青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「停車場~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

借り~ 借金~ 値~ 倫理~ 倭文子~ ~偉い 偉い~ ~偉大 偉大~ ~停車場
停車場~
健~ 健全~ ~健康 健康~ ~側 側~ ~偶然 偶然~ ~傍 傍~

「停車場~」 2508, 24ppm, 4824位

▼ 停車場~ (493, 19.7%)

28 方へ 16 前の 14 ある町 8 構内に 7 前には 6 前で, 方で 5 前に, 方を, 構内を 4 しるしの, 外へ, 待合室に, 方から, 方に, 構内で

3 [13件] ある, ほうへ, 中へ, 人ごみの, 入口に, 大時計, 廣場に, 方へと, 方角へ, 構内には, 灯が, 裏の, 近くで

2 [35件] あかりが, あたりは, すぐ前, そばに, ほとりに, プラットフォームで, プラットホームの, 傍の, 出口から, 出口の, 前まで, 前を, 南に, 右も, 名は, 告知板に, 地図に, 姿を, 屋根の, 広場は, 建物も, 待合所の, 改札口の, 方角が, 構内から, 正面の, 混雑した, 混雑の, 石段の, 石段を, 裏手の, 趣味, 近くの, 近くを, 風致までを

1 [260件] あたりまで, あつた, あとへ, あの高い, あること, あるの, ある処, ある所, ある村, ある谷底, ある里, くすぶった車庫, ことなどが, ことなんか, ことを, すぐ脇, すこし先, そとで, そのころ, たたきを, ちかくで, ちかくに, できるの, とある旅館, ところに, ともし灯, なかほど, はばかりみたい, ひろばで, よう, ような, わきには, カフエーへ, ガードを, サンドウヰツチの, ブリッジを, プラットフォウムにも, プラットフォオムに, プラットフォームから, プラットフォームには, プラットホームでも, プラットホームに, プラットホームや, プラツトフオオムを, プラツトフオームまで, プラトフオムを, ベンチが, ベンチで, ベンチに, ランプの, レストーランへ, 一れつの, 一号プラット, 一方の, 一番よい, 一隅などで, 三角標泉水や, 上の, 中から, 中からも, 中に, 中の, 中へは, 人が, 人に, 付近に, 位置も, 位置変更などで, 佗しい, 便所には, 側まで, 傍に, 傍には, 傍より, 光りに, 光景が, 光景を, 入り口の, 入口である, 入口まで, 六番の, 内で, 内へ, 円屋根を, 出はずれに, 出口あたりで, 出口で, 出口に, 出口にあたって, 出口には, 出口を, 出来たため, 切符を, 到る処, 前あたり, 前にて, 前へ, 前より, 前方の, 前通り, 前通り四五町, 加茂から, 助役さんの, 北に, 十時五十分発上りに, 名が, 名も, 名を, 名前は, 名残である, 向う側は, 向ふ, 周囲に, 周囲の, 四方に, 壁へ, 外に, 多くなっ, 夜の, 大きい時計, 婆さんの, 小さいの, 少し南, 屋根と, 屋根は, 崖ばらなどに, 広場で, 広場へ, 広小路, 床の, 廊下に, 廣場の, 廣場へ, 建札も, 建物を, 待合で, 待合に, 待合室そっくり, 待合室と, 待合室には, 待合室の, 待合室は, 待合室へ, 待合室や, 待合所で, 待合所に, 待合路側の, 後の, 後は, 感情が, 掘割は, 接吻, 掲示から, 改札口と, 改札口を, 敷地に, 敷石の, 新築開き, 新設された, 方にあたって, 方へといった, 方へは, 方まで, 方も, 方より, 方をば, 方向に, 旅舎や, 明かりで, 明りが, 時計で, 時計とまれり, 時計は, 時計を, 時計六時を, 時間表を, 暗闇で, 朽ちた柱, 村へ, 来るの, 東口へ, 柱によって, 柱時計と, 柵内には, 柵沿いに, 案内札に, 棚に, 構内, 構内と, 構内は, 構内よりも, 構外へ, 横丁で, 横手に, 機關車が, 歩廊の, 汽笛その他様々な, 注意の, 灯火を, 灯薄暗い, 燻ぶつた, 片すみに, 物売り場肉饅頭焙, 町に, 直ぐ前, 直ぐ脇, 真中に, 石段には, 石階を, 硝子窓が, 窓から, 端れ, 笛太鼓大きな, 線路は, 茶店に, 薄暗い待合室, 裏側から, 裏手なる, 裏手に, 西十町ばかり, 西口で, 設置を, 賣店, 赤い柱, 赤や, 跡が, 踏切でが, 車夫と, 車夫に, 軒続きに, 辺まで, 近くに, 近くへ, 近くまで, 近所だった, 近所の, 近辺と, 道には, 酒場で, 鈴溝の, 間で, 間には, 附近に, 附近にも, 附近へ, 雑沓で, 雑沓の, 雨に, 雪構ひした, 電光が, 電燈の, 静かな, 食堂には, 食堂の, 駅夫に, 駅長かなんかの, 駅長は, 驛夫に, 驛札等に, 黒いさく

