青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「出版~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~出来なかった 出来なかった~ ~出来ぬ 出来ぬ~ ~出来ません ~出来る 出来る~ ~出来事 出来事~ ~出版
出版~
~出現 出現~ 出生~ ~出発 出発~ ~刀 刀~ 刃~ ~分 分~

「出版~」 3161, 34ppm, 3430位

▼ 出版~ (283, 9.0%)

11 自由を 5 ために 4 自由の, 運びに 3 方法を, 時機に, 自由, 自由は, 都度

2 [16件] ことに, ことを, ほうの, ような, 一書題し, 事を, 信を, 方も, 時期を, 未亡人は, 津田真道先生の, 流行を, 社員なら, 自由が, 自由という, 見込も

1 [212件] ある限り, およろこび, お方は, ことが, ことで, ことなどは, ことについて, ことは, このよう, ため, ための, はこびに, はじまりの, はじめから, むつかしい今日, もの, ものが, ものです, ものに, ものは, ものや, ようであった, インフレーション景気という, オペラブックに, デートは, 一巻一六〇ページ, 一番多くの, 上で, 丹波頼理著, 予想などは, 事が, 事は, 事務用出納簿が, 事情と, 交渉を, 交渉經過に, 仕事は, 仕事も, 仕度中です, 代作を, 件に, 企画は, 企画を, 伊曾保物語平家物語の, 会社を, 体裁ヴォリューム定価に, 俳諧叢書の, 先覚としても, 先頭を, 全集が, 全集物が, 円本が, 凡てでは, 出版事業を, 刷新の, 升金編輯局長という, 協会との, 単語篇連語篇とかを, 博物新編地球説略などを, 博物館天産部植物類の, 可能を, 合間, 同著者, 名義に, 唯一の, 四五冊の, 圧迫と, 場合でも, 大槻玄沢, 契約が, 好機が, 始まり先ず, 学校読本が, 官僚統制を, 実績から, 宣伝には, 家, 小パンフレット, 年たる, 年とを, 年月と, 年月日を, 年月記録者の, 引つぎをたのむひとをさがしたりしているのであったが, 当時にのみ, 当時読まない, 形に, 形式で, 悪時代, 情況からさえも, 意義も, 手つづき, 手伝いを, 手筈に, 技術に関する, 折は, 挙と, 排除という, 新入社員で, 新入社員と, 新聞紙および, 新訳和蘭国全, 方の, 方は, 方法が, 方法も, 日を, 明治天皇御, 時の, 時代とか, 時序文を, 時機が, 暁は, 書店でもが, 書物で, 望みは, 期日が, 本である, 本既に, 条令はなはだしく, 松陰論にて, 校正については, 検閲が, 横文字の, 横行そのものを, 機を, 機能を, 檄文に, 權利自由を, 欠損の, 比較的少数, 民主化とか, 民主化阻止の, 気勢を, 氾濫からで, 氾濫の, 氾濫を, 波の, 活動の, 活況が, 流行に, 流行は, 浄化の, 消息なども, 物的基礎を, 特性が, 状態から, 現象において, 現象は, 理由を, 用事か, 用事で, 由來については, 甲府図幅が, 甲府図幅に, 甲府図幅を, 申込みを, 画集には, 當初は, 百科事典を, 直接目標の, 確立の, 社員かね, 社長が, 社長など, 細川潤次郎著考古日本等と, 結核に関する, 結社である, 統制という, 統制の, 継続する, 続出する, 縮刷は, 美術雑誌名画集の, 義に, 自信を, 自由か, 自由これなり, 自由そういう, 自由と, 自由との, 自由に, 自由に関する, 自由や, 自由人材に対して, 表によるに, 袖珍十九丁ものである, 計画が, 計画は, 許諾を, 証人として, 詩集, 話が, 話は, 話を, 諸書, 豪華雑誌であった, 豫告を, 費用を, 輯製甲府号を, 近松浄瑠璃西鶴浮世草紙の, 通知を, 遊人三幅対, 運びになつた, 部数は, 部面では, 間に, 関係より, 際内務省に, 隨筆集, 雑誌, 面目をも

▼ 出版~ (216, 6.8%)

3 の中, を批評

2 [13件] としての本, としては第, の上, の大量生産, の復興, の校正, の検閲, の特色, は, はその, を見る, を読む, を送っ

1 [184件] から消された, がこの, がそういう, がふえよう, が一部, が全く, が又, が吾, が多, が大衆, が定期, が急, が横行, が発行, が相当, が著しく, が読ん, が読書界, が陳列, が非常, だ, だつた, だと, であった, であったろう, であつ, でした, です, ではない, で戦争, という商品, といふもの, としてのジャーナリズム物, としての価値, としての単行本, としての著書, としての雑誌, としてよりも玩具形式, とは全, と流言飛語, などが陳列, ならば, にある, にこれ, にし, について注意, になれ, にもした, によってただ, による, に及ん, に和紙, に対する反感, に対する発禁, に対する購買力, に数えるべき, に於, に注, に現われた, に発売禁止, に発行者, に関心, に限らず, のあらゆる, のため, のどこ, のねらっ, のはて, のよう, のゴーリキイ, の一般的, の一部分, の五〇パーセント, の代表者, の件, の入国, の出版屋, の出版物目録, の取締り, の口数, の品質, の国際的, の売捌, の売行, の多い, の多く, の夥多, の奨励, の如き, の委任, の学界, の帯封, の手助, の擬装物, の数量, の景況, の氾濫, の用事, の発行, の発行者, の統制指導, の統計, の編集, の草稿, の蒐集, の責任, の輸入, の遠く, の高騰, はあくまで, はいつも, はけだし, はそれだけ多少, はとりしまる, はまず, は一体, は下火, は全部, は凡て出版, は出版企業, は前年あたり, は古本, は喜ん, は嘘, は少なくとも, は広く, は後, は必ず, は文化指導的, は日常, は旺ん, は時には, は決して, は特別, は猛烈, は発売禁止, は皆, は知らない, は紙, は自分, は解説風, は計算外, は読む, ばかりでうずめられ, ばかり読ん, への割当中止, への割当削減, への執筆, へわたし, へ書いてる, や天津教, や教育行政, や活字, らしく装うたもの, を, をいくつ, をお送り, をそんなに, をみ, を中心, を五〇パーセント, を全面的, を出版, を婦人むき, を守ろう, を投げかけ, を播き散らし, を支持, を焚刑, を禁止, を積んだ, を積極的, を米国, を紙屑, を経営, を網羅, を蒐集, を買い, を買い入れる, を通して, を除い, を除いた, を駆逐, 及び其の

