青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「僕ら~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~働い 働い~ ~働き 働き~ ~働く 働く~ ~像 像~ ~僕 僕~
僕ら~
~僧 僧~ 僧侶~ ~儀 儀~ 億~ ~儘 儘~ 優~ ~優しい

「僕ら~」 1292, 13ppm, 8587位

▼ 僕ら~ (398, 30.8%)

6 それを 3 今の, 何も 2 きのこ山を, ここに, この島, そんなもの, 丁度いま, 僕らの, 天罰を, 彼に, 氷に

1 [368件] あくまでも尊き, あなたが, あの危険, あの犬, あるふしぎ, あんた達左翼の, あんな絵, いいです, いい生活, いつのまにか博物館, いつ浪, いまあら, いま太子に関する, いろいろな, うまうまと陳さん, うろうろし, お互いに, お互に最も, かういふ四畳半, かかる再生, かつて僕ら, きょう千載に, ぐうぜんの, ぐずついて, こういう静かさ, こうし, こうしちゃいられない, こうして五年間, ここで, ここを, このま, このまま, この三勇士, この不幸, この家, この白い, この車, こんなよう, こんな筈, こんな詰まらない, さんざん悩まされた, しかしこの, しばし休ん, じっとし, すぐ人, すっかり気, すっかり浮かれ, すでに妙, そういう心, そう思ってた, そう為, そう無, そこで, そこでじやんけんする, そのまえ, その一つ, その上, その下, その人, その勢い, その墨絵, その幻想, その時眞劍, その理想, その飼い主, それが, それは, そんな不潔, そんな人間ども, ただ叩かれた, ただ文字上, ただ河童, だまつて立つ, ちゃんとドア, ちょっと神聖同盟, とうとう潮, とてもいっしょ, どうすれ, どうだって, どうでも, どうも早起き, どこかの, どこに, どこへ, どこまでも, どっちかな, どんなこと, なぜ芥川, ならんだ, なるべく素振り, なんという, なんど同じ, のらくら書生, びっこをひきひき深谷まで, ほの暗い電燈, ほんとうに, ほんとに自分, ぼんやりたたずんだ, まさにデテルミニスト, またくる, まだ, まだ交, まだ若い, まアやっと, みな金を, むりやりに, めぐるだろう, もうその, もう学生ぢ, もう少しでも, もう左翼, もう後手, もう敗軍, もう絶望, もう非合法, もつとも深く, もはや昔, やす子が, やっと三分の力漕, やはり東洋人, やられるよ, やりきれやしない, よくヒイキ, ウナギを, エズイタ派の, ギリシアへ, コリました, トックの, トランプを, ハンドルを, バタクランに, ヨーロッパで, ヴェネチアに, 一体何, 一体生まれつき泥棒猫だったろう, 一分間という, 一度噴火口, 一応それ, 一應知つてゐ, 一日海を, 一睡りしよう, 一足も, 一飛びに, 上の, 上陸した, 下に, 不死鳥です, 不相変教場内, 世界の, 世紀の, 二人きりに, 二度も, 二時間とは, 二百浬ほど, 云いまた, 人間の, 今ごろこんな, 今一切残らず, 今度の, 以上でも, 休んでる者, 体の, 何げなく, 何に, 何の, 何を, 何んと, 何時間眠つてゐた, 余程用心, 例によ, 信用を, 借着に, 停止し, 僕と, 僕らだけで, 僕らとしての, 先ず中国, 全くの, 全く不意, 全体として, 凡庸だ, 出発した, 刑事じゃ, 初冬の, 助かりましたよ, 助かる, 助る, 勝って, 博物館の, 危怪な, 只眺め, 叫んだで, 叫んだでしょう, 各自の, 同じ党派, 君と, 君を, 善悪は, 四年とか, 土戸の, 土竜の, 夜を, 夢を, 大原に対して, 大急ぎに, 大旅行, 天才じゃね, 夫婦し, 奴らだけじゃ, 姦婦である, 学生だ, 宝塚中劇場を, 実に第, 実践しちゃった, 実際を, 実際逃げ出さない, 實の, 将に, 小かめ, 小さかった, 小口の, 小説も, 少しは, 少し冒険, 少し黙り過ぎる, 屡々接客, 山形の, 巴里で, 帰ったん, 帰らないと, 帰れるん, 引き上げようとして, 強味だ, 彗星に, 彼らが, 復讐されます, 思い止まらんだろう出掛けて, 思わず顔, 急ぎますから, 恋人どうしじゃ, 恋愛の, 愉快で, 愚かな, 感傷を, 戦争を, 戦前まで, 手を, 探さなくちゃ, 探偵じゃ, 撞木を, 救われるぞ, 敵いません, 文部大臣を, 断じてそんな, 新しい音頭取り, 新らしい, 新らた, 旅の, 旅人だ, 既に忘れられ, 日本で, 日本という, 日本に, 日本を, 日本人です, 日本式に, 明日から, 時々この, 書類を, 最初の, 望遠鏡で, 東京の, 東洋乞食と, 根の, 根本に, 梃子の, 機関部の, 次郎君が, 武田博士に, 武田博士の, 毎日, 毎日生き, 淺草に, 漬物の, 火かげの, 無断で, 牛肉屋へ, 犬死にを, 犯人を, 猿です, 猿轡を, 玄関の, 甘んじて, 生きる道, 甲板の, 留任運動を, 異口同音に, 當然な, 疲れきって, 発見者と, 百人分の, 皆一緒の, 皆君を, 皆小手しらべ, 皆日本海海戦の, 皆頸を, 眠れなくなるん, 知らなかつた, 知らぬ顔の, 知られて, 知らんぞ, 短艇を, 秋川駿三という, 穀類と, 突然の, 窓際の, 立たされて, 第一, 笹田執事に, 等しく神, 箸を, 組織を, 絶えずその, 老人も, 考えて, 腰の, 自分が, 自分に, 自分の, 自費で, 芥川の, 芥川を, 芥川芥川夫人との, 若くて, 苦しかったり, 茶碗を, 葛卷に, 被害者同士な, 裸体に, 製作の, 見に, 言って, 警察から, 警察に, 豊かに, 負けたという, 資本主義經濟の, 賢こく, 起きた, 足を, 跛行者の, 追っつけたもの, 逃げだせるの, 逢って, 遍路を, 道を, 道也道也って, 遠慮を, 酒を, 金が, 随分探した, 難しいところ, 馬車馬の, 馬鹿でした, 高橋警部の, 鬪爭の, 鵠沼で, 黙ったまま一言

