青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「僅か~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

傳~ ~傷 傷~ ~傾け 傾け~ ~傾向 傾向~ 傾斜~ 僅~ ~僅か
僅か~
~働い 働い~ ~働き 働き~ ~働く 働く~ ~像 像~ ~僕 僕~

「僅か~」 4552, 45ppm, 2565位

▼ 僅か~ (1581, 34.7%)

14 残って 9 殘る 6 自分の 5 それと, それを, 慰めて, 昔の, 顏を 4 我我と, 白い歯, 見えて, 頭を

3 [15件] これだけの, その日, 一日の, 一条の, 一歩を, 一間半ほど, 下の, 残つてゐる, 水の, 私たちの, 身を, 身体を, 雨露を, 顔を, 首を

2 [89件] あけた雨戸, うなずいた, お君, こらえて, しがみついて, して, その下部, その小, その生活, その跡, 一つの, 一二尺の, 一二音の, 一夜その, 一年ばかりの, 一枚の, 一歩である, 一町歩の, 一間足らずろくな, 三つ, 三十戸, 三十歩平次が, 九歳の, 二三寸の, 二三歩よたよた, 二人か, 二人三人それを, 二十七に, 五十仙か, 今日の, 八年の, 動きます, 動きますが, 半歳, 口に, 口を, 唯口髭, 垣を, 外援の, 大通りに, 少數, 岩と, 引取りました, 張扇一対という, 形ばかりの, 彼の, 彼れ, 悟り得たの, 慰めるほどの, 我が歌調, 手を, 手紙の, 手足を, 数巻の, 新聞で, 枝先を, 歯が, 殘つた海岸より, 殘つてゐた, 気を, 汗疹を, 流れて, 清閑の, 生命を, 破るもの, 立川の, 笑ひ, 糊口を, 素描の, 絞り出す病鶏, 聲を, 肉の, 胸の, 胸を, 自分を, 若い者, 血潮の, 要領だけ, 見ゆる花火, 謝恩の, 貧しい細毛, 貧困を, 資本家と, 超然内閣の, 身體を, 過ぎない, 頂上の, 頭の, 鬱憤を

1 [1288件 抜粋] 〇・五%に, あの辺, ある位, いよいよ上がっ, うなづきました, おげん, おもかげ, お勝手の, かむって, かわして, くちばしを, くつ付い, こつくり, この三品, この危機, この幾品, この記録, こぼれ落ちる水, これだけ, さう言つて, そこい, そこだけが, そのかぶっ, その一割, その一部分, その何パーセント, その名, その四肢, その宿, その後を, その曙光, その残年, その渇望, その綱目, その萌芽, その間に, それが, それだけを, ただ三部しか, ちり, なった, なって, なりました, のぞき出てる苔むした滑らか, はれがましい眉, ほの, まだ二三日, もれるばかりの, よく未来, わかって, カトリック的だ, ケムペルの, シェイクスピヤを, スープと, チラチラする, ノーベルその, パナマ近隣の, フロックコートだ, ポンツクを, レモナーデの, 一万両, 一世紀間に, 一二囘の, 一二枚に, 一人の, 一個だけの, 一分か, 一千人それから, 一叢二叢が, 一回の, 一坪ほどの, 一尺三寸六分の狭い, 一年であった, 一年半ばかり, 一度いった, 一弗足らずとな, 一斗あまり三斗ばかりは, 一方の, 一時間か, 一時間半の, 一本二本と, 一滴二滴紙の, 一瞥した, 一筋か, 一脈の, 一身を, 一部分殘つて居ります, 一里ばかり, 一里半位しか, 一首遺つ, 七八人に, 七八寸位しか, 七十万即ち, 七十余人に, 七十銭である, 七年一室に, 七百十一人, 七里半とは, 七銭か, 三つか, 三人の, 三分そこそこで, 三十両ばかり, 三十二歳, 三十余万に, 三十分の瞥見に, 三十年而し, 三十里今も, 三四人だった, 三四十円の, 三四尺五間か, 三四篇また, 三圓に, 三寸しか, 三年乃至, 三度しか, 三日目に, 三枚な, 三百の, 三百円か, 三箇月ばかり, 三里だ, 三里上りとは, 三里計でありまし, 三間ほどの, 上に, 下に, 与力同心と, 両足を, 丸の内の, 之に, 乗客の, 九十二人の, 九牛の, 事務的処理が, 二カ月余であった, 二ヵ年今度は, 二三を, 二三両しか, 二三分を, 二三十分も, 二三尺から, 二三日を, 二三町だつた, 二人のみ, 二倍八分弱にしか, 二十五歳で, 二十六米遠い, 二十分である, 二十時間に, 二十町で, 二千〇六十四人に, 二千三百石に, 二千余人しかも, 二千頭前後である, 二句に, 二呎三吋最大直, 二坪あまりの, 二尺位だ, 二戸という, 二日思へらく, 二百人足らずやがて, 二百四十年ばかり, 二票より, 二篇十冊だけ, 二里くらい, 二銭で, 二間ほどの, 五九四十五円です, 五兩貰ひ, 五六寸位に, 五六時間ある, 五六間です, 五十五で, 五十六銭という, 五厘の, 五日間の, 五點の, 京都附近の, 人ひとりを, 人間一人通れる, 今一たび相見ん, 仏像が, 他に, 仰がれた, 伝統を, 似たる者, 余命を, 余裕が, 佛國を, 保存し, 信濃の, 倒れ殘つた荒屋, 傳へられ, 傾斜を, 兄弟の, 光りを, 入口に, 兩手の, 八人であった, 八哩を, 八月の, 八騎歩卒三四十人に, 六七歩に, 六十二人女が, 六十円しか, 六尺ほどしか, 六時間くらいの, 其天井を, 其處だけに, 冷靜を, 分とか, 刹那の, 前篇を, 前面を, 加つた古, 助かりました, 動いて, 動きました, 勿来の, 北の方の, 匿名の, 十七娘の, 十七枚の, 十九年に, 十二三尾を, 十二年前の, 十二歳西氏の, 十五ボブ, 十五枚を, 十八篇の, 十分間で, 十年前そこに, 十数匹の, 十町という, 千人近い, 半インチ毛茸, 半年の, 半時間, 半通だけが, 南に, 危地を, 去れば, 口許へ, 口頭で, 可笑しくな, 吉野作造氏等による, 名残りを, 向きを, 周囲が, 命から, 命脈を, 問題の, 四ヶ月同年八月に, 四五寸に, 四五度位でした, 四五時間の, 四六〇メートルハルツの, 四十五円と, 四十八せめて, 四十年の, 四十歳である, 四年内外の, 四日目の, 国産の, 土佐藩の, 地を, 坐客, 城砦の, 壁に, 変化する, 夕照の, 外界との, 夢に, 大宮の, 大阪に, 奥の, 妥協しました, 婦人の, 安全の, 安心の, 官立大学の, 富みたまうとの, 察せられる水溜り, 射し込んだ日, 小さく開い, 小学四年です, 少し高い, 尾張の, 屋根と, 山の手の, 山頂の, 島崎藤村谷崎潤一郎武者小路実篤佐藤春夫室生犀星位であり, 左手に, 幅一間も, 平民新聞だけ, 年を, 幾十円という, 床柱に, 店の, 廿七葉の, 引止めたの, 当時の, 彼女独りが, 後に, 徒然を, 得た人生, 心の, 心臓を, 怖ろしき物, 恋恋の, 息を, 惰力を, 慰められた, 慰められる鬱した精神, 慰んで, 成つたなあ, 手療治位にて, 打撃を, 持ち上げながら, 持つて, 擦り傷だけで, 支へる, 故人の, 数匹で, 数寸私は, 数日に, 数本の, 数里, 敵に, 數分爾時尸肉忽ち, 數葉の, 數載を, 文筆の, 斯う, 旅館の, 日本の, 日本紀の, 明治生命と, 星の, 昨日の, 昼夜を, 晴れが, 暮らしを, 最後の審判を, 月額六十円である, 朝の, 本邦各地に, 東京俳友の, 板で, 柄沢とし子, 柳原の, 案内の, 棺の, 樹根に, 欧洲と, 正気を, 此方を, 歩いて, 残されて, 残った, 残った家, 残った糸, 残った金, 残つた数人は, 残る一つ, 残る幾日, 残る糠, 残る鹿の子, 残照を, 殘る疑ひ, 母家の, 比較的重要, 氣を, 水蒸氣が, 沖の, 洩すのみ, 洩れて, 海岸や, 深い反射, 湿りそこで, 滅びずに, 漏らすのみ, 潤いを, 濡れて, 無趣味, 焼け残った城廓, 熊笹が, 片影を, 狹き, 現在の, 生々しい焼肉, 生き残った者, 生き残つて帰つて, 生彩を, 生活し, 男性らしい, 病人の, 発芽する, 白い, 白い鼻息, 百五十把の, 百年の, 百振りを, 目を, 眉毛が, 眠る間, 睡り午後東京, 短い期限, 破損し, 社会党の, 私の, 秋の, 笑くぼ, 答えた, 紀州南端の, 紅ゐ, 紙面の, 綻ばして, 総数の, 美濃の, 考古学, 聞き得たの, 職を, 肯いて, 脳裏を, 腰の, 腹の, 自ら慰め, 自分で, 自由の, 舟の, 芥川賞の, 芽出したる, 苦笑しよう, 茣蓙が, 草鞋の, 菲の, 葉が, 薄い着物一枚, 虚偽の, 行列の, 褐色に, 西洋トオキイによ, 見える, 見えるばかり, 見せた心, 見られたから, 覗かれる空, 覚えてること, 記する, 話されたが, 認めること, 語るに, 諾く, 負けじ魂の, 赤いもの, 赤色を, 躓いただけ, 身を以て, 躰を, 輸入された, 辛抱し, 辻占売一人と, 近い山々, 逃げ道を, 逃れた, 這入つて來, 通れる幅, 連絡を, 遊戯を, 過ぎないでござろう憚りながら, 道を, 遣る瀬, 避けて, 部分的の, 野原の, 鉱毒被害民の, 長さ五, 開いた唇, 開きの, 阻止し, 隆起し, 隠れる程, 隣家の, 離れた杜, 零を, 青侍と, 非難が, 頑丈な, 頷いて, 風を, 餓死を, 馬から, 骨の, 高い程度, 魚塩の, 麝香の, 黒くなった, 黒田徳米氏の

