に渡来

▼ 初めて渡つて來~ (2, 0.0%)

1 たタバコ, ました頃

▼ 初めて湧く~ (2, 0.0%)

1 おもひである, がごと

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 初めて漁り~ (2, 0.0%)

1 に従事, に從事

▼ 初めて漁村~ (2, 0.0%)

2 が見える

▼ 初めて演劇~ (2, 0.0%)

1 といふ形, の伝統

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 に交通した委奴國, の西域都護

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 の洗礼, を燃やす

▼ 初めて為し得べき~ (2, 0.0%)

2 名文である

▼ 初めて為し得る~ (2, 0.0%)

1 のである, のみである

▼ 初めて煙草~ (2, 0.0%)

1 というもの, に火

▼ 初めて燈火~ (2, 0.0%)

1 に親しむ, はゆらぎ

▼ 初めて物質~ (2, 0.0%)

1 とその, の名

▼ 初めて特別~ (2, 0.0%)

1 な招待, に重大性

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 に出会った, の有難い

▼ 初めて独立~ (2, 0.0%)

1 した知識, し客

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 が泥棒, と云う

▼ 初めて獲得~ (2, 0.0%)

1 される希望, され得るの

▼ 初めて現われる~ (2, 0.0%)

1 傾向律, 絶対的真理が

▼ 初めて現像~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 初めて理論~ (2, 0.0%)

1 と実践, の対象

▼ 初めて瑠璃子~ (2, 0.0%)

2 に口

▼ 初めて生き~ (2, 0.0%)

1 て来, て行ける

▼ 初めて生きた~ (2, 0.0%)

1 気持が, 気流に

▼ 初めて生じ~ (2, 0.0%)

1 てより, て来る

▼ 初めて生まれる~ (2, 0.0%)

1 ものが, 美しさ

▼ 初めて生命~ (2, 0.0%)

1 の躍動, を与えられ得るだろう

▼ 初めて生活~ (2, 0.0%)

1 の安定, へのサーヴィス

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

2 れたの

▼ 初めて甲谷~ (2, 0.0%)

1 に聞いた, に訊いた

▼ 初めて男二人~ (2, 0.0%)

2 は前

▼ 初めて男性~ (2, 0.0%)

2 と対等

▼ 初めて異国~ (2, 0.0%)

1 から来た, の船

▼ 初めて発達~ (2, 0.0%)

1 した系統的, し得たし

▼ 初めて的確~ (2, 0.0%)

1 に個人識別法, に把握

▼ 初めて盛ん~ (2, 0.0%)

1 になった, になつ

▼ 初めて直接~ (2, 0.0%)

1 にお, に會つた時

▼ 初めて相好~ (2, 0.0%)

2 を崩し始めた

▼ 初めて看護婦~ (2, 0.0%)

1 におさへられ, の武井さん

▼ 初めて真面目~ (2, 0.0%)

1 に戦争, をあらわす

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 した時, て夫婦

▼ 初めて矛盾~ (2, 0.0%)

1 がある, の世界

▼ 初めて知つた由来~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 初めて知らされた~ (2, 0.0%)

1 うその, 感じだった

▼ 初めて知りし~ (2, 0.0%)

1 時は, 時より

▼ 初めて知り合った~ (2, 0.0%)

1 のは, 友人と

▼ 初めて知れた~ (2, 0.0%)

1 のである, のは

▼ 初めて知覚~ (2, 0.0%)

1 という資格, と呼ばれる

▼ 初めて研究~ (2, 0.0%)

1 して, と名

▼ 初めて確実~ (2, 0.0%)

1 な組み立て, に世間

▼ 初めて社會主義~ (2, 0.0%)

2 の話

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 というもの, といふもの

▼ 初めて科学性~ (2, 0.0%)

1 をかち得た, を有

▼ 初めて科学的発展~ (2, 0.0%)

1 を持つ, を有

▼ 初めて移つた~ (2, 0.0%)

2 晩此女が

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 から空, ごし

▼ 初めて竹山~ (2, 0.0%)

2 を知つたの

▼ 初めて笑顔~ (2, 0.0%)

2 を見せた

▼ 初めて笹村~ (2, 0.0%)

1 のところ, の家

▼ 初めて精巧~ (2, 0.0%)

2 なる木板彩色摺

▼ 初めて純然~ (2, 0.0%)

1 たるファッシズム, たる彩色板刻

▼ 初めて素子~ (2, 0.0%)

1 がそう, の病気

▼ 初めて素直~ (2, 0.0%)

1 なもしくは, になり

▼ 初めて紹介状~ (2, 0.0%)

1 なるもの, なる物

▼ 初めて組織的~ (2, 0.0%)

1 なもの, に取り上げられる

▼ 初めて統一~ (2, 0.0%)

1 されるの, として理解

▼ 初めて經驗~ (2, 0.0%)

1 するの, せしなり

▼ 初めて縁日~ (2, 0.0%)

1 というもの, を見ました

▼ 初めて置いた~ (2, 0.0%)

1 と言つて, のは

▼ 初めて聞き知った~ (2, 0.0%)

1 からで, のである

▼ 初めて胡桃~ (2, 0.0%)

1 と噴水, を得たる

▼ 初めて腕車~ (2, 0.0%)

1 に乗つた, に乘

▼ 初めて自作~ (2, 0.0%)

1 の, の舞台監督

▼ 初めて自信~ (2, 0.0%)

1 をとりもどした, を得た

▼ 初めて自分一人~ (2, 0.0%)

1 になっ, になつ

▼ 初めて自身~ (2, 0.0%)

1 の理解, の良人

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 で柿, を捲い

▼ 初めて芸者~ (2, 0.0%)

1 のいる, の帯

▼ 初めて芸術~ (2, 0.0%)

1 としての映画, の要因

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 の栽培, を輸入

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 付いて, 付ける

▼ 初めて落ち付く~ (2, 0.0%)

1 ことの, のと

▼ 初めて落ち着いた~ (2, 0.0%)

1 下谷の, 松川の

▼ 初めて著しき~ (2, 0.0%)

2 類似を

▼ 初めて葛城~ (2, 0.0%)

1 に会った, はお

▼ 初めて藤吉郎~ (2, 0.0%)

1 の心, の面

▼ 初めて蘇生~ (2, 0.0%)

2 の思い

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 がしんしん, を聴く

▼ 初めて行う~ (2, 0.0%)

1 こと働く, 選挙という

▼ 初めて行っ~ (2, 0.0%)

2 てみた

▼ 初めて行なわれる~ (2, 0.0%)

1 と考える, 限りの

▼ 初めて行動~ (2, 0.0%)

2 を起し

▼ 初めて街路~ (2, 0.0%)

1 に出, を散歩

▼ 初めて衣笠~ (2, 0.0%)

1 の名, の顔

▼ 初めて表現~ (2, 0.0%)

1 する勇気, できるかも

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 から見た, の長い

▼ 初めて西~ (2, 0.0%)

1 へ下った, 御丸

▼ 初めて見えた~ (2, 0.0%)

1 のは, 方です

▼ 初めて見し~ (2, 0.0%)

2 時は

▼ 初めて見せ~ (2, 0.0%)

1 てくれた, て頂い

▼ 初めて見つけた~ (2, 0.0%)

1 勤め口は, 時私は

▼ 初めて見付けた~ (2, 0.0%)

1 ように, 譯では

▼ 初めて見出し~ (2, 0.0%)

1 て内地, 爾後紀州諸郡殊に

▼ 初めて見合い~ (2, 0.0%)

1 してから, に出かけた

▼ 初めて見舞~ (2, 0.0%)

1 に来た, に行

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 の命令, の恩

▼ 初めて親し~ (2, 0.0%)

1 さうに美奈子に, そうに

▼ 初めて親しく~ (2, 0.0%)

1 交わったあの, 訪ねた日

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 えし, る我身

▼ 初めて解け~ (2, 0.0%)

1 て打ち笑う, て流れ出る

▼ 初めて解つたの~ (2, 0.0%)

1 だ, だが

▼ 初めて言語~ (2, 0.0%)

1 は完全, を絶

▼ 初めて計画~ (2, 0.0%)

1 せられたもの, であり得た

▼ 初めて設置~ (2, 0.0%)

2 されたの

▼ 初めて診察~ (2, 0.0%)

1 したとき, に来た

▼ 初めて試みた~ (2, 0.0%)

1 ことであった, 注射の

▼ 初めて試験~ (2, 0.0%)

1 する時, を受け

▼ 初めて詩人レニエ先生~ (2, 0.0%)

2 を訪うた

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 の悔, を感じ合った

▼ 初めて読ん~ (2, 0.0%)

1 で見, で見た

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 が解け, が解けた

▼ 初めて講師~ (2, 0.0%)

1 となっ, になっ

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 った, り合

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 むべき, 官と

▼ 初めて貴君~ (2, 0.0%)

2 と呼ばれた

▼ 初めて貴方~ (2, 0.0%)

1 と言葉, の楽屋

▼ 初めて資本主義~ (2, 0.0%)

1 の勃興, への方向

▼ 初めて起こる~ (2, 0.0%)

1 処の, 必然的な

▼ 初めて起した~ (2, 0.0%)

1 のを, 時は

▼ 初めて起つた~ (2, 0.0%)

1 大逆罪である, 譯では

▼ 初めて起る~ (2, 0.0%)

1 その根株, ものである

▼ 初めて越し~ (2, 0.0%)

2 て来た

▼ 初めて踏んだ~ (2, 0.0%)

1 妙子は, 日の

▼ 初めて身近~ (2, 0.0%)

1 かに知った, に感じた

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 の上, をうごかし

▼ 初めて輸入~ (2, 0.0%)

1 され初め, して

▼ 初めて這入った~ (2, 0.0%)

1 時の, 記憶であり

▼ 初めて逢い~ (2, 0.0%)

1 に行く, 彼に

▼ 初めて逢いました~ (2, 0.0%)

1 ので身許, よ

▼ 初めて逢うた~ (2, 0.0%)

1 樹明君久しぶりに, 此若い

▼ 初めて逢つた信吾~ (2, 0.0%)

1 の顏, の顔

▼ 初めて逢つた時それ~ (2, 0.0%)

1 は気, は氣

▼ 初めて選んだ~ (2, 0.0%)

2 宿は

▼ 初めて邪教~ (2, 0.0%)

2 たり得た

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 に入り込んだ, の地

▼ 初めて里子~ (2, 0.0%)

1 は足, を見た

▼ 初めて重荷~ (2, 0.0%)

1 が降りた, をおろした

▼ 初めて釧路~ (2, 0.0%)

1 へ來, へ来られた

▼ 初めて鋭利~ (2, 0.0%)

2 な外科刀

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 にむかっ, に像

▼ 初めて開いた~ (2, 0.0%)

1 のが, 人である

▼ 初めて開かれ~ (2, 0.0%)

2 てもここ

▼ 初めて開発~ (2, 0.0%)

1 されたの, されること

▼ 初めて間近~ (2, 0.0%)

1 かに見た, に見た

▼ 初めて関西~ (2, 0.0%)

1 へ来, へ連れ

▼ 初めて閣下~ (2, 0.0%)

2 の崇高

▼ 初めて降る~ (2, 0.0%)

1 雪では, 雪を

▼ 初めて陳ぶる~ (2, 0.0%)

2 に臨ま

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

2 の目

▼ 初めて雪の下~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ 初めて雪渓~ (2, 0.0%)

1 を登った, を辿る

▼ 初めて電車~ (2, 0.0%)

1 が通りはじめ, といふもの

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 が降った, が降つた

▼ 初めて静か~ (2, 0.0%)

1 な家庭, に向き直っ

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 に閃いた, の上

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 ごし, をすりつけん

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 を出した, を鏡

▼ 初めて顕れた~ (2, 0.0%)

1 もので, 緊張の

▼ 初めて飛ん~ (2, 0.0%)

2 で居る

▼ 初めて食事~ (2, 0.0%)

1 の愉快, をとつ

▼ 初めて首座~ (2, 0.0%)

1 に請, を請

▼ 初めて駒ヶ岳~ (2, 0.0%)

1 に取り付ける, の匹儔

▼ 初めて驚い~ (2, 0.0%)

1 てしまいました, て叫んだ

▼ 初めて高く~ (2, 0.0%)

1 光耀させ得た, 聞えます

▼ 初めて魯粛~ (2, 0.0%)

1 に心中, を岸

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

2 を見

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 の初音, の啼声

▼ 初めて麻雀~ (2, 0.0%)

1 のこと, を遊んだ

▼ 初めて黒い~ (2, 0.0%)

1 大地が, 連中は

▼ 初めて~ (2, 0.0%)

1 にのぼっ, をつままれ

▼1* [3054件]