▼ 停車場~ (349, 13.9%)

9 着いた 8 行って, 迎えに 6 来て 5 着くと, 行った 4 向った, 急いで, 戻って, 来ると, 着いた時, 着いて, 行くの, 見送りに, 送って 3 ゆくと, 急いだ, 着いたの, 行つた

2 [20件] いって, ついた, つくと, なり来て, 上京し, 入って, 出て, 出掛けた, 出迎えた婦人連, 引き返して, 拳銃御, 来たの, 着くまでには, 行く途中, 迎いに, 連れて, 降りて, 降りる, 集合する, 驅け

1 [220件] いそいだの, おりたの, お出迎, かけつけた, かけつけたとき, かけつけたわたしら, かけつけて, かけつけました, かけつけ苦悶, かけ附けると, ついたの, ついた時, ついて, つきました, つくなり, とまって, はいって, はいりかけたとたん, はいると, はき出された青年男女, ぶつかった時, まだ真暗, むかえに, もう行ってる, もどった, もどって, もどろうと, やって, ゆきつつ, ゆっくり石段, わたくしを, わたし等二人は, 一緒に, 七八里も, 下りた, 下りた旅客, 下りて, 下りる, 下車した, 乗って, 乗りつけた, 二百人近くも, 人が, 來た, 俥を, 停車く, 入った時, 兵隊さんを, 出かけた, 出かけて, 出かけました, 出かけよう, 出た, 出ながら, 出る, 出ること, 出る地下電車, 出る途中, 出張し, 出掛けて, 出掛けるよう, 出迎, 出迎い, 出迎えた, 出迎えて, 出迎えに, 出迎えを, 参りました, 向いて, 向いに, 向かう途中, 向かって, 向けて, 向って, 向つて, 宛て受信人, 寄越して, 小包を, 届けて, 帰ったころ, 帰って, 座席の, 廻つて其処から, 往く自動車, 往った, 往つたツて, 待たせて, 急がした, 急がねば, 急ぐ, 急ぐとちゅうで, 急ぐの, 急ぐ自動車, 急ぐ途中種々, 戻った, 押懸ける, 敬二郎を, 曳いて, 来た為, 来ないとは, 来なかった, 来ました, 来ますと, 来る, 来ること, 止ったとき, 止まった, 歩いたが, 歩み入った, 汽車が, 片足辿りついた, 独遺される, 直行した, 着いたが, 着いたといふ, 着いたので, 着いたやう, 着いたよう, 着いた頃, 着きました, 着きますから, 着くが, 着くまでの, 着く前, 着く度, 私と, 私を, 突然彼, 立つとき, 綾子の, 聞き合せに, 自動車で, 茶を, 荷物と, 行かう, 行かなかったので, 行かなければ, 行きたがった, 行きましたよ, 行き三, 行き列車到着, 行き町, 行き行き, 行く, 行くため, 行くと, 行くまで, 行くよう, 行くらしいふたり, 行く人気, 行く場合, 行く様, 行く男, 行く道, 行けないこと, 行けば, 行こうと, 行こうとして, 行ってからも, 行っても, 行つた方が, 行つた時そこで, 行つて君の, 行つて居た, 行つて見ました, 見えましたので, 見送つた姉, 赴いた, 赴いたの, 赴かんと, 赴きぬ, 赴く途中, 車で, 車を, 迎へに, 送った, 送つて行, 送つて行つて, 送りに, 送りも, 這入る五六間手間, 通じる堤下, 通ずる並木道, 通勤し, 遊びに, 運ばせる事, 運ばれ最後, 運んだの, 運んで, 達するには, 降りかけた, 降りさえ, 降りた, 降りたこと, 降りたは, 降りた時, 降りるお客様, 降り居, 集って, 電話し, 電話で, 電車が, 預けて, 飛ばしたの, 飛んで, 馬車に, 馬車を, 馳せ附けたが, 駆けつけそれから, 駆けつけた, 駆けつけちょうど, 駆けつけました, 駆けつけ八時四十何分, 駆け出した, 駆け着けて, 駆つけると, 駈けつけた, 駈けつける, 駈けつけ切符, 駈つけて