▼ 僅か~ (764, 16.8%)

19 間に 8 時間を 6 金の 5 もので, 例外を, 金で, 間の, 響きを 4 あいだに, ものでした, 傾斜を, 時間の, 暇を, 稿料が, 言葉で, 金を, 隙を

3 [13件] ことだ, ことで, ものに, ものを, 人の, 日数で, 時間だった, 時間で, 物を, 財産も, 財産を, 間だけ, 間で

2 [44件] お金で, ごみでも, ものしか, ものであった, ものであったであろう, ものであれ, ものです, ものにも, 人数で, 余裕も, 例の, 力で, 千切れ雲しか, 平地に, 年月の, 微動にも, 扶持で, 日数では, 日数の, 日本語と, 月給の, 歳月の, 水が, 物で, 白雲が, 瞬間の, 税金を, 経験から, 言葉の, 言葉を, 話が, 貯金と, 費用で, 距離の, 部分を, 金が, 金に, 間では, 間でも, 隙間に, 隙間を, 青春の, 青空を, 髪を

1 [543件 抜粋] あいだの, あいだ遊ん, あらわれも, いのちの, おあし, お土産, お高, ことしか, ことだけ, ことぢや, ことに, ことにも, ことの, ことを, そして微妙, そのすき間, その遺産, その配置, つてで, のが, のでお, ので一寸先, ので大天井岳, ので百万箇, はずみで, はずみに, ほつれも, までそれ, ものが, ものだけが, ものであります, ものである, ものまでも, もの一寸した, もんで, ゆるみ, んだ, んです, アトラクションと, アンカの, インディアン語彙に, ジヤガイモ畑の, スキマの, スペースに, ソバ畑なぞを, バラバラの, ベルギー産の, マッスの, 一撃の, 一斑点くらいに, 一瞬間に, 一穂を, 一節である, 一部に, 一部を, 一銭, 一齣に, 三十一文字で, 下りである, 不注意の, 世紀の, 世襲財産を, 主張を, 乗客の, 事で, 事でございます, 事にまで, 事件と, 事実の, 事情の, 二行の, 些細な, 人々が, 人々と, 人々にしか, 人たちが, 人たとえば, 人だけが, 人だけの, 人口で, 人家が, 人影が, 人数な, 人間の, 仕事であった, 仕事と, 仕事に, 仲間限りで, 休息の, 休憩時間が, 休暇だけ, 会見で, 会話にも, 体力が, 余光を, 余暇が, 余裕を, 余韻も, 作者から, 例外, 便泌の, 信徒を, 信者を, 俸給で, 俸給を, 個体だけが, 借金が, 借銭に, 停車の, 傾斜とが, 光も, 光線は, 兵で, 兵力だった, 兵士に, 円盤を, 冊数の, 分量で, 分量の, 列は, 利子の, 利益で, 削除の, 努力にも, 労力であった, 動きが, 動作さえ, 動作でも, 動揺を, 半ドン, 卑劣な, 印税で, 原因で, 参考書や, 収入しか, 収入で, 収入であり, 収入により, 只見川の, 召使も, 史料によって, 同志の, 同部落, 名残りを, 品に, 品も, 商売だった, 喜びだつた, 土地を, 土地城池を, 地境の, 地所もろとも, 地面しか, 地面に, 坪数だ, 報酬を, 塩物と, 声を, 変化が, 変化で, 変化を, 外気に, 外氣に, 外面的な, 夢の, 太平洋側の, 太陽の, 奥床しい文句, 女や, 学費で, 学費は, 安全地帯に, 安堵を, 安逸を, 実費で, 実験によって, 家族の, 家財しか, 家財道具は, 家財道具類の, 将校と, 小遣銭まで, 小金の, 少年の, 屋根と, 岡の, 島の, 工作を, 差別で, 差違の, 差額を, 布施を, 席を, 幅の, 平地は, 平地を, 平野の, 年数しか, 年貢の, 庭を, 建物の, 弟子が, 弟子を, 強弱や, 彼女の, 御祝儀, 微妙な動かし, 心づけ, 心の, 恩銭は, 息拔きで, 意力を, 意志表示にも, 感じでも, 感動にも, 感情冒険だの, 慰めを, 慰安を, 憐憫の, 懐中電灯と, 成功は, 所だ, 所も, 所持金も, 手がかりすらも, 手兵で, 手懸りを, 拍手, 接觸には, 携帯品を, 擦り傷を, 数しか, 数で, 文筆の, 料金で, 施設しか, 日の, 日光跫音などに対して, 日当くれる, 日蔭に, 明りの, 昔の, 時が, 時に, 時の間に, 時日の, 時日を, 時期に, 時期には, 時間が, 時間さえ, 時間だけ, 時間だけが, 時間でも, 時間にまでも, 時間にも, 時間よ, 時間をも, 暖かみを, 書物を, 月給と, 月給に, 有用な, 望みを, 望を, 期間だけ, 期間に, 木影や, 木立が, 木立も, 本しか, 本を, 材料で, 村であり, 板切れに, 梨の, 棚を, 樹の, 樹海を通して, 機会に, 機会をも, 機縁で, 歌が, 歩み方に, 比較と, 民間伝承も, 気分の, 気持は, 水で, 水流にまで, 水液しか, 水道で, 水面なら, 汁を, 池の, 汲取料金である, 沢に, 注意書で, 流れを, 流動物で, 流動食しか, 流動食も, 流動食を, 海外出品者を, 海灣が, 混凝土の, 測定の, 湧き水を, 潤いを, 火口だけを, 火焔の, 炭火で, 炭火の, 焚木でも, 然し根強い, 煙突から, 熱い炭, 燈光で, 燈火と, 燭台の, 牧歌情調を, 物だけは, 物音でも, 猶予を, 瑕瑾でも, 環境の, 生徒に, 生活費で, 生甲斐の, 生魚と, 用事以外に, 用具が, 田が, 田地も, 男女の, 畑が, 留守だった, 留守居にも, 留守居の, 畠を, 皇室費を, 皮肉に, 眼の, 着換え丈でも, 瞬間だけ, 知識でも, 石で, 砂丘を, 私財は, 秘密の, 移住費を, 種類に, 稲作を, 稿料とでは, 穀粒などは, 空地が, 空地でも, 空氣を, 空間では, 空間の, 窓の, 端た, 範囲にしか, 米に, 米も, 粗末な, 粗相をも, 粥と, 紙数の, 素振, 経済学的知識を, 経験に, 給料を, 給金で, 給金を, 緑地あの, 線と, 縁を, 群衆の, 者しか, 耕地の, 聲を, 職を, 職業者に, 胸さわぎ, 脚本は, 自家の, 色彩で, 芝生が, 芝生を, 荷物の, 荷物は, 荷物を, 荷物以外に, 蔭をも, 薄明り, 藥禮を, 血にも, 行李の, 街頭の, 衣類は, 衣類や, 被害だけで, 装飾品は, 補助を, 褐色の, 見ばえの, 見聞から, 見聞を, 視角の, 親しみある, 観察によりましても, 観測に, 言葉が, 言葉しか, 設備と, 証拠では, 詞を, 詩作と, 話の, 語で, 調度を, 講座を, 谷地よりも, 財産だけ, 財産は, 貯えさえ, 貯へとだけで, 貯蓄は, 貯金まで, 貰ひもの, 費用では, 賃でございます, 賃銀の, 賃銭にまで, 資料が, 資本では, 距離に, 距離より, 路の, 身の, 身振で, 身振りによ, 身振りによって, 軍勢が, 農具を, 近世の, 送金とで, 道路を, 違いであった, 違いを, 遺品を, 部分であっ, 部分に, 部分の, 部分は, 部分をしか, 配慮で, 酒を, 酔いが, 野を, 野菜, 量に, 量は, 金いい, 金でも, 金な, 金銭なんかを, 金銭の, 銭だ, 銭取, 間しか, 間だ, 間だった, 間である, 間でした, 間とは, 間休む, 間隔を, 附句の, 陽なた, 隙間から, 隣人たちの, 雨の, 雲だ, 面積に, 音にも, 音を, 預金の, 領分しか, 額で, 額の, 願いをも, 風呂敷包み一つだ, 食物を, 駄賃の, 鮒が, 鮨を, 麥の, 黒人の