初めてあう客に, 初めてあかした直参旗本の, 初めてあがった頃学校へ, 初めてあけびが生, 初めてあざやかに浮き出し, 初めてあそこへ行っ, 初めてあつた時, 初めてあなた様が銅銭会員, 初めてあふ人で, 初めてあらん限りの, 初めてありつけた時にゃ, 初めてあれもやはり, 初めてあんたに会った, 初めてあんどしました, 初めていいえまだという, 初めていい得ることな, 初めていかなる意味において, 初めていきの好い, 初めていくのにそんな, 初めていくつかの短篇, 初めていっしょになった, 初めていったことである, 初めていつか舞踏会で君, 初めていまは信房, 初めているらしくどう取計らった, 初めてうかがいますが, 初めてうけた時彼女の, 初めてうなずいて口, 初めてうまいとほめた, 初めてうろたえの色, 初めておおどかに心置き, 初めておきせは顔面, 初めておくびの出る, 初めておちおちと姉, 初めておふくろの病気, 初めておめにかかった奥さまが, 初めておもいだして腰, 初めておやというよう, 初めております過激思想などとは, 初めておるとの事, 初めてお出でなすったの, 初めてお客に連れ, 初めてお目にかかりました頃から, 初めてお針屋へ行った, 初めてお雪ちゃんがあまり, 初めて知ら, 初めてかう氣が, 初めてかかる日を, 初めてかけたもので, 初めてかさなり合つた彼女の, 初めてかたちのみの法要, 初めてかと思う, 初めてかといふ樣な, 初めてかの子さんに会った, 初めてかみなり様と, 初めてからといふものは, 初めてからもクルベーは, 初めてかんじたのであった, 初めてがらんとして灯明, 初めてがついた, 初めてきかされぎんは, 初めてきかれたときに, 初めてきたるとき故国の, 初めてきのうこの, 初めてきのう家へ一寸, 初めてぎらっと鞘の内, 初めてくぎで止めた, 初めてくぐったのは, 初めてくすくす笑い出しました, 初めてくみ子に會つたの, 初めてくやしと聞きし, 初めてくりひろげられた女給生活の, 初めてくれるだろうと予期, 初めてぐらいなもの, 初めてけぬかにの形, 初めてこうした世の, 初めてこうして四十年ぶりに, 初めてこけ猿の, 初めてこちらの世界, 初めてこのごろふさいで, 初めてこぼれるやうな, 初めてこれらの掃討戦, 初めてこれ等の構造物, 初めてさうなれるの, 初めてさし上げることだった, 初めてさし向いになった, 初めてさてはと覚った, 初めてさとってあつく, 初めてさまざまの制度, 初めてさもこそというよう, 初めてしかも詳しく承知, 初めてしげしげと客に, 初めてしばし手枕で, 初めてしぼるような, 初めてしるところだった, 初めてしんみり云った, 初めてやない, 初めてじゃあない, 初めてじゃがなかなか悪, 初めてッく, 初めてすぐれたローマン文學を, 初めてすてを見直した, 初めてする遠い旅, 初めてずっと六度八分で, 初めてせいせいして, 初めてそうした世間並の, 初めてそこでヒラリと, 初めてそこらを見廻した, 初めてそして多分これ, 初めてそちらへ目, 初めてそっと身を, 初めてその小さな子供は, 初めてそれ自身になる, 初めてたしかに知れる, 初めてただ一人上海の, 初めてださうでひどく嫌, 初めてだっていうだに, 初めてだの昔からも, 初めてだらうつて町内の, 初めてだらずに, 初めてちょっと伯父の, 初めてちん餅をやった, 初めてつかめてくる, 初めてつきあったが食, 初めてつきあふ相当な, 初めてつきぬけられない壁が, 初めてつくのである, 初めてつくづくと眺めた, 初めてつくられた真面目な, 初めてつぐんでゐた, 初めてつけられたものらしかった, 初めてつっぱった足を, 初めてつとめるのだ, 初めてまえに, 初めてであってこれ, 初めてでありましたけれども不幸, 初めてであるらしかつた, 初めてであろうし吉次, 初めてできうべき器械類が, 初めてできうる事としか, 初めてできたとき硯友社の, 初めてでございまして, 初めてでございましたよ, 初めてでござんすべえ, 初めてでしてなん, 初めてでしたら決して心配, 初めてでしょうからさぞ, 初めてでないのです, 初めてで見る価値が, 初めてで驚いて見直した, 初めてとうとう皆食い終っ, 初めてとらえられたのである, 初めてとりあつめた哀楽の, 初めてとり組むものとして, 初めてとり行われた法則でございます, 初めてとり返しのつかない, 初めてどうやら敵は, 初めてどちらもホッ, 初めてどやされたように, 初めてなかへ通され, 初めてながら拙者は, 初めてなされるという事実, 初めてなし能うもの, 初めてなしたものである, 初めてなすことが, 初めてなったのであった, 初めてなにか異常な, 初めてなので気に, 初めてなめた地獄の, 初めてならず古簾, 初めてなりといふ, 初めてなりたつ事柄で, 初めてなり立った意識概念に, 初めてなんださうだからね, 初めてなんとか考えよう又, 初めてにがにがしい事情を, 初めてにっこりして, 初めてにやにや笑ひ出し, 初めてにんげんの, 初めてねがいの趣, 初めてのこったねえ, 初めてのった人力車に, 初めてのびのびと腰, 初めてはいませんけれど, 初めてはいって来る, 初めてはいり込んできた, 初めてはげしい恐怖の, 初めてはつきりと文化, 初めてはなすが真, 初めてはにかむやうな, 初めてげが, 初めてひたすらに収拾, 初めてひとつのはっきり, 初めてひとつ小六は自分, 初めてひとりの医師, 初めてひょいと顔を, 初めてひらいて, 初めてひろい東京の, 初めてぴったり肉に, 初めて真理を, 初めてふたりの者, 初めてほうとする, 初めてほかの人, 初めてほつとした, 初めてほのぼのと灯かげ, 初めてほぼ纏った一つ, 初めてぼくも肚, 初めてぼっと提灯が, 初めてぽっと煮え上がる, 初めてことの, 初めてまぐれ込んで, 初めてまじり気のない, 初めてまっ白な綺麗, 初めてまとまった金を, 初めてまともに天, 初めてまのあたり眺める感動, 初めてみつけることが, 初めてみなさんの立派, 初めてみればさ, 初めてみんなが顔, 初めてむかえた冬は, 初めてむしろ生れて, 初めてむずかしい顔が, 初めてめいめいが一人, 初めてめぐりあう敵の, 初めてもう電燈や, 初めてもちもどること, 初めてもつて見た, 初めてものをいった, 初めてもみ上げを短, 初めてもろもろの花, 初めてやうやく彼, 初めてやがて此国は, 初めてやがてすっかり食い終ったので, 初めてやき栗という, 初めてやさしい様子を, 初めてやって行く, 初めてやってきた者は, 初めてやっと一束の, 初めてやはりここでも, 初めてやりかけの仕事, 初めてやるという, 初めてつくり病人, 初めてゆくので案内, 初めてあたしね, 初めてようやぐ金銭, 初めてよくよく注意し, 初めてよその男, 初めてよたよたとよろめい, 初めてらしかったけど, 初めてらんと光った, 初めてわああッと物凄い, 初めてわかってくる, 初めてわかり青江が, 初めてわかりましたがあの, 初めてわかれたときの, 初めてわたくしと逢った, 初めてわたしたちは待ち, 初めてわなわなした, 初めてわれ等の生命, 初めてアイヌ文典を公, 初めてアイネス嬢に逢った, 初めてアクロポリスの上, 初めてアサガオの名, 初めてアッと思い当った, 初めてアッタスン氏はやっと, 初めてアヌンチヤタを見つる, 初めてアノ号外を見た, 初めてアリストテレスの共通感官, 初めてイデオロギー論は科学的, 初めてイブセンみづから, 初めてイブセン劇の完全, 初めてインテリの無能さ, 初めてウィーンへはいった, 初めてウェーゲナー教授の死, 初めてウトウト睡くなって, 初めてエスペラント語で書いた, 初めてエックス光線にかけられました, 初めてエッセイとなり, 初めてエフィに会った, 初めてエミ子もお, 初めてエルナニを上演, 初めてエレン・ケイの, 初めてオサシミといふもの, 初めてオデットの性格, 初めてオペラ館や常盤座, 初めてオホナンバンギセルを採っ, 初めてオヤと我, 初めてカイロを見た, 初めてカタクリの群落, 初めてカラカラと笑, 初めてカルタの勝負, 初めてカレーライスを食べた, 初めてカントが道徳, 初めてカーライルを訪問, 初めてガタ馬車以外の馬車, 初めてガッカリした, 初めてガニマール探偵たちと遠, 初めてガンバって死んだ, 初めてキスをしました, 初めてキャベンディシュで作られた, 初めてキリスト教を伝へた, 初めてキリスト教文学と少年少女, 初めてギネア湾にはいっ, 初めてギリシアの主知主義, 初めてギリシア人と接触, 初めてギリシヤ文化の華, 初めてクイックシルヴァがあんなに, 初めてクウルトリイヌの全幅, 初めてクサカに暇乞, 初めてクラウゼヴィッツのいう, 初めてクララに逢った, 初めてグッとさがった, 初めてグッタリと水, 初めてゲエルの山, 初めてコスモポリタンとしての普遍性, 初めてコップの水, 初めてコツプの水, 初めてゴルフをしだした, 初めてサイカチといふもの, 初めてサッと恐怖の, 初めてサワアザミの説文, 初めてサン・マルソーの方面, 初めてシェイクスピアの新しい, 初めてシェストーフがニーチェ, 初めてシエイクスピヤの名, 初めてシカシカが鹿, 初めてシステムが育っ, 初めてシナ学者はわれわれ, 初めてシャラントンやムフタール区, 初めてシュークリームを食べ, 初めてシートン教授に会った, 初めてジュリアをつとめた, 初めてジンセイといふ, 初めてジーナから詳しい, 初めてスキーを履く, 初めてスコールに遇, 初めてスバラシク吐瀉し続けて, 初めてスパセニアに連れられた, 初めてスペインの北, 初めてセエヌ河を渡った, 初めてソヴェトにトーキー, 初めてゾッとして構えた, 初めてタキシイドを着, 初めてタンテイ小説を書く, 初めてターヘルアナトミアの書, 初めてチャレンジャー教授を訪れた, 初めてヂヨフレーオブマンマスの, 初めてツルゲーネフが, 初めてテオデュールとか何, 初めてテュポロギーはその, 初めてテラスに上っ, 初めてテレエゼの役, 初めてテーマになる, 初めてディルタイやリッケルト, 初めてデビューしたの, 初めてトドス・サントス寺院ができ, 初めてトルストイの著作, 初めてトーキーを聴いた, 初めてドイツ文化もドイツ文化, 初めてナリン太子を訪問, 初めてニコと枕, 初めてニコニコ笑つてお, 初めてニッと白い, 初めてニヤニヤと笑, 初めてニューヨークに現われた, 初めてネクタイを解きほどいたくつろぎ, 初めてノコノコと人里, 初めてノビノビさせること, 初めてノラをトラ, 初めてノートルダームに行った, 初めてハンケチをふっ, 初めてバチバチ撃ち浴びせたが, 初めてバナナというもの, 初めてバーのマダム, 初めてパリへ来た, 初めてパリーを去っ, 初めてパンカステの麗容, 初めてヒューマニティーの社会的意義, 初めてヒーと懸命, 初めてピツタリと感ぜられ, 初めてフイと思いうかんだ, 初めてフォイエルバッハの感性, 初めてフランスに接触, 初めてフランス民衆を瞥見, 初めてフランス語の通じた, 初めてフロイト主義をマルクス主義, 初めてブウロオニュの森林公園, 初めてブラウンと二人きり, 初めてブルジョア新聞の終局的, 初めてプティー・ピクプュスの修道院, 初めてプテロダクティルを見た, 初めてヘンリイ・ウイリアムズは一つ, 初めてヘーゲルに至る, 初めてベラン氏の言, 初めてベルモントの山, 初めてベルリンで逢う, 初めてベーコンの香, 