青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「僧~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~働き 働き~ ~働く 働く~ ~像 像~ ~僕 僕~ 僕ら~ ~僧
僧~
僧侶~ ~儀 儀~ 億~ ~儘 儘~ 優~ ~優しい 優しい~ 優しく~

「僧~」 4707, 47ppm, 2494位

▼ 僧~ (858, 18.2%)

22 言った 10 それを 5 答えた 4 彼の, 首を 3 しずかに, 云った, 彼に, 眼を, 起きて, 静かに, 黙って

2 [51件] うけがたく, うなずいた, こう云っ, この声, これを, こんな事, すこしもふるへず, すすきを, そこの, その前, その姿, われを, ジーッと, 事もなげに, 住持と, 何か, 内供, 出て, 出家の, 口の, 右の, 問うた, 嘆息し, 多くは, 奥を, 少しも, 山林樹下の, 左様な, 庫裏へ, 後に, 晩成先生が, 杖を, 極めて徐, 点頭いて, 物に, 皆紺麻の, 矢庭に, 確に, 笑いながら, 経巻を, 自分の, 茶を, 行儀よく, 言い, 身の丈六尺有余筋骨隆々として, 軽く点頭いた, 返辞を, 降りて, 隻腕壇にも, 頭を, 顔を

1 [690件 抜粋] あがって, あたりに, あやしく思った, あらかじめ注意, あるまいか, あるまいかと, ある物, あわただしまた, あッ, いうの, いかつい眼, いかなるお, いずれも, いったいどういう, いったいどこ, いつかな, いまもっ, お雪ちゃんばかりを, かう言つて, かなり急き込んだ, かぶって, きいた, けだし唖羊僧, こう解し, こう言っ, こう説明, こっそり退っ, ことさら低い, この者, これといふ, これに, こんなこと, さっきと, さらにこの, して, じいっと空, すぐ女, すぐ戻っ, すすみ出でて, すっかり悦ん, すっかり草鞋, すべて帰し, すゝみ, そうで, そう云い終る, そう云っ, そこから, そこに, そこにと, そちは, そのまま簷下, そのまま起っ, その一人, その一部, その大, その妻, その寂び, その指, その日, その時分七十八歳, その法楽三昧, その白, その茶碗, その起原, その長い, その難儀, その頭, そばへ, それから, それぎり一度も, それに, それに対して, それよ, た, たそがれの, ただ仏道, だしぬけに, ちょっととび上がっ, つく, つぶやいた, とめどなく涙, どこで, どこに, どこへ, どっと笑う, ないと, なかなか豪い, なして, なにもかも知っ, なんにも言わなかった, にこやかに, にわかに立上がっ, はだしで, はんかい, ひしと茶斑, ひとりも, ひどく飢え, ぴつたりと默つ, ふたたび仏壇, ふりか, へちまを, ぺたと, ほとんど根絶, ほとんど身動き, ぼやきながらも, まさかその, まず二人, また一齊, また云った, また先, また言った, まだ, まだ何, まだ当, まだ當寺, みなごろし, みな善良素朴な, むかしを, むつかしい顏, めずらしく調子づい, もう石, もし子供, もすそを, もともと犬, もと塗師屋職人で, やがて云った, やがて店, やがて息, やがて馬, やさしい眼, やっとにぶい, やをらかたへの, よく説明, わが出, われわれの, カトリーヌ, クヮッと, コンスタンチノープルへ, ソーッと, ハアと, マケという, 一々相手方, 一斉に, 一条の, 一目見る, 一箸飯を, 一膝進めた, 三宝院ノ, 三左衛門の, 上り框に, 下の, 不思議な, 両の, 両側に, 中腰に, 主翁, 乞食托鉢を, 人から, 人も, 人間の, 仏家の, 仏菩薩の, 仮面の, 伊那丸さまの, 会心の, 低い溜息, 何にも, 何を, 何時の間にか鼻, 何氣なく, 何者じゃ, 佛壇の, 來意を, 俗より, 假面の, 僧で, 僧に, 僧の, 僧衣を, 優しいおっとり, 優しく笑った, 兩眼に, 八十有余の, 其の支配者, 其の點火器, 其後何様なった, 凡物でなかった, 別にめずらしい, 則地にも, 剽軽な, 加賀見忍剣であり, 勿体らしくいいました, 北国の, 十五人ほど, 十字架に, 十字架を, 十日ばかりも, 午時に, 半ば開い, 却つてそれを, 厭でない, 厭な, 又たとい, 又一たびわれ, 口癖に, 古釜, 叱るやう, 合掌し, 名を, 呆れて, 唐時代の, 唖羊僧の, 喜んで, 嘲笑った, 四十前後で, 国太郎が, 埋れ木の, 堂で, 壇の, 声をや, 夕方まで, 多く眠り, 夜に, 大きな硯, 奥州湯殿山の, 如何にも苦し, 如海に, 始めて, 学識と, 守鶴が, 安国寺恵瓊とか, 宗教行為の, 宗祖法然上人の, 宣教師の, 室の, 容貌魁偉とも, 寛いだ状, 寝道具の, 實際幾たりも, 寺の, 寺男に, 小太郎の, 小首を, 少しく奇怪, 少しばかり, 少し心配そう, 少し感心, 屡々絶え入る, 山門の, 巧に, 己の, 布施を, 平気で, 庄三郎へ, 庵の, 庵室の, 引き返した, 待たせて, 後で取調べ, 後醍醐の, 得意らしく, 復笑っ, 微笑し, 心に, 必しも, 念の, 思つて我が, 思わず, 思わず手, 急に, 怪しんで, 怪訝顔で, 恐るるけは, 恰も加能丸, 悔恨絶望の, 悦んで, 悲鳴を, 愛すること, 慇懃に, 慌てて, 慣れて, 我を, 我をかは, 戦争前まで, 戸を, 手ごろの, 手中の, 手燭を, 打たれること, 折り返して, 押し黙って, 押黙って, 拙僧, 持つて, 指も, 挨拶し, 挨拶も, 振り返つた, 振向くなり, 敢て, 文覚殿で, 文観上人だ, 既に死し, 日吉が, 早く出かけた, 早稲田を, 昌泰三年の, 昨日出かけ, 是れ, 是を, 時々気の毒そう, 時々白い, 普賢菩薩の, 智深, 暗がりの, 暫く考え, 暫した, 曲, 更に悚然, 最と, 最早え, 朗らかに, 望み通りに, 朝霜の, 木履を, 未お体, 末の, 机火鉢座蒲団茶器などを, 林泉寺の, 枯木の, 枯枝を, 柾木家から, 根の, 棺をめぐって, 槍を, 横笛が, 正通和尚を, 此の, 此事の, 此間の, 武蔵の, 毒と, 民を, 気を, 汽車を, 沢庵であった, 河北の, 法性寺の, 法王の, 流石に, 淡如, 深く動かされた, 清淨の, 渋い苦しい顔, 温泉宿で, 演者の, 漸く重荷, 灰色を, 炉の, 無事に, 無思慮, 無残にも, 熊に, 熱い息, 燃ゆる, 父の, 牛皮の, 狸に, 玄梅と, 玄関から, 現今の, 瓶を, 生かしおくべきに, 男振りも, 留を, 疎らな, 痩せて, 登壇する, 白い眉, 白衣着, 皆涙を, 皆集められ, 皇帝の, 盲目な, 直接に, 眉をも, 眠って, 眼に, 矢に, 知らぬ振り, 石像の, 磯辺に, 祈の, 私が, 稗の, 穴の, 窓の, 立ち上がった, 立ち上がり謝辞を, 笑い乍ら, 笑って, 笑つて, 笠を, 第四, 筒鳥とは, 答えて, 答へ, 糸屋の, 純八, 結局かれ, 經を, 縁側に, 美人臭し, 美食に, 群集の, 翠微, 老僧, 老眼を, 耳が, 聖書に対して, 肩の, 膝を, 膳を, 舌打ちした, 船場の, 芝居を, 若いに, 若僧を, 苦行者の, 茶が, 茶釜から, 莞爾笑い, 莱, 菰の, 落ち着きかえって, 落胆した, 蒼い悲しそう, 薬と, 蝋の, 蟲が, 衆生の, 袁氏を, 袂の, 褥から, 見おくりながら, 見るところ柔和, 見返りも, 言ったが, 言って, 訊いた, 訝しげに, 詮方なく, 語り續けた, 語を, 読経の, 貴女の, 貴殿の, 足場の, 足音が, 跡片付を, 辞退を, 辺りを, 迷惑そうな, 退がり申すぞ, 逃げ去りつつ, 通ひ, 道の, 遠方よりの, 酔って, 重々悪い, 金丸長者の, 鉄鉢の, 錐を, 鐵鉢の, 長い鬚, 関は, 関わぬ汝たち, 阿弥陀如来の, 集まつて, 雛僧さんに, 雨戸の, 革紐を, 頬を, 顔色一つ動かさず, 顔色一つ変えなかった, 顔見知りと, 顫え, 風雨に, 餓えたる母, 館林の, 首に, 馬場金之助の, 駈けて, 驚いた顏, 高徳の, 魅入られたごとくに, 黒い布子, 默つて立つ, 黯然と, 鼻を

▼ 僧~ (827, 17.6%)

