青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「其時~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

兵隊~ 兵馬~ ~其 其~ 其の~ 其他~ ~其処 其処~ 其後~ 其方~
其時~
其處~ 具~ 具体~ ~具体的 ~具合 具合~ 兼~ 兼ね~ ~内 内~

「其時~」 1676, 17ppm, 6571位

▼ 其時~ (208, 12.4%)

5 見に 3 ずんとを 2 お前の, さう, イプセンの, 既に家屋敷, 早や, 氣が, 自分が, 自分は, 誰も

1 [182件] あっちこっちと, いつでも, おいよさん, おれが, かういふ体, この時雨榎, すんで, ずんとおなごぶり, ずんと女子ぶり, その儘, それで, そんな噺, つと思, つもる話, どうしよう, どうもし, また俺, また其時, もう, もうビショ濡れ, もうビシヨ濡れ, もう上州屋, もう世, もう二人, もう勘次, もう只痛い, もう本, もう牛小屋, もう疲れ, もう百姓, もう私, もう自分, もう返事, よろしく願, ツイ気が, ピオウと, ピンも, マルで, モウ本当の, 一丈も, 一所に, 丁度六十で, 中津から, 主人も, 事實あれ程の, 二十五歳の, 二十八で, 人が, 人も, 何だか自分, 何にも, 何んな, 余程障子, 僅に, 先づ人助けに, 全くの, 全く世の中, 全く暖たか, 六時間あまりを, 其下蔭は, 凡そ一町程も, 出征したい, 別に心, 別に注意, 別に深く, 前より, 勢威日に, 十二三秒も, 単に山岳会, 印刷中であった, 危ぶんだ, 危機一発でした, 反射し, 叔父夫婦が, 只堅く, 可成, 吉蔵が, 君宜, 和尚さんを, 唯, 商賣, 嗚呼何様, 嘘なり, 地主も, 夢更心付き候はず, 大いなる人間, 大に, 天意に, 女の, 好な, 妻も, 宋學の, 宗助が, 寂心馬に, 小説の, 居りませんでした, 山同心が, 屹度碁を, 帰る前日, 幾日も, 当然の, 彼の, 待ち兼ねた浴客, 後に, 後妻寿慶の, 心地の, 思われたがな, 戦いだやう, 政宗が, 文字通り暗涙に, 既に盗, 日は, 早くても, 春三郎は, 是から, 是非伊豆屋さん, 最う生活費, 最後の, 最早あの可, 最早この, 最早丑松, 最早和尚さん, 最早酷く, 會話の, 未練は, 李如松四万三千の, 来て, 枕が, 森の, 検非違使であった, 機先を, 止めようと, 此九郎右衛門心の, 此処まで, 此武村新八郎が, 毒箭を, 氏郷のみ, 気が, 気がつかなかったが, 決して泣く, 活動寫眞と, 海の, 渡船の, 満開であった, 無論新聞, 無論誰, 琵琶で, 用事も, 男盛りの, 畚が, 病氣で, 皆な, 目出度からと, 真に其積り, 矛盾だった, 私が, 私は, 秋の, 糊を, 糸子さん否でも, 累卵之, 老人は, 考へた, 腹の中で, 自分の, 船の, 荒川も, 蒲団が, 誰の, 貰い人なし, 赤い錢入, 起き拔, 軍艦, 遼東の, 遽た, 酒の, 障子を, 非常に, 餘程障子も, 香葎君が, 駄目だ, 鯨は

▼ 其時~ (186, 11.1%)

