青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「八月~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

全然~ ~全身 全身~ ~全部 全部~ 兩~ ~八 八~ ~八五郎 八幡~
八月~
八郎~ ~公 公~ 公卿~ 公園~ ~六 六~ 六つ~ 六月~ 共~

「八月~」 2990, 31ppm, 3780位

▼ 八月~ (621, 20.8%)

26 末に 6 はじめに, 或る, 末で 5 ことで, 中旬に, 日の, 朔日には, 末であった, 末の 4 十五夜に, 半ばを, 末から, 末には, 炎天の 3 ある日, 一日から, 下旬に, 中旬より, 十五日に, 石に, 肌を

2 [40件] ある霧, ことです, さかりに, ところを, はじめまで, 一日には, 下旬であった, 中ごろに, 二度南紀新宮の, 五日, 京都の, 候に, 傾斜面に, 六日の, 出版で, 初に, 初めに, 十日に, 半ばには, 半ば過ぎに, 半ば頃に, 夜の, 夜は, 夜を, 夜空を, 太陽の, 太陽は, 日に, 日は, 日光が, 暑さ, 朝の, 末か, 末まで, 末近く南国とは, 水害と, 真昼である, 真昼の, 空には, 間は

1 [426件] あさ日, あと大, あひびき, ある土曜日, いらむしと, うちに, うららかな, うるわしい朝, おぼん, おわり私, お朔日, お節句, ことだ, ことだけに, ことだった, ことでありました, ことなりき, こと頼まれる, この曇つた一日, この頃, さ中の, じりじりと, すきと, すすりなき, なかばだつた, なかばである, なかばに, なかばの, なかばを, はじめには, はじめデーツコエ・セローの, はじめ京都の, はじめ信濃追分へ, はじめ私は, ぺージを, まだ暑い, まだ柔らかい, むし暑さ, やや赤, ような, オスロは, オスロ会議まで, オスロ総会に, コウソ祭が, スペインの, ゼラニウムが, バラエティに, プラン一に, プラン確定せざる, ロンドンの, 一ヶ月だけ, 一夜である, 一日で, 一日の, 一日もう, 丁度かうした, 七八日頃である, 七号颱風に, 三ヶ月間の, 三十一日に, 三十一日は, 三十日あと一月で, 三度の, 三日さ, 三日であった, 三日です, 三日と, 三日という, 三日に, 三日の, 三時は, 三箇月間は, 上旬から, 上旬に, 下旬だった, 下旬でございます, 下旬彼これ八ツ下り四時頃と, 下旬浜菊の, 両月を, 中ごろであった, 中ごろの, 中ごろ私は, 中では, 中旬だ, 中旬で, 中旬の, 中旬までは, 中旬横浜から, 中旬立秋後朝夕の, 中旬青銅五貫目玉撃ち, 中比で, 中頃から, 中頃だ, 中頃で, 中頃であったなら, 中頃である, 中頃に, 中頃まで, 中頃以後, 九日の, 九日午後二時, 九日月も, 事だ, 事である, 事です, 二十一日に, 二十一日の, 二十七日に, 二十九日が, 二十九日には, 二十九日頃であった, 二十五日に, 二十八日から, 二十八日午后二時という, 二十日ごろで, 二十日ごろの, 二十日すぎ, 二十日として, 二十日僕等は, 二十日御, 二十日迄と, 二十日過ぎである, 二十日過ぎに, 二十日過ぎの, 二十日頃にぞ, 二日に, 二日の, 二日山曇り, 二日銭三百文戸棚に, 五六日ごろの, 五六日頃に, 五日で, 五日亡くなつた, 今が, 今日を, 件那波氏と, 信吉が, 候も, 候茎梢分枝し, 偕行社記事の, 八日な, 八日土曜日で, 八月です, 公演に, 六日から, 六日に, 六日には, 六日頃に, 典州は, 出来事な, 出版もの, 函館大火の, 初めからは, 初めで, 初めであった, 初めと, 初めの, 初め七代将軍家継の, 初め休暇を, 初め頃から, 初め頃でした, 初十日ごろ, 初旬の, 初旬信濃の, 十一日である, 十七日と, 十七日には, 十七日の, 十二日だ, 十二日の, 十五夜から, 十五夜であった, 十五夜にも, 十五夜九月の, 十五夜今も, 十五夜風と, 十五日, 十五日それから, 十五日には, 十五日は, 十五日まで, 十五日箱根の, 十五日若い, 十八日は, 十六日, 十六日の, 十四日でございました, 十四日として, 十日あまり六日にや, 十日ごろであった, 十日には, 十日中之島公園で, 十日余の, 十日赤い, 十日赤い赤い, 十日過ぎには, 十日頃に, 千葉での, 午後の, 半には, 半ばごろに, 半ばすぎで, 半ばまで, 半ばも, 半ば暑, 半ば若い, 半ば過ぎで, 半ば過ぎ頃までに, 半ば頃でありました, 半頃に, 半頃にな, 半頃までで, 印度洋は, 召に, 営みの, 四日日曜日でしょう, 土曜日の, 地中海が, 地蔵盆を, 地震は, 壽命此子に, 夏を, 夏休中たびたび, 夕方会堂の, 夜が, 夜な, 夜更けの, 夜空の, 大きな月, 大阪の, 天誅組挙兵に, 太陽, 太陽だ, 如く燈火管制, 子供たちの, 宇都宮彌, 宣伝文を, 宣伝文章を, 宮戸座で, 宵月が, 嵐は, 庭面は, 微風に, 感想, 戊申の, 成績は, 或夜, 或夜日比谷公園, 打合せ, 打合せを, 抜穂とは, 故郷は, 断髪令と, 新富座, 旅も, 日が, 日ぞ, 日も, 日光に, 日光を, 日光南風波濤, 日盛りの, 日盛り頃で, 旧稿, 明るい光, 晦日から, 晩だった, 晴れた日, 暑い午後, 暑い日, 暑い盛り, 暑気以上なり, 暑熱が, 暑熱に, 暮がたからは, 曇つた日である, 書と, 最中です, 最中に, 最初の, 最終日曜日, 月が, 月の, 月を, 月半ばは, 月半ばまでには, 月給, 月給を, 月見日本では, 朔日から, 朔日に, 朔日焼きつく, 朝ひとりの, 朝まだ, 朝凪である, 朝日が, 末, 末ごろだ, 末だった, 末だつた, 末だつたらう, 末であったろう, 末である, 末です, 末でも, 末と, 末は, 末までに, 末よく, 末より, 末をも, 末二十五六日の, 末妻は, 末文藝春秋を, 末時分まで, 末自分は, 末谷川君に, 末頃から, 末頃だった, 末頃で, 来るころ, 東京の, 某日の, 樺太の, 歴史地理に, 気候を, 水害を, 流星を, 流筏で, 海の, 海は, 海岸地の, 海辺風物, 澄み渡った空, 炎天に, 炎天にも, 炎天も, 炎天を, 炎暑だった, 炎暑である, 炎暑に, 炎暑の, 炎暑は, 炎熱は, 熱で, 熱と, 熱気で, 燈籠の, 狂言についても, 生れです, 登山期若しくは, 白雲を, 盆の, 盛夏の, 盛暑の, 真っ昼間暑い, 真中に, 祝い日の, 神戸港頭に, 祭の, 祭を, 禁令は, 秋の, 稲妻, 空がわ, 空は, 節の, 節祭の, 米騒動の, 終りに, 終りの, 終りまで, 終りカールは, 終りキュリー夫人は, 終りダブリン, 終り頃には, 終戰の, 終頃羽山が, 総会までに, 美しさ, 聲を, 脚本にか, 自然の, 良夜に, 芙蓉咲く, 芝居は, 花に, 草が, 草に, 葡萄畑に, 蒸し暑い雨, 蒼穹を, 藤の, 行事で, 行事の, 西瓜, 調査では, 豊原風景は, 赫灼たる, 農閑期に, 運命の, 酷暑も, 野の, 鎌倉を, 長州侯に, 間の, 陽は, 雪, 雪あり, 雲の, 青いブルタアニュ, 青空が, 青空を, 青草の, 静かな, 頃で, 頃ニハ土佐も, 頃ヴェニスに, 頃奥州に, 頃採, 頃稻の, 頭上の, 風が, 風邪を, 驟雨である, 高燥な

