青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「倭文子~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

倒れ~ ~倒れた 倒れた~ ~候 候~ ~借り 借り~ 借金~ 値~ 倫理~
倭文子~
~偉い 偉い~ ~偉大 偉大~ ~停車場 停車場~ 健~ 健全~ ~健康 健康~

「倭文子~」 1061, 10ppm, 10498位

▼ 倭文子~ (378, 35.6%)

14 だまって 9 顔を 7 それを, 京子の 4 うなずいた, 泣き出しそう, 自分の 3 ギョッとして, 心の, 真青に

2 [26件] あわてて, いやでも, かすかに, すぐ窒息, すべてが, そういう, それに, びっくりし, ゾッとした, 三谷の, 不安そうに, 何も, 余りの, 前よりも, 宮田が, 宮田の, 恐ろしさ, 村川が, 村川の, 真赤な, 真赤に, 茂少年の, 茂少年を, 身を, 身体が, 返事を

1 [268件] あまりそっけ, あまりに自分, あるかないかの, いいにくそう, いきなりさらした, いとし子, うちのめされて, うつむいたまま, うつむいたまま言葉, おどろいて, おれの, かつ然, かなしいいや, かなしそう, くるりと, こうし, ここに, こっちの, この恐ろしい, こんな話, さし延ばした, さっきからの, さびしいなで肩, しょんぼりと, じだんだを, すっかり考え込ん, せめて茂, そういい, そこの, そっと抜け出し, そっと身体, その冗談, その場合, その夜具, その大きい, その意味, その手首, その話, その間中, それが, それにつれて, そんなこと, ただ胸, だまされたと, だまった, ちょっと思いあたらなかった, ちょっと顔, つい涙ぐまず, つかまらぬの, つぶやくよう, とうとうわめき出した, とうとう来なかった, とうとう椅子, とうとう蘇らなかった, とりすがるよう, どうしていい, どうしても笑わなかった, どうにかし, どちらかと, なおだまっ, なぜか, はげしいショック, はげしく身, はやく京子, ふと目, ふと顔, ほっと安心, ほの, まさか本当に声, まただまっ, またパラソル, また恐ろし, また悲しく, また背後, また身悶え, また黙っ, まだいなかった, まだねむっ, まだ元, まだ寝, まだ返事, もうこの, もう一間, もう居, やっとかすか, やっと上った, やっと逃げ道, やはり返事, よろよろ立ち上る, わがままで, わっ, アアまだ, カチリと, カッと, ギョッと, シクシク泣き始め, ドアの, ハッと, バケツに, ベッドに, ベランダのて, ベンチから, ホッと, 一たんあの, 一二度宮田と, 一人取り残される, 一体全体どこ, 一刻も, 一層かなしかっ, 一度も, 一生懸命に, 一間一尺離れ, 上れなかった, 不安らしく立ち上った, 不思議そうに, 不気味相に, 不覚に, 両親を, 久しく忘れ, 予審判事の, 二尺も, 二尺離れ, 二階へ, 五つ六つ持っ, 京子と, 今までに, 低く祈る, 何とも答えなかった, 何とも返事, 何よりも, 何事かと, 兄の, 先刻から, 冗談らしく笑っ, 出来るだけ, 初めてワッ, 初めて返事, 勿論三谷さえ, 危く難を, 反射的に, 口が, 叫びながら, 叫んだまま, 名状し, 哀しい溜息, 声を, 大きな目, 女として, 子供の, 宮田と, 宮田に, 宮田を, 小さい両手, 小さい顔, 小さい首, 山上の, 岩の, 幻聴を, 廊下に, 引き寄せられるまま, 弱味が, 強いても, 強くうなずいた, 当人と, 影の, 彼の, 後を, 心が, 怖いもの, 思い切ったらしくいった, 恋人三谷の, 恐ろしい殺人犯人, 恥しげ, 恨めしそう, 悲鳴を, 愛人を, 我子に, 手に, 手を, 手駒を, 抵抗を, 振り返って, 救われたよう, 新世帯, 昂奮の, 明智の, 昨夕と, 更に不安, 月を, 机にも, 村川には, 東京へ, 栗鼠の, 歯を, 死にもの狂い, 死を, 気が, 決心し, 泣きつづけた, 泣き声を, 涙が, 涙ぐみながら, 涙ぐんだ, 涙ぐんだ目, 涙ぐんだ眸, 激情に, 無罪と, 無邪気な, 焼死の, 狂喜の, 用心深く茂, 畑柳が, 異様な, 白く死面, 相変らず, 真青な, 矢の, 知らぬ男, 神妙に, 空恐ろしくなった, 突然心, 立ち上った, 立ち上って, 籠の, 粛然と, 結婚という, 美しい眸, 考えた, 耐らなくなっ, 肩に, 胸が, 自分一人死ぬ, 自室の, 若しや, 落ち込んだ絶望, 葉山が, 蒼ざめ切った, 見なかったけれど, 見はった眼, 言った, 言葉が, 読み終ると, 贋手紙に, 足も, 足早につつと, 身が, 身もだえし, 身体中が, 身震いし, 軽く息, 遊技が, 遠くへ, 銘仙の, 長い打あけ話, 門の, 電報を, 青くなった, 青年の, 頭の, 頭を, 顔の, 顔も, 食事の, 首を, 駆け出しそう, 駆け寄って, 驚いて, 魂の