▼ 僕ら~ (371, 28.7%)

7 国の 5 持って, 方で 4 ような, ように 3 いわゆる弥次, 方が, 顔を

2 [25件] ために, やうな, 一生も, 乗って, 仕事でも, 仲間では, 仲間は, 使ふ, 前に, 味方に, 家に, 家の, 年齢に, 弥次に, 所に, 文学の, 方を, 時代の, 求めるもの, 生きて, 生活は, 眼に, 眼の, 船が, 頭に

1 [287件] いる事, いわゆる弥, いわゆる詩人, うしろからは, うしろで, うちの, おめでたさ, おも, ことを, この旅行, こわいの, ごときは, して, しばしば語り合った, じっと立っ, すさびこと, すること, する事, せまい身, その時, その時代, そばを, たづさはつた仕事, ための, ちっぽけな, ちょっとしたこと, ときだ, とって, どんな経験, はいって, はいてる靴, は生きる, ふところぐあいに合わない, ほうに, まちがいだ, まつ部屋, もつ魅力, ものに, も動かす, やうに, やりとりを, ようです, イライラ不愉快, ジェネレーションです, ジェネレーションを, ダンス場へ, チームも, ボートだ, ラテン語教師ジャアク先生の, 一年は, 一番困る, 一緒に, 上で, 上に, 不思議な, 中には, 中の, 中学は, 主人で, 云う事, 人生について, 今の, 今までの, 仕事に, 代表で, 仲間で, 仲間の, 仲間入りした, 仲間入りを, 住居には, 作って, 作品が, 作品は, 信仰や, 俳友の, 倚る, 健康状態が, 傍に, 傍へ, 傍まで, 先廻り, 先生は, 先祖は, 光の, 分, 分が, 前で, 前へ, 創作昂奮は, 力が, 努力し, 動きの, 動靜を, 原稿が, 友だちの, 友人ダンチョン君を, 受取った札, 口を, 古典主義といふ, 古典主義の, 古典主義は, 同じ仲間, 同じ心, 同志何十人何百人もの, 同意も, 向って, 否でも, 周囲に, 周囲には, 周圍には, 嘆賞を, 囁きを, 国だって, 國の, 土が, 地図を, 地方じゃ, 外国へ, 多くの, 大むかし, 大衆性な, 大體書齋人, 天性には, 太子奉, 失望と, 奇妙な, 姿を, 学問は, 学術上で, 宅ほど, 家でも, 家とは, 家庭生活は, 小舟ばかり, 少年時代の, 尽力した, 工場を, 巻添えには, 希望であり, 幼少年時代つまり, 弥次に対して, 弥次は, 後を, 從軍行などは, 心は, 心を, 志願たる, 念願では, 思惑と, 恋だ, 想像では, 想像以上の, 意識が, 感じだすもの, 感じて, 感を, 感激は, 感覚によって, 態度に, 慰めは, 憎み合い嫌がらせ, 手から, 手には, 手帳には, 手紙を, 手足を, 手近かの, 持つ樣式, 採る文献価値, 探検の, 故郷の, 教会の, 敵だ, 敵です, 敵手は, 方でも, 方でもね, 方の, 方は, 方へ, 方向し, 旅舎の, 日常生活の, 日本人が, 日本人は, 時と, 時の, 時代には, 最も希望, 最初の, 最大の, 木彫の, 本を, 机に, 村には, 来方, 東北地方は, 東洋にだって, 概念には, 様子を, 権利だ, 歩いて, 歩かないところ, 気分としては, 気持は, 水神丸だ, 水遁の, 求めて, 汽車を, 泣きどころを, 注意を, 