青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「刀~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~出来事 出来事~ ~出版 出版~ ~出現 出現~ 出生~ ~出発 出発~ ~刀
刀~
刃~ ~分 分~ ~分け 分け~ ~分っ 分っ~ ~分った 分った~ 分の~

「刀~」 7767, 84ppm, 1331位

▼ 刀~ (3096, 39.9%)

156 抜いて 83 持って 42 取って, 鞘に 33 ぬいて 32 提げて 25 抜いた 24 手に 22 差して 18 杖に 17 もって 15 とって, 構えて 14 さして, 揮って, 腰に 11 引いて, 拔い, 見て 10 さげて 9 執って, 差した男, 押えて, 持つて, 振って 8 抜こうと, 持ったまま, 舞わして 7 握って, 鞘へ

6 [16件] ひっさげて, 下げて, 中段に, 取つて, 引いた, 引き抜いた, 引き抜いて, 抜いたの, 抱いて, 振り上げて, 振り廻して, 提げたまま, 納めて, 肩に, 自分の, 頭上に

5 [17件] 前に, 取りに, 取り上げて, 受けて, 奪い取って, 把って, 抜くと, 拾って, 捨てて, 構えた, 横たえて, 研いで, 置いて, 背負って, 脱いて, 腹へ, 鍛つ

4 [35件] ひとつに, ふりまわして, もつて, スラリと, ダラリと, 上段に, 下へ, 佩し, 取られて, 呑んで, 大上段に, 尻から, 左に, 左手に, 差しながら, 帯びて, 抜き放って, 抜け, 抱えて, 拔いた, 拔き, 拔く, 拭って, 持ち出して, 振り冠, 捧げて, 揮った, 杖について, 突きつけて, 突き出して, 背に, 膝の, 見ると, 買って, 返して

3 [49件] お抜き, かまえて, そこに, つけて, とった, ふりかぶって, 下げたなり, 下段に, 使って, 例の, 出して, 刺しに, 取ろうと, 受け取って, 口に, 奪って, 宙へ, 差した人, 帯し, 引くと, 引け, 引寄せ, 手もとへ, 抜いたり, 抜きかけて, 抜き取って, 抜き払って, 抜くこと, 抜くなり, 拭いて, 拾うと, 持ち直して, 持ったなり, 挟し, 振りかぶって, 振り上げた, 携えて, 撫して, 構えたまま, 横ざまに, 横に, 片手に, 用いて, 盗んで, 磨ぐ音, 置いた, 逆手に, 集めて, 青眼に

2 [166件] うけ取って, おろして, お納めなさる, お納め下され, かかえて, かざすと, かわし身, きらめかせながら, きらりと, ぎらぎらやらかした, さげた小児, さした人, すてて, そこへ, つきつけて, とりて, とろうと, どこへ, どんと畳, なくして, ぬかずに, はいて, ひいて, ひきぬいて, ひッ, ふりかざして, ふりかぶつて突撃, ぶらさげたまま, ぶんどって, もちて, もらって, ギラリと, シッカリと, スーッと, パッチリ鞘, ヒョイと, 一本ぶっ, 上げて, 上に, 下ろして, 与えて, 二本差し, 以って, 使う上手アリマス, 使用した, 借りに, 側へ, 先へ, 入れて, 円陣の, 刺した, 刺して, 刺すの, 収めて, 取り上げた, 取り上げたの, 取り返して, 取る先生, 取上げて, 取出して, 受取って, 右に, 右へ, 右手に, 合せたらしいが, 向けたり, 執りて, 執る者, 売って, 売りに, 奪い取ろうと, 奪られ, 寄越せ刀, 小脇に, 差させたまま, 差した暴漢, 差し付けた, 巻き落とした, 床の間へ, 引きつけて, 引き寄せて, 引き抜くと, 引くが, 引っこ抜いて, 引っこ抜くと, 引っ提げて, 引つこ抜いて, 引ッさげ, 引抜いて, 彼の, 手から, 手水鉢の, 払って, 把る, 投げ捨てて, 投り出した, 抜いたが, 抜いては, 抜かないで, 抜かねば, 抜きつれて, 抜きは, 抜きました, 抜き合せて, 抜き連れて, 抜く, 抜くの, 抜く手, 押へ, 拝受十七万の, 拭うて, 持ったなりに, 持ったの, 持つた時, 持つと, 持つ術, 持出して, 挙げて, 振りかざして, 振りかぶった, 振りかぶった竜, 振りまわして, 振り廻した, 振り振り, 振ると, 捻くり, 提げたなり, 握りながら, 揮う暇, 揮り, 揮る, 擬して, 杖の, 枕に, 柳原に, 構えながら, 構えも, 構え睨み合って, 正眼に, 氷柱の, 洗って, 渡した, 盜んで, 知って, 磨ぐの, 空中に, 突き刺しても, 突っ込んで, 置くや, 背後へ, 胸へ, 脇構えに, 脊負って, 脱いた, 脱いで, 草の, 落して, 褒めた, 見せて, 貸して, 身に, 逆, 運び出す工夫, 避けて, 降さむ, 雪中に

1 [1604件 抜粋] あげましょう, あたしから, あびせた, いつもの, うけはらった, うち臨めた, おかえしなさい, おずおず半分, おほどき, おろした時, お前に, お授け下さい, お置きなすっ, お身様, かいこみかいこみはせつけて, かかえ込んだ自分, かけた, かた手大上段, かつぎだすよう, かまえる手真似, かんぬき差しに, きらめかせて, くわえて, ここで, こじり探り, こねまわしたなんて, さぐりかけて, ささげて, さしたひとり, さした丁髷日本人たち, さした案山子, さしだした, さして行儀, さしのべて, さし右, さし片手, さすこと, さずけられたの, しきりに振り廻しました, しごきあざやか, しっかりと, しまうと, じっと見つめ, すと, すりかえた者, そこで, そのまま身, その若者, そばへ, そろそろ引き寄せる, たずさえて, たのみに, だるそう, ついて, つかまつります, つかんで, つくづく眺めた, つけ槍持, といだ, とぐ者, とつて, とりなおして, とり直して, とるより, どうした, ながめて, ならべて, ぬいたと, ぬきて, ぬきませんでした, ぬく, ぬく手, ぬく騒ぎ, のばして, はなさなかったので, ひきおろして, ひきぬき, ひき寄せる, ひざの, ひっこ抜くと, ひっさげ袁術, ひっ掴み庭, ひねくり廻したりなど, ひねくッ, ひろいとるが, ふりあげたまま, ふりおろしたの, ふりかぶったまま, ふりかぶりふりかぶり同じ, ふりま, ふりまわすよう, ふり上げて, ふり下す拍子, ふるって, ふるって斬りつけ, ふんだくられちま, ぶっこんで, ぶんどった, また一腰一腰, まだひねくりまわす, みせる, みると, めちゃくちゃに, もぎとりさっと, もち, もらうわたし, やや手元, よく見せられ, よこたえて, わが手, アイヌは, カラリと, グルリと, スッと, ツト握った, パチン, ピリつかせ, ブンと, 一つきりない, 一ふり振, 一口血錆の, 一度探っ, 一振振る, 一本づゝ腰に, 一本与えられた, 一本差しこん, 一本抱い, 一閃バタバタ, 上げ脂, 下げパチ, 下し後頭部, 下す力, 下ろす間髪, 下緒, 与えたり, 両手に, 二, 二振, 二本薙刀高い, 交したのに, 交互に, 人よりも, 仕込んだ物騷, 伏せた黒法師, 伯父に, 作って, 佩しない, 佩ぶ, 使う, 使うという, 使ったか, 倉から, 借り受けて, 催促する, 兄が, 入れるとき, 入手し, 其処へ, 冠った, 出し姿, 出せいや, 刃渡しとして, 刺された夢, 刺した後, 刺す処, 前へ, 加え二度と, 加へた弓箭取る, 単に左, 反射的に, 取った, 取っての, 取られる同氏, 取りあげて, 取りだしてから, 取りました, 取りブッツリ鯉口, 取り上げました, 取り出して, 取り抜き合せただ, 取り次ぎへ, 取り直すが, 取り落とす, 取れ, 取れるよう, 取上げ, 取戻しお金, 取落して, 取返し仇, 受けた痕, 受け取りたま, 受取ると, 叩きおったわ, 合せる氣力, 合わせたきり, 吊る, 吸いました, 周章てて, 呼ぶと, 喰ひ折られた, 地へ, 執つた, 執らざるを, 執り落した, 売て, 売ること, 大事に, 大王の, 天宙から, 失したので, 奪い取られて, 奪うの, 奪ひ取つ, 子供の, 小判に, 左の, 左斜めに, 差しかけるの, 差しなおし松, 差し時々, 差し脚, 差すこと, 差す為, 差料に, 帯ししばしば, 帯するより, 帯びかなしい, 帯びた巡査, 帯びない植木屋す, 帯る, 幾段も, 廃し, 弄具に, 引いたほう, 引きずりながら, 引きました, 引きタジタジ, 引き付け四斗樽, 引き寄せた竜, 引き廻し, 引き抜きながら, 引き鞘, 引く外, 引けない理由, 引っかけた侍, 引っこ抜いたが, 引っさげて, 引っ下げて, 引ッこぬい, 引ッ掴んだ, 引出物に, 引抜いた, 引拔き, 弦之, 彼奴の, 従者に, 必要と, 思いきって, 我が頸, 手いっぱいに, 手拭を, 手放そうなどという, 打ちに, 打ち揮い十数人, 打ったため, 打ッ, 払った, 把り直した, 投げつけて, 投げ出して, 投げ捨てたかったけれど, 投げ棄て竹杖軽げ, 折ったそう, 抛り出して, 抜いたこと, 抜いたまま, 抜いた以上, 抜いての, 抜かず打ち倒した雪, 抜かせなかったという, 抜かぬか, 抜かれ勘兵衛め, 抜きおったが, 抜きさげて, 抜きつらね秋安, 抜きて, 抜きに, 抜きましたけれど, 抜きゃア, 抜き出して, 抜き合, 抜き峯打ち, 抜き振払い振払い馬場, 抜き放した, 抜き敬礼, 抜き棒, 抜き身, 抜くからは, 抜くため, 抜くまいそれ, 抜くよう, 抜く方, 抜けば, 抜こうにも, 抜打ちに, 抱いた, 押えました, 押さえて, 押し出して, 押取る, 拔きつづける, 拝借致しとうございます, 拝領した, 拭いましたが, 拭い納めると, 拾い上げた, 拾い上げ船, 拾い取り老人, 拾ひ, 持たせ馬鹿, 持たねえ連中, 持ちその, 持ちだして, 持ちながら, 持ち出しなされて, 持ち添えるよう, 持ち直した, 持ち込むを, 持っただけ, 持ったり, 持った子供小姓, 持った金輪勇, 持つに, 持てっ, 持出すこと, 挟てる, 振った例, 振り, 振りおろした, 振りかぶったなり, 振りかぶり彼ら, 振りながら, 振りまわしてよ, 振りまわすこと, 振り上げる, 振り向きながら, 振り廻したら, 振り廻すよう, 振り被っ, 振るって, 振上げた, 振廻しつつ, 挿したくば, 捧げたの, 捲き落とされた, 捻ったの, 掘り出し持って, 探し出して, 控えた, 掴み夜具, 掴んだまま, 提げずっしずっしと, 提げた小太郎, 提げ来りて, 握った, 握ったまま湖水, 握りしめたまま, 握りシノブ夫人, 揮うが, 揮うや, 揮ったところ, 揮りまわし, 揺り上げて, 摺り上げて, 擁して, 支えて, 放さなかった, 数本と, 斬れるよう, 望んじゃ, 杖つき負傷者を, 枕として, 案出した, 棄てること, 棚下へ, 構えこの, 構えた左膳, 構えると, 構え斬り込もう斬り込もうと, 構へながら, 横たえたり, 横たえた都督, 横たえ黒はばき, 橋の, 此の, 水中に, 江戸川に, 洗ひ, 浪人の, 浴びせられて, 渡邊外記へ, 滝三に, 照らすの, 物に, 獲つるゆゑ, 用いも, 甲斐に, 発見した, 皿の, 盗み出すのに, 盜み出す, 真っ向に, 真直に, 知つて居る, 研ぐとは, 磨いたり, 礪ぎぬ, 積みこんで, 突きさ, 突き出したまま, 突き刺す, 突き立てた時, 突き込んだ, 突き附け社殿, 突っ込んでも, 突つ込んだ, 突込む, 立てそして, 立てて, 納めたまえ, 納めた源三郎, 納め襷, 絡み込まれたの, 置いた手, 置き若君, 翳して, 肩から, 背中へ, 脇差を, 脱しそれ, 腰から, 膝から, 自由に, 舞わせながら, 落し差しといった, 落としたか, 落としたの, 落葉の, 薩摩の, 行李に, 袖の下に, 見せろと, 見たかつたの, 見つけて, 見ては, 見られよ, 見る時, 見出して, 視詰めて, 観るま, 試して, 試すと, 譲り受けるだけの, 貰って, 買う余裕, 買つて呉れ, 資本に, 賜ひ, 賜わるであろうとの, 贈つた, 超えて, 足の, 踏み死して, 転買を, 返した, 返し柄頭, 追うの, 逆しまに, 造り始めた, 避けお, 重そう, 鈍刀とは, 鍔ぜ, 鍛えた砂鉄, 鍛ち上げね, 鑒る, 防ごうと, 隠したが, 隻手に, 離れたの, 鞘ぐるみに, 鞘ぐるみ抜きと, 鞘ごと拔取つて娘に, 鞘走らしましたもの, 須永に, 預けて, 頭上へ, 飛ばしたの, 高く差し上げ, 鳰鳥は