▼ 倭文子さん~ (187, 17.6%)

5 の方 4 です, と茂少年 3 の恋人, の歯型

2 [15件] があなた, がかくれ, が煙, しっかりし, でしょう, ですか, との間, と一緒, と僕, と茂君, に悪い, の外, をあなた, を棺, 待って

1 [138件] あやまります, お休み, お休みなさい, かい, から絶縁状, があんな, がいい, がこの, がたくさん, がひどく, が一度, が今, が半月, が幽閉, が殺され, が殺された, が犯人, が生き, が自分, が過っ, が頭痛, が鹽原, こそ我々, だ, だったら喜んで, ちゃんと心, といらっしゃい, とがこれきり, とそっくり, との事, との話, とをひき離した, とジャンケン, と三谷青年, と斎藤老人, と結婚, なんかいや, にあやまっ, にうるさく, にお, にお目にかかりたい, にその, につきまとう, にもよろしく, に会う, に会えなく, に会っ, に何, に加えられた, に失礼, に復讐, に恋こがれ, に手荒, に接近, に本当に, に無礼, に身の上話, に転嫁, のお気, のご, のため, のひいき, のよう, のカーテン, の不思議, の写真, の命, の夫, の好意, の心, の心持, の殺された, の無分別, の生活, の生涯, は, はあなた, はうち, はかわいそう, はすぐ, はその, はそれ, はたいへん, はとっくに, はどこ, はもう, は一度, は世の中, は今度宮田さん, は何, は内気, は口論, は嫌っ, は運, は長椅子, ばかりで, ばかりでなく, もいた, もお, もきっと, もその, も同じ, も早く, も茂君, よ, をあの, をいじめる, をこんな, をつかまえ, をつけ廻した, をねらっ, をもっとハキハキ, をもてあそん, を一緒, を中心, を僕, を出し給え, を力づけ, を呼びましょう, を地下室, を工場, を恋し, を愛し, を手, を探し, を救い出さなけれ, を殺した, を殺す, を殺害, を苦しめ, を賞め, を起し, を逃がした, を驚かせた, 決して僕, 泣いて, 逃げましょう, 間違って

▼ 倭文子~ (187, 17.6%)

