青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「共通~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

公園~ ~六 六~ 六つ~ 六月~ 共~ ~共に 共に~ 共同~ ~共通
共通~
~兵 兵~ 兵士~ 兵衛~ 兵部~ ~兵隊 兵隊~ 兵馬~ ~其 其~

「共通~」 2352, 24ppm, 4779位

▼ 共通~ (758, 32.2%)

21 ものが 14 迷信 10 点が 7 もので, ものである 4 ものと, ものに, ものを, 感情が, 現象である, 目的を 3 友人が, 問題である, 問題として, 問題を, 希望と, 思想が, 言葉が, 話題は, 話題も

2 [65件] あこがれであった, ことが, ところが, ものだろう, ものであり, ものは, 一つの, 一種の, 事実である, 価格に, 信仰が, 利害が, 友人, 問題と, 問題について, 地盤の, 基礎が, 嬌めかし, 客観的な, 容疑者を, 宿命な, 尺度によって, 布です, 希望を, 常着, 幸福と, 弱点を, 弱點, 思想の, 思想を, 意味が, 意味を, 意志を, 感じが, 所が, 文字が, 本質を, 淋しさ, 特色と, 特色を, 理想を, 理由が, 生活秩序ないし, 病人を, 目標を, 目的において, 真実であり, 知人が, 知人の, 秘密を, 立場に, 肚の, 表情が, 表現, 言葉, 言葉を, 言語によ, 話題に, 認識が, 論理という, 警鐘が, 貯財からの, 迷信が, 運命を, 道を