▼ 刀~ (1204, 15.5%)

62 柄に 47 柄を 43 柄へ 23 鞘を 19 下緒 16 鯉口を 15 下に 12 鍔に 11 鞘が 10 切っ先を, 血を 9 小柄を, 目釘を 8 つかを, ような, 鐺を 7 ことを, ように, 詮議に, 詮議を, 錆に, 鞘の 6 こじりを, 先が, 方へ, 錆と 5 先に, 切尖, 銘を, 鍔の

4 [15件] ために, つかに, 刃が, 刃の, 手を, 手入れを, 披露を, 持主を, 柄から, 柄の, 柄糸へ, 柄頭を, 笄を, 間に, 鞘に

3 [20件] さやを, もとに, 下げ緒を, 下を, 中身を, 先から, 先は, 光に, 刃は, 寝刃を, 尖が, 束に, 物打の, 綱を, 肌に, 血糊を, 詮議も, 鐺が, 鐺で, 間へ

2 [72件] こじりが, こと, さげ緒, はずみに, ままで, やうに, サヤを, ツカで, ニオイを, 下から, 下へ, 中心に, 中身まで, 先き, 先で, 光が, 光を, 冴えかかる, 冴えを, 切っ先が, 切っ先二寸が, 切れ味を, 切ッ先が, 切ッ尖, 切先を, 切銘は, 包みを, 原理を, 名は, 始末を, 尖を, 帽子折れ, 影が, 意なれ, 手上に, 手前, 手掛りも, 披露旁馳走を, 持主は, 提げ緒, 方が, 方に, 方は, 束から, 束へ, 束を, 柄前に, 柄糸を, 柄袋を, 柄頭で, 水を, 汚れだ, 汚れとでも, 洗汁を, 疵跡, 目釘が, 研を, 秘密を, 肌を, 見様を, 跡を, 鍔で, 鍔を, 鍔際を, 鐺にて, 鑑定は, 長いの, 長さ, 面々の, 鞘へ, 鞘や, 音を

1 [544件 抜粋] あとが, あの冴えたる斬れ, あるほう, ある事, いきおいで, いきさつは, いわれは, うえに, うちでも, うち一本をもって, うち祐定と, えたいが, えにし, おかげでしか, おかげです, おどかしに, お侍さん, お目利き, きっさき, けがれいかがな, けがれだ, こじりに, こじりの, ことさよう, ことと, ことに, ことは, こと女の, ごとく鍛, さきの, さきを, ささった樽, さしか, さしようは, さまたげを, さやに, した仕事, すぐれたところ, すぐれた物, そういう大義, たたない男, ただ一揮に, ためお, ためしの, ちんぢんに, つかにも, つかは, つばなどから, つもりである, ところまで, とりか, とれんこと, どれにも, ないこと, ない気持ち, なかに, ぬきかた槍の, ぬき身を, ぬぐいや研, ぬけない場所, ぬり鞘, ねらいすました早わざ, は礼物, ほうが, ほうに, ほかには, まま上る, まま入り乱れ, みね打ちを, むねを, めききを, やり場に, ようだ, を呼ぶ, キッ先, サヤと, ニオイ, ニオイでも, ミネに, メキキも, 一つとして, 一件も, 一対, 一本ざし, 一本だけ, 上あがり, 上で, 上に, 上において, 下げ緒か, 下げ緒で, 下げ緒の, 下げ緒は, 下った隙, 下で, 下緒ぢ, 両端を, 中味まで, 丸山, 主らしい, 乱劇を, 争奪, 争奪でも, 争奪に, 事を, 二本を, 二流優劣の, 二秘法は, 件だ, 件にだけ, 伝来の, 位置が, 作者年代が, 作者関孫六の, 使いぶりが, 使い方という, 使い方も, 依頼主は, 値段の, 傷ついたの, 働きは, 先と, 先とは, 先へ, 先を, 光と, 光りに, 光り右内, 入れ方, 円通という, 冴えが, 凄じかった, 処は, 出ん時, 刀先から, 刃かき合せ, 刃に, 刃も, 刃二個処いちじるしく, 刃毀け, 刃紋へ, 刃風の, 刄に, 分離も, 切っ先に, 切っ先の, 切っ先は, 切つ尖, 切れ味そこ動く, 切れ味の, 切ッさきが, 切ッ先へ, 切ッ尖である, 切先が, 切先の, 切口に, 切味を, 切銘には, 利とか, 利を, 利鈍と, 利鈍の, 利鈍を, 刺し傷で御座います, 刻みが, 前に, 前もち, 剣争に, 剣法を, 力が, 動きよりも, 動き方にも, 包み紙を, 十字が, 原料として, 反りを, 反対側へ, 取り戻しは, 古鍔, 向うところ, 味だった, 味に, 味を, 在所仇敵の, 地肌を, 地鉄に, 地鉄を, 執念だ, 塵を, 外に, 大きいこと, 大を, 大乾雲丸, 大小を, 太刀如何, 太詔刀言を, 如き薄, 如しという, 妄念焔と, 姿とが, 実用が, 寒々と, 寝刃が, 小さいの, 小さいので, 小尻, 小尻ぢ, 小柄で, 小柄であります, 尖と, 尖に, 尖先, 尖端から, 届く処, 峯打ちです, 峰であろう, 峰などに, 峰も, 工夫であった, 差しよう髷の, 巴渦を, 平で, 延びた割, 形や, 形を, 彫物の, 影に, 御武家, 心を, 心境が, 必殺を, 恐ろしさ, 悪戯は, 惡戯は, 惡戯を, 愚を, 所在を, 手うちを, 手まえ, 手もとまで, 手上は, 手元を, 手入に, 手入れし, 手入れに, 手入れも, 手入を, 手前この, 手前にも, 手前われから, 手前今度は, 手前捨置き, 手前此の, 手前許す, 手引きで, 手掛りが, 折れあるべし, 折れが, 折れだの, 折れや, 折れやか, 折れる惧, 折れを, 折れ柄, 折片鍔, 抜きっぷり, 抜きば, 抜きようも, 拝見などが, 拭いを, 拭御手水一人にて, 拵えを, 持ちやう, 持ち方, 持つ底, 持てなかった人, 持様さへ, 指を, 捜索には, 探索なんか, 揮い方, 故か, 故だ, 数は, 数十人の, 斬っさき, 斬れるやつ, 斬れ味, 斬尖が, 斬尖は, 方を, 時代, 時代を, 木剣を, 未来も, 本に, 束ねたの, 束の, 束頭である, 果し合いでない, 柄が, 柄ざわりがぐんぐん, 柄で, 柄と, 柄にかけて, 柄ぶ, 柄へも, 柄や, 柄元を, 柄手を, 柄糸に, 柄糸の, 柄頭から, 桃の, 棟に, 棟へ, 極意とは, 構えぶりが, 様な, 様に, 模型の, 横なぎ, 欠けは, 歌は, 気息が, 汚れ, 汚れお, 汚れに, 油と, 法について, 法については, 法も, 波が, 泣き声らしい, 流れ角度, 浪人が, 無器用な, 焼刄, 片割れ, 片割れに, 片割れ陣太刀づくりの, 理法を, 由来を, 番を, 異状に, 痕が, 白い光, 白刃が, 目ききから, 目ききを, 目利でありました, 目利なども, 目利は, 目利を, 目貫が, 目貫とか, 目貫を, 目釘つづく, 直ぐ近い, 相が, 真の, 真似馴ツこにな, 真理を, 真綿は, 眼も, 矢来を, 短さ, 短刀を, 研や, 研師であろう, 神経で, 祟りという, 秘密が, 秘精釘打ちの, 穢れこの, 穢れだ, 穴の, 笄で, 笄でも, 箱も, 精だけ, 紐を, 紛失から, 絵, 美しさ, 義に, 者と, 肌の, 肌や, 背から, 背で, 背を以て, 背打を, 自慢じゃ, 自慢という, 自慢を, 至らざる所, 草薙の, 莚が, 蔵い, 血の, 血振い, 血祭りに, 行方を, 衾の, 袋とは, 袋の, 袋へ, 裏表も, 見様などは, 観相家として, 試しに, 試みに, 詮議の, 詮議まで, 調べられっぷり, 跡が, 跡に, 跡の, 身が, 身を, 近侍の, 速度よりも, 進みの, 進み易い, 道場と, 酬いだけ, 重みに, 重みを, 金属的な, 銀蛇は, 銘まで, 銘三代前の, 鋩子に, 鋭さを, 鋭利な, 錆, 錆でござろう, 錆は, 錆までも, 錺子に, 鍔が, 鍔その他の, 鍔だった, 鍔と, 鍔などの, 鍔にあたって, 鍔は, 鍔へ, 鍔も, 鍔や, 鍔元にて, 鍛錬を, 鐺あたり散らし, 鐺か, 鐺です, 鐺では, 鐺の, 鐺は, 鐺や, 鐺引かる, 鑑定と, 鑑定などを, 鑑定に, 鑑定ひとつでも, 鑑識も, 長いこと, 長いほど, 長サ三尺, 閃めきで, 間から, 間を, 青眼に, 面に, 鞘だらう, 鞘で, 鞘と, 鞘など, 鞘などへ, 鞘には, 鞘は, 鞘ば, 鞘みたいな, 鞘兜槍など, 鞘塗が, 鞘袴の, 鞘走るは, 鞘走る音, 音です, 音と, 音とともに, 響きでした, 頼みを, 顔, 類も, 類調度を, 鬼と, 鯉口は, 鯉口へ, 鯉口故意と