▼ 停車場~ (296, 11.8%)

13 着いた 10 着くと 5 着いて 4 下りた, 来て, 着きました, 降りると 3 入ると, 出て, 出迎えて, 来た, 着いたの, 着いてから

2 [23件] いって, なって, 下りたの, 下りると, 停まる, 別を, 到着した, 待って, 着く, 着く頃, 至る, 至れば, 著いた, 行く, 行つた下男と, 辿り着いた, 迎へに, 近づいて, 近づけば, 送って, 通ふ, 附属し, 降りた

1 [188件] あり, ある人間大, いた筈, います, お幾, かけつけたり, かけつけて, かけつけ亭主, かけつけ駅員, かけて, さらして, しばらく考え, しばらく考へ, つ, ついたばかりの, ついた時, ついた頃, つれて, とまった, とまりました, とめて, なった名高い, なつて, なるさ, ゆく車, ゆく道, ゐた学校帰り, トランクが, 一つは, 一人残った, 一月二十三日の, 三度も, 下りた時, 下りても, 下りるまで, 下車し, 乗りつけて, 人を, 今この, 今とまった, 來た, 來て, 來る, 停って, 停まって, 働くこと, 入る, 入るからな, 凱旋軍隊を, 出かけて, 出で, 出迎, 初めて売店, 別れて, 到着しかけた, 労農政府の, 勤めて, 十一日の, 参つてゐます, 向う, 向ったの, 向つた, 和気, 売店という, 夜寒の, 姿を, 尻ごみし, 居た老人, 居殘, 帰つて来た, 常子を, 座席劵一つだけ, 引き返した, 張り込んで, 彼を, 往った, 待たせおく筈, 待つて, 急いだ, 急ぎゆきけん, 戻つて來, 戻り家, 持って, 文太郎を, 於けるアマヌル・ハン, 於ける別離, 日本人が, 来た時, 来ぬ, 来ると, 来るまで, 架けた筧, 止まって, 止宿し, 残って, 殺人犯の, 殺到し, 氏家さんの, 汽車が, 沢井の, 滑り込んでも, 演劇が, 炭火を, 皆し, 着いたあの, 着いたころ, 着いたとき, 着いたところ, 着いた時, 着いてからは, 着きかける頃, 着きけるに, 着きその, 着くから, 着くごと, 着くという, 着くとの, 着くの, 着くや, 着く少し, 着く時, 着く荷物, 着する自分ら, 磁石を, 私を, 突き当って, 立つて, 紛れ込んで, 置いて, 腰かけて, 至つて驚く, 至り再会, 至り茶店, 舞台が, 行き私たち, 行くに, 行く途中, 行く間幾度, 行った, 行って, 行つた時には, 行つてそこで, 行つて汽車を, 行つて見た, 行つて駅夫を, 行つて驛夫を, 見送つた, 見送りに, 詰めて, 車を, 迎えて, 迎えに, 近いため, 近い宿屋, 近い桑畑, 近い町, 近い英国教会, 近い裏町, 近い雪子, 近くなりました, 近づいた, 近づいたころ, 近づいた汽車, 送つた, 送つて, 這入った, 連れて, 達する, 達すれば, 達せざるうち, 附属する, 降りても, 降りました, 降りれば, 降り立ったの, 降り立った時, 集った, 集りそれ, 集合し, 電車が, 飛込みざま切符を, 駆けつけた, 駆け付ける, 駈けつくれば, 駈けつけやつ, 駈けつけると, 駈け込んだ, 駈け込んだ人

