青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「八~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

全体~ 全国~ ~全然 全然~ ~全身 全身~ ~全部 全部~ 兩~ ~八
八~
~八五郎 八幡~ 八月~ 八郎~ ~公 公~ 公卿~ 公園~ ~六 六~

「八~」 54062, 560ppm, 170位

▼ 八五郎~ (7454, 13.8%)

108 です 92 の話 82 でした 79 は平次 58 と一緒 56 の報告 54 の手 51 は少し, は飛ん 47 はその 46 を促し 42 の顏, はそれ, はもう 38 はまた, は相 33 は妙 30 はす, はまだ 29 の鼻 28 の方 27 はこの, はこんな 24 はそんな 23 の聲, の説明, は, はお 22 のガラツ八 21 の眼, はさ, を迎 20 が明神下, のため, は漸く, は自分 18 が歸つて來, に言, はいきなり, は早く, を案内 17 のガラッ 16 が飛ん, の姿, はあわて, は何 15 が飛込ん, の, の大, の耳, の言葉, は長 14 とお, の叔母, の問, の手柄 13 が, が戻, はさすが, は膝, は首 12 がやつ, が言, に取, に案内, のところ, の後ろ, は横, は膽, は鼻, を顧みました 11 はもう一度, は一, は急, は斯ん, は眼

10 [11件] から聽, にせがまれ, の前, の叔母さん, の口, の家, の持つ, は口, は思はず, は氣, は言

9 [21件] がお, がその, がまた, が平次, と平次, には何, に眼, の奴, の頭, の顔, はそつ, はキナ, は何處, は又, は心得, は縁側, は躍起, は顎, も少し, を相手, を追

8 [17件] がさう, にし, に任せ, に聲, の肩, の長, はそう, はひどく, はまことに, は何ん, は後ろ, は柄, は精一杯, は親分, は額, もこの, を顧み

7 [26件] がそんな, が報告, が持つ, と下, と二人, に, に合圖, の想像, の甘, の膝, の馬鹿力, はそれでも, はでつかい, はフラリ, は一生懸命, は到頭, は大, は斯, は早速, は横合, は聲, は肩, は長い, は飛出しました, は黙っ, をつれ

6 [35件] がこの, がキナ, が庭, が形容, に手傳, の名, の声, の巣, の後ろ姿, の案内, の爲, の言, の話術, の調子, の長い, はすっかり, はとうとう, はキヨトン, はツイ, はニヤリニヤリ, は大きな, は大した, は心得た, は思ひ, は恐ろしく, は本, は氣輕, は物, は素直, は路地, は顏, は鬼, もそれ, を呼ん, を平次

5 [58件] がこれ, がぼんやり, が來, が帰っ, が案内, が相, が神田, が聲, が見, だ, ですが, ではありません, にお, にはその, にはまだ, に問, のやう, の側, の哲學, の報告以上, の外, の後, の胸, の腕, の足, はうさん, はお勝手, はこう, はそこ, はその後, はた, はたまり兼ね, はなか, はまさに, はやつ, はポリポリ, は奧, は尚, は尤も, は庭, は後, は我慢, は手, は拳固, は提灯, は散々, は格子, は椽側, は死骸, は母屋, は獨, は甚だ, は近所, は遠慮, は間もなく, は飛付い, は默つて, をやつ

4 [87件] がどんなに, が先, が入, が前, が大, が少し, が拇指, が縁側, が訪ね, が説明, が調べた, が驅, だつたの, とそれ, と又, と申しまし, と言, と馬, に別れ, に囁く, に教, に説明, のこと, のせが, の使, の傍, の十手, の大きな, の女房, の好奇心, の威勢, の形容, の心, の手紙, の指さす, の指す, の智慧, の注意, の男, の相手, の身體, の遠慮, はいつ, はいつも, はこれ, はそれから, はフト, は不足, は人波, は何やら, は側, は先, は兎, は其處, は呆氣, は四方, は報告, は外, は大きく, は存分, は宙, は小鼻, は店, は思わず, は懷, は懷中, は疾風, は窓, は縁, は腑, は腰, は裏口, は話, は隣, は面白, は飛, は髷節, もその, もなか, も思はず, を促す, を先, を出し, を待つ, を押, を振り返りました, を迎え

3 [164件] がいきなり, がそれ, がつい, がもう一度, がやって来た, が一人, が乘, が何やら, が口, が夢中, が息, が悲鳴, が手, が持っ, が指摘, が斯ん, が橋場, が氣, が無手, が親分, が長, が顎, が顏, が飛び込ん, が鼻, さすがに, たつた一人, だが, だけ, だったの, だつて, であった, でさ, でなくて, と一, と三人, と下っ, と別れ, と湯島, と猪, にさう, にはどうしても, にもそれ, にもよく, に囁きました, に對, に平次, に引立てられ, に旨, に氣, に渡しました, に目配せ, に訊ねました, に話し, に送られ, に頼ん, のよう, の上, の人, の來, の器量, の報告通り, の太い, の嫁, の宿, の得意, の心細, の懷中, の手落ち, の掛け合, の樣子, の正直さ, の歸, の無事, の答, の糞力, の胸倉, の袖, の負け, の身体, の顎, の驚く, はあの, はしばらく, はそのまま, はそれつ, はそれ以上, はどんな, はぼんやり, はもどかし, はサツ, はスタート, はスルリ, はツケツケ, はヒヨイ, はペロリ, は一人, は一向, は一寸, は一應, は不承, は両手, は乘出, は二階, は何時, は俺, は入, は全く, は兩手, は八五郎, は前, は口惜し, は唇, は囁きます, は声, は小, は平手, は念, は息, は懐, は懷ろ, は拇指, は明神下, は木戸, は此邊, は濡れ鼠, は無, は煙草入, は照れ隱, は神田, は耳, は胆, は腹, は若く, は袂, は裏, は訊ねました, は話題, は足, は追, は酢, は銭形平次, は鐵砲玉, は障子, は飛んだ, は驅, もあまり, もさすが, もす, も妙, も手, も漸く, も膽, も默, を促し立てる, を助ける, を叱り飛ばし, を呼びました, を奧, を振り返る, を眼, を誘つて, を迎えました, を驚かした

2 [579件 抜粋] か, から耳打, から見る, がいった, がうさん, がお玉, がこんな, がそつ, がその後, がどんな, がガバ, がプリプリ, が三河町, が下, が主人, が二度目, が何, が何より, が何處, が倒れ, が入った, が出, が勝つ, が可哀想, が向島, が吹聽, が土地, が変, が女, が娘, が寒天, が小耳, が居る, が山崎屋, が山谷, が引返し, が後, が思はず, が恐ろしい, が懐, が托された, が持込ん, が教, が新しい, が旋風, が最初, が未練, が来た, が格子, が梯子, が横, が此處, が歸, が歸つたの, が泣き出し, が泳ぐ, が獨, が番頭, が知らない, が精一杯, が紹介, が自分, が舌, が行った, が行つた時, が言った, が言つた, が變, が踊り, が踏込んだ, が近頃, が追, が連れ, が集め, が面白, が音, が頓狂, が飛び付き, が飛び出した, が飛び込む, が馬, が驚いた, が驚く, が髷節, その鼻, たるもの, だけを殘, だろう, だ見損, でうまく, でございますよ, でないこと, では荷, でも誘つて, で大丈夫, で手, と, といっ, といふもの, とか何とか, とたつた, とで跟けた, とはよく, とは無二, ともう, とわかつ, と並ん, と來, と共に時, と別れた, と力, と同じ, と周吉, と喜八, と子供, と小僧, と投げ, と死骸, と甚助, と見る, と話し, と金之助, と鉢合せ, と雖, どんなに骨, なら俺, にこの, にこんな, にそつ, につれられ, にはこれ, にはそれ, にはよく, には一, には想像, には腑, には解らない, にも, にもこの, に一つ, に伴, に似, に何やら, に前後, に取つ, に合図, に否, に喰つて, に墨, に寄り, に導かれ, に少し, に引, に手, に持たせる, に接し, に斯, に止められ, に注意, に渡し, に渡した, に無手, に目禮, に紙入, に紛れ, に組み敷かれた, に縛られた, に繩, に脅かされる, に襟髮, に見せました, に見張らせた, に見張られ, に解かせた, に訊く, に話しかける, に貸し, に追, に送らせる, に預けた, に頼んだ, のうさん, のこの, のせがむ, のつぶら, のつれ, のとぼけた, のやつ, のわめく, のクソ力, のトボケ, の下, の不作法, の人相, の伯母, の住ん, の偉大, の八方, の出過ぎです, の剛力, の哲学, の夜具, の大変, の引, の弱り, の張り上げた, の怪我, の恥, の感觸, の憂鬱, の懸河, の手柄初め, の推理, の時計, の智惠, の有頂天さ, の朴訥, の枕元, の注進, の無遠慮, の煙草入, の獲物, の着物, の結論, の聞込み, の脱ぎ捨てた, の脱線振り, の腑, の蠻聲, の言う, の記憶, の調べ, の身の上, の辯解, の迎, の返事, の道草, の野郎, の面目, の風態, の飛ん, の饒舌, の髷, の髷節, の鼻先, はあまり, はい, はいきり立ちます, はいろ, はかう, はこんなに, はすぐ, はその間, はなほ, はひと, はひどく心細, はぺツ, はろくに, はイソ, はイソイソ, はカンカン, はコトリ, はサッと, はソツ, はゾツ, はツイ二三歩, はツイ痛烈, はツイ鼻, はテレ隱, はニヤニヤ, はヌケヌケ, はバネ仕掛け, はピカリピカリ, はブラサゲ, はブリブリ, はブルブルン, はポン, はモゾモゾ, は一とわ, は一応, は一氣, は三つ股, は下水, は不平, は不服, は主人, は乘, は九つ梯子, は二人, は二度目, は互に, は仕方話, は他愛, は仰天, は充分, は六郎, は内儀, は出, は分け, は勢, は十手, は叔母さん, は叩き起されました, は否み, は呑氣, は呑込み, は呶, は唸, は唸りました, は囁きました, は四つ, は四方構はず, は土藏, は執拗, は夢中, は大して, は大急ぎ, は大手, は大袈裟, は好い, は子供, は定石通り事件, は寒空, は寺, は小さい, は小判, は小鬢, は尻尾, は山谷, は帶, は平, は幾日目, は庭口, は廊下, は引つ, は引入れられる, は張り, は彈, は彌, は待ち, は得々, は怒鳴りました, は息せき切, は息せき切っ, は息せき切つ, は意味, は愕然, は懐中, は戸, は拳骨, は支度, は救, は旋風, は日向, は日本一, は日頃, は昨夜, は時々, は月明り, は朝, は木の根, は根津, は欠伸, は歸つて來, は汗みどろ, は江戸中, は泳ぐ, は海賊橋, は無駄, は照れ臭く, は牛込見附外, は獵犬, は生れ, は番頭, は盆の窪, は目, は直ぐ, は相槌, は眞, は立ち上, は立ち上がりました, は簡單, は義憤, は脱いだ, は膝小僧, は舌, は良い, は若旦那, は薄寒, は薄寒い, は裏木戸, は要領, は見掛け, は覺束, は角, は話しかけました, は誰, は諦め, は踊り, は返す, は途中, は途方, は遊ん, は道, は部屋, は錢形平次, は間, は闇, は雀, は離屋, は音, は頑固, は頬, は飛び上がりました, は飛び出しました, は飛出します, は飛込ん, は餘, は首筋, は馬, は馴れた, は骨, は鬱陶しい, は鳴物入り, は鼻水, は龜の子, ばかりが失策, ばかりさ鼻, までが腹, もお, もなかなか, もツイ, もハツ, も一応, も事件, も佐太郎, も先刻, も外, も大した, も尤も, も引い, も息, も斯, も時々, も暫らく, も汗, も泣い, も留吉, も覗きました, も謹しみ, も途中, も開いた, も飛ん, も高々, より立派, を, をからかっ, をさし招く, をすつかり, をたしなめました, を一, を何, を促します, を側, を先登, を先頭, を動員, を取卷い, を呼び留めました, を呼べ, を呼んだ, を大地, を引立て, を後ろ, を從, を押し留め, を拜, を振り返, を新, を殘, を毎朝一, を溝, を物蔭, を牽制, を眺め, を表, を見やります, を見上げました, を見上げる, を見送つ, を誘っ, を調布, を讃歎, を通して主人, を頑張らせ, を頼ん, を顧みます, 全く開いた, 少しも, 薄寒い縁

1 [2371件 抜粋] お時, から噂, から聞きました, から誘つて, がいきなりゲラゲラ, がいや, がお上, がさういふ, がすつ飛んだ, がた, がとんだ, がむやみ, がわざと, がクシヤクシヤ, がタガ, がフラリ, が一度, が丁度, が世話, が二三度, が仕度, が例, が入っ, が凄い, が動く, が原, が取上げ, が吉彌, が呑んだ, が喰, が固唾, が大工, が寺本山平, が小鬢, が巣鴨, が引, が強調, が待つ, が怒鳴る, が息せきき, が懷, が投, が持前, が改めて, が暴れ馬, が木戸, が椽側, が止める, が毎日, が浜町河岸, が無, が猛然, が疾風, が箍, が練馬, が置いた, が聞, が背後, が腹, が萬一, が螢澤, が行詰つた, が見えなくなった, が言います, が誘ひ出し, が貰, が踏み留りました, が近づく, が道, が錢形, が間, が陽, が離屋, が飛, が飛付い, が飛込み, が駒形, が鬼, が龜澤町, しばらくする, じゃ床, その横, だけは懷ろ, だよ, である, でなくとも, では一向, でへエ, でもそれ, でも困る, とあべこべ, という人間, といっしょ, とうの, とつれ立つ, とはもう, とは顏馴染, と一番事務的, と丑松, と二三人, と信吉, と共に風呂場, と合圖, と土地, と差, と忠吉, と手分け, と河太郎, と玉吉, と相打, と與吉, と見破られる, と詰將棋, と鈴川, と鼻面, などと一緒, などはなん, などは大した, ならずとも, なんかは大した, にいろ, にからかはれ, にせがまれた, にその, につれ, にのしか, にはさて, にはわかる, には八五郎, には唯, には急, には気に入らない, には結局, には違えねえ, にひどく, にまで隔て, にも不思議, にも振舞っ, にも讀める, にモデル, に三番, に任せる, に出家遁世, に包圍, に口止め, に向, に呼出され, に囁やきました, に壓迫, に小三郎, に引かれ, に引止められ, に御苦労, に手伝っ, に抱き起させました, に日, に水, に渡り, に相談, に組伏せられ, に聞かされ, に與, に見せ, に解る, に訴, に誘はる, に護らせ, に蹴飛ばされ, に逢, に違, に間違, に頼まれ, に風呂場, のこれ丈, のその後, のやるせな, のノツソリ, の一行, の三度目, の不足, の二度目, の人気, の低い, の偽物, の先, の冒涜的, の剽輕, の勘, の厄介, の取柄, の号令, の唇, の執拗, の太平樂, の宣傅力, の師匠, の強健, の心根, の忠実, の怒鳴る, の恐ろしく, の意氣込み, の慘めさ, の所謂, の手ぬかり, の打ち合せ, の指さした, の掛り合, の早耳, の本, の歎, の気に入った, の氣樂さ, の無精髯, の物語, の甚だ, の癖, の目, の真似, の確信, の笑み崩れる, の紹介, の縮尻, の考, の胃の腑, の腐, の膽力, の萎れ, の血, の見付けた, の觸, の話す, の論告, の質問, の逆上, の逢つたの, の郷愁, の鐵腕, の開けっ放し, の隣, の頓狂, の首, の馴れた, の骨折, の鼻ぐらゐは, はあわてた, はいかにも, はいとも, はおよそ, はお隣, はがつかりした, はさぞ, はせっかち, はそれほど, はたつた, はつく, はとろり, はなかなか, ははみ出した, はまだまだ, はやがて, はわめきます, はアルコール, はガチヤガチヤ, はグイ, はションボリ, はソロソロ心配, はチヨツカイ, はツイ手眞, はドツカ, はノツソリ, はピタピタ, はフオツクス・トロツト, はブルン, はホツ, はモモンガアみたい, は一夜, は一本横槍, は一瞬躊躇, は三浦三崎, は上敷, は下手人, は不審, は中, は予告, は二十四五, は五月, は今度, は代る代る, は何となくホッ, は例, は先づ型通り, は八つ手, は其邊, は分別臭い, は助けなき, は勝誇つた, は半分呑込ん, は危ふく職業意識, は叔母, は向う, は咽喉仏, は喋舌, は嚴重, は地團駄, は変らない, は大きい, は天文, は奥, は如何なる, は委細構はず, は孫三郎, は安宅, は家, は小屋, は居候並み, は岡, は席, は庇, は引っ込み, は張り上げました, は彌次馬, は得意, は心細い, は忙しく, は怒鳴った, は思い切った, は息せきき, は意識, は感心, は懷中紙, は扇屋, は手振り身振り, は手酌, は押し返しました, は指さします, は振り返, は掛り同心永村長十郎, は敷居際, は日頃平次, は春信, は暫らく, は暫らく母家, は最初, は来ず, は果し, は梁, は極り惡さうにツルリ, は横っ飛び, は權之助, は正直, は此時空手, は歸, は氣味惡さうにそれ, は決して, は泥棒猫, は淡路屋, は源介, は濡れ, は無性に, は照臭, は牛込, は独身, は獲物, は甘酸っぱい, は申分, は皆んな, は相模屋, は石臼, は秋山家, は穿つた, は立ち騷ぐ人々, は納まらない, は紹介, は結論, は縛られ, は考, は背中, は腐つた, は舞臺, は若, は草履, は萠黄, は薫風, は蠻聲, は袖, は西, は言いました, は訊き返しました, は註沢山, は話し始めました, は語り始めました, は諦め兼ねた, は豫期, は足踏, は身振り手振り, は近頃, は這, は違います, は郊外, は鍛錬, は開き直っ, は間拔, は雨戸, は頓狂, は頼まれ, は顏馴染, は飛び付きました, は飛付く, は飯, は駭然, は鳥越, は默つて從, は齒痒, へと言う, へ叩き付け, ほどの男, まことに散々, までが妙, もいる, もそこ, もたくさん, もわかつた, もツイ気, もハッ, も不思議, も何となく, も其処, も勝つた, も呼ん, も土地, も心, も思った, も戻りました, も暫く, も此時, も氣, も煎餅, も繪, も襲われる, も貰, も部屋中, も飛びました, やお, や富, よりは肝っ玉, らしい事, をうろたえさせました, をからかつ, をがつかりさせる, をこんな, をすっかり, をつれ出し, をゆすぶ, をチラリ, を一人殘, を並べ, を人氣, を伴, を助手, を取巻い, を呼び戻しました, を壓倒, を小手招ぎ乍ら, を差上げます, を引い, を引出した, を後見, を悩ませます, を押え, を招きます, を振返りました, を撫め乍ら, を曲者, を機, を殺し, を涙ぐませます, を生, を目顏, を眼顏, を睨める, を突飛ばす, を自分, を表面, を見る, を訪ねた, を誘つて物蔭, を誘ひ出す, を責めた, を迎へた番頭, を連れ, を道化役者, を除い, を飛ばし, 任せに, 全く一, 思はず飛出さうと, 泳ぐやう, 総右衛門, 見たいだ

▼ 八~ (3245, 6.0%)

212 八五郎は 93 八五郎が 53 字を 34 宮の 26 野郎が 22 字の, 年に 21 八五郎でした, 顔を 19 話は, 鼻は 18 八五郎を, 字に 16 娘の 15 娘が 14 八五郎も 13 八五郎 12 娘は, 鼻の 11 報告を 10 八五郎の, 前に, 女が, 字が, 方が, 方は, 顏を 9 一, 前へ 8 二, 口から, 年の, 方へ, 時に 7 八五郎です, 報告は, 宮が, 歳に, 眼の, 若い娘, 言葉を, 野郎を, 顔は 6 八五郎に, 娘に, 家へ, 手に, 方を, 背を, 色の, 野郎に, 野郎は, 頃から

5 [22件] ために, 典型的な, 声が, 大變, 娘だ, 字髭を, 家の, 小柄な, 年から, 手は, 方に, 日の, 時の, 歳から, 美しい娘, 腕を, 膝の, 良い男, 蛇矛を, 話を, 頭の, 顔に

4 [41件] お艶, きれいな, ほうは, ような, 三, 今日まで, 地獄に, 大年増, 大矛, 女は, 好い男, 娘でした, 娘盛り, 宮は, 宮を, 小娘の, 少女が, 少年の, 後ろ姿を, 手が, 手で, 手を, 手柄に, 方で, 日, 日に, 日には, 日を, 眼には, 私は, 糞力に, 美い, 聲は, 肩を, 色白の, 若い男, 若さ, 話に, 鐘を, 頃には, 首を

3 [64件] ころから, すがた, そばへ, ように, チゴサンの, 上に, 五, 体を, 兄の, 八五郎までが, 可愛らしい娘, 問ひ, 四, 報告も, 声は, 女で, 姿は, 娘, 娘で, 娘と, 字は, 小娘だ, 小娘に, 小綺麗な, 少女の, 少年が, 左の, 年には, 年まで, 幽靈, 後ろへ, 手へ, 手紙を, 様子を, 気の, 気持は, 注意を, 男の, 疑ひは, 疑ひを, 疑問は, 矛を, 秋に, 耳たぶを, 耳に, 耳には, 聲が, 胸に, 自動車が, 花の, 花嫁を, 若い女, 襟のか, 言ふ, 言葉は, 身の上に, 軽部は, 部屋へ, 頃は, 頭を, 顏は, 顔の, 驚きは, 鼻を

2 [201件] うしろへ, お嫁さん, くそ力に, ことだ, ことを, これは, これも, したこと, しなやかな, すっきりした, ときである, ところへ, は左, ほうへ, まだ働き, やうな, やうに, ケチな, 丈夫さうな, 上品な, 下手な, 中に, 中年増です, 云うこと, 今日の, 代りに, 代貸元, 來る, 側へ, 八五郎これは, 八五郎でなく, 八五郎とは, 八五郎どんなに, 八五郎には, 八五郎全く, 八五郎泳ぐ, 八五郎自慢では, 八五郎薄寒い, 八五郎馬の, 六, 内儀, 前奏曲と, 半間な, 反撃を, 古道具屋の, 可愛い, 可愛らしい盛り, 右の, 困惑を, 地獄は, 地獄第, 声, 多血質で, 大商人, 天稟で, 女です, 女房には, 女房の, 如何にも, 姿を, 娘から, 娘さんが, 娘その, 娘である, 娘では, 娘町の, 娘盛りに, 娘盛りを, 娘見る, 嫁にも, 字なりに, 字にな, 字髭が, 字髭の, 安否を, 宮へ, 宮様は, 家で, 家では, 家に, 少女は, 少年か, 少年を, 岡惚れの, 島田に, 差出す提灯, 差出口です, 巻の, 年, 年である, 引出せるの, 弟子で, 後から, 恐ろしい愚問, 慧眼は, 房州女です, 手紙に, 手紙の, 文字は, 星人間界に, 春の, 春まで, 春を, 春田舍縞の, 時, 時だった, 書いた字, 書生が, 望みで, 本能は, 板前では, 案内で, 武力も, 武家とも, 歳にな, 歳の, 歳を, 死骸を, 水の, 注進で, 火傷は, 無作法な, 燃える好奇心, 狐の, 用件とは, 男が, 男つ, 疑いは, 痩ぎす, 癪の, 真剣さ, 眼が, 眼に, 眼は, 眼を, 碁は, 立派な, 美人で, 耳を, 聲に, 職業意識は, 背の, 背後から, 背筋を, 脂の, 腑に, 腹の, 自動車に, 船が, 花が, 花嫁さんは, 若者が, 袖の下を, 襟が, 言に, 言葉で, 話と, 話の, 調子が, 調子は, 調子を, 足さきが, 踝の, 身体を, 近頃の, 途方に, 逞しい腕, 遠慮の, 部屋で, 部屋を, 野郎つまらねえ, 野郎と, 野郎の, 野郎も, 銃眼が, 鑑定が, 長い顎, 長い顔, 長大な, 長寿を, 開いた口, 間が, 間取, 集めた材料, 青年が, 青白い女, 音を, 頃の, 頭から, 頭には, 顏に, 顏の, 顔には, 顔色が, 馬鹿力が, 馬鹿力に, 馬鹿力は, 驚いたの, 驚きの, 驚き呆れる, 魔星を

1 [1455件 抜粋] あいだには, あどけない若, あひだ, いいオッサン, いうこと, いやらしいおまわりさん, いる部屋, うめき声は, おたふくが, おばあちゃん, おふくろに, お三名, お嬢さんで, お祝いも, お酌, からだ, かわいらしい奴, くるまって, けいこに, こざっぱりした, ことから, ことな, こわばった顔, ごとく私, すらりと, せがれの, そばに, そんな私憤, ためには, ちよい好い, つぼみの, ときテック公爵の, とき江戸へ, ところでも, ところまでや, とぼけた聲, と血氣旺ん, はずだ, は根強い, ひがみが, ふところに, ほうから, ほうを, ぼんやりを, まだ前髪立, まだ肩, まるまると, やうだ, よく働く, アイルシチューを, カムツァン, カードが, クリームの, チゴサンへの, ネグラの, ピアノ曲四十二の, ベロナールを, モデル, 一人娘七赤の, 一家は, 一應の, 三カ月ところどころ, 三人であった, 三使は, 三年忌の, 三日間休暇を, 三月の, 上体を, 下に, 下町風で, 不平の, 不服さうな, 不睦, 不良少女よ, 世界大戦によって, 両名, 両年であった, 両日は, 両日有, 中四八四一は, 中學生風, 乗った淀屋, 乞食で, 予期とは, 争いの, 二分の一という, 二子孫必ず, 二月で, 二百四十円の, 五十六だ, 人形の, 人相は, 仕事場といふ, 仕出かしたこと, 他の, 代に, 休課を, 住むところ, 何處か, 侍が, 修業に, 倉の, 傍には, 優形の, 兄弟分荒神の, 充分に, 全身が, 八, 八五郎これも, 八五郎それに, 八五郎なか, 八五郎また, 八五郎一流の, 八五郎何を, 八五郎奔馬の, 八五郎母親の, 八五郎相好を, 八五郎足も, 六つの, 冬から, 凹む顏, 出戻りで, 刀の, 分別者で, 刑務所を, 初秋に, 判官翫太郎の, 利得に, 削げたよう, 前垂れを, 前髪の, 前髮, 助六, 十, 原子酸素を, 叔母さんにまで, 叔父の, 取得で, 口は, 口へ, 可愛らしい姿形, 叱, 同い年である, 名ここ, 向うを, 咢堂先生, 哲學は, 商人体で, 問屋じゃ, 喜びやうといふものはありません, 噂の, 噛み付くよう, 四ヶ月は, 四名とともに, 地獄なる, 報告といふ, 報告の, 声です, 声を, 夏であった, 夏までも, 多きに, 夜の, 大あばた, 大きな腹, 大啖呵, 大変に, 大数に, 大都市に, 大願第, 天球の, 夫で, 奉公人で, 女, 女である, 女の, 女を, 女中も, 女房, 女房だって, 女房などに, 女毎度馴, 女給, 奴を, 好みであり, 好意は, 如何にも穩, 妾か, 姉樣に, 姿である, 娘か, 娘それも, 娘です, 娘には, 娘ヱロの, 娘盛りから, 娘色白の, 娼婦の, 婦人で, 媼は, 嫁入, 子供に, 子分衆が, 字たのしから, 字で, 字よせ, 字ゴウロだ, 字一つかいたら, 字山は, 字眉, 字髭姿の, 学生は, 安否と, 実弟が, 宮であった, 宮の所へ, 宮様の, 宮邸へ, 家は, 容態が, 富江と, 寺や, 小づくりな, 小僧に, 小女に, 小娘で, 小娘な, 小屋今の, 小意氣, 小氣, 小肥りな, 少し草臥れた, 少女だった, 少女と, 少女も, 少年であった, 少年時代から, 尻拭ひ, 屋敷だ, 岸と, 島田が, 左肩を, 巻を, 帰りを, 平凡な, 年だ, 年よりは, 年伊太利の, 年増まだ美しくも, 年弱で, 年彼は, 年配で, 年頃の, 店へ, 引いて, 弟子が, 影を, 後ろから, 後ろ姿へ, 後姿に, 後頭部が, 御前が, 御機嫌, 徹底した, 心意氣を, 必死の, 性は, 性格に, 恋に, 息子が, 悪口は, 惡い, 意見も, 慰め顔の, 懐から, 懐中へ, 懷ろの, 所分も, 手の, 手柄談何度新紙で, 手蹟だ, 扮装を, 折入った, 持って, 持物が, 挟撃は, 掌に, 掛け小屋は, 提げて, 支配する, 数を, 文句に, 方からは, 日だった, 日デパートの, 旧患者, 明察萬七は, 春には, 春球江は, 時この, 時だ, 時でした, 時シインホニイを, 時専検に, 時木部孤, 時生んだ, 時荷物船に, 智惠だ, 曲がった狭い, 望んで, 未亡人の, 東海道も, 柿の, 棚に, 極まりも, 構えが, 樣子を, 横顔を, 次女を, 正月三郎さんという, 武士であった, 歳からは, 歳また, 歳親孝行だ, 死を, 死骸が, 殺気を, 母じゃが, 母の, 気分を, 気風から, 水も, 汚いガン首, 沼田城乗取, 活人形である, 浪人が, 消息を, 渓谷を, 滑らかの, 灯影が, 無駄口には, 煩悩は, 爲めに, 父を, 物々しい顏, 犬の, 狭い袷, 獄, 玉蛇の, 田舎娘が, 男, 男でした, 男に, 疑いを, 癖でも, 發行したる, 白面の, 皇女で, 盛りを, 監視を, 目鼻だち, 相手を, 眞似, 眞珠太夫に, 真似を, 眸だった, 眼から, 眼にも, 着替えを, 知った都会生活, 社員や, 神經にも, 秋, 秋で, 秋はじめて, 種々な, 突つ込んだ, 答えは, 築き上げた疑い, 粋な, 糞力で, 紙入が, 素人か, 素人は, 素直さうな, 経験を, 縁故を, 美くしい, 美しい武士, 美貌の, 老武士, 耳へも, 肉体が, 肚では, 肩から, 背と, 胸倉を, 脇差と, 脳天に, 腕は, 腕力の, 膝に, 膝栗毛を, 自分は, 與吉は, 舟へ, 良い娘, 花嫁さまの, 芸の, 若いはにかみ, 若い武家, 若い者, 若い身, 若旦那市村は, 若盛り, 若者揃いの, 若造で, 苦味走つた, 苦手さ, 茶々の, 薄汚ない, 藤さんと, 蛇矛であった, 血は, 血色の, 表情を, 見にく, 視線を, 親の, 親類も, 言う事, 言ひ, 言葉も, 記憶の, 註澤山な, 話しを, 誕生日が, 誤で元, 説明は, 調べで, 謎めいた, 豊滿な, 豹吉を, 赭い, 足は, 足元にも, 跟い, 踏んだ手順, 身元とか, 身分柄としては, 身持が, 車を, 近づくの, 退屈さ, 連続などは, 達に対するので, 部屋から, 配偶として, 醜い女, 野郎か, 野郎で御座います, 野郎命だけは, 金の, 金髪の, 鐘が, 長い顏, 長春なんかに, 門を, 間に, 間伸びの, 間違ひ, 隠居は, 青年だ, 青年に, 青年二人を, 青白い顏, 面部へ, 頃一番町の, 頃自分の, 頬桁に, 頭も, 頭蓋骨につき, 額の, 顏が, 顏です, 顏色は, 顔です, 顔ばかり, 願を, 首も, 馬鹿正直さが, 馴れ合いと, 騎士の, 驚きやうの, 骨惜しみを, 髪を, 髯跡の, 鬼の, 魔君を, 齎した大

▼ 八~ (2646, 4.9%)

29 平次の 23 自分の 19 飛んで 16 たまり兼ねて 15 それを, 後ろから 14 首を 13 そんな事 11 眼を 10 あわてて, 妙な, 少しばかり, 顔を 9 すぐに, 急に, 黙って, 鼻の 8 そつと, 答えた 7 さすがに, そう言い, 例の, 女の, 妙に, 平次に, 疾風の, 長い顎 6 まだ腑, 云った, 早くも, 横から, 身を, 顏を 5 元の, 外へ, 恐る, 手を, 相變ら, 膝を, 見事に, 親分の

4 [28件] これも, こんなに驚いた, こんな事, すつかり, その後ろ, もう一度飛ん, 何が, 口を, 唇を, 夜の, 大変な, 宙を, 居ないか, 平掌, 御家人の, 思った, 死骸を, 眼の, 素直に, 腹の, 自分が, 表の, 説明した, 躍起と, 部屋の, 頭を, 額を, 驚いて

3 [43件] あまりの, その金, その間にも, どうした, まさに一言, また絵解き, ゴクリと, 一生懸命に, 上から, 不意に, 二つの, 利助の, 唾を, 囁きました, 囁きます, 囁くの, 四方の, 埃と, 外の, 大きな欠伸, 大變, 平次を, 息を, 懐から, 指しました, 敷居の, 斯う, 月の, 根氣よく, 歸つて來ました, 殺されて, 猟犬の, 相変らず, 精一杯の, 胸の, 舌を, 遠慮の, 酢つ, 頬を, 頸を, 顎を, 高々と, 鬼の

2 [278件] あとを, あの時, いきなり縁, いそ, いつもの, うなずいた, おどけた手付き, お作, お前と, お前を, お勘坊, お勝手へ, お徳, お燕, お霜, この時, この騒ぎ, これ以上追及は, ごくり, ささやいた, しみじみと, すっかり好い, その夜, その後ろ姿, その日, その晩, その頃繁昌, それが, それだけ聞く, そんな無駄, つままれたよう, ふいに, ほんの少し, またそれ, また何, また口, また飛ん, まだそこ, まだウロウロし, まだ堪能, まだ女房, まだ頭, もうこんな, もうその, もう一度寺, もう一度平次, もう口, もう外, もう姿, もう歩き出し, もう躊躇, やはり黙っ, キナ臭い, ニヤリと, ニヤリニヤリと, ハタと, ヒョイと, フト左孝の, プイと, プリプリし, ペロリと, ポカリと, ムッと, 一ペンに, 一世一代の, 一件落着を, 一句も, 一生懸命でした, 一生懸命です, 一言も, 三村屋の, 上屋敷の, 不思議な, 中江川平太夫の, 主人の, 事件の, 二つ三つお辞儀を, 二人に, 云い出した, 人影の, 人聞きが, 仔細らしく, 以ての外の, 仰天しました, 何うし, 何だい, 何とはなし, 何の, 何も, 何を, 何心なく, 何時の間にやら, 信じて, 先に, 先刻から, 八丁堀の, 六十近い, 其處から, 内懷, 凝と, 出かけてから, 出て, 初夏の, 助け舟の, 勢い込んで, 勢ひ込ん, 厭も, 又繪, 口の, 古風な, 吉三郎の, 向うの, 唸りました, 問いかけました, 問ひかけました, 喫驚しました, 器量が, 地味な, 声を, 大きな手, 大きな聲, 大江山へ, 大袈裟に, 如才なく, 委細構わず, 子分の, 宵に, 寒々と, 寺の, 寺男に, 小声で, 少しむくれ, 少し役不足, 少し得意, 少し心細, 少し捨鉢, 少し果し, 少し相好, 少し睡, 少し躊躇, 少し迷信家, 少し顎, 尤もらしく訊ねました, 左に, 左の, 帰って, 平手を, 平次へ, 年の, 庄八と, 店の, 店を, 座敷へ, 弄ばれて, 徳松に, 心得顔に, 心配さう, 必死と, 忌々しそう, 思はず聲, 思わず声, 息せき切りながら, 悄気返って, 情けね, 感慨無量な, 懐中から, 懷から, 押して聞き返す, 指で, 挨拶も, 振り返りました, 文句を, 旅籠町の, 日頃にも, 昨夜からの, 昨夜の, 時を, 晝少し, 暗がりから, 曲者の, 最初から, 最後の, 月代まで, 木戸へ, 本當, 柄にも, 根岸の, 根気よく, 横っ飛びに, 横手を, 横町の, 次の, 段々を, 殺さば, 母屋へ, 気が, 気を, 氣の, 氣輕に, 泥棒の, 泳ぐやう, 洒落も, 浮び切れないよ, 漸く人心地, 漸く葛籠, 火事場の, 無暗に, 片手を, 狹い, 猿を, 獲物を, 疲れも, 盃から, 目黒の, 眞つ, 矢庭に, 立上がりました, 笹野新三郎の, 箍の, 絵解きが, 絵解きを, 縁側へ, 繩付の, 繪解が, 繪解き, 繰り返して, 耳の, 聞き飽きるほど, 背を, 背中合せに, 腕を, 自分でも, 舌鼓を, 芝に, 苦笑いを, 苦笑ひ, 草履を, 蔭へ, 薄寒く襟, 薪と, 蛸の, 袖を, 要領よく, 見たこと, 見兼ねて, 言ふ, 訪ねて, 變な, 足を, 路地から, 路地へ, 近頃江戸中, 金之丞の, 鎌倉町へ, 長い顔, 閉口し, 間もなく二十三四, 階下へ, 隣の, 離屋に, 離屋を, 雪を, 面目次第も, 頓狂な, 頭の, 飛び出しました, 飛び込みざま茶碗の, 飛上がりました, 飛出します, 飛込んだの, 飛鳥の, 飯倉へ, 馬だ, 驚きました, 高力家の, 鬘を, 鬼が, 默りこくつて

1 [1470件 抜粋] あいまいに, あっさりと, あのお君, ありったけの, あるとも, いい心持, いかに化け物屋敷, いきなり飛, いくら渋沢, いちいち神妙, いつまでも, いろいろの, うしろへ, えらい向う気, おどろいた, お内緒, お孃さん, お菊, かえって不審, がらッ八であっ, ぐったりと, こう言い, こう語り, ここへ, このごろやっと, この大阪, この手柄, この辺, これつ, こんなこと, さぞ自分, しかしこの, しばらく口, すぐ安, すぐ本郷一丁目, すこし風邪, すっかりお, すっかり好奇心, すっかり恐れ入っ, すっかり感, すつかりむくれ, そう一言, そう思い, そう教えられ, そう言いかけた, そこが, そこを, そっと耳打ち, そとの, そのまま女, そのまま黙っ, その儘女, その前日, その時, その籠, その辺中, それから, それから日取り, それつ切り外, それとなく顏, それには, そんな大, ただ一人, ただ恐れ入った, たまり兼ねた様子, ちょっと姿, ちよいと, つかつかと, つばめに, つれ立って, でっかい舌鼓, とうとう博多仁輪加, とうとう姿, とうとう来ません, ときどき懐, どうだ, どこからか, どんなに骨折っ, なにかを, にわかに慌てた, のぞくやう, はっと駈け出し, ひょいと食指, ぴったり寄り添っ, ふだんの, ぶらぶらと, ほとんど家庭, ぼんやり帰っ, またお, またその, また声, また彼, また散々, また立山, また蠅, また黙っ, まだ床, まだ素足, まだ迷つて, まるで神, もういない, もうスタート, もう一度兩國, もう一度手, もう宿, もう慰め, もう案内顏, もう絵解き, もう起たない, もう飛び込ん, もはや考え, やっと泣き黙りました, やや安心, やわらかに, よう知っとるじゃろ, よろこんで, わらじを, ガン首を, キョトンと, ギヨツと, クスリクスリと, グラグラと, スゴスゴと, ツイ正直な, ツルベを, ドギマギし, ハッと, バネ仕掛の, ピヨイと, ブリセーイスの, ペツペツと, ポリ, ポンポン言い, モヂモヂし, ヤソ教の, 一々うなずい, 一と, 一人で, 一同の, 一学の, 一応そこ, 一息入れ, 一應感心しました, 一日の, 一木一石といった, 一生懸命兩手を, 七人の, 三十八の, 三拜九拜し, 上州白雲山の, 下谷佐竹ッ原の, 不器用らしく, 不平らしく引返しました, 不承, 不服そうに, 世間並の, 中へ, 主人に, 久良が, 乘出しました, 予定の, 事細かに, 二三日經つと, 二人の, 云うて, 五日四晩の, 亡人で, 京都で, 今さら名乗り, 今に調べ, 今戸へ, 今更の, 仕方なく, 他の, 仰向けざまに, 伊丹屋の, 伝蔵の, 体を, 何かに, 何にか, 何んとしても, 何方つかず, 例によ, 倒れた寺田, 傲慢に, 先づこん, 先代の, 入つて, 入口の, 全く散々, 八十三郎の, 其日から, 其足で, 内懐から, 冷えたの, 凡そ酢ぱい顏, 分かりきって, 刑務所の, 初めて自分, 到頭大, 到頭考, 前科四犯だ, 勘太郎に, 勤王党の, 十三代目守田勘弥を, 危うく見落す, 危ふく吹き出し, 又云った, 又尖, 又飛出しました, 取っておきの, 受取り, 只茫然, 叱られながら, 吉原の, 名乘ら, 吐月峰を, 向柳原, 呆氣に, 呑込顏に, 呻くよう, 品吉を, 唯呆氣, 商売用の, 喉に, 囁やきます, 四方構はず張り上げました, 困った, 土蔵の, 坊主頭を, 執拗に, 境内の, 外に, 夜飼の, 大きく何度, 大きな声, 大した悲觀, 大勘, 大怪我, 太夫元の, 奇想天外な, 女郎屋を, 始めて, 子供の, 孫三郎の, 官の, 家の, 寄らうと, 寝られなかった, 小さい水門, 小夜菊の, 小用に, 小説にも, 少しおじ気, 少しじれつたくなりました, 少しやに, 少し呆氣, 少し平らか, 少し恐縮気味, 少し息, 少し曖昧, 少し脹れ, 少し薄笑, 少し言, 少し這い, 尤もらしく, 屑屋に, 帯の, 帰りかける足立, 幕兵の, 平内樣の, 平次にとっては, 幽に, 座敷の, 廿歳前後の, 引返しました, 弥次馬を, 張り上げました, 弾みが, 彈み, 当惑し, 往来で, 後から, 後日かう尋ねました, 得意そうに, 復訊いた, 心の, 心気モーローと, 必ずあり, 応急工事が, 忿, 思いながら, 思い出したよう, 思ったもの, 思ひ出しては, 思わず叫び, 思わず飛, 怨めしさ, 怱々に, 恐る恐る小腰, 息せき切つて, 悉く承知, 情なくばかり, 意識しました, 愛想の, 慌て, 懐の, 懷ろから, 懷中の, 我家に, 手古舞姿の, 承知し, 抜け露地, 拇指の, 拳を, 指を, 捨臺詞にて, 探りにかけては, 摺餌の, 擽ったく頸筋, 救いを, 斯うし, 新しい仕事, 新聞を, 旧を, 早速飛び出しました, 昔より, 昨日裏の, 昼少し, 晩飯を, 暗くな, 暫らく口も, 曲者に, 月代を, 木枯の, 本蟻, 村役場の, 板縁に, 柔術に, 案内顏に, 桶甚を, 棺桶の, 楼主に, 槍で, 横へ, 横合から, 櫓の, 歌子の, 正に一言, 此處に, 此親分の, 歩くこと, 歸らなかつた, 死骸の, 毎日三度位づつ報告を, 気軽に, 水の, 江戸の, 決して堂々たる, 沓脱の, 泣き出しそう, 泳ぐよう, 海老の, 深刻な, 渇いた唇, 漬って, 漸く手, 潛戸の, 濁りの, 無造作に, 煙管を, 照れ隱らしく訊きました, 爪先き, 物々しく平次, 物置から, 物足りないよう, 狐でも, 独り言に, 猿に, 獵犬の, 甚だ氣, 生き返ったよう, 用向きも, 男つ, 畏まった, 畳の, 疲れたし, 痺れて, 百松を, 益々丈夫, 盲メッポウ振りまわした, 直ぐ本郷一丁目, 直に行っ, 相手の, 眞上から, 真っ赤に, 着物を, 知つてゐた, 石みたいに, 祝儀を, 福を, 空を, 突然アベコベ, 立ち上がりました, 立ち止まりましたが, 立った, 立止っ, 第一, 精いっぱいの, 紅屋の, 紙片を, 素早く裏, 続けます, 縁側から, 縄尻を, 老ても, 考えこんだ, 考え込んで, 聴き耳, 背筋が, 脊筋を, 腕組を, 腰の, 腹の中で, 膝つ, 臆面も, 自分も, 舌うちを, 舞臺の, 若い女, 苦痛に, 苦笑ひする, 草つ, 菅原道真である, 落着か, 藤野屋へ, 血槍を, 街の, 表を, 裏へ, 襟白粉の, 見えないの, 見事な, 見知り越しらしく, 親爺の, 言うに, 訊ねました, 話しつづけた, 認めたので, 誰だろう, 諦めた, 諦めの, 貧乏徳利を, 起ちあがろうと, 転がるよう, 辛い顔, 辭み, 迷って, 追いすがりました, 追っかけました, 追つ立てる, 途端に, 道具買いに, 道庵風情を, 酢っ, 酸つ, 金を, 鉄の, 銀のべの, 鋤を, 長い頤, 長兵衛を, 間もなく南沢鉄之進, 闇を, 階下の, 隣室の, 離室の, 面喰らっ, 面白そう, 頤から, 頷いて, 額で, 顎で, 飛びつくやう, 飛び出そうと, 飛んだ貧乏籤, 飛出しました, 養子の, 首の, 馬子に, 駕籠を, 驚きながら, 高慢らしく, 髪結の, 魂の, 鷺草の, 默つてこの世にも, 默つて立上がりました, 默つて默首きました, 鼻紙に

▼ 八~ (1662, 3.1%)

51 の夜 41 の朝 25 のこと, の晩 18 の日 15 づけの 14 のお 12 であった, の, の午後 11 に歿, の間 10 である 9 に, の条 8 であつ 7 か九日, と十三日, の後 6 になっ, に至る, の條, は吉日 5 に夭, に棠軒, に私, の夕方, の婦人デー, の宵, の月 4 だった, でした, という日, には, に御, に書い, に蘭軒, の事, の分, の午前

3 [22件] だ, だと, では, となっ, にトラック, に書いた, に林町, に生れ, に生れた, に第, のうち, の両日, の国際婦人デー, の政変, の日曜, の早朝, の暮れ, の灌仏会, の節供, はいよいよ, は朝, まで

2 [97件] か, かとよ風, からだ, から三十一日, から二十四日, から二十日, から二月十五日, が日, が誕生日, だつた, だとか, でございましたが, ですから, とある, といふ日, とする, にこの, にこれ, にし, にその, になったら, にはじめて, には寿江子, には江戸, には洛中, には私, には遂に, にアメリカ, に佐野, に保, に六十九歳, に出, に出る, に大伴池主, に太平洋戦争, に始, に彼, に横浜, に福山, に立っ, に至り, に議会, に逝去, のてん, のひる, の三毬杖, の下, の仏生日, の出来事, の前夜, の午前十一時頃, の午前十時, の午前十時頃, の土曜日, の変, の夕, の夕刊, の夕刻, の夕暮, の夜中, の夜半過ぎ, の大安, の女, の川開き, の手紙, の払暁, の日附, の明けがた, の月給日, の朝初氷, の未明, の柏軒, の正午頃, の真昼, の私, の第, の紙上, の花祭り, の薬研堀, の製造, はかかる, は例年, は午前十一時, は小夜, は彼, は東海道宇津谷峠, へかけた, も朝, より十五日, を八百年, を想像, を期し, 又一出征, 曇り, 死んで, 見ねえでる間, 迄

1 [999件 抜粋] あつたり, ある村, いて, および十日, かおぼえぬ, かかって, かに開成山, からдом, からは公儀, からひろま, からブロート兄弟, から丁度, から不通, から九月三日, から八月廿八日, から別, から十九日, から厩橋城, から四日間花月, から怠業, から暴動, から正月, から浅草観音, から釘, から防空演習, か九日網走, か二十日, がお, がやつ, が初日, が日曜, が来た, が約束, が陰暦, くらいもかかっ, ぐらいからのこと, ぐれえ, こそは日本, さ, さらにルツェルン, その土地, その日, その遺恨, たった十日, だから, だけに特に, だったと, だわかったか, ついに松方正義, つまりシモン夫婦, づけ, であったか, であって, でありました, であり尊氏, でお, でしたもの, です, ですよ, でその, でも既に, で八人, で口, で大きな, で子, で巴屋, で祭神宇迦, で終る, で通す, という, というしるし, という所, という日取り, といふこ, とかが返答, ときめ, とそれから, とつづく, となつて, とのお, とは今日, とは昨日ぢ, とも記され, と三鷹事件, と二十九日, と云っ, と六月十一日, と十六日, と日, と言, と近い, どう又は, ないのよ, なので, なるぞという, なん, にいよいよ, にうまれさせ, において彼ルーズベルト, にお年玉, にお祝い, にかえる, にかけつけた, にきき, にさせ, にすらり, にたのむ, についた, につく, にて参り, になった, になつ, になりました, にね一枚, にはお, にはかえり, にはさらに, にはその, にはどうせ, にはべーリング海峡, にはまたまた, にはゆく, にはボルトリ, には三道, には予戒令, には仏教, には何, には元気そう, には六・八分, には千歳村全体, には原城, には多賀ちゃん, には大阪, には女師匠, には宇和島藩主伊達侯, には小折附近, には川島治平, には必参詣, には思っ, には抽斎, には新居落成, には旧, には更に, には梁田村, には武田以下浪士全員, には油屋, には浅草川, には海岸通り, には生, には筒井, には連合軍上陸, には間にあいませぬ, には零下七〇度, には館林, には驛, には鶴岡放生会, にめでたく, にもう, にもなりません, にも参つて, にも大極殿, にも札幌行, にゆき, にアリス, にエミール・ザウエル, にオランダ船, にカゲヒ, にガーゼ, にサンフランシスコ, にストライキ, にドイツ船プロイセン號, にベーリング島, にマッカーサア, にルイス, に一つ, に七十八歳, に三十七歳, に三枚吹込み, に下院, に亀千代, に二十里, に五女癸巳, に任有亭, に佐渡, に例, に信者たち, に僅か, に先, に全, に八幡村, に六歳, に凹巷, に出た, に出立, に前, に十六歳, に卒した, に去つた, に又, に及んだ, に吉見さん, に同区本村町八番地, に名誉, に味方, に和三郎寧親, に土手町, に境, に大きな, に夫妻, に女子, に姉須磨, に始まった, に始めて, に宮駅, に家禄, に富岡永代寺, に対日宣戦布告, に小康, に工部, に帰った, に平, に座光寺, に延ばし, に弘前県, に当る, に思ひ, に恒善, に成善, に手こず, に手紙六通, に拝見, に指定, に摂津国, に文久, に於, に書き上げたい, に有信, に村, に来られる, に東京渋谷村, に栃木, に検事, に正式調印, に正造, に歸つて來, に氏子, に江戸灣小柴沖, に決めました, に津軽家, に渡つて放送局, に火星, に牛込, に王政自身, に田舎, に疫癘, に病死, に発行, に百合子, に相州さま, に瞑目, に知行二百石, に神田弁慶橋, に禄, に竹釣, に築地小劇場, に終る, に聴許, に肴町附近, に自宅, に荷作, に蒔清, に裁判所, に見舞い, に言渡された, に貰った, に赤坂, に起った, に遠, に重ね, に録音, に開拓使御用掛, に間に合わない, に間違い, に隣り, に頂き, に香取, に鳶田, のあい, のお釈迦, のその, のたたかい, のつづけ, のなのよ, のコト, のワーテルロー, の三日, の三時, の下田, の中新田, の事也, の五十圓, の今日, の例, の前, の午前八時頃, の午前四時三十分, の午後三時, の午後九時, の午後二時頃, の午後六時五十分, の午後十時, の午後四時頃, の午過ぎ, の博士, の各紙, の喜多, の四谷, の夕がた, の夕刻前, の夜丑, の夜八時半, の夜十時, の夜半, の夜明けごろ, の夜船, の大, の大水, の奉納相撲, の子, の山の神祭, の帰路, の当日, の御衣, の急, の戊日, の招待状, の放送, の新聞, の方, の旅順, の日記, の春, の晨朝, の晴, の曉大雪, の朝まだき, の朝刊, の朝東京, の期限, の未, の東京会館, の某, の次, の武運長久, の法会, の満, の演説会, の火事, の甘茶, の登城, の眞夜中, の祭, の答弁書, の給料日, の縁日, の聴取書, の花, の花菜, の葬式, の衆院, の談判中, の質問演説中, の起訴, の追, の道祖神, の長い, の間我, の雨, の鞴祭り, の騒乱, の黎明, はいたる, はお釈迦様, はここ, はその, はちょうど, ははいっ, はまず, はよい, は三七日, は両国, は休み続きな, は初, は午食前, は告別式, は奇黄, は小林検事, は必死, は文化三年六月七日, は文化三年六月十七日, は日延べ, は早天, は月給, は法華山, は白島村, は空, は薬師, は遂に, は雪, ばかりの夏, ひどく暖い, ほどの間毎日二回, まえに, または中世, また雨, までという約束, までにはあげます, までに二ヵ月, までに棟上げ, までの三月, までの二十三日間, までの描写, までジェーン号, まで一夏, まで三日, まで両国橋, まで兩國橋, まで居りましょう, まで掛る, まで滞留, まで続け様, もうすぐ暑中休暇, もかかる, もたっ, もやはり, も土曜日, も時々, も泊め, も続い, も見, も過, よもすがら雨, よりいずれ, よりはじまつたおう, より一月二十三日, より三十二日目, より三日共翁附, より三日間国民歌謡, より不着, より二十八日, より八月一日, より十一日, より病床, をい, をもって, をもって審議, をショック, を二十九日, を以つて, を以て春社, を以て江戸市ヶ谷合羽坂尾州分邸, を以て祭日, を以て長崎, を定日, を思ひだす, を祭日, を経, 乃至二十日間, 元新撰組, 再私宅, 取りに, 同七年十二月二十五日, 吹きが, 吹きの, 大きな感激, 居た自分, 御事始, 御届, 必ず, 我が生まれし, 書出しましたこと, 有楽座, 極地点, 滞泊, 猶同じ, 立ったなあ, 第二次, 経つ間, 絶えて, 見という, 記す, 迄ここ, 迄に何とか, 迄の, 迄クラパム, 迄日本橋高島屋, 迄甲一, 遂に秀頼淀君, 過ぎると, 長くても

▼ 八~ (1641, 3.0%)

39 の間 28 の春 22 の秋, も前 21 の頃 20 の夏 19 のこと 18 である, になる 14 にし, の歳月 10 の, の五月, の冬, の四月, の後 9 に, に至る 8 の十一月, の十月, の暮, の末 7 であった, に歿, の昔 6 の一月, の初夏, の月日, の正月, の革命

5 [13件] か十年, といえ, と云, にもなる, に出版, の二月, の作, の初め, の日清戦争, の長い, ほど前, も以前, を経

4 [17件] から九年, たって, であるが, になっ, になります, に入っ, に至っ, に至り, の三月, の初頭, の年月, の復活祭, の生涯, まえに, まえの, も昔, よ

3 [26件] このかた, たっても, であつ, では, という歳月, ならば, に一度, に出た, に書いた, に生れ, に生れた, に私, のあいだ, の七月, の八月, の星霜, の秋以来, の秋頃, の第, の長き, ばかり前, へかけ, まで, もの長い, より同, 及び一七〇〇年

2 [91件] か, から一九三三年, から二十一年, が最後, たつても, だ, だったと, でも同じ, というの, というもの彼, という年, という時代, と申す, なり, にこの, にこれ, にその, にはこの, にはその, にはまた, にはまだ, にはみんな, にはペテルスブルグ, には保, にもなり, にも当る, にイギリス, にハーン, に初めて, に幕府, に当れり, に彼, に徳川家斉, に東京, に松平石見守, に比べる, に江戸, に當, に米, に終る, に著した, に西安, のころ, のもの, の一月末, の上半期, の九月, の五月二日, の今日, の余, の元旦, の六月, の出来事, の十二月, の大, の年期, の年末, の戦争, の新春, の日露戦争, の歴史, の火事, の盛夏, の辛抱, の辛苦, の長, の革命前, の項, はかかる, は夢, は蘭軒歿後, ほどのち, ほどの長い, までの間, まで続い, もこんな, もたった, もまえ, も九年, も勤め, も奉公, も年期, も監獄, も経たなけれ, も経っ, を再現, を要し, 即ち昨年, 帰らなかった, 経つと, 遂に立憲

1 [862件 抜粋] あらゆる人中, います, いよいよ書籍館, おなじ芝翫, お齢, かの神戸市主催, かよう, からだった, からになる, から一九〇七年, から一五〇〇年, から一八七七年, から三九年, から三十九年, から三百九年間, から二十九年, から以後十箇年間, から以後明治四十五年, から分冊, から四十八年, から始まっ, から理科大学, から見る, から足尾, か九年以前, か十年位前, がさう, が明けた, が本当, が過ぎ, くらいで, くらい前, ぐらいも絶版, このかたいつ, この方, この特異, すでに支倉六右衛門常長, すなわち小野氏, その徒黨, たった今日, だったか, だよ, ちかく私, であったか, であった由, でありまして, であること, でした, ですからね, でそれ, でなくて, で一循環, で其の, で幸子, で終る, と, とある, という, というもの, という端数, といふの, といへ, とかに九十二, とか十三年, とか大, とだけで, とでは管内人口, となりぬ, との三度, とは, とも云う, と一七五六年, と三三年, と予定, と云え, と十年, と延徳二年, と推歩, と異なり, と言, ないし一七七二年, ないし一七九二年, ないし一七五四年, ないし一七四八年, ならん, にいた, にいたり, におこった, にさえ, につくられ, にどの, になった, になつて, にはこれら七州, にはそれ, にはなかっ, にはわずか, にはアメリカ大陸, にはケーニツヒ, にはビセンテ・ヤンネス・ピンソン, にはブルュッケル, にはポンソー, にはランス, にはロンドン, にはヴェ・イリイッチ, には七千, には三階, には世界, には五, には信者, には允成, には六百八十万斤, には初めて, には同僚知人, には壽, には官制, には幾勢, には所領, には新, には日比谷, には業界視察, には百三十六万五千余人, には百五十万, には聖クロティルド教会, には論文集, には錘数, には雑誌, にまた, にもなっ, にもなつ, にもなります, にもなろう, にも望まれた, にわたしども, にわたるの間, にわたるコマ郡, にわたる大, にオルソン・ウェルス, にサラゴサ, にシャビエル, にゼノア軍, にターリング, にハイデルベルグ大学, にピッケリング, にフランス, にプーシキン賞, にベルリン美術学校, にペテルブルグ, にポルデノーン, にモスクワ, にラングル教区, にヴォルガ, に一坪十円, に一族九戸政實, に七十一歳, に三十三歳, に中常, に京都, に京都六条村年寄, に今, に作られた, に倭寇百艘賊七千余人, に僅か, に党員, に八町堀牛草橋, に公, に兵隊, に出, に初版, に北海道, に十五歳, に及ぶ, に古来, に四階, に多く, に大極殿, に婦人参政権, に完成, に家持, に富農, に將軍秀忠, に小笠原島, に崑崙人, に巖本善治等, に帰っ, に弥兵衛, に彼女, に征夷大将軍, に成れる, に撤廃, に敗戦国, に数ヵ月ニューヨーク, に於ける, に日本, に普請工事, に有名, に森氏, に死す, に死んだ, に洋行, に渡り, に現れた, に略同額, に発刊, に発表, に白金台, に着手, に破産, に笑, に第, に総, に至つて谷中村, に至りまし, に船長, に英国, に菩提, に藩主忠利侯, に見えたる, に豚, に跨がり, に軽井沢, に逝けり, に連歌付句合点, に過ぎず, に長崎番, に隣藩佐竹氏, に露西亜, に養子祐二, のあいだ諸州, のお蔭, のそれ, のどちら, のはじめ準備会, のオリムピック・ロンドン大会, のクリスマス, のゴーリキイ, のドイツ軍攻勢, のパリ二月革命, のフランス, のメーデー, の一月二日旅順陥落, の一月十三日, の一月十日, の七日目, の三月攻勢, の下半期, の世界恐慌, の両, の中秋, の久しき, の二十一歳, の二月末, の五十五人虐殺, の五月三十一日, の交, の人気, の今, の令, の党員, の八万キロメートル, の八月一日, の公開講演, の六月初旬, の共和政府, の内, の凶年, の初, の初冬, の初期, の劇勉強, の労作, の十, の十一月七日, の十一月十五日, の十一月興行, の十二月日露戦役, の十月十九日, の南米, の博覧会, の句, の同人雑誌, の周防国, の呼吸, の四五月頃, の国内戦, の国際連盟脱退, の変り型, の夏インド, の夏酷暑, の夜店, の大戦, の太沽砲台攻撃, の太田備中守口達, の学齢児童八百万人, の小田原征伐, の帝劇, の年号, の庚午四月卅日夜半, の後半期, の後地方, の思ひ, の恐慌, の懲役, の戦い, の戦役, の收, の新しい, の新年号, の日本民主主義文化連盟, の日清戰役, の日露戦争ごろ, の日露戰役後, の春パナマ, の春昇氏, の春秋, の時, の晩秋, の暮バキンガム宮, の暮位, の最初, の末以来, の条, の東京, の桜島, の橘兼仲, の歌, の法律, の火事以来, の無敵艦隊敗滅以来, の猛, の現在, の生れ, の生活, の病気以来, の発掘, の社会状勢, の秋ロダン, の秋二十二名, の秋八月, の秋始, の穀物危機, の米国旅行, の紀行, の細注, の維新, の苦労辛苦, の著, の著作, の街道生活, の誕生日, の課程, の議会, の赤い, の輸入, の遅き, の遣, の間一度, の間世話, の間婬蕩, の間引, の間諸国, の間高島宮, の除夜の鐘, の青春, の革命後, の革命騷ぎ, の養育料, は, はかかるだろう, はアロハシャツ, は一つ仕事, は不作, は世上, は千葉県浦安町, は大正三年, は媾和条約, は慶応二年, は持つ, は日本, は早, は明治十九年, は熊本県, は私, は窮乏, は薨去後一千二百五十年, は質問, は過ぎた, ばかりこの, ばかりの辛苦, ばかり支那, ばかり金沢, ふっつりと, ほどまえ, ほど遅れ, まえ, まえだったか, まえ書いたこと, ましましき, まであつ, までこの, まででした, までといふ事, までに中村屋, までに金貨五千三十三万八千余円, までのあいだ, までの五年間, までの歳月, までは中村屋, までは壁, まで何ら, まで十五年間, まで在, まで在位, まで王位, まで総, まで足掛九年, まで順に, まへより, もいた, もお, もございます, もすれ, もその, もたて, もやっ, も世話, も世間師, も兵隊生活, も取付, も坑夫, も奥さん, も居る, も忠告, も新開地, も日本, も此處, も永い, も浪人, も經つて, も育て, も見ない, も親, も逢わず, も野良, や九年位, よりは少しく, より一二一六年, より僅, より六二年, ゐたすると, ゐます, をこの, をめぐる, をもって成年, を同じ, を吾邦, を攻囲, を神戸, を経過, を見よ, を謂, を送っ, を過, を閲した, を隔てた, 中文館, 乃至一六四四年, 住み慣れた札幌, 働いた後, 全く骨身, 初めて諸王, 勤めて, 即ちベアトリス, 即ち日清戦争, 即ち西暦千六百七十九年, 及び九年, 召されて, 同じ日本橋, 居いつ卒業, 成る, 振の, 探して, 永き月日, 溯れば, 程たつ, 程前, 第一次ヨーロッパ大戦, 第一次大戦, 第七一号, 第六十四回帝國議會, 第四回内国博出品, 終に一度餓じい目, 経つた, 続いた後, 見たこと, 迄四年間, 迄用, 遂に第, 過ぎてから, 過ぎました

▼ 八~ (1139, 2.1%)

82 の時 66 になる 28 の頃 26 にし 19 のとき 18 である 17 であった 16 になった 15 であつ 14 の春 13 の年 12 の少年 11 のころ 10 で歿, の子供 9 になっ 8 の娘, の青年 7 になつ 6 の私 5 で死んだ, に至る, のその, の今日, の南家, の女, の少女, の生涯, の童女, の高齢

4 [11件] か九歳, でした, では, になつて, になります, に達する, の坂田, の男, の秋, の若者, を一期

3 [12件] だった, です, になられた, になりました, の兄, の小娘, の昔, の老, の老人, の若, まで生き, より十三

2 [63件] から六十六歳, か二十歳, くらいの少女, ぐらいの男, だから, だつた, であったが, で亡くなった, で夫婦, で女学校, で始め, で姿, で学校, で孫, で新潟取引所, で死にました, といへ, となった, となり, とはこれ, と六歳, と思われる, になつたん, にもなっ, にもなった, にもなる, に達し, のお年, のこの, のとき初恋, のチェーホフ, の三月, の今, の冬, の初, の夏, の女の子, の娘さん, の孫, の安二郎, の寿, の小児, の山陽, の年下, の幼時, の手紙, の折, の時父母, の母, の男の子, の男盛り, の祖母, の翁, の老齢, の自分, の花嫁, の蘭軒, の青春, の龍女, は八歳, ばかりの女, ばかりの子供, を頭

1 [488件] あるいは十歳, かとも思ふ, かと思われた, かと思われる, からの二年間, からの全国学齢児童, からはそれぞれ妻帯, から三十五, から二十一歳, から二十五歳, から二十歳がらみ, から二十歳前後, から五十歳, から十七歳, から十五六歳, から十歳, から四十七歳, から四十八九歳, から廿一歳ごろ, から後, から後家暮し, から暮し, から翌年, から農家, から選挙権, か二十ごろ, か十九歳, が四十歳, くらいの男, くらいの美夫人, くらいの自分, くらいらしかった, ぐらいな小さな, ぐらいに見えます, ぐらいのころ, ぐらいの娘, ぐらいの若い, ぐらいまでは押しつけッこ, ぐれえなもん, けれども私, これからと, すなわち明治二十一, そしてイエニー, そのまん中, だ, だけれども, だし, だったかと, だったかも, だったが, だったの, だったろう, だった勘定, だった私, だった詩人ハイネ, だつた私, だと, だのに, ちゅう高齢, で, であたし, であったから, であっただろう, であったと, であったなどという, であったもの, であった母, であった海保漁村, であって, であるが, であるとは, であるのに, であるべきに, である正味, であろうか, でいま, でいらっしゃいました, でいらっしゃいましたから, でお, でかかれた, でこの, でこれ, でごぜ, でしか, でしたが, でしたらう, でしたろうか, ですから, ですからね, ですが, でなかなか, でなくなりジョージ親王, でなければ, でまだ, でも, でもあろう, でもはや, でも體, でりっぱ, でわたくし, でソヴェト, でチャン, で一人, で一生涯薬, で一番下, で三条西家, で世, で中学, で九郎右衛門, で二十五貫目, で二高, で今年学園, で仏様, で他界, で処女詩集, で出家, で剃髪, で卒業, で博士号, で向島龜戸神社, で嘉永三年戌歳, で坂東八十助, で士官, で大, で大殿, で天台座主, で天子, で夭折, で失った, で女子文壇, で妻, で孤児, で徒刑場, で従軍, で恃, で戰死, で明, で止む, で毒, で気持, で永眠, で江の島, で決闘, で法然, で父, で父輝宗, で生れ, で生年, で留守居年寄佐野豊, で病歿, で神聖ローマ帝国, で立派, で筆者, で結婚, で老けて, で色, で薨去, で處女詩集, で行方, で行方不知, で襲爵, で践祚, で躋寿館, で身上, で身分, で軍艦頭取矢田堀景藏, で輿入れ, で鎌倉時代, で隠居, で隠居夫婦, で青洟, とあっ, とあります, という, といういたいけ, というところ, という壮年, という寡婦, という老, という若, といえ, といふ, といよいよ, とし, としてある, となつて, となる, とになつて, との悪戯盛り, とはどう, とは思えぬませた, とは思へない, とも見える, と云, と仮定, と十七八歳, と十歳, と小さく, と思う, と思ひます, と披露, と答, と答えき, どつ, ないし二十歳, ないし五〇歳, なお端麗, ながら端坐, などいづれ, なの, なりしが, なる乙女, なん, にお, にございます, にしかなっ, にて弥五右衛門景吉, にて逝けり, になったら, になつた, になられます, になり, になりましたら, になり給う, になれ, になれり, になろう, にもおなり, にもなれ, に夫, に成っ, に成りまする, に成る, に成候, に成候男, に成候者愚姪方, に相成る, に至り, に達しし, に達した, のお, のおじいさん, のおり寝物語, のかれ, のつら, のときイプセン, のとき最愛, のとき母, のとき私, のひと, のひどく, のほう, のぼく, のむす, のゆき遲, のよう, のアガーシャ小母さん, のウラジミル・イリイッチ・ウリヤーノフ, のコムソモール, のゴーリキイ, のバッハ, のボオドレエル, のマリア・ルイザ, のモダニズム作家, のユアン, のルイ・シャルル, の七月三日, の下男, の丑松, の中学三年生, の中学生, の乙女, の乙女たち, の九月, の事, の二人, の二少女, の令嬢ふう, の休職士官, の伸子, の体躯, の作家, の作者, の倭文子, の健三, の健康, の働き盛り, の僕, の兄栄次郎, の光悦, の児, の冬母, の処女, の半蔵, の商人風, の商店員, の善吉ひとり, の壺皇子, の夏休み, の大, の大晦日, の天保十年, の太子弗陵, の夫婦, の女子, の女学生, の女性, の妙齢, の妹さん, の威風, の娘死, の娘盛り, の婢, の婦, の子, の子ども, の子供ぢ, の子供ゆえ何, の子供達, の学齢, の将軍家, の小島新五郎, の小童, の少年兵, の少年兵士, の少年時代, の少年武士, の年実母, の年長者, の幼い, の幼童, の弘治元年, の弟也, の弱い, の弱冠, の彼, の彼女, の征夷大将軍, の後輩, の恐ろしい, の息子, の我が, の戲作者焉馬, の政吉, の文吾, の文盲, の断髪, の新, の新妻蝶々さん, の旭烈兀, の明治廿一年, の春上京, の春肇輯五冊, の時代, の時分, の時叡山, の時彼女, の時日本, の時横井, の晩春, の暮, の有為, の朱雀帝, の梨枝子, の歌人, の武士, の死刑囚糊本, の殺し屋, の比較的, の浮き浮き, の温厚, の無, の父, の牧師, の独身店員, の理性, の琵琶法師, の生, の當主虎之助治頼, の痩せぎす, の登勢, の盲, の祝賀, の秀吉, の竜女, の童兒, の素女, の美しい, の美少女, の義良親王, の耶蘇, の職人風, の肉, の肉体, の若君, の茶山, の蝶々さん, の詩, の詩人藤村, の誕生祝, の足, の身, の逞しい, の道盛信崇, の醇, の重吉, の長女千代, の長寿, の長男, の離郷, の霞亭, の青年八〇, の青年昌造, の頃祖母, の頭蓋骨, の頼家公, の養玄, の黎明, は, は享保二十年乙卯生, は文化十四年, ばかしの, ばかりで, ばかりと五歳, ばかりに成る, ばかりの, ばかりのくみ, ばかりの少女, ばかりの時, ばかりの男児, ばかりの男子, ばかりの青年, へかけ, ほどになる, ほども年長, または二〇歳, まで, までの半生, までの少年, までの真面目, までの美人, までの血潮, までの貸, まではお, までは六時間労働, までは獨學, までは養育, まで年寄役, まで生きた, まで生き延びる, まで生き得る, まで生存, まで育てた, まで育てられた, まで長生, まで霊肉一致, まで養育, むっつりした, もう一人, も年上, も生き延びた, も若い, も若く, やそこら, や十歳, をもって終り, を以てこの世, を以て世, を以て歿, を出, を気絶, を迎, を限度, 乃至二十歳, 乃至十歳, 今売出し, 代稽古, 再び駿河, 即ち明治二十一, 即ち輝勝, 大旦那様, 或は十歳くら, 或は四十歳くら, 生れながらの, 蒼白い顔色, 迄の娘, 迄の獨學時代, 迄郷

▼ 八~ (1095, 2.0%)

23 の者 17 の子供 16 のうち 15 の男 13 の人 10 のもの, の子分 9 の男女 7 の少年 6 の中, の人々, の侍, の女, の客, の警官 5 であった, では, の仲間, の子

4 [11件] である, になり, のチンピラ隊, の一団, の命, の武士, の若い, は家, もい, も人, も子供

3 [18件] あつた, あり, だが, になった, に一人, のお供, の一行, の兵, の兵士, の子供達, の家族, の影, の発狂者, の若, の農奴, の部下, もいた, もいる

2 [89件] いた, いて, から十人, か十人, がどやどや, がザッ, が休ん, が八人, だった, であつ, です, とある, といっしょ, にご, につき一人, になります, になる, にも成ります, に身構えし, に過ぎず, に過ぎなかった, の人声, の人間, の児, の児女, の兒女, の切支丹宗徒, の刑事, の勇士, の参河侍, の口, の同勢, の多数, の大工, の子ども, の子供たち, の子分ども, の子持ち, の小, の少女たち, の少年たち, の屈強, の山伏, の山伏たち, の島民女, の島民船客, の巡査, の店員達, の影武者, の従者, の悪魔, の手, の敵, の文身自慢, の殉死, の気配, の王子, の男たち, の眼, の磔刑, の船子, の荒くれ男, の親子, の豪傑, の選手, の附添, の雇人, の顏, の風, の黒い, の黒衣, はいた, もあつ, も並ん, も坐れ, も居た, も来, も置く, も自分, も詰めかけ, を生, を選ん, 並んで, 乃至十人, 居たの, 斬って, 配りましたよ, 集って, 集まって

1 [643件 抜粋] あった, あったそう, ありいきおい, ありと, ありました, あります, あるので, あんまり気持, いたの, いづれも, いるうち, いる女, いる運動員, おそって, お節句着物, かであろう, かの御子様, から二十三四人, か九人, か九人位, が, があつ, があつまつた, がかちどき, がずらず, がずらりと, がその, がそろっ, がたとい, がつきそっ, がつながっ, がところ, がむずかしい, がやおら, がアルプス, がクロッケー, がションボリ, が一団, が一室, が一度, が一生懸命, が五つ六つ, が伝馬船, が住まなけれ, が十人, が十八人, が同じ, が同時に, が型, が外, が大, が寝るで, が彼, が手, が打連れ, が柩, が構成, が続々, が腰, が酒, くらいの割合, くらいは繰り出し, ぐらいずつ集まっ, ぐらいのお客, ぐらいのアルトン族, ぐらい何, ぐらい産婦さん, この意外, ごたごたと, さすがに, しかいなくなった, しかゐなかつた, しきゃいないわ, して, すぐ仕事, ずつ, ずつつれ, ずつの夜番, ずつの食卓, ずつ乗せ, ずつ乗り降り, ずつ互いに, ずつ侍, ずつ漁夫, ずつ隊, そのほか, その中七人, その大, その容貌, その棟梁, それにいちいち, それに一々, ぞある, たった一つ, だ, だから, だけが常, だけを供, だったが, だったわ, だな, であったが, であったの, であったヤソ会士, でお客, でこれ, ですぜ, でばたばた, でもあろう, でも僕ら, でやっとる, で一つ, で一八芸術社, で二両二分, で分け, で分ける, で十七人, で喧嘩, で怖, で手代り, で稲葉屋さん, で舁かれた, で舞うた, で鎮撫, で頑張っ, で龜澤町, というの, という人数, という数, という車台, といつた, といやちこ, とかいる, とかため, とか聞いた, としてあ, として相, とそれ, とだけで, となっ, となり, とは自国, ともまったく, ともみんな人, とも踊り場, とも達者, と一艘, と云う, と共にフロイス, と共に城, と共に銀延べ地, と出ました, と同, と子供, と数, と集っ, ないし十五人, ながら隣, なら八人, なり, にかかせる, についていろいろ, について調べた, にて彫, にて斯様, にて相, になっ, になりました, にふえ, にもなります, に分たね, に取り巻かれ, に取巻かれ, に対しボーイ一人, に揚げさせ, に男, に蝶, に達し, のうち七人, のうち五人, のお, のかたがた, のきみ, のご, のその, のため, のだれ, のひと達, のみ, のみで, のみんな, のものみなこれ, のやくざ者たち, のよう, のガチャ, のランプ, の下役人, の与党, の主, の乗りて, の乗合, の乗客, の九人の, の事, の人たち, の人影, の人數, の人物, の人相風体, の仲仕たち, の会員, の侍大将, の供揃い, の俘虜, の僧, の優れた, の先客, の八挺艪, の公卿大将, の内, の出羽守, の切支丹関係者, の切支丹關係者, の勇敢, の十七, の半分, の友だち, の取持ち, の古物蒐集家, の同, の同志, の名, の団体, の壮士, の声, の多人数, の多勢, の大上戸爰, の大人たち, の大勢, の奉幣使, の女たち, の女の子, の女中, の姨, の姫君, の娘, の学生, の家々, の家来, の宿直員, の寝台, の寝室, の将校, の小作, の少女, の少年探偵団, の山手組, の山林官, の弟子, の彼等, の御子, の悪漢, の手下, の手先, の手負い, の技術者, の捕り, の旅人, の日本, の日本人, の會員, の有様, の朝鮮人, の木像どもはいぜん, の来客, の棒, の楽女, の死体, の水兵等, の水夫, の河神, の浴客, の海賊ども, の炬火持, の物見, の犬士, の猩々講, の生酔い, の男達, の町人, の番士, の百姓たち, の的持, の相客, の看護婦, の神さま, の神楽乙女, の私服, の童女, の等身大, の籠, の組合員, の結束, の給金二十両, の群像, の舞人がてん手, の舟子, の若者, の荒くれ武士, の血判, の衣服, の被害者, の見物人, の試験官, の誰一人, の警吏, の足音, の身抜, の転び切支丹, の轉び切支丹, の農民, の近侍, の近侍達, の通行人, の連, の運送業者, の道連れ, の酋長, の酋長達, の配達, の重立った, の野武士, の野武士ども, の闘牛士, の附添ひだ, の隊員, の雷人ども, の静か, の靴音, の額, の鷹匠, の黒衣兵, は, はいっ, はどう, はどや, はみんな, はやられたらしい, は上り, は中, は乗れ, は伊豆小姓, は何, は何処, は婦人, は学童, は家臣, は寝られる, は彼様, は振り, は文字, は木更津, は此, は泊, は籐椅子, は雪, ばかりいた, ばかりと一緒, ばかりの青年, ばかり引き連れ, ばかり手負い, ばかり測量器械, ばっか斬られるだ, ひきつれて, ひしめいて, ほどで, ほどである, ほどを仲間, ほど居ならんだ, または十人, までが欠乏困窮, まではか, までは丸源, までは出来, までは女学校卒業, までは持っ, までは薬味, までは避暑, まで仕度, まで斬り伏せ, まで軽輩, も, もあっ, もお婆さん, もがんばっ, もが塊つて何, もついてりゃ, もでき, もの友達, もの客, もの茨城屋, もの蝦蟇口, もまた, も一列, も一緒, も乗つ, も九人, も使っ, も使つて, も個々討死, も十人, も取巻き, も家, も居られる, も怪我, も手籠, も押, も数えられる, も数寄屋, も斬られた, も斬り捨てた, も泊, も生れた, も相手, も違つた子, も遣つた, も降参, やってきた, よくろんぼ, よりござらぬ, ゐる, をちゃんと, を三年間, を出る, を収容, を失わない, を就職, を引き連れ, を手古摺らせた, を招待, を擒, を斬っ, を残す, を殺した, を洗っ, を相手, を眼がけ, を穴, を認め, を責め苛む, を追っ払い, を鏖殺, を階下, を雇っ, 下りて, 並べるぐらゐのスタンド, 乗られるし, 仕損じたこと, 入って, 又は七人神, 受けないもの, 各方面, 同じく水戸藩士二人, 寄って, 寝て, 小さな子守り, 居て, 居ない家, 居るん, 廻れ, 悉く裸体, 悉く裸體, 悉く転宗者, 或は十人, 押し立てて, 持って, 掛ったって, 斬ったが, 斬と, 斬にも, 時には十人, 時にゃあ十人以上, 来て, 来る, 狙って, 生んで, 真っ逆様, 第二十二回目弘化三年, 等しく屹, 舁きだもの, 舁きの, 討ち取るに, 詰めて, 追いかけさせて, 連れ立つて, 降りて, 集めて, 集めまして, 高祖父母

