青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「儀~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

働く~ ~像 像~ ~僕 僕~ 僕ら~ ~僧 僧~ 僧侶~ ~儀
儀~
億~ ~儘 儘~ 優~ ~優しい 優しい~ 優しく~ 優れた~ ~元 元~

「儀~」 3297, 33ppm, 3585位

▼ 儀~ (528, 16.0%)

5 私し 3 御容赦

2 [18件] お見合わせ, それが, とかくに, 一向存じ, 兎も, 其節病気に, 勿, 存じ申さず, 平にご, 御免蒙る, 御座なく, 毛頭覺, 江戸の, 決して無用, 無用なり, 無用の, 申すに, 贋者に

1 [484件] あすの, あまりにも, あるまいとは, いうまでも, いか, いかが, いかがかと, いかがでしょう, いかがな, いざ知らず, いずれも, いずれ後で, いずれ詮議, いっさい簡略いたし, いっそう丁寧, いづれも, いといません, いともおごそか, いましがた, いまや自分, いま手下の, うごかざる政, おゆるし下され, おれより, おんゆるし, お取止め, お案じ, お気づかい, お見合, お見合せ下されたく, お詫び申す, お邪魔, かさねて仰せいだ, かたくお, かねがね妻, かねて, かの親, かまいない, きっとやりのけ, くれぐれ心, この人, この人形, この越前聢, これなく, ごかんべん, ございません, ござりませ, ござりませぬ, ござるまいか, ご中止, ご吹聴, ご辞退, さいぜん貴公, さきほど名札, さけぶ, さしつかえは, しかとお, しかるべき人体相選, しばし見あわせ, じゃまがありましてもありませいでもまとまる道理, すでに心得おろう, すでに連絡ずみ, その後よく, その方, その頃田畑用水掛井手, つゆほども, とおいで, とくと含ん, とく心得, とんと正成, どうぞ御, どうだ, どうなさいます, どうなる, どうも, どう解い, なかった, なきやと, なにごとなる, ならんと, なんと返答, はっとして, ひきうけた, ふッつり断念, べつに, まことであろう, まことにかたじ, まずまず浪人, まず第, また後世, まだほんの, まだ仔細, まだ何, まだ御, まったくほとほと弱りはて, みせの, みゆるし, むつかしいとの, もう, もう九分九厘, もと西国丸円藩, やはり御, やぶれました, やや取越し, ゆるされずそのまま, よも有之間敷, わけて御念, わたくしは, われらの, われわれたちで, アメリカのみに, キッパリと, 一に, 一人にて, 一信長や, 一切お, 一切御座なく, 一切拒絶と, 一切申しません, 一向御, 一向覺, 一文一錢の, 一橋中納言殿の, 三ぼうしぎみに, 三四年以前に, 三百兩の, 三間町の, 不可能に, 不快ゆゑ同役山内伊賀亮御, 不調に, 主人九鬼嘉隆よりも, 久八の, 二度まで, 五歳の, 交代寄合生駒大内藏へ, 人主請人夫, 人數別段, 今が, 今も, 今後お, 今日ただ今より, 今日只今始め, 今日御, 仏教の, 仔細あ, 仔細あっ, 仔細なし, 仕入方, 他国と, 他家へ, 以前五ヶ年程, 以前京都智恩院の, 以後お, 仰せ下さります, 仰に, 何となく離縁, 何ともお, 何とも手ぬかり, 何んていうね, 何事も, 何卒廿三日, 何卒御仁惠, 何卒持參金, 何思った, 信州伊奈郡の, 偏に女, 備前家来日置帯刀に, 元佐渡出生, 元初春, 元越後高田, 元雲切仁左衞門, 先免ぜられ, 先日御, 先日申上し通り九助, 先月二十六日出立致し, 先朝に, 免除し, 全く失念, 全く後, 全く持病, 全く無類和, 全く贋者, 全然反射的, 八ヶ年以前右の, 公儀に, 公儀御, 公辺の, 公開できぬ, 公領の, 六月二十六日, 其娘澤の, 其方が, 其方存じ寄次第に, 其朝は, 其節喧嘩の, 出て, 出來兼, 分った, 別段變, 利兵衞娘菊より, 前, 勝手次第に, 勿論内外, 十六日に, 十六歳の, 千代千兵衛で, 半は, 友人蘇秦の, 叔父の, 取上には, 取消しと, 取調べ確定の, 口外せぬ, 只今の, 召捕次第仕置, 右十兵衞の, 叶はず, 叶ひ, 叶ふまじき, 吉三郎の, 吉例四國なれ, 吉兵衞方より, 吉良家の, 同人へ, 同人伯父村井長庵と, 含状を, 呼出之, 咎も, 國家の, 城富と, 城門で, 堂上方に, 堅く御免, 堅致間敷候, 多右衛門, 大事中の, 大切にか, 大勢の, 大学及び, 天台の, 天子に, 天聴へ, 夫是の, 失念致し, 如何した, 如何で御座る, 如何なされ, 如何候, 如何様にても, 妻に, 妾腹にて, 委敷此伊賀より, 委敷相分り, 委細是に, 存じも, 宇左衛門一命にかけて, 安土の, 安心いたし, 安心した, 実にわが, 家主庄兵衞の, 家財を, 寛政以来鎖国の, 實以て, 實父富右衞門には, 寶永元年の, 小生らは, 尽忠報国の, 已に重役ども, 常々身持宜, 常樂院, 幕府の, 平にお断り, 平に平に謝し奉る, 平に御, 平に御免, 平に許させられい, 平生慈悲を, 年来われわれ, 幼年の, 幾重にも辞退, 広光院な, 店請人清右衞門方へ, 延を, 弟岡崎屋藤五郎へ, 弥稠敷被, 強く世間, 当分の, 当歳子, 当街道筋まれ, 役儀に, 御両所, 御代替り, 御免し, 御免を, 御内諾, 御取捨, 御召取, 御國許加納將監方, 御尋ね, 御延引, 御懸念, 御承知, 御止り, 御氣遣有, 御法に, 御舎弟, 御覽, 御遠慮, 御邸, 心得たという, 心得て, 必ず左典, 忘れては, 忠義者故, 思ひ止まり給, 恐れ入べき箇條, 情勢まったく, 惣内と, 憑司方へ, 憚りながら御座るまじ, 成らぬ, 成り難い, 我も, 我等主人に, 手前ども柳生藩の, 承って, 承知し, 承知の, 折ふし公用中に, 拙者からも, 拷問の, 採らん, 斯砂利の, 新吉原江戸町二丁目丁字屋, 既に発令後, 日本国御, 日野家の, 日頃御, 日頃行屆ざる, 旧好, 早速相談, 明らかに, 明日成せられ, 明白に, 是迄, 更に覺, 書中には, 最早望みはござりませぬ, 有まじ, 有無を, 未だ幼少, 未だ承, 未だ詳細, 未来の, 本所閻魔堂前の, 本藩, 李逵一人に, 村の, 村役人總百姓の, 村方へ, 来月四日と, 東条に, 東照神君御, 梅と, 極の, 構いなし, 横から, 權六にも, 止められ候事, 正成に, 正確であった, 此節店の, 此越前, 武州埼玉郡幸手宿杉戸屋富右衞門と, 殊の, 殿, 毛頭これ, 水田屋藤八親族の, 江戸表の, 江戸表へ, 江漢が, 決してご, 決して御, 決して私怨, 法律上永く, 浪華港へ, 源三郎に, 漢の, 漢中王に, 澄江と, 火附盜賊に, 無之候, 無實, 無相違相聞, 然るべからず, 然樣, 父源兵衛に, 牛込改代町十郎兵衞店六兵衞方の, 犬には, 狷介, 猶委細可申上候, 獄門同人妻子は, 現在叔母に, 甲州に, 申さずとも, 申しわけも, 申すまでも, 町中引廻しの, 留守にて, 異人遊歩をも, 當節病氣にて, 疑はる, 疾くから, 病氣にて, 百八十兩餘の, 皆の, 直樣引取一札, 直樣水呑村, 相成難し, 真剣勝負とは, 知らず女, 知勇共に, 確実と, 禁じ申し候, 私くし事毎度同役武助と, 私し故に, 私の, 秘中の, 竜渓文雄さんの, 終った, 縁なき, 繪圖面其外巨細之, 缺乏品相調候ため渡來之異, 聊かたりとも, 肥後國熊本の, 脇往来も, 脳弱く, 自分からも, 自分で, 自分も, 至て, 舎弟重郎次に, 若年者ゆゑ血氣強く, 落合内記お, 薩摩嵐か, 行き届かずもはや, 行われなかったもの, 術よう整いました, 衣類のみ, 親鸞上人よりの, 覺え, 言った, 豫, 豫て, 貴命に従い, 貴店御, 賊徒要路の, 賤敷身分に, 越前が, 足利殿直々ならではと, 跡形も, 身分慥かなら, 輕き, 近きうち, 迷惑千萬の, 迷惑平に, 追て, 過分の, 過日来の, 重々存じおりますなれ, 重役共より, 金吾にも, 金吾の, 錠前に, 鎌倉のみ, 長谷川町に, 長門守郡方役人として, 関羽将軍の, 願い申さず候, 願はずとも, 願山諸共に, 願書の, 魯の