初めてベートーヴェンに逢った, 初めてペッギーを見た, 初めてペテルブルグに現れた, 初めてホットしたの, 初めてホーホケキョという他, 初めてボントクの意味, 初めてポートラップというもの, 初めてマアケットで闇, 初めてマックス・シェーレルの知識社会学, 初めてマナヅルからアタミ, 初めてマルクス主義的な史的唯物論, 初めてマンゴスチーンを見た, 初めてミサ子の前, 初めてミッチリと油, 初めてミミズを見, 初めてミルを味わっ, 初めてムカッムカッと云った, 初めてメイ子を抱い, 初めてメーデーが公然, 初めてモチにも網, 初めてモデルを使う, 初めてモラールがあり, 初めてモンテーニュの精神, 初めてヤンヤといわせた, 初めてヨーロッパの市街, 初めてラディオを聞いた, 初めてラムネを飲まされた, 初めてランデ・ヴウをした, 初めてランプの灯, 初めてリアンクウル町で耕作, 初めてリヴィアの家, 初めてルイ第十四世以来, 初めてルノアルの原画, 初めてレエヌさんを見た, 初めてレーニンの哲学的遺産, 初めてレーニン的段階に云わ, 初めてロッティの面倒, 初めてロンドンに入った, 初めてロープに縛られた, 初めてローマに人間, 初めてワシントンへ出掛ける, 初めてワッと声, 初めてヴァイオレット・スミス嬢を知った, 初めてヴィーンに来た, 初めての文言, 初めて一しょの級, 初めて一すじの光, 初めて一万噸の船, 初めて一人きりの旅, 初めて一人一業また一人一店, 初めて一人車に乗った, 初めて一俵の米, 初めて一八九一年に出版, 初めて一反五畝の土, 初めて一同も, 初めて一喝したが, 初めて一団のうち, 初めて一堂の声, 初めて一大事といわぬ, 初めて一定群の個々内容, 初めて一山の美しき, 初めて一州の太守, 初めて一年を通ずる, 初めて一息ついた, 初めて一戸の主人, 初めて一括して, 初めて一文なしと, 初めて一族兄弟に披露, 初めて一日のこと, 初めて一旦死んだ家兎, 初めて一枚四十銭の原稿料, 初めて一点の希望, 初めて一番おしまいのゴム人形, 初めて一石を下す, 初めて一礎石を据えた, 初めて一羽の仔鷲, 初めて一般にこの種, 初めて一般的に広く, 初めて一角の眼, 初めて一輪咲いた紫色, 初めて一遍会いました, 初めて一郎を見ました, 初めて七月になった, 初めて七月十二日の大, 初めて万国議員会議が開かれ, 初めて万民は曙光, 初めて三つの同じ, 初めて三十一字の歌, 初めて三十年後の決勝戦, 初めて三年ぶりの甘, 初めて三春支庁に出頭, 初めて三月でもう, 初めて三田の書生及三田出身, 初めて三百七十石の禄, 初めて三者の間, 初めて三蔵はうす暗い, 初めて三角術を教えられた, 初めて三語楼という陽花植物, 初めて三階に出た, 初めて三韓の七十餘國, 初めて上がった頃は, 初めて上げて皆, 初めて上げた顔に, 初めて上った小学校を, 初めて上つてとんだ失礼, 初めて上る長男の, 初めて上場されたの, 初めて上将の指揮, 初めて上洛し権大納言右近衛大将, 初めて上海へ行った, 初めて上陸したところ, 初めてに客, 初めて下りて行く, 初めて下車する駅, 初めて不安げに注意, 初めて不幸なる彼, 初めて不思議はない, 初めて不断着のまま, 初めて不毛の坂東曠野, 初めて不気味な予感, 初めて不興に覺め, 初めて不覚の涙, 初めて丑之助を見, 初めて世帯もちたる時, 初めて世業という意義, 初めて世界的の支援, 初めて世界統一の指導原理, 初めて両手で拝ん, 初めて両院を通過, 初めて中つ瀬に, 初めて中学に入校, 初めて中将姫を聞いた, 初めて中村座で見物, 初めて中村芝翫という俳優, 初めて中流の日本ライン, 初めて中田博士を自邸, 初めて中禅寺湖を瞰下, 初めて丸刀を使い初める, 初めて久し振りに東京, 初めて久慈を仰いだ, 初めて久慈たちの船, 初めて乗せられて浅草, 初めて乘つた汽動車といふもの, 初めて乙女の聞く, 初めて乙女峠から富士, 初めて九鬼殿に呼ばれ, 初めて乱歩氏の偉大さ, 初めて乳母の死, 初めて乾いた唇から, 初めて予備隊を移動, 初めて事あらたに申すべき, 初めて二の足を踏みました, 初めて二センチ瓦ばかりの結晶, 初めて二三度丁寧にお辞儀, 初めて二十七年の九月, 初めて二十五まで十八所, 初めて二千米以上の高峰, 初めて二哩も踊子, 初めて二泊宿りの修学旅行, 初めて二箇月間政權を握つた, 初めて二隻の新, 初めて云ったことばは, 初めての友情, 初めて五つ目の羅漢寺, 初めて五六歩足を寄せ, 初めて五十余りの男, 初めて五年間どのよう, 初めて五行家の中, 初めて井戸がえ, 初めて亜米利加へ行かれた, 初めて亡き父の, 初めて亡くした友の, 初めて亡び行く自分の, 初めて交会し四海波静か, 初めて交通関係と特殊, 初めて京伝によってその, 初めて京師に來, 初めて京都方と御, 初めて人なみになった, 初めて人ひとりを突き殺した, 初めて人びとはこれ, 初めて人並に解放, 初めて人体に底, 初めて人家の庭, 初めて人形浄瑠璃を見る, 初めて人懷かしいやう, 初めて人為の結合, 初めて人生変化も感じられる, 初めて人眼から解かれた, 初めて人語をもらしました, 初めて人買いの阪大佐太郎, 初めて人里を後, 初めて人間なみになった, 初めて人間らしい暮しに, 初めて人間らしく生き返つた, 初めて人間性とその, 初めて人間的なもの, 初めて人間的存在が自覚的存在, 初めて人間的虚偽が成り立つ, 初めて人間研究はできる, 初めて人間精神の経, 初めて人類的な文化, 初めてれた, 初めて今先のへん, 初めて今年の法師蝉, 初めて今日必要な, 初めて今日逢ふの, 初めて今更の如く思案, 初めて今気がつく, 初めて今福さんのお嬢さん, 初めて仏教芸術に現われた, 初めて仏租界へラシイヌ, 初めて仏蘭西人の家庭, 初めて仕事場につれ, 初めて仕官の意志, 初めて仕立が気に入つた, 初めて他面に於, 初めて仙台の地, 初めて仙妃の顔, 初めて代官所の裁判, 初めて以前にあの, 初めて以来仕事を探し, 初めて以来日本の芸術家たち, 初めて仰いでその, 初めて仰いだ主君が, 初めて仰ぐ不識庵謙信, 初めて仲間入する時, 初めて任命されて, 初めて伊吹の下, 初めて伊東七十郎が顔, 初めて伊田に会った, 初めて伊藤公を訪問, 初めて伊那に来, 初めて伏見宮に候, 初めて会い後間もなく, 初めて会うたあんた様つかまえ, 初めて会おうとする, 初めて会した時は, 初めて会つた太い白痴, 初めて会つたのは彼, 初めて会つたアイルランドの詩人イエーツ, 初めて会つた他人から夫, 初めて会つた男には誰, 初めて会つた頃の君, 初めて会堂に行った, 初めて会得して, 初めて会心の微笑, 初めて会社へお出で, 初めて伝えた平賀源内は, 初めて伝統的なドイツ哲学, 初めて伯母から聞いた, 初めて伯父に逢った, 初めて伯父さん聞いたがねえ, 初めて伺うのに, 初めて伺ったとき私には, 初めて伺つて失礼な事, 初めて伽羅の木, 初めてが彼女, 初めてのもの, 初めて位置を占め, 初めて低い声で, 初めて住むその家, 初めて住んだのである, 初めて住替えとわかり, 初めて佐々の頭, 初めて佐和山に於, 初めて体内を洗う, 初めて体系づけられて, 初めて体系化されること, 初めて何かしら希望に似た, 初めて何んといふ豐富, 初めて何円何十銭に改め, 初めて何処かにほころばせ, 初めて何故に此処, 初めて何者にも拘束, 初めてのおそるおそる, 初めて余りにも取りみだした, 初めて余生の家, 初めて余白なくなりぬ, 初めて余裕の趣味, 初めての魂, 初めて作った家という, 初めて作つたにし, 初めて作り出したものでない, 初めて作家は作品, 初めて作成できる, 初めて作者の意欲, 初めて使ふ掃布, 初めて使いやがった, 初めて使う大砲の, 初めて使われたように, 初めてかに流行, 初めて俊基は高氏, 初めて俊子の眼, 初めて信じていい, 初めて信じたことをと, 初めて信ずることは, 初めて信号手を見た, 初めて信実な柿の木, 初めて信綱が自分, 初めて修交的な関係, 初めて修学旅行へ行く, 初めて修業らしい修業, 初めて修理が登城, 初めて俳諧狂歌は生れ来りし, 初めて俸給を握る, 初めて個人的な親しみ, 初めて個性も本当, 初めて個性的につよく, 初めて個物というもの, 初めて倒産に瀕, 初めて借りるべき一手法である, 初めて倫敦へやつ, 初めて倫理学の確固たる, 初めて倭文子を知った, 初めて假名が出, 初めて健かに, 初めて健全な娯楽, 初めて健気なこと, 初めて偶像再興に対する新しい, 初めて傍聴したが, 初めて傑作を世, 初めて備えられた大砲が, 初めて備前へ踏み込んだ, 初めて傳はつたもの, 初めてを見, 初めて僅かに顔, 初めて働いて取った, 初めて働き効の, 初めて働くのである, 初めて僕ら新聞記者を引見, 初めての声, 初めて僧侶や身, 初めて優れた構図を, 初めて優越に理解, 初めて儲けたのが, 初めて充全に表現, 初めて充分に社会的, 初めて充足する生活, 初めて兆民先生の玄関番, 初めて先導者を讃美, 初めて先年無礼討にした, 初めて光り耀くものだ, 初めて光るのじゃっ, 初めてを脱ぐ, 初めて入って来た, 初めて入りこんだ土地風俗も, 初めて入り組んだその男, 初めて入江を俯瞰, 初めて入浴しました実に, 初めて入社と極, 初めて入院前に, 初めて全く得心が, 初めて全体としての統一, 初めて全力を一方, 初めて全曲をかけた, 初めて全然別に, 初めて全貌が明瞭, 初めて全身を擧げ, 初めて全面に亙る, 初めてが岳, 初めて八坂の焚火, 初めて八百蔵の清正, 初めて八重洲町に事務所, 初めて公刊したの, 初めて公判に付された, 初めて公園もお, 初めて公平無私な去私則天的, 初めて公的生活なの, 初めて公開演説をさせられ, 初めて六度代になった, 初めて六本の黒い, 初めて六等を得た, 初めて兵法を観た, 初めてを見る, 初めて其宣を発した, 初めて其家を立てた, 初めて其山を開いた, 初めて其意味の具体性, 初めて其羽織を著, 初めて其説を堅う, 初めて其面をまとも, 初めて具象化に達する, 初めて具體的に限定, 初めて典型的な支那婦人, 初めて兼好が見た, 初めて内報があった, 初めて内面的寂寥が出現, 初めて円座をすすめる, 初めて円柱の冠頭, 初めて発見されるべき, 初めて写った時の, 初めて写本を届け, 初めて写真を研究, 初めて冬宮の, 初めて冷たい汗が, 初めて冷水摩擦というもの, 初めて愴な, 初めて凉しき暁の露, 初めてと見つめた, 初めて凝結して, 初めて凡そ科学なる, 初めて出かけた金曜日が, 初めて出かける朝去年の, 初めて出ました晩に, 初めて出品いたしまして, 初めて出張るのである, 初めて出来上ったものな, 初めて出来得ることである, 初めて出現したという, 初めて出羽守の顔, 初めて函館を見, 初めてを下げ, 初めてのかみ合う, 初めて分かってくれ, 初めて分かれわかれになった, 初めて分つて來, 初めて分りましたわ, 初めて分ることです, 初めて分れて參神造化, 初めて分れ分れになった, 初めて分明し一室, 初めて分配のこと, 初めて切實にそれ, 初めて切支丹族の仲間入り, 初めて刊行になり, 初めて世は, 初めて判つたらしく少々, 初めて判るような, 初めて判るる時物あり, 初めて判元の時, 初めて判断がついた, 初めて別れている, 初めて別荘に来, 初めてと瞼, 初めて到った呉青秀は, 