青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「切~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~分る 分る~ ~分れ 分れ~ 分別~ ~分析 分析~ 分間~ 分類~ ~切
切~
~切っ 切っ~ ~切った 切った~ ~切り 切り~ ~切る 切る~ ~切れ 切れ~

「切~」 5326, 58ppm, 2003位

▼ 切つて~ (667, 12.5%)

37 ゐた 26 しまつ 15 も切れない 10 居ります 8 しまつて, ゐる 6 も切れぬ, 居た, 見ると 5 ゐたの, ゐるの 4 の大, 居る 3 か, も追, ゐたので, ゐた私, ゐて, 廻せど, 死んで, 置いては, 進んで

2 [39件] あけて, あるの, お汁, かう言, からお, すること, ねす, の名門, の富豪, の美人, はいた, はゐなかつた, も切れねえ, も可, も差支, や, ゐたが, ゐた自分, ゐます, ゐら, ゐると, 一寸反り返る, 出て, 切りぬかずに, 呑みまするから, 堅く口, 居たの, 廻して, 待つて, 持つて, 捨てた, 放した, 置いて, 落すと, 落ちて, 見せる, 見た, 讀み下しました, 逃げて

1 [422件] あの青い, ありそれ, あります, ありますから, ありますが, ありやがて, あり一方, あり前, あり正面, あり結び目, あるが, あるん, いそいで, いひ出した, いりました, いろいろ話, おおお, おくれと, おる, おるが, お上げ, お仕舞, お出, お勧め申されない, お吉, お呉れ, お皆, お芝居, お詫, からのこと, からの方, からます, から刺した, から却つて, から静か, こつこつ仕, このかた, このこと, この手紙, こんな事, さういふ風, さげました, さしもの, しかめた, しかも探偵小説, しまつたら飛んだ清々, すぐ口, せねば, そして唯, そのヅボン, その中, その声, その日, その時計, その鬼, それから兩方, それから急, それから静, そんな事, ぞ果, た, たつた一つ, つなご, とつたやう, どんな鹽梅, ないから, ない装幀, なかつ, なきがら, なぐりつけ時には, なにか身構, に自由, のピアノ, の串戲, の串談, の人氣娘, の働き手, の分限, の切手道楽, の剣客揃, の名物男, の大きな, の御, の悪口, の懇望, の技巧家, の拵ら, の有力者, の滑稽作家, の物, の物持, の物持ち, の策士, の美男若君十人, の自動車王ヘンリイ・フオウドさんだつ, の金持, はいけません, はおし, はね起きた, はぱ, はめたやう, はゐる, は呑み下した, は廣言, は成らぬ, は最初, は臺紙, は船, は近所, は返答, ひどく血, ふ, また探る, まだ廚房, まだ薄, まつすぐ, まつたく忘れて, もう一度それ, もう一度洋服, もう寝よう, もかま, もどんな, もま, ももがい, もらはうよ, もらふこと, も仕様, も侍従, も反, も子, も無理, も申譯, も痛く, も秋成自身, も船, も返らぬ, も金持, やがて逸早く, やつて, やつて來, やめようと, やらうか, やらうと, やらうとお, やれることぢ, やんぞ, ゐたから, ゐたし, ゐたつけ, ゐたもの, ゐたらしい芥川さん, ゐたり, ゐたわけ, ゐた元, ゐた夫人, ゐた時, ゐた東洋的, ゐた當時, ゐた胸, ゐた身毒, ゐても, ゐながら, ゐました, ゐますからね, ゐますので, ゐるか, ゐること, ゐるその, ゐるでは, ゐるといふ, ゐるところ, ゐるので, ゐるやう, ゐる中, ゐる人々, ゐる仁王, ゐる姿, ゐる成金, ゐる木山, ゐる流し場, ゐる為木音也, ゐる父, ゐる矢先, ゐる自分, ゐる騒ぎ, をります, をりますで御座います, をる, をれ, ギラギラする, ニヤリと, 一寸帽子, 一度座中, 上げます, 下げてる人, 下すつたの, 下験, 中にく, 乗り込む勇気, 亡くなりました, 他處, 何とも言, 其の内, 其の製作, 写したこと, 出すさ, 出すの, 出たの, 出たらどう, 出るとき, 出懸くる事, 分らなかつた, 助けたの, 半挺, 半里, 卷いた上, 去りそれ, 吊げ, 呉れと, 呑み込むと, 呵りつけしが, 善い筆, 噛み合せるやう, 噴き出す血, 回す才女, 在るの, 垂れたこの, 執こく, 大きい分, 大きく張り渡つた蜘蛛, 大きく持つ, 大きな嚏, 大匏, 大気焔, 安くしなく, 宥めたり, 寄越す, 寒い色, 尋ねた, 小さい容物, 小さな運河, 居た山の手特有, 居た空, 居て, 居ても, 居ましたよ, 居りました, 居りました仲, 居りました殊に, 居りますが, 居ること, 居るだらうから, 居るん, 居る時, 居る澤庵, 居る若衆姿, 居る間, 帰るの, 干したの, 廻すところ, 廻す腕前, 廻る燕, 引き返した, 御呉れ, 御申譯, 御眼, 怒鳴つて, 悪い方, 悪どい, 悲しく考へ, 打明けて, 投げたやう, 投げた人, 投げた庖丁, 抱き上げて, 抱締めて, 拙た, 挙げるで, 振りむくと, 振り捨てつ弦, 捨てた処, 捨てて, 捨てようと, 捨てるぞ, 捨てる医者, 捨て帳場, 掛けたる関, 掛り逃げる者, 放したやう, 放した残忍, 放してあつ, 放てば, 新しく借りた, 早く出掛けた, 暗い宿屋, 暗い電氣, 暗緑色, 暮した, 暮しても, 曲り込んだ, 更け行く春, 更にそれ, 書いて, 有るつちん, 有るでせう, 有んだから, 本當, 来た, 来たよ, 来た美しい, 来た麺麭, 染めたん, 棄てたい様, 歩いた, 歩く人種, 死にました, 死ぬの, 死ぬ時, 死んだ渡辺崋山, 死んだ頃, 死んでると, 汚れ腐つて, 泣いた, 泣き出しました, 泣き少し, 泳がせたので, 泳ぐ颯爽, 洒落た茶会, 活ける赤い, 流れ出すかの, 淋し相, 溢れ落ちた, 演じた後, 激しい眼, 濡れて, 点頭いた, 焚きつけの, 甘く煮る, 生きて, 直ぐ夜具, 直ちに木像, 立ち上がりました, 立ち上りました, 立ち上ると, 立ち上る勇気, 立ち歸ら, 立ち退けば, 第一, 置いた糯米, 置いた茎, 置いても, 考へて, 聴いたところ, 臭さ味, 若い連中, 萎びた老婆, 落したやう, 落したよう, 落すの, 落す手際, 落せば, 蟠つた蔓, 行くこと, 行くの, 行くまいか, 見あげる酒倉, 見せて, 見せながら, 見せました, 見たが, 見たら身體, 見たり, 見ては, 見度, 親同胞, 訊ねた, 読み下した, 読み下したが, 読む, 読むの, 調べる筈, 貼られて, 赤黒く光つて, 走つたこと, 走り下りました, 走る朱, 起ち上つた, 載せなければ, 辛くも受, 近寄つた, 近寄らば, 返して, 追つて來, 追ひかけ, 逃げたため, 逃げたと, 逃げ出したと, 逃げ出して, 透るかと, 逐いはらいました, 這入つたり, 通すん, 進むの, 進んだ, 遣は, 遣る事, 醜い男, 重く見, 重たい開閉扉, 長くし, 離した, 飛び込む, 飛ぶ寛永通寶, 飛出し血だらけ, 飛込みました, 飛込んだの, 駆け寄り, 駆け込んだ, 駈け出した, 駈出して, 騒いで, 騒ぎながら

▼ 切つた~ (304, 5.7%)

12 やうな, やうに 5 ところで, んだ 4 のです, んです 3 もので, 方が, 時に

2 [22件] からといつ, が, がそれでは, ことを, ために, と, といふの, としたら, と云, と仰, と言, のぢ, みたいに, もの, ものだ, んだらう, 杖を, 模様風の, 毛は, 毛を, 物を, 絆創膏を

1 [209件] あげく怒, あとだ, いかにも釣れ, か, かと思ふ, かまぼこを, かもじ, から偉い, から堪らない, がいかにも, がこちら, がそれでも, が吉田松陰, が名聞, が学士, が待て, が直ぐ, が終り, くれな, けれど其時, ことで, ことな, ことに, ことは, ことも, この子, この小さな老人, ぜ, その原因, だけさ, だけぢ, ちび筆で, といふ事実検事, といふ因縁, といふ耳より, といふ話, とか聞い, ところが女房, と云つて來, と思つたの, と思はれる, と書い, と表面噺, と見え, と路引違, なら自分, なり, なりに昔, には相違, にも心付かず, に違, ね, のだらう, のでせう, のでアイリツシユ人大, ばかりらしい, まじめさが, ものか, ものが, ものぢ, ものである, もののいつたい, ものの房一, ものは, ものも, ものを, もの返り, もの酢みそよりは, もんだ, やうにど, よさ, トマトと, ハマ譲りである, ビールの, ファウスタスの, 中に, 主體, 乘換切符を, 事が, 事で, 事は, 事を, 人間は, 人間を, 伜の, 俳優が, 傷は, 儘二人で坐, 先代の, 其の自, 凄まじい血, 処で, 切り口に, 刹那に, 剃刀なら, 剃刀は, 医者, 取つ付き, 右之助の, 名殘, 和蘭人が, 土が, 大刀の, 宇佐美左門の, 安からぬ, 實が, 尾の, 年代の, 年配で, 張つた何十年あきも, 影法師が, 役者の, 恐ろしく野暮, 悪計, 慰め, 扇で, 手紙が, 手紙は, 扱帶も, 指の, 支那佛教界に, 数々の, 斷面には, 時には, 時にや, 時の, 時も, 時下手人の, 時予は, 時私は, 暮六つ半, 朱色の, 様子が, 樣な, 樣に, 檀紙に, 正宗の, 武家が, 殉教者の, 気で, 水量を, 洪水の, 牛の, 理窟も, 理論の, 男で, 男盛りを, 直ぐ前, 眞田紐を, 眩しさ, 眼の, 石段の, 硝子板に, 秩序ある, 程その, 積です, 竹を, 紙片を, 細引を, 罪人の, 美しさ, 老人は, 肉体と, 胴に, 若い武家, 若さ, 若葉の, 茶の, 草鞋を, 荒駒の, 藤村君の, 血潮は, 行きどまりを, 袖は, 見方です, 親父です, 調子にな, 調子放れ, 豊滿さにも, 象, 貧しい料理, 責任者だ, 赤い血, 跡が, 跡を, 農夫との, 選手の, 部屋の, 酒ぢや, 鐵葉の, 障子に, 青桃, 頃二人は, 頬の, 頭へ, 顏つきの, 顏つきを, 顏で, 顏は, 顏を, 顔つきを, 顔貌を, 髮を, 髷は, 髷を, 鬼の, 麻井幸之進は, 黒い窓, 黒紋付を

▼ 切なる~ (238, 4.5%)

