青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「其後~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

兵部~ ~兵隊 兵隊~ 兵馬~ ~其 其~ 其の~ 其他~ ~其処 其処~
其後~
其方~ 其時~ 其處~ 具~ 具体~ ~具体的 ~具合 具合~ 兼~ 兼ね~

「其後~」 1143, 12ppm, 9226位

▼ 其後~ (106, 9.3%)

4 ことは, 事は 3 消息は 2 事である, 十幾年私は, 容躰さしたる, 様子を, 清子の, 空に

1 [83件] こと, ことである, ことを, これらの, その事件全体, なりゆきは, ものに, 一週間も, 三四年間を, 世評と, 事じゃ, 事で, 事を, 事存じ申さず, 事実が, 五番目は, 人々, 人造人間の, 作を, 便船で, 保存方法や, 先生の, 八年寛政元年同じく, 分を, 十年余りを, 十数年を, 噂を, 図書の, 地図が, 地図にも, 変化などは, 大智勝観氏の, 大阪は, 夫人の, 女の, 実験が, 家橘の, 彼は, 応接書は, 怱忙たる, 悲慘なる, 成績を, 成行が, 押出しにより, 新たな, 新公園, 旅程を, 日本の, 日記中より, 時代を, 月日は, 業績をも, 概況を, 模様は, 模様を, 樣子を, 正しい決心, 母の, 活動は, 浄瑠璃は, 消息も, 混雑の, 熱烈な, 牧者心を, 物に, 登山を, 知事は, 研究經過を, 窯業, 精神修養の, 結果である, 絵図や, 自分の, 苦鬪を, 行動について, 行程を, 親猫, 解決は, 詳なる, 諸大学, 鎌倉の, 間は, 顛末を

▼ 其後~ (68, 5.9%)

3 随い 2 従つた

1 [63件] つ, つくこと, つくべき動詞, つづいた, なりまして, なると, 並べたり, 作意, 働く大きな, 再修, 出で, 出来たの, 出版されたる, 反閇, 嘆きと, 土烟を, 在りと, 大空にと, 尾い, 平標山仙倉山恵比須大黒, 従った, 從い, 從つた, 忌みを, 悠紀, 数行の, 於ける劒岳, 於て, 更に新た, 来るといふ, 案文が, 決すべき問題, 没して, 沿ひ, 無數, 無量の, 玄關へ, 瓦斯竈を, 生じた似寄, 生れた兒, 皇后宮廷の, 目醒めた, 直に倹約, 直会の, 私の, 秦の, 続いた, 続く, 続くのみにて, 續いた, 聟を, 自ら負う, 至りて, 至りて所謂拮据二十余年改刪補正幾回, 行った時, 跟い, 躡かしめんと, 追記しよう, 這入つて, 造られると, 随て, 隨い, 飯し

▼ 其後~ (68, 5.9%)

2 物言はず壁に, 知らず今

1 [64件] ありとあらゆる品物, いつも忙しく, お葉, これ此様に, すつかり, すつかり忘れ, どこに, どんな水, ふつ, わしは, 一々禁廷, 一切其場で, 上流に, 互に誘ひ, 五十嵐も, 人事不省だつた, 今の, 何う, 何の, 何も, 何者も, 便所も, 側室お, 喰慾は, 固形の, 変化も, 大いに慎, 大変御無沙汰致し, 大戦も, 如何なりしやらん, 如何御, 宅に, 家に, 少く硬きもの黍飯等, 屹と, 巫女舞ひ, 帰りたいと, 幾らか落, 形を, 御無沙汰にのみ, 御無沙汰御機嫌よう, 必死に, 抛って, 拙くても, 文太郎にも, 日々火燵に, 李と, 杳として, 柳屋の, 決して二度と子供, 波多野邸で, 源氏の, 物ごとに, 癖に, 真白に, 石を, 私の, 純然たる, 自然に, 見当らなかった, 車に, 道, 避暑の, 鶚のみの

▼ 其後~ (46, 4.0%)