▼ 八月~ (255, 8.5%)

10 なると 9 なって, 入って 7 入ると 3 なってから, なりますと, 入つて, 至って

2 [14件] これを, して, とった, なっても, なれば, アンドレイエヒミチは, 京都の, 入ったある, 入ってから, 大風が, 猛火の, 生れた赤子, 至るまでの, 飛騨の

1 [180件] あっちは, いちど十一月に, おあひする, おかえりに, おこった幸徳秋水たち, くれるよう, こっちだったら, この海岸線, そこから, その手続き, それを, なった, なっては, なつたら, ならないと, なりかけた頃, なり私, なる, なるの, はいったばかりよ, はじめられた第, ふたたび大阪, ぶらりと帰っ, ようやく第, わが國, アルスより, インドへ, エタ非人解放令が, オランダから, キッティと, バスコ・ダ・ガマの, パリが, ブノンスで, ロレンソたちを, 一回十月に, 七十八歳で, 上皇は, 下し賜わった淳仁天皇, 世祖は, 両国橋は, 中大兄の, 二人の, 二度と夏, 二歳で, 二隻の, 五十七歳で, 仕置に, 仕置にな, 代替と, 伊予守正教が, 伯父の, 保は, 値上げする, 僕は, 僧良勝が, 先生は, 入ったばかり, 入ったらちっとも, 入った或, 入ってると, 入り, 入りて, 入りました, 入るやいな, 入れば, 入国した, 八十九歳で, 六月目の, 六条院の, 円朝は, 冨美子が, 凍え死んだ人, 出す計, 出てから, 出来て, 出版された, 到着した, 十六日間で, 単独で, 吉沢庄作君は, 同心と, 唐から, 四十余枚書いた, 在り六月, 大伴家持は, 始めて, 家光も, 家康は, 富士山が, 対岸の, 少々ふり, 屋敷を, 巣鴨村池袋丸山千六百五番地に, 左団次の, 市野迷庵が, 帰化の, 廣東地方の, 当る, 彼女が, 彼女は, 後宮へ, 御山沢, 御年, 志岐に, 怪しく見ゆれ, 懸けて, 持明院統の, 摂津河内山城大和に, 散りかかる, 普請奉行と, 書いた手紙, 最初の, 朝の, 木六月茨の, 木板にな, 本郷動坂の, 来朝し, 歿し, 歿した, 殆ん, 母も, 比叡山の, 法然の, 淑子の, 清水山の下を, 滋賀県の, 火星の, 火野葦平の, 父が, 版元へ, 独逸を, 猶生存, 瑞英は, 生れたばかりの, 生れた赤坊, 生れまだ, 甲子の, 登山した, 皇后として, 皇后日葉酢媛命が, 祝うの, 私が, 私は, 秩父宮様ふたたび, 竣工し, 筑前朝倉山の, 義隆と, 肥後の, 胃腸を, 至って抉, 至って移転, 至って竣工, 至つて世子は, 至る, 至るまで, 至る間, 芝の, 若し此, 菊池博士は, 薨じた, 虎列拉を, 西田先生は, 詩集, 負傷し, 起った水害, 近い, 近づくと, 近江で, 退院し, 這入ると, 遣唐使一行の, 遣唐判官高階眞人, 都の, 野分の, 長六が, 閏が, 陸羽三十九年三月に, 露西亞の, 頼朝石橋山の, 養嗣子

▼ 八月十五日~ (113, 3.8%)

4 が来た, の名月, の夜 3 より十八日 2 からのち, となった, に終戦, に行, のこと, の晩, の朝, の正午, は妻

1 [80件] からあと, からこん, から一ヵ月, から二三日, から今日, から十月, から後, から攻撃, から数日, から植民地在住, から次, がくる, が来, が来よう, が来る, が深川八幡, が闇夜, けふ, このかた, ご邸内, であった, である, でも私, で店, という日, と定められ, にお, には四回目, にわれわれ, に亡くなった, に切明, に戦争, に抽斎, に敗戦, に月, に桂川, に樺太, に正, に浅間山観測所, に至っ, に蘭軒, に進歩党, に遭遇, に隠居料三人扶持, のあと, のお, ののち, のゆう, の午後二時頃, の夕凉みの晩, の夜志士ら蹶起, の天皇, の意味, の日暮れ, の日没, の日没頃, の日附, の暁方, の深夜, はまだ, は二千五百, は出版界, は旧教国, は浅間山火山観測所, は深川八幡, は聖母昇天祭, までお, までつづいた, までにわたし, までは勤労動員, までを辿っ, まで一切, まで日本, をむかえる, をもって一段落, を期し, を迎え, を迎える, 同八年九月十二日, 突如と

▼ 八月には~ (68, 2.3%)

5 いって 3 とう, 帰ると 2 いっても, いると, 大召集, 屹度出る

1 [49件] いってから, いってからは, いつて, おもいがけない父, お種, かかる場所, すでにその, すでに發行, とうとう式家, どんなにおくれ, もういなかった, もう帰国, スコットランドに, セン, 一つ入れ, 三隻の, 九蔵が, 伊勢遠江駿河甲斐相模伊豆の, 会津に, 僕は, 十三隻で, 半蔵は, 堺利彦の, 夏目漱石の, 多くの, 大戦勃発いくら, 大暴風雨, 姉娘の, 攻めのぼらん, 既にマラバル, 日本に, 早くも, 棠軒の, 欧州の, 独ソ不可侵条約を, 畏きあたり, 神祇官から, 神祇官も, 福建行省の, 秀吉は, 私たち東京近郊に, 米国より, 茄子を, 蘭軒に, 衣城を, 諏訪ヶ原を, 遠江三河山城元禄七年五月には, 鎌倉に, 長男榛軒が

▼ 八月一日~ (45, 1.5%)

2 から日劇, であった, の

1 [39件] からね, からカフェーその他, から十五日, から安藤君, から約, から評定所, という日, といえ, と思い出し, にはとても, には弟, にヒヨツコリ帰, に三男英男, に二番目, に保, に出かけます, に到る, に始まった, に宣戦布告, に来た, に検挙, に突然, に第, に自分, ね, の世界反戦デー, の八朔, の反戦デー, の反戦示威, の昼, の真夜中, はその, はブンデスターク, は場所, は平常どおり泰造, は日曜日, は箱根神社, より居, 第一回

▼ 八月から~ (40, 1.3%)

5 九月にかけて 2 九月へ, 仕事を

1 [31件] あとに, あと日本の, きょうまで, です, ですから, のち一九四九年いっぱい平和を, のち日本の, やす子を, 九月にかけての, 九月の, 九月十月と, 今年の, 今年二月まで, 今日まで, 今日までに, 入ったの, 十月まで, 又これ, 各病院, 四年四月までの, 国民新聞の, 後に, 掛って, 浪が, 神田を, 約一年三箇月, 翌年二月まで, 越中平定に, 配給実施で, 長いもの, P