▼ 八~ (823, 1.5%)

14 になる, の汽車 11 過に 10 に起き, を過ぎ 9 になっ 8 から九時 6 から十一時, から十時, か九時, だ, に眼, に起きる, の音楽浴, をすぎ, を過ぎる 5 すぎて, だった, であった, である, に出発, 少し前, 起き

4 [11件] から十二時, から夜, すぎると, だから, です, といえ, に, までの間, を少し, を打った, を期し

3 [19件] から, から九時の間, か九時頃, ですから, ですよ, につく, になりました, になります, には床, に会う, に家, に近い, の摩擦, の電車, よ, を打っ, を打つ, 少し過ぎ, 過ぎて

2 [50件] か, からはじめます, から二時, から休み, から六時, から午後三時, から午後四時, から始まる, から練習, か否, が九時, すぎてから, すこし前, すこし過, だと, ちょっと前, であったが, という, というの, なのに, にこの, にそこ, になった, になつ, になり, にはもう, にまた, に出勤, に始まる, に山岸, に床, に必ず, に起きた, に起される, のところ, の列車, の鐘, までにどうしても, まで待っ, をすぎた, をすこし, を打ちました, を過ぎた, 打ち九時, 起きは, 起き砧村, 起きPCL, 近い, 過ぎると, 過で

1 [457件] いよいよ出発, お濠, からいつも, からきちんと, からけさ八時, からここ, からこんな, からだ, からで, からのに間, からの演芸放送, からはじまった, からオソアビアヒム, からクラブ, からフィリップス, からホール, から一時, から一時半, から一時間, から三十分間, から世界長, から主人, から九時ごろ, から九時頃, から二人, から二等室, から五時, から八時二十分, から八時十五分すぎ, から出, から列, から勇, から十一時三十五分, から十一時半, から十二時の間, から十二時頃, から午前, から午後七時, から午後二時, から午後五時, から午後五時頃, から古, から四時, から夕方, から夕方五時過ぎ, から夜中, から始めた, から婦人, から招魂社, から明け方, から昼食, から次, から正午, から社用, から翌日, から翌朝, から芝, から釣り, から開演, から黄昏, か九時ごろ, か九時頃家, か九時頃病院, か今, か八時半, か八時半ごろ, か八時半頃, がうち, がうっ, がきた, がレグミーゼココア百五十瓦, が出発時間, が吉祥寺, が打つ, が過ぎ, が鳴った, が鳴つた, が鳴る, きっかり出かける, きっちり砧, くらいになっ, くらいまでの間, ぐらいです, じゃない, じゃろ, すこしま, すこしまえです, すこし過ぎた, すっかり元気, だか, だったか, だという, だのに, だよ, だわ, っから, ってとこ, であると, でございますお, でした, でしたが, ですが, ですぞ, ですわ, でその, でそれ, でなければ, では, でもいい, でも十時, でも明るく, でも深夜, でアガる, で朝食, で禁出入, で立つ, ということ, というよう, という指定, という門限, といっ, といふ, といふ宵, といふ約束, ときい, ときまっ, としてサン, とする, となる, との間, とはおつそろしく, とは言わない, と一時, と九時の間, と云え, と云っ, と十一時, と十時の間, と四時, と定め, と定めよう, と言, なら八時, なら悪人たち, なり第, なれば, なん, にいく, にいったん, にうち, にお, において雷洋丸, におくれ, にくる, にこんな, にすし食い, にたたなけれ, にちかいじ, にって約束, にて一廻り, にできる, にでる, になぞ, になったら, になったら出, になつて停車場, になら, になれ, になッ, にね, にはいつも, にはほんとう, にはアラス, には今市, には前記, には家主, には必ず, には日課, には早, には用, には病院, にみんな, にもなつ, にもならない, にもなる, にもみじ旅館, にゆっくり, にわたし, にウィード飛行場, にクウルパルク公園, にサルマタ, にデュー夫人, にヒマ, にマルセエユ, にヨーカン, に上つて, に両, に二分, に二十一分前, に二十分, に二十秒, に五分, に五分前頃, に今市, に今朝, に伊助, に入る, に全線座, に公会堂, に内藤, に再び, に再開, に出, に出た, に到着, に加賀屋敷, に勝美, に十九分前, に去る, に各国代表, に君, に国, に国民歌謡, に執事, に外出, に夜, に夜営地, に大水上山, に大門, に夫, に夷港, に始, に始ま, に始まった, に始まり, に始まります, に学校, に寝, に寝ちゃった, に小田原, に小野さん, に帰っ, に帰った, に広島, に店, に引き上げる, に当家, に役所, に徳山迎, に息, に放送局, に数寄屋橋, に旅店, に朝食, に朝飯, に札幌, に来, に来い, に東京駅, に某所, に梓山, に検屍, に毎日ここ, に沼津, に海洋気象通報, に渡った, に火焔, に登庁, に皇帝, に着いた, に砧出発, に私, に窓一杯, に立つ, に第, に約束, に終り, に結束, に絶巓, に聖岳, に船, に芝公園, に行く, に行け, に行った, に行水, に訪問, に起きよう, に起され, に起された, に起床, に近く, に近づく, に通る, に遅, に遊び, に運転手, に郵便, に閉, に閉まる, に開幕, に飯, ね遅れちや駄目, のあの, のお, のこと, のタイム, のバス, の上り列車, の出勤, の出来事, の夜, の夜行, の屈伸鍛錬, の所, の授業開始, の時計, の東京発, の検屍, の正餐, の汽船, の消灯, の特急, の約束, の者, の赤い, の鐸, の開講時間, の馬車, はまた, は例, は先刻, は鈴, まえに, またここ, また礼拝式, まだ時, まだ眠い, まで, までМГУ, までいっぱい, までかかっ, までにはかならず, までには充分, までには必ず, までにスイス公使館, までに今市, までに今日工場, までに十分, までに帰っ, までに役所, までに御, までに歸ら, までに練習所, までに鎌倉, までに食事, までのうち, までの規定, まではアリバイ, までも気がつかなかった, までゆっくり, までオセロ, までフランス語, まで一晩, まで仕事, まで夕方, まで夕食, まで朝露, まで猶予, まで降った, もう床, もしくは九時, も少し, も打ち, も過ぎ, より九時, より午前三時, より午後三時, より参詣致, より同, より同時十分, より四十分, より始まる, より撮影, より正午十二時, より第, をうち, をうっ, をうつ, をすぎる, をすぐれ, をどの, をまわっ, を十二三分, を報じた, を廻っ, を廻った, を打たせ, を打つた, を拍, を指し, を指した, を指す, を過, を過ぎました, を門限, を鳴らした, を鳴らそう, オーベルン着, 副綜理ドクタア浜尾司会, 少しま, 少し過, 少し過ぎよ, 廻った頃, 晴れたから, 起きあくび連発, 起きして, 起きすぐ, 起きその, 起きだ, 起きに, 起き九時, 起き宿, 起き撮影所, 起き料理旅館, 起き東発, 起き田端, 起きJOAK, 迄, 迄この, 迄だ, 迄にと云っ, 迄に来, 迄に来い, 迄の訓練, 迄まつ, 迄も働いてる, 迄やった, 迄やっちまった, 迄ニハ帰レマスカラ大丈夫デス, 迄一休み, 迄事務所, 迄二十四時間勤務, 迄寝た, 過ぎたらあんた, 過ぎてから, 過ぎてるわ, 過ぎになつた, 過である, 過とも, 過は, 過まで, 過ると, 過木村カラ電話, 過油川宿出立, 過自分, 過起きる

▼ 八~ (793, 1.5%)

16 飛んで 11 云った, 飛込んで 7 口を 6 帰って 5 そう言っ 4 そんな事, 来た, 来て, 眼を

3 [13件] どうした, 入って, 出て, 勇太郎を, 岳の, 手を, 旋風の, 歸つたのは, 歸つて來ました, 殺されたの, 言ふ, 采配を, 驚いたの

2 [93件] いつもの, お喜代一人, お駒, こう言っ, ここへ, この報告, こんなこと, さう言つて來, さもしがる, すつかり, そつと, そんなこと, つれの, まだ坐り込む, トグロを, 一生懸命宥め, 三人の, 二の足を, 二人の, 二十六に対する, 人七化三と, 人三化七と, 來た, 來て, 先に, 先鋒ぢや, 入ると, 入口に, 出動する, 刀を, 去ると, 召し捕りに, 呶鳴り込ん, 囁くの, 報告し, 報告に, 多勢の, 宗七を, 居たらさぞ, 岳だ, 岳では, 差出した提灯, 平次と, 店の, 引揚げ, 待って, 後から, 念入りに, 所在も, 手一杯に, 手代久吉を, 持前の, 旅籠町の, 最後の, 朝の, 案内し, 横山町へ, 歸つて來た, 水を, 注意する, 湯島から, 片瀬から, 物も, 物眞似, 病気の, 目隠しを, 眼の, 穴の, 立つて, 答えた, 精一杯の, 絵解きを, 縋いて, 背中一パイの, 腹を, 自棄に, 袖を, 見馴れた種類, 訊いた, 訊いたこと, 説明した, 進んで, 遠くの, 鍋町の, 長い顎, 長ん, 階子の, 頑張り一方, 顏を, 飛び込んで, 飛出します, 首を, 馬鹿な

1 [496件] あった, あつた, あまり仲よく話し込む, あり得貞屯悔豫皆八也, あわただしげ, いい災難, いうには, いう通り金座, いかものを, いきり立つの, いくら眼顏, いったい何, いったよう, いつたやう, いる, いること, うさん臭い鼻, うたいながら, おかんむり, お乳, お余乃, お君, お富, お迎えに, お邪魔, かう言つた言葉, かう言つて平次, かく斬りさげられた, がっかりし, くすねた浅黄, くすねた淺黄, こう切り出した, こう言う, こう言った, こう訊ねる, ここでは, ことばを, この判じ物, この堂内, この思想, この眼, こんなこと言, こんな分りきった, さう言, さう言つて, さしたあ, さもしい旅, しっかりと, しぶい声, しゃりしゃりと, すぐに, そこの, そこへ, そこらを, そっとそれ, その使, その報告, その客分, それから, それでは私, それほど気, それほど氣, それを, そんな悪い, たまり兼ねて, ちょうどいい, ちらりと格, つきとめて, つくづくそんな, つまらねえと, つれて, つ二十七日, とたんに口, とりだした一枚, どうかしやしない, どうやらこうやら, どのよう, どんぶりを, のしかかって, ひとたび将軍直々, ひどく雷, ひょいとまじめ, ひょこんと, ひろげようと, びくッ, ほじくると, ほっとした, ぼんやりし, ぼんやりと, ぼんやり帰っ, ぼんやり歸つて來, まず去り, まぜ返すと, また何, また無駄, まだ少し早い, まだ鼻毛, もうひと, もう少し上手, やったよう, やって来たの, やつた, ようやく起きた, わめくの, ゐて, アスペラガスの, ダメを, チョイチョイかまを, ドンブリ, ヘトヘトにな, ボロボロと, ムキになつて, ムッと, モデルであった, ワッと, 一と, 一人の, 一喝した, 一寸眼, 一杯, 一案を, 一番先に, 丁度い, 三味線を, 三百六十何本も, 下から, 下手人の, 不平らしく, 中村伝五郎であった, 乗り出したの, 乘り出した, 乘出し, 事も, 二丁の, 五日前に, 亡くなつた主人市十郎, 交つて居ない, 交る, 人殺しに, 今夜この, 今更打明ける, 他所から, 付いて, 付添って, 代つて棺, 代らなかつたらどう, 仰天し, 伊勢へ, 何う, 何か, 何時までも, 來さうな, 借りて, 傍から, 兄妹でない, 先ず顔, 先づ口, 内へ, 冗談の, 出かけて, 出かけようと, 出れば, 別に取りだした, 到るところ, 剃刀の, 加わったこと, 勢に, 十手で, 午吉を, 半日眺め, 半死半生の, 博奕を, 印可の, 危うくひっくり返り, 危ふく引くり返り, 危ふく破, 取なし, 取りなし顏, 取りなし顔, 右側の, 吉三郎に, 名古屋を, 向うへ, 吹聽した, 呑込み兼ねる, 呟くと, 唸ったの, 唸つたの, 嘘を, 嘲けると, 土蜘蛛を, 坐って, 堂の前を, 報告した, 塀際を, 夕旅籠の, 夕顔の, 大いそぎ, 大声で, 大徳屋へ, 大股で, 大音声, 大音聲と, 天神樣へ, 女狂ひ, 妹娘の, 寺島まで, 小日向臺の, 小格子, 小用に, 小石川で, 少し取りのぼせた, 尾い, 尾鰭を, 居た部屋, 居ねえよう, 居りますから, 山の, 山谷へ, 岳であろう, 岳は, 岳を, 左手の, 差して, 帰ったの, 帰っての, 帰りかけると, 帰りがけには, 帰りに, 平次を, 店二階から, 庚申山で, 庚申山に, 庭へ, 引添って, 引添つて動かしません, 張合い抜けする, 当家に, 彦太郎が, 彼女を, 後で平次, 得体の, 心ばかりの, 心得て, 心魂籠めて, 思いついて, 思い出したよう, 思い出して, 思い出し笑い, 思はず斯, 思はず頓狂, 思ひの, 思ひ出したやう, 思ひ出し笑, 思わず睡眠ん, 恋しくなっ, 恩に, 悶絶し, 慰め居りますと, 懲り性, 或いは幸い, 或る, 戸を, 戸締りに, 戸締を, 戻って, 扉を, 手ンぼうの, 手伝いに, 手傳ひ, 手燭に, 拍子木を, 招き猫の, 持って, 持つて, 指さしたの, 指しました, 振り返ると, 挿して, 掌の, 掘り出した刃物, 提灯を, 支度し, 斯う切り出した, 斯んな, 新しい情報, 旋風を, 日頃の, 早く召し捕られた, 早朝に, 早朝より, 昔語り頸筋元から, 晴信の, 最も感心, 最高で, 有頂天で, 朝早く, 木履の, 末広がりで, 本気に, 本郷お, 村に, 来るはず, 杯の, 東海道を, 東海道中膝栗毛なんぞと, 東海道膝栗毛という, 板塀を, 案内した, 案内に, 桶屋の, 梅の, 榮螺の, 横から, 横槍を, 横町の, 橋廊下の, 檜物町へ, 歌の, 此作の, 死に際に, 残ったり, 残らず真相, 殿を, 毒菓子の, 毛氈を, 沼泥だらけに, 泊って, 泊つ, 洗錬され, 浪人の, 潮來から, 為すこと, 無事か, 煙草入れの, 熊と, 熱の, 物真似栄喜が, 物置から, 独言の, 猛然として, 猿と, 獨りじれ, 珍らしく, 現場へ, 生れた, 生不動, 申しました, 申しますので, 申し上げたいこと, 男だ, 発見しました, 皆んな繼ぐことになつてゐたのか, 目隱し, 目隱を, 盲鬼の, 真, 真冬, 眼で, 神田の, 秩父颪と, 空つ, 突っ立っ, 突然, 突然癲癇発作, 立ちお, 立って, 立去ると, 筋肉を, 糸を, 紅に, 紅葉山から, 納屋の, 組付いて, 綱から, 綱が, 総領息子に, 繪解き, 繪解を, 群がる彌次馬, 群がる野次馬, 羽を, 羽織見番へ, 考えても, 聞いた噂, 聞き噛つた, 聞き齧った鏖殺, 聽か, 脱走者として, 腰かけて, 腰を, 腹の, 舌を, 船を, 芝麻布界隈を, 花ひらい, 花嫁を, 芳流閣の, 若い者, 苦い顔, 苫を, 茅町の, 茶碗を, 萬, 薬の, 蜆汁と, 蝕い込ん, 行きかけたとき, 行方不明に, 袂の, 袴の, 褒美に, 襟首を, 西洋史を, 要路へ, 見た飛石, 見て, 見付けて, 見兼ねましたゆえ, 見届けて, 見張りの, 覗いて, 覚束ない, 親分の, 覺束ない, 言うほどの, 言う通り, 言った, 言ったよう, 言った火箸, 言って, 言つた, 言つた火箸の, 言つて居た, 言ひ過ぎた, 言へる, 言続い, 訊くと, 訪問者へ, 誘うまま, 誘ふま, 調べ抜いたこと, 諜し合せ, 豪いと, 費ひ, 赧く, 越後屋へ, 踊るやう, 踏込むと, 蹲んで, 身をかは, 轉げ込ん, 近頃お, 返事を, 追いかけて, 追って来た, 送られた駕籠, 逃げ出したの, 通り過ぎたの, 遂に意, 醉つて寢た, 重い口, 重病だって, 野州の, 金を, 金五郎の, 鉄砲玉の, 銀の, 鐵砲玉の, 長い顏, 長い顔, 長屋中, 長屋中へ, 門に, 附添つて鎌倉町の, 階下へ, 障子に, 隠れて, 隱れ, 集めて, 電柱の, 面喰っ, 面喰つて取次いだ, 頭十七歳が, 顎を, 飛び出すと, 飛上がる, 飛出したこと, 飛出すと, 馬の, 駆けつけたの, 駈け込んだ, 鬼の, 鳥獣魚虫の, 黒幕らしう御座います, 龜澤町の

▼ 八~ (656, 1.2%)

13 の顔 6 の方, は, はもう 5 であった, という女, はお, は顔

4 [11件] が先, が言, と申す, なの, になっ, に折っ, の口, の姿, の言, の顏, 立つ雲

3 がすみ, と一緒, に別れ, の父親, の話, は又

2 [80件] が, がこれ, が不, が何と, が叩頭, が思切つて, が盗人, が美しく, が訪ね, さへも, であつ, であると, といふの, といふ妓, といふ順, とおこん, なる葉牡丹, には恁, にも語, に折りました, に抱きつい, に結ん, に起され, のこと, のさくら, のほう, の今日目, の小さな, の座敷, の桜, の眼, の締り, の肩, の見物人, の言葉, はその, はそれ, はそんな, はまだ, はもう全然, はやがて, はチラ, はツン, は云っ, は何となく, は別に, は叫んだ, は女猿廻し, は始終, は家, は少し, は後, は思はず, は手, は手招, は新一郎, は晴やか, は本郷館, は欣々, は決しかね, は深く, は源助さん, は父, は直ぐ, は肩, は自分, は言, は返事, もお, も喙, も新太郎, も目, を初め三人, を呼び起した, を敷き, を見た, を見る, を連れ, 干瀬, 次にお

1 [383件] あけくれ神仏, いとしさ, か, かお里, かきわけて, かさねて, から巻き上げた, から渡す, かネ, か苦労, がいい加減, がいう, がうすうす, がお, がさけんだ, がそこら, がたまたま, がって, がなけなし, がよく, が云, が互に何やら, が何で, が入っ, が其処, が子供, が寝返り, が寢, が帯, が心づくし, が来, が桔梗, が棚板, が横, が泣く, が湯, が無意識, が申年, が発した, が直したら, が眞, が知っ, が突っ伏し, が答えた, が羨望, が茂助, が菓子, が襖, が見知らぬ, が質, が赤い, が近代的, が金之助, が顔, くれないに, こそあの, さなら, さの, さ所からと, たちのぼる, たると, だ, だった, だとは, ちふん, ちゃんと俺, ちゃんと呼ぶ, ちやん, ちやんところ, であったから, である, であるか, でもとは日本, で花, で花束, といい, ということし十六, というの, というもの, という名前, という女房, という女郎, という娘, という年増女, という本家, という浪人者, という白痴, という美しい, という蛇使い, という風, といふ娘, とが揃っ, となんか, との姿, とはどんな, とは依然として, とは別れ別れ, とは新一郎, とは驚い, とも姉, と差し向かえる, と申しまし, と結婚, と言, と間違えたらしく, どうしてどうしてここ, どの, などがいよう, などよりは遙, なりけり, にかかはる, にかさね, にし, にしばりあげた, にその, にて候, にとってはよい, にとっては心配, にとって命, になった, になにひとつ, になります, には郵便局, にまで持たれ, にもいりくん, にも山, にも打ち明け, にも曲げ, にも解る, にも逢った, に似, に剥ぎとられ, に吊れる, に向, に子供, に対しても美保子, に対するもの, に対する思慕, に小声, に引, に打ち, に投げつけ, に折り曲げ, に済まぬ, に渡した, に濟, に私達, に立っ, に継がせ, に縫う, に自分, に訊ねる, に誘はれ, に諸井看護婦, に貞節, に送らせ, に道, に違い, に遣う, に重る, に驚かす, のため, のどちら, のもの, のやつ, の処, の前借, の危難, の受難, の名, の命, の唐衣, の婿どん誰, の媚, の容貌, の山, の帳, の手, の文字, の椿, の様子, の櫻, の死骸, の気持, の求め, の汐, の汐路, の潮路, の父, の現在, の生死, の発起, の發起, の白い, の皺, の笑顔, の経歴, の縁談, の縄, の美しい, の耳, の胎児, の胸, の腹, の花びら, の花房, の蒼白, の裸体, の足許, の身代金, の轡, の遅, の鍵, の雛菊, の雲路, の首, の馬車, の驚き, の高等小学校卒業, の魂, はあちこち, はい, はいつ, はいふ, はいる, はうしろ, はおかしく, はお前, はくすくす, はこう, はすこし, はすっかり, はそう, はとうとう, ははじめ, はびっくり, はふるえ, はほとんど, はやく来ねえ, はわあ, はインテリ, はシヤツ, はツイ, はニッコリ, はホッ, は丈八郎, は不, は二十, は二階, は五年振り, は今, は今市, は仕事場, は兎角, は其奥様, は其奧樣, は再, は切れ長, は前, は口, は叱る, は四十六, は奪う, は家出, は峰吉, は座敷牢, は弁護士, は彼, は思わず, は急, は息, は悲鳴, は投げ入れ, は既に, は日, は昨日国府台, は時々, は案外, は此反対, は此反對, は河原, は派手, は溜息, は点頭き, は特別, は疎か, は癆咳病, は真っ, は突っ, は突っ伏し, は答え, は美しかっ, は聞き澄ました, は背後, は腹, は草加, は荏原屋敷, は落ちた, は見当, は見極め, は見違える, は親身, は言った, は身体, は身體, は軽く, は輕, は酒, は闇祭り見物, は雨, は顎十郎, は顏, は顔容, は飛加藤, は驚い, は驚き, は鼻, へ, への恋慕, へ云った, へ極, へ走り, もあの, もいささか, もそう, もその, もつづい, もどんな, もよく, も初めて, も新一郎, も漁場, も着物, も矢張気, も矢張氣, や万之助, や美保子, よりは遙, よりも一層, より聞き, らしい女, わが書斎, を, をおれ, をかさね, をたずねた, をつれ, をにらむ, をひっ張っ, をよん, をヒヤカシ, を其上, を助け, を助け出し, を口説いた, を呼んだ, を嘗める, を奪っ, を妻, を庸三, を彼, を急がせ, を愛し, を打ち, を抱え, を敷きし, を松浦頼母, を残す, を波, を置き去り, を自分, を迎, を長火鉢, 去つて, 咲かずば, 散りしける山ざくら, 散りしける山桜, 次に向, 次に藝者, 次に逢, 申しけるは, 立つ霧, 縛められて

▼ 八~ (630, 1.2%)

23 なつた 17 なる娘 16 なって 5 なったばかりの, なる 4 しては, なったばかり, なります, なるお, 云った, 取つて, 向かって, 命じて, 渡して, 鮫六

3 [12件] して, せがまれて, なった, なつたばかり, なりました, なりますが, なるの, 對する, 手傳はせ, 持たせて, 盃を, 酌を

2 [50件] こんな調子, してやられました, なったの, なりましょう, なりますよ, なるが, なる今日, なる伯母, なる娘さん, なる男, なる男の子, なる筈, 与えた, 云いつけて, 任せて, 似た馬面, 出で, 別れると, 半日も, 反抗した, 唯一くるま, 委ねるの, 押し戻されたほど, 持たせるの, 挨拶しました, 掘出させたの, 提灯の, 斯う, 案内され, 水を, 渡しました, 眼くばせし, 眼配せしました, 眼配せする, 突飛ばされると, 竜を, 見える老けた所, 見える面長, 見せて, 見とがめられたと, 言い付けて, 言ひ付け, 訊ねました, 誘ひ出されて, 跟けさした, 迎へ, 隙さえ, 雨戸を, 風呂場を, 鬼を

1 [388件] あたって, あとを, あの大身上, ありラテン譯, あるよう, ある山上憶良, あんな嫁, いいの, いつでも, いづるグイード・グエルラ, いづる天使, いろ, いわく昔波羅奈国の, うしろから, おなりなされた, おなりに, おなりやす, おびき出されて, お城仕事, お豐, お通, かう言, かう話して, きめ付けられて, こう言われる, このまま, この呪, この王, こんな事, さ, さうまで, ささやいた, させようか, させると, さんざん罵倒, したたかブン殴られる, しちゃ, しちや, しても, すがりついた, すすめた, そうしろ, そう言われる, その伝, たのんで, ちがいない, ちの巳の, ちょっと来い, つき出して, つまらねえこと, とびつき避けようと, なったお, なったか, なったという, なったところ, なったので, なったばかしの, なったばかりよ, なったばっかり, なったら大阪, なった今日, なった妹, なった娘, なった時, なってから, なっても, なってや, なりたいわね, なりましたから, なりましたが, なりましたとき, なりまして, なりますまだ, なりますもの, なります指物屋, なります繊弱, なりもやせん身, なりやっとこれから, なり二百五十六, なり女学校, なり未だ, なるえい子の, なるお次, なるお萩, なるせむし, なるだらうと, なるでしょうね, なると, なるといふ, なるまで, なるまでには, なるまでの, なるらしい彼女, なるミコ, なる一人娘, なる一人息子, なる下女, なる中学生, なる人, なる保嗣, なる倅, なる先妻, なる八郎兵衞, なる同, なる女の子, なる女中, なる姉娘, なる娘分, なる富士子, なる小柄, なる心配, なる息子, なる新造, なる未亡人, なる村, なる極, なる滅法, なる病身, なる私, なる綺麗, なる腰元, なる良い若い, なる若, なる行徳, なる評判者, なる迄, なる達者, なる長子, なる長男, なれば, なろうかしら, はぐれて, ひきずられて, みえるめくら縞, みえる痩せた男, むかって, めくば, もたれかかって, や, やったらどう, よろしく云っ, わかれて, イタワリを, ウェルギリウスの, グイと, ササユリの, ジロリと, ダンテ自らキリスト教の, ネグラを, 一俵二十五文にて, 三代続い, 三十八では, 下女が, 不実だ, 不覚の, 世話を, 主の, 予言を, 二十二足す, 二千兩の, 云ったこと, 云って, 交渉し, 会ったの, 似たり, 何か, 何やら囁い, 供が, 俗説に, 先鞭を, 其の方, 凭れかかるよう, 出づる頌詠, 出て, 出会うたらこの, 出來, 出逢ったので, 出遇, 別れた, 別れて, 十七に, 十七の, 取って, 口説かれるまでも, 合図を, 合圖を, 向き直って, 吹き込んだの, 唯一くるま来, 問ひかけました, 問ひかける, 囁いた, 囁くの, 地代を, 執っては, 堅く云い聞かせ, 報告せられ, 増加した, 売りつけたやう, 売りつけたよう, 家出を, 密貿易の, 小林千代子も, 少し訊い, 尾い, 居るべき大切, 左の, 差出させ馴れた順序, 幾らかの, 引き摺られて, 引出させて, 引立てられて, 引立てられると, 引逢は, 弱腰を, 強くひきつけられた, 彌次馬を, 当てさせた, 後から, 後を, 従いて, 御座ります, 惚れ込んで, 愛情を, 成ります家主, 成ると, 成るん, 成る哥鬱賢, 手と, 手を, 手伝わせて, 手傳つて貰つて三重に, 抱く友情, 指でも, 指図し, 指図を, 指圖を, 挨拶を, 掛けて, 推遣られ, 掴みか, 掴みかかりましたが, 揺り起こされて, 支えられながら, 敗れたの, 教えた, 教わった筋, 敵しがたく, 文句を, 斧九に, 日本刀と, 最も目, 本能的な, 格子の, 楯を, 次の, 次韻, 止められて, 武城縣志蓮花池在, 比べると, 気を, 氣づかれぬ, 泣かれちや, 注意し, 洗は, 洗わせた結果, 清吉を, 渡した, 渡し藩士たち, 渡す, 渡すとき, 滿たぬ, 灸を, 無厭足, 焦らされると, 猴神に, 王舎城の, 王趙方へ, 申しつけて, 申譯が, 留守を, 當て, 疑ひが, 白打, 目くばせしました, 目配せしました, 相成りますが, 相違ない, 眼で, 着せると, 祝言を, 種を, 稽古を, 突きつけた, 突きのめされるやう, 突きのめされるよう, 突当ったの, 突當つたのは, 立山の, 竜に, 童部の, 緋鹿子の, 縄付の, 罪は, 聞いたあの, 聞えた, 聞かせたの, 肩へ, 腕が, 膝枕を, 至つては, 至る少, 芝居若衆峰の, 茶の湯の, 茶を, 薄手を, 蛇が, 見えて, 見えますもの, 見える, 見える碧, 見える背, 見せました, 見せる時, 見て, 見ゆるソルデルロ, 見ゆれど, 見参, 見張らせて, 見覚えが, 言って, 言つて聽かせました, 言はせる, 言付けて, 訊いた, 訊いて, 訪れて, 話しかけなにか, 話して, 誘い出されて, 誘はれると, 誘われると, 説明し, 譲って, 負けた後, 責め苛まれて, 賜ると, 越すもの, 足の, 身上を, 追われ逃げ場, 退屈を, 送られて, 通じること, 逢う機会, 逢って, 逢つてあの, 逢つては, 逢ひました, 逢ふ, 連れられて, 過ぎざらんことを, 過ぎず一八〇一年, 過ぎなかったが, 達したから, 達し殆ど四倍強, 采女とは, 金を, 長生が, 関係が, 關係が, 雪女の, 面會を, 頬ずりを, 頬笑みかけ, 頷いてから, 頼むと, 顔を, 風呂敷を, 飛付かれた苦い, 飛込まれて, 食わせる, 飯の, 首つたけだし, 首根っこを, 髮長き, 黄帝書を, 齋を

▼ 八~ (545, 1.0%)

55 の座敷 54 の間 22 の室, の部屋 17 と六畳, の方 10 の居間 8 の一間 7 と四畳半 6 の書斎 4 の二間, の板の間, の真中 3 か十畳, と四畳, に六畳, に寝, のお座敷, の一室, の縁側, の隅

2 [28件] か六畳, であった, では, と三畳, と十畳, にいた, に入っ, に十人, に降り, のお, の中の間, の奥, の客間, の広間, の床の間, の座敷一体, の日本室, の日本間, の明るい, の書院, の茶の間, の高麗縁, ばかりの板張り, へ行っ, ほどの広, ほどの部屋, 敷きの, 敷き位

1 [235件] い通, かの座敷, からすぐ, から二階, から出, から呼ぶ, から手水場, がいい, が一番, が一間, が主人, が京間, が今, が会員, が借り, が南, が啓介, が夫卯吉, が居間, が居間兼書斎, が病室, が翁, くらいの室, ぐらいだ, ぐらいで, ぐらいな広, ぐらいのところ, ぐらいの二, ぐらいの洞窟, それから黒びかりする縁側, だ, だか, だが, だった, つづきの, である, でお, でした, でしたが, ですから, ですが, でひどく, でやはり, でゆっくり, でわりあい, でスタンド, でトランプ, で七月七日, で九月, で何, で六畳, で多代子さん, で寝, で広々, で建具, で応じた, で教え, で机, で此, で窓, で給桑, で茶の間兼寝室, で見晴らし, で角火鉢, で計, で話しこん, で逢った, という小体, という間取り, とがつづいた, とがぶっこぬき, とで方形, とに分かれ, との二室, とをつなぐ, とをぶち, とを打ちぬい, と並ん, と六畳二, と六畳二室, と六畳二間続き, と台所, と四畳半二間, と次, と続いた, に, にお, にくつろい, にこの, にずっと, になり, には六人, には多く, には燭台, には籐椅子, には通り, にテーブル, に上がっ, に並んだ, に二つ机, に付いた, に六畳位, に四人, に四畳半, に坐つ, に坐り, に寝る, に居られない, に岩三郎, に床, に廻縁, に徹夜, に時雄, に毛氈, に氷嚢, に治療用, に流れ込む, に病床, に納, に絨毯, に脂下がっ, に臥, に行く, に行った, に銑太郎, に閉じ, の, のあつ, のうす暗い, のうち一畳半, のさっぱり, のなか, のひとり者, のふた間, のほか, のまんなか, のやう, のよう, のタタミ, の三間, の中, の二室, の二階, の何一つ装飾, の傍, の土庇, の天井, の家, の平凡, の座敷中央, の応接間兼食堂, の整理箪笥, の日本座敷, の机, の横, の洋室, の渠, の灯, の矮屋, の窓際, の納戸, の純, の結構, の縁さき, の縁近, の置床, の表座敷, の裏二階, の贅, の部屋いっぱい, の部屋一パイ, の間いっぱい, の間一パイ, の間位, の隣, の隣り, の電燈, の青い, は主人, は二番目, は壁, は日当り, は昼, は暗く, は本格的, は楕円形, は燈, は絵の具皿, ばかりな, ばかりの何, ばかりの室, ばかりの小綺麗, ばかりの広, ばかりの控え, ばかりの板の間, ばかりの風通し, ばかり板の間, ばかり油, ばかり畳, へ上がっ, へ出, へ坐らせた, へ戻る, へ手ばやく, へ行く, へ行った, へ調度, ほどだった, ほどな, ほどの和室, ほどの座敷, ほどの洋間, ほどの畳敷, ほどもあるでしょう, ほど敷い, もありましょう, も二階, も十畳, よりも七八寸位, よりも此処, をぶち, を二つ, を借りてる, を客間, を撰ん, を突っ切る, を見た, を通る, を隔て, 古い道具, 古畳, 吊蚊帳, 敷きくらいの, 敷きを, 程の小間

▼ 八~ (486, 0.9%)

7 はそう 6 と万吉 5 の方 4 とお, の家, の死, の眼 3 が, の好奇心, の姿, の後, の心, の顔, は, はその, は今

2 [24件] から恩, がある, がいった, がお, であった, である, の側, の前, の手, の横手, の身, はこう, はすぐ, はそれ, はつけ, はもう一度, はテレ, は其の, は初めて, は声, は故意, も一角, や常木鴻山, を見

1 [377件] かどちら, から受けた, から恋文, から授けられた, から聞い, かれは, がうわ, がかく早速, がそっと, がとつぜん, がなんとなく, がひざまずい, がスルスル, がホラブン, が一角, が中庭, が公卿, が再来, が初め, が半白, が参った, が吉良家, が大声, が好く, が媒妁, が息, が惣太, が或, が抱き起こし, が捕えられた, が死ん, が死亡, が殺られ, が気に入らなかった, が激しく, が無念, が疑惑, が着, が突如, が絶命, が續, が興味, が苦笑, が茂之助, が落選, が行きついた, が言う, が訊いた, が谷口家, が貝十郎, が近寄っ, が運, が道, が酒場, が金, が闇, が駆けつけ, が鬼, が麓, が黙っ, だという, だな, っ利右衛門, であるという, でご, です, ですら, で万吉, で懲り, とあれ, というお方, という天満浪人, という方, という清左衞門, という男, といふ浪人, とがしめやか, とが京阪, とが媾曳, とが相, とこの, とその, とは意外, とは犬猿, とは磯五, とは陣中, ともあろう, と一度, と一緒, と一色友衞, と云, と云う, と今一度, と努め, と同じ, と同座, と同腹, と妹, と孰, と春日, と甚兵衛, と申します, と申すで有ろう, と申人, と話, と顔, などと申す, などの暴れん, など出羽守側近, など気に入り, ならば, にお前, にはその, にはどこ, には上杉家, には受け取れ, にも劣らぬ, にも娘, にも頼ん, によって無意識, に今度, に会った, に位置, に出会ったら, に助けられる, に向かっ, に含ん, に宛て, に恩, に感謝, に持つ, に援, に贈ろう, に逢, のいった, のこと, のさき, のため, のどこ, のもと, の伝書鳩, の佩刀, の傍, の兄妹, の先, の冤罪, の刀, の危難, の叫び, の名, の命, の喉, の如き, の妹, の姓, の実家, の家系, の希望, の師弟, の弁舌, の後ろ, の意志, の手柄, の手痛い, の書屋, の書置き, の死骸, の留守, の皺, の眸, の端坐, の紙魚亭主人, の絶叫, の耳, の脇差, の行きつかない, の行きつく, の行動, の袖, の言った, の言語, の計, の訓戒, の評, の調理, の身許, の通る, の頭脳, の顔色, の養女, の駕, の駕一つ, はいま枯菅, はいろいろ, はお, はおそらく, はくちびる, はこういう, はさすが, はすみやか, はたいてい, はたった, はちょっと, はとうてい, はと見る, はなお, はなんとも, はひとまず, はびっくり, はほっと, はやはり, はわが子, はキリキリ, はツイ口, は一日, は万吉, は不思議, は不思議そう, は云っ, は云った, は今日, は会場, は何, は何気なく, は余, は例, は側, は兎, は全く, は六十歳位, は再び, は動かなかった, は去年, は可哀そう, は叱った, は同じ, は同名, は吐き出す, は否や, は含蓄, は呟いた, は呻いた, は嘆息, は居去り, は屋根, は平気, は弟子, は後, は怖, は思い付い, は憎悪, は憎悪そのもの, は懶, は手, は抜き身, は指折り, は挑みかけた, は振り返っ, は敵, は日吉, は早速, は晴々, は暗然, は楽しまなかった, は次々, は武家, は激越, は無事息災, は物静か, は留守, は疑惑, は病身, は盲目的, は真正面, は眼, は磊落, は秘蔵, は竹林派, は米沢城, は細く, は組みつい, は縁側, は背後, は腰, は自, は自分, は苦笑, は虚偽, は覚書, は説明, は走っ, は起ち, は道有, は鉄, は阿波屋敷, は阿部家, は隣家, は雁皮紙, は静か, は面白, は額, は顔, は飲酒中, は驚き, は驢馬仮面, は鳩, へ, へいくら, へお, へは, へは話, へは貴公たち, へ下さる, へ折り重なっ, へ気脈, へ直に, へ訊いた, ほどな, まで八人, もいい, もきっと, もぎょ, もこの, もさらに, もすぐ, ももどった, も万吉, も今, も同じ, も嘆くでない, も妾, も差迫っ, も眉, も眼, も見, も言わなけれ, も話, や源内, をおい, をかなり, をここ, をし, をその, をつかまへ, をはじめ, を一矢, を中心, を入れた, を八方, を危難, を呼ん, を呼出し, を導いた, を引ぱたいた瞬間, を引ッ, を打ち, を指, を挾ん, を救い出せる, を救う, を暗, を相手, を督励, を血祭り, を襲う, を見る, を見付け, を見出し, を見失っ, を讀ん, を送っ, を送り届けた, を顧み, を顧みる, 取れ, 見るま, 青白い顔

▼ 八~ (480, 0.9%)

16 伴れ 14 促して 12 つれて 10 見た 8 殺したの, 連れて, 顧みました 6 案内に, 相手に, 頭に 5 尻目に, 眼で, 顧みて 4 さし招くと, して, 先に, 振り返りました, 目で, 見て 3 叱り飛ばして, 呼んで, 迎えました, 迎へ

2 [39件] からかいながらも, 中二階へ, 介抱した, 促し立て, 促し立てて, 出して, 助け起して, 叱り飛ばした平次, 呼びに, 呼びました, 土手の, 始め二人, 宥めるよう, 居睡りから, 平次と, 怨むの, 投げ飛ばしたの, 担がせる手, 掛けた丹前, 掻き退けるよう, 案内し, 溝へ, 火事場の, 用心棒に, 睨み据, 睨み据えます, 自分の, 見まもった, 見やりました, 見ると, 見張りに, 覚えて, 責めました, 越してから, 追っ立てるよう, 追及します, 門弟達の, 附けて, 飛ばして

1 [257件] あえて追おう, あごで, あしらう時, いきなり打ちすえた, うしろに, うんと脅かし, おびき出して, おびき寄せる餌, おびやかすよう, かえりみた, かかえたまま, かきのけて, かき退けるやう, かき退けるよう, かける, かしいとは, かしらに, かしらの, かばって, からかって, きめこン, さげすんで, しよつ引いて, すぐ敵, すっかり征服, そつと, その上, たしなめて, つけて, とる, どんなに一生懸命, どんなに一生懸命押, なおす, ながし眼, ののしって, はじめ身内の, ひきずって, ひきよせた, ひやかして, ふり放して, ふんわりと, みつめおろおろ, みつめた, みつめながら, もう一度お, やった目的, やって, やらせること, ゆすった, ツヤ君ここへ, ハッタと, 一人残し, 一本立に, 一番の, 一番先に, 上下する, 下僕と, 下僕の, 中里君は, 主人公に, 乗じて, 二分し, 介抱する, 付けて, 仰天させました, 伏せて, 何藩かの, 使いに, 促しいずれ, 促しいづれ稽古, 促します, 促し立て乍ら, 促し道, 信用し, 先導に, 内証で, 出ると, 初め家婢下男共は, 初め腹心の, 別間へ, 制した, 前において, 前後から, 加えて, 加へて, 助けたの, 包み彼女, 包んだ, 参照すべきである, 受取った男, 口説いたの, 口説いたん, 召され富士司, 叱つて, 呼びよせた, 呼び出して, 呼ぶよう, 呼んだ, 呼出して, 呼出し何やら, 呼止めました, 四倍します, 四疊半に, 売って, 奥へ, 始めた者, 始め四五人の, 始め奉公人達の, 娶合せること, 害める, 寒い闇, 射殺し給う, 尋ねること, 小山内家の, 小突きたて, 少しばかり, 山小屋に, 年三十八と, 座敷へ, 引っ担いで, 引つ擔, 引出し傍, 引見した, 従えた銭形平次, 従えて, 從へ, 思いうかべること, 思い起こして, 悩ましければ, 手なず, 手伝わせて, 手傳はせ, 打つよう, 払い退けて, 払い退けるよう, 折伏し, 抱きしめ頬ずり, 押えたまま, 押えて, 押しのける樣, 押し倒して, 押し戻すよう, 押し隔てるよう, 押へて, 担ぎあげました, 拉して, 招くと, 振り返ります, 掛けて, 掻き退けるやう, 撫めて, 救うこと, 散々に, 早飛脚は, 景気付けました, 景氣付けました, 更に内, 柳の, 案内者につれて, 極めるにゃ, 欺いて, 止めます, 此處へ, 殘し, 殴りも, 殺したんで, 殺した下手人, 殺した原因, 殺して, 殺し彌太郎, 殺す動機, 殺す氣, 殺害した, 殿の, 毆り, 無視し, 無遠慮に, 犇と, 犯して, 甘く見, 目掛けて, 目的に, 目顏で, 眺めると, 督励し, 督勵し, 睨みます, 睨め廻しながら, 睨め廻し乍ら, 知りて, 稽古させ, 突きのけて, 突き出して, 立たせた平次, 組みしき刺子, 縛らないか, 罪に, 脅かした様子, 脅かした樣子, 舞わして, 若い手先, 草し, 虫の, 蟲の, 表へ, 表向きに, 裏の, 襲うが, 見かけた事, 見せに, 見てから, 見やり, 見ること, 見上げて, 見向きも, 見失った女ども, 見気, 訪ねて, 訪ね宇太八, 評して, 試験する, 試驗する, 詮議する, 認めだしたよう, 誘き出してから, 誘った, 語る, 語る程度, 説いて, 説きふせるまでは, 誰が, 警戒す, 象り, 貴様ら如き, 起こしたとき, 迎えるよう, 迎へる, 追いまわして, 追っ払おうと, 追つ, 追つ立てる, 通り二十七日以後, 遮り指, 邪推に, 長として, 長火鉢の, 除いて, 静かに, 面喰は, 面喰わせた, 鞭撻し, 顧て, 顧みました銭形, 顧みました錢形, 騙した弱み, 鯨幕越しに, 鶚に

▼ 八~ (476, 0.9%)

33 の娘 12 になる 8 の美しい, の若い 7 に見える, の原稿, の青年 6 の仕事, の頃 5 の, の女, の時 4 であろうか, のころ, の男, の色

3 [14件] か, であった, にしか見えない, にもなりましょう, のこれ, の可愛らしい, の婦人, の小柄, の少女, の時分, の綺麗, の色白, の若, を復活

2 [32件] から二十歳, か三十, だと, である, ですか, でもあろう, で色, にし, になりましょう, にもなっ, にもなる, に成る, のとき, の事, の侍, の子供, の小, の少年, の幼, の旅姿, の時分親爺, の月, の武家風, の火箸, の美女, の色子, の若者, の賢, の間取り, は合, は失敗, 第一集

1 [245件] いるだろうと, おけかかめ, かと思われる, かなり良い, から二十一, から二十二三, か精, か色, が, がある, が出来たら, くらいかも知れません, くらいであっ, ぐらいな, ぐらいにしか見えない, ぐらいにしか見えなかった, ぐらいに見える, ぐらいの可愛らしい, ぐらいの女中, ぐらいの小綺麗, ぐらいの若い, この指, それでご, だろう成るほど, だろう肥えて, で, であった総領, でありましょうか, でありませうか, であり十二分の一, であろう, でこの, でこれ, でしたかしら, でしょう, です, でせう, でちょっと, でなければ, でまだ, でもう, でラムネ, で二十歳, で人品, で女, で嫁入り, で狂い出した, で眼元, で紅顔, で綺麗, で縹緻, で面長, という, という女, という若い, といえ, とか二十二, としか思われぬ, とも見える, と三カ月, と五回, と又, と四十がらみ, と増加, と最高, と見える, と言いたい, どうかしたら, などが普通, なの, なんて正確, にしかならぬ, になったろう, にはなっ, には充分, にもなるでしょう, にもなるでせう, にもなろう, によつて酒代, に居る, に見えます, のうち, のお, のかすり, のこと, のしとやか, のすばらしい, のそれ, のでっぷり, のどこ, のなよ, のやや, のよう, のハイカラ, のポチャ, のポチヤポチヤ, の一人, の一寸澁皮, の丈, の三カ月, の三ヵ月, の三ヶ月間, の三月, の両日, の乙女, の五ヶ月, の人品, の倅, の別品, の前髪立, の十手, の原稿整理, の和服, の四ヵ月, の回答, の大家, の娘たち, の家庭, の小ぎれい, の年ごろ, の年増, の年配, の庇髪, の引つ, の愛嬌, の振袖, の時兄様, の時嫁, の束髪, の武家, の水, の洋服, の淋しい, の淑やか, の無分別, の田舍娘, の町娘, の痩せさらばえた, の癖, の発送準備, の目鼻立, の眼, の立派, の竹, の素晴らしい, の結綿, の絵, の美人, の美少年, の聲, の芸者, の若々しい, の若い衆, の若僧, の若武者, の蒼ざめた娘, の見馴れない, の赤ら顏紫め, の趣意書, の軍曹, の農家, の銀杏返し前垂掛け, の顔, の高島田, はかならず, はむずかしい, はガッ, はメシ, は一座, は主人公, は事, は事実, は人間, は先ず, は各々, は子規子, は必ず, は成就, は戦死, は根治, は死ぬ, は秘すです, は虚言談, は適中, ばかりで, ばかりに成ろう, ばかりの小柄, ばかりの書生風, ばかりの略人, ばかりの色白, まず, まだ三十, まだ若く, までお, までが灯, までが美人画, までこの, までその, までそんな, までともかく, までと彼, までにおおよそ, までのこと, までのところ, までの数年, までの歌, まではこの, までは分っ, までは少し, までは成上り, までは我国, までは私, までは誰, までは難しい, まで世道人心, まで世間, まで來, まで信玄, まで完成, まで実に, まで巌流, まで男子, まで破れた, まで誹謗, もう觀念, やがて四十年輩, わが方, をかぢ, をだし, を出し, を占め, を復活刊行, を描く, を癒した, を発刊, を発送, を綴ぢ, を頭, 乃至二十位, 取り返して, 少し瘠, 第二回発送, 第六集, 迄は私, 迄毎日

▼ 八~ (453, 0.8%)

37 一緒に 15 いふに 7 いふの 6 二人で, 顔を 5 いえば, 申す者, 鮫六は 4 いふところ, なって, 三好屋の, 別れて, 重吉は, 雲哲は 3 いって, それに, 云ふ, 利助の, 名乗って, 申します

2 [37件] ある, いい後, いう, いうんで, お糸, その背中, それに源吉, なるうち, なるであろう, 三人で, 中間を, 二人の, 二人遠, 五人の, 仁助と, 今津源太夫の, 伊三松は, 内儀と, 呼んで, 喜三郎は, 娘の, 幇間の, 平次は, 平次配下の, 幾つも, 手分けし, 木戸番の, 松吉を, 清次郎が, 甚助とだけが, 番頭の, 菊松に, 言つても, 重吉の, 重吉を, 顏を, 養子の

1 [251件] 〇・一四六である, 〇・八蛇遣い星座の, あとから, ありましたこと, あるもの, いいますので, いい味方, いうても, いう如き高い, いかに際立った, いっしょかも, いっしょに, いっても, いふのに, いふん, いへば, いわれて, うしやうは, うたわれたと, おいらが, おなん, おまさが, おみや, お前は, お君, お咲, お品さん, お嘉代, お篠, お菊, きょうも, こいて, こんどは, すると, するの直截簡明, すれば, す此, そのまた, その又, その四人, その女房, その子, その子波三郎, つけます, なかなかたっぷりした, ながめられた, なってるかな, なりすなわち, なりそして, なり墨家, なり換言, なり素子, なり花, なるわけ, まつ川の, よびこれ, わかつて, ルリ子が, 一時に, 万七を, 三カ月間五百円の, 三人神田から, 並べて, 中買勘造とに, 中間が, 久三郎の, 久兵衞を, 亀吉は, 事もなげに, 二人だけで, 二人で取, 二人丁子風呂へ, 二人小判捜し, 二十とで, 二十の, 云うが, 云うので, 云う奴, 云う実際, 云う極, 云う爺さん, 云う秋谷在, 云う綽名, 云う老妓, 云う者, 云えば, 云つた, 云ふも, 云花草を, 五六人の, 五十二三, 五年の, 人氣を, 今を, 今吉を, 仲の, 仲間が, 仲間を, 会ったの, 会って, 伴れ立たね, 佐吉, 佐吉が, 佐吉は, 來ては, 儀八の, 光三とは, 入れ換, 入れ替つたこと, 全く同じ, 六兵衛を, 六兵衞を, 出会った, 分って, 別れたくない新八, 別れると, 十一, 十一と, 十一八と, 十六だ, 十六でも, 十六の, 同商売, 同座し, 名乗ったあの, 名乗ったものの, 名付ける可愛らしい, 呼ばれた百姓男, 呼ばれた舟尾, 和泉屋次郎吉, 喜八兄哥は, 四つある, 四女の, 太助に, 太助は, 太田の, 女に, 女は, 女房の, 娶合せて, 富藏は, 富藏を, 寺田を, 小僧を, 小六は, 小林平八郎の, 山を, 差し向い, 差し向かい, 差し向ひで, 平次と, 平次に, 平次の, 幸次郎が, 幸次郎とが, 廊下で, 張り合って, 張り合つてゐる, 御記憶, 思えば, 思える洋装, 手わけを, 手分けを, 手拭か, 投げ槍, 折助は, 抱き合って, 捕方三人を, 改名か, 改竄する, 斯う, 新兵衛, 明記し, 書いた, 書いたら大変, 書いて, 朱実の, 来ては, 松吉が, 松吉は, 案内者は, 権十だった, 殆全く, 比べて, 法印無道軒は, 波三郎だけ, 波三郎は, 源吉が, 源太夫は, 瀧五郎に, 烈しい立ち廻り, 爺さんと, 物頭の, 玄心斎が, 申しますなにぶん, 申します樽買い, 申しやすが, 申し此, 申す, 申すもの, 申す人形師, 申す奴, 申す芸人, 異名で, 當人の, 目付二人は, 相談し, 知つて居る, 知れた, 称したから, 称す, 立ち廻り, 第一日目, 糸屋とが, 経ちました, 結婚いたし, 聞いただけ, 聞いて, 肩を, 自分とでは, 與助は, 萬七を, 見えしは, 見えたが, 見えても, 覚しいその, 解して, 言って, 言っても, 言はれ, 言はれる, 言へば, 許婚といふ, 註し, 説いて, 謀し合せ, 貫兵衞は, 身なりまで, 身を, 途中から, 通称の, 逢うとき, 逢痴の, 違って, 郡藏は, 采女は, 金山の, 鉢合せを, 錦太郎は, 長屋の, 随分のばし

▼ 八~ (349, 0.6%)

6 さすがに 5 驚きました 4 妙に, 開いた口 3 しばらくは, それに, なか, 固唾を, 最初は, 黙って

2 [37件] あまりの, おどろいて, お冬, この曲者, つづいて, どんな目, もう二人, もう少し男, ツイそんな, ツイ見た, 一生懸命でした, 一緒に, 与次郎も, 伊三松も, 利助も, 吉原冠り, 周助の, 容易に, 引入れられて, 引揚げる, 心丈夫だ, 思わず息, 愕然と, 次第に呑み込みます, 死骸の, 滅多に, 眼を, 石原の, 立上がります, 笑った, 笹野新三郎も, 腕の, 膝小僧を, 足跡と, 顔を, 驚きましたが, 默つて了ひました

1 [238件] あまり神経, あらあ, うい, うなずいた, おとなしく小膝, お燕, お絹, お鈴, かう言ふよ, がっちりと, ぎょっとし, こう言う, こう言われる, この真っ, これからは, さすが驚きました, しいてとは, じっと職人, すこし考え, すこし警戒, すっかり健康, すっかり用心深く, すっかり脅かされ, その中, その儀, その座, その晩, それだけは, それとなく注意, それは, ただ聴, ちょうど江戸, つい役目, つきあいに, つくづくと, つけて, できるし, でしょう, でて, どうやら元気, なかなか深刻, なにかつま, はっと平常の, ぴたとそこの, ふとその, まじめな, またその, また幇間連, もう返答, やって, やって来ました, よくは, よく知っ, よく知つて, よく見窮め, ウンとも, キモを, タダならぬ, 一と, 一向知らない, 一学も, 一種の, 一脈の, 一見気オクレを, 下女の, 並んだ, 並んで, 久兵衞も, 云わざるを, 人智の, 人柄相応に, 人柄相應に, 今度の, 今晩ばかりは, 今更の, 佐吉も, 余興の, 余計な, 來い, 俺も, 傍から, 先刻そんな, 入るん, 八蔵へ, 其處までは, 典型的な, 再三辭退, 力ずくでは, 力づくで, 十左も, 十手を, 半七, 半年ばかり, 半端だ, 口が, 口を, 可愛い奴, 可愛らしいよ, 吉宗の, 同じ紙, 同感だった, 同時に眼, 同様で, 呆れました, 呆気に, 呆氣に, 唯呆然と眺める, 圧倒され, 外へ, 大きな鼻, 大たじ, 大分したり顔でした, 大分呑込みが, 大骨, 奧より, 好かった, 少しずつ, 少しづつ, 少しどうかし, 少しは, 少しばかり, 少しウンザリ, 少し不平さ, 少し不平そう, 少し極り, 少し驚きました, 帯同した, 年下だ, 年下の, 幾つかの, 度胆を, 度胸が, 座を, 廊下へ, 廻って, 引き込まれるとも, 引揚げ, 弱りましたが, 強いし, 後へ, 後ろへ, 思いうかべて, 思はず聲, 思はず顏, 思わずぞっとしました, 思わず固, 思わず顔, 怱々に, 憎いが, 懇ろに, 戯れ半分, 手の, 承服しない, 抱込まれたに, 拳固で, 拳固でし, 揃へる, 撲るなんて, 散々聽か, 文六も, 斬られ原士, 旅の, 日ごろの, 時々に, 暫らくは, 来て, 来る, 松太郎も, 根が, 案じて, 植付に, 歩いて, 歳下の, 毒気を, 毒氣を, 気づいたの, 水音に, 波三郎も, 満更でなかったらしい, 濟んだ, 点けてる電気, 無氣味, 無言で, 無言の, 狼狽した, 現はれ, 現われて, 用人小峰右内も, 留めやう, 留めようも, 疾く埒, 皆呼ん, 盗みの, 真剣だ, 真剣だった, 知らないで, 知らなかつたらしいの, 私も, 素姓が, 絵解きを, 繪解き, 聞定め, 聽い, 膝っ, 芸妓たちも, 薄々は, 薄っ, 見たこと, 見どころは, 見やう, 見よう見真似, 見張つた, 覗きました, 言つては, 負けては, 責め草臥れ, 走り込みやがて, 越えたであろう, 足を, 追いかけた, 追ん, 途方に, 道楽者である, 遣るし博奕宿, 酔って, 釣られたよう, 門下の, 顏を, 顔見知りの, 食った, 餘計な, 首を, 馴染だ, 高々と, 高慢らしく, 默つてこの, 默つて次を, 點け

▼ 八世紀~ (321, 0.6%)

12 の末 10 のフランス 6 のイギリス, の中頃, の半頃, の後半, の終り 5 の初め, の頃 4 になっ, のフランス唯物論 3 になる, に至つて, の中葉, の初頭, の小

2 [20件] になつて, に於, に於ける, に欧州, に至る, のアカデミイ画派, のイギリス文学, のドイツ, のフランス唯物論者, の中葉頃, の初頃, の古い, の唯物論, の大, の想像力, の末葉, の機械的唯物論, の置時計, の英国, の諷刺劇

1 [196件] からそう, から第, から聞こえた, がこの, ぐらいから絶えず, このかた自然科学, だったの, であるか, ですがね, ではありまする, では半, では漕刑場, でもなく, で當時, で百科全書編纂者, にある, にいたっ, においては雪, において科学, におけるフランス, における此, における農奴, にかけてのホッブズ以来, にかけてのヨーロッパ文学史, にかけての所謂, にかけての日本, にかけてもその, にかけて隨分ヨーロッパ, につくられた, になります, には今日頑固派, には生命蓋然率, には相当, には航海, には酸素, にも活動, にキリスト教, にシェークスピア, にジェスタス子爵, にバルレークール, にフランス, にフーリエその他, に入っ, に刊行, に及ん, に唱えられ, に天主教, に対する考証研究, に有名, に沢山, に當, に草案, に起った, に高雅, の, のあいだ, のある, のい, のなかば, のはじめ, のイタリー, のクラシック, のグラッブ・ストリート, のツォップフ, のフランス唯物論者達, のブルジョアジー台頭期, のメゾン風, のヨーロッパ, のラファイエット夫人, のロンドン, の中期以後, の中間, の事柄, の事業, の人たち, の仏国, の仏国植物学大家ジュシューいわく, の作者ディフォー, の個人的, の個人的自覚, の偉大, の偶像破壊運動, の優雅, の初め頃, の初年, の初期, の初頭以来, の前半, の前半中, の匂, の反動, の古, の叫び, の吐息, の哲学者, の哲学者たち, の啓蒙家, の啓蒙家たち, の啓蒙家カンペ, の啓蒙文学, の啓蒙時代, の啓蒙派, の夢, の奢侈品, の始め, の始め頃, の始め頃欧州, の婦人扇, の宮廷画家, の帆船, の建築, の後, の後半期以後急速, の怪物, の戦争, の手工, の才能, の持久戦争, の数学, の文化, の文学上, の文学史, の文芸, の昔, の時, の時代, の末ベルナルダン街, の末十年間, の末頃, の流行, の浮世絵, の火傷強盗, の煩雑軽薄, の燈明, の物, の生んだ, の用兵術, の監察官, の社会, の称賛者, の終, の終り頃, の終わり, の美術たる, の者, の而, の聖画, の英吉利文学, の英国文学, の英文学, の英文学研究, の西欧, の言葉, の貴族名媛及女優, の追慕者, の通俗小説, の開幕, の間, の頬白, の風俗画, の食通, はその, はともかく, はゴンクウル, は個人的, は個人的自覚, は光澤, は周知, は既に, は最も, は自由感想, は蒐集, は論ずる, へかけ, までの戦争, までの歴史的展望, までは, まではそこ, までは欧羅巴, まで続いた, もしくは十九世紀前半, や十九世紀, や又, よりももつともつと, より十九世紀, より千七百九十七年, をさす, をまだ, をもっ, を最下等, を睥睨, を経十九世紀仏蘭西ロマンチズム, を經, を通じて全く, を通じて唯一人天才, 経つた今日

▼ 八~ (268, 0.5%)

8 に近い 7 になる 5 に手 4 の坂, の賀, を越えた, を越し

3 [11件] にもなろう, のお, のちまた, の湊, の祝い, の老爺, の高齢, をとめ, を越した, を過ぎ, を過ぎた

2 [17件] うぢ河, しか無い, ちかい老人, ちかき爺, で共に, にし, になっ, になった, になつ, にもなっ, の兵, の祝, の老, の老人, の老翁, の衢, もあろう

1 [165件] あった, ありて, ありと, あると, うぢ, お出入り, からになつて, からになる, か九十, くらいになったら, ぐらいのじいさん, ぐらいのばあさん, ぐらいの老, こえた老人, じゃ, すぎて, っ八十一, つ船女, であったとの, であつ, であと二十, であらう, です, でもう, で亡くなりました, で妙詩, で底止, で御, で死んだ, で歿, といった, といふ語, といふ風, となっ, と七十, と國, と数, などと云う, にあまる, にお, にちかい, になったら, になつて, になつてしまつたの, になられました, になり, になりける, になりまする, になろう, になん, になんなんとする, にはならず, にもとどき, にもなった, にもなる, にも余ん, にも見えれ, にも近い, に余り, に及ん, に成っ, に相, に處, に近かっ, に近き, に近く成つて, のおじいさん, のお婆さん, のお年, のお爺さん, のみなと, のやう, のオジイサン, の事, の先, の寿, の島々, の島山, の島廻, の年, の彼女, の御子, の戦死体, の手習, の援軍, の春光, の柴, の梅干婆さん, の橋, の水門, の熊坂, の爺さま, の物, の神, の稽古日, の老女, の老婆, の老母, の街, の誕生日, の誕辰, の身空, の軍船彼等, の銃兵, の銅貨, の隠者, の騎兵, の齢, は海, は過ぎ, ばかりでした, ばかりになっ, ばかりになつ, ばかりになる, ばかりの婆さん, ばかりの座敷数, ばかりの隠居, ばかり打った, ほどで亡くなった, ほどひきつれ, まが, までこれから, までに成就, までの長寿, までは女, までもと, までも夫婦, までも生きつづける, まで生きた, まで生きます, まで生きる, まで行い, もあった, もあらう, もならび, も室, も生きる, や, や九十, をこえ, をこえた, をすぎた, をもって三, を上下, を加え, を含め, を幾年, を引具し, を必, を超え, を越え, を越えよう, を越える, 一方マイル, 助夫妻, 叩く流刑三千里, 大茂, 平瓮, 打った, 諸友来寿, 迄ある, 迄生き, 近いその, 近いの, 送行

▼ 八~ (232, 0.4%)

4 もあらう, もあろう 3 ある, から一尺, ぐらいある, のお, の仏像, の極めて, はあろう

2 [19件] あったと, あって, にしときませう, のところ, のもの, の勘弁勘次, の吹矢筒, の大, の大業物, の小太刀, の膳, の長, の青竹, の高, はあま, ばかりの小さな, もあり, もある, も出

1 [165件] あつた, ありや, あり根元, あるいは八分, あるの, ある像, いて, かな, からせいぜい, からの大男, から一尺位象牙, か九寸, がお, がとまりです, が八百, くらい, くらいな, くらいにした, くらいの胸部, ぐらいしか付い, ぐらいの白百合, ぐらいの脇差, ぐらいの角皿, それでよし, だから, だけ置く, であるが, でございますか, で止まった, で縦, という大, という小柄, という方, という雄偉, という鯛, といったよう, といふの, とかたま, となさい, との関係, なるもの等, にきまっ, にも育つ, に余る, に出来, に巻かせ, に擴大, に縮み, に育つ, に胸, に載っ, に過ぎず, に餘, のナイヤガラ, のノッポ, のヒョロ, の丁字, の丈, の三宝, の世にも, の仔鹿, の優形, の刀, の厚, の叩き, の土像, の大刀, の大型, の大男, の大脇指, の太竹, の如き, の寸法, の小女, の帛, の延鏡, の徳, の打, の新刀, の星形, の本, の朱鞘, の棹石, の深, の潜り戸, の玉子焼鍋, の男, の短, の短筒, の穴, の義枝, の薄刃, の虫齋村, の襦袢, の距離, の身の丈, の身體, の鍋, の鏡, の鯛焼, はあった, はあり, はあるでせう, はあるらしい, ばかりあり, ばかりそぎ, ばかりなる, ばかりのところ, ばかりのほのぐらい, ばかりの小脇差, ばかりの山女魚, ばかりの柄, ばかりの的, ばかりの紅白, ばかりの距離, ばかりの髢, ばかりの鯉, ばかりもあっ, ばかり周り, ばかり濡色, ばかり開い, ほどあります, ほどな丸, ほどのが沈ん, ほどの木, ほどの短い, ほどの短刀, ほどの脇差, ほどの薄刃, ほども高く, ほど人間, もあっ, もあった, もあったろう, もあつ, もありましたろう, もあるだらう, もあるべき, も一尺, も九寸, も延し, も積, も立っ, も街道, やがて四尺, より二尺余, を三歳鱚, を四寸, 余った長, 大きくなりました, 抜きかけたが, 書きかけた手紙, 深さ骨膜, 直焼無銘, 短い吹筒, 程の杉, 程開いた, 置きに, 長くした, 長さ一間, 長さ五尺, 開いた茲, 開かれたお座敷, 青き柄, 高さ一尺

▼ 八さん~ (215, 0.4%)

53 が賭場, とお, はそれ

2 [13件] あの女, お寄り, がどうか, が怖い, が言う, じゃねえ, てば, とか八兄哥, と一緒, のよう, の言, は可愛い, を誘つて

1 [175件] あの何, お信どの, お帰んなさい, お早, お晝, お歸, お飲み, かい, かいとこう, から全く, が, がお, がかへつて, がこの間立山, がこんな, が今日, が來, が可哀想ぢ, が可愛, が君, が年中, が往來, が往来, が此家, が答える, この人, こんな婆, しばらく見えなかった, じゃない, そこで方角, そんなにし, そんな危ない, で, でございます, でしたか, です, ですよ, でなくとも, でも, という方, といっ, といふ名, とかいふ御, とが歴史, ともあろう, と下, と云いあわし, と云っ, と仰し, と隠居さん, どうせ私, どうなす, なる夫婦, なる菅谷君, に, にお, にでも惚れ, にはお談義, には二つ, にまで御苦労, にやっ, に似, に何だか, に囁い, に惚れない, に添, に添わし, に熊さん, に申しました, に發句, に聞い, のお, のおかみさん, のお蔭, のお願い, のくわん, のこと, のす, のせい, のせゐに, のその, のところ, のほう, のやく, のオカミサン, の一家, の云いがかり, の代, の出, の前, の国, の居所, の工場, の恐ろしい, の所, の方, の登場, の細君, の肉体, の行方, の言う, の言葉, の許嫁, の許嫁ぢ, の話, の顏, はあの, はあれ, はお, はくわん, はその, はそんな, はつ, はてんで, はとくい, はとても, はなかなか, はひどい, はびつくり, はびやうきがなほつて, はもう, はワッ, は三階, は亡びない, は候補者中, は十手, は商人, は国, は夕方為事, は大, は安心, は思ひました, は時々, は暢氣者, は町, は自分, は赤ん坊, は電気, は顔, も, もうち, もかん, もきかぬ, も両方, も二人, も京一さん, も四階, も東京, も行かない, も誘っ, も首, や熊さん, を, をかいていら, をたたきおとし, を世話, を何, を冷かし, を悩ます, を斬り, を登場, を知っ, を騙し, 何とか云っ, 在らっしゃる, 在らつし, 大きに御苦労, 大層早い, 御苦勞樣, 明だるじゃ, 注いで, 行きましょう, 誠にお, 誠に恥入った, 騙されちや

▼ 八~ (214, 0.4%)

29 裂きに 10 になる, の頃 8 の年 5 のころ, の鐘 3 から七ツ, になっ, の女の子, の時, 裂きにも 2 から八ツ半, か九ツ, の少年, の男の子, までなる, も年下, も貪り, 羽ばたきを, 若やぐばかり, 裂きにでも

1 [112件] お洩らし, かと思はれる, から人, から十二歳, から十歳ぐらゐまでは, から南, から庭, から空ッ風, から紅オシロイ, か九ツごろ, か九ツ時分, か九ツ頃, がない, くらいの男の子, くらいまでは子ども, ぐらいのとき, ぐらいの子供, ぐらいの小学一年生, ぐらいの時, さがりに, さがりの, さがりを, であった, でなければ, で茶屋, とうとう暮六ツ, とせ, とは大変, と七ツ, と手足, と数えまし, どころか十五, ながら橋, なので, ならば, にお, におなり, におやじ, にし, になり, になりまし, にはら, にもなれ, に割り, に啼く, に折られた, のお, のお宮, のとき, の児, の団栗目, の娘, の小児, の小女, の少年工, の幼帝, の幼年工, の御, の息子一人, の斑紋, の正面, の歳今, の火ウチ袋, の男, の眼, の神, の窓, の菰梱, の逞しい, の露店, の青白い, の音, の鮨, はご, はない, はわが, ばかりの時, ばかりの生きた, ばかりの男, ばかりの男の子, ばかり上, ぶらさげちょうど, までにかえっ, までには帰っ, まではまだ, までを限り, もあっ, もう一人, ものコブ, もぶらさげ, も十, も有, や十ウ, をすぎた, を入れ, を取立て, を買っ, を過ぎる, 中りの, 使われて, 入乱れて, 召しゃがって, 寝ると, 斬りに, 無論お, 盛られて, 程あわせ, 程肝, 裂きだぞ, 見えて, 過で, 重ったの

▼ 八~ (212, 0.4%)

43 です, といふところ, を占め, 考へて

2 [15件] くらいはあたる, だから, だった, だ今日, ってとこ, であった, でもつ, にし, に上っ, に持っ, に相当, に着きます, は居眠り, を指し, 過ぎて

1 [166件] あったので, あまりに狂, ある種, かかったのね, かなんて奴, からそろり, から一寸, がこの, がよかろ, が工場, ぐらいに丸, ぐらいに砕い, ぐらいに言い詰め, ぐらいの熱, ぐらいまで掘り下げた, しか受け, しか集まらなかった, したゆえ, した場合, じゃー一貫, すると, たって, たてば, だ, だか, ださうである, だつて, ってところ, であつ, でおかえり, でした, でしょうでも, ですから, ですね, でやった, で下呂, で四時, で大層, で帰る, で臥床, という, というところ, というの, というもの, という値, という短い, という見頃, といった所, といふ入り, との混じた, とを混合, と一字一字二尺平方, と半分, どほり抽象的, どほり水, などというの, ならしむれば, ならば, なる世, なる単, における変化, における記録, にささげ, にしか作用, にする, にたべる, になっ, にはせざる, にも当る, に一枚, に低下, に入っ, に切っ, に小千谷駅, に往来, に捧げ, に着く, に米二分, に融通, に見渡し, に起った, に起つた, に高坏, のうち, の弱, の御, の気, の長, の高, はその, はむづかしい, は事実, は人為的, は余, は値段, は分明, は埋められ, は当選, は村, は江戸, は相手, は空, は總代, は腹, ばかり水, ほどすぎ, ほどに切り落とし, ほどに延びた, ほどは当選, ほどを信長, ほど熱, まえに, までが所謂源平藤橘, までは大丈夫, までは天蓋山, までは女史自身, までは当然, までは得, までを席巻, まで下がっ, まで女たち, まで延び, まで握っ, もう旅館, もった才能, もの高利, も九分, も利子, も延び, も有った, も考へた, より余分, より末, より用, わりにうまく, をき, をば加配, をムダ, を切り取つた, を占めたる, を増し, を増す, を待っ, を得よう, を慶長七年, を更に, を萬作, を要する, を超え, を越え, を齎した, 丁度短刀, 乃至九分, 乃至十二三分, 入って, 咲きで物売り, 着第, 程行く, 第七日, 経って, 迄あつ, 近し, 過ぎた, 過ぎてから, 長くなれ, 開いて

▼ 八~ (208, 0.4%)

6 も行く 4 にし, の杉並木, の距離, の間

2 [11件] ある, にはその, のうち, のべたらにね, の人気, の道, の道程, ばかりで, もある, を支配, 程離れ

1 [164件] あるん, から成る, がこぞってどっと, がご, がたった, がほども沢, が只, が胸, が間, くらいだ, ぐらいな堤築, しかない, しか隔たらぬ, そのびしょ濡れさ加減, つづいて, であろうが, という, ということ, というところ, という高い, とかいうの, とすれ, と少し, と申し, と言つて, ならでは, なら上, にあり, にある, において竹光, にかくれ, につづい, になろう, にはびこれ, には若草, にも二人, にわたる低地高地, にバラ, に加え, に名, に大, に家, に小半日, に散らばる, に消え, に起つた, に起る, に足らず, に駆ける, に鳴らした, ね, のあいだ, のくだり坂, のどこ, のなだれ, のべたら, のべたらといったまで, のべたらに, の上り, の人, の人々, の人民, の余, の先, の八百屋, の名折れ, の坂, の埃, の大, の家, の寺, の岩木川, の御用, の恐怖, の河上, の潮, の無韻, の男女, の町, の登路, の繁昌, の老若男女, の落武者狩, の長い, の隅々, の雑音, はひと目, はらく, は中, は二寸厚み, は今, は広い, は真, は花, ばかりの坦道, ばかりの桑, ばかりの裏町, ばかりの距離, ばかりも往, ばかり山中, ばかり往来, へひろがっ, へ飛火, ほどある, ほども息, ほど手前, ほど東, ほど退かしめた, ほど隔たりたる, まいりますと, まで, までを規定, まで進ん, もあるべし, もござらう, も下る, も寄っ, も往, も後れました, も歩いた, も歩く, も歩んだ, も登ります, も登る, も続い, も遠ざか, も離れ, をあばれ歩い, をあばれ歩く, をひと息, を下らぬ, を叩い, を回る, を堤防, を射通し, を引っ繰り返し, を押しつけ, を横ぎろうと, を毎日風, を流し歩いた, を火, を登り出した, を真っ白, を競争, を股, を荒しまわった, を行き, を訪れつくし, を足, を通っ, ヲ廻リ, 上れば, 下れば, 且つ下り, 出掛けまして, 廻れば, 歩かなければ, 程余計, 程手前, 細い道, 行くと, 行った先, 走るさすが, 離れたところ

▼ 八~ (201, 0.4%)

4 のところ, の情夫 3 の座敷, の意見, の方, の身請け, はもう, は冷やか, を請け出し

2 [14件] から送っ, というもの, との籠, に逢い, に逢っ, のくも, の前, の身代, はただ, は又, は容易, は栄, を殺し, を請け出す

1 [144件] からひきあわされた, から使い, から呼び出し, から唯, から手紙, から身請け, から遠ざかりたい, があまり, がそっと, がなんと, が半分, が可愛かっ, が大, が彼, が心底, が自分, が訴えた, さえ納得, であるだけに, というカキツバタ, という若い美しい, といっ, との縁, との菩提, との行く末, ともいう, と云う, と向き合っ, と文通, と遠ざかりたい, と遠ざかる, と離れ, と離ればなれ, などは実に, にあこがれ, にこんな, にささやい, にちなんだ, になにげなく, には多分, には逢わない, にむかっ, にもう, にも別れ, にも妹, に三津五郎半四郎歌右衛門, に二百両, に何, に取っ, に土産, に対してそれ, に対してはどうしても, に恋し, に操られた, に救われた, に無心, に覚られまい, に言った, に訴えた, に話, に近づく, に逢いつづけ, に逢い通した, に逢う, に逢わず, に遠ざかっ, に遠ざかろう, のお, のからだ, のこと, のため, の仕方, の冷淡さ, の勝手, の口, の恥, の所, の手紙, の振袖新造, の景, の煎餅, の男, の病気, の眼, の耳, の起請, の返事, の顔, はあと, はお前さん, はさも, はさらに, はしきりに, はしばらく, はじれ切っ, はそう, はそれ, はちょっと, はどんな, はなかなか, はなんと, はにやりと, はまったく, はようよう, はわたくし, は仲の町, は俯向, は彼, は待ちかね, は念, は思い, は急, は明け, は来なかった, は次郎左衛門, は治六, は泣い, は眼, は睨んだ, は自分, は茶屋, は華やか, は蒼い, は言った, まで出, もよく, も上がった, も十分, も考えなけれ, も聴い, よ, をだまし, を切った, を懐かしい, を次郎左衛門, を欺い, を汽車, を籠, を請け出さなけれ, を身請け, を転げた, を迎い, を離れ, 織

▼ 八~ (198, 0.4%)

3 に分れ, の端歩

2 [11件] が第, であつ, である, と対局, に斬り, に第, の對局, の石段, は, は神様, もある

1 [170件] あがると, から説明, から贈られた, が, があいにく, がいかにも, がそんなふうに, がつとめ, がねころん, がふと, がもう, がもらひ下げ, がやった, がガンクビ, がビッコ, が三十八手, が何, が六分, が十五分, が参加, が又, が大山八段, が天下, が天璽照妙, が戻らない, が最も, が最近, が毎日, が現れない, が疲勞, が盤側, が神, が立ち上つた, が考へはじめた, が解説, が記録係, が關根金次郎名人, このお喋り, この独創的, すぐ同, だし, であった, であったが, では, で名人, というの, という地方四五里四方, といふところ, となり, との争ひで, との対局, との対戦, との読売十番碁, ともあらう, と二枚落ち, と呼ぶ, と彼, と盤, と私, など, なども先手, に, にきいた, にしなけれ, になります, にまるで, にもある, にも飲ませよう, によつて開始, にオカブ, に三連敗, に二枚落, に代, に会った, に勝味, に実用, に対する神様, に或, に挨拶, に桂馬飛, に破れ, に行く, に黒い, の, のご, のぼる, のよう, の下宿先, の世話係, の二四飛, の人物, の先手, の前, の勝, の奔放, の姿勢, の家, の対局, の対局料, の将棋, の将棋講座, の幅, の持時間, の指した, の指し手, の文章, の横縞, の注意, の深い, の第, の終着段, の胸中, の腹合わせ, の解説, の説, の長考, の門下, はこの, はさすが, はすぐ, はそこで, はその, はそれら, はハッキリ, はヨレヨレ, は入門, は八時, は国民服, は型, は大阪, は復員服, は来, は棋理明, は殆ど, は満悦, は珍しい, は碁, は私, は背中, は虚弱, は言, は負けるべき, は退屈, ばかりと山, ほどのぼっ, もこの, もさ, もさう教, もゐる, もアグラ, も中途, も今, も今度例, も来, も来た, も棲ん, も立ち上, や令嬢, より五段, をかこん, をジロリ, をズラリ, をモデル, を下りた, を相手, を膝, を見た, 之舞, 第一手, 考へこむ