▼ 停車場まで~ (190, 7.6%)

23 送って 7 送つて 6 迎えに 5 見送って 4 来ると, 行って, 送りに 3 一緒に, 来て, 歩いて, 行くの, 行った, 見送りに, 迎ひ, 随い

2 [13件] ついて, 出迎えに, 帰って, 持って, 歩いた, 用足しに, 私達を, 行きさ, 行くこと, 見送らせること, 送ったもの, 連れて, 酒を

1 [87件] あったの, お見送り, お送りする, きつく顔, ついて行った, ゆきましたが, わざ, イヤ此の, 一帶の, 一日おくれ, 一里の, 下つて, 乗った, 乗って, 二十分とは, 二里馬車の, 人車を, 使に, 元來, 兄上, 六哩も, 出掛けて, 出掛けること, 出迎い, 出迎えし, 別れを, 北さんを, 十五分ばかりと, 半里程, 夜遅く, 妻子を, 姉ちやんを, 姪を, 寄す事を, 山本さんを, 岸本を, 帰路を, 平岡の, 廻したかも, 廻しますのに, 彼の, 往復する, 後を, 徒歩し, 持ち出して, 持ち堪えて, 曲馬団の, 様子を, 汽車に, 無言の, 父に, 父を, 牽いて, 着て, 私は, 私を, 自動車で, 自転車に, 落延びて, 行かうと, 行かねば, 行き見届けて, 行き馬車, 行くん, 行つてそこから, 見送つた, 見送つて, 見送の, 見送られたという, 見送りにと, 見送る, 走るん, 迎へに, 送つて行, 送つて行つて來, 送られた, 送られて, 送りました, 送りましょう, 送ると, 送るとて, 送ろうと, 運びそこ, 運んだとも, 運んで, 駈けつけし, 駈けつけましたが

▼ 停車場から~ (185, 7.4%)

5 汽車に 3 すぐに, 出て, 帰って, 町の

2 [16件] さう遠く, その奥, やはり鞄, ロダン先生を, 三里余りも, 人力車に, 出発した, 原の, 宿屋まで, 聞えて, 自動車で, 荷物を, 運ばれて, 遠くない, 鋭い汽笛, 鐸の

1 [136件] いきなり頭上, おれたちが, かなり遠く, ここへ, ここまで, この会場, すぐ旅館, すぐ電車, ただまつ, はせさんじました, ひとり東北の, ほかへ, また出, また田舎, まっすぐ恩師倉田由之先生, まつすぐ, カリンポンまで, ガラ, サンドヰツチでも, タクシーで, ダンリーという, ナオミの, ピーと, ボーツといふ, マーゲート行の, ローマ字会へ, 一息に, 一里以上も, 一里半も, 一里半程在の, 一露里の, 七八町奥に, 三里の, 上長者町御所鴨川それに, 下車し, 乗った俥, 乗って, 乗りましたネ, 乗車, 乘車, 二三町足らずの, 二十里も, 五キロほど, 五六町も, 伊吹山頂海抜一三七七メートルの, 伴って, 俥で, 俥を, 倫敦行きの, 僅かの, 六七町ほどの, 凡そ二哩半の, 出た一群, 出ても, 出られず困惑, 出ると, 割合に, 十四哩ほど, 十町も, 半道ばかり, 取って, 各温泉場, 吐き出されるの, 向うへ, 向う岸に, 四人詰ばかりの, 境まで, 外に, 大きな粗い, 女の, 小一町, 少しゆく, 少し上流, 山の, 山寄りの, 岸本は, 左寄りの, 市中へ, 帰国の, 幾條もの, 引返さうそれ, 我等の, 数十分で, 旅館へ, 曾根の, 村の, 村までの, 来たの, 来た人, 来る途中, 東京行の, 東海道の, 此処まで, 此方は, 毎朝新宿まで, 汽車で, 汽車にの, 海岸まで, 海浜旅館へ, 湯屋の, 溢れ出て, 独りで, 田越橋の, 畑道を, 療養院まで, 発車した, 登りに, 百メートルばかりの, 目も, 直ぐに, 直ぐ手荷物, 直送した, 真すぐ, 真直あがった, 真直ぐに, 碌に, 秀子に, 突通しの, 自分だけ, 街道へ, 買って, 近いこと, 送つた男, 連絡し, 重い背嚢, 鉄道管理局あてに, 闘牛場までは, 降りたでは, 降りて, 電車で, 震えながら, 飛出した私, 馬車は, 馬車を, 馳けっこ, 鴨川越に