15 ような 10 ように 9 姿は 7 ことを, 前に 5 一人が, 前へ, 方を, 顔を 4 ほうへ, 一人は, 手に, 顔色は 3 そばに, やうに, 事を, 手を, 方へ, 顔は

2 [44件] すがた, ために, ところに, ひとりが, まのあたり, やうな, ようで, 上に, 中には, 儀は, 名, 命を, 坐辺, 堕落を, 声が, 如きは, 妻を, 妻面膨れたる, 姿が, 姿を, 宮づかひ, 寺は, 庄之, 影は, 徳と, 心には, 心持は, 捧げて, 暗示と, 注意で, 痩せた姿, 真似を, 眼が, 空をも, 言葉に, 言葉は, 言葉を, 訪ひよる, 話に, 話の, 話は, 話を, 身の, 顔が

1 [637件 抜粋] あったと, あと, あること, ある中, いうの, いうよう, うけ取って, うしろで, うしろに, うずくまって, うたひし, うちで, うちの, おことば, おさ, おもかげ, おもざし, お写真, お寫眞, お得意, お経, かさね齋, ことであった, ことである, ことでも, ことに, ことについて, ことは, ことも, こぼした油, ごとく悟って, ごとく精進癖, ご病気, さっきから, さま, すすめも, すべてが, するなりに, すゝむるまゝに山寺にでも, そぶりに, つとめ, つれづれを, とざす扉, なかで, ねそべって, はいる室, ひととせ大病にか, ひとりである, ひとりへ, ひとり忠円が, ほうが, ほうに, ほうを, まばらに, まへに, まわりに, みこゑの, めぐりなる氣味, もてなしに, もとで, ようだ, わざ執りすすめる, わしへ, わめきだ, イルラリオンが, インチキ性が, カアルが, カアルだった, バルベルデが, ヒキや, フォークは, メンかぶらう, 一人である, 一人に, 一件を, 一派に, 一物の, 一番末の, 一行を, 三昧ぶりに, 三瑕と, 上陸を, 不名誉に, 世話を, 両眼, 中から, 丹左が, 了簡では, 事が, 事蹟に, 二人の, 二人連れが, 云うなりに, 云う事, 五体は, 五十両です, 交替の, 人柄に, 人物や, 仕業だ, 他に, 会議は, 伝記に, 伯母にて, 位に, 住むあばら屋, 住んだ草庵, 住居の, 何万巻の, 余興は, 佛に, 作と, 俗称である, 修行には, 修験に, 借りる金, 偽りを, 像に, 先き, 処へ, 処断も, 出して, 出来ないよう, 切なる, 切支丹転宗は, 列に, 到着を, 前でも, 前言は, 力によって, 助手童を, 労作と, 務めであり, 勢力が, 勤め, 十二人の, 印可を, 反抗が, 口おそろしき, 口から, 叫ぶこと, 同情を, 名で, 名と, 名に, 名も, 名を, 名残りを, 君を, 君紅蓮や, 吹雪に, 呪文に対して, 命日を, 哲学話を, 唇には, 唱える声, 善意は, 喫い, 嘲笑を, 圓い, 在否, 坊へ, 坊も, 堕落や, 境界とて, 墮落, 声で, 声とともに, 声に, 声は, 外そこへ, 外貌を, 多くは, 夢に, 契沖を, 女で, 女房と, 好意で, 如き敬虔, 如く, 如くたちゐ, 如く聴け, 如く赤き, 如く身, 如く身内, 妙吉が, 妙吉に, 妨害で, 妻は, 妻妖麗他に, 妻庫裡に, 姿で, 姿の, 姿又, 子だ, 子息さんで, 孤影悄然木枯の, 守り本尊に, 完全な, 宣伝は, 室に, 室は, 家という, 容貌とが, 寺で, 寺です, 寺の, 小さかげん, 小房, 少い姿, 屍骸に, 左の, 布施を, 帶と, 幼いころ, 幽霊観を, 床紫丁の, 座右かな, 建設したる, 弟子と, 弾く説経, 影がわらわらみえ, 影を, 影法師, 役には, 彼から, 彼は, 彼を, 待遇は, 後を, 後姿を, 後日譚に, 復飾に, 徳に, 心そういう, 心にさえ, 心持を, 心眼には, 念仏し居る, 念仏の, 悲しそう, 情に, 愚傳を, 態度と, 態度は, 懺悔譚, 房へとも, 所へ, 所為で, 手で, 手にか, 手によって, 手の, 手は, 手首が, 払子の, 托鉢の, 技術ででも, 持って, 持つた松明, 指さした方角, 挙動には, 挙動を, 振鈴や, 掌は, 接木の, 控え間, 教えの, 敬虔さを以て, 数を, 文知らせで, 文覚である, 文観忠円知教遊雅円観など, 断末魔の, 方に, 旅行記なんかも, 日観に, 日野賢俊へ, 日野賢俊らは, 早稲田に, 是円や, 昼間の, 時に, 景淨の, 景淨洋名を, 暴状を, 曇徴が, 書信に, 木像が, 末々に, 本来に, 来て, 東軍坊なる, 枯躯を, 棲むので, 様に, 様子に, 歌は, 歌を, 歌口でも, 歸りゆくあり, 死に, 残って, 残党と, 気に, 気味の, 沢庵が, 沢庵の, 沢庵も, 法典にでも, 法明衆を, 法服とか, 法服を, 法系も, 法衣に, 泣くよう, 消息を, 煽動に, 爪の, 父がと, 物三尺, 物語りが, 物語りは, 特操を, 犠牲に, 犯罪については, 狸である, 玄理は, 王と, 琵琶, 琵琶の, 生れ代り, 生活とは, 生活の, 生活等最も, 用ゐる, 申したよう, 申し立ては, 留守する, 略で, 略とまでは, 癖に, 皮膚と, 監督を, 盲は, 眉は, 看経の, 真っ先には, 真向から, 眸が, 眼にも, 眼の, 眼は, 着るよう, 着る上衣, 知ったこと, 碩学だ, 礼を, 祈りの, 祈祷の, 禁欲生活であった, 秘密について, 秘蔵の, 稚兒, 空海著, 空闥と, 立ち姿を, 笑顔を, 答えは, 素姓も, 経営した, 罪, 群であった, 群れが, 群れを, 義務であるなら, 義堂の, 翻訳語から, 聲で, 聲である, 聲は, 聲を, 背は, 背後姿が, 胴を, 胸から, 胸像も, 能く, 脈を, 腕で, 腰である, 腰へ, 自慢どおりに, 舍監を, 舎利は, 船で, 落ちくぼん, 落書まで, 葉書が, 蓮誉という, 蛇を, 行き度, 行為の, 行祐に, 衣にも, 衣笠久左衛門は, 表裏, 裾を, 視線の, 覚悟は, 親切が, 親達に, 観るところ, 観念の, 解釈は, 言だけ, 言ったとおり, 言つた, 言わく, 言を, 言葉が, 言葉だった, 言葉には, 言葉の, 言葉態度が, 訪問の, 詞に, 詞は, 詞を, 誇りと, 語る説経, 語を, 誦経と, 説明の, 説経, 説経なる, 説経には, 読経が, 読経に, 談に, 譚より, 豆みたいに, 負けである, 赤い顔, 足に, 路を, 蹲つて火に, 身たらん, 身でした, 身を, 身を以て, 軍記語りの, 輩である, 返辞は, 通って, 逸話と, 遺児であれ, 遺児とかとが, 遺児の, 遺骸が, 遺骸は, 遺骸を, 酒肆の, 釈迦才の, 野村望東尼殿じゃ, 金を, 長たらしい話, 長刀の, 長安の, 長崎に, 間でも, 阿羅本, 隠し子で, 青木丹左は, 静かな, 非難を, 面を, 面目を, 面貌を, 頂を, 頭は, 頼み方, 額の, 額を, 風体にな, 風貌だけでも, 風貌を, 風采は, 饑ゑたる面色し, 首に, 首は, 首を, 首筋を, 骨刺しに, 髑髏で, 高らかに, 魂に, 魂の, 魂は, 黒壁に

▼ 僧~ (591, 12.6%)

12 あった 10 出て, 言った 9 あって 8 来て 5 立って 4 あつた 3 あったが, ある, いた, いて, それを, 云った

2 [27件] あの老年, これを, ゐて, 一斉に, 今朝夜明がたに, 住んで, 何を, 供えたの, 出迎, 分別にも, 問うた, 小机に, 居るです, 廊下口から, 弟子と, 彼に, 接木を, 死んでから, 私に, 立ちながら, 笑いながら, 自分の, 見えた, 読経を, 長老の, 顔を, 飯や