2 幾度か, 月に, 矢張その, 私は

1 [38件] おいよさん, さう云, その占, ほんの, よく繰返された, われわれの, チョイ, 一度眼, 久しく舞台, 会うところ, 依然として辛酉革命, 再三その, 北の方様々に, 可なり, 各要路, 和泉屋へ, 天津教は, 少しも, 尚ほお桐, 屡々不快, 屡々赤瀬氏, 度々二人, 度々私, 引續い, 彼は, 彼女の, 忠之は, 斷えず, 時折村の, 柳屋へ, 棚の, 機會の, 此状態は, 永く旅人, 田舎では, 白衣の, 関係を, 面白が

▼ 其後~ (45, 3.9%)

32 受くる, 書き続, 襲いだもの, 跟けて, 追ふた

1 [32件] うくる, それから, つけたという, つけ或, どう云う, やつと, 問えば, 少し許, 尾けて, 承けた念仏芸人, 抄出する, 睨めて, 繼いで, 襲いだ, 襲いで表, 襲ぎ長昌は, 襲はる, 見送つて呆然, 見送ツ, 訊う, 跟け, 躡み, 追うて, 追ったが, 追って, 追つて, 追ひました, 追ふ, 追ふて, 追へり, 追掛けた, 追蒐

▼ 其後から~ (24, 2.1%)

2 駈け出したが

1 [22件] お杉, 人混みを, 僕も, 出るという, 十七八とも, 又違つた顏, 叫んで, 声を, 愛ちやんも, 棺を, 此の, 油断無く, 泳いで, 爪先上り軈て, 直ぐに, 続いて, 行つた, 鍋を, 雪を, 静子は, 靜子は, 飛出した事

▼ 其後~ (19, 1.7%)

2 は女たち

1 [17件] がいろいろ, がお寺, がどんなに, が同, が芳賀博士, に次, の生活気分, は, はあまり, は六人, は学生時代, は已に, は彼, は毎日, は絶えず, は誰, は間もなく

▼ 其後~ (13, 1.1%)

2 顔を

1 [11件] やつて, 入れること, 入違つて, 又来た, 引きちが, 押込んで, 直つたの, 神が, 蒙古兵, 詳しく場所, 追付いて

▼ 其後~ (11, 1.0%)

2 勲二等の 1 こんな事, 之を, 今度は, 其殿様が, 十餘年を, 堺君と共に, 来りて, 琉球台湾と, 私を

▼ 其後~ (9, 0.8%)

2 出しに 1 いよさんから, いよさんは, つさん, 常が, 祭りの, 雪伯母は, 霜婆さんや

▼ 其後久しく~ (9, 0.8%)

3 日のみ 1 して, なかつたから, はやり神と, 忘れて, 文献の, 消息を

▼ 其後~ (8, 0.7%)

2 これ此様に, これ此樣に 1 いけない其家, 困った, 大事である, 踊りに

▼ 其後~ (8, 0.7%)

1 に似, に逢った, の母, はずっと, はデビス先生, は他, は學校, は徴集

▼ 其後~ (7, 0.6%)

5 の世 1 の贋鼎, も通らなかった

▼ 其後一度~ (6, 0.5%)

2 も逢わなかった 1 もそれ, もやつ, も會つて, も身

▼ 其後間もなく~ (6, 0.5%)

2 の事 1 御当人, 手に, 独逸に, 雪江さんの

▼ 其後~ (5, 0.4%)

1 三千代は, 家々を, 祭りが, 鎮魂を, 鐵が

▼ 其後では~ (5, 0.4%)

1 また細君, 必ず嫉妬心, 必ず手, 誰も, 道隆の

▼ 其後どう~ (5, 0.4%)

1 したか, したこと, したもの, なすったの, なつた

▼ 其後~ (5, 0.4%)

4 貴人を 1 以命族石敢当

▼ 其後今日~ (5, 0.4%)

2 に至る 1 までに私, まで一度びも消息, 迄別段

▼ 其後~ (5, 0.4%)

1 うなさいました, か便り, とも言わなかった, の便, の便り

▼ 其後十二年南家~ (5, 0.4%)

