青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「分~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

出版~ ~出現 出現~ 出生~ ~出発 出発~ ~刀 刀~ 刃~ ~分
分~
~分け 分け~ ~分っ 分っ~ ~分った 分った~ 分の~ ~分らない 分らない~ ~分らなかった

「分~」 16237, 175ppm, 591位

▼ 分~ (1345, 8.3%)

26 うちに 9 給料を, 食物を 8 ことで 7 のちに 6 ことだ, ない男, 方が, 金を 5 ものは, 一の, 米を, 金が 4 お梅, ところで, ところに, ない方, 仕事を, 席を, 座席に, 資人の, 金は, 間代を

3 [32件] お駒, ことさ, ことです, ところまで, ところを, ないお, ないもの, ない人, ない美しさ, ものが, ものを, パンを, 一に, 不安と, 中から, 中に, 仕事に, 伏字あり, 借りが, 前金を, 奴が, 座席の, 方です, 月給を, 財産を, 遺骨が, 長さ, 食器しか, 食料と, 食糧と, 飯を, 高さ

2 [93件] あるお方, ある方, お秋, ことが, ことよ, ことを, ないお天気, ないの, ないよう, ない人柄, ない女, ない嫁女振り, ない御, ない立派, ない紳士たち, ない贅澤, のちには, のちわれは, のち昏睡の, ものやら, ような, ように, 一である, 一をも, 一人が, 下駄を, 不利で, 不足だ, 中その, 事である, 事心配する, 仕事が, 俸給を, 入院料を, 利助が, 前に, 力が, 卓や, 受領書を, 図は, 多いもの, 多い井戸水, 多い食物, 夜具を, 大い, 大長考, 如くに, 娘だ, 宿料を, 寝台が, 寝床を, 島を, 座席を, 弁当を, 役を, 愛が, 方な, 旗が, 日給を, 月給が, 水を, 溺死者を, 無い主人, 無い日和, 玉子の, 生活だ, 生活費を, 画の, 白骨が, 私の, 稼ぎを, 空白, 籠城で, 糧食と, 細川殿も, 給料と, 者が, 肉を, 芸を, 荷物を, 薬を, 費用で, 長岡行で, 非器, 面倒などは, 食事が, 食事を, 食器を, 食糧, 食糧が, 食糧を, 飼料をも, 麻酔薬を

1 [920件 抜粋] あたりまえの, あるお客様方, あるの, ある事情, ある味, ある湧水, い, いい方, いうのに, うちの, うち五両一分の施主は, おかげで, おこぼれ, お夢, お小遣い二十円, お方たちが, お方にと, お松どのに, お玉, お賽錢ぢ, お金も, お長屋, お霜, かたい人, ことあちらにも, ことから, ことであった, ことどうぞ, ことも, こと何卒, こと袴の, ご寛仁, しゅうが, その精神, たべもの, ために, だろう, つくえ, つもりで, ところが, ところであろう, ところは, ところ止む, とり方も, ないお家, ないとこ, ないパートナー, ないマダム, ない一對, ない中秋, ない令嬢, ない位置, ない値段, ない働き手, ない働き者, ない処女, ない出来, ない効果, ない口, ない土地, ない土用入, ない地形, ない天気, ない奥様, ない娘, ない宿, ない寺, ない小春凪, ない少女, ない惡黨, ない手掛り, ない才人, ない技術, ない日, ない春, ない暮し, ない服裝, ない武家, ない温厚, ない演出, ない男前, ない目, ない眠け, ない紳士的態度, ない美しい夜, ない美女, ない聟, ない良い男, ない藝達者, ない評判, ない贅, ない非常管制ぶり, ない騒々しさ, なかに, のちだ, のち列車内には, のち小泉信太郎氏は, のち撃沈されるであろう, のち私たちは, のん, ひとが, へんろ装束並びに, まづい, むのだからね, めし茶碗が, ものである, ものの, やうに, ようで, わけである, われらに, インチキ薬売り, カンヅメは, キャラクターを, コーヒー代を, サルフィトカ, スマートに, ツケを, テストにか, パリ行急行を, ビフテキを, ベッドを, ホヤホヤ時代だ, リストを, 一でも, 一より, 一人に, 一日, 七字を, 三つの, 三宅軍兵衛殿には, 三枝を, 三食が, 上に, 上演曲目六種が, 下へ, 下女を, 不定なる, 不自由だ, 世界, 世話を, 並木の, 中へ, 丸畑であっ, 予算は, 事だろう, 事です, 事と, 事なら, 事を, 二を, 京都行に, 人ながら, 人力を, 仁三を, 仕事したい, 仕事まで, 仕度が, 付き添いの, 代わりに, 代を, 代金を, 伝票を, 住居を, 体が, 余地も, 作家が, 価値が, 保証が, 俸給の, 俸給十三圓その, 催眠薬の, 働きかと, 優しい初々しい大, 兄弟か, 先天的に, 児を, 入ってる月給袋, 全額さえ, 八合, 六百文を, 処方を, 分量しか, 分類で, 切符は, 切符まで, 初茄子, 利子を, 前払いを, 力や, 労働の, 労苦を, 勘定が, 勘定という, 勘弁勘次は, 十フランを, 半ば以上を, 半も, 半分近くは, 厚い板の間, 厚い黄金, 原料を, 収入を, 受領の, 句節, 可能性が, 各知事, 合力銭等やり候え, 名物栗強飯を, 哲学を, 問題か, 器を, 国々に, 國で, 土台として, 地券面だけは, 地圖に, 埋め合わせとを, 境内は, 境涯, 声色を, 外種を, 多いお, 多い栗栖, 多い種類, 多い肝心, 多い飲料, 多きもの, 多市, 多市出足を, 大分裂, 大惣ナンチ, 大晩餐用食器, 大阪行に, 天引が, 夫役に, 奴ら, 子で, 学校の, 安兵衛である, 室は, 家に, 家畜は, 家賃です, 宿料の, 寄宿料を, 寝台とが, 射撃の, 小包を, 小荷物が, 小遣銭を, 少い骨の, 少ない橙黄色, 少量な, 山岡順太郎氏などは, 島から, 布が, 布団との, 席が, 席は, 帳面を, 幔幕を以て, 幸福と, 幾割かを, 床板が, 座席が, 座蒲団の, 弁当です, 弁護士の, 強い泡盛, 弾丸や, 影其の, 役人の, 後でした, 後車は, 御庇護, 御方是も, 御期待, 御満足, 心は, 心持ちで, 心掛けから, 忘却と, 思いを, 性格が, 性質から, 悪い交換, 懐中に, 或物, 手当, 手紙を, 手荷物を, 手間代だけは, 払の, 挨拶に, 掏摸などに, 推移を, 握り飯さ, 握飯は, 攪拌沈澱池雨水流入の, 敷居へ, 敷金も, 文学的に, 料金を, 料金七拾錢を, 新助, 新潟行きの, 新聞を, 方々とも, 方だらう, 方で, 方村の, 日傭賃も, 日本が, 日課に, 春美が, 昼食と, 時代を, 暴動だ, 書類だけ, 最後に, 月給で, 月給の, 月謝が, 月謝より, 有頂天で, 木は, 机とを, 東京行に, 東京見物が, 果実に, 果物を, 桟敷を, 椅子には, 機知の, 檣には, 歌人であり, 殆ん, 残額くらいは, 気が, 気候は, 気力を, 水飴の, 法蓮房は, 洋服を, 洗面盥の, 浜松行に, 渋沢栄一殿, 減退は, 湯河原発で, 滋養分を, 火事装束が, 炊事を, 炭酸水と, 為向を, 無いで, 無い人柄, 無い出来, 無い夫婦, 無い娘, 無い娘達, 無い役割, 無い普請, 無い淑女, 無い贅澤, 無い野営地, 無い隱, 焼きものは, 焼酎を, 熱量で, 燃料にも, 物が, 状態を, 玉井金五郎さんの, 生命を, 生活費が, 生活費と, 田島屋の, 男と, 男は, 皿が, 盃を, 目的の, 真田紐を, 眼の, 眼薬を, 知識を, 破壞, 確立といふ, 神戸行急行列車の, 祭礼の, 私に, 税金が, 税金を, 稼ぎである, 積込みを, 窓ガラスは, 笑いは, 筈の, 箱屋なども, 米だけ, 粉薬を, 糧食を, 約束の, 紅海横断, 紋附を, 給与の, 給料が, 給料でも, 給料以上の, 給料十円を, 絵は, 総だけも, 縁は, 繃帶を, 義理立てかは, 考へで, 者と, 耳にも, 肖像たとえば, 腰兵糧を, 自動車代を, 自由が, 舞殿にて, 色糸を, 花園春美を, 花輪形パンを, 苦辛談を, 茶屋, 草を, 荷を, 荷物割合羽函嶺の, 蒲焼きと, 蔵敷料より, 薄雪, 薪材に, 薬代を, 藥代を, 衣裳屋の, 襟を, 要償, 見料をも, 観劇料が, 計畫, 註文が, 証紙が, 話を, 読み合せいやに, 講座原稿は, 謠曲熊野など, 豊かな, 貧しい為, 貯蔵タンクでは, 買物を, 費用を, 賃金を, 資人に, 足しにも, 跡が, 輩は, 辨當も, 通りの, 遺骨という, 部屋へは, 郵便物が, 酔を, 重味の, 量よりも, 金で, 金子は, 釣り道具を, 銭を, 鋭氣, 長崎行で, 間代食費薬価牛乳屋の, 附着した, 電車往復賃の, 霜は, 面々あいくち, 面を, 面積を, 頁を, 顏へ, 風が, 食事と, 食器と, 食料ぐらいは, 食料な, 食物から, 食物だらう, 飯は, 飾窓の, 餌に, 首を, 駒蔵が, 骨が, 高い人, 髪を, 鶴家あん, 黒鼻緒を

▼ 分~ (1076, 6.6%)

56 して 28 なって 20 応じて 9 なる, なると 6 ハネた, 持って 5 すると, なった, なったの, 相当する, 着きます 4 よると, 安ん 3 しても, 一度ぐらいは, 上って, 出発し, 出発した, 噴水の, 子細が, 應じ, 耳を

2 [48件] あたるという, あなたは, お取立, してあつ, しようと, たちます, ちぢめて, なっても, なるの, なるわけ, なるん, 下って, 之を, 仕事を, 低下, 充たされねば, 入って, 出て, 出る筈, 君の, 外へ, 安んぜよとの, 尻端折, 応ぜず親方, 恵まれて, 押立てられ, 於て, 明瞭に, 此処を, 発揮し, 着いた, 知って, 知らないならば, 研究し, 終った, 終る, 規定された, 譲るなど, 讓る, 過ぎず, 過ぎたこと, 過ぎたもの, 過ぎたる野望, 過ぎて, 過ぎなかった, 過ぎなかったであろう, 過ぎると, 酔って

1 [786件 抜粋] あがったの, あげること, あたる, あとを, あの時計, あまる心尽し, あらざるに, あり, あるごとく, あるとか, あれば, あ世話, うまく仕事, おこること, お美乃, きりこれ, ここで, こころを, ここを, ご存じの, ご用心, さしおかんぞ, されて, した, してやる術, してやれとは, しといて, し赤ん坊, すぎたあの, すぎた駕籠, すぎなかった, すぎるぞ, すなわち全く, するという, するとの, する人, せられた時, その顔, だね, つきては, つくこと, つくの, とうとうさしもの, とつて, とどまるべからず巧み, とどめて, どやされたの, なったとか, なったん, なった田舎老爺め, なつて, ならうとして, なり, なりかかって, なりてえな, なりました, なりますし, なりますよ, なりまする白骨谷, なり寸々, なり近所, なるくらい, なること, なるであらうかと, なるのに, なるはず, なる御, なる或, なれつて, なれないあちこち, なれないので, なろうおも, のって, はじめて午, はずれたこと, ふとしたこと, ふみちゃんが, まはり, みること, むしろ休息, もって, ゃあうっかり外へ, やらないと, やられたの, よれば, アンハルター停車場に, キャリフォルニアン号の, コナし得ない, タイタニック号は, ナミ子に, ハネちまった, ハネなく, ハネ高槻の, ヒルバを, ブラさがっ, ブリユツセル市へ, ベルギーの, マドロスの, リバプール街に, 一つずつ, 一つとしても, 一と, 一台通った, 一圖に, 一寸五分の鳥の子の, 一度ぐらいずつ, 一本です, 一枚ついに, 一針平均は, 七つそして, 三年町の, 上げるちうて, 上る, 上方勢と, 下つた熱, 下り始め六時二十分, 下る, 不自然な, 中里行きが, 乗った, 九十六語で, 事欠かないよう, 五人の, 亘った後, 亙って, 今まで, 今日の, 仕立てあげるの, 仕立てられても, 任せず自身, 伊東発塔之, 位し実に, 何の, 何百か, 作った方, 例の, 依る不幸, 保健婦である, 偏軽, 備わって, 傷つけた, 働かせて, 働くこと, 兇行が, 入るが, 共通な, 其の胃液, 具わって, 凡べての, 出さえ, 出しゃばるべき先生, 出す決心, 出てね, 出来かねるよう, 出来て, 出渠, 出火し, 分かつに, 分けたといふ, 切ったの, 切りて, 切上げる分別, 刈りて, 判らず其上常藏, 利用された, 到りて, 剰余の, 力を, 力兄哥に, 効果を, 動き出した, 勢いも, 勤めなければ, 北停車場から, 十個の, 十八両を, 参りて, 参詣に, 又出, 及ぶ, 反駁され, 取り揃えて, 取立て, 取立てると, 取組めない, 受けて, 受取った, 古那屋, 合わせた, 合わん, 向かって, 君は, 味つて居た, 味を, 四人は, 四平街に, 国師の, 土気三分どうも, 在った頃, 増加し, 売り大雅堂, 多少の, 多賀ちゃんを, 夜行の, 大仏の, 大儒としての, 大切に, 大変だっ, 太陽は, 好意を, 始って, 始まつて七十五刻, 始まる, 学窓にも, 安じ, 安んずること, 定まろうと, 定め親指, 実際書け, 家を, 寄航する, 富んだ和声, 富んで, 實らせ, 尊敬すべき, 小屋を, 小池を, 少し足りない, 尽くした今日, 届くだけの, 島田の, 左の, 巻き揚げ立派, 帰する, 幅一寸長, 幅二分ばかりの, 幸手からの, 廻すこと, 廻ったもの, 引下げた, 引直し, 張つて居た, 強調する, 当たるの, 当るの, 当る女, 往来を, 待って, 得たの, 得ること, 御出発, 御飯が, 御飯三分です, 循う, 循うにあらず, 心得て, 応じた人数, 応じた手伝, 応じた服従, 応じては, 応援を, 急轉直下, 意義を, 感ぜられて, 慾得五分の算盤玉を, 懲, 懲りましたよ, 成功し, 成功したる, 所見を, 扱ったは, 批判的でなかつた, 抱えて, 拘りませう, 持ってるでは, 持つてか, 捨ておくの, 掃除せしめられ, 探偵の, 描き音楽化, 握り占めて, 教育方針を, 教育設備を, 敬意を, 数えられて, 於いて, 於ても, 既に眠り, 明かに, 昨日雨休みを, 晴らした, 智凡尼が, 有て, 来, 来たでしょう, 来の, 東京駅に, 東京駅を, 松花江の, 案内の, 楯を, 極めて, 欠けて, 欠乏し, 欠乏します, 欠乏せる, 歓を, 止った, 止まり同業小売店, 武装した, 死に臨んだ際, 残して, 汁の, 汽車は, 治兵衛の, 波久礼駅に, 注意し, 注意は, 洞見せられ得ない, 活動させない, 活躍せしめ, 済まして, 減って, 湧いて, 満ちて, 満足を, 準備したる, 漸く尾根上, 潜んで, 濁の, 濟んで, 点を, 煤びわたり, 照明が, 熱が, 狙いながら, 現われ沢山, 理由を, 甘んじじつに, 生れました, 生れ何年何月何日, 産れ, 画き直して, 畳み込み肩, 癒されて, 発したる上武鉄道, 発揮せられむこ, 発揮できる, 発見した, 発車の, 發揮せられむこ, 盛を, 相当し, 相成りますが, 相談し, 眺めながら, 着く, 着くこと, 着くべき列車, 睨みながら, 知られて, 短縮された, 確からしい, 神式三分神仏まぜこぜの, 私は, 突然かう, 窓の, 立脚した, 竜神の, 等しいか, 等しい手間, 築地小田原町の, 米二分で, 米麦を, 絶命した, 絶頂を, 続いて, 綾の, 縮めて, 置かぬ, 美人の, 肥え来たりて, 背いて, 背負つてぼつ, 脂四分の割に, 腹を, 自信の, 自分の, 至って, 至りて, 至り同, 至ると, 至るべし, 至れば, 致しまして, 致一味候者も, 花咲かす, 苅って, 茶屋御, 茶臼山の, 著いた, 著いて, 著しく及ばない, 融しこんだ, 融通し, 袂に, 被害者が, 装甲自動車が, 裏を, 要心し, 見下ろした巌角, 見張, 見比べながら, 見渡しながら, 見較べ, 覚悟し, 親鳥の, 觀賞する, 解いて, 言ったこと, 討取候, 話したらどうせ, 認めて, 説きつくし典山, 調べたと, 調子を, 變化し, 豊橋に, 負けて, 負けても, 貰って, 赤坂見附を, 起ったと, 越えむかと, 足らず, 足らぬ小さな, 足らぬ黒い濃い, 踊り切つたもの, 車掌が, 輪作りて, 迎へに, 近いた, 近い扱い, 近い間, 迫つてゐる, 遂行せず, 過ぎざるに, 過ぎたりとはなさじ, 過ぎたる仰せ, 過ぎたる有難き, 過ぎたる果報者, 過ぎたる阿園, 過ぎた事, 過ぎた仕事, 過ぎた大望, 過ぎた女房, 過ぎた御, 過ぎた心付, 過ぎた扶持方, 過ぎた社会的待遇, 過ぎた見舞, 過ぎた負債, 過ぎた身, 過ぎないの, 過ぎなかったが, 過ぎまする, 過ぎるからと, 過ぎるせに, 道筋通りに, 達して, 達するまでの, 適え態, 適するとは, 酒が, 酩酊で, 醉拂つて居るらしい, 錫一分を, 長春に, 長蔵小屋に, 開け跣足, 間に合えば, 間に合せ度と, 闘う一人前, 關する, 限つてゐる, 限られること, 随って, 零落れな, 霜よりも, 非分にも, 頂上へ, 食べること, 飲んで, 養われ最初, 駿信国境の, 驚くべき本能, 高坏を, 高慢二分と, 鳴鐘, 鶴子の

▼ 分~ (1004, 6.2%)

27 すると 23 たつと 19 たったころ 15 すれば 13 かかって 11 たたないうち 10 たって 9 たたぬうち, 一時間も 8 あれば, 間が 7 して, しないうち, 経ってから, 過ぎて 6 たってから, 前に, 経ったと, 行くと 5 一緒に, 前から, 経つと 4 したかと, そうし, 経って, 遅れて, 隙の

3 [18件] ある, おくれた, かかる, たつうち, たつか, 下ると, 働いて, 十分も, 待って, 登ると, 経たないうち, 経つて, 続いた, 続いて, 費して, 走ったころ, 走ると, 飲んで

2 [76件] あった, あとの, ありますよ, ありません, ありませんが, あり事件, あるの, あるので, あるよう, ある太い, いっしょに, おくれて, かかった, かからずに, かからないで, かかりました, かかれば, こんなところ, したらそこ, しない裡, せぬ中, た, たたない前, たたない頃, たったでしょう, たった後, つくって, つづいたころ, つまりそれ, やって, よくお礼, 一厘も, 一寸も, 五分も, 五厘も, 保ちたいなんて, 前の, 動きませんでした, 坐って, 多いし, 多くなります, 多勢あるらしい, 居たかと, 待ったん, 持って, 捻って, 早ければ, 柏の, 此処に, 歩いて, 炊いて, 生きて, 百日ぢや, 皆立つ, 知らずに, 矯激な, 確めたい, 私を, 経たない内, 経たない裡, 経たぬうち, 経った, 経ったころ, 経ったであろうか, 経つか, 経つたが, 經たぬ, 經つた, 緩みの, 聞いて, 話を, 走って, 遅ければ, 過ぎたと, 過ぎてるのに, 違へ

1 [559件 抜粋] あったもの, あって, あつた, あつて, あなたの, あらうといふ, あらん, ありそう, ありましたろうか, あります, ありますね, ありませんの, あり初め, あるから, あるだろうから, あるでせうが, あると, あるのに, あるまい, あるやう, あるわ, ある厚い, あろうし, あを, いきなり取りかえし, いけられて, いたでしょうか, いつ何時私が, いないで, いる, うごかない, うたたね, おくれたこと, おくれたね, おくれたら彼, おくれる気, おさえつけるよう, おなじくさう, おらが, お参りし, お富どん, お話の, かかっただろう, かかった仕事, かかってから, かかつて, かからうかといふ, かからないでしょう, かからないで上ると, かからないところ, かからなかった, かからなかったの, かからぬうち, かからぬつい, かからぬ間, かかりましたので, かかるから, かかるこの, かかると, かかるの, かかるはず, かかるまいと, かかる山腹, かけて, きいたアゲク, きいて, きら, ぐずぐずし, ここに, こしらえて, この病室, この睨みあい, この通り, ございません, ごたつき十一時, さらい年の, さらされて, した, したころ, したであろうか, したらお, したら君, したら帰って, したら筋肉, した時分, しっかりやって来, してから, してやるから, しないで, しない内, しねえで, しゃがんで, しゃべって, じっとこの, じっとそんな, じっと彼, じつと, すかさかい, すかさぬハイカラぶり, すかさぬ典型的, すかさぬ冴え加減, すきは, すぎたころ, すまい潔癖, せんうち, そういう彼, そのままに, その一人, その後の, それぞれ時計の, それにて, それを, そんなところ, たたぬ後, たったか, たったであろう, たったのに, たったらわし, たったろうと, たった頃, たっては, たつたか, たつたであらうか, たつた頃, たつてから, たてば, たのしむって, たべて, たまって, たまってる家賃, たまつて, たんまりと, ぢつ, ぢつと, ついて, ついに発見, つくねんとし, つづいた, つづいたかと, つづいたが, つまって, できて, でたらめの, どうなさろう, どこを, どっさり雑然とカーテン, ない, ないと, なかった, のびて, はいって, はやく完成, ふくめ方々, ふとん, ふんば, ぶちぬいたよう, へりは, ぼくらを, ぼんやり物思い, まぜて, またれません, まちぼうけを, みな消え失せ, もぐって, もしくはそれ以上, もっともだ, やはり婦人, やらず小さい, やり三益, やる, やれば, ゆさぶって, よほど減じる, らくらくと, わしの, わすれて, ゐたら好い, フンダンに, ボンやり, ヤケに, 一しょだ, 一つあります, 一度調べ, 一通り仕度を, 三人分もの, 三分も, 三時間も, 下ったろう残雪, 下つたの, 下つて, 中で, 九分も, 二人は, 二重の, 人が, 仕事が, 休みなく, 休んで, 会社から, 伸ばさぬ, 何かと加わっ, 何もかもすっかりなくなっ, 余計に, 余計にかけて, 便つたらしい, 俺が, 借りは, 僅かしか, 働くと, 僕の, 僕は, 兄さんに, 入ってないこいつ, 全部贋物な, 出して, 出たという, 出るから, 利子を, 前だったろう, 前でした, 加えると, 加へ, 動かさなかった, 動かさなかつた, 動かなくなったので, 十五日迄に, 十分もか, 半分は, 南部なまりで, 受も, 喋ってるのに, 喋らずに, 喰べて, 四人分も, 四十分も, 坐つて, 場所が, 増加し, 変りが, 外へ, 多い, 多いから, 多かつ, 多からう, 多く味, 大丈夫か, 大抵あたし, 天才も, 女が, 女房に, 嬉しさ, 存外少ない, 寝たかと, 寝れば, 寝室, 対談し, 少からねばよもや, 居て, 屋台を, 床へ, 床を, 座に, 座を, 延びて, 引き受けて, 引つぱり, 待たされたであろうか, 待たされること, 待たされれば, 待たして, 待たしてから, 待たしといてから, 待たせられたあと, 待たぬうち, 待ちより, 待ち呆け, 待ったでしょうかな, 待つたよ, 待つた頃, 待つの, 待ては, 後でした, 後に, 後れたので, 御主人, 心を, 心得て, 心配しなけりゃ, 必ずどこ, 忘れない企業家, 息を, 悉く掌, 懸って, 手伝って, 手術を, 折りこんで, 拜借致し, 持っちゃ, 指井が, 掃除し, 授かり融通, 採光も, 探し廻った末, 揺られた後, 支那人が, 教壇に, 散逸し, 早かったら, 早くお, 早くその, 早く岬, 早く物置, 早く産, 早めに, 時間の, 智慧の, 更に改訂, 有ったという, 本堂に, 来, 欲しがり, 止む事, 歩いたかと, 歩いたが, 歩いたであらうか, 歩いたと, 歩いた部落, 歩くと, 歩行いたら, 残って, 残つてまだ, 残らずぼう, 沈んで, 注意し, 浅香の, 浴びて, 深められて, 減じず一方, 減って, 温かいベッド, 湯煮, 滑降すれ, 滞らせて, 激しい運動, 無き程, 無駄に, 狂って, 猶予が, 猶予する, 生きのびて, 用意し, 申込んで, 登って, 登れば, 白い足, 看護婦さんに, 真直に, 眠ったかと, 眠ったら, 知抜いたいずれ, 研いどいて, 神経を, 私が, 私たちは, 私に, 積んで, 突き立つた吹矢, 立たされたん, 立たされて, 立たないで, 立たない間, 立たぬ内, 立ちませぬわ, 立ったこと, 立ったと, 立ったという, 立って, 立ってから, 立つて, 立派に, 経た, 経たない中, 経たない後, 経たない間, 経たぬのに, 経たぬ中, 経ちましたらうか, 経ちましたろうか, 経ったか, 経ったかと, 経ったが, 経ったけれど, 経ったらここ, 経ったろうか, 経ったろうと, 経った頃一同, 経つうち, 経つたか, 経つたころ, 経つたであらうか, 経つたと, 経つた時分, 經た, 続いたであろう, 続いたら僕, 続くよう, 緊張し, 續いた, 置いて, 美女の, 考えた以上, 考えて, 考へるの, 聞かねば, 聞こうじゃ, 背負い歩いたこと, 脂肪分も, 脈動と, 自分が, 自分でしなけれ, 自動車で, 自在に, 船長室を, 若先生, 落著いた, 葷と, 蒸焼に, 行ったころ, 行った空地, 裁って, 要求してる, 要領を, 見つめてると, 見れば, 観察し, 覺束ねえ, 話して, 論じたてる, 財産も, 買つて来りや, 費したろうか, 走ったかと, 走ったでしょうか, 走ったところ, 走りつづけますと, 走るうち, 身を, 身体へ, 車に, 車を, 辛抱できなかった, 迂路付いた, 迷った, 逆に, 進むと, 進めさせること, 進んでは, 遅れたあげく教室, 遅れたので, 遅れた私, 遅刻て, 過ぎたころ, 過ぎた頃, 過ぎると, 過れば, 道場に, 違って, 違ってるの, 違はずに, 違わずに, 違わず刷れとるじゃ, 違わないよう, 違わない同じ, 違わぬこと, 違わぬ時刻, 遲れ, 部屋を, 重ねて, 金に, 開かなかった, 開演を, 降ると, 隙が, 雑誌が, 雑談し, 雑談する, 電話の, 静かに, 頼んだよ, 食べさせないその, 食べたかった, 飲んじまえば, 飲んだ後, 馳けて, 騷いだ, 驚くほど, 鳴って, 默つて由松の, 黙つて由松, 黙りこくつて

▼ 分~ (926, 5.7%)

25 指して 21 示して 18 して 9 持って 7 吸収する, 守って 6 期して, 費して 5 占めて, 明らかに 4 取って, 含んで, 払って, 知って 3 一度に, 合わせて, 明に, 聞いて, 聽い, 要すること, 超えて, 過ぎた, 離れて

2 [52件] いって, きいて, そこへ, つけるため, つれて, なす, もつて, よみくらべたり, ハッキリさせ, ポケットに, 一時に, 代表する, 伸子は, 余すのみ, 入れて, 分析する, 割いて, 十分に, 参照, 受けて, 増して, 増す間, 守りて, 守るの, 尽したりと, 思量せよ, 持つて, 摂取する, 染めて, 残して, 生産する, 知らずに, 知らぬ, 知ること, 私の, 立てて, 立て替えて, 纏めて, 聞けば, 聴いて, 聴けば, 自分が, 自分の, 要する, 見て, 貯えて, 貰って, 越えて, 踰え, 連れて, 過ぎて, 離れたり