11 事を 5 仰せには 4 事は 3 私の 2 ことを, と今の, 事可, 事子供を, 事情と, 信吾は, 小生は, 心の, 旭川は, 父の

1 [143件] あの女, ことである, こと决し, こと決して, アイルランド人は, スケッチに, ポチは, 主体は, 事が, 事だ, 事に, 事件でも, 事情で, 二人が, 互の, 会葬者の, 作は, 僕の, 僕は, 儘と, 光景は, 光景や, 光景を, 免官の, 劣者の, 動揺は, 勘定は, 南口の, 印象は, 原稿料は, 名が, 名残に, 吾, 命命の, 啄木さんの, 啓白にも, 喜びの, 困難と, 国造の, 地方長官は, 場合に, 壇の, 声が, 大津父の, 女の子である, 女の子と, 如く今, 如く覚え居れ, 如我れ, 姿の, 婦人が, 嬉しかった, 嬉しさ, 宗助は, 家長で, 寂しさ, 山づとを, 幕間に, 年齡を, 彼は, 彼れ, 御幣の, 御感想, 徳川の, 心持と, 心持に, 心持は, 思想が, 息や, 悲しかつ, 情状を, 感傷も, 態度や, 懷しい思ひ, 懷ひ, 擧動を, 文太郎の, 新聞が, 日本に, 景状をも, 最優者, 未亡人即ち, 来る迄は, 案内人夫を, 様子まで, 様子を, 模様を, 模様次第だ, 模様次第として, 模樣を, 樣子を, 母校, 気分次第殺しも, 気分気分で, 気味合からでも, 氣分次第で, 水量が, 泉さんと, 活劇, 混雑と, 物あんじ, 特別の, 状態は, 用に, 用意である, 當主松平石見守乘穩が, 痕が, 眼の, 眼中の, 祟りが, 私には, 答辯も, 紹介に, 翁は, 考えようが, 苦しさ, 苦みと, 苦悶の, 藤友會長片岡文子さんは, 言ひ, 言葉を, 記憶が, 記録にも, 証として, 話に, 誓によ, 談話を, 負債が, 辰五郎の, 遺物を, 酌取り女我が, 鑛毒地は, 闘は, 陰謀に, 雪片は, 青年に, 顔ぶれから, 馬方姿である, 騒ぎで, 騒動と, 騷ぎは大きく, 高知陸軍病院長軍醫中佐川北伊勢吉氏は, 魂も

▼ 其時~ (101, 6.0%)

3 於て 2 なって, なつたら, 幸福といふ, 答へて

1 [90件] あらゆるもの, この芝居, しましょう, その髮, だに人に, なつて, なるの, なれば, まづ口, テチス先づ聲あげ, 上から, 上人様が, 云って, 云ひ出した, 交換した, 人目を, 似て, 何事も, 俄盲目の, 俳優は, 其大臣が, 其本が, 其鎖, 出来たもの, 判然した, 前の, 助七, 各々は, 名譽, 君の, 呼ぶ大音, 哀告しつ, 唱へる, 女王は, 婦人が, 嫉み妻, 将門は, 将門も, 廳中に, 当つて, 当り庶物皆, 得た學問, 憤然として, 懷良親王から, 成つてから, 成つて丑松は, 成つて始めて, 持つて, 既に六十歳餘, 日本人が, 来り棲めと, 某氣行はる, 汝の, 沓を, 為つて見なくつ, 焦げたので, 父の, 特別な, 生れて, 當つて流水を, 痛いほど, 破れて, 確に, 神の, 私が, 稽古を, 穢れを, 立会った人々, 算博士の, 胎中に, 能勢弁護人より, 自分の, 自分は, 至つて始めて, 至り亡人, 至るまで, 舞台監督たる, 花を, 茶釜から, 藍光の, 言渡す言葉, 訂正すれ, 転びや, 通りがかりの, 遠のく距離, 開いた處, 開き西洋, 露西亞の, 順になった, 魏の

▼ 其時~ (67, 4.0%)

3 になる 2 だと, のこと, はまだ

1 [58件] からし, から一, から動き出す, から敷い, でも多く, とは大分, にはもう, には丁度, には地方, には已に, には慈海, には疾く, にもう, に變化, の夫婦, の宗助, の彼, の心持, の志望, の我々, の有, の母, の氣分, の私, の程度, の縁故, の考, の蒙, の驛遞路, はい, は互に, は人間, は今日, は何, は其様, は冬, は少し, は常盤会寄宿舎, は或, は折節然様いふ人, は文學, は文學者, は春日, は果敢ない, は機, は此橋, は父, は病院, は私, は蕎麥, は見料, は親爺, まだ国, まで一時, まで天主教, より読書, 既に大人達, 蒙古

▼ 其時~ (36, 2.1%)

3 はふと 2 は, は七つ

1 [29件] かに思ふ, が, が此処, が照, が聴いた, が諸君, にはそれ, の側, の切席, の前, の心, の思ふ, の為, の面白い, はねらつ, はまだ, は一年, は不, は何處, は先住, は其資金, は向う, は始めて, は平時, は思はず, は横町, は考へた, は膝, は裏

▼ 其時には~ (28, 1.7%)

2 言葉に

1 [26件] さがしたいにも, すつかり, それが, どうした, まるで蒙, わたし一人きりで, 一座の, 主人と, 何う, 右手の, 大分氣も, 山の, 屹度大, 或は石燈籠, 手紙を, 支那の, 昨日の, 滿載された, 激しい疼痛發作, 異つた人間, 農科大, 長い竿, 間違は, 頑固な, 驚いた, 鼻も