▼ 出版された~ (150, 4.7%)

7 のが 6 ものである 4 がこれ 3 ものは

2 [11件] が, が此メモアー, ことが, のも, ものが, もので, ものと, ものを, 書物は, 本の, 某登山家

1 [108件] お礼だ, かということ, が後, が手品師バージェス, が日本, が隋唐時代, ことは, ことも, ことを, この, この種, この論文, し岩波新書, すべての, その本, ということ, と云われ, にも拘らず, のである, のです, のでそれ, のは, のを, ばかりの, ばかりのこれ, もの, ものだ, ものであっ, ものであった, ものであり, ものも, わけです, アメリカの, イギリスの, ウェーベルの, オリヴィエの, カント文献の, ゾエデルマンと, パンフレットの, プウシェの, ペルーの, マルグリット・オードウの, ヤツの, ロンスデール・ライブラリイの, 仏文の, 以上四氏の, 以前であっ, 作品集の, 全集だけでも, 初めである, 単刊本, 原始探偵小説書である, 叢書の, 唯物論関係の, 大槻さんの, 大熊信行氏の, 大部な, 天主公教会の, 小島君の, 小説が, 小説では, 小説集の, 当時ある, 当時その, 当時商業出版の, 当時著者は, 或る, 戯曲集と, 所謂経済哲学に, 教授の, 文化紹介の, 文史通義には, 文学書の, 文学評論集, 日本に関する, 日本の, 日本文學講座は, 日本語訳の, 時代であった, 時代の, 時局漫画集の, 時文学愛好者が, 書物が, 書物だけが, 月世界の, 本には, 本を, 案内記や, 河竹黙阿弥の, 津田真一郎, 然しこれ, 画集に, 當時いちはやく, 短編集, 私の, 科学史の, 窪川稲子の, 翌年即ち, 自由劇場回想録を, 草双紙の, 草双紙や, 藏經が, 論文集, 論文集二巻が, 講演草稿, 貝原損軒, 際に, 際には

▼ 出版され~ (133, 4.2%)

33 ている 5 ていた, てゐる 3 ていない 2 てあつ, ていなかった, てゆく, てゐた, て居る, て胸, 版権は

1 [73件] さらにこれ, そうに, そして出版者, その幾百部, その後久しく, その深い, その頃, それが, ただちに巨万, たりし, てい, ておった, てから二, てから十年近く, てみる, てもその, ても俳句, ても十分, てゐない, てゐなかつた, てゐます, てゐやしない, てをら, てをります, て一九一四年, て人, て今日, て以来, て六月, て十万部, て各, て奥仙丈, て始めて, て居ります, て広く, て当時, て更に, て東都, て注目, て活きた, て発売禁止, て程なく, て美妙斎, て重厚, て間もなく, なんだ, ほとんど中国的哲学文学, エマ, フィツジェラルドの, 一五年に, 一八九〇年前後に, 三百部限定である, 世界の, 今さら世, 全ヨーロッパ, 其後歐洲の, 又読まれ, 又読まれる, 好評の, 広い範囲, 我邦にも, 数年来の, 日本の, 日本人に, 日本訳は, 発表と, 第二, 第二部, 色盲検査表の, 英国では, 草庵が, 親友たる, 間もなく私

▼ 出版~ (131, 4.1%)

6 の方 3 の無謀 2 が多い, に出版, の一室

1 [116件] からし, から出, から特に, から私, から要求, が, がある, がけふ, がファッショ, がロンブロゾオ, が予想裏切, が出した, が助長, が原稿料, が吸いとっ, が山の手, が引き受け, が悪例, が旧来, が木田市郎, が横暴, が目ざとく, が著者, が退治, だ, であった一色, では校正, でもやらない, で営業, で彼, という立場, という著作権所有者, といふもの, との間, と乃至, につとめ, にとって涎, には三拝九拝, に勤め, に原稿, に及ぼした, に引き取っ, に関係, のある, のもの, のガリマアル君, のヤクザ本, の一人, の企画部, の便宜手段, の分, の名前, の大, の広告, の怨恨, の手段, の暴挙, の本, の横暴, の洋紙スリ潰し, の片, の番頭, の盛衰, の窮状, の自由, の自由行動, の資本上, の重立った, の金庫, の開祖某, の頭, は, はさらに, はそれ, はまた, はヤハリ返本, は一八二二年, は一昨年あたり, は儲ける, は地方, は山, は当然, は後家, は従前通り, は愚劣, は東京, は此時, は素人, は著者, は首, へかけ, への三拝九拝, へカタログ請求, へ交渉中, まで送り, もあった, もある, もあるまい, も不思議, も根気, も残, や新聞社, をやつ, をやる, をブッ, を二人, を借りる, を坑, を屈服, を捜した, を掃蕩, を狙, を臓物故買犯者, を選ぶ, を選ぶべき, 相とも

▼ 出版した~ (129, 4.1%)

6 ことが, のは 4 のが, のである, もので, 事が 3 ことは 2 がその, がそれ, ことも, のも, ものである, ものは, 初めでも, 滑稽本の

1 [82件] あの合作小説, がかなり, がこの, がこれ, が一部, が今度, が四十年, が此, しと再三, し小説, って読み手, ところで, のだった, ので, のであった, のであつ, ので講談速記物, のに, ばかりの, ほか大小の, ものだ, ものであっ, ものであります, ものの, ものの改版, ものの私, ゆえ本書に, れいの, わけであった, コロンタイ夫人の, シャール・アンションの, テリーの, プーシュキン文集だの, ヴァロリー子爵金の, 世界名所圖繪から, 中で, 事に, 二三の, 人である, 人は, 人其の, 件で, 位で, 先代方齋は, 各種の, 図などを, 報告にも, 岡田喜一君の, 廉で, 後でなく, 我ら仲間の, 拙著, 是が, 時にも, 時の, 時ヴイクトル・ユウゴオが, 時分つまり, 書物の, 書肆が, 本に, 本の, 本は, 様子でした, 橘守部家集に, 歌集, 泰西名著文庫を, 版と, 現代小説全集の, 短篇小説集を, 碩学菅茶山の, 私の, 紀行である, 羅生門の, 者だ, 英和辭書類石井研堂, 華やかな, 著書中に, 詩文集で, 透谷集の, 雜誌である, 非売品である, 順序によ

▼ 出版~ (126, 4.0%)

