青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「刃~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

出来事~ ~出版 出版~ ~出現 出現~ 出生~ ~出発 出発~ ~刀 刀~
刃~
~分 分~ ~分け 分け~ ~分っ 分っ~ ~分った 分った~ 分の~ ~分らない

「刃~」 1765, 19ppm, 6023位

▼ 刃~ (431, 24.4%)

4 入れた, 向けて, 引いて, 持って 3 あてて, 入れて, 前に, 合わせて, 渡るよう, 迎えて

2 [29件] うけて, うけよ, さげて, にぎらせて, ぬいて, 上に, 下に, 交えて, 交へて, 受けて, 己れ, 手に, 把出し, 拭いて, 擬すも, 斜に, 横に, 研いだ, 磨くの, 磨ぐ音, 自分の, 見せて, 見て, 起して, 身に, 逆に, 逆手に, 閃かして, 鞘に

1 [339件] あけると, あてた, あてるの, あびたの, あわせた, あわせた左膳, あわせながらも, あわせる刹那, うけい, うけながら, うしろに, おこして, お目, かけて, かすかに, くだそうと, こうむった, こぼす勇戦, さか立てて, しめっぽい粘土, しらべさい, しらべて, じいつと, すかして, すかと, すべての, すりメリメリッ, その儘, その女, その心, そろりと鞘, つきつけた机竜, つきつけて, つき立てて, つけたもの, つけたる長刀, つける時, つつむよう, つらねて, といで, とぐもの, ならべて, にらんだが, ぬいた, ぬきだすの, ぬき連れて, のがれて, のがれること, のんだよう, はじくの, ひいて, ひらいた, ひらいて, ふと眼, ふりかぶって, ふるうあの, ふるう丹下左膳, みつめて, むけしなり罪, むけて, もぎ取ろうと, もつて, よく改めます, わずらわさんと, グルリと, ジリジリと, スッと, 一定の, 一方から, 一端に, 三分の一ほど, 三枚ほど, 下げた, 下して, 下し難く, 下へ, 二三合ほど, 二三度前後に, 交わすすべ, 人間の, 仰いで, 仰向けたよう, 伏せて, 伝わって, 使うの, 傷める患いが, 入れても, 入れながら, 入れられたよう, 出さんため, 出し手, 出すと, 刺されて, 刺される気, 刺しこまれたよう, 刺して, 加えず, 加えたてまつる, 加えたらしい, 加えてから, 加えること, 加えんもの, 加え後, 加ふる, 加へる, 十二本とも, 反えし, 収めしが, 取って, 取つて敵, 取つて立ち上, 取りかける, 受けかねて, 受けたと, 受けたもの, 受けたよう, 受けるが, 受けるや, 合せ, 合せて, 合せること, 合は, 合わす, 合わすもの, 合わすよう, 合わすより, 合わす期, 合わす機会, 合わせた, 合わせたのち, 合わせては, 合わせても, 合わせないうち, 合わせようと, 合わせる方, 向けたの, 向けた彼女, 向けないやう, 向けられよう, 向けるの, 向ける気, 向ける言い分, 含んで, 吸いつけた角材, 呼んで, 咬み折り奴ら, 咬んでヨ, 咽喉に, 喰は, 噛ませた, 執って, 壁に, 奪ひ, 宮の, 密生した, 富岡は, 己が, 平らに, 引いた, 引くか, 引けい, 引出して, 引掛けた, 強固に, 当てた, 当てたならかえって, 当てたらしいすがすがしい, 当てた二官, 当てて, 当てようと, 当てられると共に, 当てると, 当てるとき, 当てるにも, 当る, 待たずしても, 待たずに, 待ち構えた, 後生大事と, 恐れつつ, 惚れぼれと, 想像した, 愛の, 感じたので, 感じるの, 手元に, 手前に, 手拭で, 手早く拾い取っ, 手裏に, 打ちこまれた大, 打ちこまれた捕虜, 打って, 打掉, 払わずには, 抜いて, 抜きとるよう, 抜き出しながら, 抜き双方, 抜き合せて, 抜き打ちかかる, 抜き打ちに, 抜き浴びせた, 抜き連れ抜き連れ競ひか, 抜くや, 抜く時, 抜取らんと, 抱いて, 抱かされたよう, 持たすとは, 持ち直した, 持った繊手, 持つて, 挙げて, 振って, 振り下ろしたが, 振り冠, 振り回して, 振り宝蔵院衆, 挿し込んで, 捨てて, 捨てようという, 捨て昂然, 控へて, 揃えた三十本, 描いて, 握りしめた幾名, 揮って, 揮つて群がる, 揮ひ, 揮る, 揮わせこの, 撫でると, 擬した, 擬せられた事, 斜め横に, 日に, 時々キラキラと, 暗い窓あかり, 木片に, 棄てて, 植えて, 検めて, 構えながら, 欠くと, 武蔵に, 水から, 水平に, 洩れながら, 浴びて, 渡って, 渡るに, 潜ると, 烈々と, 爪で, 生活から, 用いないで, 用意し, 當てて, 白くきらきら, 相手の, 真直に, 真蒼, 研いで, 研ぎあつてゐたとしなければならぬ, 研ぎすましいと, 研ぐ金王丸, 砥ぎながら現れる, 磨いた斧, 磨いて, 磨ぐの, 磨ぐ者, 私の, 突き付けられたよう, 突き刺して, 突き立てたが, 突き立てたの, 突き立てた瞬間, 立てて, 立てるの, 納めて, 納めるいとまもなく, 納れる, 縦に, 背へ, 胸に, 腕に, 舞わすと, 落した, 葉之, 衂し, 袖で, 裏表に, 要そうや, 見つめて, 見ました, 見る, 見ると, 見るよう, 覗いて, 角に, 試した, 詰めあった, 調べた, 買わなければ, 走らせると, 起しそれで, 起し上着, 起すため, 起せ, 踏める心地, 躍らせて, 迎へて, 返して, 返すと, 退かない勝負, 退けと, 逆薙ぎ, 連ねて, 遁れた, 避けるの, 重蔵の, 鈍くする, 閃かしこの, 閃めかせ, 開きそれ, 開く, 防ぐよう, 附け換えたり, 離した, 革に, 頬に, 頭上に, 飛ばして, 飛びくぐって, 食い入れる力, 首に, 首筋に, 鬢の