▼ 僅か~ (517, 11.4%)

51 間に 9 間で 7 間の 6 時間を 5 時間で, 間でも, 隙を 4 暇を, 金で, 間を 3 差で, 日数で, 時間の, 金を, 間でした, 間では, 間にも, 隙に, 隙間から

2 [25件] あいだに, 事で, 事にも, 手すきに, 日月の, 時間しか, 時間である, 時間に, 機会でも, 給料で, 者が, 草木が, 買ひ, 資本で, 距離を, 酒に, 金が, 金でも, 間しか, 間だ, 間だった, 間であった, 間である, 間です, 隙間を

1 [340件] あいだです, あひだ, うちに, ことが, ことでしょう, ことに, ことにも, ところが, ところで, はきもの, はした金しか, ひまを, ものこそが, ようで, アスファルトを, アルコールに, カユを, キプリングビョルンソンを, ソヴェト文学フランス文学ドイツ文学などが, タイムしか, デコボコにも, ブルジョア・インテリゲンツィア婦人しか, ホールドに, モヒ剤を, 一月以内かの, 一部分だけは, 不しあ, 不自然さから, 中に, 乗客を, 事だ, 事には, 交際だ, 交際で, 交際によって, 享楽と, 人々に, 人が, 人命を, 人工重力しか, 人数が, 人数だ, 人数引連れ, 人間が, 仏蘭西人の, 仕送りの, 休みが, 休息の, 会話の, 例や, 例外を, 供廻りを, 侶と, 俸給によ, 假寢では, 停車時間も, 儲けを, 先拂, 光でも, 光の, 光線の, 入場料を, 内に, 内輪だけが, 処だ, 処を, 制裁をしか, 前借か, 力で, 努力さえ, 労働にも, 労働を, 動きと, 動揺さえも, 勝太郎の, 十日たらずである, 半日も, 原書を, 友達をも, 口銭を, 同情心を, 向上でも, 呼吸に, 品しか, 商売を, 商売品を以て, 回教が, 地面へ, 坪数ながら, 場所を, 塩を, 変更を, 変災の, 宅の, 安眠を, 家にしか, 家並が, 家具と, 家具も, 家具類と共に, 家族の, 家来どもには, 家臣と共に, 家賃で, 實在, 寿命で, 射兵, 小さい若芽, 小使ひとを, 小冊子, 小畠をもって, 小舟で, 小遣銭で, 小遣銭を, 少数で, 岩肌を, 巣箱知識を, 差引支拂の, 幕の, 平地で, 平地の, 年月では, 年月の, 年長で, 幼稚園が, 廊下を, 彼の, 恩給ぐらいでは, 息を, 患者しか, 悪魔に, 慰みであった, 或る, 所持金まで, 手がかりから, 手当が, 手数を, 手違いから, 才能によって, 抑揚に, 指導者だけで, 振動にも, 掛金で, 接触で, 損料で, 改革で, 数しか, 敵機が, 旅客の, 旅費の, 旅費を, 日光によって, 日子では, 日数しか, 日数の, 日給を, 日限に, 日除と, 日雇銭を, 時が, 時日である, 時間が, 時間でなく, 時間では, 時間と, 時間親方の, 智識を, 暇さへ, 暖み, 暗示的刺戟によっても, 書物や, 書籍でも, 月日の, 月日は, 月給で, 月給に, 月給の, 期間の, 本でしょう, 本と, 本資, 札数を, 材料で, 案内では, 楽しみである, 楽しみを, 様式が, 機会をも, 歌で, 歳月の, 水を, 沈黙の, 沖積地が, 流域を, 流通にと, 海外との, 滴りを, 火で, 灯を, 炭八十俵が, 炭火を, 点だ, 物で, 物を, 物語や, 物音に, 現世的経済の, 生命だ, 生活資料で, 田圃を, 畑も, 畝歩の, 畠などを, 疑いで, 登りを, 白い粉, 相違である, 省略を, 着換えを, 知合を, 短篇では, 磨滅の, 神, 種類です, 稲穂を, 空いたところ, 空で, 空地が, 空地黒く, 端銭から, 笈一つ背負う, 範囲に, 米袋を, 紙切れに, 紙数で, 給与では, 給料を, 緑褐色な, 繁りを, 者で, 自作田も, 自分達の, 自尊心で, 自負と, 航海の, 芝生は, 花が, 苦しみにも, 荷物, 荷物の, 葉を, 著作の, 薪は, 行数を, 行違いから, 行違いで, 行違で, 衣服類とに, 衣類しか, 衣類で, 被覆物は, 裏お, 見聞記が, 観察では, 言葉が, 言葉しか, 言葉でも, 言葉にも, 言葉僅か, 計器の, 詞にて, 試みにも, 話声でありました, 誇張や, 誘導が, 調子はずれほんの, 財産しか, 財産も, 貯金を, 貴いもの, 買喰い, 賃金を, 赤味が, 足がかりを, 距離しか, 路を, 路銀を, 身動きさえ, 車馬賃を, 通行人に, 道のりで, 道を, 道具に, 違いが, 選屑と, 遺産で, 部分であった, 部分を, 酒や, 酒を, 重さ, 野菜に, 野菜畑を, 金な, 金にて, 金の, 金員衣服食品などに, 金子を, 銀貨と, 銭の, 錫を, 閑を, 間から, 間きょろきょろ, 間だけは, 間な, 間なりとも, 間また, 間ペロの, 間同棲し, 間地方に, 間居た, 間杉木立が, 間浪という, 間経て, 間良人の, 間見えなく, 間見物した, 関係が, 隆起の, 隙も, 隙間が, 隙間に, 雪が, 電気的刺戟によって, 露頭だけ, 頓智で, 飯粒を, 餌で, 骨董などを

▼ 僅かばかりの~ (157, 3.4%)

2 動揺に, 家財を, 才能を, 木が, 田が, 痩せた畑, 空地が, 空所が, 金で, 隙から

1 [137件] おこづかひ, お金で, こぼれるやう, しもた屋が, ものを, 不注意とか, 事な, 人が, 人群れが, 人間が, 個人が, 借りを, 充足に, 冷たい好奇心, 初春の, 力で, 原稿料を, 古びた書物, 古書の, 同僚の, 品物は, 商店と, 噴上げ, 土の, 土地を, 地所でも, 変りものの, 夜の, 嫉妬の, 宿賃を, 寺の, 小作を, 小説と, 小資本, 小遣で, 小遣銭を, 小銭を, 小魚, 席を, 平地が, 平地で, 庭が, 建て増しの, 思想も, 恩を, 恩給が, 恵に, 愁ひ, 愼ましい, 懐紙が, 所で, 所持金を, 手廻りの, 手当を, 接吻と, 散歩の, 文化的な, 文献を, 時を, 暗示にも, 暗闇を, 月給では, 木虱を, 条件によ, 楽しみが, 正直とか, 残された金, 汁を, 涙が, 涙金で, 涼風にも, 湯錢を, 火薬と, 炭火を, 焼けかたで, 爆薬が, 物しか, 物質, 田圃を, 畑が, 痕跡を, 白骨を, 目腐れ金に, 盲点を, 盲點を, 相異, 相違に, 石を, 石垣の, 石燈籠に, 租税免除の, 種油と, 米も, 紅を, 給料を, 給金を, 緑が, 纏頭にも, 美點に, 肉だ, 自分の, 自由が, 荷物の, 蓄えも, 蜂蜜に, 見聞の, 観客に, 言葉を, 記憶の, 誇りを, 財産の, 財産を, 買ものを, 賃仕事を, 資産を, 距離で, 身の, 近親を, 遲速を, 遺産も, 遺産を, 野菜を, 金に, 金も, 金を, 金子であった, 金屑を, 銭の, 隔てが, 隙間から, 隙間が, 隙間に, 雜草を, 雪を, 青みが, 香料を, 鮎を