3 から刊行, に勤め 2 が倒れ, というもの, につとめ, に勤めてる, の人々, の企画, へ戻っ, を訪れ

1 [104件] から, からの注文, からは刑事上, からは督促, からひどい, から出され, から出る, から出版, から受取った, から旅費, から本, から発売, から発行, がそのまま, がない, がまったく, がロンドン, が京大, が今日, が受賞, が同姓, が我がち, が無くなっ, が群立, が自身, が金力, であり, であり現在保守的編集方向, であり社主神田豊穂君, でおもに, でこの, では直ぐ, では良郎, で明治大帝, で気勢, といっ, としての春秋社, としての誇り, として講談社, との行きがかり, にし, にすぎない, にまかせ, に出かけ, に分与, に就職, に文化賞, に立寄つ, に続い, に見切り, に通っ, に頼まれ, のある, のこと, の一つ, の促し, の出版, の出版部長, の問題, の営業上, の多く, の意図, の方, の淘汰, の社員, の社長, の競争, の筆禍, の編輯, の編輯員, の編輯長, の編集事務, の良心, の親しい, の連中, の連中六人, の都合, の重役, の電気風呂, はその, はほとんど, はむしろ, は平凡, は慶応義塾, は斯く, は空襲, へ送った, へ送る, もあった, もいろいろ, やそこ, や友人, や知人, より刊行, をあて, をおこし, をきめる, をこしらえ, をつくりました, を至急, を見出す, を記録文学, を訪ねる, を起し

▼ 出版する~ (125, 4.0%)

15 ことに 5 といふ, 事に 4 のは, 時に 3 ことが, つもりだ 2 ことによって, ことは, ということ, 筈で, 筈の

1 [76件] からである, がこれ, ことある, ことなどは, ことにな, ことも, ことを, ことをさえ, そうだ, その費用, ためでも, だけの方法, といふ話, ときが, ときには, とすれ, とそれ, とも違, と見ず知らず, と言っ, などおよそ, などといふこと, については文淵堂, について至急, には土佐, には多く, には自身印刷, に就い, に当, に當, に至った, に至る, に際し, のか, のであっ, のである, のに忙しい, はずの, までにいたらなかつた, ものあり, やう北原さんに, や否, ように, わけには, んだ, 事は, 事を, 事当世の, 人が, 何故なら儲け, 前に, 家から, 小册子, 少し前, 所と, 日本の, 時本屋が, 時私の, 書店に, 期限等は, 本屋に, 理由が, 短篇集の, 石版摺の, 程の, 約束に, 考えであった, 自由が, 計画が, 計画を, 豫定の, 運びと, 運びに, 運びになつた, 銘々の, 雑誌や

▼ 出版~ (122, 3.9%)

10 ている 9 てゐる 5 てくれる 4 ております 3 てくれた, て貰 2 ていた, ています, ておりました, てもらう, て世に

1 [78件] あるいは政府, さへ, そして外国, その後シルベナス・トンプソンも, それには, たり, たりし, たりした, たり何, たり小説, たり皆樣, つつあった, ていただきたい, ていただく, ていられる, ているだろう, てお, てから三年, てくださる, てくれ, てこれ, てしまい, てそれ, てほしい, てみじめ, てもよ, てもよかっ, てもらつた, ても恐らく, ても知らぬ, ても買手, てやりたい, てよりすでに, てツバキ国, てマンマ, て一挙, て下さい, て下さろう, て以来, て印刷紙, て同好者, て國内, て存外, て密輸船, て居ります, て居る, て支那, て敵味方, て文庫蔵, て普及, て欧洲読画界, て欲しい, て自分, て英国, て荒々しい, て見, て見よう, て見る, て見本, て貰えれ, また星野麦人, やうと, やはった, セイロンでも, プロシャ王フレデリックに, 二葉亭に, 佚存叢書中に, 其他種々の, 同時に隠れた, 回答代りに, 後に, 得意顏で, 普及させる, 発行し, 自分の, 自己の, 該書の, 雑誌の

▼ 出版~ (111, 3.5%)

6 して 2 した, やつて, 中止する, 守るため, 快諾し, 業と

1 [93件] おこない月, おも, ことわられたという, させその, させなかった, さながらの, したいが, したが, したけれども, したもの, しようと, する, すること, する世界, する人, する者, そのまま権威, つづけて, つづける事, またずして, やったり, やって, やめなければ, やらなくともと, やるよう, よろこぶの心, 一億五千万円で, 中止させる, 中止した, 企てき, 企てられんこと, 企図された, 企画し, 促が, 初めた時, 勧めたれど, 勸められ, 可能に, 同時に企てた, 同門の, 否定する, 含めて, 呪わざるを, 営業と, 困難に, 大分集めた, 好まなかったと, 始めて, 始め案外, 完成したい, 広告し, 引受けて, 引受ける書店, 強要せられ, 待ってる著作, 待つこと, 怖がってるよう, 怖れる, 思い立ったの, 意識したらしい, 慫慂し, 慫慂せらる, 手初めに, 托されたの, 承諾し, 拡大する, 挫折させよう, 敢て, 断は, 焦るよう, 申し込まれる場合, 盛んに, 目的として, 禁じて, 禁止する, 終わり一方, 絶対に, 絶念めて, 続けて, 行った, 行なって, 行わせる結果, 見たが, 見て, 見るに, 見合せると, 見合わせると, 見越した魂胆, 見越して, 請ふ, 遲れすぎた, 非常に, 鼓舞しよう

▼ 出版~ (101, 3.2%)

2 に危機, に就い, の不, の不振, の革命, はやや, 乃至読書界

1 [87件] があの, が不況, が何, が取扱う, が大胆, が屈した, が打立てた, だけが人選, だったらさしづめ, だろう, である, ではどちら, では可, というの, としては未曾有, との対照, とわが, とローマ, と著作者, に, にいる, においても一つ, には斯, にもそれ, に之, に傑出, に大, に宗教復興, に普及, に波及, に流行, に課せられた, に随筆時代, のこと, のこの, のため, のレコード, の一枚看板, の一般的, の上, の不安定性, の不景気, の不況, の乱調子, の事情, の企画, の再, の動き, の営業状態はと, の変態的, の大勢, の崩壊現象, の打っ, の文化運動, の新しい, の王者, の現状, の現象, の相場, の破廉恥漢, の空, の経済封鎖, の資本, の資本主義化実現, の賑かさ, の転機, の風習, はそれ以前, はひっくり返る, はむしろ, は共倒れ, は前年度, は大, は好む, は忘れ, は情報局, は未だ, は甚, は自ら自ら, は藤村, もそれ, もやがて, も新聞界, も決して, も狹, を見よ, を風靡

▼ 出版~ (80, 2.5%)

