青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「出発~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~出来る 出来る~ ~出来事 出来事~ ~出版 出版~ ~出現 出現~ 出生~ ~出発
出発~
~刀 刀~ 刃~ ~分 分~ ~分け 分け~ ~分っ 分っ~ ~分った

「出発~」 3943, 43ppm, 2733位

▼ 出発~ (705, 17.9%)

87 ている 18 て来た 15 ていた 10 てしまった, てゐる 9 てその 6 て, て来 5 てしまっ, てゆく 4 て行く 3 ていない, てからもう, てくれ, てこの, て居る, て東京, て説明

2 [33件] その日, その次に, それを, たり, てい, ています, ており, てから三日, てから二時間, てしまいました, てしまう, てその後, てゐた, て今, て以来, て初めて, て別, て国境, て夜明け前, て後, て意識, て或, て水島自身, て理想, て翌, て行った, て跡, て途中, 人格が, 同時に意義, 従って価格, 西に, 進化する

1 [443件] あの松, いわば現実, かつこの, がたいこと, そうする, そうに, そしてその, そしてレクタア, そして一八〇〇年, その歴史, その芸術論, それからは, たりする, たり到着, だいぶ奥, てあかつき, てあちこち, てあらゆる, ていく, ていくだろう, ていなかった, ていなく, ていなけれ, ていました, ているであろう, ていれ, ていろいろ, ておけ, ておのずから, てかなり, てからかなり, てからこ, てからちょうど, てからの出来事, てからは彼女, てからもはや, てから一分五秒, てから一度, てから一週間, てから丁度, てから三日め, てから二十七日目, てから二十分, てから二日以内, てから十二日目, てから十何日目, てから十六日目, てから十四日目, てから十日後, てから半ヶ月後, てから喜望峰, てから曾, てから矢代, てから行く, てから見, てきた者たち, てください, てくだされ, てくれい, てこ, てここ, てこんど, てさ, てし, てしかも, てしまいます, てしまおう, てしまってる, てしまはう, てしまはうで, てしまひました, てしまふ, てすぐ, てそして, てそちら, てそのまま, てそのままずっと, てそれから, てたたみ, てだんだん, てちょうだい, てできるだけ, てともかく, てのこと, てのみ合理化, ての話, ての議論, てはいない, てはじめて, てはただ, てはゐない, ては決して, てまず, てまた, てまだ, てもいつも, ても上野, ても同じ, ても天気, ても決して, ても遅く, てやって来た, てゆこう, てよろしい, てゐ, てゐれ, てウラジオストック, てクラシック, てグルッ, てシェリング, てゼロ, てトランク, てノーフォーク, てバイロイト, てバルザック, てフィヒテ, てマルクス主義文学, てマルセーユ, てロスアンゼルス, てロンドン, てワルシャワ, て一ノ瀬, て一人一人, て一切, て一時四十分頃, て一歩, て一般, て一週間, て一里半, て七時半, て万事, て万葉集その他, て三時十五分, て三月目, て上流, て下諏訪, て下関, て世界経済, て中学時代, て之, て九州, て九日, て九時十分火葬場, て予定, て事, て二十九日, て五年のち, て五所川原, て五機帰還, て五階, て交換価値, て京都, て人, て人道主義風, て今日, て仙人谷, て以来数時間, て以来杳, て企てる, て伯林, て何, て信濃飛騨, て偏狭, て元, て全, て全国中央図書館会議, て八年後, て六時, て共産主義, て其日, て内地, て内容主義的, て写実, て分析, て到着, て到達, て前者, て加藤子爵主従, て十二時, て十日, て午後, て午後四時半, て単身空知川, て只見川, て右, て同じ, て名高い, て和田峠, て和蘭, て品川鮫洲, て商業, て四時半, て国, て土佐, て土橋, て執拗, て塾, て外国, て大, て大和, て大嘗祭, て大月附近, て大津, て大陸, て夫, て存在, て宇都宮, て宗吾, て宗達, て小, て小説, て尾根, て居ります, て展開, て山, て山毛欅, て帰っ, て帰り, て帰る, て帰国, て幾つ, て張角良師, て当時, て形而上学, て彦根, て彼, て得ら, て愛, て成立, て我等, て戸倉, て戸隠, て技術, て揚子江, て支那, て故郷, て文化, て文芸, て新, て新しき, て日中, て日暮里, て日高丸, て昼頃, て智慧, て更に, て書いた, て未知, て東, て東北方, て東海道, て枕崎, て極東, て構成, て様々, て横浜, て次, て次第に, て欧米各国, て欲しい, て歩み出し, て氷ノ山, て江戸, て海洋, て清水屋, て渡波港, て湯河原, て満, て演劇, て演繹的, て漸く, て火星, て無, て特徴, て独自, て現, て現代, て町, て発見, て白沢登り, て目指す, て矢張徹底的, て社会, て神, て私, て私共, て稀少性, て程なく, て空中, て立山方面, て笑い, て第, て終発, て結局それ, て結果, て結論, て絵画的方法, て翌年正月ロンドン, て考えられね, て考える, て考へなけれ, て考へる, て而, て脱出, て自ら劇作, て自分, て英仏海峡, て葡萄牙, て行かう, て行かなけれ, て行つた, て見, て見苦しい, て設立, て談合, て論理的, て諸, て豊後, て赤石, て超, て連続, て遂に, て遍歴, て遠い遠い, て選んだ, て野, て長崎, て間もなく, て闊葉樹林, て雑誌, て青森県, て非常, て音楽そのもの, て食物, て高橋川, どこへか, どんどん下っ, なお降りしきる, ながら, ながらいつの間にか, ながら今, ながら単に, はする, もうひとり, やう, よう等と, カンバに, ミルン氏は, ランタンを, ローマで, 一九三九年急逝する, 一方は, 一晩遊ん, 下関から, 不安と, 之を, 二日も, 五十回前後で, 五時半には, 京都までの, 人間の, 今でも, 今まさに, 今迄に, 他方に, 伏見からは, 伯林を, 健全に, 兵庫高瀬川を, 剣ヶ峯, 十七マイルを, 十分も, 十日頃に, 南アルプスの, 原始的な, 又はそう, 又は凡てここ, 又は自然科学そのもの, 同一五年三月二十三日, 同三時廿分, 因州勢八百人余は, 地図に, 基調する, 増大し, 声名を, 夕方なら, 夕方大, 大同江を, 存在から, 小渋陽, 山の, 山間の, 岡崎で, 岸田川を, 常に悪霊, 広い街道, 彼の, 待望の, 復古の, 急行中であります, 意識的に, 感覚に, 数奇の, 敵軍の, 旅順要塞背面攻撃の, 明朝午前四時に, 木賊沢の, 東京へと, 東野が, 板屋谷を, 横の, 次第に増加, 水戸城に, 汽車に, 沢伝いに, 濠洲を, 燕絶頂にも, 現在の, 現実の, 田部氏は, 白子, 直し給へ, 結局それに, 結局に, 翌早暁沼田, 腹心の, 自己を, 船で, 西は, 西洋劇の, 西航の, 赤石山蚕玉大神を, 途中で, 途中小倉に, 途中葛, 道が, 道を, 野を, 銀座を, 雪深い, 館林を, 馬を, 鳥居峠に