1 [518件 抜粋] ありふれたもの, あるもの, ある種, いつもいつも真先, お父さん, きずなは, ことである, ことです, ことな, ことは, この苦笑, さんげの, そして夫, それゆえま, なかに, なつかしい思い出, はっきりと, ひがみが, もがきを, もしくは個別的, ものかも, ものだ, ものであった, ものであります, ものであるべき, ものという, ものとして, ものな, ものの, ものもしくは, やかましいクンクン泣き, やるせなさ, ような, よさ, コースに, コースを, スゴ味が, トピックの, バネで, ユニオン・カタローグを, 一ツは, 一大幸福と, 一本の, 一種独特の, 一線が, 一般心理が, 一般習性では, 不安を, 不幸として, 不幸を, 不思議に, 中心によ, 主人公である, 主旨の, 主旨を, 事実が, 事実だ, 井戸の, 人情に, 人道と, 人間の, 人間らしい心, 人間欲の, 仕事も, 伝説の, 体温から, 例, 価値判断が, 便利な, 便益の, 信仰, 信仰である, 信仰の, 信仰を, 信念であった, 個所が, 傷を, 傾向が, 傾向で, 傾向と, 傾向という, 先祖から, 先祖といふ, 先祖の, 先輩であった, 先輩である, 光明などは, 公式である, 公然の, 公理を, 具と, 具体的の, 処が, 出発点であった, 出發點で, 出費が, 分子を, 分類が, 利害という, 利害に, 利害の, 利害も, 利害を, 利害共通の, 利益な, 前提に, 力が, 力と, 劣性因子が, 劬り, 動作の, 動因であり, 動機の, 動機を, 勤労階級としての, 匂いが, 単位である, 単位では, 単位は, 単音を, 博愛心から, 危險に, 原因が, 原理が, 原理に, 友人の, 友人を, 友人菊地千秋君にも, 友人達の, 友達だつた, 友達で, 友達の, 反感でも, 反感とを, 反感を, 取柄が, 古い伝統, 古くからの, 台所が, 各種の, 合理的根拠と, 合致で, 名であっ, 名を, 周知の, 唯一の, 問題であり, 問題であろう, 問題は, 善である, 善良さ善良を, 団体意志, 囲いを, 地盤は, 地盤を, 型の, 基盤である, 基盤の, 基礎に, 声という, 大きな中心体, 大きな損失, 大損害, 大欠陥, 天井の, 太陽暦に, 女の, 好みであろう, 好奇心, 好奇心と, 如才な, 始祖にたいして, 娯楽という, 学問にこそは, 学説を, 宗教共通の, 宝を, 実家にあたる, 実感です, 実感と, 室で, 導徳的根幹であろう, 尺度が, 尺度である, 属名である, 平和幸福に, 幸福であらね, 幸福を, 幸福感そして, 幸福感に, 幹か, 幽かな寂び, 廊下での, 廊下に, 弄臣としての, 弱味を, 弱点である, 弱点の, 当然の, 形の, 形式を, 形態の, 影響を, 彼独特の, 径路を, 心事の, 心状とお, 心理から, 心理である, 心理は, 必要から, 必要に, 快い沈黙, 念願として, 思いが, 思ひ出, 思想であった, 思想的背景と, 性格が, 性格を, 性質が, 性質である, 性質として, 性質を, 怨敵が, 怨敵たる, 恐慌によって, 悩み, 悩みであった, 悩みばかり, 悪い癖, 悲惨の, 情は, 情趣が, 想いを, 意圖の, 意見である, 愚と, 愛国的な, 感じを, 感ぢや, 感情あらず, 感情であった, 感情に, 感情を, 感想だけに, 感激共通の, 感覚, 感覚で, 感覚的渾一において, 慣用句で, 慣習, 憂鬱さを, 憤懣の, 憧れ心, 懸念事を, 所有と, 手段を, 拝火教や, 挨拶方法を, 敵が, 敵たる, 敵として, 敵に, 文化を, 文字なる, 新しい希望, 新しい思想, 新らしい, 新空氣, 方を, 方向へ, 方法に, 昔を, 普汎的, 普遍的事件の, 最後の, 最重大, 望みだ, 期待に, 未来の, 未熟さという, 本心から, 本能が, 本能を, 材料も, 根を, 根本特色を, 根柢を, 根源を, 標を, 標準として, 標準型が, 標識といふ, 樣である, 権威を, 欠乏に対する, 欠点だ, 欠点と, 欠点は, 欠点を, 此上も, 歴史が, 殺害理由を, 気分が, 気分に, 氣持を, 沈魚落雁閉月羞花とか, 沒落を, 法では, 流れを, 流儀を, 涙と, 清らかさ雄々し, 渾名を, 潔癖から, 激情が, 災厄を, 点は, 点を, 無気味な, 牧場や, 特徴が, 特徴な, 特徴大阪という, 特性として, 特色が, 特色です, 特質が, 特質を, 状態を, 現代風俗が, 現象で, 現象であろう, 現象として, 現象らしい, 理念が, 理念を, 理想主義仕事ないしは, 理想的な, 理由は, 理解し, 理解も, 生に, 生を, 生活が, 生活と, 生活利害を, 生活環境に, 生活秩序または, 生活秩序や, 用件について, 用具多量に, 由緒が, 症状が, 発作症である, 発想法で, 白い着物, 目的が, 目的の, 眼の, 矜り, 知り合いの, 知人たちを, 知人をも, 知人特に, 研究対象を, 研究題目の, 確な, 確率を, 社会の, 祖先にまで, 祖母が, 神の, 神秘的傾向の, 秘密が, 立場が, 笑顔で, 精神を, 精神的特異体質である, 紐帯によって, 素質をも, 経過を, 経験に, 統治の, 綱領である, 線で, 線と, 縁側を, 罪惡に, 美意識が, 美点で, 義務否, 考え方である, 者たちであった, 者を, 而も, 肝要事, 脈を, 自然か, 興味ある, 興味であり, 興味の, 色を, 芸術家としての, 苦しみです, 苦患を, 苦痛と, 苦痛を, 血の, 血みどろな, 血を, 行為や, 表情にも, 表情を, 表現を, 表現手段による, 表象が, 被害者であり, 裏庭だ, 要求が, 要求と, 要求によって, 要求を, 見かた, 見解の, 観念, 観念に, 観念を, 觀念として, 言葉と, 言葉即ち, 言語で, 言語共通の, 詞章や, 詩の, 話が, 話の, 話題が, 話題とても, 話題の, 話題を, 誘惑に, 語は, 語根しづは, 語源論的需要の, 誤謬を, 課題が, 課題である, 論理だ, 論理の, 諸操作, 講義が, 負けじ魂と, 負けん気が, 責任感を, 資格の, 超階級的, 趣味が, 趣味を, 趣旨であった, 跡も, 路次に, 近所の, 迷信との, 迷信に, 送迎の, 逃避的な, 逆上から, 通貨と, 運命である, 運命に, 運命共同の, 過去を, 過失を, 過程を, 道具癖から, 避難民式という, 部分の, 部屋が, 重大な, 重点を, 野卑と, 長寿の, 関心が, 関心で, 関心事が, 静かな, 音階と, 韻律美だ, 顔貌を, 顕著な, 願望であった, 類似あの, 風景だ, 風習を, 高い理想, 魂の, 點である, 點を