1 [461件] あけ放して, あこがれる理想郷, あったという, あったの, あまたの, あらゆる配慮, あらわれた, ありいのちがけ, ありまして, あります, あるよし, ある東西, ある此順信, あろう, あろうか, いいしよう, いうには, いたが, いたと, いたの, いつのまにかそれ, いる, いろいろ法然, おもしろきもの, おられましたか, おります去年, お三輪, お信, お勤め, お守を, お辞儀し, お通り, かけて, かの唐, きいた, きょときょと入れ, この壁画, この家, この権, この淵, これから梵音, ございます, さえぎった, さきに, さけんだ, さっきおずおず, さつきから, しば, しばしば同じ, すぐ外, すべていわゆる, そう考える, そこから, そこに, そこの, その室, その教, その晩, その真実, そばへ, それに, たいくつ, たしか十余人, たずさえて, ちょこちょこと, つらまっ, どうであろう, どこからか, どんなに自分, どんな生活, なかなか家来たち, なくな, なくなつた, はいって, ばら, ひかへて, ひきとめたもの, ひしと詰まっ, ひたいの, ひどく汝, ひょっこりやって来た, ひょろりと立ち, ふたりすぐ, ほこるところ, ほしいもの, ほめたそう, また来た, まだそこ, まだ東京, まだ盛ん, みな午飯を, みな焔の, もう一度叫んだなら, もしこういう, もし大悟徹底, もじもじと, もらいうけた, やおら立ち上っ, やおら膝, やって, やつて, やはり片目, ゆるやかな, わかるかい, わるかった, ゐるの, アトスの, インドより, サロメの, ニコニコし, ポンポンと, ヤットコを, 一人おりました, 一人きりで, 一人出, 一人夕暮れの, 一人寝台の, 一人新しい, 一人来た, 一人眼を, 一夜の, 一室に, 一番良う, 七十二名居る, 丈太郎の, 三人参っ, 三四人し, 下の, 世話や, 主の, 主人に対して, 乗って, 九年の, 事か, 二三人や, 二三歩離れる, 二人いる, 二人で, 二人に, 二人朝鮮平安南道竜岡郡桐隅里の, 二条の, 二百三十名女僧が, 二目の, 云いしよう, 云うべきこと, 云ったよう, 云ふべき, 五人ばかり, 五郎兵衛を, 人を, 今何を, 仏前で, 仏壇の, 代わって, 住し, 住持し, 住持を, 住職に, 何かの, 何とか云, 何十人と, 何處かへ, 佛法の, 使つてる, 來て, 供うる, 俯向きながら, 傍へ, 入つて, 入つて來, 六十余人あった, 共に土着, 内陣柱の, 凶悪除け, 出入りし, 出掛けたところ, 出迎えて, 前に, 前の, 労を, 勝頼公かいなか, 勤行に, 十余人僧堂から, 十数人朝から, 千人の, 千秋万歳と, 半眼を, 半身を, 南無き, 印度から, 即座に, 厨子に, 厳子陵の, 参って, 反大塔, 取り調べて, 叡山に, 只一人いる, 台山の, 合図を, 同じ水, 同時に差し立てられ, 向こうで, 呼ばる時, 呼びかけたの, 唄ひ, 唐代に, 啼いて, 喫いだした, 四人居るです, 土産の, 在る故, 坐ったので, 坐って, 声を, 夕闇の, 夕飯を, 多く制慾剤, 夜なく, 夜中室を, 夜半に, 夜明けごろに, 夢想する, 大きな銅盤, 大勢で, 大火鉢, 奥の, 好きに, 如何に, 妖怪を, 威権を, 子供の, 存外若い, 安倍の, 安土で, 定に, 室の, 密かに, 寺を, 尊い声, 尋ねた, 小僧と, 尾上梅三郎に, 居た, 居り野, 居るが, 居るという, 居睡りを, 山々の, 山上に, 山月に, 岩を, 己が, 帰り次第, 帰ろうと, 広く世間, 広場において, 店の, 庵を, 廻廊の, 引こもったもの, 引っぱって, 引込んだので, 引返して, 当った, 彼の, 彼邦で, 待ち兼ねて, 御宅, 徹夜で, 忍び寄って, 応答し, 思いだしたとき, 怪死し, 悍馬を, 惜しんで, 想像の, 手に, 手槍を, 托鉢の, 扱って, 担架の, 招かれて, 招かれ母, 指していうには, 接木, 掻き起すと, 支那から, 支配し, 改って, 改めて道庵先生, 改悔者に, 政府への, 教へ, 敬礼を, 数名つらなっ, 斧で, 新發意, 日の, 日毎に, 早稲田に, 時の, 暇乞いに, 曹洞最大な, 最後に, 最後の, 望んで, 朝鮮から, 木曽義明に, 朱色の, 杖もて, 杖を, 来かかって, 来た僧, 来れば, 東京に, 東征の, 果たして人, 枝から, 棒を, 槍は, 槍を, 歌占巫女を, 此処で, 此方に, 歩きかけると, 歩み寄つた, 殆ん, 残った僧, 殺された, 殺されても, 気に, 水の, 水を, 水中から, 汗みどろに, 沢庵へ, 法然の, 法談の, 泛ぶ, 注意した, 洛内を, 洞穴の, 海を, 混つてゐた, 滞在を, 漢字を, 火に, 焚く護摩, 無精な, 煎じ薬を, 熊野詣でに, 片手に, 狗に, 珠数つなぎに, 現在の, 理窟を, 琵琶を, 瓢箪を, 生国無辺と, 生産者では, 甥なる, 田の, 画工を, 疾く起き, 瘠せ枯びた病躯, 百合若, 皆呼び集められ, 目食は, 相前後, 眼を, 知己の, 石川城へ, 碧牡丹の, 神の, 私の, 私を, 秘密の, 突然手桶, 突然饑, 立ち留まると, 立った, 立つて, 答えた, 箒を, 粂五郎が, 粗末な, 素裸体に, 紫の, 経を, 結婚や, 続々くる, 美辞麗句を, 聞いた, 聞いて, 肉親から, 腰を, 自分を, 良念を, 色々な, 色を, 花嫁の, 茶道に, 草履穿きで, 薪束を, 蛇と, 衆人の, 行い澄して, 行く先々, 行燈の, 衣の, 褐色の, 襷がけで, 見と, 見とどけまた, 見渡したところ, 言うの, 訝しい, 詳細認め, 説教し, 諸声あわせ, 謙遜の, 護摩の, 貰って, 蹲って, 近くの, 近寄って, 近村の, 追って来, 途中で, 途中に, 逗留し, 通りかかって, 通りかかり何気なく, 進んで, 過去的な, 道元に, 達者そうな, 選ばれて, 重い足, 重ねて, 金襴の, 鉢を, 鍬を, 長さ二間, 門内から, 関東各地に, 降りて, 青銅で, 預かつ, 領主や, 頭の, 頷いた, 風に, 首を, 香炉に, 駈けつけて, 鳰鳥の, 鳶人足らしい, 黄色い布, 鼻の

▼ 僧~ (275, 5.8%)

12 なって 6 向って 4 して 3 使ひやさん, 向かって

2 [14件] なってから, なってからの, 一礼した, 化けて, 善知識を, 変じて, 就いて, 御腿, 渡した, 祈祷を, 紙を, 茶を, 頼んで, 飛びついて

1 [219件] あけびを, あらざる僧, あらずしかしまた, あらず俗, あらぬ蛾次郎, ありては, いくたび, いわれたとき, おとらず孤独, お仕え申した, お別れ, かしづきゐる, きいた, きくと, こう云われる, この廚子, これを, こんな打ち明け, ござりまする, しては, しみじみと, そっと話した, その教, そんな書状, ちがいあるまい, なったつもり, なったの, なったり, なったユエン, なった人, なった原因, なった者, なつた, ならせ給ひつ月, なりたいと, なりゃワキヅレ, なるだらう, なるつもり, なるの, なる子, なろうかとも, なろうという, はなして, ひき合わされた鴻家, ふさわしく強い恰好, ましましき, むかって, むかつて, むかひて, ものを, よい上人, よりて, わが名, わたしわれ, わたし我, フラア・マルチノといへるあり, プラトンの, ペートルという, 一辺の, 与えやりさて, 世話を, 之から, 乞うて, 仏法を, 仕えた話, 仕上げたならば, 代つて記録, 仰がれ依らるるに, 会い支那, 会った, 会って, 伴われて, 似たる僧侶, 似ない行成流, 供養する, 信者や, 催促され, 傭われて, 入道の, 其れ, 出す布施, 出来得べき事, 初めて蜜柑, 別れたが, 取つて, 叱られながら, 名を, 向かいて, 向つて, 命じた, 命じて, 命じ一切経書写, 問うと, 囁くと, 地獄の, 変わりは, 変装し, 女を, 姿を, 完全に, 宗論を, 宮部善性坊なる, 対抗し, 就くこと, 属すべきもの, 師の, 帰依し奉る, 帰依すれ, 帰命せよ, 帰命せられ, 幻覚の, 弔われるの, 従ったの, 従つて走り行け, 御いのり, 御座候と, 御座候由, 御政治, 怪しいそぶり, 悪ま, 悪気の, 愛されたちまち, 成ってさえ, 打ち明けて, 托する, 抱かせて, 持たせられしお, 持たせられし御, 持って, 指の, 挨拶を, 捧げ飽氣, 授くる, 接して, 接近した, 描かれて, 救はれ, 教えられて, 敵するもの, 斎を, 施したという, 施して, 施すを, 會ふ, 松花堂と, 殘し, 殺されたこと, 母上は, 法名を, 深く帰依, 渡して, 用意を, 申しあげまする, 疫病除け, 痛棒を, 発見され, 眞似, 知らして, 碁盤を, 答へ, 給事し, 聞えないよう, 肉食妻帯を, 背けり, 背を, 自得の, 花嫁僧お, 行なわせられる読経, 褌の, 西蔵の, 見せながらも, 見守られ人, 親しさ, 言い含めて, 言った, 言つ, 訊くと, 訊ねた, 訊ねたところが, 託そうと, 訴え早速, 詛言されし, 詞を, 語りければ, 語ると, 請うて, 請ひ, 諛ひ, 講誦せしめ, 負けて, 貰へる, 賄賂し, 近い心, 近く日限も, 近づき, 迷惑を, 逢うて, 逢った, 逢ったが, 逢った事, 逢って, 逢は, 逢ふ, 進ぜて, 進めつ, 遇い右, 遇って, 運ばせ慇懃, 酒を, 限らずさ, 隨ひ, 面し僧侶兵役, 面し問うて, 面会し, 面会を, 頼りきり, 頼んでも, 飛び掛かるを, 食せしめ更に