▼ 刃~ (350, 19.8%)

29 ように 21 ような 15 下に 5 下を, 中に 4 先を 3 ついて, やうに, 上を, 下へ, 中へ, 先に, 方を, 立つ者

2 [21件] あるという, こぼれたの, こぼれて, においが, やうな, 両が, 光が, 光に, 冷たさ, 剣を, 勢いに, 匕首で, 大刀, 威を, 蔭に, 血を, 跡が, 鈍くなった, 間に, 音, 音の

1 [205件] あいくち, あいだに, あとから, あとへ, あのペンナイフ, ある雁爪, いたみを, いつわりか, おもむくところ血, お寺に, かげも, かみ合う音, この気先新刀, こぼれた大, こぼれた細身, こぼれた絶大, こぼれでは, こぼれる光, ごく鈍い大きい, ごとくこもごも, ごとく貫いた, さきに, した, しぶきを, しらべは, すぐ近く, すり合う音, そよぎを, たたないこと, ついた剣, ついた輪, ついた金槌, ついた鑿, ついてる長い, つぶれたので, とぎ方, ところだけが, ところに, ところも, ない安全剃刀, ない洋刀, なかを, にぶい鈍重, にほひ, はいった牢, ひかりが, ままだった, ままに, まわりに, もとに, もの凄い振動, よう, ようで, ようでありました, ようなひやっ, よく切れる, カンナの, 一刀, 一刀を, 一刀梁から, 丈夫な, 上に, 上まで, 下で, 下らんと, 下降を, 中から, 中には, 串に, 主は, 乱れたよう, 先から, 先が, 先き, 先は, 光, 光は, 光も, 光を, 光景, 円くなった, 冴は, 刀であっ, 切れないの, 切れる台, 切れ先を, 切れ物を, 切先が, 切先と, 剣, 剣で, 匂いとかいう, 匂かと, 匂と, 匂金の, 半を, 合する, 合った音, 合一によって, 味それを, 堅きを, 場には, 塵を, 大刀で, 大刀に, 大刀は, 大刀を, 太長いの, 如き利爪, 如き爪, 如く剛直, 如く峙った巌山, 如く西, 孔が, 工程, 差し表を, 平に, 平を, 幻影である, 弧線よ, 弱さ, 当てどころから, 当てられた夜, 当りも, 思念に, 怪剣を, 戒刀が, 手もとを, 手を, 擦り切れたや, 政治科を, 斬りむすびや取ッ, 方から, 方で, 木刀は, 木剣の, 木剣を, 柄が, 根元まで, 根本まで, 模様が, 模様は, 欠けぬ様, 浪が, 減りに, 潮の, 火の, 理屈を, 生じたもの, 痕を, 痛き光, 白く光れ, 短刀が, 短刀だ, 短刀で, 短刀は, 研ぎ方, 稲妻, 稲妻の, 稲妻は, 稲妻消えた, 穢れを, 立つわけ, 立つ野郎, 立てかたも, 紙切ナイフを以て, 肌に, 色, 色だ, 色星に, 蒼ずんで冴えた, 血糊を, 表に, 裏には, 詐多き, 赤樫の, 走りを, 跡も, 輝きだった, 辺を, 透るやう, 部分は, 酷くあてら, 鈍い桑切庖丁, 銘柄, 鋭いりっぱ, 鋭ど, 鋭気, 錆じゃ, 錆と, 錆に, 錵切ッ尖, 鍔の, 長く幅広, 閃き人々, 関所と, 雉, 難によって, 露に, 鞘を, 音を, 響き海に, 風と, 飜れた, 高まった所