▼ 出発する~ (569, 14.4%)

45 ことに 14 ことを, 前に 12 のだ, のである 11 ことが, 事に 10 ことは 7 のを, ように 6 という, 時から 5 つもりだ, ものだ, 代りに 4 それは, ということ, のが, のは, ような, んだ, 処の 3 ために, という前, ときの, とその, んです, 前日に, 日が, 時には, 時の, 用意を

2 [25件] ことだ, ことと, ことによって, つもりで, といっ, ときに, ときには, ところ, と云っ, と申します, に反し, の, のかと, のであった, のであつ, のであろう, のです, 予定であった, 事と, 前の, 時に, 時は, 時も, 筈に, 筈の

1 [291件] いやもう, かそれとも, かと云う, かのどれ, かのよう, かも知れない, からである, から代表者, から分ける, から違背, から間違えなく, かわかりません, かを聞いた, か又は, が京都, が故に, けれども其, こと, ことである, ことなどは, ことにな, ことも, こと以外に, このこと, さうだ, すぐ前, すこし前, そういう手段, そうだ, それが, ぞ, ためには, ための, ため父母の, だが彼, だけでなく, だけの違い, ってどんな, つもりだった, つもりであった, つもりです, つもりな, とあと, というこの, というの, というプログラム, という九月, という事, という判り切った, という十一月, という形, という方法, という根本事実, という点, という由吉, という荒町, という表現, という言葉, という記事, という電報, という風, といった時, といふ, といふまでのおそろしく, といふ前夜, といふ葉書, ときい, ときが, ときこの, ときこれまでの, ときは, ときまっ, ときまったら, ときチロルへ, とき俥の, とき原, とき原大佐から, とき地上では, とき宿へ, とき少年は, とき犬や, とき留守の, とき自分は, とき衰弱の, ところだ, ところだったらしい, ところでした, ところに, ところまで, としてそれから, としても甚だしい, となる, とのうわさ, との布令, とまもなく, とも云った, と云う, と云うなら, と六, と告げた, と報じ, と思ひます, と称する, と答えました, と約, と考える, と見渡す, と言い, と言つて, と進, と騒い, にし, にはした, にはむつかしい, にはもう一度, にはナヂェージダ, には自分, に当っ, に必要, に違い, に限る, に際し原子力管理委員会, に際し楽器, のか, のだった, ので, のであります, のでした, のでなけれ, のに, のにちょうど, のも, はずだった, はずで, はずであった, ばかりにその, ばかりになった, まえ葛岡, まづ興禅寺, までと向島, までと思っ, までのこと, までの時間, までの暫く, までの間, まではできるだけおたがいに, までは彼女, まで一昼夜, まで暮した, ものである, ものには, もよう, も心, やいなや, やうな, わ, わけにも, を例, んだっ, トマス・クックの, ベルリン行列車の, マルサス人口理論の, 一つの, 一切の, 一団の, 一巻や, 九月二十五日は, 予定だった, 予定で, 予定です, 予定な, 予定らしかった, 事が, 事実が, 二日二夜を, 人々に, 以前から, 以前に, 光景が, 内大臣家へ, 前から, 前には, 前一年間, 前二葉亭は, 前日友人に, 前日妾は, 前日武男は, 前晩, 前父は, 前踊りの, 勇気は, 動機を, 北停車場の, 半時間, 可能を, 名士でも, 哲学に, 四日ほど, 埠頭待合所の, 場合, 外ない, 外は, 夜の, 宿料が, 小な, 少年たちに, 少数の, 当初から, 従来の, 必要が, 性の, 所の, 手段が, 手続きに, 批評が, 教育に, 数学の, 数日前こんど津軽地方を, 方が, 方は, 日だった, 日に, 日の, 日私は, 日金五郎が, 旨を, 時そう, 時だった, 時前日頃軽井沢で, 時南国の, 時小学校の, 時彼は, 時御, 時曰く西光寺の, 時最後に, 時車窓から, 時野戦病院の, 時間には, 時間を, 最前衛, 望月大尉以下六名を, 木曽旧道を, 様子は, 歩, 気は, 汝に, 準備に, 準備を, 点に, 無尽蔵の, 牧口緒方といふ, 特色を, 理由を, 由です, 画論や, 発動機船の, 真理愛たる所の, 瞬間まで, 知らせであった, 研究を, 社会心理学は, 私の, 私を, 私達は, 積りで, 立場に, 第一, 筈だった, 筈だつた, 筈である, 精神だ, 結果しばしば, 結果屡, 者の, 自身の, 舞台的真実の, 覚悟が, 観念の, 言論なる, 起点は, 迄には逃亡者, 迄に直し, 迄に荷づくり, 道程は, 間際に, 限り今云った, 限り社会の, 際には, 頃には, 頃は, 高原の

▼ 出発~ (473, 12.0%)

18 準備を 13 用意を 12 日が 10 前に, 日は 6 日には, 日の, 時に, 時刻を, 用意が 5 ことを, 時が 4 ために, 前日に, 時には, 時は, 準備に

3 [14件] ときに, ときは, ときも, 仕方は, 仕方を, 前の, 合図を, 日に, 時刻が, 時間が, 用意と, 用意に, 途に, 間際に

2 [25件] ことに, したくを, つもりな, ときの, ところで, ように, 一歩を, 光景を, 前夜も, 前日には, 当初から, 支度を, 日だ, 日まで, 日を, 時と, 時間を, 最初から, 決心を, 準備が, 由, 笛を, 際, 際に, 際には