▼ 其時~ (27, 1.6%)

22 へて彼 1 へて友, へて權勢, へ宣んし, へ曰, へ陳

▼ 其時から~ (24, 1.4%)

4 愈々澄んだ 2 未亡人に

1 [18件] おれ自身この, である, です, 両親は, 以前明治学院時代から, 兄に, 出来ました御覧, 友田は, 宗助の, 思つてゐた, 愈澄んだ, 既に好事家, 日々名倉へ, 父母は, 病身に, 知つた, 結婚し, 酷くつまっ

▼ 其時~ (24, 1.4%)

3 に答 2 は自分

1 [19件] にねん, に曰, に衆, の士, の室, の心, の斃, の胸許, の青春, は三千代, は又, は明らか, は穏やか, は縁側, は美くし, は腹の中, を剥ぎとり, を救, を殺せし

▼ 其時自分~ (17, 1.0%)

3 の小説

1 [14件] が休ん, が公安委員, が我乍ら, にお辞儀, の皿, の胸, は捕まり, は涙, は男, は目, は訳, は雨, を悪魔, を省

▼ 其時~ (12, 0.7%)

2 八重は, 定は 1 いよさんに対して, しづさんも, ほいなる, 七の, 局が, 志保が, 志保は, 桐は

▼ 其時まで~ (12, 0.7%)

1 [12件] なし居, 不死なりし, 丑松は, 執念深く竿, 延しても, 未だ些, 林下の, 淘汰の, 素女だつた, 見えなかつた光, 観て, 説明の

▼ 其時~ (12, 0.7%)

1 [12件] あまり口は, 之に, 今被つて, 叔父は, 式に, 手紙の, 泣寐入一昨年は, 泣寢入一昨年は, 深く感歎, 父は, 私長左衛門様の, 答へて

▼ 其時丑松~ (11, 0.7%)

1 [11件] が顔, の人物, の持つ, の耳, の逢, は亭主, は彼, は日頃愛読, は矢張学校, は膳, も考へた

▼ 其時~ (10, 0.6%)

1 まちわ, 利用するです, 待つ, 恋しがる, 推窮し, 救ふ, 異にすれ, 逸して, 限り汝は, 食器の

▼ 其時こそ~ (9, 0.5%)

2 社会から 1 京王の, 恐らく河原, 最早駄目, 正造は, 眞に, 自説を, 駒も

▼ 其時初めて~ (9, 0.5%)

21 インフルエンザと, 博士の, 彼から, 活版に, 罪に, 自分独りであった, 自分達は

▼ 其時三千代~ (8, 0.5%)

1 の説明, の顔, は急, は眼, は笑つて, は長い, をこんな, を大変

▼ 其時二人~ (8, 0.5%)

2 は人知れず 1 の労働者, の噂, の姿, の目, わがため, を迎

▼ 其時~ (8, 0.5%)

2 は左様 1 と相, の言, はランプ, は始めて, は微, も大方

▼ 其時宗助~ (8, 0.5%)

1 は, はだ, は何時も, は厭, は始め, は始めて, は是, は漸く

▼ 其時既に~ (8, 0.5%)

2 話が 1 二人ともに, 奪はれた, 定基には, 或省, 衰老の, 遠地に

▼ 其時~ (8, 0.5%)

2 日本に 1 わしは, 下を, 控へ, 校長は, 見るの, 黙つて二人

▼ 其時一人~ (6, 0.4%)

1 が千人萬人, が駈け, が驅, の看護婦, の行商, の警官

▼ 其時~ (6, 0.4%)

2 は此文士 1 が作りたる, の顔, は俵形, は始め

▼ 其時~ (6, 0.4%)

1 に向, に對, に近づいた, の素性, の腰, は神田

▼ 其時~ (6, 0.4%)

3 のうち 2 の底 1 に深く

▼ 其時ちらりと~ (5, 0.3%)

5 かのお

▼ 其時はじめて~ (5, 0.3%)

2 見たとか 1 口を, 氏郷は, 船員等の

▼ 其時までは~ (5, 0.3%)

2 肚を 1 個々専門に, 易の, 殆ど自分

▼ 其時塚穴~ (5, 0.3%)

5 の深い

▼ 其時平岡~ (5, 0.3%)

1 の事, は一寸, は座敷, は早く, は漸

▼ 其時~ (5, 0.3%)

1 が仙臺辯, はあゝ, はた, は初めて, は頗る

▼ 其時~ (5, 0.3%)

