青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「分の~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

刀~ 刃~ ~分 分~ ~分け 分け~ ~分っ 分っ~ ~分った 分った~
分の~
~分らない 分らない~ ~分らなかった ~分らぬ 分らぬ~ 分り~ ~分る 分る~ ~分れ 分れ~

「分の~」 3974, 43ppm, 2706位

▼ 分の~ (1524, 38.3%)

26 である 17 にも足りない 14 に過ぎない 12 の地図 10 しかない 9 にも足らぬ, を占める 8 と仮定, になっ, を占め 7 という死亡率, にすぎない, にも足らない, に当る 6 もない 5 であること, であると, という, になる, または四分の一, を控除

4 [13件] か五分の一, か四分の一, ぐらいのところ, であった, ではなく, というよう, となる, にも当らない, に減らし, に相当, のうち, の価値, の力

3 [26件] が徴収, くらいな, だ, だから, だと, というの, となっ, となり, となるであろう, と見, になり, にも当らぬ, にも相当, に増加, に減少, に過ぎず, の御, の財産, の間, ほどで, ほどのところ, または四分の三, も知らない, を加え, を加えれ, を失った

2 [93件] かがことごとく, から半分, か二, がゆく, が一秋, が死ん, が除かれるなら, ぐらいでもあろう, しかなかっ, しか出ない, しか無い, すなわち約, だか, だけが消火作業, だけ減少, だけ騰貴, だという, であって, であつ, であります, であるが, でしかない, でもあったら, でもいい, でもこの, ということ, という小さい, という数字, という比率, といふ, とかし, とし, となった, と思っ, ないしほとんど, なん, にすぎず, にて価値騰貴, にもたらぬ, にもならない, にも値, にも足りなかった, にも過ぎない, にも過ぎなかったであろう, にも達し, にも達しない, に上る, に当たる, に減じた, に減ずる, に縮める, に過ぎなかった, に過ぎなくなった, の休止, の値段, の地域, の地形図, の境界線, の大き, の小作料, の幅, の日数, の百万分の一, の短, の裂, の部分, の量, の面積, はおろか, はその, はもう, は父, は雪, ばかりのところ, または三分の一, または五分の一, もある, もあれ, もお話, もできない, もなかっ, も口, も容易, も持っ, よりもまだ, よりも小さい, をその, をも償う, を加えた, を失っ, を斟酌, を本人, を請求

1 [1023件 抜粋] あるいはもつ, か, かがかく, かが常に, かそれ以下, かで全体, かに過ぎない, かのきわめて, かの原因, かの間, かはどうも, かは常に, かは自分, から一一分の一, から二十分の一内外, から八〇分の一, から十分の一, から良い, かを満たす, か二十分の一, か何十分の一位, か八分の一程度, か或は, か残った, か縮小, がころがりこむ, がつかりし, がほどを占め, が二重, が凍っ, が女, が年々結婚, が戦死, が時に, が本物, が標準, が直感, が租税, が結婚, が附加, くらい, くらいが出来, くらいしかエネルギー, くらいしか来, くらいで済む, くらいな短時間, くらいに減るであろう, くらいのもの, くらいの小, くらいの目方, くらいの賃金, くらいの金, くらいはほんとう, くらいまでくる, くらいもふりかけれ, くらいをようやくもぐもぐ, くらい旅行記, くれたらいい, ぐらいしかいません, ぐらいしか売れない, ぐらいずつ入り, ぐらいだ, ぐらいでしょう, ぐらいで赤い, ぐらいとなる, ぐらいな人々, ぐらいにとどまったろう, ぐらいに減じられ, ぐらいのこし, ぐらいのエハガキ, ぐらいの安値, ぐらいの悪, ぐらいの興味, ぐらいの長, ぐらいはいかにも, ぐらいはそれ, ぐらいは割合, ぐらいを占め, ぐらい小さな, ぐらい盗まれました, しかなかつた, しか価値, しか出ません, しか収める, しか工場, しか残らなかった, しか窓, しか言ってない, しか黴菌, すなわち一二対一〇, すなわち七〇キロメートル, すなわち二五%, ずつだ, ずつを注意, ずつ減す, そして馬, たらしめる如き数, だからなあ, だけお, だけが凍る, だけが最も, だけでも愛する, だけに限られ, だけは綿, だけをそれ, だけ価値, だけ凍る, だけ吸い, だけ増加, だけ守っ, だけ文明, だけ登っ, だけ軽く, だけ過大, だったの, だって見おとす, だも, つまり一月, であったならば, であったろうと, でありそして, でありその後, でありノリジ, であり出生, であり出生率, であり年死亡率, であり従って, であり混合年一〇年, であり漁家, であるからと, であるのに, であるオランダ, である場合, であろう, ですからね, でなく三八分の一, ではなくし, でもあるだろう, でもしてやれ, でもつぐなおう, でも何故, でも千分の一, でも報いたい, でも想像, でも日本, でも知ったら, でも身, で一国, で二百機サ, で充分, で千二百五十ドル, で差し上げる, で深, で生産, で税金, で鋳, というこの, というバアトン氏, という出生, という如き, という小勢, という微細, という極微, という現在, という財産, という造幣価格, という高率, といふ程度, とかいう程度, とか二, とか何, とされ, とつまり, となつ, と一二二分の一, と価値, と引替, と推測, と牛乳八勺, と等しい, と考え得よう, と能率, と認める, ないし一一三分の一, ないし七〇分の一, ないし二三分の一, ないし二十分の一, ないし千分の一程度, ないし四分の一, などという安値, なの, なりお, なる全線, にあたる, にあたる人数, にきめられた, にし, にしか当っ, にしか当らなかった, にしか當ら, にした, にすぎなかった, にすぎんです, にする, にだけ邪魔もの, につい, にても相, になろう, には出来ないでしょう, にまで伐り平らげ, にもたらない, にもなりやせん, にもむくいたい, にも及ばない, にも及ばなかった, にも堪へ得ない, にも届かなかった, にも当らないで, にも当らなかった, にも減じた, にも満たない, にも行き渡らない, にも足り, にも足りますまい, にも過ぎず, にも達しません, に三十五回, に上り, に下る, に値切った, に切詰める, に収縮, に増大, に当, に御礼, に手, に減じ, に減っ, に減る, に短縮, に等しい, に縮めた, に至る, に評価, に足らざる, に足らぬ, に近い, に過ぎなかつた, に達しない, に騰貴, のこと, のみこれ, のシャッター, のダイメンション, のファン, のプロレタリアート, の一ペニー, の三乗, の三百名, の人口, の仕事, の低音, の六千三百円, の兵, の円欠, の割, の図, の地所, の報酬, の外国貿易, の天賦, の奴, の小さい, の小松数馬, の待遇, の御築, の懐かし, の成績, の手, の持ち主, の斜面, の時間, の未完稿, の正確さ, の由, の百五十円, の税銀, の細, の罰金取立て, の脱漏, の話術, の賃金, の距離, の辺, の錫, の間隔, は, はあったでしょう, はあろう, はおそらく直ちに, はぜひとも, はながめ, はね, はよも, はアメリカ人, はハネ, はベートーヴェン, は主として, は人, は入る, は全く, は北米合衆国, は大きい, は夫, は好い, は嬰児期, は尊氏, は尼, は成童以後生活, は朝飯, は枝, は死骸, は泣き声, は渋柿, は炊事場, は生活, は硝子張り, は福建省, は自分たち, は衣食, は遙, は部屋, は飢え死に, は首府, ばかりが中尉, ばかりしかない, ばかりでう, ばかりに切り下げよう, ばかりの部分, ばかりの黒い, ばかりをさし入れ, ばかり上眼瞼, ばかり手前, ばかり自分, ばかり行った, ばかり飲ん, へというよう, ほどが京都, ほどしかなく, ほどだ, ほどな, ほどに圧縮, ほどに縮ん, ほどのぞい, ほどのキャベジ, ほどの大根, ほどの座, ほどの手, ほどの湖, ほどの閑暇さ, ほどは織田方, ほどまで植え亙し, ほども, ほども余計, ほども満たす, ほどやった, ほどウイスキー, ほど余し, ほど切り捨てね, ほど吸われた, ほど後ろ向, ほど書いた, ほど東洋的, ほど歩いた, ほど津田, ほど牛蒡, ほど眼, ほど覚え込む, ほど顔, またはそれ以上, またははなはだしき, または二分の一, または時には, また一七二二年, までの部分, までの養育費, まで燃え上っ, もあり, もうたえない, もおれ, もこの大きな, もそれ, もちぢめられ, もできないであろう, もとれなかった, もはかどらない, もよう, も与え, も仕遂げる, も入らぬ, も具体化, も出来ぬ, も利用, も勤まらぬ, も吐露, も圓朝, も売れなかった, も実現, も尽され, も往来, も成績, も持たない, も捗らない, も書かぬ, も無かろう, も甜める, も知らぬ, も美しく, も表現, も親交, も記憶, も話せなかった, も読まない, も謹聴, も達せさせない, も飼っ, や三分の一, よりさらに, よりもかなり, よりも小さな, より上, より千分の一, を, をお礼, をしめて, をそれ, をまぎらし, をもしない, をも伐る, をも傳, をも占領, をも知らぬ, をも行つて, を上げる, を与える, を今度, を出し, を分け, を切り落し, を加, を占めた, を受取らない, を吸う, を国, を塞いでしまつた, を奪っ, を引き受ける, を徴収, を成し, を持っ, を授かり, を支払った, を教育, を書く, を果した, を死罪, を減ずる, を焼い, を白き, を示し, を穿っ, を経, を結婚, を維持, を芥川家, を表現, を見た, を課し, を諳誦, を負担, を費し, を超過, を達した, を酌量, を金貨, を領有, 中項三二・五分の一, 中項三八分の一, 乃至二粍, 乃至四十九弗八分の三, 加えて, 即ち四年, 及び第, 多きは, 小都市, 或は三分の一位, 新辺疆伯領, 残って, 減ったからな, 見たら時間