注目すべき, 準備だった, 無知の, 状態は, 現實主義, 球を, 生命は, 生命力は, 生活の, 生活を, 登ったの, 目には, 目の, 眼には, 眼は, 眼前で, 知ったこと, 知ってる一人, 知らないこと, 知らない何もの, 知識は, 研究所には, 祈りなど, 私情を, 立って, 立派な, 答案を, 粗雜, 経験の, 結婚を, 結婚生活は, 義務みたいな, 考えとは, 考え方行ない, 肉體の, 背後に, 自意識は, 舟を, 船の, 芸者だ, 若い頃, 若き日, 荷物と, 行った夜, 行動を, 行届かないこと, 見て, 見張りを, 親友だ, 言ふ, 詩人は, 話を, 誇りだった, 誠が, 足音や, 跫音に, 踊りは, 身ぢかに, 身ぺんは, 身分では, 運動の, 運動は, 道徳が, 部屋の, 部屋へ, 野心とは, 間に, 防空壕で, 隊へ, 階級さ, 階級の, 順だ, 頭の, 頭は, 風采ばかりを, 鵠沼生活といふ

▼ 僕ら~ (159, 12.3%)

2 彼の

1 [157件] あの位もの, あの室, あの洞穴, あまり本, あまり神経質, いかに君たち, いかに心配, いっしょに, いつそんな, お代先生と, かけあるいて, くすぐること, こうしてここ, こうしてパリ, こうして博物館, ここに, ここの, この世界, この開口, この雌, これから向かおう, こんなもの, さういふ要求, したらしいそして, しよう, すっかり安全, そっちへ, そのため, そのとき, その夜, その工場, その跡始末, それに, そろそろ歩い, そんな事, ためらふところ, ちょいと, ちよいちよい買う, つけたこの, どこかで, まあ乗っ, まごつき初めて, まだ小学校, まだ札幌, めんくらつて五里霧中で, もう肉体, もって, やす子を, やはり同, やるの, やるん, ジッと, チフスで, バックする, ラツール記者を, 一人の, 三人ぐらい, 上諏訪を, 二つの, 二十歳に, 云つたつて始まらない, 五年生だ, 人の, 今いた, 今こうして, 今どの, 何と, 何も, 何故口, 例の, 保障しよう, 借りるべき多く, 僕らの, 入って, 出かけたあと, 初めて中学, 前に, 力を以て, 助けられるという, 参って, 反対すれ, 合ことばの, 命を, 変るよりも, 多少の, 夢から, 大酔の, 夫と, 始めて, 子供の, 学生時代に, 守護し, 家賃払う, 尋問の, 小學, 帰らないんで, 帰るまで, 幸福に, 幼少に, 弥次り出した, 忘れて, 思わず顔, 払うの, 抱いて, 持って, 持ってる良心, 旅行から, 既にこの世, 日華の, 昔よく, 暴力を, 書きはじめた時代, 来たから, 来た時, 来てから, 東京で, 死ぬという, 毎日觸れ, 水晶の, 泥棒猫であった, 海賊に, 渡ろうという, 特に畫期的, 玄関に, 現認, 白人以下の, 白鳥会員であった, 知つ, 知ろうはず, 砂丘の, 秋川邸に, 立って, 組織的に, 考えても, 行って, 表面リアリスチックである, 西洋を, 見たの, 見のがしたはず, 見張りを, 詩や, 話し終ると, 調べた後, 警察へ, 警察官の, 負担し, 超現實主義, 迎いに, 迷宮に, 追っかける跫音, 這入るや, 運ぶん, 道具を, 降りて, 食べたやう, 食べて, 飯でも