2 先生の 1 女の, 朋友を, 烈しく人

▼ 其時近々と~ (5, 0.3%)

3 仰ぎ奉つた尊容 1 仰ぎ奉った尊容, 仰ぎ奉つた尊容三十二種

▼ 其時~ (4, 0.2%)

1 來るだらう, 其本の, 戸長様の, 来るまでは

▼ 其時きりおれ自身~ (4, 0.2%)

4 このおれ

▼ 其時だけは~ (4, 0.2%)

1 一寸学校教育, 初々しう, 私は, 私も

▼ 其時まだ~ (4, 0.2%)

2 建てる事 1 清正公前に, 表面の

▼ 其時わし~ (4, 0.2%)

1 にはわし, はどぎまぎ, はわし, は彼女

▼ 其時~ (4, 0.2%)

1 か一つ話, か癪, と云, と清吉

▼ 其時~ (4, 0.2%)

21 が佐川さん, は叱る

▼ 其時先生~ (4, 0.2%)

2 には江の島 1 にさういひました, は羅馬古城趾真景

▼ 其時始め~ (4, 0.2%)

1 て一寸代助, て世の中, て気, て貴女

▼ 其時彼等~ (4, 0.2%)

1 が其一切, に告げ, は永久, 陣取りぬ

▼ 其時~ (4, 0.2%)

4 米は

▼ 其時~ (4, 0.2%)

4 で今

▼ 其時この~ (3, 0.2%)

1 二つの, 古歌, 支那の

▼ 其時その~ (3, 0.2%)

1 刑場で, 楽の, 腐りかかった亡者

▼ 其時だけの~ (3, 0.2%)

2 事である 1 遊興なら

▼ 其時~ (3, 0.2%)

3 あつた

▼ 其時ふと~ (3, 0.2%)

1 こいつあ, 好奇の, 細かい戦慄

▼ 其時までも~ (3, 0.2%)

1 予は, 肌に, 見ること

▼ 其時もう~ (3, 0.2%)

1 五十を, 幽かな, 框から

▼ 其時~ (3, 0.2%)

1 圖した, 圖兄が, 慥な

▼ 其時不思議~ (3, 0.2%)

1 な噂, な考, や池

▼ 其時人々~ (3, 0.2%)

1 が争つて厳島, の前, の背後

▼ 其時~ (3, 0.2%)

1 が, の頭, は云

▼ 其時~ (3, 0.2%)

2 に向 1 に向っ

▼ 其時小使~ (3, 0.2%)

2 が駄菓子 1 が重た

▼ 其時~ (3, 0.2%)

3 つた

▼ 其時愛ちやん~ (3, 0.2%)

1 は女王樣, は犬ころ, は突然

▼ 其時~ (3, 0.2%)

1 は成るべく, は蓋し, も大

▼ 其時細君~ (3, 0.2%)

1 が保険, にも挨拶, は籠

▼ 其時~ (3, 0.2%)

1 が, は吉田, は風呂敷包

▼ 其時若し~ (3, 0.2%)

1 彼れ, 此道を, 江戸の

▼ 其時~ (3, 0.2%)

1 か斯, だか, やら訪れ

▼ 其時からの~ (2, 0.1%)

1 家臣なさうで, 文明こそ

▼ 其時だけ~ (2, 0.1%)

1 処女として, 村の

▼ 其時でも~ (2, 0.1%)

1 屹度衣物で, 芸術という

▼ 其時として~ (2, 0.1%)

1 荒誕附会に, 荒誕附會に

▼ 其時どう~ (2, 0.1%)

1 いふもの, したもの

▼ 其時にな~ (2, 0.1%)

1 つて丑松は, つて始めて

▼ 其時また~ (2, 0.1%)

1 きり, 雁が

▼ 其時カーンカーンカーン~ (2, 0.1%)

2 と掛時計

▼ 其時セルギウス~ (2, 0.1%)

1 はさつき, は不正

▼ 其時一週間許~ (2, 0.1%)

2 りも

▼ 其時不意~ (2, 0.1%)

1 に, にチラリ

▼ 其時~ (2, 0.1%)

1 といふもの, により長慶體

▼ 其時~ (2, 0.1%)

1 り近づきて, るに

▼ 其時~ (2, 0.1%)

1 のそ, の濁声出し

▼ 其時俯い~ (2, 0.1%)

2 て茶

▼ 其時分僕~ (2, 0.1%)

1 の二階, は分家

▼ 其時分私~ (2, 0.1%)