▼ 分の~ (230, 5.8%)

3 しかない

2 [13件] ぐらいのところ, に減じ, に達し, の多き, の所, は, はもう, は皆是, をその, を主人, を占め, を熱中, を通過

1 [201件] あった, がそれら, が公民籍, が南京虫, が喜び, が怒り, が父, が結婚, が解決篇みたい, が除かれるなら, くらい, くらいの広, くらいも下っ, くらい行っ, ぐらい, ぐらいが出た, ぐらいそれ, ぐらいは唇頭, ぐらいは崩れ, ぐらいまでの高, ぐらい三分の一, ぐらい月給, だけぶった切っ, だけ側面, だけ経済, だけ隣り, でどうやらこう, ではなく, でも二分の一, で満足, で自動車, という差別, となり, と一, と四分の三拍子, と見れ, どうかする, にすぎない, にも足らなかった, にも足りない, に二人, に及ぶ, に及んだ, に相当, に短縮, に過ぎ, の, のもの, の主, の主たる, の二百人, の人びと, の位置, の傍聴人, の労働, の十六銭, の厭, の回収, の多数意見, の支持者, の板の間, の空席, の賃銀, の銀貨, はきっと, はこんど, はすべて, はたしかに, はふつう, はみな, はよそ, はパンパン, はヘカトンペドス・ナオス, はムダ, はワグナー, は予定どおり峡谷, は二つ, は二階, は今, は僅か, は僥倖, は全滅, は内実, は切りとられ, は地方, は壊滅, は女子, は宗教, は所謂旅, は損傷, は旅行, は早, は是, は未亡人, は東京, は櫻, は此, は消費, は白く, は皆禿首, は監督, は砲車, は義歯, は耕されず, は見えぬ, は贋金, は隠され, は雑草, は飯, は黒人, は黒赤人種, ばかりが土中, ばかりころげおちた, ばかりに物, ばかりのところ, ばかり来ました, ばかり食み出し, ほどしかありません, ほどしかなかっ, ほどのところ, ほどのカステラ, ほどの大き, ほどの所, ほどは恋愛的, ほどひらい, ほどよみ進ん, ほどをのぼっ, ほど切られ, ほど小林の, ほど広い, ほど映っ, ほど殘, ほど登る, ほど見, ほど見える, ほど見渡す, ほど読み終えた, ほど進んだ, ほど雪, ほど飲み, までで引返し, までの人, までは仏教, までは禿首, までは自分, までも占領, までも未婚婦人, までやり, まで下がっ, まで漕ぎつけ, まで行かない, まで読んだ, まで買, も出来てない, も埋もれ, も来た, も来る, も満たす, も近く, も進まない, も進んだ, よりも高い, をくつきり, をそこ, をもらっ, をやや, を下らぬ, を佐々, を充分, を免ぜ, を免除, を全, を前借り, を北条, を占むるにいたり, を占むる主要部, を占めた, を占める, を取り, を取り出し, を埋める, を平気, を手, を既に, を書き上げる, を有する, を机, を水, を渡し, を焦土, を笑わせる, を終えた, を終った, を請求, を貰える, を踏破せり, を通り過ぎ, を領, を領する, 乃至三分の一, 取るもの

▼ 分の~ (85, 2.1%)

2 にある, に夫, に見た, は東京ぢ, 黙々として

1 [75件] かそれとも, があった, があつ, くらいひっそり, ぐらい詩人, そして第, その儘, だったと, であった, であったと, であろうと, です, でたわい, といふもの体, に, にあの, にうつ, にこの, にこんど, にし, にそう, にどうして, にどんな, にね, にまく, にもう一度, にサイラス, に一生, に五歳, に俺, に其茶, に写真, に出, に地, に完了, に実に, に室内, に巨額, に彼, に忽ち, に敢行, に死んだ, に死体, に殿下, に決定, に海面, に煙, に狂う, に私, に第, に総監殿, に纏まつ, に行かれる, に裏口, に見えなくなっ, に解けた, に認められた, に資性穎悟, に音楽, の事, の面会所, はその, はただ, は無電連絡, まったくじっとし, ももどかしい, もボクさん, をおい, をおいた, を毎日, を永代橋, ウトウトし, ヒソヒソと, 本当にその間, 話して

▼ 分の~ (76, 1.9%)

2 ではなく, の出生, を支配

1 [70件] あるいは四, があけられ, が全く, が十五字詰め, が奴隷ども, くらい狭く, ぐらいのもの, ぐらいの長, ぐらいはポツポツ, ぐらいまで進んだ, すら取り去り, だけ長い, であらう, であるから, でなく二七, ということ, という結果, と想像, と比較, と縮め, と見積り得よう, に下, に恋人, に近い, のノート, の七百余頭, の価値, の全, の月日, の深, の租税, の賛成者, の雨, はセピア色, は到底, は各自, は夜光蟲, は寝, は必要, は死刑, は無, は現在耕作, は白人種, は自分, ほどの月日, ほど顔, または三分の二, まで下落, まで廻った, まで打ち負かされた, をあげ, をすら取り去る, をもってすれ, を一同, を今後六カ月, を占むるものさえあり, を占め, を彼女, を戻し, を沒却, を没却, を減じた, を私, を軽減, を輕減, 即ち一割一分, 即ち八プロセント弱, 迄は大抵, 迄は騰貴, 迄必ず

▼ 分の~ (76, 1.9%)

2 だった, である, にその, にはもう, には彼, には愛妻, もうもと, 切り上げても

1 [60件] おそるべき第, かれは, この文章, その沈澱素, であらう, です, とうとう私, にさしせまった, につと, にはその小さな, にははげしい, にはふたたび, にはまた, にはみんな, にはコーリヤ, には一打十万八千路, には事, には別室, には君, には大きい, には密閉, には最高点二千二米, には村ぢ, には極地, には次郎, には私, には私達, には蟻, には都, にまるで, にもわたし, に一時間, に僕, に再び, に大連, に始まるであろう, に彼, に恐ろしい, に暗い, に法水一行, に漸く, に現われた, に眼, に私, に角助, に跫音, に通り, に遂に, のこと, はもう, は一切, は一大衝突, やっとあの, やや退屈, ようやく路次, わずかに, 再びひきかえし, 帰って, 整然と現場, 空しく引返し

▼ 分の~ (57, 1.4%)

29 もない 10 もなく 3 のない 2 もありません

1 [13件] があつ, があろう, さえ見えなかった, に娘, もあらせじ, もございませぬ, もござらね, もないきつ, もなかっ, も見えなかった, も見出せなかった, をも容れぬ, を見せず

▼ 分の汽車~ (52, 1.3%)

