青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「分らない~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~分 分~ ~分け 分け~ ~分っ 分っ~ ~分った 分った~ 分の~ ~分らない
分らない~
~分らなかった ~分らぬ 分らぬ~ 分り~ ~分る 分る~ ~分れ 分れ~ 分別~ ~分析

「分らない~」 3863, 42ppm, 2781位

▼ 分らない~ (611, 15.8%)

12 兎に 5 私の 4 何か, 私は 3 いずれに, とにかく私, ともかくも, 彼の, 彼は, 或る, 確かに

2 [24件] いつも同じ, ことに依る, これは, しかしその, それは, たしかに知ってる, だん, とにかく物, なんでも, ふと眼, 人を, 今は, 今まで, 何でも, 到底人間, 土地の, 女の, 彼が, 恐らくあの, 此の, 比較的頭, 物の, 胸の, 非常に

1 [517件 抜粋] あそこから, あっそれ, あなたは, あの人自身, あの先生がた, あの右, あの魚, あまり返事, あるいは仄, あるいは蘇民, ある地域, あれは, あれ位の, あんなの, あんまり可哀想, いけぞ, いずれ大徳寺, いまわの, おおよその, おそろしい悲鳴, およそ百五十名以上二百名, お係り, お刀, お吉, お客さんという, お父さんが, かの酔っ払い, きまったよう, きらきら光る, くすんだ装, こうやっ, こちらへも, ことによる, この二人, この呟き, この噴泉浴室, この坂, この寺, この建物, この評判, この返事, この頃, これが, これだけでも, こんな日本, ごくゆるやか, さし当りは, さっきエフ氏を, さて内, さる人物, さッ, ざっと見, しかしあの, しかし一人, しかし予謀, しかし例えばある, しかし子供たち, しかし少し, じろりと道, すれば, そういう行き, そうで, そう言われ, そこに, そのアカ, その人ら, その代り, その勢, その外, その女, その家, その意味, その旨, その玉露, その耳, その自動車, その部分, その間に, その頃, そらとぼけたよう, そりや, それが, それだけ一そう神秘的, それでいて物凄い, それと, それに, それまで, それも, それより, それら二者を, たしかに一人, ただじりじり, ただ気配, ただ漠然と, ただ無茶, ただ阿呆げ, ちょうど思, とうとう口説き落され, とにかく, とにかくあすこ, とにかくここ, とにかくこの, とにかくすばらしい, とにかくそこ, とにかくその, とにかくのんき, とにかくまア, とにかくやっ, とにかくオブローモフ, とにかく一つ, とにかく上機嫌, とにかく下男部屋, とにかく不思議, とにかく今, とにかく体, とにかく原野権太郎, とにかく古, とにかく同じ, とにかく向う, とにかく困った, とにかく垣根, とにかく外国, とにかく宅, とにかく崖, とにかく既に複式, とにかく油倉庫, とにかく満員電車, とにかく源家, とにかく眼, とにかく縁故, とにかく西洋人風, とにかく陛下, ともかく今日殘つて, ともかく全体, ともかく太平洋新聞, ともかく存外素直, どういうところ, どうしても云え, どうしても正しい, どうもねじくれた, どうも一般, どうも書き, どうやらこれ, どうやら古風, どっちかと, どの顔, どんなこと, なあに俺だって, なかなかハイカラー, なかなか繁昌, なにかいい, なにしろ人, なにしろ獰猛そう, なるほど三代家光, なんだかその, はじめの, ひと月の, ひどく熱中, ぶっつかる覚悟, まあこれ以上, まあ言わばパトロン, まさか天井, まっすぐに, まづ御馳走, まもなく回復, みんなの, もうじき, もう半ば腐爛, もう船, もしお, もしもこの, もし少しでも, もまれて, やかましい伯庵, やがてまた, やがて彼, やっと博士, やっぱり煉瓦, ゆがんだ声, よく識, よしあった, よし起った, ウェーヴした, ガサ, ガランドウが, キンチャコフは, コトコト叩いてる, サヨの, シドチに, シドチは, セストラー, ダンシングチームの, ドイツが, ニセツンボで, ノビた, パンパンの, ヒマを, ピカピカ光る, ホンの, マア山師とか, 一々聞い, 一つの, 一も, 一人で, 一人の, 一人は, 一人一人きりはなす, 一体誰, 一同が, 一弾は, 一生の, 丁度彼, 万吉と, 三十には, 三宅島が, 上のは, 不意に, 世間には, 中, 之れ, 九人十人以下では, 二十坪足らずの, 二尺ほども, 二部の, 云われるまま, 五六名は, 人に, 人心の, 人気の, 今では, 今に, 今も, 今假, 今度は, 今若し, 他から, 代表歌の, 仲間の, 伝来の, 低温零下三十度以下で, 体の, 何かが, 何かしら少なくも, 何かに, 何しろこの, 何しろ事実, 何しろ医者, 何しろ好い, 何しろ華々しい, 何しろ薄情, 何しろ重, 何と, 何という, 何となくアメリカあたり, 何に, 作付を, 例えば盲人, 俗眼を以て, 俺の, 僕が, 僕の, 先ずのる, 先の, 先生という, 先達は, 入って, 全く矛盾, 八百長でも, 六月の, 六波羅の, 其が, 内実は, 写し合う気持ち, 出した, 初めてはいっ, 前後の, 剣の, 北支の, 十歳あまりの, 千代が, 又桜田門, 古版本, 各温泉, 同じ見るなら, 名代を, 向うでは, 唯そんな, 唯何, 唯此可厭, 四十人ばかりの, 困ったとか, 塚である, 声から, 外人に, 外国宣教師が, 外国関係の, 多分この, 多分その, 多分は, 多分よく揉め, 多分出来るだろう, 多分犯人, 多分複式, 夥しい紙片, 大きな狸石, 大体その, 大分寝過した, 大変音の, 大小さまざまな, 大方湯槽, 大金を, 天は, 天下の, 奥仙丈山脈を, 女中の, 妓楼であった, 妙に, 存外寛大, 孫堅将軍の, 安心しました, 宗教の, 宙に, 実に巧妙, 実は年賦, 客と共に, 客の, 家を, 家庭では, 察する, 尊氏としては, 尊氏は, 小さい時, 小樽の, 小説は, 居すわるに, 屋敷が, 屹度豪かっ, 左大臣は, 巷談社の, 師を, 帰らなければ, 帽子も, 平然として, 平靖号を, 幸ひ, 幽かに, 幾度も, 店だって, 店頭で, 当時は, 彼に, 彼等は, 後ろ向に, 後世の, 後記の, 御府外, 御当人, 心理の, 怖そう, 思ったこと, 思想上にも, 恐らくその, 恐らくわずかに, 恐らく君, 恐らく家族, 悪い事, 悪心は, 感じで, 或はすぐ間もなく, 或は立派, 戸川さんから, 手塚の, 技術的な, 捜すだけは, 支倉が, 改札口から, 故意に, 敬二の, 斯う, 新聞記者である, 昔は, 昼は, 時田さん母里さんが, 最後の, 未申, 来て, 東京らしい, 枕でも, 植物である, 概略すれ, 歌は, 正しく猫又谷, 正宗菊松は, 武蔵が, 歩いで, 死体は, 母の, 母上が, 気持は, 永久に, 油の, 洗濯に際しては, 洩れ聞えたうわさ, 海外研究の, 深井が, 温い血液, 漁師の, 漆が, 澤木君の, 火薬袋の, 灯火は, 無学は, 無暗に, 父の, 父を, 爾来二人, 片手に, 物理学などを, 独りで, 生兵法の, 生命だけは, 産婆の, 申し合せたよう, 発作の, 皆から, 皆が, 目ざす生涯, 知って, 石狩川に, 石舟斎には, 硝子越しに, 私が, 私に, 空気の, 米友の, 約一時間以上, 紫の, 結論だけは, 縁の, 美しい方, 義兄にのみは, 老成ぶっ, 聞いて, 職員が, 肩から, 脂肪肥満は, 自分には, 色の, 若い色男, 蕎麦屋や, 藩では, 虫蛇お化けでない, 表面は, 襲ッて, 見たいと, 見るもの, 親しい同志, 親しい四五人, 親類も, 記代子の, 調子を, 謝ろうと, 赤ホオズキの, 足の, 身体の, 近くで, 進化論に, 遂に北岡邸, 遇ったら言伝, 道らしい, 道夫が, 遠くから, 郊外百里の, 酔墨淋漓として, 醒めた時, 釜谷山と, 針状と, 長い外遊, 長崎港外の, 開いた鰺, 間もなく私, 隆の, 隆夫の, 集まっては, 電気や, 震えながら, 鞭丈は, 頭の, 風呂へ, 飛んで, 飛行機で, 馬の, 駕籠から, 驚くべきもの, 高木の, 髯の, 魚則は, 黒いよう, 黒髪が, 鼠色に