4 声は, 心を, 顔を 3 心持が, 手を, 顔が

2 [16件] 上に, 両手を, 両肩, 傍へ, 右の, 姿が, 姿を, 心が, 持物は, 方で, 方を, 肩に, 肩口を, 蒼ざめた顔が, 言葉を, 顔色は

1 [134件] ありかを, うっとりと, かすかな, ことが, ことは, こわばって, そばで, だらしない, つつましい声, つめたい左手, でないと知る, もう一つ, やり方が, よそよそしい態度, 一糸まとわぬ, 今まで, 代りに, 側に, 傍から, 傍を, 傷は, 入って, 全身を, 冷え切った頬, 前に, 前へ, 匂わしき姿, 危い, 口の, 同意を, 名が, 命は, 喉が, 声だった, 声には, 実子の, 寝台に, 寝台の, 小さい顔, 左の, 弱さ, 弾力の, 影は, 後から, 後へ, 後姿を, 微笑が, 心である, 心に, 心にも, 心の, 心は, 心持を, 心臓は, 必死の, 恐ろしい疑い, 悲鳴, 愛の, 愛を, 手付まで, 手紙で, 手許に, 打ち溶けない堅い, 抵抗は, 撫肩を, 方にも, 方は, 方へ, 明るい言葉, 机の, 来るの, 柔艶な, 横顔に, 正面から, 死を, 死体写真を, 死骸の, 死骸を, 泊って, 涙を, 滑かな, 犯罪を, 現在の, 生きた姿, 生活に対して, 甲走った声, 白い手, 白い身体, 白い顔, 白たび, 真赤な, 着物の, 着物を, 知人から, 神々しいまでに, 立って, 答えを, 耳に, 肌が, 肩を, 背中を, 胸に, 腰に, 膝に, 苦しみは, 落した涙, 蒼ざめた顔には, 血潮でない, 裾に, 賛成を, 足音が, 身の上を, 身代りに, 身体の, 身体を, 身替りを, 身構えが, 身辺に, 返事が, 遺書の, 遺骸は, 部屋だった, 部屋に, 部屋を, 錯覚に, 間がらが, 頭に, 頭の, 頭字に, 顔には, 顔の, 顔は, 顔や, 顔色が

▼ 倭文子~ (69, 6.5%)

1 [69件] いじめられて, いった, うつむきがち, お尋ねもの, きっとただ, この辺, こりずに, せき立てる, そこへ, それほど京子, それを, たとえ絶縁状, ちっとも表情, ちょっとでも, ちらと, とじこめられて, どんなむごたらしい, ひどく怖がる, ほんとうに, もっと図々しく, もどかしかった, スッカリしょげ, 上辺だけは, 下手人である, 京子から, 余りの, 先に, 先へ, 冷淡に, 動揺さえ, 単に自分, 単身茂少年を, 取りつけた頑丈, 夢中で, 実父が, 宿の, 寝た後, 彼を, 待兼ね, 心配に, 忍んで, 悲鳴を, 断るとは, 昨夕は, 来るまでは, 殺人罪を, 泣いて, 煮え切らないので, 生きて, 立ちあがるの, 約束通り来, 結婚した, 聞いてや, 自分と, 自分に, 自分に対する, 自殺した, 自殺する, 血みどろの, 行方不明に, 軽蔑し, 近づいたの, 部屋で, 部屋を, 隠れて, 青山の, 飛びしさったの, 驚いて, 鼠が

▼ 倭文子~ (54, 5.1%)

1 [54件] いだいて, うながしながら, かばって, この家, さいなんだ, じっと見つめ, どうしてもはなすまい, もらいたい意志, 一人残した, 中心に, 井戸に, 京子に, 人殺しの, 初めとして, 助け起した, 取り返す事, 呼び止めたこと, 失いたくないから, 完全に, 引きずって, 引き寄せようと, 引き止めたかった, 引ずる様, 引張って, 待って, 慰めたが, 慰めて, 抱き寄せながら, 抱き起そうと, 抱こうとして, 押し止めながら, 招いた, 捕えた, 放すもの, 殺したか, 殺しに, 殺すこと, 殺害した, 求めるべく立ち上った, 泣かせた責任, 焼殺す, 男性と, 知ったの, 老人が, 自分から, 苦しめる為, 見いだしたとき, 見落して, 責める武器, 貰いたいと, 追った, 連れて, 階段の, 隠す時

▼ 倭文子~ (37, 3.5%)

