青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「刑事~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

切っ~ ~切った 切った~ ~切り 切り~ ~切る 切る~ ~切れ 切れ~ 切符~
刑事~
~列 列~ 列車~ 初~ ~初め 初め~ ~初めて 初めて~ 初夏~ 初期~

「刑事~」 3268, 35ppm, 3317位

▼ 刑事~ (827, 25.3%)

9 云った 8 それを 6 私の 5 驚いて 4 首を

3 [13件] しずかに, そういっ, びっくりし, ほそびき, 二人の, 低声, 俊夫君に, 俊夫君の, 口を, 息を, 直ぐに, 眼を, 課長の

2 [56件] あたりを, あまりの, いきなり私, いくらか呆気, いら, うれしそう, す早く, その夜, そんなこと, たずねた, ちょッと, とっさに, どうした, ピストルを, ホッと, 一斉に, 一枚の, 久々で, 例の, 俊夫君を, 勇躍した, 叫んだ, 唇を, 大きな声, 尋ねました, 小首を, 帆村の, 帰って, 当惑した, 彼の, 待ちかねたよう, 急に, 懐中電灯を, 扉の, 手錠を, 押入の, 暫く考え, 暫らく考え, 油断なく, 渡辺刑事と, 火星の, 火星へ, 目を, 石子の, 答えました, 腕を, 自分の, 蝙蝠の, 言いました, 言った, 言葉を, 語った, 静かに, 頭を, 驚いた, 髑髏を

1 [644件 抜粋] あたふたと, あのやり, ある日, いきなり名刺, いきなり水野刑事, いきなり相手, いささか不満, いそいで, いっこう手, いないそう, いなむ訳, いました, いまの, いよ, いよいよ気の毒, いらいらし, うなずいた, うなずいたが, うなずきながら, うわずった声, おもいの, おやすい, およそ世の中, かけだして, かわりあって, かわり者の, ききかえした, きっと顔, きまり悪, くだんの, こう尋ねました, こう言い, こう言っ, ここに, このよび, この医者, この有様, この老人, これで, こんなこと, さぐるよう, さすがに, さっきから, さっき丸木に, しきりにそんな, したり, しばらく睨ん, じっと外, じっと考え, じっと聞き澄まし, じっと腕, すぐでかけた, すぐ立ち上った, すぐ見破る, すっかり面, すっかり驚い, すってんころりと転んだ, すばやく賊, そう思い, そこで, そこで顔, そのそば, そのまま帰っ, そのよう, そのモダンボーイ, その家, その巡査, その手蹟, その紙片, その網, その腕, その足, それから, それぞれメモを, それとなく善導, ただいまアメリカ, だまつて聞いた, だんだん無我夢中, ちゃんとなわ, ちょっと面くらった, つか, つかつかと, どうしてその, どきま, なかなか親切, なだめるよう, なにを, にこりと, にやりと笑い, はっと思った, はっと緊張, はっと顔色, ばらばらと, ひたすら自分, ひとり喜ん, ひどく不機嫌, ふ, ふしぎな, ふたたびあっけ, ふとある, ふと又暗い, ふと庭, ふと葛飾, ほッ, また森岡家, また考え, また逃がし, まだしりもち, まっさ, まっ暗な, めずらしそう, もうがっかりし, もうがまん, もちろんよく勝手, もっとがっかりした, もっと早く, ものまねの, やっとから, やっと目, やっと立ちあがっ, よくこんな, よくしげった, よくわからなかった, わざと背後, カーテンの, ギョッと, ギョッとして, ゴマ塩の, ジリ, ジリジリと, ジロリと, トボ, ドアを, ドッとうしろへ, ニヤニヤ笑っ, ニヤリと, ハタと, ハッと, フッと, ヘリコプターめがけ, ポケットから, マーカムという, ヤマダトコヨゴヨミなどと, ライスカレーを, ロッジの, 一円紙幣を, 一名の, 一夜腕を, 一寸法師の, 一寸狼狽, 一寸考え込んだ, 一時呆然として, 一生懸命に, 一軒の, 一通りの, 丁寧に, 三時半に, 上役や, 不意を, 世の中は, 中村捜査係長の, 中村警部に, 丸木の, 主任の, 事情を, 二十メートルの, 二階へ, 云う, 云う所, 五六人の, 今後の, 今日の, 仮装の, 会心の, 佐久間氏殺害事件の, 体を, 何と, 何という, 