4 で帰京 2 で, で立つ, に乗れ, に間

1 [40件] がある, がもう, すぐ寝台, でついた, でひとり, でウォーターロー, でロケーション, で上田, で両国, で京都, で佐世保, で八幡, で出発, で博多, で博多発, で哈爾賓, で土樽, で女房, で巴里, で帰っ, で帰る, で平, で広島, で新, で来る, で根室線, で着いた, で立つた, で逗子, で郊外, で金沢, には間に合いませんでした, に乗っ, に乗った, に乗つた, に乗り, に乗る, に乗れない, に間に合った, の代り

▼ 分の一位~ (32, 0.8%)

2 に減じ, の処

1 [28件] しかして残り, しか働かない, しか来ない, だ, である, であろうが, で中絶, で大抵, で済まし, なこと, なもの, な割合, にしか見えなかった, になっ, に当ります, に減っ, のところ, のます, のもの, の人数, の値段, の分量, の補助金, の金, はあるであろう, は小, は表現, より与える

▼ 分の一以上~ (27, 0.7%)

2 の軍隊

1 [25件] が不毛, が疫病, であるはず, ではない, に及んだであろう, に達し, に遥か, のもの, の死亡者, の発表, の軍兵, はすぐれ, は女義太夫一座, は愛蘭人, は歸化人, も伸びた, も余白, も優勢, も数量, も超過, も集っ, を発表, を開陳, 作っては, 破れたれど

▼ 分の入り~ (26, 0.7%)

53 である

1 [18件] あまりパッと, お花見日和, だが, だった, だった由, だらうと, でした, です, でも活気, で松竹, で活気, で芝居, となった, なので, わりによく笑った, 他座, 思ったよりい, 蒸暑いのに

▼ 分の時間~ (25, 0.6%)

2 がある, は電光

1 [21件] があったろう, があつ, があり過ぎる, がかかった, がすぎました, がたった, がどう, がなく, だが, だった, でも空, というもの, と二円, はその, もおしい, も惜ん, をさけない, をもたなかった, を与へる, を其処, を其處

▼ 分の一以下~ (23, 0.6%)

2 だ, であること, に減ずる

1 [17件] が適当, でありアルプス, である, であるといふ, ですむ, でもある, で足りるであろう, となろう, になった, に下げる, に下降, に小さく, の勢力, の地震力, の家賃, は男, を認め得る

▼ 分の一秒~ (23, 0.6%)

2 が人間, ほどの瞬間, まで利く

1 [17件] くらいまで解析, ぐらいの時, だけも変っ, だけ点火, つまり計算上, で, で凍っ, で火花, という短, という非常, とか百分の二秒, の程度, の計算違い, の違い, は消え, もかかりません, を出ない

▼ 分の~ (21, 0.5%)

2 を借りる

1 [19件] があろう, で米, は宇田川町, をあたえ, をくれ, をくれる, をつまみ, をねだられた, をやっ, をわたくし, を使っ, を取出します, を巻き上げられた, を惜しん, を懐, を持っ, を持つ, を持て, を渡され

▼ 分の二以上~ (20, 0.5%)

2 の賛成, を得たる

1 [16件] といっ, の人数, の地域, の場所, の変化, の多数, の財産, は右翼的思想以外, は女, は当然, もいた, もの職工, も似よった, を占め, を占領, 悪変

▼ 分の~ (19, 0.5%)

1 [19件] にわたる, のため, のもの, はアメリカ人, は他所者, は唄歌, は山城地方, は忿懣, は既に, は植物性食物, は題詠, までの間, までは, までは努力, まで来ない, まで自分, まで解決, まで負担, を需要

▼ 分の~ (19, 0.5%)

2 に増加, 迄は確か

1 [15件] くらいまで書く, だけ引き出す, だけ空しく, で八十点, で我が国百貨店, となるであろう, に止め, の中, は依然, は確か, ほど水, まで食い, を兄さん, を占め, 取って

▼ 分の~ (16, 0.4%)

2 あるを, をもっ

1 [12件] あること, があり, が十二分, とみ, は八分, や智力, をもってはしませんでした, を出した, を剣, を尽し, を新, を添

▼ 分のあいだ~ (15, 0.4%)

2 にこの

1 [13件] あのいやらしい, があつ, だった, にどこ, にふたり, に佐原屋, に忽ち, に明智探偵, に沈み切った, に消し, に煙, の出来事, 知って

▼ 分のすき~ (15, 0.4%)

3 もない, もなかっ, もなく 1 さえ見出すべく動い, でもあれ, もなき, もなくなっ, もなし, をも自分

▼ 分の~ (15, 0.4%)

2 で人, やない

1 [11件] いうこと, がある, があれ, じゃない, ってね, でマヤース, と云う, なかなか承知, をもっ, を風, 其の幅八寸五分

▼ 分の一程~ (14, 0.4%)

2 しか遺, の所 1 になつて, にもえつくした, のところ, の大き, の薄い, は中央公論, もある, も実感的, 浸った幅一吋, 飲み干した

▼ 分の~ (14, 0.4%)

2 をしめ, を占める 1 となる, の, の大数, の減損, の調子, の面積, は地主, まで行った, より二十度二分の一, を毎月強制積み立て

▼ 分の利子~ (12, 0.3%)

1 [12件] つけて, である, でしかない, でほか, で人, で村, ということ, の支払い, の要求証券, をとる, を付する, を私自身

▼ 分の一程度~ (11, 0.3%)

1 [11件] がもっとも, だけ受取る, であって, である, でしょう, という恐ろしく, に縮小, の凹凸, の服用量, の給与, は口中

▼ 分の~ (11, 0.3%)

1 [11件] あること, ある種ガ島, があり, がある, が付く, として割出し, に廻る, のつく, のみ我が家繁榮長久, は占むるぞかし, を占め

▼ 分の~ (11, 0.3%)

1 [11件] あり, が三日, が二十八日, だった, でね, と力, になっ, に浮, の上下, は午後, をだす

▼ 分の一マイル~ (10, 0.3%)

2 ばかりのところ 1 とない, とねえ, にわたって二列, ばかりで下り, ばかり出, ほど通っ, も出, を超えない

▼ 分の急行~ (10, 0.3%)

3 に乗れ 1 だったので, だとか, で出立, で父上, で着, で道子, にて出発

▼ 分の注意~ (10, 0.3%)

4 を払 1 と努力, をもっ, を以て政宗, を加, を拂, を要す

▼ 分の理解~ (9, 0.2%)

2 と同情 1 がいる, の上, をなしかねる, をもっ, を与え得なく, を得させよう, を持ちえない

▼ 分の配当~ (9, 0.2%)

2 をした, を得よう 1 が出来なかったら, が必要, なんかにあずかった, を保証, を受ける

▼ 分の上り~ (8, 0.2%)

1 が来る, でお立ち, で佐野, で探険, で立つ, の汽車, へ乗る, 二等の

▼ 分の余裕~ (8, 0.2%)

2 を持っ 1 から差し引け, があっ, があった, ができる, を存, を残し

▼ 分の後彼~ (8, 0.2%)

2 は安藤坂, は食卓 1 が病室, の左手, はまた, は南蛮寺

▼ 分の準備~ (8, 0.2%)

3 をし 1 ができ, がない, が有り, をもっ, を以つて開鑿

▼ 分の理由~ (8, 0.2%)

3 がある 2 あるもの 1 があっ, となつ, はない

▼ 分のバス~ (7, 0.2%)

1 かも知れません, で, でかえりました, で帰る, にはちゃんと, に先生, は二十分

▼ 分の距離~ (7, 0.2%)

2 である 1 だった, であった, で小沢岳, で湯, にちらばっ

▼ 分の隙間~ (7, 0.2%)

1 から人, があい, なく身構え, もあつ, もない, もなく, も無くなった

▼ 分の~ (6, 0.2%)

1 かえること, 太サエ国自分国府津へ, 帰京, 引っかえした, 発つと, 立って

▼ 分の一ミリ~ (6, 0.2%)

2 の小さい 1 から十分の三ミリ, で風速, というの, ないし百分の五ミリ程度

▼ 分の三ミリ~ (6, 0.2%)

1 くらいの直径, くらいまである, というよう, という普通, のもの, の普通

▼ 分の~ (6, 0.2%)

1 となり, に減じました, の左側, までそがれた, まで払った, を百姓

▼ 分の列車~ (6, 0.2%)

1 で妾, で御, で東京, で私, にようやく, に乗る

▼ 分の割合~ (6, 0.2%)

