青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「健~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

借金~ 値~ 倫理~ 倭文子~ ~偉い 偉い~ ~偉大 偉大~ ~停車場 停車場~
健~
健全~ ~健康 健康~ ~側 側~ ~偶然 偶然~ ~傍 傍~ 傍ら~

「健~」 1561, 15ppm, 7450位

▼ 健~ (326, 20.9%)

7 それを 6 目を 4 お母さんの, 平然として 3 だまって, 始めて, 目, 自分の

2 [33件] うれしくて, おばあさんの, がっかりした, しゃがんで, ものも, グイと, 両手を, 二階の, 何か, 何かの, 何十通の, 例の, 出か, 卓の, 呼んだ, 喙を, 夜な, 孝子の, 平生より, 待つて, 心の, 思つた, 急に, 朝から, 校長の, 横を, 烈しい調子, 然うし, 直ぐ其等, 立ちあがって, 自分より, 莞爾し, 言つた

1 [227件] あわてて, いかがな, いつでも, いつまで, いつもの, いまにも, いま目, うさぎの, うたてそうに, うちの, うれしかった, おじさんと, おちょぼ口を, おっさんの, おばあさんを, おばあさん家行く, お母さんが, かえってそれで, かしこいせ, かたくなっ, きまって, くるりと, ぐずま, けっきょく追い出される, こわばった顔, ごはんを, さっと両手, さも残念そう, しょぼしょぼと, じぶくれた顔, すやすやと, ずれそう, そういう, そう思った, そう考え, そっと克子, そのこと, そのそば, そのまま口, その当時, その時, その時ツ, その群, そろりそろりと, たまらなく眠かった, だまった, だまったまま, だんだん舌, だんだん面倒, ちょっとの, ちょっと頭, つきまわって, つねづね馬鹿, とうとう敵, ときどきお母さん, とびついて, とんきょう, どうしてた, どうしても汽船, どうにかし, なおも泣きだし, はじめてな, ばたばたと, ひょいと暗い, びっくりし, びっくりした, ふくれかえって, ほっとし, またおばあさん, またもと, また小鼻, まだ村, まるでダメ, めくら好き, もう片, もう目, もう馬鹿, もじもじした, もどかしがっ, やき物, やっきに, やっぱし黙っ, ゆっくりと, キヌが, ケが, ゴクリと, ハッキリそう思った, フトその, ムカムカした, 一ばん端っこの, 一人として, 不平で, 不機嫌に, 両方の, 両親に, 中座した, 二三日し, 云ふ, 人を, 今年徴兵検査だった, 今日の, 他愛なくなる, 伴に, 何した, 健なりの, 克ちゃんの, 再老女, 冷たく別, 出鱈目を, 分って, 初めてムカッムカッ, 力いっぱいの, 勢ひよくドン, 半分睡り, 又老女, 右の, 号令壇を, 向きなおって, 唾を, 四番です, 固い決心, 土だらけの, 塩鱒の, 変ったとこ, 大きくうなずい, 太郎と, 始めての, 嫌いな, 家に, 小きざみに, 小樽へ, 少しきまり, 帰りながら, 役場から, 後ろの, 後向きに, 得意に, 怒ってでも, 思った, 思わず引き入れられた, 恐ろしいほど, 恐ろしいよう, 情報や, 感じた, 旗よろいかぶ, 明日から, 昨日からの, 昵と, 暗がりの, 月給八円の, 月給八圓の, 村の, 棒切れが, 此頃は, 武田の, 歯を, 殊にそう思っ, 母親に, 泣きそう, 泣き声で, 泥足も, 淋しかった, 漠然と若い, 炉辺に, 然し今, 然し眠れなかった, 父親の, 玄関を, 玄關を, 由三に, 申しわけな, 畠から, 皮肉に, 眉を, 真剣な, 真顔に, 眤と, 眼を, 睡尻, 矢張り聞い, 知った, 稲の, 立ちどまり泣くの, 笑いながら, 笑いも, 箸を, 節の, 節を, 組みしかれ, 組合の, 結婚し, 耳まで, 背後の, 胸を, 腰を, 自分だけ, 自分で, 興奮を, 苦しかった, 草履を, 號令壇を, 見えんの, 見むき, 言葉が, 訳も, 誰にでも, 譯も, 赤ん坊の, 起き上った, 足を, 身体に, 身体中汗を, 軽く会釈, 輕く, 返事を, 阿部と, 隣り村, 集って, 雑草を, 離れて, 顔から, 飯を, 馬鹿じゃ, 馬鹿に, 駿三より, 鬼ごとを, 黙って