▼ 停車場~ (178, 7.1%)

3 汽車から, 汽車の, 汽車を, 電車を 2 おまえと, グヰンを, 下車し, 交換した, 他の, 見かけたの, 見た時, 鎚音高く, 降りた

1 [148件] いきなり私, いろいろと, お島, お待ち下さいませ, この元気, すでに汽車, そっと降り, その子供, その腹, でかでかと, なぐ中新田停車場, のった三人, ひと目見た, ぼくの, まごついて, また汽車, よく売っ, わかれ藤原威夫, アンナ・セルゲーヴナを, インディアンの, オリヴィエは, クリストフは, ケルン行の, サンドウィッチを, トランクを, ニシパの, ハンブルグ行きの, パリへ, ベルが, ボンヤリ汽車を, 一旦汽車, 一時間汽車ば, 一杯やった, 一緒に, 一行を, 三時間あるいは, 下りた時, 下りて, 下りますの, 二人を, 二人連れの, 二十分位ゐ, 二時間ほども, 五銭の, 人々が, 休刊し, 会つてすぐ, 体ぢゅう撒かれた, 何の, 何心なく, 偶然一人の, 偶然修吉は, 偶然遭つた, 兄さんに, 出会った時, 出合うはず, 出逢った娘, 出逢った話, 出逢つた娘, 分れたぎり兄, 列車が, 初めて踊る, 別れたばかりの, 別れた茅野さん, 別れて, 別れてから, 合ふ, 君が, 坊主に, 売って, 売るお茶, 奢って, 妙義の, 子供に, 岩城さんと, 巡査に, 引返しなさい, 彼の, 彼女は, 彼等は, 待ちましたよ, 待ち合はせよう, 待ち合はせる, 待ち合わせる約束, 待って, 待つこと, 待つより, 待合さう, 御一緒, 思案した, 急行券売場の, 手提袋を, 手真似が, 挙げられて, 政治家の, 時の, 最後に, 次の, 此処で, 母が, 汽車へ, 消え失せたの, 淹れた, 田圃道を, 男女の, 白ペンキ塗の, 直樹に, 省線電車を, 秀子に, 私は, 私達は, 窓から, 紛失した, 細君に, 美しい女, 群集の, 若いロシヤ, 荷物を, 落ち合う手筈, 落ち合って, 落合つたことから, 藤田君夫妻に, 見かけた一行, 見たの, 見た事, 見なれて, 見るよう, 見送りの, 訊いたら上野, 読んでは, 警官に, 負傷兵を, 買ったの, 買った五加棒, 買った弁当, 買つたのだ, 買つたパリの, 赤シャツと, 車を, 辨當や, 退屈した, 野々宮は, 釣錢と, 銭で, 間を, 降ろされると, 驛, 高瀬と

▼ 停車場~ (168, 6.7%)

16 出ると 14 出て 5 出た 4 出でて, 指して 3 通過する, 過ぎて, 離れて 2 ながめる, 七つばかり, 下りると, 出た時, 汽車が, 見ると, 離れた, 離れましたの

1 [100件] おりて, さして歩いた, さして歩きだしました, たつ時, つくるが, つける, でた, ながめて, のぞいては, はずれるまで, はなれて, ひょいと出た, まはつ, むすびつける広場, めざして, もう汽車, もちながらも, やっつけて, やめて, 一足出ます, 三つばかり, 下りた処, 下りて, 下りるや, 中心として, 乗降する, 乘つ, 出たが, 出たところ, 出たばかり, 出た所, 出た直ぐわき, 出づる, 出で, 出でざるに, 出ようと, 出られる, 出ると共に, 出るや, 出る時, 出る時釣銭, 出んと, 出入する, 出発した, 出発しました, 出発すれ, 出辻馬車, 別れの, 前に, 占領した, 厳重に, 去った, 去つて行, 四ばかり, 建てて, 御通, 捜しあてて, 敬遠し, 更へた位殊に, 月の, 望んだ, 望んで, 気を, 汽車は, 浜屋の, 発したる地中海行特急, 発した汽車, 発して, 発って, 発ってから, 発つ朝, 発て約, 発足点として, 發車し, 目がけて, 目指す自身, 知らない生徒, 空しく探し, 立った, 立去って, 肱下りに, 見る, 見降した毛利邸, 越して, 辭し, 逃げ出して, 通った, 通つて丹波の, 通りかかると, 通り拔ける, 閉塞し, 間違いましてね, 間違えたん, 降りて, 離れてから, 離れると, 離れる時, 離れる蒸気, 飛び出そうかしらと, 駆け出して