5 の娘

▼ 其後彼女~ (5, 0.4%)

2 は泣く 1 の写真, の生活, はいつ

▼ 其後頻り~ (5, 0.4%)

3 なく断続 2 なく斷續

▼ 其後この~ (4, 0.3%)

1 伊豆権現が, 地下道へ, 小唄を, 猫年に

▼ 其後二年~ (4, 0.3%)

3 立つて 1 立って

▼ 其後多少~ (4, 0.3%)

1 の變更, 改訂すべき, 昔の, 空想の

▼ 其後大倉集古館~ (4, 0.3%)

4 では何

▼ 其後~ (4, 0.3%)

1 には来客, に就, の人たち, も二度

▼ 其後更に~ (4, 0.3%)

1 二世紀経っ, 思ひ出すこと, 見当が, 雌雄淘汰をも

▼ 其後自分~ (4, 0.3%)

1 で貴船, にいろいろ, は両親, は此男

▼ 其後について~ (3, 0.3%)

1 和尚は, 走りました, 雄吉は

▼ 其後にな~ (3, 0.3%)

1 つては, つて明の, つて読ん

▼ 其後~ (3, 0.3%)

1 まだニ, 定而御, 御遠

▼ 其後再び~ (3, 0.3%)

1 したもの, 机に, 柳屋の

▼ 其後同君~ (3, 0.3%)

1 が登山界, の文, は天候

▼ 其後如何~ (3, 0.3%)

1 です, にした, に久しく

▼ 其後幾度~ (3, 0.3%)

1 か計画, もエミル, も遇い

▼ 其後~ (3, 0.3%)

1 兄さまより, 書面にも, 病気いかが入湯いかが御

▼ 其後~ (3, 0.3%)

1 る人, る文学青年, る薄暗い

▼ 其後段々~ (3, 0.3%)

1 に其數, 出て, 殖えて

▼ 其後~ (3, 0.3%)

1 がそれ, の芸, は

▼ 其後長い~ (3, 0.3%)

1 歳月を, 間の, 間忘れる

▼ 其後長く~ (3, 0.3%)

1 大阪の, 支那に, 發展を

▼ 其後これ~ (2, 0.2%)

1 が初めて, は七八年前

▼ 其後でした~ (2, 0.2%)

1 僕の, 父が

▼ 其後には~ (2, 0.2%)

1 又支那, 欅の

▼ 其後にも~ (2, 0.2%)

1 沢山伝はり残つて居ります, 起つて

▼ 其後へは~ (2, 0.2%)

1 すぐ翌, 君に

▼ 其後までも~ (2, 0.2%)

1 どう云, 繼續した

▼ 其後よく~ (2, 0.2%)

1 承ると, 氣を

▼ 其後グリーンマン氏~ (2, 0.2%)

2 はガラス製

▼ 其後ハ益~ (2, 0.2%)

1 御勇壮, 御勇壮ニ

▼ 其後一ヶ月~ (2, 0.2%)

1 ほどし, 程たつ

▼ 其後一年~ (2, 0.2%)

1 ほどし, ほど過ぎ

▼ 其後一週間~ (2, 0.2%)

1 ばかりその, ほどは病床

▼ 其後~ (2, 0.2%)

1 を祖述, を與

▼ 其後二度許~ (2, 0.2%)

2 り竹山

▼ 其後~ (2, 0.2%)

1 の婦人, は盡

▼ 其後何処~ (2, 0.2%)

1 から得た, へ行った

▼ 其後何様~ (2, 0.2%)

1 なったか, なったかは

▼ 其後何百年~ (2, 0.2%)

1 の間, を経

▼ 其後何等~ (2, 0.2%)

1 の挨拶, の音沙汰

▼ 其後~ (2, 0.2%)

1 の嫌い, は倭人

▼ 其後~ (2, 0.2%)

1 が宿直, と母

▼ 其後先生~ (2, 0.2%)

1 の御作, は方位

▼ 其後全く~ (2, 0.2%)