▼ 儀~ (311, 9.4%)

17 して 10 した 3 してから, する気, 説いて 2 しながら, つけて, もって, 申立る

1 [267件] あらわしたもの, あんたの, いかにも所望どおり, いたくお, いたわった, うか, おいいつけ, おす, おすがり, おすすめに, おはからい願いたく, おゆるしなされました, お伝えしたい, お取り消し, お宥, お示し, お願いし, お願い致す, お館, かかえた浪子燕青, かねて, きわめたの, きわめた名人, きわめた張本人, きわめた武道鍛練, きわめた達人, きわめて, きわめて弁舌, ことごとく心得候よう, このまま有耶無耶, これまでに, されたお嬢さん, し, したい衝動, したと, したり, した以上, しないの, しました, しましたが, し紙幣, すえ付けて, すました上, すませた, する, すると, するとか, するや, するやう, するよう, する者, せめて九州, ただ弁舌, つくした明文, でッ, といて, とく, とげさせましょう, とらせた, とり行って, どうかお, どこへ, なんとか仰ぎたい, のべた, ひらにお願い, まねびつるアヌンチヤタ, まは, もうすの, よく見ず, わたくし一存にて, われらの, 下したり, 九助と, 九郎兵衞とても, 了えて, 云い置かれた, 云奴かな, 今から, 今更公儀, 他人名儀に, 仰げますまいか, 仰せ出だされほか, 会得すれ, 伝授し, 伺いに, 伺わせました処, 何故今更, 何時か, 保つため, 保証し, 借りさえ, 借りるという, 倣い出入, 偏え, 働き侍女島, 僭す曲者, 兎や, 其方一人是を, 勤むるも, 叔父の, 取なし, 取りおこないさらに, 取り止めさせるか, 取立て申す儀, 取計, 叙し, 叙ぶる, 口実に, 口賢く, 口走り後悔, 右兩人の, 君に, 唱へ, 地體と, 増すに, 天體と, 女神キベレーより, 好んで, 存し, 存じ量りかつ, 存ぜぬ段, 存付候にや, 守ること, 安堵させ, 定たり, 実に御, 家中一同へ, 家老中へ, 帳場で, 幸ひ, 御免蒙る, 御助け下され, 御吟味, 御承引, 御相談, 御知, 御糺明下し置, 復興し, 徳と, 忘れたから, 忘れ盜人, 忠義堂の, 怒ずして, 思い止まって, 思い止まること, 思って, 思つて無性に, 思ひ立たれて, 恐れながら一通り申上, 恐れら, 悪用し, 惣内妻に, 惣内跡役に, 惣右衞門の, 感じて, 感得なされ, 承たま, 承る, 承知し, 承諾した, 押隱し, 担ぎどんなに, 拒むべき権, 拝見させ, 据えて, 据ゑた三階の, 据ゑた塔の, 据ゑ櫓時計や, 掌る, 排して, 改めてこれ, 敵視し, 斯迄に, 早々申上, 朝廷より, 根に, 案じるなら申し明かしても, 極めた剣術, 極めた名人, 極めた小三郎, 極めた腕前, 極め陰陽頭, 機会として, 機會として, 歎い, 此は, 汝に, 渡して, 独学によって, 用ひず, 用ゐた, 甲州屋吉兵衞俄かに, 申しあげたと, 申し上げたかも, 申し入れて, 申し出し候, 申し出でたの, 申し出るよう, 申し諭し御, 申す全く, 申も, 申上しは, 申入取次は, 申出る段, 申掛再度, 申立ける, 申立たるや, 申立ても, 申立久八の, 申立候事と, 申立候哉假令私し, 申解候半, 申觸し, 白状せよ, 盛大に, 相違仕, 知らせて, 示すから, 秦に, 積む理, 究めあるだけ, 究めた上, 約束いたし候え, 縁も, 縛りあげて, 胸に, 致い, 致しませうぞ, 致す人物, 致せしや, 苦心致し, 蒸し返して, 行なうを, 行は, 行ひます, 見て, 見ると, 覗いて, 計らいまする, 訴出る, 詳しく陳べた, 誓わしめたという, 誤つて殺害, 説くに, 變じ, 賛しぬ, 輕蔑に, 述べ, 述べて, 述べながら, 追いかけて, 達せよと, 遺恨に, 重んずる心, 重んずる等, 重役へ, 離縁致せ, 頭に, 頼み込んだの, 頼入, 願い候事, 願い出した, 願い出づるさえあるに, 願ひ奉, 願ふ, 願ふと, 馬から

▼ 儀~ (262, 7.9%)

17 ござります 14 御座候 9 して, 付質問書 7 なって 6 就いて 4 つきまして, つきましては 3 ござりまする, 付ては, 候へば, 就きまして

2 [17件] これあり, ござりました, ござりますれ, つき上人直接, 付御, 付質問, 候, 候はば, 候やと, 存じまする, 就いては, 就きましては, 御坐, 御座ります, 御座れば, 有之, 非ず

1 [146件] あづかりまた, あらずと, あらず其方達, あらず實際, あらず師家, あらず御前, あらず藤五郎病氣, おまかせくだされい, かかっては, かぎらずいま, ございます, ございますよ, ござりまし, ござる, ござ候, したり, すすんで, ついて, つきしかと, つきなにぶん, つき一同, つき一同心得違いこれ, つき先ごろ峠村, つき大統領じきじき, つき太郎兵衛事, つき深く, つき皇国内, つき自然困窮, つき至って, とどまって, とどめ一応, とりまぎれて, なさる由, なった, なつて, なりましてね, なり残り五人, なる, はござりますが, はござりまするが, まゐつた, や, やと, 不安は, 付, 付きては, 付き私見聞, 付き質問, 付て, 付云々, 付今度我々守護し奉, 付以後法外之, 付何卒, 付再, 付太郎兵衞事死罪御, 付少々, 付建議, 付彼此申上候と, 付政府御, 付村役召放され, 付構なし, 付此段内, 付油屋久兵衞方より, 付異, 付紙屑問屋並びに, 付而者追, 付致方も, 付薩州五代才助紀の, 付譽置右の, 付質問を, 付質問書民を, 付質問理由を, 候えど, 候と, 候はず伊豆守殿には, 候へ, 列した, 列席する, 參列した, 及ばずこれ, 及ばないとの, 及ばんと, 及び候, 及候哉, 反して, 取りかかった, 合わんと, 向ひ, 報いるといふ, 外れたお, 外れるかと, 存じます, 就ては, 幾分気分, 御座候と, 御座候事と, 御座候依, 御座候其後九助, 御座候処金銀を, 御座候又, 御座候右の, 御座候右故, 御座候然るに, 御座候由篠其節枕辺にて, 御座候間いづれ, 心細く呟いだ, 思つてゐた, 懸りながら, 拘泥し, 於ては, 日本綿布の, 明るい者, 書きかえられて, 書き変えるよう, 書き變, 書変へて, 書換て, 櫓時計で, 次いで, 熟する者, 田崎を, 由来する, 相察し候, 相成りましょうか, 眼を, 移ろう, 答えるかも, 而何卒, 聊かも, 聞えも, 背きブリキ屋根, 至るまでの, 至れば, 至候ては, 行く, 被為, 見参ッ, 記録された, 迷惑いたし, 通達し, 進めば, 達しそこ, 達した者, 達して, 非ざれ, 順じ

