青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「分類~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

分らぬ~ 分り~ ~分る 分る~ ~分れ 分れ~ 分別~ ~分析 分析~ 分間~
分類~
~切 切~ ~切っ 切っ~ ~切った 切った~ ~切り 切り~ ~切る 切る~

「分類~」 1139, 12ppm, 8922位

▼ 分類~ (126, 11.1%)

5 原理は 4 原理と 3 仕方が, 仕方を, 原理が 2 仕事に, 仕方の, 原理として, 原理に, 原理を, 名に, 方法は, 本質的な, 目的, 誤りを

1 [88件] いたしかた, しかたで, し方, なかに, なりたつわけ, カードを, 一つの, 一切を, 一大部分を, 下に, 不正確, 世界的権威と, 中から, 中では, 中にも, 中性愛の, 中最初の, 中第, 事それから, 事業に, 仕方そのものの, 仕方とばかり, 仕方に, 仕方まで, 仕方も, 仕法も, 他では, 内容は, 内最も, 出来んくらい, 分野に, 動機と, 動機は, 原理である, 原理でなけれ, 台本を, 名の, 名稱, 問題でも, 問題は, 問題其の, 図, 基準は, 大切な, 子目が, 学者は, 學である, 必要を, 性質といふ, 性質によ, 所に, 整然たること, 方法が, 方法と, 方法考へ, 最も本質的, 最初の, 条件と, 概念から, 概念は, 標準と, 標準として, 樣な, 歴史である, 殆ん, 法に, 法を, 特別委員会が, 特徴と, 特異な, 特色を, 目安は, 目的であった, 研究, 研究を, 程度に, 索引を, 結果が, 致命傷でなく, 興味は, 裏には, 課題の, 課題を, 議論については, 辺に, 間には, 項目に, 項目番号を

▼ 分類~ (102, 9.0%)

2 少くとも, 第一

1 [98件] ありません, あるが, いわば大きな, ここに, このよう, この両者, この分類, この客観的, しても, し強調, すべて, そのどちら, その分類法, その動機, その客観的根拠, その方法, それが, まだ行なわれ, まだ諸, まだ足らん, もしその, よくでき, より徹底, プラトンにまで, 一々これ, 一向に当て, 主として, 主もに, 之とは, 之までと, 事実上諸科学の, 云うならば, 云うまでも, 人々の, 今の, 今挙げた, 今日から, 今日より, 仮空的, 何たる定説, 例えば谷, 出来ましたね, 分類の, 分類らしい, 単に新聞紙欄, 単に現存, 原理的に, 取らなかつたの, 向に, 吾, 大體これ, 天然に, 夫, 学問それ自身にとって, 学問の, 学問自身に, 対象に, 対象の, 常に何, 形式に, 形式的であった, 後に, 徹底的に, 必ずしもその, 恰も現在, 支配の, 方法, 方法論と, 日本でも, 普通に, 最初の, 最近まで, 根柢に, 梁の, 機械的に, 正しくない, 正確な, 正面的で, 此の, 現在の, 現存する, 現実的でなけれ, 現実的な, 畢竟するに主, 目で, 私が, 私も, 第二, 簡単に, 精細に, 經, 縦え, 自然弁証法の, 起らなかつた, 重大な, 長い歴史, 隋志で, 非常に

▼ 分類~ (100, 8.8%)

7 ている 4 てみる 3 てみた 2 ていい, てその, て居る, て見た, て見る, て陳列, 之に

1 [72件] あるいは形態的, その六部, その分類, その篇毎, たり又は, てあっ, てある, ていた, てきゅうり, てさらに, てしまった, てちゃんと, てはいなかった, てぼく, てみたい, てみました, てみます, てみよう, てもう, ても差し, てよい, てギンブラ人種, て一個, て一定, て一応, て之, て各, て居りまし, て居ります, て微妙, て悠々自適, て悦に入つた, て来た, て気象学, て活用, て百, て示し, て示す, て竝, て簡単, て統計的, て考えね, て考えられなけれ, て肉筆及黄表紙絵本類, て育てられ, て行く, て行くなら, て觀, て解釋, て話さ, て調べ, て諸, て顕微鏡, どちらかの, 之を, 分類が, 各種の, 声の, 幾つかの, 批評する, 整理した, 書物を, 用途を, 筋肉的反, 系統立て, 系統立てる, 総括し, 總括, 考察し, 自分は, 解剖し, 近世の

▼ 分類~ (93, 8.2%)