何一つ得る, 何気なく聞いた, 併し, 侯爵夫人に, 係の, 倒れて, 僕が, 元気なく, 先に, 先へ, 先刻から, 先年物故した, 其の場, 其処にも, 其夜人の, 再び呶, 再び腕, 写真師に, 出て, 出張先の, 刑事だ, 判断した, 前途に, 力を, 勇吉の, 勇躍し, 勢いよく立, 北紺屋署の, 半信半疑らしかった, 博士の, 即座に, 厳粛な, 又も, 双眼鏡を, 反って, 反対した, 取り敢, 取敢, 口々に, 口から, 口調を, 叫び声を, 司法主任の, 同僚トレス・マックリィディの, 同時にそう叫ん, 同時に叫んだ, 吐き出すよう, 向こうへ, 呆気に, 呼んだ, 喜び勇ん, 嘆息し, 嘲るよう, 四十ばかりの, 四十面相の, 地下道の, 坂部の, 変死人収容所で, 外国人の, 夢中だった, 大した事件, 大抵の, 大江山課長の, 天井を, 女の, 女中の, 如何にも申訳, 嬉しそう, 安心した, 宗像博士が, 密告者を, 察しが, 寸刻の, 射るよう, 小使や, 小声で, 小野龍太郎を, 少しく怒気, 少し判らなくなっ, 少し怒気, 少し態度, 少し遅れ, 尚も熱心, 岩見に, 巡査に, 帆村を, 帽子を, 店員たちを, 庭の, 康雄の, 廊下の, 当直では, 彼を, 彼女たちを, 彼等の, 待ち切れないで, 得意気に, 微に, 徹夜の, 心中大いに, 心配そうに, 忽ち両手, 怒っても, 怒りの, 怒号し, 思いがけない収穫, 思いながら, 思い出して, 思った, 思わずあっ, 思わずうーむ, 思わずこう呟いた, 急いで, 急ぎ歩, 怪人から, 怪訝な, 息も, 息巻いた, 悄然として, 悲痛な, 情報を, 愉快そうに, 意味有気な, 意気込んで, 感服した, 慇懃な, 態と驚い, 懐中電灯を以て, 扉を, 手跡なども, 押被せる, 拷問の, 持前の, 振り返った, 擽ったそう, 支倉が, 支倉その, 改めて私, 数名の, 断然として, 早くも, 早口に, 早朝から, 早朝邸内の, 昂奮し, 明智の, 星尾と, 暫く飾窓, 更に藤沢平塚間, 最も幽霊, 有名な, 未だいくら, 本名は, 根岸の, 案の定大手柄, 案内され, 案内役の, 桑港と, 檻の, 次ぎに, 正に勇躍, 歯噛みを, 歸つていつた, 死人の, 死体と, 殆ど一人で, 殆ん, 民間探偵の, 気を, 気乗の, 気軽く云った, 泣き出したいよう, 注意ぶ, 注意深くその, 注意深く聞い, 渡辺刑事の, 渡辺刑事を, 溜息を, 無念の, 無表情な, 無造作に, 無駄とは, 熱心に, 犯人を, 狐に, 狼狽し, 猫なで声を, 玄関の, 珍しくも, 申し訳が, 留守であった, 畳かける, 疑うよう, 病気の, 痩せた神経質, 癪に, 白い西洋紙, 白面に, 白髪の, 盗賊が, 目下小生と, 目頭が, 直ぐ出, 直ちに彼, 直に葛飾, 直接神戸牧師から, 相当の, 県下矢筈町に, 真夜中少し, 真実残念そうに, 石を, 石子から, 石子が, 神社の, 私が, 私に, 私よりも, 突然に, 突然の, 窓硝子に, 立ち上って, 立ったまま, 立って, 立上った, 答えた, 素早く飛出し, 細君の, 紹介と, 続けた, 綱を, 署内自分宛書留速達の, 署長に, 署長の, 署長を, 翌日神田神保町の, 翌朝本郷に, 考え, 考えた, 考えて, 耳を, 聖マテオへ, 肉の, 背中を, 胸を, 腕組を, 腰を, 膝を, 自らそれを, 自動車に, 自動車を, 興奮し, 色白の, 若ものを, 苦しそう, 苦笑し, 茫然として, 茫然待っ, 草の, 落ち着かぬ声, 落凹んだ, 落胆し, 落胆した, 葛飾の, 葛飾を, 蒼くなっ, 蜂矢探偵の, 血眼に, 見る, 角張った顎, 言って, 言葉忙しく, 語りました, 語り続けました, 語を, 語尾に, 説諭と, 警察医とともに, 警察官にも, 警部が, 警部を, 貫一の, 責めあぐんだよう, 賊の, 足音を, 路すがら考えた, 踞ったまま, 身の, 身を, 身分を, 車から, 追求しなかった, 追縋った, 遉に, 道化師を, 部屋には, 重い口, 金蒔絵の, 銀座の, 鋭い眼, 鑑識が, 陳列室の, 階段の, 隣りの, 雪子を, 電車より, 非常に, 非難する, 頤を, 頬の, 頷いた, 顔を, 飛びこみざま相手の, 飛び上がった, 飛び出して, 食卓の, 館内の, 駭きの声を, 驚いた様子, 驚きましたが, 高圧的に, 鳥渡不, 黙って