▼ 八月~ (39, 1.3%)

3 のこと 2 の日, の晴れた

1 [32件] からは, から九月初め, から紐育, から腸チブス, から落ち, か或は, ちょうどあなた, になっ, になつて, になる, にはまだ, には出来上る, にメーレン地方, に一寸かえって, に出発, に地蔵盆, に大, に木挽町, に札幌, に能登, のロンドン, の思ひ, の息苦しい, の暴風雨, の某, の残暑, の火祭り, の鮎, はじめて巴里, までに仕上げ, までに帰っ, 始めて巴里

▼ 八月六日~ (38, 1.3%)

8 の朝 2 あの足あと, と七日, のバクダン以前, の出来事, の極めて, も恰度

1 [18件] といふ日, には復興祭, に下総境, に先, に広島, に長女純, に養子杏春, のあれ, のバクダン, のバクダン以後, の事, の夕七夕祭, の夜, の日, の生々しい, は大変, もすぐ, や八月九日

▼ 八月~ (37, 1.2%)

2 どの旅館

1 [35件] すでに秋風, それで, またわたしたち, まだ忙しい, まるで高山, 二十日の, 休まず松竹座, 伴一家に, 体が, 何うし, 何という, 初めから, 十三日に, 反対に, 外に, 大九月は, 大体大変外出が, 大成功, 大風雨の, 学校の, 小学校も, 左大将の, 映画も, 暑さ, 暑中休会であった, 東京に, 楽しい待望, 派出婦でも, 満洲, 父君の, 祈祷, 秋草が, 越えて, 閏の, 駄目

▼ 八月九日~ (37, 1.2%)

3 の夜 2 に完結, に棠軒, のこと

1 [28件] が〆切, が始まる, です, という忘れ得ぬ, という日, にお, に何, に僕, に共立学舎, に吉津村, に四十二, に決行, に起る, に逮捕, に郷里, の, の予告, の太陽, の放射能, の月, の条, の比, は必ずしも, までには帰っ, までには必ず, まではこう, を以て霞亭一家, を馬鹿正直

▼ 八月~ (36, 1.2%)

5 末に 3 過ぎて 2 なかばを, 中旬に

1 [24件] いつか半, いつか半過, こんな山, すぎて, だいぶふけ, どうやら過ぎ, もう半ば過ぎ, もう末, やった燈火管制, 三千円ばかりの, 中ごろに, 中頃に, 九月も, 十日近くなった, 半ばである, 半ばを, 半ば過ぎと, 半分すぎます, 暮れかけ, 末だつた, 殆ど終りで, 漸く末近く, 終りに, 終わりに

▼ 八月十日~ (31, 1.0%)

3 の夜 2 である, に唐, のこと

1 [22件] が投票日, だったの, だと, とある, と書い, には鹿児島, にもまた, にグライス, に再び, に水戸, に私立渋江塾, に至って, の事, の卒倒菩薩, の合戦, の天満社神事宇治猿楽, の太陽, の布告, の新聞, の条, までの私, を転機

▼ 八月八日~ (30, 1.0%)

2 の朝

1 [28件] からは公儀, である, といふ日附, となった, と定められた, に, にお前, に一女, に七十四歳, に於ける, に王政自身, の, のこと, の午後二時頃, の夕暮, の夜, の日, の晩, の水藩以下, の私, の紙上, の製造, の起訴, はやはり, は午前十一時, より十五日, を第, 第二次

▼ 八月十七日~ (30, 1.0%)

6 の晩 2 に霞亭

1 [22件] あの雷雨, から七日目, から九日一日, から半月, だ, にギャア・ニマ, に二十村郷, に出帆, に嚢里, に室, に成田, の事, の分, の午前一時半頃, の午後五時半ごろ, の夜, の後, の政変, の月, の月東, までは, より稿

▼ 八月二十日~ (29, 1.0%)

4 のこと 2 という日, のクウ・デタ

1 [21件] から劇烈, ぐらいでやめました, だけが恐ろしい, だしかし, ですって, という厭, といえ, にいい, にさかん, には世界, には以前, に世界, に取ろう, に変死, の早天, の晩, は千束神社, より後で, を待たず, を待とう, 迄に本所

▼ 八月三日~ (27, 0.9%)

2 であった

1 [25件] この日, だな, である, であるが, です, になる, には新潟県下, に出発, に加藤子爵, に御地, に母, に生れ, に諸井看護婦, の夕方, の夜二人, の新聞, の日, の日暮れ近く, の晩, の朝, の端書, の記載, より二十八日間イーハトーヴォ海岸地方, を以て溘焉, 今午後三時半

▼ 八月二十八日~ (27, 0.9%)

2 であった

1 [25件] であつ, で一徃, にエタ非人, に五女癸巳, に先, に同区本村町八番地, に和三郎寧親, に弘前県, に書いた, に父信政, に至っ, に蘭軒, の, のお, の午後九時, の夕方, の夜, の宣命案, の日, の書, の未明, までの三月, まで両国橋, まで兩國橋, 又大

▼ 八月二日~ (24, 0.8%)

2 の朝

1 [22件] から第, がいい, この前, に, になっ, になった, にパリ, に休暇, に六十歳, に在留日本人, に大, に大沢, に大澤, に故郷, に死んだ, に茶山, の午すぎ, の午前十時二十分, の書, の木曜日, の未明, は空

▼ 八月十四日~ (24, 0.8%)

2 のこと, の昼

1 [20件] である, でした, で今夜, に先立ち, に利章, に到着, に婚礼, に師市野迷庵, に江戸御茶の水, に至っ, の, の夕方, の夜, の晩, の書, の月夜, の札幌農学校, の樺太, の読売新聞, は抽斎

▼ 八月四日~ (22, 0.7%)

2 に永眠, の朝奈良, の正午

1 [16件] かねて, にあと, に千, に宗家, に書い, に直次, のその, の午後四時頃, の呉服橋劇場, の夜, の朝, の条, の降灰, は, を以て家督相続, を以て萩城

▼ 八月下旬~ (21, 0.7%)

2 から, でなければ, になっ, の暑い

1 [13件] からほんとう, から九月上旬, で当時, にきた, に七隻四百人, に地蔵盆, に福島県, に豊後, に近く, の日, までに又たっぷり, まで麻疹, 再びこの

▼ 八月十五夜~ (21, 0.7%)

2 に親しい, の晩, の月

1 [15件] だという, で川開き, という日, に, にも松, に当たり, に病, に限られ, のこころ, のこと, の丁度月, の団子突き, の歌, の正式, は飫肥

▼ 八月~ (21, 0.7%)

5

1 [16件] で芥川竜之介氏, で読んだ, に作家ローベルト・ムージル, に出, に勝野金政, に執筆, に寄稿, に書いた, に猪木氏, に発表, に載っ, に除村吉太郎氏, の諸, は戦争小説号, を見, ノ

▼ 八月中旬~ (20, 0.7%)

1 [20件] から九月, にかけて真夏, にかけて肥育, になるでしょう, に何事, に再び, に男の子, に至った, に至れ, に釣った, に限られ, のある, の事, の四日間, の炎熱, の間, までその, までに是非, までの夏, より又

▼ 八月二十九日~ (20, 0.7%)

2 に八十歳, の事

1 [16件] から十六日間, であ, であつ, である, といえ, と書し, に其後, に政祐, に林町, に歿, に真, に瞑した, に調印, の夕かた, の夕方, よりは捕へらる