1 でかう告げた, でせね, で入れ, で製した, で頭蓋骨, に錬り出した

▼ 分の~ (6, 0.2%)

1 あるか, があり, がある, であるが, でね, を利用

▼ 分の~ (6, 0.2%)

2 まで来 1 で停め, まで錨, をじっと, を二時間

▼ 分の一インチ~ (5, 0.1%)

1 といふ事, の銅板, の長, ほどの透明, ほどの釘身

▼ 分の一哩~ (5, 0.1%)

1 に過ぎず, ばかりのところ, ばかり歩い, ほど前, 程隔たった

▼ 分の一増加~ (5, 0.1%)

1 したに, すると, するという, せしめること, せしめるに

▼ 分の一対一~ (5, 0.1%)

2 ではなく 1 でありこの, であると, であるならば

▼ 分の一対一〇~ (5, 0.1%)

1 たらしめるには, でありこれ, でありまた, であり従って, であるならば

▼ 分の~ (5, 0.1%)

1 が零度, くらいを縷々, に当, の所, より出ずる

▼ 分の二位~ (5, 0.1%)

1 しか受けない, で出る, で売る, の地代, の高

▼ 分の~ (5, 0.1%)

2 で混ぜ 1 で御飯, で製造, に致します

▼ 分の敬意~ (5, 0.1%)

3 を払っ 1 を怠らぬ, を払

▼ 分の満足~ (5, 0.1%)

1 をあたえる, を与えた, を与える, を与へる, を得

▼ 分の猶予~ (5, 0.1%)

1 しかなかつた, なく彼, もできない, もなし, も無く

▼ 分の~ (5, 0.1%)

1 ありとか, がある, とはこの, にも似, はある

▼ 分の配當~ (5, 0.1%)

1 は不可能, をさせた, をさせよう, をしろ, を保證

▼ 分の~ (5, 0.1%)

2 で忍耐, を二膳 1 をかっこん

▼ 分の~ (4, 0.1%)

1 あったので, あるそれ, ない, 遅れて

▼ 分の一くら~ (4, 0.1%)

1 ゐな, ゐに, ゐは, ゐ残つて

▼ 分の一パアセント~ (4, 0.1%)

1 である, と計算, の増加, を示し

▼ 分の一世紀~ (4, 0.1%)

1 も前, も経っ, をすぎた, をへ

▼ 分の一強~ (4, 0.1%)

1 が田, であった, であるが, を失ひ

▼ 分の一税~ (4, 0.1%)

1 と租税, になさいません, になどどうして, を払う

▼ 分の三拍子~ (4, 0.1%)

1 でさらさら, に変る, に變, をかたみに

▼ 分の~ (4, 0.1%)

1 にも十分, も待たされた, も沈黙, 待たされて

▼ 分の二ペンス~ (4, 0.1%)

1 で一八クヲタア, で九クヲタア, に対する割合, に騰貴

▼ 分の二粍~ (4, 0.1%)

1 くらいの円形部分, では, などという値, の相

▼ 分の~ (4, 0.1%)

1 に及ん, はかかった, も, も内儀相手

▼ 分の信用~ (4, 0.1%)

1 が置ける, と尊敬, はある, を置かず

▼ 分の力漕~ (4, 0.1%)

1 ができる, まで漕ぎつけ, をし, をやっ

▼ 分の同情~ (4, 0.1%)

1 と理解, をもっ, を以てこの, を寄せず

▼ 分の好奇心~ (4, 0.1%)

2 とに動かされ 1 をもっ, を以て長者町

▼ 分の恐怖~ (4, 0.1%)

2 と四分の好奇心 1 で煙草入, と七分の

▼ 分の意味~ (4, 0.1%)

1 がわかる, だそう, を成さない, を表し

▼ 分の成功~ (4, 0.1%)

2 ありしは 1 を収めるなら, を納める

▼ 分の~ (4, 0.1%)

2 はある 1 がある, であるかれは

▼ 分の~ (4, 0.1%)

1 おくれしむ, が在る, が立ちました, です

▼ 分の根拠~ (4, 0.1%)

2 がある 1 を有し, を有する

▼ 分の狂い~ (4, 0.1%)

2 もなかっ 1 もない, もなく

▼ 分の用意~ (4, 0.1%)

1 がいる, もない, をさせ, を迅速

▼ 分の説明~ (4, 0.1%)

1 つかず, にはならない, のできる, をあたえ

▼ 分のよう~ (3, 0.1%)

1 だね, なれども, に思われた

▼ 分のスキ~ (3, 0.1%)

2 もない 1 も与えまい

▼ 分の一なり~ (3, 0.1%)

1 とお返し, とも皆様, に減少

▼ 分の一出生~ (3, 0.1%)

1 は三〇分の一, は二四, は約

▼ 分の一出生率~ (3, 0.1%)

2 は二六分の一 1 は三一分の一

▼ 分の一度~ (3, 0.1%)

1 くらいの精度, とかいう温度, とか零下二十分の一度

▼ 分の一廻転~ (3, 0.1%)

1 だけ元, と柱, ほど横向き

▼ 分の一弱~ (3, 0.1%)

1 しかありません, に過, の兵

▼ 分の一死亡~ (3, 0.1%)

1 の比率, は二〇分の一, も同一

▼ 分の一秒程度~ (3, 0.1%)

1 のもの, の短い, まで短く

▼ 分の一%~ (3, 0.1%)

2 の率 1 をほとんど

▼ 分の上り汽車~ (3, 0.1%)

1 が代々木, が来る, に乗り

▼ 分の仕事~ (3, 0.1%)

1 である, になっ, を蹴飛ばし

▼ 分の休憩時間~ (3, 0.1%)

1 になった, には私, も与えられなかった

▼ 分の保護~ (3, 0.1%)

1 もできませんで, を加, を加へた

▼ 分の信頼~ (3, 0.1%)

1 をこの, を寄せ, を置きかけ

▼ 分の停車時間~ (3, 0.1%)

1 がある, の間, を偸

▼ 分の八粍~ (3, 0.1%)

1 くらいの距離, くらいもあった, であるから

▼ 分の六十五~ (3, 0.1%)

1 に当たる, の所, はロシア国教宗

▼ 分の利息~ (3, 0.1%)

1 と共に支払う, と言, を上げる

▼ 分の勝利~ (3, 0.1%)

1 である, と見, を得べき

▼ 分の同感~ (3, 0.1%)

1 と三分の滑稽味, をもつ, を惜

▼ 分の地点~ (3, 0.1%)

1 にあり, において楊博士, に達す

▼ 分の後私たち~ (3, 0.1%)

1 は例, は木村さん, は街

▼ 分の恐れ~ (3, 0.1%)

2 をいだき 1 を抱いた

▼ 分の授業~ (3, 0.1%)

2 の間 1 の済んだ

▼ 分の援助~ (3, 0.1%)

1 をいたします, を与, を與

▼ 分の未練~ (3, 0.1%)

1 ありて, を命, 残りて

▼ 分の理窟~ (3, 0.1%)

1 ある製作, あれば, に似

▼ 分の~ (3, 0.1%)

1 であるから, の半数, を有っ

▼ 分の疑い~ (3, 0.1%)

1 がかかっ, に五分の, を抱いた

▼ 分の発達~ (3, 0.1%)

1 をせず, を示し, を遂げ得ざりし

▼ 分の研究~ (3, 0.1%)

1 を爲, を積ん, を遂げた

▼ 分の祝儀~ (3, 0.1%)

1 が利い, だ畏, は出

▼ 分の自信~ (3, 0.1%)

2 をもっ 1 もなく

▼ 分の~ (3, 0.1%)

1 とで行う, はや成れ, もだめ

▼ 分の~ (3, 0.1%)

1 ですむでしょう, もできず, も伝わらなかった

▼ 分の警戒~ (3, 0.1%)

1 をし, を払い, を要しましょう

▼ 分の赤心~ (3, 0.1%)

3 がありました

▼ 分の辛抱~ (3, 0.1%)

2 だから 1 だす

▼ 分の遅刻~ (3, 0.1%)

1 であろう, もなく, も許されなく

▼ 分の道理~ (3, 0.1%)

1 があ, が分明, といいます

▼ 分の違い~ (3, 0.1%)

1 で七時半, で有罪, で熊

▼ 分の酔い~ (3, 0.1%)

1 が循, を催し, を発し

▼ 分の~ (3, 0.1%)