▼ 刀~ (449, 5.8%)

3 いい刀, なかった, 自分の

2 [24件] そのままビューン, どうした, 人の, 人を, 侍の, 差して, 彼の, 御奉公, 手から, 手を, 折れ易い, 抜く手, 武士の, 渡辺の, 無造作に, 町人の, 確かに, 私の, 縁側から, 置いて, 腰に, 虎徹故に, 誰の, 違棚の

1 [392件] あがり物, あくまでも小野塚家, あずかって, あずかるであろうな, あそこに, あなた様の, ある若者, いいでしょう, いうまでも, いずれも, いつもあの, いまだに, いらないや, いるめ, うしろに, おおかた近郷, おれから, おれの, おわりや, お手, お捨てめされ, お捨て召され, お父様, お研ぎできません, お通, お雪, かなり深く, きらりと, きッ, ここには, このとおりおまえ, この辺, これだ, これは, これ有野村の, これ程切れよう, さっきから, さびも, すっかり奥, すでに研がれ, すばらしい, すべて触れ, すべて鞘に, ぜひ年内, そうしたもの, そうは, そこに, そのままに, そのまま一押し, その男, その鞘, その額, そぼろ助広持ち, それで, たしかに自分, ただ非常, たった一腰, ちと価, ついに一刀斎, つる巻の, とられる十手, どういうわけ, どうだ, どうなっ, どこかに, どこに, どこへ, びくとも, ぶうっん顔良, ぶるぶる切先, ほん物の, まあ尠, またし, またその, また其の, また神尾, まだ四半分, まだ幾つ, まだ此方, みずから糸を, みて, みんな手放し, みんな駄物ばかり, もうそこら, もう刀, もう皆さん, もう近寄り, もともとお前さま, よう斬れ, よくも見ない, わが国の, コトリと, コトリとも, サッと空, サヤを, チャント持て居る, ピクリと, 一度も, 一本で, 一節切の, 一見し, 一閃ひ, 一間ばかり, 丁稚にも, 七八間も, 七兵衛の, 七瀬の, 七百年にも, 三尺二寸五分物干, 三尺余も, 上がり口の, 下げられた, 下った, 下に, 不用だ, 不要に, 世の常の, 中段に, 主かいな, 之を, 乾雲丸, 二つに, 二ツに, 二三日前作事の, 二人とも, 二人の, 二尺三寸余りある, 二尺八寸の, 二尺四寸五分の, 五六人の, 五月の, 交叉され, 今ぞ, 今なほ, 今にも金五郎, 今も, 伊那丸と, 伝家の, 伯耆の, 何を, 何処へ, 何處へ, 余っ程, 使えるもの, 使へ, 側に, 備前の, 元の, 元禄以降の, 先つ, 先刻犬の, 光を, 兜金から, 入り乱れて, 入替えを, 全部先方へ, 六郎兵衛の, 共に未だ抜かず, 其場に, 出るぜ, 刀は, 刀ばかりは, 刃を, 刃切出で, 刃渡り一尺八寸六分無銘では, 切れるし, 切れるもの, 十万石の, 十分に, 十口とも, 十年前に, 千浪の, 又もや水右衛門, 受けきれません, 同時にすぐ左, 名鏡である, 周瑜の, 喬之, 四尺も, 国助脇差には, 土耳古帽氏に, 壮士の, 売て, 外に, 外れて, 外国から, 大きな刀, 大の, 大へん, 大小二本である, 天正祐定, 太刀作りの, 女の, 好きだったらしい, 如意自在に, 妄りに, 始めて, 婢の, 宙に, 山浦清麿の, 左に, 左剣であった, 差さん, 差し終った, 差せと, 差せまい, 差上げましょう, 席を, 帯すれども, 帯びて, 常人の, 常用の, 平次の, 平正眼, 幾つかに, 幾本も, 床の間に, 役人の, 彼のみの, 彼らみずからが, 後に, 後ろを, 従って味方同士, 思い止まって, 惣七の, 愈鋭く, 慥かに, 手に, 折れそう, 折れて, 折れる, 折れ沖田総司, 折れ沖田総司刀, 抜かずには, 抜かなかったので, 抜かぬが, 抜かぬつもり, 抜かれた, 抜きゃあしねえ, 抜き持って, 抜くまい刀, 抜けて, 抜けないに, 抜けまいぞ, 拔い, 拔いた, 持たないまでも, 持たぬとて, 持ちたいよ, 持ち人, 持っては, 持主の, 揃ひも揃つてなまくら許り, 握ったまま石, 敵と, 文次の, 斜かいに, 新しくピンセツト, 方言なり, 早くも, 月下に, 月光を, 有野村の, 本身か, 朽ちさせては, 横へ, 欲しかった, 正宗脇差は, 正直だ, 武田家伝来の, 武者羽織の, 死骸に, 残して, 気に入ったか, 池に, 洋刀とは, 浪游と, 消えて, 滅法に, 滅法切れる, 潮水で, 濡れた柄, 火花を, 無いか, 無念流この, 無銘ながら, 片手なぐり, 物々しい品, 犬山城の, 用に, 田中の, 男の, 白鞘の, 相州物だ, 相手の, 相當, 矢張り見付からなかつた, 短いから, 石上の, 研げないので, 砥障りが, 祖父さんが, 神尾主膳の, 神様に, 私が, 私には, 秘蔵の, 空を, 立派でも, 竹の, 篤龍の, 紙よりも, 素人作の, 絡められても, 絹の, 綿更紗の, 縁頭が, 肩さきへ, 肩に, 肩へ, 背後ぢや, 脂が, 腕を, 臍の, 舞台で, 船頭の, 良いけれども, 荷抜屋の, 華奢で, 落ちて, 虎徹に, 血ぬられた, 要らない馬鹿, 見えないよう, 見えなかったけれども, 見せ物では, 見る度, 観て, 誠に善, 誰が, 貸すどころか, 路上の, 身なりにも, 車の, 転々と, 運べないぞ, 運べないよ, 道ばたの, 遠くへ, 遠く飛ん, 避けられずまた, 重代の, 金剛兵衛盛高脇差は, 金属によって, 金輪が, 鉛の, 銘刀である, 鋭く落ち, 鋼卸し, 鍛た, 鍛て, 鎌倉以前の, 鎧ど, 長谷部国重の, 関の, 闇に, 隨分長い, 隱す, 離さないの, 電光を, 電光石火切り降される, 電光石火首を, 青眼に, 青龍刀の, 静かに, 非常に, 鞍上から, 鞘に, 鞘へ, 鞘を, 鞘走った拍子, 鞘走つた拍子, 頭上に, 額の, 風を, 飾りものか, 首を, 馬よりも, 駐在所の, 體裁や, 鯉口でも, 黒髪の

▼ 刀~ (381, 4.9%)

5 刀を 4 手に 3 仙太の, 膝に

2 [21件] あった, ある, あるから, いつの間にか本身, お屋敷, わたしに, 一腰欲しい, 二本置い, 口を, 同じ場所, 同じ真夜中, 哭く, 折れて, 欲しい, 水木の, 目に, 眼に, 落ちて, 鋸の, 鞘を, 飾って