▼ 停車場~ (122, 4.9%)

10 の広場 6 の茶店 3 の, の宿屋, の旅館, の茶屋 2 から大通り, でまた, にうどん屋, の情景, の松本, の荒物屋

1 [82件] からはその, から乘つて來, から古い, から市街, から御用邸, から突き出, から馬車, で別れた, で買った, で頼ん, など人通り, において学友, にて舟, には日頃懇意, に俥, に出, に列ん, に客待ち, に帰り, に懇意, に戻り, に旅宿, に旅籠屋, に自動車, に見られない, のいか屋, のたった, のつる, のほんの, のアカシヤ街道, のカッフェ, のカツフエ, のカフエー, のレストラン, の今, の休茶屋, の兄さん, の夜, の大通り, の太平旅館, の奉迎, の宝登山亭, の宮越屋旅店, の小さい, の小河屋, の広, の広い, の床屋, の店, の恐らく, の支店, の新しい, の時計屋, の池田屋, の油屋, の溜場, の理髪店, の百貨店, の石段, の空地, の自動車, の自動車屋, の薄汚い, の通, の郵便局, の閲兵, の陸橋, の駄菓子, はすぐ, へ出た, へ引越しまし, へ抜ける, へ来た, へ電話, もさう變, をさ, を横, を過ぎ, ホテル, ホテルから, 角若松の, 集合同

▼ 停車場~ (69, 2.8%)

2 あまり面白く, すぐに, その土地, 寂しく平地, 少しも, 極粗, 無暗に, 車窓から

1 [53件] こっちでした, すぐ知れた, ずっとあと, それあすこだ, それから, つい私, どこだった, ひどいもん, ひどく雑沓, まだそのままだ, もう一杯, もう秋, パリ市内へ, 乗降客で, 人の, 停ま, 停車場に, 到るところ, 割に靜, 北米合衆国の, 可也雑沓, 四十分停車驛だった, 国旗で, 土地その, 土地そのものの, 地方での, 大なる, 室蘭の, 富士なら, 建てられたり, 彼の, 恐ろしいみすぼらしい小さな, 成田の, 持てるだけ, 日の, 海に, 海岸の, 湖の, 灯に, 片側乗っ, 片側乘つて居る, 町端れ, 神威古潭駅と, 縁日の, 蘆葦人長の, 行人坂に, 西南の, 軌道の, 近い道のり, 銀行から, 雑沓を, 非常な, 餘程地の

▼ 停車場~ (53, 2.1%)

3 ずるずると, 出来ると 2 あって, あつて, ある, できました, 取りついて

1 [37件] あった, あらアな, あり, ありマザス, あるだけで, あるはず, くら暗, できて, もうすぐ向, ギラギラ光っ, サルペートリエールの, 一つある, 一つまた, 一瞬に, 出來, 出来たの, 出来たので, 出来たり, 出来て, 出来てから, 出来るそう, 出来るに, 好いだけ, 建ち停車場, 有りますから, 此所へ, 猛烈な, 私の, 自分にも, 見えた, 見える, 見えるかと, 設けられたの, 近くに, 近づいて, 開けたので, 雑踏した

▼ 停車場には~ (34, 1.4%)

2 その村, とまらないで, 朝鮮人の

1 [28件] いつた, いつもより, こういうところ, この偉大, どういう手筈, タフト氏の, 万歳が, 乗客が, 人が, 今電車, 伯林行きの, 先着の, 勿論誰, 宿屋の, 屹と, 日光帰りと, 早や, 時としては, 毎時間, 汽車を, 温泉の, 父を, 白官舎の, 若い駅長, 見送人, 赤布を, 農場の, 駅員の

▼ 停車場では~ (22, 0.9%)