▼ 健~ (181, 11.6%)

9 前に 6 顔を 4 卓に, 受持の, 手を, 眼が, 頭を 3 方を, 耳に, 肩を, 顏を

2 [19件] うしろに, ぐずま, そばへ, ところへ, ように, 傍に, 其, 前へ, 好きな, 好人物と, 家, 恁, 方が, 月給は, 眼に, 筆を, 胸に, 顔は, 鼻の

1 [96件] いないとき, おどおどした, おばあさん家は, お母さんが, お母さんは, お父さんの, お父さんはな, ことが, ことじゃ, ことと, ことを, その態度, そばに, そばによって, はなしには, びりっこ, ほん好, も見えん, やうな, よごれた手, キャラメルほら, 上着を, 世界苦痛と, 両脇, 人とばかり, 人をも, 体で, 何処かに, 係, 其態度を, 危急を, 友達の, 取り入れて, 口まねで, 四股墨染の, 声は, 声を, 大量販売は, 家と, 家を, 幕営へ, 影法師を, 悲鳴が, 意氣を以て, 態度との, 手, 手に, 方へ, 旅に, 最後を, 本読みも, 本陣は, 机である, 村の, 残した小太郎, 段珍重に, 母親は, 母親も, 毎日の, 気性は, 気持は, 氣性は, 泣き出したの, 洋服は, 烈しい気性, 烈しい氣性, 父は, 目つきも, 目の, 目を, 眼を, 着が, 着類の, 筆に, 素質と, 美的精神の, 肩から, 背中へ, 苦戦を, 言い分も, 言い分を, 話を, 身の上が, 部分的な, 間近へ, 隣りで話して, 青っぽい上着, 頭より, 顏に, 顏は, 顔に, 顔や, 顔色を, 風着実の, 首までも, 馬鹿くそ

▼ 健ちゃん~ (92, 5.9%)

2 の遊び, は, も徳ちゃん

1 [86件] から水, から貰う, がいいました, がきました, がころげた, がさも, がそろそろ, がふしぎ, がウマウマ, がペス, が大きく, が大きな, が応える, が硝子戸, が答えました, が蛙, が負けよったら, が雨, ぐらいになれ, さよなら, だってそうそう, であったと, とつみショーギ, とは十六, と喧嘩ごろ, と手, と武ちゃん, と物, と返事, なんざ, なんぞの読む, なんぞは顔, にはまことに, には大きい, には文具, に一応, に上野あたり, に何, に御馳走, に訊きました, に話, のうち, のお母さん, のところ, のほか, のよう, の勉強部屋, の宅, の家, の方, の肩, の見, はいい, はこの, はたしか, はときどき, はびっくり, は何, は好い, は学校, は小僧さん, は慥か七赤, は戦争, は手, は来, は泣き, は煤けた, は空箱, は立派, は素, は赤ちゃん, また来い, までが, もいいました, もうこれ, もうせんの, もさ, も帰り, も手伝っ, も知ってる, や, よその, よまた, 待って, 知ってる, 遊ばんか

▼ 健~ (76, 4.9%)

2 一人で, 一箇年だけで, 到頭古, 友人扱ひ, 四月に, 家へ, 平生人に, 月末の, 校長の, 殊更校長

1 [56件] ある, いっしょでない, いつも自分, おばあさんの, ここに, そのこと, だまった, どんなに小作, ならび左側, にこにこし, めくらじゃったらどう, めくらに, もまれながら, やっきに, キヌの, ジリジリした, ボーナスの, ムキになって, 云いかけたの, 云いかけると, 云った, 云つた, 伴の, 來る, 兄に, 入つて, 入つて來, 出て, 唇を, 国森君と, 声高に, 岡山で, 廻って, 待っちょろ, 思い出して, 手紙を, 持つて, 捨石の, 昔の, 来た, 死んだ時, 殺されたが, 毎朝元気な, 泣き出した, 納屋から, 聲高に, 自分に, 自分の, 行くと, 裏で, 見舞うて, 遅く帰っ, 道歩きよって, 郡視学などと, 郡視學などと, 阿部に

▼ 健~ (61, 3.9%)