1 だつた, の食物, を加

▼ 分の電車~ (3, 0.1%)

1 では近藤, で女房, で熱海

▼ 分の~ (2, 0.1%)

1 ひだ奇妙に, ひだ然し

▼ 分のあいだ何~ (2, 0.1%)

1 か物思い, か異様

▼ 分の~ (2, 0.1%)

1 かれる, かれる家

▼ 分の~ (2, 0.1%)

1 のりました, 見られず十時四十五分

▼ 分の~ (2, 0.1%)

1 多少ある, 紙が

▼ 分の~ (2, 0.1%)

1 ありました, あれば

▼ 分の~ (2, 0.1%)

1 見せて, 集めたほど

▼ 分のツバメ~ (2, 0.1%)

1 で岸井, で帰京

▼ 分の一あたり~ (2, 0.1%)

1 だ, まで突破

▼ 分の一ぐらゐ~ (2, 0.1%)

1 即ち八十ピアストル, 死ぬ覚悟

▼ 分の一とつ~ (2, 0.1%)

2 てゐる

▼ 分の一ペンス~ (2, 0.1%)

1 であり一六五〇年以前五年間, であるが

▼ 分の一不足~ (2, 0.1%)

1 しても, すれば

▼ 分の一世紀間~ (2, 0.1%)

1 に亙る, に日本

▼ 分の一以上増加~ (2, 0.1%)

1 したよう, して

▼ 分の一六六分の一~ (2, 0.1%)

1 またはなはだしき, またははなはだしき

▼ 分の一内外~ (2, 0.1%)

1 のところ, の傾斜線路

▼ 分の一千分の一~ (2, 0.1%)

1 でもをお伝え, と価値

▼ 分の一吋~ (2, 0.1%)

1 ぐらいの細い, だとか

▼ 分の一埋葬~ (2, 0.1%)

1 は一二分の一, を十二分の一

▼ 分の一女子~ (2, 0.1%)

1 は一三分の一, は二九分の一

▼ 分の一秒時~ (2, 0.1%)

2 忽ち又

▼ 分の一秒毎~ (2, 0.1%)

2 に密接

▼ 分の一粍程度~ (2, 0.1%)

1 のきわめて, を論ずる

▼ 分の一結婚~ (2, 0.1%)

1 は一三〇分の一, は六四分の一

▼ 分の一里~ (2, 0.1%)

1 の前面, ほどきた

▼ 分の七十~ (2, 0.1%)

1 に, にオベッカリウム百分の三十

▼ 分の三マイル~ (2, 0.1%)

1 ほどもへだたった, もはなれた

▼ 分の三以上~ (2, 0.1%)

1 を要す, 死んだもの

▼ 分の三十~ (2, 0.1%)

2 という人物

▼ 分の上り列車~ (2, 0.1%)

1 に乗った, を待つべく

▼ 分の二イヤ五分の四~ (2, 0.1%)

2 迄は確か

▼ 分の二以下~ (2, 0.1%)

1 というもの, は見る

▼ 分の二拍子それ~ (2, 0.1%)

2 が最後

▼ 分の五ミリ~ (2, 0.1%)

1 であること, という大きい

▼ 分の五ミリ程度~ (2, 0.1%)

1 のもの, の小さ

▼ 分の交際~ (2, 0.1%)

1 であらう, であろうとも

▼ 分の伊東行~ (2, 0.1%)

1 に乗車, の普通列車

▼ 分の休み~ (2, 0.1%)

1 に冷たい, に文選十六人

▼ 分の休息~ (2, 0.1%)

1 と三片, もない

▼ 分の休憩~ (2, 0.1%)

1 が一時間近く, に食事

▼ 分の働き~ (2, 0.1%)

1 のできぬ, をし

▼ 分の光り~ (2, 0.1%)

1 も洩れぬ, も見出せない

▼ 分の六十四旧教信者~ (2, 0.1%)

2 は百分の三十四

▼ 分の~ (2, 0.1%)

2 最も得意

▼ 分の冗談~ (2, 0.1%)

2 と四分の嫉妬

▼ 分の冷笑~ (2, 0.1%)

1 と二分, を含ん

▼ 分の冷飯~ (2, 0.1%)

2 に水

▼ 分の処置~ (2, 0.1%)

1 があるだろう, を請う

▼ 分の出来~ (2, 0.1%)

1 である, 者

▼ 分の効果~ (2, 0.1%)

1 をもっ, を上げ

▼ 分の勘定~ (2, 0.1%)

1 だ, でよう

▼ 分の勝負~ (2, 0.1%)

1 になろう, はできる

▼ 分の~ (2, 0.1%)

1 のす, 即ち千両

▼ 分の十八~ (2, 0.1%)

1 となっ, は自転車

▼ 分の厚い~ (2, 0.1%)

1 檀紙に, 頑丈な

▼ 分の収入~ (2, 0.1%)

1 である, では多

▼ 分の同乗~ (2, 0.1%)

1 に依っ, に依つ

▼ 分の四・四~ (2, 0.1%)

1 という, との説

▼ 分の四以上~ (2, 0.1%)

1 を引き出し, を超えないらしい

▼ 分の四対一〇~ (2, 0.1%)

1 すなわち一三八対一〇〇, であろう

▼ 分の地震~ (2, 0.1%)

1 に出会った, に出遇った

▼ 分の多血質~ (2, 0.1%)

2 とを調和

▼ 分の如来様~ (2, 0.1%)

1 だそう, の如来

▼ 分の嫉妬~ (2, 0.1%)

1 が混じっ, が混じつ

▼ 分の安心~ (2, 0.1%)

1 でうけとっ, をあたえる

▼ 分の~ (2, 0.1%)

2 の中

▼ 分の室賃~ (2, 0.1%)

2 はまだ

▼ 分の寿命~ (2, 0.1%)

1 だろう, を保ち

▼ 分の小さな~ (2, 0.1%)

1 大黒さんを, 柱の

▼ 分の工面~ (2, 0.1%)

1 がなかなか, は付きません

▼ 分の希望~ (2, 0.1%)

1 と期待, と計

▼ 分の弱味~ (2, 0.1%)

1 である, に何事

▼ 分の待遇~ (2, 0.1%)

1 とはいえなかった, をあたえる

▼ 分の後わたし~ (2, 0.1%)

1 はキッティ, は埃風

▼ 分の後三千代~ (2, 0.1%)

2 はもう

▼ 分の後下女~ (2, 0.1%)

2 の杉

▼ 分の後二人~ (2, 0.1%)

1 は人々, は自動車

▼ 分の後五人~ (2, 0.1%)

1 の男, はまた

▼ 分の後私~ (2, 0.1%)

1 は姉, は手術室

▼ 分の後自動車~ (2, 0.1%)

1 が着い, は大塔宮護良親王

▼ 分の後隣~ (2, 0.1%)

2 の人

▼ 分の後電話~ (2, 0.1%)

1 に向, に向わなけれ

▼ 分の御馳走~ (2, 0.1%)

1 であった, をすべきである

▼ 分の悪い~ (2, 0.1%)

1 役割とは, 相談なら

▼ 分の意地~ (2, 0.1%)

1 が承知, によって丹下右膳

▼ 分の意識~ (2, 0.1%)

2 を以て稱呼

▼ 分の~ (2, 0.1%)

1 を, を示さなかった

▼ 分の感謝~ (2, 0.1%)

1 と滿足, を捧げね

▼ 分の成績~ (2, 0.1%)

1 である, をあげ

▼ 分の手当~ (2, 0.1%)

1 でございます, を与え

▼ 分の~ (2, 0.1%)

1 だと, ともに勝つ

▼ 分の条件~ (2, 0.1%)

1 で, を用意

▼ 分の検討~ (2, 0.1%)

1 を行, を行い

▼ 分の~ (2, 0.1%)

1 がなかっ, を入れたる

▼ 分の水分~ (2, 0.1%)

2 があり

▼ 分の沈黙~ (2, 0.1%)

2 の後

▼ 分の海上~ (2, 0.1%)

1 において十二月, を彷徨

▼ 分の熱海発~ (2, 0.1%)

1 で伊東, で帰京

▼ 分の狂ひも~ (2, 0.1%)

1 なく合つて, なく福島嘉平太

▼ 分の疑念~ (2, 0.1%)

1 が残っ, を持っ

▼ 分の真面目~ (2, 0.1%)