8 して 2 必要と, 求める吾, 精密に

1 [79件] この点, したが, したの, した奴, してね, しようなどという, しろと, し解剖學, すでにプルドン, する, するため, するに, するの, するよう, つけた儘, なし得るため, はじめたの, やる人々, 七つに, 与えたから, 与えたもの, 与えながら, 与えようと, 与えること, 与えるであろう, 与えると, 事と, 云い表わすの, 仮に, 企てたもの, 企てまた, 企てようと, 企てること, 企てるならば, 企てる一般的, 企てる動機, 企てる場合, 作るの, 分科と, 加えて, 動機づけた, 取り除くこと, 合理的に, 吾, 四部に, 土台として, 始める前, 廃し, 得ると, 意味し, 批評し, 排斥する, 採る, 施こし, 明かに, 正当に, 求める動機, 決め命名, 泰西の, 発案する, 目的と, 考察する, 脱して, 自由に, 行い問題, 行うこと, 行う前, 行えば, 行おうと, 訂正した, 試みたの, 試みようと, 試みるとして, 誤ること, 論じようという, 論じディーテ城門, 述べると, 選定しなけれ, 都合上こしらえ

▼ 分類する~ (77, 6.8%)

14 ことが 8 ことは 4 ことに 2 ことも, ということ

1 [47件] ことから, ことさえ, ことだ, ことによって, ことに対する, ことを, これを, ためには, だに相応, といふ, とおよそ, ときに, とこの, とすれ, とふた, とポリドール, と凡そ, と妙, と数十項, と次, と興味中心的, にはそれ, に事実, に当っ, に際し, のが, のだ, のであります, のである, のに宣下式, のみならず, の方法, ものは, ような, よりも寧ろ, を得れ, を避け, 事が, 事は, 人の, 必要を, 所の, 標準が, 権利を, 理由を, 目録學の, 自然科学と

▼ 分類~ (66, 5.8%)

3 於て 2 よると, 就いては, 属すべきもの, 従えば

1 [55件] こんな普通, して, ついで大切, つきては, ならないこと, なる, なると, ほかならないの, まとめたり, まようほど, よらぬ情緒そのもの, よるべきは, 一時間ばかりを, 一本を, 不適当, 主眼を, 主義が, 二種あり, 他ならなかった, 依って, 入らぬ現象, 入るべき和歌, 入れようとしても, 入れること, 劣らず普通, 基いた放言, 基いて, 基づくスケール, 対応し, 専念する, 對し, 就いて, 属する丹羽文雄氏, 役立った資本, 従うと, 従へば, 從ひ, 必要な, 拠ると, 據つて居ります, 来る, 来る時, 次ぐもの, 濫用された, 疎かつた, 着手し, 移ること, 置かれて, 賛成出来ない, 近くな, 過ぎない, 過ぎませぬが, 還した傾き, 関した名前, 面倒な

▼ 分類~ (59, 5.2%)

2 ある, 勝れて, 植物学の, 色彩に

1 [51件] あった, このよう, して, そうある, できて, できる, できるかも, できるの, できる訳, どうも不十分, どこまで, なされて, はっきりついた, まず第, もし学問そのもの, やかましくなつた, より根柢的, わかるめ, アリストテレス的な, 一層複雑, 一応便利, 一応正しい, 与えられたの, 与えられるの, 与えられる筈, 中, 事物そのものの, 何である, 先ず始め, 出来るの, 到底必然的, 単純に, 可能に, 同一である, 唐初に, 多い, 如何に, 導き出されるという, 微細に, 必要だ, 惡いと, 推理と, 旨く行かない, 正当さを, 歴史的な, 盛に, 精神能力を, 終るや, 良くて, 行はれる, 要求される

▼ 分類~ (57, 5.0%)

2 がない, であるが, の誤り, を考へた

1 [49件] からすれ, が劣っ, であ, であります, である, でないこと, ではない, では皆これ, で行く, としては七部, としては宜しき, としては混雜, とその, と知るべし, なる叙事詩抒情詩等, についても色々, によれ, に従, に復歸, に敬服, に於, に歸, に關, の上, の取られ, の復興, の意見, の擡頭, の效能, の混雜, はそのどの, は例えば, は崇文總目, は恐らく, は知, は私, は色々, は頗る, も数学, も色々, よりはよほど, を作つた, を作り, を採用, を混入, を用いなかった, を用いるなら, を知らぬ, を破つた

▼ 分類した~ (29, 2.5%)

3 ことを 2 ものである

1 [24件] あらゆる種類, がそれ, が數種, が有限無限, ことであろう, ことは, その根拠, という点, としてその, としてもわたしたち, ので, のである, ので実は, のは, ばかりなん, もので, ものです, ものの, やうな, 三つの, 人口の, 直観による, 論文の, 資本と

▼ 分類され~ (25, 2.2%)

6 ている

1 [19件] これに, その一つ, てい, ていた, ておさめられ, てしかるべき, てたとえば, ても現在, て売られる, て居ります, て来, て現れ, 又される, 固有の, 対立せしめられ, 必要な, 統一され, 而も, 雪及び

▼ 分類という~ (23, 2.0%)