1 すて, 絶滅し

▼ 其後其処~ (2, 0.2%)

2 に記念

▼ 其後~ (2, 0.2%)

1 ビ箱根ニ赴タル時前述, 男が

▼ 其後~ (2, 0.2%)

1 に怪しい, に恋

▼ 其後動植~ (2, 0.2%)

2 の二学会

▼ 其後四五日~ (2, 0.2%)

1 は彼, 経つて

▼ 其後~ (2, 0.2%)

1 學病院に, 煩ひ

▼ 其後大いに~ (2, 0.2%)

2 それを

▼ 其後大学~ (2, 0.2%)

2 にメモアー

▼ 其後太田~ (2, 0.2%)

1 はほんの, は岡田

▼ 其後学校~ (2, 0.2%)

1 で女給仕, と家庭

▼ 其後希臘人~ (2, 0.2%)

2 は此制

▼ 其後幾年~ (2, 0.2%)

1 か僕, か経っ

▼ 其後幾日~ (2, 0.2%)

1 も無く, も降続い

▼ 其後~ (2, 0.2%)

1 もうまく, もなお

▼ 其後度々~ (2, 0.2%)

1 やって来たという, 高知に

▼ 其後~ (2, 0.2%)

1 を暫く, を見送

▼ 其後~ (2, 0.2%)

1 同じ品, 振は

▼ 其後~ (2, 0.2%)

1 が届かぬ, についた

▼ 其後梁川君~ (2, 0.2%)

1 とははがき, の遺文寸光録

▼ 其後次第に~ (2, 0.2%)

1 伐採開墾せられ, 明かにな

▼ 其後消息~ (2, 0.2%)

2 の無い

▼ 其後漸く~ (2, 0.2%)

1 下女と, 聞いて

▼ 其後無事~ (2, 0.2%)

1 に救, に皈つて來

▼ 其後照ちやん~ (2, 0.2%)

1 が少し, は俄

▼ 其後~ (2, 0.2%)

1 と黒, に関する甲州

▼ 其後私共~ (2, 0.2%)

1 にも度々, は折々

▼ 其後~ (2, 0.2%)

1 もなく, 經て

▼ 其後種々~ (2, 0.2%)

1 の事情, の事業

▼ 其後~ (2, 0.2%)

1 である, の後半

▼ 其後長派~ (2, 0.2%)

2 の恩顧

▼ 其後音沙汰~ (2, 0.2%)

1 なし, なしが

▼1* [470件]