▼ 刑事~ (541, 16.6%)

6 来て 5 入って, 出て, 帰って 4 かけつけて, やって来て, 云った 3 叫んだ, 支倉の, 来た, 言った

2 [29件] それに, それを, たずねて, はりこんで, ドヤドヤと, 二人も, 何か, 來て, 前に, 口を, 報告した, 大声で, 後ろ手に, 息を, 悪い事, 検事の, 私たちの, 私に, 私の, 私を, 答えました, 見はって, 訪ねて, 課長の, 調べに, 電話を, 静かに, 顔を, 顔色を

1 [438件] あっちの, あの若い, あれ程, あんななり, いきなりその, いきなりとびだし, いそいでは, いたね, いなくなるまで, いまさらながら, います, いま呼び, いやな, うしろから, うちの, うろついて, およそ二十分, おられて, おられました, お前は, かぎだして, かけだして, きて, こう云う, こう言い出した, こう言っ, ここへ, ここまで, こちらへ, ことばを, この博士邸, この厄介, この少年, さきに, さすがに, さっそく馬道, しかりつけますと, しゃがんで, すぐ立っ, すこぶるはりきっ, すりを, するが, ずばりと, そうした理由, そう言う, そう言っ, その家, その男, その部屋, そばから, それくらいの, それくらゐ, たえず見, たずねますと, たった三四人, ついて, ついらく, つかつかと, つきそって, つぎつぎと, つったって, つぶやいた, でかけようと, とびこんで, とび出して, とぶよう, ともに猿轡, とんきょう, とんで, どうやつ, どかどかと, どこからか, どなりつけますと, どなりました, どなりますと, どやどや踏み込ん, なわを, にぎって, にやにやわらい, にやにや笑い, にわかにシャン, のぼって, はあはあ言い, はいって, はいってから, はって, はるばる横浜, ばけたにせの, ひきとって, ひとかたまりに, ひとりは, ふしんらしくたずねますと, また一段上, また二度目, まっさ, まわって, やってきた, やってきて, やって来た時, やって来る, やつて, ゆうべ大阪に, よろめくよう, アパートの, イスを, ケチを, サッとピストル, ダリアの, ツカツカと, ドヤドヤ, バラ, ヒサを, ヒョくり顔を, ピリリリ, ヘリコプターめがけ, ペコ, ホッと, ポケットから, ポケットという, ヨロ, ロビンスンを, 一人の, 一人馳けて, 一眠りし, 一通の, 一馬あやか, 三人ずつ, 三人ばかり, 三人三ばんめには, 三人附き添っ, 三千円で, 三名と, 三田にも, 上役たちの, 不審を, 不満そうに, 世に横行, 世間から, 中村係長に, 主人に, 主任の, 乞食を, 二人を, 二人來て, 二人入っ, 二人掛りで, 二人来た, 二人番を, 二十一日の, 二名ばかり, 二名もう, 五名も, 五階の, 交る, 交代で, 交通巡査を, 人の, 人を, 仁王立に, 今一人の, 付けられた, 代わる代わる語るところ, 以上の, 低声, 何かしら胡乱臭い, 何だい犬だろう, 何人いた, 何気なく取除い, 余り早く, 係長へ, 俄に, 保証し, 側に, 僕らに, 先き, 先ず声, 先に, 八方に, 其の場, 円盤を, 冷やかな, 出かけて, 出かけようと, 出たり, 出入りし, 出動し, 出向いたそう, 出張し, 出張した, 切り出すと, 判断した, 到着する, 前へ, 功を, 勿体ぶって, 十人ばかり, 千代の, 原っぱで, 去ってから, 去られてから, 去りますと, 去ると, 口惜しそう, 合づちを, 合槌を, 名刺を, 吐き出すよう, 向うの, 吹いた呼子, 呶鳴った, 呶鳴りつけた, 呼びだされて, 唯一の, 囁いた, 四ほう八ぽう, 四五日間支倉の, 四人鑑識課の, 囲むよう, 地下室の, 地下室へ, 地金屋から, 夕方から, 大きな声, 大ごえを, 大広間に, 大江山課長に, 失神した, 奥の, 女こじきの, 女こじきを, 女を, 女中の, 始めて, 婦人用の, 宇宙電話で, 宗助の, 室を, 家宅捜索に, 宿直で, 寄り添い両手, 尋ねた, 小さな風呂敷包み, 小卓, 小林君の, 尾行し, 居た, 岸本清一郎と, 島田の, 左右から, 差閊え, 市内の, 帆村に, 席に, 帰ると, 幽霊の, 広間の, 店内には, 弁解らしく, 引っ捕えたの, 引ッ立て, 引張っても, 張りこんで, 張り込んで, 張り込んでるぞ, 張込みに, 張込ん, 弾丸の, 当家へ, 彼の, 彼等を, 待ちかまえて, 待ち構えて, 待って, 従って, 徹宵邸の, 応対に, 怒鳴ったので, 思いついたよう, 急いで, 急ぎ足で, 急に, 急行した, 怪しんで, 怪訝らしく, 慌しく入っ, 慌てて, 戻ったところ, 扉の, 手を, 手を以て, 手塚家の, 打付けた板, 拙宅へ, 招致された, 持って, 持つて, 捜査一課に, 捜査主任と, 控えて, 推定した, 支倉から, 数名門前や, 方々の, 日夜張り込ん, 昨夜貫一が, 昼食を, 時々様子, 時計塔の, 書生に, 未だ所謂官服, 来たりなんか, 来てからずつと, 来ても, 来られ, 来る, 来る医者, 来合して, 案内した, 森蔭を, 検べに, 横柄に, 機械戸棚と, 次々に, 死骸の, 残り判事検事の, 母屋の, 気を, 気付いて, 派遣され, 浅田の, 淫売婦だ, 火星の, 無慈悲そのものの, 焼跡を, 煙草に, 煙草の, 熱心で, 爛々たる, 犯罪の, 狐に, 猛烈に, 獅子が, 現われて, 現場に, 現状を, 男の, 番を, 疑いを, 相変らず, 真向から, 眼前に, 礼を, 窓の, 立ちあがられてから, 立ちあがりました, 立ちあがるなり, 立ち塞, 立ち番を, 立って, 立去る後姿, 笹木光吉を, 答えた, 答える, 素早く熱海検事, 署に, 翌朝出, 聞いた, 肖像画の, 肩で, 胡坐を, 腕を, 自動車で, 自宅を, 色々と, 花崎さんと, 花崎さんの, 苦々しい口調, 苦心し, 蔵書を, 薬莢を, 藤屋の, 蛭田博士と, 行き合わなかったら星尾, 行って, 見たら感慨無量, 見つけたの, 見つけ出したの, 見はり, 見はりばん, 見張って, 見張りを, 覚えて, 言われたもの, 訊いた, 訪れて, 読み上げたとき, 課長室へ, 警察医写真班その他の, 警視庁でも, 警部の, 貞の, 賊の, 走って, 走り込んだ, 足跡を, 踏み込んだ理由, 踏み込んで, 躊って, 身を, 車から, 車で, 返答した, 述懐した, 追って, 追って行こう, 進み出た, 運よく, 道化師に, 部屋へ, 鄭重に, 金物屋の, 長い経験, 長官の, 附きまとふと, 離れに, 電気に, 露路の, 青くなっ, 非常線を, 頭を, 飛び出して, 飛んで, 飯倉の, 駆け寄って, 駈出すの, 驚くとは, 高橋さんの, 鬚を

▼ 刑事~ (444, 13.6%)

17 ひとりが 14 一人が, 顔を 10 方を 8 方が 5 前に, 手を, 言葉を, 話に 4 ことを 3 一人は, 報告書は, 姿を, 手が, 手に, 耳に, 袖を, 言葉は, 訪問を, 質問に

2 [33件] あとから, ことも, やうな, ように, 一隊が, 中の, 二人が, 報告で, 報告を, 声である, 声に, 宅を, 手から, 手の, 手帳を, 方に, 方は, 方へ, 来訪を, 目に, 眼が, 眼に, 眼は, 職業的な, 腕を, 言葉には, 訊問に, 話では, 話を, 面前で, 頭に, 顔で, 顔色は