▼ 儀~ (125, 3.8%)

12 あって 9 ござる 6 ござりまし, ござります 5 ございまして 4 ある 3 ございます 2 あります, あるが, あると, あるの, ございますが, ござりまする, ござるが

1 [66件] あとから, あらば, ありと, ありますよう, あり今, あるから, あるに, あるによって, あるので, あれば, いよいよ心, おこなわれすべて, おざる, おじゃる, おる, おわると, かぶって, この陣中, ござるそれ, ござるによって, ござる勅使, さだまりましたの, すべて, それです, たくさんに, どうしてこんな, どんなもの, なければ, 主と, 二月初めの, 会議され, 加へ, 協いませんけれ, 取り行われた, 少くない, 悪いよ, 抜打ちに, 拙者と, 据ゑつけ, 有りまして, 有り遠, 東昌府を, 欲しければ, 正しいか, 河中を, 済むと, 済んでから, 澤山有ん, 無ければ, 独乙留学から, 盆暮に, 確立し, 終ると, 舌打ちし, 行なわれて, 行はれ, 行われこの, 行われた, 證據に, 起って, 起りまして, 輟耕録を, 重くとり, 重んぜられて, 重大な, 頭から

▼ 儀~ (119, 3.6%)

5 有之 2 あれば, 盆頃より

1 [110件] あり, ありました故, ありますゆえ, あり候, ある, あるが, あるやに, ある由, いらざる事, おぼつかなく思われる, お力づよくおぼしめし下されましょう, かねがね耳, かねて, ここからは, この忠通, これあり, これあり候え, これなく構ひな, ございましょうが, ございますので, ございまする, ございませんが, ござれば, ご奏聞, しよい, すみ鎌倉, ついに一方, つつがなく終りました, でき申し候, とどきかねましょう, なく只, なく自分, なにとぞ不問, はっとその, はや御, べつにない, まことに容易き, またそば, またひとえに, また絶え, やみ田舎風, 一に, 下地馬の, 不糺身, 世間動乱に, 九郎兵衞と, 亞米利加語は, 人数に, 人馬雇い, 他日に, 何か, 何かとさえぎっ, 候は, 先年よりは, 全くその, 共に修学時代彼, 兼ねて, 内官に, 冷光院殿この, 出来不, 叔母御, 召出され委細心得, 右場所に, 同志に, 嘸や歎, 国男一人の, 如才なく, 嬉しく存じ, 安堵が, 安堵致し, 密やかながら, 少金, 幸ひ, 当寅年, 彼より, 御一国, 御座らんにより, 御座りません, 御座候故, 御承知, 御挨拶, 心得ぬでは, 息才に, 慥と, 所々相尋しか, 承りおきます, 承不, 折角娘, 挙げられて, 是ある, 有ぞ, 有て, 有之に, 杯に, 榛名も, 権守殿と, 測度計も, 申耽, 當節御, 相成りがたく, 確と, 私めと, 篤實, 自ら会得出来るであらう, 至つて癪持にて, 見分不, 計りがたき, 近いうち, 金谷村の, 隣郷山口湯舟沢両

▼ 儀~ (96, 2.9%)

2 物と, 臺の

1 [92件] あと型の, あひだ, お咎め, お武家, かたちなども, かつての, こと, ことじゃ, ごとしと, ところです, とりつけかた, ふたりが, ふたりを, ふた手, ほうは, ほうばかり, ものが, もので, やうな, ような, マネゴトを, 一つ生身を, 一家臣だった, 不義も, 中の, 事なく, 二将は, 二軍だった, 人物を, 仔細が, 令も, 候て, 側に, 側先刻まで, 兄弟は, 凝塊を, 前に, 勢力が, 名を, 大事を, 大喝を, 如き, 如きその他管仲, 妻の, 姿が, 子が, 家へ, 富数百万円あるだろう, 封人見えん, 廃れや, 建言と, 弁舌一つに, 形に, 御式微, 悪いこっ, 新嘗祭が, 方が, 最古最, 本義を, 株券などが, 楚に, 標的である, 樣子森田屋銀五郎に, 死ぬの, 番人といふ, 番人に, 番人を, 神経質な, 祠である, 籤運の, 細君では, 結構華やか, 臺を, 藝術化した, 行列でございます, 行列の, 術を, 表だけは, 詭弁を, 語と, 調整を, 賢が, 軍勢を, 辯が, 酒をの, 酒盛りを, 重大な, 関守が, 関守は, 面から, 預金中十五万円を, 類などと

▼ 儀~ (84, 2.5%)

32 は女房, は最初

1 [77件] からうばった, から一歩, が, があらわれる, がおどろい, がちょうど, がつりこまれ, がやっと, が心, が自分, が通りすぎ, たった一人, だ, ちょいと, でした, ではない, というの, ともう, とやらをこれ, と申します, にだけこの, にとっても同様, にはいくら, にはかまわず, にみつかる, に之, に追いかけられ, のあと, のこと, のところ, のむかむか, の副業, の動静, の声, の壺, の奪われました, の方, の曾, の父儀造, の生れる, の用件, の耳, の足, の飲み, はあくまでも, はいま, はおどろい, はこれ, はその, はそのまま, はそれ, はちょっと, はなおも, はにらみつけ, ははっと, はまだ, はもう, はもはや, はようやく, は一生懸命, は下足番, は何, は数日, は歯, は永年胸, は胆, は重明, は阿呆, は雪解, は頓狂声, めざす国もと, もしかた, もとうとう, もようやく, をはじめ, を先頭, を国

▼ 儀~ (82, 2.5%)

5 ござります, ござりまする 3 あつた, あつて 2 もござりませぬが

1 [64件] お光ちゃん, お駒, かような, げす, こんに, ござらぬが, ござりまし, ござりましょう, ござりませう, ござりませぬ, さあ, さなく, しかたが, ついわが, な, ならなかった, ならんの, なりませんでした, はござりますが, はござりませぬ, はござりませぬかな, はござりませぬと, ひそかに, ほろぼされた, もござりませぬ, もござりませぬ尾張, もさうしなきゃ仕方, やいの, わざとらしいはったり, われわれ若輩などには, 何か, 併し, 先生御, 出願すれ, 営業停止の, 土地の, 城下から, 大分銀行に, 夫の, 妾に, 小綺麗な, 御座り, 恁やうな, 慶賀の, 所有し, 新しく別, 某々が, 此の, 浪人者の, 生憎今日, 直ぐにという, 祭壇の, 私が, 素と, 罷出た, 興行し, 興行する, 訪ったの, 調査致しましょう, 貯し, 買ふ, 返して, 銀行に, 難有

▼ 儀~ (77, 2.3%)

5 奉存候 2 あれば, 存じ候

1 [68件] あって, あつて, いうまでの, いって, お伺い, お礼を, この左馬介, するところ, するもの, その由, ぞんじて, ちがって, つい今, なりぬ, なりましょう, なり八方, なり申候, なる, よんでも, わしの, 不離の, 事變り, 別れた安山, 只身, 同じく何, 地球儀とが, 堪兼候處, 奉存候得共, 奉存候間, 妥協し, 存じおり候, 存じます, 存じまする, 存じられ候, 存じ奉つりますと, 存じ落涙候事, 存ずる彌, 存ずる旨, 存ぜられ候はず, 家中の, 察したてまつる, 御内聞, 心境ほど, 心得, 思はれ候, 思われますのに, 思召され, 意義が, 推察たてまつり, 断っても, 暗に実力, 有ば, 然も, 申殊に, 申立一旦, 相察し, 相見え候併, 矛盾は, 知れば, 知れ渡って, 石秀の, 考えて, 蔭ながら, 見据, 言われるよう, 違ひ, 関係の, 黄邵という

▼ 儀右衛門~ (76, 2.3%)