▼ 分らない~ (457, 11.8%)

6355 です 52 である 1816 だから 14 であるが 10 ですが 9 であった, であります 8 では 7 ですか 6 ですよ 5 さ, だった, ですから 4 かい, だと 3 かしら, かね, だが, だろう, であるから, ですね, ですもの, は, は無理, も無理

2 [15件] かなア, があたりまえ, が当然, だもの, ぢや, でございます, でした, ですけど, ですもし, はあたり前, はその, は女, もある, を知る, サ

1 [107件] お墓, かいこの, かえ, かおい食べもの, かこつ, かこれ, かときく, かとやむをえず, かな, かねえ, かまつたく, かもしれない, かも知れない, かも知れなかった, か一言, か何れ, か無関心, か疊, か知ら, か知らん, があっ, がある, がない, がまだ沢山, がイヨ, がフシギ, が勿体なく, が困る, が多い, が当り前, が恨み, が真相, が矢ツ張り冷やかみ, が自然, が遺憾, が齒痒, じゃあるまい, だいつか私, だいま, だからと, だからね, だけれど, だそう, だったなどとも, だという, だとも, だなるほど, だまして, だろうか, だろうと, だろうなあ, だわ, であって, でありまして, でありますが, でございますが, でございますよ, でしょうねえ, ですけれども, ですそれ, とちょっと, と同様, ならせめて, ならば, はあの, はいや, はお, はてまえ, はなん, はもっとも, はやはり, はムリ, は仕方, は伊東, は何故, は兵, は厄介, は同じ, は土地, は妙秀, は妹, は妾, は尤も, は山野さん, は当り前, は是非, は私, は若し, は記代子, は重力消去装置, は馬小屋, もあります, もおそらく, も困る, も寂し, も道理, を不審, を俺, を少年, を打つ, を新, を武田, を考える, を餌, サダッテ石と, マアいい, 何のって

▼ 分らないよう~ (192, 5.0%)

8 にし 6 なもの 4 になっ 3 だ, です, では, な, なところ, な心持, な気, な気分, な調子, な顔 2 なの, な不安, な事, な人間, な何物, な複雑, な話, になる, に出来

1 [126件] じゃ小説, だったら熱海, だよ, だわ, で, であった, であったまた, である, でも, でもあった, なあなた, なからだ, なこと, なこの, なその頃, なとぼけた事, などっち, なばらばら, なほどに, なまあ, な一念, な一本, な不気味, な世界滅却, な事柄, な云い方, な人々, な人たち, な兵, な内情, な厚ぼったい, な団塊, な声, な変, な大, な大人的風格, な奇妙キテレツ, な女, な妙, な工合, な幼い, な建て方, な形式, な彼, な心, な思い, な急死, な恰好, な感情, な斜面, な暗闇, な横田, な武家, な死, な気味, な気持, な気持ち, な混雑, な満足, な濃やか, な物, な状態, な狂暴さ, な種類, な精神, な素早い, な絶望的, な者, な花, な芸妓, な苦労, な表情, な袷, な話っぷり, な走り方, な足, な迅速, な返事, な連中, な雀, な面倒, な顔つき, な風, に, にあたし, にいった, にくだけ, にしばし, にじーっと, にする, にそして, にそっと, につけましょう, になった, になるでしょう, にね, にぼうっと, にまだ, にやらなきゃ, にやる, にモット帽子, に一人, に倒木, に努力, に千代田, に四方, に大金, に威張った, に孤立, に平然, に思われた, に憤激, に懐手, に暫らく, に暮した, に書け, に柔, に殺し, に殺した, に湧き上る, に育てる, に色々, に言った, に足蹴, に門, に静まり返っ

▼ 分らない~ (184, 4.8%)

10 云ふ 9 いって 6 云って 5 思って 4 思う 3 思つた, 思ふ, 私は

2 [14件] いう, すると, 云う, 云うの, 存じますのよ, 幾通りも, 思うと, 思った, 思ったので, 真直に, 答えた, 自白し, 言う, 言ふ

1 [113件] いうだけ, いうて, いうと, いうので, いうより, いえば, いけないん, いたしますと, いと, いふて, いやあがる, いわれるの, おいひ, おっしゃる, おっしゃるの, きめること, この後, さうお, すれば, そうおいいであった, そうした心配, そう僕, でもお, なほ疑つ, なる, なると, ひどく曖昧, みえる, わたくしは, わたしも, 事件を, 二分十六秒ばかりの, 云いながら, 云うぼんやり, 云うよう, 云う事, 云う意味, 云う様, 云う話, 云ったじゃ, 云ったよう, 云った風, 云つても, 云つてゐた, 云つて中田君が, 云はれ, 云ひ, 云ふそ, 云わせないよう, 人の, 仰云, 仰有るの, 佛樣を, 例の, 出て, 動いて, 反抗した, 吉川が, 同じよう, 同様に, 嘆息する, 夫人も, 奉行が, 当局は, 彼の, 心配し, 思います, 思いますの, 思い人間, 思うほど, 思うん, 思ったから, 思ったり, 思つてよ, 思ひました, 思ひますの, 思ひ出した, 思ふと, 敬太郎は, 書いて, 松江自身が, 歯ぎれのよい文章で, 死んでも, 涙を, 申しますのよ, 申しますもし, 相場が, 県の, 端的に, 答えて, 答えては, 答えるだけ, 答えると, 答える習慣, 答へる, 考えた, 考えて, 考えるよう, 考へて, 聞いた時, 肝心の, 自答, 行けない処, 見える, 見えるな, 言いながら, 言い置いたが, 言うもの, 言われて, 言われてるけれど, 話した, 語ったら, 顔色一つ動かさず

▼ 分らない~ (172, 4.5%)

4127 です 14 ですもの 11 だから, だよ 9 ですか 7 だが 5 ですが 4 だね, だもの, でしょう, ですの 3 だろう, ですから, ですよ 2 だからね, だけれど