▼ 僧~ (255, 5.4%)

7 呼んで 5 請じ

2 [12件] さして, つれて, ばさんの, 供養し, 呼び止めて, 後に, 見た, 見よ宜, 訪わずに, 選んで, 頼って, 頼んで

1 [219件] あつめて, いけどって, おいて, お好き, お集め, きめて, きらって, さきに, さしつかわすであろう, さそいだして, して, せめて曰く, そのなか, たずねて, たづねて遇はず, たのんで, ちらと, つけて, とらえて, とりかこんだ一群, ながめて, なつかしく思, ののしって, はじめ寺中の, ひきつれ改めて, まねいて, まんなかに, もって, よこすほどの, よびよせ数夜, よび起こして, よび起して, 一人と, 一人生捕っ, 一座の, 一時祈り殺す, 一目見た, 上京中の, 中へ, 京都まで, 人聞菩薩と, 人間ならず, 付けて, 伏拝むの, 伴れ, 住持に, 供に, 供養しおわり, 供養す, 供養する, 供養せ, 促して, 先だてて, 先に, 凌辱し, 勤めて, 勤め又, 去らすわけ, 取巻いた主人, 召さるること, 召されるという, 召し出される風聞, 召捕べしと, 呼びに, 呼び寄せて, 呼び寄せまして, 呼び引つ切なし, 呼び止めた, 呼び留め尊者, 呼んだ, 呼戻して, 唖羊僧と, 喚び柩, 喚起する, 喜ばせるに, 四十人も, 多く招き, 奥の, 守り僧, 宙に, 客殿へ, 家に, 家の, 容るべき, 尊敬した, 尋ねました, 小さなランプ, 少林寺に, 島原で, 峻烈に, 師匠に, 帰すの, 度せしめた, 延い, 引入て, 弟子に, 待った, 待遇した, 従えて, 得て, 心に, 忌憚かり, 念ず, 思ひ泛, 恋するよう, 慕って, 憎み合, 憎めないよう, 憩は, 懐しくさえ, 懸命に, 手招きました, 押えて, 招いて, 招じ, 拝し, 拝すべからず, 拵えたの, 指して, 捉えて, 捕えて, 捕へて, 掻きわけて, 救ひ得, 敬い惜気, 敬うて, 敬ふ, 敵と, 斬らせて, 断圧する, 早く早く, 板に, 案内として, 樂しみに, 死に処し従者十二人, 殺さしむ, 永らく優待, 求めるにこそ, 江戸に, 法師と, 津の, 派遣し, 流眄に, 清浄なる, 無残に, 生きながら, 生埋, 用いて, 畳の, 目の, 眺めて, 睨まへて, 知つてゐる, 知らざる者, 祝福し, 秋水さんとは, 糾すに, 羅致し, 羞僧無, 聞き乍ら寺, 聞くこと, 聽く, 自宅に, 自発的に, 薦僧と, 衆めて, 見かえる間, 見かけると, 見きわれら, 見させたが, 見たと, 見つけた一番年少, 見つけると, 見つめると, 見て, 見なかったかと, 見ますと, 見ようと, 見られたり, 見るため, 見ると, 見る目, 見附けわが, 討とうという, 訪いその, 訪い玉, 訪ねた, 訪ねて, 訪ね霜, 認めて, 説破する, 請ずるごとに, 請ぜ, 請仏典を, 豕の, 迎えようなどと, 迎える行事, 追い出し住まわして, 追い立てて, 追放家臣に, 送って, 送り出, 通ひ, 還らせるの, 鏖殺し, 長吏, 門前払いに, 門外へ, 闇討ち, 除いては, 除く一同, 集めて, 雇うて, 頼み経, 顧みない家々, 食わせいたところ, 飼う斉, 駆逐し, 驚かせたの

▼ 僧~ (203, 4.3%)

11 なって 3 なつて 2 いえば, なつた, なりて, 俗とを, 別れた, 十四五の, 同じよう, 机ばかり, 詩人との

1 [171件] あり, あるから, いい沙門, いうかが, いうだけ, いうほど, いえども, いたしては, いっても, いふと, いふ者は, いろいろ打ち合わせ, いわれて, おいで, おぬ, おのが, お雪ちゃんという, かえって尊く, けなすに, この琵琶, ご一所, して, しゃれて, し法, すべしといふ, その下僕, その二人, その美貌, それの, である, でしたが, とろろ食う, なすかも, なった, なったから, なったの, なったもの, なったり, なった者, なっての, ならんと, ならんといふは, なり, なりその, なりましたが, なりゐたり, なり一二〇五年トロサ, なり他, なり別に, なり後, なり戸籍外, なり栗棘庵, なり樹下, なり片腕, なり自ら公民権, なり袈裟一枚大, なる, なるとき官, なるの, なるべき物, なる人物, なれりこ, なれるが, なれる者, また同宿, よんだり, 一しょに, 一人の, 一名の, 一緒に, 二人で, 二人連れで, 云, 云ふも, 五人の, 会計主任とに, 信玄幕下の, 倶に, 僧, 僧の, 医を, 原とは, 参り合せたこと, 同じお, 同じく肉食, 同じに, 同じ扱い, 同じ筋, 同樣備後, 名づく, 名のった, 向きあって, 向き合って, 呼ばる, 呼んだもの, 問答の, 問答を, 堂衆の, 声聞師, 外来の, 大いなる名, 妓との, 審議し, 寺院に, 小僧が, 小僧の, 小僧は, 尼とが, 尼として, 平信徒第, 御一所, 戀にでも, 新発意二人, 日々僧院から, 書いて, 松とは, 歯を, 死んだ者, 氣が, 汲んだ般若湯, 沢庵とでも, 法の, 洒落の, 為り食, 申すお方, 町人態の, 留学生の, 白い手拭, 相對, 相手の, 相抱き, 相顧み, 碩學の, 私と, 称し趙天泰, 称する琵琶, 称する者, 稚児僧とを, 窕子との, 筆屋の, 約し国内豊熟, 紳士は, 美女の, 聖とに, 與に, 荻生君とは, 落ちて, 藤州通善寺尼智首その他二人の, 行き会いなど, 術を, 見立てる楡, 言い山陰道筋, 言うもの, 言つた, 言つて宜, 言つて良い, 認めて, 認めねば, 語って, 豕について, 豕を, 身を, 道士とを, 違つて皆薄い, 間違えたの, 関係せず, 闘わねば, 電話といふ, 響くと, 馬, 麓の

▼ 僧たち~ (152, 3.2%)

4 は爽やか 3 へ出す, も加つて 2 が出, が彼, だけで, のいる, の中, はそれ, も越地

1 [128件] から聞いたであろう, がいり, がなおある程度, がばらばら, が今や, が加つて, が口々, が嘲笑的, が奥, が寝しずまる, が師栄西, が提灯, が支配, が本堂, が病気, が病気平癒, が諸国, が遥か, が閼伽, さえも転向, だけを立ち合わせ, であって, でさえとどめ, でさえ恋愛, と, と一緒, と同行衆, と変った, と朝餐, と語り, と謀らん, におさえられ, には樣, にもキリスト教, にも逢, にパン, に会い, に向っ, に命じ, に経, に聞い, に話し, に讃め, のあいだ, のあと, のここ, のため, の会釈, の供養, の働きかけ, の党派心, の力者法師, の勝手, の去った, の善行, の堕落, の念, の怒, の態度, の指揮, の敵意, の方, の気詰り, の深い, の祈り唱える, の穢らしい, の親切, の訴え, の迫害, は, はいつの間にか, はうまく, はおそらく, はこれら, はすぐ, はそう, はたいてい, はほっと, はダルメイダ, はフカタジ, は主税, は何, は俄, は加持, は東, は歯, は狂人, は監寺, は立ち上がっ, は立ち去る, は置き, は聞く, は袈裟衣, は言っ, は話し, は諸, は退散, は逸早く, は黙っ, へなに事, への布施, へ呶, までもいなくなった, もきわめて, もこれ, もしたく, もその, もそれ, もだれ, もなにか, も今朝, も共々, も加, も寒, も少から, も幾代, も招く, も爽やか, も皆, も自分, も裸, も説い, も読経, や寺, を呼びあつめた, を白雲寺, を皆山荘, を集め

▼ 僧~ (124, 2.6%)