▼ 刃~ (178, 10.1%)

3 外の, 落ちて 2 こんどは, しらの, 斜めに, 白く光っ, 立たなかった, 立って, 鏡の

1 [158件] ありません, ある, いきなり暁闇, いまに, うまくはいった, かけて, きまって, きりきりと, くにゃんとまがってしまいました, こぼれたとか, こぼれたらそれで, こぼれて, ささった様, さっと斜め, しつこい霧, しらは, しらを, すぐ引き抜かれなかった, すこしもよごれ, すこし毀, そうで, そこの, その首, だまって, ちらちらと, ついて, ついとんだ, つぶれて, とうとう蛇, どの人の, ないまた, なるやう, にぶく白い, はいると, はすかい, ひかった, ひらめいた, ひらりと, びゅうと, ぴか, ぴかりと光った, ぴかりぴかりと光る, ぴったり差しつけられ, まがって, まさに下され, まっすぐに, まっ黒に, むなしくその, よどんで, よほど零れ, ウネウネと, キラキラと, キラリと, キラリッと, ギラギラと, ギラリと, ギラリ光った, グザと, テカテカ光り, 一ヵ所に, 一分ばかり, 一寸余り入る, 一尺八寸あつ, 一度に, 三寸ばかりも, 下せない, 下を, 人間を, 仲間を, 低く低く地, 何か, 光った, 光って, 入ります, 兩方から, 冴える, 冷たい音, 出て, 刃を, 剥げること, 反対に, 合うから, 器を, 垂直に, 夕日を, 巴の, 広く打つ, 引かれたの, 弾みに, 御喉もと, 微妙に, 心臓を, 必死の, 思い合って, 愛する萩乃, 感ぜられた, 折れる, 抜けると, 斬り込んだ, 春の, 月光の, 月光を, 樽の, 橙色に, 欠けるという, 止まる, 武者窓を, 水平に, 濡れ縁に, 火を, 無念そうに, 無念にも, 燃えて, 物の, 留まったとの, 皆鈍っ, 真黒な, 研ぎぬかれて, 私の, 空に, 突串った, 立たないという, 立たないの, 立たないほど, 立たない相手, 立たんの, 立ちません, 立てられましょうか, 立なかっ, 縦でなく, 脂に, 脆いといふ, 脳漿を, 芳年の, 落ちるの, 血で, 血に, 触れると, 触れ合わないうち, 軋み合い火, 迫って, 通らない, 通るらしい, 鈍いであろう, 鋭くなされ, 鏘然として, 閃いた, 閃めいた, 闇に, 闘いはじめる, 附いて, 附けて, 降りない先, 青黒い空, 静かに, 食い込んで, 髯の, 鼻先き

▼ 刃~ (142, 8.0%)