▼ 僅かしか~ (87, 1.9%)

9 ない 5 残って 4 なかった 2 ありませんでした, ないが, 残つてゐない, 無い

1 [61件] ありゃしねえでがすよ, いないし, いないの, いなかったが, いなかったので, いられなかったが, おれないから, たたない今日, ないの, ない反, ない大きさ, なくそうして, 与えられない休暇, 作用を, 保存され, 働かないならば, 儲けなかった人, 光が, 入って, 具えて, 出て, 出なかった, 助からないけれど, 居りません, 影響しなかった, 役に立たなかつたの, 持たない, 持たなかったと, 持って, 持つて, 捧げないかに, 描かれて, 明晰で, 書いて, 欠かないと, 残つてゐぬ, 残つてゐません, 残らないよう, 残らなかった, 殘つ, 満たされること, 無くさ, 発達し, 白くな, 眠て, 眠らないのに, 知らず漠然と, 知らなかった, 知らぬこと, 知る機會, 経って, 芽生えないで, 行われて, 要りませぬ, 見えない, 見出されないこと, 語つ, 貰っては, 迫って, 通らないのに, 陳列し

▼ 僅かばかり~ (58, 1.3%)

2 でも, 人間の, 会は

1 [52件] あつた, ある水, ある肉, こびりついて, した仕事, その枝, ですから, ですが, でその, なりと, なりとも, な乗客, な塩, らしい余生, 上等な, 不足な, 並べられた本, 並べられて, 前に, 動いて, 受けた教育, 召つれた, 吸った水, 庭を, 当時の, 持つて, 揺らぎ動い, 敷いた疊, 文句を, 書き集めた写本, 来る作米, 梢に, 楽しんだばかり, 残されて, 残った財産, 残って, 殘つた鋸屑を, 母から, 水田の, 燃やされた木片, 生えかけて, 生きるの, 知って, 空気や, 血が, 血の, 西に, 見えた, 覗いて, 開けて, 附いて, 隔った

▼ 僅か~ (47, 1.0%)

13 はある 5 はあった 4 あつた 2 はあつ

1 [23件] いい, おしまいに, その他は, それが, はありました, また強いて, 両手と, 乞食と, 享保の, 仕事が, 何れも, 務めの, 危険で, 名前は, 多くの, 大山桜とか, 奧行きも, 所謂寺詣り, 残りは, 河上の, 済んだの, 貴重品と, 質もみぢめな

▼ 僅かでも~ (36, 0.8%)

1 [36件] あつた, あるかも, いい心持, お咲親子, かうして, その費え, そんなに多く, ポッと, 不仕合, 乱れ軌道, 二人の, 余裕が, 作れば, 保たれて, 危険だ, 多いといふ, 大体の, 好意で, 弱まりが, 彼女を, 志すという, 惑わせないもの, 收穫されず, 教職員の, 時間が, 祖先の, 私が, 私には, 立派な, 精神的乃至, 純粋に, 聞えて, 裂けて, 製造しなけれ, 貯金する, 静寂な

▼ 僅かながら~ (29, 0.6%)

1 [29件] ある, うかがうこと, お歌も, 不動産も, 人間の, 余裕が, 入り交つて, 冷汗が, 出るやう, 味う, 年々絶えず, 心ばかりの, 持って, 此人の, 残念で, 湿りを, 爪を, 用途の, 立体的の, 自分に, 色づいて, 苦痛が, 親譲りの, 解りかけて, 遠のかせられた, 金を, 金子を, 青い色, 高く澄んだ

▼ 僅か~ (21, 0.5%)

2 がこの, が何だか, が斑点

1 [15件] からうんと, から書いた, が, があれ, が他, が山, が薬品類, けれどお礼, けれどもあの, けれども道, けれどハトロン紙, けれど借り, けれど膏藥代, のに物質的援助, よ二三年

▼ 僅かずつ~ (20, 0.4%)

2 でも

1 [18件] ですから, ですが, では, 前へ, 口腔へ, 寄って, 平に, 形を, 徴収するです, 時間を, 白み始めて, 移って, 育って, 薄紙を, 製し方, 触れる機会, 金を, 騎座の

▼ 僅か~ (20, 0.4%)

11 りの 1 の家主, りある, りしか, りでは, りはつきり, りを, り持出した金, り見られるだけで, り金泥

▼ 僅か一年~ (15, 0.3%)

3 の間 2 ばかりのうち 1 しかつづかず, と五日, に充たない, の中, の在, ばかりで廃藩, ばかりの間, ほど逢わない, を隔て, 程の交わり

▼ 僅かなる~ (14, 0.3%)

3 人目の

1 [11件] たくわえにて, 一寝入り, 一盞に, 例外と, 家財調度は, 岩間の, 慰安が, 日陰を, 注意と, 浸潤の, 經驗と

▼ 僅か半年~ (13, 0.3%)

2 でその

1 [11件] たらずで生活環境, だ, だが, だけれど, でその後, と口, にも滿, の影響, ばかりで, ばかりで別れ, ほど前

▼ 僅か~ (12, 0.3%)

4 歳の 1 世紀しか, 世紀の, 世紀以前までは, 時間で, 時間程, 里か, 里に, 頁足らずの

▼ 僅か一日~ (11, 0.2%)

1 [11件] おいて, かそこら, か二日違ひで帰, しかない, だが, に足らぬ, のあいだ, のうち, の寿命ほか, 延びるだけの, 病んで

▼ 僅かである~ (10, 0.2%)

1 かについてジーモン, かも知れぬ, か或は, がそういう, がその, が此方, が軽輩中, ことに, といふやう, と共に広告宣伝文以外

▼ 僅か二年~ (10, 0.2%)

3 の間 1 か三年, くらいしか武家奉公, たらずこの, でその, どうやらすでにその, の内, ばかりで

▼ 僅か三日~ (9, 0.2%)

1 かそこ, か四日, で死ん, と思っ, にし, の後, ばかりの滞留, を過したる, 病んで

▼ 僅か数日~ (9, 0.2%)

1 して, で再び, で十歳, にし, の交, の豪雨, の間, を除いた, 経った時

▼ 僅かずつの~ (8, 0.2%)

1 お金を, 変化を以て, 智力を, 歩行を, 特徴が, 相異, 語音変更は, 金高が

▼ 僅かながらも~ (7, 0.2%)

1 めいめいの, 嗅ぐこと, 夫婦が, 自活できる, 貯金も, 資本を, 雪などが

▼ 僅か一週間~ (7, 0.2%)

3 ばかりの間 2 離れて 1 で採掘, ばかりの故

▼ 僅か二三年~ (7, 0.2%)

3 の間 1 にこれ, に止り, の晩年, の知合

▼ 僅か二三日~ (7, 0.2%)

3 の間 1 しかたつ, で出来上った, の中, の手伝

▼ 僅かです~ (6, 0.1%)

1 が, が道床, けれども兎, しねくらし, し尚, 其うちで

▼ 僅か~ (6, 0.1%)

1 のぞいて, やうやうの, 交へたに, 良兼良正様へ, 身に, 除いては

▼ 僅か一時間~ (6, 0.1%)

1 でしかも, で六ヶ, となった, の課業, ばかりの間, 程の間

▼ 僅か三年~ (6, 0.1%)

1 で正常, に満たない, の広島県, の間, の間乍ら, ばかり前

▼ 僅か二人~ (6, 0.1%)

1 だ, だった, です, に過ぎざれ, の外交員風, をつれ

▼ 僅か百年~ (6, 0.1%)

1 か二百年, と少し, ばかりの間, ばかりも頭, を隔つるの, を隔てた

▼ 僅かにでも~ (5, 0.1%)

2 良心が 1 会心の, 出來, 押が

▼ 僅か一尺~ (5, 0.1%)