1 [670件 抜粋] あげて, あてがって, いでずして, いわせて, うく, おかゆに, おくると, おとりに, およそ見積っ, お取りなさらなく, お島, お弟子, お待ち下さいまし, お心, お聞き入れ, お読み, お返しし, かざりいや, かせぐ者, きいた上, きざむほう, きちんと二回, きに, くれた, くれと, こえた行動, ここへ, こしらえる, こっそり受けとる, ことごとくその, このロープ, この数日, この際, これに, さしひいて, さし引きます, さすが亂暴, しっくりと, しめてゐます, しめる勤労階級, じっと聞い, すぐに, すっかり取揃え, すまして, すませるつもり, する, そつくり, そのため, その日, たくわえるから, たして, たしては, たまたま持たされ, ちっと分け, ちゃんとまもっ, ついやした長い, ついやして, つけて, つとめるだけ, とって, とどこおりなく, とるから, とる爲, どうのこうのと, なしたもの, なんとか工面, はねると, ば加配する, ひいて, ひくの, ひとつ先払いし, ひろめて, ふんだくろうと, べつに, ほどき所司代, まぜあは, まもって, みだすもの, みんな持っ, もうけて, もう一度繰り返へさね, もって, もっともと, もつこと, もらう権利, やった方, やや上座, よくする, よく立ちまわる, りっぱに, わたしが, パチンコで, パラパラと, プロムプター附で, ミユンヘンに, ムダに, 一つだけ, 一つに, 一万円で, 一冊に, 一册に, 一反に, 一寸越ゆ, 一時間位の, 一枚あけ, 一枚五円で, 一気に読む, 一盆, 三つに, 三割として, 三町五反歩と, 上納させ, 上納させる, 下ろして, 与えて, 与えながら, 与えるので, 世上に, 主に, 乗じただけの, 予め貯え, 争ふ, 二三枚別に, 二升それに, 二度くり返す, 二度テストした, 亡ぼし彼, 京の, 人々は, 今しよう, 今やぶい, 仕つて, 何か, 何に, 余せり, 余分に, 余計水へ, 作つた, 使ひ, 使用した, 倍額に, 借りよう, 借金し, 働き出さなければ, 僕一座の, 元朝に, 全く収録, 全冊, 八分以上も, 出させて, 出させないと, 出しあういい, 出すつもり, 切り取つた, 切る, 刎ねつけさせ, 別に, 刷り直すと, 刻み二分, 刻み秒, 刻んで, 割き取って, 割けば, 割出さなければ, 加えたその, 加えた衣, 加えろと, 加へても, 加へる, 助け非常, 勘定し, 匂は, 包んだやう, 半径に, 占めあと三分, 占めたるにぞ, 占め四分, 占有し, 又ノートとり乍ら, 収めて, 取った, 取ったのち, 取つて, 取らせた, 取ります, 取りもどしたうえ, 取り復そうと, 取り返したいと, 取ること, 取るため, 取出した中, 受けとって, 受けんければ, 右手に, 各室に, 合せて, 合わせると, 同封いたします, 吐き出して, 含みこれ, 含むから, 含んだもの, 含んだ食物, 吸収し, 吸収した, 吸収せられる, 呉れないので, 善七が, 喜代治さんらに, 四つ都合五つを, 四円位に, 地代の, 執筆し, 基礎として, 報じて, 報酬として, 増加し, 大きな墓石, 大分直す, 大名の, 奇麗に, 存じて, 守ったつもり, 守らしむる, 守らすに, 守りその, 守り天, 守り決して, 守り遂げる, 守るは, 守るほどの, 守る時, 守れ, 守れば, 定むるもあり, 家賃二十八円で, 少くした, 少し過ぎる, 尽くさざるべからず, 尽くし銘々, 差し引いても, 差出せとの, 差引いて, 帯止めでも, 常と, 平らげて, 廻りましたが, 廻り切らないの, 弁えて, 弁解とばかりは, 引いた残り, 引いても, 引き受けようと, 弱めようと, 強請され, 待ちかねて, 待って, 待合が, 得られないで, 得一尺, 忘れずまことに, 忘れて, 忘れては, 忘れは, 忘れ父, 念頭に, 思いますから, 思う存分あたし, 怠りしため秘結, 患ひ, 惜むやう, 愛すると共に, 感じて, 慶長七年には, 憂ふるに, 我又, 所得として, 手に, 手帳が, 手帳に, 打たなかったならば, 打つ前, 払いなさいという, 払い落して, 払ったこと, 投げだしそう, 押領する, 拂つたのみ, 拂ひ込んである, 持し, 持ち同, 指しますと, 指し確か, 挙げ岸田劉生, 挙げ最後, 挽つこめなかつた, 掘り終わって, 採つた, 採る, 提げて, 搗いて, 摂っても, 摂取し, 支度し, 支払う義務, 收めしむ, 放散する, 整理し, 晴らすため, 暮すならいい, 更に精鑄, 書き出し那波氏に, 書き出す頃, 最もはやく, 有しそれ, 朝から, 果すには, 楽まう, 欄外に, 次第次第に, 此處に, 残らず筆記, 殺すの, 求めてか, 決して一歩, 沢山与えない, 注入し, 注文する, 流出排泄する, 浪費した, 消化する, 消費する, 減じて, 渡されたので, 渡したの, 渡して, 満足させよう, 炭へ, 焚火の, 煮詰めて, 片付けようと, 版に, 獲んと, 現し尽くしたるもの, 現像し, 現金に, 生かして, 生産し, 用意し, 発揮させる, 皆拂つてや, 皿に, 盗み寸, 盡させました, 直しかけたれど, 眼鏡を, 知らしめなくっちゃ, 知らなければ, 知らねば, 知り忍耐, 知るが, 知るべし, 知るものの, 知れり自ら其技能, 示しおり, 示した人, 社会的奉仕に, 私が, 私に, 私にも, 積立金と, 突然に, 立てたるは, 立ててから, 立てぬうち, 立てる, 立てるの, 立て譲るところ, 立替へて, 竜安寺に, 等しう, 籠み, 精一ぱい熟く, 紙に, 給し, 經て, 經過し, 綺麗に, 縫いかけて, 繰上げると, 翌年は, 考へなかつた時代, 聞いてから, 聞きました, 聞くこと, 聞入れて, 聽いた, 聽け, 肯いて, 肯ふ, 胃袋へ, 自ら恃んで, 自身で, 自轉車屋, 致して, 萬作には, 落着かせ, 蔽うた燃えるよう, 藩主へ, 蛇の, 血の, 行なった, 表すもの, 表に, 補充し, 補寫せし, 製薬会社の, 裾分けられた, 要した, 要したこと, 要するから, 要するであろう, 要するので, 見るに, 見出したまま, 見出すこと, 訂正増補し, 計上した, 記入し, 記述する, 許しては, 試み終に, 認めないわけ, 誤らざるの, 読みかえして, 読みかえす, 読み返すか, 読返し, 調えて, 調べても, 諸方の, 警察で, 讀みて, 貰いたいくらいの, 貰つた旅費が, 貰わずそのまま, 買って, 買つた馬の, 買わず子供, 費さないで, 費したか, 費したきり, 費し一時三十五分皇海山, 費す, 費すので, 費やして, 超えたこと, 超えたもの, 超える, 超ゆ, 越えたこと, 越えた伊藤, 越えた僭越, 越えないで, 足して, 距てて, 身体の, 近頃流行, 送って, 送つて, 送ろうと, 通した, 通しましたが, 通算し, 連れ深編笠, 遂げて, 過ぎないうち, 過ぎるころ, 過したよ, 道勝の, 違約し, 遣っ附けた, 避ける癖, 開いて, 除き背部, 隠される恐れ, 集め鹽, 順順に, 預かって, 顧みただ, 食うこと, 食べさせなければ, 食べさせろと, 食べられれば, 食べるにも, 食べれば, 養うため, 饒舌ってる, 馴らして, 齎したの

▼ 分~ (649, 4.0%)

7 ない, ないの 5 ありません, ある 4 次の 3 ないと, ひつこめなかつた, 一時に, 少しも

2 [25件] あたり五分, ありますが, あるまいと, かかった, かかる, これで, ございません, なかった, 一冊も, 一切あつめ, 両度程, 何の, 外れるの, 居眠り八十の, 森の, 残って, 江戸の, 済んで, 湯上りに, 無いの, 私に, 私達の, 終り, 胸を, 返して

1 [559件 抜粋] あたいの, あったからね, あまされて, あまり採れない, あらうそれ, ありさ, ありながら, あるが, あるだろう, あるまい, あるまいが, あるまいとの, あるらしい, あるん, いいです, いかがでしょう, いかが現像の, いくらだって, いくらです, いけないよ, いずれでございます, いたむの, いつもちゃんちゃん行っ, いつも補給, いつ頃約束済, いづれでございますか, いよいよ沸騰, うちに, うまい物, おおかた実らない, おこもり, おのずから別, おめ, おやめ, おれが, お前が, お桐, お賤, かうである, かかって, かかりました, かかりますまい, かかりまっか, かかるかも, かかるだらう, かかるでしょう, かかるという, かかる筈, かけたと, かまわんが, きつと, くれて, くれるそれ, けっきょく, こうであった, こうな, ここに, こちらで, このよう, この六三郎, この大, この秋, こまかく裂い, これから私, これは, ございます, ご飯を, さえぎられて, さっきから, ざっとこうであった, ざッと, しっかりした, すぎた, すぎて, すぐその, すしに, すつかり, すでに第, すべて招待席の, そういう日, そこに, そのままに, その五分の一, その人, その人自身, その割, その瓶, その真価, それが, たいていおくれます, たしかにたったと, たしか乃公, たったあと, たって, たっぷりかかった, たっぷりかかったろう, たっぷりかかる, たっぷり間が, たつたらう, たとえいくら, たとへ, だいじょうぶです, ちょうど今朝, ついに完成, つくらなかった, つづいたでしょう, とっくに経ってる, とても味, ともかく吟誦, とらず, とりに, どういうこと, どうか, どうしても出来る, どうして補給, どうや, どうやら無事, どう致しましょう, どちらも, ないいかにも, ないが, ないがね, ないけれども, ないやう, ないよう, ないん, なくとも, なにがしが, なにひとつその, なにも, なれた田舎, ねえ筈, ひえびえし, べつに旅費, ほぼ同室, ほんの二分, またローマ宗, また密か, まだ一ヶ, まだ出来, まったく静か, まるで貸しとった, みな巣鴨に, みんな返します, むだな, むづかしい, もうお, もうなくなった, もう一鉢, もう貰つて, もう飲んだ, もし生計, もっと烈しい, もつほどの, やっぱり私, やつと, やはり一行, やはり閻立本, ゆうにはいる, よく彼, よく見えぬ, わかわかしい随筆, わしが, アガリの, アトから, イタリア人三分は, スッカリ棒を, スペイン人なりと, ベコ対, 一つ一つ消され, 一両に, 一九二・〇六の, 一分ごとに, 一切取り除けられ, 一割五部しか, 一向姿, 一向差支, 一層旨, 一日の, 一時間にも, 一本別に, 一番先手に, 三ヶ日の, 三切ある, 三十八人店から, 三十銭組位な, 三朱づゝ, 三貫目非常に, 上等の, 上述の, 世界の, 中宮叙爵の, 亂世の, 事なん, 事実に, 事急と, 二十一の, 二十一日に, 二階へ, 互に凡て, 亦並外れ, 人によって, 人民に, 人為的偽, 人間が, 今の, 今までの, 今全部早稲田大学図書館に, 他に, 他人四分うちは, 他人四分内輪の, 他日を, 伊八が, 伊吹山頂に, 伐って, 何じゃったろう, 何だい, 何にも, 何れも, 何れ二三日中に, 何を, 何時も釣師, 何者かに, 余の, 余り居らない, 余白を, 余程縮, 作者としては, 便宜品の, 俗身に, 俺が, 借りて, 値段では, 偽怪, 僅かに, 僅であった, 働きます, 充分, 充分だった, 充分に, 先年より, 先方で, 先方の, 兎も, 全然別口, 全部で, 全部胃の, 全體, 八十八信で, 六年前七月の, 其様な, 凡そ百二十冊ばかり, 凡私が, 出来ないので, 分明に, 別として, 別ま, 別鍋, 利子を, 剛力に, 創作などを, 動坂へ, 勝手次第, 勝目なし, 勤労する, 十兩づつ下女と, 十分経っ, 千部と, 半紙に, 厭わぬ親仁, 又あと, 取られる見す, 取り上げなかった, 取立てられる地方, 古い印, 可愛いもん, 各地の, 各自の, 合計千八百円以上の, 含まれて, 器分を, 回向院に, 国内市場に, 土手の, 地面に, 埋められて, 埋めること, 声調に, 外見し, 多くありません, 夜に, 大したもの, 大した資本, 大丈夫受ける, 大層あります, 大抵小遣い, 大皿の, 大阪に, 如何なる人間, 子供の, 学資用として, 定まつ, 宿人馬で, 尋常科二年受持の, 少しでも, 少し可哀想, 尤もであった, 就学し, 山に, 山里の, 左の, 差支へも, 己の, 巾の, 希望に, 常盤会寄宿舎に, 平気で, 平等に, 廃物利用と, 延喜式に, 弁償する, 当選し, 彼の, 往々敦賀, 待った心地, 後から, 御宅, 御進物, 心がけて, 必ずこれ, 必ず彼, 思ひきり, 恋を, 恐らく中元, 悪い方, 意識し, 愛し四分, 懸ること, 懸るでしょうね, 懸ると, 或は手先, 或処, 扨置き, 折節然様いふ人が, 持ってるだろうな, 支那の, 政府が, 文字どおりの, 文學なる, 文學者に, 断然お, 斯う, 日本固有の, 旦那が, 早目に, 明年十一月か, 春日の, 昨日の, 昭和堂が, 是, 暇を, 有らうと, 有りますから, 有りません, 望み次第である, 木の, 本の, 本当にもういい, 村の, 村内じゃ, 来ずいきなり, 板敷に, 果敢ない者, 柔い, 校長の, 梅雨の, 機も, 次号以下に, 歴史家である, 死ぬ思いじゃったなあ, 殆どすべて, 残つてる, 毎日やって来た, 永久に, 決裂した, 沢山ある, 温浴半分は, 滑稽味を, 瀕死の, 火鉢に, 無い, 無いが, 無かつ, 無からう, 無用捨, 用事の, 用箪笥の, 申すまでも, 町内臨時の, 畳敷と, 疑いも, 病院に, 発送ずみだ, 百も, 皆んな出, 皆スクスク, 皆上った, 皆地方へ, 目を, 直経過, 相手に, 眠りで, 瞬間に, 知れたもの, 確かに, 確に, 社会階級の, 神の, 祭見物に, 私が, 私も, 私信を, 私達が, 税務署の, 稼ぐ, 空であった, 窓から, 立たないし, 立つの, 竹内先生が, 箸で, 糠に, 納りましょう, 終ったという, 経たなかつただらう赤蛙, 絞られる削られる, 緑の, 翌る, 聞流しに, 肉中で, 肌が, 肝臓に, 能く, 腑に, 腰かけて, 自分の, 與へて, 舵手の, 良策だ, 色々複雑, 若し払代銀, 茶色の, 蜂起と, 蝦が, 表は, 要るだろう, 見料が, 親方が, 親爺が, 言葉も, 説教なり, 誰かの, 誰にも, 諸木何品に, 諸氏の, 責任を, 貴嬢, 足に, 追い足しを, 追い追いと金, 通らないはず, 進んで, 遅れるはず, 運河から, 過ぎた, 違うもの, 邪慳な, 重々尤もで, 重々尤もである, 金及び, 鋳かけで修繕, 長くのびます, 長歌めいた, 間に合うからねえ, 間違いの, 阿波の, 随分手, 集めた, 静かであった, 非器分, 非常に, 面白いとか, 頗る狭隘, 頗る狹隘, 飛騨の, 首を, 高いらしい, 高利にて, 髯黒の, 魚油です

▼ 分~ (448, 2.8%)

33 たたないうち 17 経たないうち 6 たたぬうち 5 立たないうち, 経たない内, 非器分 4 なる, 五分だ 3 ある, して, たって, なって, 一緒に, 経たぬうち, 過ぎて

2 [27件] いって, いっても, お待たせ, かからなかったの, きめ一緒, すると, その場, なったの, 一ト束十か, 云ふ, 五分, 今日の, 十分の間に, 合せて, 心得て, 新しい袴, 時が, 時間が, 穴の, 経たない後, 経たない間, 経たぬ中, 経たぬ間, 経って, 経つうち, 経ぬうち, 長の

1 [294件] あたかも月, あった, ありては, あわせて, いいお, いうから, いうと, いうに, いうのに, いえども, いっしょに, いっては, いつかないで, いふと, いふとき, いふに, いふ入りだ, いられないこと, うなだれる, おっしゃったの, おなりなさった, かかったよ, かからないうち, かからないで, かからないところ, かからないまったく, かからない女, かからない当用, かからなかった, かからなかったかも, かからなかったと, かからなかったに, かからぬ後, かからぬ間, くいちがいは, この二, さだめられその, し, したり, しないうち, しない内, しるし縫いを, す, する, する媚薬, すれば, そこで焼く, それから之, それだけを, たたずんでも, たたない, たたないころ, たたないまもなく, たたない中, たたない後, たたない部屋, たたない間, たたねえうち, たち四十分, たつうち, たつが, ちがって, つづいて, とりちがえる筈, ながしこんで, なしぬ, なった, なった頃, なつて, なりとうとう, なりました, なりますが, なりまた, なりまたまた, なりフォボス, なり九時五十分, なり斯様, なるべき食物, なる段々, のぼせ性, はか, はま公の, みえ大名, もたないで, もたないであろうと, やる, わけた御膳籠, ゐたたまらない, ヒカリモノの, ユーヨを, 一ヶ月の, 一升七銭と, 一字一字二尺平方くらいの, 一寸ほどの, 一所である, 一日七千二百円, 一致する, 一貫の, 七百四十八文あれ, 七百四十八文に, 三分ぐらいかも, 三分位かも, 三十秒続いた, 三枚運ぶ, 三田が, 三陣に, 二つある, 二つずつ, 二つへの, 二三度呟く, 二個分の, 二期分おの, 二百五六十文這入っ, 二臺俥を, 云いかけるの, 云う, 云うその, 云うの, 云う処, 云う地位, 云って, 云っても, 云つた, 五分いまさら, 五分お, 五分だった, 五分で, 五分です, 五分と, 五分の星ともに, 五分の無疵の, 今度払ふべき, 仰言った, 休みやしねえ, 保たれなかつた, 停車し, 元金の, 入って, 入つて, 全精力, 六十八文, 六十八文お前の, 出て, 出でぬ間, 出渡, 分離し, 別々に, 別つも, 剣の, 動けないのに, 勘定し, 区別する, 十七日以後の, 十二時二十分だ, 十五分との, 十年度分とである, 十把ばかり, 十秒ほど, 十秒間もぐる, 半分に, 印度の, 参照し, 取りかえて, 叶えまいもの, 合はせ, 合わして, 合わせて, 合わせ四, 名の, 器分とを, 四円払っ, 坐って, 外に, 大きくなった, 失われた意識, 奥さん自身のと, 定めたいと, 定めて, 家人の, 少ししか, 少しずつ, 引換えに, 引替えに, 待ったこと, 思って, 思ってたら補助, 思や, 悪い方, 懸らぬうち, 手前の, 折紙を, 持って, 掘り出したの, 掛らないで, 新人の, 日記帳を, 昔の, 時計の, 時計打眺め, 時間は, 時間を, 書くの, 書類が, 最後に, 棒を, 正反対に, 比べて, 水八分とを, 決めて, 決定, 決戦兵器の, 波斯の, 漢字を, 炭屋のを, 為ったの, 無言の, 燃料用の, 独立である, 申したの, 申しましても, 申しまする, 申て, 申てを, 知った, 硫酸マグネシウム二分と, 称するは, 称せられて, 種々な, 稱し, 窒素八分との, 立たぬうち, 立たぬ間, 立てなければ, 笑ひ, 笠が, 答えたので, 答へ, 経たない中, 経たない時刻, 経たぬ後, 経ち七分, 経っても, 経つ中, 経ぬ様, 經つ, 続いたか, 続かないうち, 続かなかつた, 続けて, 聞いただけ, 聞いた発車時刻, 聞いた發車時刻, 聽いたら, 胴着と, 良人の, 菅笠を, 落着い, 行きつ戻りつするならまだしも, 行って, 見えるの, 見て, 見ても, 見れば, 見分との, 見立てたの, 規則通りの, 言い御, 言ったの, 言つた所か, 言われたこの, 言われた江戸, 言われる江戸, 記して, 記載され, 記録され, 註され, 話が, 話せない, 買って, 連れられて, 進んで, 過ぎた, 過ぎたらその, 過ぎない時, 過ぎました, 過ぎ十分, 違わず二つ, 配合させる, 銭百六十文, 長く立っ, 長く立つ, 間が, 間を, 香奠の

▼ 分~ (442, 2.7%)

18 あつた 9 行けば 6 行くと 4 おざる, 行つたら 3 ゆくと, 終った

2 [19件] あらうか, かッ, それも, とまって, もつが, もよい, ゆかれたところ, よかろう, 出て, 参りますから, 店の, 本船は, 済みますから, 窮屈な, 行かれる, 買へる, 貸して, 達せられる, 邪魔立てする

1 [357件] あきないが, あつて, あとは, あらうと, あらう金剛杖, いいん, いい顔, いうの, いえば, いけば, いけるところ, いたらすぐ, いた時分, いったならば, いつもいろいろ書い, いづれは, いると, いれば, うららか, ええさかい, おかえりでしょう, おさまりましたが, おれが, お仕えし, お前の, お國許, お浪, お答えする, お茶の, お酌, かえりそれ, かえりました, かきおろせば, きめるん, こうも, このむつかしい, これは, これらの, ござりました, して, すっかりあがっ, すっかり帳消し, すらも脈, ずっとお, そのなか, その午前十一時, その多分, その時, その時計, その間十六分きりない, その頂, それから湯殿, たかちゃん勉強しよう, たくさんだ, ためす事, たんのうし, だいぶ焦れ焦れし, ちゃんと立たせる, ね, のぼって, はある, はどう, はなかっ, は何うに, は全く, は危い, は売られない, は少ない, は覺束, は話, は躊躇, ひょいとした, まだ充分時間, みると, みんな配置から, もう一つ, もう二三年, もござりましたし, もとの, やったこと, やって, やるん, ゆきましたら下界, ゆけば, ようやく平熱, よかったら, よろしい, わからないで, わたしが, わたしたちは, アガり次, アメリカ大艦隊と, インキの, ウラジヴォストクです, オタツの, カバン二つ両手に, カラリと, ジャン・クリストフなども, ジュネーヴ行の, ネネムは, バスが, パリへ, ミツシリやつたら, ムウドン停車場に, 一九八〇米の, 一切が, 一切の, 一千五百噸の, 一周と, 一寸した, 一時間と, 一緒に, 七時十五分に, 三島まで, 三里の, 上方へ, 下りて, 下りるに, 下呂へ, 両方とも, 中止解散であった, 中間の, 主観を, 九時です, 二十一まで, 二十二円, 二十二圓, 二千四百円を, 二者の, 五冊まとまる, 五十分かかった, 今では, 今は, 今日松高山岳部の, 仔細ない, 例の, 借りたもの, 僕の, 元々の, 元箱根へ, 充分来られる, 全くダレ, 六時だ, 兵馬は, 其金も, 出掛ける, 出来ますね, 出来るそう, 出発くたびれた, 出発の, 切つたので, 切附けた, 列車が, 勉強さえ, 北極からの, 北極経由モスクワ, 十七八尾来た, 十二時です, 十分許り休ん, 十時です, 千七百七十円也, 千何百ルーブリか, 午後九時です, 単語を, 又彦根, 双方が, 口と, 同じ服装, 問題の, 四十カロリーという, 四時に, 回すと, 国会図書館から, 土が, 坊主小屋屋上には, 報告は, 夕方まで, 大きな岩, 大分羽振りが, 大切な, 大層気分, 大阪を, 天神山という, 失敗しました, 女の, 好い, 如何に, 姉より, 完結する, 家へ, 宿を, 寝込みを, 対岸に, 将監峠の, 少ないと, 尽きて, 居さっせえまし, 居る事, 峠に, 左手に, 左様に, 帰って, 帰つて行かれた, 帰る, 帰京, 広島を, 店は, 彼の, 往復し, 往復した, 御用達った, 恰度いい, 我々は, 戻って, 手近き, 支倉が, 新らしく買った, 旅行する, 昼には, 晴れて, 書いて, 有った事, 有つたら, 本番が, 来た, 来られる所, 来る, 来るで, 東京の, 東京港に, 校長の, 椅子から, 植ゑたのだ, 槍ヶ岳第, 止つてゐる, 正面から, 歩き出し始まつたから, 歩けるの, 歸り, 残りの, 残り三分が, 殿様は, 水の, 江戸の, 汽車が, 沈んだ, 法医学の, 泳いで, 海上の, 深浦へ, 済ますこと, 済む, 済むさう, 済むそう, 済むところ, 済む演技, 済む芸当, 済んじまった, 湯河原へ, 漁場に, 漸く白谷, 無事帰京の, 煙山が, 熊沢山の, 熱海へ, 熱海発, 爆弾が, 爆発する, 爆発するだろ, 特に伝えたい, 率が, 病院へ, 発つが, 発つと, 発車だ, 登れる鞍乗り, 百五十五個半の, 目方も, 相撲小屋へ, 祭の, 立ちました, 立ち午後, 立ち自分, 笑が, 第五版, 米を, 糸で, 絶頂の, 綱次と, 置くでは, 考えて, 腹が, 腹は, 臥床, 芝居町の, 茶代も, 著いた, 蓋し池田屋事変, 藤堂駿平の, 融通する, 行かれるという, 行かれる料理屋, 行きましょうか, 行き得た筈, 行けるもの, 行ったら竜, 行つた, 見せびらかした, 見せるわざ, 見ると, 見歩く事, 話を, 語らせるという, 読者の, 買ったそう, 買ったの, 買ったもの, 買つた道具だ, 買つた靴だ, 買ひ, 貸しました, 貸そうという, 賢島へ, 賽, 越後まで, 越後沢山との, 足りる, 身即心では, 通れば, 進んだならば, 運んで, 道は, 達して, 達するその, 達するの, 達せられるだらう, 重臣方や, 野に, 金博士の, 鍵屋の, 鎌倉へ, 附合わね, 隣座敷へ, 雁坂峠へ, 霽れ, 非番だ, 面白い, 頂上に, 頂上の, 頂上へ, 飛行機は, 飯だ, 馬返しから, 馬鹿に, 駒ヶ岳の, 鵠沼を, 鹽原の

▼ 分~ (414, 2.5%)

8 ない 7 ある 5 過ぎた 4 あって, あると, あるの, 一を, 悪い, 立たぬと 3 なかった, わるい, 多い

2 [22件] あった, ありますよ, あるか, あるから, あるぞ, あるやう, あれば, ないから, ないこと, ないの, 一丁です, 不足する, 代助, 居ると, 御身分, 悪かった, 残つてゐる, 気に, 立たないよう, 立たぬ, 経過した, 違います

1 [317件] あったとしても, あっても, あの叔母さん, あらうけれども, ありこの, ありは, ありました, ありましたろうか, あります, ありませんかね, ありませんが, あり三月十一日, あり且つ, あるお, あるたあ, あるであらうと, あるなら云って, あるなら聞いて, あるなら聞こうじゃ, あるね, あるので, あるのでな, あるまい, あるよう, あるん, ある筈, あろう, あろうわけ, いがねえ, いて, いるから, うまくもつ, おまえの, お前の, かう符合, きちんと入る, このあらい, この著しい, ございましたから, しらばっくれ, すぎたと, すぎる, すぎ先生, すぐれて, すたれること, すでに混入, そうである, そちの, そのうち僕, それだけある, そろって, たくさんある, たしかに, たたぬ, たったので, たつた三枚, たまらなくよく, た後ろ, つきました, とこで, ところカットしなく, ないからね, ないさ, ないし, ないだ, ないで, ないな, ないわけ, ないん, ないんで, ない仁體, ない嬉野, なかつたの, なくなった, なくなって, なくなるじゃ, はげしいもの, ばくち, ほぼ乾い, またたく間に, また格別, まだかなり残っ, まだ歯, みんな小遣いの, ものは, よいと, よかろう, よく大形, わしには, わるくてね, グングン馳, ポケット小僧には, 一に, 一は, 一ばかり, 一ツある, 一丁で, 一分, 一文も, 一箱で, 三人あった, 三日毎に, 下ると, 不明だった, 乏しい, 二, 二つ, 二つきょうの, 二三時間に, 二人雛妓が, 二十分に, 二十卷ばかり, 二十発ばかり, 二千八百石御, 二厘五毛位にしか, 二百円, 二銭の, 五つの, 五十銭か, 付いて, 俵に, 傷に, 僅かに, 先へ, 入った包み, 入れられる, 全然なくなった, 全部三十卷ばかり, 六十回で, 六合ほかに, 出て, 出ます, 出来るん, 分らないため, 分解され, 分解作用を, 加はつた, 助かる, 勤労者として, 十八萬幾らある, 十分にも, 印税である, 厚い, 参りましたから, 収めて, 含まれて, 嘘でない, 四分延び, 四十八マアク, 増えたの, 変色した, 外の, 多いから, 多いが, 多いそう, 多いという, 多いの, 多いので, 多いん, 多かった, 多かつ, 多くて, 多く消化, 大いにわるく, 大分皿に, 大體, 夫, 女, 完結し, 定まって, 室の, 寡いから, 寡くっ, 寡ない, 小本家, 少々腑, 少いから, 少いの, 少ないから, 尤もだ, 届いたの, 届いて, 岩面の, 工場の, 廃つ, 廢嫡の, 廻った場合, 強いの, 彼の, 得という, 得といふ, 御座り, 必要である, 必要な, 思いがけない味方, 悪いん, 悪かったらしい, 悪くなる, 悪るなっとる, 惡い, 憲政会という, 所, 手も, 持つて, 採れると, 断然い, 早い分りました, 明治三十七八年戦争の, 月の, 本当に渦巻, 来たので, 横から, 正しいか, 正しいの, 殊に目, 段々溶け, 殺される誰, 毎年三艘, 毎年騾馬で, 水に, 沢山あっ, 沢山あります, 沢山いる, 流れ出て, 混って, 済むよう, 減りゃ減るほど, 減るという, 源冶店界隈の, 濟んで, 無いから, 無いでも, 無くなると, 焼ヶ岳, 照子などの, 煮えくりかえって, 独立である, 狭くなる, 獄門に, 玄米一斗五升, 現はれ, 現金で, 男三分が, 町家である, 白くなる, 白く皿, 百五十文か, 相当年季明け早々の, 相立たん, 相立ちませぬ, 相立ち申さぬ, 相立つまい, 着荷しなけれ, 程に, 空しく流れた, 立たずこの, 立たない, 立たないから, 立たないからよ, 立たない立場, 立たぬでは, 立たぬの, 立たねえ, 立たねえの, 立たんで御座いませう, 立たんと, 立ちかねる, 立ちがたい, 立ちませぬ, 立ちませぬから, 立ちませぬそれでは, 立ちません, 立ちませんさらば, 立ち返るの, 立ったから, 立つが, 立つて, 立つてえもの, 立つと, 終つたのである, 終りさうに, 経つの, 肉に, 肉の, 肉中に, 自然に, 自身を, 至急報で, 良いよう, 良すぎる, 落付い, 落籍た, 解らないん, 豊富である, 豊富に, 貰えるか, 足りて, 足りないですよ, 足りなかつたといふ, 農民プロパーに対して, 通って, 通りませうよ, 過ぎた時, 過ぎて, 過ぎてから, 違うだろうけれど, 重っくるしくっ, 閉口です, 間も, 間遠くなる, 隠して, 面白い, 面白いや, 頭脳の, 食られません, 鳴ること, 鼠入らずに

▼ 分ばかり~ (360, 2.2%)

31 して 10 すると, 前に 9 たった後 4 いて, たって, 時間が, 経つと, 話して, 黙って 3 やって, 前の, 経った後, 経って, 進んで

2 [21件] かかる, してから, たつうち, たつた後, たつと, 休んで, 前から, 待った後, 待って, 散歩した, 早めに, 無言に, 熊笹を, 生えて, 私は, 立つと, 経つて, 舞台を, 話を, 間が, 青年の