1 [261件] あらゆる取調べ, いったよう, いった通り, いないところ, いふところ, うちの, かけた罠, かけ声に, からだを, かりた部屋, きっとした, ことじゃ, これ化けた, ごとき特殊, ために, つかまって, ひっぱって, ほかに, まちかまえて, まねを, ようです, ような, ような探る, カンである, トリックな, ネチネチした, ボンクラ野郎は, 一人に, 一団であった, 一団に, 一団は, 一行と, 一行を, 一隊, 一隊に, 一隊は, 下働きみたいな, 不法取調べを, 不遠慮, 並々ならぬ, 中に, 中にさえ, 主観的な, 乱暴は, 乳房と, 予想に, 二人は, 云って, 云分, 人が, 人で, 今井は, 件については, 伏勢が, 佐々という, 佐々に, 佐々の, 佐々は, 依頼に, 係では, 側からの, 傍に, 傍を, 全員が, 典型的な, 写真が, 処置を, 判定に, 前で, 前へ, 労を, 半人前の, 厳重な, 取り出したもの, 取り計らいで, 取り調べたところ, 取調室が, 受け持ちと, 口吻では, 叫びを, 右の, 右手が, 右腕に, 名に, 名に対しても, 名を, 命令の, 問答, 四人が, 困った様子, 執念, 報告が, 報告と, 報告の, 報告書を, 声が, 声であった, 声と, 声は, 変装す, 変装姿でした, 多くは, 大型懐中電灯が, 大失策, 大部隊, 太い声, 女房が, 如く威厳, 姿が, 姿も, 嬉しそう, 嬶が, 宇宙電話も, 宇宙電話を, 家だ, 家宅捜索などが, 尽力と, 居るの, 左脚に, 左腕が, 強いの, 強い腕, 影が, 役人共も, 後を, 後塵を, 御馳走と, 微笑が, 心中を, 心労は, 心理の, 心臓に, 応援を, 怒号する, 恩義を, 悪口は, 想像が, 意外な, 態度が, 懐中電灯が, 懐中電灯を, 所謂第六感という, 手で, 手にとり, 手によって, 手も, 手前自分の, 手柄話が, 手縄に, 抱きとめる手, 拾って, 捜査だったら, 捜索に, 探し廻って, 探偵苦心談なる, 推察した, 推理に, 揶揄を, 方で, 方と, 晴れやかだった, 書類中に, 木下昭造氏刑事佐藤捷平刑事山田金次氏たちの, 来意を, 来訪に, 案内で, 梅原君が, 横を, 機敏な, 次に佐藤司法主任, 求める種板, 法廷へ, 泣いて, 注意を, 活動に, 活動は, 無電が, 無駄足を, 爲に, 献策によって, 現実の, 監視を, 目を, 盲点を, 相図を, 眸は, 眼には, 眼の, 瞳は, 知恵を, 研究の, 神経をすら, 笑い声が, 筆は, 精力と, 紹介が, 経験が, 総動員, 考えに, 肩に, 肩を, 肩書とが, 背中を, 胸は, 胸中と, 脅迫する, 脚を, 脳中には, 腰の, 臨検を, 自席料理の, 至難と, 舌で, 苦心も, 裁断の, 要求に, 見はり, 言う通り, 言ったとおり, 言分であった, 言葉が, 言葉ごとに, 訊問に対して, 訊問は, 記録と, 訴訟に, 話が, 話しである, 話は, 語る間, 誰かに, 請求通り直ちに, 質問が, 足く, 足取, 跼んで, 身辺からは, 進んで, 部下の, 部屋です, 采配で, 鑑定は, 間にあった, 間を, 電波は, 電波を, 電話を, 非常召集が, 面に, 頭が, 頭の, 頭は, 顔から, 顔に, 顔は, 顔も, 顔壮平, 首に, 首を, 骨折りで警視総監, 黒い影

▼ 刑事~ (201, 6.2%)

7 向かって, 向って 5 連れられて 4 追われて 3 命じて, 案内され 2 かこまれて, つかまったの, 向かい, 命令した, 守られて, 怪しまれて, 訊くと, 誰何された, 調べられて

1 [154件] あいさつを, あいずを, あった, あったら山西, きいた, きかれても, きくと, ぐいと腰, こう云われた, こう頼ん, こづかれながら, こんなヘンテコ, さしずを, さとられる手掛り, そう云う, たいへん似, たしかめさせた, たずねて, たのんで, だきおこされて, ちゃんと家, つかまった時, つかまって, つかまれた腕, つけられて, とりまかれもう, どなりつけられても, なったよう, なった気, なりすまして, ばけた妖人ゴング, ひッ, ふりむいて, まかせて, みょうな, むしゃぶりついて, むしや, よく訊ね, わかって, わかれて, シッカリと, バッタリと, ヤア大変な, 与えたか, 云った, 付いて, 代って, 会うて, 伴われて, 何遍云われた, 保護され, 俺たち仲間の, 出て, 出世し, 出合うよう, 出迎えられて, 助けられつつ, 化けた部下, 化けて, 化けるくらいの, 化る, 取っては, 取り上げを, 取調べられた日, 叫んだ, 告げた, 呼ばれて, 哀願し, 囲まれて, 報告し, 声を, 宛てた支倉, 宛て一通, 宛て愚弄, 寄り添われて, 密告した, 尋ねた, 對する, 尾行され, 尾行される, 平野君の, 引っ立てられて, 引立てるよう, 従いて, 徹宵警戒され, 徹宵警戒の, 思われたの, 意を, 意味あり, 打ってか, 捕えられて, 捕えられ直ちに, 捕った怪漢, 捕まった時, 捕まり番頭, 捕縛され, 接して, 支倉の, 教えたの, 昨夜の, 暗示された, 来て, 様子を, 残しすたすた, 気付かれないよう, 泣きついて, 渡した, 渡した紙片, 渡しながら, 渡しました, 渡辺は, 白状し, 目くばせ, 目くばせする, 直ぐ見つかっ, 相談しよう, 睨まれないため, 知らせて, 示した, 素直に, 組みつかれそこで, 聴いて, 肩先を, 至るまで, 荒々しく引立て行かれた, 行わせた再度, 見つかったん, 見とがめられ没収, 見張りを, 言った, 訊かない限り, 話した, 調べさせて, 調べに, 護られて, 贈賄し, 踏み込まれたり, 踏み込まれでも, 踏込まれてから, 追いかけられて, 追わしめました, 追われたン, 追われた泥棒, 追われ日光, 追跡し, 退路を, 連れ去られた, 連絡を, 違いない, 遮られて, 附添われ, 電燈を, 頼んで, 飛びかかりました

▼ 刑事~ (145, 4.4%)