1 [18件] じゃァありません, だあたし, だからな, だけど, だそう, だと, だな, だわ, だ話, であります, ですからねえ, ですがね, ですけど, ですけれど, ですけれども, ですって, ですつてさ, ですのよ

▼ 分らないから~ (130, 3.4%)

7 である 2 た, だ, つられて, 今の, 困る, 聞くん, 裏手の

1 [109件] あなたに, あなたの, あなた自分で, あのまま, いま何を, いやな, おいらおじさんと, おちおち物, お金は, このへん, これは, さう, さうだ, そこが, そこに, そこは, それが, それで, それでつい, それでや, それよりも, ちょっと損する, つまりひと, であった, です, では一日, どこで, なお読み, またほかの, また近い, まアあっし一人, みんなが, もつと, やはりにやにや笑っ, やめに, よく聞く, われわれは, キミの, タシナミ敬服すべき, タンテイは, ボンヤリ外に, ヤッカイである, 一つ農学士様の, 一層それ, 一番その, 三四日は, 不思議で, 今夜兄さんと, 何とかあいつ奴, 何となく薄気味, 何とも申し上げ兼ねる, 何を, 僕は, 先ず男, 先輩などの, 判断の, 別として, 剣術の, 博物の, 去る日, 又近い, 可笑いの, 可笑しいわね, 困って, 変に, 大噐氏, 大器氏は, 奇瑞の, 女の, 好い加減の, 好加減, 姉ちゃんちょっと先へ, 姫君みたいに, 官使純, 巖谷が, 彫ったもの, 怒ってない, 性的な, 悪者に, 我慢し, 指南を, 文学者にでも, 断言は, 旦那樣の, 本当の, 果物, 横着を, 洋服を, 無論開け, 相手の, 私も, 私儀都合有之, 純粋な, 結局現在の, 聞いたって, 聞いてるん, 興味も, 花嫁さんは, 若し分たら, 菅谷に, 蟇口の, 製図の, 解剖の, 記録係が, 誰か, 身分が, 迷いも, 選拳法とは, 頻りに宇宙

▼ 分らないこと~ (130, 3.4%)

11 はない 7 がある 4 が多い 3 があります, もある, もない, を云っ

2 [12件] が沢山, だ, だった, である, です, ですわ, にし, は分らない, ばかりだ, をやっ, を云った, を呟い

1 [72件] があった, がござる, がたくさん, が一つ, が一ツ, が分る, が多く, が少から, が屡々, が幾つ, が気圧, が重っ, じゃない, だけが疑問, だけど, だと, だよ, だろう, であったろう, でありました, でした, でしょうけれど, では, と知らない, などを私, なの, なので, なのね, になっ, に引きずり込まれたら, に手, に沢山, に満足, はありません, はある, はないだらう, はないでしょう, はなかっ, はなから, は仰, は何でも, は作家, ばかりである, ほどさよう, もえらい, もなかっ, も多かっ, らしい, をいった, をいろいろ, をおっしゃれ, をし, をした, をしゃべり出し, を一心に, を云い争ってる, を云う, を口早, を呟きなさる, を唱えだした, を声, を思う, を悟った, を繰り返し, を考え込み, を聞かされた, を言ったら, を訊きただし, を質問, を載せ, を饒舌, 云うもん

▼ 分らないもの~ (101, 2.6%)

135 だから, ですから 3 だと, であるという, です 2 がある, だった, である, ですな

1 [61件] から身, か知ら, が, がいくら, がねえ, がゐる, が味, が封じ込まれ, が形, が汝, が見え, が軒, だからね, だが, だって分っ, だな, だね, だ変装, であった, であるが, であると, であろう, でこの, でさすが, ですと, ですネ, でたとへば, でも, で博士, で子供, で御座いまして, とされた, となっ, となる, ならば, にこの, にちがい, になっ, になつて, になりました, には分らない, には絶対, に制せられ, に成りました, に私達, に違い, のため, のよう, はどんな, は分らない, は初め, は結局, もあった, らしい, を以て説明, を十中九分の九, を愛玩, を持っ, を捕へ, を更に, を私

▼ 分らないので~ (83, 2.1%)

2 それを, 極度に, 気が, 私は, 黙って

1 [73件] あがる氣, あつた, あなたにだけ, こんな半分, ござります, ざつと説明を, しばらく僕, せうね, そう頑張っ, そのまま自分, その場合非常, その方, その範囲, その隙間, それで宿六, そんなに入用, ただかの, ただその, ただもう, ただニコニコ, ただ茫然, ちょっと研究, どうしてあんな, どうだろう, なお失策, はねえ, ぼんやり顔を, まごまごし, よりによつ, オドオドし, クサった, ボンヤリ立っ, ヤキモキした, 一層かたく, 何時も用意, 作者に, 先刻から, 光秀が, 北海道中の, 午後客の, 同じよう, 吾が, 唖聾と, 問いかえした, 困って, 困る, 大分気に, 少々心細く, 山また, 左近はに, 彼は, 手の, 拵え拵えする, 掌で, 日時を, 暫く躊躇, 根氣負けを, 殊にお袋, 母上が, 氣の, 油断は, 生徒はじめわれわれ父兄は, 皆面喰ふ, 真面目な, 羽織の, 薄暗い建物, 蝦蟇を, 話の, 諦めて, 躊躇する, 返事を, 随分探したです, 默つてゐた

▼ 分らないという~ (74, 1.9%)

7 のは 5 ことは 4 ことを, ような 2 ことであった

1 [52件] こと, ことが, ことだった, ことで, ことでありました, ことです, ことに, ことにも, ところだけを, ところです, ところに, ところまで, のが, のです, のはね, のよ, ふりかたです, ようで, わけで, んだ, ロイスの, 一大動乱までが, 事だけは, 事も, 位の, 位弾力を, 危惧が, 危険を, 口実に, 句が, 向が, 心配が, 恐れも, 恐怖が, 意味じゃ, 意味だった, 感じが, 日常の, 様な, 気に, 目茶苦茶な, 答えな, 経験から, 腹を, 自覚が, 表現に, 話だった, 話である, 説が, 趣向だった, 面魂である, 顔で

▼ 分らない~ (71, 1.8%)

2 どうしましょう, どうする

1 [67件] あたしは, あらう, いたの, いたもの, いて, いる, いるが, いること, いるの, いる遅れた二, えら困りやした, お互いには, きいて, くり返しました, こう言う, ざあ, ざあざあッて, せう, ただそういう, ただ考えつめ, ただ苦笑, つまると, どうして発掘, ぼんやりし, ぼんやりエミリアン, もうこの, ゐる, ボンヤリと, マゴマゴし, 一年も, 一番い, 下手でも, 不用な, 今日に, 俺と, 只クシャクシャ, 只悲しい, 可い, 唯恥しく, 困ります, 室の, 彼の, 怒鳴りつけられたり, 怨は, 恥た, 悩んで, 悪いこと, 愚かな, 承知しない, 曠野にとり, 泣いて, 火鉢に, 生涯それぎりに, 當年は, 白鳥の, 皆不審が, 聴いて, 自分の, 色彩の, 茫然と, 講義を, 踏むほどの, 軽々しく警察, 顔を, 馬の, 黙って, 黙つて

▼ 分らないほど~ (64, 1.7%)