1 あるか, か二尺, に足りない, のところ, ばかりの廣さ

▼ 僅か三ヶ月~ (5, 0.1%)

1 で朝鮮半島全部, の間, やそこ, や四ヶ月, 経てば

▼ 僅か十年~ (5, 0.1%)

1 かそこら, か十五年, にも足りない, の許嫁, を革命後

▼ 僅か数年~ (5, 0.1%)

1 では, の命脈, の試験, の間, を経過

▼ 僅かこれ~ (4, 0.1%)

1 だけのこと, だけの言葉, っぱかりしか文庫, ばかりの滾れ残った

▼ 僅かだった~ (4, 0.1%)

1 かもしれない, がその, が次第に, し現金

▼ 僅かでございます~ (4, 0.1%)

1 からツイ御無沙汰, から序で, がお納め, そんなに大きな

▼ 僅かなり~ (4, 0.1%)

1 ともそういう, ともより, とも疑ふ, とも薄弱

▼ 僅かばかしの~ (4, 0.1%)

2 手附金を 1 借金に, 彼れ

▼ 僅かより~ (4, 0.1%)

1 ないの, ない私たち, 残らぬ, 知られて

▼ 僅か一二年~ (4, 0.1%)

1 である, の中, の間, は渾然

▼ 僅か一字~ (4, 0.1%)

1 か二字, で大, の相違, の英語

▼ 僅か三尺~ (4, 0.1%)

1 の幅, ばかりしか離れ, ばかりの小道, も離れ

▼ 僅か三秒~ (4, 0.1%)

2 か四秒 1 の沈默, の沈黙

▼ 僅か三里~ (4, 0.1%)

2 か四里 1 の波, ゆっくりと

▼ 僅か二ヶ月~ (4, 0.1%)

1 で海外学校, に足らずし, の間, ほどで

▼ 僅か五分~ (4, 0.1%)

1 かそこ, か十分, ですん, とも経たぬ

▼ 僅か六ヶ月~ (4, 0.1%)

2 の間 1 で更に, のリポーター生活

▼ 僅か四五年~ (4, 0.1%)

2 の間 1 の後, ほどの間

▼ 僅か残っ~ (4, 0.1%)

4 ている

▼ 僅か~ (3, 0.1%)

1 僅かに, 残って, 残るだけ

▼ 僅かその~ (3, 0.1%)

1 數ヶ月前には, 末席に, 程度にしか

▼ 僅かだけ~ (3, 0.1%)

1 書斎に, 自分の, 首を

▼ 僅かであった~ (3, 0.1%)

1 が陣十郎, ため士族と, 事や

▼ 僅か一時間足らず~ (3, 0.1%)

1 にて落着, の会話, の話

▼ 僅か一町~ (3, 0.1%)

2 半許 1 くらいしかない

▼ 僅か三つ~ (3, 0.1%)

1 しか残らなかつた, ばかりの孫娘, や四つ

▼ 僅か三十円~ (3, 0.1%)

2 の金 1 くらいよりない

▼ 僅か三十分~ (3, 0.1%)

1 くらいのうち, で来られる, と経ぬ

▼ 僅か三四年~ (3, 0.1%)

2 の間 1 にしかならない

▼ 僅か三四日~ (3, 0.1%)

1 で散つて, の生活, 見なかったばかりの

▼ 僅か三本~ (3, 0.1%)

1 だつて云, です, の髪の毛

▼ 僅か二三尺~ (3, 0.1%)

1 ですからな, に過ぎない, 潜る丈

▼ 僅か二分間~ (3, 0.1%)

2 にし 1 で電話

▼ 僅か二尺~ (3, 0.1%)

1 に三尺位, ばかり, ばかりの空間

▼ 僅か二年前~ (3, 0.1%)

1 であったという, に當, の明治三十二年

▼ 僅か二日~ (3, 0.1%)

1 であと五日, で分った, の事

▼ 僅か二時間~ (3, 0.1%)

1 である, となった, と半

▼ 僅か二週間~ (3, 0.1%)

1 で終, と続かなかった, を私

▼ 僅か五六人~ (3, 0.1%)

1 では, の客, の男女

▼ 僅か五年~ (3, 0.1%)

3 の間

▼ 僅か五歳~ (3, 0.1%)

1 か六歳ぐらゐの乞食, に成, を以て薨

▼ 僅か八歳~ (3, 0.1%)

2 の年 1 の太子弗陵

▼ 僅か六歳~ (3, 0.1%)

2 の然 1 でありながら

▼ 僅か十分の一~ (3, 0.1%)

1 にすぎずし, ほど吸われた, 即ち二寸

▼ 僅か半日~ (3, 0.1%)

1 で打ち切られ, の夢, ばかり俳談

▼ 僅か半月~ (3, 0.1%)

1 か一月今, ばかりのこの, ほど前

▼ 僅か四五人~ (3, 0.1%)

1 がくすくす, しか弟子, である

▼ 僅か数行~ (3, 0.1%)

1 で説明, に足らない, の文字

▼ 僅かこの~ (2, 0.0%)

1 一小事, 書の

▼ 僅かだつた~ (2, 0.0%)

1 がさだ子, けれど人

▼ 僅かづつ~ (2, 0.0%)

1 傾いて, 動いて

▼ 僅かであり~ (2, 0.0%)

1 人間の, 而も

▼ 僅か~ (2, 0.0%)

1 三本の, 云ふ

▼ 僅かながらでも~ (2, 0.0%)

1 分担しなけれ, 畑を

▼ 僅かながらの~ (2, 0.0%)

1 正月の, 移り変りは

▼ 僅かなら~ (2, 0.0%)

1 が是, ばまだ

▼ 僅かにしか~ (2, 0.0%)

1 満たされること, 見えません

▼ 僅かばかりを~ (2, 0.0%)

1 のぞいて, 與へたほかまだ

▼ 僅か一つ~ (2, 0.0%)

1 と言う, の鐘

▼ 僅か一センチ~ (2, 0.0%)

1 ほどというの, ほどの長

▼ 僅か一ヵ月~ (2, 0.0%)

1 であった, にし

▼ 僅か一二ヵ月~ (2, 0.0%)

2 の間

▼ 僅か一代~ (2, 0.0%)

1 で今日, を隔て

▼ 僅か一年半~ (2, 0.0%)

1 でこんな, ばかしのこと

▼ 僅か一晩~ (2, 0.0%)

1 ばかりで, ばかりのうち

▼ 僅か一本~ (2, 0.0%)

1 のビール, の太い

▼ 僅か一町足らず~ (2, 0.0%)

2 の間

▼ 僅か一部~ (2, 0.0%)

1 の朧げ, より印刷

▼ 僅か一里~ (2, 0.0%)

2 の道

▼ 僅か七八日~ (2, 0.0%)

1 のうち, の間

▼ 僅か三円~ (2, 0.0%)

1 かそこ, ばかりの金ぢ

▼ 僅か三分間~ (2, 0.0%)

1 くらいのもの, である

▼ 僅か三十年~ (2, 0.0%)

1 しか経たない, 経ったばかり

▼ 僅か三十間~ (2, 0.0%)

2 ばかりの路地

▼ 僅か三千両~ (2, 0.0%)

2 の金

▼ 僅か三哩~ (2, 0.0%)

1 か四哩, ほどしかない

▼ 僅か三四カ月~ (2, 0.0%)

1 にし, の間

▼ 僅か三四人~ (2, 0.0%)

1 であった, の強い

▼ 僅か三四寸~ (2, 0.0%)

1 の空間, の雪

▼ 僅か三四間左手~ (2, 0.0%)

2 は祠

▼ 僅か三年前~ (2, 0.0%)

1 の出来事, の延暦元年

▼ 僅か三年後~ (2, 0.0%)

1 に牢獄, の明治四十四年

▼ 僅か三日間~ (2, 0.0%)

1 で書き上げた, に通り抜けた

▼ 僅か三歳~ (2, 0.0%)

1 でも年長者, を以て早世

▼ 僅か三百~ (2, 0.0%)

1 のスペイン兵, の小

▼ 僅か三間~ (2, 0.0%)

1 で六畳, ばかり眞向う

▼ 僅か乍ら~ (2, 0.0%)

1 も先祖伝来, 御手當

▼ 僅か~ (2, 0.0%)

1 た場面, た言

▼ 僅か二ヵ月~ (2, 0.0%)

1 よ, 暮したばかりの

▼ 僅か二三分の間留守~ (2, 0.0%)

2 にする

▼ 僅か二三十年~ (2, 0.0%)