3 かかる, ならないの 2 なった, なつた, なつて, 力を, 就き医学博士宮嶋幹之助君, 当つて

1 [62件] ある一種, かかりあってる人物, かかる馬琴著, こたび, したいと, しようと, たへずとにや, つき指方竜二, なったが, なったトック, なった小, なった彼, なった有名, なった東武蔵, なった植田孟縉, なった福沢氏, なった米人裨治文氏著, なった紀州, なった英吉利, なった貝原益軒, なってから, ならぬの, なりました, なりました五百ページ, なりました頃之, なりますので, なるか, なるとき, なる小説本, なる時, なる有名, インフレーションという, 乗り出したい就, 乗気, 係り総, 係る, 係る他, 係る民國, 係る高岡新報, 候, 入社した, 全力を, 努力すべきで, 反対し, 反対の, 執着しなけれ, 変じた書肆, 就て, 就ても, 当っては, 忙しかった, 手製の, 抵抗し, 新しい時期, 時代を, 相成る筈, 私の, 絶対必要の, 臨んだ, 臨んで, 至らぬうち, 骨折つてゐた

▼ 出版~ (70, 2.2%)

2 一八九六年で, 一八六二年なる, 宝暦二年

1 [64件] おびただしい数, この旧, さしあたり会, されず写本, したいし, ずいぶんあった, たしかに企業, とりやめ死後, どうなってる, なさらずに, なされた, まだ延期, みんな自分が, やはり東京, やらないやう, 一九一一年, 一八四四年である, 一巻の, 一百三升芋地獄から, 中止に, 今だけで, 今なお, 今の, 今日では, 今言う, 余程待ちかね, 儲けが, 全く鐵眼, 出来まいところが, 唯一の, 大正二年の, 大部分, 失敗であった, 実に普通, 寛政三年だ, 寛政十一年, 小さな試み, 巨大な, 当分見合すが, 彼が, 新しく靖文社, 日本医史学会からの, 是非私ども, 最も深い, 本質が, 某社に, 直接に, 相当調子づい, 知らないらしいが, 私が, 私たちの, 私にとって, 結局に, 自分にとって, 自由であり, 自身の, 芽生えの, 著しく衰え, 行われない事, 資本主義機構上の, 道楽だつた, 鄭重を, 鎌倉文庫の, 頭に

▼ 出版~ (69, 2.2%)

2 に相談, の希望

1 [65件] から, がすでに, がどんな, が実際, が敏感, が此歳晩, が翻訳, が自じよう自縛, が詩賞, が赤い, たるもの, たる故, であったという, であつ, である, としての勢力, としての生涯, としての神田君, としても一つ, とする, とのいきさつ, との無益, とも仲違い, と不良著作者, にあえ, にとっての最大誘惑, にとってはやはり, にとっては出版, には経験, によつて, に出した, のため, の中, の利益ろう断等他, の協力者, の名, の待遇法, の意見, の手, の損害, の教養, の許可, の間, は作品, は哀れ, は寧ろ, は彼, は思ひき, は最も, は自己, は著者自身, への手紙, もこの, もしくは出版資本家, も仰つ, も工作者, も数, も新聞雑誌社, も著者, も近視, をも作者, を見つける, 及び文学者, 及び著者, 悉くが

▼ 出版業者~ (67, 2.1%)

2 との間, にむかつ, の資本, は

1 [59件] から出版業界, から殆, がせき, がその, がそれぞれ, がともかく, がもたなかつた, が一様, が疑, が自発的, が著者, が逆, であるところ, とが声, として又, との最初, との直接, との關係, とよく, などでは編輯者, などは内務省, にし, にとってもひとつ, にとっても多く, にとって未開拓, にとつて, に動員, に向っ, に売りつけ, に対する求め, に対する警告, に較べ, の事実上, の出版, の出版態度, の出版方針, の取引配布網, の営業方針, の実状, の手, の日本出版協会, の没落, の直接, の虚, の話, はいつも, はその, は二三年以前, は児童, は出版, は叢文閣, は従来, は情報局, は新, は皆, は石炭その他, も幾人, も決して, をかりあつめ

▼ 出版される~ (62, 2.0%)

7 ことに 4 ように 2 ことを, 事に

1 [47件] からには十万, こと, ことと, ことの, それらの, という, という有り様, という風, と思う, と聞い, と聞いた, については私たち友人, に当っ, に至っ, に至った, に至つたの, のであっ, のである, のです, ので芋銭先生, はずで, ものでなく, や否, よりも遙, シナリオ文学全集は, トルストイの, プロトコールを, 予定だ, 予定である, 手筈にな, 折それが, 数の, 昭和十四年度の, 時で, 時に, 書物を, 準備が, 用意が, 程の, 筈で, 筈の, 著書も, 計画だ, 運びに, 運びになつてゐる, 部数の, 風の

▼ 出版~ (49, 1.6%)

2 から出た, と看板

1 [45件] からプロレタリア大衆雑誌, から一ヵ月半休暇, から出され, が本, さえあれ, では慣例, でロシア部, で四十五分, で插画, で組織, にはトルキスタン文字, にも二度, に働いてる, に大きい, に駆けつけ, のがらん, のやう, の中, の作業, の壁, の売店, の店, の忠実, の手, の書記, の机, の略, の秘書, の赤い, の顔ぶれ, の飾窓, はある, はこの, はバアトン倶楽部, はロシア, は五カペイキ, は新刊書, は機関誌, へ出かけ, へ定期刊行物, へ行く, もパッ, をやめさせられた, を変更, を経営

▼ 出版~ (46, 1.5%)

1 [46件] あり一方, ある, このよう, それ自身一つの, どうなっ, どんな反響, はんらんし, もしも世論, もしジャーナリズム, ようやく第, 一切を, 一寸途切れ, 丁度その, 不許可, 企てられたが, 出来た, 出来ない, 出版の, 厭やに, 口火に, 哲学の, 多くなった, 多くなり, 多少怖, 如何に, 小規模だった, 小資本, 後れるから, 急に, 最高である, 本式に, 果して可能, 横行し, 次第に露骨化, 死後と, 流行り初めた, 現在の, 着手されました, 続出する, 自分等の, 自由でない, 行はれた, 計画された, 身売りの, 阿蘭陀書房の, 頓挫し

▼ 出版~ (36, 1.1%)

2 なって

1 [34件] いずれを, されて, しいへば, しなければ, その売, なった, なった同氏著, なつた, なります, アチラ製品の, ノビコフ・プリボーイの, 云う事実, 云つても, 云ふ, 云われる剣橋現代史, 作家自身の, 同年に, 同時に彼, 同時に東京, 同時に送った, 呼ばれるよう, 営利的な, 国家による, 弊を, 思想の, 成った同氏著, 所謂教養に, 殆ど同時に逝かれた, 氏家印刷の, 決した上, 直接関係の, 社会主義社会での, 称した事, 結社の