1 [22件] あったが, お新, このごろ鉄の, この船, だれも, とんだ目, パンや, 二人は, 人から, 先刻のが, 入場券まで, 出征軍人の, 卒倒した, 掏摸が, 昨日から, 有りませんよ, 構内の, 蒼白い瓦斯燈, 逢わなかったよう, 降りる時, 電鈴が, 鞄や

▼ 停車場~ (19, 0.8%)

2 停車場の

1 [17件] いへば, その病院, その隣り, 乗合自動車の, 八幡前の, 同じやう, 国際劇場の, 己の, 幽霊塔との, 森本とを, 機関庫の, 無電局を, 言つても, 農家が, 通信を, 郵便局と, 銀行と

▼ 停車場~ (17, 0.7%)

4 から, ねえ, よ 1 からすぐ, か少し, つたと, ね, ねまた

▼ 停車場より~ (16, 0.6%)

2 汽車に

1 [14件] 予の, 二十餘町に, 僅, 出て, 各地に, 大津の, 始めて, 我が家までの, 波止場まで, 温泉へ, 程近き角, 路を, 車に, 馬車に

▼ 停車場~ (13, 0.5%)

3 三角標泉水や 1 そのまわり, 交通公社へ, 何か, 市場から, 市場で, 波止場に, 漁村や, 踏切へ, 近くの, 郊外電車起点へ

▼ 停車場近く~ (13, 0.5%)

1 [13件] であつ, で見た, なった頃, にいらっしゃる, の国境通過, の或, の神社, の誰, の青巒亭, へ出た, まで戻り, 向う上り, 成ると

▼ 停車場附近~ (13, 0.5%)

1 [13件] であるが, でその, で人力車夫, で鉄道自殺, にも一種, に日本人, に湖北村大字中峠, の安宿, の宿屋, の旅舎, へ新築, をもう一度, を通る

▼ 停車場にて~ (12, 0.5%)

2 涙こぼし 1 この鞄, 下車なさるる, 余の, 同じく下りし, 喫飯し, 幸に, 汽車を, 藤井宣正氏と, 郵便切手を, 食品を

▼ 停車場までの~ (12, 0.5%)

2 線路の 1 さまざまな, 乗合馬車に, 切符を, 路が, 途すがら俥夫は, 途すがら車夫は, 途中に, 長丁場を, 間が, 間を

▼ 停車場~ (12, 0.5%)

2 にあり, の待合所 1 および郵便局内, には兵隊, に入れ, に宿引き, に時間表, の化粧室, の掲示, の料理屋

▼ 停車場へと~ (9, 0.4%)

1 三浦屋を, 別れる時, 取り高架線, 向ったの, 向つた, 流れて, 行くこの, 路易の, 運ばれそこ

▼ 停車場へは~ (8, 0.3%)

1 五町に, 山から, 牧野や, 真っ直, 着いた茲, 行った事, 誰も, 貴方がたの

▼ 停車場~ (8, 0.3%)

1 いつの間にか改築, ないこの, なにも, ほとんど立錐, 今より, 何物かの, 汽車も, 関と

▼ 停車場でも~ (7, 0.3%)

2 何でも 1 ないそこ, ないところ, ないの, なんでも, もう一つ

▼ 停車場という~ (7, 0.3%)

2 ものに, ものは, ものを 1 ものの

▼ 停車場までは~ (7, 0.3%)

1 一キロ半位は, 五里の, 来て, 稍遠かつ, 行くまいとの, 見送らないと, 路三里

▼ 停車場~ (7, 0.3%)

1 一時間で, 來る, 平岡の, 待つて, 用も, 行つて見よう, 送つて

▼ 停車場にも~ (6, 0.2%)

1 きょうは, もう二三人, 劇場にも, 大てい一人二人, 掛かって, 暖爐の

▼ 停車場通り~ (6, 0.2%)

1 から東, に向っ, の両側, の兩側, を中心, を大通り

▼ 停車場からは~ (5, 0.2%)

2 白い煙 1 少し遠い, 春の, 離れて

▼ 停車場での~ (5, 0.2%)

1 事柄を, 五分を, 出来心で, 相談を, 突然の

▼ 停車場あたり~ (4, 0.2%)

2 の靄 1 からは杉林, で書かれた

▼ 停車場~ (4, 0.2%)