2 それを, 不住, 古い話し, 来た, 詩人も, 閑暇で

1 [112件] あつた, ありあるいはまた, ある, ある道士, あれば, うなずくならば, えらく商, おる, かなり多かっ, かの若衆, こ, これへ, すこぶる不思議, その以上, その後どこを, その折々, それと, そんな隣づきあい, なく虫, なんだか淋しい, ひとり混つてゐる, また汚れ, みな婆さんの, もはや言語, やはり晶子, ゆったりと, よく言う, われを, ヂツとしては, 一人や, 一応は, 一目論し, 一風骨では, 三左衛門に, 不在の, 世には, 両手を, 二三人見えます, 二十三十と, 交って, 交つてゐた, 今度の, 何げなく, 何とかいう, 何やら申しわけ, 余りない, 侍の, 先師胤栄から, 六十位で, 到頭死んだ, 前に, 加わって, 及ばぬの, 各々の, 同意し, 呼ぶな, 唸いて, 嗜む実母, 四条へ, 外から, 夜具包の, 大慶に, 大男で, 天女も, 存じて, 寺男も, 寺籍に, 少なくは, 幾人か, 彼らを, 後を, 思わず月余, 怪しんで, 接吻する, 方広, 日蓮寺の, 昔そう, 昔を, 時よ, 暗き身, 暗中に, 村の, 来たり, 来ない, 来らずと, 柳生の, 此を, 氣が, 海も, 爪立って, 留守に, 皆同情し, 監督する, 眼が, 眼を, 知らず後, 稚子, 立ち交じって, 立身の, 肉壊骨散, 自門他門多くの, 薬石と, 見えぬ, 見受けぬよう, 見張番, 陸中邊まで, 面目ない, 飲み候, 饑え, 首桶を, 黙然として, 鼻を

▼ 僧~ (49, 1.0%)

6 あつた 2 末寺ながら

1 [41件] あつた所, ここらは, この僧, ござります, すら吾心, その人, それまでの, それを, べつに怪しい, ほかに, ぼんやり臆病窓, わたくしを, テンバという, 偉大な, 別座を, 剣と, 十五年も, 半七, 単に卑しい, 同じ年恰好, 女房を, 延暦二十二三年ごろ最澄空海と共に, 後から, 御仏, 忘れられないあなた, 情味は, 戦争に, 日本新聞時分から, 村の, 法衣も, 為世の, 白髪に, 知客典座の, 美濃の, 蒲団の, 道心堅固な, 遠く信濃路の, 長袖の, 関白家建立の, 関羽とは, 隠居し

▼ 僧~ (39, 0.8%)

2 仏教徒たちは, 禅家などの

1 [35件] おかみさん, かさりこそりと, つきまとって, 世話に, 仏教信者の, 公卿は, 士人や, 姫に, 婆羅門の, 子供侍が, 学究の, 寺侍の, 尋常なる, 小坊主を, 山の上の, 庫裡の, 御幣を, 春の, 時雨る, 歸化僧は, 殿上人や, 牢人や, 物売りまで, 盲女の, 神人らも, 神官が, 神官たちが, 神禰宜郡吏の, 美術家は, 里人へ, 閻魔堂, 陰陽師, 雑人どもが, 雑賀の, 黒い法服

▼ 僧~ (28, 0.6%)

2 の居並ぶ, は龕

1 [24件] が並ん, が掃除, が静か, と變, に叱られ, に向っ, に歌, の威儀, の手, の法服, の画像, の誦した, の読経, の議論, はその, は一盆, は外出, は我が国, は晨朝, は茶屋, も帰っ, も思わずハッ, よ汝等, を集め

▼ 僧には~ (24, 0.5%)

2 大層面白い

1 [22件] こうした威嚇, こんな仕事, その意味, 一定した, 会ったこと, 卒塔婆を, 安心できねえ, 専ら, 少しもさう, 思えるが, 打明けて, 按摩の, 最も禁断, 比較的うるさい, 清僧か, 男女二人の, 疾く立ち帰られ, 白湯を, 距離が, 関わりあるまい, 限らないが, 陸奧に

▼ 僧~ (21, 0.4%)

2 が沢山

1 [19件] がある, がほとんど, であります, という意味, について宿りました, に問合せ, に宿, に居らない, に居る, に帰っ, に置く, の間, は紹介状, へ尋ね, へ帰りまし, へ無事, もあり, も四つ五つ, を尋ねました

▼ 僧~ (20, 0.4%)

1 [20件] が数十人, が法莚, が立ち出, が粛, が総立ち, こぞって出迎え, とも得度, と寂楽寺, なしと, にご, に守られ, に身, の和合, の料, の食物, はみな, もみな騎, や下部ら, を聚め, を護り

▼ 僧では~ (19, 0.4%)

4 ない 3 あるが 2 なくて 1 あつた, ありません, あるまいかと, あるよ, だれが, ないか, なかった, なくあなた様, 四祖呑海及び, 聖護院

▼ 僧~ (19, 0.4%)

1 [19件] がその, がぞろぞろ, が一斉, が怪しん, と一つ, にはそう, に怪しまれ, に話した, のいわゆる, のため, はまた, はみな, は一本, は十余年, は菩提達磨, は講師, もあわて, も口外, も身の上

▼ 僧から~ (18, 0.4%)

1 [18件] お教えられ, このニグロ, これことごとく, その主家, その大乗起信論, 三代も, 俗へと, 出たもの, 十タンガーその他の, 弁信は, 打たれたり, 教えられて, 法華經の, 申しましょう, 神を, 神鬮を, 見れば, 飯山の

▼ 僧~ (18, 0.4%)

1 [18件] がぞろ, が名づけ, が念じ, が支那, には左様沢山, に迫害, の卻つて淺薄, の去りし, の口, の姫, の教, の諷誦, の飯, は共, は幾襲, も不審, をし, を還俗

▼ 僧~ (17, 0.4%)

4 全體 3 の中 2 に及ぼす 1 からのけられ, から放逐, に復歸, の, の一正員, の殘, の殘餘, の集會

▼ 僧でも~ (15, 0.3%)

3 なく俗

1 [12件] あの方, あらうか, あり俗, あるし, あろうもの, お近く, ここの, ないあなた, なし都会画家, なにか僧職, 五六冊位は, 田舎に

▼ 僧として~ (15, 0.3%)

1 [15件] お仕えし, 今信長に, 修業の, 公卿と, 出征し, 出発した, 尊敬し, 尊氏の, 帝に, 従いも, 快くこれ, 生々たる, 知られた人, 身命を, 高邁な

▼ 僧にも~ (15, 0.3%)

1 [15件] あらぬを, いよいよ甘く, くれよとか, このちご, ならず一種, ならなかったの, なれない, ひとしおお, 内供, 別け己達, 劣らじと, 煙管にも, 物凄いもの, 逢わなかったの, 頷けるもの

▼ 僧とは~ (14, 0.3%)

1 [14件] いひながら, たれも, どこの, ならなかった, ならぬ, 云うが, 何だ, 口に, 実はわが, 寺社方の, 正反対に, 空目かや, 見えない鼠, 遠縁にあたります

▼ 僧ども~ (14, 0.3%)

1 [14件] がウクライナ, と打ち合わせ, に腹, の像, の陳列, の食べる, の食器, は人中, は寒気, は有無, は皆經, また長者, も斬りすてろ, も法衣

▼ 僧殘罪~ (14, 0.3%)

2 と云

1 [12件] とは波羅夷罪, には限らない, に問, のこと, の原語, の名, の性質, の犯人, の犯者, は決して, を以つて問, を犯した

▼ 僧である~ (13, 0.3%)

1 [13件] が文学的, ことが, ことを, ために, と告げたら, と舌, にせよ, のみならず, のを, サッキャア・コマ・リンボチェという, 以上交会は, 法然に, 点においては

▼ 僧~ (12, 0.3%)

1 [12件] からそういう, が昔, ちと一緒, とある, という, といふ, ときめこみ, と思っ, と思ひ込んだ, と私, なと思いました, ツて

▼ 僧さん~ (11, 0.2%)

1 [11件] から聞く, が手荷物, が私, であった, と云う, にたのまれ, に扶, は, は話せ, らしいの, を御

▼ 僧との~ (11, 0.2%)

1 [11件] あいだに, 三宝であり, 取沙汰が, 差に, 會議もしくは, 義に, 耶蘇教に対する, 親しい交際, 談話し, 間に, 関係が

▼ 僧~ (10, 0.2%)

1 こちらから, それとも俗人, ならず相, また前, 何か, 修験者か, 妻帯か, 小坊主か, 教員だろう, 筍掘りを

▼ 僧~ (10, 0.2%)

4 が五六人 1 が五六人其, が賊, にし, の志, を抱き込み, を持

▼ 僧とも~ (9, 0.2%)

1 あって, いうべき尊い, 交り, 何かの, 呼んで, 少しも, 懇意に, 沙門とも, 覺しき一個の

▼ 僧これ~ (8, 0.2%)

1 と道, には大いに, に干与, は袈裟, を呼び, を接待, を聞い, を聴い

▼ 僧であった~ (8, 0.2%)

1 かどう, から三条, が少し, ことも, と聞く, ので下手人ら, カアルよ, 好き信者が

▼ 僧であり~ (8, 0.2%)

1 あと半数ほどは, ながらろくに, またその, また怪僧, 今なお, 今は, 軍僧であり, 邪濫の

▼ 僧という~ (8, 0.2%)

2 ものは 1 のは, ものほど, 姿であった, 役目が, 語が, 風に

▼ 僧などに~ (8, 0.2%)