▼ 共通~ (571, 24.3%)

30 ものが 19 ものを 14 ところが, 一つの 11 ものである 7 ものの 6 のは, 或る, 点が 5 ものと, 点は

3 [12件] ものは, ように, 人生への, 問題を, 因子を, 性質が, 性質を, 点の, 点を, 美の, 自惚, 要素を

2 [36件] いくつかの, ことが, ことで, ことを, ところの, のであった, のである, のを, ものかも, ものであった, ものとして, 一種の, 一般的な, 人間の, 例の, 元子, 内容を, 問題と, 基本的な, 場処, 好事を, 思想の, 思想を, 感じが, 感情が, 感覚を, 植物生理的な, 派出な, 物的な, 特色は, 特色を, 自然の, 迷信を, 面白さ, 魂が, 點が

1 [340件] あの奇妙, あの幸福, いやおそらく, いやな, ことであり, ことである, この方法, さまざまの, ただ改造, ところであっ, ところは, ところわかっ, ところを, なんだかこわばったゆがんだ, のだ, のであっ, ので大抵, ひとつの, ほとんど本質的, みじめさと, みにくさ, めでたい口ぶり, ものさへ, ものだ, ものだった, もので, ものであろう, ものでなけれ, ものな, ものに, ものをも, ものをもっては, もの又は, もの民衆の, ような, よりよい, わけても娼婦, アルファベットが, イデオロギーを, イメージを, スタンダードを, タイプを, テルミノロギーを, 一性格である, 一点を, 一致した, 一面が, 不安は, 不幸に, 不満感を, 世俗的な, 中性的な, 事であっ, 事実な, 事実を, 事實である, 事項が, 云い草である, 互の, 人懐っこい愛情, 人権を, 人生は, 人生煩悶みたいな, 人間性そのものが, 人間感を, 人間生活及び, 人間的特色の, 人間評価の, 人類的な, 仁儀を, 何かを, 何気ないふう, 何物をも, 作画上の, 価値低下と, 信仰において, 信念の, 信頼に, 個人としての, 個人的な, 倦怠を, 傾向だ, 分子が, 判断内容を, 利害の, 制約と, 力を, 匂ひ, 単なる生活信念, 単純明瞭を, 原理に, 原理の, 原理を, 友情は, 反感が, 反撥を, 味ひ, 哲学概論の, 問題が, 問題として, 四角ばっ, 困難が, 困難を, 地位が, 型が, 執拗性の, 変動との, 多弁や, 大きな誤謬, 大特徴, 媒介, 嫌悪を, 尺度の, 崇拝の, 希望であった, 希望と, 平和と, 平気さが, 幸福の, 幸福を, 幾人かの, 幾多の, 広い地盤, 弱点と, 弱点を, 形式的範疇体系それが, 彼等の, 後進性として, 得意な, 心が, 心も, 心もちに, 心理であった, 心理な, 心的要求に, 思い出が, 思想が, 思想である, 急所を, 性格, 性格が, 性格という, 性格の, 性格は, 恨みを, 悩みって, 悩みに, 悪計によって, 悪運が, 悲しいところ, 悲しみの, 情操を, 意味での, 意味形態は, 意見などが, 愛から, 感じという, 感じの, 感じを, 感動に, 感官が, 感情で, 感情として, 感情を, 感懐でも, 感覚, 態度を, 慢心ッ気が, 慰藉である, 或もの, 或感情, 所が, 手段として, 手法である, 指導原理であっ, 損な, 放縦な, 政策な, 敵の, 敵は, 文化の, 文化財イデオロギー的武器と, 文学の, 文学理論を, 方向が, 方法を, 方法乃至, 日本の, 暗い陰気, 暗い陰氣, 書物を, 本能であっ, 本質に, 条件だ, 条件は, 根本問題であった, 根本条件の, 根本欠点を, 根本特色を, 根本的知識など, 根本観念であり, 構造と, 構造の, 様式に, 欲求が, 正直という, 気の, 気分も, 気持が, 永遠の, 法則その, 法則を, 法螺吹きである, 注意の, 津田を, 涅槃を, 深い根柢, 演技の, 漠と, 点だ, 点だけを, 点において, 点について, 点ばかり, 点も, 熱情では, 父その, 特定の, 特徴が, 特徴として, 特徴を, 特性を, 特異点である, 特色が, 特色で, 特色に, 特色によって, 特色の, 特質といふ, 現実から, 現実観の, 現象であった, 現象である, 現象の, 現象を, 理念が, 理論性を, 生活態度が, 生活擁護の, 生活的関心と, 用具として, 畸形的習性を, 癖として, 発展の, 目的が, 目的によって, 真剣な, 矛盾の, 矜誇の, 知り合いの, 知人には, 知人の, 知識を, 社会人としての, 社会現象であっ, 社会的地盤の, 社会的要因の, 祖先が, 私の, 科学的特色を, 立場において, 立場の, 第三, 素質が, 経済問題の, 統一的な, 絶間ない, 習慣だ, 習慣的な, 考は, 而も, 自分たち女や, 自慢さを以て, 自然な, 興味の, 興味を, 舞踊の, 色調として, 苦痛の, 處は, 表現を, 裏づけであっ, 要求に, 要素に, 要素の, 要領が, 見方であっ, 見識な, 規定である, 規定と, 規定を, 観相的傾向が, 言葉によって, 言葉を, 言語に対する, 話題の, 話題を, 誇張や, 認識, 認識を, 語源を, 誠実さが, 課題に, 課題を, 諸範疇, 諸要素, 貨物の, 趣を, 趣味が, 追従めいた, 連想が, 運命を, 道を, 道徳の, 部分と, 部分を, 集合点に, 青い木綿, 面で, 音楽的要素を, 領域を, 顔を, 風俗描写の, 風俗的特徴は, 風貌を, 骨相を, 魂の, 魂を, 魂をこそ, 點も