3 課題から 2 概念の

1 [18件] ことが, この問題, ものが, ものは, ものを, テーマは, 一見比較的, 二十余巻の, 問題は, 概念からの, 概念が, 概念は, 興味は, 言葉の, 課題が, 課題である, 課題は, 課題をば

▼ 分類~ (22, 1.9%)

1 [22件] すること, すれば, それから結果, なる, アリストテレスの, 主張するなら, 同一ならず, 命名, 命名とが, 建前が, 新しいジャンル, 無論完全, 知識学乃至, 科学の, 科学方法論との, 結合と, 結局似た, 考えても, 考えられたもの, 考える理由, 自然に, 關聯し

▼ 分類原理~ (18, 1.6%)

1 [18件] が同時に, が同様, が外面的, が持ち出される, であったとしても, であった人間, でありながら, でなければ, として外面的, とのこの, によっても総て, によって与えられた, によって与えられる, は組織, は非常, を問題, を採用, を欠く

▼ 分類~ (17, 1.5%)

2 して

1 [15件] したが, そこから, それが, みんなこの, 与えられは, 亦この, 亦そうで, 亦科学的世界, 企て得られるだろう, 出来るの, 最終的の, 朝から, 比較的容易, 行なわれて, 解題も

▼ 分類される~ (16, 1.4%)

3 ことが 2 のである, 作家は 1 かは少し, ことは, というよう, と主張, と思う, のです, のを, 代りに, 場合が

▼ 分類せられた~ (14, 1.2%)

2 ものは, 用役を, 資本すなわち 1 ものの, 動産資本は, 原料から, 土地資本, 新動産資本, 新収入, 新資本, 消費の

▼ 分類では~ (14, 1.2%)

3 ない, なくして 1 あり得ないこと, こんぷるめんとの有無によ, ないそうした, ないであろう, 之は, 余りに詳し, 変態紋に, 漿果

▼ 分類から~ (12, 1.1%)

1 [12件] いうと, いえば, 云へば, 出発し, 判然として, 古典源氏を, 抽き出された, 方法, 方法による, 歴史的分類に, 現在に, 糸を

▼ 分類~ (12, 1.1%)

1 [12件] でつまり, ではなくし, なので, に依れ, の出発点, の創設者, の始祖, の生物学, の部, はそこ, はまだ, を学んだ

▼ 分類すれ~ (10, 0.9%)

1 ば, ば以上, ば好き, ば左, ば徳川初期の, ば次, ば湯婆, ば百, ば第, ば隨分

▼ 分類である~ (10, 0.9%)

1 から専門, がその, がギリシア悲劇, が次に, ことは, とは考えられ, に過ぎない, のである, 以上歴史的解釈に, 筈であった

▼ 分類せられる~ (9, 0.8%)

2 土地資本人的資本動産資本によって, 流通貨幣は 1 ことも, のである, 収入によって, 様に, 貯蓄貨幣は

▼ 分類~ (7, 0.6%)

1 あつた, いえば, なしに, 一流の, 例へば臣, 例へば藤原, 言えば

▼ 分類には~ (7, 0.6%)

1 いるかも, かかわりなく, すぐ様, 内面的な, 分類の, 大別し, 従つてゐません

▼ 分類学者~ (7, 0.6%)

1 が動物, が居る, であるかは, で牧野博士, に任せ, の大, を始め

▼ 分類~ (7, 0.6%)

1 である意義, に整理, に研究, に見る, に記述, に説明, に陳列

▼ 分類しよう~ (6, 0.5%)

4 とする 1 と云, と思え

▼ 分類整理~ (6, 0.5%)

3 して 1 したに, しよく, し文献

▼ 分類そのもの~ (4, 0.4%)

1 が受け容れられ得る, が夫, にある, に安

▼ 分類として~ (4, 0.4%)

1 不充分である, 企てたの, 決して除外, 現われなければ

▼ 分類~ (4, 0.4%)

1 区別について, 小鳥が, 清書を, 牧野富太郎博士の

▼ 分類方法~ (4, 0.4%)

1 がここ, が数学自身, に関して若干, は現在一つ

▼ 分類されね~ (3, 0.3%)

2 ばならない 1 ばならぬ

▼ 分類し得る~ (3, 0.3%)

1 かのごとく考え, と思う, ので

▼ 分類せられ~ (3, 0.3%)

1 ている, てゐます, 海人からく

▼ 分類でも~ (3, 0.3%)

1 すでにそうだった, すれば, なければ

▼ 分類とは~ (3, 0.3%)

1 同一に, 問題が, 神話学に

▼ 分類によって~ (3, 0.3%)

1 処分に, 要求された, 諸学問

▼ 分類~ (3, 0.3%)

1 移ること, 移る機会, 達するの

▼ 分類~ (3, 0.3%)