▼ 八月七日~ (19, 0.6%)

2 のこと, の午後, の書

1 [13件] から高瀬, になつて社會面, に友人某, に此書牘, に至る, に菅茶山, の書牘, の朝, の本紙, の芥川龍之介, は村, までつづいた, よ

▼ 八月二十五日~ (19, 0.6%)

2 の晩

1 [17件] である, になる, に亀井戸, に八十四歳, に出発, に嫡子亀千代, に安楽椅子, に忠之, に生れた, に當, に蘭軒, に門人数人, に阿部正精, の夜, の生, より二十七日, 後花園天皇

▼ 八月~ (18, 0.6%)

2 いえば, なった

1 [14件] いうから, なっても, なり牛乳, なれば, 三月は, 九月を, 九月殆ど一杯という, 云えば, 入って, 思ふ程変調, 毎月の, 続きました, 言えば, 諸事プレストで

▼ 八月~ (18, 0.6%)

1 [18件] あつち, には一門, には七十余枚, には大体, に下書き, に何とか, に大冊完了, に江戸, に終った, の事, の癸亥, の重要, は劇場, は毎日, よりも却, より遽, をそこ, 禅寺を

▼ 八月十三日~ (18, 0.6%)

1 [18件] その日, である, に, には前述, に蘭軒, に裁, に阿部伊勢守正倫, に阿部本家, に静岡, のこと, の夕七ツ, の宣旨, の書, の朝, は仙駕亭例会, まで七十五日間, 仮祝言, 大雨降り大川

▼ 八月十八日~ (18, 0.6%)

3 の政変 2 の, の変

1 [11件] にはさらに, には更に, にガリバルディ, に信全, に八十一歳, のこと, の変以後元治元年十一月, の政変以来, の明けがた, の条, を以て浦和県出仕

▼ 八月十六日~ (18, 0.6%)

2 の夜, の晩

1 [14件] だ, だつた, づけの, である, でスコットランド人, にオッタワ, にファルマウス, に茶山, の会合, の午後三時頃, の夜中, の日, の深夜丑, は蘭軒

▼ 八月~ (17, 0.6%)

1 [17件] むかへてから, トリーシュの, ハリ切る, 一〇〇と, 中心に, 休みたいと, 伸子の, 僕休め, 前に, 夏と, 思いかえします, 東京まで, 界として, 經ぬ, 越えると, 過ごしやがて, 過すだけ

▼ 八月五日~ (17, 0.6%)

2 の夜, の晩, の条

1 [11件] には建造中, に出帆, に江戸, に生れた, のお, のこと, の夕暮, の日曜日, の聖母, 御発駕, 送

▼ 八月十九日~ (17, 0.6%)

1 [17件] であったが, に優, に出発, に大阪天王寺, に小塚, に未だ, に来訪, に蘭軒, に豊島町通横町鎌倉横町家主伊右衛門店, の事, の出来事, の夜, の日記, の朝, の条, の自序, みゆるし

▼ 八月まで~ (16, 0.5%)

1 [16件] あっちこっちアイヌ村を, それです, つづいた日本, 即ち大, 天草に, 待たせなさいと, 待てとは, 手伝し, 日本の, 消えない最も, 満十ヶ年虚子先生, 灰色の, 生きて, 約一年半白, 約九ヶ月間, 進歩的な

▼ 八月上旬~ (16, 0.5%)

1 [16件] からウイーン, から毎夕, この地, この大軍, だった, でありました, においてなお, にかけて気温, には声, には穂, に吉水, に紀勢線, のこと, の事, より沙汰, より維納

▼ 八月二十四日~ (16, 0.5%)

2 であった, の朝

1 [12件] なり, に, に京師, に京都, に実父陸奥宗光, に横浜, に筑前守斉隆, に肥前國松浦郡, の夜, の晩, の来る, の真夜中

▼ 八月~ (16, 0.5%)

1 [16件] いつも突然真夜中, からの脅迫状, から東京暮し, と聞い, にでもなったら, にでも許し, にひらき, に宣長大人, のこと, の味, の綴じ込み, の雲, は渓間, までが一番味, まで東京, より痢病

▼ 八月十二日~ (14, 0.5%)

1 [14件] から十三日, で月, に, になっ, には越後三条, に下島勳, に大風, に蘭軒, に虎列拉, に配流, のタイムス新聞, の作, の夜, の日記

▼ 八月はじめ~ (13, 0.4%)

1 [13件] から約, に, になる, に起った, のある, のこと, の大風, の強い, の或, の朝, の涼しい, の病気, は日

▼ 八月二十一日~ (13, 0.4%)

1 [13件] である, との中間, にパリ, に京都, に浜松県, に生れました, に芝口, に見, の夜, の晩, の獨乙, の裁決, の頃

▼ 八月~ (12, 0.4%)

2 来て 1 もう二三日きり, 何うかと, 出るよう, 我々の, 来ました, 来ると, 産月と, 終らうと, 終りかけると, 過ぎ九月

▼ 八月ごろ~ (12, 0.4%)

1 [12件] からだんだん, からでしょう, から二十五, から江戸, だと, となつ, と同じ, にと宮, のよう, の東京, までつづく, までは武州小金井

▼ 八月二十六日~ (12, 0.4%)

1 [12件] からブロート, が丁度三七日, にこの, にフランス, に一緒, に七十二, に市川権十郎, に死亡, の分, より二十八日, より遠く, 又朱印

▼ 八月より~ (11, 0.4%)

1 [11件] 一三〇〇年の, 丙子七月頃に, 九月に, 伯林に, 僅かに, 定宿として, 後帰省の, 昭和十年三月に, 翌五月, 興業する, 馬

▼ 八月三十一日~ (11, 0.4%)

1 [11件] が日曜, で箱館奉行, と日付, と繰返し, になりました, に網野さん, に至る, の夜, は学校, まで十二時, より浅草座

▼ 八月三十日~ (11, 0.4%)

1 [11件] から, から電磁気, である, にまたも, に各々家, に実験, に歿, に生まれました, に羽嶽, に遡ります, の午ごろ

▼ 八月~ (11, 0.4%)

1 [11件] か麦, 一, 七, 三, 九, 二, 五, 八, 八日の, 六, 四

▼ 八月初め~ (11, 0.4%)

1 [11件] から二ヶ月, であつ, である, にかけて最後, には御地, にスイス, に帰り, に較べる, に追放, の暑中, 断固東進

▼ 八月~ (10, 0.3%)

1 お前さまは, お母ん, それに, 十七です, 半季の, 夏は, 彼は, 流産しない, 浅井が, 船は

▼ 八月二十三日~ (10, 0.3%)

3 の夜 1 から十月十日, ついに天下, には, に三十一歳, の午後一時ごろ, またし, 附けの

▼ 八月二十二日~ (10, 0.3%)

1 になっ, にランカシア, に始まっ, に娶った, に幕府, に抽斎, に書い, に柏軒, の日付, また

▼ 八月十一日~ (10, 0.3%)

1 によび出され, にイースト・ランドン, に卒し, に御旅所, に死んだ, のこと, の黄昏, は晴れ, を宇都宮, 及び卅一日条

▼ 八月九月~ (9, 0.3%)

2 の二箇月間私 1 と過しました, には二度, の中旬, の中頃, はきわめて, も過ぎた, 正長夜

▼ 八月二十七日~ (9, 0.3%)

1 でした, という前, に六十一歳, に少, の夜, の帝国在郷軍人会, の晩, の由緒書, 各劇場

▼ 八月以後~ (8, 0.3%)