▼ 共通した~ (166, 7.1%)

11 ものが 7 点が 5 ものを 4 ところが 3 もののある, 所が 2 ところは, ような, 一種の, 因数を, 思想は, 特徴が, 顔だちであった

1 [119件] ある淋しい, おおざっぱな感じ, かごと, ことだ, この両親, ところである, ところの, ものだ, もので, ものであっ, ものであった, ものである, ものであろう, ものとして, ものも, やうに, センジュアルな, センチメントを, タイプの, トホンと, ノスタルジアであり, フイジイオグノミイである, レーニングラードの, 一ツの, 一定の, 一箇の, 下に, 不平と, 主観を, 事実の, 人生の, 他の, 傾向を, 処差別の, 利益に, 刺激を, 印象を, 原生動物の, 古い形容詞, 名の, 呼び名で, 唯一の, 唯一絶対の, 問題が, 問題と, 問題とは, 問題は, 因子が, 土俗は, 地勢には, 地方語である, 型が, 基礎に, 大きな空洞, 太, 夫婦の, 宿命な, 寫實的で, 平等的方面が, 弱点は, 形体と, 心持で, 心理現象であろう, 性格の, 恐ろしく荒れすさんだ, 情熱が, 意味, 意気の, 感情と, 感情も, 手法の, 政策である, 文句を, 文章も, 方言である, 旅愁とも, 条件で, 栗毛の, 楽しいこと, 欠点は, 気質である, 気質は, 浮わ, 点でありました, 点を, 特色を, 理由を, 理論に, 男性的な, 異様な, 目的なる, 相場に, 真理の, 真理は, 秘密な思ひ, 精神に, 精神の, 罪悪感で, 義務の, 而も, 職業の, 脈絡を, 臨濟病とも, 興味の, 蚕室に, 要素が, 詩情であっ, 語根を, 誤りが, 近頃の, 迷いの, 連関構造を, 適度の, 長所と, 限りの, 難問の, 面影が, 點が, 點も