4 尋ねること 1 びくとも, 屡, 身を, 追い廻されても

▼ 僧~ (8, 0.2%)

1 お出し, もらす惧, 向き直って, 物を, 等差を, 見向きも, 詫びた, 返すと

▼ 僧~ (8, 0.2%)

1 であるかと, です, と見るべき, にし, のほか, の中, は, はいっこう

▼ 僧あり~ (7, 0.1%)

1 その何処, てこの, てもろ手, て燕王, 城主も, 年は, 若衆あり

▼ 僧などが~ (7, 0.1%)

1 あとへ, そこで茶, その二人, 古ギリシア, 大勢し, 来て, 近くへ

▼ 僧昌住~ (7, 0.1%)

2 の, の著 1 といひし, の作った, の著した

▼ 僧たる~ (6, 0.1%)

1 ほどの者, を問わず, 其の世, 時の, 琵琶法師の, 老師が

▼ 僧といふ~ (6, 0.1%)

2 のは 1 如く三音に, 發音や, 鳥の, 鳥を

▼ 僧などを~ (6, 0.1%)

1 しばらく外, 急に, 招いて, 訪問し, 近くへ, 頼みに

▼ 僧にて~ (6, 0.1%)

31 五所うのきみと, 佛前に, 候熊野に

▼ 僧らしい~ (6, 0.1%)

2 のが 1 が武蔵, と半, 人物は, 画像が

▼ 僧一人~ (6, 0.1%)

1 の勤め, の腕, 何といおう, 居りて, 来て, 罷出右

▼ 僧二人~ (6, 0.1%)

1 あり, と語っ, も退場, をしたがえ, を真中, 立ちいる

▼ 僧~ (6, 0.1%)

5 と云 1 の語

▼ 僧空海~ (6, 0.1%)

1 が少壮, が登山, が行脚, であったろうかという, の開基, は承

▼ 僧その~ (5, 0.1%)

2 家に 1 僕に, 外それらの, 寺を

▼ 僧です~ (5, 0.1%)

2 がそれでも 1 か, ぞ敵, と教

▼ 僧~ (5, 0.1%)

2 のだ 1 のである, ので何, ので国太郎

▼ 僧など~ (5, 0.1%)

1 だの, である, 一人だ, 暇多い, 題せる

▼ 僧なる~ (5, 0.1%)

1 が五月, ものの, や目, 佛源禪師の, 程昔寂昭法師

▼ 僧に対する~ (5, 0.1%)

2 多少の 1 一つの, 信長の, 称呼である

▼ 僧~ (5, 0.1%)

1 などもちらほら, にし, にもかなり, の書, の植ゑのこした百合

▼ 僧~ (5, 0.1%)

1 であるから, にもキリスト, の名, の集會, は韋紐天

▼ 僧~ (5, 0.1%)

1 がそれどころ, の命乞い, の無, の食べる, の食器

▼ 僧~ (5, 0.1%)

2 俗の 1 俗と, 俗といった, 甘

▼ 僧~ (5, 0.1%)

2 には自ら夜半 1 に婦女, のムロ, の制

▼ 僧~ (5, 0.1%)

2 を被 1 と中等, を戴かしむ, を戴き

▼ 僧綱たち~ (5, 0.1%)

4 の考 1 の考え

▼ 僧行基~ (5, 0.1%)

1 が圧三昧, が奈良, が誨, のひらく, をお召

▼ 僧~ (5, 0.1%)

2 俗の 1 俗, 俗を, 俗破戒の

▼ 僧だけは~ (4, 0.1%)

1 まだかつて牛若, 再び祝福, 到底むつかしい, 流人資朝の

▼ 僧にな~ (4, 0.1%)

2 つてから 1 つて僧院に, つて自分で

▼ 僧伽梨~ (4, 0.1%)

3 と言 1 と言う

▼ 僧~ (4, 0.1%)

1 の夕, の夕べ, の鐘, の鐘鳴り

▼ 僧夫婦~ (4, 0.1%)

1 と自分, と花嫁, と門前通り, のよう

▼ 僧帽弁~ (4, 0.1%)

1 がいつも, に穴, は常に, ばかり気

▼ 僧文覚~ (4, 0.1%)

1 が荒行, です, はひたぶる, をし

▼ 僧~ (4, 0.1%)

1 のこれ, の四句, は月照, また同志

▼ 僧統一系~ (4, 0.1%)

1 あり, の宗教, の非理, は決して

▼ 僧からも~ (3, 0.1%)

1 伝へられたらうと, 山役人の, 御推挙

▼ 僧こそ~ (3, 0.1%)

1 他ならぬ, 父の, 風光明媚なる

▼ 僧この~ (3, 0.1%)

1 ついでに, 僧と, 緑と

▼ 僧~ (3, 0.1%)

1 へやつ, へ出, へ殘

▼ 僧であっ~ (3, 0.1%)

1 て京都, て反対, て寺内正毅

▼ 僧でございます~ (3, 0.1%)

1 が只今此, が是, 地神という

▼ 僧とに~ (3, 0.1%)

1 歸依し, 現われお, 絡んだ一場

▼ 僧と共に~ (3, 0.1%)

1 佛書の, 坐って, 焚殺された

▼ 僧などと~ (3, 0.1%)

1 十二三の, 思われましては, 比べて

▼ 僧などの~ (3, 0.1%)

1 にわかな, 乾いた音色, 宮方臭い

▼ 僧などは~ (3, 0.1%)

1 平凡な, 院の, 駕籠に

▼ 僧なども~ (3, 0.1%)

1 まだまだ禅, 呼んで, 在ること

▼ 僧なり~ (3, 0.1%)

1 しかるにかく浅間, しや, 身を

▼ 僧なれ~ (3, 0.1%)

1 ばもちろん, ば年毎, ば恐ろし

▼ 僧ひとり~ (3, 0.1%)

2 にさせ 1 連れず片田舎

▼ 僧より~ (3, 0.1%)

1 始め中世最大, 小僧の, 最も渠

▼ 僧よりも~ (3, 0.1%)

1 かえって尊く, 侍に, 坊守りが

▼ 僧らしく~ (3, 0.1%)

1 もない, 本能寺の, 簡単に

▼ 僧を通じて~ (3, 0.1%)

1 こっそり呼び出した, 叡山その, 補修し

▼ 僧了普~ (3, 0.1%)

1 が事, の事, は三箇所村棲雲庵

▼ 僧伽補~ (3, 0.1%)

1 多跋摩, 多跋摩王, 多靺摩

▼ 僧~ (3, 0.1%)

1 などの赤い, の天辺, を戴き

▼ 僧小僧~ (3, 0.1%)

1 でこの, は屏風, をかり集め

▼ 僧~ (3, 0.1%)

1 に次いで, の制, は文字通り僧侶

▼ 僧景淨~ (3, 0.1%)

1 といふは徳宗, と協力, は長安

▼ 僧智現~ (3, 0.1%)

2 の名 1 と言った

▼ 僧月江~ (3, 0.1%)

1 が, である, の跋

▼ 僧来り~ (3, 0.1%)

1 婆の, 富家に, 食を

▼ 僧混外~ (3, 0.1%)

1 が蘭軒, も亦, を金輪寺

▼ 僧生活~ (3, 0.1%)

1 の修道者, は十数年前, を営んだ

▼ 僧~ (3, 0.1%)

1 こそまことに, という若い, の偉大さ

▼ 僧~ (3, 0.1%)

2 や李景讓 1 の如き

▼ 僧~ (3, 0.1%)

2 を聽 1 のこと

▼ 僧~ (3, 0.1%)

2 山を 1 山の

▼ 僧あら~ (2, 0.0%)

1 はれ来て, ば青竹

▼ 僧~ (2, 0.0%)

1 二人じゃ, 約束の

▼ 僧かと~ (2, 0.0%)

1 思えば, 見れば

▼ 僧じゃ~ (2, 0.0%)

1 ありませんか, ないか

▼ 僧~ (2, 0.0%)

1 彷徨へる, 法師の

▼ 僧たり~ (2, 0.0%)

1 し時, 聖母を

▼ 僧といった~ (2, 0.0%)

1 ことが, 廿四五の

▼ 僧とが~ (2, 0.0%)

1 やや荒廃, 支へ

▼ 僧としての~ (2, 0.0%)

1 先生は, 出現が

▼ 僧とともに~ (2, 0.0%)

1 先に, 泣いたの

▼ 僧とを~ (2, 0.0%)

1 照した, 追い払った

▼ 僧ども五三人一斉~ (2, 0.0%)

2 に声

▼ 僧なぞは~ (2, 0.0%)

1 シアワセでございます, 忘れて

▼ 僧なら~ (2, 0.0%)

1 なりたての, ば不品行

▼ 僧ほど~ (2, 0.0%)

1 幸福な, 肥えたちゅう諺

▼ 僧また~ (2, 0.0%)

1 汝が, 豕箱隠れの

▼ 僧むき~ (2, 0.0%)

2 直る祝福

▼ 僧~ (2, 0.0%)

1 が, がまた

▼ 僧をば~ (2, 0.0%)

1 あるいは拳, 拳が

▼ 僧を以て~ (2, 0.0%)

1 これに, 之に

▼ 僧ムルタック~ (2, 0.0%)

