青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「催し~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

偶然~ ~傍 傍~ 傍ら~ 傑作~ ~傘 傘~ 備~ ~備え 備え~
催し~
~傳 傳~ ~傷 傷~ ~傾け 傾け~ ~傾向 傾向~ 傾斜~ 僅~

「催し~」 1036, 10ppm, 10713位

▼ 催し~ (326, 31.5%)

18 来た 9 いた 5 いるの, くる 4 いる, きた, 來る

3 [11件] いたが, いたところ, いたの, いると, おりました, きたの, きました, 來た, 来たので, 来て, 来る時刻

2 [11件] いるが, いる日, くると, くるの, くれる, ゐた, 來て, 呉れた, 実際は, 来ると, 苦しんで

1 [222件] いたし, いただいた伊勢神宮, いたほど, いたん, いた以前, いた北風, いた時, いた雨, いた雪, いました, いまの, いよう, いられる, いられるかも, いるころ, いるとき, いるので, いるはず, いる厳粛, いる国宝展覧会, いる時分, いる最中, おりますと, おるそう, かつて遂げぬ, きたと, きたらしい, きて, きましたから, きましたので, くるかとばかり, くるから, くるという, くるよう, くれたの, くれたり, くれた夜, くれました, この授け, この日, この箏, これも, これ以上罪を, しばらくは, しまいには, しまいました, しまったわけ, しまふの, しめやかに, その一日, その席上, その行, その記事, その鏡面, その頃, それぢや, それに, それは, たらふく食う, でなくて, どうか助け, どうしても居堪らない, どうにも食, なりませんけれど, ねこんで, まいったによって, また私権, みたり, みようじゃ, やがてかの, やがての, やらうと, やるよう, よめる, ゐたから, ゐたが, ゐたところ, ゐたの, ゐたやう, ゐる, ゐるので, 一挙に, 一行を, 一覧に, 下さった上, 下さつたお茶, 下さるが, 下さる東京駅, 世間が, 二人の, 亡父の, 今にも私, 今夜いよ, 会津山颪肌に, 佐, 何か, 何を, 倒幕の, 再び百官, 函館を, 別れたるは, 前年に, 厠に, 叛旗を, 吐きぬ, 呉れた貧しい, 土を, 在京の, 堪へがたき, 壇に, 夏侯惇を, 外に, 外套の, 多人数歌舞遊興する, 夜を, 夜八時都を, 大いに泥酔, 大に, 大捜索, 天に, 妖怪が, 富田城を, 小島成斎森枳園平井東堂海保竹逕喜多村栲窓栗本鋤雲等を, 少年子弟を, 居ても, 居られた, 居るの, 居る小, 山に, 岐阜を, 席上大明遠征軍の, 年にも, 引退いろは四十七人の, 弟は, 忍ぶべ, 思はず吠えたて, 愁然と, 我れ, 手塚律蔵東条礼蔵は, 手拍子を, 攻めのぼれ, 敵わ, 敵を, 新聞を, 旅に, 普通民をも, 更に医者, 曹操が, 曹操を, 来しかも, 来たの, 来たらしく日, 来た国太郎, 来た子供, 来た様子, 来た貞世, 来た頃犬, 来る, 来るすると, 来るの, 来るやう, 来るよう, 栗飯の, 横に, 歌ひつ, 止まず遂に, 此から, 歩行する, 死人の, 水に, 清洲城へ, 滅亡びた, 火攻めに, 熱が, 物蔭を, 独り言とも, 男子の, 留守を, 異様な, 異樣, 県令以下の, 祝った, 神の, 程近い, 笑う気, 終に柳樹屯, 網を, 総攻撃, 胸も, 自他の, 自分たちは, 自己満足を, 自身は, 自身徐州攻略に, 自身救援に, 苦しく煙草, 苦しみだした, 苦しんだ, 處分を, 蜘蛛を, 西平関へ, 見て, 言った, 話しを, 身震いを, 輪番に, 辿り行けば, 連日百姓を, 遊んで, 運動を, 道庵先生の, 酒でも, 金三の, 門人を, 開くの, 霜に, 頂いたハワイ, 頂きませう, 頂き酔ったあと, 馬鹿囃子を, 鱈鰈の, 鼈四郎に

▼ 催し~ (90, 8.7%)