1 をと, をとどめ

▼ 分の知己ホン~ (2, 0.1%)

2 の暫時

▼ 分の短い~ (2, 0.1%)

1 間であった, 間に

▼ 分の確信~ (2, 0.1%)

1 にたっ, をもたない

▼ 分の約束~ (2, 0.1%)

1 で僕, の印税

▼ 分の終列車~ (2, 0.1%)

1 が着いた, が通り過ぎた

▼ 分の経費~ (2, 0.1%)

1 はどうしても, は必要

▼ 分の経験~ (2, 0.1%)

1 や常識, をつん

▼ 分の絶間~ (2, 0.1%)

1 もなく喋り, もなく喋り続け

▼ 分の考慮~ (2, 0.1%)

1 を拂つて施行, を積むべきである

▼ 分の~ (2, 0.1%)

1 だけしか知らなかった, は甚だ

▼ 分の自覚~ (2, 0.1%)

1 がなく, に立っ

▼ 分の行軍~ (2, 0.1%)

1 に半分, に半分ぐらゐ

▼ 分の~ (2, 0.1%)

1 にあった, にあつ

▼ 分の覚悟~ (2, 0.1%)

1 はし, をもっ

▼ 分の証拠~ (2, 0.1%)

1 だという, にはならないらしく

▼ 分の責任~ (2, 0.1%)

1 はある, を婦人

▼ 分の資格~ (2, 0.1%)

1 もなく, を備えた

▼ 分の~ (2, 0.1%)

1 と三分の医術, と三分の運命

▼ 分の違ひも無し~ (2, 0.1%)

2 に巴里

▼ 分の~ (2, 0.1%)

1 があった, を貰っ

▼ 分の長い~ (2, 0.1%)

1 ものだ, 間死ん

▼ 分の開花~ (2, 0.1%)

1 にて殊に, を見せ

▼ 分の間それ~ (2, 0.1%)

2 を見る

▼ 分の間何~ (2, 0.1%)

1 かしきりに, の物音

▼ 分の間犬~ (2, 0.1%)

1 の格好, の格巧

▼ 分の間私~ (2, 0.1%)

1 は曙館, は草葉

▼ 分の間隙~ (2, 0.1%)

1 よりく, をもつ

▼ 分の面会時間~ (2, 0.1%)

2 を一時間

▼ 分の魅力~ (2, 0.1%)

1 を感じ, を放つた

▼1* [782件]