4 の胸 3 の前 2 の手, の眼, の頭

1 [48件] から聴きたい, とは異, にくれる, にこんな, にはどこ, には何より, には全く, には分らなかった, には妻, には手, には甚だ, には禁じられ, には空, によく, に与えなかった, に会釈, に伝えた, に向っ, に意識, に比べる, に見せ, に解らない, に訊いた, に話し, に話した, に賀状, に遣る, に頼んだ, の一部分, の世話, の予期, の体, の兄, の口, の実父, の座敷, の心, の戸籍, の方, の気, の注意, の無作法, の生家, の耳, の自然, の記憶, の身の上, の顔

▼ 健~ (54, 3.5%)

4 して 2 なり前, 挨拶した, 薦めたが, 金を

1 [42件] うなずきながら, かえって, かわって, しみじみした, すという, つりこまれて, なって, 丈の, 上げるんで, 云うのに, 云った, 係らず候, 候と, 宛てて, 御奉公, 思つた, 憎いほど, 手紙来とる, 描き流した物, 敏い感情, 春信の, 書かれて, 来合わせて, 楽しく生活, 泣きついた, 滑稽なる, 眠りよく, 立ちむかいその, 笑いかけた, 約一万, 肥立乳汁も, 育ちかけた青年, 脚迅く, 膝を, 貫徹する, 起きて, 追いついて, 過したこと, 長生する, 面会なし, 頬っ, 首を

▼ 健~ (47, 3.0%)

1 [47件] がいきなり, がいる, がおきたら参りましょう, がそう, がウマウマ, が余り, が力, が大きく, が田舎, が葉かげ, が誰, が顔, だと, という一人, とし, とタア坊, と云う, と四人, と遊び, に手紙, のパタパタ, の両親, の愛物, の昼臥, の父さん, はうち, はえらい, はすっかり, はねさっきわたし, はユデダコ, はワン, は安子, は思わず, は臆病, は陽気, は雪ちゃん, まで尻, もそう, ももう, も大, も歩い, よわむし, をつれ, をチャイ, を孫扱い, 大きくなった, 歩き出しましたって

▼ 健ちやん~ (42, 2.7%)

3 は周一 2 と一緒, は云

1 [35件] から水, が云, が後, が応, が硝子戸, が蛙, が雨, が駆出した, だつて, だのちいちやん, と一緒ならい, には解らない, には雀一羽, に訊きました, の手, の方, の肩, はす, はどう, はびつくり, はまだ, は傍, は嬉し, は学校, は急, は慎重, は憤慨, は泣き, は煤けた, は男の子, は空気銃, は空箱, は立ち止つた, は顔, もお父さん

▼ 健~ (33, 2.1%)

2 ものが

1 [31件] のが, ものさえ, ものだつた, アルゼリイ種の, エレン・ケイの, 主張の, 事よりは, 仮名の, 呼吸を, 唄の, 大壁画, 女で, 姥じゃ, 婦人に, 婦人改良論者である, 心臓と, 推移なら, 時は, 時代言語との, 歌が, 気象を, 気魄と, 眠に, 立派な, 筆で, 筆力を, 筆触は, 者も, 肉體と, 豊饒な, 身體では

▼ 健さん~ (32, 2.0%)

2 は庄太郎

1 [30件] お乳, が唯一人, が声, が知らせ, と, との仲, との前, と光子さん, と小母さん, に, に会, のお家, のこと, のもの, の傍, の姉さん, の方, は, はお済み, はこうした, は二階, は今日, は愛する, は手早く, は生, もたいへん, も光子さん, も殺人, を見た, 尚此他

▼ 健~ (29, 1.9%)

2 その事, それに

1 [25件] えっちら, おばあさんも, これだけは, そう聞く, それは, それを, だまったまま, ならんで, 云ふ, 何べん, 借金が, 勤めに, 大けに, 居た, 帰つて来た, 急いで, 手のひらの, 早よ, 生れて, 真剣に, 神戸い行く, 笑いながら, 自分の, 行こうか, 負けては

▼ 健~ (28, 1.8%)

3 なもの

1 [25件] から粗悪, そのもので, である, でなけりゃいけない, とかまた, と耐久, な, ならし, な一切, な代物, な創造, な力, な勤め口, な同時に, な品, な商店, な夫婦生活, な所, な新鮮, な民藝, な生長, な発達, な確か, な結婚, な進み