▼ 八時頃~ (190, 0.4%)

6 になる 5 でした 4 だった, になっ 3 かえる, だったと, であった, である, に目 2 から仕事, から十時頃, から見物, だったろうか, であろうかと, にせ, になるでしょう, に十番, に小川家, の事

1 [136件] おもたい地下足袋, お冬さん, かういふこと, かえってき, かえって湯たんぷ, かえると, かも知れなかつた, からあの, からすい, からどこ, からねむく, からねる, からまた, からもう, から二時, から五時位, から俄, から出かける, から午後五時頃, から支倉, から日, から書きはじめ, から母, から繰り出した, から翌朝, から行き, から行乞, から誕生日, から階下, から雲, が丁度, だったでしょう, だつたらう地下足袋, だと, ちょうど富岡老人, であったから, であったと, であったろう, であつ, でございました, でしたか, でしたから, でしてん, でしょう, ですよ, でもあ, でもあらう, で驛, と分った, と思います, と見当, なに, に, にお湯, にこの, にすぎない, にはいつもごたごた, にはときどき, にはもう, にはマルセーユ, には大概戸, には家, には小浜, には帰る, には早, には木蔭, には誰, にむこう, にもう, にもなりましたろう, にも十一時頃, にコツコツ, に会社, に便所, に國手, に大きな, に太陽, に始まっ, に岸本, に帰っ, に帰った, に様子, に滝田君, に漸く, に町, に眼, に社, に被害者, に誘い, に遣っ, に配達, ねたんだと, の上野, の特別, の診断, はらはらで, ひどい雷, また一回下痢, まだ昨日, までうつらうつら, までにいらしつ, までに完全, までに帰っ, まで仕事, まで宵, まで廻っ, まで怒, まで歩いた, まで残る, まで色々, まで話した, まで長い, まで頑として, もうねむい, やっとかえって来, やはり小僧, より今暁四時頃, より初めて, アガり渋谷, 又飯, 命じたもの, 実にいい, 抜けて, 持って, 来るから, 着いた, 約を, 終る, 見たら月, 起きすっかり, 迄の間, 迄働き通した, 迄待った, 迄来ず, 迎えに, 食べる

▼ 八五郎親分~ (187, 0.3%)

5 のところ 4 にお, の叔母さん, 丁度宜い 3 が來, のこと, 大變

2 [15件] あの屋根, からお, が私, が風呂場, てえほどの, でせう, と一緒, に申, に聽, に訊い, の使, の良い, はお, も御存じ, を呼び

1 [131件] お聞き, お退屈ぢ, か, か泥棒, が, がお, がもと, がよく, が三日間私, が大釜, が帰っ, が怒鳴る, が有無, が歸つて, が泥棒, が見, が見張つ, が鑑定, が飛ん, さうし, ですが, でなくて, では何, では手, では最初, でも時々, で役に立たない, とか言, とそり, とね, とはす, とゆ, と二人, と來, と私, と親, と話, と飮ん, どうして下さる, どんなこと, なら地藏樣, なら大丈夫, なんかもう, にあんな, におす, にきめ, にたしなめられた, にはいろ, にはうつ, にはこの間, にはむづかしからう, にも申し兼ねました, にも見, に上げる, に來, に十手, に怒られました, に手柄, に斯ん, に止められ, に用, に皆んな言つて, に盃, に知らせる, に窮屈, に組み敷かれ, に罪, に見, に見張られ, に頼み, ねえよく, のお, の前, の察し, の手柄, の手紙, の智恵, の繩, の罪, の腰, は, はあわて, はいらつ, はこの間, はさすが, はもう, は人, は大した, は女の子, は宜, は宵, は時々, は江戸, は父さん, は男らしい, は私, は調子, は錢形, は飛んだ, ひどいぢ, ほどの睨み, もう御存じ, もさ, も一緒, も來, も御, も懇意, も氣, も知つて, も笑, も見た, よく來, をく, を一, を三日, を呼ぶ, を安く, を斬る, を殺す, を相手, を見, を頼む, 又やられました, 困つたこと, 御苦勞, 御苦勞さ, 済まなかった, 済みませんけれど, 随分探しました, 飛んだ縮尻, 驚かないで

▼ 八年前~ (186, 0.3%)

16 のこと 5 の事 4 になる 3 に死んだ 2 からこの, から彼, この村越家, に還暦, の冬休み, の彼, の或, の秋, の記憶, の話

1 [138件] ある事情, かと存候, からいよいよ, からここ, からそういう, からの中氣, からの掛り合, からの経歴, から中風, から今日, から始め, から少々, から御, から気, から江戸, から特に, から目, から脊髄炎, から腰抜け, から身代, から阿波, こんな教師風情, すなわち元正天皇, だ, ちょっと来た, であったが, でございました, でもう, で今年四十二, とは全く, とは大変, と同じ, なりき, にお, にお預け, にかかれた, にここ, になります, にはそんな, には武蔵, には色彩, にアメリカ, にゲィツヘッド, にスピノザ, にムンツ, にラサフォード, にレーン, に七尾, に世, に二両二分, に亡くな, に亡くなつた, に亭主, に出た, に別れました, に助, に印度, に友人, に同人, に外務省, に妾, に建てられた, に当る, に急, に憫, に是, に朝鮮, に松山城, に此, に比する, に深く, に生別, に産み捨てた, に當降誕會, に発狂, に盗まれた, に私, に競売, に英国, に見た, に謝源, に軍鶏, に金十郎夫婦, に金右衛門, に預か, の, のあの, のお雪殿そつくり, のこども, のふるさと, のもの, の一九二八年, の一九五〇年, の五月, の今日, の会話, の借り, の初秋, の十一月, の婦人界, の嬉しい, の家主, の左翼, の巨盗, の彼女, の心持, の意趣, の文政十二年, の旧, の旧悪, の明治二年, の此月, の流感, の潮來, の痘瘡, の真弓, の第, の遺, は, は如何様, は然るべき, までのその, まではそんな, までは実に, までは若い, まで元気, まで彼女, まで藩財窮乏, も今, よりその, よりはからず, より余, より妖怪, を想い出す, 出た, 夥しい藩金, 幼くし, 某雜誌

▼ 八~ (170, 0.3%)

12 あつた 5 せうか 4 色の 3 せうが, 歿した 2 あらう, お前が, 名は, 来年は, 母親と, 通る八五郎

1 [131件] あえなくも, あまり育ち, あらうと, いいか, いえるもの, いまに, いやに, いわゆる山出し, おちかという, およそ通人, お吉, お母様が, お露, かげでは, げす, げすよ, こいつは, こころもちの, この世を, この場合, ござりました, ござりましょう, ござります, ごぜえます, さえも荒胆, さびれながらも, しかも既に, すら胸, せう, せうかね, せう江戸, その人柄, その前, その心意気, それも, たいした考, たいてい春秋二季, つかい足跡, つき合って, とかくに, どっちも, わが子の, わたくしを, わたしの, ゐら, 一七五〇年に, 上から, 九紫だ, 亡くし自分, 亡くなったの, 亡くなりました, 今一生, 信二って, 先が, 児を, 出た旅, 出演し, 初めて患っ, 十文で, 去年亡くな, 君とか, 周章てて, 器量は, 器量も, 国府と, 大した考え, 大魚, 女学校を, 女房は, 妹の, 妹は, 娘は, 安宅先生は, 家督相続し, 容貌は, 容貌も, 小石川巣鴨町の, 小説を, 岡崎屋へ, 左近権少将に, 帳つけと, 彼等は, 房松の, 手痛い苦しみ, 撫子の, 故郷の, 整った男盛り, 断るの, 新一郎との, 日に, 曲者は, 書き始めたの, 極く, 死ぬ日, 沢山だ, 済まして, 澤山だ, 煙草吸うたら, 父の, 片耳の, 産児の, 申分の, 男勝りを, 盛りの, 眉の, 眼の, 眼鼻立ちも, 種々の, 第一巻, 結婚した, 美い, 美しいはなやか, 翠い, 翠袖紅裙の, 色は, 色白く, 若いとき, 若い時馬, 藩主の, 見たところ格服, 試合を, 豪気な, 貨一郎さんは, 買った凧, 身体が, 長女と, 間に合うこと, 難かしい, 頼りに, 駕籠が, 黄金舎に

▼ 八~ (160, 0.3%)

6 の大 5 の勾, の曲玉, の蛇矛, の鏡, もある 4 の高, もあろう

2 [13件] くらいの高, ぐらいで, ですが, という口上, とし, なす桶, にし, の二十分一, の怪物, の深, の高き, ばかりの広い, もあっ

1 [95件] あった, あり高, あるその, ある門前, から二間, から十尺, か九尺, がお, が五尺, くらいはあるであろう, ぐらいしか伸び, ずつというお達し, それから筵, でありますが, である, で一升桝, と, というこの大きな, という変名, という男, とかその, とか申す, とは誰, とは離れ, と仮名, と測られた, なり社務所, にめぐらし, に五尺, に置かね, のあけ, のなが, のみじかい, の入, の八角棒, の円筒形白色, の処, の勾玉, の勾珠, の地, の大き, の奴, の山, の岩山聳立, の岩穴, の巨杉, の延竿, の怪人間, の文殊, の机形, の法衣, の瀑, の独活, の矛, の石, の石碑, の立像, の紐, の紺地, の臥床, の身長, の近く, の鐵棒, の雪, の鬼, はあるだろう, はしった, はそれ, ばかりある, ばかりな, ばかりなる, ばかりの大男二人, ばかりの高, ばかり形, ばかり満身, ばかり青き, ばかり髪肩, もあらう, もあるであろう, もの地下, も低く, も向う, も底, も積, より九尺位, を超えぬ, を越え, 乃至十尺位, 大きさ, 求める, 疑は, 程の距離, 程河, 辷り落ちる, 離れた方

▼ 八~ (159, 0.3%)

11 の役人 6 のお 5 の兵 4 の平野, の手, の野 3 の捕方 2 の大, の狐, は私, を貰

1 [114件] および支配所役人, および東海諸国, から京大阪, から東北, から甲, から甲斐, が三ツ, が何, が八方, が封建, が急, が追掛け, が追掛けた, であつ, でも渋沢栄一一門, といえ, と同じ, などに住ん, にあばれた, にでも取, に嗅ぎつけられ, に引渡せ, に手, に雄視, のうち, のお方, の一隅, の中, の交通網, の人民, の代官, の全部, の内, の勇猛, の博徒手合い, の土地, の地景, の城, の大将軍, の官衙, の山々, の山野, の平原, の強者八万騎, の手先, の捕り, の新, の方, の權衡, の武術者, の毛, の水, の灯心, の田舍, の盗賊, の穢多, の精鋭, の者, の腹切もの, の草, の草本威風, の荒地開墾御用係, の衆, の開墾, の隠密, の青空, の餌鳥取, の騒動, はおろか, は一朝, は人間, は家康, は寸眸, は役に立たぬ, は後世, は日, は申す, は管領, は貴, へかけ, へも頼ん, へ名, へ御, へ移封, へ頼み段々勾引, へ願っ, をあなた, をうち, をめぐる, を与える, を以て又, を併呑, を占領, を奪, を尋ね, を席, を席巻, を急ぎ, を振ふ, を望む, を横領, を流浪, を荒し廻った, を蜂の巣, を見わたし, を見渡す, を討つ, を開墾, を領, を領有, 又は代官所, 古戰録, 大絵図, 見廻りの

▼ 八~ (158, 0.3%)

4 でございます, の侍 3 の者

2 [14件] しかありません, でご, では, に二十, の中, の刷新委員, の委員, の旗本, の武士, の若い, の警官, の顔, は籠川, は裏山

1 [119件] あり, ありて, ある, いますが, が三十七年中, が傷, が全部当選, が取り巻こう, が案の定, この画期的実験報告, して, だ, であった, であったこと, でこれ, でさまよって, でした, です, でどやどや, でヂャランヂャラ, で御, で沢山, で竹早町, という堂々たる, という言語道断, と共にほっつき歩い, と手伝い, にすぎませんでした, になお, になっ, に及ん, に洋学修業, に身, に転落, に過ぎなかった, の不良少年組, の中国人, の中国人委員, の乗客操縦者全滅, の乗組員, の予審, の供侍達, の召使, の名, の味方, の多少, の大刀, の大将, の姿, の家臣, の小姓, の少年工, の山伏, の影, の従者, の悪童連, の捕り, の捕虜, の方, の村議, の死者, の水兵, の浪士, の点呼, の狂人, の生徒, の私服刑事, の統制委員, の若者, の証人, の足軽, の近臣, の選手, の酌, の騎馬侍, の黒衣, はあろう, はゐる, はイバンス, はワーナー博士, は後ろ向き, は昨夜, は浅瀬, は無事, は猛獣, は選り抜き, ばかりえりぬき, ばかりでした, ばかり一団, ほどの議員, ほどを連れ, ほど遣っ, ほど選りぬき, までは日本出版協会, までをまたたく間, もい, もまだ, もみな浅傷, も並び, も居るです, も逃亡, らしい剣気, をひきつれ, を収容, を商工奨励館, を囲, を斬殺, を獲得, を赤坂城, を身, を選ん, を除い, を集め, 付いて, 出来また, 合せて, 深傷, 遠い本国, 駈けって

▼ 八~ (158, 0.3%)

23 の足 4 の肢 3 の大, の色文, の薔薇, も欲しい 2 になっ, の刀, の手紙, の柱, の筋, の綱, 當に

1 [105件] あった, あっても, あり, ありましよが, あるいは立ち, ある足, から十本, か十本, が八方, が動かぬ, が地上, が暑気, すっくと立ち, すんだな, ずつ南側, だけがのこされ, だと, であった, である, であるが, では, ときまっ, ともとられたしごきてえいう, になり, にも見え, の, のいも, の其の, の刄, の劔, の噴管, の四斗樽, の太い, の太柱, の平凡作, の幹, の手, の木, の木立, の架空線, の槍, の特製, の矢, の空, の空壜, の篠竹, の簪, の紅白, の紺, の線, の肢体, の脚, の角, の調子, の護摩木, の道, の酒瓶, の鎖, の長い, の雑木, の頑固, は描い, は本物, は誰, ばかりひょうひょうと, ばかり掛け, ぶらさがって, ぶら下って, ほど湯, もある, もかかえ, もって, もほしい, も並ん, も切除, も呷, も手紙, も抱えさせられ, も持つ, も温め, も真直, も立ちならん, も立っ, も立つ, やったの, よりを用いたれ, を持つ, を裸, を貰, 並んで, 並んでも, 共に平げ, 各部屋, 大いに結構, 巻いて, 或は十本, 抱えて, 揃っては, 撚りにて, 植えられて, 當の, 立ってるところ, 立並んでる物凄い, 聳えて, 見る

▼ 八~ (151, 0.3%)

5 おいて, の先生, の道庵 3 と書い, の湯銭, の湯錢, の道庵先生, を標榜

2 [11件] がどう, が十八文, じゃああんまり, で, でいい, でげす, に免じ, のお, の提灯, の茶代, の貧乏医者

1 [99件] ある筈, あれば, うりのけんどん, かかった, かね, から百六十四文, が情け, しきゃ薬礼, じゃあんまり, じゃあ安い, じゃいけねえ, じゃ少し, ずつであった, ずつときめ, ずつ取っ, だが, だけで, だという, だよ, だ今度, だ十八文, であった, でありました, できまり, でよい, で今, で十八文, で売っ, で売り出し, で売り出した, で売り込ん, で帰れる, で後, で暮らし, で有頂天, で診, で買える, というの, というもの, という文句, とおっしゃっ, とおっしゃられた, ときめ, と入れます, と合せ, と申し, と言う, と言った, にしかならない, にした, になり, に成ります, に楯, に準じた, のうち, のおかえしイ, のおかげ, のこと, のため, のわが, の中, の先生風情, の全, の医者, の名, の名声天下, の奴め, の如き, の木戸銭, の江戸ッ子, の煮豆, の看板, の藪医者はん, の貧乏神, の金, の金看板, の鮓, はちっとも, は俺, は当座, ばかり有, ばかり有った, も払っ, も置い, やかて, よこす奴, よりは三文, より安く, より高く, をとっちめた, をふりかざし, をチビチビ, を有難く, 下酒二斗三升, 取られるという, 払って, 置いて, 長煙管, 難屋代七十二文

▼ 八時間~ (138, 0.3%)

8 の労働 4 の休息 3 の教育 2 から七時間, たいていの, でサンフランシスコ, の休養, の後, の睡眠, の間, もぶっ, を要する, 働いて

1 [103件] あるぞ, あるよ, かかったと, かかるこの, から九時間以上休み, から九時間以上職場, がんばった記録, が昼, くらいかかる, くらいの短時間, くらい第, ぐらいかかった, ぐらいしかなかっ, この国, しかなく, しか留まっ, ずつ働け, ずつ眠っ, そして今, そして馬鹿者, だ, だが, だけ家庭, だけ過ごされる, ちかく自動車, ついに判然, でしょう, で七十五円, で八十留, で繰返される, で達します, とある, ということ, とし, と云う, と四十五分, と定め, なん, にし, にて積了せり, になる, にも劣る, にわたる激戦, に働い, に働く, に各社, に限られいたる, の, のうち十五分, ののち, の仕事, の働き, の労働時間, の勉強, の夜昼, の持時間, の旅, の激しい, の生活, の短距離, の社会的, の長い, はこれ, はぶっ, は働かなくっ, は僕, は機械, ばかりも眠りつ, ぶっ通し, ほどし, ほどしかたっ, ほどそうっと, ほどの間, ほどもぶっ, ほど死ぬ, ほど汽車, もあります, もかかる, もねばっ, もの登攀, も伏し, も文法書, も汽船, も発車, も立ちつづけ, も経過, も間, を経過, を除きたる, 働いたと, 働き通して, 常念, 待ち午後十時十分発, 掛かりました昼, 眠て, 眠るの, 眠る事, 第七日, 第二日, 置かなければ, 遅れながら, 隠れる, 黙って

▼ 八時半~ (137, 0.3%)

4 に眼 3 であった, に起きる 2 から三時半, から動く, か九時, だつた, になっ, に出勤, の報告, より正午

1 [111件] か, かえる, かとこれ, からになります, からの報告, からの放送松井翠声病気, から一時間放送, から九時半, から五時, から十一時頃, から十時半, から四十分の間, から始まる, から実験会, から教会, くた, じゃおそい, その家, だか, だった, だろうか, だわ, であつ, であるそれ, でした, です, で階下, というの, といえ, と十一時半, と話し, にある, にお, にかえって, にき, にここ, にし, にすむ, にそこ, になつ, になりました, になれ, にはぼく, にはみんな揃つて, には彼, には起きた, には順天堂, にやっと, にベルネ, にロケ, に一橋, に上田, に乗らね, に便所, に内, に出合, に出発, に外金剛駅, に妹, に家, に小屋, に広小路, に弁護人, に徳山, に放送会館, に泊駅, に消された, に父, に番町, に立つ, に終る, に薪, に行った, に起き, に起きた, に近い, に順天堂, に飛島, のエール, の列車, の急行, の急行列車, の汽車, の点呼, の特急, は愚か十時, は相当, まで, までがんばろう, まできいた, までで閉まる, までにつれ, までにはそっち, までには帰っ, までに出社, までのわずか, までまてず, をちょッ, を打ってる, を打つた, 寝たま, 帰った, 起きで, 起きゆ, 起き今日, 起き十時, 起き朝食パン, 起きPCL, 迄というん, 退館三時半, 過

▼ 八~ (123, 0.2%)

8 の間 5 の室 4 の部屋 3 と六疊 2 であつ, と四疊半, に寢かしたま, に居た, に案内, の座敷

1 [91件] かなり豪勢, から一度, から千兩箱一つ, から顏, か廣さ, がこの, が三番, が四番, が川, その次, それに小さな, でお, でこれ, でしたが, ですから, で一寸, で主人榮, で九月, で六疊, で書院風, で此處, で絹夜具, とその, とに疊, と十疊, と納戸代り, などとは比べ物, なら八疊四つ, に三人, に三十二三, に來, に充ち流れた, に入る, に内儀, に十疊, に取込ん, に夕方, に家内, に床, に接し, に比べ, に相手, に私, に移し, に納め, に脂下つて, に足, に轉寢, に近所, に通りました, に運び出した, に集まりました, に集める, の, の一室, の主人, の二, の前, の境, の外, の奧, の客間, の居室, の平凡, の床の間, の座敷一杯, の押入, の方, の横, の納屋, の縁, の縁側, の質素, の贅, の部屋一パイ, の隣, の隣り, は主人, は内儀, は妾, は渾天儀, は西, は黒い, へかけ, へ行つて, ほどの廣さ, も京間, より十五疊迄, を借り, を書齋, 古い道具

▼ 八~ (122, 0.2%)

4 では 2 で買った, のフライ, のブリスケ, の秋刀魚, よ

1 [108件] うれば, おあし, から十円, から差し引い, が高い, きゃべつは四十一銭, くれて, ぐらいかかる, しかない, しか賃銀, しか金, じゃない, じゃ足りねえ, ずつの賞与金, ずつ都合二十四銭, そして煙草, だ, だから, だったと, だつた, であった, であっても, である, でしかも, でまき上げ, でソバ, で他, で売っ, で売られ, で揚物, で松茸, で済む, で自分, で買っ, というところ, というの, という低率, という額, とかの謂わ, とはその, とは牛肉中, とを買った, と極まっ, と見れ, どす, ないし七十二銭, に, におまけ, にきりつめ, にしかならなかった, にしとい, にする, にすれ, になった, になる, に代, に値下げ, に負けろ, のうち, のアイスクリーム, のパン一つ, のブリスケ料理, の保健的享楽とい, の俥, の切手, の切符, の利, の原稿紙, の小屋, の店, の新刊, の日給, の時, の牛丼, の玉子, の葉巻, の葱, の規定, の話, の買物, の頭, の食事, はやむを得ない, は安い, ばかし, ほどはまらせ, もした, もする, もとられます, も辛い, や, やない, よオ, をカルマ, を五銭, を五銭一枚, を十銭, 並べて, 出して, 即ち二斤, 又は十銭, 古新聞十六銭, 売りとして, 失ったを, 最も高い, 細かい商売, 若しくは十二三銭, 迄するだ

▼ 八~ (118, 0.2%)

74 てがらです 3 が千兩, てがら, の勧進帳, の札所 2 だ, だった, でございますよ, です, ですの, のあれ, のグリスペイント, の中, の家, の観音

1 [75件] が富突き, が當, が終っ, が長谷寺, ぐらいの銅線, だが, てがらほり, てがら以来, ての, であります, である普通選挙, ですわ, でせう, でな, でものびのび, で十人, というの, とした, とへよっ, と云う, と云われ, なぞはその, などいう, にあたるあたり, にこりとも, になっ, になります, には手廻小姓, に下落, のからめ手詮議, のよう, のドア, のフイルプス夫人, のヘ長調, のホテリング方, の作者, の右, の右門流, の名, の唐紙, の啖呵, の因縁, の地域, の客人, の室, の小, の席, の折田兼助, の教室, の方, の札, の札所常安寺, の牛豚肉店, の約束, の自慢, の舞楽, の護良親王, の部屋, の陰火, の電車, は六号, は当り前, は駿河町, ばかり打つ, へ, へ着いた, へ行かなけれ, までの籤, まで舟入り, を呼出そう, を訪ね, 一見迂遠, 合わせて, 知らぬ存ぜぬと, 第二十九番

▼ 八十銭~ (117, 0.2%)

2 あった, では, で銘酒一本, になった, の割, の日給, をせしめ込み, 残ったので

1 [101件] おひる, かでしょう, からも有る, から二円五十銭, か八十五銭, がザラ, が卸値, くらいで, くれたの, ぐらいが普通, ぐらいの本, しか持っ, じゃあ嬶, だ, だけはニッケル貨, だそう, だったの, だったり, だよと, であった, である, であるが, であるのに, であんな, でかっこう, です, ですね, で三色, で事足らす, で売った, で家族七人, で求める, で買える, というきめであった, というの, という札, といふ高い, となり, とりて, とります, とると, とるの, と勘定書, と覚え, と言, にし, にしかならぬ, になつ, になつた, にならない, にもなる, にも附け, にカップケーキ, に一円, に七十銭増, に値上げ, に売る, に相当, に過ぎない, のあし, のもの, のわり, のニッケル貨幣, のボイル, の不用, の作業服自弁, の卵, の女, の家, の帽子, の日賃銀, の本, の由, の私, の職人, の西瓜, の見本, の賃金, の金, の集配, の額, は, は仲, は安い, は悪く, ばかしに, ふた十銭, までに負けさせた, もあっただろう, もつて, やって, より下の, より種々, を出し, を探しだし, を添えまし, を送っ, 並べた, 出した距離, 稼いだこと, 貰って

▼ 八~ (113, 0.2%)

3 の金 2 であつ, である, です, の代用教員, の女, の給金

1 [98件] ありゃ助かるからな, かかるそう, から七円, から二三円どまり, から二十一, から四五円, か十円, が配当, ぐらいだ, ぐらいに対して二, ぐらい遊んだ, しかし私, しかなく, したぞな, じゃ高く, ずつくれた, ずつさえ得てれ, ずつで, ずつとられ, ずつ損する, そのうち, だけおごれ, だった, だと, てえな, であり婦人勤労者, でその, でつかつて, でもよろしく, で一人一貫, で一家, で余裕, で借り受け, で命, で売買, で或, で配達, で電車, というわけ, といふ村内最高額, ときめ, となっ, となり, と四十六銭, と覚え, と記し, ないし十六円, におぞ, にしときましょう, にて何卒, になった, に減らされる, の, のこの, のとき, のところ, のゴム靴, のステッキ, の価値, の借金, の外, の学費, の安物, の家賃, の旅費, の月給, の服, の樺太狐, の雇吏, の飯代, は何時, は此本屋, ばかりの金, ばかり交ぜ, ばかり出さね, までにのぼった, まで出, もかかってる, もかかりまし, もかかります, もする, もとる, もシャレた, も切符代, も渡し, も金, を大事, を渡し, を給, を越えた, 出さなければ, 取って, 取られたそう, 払いました, 程の安, 要ると, 貰った旅費, 貰って

▼ 八~ (113, 0.2%)

2 から九度, であるから, です, に下る, も提灯, よ, を越す, 近い熱

1 [97件] あったまるで, ありますあしたあたり, から七〇度, から十二度, から十度あたり, から十度内外, から四十度, か九度, か八度五分, くらいの間, くらいはあったろう, くらいまでの間, ぐらいだろう, ぐらいである, しかなかっ, すこしの, だったかに, だってあつい, である, でございます, ですからね, ですけれど, で其間, というかなり, ということ, という温度, といふ体温, とか十度, となり, とは恐れ入りました, と九度, と爆破, ないし六十二度, なり, にそい, になった, には吃, に上った, に下った, に保たれ, に及び, に及ぶ, に当たる, に当ります, に温められ, に過ぎず, に過ぎない, のところ, の低, の体温, の場合, の戦段, の所, の炎天, の熱, の蒸気, の辺, の邊, の間, の高温, はある, ばかり, ばかりある, ばかり出ました, ばかり熱, ほど, ほどある, ほどです, ほどの暑, まで下る, まで行った, も人, も先達, も呼ばれる, も手, も手水, も熱, も禮拜, も結婚, や五度, より低から, より高い, わが梅雨, をさし, を下らない, を指し, を超え, を越し, 伏し拝んで, 傾くと, 出たきり, 出たので, 即ち夏, 少し, 続けて, 越す人, 違うだろうと

▼ 八~ (113, 0.2%)

9 の道 5 の間 4 もある 3 の山路 2 とある, と見積れ, の山道, の路, はなれた, はなれた隣り, ばかりにし, や十里

1 [76件] あるので, ある尾道, くらいも歩いた, ぐらいで, ございます, ございます丁度, しかし河川, そんなに遠い, である, であるが, という, と誌, にし, にまたがる, に仮り, に近い, に達する, のうち, のところ, の七時雨峠, の大島, の山, の山坂, の山越し, の岩, の峠, の所, の水路, の疲れ, の登り, の街道, の険所, の隣村, の難, の高須藩, は十分, は歩ける, は馬, ばかしの村, ばかりで, ばかりのある, ばかりの所, ばかりの波動状, ばかりもあろう, ばかり先, へだてた尾道, ほどのところ, ほどの在所, ほど山, ほど手前, ほど進ん, もあり, もき, もござりましょう私, もへだたっ, も上った, も十里, も山, も来た, も歩く, も溯った, も遠し, も隔たっ, も馬, を年老, を歩い, を隔てた, 丁度湖, 売りに, 急いでも, 故, 歩いたン, 歩いて, 隔たりても, 離れたところ, 離れた尾道

▼ 八には~ (111, 0.2%)

4 何が 3 まだ解りません, 手に 2 その微妙, たまらない嬉しさ, なって, よく判ります, 人は, 想像も, 謎は

1 [87件] いやな, お作, かたい信念, これが, これ以上の, したくないの, そうした声, その半分, その虎, それが, そんな事, つりあいが, とても讀めません, どうしても馴, なるだろうが, なるでしょうが, なるでせうが, まことに氣, ますます解らなくなる, また次, まだ何ん, もしも働く, よくわかっ, わからない, ウヌボレも, ガラッ八, ガラツ八だけの, バックとか, 一向見, 一向見当, 一向面白く, 不平でも, 不思議で, 不思議でたまりませんでした, 不思議でならなかつた, 今主人, 他の, 何かしら不安が, 何時の間にか幽霊小八, 先に, 八本の, 判りさ, 北洲が, 千歳米波と, 叶は, 各, 国分の, 変な, 奇つ, 容易ならぬ, 山男の, 思いだせないそれ, 思う壺, 愈々以つて, 意味が, 意外だった, 懐疑が, 手痛い苦しみ, 拒絶できない, 明確な, 欺き執った金, 浅草御門を, 父親が, 理解も, 用心の, 男山八幡毎年六月の, 皇后が, 益々判らなくなります, 益々解らなくなる, 相槌の, 考え当らないはず, 耳に, 見えないが, 見て, 解せないお, 解りさ, 解りそう, 解りません, 話しかける隙, 誰も, 謎でした, 貞淑であった, 責められたが, 過ぎじと, 過ぎたお, 酒を, 食事が

▼ 八~ (111, 0.2%)

4 書いた 3 のレコード, の小判, 重ねて 2 ある, した, です, のもの, の短篇小説, を抱かされた

1 [86件] あって, からなる, がはいっ, が紅色, が贋物, そしてそれ, その奥, それから横山町, だけは取られない, ついてる大木, であった, である, で九枚, で吉五郎, で飛ばした, といふもの, として計算, ともみな, とりだした, と二十円の, と云, と八枚, と小粒, どり大, になった, にもわたっ, にわたり吹き込まれた, に及び, に小粒, に説明図二百六十七図, に過般, に達筆, のうち五十枚, のこの, のカード, のザラ紙, の丹前, の値打, の全曲, の写真, の四文銭, の四文錢, の図面, の小説, の暗号文書, の最後, の童子格子, の羽, の葉, の褞袍, の襖, の長文, の黄銅皮, はいっ, はすべて鬼六, ばかりとにかく, までの種板, も出し, も売れだ, も渡し, をうっとり, を一気に, を三時間以上, を挙げる, を敷き, を書く, を波, を積み重ねる, を置いた, 出して, 出たので, 出て, 及び記事中, 売ったうち, 抜き取つた, 持って, 敷いて, 書き上げたの, 書き上げ一層, 書く, 終りました, 続の, 足りない分, 迄書く, 送る, 飛込んで

▼ 八~ (111, 0.2%)

5 の灯 4 のところ 3 の明り 2 に灯, の深, 隔てて, 離れた所, 離れた渦

1 [89件] あるて, ある万年橋, あッと, か九間, がつい, が団扇, くらいの至って, ぐらいの中流住宅, ぐらいの小, ぐらいはある, しかなかつた, その幅八, その横三百八十五間, であった, というお, というその, というの, という国宝建造物, という燈, とかある, とかいわれ, とは逃げ延びない, と離れ離れ, なるを, にし, に十二光仏, のあいだ一定間隔, のコンクリート, の両国橋, の処, の大橋, の大石, の大船, の川, の所, の本堂, の橋, の欄干擬宝珠, の矢作, の蝙蝠, の距離, の長方形, の限界, はあったろう, はなかっ, ばかりで, ばかり歩き出す, ばかり離れ, へ張った, ほどの漏斗形, ほどの道幅, ほども引っ返し, ほども距, ほども追っ, ほど低い, ほど先, ほど走りだす, ほど進み入る, ほど馳, まで延ばした, もある, もずつと紅殻格子, も彼方, も後れ, も手前, も挽き出した, も横, も歩いた, も玄関, も田圃道, も行きすぎ, も行き過ぎた, も行く, も走っ, も這っ, も遅れた, も遲, も離れ, も離れた, を譜代召遣, 乃至二十一間, 厚さ, 時には十間, 歩くと, 行って, 追い散らして, 離れたところ, 離れたばかり, 高さ十五間

▼ 八お前~ (109, 0.2%)

4 は近所 3 に頼み, はこの, はその, は外, は此處 2 なんかもつまらない, の大, はあの, はお, はどう, は不思議, は其處, は裏庭

1 [74件] あの僞極印, からもよく, がひどく, がやつ, が先, この足跡, その石臼, にし, にも大概, に一つ頼み, に一つ骨, に手柄, に頼んだ, の叔母さん, の留守, の眼, の考, の肩, の言, の頼んだ, の顏, の顔, の鼻, はいつも, はお勝手, はくたびれ, はここ, はこれ, はこれから, はしばらく, は二階, は仕事場, は入口, は兩國, は出, は口, は向う, は喜八兄哥, は奉公人達, は嫁, は家中, は店口, は役者衆, は御, は日本左衛門, は昨夜, は昨夜お雪さん, は暫らく此處, は板屋家, は櫻湯, は此傷口, は此処, は此女, は気の毒, は氣, は灯, は盲, は盲目, は眼, は裏, は黒船町, ばかりだ, もか, もかかり合いだ, もよく, も一緒, も來い, も手伝っ, も手傳つて, も氣, も行け, も覺, 良い事, 近頃惡

▼ 八~ (109, 0.2%)

7 しい 5 し屋 4 しいこと 3 しいので, しい事, しくなって 2 しいから, しくて, しく云う者, しく云って, しく言, しさ

1 [72件] かつた, しいげ, しいの, しいよ又, しいんです, しいんですからね, しい上流, しい人民, しい古参, しい奴, しい姑, しい小言, しい往来, しい御, しい憂世, しい指導, しい會, しい条件, しい注文, しい漢語, しい男, しい瘤, しい研究材料, しい第, しい老若, しい肩書附, しい虚榮坊, しい説明, しい鰹節, しう, しうてなあ, しかったらしい, しくい, しくいうて, しくって, しくな, しくなった, しくなるが, しく云, しく云うこと, しく云うと, しく云うの, しく云う町人, しく云わなかったよう, しく仰言ら, しく叱りつけたり, しく子供, しく宣伝, しく庭, しく復活, しく無い, しく耳, しく聞えるが, しく行われ参詣人, しく言うて, しく言って, しく言つて來, しく評議, しく論じられ一方, しく響いて, しぼりとか, しや, 敷いは, 敷い吟味, 敷い爺さん, 敷い論語, 敷い響, 敷かつたの, 敷くて, 敷くなつ, 敷くなり, 敷く云

▼ 八という~ (104, 0.2%)

9 のは 4 者です 3 のが 2 ものが, 名を, 男の, 者が

1 [80件] あわて者, おでん屋へ, おばあさん, おやじは, ことに, この年頃, そろそろ人, ところ女房も, のだ, のでしょう, のを, ものに, ものの, やつで, ような, ように, んだ, 下男を, 乗数は, 乾児が, 人が, 人気男, 休み茶屋の, 俗世の, 力士が, 名が, 名で, 名に, 名前も, 名題の, 奇怪な, 奴が, 奴です, 奴の, 姓名が, 娘盛りの, 娘聞き, 子分を, 小柄で, 幇間でございます, 幕末の, 年より, 年よりは, 年を, 年頃に, 年頃の, 年齢が, 数が, 数は, 料理やが, 時代では, 武家とは, 歳で, 比率が, 渋川から, 男で, 男です, 男と, 男も, 男を, 病人を, 百姓の, 立派な, 算術に, 組の, 老人が, 老僕の, 者あり, 者でございます, 聞えた道具屋, 腕節の, 若い時, 若けえ, 若さ, 若者だった, 菅笠が, 街の, 資産家の, 関取が, 魚屋で

▼ 八十歳~ (104, 0.2%)

7 で歿 4 の老人 3 になった, になる, の高齢 2 にし, になります, の寿命, の老爺, の高, までも無病, まで生きた, を経, を經, を越えた

1 [64件] あまりになる, から八十五歳, が普通, だから, だと, ちかき青年, で, であ, で世, で念仏往生, で死ぬ, で永眠, で満州, とかになる, ならば, にかかっ, になっ, になつて, にもなり, にもなる, にもなんなんとする, に到達, に垂んとする, に近い, に近かっ, に達し, に達した, のお, のにせもの, の人, の人品いや, の住職, の天寿, の女, の婆, の爺さん, の祝賀, の老, の老人ミールポア司教, の老婆, の老翁, の身空コイ, の長い, の長寿, の隠居, の高僧, ほどになる, ほどの人, までのながい, までの長い, までは大丈夫, までも長命, まで無病, まで生きる, をいくつ, をはるか, を一期, を以て薨去, を超え, を超えた, を過ぎてる, 若くは, 若しくは丁巳八十一歳, 近い老爺一人

▼ 八百円~ (104, 0.2%)

11 の金 3 では 2 しか持ち, のもの, の損害, の配給

1 [82件] あるそう, あるねん, ある切り, か, かかる田ンボ, がそんなに, が一番, が可, が雑作, くらいの月収, しかない, しか入らず, ずつ取る, その差, それだけ有つたら, だろうが, でしめつけられ, ですぜ, でパンパン, で卸す, で売却, で手, で病床, で譲り受けた, で買, で逐っ払われた, という大金, という恐し, という正札, という言葉, と元金一万五千, と切り出し, と小銭, にすれ, にまけろ, に代える, に売っ, に売らね, に負け, に負けさし, の, のこと, の中, の事件, の前借, の前金二千円, の場所, の手切れ金, の指輪, の時間, の有り金, の札束, の権利, の配給生活, の高利, はあ, はいっ, は丁度, は大金, もあがった, もし, も小切手, も持つ, よりかえって少し, より高く, をうけとり, をどう, をわれら, を下, を女, を手, を調達, を返し, を野呂, を頂戴, 乃至千五百円, 余った金, 借りた顛末, 出しても, 出せとは, 出来ると, 更に今度

▼ 八九年~ (103, 0.2%)

12 の頃 4 も前 2 だ, にフランス革命, のころ, の大

1 [79件] いて, いらい各, および一七九二年, から一八九一年, から三十五, から十五, から四十年, してから, しての, たった今, たった時, という年, という開化, といえ, とすれ, と一八三〇年, と一八九二年, と比較, ないし一七九四年, にすでに, になっ, になります, にはコーヘン, には出生, にもなる, にイスパニア, にフランス, にベンサム, に出版, に彼ら, に成就, に批評, に第, に革命, の, のこと, の一年, の七月十四日, の三つ, の三月, の両, の五月十四日, の交, の北越陣, の好況時代, の後, の早稲田時代, の昔, の有名, の権利典章, の死亡, の終, の著述, の葡萄酒, の表, の西班牙風邪, の調査簿, の間隔, の革命, はフランス革命勃発, は死亡, まだ初めて作品, までの仕事ぶり, もか, も惱ん, も経ったろう, をさかい, をめとり, を以て学術, を入れる, を歴, を過ごした, 不沙汰, 先んじて, 経た今, 経つた, 迄, 迄續, 過ぎて

▼ 八~ (102, 0.2%)

3 はその 2 が何, という奴, は声

1 [93件] あり三四里, から受け取った, か八助, がなお, が今朝毒殺, が何とか, が又四郎, が来, が毒, が泰助, が眼, が突然, が見廻り, が鉄棒, そうなる, という御蔵方随一, という悪, という親爺, といえる, とか八助, とはかつて, と云う, と呼, と拝もう, どうした, なり, にむかっ, に出逢ったら, に売っ, に屹, に見とがめられぬ, に面会, ぬっと顔, のやしき, の手, の歯, の籠, の話, の身体, の顔, の馬鹿, はあらん, はしたり顔, はすぐ, はずかずか, はやさしく, はよう, はよく, はわざとそう, は何, は入来, は勝手, は墓原, は売る, は思わず, は急い, は急所, は手, は手早く, は本音, は泰助, は相当, は眼, は聞覚え, は肩, は腰, は覗き込み, は農家, は遠く, は銀平, は門, は隠し持ったる, は隠れいつ, は頭, は驚い, は高慢, へ手, もまた, やい八蔵, やお, や八蔵, を出し遣りたる, を医師千斎, を去, を取っ, を呼ん, を打倒し, を見, 入来り, 帰ったか, 得たりと, 心得て, 連立ちて

▼ 八~ (98, 0.2%)

91 ちゃん 1 さんで, ちゃんあと, ちゃんそれ, ちゃんと喧嘩, ちゃん十, はよう斬れ, 又八

▼ 八~ (96, 0.2%)

4 九であろう, 九の 3 九で, 九には, 九にも 2 二九から, 何うし, 何だ用事, 何て, 大丈夫だ, 寺田の, 骨を

1 [65件] あの娘, あらたまって, お前なぜ, かたが, さう, さして化粧, そう言っ, その人, だ, だ逢わせて, であるが, でか, でござんすな, どうした, どこへ, ひょっとしたら九, まあ六十, ましやの, まだす, もう子, やって, 一つぶつかっ, 三十前後の, 上がって, 九, 九か, 九かな, 九だった, 九であった, 九であるらしい, 九どこか, 九に, 九のと, 九やった, 九位で, 九鼻の, 今日あたりは, 何か, 何んだ, 俺も, 冗談の, 助けて, 十九, 十九か, 十九とは, 十九にな, 十九位で, 十九取っ, 名を, 度の, 当つて, 当て砕ける, 攻めて, 日取りは, 此方え, 池上に, 決して了, 生命を, 白刃の, 眦に, 脅かすなよ, 試みられようと, 間しく言う, 騒々しい, 騷

▼ 八年間~ (93, 0.2%)

4 働かねば 2 の年月, の禁慾生活, の私, の結婚, の罪業過失, の長き, の養育料, は働い, よりもむしろ

1 [71件] このこと, つづいた, でありふじ子, というもの, といふもの, にこの, にたいてい, になされた, には一四二対一〇〇、後, には腹, にもせよ, に一度, に亙る, に八割強, に公, に出生, に四人, に成就, に江戸, に溜めた, に積み来った, の中項, の人類文明, の任期中碌, の休息, の作品, の光栄, の克己精進, の出生, の創作, の印度人社會, の増加, の実際, の東京暮し, の歴史, の獄中, の田園生活, の詩作品, の配所, はかつて, はシャーロック, は私, もい, もうらみ, もつづけ, も一緒, も冬, も別れ, も執政, も塾, も居った, も技術者, も生埋め, も禁慾, も積んだ, も苦しみ通した, も身體, やつて, をむなしく, を中国, を市内, を要する, を通じて常に, 勤めあげたこと, 同じ精力, 眺めたもの, 絶えず稿, 考えて, 言いだすの, 読み通して, 遊んで

▼ 八~ (90, 0.2%)

4 の兵 2 あれば, からある, しか出, の勝, の生徒, や店, よろずの, よろづ神

1 [70件] かそれとも, から九百カロリー, ぐらいある, じゃない, でも世帯, で会員, で念願, で躓いた, といえ, といふ指針, とおなじく, となっ, と傳, になされ, になっ, にも足らない, に減らし, に達し, の中部隊, の予約, の代り, の健児, の兵員, の単位, の同勢, の君子, の大, の手下ども, の新しい, の歳費, の水俣, の水平飛行, の玉子, の生む, の精鋭, の総, の群, の許, の読者, の諸侯, の讀者, の負, の金, の長軍, ばかりこもっ, ばかりの手勢, ばかりの蝦夷, ばかり云いましょう, ほどの旗下, ほど蓄め, までの虫, もありましたらう, も負け, やが, やだって, やと, やのキャベジ籠, やの配給, やザル, や半兵衛, や魚, をきかされ, をさずけ, をひきつれ, を以て出発, を焼失, を率い, 好く其の, 湧きのぼる滿潮, 長くづれ

▼ 八時ごろ~ (88, 0.2%)

7 のこと 6 であった, になっ 5 でした 4 になる 3 にお 2 でしたが, に家

1 [53件] お着き, からもう, から一時間, から八時半ごろ, から出, から十時ごろ, から夕食, から彼, から数十分間巣鴨三田間, だったから, だったでしょう, だつた, だとか, つみ出させひるすぎ, であったが, であったろう, でありました, でさ, でしたかね, でしたから, でしょう, でしょうかな, です, ですから, ですが, になります, には地雨, には病院, には約束, に一度手, に寝床, に帰れ, に引き揚げ, に手紙, に朝食, に磯貝, に講堂, に起きた, の事, の薄, はまだ, までお, までだ, までに根津権現, まで書い, まで遊ん, まで酒, まで集める, 一旦ね, 帰ったが, 突然あたし, 見に, 通りかかった

▼ 八十人~ (86, 0.2%)

3 では 2 が完全, の同勢, の同志, の小勢, の武士, の滞在客

1 [71件] か九十人, が控え, ぐらいしか登山客, ぐらいのもの, しか入らなかつた, しか無かっ, ずつ殺した, それにあちらこちら, だかが, という多勢, と御, と集つて, になった, にのぼった, にも上った, に討ちなされ, の, のお客, の上り下り, の人, の人数, の人間, の候補者, の兵隊, の味方, の大臣, の学生, の家来, の少女等, の尾州藩, の巫女, の御家人, の料理人, の生徒, の由, の者, の警戒員, の配達夫, の野武士, の釣り手, の隊, の首カセ, はおくれ, はかぞえられた, は山, は山谺, は水夫, は私, ばかりの会員, ばかりも殺られました, ほどの聴講者, ほど女性, までの縮小, もあろう, もいた, もいる, もお, もの荘丁, も家来, も死ん, も百人, も見えた, も集まった, をいふ, をつれ, を前後, を踰, 並べて, 乃至百人, 付き添って, 程になつて

▼ 八九歳~ (82, 0.2%)

6 の頃 4 になる 3 の少女, の少年 2 のころ, の侍, の時, の時分

1 [58件] かそれ, から二十五, から二十六七歳くら, から後, か十歳, ぐらいの女中さん, だったこの, でした, でパン焼釜, で使用人, で鴨居, という年頃, といふ見当, ともおもわれる, とも見られる, になっ, になつ, になります, にもなれ, のころ京都, のころ医者, のさい, の二人, の人, の優男, の勞働, の可憐, の女性, の威厳, の子供心, の小柄, の少, の少女たち, の弱い, の悪戯青年, の狼使い, の田舎青年, の童子, の美しい, の美少年, の老, の職人風, の肉體, の艶女, の草履取り, の豊麗, の貴人, の質朴, の連中五十名ぐらゐ, の頃片山, の高齢, ばかりとも見える, ばかりのランドセル, までそこ, までの仏蘭西人, までの寿命, までの少女, より十二三歳

▼ 八十年~ (81, 0.1%)

4 の間 3 の昔, ばかり前 2 であった, という月日, に相当, の後, の月日, の歴史, ほど前, 程前

1 [55件] おいで, か九十年, か百年, くらい前, しか経たない, だという, である, であるに, ですわね, でコーペンヘーゲン, といつた, なり而, においてさえ古風, においてさえ諸君, におよぶ, にし, にたたみこまれ, にも足らぬ, にも近かろ, にわたつ, にわたる過去, にモンセーニュール, に独逸, に羅馬, に至る, のあいだ学士会院, の人, の人生, の前, の句, の夏, の建物, の歳月, の浮沈行蔵, の生涯, の発展, の間多く, の間豊, はまるで, ばかりの間, ほどの昔, ほどの歴史, ほどは非常, も以前, も前, も生きなけれ, をへた, を以てし, を経, を經, を靈帝光和中, 生きるも, 生き延びた鬼王丸, 程も前, 経てば

▼ 八~ (80, 0.1%)

5 の兵 3 を率い 2 に過ぎない, の兵力, の毛穴, の衆徒, の霊魂, をこえ

1 [60件] から一万, がひそか, が七月, が来襲, が甲府表, ぐらいある, ぐらいにまとめ, ことごとく曹操, だけである, であったが, であったモスクワ, である, で人数, とみられる, と伝へられ, と書く, と称えられ, と言わるる, などは鎧袖一触, にのぼり, に増大, に戻り, に足りなかった, のところ, の予約者, の人数, の健兒, の僧, の全, の勢, の包囲猛攻, の大軍, の失業者, の妓生, の子弟, の焼死人中, の砲, の竜王仏説法, の蜀勢, の途, の銃, の魔形, はその, は五千, は戦死傷, も儲かる, も籠っ, をみずから, を以, を先鋒, を加え, を周囲, を始め, を容れた, を有する, 乃至一萬, 刷る由, 或る, 返の, 集めて

▼ 八百八町~ (80, 0.1%)

2 にはその, のうち, のべたらにね, の人気, を支配

1 [70件] あるん, から成る, がこぞってどっと, がご, がたった, が只, とすれ, と言つて, なら上, において竹光, にかくれ, につづい, にはびこれ, にも二人, にバラ, に加え, に名, に大, に家, に散らばる, に消え, に起つた, に起る, に鳴らした, ね, のどこ, のべたら, のべたらといったまで, のべたらに, の人, の人々, の人民, の八百屋, の名折れ, の埃, の大, の家, の寺, の御用, の恐怖, の潮, の無韻, の男女, の町, の繁昌, の老若男女, の落武者狩, の隅々, の雑音, は二寸厚み, は今, は広い, は真, は花, へひろがっ, へ飛火, をあばれ歩い, をあばれ歩く, を叩い, を引っ繰り返し, を押しつけ, を横ぎろうと, を毎日風, を流し歩いた, を火, を真っ白, を股, を荒しまわった, を訪れつくし, を足

▼ 八~ (77, 0.1%)

2 のうち, の令旨, の大, 又七郎

1 [69件] およびシャール十世, およびナポレオン, か, がコロンナ一家, がコロンブス, がフランス王家, が今, が出, が国外, が幾分, が神, が精神派, が聖地, だか, というよう, とその, となっ, とにまでもおよんだ, と誤り思へる, なる叔父, にはあるまじき, によって革命時代, に一度姿, に六人, に招かれ, のいかなる, のお, のジャコバン主義, の伝記者, の傑作, の出入, の又, の受難, の命, の奴隷的, の娘, の孫飯島三郎, の小, の屈辱, の彼女, の御, の怨み, の憲法, の所有, の政略, の死, の死後, の祖, の祖頼氏, の第, の紋章, の蓮如上人, はほとんど, はもう, はサン・トーアン, はマレンゴー, は一百日, は五千七百九メートル, は再び, は機才, は爪先, をとら, を打ち倒せ, を指す, を王位, を立てられた, を経, 即ち當時, 及びクレメンス五世

▼ 八~ (76, 0.1%)

4 ひげ 3 の漢語 2 ずつ飛ばし, に読むべき, の中, の皺, の髯

1 [59件] ありまして, あるので, かいて, から三十字位, か三十一二字, か九字, が二行, が書い, が書かれ, ずつ取り, である, というよう, となり, と一二〇字, にぐつとつつぱり, にし, になる, によせ, によって永遠, に生, に讀むべき, に髭, のアルファベット, の俳句十九字, の兵法, の増加, の底, の書, の歌, の浪, の瑠璃, の短, の篆文, の組み合わせ, の蔓, の詩, の輪廓, の霜, の題字, は, は上手, は実録, は珍, より成り, を以て貴公, を刻, を刻みつけました, を刻ん, を加筆, を南無阿弥陀仏, を取り出せ, を彫らせた, を忘れ, を暗記, を書きつけました, を蓄, 乃至二十二三字, 乃至二十二字, 第十四字

▼ 八十三郎~ (75, 0.1%)

2 だ, だった, の手, の部屋, は兄

1 [65件] からだ, がいない, がひそか, が撃った, が時々, が気づい, が激しく, が起きだし, が顔, だけはと頼み, っなぜ, でございます, です, と違い, には少し, に家督, のため, の二人きり, の兄弟, の冴えた, の取り, の家督相続, の方, の書斎, の生命, の行く手, の行った, の討手, の身命, の連累, の運命, の顔, の顔いろは, はあたり前, はすまない, は何気ない, は俺, は八, は其許, は手拭, は振り向いた, は提げ, は桂, は気の毒そう, は窓, は組ん, は蒼白, は観念, は読む, は誰, は跳びつい, は近頃, への心やり, へは何で, もいない, もすぐ, も今日, も庄次郎, も後口, も江戸, も照子, を其方, を思っ, を求める, 断わって

▼ 八~ (75, 0.1%)

5 と悟浄 3 のよう 2 の享楽主義, の姿

1 [63件] かい, がいた, がいる, が云, が俺, が熊手, が現われた, が現われる, が答える, だと, だよ, として米友, とともに育っ, と子路, と沙悟浄, と沙悟淨, と言っ, と語る, などもいた, にも劣らぬ, に似, に似た, に出会った, に沙悟浄, のくせ, の出現, の勢力範囲, の声, の御相手, の怠惰, の方, の生き方, の解釈, の言葉, の話, の野郎, はあんなに, はいた, はいつも, はいまさら, はともかく, はとりわけ, はヘタ, は印, は念入り, は悟空, は最もよく, は眼, は自分, は豕, は面目, は鮮, もただ, もつれずに, もまた, や市民, や悟浄, や牛魔王, よりも大きく, よりも烏天狗, を保ち, を発見, を近く

▼ 八十円~ (74, 0.1%)

4 の報酬 3 で買った 2 から百円, では, に目

1 [61件] いただけますなら当分栄養, からの金, がもの, したん, ずつの保証人, ずつの地代, だ, だから, だけの製造, だぜ, だつた相, だの百十円, でございます, でしたね, でどう, でよろこん, でわけ, で吹, で売つてるから, で売らされた, で買いました, で買い取った, という大, とかの立看板, とは, に, にまで飛んだ, に減じ, のお金, のもの, のウイスキー, のカムチャツカ狐, のポートフォリオ, の予算, の品, の安値, の家賃, の時価, の月収, の月給, の製造, の配当, の金, ばかりなん, ばかり用達, ほど, まで騰貴, もあり, も九十円, をもうけ, を出し, を懐, を給せよう, を肥料屋, を限度, を頂戴, 出て, 増して, 程金, 貰うて, 費やさしめ村民大不服

▼ 八日目~ (71, 0.1%)

8 の朝 2 である, に御, に死んだ, の夜

1 [55件] お紋, かにある, だったそう, だと, であった, です, なの, に, にお前さん, にかえって, にでき, になっ, にはもう, にはガラス管, には七時頃, にひょっくり, にやっと, に出し, に出立, に嘉吉, に抜糸, に村落, に校長, に死んでしまつた, に歿, に江戸, に目出度, に神農樣, に私, に自宅, に至る, に船, に草臥, に行った, に議院, に起つた, に飄然, のこと, の九月十一日, の事, の二日, の今日, の十月二十五日, の午下り, の午後, の夕ぐれ, の夕方, の夕方久, の夜明け方, の日男君, の晩, の朝署長, の頃南蛮軍, は, 即ち彼

▼ 八にも~ (70, 0.1%)

9 なって 3 なるでせうか 2 なるでしょうか, なる兼良, なれば, 何となく失策平次

1 [50件] あるまじく暗い, あんな時, おなり, お久米, これくらいの, これ位の, すぐ分った, その問答, なったもの, なった以上, なってと, なりて, なりますまいにね, なりまするこの, なるこの, なるし, なるでしょうが, なるでせうが, なると, なる大, なる生み, なろうか, なろうという, よく分った, 一学にも, 一度は, 一種鬼気の, 上ると, 何が, 何にか, 分りません, 判然しません, 厭な, 叔母さんといふ, 合点が, 容易には, 平次が, 必然が, 成ってと, 成りましょうか, 成ッて, 用が, 矢張り遠慮は, 置く物, 見える, 解ききれぬ一つ, 解らないこと, 賛成を, 逢ひました, 酌ぐし

▼ 八~ (69, 0.1%)

2 に相, の宿禰, の後, の集

1 [61件] から前十二代, から十二代, から連れ, がしどけない, が気弱, が腸, でゆ, で二倍, とも言, と土地, なる泰勝院, にて昼食, にもなる, に七代, の世, の共同作業所, の内河党, の凝, の右肩, の吉宗将軍家, の城下, の執権相模太郎時宗, の天子徽宗, の天皇二条, の天皇孝元, の天皇宣化, の奉行角左衛門, の如き, の将軍, の将軍吉宗, の将軍様, の御, の徽宗皇帝, の時, の殿樣島津齋彬公, の沖, の法皇, の海浜, の王, の知事, の祖トンチ, の義政, の職, の象嵌, の間これ, の養子, の鶴見物, はチャンポポ, はバッタリ, は多少, は帝紀, は薫譽沖谷居士, は通稱金藏, へ向い, へ向っ, へ宿, へ行こう, まで進んだ, も続き, を一日, 伝わって

▼ 八〇〇年~ (68, 0.1%)

7 の人口 4 ないし一八一〇年, ないし一八一一年 3 に終る, に至る, のそれ, の期間, 及び一八〇一年 2 の人口実測, の修正人口, の出生, の実測

1 [30件] とは結婚, ないし一八二一年, に, における, につき報告, にはロンドン市, には九, には完全, には空, には隠退, に動植物園, に国王, に英國, に著, に通過, の, の不作直前, の事, の二〇年間, の人口増加, の修正報告数, の初め, の時代, の減少数, の結社禁止法, の間, の頃, よりも大, よりも急速, をもって終る

▼ 八~ (68, 0.1%)

84 という, な 2 ぞ, つたで, と云っ

1 [46件] からおつむ, からもう, から我慢, か私月足らず, がこれ, がこれ等, がそれ, がね, が嘗められる, が最近, が死ぬ, が相応, が腕, が車夫, けれどわが, しお, ぜ, ぜ貴様, つたから, つたのは, つた異母妹の, つた癇の, つてことの, つて怪しく, ということ, というの, といった, とえ, とかいうん, とそう, と云う, と云った, と仰し, と名乗る, と思います, と思つて, と感づい, と答えた, と角太郎, と鶯谷, ね, のと, もの, んで頂上, 生意気ざかりだ, 相です

▼ 八十両~ (65, 0.1%)

6 の金 4 の大金 3 の金子, べえ 2 の借金, の小判, はある

1 [43件] ありゃア結構, あろうと, がもの, が懐中, ずつ返し, だの, であるが, ですから, で買取られた, というもの, という大金, になる, にはなろう, のこと, の包み金, の受取証文, の手土産, の為換, はおろか, は大金, は安い, は巾着切り, は結納, は自分, は見事, べい, ほど引っ, まんまと騙り取ろう, もありましょう, もお, も有り, やって, よ, をこの, を二度, を取り返した, を抜かれた, を盗ませた, を窃, 何とまア, 抜いたの, 程集りました, 返しゃ徳之助

▼ 八~ (63, 0.1%)

2 というの, の下手

1 [59件] あって, ありといふ, かえ, から奥瀞, がたつた, ぐらいな, しか離れ, だすて, つながって, で小夜衣, という一口, という人間, という場所, といふ, といふも霊山, とか浅草田圃, と云う, と申します, と言, と言った, に, の上, の下流, の両, の中央, の山雉, の意味, の方, の砂ほこり, の距離, の道, の長距離, の間, の頂, は山道, ばかりの虎御前山, ばかりひがし, ほど来, もありましょう, もある, もするなら, もゆく, もようやく, も尽きる, も走りました, も隔つて, をぶらりぶらりと, を大平, を尋ねた, を麓, 下った狭苦しい, 泣かせの, 荒しした奴等, 荒しだの, 荒らしと, 行くと, 行けば, 行って, 離れた所

▼ 八十吉~ (61, 0.1%)

4 と清松 3 である 2 に清松, も清松

1 [50件] がこの, がたつた, がデッキ, が僕, が水, だ, であった, という鮫河橋三人組, とは車夫仲間, とキン, と二ツ, と心得, と清松夫婦, と竹造, と船頭, に代っ, のこの, のもと, の妻キン, の家, の寡婦キン, の尻, の溺れる, の肛門, の落ちた, の部屋, はその, はとッさ, はなかなか, はペコリ, は二十八, は仁王立, は今, は十二, は十時ごろ一度, は唯一人, は明治廿五年旧暦六月二十六日, は父, は終に, は金瓶村宝泉寺, を別室, を大切, を引上げ, を殺した, を水, を海, を温めた, を肩, を見つけた, を誘い

▼ 八九人~ (60, 0.1%)

2 いて, の中, の仲間, 詰らな相

1 [52件] いるん, かも知れない, があつまっ, がテーブル, が二名, が死んだ, が青山, さ小さく, しか見えなかった, ずつの侍, でありました, でこっち, と憲兵二人, にもなり, に馬, の三条河原事件, の人, の人たち, の人夫達, の人数, の仲間小者, の侍, の児供, の原士, の取り, の同勢, の女, の子, の家, の家族, の宿舎, の手負い, の敵, の有志, の武士, の男, の白服, の芸者, の荒くれ男, の被害民, の警官, の足軽, の鉱夫, は入らぬ, は駈けつづけた, まで斬りつづけました, まで黒髮, も向う, も頭, を薙ぎ倒す, 今祝め, 出来た

▼ 八〇年~ (59, 0.1%)

6 ないし一七八五年 4 の人口 3 ないし一八〇〇年 2 だが, に先立つ, に終る, の三月, の復活祭

1 [36件] から一八〇九年, から一四八二年, から七〇年酒, から八二年, その新年, で終る, と一七八五年, ないし一八一〇年, にいたり, にはいろいろ, にはこの, にはさらに, にはじまれり, にはその, にワリニャーニ, に現われた, に甦った, に磁気選鉱法, に至っ, に至り, に至る, のみならず, の八月, の出生, の古き, の春, の期間, の秋, の統計表, までは全く, までは年, まで法王, まで連続的, より以前, をもって終る, 及びその後

▼ 八年頃~ (54, 0.1%)

2 の事

1 [52件] おもだった売場, からそれ, からづツ, からである, からのこと, からヤソ会以外, から三十七八年, から今日, から全国, から劇文学, から同, から小作人, から東京, から湯島天神下, から禁止, から駒場, であった, ですか, で大, で家, と思ふ, と聞い, なのよ, なりしなるべく, にはオーストリア, に一切経, に出来上った, に取り毀され, に取毀され, に家出, に掛図, の, のいわゆる, のこと, のもの, の初春, の堅實, の春, の書翰, の水道町, の片田舎, の秋水戸, の鹿, はじめて職業婦人, までの間, まではかなり, まで東京, より司馬江漢, ノ割下水ダト思ッテイル, ノ或, 書かれたところ, 迄三十五枚

▼ 八千円~ (53, 0.1%)

3 の金 2 の財産

1 [48件] かし, からあった, から弟, くらいとを貰う, しようが, だ, だから, だツ, で務台氏, で売り, で帯, といふところ, とちい, とは経営者, と志道軒, と言う, と飛んだ, なら安い, になった, になります, にチョット, に値切られた, のこと, のもの, の予算, の低, の保証金, の債務, の利益, の所有者, の損害賠償, の証書, の造花, の預金通帳, はナマズ, は一寸, は常友, は神戸, は足尾銅山, ばかりこれ, ばかりしか純益, ばかりの金高, もの市価, わあツ, わるくする, をまんざら, をもってお, を幸平

▼ 八~ (53, 0.1%)

2 が発着所, に掲載, に至る, のエンジナー, の皆川, の風景, をもっ

1 [39件] か十号, が仲間, が出た, が宣伝長イレネ女史, ぐらいの画布, だと, でこれ, で語られ, というもの, という札, と共に和紙, と十号, に, にて逃走, に出し置いた, のカンヴァス, のロオド・スタア, の一, の三, の三区域, の二, の件, の友人金成白, の女たち, の日本文, の画布, の粗末, の絵, の自動車, ばかりの油絵, ばかりの自分, へ連れ, ほどの一枚, までで, をかいた, をまた, を幾枚, ノ四, 及び

▼ 八ヶ嶽~ (51, 0.1%)

4 の魔神 3 の中腹, の山, の山男 2 の裾野, の麓

1 [34件] から来た, から追い出し, が東南, が連, だけに住んでる, で裾野, という三文字, には早, に登り, に行っ, の三高山, の今日, の南麓, の天狗, の宗介天狗様, の峯, の白頭, の窩人, の窩人部落, の雄大, の高い高い, ははじめて, へ, へは帰る, へ上られ, へ行こう, へ行った, へ走っ, を上, を下り, を出, を忘れ, を思い出す, 見えて

▼ 八五郎さん~ (51, 0.1%)

4 にお 2 かい, が向う, まだお, もまア, もよく

1 [37件] お坊, お坊ちや, お願, がさ, が何, が來, が本当に, が行つて, その冗談, だけ, だらう, だろう, でなくちゃと, でなくちや, では, でも, というの, といっ, といつ, とかに一緒, とかを一緒, とは夫婦約束, と言, なんかを怨ん, にお願い, にでもお, に瀬踏, に頼んだ, のやう, の弟子入り, の本当に, の縛られた, の鞘當, は, は可愛らしい, も御, 騙されちや

▼ 八百人~ (51, 0.1%)

2 の見物人, もいる, を鏖殺

1 [45件] あり, からある, からの労働者, から千人, がこれら, がすでに, が信者, が既に, が機械工場, ずつはこなせる, だが, で最後, というの, と数えられ, につき僧侶一人, に減じ, に過ぎず, のうち, のため, の人間, の会葬者, の僧尼, の同勢, の多く, の大, の子分, の官吏, の客, の家来, の隊, の頭目, は大須賀康高, は完全, ばかりが横山城, ほど残れる, もある, もって, もはいる, も持っ, やられたん, をし, をつれ, を全部解雇, 実に寒村, 程焼死云々

▼ 八その~ (49, 0.1%)

6 野郎を 2 うちに, 二人を, 吹矢は, 女を, 臼を, 野郎だ

1 [31件] また代り, 乳母を, 人に, 刄と, 十手を, 塀の, 大變, 天性の, 女に, 家の, 床の間の, 月の, 湯呑と, 溝を, 火鉢を, 烏に, 石だ, 窓の, 紙入の, 絲を, 縁側が, 若いほう, 蓋を, 踏台を, 車を, 辺に, 通の, 野郎は, 長持の, 離屋を, 面は

▼ 八五郎兄哥~ (49, 0.1%)

2 か, が住ん, の前

1 [43件] いつも元, お指図, お指圖, から聞きなすったろう, から聞きなすつたらう, か下谷, か少し, が一寸, が下手人, が昨夜, が顏, が顔, だ, だけさ, ですよ, でなくて, とは夢, と來ちや, にお, にさう, には叶, には濟まね, に來, に嗅ぎ出され, に繩, のこと, の住ん, の家, の手柄話, の手落ち, の智惠, の留守, の素姓, の考, の見込, の見込み, はこの, は夜, は此家, は相, は錢形, も身, を働かせ

▼ 八代さん~ (49, 0.1%)

2 はその

1 [47件] が, がたしかに, がたった, が引止め, が心配, が濡れ手, が無理矢理, が突きつけ, が裸足, が見付け出し, とは母屋, と十七, に, の前, の叫声, の胆玉, の血相, の襟髪, の金切声, の頭, の顔, の顔付き, はいつも, はそれ, はチョット, はハッ, は云う, は今, は何, は何やら, は前, は又, は唯一人, は引返し, は急い, は気, は無理矢理, は片手, は窓, は見る見る, もうなずきまし, も怖, も慄, も眼, を又, を引止め, を起した

▼ 八五年~ (46, 0.1%)

3 に死す, の期間 2 ないし一七九〇年, の, の夏

1 [34件] から一八〇二年, から一八八八年, という, との人口, ないし一八一三年, にはナイル, にクリン, にヴェルサイユ宮, に初めて, に十二頭, に在位, に嬰児, に於ける, に至る, に行われた, に西スペイン, に高, の中間期, の人口, の作, の出生, の四月, の四月十五日, の恐ろしい, の日付け, の春, の末, の秋, の間, の頃, は不作, へかけ, も同じく, より一九〇八年

▼ 八兄哥~ (46, 0.1%)

2 には泉屋, は正直, 大層好い

1 [40件] お寿, お静さん, お靜さん, かそいつ, か大層, か銭形, か錢形, がお, が宜, この三軒長屋, じゃない, その手配, たいした手柄, ですか, でも, とか言, とか言っ, に悪い, に惡, に濟, に言, に言わせる, の惚れつ, の肩, の言, の身内, はどう, は大事, は此處, への氣兼, もう遅い, もか, も良い, より二つ三つ, を借り, 大した手柄, 大層大きな, 帰ったら平次, 行って, 頼むぜ

▼ 八十馬~ (45, 0.1%)

1 [45件] が, がどうして, だったお, って男, という者, といっ, と名乗る, にうまうまと, にでも見つかれ, に追いすがり, に遊び, のことば, のほう, の執拗, の姿, の死骸, の毒牙, の眼, の血液, の顔, の鼻, はあわて, はうごかない, はこう, はそう, はそこ, はその, はとたんに, はどうか, はへなへな, は乗り気, は何度, は単に, は平気, は得意, は思わず, は手, は満足そう, は独り, は猟犬, は病気, は笑っ, は酔う, は離れない, より朱実

▼ 八~ (45, 0.1%)

2 も, も行幸

1 [41件] あの塑像, ある, から九回, から十回, が二三回, が金星, そのうち吉田茂氏, そのつぎ, でやはり, で古い, にし, になった, には上院, には政党, にわけ, に及ぶ, に過ぎない, のところ, のレコード, の一斉射撃, の五分利国庫, の吟味, の御, の拷問, の正月, の誕生日, の驟雨, はあります, までも堪え通した, も煙, も逢っ, も開かれ, も頼みました, も鳴らす, より二十四回, 乃至十回, 会って, 及び最終, 同じもの, 御登山, 行うよう

▼ 八~ (45, 0.1%)

2 に, には, の新聞

1 [39件] から十二頁ぐらゐのものまであるのです, ごめんなさい, だけど, だけれど, だけを読みました, で紙, にある, にいう, にいわく, にこんな, にその, にはカルダンダン, には件, には右, にも暗示, にも門司, にナエンドルフいわく, に一部, に二尺長, に古人一種, に大審院, に対する図版参照, に書い, に竜, に記した, に説明, のところ, のもの, の一頁ごと, の上, の広告欄, の議事録, の貴重, の足踏式ロール, の間, ばかり出, を見る, 及び付表, 第二行

▼ 八これ~ (44, 0.1%)

2 が出る, はあまり, はお, は下駄, は何, は何ん, を持っ

1 [30件] が全部, が申松, じゃお化け, では際限, で沢山, で風向き, に気が付かなかった, に氣, はたしかに, はどう, はなる, は世にも, は俺, は初々しく可愛らしい, は子飼い, は少し, は平次, は成, は神田一圓, は血, は贋物, は近在, は遠縁, は間違ひも, も同じ, をこう, をどう, を持つ, を見, を見ろ

▼ 八一年~ (44, 0.1%)

2 ないし一七八五年, ないし一七八四年, ないし一八〇一年, の九月

1 [36件] から一九〇〇年, から九二年, から翌年, だけで五千人, である, と一八四六年, ないし一八一一年, にはアレキサンダア二世, にはリヴォルノ, には三段膨脹機関, にまた, にグリーン, にパンタラジニ, に宣教師たち, に得た, に成った, に死んだ, に結婚者二九, の, のこと, のサロン, の三月初め, の三月頃, の十月上旬, の国勢調査, の國勢調査, の夏, の死亡率, の猶, の秋, まで皇帝, より九六年, 及び一七八四年, 及び八二年, 蒙古, 選ばれて

▼ 八百年~ (44, 0.1%)

6 も前 3 の間 2 と雨, にし, の五月

1 [29件] かだ, という長い, とは王世貞, において比丘縦逸, になつて, に亘る, に及ぶ, に尽きる, の伝統, の初め, の劫, の基, の昔, の星霜, の月日, の長い, の間武門, ばかり昔, ほどもまえ, ほど昔, もおくれ, もの昔, もまえ, も埋れ, も長命, をどれ, を興した, 生きて, 程降る

▼ 八三〇年~ (43, 0.1%)

6 の革命 2 から四八年, と一八四八年

1 [33件] から一八三五年, から一八四八年, その第, と称せられる, におけるルイ, にはこの, にはシャール十世, には内職, には早く, にふさわしい, にエヴルー, にミハエリス, に再び, に敗れたる, に死んだ, に立ち戻っ, の七月, の上, の事実, の事業, の動揺, の化身, の政府, はもはや, は一七九三年, は中途, は既に, は本道, は民衆, まで, までのうち, まで続いた, 遂に

▼ 八~ (43, 0.1%)

4 のところ 2 とその, の銅像

1 [35件] いたか, がその, が死んだ, が沢山, が盤面, が身, であったの, といふやう, とか言っ, とか言つて, と多く, と村, と犬達, に渡し, のもと, の夫婦喧嘩, の常連ここ, の銅像前, はさ, はにこにこ, はむつつり考, はシャッポ, は一人, は一匹, は大変得意, は急, は毎日, は笑, は話, は途方, は遅く, もそれ, も肉体, も飛び起き, をその

▼ 八年目~ (43, 0.1%)

4 である 2 であった, になつ, に祟り, もやっぱり

1 [31件] ぐらいの時代, だと, に, にあつ, になりまし, になります, になる, にはもう, にぶらりと, に初めて, に妻, に怪しい, に戻っ, に更に, に私, に聞, に聞かれた, に自分, の二十三日, の今日, の今月今日, の姿, の対面, の帰り途, の明治二十二年一月二十五日, の終り, の葡萄酒, の記念, の開帳, より五カ年間, 故この

▼ 八~ (42, 0.1%)

2 の軍

1 [40件] あり, あるのに, そのほか, である, でもなかっ, という, ともいわれ, と数えられ, ないし十万, になった, に命じ, に戦傷, の五名, の信者, の国, の坑夫, の士, の大軍, の強兵, の悪, の愛国者, の書生, の独逸俘虜, の精兵, の胡兵, の衆徒, の財産, の都府, の金, の餓死人, はあるだろう, は加え, は多, は有難い, は稼い, もいる, や十万, をツモ, を持っ, を越

▼ 八分の一~ (42, 0.1%)

2 とし, の休止

1 [38件] か十九分の一増加, が凍る, が来る, が第, しか凍らない, だけがまず, だけが凍る, だけが零度, だけ凍っ, だけ凍る, であったならば, であつ, でありこれ, であり年結婚, である, であるよう, である場合死亡率, であろうと, で一国, という, という数字, という高率, となり, ないし一一五分の一, にすぎない, のノルウェイ, の低音, の部分, ばかり行った, ほどのキャベジ, をもって疾病流行季, を保有, を出し, を引受けた, を得, を疫病, を示し, を譲られた

▼ 八~ (42, 0.1%)

2 を占め

1 [40件] か九割, がこの, がたかっ込む, がたま, が文盲, ぐらいの混み, ぐらいの火災, での本, とか, と女, と書かれ, に当る, の値上げ, の地位, の増加, の増殖, はこれ, はそうした, は他国もの, は党員, は死んだ, は死んだらしい, は焼け野原, は真宗, までが, までがこの, までがぞろぞろ, までがなんらかの, までが農業者, までは全然, までは媒合, までは眼, までを自分, まで出来あがっ, まで山陰, も貯え, をもって生活, を増せる, を要求, を負わね

▼ 八~ (41, 0.1%)

6 十九の 5 そこい 3 十九で 2 九の, 左孝は, 留吉の

1 [21件] あの鬼, からな, こ, しゃが父に, そこらで, 中洲の, 九で, 兄卯太郎それから, 兄卯太郎は, 六では, 十九と, 十九や, 叔父太, 宜く, 小六, 投げ槍, 桃太郎や, 玄蕃に, 能く, 茶を, 雨が

▼ 八~ (41, 0.1%)

2 をし, 第九巻

1 [37件] あり, ありて, からあと, からなる, がそれぞれ経題, といふ大部, として幾年ぶり, となした, などについてその, なり十巻, に, にその, には主として, の, のよう, のウェイヴァリ・ノヴルズ, の一切経, の一部, の二部, の五, の再, の盲人, の見返し, の読誦, はいろいろ, より成り, をお, を以て有名, を写しおえ, を立読, を編輯, を読み, 及び十六羅漢像, 第一号, 第九号, 第六号, 織りかけたる布帛

▼ 八時過ぎ~ (41, 0.1%)

4 であった 2 になる, の終列車

1 [33件] からで, だ, だったでしょう, だった急, だつた, である, ですぜ, でもあろう, で御座いましたでしょうか, で裏手, といふ通知, なり, にはここ, にはアパート, には何, には木更津, に出, に呉淞, に天野, に宇治, に小野, に工藤, に戻っ, に歸, に番傘, に着く, に秋子さん, に第, のこと, までか, までに八里余り, まで一仕事, まで起き

▼ 八~ (41, 0.1%)

2 あり, ある, の中, の恋愛, の蛇名, もある

1 [29件] あるが, あるそう, だけがのこりました, である, です, なり, にわけ, に上り, のもの, の別様, の活用, の物, の獣, の異, の神宝, の輸入禁止, の雷神, の飜譯, の香木, はもとより, は大学, ほどの田舎新聞, ほどの絵具, ほどの雑誌, もあり, もの動物, もの民族語, をずばり, を占め

▼ 八ヶ月~ (40, 0.1%)

2 も前

1 [38件] かかつて, ぐらいの腹, たったばかり, たらずでしたが, だつた, つ, つづいた, で, であったが, でこれ, では, で既に, で翌年, で離婚, といふ所謂, にし, のうち, の人物, の今日, の後, の懲役, の日子, の身重, の間, はおろか, は断食, ばかり私, ほどかかった, ほど前, ほど過ぎた, もか, もかかつ, もね, も家, も経っ, を經, を過ぎる, 程前

▼ 八万騎~ (40, 0.1%)

3 の一人, の中

1 [34件] あって, がすでに, が何だい, が物, ということ, といっ, と申される, と申した, なるもの, にその, によって海内, のいち人, のご, のごとき, のだらし, のよしみ, の二十万騎の, の其の, の列, の名, の多い, の旗本, の直参, の直参旗本共, の連中, は奮起, も単なる, をはじめ, をひきい, をもっ, を入れ, を挙げ, を鎮撫, を養成

▼ 八十度~ (40, 0.1%)

2 の方向

1 [38件] くらいにし, ぐらいの熱, ぐらい回転, だか, であるという, です, とは上らない, なりその, において適当, にのぼらん, にひろまり, にも九十度, にグラリ, に近く, に達し, に達す, のスピッツベルゲン, の大, の展開, の廻転, の角度, の転回, の間, ばかりまわった, よりも二十度, を指した, を算す, を越えた, を越える, を越し, を越ゆ, を降らない, を限り, 廻して, 越しました, 足りないから, 転じて, 近うございます