1 この武士道ドラマ, この禁止, にも刈る, の女学生, の混乱期, の甲子, の討幕派, 第一回

▼ 八月~ (7, 0.2%)

2 から都合 1 か九月, が年, が薩摩藩, つたと, まる七カ月

▼ 八月一杯~ (7, 0.2%)

2 の休暇, 遊んで 1 で帰る, には立っ, ね

▼ 八月半ば~ (7, 0.2%)

1 となる, にたくさん, にポルトガル船サンタ, に使, に彼女, の晴れた, の私達

▼ 八月朔日~ (7, 0.2%)

2 のあの 1 には, のもうけ魚, の事, は吉左衛門, 其の年

▼ 八月~ (7, 0.2%)

1 からは送料, で猛烈, に載つ, の, の編輯後記, の風琴, を配達

▼ 八月初旬~ (6, 0.2%)

1 から妻, で暑い, に再び, のある, の水害以後, 送らねば

▼ 八月なかば~ (5, 0.2%)

1 で朝夕, で私, の夕日, の朝日, の涼しい

▼ 八月~ (5, 0.2%)

4 かけて 1 かけての

▼ 八月九日宿命~ (5, 0.2%)

5 の日

▼ 八月~ (5, 0.2%)

1 であつ, に五十九歳, に生れた, の蘭軒, を以て沙汰

▼ 八月~ (5, 0.2%)

1 は参謀本部課長, は巴里, は旅行, は日本醫事新報, は鉄道省

▼ 八月~ (4, 0.1%)

2 九月頃からの 1 九月に, 九月頃だ

▼ 八月でも~ (4, 0.1%)

1 この通り, 尚お, 自分の, 雨の

▼ 八月という~ (4, 0.1%)

1 ことであっ, 大体の, 月の, 月一杯東京に

▼ 八月にも~ (4, 0.1%)

1 かかわらず白く, またその後, 宇治猿楽が, 相成候

▼ 八月十五日以後~ (4, 0.1%)

1 になっ, に全, に東久邇, の新しく

▼ 八月十五日日本~ (4, 0.1%)

1 のファシズム権力, の侵略的, の無条件降伏後, の降伏

▼ 八月十日頃~ (4, 0.1%)

1 であつ, の事, までになるべく, まで長々

▼ 八月松竹座~ (4, 0.1%)

2 の時 1 の出しもの, の興行

▼ 八月であった~ (3, 0.1%)

1 が家中, ためか, 初めて木曾

▼ 八月である~ (3, 0.1%)

1 がや, 未だ残暑, 農学士川上滝弥君が

▼ 八月とは~ (3, 0.1%)

1 いふものの, 両方とも, 思えぬほど

▼ 八月にな~ (3, 0.1%)

1 つてから, つて世間に, つて少し

▼ 八月までに~ (3, 0.1%)

1 一三四九五人と, 七冊出ました, 四版を

▼ 八月を以て~ (3, 0.1%)

1 戰爭が, 生る幼名, 米使謁見の

▼ 八月中旬過ぎ~ (3, 0.1%)

1 には丸々, には腹, まで滞在

▼ 八月中頃~ (3, 0.1%)

1 になっ, には材木坂, のある

▼ 八月二十九日付~ (3, 0.1%)

2 となっ 1 のラ・ナシオン紙

▼ 八月以来~ (3, 0.1%)

1 いないの, の民主主義文化運動, の長

▼ 八月~ (3, 0.1%)

1 のまだ, は一游亭, も演

▼ 八月六日広島~ (3, 0.1%)

1 に九日, に九日長崎, の原爆当日

▼ 八月十五日以来~ (3, 0.1%)

1 の新, の第, は兵隊たち

▼ 八月十五日天皇~ (3, 0.1%)

2 の名 1 の放送

▼ 八月当麻~ (3, 0.1%)

3 の氏人

▼ 八月末日~ (3, 0.1%)

1 にほぼ, に自分, までに品物

▼ 八月狂言~ (3, 0.1%)

2 の時 1

▼ 八月~ (3, 0.1%)

1 という, にお, に服部君

▼ 八月興行~ (3, 0.1%)

1 であったと, で外題, の立看板

▼ 八月あたり~ (2, 0.1%)

1 が名残り, は休まね

▼ 八月いつ~ (2, 0.1%)

1 ぱいを, ぱい子供を

▼ 八月かぎり~ (2, 0.1%)

1 でお, で暇

▼ 八月からは~ (2, 0.1%)

1 また信順, 信順の

▼ 八月かれ~ (2, 0.1%)

1 は日本芸術院会員, は歌舞伎座

▼ 八月ごろ内証~ (2, 0.1%)

2 でお

▼ 八月その~ (2, 0.1%)

1 再発に, 船が

▼ 八月だった~ (2, 0.1%)

1 あの時分, か永田鉄山中将

▼ 八月です~ (2, 0.1%)

1 からまだ, から太平洋

▼ 八月といふ~ (2, 0.1%)

1 事に, 頃暫らく顏を

▼ 八月にかけて~ (2, 0.1%)

1 五十日ほどの, 随分殺されました

▼ 八月までは~ (2, 0.1%)

1 実業之, 雨期に

▼ 八月~ (2, 0.1%)

1 水蘆いたく, 水蘆いとうたけのび

▼ 八月わたし~ (2, 0.1%)

2 が欧洲

▼ 八月をも~ (2, 0.1%)

1 丙子の, 併せ算

▼ 八月~ (2, 0.1%)

2 三十一日

▼ 八月一杯滞在~ (2, 0.1%)

1 すること, の由

▼ 八月七日十一日~ (2, 0.1%)

1 と四通, のお

▼ 八月九月十月十一月~ (2, 0.1%)

1 と丁度半歳, と徒ら

▼ 八月二十三日午前三時~ (2, 0.1%)

2 を期し

▼ 八月二十日頃~ (2, 0.1%)

1 かと思う, を先ず

▼ 八月五日条~ (2, 0.1%)

2

▼ 八月以後日本~ (2, 0.1%)

1 におけるラジオ, の科学

▼ 八月公演~ (2, 0.1%)

1 の上演目録, の出し物

▼ 八月六日ヒロシマ~ (2, 0.1%)

2 の惨劇

▼ 八月再び~ (2, 0.1%)

1 三人し, 沓掛の

▼ 八月十七日後~ (2, 0.1%)

1 に茶山, 少くも

▼ 八月十五日ごろ~ (2, 0.1%)

1 からと思います, まで休みです

▼ 八月十五日わたしたち~ (2, 0.1%)

1 が声, の戦争挑発

▼ 八月十五日夜~ (2, 0.1%)

2 の月

▼ 八月十四日付~ (2, 0.1%)

1 で原稿, をもっ

▼ 八月十日以後~ (2, 0.1%)

1 の同じ, はよい

▼ 八月十日払暁~ (2, 0.1%)

2 の閣議

▼ 八月十日近く~ (2, 0.1%)

1 なって, なつて王室

▼ 八月十日限り~ (2, 0.1%)

1 といういろ, といふいろ

▼ 八月~ (2, 0.1%)

1 に珍しい, の晴天

▼ 八月帰朝~ (2, 0.1%)

1 したばかりの, の際

▼ 八月廿一日~ (2, 0.1%)

1 に公, の雨

▼ 八月廿七日~ (2, 0.1%)

1 には紫宸殿, の朝

▼ 八月廿九日~ (2, 0.1%)

1 の午前, の日没後二時間

▼ 八月廿八日~ (2, 0.1%)