1 [219件] あいて, あたり一面わ, あったんで, あとから, あとに, あとの, ありますよ, ある, あるきり, いても, おくつろぎ, お店, お附, かかったから, かかったが, かかれば, かけた, かんがえて, これまでの, したらそちら, したら帰る筈, しても, しますと, しや, すいて, すぎて, ぜんまいを, そうし, そこの, そのお, それに, それを, たちて, たった, たってのこと, だ, だったが, だと, だまって, でありますのう, でいい, でしたかな, ですから, ですが, ですん, でそこ, でともかく, でなかった, でストックホルム, でバッタ, で一時, で三城潟, で十一時, で十二時, で彼, で御免, で成し遂げた, で母, で済むから, で犬, で笹木, で行けた, ねばって, ねむる, のち圓朝を, のびた髭, のぼると, ぼんやり歩いた, まわった時, もじもじと, ゆっくり寝る, わたしたちは, わたしは, オブラートへ, マイクに, ヴェランダに, 不安な, 人形師の, 休みたいん, 休む, 何か, 何も, 余計に, 倒れて, 偶然と, 入って, 入れて, 公務について, 兵糧を, 其も, 出て, 初枝嬢と, 前, 前かね, 前だつた, 前と, 前には, 前僕が, 加味すれ, 動いたと, 厚さ, 向い合って, 向ひ, 咽喉を, 四方山の, 坐って, 塞がらなかった, 外苑の, 夜風に, 大根漬一両三分ばかり, 大阪京都と, 安心し, 室に, 室を, 寝なけりぁならんから, 小高くな, 少なくとも自ら推測, 左の, 常識を, 延びてるの, 延着いたします, 彼は, 待たされた, 待ってから, 待つた後, 待つて, 後には, 後の, 後北見小五郎は, 後男は, 徒行い, 応接室に, 慶明戦の, 掛かって, 接見を, 掻き廻しながら, 支配人の, 早く甘木先生, 昨夜の, 昼寝, 昼寝を, 暖を, 有ったの, 来ると, 枕元に, 根気に, 棒の, 歩いたとき, 歩いて, 歩き続けて, 死んだよう, 残して, 残って, 毎日食べさせた, 水で, 汁へ, 油三両ばかり, 泣声を, 湯煮, 演説し, 濃い菫色, 火を, 炭三両二分ばかり, 煮えた処, 煮て, 用も, 用談を, 由之さんは, 白いもの, 目を, 相対し, 相談する, 石へ, 立ち話を, 立話し, 米友は, 細目に, 経ちました, 経ったらまた, 続けた, 緑褐色長円形を, 縁へ, 縁側で, 群衆尽く, 考えた後, 考え込んだ, 船を, 花井氏の, 菜蔬の, 行った大泉, 見て, 話しあったあと, 話した, 話したら中止, 話してから, 話し込みました, 誤つた為め, 貰っても, 貸して, 費やした, 走ったとき, 走って, 車を, 通させるつもり, 遊んで, 過ぎた, 過ぎて, 過ぎると, 過ぎ去った, 過した後, 醤二両一分ばかり, 長く待たした, 閉め残して, 降った, 雑誌など, 雑談を, 青木さんの, 静として, 黙つて

▼ 分ほど~ (347, 2.1%)

24 して, すると 9 経って 7 前に, 話して 6 してから, たって 5 経つと, 間が 4 すぎて, たつと, 後の, 過ぎると 3 かかって, たったころ, まえに, 前でした, 待って, 行くと, 遅れて, 過ぎた, 過ぎて

2 [13件] あれど, そうし, のちの, 後に, 後には, 後れて, 時間が, 枕元に, 沈黙の, 焼くの, 経ってから, 過ぎたころ, 過ぎた頃

1 [185件] あるきますと, いた後, いるでしょうか, おくれそう, おくれて, おくれる時計, おくれる見込み, おそいから, お嬢さんと, お目通り, お話を, かかるでしょう, かかる所, がらんと, くり下げて, ここに, こぼして, こまかいうち, さきに, したら御, したら町, しますと, じっと立ちつくし, すぎた, すすめるし, すすんで, せっせと歩い, そっと蓋, そんなふうにじ, たちました, たちましてから, たったころ一つ木, たったとき, たった午前十一時五十五分, たった後, たつて, だすな, だと, だのに, ちがってると, つきあって, つづいたあと, で, であるが, でうつしおわると, でしたくが, ですっかり, ですべて, ですよ, ではじまること, で三時, ともりのこって, なにか相談, ねむって, のちに, のちパトカーは, のち世界劇場の, のち地下室では, のち女中の, のち明智探偵に, まえにね, まえには, まえねた, まえ小林君, まとめて, めくって, やって, エフィームに, ジッと, スフで, トロ, バスに, ランプと, 世間話を, 並行し, 乗ると, 五目並べを, 休んで, 休憩する, 何か, 何も, 余分に, 先へ, 先生と, 兎と, 凹みます, 削り上げた所, 前から, 前からの, 前その, 前ちょっと, 前には, 前へ, 前リット少将の, 前内外ビルディング, 加えて, 外出させ, 奮闘した, 寄った一所, 寝溜めしようや, 延び日本服, 廻った, 待たされて, 待った, 待つうち, 待つて, 待つよろしい, 後つまり, 後で五時十五分前, 後らして, 後れたの, 後交代の, 後小泉君の, 後応接室で, 後私たちは, 我慢を, 抜き上げ刷毛先, 拜見し, 拵えて, 揚がるとかいう, 揺れつつ, 支店長と, 教員室で, 時刻に, 本堂の, 枕もとで, 柄に, 横目で, 歩いたそう, 歩くの, 毟り取られたまま, 泣いて, 浚って, 火の, 熱が, 爆発の, 発熟した, 登ると, 経ちました, 経った, 経ったころ, 経ったら二階, 経った後, 経った所, 経つた時, 経つてから, 経つてからの, 経つの, 経て, 経過した, 綻びて, 縁喜棚の, 縦走し, 置くと, 聴き込んだ材料, 自動車が, 茫然と, 蒸焼き, 薄暗くなった, 見守って, 見物した, 見詰めて, 覗けます, 話す, 話を, 費して, 費やした, 賢二少年の, 走って, 走りどこ, 走り車, 足りない, 踏みつけて, 迷って, 這入ったと, 進発を, 遅れたの, 遅れたり, 遅れちょる, 長さ一分, 間を, 階段を, 鳴って, 黙々と長椅子, 黙ったまま

▼ 分~ (284, 1.7%)

5 二十分で 4 明らかである 3 そこい, 二十分ぐらい, 前に, 十分で, 十分の

2 [14件] そこらで, そこらの, 三分かの, 二分の, 二分の金を, 二朱に, 五厘の, 十分の間に, 十分勝手放題に, 取捨を, 四十分の知己ホンの, 心が, 心の, 経つと

1 [232件] あるいは七寸三分, え, かかって, かつた, きまりが, すると, せいぜい三十分程度, そこいらです, そこらです, そのかたむき, その勢, その本心, その気品, その目的, その臭味, それ以上にも, それ以上も, たって後, たつた, たぶん十分, だが, だった, どうした, ない, なくなつたん, のに, のにて, まぎれました, まぜると, ゆっくり, るるの, ソコラで, チベットを, ネパール語の, ポオの, 一の, 一両が, 一兩だけ, 一兩思ひ切り溜めた, 一分二朱であった, 一分五厘あけた, 一分五厘位の, 一割の, 一寸の, 一寸一枚に, 一時と, 一時間お, 一時間かの, 一時間ぐらい, 一時間ほどの, 一時間も, 一時間を, 一時間オルガンを, 一時間上手に, 一時間位づつオルガンを, 七分か, 七分で, 七分出し, 七分雑談を, 七時ごろ帰着し, 三分か, 三分ぐらゐのあひだ, 三分だ, 三分に, 三分の銭が, 三分の間に, 三分の間ヒソヒソ, 三分は, 三分位に, 三分前に, 三十分か, 三十分で, 三十分です, 三十分の, 三十分は, 三十分位は, 三十分厭や, 三十分後に, 三月分位は, 三朱の, 上りましたから, 不確, 世に, 丹沢山を, 二分かが, 二分ぐらい, 二分じっと, 二分だ, 二分だった, 二分で, 二分です, 二分のぞかせる, 二分の待ち合せであった, 二分の間であった, 二分の間に, 二分も, 二分を, 二分動け, 二分早く, 二割を, 二十分, 二十分あて日あたりの, 二十分か, 二十分たった, 二十分の熟眠どころで, 二十分の間ウトウト, 二十分ほど, 二十分位しか, 二十分間位呟く, 五分ぐらい, 五分ぐらいしか, 五分ぐらいの, 五分って, 五分話し, 五分遊ぶ, 五十分ごろまで, 五十分の日中の, 五厘か, 今日お, 体裁を, 何十分か, 余計に, 兎に, 入れて, 八分の違いで, 八分間か, 公と, 六分ぐらいには, 六分の間に, 六分を, 分らない, 前の, 創業の, 十五分かな, 十五分ぐらい, 十五分ごろだしたやろ, 十五分の中に, 十五分の停車時間が, 十五分の後は, 十五分の間に, 十五分も, 十五分一緒に, 十五分人間も, 十五分話し, 十分, 十分おくれ, 十分か, 十分かの, 十分くらいも, 十分ぐらいにしか, 十分ごろかと, 十分である, 十分です, 十分と, 十分とは, 十分なら, 十分のあいだに, 十分のあいだ探偵を, 十分の様です, 十分の現在が, 十分の短い, 十分の間重吉の, 十分まで, 十分温めれ, 十分煮れ, 十分経っ, 十分貴女が, 参考に, 喜ぶ, 四人分の, 四分で, 四分の間に, 四分ほどの, 四十分まで, 増額され, 声の, 大乗仏義を, 存し, 安心し, 安心の, 常に冷却, 廿分の, 後あの, 後に, 感づいて, 数えられぬ位, 新しかつ, 時による, 楽に, 残って, 残忍性が, 殺気が, 気が, 気分的には, 洗う, 減散すれ, 温気が, 漕いで, 狼狽する, 生活が, 疑いが, 知りませんが, 礼金を, 神經の, 立つたらしい, 籠って, 紛らかさうには, 紛らかそうには, 経過し, 經つた, 罪亡ぼし, 自分らしい, 興奮し, 色氣づいた, 芸術的な, 草も, 見せて, 貢いで, 責任が, 貰つたが, 過ぎた後, 過ぎてから, 過ぎ去った後, 過ぎ手擲弾, 酔うてのう, 長くて, 険しくなっ, 離れて, 頭脳が, 類似した, 高尚な, 黙って

▼ 分には~ (271, 1.7%)

7 何の 6 なんでも 5 何でも 4 誰も

2 [11件] ちッ, わけは, 何も, 少しも, 幾ら思っ, 文句は, 江戸の, 自分の, 誰にも, 過ぎたる栖家, 頭は

1 [227件] あとで, あの子, あまり近所, あるひ, いいけれど, いいだろう, いいとしても, いくらあがいた, いっこうさしつかえございません, いっこうさしつかえござらぬ, いっこう差支えござらぬ, いっこう差支えない, おかみさんに, おかんぞ, お前が, お前は, かえって臭い, かまいませんが, かまわない, かまわないと, これまた, こんなにまでは, さう, さしつかえありますまい, さしつかえも, さし置かん, さし置くまい, さのみ, さほど, すておかぬという, すまさんと, せざるよし, その気分, それで, それにこんな, そんなに澤山, そんなに骨, たしかにもっとも千万, たまるまいでは, ちっともかまいません, つきりと, とうていそう高く, とても信じられん, とても寒くっ, どうしてもなれない, どうしよう, どうにか日, どこからも, どこと, どんな細工, なにも, ならなかった, なんという, のどかな, まあなんとかなるだらう, まず大した, まだいい, まだ不具, もうすべて, もう坂田, もう死ん, もう涼しい, もう稲苗, もつこ, よくお, よろしいが, わからない, わけても恃, わけも, わたくしお, チットモ不思議は, ドシャ降りに, マンチェスターから, 一つも, 一枚の, 世話は, 世間様の, 事務所へ, 二人は, 京都について, 人に, 今日で, 今晩歩るき, 仏教上の, 仔細あるまじ, 仔細が, 仔細ない, 仕方ありまし, 仕方が, 何を, 何人の, 何等差支の, 信房の, 充分だろう, 全て, 八幡知らずの, 其の餘裕, 出懸けられた, 別になん, 別に怪しい, 利子が, 千二百二十六米の, 和田に, 四半刻, 地方に, 埒が, 多少弔慰金, 夜が, 夜徹し, 大え事, 大抵夫, 女の, 嫌でも, 容子も, 対山館を, 小さい紙片, 小説を, 小面倒臭い, 少し前, 左程の, 差しおかぬぞ, 差し支えないだろう, 差し置かぬぞと, 差支えありますまい, 差支えが, 差支えないが, 差支えないけれども, 差支えなかろう, 差支えは, 差支ない, 差支へ, 已に散佚, 年貢は, 役には, 彼等の, 御主人, 必ず出頭, 必ず米国, 必らず行く, 怖いこと, 恥にも, 慈海は, 我々悪魔も, 手が, 捨ておかぬから, 捨ておかぬぞ, 捨ておきませぬぞ, 捨て置き難い, 損は, 敢えて意, 敢て, 文句の, 文句も, 是非も, 昼だって, 書ける, 朝廷より, 本職です, 杉戸から, 来るなとは, 東京へ, 桜田門の, 梯子も, 構は, 構わないが, 構わないでしょう少し, 構わねえが, 構わん, 次の, 歯牙にか, 毒が, 気も, 決しておこりません, 決して外, 深川に, 済まされない, 済まされぬところ, 済まねえこと, 無事な, 無理な, 爆発する, 片っ端から, 物見遊山も, 理が, 田畑取調帳田畑反別帳貯穀小前帳御, 疾くに, 痛くも, 百四十を, 目ざす落合, 相手が, 立たせなくするだけの, 第一図, 紐育へ, 罪には, 置かねえぞ, 置かんぞ, 腹も, 自分等の, 至極自然, 蜀の, 補いが, 西ま, 要職も, 見える, 親が, 読める, 誰からも, 誰に, 負けても, 足るまいまた, 足クビの, 農業に, 過きたる, 過ぎて, 重くない, 重ければ, 金なく, 間に, 隨分人眼を, 難は, 面と, 頂上に, 食べる丈, 餘り, 館山通過の, 騰貴しないであろう, 鷹雉子鴛鴦鶴鶉など

▼ 分~ (244, 1.5%)

178 である, です, になる 5 であった, でした 4 のこと 3 だった, だよ, ですよ, に出た

2 [13件] であったので, であつ, なのに, に, になっ, になった, になりました, に来なけれ, に至つて, のところ, まであんなに, よ, を指し

1 [151件] あの並木道, か, からもう, からソロソロ食堂, から九時ごろ, から始まったらしく, から急, から歩行, か十五分前, がよい, が鳴る, ぐらいそんな, ぐらいだった, ぐらいです, ぐらいにここ, ぐらいに出勤, だから, だがな, であったが, であるが, でございました, でございます, でございますよ, ですから, ではない, で殺されなかった, という時刻, といふの, とそれから, とは別人, ともすこし, とも三十分前, と出, と同様, なの, なので, なら, にあの, におさめた, にこの, にこれ, にしずか, にすでに, にそれ, にはそこ, には確, には私, にも亦, にやって来た, にやっと, にアルプス山, にサボイ劇場, にパッタリ, にフィリップス, にフロックコート, に一つ, に一台, に二人, に停車場, に先生, に入れ, に出, に出よう, に出来たろう, に去った, に参観者たち, に名刺, に向, に向こう, に器械, に御, に念, に意気, に晴々, に来た, に東京駅, に止め, に死体, に無意識, に玄関, に発車, に盛子, に着いた, に私, に私達, に総理大臣, に船中, に船医, に行った, に表, に起き, に起せ, に辛うじて, に逼, に金華山, に門前十歩, に陣取っ, に駅, に駕籠, の, のあの, の出来事, の嘘, の四時, の奪, の悲劇, の所, の時, の朝っぱら, の汽車, の約束, の自分, は見, ばかりに眼, ほどであった, まっすぐ帰宅, まで, までそれ, までね, までのあいだ, までの自分, まではよもや, までは手拭い, までは生き, までは確, までは自分, まで一緒, まで仲よく, まで図書館, まで敵機襲来, まで未来永劫, まで現に, まで現場, まで考え, まで踊りつづけ, もう十五分, をさし, をさしました, をしらせ, を報じる, を寄与, を差し, を打ちました, を指さし, を指せり, を示す, 又山野, 同じ地点, 平沢, 弱ったもの, 迄芸談

▼ 分では~ (173, 1.1%)

6 あるが 3 私には 2 あんめえ, そんな事, ない, なかった, 今に, 明日は

1 [152件] あったが, ありますが, あるがち, いずれ内, いつどんな, いつまた, いまだに作左衛門, いよいよ多く, うつら, おそらく城内, お米, こうして長い, この処, この年増女房, この男, これも, さしおかんぞ, さしおくまい, さすがの, しずかな, しのげずに, その年, それを, たしかに成功, ただの, たちまち兵糧, とてもあと一日, とてもその頃, とても岸, とても落, とても長く, どうかと, どうなる, どうもこの, どうやら今宵, ないか, ないかと, ないそれ, ないただ, なかったでしょう, なかなかやみ, なかなか生死, なく私, ひよつと, まだ他, まだ明日, まだ雪, もう今夜, やがて博士, やや有望, よかろう, クロクロ島の, モロー彗星に, 一挙に, 一杯の, 一陽来復昔の, 一面の, 事件は, 人間は, 今夜こそ, 今迄にも, 仕事も, 仕方が, 仕舞まで, 何か, 何時まで, 全速力を, 六里の, 初日二日目三日目, 到底いかない, 到底慰めら, 前に, 北ぐにはまだ雪の, 半分かな, 取り消されなかつた, 夕食の, 夜が, 夜明しは, 夜明しも, 大した事, 大した結果, 大した降り, 大して案ずる, 大ぶ, 奉天が, 奪って, 好いあんばい, 如何なるか, 妻恋坂の, 存外容易, 富豪に, 寝る時, 山本瑞雲などが, 島へ, 川の, 年内の, 当分死に, 後から, 意外に, 所詮大阪, 揺れること, 明日から, 明日も, 最初の, 最後の, 未来は, 村雲笑子の, 永くなり, 江戸の, 汽車に, 海へなど, 清洲も, 済ませられぬ今, 満足しなかった, 濟まされない, 無事に, 物価騰昇, 狂言が, 狼の, 目白籠へ, 目的地の, 相当見込み, 矢張り少し, 私は, 秋の, 米友さんが, 細田氏は, 総勢撫斬りであろう, 置くまい白雲, 老博士救助, 花などは, 落城に, 蜀軍の, 表紙に, 袋の, 試合に, 誰よりも, 諸機械, 賢母良妻主義凋落以後の, 起しに, 足らない, 近く退院出来るだろう, 途中で, 遅れますでしょうか, 道中相当に, 遠からず, 野辺山まで, 間もなく自分, 離屋の, 雪が, 飛行機が, 飲料水の

▼ 分~ (153, 0.9%)

54 の入り 3 ゐは 2 だ, になります, にブツブツ, に延びてる, のもの, の厚, の幅, の熱

1 [125件] かうして, かかりますから, かまあ, かも知れません, か今夜, が儲け, しかか, しかたたない, しかない, しか入ってない, しか家, しか経っ, したら到着, した時, してから, ずつ下っ, ずつ吾, ずつ睡眠時間, ずつ遅らし, それから飼料, たつと, だが, だつた, だまつ, つ, であっさり, である是, でこん, です, ですから, ですみました, でも出来得る, でやみました, で動悸, で山, で帰らなけれ, で幕, で散歩, で死ん, で気, で活気, で済みます, で火, で熱, で空っぽ, で終った, で連絡, で高利, となる, と断っ, なり, なるが, な厚, な芋虫, にし, になり, にはハネ, には当ります, に丸, に切ります, に刈揃, に厚く, に大きく, に展し, に広島, に感じられる, に當, に酔う, に隔たる, の一直線, の停車, の入りである, の割, の労働, の四角, の地点, の大き, の川蝦, の慈愛, の演説, の相当, の硝子, の穴, の薄様美濃, の試写, の講演, の距離, の輪, の輪切り, の道理, の長, の間, の食物, はある, はお, はき, はくれる, はどちら, は保存, は夢, は奮ん, は是, は眠れた, は行っ, ひか, ひの, までも年貢米, もさう, も経つ, よりありません, を經過, 入って, 又あんまり, 歩き廻って, 汲み入れた, 焼きますが, 焼けば, 白い花, 経って, 経つたとき鼻唄, 蒸して, 蒸します, 買いため, 遅れて, 飛び出て

▼ 分~ (120, 0.7%)

6 めしに 3 という, よ 2 から, が, そうだ, ぞ, といっ, と云, 今日は, 石原ので

1 [92件] お遣りなさい, かひと, からこれ, からご存じ, からと自分, からなそれ, からまだ, からむろん, からもう, から一枚, から云う, から剥ぎとっ, から尺八, から心配, から控えさし, から電光石火, から麗人, か考え, がそいつ, がほんとう, がラロ, が事實, が云, が伊太利, が倭文庫, が同人三君, が当時小生, が是, が東葛飾, が腕, が野獣, が高低, ここまでは, し, ぜ, そうです, つた一人で, つてゐたくない, つて月給の, つて留つてゐられる, つて虚言ば, づた, というこの, というの, というふう, といよいよ, とおろおろ, とかいう市当局, とか日本, とすれ, とのがれられる, とまだまだ, とも見えます, と上, と云う, と何處, と判った, と君ら, と大, と大分日本側, と思いました, と思う, と手, と月, と永い, と百歳, と聞い, と自分, と自身, と言うた, と貫一, な, なああれ, ないぞ, なさ, ね, のと, ほんとうに, めしさぞ, めしだ, めしなぶり殺して, めしの, めしも, めし歌舞伎芝居の, めし美人の, めし逆, よと言った, よと言つた言葉, わこの, ネ, ヨ, 貴方の

▼ 分だけ~ (115, 0.7%)

2 である, わがもの, 待って, 持って, 歌ならざる, 腰の, 自分の

1 [101件] あてがわれて, いいです, いつでも, お目, お負け, こ, こういう船, ここに, こつちへ, それで, それを, ただ働き, だぞ, つける, でしたよ, でしょう, ですよ, でその, でよかっ, で自分の, とりわけたの, なのに, ならここ, なら何で, なら月, ふくれて, もつて, よけいに, ダンゴ汁原稿料は, ネット裏で, ノートの, 一緒に, 一銭多く取られた, 三合ずつ, 世の中に, 五六体は, 五分ひくめられれ, 仕事を, 他の, 低かった, 何か, 個人的な, 借りて, 僕の, 分けるよう, 前以, 割増しが, 力を, 加えて, 劣れりなどと, 助かるの, 取り返して, 受けること, 吐き出して, 和食の, 地面を, 填めるの, 売れた, 大関が, 寂しく片すみ, 小皿にとって, 引ッくるめ, 御損, 必ず貰, 悪口を, 憎さ, 払下げを, 拭取って, 掘抜, 書く訳, 湯に, 無我夢中で, 用意し, 白鳥の, 空席が, 立売りする, 約半分, 考えて, 考へて, 聞いて, 自分が, 自分たちが, 自分と, 若返ったの, 若返って, 若返りました, 行ったところ, 行つたのだ, 褒美に, 見て, 解けぬ問題, 言へば, 貰って, 追い足しに, 進ぜましょう, 金を, 顔を, 食器の, 飯を, 高座で, 麦麦の

▼ 分まで~ (110, 0.7%)

3 待って 2 自分の, 食べて

1 [103件] おろしたり, こういう仕事, こっちで, この刀, この村, さげて, すっかり被っ, ずいぶん何杯, そうだ, においで, のめた, はい, はずもうし, はっきり分っ, ふんがいし, ほぐす羽織, みっしり出世, むっとし, めくつて, もう三時間, よむ, ゐて, セッカチに, タバコで, ボクに, ラジオドラマ, ロンドンで, 一度も, 一時全く, 一緒に, 三人の, 三分, 上って, 下がって, 下山電車の, 享受し得る, 仕事を, 代って, 伐っから, 余計に, 借りだしたうえ, 働いて, 働く者, 出し午後じゅう彼方此方, 出て, 切つ, 刈って, 合わせると, 向うが, 君ら二人は, 喜んで, 四十秒も, 売約済に, 大いに自重, 大丈夫だ, 天主教と, 奮戦する, 女たちで, 孝行し, 平げて, 延びて, 引きつづき一, 引き受けて, 引受けて, 引受けなくちや, 引受けます, 引受ける気, 役所の, 待たないと, 待ち疲れて, 待つの, 徳義的批判に, 恵与に, 憎まれ役に, 払うの, 払ったかと, 払ふ, 持って, 捜し出した, 握って, 斬れた, 旧いもの, 汽車の, 漕付ける, 無理に, 甜めて, 用意した, 皆な, 皆食べ, 繰り返して, 缺測, 罪を, 置いて, 自分に, 落胆し, 行ってない, 行っても, 行乞しなけれ, 貰つて来, 買う気, 陛下の, 食いこんで, JOAKに

▼ 分なら~ (109, 0.7%)

52 ば結構, 保険が

1 [100件] あと十六七分の, あるいは癒, あんな役位, いい, お医者はん呼ばい, お次へ, このままホテル, これから頼っ, さほど大した, し, じきに, じき上るでしょう, と幾らか, と思ってた, と文三, と近頃, なあに直ぐ, なかなか為め, などと千世子, なんとかなる, ばあと三十年, ばあの, ばちっとも, ばとホッ, ばと思った, ばやがて, ばわが, ば一閑, ば今, ば今日, ば仕事, ば何, ば出直し, ば幾ら, ば来年, ば赤彦君, ば趣向, ば軍治, ば遠から, ば都, まだ世間, まだ五六年, まアちよい, もうそろそろ病院, もう一月, もっと早く, わざ, イクラなり過ぎよう, ポケットから, 三日がかりにでも, 上野の, 人間が, 今年中に, 今日明日といふ, 仕合にも, 何にも, 何んで, 俺たちにも, 八銭に, 大した事, 大丈夫じ, 大丈夫だ, 大丈夫だろう, 大丈夫です, 大丈夫と, 大丈夫恢復するだろう, 好いわけ, 安心である, 家族を, 尻尾を, 川へ, 延子の, 当分安心な, 心配は, 或ひ, 暖いい, 最後に, 火星に, 無理さえ, 熱は, 生命は, 産婆でも, 申し分なく, 目にもの, 相当の, 私達が, 続蔵, 脈が, 自分でも, 若し文三, 董卓や, 見込みは, 親父の, 試運転も, 誰が, 近いうち, 間もなく元, 間もなく退室, 順調である, 馬鈴薯の

▼ 分から~ (101, 0.6%)

2 十分までの, 四時五十分までの

1 [97件] あったん, いま踏絵が, お嬢さま, して, それだけ差引い, そろりそろりと, とり出した女, ないよ, なくな, なくなりました, もう一時間以上, スクラップを, ラヂオ小説, 一か, 一分四厘柄までを, 一寸にも, 一時間位, 一時間位で, 一時間時には, 一枚ずつ, 一通とり出した, 七分へ, 七十五度四十分に, 七時五十分まで, 三両内外まで, 三十何分, 三十八分わりに, 三十分, 三十分までの, 下の, 九度四五分の間を, 九時の間に, 九月分までの, 二割五分豚が, 二十分は, 二十分ばかりの, 二十分間位討論する, 二十分頃迄, 五分か, 五十分ずつ, 五十分どうか, 五十分の間であろう, 五時までの, 仄かに, 仕事に, 伺おう, 佛國に, 使って, 先月の, 八分を, 八時までの, 八時五十分まで, 六寸五分, 六度二分に, 内輪が, 出直したいとも, 利根川の, 利根川を, 動き出す, 十一時の間第, 十両一分五両一分なんと, 十二時までの, 十二時三十分までは, 十分の距離に, 十分の間です, 十分までと, 取って, 同四時五十分, 四十五分かかる, 四十五分と, 四十分に, 四十分間位湯煮る, 四時までの, 四時五十分の間に, 四時卅分ぐらいまでの, 妾に, 始る, 子供の, 幽霊退治が, 待たせられて, 成り立って, 支那料理が, 敷いて, 次々に, 正午の, 正午まで, 注意され, 申しても, 痛み出したん, 競馬に, 菊田一夫作, 藤山, 道理が, 金曜の, 長くて, 順次に, 首筋を

▼ 分ぐらい~ (101, 0.6%)

3 して, 話を 2 たって, たつと, だと, なもの, 前に, 経って, 経つと

1 [81件] あったぞ, ある, おいて, おくれて, おくれるという, かかって, かかり表口, かかる, した時分, すぎたころ, すぎて, そうし, そこに, その墓, ただし下り, たった, たったころ, たってのこと, だから, だった, だよ, だろうと, つづいた, づつ開く, であったかと, であったろう如何にも, である, でお, でした, でしょうか, ですかな, ですんで, どうにでも, なもん, なんだ, にらんで, まえあの, まえに, むこうの, やって, わげなく, ゴタゴタし, ルミちゃんに, 上が, 休みさらに, 何もかもわかっちゃった, 前こんな, 前だった, 前であった, 前借し, 動いて, 居たかと, 待った, 待って, 後の, 後れて, 御座いますけれども, 散歩し, 散歩する, 早いの, 有るから, 沈黙の, 流しに, 眠って, 眠りました, 経ったと, 経ったろうか, 續き, 船長室に, 蒸すが, 話しこんだ, 話し私, 進んで, 遅れる事, 過ぎて, 過ぎてから, 部屋に, 部屋を, 隙が, 静かな, 高さ三寸

▼ 分しか~ (101, 0.6%)

15 ない 5 たって, なかった 2 ありません, かからなかった, ないと, 入って, 残って

1 [66件] ありませんでした, ありませんわ, いってなかった, うれなかった, えられないであろう, かからない, かからないの, かからないので, かからない手, かからなかったよう, かからぬの, かかりませんもの, たたぬと, たちませんのに, たつて, つづかなかった, つづかなかったが, できて, ないが, ないし, ないじゃ, ないぞ, ないという, ないところ, ないので, ないのに, ないよ, ないん, なかつた, まだ読ん, やって来ず, ゆるされないその, 余裕が, 入ってない空席, 入らず, 入れてない, 出なかった, 出来なかった, 動いて, 受けて, 喋らなかつた人, 売れなかった, 寝ないん, 尽して, 彼の, 持たぬ, 支持されない, 時間を, 無い, 無いね, 現れて, 用意が, 立たぬ時, 経って, 経過し, 続かなかった雲, 薬屋が, 見せない, 見ること, 言へ, 語って, 買わず, 遅れなかった, 間が, 間の, 集まらなかったこと

▼ 分~ (99, 0.6%)