1 [258件] あいさつを, あとだったら, あとで, ありさま, おりに, おり帰って, お手伝ひなら, お支度, こととて, ことなど, ことは, さいに, さようならを, すがた, すぐ前, たびに, だで, ときから, ときと, ときとは, ときにだって, ときには, ときマンから, とき中国平定後は, とき女は, とき燃え, とき鳩一つ庭前の, ところに, はじまりで考えよう, はじめから, はじめそれぞれに, はじめは, まえの, やうなとりとめ, やうに, やさしい憂愁さよ, ような, ニュースは, バスで, 一ツ, 一歩で, 一歩一歩が, 一歩一歩である, 三幕に, 中の, 乾盃の, 予定だった, 予定だつた, 予定であった, 予定と, 予定に, 予定は, 二三日前ある, 二三日前は, 京都あ, 仕方によっては, 仕方の, 仕直し, 令が, 位置に, 偉力を, 儀式に, 光明に, 光景です, 光景航海中の, 出来ない自分, 出来るよう, 列を, 初から, 刻限が, 前, 前と, 前二日, 前夜に, 前夜には, 前夜の, 前夜は, 前夜まで, 前夜らしく, 前夜南雲さんと, 前夜同僚諸子僕の, 前夜城内の, 前夜専売新聞へ, 前夜銀座で, 前日どう, 前日ミンナが, 前日彼らは, 前日涙を, 前日私は, 前日筑波の, 前日迄は, 前晩, 前組合の, 前郭嘉程, 動機を, 千草さんを, 半月ほど, 即日帰路の, 号令が, 号砲を, 号音を, 合図の, 周二君を, 呼吸を, 命は, 命を, 命令を, 問題である, 噂話を, 四五日前に, 地盤と, 場処は, 場所として, 壮観を, 夕方自宅東ブリル街一一三〇番地の, 夜, 夜に, 夜姉ちゃんは, 如何によって, 姿勢を, 希望は, 廻文がまは, 当夜駅頭に, 当日と, 当時井筒屋の, 後は, 御時間, 御通知, 意志を, 手だてが, 手懸りと, 手懸りとして, 折に, 挨拶を, 支度にか, 支度の, 数日以前から, 数日前の, 数日前大井広介氏が, 数時間前蜂谷良作と, 新しい典型, 新しい希望, 日いくばく, 日どり, 日までに, 日先生夫妻を, 日十二時に, 日原大佐は, 日取りだけが, 日取りは, 日取りまで, 日取りも, 日取りや, 日取りを, 日時が, 日未定もちろん, 日胸が, 早し遅しが, 時, 時あの, 時あれほど, 時この, 時これを, 時その, 時とく子の, 時にも, 時の, 時を, 時期だ, 時期と, 時期を, 時機に, 時自分も, 時船に, 時運送船に, 時間に, 時間は, 時間まで, 晩京都行きの, 最初が, 最初に, 月の浦荻の, 朝, 朝が, 朝は, 朝ぼくは, 朝パードレ様の, 朝ホテルの, 朝ヴェランダの, 朝三人は, 朝停車場で, 朝別れを, 朝勢揃いと, 朝同地駐屯の, 朝旅館から, 朝空模様が, 朝食にも, 期は, 期日並びに, 条件として, 楽しさ, 模様を, 権利が, 次第を, 歴史的瞬間に, 水平スタートラインとして, 沙汰いたす, 準備などが, 準備の, 準備はと, 準備も, 準備をと, 準備整う, 理由を, 用意, 用意せり, 用意は, 用意全く, 用意等出, 知らせお, 第一歩に, 節堅く, 緊張とで, 翌日日が, 肚を, 自然的条件として, 苦心, 荷作りなら, 許可の, 許可を, 説明に, 足場をも, 身仕度を, 近郊ロケと, 迫って, 途中で, 途中電車の, 道が, 重大な, 門出から, 間ぎはになつて支配人が, 間ぎわになって彼は, 間ぎわに監督, 間に合わなかったので, 間際の, 間際まで, 際それを, 際などは, 際の, 際何か, 際家族に, 際持ち運ん, 際既に, 際私共, 際翁の, 集積によって, 集積以外の, 騒ぎなど

▼ 出発した~ (429, 10.9%)

23 のは 17 のである 13 のです 12 のであった 10 のが 7 のだ, もので 5 のであります, ものである 4 がその 3 あとで, ことは, ものと, 当時の, 後であった, 時の

2 [25件] あとへ, がこの, ことで, ことを, ために, ということ, という点, ときの, ときは, ので, のに違い, ものが, ものも, ような, ように, 二人の, 創造のみが, 後で, 日と, 日は, 時は, 時よりも, 筈の, 精錬された, 量子力学が

1 [258件] あくる日, あと十六人の, あの新, おそらく使い, おだやかな, か, かということ, かもしれません, からである, からにはもはや, からには汽車, からほどなく, から何, から若し本当に, がかなり, がと信切, がなかなか, がまだ, がシドチ, がラジオ, が一五九一年, が不運, が京, が併, が出発, が十カ月, が図らざりき, が夜, が奇怪, が折角, が朝三時, が未だ, が瑞州, が用心棒, が親しい, が車中, が途中, が間もなく, くらいであった, ことが, ことであった, ことなどは, ことに, ことについて, この作家, この思想, この農村学, この部落, さ, そうです, とある, という, というの, という人, という噂, という父, という電報, という騒ぎ, といっ, といった, といふこと, といふ消息, とかロシヤ, とき, ときから, ときには, とき彼女の, とき既に, ところから, ところからは, ところです, ところよりは, ところ不案内の, ところ広島への, としてもあいつ, としてもせいぜい, とする, とのこと, との注進, と云, と云う, と見, と見えます, にもかかわらず, に相違, のかな, のだった, のだつた, のち万一, のでこんな, のでクリストフ, ので僕, ので其の, のにすぎなかった, のに私, のを, はずである, ばかりのところ, ままその後帰っ, まま帰つ, もうた, もうたこと, ものだ, ものぢや, ものであった, ものであります, ものであろう, ものでない, ものでなかった, ものでなく, ものでなけれ, ものとは, ものとばかり, ものながら, ものに, ものばかり, よ, んだろう, んです, アカグマ国は, エッセイだ, コルホーズ協力の, コン吉氏ならびに, ジェルメーヌ後家その, ジャーナリズムは, テッド博士たちの, バスだ, フランスの, ブルジョアジーは, マウントジョイの, 一等三角点で, 一行は, 七月中旬に, 三機と, 上は, 与右衛門の, 中條百合子, 二カ月ほど, 二人連れの, 人々が, 人間が, 今と, 仕草であっ, 作家たちは, 作物も, 例が, 信仰と, 元の, 共同生活の, 円地文子が, 円地文子の, 凡ゆる, 処で, 分子総数が, 創造と, 十月末までの, 午前十一時頃であったろう, 半年後に, 反戦文学者とは, 古賀から, 同行は, 名残が, 問題は, 城介の, 埠頭よりも, 場所は, 夜激しい, 大潜水艦隊, 女流探偵速水春子女史は, 実在, 家例で, 対話敬語ます, 専門演出家の, 岩倉大使の, 岸へ, 平等観を, 弥兵衛の, 当時から, 形跡は, 後の, 後は, 後も, 後偶然化粧室で, 後桃色の, 我国の, 挙動と, 救援隊の, 数学も, 新作家, 新劇の, 方法であり, 日であろう, 日には, 日の, 日本の, 明治卅年までの, 時と, 時乗馬する, 時分は, 時柳生但馬守宗矩折柄有馬玄頭邸で, 時汽車は, 時自分は, 晩に, 最初の, 朝も, 朝我々は, 机竜之, 林芙美子は, 次第であった, 歌が, 演劇の, 火花の, 特殊の, 犀星は, 生活の, 生活的地点の, 生物的本能的愛と, 直八, 硬さ, 社会生活改造の, 私の, 私は, 穴山の, 空想ね, 第一年め, 筈, 筈である, 筈です, 箕輪の, 翌日から, 翌日の, 翌日既に, 者が, 自分は, 舞台を, 花舟は, 藤田らと, 観測所の, 言動だ, 言語学では, 設計の, 請願の, 警官たちの, 警察権の, 越後の, 趣味と, 路は, 軍隊及び, 辻も, 近藤君が, 通り, 選手が, 選手たちが, 野上彌生子も, 鎖港談判使節の, 際の, 露骨過ぎる, 馬だろう