6 あると 5 ある 4 あって, あつた 3 ありました, あるの 2 あった, あっても, あつて, あるので, あるん

1 [55件] あったが, あったもの, あったらしい, あったり, あった当時, あらうなど, ありましたが, ありまして, ありますか, ありますから, ありませんでした, あり幾組, あり御, あり矢數帳, あり諸侯, あり諸家, あるから, あるしきたり, あるそう, あるとか, あるときモスクワ, あるとも, あるはず, あるべきはず, あるらしく大勢, あるらしく羽織袴, ある日暮里, ある旨発表, ある筈, ございましょう, しばしば行われる, できるという, にぎわしく続けられた, ほとんど年中, もたれて, 一つ起りました, 一党一派に, 出るの, 始まって, 始められました, 実際生徒自身, 度々あった, 後宮から, 持たれる, 東日主催で, 沈澱し, 済んで, 濫觴と, 盛に, 知らせる, 終わりに, 結局は, 続いては, 行はれる, 趣旨どおりな

▼ 催し~ (76, 7.3%)

5 して, すること 4 するの 2 する, やめること, やる, 聞いて, 見に

1 [52件] お光, この挨拶週間, した, したい, したもの, しようと, し人, するかも, するなんて, するよう, すれば, なし残された江戸趣味, なすもの, もちときには, もった, もって, やった, やったが, やって, やりおったそう, やりたいという, やりました, やると, やろうじゃ, やろうそして, やろうでは, 世におこし, 仕て, 企てた所以, 伴の, 助けるの, 受けたこと, 叡聞あらせられ, 好かないの, 始めようでは, 始め各自, 岡田の, 幸いに, 思い立ったの, 意義あり, 柳橋の, 祝福し, 組織する, 聞かれたる, 舞臺の, 行ふこ, 覚えて, 計画する, 設けて, 話して, 説きアペリチーフ, 逐一実見

▼ 催し~ (61, 5.9%)

4 ために 2 会は, 時に

1 [53件] あった時, あった時分, あった晩, あった熊野, あつた, あつたらしい此, あるたび, あるべき日, ある十五日, ある所, ある日, ある時, ある毎, ある由, お手伝い, くすぐりであり本来, ことです, ことは, ことを, する暖か, ためには, なかで, 一つだつた, 一つとして, 一部を, 世話役に, 主人公鳰鳥の, 主催者であるべき, 主催者側は, 事です, 仮装の, 全くない, 場合は, 多感の, 如く解せられた, 後では, 御趣意, 折には, 数すく, 時か, 民衆音楽会へ, 発起者である, 砌など, 祝賀会は, 茶会に, 要素を, 話などを, 趣意が, 踊りへ, 輪郭を, 金主で, 頃とは, 餌に

▼ 催し~ (43, 4.2%)

1 [43件] あたり近所が, かえって興味, かかるこれ, かかる慰労, かかる親しい, これらが, すぎなかった, つけて, どうして, なった, なった法会, なって, なつた, なられたの, なりました, なるなら幕内力士, なる七夕, よく顔, ノコノコ出掛け, 一異彩を, 不便を, 係る講演, 出る富裕, 功名を, 加えて, 参加しなけれ, 呉宮の, 四十七士が, 後れて, 御感あそばさ, 応じて, 於ける演能, 来らむ事, 端を, 群議一決し, 自分を, 苦しみ地上, 行った事, 誘い出したの, 身を, 過ぎなかったが, 集つて来る, 馳せ加わった

▼ 催し~ (27, 2.6%)

3 あつた

1 [24件] この小屋, これほど, ござりまし, 一体に, 五日には, 些と, 人数も, 俺の, 儀式ばった, 初めて原作, 変った風, 宮が, 得意の, 微行の, 数名の, 文楽座の, 曇りまして, 有るの, 私の, 行くあんまり, 観桜の, 過し度, 重々しく行なわれた, 駐日弁事処長

▼ 催し~ (23, 2.2%)

1 [23件] この鎌倉, しまいかと, ずっと規模, そういうただ, なるべく数, 一二度あった, 一切これを, 一種行政的企画の, 中止と, 何の, 各社共これ, 吉原の, 大方会長, 嫌いです, 寸功を, 将来も, 度胸試しと, 日本橋の, 皆そうだ, 絶対に, 藩士は, 間もなく同じ, 非常に

▼ 催したり~ (22, 2.1%)

1 [22件] いろいろ深切, き, した, した位, して, すること, するとき, するやう, する彼女, する派手, する程度, する風, ピクニックを, 一所懸命である, 古稀の, 春から, 東両国中村楼大広間の, 演説会を, 網打ちに, 至って無事, 退屈を, 酒の

▼ 催し~ (19, 1.8%)

1 [19件] あった, あったらしい, あったろうと, ありません, いたずらに人寄せ, この時節, ございませんでした, ないと, またつづけられ, また桁外れ, 主としてこの, 亦つ, 今年か, 少ないこの, 時局への, 竜頭蛇尾に, 終ろうという, 阿夜子夫人, 饗宴の