7 つれて 5 呼んで 3 よんで, 八方に, 呼んだ, 見て 2 さげすんで, のこして, やって, 伴って, 使って, 怖れる, 派して, 連れて, 顧みて

1 [103件] あっと, あるところ, うしろに, おくこと, かえり見た, かして, さしまねきました, つとめるよう, はじめ警察医写真班等が, はりこませるの, はりこませるよう, ひっぱって, ひとり付け, ふたりだけ, ふりむいて, また室, むかえて, やったわ, やつて, やりましたが, やりましたら刑事, よびだした, よび出し話, よぶよう, よりすぐっ, ボンクラに, マクにも, 一人だけ, 一人呼ん, 一人残し, 一人連れ, 乗せた二台, 乗せるから, 二三人連れ, 伴れ, 信者に, 倫陀病院に, 充分に, 先へ, 先頭に, 初め神楽坂署員一同の, 十人ばかり, 吉蔵の, 呼びかけた, 呼びこみなんなく, 呼びだしました, 呼びもどした, 呼びよせにらみあって, 呼ぶに, 呼ぼうと, 呼ンで, 呼出して, 呼止めた, 嘲けるよう, 四人ほど, 夜も, 大変尊敬する, 女中部屋へ, 尊敬する, 尾けて, 座敷に, 引率し, 張込ませた, 待機させ, 従えた秀陳, 従えて, 従え現場, 怖れ, 急遽ジェネシイ郡検察部, 慰めるよう, 憤らして, 手まねきし, 手許に, 招いた, 振り向いて, 探した, 掻除ける, 撒いたの, 撒いて, 残して, 殴りたおしたい衝動, 潜伏させ, 潜入させる, 病院に, 相当手こずらした, 睨みつけたが, 睨めつけるよう, 知って, 突き退けて, 立たせて, 製作所に, 見た, 見るが, 記憶し, 請じ入れやがて, 迎えた, 通さした, 録し, 電話で, 頭から, 顎で, 顧み谷村, 飛ばして

▼ 刑事たち~ (142, 4.3%)

4 はその 2 がドヤドヤ, です, のほう, はがっかり, はこれ, もその

1 [126件] からシキリ, が, がいい, がうなずく, がうろうろ, がおいぼれ, がさっき私, がしおれかえっ, がつめよります, がとち, がはいっ, がめいめい, がパッタリ寄附, が取まい, が家, が引き上げ, が彼女, が登っ, が盛ん, が立ち去, が見, が走っ, ではなかろう, と新聞記者, と相談, と見なれぬ, にきっぱり, にさ, にさんざん, にするどい, にそう, にそっと, にとって無理, にも同じ, にも感情, に叫びました, に向っ, に呼びかけた, に命じ, に四十面相, に目, に逢う, のいい, のすぐ, のため, のピストル, の二本, の姿, の手, の注視, の立ち去った, の胸, の責め, の質問, の走りさった反対, の頭, はあっけ, はいぶかし, はきゅう, はくら, はこうもり男, はこの, はしおしお, はそのまま, はそれ, はたおれ, はたおれた, はつぎつぎ, はとうとう, はとびつい, はなんなく, はひろい, はへん, はまた, はみなピストル, はめんくらっ, はドアー, はベッド, は一勢, は二つ, は何, は固唾, は地下室, は夜, は屍体, は廊下, は懐中電灯, は折角, は次々, は残る, は気がつかなかった, は犯人, は目, は私, は立ちあがっ, は舌打ち, は芳男, は課長, は顔, まで笑っ, もあっ, もあっけ, もあと, もいよいよ, もおくれ, もおばけ, もこの, もしばらく, もそれぞれ, もてんでに, もびっくり, もスグ, も一種ロマンチック, も見はっ, をあざむきおおせた, をあざ笑っ, をせめよう, をせめる, をつれ, をなぐさめました, を励まし, を各室, を同道, を呼びあつめる, を襲い, を見まわし

▼ 刑事~ (77, 2.4%)

2 あった, それに

1 [73件] あきれたね, あぐね果てこんな, あまりの, ある, いない, いらしたので, いろ, これには, しまいには, すぐその, そう思った, そこまでは, そして小沢, その中, その骨, それと, つくづく度胆, とうとう匙, なければ, ほそびき, むろん怪人二十面相, わけは, ゐて, ゲッソリと, デテクチーブという, 一つの, 一同あっけに, 一言も, 俊夫君の, 共に用心深く, 其後度々, 又そこ, 口惜しそう, 同じ答え, 同行の, 呻った, 喜色を, 噛みつかん許, 声を, 存在しなかった, 小山さんも, 居るし, 巡査も, 巡査部長と, 度胆を, 彼が, 彼らの, 彼を, 待ち兼ねられたと, 心細い顔, 打解けて, 挑戦された, 探偵的興味を, 早く察した, 明智に, 横合から, 正午頃まで, 流石に, 激怒した, 火星の, 無い, 無論私, 疑えば, 私たち二人の, 私も, 腕を, 言った通り確か, 転がり込んだ, 返す言葉, 閉口したらしい, 飛び立つ思い, 驚いた, 驚いたらしくどかどか

▼ 刑事~ (73, 2.2%)

2 サーカス団員が, 三人の, 二人で, 制服の, 対座した

1 [63件] いうし, いっしょに, いっても, お高祖頭巾, ごく懇意, そのうしろ, その人形, たたかって, なりわが, ふたりの, ほかに, もう一人, サーカス団員たちは, サーカス団員は, ダヴィッドスン警部に, ニコラス・オグリフは, モウ一人の, 一緒に, 三田を, 下宿の, 並んで, 二人の, 令嬢と, 令嬢との, 何か, 俊夫君と, 偽った事, 僞稱し, 勘違いした, 同じに, 同じよう, 同じ味方, 同一人, 女巡査キャザリン・オコナアの, 威した半纏着, 小林君たち五人の, 巡査で, 思った, 思われる二人, 怪盗の, 握手した, 撃剣が, 材料の, 来たら気, 特製ライスカレーの, 相成った次第, 相談の, 知っても, 私たちを, 私とは, 私は, 稱し, 聞いて, 草川巡査が, 蟻田博士の, 見られた感じ, 話が, 警察医とを, 警察医らしい, 連れ立って, 間違えて, 面接した, 駐在所巡査とは

▼ 刑事~ (53, 1.6%)