1 [324件] あたま, あちこちに, あったならば, あったろ, あって, あつて, あの通り壁, あまりによく切れすぎる, あらゆる角度, あらわれた, ありましたが, ありますが, ありません, あるからな, あること, あるぞ, あるん, ある筈, いい刀, いきて, おいて, お手, お稲さん, かけて, かげに, かたなを, かつん, かなり見られる, かわいいの, きえーっ, ぎらりと, この寺, この男, これな, これも, ござりましょう, させるので, さつ, さながら水, さびて, さよう, しかし赤黒い, すぐに, すこぶる精巧, すなわち伯耆, そこに, そのうしろ, それぞれ所有主の, それに, それほどの, それほど高名, たちどころに一人, たとえ後, ちんぢん, とおらない, とたんに噛み合った, どうして本身, どこにも, どれほど深い, どれも, どんなによく切れる, ないの, なくなって, なければ, なぞは, ならべて, ぬけるなぞ, はいって, ひとりでにスルスルと, ひとりでに動き出し, ひらめいたの, ひらりと, びーんと, ふろうと, ほんた, ほんとうに, ほんとだ, まさしく血, また横, みえなければ, やっと仕上りました, よく切れた, よく切れる, よごれるばかり, わが手, わたしの, カラカラと, キラキラと, ザザと, スッスッスッと, スルスルと, スルリと, ズバリと, チョコンと, ヒョイと, ピカ, ボ, 一太刀滝次の, 一太刀瀧次の, 一寸こっち, 一振り置い, 一本の, 一瞬に, 三条, 上がった, 上物すぎる, 下った, 下ったの, 下で, 乾雲丸の, 二本交叉し, 五人の, 人を, 人間業以上の, 仆れ, 今にも走り出, 今や所, 仕込んで, 伸びて, 何です, 何の, 使えますか, 使えませんよ, 使えるかな, 傷む, 先に, 光った, 光ったとき, 光るの, 入って, 八百屋の, 八郎太の, 凄じい気合, 出たら, 出なければ, 出ません処, 出るだろうと, 出來, 出品される, 出来て, 刀掛けに, 切れるか, 列座の, 前にも, 剥きづらかっ, 加へ, 即座に, 双巴, 反れ武蔵, 受け止められぬはず, 右胴へ, 同じ場処, 咽喉を, 哭くと, 噂の, 四本ながら, 四角な, 四足の, 地上へ, 地面を, 壁際に, 夏の, 失くなったの, 好きだった, 宇宙に, 宙で, 宙に, 宙へ, 小さく返った, 少しく出, 届く距離, 山形を, 左斜に, 左横へ, 左膳を, 左近の, 帯へ, 幾多の, 床の間に, 廃された, 廊下に, 引かれた, 当ると, 当るので, 彼の, 必要な, 忌みきらわれた絶頂, 忽然中段に, 怖いの, 恐かつ, 恰も共有物, 悪いの, 慕いあって, 戞っと, 手から, 手には, 手を, 承知せん, 投げ出して, 折れた, 折れた事件, 折れた時, 折れては, 折れると, 折れるの, 折れマストリリ, 抜かれて, 抜きあわされて, 抜き合わされた, 抜き打ちに, 抜けたで下, 抜けないの, 抜けない時, 押絵に, 持つて, 振り下ろされたら躱したと, 握られて, 斬れたの, 斬れなかったらあいつ, 昨夜の, 最近において, 月光を, 来た, 架けて, 根くらべ, 桟橋の, 欲しいかと, 欲しいとは, 欲しいの, 欲しければ, 止まらずに, 歩くたび, 歪むほど, 殆ど井上, 殆ん, 段々に, 求め合って, 泣くよ, 浮いて, 添えて, 滑った, 激しい暗示, 無いから, 無くなって, 物を, 甚伍左の, 発見され, 白くきらっ, 盗めますか, 眩ゆく輝い, 眼の, 短いから, 神霊を, 突っ立っ, 突立った, 突立てられるだろう, 立てかけて, 粟田口國綱だ, 納まれば, 純で入らなかった, 素早く左右前後, 線を, 置いて, 美作を, 背中から, 胴から, 膝へ, 自分の, 自然な, 芳年の, 若者の, 茅野雄の, 落ちかかって, 落ちかからずに, 落ちかかりました, 落ちた, 落ちなかった場合, 蒼光っ, 蘆の, 蛇身に, 血を, 見えた, 見つかりません, 見事に, 見事斬れる, 評判ほどの, 車に, 軽く宙, 近々と寄っ, 近づきもう一度, 返った, 迫って, 追いかけたがる, 這入るばかりに, 遅れたなら自分, 鉄砲に, 鋭く足, 鍔で, 鍔もとから, 鍔迫り合いと, 鍛ち上がる, 鍛てる, 閂に, 閃くと, 雪の, 電光の, 青くぎらぎら, 青江助次で, 青江村正ほどの, 非常な, 鞘へ, 鞘走りその, 鞘走るよう, 音を, 預けられて, 頭の, 颯然来た, 飛び違いきらめき交わして, 飛んだ, 飛んで, 首筋へ, 首筋を, 鳴った, 鴨居へ

▼ 刀~ (307, 4.0%)

5 自分の 4 人を

2 [13件] ござります, もって, もとから, パッパッと, 二つ三つ撲る, 切って, 坐るの, 塀外の, 斬ったり, 胸を, 自分を, 落すの, 首を

1 [272件] いえば, いきなりこっち, いきなり後頭部, えぐった疵, おざる, おどかして, お守りに, お突き, ぐさりと, ここまで, こじる, こっちが, こっちの, ざくりと, すぐに, すぱりとな, すら錆びる, ずばりと, せうそれ, そうおどかされ, そこへ, その一茎, その傍, その妻, その横枝, その生命, その皮, その顱, その髻, たたいた, たたき殺せ, たたくと, ためされても, ちょん斬る, ついて, ついに仕止めた, つかつか出, とかく折合い, どの胴, なぐった, なぐりつけるの, なし庖丁, ばさり, ばっさりやるだろう, ぱちんと二つに, ひとを, また一人, まるでお, もう一人, もう一度はねよう, やっつけて, やにわに襖, やられて, やり合うなあ, やる支那流劍法, わたしを, ゑぐつたといふ, オイ来た, ガバと, ジイサンを, タダオは, チャンチャンと, バタバタと, バッタバッタと, ピュッと, ピンとつつ, ホテルへ, 一々框, 一度に, 一思いに, 上から, 下へ, 両刃で, 中の, 乘込みました, 乳の, 乳母の, 二三十人辛くも, 二階へ, 五六人の, 亡ぼされなければ, 人が, 今二人が, 佐野松さんは, 何者かに, 先ず子供, 先代から, 入りこんだ, 八方へ, 其男を, 内部では, 処理し, 出て, 切た, 切ったよう, 切られそう, 切られたやう, 切りつけて, 切りひらい, 切り合うとき, 切り払った, 切り捲くった, 切り開いて, 切り開くと, 切裂いて, 切開いて, 刺すに, 刺殺されその, 剪りたくなる, 勝負しよう, 危機を, 取りかこんで, 受けようと, 受留められ, 叩き切っちまうが, 叩くと, 右から, 向ふ, 命を, 圍まれた, 土州の, 地を, 埋められて, 城太郎の, 夢中で, 大木を, 大根を, 天皇が, 天皇の, 失敗し, 妾を, 実はあなた, 対して, 小六, 小屋の, 居りますから, 屋敷を, 峨々たる, 左側の, 幾度も, 庄吉の, 庭廊下を, 弓削法外先生を, 彫つた所, 彫を, 彼は, 彼らの, 彼を, 怨みを, 惚れた女, 成敗を, 戸を, 手に, 払った, 抉り飛ばされて, 指さすよう, 捕虜の, 掘れ, 撲った, 撲ったよう, 撲りつけた, 斬って, 斬っても, 斬られたの, 斬られたらみんな, 斬られた痕, 斬られて, 斬られるその, 斬られるとか, 斬られるほどのね, 斬られるよう, 斬りつけて, 斬り下げたの, 斬り捲くる, 斬り殺して, 斬り返すよう, 斬るだろう, 斬るの, 斬れば, 斬ろうと, 旅人を, 早舟を, 智謀すぐれ, 曲者と, 服を, 果し合いを, 桃谷へ, 森の, 楢の, 槍を, 横へ, 横腹抉っ, 樹が, 殺さずに, 殺されるん, 河原へ, 済まして, 満足に, 無いの, 片づけて, 片足を, 牛の, 物を, 物干, 物見の, 犬の, 犬猫も, 王子を, 畜生の, 癇癪の, 皿を, 相手に, 相手を, 真っ二つ, 短いの, 研究される, 穴を, 突いた, 突いたか, 突いたの, 突いた刺し傷, 突いて, 立ち現れ, 立ち現われた, 立つと, 立塞がりました, 縁が, 美乃を, 背後から, 脅かされて, 腕の, 腹を, 膝を, 舷へ, 薙がれた時, 薙ぎ伏せられた, 行る, 裂きますよう, 見え隠れに, 見ごとに, 見事に, 誰をか, 走り出して, 足を, 軽く突く, 追いまわされて, 銀五郎が, 銃砲火薬店を, 銘も, 闇の, 闘わなくては, 階下へ, 随分斬りまくった, 障子を, 雨戸を, 頸を, 頸動脈を, 頸部を, 飛びつけた義侠心, 飛び出したの, 飛び出して, 飛び出す者, 飛出しました, 食卓を, 餅を, 首, 馳け, 駆けだして, 駆けつけた長井巡査, 駈けつけて, 駈け出そうと, 黄な

▼ 刀~ (210, 2.7%)

32 手を 3 して, なって, 反りを, 掛けても 2 ぴしりと鞘当て, ものを, ソリを, 仲間は, 価を, 反を, 手が

1 [152件] あまんじる理由, あらぬ横恋慕, あるらしい, うす暗い燭台, おびやかされて, お強い, お見覚え, かかった, かかったので, かかった上, かかって, かかり一刀, かかろうと, かけた対抗, かけた手, かけながら, かけろ, かけ彫刻師自身, からみついた, からみついたよう, からみ付いたよう, からんだ羽織, さした奴, したので, しても, すがりあるいは, ずっと吸い寄せられました, その女, その首, たくさんありまし, ちがいない, つられ込んで, とりついて, なりません, なれば, はねられ紋也, ひた向く相馬大膳亮, ふれて, ぶっ放した, まかせて, まさしく血のり, むかへば, ゆるむ帯, わたくしが, ソリは, ヒョイと, メラメラと, 一人の, 上体を, 乗りうつっ, 二人を, 仕立て夫, 付けて, 付ける虚偽, 代えて, 伸びて, 似て, 候勝負の, 備え待てと, 備へ, 優れた名作, 典藏が, 出会って, 切って, 刻まれたらしい史証, 刻まれた銘, 化けたの, 千金を, 命を, 四五寸計の, 因りて, 囲まれて, 声あり, 大和魂を, 奇を, 対う, 少し触っ, 就いて, 屆く, 届く, 彫り浮かべる腕前, 微かな, 心の, 心も, 成つたと, 手がか, 手の, 手は, 手応えは, 手袋なんかを, 打ち据えられたよう, 捲きついて, 掛って, 換わる女, 斃れ, 斬って, 斬られる所, 来国俊, 枕元を, 横井は, 残る血, 気づくと, 気を, 水火の, 汚さねば, 流れ寄って, 滴る血潮, 火を, 片手を, 牛なり, 物を, 生血を, 異様な, 目が, 目を, 相手の, 相違ない, 真黒い大玉, 着いた血, 精魂を, 綱が, 縛りつけたの, 縛りつけた白紙, 羅山銘を, 肩を, 脇差なぞを, 脳天を, 腕貸しし, 腰かけたまま, 自分の, 興味を, 血が, 血の, 血塗らねば, 衂られる, 行き当ったからとて, 見入って, 見入る, 見惚れて, 覚えが, 触らねえとも, 触れて, 訴えてもという, 赤黒い灯火, 足を, 近づけるなよ, 違いない, 附く遑, 雨脚を, 青漆, 骨も, 鼻を

▼ 刀~ (126, 1.6%)

4 刀の, 脇差とを, 脇差を 3 いえば 2 一しょに, 一緒に, 刀との, 右小手と, 木刀とを, 短銃とを, 肉匙の, 脇差は, 鉄砲を

1 [93件] あったところ, いい天下無敵, いっしょに, いっても, いふで, いわれては, いわれる彼, おなじもん, きりむすんで, この二, この娘, すり換えて, その傍, であった, なると, まだ乳ば, よばれ稀代, わが身の, ピストルが, ピストルに, フトンを, 一所に, 並んで, 云えば, 云ふ, 云ふも, 人は, 人影を, 人間とが, 八寸あまりの, 具足の, 刀が, 刀で, 刀と, 刀とが, 刀とは, 刀とを, 刀は, 分りながら, 匕首とで, 又七郎, 同じで, 同じ作り, 名乗る物, 向かい合って, 壺を, 女との, 女の, 娘御, 弓を, 弥生様への, 思われ送り, 懐剣を, 掏り替え, 掏り替っ, 日頃から, 書くん, 木刀とが, 来て, 槍の, 武蔵とを, 浮世絵第, 混同され, 照吉の, 片手が, 物差とは, 物差は, 称する一番, 竹槍は, 箸を, 肉匙は, 肉匙を, 肉叉を, 脇差だけは, 脳天目がけ, 自分たちの, 見違えるほど, 言って, 言つても, 言ふ, 言やあ, 身を, 身体が, 軸を, 金を, 鉄の, 鉄砲, 鉄砲が, 鉄砲だけ, 鍔とを, 鞘とを, 風呂敷を, 馬と