▼ 健~ (27, 1.7%)

3 克ちゃんと 2 代つて新入生, 孝子は

1 [20件] いふ, ちがって, つれだって, わしと, ツメショーギを, 七之助は, 云う男, 会うとき, 会えなくなった, 会飲だいぶ, 同居生活時代, 小学校が, 差向ひで初孫を, 河合二郎だった, 薛永は, 薫は, 見るや, 話す, 通ず, 駿三に

▼ 健~ (25, 1.6%)

1 [25件] でもあつ, な, なはなし, なる討死, なれど, な人達, な姿, な娘, な子供, な心持, な言葉, な青年達, な頼もしい, にもはた, にも人生, にも單身寸鐵, にも態度, にも氣持, にも自分, にも自活, に取り片づけ, に後家, に立ち上る, に言, の木

▼ 健~ (21, 1.3%)

3 見ると

1 [18件] うしろ向けに, なれた手つき, もって, やりこめようと, ゆすりあげた, 主将として, 小突きまわした, 引っかかえ, 強く抱きしめた, 抱いたまま, 殺した西中宗之助, 片田舍の, 片田舎の, 草履の, 見そして, 訪ねて, 訪ねる二時間, 迎えに

▼ 健ちゃ~ (20, 1.3%)

1 [20件] がこんな, が健ちゃ, だもの, どんなに難しく, のこと, は兵隊, は魔, ば見, みだいた模範青年, も出る, も知っ, 俺あれだ, 健ちゃ, 健ッたら, 分るべ, 少し相談, 徴兵よかっ, 武田の, 阿部さん好き, 青年同盟だ

▼ 健~ (17, 1.1%)

4 するの 3 して 1 した, したる老, し宇宙, し樂觀, するに, の, のポリュポイテース球, の子, を一心に, を敢

▼ 健なる~ (16, 1.0%)

2 ものは

1 [14件] こと鷲の, その五体, には非, は雅健, ものが, ものに, もの折れ, 弁舌を, 心を, 慶喜も, 梅花積雪を, 神の, 薩摩隼人の, 角を

▼ 健には~ (16, 1.0%)

2 それは, 些とも, 同僚と, 妻子の 1 それが, ぞんざいな, キヌの, グッと, 存在な, 思われた, 目も, 見向きも

▼ 健~ (16, 1.0%)

3 ありがたう 2 健よ

1 [11件] あの蒸汽, おもちゃあげる, お前も, こらえて, ごはん食べん, はい来い, オ, 合掌, 平安であれ, 悲しまないで, 許して

▼ 健~ (14, 0.9%)

2 で, に 1 かの, でいらし, でお, でなに, で相州横須賀, ならず, にお, また政務, また諸侯, を祈ります

▼ 健~ (11, 0.7%)

1 [11件] のこの, の一家, の通っ, は, はそれ, は一足先, は五六人藪入り前, は今度, は士官, は思わず, も思わず

▼ 健~ (10, 0.6%)

3 あつた 1 いらしつて, ほかに, わあわあ泣き, 何よりの, 毫も窘渋, 豪い人, 通ってる大者

▼ 健~ (9, 0.6%)

1 が, がこう, が説明, だから, だの, の家, の招待, はどうしても, は李挺

▼ 健斎老~ (9, 0.6%)

1 が, がこれ, が道庵, が道庵先生, でもう, と会見, の取持ち, の方, を啓発

▼ 健~ (9, 0.6%)

1 がくり抜かれ, が痛み出した, と変り, に対する刺戟, に移ります, もことに, をさらけ出し, をさらけ出す, を助ける

▼ 健たち~ (8, 0.5%)

2 のお父さん 1 が五人手, が通りすぎる, の居る, の村, はいつも, を家

▼ 健~ (8, 0.5%)

1 がその, が待つ, に勸め, の家族, の文学, の枕, の諸, を初代公使

▼ 健から~ (7, 0.4%)

1 のは, 書留ありがたう, 来信ありがたうありがたう, 着信, 聞くと, 詳しいこと, 電報為替が

▼ 健ちや~ (6, 0.4%)

1 ん, んねえ, んの, ん僕, ん眠つたの, ん見た

▼ 健~ (6, 0.4%)

2 の人 1 だから, に誇っ, のもの, の飛脚

▼ 健~ (5, 0.3%)