▼ 出発~ (423, 10.7%)

11 とする 10 である, とし 9 に於 7 を異に 6 となった, となる, なの 5 に立っ 4 からし, がある, でなければ, にし 3 であると, とすれ, に於ける

2 [31件] からの距離, から始められね, がまちがっ, が違い, が間違っ, だ, であった, であるから, とした, となっ, となるべき, とはしない, と到着点, と帰着点, と歩度, と考え, と見, に帰っ, に帰つて, に帰りたい, に引返し, に立つ, に遡っ, の一つ, はない, は一つ, をもっ, を作つて, を常に, を忘れ, を見せ

1 [266件] かまたは, からあつ, からしてない, からちがった, からゆるく, からブチマケ, から云う, から云え, から八五郎, から出直す, から已に, から数奇, から新た, から既に, から次第に, から混乱, から知識的, から絶対, から自分, から計画, から里子, から間違っ, があった, があつ, がいかに, がさうだ, がちがう, が与へられる, が全然, が別, が始め, が宗教, が定まった, が悪い, が敵本主義, が旅, が既に, が観念, こそ改訂版, この努力, たる唱門師祭文, たる星雲, だが, だけはまず, だとも, だね, だ薄, で, であったから, でありサタン, であり二月, であり哲学, であり基調, であり得ない, である鉄管, でございます, です, でなくては, ではあった, ではいかに, ではない, でもなく, でメニルモンタン, というもの, といつ, といふ事, としてこの, としてそこ, としてその, としてのスタートライン, としてはならない, としてはプラグマチズム, としては秩父, としてもよかろ, としても二日, としても又, としてゐる, として五つ, として今後, として以後, として僕, として公理的, として其以後, として初めて, として勧説, として参照, として反省, として吾, として展開, として成立, として描きたかった, として次第に, として正しく, として段々, として男女, として発生, として社会生活, として考える, として芸術, として重要, として金, としなく, とすべき, とすべきである, とするなら, とその, とならず, とは違っ, ともなっ, ともなった, とも中心点, とわれわれ文芸家, と仮定, と信じる, と同一, と定められた, と結論, と見える, にあつ, においてある, においてまじり, において共通, における主題, における工夫, における覚悟, にかえった, にしよう, にすぎない, にする, にすれ, にそそがれ, について最初, にでもなれ, になった, になる, にはある, にはそうした, にわれわれ, にをられる, に並んだ, に位置, に動機, に外, に存, に対して全然, に帰ろう, に帰着, に当っ, に戻し, に戻っ, に持つ, に根本的, に森本薫, に決定的, に矛盾, に禍, に立ち戻る, に立った, に立つた, に膠付け, に誤解, に譬えられるであろう, に踏み, に過ぎない, に過ぎなかった, に関しても科学的, に関する記述, に際し純粋, のこと, のそもそも, の位置, の功名心, の時期, の特徴, の相違, の質的, の造園倉庫, の選, の雲行, はいずれ, はこ, はこの, はこれ, はね, はやはり, はプラグマチズム, は一切, は享楽者, は何, は先づ現在, は全く, は其処, は出発, は大阪国際飛行場, は始め, は実に, は常に, は平凡, は指導者, は求められない, は物質, は知らない, は経験, は考へられない, は良い, は西田哲学, は質的, は軍人, はPL商会, へ, へかえられた, へ二人, へ引き返すべき, へ戻っ, へ逆もどり, へ逆戻り, へ連れ, まで真直ぐ, まで立ちもどらずし, もこの, もまた, も考え, も通つた道, よりし, を, をおかれ, をつくった, をとらない, をとる, をなし, をふり落し, をもつた, をよく, をより, を与, を与えた, を与へよう, を九州, を個人, を取る, を子供, を定め, を導こう, を形成, を得た, を持っ, を指示, を握らない, を新た, を明, を智識内容, を有する, を極力, を求めれ, を決定, を置かう, を置く, を虚偽, を見出した, を認められる, を誤, を誤らしめない, を誤解, を首肯, 乃至文章, 乃至根拠

▼ 出発~ (191, 4.8%)

5 した 4 のばして, 前に 3 したの, して, 一日延ばし, 待って 2 しなければ, しようと, すること, なすの, わざ, 延ばしたの, 決意した, 見送ってから