▼ 共通~ (145, 6.2%)

49 ている 16 てゐる 9 ていた 5 て居る 4 てい 3 てゐた, て存在 2 ており, て実感

1 [52件] あつた, がたい何物かに, しかも世界, しかも根本, そこに, その人格的本質, ていなく, ているらしく, ております, てはいた, てはいる, てみごと, てわからな, てゐるだらう, てゐるであらう, て一つ, て使われ, て信ぜられ, て右, て啓蒙的, て埋, て天文学, て安直, て少し, て感じられました, て欠く, て欠け, て流る, て現れる, て現われ, て用, て用いた, て用いられ, て用いられた, て発見, て相当, て真理, て祖先, て紙, て考えられる, て言われる, て許された, て認められる, て誰, て載せられ, 併し, 其用語例の, 安吾も, 思想上で, 概して分かり, 理解出来る, 非常に

▼ 共通する~ (114, 4.8%)

12 ものが 7 ところが 5 ものである 3 ものを

2 [11件] ところの, のは, ものの, 一つの, 云はば, 切迫した, 性質でも, 悲劇は, 点は, 特色は, 部分が

1 [65件] いくつかの, かも知れぬ, ことの, という常識, ところであっ, ところは, もので, ものであり, ものであります, ものとして, ものも, ような優れた, シンボリズムの, 一種の, 不快な, 何物をか, 作歌意識の, 処が, 処だろう, 処の, 利害を, 利害をめぐって, 半可通的な, 原因の, 友人で, 因子は, 夢でも, 女給や, 展望で, 幾つかの, 性格で, 性格といふ, 性格は, 性質を, 恐怖感, 悪俗, 情熱の, 感官によって, 所の, 抒情味が, 文化人であった, 新時代, 最近詩壇の, 本質の, 本質を, 本質点, 気質の, 永劫の, 江戸ッ子作者特有の, 浮世絵趣味に, 点が, 生の, 生命本能の, 生活であります, 生活を, 真理も, 筈の, 美貌と, 自然的受動的盲目的運動の, 行爲の, 誤謬は, 趣味興味感情思想等を, 長い広い縁側, 項目である, 食欲性欲の

▼ 共通~ (96, 4.1%)

8 して 3 なって 2 寒さ, 用いられて, 通用する

1 [79件] あったドイツ近代精神, あらわれて, かかわらずそこ, この二つ, この国土, この有名, この渦中, しその, しても, するとしても, それらの, たとえば富士, つかいはじめた, はなして, もって, もつて, 一つの, 世にも快活, 云われること, 作家の, 使う三室, 使はれる, 使われて, 使われること, 使用され, 価格を, 共通の, 具えて, 具へて, 具備し, 動いて, 動かし得る物, 動かすいろいろ, 匂う潮, 卑屈な, 協力し合い, 可能と, 外国人を, 守られなければ, 属するもの, 彼が, 必要と, 意義が, 感じつ, 感ずるだけ, 感ぜられたから, 担うめぐり合せ, 担当する, 持たされて, 持ち合って, 持つあらたかさ, 持つて, 持つ幾人, 持つ弱, 擔ふところの, 支配し得る, 支配する, 流れて, 満足すべき, 滿足すべき, 現在の, 生きぬかれた野蛮, 眼耳手足を, 知って, 示す食いッぷりのようでもある, 私の, 笑うよう, 繋ぐ, 考えた点, 考え今年, 考察されね, 興味ある, 蟠って, 行はれた, 行先の, 認め得る点, 身に, 陥って, 隣を

▼ 共通~ (82, 3.5%)

12 がある 5 を持っ 4 のある, もない 2 があり, のない, を感じ, を見出す

1 [49件] あること, あるを, があった, があります, があるべきだ, がたしかに, がない, がなかっ, がまた, が今, が出来, が多い, が多く, が認められる, が高調, それからこれ等, だけから見る, だった, であった, として俳優, となっ, とも見られる, に関係, のいちばん, の全部, の多い, の存在, の為, は何かと, は共に, は内容類似, は男子, は竹, は終局, は見え, ばかりが目, も, もあっ, もなかっ, ももっ, も存, も無かっ, をもつ, を必要, を持つ, を探し, を探し出す, を求めよう, を見出した