▼ 出版~ (35, 1.1%)

1 [35件] から, から一時, から叱られる, から是非, がこの, がただ, が中途, が予約, が困る, が失敗, です第, では五万人, と話, なる興文社, に払込まない, のイキジ, の商略, の啓成社, の大観堂, の店員, の泣面, の社長, はミルズ, はミルズ・アンド・ブーン株式会社, は日本橋, は青く, へいきなり, への直接予約者, へ予約金, も大目, を苦笑, 二三へ, 大観堂主人の, 文淵堂は, 第一書房主

▼ 出版企業~ (27, 0.9%)

2 に従属

1 [25件] からの有, が今日, が絡んだ, が膨脹, が資本主義的, である, というもの, とのいきさつ, と結合, につながる, による近代新聞紙, に対抗, に結びつけられ, のため, の不安定, の代表者たち, の商品, の弱, の本質, の枠, の矛盾, は一群, は作家, は著しい, も急速

▼ 出版せられ~ (26, 0.8%)

3 ている

1 [23件] おのおの初版二千部くら, そうして竹内氏, その売高, たるも, たるを, ていた, てその, ても一向に, て世の中, て友人たち, て大層, て居り, て居りまする, て研究, て私, て西洋諸国, また新, 世界の, 太宰という, 小学校の, 幾度も, 第二版, 詩歌小品文などを

▼ 出版事業~ (26, 0.8%)

2 をそのまま

1 [24件] が, がいちじるしい, がつぶれ, と映画事業, にぞくする, にとりかかった, にひきずられ, に專念, に流れこんだ, に謂わ, のこと, の形態, の抱負, の方, の確立, の第, の自己批判, は一面, は国民, は直接, をやる, を思い立った, を敢行, を計画中

▼ 出版書肆~ (26, 0.8%)

2 から出版, の拒絶

1 [22件] からそれ, からの手形, からはわざわざ, からスキー道具一式, とのツナガリ, との談判甚面倒, に人, に勤め, のシヤルパンテイエ, の信用, の周密, の方, の横暴, の狭い, の若, はきまっ, は今しがた, へまわされた, を同じ, を経営, を買いとった, を買った

▼ 出版資本~ (26, 0.8%)

3 の集中 2 の没落, は他

1 [19件] という経済的実体, との間, なくし, なるもの, に制約, のため, の内部, の内部構造, の前, の副産物, の勢力, の対象, の所産, の特性, の諸, の鮮, は代表的, やブルジョア政治, 乃至一般資本

▼ 出版~ (25, 0.8%)

2 の, の人

1 [21件] から出した, から出す, から出版, から発行, でありおよそ, で神田, というの, とやら編輯局, にいた, に行っ, のすすめ, の倉庫, の宮崎泰二郎氏, の手, の標木, の活動, の都合, の長沼さん, は大きに, へ集めた, をまかされ

▼ 出版協会~ (24, 0.8%)

3 の文化委員会 2 の公的存在

1 [19件] から, から申入れ, が今後民主的出版, が発足, が組織, という業者, とか何とか, に参加, のメムバー, の割当方法, の用紙割当, は, はその, は内閣直属, は日本民主化, は次第に, も積極的, を組織, 新日本医師連盟

▼ 出版~ (21, 0.7%)

3 をはじめる

1 [18件] が企業, が略二百軒, が盛ん, だけが小, としても第, など計画, に成功, のよう, の傍ら私立学校, の月々, の特性, の資本金, の趨勢, は一つ, も大きく, をこの, をはじめ, を淘汰

▼ 出版~ (18, 0.6%)

2 あつた

1 [16件] この出版現象, これは, 一部千圓に, 僕の, 出す全集, 初版わずか, 容易に, 市場を, 年を, 思ひ出す, 時代は, 月二回の, 歪められて, 美しい詩集, 落ち合う約束, 蘭書フーフエランドの

▼ 出版せられた~ (17, 0.5%)

1 [17件] がこれ, ことを, のです, のは, ものである, ものなる, ものに, ものには, フェッシュの, 二十册の, 京の, 佐佐木信綱博士の, 創作集, 松本駒次郎抄訳の, 片山直人氏の, 神田孝平氏訳, 若越方言集

▼ 出版記念会~ (17, 0.5%)

2 の時

1 [15件] が, があっ, が一九四〇年, が開かれた, とやらにはどういう, には私, に出, のあと, の会費, の席, の招待, の発起人, へ出席, も深沼家全員出席, を行った

▼ 出版現象~ (16, 0.5%)

2 に現われた

1 [14件] から見, が日本, が社会現象, が行なわれ, としては取る, に於ける, の代表的, の台頭, の合法的, の本尊, はこうした, は必ずしも, は確か, や其の

▼ 出版~ (12, 0.4%)

1 [12件] がなく, が出る, が嵩む, だとか, についても再び, の足し前, はせいぜい, はちやん, は誰, をおこしら, を会社, を調達

▼ 出版~ (11, 0.3%)

2 の人 1 から愛読者カード, では後, に杉村武, の, のデスク, の予定, の人々, の春海局次長, の諸兄

▼ 出版~ (11, 0.3%)

2 を与え 1 が継続, と著作権, にからまる, の譲渡, は, をそッくり, を他店, を得た, を持っ

▼ 出版という~ (10, 0.3%)

1 ことに, ことは, のに, ものは, 仕事も, 企業が, 日本の, 日本出版業の, 本やの, 言葉が

▼ 出版~ (10, 0.3%)

1 ある, あるゆえ, させて, させろどしどし, ひどく波瀾, やれば, 一文も, 同時に大, 四回も, 渋滞し

▼ 出版したい~ (9, 0.3%)

1 から十三編, がどう, との事, と思, と思つて, と思ひ, と考える, と言, などと云う

▼ 出版しよう~ (9, 0.3%)

1 という意志, という書店, とした, とすれ, ともくろんだ, と思う, と思つて, と申し込ん, と考えた

▼ 出版会社~ (9, 0.3%)

1 から出, で印刷, と云, に勤め, に勤める, に夫婦共, のタイピスト, の倉庫, の社長

▼ 出版せられる~ (8, 0.3%)

1 ことと, さうだ, としても非常, に当り, ように, 事に, 学術的の, 迄は葛原勾当

▼ 出版~ (8, 0.3%)

3 や新聞紙法 1 だか, によっても実証, による雑誌, の改正計画, を改正

▼ 出版者側~ (8, 0.3%)