18 ものが 6 願いを 4 希望を, 情を, 祈りの 3 を現す, 心を, 思いを, 情は, 要求を

2 [13件] お願いである, もので, ものは, 同情と, 同情の, 意中を, 感情を, 戀に, 所以を, 誠を, 願いである, 願ひ, 願望

1 [161件] あまり故意に, お望み, お願いな, がため, が故に, が為, が爲, ことこの, ことによる, ことばを, ことを, こと斯く, この門弟子, すすめで, すすめに対し, すゝめに, とその, において我自らこれ, にもかかわらず, に乗じ, に從, に汽船, に至らん, の点, の理由, は元, ひとりの, まごころ, も, ものある, ものであり, ものである, ものに, ものを, も彼, よしを, より出, より出でし, より御身, わりには, を, をいふ, を告ぐれ, を告げ, を感じ, を感じた, を感ずる, を見, を覚え, を覚ゆ, を覺, を証す, を認む, ダンテの, 上に, 乞いでは, 体験に, 依頼によって, 初恋の, 勧めによって, 勧めによる, 勧め辞し, 勧告, 勧告も, 勧誘を, 勸告で, 友を, 叫びが, 可憐し, 同情を, 哀訴も, 喰料を, 嘆願書を, 声で, 声に, 娘の, 寂しさ, 寵愛を, 希ひ, 希ひである, 希望によって, 希望の, 御思ひやり, 御書状, 御言葉, 御誓願, 御願い, 心も, 心情を, 志とを, 忠告で, 忠告を, 念願の, 念願を, 思いの, 思慕を, 恋その, 恋の, 情に, 情実の, 想ひ, 憧憬を, 懇請によって, 懇願も, 戀はい, 戒めも, 折から, 招きが, 招待の, 招聘をも, 時は, 望み, 望みとも, 望みにも, 望みによって, 望みを, 様は, 欲求を, 死地に, 求道狂ほしき, 沢田君の, 涙聲哀れを, 渇仰の, 生理的要求も, 祈念であった, 祈願だけには, 私の, 立派な, 者あら, 者あり, 者なり, 者又, 胸の, 苦とは, 衝動を, 要求であった, 言葉である, 言葉に, 諫めを, 諫言が, 關心の, 限り醜き, 際であった, 頼みじゃ, 頼みにより, 頼みも, 願いが, 願いなにとぞ, 願いに, 願いにたいして, 願いにも, 願いによって, 願いの, 願いは, 願い事である, 願は, 願ひだから, 願も, 願納受する, 願訴との, 餘り

▼ 切~ (221, 4.1%)

4 やうに, ような, 大満員, 紙が 3 常は, 時間を, 渡場で

2 [11件] こぼれて, よい眼, よさ, 中へ, 婆さんを, 曲者は, 気韻が, 渡口へ, 舞台に, 見得, 金を

1 [174件] い, いい日本語, うえに, お母さんいろいろ, お母さん私は, ことで, ことを, こゑはすがすがし広間徹り, さげ髪, するの, する女, ついて, つかなくなって, つなぎ, と嚇し, にやけ男, はみ出した中, ふれ合う音, まずさ, われ目に, ギャグ一々, ショオルが, バラックで, パンと, パンを, ロンギまでは, 一として, 一件について, 上に, 上等品を, 上米を, 中で, 事な, 事件の, 事鳴, 二人も, 二字を, 人夫八萬三千餘人を, 会式で, 会式は, 体当りを, 余を, 作り物と, 儘麻で, 先から, 先でかき, 先へ, 入口まで, 円髷つや, 写真で, 処で, 前にのみ, 化物が, 北口から, 叔母さんが, 名刀を以て, 向側からは, 向側では, 味が, 和煙草を, 商でございます, 四角型で, 多少で, 大きな写真, 太刀の, 太刀を, 奥から, 奥に, 奴道成寺に, 好い職業, 婆さまが, 婆アでございます, 字の, 字は, 學問としては, 安売りを, 小屋へ, 小耳を, 尖へ, 常に, 強煙草, 御剣代々の, 御馳走は, 恋の, 或る, 所まで, 手が, 手は, 手突矢にて, 手記は, 数々の, 文句に, 斎藤と, 方だって, 方は, 木を, 札を, 東海道線鉄橋下で, 枯葦それに, 極細を, 槍鉄砲避け, 様な, 橋には, 正しき, 水に, 決戦とは, 沢山落ち, 洋服扮装の, 洋袴を, 渡し場の, 渡し昔は, 渡で, 渡の, 渡へ, 渡まで, 渡を, 渡口に, 渡場でね, 渡場へ, 満員だ, 澤山落ち, 澤庵で, 火鉢の, 灰, 煙草でない, 牛は, 由答あり, 百両を, 百姓なんぞは, 目的を以て, 端でも, 端に, 箱入りの, 結綿仮, 羊羹と, 義務である, 職人と, 舶来の, 良い冷美, 良い技巧的, 花活を, 苺だい負, 茶の, 茶碗酒で, 葉の, 葱の, 話で, 調を, 諸山から, 謡を, 遺恨に, 金は, 鈍くも, 鋏を, 鍋で, 鏑を, 長い一重目, 長い目, 長い眼, 長い睫, 間から, 間に, 関係の, 関係も, 関係を, 際に, 際小, 青江下坂を, 鞭を, 音に, 香之, 馬鹿, 髢も, 鮭の

▼ 切~ (181, 3.4%)

15 てしまふ 13 てある 7 て行く 6 てあつて 4 かけに, たりし, て来 3 たりした, ちやつた, ている, てしまはう, てしまひました, てそれ, てやる, て落された, て飛ん, 端や 2 かけを, たりする, ちやいかん, てあつた, てしまいました, てやつ, て下さい, て参りませう, て落さう

1 [80件] かけにな, かけは, たかね, たま, たらしい傷, たらしく綱, たらしく麻繩, たりだらだら, たりなどしない, たりまた, たりビール罎, たり一番綺麗, たり刻ん, たり削つ, たり地べた, たり大根, たり天童太郎, たり布團, たり手討, たり投げ, たり枯れ枝, たり柵, たり止め, たり段々, たり滑り, たり突い, たり製本, たり路地, たり額, たり顔, たり馬, たるが, ちやいけません, ちやなら, ちや刀の, ちや食は, てあげる, ていた, ていただき, ています, ておい, てきたさう, てください, てくださいました, てくれず, てくれた, てくれる, てしまはなく, てしまひたい, てそこ, てまし, てます, てみ, てみせる, てみた, てみる, てやがて, てやり, てやりた, てゆく, てるから, て下さる, て切れない, て屡々, て来る, て私, て落される, て行かれ, て頻りに, て飛んだ, 先から, 先に, 先を, 掛けに, 端の, 端は, 端を, 端詰つた思ひ, 端詰つて如何に, 返しが

▼ 切~ (150, 2.8%)

7 つけて 3 握って 2 して, 出しても, 取って, 拾うて, 着て, 集めて

1 [128件] あげた, いたしませぬと, うつむけたよう, お湯ばかりで, かけたり, かぶれば, くづし, くわえて, くわへて, こしらえさして, させて, した, したあと, したの, した松田憲秀, しましたが, しましょうね, するが, するという, つける訳, つけ紫紐, とって, とり出した, にぎって, のせる, はりつけた男, ひっかけた, ひろって, ぴたぴたと指を, もらって, やや硬く, よこした時, 三つ入れた, 三枚許り置き, 上へ, 世間に, 中へ, 付けて, 以つて其土ま, 何に, 何ほどか, 入れたもの, 入れて, 其引纏ふ, 出して, 出すと, 初めて投げ捨てた, 加えて, 受皿へ, 叩きつけたよう, 味噌汁に, 味方に, 咽へ, 喫いはじめた, 喫って, 嘆息せぬ, 四五枚選り出し, 夕餉の, 大谷刑部が, 家の, 封じて, 少し口, 尽して, 巻いて, 待って, 後から, 手本だ, 承知した, 投げつけ彼, 持ちて, 持ち出して, 持って, 振りまわして, 捌いて, 掛けたなり, 掛けたの, 掛けて, 掛し, 探して, 揮っては, 揮つては, 搦ませた, 摘發し, 摺着け, 枝に, 椀に, 極めて居る, 楽屋裏で, 次男左馬助の, 気を, 求めて, 流した風情, 深く掛けた, 混ぜると, 添えて, 渡すの, 無に, 物し侍る, 知らして, 示して, 私方で, 箸で, 約して, 結えた大きな, 縫い合せるもの, 縫ひ附け, 置いて, 聚めて, 聞いては, 聞ちゃ, 被いだり, 被って, 見せたの, 見せられて, 見てくれ給へ, 解いて, 記録に, 貴様に, 追ひ廻すの, 遣せと, 郵便切手みたいに, 音たて, 頂いて, 頭へ, 食うには, 食ふ, 飾つて居る, 魚の

▼ 切~ (118, 2.2%)

25 尖を 6 尖が, 尖に 4 ている 3 尖から, 尖の 2 たって, ていた, てゆく, 尖で, 尖は, 払って

1 [59件] さきで追うよう, さき技, た, たからとて, たぞ, たなと, たまま, たもの, たんでさ, た以上, た博労, た口調, た所, た覚悟, つは, つ切られつした返り血, てあろう, てお, てこの, てしまッ, ても切れない, ても切れぬ, ても切れねえ, てピカリピカリ, て再, て哨戒, て大きな, て座舗, て払った, て放し, て放たない, て来た, て横, て流れ出し, て編ん, て胸, て臆, て誰, て走った, て迫ッ, て飛びかかっ, て飛んだ, 尖, 尖だから, 尖であるから, 尖であるは, 尖と, 尖とを, 尖も, 尖三寸新九郎, 尖下がり, 尖傷, 尖寄るべくも, 尖息, 尖深く, 尖雨, 懸けから, 払い切り落し辛うじて, 立って

▼ 切~ (110, 2.1%)

3 になっ, の口上, の挨拶 2 がある, が多, だと, です, と月並, のもの, のよう, の中, の田舎言葉

1 [83件] から解放, があり, があるいは, がくりかえされる, が一とおり濟むと, が初, が気, が滑稽, さね珍, しか言わなくなっ, だ, だろう, で, であるため, であるとは, であるの, であるよう, でいや, でしかも, で云, で作者, で分りきっ, で書けない, で生易しい, で赤, というもの, とは大分事情, なので, にあてはめ, にしか読めなく, にした, になる, には道徳的, に喜ん, に憧れ, に書かれ, に氏, に触れる, に負け, に陥らず, に陥る, に頼っ, のいいあらわし, のじ, のね, のやう, のドラマツルギイ, の凄み, の処置, の口説, の問題, の嘘, の大阪弁, の小説, の御, の怪談, の感激調, の手段, の教育, の文体, の殻, の演説口調, の社交, の答え, の絵, の表現, の観察, の言葉, の言葉使ひで, の質疑, の通り, は笑, よりもむしろ, をいでず, をくりかえし, をとり澄ました, をわら, を云われました, を守っ, を尊重, を破ろう, を言, を避けたい

▼ 切~ (103, 1.9%)

74 が出 3 が出た 2 がある, がいた, だと, であると, と言っ, なら裏切者, らしく振舞うが

1 [75件] かやう, がいる, がかけた, がその, がひそん, が上がっ, が呂布, が居る, が火, が火の手, じゃありません, だぞ, だっ, だという, だ裏切者, っ, である, であるからに, である彼, です, という疑い, とさえ言われました, としてたちどころに, としてのお, としての厳酷, として指弾, として深, となっ, と云う, と同然, と呶, と思ふ, にしか過ぎない, になっ, になつ, にならない, に対してどんな, に顛落, のこと, のため, のよい, の三浦左衛門尉義村さま, の中, の大野木, の小屋, の小早川殿, の小早川秀秋, の岩形圭吾, の成経, の机博士, の汚名, の秀秋, の豚, の質子ひとり, の金吾中納言秀秋, の顔, は, はこの, は今頃, は相, よりもあの, をそのまま, をひきだし, を中心, を以てしなけれ, を出し, を手, を斬っ, を片, を見出した, を踏みつぶせ, を顧み, ヲ買収シ, 不義士, 高い精神