▼ 刀~ (115, 1.5%)

8 の巻 3 に落葉返し, の席, の達人, の開祖 2 では使い手, の, の師範, の本家, の道場, 直正伝拳隠れ

1 [83件] お父上, から出, から出で, から言え, が流行っ, ご鍛錬, だ, だと, でございましたね, でその, では免許, では剣鬼, では天下, では宗家, では無双, で山陰随一, というれっきとした, とか皀莢坂, ととなえ, と新, と秩父, と誇, などと誇称, において並ぶ, にて銘人, のお玉, のこと, の一派, の下手, の人々, の使い手, の使手, の出, の別派, の剣技, の剣軍, の千葉周作等, の名代, の名誉, の大, の大額, の妻方謙寿斎, の宗家, の宗家小野忠雄, の宗家逸見多四郎義利, の家元, の小野治郎右衛門様, の指南番, の掛額, の極意, の構え, の正伝, の正統, の江戸, の浅利又七郎, の町道場, の看板, の秩父, の第, の精神, の衰退, の誇り, の辺見多四郎, の達者, の遣い手, の鋭, の鍛え, の面々, の音無し, の額面, は今日限り, は繁昌, より出で, を伝えた, を学んだ, を少し, を打出し, を本, を汲んだ, を編み出し, を編み出した, を蹂躙, 相正眼

▼ 刀~ (113, 1.5%)

2 一刀, 一刀も, 何も, 抜かずに, 見えなかった, 鎧も

1 [101件] ある, あると, ある槍, いちど手入れし, いらぬ物, お互いの, お買い下さいます, この手, さして, さしてゐた, すべて優れ, すべて血漿に, そう鈍作, そこで, そこには, それきりに, それぞれ何らかの, そんとき, たしか村正, ただの, とおすこと, とれなかったじゃ, ない, ないので, なくて, なく脇差, ぬかず術, ぬきません, はずさず椅子, また下さね, もたないで, ヌラヌラと, 何本か, 備前一文字吉房の, 共に見覚え, 出れば, 刀だ, 刀です, 刀斬, 刀斬り, 刃が, 医者の, 叩きつけるよう, 叩き落とされ刎, 同じ理, 同様だ, 多かろう, 大広間溜りの, 小さいが, 差さない生意気, 差して, 己の, 帯びず権力, 帯びては, 廻転する, 役に立つ時, 待たず枯木, 急に, 手に, 投げ出しお松, 折れたという, 折れよとばかり, 折れろ後藤祐乗, 抜いて, 抜かず悠々, 抜かず突き, 抜かず粂太郎, 抜かず落ち着き払って, 抜かず謀反, 抜かないで, 抜こうし, 拭き込んで, 持たず軽い, 持たない素, 提げた太刀, 既に鞘, 普通よりは, 木で, 棒も, 業物それは, 武蔵は, 残って, 深くずぶりと, 熊の, 狂う, 綱を, 脇差も, 草鞋までが, 蔭間の, 見せて, 言うまでもなく万難, 買った, 買へ, 赤錆上着一枚きれ, 近くに, 重いといった, 鉄砲に対して, 鉄砲も, 鍛つまい, 黄忠の, 黄金も

▼ 刀~ (64, 0.8%)

5 の前 3 のお嬢さん, の番頭さん, を開い 2 でわきざし, のせがれ長七, の店, の店先, へ行っ

1 [40件] から虎徹, がございまし, が偽, が来ました, が舌, じゃあるまい, だとか, である, であると, ですな, で冷かし, で見, で買取ろう, にお, になら, になる, に渡し, に相談, に知るべ, に見せる, の商売, の娘, の店頭, の横町, の番頭, の番頭重三郎, の番頭重三郎ゆえ恟, の鑑定, は面白い, ばかりで, へ手入れ, へ捨て売り, へ註文, も不審, や本, をひらいた, を二三軒當つて, を呼, を帰さない, を覗い

▼ 刀~ (58, 0.7%)

3 槍を 2 匕首ぢや, 匕首や, 槍が, 槍で, 身なり一体が, 鉄砲を

1 [43件] さまざまな, その他の, てっぽう, な, なぎなたが, なんかが, ひき出すかぎ, へら弓ばかりじゃ, よろいなどを, ザバーゲン剣が, ピストルを, ボロ具足に, ヤタガンと, 何かで, 何かを, 劍の, 匕首なんぞの, 半弓の, 印籠などに, 大きな鏡, 大業刀らしい, 姉妹の, 弓鉄砲だけは, 息杖を, 拵えは, 棒など, 槍では, 槍の, 短刀を, 石でなく, 脇差は, 脇差を, 自慢の, 茶の湯の, 蒔絵の, 薄刄, 薙刀などを, 鉄棒を, 鍔を, 鑿の, 鑿を, 飯茶椀や, 馬具なども

▼ 刀~ (58, 0.7%)

8 のある 3 がある, です, の痕

1 [41件] か槍傷, があり, がございました, がございます, がもの, がゆき子, が元, が出, が原因, が幾ヵ所, が残っ, じゃ, だが, だして, でした, でもない, でもなく, でもわかる, でも持っ, で容貌, なの, によって死んだ, によるの, に湯, のあと, のよう, はだいぶ, はできるだけ, は刀傷, は水戸, またこの, もない, や異様, や矢傷, よりも短刀, をうけた, を二太刀, を受けました, を病ん, を癒すべく, を青年たち

▼ 刀~ (49, 0.6%)

6 の刀 4 の側 3 から刀 2 から庭, があっ, に任せ, の孔, を置い

1 [26件] からわざもの, から一刀, がある, が残塁, が置い, にあった, にあつ, にある, にかけ, にかけた, にかけて去った, にかけて置い, にやすませた, に一本, に刀, に懸ける, に掛かっ, に秘蔵, に縦, に置いた, に脇息, の一刀, へでもちょっと, へ触る, を叩いた, を見る

▼ 刀~ (43, 0.6%)

22 手を

1 [21件] かかったらすかさず, かけて, かけるの, ぐったりより, この首, さわって, ひそかに, わが刀, キュッと, 全力を, 向けて, 噛りつきました, 左手を, 常用の, 床几から, 往った, 投げかける, 行った, 走って, 飛びかかりひっ掴み腰, 飛びついたの

▼ 刀~ (41, 0.5%)

2 をもっ

1 [39件] がチラチラ, が発見, が發見, が閃, であつ, でまわり, で爭, となん, に感じられた, に秀でし, のあいだ, のきらめき, の下, の中, の人々, の傷, の光, の兵, の壁, の威迫, の影, の武芸, の術, の表, の響, の類, は元, は裸体, ひとしく鳴る, ふりかざし敵, も是唯泰平, も鳴り, をまるで, を好ん, を手, を用ゆ, を鍛え, 或は箭, 鳴る

▼ 刀~ (36, 0.5%)

42 片手なぐり

1 [30件] が, がどこ, がネ, が五十両, が寺中甚吾左衛門, が明日, そうでございます, そうです, っけ二尺九寸五分, つたと, つたのです, という, ということ, という事, という話, とし, と一言, と思し召す, と思ったら, と言っ, ね, のが, のを, まして近藤自身, もし虎徹, よ, 位負けが, 何うだ, 承知の, 拙者は

▼ 刀~ (31, 0.4%)

1 [31件] がすこぶる, がところどころ, が強く, が竿, こそは先頃, であって, である, と人, などでもしかりで, にかなっ, には暗く, には通じ, にも非凡, に天下, に手, のこと, の上, の基本, の妙, の秘粋, はない, はまだ極めて, は富田五郎左衛門, は生活, もいわゆる, を以て, を少し, を所詮, を繰返す, を鐘巻, 頗る簡勁

▼ 刀~ (27, 0.3%)

2 を地

1 [25件] から掌, がやや, が二尺, が伸びなかつた, が出た, が四ツ本, が少し, が左右, が己, が当る, が手, が折れる, が時々, が石, が青い, と穂先, に惹かれる, の交叉, をここ, をその, をつきつけ, を当てた, を狂わぬ, を避けた, 平七郎の

▼ 刀には~ (25, 0.3%)

1 [25件] すこし異状, そんな悪気, どうしても刃, なかなか因縁, わしは, 丁子の, 中心を, 人を, 刀の, 執着は, 峯が, 必ず刎, 必然な, 我々共が, 村雲脇差には, 樋を, 用はねえ, 眼利と, 祟りが, 種も, 血が, 血を, 触らぬよう, 鞘の, 頑丈すぎる

▼ 刀~ (25, 0.3%)

1 [25件] から涎, から耕介, から脇差, が浮い, が現われた, と一緒, に入れ, に頬杖, の上, の箱書き, の蓋, の風呂敷包, はこれ, を不覚, を依然, を受取っ, を引き上げた, を抱え, を持っ, を掴んだ, を支え, を父, を落としまし, を見, を見据え

▼ 刀~ (25, 0.3%)

2 の頭, はいつも, はふしぎ

1 [19件] からどんな, が振り返っ, というりょう, といっしょ, にはないしょ, のうち, のおかあさん, の小わき, は, はいいました, はさすが, はすこし, はその, はどんなにがっかり, はびっくり, はふと, は急, も少女, 見めでて

▼ 刀折れ~ (22, 0.3%)

6 矢尽き 4 矢尽きた 2 て死ぬる, 矢つきた, 矢尽きる 1 て多治見国長, 矢つき, 矢尽き茫々たる, 矢尽く, 矢盡きた, 矢竭きた形だ

▼ 刀~ (21, 0.3%)

2 の身

1 [19件] が出る, が同じ, が外國的, が輸入, で殺害, と同時に, に打粉, のみと爲, の形, の拵, の柄, の鑑定, もやはり, や祖母, を帶び, を持つ, を需め, 及び兩刄, 少々

▼ 刀~ (21, 0.3%)

2 の刀

1 [19件] からもいい, があり, などが置い, には葵, に大小, に手, に掛け, に掛けあり, に掛けありし, に有った, のあたり, の処, の竹, の脇差, へ脇差, も飾っ, より刀, を拵え, を置ける

▼ 刀では~ (18, 0.2%)

3 ない

1 [15件] ありません, あるまいか, ございませんか, ございませんが, ござらぬ, ないな, ないの, なくして, なくて, 利かないで, 容易に, 現在の, 短きに, 駄目でございます, 駄目よ