初めて到着したの, 初めて到達し得る境遇, 初めて制作劇場の舞台, 初めて制定された場合, 初めて刺身を食べ, 初めて刺針のいう, 初めて前面に押し出される, 初めて前髪を剃った, 初めての奥義, 初めて剣橋を訪れた, 初めて剰すところなく, 初めて創られるもので, 初めて創刊された, 初めて創案した, 初めて創造せられた時代, 初めて劇作家は劇, 初めて劇化されたの, 初めてを現, 初めて力づよくこういった, 初めて加冠して, 初めて助手を命ぜられた, 初めて労りらしい呟きを, 初めて労働の苦痛, 初めて効力を生ずる, 初めて勃然とした, 初めて勉強しましたが, 初めて動きだすのである, 初めて動ぎなき大地に足, 初めて動く魚眼の, 初めて動機づけられたもの, 初めて動物園に連れ, 初めて勘定に入れなかった, 初めて勘蔵と一しょ, 初めて勝家の考え, 初めて勤めて了うた, 初めて匂って来る, 初めて匕首を抜いた, 初めて北インドを征服, 初めて北上川というもの, 初めて北京へ行った, 初めて北川さんに逢った, 初めて北斎がこれら, 初めて北極まで到達, 初めて北海道に來, 初めて北米に遊び, 初めて北都尉の職, 初めて区別される外, 初めて医学なるもの, 初めて医局に同氏, 初めて医薬を塗り, 初めて十一時頃にはモウ, 初めて十一谷君は素直, 初めて十九になった, 初めて十何年という長い, 初めて十六で働き, 初めて十分の意味を表し, 初めて十年来の重荷, 初めて十文字峠を通った, 初めて千代子のこと, 初めて千歳村に来, 初めて千疋屋で売り出された, 初めて午前の一時半, 初めて午前十一時までに空中村, 初めて半ば成功した花瓶, 初めて半井桃水に会う, 初めて半兵衛の妹, 初めて半蔵の目, 初めて卒倒した, 初めて南山に向った, 初めて南日君も汗, 初めて単純に明確, 初めて博覧会と云, 初めて占星台を築いた, 初めて占星術や錬金術, 初めて印度や支那, 初めて印度洋にかかる, 初めて印行されると, 初めて危ぶむ念を, 初めて危険信号燈の下, 初めて却ってその見えない, 初めて目に, 初めての印象, 初めて原作のま, 初めて原因を選択, 初めて原始的な山気, 初めて原子核構造を探見した, 初めて原理的に与えられる, 初めて原稿料というもの, 初めて原総裁による政友会内閣, 初めて去年から信長, 初めて参る屋敷です, 初めて参政権を得た, 初めて又兵衛の方, 初めて友代が国婦, 初めて友情を以て互に, 初めて双方の思潮, 初めて理論的作用を, 初めて反響の大きな, 初めて収穫を見る, 初めて収載される手紙, 初めて取り上げられたと云われ, 初めて附けますが, 初めて口づけした妻, 初めて來の, 初めて古典的な物理学, 初めて古墳時代が現われ, 初めて叮嚀に挨拶, 初めて台子真行の法, 初めて台湾あたりへ踏出し, 初めての事実, 初めて司馬懿は孔明, 初めて合しる三枚続き, 初めて合唱さる, 初めて合戦の目的, 初めて合理化するの, 初めて吉井先生の片瀬, 初めて同人雑誌に掲載, 初めて同僚の人々, 初めて同家を訪問, 初めて同族河上又三郎, 初めて同棲して, 初めて同氏の家庭, 初めて名師に会った, 初めて名目共に古川緑波一座, 初めて名題に昇った, 初めて吏道の悪弊, 初めて吐きし雑言に, 初めて吐息をし, 初めて陵の, 初めて向つた男の児, 初めて向井清吉の存在, 初めて君側にお, 初めて君江に導かれ, 初めて吸った時その, 初めて吸飮して, 初めて吾人の目的, 初めて吾等の大難, 初めて呂昇を聴かせ, 初めてっけにとられ, 初めて呉れまいか, 初めて呉一郎に面会, 初めて呟くように, 初めて周りの人々, 初めて周囲をのびのび, 初めて周平は先刻, 初めて周瑜の心, 初めて味得さるべきもの, 初めて呼んだ待合だ, 初めて呼吸が休んだ, 初めてを生む, 初めて和やかに微笑, 初めて和んだ眸と, 初めて和歌があんなに, 初めて和訳になった, 初めてせるほど, 初めて哀しく思い出されて, 初めて哲学的になる, 初めて哲学的方法の名, 初めて哲學史を見よう, 初めて唐松尾の名, 初めて唯一の本格的, 初めて唯物論も成立, 初めてへた, 初めて唱えたのであった, 初めて唱えられたものである, 初めて唱へた人は今日, 初めて啄木と知り, 初めて問題提出の権利, 初めて啓蒙期的啓蒙の哲学組織, 初めて喀血をなすった, 初めて善良な人々, 初めて喝破し否定, 初めて喫茶店の客, 初めて喬介が口, 初めて單物では如何にも, 初めて営んだものだ, 初めて嗅ぎ出したもので, 初めて噴水の美, 初めて囁かれたのでした, 初めて四つ五つとつづけ, 初めて四条の河原, 初めて四枚目の目録, 初めて回生の大きな, 初めて因果関係の連関, 初めて因襲と伝説, 初めて団十郎の舞台, 初めて団菊両優, 初めて囲みを解い, 初めてを建つる, 初めて国交を開い, 初めて国体明徴たらしめること, 初めて国内平定の業一, 初めて国外への旅行, 初めて国民全体が平等, 初めて国民教育の意義, 初めて国防費の過大, 初めて圓太郎から男一人前, 初めてを踏み, 初めて土人達の計略, 初めて土俵の砂, 初めて土田麦僊と逢つた時, 初めて土筆を見た, 初めて土足をもっ, 初めて在るものは, 初めて地主の藤沢, 初めて地図に記されたる, 初めて地形の認識, 初めて地水火風空の五大, 初めて地理的にも客観, 初めて地蔵堂附近は騒然と, 初めて地震と気, 初めて地面から手, 初めての上, 初めて坂本の城, 初めて坂本城を拝領, 初めて坊間に書物屋, 初めて坐った客にも, 初めての神妙, 初めてのつかない, 初めてへ上った, 初めて城内を巡視, 初めて基礎づけられるべき実証科学, 初めて堀尾茂助吉晴をよび, 初めて堀底から現われた, 初めて堅実な積極的, 初めての上, 初めて堪能した, 初めてに上りし, 初めて塩分の不足, 初めての外, 初めて墓場の空, 初めて売り出されその広告, 初めて売店というもの, 初めてらしい蝉, 初めて夏季附録を出し, 初めて夏服を着る, 初めて夏目さんにお, 初めて暗の, 初めて夕立がし, 初めて外人教師が来た, 初めて外務大臣として起用, 初めて外国から帰った, 初めて外国人を見, 初めて外国兵が北京, 初めて外国船を借入れ, 初めて外套を着ず, 初めて外崎さんに会った, 初めて外村芹沢両君から訪問, 初めて外界の全貌, 初めて外科の手術, 初めて外記に逢った, 初めて多くの実物, 初めて多数の事柄, 初めて夜半の太陽, 初めて夜間開場をやる, 初めて夢中遊行の余波, 初めて大いに除かれる, 初めて大っぴらに家族制度, 初めて大井を知った, 初めて大体の見当, 初めて大名の列, 初めて大和にお移り, 初めて大学生になった, 初めて大家の爺さん, 初めて大寺が何処, 初めて大御所に謁, 初めて大成するの, 初めて大橋をいま, 初めて大洋を御覧, 初めて大海を吹き, 初めて大砲の恐ろしい, 初めて大統領候補者として打つ, 初めて大蔵へも小, 初めて大衆性という概念, 初めて大衆運動の自然発生的, 初めて大西洋を越え, 初めて大観に接しられる, 初めて大道へ達する, 初めて大量観察を結果, 初めて大量集団相互の間, 初めて大阪市中に電車, 初めて大阪文楽座を観る, 初めて大陸的気風を養成, 初めて大風が吹いた, 初めて大騒ぎになっ, 初めて天使がベトレヘム, 初めて天地の形, 初めて天長節の御, 初めて天龍川を渡つた, 初めて息吻き, 初めて太政官のよび, 初めて太郎に気がついた, 初めて太陽様の有難味, 初めて太陽系を環, 初めて夫妻と顏, 初めて夫婦共棲の制度, 初めて夫婦愛が生まれ, 初めて失業者の減少, 初めて奉公に来, 初めて奥曲輪に入った, 初めて女の子を得, 初めて女優の生命, 初めて女優劇を興行, 初めて女同士の友情, 初めて女将が口, 初めて女將としてのお, 初めての頭, 初めて好いものを, 初めて好奇の眼, 初めて如実に感得, 初めて妊娠したの, 初めて妖怪にあらざる, 初めて妙心寺に愚堂, 初めて妙泉寺で逢っ, 初めての居どころ, 初めて始まるのである, 初めて始められたことにも, 初めて姙娠したとき, 初めて婦人聴講生を許可, 初めて媚態らしいもの, 初めての顏, 初めて嫁入りをし, 初めて嫉妬を覚えた, 初めて嬉しく思います, 初めて子供たちと一つ, 初めて子供等の世話, 初めて子規先生の写真, 初めて学び千里眼だの, 初めて学ぶという易, 初めて学んだサラット・チャンドラ・ダース氏の, 初めて学者の必要, 初めて学術的に地, 初めて孫弟子の立場, 初めて學問は光, 初めてへ来られた, 初めて宇宙の中, 初めて宇治の嗅覚, 初めて宇津は歩き, 初めて守田勘弥という人, 初めてじ得, 初めて安んず故に樂, 初めて安二郎に親しみ, 初めて安定し得ると, 初めて安藤の狂者, 初めて宗十郎頭巾がちょッ, 初めて宗清の方, 初めて官営の風俗的思想警察, 初めて官邸へ伺っ, 初めて定められた紀年をも, 初めて定収があっ, 初めて定式化する人間, 初めて宝庫の鍵, 初めて実にきょう初めて, 初めて実は物の, 初めて実在即哲学, 初めて実子の瞻, 初めて実見したの, 初めて実証し得たの, 初めて実践が理論, 初めて実践的な, 初めて客觀的に人間, 初めて下せられた地, 初めて宣誓式の為, 初めてへ坐った, 初めて宮中に栽, 初めて宮城の気高, 初めて宮御所の門, 初めて宮方となっ, 初めて宮本から私宛, 初めて宮本二郎にあいたまいたる, 初めて害悪で発作的, 初めて家庭料理の貴き, 初めて家族と一緒, 初めて家来の右馬介, 初めて容易になる, 初めて宿って落ちかかった, 初めて宿屋に泊つた経験, 初めて寂しさを, 初めて寄越した手紙だって, 初めて富嶽三十六景図の新, 初めて富永一家の墓, 初めて富田の正徳寺, 初めて富農のどんよく, 初めて寒いと思った, 初めて寒地に来り, 初めて寛斎の目, 初めて呆けた, 初めて寝起きのぼんやり, 初めて實證される, 初めて審問廷へ引き入れられ, 初めて寺井さんところに余り, 初めて寺庭全体を見渡した, 初めて対立が発生, 初めて対話などに使つて, 初めて対談した時, 初めて専務は口, 初めて専門的に又, 初めて将軍から, 初めて将軍義満の前, 初めて将門の冤罪, 初めて專門の仕事, 初めて尊く食物は, 初めて尊氏は知った, 初めて尋ねた先生の, 初めて尋ね来し人に, 初めて對象界の構成者, 初めて小児の船, 初めて小刀を投げ, 初めて小川町の琅, 初めて小暗きわたり蚊柱, 初めて小林の勢力, 初めて小樽の市街, 初めて小次郎の姿, 初めて小生の寸志, 初めて小石を落された, 初めて小説みたいなもの, 初めて小謡を習い, 初めて小野に連れられ, 初めて小金井へ遠出, 初めて小頭になる, 初めて小鳥の声, 初めて少女達はかれ, 初めて尤ものこと, 初めて就職した人, 初めて居ると云, 初めて居所を知った, 初めて屈托なさそう, 初めて屋内を見廻し, 初めて屏風岩の雲稜ルート, 初めて展望すること, 初めて山寺の炉べり, 初めて山梨県に飼育場, 初めて山椒魚を料理, 初めて山籠をした, 初めて山羊を殺した, 初めて山越えを企てる, 初めて山陽の詩, 初めて岡沢先生に教え, 初めて岩形圭吾と名乗っ, 初めて岸辺から海, 初めて島田髷に結った, 初めて崇高なる文学, 初めて川上の一座, 初めて川島家の使者, 初めて巡り合った機会と, 初めて工作機械自身の本当, 初めて左手を使う, 初めて左膳は壺, 初めて差しむかいに, 