▼ 八時すぎ~ (40, 0.1%)

3 になっ 2 だった

1 [35件] かなり疲労, からセット, から一睡, つきました, でもね, という働き, にきりあげ, にこうした, になる, にはなかなか, にアガリ, に伸子, に伸子ひとり, に僕, に夫婦, に帰る, に思いがけず, に戻りました, に汽車, に眼, に砧, に起き, に通った, のこと, の上り列車, の田舎道, までかかっ, までしずか, まで外, まで待機, 一旦おきた, 丁度番組, 起きる, 迄やり, 迄一

▼ 八百石~ (40, 0.1%)

8 取の 4 のお 3 の旗本 2 にお, を食ん

1 [21件] か千石, でも千石, に添え物, に至, に過ぎません, の名, の城主, の島津家, の殿様, の殿樣, は譲られない, をたい, を取っ, を完全, を賜わっ, を領, を領する, を食み, 取が, 御上納, 御旗本

▼ 八一五年~ (39, 0.1%)

2 に彼, の条約

1 [35件] および一八一六年, から三〇年, から再び, に, において最後, にしかも, にそこ, にはなお, にはイギリス軍, にはパリ占領, には七十五歳, には今日, には近衛騎兵, にひとり, にも今日, にアヴィニョン, にシャール・フランソア・ビヤンヴニュ・ミリエル氏, にマルサス氏, に確定, に結核, に追放, に遭遇, のワーテルロー, の戦争, の春, の暗黒時代, の末, の秋, の穀物価格, の穀物条令, は一種, は獲物, は百五十七曲, より三二年, 及び一八一六年

▼ 八八年~ (39, 0.1%)

3 及び一七〇〇年 2 の作

1 [34件] およびフランス, から一九〇七年, であった, であつ, でつまり, ないし一七九二年, にこの, にはペテルスブルグ, には世界, にイギリス, にシドニー湾上, にプーシキン賞, にベルリン, に三番目, に完成, に既に, に有名, のもの, の冬, の出来事, の十四年間, の法律, の無敵艦隊敗滅以来, の秋頃, の調査, の除夜の鐘, は千葉県浦安町, は栽培価格, へかけ, へその, までである, までといふ事, より同, 即ちカペー即位

▼ 八~ (39, 0.1%)

2 に敵, に裾張り

1 [35件] からおおい包ん, から一時, から起つ, ただ大海, とも雲霞, にあばれ廻っ, にうけ, にたたき伏せ, に事端, に兵, に分れ討った, に切っ, に吹き垂れる, に奮戦, に斬っ, に斬り散らす, に渡っ, に満ち, に潜り, に照らされる, に突い, に見よ, に踏みちらし, に門戸, に面, に馬, のフロックコート, の殺, の浮世, へ自在, ももつ, をつつん, を押, 斬りまくる其鋭刄, 這入口

▼ 八です~ (38, 0.1%)

102 か, がね

1 [24件] からなんだか, があいつ, がいま夢, がこの, がもう, が一面, が事件, が今日, が可愛らしい, が御用, が此脅迫状, が玉ちやん, が理詰め, って, とそう, な, ね, もの, ものそれに, ものどんな, ものね, よもいちど, よ八年, よ尤も

▼ 八四八年~ (38, 0.1%)

2 でも同じ, にはこの, に初めて, の革命, の革命前, を再現

1 [26件] だと, だよ, ついに七〇年, であった, と, といえ, との三度, につくられ, にはそれ, にはだれ, にはペスト, にはペテルスブルグ, にもなお, にベルリン美術学校, に手, に至り, の一月十日, の一月末, の共和政府, の十二月, の夏, の革命騷ぎ, の頃, まで住んだ, まで何ら, を見送った

▼ 八四年~ (38, 0.1%)

2 の夏

1 [36件] から八五年, である, で八六年, ないし一七八四年, にはエディンバラ王立協会, にはカルドー少佐, にはナフシャテル, には彼, には英国, にコロンブス, にハルブヘール, にバアトン, にレーリー, に二艘, に公表, に出版, に四巻, に死亡率, のあの, のこと, の一月六日, の事, の五月一日, の五月一日午後, の凶作, の夏ボストン, の春, の死亡率, の百年間, の話, の調査, の除夜, までの十年間, まで年々, 及び一七八五年, 生まれ一七三八年歿

▼ 八~ (38, 0.1%)

5 變な 2 政綱の, 政綱は, 政綱を, 町人らしい, 竜王雨やめ, 變だ

1 [21件] の男, 不平, 地主の, 堂は, 山人と, 山人とは, 山人は, 政綱との, 政綱なる, 政綱中一等長く, 政綱現, 神社から, 竜王の, 竜王雨止メ給ヘといふ, 童子の, 胡同へ, 膽に, 詩人の, 部門に, 龍王を, 龍王雨やめ

▼ 八~ (38, 0.1%)

5 のお 3 の美し 2 でした, のデリケート, の可憐, はサメザメ

1 [22件] が床, が自分, ですが, では凡そ, にはきっと, のおさん, の可愛らし, の少し, の心臓, の心臟, の死骸, の生まれ, の純情さ, の身體, の鼻, はもう, は全く, や伜, や倅, をああ, を聲, を裸體

▼ 八~ (38, 0.1%)

4 を貸せ 2 の絵, を貸し

1 [30件] かなんかで負かされ, があった, が三四株, だけは勢, で名人, といふ異例, などがあった, にいたる, に直す, に餘, のうち, のうら, の伝授, の勝負, の木, の植込み, の疎ら, の葉, の表, の裏表, の錬磨, は大きく, は幾本, や五月躑躅, や檜葉, をかこんだ, を引けつ, を放す, 漸く花, 逃げるに

▼ 八~ (38, 0.1%)

2 うろつき廻り子供, にとどろく, に間者

1 [32件] からけしきばん, からふたり, から猛火, その鎮圧, です, にかけわかれる, に人々, に伝播, に割れ, に妾宅, に手, に指し, に捌ける, に放った, に放射, に散乱, に敵, に薙ぎ立てる, に蹴, に通じ, に開く, に飛び, のため, の産物, の空, ひろげて, ふさがりの, へ小手, より起る, 停める押し合う, 捜したところ, 捜して

▼ 八~ (38, 0.1%)

3 の二十五号室

1 [35件] あるから, から上, から地下室, から段段, でございます, ですべて, でエレヴェーター, で八百室, と四階, など, に上っ, に大きな, に大穴, に用事, のアメリカ式, のビルディング, のベッド, のホトトギス社, の一室, の丸天井, の教会, の洗面所, の理髪屋, の窓, の辺, の部屋, の鋼鉄甲板, の頂上, の食堂, はどう, までエレヴェーター, まで昇り, もあり, もある, も九階

▼ 八から~ (37, 0.1%)

1 [37件] いいだした, いい出した, かつちや, であったに, ふいに, 三十くらいの, 三十ぐらいの, 三十までの, 串を, 二という, 二十ぐらいの, 二十ごろまでは, 二十そこそこの, 二十ばかりの, 二十一二の, 二十二までの, 二十五まで, 二十四五まで, 二十歳前後の, 仔細を, 借りた縁引, 十を, 十九に, 十九までの, 十九巻に, 委細の, 宗匠に, 急に, 棄てられて, 武蔵が, 武蔵の, 相当の, 聴いた, 聽い, 言傳は, 貰って, 願います

▼ 八~ (37, 0.1%)

2 が, に入門, 連中素人浄瑠璃大会が

1 [31件] かふるえ上がった, か判りません, がした, がすぐ, が寺, が縛, が頭, という, という寺男, という尾崎村, という水夫, とかいう男, と発し, と知り, にそれ, に握らせ, のえり, のやつ, の家, の酔, はこんな, はまごつい, はもいちど振り, はもう, はオドオド, は三歳, は両手, は庭先, は玄関, へジロリ, を追って

▼ 八この~ (36, 0.1%)

4 野郎を 3 通りだ 2 手拭の, 時ほど, 死骸を, 泥棒狸の, 男の

1 [19件] 三人が, 二人の, 二人は, 傷を, 先まだ, 剃刀は, 娘が, 家の, 弓は, 掛け合ひ, 溝は, 狼は, 穴は, 絵解きは, 繪解は, 足跡は, 通りだったろう, 野郎は, 錠は

▼ 八~ (36, 0.1%)

4 はもう 2 にはよく, には手掛り, はまだ, は近頃, もこの

1 [22件] が代, が代っ, が大名, が愚圖, にこんな, にはもう, には呑み込めねえ, の惡口, はあの, はす, はすっかり, はそれどころぢ, は八丁堀, は妙, は寝ず, は寢, は床下, は此處, は虫, もお前, も今, を何處

▼ 八字髭~ (36, 0.1%)

3 の手品使い 2 と頬髯, の下, の明色, を生やし, を生やした

1 [23件] あり人々, がひどく, が少し, が黒い, でも撫上げ, と厚い, と金縁眼鏡, などが大勢目白押し, の上唇, の女, の安藤巡査, の役人, の旦那方, の濃い, の紳士, は根, をはやし, をゆりうごかし, を生し, を生やしいる, を蓄, を蓄え, 美しき医師はちよ

▼ 八~ (35, 0.1%)

3 の年忌 2 の死

1 [30件] がいつも, がしたがって, がなくなる, がもっ, がやめず, が思いだされた, が生まれた, だけが命, という名, と同い年, にこしらえ, にやろう, に結びつけた, に見つかった, のため, のとつぜん, のなき, のよろこび, の墓, の目, の顔, はそれ, はとうとう, はやっぱり, は坊さん, は死出, は青い, もまた, も大きく, をまつった

▼ 八二一年~ (34, 0.1%)

4 の人口実測 3 の期間 2 にはわずか, の人口

1 [23件] になっ, には一二, には一六・三分の一パアセント, には一四, には一対一三一・一, には七, には六, には大, には紐育, にドイツ, に両院, に結婚, のもの, のクリューベル, の七月二十二日, の二〇箇年間, の初め, の報告, の実測, の脱漏, はファラデー, は一対三六・五八, は平和

▼ 八二年~ (34, 0.1%)

2 の二月, の間, の頃

1 [28件] その重臣, と一七八三年, にこの, にはその, には三十二篇, には大佐, には更に, には黄金海岸, にインド人, に司教, に彼女, に死し, に死んだ, に法王グレゴリー一三世, の一月, の一月四日, の下院, の二月二十日, の八月, の冬, の日本, の春分, の計算, までイギリス学士院長, まで再び, 及び一七八七年, 及び一七八三年, 同じくジェネバ

▼ 八大尽~ (34, 0.1%)

5 の妾宅 3 の使者 2 の方

1 [24件] がある, がいつ帰っ, が費用, でなければ, というの, というもの, と楯, と道庵先生, に対抗, のこの, のする, のため, の主客, の大, の如き, の家, の御殿, の邸, はあの, はいま, はかなり, は洋行, は言う, も御多分

▼ 八〇一年~ (33, 0.1%)

2 ないし一八二一年

1 [31件] と同一, ないし一八一一年, における, におけるこの, におけるこれら教区, について仮定, にはこの, にはそれ, には一〇, には一対三四・八, には九, には五, には僧最澄茶, には四, にネルソン, に公表, に始め, に彼, に老侯, に至っ, の, のもの, の一月一日, の事件, の二十箇年間, の人口調査, の修正報告, の実測, は一対三四・八, よりも更にいっそう, 及び一八一一年

▼ 八~ (33, 0.1%)

2 が外出, が殺された, を刺した

1 [27件] がどうして, が夜な夜な, が妙, が艇長, という若い, ときたらいつも, と犬射, にこう, の体内, の妻, の引揚げ作業, の死体, の死後十時間後, はそう, はその, は悲鳴, は手さぐり, は毎夜払暁, は毎日防堤, は発艇, は盲目, は船底, も殺さなけれ, を卑下, を料理, を殺し, を殺した

▼ 八~ (33, 0.1%)

5 の自動車 2 は居ない

1 [26件] から二, が帰っ, であった, であり一八二〇年, といふ比例, となっ, に, にその, に対し死亡, のあたり, の幌, の幌自動車, の車, の連続, またはフルトヴェングラー傑作集, より足, 一一一, 一一一三, 一一一二, 一一三, 一一三〇, 一一二八, 一一八, 一一六, 一一四, 出て

▼ 八千兩~ (33, 0.1%)

11 の小判 6 の金 5 の大金 2 の隱 1 だ番頭, ですつて, といふの, といふ贋造小判, と睨めつ, どうかしたら, の紛失, の行方, を夜更け

▼ 八といふ~ (32, 0.1%)

1 [32件] あわて者, 中老の, 人は, 人氣男, 人物は, 係數を, 大年増, 大變, 子供らし, 字でありました, 安値な, 年で, 年です, 年の, 年頃には, 年齢が, 年齢の, 本當, 歳で, 比例を, 浪人者あり, 獨身者の, 男盛りだ, 篤志家が, 綽名の, 老人で, 聞えた道具屋, 若さ, 街の, 身では, 齡に, 齢に

▼ 八一〇年~ (32, 0.1%)

5 の人口 3 ないし一八二一年 2 に至る, の出生

1 [20件] において人口, にはゾロアマントー街, にはフランス, には人口, には各, には彼, に生き, に生まれ, に補充, の, の二月, の人口一〇, の人口実測以上, の修正人口, の国外死亡男子, の期間, までは引きつづき, までは著しく, をもって終る, 及び一八一一年

▼ 八一一年~ (32, 0.1%)

2 の期間

1 [30件] と同一, ないし一八二一年, にはスペイン, にはヌーヴ・デ・プティー・ペール街, には一〇, には一二, には一対一二六・六, には五, には六, に一五パアセント, に人口, に歿, に著した, に陸海軍, のそれ, のもの, のブリュジョン, の修正人口表, の十一月二十五日, の十年間, の報告, の増加, の実測, の彗星, の方, の現在人口, の脱漏程度, は一対三五・三, わが文化八年, 及び一八〇一年

▼ 八十三歳~ (32, 0.1%)

4 で歿 2 なり

1 [26件] であった, であったが, で亡くなった, で未だ, で病気, で病氣, で目黒村, で議長ジャカン夫人, で貴女, と云う, と書し, にて石川五右衛門, になつ, にもなっ, のお婆さん, の作, の多久家, の天寿, の寿, の生涯, の老, の老後, の高齢, は生年, まで勤続, をもって薨

▼ 八シリング~ (31, 0.1%)

3 に騰貴 2 の租税

1 [26件] から六シリング, から十シリング, が有した, ずつ集め, ずつ集めたら, であった, でありまた, である, では, で一ブシェル, で一七〇クヲタア, で一五・四クヲタア, で一八〇クヲタア, で一六〇クヲタア, で一四・五クヲタア, となり, に値, に労賃, の時, またはそれ以下, も高かっ, をもっ, を徴収, を支払わなけれ, 支払うとしても, 支払わねば

▼ 八二三年~ (31, 0.1%)

2 にブランド教授, のクリスマス

1 [27件] から一八三三年, から二箇年, かれが, という年, に, にその, にはまだ, にはアセニウム倶楽部, にはテナルディエ, には二, には外郭, には死亡, には諸, にパリ, にモンフェルメイュ, に出版, に芽, のこと, のその同じ, の七月, の出生, の十月, の戦争, の戦役, の正月, は復古政府, までウェスト・ポイント

▼ 八~ (31, 0.1%)

2

1 [29件] ぐらいあっ, だけ知られ, つける下, という多数, となり, にし, について言え, の大きな, の天, の寺院, の小さい, の弾薬盒, の数, の旋条銃, の缶詰, の萼, の部分, の鋭利, の電子, の魚形水雷, は大丈夫, ばかりの餅, ほど吊りさげ, もあろう, も右, を据付け, を数える, 並べその, 買って

▼ 八十八~ (31, 0.1%)

2 のお祝い, の音, を越し

1 [25件] だけが違った, だつた, でした, です, で亡くなった, で死ぬ, で歿, で第, という名前, という老僕, と御, にお, に二十二, に次, の咢堂先生, の寺, の旧, の春, の祖母, の米寿, の老婆, の薦める, の赤, まで, も旅

▼ 八手前~ (31, 0.1%)

2 からもよく, が行く, その塀, の鼻, は手, は穴, は表, も一緒

1 [15件] が触れ込ん, が觸, が身投げ, にとっ, にも似合, にも似合わない, の方, の気っぷ, の氣, は一体, は大, は大変, は酒, も謝, も謝っ

▼ 八~ (31, 0.1%)

4 の里 3 の村, の里人 2 から鞍馬, の方, の蕗の薹, の黒木

1 [13件] にはカマ風呂, にまた, に日, の人々, の女, の山里, の村人, の様, の竈風呂いま, へ取って返し, へ帰る, へ戻る, を過り

▼ 八百万~ (31, 0.1%)

9 の神 2 の同胞

1 [20件] しかない, でなく二千五百万以下, で契約, となり, となる, にまた, に増加, に減少, のうち, のほか, の仏, の国民, の御, の戟, の旌旗, の金, へである, まですなわち, もうけたそう, をも失う

▼ 八百比丘尼~ (31, 0.1%)

2 になった, の信仰

1 [27件] この地, という長生, となっ, とはいわぬ, と同, と結びついた, などもやはり, なども念仏比丘尼, なること, にも一个処懺悔, のごとき, のごとく, の事, の年, の徒, の持ち物, の物語, の石塔, の長生, はこの, はよく, は末, は本国小浜, もその, も恐らく, を中心, を採つた

▼ 八~ (30, 0.1%)

2 今が, 直を, 糸さんを

1 [24件] つぎは, めえ, 佐代さんが, 係に, 出張りござる, 勇は, 君さんが, 喜多じゃ, 夏十六の, 志乃は, 新を, 武家の, 浜を, 澪は, 濱を, 秀の, 秀は, 秋は, 米を, 粂を, 艶の, 通の, 長屋の, 關が

▼ 八三年~ (30, 0.1%)

1 [30件] で昌造, ないし一六五四年, にはわずか, にはハイランド地方, には疫病, には緑肥, には鳥, にも大きな, にコーヘン, に世, に亘っ, に右, に土手, に生れた, に発表, に秀吉, のそれ, のクラカトア, のクリスマス, の不作, の不作後, の九月, の凶作, の報告書, の夏, の条, の須磨, はいずれ, は明治十六年, より文官任用試驗

▼ 八~ (30, 0.1%)

2 にしか見えなかつた

1 [28件] から七・一, が頂上, だろうか, であるとか, でしたろうかねえ, でそれだけ, でそれで, でまだ, なん, な可憐, にしかならない, にしか思えない, にしか見えない, にしか見えなかった, に小, に至っ, に見える, の, のところが, のキビキビ, の人, の年増, の時, の目, の絹地, の青年進士呉青秀, までそう, まで記憶

▼ 八分通り~ (30, 0.1%)

2 を占め

1 [28件] つまった両側, でした, の入りである, の出来, の桜, の満開, の見, はしまっ, はみんな裸, はトルコ帽, は後に, は成就, は皆んな, は醫, までは事實, までは本来, も動き, も進行, をのぼり尽し, 出来たもの, 出来たん, 出来上った仕事, 出来上って, 型どられて, 盛り込まれて, 組立てられて, 締めて, 這入って

▼ 八十二歳~ (30, 0.1%)

4 になる 3 の高齢 2 で歿, の老人

1 [19件] だと, であった, であるべきに, ですが, です二十九日三十日, で人びと, にて歿, になった, のとき, のトルストイ, の久江, の時, の母, の長命, の高, の齢, まで生き, をもって聖者, を以て歿

▼ 八十兩~ (30, 0.1%)

5 の金 4 の大金 2 の小判

1 [19件] がもの, が懷中, だの, では半端, で買取られた, といふ値段, といふ額, のこと, の手土産, は大金, は安い, は巾着切, は愚か, は結納, は見事, もお, をこの, を取り返した, を拔

▼ 八~ (30, 0.1%)

2 しらす天皇, を謠

1 [26件] あると, つらなれる風景画, で戦ひ, と大夫, と言, なりけり, なりエイヤ, にあっ, にこと, に上陸, のま, のわたりなる, の夕暮, の方, の旧, の湧出, の軍敗走, の館, は本郷, へむかっ, へ渡る, をお, をのがれ来, を巡り, を生まれた, を産まれた

▼ 八百蔵~ (30, 0.1%)

1 [30件] が伊豆, が大, が忠信, で作者, という役割, と名, に勤めさせた, に書き下した, に生き写し, の与四郎, の加藤, の声色, の宗清, の室これ, の政右衛門, の日本駄右衛門, の日蓮, の権次, の清正, の清盛, の清盛入道, の真, の網干左母次郎, の重忠, の釣鐘庄兵衛, はおろか, はむしろ, は立派, や高麗蔵, を迎

▼ 八~ (30, 0.1%)

2 あれば, のころ, の石臼

1 [24件] から二十貫五百, つづいて, で手, という体重, と云う, と何百匁, と十ウ, にした, になった, のお, の肉体, の臼, の荷, の金, の鉄, の鐵棒, はあるでせう, はあろう, もある, もあろう, も有ろう, を出た, を越し, 持つて

▼ 八~ (30, 0.1%)

3 の家 2 の茶屋, の長屋持ち

1 [23件] ありしが, ありますし, あるが, ある小村, が揃っ, それから廓, で二百両近く, で其一, に待合料理屋カタギ, のテント, の会社員, の本, の清洲越衆, の長屋, はある, ひっそりと, また傾斜, まで作らう, もずっと, もの寺, も建て, も海, 続いて

▼ 八こいつ~ (29, 0.1%)

6 は面白く 2 は厄介

1 [21件] はお前, はただごと, はとんだ, はどうも, は一向, は伊之助親方, は何ん, は俺達, は判じ物, は唯事ぢ, は商売人上がり, は大, は大変, は少し, は思つた, は思ひ, は手前, は梯子, は水死ぢ, は飛んだ, をほぐし

▼ 八でも~ (29, 0.1%)

2 あろう, あろうか, 事は, 居て, 弾いて

1 [19件] ありましょう色白, あろうという, からかわなければ, なかった, なく喜代三, まさか, まだ若け, ガラ六でも, 一人に, 七平でも, 他の, 側へ, 可愛がっ, 呼んで, 喜六でも, 決して他人, 白雲堂を, 立派に, 通るでせう

▼ 八一四年~ (29, 0.1%)

2 の当事者ら, 次姉エリザベス

1 [25件] から一八三〇年, と一八二一年, と称する, に, において裏切れる, にはフランス, には七十四歳, にブールボン家, にロプコヴィッツ, に両院, に出来た, に叔父, に穀物条例, に終る, に請願, に起こった, のヴィーン会議, の初め, の末頃, の正月終り, はベートーヴェン, は寡兵, より一八一一年, 及び一八一五年, 第四巻

▼ 八七年~ (29, 0.1%)

2 から六四五年, の春英国

1 [25件] から九五年, から何もかも, から神経, この邑, につづい, にはついに, にはドイツ, には彼, にアレキサンダー三世, にラウダー, に最も, に死, に発表, に秀吉, に至る, の五月, の十二月, の末, の長期, は品川の, は豊年, まですなわち, より一九一〇年死, 即ち, 我が明治二十年

▼ 八合目~ (29, 0.1%)

2 の小屋, の石室, まで雪

1 [23件] からは浅間神社奥宮, から上, か九合目あたり, だ, ともいうべき, と覚しい, にかけた, になる, に噴火口, に降雪, の人, の外城, の室, の小屋着, の少し, の柵, の間, へ鳴り, ほどの処, ほどの所, ほどより上, までよじ登った, より一旦

▼ 八時半頃~ (29, 0.1%)

2 でがなあ, に終っ

1 [25件] あった, いつもの, お見え, かえりました, からボツボツ, から初, から家, から店, じゃない, であった, であったろうか, であつ, であらう, でしたから, で酒場, になっ, に寝室, に帰宅, に新橋, に終る, に迎い, までまことに, やって来た, 起きる京都, 迄寺

▼ 八二〇年~ (28, 0.1%)

4 をもって終る 3 の人口

1 [21件] か二一年ごろ, すなわち, といえ, においては一人, にその, にはボストン, にはラフィット銀行, にはレオン島, には三〇, には二, には人口実測, にエールステッド, に帰米, に終る, のもの, の七年間, の人口実測, の増加, の第, は電気学上特筆, より同

▼ 八~ (28, 0.1%)

5 の双眼鏡 2 に達する

1 [21件] が幾つ, くらいになる, して, するこの, するに, である, と見, と見積られ, になった, になり, になる, にも強まった, に上った, の大き, の広告費, の質量, はある, は二〇八, もあつ, もある, も縮む

▼ 八~ (28, 0.1%)

3 の速力

1 [25件] である, で三洋丸, と馬可伝, に, において, には, に仕切つた, に我, の, の反覆, の船, の語, の道行, はいい, は問う, まで, までは宇宙, までは自然界, より三十節, より十七章九節, より十五節, をぼく, をを見よ, を以て無, 特に四五節參看

▼ 八~ (27, 0.0%)

2 の金

1 [25件] から上棚, がとこ, が一斤, ずつなんて稼いだ, でございます, でも金, で売り込ん, とかを受取っ, と云, と少し, と閑山, ならば, なん, になっ, の約束, は確か, ほどずつ一人, や十両, を加えた, を給, を貸与, 当の分配, 盗みだして, 盗み出して, 貸シタラ

▼ 八六年~ (27, 0.0%)

1 [27件] から一七八七年, その從弟, であること, ですから, に, にこの, にし, にはバルトロメウ・ディアス, には国内, には最後, にアリューシャン列島中, にサー・ジョン・ムレー, にマーガレット, に撮った, に死す, に死ん, に至る, に英吉利, のこと, の一月中旬, の兄, の八月十三日午後七時頃, の秋, の表, の頃ベアトリーチェ, は鳥取市, より一九二八年

▼ 八時近く~ (27, 0.0%)

2 であつ, である, なつて, になっ, に彼等

1 [17件] から始まる, から弁護士, から鳥屋, だったか, だったでしょうか, であった, であったから, でなければ, なっても, なつて出発, に起き, までか, まで次, アガり銀座ジャマンベーカリー, 終り阿部, 迄ゐ, 迄喋っ

▼ 八等官~ (27, 0.0%)

3 のコワリョーフ

1 [24件] がみな, が言う, だと, つまり少佐, であった, であったか, でしたから, という八等官, といっ, とかいや, とはけっして, にありついた, について何, に限らず, の入来, の方, の頬, はがっかり, はこの, はまだ, は妙, は顔, も別に, を少佐

▼ 八万円~ (26, 0.0%)

2 と云, の洋酒

1 [22件] ある, かかった住宅, だそう, で人民, で引受けた, という驚くべき, とやらの負債, と云う, と更正決定, になる, に達した, の大穴, の材木, の貯金, の貸し, はある, は一切没収, ばかりの金, ほどの由, もヒド工面, 払ってるん, 程自分

▼ 八十名~ (26, 0.0%)

1 [26件] が必要, と云いふらす, と報道, と考えまし, に近い若い, のもの, の労働, の参会者, の子飼い郎党, の守兵, の生徒, の甲冑, の百姓, の級友, の連署, の鎮台内, の雑兵歩人ら, は超え, ばかり, ばかりのいずれ, ばかりの知人, への割当, までの召使, をつれ, を出でず, 近い数

▼ 八十郎~ (26, 0.0%)

1 [26件] が急死, が馬諸共大川, という者, といふ無, と婚約, と雅楽頭, に讓つて, の乘馬, の人柄, の姉, の姪, の死, の母, の母親, の野心, の顏, は今年, は繼母, は誰, は過つ, は鐙, は馬, もこときれ, を乘, を生んだ, 申すよう

▼ 八畳敷~ (26, 0.0%)

1 [26件] かの一室, だ, でその, にあまり, には安, に三盆白, のゴミクタ, の向う, の座敷, の書斎, の真中, の部屋, はあるだらう, ばかりの洋間, ばかりの茶の間, ほどな, ほどの処, ほどの大き, ほどの洋間, ほどの洞窟, よ, をピタリ, を伸ばし, を誇り, 程である, 程もある

▼ 八~ (26, 0.0%)

2 まで第

1 [24件] だが, と見, に於, に言葉, のアブラハム, の化物, の書簡箋, の玉, の珠数, の珠玉, の簡単, の記事, の詩, の首, またそれ, までガブリエル, まで天使創造, まで讀者, も綴り得る, も読んだ, 及び一〇三行以下, 第三字, 第九行, 第十一行

▼ 八~ (26, 0.0%)

2 ある, である, に曰く, のうち

1 [18件] あつて, あるその, がある, しかなかつた, という中, とも船, のことごとく, の一, の一つ, の中, の自筆, は純粋, を以て之, を英訳, を詠ず, を読もう, 採られた, 計百四十七首

▼ 八とは~ (25, 0.0%)

3 仲が 2 大釣鐘, 馬の

1 [18件] いうものの, うんわかった, ばかな, まるでちがう, まるで違う, イチハツの, ズット以前に, 一つ下だった, 一月経たぬ, 他人じゃ, 他人ぢや, 何かの, 何者か, 思わねえが, 日当りの, 氣が, 貫祿が, 違う

▼ 八三二年~ (25, 0.0%)

2 の春

1 [23件] とは七月革命, に, におけるパリー, には, にはまだ, にはエトアール街, には収入, にもファラデー, にも警察, に彼, に書い, に此, に死んだ, のこの, のアジア修好使エドムンド・ロバーツ, のブリュジョン, の六月三日, の反乱, の反乱後, の暴動, の正月, の警視総監, は恐ろしい

▼ 八九分~ (25, 0.0%)

3 ってとこ 2 を分担

1 [20件] ある少し, ぐらいまでできた, しか入ってない, だ, だが, だったと, で, と思ってたら, の入, の成功, まではこれ, までは両手, までは婦人, までは脈, までは謡, までも失せ, まで信じ, まで担当, 入って, 行って

▼ 八十一歳~ (25, 0.0%)

6 で歿 2 にし

1 [17件] であらう, である, で亡くなった, で死ぬ, で永眠, といふ老人, にて歿, になる, に至る, のペタン, の時, の曾祖母, の筆, の長寿, の顔, を以て丸山, を以て歿

▼ 八十八歳~ (25, 0.0%)

2 になる, の寿, の祖母

1 [19件] であたし, である, で一生涯薬, で仏様, で他界, になっ, になられた, になられます, のおじいさん, のこの, の三月, の今日, の大, の時, の母, の祝賀, の老人, の高齢, まで生きた

▼ 八千人~ (25, 0.0%)

1 [25件] あって, ありて, ある, が死んだ, であった, とか十万人, と善光寺, なり, なりと, に上った, に近い, のお客, の決死的党員, の犠牲, の百姓一揆, の農村青年, はつまり, ばかりのミディネット, ばかりの小, ものこの, も死んだ, を以て師団, を十六編隊, を殺し, 居ると

▼ 八右衞門~ (25, 0.0%)

2 という人, の手

1 [21件] が始め, が御膳, でございます, という荷主, と共に, と申す, に手当, の傍, の肋骨, は大橋, は媒妁, は宜, は江戸, は田舎者, は突然, は騒い, は驚いた, も国元, を寝かしまし, を療治, 丁度この

▼ 八~ (25, 0.0%)

4 の研究 3 のビルダデ

1 [18件] に, においてある, においてはビルダデ, にこの, にはコツカトリス, にはムグラモチ, には著者カイロ, にカリア等, に併せ, に章魚居処, に韃靼人, の一, の一節, の七, は愛, を見, 第十章等, 読み終えるのに

▼ 八荒坊~ (25, 0.0%)

1 [25件] か, がひたむき, がビシッ, が何, が討たれたらしい, だったの, ととなえ, とやらちょっと, と姿, と申す, にもあらぬ, に出会っ, のあざ, の大言, の影, の忍, の脚もと, の跫音, はなお, は息, は燕, は高野街道, もすっかり, を打, を斬りすて

▼ 八〇年代~ (24, 0.0%)

3 のロシア 2 の児, の空気

1 [17件] から九〇年代, が訪れる, というとき, といえ, のインテリゲンツィア, のルノワアル, のロシア生活, のロシヤ生活, の初め, の天鵞絨, の後半, の終り, の農奴制度, の革命運動, はナロードニキー運動, はナロードニチェストヴォ, は単に

▼ 八あの~ (24, 0.0%)

3 野郎だ 2 庇から, 研屋を

1 [17件] お鏡も, 人だかりは, 僞お, 切戸の, 匕首を, 女だ, 女は, 女を, 巡礼を, 權次の, 死骸を, 火箸を, 男だ, 男を, 番頭の, 稻葉屋の, 足跡を

▼ 八マイル~ (24, 0.0%)

1 [24件] あり, ありと, から十マイル, か十マイル位, ですが, という音速, なり, にし, の位置, の廻廊, の所, の江ノ島, の路, の間, ばかりはいった, ばかりまるで, もあるだろう, も十マイル, も歩き, を歩き, を走り, を過, を離れ, を駕籠

▼ 八一七年~ (24, 0.0%)

1 [24件] から士官学校, から雑然と, である, にこの, にその同じ, には二つ, には八六ウィンチェスタ・ブシェル, には第, にもなお, にペルグリニ, に人口調査, に四人, に四歳, に本書, の, のこと, のトロミエス, の二囘, の価格九四シリング九ペンス, の執筆, の経験, はルイ十八世, は甲比丹ヅーフ, 及び一八一八年

▼ 八七一年~ (24, 0.0%)

2 にも一七九三年

1 [22件] から七五, だつた, だと, にはベルリン大学, には帝国議会, には正真正銘, にケンブリッジ, にロシア, にロンドンマクミラン会社, に第, に至り, のコミューン, のコムユン, のパリ・コミューン, のパリ・コムユン, のパリー自治政府, の五月, の八月三十日, の初版, の大, の巴里共産党, へその

▼ 八三一年~ (24, 0.0%)

2 に初めて

1 [22件] から終焉, と一八三二年, には, には結婚, には針金, には電磁気感応, には飛び切り, にビスコォ, に大学, に至っ, に起り, に電気感応, に電磁気感応, のパリ, の中ごろ, の十一月号, の十二月二十七日, の夏, の徴兵検査, の秋, まで改正, より三九年

▼ 八~ (24, 0.0%)

2 の仔鼠, の猫, の雌雄

1 [18件] あつた, いようと, がそう, が順々, だけ買いました, だとか, の大きな, の悪魔, の犬, の蠅, の鼠, ほど育て, もひと声, も籠, も飼っ, を約束, 売った, 隠して

▼ 八~ (24, 0.0%)

2 その一杯, の甘露

1 [20件] から一銭, から五銭, か一銭, か五分, して, すると, その傍, であること, でしょう一銭, です, で渡す, という信じ, という端銭, として貰つて, となる, と相場, に売れる, の樽柿, の玩具, まで仕上げた

▼ 八~ (24, 0.0%)

2 であつ, の代用教員

1 [20件] から損, しか受取りません, てえな, で, でのい, では迚, で直接, といふ村内最高額, にし, の下宿料, の會費, の月給, の消費税, の金, の金刑處分, は何時, ばかりで, 出さなければ, 損すると, 要ると

▼ 八年ぶり~ (24, 0.0%)

1 [24件] だとかいう, でここ, でロシア, で一寸ベルリン, で京城, で会った, で天草, で始め, で婚約者, で宇之助さん, で帰った, で帰郷, で日本, で練ります, で貴方, で阿波, という暑熱, とかの酷暑, にひょっくり, にアメリカ, に故国, に親, に訪ね, のこと

▼ 八~ (23, 0.0%)

2 行って

1 [21件] いった, すすめたの, ゆるしを, よくそういっ, 会釈を, 向けた, 向って, 向っていう, 問いあわせに, 天ぷら食ひ, 妙に, 宛てた遺書, 帰りそこで, 斬りつけて, 笑いかけた, 行く天ぷら, 言伝てが, 訊く, 赤穂方面の, 通じて, 銀を

▼ 八カ月~ (23, 0.0%)

1 [23件] か十カ月, たつと, だった, というもの, と少し, と年末無名日五日, にしかならなかつた, になり, に渡る, のあいだ, のとき, のオス犬, の子供, の苦闘, の長い, はかかるだろう, ばかり, ばかりでしたでしょう, ほど前, も刑務所, も間, を持ちこたえ, を過ぎ

▼ 八一三年~ (23, 0.0%)

2 ないし一八二〇年, に政府, に終る, に至る

1 [15件] において黙々, におけるほとんど, におけるゲーテ, にはじめて, にはタタム, にはフイラデルフイア, には一交響曲, にドイツ, に二八, に協会, のもの, の一月十九日, の五〇県, の春頃, 及び一八二〇年

▼ 八世紀末~ (23, 0.0%)

3 から十九世紀 2 の, のフランス革命

1 [16件] から今日, から出来, から十九世紀中頃, から社会, から誰, におけるむずかしい, にプリーストレー, に工業, のイギリス, のゴシック復活, のフランス, のヨーロッパ, の古典派, の完全, の欧州, の法理論

▼ 八九年前~ (23, 0.0%)

3 のこと 2 に僕, に自分

1 [16件] から開けました, とは大した, になります, には学生, にもなる, に世, に僕自身, に効性もの, に明語, に福岡, の事, の同僚時代, の思ひ, の毎, の真夏, まで歌川多門

▼ 八~ (23, 0.0%)

2

1 [21件] あった, あるばかり, が三十二円, が紛失, で出版所, といろ, と共に, に合綴, のノート, の本, は今富士川游君, は概ね, ばかり, ばかりの大型, をうばい, を三十二円, を手, を手がけ, 出て, 売る月遅れ, 焼き捨て

▼ 八十一~ (23, 0.0%)

4 を置き 2 で死んだ, の桝

1 [15件] か, っ, であって, である, で亡くなった, とは随分, と書い, にでもなる, になつ, になります, に滞在, の五巻, の工場主, の旧, の翁

▼ 八十万~ (23, 0.0%)

2 の人口, の神

1 [19件] が最高, じゃ着手, であるから, です, というところ, というもの, と云われ, の兵, の大軍, の家庭事情, の富, の師範, の師範役, の師範王進, の禁軍, の行列, は水上生活, を得, を有する

▼ 八十四歳~ (23, 0.0%)

4 で歿 3 の高齢 2 になります

1 [14件] すっかり耄碌, だと, であった, でお, で卒, で大, で永眠, にもなる, に候, のとき, の放, の母, の高, を売

▼ 八十日~ (23, 0.0%)

3 の間

1 [20件] か, という日数, と云っ, と極, に一度, に詰っ, の後自由, の禁錮, の給料つき, の間味噌汁, の雛, はおなか, は悪夢, ほど経った, も橘, をどこ, を八年, を逆, を過した, 居て

▼ 八時前~ (23, 0.0%)

2 だった, だもの, で平生

1 [17件] だ, だったが, だったと, でまだ, にからだ, にここ, には雪, にもう, に御飯, に悶着, に放送会館, に着く, に終る, に起き, に起きる, に起床, に身仕舞

▼ 八~ (23, 0.0%)

2 から成る, の艦隊

1 [19件] が大, と航空母艦加賀, にも伝達, の, のうち, のせて, の内, の快速艇, の潜航水雷艇, の航空母艦, の船価五十万ドル, の船隊, の貨物船, はした, はしたがいました, を撃沈, を率, を配列, 沈めたこと

▼ 八まで~ (22, 0.0%)

1 [22件] お生きのび, かくあるべし, そこの, 人為的および, 嫁の, 尽く偽物, 当世顔は, 散髪に, 暮した家, 来たるべきを, 歌へるなり, 生きたじゃ, 生きて, 生きる, 男の, 私が, 職業を, 謙信の, 迷信と, 選者以下当代人の, 銘々見込を, 面白がっ

▼ 八ヵ国~ (22, 0.0%)

5 の諸侯 3 の少年

1 [14件] から集まっ, といわれ, になかっ, に早馬, の作家組織, の兵, の大, の官民, の官衙, の諸国, の軍, より木材, をお, を山陽道

▼ 八一六年~ (22, 0.0%)

3 及び一八一七年

1 [19件] から一八二七年, から一八二三年, にあたり, にいった, には此処, には礦山, にニーブール, に歿, に生石灰, に起こった, の, のところ, のもの, の一月十七日, の事件, の生石灰, の議会会期, まで法王, より三〇年

▼ 八十三~ (22, 0.0%)

2 で亡くなった

1 [20件] から二, でお, でこの, でころり, というわれ, という年寄, という老人, としてある, と書し, と解す, にあらずし, になっ, のピストル, の皺, の老人, の項目, の高齢, やさうに, より逆算, を以て薨

▼ 八~ (22, 0.0%)

1 [22件] が無理やり, が通る, だけでした, です, で盛政等, となっ, の味方, の家来, の影, の武士, の甲州武者, の者, の駈けぬけ, の騎馬, はいかめしく, はたちまち, は中門外, ほどでとぼとぼ, もちり, をつれ, を射, 飛んだかと

▼ 八あれ~ (21, 0.0%)

2 でもお, に氣, を聞く, を見た, を跟

1 [11件] がお, が成滝勇之進, だツ, は一體何, は何, は何ん, をどう, をどこ, を持つ, を見る, を見ろ

▼ 八メートル~ (21, 0.0%)

1 [21件] ある, ある黒い, からアイゼン, くらいのところ, しかはなれ, だそう, であると, です, となった, に行った, のところ, の三角点, の加速度, の空, の裾, の距離, ばかりの縦井戸, ばかり先, ほどはなれた, も進む, 離れた這松

▼ 八ヵ月~ (21, 0.0%)

1 [21件] かかって, して, たった, だ, だったが, つとめたの, では, と二週間以前, になります, になる, のばされます, の予定, の刑, の後, の日, の生活, の間, ほどし, まだ角, までつとめます, も経過

▼ 八万石~ (21, 0.0%)

3 のお 2 を還し

1 [16件] か少し, が何, しかない, であったと, とは言う, になしおかれた, に移, の内一万石, の城下, の大名, の御, の殿様, の減地, はそち, ほど奉り, を領する

▼ 八九年頃~ (21, 0.0%)

2 のこと, まで営業

1 [17件] からのこと, からの山林濫伐, であったの, には歴史画, には相当, によほど, に小, に広汎, のよう, の大学生, の画家番附, の病勢, は私, までの東京地図, まではどういう, より三十年代, 迄は三条瀑

▼ 八千石~ (21, 0.0%)

2 の大名, の旗本, の百姓, を食ん

1 [13件] から一躍, だけあっ, に削られた, に減額, に足らぬ, の城主, の城主真田昌幸, の御曹司, の御曹司頼門, の殿様, の百姓何万人, の祖父江出羽守, を食んだ

▼ 八~ (21, 0.0%)

3 の時 2 になる

1 [16件] ぐれえな小児, で学生鞄, で隣りの, と五才, になります, のヂェラルド・ド・ネルヴァル, のミツキイ, の天才洋琴家狩屋愛子, の子供, の日向, の様, の男, の良家, の虫, の龍女, 赤い襦袢

▼ 八~ (21, 0.0%)

2 であった, は独楽, を肩

1 [15件] から得た, が奥, が居る, の着, はこの, は主税, は二つ目, は来た, は眼, は築山, を下ろした, を可愛がり, を背中, を自由, を追っかける

▼ 八番地~ (21, 0.0%)

1 [21件] この界隈, だが, だった, だな, で, で車, と磯崎, にあっ, に一間, に移した, に移った, に落ち着きます, に貸間, のフイルプス夫人, の仮寓時代, の借家, の前, の木, の牧師リバレンド, の随分, へ必ず

▼ 八百善~ (21, 0.0%)

3 の料理

1 [18件] があつ, がある, が実家, だ, でも浸しもの, という派手, とか新橋, などでお目にかかっ, にせよ, にてと態, に行き, の名, の女将, の娘, の料理徃時, は太田南畝, は妹, へ行った

▼ 八~ (21, 0.0%)

2 であるが, 突から

1 [17件] あるという, ぐらいしか飛ばない, だからね, でいずれ, と測られた, の三角点着, の丹後山, の地点, の富士, の峰頭, の最高点, の茂倉岳, の蟻ヶ峠, の車坂, の隆起, 低かった, 即ち三千米

▼ 八もう~ (20, 0.0%)

4 歸らう 2 一人岡惚れの, 大丈夫だ

1 [12件] たくさんだ, 一つ伸し, 一つ頼みが, 一廻り上の, 一遍や, 俺達に, 偽物なんかに, 帰るよ, 日が, 止した方, 歸る, 遲い

▼ 八ツ当り~ (20, 0.0%)

1 [20件] がしたくなった, がしたくなる, したり, して, って云う, で, であった, である, でその, で十言, ならよろしい, にやられる, に喧嘩, に当った, に恨み, に突, のきみ, も出来ぬ, を兵馬, を浴びせ

▼ 八丁目~ (20, 0.0%)

2 までのめぼしい

1 [18件] からわざわざ, から六丁目, という, の外語学校, の大蔵大臣官邸, の天辺, の方, の権右衛門, の濠, の生野女学校, の町道場, の裏手, の鳥羽藩主稲垣対馬守長和, はない, まで東西, まで歩き, まで行っ, より出火

▼ 八三三年~ (20, 0.0%)

2 から三四年, にはドイツ, のパリ滞在中, の夏

1 [12件] から一八四八年, で, と一八五五年, にはまた, には同校, には電気分解, に始められた, に至る, の冬, の晩春, の結婚式, までサン

▼ 八~ (20, 0.0%)

3 をし 2 てえ事, にか氣

1 [13件] うだ, かに躓いた, か掴ん, か解った, が大, だって今, でも判り, といふ騷ぎ, も彼, をぼんやり, をむくれ, を愚圖, を驚く

▼ 八分強~ (20, 0.0%)

6 の入り 52 といふところ 1 だらう, といふ入り, となり, となる, に達する, の増加, を増加

▼ 八十六~ (20, 0.0%)

1 [20件] でございます, では耳, でもう, で御, というよう, という人, という名, とまでに数える, と云っ, になった, になる, のこの, の御, の歳, の父, の竜王, の美しい, の高齢, も有る, 第百六

▼ 八官町~ (20, 0.0%)

2 の大輪田

1 [18件] からといずれ, で, というの, といわれた, ならば, に住ん, に在った, のどこ, のやしき, の唐物屋吉田吉兵衛, の宿, の富武様, の旗本町, の正造, の通り, へき, へもどっ, まで立ち寄った

▼ 八百万石~ (20, 0.0%)

3 の御 2 のお, の将軍家

1 [13件] おひざもと, という大量, のおつむ, のお膝下, の主, の台所, の名, の大, の天下取り, 御威光, 御威光そのもの, 御威勢, 御寵愛

▼ 八百円ベース~ (20, 0.0%)

2 というもの

1 [18件] あるいは二千四百円ベース, がある, が公称二千九百円, この窮乏, でしぼられ, ではやっ, でやっ, に家族手当, の人々, の今日, の困難, の日々, の配給生活, は保ちきれなくなっ, は四・二人世帯, は現実, をきめ, を公表

▼ 八~ (20, 0.0%)

2 の小説, の詩

1 [16件] であつ, である, としてその, に及ん, に及んだ, の作品, の内, の劇, の原稿, は, は同じ, ほどの小説, までとこれ, より引用, を移植, 第三章

▼ 八~ (20, 0.0%)

6 の陣

1 [14件] とは, の, の四十センチ砲, の大砲等, の石築, の砲口, の金碧, をかたく, をとざし, をひらい, を積ん, を立てた, 副砲六吋十二門, 暗剣

▼ 八かの~ (19, 0.0%)

2 大論判

1 [17件] こころみだったの, コンニャク押問答を, 冒険だった, 初太刀を, 勝敗から, 勝敗を, 勝負に, 勝負は, 勝負を, 危急存亡の, 大仕掛, 抵当に, 方途さへ, 男は, 絶対面で, 芝居を, 芸当だ

▼ 八フィート~ (19, 0.0%)

2 か十フィート, もある

1 [15件] あった熊野, あるいはそれ以上, あるいは十フィート, で高, という限られた抛射, という非常, に達する, の丸太棒, の処, の木, の深, の穴, の空地, 乃至十フィート, 高さ

▼ 八処女~ (19, 0.0%)

2 の事, の八, の出処比沼山, の系統, も古く 1 がそれ, が其, が宮廷, のこと, のすべき, の起原, を多く, を多く用, を奉つ

▼ 八十五歳~ (19, 0.0%)

2 で歿, になる

1 [15件] だ, であったが, という長寿, といえ, になっ, のわれ, の土地, の正, の父, の長寿, の養祖母, の高齢, までの間, まで死なぬ, まで生き

▼ 八十米~ (19, 0.0%)

5 の圏

1 [14件] であるから, にしたら, の円錐塔, の小, の小在, の岩場, の岩峰, の峰, の忠次郎山, の等高線, の隆起, もある, を飛ぶ, 高いの

▼ 八~ (19, 0.0%)

2 の車, も続いた

1 [15件] から十台位, です, に分乗, に積ませまし, のトラクター, の装甲自動車, の金銀米穀, もある, もいる, も一しょ, も並ん, も勢ぞろい, も繋がっ, も肩, 見えた

▼ 八~ (19, 0.0%)

4 の塔 2 の不, の社

1 [11件] とは別, のあたり, の中腹, の入, の別, の四郎兵衛もうけ役ゆゑよし, の堰, の方, は険阻, へ行く, ノ神

▼ 八~ (19, 0.0%)

1 [19件] が二, が鍵形, で井田十兵衛, と六帖, にはもう, に夜具, に納戸, の丘, の二, の寺, の山門, の方, の間, の隅, は大川, ばかりの広, へいった, へとおした, ほどの書院窓

▼ 八日頃~ (19, 0.0%)

3 の夕月

1 [16件] からやっと, が友釣, それから九月, だと, である, と記憶, になります, に届いた, のモルトケ, の月, の月くら, の秋川家, まですっかり, までで, まで一ヵ月, 細くは

▼ 八時半ごろ~ (19, 0.0%)

3 でした

1 [16件] からこの, すなわち爆発, だったろう, であった, でしょうな, でしょうね, で急げば, にかけて四五人, になっ, には帰った, までこれ, よ, るつぼの, 出かけて, 立って, 終ったよう

▼ 八~ (19, 0.0%)

1 [19件] しかとれぬ, しか喰, で一合, とは代えられない, と腹, にしか当らぬ, にもおよんだ, にバター, の割, は請け合い, ばかりを傾け, ばかり食置, ほど入れ, まで呑む, もひっかけ, を片づけ, 傾けるだけの, 凡そ湯船, 未醒子七杯

▼ 八~ (19, 0.0%)

2 騰ると

1 [17件] この國土, しらしめしし天皇, しろしめす天皇詔書, といひ, とか, にすわりこむ, に臨み, の中, の国々, の詞, はま, は皆私, もやし, もる国, を環, を経営, 及び山川草木

▼ 八畳間~ (19, 0.0%)

1 [19件] が二つ, だと, で壁ぎは, で家中, で自費, に四, に寝具, に常住床, に火鉢, に移った, のベッド, の一ばん奥, の天井, の御, の片隅, の縁側, の障子ぎは, を吉野, を貸し

▼ 八ヶ所~ (18, 0.0%)

2 の霊場, もある

1 [14件] が徴用, において講演会, に埋めた, のため, の内, の土, の大師参詣者, の観音堂, めぐりの, も荒し, を作つた, 斬ったの, 程飛, 第三十四番

▼ 八七七年~ (18, 0.0%)

2 だと, に出版

1 [14件] だから, でちょうど, とに純粋経済学理論, にあたり, におよぶ, にコーヘン, にデンマルク, に即位, に彼, に設立, のもの, の初夏, の日本, の春

▼ 八万四千~ (18, 0.0%)

3 の法門 2 の毛孔, の眷属

1 [11件] の, の仏陀, の法薬, の煩悩, の相好, の花片, の虫, の諸, の身の毛, の身の毛竪, 大劫

▼ 八五〇年~ (18, 0.0%)

2 の間

1 [16件] くらいまでである, だから, には恐らく, には歌劇, にコーディケ, にマルクス, に出た, に歿, に生まれ, のこと, の彼, の数字, の記録, の頃, はバルザック, 元ニューヨーク州外事局長

▼ 八人目~ (18, 0.0%)

2 の妻

1 [16件] これからさき, だかに, だと, とかの情夫, と九人目十人目, と云う, のもう, の共鳴者, の女房, の姨, の嬶, の患者, の犠牲者, の男, を懐胎, を斬った

▼ 八~ (18, 0.0%)

4 の金 2 の小判

1 [12件] その時, だ, で嘘, と云, と書い, の約束, は何處, は殘, や十兩, ピタリと, 多くな, 溜める辛抱人

▼ 八八一年~ (18, 0.0%)

1 [18件] から一九〇〇年, から翌年, である, にはアレキサンダア二世, には三段膨脹機関, にグリーン, に得た, に死んだ, のこと, のサロン, の三月頃, の九月, の十月上旬, の国勢調査, の國勢調査, の夏, の猶, 及び八二年

▼ 八~ (18, 0.0%)

1 [18件] と伏姫, に与, に代表, の, のよう, の中, の他, の八, の前世, の後, の犬, の首, は玉梓, は馬琴, も亦, をし, を成仏, を把

▼ 八日間~ (18, 0.0%)

1 [18件] がんばって, この地, つづけた, というもの, に信長, に僕, に返済, の休暇, の義務, の閑却, は全く, ぶっつづけの, も匿, も娘, も毎日世田谷, を要せし, 実に一万四千哩以上, 隠れて

▼ 八~ (18, 0.0%)

1 [18件] が抜き書き, すでに信仰, だけである, であるという, など平家一門, に, にあっ, には証言, により五十法以上五百法以下, の, のほう, の式部卿, の法親王, の趣旨, の門, はそれ, を圧する, 乃至第

▼ 八〇クヲタア~ (17, 0.0%)

2 を生産

1 [15件] から一〇クヲタア, であっても, であり第, であるならば, との差, に対して課せられる, に対し一クヲタア, の小麦, の穀物, の純, は七二〇磅, は耕作者, を一クヲタア二〇磅, を産す, を産出

▼ 八それ~ (17, 0.0%)

2 より常吉

1 [15件] から三十九, じゃしばらく, だ, だよ, でわかった, につままれた, に乘つて, に今度, は何もかも, も三本, も追, も追って, や本, よりちよい, を良い

▼ 八とも~ (17, 0.0%)

2 あまり口も, 思われる娘

1 [13件] あらうもの, あろうもの, なると, みえる女, 二十歳近い, 云った, 別れてから, 常から, 思われる洋服, 暫時彼方へ, 見える年齢, 見える幼顏, 見える水

▼ 八七二年~ (17, 0.0%)

1 [17件] とにベランジェー・フェロー, にかかれ, にはグラドストーン, にはニューヨーク, にはパリ音楽院, に全部, に死んだ, に私共三人, に読まれ, のこと, のドイツ版, のハーグ, のマルクス, の人身売買禁止法, の十二月十二日, の噴火, の末セカンドラ孤児院報告

▼ 八二二年~ (17, 0.0%)

4 に終る

1 [13件] から四十年間, どんな順, にもファラデー, にファラデー, に五四, に塩素, に湖水, に自ら皇帝, の, の価格四三シリング九ペンス, の十二月二十七日, の歌劇, をもって終る

▼ 八二四年~ (17, 0.0%)

1 [17件] で當時, にはこの, にはそれ, にはウェストミンスター寺院, には一定日数内, には十五歳, には油, には王立協会, にも同一, にアルダン, にローヤル・ソサイテー, に公表, に終る, の一月八日, の三月, までなお, 既に日本

▼ 八十里~ (17, 0.0%)

2 の道

1 [15件] にし, のうち, の大き, は歩い, ばかりあるです, ほどくる, ほどです, ほど北, まで来, もあちら, もあろう, も先, も南西, も西南, 重さ二両半

▼ 八千矛~ (17, 0.0%)

12 の神 41 をつえ

▼ 八~ (17, 0.0%)

3 炊きの 2 の収穫

1 [12件] ぐらい, となり, にも斗, の割, の実, の米俵, の菜種, の蕎麦粉, もふりかけ, も入る, 炊き, 炊きでございますよ

▼ 八四〇年~ (17, 0.0%)

2 となっ, にはさらに

1 [13件] および現行, から今月, から四四年, にはふたたび, にはカーン, には小, にフリードリッヒ・ウィルヘルム四世, に地震, に死んだ, のこと, の九月十四日, の冬メエトル夫人, の期間

▼ 八年度~ (17, 0.0%)

2

1 [15件] が七六, における文学, にどうしても, になっ, に繰上げ, のソヴェト国家予算, のソヴ・キノ映画製作計画表, の予算編成, の四冊, の情勢, の日本, の表, はどんなに, は二十五万点, は活躍開始

▼ 八時三十分~ (17, 0.0%)

2 に東京駅

1 [15件] かな, だったの, であります, であるが, で海上, につく, になった, になる, に始まる, に松花江, に著い, やっと祖母石村, をお待ち, を少し, 着十時十分出発

▼ 八~ (17, 0.0%)

2 の中

1 [15件] ただ商利, と申しまし, にふるった, に布き, に震い, のあり, のうち, の動乱, の旗, の許, を包, を呑む, を睥睨, を蓆, を見渡す

▼ 八萬圓~ (17, 0.0%)

7 と云 3 の金 1 であ, で人民, で餘, とした, にし, の借金, の木

▼ 八部衆~ (17, 0.0%)

4 の悪神

1 [13件] が同, が額安寺, などいう, にまで変化, に比べ, のうち, のよう, の大王達, の形, の悪神征伐, の悪神等, の満, はもと額田部寺

▼ 八ぽう~ (16, 0.0%)

1 [16件] からすがた, からとりかこまれた, からの声, から甲斐, さが, に暗躍, に馬, のがれるみち, の戦機, へかくし, へちっ, へワッ, へ手配り, へ血眼, へ走らせた, をにらみまわした

▼ 八ヵ所~ (16, 0.0%)

2 の篝屋

1 [14件] だかの, で焚きあかし, にいつも, にものぼる, に寂しく, に防禦, のお, の切傷, の寄手, の小路, の要害, の遍路, もある, を数える

▼ 八七九年~ (16, 0.0%)

1 [16件] から一八八二年, から翌年, で御, には始め, に出た, に当時ロンドン大学教授, に書い, に第, に英人, の十一月五日, の報告書, の春, の頃, までは平穏, ようやく二十, より余り

▼ 八八八年~ (16, 0.0%)

2 の作

1 [14件] から一九〇七年, であつ, でつまり, にはペテルスブルグ, には世界, にプーシキン賞, にベルリン, に既に, のもの, の秋頃, の調査, へかけ, へその, までといふ事

▼ 八六八年~ (16, 0.0%)

3 の革命

1 [13件] から一八七七年, になっ, にはその, に破産, に第, に船長, の発掘, の米国旅行, の維新, の革命当時, の革命後, は日本, まで十五年間

▼ 八分弱~ (16, 0.0%)

4 か, の入り 2 といふところ 1 か何, だ, だ土曜, つひに, にしか当らない, の数

▼ 八十万円~ (16, 0.0%)

3 の首飾り 2 の借金, の欠損 1 で法本, と内定, の仕事, ほどかすめとられ, ほどになる, ほど出させ, をサギ, を資金, を越しました

▼ 八十助~ (16, 0.0%)

2 の方

1 [14件] について語る, の入っ, の機嫌, の腕, の身体, の鼻先, はその, はギョッ, は夜店, は寒い, は探偵小説家, は自分自身, もそんな, を無理

▼ 八四七年~ (16, 0.0%)

2 にそこ, やはり匿名

1 [12件] この地, においては社會主義, には既に, には有史以前, には院長, に創立, に院長, のロンドン大会, の一月, の七月, の二月十一日, の當時

▼ 八~ (16, 0.0%)

2 第二十夜

1 [14件] というもの, と言った, の僅か, の別時, の間, の間瓢箪, もつづいた, も更けた, も牧瀬, を遊び, 即ち五月上旬, 深じゃが, 続いた饗宴, 過ぎると

▼ 八年二月~ (16, 0.0%)

1 [16件] である, とに発表, なりとす, にこの, にし, にハワイ, に事, に入り, に林崎, に至る, の, の事件, の新, の条, の革命以後しだい, まで浜屋敷

▼ 八年後~ (16, 0.0%)

3 のこと

1 [13件] に, においては確實, にはコロリ, にアメリカ, にムーア彗星, に刑死, に持っ, に武塔神, の一七一四年, の宝亀十年三月十七日, の明治四十一年, の盛大, の製作

▼ 八~ (16, 0.0%)

3 の主人 2 に飲む, 亭に 1 が料理, に会す, に岡, に招飲, の主人公, の料理, へでも言つてやつたらい, 亭にて, 俗謡体より

▼ 八潜水艦~ (16, 0.0%)

2 の艦長清川大尉

1 [14件] でしたが, との正面衝突, の兵員室, の出入口, の司令塔, の心細, の魚雷, ははるか, はまるで, は奮戦, は本隊, も遂に, をあと, を見付け

▼ 八百松~ (16, 0.0%)

1 [16件] から右, から言問, があり, が灯籠流し, でその, で催した, という上等, に催した, に新, の奥座敷, は, へ午後四時, へ晩餐, もたいがい, も両国, 殊に水神

▼ 八~ (15, 0.0%)

1 [15件] あった, くらいのおそらく, という資本, とか六〇, との差, ないし九〇, に松浦天祥侯, に満たない, に至る, の一漁村, の家族, の教室, より一九〇内外, 及び七〇封度, 及び愛好家協会

▼ 八キロ~ (15, 0.0%)

2 の道

1 [13件] だもの, でザンガーハウゼン, に当る, の予定, の行程, の道のり, はあります, ばかりの荒海, もある, もあろう, もつき出, を自転車, 離れて

▼ 八万人~ (15, 0.0%)

1 [15件] あって, だ, と伝わり, の婦人, の未亡人, は誇張, ばかりだつた, ばかり働かし, もあつ, もいたら, も入り込む, も移住, をもつ, を波蘭, を静岡

▼ 八九五年~ (15, 0.0%)

1 [15件] にはトリニティ・ハウス, にまだ, にフィッシュ, に古代羅馬, に彼, に生れた, のある, の七月二十五日, の九月二十八日, の八月, の十月, の正月, の私, は物理学, まで滞米三年

▼ 八九四年~ (15, 0.0%)

3 の春

1 [12件] から一九〇一年, にその, には四段膨脹機関, には特に, にロンドン, に出版, のドイツ, の五月一日, の戦ひ, の最初, の発表, を通じて何時

▼ 八八五年~ (15, 0.0%)

1 [15件] から一八八八年, という, にクリン, に十二頭, に於ける, に至る, に行われた, の, の作, の四月, の四月十五日, の夏, の日付け, の秋, より一九〇八年

▼ 八~ (15, 0.0%)

2 であった

1 [13件] から差引け, であり一七五〇年, です, ではない, となった, となる, と書きつけた, と記した, にいづ, に短縮, の, の業者, は鰥夫寡婦

▼ 八十二~ (15, 0.0%)

2 になる

1 [13件] だつて云, で, でなくては, でゐさしたつ, で亡くなられた, で貧しく, となる, になっ, のおばあさん, の一節, の爺さん, の雲, まで生きた

▼ 八字髯~ (15, 0.0%)

2 が極めて, を生やした

1 [11件] と短く, のある, の下, は大将級, も生, をはやし, をひねり, をひねる, を生した, を生やし, を蓄

▼ 八州屋~ (15, 0.0%)

1 [15件] が, って味噌屋, では親戚知人, という看板, のこっ, の前, の女, の左手小路寄り, の旦那, の足形, の門柱, の頸, は小男, へ出入り, を取り巻い

▼ 八年以前~ (15, 0.0%)

2 より禿げ

1 [13件] だったら馬, にお, に世, に仔細, に別れた, のこと, のヨーロッパ大陸, の事, の分, の昔話, の本, へは辿っ, も案内

▼ 八年六月~ (15, 0.0%)

2 や七一年五月

1 [13件] に亡くなった, に広島文理科大学, に滿谷國四郎氏, のパリ一揆, の一揆, の十八日, の反抗, の宿命的, の悲惨, の暴動, は一八三二年六月, は何, 某参謀本部部員

▼ 八日前~ (15, 0.0%)

3 の晩

1 [12件] か, から接見禁止, であった, にはお前, には彼, に殺された, に谷口金五郎, のこと, の事, の元日, の白服, まで日記

▼ 八~ (15, 0.0%)

2 の爆撃機, の爆撃隊

1 [11件] とわが, に向かっ, の中, の神風偵察機, はドドドドドドドドドッ, は母, よりなる, を射ちお, を撃墜せり, 現わる, 集って

▼ 八~ (15, 0.0%)

1 [15件] あった, が心配, が訪ね, である, です, に於ける, の五万坪, の厚意, の外, の如き, の工夫, の案内, の気焔, の用意, はこの

▼ 八番目~ (15, 0.0%)

1 [15件] であった, に, には六法, に出生, に家康, に来た, のいろは, のチビ, のワン, の子, の打, の支店, の末っ子, の道人, 第九番目

▼ 八百両~ (15, 0.0%)

2 の内, の金

1 [11件] でヒイ, とめいめい, になった, の費用, はこたえます, みすみす損, を先取, 取ったが, 取ったん, 盗み取ったる金子, 貯めてから

▼ 八~ (15, 0.0%)

2 になり

1 [13件] ありました, になつ, に分れ, の創案, の火消仲間, の観測隊, の踊り, の頭, は主筆, まではああ, もでき, 御中間, 有って

▼ 八~ (15, 0.0%)

2 の手紙, の間道, を片 1 であったという, という点, の利, の書付, の葉書, は一, ほど机, を集めた, 持って

▼ 八道心~ (15, 0.0%)

1 [15件] の姿, の肩さき, は, はうつつ, はうなずいた, はそこ, はもう, はやっと, は一歩一歩, は寒々, は慄然, は誓っ, は起っ, は雲, もいつ

▼ 八~ (15, 0.0%)

1 [15件] あり戸数, だけが稍, で其の, に分布, に渉, の代官手代, の兵, の四十三万石, の地方代官所, の大兵, の将来, の町村長数十名, は名実とも, をお伝え, をさずけ

▼ 八〇六年~ (14, 0.0%)

2 の五月

1 [12件] から三一年, において恥ずべき, には, にはやった, には第, にハンガリア, のナポレオン, のパリー, の人口, の惨敗, の晩秋戦, までは教授

▼ 八じゃ~ (14, 0.0%)

5 ねえか 4 ないか 2 アない 1 あの娘, ないん, ア形い

▼ 八では~ (14, 0.0%)

1 [14件] その太鼓, ない, ないか, ないかしら, ないかっ, ないが, ないし, なくて, まだ死ぬ, まだ身売り, 年が, 歯の, 近ごろ店の, 齒の

▼ 八どう~ (14, 0.0%)

2 した, しよう首, なとなれ 1 したもの, する意, だ, だお前, だ疊, だ見当, だ見當, でもなれ

▼ 八ぴき~ (14, 0.0%)

7 の鉄 1 いたね, のサル, の人魚, の宇宙怪人, の怪物, もウジャウジャ, も東京

▼ 八まだ~ (14, 0.0%)

2 幼, 縛るには 1 三十には, 初々しさ, 叔母さんの, 大学の, 子供らし, 小娘と, 朝飯前だ, 腑に, 親の, 話が

▼ 八七六年~ (14, 0.0%)

1 [14件] その年, に, になっ, には動物虐待防止法案, には有名, にカイザー, にロシヤ, に亙っ, に制定, に家産全部, に有名, の日記, の間, 生れ一昔

▼ 八九一年~ (14, 0.0%)

2 から翌年

1 [12件] から一九〇六年, であった, にはその, にはケンブリッジ大学, には活動写真, にオランダ, にプラーク, に出版, に四十一歳, の作, の正月, までローマ

▼ 八二七年~ (14, 0.0%)

1 [14件] にいった, にはまた, には三度, にケンブル, にファラデー, にマリユス, にロンドン大学, に王立研究所, に英国, のクリスマス, の一月三日, の七月, までのベートーヴェン, までヴィーン

▼ 八八四年~ (14, 0.0%)

2 の夏

1 [12件] で八六年, には英国, にハルブヘール, にバアトン, にレーリー, に公表, に出版, のあの, の一月六日, の五月一日, の五月一日午後, まで年々

▼ 八分目~ (14, 0.0%)

1 [14件] ぐらい入った, でもその, とまではいかない, にし, に入れ, に吸いたる, に息, のバター, の時, まで一, まで一思い, を守つた事, 這入って, 食べる樣

▼ 八十年前~ (14, 0.0%)

1 [14件] から土地, である, とかに建てた, にこしらえた, にようやく, に出来た, に支那, の, の人, の咸豊七年, の形式, の採集, は浅草なぞ, または百年前

▼ 八千万~ (14, 0.0%)

3 割ること 2 の日本人, を越す 1 じゃア, の各位, の国民, の婦人, の日本中, の耳目, を越し

▼ 八咫烏~ (14, 0.0%)

2 の後

1 [12件] が導きするでしよう, が皇軍, が道案内, の縁, はどこ, は人, をさしくだす, をよこしま, を使い, を遣, を遣つ, 導きなむ

▼ 八四五年~ (14, 0.0%)

2 にはなお

1 [12件] には下院議員ブラット, には再び, には香港, にカール, にフランス, に補助スクリュー, の九月, の半ば過ぎ, の春, の間, まではなかっ, より以後

▼ 八少し~ (14, 0.0%)

1 [14件] お前の, のっぺりし, のつ, ばかり慰め顔, ばかり絵解き, ばかり繪, むづかしいことになつて來た, 歩いて, 淋しいけれど, 獅子っ, 目當てが, 考えて, 起して, 靜かに

▼ 八年ごろ~ (14, 0.0%)

1 [14件] からボツボツ, から日本, だったかな, であつ, といえ, に日本, に洗礼, の, のこと, の小, の東京, の築地風俗, の鹿, より数人

▼ 八~ (14, 0.0%)

6 借を 1 に束ね, に立籠め, の人, の戸, の谷, の鎮め, を隈, 出て

▼ 八日ごろ~ (14, 0.0%)

3 のこと

1 [11件] かえりますいよいよ, かえるでしょうおし, かえろうと, からは夜, が私, になる, に京都, の, の月, まで警察, 又行った

▼ 八~ (14, 0.0%)

1 [14件] あるいただけ, あるいたとこう, あるいて, かえり二十歩, かぞえると, の岩, の広, の間隔, も踏み出した, も黒い, を数え, 行くと, 走ると, 進んで

▼ 八~ (14, 0.0%)

5 の毒, をつけろ 1 が付いた, が弱い, をつける, を付ける

▼ 八百名~ (14, 0.0%)

1 [14件] つづいて, に達し, のほか, の兵, の兵力, の兵士, の土民, の朝鮮虎手, の聴衆, の軍隊, も積荷, も連れ, を数える, を率い

▼ 八百米~ (14, 0.0%)

3 を超え 2 の高 1 でそれ, にも達しない, の圏, の標高線, の深海, の西側, もある, を少し, 登って

▼ 八百膳~ (14, 0.0%)

3 の料理

1 [11件] あり, ありて, で我慢, といふ心搆, などでも茄子, の仕出, の御, まで遠から, もいま, も亀清, も用

▼ 八~ (14, 0.0%)

2 の船

1 [12件] うなり声, とびね, のお, のイギリス帆船, みえる中, を一木, を失へり, 飛び, 飛びあれへん, 飛びおくれ, 飛びは, 飛びゃあできねえんだからな

▼ 八~ (14, 0.0%)

6 の車 3 の蓮華 1 の剣輪違い, の如き, の秘法, の芙蓉, の蓮花

▼ 八貫目~ (14, 0.0%)

3 では

1 [11件] あると, だけ出し, のもの, の泥棒, の荷, の釜, はあるでありましょう, ばかり荷, もあり, もある, 軽尻

▼ 八重次~ (14, 0.0%)

1 [14件] お菊, が彼女, とだけで, とは永い, と岡野, の助け, の家, へ一層, わが書斎, を苛め足らなかつたらしく, を送り, 亦来る, 来りいつ, 来る

▼ 八門遁甲~ (14, 0.0%)

3 の陣 2 の法 1 であって, というよう, の一法, の備に, の天書, の説, の類, の鬼変, も何

▼ 八~ (14, 0.0%)

2 に一七%

1 [12件] が都, だった, であつ, でダイジェスト, で同額, で遂行率, とする, に減っ, の増大, の酸素瓦斯, は英国旗, またはそれ以上

▼ 八どん~ (13, 0.0%)

1 [13件] です, ですか, でなくたつて, なんかひと, には結構, に夢中, に済まねえ, に言, はひどく, は店, は深間, は笑, は間

▼ 八インチ~ (13, 0.0%)

1 [13件] か十インチ, だった, で値段, で縦, の丈, の低い, の布片, の深, の高, ほど突き出, もあった, もある, 厚さ〇・五インチ

▼ 八ツ山下~ (13, 0.0%)

4 の本陣 2 の御殿 1 で電車, に落ち合っ, のちょっと, の木戸, へ来, まで突っ走っ, をこちら

▼ 八パーセント~ (13, 0.0%)

2 の間

1 [11件] から七三パーセント, くらいだろう, くらいはあるだろう, くらいまで上げた, の六八五億ルーブル, の硝酸銀, まで勤労者, まで故障, も殖えてる, を婦人, 増した

▼ 八七三年~ (13, 0.0%)

2 から一八七六年, のこと 1 にこう, には楽友協会, にまず, にレーリー, に始まる, に至っ, のナイル旅行, の三月三十日, の秋

▼ 八九名~ (13, 0.0%)

2 の影

1 [11件] であったが, に取占められ, の中, の客, の捕手, の浪人, の者, はのた打っ, はみな徒歩立ち, 参って, 近い足音

▼ 八~ (13, 0.0%)

1 [13件] ぐらいかな, ぐらいじゃなかった, だね, でありそして, であるから, などについても同様, なら日本, に土御門大臣, に浅井郡馬川, の句調, の型式, の小粒, の歌

▼ 八五九年~ (13, 0.0%)

2 に出版, に有名 1 から六八年, にその, にウプザラ, にレオン, に公, のこと, の事件, の作, 再び渡米

▼ 八八九年~ (13, 0.0%)

1 [13件] から一八九一年, だ, といえ, とすれ, と一八九二年, に出版, に成就, に第, の三月, の大, の終, の表, の調査簿

▼ 八六一年~ (13, 0.0%)

1 [13件] であった, にアレキサンダア二世, にイタリア, にバハオーフェン, にマクス・シュルツェ, に出版, に故国, に書かれた, に歴史的ストライキ, に濠洲, の農奴解放, まで存命, まで継続

▼ 八十枚~ (13, 0.0%)

2 のもの

1 [11件] ぐらいあります, と書かなけれ, の所, の長, ばかりの写本, ばかりの写真, もやぶれ, を造り, 入る, 書けるから, 程ある

▼ 八及び~ (13, 0.0%)

2 九によ, 九によって 1 一二八対一〇〇と, 二七・一三六, 五八, 四二, 四二であり, 四四, 地七・七三, 第九章, 第九項目

▼ 八~ (13, 0.0%)

1 [13件] だぞ, となる, の中, の搏音, の米, の酒, は飲める, ばかり打ち合いました, もひろつてる, をのんだ, 並びに布, 渡して, 満となり午後九時前後

▼ 八大急ぎ~ (13, 0.0%)

2 で奉行所, で谷中 1 だ丁子風呂, で帰ろう, で明神様, で明神樣, で歸ら, で練馬, で行, で行っ, で行つて

▼ 八年十二月~ (13, 0.0%)

2

1 [11件] から菜食, であるから, で曇った, にて六週間計り, に全日本無産者芸術団体協議会, に完成, に東條, のこと, のつぎ, の初め, までは太政大臣

▼ 八~ (13, 0.0%)

3 の将, の旗本 1 など猛然, のうち, の一人, の中, の兵, の四つ, の韋駄保

▼ 八時二十分~ (13, 0.0%)

3 である 1 からがいつ, から九時の間, ぐらいに出, であった, なので, に真, までにおい, までの間, まで引きつづき, より

▼ 八時間労働~ (13, 0.0%)

1 [13件] がすむ, したされば, です平均, で充分, で映画, といっ, としても二日, とまったく, に同じ, に有給休日, の要求, を原則, を続け

▼ 八百メートル~ (13, 0.0%)

1 [13件] くらいです, ぐらいかな, だ, となった, と申します, にした, の競技, の陽画映写フィルム, の高地, はあるだろう, はこの, ばかり引きかえす, 大念仏

▼ 八百年前~ (13, 0.0%)

1 [13件] に人類, に實行, に起っ, に造った, のこと, の人間社会, の古典, の昔, の武人, の過去, を回顧, 成った班, 既に數學

▼ 八~ (13, 0.0%)

2 ぶりきの

1 [11件] がやって来, ぐらいまで, と銀座, にいづ, の諸, の青色桐葉章, までの賞金, まで直接, を加重, を輕減, を重く

▼ 八~ (13, 0.0%)

2 の鴉

1 [11件] いつの間にか飛ん, ずつ, その川端, ならんで, の白鳥, の禿鷲, の鳩, の鶏たち, ほど孵させた, 撃ち落した事, 潜み居つ

▼ 八~ (13, 0.0%)

2 して

1 [11件] するも, である, となる, とも紛飛繚乱, にされよう, にし, にでもしなけれ, の惨状, の憂き目, の粉砕, をなし

▼ 八~ (13, 0.0%)

1 [13件] から出られなくなっ, の一部生門, の備, の内, の吉門, の外, の様, の法, の計, の遺蹟, を布いた, を破り得べき, を見

▼ 八~ (13, 0.0%)

2 の大蛇

1 [11件] からその, が紛失, ずつの馬, に乘, の, の拂, の馬, の騎馬行列, も打つ, を率い, 飼って

▼ 八カ所~ (12, 0.0%)

3 の霊場 1 ありますが, になぞらえた, に家, に展開, のうち, の外, の寺, ばかり戸板, も打

▼ 八一二年~ (12, 0.0%)

1 [12件] にはペー街, にフランツ, にボヘミア, にリヒノフスキー, に再び, のナポレオン, の条令以来, の米英戦争, の軍編制, はわれわれ, はナポレオン, 及び一八一六

▼ 八七〇年~ (12, 0.0%)

1 [12件] から七一年, すなわち普仏戦争, という年代, にグリーンランド, にダーウィン, にフランス, にマックス, に普仏戦争, のワイマール憲法, の普仏戦争, の暮, より一九一四年

▼ 八九七年~ (12, 0.0%)

1 [12件] である, には十三パーセント, には箱形, にケーテ, に女, に王立研究所, に鉄幹, の, のハウプトマン, の八月七日, までに三十五, より燃

▼ 八九二年~ (12, 0.0%)

2 から死 1 にはソリスベリー卿, には彼, にパレート, に僧昌住, に出た, に大, のこと, のもの, のロシア, まで二百年間

▼ 八九寸~ (12, 0.0%)

2 より三尺 1 から一尺, から一尺余, ぐらいのもの, のところ, のもの, ほどな, もこの, 伸びた蒼, 深く切り込んだ, 高サ八九尺

▼ 八~ (12, 0.0%)

12 の大蛇

▼ 八八七年~ (12, 0.0%)

2 の春英国 1 から九五年, から神経, にはついに, にアレキサンダー三世, にラウダー, に発表, の十二月, より一九一〇年死, 即ち, 我が明治二十年

▼ 八六〇年~ (12, 0.0%)

1 [12件] からふたたび, から六四年, である, においてはユトランド, にはパレルモ, にニユーヨーク・トリビユーン紙, に英, の作, の或, の秋, の終り, より七八十年