▼ 刀~ (17, 0.2%)

1 [17件] カケテ皆, サシタガ, 取ッテ案内ヲシタ, 取ッテ立上リ, 打ッタ, 抜イテ之ヲ, 抜イテ枕元ヘ, 抜コウトシタラコジリガツカエタカラ片, 抽キテ水ヲ, 持ッテ来ルカラ素人ヨリ買ウカライツモ損ヲ, 振リ廻シテヤッタラ, 松平伯耆守ヘ, 研ガシテオレモ習ッタソレヨリ刀剣講トイウモノノ事ヲ, 磨シ多, 礼トシテ贈, 薪トシ玉ヲ, 鞘ニ納メテ何事モ起ラザリシガ如ク平然トシテ歩ミ去

▼ 刀でも~ (16, 0.2%)

1 [16件] かなわねえや, これを, ぬくあいだ, ふりまわされた日, 一方は, 使い得る, 売んなさい, 差すよう, 引き抜くと, 我銘を, 折れは, 抜いて, 拭いて, 振りまわして, 磨ぐよう, 馬でも

▼ 刀にかけて~ (13, 0.2%)

1 [13件] おちかいする, きかない眉, ぶった斬って, もと浪人竹中十兵衞は, ものを, 室の, 己を, 思ひ切つて候, 正邪を, 申す, 申訳は, 解決する, 返答を

▼ 刀~ (13, 0.2%)

1 [13件] なきに, のよう, の堅き, の難, または兩刃, も折れ, も段々, や銃器, をはじく, を以て木材, を振り回し, 入る能わざりければ, 段々壊

▼ 刀という~ (12, 0.2%)

4 のは 3 のが 1 のを, やつは, ような, 二字で, 構えで

▼ 刀~ (12, 0.2%)

6 のだ 1 のさ, ので, のです, のですぐ, のでその, のを

▼ 刀~ (12, 0.2%)

2 を以て, を畏 1 の厄, の持ち合せない, の部, もて無罪無害, をすて, を取り, を執っ, を捨て

▼ 刀架け~ (12, 0.2%)

2 から庭, には長い, に預け 1 からそのまま, からだいぶ, に二口, に懸け, の蝋鞘, を指さした

▼ 刀脇差~ (12, 0.2%)

1 [12件] と柱, などを見, には例, の目利きごっこ, はこじり, は合羽, は木柄, は飛ぶ, も有用, をさし, をさしおく, をさして

▼ 刀など~ (11, 0.1%)

1 [11件] すこしも, どんなもの, ぬいて, 今に, 何んであろう, 差すなんて, 押し拭いいずこと, 持ち馴れたとて, 揮わぬが, 片手に, 遣らせて

▼ 刀まで~ (11, 0.1%)

2 拔い 1 さして, ひねくり廻して, 傷を, 刺して, 同じな, 手放さねえなんねえん, 抜いての, 抜き合うとは, 突上げた

▼ 刀~ (11, 0.1%)

1 [11件] だの錫杖, でちょっと, と申します, になった, は男, へ手, を加えよう, を動かし, を打ち落した, を持ち直し, を納めた

▼ 刀~ (10, 0.1%)

3 槍で 2 どっちかを 1 それとも常用, それに, 刄こぼれの, 脇差だ, 舞台で

▼ 刀を以て~ (10, 0.1%)

1 すべしなどと, 三度まで, 下げ針を, 兩斷した, 孝孺の, 敵を, 斬り払うと, 斬殺した, 百姓を, 躍りかかって

▼ 刀箪笥~ (10, 0.1%)

1 から山, があっ, があつ, だが, には後家, の錠前, や刀箱, や書画入れ, をあけ, を見

▼ 刀から~ (9, 0.1%)

1 勇ましい手, 噴騰させ, 柄を, 水が, 眼を, 腰の, 足を, 離れて, 離れなかった

▼ 刀だけは~ (9, 0.1%)

1 なお突きあわせ, ぴたっと前, べつと, やめたが, 手から, 持って, 本ものの, 腰に, 自分で

▼ 刀とを~ (9, 0.1%)

1 もって, 久しぶり交じえ, 合せて, 弥生に, 持って, 構えて, 荒っぽくそこ, 見くらべて, 許される

▼ 刀持つ~ (9, 0.1%)

4 手に 1 すべを, 弥左衛門の, 手が, 手を, 方の

▼ 刀掛け~ (9, 0.1%)

1 があった, にとまつ, に大小, に掛かっ, に掛けられ, に架け, に置い, のきらびやかさ, の大刀

▼ 刀~ (9, 0.1%)

1 が仄か, が心眼, が感じられる, そういうもの, と申します, はある, を感じ, を感じたらしい, 走って

▼ 刀だの~ (8, 0.1%)

1 あぶないもの, 全て解剖に, 具足だ, 切れ者だ, 笄だの, 笄小柄といった, 貸して, 軸ものだの

▼ 刀である~ (8, 0.1%)

1 か, が中, が匕首, ことに, ことは, ということ, 性質上その, 故に心配

▼ 刀です~ (8, 0.1%)

31 かそれとも, からいくら力, か義姉, が所詮, けれど弥生

▼ 刀として~ (8, 0.1%)

1 その武元, 伝えられて, 太刀を, 忌むこと, 斑竹の, 活用した, 用ひ, 縦横に

▼ 刀にかけても~ (8, 0.1%)

2 成敗し 1 一匹釣らね, 借り逃げ, 奪還せね, 帰すな, 手前を, 渡さぬという

▼ 刀にも~ (8, 0.1%)

1 たれうつらうつら, 一見識を, 使いわけて, 少しの, 心を, 悪女の, 手を, 血を

▼ 刀~ (8, 0.1%)

2 の鬼 1 に斬っ, に真, の人, の怨鬼, をかいくぐっ, をくぐっ

▼ 刀~ (8, 0.1%)

2 がある 1 なの, のある, はさまで, を体じゅう, を受け, を多く

▼ 刀~ (8, 0.1%)

2 に手 1 に南蛮鉄, は一尺八寸, へ巻い, をた, を叩き, を擬し

▼ 刀~ (8, 0.1%)

6 の命 1 など曲りなり, の命太御幣

▼ 刀かけ~ (7, 0.1%)

1 にかけ, に大小, に手, に掛けた, の上, の刀, へ

▼ 刀一本~ (7, 0.1%)

1 ずつをのこし, では, になっ, に眼色顔, は新藤五国光, は無銘, をぶっさし

▼ 刀~ (7, 0.1%)

1 がギラギラ, が流れる, が見事闇黒, にビク, わずか七, をつい, を眼前

▼ 刀試し~ (7, 0.1%)

1 かきびしい, じゃない, なので, には公然, の折, の日, を開い

▼ 刀~ (7, 0.1%)

1 によってさも, の原料, の血, はさけぶ, を用い, を神威, を鞘

▼ 刀とは~ (6, 0.1%)

1 こうして作る, 噛みあい喚きあって, 大いに味, 泰平の, 確かに, 空を

▼ 刀なら~ (6, 0.1%)

1 いつでも, このお祖父さん, ばあいにく, んと, 此刀は, 食物の

▼ 刀乾雲丸~ (6, 0.1%)

1 が今宵, とみてとる, の取り戻し, は不可解, は再び, を横

▼ 刀~ (6, 0.1%)

1 が一すじ, が地上五寸, に縄, をかわし, をみとめた, を目あて

▼ 刀~ (6, 0.1%)

2 の梢, の頂き, も爛れる

▼ 刀~ (6, 0.1%)

1 の心得, は五段, や槍術, を教え, を表, 隠形

▼ 刀じゃ~ (5, 0.1%)

1 ありませんいや, あるまいが, ないか, なくステッキ, ねえかな

▼ 刀とか~ (5, 0.1%)

1 中には, 懐中物とか, 扇とかを, 散髪とかいう, 秘蔵の

▼ 刀とが~ (5, 0.1%)

1 そこに, ちらついて, 一緒に, 彼の, 絡み合ったよう

▼ 刀とともに~ (5, 0.1%)

1 これも, 奥の, 彼へ, 泣く栄三郎, 経の

▼ 刀などを~ (5, 0.1%)

1 入れた道具箱, 寄せて, 振れる形, 携帯する, 構えて

▼ 刀にて~ (5, 0.1%)

1 わが腹, 切り卷くるの, 自らも, 船頭の, 誤り殺す

▼ 刀乾雲~ (5, 0.1%)

1 である, ではない, でも断ち切れなかった, を奪い去られ, 丸から同じ

▼ 刀~ (5, 0.1%)

1 に軍刀, の拳銃, の金具, をつけ, を上

▼ 刀さえ~ (4, 0.1%)

1 とれれば, なかったら, 失さなければ, 置いて

▼ 刀さし~ (4, 0.1%)

2 出す 1 をやめた, 通したので

▼ 刀それ~ (4, 0.1%)

1 で斬る, は最初遠目, をどこぞ, を払った

▼ 刀なんぞ~ (4, 0.1%)

1 くそくらえだ, もちやんと, 野暮でげしょう, 鈍刀番附の

▼ 刀にあたって~ (4, 0.1%)

1 処々に, 序戦の, 斬られた者, 血みどろに

▼ 刀については~ (4, 0.1%)

2 不思議な 1 こんな奇怪, みな相当の

▼ 刀へは~ (4, 0.1%)

1 手が, 手は, 手も, 手を

▼ 刀らしい~ (4, 0.1%)

1 ので武蔵, 二本の, 業物でした, 物を

▼ 刀をも~ (4, 0.1%)

1 しばらくバラバラと, 同じ拵, 抜かずに, 鞘へ

▼ 刀~ (4, 0.1%)

2 の刀 1 の加入者たち, の百口鍛

▼ 刀武蔵太郎安国~ (4, 0.1%)

2 の鞘 1 が寂, をひっつかん

▼ 刀濡れ燕~ (4, 0.1%)

1 の刃, の柄, もこの, を片手

▼ 刀~ (4, 0.1%)

1 から鍔, で鐵, に蛇眼, をとおし

▼ 刀~ (4, 0.1%)

1 に植ゑかへける, に次いで, の出来栄え, の味噌漬

▼ 刀あれ~ (3, 0.0%)

1 は兄さん, ばこの, も二刀

▼ 刀~ (3, 0.0%)

1 父っ, 辻は, 通は

▼ 刀きず~ (3, 0.0%)

1 の凄惨, の水夫, や矢

▼ 刀くれける~ (3, 0.0%)

3 とき

▼ 刀~ (3, 0.0%)

1 え出ますれ, え出れ, む

▼ 刀その~ (3, 0.0%)

1 ところを, 二字が, 構えその

▼ 刀そのもの~ (3, 0.0%)

1 に執着, の危ない, を独立

▼ 刀だけが~ (3, 0.0%)

1 後家に, 武器では, 自慢の

▼ 刀であろう~ (3, 0.0%)