1 [150件] あっけに, うながした, うながしたり, おくらせて, お祝いいたします, お許しに, ここから, これ以上延ばす, さまたげるよう, したその, したので, したばかりの, した後, した芥川龍之介, しながら, しながらも, しましょう, するなんて, するべきもの, ためらって, ためらつて, とると, どうしたらやめさせられる, なさなければ, なす概念, はじめた, はじめるん, はじめ私などの, はなれて, ひかえて, ひきとめるもの, もう一時間, もちかの, やらなければ, よぎなくされ, よぎなくされた, 一日延ばされた, 与えそれ, 与えたと, 与えるため, 与えるもの, 中止させた, 今夜の, 令し, 令した, 企図し, 企図すべきである, 余儀なくせられた, 促されて, 促せり, 保留し, 内心では, 占つて貰つた, 可能と, 君は, 命じた, 命じるの, 命じるので, 命ぜられたところ, 命令される, 命令せよ, 喜んだ家, 四時まで, 報らせ, 始めたからと, 始めたと, 始めて, 始めなければ, 始めるべき問題, 少しも, 延ばしたいと, 延ばしたかったろう, 延ばしながら, 延ばします, 延ばすよう, 延期し, 延期しない, 引き留めた, 彼は, 待ちかねて, 待ちわびてる気持, 待ち構えて, 待つこと, 待侘びる, 待機し, 御見送り申上候私, 志し杉並区阿佐ヶ谷, 忘れて, 忘れないよう, 思って, 急いだので, 急ぎザビーネ, 急ぐから, 急ぐの, 急ぐ女, 急ごうでは, 悲しむという, 意味し, 意味する, 感知した, 手つだって, 改めねば, 早めさせるため, 早めるため, 明日に, 有って, 有つ, 楽しみに, 機会に, 決行する, 準備し, 為した, 獲得した, 申し出たが, 異にする, 目前に, 真正直に, 知らせたもの, 知らせる大, 祝ったこと, 祝って, 約束したい, 考え直さして, 聞き伝えて, 聞伝へ, 見ようと, 見合せて, 見合せないか, 見合せるより, 見合わすよう, 見合わせよう, 見送った, 見送って, 見送つて, 見送りに, 見送るため, 見送るつもり, 見送るなんて, 触れ出すやも, 試みること, 試みれば, 送ったので, 送って, 遂げて, 開始する, 間違えられたん, 防圧すべき, 阻んで, 非常に, 駅まで

▼ 出発~ (84, 2.1%)

2 明後日の, 青年の

1 [80件] あしたで, ありますまい, いくど, いつですか, いつな, いつに, いよいよ間近, おくれた, おそらく今日, お流れと, かっきり九時, ここから, このとき, して, ずっと前, その大小, その日, その時, その翌日, それから, それが, それより, たしかに望ましい, ちやんと, つねにあまい, どうなされた, なるべく早く, まだかしらん, もう予定, もう直ぐ, やはり心境, ようやくふたたび決まった, ジイドにとっては, 一月一日の, 七時ちかく, 世界観から, 二月初旬, 何うなる, 何だか特別, 元金十銭, 八月十日同行は, 出来なかった, 出来ぬで, 分ったが, 十九日だ, 十月十日, 午ちかく, 午前七時, 午前七時であった, 午後三時と, 呪詞と, 唐突であった, 問題に, 四五日延期し, 大事を, 小出発, 延びるの, 性質に, 探検船が, 故郷が, 早かった, 明日に, 明日の, 春と, 昭和十年三月に, 朝の, 来月の, 死と, 死の, 無理で, 理論の, 相当延びる, 窮局に, 立場なき, 約束の, 荷の, 見合せた方, 豊世に, 逃亡に, 頗る性急

▼ 出発~ (73, 1.9%)

4 なった, 於て 3 先立って, 当って, 間も 2 さきだって, なる, 先立つて, 当つて, 臨んで

1 [46件] かかった, かかる意識, きっかけを, きまった前日, きめて, さきだち新, なったの, なった殿下, なった許, なりたいと, なりました, なりましたよ, なるので, なる時, のぞみ三角暗礁記, ほっとし, 一二日間が, 一抹の, 何かと荷梱, 何の, 信仰を, 先だって露国と, 先だつて, 先立ちま, 先立ち北条氏, 先立ち博物館, 到る間, 及んだ, 取りかかって, 困難を, 垂んとして, 妥協が, 就いては, 当っては, 当り, 御賛成, 於いて, 臨みて, 臨み梅原さん, 誤りが, 護身用の, 踏みだした, 選ばれた相互決定, 間にあいそう, 間に合ったの, 関係し

▼ 出発~ (63, 1.6%)

2 に何, の彼

1 [59件] から妻, から旅行中, でいろいろ, で忙, にあらかじめ, にお目にかかりたい, にきっと, にこの, にぜひとも, にその, にちょっと, にどうしても, には半時間, にみにくき, にもう一度, にシェファー博士, にナイチンゲール, にビクター, に一度, に云わ, に依頼, に僕, に古澤幸吉君, に古田さん, に台所, に名古屋, に外国, に嫁, に旅行中, に既に, に気, に用意, に私, に節子, に自分, に船, に見, に誰か, に軍記, に随分, に青年時代, に頭, のある, のこと, のドサクサ, の上, の十数分のあいだ, の待つ, の心根, の杉山さん, の混雑, の準備, の玉太郎, の酒杯, も父, 十分に, 推測した, 暇乞いに, 穂午後十二時頂き

▼ 出発~ (60, 1.5%)

4 あるの 2 出来るよう

1 [54件] あと三日に, ある, あるから, あると, あるともい, あるので, いつもおくれる, おくれたため, おくれたので, おくれると, おそかった, おそかったら, きまったから, きまったとき, その後予定よりも, できないの, できるし, できるよう, はじまったらしく小さな, 三時間も, 世界中に, 二時間も, 人間の, 何だか御, 何んだ, 先ずほとんど有り得ない, 出来ないよう, 午前三時に, 午前六時頃であるなら, 四時半頃で, 始まったこと, 始まるといふ, 始まるの, 実現し, 幕府奥詰の, 延ばされないもの, 心を, 心境の, 志賀直哉に, 急に, 文学以前の, 既に初め, 明らかに, 明後日に, 明日に, 時間は, 異る, 究竟な, 継続されなくなった, 近いの, 遅かった, 遅れる, 開始された, 陣地の

▼ 出発しよう~ (59, 1.5%)

14 とする 9 とした 6 とし 3 と思っ 2 といふ, と思う

1 [23件] あの感状, か, かと思います, という, という身構え, といふ時に, としてお, としてる, としてゐる, としました, とすすめた, とはしません, と二百万人, と云っ, と余計, と出発者自身, と同じ, と思, と思いました, と思ひ, と手綱, と考えた, と考へた

▼ 出発~ (51, 1.3%)