4 の地圖, の雛形 3 にも足らぬ, の地図 2 にも當ら, の図, の縮尺, 即ち弥左衛門, 或は二十万分一

1 [75件] か柄, ぐらいの短時間, すなわち二尺四寸, すなわち五十人中, その一言, だけの世話, だけ増す, つけて, でことごとく, です, でも拵, ということ, というの, とか千分一, との沿線地図, とも謂, と五万分一, と月分, と車窓, と通り, なり, なりき, なりしを, にもなっ, にも到らじ, にも足らなかつた, にも過ぎない, に減ずる, に相談, に過ぎない, の, のところ, の価値, の利益, の十万位, の地形図, の差, の布, の権利, の汽力, の煙管, の等閑, の面積, はあるやろ, はたしかに, は他, は南, は居, は服装, ばかりに減じ, ばかり剃り落され, ばかり残る, ほどに当る, ほどの手製, ほどよみかけた, ほど広かっ, または二分一, もある, もえ, も書く, も書けぬ, も有りゃしません, も歩かぬ, も言えず, も通え, をのみ取得, をもあえて, を勉める, を善用, を竪, 仮製図, 即ち二尺四寸, 即ち二度目, 取打, 得れば

▼ 分でも~ (96, 0.6%)

5 十分でも, 好いから 4 一時間でも 3 一秒でも 2 い, いずれへか, 一厘でも, 二分でも

1 [71件] あの人, ある自分, あれが, いい, いいわけ, おくれると, おごつてやら, おそく船, そらあかんが, それを, たいせつな, だまされは, どうなり申し, ないの, はやくその, はやく塩田大尉, グズグズし, 一寸でも, 一般の, 三百でも, 了解を, 二十分でも, 人並に, 住居らしく, 何ほど, 余計動かず, 冒されては, 出て, 出来るだけ, 分けて, 力に, 勝目を, 危いさかいすぐ, 四人分でも, 多くは, 天候を, 將來の, 広いと, 座席から, 彼は, 彼女の, 後へ, 後れたら待ち, 持ち続け得たであろうか, 摂ったらどう, 新しさ, 早いほう, 早く入院, 早く家, 早く着くなら, 時を, 時間を, 欠伸の, 此の, 気違ひ, 無駄に, 皮が, 眼醒め得る, 秀れた, 結構です, 聞こう, 草加屋に, 身を, 進むよう, 遅れては, 過ぎようもの, 遠いところ, 長く向い合っ, 間違ったらもう, 附加する, 食わしたら少し

▼ 分~ (90, 0.6%)

2 にはあの, には彼, に到着, に起った, のこと

1 [80件] から三時七分, ただ眼前, であった, でもう, とす, どうも眼, に, にこっち, にすぐ, にでる, になっ, には, にはいっそう, にはおそらく, にはこの, にはそこ, にはなごやかな夜食, にはまた, にはもう, にはりっぱ, にはわが, にはわたし, にはライオン戦車, には二人, には人通り, には今度, には僕, には午後, には大体終了, には旅団, には気, には法水麟太郎, には粉々, には細雨, には自分, には艦内, には駒, にふらつき, にまた, にアリシア区, にボンド街, にミルト広場, に不審, に並山, に其処, に又, に喜平, に城南, に女房, に家, に寝室, に敏子, に旅館, に時計屋敷, に暴れ出させ, に月, に木沢氏, に検事, に死んだ, に沈んだ, に法水, に濡れ鼠, に犯人, に皆, に私, に第, に胃, に貫一, に透明壁, に馬車, の予定, の光景, はけろりと, は三十分後, は私, ぽっかりと, を期し, 御目見え, 正九時, 甲板へ

▼ 分にも~ (89, 0.5%)

4 非分にも 2 五分にも

1 [83件] おとりなし, お似合い遊ばさない, お心, お許, かゆくて, この地方, これは, これを, せずは, せよ享受, その筋, どこまでも, ない油絵, ならないの, なりませんが, なり多分, なるか, なるから, なるであらうが, なるであろうが, みたぬ木, 一丁買っ, 一群の, 三両にも, 不足する, 事が, 五十分にも, 亘って, 人手が, 他に, 勝るほど, 十五分にも, 千分にも, 厳重に, 君方等に, 周囲が, 周圍が, 多忙な, 嫌と, 寒くて, 年でございます, 延ばす筈, 当たるくらい, 当るの, 忘れること, 思えるの, 手がかりが, 敵の, 旧の, 旨く切れぬ, 正当な, 此の, 死場所が, 気が, 減って, 減つて居る, 満更の, 為よう, 煩悶に, 現在私の, 病人は, 痛むので, 相手は, 篠田が, 聞いて, 肝腎の, 自分で, 蝋燭の, 行かず急, 贔屓が, 足らぬ, 足らぬ間, 足りないの, 足りない心細い, 足りない針, 足を, 進むこと, 道理が, 道路が, 達する奉書, 選外にでも, 長い学生生活, 願います

▼ 分以上~ (88, 0.5%)

3 のもの 2 の間隔, も息

1 [81件] あつた, いや大人, か, かかって, かかります, かかると, かかる奴, かかる畑地, から来る, かんがえないこと, くらいの程度, この趣味, すぎた, その忙しい, つ, であったから, である, でごわす, で漸く, なので, には出なかったであろう, にもわたっ, に亙っ, に映画, に演, のかけ, のまき, の入り, の売上げ, の時間, の皮肉, の真理, の穴, の花魁八人, の話, の距離, の重量, はあられます, はとても, はもがかね, はタップリ, は脂肪, は請合, もあの, もあり, もかかる, もこんな, もただしい, もたった, もたって, もまえ, も上野, も仔細, も停車場, も動かない, も化石, も口, も平野, も待っ, も時間, も次郎, も湯ブネ, も補, も論じた, も遅れ, も遊んだ, も過ぎた, も長く, やるトリ, を一気に, を生産, を費しました, 外れる様, 待ち電車, 早く演技, 歩いて, 歩き僕, 煮て, 経っても, 続いた, 続くこと

▼ 分~ (84, 0.5%)

20 の頭 9 にし 2 あたま, にした, に向, の巨頭君, の濃い

1 [45件] かと見える, が八分, が彼, さえある, じゃないです, だった村田, であった, でこの, でさえ懲役人, ですまし, でまっ, で外国, で額, で顎骨, とならず, と極めて, などと云う, にしとかう, にする, に刈り込んだ, に短く, のいが栗坊主, のクリ, の下, の丸い, の凸頭, の坊主, の大きな, の巨頭, の形, の書生, の浅黒い, の男, の男姿, の綾之助, の荒い, の長, の長い, の頭髪燈火, も出た, やがな, やと誰, やら中, や三分刈, を捕え

▼ 分という~ (80, 0.5%)

8 のは 5 ことに, わけには 4 ものを 3 のを, ような 2 ところです, のが, のである, ように, レコードを

1 [42件] あいだに, いわゆる四分六飯, きゃしゃな, ことであった, ことは, ところで, ところに, ところへ, ところへまで, ところまで, のしか, のであった, のでなく, ふうに, ものが, ものであった, 人の, 値を, 処で, 割合で, 奴に, 小さい画, 布地が, 形勢であった, 彼の, 微細な, 時刻を, 時間が, 時間に, 東京地方には, 極附きでございます, 点も, 物質には, 男が, 短い時間, 碁石が, 神戸行が, 見頃から, 近いところ, 途方も, 長い間, 額は

▼ 分~ (80, 0.5%)

8 して 2 してから, すると, たって, 経つたと, 遅刻し, 開いて

1 [60件] ある, うとうとと, おくれて, お邪魔, かかったの, かかって, この部屋, した, した頃, たった頃, たつて, たつと, ちらりちらりと月, で車, のち松永博士は, のち車は, のびて, ひろ子の, やって, やりすぐ, やる, ゆられて, ゆれたのに, われわれは, トロ, 九段坂の, 人が, 仮寝を, 傍聴した, 前に, 前庭に, 右之, 奮闘した, 姿を, 官邸へ, 左耳之, 延びた顔, 御覧に, 早目, 椅子から, 深さ六分, 私は, 立って, 立つと, 経たという, 経った所, 経った頃, 経って, 経つと, 船長室に, 行くと, 行つていた事が, 襟飾を, 話して, 走って, 走り続けると, 辿って, 過ぎたので, 過ぎて, 鑑賞の

▼ 分ばかりの~ (77, 0.5%)

5 間に 2 内に, 小さい猪, 時間が, 長さ, 間は

1 [62件] あと彼女は, うちに, ことだ, ことで, ことも, つもりの, ところだった, ところな, ところに, ものだ, もの鉄扇剣の, 丸い灯, 休憩が, 光景は, 処だ, 吹管を, 大きさ, 小さな穴, 後そっと, 後だ, 後であった, 後である, 後に, 後には, 後の, 後ブラリュの, 後入口の, 後私たちは, 後私は, 時間を, 本物を, 朱をば, 沈黙を, 演説を, 灯が, 白の, 白紙を, 穴が, 網目を, 茶談の, 蚤沙魚を, 距離, 距離を, 辺に, 郊外である, 金に, 金を, 間, 間が, 間この, 間だった, 間という, 間どこで, 間も, 間宗助は, 間寄宿舎に, 間小さい, 間左舷の, 間心中に, 間白い, 間私は, 間隙が

▼ 分通り~ (76, 0.5%)

2 を占め, 咲いて

1 [72件] が分らぬ, つぶれおまけ, つまった両側, できあがって, でした, にかかっ, の入りである, の出来, の安心, の成功, の桜, の満開, の興味, の要所, の見, はお, はしまっ, はすし, はみんな裸, はわからなかつた, はトルコ帽, は出来, は変装, は婦人, は後に, は悟られ, は成功, は成就, は捨て, は毀れた, は無罪, は白く, は皆んな, は盃洗, は花, は醫, までは事實, までは本来, までわかつた, まで開け放つた, も信雄, も動き, も布い, も進行, より下, わかつて, をのぼり尽し, を武家, を除い, 入って, 出来たもの, 出来たん, 出来る話, 出来上った仕事, 出来上って, 型どられて, 巡って, 描き上つて, 満たされて, 燃え盡, 片づけて, 盛り込まれて, 終りかけた頃, 組立てられて, 締めて, 萎んで, 詰まって, 読んだの, 諦めて, 迄は皆お婆さん許, 迄終つた時, 這入って

▼ 分かの~ (69, 0.4%)

8 汽車で 4 汽車に 3 後である 2 上りで, 東京行列車を, 間である

1 [48件] あいだ泣い, あひだ, ところ五時間おくれた, ほかに, カストリを, 上諏訪発の, 下りが, 事は, 仕事を, 休憩時間に, 助けに, 口銭を, 夜行で, 大阪行に, 安心は, 室積行が, 小淵沢行き, 差違が, 弱点を, 後には, 後一人にな, 後列車が, 後彼は, 後懐に, 後胡弓と, 後腹部内臓の, 急行の, 急行を, 時が, 最終の, 東京行きの, 沈黙が, 沈黙の, 理窟は, 登山列車は, 祈祷料を, 神聖感と, 芸術的可能は, 苦笑を, 處分を, 貢物を, 重みが, 間に, 間は, 間ほとんど, 間掘りつづけた, 間独り前, 飯代を

▼ 分~ (68, 0.4%)

4 であった 2 だったろうと, であろうクック, に貴方, まっすぐ帰宅, までの間

1 [54件] から十時半, から始まり五時, から正午, この邸, しか居なかった, それから下, だから, だった, だったと, だつた, だという, であり郵便局, である, であるその, でしたね, でしょう今日, では, ということ, といえ, と可, と推定, にお, にけだ, になつて, になる, には三曲線, には何処, には完全, には小やみ, には田郷さん, にポツ, に出た, に初江, に同家, に宅, に定まる, に平, に当りませう, に西那須驛, に間違い, に電話, に霽, のこと, の話, の間, また西沢, まで, までは園長, まで押し上っ, やっとこちら, 元宝塚少女歌劇学校生徒, 行く, 行ったが, 迄だろう

▼ 分として~ (67, 0.4%)

2 満足

1 [65件] いくらかきめ, いつぞやお送り, お納めに, こしらえて, この叡慮, この名古屋, この実験, しなけりゃならないこと, つとめを, とって, なかには, なすべき挙動, もって, わたくしは, 一つ一つの, 一号より, 一括した, 三万円に, 三百石の, 九原の, 予定され, 二十五円払った, 五六通の, 交際したい, 今のを, 今日まで, 何を, 余分の, 作者に, 働き今日, 分けて, 別の, 動かずに, 取り配, 名は, 因州鳥取三十二万石の, 大事に, 婦小児や, 年に, 年貢集めを, 広告の, 引き取られて, 彼女を, 御座敷, 斯様な, 此の, 残されたものの, 淋しく受けとる, 私を, 総計一億九千八百万トンすなわち, 置いたところ, 義を, 育てられた女, 至って素朴, 至急三四冊借り, 言うべき限り, 買って, 贅沢過ぎる, 通るよう, 選ばれること, 遺産を, 郊外に, 長政と, 離婚請求慰藉料今後の, 頂戴した

▼ 分とは~ (63, 0.4%)

7 かからなかった 3 かからない 2 たたないうち

1 [51件] かからないよう, かからなかったが, かからなかっただろう, かからなかつた, かからぬと, かからぬの, かからぬ中, かかりますまい, かかるまい, たたぬうち, たって, ぢつ, つづかなかった, なかった, ならぬ厚, べつにいただかなきゃ, もたない, 中津の, 何うだ, 余程様子, 保たなかつた, 保つよう, 凝ツ, 切り込めない, 別に, 坐って, 坐つて, 大分離れ, 弓矢八幡も, 懸らなかった, 懸らなかったが, 掛らない河蒸汽, 掛らなかったでしょう, 斬らなかつたよ, 極端に, 永く見, 無礼至極, 煩わしませんでした, 相應交和, 立たずに, 立たない内, 立たない程, 経たないところ, 経たない内, 経たなかろう, 経っちゃ, 経って, 經た, 言つても, 言は, 驚いた

▼ 分~ (57, 0.4%)

6 てその 2 てやっと, て代, て目

1 [45件] て, てい, ていたく, てからでない, てからふと, てからやっと, てから彼女, てそう, ては一, てやっ, てテッド隊長, て一劃ごと, て一行, て一隊, て万国堂, て三つ, て二階, て余, て再び, て十一綴音づゝとなり, て各自, て女, て嫁, て室, て尋ね, て尋ねよう, て小さい, て帰っ, て帰った, て彼, て渭水, て無電, て發表, て碧虚, て第, て細君, て艦内, て赤児, て電車, て領, て魏, て魚, やべら, 午前を, 益州は

▼ 分なく~ (57, 0.4%)

2 人間の, 恵まれたお

1 [53件] いはば, こすつ辛い, そのまま枯れ果て, それよりも, て申分, なつた, よく出, ムズ痒い, 下品な, 世帶崩れが, 世話を, 仇つ, 仇めい, 仕込まれて, 其上配列が, 具現され, 出來, 出来て, 受けられる筈, 大商人, 媚態的で, 学問も, 完成され, 家中で, 怜悧な, 成功しました, 才あり, 教室も, 散々の, 整つてゐた, 春らしい, 晴れたし, 晴れた淺黄空, 毎週一回其體重を, 汚れたの, 流れ込む, 滿點でした, 爽やかな, 用人摺れ, 田園的な, 男にも, 目を, 節穴一つない, 綺麗で, 老巧な, 肱掛椅子も, 薄情な, 身扮, 逞ましい, 達者な, 陽に, 鞍馬と, 馴

▼ 分~ (57, 0.4%)

5 りの 4 り前 3 りに, り経つて, り話 2 り休憩, り秣, り經, り經つて

1 [31件] で鞍部, の林檎様, の白き, り, りお, りお待ち, りこれ, りしか, りして, りすると, りたった頃, りで此, りも, り上, り下ると, り休んで, り休んでから, り向, り対向つて, り応接間, り椽, り経つと, り經つて暇乞, り西, り遲, り黒木, を費やした, 休んで, 坐つて, 進んだ所, 過ぎて

▼ 分ずつ~ (56, 0.3%)

2 二分ずつ

1 [54件] あった, くれて, くれるん, じりじり彼, じりじり砂, たった三回, であったが, でいい, のびる髪, はずんだので, やらして, やる, わしに, コスチュームなし, バック台を, ランニングを, 一分ずつ, 一寸ずつ, 下さい, 二回の, 仕送って, 休憩し, 何十回か, 分けて, 前に, 動く電気時計, 取って, 取立てその, 増して, 宿命よりも, 延びて, 手が, 払うの, 授乳の, 早く起きたら溜らない, 書いたの, 柱を, 極度に, 毎年谷中へ, 疑懼の, 眼に, 磨り減らされて, 礼を, 笊に, 節食し, 納めること, 置いて, 腹を, 話を, 貯金を, 逃れられて, 遅らせて, 遣るって, 隣と

▼ 分ほどの~ (56, 0.3%)

3 間に 2 あいだに, 後に, 時間が, 静けさは

1 [45件] あいだじつに, あいだも, あいだ地底の, うちに, ところだ, のち無器用な, のち長い, ほつそりした赤黒い, 一冊本同じ, 休み時間は, 傷が, 効目が, 厚みを, 圓い, 大きさ, 嵩が, 広さ, 弁当を, 後には, 後ソオル主任警部は, 後ピストルの, 後力強く, 後拍子木の, 後新井田氏と, 後真名古の, 後花が, 戦闘で, 所だった, 時間を, 芋虫が, 薪が, 距離である, 道を, 量を, 長さ, 閑静な, 間いかにも, 間だった, 間の, 間は, 間ソーンダイクは, 間ベッキイは, 間何度と, 食料を, 食糧を

▼ 分過ぎ~ (54, 0.3%)

5 ていた 4 である 3 てもまだ 2 だ, だぜ, ていました, てやがて, てゐた, であった, です, にお, を示し

1 [24件] から始められる, くらいな, だった, ている, てからであったらしい, てから又, ても冷凍船虎丸, て光, て取りかかっ, て居た, て止っ, でございます, と仰, と思われる, におそい, になりました, にはすでに, には十五マイル, に時報受信, に直した, に私, に通過, に電話, まではぜったいに

▼ 分ぐらいの~ (50, 0.3%)

3 厚さ 2 間は

1 [45件] あいだに, あいだ三人とも, うちに, ことで, ところで, ところは, もの, ものかね, ものだった, ものであったらしい, ヒラキが, ヒラキは, 半径の, 土産を, 大きさ, 容積が, 小さな神籤箱, 巣が, 平凡な, 持場を, 旅費しか, 時間が, 時間だった, 時間に, 時間を, 水な, 深さ, 熱まで, 白い薄い物, 符合では, 節約は, 肉を, 茶碗が, 診察で, 貴重な, 距離しか, 距離で, 距離に, 運命を, 道だ, 間この, 間たくさんの, 間の, 青黒い表土, 魚も

▼ 分ほども~ (48, 0.3%)

2 しますと, たったでしょう

1 [44件] ありませうか, ある幹, いねむること, かかりましたが, かけて, すぎました, そうしてじっと, たつた後, つづいて, つづきました, つづきましたが, てまどって, ひそひそと, ほそぼそと, まわって, もぐって, われながら, ゐましたか, 伸びて, 前から, 外部へ, 大きかった, 延ばして, 廻り役所, 待つたが, 御覧で御座いました, 怒り散らし, 歩いたが, 歩いたと, 汲むと, 洞窟の, 滝を, 瞶めて, 積って, 立ち尽した甲斐, 経ったろうか, 見はって, 走って, 走りました, 路の, 身うごき, 雑木林の, 静かに, 鶏舎の

▼ 分くらい~ (45, 0.3%)

2 すると, 前から, 前に, 経って

1 [37件] ありて, かかるけれど, かけて, こうし, しては, じっとし, たって, だし, だった, だったわ, だね, だろうという, であの, できれい, でもう, で一丁場, で二本鈎, で夕方, で行けるところ, で行ける所, で降りてから, なの, なり, まことに右門, 一つは, 前には, 子供や, 峠を, 待たされて, 待って, 歩くと, 津軽平野の, 用意し, 私は, 経ってから, 遅いかも, 長さ一尺

▼ 分~ (45, 0.3%)

2 三十分は, 二分で, 十分で出来る, 十分は

1 [37件] から, そこらで, そこらの, そこら費やし, 一分二朱, 一分二朱じゃあ, 一寸割い, 一時間かかる, 一時間で, 一時間なら待とう, 一時間長く, 三分の隙間から, 三十分ある, 三十分の, 三十分の時間という, 三日分を, 二分じゃ, 二分の, 二分は, 二分もらっ, 二十分かからなけれ, 五分おくれた, 五分は, 五十分早く, 借出した分, 六分は, 十分きみたち三人を, 十分くらいは, 十分じゃ, 十分の間に, 十分此處で, 四分の早業で, 四十分は, 小遣の, 性格の, 息子分に, 細い紙幣

▼ 分ない~ (43, 0.3%)

3 のだ, んだ 2 がそれ, でしょう, 条件を

1 [31件] が, があの, がそれ程, がね, けれどそれ, けれどもお, し兄, そして釣, で済んだ, と思っ, と思ひました, と褒められる, どころでなく, にし, のに意志, ほど愛相, ほど末期的江戸気質, 分別男です, 古代の, 妻女だった, 媚色の, 態度の, 料理女だ, 方で, 東洋的味ひ, 模型である, 環境から, 立派な, 詩を, 釣合から, 餌だつた

▼ 分です~ (41, 0.3%)

43 か, から 2 が, ね, わね, んだ

1 [23件] かそれ, かな, からあと四十分のち, からもとより, からわたし, から大助, から沢山, から見送らせ, かナ, がこいつ, がこんど, がもうしばらく, が室内, が會員, が男子, が頭, ぜ, と, とさ越前, な, わ, 片道, 閣下

▼ 分五厘~ (38, 0.2%)

2 と脂

1 [36件] あけた時, か, から二分, が僕, くらいの小, くらいの長, だけが大蔵大臣, だけ利息, だ壁, てとこ, ですよ, というもの, という高利, といふところ, と人生, と言つて, なんて滅法界, にする, にほか當つて, に比すれ, に洒落飛ばし, に相当, のうち, のお嬢さん, の人生観, の低落, の入り, の利益, の増徴, の手当, の複利計算, ほど, ほどに書き上げた, まで引きました, まで數種類, 一方ハ二分五厘

▼ 分~ (36, 0.2%)

7 か, の入り 4 といふところ 2 を増す

1 [16件] かとても, から一分半余り, か五分, か何, か六分, か段々, だ, だ土曜, つひに, であらう, と見た, どうも困った, にしか当っ, にしか当らない, の多数, の数

▼ 分より~ (35, 0.2%)

2 一人出す, 一疋出す

1 [31件] かかりません, カセイ, 三十七分迄, 中継な, 二十五分やる, 余分に, 余計は, 八度前後に, 八時七分前迄, 出で, 初めて爆聲, 半まで, 可なり, 四千万円多い, 多い, 太陽ようやく, 少しでも, 放送これは, 放送まことに, 文ビル三階で, 早くやる, 末は, 栗橋分へ, 渡辺, 用うる, 裄は, 読書を, 長くは, 長く掛かった, 間が, 雨降り何時何分に

▼ 分あまり~ (34, 0.2%)

2 の間, の間代, の食事

1 [28件] かかった, かかって, であった, ですっかり, で工場, で見事, のべつ口きらず, の後, の時間, へだ, もあつ, もかかっ, もたちました, もつづきました, もはいっ, もはしりました, もひと息, も二つ, も同じ, も待ったでしょう, も歩いた, も独り, も積み重なっ, も続いた, 待ちかねて, 待った, 待つた, 歩いて

▼ 分~ (34, 0.2%)

7 か, といふところ, の入り 2 となり

1 [11件] だらう, だ少から, って程, であらう, といふ入り, となる, なる色木, に当る, に達する, の増加, を増加

▼ 分~ (34, 0.2%)

3 を経 2 は何, は動物園

1 [27件] がすぎ, がほども打続き, が著者, が過ぎゆく, さえ許されなかった, でも目, で互に, で悔い, と数え, ならずして, ならぬに, にぶちこわし, に三臂長, の争, の前, の微, の混雑, の笑, の言, の違い, は常に, ばかりの間, ひとしく地上, もその, も宣伝, も得, をも余さない生きた

▼ 分ある~ (33, 0.2%)

2 が踏み倒す, わ

1 [29件] かなしかだった, からいくら, からな, から三寸, から大丈夫, がこれ, じゃない, ぞなどと噫徒目, という, と思い, のだ, のである, のです, のでまっすぐ, ので不快, のは, の時々, ひは, ものです, やうな, ように, 人なれども, 大身の, 家の, 小紋の, 少し通, 海音如来の, 温泉の, 食物を

▼ 分といふ~ (33, 0.2%)

5 ことに 3 ところ, ところか 2 のが, のは

1 [18件] ことを, ところが間違, ところで, のに, もう殆ど平熱, ものは, わけでやす, 事を, 体温は, 危い, 報告に, 時刻を, 時間を, 気味あ, 程度で, 見当です, 長さだつた歩いた, 騒ぎで

▼ 分~ (33, 0.2%)

13 の洋燈 7 のランプ 4 の吊 2 の置洋燈, の薄暗い 1 が黒, の火, の石油ラムプ, の関係, の頭

▼ 分とも~ (32, 0.2%)

1 [32件] あとの, あのオロシャ, かからなかった, すること, その銭, たたないうち, つかない地位, で私, なく此處, なく養われ, なるであろうが, よろしくお, よろしくお願い, よろしく御, 云うべき男, 云ふべき, 居なかった筈, 待たないうち, 御存じが, 思って, 案内を, 申上げない, 疲れて, 経たないうち, 経たない内, 経たぬうち, 経たぬ今, 経たぬ程, 経たぬ間, 経っては, 經たぬ, 間違いありません

▼ 分~ (32, 0.2%)

10 の汽車 3 の列車 2 にて神戸

1 [17件] ですね, で修善寺, で帰京, で座員殆, にて小諸, にて米原, にて長野, になっ, に乗る, のバス, の夜行, の奥羽線まわり青森行き, の急行, の急行列車, の撫順支線, の東京行以外, の白河行き

▼ 分じゃ~ (31, 0.2%)

2 ありませんか

1 [29件] いつ帰れる, が, ただ行っ, ちっとばかり, ちょっとクリスマス, とても, どうせ王様, どうも当分, なおらんか, ばらの, もう長い, アこの, ア借りた, ア法が, 一緒に, 三万両で, 五日間は, 今年中には, 仔細も, 出席が, 半時待っ, 大分おくれます, 妻籠の, 明日の, 村から, 無茶な, 生涯落ち付き, 間に合うかなあ, 難しいわい

▼ 分だけを~ (31, 0.2%)

2 取って, 実習が

1 [27件] お残し, ここへ, それも, ベニヤ板や, マダム・ルセールと, 与えようという, 伺ったの, 出版され, 別に, 取り入れた残り, 存せり, 惜しいとも, 手帳に, 拾ひ出し, 持って, 挙げて, 書き足して, 未知として, 残して, 用いて, 聞けば, 読めば, 辛うじて新聞, 述べよう, 適度に, 金原書店に, 鞄の

▼ 分二朱~ (31, 0.2%)

3 であった 2 と六十八文

1 [26件] が五つ, ぐらいの金, じゃあやり切れません, ずつ百六十軒, だ, でございます, で手放そう, というの, といつた, と二匁二分五厘, と二百文, と五百六十文, と六百, と十六文, と四百六十七文, にもなる, の収入, は現今, ばかり貸し, ほど払わね, もする, も頂け, を入れ, を持つ, を現金, 騙られたとは

▼ 分ごろ~ (30, 0.2%)

3 でした 2 だと, でしたか, です

1 [21件] からかれこれ, から又, じゃない, だから, だしたやろな, だという, であった, でさ, でしたよって, でしたわ, ですよ, にこの, になっ, には上, に一人, に至り, までのアリバイ, まで倉田家, もう店, より日輪, 行ったとき

▼ 分だけは~ (30, 0.2%)

1 [30件] いろいろの, すばらしい土産, その娘さん, はあどうにか, もうすみました, ズロと, 仮怪, 只儲け, 太夫元に, 奇麗に, 座右に, 或る, 手を, 明日渡し, 書く, 期日通りに, 残って, 毎年主婦の, 済せて, 神に, 自分の, 自分も, 行ったこと, 貯金する, 貰うが, 送ったもの, 通つた, 進呈します, 進物用と, 集めようと

▼ 分たっ~ (28, 0.2%)

2 ている, てからようやく

1 [24件] てあたり, ていた, ています, てお父さん, てからやはり, てから初めて, てから来なさい, てから真白, てだれ, てもかえっ, てもとうとう, てもなん, ても三分, ても二十分, ても十分, ても帰っ, ても頭, てわたし, て局長, て引上げ, て木戸, て死体, て陪審員, て静葉

▼ 分乃至~ (28, 0.2%)

2 一時間の, 七分で, 十分は

1 [22件] 一分半で, 一割九分の減給でしか, 一時間中ニアソコノ一室デイカナル, 一時間初歩英会話を, 三分間静粛に, 三十分の勘定だ, 九分ど, 二十分, 二十分はか, 二十分を, 二十分毎に, 五分おき位に, 五分方の, 五十分ごろ歌川家の, 五寸平均五匁は, 六分の輸入關税と, 六分下つて居る, 十二三分で, 十分置き, 四五分の後に, 四十分を, 数時間にわたる

▼ 分刈り~ (28, 0.2%)

7 にし 3 にした, の頭

1 [15件] あたま, がそのまま, がまことに, で精悍, にしたら, にする, に刈らせ, に刈りこんだ, に刈り込ん, のクリ, の大きな, の旦那, の濃い, ほどな, ほどの尼さん

▼ 分近く~ (28, 0.2%)

2 もたった

1 [26件] あった, か, もかかった, もかかる, もたっ, もゐ, もプラットホーム, も刀, も帰っ, も廻し, も廻し続ける, も彼方此方, も待たされた, も待たされる, も歩いた, も走りましたでしょう, も蹲ん, も身, も間, をさし, 出た少々, 待たされたとき廊下, 待たされました, 経った, 進んで, 違って

▼ 分~ (27, 0.2%)

3 第一日 2 の上り列車

1 [22件] から午前零時三十四分着, です, の, の下り, の列車, まで合計九本, ハイヤで, 一時出発長次郎頭一時半長次郎出合二時三十五分着, 三時五十分出発三田平小屋五時三十五分別山乗越六時四十分地獄谷七時十分室堂八時五分, 下り列車, 八時三十五分出発熊岩十時十五分長次郎頭十一時二十分着, 十一時四十分出発剱岳頂上午後零時三十三分着, 十時十分出発美女平午後二時三十分藤橋三時五十五分千垣着六時, 急行列車が, 戸隠は, 昼食午後一時出発ブナ小屋五時弘法小屋着九時, 第七日, 自動車で, 蒲郡観光ホテルへ, 雪の, 青年団の, 駅前の

▼ 分経っ~ (27, 0.2%)

2 ていた, ている, ても三十分, ても帰っ

1 [19件] てからだろう, てから初めて, てから女中, てから最後, てから誰か, てどこ, ても二十分, ても五分, ても何, ても彼女, ても更に, ても父, ても瑠璃子, ても福, ても誰, て下り, て帰っ, て戻っ, て駈けつけた