2 はその, は彼

1 [49件] が忙し, が桑港オウクランド市, が次々, が犇, が現われた, が約, が網, が調べ疲れる, でした, と別れ, によって支倉, に一人, に入り, に取巻かれ, に取巻かれた, に声, に対し物凄い, に投げかけ, に挨拶, に誰何, に責め問われ, の先, の前, の手, の手荒い, の留める, の苦心, の頭, はあっけ, はこの, はそれでも, はどこ, は交, は何, は俄, は刑事部長, は困っ, は慌て, は暫らく, は村人, は歓声, は箱, は続々, は苦笑, は言い様, は鵜, を呼んだ, を従え, を見廻

▼ 刑事部長~ (51, 1.6%)

3 も捜査課長 2 か何, が宗像博士, のことば, はもう

1 [40件] がいま伊東署, がさけびました, がたぶん, がとつぜん, がイス, が住ん, が凱歌, が思わず, が明智, が殆ど, が空, で丸山さん, とが声, と捜査課長, などをそこ, の一行, の外, の手前, の方, の質問, はああ, はくやし, はなぜ, はびっくり, はチラ, はハッ, は両手, は半ば戯談, は始め, は捜査課長, は畳みかける, は署長室, は顔, もいっせいに, もお前, も一膝前, をしたがえ, を始め警察, を電話口, 御自身出馬

▼ 刑事さん~ (46, 1.4%)

2 のにぎっ

1 [44件] あばよ, かしら, が, があんな, がかけつける, が信用, が庭, が張, が張り込ん, が待っ, が来, が見, じゃなし, だ, だよ, でしたの, です, でまあ, とか巡査さん, と商売敵, なのね, なんかもどうも, にばつ, にもいいました, に大, に怪しまれ, に明智探偵事務所, に電話, に頼まれ, の仰し, の月給, の言葉, はいったい, はいつも, はその, は女こじき, もいっ, もさぞ, もひとり, をつれ, を三人, を訪う, 来たよ, 見たいね

▼ 刑事巡査~ (32, 1.0%)

2 が来, に捕えられた, の話, らしい平服

1 [24件] がどやどや, が何とも, が外, が始終, が正面, が犯罪, が飛ん, だが, であった, であること, でせんだって, とが上っ, とも云われる, なり死骸, に向っ, に引き立てられ, に相違, はほっと, は富子, も長官, らしいもの, らしい男, らしい色, を神

▼ 刑事部屋~ (31, 0.9%)

1 [31件] であぐら, であたり, である, でなぐられ, での連日, では支倉, で一人, で刑事たち, で弄んだ, で申, にどんな, には窓越し, には茶, に今, に引出され, に待たし, に待たせられ, に這入る, の三尺, の堅く, の天井, の扉, の真中, の風景, は二方, へつれ込ん, へ入れられた, へ呼び出されます, へ連れ, まで入る, を覗い

▼ 刑事~ (30, 0.9%)

4 巡査が 3 警官が

1 [23件] 制服の, 制服は, 団員も, 学校教員, 守衛は, 小林少年や, 巡査に, 巡査の, 巡査は, 巡査らにも, 巡査を, 店員たちは, 店員の, 書生などが, 検事から, 正服, 監獄などが, 私立探偵に, 署長が, 記者の, 記者連中の, 警官らしい, 部長が

▼ 刑事~ (22, 0.7%)

3

1 [19件] からあんな, からその, ぞッ, つた私が, ということ, というわけ, という噂, という男, といふ, ときく, と思っ, と思った, と早合点, と明, な, なと私, なんて人, ね, のも

▼ 刑事事件~ (21, 0.6%)

1 [21件] だ, であります, で長く, と違う, なん, なんぞよりもいっそ, についてこう, について無実, に対する自分たち, に足, に長い, に関係, のお, の花形弁護士, の被告人, の被害者, はこれ, は面白い, もない, を引き起し, を裁判

▼ 刑事~ (14, 0.4%)

1 [14件] あり得るほどの, それぞれ肩書きつきの, ね支倉事件, ルパンを, 一杯に, 佐々という, 俳句を, 半ばは, 折井氏と, 文句は, 柔道三段と, 相手の, 警察界には, 限られた軽少

▼ 刑事訴訟法~ (14, 0.4%)

1 [14件] が今年改正, では認定, について知らず, の権威, の講義, 第七編, 第三百十三條乃至第三百十五條參照, 第三百十五條, 第三百十四條, 第九条, 第二七九条, 第二十九条, 第二百五十五条, 第百八十八条

▼ 刑事諸君~ (14, 0.4%)

2 といっしょ

1 [12件] がそこ, が見はり, が遊び, だ, だろう, など驚くべき, にその, の口吻, の手, はたえず, も同じ, をはりこませたら

▼ 刑事から~ (13, 0.4%)

1 [13件] いい渡され, たよりを, なる別, 何とか聯絡, 偶然手懸りが, 命令され, 庭に, 注意でも, 火星人の, 聞いた話, 聞いて, 色々な, 詳しく当時

▼ 刑事とは~ (13, 0.4%)

1 [13件] この前, この意外, 二三何か, 互いに顔, 反対に, 対座した, 思わず顔, 手塚さんの, 白ヒゲの, 直ちに非常招集, 青ざめた手塚さん, 顔ナジミで, 顔ナジミであった

▼ 刑事らしい~ (12, 0.4%)

2 男が 1 においを, のが, 一人が, 人々が, 奴が, 好みだ, 男は, 者が, 背広服の, 赤らが

▼ 刑事~ (12, 0.4%)

1 [12件] がそれ, が支倉, が踏込ん, に嫣然, はひとしく, は藁, は赤羽主任, は釜場, もひとしく, をはじめ公衆, を眼前, を雀躍

▼ 刑事~ (12, 0.4%)

2 の公判, の廊下 1 ではあれ, では各主, で支倉喜平, に於, の二号法廷, の人々, の今度, の裁判長

▼ 刑事さんたち~ (10, 0.3%)

1 がその, が番, です, にはないしょ, にも弁当, のもうしわけ, はもうこ, は手ぶら, は窓, をさがし

▼ 刑事問題~ (10, 0.3%)

1 でで, でも起し, とかにもなりかねない, として扱われ, にあり, になるでせう, に対しては後日, をおこし, を惹き起こすだろう, を起し

▼ 刑事~ (9, 0.3%)