▼ 切~ (97, 1.8%)

21 して 3 求めて 2 されて, した薩摩芋, 望むところ

1 [67件] いたすとも, お望み, くるんだたけ三寸, されたって, されるほど厭, した, したかりかり, したの, したので, したもの, したやつ, したよう, したらうといふ, したら直ぐ, したり, したろうという, した女, した水芋, した茄子, しっかり腰, しても, しますと, しアク出し, し切り刻んで, するなどという, する工風, せしよと, せんと, そなえるため, たったらいか, ついた, つけたもう, ほぐしたお, 云って, 企望する, 使った彼女, 切りわけ塩, 動く場合, 包んだ上代瓦, 包んだ汚らしい, 塞いだもの, 塩を, 声を, 尋ね問, 居たア, 希望する, 彼の, 恋ひ, 戦って, 文字を, 欲するところ, 求むるもの, 求むるものがあったためで半ばは, 注がる, 當て, 白い顏, 白羽二重の, 空乏, 行われて, 見むことを, 見るあの, 説いたが, 限る, 需めらる, 願うよう, 願ふ, 騒ぎ出した

▼ 切~ (91, 1.7%)

5 がつた 4 貧しきもの 3 ことを, ものが, 情を 2 のを, や悲し, んだ, 心を, 願いを

1 [63件] おもいを以て, かつたさう, かつたら, げにいいし, げにバサバサ, げにミカエラ, げに子供, げに身, げに返事, げに首, さうな目, すすめを, たらたらと, ところの, のさと, のである, のです, ので尤も, もので, ものでなく, んです, んで近頃, ファントムに, 主観的意味を, 人では, 人間の, 個人的自発の, 奴を, 屁の, 希望も, 希望を, 彼等の, 後人の, 御心, 心といふ, 心持, 心持ちを, 忠告なんぞは, 恋が, 情が, 情という, 情に, 態度と, 教示が, 時には, 望みは, 根本義を, 歌を, 気に, 気持の, 注意を, 深い生き方, 点に, 男の, 自己の, 若々しい色彩, 西宮が, 観察は, 関係でも, 願いをば, 願が, 願望は, 鮪を

▼ 切つたの~ (73, 1.4%)

87 である 2 が致命傷, は, もお

1 [52件] え, か, かその, かも知れない, か何, か其姿, があの, がこの, がない, がゐた, が今川義元, が余程, が塩, が惡, が据置, が神原喜作, だぜ, だ女, では, とで行列, と同じ, と燻製, と違つて, には始めて, はお前, はお前さん, はない, は三年前, は五歳, は代, は何處, は信長, は匕首, は博士, は外, は少し, は心得た, は林田, は横井源太郎, は自分, は若い, は鋏, は間違ひも, も上總屋, も刀, やう, よりもまた, をしほ, を呉れました, を癪, を私, を肌身

▼ 切~ (71, 1.3%)

5 というもの 4 の働き 3 であります 2 がない, となる, と申します, のこと, のない, を含み

1 [47件] がある, が比較的, が略され, が省略, でありまして, である, であること, であると, ではない, で分離, ということ, というわけ, という名前, といったところ, として, としてのその, として特に, として用いられる, とはどんな, とみ, と申した, なの, については別に, になっ, になる, に印, の, のある, のうち, のお話, のもの, の一例, の作用, の論, は, は俳句特有, は多く, は季題趣味, は極めて, もなお, も時に, も普通, や手, を使っ, を実例, を必要, を説くなら

▼ 切~ (66, 1.2%)

1 [66件] あつた, お呉ん, お辭儀, きちっと頭, これからも, その後コッチから, それから, それからは, たたいて, なあそれでも, なんでもね, はさみそのうえ, はない, は寂しい, は無, ひらいた, わしも, ボツリボツリと, 三ツの, 且痛い, 五つの, 今夜は, 何れで, 作つた舞台がちやん, 切つて左の, 勤勉であった, 包んだ枕, 叩いたり, 呉れろという, 垂直下に, 変化に, 外には, 女房が, 寝起, 御飯が, 手が, 技を, 掃った, 断念, 此方へ, 歸つても, 死んだ奴, 浅草の, 畢つた, 疵を, 目を, 相変らずた, 砂越しに, 穴の, 突つつい, 第二, 結綿に, 縁を, 美しく目, 胴中を, 脛を, 蔽はれ, 血を, 行くと, 被布の, 親御さんが, 赤, 雪間の, 食事を, 首から, 鬼を

▼ 切~ (66, 1.2%)

1 [66件] から, から今にも, から水, がこちら, がじり, がじりじり, がすこし, がふれた, が向い, が届かず, が山, が彼, が昆虫, が最後, が白, が背中, が胸, が降っ, するどく詰め寄り来る, で突いた, と切, なきはた, に, にか, には云う, には殆, によろめき, に痩せた, に立ちむかっ, に自, に錆, に顳, のよう, の下りた, の欠けた, の鋭い, はガッシ, は僅, は千浪, へ饅頭, までずっと, まで縦, をあげた, をさげた, をそろえ, をつきつけた, をはずさせる, を上, を向けた, を呼吸, を咽喉, を地, を振り廻した, を擬した, を深く, を玄蕃, を當, を立掛け, を膃肭獣, を自分, を違えた, を避け, を除ける, 七八寸クルクルッと, 下りに, 鋭く一文字

▼ 切~ (65, 1.2%)

8 して 2 ある, ほつれかかつたの, 出て, 鳴いて

1 [49件] ありません, あるいはすなわち総, えらかもん, おっくうな, かしましく啼い, かわるがわる鳴き, くるくると, した, しては, しねえと, するが, するの, ついて, つくお, つくと, ひらり, ふっくりした, また白い, まだ残っ, むきだしに, よくむしろ, よく何, 三つばかり, 丸く白い笠, 今度は, 付いて, 保存せられ, 出るといふ, 口やかましく終日, 存し, 少しくあった, 巧みに, 市井を, 忘れて, 怖かつ, 懸って, 数羽飛び立ち, 新らた, 次第に薄く, 正直でも, 無責任で, 目の, 縺れ合って, 能うが, 解けて, 起った, 越前守の, 附着し, 鳴きアベック

▼ 切明け~ (63, 1.2%)

16 の跡 5 がある 3 はある, を辿っ 2 が通っ, を辿り

1 [32件] あり岩石露出登攀反, あること, があっ, が匍, が無い, が続い, が鶏冠谷, ではある, で立派, とに導かれ, に出た, に出る, の不明, の幅, の方, の有無, の杭, の通じ, は其山, は子酉川, は幅九尺以上, は椈倉峠, は頂上直下, もある, もよく, を力, を北, を少し, を見付け, を造らなかった, を頂上, を頼り

▼ 切ッ先~ (55, 1.0%)

2 きを

1 [53件] からよろよろ, からヒラリ, がかすっ, がすぐ, がすこし, がヨハン, が二三寸大地, が二十本あまり, が二寸, が戦いだ, するどく薙ぎつける, であった, にあたって御池十郎左衛門, にかけまわされ, にさし, にはおよそ, には手ごたえ, にまねき寄せられ, に乱れたつ, に五体蜂の巣, に当っ, に手の甲, に秘術, に触れ, の余勢, の加減, の寸伸び, の行方, の雨, はいつか, はその, はななめ, は届かない, は鉄装, へきれい, へザ, まで緩やか, も敵, も烈しく, よりするどい, を, をかわし, をさける, をそこ, をとばした, をよッくみ, を向けなおし, を向けよう, を岩, を拳, を揃えた, を跳びのく, を避け

▼ 切~ (50, 0.9%)

1 [50件] いい心あたり, いらっしゃったの, お久美さん, お休, こうやっ, だが, ではございます, に頭脳したたか, に頭腦, のもの, のろのろと, の不, の伊太利, の値打, の卒業生, の大, の大槻さん, の大群, の姫, の廓, の御, の戦利品, の施物, の旨い, の甲賀氏, の発明, の自, の言証, の邂逅, の鰯, 云って, 出かけたのに, 出して, 同時代, 尋ねに, 待って, 戴いたの, 来たの, 来て, 来られるプリンス, 気持ちよくさつき, 白くし, 稼ぐん, 腹一杯つめ込ん, 行っても, 被って, 見附けて, 親しく物, 運ばせた事, 飼うのに

▼ 切~ (48, 0.9%)

2 ては優しい, て廣小路, て自分

1 [42件] たる御, てその, てと取らへる, てはあはれ, てはお, ては世間並, ては夢, ては妻戸, ては対等, ては父母兄弟, ては笑, てもと, てもの仕合せ, てもの償ひと, てもの心, てもの心やり, てもの有り難, てもの満足, てもの顔馴染, て一日, て一月, て一杯召上, て一筆, て勧めける, て史蹟名勝, て子供, て小梅, て山本伯, て広小路, て慌しく, て懐しく, て戸頭, て手紙, て是, て此, て精神的事業, て花魁, て荒尾, て血, て金, て髪結, の驚き

▼ 切~ (47, 0.9%)

4 な問題 2 な心, な畫因, な胸

1 [37件] でない眞摯, では, なそして, なもの, なる交渉, なる志, なる程度, なる自己内心, な不, な人生, な人間生活, な愛, な文學, な最も, な自, な興味, にそれ, になつて來, に一つ, に信じ得ない, に刺戟, に味, に妻, に忍ぶ, に思ひ浮べる, に感じ, に感じる, に書かれた, に正, に生きたらしい, に社會, に私, に考へた, に語つて, に體驗, の姿, の處

▼ 切~ (45, 0.8%)

1 [45件] いたの, いたので, いるに, さうと, しまった, しまった自分自身, それで, ほとんど呼吸, まわりながら, 云ふ, 今の, 今一日早かっ, 今度は, 仏の, 仕舞ったその後, 出れば, 切れざる関係, 切れざる關係, 切れられざる関係, 切れられざる關係, 口を, 夫れ, 将官が, 居た, 居ても, 居りますが, 居るから, 居る新, 布巾で, 心さびしき, 捨迷わぬ, 擧げて, 放して, 用ふるなり, 盗坊の, 結い付けて, 置きたいと, 苦難て, 落しましたが, 落すと, 行く忙し, 読み下すと, 金子の, 陰ながらでも, 頂くは

▼ 切~ (44, 0.8%)

3 なって

1 [41件] いって, いつたら往時, いふと, お茶を, この猪口, す, する, つて研究の, なったので, なのった, なるの, りつ, 云うと, 云う二等, 云ったら泣いた事, 云なるべし, 云は, 他歴切との, 伴って, 冴える反, 出たところ, 割竹とを, 卯八の, 太つて幾日も, 少くな, 思へかし, 成つたので, 故郷を, 淋しく成つて, 減て, 為りしなり, 玉葱と, 申します, 白く見え, 相成り候間, 稱する, 胡麻塩と, 茶器に, 衰へ, 近代では, 青みを

▼ 切~ (42, 0.8%)