初めて差し伸べた右手を, 初めて差出人の名, 初めて市之丞によって恋, 初めて市九郎の事業, 初めて市場に出でし, 初めてを商った, 初めて帚木の巻, 初めて帝都の空, 初めての門, 初めて師事したの, 初めて師匠春太夫のそれ, 初めて帰つて見ると, 初めて帰られ御先祖, 初めて帰る仏さまも, 初めて帰省する喜び, 初めて帷幕から令, 初めて常態の神経, 初めて常磐に云った, 初めて常識的概念を分析, 初めて常陸関のずばぬけ, 初めて幕内へ飛び, 初めて幕府は亜米利加合衆国, 初めて干物というもの, 初めて円盤蓄音機に, 初めて平凡の偉大, 初めて平均した, 初めて平均値的なもの, 初めて平定した時, 初めて平尾氏に面会, 初めて平民の醜, 初めて平生の僻見, 初めて平野を見, 初めて年代の疑問, 初めて年号を立て, 初めて年増にふさわしい, 初めて幸うじて存立, 初めて幸子と会った, 初めて幸田ゆき子の方, 初めて幸田露伴というマダ青年, 初めて幹太郎とすゞ, 初めて幼年以来身のまわり, 初めて幼稚園へ行った, 初めて幾らかの意義, 初めて幾何学が成り立つ, 初めて幾分の利益, 初めて袤な, 初めて広い芝生が, 初めて広く世に, 初めて床下から腰, 初めて床几代りの挟み, 初めての収入, 初めて府中へ行った, 初めてをたった, 初めての広い, 初めて庭苔の上, 初めて庸三の家, 初めて廃墟の様, 初めて廊下を散歩, 初めて廖化の人物, 初めて建てし人々傳説に, 初めて建てたといふ恰好, 初めて建仁寺に入った, 初めて建設されたものの, 初めて弓弭の調, 初めて引き裂きかけた豪狗の, 初めて引き起こされたもので, 初めて引合はされた, 初めて弛めようとする, 初めてに一臂, 初めて弟子のまちがい, 初めて弥之助は感得, 初めて之丞, 初めて弱き子の, 初めてつめし気, 初めて強い印象を, 初めて強く鍵盤を, 初めて強烈な眸, 初めて強調されたこと, 初めて当たってみる, 初めて当りをとった, 初めて当夜の事情, 初めて当時の現実, 初めて当直のこと, 初めて当選して, 初めて当面した友人, 初めて形づくる事に, 初めて形式的と呼ばれる, 初めて形物の凧, 初めて形相ともなる, 初めて形而上學の不可能, 初めて彫塑会という会, 初めて影法師に知ったでしょう, 初めて役に立ち易いもの, 初めて役に立った訳, 初めて役に立つ事に, 初めて役割を果すべき, 初めて役所で椅子テーブル, 初めて彼女たちは新しい, 初めて往つた時は十二月, 初めて往來でそれ, 初めて往年の知縁, 初めて往昔最低級の芸術, 初めて征服したので, 初めてを振返っ, 初めて後ろをふり, 初めて後悔した, 初めて後戻りして, 初めて後見をやろう, 初めて徐々に起って, 初めて従属する, 初めて得らるべき幸福, 初めて得心の色, 初めて御新造の秘密, 初めて御用の聲, 初めて御用聞に物, 初めて御飯を食べる, 初めて復常するに, 初めて徳三郎になつ, 初めて徳富氏に会った, 初めて徹底的に止揚, 初めて心からにっこり笑って, 初めて心づきたる如く娘と共に, 初めて心付いたらしく食物を, 初めて心底から無茶苦茶, 初めて心霊が甦り, 初めて必然の世界, 初めてよく足, 初めて快楽を生ずる, 初めて怒声を叩き返した, 初めてろしい, 初めて思いあたったがもう, 初めて思いいたる所である, 初めて思いだすのは, 初めて思い及んだのである, 初めて思い知ったことでした, 初めて思い起そうとする, 初めて思ひ當り, 初めて思ふのだ, 初めて思惟の根本法則, 初めて思惟一般の弁証法, 初めて思想家となる, 初めてに寒く, 初めての解放, 初めて性器の検査, 初めて性格悲劇といわれるべき, 初めて怪しむ訳で, 初めて怪談がかりになっ, 初めて怪魚の全身, 初めて恋するような, 初めて恐いというもの, 初めて恐る可き, 初めて恐れ入るというわけ, 初めて恐ろしい風だ, 初めて恒夫の気, 初めて息子に向け, 初めて恰好のいい, 初めて悟って傍ら, 初めて悟ったかの如く, 初めて悟りし今の, 初めて患って初めて, 初めて悪性の世界的流行感冒, 初めて悲しくてたまりませんでした, 初めて悲劇と喜劇, 初めて惘然とし, 初めて惨めに顧みられた, 初めて想い返すような, 初めて想像で描い, 初めて愁眉を開いた, 初めてに通う, 初めて意見が一致, 初めて愛子の長い, 初めて愛欲の徹底的満足, 初めて附いたもの, 初めて感じましてございます, 初めて感じられる間接的な, 初めて感じる最も重要, 初めて感じ得る真理の, 初めて感ぜられる気持な, 初めて感づいて見れ, 初めて感動といふもの, 初めて感得した, 初めて感応する深み, 初めて感情や意志, 初めて感慨を洩らし, 初めて感謝の念, 初めて慄然とした, 初めて慈母の手, 初めて態度を正した, 初めて慕わしいと思う, 初めて懇意になった, 初めて懐疑の心, 初めて懐胎されたこと, 初めて成しうることで, 初めて成し得た時に, 初めて成し遂げ得る事と, 初めて成り立ち団体意識こそ, 初めて成り立ち得た歴史的用語である, 初めて成れりというもの, 初めて成仏するなどという, 初めて成立つ剣法であった, 初めて我が意を, 初めて我が国に紹介, 初めて我が国号として翌年遣唐使, 初めて我子を見せし, 初めて我此處に在り, 初めて我輩も君, 初めて我部屋に入り, 初めて或は将来自分の, 初めて戦争ジャーナリストとなる, 初めて戦場に現れた, 初めて戦死と認定, 初めて戦線に出る, 初めて戯曲的狙いの範囲, 初めてを開け, 初めて戸塚へゆきました, 初めて戸外の水, 初めて房子さんに会う, 初めて所々に咲き残った, 初めて所帯を持った, 初めて所帶を持つた, 初めて所謂エスペラントが世に, 初めて所謂ローレンツ変換が理論的, 初めて所謂形式論理という立場, 初めて所謂有となる, 初めて所謂社会的不安が宗教運動, 初めて手がけることの, 初めて手下の者, 初めて手前水司又市と申す, 初めて手合せをした, 初めて手段は方法, 初めて手繰り出すことが, 初めて手首の痛み, 初めて打ち開けた四方の, 初めて打明けるが兵庫頭, 初めて批判主義は方法論, 初めて批判的であること, 初めて承った侍が, 初めて承りました殿様から, 初めて承わり飛地の, 初めて投げつけられた驚愕です, 初めて抜いた己れ, 初めて抜き生命の, 初めて抜擢されたといふ, 初めて択ばれたのである, 初めて披露をした, 初めて披露目をした, 初めて抱いて来, 初めて抱きしめたのである, 初めて押し寄せて来た, 初めて抽出された一結果, 初めて担当看守から事情, 初めて拓いたのが, 初めて招き行燈へ, 初めて拝んだという人, 初めて拝見致しましたあの, 初めて拳げたオギャアオギャアの声, 初めて拵えた半分商人で, 初めて拵える着物が, 初めて拷問に着手, 初めて持ちし妻という, 初めて持続の間隙, 初めて指摘したの, 初めて挙手の礼, 初めて挨拶をした, 初めて振りかえったが, 初めて振り向くと秋, 初めてへ得る, 初めて捕えられた時その, 初めて捕捉されること, 初めて捜査官の前, 初めて捲取機を, 初めて掃除したので, 初めて排せつの楽しみ, 初めて採れた畑の, 初めて探検の喜び, 初めて探索の筋道, 初めて接したるその刹那, 初めて接吻した, 初めて接触いたしましたの, 初めて推参なれども, 初めて揃って外, 初めて揃つて夜の散歩, 初めて描かれ得る性質の, 初めて描く事を, 初めて描けるような, 初めて提出されたの, 初めて提唱したもの, 初めて提灯の切りぬき, 初めて提言されたの, 初めて揚げることと, 初めて握った事で御座います, 初めて携わりうるという晴れ, 初めて摘出されたの, 初めて撮った人で, 初めて擡げ一遍みた, 初めて支配的になった, 初めて改まつた言葉を, 初めて改善もできる, 初めて攻撃の矢, 初めて放水路をわたった, 初めて放水路開鑿の大, 初めて放蕩の夢, 初めて政治というもの, 初めて政治的に統一, 初めてはれるであらう, 初めて救われたように, 初めて救われるのである, 初めて教えてくれた, 初めて教えたのが, 初めて教えられたのでした, 初めて教わったのである, 初めて教会の入り口, 初めて教室で校長, 初めて教授になつた人, 初めて敢然と口を, 初めて散髪に成った, 初めて敬助は自分, 初めて数学を通じての科学的精神, 初めて数百石より数千石, 初めて敵地へ進撃, 初めてを学び, 初めて文化史の方法, 初めて文化生活の上, 初めて文化的認識へ押し込もう, 初めて文化社会学にまで媒介, 初めて文化説明の原理, 初めて文化運動に於ける, 初めて文壇的に出, 初めて文士劇を実演, 初めて文学上のリアリズム, 初めて文学態度に這入つ, 初めて文学的名声を得た, 初めて文学的表象による示唆, 初めて文官的儀礼としての定式化, 初めて文明人に接触, 初めて文明男子の伴侶, 初めて文科の研究室, 初めて文芸批評も文芸批評, 初めて文語になつて, 初めて斉彬公の非凡さ, 初めて斑鳩といふ鳥, 初めて料理という名, 初めて料理屋に登る, 初めて取り強盗を, 初めて断乎とした, 初めて断続の言葉, 初めて新たに人, 初めて新一郎に言葉, 初めて新宿遊廓に遊び, 初めて新屋敷の福島屋, 初めて新帝の行宮, 初めて新年宴会が不, 初めて新聞現象の諸, 初めて新聞紙の世論機関, 初めて新聞記者生活に入らう, 初めて斷念したやう, 初めて方便をめぐらすべきである, 初めて方法の問題, 初めて施した療法に, 初めて旅情を感じる, 初めて旅行するの, 初めてでも提燈, 初めて既決囚として入, 初めての光, 初めて日光を仰いだ, 初めて日常的概念による処, 初めて日常語と専門語, 初めて日支は北支部分, 初めて日本婦人の頭髪, 初めて日本左衛門が手, 初めて日本文学の上, 初めて日本料理が本格, 初めて日本画といふ立派, 初めて日本美術協会というもの, 初めて日程に上る, 初めて旧い作劇術の, 初めて旧友エドワアド・カアペンタア翁を英国シエフイールド, 初めて早稲田南町の漱石山房, 初めてかにわかる, 初めて明かしてもうこう, 初めて明かすと鵜匠, 初めて明かるい光暗い, 初めて明りの届く, 初めて明日の歌, 初めて明確になつ, 初めて明證的に措定, 初めて映画固有の形, 初めてが来る, 初めて春寒の感じ, 初めて春廼舎以外に二葉亭, 初めて春日新九郎の唇, 初めて春蝉をきいた, 初めて昭和の日本人, 初めてなる根西夫人, 初めて是等の部族, 初めて是非の判断, 初めてになった, 初めての世上, 初めて時々お汁, 初めて時代と自分, 初めて時計に気がつい, 初めて時鳥を聞いた, 初めてる, 初めて晴々と笑, 初めて晴れしや如何, 初めて晴れ上るのである, 初めて智恵子の宿, 初めて智惠子の宿, 初めて智慧が閃, 初めて暑中休暇に新発田, 初めてい床, 初めて暖かい花園に, 初めて暗示したもの, 初めて暮色の暗澹たる, 初めて暴露され千年經つて, 初めて曲り角で出会う, 初めて書かれた意味が, 初めて書かれ得たのである, 初めて書きおろされて団十郎, 初めて書き上げた作文に, 初めて書斎に通される, 初めて書物に書い, 初めて曹操調伏の意中, 初めて最も実際的な, 初めて最後が仏壇, 初めて最後的に理解, 初めて會つたのは明治四十四年, 初めて會つた人と飮ん, 初めて月世界旅行について来た, 初めて有力に生かされる, 初めて有効に役立つ, 初めて有名になつ, 初めて有明の月影, 初めて有機的連関に這入る, 