4 だった 2 です

1 [58件] かすかであっ, くしゃくしゃに, この空屋敷, たくさんの, だ, だつた, ですから, で冠, な闇, ぶくつ, イライラした, ヒッソリとして, 亂雜に, 六ヶしい, 具足には, 切支丹に, 口惜しいの, 古く汚れた, 古びた懸物, 同じよう, 唐突だった, 唐突だつた, 困らせられて, 大人しい男, 奥まった所, 崩れて, 巧妙であった, 微かだった, 思いに, 意味ある, 暗くなっ, 暗殺事件については, 有名な, 深まりあった理解, 混雑かって, 滑った, 煙の, 煤けた天井板, 物静かに, 疲れきつて, 痩ポチな, 相擁し, 私の, 肉感の, 腫んで, 色々の, 荒れて, 褪せて, 見事に, 迂囘, 迂回した, 近よ, 酔って, 雜誌が, 雨露に, 静かな, 面が, 黒ずんだ光沢

▼ 分らないけれど~ (58, 1.5%)

2 私が, 誰に

1 [54件] あたしの, あなたは, あのウラゴーゴル, あの人, あの何, あの博士, あんた今夜は, えらい人, お友達, きっと離婚, この際, こんなに弱る, その為め, そんなほこら, ただそう, ただ人間, ただ変, つまり北極, でもみんな, とにかく, とにかくこの, とにかくもう一羽, どういうこと, どうもこうした, どうも痴情, ひょっとする, まあ大した, みなり, やって, わたしの, 何だか血痕, 光明寺の, 其姿が, 分ったよう, 別に, 単純に, 博士は, 可愛想, 和訓さんのじゃ, 多分母親, 妹丈けには, 届けば, 峨々たる, 帝都に, 急に, 早稲田南町辺は, 木見さんの, 染色の, 死ぬ間際, 牛丸君も, 確かに, 自動車を, 髪を, 黄絹と

▼ 分らない~ (46, 1.2%)

3 である, を分った 2 があります, が沢山, であろう

1 [34件] からも田舎豪傑, から始まる, があったら, がある, が熱, たけれども, だ, だから, だが, だとしても, となる, なの, になっ, になつて, に興味, は大抵, は恥, ばかりだ, ほどさよう, までも分った, もありません, をいっ, をいはない, をクド, を二色, を云う, を云わっし, を分らせ得る, を寝言, を抱え, を考える, を聞いた, を胃の腑, を言っ

▼ 分らない~ (42, 1.1%)

1 [42件] いやすでに, この節, するし, その予想, その気, それにとにかく, それに東京, ただふらり, たとへ, どんな犯罪, またいつ, またいつどこ, また半兵衛自身, ノートの, 一つは, 云わば, 何よりは, 写真の, 分りたいとも, 分ろうと, 又とても, 君以外からは, 土の, 大学生という, 姓は, 手紙も, 果して酒宴, 樺太から, 死にゃ金, 死にや, 気持だって, 真の, 真ッ暗闇, 真価も, 着物だって, 知らない方, 私が, 私とは, 私は, 第一, 自分等も, 電車に

▼ 分らないけれども~ (39, 1.0%)

2 それでもまさか, 兎に, 私は

1 [33件] あるなぐさめ, いくらか白眼, きっと行きます, ぐるりと, この本, さしあたりこの, しょんぼり彳, その真実, それらの, たぶん纒, でも, ほんのりと, もし真面目, ダアウィンが, ツァ・ルンバの, 一寸した, 人が, 今の, 何か, 何しろ煩い, 何だか非常, 何でも, 俳人凡兆の, 切ろうと, 塾中の, 大きな穴, 少くとも, 彼女の, 後悔が, 是れ, 最初殿様は, 蘭文を, 間もなく刑事

▼ 分らないやう~ (37, 1.0%)

2 な, なもの, な表情, な顏

1 [29件] なふだん, な上手, な仕事, な声, な女, な干からびた貧相, な彼, な心細い, な恐らく, な所, な時, な気, な気持, な氣, な病気, な眞ツ黒, な真, な精神, な谷, な重, な雪, にし, になつ, に余計, に平然と, に思はれた, に暫らく, に澤山, に私達

▼ 分らないところ~ (31, 0.8%)

7 がある 2 があります

1 [22件] があった, がのこります, が本当, が沢山, だった, である, でご, ですよ, ににぎっ, に妙, に平家方, に微妙, に思い, に達する, に非常, は抜かし, へ隱, もある, も多かっ, を自分, を見る, 教えて

▼ 分らない~ (28, 0.7%)

2 が多い, にそんな

1 [24件] が世間, が寄っ, でございました, でしたから, ではない, でもなから, でも皆, として何, と言っ, なん, にはさっぱり, には分らない, に人気, に聴こえる, ね, の名ばかり, の墓, の方, の気の毒さ, ははぜ, は一寸, は到底, は妻君, をさがしまわる

▼ 分らないくらい~ (24, 0.6%)

3 だった 2 である

1 [19件] それは, だ, だったなどと, だよ, でご, でした, なの, な紳士風, 分布配列され, 四囲が, 有力な, 疲れさせられて, 真暗だ, 自由自在に, 薄くなっ, 迷って, 逆上し, 静かでした, 高尚幽玄の

▼ 分らないじゃ~ (23, 0.6%)

14 ないか 4 ありませんか 2 ないですか, ないの 1 ねえか

▼ 分らないかも~ (22, 0.6%)

4 知れない 3 しれないが, 知れないが 2 しれない, 知れませんが 1 しれないけれども, しれないん, 知れないねえ, 知れないよ, 知れぬ, 知れません, 知れませんけれど, 知れませんよ

▼ 分らないうち~ (21, 0.5%)

1 [21件] から, からその, から二人きり, こそ研究, にお, にもう, にパン, に吹い, に左舷, に庇, に建った, に彼, に彼女, に早く, に横, に眼, に風, はその, は止まっ, は決して, は馬

▼ 分らない~ (21, 0.5%)

1 [21件] だった, である, です, で朝, な気狂い, に動かした, に逆上せ, に顫, のぼせきって, の光, の共通, の早, の混乱, の速, の音, もう宮闕, 君も, 懸巣, 暗く, 落雷に, 薄暗かつ

▼ 分らない人間~ (19, 0.5%)

2 が全, だから, だと, 程危険

1 [11件] で一ヶ月二十円, というもの, という奴, といふ奴, になっ, のうち, のタイプ, の顔, の高貴さ, は猫, を蔑む

▼ 分らない~ (15, 0.4%)

4 です 2 である 1 だ, であった, でした, で吾, で無論, に少し, 暗かった, 深い恐ろしさ, 通る人

▼ 分らないそう~ (13, 0.3%)

41 だし, である, でした, ですから, ですが, ですの, でな, 云って, 聞いたよう

▼ 分らないといふ~ (13, 0.3%)

2 ことにな

1 [11件] ことです, しかも七十, のだ, やうに, 囘想を, 困難が, 失敗を, 奴さ, 話だ, 話だつた, 顔を

▼ 分らない気持~ (13, 0.3%)

4 だった 2 になった 1 がし, がした, でぶつかっ, で彼, で手, につつまれた, に沈ん

▼ 分らない言葉~ (13, 0.3%)

1 [13件] がとびだす, が多い, が私, である, でキャッキャッ, で注文, で話し, のやう, をいっしょ, を云っ, を叔父, を寝床, を話す

▼ 分らない~ (12, 0.3%)

3 がある 2 はありません 1 があったら, が少し, が沢山, の名, はどう, は何, は省略

▼ 分らない~ (12, 0.3%)