2 を出し, を渡し, を請求

1 [36件] うけとりに, かい, だと, だの慰藉料, としてお, として千円, と堕胎料, と言, なんて程澤山, につき, に親子, の一部, の五十両, の問題, の調達, の請求, までまきあげた, まで出す, も主人, らしく思はれなかつた, をあたえ, をくれる, をせがむ, をたんまり, をとられた, をまきあげられ, を下賜, を千兩, を強請, を持たせ, を持参, を用意, を貰つた, を遣つた, を遣つたさうだ, を頂い

▼ 切~ (33, 0.6%)

14 して 4 をし, をなし 3 した 1 したところ, したものの, に堪えない, のお, はした, りを, をすれ, 詰った時

▼ 切~ (30, 0.6%)

62 で, にせよ, のかすか, の主人公, の物語, を書い

1 [12件] お宿, だ, の, のおもい, のお伽草子類, のお爺さん, のはなし, のやう, の噺, の悪党爺, の話, の遊戯

▼ 切~ (28, 0.5%)

2 のもの, の口上

1 [24件] だ, であろう位, ですが, で仕事, とは思われぬ, とは無論, なの, に左右, のおじさん, のまくら, のやう, のよう, の一言, の怪談, の悽文句, の文句, の無沙汰見舞, の習慣, の露, は見られぬ, をば一々, を並べる, を設け, を離れた

▼ 切庖丁~ (24, 0.5%)

2 を取出し

1 [22件] がさまで, が一梃, でどうして, で截, との間, と安い, と魚, などが燦爛, のよう, の一件, は五度, をとい, を一本手, を一梃, を一生懸命, を下し, を二本腰, を売った, を拔, を持ち, を捻, を握った

▼ 切~ (23, 0.4%)

1 [23件] あきらかに, いつもひどく大きく, おろか却って, こうとか, そうで, どう考え, どう考へ, なされて, ミキレで, 刀を, 判って, 国王の, 大拍手, 小さな店, 少し持ち過ぎ, 急の, 新しい反物, 昔は, 正に其の, 水滴や, 私の, 藤づるで鞘が, 越せません

▼ 切~ (23, 0.4%)

11 の眼

1 [12件] で涼しく, なひと皮眼, な三白眼, な眼, な細い, な魅惑そのもの, のおちついた, のその, の涼しい, の眼尻, の黒い, の黒瞳

▼ 切~ (21, 0.4%)

1 [21件] いとよし, がよ, が変らんじゃった, に覚え, の可, の微妙さ, の鋭さ, の非常, や錵, よきことしば, をうんと, をお, を厚く, を彼, を手の平, を持つ, を示し, を見せた, を験し, ヲ試サンガ為ニ, 劣るごとく神

▼ 切~ (21, 0.4%)

2 に浸し

1 [19件] が実に, が落ち, だの, ですが, で張っ, で漉し, で漉したです, とチベット鍋, にて製したる, に包ん, の裂いた, をかぶった, を吊した, を四角, を張り, を覆った, を赤烏帽子, を頭, を首

▼ 切~ (21, 0.4%)

3 きを

1 [18件] いた壁, いた穴, いた紙, から轉寫, かれ其處, きと, きとを, きにか, きの, きやして, けて來, けない, けると, けるの, け歐米人, によつたの, の誌面, を友だち

▼ 切~ (20, 0.4%)

2 というの

1 [18件] がどう, です, でわたし, で拾った, で転ん, で転んだ, で鼻緒, なん, のあたり, の上, の下, の名, の文字, の途中, はそんなに, はホン, を上っ, を登っ

▼ 切~ (19, 0.4%)

4 の叔母さん 3 のおし

1 [12件] から金重, だが, でハア小, と云ってる, と申す, にいる, にし, に帰りました, に私, の丈, の実家, へ持っ

▼ 切~ (18, 0.3%)

2 して

1 [16件] されたの, されたは, されて, されると, されるに, し, した, したばかりの, したり, した人々, しない, し一, し道路, すべく餘儀, するやう, せし處

▼ 切燈台~ (17, 0.3%)

3 の灯 2 の壮, の油, の燈 1 が豆, にする, になった, の台, の役, の燈芯, の用, は女

▼ 切~ (15, 0.3%)

2 よ, 魚の

1 [11件] からな, からなア, から他, が, といふ米国, とって書附, と云いたい, と思います, と考える, よ火絮, ッ

▼ 切~ (14, 0.3%)

1 [14件] あり何者, があり, がともに, が加えられる, が死因, その他, だった, のある, のよう, の目的, は切創, をうけ, を入れ, を附けたる

▼ 切~ (13, 0.2%)

1 [13件] かからぬ膚, できないでしょう, どこかで, 一緒に, 乱る, 同じ事, 大したもの, 手傳ひ, 手當も, 沙魚の, 落っこってたなあ, 観山氏の, 鳴けば

▼ 切~ (13, 0.2%)

2 に向っ

1 [11件] でま, で処刑, のむこう, のよう, の中, の近く, は円形, は知, へ推上, まで下される, ノ殺される

▼ 切~ (13, 0.2%)

2 が, をたて 1 が耳, が聞こえ, で, で叫んだ, で叱り附けた, といふもの, にわめき, をあげ, を憎

▼ 切でも~ (12, 0.2%)

1 [12件] い, された様, 一里の, 何でも, 倒すよう, 昇には, 生かして, 皆唐以前の, 紙屑でも, 落して, 起ったの, 進ぜたらどう

▼ 切なり~ (12, 0.2%)

2 とする, 世に一種, 之れ 1 しかを, と謂, と雖, 乃ち之に, 心着なり, 蕎麦麪を

▼ 切抜い~ (12, 0.2%)

1 [12件] たり重ね, てそのまま, てそれ, て保存, て妻, て帳面, て形, て持っ, て正味, て水門, て貼付けた, て貼附けた

▼ 切落し~ (12, 0.2%)

1 [12件] てしまいました, てしまえ, て仕舞いました, て戦った, て楽, て生々しい, て罪, て見せる, て非道, 両腕, 惣蔵更に, 鏡よ

▼ 切つて了~ (11, 0.2%)

1 [11件] うてたらよ, はない, はね, ふ, ふと云, ふと待つ, ふと折角, ふと言, ふの, ふので, ふ必要

▼ 切つて來~ (11, 0.2%)

2 た, たの, ては藕絲 1 て仕事, て呉れる, て女, て水鐵砲, ました

▼ 切~ (11, 0.2%)

5 の駕籠 1 などが折れる, にし, に乗り, に父, は実際, は駕籠

▼ 切禿~ (11, 0.2%)

1 [11件] であった, で兎, で白い, にし, にて前, に似, の可愛らしい, の女の子, の女童, の少女, の髪

▼ 切~ (11, 0.2%)

2 の形 1 から一筋, が明いてる, に没す, のわき, の口, の所, より立顕, をつくった, を捜

▼ 切~ (11, 0.2%)

1 [11件] が迷った, の, のコップ, の枠, はここ, はやはり, はやはり単に, を提げ, を結びつけたる, 共々精霊, 賣の

▼ 切~ (10, 0.2%)

2 もので 1 かと思え, と云う, には違い, のだ, まま口を, やうに, 豆腐の, 鳥の

▼ 切殺し~ (10, 0.2%)

1 て二つ, て仕舞った, て口, て後, て見, て逃げた, て逃げる, て進ぜる, 井戸の, 太左衞門も

▼ 切~ (10, 0.2%)

2 して 1 が出, したため, する, にかまけ, について彼, は万事妾, や人, を致し

▼ 切~ (10, 0.2%)

1 があっ, があり, が読まれた, して, と見てくれ, にいわく, には, は, はなかっ, は従来

▼ 切なら~ (9, 0.2%)

4 ざるを 21 ばどうして, ば恐れる, む

▼ 切~ (9, 0.2%)

2 は陸橋 1 が, で囲んだ, で石川兵助, にしかるべき, の上と下, の露出, や旅館

▼ 切~ (9, 0.2%)

1 か刃物, で一ぱい, の刃, の山, の皿, は仮令, は危, を外部, を持つた

▼ 切~ (9, 0.2%)

2 の手紙 1 した, したる素より宜, と愛着, になっ, をした, を試みよう, を重ねた

▼ 切~ (8, 0.2%)

2 あの又 1 えを, けんどん, ゴカイの, 七切食っ, 四片載せ, 頬張った

▼ 切つて仕舞~ (8, 0.2%)

2 へあきらめ, へ思ひ切 1 つた, ふと尻, ふの, ふわけ

▼ 切利支丹~ (8, 0.2%)

1 お蝶, にし, に勧められ罷り成り, の儀, の教え, の文句, の百牲原, を鬼理志丹

▼ 切~ (8, 0.2%)

1 があります, とを合せ, に引合せ, は得た, は薄い, を懐中, を皆, を隠した

▼ 切籠燈籠~ (8, 0.2%)

2 である 1 なりを立てた, に行き, のあの, の吊される, の如き, の類

▼ 切藤五~ (8, 0.2%)

1 が執, が馬, であったに, と羽鳥八郎太, はきょろきょろ, はどこ, も狼狽, も考えた

▼ 切~ (8, 0.2%)

2 を手 1 であり一つ, できれい, で切, は怖, をお母さん, を枕元

▼ 切~ (8, 0.2%)

2 なし 1 した, して, し罵詈, するのみ, する若者, をなし

▼ 切つて云~ (7, 0.1%)

2 つた 1 つて, ひました, ひ出せし詞, ふやう, へた

▼ 切つ尖~ (7, 0.1%)

1 が拔, が達し, に少し, は間違ひも, も燒刄, を自分, を除け

▼ 切です~ (7, 0.1%)

1 が二十日, が続け, けれど周囲, では又, とお, ね, まして置く

▼ 切なかつた~ (7, 0.1%)

1 が後日爆撃, ことで, ことも, と私, のかねえ, のだ, 恋心が

▼ 切なれ~ (7, 0.1%)

1 ども吾心, ども心, ども誰, ばこの, ばなり, ばやむをえず, ば樹上

▼ 切上等~ (7, 0.1%)

1 の一等品, の岡持, の懷中煙草入れ, の晴着, の葉巻, の風采, の飾

▼ 切~ (7, 0.1%)

2 や時鳥 1 かなんか, か何, に乗り込む, の詮議, は

▼ 切絵図~ (7, 0.1%)

1 には千駄ヶ谷, には金剛寺, にも渋谷, に載せ, はふところ, を調べ, を開き見れ

▼ 切から~ (6, 0.1%)

2 人殺しまで 1 出た言葉, 参りましたが, 新口村などで, 私は

▼ 切した~ (6, 0.1%)

1 が急, 口調で, 心理的の, 態度を, 方角へ, 衣の

▼ 切である~ (6, 0.1%)

1 かいかに, からまず, から憲秀新六郎, がこの, という, のを

▼ 切という~ (6, 0.1%)

2 のが 1 ことが, フォックス, 刑が, 鶏の

▼ 切~ (6, 0.1%)

1 村の, 爪の, 紙や, 菜っ葉の, 薪を, 貝殻で

▼ 切ッさき~ (6, 0.1%)

1 からとん, があやま, が垂れ, と忍剣, をまず, を持ちあげ

▼ 切~ (6, 0.1%)

1 て来た, でさ, というの, の信親, を持たされる, 丸刀間透などを

▼ 切~ (6, 0.1%)

1 にゃあ, に帰りました, の前, は茶番, を語, を語ろう

▼ 切山椒~ (6, 0.1%)

1 で焦茶色, などがあつ, は飯櫃, を売りはじめます, を買っ, を饗

▼ 切抜いた~ (6, 0.1%)