分のあいだタイタニックの甲板上, 分のあいだタイタニック号は襲い掛る, 分のあいだプリューシキンは一言, 分のあいだ探偵をエレベーター, 分のあいだ甲群から乙群, 分のあいだ瞶めていた, 分のあいだ私に役, 分のあいだ老人はへとへと, 分のあいだ非常に注意, 分のあらはれです有がたう, 分のおつもりで十二時二十分のバス, 分のお世話を申し上げる, 分のお知らせをする, 分のお礼をする, 分のかけ時計, 分のかげに隠され, 分のかねあいの状態, 分のかもめで京都, 分のごく重い木, 分のしたがって無意識的な, 分のすこし赤みがかって, 分のその隙も, 分のたし前でも, 分のただのぬる, 分のには間に合うと, 分のひけもとらない, 分のひっかかりがここ, 分のほどきものを, 分のほんの可愛い魚, 分のほんのちょっとした短時間の, 分のみこめましたらその言葉, 分のみこんだのを, 分のよいのが, 分のよろこびと誇り, 分のわるい求婚者といった, 分のウイスキーに四分のベルモツト, 分のエッセンスあり, 分のオツキアイも辛く, 分のサクラにのり, 分のタバコがすむ, 分のニュースが入っ, 分のハイカラの手前, 分のベルモツトを加味, 分のマッサージとをきっちり, 分のムダ使ひによつて, 分のランプを點, 分の一ぐらゐの大きなピンポン台, 分の一ぐらゐの聯隊がローヤル, 分の一ぐらゐは割合とやさしい, 分の一これは二十分の一位, 分の一しか誌されて, 分の一それも不充分, 分の一つばかりに見る, 分の一つまり売価の三分三厘, 分の一のほどのところ, 分の一ほかないけれど, 分の一みんな揃って, 分の一アルハンゲルでは五分の一, 分の一インチ位にし, 分の一グラムぐらい飲ん, 分の一ゴオルスまたはそれ以下, 分の一サレムで四七分の一, 分の一センチだね, 分の一チェホフの, 分の一ツをもいい, 分の一トボルスク市では三分の一, 分の一トボルスク県では十分の一, 分の一ノオサンプトンでは二六・五分の一, 分の一ノヴゴロドでは三一分の一, 分の一バターが大, 分の一パアセント一八一〇年ないし一八二一年, 分の一フィレンツェの金貨, 分の一プラス二すなわち一八対一三, 分の一プロセントくらいのゴム, 分の一ヘンデルの三倍, 分の一ポイント北に寄れる, 分の一ポメラニアでは三七・五分の一, 分の一ミリメートルの薄, 分の一ミリ位の範囲内, 分の一ミリ風速毎秒三〇メートル, 分の一ヴェロネッシュでは二四分の一, 分の一ヴォログダ大僧正管区では一四分の一, 分の一ヵ月である, 分の一一に当る, 分の一万分の一にも及ばないでしょう, 分の一三分の一はなはだしきは, 分の一三十二分の一混血児と云う, 分の一下落して, 分の一世紀以前の百万人, 分の一世紀前の第, 分の一二なり, 分の一二三分の一と増加, 分の一二二・五分の一二三分の一と増加, 分の一二二分の一または二〇分の一, 分の一二二分の一二二・五分の一二三分の一と増加, 分の一二十万分の一みんな揃って, 分の一二百円の月給, 分の一五〇分の一及び五五分の一, 分の一五〇分の一六〇分の一六六分の一またははなはだしき, 分の一五分の一または四分の一, 分の一人以上の子供, 分の一以上二百仞も高く, 分の一以上参加するよう, 分の一以上葉が抜けた, 分の一以下万分の一の間, 分の一以内の精密度, 分の一位いの価値, 分の一位いしか配慮, 分の一位づゝ效いて, 分の一位外交官が三分の一位, 分の一何万分の一である, 分の一何十分の一何百分の一何千分の一何万分の一である, 分の一何千分の一何万分の一である, 分の一何百分の一何千分の一何万分の一である, 分の一余りのところ, 分の一倍弱である, 分の一値下げされた, 分の一健康な年, 分の一八百分の一位の金, 分の一六〇分の一六六分の一またははなはだしき, 分の一兵力を失った, 分の一刻これがギリギリ, 分の一助たらんと, 分の一北側をはねとばし, 分の一十何分の一という様, 分の一十六分の一三十二分の一混血児と云う, 分の一半期には一冊, 分の一反対し或いは, 分の一右京はなお, 分の一同年死亡率は四九分の一, 分の一呉の半数, 分の一哩標が見えなかった, 分の一四分の一または三分の一, 分の一四千余りの兵数, 分の一回転ほど後ろ向, 分の一圓の品, 分の一地図で樺太, 分の一地方においては約, 分の一地方村落では四〇分の一, 分の一地質図すらまだほとんど, 分の一埋葬一二分の一というこの, 分の一塊りの, 分の一外仕事の出来ない, 分の一女子四二・八七分の一平均四〇・九二分の一の割合, 分の一奴隷は其何分の一, 分の一宛を毎, 分の一対一出生は死亡, 分の一小なるのみ, 分の一平均四〇・九二分の一の割合, 分の一年結婚率は一対一三九, 分の一式の建築, 分の一強呉の三分の一, 分の一当方の誠意, 分の一後者に一二分の一, 分の一承認しても, 分の一斤位バターを沢山, 分の一時前とに鳴く, 分の一時間もすぎ, 分の一普通都市では二四分の一, 分の一期はこういう, 分の一死亡五〇分の一中項三八分の一, 分の一死亡四〇分の一中項三五分の一, 分の一死亡四五分の一中項三二・五分の一, 分の一死亡率三〇・〇九分の一結婚率一三二・〇七八分の一を示し, 分の一残つてゐると, 分の一消失して, 分の一混血児と云う, 分の一混血児八分の一十六分の一三十二分の一混血児と云う, 分の一混血児四分の一混血児八分の一十六分の一三十二分の一混血児と云う, 分の一煙になった, 分の一瓱程度の恐ろしく, 分の一生といへ, 分の一百分の一千分の一と価値, 分の一直角以上には挙げる, 分の一秒ぐらゐまでのシヤツタア裝置のある, 分の一秒位だから, 分の一秒点火したとき, 分の一秒間にまっ, 分の一税カンガはポルトガル語, 分の一米国に比し, 分の一粍くらいの微細調整, 分の一結婚率一三二・〇七八分の一を示し, 分の一結核で六分の一, 分の一航程を残す, 分の一航行すれば, 分の一行程ぐらいのところ, 分の一足尾図幅に原, 分の一近くの重量, 分の一近辺のもの, 分の一選挙伯領では三五分の一, 分の一里以上の素晴らしい速, 分の一錠投与の指示, 分の一青春二十六歳多感の一年間, 分の一音だけ低く, 分の一騰貴して, 分の一高熱病で三分の一, 分の一%以上の利子, 分の七十三を占め, 分の七百五十万でよろしい, 分の七興味ありとして, 分の三アルシン位ある立派, 分の三ブッシェルが前, 分の三ミリ程度のもの, 分の三・五と定められた, 分の三下より十分の七, 分の三下落せしめるであろう, 分の三世紀の間, 分の三以上文書史料の外, 分の三以下で自分, 分の三位の所, 分の三十二に対して僅か, 分の三十五旧教は百分の二十五, 分の三十八はインデアン人種, 分の三十分の一よりも小さな, 分の三十四なり, 分の三十四ユダヤ教徒は百分の一, 分の三十四五ぐらいの塩分, 分の三千の寝床, 分の三増加されるに, 分の三強の食い, 分の三後の一年, 分の三秒で凍る, 分の三粍程度にすぎず, 分の三身という仕立, 分の三里の正面, 分の上り下りもなく, 分の上越線廻り新潟行というの, 分の下りです, 分の不定期急行で京都, 分の不平がこみ上げ, 分のに大地, 分の丸刈である女中, 分の九以上を占め, 分の九以下であり平均寿命, 分の九位を占め居る, 分の九十九まで自然, 分の予定だったその, 分の争ひとなり厭, 分のにいたり, 分の事件じゃない, 分の二あたりの所, 分の二ぐらゐ掘り下げられた, 分の二ぐらゐは持たせられたの, 分の二ぐらゐ風になつて, 分の二それから四分の三, 分の二グラム飲めば, 分の二・五であったの, 分の二七・一〇となり, 分の二三ぐらいは本人, 分の二人に過ぎない, 分の二人前ぐらゐには通用する, 分の二以内僅か半, 分の二余りを減じ, 分の二公傷のとき, 分の二十の小作料, 分の二十五の割合, 分の二回に亙り, 分の二対一である, 分の二幅は長, 分の二強であろうと, 分の二手元へ近い, 分の二焼けの原, 分の二百五十も塩分, 分の二秒とかです, 分の二程は筆者九郎右衛門, 分の二程度に置いた, 分の二税を課し, 分の二近くがこの, 分の二領と見れ, 分の五以上でありその, 分の五倍だけに増す, 分の五哩で白銀, 分の交渉であるのに, 分のであ, 分の人々の嬉しい, 分の人間ではない, 分の仕度をし, 分のになっ, 分の代りに一割何分, 分のを切出し兼ね, 分の休み時間に道場, 分のよりを持つ, 分の低落をなさず, 分のでないの, 分の体勢まで押し返した, 分の体操をも試みる, 分の何十分の一の外, 分の余情を加える, 分の作用を演じた, 分の使命の存する, 分の例外的な大刀, 分のをもっ, 分の信力をもっ, 分の借金に鼻糞, 分のを互い違い, 分の偶然は期待, 分の優しい光りを, 分の優しみを含め, 分のを発する, 分の入り二円が大分, 分の入り二円以下が悪く, 分の入り今日これではしょ, 分の入り今日徐州陥落といふ, 分の入り何うも, 分の入り南座の顔見世, 分の入り夜は満員, 分の入り大船の, 分の入り宝塚少女連大勢見物, 分の入り明日座員浜寺海水浴場行きと定, 分の入り終頃はざっと, 分の入り結局は十一月, 分の入り見た目は満員, 分の迄の部分, 分の八円そのうち, 分の八十六番位で出た, 分の六これでは米国百貨店, 分の六七は砕け, 分の六強はみな公民, 分の兵字構えとなる, 分の兼ね合いというところ, 分の冷たい水である, 分の冷笑気味でおりました, 分の出勤も省略, 分の出来事で当の, 分の出水当深川, 分の利さやを稼ぐこんた, 分の利他心とを備え, 分の利子さやを稼ぐこんた, 分の利己心と一分の利他心, 分の利得をみせ, 分の利益をも与える, 分の利益配当をやった, 分の到着がいつ, 分の割増しは認め, 分の功力がある, 分の功徳は飽食, 分の加療が出, 分の労働時間中は一分, 分の労力を費し, 分の労賃とを与える, 分の勉強を繼續, 分の動きあるひ, 分のをこよなき, 分の勝ちをつかん, 分の勝ち将棋をダラシ, 分の勝っている, 分の勝味さえない, 