1 なる言い分, な奥さん, な女, な心, な産婦

▼ 健~ (5, 0.3%)

1 が前年, と命名, は前, も附い, を携え

▼ 健~ (4, 0.3%)

2 四月に 1 がい, 二宮や

▼ 健五郎~ (4, 0.3%)

1 ちうて, はこの, は死んでし, ば置い

▼ 健克ちゃん~ (4, 0.3%)

1 がいつも, がなあ赤い, がなお母さん, が待っち

▼ 健~ (4, 0.3%)

1 に堪えなかった, に堪へず, の府と, の至り

▼ 健~ (4, 0.3%)

2 固腸丸 1 のため, の人

▼ 健~ (4, 0.3%)

1 あり, が金屏風, に敵し得べき, を以て詳密

▼ 健~ (3, 0.2%)

1 児の, 胸に, 馬は

▼ 健~ (3, 0.2%)

1 が多い, はまた, を見ん

▼ 健ちゃんたち~ (3, 0.2%)

1 がさっき, は大変, 久しく行かなかった

▼ 健どう~ (3, 0.2%)

2 したん 1 する

▼ 健よりも~ (3, 0.2%)

1 はるかに, 弱い, 歯を

▼ 健一少年~ (3, 0.2%)

1 は必死, は誰, もまるで

▼ 健~ (3, 0.2%)

1 には正念, に呼びかけた, の顔

▼ 健~ (3, 0.2%)

1 ぞ倦まず, な日蓮, の腕

▼ 健~ (3, 0.2%)

1 と消化, の境界, を問う

▼ 健~ (3, 0.2%)

1 ならば, な生活, な生活ぶり

▼ 健~ (3, 0.2%)

1 君が, 君は, 氏は

▼ 健闥婆~ (3, 0.2%)

1 は鬼神, も亦, も人

▼ 健おばあさん家~ (2, 0.1%)

2 で待っ

▼ 健~ (2, 0.1%)

2 く常

▼ 健ちゃんおとうさん~ (2, 0.1%)

1 かえって来, がかえって

▼ 健ちゃんキャラメル~ (2, 0.1%)

1 で, 取りひとり

▼ 健でない~ (2, 0.1%)

2 にした

▼ 健との~ (2, 0.1%)

2 妙な

▼ 健ひとり~ (2, 0.1%)

1 でおり, で取る

▼ 健~ (2, 0.1%)

1 手紙, 手紙を

▼ 健ほん~ (2, 0.1%)

1 なおばあさん家, 好かん

▼ 健やけき~ (2, 0.1%)

1 わが肉体, アカデミーの

▼ 健より~ (2, 0.1%)

1 先き, 足の

▼ 健~ (2, 0.1%)

1 たら, もう二日我慢

▼ 健~ (2, 0.1%)

1 の手, の邪魔

▼ 健一人~ (2, 0.1%)

1 だけで, で帰

▼ 健三自身~ (2, 0.1%)

1 の口, も心

▼ 健先生~ (2, 0.1%)

1 が万葉集, の万葉講義

▼ 健~ (2, 0.1%)

1 も何時の間に, を秀吉

▼ 健坊たち~ (2, 0.1%)

1 がしきりに, は千葉

▼ 健~ (2, 0.1%)

1 けになったら, 正也

▼ 健~ (2, 0.1%)

1 の死後六年, みまかりて後

▼ 健女今~ (2, 0.1%)

2 とし

▼ 健~ (2, 0.1%)

1 せる蘭軒, を見

▼ 健~ (2, 0.1%)

1 にくされ, にくされいいよん

▼ 健~ (2, 0.1%)

1 奮戦大, 賀豆智

▼ 健斎君~ (2, 0.1%)

1 であること, といっ

▼ 健斎国手~ (2, 0.1%)

1 がつれ, も

▼ 健泣かん~ (2, 0.1%)

1 と待っ, と待っち

▼ 健磐龍命~ (2, 0.1%)

1 とは同じ, と云

▼ 健~ (2, 0.1%)

1 でした, ですか

▼ 健自身~ (2, 0.1%)

2 も別段

▼ 健~ (2, 0.1%)

2

▼ 健行君~ (2, 0.1%)

1 がい, に導かれ

▼1* [171件]