▼ 八十九~ (12, 0.0%)

3 の両日 1 か九十, ぐらいの若者ぞろい, に対する断行説賛成者六十七, の三年, の四日間, の高齢, 及び第, 尚往事, 計九巻

▼ 八十九年~ (12, 0.0%)

2 の長い 1 で同年六月七日, における仏国大革命, に公, に宣言, に於, の事, の抑, の昔, の詩集, 更に新進

▼ 八十尺~ (12, 0.0%)

2 の高 1 に達する, の深, の淵, の高い, もあつ, も上, 乃至百尺, 切立ての, 或は七十五尺, 長さ一千尺コンクリート

▼ 八千尺~ (12, 0.0%)

1 [12件] という, にも充ちる, に過ぎない, のカンチェンジュンガ, の太郎山, の氷河, の白根火山, はあろう, ほどの甲州アルプス, ほどの高地, を超えた, 近い高度

▼ 八号室~ (12, 0.0%)

1 [12件] である, にゐる, に宿, に居た, の大森君, の女, の扉, の角, は五階, へ姿, までの一郭, をお尋ね

▼ 八~ (12, 0.0%)

5 の, の大蛇 1 になっ, の遠

▼ 八~ (12, 0.0%)

1 [12件] が厭, には霞, のキレット, の二女, の人形, の断裂, の雉, もつむ, を伴, を眺め, 越え鹿, 踏み越えさし

▼ 八~ (12, 0.0%)

2 の宰相 1 あるも, であります, とある, という中, となり, の中, の公卿, の競争, の遊芸者, までが東京

▼ 八~ (12, 0.0%)

2 の餅 1 ある, あるいは一石, だの, なんかじゃき, に余る, に塩鮭, に対して田方, の家, の量, まあざっと四俵半

▼ 八洲子~ (12, 0.0%)

1 [12件] がそつ, がはいつ, がハンケチ, が意外, にそれ, の不安, の肩, の表情, はその, はついて行かない, は少し, は静か

▼ 八~ (12, 0.0%)

2 の剣法 1 だけで, のわが, の兵法, の吉岡, の極意, の楽天的, の樂天的, の理論, の真髄, 見えるだけ

▼ 八~ (12, 0.0%)

1 [12件] だ, で三番, という工合, とって, と屏風一双, なり, にし, に達し, はことごとく, を持ちだし, 下すって, 出されるの

▼ 八百駒~ (12, 0.0%)

1 [12件] あやんわり, あ他行, という青物担売, といふ料理屋, と字, と焼印, と読める, の仕事, の提灯, の物, へ行っ, を白眼

▼ 八~ (12, 0.0%)

2 あります 1 あって, ずつあった, にさだめ, には九つ, にわかち, の石段, ばかりにわかれ, へ落され, までという事, まで下等

▼ 八~ (12, 0.0%)

5 の虹 1 つぽい, とか十二色, にもその, の淺黒さ, の鱗雲, 添えて, 白く鼻筋通り

▼ 八〇〇年代~ (11, 0.0%)

1 [11件] であるばかり, に外務卿アルムスト, の世紀末, の中葉以後, の始め, の巻, の建造, の末, の石壁, の終り, をもって終り

▼ 八〇二年~ (11, 0.0%)

2 から一八一三年 1 と, ないし一八一一年, に書いた, に書かれ, に書かれた, に生れた, に結婚, に至る, の氾濫

▼ 八〇五年~ (11, 0.0%)

2 に終る 1 から一二年, から一八〇八年, ないし一八一九年, には, にはフェルディナンド大公, にロシア, に東印度会社, のある, をもって近世用兵術

▼ 八〇磅~ (11, 0.0%)

2 でありまた, であるから 1 から四四五磅一五シリング, が彼, すなわち六四〇磅, であり, との差額, の残額, または彼

▼ 八とか~ (11, 0.0%)

2 八公とか 1 で逞, 云いました, 云う話, 云ふ, 伊呂波歌の, 十一とかいう, 名乗って, 大抵日が, 言いましたが

▼ 八にしか~ (11, 0.0%)

2 見えない, 見えませんが 1 ならないのに, ならない妻, ならなかつた当時, 見えないほど, 見えない小娘, 見えない素直, 見えぬとか

▼ 八はすつかり~ (11, 0.0%)

1 [11件] お仲贔屓, 好い心持, 彈みきつて居ります, 得意に, 御機嫌, 恐悦し, 悦に, 感服し, 觀念しました, 面喰らつて了ひました, 面白くな

▼ 八ばかりの~ (11, 0.0%)

2 女が 1 ほそや, 令嬢の, 可憐に, 女なりき, 娘が, 娘さんです, 少女赤坂の, 細そりと, 若い先生

▼ 八もう一度~ (11, 0.0%)

2 出かけよう, 運試しに 1 やり直しだ, 中富坂へ, 丸屋へ, 二階へ, 池田屋の, 練馬へ, 青葉の

▼ 八一一~ (11, 0.0%)

1 [11件] 一, 一三, 一二夜十一時半, 一六という, 三, 三〇, 二八である, 二四, 八夜八時, 六夜十一時, 四

▼ 八一五年六月十八日~ (11, 0.0%)

2 の夜 1 その遺恨, という日付, とは今日, には何, には雨, に彼, に戦った, の払暁, の騒乱

▼ 八七四年~ (11, 0.0%)

1 [11件] からはカルルスバード, から一八七九年, と一八七七年, にはパリ, に外国貿易, に第, に英人ジョージ, の六月, の夏頃, まで前後十一年間, 即ち私

▼ 八三九年~ (11, 0.0%)

2 から四〇年ごろ 1 から一八四五年, にはイエニー, には従姉エンマ・ウェジウッド, には秋, に出版, に生れ, の終り頃, までここ, 死んだ北インド王ランジットシン

▼ 八九九年~ (11, 0.0%)

1 [11件] このインスティテューション, にフルウリイ書店, に出た, に彼, に現われた, に至る, の作, の探険, の秋, の調査, まさにキュリー夫妻

▼ 八九六年~ (11, 0.0%)

1 [11件] から一八九八年, でフラマリオン社, で四十五, に, には, にはモンド, には論文集, に出版, に維也納, に軍隊, まで十一年間

▼ 八九月~ (11, 0.0%)

2 の頃 1 にかけて江戸, には大, に多く, に至る, の二ヵ月, の交, の比, はまだ, は外出

▼ 八九郎~ (11, 0.0%)

2 の人格交替 1 が床, のふたり, の両親, はわれと, は今年二十歳, は原因不明, をつれ, を自殺, を診察

▼ 八五二年~ (11, 0.0%)

1 [11件] すなわち十歳, である, と一八七二年, にそこ, にヴィクタア・ユウゴウ, に千三百五十トン, に王立協会, のこと, の冬, の創立, まで続け

▼ 八五八年~ (11, 0.0%)

2 のこと 1 から三百九年間, にその, にはアルバート親王, には聖クロティルド教会, にハイデルベルグ大学, に英国, の夏, の太沽砲台攻撃, より六二年

▼ 八五郎一人~ (11, 0.0%)

2 を留守番 1 が異端者, だけ佐渡屋, では, なら口先一つ, にはむづかしい事件, に備, の手, の罪, をつれ

▼ 八六七年~ (11, 0.0%)

1 [11件] すなわち慶応三年以来, で船, と八年, に, にサンフランシスコ, のこと, の元旦, の八月, の八月二十六日, の十一月七日, 遂に世界的

▼ 八~ (11, 0.0%)

2 の米 1 です, ですと, ときめられ, として十月一日, と水, は入ります, ばかりよく, まで騰りました, より取れません

▼ 八十五~ (11, 0.0%)

1 [11件] でなくなられた, で危篤, で死ん, で死んだ, で病み, になった, にもなっ, のうち五十一, の補助礼拝堂, よ, 指して

▼ 八十四~ (11, 0.0%)

1 [11件] だ, だからといふ, であつ, である, でアムステルダム, で少し, で往生, で此の間死, の夏, までながらへた人, 小会議区

▼ 八十文~ (11, 0.0%)

2 の千住 1 いただきます刀, で一遍, で買った, なり, にて事足る, になる, の上酒, の値段, 出して

▼ 八十種~ (11, 0.0%)

4 好具足 2 あると 1 には及ぶであろう, にもおよぶ, の脚本, もあった, も植えおかれ

▼ 八千五百石~ (11, 0.0%)

2 の大森摂津守, の旗本, を下し置かれた, を相違 1 の大, の大身, 取の

▼ 八千歳~ (11, 0.0%)

2 ヲ春トナシ八千歳, ヲ秋トナス 1 すでに往き, ながき來, の語, の長き, を春, を秋, を経

▼ 八~ (11, 0.0%)

2 の間 1 と計算, にある, の距離, も走れる, や十哩, を距, を隔て, 離れたバヒア・ブランカ市, 離れて

▼ 八四二年~ (11, 0.0%)

1 [11件] から七〇年, には, にはカール, にゴーゴリ, にダウン, に学校, のこと, の五港開放以後, の十一月十二日, の阿片戰爭, より九年

▼ 八~ (11, 0.0%)

1 [11件] にあり, にて, にては諸, にてキリスト, は第, より第, を, を司る, 即ち恒星天, 斬りと, 斬り九地

▼ 八寸位~ (11, 0.0%)

2 の大き 1 あったよう, しか浮い, ですむ, とか或は, の小さな, の帯, の脇差, の蒲鉾板位, までの簡

▼ 八年一月~ (11, 0.0%)

2 の新富座 1 から半年, から發行, そうちょうど日清戦争, その草稿, には御殿場, に出し, に歿, に至り, 再び鷲津

▼ 八年三月~ (11, 0.0%)

31 に右翼反動団体, に夜, に発表, に至り, のこと, の停戦, の初め, の末

▼ 八年四月~ (11, 0.0%)

2 に京都 1 から昭和十年六月, です, にもまた, に退隠し, に頓死, の, の六日, までの一年間, 元盛

▼ 八百億円~ (11, 0.0%)

4 の金 1 だけについて話, というの, という額, に達し, の使い方, の国費, の開発費

▼ 八百吉~ (11, 0.0%)

1 [11件] だよ, といふの, に絞められる, の肩, は, はお, はそれ, は少し, は打ちのめされた, は親許, は默

▼ 八百徳~ (11, 0.0%)

8 の主人 2 まで廻っ 1 でキヤベツ

▼ 八親分~ (11, 0.0%)

2 なんざ 1 が, が錠, こりゃとんだ, こりや, ですが, に街, のところ, はもう, は以ての外

▼ 八角形~ (11, 0.0%)

1 [11件] だな, という顔, につくられた, に磨い, のランプ, の下台とも, の古い, の欄干丈, の縁, をなし, を成し

▼ 八~ (11, 0.0%)

1 [11件] あつた, あり, には瓶子, には革草鞋, の机, の正中, ばかりの雪駄, または十二足, も見つけられた, を抜い, を結綿

▼ 八〇パーセント~ (10, 0.0%)

1 が労働者出身, が大学卒業生, が殺されました, とある, はカレッジ・グラデュエート, は仕事そのもの, は少々, は淫売婦, もあがる, を与えられ

▼ 八さん熊さん~ (10, 0.0%)

1 がタキシード, がホテル, であるが, というこれ, と列ん, と同列, と地, と精神生活, にし, は頭

▼ 八~ (10, 0.0%)

1 あんこれ, あんはい, あんよう, あん朝っぱら, あん疑う心, つぁん, つぁん熊さん, て, で宅, もう一人

▼ 八~ (10, 0.0%)

1 一七, 一二, 七, 三, 二, 四, 字や, 字ゴウロ, 字ゴウロに, 字山の

▼ 八ペンス~ (10, 0.0%)

1 か二シリング, するグロスベノウ・ミクスチュア, であった, であろう, ないし二シリング, ならば, に下落, に騰貴, の代り, を受取っ

▼ 八一九年~ (10, 0.0%)

1 から二五年, から翌, にある, には彼, にマドレーヌ, のこと, の一四年間, の八月二十五日, の議会, わが文政二年

▼ 八~ (10, 0.0%)

4 の城 1 との対峙, の地, の城主, へ迫った, を叩く, を陥せ

▼ 八九〇年~ (10, 0.0%)

2 のサガレン 1 か一八八〇年ごろ, で惨, に帆船トン数, に早く, の早春, の春ローマ, まで在職, 再び故郷

▼ 八九日~ (10, 0.0%)

1 たつと, でしたろうか, で旅行, にし, になる, にはお目にかかり, の大風雨, の差, の日数, を費し

▼ 八二九年~ (10, 0.0%)

1 にはガラス, にはロンドン郊外, には欧洲, にピサ, のスタイルどおり, の九月二十七日, の作, の十月, の夏, の話

▼ 八五一年~ (10, 0.0%)

2 まで年一囘づゝ倫敦 1 から十五年間, には七月, にオーストリー, にファラデー, に出, に次, の, まで生き

▼ 八代目~ (10, 0.0%)

1 が自刃, で表向き家名, とである, と称せられる, のお, の一人, の住職, の米国大統領, も数榛軒, や権十郎

▼ 八八〇年~ (10, 0.0%)

2 だが 1 から七〇年酒, に磁気選鉱法, に至り, の三月, の統計表, までは全く, までは年, まで連続的

▼ 八八二年~ (10, 0.0%)

1 にこの, には三十二篇, に彼女, に死んだ, の八月, の冬, の日本, の間, の頃, 同じくジェネバ

▼ 八六二年~ (10, 0.0%)

2 なること 1 に出版, に死ん, に至る, のこと, のパリー, の米国そのもの, の諸, 既に作者

▼ 八六六年~ (10, 0.0%)

1 すなわち長州征伐, にはクリストッツァ, にはペテルスブルグ大学, には有名, には米国船, に始められ, に死ぬ, に生まれた, の版, の第

▼ 八分位~ (10, 0.0%)

2 か, の入り 1 か今夜, に丸, の入りである, の道理, は行っ, 又あんまり

▼ 八~ (10, 0.0%)

1 か九匁, きつかりだ, だけ重く, で二百二十カロリー, の人力車, の食物, までの小形, もする, を下るまい, を以てすれ

▼ 八十キロ~ (10, 0.0%)

1 か百キロ, である, と称せられ, に分散, の空間, の群馬, の速, の速度, をこえ, を越えた

▼ 八十メートル~ (10, 0.0%)

2 もあります 1 かい, になりました, の丘陵, の切り立った, の向, ほど歩いた, もあった, も逃げた

▼ 八十七~ (10, 0.0%)

1 あったという, から第, だったと, である, と思ひ込んだ, にならせ, になり, の違った, の音, または八十八

▼ 八十九歳~ (10, 0.0%)

1 でも強い, で衣笠城, と横, に達した, の大介義明, の爺さんだつ, の生涯, の老, の老人, を以て世

▼ 八十余名~ (10, 0.0%)

1 がいずれ, という人数, と共に閣, の大, の整理, の酔顔, の雪, はあり, は悉く, も同時に

▼ 八十八ヶ所~ (10, 0.0%)

2 の霊場 1 のため, の内, の土, の大師参詣者, めぐりの, を作つた, 斬ったの, 第三十四番

▼ 八十六歳~ (10, 0.0%)

1 である, でこの世, で亡くなりました, で急逝, にて身まかり, になっ, の茂山千作, の高齢, まで長寿, より若く

▼ 八十戸~ (10, 0.0%)

1 か百戸足らず, が全部人形操, である, に増額, の村, ばかりの小さい, もあっ, もあるであらう, やいた時, 半つぶれ

▼ 八千メートル~ (10, 0.0%)

1 から時には, くらいかなあと思っ, であった, とか九千メートル, に達した, のところ, の場所, の高空, を越える, 近い深さ

▼ 八~ (10, 0.0%)

9 の鏡 1 の烏

▼ 八大層~ (10, 0.0%)

2 な木戸番 1 あわて, あわてて, ぼんやりし, ソワ, 元気じゃ, 寢起き, 御行儀, 改まったが

▼ 八寒嘯~ (10, 0.0%)

1 がそこ, という銘, と銘, の音, の音色, はそう, はやがて, をたずさえ, をぬい, を袋

▼ 八弥太~ (10, 0.0%)

1 がそれ, のことば, のはなし, の住居, の使い, の具足, は, はまた, は大, を介し

▼ 八~ (10, 0.0%)

1 あった, が災, であった京都, になっ, の三百九十九人, の村, の民, を打ち, を支配, を開け

▼ 八~ (10, 0.0%)

1 と第, にくだ, にもこんな, の刑罰, の總稱, は十, への, 第一嚢, 第三嚢, 第十嚢

▼ 八~ (10, 0.0%)

5 變らず 2 変らず騒々しい 1 変らず絵解き, 変らず騒がしい, 變らずあわて

▼ 八箇所~ (10, 0.0%)

3 もある 1 から火, の牛乳配達店, の警護, の霊場, へもお札, もえんえん, 第何番

▼ 八自身~ (10, 0.0%)

2 でした 1 の口, の方, はその, はデクノボー, は止めど, もそれっきり姿, もよく, も涎

▼ 八~ (10, 0.0%)

1 が印刷發行, とし, に分類, の大軍, の属, の粕漬け, の著書, をいい, を成す, を聚め

▼ 八重ちやん~ (10, 0.0%)

1 がうつ, が自分, である, とは何, の卷き, の後, の案内, の話, も圓, を呶

▼ 八~ (10, 0.0%)

2 を区別 1 から四十七音, ならば, になります, に字, の中, の器, をのべつ, を遏密せり

▼ 八〇〇〇~ (9, 0.0%)

1 であったはず, ではなく, で結婚, とされ, と比較, と測定, に対して九, に至る, への増加

▼ 八〇九年~ (9, 0.0%)

2 にヴィーン 1 にはウエーマウス町, にはサン・ドゥニ街, にイギリス, に農奴たち, の五月十日, の場合, までが有名

▼ 八〇四年~ (9, 0.0%)

1 でありますから, にはミリエル氏, には四ファネガ, にマサチウセッツ州, にミケル, に開始, の, の陰謀, までドウ・セブル

▼ 八ちよい~ (9, 0.0%)

1 とその, と仕掛け, と來, と來い, と字, と待つた, と良い, と行つて, と附き

▼ 八はさ~ (9, 0.0%)

5 う言 1 ういひながら, うでも, う言つて, う註

▼ 八~ (9, 0.0%)

1 すなわち約, です, と足先, に地, に甘粛, のうち二〇〇, の説, の間取り, ノ五

▼ 八一緒~ (9, 0.0%)

3 に行く 2 に本町 1 に來, に行かう, に行こう, に行つて

▼ 八七〇〇〇~ (9, 0.0%)

3 から一〇 2 である 1 が一八〇〇年, すなわち報告, に対し一, へすなわち

▼ 八七五年~ (9, 0.0%)

1 から七六年, で間もなく, と云え, に, には神社, には自らジークブルク, に上院, のこと, の後半期

▼ 八三五年~ (9, 0.0%)

1 にはモールス, には名誉, には静電気, にイリア, に亡くなっ, のサンフランシスコ, の初め, までつづいた, までパリー

▼ 八三四年~ (9, 0.0%)

2 の秋 1 から書きはじめられ, にこの, にはヤコビ, に初めて, に矢張り獨逸, に鉄造船ガリイ・オーエン号, の二月九日

▼ 八世紀風~ (9, 0.0%)

1 なもの, なギヤマン, のひだ, のボンネット, の古い, の忠実, の粗, の粗雑, の紀行文

▼ 八九八年~ (9, 0.0%)

1 にかけてのこと, にその, にはまだ, には論文集, にピッケリング, の作, の初め, の夏, の春

▼ 八五五年~ (9, 0.0%)

1 から書き始めた, がわが, すなわち, であれば, との間, には英国, にボン大学, に歌, の出版

▼ 八五四年~ (9, 0.0%)

2 に発行 1 から物理学, に, にもと, にメルボルン行, に公, の十一月, の十年前

▼ 八五郎殿~ (9, 0.0%)

2 のお 1 かよく, が見張つ, で不足, の髷, は佐原屋, は來, も御

▼ 八今度~ (9, 0.0%)

2 は品川, は少し 1 はその, はむづかしいぞ, は何, は昨日, は着物

▼ 八今日~ (9, 0.0%)

2 は何日, は大事, も歩く 1 は, は少し, は首尾

▼ 八分の入り~ (9, 0.0%)

41 あまりパッと, だった, である, で活気, で芝居

▼ 八~ (9, 0.0%)

1 が鳴ったら行っ, という, といや, になっ, になる, の上げ潮, の合図, の木, を打った

▼ 八十フラン~ (9, 0.0%)

2 になる 1 いただきましょう, ついてるので, はジルノルマン氏, ばかりしか残らなかった, までまけた, を与える, 持って

▼ 八十次郎~ (9, 0.0%)

2 の方 1 か, と名, と相談, の二少年, の二少年吉見, は十八歳, は各

▼ 八十歳以上~ (9, 0.0%)

2 の高齢者 1 かとも思われた, の人, の老年, の老齢者五人, の長寿, まで持っ, 及び篤疾

▼ 八千両~ (9, 0.0%)

3 の金 1 こしらえましてな, でとうとう, という天晃竜, と祈った, の半分, ばかりご

▼ 八~ (9, 0.0%)

2 に構え 1 だとか, に身, に陣形, の刃形, 上段の, 截鉄の, 払い神妙剣

▼ 八四六年~ (9, 0.0%)

1 で一八六〇年, にこれ, にはなお, にカーン大学, に王立協会, の後半, の文学観, の頃, までは太平洋岸

▼ 八四四年~ (9, 0.0%)

2 の第 1 である, における英國勞働階級, にはフランク, には旧, のこと, の言葉, より六〇年

▼ 八~ (9, 0.0%)

1 であつ, であろうが, の出産届, はもう, は二十五六, は五, は今, も婦芸, を頼む

▼ 八寸玉~ (9, 0.0%)

2 の製作 1 が初めて, という, のその, の中, は雲, もその, を限度

▼ 八~ (9, 0.0%)

1 がそれ, が八, です, の城, は, はお, は四十二三, は愼しみ, 来たので

▼ 八年七月~ (9, 0.0%)

1 この, である, にてその, には仙台, にもその, に日光湯本, の, の条, の歴史地理

▼ 八年五月~ (9, 0.0%)

21 から十一年二月, から私, その甥ヨハン, にこの, には下賀茂神社, に終れり, を以て所謂法隆寺再建論

▼ 八年以後~ (9, 0.0%)

1 における近世産業, にわかに勢い, の事, の御製, の日本, の時代, の米国西海岸, は日露戦争, は研究会事務所

▼ 八年八月~ (9, 0.0%)

1 には堺利彦, に家康, に至って, に薨, の, のこと, のオスロ会議, まで満, を以て戰爭

▼ 八年制~ (9, 0.0%)

2 の国民学校 1 となった, になる, によってその, に改まる, のグレード, の中, はつまり

▼ 八時二十五分~ (9, 0.0%)

1 では, といふ時刻, に小池, に島田, に自分, の東京駅発伊東行き, までには三時間あまり, より, を違約

▼ 八月頃~ (9, 0.0%)

1 いよいよ詩, すでに自分, になつて, になる, のこと, は蕎麦, までは増税, まで池, 深い山路

▼ 八橋さん~ (9, 0.0%)

2 のところ 1 に届け, に相談, のお, のお蔭, の所, の花魁, へ一筆

▼ 八橋周馬~ (9, 0.0%)

1 が敷台口, が見送っ, で何, で此の度火急, とか申し, と偽名, と名, は堀切, は驚き

▼ 八歳頃~ (9, 0.0%)

2 の事 1 からし始めた, からそろ, から長い, にその後, のこと, の傑作, までは政治家

▼ 八瀬大原~ (9, 0.0%)

2 の方 1 にし, にも清水, に這入, の奥, の婦人, の民家, の秋

▼ 八~ (9, 0.0%)

1 およびチベット, などの建物, に名ばかり, に遍く, のひとつ, の公卿百官, の内庭, の内門, の官人

▼ 八神殿~ (9, 0.0%)

3 の床下 2 の神 1 から斎院, といふ, の参詣道, の階段

▼ 八~ (9, 0.0%)

1 には火消し, によって昔, のその, の幌自動車, の辻, は夜中, を巡邏, を引き廻される, を残り

▼ 八~ (9, 0.0%)

1 があった, が催された, の尊かっ, を催される, を催し, を山崎, を行なう, を行なわせられた, を近日

▼ 八重垣姫~ (9, 0.0%)

1 が呼び物, と山姥, に対して勝頼, のよう, の人形, も無論, や助, をした, を振りあてられ

▼ 八釜敷~ (9, 0.0%)

1 いうて, おつぎ, から打つ, がした, して, ても一々, なって, なり掛けた, ので主人

▼ 八〇三年~ (8, 0.0%)

2 に第, の第 1 にできた, にパリ, の十一月, 再び開戦

▼ 八だった~ (8, 0.0%)

1 かな手紙, かのあの, か女, がこう, がそんな, とばっかり思っ, とも言える, のです

▼ 八つ折~ (8, 0.0%)

2 にし, の半紙 1 にした, に畳ん, に疊, の唐紙二十五枚綴り

▼ 八であった~ (8, 0.0%)

2 という 1 から風采, が直ぐ, が頭脳, 時の, 父の, 筈だ

▼ 八また~ (8, 0.0%)

2 誘拐らしい 1 いった, お客樣を, とんだ手柄, 大変の, 見当が, 誰か

▼ 八より~ (8, 0.0%)

3 五人組七人組腰に 1 少し老け, 役者が, 生れたる抒情小曲集, 第十五, 足が

▼ 八ツ時~ (8, 0.0%)

1 から夕, でちらり, でもあろう, となった, の御, まで八ツ番, まで物, 終に御

▼ 八ヶ年~ (8, 0.0%)

1 かかつて, の努力, の後二つ, の苦しみ, の間同類, は過ぎた, も御, 程浪人

▼ 八~ (8, 0.0%)

1 すなわち約, で四箇年, と記し, と記す, にいづる, デ至極, ノ, 全世界

▼ 八三七年~ (8, 0.0%)

2 のスウェーデン旅行 1 ある僧侶, にし, にはシャルロット, には九十二ポンド, に書きあげられた, の夏

▼ 八九里~ (8, 0.0%)

2 の道 1 あると, に聞ゆ, のフェーホ, の間, はあろう, 上ったところ

▼ 八九間~ (8, 0.0%)

1 さきなる軒下, その探さ, の丸太, ほど追いかけた, もある, もあるべき, もあろう, も彼方

▼ 八人藝~ (8, 0.0%)

2 の女 1 の, のお, の三七郎, の苫三七郎, は止し, やら一人芝居

▼ 八代目団十郎~ (8, 0.0%)

2 である 1 が児雷也, が演じはじめ, が自刃, の一座, の児雷也, や市村羽左衛門

▼ 八~ (8, 0.0%)

1 でかいた, で二十三日の, として三十一日, として居りました, に当る, をかいた, をかく, を書き

▼ 八先刻~ (8, 0.0%)

3 から見 1 からお, から勘定, のやう, のよう, 鳴ったの

▼ 八八〇年代~ (8, 0.0%)

2 のロシア 1 というとき, のルノワアル, の天鵞絨, の後半, の終り, の革命運動

▼ 八八三年~ (8, 0.0%)

1 には鳥, に世, のクラカトア, の報告書, の夏, の条, は明治十六年, より文官任用試驗

▼ 八六九年~ (8, 0.0%)

1 にロシア, にロンドン, に成就, に株式相場表示機, のこと, の初め, の甲州, までまる

▼ 八其處~ (8, 0.0%)

1 で頑張つ, にゐるなら, に居る, の戸棚, の押入, へ何ん, を掘, を締め

▼ 八十パーセント~ (8, 0.0%)

1 というの, との報告, は, までは花柳病, までは音声, も占め, を占める, を支配

▼ 八十七歳~ (8, 0.0%)

2 の今日 1 だから, であった, とかでアメリカ, の人, まで眼鏡, を迎へた時

▼ 八十二斤~ (8, 0.0%)

5 の青龍刀 1 という彼, と称する, の大

▼ 八十五円~ (8, 0.0%)

1 が何, ですね, で畠, とかの家賃, に当る, の碁盤, まさに拝借, を費やし

▼ 八十余人~ (8, 0.0%)

1 その結果浮浪, に及ん, の名, の多き, の尾州兵, の彰義隊, はすべて, も養成

▼ 八十八年~ (8, 0.0%)

1 とあります, になっ, には初めて, に及び, に巴里, に見えたる, の出版, まえの

▼ 八十神~ (8, 0.0%)

1 この伊豆志袁登, に殺され, の従者, は八重事代主, ましき然, を征服, を表した, 追い到りて

▼ 八史略~ (8, 0.0%)

2 の端本 1 などを教えられた, の話, までは素読, を売っ, を愛讀, を講じた

▼ 八合目あたり~ (8, 0.0%)

1 から上, から下, から霧, だったの, につく, に明るい, まで上っ, を横断

▼ 八四九年~ (8, 0.0%)

1 からケーニヒスベルク, すなわち嘉永二年, にその, には, のある, のゴールド, へその, より一八八五年

▼ 八四八年六月~ (8, 0.0%)

1 のパリ一揆, の一揆, の反抗, の宿命的, の悲惨, の暴動, は一八三二年六月, は何

▼ 八州様~ (8, 0.0%)

2 の御用 1 お声がかり, から追込み, の組, へ頼ん, へ頼んだ, へ願っ

▼ 八年来~ (8, 0.0%)

1 この先生, そのうち, の地震, の当分, の暑, 取りかかって, 知って, 遂に因果律

▼ 八年正月~ (8, 0.0%)

1 となっ, にも大火, に再び, に至っ, のこと, の公園劇場出演, の夜, の日

▼ 八年私~ (8, 0.0%)

1 が二十一, が二十五歳, が朝日新聞社, が検挙, の卒業, の訪問, はどん底, は二十四

▼ 八提灯~ (8, 0.0%)

2 を借り, を持つ 1 をやらう, をやろう, を持っ, を用意

▼ 八日ぶり~ (8, 0.0%)

2 に入浴 1 でお湯, で鎌倉, に飯, の会話, の入浴, の酒

▼ 八日夜~ (8, 0.0%)

1 から二十九日, このブレント入江, どうやら私, に松葉ヶ谷草庵, の事件, の分, は漆, 寝に

▼ 八時九時~ (8, 0.0%)

2 と時計 1 と店, には起きる, に出られる, に成っ, の高座, までも労働

▼ 八此處~ (8, 0.0%)

1 から淺草橋, が臭い, ではこの, に居る, に置く, は路地, へ來, を頼む

▼ 八歳以上~ (8, 0.0%)

1 と定められ, になれ, に見られた, の一切, の事也, の子供, の男, の男女

▼ 八歸ら~ (8, 0.0%)

3 うか, うぜ 1 う, うよ

▼ 八洲国~ (8, 0.0%)

1 とは群島国, と曰, に降臨, の八十国, の出来た, をお, をはじめ, を天地日月

▼ 八瀬童子~ (8, 0.0%)

1 が献つた八瀬, と呼ばれた, と呼ばれる, と呼ん, について何ら, のみには限らぬ, の如き, の後裔

▼ 八町歩~ (8, 0.0%)

1 しきゃ水田, だったと, にみなぎらした, にみなぎる, にわたる渺茫, に漲り湛えられ, の不規則, の水田

▼ 八番坑~ (8, 0.0%)

1 から仕方, だ, には坑夫, のその, の途中, まで, まで下り, まで降りました

▼ 八百八街~ (8, 0.0%)

1 には火消し, によって昔, の幌自動車, の辻, は夜中, を巡邏, を引き廻される, を残り

▼ 八百尺~ (8, 0.0%)

1 と九百尺, の, のところ, の切り崖, の地底, の坑道, の山, をケージ

▼ 八百峰~ (8, 0.0%)

2 の立ち, の総領, の跡取り息子, の近く

▼ 八百萬~ (8, 0.0%)

6 の神 1 の神共, の神等議

▼ 八百里~ (8, 0.0%)

1 この流, にわたる陣線, の平原眼, の芦荻, の間, の飛, を歩く, を走る

▼ 八老人~ (8, 0.0%)

1 でこの, の声, は失望, は悠々, は悲鳴, は耳, は観世家, も悲鳴

▼ 八~ (8, 0.0%)

2 の用意, ばかりで 1 の原, はどう, は何, ばかりの立派

▼ 八軒屋~ (8, 0.0%)

1 から淀, から淀川, から蒸汽船, に着き, に至り, に至る, の宿屋, の岸

▼ 八〇番~ (7, 0.0%)

1 がね世話, が私, という人, とこの, のよう, の長者, は云った

▼ 八ぐらいの~ (7, 0.0%)

1 ところがちょうど, 小娘でなけれ, 年ごろらしかった, 年齢じゃ, 綺麗な, 美しい女, 静岡の

▼ 八ここ~ (7, 0.0%)

1 から入る, から浅草橋, ではこの, で縄付, へ一人, へ女, を頼む

▼ 八そいつ~ (7, 0.0%)

2 を縛っ 1 が下手人, は本当, は棄て, は素人料簡, は結び目

▼ 八どの~ (7, 0.0%)

1 だ, とやら, と書い, と甚兵衛どの, はここ, はなん, もうお

▼ 八よく~ (7, 0.0%)

4 見て 1 考へて, 聞かして, 見てくれ

▼ 八~ (7, 0.0%)

1 が去った, とも顔馴染, は先, は帰国, は計略, も怪しまなかった, も深く

▼ 八フラン~ (7, 0.0%)

1 なん, に加えれ, の資本, はいっ, もうけた, も取られる, をかくし

▼ 八ルーブリ~ (7, 0.0%)

21 が鼠, じゃない, の月給, の税金, の鼠税

▼ 八一ねえさん~ (7, 0.0%)

1 が, に向っ, の要らぬ, の鼻先, は心掛け, は腹立ち, も怒り出した

▼ 八~ (7, 0.0%)

1 であった, でこの, といふ調子, とする, に卑しき, に文政九年六月二十五日, へ登り

▼ 八三二年六月~ (7, 0.0%)

2 の暴動 1 にはその, のフィロソフィカル・マガジン, の戦い, の騒動, よりもはるか

▼ 八三六年~ (7, 0.0%)

2 に文学誌 1 からは灯台, に今ジャン, に諧謔小説, のこと, の十月二日

▼ 八並び~ (7, 0.0%)

6 に註參照 1 に註

▼ 八九〇年代~ (7, 0.0%)

2 に入っ 1 のフランス文学, のロシア文壇, の中頃, の初め, の最も

▼ 八九本~ (7, 0.0%)

2 立つて 1 のバナナ, の切ッ先, も並んだ, も私, も竝ん

▼ 八九町~ (7, 0.0%)

1 であるに, の間, もあるい, もあろう, も急坂, も逆戻り, も隔り

▼ 八~ (7, 0.0%)

1 および二六〇頁, からページ八五, すなわち男子出生, であった, であり一七四一年, の間, ノ四

▼ 八二五年~ (7, 0.0%)

1 から一八三〇年, から四十年間, にいっ, にはジャン, に有名, の, の破局

▼ 八五七年~ (7, 0.0%)

1 には大, には母校, にミュンヘン大学, の, のこと, の夏, 心得一八五八年総長

▼ 八~ (7, 0.0%)

4 の水 3 の命

▼ 八人力~ (7, 0.0%)

2 あると 1 あったと, あるなどという, じゃない, で若し, もある

▼ 八人扶持~ (7, 0.0%)

1 なので, にご, の家, の矢島, の矢島玄碩, の米, を受ける

▼ 八~ (7, 0.0%)

2 の米 1 であったか, とこの, と書く, ものこる, 届きました

▼ 八~ (7, 0.0%)

5 の色 1 の衣, 折の

▼ 八八六年~ (7, 0.0%)

1 には国内, にサー・ジョン・ムレー, に撮った, の兄, の八月十三日午後七時頃, の表, より一九二八年

▼ 八六五年~ (7, 0.0%)

1 から一八六九年, から六六年, として書中当時, にブリュン, に至る, の四月, の正月

▼ 八分どおり~ (7, 0.0%)

1 こわれたガラス窓, ついて, のこみ, 咲いて, 白い髪の毛, 白くなっ, 詰った本棚

▼ 八分間~ (7, 0.0%)

1 か, ずつ四つ, と定め, に走る, も受けた, も道, を前

▼ 八十仙~ (7, 0.0%)

3 しか取らない 1 くらいな, しか取ら無い, というよう, と云

▼ 八十以上~ (7, 0.0%)

3 の老人 2 の高齢 1 とかの老人たち, になる

▼ 八十余歳~ (7, 0.0%)

1 でなくなるまで, という高齢, の, の今, の老人, の長命, まで生きのびた効いあっ

▼ 八十八鉱区~ (7, 0.0%)

1 が今, のこの, の中, の入口, の地底, の底, の竪坑

▼ 八十回~ (7, 0.0%)

1 こらえねば, だってまわっ, でその, にわたる記録, の地震, の大小, ほどもザンゲ

▼ 八十圓~ (7, 0.0%)

2 で買 1 かかります, はちと, は全部お父さん飮ん, を出し, 増して

▼ 八十幾つ~ (7, 0.0%)

2 の元素 1 かになる, で耳, といふ年, と数えられた, 書いたこと

▼ 八十幾歳~ (7, 0.0%)

1 かのお爺さん, で亡くなった, という, の好々爺, の老婆, の長い, の高齢

▼ 八十町~ (7, 0.0%)

2 より従五位八町 1 に対して食封, に対比, の位田, より四品四十町, 長しという

▼ 八十石~ (7, 0.0%)

1 が未だ, だ, のきり, の丸船, の御家人ぢ, の館主, も持っ

▼ 八十間~ (7, 0.0%)

2 にし 1 の橋, の距離, ばかりの堀川, もあっ, 双欄

▼ 八回目~ (7, 0.0%)

4 の誕生日 1 には鈴本, の手紙, の誕生

▼ 八~ (7, 0.0%)

1 か二十坪, の小さい, の狭い, の面積, ばかりある, ばかりの広, 程しかない

▼ 八~ (7, 0.0%)

2 に工夫, へ出ろ 1 では浪人, へ出, へ廻つて

▼ 八大山人~ (7, 0.0%)

1 といふ性行, にし, に風狂, の水墨畫, の焼直し, の狂態, の繪

▼ 八~ (7, 0.0%)

2 の獄 1 の世界, の地獄, の盆地, の責め苦, をさまよっ

▼ 八度線~ (7, 0.0%)

2 は線 1 はまだ, は日本内地, をこえ, を区ぎり, を頭

▼ 八掬脛~ (7, 0.0%)

1 ぐらいのやや, という, というもの, なるもの, の遺, や長, よりはやや

▼ 八~ (7, 0.0%)

21 脛, 脛とも, 脛などと, 脛を, 脛社を

▼ 八日め~ (7, 0.0%)

2 の朝 1 にはかならず, に割礼, に守り札, のお昼すぎ, も

▼ 八日朝~ (7, 0.0%)

1 ついて, というの, と書い, にくりのべられた, に甲府, の巳, の辰

▼ 八時四十五分~ (7, 0.0%)

1 からラヂオ小説, か五十分ごろ, で昼, には対山館, に出, より, 先ず山砲

▼ 八曲者~ (7, 0.0%)

2 の逃込ん 1 があんまり, の正体, の襟髪, の襟髮, は外

▼ 八条流~ (7, 0.0%)

3 の黒住団七 1 の手綱さばき, の黒住, の黒住団七様, みるみるうち

▼ 八歳未満~ (7, 0.0%)

1 が窃盗二人, で死亡, のこと, の娘, の青年, の青年労働者, はいけない

▼ 八段目~ (7, 0.0%)

2 の左端, は九段目, をよく 1 の道行

▼ 八~ (7, 0.0%)

1 が外, が恋し, が押えた, が時々, の説明, は跛引き引き村, を殺いた

▼ 八畳六畳~ (7, 0.0%)

1 ぐらいな三間, という妙, とまわり歩くべきな, と云う, のはなれ, の両, の二間

▼ 八~ (7, 0.0%)

2 まで蟻 1 かたまって, くらいとかげ, ぐらいまで梟, だぜ, の猛犬

▼ 八百キロ~ (7, 0.0%)

2 の電気会社 1 くらいのところ, だ, で飛ん, というところ, のあいだ

▼ 八百五十円~ (7, 0.0%)

1 あります, の札束, の間違い, ほどになっ, をわが, を百二十人, 貸すか

▼ 八百年来~ (7, 0.0%)

1 その常識, の大藪, の建物, の秘密, の貧乏ぐらし, 淀んだ空気, 秘められた財宝

▼ 八百目~ (7, 0.0%)

2 から一貫目 1 でございました, の体, の釜, の鉄砲, もあれ

▼ 八~ (7, 0.0%)

1 から十石, であったか, といふの, と打つ, の成繭, ヲ載, 乃至十餘石

▼ 八~ (7, 0.0%)

1 から十秒位, とについて深く, にきまっ, の後, はある, ほどの間, 程あつ

▼ 八箇月~ (7, 0.0%)

1 にし, に及んだ, の監禁, の間村, もいた, わずかに, ゐた後

▼ 八親方~ (7, 0.0%)

1 が死ぬ, が死んだ, が迷つて, の三年目, の幽, は人手, ばかりで

▼ 八路軍~ (7, 0.0%)

1 がいる, がひそん, が武器, とともに, と交戦, に降伏, の本当

▼ 八通り~ (7, 0.0%)

1 あって, この通, の偽名, の方法, の螺線, ばかり認め, 囃し方

▼ 八~ (7, 0.0%)

1 のその, の勤皇, の者ども, の荘司, の荘司ばら, の荘司等, の辻

▼ 八重福~ (7, 0.0%)

1 と浜町, を伴, を招ぎ, を落籍し, 帰りし後, 来りて, 来り宿す

▼ 八~ (7, 0.0%)

2 や品物 1 かしら, がえ, だよ, の大, 同金

▼ 八~ (7, 0.0%)

5 に裂き 1 にとり辟, 縫って

▼ 八鉱区~ (7, 0.0%)

1 が今, のこの, の中, の入口, の地底, の底, の竪坑

▼ 八間四面~ (7, 0.0%)

2 の道場 1 といふの, とは聞い, のお, のりっぱ, の磨き

▼ 八面大王~ (7, 0.0%)

1 がそこら, ですよ, というの, と称し, なの, に扮, を亡ぼした

▼ 八〇カロリー~ (6, 0.0%)

2 の潜熱 1 だけ余計, であること, の熱, を消費

▼ 八〇七年~ (6, 0.0%)

1 から一八二七年, から今, には第, に世, に男の子, の二回

▼ 八〇%~ (6, 0.0%)

1 が残っ, というおどろくべき, は, は穫れる, は英国, を占める

▼ 八こと八五郎~ (6, 0.0%)

2 を相手 1 の思ひ, はつく, を迎, を迎え

▼ 八そんな~ (6, 0.0%)

2 下らない事 1 事だ, 企みも, 手荒な, 氣の

▼ 八~ (6, 0.0%)

2 やありません 1 や, やあの, やございません, やねえか

▼ 八って~ (6, 0.0%)

1 え男, お踊, こんなもの, 下に, 仇名の, 男です

▼ 八である~ (6, 0.0%)

2 が嫁入り 1 からアリスタルコス, がこの, がそれ, と甚右衛門

▼ 八ところ~ (6, 0.0%)

3 まで見と 1 に門, まで見とどけ, まで見届け

▼ 八~ (6, 0.0%)

2 のである 1 のよ三十五円, のを, んで御, アリ

▼ 八なら~ (6, 0.0%)

1 こそ物, もう大人, 一人前の, 宇乃どのが, 此方で, 落ちとも

▼ 八までは~ (6, 0.0%)

1 何の, 大抵あたる, 日本は, 罪人を, 自家の, 虚偽虚構に

▼ 八もう少し~ (6, 0.0%)

2 念入りに, 落着い 1 周助の, 詳しく話し

▼ 八ツ半~ (6, 0.0%)

2 までのあいだ 1 かい, から鎗, です, をつい

▼ 八ツ山~ (6, 0.0%)

2 の沖 1 の, の前, の浜屋敷, の陸橋

▼ 八ツ裂~ (6, 0.0%)

2 にし 1 にされ, にしてやりたい, にする, の九段坂

▼ 八・九年~ (6, 0.0%)

1 からだ, から三三年, と言, のソヴェト, のペテルスブルク, の新

▼ 八一八年~ (6, 0.0%)

1 に出る, に彼, のこと, の凶年, の春, の秋

▼ 八一杯~ (6, 0.0%)

1 付き合おうか, 喰は, 買おうこいつ, 附き合, 飮めさうだ, 飲めそう

▼ 八七八年~ (6, 0.0%)

2 の四月 1 には新, に法位, の五月, までの間

▼ 八上城~ (6, 0.0%)

1 だけはなお, の旧領安堵, の残軍, の波多野一族, は陥ちない, を中心

▼ 八乃至~ (6, 0.0%)

1 一八パーセントの, 一対十であった, 二十四五歳迄の, 二十歳で, 十八パーセントの, 十哩だったろう

▼ 八九三年~ (6, 0.0%)

1 でその, に彼女, の, の五月二日, の暮, より一九〇一年

▼ 八九割~ (6, 0.0%)

2 は学生 1 が建築家, までが俳優, までが流線型採用, もかけ

▼ 八九十~ (6, 0.0%)

1 から百, から百人あまり, の三箇章, の諸, はよみ書き, までは長生き

▼ 八九尺~ (6, 0.0%)

1 にし, に繁った, の上, の距離, もある, 高さ五

▼ 八二八年~ (6, 0.0%)

1 になした, にはアメリカ大陸, のこと, のクールフェーラック, の四月, の夏

▼ 八二六年~ (6, 0.0%)

1 には第, にボルドー, に彼, に生れ, の十一月, の夏

▼ 八二重~ (6, 0.0%)

2 の羽織 1 の帯, の被, の鏡かけ, の黒い

▼ 八五三年~ (6, 0.0%)

2 第四作 1 にはファラデー, に日本, に英露, まで一隻

▼ 八五郎自身~ (6, 0.0%)

1 でさ, と平次, の, の経験, の經驗, もまた

▼ 八~ (6, 0.0%)

1 か, と一緒, に指図, はお, はまだ, は暗い

▼ 八代将軍吉宗~ (6, 0.0%)

1 が和漢, が果して, が職, たる源六郎, に仕え, の頃

▼ 八以下~ (6, 0.0%)

2 にいづ 1 には, に委し, に愛, 並びに註參照

▼ 八~ (6, 0.0%)

2 ないか 1 いツ, い危, い捕つたぞ, て見る

▼ 八六四年~ (6, 0.0%)

1 になっ, にイギリス, にドイツ, に比べる, の秋, の第

▼ 八十一州~ (6, 0.0%)

1 ならびに荊州, の兵, の百姓庶民, の遺, は今や, を横

▼ 八十三万人~ (6, 0.0%)

1 が就業, と云われた, と出, の仇, の失業者, は三月

▼ 八十二年~ (6, 0.0%)

2 に又 1 といへ, に行く, の三月頃, の生活

▼ 八十五条~ (6, 0.0%)

2 のこと, をお, を検

▼ 八十五間~ (6, 0.0%)

3 の口 1 その殿内, の切付け, の切口

▼ 八十余~ (6, 0.0%)

1 だったと, であった, でもと, で死ぬる, の婆, の翁

▼ 八十余年~ (6, 0.0%)

1 にし, に亙る, の彼, の後, の昔, を経

▼ 八十余騎~ (6, 0.0%)

1 の小勢, の黒い, もおれ, をひい, を択ん, を殲滅

▼ 八十個~ (6, 0.0%)

1 の実, の小学校六年生児童, の惑星, の玉子, の眼, 産みます

▼ 八十吉君~ (6, 0.0%)

1 だと, では, の船室, も竹造君, をデッキ, を殺した

▼ 八十年代~ (6, 0.0%)

1 に死んだ, に歿しき, の人々, の人間, の半頃奈良, の知識階級

▼ 八十斤~ (6, 0.0%)

1 あったに, くらいの収穫, と称する, の鉄, もある, もあろう

▼ 八十本~ (6, 0.0%)

1 と並ん, の毛髪, の足, は確実, 立てそれから, 立て間口二十間

▼ 八十氏川~ (6, 0.0%)

5 の網代木 1

▼ 八十翁~ (6, 0.0%)

1 の大納言, の息, の胸, の類い, の鶯亭金升さん, もよばれ

▼ 八十銭位~ (6, 0.0%)

1 かと思ふ, しか与へられないで, ですから, とった, になっ, の馬鹿値

▼ 八千ルーブル~ (6, 0.0%)

1 とかで木, と一万一千ルーブル, のうち, もつて, より出しおらん, を元手

▼ 八千五百万~ (6, 0.0%)

2 の人口 1 とよばれ, の住民, の利用, の日本人民

▼ 八合判~ (6, 0.0%)

2 のいかさま枡 1 だ, と贋金, の桝, を見つけた

▼ 八向う~ (6, 0.0%)

1 から久保山樣, の窓, の青桐, へつれ, へ行く, を見ろ

▼ 八~ (6, 0.0%)

1 でその, で大き, の旋盤, を隔て, 厚さ六呎, 広さ十八呎

▼ 八~ (6, 0.0%)

2 持って 1 ある大部, と称し, を写し終る, を歌

▼ 八四三年~ (6, 0.0%)

1 に三十人, に三千二百七十トン一千馬力, のこと, の十一月パリ, わが天保十三年, 同國ハルレ

▼ 八~ (6, 0.0%)

1 すなわちこれ, はゴカイ, はデリンガー, は大川橋, は広幅樹枝, は野

▼ 八~ (6, 0.0%)

1 の中, の大意, の沙門, の祖師, を学習研究, 第一

▼ 八将神~ (6, 0.0%)

2 と申す 1 であると, のほか, のものものしい, を遣わし

▼ 八~ (6, 0.0%)

1 くらいのところ, だった, の大熊鰐, の柱, の砂泥, まで這い込んだ

▼ 八左衛門~ (6, 0.0%)

1 であった, で大阪籠城, というやつ, とかいうよう, の子, は法諡

▼ 八年九月~ (6, 0.0%)

1 から東京帝國, との早い, には大通洞, に師匠, に新しい, の

▼ 八年以来~ (6, 0.0%)

1 の実際, の強震, の記録, 行ったそれぞれ, 見る機会, 連添って

▼ 八年十月~ (6, 0.0%)

1 から生産拡張, といふ日附, には桜島, の, はしなくも仲見世, 迄毎日

▼ 八年末~ (6, 0.0%)

1 からだ, から一九四九年, には割当権そのもの, には運動, に物故, の脱稿

▼ 八度位~ (6, 0.0%)

2 である, で一日 1 か, のがぶり

▼ 八引く~ (6, 0.0%)

3 一残る 1 二が, 六残る, 十一が

▼ 八拾円~ (6, 0.0%)

1 と云, なン, のところ, の金, ほどなり, ノ豪華版

▼ 八支店~ (6, 0.0%)

1 から第, に生, のそこで, の奥, も出, を父

▼ 八日九日~ (6, 0.0%)

2 は三朝 1 おめにかかり十, と鹿島行方二郡, の二日, はひどい

▼ 八日後~ (6, 0.0%)

1 である, にもまだ, に出かけます, に南緯一四度, の明け, 死んだが

▼ 八日見山~ (6, 0.0%)

1 との関係的位置, と名付けた, と名付けられた, と唱える, の異名, を首

▼ 八時五十分~ (6, 0.0%)

1 から三十何分, から三十八分, だと, であった, までJOAK, より

▼ 八時前後~ (6, 0.0%)

1 ときまっ, となります, にこの, にはなつた, に床, に起床

▼ 八時十五分~ (6, 0.0%)

1 で湯河原, とかの汽車, になりかかっ, に御, を, 過までの

▼ 八時十分~ (6, 0.0%)

1 ぐらい前, だと, でございます, です, には千二百二十六米, に中野

▼ 八~ (6, 0.0%)

1 で催した, で射ちてえ, で開かれた, の女, の小, へ行った

▼ 八正道~ (6, 0.0%)

1 というの, とはそれ, と呼ばれた, なりが苦行, の八つ, の根本態度

▼ 八歳位~ (6, 0.0%)

2 の時 1 でその, な人, にはなっ, に見える

▼ 八殿~ (6, 0.0%)

2 純八殿 1 がおそろいで, が災難, じゃ, に擬せられ

▼ 八畳位~ (6, 0.0%)

1 でしたろうか, のアトリエ, の北向き, の広, の畳, もあろう

▼ 八疊間~ (6, 0.0%)

1 で家中, で自費, に寢具, に明るい, に火鉢, を吉野

▼ 八百万円~ (6, 0.0%)

1 であろうと, といわれ, とはこの, にのぼる, の赤字, を克服

▼ 八百万神~ (6, 0.0%)

1 が, の協議, をはじめ, 皆目勝ち, 見そ, 諸咲

▼ 八百余~ (6, 0.0%)

1 にすぎなかった, に幡, の兵, の各種トリック, をし, を失った

▼ 八百余人~ (6, 0.0%)

1 が蓄えられ, の将士, をかぞうる, をひきつれ, を選ん, 残らず一つ邸

▼ 八百倍~ (6, 0.0%)

1 ぐらいまでです, に当る, の損, の質量, の顕微鏡, はあります

▼ 八百歳~ (6, 0.0%)

1 でございましたから, という尼, という老大, にし, になる, に達した

▼ 八百部~ (6, 0.0%)

3 の声 2 の聲 1 まで行

▼ 八~ (6, 0.0%)

1 でその, というで, の差, の草鞋, の荒籠, を選び

▼ 八相手~ (6, 0.0%)

2 は容易 1 にこんな, になる, の一日, の眉間

▼ 八~ (6, 0.0%)

2 九の 1 三の, 三十七の, 九は, 九第

▼ 八米突~ (6, 0.0%)

2 の高 1 という抜群, という高, の雲取山, まで登り切る

▼ 八聯隊~ (6, 0.0%)

2 の伝令 1 が鷲, だナ, の兵, の根拠地

▼ 八~ (6, 0.0%)

2 は散り 1 などはこうして, の結晶, も咲く, も開く

▼ 八茶屋~ (6, 0.0%)

1 で一日, で午飯, に氏, は我ら, まで出掛け, 迄出掛け

▼ 八~ (6, 0.0%)

1 に, におり, に前途, に適, のよう, の一つ

▼ 八~ (6, 0.0%)

3 つたよ 1 つた, つたか, つたぞ

▼ 八議会~ (6, 0.0%)

1 に於, の見学, ははじめ, は予想, は十三日, 開くるや

▼ 八~ (6, 0.0%)

1 という鈴鹿, と称され, に這, の線, を流る, を練り

▼ 八軒長屋~ (6, 0.0%)

1 が三棟, が存在, に居ます, のこっち, の合長屋, の奧

▼ 八~ (6, 0.0%)

2 の礼拝 1 もおんなじ, もやる, も小, 小悟

▼ 八~ (6, 0.0%)

1 うれば, だつて, である, に値切, の, の値段

▼ 八項目~ (6, 0.0%)

1 から成る, くらい, についてそれぞれ, にわたる, のそれぞれ, の下

▼ 八〇〇〇〇〇~ (5, 0.0%)

1 から徴集, が徴収, という数, となる, の増加

▼ 八〇〇メートル~ (5, 0.0%)

1 くらいの地点, くらいまで登った, の下り, の高所, ほどのところ

▼ 八〇名~ (5, 0.0%)

2 の労働 1 であった, のポルトガル人, の英国人

▼ 八これから~ (5, 0.0%)

1 がむつかしい, が難, 一と, 本氣, 話が

▼ 八さん私~ (5, 0.0%)

1 はとても, は何, は浜中屋, も此様なに, 少し用

▼ 八だけ~ (5, 0.0%)

1 すなわち八十プロセント, だった, であと, ですよ, で敵

▼ 八であり~ (5, 0.0%)

1 これから見る, また奥地, 一八二〇年には, 稍長じた, 諸小都市

▼ 八でございます~ (5, 0.0%)

2 もの 1 からね, が一寸, よ

▼ 八といった~ (5, 0.0%)

1 ところ, ような, 二人伴れ, 日に, 武家

▼ 八などは~ (5, 0.0%)

2 もう膝小僧 1 以前から, 前から, 半身浴びる

▼ 八にもな~ (5, 0.0%)

1 つてから, つてしかも, つてまだ, つて口の, つて美人の

▼ 八に対する~ (5, 0.0%)

1 二十三の, 今の, 反感も, 口の, 情が

▼ 八ひとり~ (5, 0.0%)

1 が特に, だけを伴い, でたくさん, で来た, を伝馬牢

▼ 八~ (5, 0.0%)

1 がよい, が悪い, が気, が立っ, をスッポ

▼ 八もう宜~ (5, 0.0%)

41 いその

▼ 八キロメートル~ (5, 0.0%)

1 ぐらいはなれた, だけあれ, ばかりはなれた, までのぼった, を下らず

▼ 八サン~ (5, 0.0%)

21 が先夜, が浪人者, の隣り

▼ 八センチ~ (5, 0.0%)

1 ぐれえの, の可, ばかりの傷, ほどの丸, もあろう

▼ 八ツ乳~ (5, 0.0%)

1 の草鞋, の麻わらじ, の麻沓, の麻鞋, を結ん

▼ 八ツ峰~ (5, 0.0%)

1 から三窓, と称する, の岩峰, の裾, の麓

▼ 八ヶ国~ (5, 0.0%)

2 の地頭職 1 に散, の大福長者, は瞬間

▼ 八七番~ (5, 0.0%)

1 この真紅, だったの, です, の自動車, をとらえよ

▼ 八三八年~ (5, 0.0%)

1 から三九年, にはケーニツヒ, に歿, に至っ, のイギリス

▼ 八上媛~ (5, 0.0%)

1 という美しい, のところ, はきっと, は大国主神, をご

▼ 八上比~ (5, 0.0%)

2 賣は 1 賣, 賣を, 賣八十神

▼ 八世紀ごろ~ (5, 0.0%)

1 に出, の厚い, の古典ディドロ, の宮廷, の日本

▼ 八世紀的~ (5, 0.0%)

2 な抽象的世界理念, に抽象的一般的世界 1 な市民性

▼ 八世紀頃~ (5, 0.0%)

1 からしばらく, とは大変違つて, には大変, の持久戦争, よりブルジョアジー

▼ 八九丁~ (5, 0.0%)

1 で南穂高, のところ, の間, はたっぷり, も歩いたろう

▼ 八九分どおり~ (5, 0.0%)

1 の多数, は妄説, は農工商, は迷信, まで校正

▼ 八九年間~ (5, 0.0%)

1 に一枚, に世界史, に亙る, に度々, に蒔いた

▼ 八九時間~ (5, 0.0%)

1 しか経過, でベイルート, の道程, も小, も机

▼ 八五〇年代~ (5, 0.0%)

1 から一九四二年, が始まった, のある, のロシア, の学者

▼ 八五六年~ (5, 0.0%)

1 には水, に大学, に死す, の夏, 生まれ取って

▼ 八五郎これ~ (5, 0.0%)

2 は少し, は平次 1 も自分

▼ 八五郎親分錢形~ (5, 0.0%)

3 の親分 1 のお蔭, の親分さん

▼ 八人乘~ (5, 0.0%)

3 の馬車 1 つた, へ九人

▼ 八人組~ (5, 0.0%)

2 の中 1 というわれわれ, の一人, も御

▼ 八代将軍~ (5, 0.0%)

1 が当社, の人選, の継嗣問題, の頃和蘭人, をゴシゴシ

▼ 八以上~ (5, 0.0%)

1 であった, とは思はれません, とは思われません, には見えず, を及第

▼ 八住衡吉~ (5, 0.0%)

1 が三人, となる, などはむろん, に以前, は肩章

▼ 八何ん~ (5, 0.0%)

1 か良い, か言, だか, とかうまい, とした

▼ 八~ (5, 0.0%)

2 の金, 氣が 1 で売買人

▼ 八六〇年代~ (5, 0.0%)

1 から八〇年代, から約, の日本, の終り, の英国

▼ 八六三年~ (5, 0.0%)

1 から一八七四年, にとある, にはロンドン大学, にマネ, の日本輸出入総額

▼ 八円五十銭~ (5, 0.0%)

1 しか無, と云, のシルク, の宝石, よ随分

▼ 八分め~ (5, 0.0%)

1 ぐらいな雪, ばかりの清水, ばかりはいっ, ほどももっこり, ほど溜まっ

▼ 八分弱位~ (5, 0.0%)

31 か今日, の由

▼ 八分強位~ (5, 0.0%)

31 のもの, の入り

▼ 八十いくつ~ (5, 0.0%)

1 かとかのお, とは思はれぬ, になっ, までの高弟全部, よ

▼ 八十センチ~ (5, 0.0%)

1 という, ほどの左右, ほどもある, もあっ, もある

▼ 八十マイル~ (5, 0.0%)

1 からみたら, から百マイル, である, となる, の高度

▼ 八十一年~ (5, 0.0%)

1 にコペンハーゲン, に一遍, に亘り, 乃至六百年, 即ち大師

▼ 八十二度~ (5, 0.0%)

1 から四度, しかない, で低い, ということ, の辺

▼ 八十五銭~ (5, 0.0%)

1 だったの, の佐倉, ほどの鈴, もする, 安いの

▼ 八十何歳~ (5, 0.0%)

1 かで没, かの祖母, でもカクシャク, になる, の西園寺公

▼ 八十八カ所~ (5, 0.0%)

3 の霊場 1 になぞらえた, の寺

▼ 八十八人~ (5, 0.0%)

1 あり, が続々, であった, なり, の姨

▼ 八十匁~ (5, 0.0%)

1 から百匁, から百匁以上, ですもの, の大き, の姿

▼ 八十四度~ (5, 0.0%)

1 というところ, なり, にのぼる, を示す, を過ぎる

▼ 八十島~ (5, 0.0%)

1 しろし薩摩潟沖縄, とお, と会いたい, をしまづたひゆく小舟, を生み竟

▼ 八十目~ (5, 0.0%)

1 あります, になった, に量っ, よりありません, 違います

▼ 八十禍津日~ (5, 0.0%)

2 の前, の神 1 の埼

▼ 八千万人~ (5, 0.0%)

1 こそアジア, の一致, の今後, の従順, はさながら

▼ 八千五百~ (5, 0.0%)

2 に余る 1 ぐらいまであります, になり, に予備軍一万

▼ 八千坪~ (5, 0.0%)

2 の中, の御 1 からの敷地

▼ 八~ (5, 0.0%)

1 があつ, に使つた河郎, のもの, の盃, を編む

▼ 八咫鏡~ (5, 0.0%)

2 の如く 1 に取り託け, のご, を立てた

▼ 八~ (5, 0.0%)

1 から毎晩, に何, の一つ四王院, は歩きかける, は蒼惶

▼ 八~ (5, 0.0%)

2 の大鐘 1 の鶏, まで啼かぬ, をたてる

▼ 八~ (5, 0.0%)

1 ありその, で対戦, で母, 徳十四三郎三つ女長十九良, 棠助四つ女長九つ良七つ全

▼ 八~ (5, 0.0%)

4 全鴨 1 もことごとく

▼ 八~ (5, 0.0%)

1 でちょうど, で長い長い, に入る, もある, を有

▼ 八家中~ (5, 0.0%)

4 の者 1 の出口

▼ 八寸五分~ (5, 0.0%)

1 にし, に当たる, のスマート, もある, 迄に限る

▼ 八対一〇〇~ (5, 0.0%)

2 であった 1 でありこれ, でありまた, という

▼ 八岐大蛇~ (5, 0.0%)

2 を退治 1 が本, の八つ, の転生

▼ 八帰ろう~ (5, 0.0%)

2 か, よ 1

▼ 八年振り~ (5, 0.0%)

2 の地 1 で下総屋, で尋ね, の

▼ 八年版~ (5, 0.0%)

1 で新居守村, において十二, の, の雑誌太陽, 新しいの

▼ 八年生~ (5, 0.0%)

2 で榛軒 1 で十八歳, で学生委員会, の全

▼ 八度五分~ (5, 0.0%)

1 あった, ぐらいなん, ぐらいはある, に下, ばかりあります

▼ 八手荒~ (5, 0.0%)

5 なこと

▼ 八~ (5, 0.0%)

2 の鉄砲 1 の外, の装薬, の銀

▼ 八日市~ (5, 0.0%)

2 の酒場 1 の呉服店, の飛行連隊, へ呉服屋

▼ 八日私~ (5, 0.0%)

1 が便乗, ともう, はニューヨーク, は日記, は殆

▼ 八時三三三号室~ (5, 0.0%)

2 ですよ 1 だな, でという風, をいきなり

▼ 八時間後~ (5, 0.0%)

1 という, には気球, に安治川菊子女史, に起る, のこと

▼ 八~ (5, 0.0%)

1 があり, でありまして, の精神, は禮樂制度等, を作る

▼ 八~ (5, 0.0%)

2 の神 1 の大, の神名, ませり

▼ 八瀬人~ (5, 0.0%)

1 が八瀬童子, が多く, が自ら鬼, などと同じ, また一つ

▼ 八瀬尾~ (5, 0.0%)

3 の谷 1 の近い, へ提げ

▼ 八~ (5, 0.0%)

1 おいて, からの帆, ないし多, よりなっ, 食べました

▼ 八百九十年~ (5, 0.0%)

1 で一章づゝ, に上海, の, の二月, まで彼

▼ 八百六十六年~ (5, 0.0%)

1 にザンジバル, に英國, に露國, の二月, の墺普戰爭

▼ 八百子~ (5, 0.0%)

1 などを覚えた, に三河家荒二郎合同, のヴァレー姿, の噂, は私

▼ 八百文~ (5, 0.0%)

1 で冷たい, という店, の由, の銭, 堆く載せ

▼ 八百日~ (5, 0.0%)

1 に及んだ, の寂し, ゆく浜, ゆく遠, を夢

▼ 八百頁~ (5, 0.0%)

1 に余る, の厚い, の大冊, もあっ, もの本

▼ 八百騎~ (5, 0.0%)

1 とか, はいた, ほどの味方, をつけ, をもつ

▼ 八~ (5, 0.0%)

1 の十九室, の南側, の名, はその, や八監

▼ 八~ (5, 0.0%)

1 で落選, で藤沢幾之輔当選, という圧倒的, の順, もらったこと

▼ 八笑人~ (5, 0.0%)

1 か七変人, でもお, といふやう, の類, や浮世床

▼ 八~ (5, 0.0%)

2 の川 1 ありましたので, に分れ, に敵八騎

▼ 八~ (5, 0.0%)

1 か十粁, ちがうちがうそしてまた, の深, もゆられ, を縦走旅行

▼ 八~ (5, 0.0%)

1 あった, それで四ミリ, の数珠, の米, の飯

▼ 八~ (5, 0.0%)

3 の琴 1 の夢, の音

▼ 八~ (5, 0.0%)

2 いたか 1 いたらう日, いて, く通り

▼ 八萬兩~ (5, 0.0%)

1 で買, の運動者, の金, も公平, を以て人民

▼ 八蔵爺さん~ (5, 0.0%)

1 が急い, が聞いた, に渡し, に褌二本, を呼ん

▼ 八~ (5, 0.0%)

2 りは 1 だとは, なもの, な路地

▼ 八軒家~ (5, 0.0%)

1 か高麗橋, に着い, や, やこの, やで

▼ 八~ (5, 0.0%)

1 のほう, の第, の罪, の賊, の賊尊氏

▼ 八郎兵衛~ (5, 0.0%)

1 と番頭, の家, の語出し, も, 四角く畏った

▼ 八間間口~ (5, 0.0%)

2 の呉服屋 1 で土蔵, の小間物屋, 大きな

▼ 八~ (5, 0.0%)

2 かがやく 1 ししわ, と称した, へ波及

▼ 八頼む~ (5, 0.0%)

41 から止し

▼ 八首中~ (5, 0.0%)

2 の一, の一つ 1 之一

▼ 八鹽折~ (5, 0.0%)

3 の酒 1 の紐小刀, の酢

▼ 八〇〇〇磅~ (4, 0.0%)

1 に下落, の固定資本, の流動資本, の財産

▼ 八〇〇磅~ (4, 0.0%)

1 で取得, で売れ, に下落, に達した

▼ 八〇八年~ (4, 0.0%)

1 にはポンソー, にサラゴサ, の兵士ら, までのあいだ

▼ 八〇年頃~ (4, 0.0%)

2 の死亡率 1 からのこと, の出生

▼ 八〇度~ (4, 0.0%)

2 まで過 1 の二四分の一, 上げるだけの

▼ 八あんな~ (4, 0.0%)

2 老人に, 詰らねえ事

▼ 八かと~ (4, 0.0%)

1 みえる初々しい, 思った, 思ふ間, 思われますが

▼ 八かま~ (4, 0.0%)

1 しいと, しい人, しくなる故, しく云っても

▼ 八~ (4, 0.0%)

2 さの 1 さ一は, よ

▼ 八くらいの~ (4, 0.0%)

1 きりょう, 娘さんが, 娘で, 娘の

▼ 八~ (4, 0.0%)

2 ア出かけよう 1 う捲し立てられ, ア歸らう

▼ 八さい~ (4, 0.0%)

1 になる, のひとり者, の小さな, の正月

▼ 八さんお前さん~ (4, 0.0%)

2 の方 1 が縛った, に娘

▼ 八しか~ (4, 0.0%)

2 ないという 1 ないから, ない父母護兄弟姉妹護

▼ 八たび~ (4, 0.0%)

1 おなじこと, になるだろう, に及んだ, のみ

▼ 八だの~ (4, 0.0%)

1 この前, 八郎御曹司為朝だの, 大月玄蕃や, 芋十なぞの

▼ 八とが~ (4, 0.0%)

1 あるが, 双生子, 梯子を, 組打し

▼ 八との~ (4, 0.0%)

1 三人暮らしで, 仲宜, 祝言で, 関係を

▼ 八どうか~ (4, 0.0%)

2 したらもう少し, したら三十

▼ 八などという~ (4, 0.0%)

1 むかしの, 人物を, 曲者が, 顔触れで

▼ 八などよりは~ (4, 0.0%)

2 物事が 1 余程性根, 餘程性根の

▼ 八なる~ (4, 0.0%)

1 ことおしゃべり屋の, ことを, ものが, 通称浜田弥兵衛が

▼ 八にて~ (4, 0.0%)

2 みまかりし 1 かっきりと, 蔵人頭将相の

▼ 八にとっては~ (4, 0.0%)

1 おみや, この醜い, 一番の, 思いも

▼ 八にな~ (4, 0.0%)

1 つてから, つても, つて吉川町の, つて背負呉服屋に

▼ 八はた~ (4, 0.0%)

1 うとう切り出しました, うとう語る, うとう馬鹿野郎, よりな

▼ 八までの~ (4, 0.0%)

1 二川家の, 詩文の, 間休日と, 間違いなかろう

▼ 八よりは~ (4, 0.0%)

2 事件の 1 四半刻近くも, 武蔵が

▼ 八をも~ (4, 0.0%)

2 窒息させ 1 同じ井戸, 道場へ

▼ 八カラット~ (4, 0.0%)

2 のダイヤ 1 あるの, 順次に

▼ 八カ年~ (4, 0.0%)

1 が過ぎ, になった, の求刑, を要し

▼ 八シリング一〇・三分の二ペンス~ (4, 0.0%)

1 で一八クヲタア, で九クヲタア, に対する割合, に騰貴

▼ 八ッあん~ (4, 0.0%)

1 か, の大きな, はなに, もひどい

▼ 八ツ山口~ (4, 0.0%)

1 からあす, から単独, か高輪, の問屋場

▼ 八ツ目鰻~ (4, 0.0%)

1 なと, のよう, の干した, の目

▼ 八ツ頭~ (4, 0.0%)

1 が一箇十銭, でも唐, はいかが, を倒

▼ 八トン~ (4, 0.0%)

1 でアンテナ, の荷車, ほどの河船, も喰う

▼ 八~ (4, 0.0%)

1 まし, ましいから, ましいので, ましき

▼ 八一二年ナポレオン~ (4, 0.0%)

1 がモスク, のロシヤ遠征, の犯した, の退散前後

▼ 八一人~ (4, 0.0%)

1 の大, はお, をつれ, 唯悪い

▼ 八万二千~ (4, 0.0%)

2 とやら申します 1 に達した, の餓死者

▼ 八万余~ (4, 0.0%)

1 が東春日井郡, と号, の運命, を蓄

▼ 八万八千~ (4, 0.0%)

1 と書く, と称えられ, の毛穴, の魔形

▼ 八万四千フラン~ (4, 0.0%)

1 あった, は名, まあ六十万フラン, をマリユス

▼ 八三〇年代~ (4, 0.0%)

1 からフランス文学, であつ, のフランス, はやった

▼ 八世紀的思想~ (4, 0.0%)

2 に基く, の十九世紀的思想

▼ 八両月~ (4, 0.0%)

1 である, に釣った, は休ん, は吹屋

▼ 八中隊~ (4, 0.0%)

1 から此, つまりどんじり, を敷い, を離れ

▼ 八九の~ (4, 0.0%)

1 が行, と三十, はてれ隠し, は少し

▼ 八九位~ (4, 0.0%)

1 になつ, になる, のひと, の學生風

▼ 八九円~ (4, 0.0%)

1 から十一, しか無, するか, はいる

▼ 八九分通り~ (4, 0.0%)

1 が集まった, は悟られ, 出来る話, 迄は皆お婆さん許

▼ 八九度~ (4, 0.0%)

1 であった由, の間, まで昇る, も戦場

▼ 八九時~ (4, 0.0%)

1 にしめ, にはなる, にもまだ, まで書き

▼ 八九月頃~ (4, 0.0%)

1 からであった, にはその, の候葉間, の暴風雨

▼ 八九頭~ (4, 0.0%)

1 の牝牛, の鹿, は散し, 多い時

▼ 八二頁~ (4, 0.0%)

1 に, になる, に対する彼, の竜

▼ 八五郎それ~ (4, 0.0%)

1 に呼び寄せられ, に彌次馬, に金六, を追

▼ 八五郎一流~ (4, 0.0%)

2 の拙い 1 の早耳, の糞力

▼ 八五郎自慢~ (4, 0.0%)

2 ではない 1 の叱, の叱咤

▼ 八人それ~ (4, 0.0%)

1 がみんな, に加え, もあまり, も元気

▼ 八人一時~ (4, 0.0%)

1 に切腹, に四階, に客, に立上がる

▼ 八人分~ (4, 0.0%)

1 の三食, の仕度, の芸, をたくわえる

▼ 八人坊主~ (4, 0.0%)

1 といつ, といふの, をあつ, を動かし

▼ 八今晩~ (4, 0.0%)

1 はき, はきっと, は命がけ, も不漁

▼ 八代目岩井半四郎~ (4, 0.0%)

1 が福島屋, になった, は明治十五年二月, 死す五十四歳

▼ 八個所~ (4, 0.0%)

1 の中, の槍傷, の痕, を数える

▼ 八先生~ (4, 0.0%)

1 が苦心, です, と申し, どうだ

▼ 八八〇〇〇~ (4, 0.0%)

1 と測定, に対して九, に至る, への増加

▼ 八八七番~ (4, 0.0%)

1 だったの, です, の自動車, をとらえよ

▼ 八分の三~ (4, 0.0%)

1 であらう, と比較, 即ち八プロセント弱, 迄は騰貴

▼ 八分の飯~ (4, 0.0%)

2 で忍耐, を二膳

▼ 八分五厘~ (4, 0.0%)

1 てとこ, という高利, といふところ, の入り

▼ 八十一人~ (4, 0.0%)

2 の議員諸君 1 に達し, の市会議員諸君

▼ 八十七米~ (4, 0.0%)

1 の三角点, の低い, の白兀, も高い

▼ 八十七音~ (4, 0.0%)

1 が存在, となった, になった, を区別

▼ 八十万石~ (4, 0.0%)

1 というもの, とのこと, をやっ, を棒

▼ 八十三万~ (4, 0.0%)

1 といっ, の人馬, の兵, わが軍

▼ 八十三人~ (4, 0.0%)

1 であります, のうち, の一隊, までは女子

▼ 八十九人~ (4, 0.0%)

1 ありしと, であったとも, でありました, は百九十三年後

▼ 八十五年~ (4, 0.0%)

1 に生れ, に當, に羅馬, の昔

▼ 八十五類~ (4, 0.0%)

1 となります, にわかれる, に分れる, を得た

▼ 八十五騎~ (4, 0.0%)

1 じゃが, という, とは心細い, の心細く

▼ 八十代~ (4, 0.0%)

1 の天皇高倉, の舅, までの自分, も前

▼ 八十伴~ (4, 0.0%)

4 の緒

▼ 八十位~ (4, 0.0%)

1 な婆さん, の人, の御, の老人

▼ 八十余艘~ (4, 0.0%)

1 の兵船, の艨艟, の速, もあった

▼ 八十余里~ (4, 0.0%)

2 の道, を隔てた

▼ 八十俵~ (4, 0.0%)

1 が資本, に二百五十俵, も他家, を大中士

▼ 八十億年~ (4, 0.0%)

1 かかって, のかがやかしい, の名誉, もたっ

▼ 八十八ヵ所~ (4, 0.0%)

1 だかの, のお, の小路, の遍路

▼ 八十八枚~ (4, 0.0%)

1 が贋物, のうち五十枚, 書き上げたの, 終りました

▼ 八十八町歩~ (4, 0.0%)

1 にみなぎらした, にみなぎる, にわたる渺茫, に漲り湛えられ

▼ 八十八番~ (4, 0.0%)

1 だが, の家, へ着いた, を訪ね

▼ 八十八箇所~ (4, 0.0%)

1 の霊場, へもお札, もある, 第何番

▼ 八十六人~ (4, 0.0%)

2 とある 1 の同勢, の土州勢

▼ 八十六年~ (4, 0.0%)

1 に有名, の長い, を経た, を起點

▼ 八十四年~ (4, 0.0%)

2 罷められて 1 と云う, に無名氏

▼ 八十年後~ (4, 0.0%)

1 に平安朝文化, のもの, の今, の長

▼ 八十幾名~ (4, 0.0%)

2 の学生 1 の一味徒党, の同盟

▼ 八十度〇五分~ (4, 0.0%)

1 に立っ, のところ, へ入りこんだ, まで行っ

▼ 八十度圏内~ (4, 0.0%)

1 に入る, へ入る, へ国旗, へ犬橇

▼ 八十建~ (4, 0.0%)

1 その室, といっ, に宛て, に賜ひき

▼ 八十日間~ (4, 0.0%)

2 の検束 1 のあいだ, を費やせ

▼ 八十瀬~ (4, 0.0%)

2 の波 1 の祓, を越え

▼ 八十艘~ (4, 0.0%)

1 に積ん, の楫, の貢ぎ, の黒き

▼ 八十貫~ (4, 0.0%)

1 あつたさうである, は充分, もあり, もある

▼ 八十金~ (4, 0.0%)

1 お渡し, ずつ御, はどうか, 差上げて

▼ 八十隻~ (4, 0.0%)

2 の潜水艦 1 がたがい, ノ潜水艦

▼ 八十騎~ (4, 0.0%)

1 あわせて, がひそん, にすぎなかった, はその

▼ 八千万円~ (4, 0.0%)

1 と見, ないしそれ以上, の災害追加予算, は使っ

▼ 八千代~ (4, 0.0%)

1 とぞ鳴く, とともに知的要素, の一件, は菅画伯

▼ 八千余人~ (4, 0.0%)

1 と註せられる, の列, の多き, は婦人労働者

▼ 八千噸~ (4, 0.0%)

1 の大戦艦, の屋台, ばかりの濠洲汽船, もある

▼ 八千里~ (4, 0.0%)