3 の心 2 はそう, はその

1 [69件] から五代目, がいよいよ, がどう, がどんな, がもじもじ, が例, が切りだした, が幻影, が涙, が精神, が苦しく, が配役書き, と呼ぶ, にとる, には怖, に不思議, に云われ, に据え, に示された, のそれ, のため, の四人, の墓, の平素, の意外, の所在, の捜索, の眼, の耳, の解釈, の長男, の頭, はいつ, はこの, はじっと, はそこ, はそれ, はなぜ, はなに, はひ, はぶるぶる, はギロリ, は上野国佐波郡芝根村沼, は世界中, は全身, は化石, は吾, は塑像, は強烈, は役どころ, は懐中, は最終, は気力, は気味悪, は法水, は画中, は膝, は見る, は釘付け, は飄然, は髪の毛, もか, をにこり, を振り向い, を村次郎, を絶望, を見る, を訪ね, 之墓

▼ 儀~ (45, 1.4%)

1 [45件] が, があった, が一声, が若井氏, っおれ, であった, というもの, という者, にとっては人間, に代わり, に従い, の一本突き, の二人, の夫婦, の奇手, の如き, の小手, の早, の槍, の稽古槍, の穂先, の穿い, の肩口, は大事, は弾み, は新九郎, は渡された, は火, は燈火, は物淋し, は稽古槍, は馬, は魚籠, は鳥刺し, を一つ懲, を先頭, を向ける, ッいざ, 儀助そちらへ, 来い, 殿しばらく, 殿たいそう, 殿十太夫殿また, 翁の, 翁明治二十六年の

▼ 儀なら~ (41, 1.2%)

63 ばこっち

1 [32件] こっちにも, ばお, ばかならず, ばこれ, ばと云う, ばと申す, ばと竹, ばもう少し, ばよ, ば上野介殿, ば不肖, ば九州, ば仕返し, ば前, ば功名, ば奚, ば後, ば懸念, ば我々, ば是非, ば某, ば決して, ば目, ば追, ば遠慮なく, んか, んには, 仔細は, 尚の, 拙者に, 林右衛門の, 異存は

▼ 儀~ (41, 1.2%)

3 の兄 2 と太助, のこと, の様子, の身体

1 [30件] から願います, がそんな, が博奕, が薬, です, とその, とは仲, と儀八, と新, と番頭, と違っ, に罪, に身上, のよう, の口, の沼田城, の答, の身持, はあわて, は一言, は何と, は冷たい, は始め, は欠かさず, は毒薬, は苦り切っ, は間もなく, を信用, を若い, 近頃賭場

▼ 儀なれ~ (39, 1.2%)

2 ば, ば御

1 [35件] どめいめい必死, ども印籠, ども御, ども最, ども汝, ども渠, ども親, ばお, ばお伝え, ばまず, ば万一, ば人, ば何, ば修驗, ば如何, ば將軍吉宗公, ば少し, ば弓, ば心配, ば拙者, ば是非, ば更に, ば毛頭, ば無用, ば用捨, ば町役人, ば絶え, ば能, ば自分, ば貸, ば辛い, ば返書, ば陸, ば鬼小島弥太郎, ば黒田官兵衛自身

▼ 儀~ (37, 1.1%)

3 制禁仰出され

1 [34件] すくい被, すくひ, 不審御, 側小姓加納平兵衛を, 加増を, 勝手御, 取り用いに, 取計, 吟味の, 呼出し御, 国体に, 坐候間, 報告に, 尋ね申度仔細, 序之, 役御免下さるべし, 心得有べきやと, 承引下さるまい, 承知の, 猶予の, 當地へ, 神罰を, 禁制仰出され, 聞き棄てに, 聞届相成, 芳志た, 覽の, 許しのほど, 許し下され, 評議如何候や, 賛成下さいます, 辞退相成たき, 隠居様御, 頼可

▼ 儀十郎~ (27, 0.8%)

3 が言う 2 が言った, だ

1 [20件] が家, が言い出した, が言っ, と云, に尋ねたい, の家, はかなり, はその, はついと, はまだ, は事もなげ, は戯れた, は昔気質, は無造作, は笑う, は言っ, は話し話し食った, まで落合, もやはり, を見る

▼ 儀にて~ (24, 0.7%)

2 無御座候

1 [22件] とやかく申上げむ言, まいった者, もし英仏両国, 一切取り飾りなどは, 先生に, 先鞭の, 全體私, 八ツ時終に, 其上聞ば, 唯々難有事に, 大岡が, 小倉に, 我々澤の, 政府の, 既に御所刑, 既に惣内, 村の, 東海道筋よりの, 永の, 登記し, 諸事奸吏どもの, 隔意ある

▼ 儀でも~ (20, 0.6%)

4 ありませんが 3 ないが 2 ございませぬが, ござらぬが 1 ありませぬが, あれば, おざれば, お湯へ, ございませんさいぜん, ござってか, ござんせん, 実は若旦那, 御座らぬ

▼ 儀では~ (19, 0.6%)

4 ない 3 ありません 2 あるが 1 ありまするが, ありませぬが, ありませんが, ございますが, ございませぬが, ございませんが, ござらぬ, ござらぬ謀叛, ないか, ないが

▼ 儀~ (18, 0.5%)

2 んだ

1 [16件] ことで, のかも, ので, のは, ものだ, 位身体が, 娘や, 店舗が, 方面なら, 旧家ほど, 氣持で, 町女房の, 苦笑を, 質問を, 身体を, 身體を

▼ 儀には~ (15, 0.5%)

2 御座なく

1 [13件] いっこう不案内, これなく, 候へども, 參り申さず, 參るまじ, 及ばない, 及ばぬ, 及びませぬ, 同心仕るまじく, 御同意, 御座りませぬ, 思考を, 無之

▼ 儀~ (15, 0.5%)

1 [15件] が成立つ, が民間傳, であつ, といひ, と言, にかうある, に巧み, に開化, の中, の桎梏, の説明, も其次手, を專門, を略さなかつた, 正しくきちんと

▼ 儀でござる~ (14, 0.4%)

2

1 [12件] か權六, がこの, がとにかく, が実は, が恩人, が浪人, よ, よたとん, 実は其所用, 実は愚老, 故ともあれ, 故に急ぎ

▼ 儀~ (13, 0.4%)

1 [13件] ゆるしありたい, 取上げ下さいますよう, 命じなされては, 忘れなきよう, 手に, 文殿に, 書き附けを, 眼に, 眼止まりましたなら, 聞き届けあらば, 聞き届け願いとうございます, 聞済が, 見届け申したるにより

▼ 儀については~ (13, 0.4%)

1 [13件] いささかご, さだめて御, まだ手がかり, 不肖官兵衛に, 伊達一門一家宿老ども熟談し, 動も, 君も, 多くを, 日夜肝胆, 米仏両国公使に, 自分は, 貝十郎一切不問に, 重々子細等あり

▼ 儀なり~ (12, 0.4%)

2 たとい主君, 併し 1 先づ一應, 其上前, 宜しく上聞, 朕の, 此段御, 而又其手續き, 郡太夫聞て, 金子盜取候罪を

▼ 儀来河内~ (12, 0.4%)

1 [12件] からやつ, じらいか, すなわちニライカナイ, である, なので, に入る, に往来, に行く, に遊べり, は善い, へ還, も其例

▼ 儀について~ (11, 0.3%)

1 [11件] あらかじめ提督, お耳, この輝高, ふたたび旧, 劉璋から, 張将軍に, 折入っ, 明確な, 漢中王が, 篤と御意, 退出の

▼ 儀~ (10, 0.3%)

1 で待っ, で老, で貂蝉, に行っ, に連れ, のあたり, の方, の曲欄, の朱橋, へ渡る

▼ 儀兵衛~ (10, 0.3%)

2 といふ 1 があらわれ, に嫁, の許, はやかましい, はやはり, は爪楊枝, は男, 太十ら十六人

▼ 儀~ (10, 0.3%)

2 之候 1 がたく, て召捕, 之, 之る, 之候間安田平馬佐々木靱負, 之候間明十一日朝五つ時, 之昨夜, 之段相聞

▼ 儀~ (9, 0.3%)

1 からいい, からまつりごと, がお, が先帝以下, が金, けれども主婦代理, といつ, なんて怪しい, よいま

▼ 儀ながら~ (9, 0.3%)

1 今一應其旅籠屋まで, 天氣を, 御逢, 手前達精出し, 木曾谷庄屋問屋年寄などは, 療治を, 諸所へ, 貴樣達, 靈具は

▼ 儀~ (9, 0.3%)