▼ 催しながら~ (15, 1.4%)

1 [15件] あまりの, うっとり部屋, おもむろにこの, そういう彼, ともかくも, 倉地と, 及ぶ限り, 思い切って, 我がブーラール大人, 答えた, 興じて, 舷側に, 言った, 詠み出でた一首, 鳳仙花の

▼ 催し~ (14, 1.4%)

1 [14件] がある, が続い, だと, と見, などは昔, になつて, にも必要, のない, の太鼓, の見物, もよそ, をあそばす, をし, をする

▼ 催しもの~ (12, 1.2%)

3 がある 1 があった, が多く, でも, と見る, の急, をする, を全, 好きから, 行列などが

▼ 催しそう~ (10, 1.0%)

2 になる 1 だった, でも, な寒, な空合, になった, になり, になりました, に不快

▼ 催しでは~ (8, 0.8%)

1 あるが, あろうが, た, ないけれども, ないよう, なく阿呆陀羅経みたい, なく阿呆陀羅經, 河原町の

▼ 催しである~ (6, 0.6%)

1 から審査員, から留守, から集まっ, この流鏑馬, だけに踊り, 上に

▼ 催しでも~ (6, 0.6%)

1 あったの, あると, あるの, あれば, しようでは, 単なる遊戯

▼ 催し~ (5, 0.5%)

5 うな

▼ 催しその~ (5, 0.5%)

1 夜は, 所蔵品を, 時の, 純益金を, 際私の

▼ 催し~ (5, 0.5%)

1 いい光秀, いうので, なった, なったの, 言へば

▼ 催しとして~ (5, 0.5%)

2 海女の 1 住民総員の, 清潔な, 町の

▼ 催しなども~ (5, 0.5%)

1 ありしよし, 常にあった, 必ず楽しみ, 断れるだけ, 珍しい

▼ 催しある~ (4, 0.4%)

1 などは何やら, につき公爵夫人, に就き, を久原房之助

▼ 催しごと~ (4, 0.4%)

1 がある, が挙行, のある, も預かっ

▼ 催しつつ~ (4, 0.4%)

2 嘔吐する 1 あるもの, 途切れ途切れに

▼ 催してか~ (4, 0.4%)

1 ムクと, 急に, 或いは興, 竜之

▼ 催しであった~ (4, 0.4%)

1 が主幹, が学海翁, けれども, に違い

▼ 催し~ (4, 0.4%)

1 のでその, ので手蔓, のよ, んだ

▼ 催しなど~ (4, 0.4%)

2 して 1 お気ばらし, である

▼ 催し~ (3, 0.3%)

1 からです, と殊に, な

▼ 催しては~ (3, 0.3%)

1 いても, よく飲んだ, 美濃尾張へ

▼ 催し~ (3, 0.3%)

1 バザーでも, 刊行物なぞを, 書画骨董の

▼ 催し~ (3, 0.3%)

1 ついては貴殿, ふべし, ま

▼ 催し~ (3, 0.3%)

1 に入っ, の十時過ぎ, は彼ら

▼ 催しあるいは~ (2, 0.2%)

1 嘔吐し, 夜ふけに

▼ 催し~ (2, 0.2%)

1 つたか, 迎ひ

▼ 催しこれ~ (2, 0.2%)

1 あり小生, を解剖

▼ 催しさっそく~ (2, 0.2%)

1 たくさんな, 出席の

▼ 催したる~ (2, 0.2%)

1 にしゃ, 食道楽会は

▼ 催しだった~ (2, 0.2%)

2 のです

▼ 催しても~ (2, 0.2%)

1 三十人で, 彼の

▼ 催しです~ (2, 0.2%)

1 からそういう, から諸侯旗本

▼ 催しにて~ (2, 0.2%)

1 あらかじめ題, 我枕辺に

▼ 催しには~ (2, 0.2%)

1 前例も, 白の

▼ 催しらしい~ (2, 0.2%)

1 と思う, 管絃楽の

▼ 催し今度~ (2, 0.2%)

1 の花見, は誰

▼1* [186件]