1 が, し, と竹光

▼ 刀でございます~ (3, 0.0%)

1 とこう, よ, 名刀が

▼ 刀といふ~ (3, 0.0%)

2 のは 1 ものが

▼ 刀との~ (3, 0.0%)

1 合作と, 場合なら, 間が

▼ 刀なぞ~ (3, 0.0%)

1 ひねくるには, 引き抜いて, 記念の

▼ 刀などは~ (3, 0.0%)

1 ないと, 持ち馴れぬ人, 物の数でも

▼ 刀なり~ (3, 0.0%)

1 出刃庖丁を, 心機妙変なり, 玉なり

▼ 刀ばかりを~ (3, 0.0%)

1 打つので, 投げは, 見て

▼ 刀もち~ (3, 0.0%)

1 てその, て切る, て草

▼ 刀ゆえ~ (3, 0.0%)

1 に姉さん, に御, 惜しいもの

▼ 刀~ (3, 0.0%)

1 切味ヲ, 売買ヲ, 如シ

▼ 刀一閃~ (3, 0.0%)

2 のもと 1 又八

▼ 刀~ (3, 0.0%)

1 と甲冑, を得る, を用

▼ 刀~ (3, 0.0%)

1 といわれ, の垂涎, の本

▼ 刀~ (3, 0.0%)

3 段々壊

▼ 刀屋さん~ (3, 0.0%)

1 なんての, に見せ, の中二階

▼ 刀左手~ (3, 0.0%)

1 に槍, に脇差し, に鉄砲

▼ 刀帰雁~ (3, 0.0%)

1 を唯一, を引っつかんだ, を落とし

▼ 刀~ (3, 0.0%)

1 にこめ, に手, はその

▼ 刀操術~ (3, 0.0%)

2 の見世物小屋 1 などと大きく

▼ 刀比羅~ (3, 0.0%)

1 の境内, の滝, 大明神

▼ 刀~ (3, 0.0%)

1 にのぞみ, の間, は一方

▼ 刀流神保造酒~ (3, 0.0%)

2 の道場 1 のところ

▼ 刀~ (3, 0.0%)

3 干竿

▼ 刀~ (3, 0.0%)

1 の着いた, の約, を撫で

▼ 刀~ (3, 0.0%)

1 がたらたら, であろうと, らしいもの

▼ 刀~ (3, 0.0%)

2 の耕介 1 の宗家

▼ 刀研ぎ~ (3, 0.0%)

1 が本業, 大黒宗理の, 耕介の

▼ 刀詮議~ (3, 0.0%)

2 のため 1 のため今晩

▼ 刀調べ~ (3, 0.0%)

2 をし 1 の結果

▼ 刀~ (3, 0.0%)

1 にこめ, を以て斬る, を口

▼ 刀~ (2, 0.0%)

1 すぐに, 抜いて

▼ 刀こそ~ (2, 0.0%)

1 父母であり, 自分が

▼ 刀この~ (2, 0.0%)

1 仏壇の, 刀

▼ 刀した~ (2, 0.0%)

1 という事, 袴姿で

▼ 刀じゃねえ~ (2, 0.0%)

1 ツルギだ, 持ちきれたに

▼ 刀~ (2, 0.0%)

1 大事に, 褐の

▼ 刀だけ~ (2, 0.0%)

1 前後とか, 岩へ

▼ 刀だったら~ (2, 0.0%)

1 僕の, 坪井が

▼ 刀であった~ (2, 0.0%)

1 からで, が一行

▼ 刀ところ~ (2, 0.0%)

2 を一

▼ 刀とで~ (2, 0.0%)

1 一人も, 五人を

▼ 刀とも~ (2, 0.0%)

1 いい又, いう今一つ

▼ 刀と共に~ (2, 0.0%)

1 相手へ, 転びさっと

▼ 刀などが~ (2, 0.0%)

1 御入用, 物の

▼ 刀などと~ (2, 0.0%)

1 ことごとに, 越後では

▼ 刀などといふ~ (2, 0.0%)

1 宛字は, 記録は

▼ 刀なども~ (2, 0.0%)

1 あわせて, 此例である

▼ 刀なれ~ (2, 0.0%)

2 ば何

▼ 刀なんて~ (2, 0.0%)

1 いらない, およそ役

▼ 刀によって~ (2, 0.0%)

1 巻藁の, 描かれた一閃

▼ 刀に対しては~ (2, 0.0%)

1 まだそれ, 脇差と

▼ 刀に従って~ (2, 0.0%)

1 前へ, 血は

▼ 刀のみね~ (2, 0.0%)

1 がピタリ, でガラリ

▼ 刀ふたたび~ (2, 0.0%)

1 八相の, 別れて

▼ 刀また~ (2, 0.0%)

2 弓矢を

▼ 刀までが~ (2, 0.0%)

1 ナマクラに, フワフワと

▼ 刀もて~ (2, 0.0%)

1 截り碎き, 罪人を

▼ 刀より~ (2, 0.0%)

1 手を, 鋭く双

▼ 刀よりは~ (2, 0.0%)

1 おかね, 慈愛の

▼ 刀よりも~ (2, 0.0%)

1 切れるん, 算盤の

▼ 刀キズ~ (2, 0.0%)

1 の血, らしいもの

▼ 刀セメル~ (2, 0.0%)

2 の位置

▼ 刀~ (2, 0.0%)

1 あり, 振を

▼ 刀一時~ (2, 0.0%)

1 に閃, の戯れ

▼ 刀二本~ (2, 0.0%)

1 ともお前, の光

▼ 刀佩き~ (2, 0.0%)

2 氏名よぶ

▼ 刀~ (2, 0.0%)

1 から鍔元, に触れた

▼ 刀~ (2, 0.0%)

1 の災, の諸

▼ 刀同士~ (2, 0.0%)

1 が探しあっ, が糸

▼ 刀姿~ (2, 0.0%)

1 にまとめ, を横たえ

▼ 刀将軍~ (2, 0.0%)

2 を出す

▼ 刀~ (2, 0.0%)

1 に何やら, へあずけ

▼ 刀~ (2, 0.0%)

1 の凹み, の古銭

▼ 刀志津三郎~ (2, 0.0%)

2 の目釘

▼ 刀悲しみ鑿愁~ (2, 0.0%)

2

▼ 刀我野~ (2, 0.0%)

1 という所, の真

▼ 刀扇子~ (2, 0.0%)

1 をさし, を差し

▼ 刀投げ出す~ (2, 0.0%)

1 を見, 吹雪かな

▼ 刀抜いだ~ (2, 0.0%)

2 のは

▼ 刀拝見~ (2, 0.0%)

1 と云う, の定法

▼ 刀持っ~ (2, 0.0%)

1 て上げましょう, て立派

▼ 刀~ (2, 0.0%)

1 は烈々, 入らざる深山

▼ 刀~ (2, 0.0%)

1 するよう, する場合

▼ 刀~ (2, 0.0%)

1 の下, をどよませ

▼ 刀~ (2, 0.0%)

1 賣, 賣次に

▼ 刀流五点~ (2, 0.0%)

1 の二位, の序

▼ 刀流名うて~ (2, 0.0%)

2 の人

▼ 刀流手裏剣用~ (2, 0.0%)

1 の五寸釘, の武器

▼ 刀流机竜~ (2, 0.0%)

2 之助

▼ 刀流道場~ (2, 0.0%)

1 の剣主, の連中

▼ 刀~ (2, 0.0%)

1 にまぎれ, にまた

▼ 刀玉取~ (2, 0.0%)

1 という曲芸, に見

▼ 刀~ (2, 0.0%)

1 でご, の名

▼ 刀~ (2, 0.0%)

1 に一抹, を白眼ん

▼ 刀~ (2, 0.0%)

1 の名, の吏

▼ 刀紛失~ (2, 0.0%)

1 に就い, 致しましてから

▼ 刀般若丸~ (2, 0.0%)

1 はその, は水

▼ 刀葉林~ (2, 0.0%)

1 に坐し, へも追い上げね

▼ 刀~ (2, 0.0%)

1 に伝わっ, は有名

▼ 刀薙刀~ (2, 0.0%)

1 いづれ美, など思い

▼ 刀~ (2, 0.0%)

1 に光った, をほどこし

▼ 刀~ (2, 0.0%)

2 に娶ひ

▼ 刀~ (2, 0.0%)

1 にはその, を読ん

▼ 刀~ (2, 0.0%)

1 が轟玄八, を柄

▼ 刀~ (2, 0.0%)

1 の如き, や鍬

▼ 刀鎗隊~ (2, 0.0%)

1 はなかなか, は将軍警備

▼ 刀~ (2, 0.0%)

1 から女髪, に女

▼ 刀~ (2, 0.0%)

1 が見る見る, に伝わっ

▼1* [446件]