▼ 分ごと~ (26, 0.2%)

1 [26件] にくりかえされた, には取り換えられる, にポウポウ, にロンドン, に一秒, に先頭, に出, に出る, に区別分類, に単調, に太砲, に学校, に巡回, に彼, に彼ら, に時計, に曲折, に有る, に注射, に消え, に照っ, に私, に通る, に針, に門前, に電話口

▼ 分~ (26, 0.2%)

2 に強

1 [24件] にあの, には柝木, にも圧制者, にも壓制者, に一つ, に一分, に一回, に一弗宛, に光り, に変っ, に張出, に彼女, に恰も, に打つ, に激しく, に火, に發車, に白晝尚赫耀, に益々, に秒毎, に轟, に陛下, に雪, の一つ

▼ 分とか~ (25, 0.2%)

1 [25件] あるので, いて, いふの, たいてい一定, で店, ので, まとまったもの, 一分とか, 一分二百とかの, 一時間の, 主客合一とかいう, 九厘とか, 云う約束, 五十六人で, 人足の, 六分とか, 六分四分とかに, 加った, 四分六分とかに, 時には何十秒, 村でも, 海の, 秒とかで, 自分の, 金半分とかの

▼ 分~ (25, 0.2%)

6 のである 2 のだ, のだつたらう, のです

1 [13件] がちも, つてゐた, ので使者達, ので大分, のに教師達, のに頭ぼんやり, のを, んだ, んで, んでげす, 個性の, 又は混淆, 確信が

▼ 分~ (25, 0.2%)

1 [25件] がこの, が何枚, が贋貨, こそは居留地外人, すらもう, でお釣, で渡す, で積み, というの, などと引換え, に改鋳, のこと, のほう, の使用法, の山, は四個, やが, やそれ, を一ツ, を一方, を包ん, を当時, を握らせた, を数えた, を落し

▼ 分くる~ (23, 0.1%)

2 ひまも, 事が, 群も

1 [17件] ことを, さえ一カ月, ざわざわという, といえる, ように, よしもなき, 事ならず, 位の, 別哉, 女ラヘシス, 奴を, 時に, 曲頸の, 月かとばかり, 沖つ, 草葉の, 足下の

▼ 分する~ (23, 0.1%)

2 と又, のが

1 [19件] かしない, とあたり, とそう, とその, とまた, とわたし, と交番, と余, と出, と前方, と女中, と姉, と彼女, と玄関, と第, と美学者, と電灯, 先日の, 感謝

▼ 分である~ (23, 0.1%)

2 ことを

1 [21件] あたりと, かのよう, かはどう, からこれ, から一人前一円, から出来合い, が日本, が私, その限り夫, それを, ために, という, との説, とは信じ, と云, と断, と断言, 上に, 下田代の, 個人の, 如くに

▼ 分三分~ (23, 0.1%)

2 に尻, に見比べ, のところ

1 [17件] あるいは六分四分, でひょいと, とか六分四分, とか四分六分, にその, にまぜた, にブラ, に劃, に帰, に引下げた, に狙い, に畳み込み, に眺め, に睨み, に裳, に見下ろした, に見競べ

▼ 分以内~ (22, 0.1%)

1 [22件] である, でたいてい, で仕上げ, で行ける, に, にお金, にね, にはすべて, には自分, にふたり, に交替, に出発, に原子爆弾全部, に急, に本庁, に極, に殺害, に消し止める, に第, のところ, の配当, の間隔

▼ 分程の~ (22, 0.1%)

2 うちに, 幅に, 間母子し

1 [16件] ものだつたら, 後に, 後廊下の, 檜の, 熱が, 燦めく, 縁が, 血を, 製本にて, 読経の, 距離に, 間だけ, 間だつた, 間で, 間を, 間軌道の

▼ 分考へ~ (22, 0.1%)

1 [22件] て, てウフ, て一五歩, て七三桂, て七六歩, て七四角, て三五金, て三四飛, て二六歩, て二六角, て二四飛, て五二金, て五五馬, て五八金左, て五四歩, て八八王, て六三金, て同, て四九桂成, て四五金, て四八金, て極めて

▼ 分かに~ (21, 0.1%)

2 着く筈

1 [19件] かえって来, かなりの, ここよ, ここを, こちらへ, すぐ出る, のりおくれて, わたくしたちの, 上野着と, 京都を, 品川駅へ, 国咲パリから, 大阪の, 島田を, 横浜へ, 発見され, 着くので, 網代について, 鳥栖で

▼ 分たつ~ (21, 0.1%)

2 かたたない

1 [19件] てから私, てから組んだ, てから警察, ても十分, とこの, とはたして, とまた, とわたしたち, とクリストフ, とパッ, と七十六号, と上つて, と二百二十四号, と彼, と待ちかねた, と直子, と給仕人, と自分, と鍋

▼ 分れる~ (21, 0.1%)

2 処に

1 [19件] が語原説, ところ, ところで, ところも, とその間, のが, のも, ものも, わけです, 事, 処で, 所に, 所へ, 所以である, 時と, 点は, 處に, 角へ, 迄諸事苦情

▼ 分経つ~ (21, 0.1%)

5 か経たない 2 に連れ

1 [14件] か立たない, てもヴエルハアレン, ても三十分, ても二分, ても父, ても瑠璃子, て増田氏, といい, とそいつ, とそれ, ともう, と帆村, と目賀野, と音

▼ 分って~ (20, 0.1%)

9 とこ 2 とこか, とこだ 1 えいや, とこだった, とこに, ところがヤマ, ところだ, とこ客席を, 五軍と

▼ 分ばかりも~ (20, 0.1%)

2 続いた

1 [18件] ある, そこらを, そのままで, たちましたころ, たつと, 出て, 前であったろう, 彼は, 待った時, 待ってると, 思うぞんぶん, 手間どった, 時間が, 海岸を, 経つと, 自動車の, 這入って, 遊んで

▼ 分おき~ (19, 0.1%)

1 [19件] か半分おき, くらいにそう, ぐらいに時計, というわけ, にどっち, になお, には屹度荷馬車, に全, に呼びだしました, に壇上, に尿意, に時, に自動車用手提, に街, に起き上っ, に鳴っ, に鳴つ, の簡単, 二分おきに

▼ 分くらいの~ (19, 0.1%)

1 [19件] うちに, ものかも, ものであろう, ものを, 大きさ, 大小二いろ, 損を, 敷金が, 減額を, 程度にて, 行程の, 角生え, 距離であろう, 鉄銹を, 長い間, 長さ, 間疾く, 青虫が, 食料を

▼ 分一秒~ (19, 0.1%)

2 の遲速

1 [17件] からはじまる, が残酷, でも早く, でも生き, とたがえた, の休み, の手, の隙間, はひどく緩, は白く, も休息, も妻, も早く, も見逃すまい, も違わない, を争う, を惜しん

▼ 分~ (19, 0.1%)

2 でかたづけ

1 [17件] かかり日本, かそこ, が適当, くらいの太, しかない, だ, だけ待っ, で出来る, で奈落, で飾らなけれ, となる, ばかりで, ばかり経つ, ほど経っ, ほど過ぎ, もある, を用いはじめます

▼ 分月代~ (19, 0.1%)

1 [19件] がつやつや, が突如, こそ体, とこっち, に似, に唐桟, に後ろ, に秀麗, に銀鎖, の伸び切った, の男, の若い, の野郎, ばかりです, ほどに伸びた, も疑え, も相当, をかろく梳く, を生やさせ

▼ 分ぐらいで~ (18, 0.1%)

1 [18件] うり切れ, ゆけるから, 出発できるだろう, 到着できる, 壇を, 妹さんは, 帰ります中学, 帰れるのに, 済むの, 百年後の, 眠って, 行かれる間, 買って, 走って, 運んで, 門前に, 降りて, 鴨居にまで

▼ 分ぐらいは~ (18, 0.1%)

1 [18件] ある, あるかも, かかって, かかる道のり, かならず大洋丸, ゆっくりと, ゆっくりはいれ, ジロリストの, チヂまる, フイルムが, 伸びるという, 何でも, 何を, 庭に, 後れますよ, 楽に, 残って, 過ぎてゐたらうから

▼ 分その~ (18, 0.1%)

2 へんは

1 [16件] ことが, ときお, 三分が, 低さ, 前は, 効力を, 困難性や, 國の, 宣伝には, 手腕を, 才能と, 時は, 智慧を, 権力が, 気に, 覚悟を

▼ 分だけでも~ (18, 0.1%)

2 あの方, 孫の

1 [14件] あなたに, あなたの, おぬ, こちと, まとめたいって, もっともだ, 中尉は, 優に, 学校の, 手を, 掻き集めて, 松明一万把の, 立証させたい, 願ひたい

▼ 分までの~ (18, 0.1%)

6 間に

1 [12件] うちに, うつしで, この二つ, そんな仮借, ものの, 七分までの, 時間を, 総監の, 行動について, 長い間隔, 間である, 電話の

▼ 分二分~ (18, 0.1%)

1 [18件] ぐらいね, ずつ眼, ずつ磨り減らされ, ずつ隣, それから考えた, とあたかも, と失われた, と少し, と意識, と白け, と経っ, と過ぎ, は確, ほら一分, また五分, までがあっ, 時には寸余, 欠けたら何

▼ 分~ (18, 0.1%)

2 になる, に変っ, に變つて, や板銀 1 がかかっ, それから豆板銀, で払った, で百両, と二分金, に両替, に変える, に變, を一つ, を掘り

▼ 分くら~ (17, 0.1%)

5 ゐの 3 ゐで 1 ゐあひだ, ゐか, ゐかかる, ゐしか, ゐだつたらう, ゐな, ゐは, ゐも, ゐ如何にも

▼ 分だった~ (17, 0.1%)

2 のです

1 [15件] かと思います, から, がいま, という, という記述, とはお前, と云う, と云っ, と思います, と思ふ, ね総理, のだ, ものを, ネ, 沢村紀久八が

▼ 分にゃ~ (17, 0.1%)

1 [17件] あ, あこの, あドコ, あ仕, あ俺, あ寺内, あ申訳, かえって気ばらし, アさしつけえ, アわたし共は, 何でも, 先祖の, 同じこと, 怪我は, 手が, 畠だろう, 誰だって

▼ 分をも~ (17, 0.1%)

1 [17件] おもはず, さも気軽げ, またいで, 一緒に, 二人前活動し, 共に貰, 加えた目録, 此處に, 特にこし, 要しない簡単, 計算する, 諸君に, 負担し, 負担した, 負擔, 運んで, 食べて

▼ 分足らず~ (17, 0.1%)

2 の間

1 [15件] だったわ, であるが, でこの, で大学, で小屋, で引分, で済んだ, で絶命, で頂上, で飛ん, のあいだ, のもの, の距離, も時間, 待って

▼ 分おくれ~ (16, 0.1%)

1 [16件] ている, てきた, てここ, てもいかん, てもはいれない, ても赤煉瓦, てゐた, てゐました, てゐる, て午後一時ごろ, て大事, て安彦, て形, て来た, て開演, て食事

▼ 分すぎ~ (16, 0.1%)

2 までの間

1 [14件] おそくなっ, だ, ていた, てもまだ, て二時四十五分, て居ります, である, です, になる, に一人, に出かけた, ひどい上下動, よ, 小さい木橋

▼ 分だけの~ (16, 0.1%)

1 [16件] お銭が, ずんと些細, ものしか, もので, ものは, 人間が, 余つた皿が, 必要な, 感覚を, 支払いを, 料理代を, 棒を, 糧食を, 紺秩父の, 者が, 銭を

▼ 分強位~ (16, 0.1%)

5 の入り 41 かどうも, でハリアヒ, で空席沢山, になった, に見えた, のもの, やれ

▼ 分かかる~ (15, 0.1%)

2 かかからない

1 [13件] かと何度, かもしれない, から君, から実際, という事, という平凡, と見る, など人, のです, ので御用, よ, んだ, んです

▼ 分であった~ (15, 0.1%)

1 [15件] からである, から一時間, から発火, がこの, がこれ, こと, しある, ところから, のである, のであろう, のを, 事までも, 山本君も, 様である, 眺望雄大な

▼ 分どおり~ (15, 0.1%)

1 [15件] こわれたガラス窓, しか出来あがっ, だったら上成績, ついて, のこみ, まで校正, まで開鑿, 咲いて, 正しく解い, 白い髪の毛, 白い髭, 白くなっ, 落ちた梧桐, 詰った本棚, 開きはじめて

▼ 分余り~ (15, 0.1%)

1 [15件] お休み, かかつて, の長広舌, の電車, もあっ, もじっと, もたつ, も前, も居, も時, も樹, も経過, も続いたろう, も耽った, 経った

▼ 分~ (15, 0.1%)

2 に細い, の銀

1 [11件] から二分玉, が入, くらいの玉浮木, だのたいまい, には針, のうしろ, の後挿, の後插, の根がけ, の珊瑚, の珊瑚珠

▼ 分たち~ (14, 0.1%)

1 [14件] がどかどか, さえすれ, したが, に愕, に新九郎, の眼, の足音, は毎朝, は退散, への見せしめ, を八方, を船, を諸, 次いで一時間

▼ 分なし~ (14, 0.1%)

3 だと 21 しづかで, だね, だネ, て書抜, ですね, とあっ, といつ, の一本立ち, 折生迫角屋

▼ 分まえ~ (14, 0.1%)

1 [14件] うしろから, から彼, すなわち十時四十五分, という際どい, にわたしたち, にブーン, に人, に後部倉庫, に本屋, に私, に黄金豹, までなんらかの, をうった, 金庫の

▼ 分早く~ (14, 0.1%)

1 [14件] あく, おでかけです, なれば, 出て, 出れば, 到着する, 帰って, 店に, 戻りあの, 着いた, 着いたに, 起きる, 起きるその, 起きれば

▼ 分この~ (13, 0.1%)

2 第二省察

1 [11件] はち切れそう, 一念を, 丁寧も, 原則だけは, 問いに, 平凡事を, 画に, 章の, 緊張が, 録音は, 順序を

▼ 分とを~ (13, 0.1%)

1 [13件] ちょっと取調べ, よりわけて, 併せて, 假に, 分離し得べき, 合せて, 土間の, 持ってるのに, 書いて, 書類の, 混合すれ, 渡せと, 率いて

▼ 分にな~ (13, 0.1%)

4 つて奈良の, つて寺では 2 つてゐた 1 つてお, つて貰はう, づみ漕ぎ

▼ 分までは~ (13, 0.1%)

1 [13件] いいが, 召使二人とともに, 同じバス, 大丈夫請合います, 天蓋山の, 女史自身の, 当然同, 彼の, 得に, 思い通りの, 発熱と, 皆意味の, 謡の

▼ 分までも~ (12, 0.1%)

2 加へ 1 働いて, 失せて, 娘を, 寿詞と, 撲って, 旦那様の, 注文した, 私は, 自分でした, 謡ふ

▼ 分~ (12, 0.1%)

2 し葉 1 し下, し五裂花冠, し小枝端, し枝上, として略, として考えられる, に過ぎなかった, に過ぎなく, の上, をなし

▼ 分~ (12, 0.1%)

2 のお, の金釵 1 お藤, が目, であつ, という釵, の一本差, の珊瑚, の銀, をおさえ

▼ 分程も~ (12, 0.1%)

2 すると 1 とつおいつあわただしい, 低まつ, 同じ所, 尚お, 相手を, 経つたらうか, 經つたらう, 費すうち, 進んで, 頂戴し

▼ 分~ (12, 0.1%)

2 の事務長 1 となし, とも見るべき, になつ, のそば, のベルナール・ベネディクト修道女ら, の仕事, の坂, の蓮見, の衛生兵, は小高い

▼ 分たった~ (11, 0.1%)

3 後の 1 かと思う, が白い, ころあの, と思う, のか, 三行と, 後あの, 頃階段に

▼ 分なり~ (11, 0.1%)

1 [11件] お読みなさる, それを, ともその, とも小粒, 一時間なり, 三十分なり, 二十分なり, 前でなけれ, 四十分なり, 多少時間, 要心金は

▼ 分までに~ (11, 0.1%)

2 停車場へ 1 この村, その附近, モンパルナスへ, 五分しか, 会の, 安全確実に, 帰って, 會社の, 買い入れて

▼ 分三十秒~ (11, 0.1%)

2 にあの 1 おくれただけ, からあの, すぎると, だけ加え, である, で往復, とたっ, となる, を要し

▼ 分~ (11, 0.1%)

1 [11件] から成立っ, で地球, に過ぎぬ, の円筒型, の大数, も彼, も待たされたらしかった, も無駄骨, を眺望, を費やし, 親属故旧

▼ 分入る~ (11, 0.1%)

1 [11件] とここ, と斯, に就い, に相違, のさえ, のだ, ので, のであった, ように, 事は, 道も

▼ 分時間~ (11, 0.1%)

1 [11件] があります, がある, でも先, にし, に七十八發, に於, に談判, の間, はある, は息, も脳中

▼ 分暁漢~ (11, 0.1%)

2 の言 1 あるいは門外漢, である日本, ではない, なん, になれなくなる, ね, の一巡査, の悪童, は極度

▼ 分ぐらいに~ (10, 0.1%)

1 したら宜しい, なったの, なって, 出て, 切ったらいい, 刈った短い, 真田紐の, 砕いて, 言い詰めて, 過ぎない

▼ 分だけが~ (10, 0.1%)

1 うまく行っ, これだけ, そだっただけ, はみ出るの, 十余万の, 寝るばかりに, 消え残ったため, 私には, 霊感, 露顕する

▼ 分ないし~ (10, 0.1%)

1 一寸くらいの, 一寸ばかり, 三十分なり, 九寸五分の, 二分早く, 二割を, 八分ごとに, 十分に, 十分間を, 十分間合掌礼拝すべし

▼ 分なれ~ (10, 0.1%)

2 ば彼 1 ども才徳, ばこっち, ばむざむざ, ば其の, ば瀬兵衛, ば竜, ば踏みつぶし, ば途中

▼ 分のち~ (10, 0.1%)

2 のこと 1 です, になにごと, には両, には北の方, には日比谷公園, には波, にふたり, に実現

▼ 分~ (10, 0.1%)

1 えれる寝棺, かざして, 下らんと, 何か, 入れた日, 入れて, 墨で, 少し遠い, 移った音, 笠間の

▼ 分もの~ (10, 0.1%)

2 物理学が 1 にしよう, の本読み, をいわせるまえ, を言わせなかっ, 六本, 沈黙の, 荷物を, 高利の

▼ 分よりも~ (10, 0.1%)

1 もっと高価, よけいに, 二十五分前後早く, 五分以上早く, 低級な, 何よりも, 多いそんなに, 小さく左右, 最っと, 沢山着込ん

▼ 分一図~ (10, 0.1%)

2 出でて 1 が世にも, にも市場, の幽ノ沢山, の日光図幅, の景鶴山, の赤鞍岳, もこれら, を案ずる

▼ 分前後~ (10, 0.1%)

2 のもの 1 だと, であったが, ですね, で死因, に覚醒, に調餌室, の熱, 早くなる

▼ 分十分~ (10, 0.1%)

2 と経つ, と過ぎ 1 が, ついにガサガサ, と残された, にて中止, もかかる, 早く店

▼ 分~ (10, 0.1%)

1 で強情, なの, な奥様, に非難, の事, の親爺, の言, の非, の鞭, を笑い

▼ 分~ (10, 0.1%)

2 は山陰線八鹿駅 1 が三分的, にはどうして, の乗った, の眼中, はまるで, は彼女, は高座, 共日本人

▼ 分経った~ (10, 0.1%)

1 かは知らない, か伊東, か何十分, か何時間, がとうとう, と思う, と思われる, ばかりだ, らいらし, 後扉が

▼ 分あり~ (9, 0.1%)

2 て寐 1 て, といへ, となし, やっぱり風邪, 折角の, 東側から, 鎌倉の

▼ 分にて~ (9, 0.1%)

1 たたかいの, もう二, 上より, 中止を, 売って, 嬢さまと, 孃さまと, 手を, 槍肩を

▼ 分~ (9, 0.1%)

1 で崩れた, は既に, は皆方便的, は郷里, を休会, を休會, を加えた, を占める, を岩

▼ 分五分~ (9, 0.1%)

1 が印税, ぐらいずつ水, ですが, という碁石, とかいうよう, と出, と進ん, 一寸スルスルと, 欠けたら何

▼ 分~ (9, 0.1%)

2 の授業 1 いろ, しか渡さなかった, としても二時間半, と極めましょう, の交代, も念仏交, 切り取って

▼ 分弱位~ (9, 0.1%)

41 か今日, しか入らず, の入り, の由, ガーンと

▼ 分待っ~ (9, 0.1%)

2 ていた 1 ていました, てそれ, てもこない, ても二十分, ても十分, ても電車, て腹

▼ 分置き~ (9, 0.1%)

1 くらゐ, ぐらいにチョイチョイ, にどこ, に拍子木, に搖, に次, 位いに, 六分置き, 毎だらう

▼ 分試し~ (9, 0.1%)

2 だ, にし 1 にいじめ, にもせ, に殺された, に玩具, に虐め

▼ 分遅れ~ (9, 0.1%)

2 ていた, ている 1 ても門, てやっ, て居た, て電車, の十一時五十分

▼ 分じゃあ~ (8, 0.0%)

1 もう一足, 一ばんの, 今に, 今年は, 十軒は, 大した傷, 明日は, 見舞の

▼ 分たり~ (8, 0.0%)

2 とも早く 1 ともいるべき, とも少なかっ, とも気, とも美しい, とも解る, と解るべき

▼ 分~ (8, 0.0%)

3 居る 1 ありけりと, 云ったら午前, 居た, 永いのよ, 遣れば

▼ 分なき~ (8, 0.0%)

1 までに的確明瞭, ものあり, 四辺の, 教訓に, 満員, 省略法は, 秋暑, 筆づかひ

▼ 分なる~ (8, 0.0%)

2 もの三本を 1 がこれら, だけ心, ものを, 世に, 単衣, 箸尾為国

▼ 分ほどに~ (8, 0.0%)

2 延びた頭 1 なり赤, のびた髯, 切り胡麻油四勺, 切り落とし真, 延びた芽生え, 育つ

▼ 分三厘~ (8, 0.0%)

1 ずつ取っ, だ, ということ, にヤーラツパ, に当る, を含む, を家賃, を溶かし

▼ 分刈頭~ (8, 0.0%)

1 にホームスパン, に白い, の二十五六, の恰好, の方, の紺足袋, を出した, を天井

▼ 分即ち~ (8, 0.0%)

1 一日の, 年前九時過, 生殖系器の, 石製の, 腦の, 足りない分, 離陸後二十四分には, 非器分

▼ 分~ (8, 0.0%)

2 の不安 1 この意味, でき上った笑い, の暴落, は言, 下げるよう, 引き上げねば

▼ 分~ (8, 0.0%)

1 あつた, きめて, すっかり話, 出さうぢ, 又上昇, 告白し, 自分に, 薄く降雪

▼ 分あるいは~ (7, 0.0%)

1 一二時間の, 一時間の, 六分四分に, 十分ぐらいの, 十分も, 四十分も, 数時間燃え

▼ 分かが~ (7, 0.0%)

2 過ぎて 1 また過ぎ, ムダに, 流れて, 過ぎ去った後, 過ぎ去って

▼ 分かは~ (7, 0.0%)

1 お調子, やはり未, モーターを, 存じませぬが, 知らないが, 知りませぬが, 落ち着く様子

▼ 分~ (7, 0.0%)

1 てしも, てねぐら, て染めける, て男神, て眺め, 日本では, 難き聲立て

▼ 分くらいは~ (7, 0.0%)

2 あたること 1 あるじゃ, じゅうぶんかかりましょう, 充分かかる, 空想に, 続いた

▼ 分であり~ (7, 0.0%)

1 ながら昨今此, 常識の, 時としては, 東照公は, 西武線中井の, 計器に, 長く留まっ

▼ 分に対して~ (7, 0.0%)

1 佐々の, 先刻その, 塚田はわ, 失礼である, 好意的に, 著しい長さ, 銭が

▼ 分ほどで~ (7, 0.0%)

1 モーの, 先生の, 恢復, 海岸まわりの, 自動車は, 行ける, 那智

▼ 分もっ~ (7, 0.0%)

1 てい, ていた, ていない, ている, てき, てねよく, て或は

▼ 分やっ~ (7, 0.0%)

1 て, てくれ, てしまっ, てすぐ, て其の, て生駒, て貰

▼ 分~ (7, 0.0%)

1 ていない, て一群, て三, て互に, て去, て坂梯甚嶮, て居る

▼ 分~ (7, 0.0%)

1 か六分作, しかとれなかった, する気持, であった, という惨めさ, とかいう惨憺, とか四分作

▼ 分~ (7, 0.0%)

3 と見る 1 があり, て来た, は終に, 校という

▼ 分~ (7, 0.0%)

1 で張り詰められ, の切れ端, の切端, やあんな, やろ, をつけた, を並べ

▼ 分経ち~ (7, 0.0%)

2 五分経ち 1 三十分経っ, 三十分経つ, 二分経つ, 十分経った, 十分経つた

▼ 分~ (7, 0.0%)

2 のラムプ 1 から丸ボヤ, などがあった, に灯, のランプ, の台ラムプ

▼ 分あった~ (6, 0.0%)

1 おれが, とは誰, のでそれきり, のでキミ, 何うし, 時に

▼ 分いや~ (6, 0.0%)

1 なと, 一時間も, 一秒でも, 三分, 三分のすきも, 十円も

▼ 分~ (6, 0.0%)

1 よろこびだろうと, 梅に, 歯の, 瀧が, 父様の, 粂の

▼ 分かかった~ (6, 0.0%)

1 がその, とは信じられない, と大げさ, のね, わけだ, 事に

▼ 分~ (6, 0.0%)

2 がし 1 それは, へまとめあげる, へ無理, るるが

▼ 分した~ (6, 0.0%)

1 ゆえお鍋が, 中央の, 場合と, 場合八分した, 天下の, 頃戸は

▼ 分ずつの~ (6, 0.0%)

1 休憩が, 売買だ, 売買であった, 祝儀だ, 臨時税を, 薬を

▼ 分たたぬ~ (6, 0.0%)

6 うちに

▼ 分だけで~ (6, 0.0%)

1 すませなくなるという, 九万八千八百八十八と, 九萬八千八百八十人と, 六千七百萬圓餘朝鮮及臺灣等の, 渡り終っ, 満足し

▼ 分~ (6, 0.0%)

1 や, やありません, やからと, やこ, やさ, やない

▼ 分にては~ (6, 0.0%)

1 やがて鳴雪老人, 一命だけは, 僕も, 小生が, 折角の, 神様を

▼ 分ばかりは~ (6, 0.0%)

1 いって, かかりそう, かくして, 死んで, 退屈で, 頑張って

▼ 分ほどを~ (6, 0.0%)

1 へだてその, まだ雑談, 主膳が, 信長は, 経て, 過す

▼ 分れた~ (6, 0.0%)

1 のです, ままつひ, ものが, 所の, 由縁も, 黒田武士たちは

▼ 分一税~ (6, 0.0%)

1 が年々幾何, と正確, の場合, の形, はこの, は決して

▼ 分~ (6, 0.0%)

2 が三寸 1 けはやっ, けを中村是公氏, に悲劇, は四寸二分

▼ 分三十三秒~ (6, 0.0%)

1 がで, が最高, という世界記録, には及びません, の記録, を破らない

▼ 分下つて~ (6, 0.0%)

2 居ると 1 居つたが, 居つた爲替, 居つた爲替相場, 居れば

▼ 分以下~ (6, 0.0%)

2 のもの 1 に下っ, に下らなかつた, の間隔, は切りすて

▼ 分出し~ (6, 0.0%)

2 て来る 1 あたりの, てまたまた, て行, て貰っ

▼ 分利付公債~ (6, 0.0%)

2 の量 1 のある, は六〇フラン, ヲ交付ス, ヲ以テ交付ス

▼ 分刻み~ (6, 0.0%)

1 に, にずり行く, によく, に刻々, に歩みつ, に移し

▼ 分~ (6, 0.0%)

1 た一分, カット相談で, 一の, 一二分という, 五分と, 牽引スル

▼ 分~ (6, 0.0%)

2 をつけ 1 をつけましょう, をつけます, をもん, を置い

▼ 分立つ~ (6, 0.0%)

1 か立たない, とかるい, と忘れ, と暗く, と病人, までどう

▼ 分~ (6, 0.0%)

2 ではない, では無い 1 にされた, の陸軍大尉

▼ 分~ (6, 0.0%)

1 がそれ, されたこと, すること, の一例, の習俗, もともに

▼ 分~ (6, 0.0%)

1 が動揺, で注意, に賛成, のたどった, の歴史, を組みあわせた

▼ 分~ (6, 0.0%)

1 さと, さも, さ一寸五分ほどの, さ七八分丁度, さ四寸程の, のこと

▼ 分あつ~ (5, 0.0%)

41 たと

▼ 分あと~ (5, 0.0%)

2 のこと 1 ではかれ, ではどれ, へ現場

▼ 分あれ~ (5, 0.0%)

3 ば足りる 1 ば昨日, ば結える

▼ 分かかっ~ (5, 0.0%)

1 ている, てしまった, てよ死ぬ, てスシ, て三ノット三チェーン

▼ 分かを~ (5, 0.0%)

1 ベッドの, 分けて, 子供に, 費しさて, 返済する

▼ 分ぐらいも~ (5, 0.0%)

1 ごてついて, グルグル歩きまわった, 中身を, 東京の, 祈って

▼ 分たて~ (5, 0.0%)

1 ば, ばいよいよ, ば写真, ば次, ば重力

▼ 分だって~ (5, 0.0%)

1 いたくない, えから, 動かばこそ, 留って, 言ったん

▼ 分といった~ (5, 0.0%)

1 ような, 割合で, 所でしょう, 程に, 調子で

▼ 分との~ (5, 0.0%)

1 混じた普通, 減給を, 粗雑な, 間でございます, 間には

▼ 分などは~ (5, 0.0%)

2 我ま 1 上手な, 削りたい, 東海道を

▼ 分について~ (5, 0.0%)

1 三法以上次の, 四法以上の, 申上げます, 見ても, 話す

▼ 分ばかりで~ (5, 0.0%)

1 かえる, 出発した, 帰って, 評価が, 通して

▼ 分ばかりに~ (5, 0.0%)

1 して, ザツと, 残った蝋燭, 殺して, 過ぎぬくらいの

▼ 分までが~ (5, 0.0%)

1 千八百円ベースで, 工場労働者だ, 所謂源平藤橘の, 手杵なく, 揃って

▼ 分~ (5, 0.0%)

1 ぐらいしかない, ぐらいな雪, ばかりの清水, ばかりはいっ, ほどももっこり

▼ 分を以て~ (5, 0.0%)