5 の大 1 とは全く, に海, はギライカナイ, は多く

▼ 儀あり~ (7, 0.2%)

1 これや, て推參, と述, 不可説の, 其方事は, 我死な, 此廿二三年以前に

▼ 儀さん~ (7, 0.2%)

1 であったの, といふの, と一緒, に災難, の事, の意味, の難儀

▼ 儀とは~ (7, 0.2%)

1 お察し, じつはそんな, 何か, 存じ候へども, 申しながら, 申ながら, 違うぞ

▼ 儀~ (7, 0.2%)

1 が子分, という男, と申す, になっ, の傍, の子分, の生れ代り

▼ 儀左衞門~ (7, 0.2%)

1 が女房粂, が殺せし, の女房, は入牢同人女房粂, は無, は白状, を差紙

▼ 儀御座候~ (7, 0.2%)

1 に付, に付召連可, に付斯, に付町奉行越前守推參仕まつり候, へども其事詳らか, へ共, 得ば

▼ 儀~ (7, 0.2%)

1 ニ無, 勿, 右の, 早速御用番, 村中の, 決而可伺儀に, 草臥足をも

▼ 儀これ~ (6, 0.2%)

1 あり畢竟, あり諸, あるまじき事, あるまじくことさら, あるまじくすべて鄙劣, より見れ

▼ 儀だけは~ (6, 0.2%)

1 おゆるし, ご希望, さようにも, せっかくです, 伏して, 心得おかれよ

▼ 儀にも~ (6, 0.2%)

1 候はず先伺ひ, 及び申さぬ, 御座りませぬ, 有べからず, 有之, 相成りまする

▼ 儀~ (6, 0.2%)

1 あるに, に居, 迄兩人, 迄段々, 迄被, 迄迚

▼ 儀~ (6, 0.2%)

1 之事と, 之樣仕度候, 之而已, 參るべし, 實の, 覚束奉

▼ 儀~ (6, 0.2%)

1 が勢力, が当時, によって明確, に通ずる, の束縛, は左手

▼ 儀~ (6, 0.2%)

1 と仰, と名乗った, と幼い, の筆跡, は二川家, は二川重明

▼ 儀そう~ (5, 0.2%)

2 にし 1 だから, にいう, に向う

▼ 儀である~ (5, 0.2%)

1 か, かは全く, が, ことさえ, と申し

▼ 儀でございます~ (5, 0.2%)

1 か, からドコ, から殿, が, がとても

▼ 儀です~ (5, 0.2%)

1 か, が, が實, と, 不覚を

▼ 儀という~ (5, 0.2%)

1 のも, ものに, ものは, 男であった, 縦横家だった

▼ 儀として~ (5, 0.2%)

1 去年元服した, 市費を, 改造せられた, 演技する, 行われかつ

▼ 儀とも~ (5, 0.2%)

1 思われますな, 明白なる, 違いまして, 違うて, 違ひ

▼ 儀なく~ (5, 0.2%)

1 この屋敷, 承知しけれ, 承知なし, 承知の, 罷りあり候間

▼ 儀~ (5, 0.2%)

1 タブー, 上庸の, 延を, 磁力計で, 諸民

▼ 儀~ (5, 0.2%)

1 厚ク相聞エ候様, 同国人ニテ深, 定メ, 思ヒナガラ巧言申シ出ヅ可カラズ候, 挙グルモ既ニ四回ニ及ブ

▼ 儀~ (5, 0.2%)

1 が法律問題, が私, にも成つて, に立てた, をもっ

▼ 儀八さん~ (5, 0.2%)

3 が賭場 1 は, はあの

▼ 儀~ (5, 0.2%)

1 に任じ, に囲まれた, は一糸, を具, 堂々横行濶歩

▼ 儀~ (5, 0.2%)

1 であろう, のこと, の列, もできません, をととのえ

▼ 儀~ (4, 0.1%)

1 ざ候, 懸念これなく, 承引くだされましょう, 返答あそばす

▼ 儀~ (4, 0.1%)

1 ている, てしまいましたら, てしまった, て受け取り

▼ 儀をも~ (4, 0.1%)

1 つてを, 更に聞承, 極め古今無双の, 相定め

▼ 儀~ (4, 0.1%)

1 埓の, 相成候而者乗船, 相成故, 見

▼ 儀~ (4, 0.1%)

1 あり故意, ある旨小前百姓一同, レ有ル段相聞エ候以後右, 助翁

▼ 儀助氏~ (4, 0.1%)

1 から幾日何時, が私, で右, に向っ

▼ 儀右衞門~ (4, 0.1%)

1 が一人息子, と, の地面芝高輪八山, はくぼみし

▼ 儀天一坊身分聢~ (4, 0.1%)

3 と相 1 と存ぜず

▼ 儀如何~ (4, 0.1%)

1 いたしたもの, に, にも心得, 之御

▼ 儀~ (4, 0.1%)

1 が詳細, に似, の來歴, は現在行

▼ 儀~ (4, 0.1%)

1 である, なりませんか, 背き難く, 見え申すべし

▼ 儀相違~ (4, 0.1%)

1 なきや, なく内裏, 之なく, 無御座候

▼ 儀行父~ (4, 0.1%)

1 とに戯れ, の二人, は惶, も実は

▼ 儀きっと~ (3, 0.1%)

1 つつがなく致すであろう, 承知し, 談じ遂げ申すべく

▼ 儀この~ (3, 0.1%)

1 上は, 数日来頭痛の, 道の

▼ 儀さうに~ (3, 0.1%)

1 あげた, また張合, 進んだ

▼ 儀さま~ (3, 0.1%)

1 にお願い, にご, のお

▼ 儀その~ (3, 0.1%)

1 人の, 人への, 天国を

▼ 儀であり~ (3, 0.1%)

1 その精妙, まったく前, わたくしにとりましては

▼ 儀など~ (3, 0.1%)

1 おも, 互いに通じ合い, 爲出すべき

▼ 儀などを~ (3, 0.1%)

1 して, 据ゑて晴れ, 相模どのへ

▼ 儀なりと~ (3, 0.1%)

1 云を, 申渡され家主嘉右衞門, 述けれ

▼ 儀ばかりは~ (3, 0.1%)

1 お断り致す, この暁台, 相成り申さぬ

▼ 儀~ (3, 0.1%)

1 ご参加, その旨, 頼み奉りつ

▼ 儀もっとも~ (3, 0.1%)

1 なり, の訳がら, 大切に

▼ 儀を以て~ (3, 0.1%)

1 再びこれ, 引き上げたと, 當寺の

▼ 儀主人~ (3, 0.1%)

1 の前, の身代り, の金子

▼ 儀使~ (3, 0.1%)

2 の宣賛 1 といえ

▼ 儀~ (3, 0.1%)

3 の大

▼ 儀保殿内~ (3, 0.1%)

2 なる巫女 1 を建てさせました

▼ 儀助同役~ (3, 0.1%)

2 の新七 1 与次

▼ 儀十等~ (3, 0.1%)

1 が出, が立っ, は去る

▼ 儀去る~ (3, 0.1%)

1 二十九日横町の, 十三日領内百姓一揆騒動いたし, 寶永七年八月廿八日の

▼ 儀~ (3, 0.1%)

2 計ひ 1 計ふべし

▼ 儀~ (3, 0.1%)

1 三司, 三司其餘咸假授以勸忠節, 三司即ち

▼ 儀太夫~ (3, 0.1%)

1 のす, は叔父, を語

▼ 儀病氣~ (3, 0.1%)

1 と申す, なれば, にて平臥

▼ 儀禮的~ (3, 0.1%)

1 で言, な心配, に云

▼ 儀~ (3, 0.1%)

1 しを, し方, にはお構い

▼ 儀~ (3, 0.1%)

1 なき父, に陷, 無きの

▼ 儀~ (3, 0.1%)

1 がない, についての話, 其の綱要

▼ 儀~ (3, 0.1%)

1 ひ出候段是, ひ出候目安, ひ奉つり則

▼ 儀あら~ (2, 0.1%)

1 ば奉行, ば此方

▼ 儀いかが~ (2, 0.1%)

2 のもの

▼ 儀お許し~ (2, 0.1%)

1 となかねがね, 下さるまじきや

▼ 儀お願い~ (2, 0.1%)

1 のため, 申したき次第

▼ 儀~ (2, 0.1%)