▼ 共通~ (52, 2.2%)

7 がある 3 のある 2 があつ, をもっ

1 [38件] から言え, がない, が活き活き, が生き, だという, であった, であった落着き, である, である芸術至上, です, で植物, ということ, というもの, とその, とを結びつけた, と特異性, と通用性, などは考え, に注意, のない, のほか, の多大, の情緒, の線, はどうも, は初め資本主義打倒, は操作, もない, も持たないなら, をと云う, をみる, をも与え, を持たない, を持つ, を有, を有っ, を眼目, 乃至聯關

▼ 共通~ (36, 1.5%)

4 あつた 2 あるならば, しかも両方, 同一の, 朝から

1 [24件] あとの, あらうとも, あり得るよう, あり等時, それらを, どこからが, ヨーロッパでも, 一見した, 之を, 其の他, 古代ノルウェイ, 只入場料, 同一なる, 和解し得る, 固有な, 子供の, 日本での, 時代の, 機械で, 畢竟は, 確実な, 神の, 第一, 鑑札の

▼ 共通である~ (29, 1.2%)

2 ばかりで, 巴里婦人の

1 [25件] から桜, けれども問題, ことから, ことに, ことは, ことをも, この種, すなわち, ためでは, ためには, だけそれだけ, ということ, という盲腸, という結論, といつた, といふ点, とすれ, とグナイスト, のは, のみならず, もので, 処の, 真実性が, 真率さ, 間は

▼ 共通なる~ (28, 1.2%)

1 [28件] いわゆるビートス・エンド・ビウティー, もの, ものが, ものとして, ものは, ものを, もの例えば, を取った, 一種の, 何物かを, 個々の, 内容を, 客體世界は, 尺度と, 局限を, 属性の, 漠然とした, 特徴の, 環状分子構造の, 生内容共通, 考えを, 限り比較的, 限界に, 限界即ち, 頭とは, 頭を, 麗質である, 點の

▼ 共通感覚~ (24, 1.0%)

3 と常識

1 [21件] から区別, がなぜ, が何かしら内部的, が個人, が共通, が内部的, が存する, が正しい, である処, でなければ, ではなかっ, という古典的, という意味, としておのおの, にまでその, にまで回帰, によって言い換える, の問題, は共通, は芸術, を吾

▼ 共通~ (21, 0.9%)

1 [21件] とも云, な, なにおい, なもの, なホロリ, な処, な感傷, な改良整理, な美し, な行動, な起し, な通俗性, に作られ, に利害関係, に左, に最後, に流行つて, に説明, のやさし, の基礎療法, の苦しみ

▼ 共通~ (11, 0.5%)

3 ある 2 あること 1 あったの, あるらしい, 失われて, 実はまた吾, 見出される, 見出されるかという

▼ 共通であり~ (11, 0.5%)

1 [11件] ことに家, ながら且つ, ながら尚, 且つ又, 又如何に, 唯それ, 愛にまで, 時代から, 直接社会に, 空間の, 自然を

▼ 共通~ (11, 0.5%)

1 [11件] とり出すもの, もちます逆, 人間同志の, 人類と, 妨ぐるを, 意味する, 持つの, 発見致候, 見る理由, 見出すの, 黙過する

▼ 共通せる~ (10, 0.4%)

1 のみならず, ものである, ものは, 一点を, 妖気は, 思想である, 悩みと, 推理の, 文化内容を, 病人の

▼ 共通~ (9, 0.4%)

1 しその, し客觀的, つたと, という, ということ, という意味, とか何とか, とはいう, とも簡単

▼ 共通感官~ (9, 0.4%)

1 が後, とリード風, の概念, の観念, はやがて, は無論, も亦, を見るなら, 乃至共通感覚

▼ 共通なある~ (7, 0.3%)

2 ものが 1 ものを, 一点が, 他の, 標準に, 豊かな

▼ 共通特色~ (7, 0.3%)

1 がこの, だ, だという, ではないだろう, とする, を持っ, を有っ

▼ 共通~ (7, 0.3%)

1 から見れ, がない, と相違點, の一番, をもつ, をももつ, を知る

▼ 共通~ (6, 0.3%)