4 なると 3 なった 2 大出発

1 [42件] あって, いうので, お言いつけ, きまった由, きまると, きめる, して, しよう, し入口, なったであろうこと, なって, なつた, なるだろう, なるまでには, ふれ出されて, ワットーは, 一定の, 云うその, 云ふ, 別離が, 到着との, 同じ言葉, 定め小, 帰還の, 彼は, 思いその, 思ふたが, 承って, 正しく歩調, 死ぬ時, 決った瞬間, 決つたら, 決まったので, 決定した, 相談を, 着京, 社会の, 結果とを, 聞くと, 船中, 言う時, 言ふ

▼ 出発しなけれ~ (47, 1.2%)

20 ばならない 12 ばならぬ 2 ばいけない, ばならなかった

1 [11件] ばいけないだろう, ばうまく, ばかかる, ばならないだろう, ばならなかつた, ばならなく, ばならなくなっ, ば凡そ, ば創造, ば日本映画, ば確実

▼ 出発という~ (27, 0.7%)

4 時に 3 間際に 2 ことに, のは

1 [16件] ことが, ときに, のに, ものは, ものを, ように, 前の, 日の, 時まで, 時刻が, 晩赤井左門の, 朝方である, 朝父の, 答えであった, 際に, 際彼は

▼ 出発すれ~ (17, 0.4%)

1 [17件] ばすぐ, ばそれ, ばアードラー, ば一日, ば主客, ば再び, ば十時半広瀬, ば危険, ば夜, ば夜中, ば幾時間, ば日帰り, ば沼田, ば無事, ば短い, ば約束, ば自然哲学

▼ 出発に際して~ (17, 0.4%)

1 [17件] お見送り, かねてから二人, どうしても孔子, 之を, 充分に, 十数機の, 奴等が, 存八と, 幾つかの, 彼女に, 念を, 父が, 生命の, 竹法螺声で, 笑いながらも, 送別会の, 隊員に

▼ 出発から~ (14, 0.4%)

1 [14件] そのタテマエ, その方向, でなく, まちがって, やがてその, タジタジであった, 一義的に, 出発した, 執拗に, 帰塾まで, 情勢険悪に, 破壊から, 遅れること十カ月, 館林に

▼ 出発しない~ (13, 0.3%)

2 小説なんて

1 [11件] うちから, から, たといその, で多少, と日程, と言った, と誓わした, んだ, 批評などは, 知性は, 研究など

▼ 出発~ (12, 0.3%)

2 ぞ, という 1 がさて, そうだ, そうです, という晩, といえる, とよぶ, よ, よく見る

▼ 出発以来~ (12, 0.3%)

1 [12件] いかにし, さっぱりいう, ずつと追風, その実験, の乗組員たち, の問い, の途中, の長い, やがて一ヵ月, 既に四週間, 集って, 駈けとおし戦い

▼ 出発させ~ (11, 0.3%)

1 [11件] ていた, てみたい, て上げろ, て自分, また趙雲, 二三週間ホトボリを, 他の, 円本が, 勝ちだ, 生長させ, 針路を

▼ 出発させる~ (11, 0.3%)

1 [11件] からその, ことが, ことに, ことを, という, ということ, という意味, のを, ものは, わけには, 処の

▼ 出発せね~ (11, 0.3%)

8 ばならぬ 1 ばならず, ばならない, ばなりません

▼ 出発である~ (11, 0.3%)

2 というの 1 から一時間, から僕, から浮世, がその, ためには, といわなけれ, とさえいえる, ばかりでなく, 点から

▼ 出発~ (9, 0.2%)

1 三週間早かっ, 二三日に, 兄である, 国際的な, 彼女の, 最早遠く, 船の, 近づいた, 近所じゅうの

▼ 出発間際~ (9, 0.2%)

1 にご, になっ, になつて風邪, に公開, に急, に登山用, の寸暇, の手持無沙汰, までにはいくら

▼ 出発させた~ (8, 0.2%)

1 おそらくは最初, ところの, と主張, のであっ, のである, のは, わけである, 吾

▼ 出発なさる~ (8, 0.2%)

2 時に 1 という, のです, のを, ように, んです, 頃には

▼ 出発します~ (7, 0.2%)

1 かな, からすぐ, があの, けれどもこれ, それと, つまり私一人, のは

▼ 出発~ (7, 0.2%)

1 あつた, それを, また最高, 北停車場へ, 名古屋行き, 本来の, 船橋の

▼ 出発当時~ (7, 0.2%)

1 からあぶない, の光景, の女装一式, の意気込み, の新鮮, の花やかさ, 先ずその

▼ 出発準備~ (7, 0.2%)

1 がととのった, がまったく, であった, をすすめ, をととのえ, を整え, を示す

▼ 出発される~ (6, 0.2%)

1 ところな, のであります, ので父, ので走り井, 其送別会, 前に

▼ 出発せん~ (6, 0.2%)

1 とし, とすれ, とせる, と云, と意, と馬車

▼ 出発できる~ (6, 0.2%)

5 ように 1

▼ 出発です~ (6, 0.2%)

31 からどんな, ぞう, よ

▼ 出発といふ~ (6, 0.2%)

2 ことで 1 当日に, 日角, 段取りにな, 約束で

▼ 出発命令~ (6, 0.2%)

2 を待っ 1 がで, が下る, が出, を下した

▼ 出発~ (6, 0.2%)

1 それから行く先, だけ訊い, として下, とは途方, は前, を太平洋波打際

▼ 出発しなく~ (5, 0.1%)

1 ちゃならねえ, てはならない, てはならなかった, ては面白く, てもよい

▼ 出発すべき~ (5, 0.1%)

1 かまたは, もので, ものである, 人夫が, 秘密の

▼ 出発せし~ (5, 0.1%)

1 が途次, に仏領海岸, めんと, 後ほども, 第四師団附

▼ 出発せしめ~ (5, 0.1%)

2 このこと 1 すべての, て居る, て来た

▼ 出発であり~ (5, 0.1%)

1 そしてそれ, そして又, そのうち, 帰着であります, 永遠の

▼ 出発では~ (5, 0.1%)

2 ない 1 ありませんか, ないか, なかった

▼ 出発には~ (5, 0.1%)

1 ならなかった, ならなかつた, まだ間, 小出発, 自覚が

▼ 出発まで~ (5, 0.1%)

1 あと三十分だ, あまり日数, トキ子さんを, 休んで, 彼は

▼ 出発までに~ (5, 0.1%)