2 ように 1 かと思いました, 小さな写真, 白紙を, 紙型を

▼ 切波千寿~ (6, 0.1%)

1 であった, のおさん, の方, は一座, は天性, は急

▼ 切~ (6, 0.1%)

1 で冷し, などが十, の中, は適当, を大海, を持っ

▼ 切~ (6, 0.1%)

1 にはいつも, の側, の火, の膠鍋, をへだて, を囲ん

▼ 切~ (6, 0.1%)

1 をいただい, を取っ, を引換え, を書, を書い, を書いた

▼ 切立て~ (6, 0.1%)

1 だったら宗吉, で危い, の巌, の巌一枚, の樹, をし

▼ 切~ (6, 0.1%)

2 を実物 1 とはなった, にし, に止まった, の板

▼ 切~ (6, 0.1%)

2 の女 1 かくる, が首筋, に波打たせ, のお

▼ 切~ (5, 0.1%)

1 その方, ている, て蓼葉酢, 其の方, 気を

▼ 切つた人~ (5, 0.1%)

2 がある 1 が俯向き, とはどうしても, のやう

▼ 切るる~ (5, 0.1%)

1 かと胸, か切, ごと, と床几, 時ハッ

▼ 切~ (5, 0.1%)

1 として又は, にし, のお婆さん, の女, の御

▼ 切創一箇所~ (5, 0.1%)

1 深さ四寸, 長さ一寸, 長さ一寸五分, 長さ三寸, 長さ二寸

▼ 切~ (5, 0.1%)

1 だと, とか何とか, ばかりが眼, を付した, を買取っ

▼ 切捨御免~ (5, 0.1%)

1 が出来る, が癪, になります, のこと, を許され

▼ 切~ (5, 0.1%)

1 が与へられる, が出来, にし, に瞭然, を合図

▼ 切棒駕籠~ (5, 0.1%)

1 だけは残し, である, に乗り, は一挺, もこの

▼ 切歯する~ (5, 0.1%)

1 ことが, のが, のみ, のを, 所は

▼ 切~ (5, 0.1%)

2 の皮 1 が捨て, の節, を持っ

▼ 切落された~ (5, 0.1%)

2 柱に 1 ような, 二つの, 壁を

▼ 切蜻蛉~ (5, 0.1%)

2 のやう 1 にし, になりました, のまま

▼ 切~ (5, 0.1%)

1 が上, との角, と出会ってる, は陰気, を切り取り

▼ 切つたら~ (4, 0.1%)

2 すぐ死ねるだらう 1 二た, 此場で

▼ 切つた顔~ (4, 0.1%)

1 して, でかたわら, をうつむけ, をし

▼ 切つてしま~ (4, 0.1%)

1 はうかと, へ, へあきらめ, へ思ひ切

▼ 切つてしまつて~ (4, 0.1%)

1 はまじめ, は其, ゐた, 居たの

▼ 切つて口~ (4, 0.1%)

1 の長い, を切, を捜し, を開いた

▼ 切つて尼~ (4, 0.1%)

4 そぎに

▼ 切つて船~ (4, 0.1%)

1 に作りました, に戻る, の如く, の茶店

▼ 切つて言~ (4, 0.1%)

1 つた, ひました, ふの, へない

▼ 切とは~ (4, 0.1%)

1 おばさんの, 一銭をも, 決して放れない, 行かぬが

▼ 切~ (4, 0.1%)

3 おしの 1 おしを

▼ 切はし~ (4, 0.1%)

1 だけでも我慢, の一すじ, をお, をせ

▼ 切まで~ (4, 0.1%)

1 しつぽ, 働いた奴, 御足労を, 露わさ

▼ 切~ (4, 0.1%)

1 て, てらア, て白粉, 削いだやう

▼ 切~ (4, 0.1%)

1 こそ大事, を取っ, を取り損じ, 腐リテ

▼ 切~ (4, 0.1%)

1 がつた, がつた娘, てくれ, なさら

▼ 切仁左衛門~ (4, 0.1%)

1 が大岡越前守, が香具師姿, に相違, もそれ

▼ 切~ (4, 0.1%)

1 のつひ, の一件, の夕, 走る河原かな

▼ 切~ (4, 0.1%)

2 して 1 纒に, 纒の

▼ 切~ (4, 0.1%)

1 という, というもの, にしく, になります

▼ 切役人~ (4, 0.1%)

1 が住ん, が大刀, はいいました, は松葉杖

▼ 切~ (4, 0.1%)

1 と涙, に殉ぜん, は梅子さん, をも時に多少

▼ 切放れ~ (4, 0.1%)

2 よく向 1 の好い, も出来ず

▼ 切殺され~ (4, 0.1%)

1 ていた, て助かった, て廊下, て明日法事

▼ 切籠燈~ (4, 0.1%)

1 に対する寺, のかわり, の就中, をツイ

▼ 切~ (4, 0.1%)

1 のやう, を元, を戻せ, 即ち共

▼ 切長く~ (4, 0.1%)

4 ます

▼ 切~ (4, 0.1%)

2 に髯茫々 1 も流行っ, を引

▼ 切かは~ (3, 0.1%)

3 知らねど

▼ 切つたお~ (3, 0.1%)

1 北が, 妾が, 銀さんには

▼ 切つた彼~ (3, 0.1%)

1 のため, の動物, の心

▼ 切つた所~ (3, 0.1%)

2 がある 1 でふり

▼ 切つた手~ (3, 0.1%)

1 が勘次, に銚子, を振り離し

▼ 切つた石~ (3, 0.1%)

1 の列, の熱, を建て

▼ 切つち~ (3, 0.1%)

2 まふ 1 まあぞ

▼ 切つてそれ~ (3, 0.1%)

1 だけでお, に禿筆, はひどい

▼ 切つて声~ (3, 0.1%)

3 をかけた

▼ 切つて外~ (3, 0.1%)

1 に出, に出る, へ出かけた

▼ 切つて歸~ (3, 0.1%)

1 つて, りませう歸, る事

▼ 切つて申~ (3, 0.1%)

1 上げます, 上げませう, 上げませう先年高崎

▼ 切つて貰~ (3, 0.1%)

1 つた, ひたいな, ひ一杯

▼ 切ては~ (3, 0.1%)

1 楽を, 此の, 相見

▼ 切ても~ (3, 0.1%)

1 だ, 人参や, 頭と

▼ 切であった~ (3, 0.1%)

1 から法然, がそれ, ことを

▼ 切として~ (3, 0.1%)

1 打つには, 食べた方, 食べること

▼ 切とんぼ~ (3, 0.1%)

1 に打切られ, に終っ, のお

▼ 切ながっ~ (3, 0.1%)

2 てばたばた 1 てくれるだろう

▼ 切のうござん~ (3, 0.1%)

2 すか 1

▼ 切上った~ (3, 0.1%)

1 白色で, 眦に, 鋭い目

▼ 切下髪~ (3, 0.1%)

1 にはたった今, に頭巾, を動

▼ 切入らつ~ (3, 0.1%)

3 しやらない

▼ 切出小刀~ (3, 0.1%)

1 で腹, を一挺, を掴ん

▼ 切~ (3, 0.1%)

1 で大切先, を抜き, 詰まった今日

▼ 切利支丹伴天連~ (3, 0.1%)

2 の法 1 の魔法使い

▼ 切~ (3, 0.1%)

1 すれば, に貝殻, の中止歎願

▼ 切~ (3, 0.1%)

1 が始まった, でも始めれ, を致す

▼ 切売り~ (3, 0.1%)

1 をし, を見物, 果物屋の

▼ 切売りし~ (3, 0.1%)

1 たりする, たりその, て衣食

▼ 切~ (3, 0.1%)

1 掴の, 満員, 満員である

▼ 切~ (3, 0.1%)

1 致し候者, 致し右死体, 被致候段

▼ 切~ (3, 0.1%)

1 の車輪模様, を作っ, 模様の

▼ 切嵌め~ (3, 0.1%)

1 に埋め, の処, の障子

▼ 切新道~ (3, 0.1%)

1 と石, よりは広い, をゆく

▼ 切~ (3, 0.1%)

1 だった, とを彼, を地

▼ 切~ (3, 0.1%)

2 がある 1 のもの

▼ 切瑳琢磨~ (3, 0.1%)

1 と云, と子弟, も一敗地

▼ 切立てた~ (3, 0.1%)

1 やうな, ような, ように

▼ 切~ (3, 0.1%)

2 の草鞋 1 でもお

▼ 切舞台~ (3, 0.1%)

2 には閻魔 1 で閻魔

▼ 切落した~ (3, 0.1%)

1 ところが, ように, 娘の

▼ 切~ (3, 0.1%)

1 を与え, を交えぬ, を蒔い

▼ 切解き~ (3, 0.1%)

1 が明治五年, で, と申し

▼ 切込砂利~ (3, 0.1%)

1 になっ, に石英粗面岩, を入れ

▼ 切あげ~ (2, 0.0%)

1 て店, て戻っ

▼ 切ごえ~ (2, 0.0%)

1 を振り上げる, を聴かせる

▼ 切しか~ (2, 0.0%)

1 ないもの, 持つちや來

▼ 切たべ~ (2, 0.0%)

2 てよした

▼ 切たる~ (2, 0.0%)

1 事を, 後に

▼ 切~ (2, 0.0%)

1 やきかねえ, やそれ

▼ 切つたつ~ (2, 0.0%)

1 て, て納まる

▼ 切つた先~ (2, 0.0%)

1 の方, の端

▼ 切つた声~ (2, 0.0%)

1 がきこえ, で

▼ 切つた奴~ (2, 0.0%)

1 がある, に裏

▼ 切つた室~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 切つた形~ (2, 0.0%)

1 に捏ね上げた, の紙本

▼ 切つた心~ (2, 0.0%)

1 になつて家, を温められ

▼ 切つた生活~ (2, 0.0%)

1 がたとへば, も私

▼ 切つた目~ (2, 0.0%)

1 の中, を閉ぢ

▼ 切つた者~ (2, 0.0%)

1 がある, に心得

▼ 切つた話~ (2, 0.0%)

1 で, で努力

▼ 切つた誇張~ (2, 0.0%)

1 の言葉, や濃い

▼ 切つた風~ (2, 0.0%)

1 でインバネス, のない

▼ 切つてお婆さん~ (2, 0.0%)

2 は退却

▼ 切つてしまつたの~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 切つてそつ~ (2, 0.0%)

1 とお, と訊い

▼ 切つてボンヤリ~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 切つて一つ~ (2, 0.0%)

1 大きな伸び, 振ると

▼ 切つて下~ (2, 0.0%)

1 へ落す, へ落ちた

▼ 切つて二杯酢~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 切つて以來~ (2, 0.0%)

1 だ, の女難

▼ 切つて先~ (2, 0.0%)

2 へ出る

▼ 切つて先づ源太郎~ (2, 0.0%)

1 に献, に獻

▼ 切つて勘當~ (2, 0.0%)

1 され二十五, の上

▼ 切つて品~ (2, 0.0%)

2 好く派手

▼ 切つて妻~ (2, 0.0%)

1 に与, に云

▼ 切つて姉樣~ (2, 0.0%)

1 のお, の製造

▼ 切つて左~ (2, 0.0%)

1 の人差指, の手

▼ 切つて後~ (2, 0.0%)

1 に引返した, を追

▼ 切つて御覧~ (2, 0.0%)