1 に終る, までをいつた

▼ 八月廿四日~ (2, 0.1%)

1 にお, は果敢なく

▼ 八月廿日~ (2, 0.1%)

2 は千束神社

▼ 八月~ (2, 0.1%)

1 節の, 詩社の

▼ 八月既望~ (2, 0.1%)

1 である, の小酌

▼ 八月有楽座~ (2, 0.1%)

1 である, の記念パンフレット編輯

▼ 八月末頃~ (2, 0.1%)

1 になる, の午後

▼ 八月東京~ (2, 0.1%)

1 で, にコレラ

▼ 八月某日~ (2, 0.1%)

1 にする, に原田甲斐

▼ 八月~ (2, 0.1%)

1 暑に, 暑よ

▼ 八月當麻~ (2, 0.1%)

2 の氏人

▼ 八月~ (2, 0.1%)

1 一回全, 十一回民藝協会全国大会が

▼ 八月終り~ (2, 0.1%)

1 には戸台, には蓮華温泉

▼ 八月西郷隆盛~ (2, 0.1%)

2 がいよいよ

▼ 八月鎌倉~ (2, 0.1%)

1 の海辺, を立ち

▼ 八月~ (2, 0.1%)

1 す, 猶白

▼1* [607件]

八月あしたがあたかも, 八月いっぱいには約, 八月いまの家, 八月いよいよ三津から, 八月かの暑い時分, 八月からの私は, 八月がまはつて, 八月ぐらいと仲人と, 八月この大連の, 八月これを採用, 八月しかいなかったらしい, 八月すぎるとまひ茸, 八月すると節, 八月そよ吹きわたるゆうべの, 八月それも二十日, 八月だけは鎌倉の, 八月だすもん, 八月だつたけれど山, 八月ついでですから, 八月ついに業を, 八月つひに御, 八月でさえ冷えびえする, 八月でしたがあの, 八月とうとう中巨摩郡芦安村で, 八月とに行ふも, 八月とには朔日から, 八月との詩の, 八月ともなると, 八月ならば終り, 八月なり即ち二十四歳, 八月なんかと云って, 八月における気温や, 八月にかけての仙洞御所の, 八月にかけては多く西南の, 八月にと仲人から, 八月にはどえらい事, 八月にわたつて, 八月にわたって病気の, 八月にわたり再度の, 八月にわたる全作戦, 八月ひとりの通事, 八月へと心持の, 八月まさに観月の, 八月まだ残暑の, 八月までには大ぶ, 八月よこしましたろうか, 八月をば大概何処へも, 八月アララギの安居會, 八月インド洋を渡っ, 八月オスロで第, 八月ソヴェト同盟の新聞, 八月チェホフが楽々, 八月テラテラとした, 八月ナガサキとヒロシマ, 八月ニナレバ軽井沢ヘ追, 八月ハイデルベルクの下宿, 八月ブリストルの大, 八月ベルリンを経, 八月マチネーは大辻司郎, 八月モスクワで第, 八月モルシャッハにて, 八月ルッカとフィレンツェ, 八月一ぱいで殆ど, 八月一ヵ月は実に, 八月一・二日とおっしゃった, 八月一人の蕃夷, 八月一子隆太郎を連れ, 八月一日ドイツがフランス, 八月一日二代清三郎建之と刻, 八月一日五左衛門に討ち取られた, 八月一日土師村に闖入, 八月一日夜十一時十五分書終る, 八月一日宣戦詔勅がくだる, 八月一日嵐山に遊ぶ, 八月一日徳川幕府では所謂八朔, 八月一日故国で次, 八月一日東京都文京区音羽町三丁目十九番地光文社発行の雑誌, 八月一日無実の罪, 八月一日病棟の蔭, 八月一日聖壽五十二にて崩御, 八月一月に自分, 八月一杯下宿料が助かる, 八月一杯休みをとりました, 八月一部をもってシュレージエン, 八月七日ノルマンディーに赴き, 八月七日三代目桜田治助死す七十六歳, 八月七日下宮三郎右衛門殿療治仕候に付, 八月七日千代より, 八月七日午前九時頃プランシェという人妻, 八月七日市川左団次死す六十三歳, 八月七日条に, 八月七日赤石絶頂を極, 八月七日長崎で書いた, 八月万国講和協会の調査, 八月け京都, 八月三十一日中村寿三郎死す六十三歳, 八月三十一日休暇ヲ利用シ, 八月三十一日我々は和歌山, 八月三十一日手紙かいて, 八月三十一日支払の分, 八月三十一日浅草座の川上音二郎一座, 八月三十一日私の住宅, 八月三十一日觀潮樓に於い, 八月三十日徳の妻かね, 八月三日三浦さんは山中湖畔, 八月三日下野国足利郡吾妻村字下羽田なる庭田清四郎, 八月三日両国橋畔の大, 八月三日付の翁, 八月三日午後十一時頃第五信, 八月三日夜デートスコエ・セローで英男, 八月三日山田はその, 八月三日江戸表へ着いた, 八月三日物理学の教授, 八月三日辰の刻, 八月上京し屡, 八月上旬中八日または十一日, 八月上旬京都に出, 八月上旬号九月下旬号十月下旬号の三冊, 八月上旬妙義山を振り出し, 八月上旬屋敷の広間あたり, 八月下旬ザクセンに進入, 八月下旬以来昭和二年春まで足かけ五年, 八月下旬平戸を去る, 八月下旬頃利根川に出水, 八月軍は, 八月中ばの事, 八月中保が家, 八月中旬お盆といえ, 八月中旬ごろには目白, 八月中旬オーデル河畔に現われ, 八月中旬ヴイクトリヤ停車場に漱石さん, 八月中旬五万五千の兵, 八月中旬台湾巡歴の帰途, 八月中旬私は再び, 八月中旬近江越前の国境, 八月中旬頃になる, 八月中未亡人が店, 八月中東京帝国大学の御用出張, 八月中頃ヒューゲッセン大使負傷事件を契機, 八月久春古丹から大久保利通, 八月乙丑に朝貢, 八月乙酉參河國に慶雲, 八月九日今日も雨, 八月九日以来軍統帥部とも連絡, 八月九日例の通り晴朗, 八月九日僕が壕, 八月九日加茂社行幸がある, 八月九日北政所へ送った, 八月九日午前十一時二分浦上の中心松山町, 八月九日午前十時三十分ころ大本営に於, 八月九日午後十時鶴見工場ニ於テ土井健作ヲ熔鉱炉ニ突落シテ殺害シタルヲ土井ガ自殺セシモノト欺瞞シ且ツ金六十五万円, 八月九日夕方のラジオ, 八月九日崩りたま, 八月九日広島から四里あまり, 八月九日朝女子出生名良, 八月九日此の天主堂, 八月九日生であるから, 八月九日鎌倉名越の浜御所, 八月九日阿津賀志山の守り, 八月九日電報をわざわざどうも, 八月九月九月は三十日, 八月九月十月と過ぎ, 八月九月十月十一月十二月だ, 八月再び家, 八月二じゅうろくにちの宵, 八月二十一日あたりの出来事, 八月二十一日ところは川崎駅, 八月二十一日別れの言葉, 八月二十一日十二代目守田勘弥死す五十二歳, 八月二十一日十人余りの講中, 八月二十一日平八郎等の獄, 八月二十一日後の棠軒日録, 八月二十一日明日は野尻, 