1 の眼中, は高座

▼ 其時千束樣~ (2, 0.1%)

2 へねり込ん

▼ 其時半紙何帖~ (2, 0.1%)

2 かを水引

▼ 其時取次~ (2, 0.1%)

2 に出た

▼ 其時~ (2, 0.1%)

1 で眞, を開き

▼ 其時向側~ (2, 0.1%)

1 のプラットホーム, のプラツトホーム

▼ 其時四人~ (2, 0.1%)

2 の職員

▼ 其時四郎左衛門~ (2, 0.1%)

1 がきつ, が出

▼ 其時夕刊~ (2, 0.1%)

2 の紙面

▼ 其時~ (2, 0.1%)

1 ていの, 鈴の

▼ 其時大きな~ (2, 0.1%)

1 喜が, 地震が

▼ 其時夫婦~ (2, 0.1%)

1 は顏, も立ち

▼ 其時奥様~ (2, 0.1%)

1 が入, の呼ぶ

▼ 其時~ (2, 0.1%)

2 な心地

▼ 其時~ (2, 0.1%)

1 が咀, は小生

▼ 其時専門~ (2, 0.1%)

2 の軍人連

▼ 其時山人~ (2, 0.1%)

1 の持つ, は杖

▼ 其時座敷~ (2, 0.1%)

1 で, で大きな

▼ 其時思ひ~ (2, 0.1%)

1 がけも, 當る

▼ 其時思ひ出した~ (2, 0.1%)

1 のは, 知らせを

▼ 其時~ (2, 0.1%)

1 の身, は若かりき

▼ 其時我輩~ (2, 0.1%)

1 も始め, も考へた

▼ 其時~ (2, 0.1%)

2 悪くワイスマン先生

▼ 其時文平~ (2, 0.1%)

1 もやつ, も丑松

▼ 其時~ (2, 0.1%)

1 う聞いた, の職員室

▼ 其時~ (2, 0.1%)

1 が山陽, を移す

▼ 其時早く~ (2, 0.1%)

1 太平洋を, 高田警部は

▼ 其時~ (2, 0.1%)

1 ある, あるオヂュシュウス彼女

▼ 其時未だ~ (2, 0.1%)

1 到らずば, 到らねば

▼ 其時死んだ~ (2, 0.1%)

1 筈の, 者上下百八人と

▼ 其時~ (2, 0.1%)

1 の乳, は私

▼ 其時~ (2, 0.1%)

2 と散歩

▼ 其時~ (2, 0.1%)

1 は宇宙, わが馬

▼ 其時汽笛~ (2, 0.1%)

1 のよう, の音

▼ 其時~ (2, 0.1%)

1 に穩, は神明

▼ 其時白衣~ (2, 0.1%)

1 に袈裟, を着けた

▼ 其時~ (2, 0.1%)

1 が覚めた, が覺め

▼ 其時私達~ (2, 0.1%)

1 の横, は遥か下

▼ 其時~ (2, 0.1%)

2 心にも

▼ 其時~ (2, 0.1%)

2 一に

▼ 其時~ (2, 0.1%)

1 を作らん, を年

▼ 其時~ (2, 0.1%)

1 に宣んし, の前

▼ 其時行手~ (2, 0.1%)

1 から人波, の闇

▼ 其時~ (2, 0.1%)

1 の山, の崖

▼ 其時音樂~ (2, 0.1%)

2 の銀

▼1* [541件]