1 ならざるも, の曠野, はおろか, を行く

▼ 八~ (4, 0.0%)

1 一つ曲者は, 大變, 見當, 誰か

▼ 八~ (4, 0.0%)

1 あると, のところ, の色, 豈独処

▼ 八右衞門様~ (4, 0.0%)

1 がお出で, じゃア, とやらあんた, に違えねえ

▼ 八号船~ (4, 0.0%)

2 のエンジさん, の側

▼ 八~ (4, 0.0%)

1 くらいの真鍮, に近い, の砲弾, を越える

▼ 八吋速射砲~ (4, 0.0%)

1 つ, の方, の横, は忽ち

▼ 八~ (4, 0.0%)

1 の橋上, の罪人等世, の間, を四十四

▼ 八~ (4, 0.0%)

2 の神輿 1 の御神輿, の金燈籠

▼ 八大変~ (4, 0.0%)

3 なこと 1 なもの

▼ 八大通~ (4, 0.0%)

1 といはれた, のお, の話, や蜀山人

▼ 八~ (4, 0.0%)

2 の首 1 の神, の神樣

▼ 八字鬚~ (4, 0.0%)

1 のある, のさき, の小男, を生やした

▼ 八宝亭~ (4, 0.0%)

1 に居残っ, のどこ, の場合, へ住みこんだ

▼ 八寸余~ (4, 0.0%)

1 の大男, の小像, の鯉, も如意嶽

▼ 八対一〇~ (4, 0.0%)

3 である 1 及び三五対一〇

▼ 八尺以上~ (4, 0.0%)

1 のびました, の周囲, の馬, はあるだろう

▼ 八尺位~ (4, 0.0%)

2 の高 1 の海藻, まあ細

▼ 八尺余~ (4, 0.0%)

3 の八角棒 1 も積つた雪

▼ 八尺四方~ (4, 0.0%)

2 の庵室 1 に方屋, の中

▼ 八~ (4, 0.0%)

2 の天守閣 1 の天主閣, を成せる

▼ 八~ (4, 0.0%)

1 が云, が出た来た, にも人形, 踏み越えさし

▼ 八帖寺~ (4, 0.0%)

1 ではわずか, と寺, へ行っ, へ見えた

▼ 八年十一月~ (4, 0.0%)

1 の, の休戦, ばかりに八十六歳, 選ばれて

▼ 八年秋~ (4, 0.0%)

1 に解散, の, の報告, まで放送

▼ 八~ (4, 0.0%)

1 主人から, 主人の, 町内の, 苦勞だ

▼ 八御殿~ (4, 0.0%)

1 の上, の主人公, の広間, は急

▼ 八所借り~ (4, 0.0%)

3 をし 1 をした

▼ 八放つ~ (4, 0.0%)

2 て置く, て置け

▼ 八文七分~ (4, 0.0%)

1 くらいと九文三分, くらい一つ, でご, で女

▼ 八~ (4, 0.0%)

1 か九斤位, くらいのもの, で最小, ほどもあり

▼ 八日付~ (4, 0.0%)

1 で今学期間, で大蔵, のお, の手紙

▼ 八日以後~ (4, 0.0%)

1 から暫く, でなければ, では, は三度

▼ 八~ (4, 0.0%)

1 であったの, のこと, の宿業, をこの

▼ 八時ころ~ (4, 0.0%)

1 かその, から雲, であろう酒, のこと

▼ 八時十分前~ (4, 0.0%)

2 になる 1 だから, を指し

▼ 八時四十分~ (4, 0.0%)

1 で立ちました, にリオデジャネイロ経由, に立つ, に著き

▼ 八時間労働制~ (4, 0.0%)

1 だ, と専制政治, や労働組合公認問題, 同一職業

▼ 八~ (4, 0.0%)

1 に歌った, の, までルービンシュタイン, を作曲

▼ 八本足~ (4, 0.0%)

1 でにょろにょろ, で立っ, のはず, の入道

▼ 八~ (4, 0.0%)

2 の中 1 とは清水, の桃

▼ 八条通り~ (4, 0.0%)

2 を越え 1 にまで達する, までに及び

▼ 八枚目~ (4, 0.0%)

1 ね, の肋骨, まで書いた, をかけ

▼ 八~ (4, 0.0%)

2 また更に 1 ずつを植え, を栽

▼ 八~ (4, 0.0%)

1 が助, ともまた, と圓助様, よくお気

▼ 八歳以下~ (4, 0.0%)

2 の青年労働者 1 の子, は六時間

▼ 八死んだ~ (4, 0.0%)

1 乳母の, 娘に, 藤兵衛が, 藤兵衞が

▼ 八~ (4, 0.0%)

2 も居る 1 と仁木弾正, の紅い

▼ 八洲さん~ (4, 0.0%)

1 が健在, のこと, の學校, は胸

▼ 八瀬小原~ (4, 0.0%)

2 の狂歌 1 にて狩くら, をめぐってずっと

▼ 八犬傳~ (4, 0.0%)

1 にあきたら, にあの, にしるし, により

▼ 八犬具足~ (4, 0.0%)

1 で終っ, で終わっ, で終わってる, を以て終結

▼ 八~ (4, 0.0%)

2 の入, の白日子

▼ 八町二十間~ (4, 0.0%)

2 という堤 1 という距離, の大堤

▼ 八町堀~ (4, 0.0%)

1 じゃあねえとにらんだ, の役宅, の御定, の裏町

▼ 八町峠~ (4, 0.0%)

1 から小沼, の北, の路, へ下

▼ 八~ (4, 0.0%)

1 あって, という田地, は荒す, ほどの宅地

▼ 八畳座敷~ (4, 0.0%)

2 の中央 1 に故, の四隅

▼ 八~ (4, 0.0%)

1 か九発, の弾, の拳銃, を的

▼ 八百七十二年~ (4, 0.0%)

1 には更に, にノールウェー, に有名, 即ち明治五年

▼ 八百九十六年~ (4, 0.0%)

1 に牢, の七月, の始, 病みて

▼ 八百五十圓~ (4, 0.0%)

1 にて拂, にふえた, は大阪屋, を取り戻さね

▼ 八百五十石~ (4, 0.0%)

1 の武家屋敷, の當主多良井藏人, も木葉微塵, 取の

▼ 八百八十六人~ (4, 0.0%)

2 とある 1 の同勢, の土州勢

▼ 八百八十四年~ (4, 0.0%)

2 罷められて 1 と云う, に無名氏

▼ 八百八島~ (4, 0.0%)

1 あると, つらなれる風景画, と言, を巡り

▼ 八百匁~ (4, 0.0%)

1 から一貫五, しか甘藷, もある, を程度

▼ 八百十五年~ (4, 0.0%)

1 だが, に支那學, に柳州, 即ち今

▼ 八百半~ (4, 0.0%)

2 の料理 1 と云う, の番頭だい

▼ 八百四十三萬六千圓~ (4, 0.0%)

1 となる, と云, の國庫及地方, を失つた

▼ 八百常~ (4, 0.0%)

1 で将棋, にきい, にただし, の家族

▼ 八百潮~ (4, 0.0%)

31 の日

▼ 八百留~ (4, 0.0%)

1 という八百屋, には上総生れ, の子守, の家

▼ 八~ (4, 0.0%)

1 に亘る, に亙り, に農民道場, のサンバイ地域

▼ 八種類~ (4, 0.0%)

1 に分類, の世界, の食物, もある

▼ 八箇国~ (4, 0.0%)

1 に入ります, はべた, を一月, を握

▼ 八~ (4, 0.0%)

1 が物見, に再び, はずかずか, は水涕

▼ 八~ (4, 0.0%)

1 か, が今度, だった, 其の砌某所墓地近く

▼ 八~ (4, 0.0%)

3 の大蛇 1 の舊套

▼ 八自分~ (4, 0.0%)

2 の親分 1 が十二, の見込み

▼ 八葉堂~ (4, 0.0%)

1 のあたり, の地下, の燈籠, を中

▼ 八號地~ (4, 0.0%)

1 から, に, に來, をし

▼ 八~ (4, 0.0%)

2 を見 1 にする, 及び天文志

▼ 八~ (4, 0.0%)

1 かに送らせ, か來, か来, も居ねえ

▼ 八~ (4, 0.0%)

3 に積ん 1 の黒塗車

▼ 八~ (4, 0.0%)

2 かの花 1 も十餘輪, も咲い

▼ 八近頃~ (4, 0.0%)

1 お前は, は火吹竹, 何か, 賭場へ

▼ 八郎兵衞~ (4, 0.0%)

1 とその, の四十九日, の遠い, は病弱

▼ 八郎等~ (4, 0.0%)

1 と晩餐, の獄, の立ち退く, の舟

▼ 八重一人~ (4, 0.0%)

2 だけ東京, ゐた所

▼ 八重垣~ (4, 0.0%)

1 だろう, つくるその, の真, へ行ったら

▼ 八重垣町~ (4, 0.0%)

2 の方 1 で降り, の裏

▼ 八重姉さん~ (4, 0.0%)

1 がこの間, がそう, の気持, はお

▼ 八重山吹~ (4, 0.0%)

1 の花むら, はひらけ, はまた, を隔てざりせ

▼ 八重田数枝~ (4, 0.0%)

2 はあざみ 1 とウイスキイ, とウヰスキイ

▼ 八~ (4, 0.0%)

2 の手 1 と打ちこん, まで三十八手

▼ 八間先~ (4, 0.0%)

1 には印半纏, の並び, は見えない, を小きざみ

▼ 八雷神~ (4, 0.0%)

2 成り居りき 1 と千五百, は為しとげた

▼ 八~ (4, 0.0%)

1 の銘仙衣類等, までにたたき込んだ, より潮, を考え

▼ 八~ (4, 0.0%)

2 を掲げ 1 あり生まれて, からなる

▼ 八~ (4, 0.0%)

1 にかい, を喰らった, を越え, 斎こと

▼ 八、後~ (3, 0.0%)

2 を頼む 1 に今

▼ 八〇〇〇〇〇〇~ (3, 0.0%)

1 であったよう, となろう, と比較

▼ 八〇〇円~ (3, 0.0%)

1 といっ, に売, もする

▼ 八〇年以来~ (3, 0.0%)

2 の人口 1 生じたと

▼ 八〇米~ (3, 0.0%)

1 から一一〇〇米, で第, の圏

▼ 八お前氣~ (3, 0.0%)

3 の毒

▼ 八かで~ (3, 0.0%)

1 張って, 此方から, 秘藏の

▼ 八かという~ (3, 0.0%)

1 ことが, ところに, 虚空から

▼ 八がが~ (3, 0.0%)

2 なり込んで 1 つかりして

▼ 八くら~ (3, 0.0%)

1 ゐであるが, ゐに, ゐにも

▼ 八くらい~ (3, 0.0%)

1 ありと, であろう, でご

▼ 八ぐらいな~ (3, 0.0%)

1 女, 小間使で, 頓間な

▼ 八ぐらいに~ (3, 0.0%)

1 なって, 見えるそう, 進んで

▼ 八さえ~ (3, 0.0%)

1 あれば, 一所だったら, 欄干に

▼ 八すなわち~ (3, 0.0%)

1 三と, 出生一二対結婚四という, 約三対二

▼ 八そこ~ (3, 0.0%)

1 に居る, の燗徳利, を閉め

▼ 八それにしても~ (3, 0.0%)

1 二た, 二刻前に, 向柳原

▼ 八たび歌よみ~ (3, 0.0%)

2 に与 1 に與

▼ 八だけは~ (3, 0.0%)

1 その人々, 時間が, 氣が

▼ 八だけを~ (3, 0.0%)

2 つれて 1 死なして

▼ 八だって~ (3, 0.0%)

1 ことの, 云って, 今日も

▼ 八ちょい~ (3, 0.0%)

1 と字, と来, と行っ

▼ 八ちょうど~ (3, 0.0%)

1 いい, いいところ, 好い塩梅

▼ 八ちょっと~ (3, 0.0%)

1 ここへ, 待て, 気が

▼ 八でした~ (3, 0.0%)

1 が, が人がら, が口

▼ 八でしょう~ (3, 0.0%)

1 かね, か痩せ, が腕

▼ 八とを~ (3, 0.0%)

1 勤めた二人, 取り巻いた, 生ぜしめよ

▼ 八と共に~ (3, 0.0%)

1 かくれた, 寒くなる, 果てなく憂い

▼ 八どうも~ (3, 0.0%)

1 幽霊の, 幽靈, 面白くねえ

▼ 八どこ~ (3, 0.0%)

1 からそんな, から持出した, の帰り

▼ 八どまり~ (3, 0.0%)

1 だと, の始終, の有様

▼ 八などが~ (3, 0.0%)

1 出演し, 陣し, 雁字がらめに

▼ 八などの~ (3, 0.0%)

1 いるの, 交響曲が, 加入が

▼ 八によ~ (3, 0.0%)

3 つて

▼ 八のち~ (3, 0.0%)

3 よいと

▼ 八はあ~ (3, 0.0%)

1 さつて, たまを, つけに

▼ 八ばかり~ (3, 0.0%)

2 では 1 であるが

▼ 八ばかりに~ (3, 0.0%)

1 して, なる女中, 成長した

▼ 八ほど~ (3, 0.0%)

1 収集した, 道楽者は, 高く買えません

▼ 八ほどの~ (3, 0.0%)

1 女房を, 痩せぎすな, 者で

▼ 八よりも~ (3, 0.0%)

1 一廻り大柄だ, 三四寸は, 約二パーセント強

▼ 八らしく~ (3, 0.0%)

1 すべすべした, 格子に, 解釈し

▼ 八カ村~ (3, 0.0%)

1 で千七百何町歩, というの, の委員

▼ 八ガ岳~ (3, 0.0%)

1 が氷白, の本沢温泉, の諸

▼ 八グラム~ (3, 0.0%)

1 のラジウム, のヴェロナアル, のヴエロナアル

▼ 八サンチ~ (3, 0.0%)

1 が二門, の一弾, の主砲

▼ 八ツ九ツ~ (3, 0.0%)

2 まで夜延 1 ばかり母

▼ 八ツ時分~ (3, 0.0%)

1 とお茶お菓子, になる, 起きて

▼ 八ツ頃~ (3, 0.0%)

1 には必ず, に来た, 再ビ出動

▼ 八ポンド~ (3, 0.0%)

1 である, というもの, は百三十八ポンド

▼ 八ヶ月目~ (3, 0.0%)

1 に女, に縁側, に重い

▼ 八・九~ (3, 0.0%)

1 と出, の三月中, は筑摩

▼ 八・九キロメートル~ (3, 0.0%)

1 ということ, の高, よりも二キロメートル

▼ 八・九年頃~ (3, 0.0%)

1 から二年, で後, の事

▼ 八一並び~ (3, 0.0%)

3 に註參照

▼ 八一五年十月~ (3, 0.0%)

1 にディーニュ, に彼, の初め

▼ 八七〇年代~ (3, 0.0%)

1 だから, のころ, の高揚

▼ 八七〇年以後~ (3, 0.0%)

1 においてさえドイツ, のこと, は普軍

▼ 八七五年生れ~ (3, 0.0%)

1 だと, であるから, のオリガ・フォルシュ

▼ 八万両~ (3, 0.0%)

1 で買, は十五万石, も支出

▼ 八万六百円~ (3, 0.0%)

1 のお, は涼しい, ばかりの勘定

▼ 八万地獄~ (3, 0.0%)

1 お糸地獄, じゃ, は愚か

▼ 八万奈落~ (3, 0.0%)

2 の底 1 の涯

▼ 八万枚~ (3, 0.0%)

3 の干物

▼ 八三〇年七月~ (3, 0.0%)

1 に歩兵, のフランス革命, の革命

▼ 八三〇年頃~ (3, 0.0%)

1 のこと, までは中, 迄は萬事

▼ 八三二年六月六日~ (3, 0.0%)

1 あの暴動, の午前十一時ごろ, の空気

▼ 八三郎~ (3, 0.0%)

2 が生れた 1 を生ん

▼ 八上比売~ (3, 0.0%)

1 も亦, を婚わん, を得給わじ

▼ 八~ (3, 0.0%)

1 中道百非, 十不, 睦第

▼ 八世紀フランス~ (3, 0.0%)

1 に於ける, の商人, の戦術家

▼ 八世紀前~ (3, 0.0%)

1 には天皇, のもの, の小

▼ 八世紀式~ (3, 0.0%)

1 の人物, の多少, の短銃

▼ 八世紀後半~ (3, 0.0%)

1 から十九世紀, に及ん, に於

▼ 八世紀文学~ (3, 0.0%)

1 の常識, の研究, を指導

▼ 八世紀日本美術~ (3, 0.0%)

1 なる総称, に関する第, の研究

▼ 八世紀末葉~ (3, 0.0%)

1 から十九世紀初頭, このかた, の英国

▼ 八主人~ (3, 0.0%)

1 の身持, を倉, を呼ん

▼ 八九カ月~ (3, 0.0%)

1 の間, ばかりの間, 見なかった容姿

▼ 八九六年版クルック~ (3, 0.0%)

21 の北印度俗宗及俚俗卷二頁一七四

▼ 八九十人~ (3, 0.0%)

1 の上, の手下, もあつまっ

▼ 八九回~ (3, 0.0%)

1 のほか, 書き出してから, 見たるとを

▼ 八九年ぶり~ (3, 0.0%)

1 であった, で大阪, で歩く

▼ 八九年七月十四日~ (3, 0.0%)

1 であり, に不可抗力, を持っ

▼ 八九年以前~ (3, 0.0%)

1 から内々山人, の事, よりの予謀

▼ 八九年以来~ (3, 0.0%)

1 なん, 全民衆, 第二インタナショナル

▼ 八九枚~ (3, 0.0%)

1 入った綺麗, 書いた, 討取られた

▼ 八九歳頃~ (3, 0.0%)

1 の彼, の自分, までは少女型

▼ 八九銭~ (3, 0.0%)

1 のところ, よりよく, 儲かるやう

▼ 八五〇〇~ (3, 0.0%)

2 ではなく 1 となり

▼ 八五〇番~ (3, 0.0%)

1 ですか, では, をさがしました

▼ 八五郎さ~ (3, 0.0%)

1 へも納得, へ我慢, へ面白く

▼ 八五郎ぢ~ (3, 0.0%)

1 やね, やねえ, や床

▼ 八五郎親分さん~ (3, 0.0%)

21 も御

▼ 八五郎親分何ん~ (3, 0.0%)

1 か又, か御用, とかし

▼ 八五郎親分私~ (3, 0.0%)

1 に構はず, はどう, は近頃

▼ 八五%~ (3, 0.0%)

1 が国有林, は働く, を占め

▼ 八人とも~ (3, 0.0%)

1 に只, に水, に狂った

▼ 八人の~ (3, 0.0%)

3 はだ

▼ 八人位~ (3, 0.0%)

1 だそう, の人数, まではその

▼ 八人十人~ (3, 0.0%)

1 その人數, と来た, と見る見る

▼ 八人連れ~ (3, 0.0%)

1 で北海道, の旅人, は山手組

▼ 八~ (3, 0.0%)

1 から四半刻, まで搜, 朝食つた物へ

▼ 八仙卓~ (3, 0.0%)

2 の彫刻 1 の片端

▼ 八代将軍吉宗公~ (3, 0.0%)

1 の御, を胸, ニッコリ微笑

▼ 八代目林家正蔵君~ (3, 0.0%)

1 とも盟友, の披露, の雑司ヶ谷

▼ 八何處~ (3, 0.0%)

1 に居る, の歸, も怪我

▼ 八余り~ (3, 0.0%)

1 の美少年, の西洋人, の賤女

▼ 八~ (3, 0.0%)

1 か, の好い, の蝋細工

▼ 八兄貴~ (3, 0.0%)

1 たとえどんなにあわてよう, なら解けるだろう, のいい

▼ 八~ (3, 0.0%)

3 も角

▼ 八八角成~ (3, 0.0%)

2 同銀 1 バタバタとまるで

▼ 八六十~ (3, 0.0%)

2 近い老人 1 ぐらいに見える

▼ 八六頁~ (3, 0.0%)

1 に, になる, に尊者トメ支那

▼ 八円也~ (3, 0.0%)

1 で昨日, とある, を奮発

▼ 八~ (3, 0.0%)

1 さしておくんなさい, てお礼, て参り

▼ 八分の~ (3, 0.0%)

1 が遅れ, すこし赤みがかっ, 申し開き厭気

▼ 八分以上~ (3, 0.0%)

1 のかけ, の入り, も補

▼ 八~ (3, 0.0%)

2 ばかり 1 から鶴翼

▼ 八割五分~ (3, 0.0%)

1 は伊吹山頂, までが千八百円ベース, を買つた馬

▼ 八十すぎ~ (3, 0.0%)

1 の汚い, の老いぼれ, の老翁たち

▼ 八十ぢ~ (3, 0.0%)

1 かいとしよりで, かかつ, や

▼ 八十七人~ (3, 0.0%)

1 などが行っ, に減じた, を乗せ

▼ 八十七年~ (3, 0.0%)

1 に, に亘る, 即ち明治十八年

▼ 八十七類~ (3, 0.0%)

1 となります, に区別, の区別

▼ 八十万人~ (3, 0.0%)

1 ずつの赤坊, と予想, の未亡人

▼ 八十万弗~ (3, 0.0%)

1 そうして追, 渡したその, 渡したと

▼ 八十三度~ (3, 0.0%)

1 に当たる, に達する, までのところ

▼ 八十三編~ (3, 0.0%)

1 に達した, は二百編, も第

▼ 八十三里~ (3, 0.0%)

2 の余 1 この往復

▼ 八十九二十~ (3, 0.0%)

1 と山中氏, の三つ, の三ヵ年

▼ 八十九円~ (3, 0.0%)

1 といふ事, といふ値, を納めました

▼ 八十九枚~ (3, 0.0%)

1 が舞い込む, と算出, の選擧權要求書

▼ 八十九番~ (3, 0.0%)

1 だった筈, は四分の三マイル, へ行け

▼ 八十五両~ (3, 0.0%)

1 あったそう, あったという, やらとにかく

▼ 八十人力~ (3, 0.0%)

1 だと, などというの, の荒武者

▼ 八十八夜~ (3, 0.0%)

1 と言った, 即ち五月上旬, 過ぎると

▼ 八十八類~ (3, 0.0%)

2 になります 1 を認めた

▼ 八十六箇~ (3, 0.0%)

1 のそれ, の雪, の雪華

▼ 八十噸~ (3, 0.0%)

1 あまりありました, のミガキ鋼板, の小船

▼ 八十年来~ (3, 0.0%)

1 の史実, の浮世, 始めて

▼ 八十年間~ (3, 0.0%)

1 に開かれた, の世界, は一年刻み

▼ 八十度以南~ (3, 0.0%)

1 は大, へ二度十六分, を征服

▼ 八十度圏~ (3, 0.0%)

1 の彷徨中, はおおよそ, を望ん

▼ 八十度転換~ (3, 0.0%)

1 して, というやつ, をなさった

▼ 八十日余り~ (3, 0.0%)

1 になっ, になります, も鑿

▼ 八十町歩~ (3, 0.0%)

1 から現に, しかない, を村人全体

▼ 八十疋~ (3, 0.0%)

1 という触れ込み, の収入, も百疋

▼ 八十磅~ (3, 0.0%)

1 の地所, の貯金, の金

▼ 八十議会~ (3, 0.0%)

1 で共和党, の失敗, の実状

▼ 八十軒~ (3, 0.0%)

1 しかない, である, 程は荒増覚居候由

▼ 八十郎樣~ (3, 0.0%)

1 と御, には腹違, の母親

▼ 八十里越~ (3, 0.0%)

1 のけわしい, を経, を越えた

▼ 八十錢~ (3, 0.0%)

1 とか取, にお, 賣れた

▼ 八十餘年~ (3, 0.0%)

1 の時代, の誤脱, も前

▼ 八千フィート~ (3, 0.0%)

1 ないし一万フィート, の付近, の男体山

▼ 八千五百人~ (3, 0.0%)

1 あるいは九千人, の人, を擁し

▼ 八千余騎~ (3, 0.0%)

1 でここ, を国境, を引率

▼ 八千騎~ (3, 0.0%)

1 に過ぎず, の軍勢, 行けば

▼ 八原子~ (3, 0.0%)

1 の組み合せ, の集合, を八倍

▼ 八~ (3, 0.0%)

1 なども心から, の動き, はいった

▼ 八品詞~ (3, 0.0%)

1 その外, のうち, の標別

▼ 八四一年~ (3, 0.0%)

1 になくなりました, の初め, の夏

▼ 八四二区~ (3, 0.0%)

1 か, です, の地上

▼ 八~ (3, 0.0%)

1 にあまる, を書き上げた, 乃至五幕十二場

▼ 八~ (3, 0.0%)

2 の外 1 といふ

▼ 八~ (3, 0.0%)

1 の如き, の連判状, も剣気

▼ 八~ (3, 0.0%)

2 の法 1 な路地

▼ 八宗九宗~ (3, 0.0%)

1 に分裂, の碩徳たち虎豹鶴鷺, の碩徳達虎豹鶴鷺

▼ 八~ (3, 0.0%)

1 の將來録, の晉書, へ帰っ

▼ 八寸角~ (3, 0.0%)

1 ぐらいの堅い, の欅柱, の石

▼ 八尋以上~ (3, 0.0%)

1 だと, の水道, の深

▼ 八少女~ (3, 0.0%)

1 の, の入, の野

▼ 八州国~ (3, 0.0%)

1 に数千年, のどこ, の住民

▼ 八左衞門~ (3, 0.0%)

1 が不, の書いた, は六十以上

▼ 八師団~ (3, 0.0%)

1 に御, は国宝, も今度旅順

▼ 八年あと~ (3, 0.0%)

1 にもさき, の事, 其の時

▼ 八年め~ (3, 0.0%)

1 にあたる, の弘化二年, の結論

▼ 八年もの間~ (3, 0.0%)

1 この支那, にはあの, 乾き萎れ病み伏しました

▼ 八年ゴーリキイ~ (3, 0.0%)

1 が五年ぶり, が再び, は憲兵

▼ 八年一月五日~ (3, 0.0%)

1 であり, のカアランド山道, の黄昏時

▼ 八年一月発行~ (3, 0.0%)

21 の部分

▼ 八年中~ (3, 0.0%)

1 には思想, に氏, 渡し置き候処

▼ 八年九年~ (3, 0.0%)

1 とこの, と続け, の歌

▼ 八年代~ (3, 0.0%)

1 の日本, の比, の青年

▼ 八年夏~ (3, 0.0%)

1 には九鬼嘉隆, の頃, 新司教セルケイラ

▼ 八年戦役~ (3, 0.0%)

1 という歴史的, になっ, のとき

▼ 八年日本~ (3, 0.0%)

1 で長英, に屈服, の明治元年

▼ 八年父~ (3, 0.0%)

1 が初めて, が始め, の後

▼ 八年生れ~ (3, 0.0%)

1 といふ, のシャギニャーン, の米庵

▼ 八年辛~ (3, 0.0%)

1 未, 未二月二十一日, 未閏二月十四日

▼ 八度七分~ (3, 0.0%)

1 あった, あつた, ぐらいある

▼ 八度以上~ (3, 0.0%)

1 の体熱, の熱, 出て

▼ 八度尾~ (3, 0.0%)

1 をもて, を堅き, を捲く

▼ 八度目~ (3, 0.0%)

1 にこれ, にし, の登山

▼ 八度舞台~ (3, 0.0%)

2 へ出る 1 へ出

▼ 八弱った~ (3, 0.0%)

1 な, なア, な俺

▼ 八形八重~ (3, 0.0%)

1 という女, という年増女, のため

▼ 八後ろ~ (3, 0.0%)

1 へ廻つて窓, を見せる, を見る

▼ 八心思兼神~ (3, 0.0%)

1 が悪い, と云, の現れる

▼ 八拾銭~ (3, 0.0%)

1 なんてもう, の私, を取られました

▼ 八~ (3, 0.0%)

2 を討つ 1 に物

▼ 八文十八文~ (3, 0.0%)

1 というもの, とおっしゃっ, とおっしゃられた

▼ 八斤砲~ (3, 0.0%)

1 だ, でございます, の音

▼ 八方塞~ (3, 0.0%)

1 りで手, りは, り不義理だらけ

▼ 八日今年~ (3, 0.0%)

2 はやや 1 は稍温暖

▼ 八日以前~ (3, 0.0%)

1 にゴア, に密淫売の, に開通

▼ 八日八夜~ (3, 0.0%)

1 というもの, もつづいた, 続いた饗宴

▼ 八日大阪~ (3, 0.0%)

1 の中村宗十郎, の初代実川延若, より伊勢

▼ 八日月~ (3, 0.0%)

2 の薄 1 は九段

▼ 八日東京~ (3, 0.0%)

1 にて没す, の大, を立っ

▼ 八日節供~ (3, 0.0%)

1 と言, の風習, を相

▼ 八時ぢ~ (3, 0.0%)

3 やない

▼ 八時三十五分~ (3, 0.0%)

1 だ, に見, より二十五分

▼ 八時九時十時~ (3, 0.0%)

1 となり, と何事, と時間

▼ 八時五分前~ (3, 0.0%)

1 だった, だよ, である

▼ 八時出立~ (3, 0.0%)

1 する行乞, それではどなた, 戻橋

▼ 八時我々~ (3, 0.0%)

1 は数軒, は車夫, は長崎湾

▼ 八時比~ (3, 0.0%)

2 になっ 1 にも十一時比

▼ 八時発~ (3, 0.0%)

1 の下り, の夜汽車, の昂昂渓行

▼ 八時限り~ (3, 0.0%)

1 だ, でそれ以上, で渡し

▼ 八時零分~ (3, 0.0%)

1 から仕事, から始, から金曜

▼ 八時頃床~ (3, 0.0%)

2 を離れた 1 に入り

▼ 八~ (3, 0.0%)

1 のくわん, のこと, のしるし

▼ 八~ (3, 0.0%)

1 の数字, 出て, 即ち粍

▼ 八此方~ (3, 0.0%)

1 にはなお, にもいろ, にも大

▼ 八歳天~ (3, 0.0%)

3 の下

▼ 八死骸~ (3, 0.0%)

1 の懐中, の懷中, の着物

▼ 八段歩~ (3, 0.0%)

1 に近い, の広, の草原

▼ 八段連~ (3, 0.0%)

1 がつめかけ, が考へ, の研究

▼ 八洲亭~ (3, 0.0%)

1 でポタアジュ, のビフシチュウ, へ食事

▼ 八瀬女~ (3, 0.0%)

1 だ, でなければ, と云う

▼ 八父子~ (3, 0.0%)

1 で多, の手, は一度

▼ 八爺さん~ (3, 0.0%)

1 が一所, にそう, に命ずる

▼ 八~ (3, 0.0%)

1 が出, であります, は五号四六版

▼ 八~ (3, 0.0%)

1 っころ, つころ, の発祥地

▼ 八~ (3, 0.0%)

1 じゃぞ, という悪質, の博徒

▼ 八~ (3, 0.0%)

1 だぜ, の弾丸, は

▼ 八~ (3, 0.0%)

2 の若 1 が見物

▼ 八町どこ~ (3, 0.0%)

1 からも薄, へ参る, を見

▼ 八町参道~ (3, 0.0%)

1 とよぶ, へ半分, をまた

▼ 八番さん~ (3, 0.0%)

1 だの, で御用, にお客樣

▼ 八番め~ (3, 0.0%)

2 と十一番め 1 の歌集

▼ 八番中~ (3, 0.0%)

2 の十八番 1 の一つ

▼ 八番線~ (3, 0.0%)

1 が橋, ほどのもの, 程の太

▼ 八番頭~ (3, 0.0%)

1 が物惜, が物惜しみ, を呼ん

▼ 八畳一間~ (3, 0.0%)

1 しかない, を三人, を占領

▼ 八~ (3, 0.0%)

1 というで, という奴, といつ

▼ 八百といら~ (3, 0.0%)

2 へをすれ 1 へて云

▼ 八百や~ (3, 0.0%)

1 だそれ何, への使い, へは高村光太郎先生

▼ 八百トン~ (3, 0.0%)

1 のシップ型, の貨物船, も共

▼ 八百フィート~ (3, 0.0%)

1 あるいは千フィート, くらいまではほぼ, の玄武岩

▼ 八百七十七年~ (3, 0.0%)

1 と, というの, は日本

▼ 八百七十年~ (3, 0.0%)

1 であ, に作つた一幕劇, のフランス

▼ 八百万人~ (3, 0.0%)

1 その中, の文盲, の死傷者

▼ 八百三十人~ (3, 0.0%)

1 のこの, の女, もつ

▼ 八百九十九枚~ (3, 0.0%)

1 といふ統計, の葉書, 若しくは二千三百四十五萬六千七百八十九枚

▼ 八百二十一年~ (3, 0.0%)

2 生る 1 の序

▼ 八百二十八年~ (3, 0.0%)

1 でありまして, に生れ, のこと

▼ 八百二十米~ (3, 0.0%)

1 の峰, の社山, を超え

▼ 八百八丁~ (3, 0.0%)

1 がたつた, の中央, の砂ほこり

▼ 八百八十九年~ (3, 0.0%)

1 で同年六月七日, の詩集, 更に新進

▼ 八百八十八年~ (3, 0.0%)

1 とあります, には初めて, に巴里

▼ 八百八十年代~ (3, 0.0%)

1 に歿しき, の半頃奈良, の知識階級

▼ 八百八町どこ~ (3, 0.0%)

1 からも薄, へ参る, を見

▼ 八百八谷~ (3, 0.0%)

1 という鈴鹿, と称され, の線

▼ 八百六十三年~ (3, 0.0%)

1 であると, に中, に中学

▼ 八百六十九年~ (3, 0.0%)

1 の夏, の彼, の春

▼ 八百六十八年~ (3, 0.0%)

1 にカシュガル地方, に公, に那破列翁三世

▼ 八百六十年~ (3, 0.0%)

1 に生れ, の北京條, の基

▼ 八百円位~ (3, 0.0%)

1 で未墾地, なン, のアガリ

▼ 八百勘~ (3, 0.0%)

1 で女中, にてその, に往く

▼ 八百噸~ (3, 0.0%)

2 の船 1 の巡洋艦操縱自在

▼ 八百四十年~ (3, 0.0%)

1 の末, の頃, 再び仏国協和論

▼ 八百年代~ (3, 0.0%)

1 であるし, のこと, の新型自転車

▼ 八百戸~ (3, 0.0%)

1 すなわち封戸, にすぎない, に終った

▼ 八百種~ (3, 0.0%)

2 の機械 1 を携

▼ 八百米附近~ (3, 0.0%)

1 から伊吹麝香草, から姿, までは確

▼ 八百萬年~ (3, 0.0%)

1 の日附, の舊國, の間

▼ 八百金~ (3, 0.0%)

2 を提供 1 まだな

▼ 八皆んな~ (3, 0.0%)

1 の身許, を呼ん, 呼んで

▼ 八石五斗~ (3, 0.0%)

3 の物思い

▼ 八~ (3, 0.0%)

1 あがるちょっとした, に下落, 第二等地

▼ 八~ (3, 0.0%)

2 は三十四 1 は十

▼ 八~ (3, 0.0%)

1 とは鳥類同様生殖, と見た, にし

▼ 八等官コワリョーフ氏~ (3, 0.0%)

1 のお, のもの, の鼻

▼ 八節以下~ (3, 0.0%)

1 においてまた, において強き語, のパウロ

▼ 八~ (3, 0.0%)

1 くらいの距離, くらいもあった, であるから

▼ 八~ (3, 0.0%)

1 だが, ほどになつて, 長さ

▼ 八~ (3, 0.0%)

1 は絶対危険牌, を打った, を打つ

▼ 八絃琴~ (3, 0.0%)

1 の楽, はそれ, や笛

▼ 八~ (3, 0.0%)

1 に上下, を制定, 第一二號

▼ 八~ (3, 0.0%)

1 といつ, なるもの, につき東京地方裁判所

▼ 八置い~ (3, 0.0%)

1 てでも子供たち, てもくに, てもったいなく

▼ 八~ (3, 0.0%)

2 の神 1 の穴

▼ 八聞いた~ (3, 0.0%)

2 か泥棒 1

▼ 八~ (3, 0.0%)

1 が減, の立たねえ, を立て

▼ 八良い~ (3, 0.0%)

2 月だ 1 序だ

▼ 八若い~ (3, 0.0%)

2 女二人に 1 娘と

▼ 八~ (3, 0.0%)

1 の財産, の都府, も來

▼ 八~ (3, 0.0%)

1 と云, と改つて, の中

▼ 八行つて~ (3, 0.0%)

2 見ようか 1 見よう

▼ 八西洋~ (3, 0.0%)

1 の女権, はヤソ教国, 臭い口髯

▼ 八~ (3, 0.0%)

1 っともねえそんな, 橋と, 當は

▼ 八詠樓~ (3, 0.0%)

1 と人, など或は, の事

▼ 八~ (3, 0.0%)

1 の, ののこり, の答え

▼ 八~ (3, 0.0%)

1 に箪笥, に雉子, の米

▼ 八軒寺町~ (3, 0.0%)

2 の東陽寺 1 に曹洞宗

▼ 八~ (3, 0.0%)

1 で最高頂, は一度, までアト

▼ 八週間~ (3, 0.0%)

1 すなわち二ヵ月, になる, ばかりの間二人

▼ 八里余~ (3, 0.0%)

2 でございますよ 1 の道程

▼ 八重お前~ (3, 0.0%)

1 どうでも, はあの, はあのお

▼ 八重そ~ (3, 0.0%)

2 の頃 1 の年二月

▼ 八重ちや~ (3, 0.0%)

1 んはた, ん今, ん俺

▼ 八重其方~ (3, 0.0%)

1 としては信じ, は強情, も存じおる

▼ 八重櫻~ (3, 0.0%)

1 にし, にも青い, の盛り

▼ 八釜しゅう~ (3, 0.0%)

1 ございますえ, なれば, 御座いますケニ

▼ 八~ (3, 0.0%)

1 を借り, を持っ, を持つ

▼ 八銭位~ (3, 0.0%)

1 かかります, ですから, な牛

▼ 八~ (3, 0.0%)

1 じて, 九つ順三つで, 十四で

▼ 八長い~ (3, 0.0%)

1 影が, 顏を, 顔を

▼ 八門金鎖~ (3, 0.0%)

3 の陣

▼ 八間さき~ (3, 0.0%)

1 の何, の切立て, の闇

▼ 八間堀~ (3, 0.0%)

2 へ浮いた 1 へ首

▼ 八間戸~ (3, 0.0%)

1 とは般若寺坂, の癩者, の起原

▼ 八雨戸~ (3, 0.0%)

1 をあけ, を皆んな, を閉め

▼ 八面白く~ (3, 0.0%)

1 なつたな, なつて來, ねえ顏

▼ 八~ (3, 0.0%)

1 あること, の明珠, の種子

▼ 八~ (3, 0.0%)

1 は絶対他力, をおこし, を悉く

▼ 八~ (3, 0.0%)

2 になります 1 を認めた

▼ 八~ (3, 0.0%)

1 から一高, という, の生徒

▼ 八〇〇〇〇〇〇磅~ (2, 0.0%)

1 から四四, であろう

▼ 八〇〇〇フラン~ (2, 0.0%)

1 に当る, の資本

▼ 八〇〇一八〇一両年~ (2, 0.0%)

1 の人口, の出生

▼ 八〇〇年以前~ (2, 0.0%)

1 に作られた, の人口

▼ 八〇シリング~ (2, 0.0%)

1 に騰貴, の時

▼ 八〇メートル附近~ (2, 0.0%)

1 からスキー, から初めて

▼ 八〇一七〇~ (2, 0.0%)

2 及び一六〇クヲタア

▼ 八〇一両年~ (2, 0.0%)

1 の人口, の出生

▼ 八〇七〇~ (2, 0.0%)

1 ではなく, を生産

▼ 八〇三~ (2, 0.0%)

1 であり一八二一年, 及び一一卷

▼ 八〇三年フランス~ (2, 0.0%)

1 のグルノーブル近郊, の生んだ

▼ 八〇九呎~ (2, 0.0%)

2 と書いた

▼ 八〇五年四月二日~ (2, 0.0%)

2 に豊か

▼ 八〇億ドル~ (2, 0.0%)

1 の新, の生産増進

▼ 八〇分の一~ (2, 0.0%)

1 である, ないし七〇分の一

▼ 八〇瓩~ (2, 0.0%)

1 だ, を引く

▼ 八〇頁~ (2, 0.0%)

1 に出した, に出た

▼ 八あった~ (2, 0.0%)

1 からその, という

▼ 八あと~ (2, 0.0%)

1 であの, は近所

▼ 八あまり~ (2, 0.0%)

1 の美少年, 騒ぐん

▼ 八あるべき~ (2, 0.0%)

2 筈を

▼ 八いい~ (2, 0.0%)

1 か今度, 男が

▼ 八いくら~ (2, 0.0%)

2 下手人と

▼ 八いや~ (2, 0.0%)

1 な捕物, 十九だ

▼ 八いよいよ~ (2, 0.0%)

1 十手捕縄の, 商売替だ

▼ 八および~ (2, 0.0%)

1 七十五にも, 仁王らに

▼ 八お前一~ (2, 0.0%)

2 と走り

▼ 八お前一人~ (2, 0.0%)

2 では

▼ 八かとも~ (2, 0.0%)

1 思われる立派, 見える人物

▼ 八からも~ (2, 0.0%)

2 何の

▼ 八か所~ (2, 0.0%)

1 の火の手, を遍路

▼ 八か月~ (2, 0.0%)

1 になる, の静養

▼ 八か月間~ (2, 0.0%)

1 のごとき, の苦しい

▼ 八くらいに~ (2, 0.0%)

1 すぎなかった, なられは

▼ 八ぐらいじゃ~ (2, 0.0%)

1 ないん, 何も

▼ 八~ (2, 0.0%)

2 ちとら

▼ 八こう~ (2, 0.0%)

1 して, 餌に

▼ 八これから少し~ (2, 0.0%)

2 調べて

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 ざります, 連枝それに

▼ 八ごとき~ (2, 0.0%)

1 にしてやられる, の相手

▼ 八さんところ~ (2, 0.0%)

1 の四階, の平家

▼ 八さん昨日~ (2, 0.0%)

2 も年始

▼ 八せめて~ (2, 0.0%)

1 お留, 六十までも

▼ 八そういう~ (2, 0.0%)

1 わしの, 武士が

▼ 八その他~ (2, 0.0%)

1 の偶数, の身内

▼ 八たび目~ (2, 0.0%)

2 に起きれ

▼ 八だけかも~ (2, 0.0%)

2 わかりません

▼ 八だけが~ (2, 0.0%)

1 内へ, 違った類

▼ 八だけの~ (2, 0.0%)

1 考えが, 考へが

▼ 八だつた~ (2, 0.0%)

1 かなあ, のでそれ以上私

▼ 八つ折り~ (2, 0.0%)

2 の紙

▼ 八であっ~ (2, 0.0%)

1 てもこ, て第

▼ 八であろう~ (2, 0.0%)

1 が年, と芸術

▼ 八とかいう~ (2, 0.0%)

1 奴と, 手先に

▼ 八としか~ (2, 0.0%)

1 見えないのに, 見えぬ発育不良

▼ 八とせ~ (2, 0.0%)

1 の春, や

▼ 八とっさ~ (2, 0.0%)

1 に峰, に立つ

▼ 八とて~ (2, 0.0%)

1 もう子ども, 二人あり

▼ 八なぜ~ (2, 0.0%)

1 早くさ, 早くそう

▼ 八なぞ~ (2, 0.0%)

1 の安, は長唄

▼ 八なども~ (2, 0.0%)

1 元は, 此芝居に

▼ 八などを~ (2, 0.0%)

1 伴れ, 顧みて

▼ 八なんかを~ (2, 0.0%)

1 屁とも, 張り合って

▼ 八なんざ馬みたい~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ 八について~ (2, 0.0%)

1 列の, 考えるたび

▼ 八にを~ (2, 0.0%)

1 られた岸田さんぢ, りました

▼ 八はじめ芸術家達~ (2, 0.0%)

2 などもいろいろ

▼ 八ひき~ (2, 0.0%)

1 です, の猿

▼ 八へきかい予備面~ (2, 0.0%)

2 が痛い

▼ 八へは~ (2, 0.0%)

1 二名だけを, 疑が

▼ 八らしい~ (2, 0.0%)

1 その可憐, 髪は

▼ 八わかつた~ (2, 0.0%)

2

▼ 八をから~ (2, 0.0%)

1 かつてゐる, かつて居る

▼ 八をからか~ (2, 0.0%)

1 ひ乍ら, ひ始めたの

▼ 八を通して~ (2, 0.0%)

2 平次の

▼ 八イヤ~ (2, 0.0%)

2 なこと

▼ 八カット~ (2, 0.0%)

1 ほど進む, やった

▼ 八カ国~ (2, 0.0%)

1 だけを敵, の出兵

▼ 八カ月目~ (2, 0.0%)

1 にパナマ, のころ

▼ 八キログラム~ (2, 0.0%)

1 から三百三十九キログラム, の牛乳製品

▼ 八キロメートルあまり~ (2, 0.0%)

1 にし, をてくてく

▼ 八キロ大人~ (2, 0.0%)

1 のいう, のことば

▼ 八サンチ砲~ (2, 0.0%)

1 がにゆう, をすこし

▼ 八スー~ (2, 0.0%)

1 ばかり得, 残って

▼ 八ッそれ~ (2, 0.0%)

1 は本当, へ直りゃい

▼ 八ツごろ~ (2, 0.0%)

1 でもあッ, むこうへ

▼ 八ツ下り~ (2, 0.0%)

1 に帰った, の日

▼ 八ツ代り~ (2, 0.0%)

1 にチャンポン, に何

▼ 八ツ切~ (2, 0.0%)

1 が新ら, にし

▼ 八ツ山ホテル~ (2, 0.0%)

1 ってところ, と云う歪んだ

▼ 八ツ山坂~ (2, 0.0%)

1 の坂道, を向こう

▼ 八ツ房~ (2, 0.0%)

1 に成る, も好い

▼ 八ドル~ (2, 0.0%)

1 になる, もする

▼ 八ノット~ (2, 0.0%)

1 と殖え, ののろい

▼ 八フィート四方~ (2, 0.0%)

1 で薄い, もあり

▼ 八ページ以下~ (2, 0.0%)

1 による, に武内博士

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 となる, の活字

▼ 八マイル市外~ (2, 0.0%)

2 の田舎道

▼ 八ミリ~ (2, 0.0%)

1 のもの, を見せ

▼ 八ヵ月以前~ (2, 0.0%)

1 に死ん, の状態

▼ 八ヵ月前~ (2, 0.0%)

1 にロシア, に名刺入れ

▼ 八ヶ嶽山上~ (2, 0.0%)

1 の窩人, へ取って返し

▼ 八ヶ度~ (2, 0.0%)

2 の土倉役

▼ 八ヶ月位~ (2, 0.0%)

1 たちました丈夫, であろう

▼ 八ヶ月前~ (2, 0.0%)

1 に入れ, のある

▼ 八ヶ月間~ (2, 0.0%)

1 がある, といふもの

▼ 八ヶ町~ (2, 0.0%)

1 ととなへ, の婦人会連合班長

▼ 八・九マイル~ (2, 0.0%)

1 ある, は熔岩

▼ 八・九世紀~ (2, 0.0%)

1 に至っ, の頃

▼ 八・十~ (2, 0.0%)

1 に出, 或は十七・十八・十九・二十

▼ 八・十九・二十~ (2, 0.0%)

1 などとも違った, の四巻

▼ 八・四~ (2, 0.0%)

1 です, の九

▼ 八一〇年代~ (2, 0.0%)

1 にフランス人, の仏蘭西

▼ 八一・一六~ (2, 0.0%)

1 です, の中

▼ 八一・九六~ (2, 0.0%)

1 というわけ, となっ

▼ 八一一年父~ (2, 0.0%)

2 が牧師補時代

▼ 八一七年長男パトリック・ブランヱル~ (2, 0.0%)

2 生る

▼ 八一万一六六九貫目~ (2, 0.0%)

1 にて平均一反歩, をもって一二二万九五〇八石

▼ 八一三年長姉マリヤ~ (2, 0.0%)

2 生る

▼ 八一中節~ (2, 0.0%)

1 なぞやる, の如き

▼ 八一九年末~ (2, 0.0%)

2 の妹アン

▼ 八一二年頃~ (2, 0.0%)

1 で甫周, に比べ

▼ 八一八年妹エミリー~ (2, 0.0%)

2 生る

▼ 八一六年著者シヤーロット誕生當時一家~ (2, 0.0%)

2 はソオントン

▼ 八一博士~ (2, 0.0%)

1 がこれ, の処女歌集

▼ 八一寸~ (2, 0.0%)

2 良い男

▼ 八一年三月一日~ (2, 0.0%)

1 に農奴解放, 全く予告

▼ 八一%~ (2, 0.0%)

1 が英商人, は加熱

▼ 八丁信~ (2, 0.0%)

2 の天竜峡

▼ 八丁口八丁~ (2, 0.0%)

1 のても天, のわが

▼ 八丁度~ (2, 0.0%)

1 好い鹽梅, 晩酌が

▼ 八丁度宜~ (2, 0.0%)

2 いところ

▼ 八七〇年普仏戦争~ (2, 0.0%)

1 による帝政崩壊後, を機

▼ 八七一~ (2, 0.0%)

1 であること, より一八八〇

▼ 八七七~ (2, 0.0%)

1 と八, 両年度

▼ 八七二三~ (2, 0.0%)

1 である, となり

▼ 八七五年八月四日~ (2, 0.0%)

2 に永眠

▼ 八七五調九七五調~ (2, 0.0%)

2 の句

▼ 八万キロメートル~ (2, 0.0%)

1 から十万五千キロメートル, であったの

▼ 八万ルーブル~ (2, 0.0%)

1 は相当, わたして

▼ 八万七千余人~ (2, 0.0%)

1 の人民, の総代

▼ 八万二千ホグスヘッド~ (2, 0.0%)

1 が海外, の煙草

▼ 八万二千八百八十六人~ (2, 0.0%)

2 とある

▼ 八万五千~ (2, 0.0%)

1 といわれ, も積み上げなけれ

▼ 八万五千人~ (2, 0.0%)

1 ものドイツ亡命者, を増し

▼ 八万五千石~ (2, 0.0%)

1 の記帳, ほどは

▼ 八万余円~ (2, 0.0%)

1 というもの, のうち

▼ 八万四千九百六人~ (2, 0.0%)

1 ありと, あるを

▼ 八万坪~ (2, 0.0%)

1 の庭園, を無用

▼ 八万年~ (2, 0.0%)

1 でそれ, の間

▼ 八万町歩あまり~ (2, 0.0%)

2 のうち

▼ 八万長者~ (2, 0.0%)

1 の, のチョビ助

▼ 八万騎一統~ (2, 0.0%)

1 にとってもまた, の名

▼ 八万騎旗本~ (2, 0.0%)

1 が本来, じゃ

▼ 八三つ~ (2, 0.0%)

1 になる, の変遷

▼ 八三一〇八六~ (2, 0.0%)

1 から差引け, となる

▼ 八三一年著者ロウ・ヘッド女學校~ (2, 0.0%)

2 に學び

▼ 八三丁目~ (2, 0.0%)

2 の吾妻屋

▼ 八三三四年~ (2, 0.0%)

2 に訪れ

▼ 八三上郡藏~ (2, 0.0%)

1 があわ, の三人

▼ 八三九年十二月二十日~ (2, 0.0%)

2

▼ 八三二年六月五日~ (2, 0.0%)

1 および六日, の戦い

▼ 八三八年メイン州~ (2, 0.0%)

2 のポートランド

▼ 八三六四~ (2, 0.0%)

1 であること, に四

▼ 八~ (2, 0.0%)

2 つ引

▼ 八不思議~ (2, 0.0%)

1 と云われる, なこと

▼ 八世紀あたり~ (2, 0.0%)

1 のそれ, の王妃

▼ 八世紀以前~ (2, 0.0%)

1 に固定, の文学

▼ 八世紀以後~ (2, 0.0%)

1 に属す, の星座名

▼ 八世紀以来~ (2, 0.0%)

1 に於, の歴史

▼ 八世紀以来世界~ (2, 0.0%)

2 の謎

▼ 八世紀以降~ (2, 0.0%)

1 に属する, の法学革命

▼ 八世紀十九世紀~ (2, 0.0%)

1 のフランス人, の間

▼ 八世紀時代~ (2, 0.0%)

1 には一層, の動き

▼ 八世紀的臭味~ (2, 0.0%)

1 が鼻, など恐る

▼ 八両国~ (2, 0.0%)

1 へ行っ, まで一緒

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 丞の, 丞清三郎

▼ 八之進~ (2, 0.0%)

1 の邸, は由羅派

▼ 八九〇二方英里~ (2, 0.0%)

1 は諸, は露国

▼ 八九くら~ (2, 0.0%)

2 ゐの

▼ 八九ごろ~ (2, 0.0%)

1 から二十がらみ, の意外

▼ 八九マイル~ (2, 0.0%)

1 の航行, はなれた

▼ 八九一年十月スヴォーリン宛~ (2, 0.0%)

2 の手紙

▼ 八九丈~ (2, 0.0%)

1 もある, もございましょう

▼ 八九世紀~ (2, 0.0%)

1 に充満, の仏独

▼ 八九九~ (2, 0.0%)

1 であった, であり埋葬

▼ 八九分の入り~ (2, 0.0%)

1 だ, だが

▼ 八九十円~ (2, 0.0%)

1 であった, である

▼ 八九十十一~ (2, 0.0%)

1 とあし, とそれ

▼ 八九十年~ (2, 0.0%)

1 であるとしても, を経た

▼ 八九十度~ (2, 0.0%)

2 の処

▼ 八九十枚~ (2, 0.0%)

1 の仕事, まで小説

▼ 八九十貫~ (2, 0.0%)

1 ある木, もあっ

▼ 八九十軒~ (2, 0.0%)

1 もあらう, もあろう

▼ 八九合目~ (2, 0.0%)

1 へあらわれた, より頂上

▼ 八九四年リーヂア~ (2, 0.0%)

2 は声楽

▼ 八九字~ (2, 0.0%)

1 の新調, 又は三十二三字

▼ 八九寸四五十匁~ (2, 0.0%)

1 から百匁近く, の川鮎

▼ 八九年ごろ~ (2, 0.0%)

1 から十三年ごろ, だった

▼ 八九年八月四日~ (2, 0.0%)

1 のその, の夜

▼ 八九日ごろ~ (2, 0.0%)

1 の月, 見馴れない混血児

▼ 八九日許~ (2, 0.0%)

2 りの

▼ 八九時代~ (2, 0.0%)

1 に物価, に物價

▼ 八九歳位~ (2, 0.0%)

1 の時代, ゐにも

▼ 八九百米~ (2, 0.0%)

2 の山

▼ 八九私~ (2, 0.0%)

1 と同, の庵

▼ 八九輪~ (2, 0.0%)

2 もの眼

▼ 八九通殘~ (2, 0.0%)

2 りなく

▼ 八九門~ (2, 0.0%)

1 の大砲, を以てテペアカ

▼ 八九項目~ (2, 0.0%)

2 の下

▼ 八九骨太~ (2, 0.0%)

2 なる手足

▼ 八二〇年イギリス~ (2, 0.0%)

1 の捕鯨業者ウィリアム・スコレスビー, の由緒

▼ 八二〇年一家ヨオクシヤー北方~ (2, 0.0%)

2 の寒村ハワース

▼ 八二一年六月十二日~ (2, 0.0%)

2 に結婚

▼ 八二一年母癌~ (2, 0.0%)

2 を病ん

▼ 八二三年七月二十五日~ (2, 0.0%)

1 のもの, のドラポー・ブラン紙

▼ 八二五年正月長姉マリヤ~ (2, 0.0%)

2 と次姉エリザベス

▼ 八二以下~ (2, 0.0%)

1 にもこの, 並びに註

▼ 八二十~ (2, 0.0%)

1 ぐらいまでの若々しい, の諸区

▼ 八二十九~ (2, 0.0%)

1 の両, の四日間

▼ 八二十九三十日~ (2, 0.0%)

2 の夜

▼ 八二号~ (2, 0.0%)

1 の二室, 両室

▼ 八二号室~ (2, 0.0%)

1 の扉, の窓口

▼ 八二四年五月七日~ (2, 0.0%)

1 に, にヴィーン

▼ 八二四年長姉マリヤ~ (2, 0.0%)

2 次姉エリザベス

▼ 八二年一月十日~ (2, 0.0%)

1 という日附, とな

▼ 八二月~ (2, 0.0%)

1 ですな, に渉

▼ 八五〇~ (2, 0.0%)

1 です, という電話番号

▼ 八五三年版パーキンス~ (2, 0.0%)

2

▼ 八五五年産後~ (2, 0.0%)

2 を病ん

▼ 八五六年良人~ (2, 0.0%)

2 の手

▼ 八五四年十餘年來ハワース~ (2, 0.0%)

2 の牧師補

▼ 八五文~ (2, 0.0%)

1 の直, の薬売

▼ 八五調五九五調五十五調~ (2, 0.0%)

2 の句

▼ 八五路~ (2, 0.0%)

1 はツイ五六歩手前, は平次仕込み

▼ 八五郎そこ~ (2, 0.0%)

1 に居る, へ坐れ

▼ 八五郎ひと~ (2, 0.0%)

1 かどの, たまりも

▼ 八五郎一ぺん~ (2, 0.0%)

1 に悄気, に悄氣

▼ 八五郎三輪~ (2, 0.0%)

1 の万七, の萬七

▼ 八五郎二人~ (2, 0.0%)

1 は一瞬動物, は暗がり

▼ 八五郎兄哥ぢ~ (2, 0.0%)

1 やありません, やねえか

▼ 八五郎兄哥念~ (2, 0.0%)

1 のため, の爲

▼ 八五郎格子~ (2, 0.0%)

1 の外, を勢ひよく

▼ 八五郎深草~ (2, 0.0%)

1 の少, の少将

▼ 八五郎親分お待ち~ (2, 0.0%)

2 申して

▼ 八五郎親分洒落~ (2, 0.0%)

1 や冗談, や冗談ぢ

▼ 八五郎親分濟~ (2, 0.0%)

1 まなかつた, みませんけれど

▼ 八五郎話~ (2, 0.0%)

2 は俺

▼ 八五郎金~ (2, 0.0%)

2 や命

▼ 八五郎風情~ (2, 0.0%)

1 が來, に見せた

▼ 八五郎馬~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ 八五郎鼻毛~ (2, 0.0%)

1 なんぞ抜いてる, なんぞ拔

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 然丁, 然丁牧田

▼ 八人くら~ (2, 0.0%)

1 ゐの, ゐゐて

▼ 八人一人~ (2, 0.0%)

1 が手, も起きてる

▼ 八人乗り~ (2, 0.0%)

1 のスライディング, の大き

▼ 八人五日あまり~ (2, 0.0%)

2 も懸らね

▼ 八人囲~ (2, 0.0%)

1 この類, を第

▼ 八人女~ (2, 0.0%)

1 が九人, は廿九億九萬四千八百三十人

▼ 八人女の子~ (2, 0.0%)

1 が二人, が春子

▼ 八人室~ (2, 0.0%)

1 でミマツ曲馬団, に洗面器

▼ 八人小諸町~ (2, 0.0%)

1 では駅, では驛

▼ 八人店~ (2, 0.0%)

1 から奥, から奧

▼ 八人招~ (2, 0.0%)

1 に応じ, んでくれない

▼ 八人殺し~ (2, 0.0%)

1 があっ, の犯人

▼ 八人裸~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 八人詰~ (2, 0.0%)

1 であった, ほどの仕切られた

▼ 八今に~ (2, 0.0%)

2 面白い仕事

▼ 八今によく~ (2, 0.0%)

2 解る

▼ 八今の~ (2, 0.0%)

1 は何, は誰

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 くらいの賃銭, の芭蕉煎餅

▼ 八代大将~ (2, 0.0%)

1 も総, 前九大教授武谷医学博士

▼ 八代將軍~ (2, 0.0%)

1 の命名, 更に代

▼ 八代様~ (2, 0.0%)

1 そんなこと, のお

▼ 八代目市川団十郎~ (2, 0.0%)

1 が一興行, の心境

▼ 八代目市川高麗蔵~ (2, 0.0%)

1 となつ, となる

▼ 八代集~ (2, 0.0%)

1 の中, をはじめ

▼ 八件もの~ (2, 0.0%)

2 多きに

▼ 八伊三松~ (2, 0.0%)

2 を劬め

▼ 八伊三松多勢~ (2, 0.0%)

2 の番頭手代小僧

▼ 八僧侶~ (2, 0.0%)

1 の尊敬, 被選権

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 に, の兵

▼ 八億円~ (2, 0.0%)

1 の損失, ほどに削減

▼ 八兄哥今度~ (2, 0.0%)

2 はお

▼ 八兄哥外廻り~ (2, 0.0%)

2 を見る

▼ 八兄哥手代~ (2, 0.0%)

1 の与, の與母吉

▼ 八兩國~ (2, 0.0%)

1 へ行つて, まで一緒

▼ 八八一年三月一日~ (2, 0.0%)

1 に農奴解放, 全く予告

▼ 八八七〇〇〇~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 八八三~ (2, 0.0%)

1 で四箇年, にいづる

▼ 八八三一〇八六~ (2, 0.0%)

1 から差引け, となる

▼ 八八三六四~ (2, 0.0%)

1 であること, に四

▼ 八八二~ (2, 0.0%)

1 すなわち男子出生, であった

▼ 八八六年シカゴ~ (2, 0.0%)

1 で, に移る

▼ 八八号~ (2, 0.0%)

1 にて逃走, ノ四

▼ 八八号十五~ (2, 0.0%)

2 の布地

▼ 八公熊公~ (2, 0.0%)

1 にし, の徒

▼ 八六〇~ (2, 0.0%)

1 であり埋葬, とされ

▼ 八六二八二号~ (2, 0.0%)

1 の二室, 両室

▼ 八六二年三月十二日~ (2, 0.0%)

1 が実に, で光

▼ 八六年シカゴ~ (2, 0.0%)

1 で, に移る

▼ 八六調~ (2, 0.0%)

1 に変ります, を選んだ

▼ 八六調六七六調六八六調等~ (2, 0.0%)

2 にて終六言

▼ 八六調等~ (2, 0.0%)

2 にて終六言

▼ 八其処~ (2, 0.0%)

1 に居るなら, の押入

▼ 八其辺~ (2, 0.0%)

1 の茶店, をキョロ

▼ 八円位~ (2, 0.0%)

1 が頂上, で出来る

▼ 八円半~ (2, 0.0%)

1 だ, までお

▼ 八円様~ (2, 0.0%)

1 だ, に不足

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 に掲載, ねぢ

▼ 八分の一インチ~ (2, 0.0%)

1 といふ事, の長

▼ 八分の一マイル~ (2, 0.0%)

1 ばかりで下り, ばかり出

▼ 八分の一程度~ (2, 0.0%)

1 でしょう, の服用量

▼ 八分の冷笑~ (2, 0.0%)

1 と二分, を含ん

▼ 八分の冷飯~ (2, 0.0%)

2 に水

▼ 八分の地震~ (2, 0.0%)

1 に出会った, に出遇った

▼ 八分の熱~ (2, 0.0%)

1 は午後, をだす

▼ 八分の配当~ (2, 0.0%)

2 を得よう

▼ 八分位静か~ (2, 0.0%)

2 に呼

▼ 八分体~ (2, 0.0%)

1 で肉太, の名筆

▼ 八分余~ (2, 0.0%)

1 から成立っ, で地球

▼ 八分冊~ (2, 0.0%)

1 に分れ, は合本二シリング

▼ 八分別者~ (2, 0.0%)

2 らしいうち

▼ 八分前~ (2, 0.0%)

1 だ, まで現に

▼ 八分咲き~ (2, 0.0%)

1 の輪, やらいろいろ

▼ 八分四十五秒~ (2, 0.0%)

1 でした, も丁度

▼ 八分板~ (2, 0.0%)

1 やあんな, を並べ

▼ 八分發~ (2, 0.0%)

1 にはまだ, の汽車

▼ 八分目方四十一貫~ (2, 0.0%)

1 ありと, その価

▼ 八分通り恢復~ (2, 0.0%)

1 して, しほ

▼ 八分鑿~ (2, 0.0%)

1 の頑丈, を敷居

▼ 八刻半~ (2, 0.0%)

1 の陽ざし, は聞きちがえであったろう

▼ 八刻頃~ (2, 0.0%)

1 だし, であった

▼ 八~ (2, 0.0%)

2 だけは二人前

▼ 八功徳水~ (2, 0.0%)

1 が岸, ながしけり

▼ 八勘助~ (2, 0.0%)

2 の三人

▼ 八勘定~ (2, 0.0%)

1 こっきり, こつきり

▼ 八十かい~ (2, 0.0%)

2 の男

▼ 八十パーセント以上~ (2, 0.0%)

1 が平凡, を失う

▼ 八十フィート~ (2, 0.0%)

1 は増す, 長さ二百フィート

▼ 八十ルーブル~ (2, 0.0%)

1 くらいのところ, という大金

▼ 八十ヶ所~ (2, 0.0%)

2 が一片

▼ 八十一斤~ (2, 0.0%)

1 でさ, としてお

▼ 八十一枚~ (2, 0.0%)

1 という大物, と粒百六十

▼ 八十一疋~ (2, 0.0%)

2 の白馬

▼ 八十七匁~ (2, 0.0%)

1 と云, は一両

▼ 八十七度~ (2, 0.0%)

1 の所, を越えた

▼ 八十七番地~ (2, 0.0%)

1 というの, の家

▼ 八十万ポンド~ (2, 0.0%)

1 の大, は小判

▼ 八十万冊~ (2, 0.0%)

1 の図書館資料, の書籍

▼ 八十万斤~ (2, 0.0%)

1 という工合, を産

▼ 八十万軍~ (2, 0.0%)

1 の新, の軍簿

▼ 八十万通~ (2, 0.0%)

1 ある, という投書

▼ 八十丈~ (2, 0.0%)

1 と云つて, と称す

▼ 八十三両二分~ (2, 0.0%)

1 だと, だという

▼ 八十三円~ (2, 0.0%)

1 と記し, 頂きます

▼ 八十三年~ (2, 0.0%)

1 に大, は旱災

▼ 八十三郎君~ (2, 0.0%)

1 のこと, は長州屋敷

▼ 八十九年前~ (2, 0.0%)

1 に於, に死せし

▼ 八十九度~ (2, 0.0%)

1 の地点, まであがった

▼ 八十九隣家~ (2, 0.0%)

2 の松太郎

▼ 八十二マイル~ (2, 0.0%)

1 あるが, の内地

▼ 八十二メートル~ (2, 0.0%)

1 のエベレスト峯頂上, もの穴

▼ 八十二両~ (2, 0.0%)

2 はどこ

▼ 八十二人~ (2, 0.0%)

1 を汚す, 死す英賀

▼ 八十二才~ (2, 0.0%)

2 の高齢

▼ 八十二軒~ (2, 0.0%)

1 か盜つた金, の家庭

▼ 八十五クヲタア~ (2, 0.0%)

1 だけ増加, をまたは

▼ 八十五ルーブリ~ (2, 0.0%)

1 とるん, と二週間

▼ 八十五人~ (2, 0.0%)

1 が皆, とある

▼ 八十五兩~ (2, 0.0%)

1 あつた, あつたさうです

▼ 八十五六度~ (2, 0.0%)

2 だろう

▼ 八十五名~ (2, 0.0%)

1 に及び, の人間

▼ 八十五回~ (2, 0.0%)

1 が開かれた, に及んだ

▼ 八十五度~ (2, 0.0%)

1 くらいにし, にのぼる

▼ 八十五番~ (2, 0.0%)

2 の大吉

▼ 八十五首~ (2, 0.0%)

2 を収めた

▼ 八十何人~ (2, 0.0%)

2 の奉公人

▼ 八十何名~ (2, 0.0%)

1 かの武者輩, の会員

▼ 八十何種~ (2, 0.0%)

1 かのうち, は東京

▼ 八十余り~ (2, 0.0%)

1 の老人, もある

▼ 八十余万~ (2, 0.0%)

1 と称え, の大軍

▼ 八十余年前~ (2, 0.0%)

1 に大化, のサッポロベツ原始林

▼ 八十余種~ (2, 0.0%)

1 ある標本, の多き

▼ 八十余篇~ (2, 0.0%)

1 の, の詩

▼ 八十億個~ (2, 0.0%)

1 くらいは地球, ぐらいは地球

▼ 八十八か所~ (2, 0.0%)

1 の火の手, を遍路

▼ 八十八マイル~ (2, 0.0%)

1 あり, なり

▼ 八十八回~ (2, 0.0%)

1 そのつぎ, 御登山

▼ 八十八才~ (2, 0.0%)

1 の日向, 赤い襦袢

▼ 八十八条~ (2, 0.0%)

1 には証言, はそれ

▼ 八十八段~ (2, 0.0%)

2 もある

▼ 八十八箇~ (2, 0.0%)

2 の銀星打

▼ 八十八羽~ (2, 0.0%)

2 の鴉

▼ 八十八音~ (2, 0.0%)

2 を区別

▼ 八十六年ラネツサン氏~ (2, 0.0%)

1 は議会, は議會

▼ 八十六条~ (2, 0.0%)

1 から第, という豊富さ

▼ 八十六部~ (2, 0.0%)

2

▼ 八十円パ~ (2, 0.0%)

2 で売り飛ばした

▼ 八十冊~ (2, 0.0%)

1 にはなるまい, の詳しい

▼ 八十匹~ (2, 0.0%)

1 だったと, ばし出た

▼ 八十吉清松~ (2, 0.0%)

1 も血気, 両名

▼ 八十四ルーブリ~ (2, 0.0%)

1 との間, 払えるであろう

▼ 八十四五度~ (2, 0.0%)

1 で大した, まで上らせる

▼ 八十四交~ (2, 0.0%)

1 というもの, なの

▼ 八十四人~ (2, 0.0%)

1 ありしも, とある

▼ 八十四名~ (2, 0.0%)

1 だな, 漸次増加

▼ 八十四銭~ (2, 0.0%)

1 となります, まで落ちた

▼ 八十四間~ (2, 0.0%)

1 の外廊, の山門廊

▼ 八十国~ (2, 0.0%)

1 は祝福, よりによりに

▼ 八十坪~ (2, 0.0%)

1 の建坪, ほどの庭

▼ 八十太夫~ (2, 0.0%)

1 とは聞き, もお

▼ 八十女~ (2, 0.0%)

1 が四十, 又有

▼ 八十家~ (2, 0.0%)

1 に余る, のうち

▼ 八十尋~ (2, 0.0%)

1 といふ, 凄い紺碧

▼ 八十巻~ (2, 0.0%)

1 を完全, を立派

▼ 八十年以後~ (2, 0.0%)

1 の日本, の私達

▼ 八十年來~ (2, 0.0%)

2 の浮世

▼ 八十幾人これ~ (2, 0.0%)

1 は片, は片っ端

▼ 八十幾本ビール壜~ (2, 0.0%)

2 が四十幾本

▼ 八十度以上~ (2, 0.0%)

1 なり, に越した

▼ 八十度廻転~ (2, 0.0%)

1 して, せられよ

▼ 八十度近く~ (2, 0.0%)

1 に来, の北方

▼ 八十才~ (2, 0.0%)

1 になった, になられました

▼ 八十日目~ (2, 0.0%)

1 には千, の夜

▼ 八十村~ (2, 0.0%)

1 に名, の中

▼ 八十杖~ (2, 0.0%)

1 なら出来ますか, のむち

▼ 八十杯~ (2, 0.0%)

1 といふ有, の錢

▼ 八十松~ (2, 0.0%)

1 に向っ, を怒りつけ

▼ 八十橋~ (2, 0.0%)

1 などは天八十人, など皆神天

▼ 八十歳あまり~ (2, 0.0%)

1 の老, の老人

▼ 八十歳位~ (2, 0.0%)

1 の人, の年寄

▼ 八十段~ (2, 0.0%)

1 にディレッタンティズム, 上ったり

▼ 八十氏人~ (2, 0.0%)

1 になべて, の

▼ 八十王~ (2, 0.0%)

1 います中, の勧進

▼ 八十禍津日神~ (2, 0.0%)

1 といひ, と言うた

▼ 八十種好~ (2, 0.0%)

1 の御, を備えたる

▼ 八十篇~ (2, 0.0%)

1 だ, の銭形平次

▼ 八十糎~ (2, 0.0%)

1 ぐらいの太い, の長身

▼ 八十軒長屋~ (2, 0.0%)

1 である, の路地

▼ 八十近く~ (2, 0.0%)

1 ある室, なって

▼ 八十郎殿~ (2, 0.0%)

1 の亡, も浮ばれない

▼ 八十重~ (2, 0.0%)

1 に入り, の因

▼ 八十銭也~ (2, 0.0%)

1 を受取っ, 情けなし

▼ 八十點~ (2, 0.0%)

1 といふ處, はあつ

▼ 八千ぐさ~ (2, 0.0%)

1 の朝な夕な, は朝

▼ 八千トン~ (2, 0.0%)

1 で一航海, もある

▼ 八千メートルニ達セシトコロ~ (2, 0.0%)

2 突然轟音トトモニハゲシキ震動

▼ 八千七百ベェスター~ (2, 0.0%)

1 だねえ, と書い

▼ 八千七百五十封度~ (2, 0.0%)

1 の代価, の値上げ代価

▼ 八千九百十四トン~ (2, 0.0%)

1 という巨大船, の

▼ 八千二百円~ (2, 0.0%)

1 では, の人

▼ 八千二百里旅~ (2, 0.0%)

2 の蚊

▼ 八千五百円~ (2, 0.0%)

1 あれば, を投じ

▼ 八千五百名~ (2, 0.0%)

1 とありました, を失った

▼ 八千代サン~ (2, 0.0%)

1 が突然こう, はど

▼ 八千余~ (2, 0.0%)

1 だ, に及ぶ

▼ 八千八聲~ (2, 0.0%)

1 と稱, を泣きつ

▼ 八千八谷~ (2, 0.0%)

1 を流る, を練り

▼ 八千円位~ (2, 0.0%)

1 だそう, の間

▼ 八千名~ (2, 0.0%)

1 をもっ, を超した

▼ 八千度~ (2, 0.0%)

1 さかしら, その甲斐

▼ 八千弗~ (2, 0.0%)

1 の金, を奪

▼ 八千日~ (2, 0.0%)

1 といふの, の日

▼ 八千本~ (2, 0.0%)

1 の賑しき, の通し矢

▼ 八千矛神~ (2, 0.0%)

1 だから, といつ

▼ 八千磅~ (2, 0.0%)

1 の証文, はポートサイド

▼ 八千萬圓餘~ (2, 0.0%)

1 であつ, になつ

▼ 八千近く~ (2, 0.0%)

1 といふ柄, も勝

▼ 八千里海上~ (2, 0.0%)

2 に出で

▼ 八升入~ (2, 0.0%)

2 の牛乳鑵

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 という数字, 可な

▼ 八厄前~ (2, 0.0%)

2 に祝言

▼ 八厘種もの~ (2, 0.0%)

1 が二銭五厘, が二錢五厘

▼ 八~ (2, 0.0%)

2 な捕物

▼ 八又は~ (2, 0.0%)

1 三十位に, 落語に

▼ 八号位い~ (2, 0.0%)

2 から百号

▼ 八号十五~ (2, 0.0%)

2 の布地

▼ 八号文書~ (2, 0.0%)

1 にあります, は実に

▼ 八号機~ (2, 0.0%)

1 がまっ先に, もすごいのろい

▼ 八号病室~ (2, 0.0%)

1 と一ヶ月交替, へのこのこ

▼ 八合あまり頂戴~ (2, 0.0%)

1 したの, して

▼ 八合わせ~ (2, 0.0%)

2

▼ 八合槍~ (2, 0.0%)

1 と太刀, を合わせた

▼ 八吉助~ (2, 0.0%)

1 である, とが背後

▼ 八同じ~ (2, 0.0%)

1 やうな, ような

▼ 八名ばかり~ (2, 0.0%)

2 がところ

▼ 八名ばかり差~ (2, 0.0%)

2 加えようてんで

▼ 八呟いた~ (2, 0.0%)

2 ものである

▼ 八咫鴉~ (2, 0.0%)

1 になり, は今度

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 で屑屋, は手

▼ 八喧嘩~ (2, 0.0%)

1 か泥棒, か火事

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 に南宋, の大

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 といふ, 全世界

▼ 八四〇マイル~ (2, 0.0%)

1 にしなけれ, の時速

▼ 八四〇年以後~ (2, 0.0%)

1 だと, に完成

▼ 八四〇年頃~ (2, 0.0%)

1 になりました, の事

▼ 八四・七九~ (2, 0.0%)

1 という數, といふ数

▼ 八四九年アン~ (2, 0.0%)

2 を連れ

▼ 八四二年著者~ (2, 0.0%)

2 は私塾經營

▼ 八四八年三月十八日~ (2, 0.0%)

2 を想像

▼ 八四八年以後~ (2, 0.0%)

1 における近世産業, の米国西海岸

▼ 八四六年志~ (2, 0.0%)

2 を轉

▼ 八四四年ヘガー氏~ (2, 0.0%)

2 の學校

▼ 八四歩~ (2, 0.0%)

1 と突い, と飛車先

▼ 八四歳~ (2, 0.0%)

1 となっ, の老翁

▼ 八四行~ (2, 0.0%)

1 まで天上, まで天使

▼ 八困った~ (2, 0.0%)

1 ことに, ことには

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 の掌握, を掌管

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 がすんだ, とか云う

▼ 八坂入媛~ (2, 0.0%)

2 をよこし

▼ 八坂組~ (2, 0.0%)

1 の仲間, の掟

▼ 八坐り~ (2, 0.0%)

1 馴れない様子, 馴れない樣子

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 の愚直, 程の大き

▼ 八埋葬二五〇~ (2, 0.0%)

2 の減少

▼ 八変り~ (2, 0.0%)

2 はない

▼ 八大きく~ (2, 0.0%)

1 開いたま, 開いたまま

▼ 八大名~ (2, 0.0%)

1 の旗頭, をかたっぱし

▼ 八大家文~ (2, 0.0%)

1 の東坡, を読み

▼ 八天三十三天~ (2, 0.0%)

2 と段々上

▼ 八太夫~ (2, 0.0%)

1 の正本, の浄瑠璃

▼ 八夫婦~ (2, 0.0%)

1 にい, の向う

▼ 八女房~ (2, 0.0%)

1 に云, のお

▼ 八奴手前~ (2, 0.0%)

2 などはだらし

▼ 八如き~ (2, 0.0%)

1 にしてやられる, の相手

▼ 八~ (2, 0.0%)

2 な捕物

▼ 八学年~ (2, 0.0%)

1 において日刊新聞, を通じて組織的

▼ 八學士~ (2, 0.0%)

1 に命じ, は老子化胡

▼ 八宗兼學~ (2, 0.0%)

1 の大, の大した

▼ 八家文~ (2, 0.0%)

1 じみた文章, の難解

▼ 八家族~ (2, 0.0%)

1 が残っ, 合わせて

▼ 八寸あまり~ (2, 0.0%)

1 の刃, の大男

▼ 八寸あまり宙~ (2, 0.0%)

2 に浮き

▼ 八寸以上~ (2, 0.0%)

1 になる, も積

▼ 八寺院~ (2, 0.0%)

1 の所有地, の所有者

▼ 八寿雄~ (2, 0.0%)

1 ですよ, に代っ

▼ 八小判~ (2, 0.0%)