▼ 僕ら~ (61, 4.7%)

3 言つては 2 しても, 對し, 話して

1 [52件] あてがうの, お説教, かかって, かまわずここ, こう言われる, したって, したつて, して, しのべる, そんなこと, どうしてそれ, なし得るところ, なにか不吉, なにが, はなしかけ, ふりかかって, ぶら下る重み, よれば, 一番不思議な, 云えますかね, 任せ給え未来, 会って, 会釈を, 作用する, 元氣, 判らんね, 反感や, 向つて, 告げて, 媒妁人を, 少し鬼門, 新築は, 椅子を, 比して, 熊の, 理解させ, 痛切に, 直接関係が, 相談なさい, 示した上, 神経戦を, 紹介した, 聞かせて, 與えられたの, 與へたには, 見せて, 見せるつもり, 訊ねました, 説明した, 貸して, 電流の, 馬鹿に

▼ 僕ら~ (51, 3.9%)

2 寄附は, 少しは

1 [47件] あの後ろ, いっこう知らなかった, おどろいて, かなりさう, これで, しいては, そこで暫時, その為, その考え, その話, そろそろ出かけましょう, たすかるよ, ちっとも悪い, ついて行くん, どっかへ, まだ家庭教育, まともに, 一通り揃え, 中で, 俳句だ, 共に百五号, 凡愚ながら, 嘗て芸術家, 四年生なる, 天の, 学校が, 実はその, 実はもう, 実は助かる, 家賃の, 干渉は, 心掛けて, 期限が, 木村さんの, 歌が, 歌つた歌つた, 正直に, 此頃は, 段々少い, 気がつかなかったが, 気づいて, 沙漠を, 狂人と, 現代人として, 現代生活を, 逃げると, 随分腹

▼ 僕ら~ (50, 3.9%)

3 感動させる 2 乗せて, 欺す

1 [43件] おだてても, かばいに, したい放題, しようと, その演説会, だまし得ない, つかまえて, つまみ出せの, はねのけながら, ばアルプス山上の, ひきつけたわけ, ふり返り, まあ何年かなり教育, テング岳に, 乗せた小型タクシー, 乘せ, 凍らす, 取り囲んだ, 合せた七八人, 呼んで, 四人も, 後ろに, 急速に, 戰爭へ, 河童だ, 泥棒猫扱いする, 活気づけ, 無条件に, 無言の, 煽動した, 目当に, 真物の, 裏切っても, 見て, 見ても, 見るの, 見上げたが, 迎えるため, 追って事実上海, 避けて, 集めて, 驚かせたの, 鳥を

▼ 僕らには~ (38, 2.9%)

1 [38件] あの, あり得ない, いかんです, かういふ, すこしばかり, その他に, それが, それは, ちっとも判らなかった, とれないの, まったく分らない, よくわかる, 両手でも, 人類の, 何でも, 何の, 個人の, 偉そう, 分らないもの, 分らないんでね, 分りませんよ, 厳然と, 困るが, 姉さん女房でなけれ, 始末がい, 心根が, 必要だ, 必要だった, 思いも, 恐いです, 想像出来ない, 物足りなくやはり, 直接見る, 相当面白い, 自殺さえ, 訳が, 関係なく, 難しいとき

▼ 僕ら~ (23, 1.8%)