1 からの, で負, との夫, にとつて, に巧み, のかなり, の意見, の自発的

▼ 出版~ (7, 0.2%)

2 戻って 1 ひきあげること, 名乗りでて, 戻った葉子, 戻ると, 来て

▼ 出版~ (7, 0.2%)

1 から明治四十一, かれこれ二年, それとなく出入り, の売行き, の東京, はわたくし, 直に震災

▼ 出版計画~ (7, 0.2%)

1 がある, がそこ, が発表, のなかっ, の一つ, の売込人, をもっ

▼ 出版である~ (6, 0.2%)

2 が順位 1 から私, がそれ, が鍋焼温飩, 他の

▼ 出版~ (6, 0.2%)

1 という役所, といふ名称, によって統制, の役員, の解散, は日記

▼ 出版当時~ (6, 0.2%)

1 には二三, に於, の人々, はそれぞれ分冊, は三文, 或は其数年前

▼ 出版書店~ (6, 0.2%)

1 がその, の方, の紹介, は御礼, へ再版, を見つけた

▼ 出版されたる~ (5, 0.2%)

1 ヨハネス・スパイスなる, 地理に関する, 日光図幅の, 絵図の, 絵図は

▼ 出版について~ (5, 0.2%)

1 お願いした, 企画の, 先生が, 出版, 相当条件も

▼ 出版に関する~ (5, 0.2%)

1 権限は, 煩雑な, 種々な, 統合団体を, 統計を

▼ 出版文化協会~ (5, 0.2%)

2 および日本出版会 1 と故, による用紙統制, の規定

▼ 出版法違反~ (5, 0.2%)

1 で告発, で罰金五十円, と云っ, にでも問われる, にはなる

▼ 出版資本家~ (5, 0.2%)

1 およびその, としての機能, と記者, にとっては同じ, はもともと

▼ 出版部数~ (5, 0.2%)

1 が今, の大, も多く, をもっ, を考慮

▼ 出版部長~ (5, 0.2%)

1 であった, にお, をつとめ, をよびだし, 若い社員

▼ 出版から~ (4, 0.1%)

1 一年間に, 上る利益, 娯楽から, 近時の

▼ 出版せし~ (4, 0.1%)

1 ころより, めしが, めしに, ゆゑ知らぬ

▼ 出版せられし~ (4, 0.1%)

21 坪内逍遥氏が, 後千八百八十五年ボストンにて

▼ 出版せられたる~ (4, 0.1%)

2 書を 1 ものなり, 根岸の

▼ 出版せる~ (4, 0.1%)

1 もの今なお, 大学出諸, 書籍中には, 漢訳の

▼ 出版~ (4, 0.1%)

1 といっ, といふ, と思ふ, のと

▼ 出版では~ (4, 0.1%)

1 あり又, あるが, ないだらうか, ないよう

▼ 出版として~ (4, 0.1%)

1 いい勘, 審美書院から, 數回發行された, 有名な

▼ 出版については~ (4, 0.1%)

1 そもそも印刷所, 伊藤長蔵氏に, 北朗兄を, 敬虔なる

▼ 出版インフレ~ (4, 0.1%)

1 といわれた, と云われ, の先駆け, は通過

▼ 出版契約~ (4, 0.1%)

1 の, の締結, の際, をし

▼ 出版整備~ (4, 0.1%)

1 が公表, で文筆, のこと, の見

▼ 出版文化賞~ (4, 0.1%)

1 が, に, の選定, をうけた

▼ 出版~ (4, 0.1%)

1 のよう, の信用, の始末, の校正

▼ 出版統制~ (4, 0.1%)

1 に具体的根拠, に苦しん, の遺風, を狂的

▼ 出版者たち~ (4, 0.1%)

1 がいま探偵小説, の参考, はおかしな, は競っ

▼ 出版記念~ (4, 0.1%)

1 とか何とか, の会, の會, の會ぢ

▼ 出版させた~ (3, 0.1%)

1 というの, と言ったら, 者又

▼ 出版させる~ (3, 0.1%)

2 ことに 1 のにどの

▼ 出版したら~ (3, 0.1%)

1 どういうこと, ば或は, 風俗壞亂で

▼ 出版したる~ (3, 0.1%)

1 ことと, ルイ・ゴンスは, 著書

▼ 出版しない~ (3, 0.1%)

1 か, という, ということ

▼ 出版によって~ (3, 0.1%)

1 ベントレーの, 初めて文学的名声, 寺院の

▼ 出版に関して~ (3, 0.1%)

1 厚誼を, 少なからぬ, 真に世

▼ 出版~ (3, 0.1%)

1 結社の, 集会や, 雑誌発行を

▼ 出版不況~ (3, 0.1%)

1 で文芸雑誌, の時世, は戦後

▼ 出版事情~ (3, 0.1%)

1 ではこういう, の最悪, を観察

▼ 出版~ (3, 0.1%)

1 に米国, の作, 内閲の

▼ 出版取締~ (3, 0.1%)

1 に関して未だ, の, のため

▼ 出版~ (3, 0.1%)

1 というよう, に陰, は短い

▼ 出版~ (3, 0.1%)

1 にわが, をなす, を持

▼ 出版年鑑~ (3, 0.1%)

1 は不, をくりかえし, を開い

▼ 出版広告~ (3, 0.1%)

1 がはりだされ, であるが, でうずめ

▼ 出版~ (3, 0.1%)

1 となるらしい, の編輯者, の顧問

▼ 出版景気~ (3, 0.1%)

1 に当てこん, に目先, の減退

▼ 出版権法~ (3, 0.1%)

1 の中, の審議, の精神

▼ 出版活動~ (3, 0.1%)

1 が進歩的, なり演説活動, をし

▼ 出版~ (3, 0.1%)

1 あらゆる思想行動, の勢力, の各

▼ 出版綱領実践委員会~ (3, 0.1%)

1 が極端, が集っ, はエログロ出版取締

▼ 出版関係~ (3, 0.1%)

1 が, の専門家, は大した

▼ 出版されよう~ (2, 0.1%)

1 というの, とし

▼ 出版されれ~ (2, 0.1%)

1 ば好い, ば髪結床

▼ 出版しなかった~ (2, 0.1%)

1 そしてどうして, のかも

▼ 出版しなけれ~ (2, 0.1%)

1 ばならない, ばならなかった

▼ 出版しました~ (2, 0.1%)

1 のは, 是が

▼ 出版すべき~ (2, 0.1%)

1 文学史をば, 英文の

▼ 出版すれ~ (2, 0.1%)

1 ばまた, ば容易く

▼ 出版~ (2, 0.1%)