1 なさいそれ, に入れます

▼ 切つて悠暢~ (2, 0.0%)

2 と身延

▼ 切つて戰爭~ (2, 0.0%)

1 を咀, を咀つて

▼ 切つて手~ (2, 0.0%)

1 に持つた, 離しましたよ

▼ 切つて掛~ (2, 0.0%)

2 かつた

▼ 切つて此方~ (2, 0.0%)

1 から聲, に駈け出した

▼ 切つて歸つて來~ (2, 0.0%)

2

▼ 切つて用~ (2, 0.0%)

1 ゐる, を足した

▼ 切つて申譯~ (2, 0.0%)

1 だけはしよう, をする

▼ 切つて矢~ (2, 0.0%)

1 のやう, を飛ばした

▼ 切つて砂糖~ (2, 0.0%)

2 をかけ

▼ 切つて自分~ (2, 0.0%)

1 で認めた, の部屋

▼ 切つて自己~ (2, 0.0%)

2 の所信

▼ 切つて自由~ (2, 0.0%)

1 な自己, に為

▼ 切つて詫~ (2, 0.0%)

2 を入れ

▼ 切つて遠慮~ (2, 0.0%)

2 もなく

▼ 切つて頭~ (2, 0.0%)

1 を垂れ, を掉

▼ 切つて首~ (2, 0.0%)

1 の鈴, をかしげた

▼ 切つ放し~ (2, 0.0%)

1 で物, で第

▼ 切てもの~ (2, 0.0%)

1 心床し, 心遣りに

▼ 切といふ~ (2, 0.0%)

1 のが, 事を

▼ 切とか~ (2, 0.0%)

1 瓜の, 砂利とかを

▼ 切との~ (2, 0.0%)

1 事に, 二音が

▼ 切とを~ (2, 0.0%)

1 残して, 社壇へ

▼ 切なげ~ (2, 0.0%)

1 ないかにも, なひびき

▼ 切ならざる~ (2, 0.0%)

1 かあるいは, もので

▼ 切なりけれ~ (2, 0.0%)

1 ば佐太郎, ば追慕

▼ 切なりし~ (2, 0.0%)

1 こと此時に, なり

▼ 切なるや~ (2, 0.0%)

2 も知る

▼ 切なる希い~ (2, 0.0%)

1 とに充たされ, をき

▼ 切には~ (2, 0.0%)

1 ぜひとも水盤, 将監に

▼ 切にも~ (2, 0.0%)

1 断ち剪つて落葉, 菊之助のみは

▼ 切ねえ~ (2, 0.0%)

1 か, んで助け

▼ 切~ (2, 0.0%)

2 詰った思い

▼ 切~ (2, 0.0%)

1 行って, 遣って

▼ 切もの~ (2, 0.0%)

1 に御, を持出す

▼ 切~ (2, 0.0%)

2 なせえ

▼ 切ッかけ~ (2, 0.0%)

1 にあらたまっ, に富裕

▼ 切ッ先三寸~ (2, 0.0%)

1 のさき, のところ

▼ 切云っ~ (2, 0.0%)

1 てくれない, て涙

▼ 切人殺し~ (2, 0.0%)

2 までやる

▼ 切付本~ (2, 0.0%)

1 の作者, の草稿

▼ 切倒し~ (2, 0.0%)

1 てある, ていた

▼ 切~ (2, 0.0%)

1 を尽くしたる, を盡くしたる

▼ 切利支丹一揆~ (2, 0.0%)

1 の乱, の総帥

▼ 切利支丹宗~ (2, 0.0%)

1 の儀相, の帰依者

▼ 切刻ん~ (2, 0.0%)

1 だり穴, で切り

▼ 切~ (2, 0.0%)

1 であった, のとどかぬ

▼ 切包丁~ (2, 0.0%)

1 の鈍い, をぶらさげ

▼ 切半纏~ (2, 0.0%)

1 に野暮, を着た

▼ 切~ (2, 0.0%)

1 などの工作機械, は向こう

▼ 切~ (2, 0.0%)

1 に, に行く

▼ 切塞いだ~ (2, 0.0%)

2 かと驚かれる

▼ 切~ (2, 0.0%)

1 で跣足, を出した

▼ 切売りする~ (2, 0.0%)

1 ように, 女この

▼ 切字同様~ (2, 0.0%)

1 に変わった, の働き

▼ 切少女~ (2, 0.0%)

1 などと一々, などと通行者

▼ 切尖で~ (2, 0.0%)

1 この六部, ずぶりとそこ

▼ 切~ (2, 0.0%)

1 で古典二冊二十銭, のお

▼ 切~ (2, 0.0%)

1 が十番, に上つて閉

▼ 切~ (2, 0.0%)

1 へられ, へ朝廷

▼ 切従えた~ (2, 0.0%)

1 のだ, 時吟じた

▼ 切~ (2, 0.0%)

2

▼ 切懸だつた~ (2, 0.0%)

2 んだ

▼ 切~ (2, 0.0%)

1 された三角石, したよう

▼ 切拔けた~ (2, 0.0%)

1 かういふ問題, か自分自身

▼ 切~ (2, 0.0%)

1 くれんと, たまぶた

▼ 切揚げ~ (2, 0.0%)

1 て車, などの速い

▼ 切文書~ (2, 0.0%)

1 を受けとった, を発し

▼ 切昆布~ (2, 0.0%)

1 と鹿尾菜, の佃煮

▼ 切~ (2, 0.0%)

1 かけた白鞘, をかけた

▼ 切歯痛憤~ (2, 0.0%)

1 するも, 言うべき言葉

▼ 切歯瞑目~ (2, 0.0%)

2 せられたり

▼ 切残し~ (2, 0.0%)

2 てある

▼ 切殺される~ (2, 0.0%)

1 は知れ, 時きゃ

▼ 切~ (2, 0.0%)

1 の側, の火

▼ 切~ (2, 0.0%)

1 か蝋細工, つまった場合

▼ 切~ (2, 0.0%)

1 な態度, を射る

▼ 切短冊~ (2, 0.0%)

1 へした, へ認める

▼ 切~ (2, 0.0%)

1 てこの, 詰つて止む

▼ 切破り~ (2, 0.0%)

1 格子を, 足にて

▼ 切~ (2, 0.0%)

1 の區別, を集めさせ

▼ 切籠形~ (2, 0.0%)

2 の燈籠

▼ 切籠硝子~ (2, 0.0%)

1 の大, の皿

▼ 切組格~ (2, 0.0%)

1 という段式, となり

▼ 切~ (2, 0.0%)

1 けよう, ける口

▼ 切~ (2, 0.0%)

1 の白い, の褌

▼ 切草履~ (2, 0.0%)

1 に踵, を突っ

▼ 切落され~ (2, 0.0%)

1 て冷たく, て切口

▼ 切落す~ (2, 0.0%)

1 と腕, も亦

▼ 切~ (2, 0.0%)

1 に, は

▼ 切袢纒~ (2, 0.0%)

2 に淺黄

▼ 切~ (2, 0.0%)

2 をはい

▼ 切補助~ (2, 0.0%)

1 が出, も出切り

▼ 切角自分~ (2, 0.0%)

1 の持っ, も思っ

▼ 切~ (2, 0.0%)

1 つたやう, へた

▼ 切酒一杯買~ (2, 0.0%)

2 ふだア

▼ 切金の~ (2, 0.0%)

1 だん, と言

▼ 切~ (2, 0.0%)

2 の折

▼ 切雀瘤~ (2, 0.0%)

2 取り浦島さん

▼ 切~ (2, 0.0%)

1 でいる, の人

▼1* [948件]