1 とは経たぬ, の間

▼ 僅か二三枚~ (2, 0.0%)

1 の衣, の長

▼ 僅か二分~ (2, 0.0%)

1 かそこら, やそこら

▼ 僅か二十七~ (2, 0.0%)

1 で一人, で亡くなりました

▼ 僅か二十五歳~ (2, 0.0%)

1 で夭折, で河馬

▼ 僅か二十分~ (2, 0.0%)

1 ぐらいの間, ほど話し

▼ 僅か二十分許~ (2, 0.0%)

2 りの

▼ 僅か二十年~ (2, 0.0%)

1 くらいの間, 経つか

▼ 僅か二十年足らず~ (2, 0.0%)

1 の生れ年, の間

▼ 僅か二十日~ (2, 0.0%)

1 ばかり煩っ, ほどの間

▼ 僅か二十銭~ (2, 0.0%)

1 で変る, のブリキ

▼ 僅か二夜~ (2, 0.0%)

2 を過した

▼ 僅か二日後~ (2, 0.0%)

1 にシナ, にタグス

▼ 僅か二里~ (2, 0.0%)

1 の道, ばかりの堤

▼ 僅か五人~ (2, 0.0%)

1 で斬込んだの, の委員

▼ 僅か五六年~ (2, 0.0%)

1 変るもん, 続いたに

▼ 僅か五六日~ (2, 0.0%)

1 でよし, の内

▼ 僅か五六軒~ (2, 0.0%)

1 しかなかっ, だったに

▼ 僅か五六里~ (2, 0.0%)

1 で雷電, と油断

▼ 僅か五円~ (2, 0.0%)

1 ないし十五円, ばかりの金

▼ 僅か五分間~ (2, 0.0%)

1 にて完了, の店先

▼ 僅か五分間許~ (2, 0.0%)

2 りでは

▼ 僅か五十俵~ (2, 0.0%)

1 の痩御家人, を食む

▼ 僅か五十兩~ (2, 0.0%)

1 の金, ばかりの奉公人

▼ 僅か五年後~ (2, 0.0%)

1 にあの, のこと

▼ 僅か八日~ (2, 0.0%)

2 か九日

▼ 僅か八百キロ~ (2, 0.0%)

2 の電気会社

▼ 僅か六十人~ (2, 0.0%)

1 たらずの, に過ぎませんでした

▼ 僅か十一~ (2, 0.0%)

1 しか違わぬ, の子

▼ 僅か十九歳~ (2, 0.0%)

1 にし, の少年

▼ 僅か十五六歳~ (2, 0.0%)

2 の少年一人

▼ 僅か十五円~ (2, 0.0%)

1 その時分, に過ぎぬ

▼ 僅か十五分~ (2, 0.0%)

1 か八分間, で終点

▼ 僅か十五歳~ (2, 0.0%)

1 の夏子, の者

▼ 僅か十八歳~ (2, 0.0%)

1 で戰死, の身

▼ 僅か十八町~ (2, 0.0%)

1 と聞き, 且つ下り

▼ 僅か十六七~ (2, 0.0%)

1 だらうと, の少年

▼ 僅か十六人~ (2, 0.0%)

2

▼ 僅か十分~ (2, 0.0%)

1 か十五分の後, たらずで

▼ 僅か十分足らず~ (2, 0.0%)

1 で道路崩壊, の時間

▼ 僅か十数戸~ (2, 0.0%)

1 の山樵, の部落

▼ 僅か十日~ (2, 0.0%)

1 たらずの, ばかりで

▼ 僅か四五ペエジ~ (2, 0.0%)

2 の文章

▼ 僅か四五日~ (2, 0.0%)

1 のうち, のこと

▼ 僅か四里~ (2, 0.0%)

1 しか距, の道

▼ 僅か四銭~ (2, 0.0%)

1 か三銭五厘, ぐらいでは余り芸

▼ 僅か~ (2, 0.0%)

1 一年ばかりの, 學校を

▼ 僅か~ (2, 0.0%)

1 が見えます, を替え

▼ 僅か数カ月~ (2, 0.0%)

1 で読み書き, のうち

▼ 僅か数ヶ月~ (2, 0.0%)

1 なの, にし

▼ 僅か数本~ (2, 0.0%)

1 の古, の躑躅

▼ 僅か数百人~ (2, 0.0%)

1 で蹴散らした俺たち, のスペイン人

▼ 僅か数秒~ (2, 0.0%)

1 だったろうが, のうち

▼ 僅か數行~ (2, 0.0%)

1 に記し, 或は單

▼ 僅か見ない~ (2, 0.0%)

2 うちに

▼ 僅か離れた~ (2, 0.0%)

1 処に, 所でも

▼1* [668件]