1 が決定, として教え, と今, のエスペラント, をもつ, をよく

▼ 共通であっ~ (5, 0.2%)

1 てしかも, てその, てただ, てもそれ, ても自ら裁物

▼ 共通でなけれ~ (5, 0.2%)

3 ばならぬ 1 ばならない, ばなるまい

▼ 共通~ (4, 0.2%)

1 し選択必修課目, なれる時代, 云うの, 言つても

▼ 共通だった~ (3, 0.1%)

1 ことが, のである, ものを

▼ 共通でない~ (3, 0.1%)

1 ものが, 慣習であります, 趣味に

▼ 共通では~ (3, 0.1%)

1 あっても, あるが, ない

▼ 共通という~ (3, 0.1%)

1 ことの, のでなく, 意味が

▼ 共通傾向~ (3, 0.1%)

1 に矛盾, をば他, を取

▼ 共通普遍~ (3, 0.1%)

1 なもの, なシンボリック, の一致

▼ 共通生活~ (3, 0.1%)

1 からの脱却, から除外, に這入る

▼ 共通貯蔵~ (3, 0.1%)

1 からその, に持込み, を増加

▼ 共通するだろう~ (2, 0.1%)

1 が平次, イデオロギーは

▼ 共通であった~ (2, 0.1%)

1 がそれでも, 筈の

▼ 共通です~ (2, 0.1%)

1 か, けれど医師

▼ 共通とは~ (2, 0.1%)

1 云えなくなる, 何を

▼ 共通には~ (2, 0.1%)

1 いて, 何か

▼ 共通一定~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 共通信条~ (2, 0.1%)

2 の不在

▼ 共通共同~ (2, 0.1%)

1 の意識下, の経済団体

▼ 共通分子~ (2, 0.1%)

2 とし

▼ 共通感覺~ (2, 0.1%)

1 が存する, によつて

▼ 共通概念~ (2, 0.1%)

1 といはれた, を認識

▼ 共通~ (2, 0.1%)

1 だったの, でもなかっ

▼ 共通~ (2, 0.1%)

1 であるかの, なの

▼ 共通領域~ (2, 0.1%)

1 であった技術, である

▼1* [76件]

共通あることは, 共通あるいは男の, 共通であるの, 共通から共同の, 共通からは子供, 共通されて居る, 共通した喰いたい寝たい遊びたい喧嘩したい, 共通した彫り方で, 共通した突きつめたものが, 共通してるからいつ誰, 共通しない点は, 共通し合っている, 共通し得べく厳正に, 共通し得る漠然たる感覺, 共通し過ぎる点が, 共通すべき苦痛である, 共通するごとくに見せかけた, 共通だけを唯一の, 共通だらうが齢下, 共通であったらしいのは, 共通であったろうと思われる, 共通である如く下が, 共通である癒すべからざる軽佻さが, 共通でないではない, 共通でないならば縦, 共通でなかったことを, 共通とでも云ひたいほど, 共通ともいうべき無愛想, 共通なうごきかたとでも, 共通なはにかみの裏, 共通なるべき孝の, 共通な打ち解けた点が, 共通な聞きたがり知りたがる性情に, 共通必ずしもなかっ, 共通または著しく近似, 共通みたような, 共通らしいが却つて, 共通らしくて, 共通人生の味, 共通何處の國, 共通は, 共通内容を単に, 共通利益を指示, 共通されて, 共通十銭也でオペラ, 共通心理がある, 共通性格と言っ, 共通性等々が存在, 共通想定の上, 共通感情の発現, 共通感覚それ自体に最も, 共通態度は最もはっきり, 共通方法が夫, 共通本能で生, 共通民俗もあ, 共通永存して, 共通点対応点相関点をいくらでも, 共通的形式として色々, 共通的性質を離れ, 共通目的のため, 共通直観は必ずしも, 共通知覚とも云うべき, 共通科目としては哲学, 共通統一連帯の関係, 共通要素としてこんな, 共通観念の欠如, 共通話題になる, 共通語根のをはり, 共通貯財の中, 共通起原の伝習, 共通の沖, 共通転訛の致す, 共通連帯関係のみならず, 共通部面を持つ, 共通関係を一括, 共通が多い