1 それにて, よう意味が

▼ 儀かつ~ (2, 0.1%)

1 ぺ, 外諸侯へ

▼ 儀~ (2, 0.1%)

1 へ拙者, を想

▼ 儀だけ~ (2, 0.1%)

1 だったが, で大抵

▼ 儀だけを~ (2, 0.1%)

1 承知いたしたい, 貰って

▼ 儀~ (2, 0.1%)

1 やぞと, やなと

▼ 儀であった~ (2, 0.1%)

1 がいまや, のだ

▼ 儀でない~ (2, 0.1%)

1 が俊基, 紫の

▼ 儀とか~ (2, 0.1%)

1 お聞届け, 言うて

▼ 儀とが~ (2, 0.1%)

1 離れ難い, 香川県の

▼ 儀などは~ (2, 0.1%)

1 その最たるもの, 一向承

▼ 儀なる~ (2, 0.1%)

1 やと言, や御

▼ 儀につき~ (2, 0.1%)

1 嘆願書, 質問す

▼ 儀にては~ (2, 0.1%)

1 その裝置, 無之候

▼ 儀にな~ (2, 0.1%)

1 つたのは, つて來て

▼ 儀にまで~ (2, 0.1%)

1 一足飛びに, 飛ぶ事

▼ 儀まで~ (2, 0.1%)

1 お耳, 譲られたの

▼ 儀ゆゑ~ (2, 0.1%)

1 さだめし御, 猶一通り

▼ 儀よかろ~ (2, 0.1%)

2 うと

▼ 儀よく~ (2, 0.1%)

1 よく相, 四角な

▼ 儀~ (2, 0.1%)

1 はアノインチング, 許されて

▼ 儀不正~ (2, 0.1%)

1 の儀, の儀無

▼ 儀久兵衞~ (2, 0.1%)

1 より預り置, を盜賊

▼ 儀今日~ (2, 0.1%)

1 より越前, 他出仕つり只今歸宅

▼ 儀以後~ (2, 0.1%)

1 の事實, 堅く御

▼ 儀~ (2, 0.1%)

1 の大, は甚だ

▼ 儀何と~ (2, 0.1%)

1 覚し召すな, 認めたるや

▼ 儀何とも~ (2, 0.1%)

1 心がかりの, 恐入る次第

▼ 儀作自身~ (2, 0.1%)

1 のよう, は三反歩

▼ 儀~ (2, 0.1%)

1 に儀保殿内, の大あ

▼ 儀~ (2, 0.1%)

1 とも小石川, へば御

▼ 儀全く~ (2, 0.1%)

1 は嘉川, 行屆かざる

▼ 儀~ (2, 0.1%)

2 と云う

▼ 儀~ (2, 0.1%)

1 の程, 而御目見被

▼ 儀助さん~ (2, 0.1%)

1 がそんな, が夜行

▼ 儀~ (2, 0.1%)

1 にも存じ申さず, の中

▼ 儀大夫使持節台州~ (2, 0.1%)

2 の主簿

▼ 儀大金~ (2, 0.1%)

1 を持て, を持參致

▼ 儀~ (2, 0.1%)

1 が一大事, にて承

▼ 儀容易~ (2, 0.1%)

1 ならざること, ならずと

▼ 儀~ (2, 0.1%)

1 の僧, の大智和尚

▼ 儀山禅師~ (2, 0.1%)

1 その刹那, に師事

▼ 儀左衞門殿~ (2, 0.1%)

1 が手, も一體白妙

▼ 儀差免~ (2, 0.1%)

1 し, し候云々

▼ 儀市之丞~ (2, 0.1%)

1 が住所名前等確, より差越

▼ 儀平常~ (2, 0.1%)

1 實體にて, 身持宜

▼ 儀~ (2, 0.1%)

1 まかり寄り, 罷寄

▼ 儀幼少~ (2, 0.1%)

1 の時, より武道

▼ 儀度々~ (2, 0.1%)

1 申立候へども, 触有

▼ 儀御国~ (2, 0.1%)

1 の無, へも可

▼ 儀御座~ (2, 0.1%)

2 なく候

▼ 儀御座る~ (2, 0.1%)

1 と申立, により參

▼ 儀~ (2, 0.1%)

1 の月々五千円, は月々五千円

▼ 儀有之~ (2, 0.1%)

1 に付召連, に付我々兩人

▼ 儀来婆~ (2, 0.1%)

1 と称す, の儀来

▼ 儀格別~ (2, 0.1%)

1 の思召, の美麗

▼ 儀權現堂小篠堤~ (2, 0.1%)

1 にて横死, に於

▼ 儀江戸~ (2, 0.1%)

1 へ下りし, へ下り骨

▼ 儀決して~ (2, 0.1%)

2 覺え

▼ 儀無用~ (2, 0.1%)

1 かと存ぜられまする, たるべき事

▼ 儀~ (2, 0.1%)

1 るべからずと, るべくと

▼ 儀甚だ~ (2, 0.1%)

1 氣の, 等閑なりと

▼ 儀申上~ (2, 0.1%)

1 ざるにより, 奉りしや

▼ 儀盜賊~ (2, 0.1%)

1 とは知ざる, など仕

▼ 儀~ (2, 0.1%)

1 儀の, 願仕りし

▼ 儀貴殿~ (2, 0.1%)

1 と拙者, の組下

▼ 儀~ (2, 0.1%)

1 すなわち衡王, の王柬之

▼ 儀賓府造~ (2, 0.1%)

1 という文字, の印

▼ 儀~ (2, 0.1%)

1 五郎切害人は, 四郎を

▼ 儀重き~ (2, 0.1%)

1 役儀を, 役儀をも

▼ 儀養子又七~ (2, 0.1%)

1 に疵付候節, に疵付剩さ

▼1* [614件]