7 かかって 4 伏して 3 落命した, 血を 2 なって, 伏した, 切って, 命を, 塗って, 指を, 胸を

1 [111件] あたりは, あておなじ, いぶし切れるもの, おかかり遊ばす, おたおれ, お伏, かかったところ, かかった奴, かかり屍, かかるの, かけた事, かけた当の, からんで, きまってらア, さわって, しろ教養, たおれるもの, たおれ夜泣き, ちぬるに, ついた毛, つく土, ながして, なぎ立てられ半数あまり, ふくんで, ぶつかった, べつとり血が, みえだして, むかひて, ゆらぐ魂, よりつ, 二人三人命を, 仆れた, 伏したこと, 伏すであろう, 会いすべて, 似たる頂上, 使い南部, 倒れた尊い, 倒れた弓削法外先生, 傷つきたる時, 傷れ, 光る, 入れ代って, 刎ねた時一角の, 刺されました, 割かる, 劈れ, 化物屋敷で, 反らしたところ, 吐息が, 向かって, 吸いこまれるよう, 塗ること, 嫋々と, 対って, 我慢し, 打たれて, 指先で, 掛って, 接吻した, 掴みかかって, 搦まる, 攻められて, 斃れた, 斃れよう, 断つ, 易ふる, 映つて, 更に自分, 月の, 木の葉の, 歯向う獣の, 死んだ未成, 水も, 泰軒ひとりでは, 添うて, 濡れ紙, 用いたもの, 着かず鉾子先, 石の, 砕けず左, 肉飛び, 肩を, 落した主君, 落ちついて, 虚を, 血ぬらず, 血塗らず自然, 衂らせたく, 見えて, 見入って, 触って, 触れざるもの, 触れたの, 触れて, 触れるもの, 討たれる首, 討ち取りなされ討ち取りなされ, 貫かれるやう, 貫き水, 足が, 足なく, 辻斬りの, 迷心乱雑新藤五郎国重の, 逃げまどう, 違いない, 遭わば, 錆は, 附けて, 障りは, 風を

▼ 刃~ (87, 4.9%)

2 横に, 空を, 飜れ

1 [81件] あり私, いまだ年, おろか稲妻とも, かくて, かすかに, かなたに, この上, こぼれて, こぼれは, さわって, しばしば切り損じ, すぐ自分, すでに人, するどくとがれ, せぬ, その, たしかに止まった, ただ廻っ, ないもの, ない筈, ほのめく短檠, またも, まだ鞘, むこうへ, もう大筒, もう胸, もう鯉, もともと手練, よほどな, われわれの, ダラリと, ピーンと, 一つの, 一太刀だった, 一度で, 世阿弥の, 二度まで, 人間を, 今し, 僅に, 劉喨と, 又も, 古くなる, 四輪車の, 圧する凄, 多くて, 山韮と, 弁信の, 当るもの, 当時に, 彼の, 心を, 或は高く, 手斧と, 手許の, 打ち落されて, 掛け水, 明らかに, 権之, 欠けるし, 水平に, 深く突き, 琵琶の, 目にも, 相手を, 穴から, 耀蔵の, 胸に, 脳から, 落ちぐあいが, 衂られなけれ, 触れないで, 論理そのものにまで, 通りっこない, 金剛石の, 鋸の, 閃く飛び違い走せ違って, 鞘を, 音無しの, 颯然と, 飛電水も

▼ 刃~ (58, 3.3%)

2 つらぬくよう, 根柢的に, 脾腹を

1 [52件] あつた, いのちを, おまけに, お首, すっぱり切る, その女, のどを, ぷつと断り, やわらかくこする, ギリギリギリと, ゴシゴシと, ロースビーフの, 一思いに, 不安が, 伸子の, 切って, 切りこまざいて, 剥がして, 君の, 命を, 咽喉を, 土の, 埋められて, 壁の, 大切先無反に, 実は存外, 実際は, 後窓, 心持よ, 撃っても, 撫でられて, 敵に, 斫られた, 斬って, 止めを, 死ねずに, 死んで, 殺し奉る法, 殺すこの, 源三郎が, 着物の, 紋兵衛も, 美しい妻女, 自らを, 自分の, 自分も, 自分を, 自害し, 蛇の, 貫いて, 身を, 駅の

▼ 刃~ (29, 1.6%)