あるわ, 切うどん小川屋と書い, 切お前の処, 切かけの肉, 切かね私は, 切ぐらいのに卒業証書の, 切こぼれるようだ, 切こまざいた血の池の中, 切ゑと, 切に堪へられず, 切さえあれば, 切さえも最早私, 切される上に, 切さんによく, 切しなくっちゃ私, 切じゃないか, 切すずめの話, 切するが如く, 切ずしを盛つた皿, 切ずるめ羊羹ひと通り揃ってるもん, 切っ, 切たての脊広, 切たふされて今, 切だけについて見ても, 切だったにちがい, 切だったろうかそれとも, 切だつたらうか其, 切だらけで, 切つけてある, 切つたあたりの空氣, 切つたさうやの, 切つたささやかな空間, 切つたさまや草, 切つたのさ解り切つたことぢ, 切つたの腕を片方外科場, 切つたらしいのが, 切つたる容子に, 切つたわよ, 切つた三畳は矢張, 切つた上人間離れのした, 切つた上安倍の御家, 切つた上疊に突, 切つた上肺まで刺した, 切つた上茣蓙に包ん, 切つた不安な空氣, 切つた事もあつ, 切つた事ぢやない, 切つた俺の神経, 切つた優遇である, 切つた兄のところ, 切つた処がある, 切つた刄物の切れ味, 切つた判断を自分, 切つた勉強を始め, 切つた動作の裏, 切つた十九の肉體, 切つた十八九の娘, 切つた失敗をやつ, 切つた女の片腕, 切つた宿直の番, 切つた山柿が鈴なり, 切つた往生を遂げ, 切つた批評家がある, 切つた捜査が真犯人, 切つた改新であるから, 切つた断定を嘉納, 切つた時卒數萬人を發, 切つた末とうとうもう一度買, 切つた東京駅の辰野博士, 切つた爐がある, 切つた状で前庭, 切つた田舍風の廣, 切つた田舎風の広い, 切つた真似は出来さう, 切つた神經を摩擦, 切つた筒の中, 切つた絶縁状ではない, 切つた罵倒を浴せ, 切つた聲が聞えます, 切つた色それは何, 切つた荒目な格子, 切つた虎屋の最中, 切つた處突然眼前, 切つた行為には驚異, 切つた記述とを読みくらべ, 切つた論が強, 切つた足利時代の初期, 切つた酷評を下し, 切つた野生な瞳, 切つた金兵衞が蜘蛛, 切つた金壺まなこを落込, 切つた門の上, 切つた革新が施し, 切つた飛躍を石井氏, 切つた馬と同じ, 切つた骨を覆ふてゐました, 切つていち時に噴火, 切つておんつぁん, 切つてお引受け申しませう, 切つてお茶の水の崖, 切つてお詫びいたしませう, 切つてお話しますが, 切つてこはいとこ, 切つてこの世に投げ返し, 切つてこれを火鉢, 切つてす早く口, 切つてそこはいつも, 切つてでたらめを始める, 切つてどこかの病院, 切つてのち今では株屋, 切つてらアね, 切つてるのでございます, 切つてアメリカ版の高価, 切つてイヤに重々しく, 切つてガーゼを押し込ん, 切つてスツポリとかぶつ, 切つてツト男の傍, 切つてテツさんの窓, 切つてドタンと軍隊靴, 切つてハンスの行手, 切つてパレツトを割つ, 切つてヒウと鞭, 切つてピシリお町, 切つてホツとした, 切つてホープの函, 切つて一すすり番茶, 切つて一つづつ丁寧に讀ん, 切つて一つ身を落し, 切つて一人して, 切つて一升買つて皆んなに振舞つて, 切つて一座を見渡しました, 切つて一枚の皿, 切つて一氣に殺し, 切つて一番上の千兩箱, 切つて一目散に駈け出した, 切つて一階から二階, 切つて三千代の上, 切つて三圓八十錢にお, 切つて三日ばかりつ, 切つて上座の方, 切つて世話をする, 切つて丘を伝う, 切つて丸燒は前年七月, 切つて乘つて參りましよ, 切つて亂れたもの, 切つて了つて肝膽, 切つて了つて肝胆を披瀝, 切つて了ふかも知れません, 切つて了ふつもりです, 切つて二言三言話し出したが, 切つて二階の主人, 切つて云つたのである, 切つて五人兄妹を殺せ, 切つて亨一はやさしく, 切つて人參を拔, 切つて人指指を空, 切つて人間が乘, 切つて仕舞つても楽しみ, 切つて仕舞つて何う爲よう, 切つて他の場所, 切つて以来旅行らしい旅行, 切つて以来演説などいふ下らぬ, 切つて伴れ出さうかとも, 切つて何方への縁組, 切つて余裕のない, 切つて佛壇へ供, 切つて作つた階段に足, 切つて使ふに, 切つて使つたのをまねた, 切つて保養にでも行つて來ちや, 切つて俥の瀧, 切つて候其の代り, 切つて偶まに, 切つて僕阿父さん, 切つて入口の格子戸, 切つて其を組合せ, 切つて其処から途方, 切つて其柱にし, 切つて其處に二つ, 切つて具象化した神像, 切つて兼次をよこさぬ, 切つて内の文句, 切つて円筒のやう, 切つて凡そ一分内外に決勝点, 切つて出会つても, 切つて分配したほどの, 切つて切つた先の端, 切つて切つて切りまくつた, 切つて切りまくつた, 切つて切れ味を試し, 切つて刑事は坂部, 切つて前よりもいつ, 切つて前垂に隱, 切つて割腹した, 切つて加野の口, 切つて効果をためす, 切つて勢よくお, 切つて十字架をつくり, 切つて占ひごとをし, 切つて友の喋喋, 切つて取締ならびに演技者, 切つて口笛を吹きます, 切つて向方の村道, 切つて吸穀を叩き, 切つて味を見, 切つて味噌汁に入れ, 切つて呻吟くやう, 切つて呼止めた, 切つて唸り返して, 切つて問ひかけた, 切つて喧嘩をしなさい, 切つて嚴正に己, 切つて土で出, 切つて坂道にとり, 切つて垣を飛び越える, 切つて墓参を業, 切つて壁に吐きぬ, 切つて多勢の百姓, 切つて大見得をきる, 切つて夫に訴, 切つて奉公人同樣, 切つて妹を接吻, 切つて姉様の製造, 切つて婆さんの前, 切つて学生に妥協, 切つて學校へ出かけた, 切つて客の皿, 切つて宿屋の閾, 切つて寢返りを, 切つて寺尾に逢, 切つて封を裂いた, 切つて小乗的なもの, 切つて小幡の屋敷, 切つて小楊子をつけ, 切つて小皿に載せ, 切つて少年たちに分け, 切つて山梨へ戻, 切つて岡田に話しかけ, 切つて帰つて了はうかと, 切つて幅の狭い, 切つて平岡へ手紙, 切つて平次の前, 切つて店に腰, 切つて座を起たう, 切つて廻し奉公人は言, 切つて廻し御世辭や御座, 切つて廻し父親にも物, 切つて彼の話, 切つて彼方に飛び去つた, 切つて往生するの, 切つて後室樣のやう, 切つて徐ろに彼, 切つて御身を守らせ, 切つて性格の内奥, 切つて悪口を言, 切つて悲鳴を追跡, 切つて愛想つ氣, 切つて所嫌はず雨のやう, 切つて手頃な杖, 切つて払ひて, 切つて払つた金だけの値打, 切つて払つてやると, 切つて拔いた女, 切つて拜んでる, 切つて拳銃の口, 切つて拵へて來, 切つて揃へた, 切つて撒布らす程吹き募れ, 切つて撫附にした, 切つて散歩も出, 切つて數萬の金, 切つて斜めの虚空, 切つて斯う言, 切つて斯んな遠く, 切つて新たなの, 切つて斷念るより, 切つて方角を定め, 切つて旅行したらよ, 切つて日に乾します, 切つて日本的な性格, 切つて昏睡するの, 切つて晩酌をやめ, 切つて曰く此時神色自若たりきとして, 切つて曲折れに, 切つて書簡箋五六枚に例, 切つて最後の努力, 切つて朝霧の中, 切つて東京へ帰る, 切つて松明をみな海, 切つて松林の中, 切つて板の端, 切つて柘榴のやう, 切つて栓が失はれ, 切つて案内を乞う, 切つて桶で洗つた青菜, 切つて梅の間, 切つて椅子へど, 切つて横になつて, 切つて次に白, 切つて次兄に尋ねた, 切つて正面へ廻つた, 切つて此の土地, 切つて此處へ參, 切つて歩場へ入る, 切つて歯の間, 切つて死人の首, 切つて死骸を引きおろした, 切つて殺生な曲者ぢ, 切つて母に訊い, 切つて気分を取り直した, 切つて氣を吐く, 切つて氣持よく澄んだ, 切つて池に飛ばう, 切つて沼へ身, 切つて法螺忠や障子, 切つて注意して, 切つて泳ぎついたが, 切つて洋服を着, 切つて海を眺め, 切つて清さんにはその, 切つて潜つて行く, 切つて濟むことでは, 切つて灯を吹き消し, 切つて煙草臭いお, 切つて物を云, 切つて狂つたやう, 切つて狹苦しい喫茶店, 切つて猛進した, 切つて珠を盜むや, 切つて生のま, 切つて生地に出, 切つて生涯物をお, 切つて田舍へ歸, 切つて男に渡した, 切つて男装をし, 切つて発音しながら, 切つて登館する, 切つて白状に及ばう, 切つて皆に丼, 切つて皿に取, 切つて目さきへ落ちる, 切つて相当の道程, 切つて眞圓い農夫, 切つて真面目に追及, 切つて眠り入る, 切つて眼を見, 切つて眼前の仕事, 切つて石川と對立, 切つて研屋あさりに出かけた, 切つて硝子のはまつた格子戸, 切つて社交の精神, 切つて稚拙にそれ, 切つて空を仰い, 切つて空中へ飛びあがり, 切つて立像の前, 切つて竹串で小田卷直次郎, 切つて箸をとつ, 切つて紙包みを解いた, 切つて紙幣をバラ, 切つて紫の紐, 切つて線香入をこし, 切つて縁側の籐椅子, 切つて罪となつ, 切つて美濃紙の羽, 切つて而して, 切つて肉のま, 切つて肩を振つ, 切つて胸をひろげた, 切つて腰を掛け, 切つて膳の上, 切つて自動車製造に當ら, 切つて舞臺に降りる, 切つて船艙をあちこち, 切つて芝居染みた思ひや, 切つて茗荷の葉, 切つて落し叶はぬ, 切つて落下した, 切つて蒼ざめた顔をぽ, 切つて薄ら笑ひを, 切つて虎になつ, 切つて虫の附いた, 切つて行つた, 切つて行きちがふ, 切つて行つたのだ, 切つて行つた豪勢なもの, 切つて行李の中, 切つて表現されて, 切つて袈裟を掛ける, 切つて裏木戸から勝手, 切つて褞袍を脱ぎ, 切つて見事な手際, 切つて覗き窺ひ, 切つて言つて一寸襟をいなす, 切つて言つて了ひませう, 切つて記憶から手頃, 切つて詫ようぢやない, 切つて語を繼ぎ, 切つて謝罪して, 切つて警手の西山, 切つて變つたこと, 切つて貰つた大事なステツキ, 切つて貰つた骨があれ, 切つて貰つてからお, 切つて貰つてトランクや袋, 切つて買つて, 切つて足もとに叩きつけた, 切つて跣足になつた, 切つて蹌踉とよろけ出す, 切つて身体は前のめり, 切つて車から飛び降りた, 切つて轉げるまでも, 切つて辭職したり, 切つて近頃はお, 切つて途中家と言, 切つて造つた花をくつ, 切つて遊び廻らう, 切つて部屋の中, 切つて酒落れて, 切つて酷ごいには酷, 切つて醤油だけで煮つけ, 切つて重三郎と音松, 切つて野蠻な風, 切つて釧路に着いた, 切つて鈍な半面, 切つて鈴成りに, 切つて長かつた, 切つて門を潜, 切つて間に合せた, 切つて階段を駈け降り, 切つて障子を開けた, 切つて雄叫びを挙げ, 切つて雇はれに, 切つて離れの入口, 切つて雨の中, 切つて雨中を泳ぐ, 切つて雨後の月, 切つて雲に泳ぐ, 切つて電車に持つ, 切つて霊前へさ, 切つて青江の家, 切つて静江に渡す, 切つて鞭を鳴した, 切つて音も立てず, 切つて額を土, 切つて顔を持ち上げた, 切つて颯々と歩き, 切つて飾りとなし, 切つて馬の桶, 切つて馬車が平坦, 切つて駿馬を飛ばし, 切つて驛前から自, 切つて高価な遊び, 切つて高崎へでも賣り, 切つて髢にでも賣らせる, 切つて髮を散らす, 切つて齒のない, 切つとけつて, 切つ殺いだ竹の, 切つ返したり疲れた, 切つ返したのでバキッ, 切であっても天稟, 切でいじくっていた, 切でくけた猫の, 切でみしと包んだ, 切で取ってあった, 切で居ながらいつ, 切で帰りませぬからこの, 切で帰るという訳, 切で押えて縄, 