初めて有罪になった, 初めて服装は肉体美, 初めて朔郎に声, 初めて望みが持てた, 初めて望み得ることだ, 初めて望む所の, 初めて望遠鏡から目, 初めて朝倉家で細川藤孝, 初めて朝子の意識, 初めて朝臣と名のり, 初めてへ縛, 初めて木曾福島の町, 初めて未来の世界, 初めて未経験なすさまじい, 初めて本件の發生, 初めて本件犯罪の種類, 初めて本名を語る, 初めて本塁の上, 初めて本屋をのぞいた, 初めて本式な凄味, 初めて本当にこんなに思うさま人間同士に, 初めて本当に心から泣きましたの, 初めて本性をあらわし, 初めて本来の正常, 初めて本気にならざる, 初めて本然の姿, 初めて本物の油絵, 初めて本統に理解, 初めて本職の手, 初めて本質に迫り得る, 初めて本質的に把握, 初めて本郷帝大正門前に開業, 初めて本陣も重要, 初めて本領を発揮, 初めて札幌並びに北海道, 初めて札幌停車場の前, 初めての中, 初めてを留めた, 初めて来られた方で, 初めて来りし時, 初めてをふくんだ, 初めての浜, 初めて東京人の嗜好如何, 初めて東京監獄にはいった, 初めて東京魚河岸の鮮魚, 初めて東山の若王子神社, 初めて東方へ贈られた, 初めて東洋の田舎, 初めて東海北陸吉備丹波地方への交通, 初めて東端れに, 初めての実, 初めて松代の長国寺内, 初めて松川と一対, 初めて松戸へ泊った, 初めて松木家の全, 初めて松田さんの部屋, 初めて松蝉を聞いた, 初めて板橋のその, 初めて林檎の木, 初めて果たしておれに, 初めて果ては家, 初めてから背, 初めて柳生谷三千石を本領, 初めてを疲らした, 初めて根本的に示され得たであろう, 初めて根柢を得る, 初めて桂浜の病床, 初めて案内された病室, 初めて案出した仕組み, 初めて桑名藩に達した, 初めて桜痴居士を築地, 初めて桟敷を共に, 初めての花, 初めて梅吉どんと判りました, 初めて梅島を見た, 初めてや部落, 初めて椿姫を見染め, 初めての幹, 初めて極めて自然に, 初めてという字, 初めて楽しい夢幻の, 初めて標本的の形態, 初めて標語されたもの, 初めて模写は実現, 初めて権力の快, 初めて横向きにね, 初めて横濱毎日新聞に入, 初めて横通岳に登った, 初めて樹蔭の草叢, 初めて樺太を逃げ出した, 初めて樽柿といふもの, 初めて之助, 初めて機体が芝生, 初めて機械的でない笑み, 初めて機能すること, 初めての浦, 初めて欠席するの, 初めて次の間の長椅子, 初めて次第に恐怖を, 初めて次郎の口, 初めて歌會の席上, 初めて歌舞伎劇と新派, 初めて歌舞伎座の番附, 初めて歓喜の声, 初めて歡喜の念, 初めて正しい鑑賞が, 初めて正しき懐疑は, 初めて正体を示し, 初めて正吉は自分, 初めて正式に顔, 初めて正月を迎えられた, 初めて正気に返ったらしく, 初めて正真のお玉, 初めて正視すること, 初めて正香らの目, 初めて此の世界に現れた, 初めて此下宿の食卓, 初めて此事に氣, 初めて此人の事, 初めて此冬に出, 初めて此地方に来, 初めて此大画家が好き, 初めて此学校に来た, 初めて此學校に來, 初めて此山へ登る, 初めて此山稜を縦走, 初めて此時心から私, 初めて此書を世に, 初めて此橋を架けた, 初めて此犯罪に疑い, 初めて此路は軍事上, 初めて此部落を訪れた, 初めて此頃では瞞着, 初めて武道の師, 初めて歩いたわね, 初めて歩き回ってみる, 初めて歪曲した事実, 初めて歯医者の手術椅子一名拷問椅子, 初めて歳の市で買つて, 初めて歴史的発展段階を有, 初めて歴史的社会の現実的運動, 初めて歴史記述は時代, 初めて死するときは, 初めて死んだ金兵衛の, 初めて死人を見た, 初めて死骸を見つけた, 初めて残雪を見る, 初めて殖民地を建て, 初めて殿にお, 初めて殿下という言葉, 初めて母親に会った, 初めて比重を測る, 初めて毛糸というもの, 初めて民子を女, 初めて民族の自, 初めて民藝の真価, 初めて気がついたらしかつた, 初めて気づいたらしく眼を, 初めて気づいたらしくあわてて一人, 初めて気づき銭を, 初めて気に入ったらしく莚の, 初めて気に入つたやうに, 初めて気付いたらしく突然言葉, 初めて気付き道を, 初めて気付きますと同僚, 初めて気持が落ちつく, 初めて気附いて, 初めて気高く聖く, 初めて氣付た時, 初めて氣味の惡, 初めて水入らずの新, 初めて水分をふくんだ, 初めて水素原子のスペクトル, 初めて水花火といふもの, 初めて求めたころは, 初めて求める粘土を, 初めて汚い笹村の, 初めて汚し先祖に対しても, 初めての双肩, 初めて汝らに巡り合い滾, 初めて江口へ誘われました, 初めて江州蒲生郡を領, 初めて江戸以来の着物, 初めて江戸生れの武家侠客, 初めて池の平に泊つた時, 初めて決すべきものである, 初めて決せられる程度の, 初めて決めようと言う, 初めて没骨法を用いた, 初めて沢子の存在, 初めて沢正が出た, 初めて河豚を食べた, 初めてのよう, 初めて油絵の技術, 初めて油絵具というもの, 初めて治国平天下の徳, 初めて治安維持法は, 初めてに釣り, 初めて泊った記憶彼女が, 初めて泊る日だ, 初めて法学教育を開始, 初めて法山第一, 初めて法理学の講座, 初めてのやう, 初めて波路の泣き声, 初めて泣くことが, 初めて泥棒をする, 初めて注目され, 初めて洛陽の北都尉, 初めて洞見した, 初めて洲股の城, 初めて活動したり, 初めて活版になつ, 初めて浄名院に詣でたりけり, 初めて浅原を晩餐, 初めて浅草の来, 初めて浦粕町へスケッチ, 初めて浪士らが上州, 初めて浮き上ったものの正体, 初めて浮び出るような, 初めて浴場らしい形, 初めて海軍の演習, 初めて海面に出ずる, 初めて消防夫の梯子登り, 初めて淀川の滔々, 初めて淋しい異郷の, 初めて深い山中に, 初めて清く打ち笑い, 初めて清国保全の大, 初めて清國保全の大, 初めて清姫の正体, 初めて清子を見かけた, 初めて清子さんに外套, 初めて清洲の城, 初めて清浄無垢な気持ち, 初めて清透に澄み渡る, 初めてえて, 初めては實際, 初めて渡されたときに, 初めて渡って桑港, 初めて渡来した年, 初めて渡航許可が下りる, 初めて渡辺政太郎氏に会った, 初めて渡鮮し釜山, 初めて温く俺の, 初めて温室の中, 初めて温度がいちじるしく, 初めて温情の価値, 初めて温泉のお客さま, 初めて温習会に出, 初めて湧いて来た, 初めて湧きいでた同じ泉, 初めて湯島へ雅楽頭, 初めて湯川さんの仕事, 初めて満州国は, 初めて満腔の思想, 初めて満足そうな気色, 初めて満面にくる, 初めて溌剌たる魚, 初めて溌溂たる意義, 初めてして, 初めて滞在に来た, 初めて滿足に解決, 初めてる, 初めて演ぜられミュンヘンでは, 初めて演ぜられたのは, 初めて演出した俳優, 初めて演壇へ立った, 初めて演説というもの, 初めて漠然と意識した, 初めて漢詩を作る, 初めて漱石と対坐, 初めて潜在意識を意識, 初めて澄んだ空を, 初めて澄君の講演, 初めて澤庵禪師の言葉, 初めて澤木君を迎, 初めて激しく世間的に, 初めて瀧田哲太郎氏に会った, 初めて火星とこの, 初めて火燵を出した, 初めて火薬に出会った, 初めて火鉢見るほど, 初めて灯影の輪, 初めて灯明台のできた, 初めて炊煙をあげ出した, 初めて烈しい世へ, 初めて烏瓜の美し, 初めてを見付けた, 初めて焙り麦みた, 初めて無意識のうち, 初めて無愛想な面構え, 初めて無数の絵, 初めて無条件に発展, 初めて無限の生命, 初めてし出されたその, 初めて照子は甘える, 初めて熊狩に出た, 初めて熊蝉が鳴く, 初めて熔岩を迸流したる, 初めて熟睡の快, 初めて熱帯らしい気, 初めて熱帯性の貝, 初めて熱心に写実的, 初めて燈下に九州名物, 初めてを見, 初めて燕尾服を作つたの, 初めて爆発したこと, 初めて爆聲起る同, 初めて父君から慈善切手, 初めて父戀し母戀, 初めて父系の血統, 初めて父親になつ, 初めて膝を, 初めてにしました, 初めてを手, 初めてに乗った, 初めて牡蠣フライを電熱器, 初めてに入れられ, 初めて牧塲の越年, 初めて物の本から読ん, 初めて物理や化学式, 初めて物理学が自然科学, 初めて物語の幕, 初めて特に院長の, 初めて特定の歴史的段階, 初めて特筆是評されたの, 初めて犯人を逮捕, 初めて狂言作者としての位地, 初めて狩猟に行った, 初めて狩野氏に逢った, 初めて独り寝の, 初めて独創的な哲学, 初めて独断もまた, 初めて独特な意味, 初めて独立性を有, 初めて猛然と立ちあがりアガメムノーン, 初めてり寢, 初めて獨斷もまた, 初めて獨立す, 初めて依姫様, 初めて玉島を殺した, 初めて玉藻を見いだした, 初めて王弟によってほ, 初めて王政復古の成り立った, 初めて玩具店へよりました, 初めて現ぜし太古に, 初めて現れてみた, 初めて現われ出たのである, 初めて現われ得鬼神各, 初めて現実的情勢に即する, 初めて理会したこと, 初めて理解一般というもの, 初めて理論上の意義, 初めて理論的となる, 初めて理論的構成のうち, 初めて瑠美子だけでも還し, 初めてをひらきました, 初めて甘えることが, 初めて甚太郎は憎, 初めて甚深の感動, 初めて生々した文化的意義, 初めて生きることが, 初めて生き返ったように, 初めて生ける色が, 初めて生じるわけだ, 初めて生まるるを見, 初めて生まれ最近に, 初めて生まれた真に革新主義的, 初めて生む児の, 初めて生れた働く婦人の, 初めて生れ得たものである, 初めて生命保険業の経営, 初めて生地があらわれた, 初めて生成するの, 初めて生活信念はある, 初めて生活実践という形式, 初めて生活転換の機会, 初めて生温い風が, 初めて生産者が氾濫, 初めて生長しただこれ, 初めて生魚を買, 初めて産まれた時も, 初めて産んだ子を, 初めて産業と物質的社会的生産, 初めての楠木弥四郎, 初めて用いられる以上感情の, 初めて用いることの, 初めて用事といっ, 初めて用達しのすまず, 初めてを給わった, 初めて田山白雲は愕然, 初めて田村さんのよわ, 初めて田舎のあばら家住居, 初めて田舎者の金剛不動, 初めて田螺に尋ねた, 初めて田辺博士によれ, 初めて田辺哲学をブルジョア, 初めて甲冑を身, 初めて甲州入りの時, 初めて甲斐が静か, 初めて男らしい権威を以て, 初めて男らしく口を, 初めて男兒を得, 初めて男子に会, 初めて男装せし事, 初めて男鹿に遊んだ, 初めて町人の貧し, 初めて画家の努力, 初めて画箋紙に日本画, 初めて留置場へぶち込まれた, 初めて畫筆をとつ, 初めて異分子でなく居る所, 初めて異端者と呼ばれた, 初めて當地に參つた明治三十三年頃, 初めての方, 初めて疑うことの, 初めて疑惑をもつ, 初めて疲労を姿, 初めてと云う, 初めて病氣を尊重, 初めての国家施設, 初めて発し夏中最も, 初めて発売された, 初めて発展策も考へられるであらう, 初めて発行されたの, 初めて発言した, 初めて登るのでなるたけ, 初めて登山された, 初めて登用されたる者, 初めて表せられその, 初めて發議せられたもの, 初めて白刃対白刃の境, 初めて白日の真夜中, 初めて白洲に引きすえられ, 初めて白粉というもの, 初めて白足袋を穿い, 初めて白金の塊, 初めて白馬に登っ, 初めて白髮に驚かれる, 初めて白髯の人, 初めて百草を嘗め, 初めて盗みをし, 初めて盗人が入, 初めて監獄で本当に, 初めて目のあたりに火星, 