催しあそばしたのでてまえ, 催しあって山中, 催しあらんことを, 催しあり有志者の, 催しありとて澄, 催しいく度下車を志し, 催しいささか供養の, 催しいつの頃, 催しうつらうつらとし, 催しうとうとと仮睡, 催しかの城へ, 催しきたってそれ, 催しぐったりとし, 催しこれら相重なる山々, 催しさうな暗い空に, 催しさうになるといふ, 催しそこの婦人記者, 催しそこで挙周を, 催しその後で竹, 催しそれには莫大, 催しそれから労働の, 催しそれになおいろいろの, 催しぞと思うに, 催したまいし星が, 催したりとせば, 催しだけに出場は, 催しだって同じ事, 催しちゃ困りますね, 催しついうとうととし, 催しついには食べさせた, 催してから間もなく一五六八年, 催しでありますし人数, 催しであろうも知れない, 催しでなく足利の, 催しでなければならなかった, 催しというのは, 催しとしては結構で御座いましょう, 催しとて趣向の, 催しとても単に流鏑馬の, 催しともなれば, 催しなお菩提所の, 催しながらもその上気, 催しなされたり思いの外, 催しなされたに付きまし, 催しなどの場合に, 催しなどは川開きの, 催しなどをさがしては, 催しならばどうぞ, 催しなんぞでから, 催しなんぞも主人は, 催しにだけ加えられた敵, 催しについての跡始末や, 催しについては以上の, 催しにまで昇格し, 催しにもお身近, 催しによってはその倍, 催しに対して皆さんが, 催しふたたび倉亭, 催しおでかけ, 催しまた彼が, 催しまであった, 催しまでも思い立った, 催しものの造り庭の, 催しもほどほどで沢山だ, 催しやすいもので, 催しやらよろこび事, 催しをと考えて, 催しを以て国民を, 催しイザ改めて出陣といふ, 催し一時間目には欠伸, 催し一生一度の大, 催し一首の和歌, 催し三十九度内外の高熱, 催し上下集まり見物した, 催し二万余の同勢, 催し二十人足らずの人, 催し亡き安然大徳に, 催して私たち後輩, 催しりぬ, 催し候処それはほんとう, 催し候処其許には相, 催し候間同日午後一時より御, 催し先鋒を四軍団, 催し入場料を取る, 催し八月の炎天, 催し六人を招待, 催し六波羅攻めにも獅子奮迅, 催し出さす見込は, 催し別室には故人, 催し勝負を決する, 催し叡覧に供えん, 催し各々頭奉行を, 催し各種の印刷物, 催し同年十二月の末, 催し問題を出し合っ, 催し四方山の雜談, 催し困難の由, 催し夥しくその制作品, 催し宴を, 催しが水, 催し嫌悪を起させる, 催し宗教学校の生徒, 催しは小出播磨守, 催し宿題看梅, 催しに驚き入たる, 催し少年メンデルスゾーンは椅子, 催し展観すること, 催し市川家の一門みな出勤, 催し年中行事, 催し度い程気持, 催し度いものだ, 催し度旨申出相成候, 催し引続き毎月これを, 催しのため, 催し彼らにし, 催しの限りもてなし, 催し心弱き婦女子は, 催し思想戦展覧会の余興, 催し感傷的な態度, 催しをも招き, 催し折柄満開の桜, 催し挨拶を申す, 催しを打ち懲らさん, 催し新造のお, 催しりいはれぬ筋, 催し春琴を招いた, 催し是非泊れと, 催し書物を開いた, 催しに向, 催したれる夫人, 催し来賓は皇族方, 催し松井松葉氏によって戯曲, 催し松浦仙媛を詠んだ, 催し栄誉には寿亭侯, 催しが不, 催し次いで発熱し, 催し次第に朝夕の, 催し武田家を亡ぼそう, 催し殊にオリンピツクの, 催し毎日これを伐らし, 催し江戸名所不忍池, 催しの身体, 催し法親王および諸, 催し深更に及びし, 催し演劇的才能と行動性, 催し漫歩木挽町を過ぎ, 催し無代で代, 催しをはかる, 催し爺嫗打交りて, 催しらしき馳走, 催し生首を七ツ, 催し申候や否, 催し異人を夢みる, 催し眩暈がし, 催し知つてゐる誰, 催し神社仏閣の昇格, 催し稍晴れ間相きざし候折, 催しも根, 催し終日吐き気に苦しん, 催し統一の極, 催し義政自ら発句を作っ, 催し胃袋の毛, 催しがにぶる, 催し自由民権の思想, 催し良人と共に其, 催し菓子を与え, 催し落成を祝う, 催し藩士ばかりに陪観, 催し大将や, 催し諸国から集まる, 催し講中の内, 催し貧富の差別, 催し貴国に攻め入らん, 催し貴婦人令嬢らが売店, 催し贋手紙の事, 催し赤壁の仇, 催し軽蔑を感じ, 催し連中も本町側, 催し酒宴暁に至る, 催し金風颯々の趣, 催し長嘆一声すべてを見, 催し隠遁のおもい, 催し面白そうに, 催し飲酒度なくこれ, 催し骨人は断然, 催しが止まる