1 体温を, 寒気をも, 漸くに, 炎熱を, 胡麻を

▼ 分~ (5, 0.0%)

2 沈没シタ 1 京橋ニ着クソコカラ歩イテ五六分ノ所ニソノ家ハアル, 奥カラ主婦ガ紅絹, 直グニ済ムンダ

▼ 分~ (5, 0.0%)

1 二十分ニ伸バシ滑リ台ノ, 写させ申候, 占メナオ馬ヲ, 盡ス者ナリ, 要シタ

▼ 分一位~ (5, 0.0%)

1 であるこれ, に過ぎなかつた, の市民, を下った, 取れます

▼ 分一分~ (5, 0.0%)

1 いよいよ時刻, がわし, で口, に肥え来, を精一ぱい熟

▼ 分三十分~ (5, 0.0%)

1 ああなんと, おくらして, に一本, やがて小, 打っても

▼ 分三朱~ (5, 0.0%)

1 あれば, で求めた, と二百五十六文, と銭五貫二百文, は相当

▼ 分~ (5, 0.0%)

1 で最も, に花, の一分三厘, の一割四分三厘, の六十八九人

▼ 分二十分~ (5, 0.0%)

1 とたつ, とはかからぬ, と待った, になる, のもの

▼ 分二十秒~ (5, 0.0%)

1 かかる, から二分, で駆けもどっ, に走りうる, の時間

▼ 分五厘位~ (5, 0.0%)

2 の入り 1 のもの, 迄に堕ち, 迄に墮

▼ 分会長~ (5, 0.0%)

1 ならびに青年会員, になつ, の角崎九蔵, は機関説排撃, をかね

▼ 分~ (5, 0.0%)

1 がいわゆる, がばらばら, その内部, で肉太, の名筆

▼ 分何秒~ (5, 0.0%)

1 から春, に始まつ, に終る, ノ一, 流しっ放し

▼ 分~ (5, 0.0%)

1 からも氣, に税関, の事, の氣, の消息

▼ 分~ (5, 0.0%)

1 なぞがどんどん, などの異常, なむしろ, にて十六万三千八百十六切, の金吹

▼ 分前頃~ (5, 0.0%)

1 から今, だったでしょう, でしょう, に三人, に交換時間

▼ 分半径~ (5, 0.0%)

2 の円周 1 で永代橋, の中, の場合

▼ 分咲き~ (5, 0.0%)

1 から五分, の輪, やらいろいろ, 満開と, 金鳳華咲い

▼ 分四分~ (5, 0.0%)

1 して, という点, とかに交ぜ合わし, と時間, に米麦

▼ 分始終~ (5, 0.0%)

2 いやどうも 1 は只今, を祖母, を聞かされ

▼ 分~ (5, 0.0%)

1 厄介に, 史之権亦, 年配さ, 暇出, 辛抱ねがいます

▼ 分汽車~ (5, 0.0%)

1 にて上野発, に揺られた, は丁, は京都, は沼津

▼ 分程で~ (5, 0.0%)

1 ムウドン駅に, 事務室へ, 急に, 済んだ, 逃げ出した

▼ 分考え~ (5, 0.0%)

1 ていた, てから返事, てだけはみなけれ, て用意, て見た

▼ 分~ (5, 0.0%)

1 でした, でも五分の由, の細い, は余り, 温表

▼ 分~ (5, 0.0%)

2 の柄忘 1 が消え, の頑丈, を敷居

▼ 分音符~ (5, 0.0%)

2 を叩く 1 のうち, や八分音符, を一生懸命

▼ 分~ (5, 0.0%)

2 りも 1 の激増, もある, も尚

▼ 分うなずける~ (4, 0.0%)

1 がこの, がその, と思います, と思う

▼ 分おくれる~ (4, 0.0%)

1 だけに恢復, のでお, よ, ように

▼ 分かで~ (4, 0.0%)

1 出かけました, 広島へ, 戸田まで, 枕より

▼ 分かも~ (4, 0.0%)

1 しれない, 知れないが, 知れませんが, 知れませんけれど

▼ 分くらいしか~ (4, 0.0%)

1 たたない時刻, ないので, 出せて, 増して

▼ 分くらいで~ (4, 0.0%)

2 行って 1 すぐすん, 弱ったが

▼ 分ぐらいしか~ (4, 0.0%)

1 たたないのに, ないの, ならんと, 居やしない

▼ 分これ~ (4, 0.0%)

1 が出征, が勝負, は定法, も去年到来

▼ 分したら~ (4, 0.0%)

1 九度一時間も, 何もかもみじん, 時計が, 田村町一丁目の

▼ 分すぎた~ (4, 0.0%)

1 あと, ときには, とき木村名人が, ばかりだった

▼ 分すれ~ (4, 0.0%)

21 ば二人, ば凱旋

▼ 分それ~ (4, 0.0%)

1 が私, です, に自分, より以上

▼ 分たちました~ (4, 0.0%)

4 から

▼ 分たまっ~ (4, 0.0%)

2 ている 1 ていた, ています

▼ 分たる~ (4, 0.0%)

1 彼れ, 水氣の, 永井啓夫に, 資格を

▼ 分だけに~ (4, 0.0%)

1 いたしましょう, して, 戸若を, 願いますよ

▼ 分ちかく~ (4, 0.0%)

1 もおくれ, 歩きました, 湯ブネに, 考へて

▼ 分づゝ~ (4, 0.0%)

1 で引受けた馴れ, の晩餐, 休むとしても, 腰掛けること

▼ 分でしょう~ (4, 0.0%)

1 がやっぱり, でもこれ, ね改造文庫, よ

▼ 分とかいう~ (4, 0.0%)

1 のに, ような, ンなら, 大婆さん

▼ 分とかに~ (4, 0.0%)

1 交ぜ合わして, 出発する, 切って, 合せたごとき性質

▼ 分とかの~ (4, 0.0%)

1 つもりで, 汽車で, 汽車の, 良く延びた

▼ 分なかっ~ (4, 0.0%)

4

▼ 分など~ (4, 0.0%)

1 いう給料, お取上げ, しなくとも, どうなっ

▼ 分にまで~ (4, 0.0%)

1 割込んだかたち, 手が, 決つたのだ, 見せて

▼ 分また~ (4, 0.0%)

1 三分二朱位までも, 十分ついに, 左から, 車中の

▼ 分まだ~ (4, 0.0%)

1 いかん, 一時間半あります, 国には, 意識モーローたる

▼ 分もう~ (4, 0.0%)

1 一時間と, 十分と, 旅館の, 積って

▼ 分~ (4, 0.0%)

1 でもいっしょ, わたしは, 登志さん, 私もっと

▼ 分らしい~ (4, 0.0%)

1 がさりとて, 奴だけ, 猩々の, 男だった

▼ 分一厘~ (4, 0.0%)

1 おなじこと, でも君, でも私, の率

▼ 分七厘~ (4, 0.0%)

1 くらいである, にしか当らない, にすぎなくなり, の棄権

▼ 分~ (4, 0.0%)

1 事, 実景, 実景を, 御供養申上

▼ 分二十五秒~ (4, 0.0%)

2 でしか, の後

▼ 分~ (4, 0.0%)

2 迄矢張り不器用 1 から紀念塔, その雛形

▼ 分以前~ (4, 0.0%)

1 に必ず, の正, の純粋経験, より打ち

▼ 分以後~ (4, 0.0%)

1 に刃, のこと, は, は三曲線

▼ 分入っ~ (4, 0.0%)

2 てゐる 1 てちょうど, てみる

▼ 分~ (4, 0.0%)

2 だけ遅れる 1 で割れ, のやくざ者

▼ 分内外~ (4, 0.0%)

1 に決勝点, のうち, の不自由, の赤松

▼ 分出来る~ (4, 0.0%)

1 ことだ, でせう, 事で, 生徒な

▼ 分出発~ (4, 0.0%)

1 した, して, で名古屋行き, よ

▼ 分十三秒~ (4, 0.0%)

2 のこと 1 にモロー彗星, に地球

▼ 分~ (4, 0.0%)

1 に永らく, の兵, を諸, ノ徒党ハ云フニ及バズ

▼ 分~ (4, 0.0%)

2 の足, を批難

▼ 分宿~ (4, 0.0%)

2 へ帰り 1 へ帰る, を出る

▼ 分~ (4, 0.0%)

1 の方, 在池沢, 窓の, 鱗の

▼ 分~ (4, 0.0%)

1 が江戸中, のおも, の傍, もお互い

▼ 分~ (4, 0.0%)

1 からはや, といっ, へやられ, へやられた

▼ 分生え~ (4, 0.0%)

2 に生えた, の髪

▼ 分~ (4, 0.0%)

1 くらいにはようやく, のところ, の決戦, の軍

▼ 分~ (4, 0.0%)

1 したの, して, そんなもの, を取っ

▼ 分~ (4, 0.0%)

1 一哨桜田門, 七日浅間御来迎を, 二の, 六哨赤坂見附

▼ 分経たない~ (4, 0.0%)

4 うちに

▼ 分義化~ (4, 0.0%)

4 前縁

▼ 分~ (4, 0.0%)

2 ぐらいの万創膏 1 ぐらいの薄, 程に切った

▼ 分進ん~ (4, 0.0%)

1 でいた, でいる, でおり, でゐる

▼ 分銀三百十一個~ (4, 0.0%)

1 をもって新, をもって米ドル, をもって米銀百ドル, を以て新

▼ 分長い~ (4, 0.0%)

1 ときで, ものだった, ものに, ように

▼ 分長く~ (4, 0.0%)

2 なるわ 1 なれば, 相手に

▼ 分~ (4, 0.0%)

3 器分の 1 器分と

▼ 分~ (4, 0.0%)

1 さ三寸位の, さ二尺の, さ六寸方言, となり

▼ 分あります~ (3, 0.0%)

1 から, がそれ, ね

▼ 分ありません~ (3, 0.0%)

1 が仕事, が恐ろしい, ナ

▼ 分いよいよ~ (3, 0.0%)

1 上りに, 時刻が, 赤石の

▼ 分おき位~ (3, 0.0%)

1 に出し, に眼界, に銀盆

▼ 分おくれた~ (3, 0.0%)

1 と云っ, のだろう, んです

▼ 分おそく~ (3, 0.0%)

1 なつたので, までとめられ, 来たの

▼ 分がた~ (3, 0.0%)

1 しまりかかった戸, 尽きて, 白くなりかけた

▼ 分きざみ~ (3, 0.0%)

1 に格子戸, に歩い, に渡つて

▼ 分~ (3, 0.0%)

2 風そよぐ 1 花生薑タオルか

▼ 分くらいに~ (3, 0.0%)

1 かける, して, 斜に対して

▼ 分ぐらいから~ (3, 0.0%)

1 ポツポツき, 五六寸のまで, 四五寸ぐらいまでの

▼ 分ずつに~ (3, 0.0%)

1 くぎって, したところ, 区ぎり明日の

▼ 分そう~ (3, 0.0%)

1 すれば, やつて鏡, 言って

▼ 分そこそこ~ (3, 0.0%)

1 でお茶, で終りました, の横浜

▼ 分そっくり~ (3, 0.0%)

1 一枚一枚外され, 渡して, 逃げられちまったん

▼ 分たったら~ (3, 0.0%)

1 机博士を, 爆発する, 荷物を

▼ 分としては~ (3, 0.0%)

1 家じゅうの, 御用御, 財産も

▼ 分にしか~ (3, 0.0%)

1 ならないと, 作用しなくなり, 通用しない

▼ 分にや~ (3, 0.0%)

1 これ程強い, 差支あんめえ, 知れたもん

▼ 分ばかりを~ (3, 0.0%)

1 その火, 小謡同様に, 標準に

▼ 分ほどしか~ (3, 0.0%)

1 ありません, かかりませんでした, なかった

▼ 分ほどずつ~ (3, 0.0%)

1 まとまった金, 受けて, 払って

▼ 分ほどは~ (3, 0.0%)

1 やはり考えごと, 当選し, 私のと

▼ 分までと~ (3, 0.0%)

1 りかへ, 仮定する, 午後三時から

▼ 分までを~ (3, 0.0%)

1 その働き過ぎる, 包括し, 席巻し

▼ 分やり~ (3, 0.0%)

1 すぐ引返した, 下加茂の, 大受け

▼ 分よりは~ (3, 0.0%)

1 一層おし, 少ない, 短かかった

▼ 分~ (3, 0.0%)

1 神でも, 糧食ヲ, 茶ト菓子ヲ

▼ 分ピクニック~ (3, 0.0%)

1 もいつ, やらないこと, をはじめ

▼ 分~ (3, 0.0%)

1 大サワギニナッタノ, 過ギルホド分ッタ, 過ギルホド分ッテイル

▼ 分~ (3, 0.0%)

1 ねえ, ねえぼっと, ねえ近い

▼ 分一地形図~ (3, 0.0%)

1 などであろう, はいつも, を一枚一枚

▼ 分一寸~ (3, 0.0%)

1 ですから, とじりじり, なれば

▼ 分一朱~ (3, 0.0%)

1 か二分二朱, と銭五百三十三匁受取, も帳面

▼ 分一私~ (3, 0.0%)

2 は其頃 1 はその

▼ 分三分二分~ (3, 0.0%)

1 と意識, ほら一分, までがあっ

▼ 分三十六秒~ (3, 0.0%)

2 同出現七時一分 1 とでもし

▼ 分~ (3, 0.0%)

2 の事業 1 は四割

▼ 分二以上~ (3, 0.0%)

1 この会社, も白紙, 同じもの

▼ 分二分三分~ (3, 0.0%)

1 こういう時, と時間, と過ぎました

▼ 分交代~ (3, 0.0%)

1 でそれで, となりました, に店

▼ 分~ (3, 0.0%)

1 がし, も分らなかった, も聞えない

▼ 分~ (3, 0.0%)

1 の二階, は不思議そう, は分家

▼ 分入り~ (3, 0.0%)

1 ければ, たる入水, て黄金

▼ 分六分~ (3, 0.0%)

1 とかに合せたごとき, にじっと, の残酷

▼ 分~ (3, 0.0%)

1 だな, にはこばせる, に発見

▼ 分出した~ (3, 0.0%)

1 中臣一族だけを, 多くの, 物が

▼ 分出る~ (3, 0.0%)

1 から結局之, だけであれ, にもかかわらず

▼ 分~ (3, 0.0%)

1 でありますから, なんて吝, 新十郎

▼ 分利公債~ (3, 0.0%)

2 の所持者 1 よりも常に

▼ 分劒沢~ (3, 0.0%)

1 の出合, の夜営地出発, の岩屋出発

▼ 分十五秒~ (3, 0.0%)

1 で千米, といふ潜水タイム最高記録, になる

▼ 分~ (3, 0.0%)

1 さ五分位の, でたたきつけ, 三分の鏃とを

▼ 分取り~ (3, 0.0%)

1 しようなんて, に類する, をほしい

▼ 分同様~ (3, 0.0%)

2 にし 1 近いうち

▼ 分四十五秒~ (3, 0.0%)

1 でした, ののち, も丁度

▼ 分四方~ (3, 0.0%)

1 にたて, にたて十四, 小さいの

▼ 分~ (3, 0.0%)

1 戦乱の, 窓着, 窓裏の

▼ 分家賃~ (3, 0.0%)

3 は三十日限り

▼ 分延び~ (3, 0.0%)

2 てくる 1 て二寸五分半径

▼ 分~ (3, 0.0%)

1 の一身, の寝顔, は横浜税関

▼ 分~ (3, 0.0%)

1 であるの, であるべき道理, などでは又

▼ 分我々~ (3, 0.0%)

1 は出発, は横浜, は読ん

▼ 分持っ~ (3, 0.0%)

2 ている 1 て来た

▼ 分搗き~ (3, 0.0%)

1 になっ, は彼, ばかり食べたら

▼ 分~ (3, 0.0%)

1 である大蔵小蔵, の所談, もその

▼ 分東京~ (3, 0.0%)

1 って街, では五日午前零時五十一分, へ向

▼ 分気分~ (3, 0.0%)

1 が重い, はい, 余程よろしい

▼ 分~ (3, 0.0%)

3 を取つたら

▼ 分~ (3, 0.0%)

1 や理論物理, をうけつい, を採用

▼ 分漸く~ (3, 0.0%)

1 三宝山の下まで, 広い道, 海抜三千百二十米突の

▼ 分無し~ (3, 0.0%)

1 だと, と, にも人

▼ 分生きる~ (3, 0.0%)

1 と思つて, 権利を, 苦る

▼ 分用意~ (3, 0.0%)

1 されて, して, するよう

▼ 分~ (3, 0.0%)

1 な云, な和気あいあい的, な活躍

▼ 分程しか~ (3, 0.0%)

1 経って, 経つて, 間が

▼ 分程度~ (3, 0.0%)

1 ですが, という急速, の極

▼ 分立たず~ (3, 0.0%)

1 と御, と思われた, と若気

▼ 分立っ~ (3, 0.0%)

1 ていた, てしまった, ても出

▼ 分~ (3, 0.0%)

1 ち, つ, つた

▼ 分~ (3, 0.0%)

1 が押しかけ, で, の見

▼ 分試し一寸試し~ (3, 0.0%)

1 に斬っ, に斬つ, の虐殺

▼ 分話し~ (3, 0.0%)

2 ている 1 て行く

▼ 分迄の~ (3, 0.0%)

1 間で, 間と, 間に

▼ 分遂に~ (3, 0.0%)

1 南穂高岳, 海岸上空に, 絶命した

▼ 分~ (3, 0.0%)

1 ぐらいです, に開放, までのうち

▼ 分~ (3, 0.0%)

1 の間, へ剣術, を一人

▼ 分違う~ (3, 0.0%)

1 ということ, というの, んじ

▼ 分金無垢~ (3, 0.0%)

1 の大日如來, の大日如来, の海音如来

▼ 分~ (3, 0.0%)

1 を三たび, を四たび, 鳴器

▼ 分~ (3, 0.0%)

1 で素人, ばかりあれ, 大絵図

▼ 分雑談~ (3, 0.0%)

2 をし 1 をやっ

▼ 分電車~ (3, 0.0%)

2 が故障 1 は無

▼ 分青年~ (3, 0.0%)

1 はだまっ, はだまつて, を三分

▼ 分あっ~ (2, 0.0%)

1 てこの, て混ぜ

▼ 分いた~ (2, 0.0%)

1 かと思う, しその

▼ 分うち~ (2, 0.0%)

1 の渡辺篤以下, は

▼ 分かけ~ (2, 0.0%)

1 て, て上つた

▼ 分かと~ (2, 0.0%)

1 存候, 思ったがな

▼ 分かな~ (2, 0.0%)

1 中が, 所詮戦は

▼ 分がらみ~ (2, 0.0%)

1 いた者, 詰めて

▼ 分がり~ (2, 0.0%)

1 にした, 頭に

▼ 分きり~ (2, 0.0%)

1 ないから, なかった

▼ 分くらいずつ~ (2, 0.0%)

1 はみ出して, 演った

▼ 分くらいを~ (2, 0.0%)

1 経過し, 要すること

▼ 分ぐらいずつ~ (2, 0.0%)

1 増してるから, 水は

▼ 分ぐらいにしか~ (2, 0.0%)

1 ならんと, 当るまい

▼ 分ぐらいまで~ (2, 0.0%)

1 工事が, 掘り下げた穴

▼ 分ぐらいまでに~ (2, 0.0%)

1 下ると, 終る予定

▼ 分ぐらゐ~ (2, 0.0%)

1 つきあつ, 歩くと

▼ 分ぐらゐの間~ (2, 0.0%)

1 であつ, をおい

▼ 分ここ~ (2, 0.0%)

1 で待っ, まで来た

▼ 分さかやき~ (2, 0.0%)

1 の浪人, の浪人者

▼ 分され~ (2, 0.0%)

1 ている, て知情意

▼ 分じゃー~ (2, 0.0%)

1 一貫じゃー, 八分じゃー

▼ 分すぐ~ (2, 0.0%)

2 前の

▼ 分すなわち~ (2, 0.0%)

1 千両の, 四時間以上かかる

▼ 分せられ~ (2, 0.0%)

1 しなるべく, て柳行李

▼ 分そこ~ (2, 0.0%)

1 にたどり着き, に立っ

▼ 分それから~ (2, 0.0%)

1 例会, 先は

▼ 分たたない~ (2, 0.0%)

1 うちに, うち微かな

▼ 分たりとも~ (2, 0.0%)

2 永く静止

▼ 分だに~ (2, 0.0%)

2 それを

▼ 分だらう~ (2, 0.0%)

1 が, と思ひます

▼ 分ちがっ~ (2, 0.0%)

1 ている, ても青地

▼ 分ぢやつ~ (2, 0.0%)

1 た, たぞよ

▼ 分つくる~ (2, 0.0%)

1 ことを, 気なら

▼ 分づき~ (2, 0.0%)

1 くらいの色, の米

▼ 分づつ~ (2, 0.0%)

1 は拔, 炊く方

▼ 分であっ~ (2, 0.0%)

1 てそれ, てはある

▼ 分であろう~ (2, 0.0%)

1 がすうっ, のに

▼ 分でない~ (2, 0.0%)

1 かも知れない, からそのまま

▼ 分でなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばならなかった, ば貴方

▼ 分とっ~ (2, 0.0%)

1 て来, て見せる

▼ 分とで~ (2, 0.0%)

2 最初は

▼ 分~ (2, 0.0%)

1 ほりは, ほり伐つたころ

▼ 分どうか~ (2, 0.0%)

1 すると, 品物の

▼ 分どうしても~ (2, 0.0%)

1 十時近くなっ, 十時近くなつて

▼ 分どころ~ (2, 0.0%)

1 から引き気味, では

▼ 分なかつた~ (2, 0.0%)

1 が今日, 殊に峠

▼ 分なかろ~ (2, 0.0%)

1 う, う野良

▼ 分なく清々しく~ (2, 0.0%)

2 明けて

▼ 分なく美しい~ (2, 0.0%)

1 女でした, 縹緻です

▼ 分なく醜い~ (2, 0.0%)

1 くせに, 顔の

▼ 分などという~ (2, 0.0%)

1 のさえ, 例が

▼ 分ならしむれ~ (2, 0.0%)

1 ば樹, ば花

▼ 分ならず~ (2, 0.0%)

1 人数も, 行手の

▼ 分にあたる~ (2, 0.0%)

1 岡本霊華といふ, 矢走千鳥という

▼ 分につき~ (2, 0.0%)

1 外国に, 西園寺家の

▼ 分にと~ (2, 0.0%)

1 お呉れやはった, 味はせ

▼ 分にわたって~ (2, 0.0%)

1 断続する, 説明演説を

▼ 分に対しては~ (2, 0.0%)

1 別に賃銀, 矢張り軽蔑します

▼ 分に迄~ (2, 0.0%)

2 昇つてゐる

▼ 分のばし~ (2, 0.0%)

1 ておくれよ, てよ

▼ 分はじめて~ (2, 0.0%)

1 名人の, 起こるを

▼ 分ばかし~ (2, 0.0%)

1 お邪魔, 前に

▼ 分ばかりが~ (2, 0.0%)

1 この料理屋, チラッと

▼ 分ばかりしか~ (2, 0.0%)

1 無いので, 這入って

▼ 分ばかりと~ (2, 0.0%)

1 云, 約束し

▼ 分ばかりにて~ (2, 0.0%)

1 モヤー来, 我は

▼ 分ひく~ (2, 0.0%)

1 三分十二分の間彼女は, 様子も

▼ 分ひどい~ (2, 0.0%)

2 人達ね

▼ 分ひらき~ (2, 0.0%)

1 一輪は, 随分きれい

▼ 分への~ (2, 0.0%)

1 御返事かく, 追加として

▼ 分ほどと~ (2, 0.0%)

2

▼ 分または~ (2, 0.0%)

1 十分と, 十分の後に

▼ 分まっすぐ~ (2, 0.0%)

1 宿へ, 帰宅

▼ 分まつ~ (2, 0.0%)

2 よろしい

▼ 分まとめ~ (2, 0.0%)

1 てもごく, て十一時

▼ 分もしくは~ (2, 0.0%)

1 三十分を, 秒を以て

▼ 分もじっ~ (2, 0.0%)

1 とさせ, としてゐられませんでした

▼ 分もらっ~ (2, 0.0%)

1 ても無駄, て主家

▼ 分やっと~ (2, 0.0%)

1 参拝者が, 祖母石村に

▼ 分よく~ (2, 0.0%)

1 なった, ねて

▼ 分よりの~ (2, 0.0%)

1 昇給者についても, 昇給者の

▼ 分よろしく~ (2, 0.0%)

1 お願, 御願ひ申します

▼ 分~ (2, 0.0%)

1 と寄っ, は

▼ 分らしく~ (2, 0.0%)

1 もねえあんまり, 先輩らしく

▼ 分わが~ (2, 0.0%)

1 旗艦松島は, 艦隊は

▼ 分ゲレン~ (2, 0.0%)

1 とは三割, の一

▼ 分コート~ (2, 0.0%)

1 の女, をふかふか

▼ 分タイタニック号~ (2, 0.0%)

1 の附近, は大西洋

▼ 分~ (2, 0.0%)

1 屑電波ダトスルコトハ早計ニ過, 紙幅ガナイカラ箇条書ニシゴク簡単ニ書ク

▼ 分~ (2, 0.0%)

1 なく又, 過ギズ

▼ 分ホド~ (2, 0.0%)

1 粘ッテカラ, 遅イ

▼ 分マッチ~ (2, 0.0%)

1 ともいいます, ともいひます

▼ 分一予察図~ (2, 0.0%)

1 にも明記, もまた

▼ 分一五万分一~ (2, 0.0%)

2 或は二十万分一

▼ 分一人~ (2, 0.0%)

1 で聴かう, で聴こう

▼ 分一時間近く~ (2, 0.0%)

2 も美奈子

▼ 分一本スギ~ (2, 0.0%)

2 のてっぺん

▼ 分一秒ごと~ (2, 0.0%)

1 でさ, にイヤ

▼ 分一程~ (2, 0.0%)

1 を占領, 閉じて

▼ 分一詳図~ (2, 0.0%)

1 の日光図幅, はいまだ

▼ 分三人~ (2, 0.0%)

1 の顔, を荼毘

▼ 分三分の割合~ (2, 0.0%)

1 で頭蓋骨, に錬り出した

▼ 分三厘説~ (2, 0.0%)

2 に折合

▼ 分三毛~ (2, 0.0%)

1 あるから, というの

▼ 分上げる~ (2, 0.0%)

1 から急い, と女っぷり

▼ 分上下~ (2, 0.0%)

1 に押し分け, 同じよう

▼ 分上手~ (2, 0.0%)

1 と云, に書け

▼ 分上野発~ (2, 0.0%)

1 で宇都宮, の急行列車

▼ 分二十三貫五百~ (2, 0.0%)

1 という牛, の体躯

▼ 分二厘~ (2, 0.0%)

1 に過ぎません, 乃至一分半

▼ 分二朱位~ (2, 0.0%)

1 までもあり, を払った

▼ 分二朱六十八文~ (2, 0.0%)

1 じゃ少し, の金

▼ 分二百円~ (2, 0.0%)

1 は例外, を入れ

▼ 分二百四十万両~ (2, 0.0%)

2 というもの

▼ 分五十分~ (2, 0.0%)

2 を要する

▼ 分今度~ (2, 0.0%)

1 の事件, は首尾

▼ 分以上五分~ (2, 0.0%)

1 までのもの, までの長い

▼ 分休毎~ (2, 0.0%)

2 によく

▼ 分~ (2, 0.0%)

2 れば

▼ 分位い~ (2, 0.0%)

1 しかなかっ, でもあっ

▼ 分位の~ (2, 0.0%)

1 が寄つて來, はば

▼ 分位前~ (2, 0.0%)

1 と思われる, へ行っ

▼ 分位静か~ (2, 0.0%)

2 に呼

▼ 分何とか~ (2, 0.0%)

1 の夕, 短縮したい

▼ 分使える~ (2, 0.0%)

1 ので動力線, 檻を

▼ 分停車~ (2, 0.0%)

1 いたしまア, すると

▼ 分先生~ (2, 0.0%)

1 はもう, へよろしく

▼ 分入った~ (2, 0.0%)

1 僻村である, 時に

▼ 分全く~ (2, 0.0%)

1 残光を, 無償で

▼ 分八分~ (2, 0.0%)

1 となる, は値段

▼ 分八秒出現雲~ (2, 0.0%)

2 のため

▼ 分八裂~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 分六厘~ (2, 0.0%)

1 と数字, なり

▼ 分其の~ (2, 0.0%)

1 後尚, 犬で

▼ 分再び~ (2, 0.0%)

1 釜谷山頂上, 雪渓

▼ 分出来~ (2, 0.0%)

1 てま, という石

▼ 分切り~ (2, 0.0%)

1 の汁, もかたはら

▼ 分刈り頭~ (2, 0.0%)

1 で田舎, の男

▼ 分刈位~ (2, 0.0%)

1 に伸び乱れ, に髪の毛

▼ 分判金~ (2, 0.0%)

1 などを買い集め, や足利時代

▼ 分利付~ (2, 0.0%)

1 で損, の公債

▼ 分利付フランス国債~ (2, 0.0%)

1 に行われた, の取引

▼ 分前ごろ~ (2, 0.0%)

1 おりて, かえり玄関

▼ 分前今朝~ (2, 0.0%)

2 は進ん

▼ 分力漕~ (2, 0.0%)

1 した農科, を十分

▼ 分十分の後~ (2, 0.0%)

2 切り上げても

▼ 分~ (2, 0.0%)

1 ッテオイテ貰ウ, 品に

▼ 分合せた~ (2, 0.0%)

1 ぐらゐ馬鹿, よりも物識り

▼ 分同じく~ (2, 0.0%)

1 九時二十分の二回に, 茄子の

▼ 分~ (2, 0.0%)

2 べる

▼ 分四十分の交際~ (2, 0.0%)

1 であらう, であろうとも

▼ 分四十分一時間近く~ (2, 0.0%)

2 も美奈子

▼ 分四寸~ (2, 0.0%)

1 である, となる

▼ 分四角位~ (2, 0.0%)

1 に切っ, に切ります

▼ 分回復~ (2, 0.0%)

1 した割合, した程度

▼ 分~ (2, 0.0%)

2 と垢

▼ 分多き~ (2, 0.0%)

1 に過, 物が

▼ 分多く~ (2, 0.0%)

1 ても十分, 諸方に

▼ 分~ (2, 0.0%)

2 さは

▼ 分太平~ (2, 0.0%)

2 やら不

▼ 分~ (2, 0.0%)

1 い様に, 敷受持の

▼ 分~ (2, 0.0%)

1 が出来る, は大声

▼ 分小森彦太郎二割五分~ (2, 0.0%)

1 ということ, と云いかける

▼ 分小田原~ (2, 0.0%)

1 で下り, へ箱根三河屋

▼ 分居せ~ (2, 0.0%)