1 [29件] あらかたかくあるべく, いちどに丁管, いまは, おなじく空, かまわずぶつかり放題, それを, とおさぬ鎧, なく錵, ふるへ, へったから, よくつい, 切らんに, 各流相伝, 同じこと, 折れどんな, 折れるよう, 持たないので, 斧も, 段々に, 毒も, 渡れた, 空しくわずか, 立たぬほど, 細い, 薄かった, 血に, 襟へ, 見えて, 通らぬ夫

▼ 刃もの~ (26, 1.5%)

2 に身, のよう

1 [22件] いじりなんざ, いじり金吾, がぽつぽつ, が突き, が飛出し, だ, でガリガリ, で突き抜かれる, で胸, なんぞどう, のやう, の切ッ, の怖, の間, は参らせる, みたいに, を取っ, を把, を持ってる, を棒, を磨, を見る

▼ 刃~ (23, 1.3%)

3 刃の 2 刃が

1 [18件] いっぱいに, なって, なり擦り切れて, なる種類, やいば, ガラスが, 云うもの, 刃であった, 刃とでは, 刃に, 対う, 小刀は, 戦いを, 柄が, 槍を, 渡り合って, 白橿の, 石田清左衞門の

▼ 刃~ (20, 1.1%)

1 [20件] があつい, が三本, が相, が薄く, である, でお, でも唸る, と鍔, に血, のあつい, のよう, の冴え音, の冷めた, の叢, の味, の打, の硬, の鳴り, は研ぎ減り, を握っ

▼ 刃向う~ (19, 1.1%)

1 [19件] かと思う, ことが, とは, ほどの大胆, ほど血, ものは, やつは, 世界の, 事は, 人知の, 僧兵のみか, 彼女の, 恰好, 敵意や, 敵軍を, 様子も, 程の, 腕は, 蟷螂の

▼ 刃こぼれ~ (18, 1.0%)

2 がし, はない

1 [14件] があっ, がある, が三つ, して, とむらむら, に読める, の損害, をあらため, をちょっと, を検め, を生じる, を見よう, を調べた, 有り

▼ 刃~ (17, 1.0%)

1 [17件] えるわけ, はう, はぬ, ひながら, ひも出来ない, ふかと, ふこと, ふといふ, ふべきかと, ふもの, ふやう, ふ代り, ふ者, へない, ウハ不埒ダ今, ウ者無, ッタヤツラガ段々

▼ 刃向っ~ (11, 0.6%)

3 て来る 1 ても勝てぬ, てゆくだろう, て大, て来ない, て来よう, て歩い, て行く, て見よう

▼ 刃~ (9, 0.5%)

2 力の 1 他の, 武器を, 蛇皮を, 術策や, 釘抜きの, 銃器を, 錆びついて

▼ 刃~ (9, 0.5%)

1 が山内, が爪先, が肉, に眼, の使い方, の届かない, を地, を頭, 上りに

▼ 刃~ (8, 0.5%)

1 この首, 噛みついて, 巻きつけて, 拇指の, 此の, 濡れ紙を, 肩へ, 自身からも

▼ 刃~ (8, 0.5%)

2 を行き 1 に殺, のこと, の悟り, の戯れ, の覚悟, をゆく

▼ 刃でも~ (6, 0.3%)

1 あるし槍, この糸, しかしあと, 冷, 死なれぬ故, 結いつけて

▼ 刃を以て~ (6, 0.3%)

1 する複讐, なぶり殺しに, わが胸, 其の顔, 木材を, 独り身を

▼ 刃~ (6, 0.3%)

1 のよ, の好, までが違っ, も凄く, も品格, 宜しとて

▼ 刃~ (6, 0.3%)

1 とおっしゃる, とは鍔元, のう, の具合, は朧夜, へありあり

▼ 刃ぶす~ (5, 0.3%)

2 まを 1 まずらりと, まの, ま固め

▼ 刃向え~ (5, 0.3%)

2 立を 1 ないん, ば主殺し, ば刃向う

▼ 刃さき~ (4, 0.2%)

1 に見せ, に錦, の上, をずぶりと

▼ 刃よりも~ (4, 0.2%)

2 愛が 1 よく自由平等博愛, 国の

▼ 刃~ (4, 0.2%)