僅か〇・八%の増大, 僅かあった丈である, 僅かあるだけである, 僅かあんな提灯一つや, 僅かかもしれないが, 僅かきり集って, 僅かきれいに拭い, 僅かここ数日のうち, 僅かございましたのを, 僅かて医者, 僅かしきゃ居ないぜ, 僅かずつでも届いて, 僅かずつながらにしろある, 僅かずつもそれは, 僅かたりとて得意全体に, 僅かちよつとの, 僅かついている, 僅かづつの糸を出し, 僅かづつ前に出た, 僅かづつ払ひ込んでも, 僅かづつ発達し決して, 僅かづゝの当意即妙式, 僅かであって星, 僅かであれ疑ひを容れる, 僅かであろうがこの, 僅かでむこうの闇, 僅かとは言うけれども, 僅かとろりとした, 僅かなしなを見せた, 僅かなつくろいを除い, 僅かなめくされ金, 僅かなりにも多少原稿料, 僅かなる残っている, 僅かな光りの変化, 僅かな埋め火の, 僅かな売りあげではあせらざる, 僅かな浮いた心が, 僅かな煌めく彫刻を, 僅かにかはして, 僅か依然として丁髷, 僅かばかりしか戸を, 僅かばかりな誠実が, 僅かばかりに売却し, 僅かばかりは例外が, 僅かばかりより来て, 僅かぴくりぴくりと変え, 僅かほか要らぬ, 僅かほころばせてよチラリ, 僅かございません, 僅かやったあげく刀の, 僅かゆくと道, 僅からしく起居は, 僅かアイヌ語の知識, 僅かハア夫婦に, 僅かバケツ一杯ぐらいの量, 僅かパラパラと撒いた, 僅かと月, 僅か一カ月のこと, 僅か一カ月後の九月, 僅か一セント半であった, 僅か一パーセント増して, 僅か一フランだと, 僅か一メートル四方の空, 僅か一ヵ年間レブン寺の執, 僅か一ヵ月あまりだったが, 僅か一ヶ年餘りに, 僅か一ヶ月で出来上った, 僅か一ヶ月あまりのうち, 僅か一ヶ月分を拂つた, 僅か一万三千の小さい, 僅か一万三千ポンド以下とし, 僅か一万五千人ばかりの蝦夷人, 僅か一万五千石の小名, 僅か一万五千足らずの漸, 僅か一万人程度ということ, 僅か一万石の小, 僅か一丈にも足らぬ, 僅か一丈余ならん, 僅か一世紀ばかりの中, 僅か一両日の滞在, 僅か一二の例, 僅か一二ヶ月のうち, 僅か一二例外を除い, 僅か一二分の交渉であるのに, 僅か一二分の間だったと, 僅か一二尺しかない, 僅か一二時間で二合半, 僅か一二歩で, 僅か一二瞬間のこと, 僅か一二種に過ぎない, 僅か一人か二人御召連れ, 僅か一停車場しか隔て, 僅か一内務班に於ける, 僅か一円なにがしの小倉袴, 僅か一円九十五銭ですむ, 僅か一円五十銭なの, 僅か一冬のこうした, 僅か一分の金を拾, 僅か一分間の後, 僅か一列車ほどのトンネル, 僅か一千五百尺ほどの高, 僅か一厘だから, 僅か一合の牛乳, 僅か一哩半位の村道, 僅か一回とは申せ, 僅か一国二国に過ぎない, 僅か一坪の平地, 僅か一坪半の平面, 僅か一室の間借, 僅か一寸ぐらいのところ, 僅か一寸位しか地層, 僅か一尺余りの丈, 僅か一年あまりに過ぎなかつた, 僅か一年余日でその, 僅か一年修業年限が多い, 僅か一年後のこの, 僅か一日一ミリの蒸発, 僅か一旬のうち, 僅か一昨日の出来ごと, 僅か一昼夜の海上生活, 僅か一昼夜半の間, 僅か一時ばかり前, 僅か一時の間にこれ, 僅か一月の間, 僅か一杯の紅茶, 僅か一歩抜け出したところ, 僅か一滴の血潮, 僅か一点の紅色, 僅か一百五十年余のほどに変移, 僅か一瞬の間, 僅か一瞬間だつたの, 僅か一瞬間一刹那の間, 僅か一票で威力, 僅か一章の間, 僅か一筋の健全, 僅か一箇月ほど経過, 僅か一粁ばかりの距離, 僅か一粒でも二粒, 僅か一艘の手製, 僅か一萬五千足らずの漸, 僅か一處現はれ, 僅か一語の意味, 僅か一貫五百目のルックサック, 僅か一間の小, 僅か一間幅の道, 僅か一隻に過ぎなかった, 僅か七〇円二銭の教育費, 僅か七アルペントばかりにしかならぬ, 僅か七ヶ所を数える, 僅か七人であった, 僅か七億にきり, 僅か七八丁しか離れ, 僅か七八人の小さい, 僅か七八十年の人生, 僅か七八夜の僅か, 僅か七八年の内, 僅か七八時間の短距離, 僅か七八歩も踏み出した, 僅か七八百匁程度の風呂敷, 僅か七円何十銭のお, 僅か七十キロほど東, 僅か七十人からの収入, 僅か七十年の間, 僅か七十年足らずで倍以上, 僅か七十銭の賃銀, 僅か七年にし, 僅か七年めに御, 僅か七日ほど患ら, 僅か七百円であった, 僅か七錢の金, 僅か三インチで見受ける所, 僅か三カ月にし, 僅か三パーセント位しかなかっ, 僅か三ヵ月でさえ, 僅か三ヶ月間に痩せ, 僅か三万円の運動費, 僅か三万円余りの費用, 僅か三万呎のヒマラヤ, 僅か三両でありましたが, 僅か三人でした, 僅か三分の一しかでき, 僅か三十七歳ばかりの婦人, 僅か三十三尋とちっと, 僅か三十二三歳で死ん, 僅か三十分の距離で湯, 僅か三十分許りしか, 僅か三十字足らずの文, 僅か三十尺ばかり下, 僅か三十年位しか距つて, 僅か三十年餘の生涯, 僅か三十文の銭, 僅か三十秒後艦はもう, 僅か三十種か四十種以外, 僅か三十里のドーバー海峡, 僅か三十金でございますが, 僅か三千五百七十呎だが, 僅か三厘ほどのび, 僅か三号出したばかりの, 僅か三名きりである, 僅か三囘しか逢つて, 僅か三囘位しか通, 僅か三四センチをへだて, 僅か三四五間とは隔, 僅か三四冊に過ぎなかった, 僅か三四分しかない, 僅か三四十分の間にどうして, 僅か三四十年の間, 僅か三四十年前のこと, 僅か三四回にすぎぬ, 僅か三四百人の実業家, 僅か三四軒の小作人, 僅か三四間の備え, 僅か三回位しか通わない, 僅か三字の組合せ, 僅か三寸にみたぬ, 僅か三尺計りの土手, 僅か三年九ヵ月しか執筆発表期間, 僅か三年越の奉公中, 僅か三年足かけ四年に過ぎなかつた, 僅か三年間の習慣, 僅か三日後に四十年, 僅か三日許りの, 僅か三時間ほど馴染んだ, 僅か三時間許りしか, 僅か三町の間乘, 僅か三疊の座敷牢, 僅か三百両の金, 僅か三百初号から三号, 僅か三百年の習癖, 僅か三箇月ばかりこの, 僅か三莖の花, 僅か三行か四行づゝ, 僅か三貫目の荷物, 僅か三週の間, 僅か三里半位しか歩かない, 僅か三里足らず京洛の天地, 僅か三里隔る大洲領内, 僅か三銭の封緘, 僅か上下二筋の鉄条綱, 僅か上方に彎曲, 僅か上眼使いに相手, 僅か九つしかちがっ, 僅か九つ今日なら小学二年生, 僅か九カ月後に彼, 僅か九人かも知れません, 僅か九日その次, 僅か九時間と四十分, 僅か九歳のとき, 僅か九貫目の体重, 僅か二つ多くて, 僅か二カ月ほどの間, 僅か二キロ程行った, 僅か二メートルぐらいのもの, 僅か二ルピーしか残っ, 僅か二三びきの小, 僅か二三カ月見なかった友, 僅か二三ヵ月だが, 僅か二三万であったが, 僅か二三人會つたばかりで, 僅か二三円の手附金, 僅か二三分囚人と話, 僅か二三十万の軍, 僅か二三十秒位の間, 僅か二三千萬の金, 僅か二三千騎をもって働き, 僅か二三回の面識者, 僅か二三年前には知られなかった, 僅か二三度遇ったきり, 僅か二三泊の旅, 僅か二三滴の水, 僅か二三百圓のはした金, 僅か二三章を齎した, 僅か二三行の, 僅か二三週間ですつかり亡びて, 僅か二両か三両, 僅か二位の得点, 僅か二円の会費, 僅か二冊の雑誌, 僅か二割七分七厘の棄権, 僅か二十か三十, 僅か二十一のそれ, 僅か二十一尺の低, 僅か二十一歳の令嬢, 僅か二十七年前がまるで, 僅か二十三の弱冠, 僅か二十二円の家賃, 僅か二十八歳の新, 僅か二十六冊ほどです, 僅か二十円のを仰々しく, 僅か二十円足らずであったそう, 僅か二十分の一くらいのもの, 僅か二十分位よりありません, 僅か二十四人でただ, 僅か二十四歳で死んだ, 僅か二十四秒しかかかつ, 僅か二十字のうち, 僅か二十年前の事, 僅か二十町くらいのところ, 僅か二十石五人扶持足の裏, 僅か二十里ない所, 僅か二十錢の違ひで買, 僅か二千や三千, 僅か二千九百圓の堤防, 僅か二千足らずになった, 僅か二升か三升, 僅か二尋位の所, 僅か二年位のもの, 僅か二度しかない, 僅か二度短時間の視察, 僅か二日位の逗留, 僅か二日余分になる, 僅か二日目昨日は私, 僅か二日餘分になる, 僅か二月になる, 僅か二枚ほどのその, 僅か二歳になった, 僅か二畳ばかりの畳, 僅か二疋だけ泳い, 僅か二百二三十年の昔, 僅か二百円ばかりの金, 僅か二百海里のところ, 僅か二百金の出來, 僅か二箇月でもう, 僅か二通か三通, 僅か二週間島を離れた, 僅か二里半しかありません, 僅か二間しかない, 