八月二十一日朝づけの, 八月二十一日赤坂仲の町の自宅, 八月二十七日出發と書い, 八月二十七日午後五時オルコマ号に駕, 八月二十七日後の棠軒日録, 八月二十七日為遠は, 八月二十三日いずれも東大, 八月二十三日付のゲーテ, 八月二十三日四季部奏覧を終え, 八月二十三日徳の第, 八月二十三日日本長崎港内にてエス・エス・ジョージ・エルホエリー号, 八月二十三日条に, 八月二十三日筑波に見, 八月二十三日聖三位号に乗込み, 八月二十二日パリの郊外, 八月二十二日壬生勢に追, 八月二十二日晴第二十五信, 八月二十二日調査会は東北振興, 八月二十二日青根温泉にて, 八月二十二日頃この一隊, 八月二十五日ズォルンドルフ附近に於, 八月二十五日北海道官有物払い下げ問題について福地源一郎, 八月二十五日午前九時なり, 八月二十五日夜の大火, 八月二十五日江戸には凄まじい, 八月二十五日青根温泉にて, 八月二十何日であったか, 八月二十八日マウント・モウリス町共同墓地に於ける, 八月二十八日夜このブレント入江, 八月二十八日起訴されたの, 八月二十八日高知市を襲った, 八月二十六日午後四時過ぎ俺は今, 八月二十六日大西溝の激戰, 八月二十六日床を出で, 八月二十六日府中刑務所で今野, 八月二十四日天皇は俄, 八月二十四日沢村小伝次急病にて箱根, 八月二十日以後の日記, 八月二十日尾崎文部大臣の大, 八月二十日後であつ, 八月二十日永井荷風の, 八月二十日私一人犯行説でも私, 八月二日出発同十四日, 八月二日初代市川荒次郎死す五十八歳, 八月二日北極海観光船を辞し, 八月二日千鳥まで田地, 八月二日寺町宗仙寺墓あり六十歳, 八月二日朝早く海岱門, 八月二日未ノ刻, 八月二日楢戸村御出発, 八月二日死宗仙寺に葬る, 八月二日生で当時十一歳, 八月五十二歳でこの世, 八月五周年記念に出演, 八月五日ごろ上京するそう, 八月五日宵闇の薄暗く, 八月五日頃であった, 八月から凡そ二十年, 八月の艦艇三千余艘, 八月以來谷中村を買, 八月以後すべての学校, 八月以後それに従事, 八月以後キリスト教は他, 八月以後仏教の魅力, 八月以後同盟通信社の再, 八月以後戦時中緘口令をしかれ, 八月以後民主主義化が日本, 八月以後私どもが新しい, 八月以後軍国主義的宣伝を根絶, 八月以来ここらの山路, 八月以来なんの変化, 八月以来公武合体が実現, 八月以来公職から追放, 八月以来日本のすべて, 八月以来私は吐き気, 八月以来谷中村を買, 八月以降はふしぎ, 八月企画院に, 八月伊勢八幡住吉三社の神馬, 八月何うにか住める, 八月來半年會はない, 八月が自殺, 八月停職処分を受け, 八月先祖祭の季節, 八月入京を禁ぜられ, 八月入院して, 八月八ヶ岳の麓, 八月八十歳を以て薨去, 八月八日三河国に着いた, 八月八日付法令第三十一条, 八月八日分の日記, 八月八日午後八時か, 八月八日午後八時五十五分同じく九時二十分の二回, 八月八日私は日記, 八月八日立秋と暦, 八月八月にはどえらい, 八月六七八の三日間, 八月六十二歳を以て世, 八月六日トリビューン紙は二度目, 八月六日出の吉延さん, 八月六日午前八時十五分広島市中央部の上空, 八月六日後堀河院が崩御, 八月六日渡部長七唱の手記, 八月六日言語に絶する, 八月六日頃そちらへ行つてみたい気, 八月六甲山上の天海菴, 八月内務省地理局の測量方, 八月内藤新宿の橋本屋, 八月再度赤倉へ, 八月の十二月, 八月板三木愛花著, 八月出たくないとか言ってる, 八月出版の, 八月初め主力をもっ, 八月初め頃から伊丹, 八月前後の北陸辺, 八月劇場における男女合併興行, 八月北方千島の航路, 八月十一日ここ霊山を発足, 八月十一日前述した巨匠円朝, 八月十一日午前五時だった, 八月十一日宇治猿楽成敗の際, 八月十一日彼女と婚約, 八月十一日祥月命日で本堂, 八月十一日落語家三遊亭円朝死す六十二歳, 八月十一日葛飾の新屋, 八月十七夜対月寄懐木駿卿柴担人去年此夜与両生, 八月十七日お話の薬, 八月十七日きのうの午後太郎, 八月十七日上野より一番汽車, 八月十七日争議本部で開かれた, 八月十七日享年四十四葬巣鴨真性寺, 八月十七日前の事, 八月十七日夜上越地方の青年有志, 八月十七日春秋八十二歳の時, 八月十七日火曜の項, 八月十七日甲斐の駒ヶ岳, 八月十七日私は自分, 八月十七日長女とゑ病死, 八月十七日附の彼女, 八月十三日きょうはほんとに, 八月十三日ブロートのところ, 八月十三日一月おくれの, 八月十三日上野不忍池, 八月十三日也去年今夜長屋へ鵜川携具, 八月十三日刑場の露, 八月十三日午後七時頃であるから, 八月十三日午後三時の陽盛り, 八月十三日失神状態で絞首台, 八月十三日愛国政治同盟なる団体, 八月十三日此処ヲ過, 八月十三日窟寺に安着, 八月十三日長崎奉行の前, 八月十三日雨飲湯島某楼分韻得麻, 八月十三日静宜亭宿題, 八月十九日七十九歳の長命, 八月十九日三越本店式場で結婚式, 八月十九日安行僧都に勅定, 八月十九日引廻し之上, 八月十九日羽州秋田常栄院尊竜, 八月十九日軍艦数隻を率, 八月十二日クーネルスドルフの堅固, 八月十二日今夜は何, 八月十二日十八歳にし, 八月十二日号の塩谷氏, 八月十二日岐阜を出, 八月十二日正午上高地の仙境, 八月十二日甚内が処刑, 八月十二日甲午同族の兼有, 八月十二日痘科辨要十巻著述出板に付献上, 八月十五夜くまなき月影, 八月十五夜組頭の屋敷, 八月十五日ドクタア・ビゲロウと私, 八月十五日ポツダム宣言を受諾, 八月十五日ヨリ十九日マデ諸手ヨリ搦メ捕ツテ進上サレ候分, 八月十五日ラジオの放送, 八月十五日以後日本にはそれぞれ, 八月十五日以来これらのあらゆる, 八月十五日前後の東京, 八月十五日即日傭員の解雇, 八月十五日基地は放心, 八月十五日崩りたま, 八月十五日東京都麹町区六番町二十五番地旗田鶴彌印, 八月十五日正午に私たち, 八月十五日正午ラヂオの放送, 八月十五日無条件降伏を以てこの, 八月十五日祖国の敗北, 八月十五日神田明神の九月十五日, 八月十五日私は田舎行, 八月十五日終戦の大詔, 八月十五日終戰のラジオ, 八月十五日聖母まりや昇天祭, 八月十五日聖母昇天祭の日, 八月十五日褥中筆を執り, 八月十五日豊後浜の市, 八月十五日野尻村の上, 八月十五日降伏の宣言, 八月十五日順承は, 