1 に立寄り, より依頼, を訪, 追

▼ 刃妖左膳~ (4, 0.2%)

1 として鳴らしたかれ, と一歩, のこと, の隻腕

▼ 刃~ (4, 0.2%)

1 のなか, の跳躍, は草木, や法師頭巾

▼ 刃~ (4, 0.2%)

1 が同時に, が頭, だった, とが周囲

▼ 刃~ (4, 0.2%)

1 がはやかっ, が立っ, のよう, を顔

▼ 刃~ (3, 0.2%)

1 そこは, どっちかの, 何か

▼ 刃から~ (3, 0.2%)

1 どうした, 一寸も, 一条ポタリ

▼ 刃でない~ (3, 0.2%)

1 ことだけは, 感情に, 本当に自分

▼ 刃~ (3, 0.2%)

2 のだ 1 ものは

▼ 刃なき~ (3, 0.2%)

1 に直ちに, 戦場なりと, 物を

▼ 刃には~ (3, 0.2%)

1 心も, 柄が, 血の

▼ 刃にも~ (3, 0.2%)

1 かけずじっと, みなぎって, 魔力は

▼ 刃ばかり~ (3, 0.2%)

1 でなく柄, で通るもの, 売り上げは

▼ 刃交ぜ~ (3, 0.2%)

1 の機, もせぬ, をする

▼ 刃切れ~ (3, 0.2%)

1 というの, も刃切れ, を調べる

▼ 刃向い~ (3, 0.2%)

1 するかと, などは彼, 難い

▼ 刃向おう~ (3, 0.2%)

1 という者, とする, と思う

▼ 刃向こう~ (3, 0.2%)

1 か汝悪逆, ことは, やいば

▼ 刃~ (3, 0.2%)

1 が上下, はし, をつくり

▼ 刃~ (3, 0.2%)

1 と言い, の匂い, を照らし

▼ 刃渡し~ (3, 0.2%)

1 である, という水火, として水中

▼ 刃あたり~ (2, 0.1%)

1 が違う, が麗朗

▼ 刃あり~ (2, 0.1%)

1 更に毒, 窓を

▼ 刃ある~ (2, 0.1%)

1 のみです, 武器に

▼ 刃~ (2, 0.1%)

2 へ利し

▼ 刃~ (2, 0.1%)

1 いいから, と意識

▼ 刃であろう~ (2, 0.1%)

1 がさ, と町奉行配下

▼ 刃でした~ (2, 0.1%)

1 が, のだ

▼ 刃では~ (2, 0.1%)

1 ないが, 歯が

▼ 刃なんぞが~ (2, 0.1%)

2 千里眼の

▼ 刃のみ~ (2, 0.1%)

1 だれか, ねから真っ直ぐ

▼ 刃まぜ~ (2, 0.1%)

1 のひびき, をする

▼ 刃らしい~ (2, 0.1%)

1 がそれでも, 光が

▼ 刃わたし~ (2, 0.1%)

1 の密法, の際

▼ 刃わたり~ (2, 0.1%)

1 のよう, 二尺四寸余の

▼ 刃わたりを~ (2, 0.1%)

1 すかし見ながら, 手のひらで

▼ 刃~ (2, 0.1%)

1 にうかぶ, に浮かぶ

▼ 刃~ (2, 0.1%)

1 でもっ, と称する

▼ 刃~ (2, 0.1%)

1 の削り, をき

▼ 刃向った~ (2, 0.1%)

1 は権四郎, 敵

▼ 刃~ (2, 0.1%)

1 をくずし, を切り

▼ 刃~ (2, 0.1%)

1 に刺し, の紫

▼ 刃~ (2, 0.1%)

1 たるところ, の刃妖

▼ 刃妖丹下左膳~ (2, 0.1%)

1 でもほどこす, を迎え

▼ 刃~ (2, 0.1%)

1 がし, の鈍刀

▼ 刃~ (2, 0.1%)

2 のある

▼ 刃~ (2, 0.1%)

1 と彼ら, と彼等

▼ 刃~ (2, 0.1%)

1 が血管, の

▼ 刃~ (2, 0.1%)

1 がつよい, のよう

▼ 刃~ (2, 0.1%)

1 がする, 一閃の

▼1* [154件]