2 大きい停車場 1 何かで, 劇場の

▼ 停車場からの~ (4, 0.2%)

1 坂道おりからの, 窪地は, 長い道, 雪道は

▼ 停車場~ (4, 0.2%)

2 のだ 1 のが, ので明

▼ 停車場への~ (4, 0.2%)

1 曲り角で, 行きがけに, 道を, 雑沓

▼ 停車場へも~ (4, 0.2%)

1 十数里の, 多人数が, 立寄って, 行かないよ

▼ 停車場らしい~ (4, 0.2%)

2 建物も 1 ものが, 趣を

▼ 停車場~ (4, 0.2%)

2 に女 1 に下り, に駈け出し

▼ 停車場などで~ (3, 0.1%)

1 売って, 汽車は, 疲れも

▼ 停車場まえ~ (3, 0.1%)

1 の妙, の橋下, の裸像

▼ 停車場かの~ (2, 0.1%)

2 二つであっ

▼ 停車場とが~ (2, 0.1%)

1 いちばん好い, いっしょに

▼ 停車場として~ (2, 0.1%)

2 最もわたし

▼ 停車場もより~ (2, 0.1%)

2 の家

▼ 停車場付近~ (2, 0.1%)

1 の新開町, を右翼

▼ 停車場公園これ~ (2, 0.1%)

2 はなんと

▼ 停車場~ (2, 0.1%)

1 の往来, の海岸

▼ 停車場所在~ (2, 0.1%)

2 の側

▼ 停車場所在地~ (2, 0.1%)

2 に開業

▼ 停車場改築工事~ (2, 0.1%)

2 の木材

▼ 停車場~ (2, 0.1%)

2 の坂

▼ 停車場近き~ (2, 0.1%)

2 旅宿に

▼ 停車場~ (2, 0.1%)

2 ひの

▼1* [83件]

停車場あれがグロウハラア, 停車場おもだった道の, 停車場からも出ること, 停車場ごとに殖える, 停車場行って, 停車場さあ往った, 停車場じゃ何でも, 停車場じゅうを駈け廻らなけれ, 停車場そこへ夫人, 停車場だったと見え, 停車場だつたか画かき, 停車場だらうか, 停車場やない, 停車場づきの車夫, 停車場であったと思う, 停車場ですか, 停車場といふやうな, 停車場とてもなかつた, 停車場との間の, 停車場とは全くちがった, 停車場とへ問い合せて, 停車場と共に開けた相生町, 停車場などで悲し, 停車場などが大小さまざまの, 停車場などと宿場がって, 停車場などには当日に, 停車場などは人間を, 停車場などもその一つ, 停車場なら方角が, 停車場において発見いたしました, 停車場においては駅馬車の, 停車場にては小荷物預けん, 停車場にとまつた, 停車場へとて道灌山下を, 停車場ほど先に, 停車場までも校長に, 停車場やと同じく人生, 停車場らしくなっている, 停車場わきの茶屋, 停車場をも調べて, 停車場インドのいわゆる, 停車場タクシの溜り, 停車場ホテルに上つて珈琲, 停車場ホテル舞踏場如何なる所, 停車場レールなどの部分品, 停車場一面ときならぬ香水, 停車場中島遊園狸小路薄野遊廓などがある, 停車場圖, 停車場以上に集まっ, 停車場までは使, 停車場に立つ, 停車場まで来る, 停車場全体を寒い, 停車場内寂として急, 停車場内鉄道従業員組合ウチーク・そこが編輯所, 停車場及倉庫の如き, 停車場及鉄道線路の敷地, 停車場司令部はごつ, 停車場寄りの処, 停車場居廻の車夫, 停車場彼等は改札口, 停車場工事を, 停車場方角の新開, 停車場旅館官衙学校等はその, 停車場寄の, 停車場桟橋飛行機発着場バスの停車場, 停車場河岸とよばれ, 停車場沿いの土手, 停車場が汽車見物, 停車場特有の貨物, 停車場生活が如何にも, 停車場であって, 停車場目がけてわんさ, 停車場も廃滅, 停車場苫小牧で料理店, 停車場です, 停車場設置の時, 停車場の, 停車場送りの外, 停車場金剛杖に草鞋, 停車場の電車, 停車場間際へ来る, 停車場風景は一寸