1 むとやさて, んと

▼ 分~ (2, 0.0%)

1 というの, のススケ峰

▼ 分~ (2, 0.0%)

1 から沢, の片耳一尺八寸

▼ 分~ (2, 0.0%)

1 が一寸足らず, の二寸

▼ 分幅六分~ (2, 0.0%)

1 ぐらいの小さな, 厚三分の鏃

▼ 分~ (2, 0.0%)

1 に就職, の方

▼ 分廻転~ (2, 0.0%)

2

▼ 分弱っ~ (2, 0.0%)

1 てとこ, てところ

▼ 分強い~ (2, 0.0%)

1 口渇を, 執着だ

▼ 分彩雲閣~ (2, 0.0%)

2 の河原

▼ 分待たなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばそれ, ばならぬ

▼ 分待った~ (2, 0.0%)

1 がついに, がやはり

▼ 分急い~ (2, 0.0%)

1 で帰る, で東京駅

▼ 分~ (2, 0.0%)

2 時の

▼ 分或は~ (2, 0.0%)

1 ことによる, 二分が

▼ 分戸波~ (2, 0.0%)

1 が帰っ, が帰つて

▼ 分~ (2, 0.0%)

1 が行き届かぬ, 遅

▼ 分持つ~ (2, 0.0%)

1 てゐる, て來

▼ 分揃え~ (2, 0.0%)

1 てある, てもらいたい

▼ 分旧暦七月~ (2, 0.0%)

2 の満月

▼ 分時には~ (2, 0.0%)

1 三十分近くも, 寸余の

▼ 分時毎~ (2, 0.0%)

1 に窮する, に近く

▼ 分~ (2, 0.0%)

1 に過ぎない, に限り

▼ 分未曾有~ (2, 0.0%)

2 の御

▼ 分~ (2, 0.0%)

1 お家柄, をいれる

▼ 分~ (2, 0.0%)

1 に対して七厘, に對

▼ 分欠けたら~ (2, 0.0%)

2 何と

▼ 分~ (2, 0.0%)

1 の漫談, の話

▼ 分此女~ (2, 0.0%)

1 が少し, は国

▼ 分歪み~ (2, 0.0%)

2 もせず退り

▼ 分残っ~ (2, 0.0%)

2 ていた

▼ 分残った~ (2, 0.0%)

1 のは, 残滴を

▼ 分残る~ (2, 0.0%)

2 かふっと

▼ 分殖えた~ (2, 0.0%)

1 のと, の二分

▼ 分~ (2, 0.0%)

2 の神話

▼ 分注意~ (2, 0.0%)

1 して, を与え

▼ 分焼く~ (2, 0.0%)

1 と肉, のです

▼ 分~ (2, 0.0%)

1 ては漏し, て雉

▼ 分熱海~ (2, 0.0%)

2 までは五十分

▼ 分~ (2, 0.0%)

1 と立つ, は常に

▼ 分生産~ (2, 0.0%)

1 されること, できるやう

▼ 分~ (2, 0.0%)

1 の訴え, を以て其一例

▼ 分町人四分~ (2, 0.0%)

2 と言われた

▼ 分~ (2, 0.0%)

1 した, にせ

▼ 分発上り列車~ (2, 0.0%)

1 でした, の発車間際

▼ 分~ (2, 0.0%)

1 で伊勢路, の汽車

▼ 分~ (2, 0.0%)

1 と一緒, 高く買

▼ 分盛岡~ (2, 0.0%)

2 に着く

▼ 分目方四十一貫~ (2, 0.0%)

1 ありと, その価

▼ 分~ (2, 0.0%)

1 つてるじや, 両鎮台

▼ 分神戸~ (2, 0.0%)

1 のマルセル・ルキエン迎, へ二十分の距離

▼ 分~ (2, 0.0%)

1 である, の學ぶ

▼ 分私たち~ (2, 0.0%)

1 はまた, はベルン

▼ 分程のち~ (2, 0.0%)

2 であった

▼ 分程間~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ 分立たない~ (2, 0.0%)

2 内に

▼ 分立ち~ (2, 0.0%)

1 難しと, 難し父母

▼ 分立派~ (2, 0.0%)

1 なカンナ, に描写

▼ 分~ (2, 0.0%)

2 の穴

▼ 分~ (2, 0.0%)

1 が煎, の射撃

▼ 分~ (2, 0.0%)

1 一万円ぐらいを, 二千八百四十米突の

▼ 分終に~ (2, 0.0%)

2 金精峠の

▼ 分経て~ (2, 0.0%)

1 ば下, ば噴水

▼ 分経過~ (2, 0.0%)

1 したもの, しても

▼ 分絞り~ (2, 0.0%)

1 の昼夜帯胸, の晝夜帶胸

▼ 分經つて~ (2, 0.0%)

1 も二分, も却

▼ 分~ (2, 0.0%)

2

▼ 分~ (2, 0.0%)

1 いた, いて

▼ 分自分~ (2, 0.0%)

1 の気持, は親

▼ 分自身~ (2, 0.0%)

1 のすべて, を過信

▼ 分~ (2, 0.0%)

1 にのっ, のさはり

▼ 分苅頭~ (2, 0.0%)

1 の色蒼ざめた乞食坊主, を撫で

▼ 分蛇の目~ (2, 0.0%)

1 の熊, の熊五郎

▼ 分西~ (2, 0.0%)

1 に鹿島槍, をさして

▼ 分~ (2, 0.0%)

1 て来た, はりを

▼ 分見当~ (2, 0.0%)

1 とれる, の白金

▼ 分認め~ (2, 0.0%)

1 つつ一言, 或る

▼ 分調べ~ (2, 0.0%)

1 てから伯爵, てもみませんで

▼ 分谷間~ (2, 0.0%)

2 の温泉場

▼ 分貳朱~ (2, 0.0%)

1 から, は

▼ 分買っ~ (2, 0.0%)

1 てあります, て来ました

▼ 分足りる~ (2, 0.0%)

1 ものであった, やうに

▼ 分迄に~ (2, 0.0%)

1 限るという, 電球もっ

▼ 分近く無駄~ (2, 0.0%)

1 に歩き, に歩き廻った

▼ 分送っ~ (2, 0.0%)

1 てある, ておきました

▼ 分通り失敗~ (2, 0.0%)

2 すること

▼ 分通り彼~ (2, 0.0%)

1 の道場, の頭

▼ 分通り恢復~ (2, 0.0%)

1 して, しほ

▼ 分通り生長~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 分進んだ~ (2, 0.0%)

1 というよう, ばかりな

▼ 分遅く~ (2, 0.0%)

1 ても今夜一杯, も一時間過ぎ

▼ 分遅刻~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 分過ぎた~ (2, 0.0%)

1 時分半紙を, 針が

▼ 分過ぎてる~ (2, 0.0%)

1 ことを, よ

▼ 分過ぎる~ (2, 0.0%)

1 と灰, 頃あい

▼ 分部屋~ (2, 0.0%)

1 でスコット, もはなれ

▼ 分配給~ (2, 0.0%)

1 して, すると

▼ 分酒ポートワイン泡盛ウイスキー~ (2, 0.0%)

2 などどこ

▼ 分長次郎谷~ (2, 0.0%)

1 の出合, の登路

▼ 分集め~ (2, 0.0%)

1 てこの, てその

▼ 分雪渓~ (2, 0.0%)

1 に達す, 尽きて

▼ 分面白い~ (2, 0.0%)

1 が, 話が

▼ 分領する~ (2, 0.0%)

2 ことに

▼ 分~ (2, 0.0%)

1 に気取り, を突き合わし

▼ 分餘下つて~ (2, 0.0%)

1 居つたの, 居りこれ

▼ 分骨折り~ (2, 0.0%)

2 甲斐の

▼ 分~ (2, 0.0%)

1 轟一時止む, 轟強く

▼1* [1905件]