1 の, の位置, の術語

▼ 分類~ (3, 0.3%)

1 にプリズム型, に包括, 第一

▼ 分類~ (2, 0.2%)

1 へ明瞭, へ精密

▼ 分類された~ (2, 0.2%)

1 ので, のである

▼ 分類されなけれ~ (2, 0.2%)

1 ばならない, ばならなかった

▼ 分類されるであろう~ (2, 0.2%)

1 ことを, ような

▼ 分類されるべき~ (2, 0.2%)

1 もので, ものの

▼ 分類され得る~ (2, 0.2%)

1 と思ふ, のである

▼ 分類したら~ (2, 0.2%)

1 その型式, よほど面白い

▼ 分類しない~ (2, 0.2%)

1 と同様, 失を

▼ 分類しなけれ~ (2, 0.2%)

1 ばならない, ばならぬ

▼ 分類すべき~ (2, 0.2%)

1 かということ, 人間的感情を

▼ 分類それ~ (2, 0.2%)

1 に従って又, の例

▼ 分類であっ~ (2, 0.2%)

1 てその, て新聞現象

▼ 分類でき~ (2, 0.2%)

1 さうです, そうです

▼ 分類でなけれ~ (2, 0.2%)

2 ばならない

▼ 分類としては~ (2, 0.2%)

1 やはりここ, 不便である

▼ 分類なる~ (2, 0.2%)

1 ものが, ものも

▼ 分類にとって~ (2, 0.2%)

1 この分類原理, 最も重大

▼ 分類に従って~ (2, 0.2%)

1 主なる, 言うならば

▼ 分類への~ (2, 0.2%)

1 興味の, 関心を

▼ 分類出来る~ (2, 0.2%)

1 ので, ものかも

▼ 分類~ (2, 0.2%)

1 更に学問性, 科学的世界による

▼ 分類~ (2, 0.2%)

1 から見, に示す如くである

▼ 分類学的~ (2, 0.2%)

1 に区別, に簡単

▼ 分類概念~ (2, 0.2%)

1 の有, はこの

▼ 分類概念それ自身~ (2, 0.2%)

1 が自分の, に固有

▼ 分類目録~ (2, 0.2%)

1 があります, はつくれない

▼ 分類研究者~ (2, 0.2%)

2 の手

▼ 分類~ (2, 0.2%)

1 があるでしょう, の中

▼ 分類結晶~ (2, 0.2%)

2 して

▼ 分類~ (2, 0.2%)

1 から律し, を掲げ

▼ 分類記載~ (2, 0.2%)

1 の学問, ももとより

▼1* [83件]

分類かも知れぬが, 分類されうるに違い, 分類されなくなるような, 分類され得たにし, 分類され来っている, 分類しきたらば妖怪学上, 分類したならば哲学, 分類しますと三つ, 分類しもってキャンプ・ファイヤ, 分類し尽すことを, 分類し得その各々, 分類し過ぎてあまりに, 分類するなら第一, 分類せる七大罪, 分類せんことは, 分類だけでは, 分類だけにして, 分類であり今一つは, 分類であろうためには, 分類でないように, 分類でなくて修辞的, 分類といふ方法は, 分類としての課題は, 分類とを承認すれ, 分類などで律しようと, 分類などはほとんど出来, 分類などを知らなかった, 分類においてディオニュシオスと, 分類においてもこの針状結晶, 分類についてさう, 分類につき一一論じ, 分類にまで及んだ近時, 分類によつてゐる, 分類による天文だけに, 分類によるからである, 分類によるに左の, 分類に関しては神話学者は, 分類に関することで, 分類のみに人間の, 分類ばかりでは, 分類へと移り行かなければ, 分類よりもっと各, 分類らしい資格を, 分類をも直接に, 分類一般ではなく, 分類以前の筆蹟, 分類以外に出る, 分類体統を与える, 分類保存法は博士, 分類先生のごとく, 分類出来ないけれども新井白石, 分類分化は問題, 分類列擧した各種, 分類及びその名称, 分類名家絶句の事, 分類名家絶句等に其作, 分類名義及び其順序, 分類固有意識としての時間体験, 分類学上の赤ショウビン, 分類学問が学問以外, 分類専門の学者, 分類常識は時, 分類形式にまで, 分類整頓の習慣, 分類書エングラー監修のかの, 分類書目的の普通目録, 分類法著述の史的分類, 分類理論が学問意識, 分類発表して, 分類的論理の形式, 分類を観, 分類科学ね, 分類系列苦心サンタン妖怪を描きだし, 分類統計をもっ, 分類編纂したもの, 分類編輯したもの, 分類致しますと, 分類記載異同の識別等, 分類としての動機, 分類輯録したもの, 分類農村語彙にも一通り, 分類項目を変え, 分類1・2などはそれぞれ