其時あちらの隅, 其時あの高柳に, 其時あんまり口惜かった, 其時いふには後世子孫, 其時うしろの方, 其時おや小さな木兎, 其時おらあ此所, 其時お伴をした, 其時お前は何と, 其時お婆さんも主人, 其時お節は白茶色, 其時お金の目, 其時其より, 其時かなたトロイアの盾, 其時からはあまりに長い, 其時かれは日本, 其時ぎりで失せる, 其時こそは此の, 其時これまで中屋敷, 其時さながら塔に, 其時すぐにはわたし, 其時すつと拔, 其時すでに三人の, 其時すべてアカイヤの軍勢, 其時する事は, 其時そこに向い, 其時そして猶工合, 其時それぢや困る, 其時たつた今其鉢, 其時たのむは和女, 其時と思う, 其時だつてあれ丈, 其時ちつとも持たなかつた, 其時いさんが, 其時つゆも怯み, 其時である是れ, 其時でさえ斯う, 其時ですつひ足もとの, 其時では寧ろ厭, 其時変りなく美しい, 其時とは又大, 其時どんと戸を, 其時のです, 其時なつかしくかいだ, 其時なにがしといふ男, 其時にだけ開くよう, 其時にのみ剛強の, 其時にも棺を, 其時のみは萎れても, 其時はと手に, 其時ばかりでは, 其時ばかりは困った顔, 其時ッと, 其時ふくべの半分, 其時つと深い, 其時ほど強い烈しい憧憬, 其時もはや昨今に, 其時より如來は, 其時わたくしは別にどう, 其時われに, 其時アカイアの, 其時アキリュウスの親友パトロクロス, 其時アッと思う, 其時アテーネーヘーレー共にミケ, 其時オルクニーの王妃, 其時カ翁は, 其時ガラガラという車, 其時クラリモンドが大理石像, 其時ザラにアヽ云, 其時スタスタと立木, 其時ズッと接近, 其時ズツと接近, 其時ヂュウスアイアスに驚, 其時ヂュウス戰爭のしるし, 其時ヂュウス揚々と諸, 其時ドルフは, 其時ニハ兄上ハ御年六十ニ, 其時かならず, 其時ハ五丸のミ込, 其時ハ伏見の寺田, 其時ハ何処ノ国籍ニ属スルヤ, 其時ハ立合呉候べきかと, 其時ハ長州侯ニもお, 其時パリス打ち取るは, 其時ヒシと身, 其時フツと殺す, 其時プォイボス・アポローンアキルリュウスに宣んし, 其時ヘクトール間に立ち, 其時ヘレネー蜜に似る, 其時ペルガモス丘上高くアポローン, 其時メルリンが他, 其時一匹の黒い, 其時一家四人露骨に云, 其時一應の調, 其時一散に左, 其時一生の戒, 其時一神の君大, 其時一種の好奇心, 其時丁度お靜, 其時丁度二階の梯子, 其時丁度十二三の坊様, 其時丁度帳場で呼ぶ, 其時丁度牛を曳い, 其時丁度通りか, 其時丁度達摩が素早く, 其時丁度麁朶を滿, 其時はあの, 其時三つ年長の姉照子, 其時上り口の二畳, 其時上手の室, 其時下女の袈裟治, 其時不安な態度, 其時世人は私, 其時世界が息, 其時両君は登山, 其時両脚を槓杆, 其時に其後引續, 其時から, 其時中學を出, 其時中途退出により奏上, 其時丸善からペリカン, 其時丹羽長秀太閤と一処, 其時主人は彼, 其時事件が起った, 其時二將ドローン, 其時二度と彼に, 其時互に相慕, 其時五將一齊に馬, 其時亭主は傍, 其時人足が二人, 其時人間の代表者, 其時歳十一に, 其時の火, 其時他方トロイアの軍敗, 其時仙台に居た, 其時以来ピタリと, 其時以来復も幸福, 其時仲間の労働者, 其時件ニ付テハ曽テ木桂ヨリ来書アリ其儀ニ曰ク両国論ヲ合テ云々ト, 其時伏せる敵將に, 其時伯母が彼, 其時伯父に連れられ, 其時何だか少し頬を, 其時何んと思った, 其時何故か変電所の, 其時何方が真実, 其時作者が不意, 其時と目, 其時侍女ら舘の中, 其時に四方, 其時保科氏の侍女, 其時修養がたりない, 其時借してやらうと調戯つて, 其時偶然隣の扉, 其時に居た, 其時に出, 其時先刻の白色巡洋艦, 其時先生左の詩, 其時先程一寸名前の出た, 其時は實際襯衣, 其時兩馬安らかに我, 其時六七歳だつたが, 其時六十九になる, 其時六圓づゝ割いて, 其時は餘程, 其時其の土地の, 其時其人其事情に因っ, 其時其場に感じ, 其時其御秘蔵が見えぬ, 