1 しも未だ, ばや

▼ 出版せしめた~ (2, 0.1%)

1 ことが, のは

▼ 出版せられたれ~ (2, 0.1%)

1 ども売, ども売行き

▼ 出版せられない~ (2, 0.1%)

1 のは, 當時から

▼ 出版その他~ (2, 0.1%)

1 が完全, の日本文化紹介

▼ 出版といふ~ (2, 0.1%)

1 やうな, 運びに

▼ 出版とは~ (2, 0.1%)

1 共に巴里, 民族の

▼ 出版と共に~ (2, 0.1%)

1 世人を, 議題に

▼ 出版など~ (2, 0.1%)

1 もつぱら彼, 責任を

▼ 出版にあたって~ (2, 0.1%)

1 岩波書店小林勇小林龍介両君並びに, 私に

▼ 出版についての~ (2, 0.1%)

1 用談なり, 覚書

▼ 出版には~ (2, 0.1%)

1 その位, インチキが

▼ 出版にも~ (2, 0.1%)

1 さうたう, インフレ景気という

▼ 出版に対する~ (2, 0.1%)

1 制限の, 検閲は

▼ 出版まで~ (2, 0.1%)

1 合せますと, 隨分な

▼ 出版もの~ (2, 0.1%)

1 だったろうが, の一部

▼ 出版インフレ作家~ (2, 0.1%)

1 というよび名, という呼び名

▼ 出版インフレ時代~ (2, 0.1%)

1 に経済的ゆとり, のホンヤク丈

▼ 出版ヂヤアナリズム~ (2, 0.1%)

1 と絶縁, に依存

▼ 出版プラン~ (2, 0.1%)

1 について, は殆ど大半変更

▼ 出版中止~ (2, 0.1%)

1 の交渉役, の使い

▼ 出版~ (2, 0.1%)

1 にそれぞれ, に差代り

▼ 出版企業者~ (2, 0.1%)

1 は現代, をのぞく

▼ 出版企画~ (2, 0.1%)

1 が実現, が成立

▼ 出版其他~ (2, 0.1%)

1 の方法, の費用

▼ 出版前後~ (2, 0.1%)

1 から立直れ, の事情

▼ 出版及び~ (2, 0.1%)

1 記事と, 記事とだけを

▼ 出版取締法~ (2, 0.1%)

1 のよう, をつくられる

▼ 出版商業主義~ (2, 0.1%)

2 の力

▼ 出版問題~ (2, 0.1%)

1 について, の解決

▼ 出版局長~ (2, 0.1%)

1 の, の嘉治隆一氏

▼ 出版届け~ (2, 0.1%)

1 かきました, よこしました

▼ 出版後今日~ (2, 0.1%)

1 に至る, まで長く

▼ 出版恐慌~ (2, 0.1%)

1 を現出, を理由

▼ 出版支部長~ (2, 0.1%)

2

▼ 出版放送~ (2, 0.1%)

1 といふやう, の民主化

▼ 出版文化~ (2, 0.1%)

1 に関する小, は面貌

▼ 出版會社~ (2, 0.1%)

1 の編輯員, までも書籍

▼ 出版業組合~ (2, 0.1%)

1 の諸君, も

▼ 出版業者側~ (2, 0.1%)

1 が驚い, の発した

▼ 出版物の数~ (2, 0.1%)

1 が減っ, の多い

▼ 出版物中~ (2, 0.1%)

1 で最も, のパンフレット

▼ 出版物目録~ (2, 0.1%)

1 ができる, は月刊

▼ 出版物追放~ (2, 0.1%)

1 に関連, の仕事

▼ 出版者ら~ (2, 0.1%)

1 はそれ, はフランス人

▼ 出版能力~ (2, 0.1%)

1 が低下, を減殺

▼ 出版自由~ (2, 0.1%)

1 にされた, の論

▼ 出版行為~ (2, 0.1%)

1 によって一旦, に限定

▼ 出版記念會~ (2, 0.1%)

1 に自分, もし

▼ 出版記念演芸会~ (2, 0.1%)

1 に森三千代女史, をやる

▼ 出版関係者~ (2, 0.1%)

1 と筆者, 乃至著作家自身

▼1* [308件]