1 [12件] から手紙, だった, だつた, だとは, だな, なの, に抱かれる, のところ, の顔, はない, を陰鬱, 又は女

▼ 分らないながら~ (11, 0.3%)

2 どうやらそれ 1 ただへ, とにかくあらまし, なにか哀れ, 一つの, 幾度も, 彼と, 彼は, 私は, 耳を

▼ 分らないのに~ (11, 0.3%)

1 [11件] おいら一人で, そのこと, はっきり物, わたくしは, 二時間の, 人の, 借りて, 只片が, 遠く走る, 金が, 陣場夫婦の

▼ 分らない~ (11, 0.3%)

1 [11件] だな, とし, と同棲, と直ぐ家, と私生児, なら分らして, にはかかるう, の少し, の思い, を令夫人, を泊める

▼ 分らない~ (10, 0.3%)

6 しても 1 きまって, きまって居る, 因って, 知れきったこと

▼ 分らないまま~ (10, 0.3%)

2 に自分勝手 1 で十数年, で誰, におせん, にし, にリアリスティック, に赤い, わかったところ, 読んで

▼ 分らない~ (10, 0.3%)

1 がいる, が党, が附い, だことに, だねえ, です, なんか明日, に限つて, の影口, は早く

▼ 分らない~ (10, 0.3%)

1 な微妙, な心持, な気持, な男, な病人, にし, につくつく, になっ, になった, になる

▼ 分らない~ (10, 0.3%)

1 からいう, から見ますれ, があったなら, がある, がそう, が沢山, にはそんな, はポカン, は奈良井, を身寄り

▼ 分らない~ (10, 0.3%)

1 だ, だから, だってそう, である, でも何, はない, は分らない, を廻り, を眺め, を聞い

▼ 分らない~ (9, 0.2%)

2 がし, がした, がしました, がする 1 がしたであろう

▼ 分らない~ (9, 0.2%)

5 はない 1 がない, だ, だ人爲, はありません

▼ 分らない~ (9, 0.2%)

3 をし 2 して, をした 1 であった, になった

▼ 分らないその~ (8, 0.2%)

2 ノートを 1 ときは, 名前が, 奥の, 定り, 王子の, 着物なり

▼ 分らないただ~ (8, 0.2%)

1 そのままの, それを, の茶色, の軍人, ぱあんという, 憎いと, 持って, 植民地の

▼ 分らないなりに~ (7, 0.2%)

2 して 1 この近所, やはり好き嫌い, 満足し, 謹聴し, 讀者諸君には

▼ 分らないはず~ (7, 0.2%)

1 がない, だその, でさあ, はありますまい, はありません, はないだろう, はなかっ

▼ 分らないほどの~ (7, 0.2%)

1 えらいポーデル博士, 子供では, 広さ, 恐ろしそう, 感じに, 朗らかさだつた, 闇が

▼ 分らない場合~ (7, 0.2%)

1 がある, が多かっ, が少く, が随分, となる, は, もある

▼ 分らない~ (7, 0.2%)

2 が好ましい 1 がいい, が本当, に智恵, に智惠, はありません

▼ 分らない~ (7, 0.2%)

2 がある 1 にその, にはお前達, に引く, は分らねえや, は手

▼ 分らない~ (6, 0.2%)

1 お前は, さもなければ技巧, やい大月玄蕃, ッ, 別に心, 大馬鹿

▼ 分らないこの~ (6, 0.2%)

1 剣客には, 女の, 妙な, 次教え, 石に, 言葉にも

▼ 分らないって~ (6, 0.2%)

1 お疑, それだ, 云ったねえ, 何が, 何も, 気が

▼ 分らないでも~ (6, 0.2%)

1 こういう真実, 己には, 忘れる処, 河内介には, 為ようが, 通用しかねる

▼ 分らないとの~ (6, 0.2%)

1 お話を, ことだ, ことでした, ことも, こと坊城松方僕の, 答えです

▼ 分らないもん~ (6, 0.2%)

2 だ, ですから 1 だから, なら仕方

▼ 分らない状態~ (6, 0.2%)

2 にある 1 だつた, ですから, にとどめ, に沈ん

▼ 分らない~ (6, 0.2%)

1 が斯, だけれども, です, にも説明, の足, は勿論

▼ 分らない自分~ (6, 0.2%)

2 とは何物 1 の様子, の胸, の身, を恥しく

▼ 分らないくら~ (5, 0.1%)

1 ゐだつた, ゐでした, ゐな, ゐよ, ゐ疲れさせられて

▼ 分らないとは~ (5, 0.1%)

1 よくよく因果, 何という, 君の, 思うが, 誰も

▼ 分らないほどに~ (5, 0.1%)

1 どこかの, なってるうち, 低い声, 低下し, 行き詰ったかと

▼ 分らないまでに~ (5, 0.1%)

2 成ったから 1 どんづまりになった時に, 古びた絵等, 成ったという

▼ 分らない~ (5, 0.1%)

1 あなた, そんな話, 今の, 何と, 私には

▼ 分らない不思議~ (5, 0.1%)

1 な憎しみ, な望み, な気持, な物件, な絶望

▼ 分らない問題~ (5, 0.1%)

1 であろう, に度々, もあります, を解く, を順々

▼ 分らない~ (5, 0.1%)

2 を立て 1 を出した, を立てた, を立てました

▼ 分らない感情~ (5, 0.1%)

1 がからむ, が込み上げ, だった, に巻き込まれ, に駆られ

▼ 分らない~ (5, 0.1%)

1 があります, があれ, がどうもいつも, にある, は信造

▼ 分らない表情~ (5, 0.1%)

2 だった 1 で, でそう, になった

▼ 分らない調子~ (5, 0.1%)

1 だったが, です, でそして, で言った, のもの

▼ 分らない~ (5, 0.1%)

1 が殘つて, です, なの, になる, のよう

▼ 分らない~ (5, 0.1%)

1 にそ, に書い, は, はただ, は安心

▼ 分らないくらいに~ (4, 0.1%)

1 何の, 私の, 稜々たる, 考えて

▼ 分らないそれ~ (4, 0.1%)

1 が厭, くらいの程度, こそグレ, は臆病

▼ 分らないだけ~ (4, 0.1%)

21 それだけ彼, 東京の

▼ 分らないながらも~ (4, 0.1%)

1 へんに, 出来得る限り, 女の, 重大な

▼ 分らないなんて~ (4, 0.1%)

1 そこまで, めちやな, 何処に, 僕は

▼ 分らない~ (4, 0.1%)

1 お久さん, それは, でも, 見当が

▼ 分らないばかり~ (4, 0.1%)

2 でなく貴君 1 である, でなく犯人

▼ 分らないみたい~ (4, 0.1%)

1 で, です女, なん, にある

▼ 分らない不安~ (4, 0.1%)

1 があった, があつ, がありました, にせかれ

▼ 分らない世の中~ (4, 0.1%)

2 になりました 1 が天明, だから

▼ 分らない仕事~ (4, 0.1%)

1 なん, にこれ, の取り持ち, の手伝

▼ 分らない~ (4, 0.1%)

1 かがやがてはっきり, かを聴こう, も知らない, をし

▼ 分らない~ (4, 0.1%)

1 な娘さ, な矛盾さ, な絵, に興奮

▼ 分らない恐怖~ (4, 0.1%)

2 の方 1 のため, をも私

▼ 分らない有様~ (4, 0.1%)