3 いっしょに

1 [20件] あの令嬢, いうのに, おんなじくらいの, すれちがってからの, ニーチェとは, 人間の, 同じく文学界, 同じじゃ, 同じなん, 同じに, 同じもの, 同じ青春, 同じ齢, 同じ齢恰好, 大ぶ違います, 張は, 競争するだろう, 違うね, 雖も, 離れたところ

▼ 僕ら二人~ (23, 1.8%)

2 は同じ

1 [21件] だけでやらなく, でもいい, という足手, には用, のとき, の手, の留守中, の連名, の間, はお互い, は下手糞, は最初, は歩い, は茫然, は赤児, は風, も何時, をなるべく, を指差し, を結びつける, を見くらべ

▼ 僕らから~ (7, 0.5%)

3 見ると 1 十列ばかり, 昼飯を, 理想が, 逃げ廻っても

▼ 僕らにも~ (7, 0.5%)

1 ちっとは, 問題です, 少し分け, 最初の, 無理は, 相当の, 自分らにも

▼ 僕らにとって~ (4, 0.3%)

1 他人事, 異常な, 究極の, 聖母マリアであり

▼ 僕ら三人~ (4, 0.3%)

1 にピッタリ, はこの, は沼, を包ん

▼ 僕ら日本人~ (4, 0.3%)

1 の問題, の考え, はギリシア人, は警察官以外拳銃

▼ 僕らだけ~ (3, 0.2%)

1 であと, では, 泳ぎに

▼ 僕らだって~ (3, 0.2%)

1 あの人, ばかを, 勤めを

▼ 僕ら~ (3, 0.2%)

1 いうと, やろうじゃ, 論じ明し

▼ 僕らにとっては~ (3, 0.2%)

1 ただの, まだキリスト, 生々と

▼ 僕らぐらいの~ (2, 0.2%)

1 人間は, 給仕が

▼ 僕らでも~ (2, 0.2%)

1 ないの, むかしは

▼ 僕らに対して~ (2, 0.2%)

1 何らの, 社会が

▼ 僕ら五人~ (2, 0.2%)

1 に宣言, は中

▼ 僕ら囃し~ (2, 0.2%)

1 てやらう, てやろう

▼ 僕ら母子~ (2, 0.2%)

1 が新た, に向っ

▼ 僕ら自身~ (2, 0.2%)

1 の苦境, もつと

▼ 僕ら若い~ (2, 0.2%)

1 ものの, 世代にとって

▼1* [64件]

僕ら煽動された, 僕ら骨拾わせ, 僕らどうだ, 僕らひどくさし迫った, 僕らこれでどこ, 僕らそのためには, 僕らただ三人で, 僕らつて金が, 僕らだけですませて, 僕らだけは箸の, 僕らであるとどうしても, 僕らでさえ田丸先生が, 僕らという物が, 僕らとして一言希望を, 僕らとの間に, 僕らとを隔てる五, 僕らと共に犯人を, 僕らんだ, 僕らなじみのある, 僕らにゃ僕らの, 僕らふたりは主将, 僕ら注目した, 僕らまでを不愉快に, 僕らみたいに学校教育, 僕ら皆さんの, 僕らより数等強い, 僕らよりは科學的に, 僕ら一行の行動, 僕ら久木男爵とこの, 僕ら二人位きっと一遍, 僕ら以上の愛, 僕らの年, 僕ら信用するの, 僕ら僕らはなぜ, 僕らに耳, 僕ら同志の説, 僕ら外国を見, 僕ら夫妻は自分ら, 僕ら夫婦の結婚披露会当日, 僕ら如き専門の, 僕ら子供連はその, 僕ら小学生時代の輩, 僕ら小説を書い, 僕ら幹部にさえここ二カ月, 僕ら御飯を食べよう, 僕ら数名が試食, 僕ら新聞記者を引見, 僕ら日本へ帰る, 僕ら書解のない, 僕ら東京へんで育った, 僕ら死んだらこの観音様, 僕ら日曜の, 僕ら現在二十代のジェネレーション, 僕ら皆んなが袁更生, 僕ら立ちかかり引き出さんとする, 僕ら素人眼にもどうも, 僕ら結婚しようって, 僕ら考へてみる, 僕ら自身気が附い, 僕ら芥川碧童遠藤たちの四人, 僕ら若輩書生の惰眠, 僕ら見てるのは, 僕ら近代人に何ん, 僕らは相当