初めて目的的に実行, 初めて目見得に来た, 初めて目覚めさせられたのだ, 初めて目黒へ駆けつけた, 初めて盲学校の授業, 初めて助と, 初めて直吉は自分, 初めて直義の薄, 初めて直面した苦しみ, 初めて相対した時, 初めて相川氏の所謂主体的要因, 初めて相知つたダラットの高原, 初めて相談を掛けられた, 初めて省線小田急にのっ, 初めてをひらいた色めきだった, 初めて県知事の偉, 初めて眞僞が判定, 初めて眞山夫人と令嬢達, 初めて眞相が顯, 初めて真人と偽, 初めて真価を発揮, 初めて真偽の区別, 初めて真向からその, 初めて真夏の陽下, 初めて真岡に上げ棄て, 初めて真心と形, 初めて真情を吐露, 初めて真理性獲得の手段, 初めて真直に立つ, 初めて真紀子を見, 初めて真裸な自分, 初めて眠りから覚めた, 初めて眠るべく眠ったのである, 初めて眺めた地中海の, 初めて眺めるような, 初めて眼ざめたように大きく眼, 初めて眼前に立ち聳え, 初めて眼醒むる彼等の苦痛, 初めて着きました時に, 初めて着せて見る, 初めて着たをり, 初めて着物を着せる, 初めて瞑目をみひらいた, 初めて瞬間的な狂人, 初めてに寫した, 初めて矛盾者が矛盾者, 初めて知つた事の喜び, 初めて知つた月光の明る, 初めて知つた鮭の味, 初めて知つて勿體なく思うた, 初めて知つて竦然とした, 初めて知られたりと雖, 初めて知られた事でない, 初めて知りあい恋らしいもの, 初めて知りあひ恋らしい, 初めて知りましてご, 初めて知り合いになった, 初めて知り合ってその後, 初めて知合になった, 初めて知合いとなる, 初めて知己を得ました, 初めて短く鼻髭を, 初めて短檠の光, 初めて短歌の興味, 初めて石井の死, 初めて石川光明氏と打ちつれ, 初めて石川氏に邂逅, 初めて石月様のお, 初めて石渡三蔵が声, 初めて石炭は火, 初めて石膏について素描, 初めて石韜の門, 初めて砂塵を揚げ出したら, 初めて研究様式方法の資格, 初めて砲火の洗礼, 初めて破られたといふ理由, 初めて破顔一笑した, 初めて硫黄山に働い, 初めて硯友社の諸, 初めて碓氷嶺上に至り, 初めて確かめられた我が三角測量標, 初めて確りした声, 初めて確乎たる主張, 初めて確信を抱いた, 初めて確定的に世界, 初めて磐梯山のすそ, 初めて磯屋の持味, 初めて示すことが, 初めて大党, 初めて社会主義と無政府主義, 初めて社会史の認識, 初めて社会学的となる, 初めて社会心の概念, 初めて社会的分化によって独立, 初めて社会的勢力となる, 初めて社会的存在理由を有った, 初めて社会的実在性を公認, 初めて社会的必要を有った, 初めて社会的機能として完成, 初めて社会的歴史的な客観的存在, 初めて社會は成立, 初めて社會的生産力を握る, 初めて祖国が明知, 初めて祖父に言訳, 初めて神格が生ずる, 初めて神楽坂署に呼出され, 初めて神田へ行きました, 初めて神田小川町のとある, 初めて神秘の世界, 初めて禁止の理由, 初めて禁離に種ゆ, 初めて福原へつれ, 初めて私たち自身と私たち, 初めて私どもの竜野中学, 初めて私共は前日, 初めて私家の書目, 初めて私藤村様の外, 初めて秋三に復讐, 初めて秋子の姙娠, 初めて秋田の女学校, 初めて科学主義工業の観念, 初めて科学大衆化の積極的任務, 初めて科学的カテゴリーとなる, 初めて科学的概念となる, 初めて科学的研究が出来た, 初めて科学的精神を正当, 初めて科学的認識はある, 初めて科学者にはなれる, 初めて秘密文書なの, 初めて秩序と組織, 初めて秩父の地, 初めて移り住んだ長崎町の, 初めてはつ, 初めて稍同情したらしい笑顔, 初めて税金が負担, 初めて種種雑多の形式, 初めて種蒔といふこと, 初めて稽古を授ける, 初めて稿料をもらった, 初めて積極的な意味, 初めて穏やかに口, 初めて穴蔵みたいに昼間, 初めて空いてる室を, 初めて空しく死を, 初めて空気が僕達, 初めて空漠とした, 初めて空腹に気づいた, 初めて空虚になった, 初めて突きだされた田舎者は, 初めて突き止められるのである, 初めての入口, 初めて止った, 初めて立ちあがる時, 初めて立ち上った老人は, 初めて立ち上ると或, 初めて立つのだ, 初めて立体的に鳥瞰的, 初めて立派な美術批評家とい, 初めて立聞きをする, 初めて競漕行路の舵, 初めて競馬に行つたの, 初めて竹丸の居る, 初めて竹槍ということ, 初めてを負う, 初めてふ日, 初めて笑い出して, 初めて笑い出す靨の, 初めて笑ったのです, 初めて笑つた顏を振り向け, 初めて笑声を出す, 初めて笑窪を見せた, 初めてをひろめた, 初めての紐, 初めて笠置に召された, 初めてにのぼす, 初めてよりも心理, 初めて筑波で賭場, 初めて答えをなす, 初めて答えたがそれ, 初めて算木を寄せ, 初めて算術から解放, 初めて箱根仙石原に遊ん, 初めて節つけして, 初めて節度を与えられるだろう, 初めて築かれる上層建築, 初めて築地小劇場にて上演, 初めて米人に接する, 初めて米国の金, 初めて粂八という女優, 初めて粕谷に来た, 初めてを一杯, 初めて精神上の, 初めて糠味噌をこし, 初めて系統的に記載, 初めて紀代子は彼, 初めて紋十郎は声, 初めて紋太郎は用人, 初めて純粋の科学者, 初めての雲, 初めて紫色に澄んだ, 初めて細川忠利の知遇, 初めて細川忠和の知遇, 初めて細工場を出, 初めて終局的に感覚化, 初めて終日床に就い, 初めて経済学の材料, 初めて経済的に成り立つ, 初めて結ばれたのであった, 初めて結びつくことの, 初めて結婚入籍の手続, 初めて結実するもの, 初めて結晶の核, 初めて結着を得る, 初めて統制主義の実, 初めて統制経済となる, 初めて統率者の性格, 初めて絵双紙屋の店先, 初めて絵画により, 初めて絶叫をあげ, 初めて絶對者の前, 初めて綜合的に解決, 初めて維也納で冬, 初めて綱位を受け, 初めて綻びたように, 初めて綿々として盡, 初めて総立ちになります, 初めて練習を了, 初めて練習中に酒, 初めて縁談の申込み, 初めてひ上つたセル, 初めて縹緲たる声, 初めててが, 初めて織田信長に会っ, 初めて繞繚玉葉漸く氤, 初めて纏って本, 初めて罪人らしい気持, 初めてが成立, 初めて美しく生かされるの, 初めて美妙と音信, 初めて美妙斎の主張, 初めて美食美味を語るべきだ, 初めてじること, 初めて羞恥心などを超越, 初めて義捐金募集に乗り出した, 初めて義経に想われた, 初めて羽二重というもの, 初めて羽生村へ来, 初めて羽目や桷, 初めてふの, 初めて習った唱歌が, 初めて老いた女主人と, 初めて老婆の部屋, 初めて老師は声, 初めて老年の偉, 初めて老父の膝, 初めて考えてみた, 初めて考えた人は, 初めて考えついた新説である, 初めて考えつく考えです, 初めて考えようとする, 初めて考えられることであっ, 初めて考案されたと, 初めて耕海入道と号する, 初めて耶蘇教を弘めた, 初めて耿武の忠諫, 初めて聖らかなもの, 初めて聖書なるもの, 初めて聖武上皇に謁, 初めて聞かされるとあと, 初めて聞かしてくれた, 初めて聞かれたように, 初めて聞きやした成程, 初めて聞き知りました妾の, 初めてをあげ, 初めて聴かされた草双紙の, 初めて聴きましたがひどく哀しい, 初めて聴くやうな, 初めて聴く探し求めてゐた, 初めての匂い, 初めて肉付けに成功, 初めて肉体の恋, 初めて肉欲の喜び, 初めて肉饅頭を買っ, 初めてにしみた, 初めてがすわった, 初めてのなか, 初めてで大息, 初めて肩上げをおろした, 初めて肺炎になつ, 初めてぼねを, 初めて胎児が動いた, 初めて胎動を感じた, 初めてく彼, 初めて能登へ来, 初めて能登守の口, 初めて能管としての自信, 初めてと脣, 初めて脱したのです, 初めて脳髄が発見, 初めてをく, 初めて腰掛けた時娘の, 初めて膨張が始まる, 初めてを調べ, 初めて臣下の偽らざる, 初めて臨んで自分, 初めて自らを保持, 初めて自分以外のある, 初めて自分独りであったこと, 初めて自分独りぼっちになっ, 初めて自分等二人だけになつ, 初めて自宅にて教授, 初めて自尊心が満足, 初めて自我発展主義に, 初めて自然主義を導入, 初めて自然哲学にまで, 初めて自然律を否定, 初めて自然生活は常に, 初めて自然界の現象, 初めて自由芸術の名実, 初めて自由随意的の運動, 初めて自立すること, 初めて自転車が輸入, 初めて自重しながら, 初めて至り白すなわち, 初めて至り得る心境である, 初めての上, 初めてに美的生活, 初めて興行された劇場, 初めて舞台上の出来事, 初めて舞台表現の貴重, 初めて航海に行く, 初めて船首を南, 初めてにもことば, 初めて色彩を持つ, 初めて色直しの衣裳, 初めて色艶といい, 初めて芦の湖を小さい, 初めて花ガスを点じ, 初めて花咲き輝くもの, 初めて花袋氏の生活, 初めて花輪をささげる, 初めて芸術そのものに触れる, 初めて芸術品として可能, 初めて芸術的であったと, 初めて芸術的意図の中, 初めて苔寺を見る, 初めて若衆姿となる, 初めて若衆宿に挨拶, 初めて苦笑した, 初めて英雄の業, 初めて茶壺をあけた, 初めてのやう, 初めて草むらを起った, 初めて草双紙などというもの, 初めて草土手を吹く, 初めて草木の実や食用, 初めて草鞋というもの, 初めて荊州陥落の嘘伝, 初めて荒漠なあたり, 初めて荒鷲に化, 初めて莞爾と笑い顔, 初めて菊水の旗, 初めて菊江の家, 初めて菜蔬の味称美, 初めて菩提と煩悩, 初めて華陀の顔, 初めて萎靡すること, 初めて落ちつくと共にどの人, 初めて落成したとき, 初めて落葉は燃え, 初めて落語家になった, 初めて葉子をつれ, 初めてる人, 初めて著しく現われて, 初めて葛西橋のほとり, 初めて承は, 初めてを営む, 初めて古の, 初めて蒸気船に乗, 初めて蒸湯といふもの, 初めて蒼白い皮膚が, 初めて蓄音機を聽, 初めて蓴菜をよばれる, 初めてぼんやりと, 初めて薄い笑が, 初めて薄く笑いながら, 初めて薄ら笑ひを, 初めて薄笑いらしいもの, 初めてが利く, 初めて薬師寺を興, 初めて藤夜叉の白い, 初めて藤村の詩, 初めて蘇ったのだ, 初めての居る, 初めて虎井夫人の居ぬ, 初めてを見た, 初めてに喰, 初めて蚊帖をつりました, 初めて蛋白質の種類, 初めて蜀宮に召された, 初めて蜃気楼というもの, 初めて蜆汁をふる, 初めて蜜柑を味わせ, 初めての飛ん, 初めて蟹江の存在, 初めて衆議院議員の候補者, 初めてつたとき, 初めて行き違った人が, 初めて行つたのである, 初めて行なわれたときに, 初めて行なわれるべきことにて, 初めて行なわれ得るというわけ, 初めて行われた総選挙, 初めて行われるのである, 初めて行乞らしく行乞, 初めて行人の目, 初めて行使される理由, 初めて行厨を開きました, 初めて行為に善悪, 初めて行為者に善悪, 初めて街頭に立つた, 初めてのない, 初めて表門の四辺, 初めて表面に現れた, 初めて袋づつみとして殲滅にかかった, 初めて袖子の経験, 初めてという物, 初めてを着た, 初めて裁判官たちと結びつく, 初めての杉林, 初めて裏書きされました, 初めて裏門を出, 初めてになる, 初めて裸体が描かれ, 初めて製作成功を収め, 初めて製紙工場を建て, 初めて複合的な集団的, 初めて複雜な生, 初めてを締める, 初めてや天井, 初めて襲って来た, 初めて西南洋からの苗木, 初めて西君と懇意, 