2 の事件 1 には全く, の処罰, の問題, の罪, の罪人, の責任者, は一罪因

▼ 刑事だった~ (8, 0.2%)

3 のです 2 のである 1 か巡査, のですぐ, 人たち十人を

▼ 刑事とが~ (8, 0.2%)

1 それに, 二十面相の, 五十人と, 喚問せられる, 声の, 夫, 選ばれて, 駈けつけたので

▼ 刑事~ (8, 0.2%)

1 が家宅捜索, に任, に接した, は事, は別段, は手, は起ち上っ, を顧み

▼ 刑事裁判~ (8, 0.2%)

2 の忠実 1 がその, に従事, に長, のうち, をまんまと, 始まって

▼ 刑事~ (7, 0.2%)

1 なにかで, 何か, 何かでは, 巡査が, 新聞記者だった, 裁判官の, 親分だ

▼ 刑事には~ (7, 0.2%)

1 そんな事, 三時間も, 敵わ, 書斎の, 私が, 門や, 飛掛っ

▼ 刑事課長~ (7, 0.2%)

1 が悠然と, に会った, の一隊, の審問, の椅子, の顔, は溜息

▼ 刑事~ (6, 0.2%)

1 で見た, に引出され, のある, の前, へ戻っ, を出よう

▼ 刑事弁護士~ (6, 0.2%)

2 である法水麟太郎 1 なんて云う, の大月, の大月対次, の尾形博士

▼ 刑事裁判所~ (6, 0.2%)

1 ではない, で刑, の寵児, の役人, もオールド・ベーリー, 次に民事裁判所

▼ 刑事訴訟~ (6, 0.2%)

1 じゃあるまい, なん, の機関, の起訴者, より以前, を背負いこん

▼ 刑事では~ (5, 0.2%)

1 あるまい, あるまいおそらく, なかった, なく陳根頑, 人数が

▼ 刑事という~ (5, 0.2%)

1 のが, のと, のは, ものは, 肩書だった

▼ 刑事として~ (5, 0.2%)

1 この席, どこへでも, 名の, 商人として, 特に名前

▼ 刑事との~ (5, 0.2%)

1 あいだは, 一隊が, 会話を, 約束も, 間に

▼ 刑事なら~ (5, 0.2%)

1 あんなにぴんぴんし, 初めから, 右腕を, 煙草の, 真犯人という

▼ 刑事探偵~ (5, 0.2%)

1 が偶, で彼, の一騎当千, の活躍, をし

▼ 刑事である~ (4, 0.1%)

2 ことを 1 ことが, ことは

▼ 刑事です~ (4, 0.1%)

1 って, よ, よって云われ, 貴君は

▼ 刑事でも~ (4, 0.1%)

1 ヒサの, 乘客の, 博奕打検挙する, 嗅ぎつけるには

▼ 刑事と共に~ (4, 0.1%)

1 そこへ, 古田の, 東京駅に, 部屋を

▼ 刑事二人~ (4, 0.1%)

1 がわたし, が晝, と私, はちょっと

▼ 刑事被告人~ (4, 0.1%)

1 となつ, になった, に過ぎぬ, の天国

▼ 刑事~ (4, 0.1%)

2 へ電話 1 とに管掌, は有力

▼ 刑事調査隊~ (4, 0.1%)

4 の七人組

▼ 刑事責任~ (4, 0.1%)

1 をもっ, を生ぜしめなく, を負わし, を負わしめ

▼ 刑事連中~ (4, 0.1%)

1 が邸, などはただ, の方, の間

▼ 刑事かも~ (3, 0.1%)

1 しれない, しれないが, 知れないと

▼ 刑事だって~ (3, 0.1%)

1 そうそうはさ, 巡査だって, 懐手を

▼ 刑事とともに~ (3, 0.1%)

1 自動車に, 西洋料理屋を, 警視庁へ

▼ 刑事とも~ (3, 0.1%)

1 何とも, 見えない小柄, 警視庁とも

▼ 刑事~ (3, 0.1%)

1 んだ, んだろう, んであろう

▼ 刑事によって~ (3, 0.1%)

1 拷問によって, 捕らえられて, 証明せられた

▼ 刑事~ (3, 0.1%)

1 当てた彼, 手を, 電話を

▼ 刑事主任~ (3, 0.1%)

1 が来, が横柄, の人物

▼ 刑事~ (3, 0.1%)

1 あの女, が目, しっかりたのむ

▼ 刑事数名~ (3, 0.1%)

1 と野原医師, を引きつれ, を引率

▼ 刑事~ (3, 0.1%)

2 一報告 1 四部公開法廷に

▼ 刑事からは~ (2, 0.1%)

1 何の, 其後何等の

▼ 刑事さん私~ (2, 0.1%)

1 の女房, の知っ

▼ 刑事さん達~ (2, 0.1%)

1 は少し, もまだ

▼ 刑事じゃ~ (2, 0.1%)

1 ないからね, ないの

▼ 刑事たる~ (2, 0.1%)

2 ものは

▼ 刑事だけ~ (2, 0.1%)

1 だった, で横浜

▼ 刑事だの~ (2, 0.1%)

1 探偵に, 遊び人だ

▼ 刑事であった~ (2, 0.1%)

1 かどう, から

▼ 刑事とか~ (2, 0.1%)

1 捜査主任など, 探偵とか

▼ 刑事とでも~ (2, 0.1%)

1 思ったもの, 思つた

▼ 刑事ども~ (2, 0.1%)

1 の真ん中, を引きつけ

▼ 刑事などが~ (2, 0.1%)

1 張込ん, 続々と

▼ 刑事なども~ (2, 0.1%)

1 同勢に, 始終お

▼ 刑事なり~ (2, 0.1%)

1 伯爵家の, 署長さんが

▼ 刑事なんか~ (2, 0.1%)

1 つれて, でなくて

▼ 刑事にでも~ (2, 0.1%)

1 ならなければ, 飛びかかりそう

▼ 刑事にとって~ (2, 0.1%)

1 一つの, 幸運であった

▼ 刑事にも~ (2, 0.1%)

1 まだその, 勧めながら

▼ 刑事みたい~ (2, 0.1%)

1 な人, な凄い

▼ 刑事より~ (2, 0.1%)

1 小生に, 小生への

▼ 刑事よりも~ (2, 0.1%)