2 きいた, しては, 接近した

1 [31件] あいたいという, ささやいたほど, して, すまないといった, どの様, どんな結果, どんな迷惑, みなぎるよう, 一番近い, 今の, 会いたい, 会いたかった, 会う少し, 会おうと, 会わせて, 告げようと, 失礼な, 寄り添って, 尋ねると, 強く惹きつけられた, 思う存分の, 悪いと, 殺されたの, 渡した, 約束した, 見せた, 話しかけて, 近づいた, 近づいて, 迫った, 違いない

▼ 倭文子~ (34, 3.2%)

3 一緒に, 茂少年は 2 二人きりに, 茂が, 茂少年が, 茂少年の

1 [20件] むつまじそう, ゆっくり会いたかった, 三谷青年の, 三谷青年ばかり, 会いたい, 会うこと, 会うため, 会って, 会わせない程度, 接吻しよう, 自分との, 茂でない, 茂でなく, 茂とは, 茂少年であった, 茂少年です, 茂少年とは, 茂少年を, 親しく話, 言葉を

▼ 倭文子~ (20, 1.9%)

2 彼の, 茂も

1 [16件] この気違い, さすがに, さなき, そう答えないで, 三谷も, 二階に, 全身に, 召使達も, 唇の, 大方それ, 断るべき口実, 気味の, 真赤に, 背中を, 胸が, 茂少年も

▼ 倭文子~ (13, 1.2%)

1 [13件] が求めた, が逃げ出した, にわし, の代り, の体, の所, の真下, の行方, の隠れ, は, は一先ず, は勿論, をここ

▼ 倭文子さん達~ (11, 1.0%)

1 [11件] がそこ, とろう人形, のあり, の無事, の隠れ場所, はどこ, は安全, をよく, を手, を救い出す, を盗みだした

▼ 倭文子とが~ (6, 0.6%)

2 一緒に 1 かわるがわる自分, エロープする, 並んで, 同類だ

▼ 倭文子との~ (5, 0.5%)

1 三人で, 葉山の, 間に, 関係を, 顔が

▼ 倭文子には~ (5, 0.5%)

1 かまって, ちっとも見当, 絵空事でない, 義理が, 苦労の

▼ 倭文子さえ~ (4, 0.4%)

1 もがいて, 少しも, 痛みを, 自分を

▼ 倭文子さん僕~ (4, 0.4%)

1 です, にあなた, はこういう, はもう

▼ 倭文子とは~ (3, 0.3%)

1 いつの間にか座敷, このいまわしい, 茂少年が

▼ 倭文子に対して~ (3, 0.3%)

1 公然とは, 抑そも, 持って

▼ 倭文子さま~ (2, 0.2%)

1 が昨日, も一緒

▼ 倭文子さんあなた~ (2, 0.2%)

1 のため, はまさか

▼ 倭文子にも~ (2, 0.2%)

1 それは, 遺産の

▼ 倭文子自身~ (2, 0.2%)

1 ではまるで, で持参

▼1* [33件]

倭文子から彼女に, 倭文子からの絶縁状を, 倭文子さんあしたね, 倭文子さんお待ちなさい, 倭文子さん一人なの, 倭文子さん何か煩悶, 倭文子さん決心をし, 倭文子さん罰金お出し, 倭文子さん自身が命, 倭文子さん親子の安否, 倭文子さん麻雀なさらない, 倭文子とする, 倭文子だけは一度も, 倭文子だろうと新しい, 倭文子さえもう, 倭文子であったのだ, 倭文子であることが, 倭文子であろうという者, 倭文子という美しい女, 倭文子としてはさしずめ三谷青年, 倭文子とも顔を, 倭文子とを怒りののしった, 倭文子にとって茂の, 倭文子にとってはそれが, 倭文子はからだが, 倭文子はと見ると, 倭文子ほど背の, 倭文子斎藤老人に, 倭文子一家をねらう, 倭文子以外に犯人, 倭文子母子の五人, 倭文子親子がどんな, 倭文子誘拐事件以来畑柳家の相談役