其時其時に開いた, 其時其風下より廻り, 其時兼次はおす, 其時じい旋風が, 其時逢頭に, 其時分ぢやからと, 其時分何も分らなかった, 其時分僅の間, 其時分先生はもう, 其時分吉田松陰崇拝であった, 其時分宇宙に迷, 其時分巴里から家主, 其時分幕府の基礎, 其時分廓へ通, 其時分我々は読ん, 其時分戰爭へ出られる, 其時分朝鮮の王樣, 其時分村にお産, 其時分此処に居, 其時分自分は親, 其時分雑誌は知らず, 其時分電車は無, 其時利章の父利安, 其時到る迄我, 其時に運ばれし, 其時勃然面を挙げた, 其時勇將たから, 其時動いては天下無敵, 其時勘忍の緒, 其時をすぐ, 其時十五歳とある, 其時十四歳だつた彼, 其時卒然として代, 其時な心持, 其時参上申承るべく候, 其時壱人を, 其時は一齊, 其時叔母が汲ん, 其時叔父さんは叔母さん, 其時受けたのが, 其時口笛を吹き, 其時只かすかに笑っ, 其時只無言で家蔭, 其時同じ業の者, 其時同伴の人々, 其時同僚は一口, 其時同行を拒み, 其時ふの, 其時はわ, 其時君独り吾を憐, 其時君等はお父さん, 其時吠えたりし, 其時ひこむ新鮮, 其時に從, 其時吾儕は茶代, 其時味方は森, 其時和解ありつら, 其時啾々たる女, 其時喜平は在宅, 其時嗄れた女の, 其時困るのは, 其時土地の人, 其時在所の者, 其時地上に車, 其時坂井も一所, 其時つて居た, 其時の四門盡, 其時塩田が狂歌, 其時増田や三藏, 其時高く大, 其時阿彌, 其時外交の使命, 其時は深けかかっ, 其時大島の重ね, 其時大工に自分, 其時大日向は飛んだ, 其時大明神が現れ, 其時太祖に服屬, 其時はもう, 其時失墜して, 其時奈良の春日, 其時奉る言葉に, 其時は国, 其時と散々別れ, 其時て文士, 其時は一つ, 其時姓名を木牌, 其時婆さんが漸く, 其時のお, 其時子供は生れた, 其時子供等は勝誇つた, 其時孝高は村重, 其時守兵らはすでに, 其時安十郎を連れ, 其時宍戸某と云, 其時宗春が云った, 其時の足音, 其時へ這入っ, 其時宮沢岩手山古川松山四ヶ処の城, 其時将軍の扈従, 其時尊王には攘夷, 其時小さな鞠の, 其時小學校全體, 其時小弟ハ土佐人高坂龍次郎と申, 其時小忌が天皇, 其時小犬ほどな, 其時小豆色の頭巾, 其時少し窘める様, 其時少年の身, 其時就中御歳寄, 其時居士は自分, 其時山木様も一所, 其時の間, 其時左手の二町, 其時は度々, 其時已に六月の, 其時帰ッ了や好かっ, 其時帽子やステッキ, 其時平八郎が, 其時平八郎さんはわたくし, 其時平生の權威, 其時は十八, 其時幼女陽は疱瘡, 其時幾組かに別れ, 其時ノ一人, 其時座中には堀田正俊, 其時に入, 其時弁護士は丑松, 其時強きアレースの, 其時役者の立場, 其時彼らに告げ, 其時彼ら水陣の, 其時彼女の頬, 其時彼奴等は地べた, 其時彼家より此兩商, 其時彼等二人の間, 其時往々骨董店の, 其時征西將軍は自分, 其時待ち設けてゐる, 其時後藤三右衛門は眼, 其時従学したと, 其時従軍した, 其時心から嬉しく聞い, 其時忽ち暗黒から, 其時怒りて彼, 其時思いも寄らぬ, 其時思ひ切つて, 其時思ひ当る節が, 其時思わず私は, 其時思フニ縦令ひめ, 其時思出したの, 其時にわし, 其時急ぎ身を載せ, 其時急激な不思議, 其時怨みを書いた, 其時レ候幕海軍が, 其時恐るべき日は, 其時恐ろしかった, 其時恰度夫婦喧嘩をし, 其時悲しかったこと, 其時憤慨の情, 其時成功した, 其時成実の隊, 其時我が弦月丸よりは, 其時我今仕ふる所, 其時人が, 其時戦死した仏蘭西, 其時をこつ, 其時手紙の中, 其時へた, 其時挨拶をすれ, 其時まら, 其時支那では日本國王, 其時數多の貴族, 其時數杯の麥酒, 其時文太郎は斯ん, 其時斎藤の女中, 其時旅宿の二丁, 其時日朝上人というの, 其時日本に居る, 其時日本人望みの如く物, 其時日本國民として所有, 其時の我店, 其時春枝夫人の殊勝, 其時普通の産婦, 其時暗がりからし, 其時書きかけた小説, 