1 まだどの, 何とか解決, 全快する, 印刷が, 終るはず

▼ 出発時刻~ (5, 0.1%)

1 からズバリ, がおくれる, は正確, をね, を知らせた

▼ 出発~ (5, 0.1%)

1 では七人, の処, の方, へ並ぶ, を亡父

▼ 出発された~ (4, 0.1%)

1 ほどです, んじゃと, んだ, 氏の

▼ 出発したい~ (4, 0.1%)

1 という我まま, と思っ, ものと, 私の

▼ 出発しなかった~ (4, 0.1%)

1 んだ, 事が, 人は, 革命は

▼ 出発~ (4, 0.1%)

1 何処へも, 来たから, 来たと, 行くかも

▼ 出発~ (4, 0.1%)

1 のかも, のだ, のである, んだ

▼ 出発において~ (4, 0.1%)

1 バアナード・ショウの, 暗示され, 溌剌生新であった, 過程において

▼ 出発以前~ (4, 0.1%)

1 から秘命, にすでに, に姫路一城, に比べる

▼ 出発~ (4, 0.1%)

1 は三吉, は病める, も理事会, 大いに悟る

▼ 出発時間~ (4, 0.1%)

1 になっ, の迫った, はと聞け, を問合せ

▼ 出発直前~ (4, 0.1%)

1 に耳, に雪国, のこと, の殺人

▼ 出発しました~ (3, 0.1%)

1 がその, が此処, のでやはり

▼ 出発し直し~ (3, 0.1%)

1 ても結局ここ, てゐる, て生き

▼ 出発し直す~ (3, 0.1%)

2 必要が 1 のであった

▼ 出発すべきで~ (3, 0.1%)

1 あつた, はある, はなく

▼ 出発するなら~ (3, 0.1%)

1 ば, ば全, ば対人関係

▼ 出発せらるる~ (3, 0.1%)

2 が宜 1 事に

▼ 出発なさいました~ (3, 0.1%)

1 とも, のが, よ

▼ 出発について~ (3, 0.1%)

1 今から, 俺は, 力強い激励

▼ 出発に際し~ (3, 0.1%)

1 また道すがら, 九十九谷の, 孫乾が

▼ 出発まえ~ (3, 0.1%)

1 にお目にかかれず, にこれ, に客

▼ 出発までには~ (3, 0.1%)

1 まだ一時間以上, 準備や, 現れなかった

▼ 出発地点~ (3, 0.1%)

1 である忍谷, というの, になっ

▼ 出発用意~ (3, 0.1%)

1 の命令, よろし, よろしい

▼ 出発いたし~ (2, 0.1%)

1 ております, て居りました

▼ 出発いたしました~ (2, 0.1%)

1 がその, のは

▼ 出発いたします~ (2, 0.1%)

1 からね, ときには

▼ 出発いたす~ (2, 0.1%)

1 ことに, と致しましょう

▼ 出発いらい~ (2, 0.1%)

1 およそ二十八, 四月目だった

▼ 出発させたい~ (2, 0.1%)

1 のだ, 考えで

▼ 出発させよう~ (2, 0.1%)

1 というその, としてゐる

▼ 出発され~ (2, 0.1%)

1 てしまった, 随員警察官新聞記者団合計四十名も

▼ 出発したら~ (2, 0.1%)

1 これまで, 四五日に

▼ 出発したる~ (2, 0.1%)

1 ところである, 首途に

▼ 出発すなわち~ (2, 0.1%)

1 死の, 青年期における

▼ 出発せざる~ (2, 0.1%)

1 を得なかった, 以前より

▼ 出発せず~ (2, 0.1%)

1 かつ事物, に豆腐屋

▼ 出発であった~ (2, 0.1%)

1 から猶, ことに

▼ 出発であります~ (2, 0.1%)

1 から規模, けれどもご

▼ 出発できない~ (2, 0.1%)

1 ほどのわれわれ人間, ものの

▼ 出発できるだろう~ (2, 0.1%)

1 か, ね

▼ 出発として~ (2, 0.1%)

1 これらの, 大事を

▼ 出発としては~ (2, 0.1%)

1 たしかに基督教, 許せないから

▼ 出発との~ (2, 0.1%)

1 ことサンボアへ, 歩調を

▼ 出発にあたって~ (2, 0.1%)

1 不安な, 多くの

▼ 出発にとって~ (2, 0.1%)

1 意義深い, 直接である

▼ 出発にも~ (2, 0.1%)

1 光を, 増して

▼ 出発への~ (2, 0.1%)

1 お祝いと, 光明を

▼ 出発一時間~ (2, 0.1%)

1 にし, まえまでに

▼ 出発~ (2, 0.1%)

1 に向っ, へ農鳥岳

▼ 出発後一時間~ (2, 0.1%)

1 ばかりし, ばかりの頃

▼ 出発早々~ (2, 0.1%)

1 から吐息, でどうにも

▼ 出発昨日~ (2, 0.1%)

2 の道

▼ 出発~ (2, 0.1%)

1 の華やか, の逃亡

▼ 出発第一歩~ (2, 0.1%)

1 からまとも, から限度

▼ 出発途中駿府~ (2, 0.1%)

2 の城

▼1* [258件]