八月十五日駒ヶ岳へと志し, 八月十五日鹿児島へ安着, 八月十五朝出生名俶, 八月十八十九の両日, 八月十八日上野の人千種太郎, 八月十八日五十一歳の多岐, 八月十八日友人石井勇義君来訪一の珍瓜, 八月十八日夕方から, 八月十八日巴里にて, 八月十八日施餓鬼祭を致します, 八月十八日暴風雨を突い, 八月十八日福山著廿四日執政を罷め, 八月十八日青根温泉にて, 八月十八日頃のモルトケ, 八月十八日鬼怒川を下り, 八月十六七日に降雪, 八月十六日以来謙信は只, 八月十六日医術申合会頭是迄山田玄瑞, 八月十六日午の尅, 八月十六日妻女山に着いた, 八月十六日崩御あらせられて, 八月十六日帰住被差許, 八月十六日晝少し前, 八月十六日条に西行, 八月十六日犀川千曲川を抱いた, 八月十六日那古野に出, 八月十四五日頃には故郷, 八月十四日女と書きつけた, 八月十四日姉川大地震, 八月十四日救援の聯合軍, 八月十四日日蓮在判, 八月十四日春日山を雷発, 八月十四日某々君同日と列記, 八月十四日温泉嶽を発ち, 八月十四日聯合軍と共に日本軍, 八月十四日那珂港で小荷駄掛り, 八月十四日開設の万国講和協会, 八月十日あまりに福原, 八月十日これは随分, 八月十日リーグニッツ西南方地区に陣地, 八月十日ヴァルミーの戦い, 八月十日一枚のビラ, 八月十日二人共に松本監獄, 八月十日京都を後, 八月十日六十歳でデルフト, 八月十日同行は差当り五人, 八月十日天満社の参礼, 八月十日妻政子が女房数輩, 八月十日寛は餘作, 八月十日左馬頭兼伊予守に拝せられ, 八月十日巴里市民はルイ十六世, 八月十日日暮れて松本裁判所, 八月十日正行は和泉, 八月十日熊野に入り, 八月十日牢死した, 八月十日発行の二巻十一号, 八月十日頃こちら辺と同時に, 八月十月の二書, 八月十歳で病死, 八月半ごろまでには大抵, 八月半すぎといふの, 八月半ば過ぎその東端, 八月半節は立秋, 八月印刷に付する, 八月又一は札幌農学校在学中シホホロ, 八月同誌掲載の, 八月君たちがまだ, 八月商工省が新聞雑誌用紙, 八月直因戸田氏, 八月四日のに比べ, 八月四日午後三時古間木で会う, 八月四日大風洪水三に閏八月二十八日, 八月四日奉行より, 八月四日暮れ六つ時のこと, 八月四日東京刑事地方裁判所検事局ヨリ被告人妻ユリニ対シ右罰金ノ納付方請求有, 八月四日法隆寺を見, 八月四日病歿大伯母富貴の形見タンス中, 八月四日雨下づまにやどる, 八月国民の一つ, 八月土人イコサックル我牧塲内の熊害, 八月野路を, 八月大暑の時, 八月大阪文楽座の人形使い桐竹紋十郎, 八月天皇は御子日本武尊, 八月奏覧を経た, 八月を連れ, 八月始めて諏訪湖畔, 八月学友と旅行, 八月孫博済病院の医員, 八月孫栗園と倶, 八月に在り, 八月宇右衛門殿物語り, 八月宗盛革命軍の軍鋒, 八月宝寺城の工, 八月の者, 八月草山の口明けの, 八月小豆坂の合戦, 八月延長一里に, 八月を去つた, 八月岡麓氏予が請, 八月岩手秋田地方へ朝日主催, 八月岩波書店から前, 八月市村家橘改名して, 八月市村座において, 八月廿七日初雪あり, 八月廿七日故郷の妹, 八月廿三日には会津城, 八月廿三日同所え留守居共, 八月廿三日微雨廿四日廿五日続て, 八月廿二日に至る, 八月廿八日ニ参り同, 八月廿六日聖誕日を天長節, 八月廿日此のお, 八月当時私が高山町西校校長野村宗男君, 八月従亡諸臣, 八月本人も, 八月恵陵の大葬, 八月戦争が終っ, 八月文楽座の人形一座, 八月斎藤義龍の病死, 八月新富座は大暑, 八月新潟での作, 八月へ出ました, 八月既に秋冷を, 八月と名づけ, 八月春木座の, 八月時分には遊牧民, 八月に馬場氏, 八月晦日には宝寿院権僧正, 八月暑中休暇のがらん, 八月暫く隱れ, 八月暴風雨のある, 八月最中鶯は時鳥, 八月有給休暇をとりたき, 八月朔日信重祝髪之時所詠, 八月朔日八朔には家康, 八月朔日朝賀の酒宴, 八月朔日殿様御不快中拝, 八月望日清緋衣して, 八月朝香宮様の御成, 八月末サマル島を出発, 八月末サント・ドミンゴに着く, 八月末ニ九州ヘ帰ルカラ, 八月末ヴァレンヌ街に居, 八月末九月初頃に行う, 八月末医者の払い, 八月末平壌の城北乾福山, 八月末東北旅行の折, 八月末湯川さん一家はプリンストン, 八月末脱稿せられた, 八月にも陸奥, 八月東京高等学校三年生であった弟, 八月東宝との契約, 八月東支鉄道の問題, 八月松竹会社が歌舞伎座, 八月松竹座用の脚本, 八月果して欧洲戦争が, 八月某日土佐を漫遊, 八月柿崎道場の新, 八月横浜沖から横須賀, 八月次兵衛が浦上, 八月の米倉屋孫右衞門, 八月此歌舞の郷, 八月ぬる時, 八月死すダンテは, 八月残暑のまだ, 八月毎年の行事, 八月のこと, 八月比叡山に籠っ, 八月民間貿易の再開, 八月におぼれ, 八月江州に大, 八月河原の蘆, 八月法然が瘧病, 八月宵, 八月湯川さんがプリンストン, 八月満州国を去り, 八月満身創痍の大敗, 八月演劇改良会起る, 八月獨逸に歸, 八月玉子は一ヵ月, 八月生んだ赤坊の, 八月の, 八月田端に歸, 八月甲州に入, 八月甲斐国の某, 八月皇后とならせたまい, 八月の支度, 八月盛夏の候, 八月が佐倉, 八月祖母は熱病, 八月福来博士の発表, 八月が広く, 八月筑摩織部正則重は領内, 八月箱根へ遊び, 八月の日, 八月節度使の制, 八月築地のメトロポールホテル, 八月細川顕氏は河内, 八月経った時に, 八月結婚するまで, 八月義母に死なれ, 八月自分がレーニングラード, 八月色彩といふの, 八月芦峅寺から立山, 八月若干追補, 八月英堂和尚が南都西大寺, 八月葉山海岸に叔母, 八月蓮生は, 八月蕭関の道, 八月號所載の山川均氏, 八月號日本周遊二十八頁の上, 八月誕生の彼女, 八月足代弘訓の勧, 八月足尾銅山に遊び, 八月であるが, 八月輕井澤へいつ, 八月十四年の, 八月近松門左衛門机竜之助, 八月遁世之時秀郷朝臣以来九代嫡家相承の兵法焼失, 八月遂に英国侵入の, 八月道珍和上の一週忌, 八月那須での作, 八月を辞し, 八月都下に未曾有, 八月の刻, 八月重盛の病, 八月長谷川小倉三枝及び戸坂, 八月をかう, 八月早降, 八月頃自然のお札焼, 八月首相官邸で開かれた, 八月高野山の夏期大学, 八月の王経, 八月麻布竜土町の中屋敷, 八月OKとなってた