其時最も頭に, 其時最後の痛苦, 其時はすべて, 其時服裝にも動作, 其時朝鮮猫が二三尺距つた樹, 其時の上, 其時から供, 其時村人は水, 其時東国へ下向, 其時松田は自分, 其時は大分酒気, 其時校内に響き, 其時校長は倚子, 其時案外不愉快であった, 其時桐生君は法科, 其時を持つ, 其時楼梯を上つて, 其時榛軒が金, 其時の上, 其時橋本の凜, 其時にあらず, 其時次の間の柱時計, 其時正に日本國といふ, 其時の狭い汚い, 其時此庵を開い, 其時此方を向いた, 其時此時背面の方, 其時武久田其魁となりたる, 其時言い合わせたよう, 其時に評議, 其時氏郷はあれあれ, 其時に懸, 其時がドブン, 其時水月と三藏, 其時汝アカイアの至剛の者, 其時汝安んじて, 其時汝等は福, 其時汝雲中に, 其時江寧の人某, 其時治療して, 其時は稍, 其時泣き死に死んだなら, 其時流行であ, 其時浴びる朝の, 其時を押, 其時満期を取, 其時源泉堂主人の言, 其時潛む場として, 其時然と, 其時濃霧彼の目, 其時無限の恨, 其時うして, 其時を病んだ, 其時いさんは, 其時牛頭は慇懃, 其時物語つて御坊は孤家, 其時独身ではあった, 其時きアレース, 其時猪子君の言, 其時獣医が入, 其時現場先づ測り次に, 其時理解するに, 其時甚申し訣, 其時生憎密雲に閉ざされ, 其時町人の家, 其時の上, 其時病室に歸つて, 其時に障つた, 其時白鳥は毒水, 其時皆さんは奈何, 其時直ぐにクロニオーン天妃ヘーレー, 其時直に用うる, 其時相應な智慧, 其時眞志屋の先祖, 其時眞面目な態度, 其時つた, 其時知人から此の程設立, 其時石見にとど, 其時破れてし, 其時神女その馬, 其時秀吉は笑っ, 其時突然語調を, 其時立ちていふ, 其時立てり衆の, 其時節与八郎家来渡辺金太夫伊達与兵衛中山是非介働き殊, 其時節到来を待つ, 其時精神的科學に鞍, 其時終日行いて, 其時締めしゑゝそれよ, 其時編笠を冠, 其時習字やら図画, 其時老人は手, 其時き, 其時聖なる処女は, 其時聞かして下さいます, 其時胸中の此計畫, 其時腹の中から先刻, 其時腹膜炎をやっ, 其時膝節を痛めました, 其時自動車の内, 其時舞台から下り, 其時の中, 其時船底に当たってコトコトコトコトコトコト, 其時船橋の上, 其時船越の桟橋, 其時良兼が応じ, 其時主人が, 其時英雄的な人道的, 其時茫乎と思ひ出した, 其時茶碗を持ち, 其時草色の真, 其時荒坊主岸破と, 其時落第せず唯, 其時蓮華寺で撞く, 其時薄弱なもの, 其時藻西が階段, 其時蘭軒は柳湾, 其時はもう, 其時衆中年齡に於, 其時衆人中より一人, 其時行きましてさ, 其時行つて見て, 其時衣物のだん, 其時で, 其時見たのは, 其時見覚えのある, 其時親友の, 其時親爺によく, 其時親猿は余程, 其時討死した足利藩士, 其時りは, 其時証拠人として立たれた, 其時誠太郎を思ひ出した, 其時説きたりき, 其時諸君は御, 其時警部君チョットと, 其時豊公の御, 其時貴方は他, 其時買冠りを, 其時こさうな, 其時の士, 其時赤十字社の總會, 其時起した期待は, 其時越前守の真上, 其時を我, 其時を真中, 其時辛き運命は, 其時迄は留らず, 其時近所の評判, 其時返辞をし, 其時迸り出た血から, 其時に迷っ, 其時の婦人, 其時都落ちをしました, 其時醫者は何とも, 其時野口君は明日小樽, 其時野郎は老父, 其時銃ハ打金を上ゲ敵拾人斗, 其時銘々の意見, 其時銘誌を尋, 其時の音, 其時長井は自分, 其時長次郎は下, 其時の戸, 其時門人等が先生, 其時門口から白い, 其時門弟の一人, 其時閉ざされた口が, 其時附加へた, 其時限り逢はぬ, 其時陸穂を手, 其時隣室にガラガラ, 其時に光る, 其時雨山氏の容子, 其時靜むべし, 其時順序が滅茶苦茶, 其時の下, 其時の中心, 其時飛箭のアポローンかた, 其時を解き放し, 其時騎將ペーリュウス汝の父, 其時驚いたことに, 其時高柳先生ハおいでなされ, 其時の美, 其時の左右