つて乘つたのは, 分ああなんという, 分あいていた, 分あいた茶革の, 分あこがれの北極頂点, 分あて日あたりのいい, 分あと三十分しかない, 分あなた方の幾, 分あまい方ね, 分あまりしんぼうして, 分あまりに狂へ, 分あまりクルリとふりむい, 分あまり前でございました, 分あまり変化をもっ, 分あまり立話をした, 分あらあね, 分あらざることを, 分ありやよかつ, 分ある腰かけてるのが, 分いい役じ, 分いいえもっと早い, 分いくらだとか, 分いずれも飯, 分いまさら切り合いも, 分いまして座敷, 分いやいや五厘の相違, 分いろいろ心を動かす, 分いろんな目に, 分うかがえるし, 分うけとって下さる, 分して, 分おきぐらゐに着物を着, 分おくらしてそれだけ, 分おくらせればそれだけ, 分おくれたらみんなの, 分おくれますといふ話, 分おそい時は, 分お父さんに悪い, 分お盆を借り, 分お願い申しますどうか, 分かからないかも知れない, 分かからなければ前後, 分かからぬうちに, 分かがまねばならぬ, 分かける力量を, 分かざりしが漸, 分かずつの緑青毒を, 分かたず噴煙が硫気, 分かつてゐるやう, 分かでも私を, 分かなんて奴は, 分かについて改札の, 分かので立つ積り, 分かめたので水, 分からがいつ迄, 分からにしよう, 分からも家賃が, 分がくッついて, 分がたがたぶりがわかる, 分がた口の中, 分がほどを千日とも, 分きかぬる子が, 分きしぐれつつ, 分きってあります, 分きっかりでございました, 分きつかりに出ました, 分きみたち三人を相手, 分き熾る火の, 分くらいと九文三分くらいの, 分くらいにしかならないの, 分くらいにはなるはず, 分くれて二度目, 分くれるように, 分ぐっすり寝入るん, 分ぐらいかも知れませんが, 分ぐらいが普通である, 分ぐらいじゃないかね, 分ぐらいでからになって, 分ぐらいには裏口へ, 分ぐらいまでしか許されて, 分ぐらいを除いては, 分ぐらい迄戻りました, 分ぐらゐかかつて行ける海岸, 分ぐらゐしか眠らなかつたし, 分ぐらゐしか遲れて, 分ぐらゐしてくればよいのでそのうち, 分ぐらゐで出来るの, 分ぐらゐで目的の海岸, 分ぐらゐな慈悲をもつ, 分ぐらゐのところへ押立て, 分ぐらゐの一人入りの小さな, 分ぐらゐの彼等の体, 分ぐらゐの生活費を出す, 分ぐらゐの皿形の頭, 分ぐらゐの話題にし, 分ぐらゐの道であつ, 分ぐらゐは持たせたさうであるが, 分ぐらゐは患者として残り, 分ぐらゐも経つて, 分ぐらゐ大男の私, 分こういう時の, 分こさえておくれ, 分ことに一方杉, 分これから述べるよう, 分ころ大本営に於, 分こんなかから抜い, 分高齢で, 分ごといち時に献納, 分ごろこちら〇時三十分というの, 分ごろニース市は予期, 分ごろ京浜線桜木町ゆき電車が桜木町駅ホーム, 分ごろ何者かに誘拐, 分ごろ例の山木元吉, 分ごろ寺にいた, 分ごろ局長室の扉, 分ごろ帰宅した, 分ごろ愛妾松谷鶴子の住居, 分ごろ明治昼夜銀行目黒支店に突如, 分ごろ歌川家の裏門, 分ごろ法医学教室をたずねた, 分ごろ私は事務所, 分ごろ自分と一しょ, 分さえあれば, 分さき払いにそして, 分させ箇々殲滅し, 分さもなければ御殿の, 分された三音二音, 分されなかったのは, 分されるのだ, 分しかも少分, 分しかるべく候, 分しきゃないとかいうあれをもじってみんながいつのまにか, 分しっかり受けては, 分しまつて七分しまらぬ文化文政調, 分しまらぬ文化文政調と, 分しゃべって行く, 分しゃべる大受け, 分しわは刻一刻, 分じゃてや, 分すかしてある, 分すすみすぎていなかつたら, 分すら右の, 分すらもうすめること, 分ずつが編輯され, 分ずつしか御座いませぬ, 分ずつで売り出した者, 分ずつなりとも育てられては, 分ずつを貰って, 分せしめられてしまった, 分せっせと食べて, 分せられたる人は, 分が最終, 分そのままにはなり, 分そりゃあ女は男, 分それとなく気ままな, 分そッくりあげて, 分たかちゃんの勉強費, 分たけは一寸五分位, 分たしかめるようにと, 分たちまして痛み, 分たちまち欠け始めた日, 分たち一時間たつ, 分たち一時間たちするうち, 分たち二分たちおおかた三分, 分たち五分たっても, 分たち男の手, 分たつたので自分, 分たつちまつてるぜ, 分ためる必要が, 分たらずの間, 分たらずであるがその, 分だけでの事で, 分だけでもの便乗時間を, 分だけも儲けられしめえ, 分だしていた, 分だしたなア, 分だったら明日から, 分だまっていた, 分だまったまま過ぎた, 分だろうとそれ, 分だんまりの朝太郎, 分ちかい時間を, 分ちがったとする, 分ちぢむや否, 分ちょうど時間一杯という, 分ちょっきりのもの, 分ちょッとの近距離, 分ついには脂汗, 分つけてそのまま, 分つて來たやう, 分つながっている, 分つまった謎が, 分つまり海老塚医師と, 分つめておい, 分つらかつた, 分づつはずんだのでその方, 分づつ右と左, 分づつ奮んで行きました, 分づつ祝儀を下す, 分づまりの帯透綾の羽織, 分づゝだ大けえ, 分づゝだ粒は小, 分であったろうものを, 分でありますが不幸, 分でありますれば尚, 分できるならゆけないことも, 分でございますか, 分でござんすか, 分でしたがネ, 分でしたらきょうも, 分でなかったから昼間, 分でなかつた爲彼等は, 分でなくて社会部長, 分でねえが, 分で売り払ってしまった, 分で売る気が, 分というくらいの大きさ, 分とかいふものの, 分とかで十一時で, 分とかは石高に, 分とかを写す位, 分とが双方声を, 分としての元子であり, 分としてももう十一時, 分とともに三つあげましょう, 分とに假に, 分とばなければならない, 分とまでおぼえて, 分とやらを立てさせて, 分とりまとめて一々, 分とんぼへ赴き, 分と共に常人以上の, 分と迄行かず, 分どうも宜しくない, 分どおり事のなった, 分どおり大戸をおろした, 分どおり座に見えました, 分どおり新緑美しい, 分どおり満員のバス, 分どおり竣工しかけて, 分どおり道路が乾いたら, 分どこが一番, 分ない悪さだった, 分なかつたらうと思ふ, 分なかなか手に, 分なからう野良, 分ながくなりました, 分なき渋いこのみなり, 分なくほがらかな, 分なく優しい人柄などを, 分なく可愛らしい町娘は, 分なく澄みきつて夕陽, 分なく繁り合つて平次の, 分なく黒くはなつては, 分なければという, 分などと唱え廻り場, 分などの話も, 分などもつぶさにそのまま秀吉, 分ならざるに眼光烱, 分ならぬ田舎地方の, 分なら慣れさえすれ, 分なら阿母の, 分なりしためか, 分なりたつのである, 分なりに力を, 分なりやとか見物, 分なんかないのよ, 分なんてものが, 分なんというの, 分において北より, 分における変化とは, 分にぎやかにし, 分については申上げた, 分にても国民栄養の, 分にとり立てられたもの, 分にはとやはり速い, 分によっていかなる嫌悪, 分により人口は, 分にわたる救難信号の, 分に対しても決して不足, 分に対してわづかに, 分に当たる地丸左陣の, 分に従って世用をも, 分に関する知識が, 分ぬくい処から, 分それを, 分ねえなんて先刻, 分のこって役に立つ, 分のせゐでお前, 分のちダン艇長は間, 分のち煙突のまわり, 分のねだん, 分のびるだけの滋養, 分のみ宿へ, 分のみにてもなお十円以上, 分のみを納めたに, 分のろいものだ, 分はずんでおく, 分はに谷柴たっ, 分ひくめられればさらに, 分ひでえが, 分ひと切り二朱などさまざま, 分ひろ子を意識, 分ふけるだけの隙, 分へまでもどんどん進ん, 分ほか動いて, 分ほか残りがなくなっ, 分ほしいものが, 分ほどが経った, 分ほどにもならない前, 分ほどのから長いの, 分ほどまでさしこんで, 分ほどよりないの, 分ぼんやりとその, 分うかると, 分まえである台湾は, 分まさに青山に, 分まずこの分, 分まずしき僕の, 分までには三時間あまりしか, 分までもかあいがって, 分てえな, 分みれば充分, 分むしろ零コンマ一分で, 分もさうして, 分もすつかり売り切れで, 分もった才能を, 分もと貯め込むこころ, 分もの間じっとし, 分もむうちに, 分やがて小一時間, 分やらビタミンやら, 分やらで家内同様に, 分やらを取って, 分やりとげる自信が, 分やれるということ, 分ゆとりのある, 分ようやく大赤石, 分よこしてくれただろう, 分よでせう, 分るるは止む, 分るれば則, 分れざる獸の, 分わかっていた, 分わからない文字を, 分わかりきっている, 分わかると思います, 分わりにうまく行ったらしい, 分われらも發足, 分われるのだ, 分て橘, 分をだに守りな, 分をば辛うじて清書, 分をへそんなアコギ, 分をまで女の, 分をもって東京に, 分を通して居る, 分アダリン二錠ソルベン四分の一錠投与の指示, 分アフイミアは汁, 分アレバ足リル神経ヲ遮断スルノデアルカラ, 分イヤサ御主人, 分オリジナルの部分, 分カレイ・ドウヴァ間の汽船, 分カ十分デ直, 分キチキチと袖, 分キッカリに, 分キツカリですよ, 分キュッと駒, 分ギヨティーヌの大きな, 分クロオスを裂かなけれ, 分グライ続ケルンデス, 分グライ一人デ寝室ニ待タサレテイタ, 分ケ致シマス浄土宗ト限ッタコトハアリマセン日蓮宗デモ結構デスッテ云ッテマシタガネ, 分サバよんで, 分シタ時分突然春久ガ廊下ノドーアカラ, 分シテ茉莉杏奴類ニ平等ニ与フ, 分シャイデックに着く, 分シ操ハソノ二分ヲ占メ, 分ジッとしてゐる, 分ジリジリとその, 分ジンの煤けた吊り, 分スフ三分という布地, 分セバストーポリ発ハリコフに向う, 分タイタニックが船首, 分ダテ位になっ, 分与フ於菟ハ志げ, 分チョッキリで導火, 分チンピラ君たちはビクビク, 分て居ます, 分ッテイタガ中ヘハイルノハ始メテダ, 分ッテマスヨイクラ痛イト仰ッシャッテモ手ノコトダカラ心配ハナイ, 分ッテモ却テソノタメニ興味ヲ惹カレテ, 分ツナリ識ト才トハ何人ニテモ兩ナガラ之ヲ具スト雖ドモ必ズ長短, 分テ三ト爲スコトヲ得ヘク第一線ハ則チ海軍ヲ曰ヒ, 分テ事ァ後で, 分デナク一日モ二日モ一年も二年モ, 分デンワもきく, 分ト云ウカラ五分ノ損ダカラヨカッタソノ替リニハ, 分ドライヴして, 分ナイト云ウ大兄ガ返事ヲ見, 分ナルガ爲メニ日本大多數國民, 分ナル優勢ヲ持シテ各々, 分ナレイ沢の右岸, 分ニウカヾハルヽサテれんげさうハ, 分ニモ見当ラズ唯怪, 分ニースはランピア港, 分ニ伊丹ヲ立ッテ二時ニハ羽田ニ着イタノヨ, 分ニ伸バシ滑リ台ノ傾斜ヲヤ, 分ニ候ヘバ侍ノ冥加アリテ, 分ニ割り一分ハ大村の村瀬, 分ニ豫備運動ヲ行イ, 分ノルゲ号は静か, 分どふ, 分ハネ宿へ帰り, 分ハ大村の村瀬, 分ハ残ラズ断ワッタ故段々, 分バカリ待タサレテイル間ニ同博士ト談話, 分バッサン・アヴァルの岸, 分ヒマのかかる, 分ビクターの吹込, 分ピカデリー街に於, 分ブラブラして, 分ブルブルと飛び上っ, 分ホイホイ出す人, 分ホテ・グリへ服部良一, 分ホド経ッテスッカリ涙ガ乾キヽッテカラ予ハ布団カラ顔ヲ出, 分デ待つ, 分マンマ食わせること, 分ムダ話ののち自転車, 分モ経ツト又尿, 分ユニバーサル機は東京, 分ヨコシタカラ亀沢町ヘ行ッテアニヨメニ話シタラバ, 分ラズ浴室ヲ出, 分ラナイガオ爺チャンコソ何カシラ感ヅイテイラッシャルノデハナイデショウカト乙ニ絡ンデ云ウ, 分ラナイガ何処カソノ辺ヲ通リ過ギル時ニピイピイト, 分ラナイガ大工ヲ呼ン, 分ラナイケレド顔ヤ姿ノ綺麗サニハ感心スルワ, 分ラナイヨウニ眠ルガ如ク死ンデ行キタイ, 分ラナイ不安ヲ密カニ怺エツツ, 分ラヌトイウモノダナント私ガ書イタモノナラ読ムウチニケン語ガスミハシマスマイ大勢ヲ取扱ウ者ガ此位ノコトニ心ガ附カズバ, 分ラン僕ハアンマリ浄吉ノコト, 分リマセンガジヤガイモサンハ大ヘンナオ寝坊サンデシタカラ, 分リマセンガ其ノ殺害, 分リマセンケレドアタシハ浄吉ツァンノ気持ガ少シ変ダト思ウ, 分ル通リ当工場ハマサニ, 分レジナ駅発の汽車, 分レテ英國艦隊ヲ本, 分レ下垂シテフサノ如シ白色ニシテ微緑, 分レ遂ニ封建ノ治, 分ロマンティックであったが, 分ロミオの口, 分ローマン主義四分というよう, 分一ぐらゐは分けて, 分一だしほんの大体しか調, 分一といへるに, 分一の関発平泉へ出発, 分一ツ貸して, 分一万分一にも足らぬ, 分一世紀これまた注意, 分一九秒はまだどんどん, 分一予察地質図に拠る, 分一体異らぬ他, 分一個ぐらいの割合, 分一兩一ヶ年に納金, 分一円もらって, 分一円十六銭出方に大枚二十銭, 分一分の嬌めいて, 分一分の遅刻もなく, 分一分キチキチと袖, 分一分一厘一厘が政元, 分一分三十秒とたっ, 分一分肉へ食いこん, 分一厘一厘が政元, 分一厘残汁同上二厘だいたい残飯生活, 分一厘肉二分という, 分一厘間違い無しに証拠不充分, 分一右森尻村の皮田, 分一図日光図幅には中岳, 分一図葉は緯度, 分一地図にはない, 分一大である, 分一寸スルスルと障子, 分一寸三分とうなだれる, 分一寸二分一寸三分とうなだれる, 分一年貢においては違乱, 分一度にのん, 分一斉黙祷私も焼香合掌, 分一日三度お米, 分一日光図幅である, 分一時間の立話, 分一時間昏睡に落ちる, 分一毛を減ずる, 分一点の違い, 分一発の原子爆弾, 分一秒奈良崎の刀, 分一秒血が冷え, 分一程度である, 分一空間を考え, 分一緒にお茶, 分一行は息, 分一裏返しに丸く, 分一郎の姿, 分一金峰山図幅に東沢, 分一銭宛ですが, 分一隆起に達した, 分一馬さんは六時九分, 分丁度短刀のな, 分買って, 分七八人の中, 分七冊のみを実隆, 分七分とヒカリモノ, 分七度五分と二三度, 分七百円薬が二千百円, 分七秒で泳ぎ, 分丈何時も過ぎる, 分丈時間を置い, 分丈約束するから, 分は十二日午後一時, 分三〇秒が使用, 分三ツ岳寄りの平ら, 分三ノ宮発の一・二等特急, 分三両余の不足, 分三八秒四の世界, 分三分のかねあいの, 分三分の一に出でず, 分三分の兵字構えとなる, 分三分の兼ね合いというところ, 分三分の眼くばりで, 分三分の考慮中で娘, 分三分五分十分もかかる, 分三分前までは確, 分三分小鼻も隠れた, 分三十一秒です, 分三十両を私, 分三十二秒六でマーシャル, 分三十分の間を永代橋, 分三十分私はまるで, 分三十分間の心臓運動, 分三十匁ほどが最大, 分三十四五秒で四百, 分三厘三毛ほどに当たる, 分三厘冬瓜は零弐厘, 分三厘弱の増加, 分三厘強ずつという見当, 分三厘水分五割二分から成り立っ, 分三合たてつ, 分三宅坂四時四十五分には桜田門, 分三寸七分四寸である, 分三年前に借りました, 分三度一汁五菜二汁三菜位はつける, 分三文で買えた, 分三時四十分五時二十五分の市況をきけない, 分三朱くらゐは, 分三朱村方の損, 分三田平小屋七時十五分長次郎出合七時五十分着八時三十五分出発, 分三秒いくらかぐらいであった, 分三秒プラスという極端, 分三窓の頭, 分三角点の下, 分三食の一度, 分上りには三十分, 分上下共ニ端円ニシテ首尾同ジ, 分上海行の急行, 分上野停車場前集合, 分上野発仙台行の列車, 分上野着円タクで家, 分上野駅で岩井, 分下ったんだ, 分下つた譯である, 分下ると申します, 分下呂着湯の島館へこ, 分下女のツル, 分下関着東宝支社の連中出迎, 分不二屋旅館へ落ちつく, 分不如意じゃに依っ, 分不孝な申分, 分不足する時, 分且時代亦遠, 分両方で九匁六分, 分両船の距離, 分中ノ谷の露営地出発, 分中京畿を対象, 分丸諳記さ, 分久しく日が, 分之者に申し聞け, 分九兩入れました, 分九分だけを用い, 分九厘平均位になっ, 分を奈何, 分予ガケシカケテ左様ニシムケタ気味合イモアル, 分予定より少し, 分予定通りインターラーケンの停車場, 分予約した, 分の様子, 分二〇秒一九度二分四〇秒というよう, 分二三の興行物, 分二三百発一昼夜にすれ, 分二二秒とした, 分二人之説, 分二分の賭博にも昂奮, 分二分一分ジリジリと, 分二分三分しわは刻一刻, 分二分三分の後は一大衝突, 分二分三分五分一寸スルスルと, 分二分三分私は彼女, 分二分斗の本, 分二分現金を紙, 分二分甲板には殘, 分二分間を措い, 分二分黒岩万五の腰, 分二十一貫五百の女, 分二十一貫五百匁が歯力, 分二十九秒五であります, 分二十五分と時計打, 分二十何秒かだ, 分二十円足らずのその, 分二十秒以上かかったと, 分二十秒廻転したこと, 分二千七十米の峰頂, 分二厘かいなそれを八厘, 分二厘真向上段大上段頭の頭上, 分二合くれる大, 分二合何勺よりは多い, 分二四秒だけ短, 分二寸四方位の四角い, 分二時には家, 分二朱判金等のあらゆる, 分二朱賄の代, 分二朱酒が一升百六十四文, 分二朱金巾筒じゆばん, 分二朱頂戴いたしましたが, 分二百とかの金, 分二百圓を入れ, 分二百石八人扶持の矢島, 分二秒ぐらいで泳い, 分互いに止まりました時, 分五セコンドの後, 分五三秒とし, 分五両一分なんという, 分五円六十銭払った, 分五分のがある, 分五分のようなれども, 分五分一郎の姿, 分五分位づゝ水は高, 分五分十分もかかる, 分五十七分の附近では湿度, 分五十八秒いくらかぐらいで, 分五十六分五十七分の附近では湿度, 分五十瓦のパン, 分五十秒で爆裂, 分五厘ぢやどう, 分五厘ダテ位にした, 分五厘上つてさうし, 分五厘下落し其の, 分五厘人口に於い, 分五厘値下げすること, 分五厘子は吾人, 分五厘強位十時二十分ハネ宿へ帰り, 分五厘本来無一物の洒々落々, 分五厘正中ニ稜アリコヽニテ厚サ五分上下共ニ端円ニシテ首尾同ジ, 分五厘自分以外の人間, 分五厘風鈴の, 分五厘餘の下落, 分五時二十五分の市況をきけない, 分五立を出ない, 分五銭にし, 分井戸沢の野営地出発, 分りといふ, 分交替としましょう, 分京宝の小田, 分京都を発ち, 分京都発第二こだまニ乗ル, 分京都着一先づ松吉旅館へ落ちつく, 分京都着大文字屋へ, 分京都駅前集合, 分の出盛っ, 分人口に於い, 分人形箱などあたふた, 分人間も一生懸命, 分今夜は家, 分今日は中止, 分仏国大使の乗った, 分仏茶屋で暫く, 分仕上げ続いて先月, 分ノ六七分ハ頸椎, 分付するを蒙り, 分以上かんがへない, 分以上ズーッとキャメラ二台, 分以上ハ草木生セサル程, 分以上モ前ナンダケレド, 分以上モ所謂ネッキングヲ恣ニシタ, 分以上モ途中デ時間ヲ費シテ, 分以上一時間位です, 分以上一時間近くもしやべつ, 分以上五箇月分となり, 分以上大学の一流選手, 分以上殆んど, 分以上洟をかまず, 分以上経過すれば, 分以内でぶッとばすこと, 分以内ニ全島ガ爆破スル注意セヨ, 分以南に流氷圏, 分以示勇猛状時或酔後夜行, 分仰向けに寝そべっ, 分が悪かっ, 分仲よしだつたね, 分なり, 分伊東行きの列車, 分伊藤夫妻迪子バーミングビユルガ姉妹京極篠原高田寺井昌谷世良仙石に送られ, 分休んで眼, 分休息した上, 分休憩の筈, 分伯母の肩, 分伸び疑いと, 分伸びたさうです, 分伸び打消しが一分伸, 分位あとには身體中汗, 分位いしか時間, 分位すると不意, 分位づゝ増してるから, 分位づゝ水は高, 分位ほか無かった, 分位一番下の二重丸, 分位一%を含む, 分位丈は八尺位, 分位夜六・八どまりの有様, 分位手の痛く, 分位推定一尺長さ以上, 分位熱を出し, 分位腹も背, 分位蓋をし, 分低かったら世界, 分住職という, 分佐世保着軍艦見え飛行機, 分体全体で飛び上っ, 分体操や休養室, 分体重はただ, 分体重十二貫と少し, 分体量は十八貫目足らず, 分体量十三貫に足りなかった, 分何れも無銘, 分何円とかかる, 分何秒何分の一そして馬, 分余り三人は何事, 分余り休憩して, 分余り石子刑事には三時間, 分余分に頂戴, 分余春を迎え, 分余東海道行の列車, 分作らねば成らぬ, 分作以下ですから, 分使つた, 分使いまするより遥か, 分使つてゐる, 分られるなら其の, 分侠三分なり, 分保っていなけれ, 分信じたこととして, 分借りてこの, 分借りたのを, 分借用申処実正に御座候, 分はやはり, 分倫光の短刀, 分倹約するとは, 分偃松帯に達し, 分停車驛だったので, 分せ者, 分偽造のアイビキ, 分の間, 分働きさえすれ, 分儀ブリキの小, 分儀定規望遠鏡軽気球竜骨等機械が多い, 分優等なり, 分のまま, 分先ず山砲の, 分先刻お話し申した上等, 分の上, 分レルトカセアケガ段々, 分入らねばならぬ, 分入り川の流れ, 分入ればだ, 分入れた財布を, 分入れた分と私は, 分入れる処ぢや, 分入手して, 分全体で三, 分全力を尽くした, 分全部の敷金, 分八丁湯附近にて昼食, 分八分の配当を得よう, 分八分五厘という高利, 分八分八分となる, 分八厘四毛であったと, 分八百円ずつ取る, 分六七俵は取れる, 分六三金これも負けず, 分六分の殘酷な小作, 分六分位の割, 分六割の形勢, 分六十三年にわたる多彩, 分六厘水分七割八分余から成立っ, 分六右衛門さんとあたし, 分六飯に大, 分兵攻江差取之, 分其効果を奏する, 分其職業などは探り, 分内親王殿下御誕生, 分内輪の貧乏神, 分冬七里役一両三分と定めたい, 分凍りて三分の未練, 分出しますと, 分出せしめる様に, 分出来たらにしましょう, 分出棺した, 分出生致し候, 分出発一時間にし, 分出発剱岳頂上午後零時三十三分着一時出発, 分出発十時四十分藤橋十一時五十分着昼食, 分出発地獄谷五時三十五分別山乗越六時五十分三田平小屋七時十五分長次郎出合七時五十分着八時三十五分出発, 分出発弘法小屋八時三十分着十時十分出発, 分出発熊岩十時十五分長次郎頭十一時二十分着十一時四十分出発, 分函館西部から発火, 分にし, 分の葱, 分刈マイナス三分刈などと云う, 分刈一分刈さえある, 分刈三分刈一分刈さえある, 分刈中折帽紋付羽織袴靴凜とした, 分刈私より八つ, 分刈頭鉄縁の強度, 分刈頭顔の色赤, 分判丁銀取交ぜて, 分判南鐐丁銀豆板のたぐい, 分別山乗越六時五十分三田平小屋七時十五分長次郎出合七時五十分着八時三十五分出発, 分別府著別府には大正八年夏一たび, 分利つき無記名手形, 分利付市債ヲ交付ス, 分削ったってこの, 分前ごろ家を出, 分前ごろ待合にかけます, 分前みんな集る, 分前もみじ旅館の玄関, 分前プラットフォームに出, 分前並木道だよ, 分前京宝の小田, 分前位まで宅, 分前倒壊して, 分前借して, 分前借りでもさせ, 分前六時です, 分前外へで, 分前大地の鳴動, 分前女房見物でホテ・グリ, 分前客が帰らない, 分前彼はいきなり, 分前後一日二回ずつ発熱, 分前徹夜である, 分前払いでなければ, 分前技術を社会, 分前新任されたばかりの, 分前方の, 分前時計の針, 分前東京及び湘南地方, 分前清水が会, 分前目黒駅前ですか, 分前秀陳がさっき, 分前金として, 分前銀座裏のふた, 分前面に展開, 分前高橋兄貴より招待, 分剣気つつみて, 分と一字一字力, 分割りを与え, 分劃するのは, 分劣つて居る處, 分労働者なん, 分動いたと見る, 分勝つ自信は, 分勝る有つて, 分勤王派が三分, 分北上したところ, 分北北西に向け, 分北日本は六點二分, 分北緯三十二度六分桑港ヲ隔タル海上八百三哩, 分北緯三十六度九分のところ, 分北緯五十二度六分女王シャーロット島を遠望, 分医者にもかける, 分十一時にはそれ, 分十七秒を費した, 分十二分の間彼女は何, 分十二秒二着は髯将軍, 分十五という数字, 分十五分以内に急, 分十五貫といえ, 分十円先払いして, 分十分の演説が續, 分十分七分と時計, 分十分二人は戻っ, 分十分以内に消し止める, 分十分十五分沈々として微動, 分十分新子の来る, 分十四秒と出る, 分十年程も前, 分十秒さうかと思ふ, 分十秒台で泳い, 分千円以上一万円くらいの差, 分が七度八分, 分午後は三十七度五分, 分午後九時一分であつ, 分午睡流石ニウマク, 分半余りもあっ, 分半分なりとも做, 分半日はかかった, 分半頃からは五分の入り, 分に向っ, 分南京発上海行の急行, 分南京豆も五割, 分南嶽の頂上, 分南方の水平線, 分南蛮鉄の只一本, 分博多発十一時四十二分小倉著市中を見物, 分占領するん, 分危険な権道, 分厚みの一枚板, 分厚ミ一方ハ四分五厘, 分原稿用紙一枚以上二枚以内でまとめ, 分や, 分及び硫酸分の, 分及第する気, 分友情郷党関係の下, 分反省の心, 分取ったおもちゃを, 分取られると思っ, 分取りいたしたり, 分取り立てて見する, 分取ろうとの興味, 分取入れるといふ, 分古い話, 分古奈温泉に行きました, 分なり急い, 分可愛がつて, 分可能であると, 分はごく, 分右岸に頗る, 分右銃ハ元より六丸込ミ, 分方面の, 分合せて約, 分合計どう見, 分吉田松陰崇拝であった, 分吉田磯吉が指定, 分吊した後同じ, 分二圓十錢, 分名古屋発のさくら, 分名古屋駅発帰京の途, 分吸収を容易, 分呑み込めるのである, 分周馬四分の力とみ, 分咲いた躑躅の, 分咲きかけてゐる, 分咲きで物売りの, 分品川発下の関直行, 分品川行きの列車, 分唐津発十二時半佐賀駅にて高谷寛, 分喋つて行く人, 分喋りすぐ引返し, 分喋りまくって吹きとばし, 分喋り得たのに対し, 分喋る吉野大, 分喜捨するよ, 分で啣, 分囚人と話, 分四〇秒というよう, 分四人扶持ずつ岡野, 分四分の混合に平麦, 分四十三秒ぐらいで泳い, 分四十八秒完全潛入四時四分八秒出現雲のため, 分四十八秒完全潜入四時四分八秒出現雲のため, 分四十分湯につかっ, 分四十秒を費し, 分四厘人口総数の二割七分八厘四毛, 分四厘六毛に当たり, 分四厘柄までを極太柄, 分四方くらゐの, 分四百円もあったら, 分四角ぐらいの大き, 分困るわ, 分は未だ, 分にはひっ, 分をふんだ, 分地下鉄道へ五分, 分を歌別, 分坐れば二十分の徳, 分城崎豐岡大地震大火, 分ながら今に, 分堅固で暮らせよ, 分堪能して, 分報いることが, 分報酬請求書の件, 分である, 分境地には大小, 分増さないでも仕方, 分増しを通例, 分夏七里役一両二分冬七里役一両三分と定めたい, 分夕方五時ごろから七度五六分, 分に二朱銀, 分外し得たといっ, 分外国人三分という割合, 分多く討死した, 分多市の姿, 分は満員, 分夜寢しなに殘, 分大きくも呼吸, 分大きな声で, 分大噴火盛に熔岩, 分大噴煙同五時十五分轟聲一時, 分大塚から高円寺, 分大家にてくらし候, 分大志五分であったの, 分大町着直ちに出発, 分大阪発村山社長素川君等見送られる三ノ宮, 分降ったらすぐ, 分天引き詰り競馬場, 分天王寺西門の鳥居, 分天青瑠璃亦甚清浄表裏, 分太刀どころかな, 分失敬した, 分奥羽線上り急行列車が田端駅附近, 分女七分位なるが, 分女房来り徳山, 分女王シャーロット島を遠望, 分好意を与, 分は手術室, 分を罰する, 分孝行するだぞ, 分學問の力, 分宇宙に迷, 分宇野浩二より来信, 分安いものを, 分安全に乗り上げさせ, 分安心して, 分定時発車だ, 分宛三区に分つ, 分宛前納すること, 分宛手当が出た, 分宛生命を縮め, 分宜しく頼むの, 分宜しゅう頼むがに, 分が来る, 分はすぐ, 分家並に又, 分寄つて行く位, 分寄り道しても, 分密着して, 分寝台車なしの, 分察して居ります, 分察せられたことです, 分察知して, 分實行せられなん, 分対坐して, 分対手に分らせた, 分小さな蝉ぐらゐあつたと, 分小倉著市中を見物, 分小判と称する, 分小夜子に未練, 分小尾悦太郎老と樋口, 分小舟の画面, 分小説の如き, 分小鼻も隠れた, 分少し前から, 分少年が猫, 分尽きたれば, 分尾根の一角, 分尾端右方に曲がり, 分局出張にし, 分居たきりで, 分居所が分った, 分の中腹急峻, 分山々に未だ, 分山可有之候, 分山稜に達す, 分山際葛野両勇士麾下, 分山麓熔岩上一列に七個, 分岐阜発くた, 分岡田を怒らした, 分岩屋の大, 分の頂上, 分島々駅に着いた, 分島君さんの恋しい, 分島田九時前でした, 分崇拝者又は頭山満, 分崩御あらせられたと, 分崩群雄の競い立っ, 分の下流, 分川棚温泉よ左様, 分川越の貸座敷大黒屋善六様, 分工場の養蚕所, 分差切についた, 分巴里から家主, 分帝国ホテル演芸場へ大倉浜口家結婚, 分帰京した, 分幅一寸長さ一寸五分, 分幅一寸六分あり鎌倉, 分幕府の基礎, 分平均した標準値, 分年度末の決算, 分韻, 分久しゅう願います, 分幾錢といつ, 分広島市中央部の上空, 分広島発の列車, 分店ニシテ震災ノ後, 分ヲ散歩スル, 分廊下の向う, 分へ通, 分を出, 分延着しますが, 分延金慶長金十匁三朱太鼓判竹流しなんと, 分たり, 分の活躍, 分を以て給する, 分引かれるので眠い, 分引モタヘズ詣テ, 分強かどうも俄然悪くなっちまった, 分強か八分弱だ土曜, 分強今夜は例年, 分強硬なる決心, 分強調子は鼻, 分彼女に訊い, 分彼岸の中日, 分彼我の距離漸, 分往復で, 分往復四回駆けて, 分徂徠の書, 分待たされ漸く帰る, 分待たされましたから多分, 分待ちましよう, 分待ち給はでは, 分待つてゐなけれ, 分待つた為めに, 分後れた考察と, 分後れました夕焼け少し, 分後モ一度測ッテ, 分後ラファエレは心配そう, 分後一つの林, 分後一大音響と共に突如, 分後二人は夜, 分後彼女はやっと, 分後微かな足音, 分後悔はし, 分後我々は茶, 分後戒壇院の重い, 分後日比谷公園内のどこそこ, 分後正門近くでお, 分後殊勲の二水夫, 分後殊勳の二水夫, 分後白前掛, 分後私は以前, 分後私達はまるで, 分後苅谷氏は探偵猫, 分後頭部が痛む, 分徑圈相交叉して, 分御願ひ申します, 分心して敵の, 分心得にて端々聖, 分心臓の鼓動, 分を入れ, 分念入りに手当て, 分忽ち八九歳の, 分思い知らせる為に, 分急げば外, 分怪しいんだ, 分恢復しきらずに, 分悟つてゐるやう, 分なれども, 分意識の上, 分愛宕山上より黒煙噴出, 分愛玩するに, 分愛翫するに, 分感じさせる題な, 分まなけれ, 分憧れの頂き, 分我らのもっとも, 分我等の最も, 分我艦隊は当, 分或いは黒だけ, 分戦前に比べれ, 分戰爭へ出られる, 分手帛を動かした, 分手時不期生前首, 分手綱ですか, 分打っても声立つる者, 分払うんです, 分承知したれど, 分技術上の光彩, 分抔ト唱廻場留場ト号シ銘々私ニ持場ヲ定, 分抱負が実現, 分押して今日発向つかまつる, 分押し出されていない, 分押鐘博士を通じて, 分拱廊の吊, 分へてまた, 分拵えさせてくれ, 分持て来い水引も, 分指圧をやる, 分振っている, 分捨て置きがたく是非, 分掛かって包み, 分探偵小説が流行, 分掻き濁してゐる, 分描き出されて居る, 分握飯をせしめた, 分損するの, 分の握り飯, 分がありまし, 分擱筆とある, 分支那間へ持っ, 分支配人が奥, 分放置して, 分政友会を訓練, 分政友會を訓練, 分效用はある, 分教えられた道だ, 分教師に教わり教わり, 分数十分のうち, 分敵味方とも砲撃中止, 分敵艦隊は突然, 分敷ける広大な, 分文明の有難, 分文芸ビルへ行く, 分の本, 分小説に, 分新橋発神戸行の直通, 分新橋着の列車, 分方他所のもの, 分方出来上つた頃, 分方色変りがし, 分方開花して, 分をおも, 分が当, 分既に大人達は, 分の光, 分日本では忙, 分日本橋の都銀行襲撃, 分日本的な性格, 分日米両艦隊, 分や橋, 分早かったらという, 分早ければ一人, 分早めて貰, 分早目というよう, 分早目三十分早目というよう, 分明也更難遁其咎之旨, 分明瞭な事実, 分の勢多郡上川向村大字宗甫分, 分春三郎には想像, 分昼寝をし, 分時前までは文三, 分時前夢に渠, 分時計をおくれしむ, 分時間位の間, 分時間内に生命, 分時間毎にその, 分時間馬を立て, 分晩いばかりです, 分普通の兵卒, 分晴れやかに笑, 分智的才能者の足, 分智頭行の汽車, 分暑いに相違, 分終る, 分書きためていた, 分書孝経跋橘録跋冲虚至徳真経釈文跋青帰書目蔵書目録跋活字板左伝跋宋本校正病源候論跋, 分最初の鞍部, 分最愛の絶頂, 分最早何も, 分最短距離十円の切符, 分に一両二分四人扶持, 分月代優がたの浪人, 分月代毛を生した, 分月代程度に生え, 分月代鐘なんか叩い, 分月曜会というすさまじい, 分月題の子, 分有明駅着少し休む, 分の事, 分朝鮮の王樣, 分から今日, 分期限の借換え, 分木村八段の先手, 分本因坊紙をうけとり, 分札幌に着い, 分杉田医師帰宅面会謝絶の指示, 分杉田医師来診病状経過を報告, 分杉田子衣水子木川子など付添, 分材木を投, 分ノ宮発, 分へ飛ん, 分東上急行車の発着, 分東京会館へカブキヤ, 分東京着です, 分東京着専務支配人樋口以下揃って, 分東京駅へ女房, 分東京駅発下関行急行は欧亜連絡, 分東京駅発大阪行の一二九号列車, 分東京駅着文ビルへ急ぐ, 分東京駅着高槻の迎, 分東北東に向っ, 分東沢の合流点着, 分東沢分校に到着, 分東海道の上, 分東経二十三度六分の地点において楊博士, 分東経百三十度七分の洋上であったと, 分東経百三十度五分の海上を彷徨, 分東西にわかる, 分松本発信鉄にて七時三分大町着, 分松葉の女将, 分板二枚一・七〇也買って, 分板屋出発金精峠に向う, 分板鉛の軽い, 分林道を栃本, 分と, 分果せるというもの, 分枝自身が信用, 分の家, 分校前に記念撮影, 分根深いのじゃ, 分となっ, 分の契り, 分桑港ヲ隔タル海上八百三哩, 分桜会の咲子さん, 分桜木町発東京行省線電車が新橋有楽町間, 分梅田着の上り列車, 分梓山発日野春に至り, 分梨枝子へ三分, 分打てぬ, 分椅子にもたれた, 分椎名町支店長とムダ話, 分楽しめるのである, 分構えたままで動かなかった, 分横四寸七分深さ一寸三分の箱, 分横尾の谷底, 分欠乏営養不足ですから, 分次第では馬, 分歌漫談をやり, 分の列車, 分止むを得ません, 分正に丑満すぎとは, 分此処に居, 分此日夷人ヨリモ奉行ヘ引合邸留守居, 分武家六分と言われる, 分武男は分隊長, 分歩いても十分, 分歩いたところで, 分死んでからでも返し, 分ってるきれい, 分殺しという重罪, 分母上を新宿駅, 分母屋の六畳, 分毎日その日, 分毎秒さながら薄氷, 分その汽車, 分比例にて水田玄米, 分比率からその, 分毛布中に臥し, 分毫も相違ない, 分毬栗頭の筋肉質, 分を附けちやあ, 分永田青嵐逝く, 分をぶらつく, 分江口に支配, 分池ノ平に向っ, 分沈々として微動, 分沓掛発の列車, 分沓掛着同十一時五十八分, 分沢山の事, 分泣きじゃくっていた, 分洋銀二十枚此代金札二十二両外に三歩手数料, 分津崎左近が助太刀, 分活劇的なところ, 分活気が段々, 分浄土山の西側草原, 分浄土山最高点此処にて長次郎等, 分眠状態, 分浦上の中心松山町, 分浦上一帯は火, 分海上三里の彼方, 分海抜三〇四六メートルの塩見岳絶頂, 分浸けられていた, 分さ一寸三分の箱に, 分深い睡眠に, 分りという, 分混むのね, 分混紡で今に, 分混血児だ, 分渋谷へ三十八分, 分減ずるがゆゑ, 分渡さんならん, 分渡辺を誘っ, 分温くいから, 分につかっ, 分湯煎にすれ, 分満場悉く感動, 分溜めて持っ, 分滑れば落ちね, 分滞っている, 分滞留したのち, 分滿足して, 分滿足すること, 分漕げることに, 分漫談し新, 分漬けて布巾, 分激しかつた, 分激震と同時に, 分火葬場に到着, 分炊けないことも, 分烈震後十五日午後一時四十二分まで缺測, 分無いのだ, 分無かったのです, 分無く容貌室中に, 分無くする知恵を, 分無事に閉演, 分無事四ツ谷へ下山, 分無銘ではある, 分無銘白鞘の短刀, 分煮ますからつまり一時間半, 分熟しきつて, 分が出ました, 分熱海着つるやへ清, 分熱海駅発で砧村, 分熱海駅着十一時四十分の伊東行に乗車, 分爆聲止む續, 分の種, 分爲替相場が騰貴, 分貝谷の, 分干竿, 分物一つを僕, 分独逸百貨店の同じく, 分狭い監房の, 分い監房, 分が出来る, 分猫又の池, 分率等はこの, 分玉店主はまがい物, 分珊瑚玉の緒締, 分らしいおみやげ, 分現れてる松岡緑芽の, 分現場へ行っ, 分現金を紙, 分理由のある, 分理解されて, 分甘い人生をのみ, 分甚だしきに到っ, 分生きている, 分生きたのだ, 分生活が出来た, 分用心して, 分の稲, 分田畑に雪, 分申出候, 分は無論, 分甲板上にて戴冠式, 分しこんで, 分男の子が生れ, 分画する最も著, 分画家に三分の割合, 分畏れ縮んで居り, 分いて, 分異なりて己, 分異常な興奮状態, 分疏五本各十巻, 分病人が多い, 分病気のため当地, 分発のに十分, 分発ハルビンに向う, 分発バルパライソへその, 分発信局は大塚, 分発博多行急行にラッキーストライク, 分発博多行急行発車の十分前, 分発名古屋へ二時, 分発展性のある, 分発急行列車富士号の方, 分発新潟行へ乗る, 分発東北本線上野行に乗りこん, 分発横浜行きの列車, 分発生せる事変, 分発車しました, 分発車中雑詠選に没頭, 分発車藤山一郎と食堂車, 分登れば高, 分白兀頂上二千三百八十七米の三角点, 分白河行きの汽車, 分白胡麻は五割一分, 分百姓の模範, 分的欠陥を補, 分皇国万歳を寿い, 分皇海山の西峰, 分相州へ四分, 分相州伝片切刃大切先, 分相当な奥深い, 分相應な金, 分の葬式, 分真君の自殺, 分眠つてやれ, 分眠る方が, 分眠れば屹度, 分眺めていた, 分眺めることが, 分着急行で暁葉子, 分着物を着換え, 分知っていない, 分知足楽清閑楽在其中, 分短くて二十分以上, 分石炭がちがう, 分確かめ得られると思う, 分確証されるよう, 分礼拝堂を他, 分社会的に持ち得なかった, 分祝砲を発火, 分神仏まぜこぜの様式, 分神戸発の急行列車, 分神戸行急行というの, 分神田八段の持時間, 分神社の宮司岡山氏, 分祠長千家尊宜等, 分科学的に数理, 分秩父絹二疋で二朱, 分程かかつた, 分程がすむと, 分程ずつありますので, 分程なんて言ってたの, 分程になった煙草, 分程にても有效, 分程にとって本紅, 分種類があります, 分稲子さんがわかっ, 分稼いだお銭を, 分積み重ねて風呂敷, 分空想家だね, 分突然発狂し, 分窺えることであった, 分立たずであったので勘当, 分立たぬ間に, 分立ちん坊いたしましたそして, 分立ち話をした, 分立った時二匹の, 分立方はなく, 分笑つて又痘痕, 分笹谷の絶頂, 分の動向, 分を其の, 分米国七分くらいの程度, 分米国空軍の主力, 分を火, 分納めたので先刻, 分に包ん, 分の違う, 分終り森永から, 分経たぬうちに, 分経ちますれば元, 分経つたと思ふ, 分経つまいと思う, 分経度で十五分の地域, 分経文歌の合図, 分給金を貰ってない, 分継続するよう, 分続いて自分, 分続いたなら陳は, 分続けたと思う, 分維納につく, 分総ての荷物, 分線以北くらいへかけ, 分線香や俄, 分締めることが, 分縮むべき理由見当らず, 分縷拆して, 分繰り返しそれを, 分纏める暇も, 分へ込んだ, 分考えた末彼女は, 分考える時間が, 分考へた末彼女は, 分考へることが, 分聞演説をさせられた, 分聴けば判る, 分職業をもっ, 分へ食いこん, 分肉七分の割で混ぜ, 分肉六分の割で混ぜ, 分をふるわせ, 分脂肪三割余鉱物質一分三厘水分五割二分から成り立っ, 分をとる, 分脈九十呼吸十八だった, 分脈百十呼吸二十六であった, 分脱出墓参の記, 分臨時列車は佝僂, 分自分たちの時間, 分自然排尿あり, 分自覚的でなかつた如く今更め, 分至急の出艦, 分興奮して, 分にいた, 分船長事務長及び数百, 分艦側から海中, 分艦隊をし, 分芦峅寺着九時四十分出発十時四十分藤橋十一時五十分着昼食, 分芯ランプが下ってる, 分芯三分芯などがあった, 分咲き実, 分を分化, 分芸七分で見せる, 分芽ぐんで居る, 分苅りの少年書生, 分苅ボーイです背, 分若くは二日分半, 分若しくは十分間に, 分にし, 分英男お父母様, 分茅ヶ崎発の汽車, 分茶の間の方, 分菅沼北方の千四十米, 分落命した, 分古地方, 分薄きものも, 分藤枝はいろいろ, 分藤橋十一時五十分着昼食, 分藤沢九段四分といふところが, 分行くと百姓, 分行ってゐる, 分行ったらもう父上, 分で斬られた, 分表現を主, 分り込んで, 分補えるそうである, 分製作に付き, 分西北の斜面, 分西洋のそれ, 分西破風の三等三角点, 分西経百三十三度四分北緯三十二度六分桑港ヲ隔タル海上八百三哩, 分見えるのだ, 分見つめている, 分見物は一人, 分親子四人位でどうにか, 分親戚の小泉医師来訪, 分観るものに, 分観測員は北極星, 分角位はある, 分解らんが勝利, 分解説はある, 分言ってやらにゃア, 分言葉巧に当時, 分計画四分という彼, 分計算したらずいぶん, 分訓誡して, 分許してから京子, 分許ニシテ其本ニ倒卵形乃至匙形, 分許楷法厳正なり, 分許西で一点, 分たえて, 分にし, 分話しただけであった, 分話せば朝刊, 分話せるんです, 分詳しく新聞を, 分誌代前納で直接購読, 分認めることが, 分読みこなせる人が, 分もかれ, 分調べたでしょうしこう, 分調べることが, 分調合して, 分談話をとられる, 分警吏は令状, 分警戒陣はものものしく, 分が三割位脂肪分, 分ひました, 分貰つたのを引越, 分貴女と交際, 分買えいやなら, 分費せば現代СССР, 分費やしている, 分資格を持っ, 分賛成でき二分危険, 分赤坂まへ, 分赤坂山王台アパート有明荘に住む, 分赤坂見附四時四十三分三宅坂四時四十五分には桜田門, 分赤水部落の直, 分赤牛岳へ登る, 分赤道を横断, 分起き小林さんの, 分起立して, 分超過した頃, 分越中沢を徒渉, 分足らず砂埃りの, 分足りております, 分足りるでね, 分足袋四足が百七十二文, 分身体を大切, 分身長が低い, 分車輌の中, 分軽く四・七インチ丈が, 分載することと, 分轟聲一時止む夜, 分辛棒して, 分の義, 分農村の五割, 分辷ったら一寸, 分迄が勤労し, 分近い入りになっ, 分近く水の中, 分近く車に揺られ, 分返事あげてないの, 分述べつくすとこんど, 分退出す, 分も落ち, 分通しを頼ん, 分通り上つたところ, 分通り不可能になっ, 分通り不可解であった, 分通り再建作業が出来, 分通り出來上つた儘更に捗どる, 分通り出来上つた道助, 分通り出来上つた儘更に捗どる, 分通り弦を引き, 分通り成功して, 分通り水の方, 分通り泥を置きました, 分通り満員の車内, 分通り片がついた, 分通り相手の容, 分通り籾を広げ, 分通り習慣から出, 分通り船を埋め, 分通り蔭つて高聲, 分通り蔭つて高声に笑, 分通り虫が入ってた, 分通り銀灰色で骨格, 分通り阿蘇卸ろしに, 分通り駄目だと, 分進むと左, 分進めておいた, 分着と, 分遅からしめると, 分遅ければ一時間以上, 分遅れたな, 分遅れたれど無事十二時四十分発, 分遅れましたか, 分遅れるともうさっさと, 分遊ぶ真似を, 分遊んですぐ, 分運賃四十貫を引き, 分過ぎまして, 分過ぎましたが意外, 分過ぎ一時間過ぎた, 分過ぎ下りの汽車, 分過ぎ二人は私, 分過ぎ位である, 分過ぎ前庭に旭光, 分過ぎ十分過ぎもうかれこれ十五分, 分道中の事, 分道理には合っ, 分違いである, 分違ってもその, 分違ひで決めて, 分違わず最前買った, 分か右方, 分遠雷のよう, 分遣れば大概, 分れる, 分遺される兵士が, 分に生れ, 分と申位, 分酒一升二百三十二文豆腐一丁四十二文もした, 分酸分の多少, 分一銭八分五厘, 分重い荷を, 分重みもあり, 分重傷なもん, 分重吉と話す, 分重役ども長崎不案内ゆへ此処ニ而御定, 分野原を通り, 分野口五郎岳の頂上, 分金一匁の群青, 分金三つをつかん, 分金十七両と米十俵, 分金沢駅のプラットフォーム, 分釜谷山腹の露営地出発, 分針ノ木峠の頂上, 分針路を真, 分が鳴る, 分銀一つを剰し, 分銀一個ごとにその, 分銀代価はロンドン, 分銀十匁五分ずつ毎年谷中, 分銀嘉永一朱銀としだいに, 分銀四個で小判一枚, 分銀座へ廻り, 分銀貨も贋貨, 分を入れさせ, 分長与発午後一時小浜著柳川屋旅館に投ず, 分長崎ハ一同不案内ニ候, 分長次郎出合七時五十分着八時三十五分出発, 分長次郎頭十一時二十分着十一時四十分出発, 分門番に椅子, 分閉廷した, 分開いて微か, 分開ける位に, 分開始同五十五分終了, 分開會諸般の報告, 分間地図を見る, 分間隔になっ, 分闊大に後, 分する經驗, 分防げるが後ろ, 分附添中の老, 分陣中胴乱同二分一朱, 分隆起して, 分隊長で砲, 分隊長塩田大尉でありました, 分隊長長谷部大尉だった, 分き位, 分隔てをしない, 分隠れることが, 分雁坂の山頂, 分雇人の心づけ, 分雑誌は知らず, 分難し崩れたる築山, 分難ク急グトスレド道, 分尽きて, 分電熱し皮膚科, 分電話をかけさせ, 分の晴れる, 分霧島神宮前に達する, 分青年部五六名連れて, 分青森行に乗る, 分静坐して, 分静岡発大阪へ向, 分面倒な御, 分革命的な思想, 分鞍乗りと呼ぶ, 分を弾ける, 分音符一〇四の速, 分音符三つが八八, 分頂上より盛, 分頂上出発急斜面を下り, 分頂戴しましたが, 分頃かなりの地震, 分頃そこを出, 分頃チェッコとオーストリア, 分頃ホテルを去り, 分頃二つさきの山, 分頃何ホテルの第, 分頃公一とその, 分頃呂昇が出, 分頃国際の支配人, 分頃園長をひそか, 分頃大宮町についた, 分頃天野屋を立出, 分頃定例によって出かけた, 分頃宿へ帰っ, 分頃工場を出まし, 分頃木賊沢の合流点, 分頃本州中部地方関東地方から近畿地方東半部, 分頃桜田門の停留場, 分頃櫻木大佐は武村兵曹, 分頃父は二階, 分頃独りでブレント入江, 分頃警視庁の中村捜査係長, 分項吾等は再び, 分順慶長光の太刀, 分須磨明石の両, 分頼むよ, 分頼りない話しだ, 分頼ムトイッタラソノウチニ姉ガ来テ一先ズウチヘ帰レトイウカラソレカラ家ヘ戻, 分願いますどうも感心, 分を吹かし, 分飛日漸斜, 分食ってしまい, 分食事の差入, 分食慾を充たし得た, 分食費四割以上その他あがって, 分飯梨川の上流, 分飯米料一匁二分をうく, 分飲み込ませようともせず, 分養父駅を離れ, 分餘分がある, 分餘裕があります, 分饒きものあり余, 分馴らされて来, 分駅着の電車, 分が埃, 分魅力ある運動, 分や六朝, 分鳴りつづけるオルゴールだ, 分鳴り続けたのみで, 分鴇色地に桜ン坊, 分鹵簿粛々として東水橋町, 分麦六分といういわゆる, 分麹町区第二哨三宅坂, 分黄瀬川の淙々, 分黄金づくりの柄, 分黄金無垢の観世音, 分黙って葉巻, 分鼎立の一時代, 分ごたへ, 分龍馬が隊中