かが潜んで, 刃かき合せ自害ありけり, 刃かと思つた, 刃がかりを得た, 刃がねのような, 刃くらゐ鋭い, 刃こそ當てね, 刃こぼれ曲がりなし, 刃ごたえがあっ, 刃されんための, 刃ざっくりと立て, 刃ざはりの妖しさ, 刃ざはりのやうな無気味な感じ, 刃てその, 刃すじを見守っ, 刃するばかりでなく, 刃せしことあり, 刃その骨に, 刃そのものをより, 刃であり切先であり, 刃でうッ伏し, 刃でしていたら, 刃でなくて尺八, 刃とが宙へ, 刃としてよまれる必要, 刃とではそうは, 刃との真ん中に, 刃とは思えども, 刃なしと見ゆる, 刃ならそれが, 刃なる細工箱, 刃にがくツと, 刃にて殺され棉羊, 刃になつてゐます, 刃に当たって用を, 刃のみにそれぞれに, 刃しり胸坂鼻越え, 刃ばかりの浅ましい売上げ, 刃ひとつに駈け廻される, 刃びきの刀, 刃または兩刃の, 刃みたいに鋭く, 刃みだれ深くいたし, 刃みだれざるは上作, 刃むかいながらおのれ, 刃もちうるに要, 刃もので百の, 刃ように自分, 刃よりむしろそれ, 刃ナクンバ何ヲ以テ刺スコトヲ為サン, 刃ヨリモ利アリ両ナガラ相済フ, 刃加フ但, 刃一枚六銭の売上げ, 刃三刃口をき, 刃に伏, 刃を水平, 刃並みを覗い, 刃走の, 刃乾雲である, 刃二個処いちじるしくこぼれたる, 刃を挑む, 刃交ぜするのは, 刃のもの, 刃低く横ざまに, 刃作りの妙, 刃光らんらんとして, 刃光一閃小太郎の脇, 刃光刀影にビク, 刃入る能わざりければ已む, 刃刀面に女, 刃切れ百足しなんのよう, 刃切出でさ, 刃をそろえ, 刃剃刀様なるを, 刃剣鉄砲毒薬病これ等は吾, 刃受けらるる, 刃右刃息もつかせぬ, 刃を見よう, 刃合せの隙, 刃同じ深夜に, 刃向い立てを為, 刃向い襲わずにはいられぬ, 刃向うべく余りに恐ろしい, 刃向えたと思えた, 刃向わせ斬って捨てさせる, 刃呑み芸人である, 刃にいた, 刃堂主人のもとめ, 刃堂主人文明寄稿家を深川八幡前, 刃堂余が著書, 刃堂用談にて来訪, 刃堂解雇となりし, 刃斧粉砕機などに, 刃大切先というよう, 刃の鋸, 刃形みたいな形, 刃形響石も知られ, 刃影一時にどよめき渡っ, 刃影槍光は血, 刃徹りて管内死, 刃思い知ったか, 刃怪丹下左膳を生んだ, 刃怪左膳だけにかれ, 刃怪左膳チョビ安の身柄, 刃もつかせぬ, 刃打つ掌に, 刃抜きと思っ, 刃拵えをした, 刃の肺腑, 刃にとどまる, 刃の角, 刃をしなわせ, 刃のもの, 刃の輩, 刃段々壊, 刃風を, 刃けき, 刃深く刺されぬ, 刃の底, 刃のほ, 刃を割い, 刃煙草の銀紙等, 刃になった, 刃あるごとく飛来, 刃白蛇のごとく躍っ, 刃も開けられない, 刃見ゆるの, 刃矢石の間, 刃研ぎすましてて何ぞ, 刃磨ぎを断然, 刃突如とし, 刃をにらむ, 刃簇槍を踏みつぶし, 刃素太刀槍の白い, 刃が一気に, 刃羅刹といえ, 刃耳かき頭かき鼻毛, 刃脆くも地, 刃からばらばら, 刃触りの使い方, 刃詰まった今日に, 刃に黒髪, 刃をきずつけし, 刃近し切言すれ, 刃金色に見えぬ, 刃金雷の連, 刃鈍りてその, 刃鋭くその頤, 刃長ケレバ則チ棒頭力無シ, 刃の匂い, 刃音拍車の, 刃が皆妙蓮華, 刃鬼丹下左膳の膚, 刃の心臓