2 です 1 なん, を見る

▼ 分らない気持ち~ (4, 0.1%)

1 になった, に岸本, に襲われた, の一種

▼ 分らない~ (4, 0.1%)

1 がしきりに, が出, が眼, をこぼした

▼ 分らない~ (4, 0.1%)

1 におもしろい, にご馳走, にとにかく, にわし

▼ 分らないいや~ (3, 0.1%)

1 そればかり, な声, 分っては

▼ 分らない~ (3, 0.1%)

1 北さん, 延は, 鳥と

▼ 分らないからと~ (3, 0.1%)

1 いうので, いって, 云つて失敬し

▼ 分らないけど~ (3, 0.1%)

1 そうでしょう, タンコブな, 藤原氏の

▼ 分らないしかし~ (3, 0.1%)

1 その広間, 多くの, 悲しいの

▼ 分らないじゃあ~ (3, 0.1%)

2 ないか 1 ないの

▼ 分らないため~ (3, 0.1%)

1 にその, に苦しん, 駈け込まうとして

▼ 分らないだけに~ (3, 0.1%)

1 こちらでは, さらにそういう, 何ともえたい

▼ 分らない~ (3, 0.1%)

2 やない 1 やありません

▼ 分らないといった~ (3, 0.1%)

1 のは, ような, 工合で

▼ 分らないとしても~ (3, 0.1%)

1 あらゆる点, 斯様な, 新生寺さんが

▼ 分らないとも~ (3, 0.1%)

1 つかないうそうそ, 云わなかった, 言わずに

▼ 分らない~ (3, 0.1%)

1 ア, ア仕事に, 僕には

▼ 分らないまた~ (3, 0.1%)

1 むつかしい文字, 向うの, 辞引を

▼ 分らないまでも~ (3, 0.1%)

1 それが, 現在自分の, 誰か

▼ 分らないんで~ (3, 0.1%)

1 せうね, 只だまっ, 私も

▼ 分らない一つ~ (3, 0.1%)

1 の心持, の疑問, の秘密

▼ 分らない~ (3, 0.1%)

1 が一面, に友人, へぐし

▼ 分らない~ (3, 0.1%)

1 に伍, に正しき, に洋行

▼ 分らない事柄~ (3, 0.1%)

1 による場合, に及ん, もあろう

▼ 分らない二人~ (3, 0.1%)

1 だった, に注ぎ合っ, の弟

▼ 分らない~ (3, 0.1%)

1 から彼, に君子, の手紙

▼ 分らない~ (3, 0.1%)

2 のこと 1 は僅少

▼ 分らない~ (3, 0.1%)

1 かも知れない, さ, ですね

▼ 分らない~ (3, 0.1%)

1 な人物, な其場, に厚ぼったい

▼ 分らない~ (3, 0.1%)

1 に弄ばれた, のやう, の中

▼ 分らない大きな~ (3, 0.1%)

1 声の, 幹は, 暗いもの

▼ 分らない始末~ (3, 0.1%)

1 でした, でようやく, なの

▼ 分らない心持~ (3, 0.1%)

1 でこの, ではございますまい, で此

▼ 分らない怪物~ (3, 0.1%)

1 が棲ん, のやう, は浅ましい

▼ 分らない様子~ (3, 0.1%)

1 だった, でただ, になる

▼ 分らない~ (3, 0.1%)

1 な女, な顏つき, に云つた

▼ 分らない漠然~ (3, 0.1%)

3 とした

▼ 分らない~ (3, 0.1%)

1 とは何, にし, を尻

▼ 分らない秘密~ (3, 0.1%)

1 が握れる, であったから, の隠し場

▼ 分らない種々~ (3, 0.1%)

2 の事 1 の幻

▼ 分らない身体~ (3, 0.1%)

2 なん 1 だった

▼ 分らない~ (3, 0.1%)

1 であるから, の上, の片側

▼ 分らない顔付~ (3, 0.1%)

1 で熱い, で私, をし

▼ 分らないあの~ (2, 0.1%)

1 男の, 若ものに

▼ 分らないいろいろ~ (2, 0.1%)

1 な器械, な花

▼ 分らないかと~ (2, 0.1%)

1 きいたらハイお母さん, 訊いて

▼ 分らないがな~ (2, 0.1%)

1 其方の, 結婚という

▼ 分らないくせ~ (2, 0.1%)

1 にのべつ, に覚え

▼ 分らないぐらい~ (2, 0.1%)

1 困ったこと, 無邪気な

▼ 分らないこんな~ (2, 0.1%)

1 事を, 家に

▼ 分らないそれら~ (2, 0.1%)

1 の眼, の者

▼ 分らないだけの~ (2, 0.1%)

1 ことだ, 話な

▼ 分らないつて~ (2, 0.1%)

1 お疑, まあなんて

▼ 分らないとこ~ (2, 0.1%)

1 が沢山, でホットケーキ

▼ 分らないには~ (2, 0.1%)

2 困る

▼ 分らないのにと~ (2, 0.1%)

1 彼女は, 思うと

▼ 分らないはて~ (2, 0.1%)

1 しの, しもない

▼ 分らないひと~ (2, 0.1%)

1 だから, ではない

▼ 分らないまるで~ (2, 0.1%)

1 謎みたいな, 酔払いの

▼ 分らない~ (2, 0.1%)

1 ないありのまま, 無理は

▼ 分らない~ (2, 0.1%)

1 お餞別, 健ちゃん

▼ 分らないわけ~ (2, 0.1%)

1 だそれでは, はない

▼ 分らないアイヌ語~ (2, 0.1%)

2 で書い

▼ 分らないステーション~ (2, 0.1%)

2 だよ

▼ 分らない一種~ (2, 0.1%)

1 の女, の茫

▼ 分らない~ (2, 0.1%)

1 の日本, も分らない

▼ 分らない位気~ (2, 0.1%)

1 にも留めなかった, にも留めなかつた

▼ 分らない~ (2, 0.1%)

1 がまま, の風説

▼ 分らない信一郎~ (2, 0.1%)

2 では

▼ 分らない先生~ (2, 0.1%)

1 さ, だと

▼ 分らない全く~ (2, 0.1%)

1 未来に, 未来派の

▼ 分らない~ (2, 0.1%)

1 にお前, に何もかも

▼ 分らない~ (2, 0.1%)

1 に出雲氏, に苦しい

▼ 分らない十三歳~ (2, 0.1%)

2 の男の子

▼ 分らない~ (2, 0.1%)

1 うまく立, 今そう

▼ 分らない叫声~ (2, 0.1%)

1 を喉, を挙げ

▼ 分らない喊声~ (2, 0.1%)

2 を一生懸命

▼ 分らない~ (2, 0.1%)

1 ぜり合い, 家族の

▼ 分らない大声~ (2, 0.1%)

1 でなお, をあげ

▼ 分らない妄想溺惑家~ (2, 0.1%)

2

▼ 分らない~ (2, 0.1%)

1 の所, を知る

▼ 分らない~ (2, 0.1%)

1 器械が, 聲だ

▼ 分らない~ (2, 0.1%)

1 のもの, 深い眠り

▼ 分らない彼女~ (2, 0.1%)

1 には普通, の濃い

▼ 分らない心理~ (2, 0.1%)

1 ではあった, の持主

▼ 分らない恐れ~ (2, 0.1%)

1 が彼, を感じた

▼ 分らない~ (2, 0.1%)