其後あなたが御, 其後あまりに童子丸が, 其後いさくさ, 其後いつまでも此訣, 其後いつもあつた, 其後おりおりの感じ, 其後からは秩序も, 其後さっぱりやめて, 其後ずっと出羽の, 其後その用件については, 其後だって僕が, 其後流弊憂慮すべき, 其後ちょっとした情事も, 其後つまり私が, 其後雖も, 其後とても文吉同様の, 其後とで東京から, 其後どうして錯雑した, 其後なごり惜しみして, 其後にかの船着場を, 其後にて倉子と, 其後ふつつり出て, 其後へも十一頭持て, 其後また山本町に, 其後まだふらず冬, 其後まったく起らなくなった, 其後みよ子はやはり時々, 其後もちよじゆつはん, 其後もろもろのの方, 其後よそで自ら執刀, 其後われら飛び出だし直ちに, 其後キュテーラの, 其後ゲルマニズムの浸潤甚, 其後コルトンは女, 其後シュレーデル氏から, 其後ジグムンド王の幼児ジーグフリート, 其後とシ, 其後テレボックスへの喋る, 其後デカが夜毎, 其後トロイアの勇將すべて死, 其後ドウしたか, 其後ドコからか金主, 其後ニュースはありません, 其後ハ御物遠奉, 其後バツタリと, 其後ペトロフの軍艦, 其後マルセーユのカバレット・トア・ズンドル, 其後ヴァイオリンの音, 其後一二度来たきり, 其後一人で根岸, 其後一児を挙げた, 其後一向に消息を, 其後一寸学校の事務員, 其後一寸礼に行かう, 其後一年半ばかりずつと顏, 其後一年間束縛の多い, 其後一度きりない, 其後一度同君の宅, 其後一座はたいへん, 其後一戸を減じた, 其後一揆共を剛, 其後一昨年と昨年, 其後一月もし, 其後一枚の端書さ, 其後一週間以内には總, 其後一高軍は物, 其後万年筆にした, 其後三位の中将, 其後三分の一以下の地震力, 其後三四日大友は滞留, 其後三年ばかり経つ, 其後三年間の生活, 其後三省堂の外来語辞典, 其後三藏は屡, 其後上京して, 其後上達して, 其後本意ながら, 其後不思議な程, 其後両日間は非常, 其後両親に死なれた, 其後中世に入り, 其後郷校藩給廩米五口事在, 其後主人の木挽町合引橋, 其後主賓は其舞, 其後しからずして, 其後九年明治三十六年九月東京冨山房から開板, 其後九月中江戸にゐ, 其後九郎兵衛請取コノ人耕作勝手ニ付宮本ヨリ十町バカリ下ヘ罷, 其後乾隆五十五年頃までに更に, 其後事件の迷惑, 其後二三の失敗, 其後二三年間即ち碧子虚子, 其後二三度よこしたが, 其後二三日して, 其後二人は一年許, 其後二十七年を過て, 其後二十余年経て, 其後二十年近い年月, 其後二年間引續いて, 其後二年間養生致しまして, 其後二晩ばかし徹夜, 其後二階や三階, 其後五傳而至田何施孟梁邱皆田何之弟子也, 其後井師から, 其後交渉は如何, 其後仔猫は些細, 其後仙臺に居る, 其後代的気分から出る, 其後伊豆大仁在の穂積忠さん, 其後何とも云つて來ない, 其後何んな徑路, 其後何十回となく, 其後何年間好きな本, 其後何度も坂下理髪店, 其後何所までも発達, 其後何處に如何, 其後の金, 其後信州方面から立山, 其後信郷居を御池通車屋町西, 其後俳句を作つた, 其後俵藤太秀郷が平将門, 其後倫敦の船着場, 其後僧空海が登山, 其後儒家が魏, 其後元代に蒙, 其後光輪美しく白雲, 其後全体を一纏め, 其後公羊學の發達, 其後六回も續, 其後六國の時, 其後其山の麓近く, 其後再婚の話, 其後再度人麻呂石見に, 其後再版が手元, 其後冬休みに帰省, 其後出来たテレボックスの, 其後を行李, 其後北京へ行つて暫らく逗留, 其後北海道に来り, 其後十一月になつて, 其後十一谷君の進歩, 其後十七年の今日, 其後十三四年前に又, 其後十九歳の春東北帝大, 其後十八歳迄の獨學時代, 其後十六世紀頃から隆起, 其後十四年を過ぎた, 其後十年ばかりを過ぎ, 