僅か二間あまりの癖, 僅か二頁の新聞, 僅かだけの色人, 僅か五ドルの原稿料, 僅か五ヵ月経験したコロンビア, 僅か五ヶ月にし, 僅か五丁もの道, 僅か五丁餘なりと云, 僅か五万ばかりの金, 僅か五会場をあます, 僅か五六の名, 僅か五六五二尺の山, 僅か五六十圓を長さん, 僅か五六名で突然, 僅か五六枚ぐらいしか書かなかったろう, 僅か五六歩に足らぬ, 僅か五六米の長, 僅か五六間だったが, 僅か五分の一を収録, 僅か五分前に辛うじて, 僅か五十六十にし, 僅か五十四年のあいだ, 僅か五十年人生七十古来稀何か腹, 僅か五十年前には俊傑, 僅か五十幾年の間, 僅か五十枚売り切れてから, 僅か五十通という成績, 僅か五十銭か六十銭, 僅か五千絶えて, 僅か五千円ほどで, 僅か五千呎位なるを, 僅か五厘の釣銭, 僅か五合ばかり匂い, 僅か五年余日安穏なくらし, 僅か五年許りの, 僅か五年足らずの年月, 僅か五時間の病, 僅か五時間後に迫っ, 僅か五會場をあます, 僅か五歳乳母に抱かれ, 僅か五町くらいしか進みません, 僅か五百五十町歩の畑地, 僅か五百余人だ, 僅か五百石の御朱印地, 僅か五百騎に討ちなされ, 僅か五銭の差, 僅か五間ほどになっ, 僅か五隻のペリー艦隊, 僅かから十年, 僅か以前まで開かれ, 僅か似た所の, 僅かかし, 僅か何割かを占める, 僅か何日かの海上生活, 僅か供えてある, 僅か修繕費を二萬圓一年, 僅かへよった, 僅かの賣, 僅かが入る, 僅か入っている, 僅か八つの小学生, 僅か八ヵ月だったが, 僅か八ヵ月足らずの不在, 僅か八ヶ月であったが, 僅か八七一であること, 僅か八人になった, 僅か八億円ほどに削減, 僅か八十五間の切付け, 僅か八十人に討ちなされ, 僅か八十戸か百戸足らず, 僅か八十法で以, 僅か八年前までは実に, 僅か八年經つか, 僅か八文で今, 僅か八毛であること, 僅か八町の距離, 僅か八百ばかりの蝦夷, 僅か八百円位で未墾地, 僅か六カ月ほどの間, 僅か六カ月前のこと, 僅か六グロッシェンしか持っ, 僅か六センチ足らずの突起, 僅か六ヵ月足らずしかたっ, 僅か六ヶ月目です, 僅か六七分のうち, 僅か六七戸の百貨店, 僅か六七斗のもの, 僅か六七日間の支度, 僅か六七種に過ぎぬ, 僅か六七里の間, 僅か六十一歳で没した, 僅か六十兩や七十兩, 僅か六十年である, 僅か六十銭で酒, 僅か六千噸の貨物船キャリフォルニアン号, 僅か六千年の短き, 僅か六尺に足らぬ, 僅か六月ではあった, 僅か六町さきの麓, 僅か六畝か七畝, 僅か六畳か八畳, 僅か六畳一間の栗林家, 僅か六箇月の間, 僅か六里を隔てた, 僅か六銭五厘では, 僅か六錢五厘では, 僅か其場所より二十町内外, 僅か内側に彎曲, 僅か出しまして中絶, 僅か分秒の間, 僅か切米十俵二人扶持の小身, 僅かに東大, 僅か動いて乾いた, 僅か動かしてこれ, 僅か十フィートであったが, 僅か十一ヵ月目に彼, 僅か十一二歳のお下髪, 僅か十一日に過ぎない, 僅か十一節よりなる, 僅か十七八歳の娘, 僅か十七文字で表現, 僅か十七歳の少年, 僅か十三日の間, 僅か十二三坪ほどの離屋, 僅か十二三種の野生, 僅か十二三軒目であった, 僅か十二人の職工, 僅か十二名であったが, 僅か十五の年, 僅か十五センチの直径, 僅か十五六の少女, 僅か十五六点しか見えない, 僅か十五六畳だが, 僅か十五円五十銭ぐらいの薄給, 僅か十五円偶にあがれ, 僅か十五分間で建物四棟, 僅か十五圓や二十圓, 僅か十五年位の間, 僅か十五日位にしかならない, 僅か十五里のところ, 僅か十五里以内のこの, 僅か十人の神様, 僅か十人足らずの地球人類, 僅か十何時間で終った, 僅か十八哩を距, 僅か十八坪か二十坪, 僅か十六則で語根, 僅か十六銭で下寺町, 僅か十六銭下寺町の坂, 僅か十四の政枝, 僅か十四五の時, 僅か十四五人あるのみ, 僅か十四五町も登る, 僅か十四五騎ばかりで居た, 僅か十四歳の小娘, 僅か十四軒だった森田部落, 僅か十坪に足りない, 僅か十年あまりで血, 僅か十数回行われたばかり, 僅か十数年の間, 僅か十数年前のこと, 僅か十数点です, 僅か十数間しかない, 僅か十數町の程, 僅か十日あまりそれも普請小屋, 僅か十日のちのでき, 僅か十日余りの間, 僅か十日内外さへ續, 僅か十日後に, 僅か十日足らずではある, 僅か十日間で飛び越そう, 僅か十歩先に何やら, 僅か十歳だつた, 僅か十町つい目先きのよう, 僅か十町歩足らずの水田, 僅か十粁を越えた, 僅か十粒か二十粒, 僅か十行二十行の雑報, 僅か十部に足らず, 僅か十銭ばかりの運賃, 僅か十間位しか離れ, 僅か千五百円ずつで経営, 僅か千円ばかりの葬式, 僅か卅年の間, 僅か半年位ほか経っては, 僅か半年余りの間, 僅か半数になった, 僅か半時間か一時間, 僅か半時間あまりで片, 僅か原稿用紙三枚半のなか, 僅か四ヵ月位の旅, 僅か四五丁であるが, 僅か四五十年で近世國家, 僅か四五十年間にはや, 僅か四五年あとにやりはじめた, 僅か四五枚の例, 僅か四五町の裏通り, 僅か四五間の板, 僅か四人か五人, 僅か四兩の金, 僅か四十七噸の小さな, 僅か四十二歳で亡くなつた人, 僅か四十五歳で死んだ, 僅か四十八万両で買, 僅か四十八萬兩で買, 僅か四十八萬圓の金, 僅か四十文の風藥, 僅か四千萬ドルを借りる, 僅か四呎ぐらい, 僅か四寸ばかり動く, 僅か四年の中, 僅か四年前に此學校, 僅か四年間学校へ通った, 僅か四日か五日, 僅か四時間だけの授業, 僅か四百両ばかりで, 僅か四百哩を隔てた, 僅か四萬六千石ぐらゐなものでその上, 僅か四軒しかない, 僅か四間ほどしかない, 僅か地上百メートルで開いた, 僅か壮麗なる過去, 僅か夏季三月の間, 僅か大衆の一句, 僅か學んだばかりで, 僅か寂寞として用意, 僅か小学校を卒業, 僅かから矢, 僅かの山腹, 僅か幅一メートルの溝川, 僅か幾分と云わせずし, 僅か幾文の銭, 僅か引っ込んでいる, 僅か待つあいだに, 僅かにそっ, 僅か奉公致しまし, 僅か手内職の五錢六錢露命, 僅か拾銭を倹約, 僅か揺れたぐらいでやん, 僅かをかけよう, 僅か改めればまた, 僅か救われている, 僅か散り残ってる一群れの, 僅か数ヵ月の文相, 僅か数ヵ月前神近市子は, 僅か数丁の距離, 僅か数万の男女, 僅か数円の金, 僅か数分の違いで七時半, 僅か数十年の短い, 僅か数十年間にそれら, 僅か数十艘に過ぎない, 僅か数千の敵, 僅か数尺にし, 僅か数度であったが, 僅か数時間内に起った, 僅か数秒間の出来事, 僅か数箇月の間, 僅か数篇の名, 僅か数語しか喋らない, 僅か数軒の得意, 僅か数週間のこと, 僅か数里の距離, 僅か数銭だと, 僅か数間のあばら屋, 僅か数頁にオペラ, 僅か數分になつて, 僅か數尺にし, 僅か數百字の文句, 僅か數秒を出なかつた, 僅か數里隔つたる所, 僅か旅籠町を歩いた, 僅か日本人の經營, 僅か旬日の間, 僅か旬日後七月七日の深夜, 僅かの京洛, 僅か昨日立つて, 僅か書いた横に, 僅か東京駅から丸ビル, 僅か殆どこつそり, 僅か残る葉も, 僅かるのみ, 僅かが溜っ, 僅か水道によつて東西, 僅か水面に出し, 僅かぐらいの為め, 僅か燃残って思い掛けぬ, 僅かつらの, 僅か片端だけでもなお, 僅か生きてる間の, 僅か生命の名, 僅か上るだけ, 僅か病んで死ん, 僅か発見するであろうこと, 僅か白くあとは, 僅か白皙明敏だという, 僅か百万石足らずの家督, 僅か百三十里ばかりの処, 僅か百両や百貫, 僅か百二三十円有りましたが, 僅か百二十二年前でありまして, 僅か百人を出ぬ, 僅か百俵二人扶持ですから, 僅か百八十噸の小船, 僅か百六十余名の小勢, 僅か百六十名のポルトガル兵, 僅か百円の金, 僅か百圓ばかり殘つて, 僅か百年位で終り, 僅か百餘年を經過, 僅か百馬力の船, 僅かをしかめた, 僅か眠ったばかりで, 僅か着物を着, 僅か祈るのだ, 僅か下げてから, 僅か米粉が交, 僅か紳士八名にすぎませんでした, 僅か老女の水瀬, 僅か自分の生活, 僅か若かった, 僅か行くと飾電燈, 僅か西に傾下, 僅か見えた丈であった, 僅か見える彼女の, 僅か覗いてゐた, 僅か覚ることが, 僅か言葉の順, 僅か赭味がかっ, 僅か車三台を以て配達, 僅か述べこの学期, 僅か遅れた物が, 僅か酸味を帯び, 僅か金十二兩貸てある, 僅か長針の二まわり, 僅か集めたこの種, 僅か離れしのみに, 僅か飛行船程の暗雲, 僅か飲んだだけでもう少し, 僅かさ一間程の, 僅か高めた壇で