1 か銭, は無く

▼ 八尺五寸~ (2, 0.0%)

1 あった, という小さい

▼ 八尺俗~ (2, 0.0%)

2 に白瀧

▼ 八尺瓊~ (2, 0.0%)

1 の御, を掛けた

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 が設けられ, を設け

▼ 八居る~ (2, 0.0%)

1 か, かい

▼ 八屋敷~ (2, 0.0%)

1 です, へ忍び込んだ

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 っ引, つ引

▼ 八島国~ (2, 0.0%)

1 しろしめす, と呼び

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 ありと, なんぞと云う

▼ 八巻九巻~ (2, 0.0%)

1 と縦, をみたす

▼ 八巻物~ (2, 0.0%)

1 の試写, を書い

▼ 八平方メートル~ (2, 0.0%)

1 の室, の面積

▼ 八平次~ (2, 0.0%)

1 などの報告, はその

▼ 八年ごろ日本~ (2, 0.0%)

1 で云え, におけるアイヌ民族

▼ 八年スペイン~ (2, 0.0%)

1 に侵入, のマドリッド

▼ 八年ドイツ~ (2, 0.0%)

1 に革命, のバヴァリア

▼ 八年ピサ~ (2, 0.0%)

1 の大僧正, を去り

▼ 八年メイン州~ (2, 0.0%)

2 のポートランド

▼ 八年一月元旦父~ (2, 0.0%)

2 の子

▼ 八年七月二十九日~ (2, 0.0%)

1 には祖父伊兵衛, の

▼ 八年七月二十日~ (2, 0.0%)

1 という日附, のこと

▼ 八年七月越中~ (2, 0.0%)

2 の国守

▼ 八年三十年四十年~ (2, 0.0%)

2 の功夫

▼ 八年三月十五日~ (2, 0.0%)

1 の事, の後

▼ 八年三月十八日~ (2, 0.0%)

2 を想像

▼ 八年三月巴里フィガロ~ (2, 0.0%)

2 の小

▼ 八年三月晦~ (2, 0.0%)

1 には当時抽斎, に抽斎

▼ 八年三月頃~ (2, 0.0%)

1 まで, までの全

▼ 八年九月十三日~ (2, 0.0%)

1 の朝, の条

▼ 八年九月晦日~ (2, 0.0%)

1 に起りたる, より十月朔日

▼ 八年二十六歳~ (2, 0.0%)

1 にし, になっ

▼ 八年二月七日~ (2, 0.0%)

1 に第, の日日新聞

▼ 八年二月二十七日~ (2, 0.0%)

2 の夜

▼ 八年二月十四日~ (2, 0.0%)

1 に中佐相当陸軍一等軍医正, に戦死

▼ 八年五月二十八日~ (2, 0.0%)

1 に下院, の夜

▼ 八年以上~ (2, 0.0%)

1 でない場合, も国

▼ 八年以降~ (2, 0.0%)

1 のスウェーデン, は世間

▼ 八年來~ (2, 0.0%)

1 はさ, 嘗めつくしたり

▼ 八年八月わたし~ (2, 0.0%)

2 が欧洲

▼ 八年八月十五日~ (2, 0.0%)

1 に亡くなった, に蘭軒

▼ 八年六月二十七日~ (2, 0.0%)

1 に死, の条

▼ 八年六月四日~ (2, 0.0%)

2 に私

▼ 八年内田~ (2, 0.0%)

2 老鶴圃

▼ 八年前一人娘~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ 八年前僕等~ (2, 0.0%)

2 がもつ

▼ 八年前其方~ (2, 0.0%)

1 が描いた, に不

▼ 八年前越中国~ (2, 0.0%)

1 から帰った, から帰つた当座

▼ 八年勅~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 八年十一月十一日~ (2, 0.0%)

1 だったと, の夜

▼ 八年十二月二十三日~ (2, 0.0%)

1 の夕暮, 御誕生

▼ 八年十二月五日~ (2, 0.0%)

1 に, には甲斐

▼ 八年十二月十一日~ (2, 0.0%)

1 に菅茶山, に裁

▼ 八年十二月十日~ (2, 0.0%)

1 で当時六十七歳, に八十五

▼ 八年十二月廿日夜上弦~ (2, 0.0%)

2 の月

▼ 八年厳命~ (2, 0.0%)

1 が降っ, が降つ

▼ 八年反逆~ (2, 0.0%)

2 の罪

▼ 八年嚴命~ (2, 0.0%)

2 が降つ

▼ 八年四月二十三日~ (2, 0.0%)

1 が私, ですが

▼ 八年天下~ (2, 0.0%)

2 をお

▼ 八年妙解院殿存じ~ (2, 0.0%)

2 寄らざる御

▼ 八年妹エミリー~ (2, 0.0%)

2 生る

▼ 八年始~ (2, 0.0%)

2 はもう

▼ 八年官制~ (2, 0.0%)

2 を改革

▼ 八年幕府~ (2, 0.0%)

1 に訴, は

▼ 八年幾月~ (2, 0.0%)

2 かの生涯

▼ 八年庚午~ (2, 0.0%)

1 の戸籍, の歳

▼ 八年徳川家康~ (2, 0.0%)

1 の入国, の擁護

▼ 八年故郷~ (2, 0.0%)

1 へ歸つたの, へ還

▼ 八年日露戦争~ (2, 0.0%)

1 の頃, も終り

▼ 八年昔~ (2, 0.0%)

1 の縁故, へとん

▼ 八年比~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ 八年真夏~ (2, 0.0%)

2 のひ

▼ 八年間その間~ (2, 0.0%)

1 には往年, に私

▼ 八年間カプリ~ (2, 0.0%)

1 に止った, に止る

▼ 八年間十六歳~ (2, 0.0%)

2 の秋

▼ 八年頃江見水蔭子~ (2, 0.0%)

2 がこの

▼ 八年領土交換~ (2, 0.0%)

1 の後, の後本邦

▼ 八年高嶋~ (2, 0.0%)

2 の宮

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 を市内, を開業

▼ 八度二分~ (2, 0.0%)

1 ほど発熟, も出た

▼ 八度五分位~ (2, 0.0%)

1 の熱, はお

▼ 八度五十分~ (2, 0.0%)

1 ぐらいのところ, のところ

▼ 八度六分の熱~ (2, 0.0%)

1 あり, に浮

▼ 八度近く~ (2, 0.0%)

1 まで騰る, もあつ

▼ 八式歩兵銃~ (2, 0.0%)

1 じゃない, の銃声

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 かやる, は花道七三

▼ 八後家~ (2, 0.0%)

1 お辻, の因縁

▼ 八忍び返し~ (2, 0.0%)

1 の釘, を乗越す

▼ 八思ひ~ (2, 0.0%)

1 のほか底, の外突

▼ 八恐ろしい~ (2, 0.0%)

2 事だ

▼ 八憎い~ (2, 0.0%)

2 のは

▼ 八戒先生~ (2, 0.0%)

1 が, の活躍舞台

▼ 八戒達~ (2, 0.0%)

1 が如何にも淡々, は思はず

▼ 八所和歌集~ (2, 0.0%)

1 の記事, は一体

▼ 八手代~ (2, 0.0%)

2 の千代松

▼ 八手前これ~ (2, 0.0%)

2 で外

▼ 八手前今晩~ (2, 0.0%)

1 から当分ここ, から當分此處

▼ 八手前涙~ (2, 0.0%)

2 の味

▼ 八折判~ (2, 0.0%)

1 であった, の哲学

▼ 八挺艪~ (2, 0.0%)

1 でどこ, の漁船

▼ 八掛け~ (2, 0.0%)

1 で手がたく, 即ち八十円

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 の聖道, を勝

▼ 八放っ~ (2, 0.0%)

1 ておく, て置く

▼ 八文銭~ (2, 0.0%)

1 でもねえ, でも天宝銭

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 うして, う餌

▼ 八日あと~ (2, 0.0%)

1 でした, の晩土手下

▼ 八日これ~ (2, 0.0%)

1 という災厄, は墨夷

▼ 八日の~ (2, 0.0%)

1 がきょう, は御覧

▼ 八日ト~ (2, 0.0%)

1 同ジ事件, 同ジ姿勢

▼ 八日ロシア~ (2, 0.0%)

2 では最も古く

▼ 八日一週~ (2, 0.0%)

1 の旧制, の舊制

▼ 八日中~ (2, 0.0%)

1 には派遣, はあきらめ

▼ 八日二十九日~ (2, 0.0%)

1 と一藩, と十日毎

▼ 八日以来~ (2, 0.0%)

1 の三ヶ月, 初めて外出

▼ 八日分~ (2, 0.0%)

1 の日記, の食物

▼ 八日前後~ (2, 0.0%)

2 の花祭り

▼ 八日午後~ (2, 0.0%)

1 おせい, の六時

▼ 八日卯時~ (2, 0.0%)

2 発す

▼ 八日帰り~ (2, 0.0%)

2 がなんとか

▼ 八日彼~ (2, 0.0%)

1 に死刑, は砲数

▼ 八日旅行~ (2, 0.0%)

2 した

▼ 八日本橋~ (2, 0.0%)

2 を越し

▼ 八日条~ (2, 0.0%)

1 には, には有馬温泉場

▼ 八日毎~ (2, 0.0%)

1 に弧線, に開く

▼ 八日江戸~ (2, 0.0%)

1 を去り, を発った

▼ 八日発行~ (2, 0.0%)

1 の, の明治新聞

▼ 八日紅葉館~ (2, 0.0%)

2 に開かれたる

▼ 八日見山竜頭山等~ (2, 0.0%)

2 の異名

▼ 八日許~ (2, 0.0%)

2 りの

▼ 八日釈迦~ (2, 0.0%)

2 の誕生日

▼ 八日附~ (2, 0.0%)

1 の全文, の米國プリンストン大學

▼ 八早い~ (2, 0.0%)

2 ものだ

▼ 八早く~ (2, 0.0%)

1 來い, 猿轡を

▼ 八早まる~ (2, 0.0%)

2 なそれほど

▼ 八明日~ (2, 0.0%)

1 の朝, は俺

▼ 八~ (2, 0.0%)

2 は芳町あたり

▼ 八星中~ (2, 0.0%)

1 の一つ, の一星

▼ 八星霜~ (2, 0.0%)

2 といふもの

▼ 八昨夜~ (2, 0.0%)

1 の風, は面白

▼ 八昼夜~ (2, 0.0%)

1 も入, を海上

▼ 八時かぎり~ (2, 0.0%)

2 と触れ渡された

▼ 八時ごろ三番町~ (2, 0.0%)

2 から中

▼ 八時すぎ電話~ (2, 0.0%)

1 で松田トキ子氏来, で速達

▼ 八時の間~ (2, 0.0%)

1 である, におこされ

▼ 八時ランチ~ (2, 0.0%)

2 でレロ島

▼ 八時三十分頃~ (2, 0.0%)

1 だから, では

▼ 八時二十分の汽車~ (2, 0.0%)

1 で佐世保, で郊外

▼ 八時五十五分~ (2, 0.0%)

1 のこと, 同じく九時二十分の二回

▼ 八時五十八分~ (2, 0.0%)

1 ある種, になっ

▼ 八時何分~ (2, 0.0%)

1 かの汽車, か過ぎ

▼ 八時出発十一時~ (2, 0.0%)

2 に大沢小屋

▼ 八時前後黄塵~ (2, 0.0%)

1 に煙った, を沾

▼ 八時半味噌汁~ (2, 0.0%)

2 と御飯

▼ 八時半大沢小屋~ (2, 0.0%)

2 に到着

▼ 八時四十何分~ (2, 0.0%)

1 かについて改札, かの東京行き

▼ 八時敏子~ (2, 0.0%)

1 が去り, が関田町

▼ 八時札幌~ (2, 0.0%)

2 に着い

▼ 八時開始~ (2, 0.0%)

1 で働くんださうだ, といふん

▼ 八時間七時間~ (2, 0.0%)

1 で十八歳未満, というよう

▼ 八時間以上~ (2, 0.0%)

1 の労働, は必要

▼ 八時間位~ (2, 0.0%)

1 で到着, の労働

▼ 八時間制~ (2, 0.0%)

1 だが, の三交代

▼ 八時間勤務~ (2, 0.0%)

1 で働く, をさせられ

▼ 八時頃一人~ (2, 0.0%)

2 で棊譜

▼ 八時頃小便~ (2, 0.0%)

1 に起き, に起きる

▼ 八時頃私~ (2, 0.0%)

1 は俥屋, は氷

▼ 八時頃船~ (2, 0.0%)

1 に戻つた, を一つ目

▼ 八普賢菩薩~ (2, 0.0%)

1 が笑, が笑い出した

▼ 八有無~ (2, 0.0%)

1 を言, を言わせず

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 で未だ, に分け

▼ 八本指~ (2, 0.0%)

1 のいわゆる, のアリョーシャ

▼ 八本行列~ (2, 0.0%)

1 して, をし

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 の利, の利子

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 の芙蓉, の芙蓉峯

▼ 八条宮~ (2, 0.0%)

1 に坊官, の坊官円済どの

▼ 八来い~ (2, 0.0%)

1 お玉ヶ池だ, ッ

▼ 八松平~ (2, 0.0%)

1 に三百諸侯, 御一統

▼ 八林班~ (2, 0.0%)

1 であるから, の方

▼ 八枚張~ (2, 0.0%)

2 の大

▼ 八枚扇~ (2, 0.0%)

2 をつかう

▼ 八柏軒~ (2, 0.0%)

1 の妾春二十七, の妾春四十五

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 の学生たち, まで焼け

▼ 八株一列~ (2, 0.0%)

1 に並び, に植えた

▼ 八~ (2, 0.0%)

2 に足らぬ

▼ 八條殿~ (2, 0.0%)

1 から暇, の搖ぐ計り

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 のうち, の外郎

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 が主, といっ

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 はない, ふことは

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 で催した, の会

▼ 八橋楼~ (2, 0.0%)

1 に居る, の裏手

▼ 八橋畠~ (2, 0.0%)

1 に居る, の傍

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 ありその, に分ち

▼ 八此処~ (2, 0.0%)

1 に置く, は年中

▼ 八歳ごろ~ (2, 0.0%)

1 であったこと, の人形

▼ 八歳以後~ (2, 0.0%)

1 の少年期, は妻帯

▼ 八歳保~ (2, 0.0%)

1 が十七歳, は二十七歳

▼ 八歳天秤肩~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 八歳妻~ (2, 0.0%)

1 とのあいだ, は十七歳

▼ 八歳色~ (2, 0.0%)

1 白くし, 白く美男

▼ 八歳頃森寛斎翁~ (2, 0.0%)

2 はなくなられました

▼ 八歳頼家~ (2, 0.0%)

2 の太刀

▼ 八段地方~ (2, 0.0%)

1 では例, に入り込まし

▼ 八段目左端~ (2, 0.0%)

2 も1

▼ 八殺された~ (2, 0.0%)

2 のは

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 か一厘柄, であること

▼ 八気の毒~ (2, 0.0%)

2 だが

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 だ水, の出花

▼ 八江戸中~ (2, 0.0%)

2 で一番

▼ 八泥棒~ (2, 0.0%)

1 の眞, の真似

▼ 八洗礼五三八埋葬二五〇~ (2, 0.0%)

2 の減少

▼ 八洲天皇~ (2, 0.0%)

1 といひ, とか御宇日本天皇

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 の一, 到るところ

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 の天, の山

▼ 八灯り~ (2, 0.0%)

1 だ, を

▼ 八~ (2, 0.0%)

2 暗に歩い

▼ 八熱八寒地獄十六別所~ (2, 0.0%)

2 小地獄

▼ 八父親~ (2, 0.0%)

1 が殺された, が變

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 で相談, を駆っ

▼ 八~ (2, 0.0%)

2 干竿

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 って有名, も名物

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 の神, の神鵜

▼ 八玉神~ (2, 0.0%)

1 という神, はうに

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 と称し, に抵

▼ 八~ (2, 0.0%)

2 命がけだ

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 じゃない, ですから

▼ 八男剛十郎~ (2, 0.0%)

1 が四歳, が生れた

▼ 八町位~ (2, 0.0%)

1 のもの, の小さな

▼ 八町余~ (2, 0.0%)

1 にご, のあいだ

▼ 八町内~ (2, 0.0%)

2 の衆

▼ 八町四方~ (2, 0.0%)

1 ばかりの間, を焼いた

▼ 八町坂~ (2, 0.0%)

1 とか云う, とこの

▼ 八町滅茶苦茶~ (2, 0.0%)

2 に歩い

▼ 八町百万~ (2, 0.0%)

2 の人みな

▼ 八番からめ手責め~ (2, 0.0%)

2 も十八番

▼ 八番所~ (2, 0.0%)

1 へ行, へ行ったら解るだろう

▼ 八番教室~ (2, 0.0%)

1 に出, の古色蒼然

▼ 八番館~ (2, 0.0%)

1 の庭, の横

▼ 八畳一~ (2, 0.0%)

1 と間, 間ぎり食事

▼ 八畳二室~ (2, 0.0%)

1 のがっしり, のその

▼ 八畳二間~ (2, 0.0%)

1 が必要, と玄関

▼ 八畳六畳四畳半三畳~ (2, 0.0%)

1 の四室, の新築

▼ 八疊それ~ (2, 0.0%)

1 に續, は申分

▼ 八疊一間~ (2, 0.0%)

1 だけ, ですから

▼ 八疊二間~ (2, 0.0%)

1 に食卓, を縱

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 と稱, の外

▼ 八白い~ (2, 0.0%)

1 蚊帳, 顔に

▼ 八百あまり~ (2, 0.0%)

1 この事実, のトリック

▼ 八百フラン~ (2, 0.0%)

2 もする

▼ 八百一条~ (2, 0.0%)

1 から第, 第八百十三条

▼ 八百七十両~ (2, 0.0%)

1 にしかならなかった, はいっ

▼ 八百七十九年~ (2, 0.0%)

1 すなは, 即三十歳

▼ 八百七十年前後~ (2, 0.0%)

1 から景教碑, の激しい

▼ 八百万両~ (2, 0.0%)

1 も貸, やら八千万両

▼ 八百万里~ (2, 0.0%)

1 も離れた, 離れて

▼ 八百三~ (2, 0.0%)

1 に永く, の時分

▼ 八百三十二年~ (2, 0.0%)

1 か三年頃, 即ち天保三年

▼ 八百三十五名~ (2, 0.0%)

1 の信徒, を算

▼ 八百三十五年~ (2, 0.0%)

1 の南米チリ地震, 同州

▼ 八百三十四年~ (2, 0.0%)

1 のチェルシー, の六月十日

▼ 八百久~ (2, 0.0%)

1 の大将, の料理番

▼ 八百九十八年~ (2, 0.0%)

1 に於, の異様

▼ 八百九年サラゴサ~ (2, 0.0%)

1 の戦, の戰

▼ 八百九枚~ (2, 0.0%)

1 あてがうと, あてがっても

▼ 八百五マイル~ (2, 0.0%)

2 あり

▼ 八百五十万~ (2, 0.0%)

1 の兵, ほどだ

▼ 八百五十八年~ (2, 0.0%)

1 になつて, にはまた

▼ 八百五年~ (2, 0.0%)

1 に永州, より以前

▼ 八百会~ (2, 0.0%)

1 にさ, にハレヤ

▼ 八百何年~ (2, 0.0%)

1 かの革命党員, の法規

▼ 八百余町~ (2, 0.0%)

1 に及び, を一

▼ 八百余種~ (2, 0.0%)

1 ありとぞ, を収集

▼ 八百余騎~ (2, 0.0%)

1 をひきい, 既にし

▼ 八百俵~ (2, 0.0%)

1 ばかり注文, 拵えて

▼ 八百兩~ (2, 0.0%)

1 といふ小判, を奪

▼ 八百八十七年~ (2, 0.0%)

1 に, 即ち明治十八年

▼ 八百八十人~ (2, 0.0%)

1 が控え, と御

▼ 八百八十六年ラネツサン氏~ (2, 0.0%)

1 は議会, は議會

▼ 八百八十六条~ (2, 0.0%)

1 から第, という豊富さ

▼ 八百八十年~ (2, 0.0%)

1 でコーペンヘーゲン, の昔

▼ 八百八後家~ (2, 0.0%)

1 お辻, の因縁

▼ 八百八狸~ (2, 0.0%)

1 って有名, も名物

▼ 八百八町百万~ (2, 0.0%)

2 の人みな

▼ 八百六十五年~ (2, 0.0%)

1 の七月, の頃

▼ 八百円私~ (2, 0.0%)

1 の年棒, の持ち

▼ 八百十三年~ (2, 0.0%)

1 にイギリス, のプロシア

▼ 八百十三条~ (2, 0.0%)

1 の離婚, 最も注意

▼ 八百十九年~ (2, 0.0%)

1 に潮州, に英国東印度会社

▼ 八百合~ (2, 0.0%)

2 の潮ざゐどよむ

▼ 八百善料理~ (2, 0.0%)

1 の今, の粋

▼ 八百四十一年~ (2, 0.0%)

1 で最初, になさった

▼ 八百四十万坪~ (2, 0.0%)

1 ありこれ, の中

▼ 八百四十九年~ (2, 0.0%)

1 にはカラハリ, に生れた

▼ 八百四十二年~ (2, 0.0%)

1 という, に死ん

▼ 八百四十何年~ (2, 0.0%)

2 と云

▼ 八百四十八年~ (2, 0.0%)

1 といふ年, の革命

▼ 八百四十六年~ (2, 0.0%)

2 ノ八月

▼ 八百圓~ (2, 0.0%)

1 はあ, もかか

▼ 八百坪~ (2, 0.0%)

1 あるの, からござんす

▼ 八百学徒~ (2, 0.0%)

1 の伸びゆく, の総意

▼ 八百安が物~ (2, 0.0%)

2 は何時も

▼ 八百年以上~ (2, 0.0%)

1 に及べ, 我が國

▼ 八百年目~ (2, 0.0%)

1 である, にいよいよ

▼ 八百年間~ (2, 0.0%)

1 の変遷, の長い

▼ 八百度~ (2, 0.0%)

1 ぐらいの火熱, の高温

▼ 八百挺~ (2, 0.0%)

1 が一度, の鉄砲

▼ 八百星~ (2, 0.0%)

2

▼ 八百春~ (2, 0.0%)

1 の後, へ奉公

▼ 八百枚~ (2, 0.0%)

1 に自分, ほどに書いた

▼ 八百枚余~ (2, 0.0%)

1 の長篇小説, を敷き詰め

▼ 八百法~ (2, 0.0%)

1 で買った, なの

▼ 八百海里余~ (2, 0.0%)

1 ありと, にし

▼ 八百疋~ (2, 0.0%)

1 で全部, 捉えたの

▼ 八百石これ~ (2, 0.0%)

2 は因幡

▼ 八百米以上~ (2, 0.0%)

2 の山

▼ 八百米突~ (2, 0.0%)

1 のムスタアグ・アー夕山, まで深々

▼ 八百蔵後~ (2, 0.0%)

2 の中車

▼ 八百蔵高麗蔵~ (2, 0.0%)

1 でかれら, などの歌舞伎座幹部俳優みな招待

▼ 八百路~ (2, 0.0%)

1 の沖津波, を漕ぎ

▼ 八百軒~ (2, 0.0%)

1 ばかりこの, 建ったわけ

▼ 八百道~ (2, 0.0%)

2

▼ 八百重~ (2, 0.0%)

1 の嶺, の雲

▼ 八百間~ (2, 0.0%)

1 の木樋, 太き堤防

▼ 八百間許~ (2, 0.0%)

1 りの, り波

▼ 八目出度い~ (2, 0.0%)

2

▼ 八目星~ (2, 0.0%)

2 は付いた

▼ 八目的~ (2, 0.0%)

1 なしに, にはわかっ

▼ 八目黒~ (2, 0.0%)

2 の兼吉親分

▼ 八直ぐ~ (2, 0.0%)

1 引返せ, 行つて見てくれ

▼ 八矢倉~ (2, 0.0%)

1 という史跡, に行っ

▼ 八確り~ (2, 0.0%)

2 しろ

▼ 八秒出現雲~ (2, 0.0%)

2 のため

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 女, 女ありき

▼ 八稜鏡~ (2, 0.0%)

1 とか八花鏡, のよう

▼ 八立派~ (2, 0.0%)

2 な白鼠

▼ 八竜神~ (2, 0.0%)

1 の竜神社, の話

▼ 八章三十九節~ (2, 0.0%)

2 より四十二章六節

▼ 八章以下~ (2, 0.0%)

1 の, を見よ

▼ 八竿~ (2, 0.0%)

1 の竹, を以て墨坂

▼ 八笑人和合人~ (2, 0.0%)

1 の文明, の精神

▼ 八箇条~ (2, 0.0%)

1 に調印, をあげ

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 は拾える, も吸

▼ 八節結~ (2, 0.0%)

2

▼ 八納屋~ (2, 0.0%)

1 へ行っ, へ行つて吉三郎

▼ 八絡み付く~ (2, 0.0%)

2 お喜代

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 とである, を賦

▼ 八美術閣~ (2, 0.0%)

1 だから, をはじめ

▼ 八老け~ (2, 0.0%)

2 て見える

▼ 八考え~ (2, 0.0%)

2 てみろ

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 と稱, を泣きつ

▼ 八股蛇~ (2, 0.0%)

1 の物語, はどこ

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 の乗り切った, の乘

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 と共に天地, の新しい

▼ 八良五郎様~ (2, 0.0%)

1 がお, もこと

▼ 八苦み~ (2, 0.0%)

1 走つた良い, 走ッ

▼ 八荒神十左~ (2, 0.0%)

2 投げ槍

▼ 八萬五千七百九十九枚~ (2, 0.0%)

1 だ, の年始状

▼ 八萬圓借金~ (2, 0.0%)

1 をし, をした

▼ 八萬歳~ (2, 0.0%)

1 に至る, より十歳

▼ 八落着~ (2, 0.0%)

2 いて

▼ 八葉橄欖冠~ (2, 0.0%)

1 で包ん, にほかならない

▼ 八葉潟~ (2, 0.0%)

1 の波, へ浮べよう

▼ 八葉蓮華~ (2, 0.0%)

1 の秘密, の花

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 に在任, の雲南宣慰司

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 あって, と宇摩郡

▼ 八蘭軒~ (2, 0.0%)

1 の女長二十四, の姉正宗院七十一

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 の隨一, を指し

▼ 八號室~ (2, 0.0%)

1 から移つたの, の眞白

▼ 八血色~ (2, 0.0%)

2 の鮮やか

▼ 八行かう~ (2, 0.0%)

2

▼ 八行こう~ (2, 0.0%)

2

▼ 八行っ~ (2, 0.0%)

2 てみよう

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 から入らう, の木戸

▼ 八~ (2, 0.0%)

2 次郎は

▼ 八親子~ (2, 0.0%)

1 にもくれ, ほども年

▼ 八覽六論~ (2, 0.0%)

1 がある, を通じて呂

▼ 八解る~ (2, 0.0%)

2

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 なる女, なる女房

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 です, は歩き

▼ 八財布~ (2, 0.0%)

1 が出た, の中

▼ 八貫俵~ (2, 0.0%)

1 を背負つた上, を背負つて

▼ 八貫八百~ (2, 0.0%)

2 あれば

▼ 八貫匁~ (2, 0.0%)

1 の荷物, ばかりの荷物

▼ 八起き~ (2, 0.0%)

1 のだるま, のもの

▼ 八身扮~ (2, 0.0%)

1 は貧し, もそんなに

▼ 八車流~ (2, 0.0%)

1 の敗北, の築城家牧野雷堂

▼ 八軒さき~ (2, 0.0%)

1 の小さい, の横町

▼ 八軒浴場荒物屋~ (2, 0.0%)

2 など一廓

▼ 八軒目~ (2, 0.0%)

1 からもう, にここ

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 は例, は此頃

▼ 八近頃六十年配~ (2, 0.0%)

2 の左

▼ 八迦流~ (2, 0.0%)

1 という一流, の流祖

▼ 八逃がす~ (2, 0.0%)

1 な, な今

▼ 八逃す~ (2, 0.0%)

1 な, なツ

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 の終り, を経過

▼ 八道人~ (2, 0.0%)

1 ありて, 来り飲食

▼ 八~ (2, 0.0%)

2 之衢

▼ 八郎ら~ (2, 0.0%)

1 がゐた, の一味

▼ 八配偶~ (2, 0.0%)

2 は五年前

▼ 八里四方~ (2, 0.0%)

1 の地盤, の廣さ

▼ 八重ツ子~ (2, 0.0%)

2 どが

▼ 八重ツ子がら御馳走~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ 八重何~ (2, 0.0%)

1 が故に, をいう

▼ 八重吉~ (2, 0.0%)

1 と一酌中, の家

▼ 八重日和~ (2, 0.0%)

1 も陽気, も陽氣

▼ 八重縦横~ (2, 0.0%)

2 に癇癪

▼ 八重花~ (2, 0.0%)

1 は咲け, は身請

▼ 八重花花魁~ (2, 0.0%)

1 が此, を買っ

▼ 八重齒~ (2, 0.0%)

1 が出, が少し

▼ 八銀上り~ (2, 0.0%)

2

▼ 八銀貨~ (2, 0.0%)

1 が三十五万枚, やその他私

▼ 八銭づつ~ (2, 0.0%)

1 も儲けた, 頂きますと

▼ 八銭十銭~ (2, 0.0%)

1 ぐらいで, の芝居

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 でも鋤, を借り

▼ 八間もなく~ (2, 0.0%)

1 つま, つままれたよう

▼ 八間位~ (2, 0.0%)

1 の円く, の高

▼ 八間半~ (2, 0.0%)

1 といえ, の総

▼ 八間幅~ (2, 0.0%)

1 が五間半, の道路

▼ 八間隔~ (2, 0.0%)

1 ったら浪, の中

▼ 八陣潮~ (2, 0.0%)

2 落ちて

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 ありと, までには

▼ 八隻順々~ (2, 0.0%)

1 に飛び, に飛びあがっ

▼ 八離屋~ (2, 0.0%)

1 にあつ, の敬太郎

▼ 八面体~ (2, 0.0%)

1 の結晶, の角ばった

▼ 八面白い~ (2, 0.0%)

1 ことを, ものを

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 と総称, のうち

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 でもこの, に就

▼ 八願観音~ (2, 0.0%)

1 が煩悩三十三身, の三十三身

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 と廻つた, なりと書い

▼ 八飛ん~ (2, 0.0%)

1 で行っ, で行つて

▼ 八飛込め~ (2, 0.0%)

1 ッ, ツ

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 を食, を食う

▼ 八餅金~ (2, 0.0%)

1 を与え, を出し

▼ 八首七首~ (2, 0.0%)

1 は立ちどころに, は立どころ

▼ 八駒次郎~ (2, 0.0%)

2 の傷

▼ 八騒々しい~ (2, 0.0%)

2 じゃない

▼ 八驚く~ (2, 0.0%)

1 な, なよ

▼ 八高地~ (2, 0.0%)

1 というの, というもの

▼ 八高生~ (2, 0.0%)

1 から引つ, にその

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 の跡, をはやし

▼ 八鰡八~ (2, 0.0%)

1 と事もなげ, と言っ

▼ 八~ (2, 0.0%)

1 つ辛い, のい

▼ 八點鐘~ (2, 0.0%)

1 の號鐘, まで四時間交代

▼1* [7465件]