出版いたしましたところ一ぺんで, 出版およそ文明の, 出版文学に, 出版からの収入で, 出版さえ出来ずに, 出版させて印税, 出版させかねないのを, 出版させなかったのも, 出版されしものに, 出版されず死後に, 出版されず従って世, 出版されたならば彼, 出版されたら種々分明, 出版されつづけられるのと, 出版されなかったにしろ, 出版されぬ時でした, 出版されましたならば世界有数, 出版されるらしいがそれ, 出版されんことを, 出版され売ることを, 出版され読まれている, 出版してやろうという気, 出版しますことを, 出版しませんでと東京堂, 出版しょうと思っ, 出版し得ると思ふ, 出版すべしとの事, 出版すりゃ牛肉ぐらい, 出版せしめたるに忽ち, 出版せむことを請, 出版せらる可き, 出版せらるるの光栄, 出版せられざりしならば恐らくは, 出版せられたならば學界, 出版せられなくてはならない, 出版せられましたがその, 出版せられるであろうがそれぞれ, 出版せんとする, 出版それから厚生の, 出版たつきと一直線, 出版だけは秘かに, 出版だったが, 出版だつたかつい, 出版であってその他, 出版であり一方は, 出版であり熟れも此, 出版できるように, 出版でしたってねえ, 出版ですが, 出版でもないのに, 出版とか保健衛生とか, 出版としてはあれは, 出版とどけに印, 出版との共同圧力で, 出版なさらんとする, 出版なさるに当っ, 出版なされ居る部分にても, 出版なぞを思ひ立つた, 出版などに眼を, 出版などもやりちやう, 出版などを讀んでも, 出版ならやめるがよい, 出版なりしも一興なら, 出版なるに早く, 出版において文芸ものが, 出版においても銘々が, 出版におけるその選択ぶり, 出版につき大兄の, 出版になつた, 出版にまつわる一二の, 出版にまで運ぶこと, 出版に関し書肆から, 出版に際し都合により, 出版に際して第一冊, 出版のみならず文化分野全体, 出版ばかりが横行した, 出版ぶりはかなり, 出版への執着は, 出版ぎわにつけたものであるしああ, 出版また尠から, 出版または頒布, 出版むつかしくパリで, 出版やはものを, 出版やら待遠しい原稿料, 出版をと願つて長崎氏と, 出版をもって意見を, 出版アンダアソンの著, 出版イタリヤのダヌンチオ, 出版ソンドツァ師の, 出版ノオモムキ聞キ及ビ候ガ御面倒ナガラ発行所ト如何ナル御作, 出版ビルを建設, 出版ラジオ教育などに関するすべて, 出版一般がどう, 出版の面倒, 出版許可に, 出版不能が個々人, 出版中絶につきとりやめ, 出版にお, 出版主任でやっ, 出版九月頃だそう, 出版事件で服役中, 出版事件爆發物取締規則違反事件で入獄, 出版事業者はほとんど, 出版五ヵ年計画が実現, 出版以後十三年目の一七九八年, 出版以後智山豐山の龍象, 出版以来数年になる, 出版企業のより巨大, 出版企業体を組織, 出版企業家風な動き, 出版会社予約の八犬伝, 出版会社鎌倉文庫は, 出版会等あり防護, 出版傾向が近頃, 出版元著者名発行年月を手帳, 出版に御, 出版共著の方, 出版其事が無謀, 出版出来た処である, 出版出来なかったような, 出版出来るようにと, 出版制圧がどれほど, 出版労働の連中, 出版労働者の倶楽部, 出版募集をはじめて, 出版医療衛生体育娯楽等の広い, 出版狂堂洋本出版有限社主人, 出版協会臨時総会に反映, 出版協議会のよう, 出版単行本は中央気象台, 出版危機という表現, 出版口数としては三一年, 出版史上に我が国, 出版合理化の問題, 出版同志会が結成, 出版向上のため, 出版哲学的著作として最も, 出版に対する其等, 出版商コルネ氏が種々, 出版商業政策のなか, 出版営業上自信たっぷりだったもの, 出版困難の際, 出版図書のカード, 出版圏内の限られた, 出版売り出しは文化的提供, 出版売行情況は種々, 出版外交史というよう, 出版契約書の第, 出版学校の設立, 出版室内の文芸研究部, 出版でもない, 出版家連がもつ, 出版局内では氏, 出版局編集部の諸兄十数氏, 出版届書に署名, 出版屋これも予想, 出版屋中で比較的, 出版屋二名が収賄贈賄, 出版屋政策本位の会, 出版屋某が倒れ, 出版屋顧問とか新聞記者, 出版工芸も中, 出版年表などという単純, 出版年鑑等役立って, 出版広告欄がもつ, 出版当事者も悪い, 出版当事者美術家ともに大いに, 出版当時十ポンドであつ, 出版当時有名なる訴訟事件, 出版形式として提起, 出版後一年間の売捌高, 出版後一月で日本, 出版後五年十年を經, 出版後十年前後のあ, 出版後半世紀ならん, 出版従業員組合クラブからの赤旗, 出版態度だと, 出版戦国時代という言葉, 出版所作家団等が協力, 出版所收詩篇僅かに拾八篇, 出版所長壺井繁治がやられた, 出版排除の運動, 出版改訂時代の博文館, 出版政治活動の自由, 出版文化協会音楽文化協会少国民文化協会, 出版文化委員会の席上, 出版文化委員会教育の民主化, 出版をまず, 出版方針もまた, 出版時代の到来, 出版書目もあり, 出版書籍の口数, 出版書肆ガリマアルの主人, 出版を著者, 出版期日が非常, 出版未だ成就致切不, 出版で若い, 出版条件になっ, 出版東洋宗教叢書中の, 出版業界の民主化運動, 出版業者たちと日夜, 出版業者中に講談社, 出版業者演劇主任所謂批評家等は創作, 出版業者王たるべきもの, 出版権法案はこの, 出版があっ, 出版正価一円二十銭の著書, 出版にストック化, 出版民主化への方向, 出版法改正出版物レコード納付案の問題, 出版法新聞紙法によるもの, 出版法新聞紙法治安維持法不穏文書取締法治安警察法其の他, 出版法違反事件で入, 出版法違反治安維持法違反で告発, 出版法違反等の罪名, 出版洪水のため, 出版準備も終った, 出版物レコード納付案の問題, 出版物中最初のもの, 出版物五種類が発禁, 出版物以外のラジオ, 出版物低俗な音楽, 出版物全般の商業上, 出版物利用の代表的, 出版物数は著しく, 出版物検閲官丈は御免, 出版物檢閲の役柄, 出版物等なるが, 出版物統制にあたって自分たち, 出版物編輯発行のため, 出版物許りを, 出版物輸入取締りに就い, 出版状態が整理, 出版王者泡が消える, 出版用紙は一億三千万ポンド, 出版用紙割当は一千九百万ポンド, 出版界一九五〇年度の大いなる, 出版界以外からの借金, 出版界全体をひきずる, 出版界劇作家連の間, 出版界取次界並びに小売店, 出版界学界は不思議, 出版界時代を幼穉, 出版界革新とか云っ, 出版當時のいきさつ, 出版當時これに對, 出版発売を黙許, 出版目録は直接そちら, 出版直後からである, 出版研究所なるもの, 出版社そのものに何, 出版社北極書院の事務所兼住宅, 出版社同士の商売喧嘩, 出版社戦争中には幾千万, 出版社白水社の仕事, 出版社長の肩書, 出版種目は急, 出版競争が行われ, 出版十二冊, 出版粛正委員会が設けられた, 出版紀念会の節, 出版紹介され好評, 出版経営者としてのソフィヤ夫人, 出版統制のよりすすんだ, 出版編輯者の下っぱ, 出版羅生門は芥川さん, 出版者その他の事情, 出版者キッペンベルクにその, 出版者ハルトクノッホはカント, 出版者マルクスへやった, 出版者並に著作者, 出版者中非常の窮境, 出版者作並清亮氏の序, 出版者心理が働い, 出版者文学上の楽屋, 出版者最初の, 出版者筆者其の他, 出版者西村氏は大, 出版者読者のコンフェレンス, 出版者達の対抗運動, 出版者長崎次郎氏に面會, 出版致し今では, 出版興行に関する法規並, 出版良心をもつ, 出版著者永井徹の警視庁警視属, 出版記念会受賞祝いの会, 出版記念宴会の席上, 出版読書界を通じて見た, 出版に雇, 出版販売した, 出版費中へ左, 出版費用に足りなかった, 出版資本主義の商業政策, 出版資本家そのものの手, 出版資本家的必至から来る, 出版資本財閥の, 出版遅延の言訳, 出版運命よりとして國木田獨歩, 出版道楽が年, 出版配給の合理化, 出版関係者作家詩人という面々, 出版関係者著作家との連絡, 出版集会の自由, 出版雑誌の大, 出版雑誌社をもった, 出版における戦犯出版社, 出版順序に関しての余, 出版鳥飼洞斎