1 の骸, はまことに

▼ 僧一人燈籠~ (2, 0.0%)

2 を持ち

▼ 僧三人~ (2, 0.0%)

1 すわる, 語りいる

▼ 僧~ (2, 0.0%)

1 は僧主丈正直, を頼み

▼ 僧~ (2, 0.0%)

1 雲が, 雲の

▼ 僧伽跋陀羅三藏~ (2, 0.0%)

1 が, の師事

▼ 僧~ (2, 0.0%)

1 き, せしより

▼ 僧六如~ (2, 0.0%)

1 と大原呑響, 第三

▼ 僧~ (2, 0.0%)

1 は黙礼, をなし

▼ 僧妙吉~ (2, 0.0%)

1 とが結託, の三名

▼ 僧~ (2, 0.0%)

1 く取計, く御

▼ 僧~ (2, 0.0%)

1 のもの, を主

▼ 僧寺夜半~ (2, 0.0%)

2 の鐘

▼ 僧帽脹~ (2, 0.0%)

1 る, るかれら

▼ 僧~ (2, 0.0%)

1 主人も, 吹擧に

▼ 僧心越~ (2, 0.0%)

2 の描いた

▼ 僧忠円~ (2, 0.0%)

1 の密書, は宮

▼ 僧~ (2, 0.0%)

1 全なども, 川が

▼ 僧慈音~ (2, 0.0%)

1 きわめて傑物, だのその

▼ 僧懐素~ (2, 0.0%)

2 は是

▼ 僧文観~ (2, 0.0%)

1 の返辞, も密教

▼ 僧~ (2, 0.0%)

1 へ往, ヲ玄宗ニ献ズルニ因テノ

▼ 僧无夢~ (2, 0.0%)

2 も尸

▼ 僧曰く~ (2, 0.0%)

1 この国, なお世間

▼ 僧月僊~ (2, 0.0%)

2 は乞食月僊

▼ 僧沢庵~ (2, 0.0%)

1 の推薦, も逝去

▼ 僧珠全~ (2, 0.0%)

1 が一度, や美濃

▼ 僧真栄~ (2, 0.0%)

1 との事蹟, の伝

▼ 僧知良近く~ (2, 0.0%)

2 は三嶋郡村田村

▼ 僧答え~ (2, 0.0%)

2 て曰く

▼ 僧義存~ (2, 0.0%)

2 没して

▼ 僧聞き~ (2, 0.0%)

1 に來, に行つて

▼ 僧~ (2, 0.0%)

1 休が, 空上人は

▼ 僧良勝~ (2, 0.0%)

1 が女, が婦女

▼ 僧良寛~ (2, 0.0%)

1 が私たち, である

▼ 僧~ (2, 0.0%)

2 は蒼

▼ 僧蓮城~ (2, 0.0%)

1 も出, を隋

▼ 僧衆長老以下東堂西堂~ (2, 0.0%)

1 あるいは老若, あるひ

▼ 僧~ (2, 0.0%)

1 ていられる, て諫

▼ 僧親鸞~ (2, 0.0%)

1 を注視, を見る

▼ 僧~ (2, 0.0%)

2 ふ東大寺

▼ 僧~ (2, 0.0%)

1 も一層, 醜しと

▼ 僧~ (2, 0.0%)

1 と戦う, や中島砦

▼ 僧~ (2, 0.0%)

1 も聞き入れ, を詛う

▼ 僧通り~ (2, 0.0%)

2

▼ 僧~ (2, 0.0%)

1 ならば, を宮中

▼ 僧道衍~ (2, 0.0%)

1 あり, は死生禍福

▼ 僧鉄翁~ (2, 0.0%)

1 との江, と同じく

▼ 僧~ (2, 0.0%)

1 という, 斎一食なり

▼ 僧~ (2, 0.0%)

2 羅本の

▼ 僧~ (2, 0.0%)

1 をし, をした

▼ 僧~ (2, 0.0%)

2 より袈裟

▼ 僧~ (2, 0.0%)

1 であつ, の儘

▼ 僧~ (2, 0.0%)

2 足駄を

▼ 僧高儒和哥書画~ (2, 0.0%)

2 の人

▼1* [493件]