出発いぜんに取られ, 出発いたしたんでご, 出発いたしまして霊魂, 出発いたしましょうか, 出発いらいちょうど十二時間かかった, 出発えらい混雑, 出発かも知れないと, 出発こそ人間一生の, 出発こそがほんとうの, 出発この路アルプス銀座通りと, 出発ごとの荷作り, 出発さえ与えられれば, 出発させないぞ, 出発させなけりゃ駄目だ, 出発させねばならん, 出発させますか, 出発させられてしまった, 出発させられざるを得ない, 出発させられたのだ, 出発させられるのでありまし, 出発しいはば現実, 出発しかけたときには, 出発しかような方法, 出発したくはあった, 出発したごとくこの事件, 出発したれば来援三日, 出発したろうと思われる, 出発しちゃったという返事, 出発してる由起しげ子, 出発しなほすこと, 出発しなきゃならん起してくれ, 出発しなほさねばならぬ, 出発しまして地球, 出発しましょうか, 出発しろと命ぜられた, 出発し切ると魔法, 出発し始めたらすぐまた, 出発し得られるような, 出発し戻ってくる, 出発し来た時と, 出発し残る五人で, 出発し直さなくては日本, 出発し積上げられている, 出発し進み行くであろうかまたは, 出発し降りしきる雨を, 出発し隣りの領, 出発じゃ火星へ, 出発すべきだろうと私, 出発すべきであったのにロンドン, 出発すべきであらうけれどもそこ, 出発すべきであることを, 出発すべく基点を, 出発すべしという新聞社, 出発するだろうとのこと, 出発するらしい汽車の, 出発する見たいなすが, 出発せずして一旦, 出発せたいとこうして, 出発せなければすべて, 出発せよという態度, 出発せられて余, 出発せられたともいう, 出発せる事は, 出発そういう展開は, 出発そのものである, 出発それから他には, 出発それに御本陣二百人, 出発って来たの, 出発てから此処までの, 出発できそうも, 出発できないではない, 出発できなくなったのだった, 出発できますからあとワシントン, 出発でございますから, 出発でしたな, 出発でなければなりません, 出発とかを意味しなけれ, 出発とがあります, 出発ときまつた者, 出発としてしか取り出されること, 出発とだけ知って, 出発とは存じませんでした, 出発とも思えるの, 出発とりやめで明朝, 出発とを有意義に, 出発なさろうと準備, 出発なすって半年, 出発などは夕刊の, 出発などを憶いかえした, 出発についてのあらゆる面倒, 出発については出来るだけの, 出発につれて第二軍, 出発によっては解くこと, 出発に当たって幼い二人, 出発に際しての彼の, 出発ので驚いたろう何急, 出発のみぎりに, 出発ぶりは甚だ, 出発ぎわにあってもまだ止めども, 出発ますよ, 出発またボートと, 出発までは出来るだけ, 出発到着時の, 出発やがてインドの, 出発ゆえもはやおやすみ, 出発よりよほど後, 出発業で, 出発だ, 出発アンデス山行を企て, 出発第一中隊ハ鴨島ニ, 出発スレバ貴艇, 出発ルックザックは小屋, 出発三日前に急, 出発下諏訪へ泊る, 出発中ノ岐川を遡り, 出発乗車九時大河原下車途中笠置の山, 出発九時の特急, 出発九時乗車名古屋へリンゴ舎, 出発二見まで歩く, 出発の刻, 出発京都へ向, 出発今や禅寺を, 出発以後この社会的常識, 出発以後今日で十三日目, 出発以来これが癖, 出発以来ソヴェトの生産, 出発以来ノルゲ号は初めて, 出発以来一睡もせず, 出発以来一般の展望, 出発以来何の報告, 出発以来四日間近頃ニナク活動シ, 出発以来婦人の身, 出発以来最初の難関, 出発以来蜒々と続い, 出発伊良湖崎へ, 出発までは一つ, 出発出来るさ, 出発出来るだろうって言う, 出発到着帰還の二字, 出発前中島健蔵氏から同氏訳, 出発前二三日のこと, 出発前夜の酒, 出発前数日文壇の知人, 出発前望月大尉と打合わせ, 出発前秦啓源への伝言, 出発前飛行場員に託し, 出発剱岳頂上午後零時三十三分着一時出発, 出発北条時政を訪ね, 出発十一時に大沢小屋, 出発十七日になった, 出発十八マイルの路, 出発十八日二条城に入っ, 出発十時四十分藤橋十一時五十分着昼食, 出発午前十一時松尾上手午後一時姥ヶ石二時着三時二十分出発, 出発半時間前中央ステイションのプラット, 出発原点と大体, 出発又は帰着すべき, 出発友情のありがた, 出発に久慈川, 出発号令をおかけ, 出発同氏にそそのかされ, 出発唐沢入北穂の尾根午前十時, 出発四年前の親しみ, 出発地獄谷五時三十五分別山乗越六時五十分三田平小屋七時十五分長次郎出合七時五十分着八時三十五分出発, 出発までの間, 出発外遊と言っ, 出発喰岳中岳等を, 出発大町へ翌, 出発奥穂高取付き非常に困難, 出発の後, 出発寸前の特攻隊, 出発尾去沢鉱山一見花輪に出, 出発尾根へ登り, 出発岔水君夫妻よいつ, 出発を渡り, 出発常願寺川を遡り, 出発幾日か前, 出発をすませる, 出発弘法小屋八時三十分着十時十分出発, 出発当日の根岸庵, 出発当日艇のそば, 出発当日身許の知れない, 出発後なんのたより, 出発後ハ唯貴方, 出発後七日間は窓, 出発後三日目にはどうしても, 出発後二ヶ月目も終ろう, 出発後五日目の夜, 出発後四日目のこと, 出発後女中がお, 出発後教頭次席山口教諭指揮の下, 出発後敵なきに, 出発後絹子は病気, 出発後船中の乗客, 出発後遭難時刻までの時間, 出発忠彦君に送られ, 出発急斜面を下り, 出発急行にてパリ, 出発走って, 出発故おひるに, 出発までの一週間, 出発日延べの飛脚, 出発明日は多分, 出発からいう, 出発の汽車, 出発更始一新転一歩のたしか, 出発朝飯が足らなかつた, 出発木曾鞍馬橋を渡る, 出発松崎へ急ぐ, 出発案内人に荷, 出発の頂上午前十時, 出発を二つ, 出発機上で一時間半, 出発汽車で平泉, 出発浜坂に流れ, 出発深川町を行乞, 出発渡宋すること, 出発湖畔にそっ, 出発点以前であったという, 出発点形式は仮定, 出発熊岩十時十五分長次郎頭十一時二十分着十一時四十分出発, 出発の心配, 出発猪苗代泊り六日は二本松, 出発発動機は好調, 出発直前ニ測ッタ時ハ上ガ一五四, 出発直前大庭春吉と堅い, 出発真際に兄, 出発を兼ねた, 出発笹谷街道を東進, 出発精神に背きません, 出発線これより北極, 出発置手紙をし, 出発という, 出発者自身には全然, 出発自動車道なれば, 出発致しましたが別に, 出発致します際の, 出発致候や, 出発英印連絡空路によりアフガニスタン, 出発行先は伊東, 出発走るが如く, 出発近きにあり, 出発退陣引くも, 出発途中にて人々, 出発途中倉敷と本郷, 出発途中北の庄, 出発途中土々呂を行乞, 出発金精峠に向う, 出発鉱山跡を通り乗鞍大滝, 出発長次郎頭一時半長次郎出合二時三十五分着三時五十分出発, 出発長野へ向, 出発間ぎわに酒匂, 出発間際人目を忍ん, 出発防備隊の召集, 出発より先, 出発食堂車へ乗り込む, 出発食糧二日分を持ち, 出発馬車のうち