あって一箇, 儀ありしなり, 儀ある我が師, 儀あれ以来どこへ, 儀いかように罷成り, 儀いささかの備え, 儀いざお通り, 儀いずれでもよい, 儀いたすこと勿れと, 儀いまからおねがい, 儀いやはや奇妙不可思議, 儀うるわしく性聡, 儀おおかた恥ずかしく御, 儀かしこまってござる, 儀かつてこれなき, 儀かなえてつかわそう, 儀かならず計らって, 儀かねて博愛, 儀くつて仕, 儀ここにて御, 儀こそ有ば, 儀ことのほか, 儀ことごとく凾に, 儀これ有まじく候, 儀ござってお, 儀ござれば我等, 儀さうですこの頃, 儀さうにバサバサと鳴る羽ばたき, 儀さうに向から近寄, 儀さうに呼吸を向, 儀さうに額を見た, 儀しかと御見, 儀じゃおざら, 儀じゃとかの殿, 儀すなわち祈年と, 儀するに大坂町奉行ハ松平大隅守, 儀それがし, 儀そんなものは, 儀たしかかどう, 儀たちは穆弘, 儀たる可きの由, 儀だけでも美緒の, 儀だけに終つてしまつ, 儀だけの養子に, 儀だったのである, 儀だってそれは, 儀だろうなどという者, 儀ぢゃないかしらと康雄, 儀てえところだ, 儀でありましたけれどお, 儀でござったしからばせっかく, 儀でござるで誠にお, 儀でござるなれば陪臣, 儀でと一々町内, 儀でなかったことは, 儀ではがあせん中篇小篇, 儀でもねえ処, 儀で御座いまするが実は, 儀で御座るかと問, 儀といふ人は, 儀とのためだ, 儀どうしてご存知かな, 儀どもを申立浪人共, 儀ども一途に御国, 儀ども申上しを御, 儀ども相違仕つりて候, 儀なお頻りに申し唱え, 儀なき結果として, 儀などという旧漢中, 儀なにぶん相成りがたく, 儀ならぬとのご, 儀なりしお小僧, 儀なりとは言われぬ, 儀なりとも今更包み, 儀なりなど答ふ, 儀なるべし其方は, 儀なんじに申し聞かす, 儀なんて書かれてるの, 儀なんとも腑に, 儀にだけは感ずるという, 儀についても奉行自身の, 儀にまでも達しよう, 儀にや此段承, 儀によつて, 儀に対する誤解も, 儀のみならず生き方, 儀のみにて相替, 儀はどどうぞお, 儀ばかりで事実, 儀ばかりに医者にも, 儀ばかりはとひらに辞退, 儀ばかりを実に心痛, 儀ひたすらに御, 儀まさに七時に, 儀またお供の, 儀またもや近ごろ諸処方々に, 儀めまぐろしい旅, 儀もござりましょうがせめて, 儀もし真実に, 儀も之有る可, 儀やと勘考せられし, 儀ゆえ大統領においても御国, 儀ゆえ言葉を改めます, 儀ゆめゆめあるべからず, 儀ゆゑ主税之助, 儀ゆゑ此段恐れながら御, 儀ゆゑ餘儀なく其儘申通り, 儀よう分りまして, 儀よろしかろう, 儀よろしく御推察, 儀らしい女の, 儀わが合衆国の, 儀わたくしも然, 儀われら請取申し候条, 儀イヤシフ而物語卑劣ナレトモ勇氣正キ事日本ニ可劣國トモ, 儀下附, 儀ト石秀ノ二人, 儀ニ付キ私其許様御舟ニテ向島ニ可被遣, 儀ニ付群馬県ヨリ大蔵省ヘ御, 儀ニ御座候間御見知り, 儀ハ兵学雑談或ハ堂上方, 儀ハ幾重ニモ御断申候, 儀ハ獄門罷成, 儀ハ都テ公儀ヲ憚ラザル致方, 儀ブリキの小, 儀之有, 儀一偏に平生無口, 儀一切仕るまじき事, 儀一切停止なさる, 儀一切謝絶諸事頼朝流の事, 儀一応承まわりたい, 儀一旦市之丞に, 儀一条殿姫君御姉妹, 儀一生涯の行状, 儀一途ニ御為, 儀一體之御趣意, 儀七年このかた芝露月町土偶師泥斎方, 儀七患辭過三辯尚賢上, 儀万一行ハれざれば, 儀三五郎と申す, 儀三人に逢われましたら, 儀三州藤川在岩井村, 儀三年以前當主人に抱, 儀三治と改めた, 儀上社長に据ゑる, 儀上聞に達し, 儀上野の大師, 儀不問に遊ばされたく, 儀不埒の筋, 儀不如意に付金子出來兼當分, 儀不束の至り, 儀不相叶殘念に, 儀不調法に依っ, 儀世間に洩らし, 儀の奥儀, 儀中国表へ先陣, 儀水之, 儀主人妻何程申付候共又七も主人, 儀主人庄三郎妻つね何程申付候うとも, 儀主人庄三郎養子又七妻熊, 儀主人申付とは云, 儀主家滅亡の後八ヶ年, 儀主税之助, 儀久々眼病にて甚だ, 儀九紋龍の史進, 儀九首等を読め, 儀也又これにけさう, 儀乱心したとは, 儀は何せ, 儀事実とあら, 儀京都に居候節日野家, 儀人怪之, 儀まで小生, 儀今年今月今日切腹して, 儀今度は此, 儀今日三五郎妻文と對決申付, 儀今暁錦地へ罷, 儀今更未練にも遺恨, 儀今朝伊留満共相従, 儀今般政府へ尋問, 儀今般政府尋問の廉有, 儀仕すまして参ります, 儀仕つりし覺え, 儀他家へ嫁, 儀以下の者, 儀以來の合縱連衡, 儀以前幸手宿に住居, 儀セ受ケテ申シ開キ相スム迄, 儀仰せ付られし故, 儀仰せ付らる, 儀伝授が始まっ, 儀か御, 儀何とぞお取なし, 儀何事に因らず, 儀何卒明朝より, 儀何故の御, 儀何等の意趣, 儀作それに答える, 儀作侍のはしくれ, 儀作法の乖背, 儀作爺の畠打ち, 儀作爺さんになります, 儀作老人は依然として, 儀作表通りにたちさわぐ, 儀作足の裏, 儀來河内の神, 儀保大阿母志良礼, 儀保松男の様, 儀保等には軒, 儀借用てな, 儀傳吉先妻梅と奸通, 儀元日に同じ, 儀兄藤助眼病中孝養, 儀先代嘉川平助に恩, 儀先名主惣内妻さとは先妻, 儀先平助養子に相成, 儀先年の恩義, 儀先年京都日野家に勤, 儀先年召抱へ候文こと, 儀先年捨子を貰, 儀先年神奈川旅籠屋徳右衞門方に於, 儀先生のご, 儀先達て同宿なる穀屋平兵衞, 儀先頃無量庵へ闇夜, 儀八ヶ年以前平川天神裏門前にて町醫師村井長庵こと雨中傘, 儀八ヶ年以前越後家を浪人, 儀六波羅様にお, 儀思ひ合, 儀兵衞襖屋三右衞門播磨屋五兵衞等を初, 儀其儀は一向に, 儀其分に仕, 儀其外恐入, 儀其方と近日對決申, 儀其身之後世, 儀円盤といったよう, 儀出來しにより, 儀出來んも知れず, 儀出家の身, 儀出府致されべく候吉原町, 儀出来いたし候, 儀出牢仰せ付られ下し置, 儀切害の上金百兩盜まれ, 儀を覩, 儀刑法役をも勤め候身分, 儀前々より堅禁止申渡置事候処, 儀前日より病氣, 儀な片意地, 儀の浅深, 儀助そちらへ曲がる, 儀助らと共にその間, 儀助儀助っおれ, 儀助大森惟中塩田真岸光景等十人足らずの諸氏, 儀助岸光景山本五郎塩田真大森惟中諸氏の手, 儀助蓬莱屋の新七, 儀勘太郎同類に等, 儀単に奉願候也, 儀厳かに取計らう, 儀十二月二十七日の, 儀私し, 儀及ビソノ護送役人ヲ殺害シテ盧, 儀叡慮においても安んぜられず, 儀古式を全廃, 儀只今の妻節, 儀只今吟味仕つり候通り是, 儀只今閣老にて御, 儀可有之已来右躰, 儀台命を蒙り, 儀に准, 儀右樣の金子, 儀右衛門以下十二人の乗組み, 儀右衛門政賚の弟, 儀右衛門遺族殿という手紙, 儀右衞門冷笑つて聞かんとも, 儀右衞門夫婦待ちわびしきは, 儀叶いましたかへへっ, 儀合衆国一体の風儀, 儀吉良上野介ヘ刃傷ニ及両人共, 儀同日同刻麹町平川天神, 儀君前までお, 儀吟味致し候處別段, 儀吟味相遂候所聊かも, 儀呉用の順, 儀周瑜が軍令, 儀命ぜられ候はば, 儀品川宿より願出, 儀問屋に借金, 儀嘉川主税之助方, 儀嘉川家嫡子の身分, 儀嘉川平助養子の身, 儀四人共匿ひ置候, 儀四郎に迎, 儀困窮の身分, 儀国家之妨甚以不可, 儀在府中御扶持方拾人扶持, 儀のうち, 儀執政が登極, 