、匁の字, 僧ありてたがひ, 僧あれば思い込ん, 僧よ, 僧いう晨を, 僧いっちょうやって, 僧かがその称呼, 僧かつて犀川と, 僧かとも考えられた, 僧かも知れないね, 僧からの葉書が, 僧がかった人とは, 僧がらずにい, 僧がをられましたか, 僧こそは文観その, 僧ことに空也上人という, 僧さえいれば, 僧さえもキリスト教との, 僧さんじゃござんせんか, 僧さん何の用だい, 僧しばし小首を, 僧じみた風貌の, 僧すなわち声聞僧で, 僧すら出たの, 僧するありさま真に, 僧そして第三, 僧その他キリスト教を排斥, 僧それなる女, 僧それ自らを滅ぼす, 僧そんな人たちで, 僧たちそれぞれも家, 僧たち失礼があっ, 僧たち寺に舁き入れぬ, 僧たち尼君の召使い, 僧たる者は人, 僧だけが頼もしい人, 僧ださうだよ本願寺, 僧だったが平, 僧だの公卿を, 僧ふ語, 僧でありますとその, 僧であれば勧進帳, 僧でさえも一朝の, 僧でしょうかあれ, 僧とか云うの, 僧とかの女との, 僧とかは世間に, 僧とこそならめ, 僧とて安閑として, 僧とで人を, 僧とのみ見て, 僧とやらがほんとうに, 僧ども帰りて後仏, 僧ども皆神の業, 僧ども経を捧げ, 僧なき宗団が, 僧なく柴あれ, 僧なぜお止めなさる, 僧なぞの出たりは, 僧などから野良犬だ, 僧などで忌中を, 僧などにも命じて, 僧などへお目, 僧なりきまた法王, 僧なんかは背骨を, 僧において拙者の, 僧にかけても誓い申すべきや, 僧にこそすべきなれと, 僧にても出て, 僧にでもきけば, 僧にとつては, 僧にもをさ, 僧にやありけんよ, 僧によって確認され, 僧に対し口を, 僧に対して何か, 僧に関する屍光現象に, 僧のてまえお互い, 僧のみであった, 僧のみは俗化し, 僧はごりがんの, 僧はじめほかの房, 僧はと水の, 僧はにぢり, 僧はのッそり, 僧ばかりでは, 僧ばかりが目の玉を, 僧ばかりに来て, 僧ひとり縁にうち, 僧ふたりの亡骸, 僧への供膳の, 僧まして近頃は, 僧まず食いに, 僧まで寝泊りする, 僧までが申しおるとは, 僧までも集めて, 僧みたいだが, 僧もはやそな, 僧やや寒く寺, 僧やら武士やら, 僧よびさます春の, 僧らしくしている, 僧ら清らなるテノール, 僧ら驚き見るに, 僧わらわも僧, 僧アルベリーゴなりよから, 僧オルガンチノ及びフロエー, 僧カアルの運命, 僧カタラーン之を見, 僧カヴアニュスが瑞典, 僧ガーピョンの一六八八至一六九八年間康煕帝, 僧ゴミータといひ, 僧ジャービョン西韃靼に使, 僧セラビオンは群集, 僧セーラブ・ギャムツォ師もやはり, 僧ヂョン出る, 僧ト成ツテ正法ヲ弘持ス, 僧ト為テ心了セザルコトヲ僧ト為テ心了セバ総テ僧ニ輸セン, 僧ト為テ心了セザルコトヲ私は若い, 僧ト為テ心了セバ総テ僧ニ輸セン, 僧ナドノ別ニ人里ニ構ヘ置ク住家, 僧ニコラス・デル・テコの, 僧パイーシイ神父が強い, 僧パレンニムは王立学会, 僧ビイメンの教, 僧フィリレイウスはこういう, 僧ブレイスに救, 僧ブレイス之を豫知, 僧プラノ・カルピニの記, 僧プレマアルは同, 僧マドリド司僧の白骨, 僧マドリド教主の遺児, 僧マホメット教僧侶彼らが増加, 僧マホメット教行者ギリシャ修道者マホメット教隠者シャム仏僧マホメット教僧侶彼らが増加, 僧マホメツトも甚, 僧モリイシャから離れます, 僧モリノスの画像, 僧ヨシフがイワン・フョードロヴィッチ, 僧ヨシフ師が叫んだ, 僧リンチェンラマより頂いた, 僧ルイズの渾名, 僧ロレンス法師の庵室, 僧ヲ使トシイニシヘノ傍輩ナリ一命ヲ助, 僧ヴァサファンタはサン・ジェルマン伯, 僧一人声明研究の為, 僧一人村の童, 僧一人観海寺の和尚, 僧一人鐘の主, 僧一木偶を案上, 僧一行異術, 僧一類に関する記録文書, 僧七百歳というの, 僧三お茶をついで, 僧三人親鸞と語りいる, 僧三十二人と尼二名, 僧三十人を野寺, 僧三千四百人なり, 僧三名のうち二名, 僧三日と住, 僧より來, 僧且つ雄弁家で, 僧世話人三味線賑かな参詣者, 僧に卑し, 僧主丈正直な者, 僧主官許を得, 僧九人を選び, 僧しが, 僧也婆者初也, 僧あるに, 僧二三立ち上がる, 僧二三人蝋燭を把, 僧二人グリップ村の屠, 僧二人怪しげなる喇叭, 僧二十一人を度, 僧と怯, 僧人たちの薔薇, 僧人となり驢となり, 僧人書の病が, 僧人茶人文人自らその選ぶ, 僧人魯智深ヲシテ菜園, 僧今日より仏罰, 僧仏教僧マホメット教行者ギリシャ修道者マホメット教隠者シャム仏僧マホメット教僧侶彼らが増加, 僧以下あまたな僧, 僧伊勢詣して, 僧伊斯遠く玉舍, 僧が訳した, 僧会員に物理学者パオロ, 僧伝痴婆子伝牡丹奇縁如意君伝桃花庵品花宝鑑意外縁殺子報, 僧伽婆尸沙と云, 僧伽婆尸沙罪たりという, 僧伽婆尸沙者僧伽者僧也婆者初也, 僧伽梨幾領かを以て中, 僧伽者僧也婆者初也, 僧伽補多の六字, 僧伽跋摩と云, 僧伽跋澄の音訳, 僧の, 僧をなさいます, 僧何時の間にやら飛付い, 僧何某には美しい, 僧佛源禪師空性禪師佛智禪師等いづれも, 僧りて, 僧供講説などのしばしば, 僧供養になるべし, 僧侠女侠のたぐい, 僧俊寛の山荘, 僧信海勅を奉じ, 僧個人として宗治, 僧の反感, 僧光仁が草鞋, 僧光勝は, 僧光淨さんの死, 僧宋し, 僧入朝の時, 僧全体の責任, 僧六人に舁かせたる, 僧六人仏壇の前, 僧六如上人の, 僧六百人を招い, 僧兵燹をのがれ, 僧にはいり, 僧円珍が小さい, 僧凶夢を苦, 僧出かけて, 僧出來り明日, 僧の肖像, 僧列兵仗の堵列, 僧剛嶽江戸で西村, 僧加賀見忍剣と申す, 僧勝暁の式, 僧勝楽が死んだ, 僧して, 僧十一名弟子僧数十人生ける羅漢図, 僧十七人玉作人画師彫仏, 僧即ちフランチェスコ, 僧及烈に關, 僧友月と共に満, 僧友松という者, 僧取扱方之儀伺, 僧口調である, 僧註曰此等の, 僧同様日本国中を行脚, 僧名宗参との事, 僧ひには, 僧周鳳あり文正, 僧や司祭者, 僧善達吉田焼打の悲愁嗚咽, 僧四十余人も数えられ, 僧常に逢, 僧国武国廟国幕府これがみな, 僧團全員の出席, 僧團外のもの, 僧翠微, 僧垤利阿利, 僧埋められたか, 僧を改築, 僧城時代の地下窖, 僧降石潭龍, 僧大いに怨みわれ暇, 僧大典禅師に語つた所, 僧大徳寺の和尚, 僧天一を片付, 僧天海以上の怪物, 僧天狗より伝わった, 僧天知君を訪ら, 僧妻子を蓄, 僧始終でなくて, 僧姿の密使, 僧の尼君, 僧学者諸々の技術家, 僧宗叡は帰朝, 僧宗弼を以て藤房, 僧宗旨の儀, 僧に入る, 僧の三宝, 僧僧の, 僧実は鈞州白沙里の, 僧と対する, 僧室一方は客室, 僧宥長出牢し愛宕下円福寺, 僧密林師犬養翁また私, 僧寧恕の配下, 僧の頭脳, 僧尊者もしかの, 僧小猿を伴, 僧少し所存あり, 僧居暁は博物, 僧屍光それがことごとく, 僧に共通, 僧工人等の活動なぞ, 僧の詩, 僧師弟の助力, 僧をしめる, 僧羅漢は, 僧帽弁狭さく症といふ病気, 僧帽弁閉鎖不全というそう, 僧帽鞋剃刀一々倶, 僧をし, 僧当山のなど云, 僧往きて訳, 僧往年本山に住, 僧徳洪妄云ふ更, 僧ぼそげに, 僧心敬が, 僧心越杉浦琴川幸田親益宿谷空々新楽閑叟, 僧忍剣はだんだん, 僧応文たり, 僧怪しみて熟視, 僧恵瓊という者, 僧慈悲心鳥とも言, 僧慈覺大師が徳, 僧慧海がお, 僧慶政の随筆, 僧成しが或, 僧は比丘, 僧我昔ボローニアにて鬼, 僧我殿御かへしてた, 僧或いは蒲, 僧では同日, 僧所謂師の房ら, 僧で払, 僧托鉢して, 僧わり度いは, 僧摩利信乃法師等と云う, 僧摩羅難陀, 僧支那より伝来, 僧の, 僧数十人生ける羅漢図, 僧数千も加わり, 僧数百人を招請, 僧敷居ぎわへ一通, 僧文雄の, 僧を儲けた, 僧断れ通してはならん, 僧斯植の一片月光涼, 僧漢人日文を, 僧族貴族主族の手合い, 僧日吉神社の巫女, 僧日明が見附け, 僧日當が延命院, 僧日蓮の事蹟, 僧日観だけ駒, 僧日野賢俊にむかい, 僧日野賢俊御坊にお, 僧明恵が栂, 僧明極だった, 僧明極等は主として, 僧時代の若い, 僧普伝と最初争い, 僧景戒が著した, 僧智通は常に, 僧曇徴の筆, 僧曰く国教宗は二十六人, 僧曰く年九十余今た, 僧最澄は唐土, 僧最澄茶の種, 僧だの, 僧月江撰の嵯峨樵歌, 僧月照の忠実, 僧有りけり件の, 僧有隣という者, 僧朝舜の知人和田某, 僧来らば必ず, 僧来るをこの, 僧松陰の私記, 僧栄西が支那, 僧栄西入宋し天台山, 僧検挙事件あり, 僧極めて犬を, 僧こそ, 僧の暴意, 僧権論者などが王政主義者, 僧次第に正法を, 僧の中, 僧正すがたを, 僧正義淵には法師, 僧正覚宗の談, 僧武者輩とは誰々, 僧にかの家, 僧毘尼を毀謗, 僧気どりのうやうやしく, 僧水晶のじゅず, 僧河口の埠頭, 僧法華滅罪の寺, 僧の本寺, 僧涌蓮が故, 僧深き池の, 僧渇する時鉢を, 僧湯殿山に籠り, 僧源清の事, 僧溥洽というもの, 僧蔵主で, 僧玄慧で花園, 僧玉澗等があつ, 僧玉産と云, 僧珍賀といふ者, 僧理修の開創, 僧理鏡に会っ, 僧用意の米袋, 僧畫僧は超然と, 僧病人は何処, 僧癩可これを用, 僧百二十八人招に応じ, 僧な忍耐力, 僧を剥出, 僧約して, 僧真済が唐, 僧眠り疲れて, 僧社会に, 僧が出, 僧阿と, 僧祠官等歌よみて奉りたれば, 僧を与えるです, 僧禅宗にし, 僧禪僧も皆, 僧禪鑑が英祖王, 僧子雲水など, 僧は錫杖, 僧童七十四名堂塔三十宇七堂の荘厳, 僧等持念修行城中城外亦建鎭國念誦道塲, 僧がいずれ, 僧の諷誦, 僧経文および誓文, 僧続いて飛び出す, 僧美女はここ, 僧美女目明しの文吉, 僧羽織袴にて出, 僧僧, 僧聽きが近來急, 僧胤栄は上泉信綱, 僧能治非一二三人, 僧のない, 僧にかへりぬ, 僧舎二百戸に坊さん, 僧というの, 僧般若が訳し, 僧良弁のため, 僧若衆たちに気, 僧虚中の伝, 僧虚榮の念, 僧蝋燭の火, 僧衆香煙金襴さぞ目ざましい, 僧行こうとする, 僧行化して, 僧行恵という者, 僧行教などのさかしら, 僧袋中が, 僧覚善に至っ, 僧覚猷が映画監督, 僧話して居る, 僧證信の名, 僧護竜宮に至り, 僧を行く, 僧輩反抗もっとも烈しかっ, 僧輩無事に食い, 僧連茂と廃立, 僧道巫覡の徒, 僧道慈が建てた, 僧道慈律師が奈良, 僧道照和尚遷化して, 僧道謙は, 僧道鏡の貶せられた, 僧遠く一葉し, 僧邪濫の輩, 僧都下の富豪, 僧酔うて友, 僧釈梅仙を請, 僧鉢羅竜王までが一つ, 僧であった, 僧だの康孟詳, 僧鐵眼によつて爲, 僧長一人教正十六人坊僧一千九百四十七人尼一千九百七十五人あり, 僧雑人十数名を殺傷, 僧霊仙のこと, 僧青松の蔭, 僧静かに度, 僧を新た, 僧頗る懇篤引き, 僧の典型的模型, 僧頭巾をかぶった, 僧頼源や二, 僧のゆがんだ, 僧実は北条高時, 僧願山主税之助, 僧願山諸共多年の積惡遁, 僧駒込世尊院の住職, 僧騒動す仏象護, 僧驚いて目, 僧高士が死, 僧高泉は文宣王, 僧魔法に精しき, 僧鶴亭と云, 僧龍門の報告