其後半年程厳格, 其後南アルプスの方, 其後南方熊楠翁は紀州日高, 其後単独でも雑誌, 其後原因取調中一時は五ヶ月以前, 其後参禅の修業, 其後友人の家, 其後友人武田祐吉も論じ, 其後叔父様叔母様には御, 其後受けた身體の, 其後古代欧洲諸国にも此, 其後台北に来, 其後右一軸の事申, 其後方面で, 其後各所から放った, 其後同じ意味で, 其後同人と共に箱根, 其後同書の公, 其後も夫人, 其後命婦の斡旋, 其後唯一度帝劇で会, 其後喫茶店カツミを宇山かつ, 其後四十余年間依然たる, 其後四男も帰っ, 其後國中に混亂, 其後國中混亂して, 其後土井未亡人多計, 其後土佐に因んだ, 其後土佐国に渡ら, 其後地図で見る, 其後増田の話, 其後変りもなく, 其後過ぎてから, 其後多く年経, 其後多分二度目の, 其後多胡碑も観, 其後大きくなって, 其後大した偉い宗匠さん, 其後大夫判官行村の宅, 其後大小一揃い真雄方へ御, 其後大正九年七月久振りで尾瀬ヶ原, 其後大正十二年の春頃, 其後大酒呑のお, 其後天明八年戊申と寛政十一年己未, 其後天正の兵燹, 其後天草で習つたオランダ風, 其後夫婦連れで例, 其後夷人の教, 其後は下谷, 其後女子の消防隊, 其後女王の宗, 其後て附けた, 其後姫だるまを染め出した, 其後宋代になる, 其後宗春はどんな, 其後実際よその, 其後室内装飾などをした, 其後家族ニ生歿アリテ事情一変セリ故ニ更ニ遺言スルコト下, 其後富之助は聞いた, 其後蓮残香集是也, 其後小栗上州なども亦, 其後小説類が追, 其後小遣に困る, 其後少時かれの, 其後尺八のこと, 其後尾山と吉田りん子, 其後山津浪が殘, 其後島村は一度, 其後島田三郎さんが御, 其後川口善光寺へも右, 其後帝大に仕事, 其後帝展審査員としての不首尾, 其後にありし, 其後平七は二三度來, 其後平内さんの先生, 其後平岡の旅宿, 其後老つて毛, 其後ならぬに, 其後幾くもなくし, 其後幾多の変遷, 其後幾年月の間, 其後幾百回幾千回斯うした, 其後廿二日出立と承知, 其後引續き勝つたもの, 其後強健なる好, 其後当分の間, 其後彼人物故したと, 其後彼等は警官, 其後彼等夫婦は荷車, 其後往吉屋藤右衛門へ落着, 其後徒弟も参りました, 其後徳二郎は僕, 其後徳川の時代, 其後徳川時代を過ぎ, 其後心中に再現, 其後快くなつたり, 其後思い出したように, 其後思い直して学校, 其後患者は入れ, 其後意味が段々, 其後我々はギルバート, 其後戰國の初め頃, 其後戰國時代になつて, 其後所司代に札, 其後所爲と言句, 其後打ちとけて話し, 其後候に, 其後撤去した銅像, 其後支那から道教, 其後故人も彼, 其後亂の, 其後数度御前に召され, 其後数日来ずと, 其後敵王プリアモスは神命, 其後數年間は春夏, 其後數度の大赦特赦等, 其後數次手紙は來, 其後文化八年に一度, 其後文化史の研究, 其後文化四年丁卯と十年癸酉, 其後斎藤さんの具有, 其後斯道の専門家, 其後新しい生活を, 其後新橋堂の都合, 其後に煙筒, 其後方言の採集, 其後旗野は此家, 其後既に二箇月私は, 其後日毎の新聞, 其後春三郎は機會, 其後春水翻案の方, 其後春秋戰國時代に楚, 其後昭和二年八月岩波書店から前, 其後是非とも御, 其後時トシテ鳴動シ追, 其後晝間通つた時切株ばかり根, 其後暫くたつて, 其後暫らくして, 其後暫らく会はない, 其後に新しい, 其後月給取にな, 其後朝日島に漂着, 其後は生長, 其後木原さんが来た, 其後未だわたくしに, 其後本件陰謀の共犯者, 其後本多辰次郎さんに由つて, 其後本年七月に至り, 其後本郷動坂へ移つて, 其後杉本に逢う, 其後村上氏は逝き, 其後村田は旅, 其後東京へ移つて, 其後は伐られ, 其後松田は女, 其後果して亡びたりとぞ, 其後某君は何, 