儀外夷の情態等相, 儀多く殊に九, 儀夢にも知れずに, 儀大半成就致し候え共, 儀天一坊へ一味, 儀太く逆上を, 儀太夫従四品上が大中太夫, 儀夫兄栄太と密通, 儀夫妻が一人づつ中心, 儀失礼さんにご, 儀奉公の受人, 儀奉行の申付, 儀を同道, 儀妻常と不和, 儀婚姻には私方故障御座候, 儀存じ右の金, 儀に候処, 儀定規望遠鏡軽気球竜骨等機械が多い, 儀実行致度大畧左, 儀の支配, 儀に同人方, 儀は仕, 儀實父道十郎事牢死いたし候後母光, 儀将軍家後継者に関する件, 儀將軍へ直に, 儀が親, 儀尤もかと心得, 儀居酒商賣仕つり候, 儀山田奉行勤役中先年阿漕が浦, 儀屹度御仕置, 儀川路樣え可申上, 儀の手, 儀左衛門の口, 儀左衛門仰天なして, 儀左衛門申樣下品川宿秋葉山伏赤川大膳方に居られ, 儀左衞門かたへ參, 儀左衞門并に馬士權兵衞馬持八藏, 儀左衞門方より請取候, 儀左衞門樣と云書状二三通外, 儀左衞門關東御郡代伊奈半左衞門, 儀帶刀をも致す, 儀常々不行跡に付, 儀常々身持不行跡而已成ず今度主税, 儀平生養母に孝行, 儀年々御家中並之通, 儀年齢に罷, 儀ひ旅籠屋, 儀幼年の頃, 儀延期いたしたもの, 儀引負仕つりし故, 儀弟妻阿銀, 儀七は, 儀暮限壱割五歩之, 儀当人に成り替りまし, 儀当惑いたしおりまする, 儀役人どもはじめ御伝馬役, 儀役人中へ色々, 儀後見仕, 儀の身分, 儀従来の如くなるべし, 儀御三家両番頭, 儀御入國の, 儀御前様へ生, 儀御座ればとてそれ, 儀御座候やうながらあまり長事故, 儀御座候其事御承知, 儀御座候右は先刻申上し寶珠花屋八五郎娘秀離縁, 儀御座候此段御取次, 儀御座有ての儀, 儀御沙汰願ひ奉るとの, 儀御用に付き, 儀御用有之に付私, 儀御許し下され候樣, 儀徳川内府の上杉攻め, 儀心もとのう存ずる, 儀忘却仕るまじき事, 儀忠節の計, 儀思ひ當る, 儀怠り候はばお, 儀怠慢いたすまじく生涯師弟, 儀恐れ入り奉つり候, 儀恐れ入りますがお, 儀をこそ報い, 儀悉く伝授を, 儀悴惣内不屆, 儀安策に, 儀感應院の師恩, 儀と御, 儀憂国の過, 儀成りがたく候, 儀我等相談の上, 儀所々に於, 儀手代忠八と密通, 儀手前いっこうに存じませぬ, 儀手厚取計可, 儀え地内, 儀候, 儀承り候, 儀承知の旨一札, 儀折角工夫専一に, 儀持病さし起り試合大儀の様子ゆえ, 儀起り何れ, 儀振りを将軍家, 儀據ころなき宿, 儀政府に限り候事, 儀めいた心地, 儀文右衞門は百兩, 儀まで白状, 儀新藤市之丞外萬事世話, 儀於我等者不定之事候, 儀日頃より右平兵衞, 儀日頃何か他, 儀日頃恩を請候隱居, 儀旧式を撲滅, 儀旧法を墨守, 儀明日年来の宿望相達し候, 儀明治四年四月某日以来江刺県大属木村新八郎暗殺, 儀昨夜下伊呂村に於, 儀昨年以來厚く御, 儀昨日拙者どもにも御, 儀是以て一向, 儀最後の御, 儀有り男女老若を以て, 儀有る可から, 儀有之間勘解由を江戸表, 儀有難う存ずる, 儀望遠鏡などがありました, 儀朝憲を不, 儀若年に, 儀未だ山田奉行勤役にて, 儀未だ嘗て牙牌報班斉と, 儀未熟ながら幼少, 儀本国ニ送り返し可, 儀李光弼はいずれ, 儀村役中不正の儀, 儀村長役をも勤, 儀の先頭, 儀杖兵づきでここ, 儀杖数百騎弔華放鳥贄の羊, 儀来同様海なる義, 儀東西御奔走, 儀東馬参れ, 儀松五郎尋ねの, 儀果たし次第早々, 儀し早々, 儀柳生殿にも御, 儀とを重, 儀格別日數の懸る, 儀検脈に参り, 儀構わず卒直に, 儀権門ヲ恐, 儀正徳歳中山内監物殿御盗被, 儀此一事にても分明, 儀此度不奉, 儀此度山口惣右衞門の頼み, 儀此度江戸表見物として長, 儀此程御談判, 儀此間中より病氣, 儀武士の意氣地, 儀武士たる者は義, 儀残念ながら不調, 儀段々の不仕合せ, 儀殺害に逢, 儀殺生御停止, 儀毎事期に合わず, 儀江戸下谷山崎町油屋五兵衞悴五郎藏と申す, 儀江戸表へ相, 儀江戸表出府の節其場所, 儀油断無く勤め候, 儀と爲す, 儀注類か故事類, 儀浅からず存じ入り, 儀浪人の後斯樣, 儀浪人後江戸表へ出, 儀深い奴も, 儀深く御詫び, 儀淺草に於, 儀りなく, 儀澤流四海以王慕化故遣, 儀無く打過候段, 儀無し人之を恠, 儀無念止時なく右人殺し, 儀無益との事, 儀豫無之, 儀獄門の仕置, 儀を述べ, 儀甚兵衛身寄につき, 儀田沼様はご, 儀申モノ数多有之候間, 儀申上不都合千萬に御座候得共, 儀申上候はんと云, 儀申出ると言, 儀申掛或は旅宿, 儀申渡す等其混雜鼎, 儀申立ては相, 儀申聞候に付, 儀申述難く筆, 儀男女混乱の間, 儀番頭留守いたし候間, 儀異性の一友人, 儀當主主税之助, 儀當年より十八ヶ年以前劔術, 儀當年廿二歳にて幼少, 儀當時は斯, 儀當時山崎町家主吉兵衞店に罷, 儀病中には候得共, 儀病死仕つりしにより, 儀病死致候依て, 儀病身に付, 儀療養叶わず遂に, 儀癪氣にて甚だ, 儀登城に及ばず, 儀白子屋庄三郎妻常始め, 儀白状は致せ, 儀百兩の盜賊, 儀の状, 儀直々御尋ねあら, 儀相済申迄五人, 儀の諸, 儀短歌の奥儀, 儀石川安五郎小松屋遊女白妙同道, 儀石川近江守を以て御, 儀石秀は如何, 儀と存じ候, 儀禮上税關の役人, 儀禮單疏を刻, 儀禮禮記論語孟子理學の十一門, 儀秘伝を剰す, 儀秘伝書に通じ, 儀穀屋平兵衞を殺せし, 儀に貯, 儀は毛頭, 儀節会大饗, 儀終って東太, 儀罪科悉皆く, 儀美佐こと素より不束, 儀としてはその, 儀足可被, 儀第十字, 儀者其者に可令扶助条, 儀者書面之者に被, 儀者来辰三月三十日限り元金百両に付銀六十皿, 儀而已にても九助, 儀聊かも言葉, 儀聊他見他言仕間敷候事, 儀聟夫等の災難, 儀與市と申, 儀興行のため, 儀芝札の辻に於, 儀若しかくし置あら, 儀若年より不身持, 儀藤吉郎がひきうけました, 儀を買, 儀の御法, 儀虚礼をきらう, 儀衛中に知音, 儀衛堂々として濶歩, 儀装車に乗せ, 儀装車十二に自邸, 儀西洋家之品, 儀てし, 儀親孝行の段奇特, 儀え之, 儀解きましてご, 儀言語に絶, 儀計らひ奉るべく就ては, 儀試合仰せ被, 儀御忠節故, 儀誠に以て, 儀誤りにもせよ, 儀の目的唯此一欸已耳, 儀論初りかね, 儀讃州地方ニ罷越候ニ付, 儀て怪敷廉, 儀貞實信義の烈女民間, 儀貴公におかれ, 儀質物流れの掛合, 儀越前が心任せ, 儀越前其方が心, 儀越前許し候へとの御意, 儀軌たるにあらずや, 儀軌真言なども伝来, 儀辯舌巧みに申立, 儀辺土とは申し, 儀近年異国船所々へ渡来, 儀逐電いたせし旨屆, 儀通称は勇七, 儀造り事ならば, 儀をつとめられた, 儀運ばれるがよい, 儀に違, 儀道理に存候, 儀州水呑村名主九助と, 儀と夫婦, 儀里方へ逃歸, 儀重喜も承知, 儀重罪なれども, 儀がなけれ, 儀金谷村の法會, 儀随意であるぞ, 儀隠れなく候, 儀集解という順, 儀雑箴二十首を読め, 儀離縁仕つる樣願, 儀難相成者勿論又, 儀領内の女共, 儀頼み入と云, 儀願い入りまする, 儀願い出で候よう内移仰せ付けられ, 儀願わしゅう存じまする, 儀願上奉る旨, 儀れしに付, 儀養父九郎兵衞申付とは云, 儀首筋より脊, 儀に附添參, 儀高力皆史上, 儀高等二学年修了以上の方々, 儀龍ノ口には受け付ける