1 る床, 美人

▼ 分らない或は~ (2, 0.1%)

1 字を, 日本に

▼ 分らない~ (2, 0.1%)

1 のよかっ, の方

▼ 分らない~ (2, 0.1%)

1 を低い, を豚

▼ 分らない氣持~ (2, 0.1%)

1 で外, になつ

▼ 分らない~ (2, 0.1%)

1 教養な, 智同

▼ 分らない~ (2, 0.1%)

2 ではない

▼ 分らない生活~ (2, 0.1%)

1 へ入る, をし

▼ 分らない真黒~ (2, 0.1%)

2 暗の

▼ 分らない~ (2, 0.1%)

1 の光りで, をし

▼ 分らない短い~ (2, 0.1%)

2 ものとを

▼ 分らない結果~ (2, 0.1%)

1 と云う, になっ

▼ 分らない腹立たし~ (2, 0.1%)

2 さを

▼ 分らない~ (2, 0.1%)

1 がある, を好い加減

▼ 分らない連中~ (2, 0.1%)

1 が多く, でも自分

▼ 分らない~ (2, 0.1%)

1 だったが, の中

▼ 分らない顔つき~ (2, 0.1%)

1 があった, をし

▼1* [481件]

分らないああいうこと, 分らないあいまいな調子, 分らないあやふやの気持, 分らないありのままを云った, 分らないあるものこそ, 分らないあるいは熊の, 分らないいたずらな忌々し, 分らないいつ帰るか, 分らないいらだたしさを, 分らないいろんなさぞかし胃, 分らないうっかりしては, 分らないうまくして, 分らないおおかた流汗淋漓大童と, 分らないおそらく誰にも, 分らないお前に分っ, 分らないお喋りであった, 分らないお方でせう, 分らないかぎりこっちからうつべき, 分らないかといふ大事な, 分らないかは人の, 分らないからってがんばったん, 分らないからという理由で, 分らないからのことである, 分らないからも少し様子, 分らないがね一世一代の, 分らないがらんとした, 分らないくらいのごく淡い, 分らないことだらけである, 分らないことに因ると, 分らないこと許りである, 分らないこのごろ女としてこういう, 分らないこりゃア迚も, 分らないこれはわたくし, 分らないこれから起ろうとして, 分らないこんざつした気持を希臘時代, 分らないんだ, 分らないう言つて自分自身, 分らないされこうべを, 分らないずくめなん, 分らないせいでは, 分らないそういう覚悟は, 分らないそして又そこ, 分らないそれから米か, 分らないそれだけのこと, 分らないそれに一人で受けよう, 分らないそれ以外に法, 分らない日本の, 分らないただ水銀のよう, 分らないただ真黒な輝き, 分らないたって向うが, 分らないため迷いに迷っ, 分らないたよりなさ, 分らないだけが難点である, 分らないだらけになっ, 分らないだりするいろんな, 分らないちぐはぐなところが, 分らないちょいと私, 分らないつてことだ, 分らないつもりでやつ, 分らないんだ, 分らないでもよござんす, 分らないとか云う押問答, 分らないところだらけだけれど, 分らないとなつた處で, 分らないとにかくその時, 分らないとはをかしな, 分らないとまれ皇帝の, 分らないどうも分らない何もかも, 分らないどころか全く円い, 分らないどだいこの女, 分らないどっさりの女, 分らないながあいながあい, 分らないなどと思う, 分らないなにお筆さん, 分らないなりにこの, 分らないなりにも心に, 分らないにも拘はらず彼, 分らないのにという心持さえ, 分らないのにも程が, 分らないのねそしてここ, 分らないのみならず真, 分らないのよあなたには, 分らないのよといふもの, 分らない言詮を, 分らないひとつバカ聟, 分らないひどく分りにくい, 分らないへぼ醫者だつたの, 分らないへんなの, 分らないべら棒がある, 分らないほかでもない, 分らないほどずつ列から, 分らないほども分らなかったろうと, 分らないほほほ, 分らないほんの一瞬間の, 分らないぽかんとした気持, 分らないまでは社会は, 分らないまんざらの素人, 分らないまんまるな, 分らないまアお待ち此の, 分らないもう少し大きく, 分らないものつやも光り, 分らないもはや大分に, 分らないもやもやっとした, 分らないよほど深い何, 分らないわいと言った具合, 分らないわね頭が, 分らないイヤ正歟其樣な, 分らないゴリラに似た, 分らないテ滅多に闇, 分らないデッサンにした, 分らないネー桐の葉, 分らないハイカラなもの, 分らないヒョロヒョロのもの, 分らないフィルムの動き方, 分らないボロばっかりあいそ, 分らないヤケクソの魂, 分らないロシア語でぺちゃくちゃ, 分らないヴェールがふわり, 分らない一條の黒い, 分らない一軒のしもた, 分らない三味線の音, 分らない上級生の話, 分らない滿な, 分らない不気味さを感じた, 分らない不満が心, 分らない不都合があった, 分らない世界なん, 分らない眼を, 分らない中隊を率いる, 分らない乗合自動車が通り, 分らない乱脈さだった, 分らない事だらけであるかという, 分らない事件の意味, 分らない事実であった, 分らない事情がある, 分らない二十分目ぐらいになっ, 分らない人格です, 分らない人物である, 分らない人相だ, 分らない人達ですからね, 分らない白い渦巻き, 分らない仕組になっ, 分らない代りに男女, 分らない以上は仕方, 分らない以上双方の関係, 分らない仮装であるから, 分らない会話がベチャクチャ, 分らない位好奇心で一杯, 分らない低俗な手合, 分らないが頭, 分らない何もかもがさつぱり分らない, 分らない何れどこかに隠し, 分らない何山だか, 分らない何杯も何杯, 分らない何階の部屋, 分らないの耳, 分らない余りに意味深い, 分らない作品集の出た, 分らないし丈夫, 分らない保自身にとってどれ, 分らないだって十日, 分らない偉い官吏軍人実業家では, 分らない健康だけだ, 分らないを奪い返し, 分らないがこんな, 分らないに角久度神社, 分らない入獄の危険, 分らない其の子を, 分らない内側は始め, 分らないが來, 分らないじい面が, 分らない凡夫や二乗, 分らない出来事にちがい, 分らない出鱈目さがある, 分らないの世界, 分らない努力と貢献, 分らない労力と複雑, 分らない化物のよう, 分らない纒を, 分らない卍巴の中, 分らない南平にできる, 分らない南日君が三五郎, 分らない単語を教え, 分らない印象を与える, 分らない危ッかしさ, 分らない危険な仕事, 分らない反撥を覚えた, 分らない叔父でもまさか, 分らない口數少く控, 分らない口調であったし, 分らない巾着を, 分らない可哀相だつて才ちゃん, 分らない合図をされた, 分らない合圖をされた, 分らない同じような, 分らないでありながら, 分らないのいう, 分らない品物がなくなった, 分らない哲学の本, 分らないを歌う, 分らないひどく心, 分らない喊聲を一生懸命, 分らない器械だった, 分らない団扇のつかい, 分らないへ行く, 分らない国々の間, 分らない地位に甘んじた, 分らない地面の上, 分らない坊ンち, 分らない掘に, 分らない塵芥を寄せ集め, 