えらかったなあ, 健土産買う, 健おお重たいぞ, 健お正月が来, 健お母さんがこぼした, 健かしこいせにな, 健からの手紙は, 健からは何ともいつ, 健くさい菜ほん好, 健ぐずまちがうほんな駆けっ, 健げさで心, 健これもお話, 健さえ乱軍の, 健さんかいの健さん, 健さん何処に行, 健さん光子さんその次, 健て崩, 健じっとしとりよ, 健じゃって歯が, 健そして人望も, 健そのものであって, 健そんなに神戸い行きたい, 健といつ, 健だけが大きな溜息, 健だけは横顔を, 健だってそれは, 健ちゃんあれだから, 健ちゃんお父さんは, 健ちゃんきまりがわるい, 健ちゃんこのごろ少し遊びだした, 健ちゃんこのごろおまわりさんよくあそん, 健ちゃんこれなア, 健ちゃんそれキャラメルあげよさあ, 健ちゃんところにも遊び, 健ちゃんサイタサイタウメノハナガサイタで, 健ちゃん一遍軽井沢で蕎麦, 健ちゃん健ちゃんや, 健ちゃん御前さんが帰っ, 健ちゃん桜ばっかしいうん, 健ちゃん梅の花, 健ちゃん気いつけんせに, 健ちゃん英語がよめる, 健ちゃん馬鹿なあ, 健ちゃん鬼んなっ, 健ちやんたちがさつき, 健アんも, 健直したクロパトキン, 健であったがただ, 健であるがその, 健であれば俗健, 健でいらっしゃる時に, 健でございますよ, 健ではあるが, 健ということである, 健といふことで, 健とかいふのも, 健とに身心を, 健とは不思議に, 健とも話したン, 健などとの会見が, 健なども見舞に, 健なり康なり, 健なりの愛情で, 健なれとそれ, 健なんて十錢も, 健にて念仏の, 健にも分る, 健はばあやん, 健ほたって草履, 健までが元気を, 健まどかにて, 健めくら良いか, 健やんが云, 健らしく成らうとは思ひ, 健ら男や片恋, 健ら男なほ恋ひに, 健をもふくめての, 健キャラメルあげるいうても, 健一一人行って, 健一燿子の父親, 健一等ちがわい太郎, 健三三歳のみぎり養子, 健三離縁本籍と引替, 健健に, 健主義へのキッカケ, 健二等と見舞, 健は目, 健は即ち, 健来り十円タカ, 健六瀬木本雄諸氏の出迎え, 健卒たちへむかい, 健卒五十名はすぐ, 健卿万延元年幕府に召され, 健識無心勝有心, 健吉ちやんも氣, 健坊づれ私といね, 健坊小池君っていい, 健坊御前本当は誰, 健坊椽の下, 健を勧め, 健奔快飛するも, 健女子専門学校に入学, 健の鋤犂把, 健孫さんちがうがい, 健実にして, 健い帰, 健の与, 健山奉行への手紙, 健峭直にし, 健帰んでもお母さん, 健庵樣の御, 健を害し, 健後見として義景, 健御名方のご, 健心中平安喜楽其地之事者, 健放恣なる一家, 健斎上田の小島順貞, 健斎先生にもよく, 健斎先生これでお, 健斎君君のところ, 健斎国手あとのは道庵先生, 健斎方へ引, 健斎道庵の両, 健明快の文章, 健の妙薬, 健曰くお前は相手, 健を読みよん, 健村瀬幸子等の名, 健来訪或は最後, 健のこと, 健棒症だか, 健が母親, 健氏水上瀧太郎氏等の文学, 健民運動として官民一体, 健の山内容堂, 健男児は無, 健男子とか云, 健の人, 健磊落なりと, 健神戸い行くん, 健の段, 健結局座員に百五十円, 健者そうで何より, 健胃劑とは雜草同士, 健胃法だの, 健な読者, 健脳丸を呑ん, 健腕直筆の心, 健花木晨榮子と云, 健蒼勁の極, 健蕭譲金大堅ら, 健としてゐた, 健行かんわい, 健行きたい行きたいんで, 健の功それ, 健言書ニ国躰を一定, 健と寝るん, 健調なる, 健世討伐する, 健趣味を満足, 健通渓早死に付跡目, 健達婆式結婚法に相, 健闊達に対して後者, 健陀羅国人問答師の作, 健雄大な景趣, 健面鈴木伝明英百合子君らがいた, 健食堂で, 健に鞭, 健駿三という八才, 健らしく見せかけて, 健鬪最中でさらでだに