分の勤めがある, 分の化学式を発見, 分の医術に身, 分の十九は白人種, 分の千島の果て, 分の半々位のもの, 分の半分ですね, 分の協議を遂げ, 分の反抗心を蓄え, 分の収得を齎, 分の取り分も大抵, 分の取引を考え, 分の取柄のため, 分のはいつ, 分の叫びをあげた, 分の合図をしよう, 分の吉川町区分だけをこ, 分の周旋料はせしめず, 分のを提げ, 分の商量を余した, 分の問いかえし方, 分の嘲笑に価すべき, 分のを減ずる, 分の四・三一般百貨店百分の四・四という, 分の四六万石がその, 分の四分の一に三十五回, 分の四十ほかの新教諸派, 分の四十三は混血人種, 分の四対一である, 分の四時間前ですから, 分の四段ずつ八人, 分の四頁ぐらいは色々, 分のよりも頼り, 分の土台をつくり得た, 分の地域に相当, 分の地肌をも見せ, 分の地質学者は当惑, 分の埋め合わせはおそらく, 分のはや固し, 分の報時に当る, 分の増進を示しました, 分の壽命だぜ, 分の多きにおる, 分の多数を示し, 分の大刀を打ち振う, 分の大気運を興すべきである, 分の大男であるし, 分の大船で乗り換える, 分の天下一の大, 分の天文の研究, 分の太鼓判若干とのこと, 分のと二分の男, 分の好意を私, 分の始発にのる, 分の威厳に三分の優しみ, 分のめいて, 分の子供と三分の女, 分の孝養を盡くし, 分の學術及び經驗, 分の定め親指反, 分の実感でわかる, 分の実験の上, 分の寂しさ, 分の寛ぎさえ残し, 分の寛容を心, 分の實力を發揮, 分の射ちあいで敵の, 分の導火線しかのこっ, 分の小口が多い, 分の小国とわれわれ, 分の小田原ゆきをめがけ, 分の差違があった, 分の市況をきけない, 分のを張れ, 分のあひ, 分のを費やさね, 分の弛みも余し, 分の形容ではない, 分の彼女を今に, 分の後ガラスのこわれる, 分の後シャンマティユーを免訴, 分の後トルストイは暗い, 分の後フォン・リンリンゲン夫人が右手, 分の後フリイデマン氏はいと, 分の後ブナ坂を下り, 分の後ホテルの二階, 分の後ロアルとセエル, 分の後一つ目の口, 分の後三人は悄げかえっ, 分の後中佐は紙巻, 分の後佃は改めて, 分の後保吉は停車場, 分の後僕はテエブル, 分の後僕たちの家, 分の後兵士たちは不愉快, 分の後命令された通り, 分の後嗚咽と祈祷, 分の後大阪屋は周三, 分の後彼らは美, 分の後我々一行八人は籐椅子, 分の後我々三人は応接室, 分の後我々両人は冷たい, 分の後手錠をかけられ, 分の後控えの間, 分の後数人のボーイ, 分の後李人傑氏来る, 分の後村の南端, 分の後樹庵と私, 分の後此楽屋から現われ出た, 分の後畢に鎖, 分の後神経病少女はその, 分の後私たち三人は自動車, 分の後筍のよう, 分の後総計八人の悪漢, 分の後義夫は診察室, 分の後膳が出た, 分の後艦橋もなに, 分の後誰か村の若衆, 分の後車はまた, 分の後金を集め, 分の後銀座四丁目から電車, 分の後隣室に通ずる, 分の後電車が動き出す, 分の後霧原警部, 分の後鶴子が戸締, 分の徒歩はしかた, 分の御礼を申し上げます, 分の復員列車であった, 分のがある, 分のを減じ, 分の心ゆくまでの勝負, 分の心付をし, 分の心力を一角, 分の忍耐力と技倆, 分のがうかがわれる, 分の忘我を誘う, 分のを面, 分の思考をも要しない, 分の思議測量して, 分の怯気付きたるなり, 分の悟りでも開いたなら, 分の悶えがない, 分の想いがこもっ, 分の意趣で刃傷沙汰, 分の愛刀で対し, 分の感情だった, 分の感歎に三分の余情, 分の慰めと励み, 分の憎悪と嘲笑, 分の怨とを, 分の憤りを含み, 分の憤懣を感じた, 分の懇願をまじえた, 分の成功率さえあれ, 分の成算が立っ, 分の戒心を要するであろう, 分の戦いで二隻, 分の戦車的突進を誇り, 分の所作ではある, 分の手あてをし, 分の手数料と高利, 分の手腕を持つ, 分の打消しが添っ, 分の技倆をもった, 分の把握力がなけれ, 分のを占め, 分の授業時間はたっ, 分の掠奪が出, 分の揺ぎもしない, 分の支える力を, 分の支払を受取っ, 分の政治的状態成立の時, 分の故障もない, 分の教育を受ける, 分の散歩を許される, 分の敬虔の念, 分のを有っ, 分の文化的光明に浴し得, 分の施主はここ, 分の日中のお, 分の旧套を守っ, 分のとり写真屋, 分の早業でそう, 分の映画芸術論もやらなく, 分のを作, 分の時報今点つ, 分の時間以上をさ, 分のもなし, 分の暗示をなげ, 分の期待はもっ, 分の木刀を作った, 分の本因坊はこり, 分の朽木であるごとく鴨南蛮, 分の束縛も受け, 分の枚数を与, 分の格闘の後, 分のは玄徳, 分の業物であり両氏, 分のですが, 分の様式なん, 分の標緻なしと, 分のの角材, 分の欠点も忘れ, 分の欣栄とする, 分の欣榮とする, 分の武装をし, 分のは時間, 分の殘酷な小作, 分の気もちできい, 分の気味あひで, 分の水盤の水, 分の氷藍色を加え, 分の沙汰を待て, 分の油断も隙, 分の治療ができない, 分の洋上であったと, 分の洋燈は薄暗く青い, 分の洞察をもって理解, 分の活力をもっ, 分の活用とは申されません, 分の消化力がある, 分の混合に平麦, 分の減給でしかなく, 分の満潮であること, 分の満潮期にはキッ, 分の準備工作を進め, 分の準急で立つ, 分の滑稽味を見出す, 分の滿足を與, 分の演説が續, 分の潤筆料をもらっ, 分のは靴, 分の無疵の珊瑚, 分の熟眠どころでは, 分の熱黒襟の女, 分の燃料さえない, 分の特急つばめに乗る, 分の特急ふじで十五日, 分の特急列車で福岡, 分の独立生活は保ち, 分の狭い石室内に, 分ので小, 分の現在が当来, 分の理変質の左翼少女滔々, 分の理屈はこっち, 分の生活力がなかっ, 分の生活理由を見出し, 分の生産減を見た, 分のに立たせる, 分の用事できて, 分の用心をし, 分のです, 分の由作家としての条件, 分の由宿屋以後が受け, 分の由昼の, 分の申し開き厭気というも, 分のを殘, 分の疑ひを持たね, 分の疲れ拙者は, 分の痩せた男であり, 分の療養を加, 分の発信になっ, 分の発熱であった, 分の登記手数料と官報, 分の發熱も自分, 分の白米が二百匁近く, 分の白色を失っ, 分のある時こ, 分の目盛の切り方, 分の直行がある, 分の直角を逆, 分の相違しかない, 分の眞鍮板で形, 分の真理ありと, 分のくばりで, 分の瞥見に終つたの, 分の矜恃を必要, 分の知識を有っ, 分の短時間に煮つめた, 分の短縮イヤハヤまるで我々, 分の石室の内, 分の礼金を社会, 分の祈祷料を頂く, 分の神經質と七分の多血質, 分のとをのせた, 分のを染め, 分の科学的視野に立たぬ, 分の稼ぎ小屋代を, 分の稽古を積み, 分のでも一寸, 分の立話しを, 分の立話中大杉から遠く, 分のた金, 分のを含み, 分の算盤玉を弾き込ん, 分のに順序, 分のが今日, 分の米利堅粉五分の半々位のもの, 分の粧いをさせ, 分ののよう, 分のを染めた, 分の終電車に乗, 分の結実はし, 分の給金を取る, 分の網代行に間に合った, 分のにまで逐い詰め, 分の練り製の人形, 分の練習が出来ない, 分の縱二寸三分五厘だ壁, 分のを奥床しく, 分の美しさを, 分の羞六分の笑を含み, 分の考慮中で娘, 分の者どもに善人, 分のの分配, 分の脂肪分白胡麻は五割一分, 分のを振っ, 分の自動車でガマ郡, 分の自負心と期待, 分のを尽し, 分の興味をもっ, 分の芽立ちで桜, 分のを忍び, 分の苦しみである, 分の苦心と努力, 分の付いた肉, 分の蕎麦はなかなか, 分の蚯蚓で釣れる, 分の衣住の資, 分の表彰手段を講じ, 分の補助を与うる, 分の褒美を出したら, 分の覇気満々たる男, 分のとおし, 分の見込が立た無く, 分の親孝行に違い, 分の観世音菩薩と淡島様, 分の観察をし, 分の觀音樣あるのみ, 分の訊問も取調, 分の許可をもらう, 分の認識があつ, 分の誘惑になっ, 分の説得能力をもつ, 分の調戲との幾つ, 分の調査はせぬ, 分の調理を成したる, 分の講演をし, 分の警戒陣が敷かれた, 分の議論せず帰国, 分の負けだ, 分の貨物列車の下, 分のを終った, 分の資金がない, 分の賞典がある, 分の賞牌にも値せぬ, 分の質問になった, 分の賭博にも昂奮, 分の距離東京なら百円, 分のを減ずる, 分の軍備費は日本, 分の輸入關税と同, 分の近くへ光芒, 分の近距離にあった, 分の返辞をいたす, 分の迷いを残し, 分の退屈を味わう, 分の送金を受け, 分のもない, 分の通話で一千フラン也, 分の連繋を保つ, 分の週期を以て繰返される, 分の進化を遂げ, 分の進境ありて, 分の遅延もなく, 分の遅速なく発着, 分の運命に対する己惚れ, 分のを十五分, 分の道中をてくっ, 分の違ひもなく運んだ, 分のを飲ん, 分のを帯びたる, 分の酬いを以て迎えられた, 分の醇化を経, 分の重荷であるの, 分の重量あれば, 分のに巻い, 分のを両替, 分の銅鑼は通常朝食, 分の鋳造料を受取る, 分のとを発見, 分の長篇澱みなく行っ, 分の長考が終り, 分の長考ぢや解説, 分の開きの中, 分のさえあれ, 分の閑さへあれ, 分の間一人で喋舌つて, 分の間両側は護謨林, 分の間二人は客間, 分の間其寢息を覗つて, 分の間坑口を一ぱい, 分の間彼は肉眼, 分の間彼女は何, 分の間息を凝らし, 分の間淵の中, 分の間熱心に読み, 分の間重吉の顔, 分の間雪の高嶺, 分の間静に立つ, 分の間非常な痛み, 分の間顔を見た, 分の附近では湿度, 分の陶酔に入, 分の隙つぶしに自動電話, 分のはその, 分の電報だつた, 分の電燈料を払, 分の面見知りであるらしい相手, 分のだけ聞こえる, 分の音楽浴で模範的人物, 分の風検の以前, 分の食い物を宛, 分の食事が與, 分の飲食であったが, 分のも内儀相手, 分の香木のため, 分の驥足をのばす, 分の高値にも引き上げた, 分の高利を払っ, 分の高熱です, 分の魂偽作のじょうず, 分の鳥の子の富札, 分の麻酔をかけた, 分の黄金仏だとも