いかでか, 刀いじりの職人, 刀いずれもりゅう, 刀いよよ研ぐべし古, 刀うしろざまに見事, 刀おれ力もつき, 刀おれ矢つきた訳, 刀おれ矢つきたりかね, 刀かつ然と, 刀かなどと訊ね武蔵, 刀かなんかでくりぬいた穴, 刀からは鍔越しに, 刀かを隠してでも, 刀がかちっと打った, 刀がぞッと, 刀ぐらいは差して, 刀ぐるみぶるぶる震わせ, 刀ぐるみ新調する事, 刀ことに日本刀を, 刀この間買ったん, 刀これも三十人分, 刀さがしに, 刀さげて立派, 刀さしたのが, 刀さして緊張し, 刀さばきも休む, 刀さんで其の, 刀て横行濶歩, 刀しかない, 刀じゃねえとよ, 刀せんせんと, 刀その他の武器, 刀その他一切の什具, 刀それぞれの部将, 刀それでは切っても, 刀たえてひさしく, 刀だけじゃ物たりねえ, 刀だけであつた, 刀だったというところ, 刀ってものは, 刀つかいと称した, 刀つかうように, 刀つきた落莫たる, 刀づかいに巧者, 刀づくりの大, 刀づゝを斜, 刀であって新, 刀でありませんか, 刀である斬れるだけ斬れる, 刀できつたといふ話し, 刀できられる心, 刀でございましたのか, 刀でさえ錦の, 刀でしたからつい, 刀ででも斬りつけたのに, 刀でないわえ, 刀での名刀でござる, 刀といふは大を, 刀とからだが, 刀とぎに来, 刀とて鞘を, 刀とりどりに那辺, 刀どんな鈍刀を, 刀なき腰は, 刀などに感状を, 刀などの揃い立った, 刀などまで買い求めて, 刀ななめに飛ん, 刀ならぬおっ取り, 刀なら受けとらぬワケには, 刀なるものは, 刀なんか何する, 刀なんかより機関銃の, 刀なんぞは生れてから, 刀なんぞもその一つ, 刀なんぞをヒネクリまわした, 刀について議論が, 刀についての質問を, 刀にでも頼み給へ, 刀になッた, 刀にまつわる怪談を, 刀によっては血を, 刀に対して無念無想ふたたび, 刀に関する多くの, 刀のていれに, 刀のみねから七つ, 刀のみを守って, 刀はさほどでない, 刀はにえ至って, 刀ばかりじゃありませんね, 刀ばかりはですな, 刀ひとつは新藤五, 刀まことに天下の, 刀または大きな鍵, 刀みたいに広く, 刀もつ手から, 刀もて截つごとし怒り定まれ, 刀ものは持, 刀やによって倒されて, 刀やら蒔絵の, 刀やを提げた百五十人, 刀ゆえ何うしたら, 刀ゆえ兼吉め大いにひるみおった, 刀ゆえ若旦那の御, 刀物の具よ, 刀ようの姫君, 刀よと騒動する, 刀わやわやわやと崩れ立った, 刀をな動かしたまひそ, 刀をはづして目貫の, 刀をもちまして一寸だ, 刀ををさめ, 刀を通してすら届きうるほど, 刀カケニオレガ刀ヲカケテ, 刀ガ股倉ヘ入, 刀グルリ取り巻いて, 刀満ツ, 刀なくても, 刀ハ伯耆安綱ナリシ由然ルニ熊本ニ来リテ後, 刀ハ曽而後藤も来, 刀ピシッと横, 刀同ジニ仕立テ, 刀一たび彼の心機, 刀一ト鑿突いては, 刀一刻も早く, 刀一口をかれ, 刀一口鏡一面倭文二端白眼鴾毛馬一匹白鵠二翼造顔師一人御贄五十舁, 刀一呼渠が魂, 刀一度にその背, 刀一方へ草, 刀一本大の男, 刀一本身軽のせい, 刀一流の創始者, 刀一節切船人という三題, 刀一腰と手当金二十両, 刀万剣を唯一心, 刀三刀追打, 刀三刀数を重ね, 刀三腰白銀百五十枚上官二十六人に白銀二百枚, 刀上部八風斎とはそこもと, 刀下一寸にし, 刀下一閃のさけび, 刀下冤を呑ん, 刀中身は天正, 刀丸ぐけの輪帯, 刀丸鞘を帯び, 刀丹羽昌仙早足の燕作, 刀乃太詔刀などといふ宛字, 刀争いなぞもはや, 刀争奪のいきさつ, 刀争裡に馳駆, 刀二刀あれも二刀, 刀二天流などの士, 刀五本であ, 刀今夜の火の見, 刀今宵一夜おあずかり, 刀をかの, 刀仙太郎の肩, 刀任せに刺した, 刀伊那高遠の八幡社頭, 刀伝書相添え, 刀はともあれ, 刀何と御覧ぜ, 刀何卒拝領相願度其かわり何ぞ, 刀の術, 刀作りの術, 刀作法は事, 刀作者の名前, 刀佩けてその, 刀修羅の苦患, 刀傷一ヵ所右御たずね, 刀が見ゆる, 刀寛と, 刀光閃めく, 刀入りまじった二三十名の, 刀全部が前後左右, 刀兩斷に切り, 刀八毘沙門と勝軍地蔵, 刀刃上をゆく, 刀切りにした, 刀列位の黒道人, 刀刻み出せし木像, 刀劍商の店, 刀劍土器などが無, 刀劍家の抗議, 刀劍沓等の類, 刀劍萬端の拵, 刀劔拳銃投槍の類, 刀包みであろう, 刀匕首を持っ, 刀十二種の茶器, 刀十分の気合, 刀十手槍のたぐい, 刀半手の搦め捕り, 刀取れる高峰が, 刀の小脇, 刀はせ, 刀ひ得る外敵, 刀四刀さし通したので, 刀四十一両で買った, 刀四本のうち一本, 刀土器鍔のもろき, 刀坤竜を渡す, 刀塀満を持, 刀もろに足, 刀おどろいて, 刀壹仟口を作らしめた, 刀夜泣きの刀, 刀大迫玄蕃が自慢, 刀天下無二の使い手神保造酒先生, 刀天児などを持っ, 刀天晴業物でご, 刀太極刀の二秘法, 刀失せずてなほ, 刀には鏡, 刀嫌いだからな, 刀家瀬戸口備前守精妙の剣, 刀家相伝三略のことば, 刀寧川に作る, 刀の旨, 刀小刀出刃庖丁刃物と言わず, 刀小太刀を持ち, 刀小道具脇息仏壇おのおのに風流顔, 刀尖で地を, 刀尺二三寸の短い, 刀屋一軒が倒れ, 刀屋宗次郎は訥升, 刀屋敷といわれた, 刀を出し, 刀の獄, 刀は大将軍, 刀工場に建て増し, 刀差す程の, 刀の市, 刀を持て, 刀弓矢鉄砲城の奴等, 刀引き抜き群集を分け, 刀引抜きお妻, 刀引抜き逆手に取りぬ, 刀張飛の蛇矛, 刀は能登媛, 刀影三寸動いて, 刀影下に没し, 刀影魚鱗のごとく, 刀茶湯の, 刀徳次郎はこの, 刀しく是, 刀を擁し, 刀懐中物など形見, 刀に懸け, 刀懸から刀を, 刀の業, 刀戟介馬法住寺殿を囲み, 刀戟相貫き積屍陵, 刀戟相摩し砲銃相, 刀戟霜の如く, 刀手殺気に咽喉, 刀手鎗など思い思い, 刀は, 刀折れ力つきて討死, 刀抜き放ち瞻る, 刀抜くより早く, 刀抜丸烏丸の名刀, 刀持ちの小姓, 刀持った手を, 刀持て表より, 刀持槍持の若党共, 刀捌きの目, 刀捜索の推測図, 刀探索のやみ, 刀探索密命を帯び, 刀撃ちの音, 刀操師の見世物小屋, 刀を重ね, 刀という方, 刀斎岸柳の動静, 刀などは作れなくなっ, 刀斧その他いろいろな兇器, 刀斧鉄弓をたずさえた, 刀斧鉄槍身を囲ん, 刀手も, 刀斬ってもその, 刀斬り手も, 刀新免正伝派伊藤弥五郎を祖, 刀智者の宅助, 刀曲がる刀どんな, 刀村正でござろうな, 刀杖とりどりに, 刀杖指南役の優婆塞聖護院印可覚明, 刀杖瓦石の難, 刀へ殺到, 刀の了戒, 刀林地獄血汐の修羅, 刀架ニ置キテ室内第一, 刀柄ハ一尺八寸ニ巻カセ二尺一寸ノ打, 刀柄裏に朽ち果てる, 刀や高野槙, 刀と云, 刀の上, 刀いろいろの, 刀槍その他すべての道具等, 刀槍其掌中にあり, 刀槍刺撃の技, 刀槍剣戟の類, 刀槍弓の類, 刀槍弓矢をはじめ, 刀槍斉く鳴るとき, 刀槍矛戟の類, 刀のもの, 刀を尊ぶ, 刀此頃出京ニも常, 刀武士は二本, 刀武蔵が渚づたいに, 刀武蔵太郎を引く, 刀比羅さまを神棚, 刀比羅天王の赤い, 刀比羅様ということ, 刀比羅社は古, 刀比羅街道の一宮, 刀比羅通りまでの南北, 刀毘羅の縁日, 刀気ハ盤石ヲ貫ク, 刀気猛火のごとく溢れたった, 刀水涸ると, 刀水竭くと, 刀永い間求め, 刀沢村家ニ在リ, 刀法その他何から何, 刀法道場をもつ, 刀の平行安, 刀流上段の構え, 刀流中そうそうの, 刀流伊東精一に就い, 刀流伊藤典膳忠也が忠也派一刀流, 刀流切り紙以上なお甲源流, 刀流千葉周作高橋蜊河岸の鏡心明智流, 刀流国では名うて, 刀流指南役左分利新十郎, 刀流柳剛流東軍流卜伝の遺風, 刀流熊野三斎の高弟, 刀流甲源一刀流柳剛流東軍流卜伝の遺風, 刀流真の構え, 刀流秩父の逸見, 刀流飯篠長威斎先生のお, 刀の儀, 刀澄江の上, 刀火打石狼烟筒などが一まとめ, 刀烏帽子をよし, 刀無念流の戸ヶ崎熊太郎, 刀焼ゴテで奮戦, 刀のみ前, 刀片手に馬, 刀玉取りは道一, 刀玉見事に出来, 刀第二高等學校長, 刀番出仕のもの, 刀白弧をひい, 刀百口絹千匹を贈っ, 刀を以て斬る, 刀目利まで頼まれるし, 刀から西, 刀研厨子野耕介の家, 刀研屋へ入り, 刀研師が呼び出され, 刀研師大黒宗理の店, 刀磨り上げ気味に, 刀を祀る, 刀神保造酒の道場, 刀神新治郡の大, 刀禁制であるが, 刀禰散所とある, 刀斬られました, 刀の如く, 刀突きましたが突かれ, 刀競りに縒り, 刀に埋まり, 刀粗末ながら永正, 刀をひい, 刀素晴らしい銘を, 刀素襖の袖, 刀覆紗, 刀縁伝奇の説, 刀羅山大岳山御岳山の山々, 刀美さんにお, 刀美天女の弟女, 刀美宇礼之家久伊余, 刀美西の山, 刀翻る袖跳ねる, 刀肩さきをかッ, 刀ざしの, 刀脇差柱にかかっ, 刀の三つ棟, 刀脊打に原文, 刀にはまた, 刀に斬っ, 刀に冴えかえる, 刀花乱る, 刀若松では売らん, 刀薙刀弓鉄砲などあらゆる, 刀虎乱の剣, 刀血みどろ大童という大味, 刀やそんな, 刀を以, 刀のだい, 刀である, 刀豆形の延べ銀, 刀豆煙管をジュッ, 刀極めて鮮, 刀踏みにじられた草折れた, 刀をかわし, 刀身軽に装っ, 刀打に, 刀の悟り, 刀道楽にちげ, 刀は切れ, 刀釣瓶落しはやにわに, 刀鉄壁にかこまれ, 刀鉄砲兜軍配団扇のたぐい, 刀を嗜まざる, 刀鋸我に加わらん, 刀つごと, 刀鍛治左文字の故事, 刀などが牀, 刀鎗弓矢の盛ん, 刀鎗既に互に, 刀鎗銃剣は戦争, 刀鎗隊長とが相談, 刀鐵砲でやられた, 刀ヘ残ラズ刀剣講, 刀鑿物差などが這入っ, 刀やかに, 刀長持の中, 刀間透などを三本, 刀阪東二郎幸村の鍛, 刀に介し, 刀隊西北よりは夏侯淵, 刀雨下に寸断, 刀の手, 刀預る恋も, 刀頒布会なの, 刀を起こし, 刀の鞍, 刀魚鰯の如き, 刀鷹狩で又, 刀が喰いたい, 刀に優る