分らない外国婦人の力, 分らない外國語だ, 分らないがくる, 分らない夜ふけの中, 分らない大事な一人息子, 分らない大衆の目, 分らない天才は又, 分らない天竺のね流沙河, 分らない夫婦だ, 分らない女房が聞く, 分らない女達の一人, 分らない好奇心に駆られ, 分らない妄執がつのっ, 分らない妹自身が下手人, 分らない姿になっ, 分らない婆アだな, 分らない婦人を思わぬ, 分らない嬰児を生んだ, 分らないだ何で, 分らない子供の癖, 分らない子供達はすっかり, 分らない安心を覚えた, 分らない富豪のこと, 分らない寒い風が, 分らない寝言だつた, 分らない寢言などが泥沼, 分らない専門の学問, 分らない将兵が何十万, 分らない小さいのが, 分らない小娘ならいざ, 分らない小綺麗な格子戸作り, 分らない少しばかりイギリス, 分らないの中, 分らない川島武夫の後日物語, 分らない工合だった, 分らない常に物静かである, 分らない年齢というもの, 分らない幽霊は無い, 分らない床下ではなん, 分らないの一方, 分らない弁証法などという論理法, 分らない弊衣を一枚, 分らない強い光を, 分らない形勢になりました, 分らないの酒, 分らない彼女自身にも恐らく, 分らない徒弟時代は特にそう, 分らない御簾を静粛, 分らない微笑が彼, 分らない心持ちだと, 分らない怒りだ, 分らない思いで唇, 分らない怪しい騒めき, 分らない恐い人だ, 分らない悩乱にくるまれ, 分らない悲しい様な, 分らない悲しみ悲しみだか, 分らない悲歎を書きつけ, 分らない感じである, 分らない感動に満, 分らない感謝に満ち, 分らない憂鬱が心, 分らない憎悪の念, 分らない懸念が私, 分らない成功を何ヶ月, 分らないを張る, 分らないのため, 分らない戦争に鉄砲, 分らない所謂因縁でしょう, 分らない手段である, 分らない才能の萎靡, 分らない技術によって組立てられ, 分らない担板漢だなどと, 分らない指図をする, 分らない振子時計の機械的, 分らない振舞であろう, 分らない擾乱から彼, 分らない故人がさうだ, 分らない文句は鳥, 分らない文章の切れつ, 分らない料理人はなん, 分らない新しいものを, 分らない方角を指, 分らないがたつ, 分らない日本人というもの, 分らないじゃねえ, 分らない旧名もかなり, 分らない昔話とただ, 分らないから追, 分らない時代であった, 分らないです, 分らない曖昧な返事, 分らない書ツケ類の中, 分らない書類と睥め, 分らない有難さを, 分らないの光, 分らないとをつなぎ, 分らない東京へ行っ, 分らない松木が宝, 分らない校長ではない, 分らない梯子を掛け, 分らない楽屋落ちらしい言葉, 分らない模糊たる霧, 分らない樣子なので, 分らない欝陶しさ, 分らない歌吉か歌助, 分らないきと, 分らない死方をし, 分らない殊に借財方から, 分らない残忍さひどい破廉恥, 分らない殿である, 分らない殿上人たちが専ら, 分らないを慕っ, 分らない毛皮の上, 分らない気分に支配, 分らない気違いめいた気持, 分らない立たしいとき, 分らない流れの迹, 分らない淋しさが, 分らない淋しい暗い気持に, 分らない漂流気球の中, 分らないであろうと, 分らない無数の理由, 分らない無銘の碑, 分らない焦点がはっきり, 分らない焦躁と不安, 分らない然し今日も, 分らないがではじめ, 分らない熱いものが, 分らない片仮名の文字, 分らない片言をしゃべる, 分らない物だらけである, 分らない物づくしの諷刺, 分らない犯人を待つ, 分らない犯罪にし, 分らない状況で見, 分らない独り言を書きつけ, 分らない独言を云っ, 分らない狼狽を覚えた, 分らない理想のみを説く, 分らない理想的人物を描い, 分らない理窟を片言交, 分らない生命だという, 分らない生徒に話した, 分らない生涯を作つて, 分らない用事を果す, 分らない田舎者の感慨, 分らないすぐには, 分らない由いやで, 分らない男同志のこと, 分らない異常な印象, 分らない疑いの影, 分らない疑問であった, 分らない痙攣的な顰め顔, 分らないを刻み, 分らないに遭う, 分らない目配せを私, 分らない盲目の祈り, 分らない盲目的とは俺等, 分らないの闇, 分らない着物を着た, 分らない睡眠中にも神経中枢, 分らない瞑想に浸っ, 分らない破れッ返るよう, 分らない確かに生き, 分らない祝詞の文句, 分らない神さまなんてそんなに, 分らない神様か仏様, 分らないの姿, 分らない私そうは思わなかった, 分らない私達ゆえ出かける時, 分らない程度のもの, 分らないが重々しく, 分らない空気のやう, 分らない空間を測定, 分らない空體の時, 分らない窓掛が左右, 分らないがのぼっ, 分らない笑いを浮かべた, 分らない笑い声が起った, 分らない笑顔で答えた, 分らない筆者だけには分る, 分らない筒袖の古, 分らない箇所がある, 分らない節々があった, 分らない簡単な併, 分らない紙片などが結びつけられ, 分らない細工物や部分品, 分らない経之ではなかっ, 分らない結婚者の子供, 分らない結局行って, 分らない結局行つて, 分らない総括的なつまり, 分らない羞耻と良心, 分らない老耄なん, 分らないのにおい, 分らないの底, 分らない腹いせに衆議, 分らない腹立ちがけし飛ん, 分らない自分自身を見出した, 分らない航海者や船乗人, 分らない色どりとうねり工合, 分らない色気もなく, 分らない苦しい気持で, 分らない苦しみや歎, 分らない英文を作った, 分らない茶色の犬, 分らない蒲団にし, 分らない薄い藍色の, 分らない藝術上の煩悶, 分らないがある, 分らないをむやみ, 分らない蜜蜂飼風情までが柄, 分らない行動を何, 分らない被害地の人民, 分らない複雜な氣分, 分らない要求から翻訳小説, 分らない要点が具体的, 分らない規則があった, 分らない視線を送, 分らない親しみができたらしい, 分らない親方五郎造だった, 分らない観念の限界, 分らない詰問でも受け, 分らない話ッてない, 分らないを出し, 分らない誠に恥かしい, 分らない課題をとっ, 分らない警めを自ら, 分らない譫言ばかり言ってた, 分らない議論を吹ッ, 分らないが入り乱れ, 分らない贅六式なところ, 分らないつらを, 分らない躊躇と不, 分らないだ, 分らない身扮りの, 分らない辺鄙な隅, 分らない近頃の不思議, 分らない通俗的な顔, 分らない遠い島にでも, 分らない都会特有の雑然たる, 分らない怪な, 分らない野郎でもあるまい, 分らないがあれ, 分らない金具をとりあげ, 分らない長い歳月の, 分らない闇夜を知った, 分らない阿弥陀如来が忽然と, 分らない限り一時間後の予報, 分らない限り詩は世間, 分らない障子を開け, 分らない難問題には法理, 分らないを落ちた, 分らない雲助の振舞, 分らない電報が来た, 分らない霞沢岳や八右衛門岳, 分らないだったし, 分らない面持であった, 分らない面白い実例を, 分らないを立てる, 分らないになっ, 分らない頼り無いよう, 分らないをし, 分らないの鑑定人, 分らない騒ぎになった, 分らない騒音になっ, 分らないに結っ, 分らないも酔後, 分らない黒く煤けた障子