切で拵えた迷子札に, 切で掘つて見, 切で死ねていたんだ, 切で絎けて下さる, 切で縫った太い紐, 切で縮れている, 切で見るものが, 切とから出る沢, 切とがよく似た, 切としては蕎麦切の, 切とって研究, 切とに使用せらる, 切どうだどう, 切どちらへ参つた, 切なかりしを事, 切ながらした, 切ながる必要も, 切なげなその声, 切などで押し出す人, 切などという処には, 切などを並べた女, 切ならざりし吾, 切ならしめつつある, 切ならずして他, 切なりされば事, 切なりしかは歌に, 切なりし如くダンテは, 切なるべしといへ, 切なる憧れの糸, 切なる振に鳴く, 切なる有るのみ, 切なる溢れにせよ, 切なる煙りが胸, 切なる祈を神, 切なんか取散らかして, 切な吠え声だけに, 切にて腹ふくれぬ, 切によって失敗した, 切ぬきの整理, 切のうござんしょう体を, 切のくらい晩だ, 切はめてくれた, 切う丁, 切ばかりやった事, 切ふさのトミ, 切ぶりだ, 切ぼうちょうをとい, 切まあすウ, 切まわしている, 切て落合, 切みたいなもの, 切むれども心, 切めし文角ぬし, 切めちゃとなる, 切もちたつた一切づゝ, 切もち一つは情ない, 切もりをし, 切やらに出かけて, 切ようのもの, 切よくやってる様子, 切よそつて台の上, 切にゃなるまいかと, 切りっぱなせば, 切りつして, 切るるべしとは思わず, 切をもおいしくいた, 切を以てお仕立, 切オーグスブールとトレーヴ, 切ッたんだ, 切ッていらッしゃるのですら, 切ッぱつまった仕事ばかりな, 切ッテシテオ貰イナサイ手術シタ後ノ快感ハ何トモ云エナイ, 切ッテ仕舞ウツモリデ来タカラヨク云イ聞カシテ置キナサルガイイトテイジョウヲコメテ帰シタ間モナク兵庫ガ宅ヘ行ッタラ, 切ッ先きが相手の首すじ, 切ッ先下がりに精いっぱい, 切ッ屑お鼻紙, 切ッ立の崖, 切ッ立てになった, 切ツぱしとが尚しも, 切ツテ出テ働クヲ兄弟火花ヲチラシ, 切ツ端やらガラス, 切ツ端詰つた頭からふつ, 切トンボになっ, 切ドルフは涙, 切ナイフをおみやげ, 切ニシテ涕泣言ウ所ヲ知ラズ, 切ニススメルノデイヤイヤ行ッテ見タ, 切ニ而困入申候, 切詰った気持, 切ラズ馳セ参候然ドモ三成討死シ給フト申スモノ一人モ, 切ラレモ出来ヌカラ向ウノ云ウ通リニシタラ, 切ラレ与三を見た, 切ラレ与三郎も, 切リカエテオカナカッタノデ母屋ヘカケニ行クノガ工合ガ悪カッタモノダカラ, 切リト御定有ツテ, 切リハナスニハモウアナタノ力ヲ借, 切リヲシテ遊ンダ息子ハ御殿ヘ上ッテイルカラ世話ハ, 切リ抜キ保存をし続け, 切リ換エガマダデアルシ今日ハ赤口デ日ガ, 切リ株ヲ跨, 切リ盛リナンカモ上手ニヤッテ行キマスヨソウ云ウ才能ノアルコトヲ僕ハ見抜イテルンデス, 切でイ, 切ル重大事件ナリ奈何ナル官憲威力ト雖此ニ反抗スル事ヲ得, 切レシトイウカラオレガ竹内ノ隠居ヲダマシテ, 切レタ古フィルムデアルカラ, 切レタセイカ又激痛ガ始マル, 切レタソレカライロイロ世話ヲシテ翌日帰ッタ毎日ソノ事ニカカッテ居タ息子ガ五ツノ時ダソレカラ忌命ガ明イタカラ又, 切レテ大小懐中物モ残ラズ落シテ逃ゲタガソウスルト伝法院ノ辻番カラ, 切レナイ何カ外ノ薬ハナイカナ, 切レヌ人ハ好キナダケヒラガナヲ書ケバヨイ, 切レ升マイトテオレモ脇差ヲ取, 切一つなく半枚, 切一ツづゝ集めて, 切一本持たいでも, 切七十二切百二十切等の區別, 切三切食べたが, 切三十ぱいに笹屋, 切三十六切七十二切百二十切等の區別, 切上がり内輪で, 切上つた輕い音, 切上つて夏の日, 切上るうでが無い, 切上ッた垢抜け, 切下すのを, 切下ゲタカラ帯ガ切レテ大小懐中物モ残ラズ落シテ逃ゲタガソウスルト伝法院ノ辻番カラ, 切不動の丘, 切に諸国, 切乍ら屍體をそこ, 切二三片とその, 切二百数十年前の記録, 切云い切ったまま自分の, 切云えなかったのだ, 切五尺の注文, 切交えてそれ, 切に行合はず, 切仁左衛門神妙にしろ, 切仁左衞門鼠小僧神道徳次郎曰く某曰く某, 切された, 切仕立懐中手をし, 切付けを防ぐ, 切付本五十丁の潤筆料, 切はしてやる, 切うしても, 切倒され善之進は, 切倒される竹からは, 切倒したと覚しき, 切倒そうかと考え, 切入りの箱物, 切入り給はんには味方, 切入るごとに, 切円している, 切冴えて卷き, 切出いて川, 切出せない不思議な, 切刃大切先というよう, 切分らない代りに, 切切羽詰ったですで生, 切利支丹宗徒の手, 切利支丹法度たるべき禁令, 切刻まれてでもい, 切刻まれる処が, 切刻む後悔に, 切刻んだのであろう, 切前髪の娘, 切割ってしまわれる, 切割左の人指, 切って浮く, 切動かなくおなりなすつた, 切勝って旗, 切勝負の事, 切な連中, 切医者の役, 切からナ, 切半纏よれよれの三尺, 切を噤んでしまつた, 切右源太を乱軍, 切右源太鬼面突骨斎荒木田五兵衛そのほか穴山, 切合ひで有つた, 切同様になっ, 切同然な竹, 切呑み込めたような, 切味一分だめし, 切和談を嫌, 切四切食った頃, 切回わしていられる, 切図三葉をも譲られた, 切坂下で下駄, 切坂以来のこと, 切坊主を初めました, 切型文句を言い, 切型月並な辞礼, 切型言葉だが, 切型辞典に曰く, 切の断崖, 切の小, 切声親の敵, 切売りしたことが, 切であります, 切大根と菜葉, 切大福餅は一枚五厘, 切天神割しのぶ割鹿子唐団扇結綿鹿子天神四ツ目崩し松葉蝶々, 切姿を見せなかった, 切婆さんになった, 切字中においてもっとも, 切字以外の文法, 切字季題それらは申す, 切字論は俳句, 切害されましたのは, 切寝たま, 切の由来, 切小判で四万九千五百両, 切小町なんてお前, 切を越え, 切島辺の海底, 切を上がる, 切嵌めた影絵の, 切帯身なりはひどい, 切帰つて来ません, 切帰らない心持が, 切帰らぬという騒, 切の下, 切幕際にまで続き, 切を取っ, 切張りの術, 切張りだらけですが, 切形字典と名づけた, 切形通りの善六, 切従い諸方へ, 切様子が, 切忙しくなつた, 切に声, 切悪いに悪い, 切情死までしよう, 切愛していた, 切愛心をよく, 切慌しく引返した, 切の情, 切截面の高, 切ひ書生, 切払つて桑畑に為, 切折ラレテ半棒トナル, 切折ラレテ後棒トナル又棒切折ラレテ, 切抜きました小女っ, 切抜くのを, 切拂つてオフイスへ出かける, 切拓いて行, 切拓いたらしくも見える, 切拓き工事, 切拓くまでは植源, 切拔全部を送, 切持った小児も, 切捨御免成敗勝手次第のお, 切捲ったのも, 切捲り其矛盾不合理を, 切捲ろうというそこで, 切掛り急に, 切掛るのを, 切掛杉にたかっ, 切揚げたまえ, 切換預金封鎖財産税と無一文, 切の色紙, 切チタル蝦蟇, 切放たれその驚き, 切放たれし體を, 切故に胡麻化す, 切の矢, 切断ってしまいます, 切断った様な, 切斷部のやう, 切が平, 切の迫つた為, 切晩餐の総べて, 切暖かく成つたこと, 切替るというはなれ, 切から閉籠つて, 切のわか木むら, 切来ったものを, 切来りて結びつくろふ戯, 切果てず小家がちなる, 切ええと, 切の役, 切棄てても思想, 切棄てることによ, 切棒一挺あと垂駕籠という体たらく, 切棒立に立つ, 切の手前, 切の色紙, 切なんぞは気, 切機轉も利く, 切だ, 切歯しない者が, 切歯しなければならなくなりました, 切歯し黙っていた, 切歯せざるを得なかった, 切歯慷慨涙を払, 切歯憎悪自暴自棄の悪念, 切歯腕を扼し, 切られませぬ, 切殖えるといふ, 切候とも, 切殺された城の, 切殺されましたよそれから, 切殺せば誰, 切殺そうという申合, 切水鶏の棲家, 切で驟雨, 切右衛門まで, 切浅葱と赤, 切や清水港, 切灯台の微, 切さと, 切無い思を, 切無電が入る, 切焼いて呉れた, 切煙草が沢山, 切燈籠に咲い, 切物鉄砲持参手覚えのある, 切し相啓発, 切瑳啓発せしめば, 切甲源一刀流の下手, 切病詮方なし, 切を五段, 切発見随一の重臣, 切百二十切等の區別, 切に入れ, 切石器屋根瓦等をそれぞれ蒐集, 切砕かれウンと, 切破いた返すただ一剃刀, 切破って脱牢, 切破詰った事情を, 切破風の二山, 切祷するの語と, 切程の大きさ, 切った研究費, 切穿りまして, 切窪んだ茶色の, 切立てた削つた大な, 切立見が大, 切籠持参は皆, 切細工のよう, 切組描割で引, 切組舞台を荷車, 切組逆戻りトリックモンタージュの千変万化, 切絆天盲縞の股引, 切絶て此落語と, 切ゆるしの, 切ってしまった, 切させん, 切縮めるとそれ, 切羽鳥の二人, 切者みたいに両親, 切者め出て, 切者めなんの顔容, 切者ノモノニオレガカサヲアケサセタカラ見損ジテ, 切者一人の寝, 切者策士忘恩の徒, 切者蒋介石の軍司令部, 切聞えずに濟ん, 切聞こえたのは, 切聞こえるところも, 切聴かされた時お, 切肉醤油桶帚埃取り油壺, 切に畳み込ん, 切膝丸平家の小, 切の上, 切船具おおいの, 切へ蠅, 切のつけ焼, 切草履突かけて, 切の浅葱幕, 切落し寝ている, 切落すなら一っ, 切落せぬので源八郎, 切落と両側桟敷のは, 切落とすやうな, 切藏つて置くから, 切藤五ひとりだけが血みどろ, 切藤五羽鳥八郎太の二人, 切蜻蜒である原因, 切が残酷, 切行為がある, 切表口をあけ放し, 切袈裟掛はて我, 切袢纏の帯, 切褄形の屋根, 切のかかった, 切襦袢へむすんだ, 切襦袢一つで熱湯, 切見えたには見えた, 切見える中に, 切見世の女, 切角いたの, 切角お尋ねを受けました, 切角これまで縒り, 切角イサベルが興奮, 切角主婦がああ, 切角人格的に尊敬, 切角今まで遣っ, 切角俺が好い, 切角先生に喜ん, 切角刻苦しなければ, 切角呉夫人の出し, 切角安心して, 切角平穏な感情, 切角手紙を出そう, 切角斯うやっ, 切角暮らしを楽, 切角望遠鏡を執, 切角林町で幸福, 切角此處まで來たん, 切角決心をし, 切角波江さんが買つて, 切角灯籠の火, 切角無理を重ね作った, 切角熟睡して, 切角田舎から出, 切角発散した鹿台, 切角真暗い穴, 切角緑青を吹いた, 切角芽を出す, 切角茶の間へ呼びつけ, 切角遊びに来, 切角道純を識, 切角青山博士の詞, 切角鳥屋に入ろう, 切をし, 切解した後の, 切解するやら, 切りの, 切試しに任せ, 切に來, 切話しに家, 切誠懇諭も仕, 切貼りをする, 切賣りにする, 切路地の附近, 切込疵だらけでところマンダラ, 切切に残っ, 切造酒屋はふり, 切という点, 切をすたすた, 切道具などが散らばっ, 切違えたかそれから, 切違ったような, 切遠く隔つてそれが, 切那われはこの, 切金云々の気持, 切よりも軽い, 切鍬手斧鍬ホーハァト形のワーレンホー, 切鎮めよという命令, 切を覗く, 切間もなく変化も, 切阿で通りに, 切附けたが一向に, 切附けるとがさり, 切除き強い凸レンズ, 切え交易, 切雀月に住む, 切雛香炉の類, 切の葛藤, 切離せないのだ, 切離せぬものであります, 切霜降とは見分けられなかった, 切露顕の報, 切靜かになつて, 切音信が分りません, 切をし, 切がありません, 切やうまし, 切食って最後, 切食った頃に, 切食べたが胸, 切や氷糸糖, 切飴今川焼江戸前取り立ての魚焼, 切をとり出し, 切高價になツ, 切髮姿に被布, 切を売っ, 切鳴く