其後栄えたからである, 其後栄病死す, 其後梶棒に結び, 其後の跡, 其後極めて好晴, 其後樺太に移住, 其後檣縱帆架と船尾, 其後歌舞妓芝居の舞台, 其後歐洲の諸, 其後の王, 其後此研究所も次第に, 其後此莊園が次第に, 其後此處に上陸, 其後死んでいった, 其後死んじゃったという話, 其後の希望, 其後母屋は改築, 其後母親の手, 其後毎年新しい詞章, 其後毎日他出をする, 其後比較的足場の, 其後氏綱氏康これも先ず, 其後を付け, 其後江戸で阮甫, 其後泉先生及び永井荷風先生, 其後法廷に於, 其後注意して, 其後海城が官選, 其後深く天の, 其後遣人謂其王曰, 其後清水恒吉は池, 其後源氏にとっても又, 其後漢魏から唐, 其後漱石さんは松江, 其後漸次分離して, 其後降らしめ, 其後災害防止について全力, 其後熊本に居る, 其後熊野や藤沢, 其後父親が死んだ, 其後爺さんは湘南漫遊, 其後特高係がまた, 其後犯罪研究家によって論議, 其後狂言が始まる, 其後独逸へ行つて, 其後猟師も神, 其後王引之が特に, 其後珍事も無, 其後現在に至る, 其後甚だ宜しくない, 其後生き返り殺生は, 其後生家を離れ, 其後があ, 其後は堅い, 其後甲子にも必ず, 其後から何と, 其後異教の惡臭, 其後病死するもの, 其後病気のため英国南岸ブライトン附近, 其後病院に二度イワン, 其後発表された, 其後百日紅といふ題, 其後御安泰, 其後盜んだ奴, 其後相州行親忠家を以て死骸等, 其後真作が他, 其後知った所に, 其後は安然, 其後私たちは何, 其後私達は二人, 其後移りて他に, 其後空手は一進一退, 其後九世紀の, 其後を納めた, 其後統一的政治組織が具體化, 其後經書の本文, 其後続かなかつたやうだ, 其後綾子は静子, 其後綿密に原稿, 其後義盛件の屋地, 其後者以書状不申上, 其後聞いたことが, 其後聞き及んだことである, 其後胡十門が曷蘇館人, 其後腫脹弥甚しかったと, 其後臨終の際, 其後自然にすたっ, 其後與八がいつも, 其後舞踏の催し, 其後船田三郎君や斎藤新一郎君, 其後色々の事情, 其後芸州の船, 其後英一に宛てた, 其後英国のゴムシャム, 其後英國人が其國, 其後茂吉は長い, 其後茶掛に句, 其後菊子さんは結婚, 其後落ちつきまして呼吸困難, 其後蒸気船の将, 其後藤原中期頃より一般的, 其後藤島君と私, 其後藩命を蒙り, 其後行きそびれちゃったが, 其後裁判所の警吏, 其後西の御門, 其後西洋の文明, 其後覇者之業相循而作, 其後見ず今より, 其後親戚のもの, 其後訊きもしなかつた, 其後説き曲げて身長二尺許, 其後であるか, 其後誰一人登った者, 其後調べの序, 其後調布の耶蘇教, 其後調布町の耶蘇教, 其後讀書を爲, 其後つたもの, 其後豊玉姫子を産まん, 其後豫審廷に於, 其後貴方と平岡, 其後起つた奇怪な, 其後越前国鷹巣山に入り, 其後の師匠, 其後踪跡杳として知るべ, 其後転々して, 其後ひて, 其後途中にて御, 其後通る度に, 其後進歩して, 其後遊びに行った, 其後道頓堀には五つ櫓, 其後遠方へ轉任, 其後遥かに降つた時代, 其後醫者の家, 其後金貸は自分, 其後銀座裏のカフェー, 其後銀座通にはうっかり, 其後鎌倉中彌騷動, 其後鑛毒がありまし, 其後閻魔の庁, 其後院長アンドレイエヒミチは自分, 其後陰鬱な日, 其後陸棲の貝, 其後陸軍士官となり, 其後雙方別々に外國, 其後離散して, 其後雲飛は壮健, 其後露人の支配, 其後靈龜養老天平應仁文明年間にも或は, 其後青木は彼女, 其後非常な発達, 其後と宗助, 其後を撲った, 其後頭痛の起る, 其後は勢, 其後風邪の由聞知, 其後飛香落から平手, 其後高き所に, 其後高倉君は再び, 其後髪の毛が恢復, 其後魯西亞人其外英吉利佛蘭察等共同樣之御答, 其後の姿, 其後で釣