初めて西国三十三番の札所, 初めて西國三十三番の札所, 初めて西大陸へ討ち入った, 初めて西山一帯に降雪, 初めて西洋から日本, 初めて西洋料理を食わす, 初めて西洋物質文化に意味, 初めて西洋科学を受け入れた, 初めて西瓜を割る, 初めて西田哲学の内容, 初めて西田幾多郎という名, 初めて要件をもちだしました, 初めて要求あり苦悩, 初めて見きかはゆき, 初めて見せた諸羽流奥義, 初めて見せられたのは, 初めて見せるような, 初めて見たいと思ふ, 初めて見たいなもので, 初めて見ただよ, 初めて見たらしかったが奇妙, 初めて見たれども, 初めて見つけ出してそれ, 初めて見つけ出した理想的な, 初めて見やうかしらん, 初めて見やんしたが大, 初めて見上げた空の, 初めて見事にそれ, 初めて見出したらしく今も, 初めて見出すことの, 初めて見抜いた正統派経済理論, 初めて見知った仲な, 初めて見知らぬ人と, 初めて見習いに出た, 初めて規定しようと, 初めて規範的性質を帯びる, 初めて覺から, 初めて覗いてみた, 初めて覚え葡の, 初めて覚えることだ, 初めて覚ったがもう, 初めて覚り得るものが, 初めて覚一も, 初めて親しい笑いを, 初めて親しく名を呼んだ, 初めて親夫という子供, 初めて親戚の家, 初めて觀察したの, 初めてを入れた, 初めて解かれたのである, 初めて解かれるべきものと, 初めて解くことが, 初めて解ったのだ, 初めて解つた七ツ釜立神岩などの奇勝, 初めて解りかけた異性の, 初めて解る味は, 初めて解放されたよう, 初めて解明出来る対象, 初めて解脱の境, 初めて解釈を加えた, 初めてひ出した神, 初めて言い出していい, 初めて言い出したのは, 初めて言い得ることであっ, 初めて言い聞かせたんです, 初めて言うべきの事, 初めて言論の自由, 初めて訂正すること, 初めて計られた事を, 初めて訊く仲間にも, 初めて訊ねる牛込の, 初めて訓練の中, 初めて記録に現れた, 初めて訪ねて来た, 初めて訪ねる鎌倉の, 初めて訪れた町であり, 初めて設けらるる, 初めて設けたのは, 初めて許される綿密さは, 初めて許してくれました, 初めて許可を貰い, 初めて訳者としての著作権, 初めて註文したらしく指, 初めて証人として出廷訊問, 初めて証明されねば, 初めて詐りでなかりしこと, 初めて評論は成立, 初めてを交, 初めて出互撰, 初めて詠んだのか, 初めて詣るということ一つ, 初めて試みられたのです, 初めて詩人といふことあきらか, 初めて詩作を試み, 初めて話し合って懐しく, 初めて詳しい話を, 初めて詳しく読んだ, 初めて認められることも, 初めて認めることが, 初めて認識論のもの, 初めて認識論上の過現未, 初めて誘われて来た, 初めて語られることが, 初めて語ることが, 初めて語気に自分, 初めて誤解と判る, 初めて説くべきであるから哲学, 初めて説破して, 初めて読みました時も, 初めて読み出でた句であっ, 初めて読んだらしい気が, 初めて読方の技術, 初めて読書するという, 初めて読者層の質, 初めてとも知らず, 初めて調和ある秩序, 初めて調布行きの馬車, 初めて諄々と説い, 初めて論じられ得るものでなけれ, 初めて論理的となり得た, 初めて論理的内容となる, 初めて論理的矛盾を発見, 初めて諸君の眼, 初めて諸王の封国, 初めてした老, 初めて謙虚な悲念, 初めて講演をした, 初めて謝豹君に會見, 初めて證明されねば, 初めて警固の隊, 初めて警察官の取調, 初めて警察部に所属, 初めて議会に提出, 初めてう可, 初めてをぬける, 初めて谷風が負けた, 初めて豊臣姓を創てた, 初めて豪いもんだ, 初めて豪剣を正眼, 初めて豪快な戦国, 初めててからの奈智山, 初めて貝殻の事, 初めて責任も一層, 初めて貴下の主君信長, 初めて貴女によって人間, 初めて貴族の子供達, 初めて買ったのは, 初めて買つたズツクの靴, 初めて貸本ばかり読む, 初めて費用の案外, 初めて質問を出した, 初めて質料に至る, 初めて赤ん坊の方, 初めて赤倉温泉に浴, 初めて赤坂の城頭, 初めて赤星探偵の凡人, 初めて起きあがるのである, 初めて起こって来た, 初めて起こるべき未知の, 初めて起ちあがって森君, 初めて起ち上がって縁側, 初めて趙荘が見えた, 初めて趙雲が, 初めて趣致を添え, 初めて足下に答, 初めて跋渉されて, 初めて路傍で逢った, 初めて跳びあがるばかり驚い, 初めて踊り子マタ・アリとして巡業, 初めて踊るのだ, 初めて身の上を打明けた, 初めて身ぶりがある, 初めて身分の村, 初めて身分相当な貧しい, 初めて身分相応だつた, 初めて身軽になつ, 初めて身軽そうに足, 初めて軽く微笑んだ, 初めて載せた諸雑誌, 初めて載つたものだ, 初めてしいプロレタリア芸術, 初めて輻輳して, 初めて辛うじてデッチ上げられた, 初めて辞令を手, 初めて辞職事情を釈明, 初めて農事といふこと, 初めて辻氏を訪ねたら, 初めてへられるであらう, 初めて迎える神武天皇祭である, 初めて近々と出会ったの, 初めて近い将来に関する, 初めて近代の皮革事業, 初めて近代人の共同体, 初めて近代的なる科学的方法, 初めて近代精神の内容, 初めて近親の死, 初めて返事をし, 初めて返辞をした, 初めて迷いの夢, 初めて追放ということ, 初めて追跡されるに, 初めて退去したが, 初めて送る手紙の, 初めて逃げる見込みが, 初めてにその, 初めて逆転されること, 初めて逆風に遇い, 初めて透明にされる, 初めて逗子へ行っ, 初めて這入つた記憶であり, 初めて這入って来る, 初めて通じ合ったのは, 初めて通俗教育の旗幟, 初めて通信を試みる, 初めて通則の全部, 初めて通商条約の勅許, 初めて通過し同年八月, 初めて造り酒の試み, 初めて造酒を眺め, 初めてひし人, 初めて逢つた人間にこんなに, 初めて逢つた時分お前の名のり, 初めて逢つた此人の丸出し, 初めて逢つた頃のこと, 初めて逢つて見ると, 初めて逢つて会議の際, 初めて逢坂山の高所, 初めて連れ込まれた時の, 初めて連帯的に理解, 初めて連関せしめること, 初めて進出出来る日本主義, 初めて進歩という観念, 初めて遂にトロイアの, 初めてつたとき, 初めて遇つたのである, 初めて遊びに來, 初めて運動であること, 初めて運座といふもの, 初めて運送の祝著, 初めて過した冬から, 初めて道子は甘える, 初めて道庵が助け, 初めて道教の廟, 初めて道破し得る卓見, 初めて達しえた神経系統の, 初めて達せられる心地が, 初めて達成せられる, 初めて遠く御岳の, 初めて遠藤に會つたの, 初めて遥かなる川上, 初めてひました, 初めて遭われてお, 初めて選考の会議, 初めて遺伝の問題, 初めて遺憾なく巴里, 初めて避暑の客, 初めて邂逅った現在, 初めて部分的な私的, 初めて郭公を聞いた, 初めて郷土に一炉, 初めて郷里のこと, 初めて都市計画に関する課, 初めて酒気を帯びた, 初めて酒盃口に觸, 初めて酔いというもの, 初めてゆるの, 初めて醤油樽に腰, 初めて醫學なるもの, 初めて重大な現実味, 初めて重大さを持っ, 初めて野放しの馬, 初めて野次が飛ぶ, 初めて野生の鈴虫, 初めて量子論の濫觴, 初めてを用いた, 初めて金吾を見かけた, 初めて金峰山へ登っ, 初めて金持の悲哀, 初めて金貨といふもの, 初めてをもたらした, 初めて鈍い電灯の, 初めて鈴虫の唄, 初めて鉄砲槍の中, 初めて鉄道がこの, 初めて銀座の方, 初めて銀座通で頭, 初めて銅銭を鋳せしめられた, 初めて銭湯に浴す, 初めて鋭く意識で, 初めて錯覚を経験, 初めて鎌倉へ知らせ, 初めて鎌倉山のした, 初めて鎌倉時代の, 初めての用, 初めて鐵砲と氣, 初めて長く席に, 初めて長夜の夢, 初めて長柄隊か槍隊, 初めて長火鉢の方, 初めて長閑に春めく, 初めて開いてから王, 初めて開かれた木曾路とは, 初めて開場と閉場, 初めて開放地とした, 初めて閑潰しの所在, 初めて間木老人の部屋, 初めて関心の中, 初めて関門の潮流, 初めて闡明せられました結果, 初めて能は, 初めて阿片パイプを口, 初めて阿賀妻に向っ, 初めて降誕会を兼ね, 初めて限りもなく, 初めて限定され得る常識, 初めて陣中で家康公, 初めて陣寄せを押しあう, 初めて陣頭に立った, 初めて陸軍大臣の束縛, 初めて陽光を見る, 初めて階段の下, 初めて随分待合入りまでも, 初めて隔てのない, 初めて隔てなく笑いを, 初めて障子から顔, 初めての六畳, 初めて隣りの女, 初めて鷄の, 初めて雑誌小説をよみました, 初めて雛妓が立上り, 初めて雨戸を開けた, 初めて雲霧を払っ, 初めて雷雲のよう, 初めて電光の火柱, 初めて電子の存在, 初めて電灯や電話, 初めて電燈がついた, 初めて電線を水底, 初めて電雷一触の, 初めて霊肉の交, 初めて霞む夜は, 初めてせば, 初めて露助に見せつけ, 初めて露西亜小説の偉大, 初めて露西亞へ旅, 初めて露見したので, 初めて露骨になっ, 初めて靄山に弟子入り, 初めてべかの売込み, 初めて青あおしたすずしい, 初めて青天白日を見たる, 初めて青年を見た, 初めて青年士官を見た, 初めて青春の気, 初めて青柳學士の診察, 初めて青竜刀なるもの, 初めて静子の兄, 初めて非常な愉快, 初めて非我との対立, 初めて面会に出かけました, 初めて面會した時, 初めての中, 初めて音楽の所有, 初めて音樂が始ま, 初めて頂上に達した, 初めてづけたの, 初めて頷いたのである, 初めて頷きながらお, 初めてと頭, 初めて頼朝の人間, 初めてわれて, 初めて顕著な意味, 初めて顧みるともうどうにも, 初めて風船というもの, 初めて飛び上がって絶叫, 初めて飛田林覚兵衛は星, 初めて飛脚が来た, 初めて飛魚を見た, 初めて飛鳥山を見た, 初めて飜訳の必要, 初めて食うもし人, 初めて食べたエーワンの, 初めて食べられるぞ, 初めて食べる人でも, 初めて食慾を覚え, 初めて食道鏡を使った, 初めて飢渇を思い出した, 初めて飮めもしない, 初めてを炊く, 初めて飯倉のお, 初めて飲食店の椅子, 初めて首キリもなく, 初めて首尾一貫して, 初めて首都ペテルブルグに現れた, 初めてあり音, 初めて馬印を主君, 初めて馬喰町の宿, 初めて馬籠の村, 初めて馬術の稽古, 初めて馴れ染めてからのおもいで, 初めて駄々をこね, 初めて駄馬に乗る, 初めての助役さん, 初めて駈け寄りながら, 初めてを退き, 初めてという物, 初めて驚きを驚き, 初めて骨格を与えられるだろう, 初めて骨髄が放射線, 初めて髑髏の祭壇, 初めて千の, 初めて高めたのであった, 初めて高度に発達, 初めて高氏とここ, 初めて高燥となる, 初めて高知に來, 初めて高級船員の威厳, 初めて高調を弾, 初めて高踏的なもしくは, 初めて高輪田長三に逢いました, 初めてを結, 初めて鬨の声が上げられた, 初めて鬼がら焼へ箸, 初めて鬼怒川の鮎, 初めて鬼王丸へその, 初めての疲労, 初めての敵地, 初めて魯迅さんに会った, 初めてのよう, 初めての蒲焼, 初めて鳥羽口から軍, 初めて鳳楼で, 初めて鳴く征人馬を, 初めて鳴出す蟋蟀の, 初めてといふ物, 初めての鳴, 初めての如き, 初めて麦畑を雲雀, 初めて麻雀牌を見, 初めて黄金魔左膳の決心, 初めて黒岳山から大菩薩峠, 初めて黒星をとった, 初めて黒部川を仙人谷, 初めてを描き, 初めての軽重, 初めて鼻薬を盛られた, 初めて龍胆を見た, 初めてJOAKの放送