1 一段低い, 青蛇団の

▼ 刑事~ (2, 0.1%)

1 に告げ口, は後ろ

▼ 刑事~ (2, 0.1%)

1 での腕利, のインテリ

▼ 刑事仲間~ (2, 0.1%)

1 で, でも符牒

▼ 刑事~ (2, 0.1%)

1 が云った, が来る

▼ 刑事政策~ (2, 0.1%)

1 に通暁, はすべて

▼ 刑事~ (2, 0.1%)

2 から追われ

▼ 刑事裁判官~ (2, 0.1%)

1 である知事, のところ

▼ 刑事見たい~ (2, 0.1%)

1 な人, な眼

▼ 刑事調査隊長~ (2, 0.1%)

1 の室戸博士, を室戸博士

▼ 刑事部長室~ (2, 0.1%)

1 では眼鏡, の拡声機

▼ 刑事~ (2, 0.1%)

1 が半月湾国道, が変装

▼ 刑事黒田清太郎氏~ (2, 0.1%)

1 の調査, は今

▼1* [153件]

刑事あたりへその, 刑事あてに無電, 刑事釜帽子も, 刑事および民事裁判権は, 刑事お前に幽霊係, 刑事かってそれぐらい, 刑事かと思うよう, 刑事かとも思われる様子, 刑事かなんかだ, 刑事かなんかと思違え, 刑事かなんかを勤めて, 刑事からのたのみも, 刑事がと胸を, 刑事さえ心から同情, 刑事さんきみは三人, 刑事さんぼんやりしてないで, 刑事さん僕は知っとる, 刑事さん食事の終りごろ, 刑事じゃったか, 刑事たち自身妙に考え込ん, 刑事だろうがこいつ, 刑事ってんでしょう, 刑事であったろうか, 刑事であろうと巡査, 刑事でないのは, 刑事とかいうものは, 刑事としては神聖な, 刑事とて洒落を, 刑事ども俺の呪, 刑事なぞにはとても見分け, 刑事などある種, 刑事などと云って, 刑事などには何事をも, 刑事などの一行だった, 刑事などを張込ませ, 刑事ならずとも疑わざる, 刑事なんかがものかげに, 刑事なんかと喧嘩を, 刑事なんかは何の, 刑事なんぞここじゃ, 刑事なんて案外アタマ, 刑事にとってはちょっと不快, 刑事にとっても意外である, 刑事に対して何かの, 刑事に関する面白い事件, 刑事はずつといつもの, 刑事繰出したそう, 刑事ばかりが十四五人, 刑事ひとりが元気, 刑事ぜいに, 刑事までさうだつ, 刑事みなさんその見込み, 刑事らしき人物が, 刑事をね一人君の, 刑事サーベルをガチャガチャ, 刑事てどんな, 刑事ハアレイ・ジョンスンの一行, 刑事ヘンリイ・マンガアが急, 刑事一流の未練, 刑事一行の意志, 刑事三人という順序, 刑事上りよ, 刑事中井宇平とし, 刑事主任ついでに連れ帰っ, 刑事主任ほか二三人すぐに, 刑事主任ガニマール氏はソーニャ・クリシュノフ, 刑事乗り込んで来た, 刑事二三人に囲まれ, 刑事二人名刺をとっ, 刑事二人警察医を伴, 刑事二名が現場, 刑事二名そこへ明智, 刑事交代に徹夜, 刑事交代苛酷なる責折檻, 刑事人類学を入れ, 刑事人類学等に興味, 刑事以下四五人の刑事, 刑事佐藤捷平刑事山田金次氏たちのほか巡査二人, 刑事何某とあった, 刑事先生びつくりして, 刑事先生一生かかったって, 刑事処分を受ける, 刑事初め二三の刑事達, 刑事助五郎へ煙草盆, 刑事医師出張検屍せるに, 刑事十名総勢七十人に近い, 刑事及び警察医の, 刑事君あいつを雪, 刑事君たちの影, 刑事君みごとにつかまえた, 刑事地方裁判所のこと, 刑事地方裁判所検事局ヨリ被告人妻ユリニ対シ右罰金ノ納付方請求有, 刑事には相違, 刑事学者の驚くべき, 刑事実否をたださん, 刑事室天文台あるいは散策, 刑事小林少年少年探偵団員あわせて, 刑事小林少年文代さん五人の中学生, 刑事山田金次氏たちのほか巡査二人, 刑事巡査その他の司法官, 刑事巡査たちの面前, 刑事巡査下世話に謂う, 刑事巡査六名がことごとく, 刑事巡査吉田虎蔵とある, 刑事巡査拝命以来この畑, 刑事巡査數名と共に千葉監獄, 刑事巡査詰所に二人, 刑事巨勢博士の一行, 刑事手続上の新案, 刑事政策上からきた, 刑事既決女囚は昔, 刑事時代からの口癖, 刑事有名な芸術家, 刑事来り三階の, 刑事の談話, 刑事根性といいます, 刑事残らず指揮した, 刑事民事訴訟法に對, 刑事民事訴訟法其翌年には刑法, 刑事たる人が, 刑事の行われた, 刑事生活中の面白い, 刑事看護婦フランシス・メイスンには婦人巡査キャザリン・オコナア, 刑事で又, 刑事被告人自殺の件通報, 刑事裁判上の智嚢, 刑事裁判事件の報酬規則, 刑事記録を証拠, 刑事訴訟法二一八条二項に, 刑事警察の黎明期, 刑事警察医書記等数名の一行, 刑事警察権をも持っ, 刑事迄が私を, 刑事部捜査第一課長, 刑事部捜査課員を総動員, 刑事部捜査課長たる足下, 刑事部法廷で第, 刑事部長さんから護身用, 刑事部長一人は申す, 刑事部長以下刑事二名が現場, 刑事部長室それから三十分後, 刑事部長背広姿でツル, 刑事部長警部補巡査刑事が四人, 刑事部長金丸轟二刑事鑑識課員の数名, 刑事部首脳が駆けつけ, 刑事野郎であった, 刑事鑑識課の諸君, 刑事鑑識課員の数名, 刑事の論点, 刑事の男, 刑事風受けの可, 刑事馬田とのにらみ合い, 刑事黒田氏はこの