○○両を埋め置く, 八○○年有名なアルプス, 八○八年スペインに侵入, 八、人に聽, 八、人樣からみる, 八、店かお勝手, 八〇〇〇〇とは年結婚, 八〇〇〇キロメートルとなっ, 八〇〇〇タンが輸入, 八〇〇〇ポンドの巨額, 八〇〇〇一八一一年には一〇, 八〇〇〇人とは異, 八〇〇〇名が卒業, 八〇〇〇年死亡は一八六, 八〇〇カロリーの熱, 八〇〇キロメートルになる, 八〇〇キロメートル以上にも達するらしい, 八〇〇トンの確保, 八〇〇マイルという規格, 八〇〇一万余の世界, 八〇〇万分の一という小さな, 八〇〇万年が経過, 八〇〇余万の戦災者, 八〇〇容中に一容, 八〇〇年一月十三日国王は免許状, 八〇〇年五月には一〇〇レアルス・ヴェロン, 八〇〇年代終りのこと, 八〇〇年以後の主, 八〇〇年以来発見された七〇〇, 八〇〇年以来蘇格蘭の死亡率, 八〇〇年前オーグストス・シーザーがローマ帝王, 八〇〇年十一月出版の小, 八〇〇年度及び一八〇一年, 八〇〇年時代の探偵記録, 八〇〇度比重を二, 八〇〇目製糸は八斤強, 八〇〇磅雇傭者は二〇〇磅, 八〇〇種に抑えられ, 八〇〇種以上に及ぶ, 八〇〇頭の牝牛, 八〇イギリス領インドのヤソ教, 八〇イタリアの教区, 八〇キロメートルの程度, 八〇センチメートル以上にも達し, 八〇トマスの師, 八〇トン瞬間出力一万六千馬力という直流モーター, 八〇パアセントばかり病的, 八〇パーセント以上が思想関係, 八〇パーセント内の少なくとも, 八〇フィートの長大, 八〇フランという仕入れ洋服, 八〇プロセントくらいに眼, 八〇ペルーの風俗, 八〇ページ八二からページ八五, 八〇マイルくらいまでである, 八〇メートルくらいでしょう, 八〇メートル七の三角点, 八〇一八二七であるが, 八〇一年二月十六日化学の助教授, 八〇一年四月二日英艦の攻撃事件, 八〇一年頃リースに宛て, 八〇七年アルレンスタインに向う, 八〇七年ペテルブルグで発刊, 八〇七年六月二十五日漸く露国, 八〇七米出来上れば, 八〇万クヲタアを輸出, 八〇万人に及ぶ, 八〇万円の資本増加, 八〇三一八〇四両年に比較, 八〇三両年の人口, 八〇九九〇人である, 八〇九年サラゴサの攻囲, 八〇九年ボストンに生れた, 八〇九年レーゲンスブルグ附近に於ける, 八〇九年一月一九日マサチューセッツ州ボストン市に生まれた, 八〇九年七月五日から六日, 八〇九年三月三十日大地震うて, 八〇九年二月三日ハンブルクの富裕, 八〇九年五月フランス軍がウィーン, 八〇九年墺国が再び, 八〇二の歌, 八〇二メートルの道, 八〇二一八〇三両年の人口, 八〇二年以来フランスの出生率, 八〇五六八八であり一八二〇年, 八〇五年エルランゲン大学の教授, 八〇五年一月二十九日に生れた, 八〇五年以降引続き増進, 八〇五年八月遂に英国侵入, 八〇五年十一月に, 八〇五年十月二十四日に結婚, 八〇人の男児, 八〇個所ほどの原稿, 八〇倍明るいという, 八〇八年スタアル夫人の管理, 八〇八年七十七歳のハイドン, 八〇八年九月スコットランドのストロンサ島, 八〇八年頃にはオーストリア, 八〇六八であった, 八〇六四六一六だけ増加, 八〇六年イエーナでナポレオン, 八〇六年一月一日のパリー, 八〇六年以前に存在, 八〇六年以来ディーニュの司教職, 八〇六年式の型, 八〇六年戦争に於, 八〇六年普国と戦端, 八〇円と落札値, 八〇呎の高, 八〇四両年に比較, 八〇四年ナポレオン一世がここ, 八〇四年五月には六〇〇レアルス・ヴェロン, 八〇四年以降の彼, 八〇四年四月十二日に道徳的抑制, 八〇四年皇帝の位, 八〇四年頃はスタンダアル, 八〇字とのちょうど, 八〇平方フィートの二台, 八〇年ごろに生まれなかった, 八〇年イェナ大学に入り, 八〇年ウムブリア州のノルチア, 八〇年ドイツがさらに, 八〇年ボローニアなるジエレメーイ家, 八〇年一人白馬に騎, 八〇年七月には三番目, 八〇年三月から一七九二年八月, 八〇年三月十七日に亡くなりました, 八〇年三月発行の, 八〇年代人とは呼ばれ, 八〇年代以降今日に至る, 八〇年代末の数年, 八〇年以前の出生率, 八〇年以後までは吾, 八〇年以来ワリニャーニが着手, 八〇年位も前, 八〇年大軍を率, 八〇年寡兵を以てマケドニヤ, 八〇年度の英国, 八〇年未満で人口, 八〇年末のロシア, 八〇年源頼朝は父義朝, 八〇年版ボールの, 八〇年版ポールの, 八〇年茶及船舶製造に従事, 八〇年西ヨーロッパに亡命, 八〇年頃タヴォイ市が創立, 八〇年頃ローマに生れ, 八〇最良航空用燃料もなに, 八〇浬と見, 八〇目すなわち六一四万五二九二斤, 八〇票代じゃ, 八〇英哩の間, 八〇英米の新聞, 八あさって十九でぱあ, 八あたりの処, 八あつたの, 八あつしとポチポチ, 八あまり頭には黄金, 八あるいは十八九くらいかも, 八あんや道楽者, 八いずれも平作, 八いつもの大, 八いばに掛け, 八いまごろ太宰寝, 八いろの色, 八いろはの招牌, 八うどんになる, 八おいて拵える, 八おい彼の時, 八おかしいとは思わない, 八おきして, 八おじさんの塩薪事件, 八おまさばばあ, 八おや待つて, 八お前一人ぢや六, 八お前外へ出, 八お前手拭を持つ, 八お前此處から明神樣下, 八お嬢さんを刺した, 八お客樣だよ, 八お松はその, 八お送りいたします, 八お里さんを呼ん, 八かうなると下手人, 八かじゃないのね, 八かなきっと十八, 八かなりなきりょう, 八かも知れぬ, 八かやって見よう, 八からかっちゃいけ, 八がさがし歩い, 八がとぼとぼと鳥居峠, 八がね鉄鎚の, 八がらみのもの, 八がらみ血色のよい, 八きのうの女, 八きょうは一杯, 八きれになっ, 八くらいかと思った, 八くらいから女房役を, 八ぐらいでこの, 八ぐらいからあと伸子は, 八ぐらいにしか見えなかった, 八ぐらいには化かすん, 八ぐらゐからの富子の書斎, 八ぐらゐであつたと思ふ, 八ぐるやな, 八ぐれえの水, 八こういうわけだ, 八こそは当り矢の, 八こっちの方, 八ことわが八五郎, 八こと八五郎髷節へ赤蜻蛉, 八こと藪田助八, 八こまがね, 八これぢやお, 八こんどは凧糸, 八こんなのは, 八こんなに弱ったこと, 八さあ其の氣, 八さすがに鮮やか, 八さまがおい, 八さよか, 八さんお前こそどうして, 八さんお待ちなさいよ, 八さんお茶を入れかえ, 八さんこの間の総見札, 八さんその間だけでも此處, 八さんたまにはお, 八さんみたいに, 八さん世帯道具はこれっきり, 八さん世帶道具はこれ, 八さん今日は負けた, 八さん今朝は遅い, 八さん以上に相好, 八さん何も私, 八さん八さんと下, 八さん夫婦ですが, 八さん川床が非常, 八さん旦那は私, 八さん杯が遠い, 八さん此の親子, 八さん熊さん体の男, 八さん葛籠を取られた, 八さん鬘をし, 八さア頼むから, 八まつた, 八しかも妹の, 八しょげざるを得なかった, 八しょっ引いて行こう, 八しよつ引いて行かう, 八しるこ屋へ入る, 八ょうの, 八じいさんは自分, 八じゃあ河豚太鼓を, 八じゃが又八の, 八つかり樣子, 八すごい別ピンさん, 八すっかり顫え, 八ずつある, 八ずつも実った丹波酸漿, 八せっぱつまって歌子, 八せんとなれ, 八そう飛びや, 八そう大船一隻をそこ, 八そこで口を, 八そちはこの, 八そばやで, 八そりゃ本当か, 八それぢやあんまり, 八それで何も, 八それに与次郎と, 八そろそろ秋風吹きはじめ, 八たいそう手前は, 八たちがある, 八たったこれだけの, 八たび手を叉, 八たび死より逃れ, 八たび絶叫と血, 八だけに通ずる合圖, 八だったでしょうおきれい, 八だったろうその上大変, 八だらうと言, 八だ見込んだ下手人に, 八ちょうピストル一ダース火薬二はこ鉛類若干, 八っつの男の子, 八ついで死す, 八つづいて店, 八つていふと, 八つぶしに大きな, 八つめが鳴っ, 八つら構えは, 八つ折手跡は恐ろしく, 八づきの狂言方, 八づゝ大福餅の中, 八てえとこ, 八でありましてソノ, 八でありますが至って, 八でございまして別嬪, 八でございます助けて下さいまし, 八でござるよ, 八でござんしょうかな月夜, 八でしかあるまい, 八ででもござりましたろうかな, 八でなく内儀でなけれ, 八でなければならぬ, 八でへエ伊勢屋の, 八でもよほどの確信と, 八とある角構えの, 八といへる百姓, 八とうしょうは, 八とうとうあきらめて, 八とおさのは, 八とおりの分析, 八とかで評判の, 八とこと借り歩き, 八としてそれぞれの, 八とだけでは, 八とだけが乗って, 八とだけはまだ縁側, 八とても勿論そうである, 八とともに自動車で, 八となつてゐる, 八となり既に二, 八となんぞかかり合いでも, 八とに等し, 八とまでさせて, 八ともかく引っ返して, 八とやらいう西瓜, 八とやらの伴れ, 八とんかつへ, 八とんだ清々した, 八りや出かけよう, 八どうして長持の, 八どうしても手引は, 八どうやら世直しが, 八どちらも大, 八どっちだ, 八どんくらゐの, 八どんと一緒にし, 八ないし五〇分の一と, 八なかなか寝つくこと, 八ながら要領が, 八などには眼も, 八なり誰か, 八なりしが顔色蒼, 八なるべきか, 八なんていうはんぱな数, 八なんかとはいわせね, 八なんかも金の, 八なんざ小当りに当っ, 八なんぞ修業させよう, 八なんぞと血を, 八なんとマア不思議な, 八なんとかうまい具合, 八において威勢の, 八にかへりに, 八にかけて書かれたもの, 八にとつては, 八にゃゴロツキでも, 八による日本人によ, 八に対し死亡は, 八に対して怨みを, 八に関し率直に, 八ねん目には, 八ねんもさきの, 八のせゐぢや, 八のみの平首, 八はいで溢る, 八はいふ迄もなく, 八はうさんな, 八はかりかけ切りそけて, 八はかれの姿, 八はがつかりして, 八はしゃがれた声で, 八はじめ他の芸妓たち, 八はすつかり恐れ入つてしまひました, 八はたごが安い, 八はつと足下, 八はでつかい舌鼓, 八はとにもかく, 八はにやり, 八はにが笑いを, 八はぶきように, 八はもう尻を, 八はやっきとなりました, 八はやつきとなりました, 八はんそう身請に成れ, 八ばかりと見ゆる顔ばせ, 八ばかりにやおさなきに, 八ばかりを書き抜いて, 八ばっか出しちくれい, 八ひとつ走り石原, 八ひどい事に, 八ひどく萎気てる, 八ひろもある, 八ふだんから至極, 八ぶるっと膝, 八ほぼ兵馬と, 八んの, 八まあそこへ, 八まがりと迂曲, 八まず生じ六識, 八またはフルトヴェングラー傑作集第, 八またも考え込んだ, 八までを落第十八以上を, 八まるで手前の, 八まア無事で, 八みたいな宮島新三郎, 八むしろ永久に, 八めゆだん, 八もうけたる大金を, 八もうすっかり面喰らっ, 八もうすつかり面喰らつて了ひました, 八もしくは脈搏の, 八もすつかり健康を, 八もちろんこの家, 八もつれて行かう, 八もはや以前の, 八やい置去りに, 八やがて御前へ, 八やしやが父, 八やっと女が, 八やはりお役宅, 八やや強増加, 八ゆゑ如何に夜目遠目, 八よく聴け, 八よいか, 八ら五六人のおもだった, 八の, 八わかったか, 八わかつたか, 八わかるだらうな, 八わしはそこ, 八われ等が副, 八を以て藤野屋へ, 八アイルランドの教正, 八ア九ノ, 八イスラム教の霊地, 八インチ位である, 八インチ半程の日本, 八インチ幅が四インチ四分の一, 八インチ頭扁く濶, 八エーカーの牧草地, 八オンスふえたが, 八オーストリア紀行の部, 八ましい周囲, 八カペイキのパン, 八カルカッタで大宮孝潤, 八カルティンにまとめよう, 八カロッサは三笠, 八カ寺あり, 八カ年六十余州すべてを敵, 八カ所三百里の里程, 八カ所回診したが, 八カ月もの間壁と壁, 八カ月以上も空, 八カ月以前に彼, 八カ月兒だとか, 八カ月後に発見, 八カ月目誰の子, 八カ条を立札, 八カ町の山車引き物, 八カ町村に渉, 八ガツ一ヒタモツドゾウチカシツニテシスという電文, 八ガツ一ヒタモツドゾウチカシツニテシスアトフミと一並び, 八ガラッ八は, 八ガラツ八は居ない, 八ガ岳その他若干の低い, 八キログラムメートルの仕事, 八キロ南北六キロに過ぎない, 八クヲタアにまた, 八ケンというもの, 八サンびっくりして, 八サン大そうよろこん, 八サン話だけで信用, 八シムフォニーよりも, 八シリングスの割, 八シンフォニイを掛け, 八スイスの風光, 八スウェデンのローマン主義, 八スペインの事情, 八センチ二ミリ地から七センチ五ミリ, 八センチ半とすれ, 八セントまでする, 八ソロリと位置, 八チョイと気, 八ッあん熊さんの世界, 八ッさんと云, 八ッさんお世話と軽い, 八ッ口の間, 八ッ峰の岩崖, 八ッ当りを, 八ッ手前あの浪人者, 八ッ様お世話と軽い, 八ツおまけにひっぱたかれた, 八ツぐらゐのときその怒り, 八ツぐらゐの時であつ, 八ツざきにしても飽き足りぬの, 八ツとらの子, 八ツのが森, 八ツザキにし, 八ツニ退ク, 八ツパッチンパッチンテーブルへぶっつけ, 八ツヶ岳にはまだ, 八ツ下り四時頃と覚えます, 八ツ九ツ時分梓は酷く, 八ツ位から十二三位, 八ツ切りにされ, 八ツ前でした, 八ツ前後に神田, 八ツ割草履を買う, 八ツ半時と申す, 八ツ半時頃此所へ着船, 八ツ半頃という, 八ツ半頃ニハ必船にのり, 八ツ卓子へぶっつけ, 八ツ嚔をした, 八ツ子持つ芋, 八ツ安泰に秋, 八ツ室があります, 八ツ山ホテル品川へ行った, 八ツ山下船着場限り上陸致し神奈川宿辺, 八ツ岳へ登る, 八ツ当りみたいな文章, 八ツ当り罵詈讒謗を極めた, 八ツ当り馬鹿者の中, 八ツ手前あの浪人者, 八ツ擧がつた, 八ツ時今の三時半頃殿様, 八ツ時分井上が角, 八ツ時半頃なりしが, 八ツ時頃二十人計寝所ニ押込ミ, 八ツ時頃出足ニて候, 八ツ番というの, 八ツ目のなかあど, 八ツ目うなぎ屋の横町, 八ツ窓茶室というよう, 八ツ緒のわらじ, 八ツ腰にぶらさげ, 八ツ藤その外高家, 八ツ裂地獄の中, 八ツ身体の前後, 八ツ身體の前後, 八ツ過ぎで自分, 八ツ頭おでん屋の鍋, 八ツ頭芋を差した, 八ツ風光明媚なるところ, 八トシは二つ, 八ト云者蒸汽船雛型持出シ御馬場ニ於テ, 八ト申者此節致出府居候ニ付屋舖エ呼寄爲見繕申度出來之上於内海致爲乘樣, 八ドイツ諸宗の信者, 八ニキビだらけで背高童子, 八ニヤリと笑った, 八は九, 八ネタはちゃんと, 八ノルウェーの奇勝, 八ノ系により意識内容, 八ハイ豆腐か晩, 八ハワイ見物および日本移民, 八パアセントが農業, 八パイで売っ, 八パイ当りで盛り, 八パーセント増加した, 八ピタリと地面, 八フィートごと位に石段, 八フィート上に廊下, 八フィート幅と深, 八フィート幅五フィートの風呂桶, 八フィート長の蛇, 八フォルス監獄を訪れる, 八フラリと皆川町, 八フランケンのに極めた, 八フヰートもあつ, 八ブシェルの最高価格, 八プロセント弱である, 八ベルリンフランクフルトそしてスイス, 八ペルー行および北チリ, 八ポイントぐらいの本, 八ポイント七パアセント含水炭素が零ポイント九パアセント, 八ポイント五とはどう, 八ポイント五パアセント脂肪は九ポイント三パーセント, 八マア此方へ出, 八マイのなか, 八マイルバーミンガムへは北西二十マイル, 八マイルボールトン・アベーの勝, 八マイル九分といふ長さだつた, 八マイル全部登りである, 八マイル向うの湯元, 八マイル幅十マイルの地帯, 八マイル湾の西岸, 八ミリメートルあるとか, 八メリンスの帯, 八メートル二〇ぐらいだ, 八メートル兵庫県第二, 八メートル附近は伐採, 八モルモン宗の本寺, 八ヤソ処刑および昇天日, 八ヤードもあります, 八リーヴルのもの, 八ルーブルの金, 八レアルス・ヴェロンであり一八〇四年, 八ロシアのギリシア宗, 八ロンドン博物館の仏像, 八ヱルストは歩い, 八ヵ国代表者は二百三十名, 八ヵ国十七鎮の大兵, 八ヵ国掌管の戦捷, 八ヵ年しかやっ, 八ヵ年二十五年の間, 八ヵ所廻りの判, 八ヵ月ぶりでわたし, 八ヵ月以前富士男が次, 八ヵ月後分離した四人, 八ヵ月目ぐらいの頃, 八ヵ月目かにです娘, 八ヵ月足らずの不在, 八ヵ月近くアンナ・リヴォーヴナのところ, 八ヵ村が共同, 八ヵ条の徳政, 八ヶましく指図, 八ヶ国人の教授, 八ヶ国語に通じ, 八ヶ國に駿, 八ヶ嶽そこだけに住ん, 八ヶ嶽のとほき, 八ヶ嶽山上窩人に対しては深, 八ヶ嶽山上鼓ヶ洞で恋, 八ヶ嶽山中でございます, 八ヶ嶽峰のとがり, 八ヶ嶽笹の平, 八ヶ嶽等の大嶽, 八ヶ嶽雪つもりけらし今朝, 八ヶ年以来の習慣方度, 八ヶ年前御当家, 八ヶ所九ヶ所十幾ヶ所から火の手, 八ヶ所廻りの部, 八ヶ所弘法大師は八十八ヶ所, 八ヶ月ぶりだつた, 八ヶ月五尺二寸五分体重はただ, 八ヶ月余しか向う, 八ヶ月前五条の御, 八ヶ月前私の希望, 八ヶ月奥歯まではえ揃う, 八ヶ月家賃をためた, 八ヶ月留守にした, 八ヶ月經つたと云, 八ヶ月間最低一両内外で上, 八ヶ村に増した, 八ヶ村九ヶ村をこれ, 八ヶ条を主人心得, 八ヶ町村の中, 八ヶ間敷いんですから, 八ヶ間敷鋭鋒を向けられる, 八・〇〇常念, 八・一〇三という数字, 八・一七九・〇〇〇弗といふ高, 八・一三に税吏神前, 八・一三〇以下並びに註參照, 八・一三事件後文化界救亡協会というの, 八・一二五にいづる, 八・一五のクーデター, 八・一八以後の鎖港交渉主義, 八・一八八以下に委し, 八・一六及びルカ, 八・一分の一となるであろう, 八・一四以下に曰く, 八・一%等である, 八・七〇番でアルサンドロ街, 八・七合衆国の三七%, 八・三五は全く, 八・三五分の一死亡率三〇・〇九分の一結婚率一三二・〇七八分の一を示し, 八・三八女子出生の女子人口, 八・九七分の一女子四二・八七分の一平均四〇・九二分の一の割合, 八・九分ってとこ, 八・九分の入りである, 八・九分の入り今日徐州陥落といふ, 八・九四場をやり, 八・九年ごろからこの, 八・九年ごろ言論抑圧の困難, 八・九年彼二十五を過ぎ, 八・九景と済ませる, 八・九粁で海, 八・二〇及び一九・二四, 八・二クヲタアにそして, 八・二・一〇とあり, 八・二九及び註參照, 八・二二〇瓩と云う, 八・五一一で約, 八・六〇とあるは, 八・六三になっ, 八・十・十二の三ヶ月, 八・四メートル峯の南, 八・四%あります, 八・巻十にも既に, 八・巻十あたりの四季, 八・紙治迄も江戸, 八ー七九年には王立研究所, 八一〇〇〇〇馬力の世界最大, 八一〇七円七年度が七六, 八一〇年ベルリン大学が建設, 八一〇年二月二十二日ポーランドの首府ワルシャワ郊外, 八一〇年以後魂の平衡, 八一〇年以来打ち付けて, 八一〇年八月五日に生れた, 八一〇年六月ドイツのサクソニー, 八一〇年創立した陸軍大学, 八一つの問題, 八一ねえさんわたしはどう, 八一セイロン島の宗教, 八一パーセントを寄宿舎, 八一ページ以下にそれ, 八一・七六のうちこちら, 八一・九六支払い暮の一〇〇, 八一一・一米の峰, 八一一年タンプルが取壊された, 八一一年ベンサムは書, 八一一年六月十五日に初めて, 八一一年刊行人口摘要緒論にある, 八一一年版エリス著初世英國律語體傳奇集例, 八一一年版ピンカートンの水陸旅行全集七卷六二三頁, 八一七五フィートという我々, 八一七五六年には一対一一二, 八一七四九一七五〇年の, 八一七年ごろにはそれら, 八一七年ごろ彼はきまって, 八一七年以前の三年間, 八一七年以来年々の出生, 八一七年文化十年まで庄左衞門健在, 八一七年板マーチンの, 八一三の秘密, 八一三年バウツェン会戦に於ける, 八一三年三月一日より助手, 八一三年九月に旅行, 八一三年五月二十二日警察書記フリードリッヒ・ワグナーとその, 八一三年以前の十年間, 八一三年以後あらゆるナポレオン反対, 八一三年新兵を駆り集め, 八一世一代の糞力, 八一九年十月の或, 八一九年板コラン・ド・ブランシーの, 八一二年ロシヤ遠征の際, 八一二年七月十七日に書い, 八一二年二月二十九日三月十四日四月八日および十日, 八一二年十月七日に製本徒弟, 八一二年英国と米国, 八一二年露国との戦争, 八一二米とある, 八一五出生は四, 八一五年アヴィニョンにて暗殺, 八一五年ディーニュにおいて司教閣下, 八一五年ビルバウアー教授の発表, 八一五年ワーテルローでナポレオン, 八一五年一八一六年及び一八一七年, 八一五年三月一日というの, 八一五年三月一日エルバ島より再び, 八一五年三月七日の条, 八一五年三月二十日を通じて攻撃, 八一五年二月の演奏会, 八一五年二月末ネープルに赴い, 八一五年五月には引き続い, 八一五年六月の十七日, 八一五年六月十七十八の両日, 八一五年六月十七日の晩, 八一五年六月十五日オランダ国境を突破, 八一五年六月十八日彼は砲数, 八一五年六月十八日馬上のロベスピエール, 八一五年十一月の条約, 八一五年十月十九日にエルデーディー伯爵夫人, 八一五年所は佛蘭西, 八一五年欧州諸国の仏国, 八一代の不覚, 八一休和尚が同年, 八一八で一七五〇年, 八一八〇〇年のそれ, 八一八一一年は一対三五・三, 八一八二三年には二, 八一八人は日本語, 八一八四九一であった, 八一八年ごろより数人, 八一八年アリョール県の所有地, 八一八年二十一歳のシューベルト, 八一八年五月五日一人の骨組, 八一八年以後穀物価格がまた, 八一八年著者二十一歳の時, 八一八年頃デビーが再び, 八一六から一八七四, 八一六〇でありその, 八一六三三九七名が男子有権者, 八一六三二六四一二八二五六と増加, 八一六年九月五日以後王国の高貴さ, 八一六年二月太子はリヴァプール, 八一六方英里はまったく, 八一円一二銭となっ, 八一分銀を握らせた, 八一四年ごろから初, 八一四年ナポレオンがライプチヒ, 八一四年パリより購入, 八一四年フランスに戻らん, 八一四年七月から九月中旬, 八一四年七月八日以後帝国の高貴さ, 八一四年三月十二日にその, 八一四年五月ベンサムは当時ロシア, 八一四年五月十七日政治的にデンマルク, 八一四年以前の二十年間, 八一四年以来それを顧みなかった, 八一四年八月二十一日にパリ, 八一四年十一月二十九日には王侯たち, 八一四年当時の囚人, 八一四年書をペンシルバニヤ州, 八一四年頃に機械師メルツェル, 八一四年頃牧師コインビャーがふと, 八一寸眼を見張った, 八一年アフォンソ五世の子, 八一年ゴーリキイが十三, 八一年ビルマに滅ぼされた, 八一年ロヨラの歿後百二十六年目, 八一年一二月の統計表, 八一年三月八日にルイス, 八一年五つの称号, 八一年以降の出来事, 八一年出版の, 八一年十四歳のとき, 八一年法王マルチーノ四世多くのフランス人, 八一年版ブスベキウスの, 八一服やらうか, 八一杯買はう, 八一番と電話番号, 八一番先に出た, 八一瞬を境, 八一章に兎の毛, 八一西洋人の悪習, 八一頁に昔ホラオロキア城, 八一體誰がどう, 八一%学校八三%まで中継放送, 八丁あたりのところ, 八丁そこを二人, 八丁下諏訪の駅, 八丁京へ百三十三里十四丁, 八丁入り社人若山八兵衛といふもの, 八丁其他町の数々, 八丁味噌の, 八丁喜多院前で下車, 八丁塀の役宅, 八丁川上の方, 八丁川岸それより五料, 八丁権現神社の下, 八丁樵夫が連れ, 八丁湯附近にて昼食, 八丁目番地は一寸, 八丁目盛心館とし, 八丁目竹川岸から大根河岸, 八丁目近くまで歩いた, 八丁距たった昔, 八丁飯田町の河岸, 八丁鼻となる, 八七〇〇〇人に加える, 八七〇〇有余英里を得, 八七〇年一月の三度, 八七〇年以前のむなしい, 八七〇年以来離婚の数, 八七〇年六月レオンはルイ・リュショネー, 八七〇年十月三十日にヴェルサイユ, 八七〇年普仏の戦争後, 八七〇年板スコッファーンの, 八七〇年板ロイドの, 八七〇年頃だったと, 八七・九の割合, 八七・五米の三角点, 八七一七でこれ, 八七一七五二年ないし一七五五年, 八七一年ドイツの統一, 八七一年以来触れたこと, 八七一年十二月十五日からスイス, 八七一年数名の学者, 八七一年版シュルツェの, 八七一年米国艦隊の江華島事件, 八七一結婚は二〇二, 八七七四一七九五年は二四七, 八七七年大学令の改正委員, 八七三年フランスに帰化, 八七三年五月初旬にロンドン, 八七三年十一歳のドビュッシー, 八七三年頃バグダードで死んだ, 八七三紙に及ん, 八七九ですこの, 八七九七一七九八年には二, 八七九九死亡は九四, 八七九年パリ板シニストラリの, 八七九年モスクワ大学の医学部, 八七九年一月号で発表, 八七九年三月の出生, 八七九年世界一周の途次, 八七九年以後広東における主要, 八七九年十二月十二日にこの, 八七九年版ヘンダーソンの北英諸州俚俗二七四頁, 八七二である, 八七二人の皇帝, 八七二年パリ板ワイツとゲルランド, 八七二年ミネプリ辺で猟師, 八七二年ライプチヒ版ワイツおよびゲルラント, 八七二年ロッテイ・ファウラアの実験, 八七二年九月までつづく, 八七二年六月にいたっ, 八七二年六月四日発行の, 八七二年十二月蘇古蘭インヴァネス, 八七二年板ラルストンの, 八七二年板ワイツおよびゲルラント, 八七二年版ラルストンの露國民謠, 八七二年頃のこと, 八七二戸兵役可能の男子, 八七五である, 八七五・〇〇〇弗丁抹のが三四五・〇〇〇弗, 八七五年亜米利加独立記念賞金を受けた, 八七五年八月ブリストルの大, 八七五年即位が一九〇九年, 八七五年彼が三十四歳, 八七五年日本で云え, 八七八・九年のペテルスブルク, 八七八ー七九年には王立研究所, 八七八九の回答, 八七八九〇六でありこれ, 八七八九〇六登録埋葬数は一, 八七八六七一八一一年には五, 八七八年ヘーゲルとノビリンク, 八七八年九月二十一日に最初, 八七八年六十歳を越えた, 八七八年露領アストラカンの黒死病猖獗期, 八七六という年, 八七六一人に増大, 八七六年以後一八九九年に至る, 八七六年十一月十五日巴里に生れた, 八七六年板ギルの, 八七六年版ゴルトチッヘルの, 八七六年頃から音, 八七円三二銭九厘この数字, 八七冊売れると, 八七分の一となっ, 八七分の一平均四〇・九二分の一の割合, 八七十七十三としわ, 八七南洋の迎年, 八七四に至る, 八七四五七人であること, 八七四年マクマオンが大統領, 八七四年九月八日詩人メーリケはス市, 八七四年夏のある, 八七四捕虜二八九わが方, 八七家族がブルジョア, 八七年フランチェスコ派の長, 八七年ポルトガル一五三三年ロシヤそして北米合衆國, 八七年ルイ五世の後, 八七年七月九日ロンドンの街上, 八七年七月廿四日に秀吉, 八七年三月のこと, 八七年中の表, 八七年中陸より詣する, 八七年九州征伐のため筑前博多, 八七年五十九歳に達した, 八七年六月彼が二十三歳, 八七年共和国大統領となり, 八七年十一月に至っ, 八七年十一月十一日は彼女, 八七年四月十七日日没間近の頃, 八七年明治二十年に栃木町, 八七年頃に相当, 八七法王の参議, 八七米五の三角点, 八七米国とわが国, 八七調に定めた, 八万〇三百十一人非人二万三千四百八十人皮作等雑種七万九千〇九十五人合計三十八万二千八百八十六人とある, 八万キロが全く, 八万スタディアとなっ, 八万ドルで薩藩, 八万ペソか, 八万マルクという金額, 八万七千の都市, 八万七千四百五十八石三斗の力, 八万七百ヵ所で見る, 八万七百軒にふえる, 八万三九三二円にし, 八万三二四六貫六八〇目すなわち六一四万五二九二斤, 八万三百そのほか非人雑種, 八万三百十一人非人の数, 八万三百十一人非人二万三千四百八十人皮作等雑種七万九千九十五人とあります, 八万九千の人たち, 八万九千二十メートル一八四八年の共和政府, 八万九千二十三人の五分の一, 八万九百九十人といわれ, 八万二千石の城下, 八万五千マイルにわたりほとんど, 八万五千余人三十代四十代となりまし, 八万五千円を取りたる, 八万人以上の訪問者, 八万何千円という税金, 八万余人の人々, 八万余騎と公称, 八万億劫の地獄, 八万八千八百八十本の毛髪, 八万八千六百二十三円五十三セントを, 八万六千ペセタの小切手ここ, 八万六千マイルを走る, 八万六千五百七十九人について調べた, 八万六千円もかかる, 八万円十五万円と大穴, 八万円弱である, 八万円経済力は三十万円, 八万劫の長い, 八万四千五百フランだった, 八万四千五百十四人なり, 八万四千人の勤労者, 八万四千四百キロメートルという長い, 八万四千壺の香油, 八万四千杯の元気, 八万四千歩となる, 八万四千歳に上り, 八万四千浴八万四千杯の元気, 八万四千種の光明, 八万四千衆生皆発無等々, 八万四千遍の称名, 八万坪五十三名の地主, 八万坪数十の大, 八万巻の書冊, 八万平方キロ戦前の総, 八万弗残て居る, 八万戸の虫, 八万振動ぐらいの音, 八万方マイルの大, 八万歳を減ずる, 八万法にはなる, 八万町歩にもわたる, 八万町歩作付をし, 八万石土井大炊頭の藩, 八万石大炊頭様に相違, 八万石江戸より十六里, 八万石程から一足飛, 八万粁ばかりある, 八万蔵をそらんじ, 八万語内外のもの, 八万騎それらの末座, 八万騎中にお, 八万騎二百六十有余頭の大名, 八万騎今日この頃, 八万騎何の面目, 八万騎旗本一統の名誉, 八丈ヶ島に鐘, 八三〇の人口, 八三〇万円スペインは二〇〇万円, 八三〇年ごろ亭主のユシュルー, 八三〇年ごろ兄の司祭, 八三〇年ごろ有名だったその, 八三〇年ポーランドの国情, 八三〇年七月二十八日というしるし, 八三〇年七月革命後常に蝙蝠傘, 八三〇年代四〇年代のパリ, 八三〇年以来ここかしこに小さな, 八三〇年八月には多く, 八三〇年前後のパリ, 八三〇年十月人の記憶, 八三〇年後間もなく廃せられ, 八三〇年頃これをオックスフォード, 八三さんという二人, 八三メートル二の荒川岳, 八三・五年ごとに人口, 八三一七七三年には一, 八三一七五五年には一対一〇〇, 八三一二年の頃, 八三一年イタリーに遊ん, 八三一年九月八日故国ポーランドの首都ワルシャワ, 八三一年十一月二十四日にその, 八三一年彼の名著, 八三一年派手で鳴らしたカストリィ公爵夫人, 八三七年リバープールにこの, 八三七年以来の歴史, 八三七年以来北大西洋の旅客, 八三七年十二月と同, 八三三年一月に発表, 八三三年九月ラ・シェネエ解散のあと, 八三三年二十歳にし, 八三三年二月十六日から十七日, 八三三年五月七日ドイツのハンブルク, 八三三年六月に発表, 八三三年四月に発表, 八三三年綛糸製造高は一ヵ年, 八三九年七月十九日のこと, 八三九年五月十二日の反乱, 八三九年四十にもなり, 八三二年インドのマニプル州, 八三二年一月一日には四万三百メートル, 八三二年一月三十一日附であったが, 八三二年二月の末, 八三二年五月の毎夜, 八三二年以来の各種, 八三二年六月五日六日の反乱, 八三二年六月五日六日ラマルク将軍の葬式, 八三二年六月六日郊外からきた, 八三二年六月十五日の機関紙, 八三二年六月四日だった, 八三二年四月四日サント・マルグリット街の角, 八三二年四月業を了, 八三二年流行のイギリス調, 八三二年父と共にウッケラート, 八三二畳階上が六畳, 八三五七と見積られ, 八三五年シューマンは二十五歳, 八三五年十一月までこの, 八三人が薬学, 八三例でこの, 八三八年カールが二十歳, 八三八年三月に発表, 八三八年日本で長英, 八三六一二五一〇四五八である, 八三六九の日, 八三六年ド・カストリは永代追放, 八三分の一一に当る, 八三十一日及び十一月二日, 八三十八をかける, 八三十前後どこの馬の骨, 八三四といふ数, 八三四五七合計三二四八〇六八であった, 八三四人下つ引, 八三四四三四五五〇五六六八七六という年, 八三四年ボンベイで死んだ, 八三四年以来極東における英国, 八三四年六月に発表, 八三四年十二月二十九日に心臓病, 八三四年十二月十六日パリを西北, 八三四年四月の暴動, 八三四年末にまとめ, 八三四年正月に発表, 八三太陽年である, 八三子榛軒棠助常三郎柏軒鉄三郎は長, 八三対一〇〇出生対結婚は三八五対一〇〇, 八三対一〇〇死亡率を五〇分の一, 八三尺の綺麗, 八三年のと一八九〇年の, 八三年イタリー訪問中のワグナー, 八三年サイゴンで出た, 八三年スエーデンノルウエー一四八七年ポルトガル一五三三年ロシヤそして北米合衆國, 八三年レザノフの舅シエリコフ, 八三年ヴェネチア版ヴィンセンツオ・マリヤの, 八三年ヴェネチア版ヴィンツェンツォ・マリア師の, 八三年七月十七日草木もねむる, 八三年二月二日には数年来, 八三年二月十八日のこと, 八三年五月二十四日であること, 八三年以来クラウゼウィッツの主義, 八三年六十五歳の時脊髄癌, 八三年十二月に単行本, 八三年四版グリフィスとヘンフレイ, 八三年師ギローの勧め, 八三年板ムーラの, 八三年版マリア法師の, 八三年版ムラの, 八三年頃スウィスでプレハーノフ, 八三度である, 八三桂成同王, 八三法王の宮殿, 八三浦から來, 八三父子が帰京, 八三読売新聞社に小野金次郎, 八三郎四男幻香は亡くなっ, 八三郎山内氏の出, 八三頁に基づく, 八三頁ジュフールの, 八三騎並んで, 八三%まで中継放送, 八上姫を婚, 八上比売八十神に答え, 八上王子平重盛が祈, 八下っ引を, 八下女のお, 八下手なちょっかい, 八下手人はあの, 八下水の中, 八世の中にはお, 八世一二九四年より一三〇三年, 八世九郎兵衛は養子, 八世其後をうく, 八世加茂保憲最奥儀を極め, 八世吉次郎は文化十三年, 八世帯の苦労, 八世年代記を書かう, 八世式の頭髪, 八世正蔵襲名以後で前述, 八世當時未だあら, 八世秀栄康和の頃陸奥津軽郡, 八世紀はじめのイギリス, 八世紀シナはふたたび, 八世紀ドイツ観念哲学に相応わし, 八世紀フランス哲学を深く, 八世紀ロンドン人士の俗っぽ, 八世紀ワシントン水産局の池, 八世紀ヴュルッテムベルクかケルンテン辺り, 八世紀中には遂に, 八世紀人になり, 八世紀以前われわれは彼, 八世紀以来忘却されて, 八世紀以来正体不明の謎, 八世紀以来漸次に自然科学, 八世紀以降徳川幕府による封建的支配, 八世紀初めのアングロ・サクソン, 八世紀初期の建築, 八世紀初頭の建築様式, 八世紀前半におけるロンドン, 八世紀始め頃のもの, 八世紀小説の中, 八世紀年代という時代, 八世紀日本の所謂元禄時代, 八世紀末以降の朝鮮西教史, 八世紀末期の二段上下式, 八世紀末葉以来漸く人々, 八世紀末葉以来一時に急速, 八世紀末軍事界の趨勢, 八世紀欧州の傭兵, 八世紀的感覚が動い, 八世紀的憂悶をその, 八世紀的時代精神を以てその, 八世紀維納風の書室造り, 八世紀間の後, 八世自身はフランス全体, 八世西班牙の王樣, 八世軍を起し, 八世錦峰信敬は富田能登守, 八世間並みのよく, 八丘八谷に這, 八両あとの二百八十二両, 八両一分一朱と銭五百三十三匁受取, 八両三歩也そーめん六俵二十把入りその代金六両一歩二朱, 八両中間八人の給金二十両, 八両二分をとどこおり, 八両二歩と云っ, 八両六人扶持を受けた, 八両六貫三百六十八文になり, 八両名士が聯合軍, 八両年にわたって二回, 八両日の諸, 八両日数艘の船, 八両普請の料六, 八並ぶ者なき美し, 八並んで薔薇, 八个処に在る, 八へ入, 八中りの尖った, 八中坂下の井戸端, 八中央に最も, 八中隊砲兵三中隊を以て背水, 八中隊騎兵十二中隊を公主嶺方面, 八丸官閣下お使者, 八主人萬藏の身, 八主筆は須崎默堂, 八久しく顏を, 八久し振りで潮風, 八だけの組み合わせ, 八乙亥とあれ, 八乙女となっ, 八九○年ゾラを会長, 八九〇六でありこれ, 八九〇六登録埋葬数は一, 八九〇年のとエンゲルス, 八九〇年サガレン島へ赴き, 八九〇年ドイツが世界, 八九〇年ブサンソンの第, 八九〇年一世を震撼, 八九〇年世界全体としてはまだ, 八九〇年代アレキサンドリア市の埃及人富豪貴族夫人, 八九〇年以来グラチアは一八九七年, 八九〇年八月二十八日の, 八九〇年八月八日付法令第三十一条, 八九〇年前後に亘つて, 八九〇年十一月八日多くの弟子達, 八九〇年十二月二十二日仏国上院に於ける, 八九〇年四月十二日および二十四日, 八九〇年大井幸子が自由党, 八九〇年当時の世界的水準, 八九〇年彼がその, 八九〇年明治二十三年から五月一日, 八九〇年板ドルーリーの, 八九〇年永眠するまで, 八九〇年版クックの, 八九〇年議会に於ける, 八九あいきょうたっぷりこいつ, 八九お初の奴, 八九ぐらゐまでのどれも特徴, 八九ぐらゐ以前たしか森鴎外, 八九これは四苦八苦, 八九さいになる, 八九そうを武装, 八九そこいら, 八九それが二人, 八九ただの盗難, 八九なんていうの, 八九はたちごろから時々, 八九むだ網だろうよ, 八九カ村が泥海, 八九クリスマスの祝日, 八九コンナ場合に限っ, 八九シリヤ人にし, 八九ハワイ出航以後の所見, 八九パーセントに対して一一パーセント, 八九ペンスから二, 八九ページを参照, 八九メートル三の間ノ岳絶頂, 八九ヶ月の長, 八九・四・二八の清水三十六, 八九一一一午後四時, 八九一七四五年には一対一一八, 八九一年オックスフォード板コドリングトンの, 八九一年キエフ生れで才能, 八九一年バアルがロシア, 八九一年以来国有となり, 八九一年故国スウェーデンに帰り, 八九一年板ガーネットの, 八九一年板ルガーの, 八九七年オランダ人のゼーマン, 八九七年トリエステにおける著者, 八九七年マリヤは長女, 八九七年一月楽友協会の演奏会, 八九七年三月エコリエ社で上演, 八九七年八月七日午前九時頃プランシェという人妻, 八九七年春のはなし, 八九七年頃レーリーは自分, 八九万の軍馬, 八九三〇〇とあり, 八九三マルテロ社より森方, 八九三ヶ月は軽井沢滞在, 八九三八九はメシ, 八九三八九三八九はメシ, 八九三十でもあろう, 八九三年ごろロンドンで創刊, 八九三年五月三日親王は二十八, 八九三年八月三十一日と日付, 八九三年刊行のヘルマン, 八九三年十一月六日のこと, 八九三年板ランスデルの, 八九三月ですが, 八九世紀頃である是, 八九両ばかりの英辞書一部, 八九両地代二十二三両都合百両余を費すべし, 八九九年一月一日死刑は執行, 八九九年二月オルロフ宛の手紙, 八九九年以来高層気象観測所を公設, 八九九年十二月号に発表, 八九九年富裕なる商人, 八九九年彼カナダにおもむく, 八九二メートルの出合, 八九二三春にちげ, 八九二十の男の子, 八九二十歳に見る, 八九二四といったよう, 八九二年メーテルリンクの原作, 八九二年二十八歳でなくなりジョージ親王, 八九二年五十一歳のドヴォルシャーク, 八九二年十一月スヴォーリン宛の手紙, 八九二年頃からすでに, 八九五の日清戦争, 八九五十にもならんずらん, 八九五年ケンブリッジ板カウエルの, 八九五年ツァーリの検閲, 八九五年五月にオー・ドュ・シェーン, 八九五年故郷ボヘミアに帰った, 八九五年板コックスの, 八九五年版カービーの, 八九人ここの大池, 八九人づれのお方, 八九人フランス人が一人, 八九人一時に呼吸, 八九人人立したが, 八九人大連湾の兵站部, 八九人得物を持っ, 八九人正面の高い, 八九人馳けこん, 八九仕事やうやう終了, 八九会第一回, 八九会みたいだつた, 八九会加入のハガキ, 八九会費を樹明君, 八九何から何, 八九俵とれまして, 八九倍の大軍, 八九傷物になつ, 八九優形のようす, 八九兄妹ふたりして, 八九全部発送済となる, 八九八七円三二銭九厘この数字, 八九八万三九三二円にし, 八九八三読売新聞社に小野金次郎, 八九八年これらの事件, 八九八年ごろであつ, 八九八年ゴーリキイは憲兵, 八九八年スタニスラフスキイ及びダンチェンコ, 八九八年ロンドン板デンネットの, 八九八年七月十四日は私, 八九八年三月巴里フィガロの小, 八九八年九年と続け, 八九八年前後八箇年の努力, 八九八年印度のある, 八九八年末の脱稿, 八九八年板を出した, 八九八年板デンネットの, 八九八年版ハーチングの, 八九八年社会民主労働党が結成, 八九六ですべて, 八九六年三月までオート・ロアル, 八九六年六月のなかば, 八九六年建設當時のドイツ陸軍全員, 八九六年板クルックの, 八九六年板英訳ラツェルの, 八九六年頃から肝臓癌, 八九冊ずつは必ず, 八九出来すぐ発送, 八九分の水分があり, 八九分夜は満員, 八九分方出来上つた頃, 八九分通り習慣から出, 八九十一十三十六十七十八二十の諸区, 八九十世紀の間, 八九十人それに斬りむかっ, 八九十円以下五六十円以上の為替生活者, 八九十分の一ぐらいにとどまったろう, 八九十十一十二正二, 八九十十一十二十三の諸, 八九十年以前國後の夷人此擇捉島, 八九十年前まで身動き, 八九十年前フイジー島で王宮改築, 八九十年昔は大分賑やか, 八九十日から先, 八九十時間ぐらいよまる, 八九十本欝然として, 八九十番という危, 八九十疋に人, 八九十百になり, 八九十通十二通開きては, 八九十通十二通開らきては, 八九十里一叢の雑木林, 八九十里退却して, 八九十%以上に肝臓, 八九千の精兵, 八九千人のお客, 八九千円の施し, 八九千尺から一萬尺, 八九升まで取れました, 八九印刷紙がある, 八九印刷終了揃へる綴ぢ, 八九厘であがる, 八九原稿を書く, 八九各国みな独立の風, 八九名日射病に襲われ, 八九哩は候, 八九四一三である, 八九四年イタリヤの無, 八九四年スミツザース再板, 八九四年ドイツのミュンヘン, 八九四年フランス語で書かれ, 八九四年ベルリンでノイハウス博士, 八九四年三月三十日の夜, 八九四年単行本として出版, 八九図の三つ, 八九圓しか無, 八九坪で東京市, 八九夫婦のやう, 八九女郎花は十六七, 八九子三氏見送る, 八九家族の小作百姓, 八九容姿端麗の美婦, 八九寸そこへ触れよう, 八九寸近くもある, 八九尺以上もあっ, 八九尺葉ノ大, 八九年ころとおも, 八九年ごろ其処の人口, 八九年シエーナに死す, 八九年フランクの大, 八九年フランス革命が勃発, 八九年ロンドン船渠の労働者, 八九年一月一日午前一時である, 八九年七月バスティーユ牢獄の破壊, 八九年七月十七日付大蔵省令第三条, 八九年七月十七日付法令第三条, 八九年七月十二日の夜, 八九年七月十四日一七九二年八月十日ヴァルミーの戦い, 八九年九月に實際, 八九年五ヵ年計画が着手, 八九年以前本郷に住みし, 八九年八月ルッカとフィレンツェ, 八九年六月アレッツオのギベルリニ黨フィレンツェ, 八九年六月カムパルディーノの戰, 八九年冬作の毛帽, 八九年前アンドリュ・ラングの書いた, 八九年前クリーヴランド公共図書館が始め, 八九年前京都で買った, 八九年前出水があっ, 八九年前後であった, 八九年前教へをうけし, 八九年前晩春の頃, 八九年前本郷の洋服屋, 八九年前歿せられたが, 八九年前私は夜中, 八九年度の調査表, 八九年後者は一八九一年, 八九年日清の戦役, 八九年来此のダリヤ, 八九年板モニエル・ウィリアムスの, 八九年次の如く言っ, 八九年版のドストイェーフスキイ全集, 八九年版ジョーンスとクロップ, 八九年目赤坂から吉野村, 八九年米国ニ留学セシ男ガアイリッシュノ若キ女, 八九年間首の廻らぬ, 八九年頃余が家一番町, 八九年頃寺内にいい, 八九年頃当時私は, 八九府に拠つたの, 八九弟は兄, 八九復活の外, 八九復活刊行の仕事, 八九復活号の裏表紙, 八九怒り肩のそばかすだらけ, 八九恐怖で顔, 八九扉の言葉, 八九日あたりの月, 八九日めにやっと, 八九日記としてもよい, 八九日頃である, 八九時分に学窓, 八九時十時より段々, 八九時十時頃より段々, 八九時間正午といふの, 八九時頃にやありけん, 八九最初のそして, 八九月あたりから悪い, 八九月ごろ沼津小田原辺からくる, 八九月ニ至テ茎頂ニ淡紫花, 八九月頃葉間ヨリ一寸程, 八九条また十条, 八九杯は胃の腑, 八九歳ぐらゐの目立たない女, 八九歳ころから川遊び, 八九歳中肉中脊例の卅二番, 八九歳人間という, 八九歳以上ハスベテ眉ヲ剃, 八九歳以下で死亡, 八九歳体重八十貫牡牛のごとき, 八九歳祇園町の揚屋, 八九歳縫十三四歳のとき, 八九歳襷と手拭, 八九歳農家の若者, 八九段もつい, 八九江戸にも二, 八九法老の数, 八九町後ろになっ, 八九番地とあっ, 八九番茶なら少し, 八九疋の小, 八九疋螢の島, 八九発送第一回, 八九百トンまさに一時間十一, 八九百万として約, 八九百万人まず三千万人以内, 八九百人馬やら徒歩, 八九百円かかるところ, 八九百年の星霜, 八九百年位であります, 八九百年前といふ説, 八九皆ソレであったその, 八九眉目秀麗瀟洒な風采, 八九眼に見え, 八九確実であろう, 八九箇月間は保存, 八九米を超え, 八九細君は五フィート, 八九羽どれがその, 八九舎もだ, 八九艘もの黒船, 八九色白で脊, 八九貫ぐらいだったろう, 八九貫目の蛸, 八九身扮はひどく, 八九軒凡そ十軒ほど素見し廻りたる, 八九軒建てそれだけで一郷, 八九軒煙を立て, 八九軒立である, 八九送料の不足, 八九逐電中の三人, 八九遍やると, 八九郎伊藤孫兵衛などの顔, 八九間東坡数間屋結廬十余間はみな間数, 八九間違いなく奨励金, 八九間隔て大坂浦, 八九階あたりからななめ上, 八九隻に増し, 八九零とある零, 八九頁に, 八九馬一一角成五七桂五八金左五六飛四八金上ル七九馬五七金スグ同, 八九鼻高く眼, 八九%の利子, 八乞食とは薦僧, 八乞食六道の者, 八といふ, 八乳房の上, 八二○年当時弁護士であったジョン, 八二〇メートルざっと六里, 八二〇万坪炭層の厚, 八二〇女子四一・〇一九男女三九・三八五でありそして, 八二〇年ごろに終わった, 八二〇年代にスコレスビー, 八二〇年死の近づいた, 八二つ三つ背中をどやしつけ, 八二シナ人のヤソ教, 八二パアセントの増加, 八二・二六わたすところ, 八二・六六銭のうち, 八二一でこれ, 八二一八七一結婚は二〇二, 八二一年ごろにはモントルイュ・スュール・メール, 八二一年シャムに往, 八二一年五月この英雄, 八二一年以後の人口, 八二一年板コラン・ド・プランシーの, 八二七であるが, 八二七女子の数, 八二七年三月二十六日春雷の猛り荒ぶ, 八二七年二月にその, 八二七年二月十七日に彼, 八二七年囚人大護送, 八二万キロで地球, 八二三年五月一日に会, 八二三年以来モンフェルメイュの宿屋, 八二三年十二月のある, 八二三年紀伊の十三万人, 八二三番地のアドレス, 八二並びに註參照, 八二九年ごろにあの, 八二九年ニコライ一世と協約, 八二九年八月八日に王政自身, 八二九年別の一座, 八二二年クレルモン・トンネール氏が, 八二二年ベンサムは齢, 八二二年六月の血腥い, 八二二年出し物はシェイクスピヤ, 八二二年十二月十日ベルギーのリエージュ, 八二二年四月二十六日の晩, 八二二年楽譜屋につれ, 八二五〇〇〇であったはず, 八二五並びに愛好家協会, 八二五九である, 八二五六と増加, 八二五四一平方当り人口一〇二〇を示し, 八二五年ストックトンよりダーリントン, 八二五年ロシアでは有名, 八二五年三月号には一七四八年以降, 八二五年二月には王立協会, 八二五年末に特に, 八二五年贋造紙幣行使の嫌疑, 八二五年頃にベートーヴェン, 八二人の妾, 八二何年とかの, 八二八年シューマン十八歳クララはわずか, 八二八年ジェラアル・ド・ネルヴァルの名訳, 八二八年三十一歳の若, 八二八年四月にもまた, 八二八年夏眩暈と頭痛, 八二六年シェークスピアのドイツ訳, 八二六年ロンドン大学が創立, 八二六年十一月に書き上げた, 八二六年彼女二十九歳のとき父男爵, 八二六番地とか言っ, 八二十九三十の三日間, 八二十九節であるヨブ, 八二十五の二度, 八二十四と九九, 八二四年ブラク大佐がモレー市, 八二四年五月の, 八二四年十二月には銅線, 八二年コンゴに行った, 八二年サザンプトンにおける大, 八二年デンマーク一四八三年スエーデンノルウエー一四八七年ポルトガル一五三三年ロシヤそして北米合衆國, 八二年フランス人の虐殺, 八二年ブラッセル府の会議以来一回, 八二年ベルリン版バスチアンの, 八二年ロッツェの後, 八二年ローマのコンスル, 八二年三十歳の時, 八二年二月ワリニャーニが少年使節たち, 八二年以後にギネア海岸, 八二年六月五日私は三度横浜, 八二年前の正徳五年, 八二年十月に発熱性, 八二年四月十八日に逝去, 八二年法王グレゴリウス十三世により, 八二年版ソンネラの, 八二年生誕一八五四年永眠の哲学者, 八二年秋文部省が各, 八二年頃までの彼女, 八二度目には變, 八二愚民の暦書, 八二法王の本山, 八二王コマ音高くパチリ, 八二百兩の金, 八二移民の心得, 八二節がこの, 八二節推古帝菟田野の薬猟, 八二頁六行目に大正十四年十月四日, 八五〇メートル以上の野原, 八五〇・〇〇〇弗白耳義のが八七五・〇〇〇弗, 八五〇七一五及び四, 八五〇女給は九四八, 八五〇年ごろですね, 八五〇年ドーバーとカレイ, 八五〇年バルセロナの本屋ドン, 八五〇年ルイ十七世の遺族, 八五〇年ロシアのウクライナ, 八五〇年三月に発表, 八五〇年九月死去した生存中, 八五〇年以後スヰスイギリスおよびアメリカ, 八五〇年彼が, 八五〇年版に附加, 八五〇年蘇格蘭のエディンバラ, 八五つは高村光雲先生, 八五パーセントもとられる, 八五フランへと下落, 八五メートルくらいの広い, 八五・四二五馬力冷空ジャガア・エンジン三個により推進, 八五一〇六三という未婚男子, 八五一号の百円紙幣, 八五一年イプスウイッチの会, 八五一年シャスタ山から三十五哩, 八五一年スリーマン大佐曰く数年前ウーズ王の臣騎馬, 八五一年濠洲に金鉱, 八五七でありこれ, 八五七年ロッテスレー男爵が会長, 八五七年版バークレイの, 八五七年頃までの研究, 八五七磅二シリング一〇ペンスで購買, 八五三年平賀源内や橋本曇齋, 八五三年月も日, 八五九年ダーヰンの, 八五九年以来応用され恒星, 八五九年松陰左内ら刑死せる年, 八五二九四の神社, 八五二年十月初めて公判, 八五二年当時の英支貿易, 八五五フライタークが, 八五五年ベルギーにおいてもデュクペシオー氏, 八五五年一月二十五日巴里で一人, 八五五年十月八日ファルマウスを出帆, 八五以下並びに註參照, 八五億ルーブルであった, 八五億気圧比重は八・五, 八五八五の型式, 八五八六であった, 八五八年レオンは小さな, 八五八年就任が一九一三年, 八五八年牛津大学に移る, 八五六で岩形, 八五六フィートある白馬山, 八五六五までのもの, 八五六年七月シューマンが死んだ, 八五六年以降のお, 八五六年版アメリア・モレイの, 八五十がらみのよく, 八五十人毎晩酒が出, 八五四年二月には突然, 八五四年五月一日にロンドン, 八五四年永眠の哲学者, 八五四年脳を病ん, 八五対一〇〇死亡対結婚は二一〇対一〇〇, 八五年ごろラモト伯爵夫人によって惹起, 八五年コペンハーゲン發行の, 八五年三月二十一日チューリンゲンのアイゼナッハ, 八五年九月十三日にシュッツ, 八五年二月二十三日富裕な理髪兼外科医, 八五年以来非常な不作, 八五年信仰自由のゆえ, 八五年免職になった, 八五年十二月二十日ニイスから彼, 八五年四月及び五月, 八五年四月二十七日に国王, 八五年壇ノ浦の戦, 八五年外国で出版, 八五年度の教養, 八五年権力者の平家, 八五年父の後, 八五年版クレーンの, 八五年版ジュラウルの, 八五年皇帝ハインリヒ六世の妃, 八五年金の必要, 八五年頃の事, 八五度よりも低い, 八五政教の関係, 八五番では, 八五等の別, 八五米の白樺小屋址, 八五調の韻律, 八五郎お前は大里さん, 八五郎お前ぢや無, 八五郎こと一名順風耳のガラツ八, 八五郎さんお前さんは朝吉親分, 八五郎さんちよいと, 八五郎さんぢやどう, 八五郎さん代つて, 八五郎さん何んとかし, 八五郎さん其處に居なす, 八五郎さん叔母さんよ, 八五郎さん御飯の仕度, 八五郎さん父さんはそり, 八五郎さん珍らしいぢ, 八五郎しどろもどろに御, 八五郎その他みな二十から三十, 八五郎たちのため, 八五郎どこへ行く, 八五郎どんとやら嘉門満足, 八五郎なんどは何ん, 八五郎はじめ高萩身内の乾兒五六人, 八五郎はちよつかいを, 八五郎びいきだ, 八五郎またの名をガラッ, 八五郎みたいだ, 八五郎めんくらい素肌, 八五郎めんくらひ素肌, 八五郎め馬方を連れ, 八五郎ガラツ八といふ綽名, 八五郎ガ所ヘ行ッタ, 八五郎ツイ立上がりました, 八五郎ト云ウ者ガウチヘ上ッテイロイロ世話ヲシテクレタ, 八五郎一名ガラツ八は平次, 八五郎一言もありません, 八五郎上がり框に両手, 八五郎下手人の見, 八五郎両手を拡げ, 八五郎並の武者振り, 八五郎久六とどんな, 八五郎今度は用意, 八五郎今日は新聞種, 八五郎以下の子分, 八五郎位のもの, 八五郎何を嗅ぎ出した, 八五郎何んの氣, 八五郎何處へ行く, 八五郎兄さんだ, 八五郎兄哥安心しねえ, 八五郎兄哥気の毒だが, 八五郎其所に居る, 八五郎初夏の薫風, 八五郎又の名ガラツ八といふ人氣男, 八五郎友吉仁兵衞を赤塚家, 八五郎大手柄の真相, 八五郎天才的な早耳, 八五郎奔馬のやう, 八五郎女難平次女難というよう, 八五郎始め石原の子分衆, 八五郎娘のお, 八五郎平次の後, 八五郎後ろから鑿, 八五郎息を切らし, 八五郎愛用の品, 八五郎折角の知慧, 八五郎族であり少し, 八五郎日頃に似合, 八五郎明神下の平次, 八五郎暫らくすると, 八五郎横つ飛びに, 八五郎横ッ飛びに, 八五郎横ツ飛びに, 八五郎此時ほど十手, 八五郎母親の顏, 八五郎瀧五郎始め二三人の子分共, 八五郎灯り先にそれ, 八五郎疾風の如く飛ん, 八五郎相好を崩し, 八五郎相應の義憤, 八五郎眞つ逆, 八五郎神妙に格子, 八五郎等と力, 八五郎等たそがれの赤坂見付, 八五郎箍のはじけた, 八五郎細工の献上箱, 八五郎老人が逃げ出したら, 八五郎蓋を払っ, 八五郎親分つたら顎, 八五郎親分あれを御存じ, 八五郎親分お世話になつたわ, 八五郎親分お前さんは泥棒, 八五郎親分ぢやありません, 八五郎親分びいきだつたん, 八五郎親分一體私に何ん, 八五郎親分下手人の見当, 八五郎親分伜を助け, 八五郎親分八五郎親分とそり, 八五郎親分勘六親分長い間世話, 八五郎親分後生だから, 八五郎親分昨夜の今日, 八五郎親分樣にはいよ, 八五郎親分此處でお, 八五郎親分近頃はす, 八五郎親分退屈だね, 八五郎貴様素晴らしいこと, 八五郎赤羽橋有馬屋敷の角, 八五郎足も空, 八五郎野暮用で龜戸, 八五郎銭形平次親分の家, 八五郎錢形平次親分の家, 八五郎間髮を容れず, 八五郎驚き騷ぐ家人を尻眼, 八五郎髷節へ赤蜻蛉, 八五頁に録, 八井出でむ, 八交響楽のフィナーレ, 八亥年九月十九日御暇御免, 八の一館, 八人いずれも打ち興じ, 八人おいでになりました, 八人おつき下さる, 八人お客さんがいた, 八人きゅうっと抱きしめられ, 八人きりだった, 八人ぎりになりました, 八人ぐらゐづつ集って, 八人ぐらゐづつ一塊になつて來, 八人ぐらゐのお客には充分間, 八人ぐらゐを樂に收容, 八人これに連絡係, 八人そこにいた, 八人づつ乗組んで, 八人づつ一塊になつて歸つて來, 八人どころの騒ぎ, 八人ひとりも起きてる, 八人ほかの五人, 八人みな横臥して, 八人みんな回って, 八人めの少女, 八人ドカドカと入っ, 八人一同ににげだし, 八人一年生は四人前, 八人一度にかかっ, 八人一椀の, 八人七十八人とそれ, 八人三方から取, 八人三月廿一日より同, 八人上級の生徒, 八人下之間には若い, 八人下宿して, 八人中二〇人の割合, 八人中先出でて, 八人中婦人サークル員は百四十五人, 八人九人十人近い人, 八人事務員が二人, 八人二万法以上五万法以下のもの二十七人, 八人二三月のうち, 八人二階受持ちの, 八人人数がおった, 八人人立ちのした, 八人仕立の輦台, 八人以上を数えた, 八人以上五十四人古今未だこの, 八人以下の団体稼ぎ, 八人仲間十四人張番組十二人駕籠十八人としてあ, 八人会で旅, 八人位づつあつまつて橋の方, 八人何かガヤガヤ, 八人余でしたが, 八人先へ立っ, 八人先生と合, 八人入れとの二とおり, 八人全部裸体になっ, 八人全部裸體になつて, 八人八溝の天, 八人分業でやっ, 八人前を平らげる, 八人前マグロサシミ二十五人前果物五皿シャンペン一本スシ十人前それにサービス料二割, 八人前三十二銭渡して, 八人前八銭では, 八人前四十八個の缶詰, 八人割当だけでも約, 八人収監せらるること数月, 八人受験生が来, 八人口で無闇矢鱈, 八人口々に唸る, 八人各々密議をこらす, 八人合計十五人で其外, 八人名物の出稼娼婦, 八人向う岸へ着いた, 八人吹上の梅林, 八人噪いでいる, 八人声立てて, 八人外に隣室, 八人多くの僕, 八人大聖寺八十三人であります, 八人夫れから, 八人女子二人あり, 八人女生徒がいる, 八人姫君があつ, 八人宛の紅白二組, 八人宛組みになつて蕭条, 八人寄つてたかつて, 八人寄つて送別の積り, 八人小児を離れ, 八人小頭二人道橋元締二人賄方手代二人同じく目付三人, 八人役とお, 八人待をした, 八人徒目附上下三人大工頭八人小頭二人道橋元締二人賄方手代二人同じく目付三人, 八人怪しげないで, 八人我勝ちに見物, 八人手に手, 八人扶持近習医者の首位, 八人招待を致し, 八人拵エタ諸所ヘ触, 八人掛りで拷問, 八人斗も皆望月, 八人方よりは不, 八人既婚女子一六一八人の中, 八人日向組四人合せて, 八人暮しは決して, 八人榧寺に陣取っ, 八人残忍と云う, 八人殿前に於, 八人法師の拍子打ち, 八人満腹実によろしい, 八人無惨の死, 八人犇と揉ん, 八人狼藉者が討っ, 八人珠数つなぎに配所, 八人用意整えて, 八人田螺を好き, 八人相家相および墨色, 八人相手はかよわい, 八人砂山の麓, 八人神と書い, 八人私をこめ, 八人程葉楊牛馮宋史なり, 八人突立って, 八人立でこいつ, 八人立候補させて, 八人等諸説がある, 八人米国にいる, 八人紫や紅, 八人組みもついに少し, 八人組十人組という二組, 八人群飮むに各, 八人藝苫三七郎の家, 八人試運転の平均速度二十六浬三, 八人足を頼ん, 八人身内の人, 八人退屈そうにテーブル, 八人逐電したもの, 八人連の男, 八人連名で小作料五割減, 八人都合十人ということ, 八人重罪により配流, 八人銭形平次は治太夫, 八人長屋の者, 八人陰影のよう, 八人青木が所謂, 八人首を突, 八人鳥居の下, 八仇吉の声, 八今お前は何とか, 八今何刻だろう, 八今年十七八歳上坂西村を抜い, 八今晩一つ付き合わないか, 八今朝食った物, 八介一人では, 八仏教に異, 八仕事が舞込みかけ, 八仕度をする, 八仙くらゐの, 八仙人であった, 八仙橋の黄金, 八仙花などにあて, 八代めの孫, 八代七百余年一度も領主, 八代代々住持しきたり, 八代以後は規模, 八代前までは平家, 八代天智天皇とならせ給うた, 八代将軍吉宗様と大岡越前守, 八代将軍吉宗蘭書の禁, 八代将軍様でわっ, 八代将軍義政は政治, 八代巣河岸皆学頭を置く, 八代有徳院殿もこの, 八代殿と一郎殿, 八代氏の実兄尾藩磅, 八代洲河岸に着いた, 八代湾を形, 八代目半四郎と改名, 八代目団十郎弁慶は七代目団十郎, 八代目団十郎敦盛は後, 八代目団十郎様の義経様, 八代目団蔵は七代目団蔵追善供養, 八代目市川海老蔵死す四十二歳, 八代閣下の松葉, 八以下三十名の剣星, 八以來の早, 八以外のわかい, 八以後の鎖港交渉主義, 八仲働が二十六, 八に止まらない, 八件死亡は驚く, 八任せたぞ, 八伊之助には義理, 八伊勢へ九, 八伊賀へ八, 八といういたって, 八会同におきまして彼等, 八会場はこちら, 八会議は跳, 八会費徴集の方法, 八伝受之次第となっ, 八伯母さんは苦労人, 八住利雄氏が紹介, 八住家の玄関, 八住職を有す, 八住船長はヴィデ, 八住船長以下犬射事務長, 八を安置, 八体仏の彫像, 八何だつて今迄さ, 八何となくそぐは, 八何もかも考え直しだ, 八何刻だろう, 八何必守弓箕負笈, 八何時もの樣, 八余り十六七になる, 八作めの品, 八作八峯八つ塚大杉の森, 八作小宮山良助あッと, 八使を遣, 八係官を現地, 八と呼ばれ, 八俣村へむかった, 八修道院の馬鈴薯, 八俵九俵なんといふ, 八俵九俵十俵十一俵十二俵半と云, 八俺達まで川, 八の一つ三番蔵, 八個三〇光年以下のもの, 八個媒が負う, 八個月ばかりも中断, 八個目を三階, 八個紅宝石十二個六月二十八日ダイヤ二十三個白金二十二オンスなぞと解体, 八個緑柱玉が三百十個, 八倍九倍という加速度, 八倍以上の高, 八ではこれ, 八側五〇番甲種で墓石, 八傳三の言つた金, 八億なにがしから五十六億二千万ルーブリ, 八億なんぼでそれ, 八億トンの石炭, 八億ドル近くにはね上がっ, 八億フランにのぼる, 八億一千五百万円に上っ, 八億万ドルにて二億七二五〇万ドル, 八億万ポンドの巨額, 八億万円の富, 八億九千萬圓に膨れ, 八億以上の予算, 八億哩以外における空間, 八億四千の陰虫, 八億四千万ルーブリ出した, 八億立方尺にも余る, 八儒三墨と其の, 八兄さんじゃ目鼻, 八兄さんぢや目鼻, 八兄イよく見, 八兄哥これじゃ昨夜戌刻, 八兄哥これぢや昨夜戌刻, 八兄哥ぢやない, 八兄哥何處から嗅ぎつけた, 八兄哥後で文句, 八兄哥後学のため, 八兄哥御用聞はこういう, 八兄哥曲者は主人勘十郎, 八兄哥此邊にブラブラ, 八兄哥歸つたら平次, 八兄哥氣の毒, 八兄哥血のこと, 八兄哥行つて見るかい, 八兄哥話は聞いたろう, 八兄哥銭形の親分, 八兄哥錢形の親分, 八兆八億の兵, 八を急い, 八先づ涎でも拭き, 八先達九郎次の姪, 八光義がよたよた, 八入口を見張れ, 八全くお前と, 八兩貸金が三千五百兩, 八八〇に至る, 八八〇〇〇タンが輸入, 八八〇年ごろに生まれなかった, 八八〇年ドイツがさらに, 八八〇年七月には三番目, 八八〇年三月発行の, 八八〇年末のロシア, 八八〇年版ボールの, 八八〇年版ポールの, 八八〇年茶及船舶製造に従事, 八八〇年西ヨーロッパに亡命, 八八キログラムメートルの仕事, 八八ハワイ見物および日本移民, 八八メートルだそう, 八八レアルス・ヴェロンであり一八〇四年, 八八・四メートル峯の南, 八八・四%あります, 八八一七五六年には一対一一二, 八八一年ゴーリキイが十三, 八八一年一二月の統計表, 八八一年五つの称号, 八八一年以降の出来事, 八八一年出版の, 八八七年中の表, 八八七年中陸より詣する, 八八七年五十九歳に達した, 八八七年六月彼が二十三歳, 八八七年共和国大統領となり, 八八七年十一月十一日は彼女, 八八七年四月十七日日没間近の頃, 八八七年明治二十年に栃木町, 八八七年頃に相当, 八八三年のと一八九〇年の, 八八三年イタリー訪問中のワグナー, 八八三年サイゴンで出た, 八八三年七月十七日草木もねむる, 八八三年二月二日には数年来, 八八三年二月十八日のこと, 八八三年五月二十四日であること, 八八三年以来クラウゼウィッツの主義, 八八三年六十五歳の時脊髄癌, 八八三年十二月に単行本, 八八三年四版グリフィスとヘンフレイ, 八八三年師ギローの勧め, 八八三年板ムーラの, 八八三年版ムラの, 八八三年頃スウィスでプレハーノフ, 八八九年フランクの大, 八八九年ロンドン船渠の労働者, 八八九年七月十七日付大蔵省令第三条, 八八九年七月十七日付法令第三条, 八八九年以来第二インタナショナル, 八八九年冬作の毛帽, 八八九年度の調査表, 八八九年後者は一八九一年, 八八九年板モニエル・ウィリアムスの, 八八九年版のドストイェーフスキイ全集, 八八九年版ジョーンスとクロップ, 八八二五〇〇〇であったはず, 八八二年サザンプトンにおける大, 八八二年ブラッセル府の会議以来一回, 八八二年ベルリン版バスチアンの, 八八二年ロッツェの後, 八八二年六月五日私は三度横浜, 八八二年十月に発熱性, 八八二年四月十八日に逝去, 八八二年秋文部省が各, 八八五年コペンハーゲン發行の, 八八五年十二月二十日ニイスから彼, 八八五年四月及び五月, 八八五年外国で出版, 八八五年度の教養, 八八五年版クレーンの, 八八五年金の必要, 八八五郎はゐる, 八八以下に委し, 八八八の連続, 八八八八の連続, 八八八年二月にこの, 八八八年六月十七日払暁五時波斯女帝号の甲板, 八八八年十月プレシチェーフ宛の手紙, 八八八年合衆国ペキン駐在の公使官書記, 八八八年度の表, 八八八年生れのシャギニャーン, 八八六の業者, 八八六七年ごろまでの作品, 八八六十四の目盛, 八八六年パリの, 八八六年マドリッドで出版, 八八六年ロングマンズグリーン社発行の初, 八八六年ヴィクトオル・ユゴオの誕生日, 八八六年一月に初めて, 八八六年七月三十一日七十五歳で没する, 八八六年日本でいえ, 八八六年板ドシャンプルの, 八八号二十八の頭蓋骨, 八八四年カナダのモントリオル, 八八四年フィラデルフィアに於, 八八四年三度渡米ニューヨークに於, 八八四年五月の或, 八八四年生れでカフカ, 八八年ウヰールの, 八八年ニーノピサを去りて, 八八年ピサを去り, 八八年フィレンツェ人を助け, 八八年七月にてその, 八八年七月ウゴリーノ及びその, 八八年二月にこの, 八八年以来の記録, 八八年六月十七日払暁五時波斯女帝号の甲板, 八八年十二月二十四日のクリスマス前夜, 八八年十月プレシチェーフ宛の手紙, 八八年合衆国ペキン駐在の公使官書記, 八八年度の表, 八八年版ラムシオの, 八八年生れのシャギニャーン, 八八戸あった, 八八法王を選定, 八八番地の随分, 八八磅第二等地, 八八米突から, 八八粁もゆられ, 八八至一六九八年間康煕帝の勅, 八八艦隊計画が行なわれた, 八八西洋はヤソ教国, 八八角成七七角八九馬一一角成五七桂五八金左五六飛四八金上ル七九馬五七金スグ同, 八八頁の貴重, 八公さんか犬共, 八公芝居の仕出し, 八公謝罪ってしまい, 八六〇〇〇と見積る, 八六〇万円イタリアは八三〇万円, 八六〇年のが最終, 八六〇年タガンローグに生まれた, 八六〇年代以後のロシア革命史, 八六〇年以後もさしたる, 八六〇年八月十八日にガリバルディ, 八六〇年六月処女航海を行った, 八六〇年就任が一九一三年, 八六〇年頃からである, 八六〇年頃フナロードの始, 八六〇米の手ごろ, 八六これはみな, 八六わが国の政教, 八六ウィンチェスタ・ブシェルの一ラスト, 八六ハワイの実況, 八六メートルの小山, 八六ローマ法王の歴代, 八六・四四呎であるのに, 八六一七一〇であった, 八六一二年彼女が四歳, 八六一年ユーゴウはこの, 八六一年二月十九日なる農奴解放, 八六一年五月のある, 八六一年四月南北戦争が勃発, 八六一年彼が四十八歳, 八六一年来の内乱, 八六一年農奴解放が行われた, 八六一番地であって, 八六七・八両年にわたって二回, 八六七一八一一年には五, 八六七年ごろまでの作品, 八六七年パリ版ゴダールの, 八六七年フィンランド飢饉救済の慈善音楽会, 八六七年一月だったと, 八六七年以来離婚条件として姦通, 八六七年八月二十五日に安楽椅子, 八六七年八月十二日のタイムス新聞, 八六七年十一月に生れた, 八六七年十月十七日となっ, 八六三四五七等の種々, 八六三四四であること, 八六三四等の種々, 八六三年フランスのトノン氏, 八六三年ロシアはあの, 八六三年一月の日記, 八六三年九月にはなお, 八六三年法刑及び懲役, 八六三年頃あれね, 八六三年頃ジェネバなるヘルチェン, 八六九一一一八二〇年には三〇, 八六九一一人とし, 八六九五から一七七一年, 八六九年アルゼリアのコンスタンチナ市裁判所, 八六九年パリに生れた, 八六九年三月八日に瞑目, 八六九年中に百二十七人, 八六九年六月と十二月, 八六九年創立の, 八六九年十二月下旬から七〇年五月上旬, 八六九年即位が一九〇〇年, 八六九年日本全土にしかれ, 八六九年板トザーの, 八六二の三間, 八六二年八月の生れ, 八六二年八月二十二日パリの郊外, 八六二年六月八日にサンフランシスコ, 八六二年六月英国のバークンヘッド, 八六二年頃からは老年, 八六五一であること, 八六五年ブライト氏はバーミンガム, 八六五年三月十七日であったと, 八六五年以後の新鋭船, 八六五年即位が一九一〇年, 八六五年執政が一九一四年, 八六五年板シーフィールドの, 八六億四〇〇〇万年の長き, 八六八でいい, 八六八年フランス資本主義に後援, 八六八年三月の, 八六八年三月二十八日ロシアでは最も古く, 八六八年三月二十八日中部ロシアのニージュニ・ノヴゴロド市, 八六八年他の教区, 八六八年単行書として出版, 八六八年四月三十日上海を発し, 八六八年日本の明治元年, 八六八年版コリングウッドの, 八六六九死亡総数は四, 八六六年ごろ駐日公使, 八六六年バーゼルの教授, 八六六年モスコーの音楽学校, 八六六年普墺戦争勃発するや, 八六六萬年等となり, 八六十位に見える, 八六十四の目盛, 八六号室の窓口, 八六呉ヤヨ方母屋奥座敷より発火, 八六四に対して無, 八六四・七メートルの牧場, 八六四一であろう, 八六四二の拍子, 八六四半の畳敷, 八六四半四半水道つきという, 八六四年デンマーク戦争には未だなかなか, 八六四年中部フランスの貧しい, 八六四年六月十九日に沈められる, 八六四年幸運はバイエルン国王ルードウィッヒ二世, 八六四年彼が六十歳, 八六四年版ピエロッチの, 八六四年版一九〇頁にいわく, 八六四年版一二六頁に豕能, 八六年この世を去り, 八六年パリの, 八六年マドリッドで出版, 八六年ロングマンズグリーン社発行の初, 八六年ヴィクトオル・ユゴオの誕生日, 八六年一月に初めて, 八六年七月三十一日七十五歳で没する, 八六年三月六日に神父四人イルマン三人, 八六年大司教メンドーサの紹介, 八六年日本でいえ, 八六年板ドシャンプルの, 八六後の称忠平, 八六時間ですむ, 八六歩と突く, 八六番地農業呉八代の養子, 八六等の破, 八六調十四行を一つ, 八六調十四行詩がこの, 八六頁以下及びスカルタッツィニ註參照, 八兵衞さんの勘定書, 八兵衞鷲塚忠右衞門天草玄札などという勇士, 八其奴が下手人, 八其踏臺を持つ, 八其邊に手桶, 八円いくら二等六円何ぼ三等五円なにがし, 八円ぢや仲, 八円のを注文, 八円ヒーターなし, 八円マア十円どまりでしょう, 八円一等兵が七円八十銭, 八円三十三銭七厘とし, 八円三十銭ほかに敷物代一間, 八円九十銭維持費積立金一百円除幕式費用約百五十円, 八円也毎月正に難, 八円五十三銭あった, 八円何銭とかであった, 八円八十銭高土間一間七円七十銭平土間一間六円七十銭で別に, 八円十銭ヤスだなどと, 八円半九月の末, 八円四十銭に対して会社十四円六十銭, 八円売上げは一日二十五円, 八円平均ですから, 八円弱である, 八円手当五円電車のパス月, 八円許りも, 八冊目か十九冊目, 八册三百五十枚は今日, 八の犬, 八処女等の神楽, 八処女起原説明古伝とも言, 八出して見てくれ, 八出戻りで一つ, 八函中層史部は一千五百八十四函, 八分あとのこと, 八分がたしまりかかった戸, 八分がらみいた者, 八分きりなかった, 八分ぐらゐの彼等の体, 八分ごとにくりかえされた, 八分しきゃないとかいうあれをもじってみんながいつのまにか, 八分どおり座に見えました, 八分どおり新緑美しい, 八分どおり満員のバス, 八分どおり竣工しかけて, 八分どおり道路が乾いたら, 八分どころから引き気味, 八分のただのぬる, 八分の一ポメラニアでは三七・五分の一, 八分の一以上の軍隊, 八分の一以上増加して, 八分の一出生率は二六分の一, 八分の一十六分の一三十二分の一混血児と云う, 八分の一地方村落では四〇分の一, 八分の一増加したに, 八分の一結婚は一三〇分の一, 八分の一里ほどきた, 八分の一音だけ低く, 八分の七が零度, 八分の下りです, 八分の五の調子, 八分の五哩で白銀, 八分の例外的な大刀, 八分の入り二円以下が悪く, 八分の入り南座の顔見世, 八分の入り明日座員浜寺海水浴場行きと定, 八分の入り結局は十一月, 八分の出水当深川, 八分の列車にようやく, 八分の利子で人, 八分の力をもっ, 八分の功徳は飽食, 八分の問いかえし方, 八分の多数を示し, 八分の如来様の如来, 八分の急行だったので, 八分の怯気付きたるなり, 八分の所をじっと, 八分の手数料と高利, 八分の時おくれしむ, 八分の時間がかかった, 八分の木刀を作った, 八分の朽木であるごとく鴨南蛮, 八分の汽車で, 八分の満潮であること, 八分の石室の内, 八分の紅を染めた, 八分の練り製の人形, 八分の興味をもっ, 八分の観世音菩薩と淡島様, 八分の觀音樣あるのみ, 八分の距離であった, 八分の違いで熊, 八分の配當を保證, 八分の酔いを催し, 八分の鈎に巻い, 八分の開花を見せ, 八分の間であったと, 八分の香木のため, 八分の黄金仏だとも, 八分テ事ァ後で, 八分一九秒はまだどんどん, 八分一空間を考え, 八分七買って, 八分丈は四寸二分, 八分九分だけを用い, 八分二分ぐらいね, 八分五十八秒いくらかぐらいで, 八分五厘強位十時二十分ハネ宿へ帰り, 八分今その雛形, 八分休息した上, 八分位いしかなかっ, 八分位のが寄つて來, 八分何がし, 八分儀定規望遠鏡軽気球竜骨等機械が多い, 八分八分となる, 八分六三金これも負けず, 八分六厘なり, 八分出来という石, 八分労働者なん, 八分午後は三十七度五分, 八分半ほど経っ, 八分南蛮鉄の只一本, 八分強今夜は例年, 八分彼は横浜税関, 八分所からはや, 八分方は言, 八分時計をおくれしむ, 八分書孝経跋橘録跋冲虚至徳真経釈文跋青帰書目蔵書目録跋活字板左伝跋宋本校正病源候論跋, 八分活気が段々, 八分目どころまで開いた, 八分目餘用意了れば, 八分科大學, 八分見当とれる, 八分賛成でき二分危険, 八分身で描かれ, 八分通り上つたところ, 八分通り再建作業が出来, 八分通り出來上つた儘更に捗どる, 八分通り出来上つた道助, 八分通り出来上つた儘更に捗どる, 八分通り弦を引き, 八分通り泥を置きました, 八分通り片がついた, 八分通り相手の容, 八分通り船を埋め, 八分通り蔭つて高聲, 八分通り蔭つて高声に笑, 八分通り阿蘇卸ろしに, 八分電話をかけさせ, 八分青森行に乗る, 八分音符を一生懸命, 八分音符三つが八八, 八分頃まで押し上っ, 八分須磨明石の両, 八分食費四割以上その他あがって, 八分魏や六朝, 八分黄金無垢の観世音, 八列目を買った, 八列車か九列車, 八初めて家来の, 八利助を始め, 八到頭あきらめて, 八は西域, 八刻ごろでしょうか, 八にも定, 八剌妻と対し, 八へ出, 八剣士などというの, 八割九割も下っちまった, 八割五分の金で米, 八割位はそう, 八割八分までが所謂源平藤橘, 八割六分を占め, 八割削減といふ記事, 八割十円札二割とする, 八割強を増した, 八割方外れますけど, 八創作家としての伎倆, 八劈きにされよう, 八の蜥蜴草, 八力ずくとなる, 八の徳水, 八功徳池の波, 八助何かを取り揃え, 八勇敢なる男, 八を選ん, 八勝選定に際して土地, 八匁二分かどう, 八匁五分六厘と数字, 八匁八分を更に, 八匁宛なりと載せ, 八匹いずれも小さい, 八匹そっちに四匹, 八匹今日ツブシに到着, 八医師の馬車, 八十あまりらしい見るかげ, 八十ごろの齢, 八十さんが早い, 八十たび申せど, 八十カペイカで物, 八十カペイキ三十分の早とり, 八十カペーカなんて, 八十カロリイの熱量, 八十カロリーだから, 八十カロリー人参が二十五匁, 八十カ所も落雷, 八十キロメエトルの処, 八十キロ略西方に向け, 八十コペックだよ, 八十セントでうち三十五セント, 八十トンの機帆船昇龍丸, 八十トン艀がつながれ, 八十ドルと金時計, 八十パアセントは, 八十パイの青, 八十ピアストルといふわけ, 八十フィート幅八十二フィート一万八千九百十四トンという巨大船, 八十フラン六サンチームの金, 八十プロセントだけは三十度以内, 八十マイル強そこの大, 八十リラずつ, 八十ルーブル前後の金, 八十ヵ国を越える, 八十一そうの船, 八十一ぢやつたかな, 八十一マイルあり, 八十一メートル現政府, 八十一万七千戸最後に一つ, 八十一万四千五百七十一人なり, 八十一二度なり, 八十一人所謂分家の徳さん所著, 八十一個あり形, 八十一個所その次, 八十一億の金, 八十一名であります, 八十一女御合せて, 八十一年九月はじめて演ぜられた, 八十一年前安政二年に丁抹, 八十一年十一月ペテルスブルグでまた, 八十一年度ヴインナ大學病院最近處方, 八十一度になりました, 八十一所引東晉の王隱, 八十一条を思い出される, 八十一歳法名相応院殿月桂凉心英誉清熏大禅定尼秀吉此の後室, 八十一町村といふもの, 八十一章からなる, 八十一艘を獻, 八十一號に掲載, 八十一變とて何度, 八十一門軍旗五十流朝鮮兵の生命二百五十, 八十一鱗あり九々, 八十七パアセント大丈夫であって, 八十七ルーブリ都会の小学校教師, 八十七万余人五十代も八十代, 八十七万石兵数二万姉川に来りし, 八十七下張巡傳に當時, 八十七両といった方, 八十七人岡山に百十四人, 八十七件の故殺, 八十七個靴が七十八足, 八十七倍と鍬, 八十七兩といつた, 八十七円五十銭今日の相場, 八十七分の八十六番位で出た, 八十七刻六分に始ま, 八十七刻半に終り, 八十七匁六分なり, 八十七号で特輯, 八十七国一千五百七十九市町村に達し申し, 八十七圓ですな, 八十七年三月二日ナポリにてとある, 八十七年丹波の国, 八十七年買つた場所はストランド, 八十七年頃から佛國生れ, 八十七度半ないし角七十七度三分の一式, 八十七度四十四分で北極, 八十七戸か, 八十七日くらいで死んだ, 八十七日弱にてその, 八十七日目だった, 八十七条に至る, 八十七番にお, 八十七祖母の八十八, 八十七箇所は落ち無く巡つ, 八十七編である, 八十七部毎日が六十八部, 八十七銭だった, 八十七首から成る, 八十万なんの百万, 八十万キロの後方, 八十万一年重陽の佳日, 八十万億那由他由旬, 八十万内地に戻る, 八十万売り上げのある, 八十万実数四十万の大軍, 八十万年になる, 八十万弱が七百十万余, 八十万法勝ちあげて, 八十万町歩足らずに減っ, 八十万磅から一百万磅, 八十万神の眼, 八十万罐千島北海道樺太に九百八十万罐移出, 八十万罐移出して, 八十万里を飛行, 八十三カ所ありしと, 八十三シリングであり一八一三年, 八十三マルクローマ宗百二十九万七千三百六マルクなり, 八十三ミリから三百二十五ミリ, 八十三メートルのエベレスト山, 八十三万三千ドル死者四十名であったそう, 八十三万九千六十二人を数え, 八十三万千八百十五人ということ, 八十三万四千七百四十五人部落外居住者人口総数六万九千六百六十七人合計九十万四千四百十二人とある, 八十三人みな差し違えたり, 八十三例でこの, 八十三億ルーブリから四百三十二億, 八十三分の長考が終り, 八十三呎幅員九十二呎半龍骨から船橋, 八十三回に及べり, 八十三山である, 八十三州中六十余州の反抗, 八十三年イタリー國カラブリヤに起つた, 八十三年ペテルブルグの師範学校, 八十三年二月に南イタリイ, 八十三年十二月かの女優モッヂェスカ, 八十三度あたりでさかん, 八十三度二十分西経四十三度〇五分の附近で熱帯, 八十三度以上にのぼる, 八十三戸中八十二戸潰れ六十五名, 八十三所の祠, 八十三条に規定, 八十三条等に就い, 八十三歳丁卯の年, 八十三番の座, 八十三確実なる男, 八十三翁の記憶力, 八十三翁四年前手術の甲斐, 八十三郎そちはこの, 八十三郎のだ弟の, 八十三郎めの病弱, 八十三郎今朝はどんな, 八十三郎殿を, 八十三郎殿破牢の一件, 八十三頁の第, 八十上の老女, 八十両ノアビセデ三州ヘ行キオッタガ, 八十両事と次第, 八十両小判で受取った, 八十両忰に渡し, 八十両成程是, 八十両株が高く, 八十両江戸時代では大金, 八十之賀には御, 八十九か村と安曇郡百四十四か村, 八十九万斤が蓄えられ, 八十九世紀の絵画, 八十九十年は持たない, 八十九十歳だった, 八十九号として右, 八十九名のうち, 八十九圓にしか通用, 八十九年チューリン市で初めて, 八十九年三名の委員, 八十九年初演オランダのアムステルダム, 八十九年東羅馬帝の命, 八十九日の頃, 八十九日二十一時間の驚異的記録, 八十九条に, 八十九条八百一条第八百十三条, 八十九歳それまで小病, 八十九番地だ, 八十九番地庄司見新吉, 八十九番目位のホント, 八十九種のうち, 八十九節においてヨブ, 八十九米一の三角点, 八十九米二の絶巓, 八十九米突の高, 八十九軒一万二千五百七十八戸が災, 八十九銭で出来ました, 八十九鳥羽僧正が八十八, 八十二エスクウドで最高位, 八十二グルデン三十七クロイツァーを超えなかった, 八十二フィート一万八千九百十四トンという巨大船, 八十二メートル半ですね, 八十二万八千株ありて, 八十二三人となる, 八十二三度を越えず, 八十二円何がし, 八十二回は勝ち角力, 八十二島の中, 八十二州しかない, 八十二年イギリスのロード, 八十二年伯林工芸美術館においてその, 八十二年信長が殺された, 八十二年刊行の本書, 八十二度五十分で, 八十二弗四十五仙であるが, 八十二戸潰れ六十五名, 八十二戸一万二千四百五十二人にも達し, 八十二日目のこと, 八十二日間の検束, 八十二時間ピアノをひき通した, 八十二条の法規, 八十二條に, 八十二機械化大隊のため, 八十二正説元文生, 八十二段のぼりつめた石段, 八十二段余の石段, 八十二氏であるが, 八十二浬の航路, 八十二種の奇事異聞, 八十二里の遠き, 八十二銭位にしかなっ, 八十五カペイキぐらいしかしなかった, 八十五ドルの小切手, 八十五パアセントです, 八十五フイートある水路, 八十五フランで買った, 八十五ミリになりました, 八十五万人を死なせた, 八十五万人ドイツより九十万人, 八十五万円ペリッは二十七万円, 八十五万円見当である, 八十五万磅も金, 八十五両溜つてゐたさ, 八十五人ヒラギシには士族平民取り, 八十五倍以上の俸給, 八十五円平均かまあ, 八十五円芝区今入町でございますよ, 八十五円頂戴いたします, 八十五區に分かれ, 八十五巻に就い, 八十五年ボストンにて再刊, 八十五年ユーゴーの逝ける, 八十五年三月ロンドンの一素人劇クラブ, 八十五年前北海の風波, 八十五年此に終りぬ, 八十五度文晁の富士, 八十五束もあった, 八十五杯は取れる, 八十五枚だけ送る, 八十五浬の西北, 八十五点の見こみ, 八十五石となる, 八十五箇の中, 八十五貫だが, 八十五里十日の日数, 八十五銭中等一円四十銭高土間上等一円七十銭中等一円三十銭平土間上等一円五十銭中等一円十銭と記載, 八十五銭五厘だ, 八十五錢と云, 八十五鍵を低音部, 八十五隻だ, 八十人あてということ, 八十人あまりのおもに, 八十人ぢやない, 八十人一隊で押しよせ, 八十人乗りの大, 八十人九十人位づゝ怪我人參候故早朝參候而, 八十人位の人数, 八十人位多数の兵士, 八十人余りも使おう, 八十人先生が十四人, 八十人分の人力, 八十人宛ということ, 八十人徒党して, 八十人数の上, 八十人日ならずして, 八十人百何人ひとかたまりの若い衆, 八十人皆火に赴き, 八十人皮作等雑種七万九千〇九十五人合計三十八万二千八百八十六人とある, 八十人皮作等雑種七万九千九十五人とあります, 八十人皮作雑種七万九千九十五人合計三十八万二千八百八十六人とある, 八十人許もゐ, 八十人足らずの列, 八十人近くの市会議員, 八十人鉄砲組の足軽五十人, 八十人餘りも, 八十人馬百八十疋という触れ込み, 八十仙くらゐなもの, 八十代高倉院ノ御宇治, 八十伴雄乎麻都呂倍乃牟気乃麻爾麻爾老人毛女童児毛之我願心太良比爾撫賜治賜婆許己乎之母安夜爾多, 八十位頭髪は真白, 八十何円とやらいった, 八十何回もやつ, 八十何年もたたない, 八十何度のところ, 八十何枚かあと三十枚, 八十何篇五十巻始め池田大助十巻外幾つかの捕物小説, 八十余万人の失業者, 八十余円入の財布, 八十余合に及んだ, 八十余名咫尺の外, 八十余尺という円い, 八十余年以前かの三蔵法師, 八十余年前今年よりは千六百十余年前, 八十余年寸土尺地といへ, 八十余戸死者三千人負傷者は数, 八十余方里をもっ, 八十余日後の十一月五日, 八十余日間打ち通して, 八十余本を飲み, 八十余歳七十五十ほか合せて, 八十余編の詩作, 八十余里隔った国, 八十余齢という白髪, 八十俵取りでお, 八十倍の人間, 八十僧侶の数一百人, 八十億の鬼衆, 八十億トンあるいは百億トン, 八十億ドルにもなる, 八十億ポンドの塩, 八十億円位ためるの, 八十億年その間にどの, 八十億気圧にしか耐えない, 八十元を強奪, 八十兄弟に苦しめられ, 八十児だった, 八十児君が此, 八十兩事と次第に, 八十兩小判で受取つたの, 八十兩拔いたの, 八十兩返しや徳之助, 八十八なんていうはんぱな数, 八十八カ所三百里の里程, 八十八カ町の山車引き物, 八十八フィート高さ, 八十八ヵ所廻りの判, 八十八ヶ所廻りの部, 八十八一休和尚が同年, 八十八万は有難い, 八十八万人の未亡人, 八十八人大聖寺八十三人であります, 八十八人目の姨, 八十八体仏の彫像, 八十八信でかいた, 八十八個所の中, 八十八兩の小判, 八十八名という言語道断, 八十八哩と計算, 八十八尺の高, 八十八年ズルラ政柄を得つる, 八十八年三月六日五十五歳で父, 八十八度あったまるで, 八十八度あたりまで進む, 八十八度二十三分まで行った, 八十八度五十分のところ, 八十八度西経百八十七度の所, 八十八度附近で濃霧, 八十八戸であった京都, 八十八文取られるという, 八十八日間実に一万四千哩以上, 八十八星座が公認, 八十八条七百八十九条八百一条第八百十三条, 八十八株半持って, 八十八歳生徒の私, 八十八歳生間流の大家, 八十八法の細かい, 八十八瀧の稱, 八十八箇所卅三番へもお札, 八十八箇所巡礼の国, 八十八賀の時, 八十八賀能の前日, 八十八軒七百八十九人は百九十三年後, 八十八通を集めた, 八十八里九州肥後熊本五十四万石細川侯の行列, 八十八銭きゃべつは四十一銭, 八十八門の金碧, 八十八阪九十九折木の根岩角躓き倒れ傷つきては, 八十八階でエレヴェーター, 八十八首である, 八十六トンにし, 八十六ヶ所の重傷, 八十六丁五号活字二段組でぎっしり, 八十六個の雪, 八十六個負傷者三百八名を収容, 八十六円と申し, 八十六圓と申し, 八十六年七月の二十日, 八十六年九月の, 八十六年六月十三日の夕, 八十六年前の嘉永四年, 八十六度ありますが, 八十六度足らずです, 八十六度風涼し, 八十六文を取出し, 八十六本しかなかっ, 八十六栗の条下, 八十六番位で出た, 八十六秒に走つた, 八十六艘もの信じ, 八十六號別刷の薄, 八十六軒二千六十四人が明治四十年, 八十六里二十丁京へ三十六里半, 八十六里二十町京へ三十六里半, 八十六銭ございました, 八十六門の砲, 八十六頁の四折判, 八十六首は割書, 八十円ぢやありません, 八十円ボーナス入れて, 八十円世話人その他の費用百五十円, 八十円何がいくら, 八十円前後で酒屋, 八十円年にし, 八十円用意して, 八十分もさらされ, 八十分の一すなわち八万, 八十前後の老人, 八十匁位が適当, 八十北の木無山, 八十匹馬方百八十人にも上った, 八十句になった, 八十句位しかない, 八十台にあまる, 八十号なり, 八十合も槍, 八十吉ら五名の男女, 八十吉信順在世の日, 八十吉夫人はその, 八十吉夫婦と竹造, 八十吉殺しの清松, 八十吉氏と思いこん, 八十吉清松竹造の順, 八十名一同相会しはるか, 八十名以上のチェッコ, 八十名余の増援隊, 八十名平氏が百十三名, 八十名斗ニて蔵ハ八九度, 八十名盛会であったが, 八十呎の高, 八十周を年數, 八十哩を経た, 八十噸六十馬力の駒井独創, 八十囘己が獅子, 八十四マイルあり, 八十四メートルの高, 八十四ヵ所に現在, 八十四ヵ所以上の土地, 八十四万七千なれば, 八十四中隊をもつ, 八十四五歳であり君子, 八十四五里の三河国幡豆郷横須賀村, 八十四人下官百五十四人総人数二百六十九人, 八十四位です, 八十四個の四角, 八十四円神会の資本, 八十四函上層子集部は三千六百函, 八十四号ヲ以テ勲等簿冊ニ記入ス, 八十四図を載す, 八十四年三月三日ロンドンの王子座, 八十四年前のこと, 八十四年英国倫敦発刊の某, 八十四度くらゐけれども, 八十四度以南の無人, 八十四時間を要す, 八十四枚の, 八十四枚水夫十六人飲み水十五石積, 八十四歳いっぱいになっ, 八十四歳一瞬にし, 八十四番には筧甚五右衛門, 八十四番目のとき, 八十四言の多き, 八十四銀行三共のオリザニン, 八十四頁久高島の結婚, 八十回以上百回近くも転宅, 八十国島の八十島, 八十圓等を込め, 八十大臣の外, 八十字であって, 八十字軍遠征から持っ, 八十宇治川の夷島落ち, 八十家族で皆, 八十寺甍青苔にうるおえ, 八十尋錦巻き抱き, 八十尺抹香鯨六十五尺鰮鯨座頭鯨背美鯨は五十尺余, 八十尾ほども余分, 八十尾ろに根張り足引き, 八十州残る隈, 八十常までの特別給与, 八十平方キロに近い, 八十平方マイルの地域内, 八十年ぶりとかいうこと, 八十年むかしに日本, 八十年一月八日戲曲座で開演, 八十年九十年たつて, 八十年二月に初めて, 八十年二月十七日ミュンヘンにて, 八十年二月十八日ミュンヘンにて, 八十年五月何日かの日暮れ方, 八十年人寿の光陰, 八十年以前からある, 八十年位にしかならぬ, 八十年余り前にこの, 八十年倭國亂相攻, 八十年全島鬱々たる樹木, 八十年来日本の学者, 八十年来進化論が唱, 八十年目の長者, 八十年經ました, 八十年記念切符ではじめて, 八十年配の老人, 八十年間三代の工人, 八十年風の強い, 八十年餘り前, 八十幾人かの随伴者, 八十幾圓が状袋入, 八十幾年かの物, 八十幾点床下と天井裏, 八十幾篇枚数にすれ, 八十度〇五分の国旗の待伏せ, 八十度〇五分の氷原の上, 八十度〇八分における記録, 八十度一寸出て, 八十度五十二分でこれ, 八十度今日は七十八度, 八十度位い殆ど直立同様, 八十度夜間七十四五度なり, 八十度室内空気の寒暖, 八十度強です, 八十度角の方向転換, 八十度附近の大, 八十弗で支那, 八十弩兵八十を含め, 八十張で紲一匹, 八十戸焼失の火事, 八十戸百戸の人家, 八十房ずつついた, 八十所の領地, 八十才今日の三浦謹之, 八十把も漉く, 八十挺はあろう, 八十挺二三十目玉から五十目玉, 八十数社を加え, 八十文平塚より大磯, 八十文池田極上酒代百文大極上酒代百十六文, 八十日ゆきとも, 八十日位の雛鳥, 八十日近く入院して, 八十日間世界一周を読み出す, 八十春江湖遠処養天真, 八十春秋に終る, 八十有余の善智識, 八十末社雨の宮風, 八十本以上百九十四五本当てる人, 八十本以上百九十四五本當てる人, 八十本其小川の両側, 八十本日比谷公園の櫻, 八十本病院もやめ, 八十本芝公園の櫻, 八十束といふの, 八十枚以上かかるでしょうから, 八十梟帥磯城賊猾賊土蜘蛛など兇悪, 八十樹の嫩葉, 八十機積むこと, 八十次であった, 八十次郎入門す, 八十次郎大井正一郎安田図書大西与五郎美吉屋五郎兵衛同つね, 八十次郎英太郎が父, 八十歩の大, 八十歳のもあれ, 八十歳兄竹山を喪つて, 八十歳前後の半身像, 八十歳近く半身不随になっ, 八十歳釈尊の入滅, 八十毘良迦などその, 八十氏と汎称, 八十水田村へ水, 八十河こめて, 八十法で以, 八十洲を包む, 八十浬長さ二百五十間, 八十海里くらいというもの, 八十渓に生, 八十点だ, 八十点ぐらゐまでは僕でも行ける, 八十点以上は取れましょう, 八十点以下に下らない, 八十珍を常に, 八十町セロリー四十町作って, 八十町食封八百戸すなわち封戸, 八十番舊で五十番, 八十畳も敷け, 八十盈回首志業一無成, 八十盒でトンズル一文半, 八十目伏見屋の井戸, 八十目毛色黒く光沢, 八十石以下の給分, 八十石六人扶持の表, 八十石取りの相当, 八十石家扶阿部小重郎, 八十石益満休, 八十石積みで三本帆檣, 八十神たちはけっして, 八十禍津日前で探湯, 八十秒が立った, 八十程も現れ, 八十種あまり採集した, 八十箇国の気象学者, 八十篇韓信丹次平柄銀次, 八十米コースの柔, 八十米上州方面の称呼, 八十米余も高く, 八十米平均高度は二千六百二十米, 八十米近くで破裂, 八十粁の開鑿, 八十粁距ったところ, 八十綱をもそ, 八十纏頭用の品, 八十署を総動員, 八十膳夫を設け, 八十船の明石, 八十荷作り汲取人夫は六人, 八十萬の兵, 八十萬マークを要した, 八十萬錢にも達した, 八十衛門様でございますか, 八十親爺の猥褻, 八十許ヲ存ス, 八十貫巻煙草が二十五万本, 八十貫牡牛のごとき, 八十貫目の間, 八十足しかできない, 八十輛の馬車, 八十輪宵毎に咲い, 八十通にのぼる, 八十遍も空しい, 八十遍以上も啼いた, 八十郎等の父親, 八十部くらい残っ, 八十部並に公民等, 八十里大小の兵船, 八十里女の足, 八十里山吉ヶ平迄供奉, 八十里巴里から離れた, 八十里百十四次の長い, 八十里越あたりの連山, 八十里越六十里越は最も, 八十里隔った処, 八十銭きりだよ, 八十銭つきまっさかいな, 八十銭サイフにある, 八十銭九十銭になり, 八十銭二等兵で七円三十銭, 八十銭五毎日年鑑は附録, 八十銭伊藤は五十銭私, 八十銭均一なり, 八十銭女で五十銭, 八十銭宿料五十銭小遣二三十銭は食, 八十銭席が四円, 八十銭平土間は二人詰め, 八十銭東京私宅へ郵送, 八十銭缶代の二十銭, 八十銭高土間一間七円七十銭平土間一間六円七十銭で別に, 八十銭高土間一間二円二十銭平土間一間一円三十銭そのほか, 八十錢ぢや, 八十錢づゝも取つ, 八十間一瞬に破壊, 八十間余の所, 八十間其処でまた, 八十間其處でまた, 八十間道路に當, 八十隈吹き靡け, 八十階で建坪一万一千平方キロメートル, 八十隻家の流れ, 八十露里もある, 八十頁位の手ごろ, 八十頁余りのその, 八十餘人の人, 八十餘歳の長, 八十餘歳九十一二歳かであつ, 八十餘里ある對馬島, 八十餘齡なのに, 八十騎持ちの侍, 八千これだけの軍勢, 八千キロの旅路, 八千トン以上の会社, 八千ドルでロンドン, 八千ドル地理測量のエー・ジー・ワルフィルド, 八千フィートあまりだろう, 八千フランで買つた事, 八千プ位勝ちで十二時近く, 八千ペソ以上だろう, 八千ポンドの賞金, 八千マイルである, 八千リラ持って, 八千ルーブリほどお, 八千一万の婦人, 八千七百五十四石の一所持, 八千七百戸のうち, 八千七百枚と承り, 八千七百餘時間を經, 八千七社の御, 八千万クローネから一億クローネ近く, 八千万ドルといわれる, 八千万ルーブリを労働時間, 八千万両やらそれとも, 八千万人以上の婦人たち, 八千万同胞の総意, 八千万噸と云, 八千万国民のため, 八千万年を経, 八千丈とはいつ誰, 八千三百余町歩の開墾, 八千三百六十八人を就職, 八千世紀がほどにも思われた, 八千丸も兄, 八千九百計二万二千四百十三社, 八千九百ベェスター南極に至る, 八千九百九十一人尼一万四千百八十四人ありしも, 八千九百九十八人第二十二回目弘化三年, 八千九百二十九票という勘定, 八千九百六十二と, 八千二万三万五万十万の読者, 八千二十四ポンドユダヤ教に一千五十五ポンド, 八千二百五十一人海より詣する, 八千二百六十餘日間四十三萬八千七百餘時間を經, 八千二百石取の, 八千五百〇六八に達し, 八千五百万人なり, 八千五百六人に対して穢多, 八千五百円袋のま, 八千五百噸の大艦, 八千五百噸武装は十五糎砲十五門, 八千五百房と, 八千五百石六十二歳の大身, 八千五百石永井和泉守様の御, 八千五百石永井和泉守樣の御, 八千五百萬人の人間, 八千五百萬圓の國債, 八千五百蛟哮え猛, 八千五百雪の山路, 八千人インド人および他, 八千人城南湯本口には池田輝政, 八千今漸減少, 八千代川勝歌蝶富菊などは三都歌妓, 八千代諱は尊子, 八千位だという, 八千何百万人の中, 八千余りであった, 八千余ポンドでそのうち, 八千余人人馬相蹂み刀戟相, 八千余名はまったく, 八千余挺土居四千三百余駄の木租, 八千俣に, 八千俵から多い, 八千個に及ぶ, 八千兩そつくり持出して, 八千兩箱といふもの, 八千兩邪魔になる, 八千八十六トンにし, 八千八口あると, 八千八声まで啼かぬ, 八千八百万となり, 八千八百両の費用, 八千八百八十三マルクローマ宗百二十九万七千三百六マルクなり, 八千八百八十三メートルのエベレスト山, 八千八百八十二メートルのエベレスト峯頂上, 八千八百八十人と御, 八千八百八十八と御, 八千八百八十本の毛髪, 八千八百呎ばかりのところ, 八千八百四十メートルだ, 八千八百石の城主, 八千公しつかりね, 八千六百ベスターというよう, 八千六百万ペセタバルセローナ銀行頭取の欲しかっ, 八千六百二十七人の増加, 八千六百二十三円五十三セントを, 八千六百余騎おめき渡っ, 八千六百八十九人ありしと, 八千六百六十万トンに増加, 八千六百尺の標高, 八千六百尺火山の如き, 八千円セーブルはさっ, 八千円二万八千円わあツ, 八千円余に上っ, 八千円文庫ですら, 八千円組の一人, 八千刀とか中, 八千匹飼って, 八千四百七十三人中死亡が三千二百五十五人, 八千四百万の人間, 八千四百人に上っ, 八千尺以上の高山, 八千尺冬は零下四十八度, 八千尺碧林瑤草瓊樓玉闕烟霧の裏, 八千尺級の雪, 八千層敷ける真底, 八千岐に分れ, 八千巻千六百呎切った長, 八千年乃至一萬年, 八千年前にその, 八千年目ノ誕生日, 八千度百千度眼を釣りあげ, 八千戸ある村, 八千有余名の学生, 八千有餘名の學生, 八千枚から一万枚, 八千株ありて, 八千武田勢の倍, 八千歳其結果として天地, 八千歳天数極高地数極深盤, 八千歳靈木の, 八千死者十一万四千負傷者十一万五千を出し, 八千法の賭牌, 八千浦村夷浜同夷浜新田, 八千百万の彼女たち, 八千百万トンになった, 八千百万人が結集, 八千百八十四円神会の資本, 八千百六十四語古語より現代語, 八千石大村丹後守の御, 八千石戸田山城守のお, 八千石江戸の上屋敷, 八千米以上の上空, 八千粁も飛ぶ, 八千草さきみてる, 八千萬圓の國債, 八千虎賁の軍隊三十余万, 八千貫の間, 八千足になりやす, 八千足らずの勢, 八千軒もある, 八千載であるなどと, 八千輜重工兵二千五百伝令及び物見組, 八千通の投書, 八千重に思ひ, 八千金というの, 八千長篠の西方設楽, 八千間道より中入り, 八千頭の乳牛, 八千餘騎を従え, 八千馬力出る, 八千駄木の鈴川家, 八千騎隊伍粛々として余呉, 八千魔界の壇上, 八升マメであるが, 八升樽に入れ, 八は六・一分, 八半これは宿場, 八半時過著船, 八危うく欄干を, 八即時左手を放し, 八厄介なこと, 八厘一錢乃至二錢, 八厘也可うが, 八厘六毛三朱と成る, 八厘四毛であったと, 八厘幾らとか言, 八厘方格安となった, 八厘昼夜間用は自家用四銭, 八厘木彫は五銭, 八原田雲井玉井金五郎それに花嫁, 八参考資料の中, 八と云う, 八双月流の投入, 八双構えたままで動かない, 八反歩ばかりの田, 八の通い船, 八叔父頼杏坪に従つて東遊, 八口やかましくて地代, 八口上も言, 八口朝臣音橿小山下壱伎連博徳と大, 八口槍が三本, 八の, 八句其他の題詞, 八句目に, 八可愛い娘であった, 八台トラックは四台, 八台片方のタイヤ, 八の叙目, 八史略中の事実, 八史略的ロマン主義を利用, 八右衞門さんに違えありません, 八右衞門さんアは, 八右衞門さん此奴の事, 八右衞門様あんた私に礼, 八号三一一頁に掲げ置いた, 八号中の拙作, 八号二九二頁以下に長く, 八号二十九号明治三十七年五月一日八日十五日二十二日二十九日署名一~三は一記者, 八号二十八の頭蓋骨, 八号二十四冊より成りたる, 八号斎藤真氏説に陸前, 八号目じゃない, 八号矢野宗幹氏の説, 八合めまで登った, 八合仕事に出た, 八合位使わなければ, 八合目ころから上, 八合目以上が夏, 八合目以後に在るなり, 八合目辺りに雪, 八合祀は天然風景, 八合顔良の一喝, 八吉二人手わけをし, 八吉助女中うたの七人, 八吋平方の紙, 八吋砲が一斉, 八吋砲こっちは十一吋砲, 八吋砲六吋砲の十二門, 八吋速射砲二門十二珊速射砲六門四十七粍速射砲十二門機關砲四門あるです, 八彦次郎などの, 八同上一番清蔵楫取弥之助, 八名これに対し吏党, 八名それぞれ分宿して, 八名めえは, 八名一万両がとこ, 八名一九二四年に六名, 八名一人の男子, 八名一団となつ, 八名一室六名ずつの八室, 八名中美妙は社幹, 八名之を引率, 八名二十二年の総, 八名二十八名だ, 八名京橋區彌左衞門町の同好倶樂部, 八名代の悪筆, 八名來た, 八名候補者を立て, 八名受洗土人四名も戦死, 八名川小学校ての, 八名川町と八五郎, 八名歩兵四二〇名アルマグロ方騎兵二二〇名歩兵二八〇名であった, 八名死者は二名, 八名田辺へ参っ, 八名異状なし, 八名総勢五十余名の一行, 八名職人二名ずつ, 八名足軽廿人引きつれて, 八名郡内にては古来, 八名金庫爆破の上本部引揚, 八名題の惡筆, 八向日葵の宿, 八君楽屋で奥さん, 八吾家の, 八呎ダンテの時代, 八呎屋も昔, 八呎水深三呎の曲りくねった, 八周忌が近づく, 八の神薬, 八和平も手伝っ, 八咫屋へ額縁, 八品派の寺域, 八品詞以外のや, 八哥出して, 八哥鳥がし, 八哩二海抜三二〇〇尺と言い出す, 八哩手前の海上, 八哩直径およそ三十五哩, 八唐突に, 八可愛らしいといふだけの, 八唸るように, 八善公を龜澤, 八嗜む處の, 八嘲るように, 八に盛っ, 八の貨物, 八噸甲板の延長五哩, 八囘以後はその, 八四〇から一八七〇, 八四〇〇立方メートルになる, 八四〇フランを受取り, 八四〇メートルくらいの杉林, 八四〇九五二だけ少く, 八四〇四五五である, 八四〇基米と註, 八四〇年シューマンが三十歳, 八四〇年ジョルジュ・サンドによつて, 八四〇年ニューヨーク板サウスゲイトの, 八四〇年ブロードウエーはトーマス街近く, 八四〇年ロンドンに生る, 八四〇年二月後者は同, 八四〇年五月七日鉱山技師の子, 八四〇年代のパリ, 八四〇年以後ロシヤ人ヤコビ教授以下の人々, 八四つん這, 八四つん這いになっ, 八四カ日は興照寺, 八四メキシコの実況, 八四ローマの名刹旧所, 八四・〇ミリという今, 八四一は鰥夫寡婦, 八四一メートルの山, 八四一中山とし, 八四一五四一七が残る, 八四一年プロシア王フリードリッヒ・ウィルヘルム四世はベルリン, 八四一年七月紐育を騒がせた, 八四一年九月八日昔のボヘミア, 八四一年即位が一九一〇年, 八四一年頃には健康, 八四一番地中山とし, 八四一米のレンゲ岳, 八四一頁にこの, 八四七三のうち, 八四七年以前に限られ, 八四七年以来此の家, 八四七年十一月ロンドンに開かれた, 八四七年国内に信仰, 八四七年最後の訪英, 八四万一〇〇〇人に上る, 八四三年一月に発表, 八四三年六月のこと, 八四三年建造のグレート, 八四三年彼が死, 八四並びに註參照, 八四九一であった, 八四九年アメリカに亡命, 八四九年一月のこと, 八四九年三十六歳の時, 八四九年以前にはよくよく, 八四九年八月の終りカール, 八四九年正月ショパンはとうとう, 八四二年十一月に発表, 八四五という電話, 八四五六年代はイギリス, 八四五年ウェルゲランが死ぬ, 八四五年パリ板コラン・ド・ブランシーの, 八四五年一月のこと, 八四五年七月のある, 八四五年以前において漸次, 八四五年以後創立せる寺院, 八四五年八月十日六十歳でデルフト, 八四五年十一月六日のこと, 八四五年十二月に発表, 八四五年四十四歳にし, 八四五年版コルリーの, 八四五年米国政府が普通郵便物, 八四人目の比丘尼, 八四八年おまけにユダヤ人, 八四八年ドイツのバヴァリア, 八四八年パリ市中に築いた, 八四八年一月その草稿, 八四八年三十歳のツルゲーネフ, 八四八年二月フランスで二月革命, 八四八年五月三十一日に死んだ, 八四八年五月二十四日メールスブルク附近に買いもとめた, 八四八年以前のヨーロッパ大陸, 八四八年十一月カールほか二人の同志, 八四八年頃二十六七歳の若, 八四六に比, 八四六年カンニングハム大尉の, 八四六年クラカウ一揆を起させた, 八四六年バルザック四十七歳の成熟期, 八四六年最初の聖譚曲, 八四六年板ライトの, 八四匹の虎, 八四十二であったが, 八四半三位で四十円以上, 八四四の作品, 八四四〇四だけ多く, 八四四年五月六日王立協会にてヴィクトリア女皇, 八四四年即位が一九〇三年, 八四四年版六六六頁に拠れ, 八四地区に分けられた, 八四年アラゴーナ王ペドロ三世の將ルージアロ・ディ・ラウリア, 八四年カナダのモントリオル, 八四年ノルウェイのベルゲン, 八四年パリ板サントスの, 八四年ピサの艦隊, 八四年フィラデルフィアに於, 八四年フィリップ四世に嫁, 八四年三度渡米ニューヨークに於, 八四年五月の或, 八四年天武天皇の時代, 八四年生れでカフカ, 八四年間のジークブルク居住中, 八四度だのに, 八四磅に値し, 八四結婚は一一二, 八四至に分類, 八四註及び淨, 八四頁コラン・ド・プランシーの, 八回それが改修, 八回公演を最後, 八回分で原稿, 八回勝負がすすんだ, 八回大会日本招致は日本代表, 八回往復するけれども, 八回日本山岳会小集会, 八回東京都宝くじの抽せん, 八回洗濯したが, 八回無駄足を踏ませた, 八回胃の薬, 八回貝殼器の條, 八回通つた揚句一年のびたとか, 八回通つて娘とも口, 八回雪枝さんの方, 八因代以求といふ, 八困つたことには, 八図これなり, 八国十五安七つ, 八国掌管の祝典, 八国教宗の本山, 八国木田独歩三十八長塚節三十七芥川龍之介三十六嘉村礒多三十七, 八国民高等小学校の隣, 八圈戰を五回ぐらゐ, 八圏目に入っ, 八圓ぢや仲, 八圓七十錢でした, 八圓也毎月正に難, 八圓二十五町歩につき四千五百圓也, 八圓半九月の末, 八圓宛は送る, 八圓箱代並びに荷造り費, 八圓許りも, 八はネアンデルタール, 八土竈へは誰, 八在宿に候, 八地域にわたって宋江以下, 八地方人と東京人, 八坪あまりのところ, 八坪余りのところ, 八坪前後まことに見る, 八曜各々力を, 八と水, 八という駅, 八の上, 八などいう, 八の象, 八っ辛い, 八境九十三甸の各, 八墨染の十得, 八は蚊帳, 八夜あなたとここ, 八夜前後の月, 八大丈夫だと, 八大事そうにソッ, 八大名全部が将軍家, 八大字あり大正二年度, 八大家文集をMM先生, 八大層勢ひ込んで, 八大島染之助, 八大観音などいう, 八大通大口屋暁翁だの大和屋文魚, 八大隊砲兵四十八中隊騎兵十二中隊を公主嶺方面, 八大隊騎兵二百十九中隊砲兵二百七中隊と算上, 八大願を読み返し, 八天下は無, 八天井が怪しい, 八天井裏を見よう, 八天国へのマランン競走, 八天水桶の埃, 八天界は苦惱, 八太夫以前に拡つた愛護民譚, 八太夫座の勢力, 八太郎が犬, 八太郎ガ不礼, 八太郎作の, 八太郎夫婦と下女一人, 八太陽年は金星, 八の治兵衞, 八夫妻佐の市, 八夫婦母おやも, 八女の子へ手紙, 八女倶に白鳥, 八女出入で命, 八女出入りに気, 八女国の名, 八女子出生の女子人口, 八女柏三つ女久利一つ柏軒と妻俊, 八女柏十三柏軒と妻俊, 八女洲七つ国四つであつ, 八女郎には平次, 八奴何を面, 八奴気味の悪い, 八妖精の世界, 八に力, 八が十六, 八妹十六のとき, 八妻志保五十二女柏十七全安, 八妻志保四十二女柏七つ柏軒と妻俊, 八妻柏三十七子平安十三三郎二つ女長十八良十六, 八妻柏二十七子棠助三つ, 八のお, 八姐さんだったね, 八姐さんさっきからお客様, 八と称し, 八の生立, 八姿が全, 八姿かたちがずばぬけ, 八威勢よく叩く, 八娘茂太郎のため, 八子供は六人, 八子梓を封じ, 八子鉄三郎九つ女洲十七国十四安六つ, 八字それだけでもともかく, 八字十九字あるいは二十四, 八字子哲徳山の臣, 八字官軍音辺へ著, 八字寄合うて大きく, 八字文殊普賢延命護摩の煙り, 八字状に蛋白色, 八字皆切れ字であり閉鎖, 八字皺を寄せ, 八字眉がにわかに, 八字眉眉の下, 八字詰めに実に, 八字誰も誰, 八字髭洋服姿の品川, 八字髯様の横柄さ加減, 八孝孺を得, 八学年公民科において日刊新聞, 八学術上貴重の天然紀念物, 八孫元協を携, 八孫右衛門が化け, 八守り刀の鞘, 八安二十柏軒の妾春四十七, 八安十琴七つ妾春三十七榛軒未亡人志保六十二であつ, 八安房の国, 八宗兼學天地神明に通ずる, 八宗十宗はことごとく, 八宗教および教育, 八宗百派がある, 八宗論池の側, 八い鹽梅, 八宝亭事件の如き, 八室さっき通された応接室, 八室全部を領する, 八に坐する, 八家婢に戯, 八家本などと書いた, 八家系上の曾祖父, 八宿のうち, 八の八白, 八寒十熱の炎, 八寝起きの良い, 八寶山とつん, 八寸ぐらゐの奴が四尾, 八寸ぐらゐの鏡が外面, 八寸これも美濃もの, 八寸クルクルッと宙, 八寸ソリャこそ抜いた, 八寸ニ巻カセ二尺一寸ノ打, 八寸ヨリ大ナルモノハ一尺五寸許モアル, 八寸一分幅六分厚三分の鏃, 八寸一尾二十匁から三十五, 八寸二分二厘真向上段大上段頭の頭上, 八寸二十数貫という巨漢佐藤清吉君, 八寸五分ぐらゐ大男の私, 八寸五分の大男であるし, 八寸五分の私とをのせた, 八寸五分横四寸七分深さ一寸三分の箱, 八寸以上のを鼻曲り, 八寸位高みに出来, 八寸備前長船の大業物, 八寸六分の業物であり両氏, 八寸六分無銘ではある, 八寸冬より春, 八寸十三貫すなわち痩せ, 八寸十六貫六百のぼく達, 八寸吸物と木の芽, 八寸四方位の小さな, 八寸囲繞いた群集, 八寸家畜用だと, 八寸巾は, 八寸幅の横物, 八寸幅二寸位い朴, 八寸廣さが六寸, 八寸廻りの全, 八寸当歳又はデキ, 八寸目方は六, 八寸立方ほどの縮緬, 八寸糸は二重糸, 八寸縦幅一尺八寸はあろう, 八寸肩には例, 八寸膳の上, 八寸苔蘚厚重して, 八寸計りと云, 八寸許の新, 八寸釘を横, 八寸雪なす卯の花, 八寸高さこれ, 八の坊主, 八の足, 八対一に過ぎない, 八対一〇〇後の三〇年間, 八対一〇スウェーデンでは四一対一〇, 八対一三すなわち約, 八対十五で敵, 八寿はその, 八専門部を設け, 八の急, 八に頭, 八将軍と申し, 八尋二十尋のところ, 八尋屋を馳せ越え, 八小作りの胡麻鹽髷, 八小僧の鶴吉, 八小僧さんには連れ, 八小勝小蝶, 八小学校教員斎田初雄村のもの, 八小文吾などの荘助, 八小柄で良い, 八小田卷直次郎が身, 八小田原町の豆腐屋, 八小田巻直次郎が身, 八小節がかからなかった, 八小野政吉岡田孝吾谷元八栗原宰次郎その下流, 八小隊彦根の七小隊, 八斎石見の, 八少女會から出版, 八尺あまりの鯊, 八尺ただに北海道, 八尺一丈二丈など長い, 八尺一寸まわりが六尺五寸, 八尺三寸その廻り六尺五寸, 八尺三寸五分と註, 八尺五寸六十一歳以上及び残疾者, 八尺以上爲龍淮南時則篇注引周禮, 八尺余りでその, 八尺余面鼻雄異しかし性格, 八尺六寸根もとの周囲六十四尺, 八尺北鎮岳は七千四百十尺, 八尺十尺の溜息, 八尺味淡し下品, 八尺四丈物にて一枚, 八尺四寸の金銅坐像, 八尺年三十五雄毅開豁孝友敦厚の人, 八尺強恐ろしく長い, 八尺柱は緋毛氈, 八尺槍に追いつめられた, 八尺櫛にながる, 八尺水流迅激直衝城下, 八尺海沫に沾, 八尺爲龍月令駕蒼龍注馬八尺以上爲龍, 八尺瓊曲玉があった, 八尺腰の太, 八尺許の口, 八尺許根囲八寸許の新, 八尺豊かの大入道, 八尺餘りでその, 八尺鳥息栖の宮, 八尺麻に絹, 八尺黒竜江の氷, 八尻尾に火, 八尾半死になっ, 八尾銀色の岩魚, 八のフランスパン, 八の死骸, 八屍将軍と綽名, 八層十層の高楼, 八層高楼の帝劇会館, 八へ参れ, 八山下の夜, 八山口飛騨守賀藤弥三郎の五騎, 八岑越え鹿, 八岡崎兵衛藤堂粂三郎ら乾雲の一団, 八岡崎兵衛藤堂粂三郎山内外記夏目久馬等全十七人, 八ふみこえ君, 八峯五竜岳八方尾根下り四ツ谷へのコース, 八峯八つ塚大杉の森, 八峰側から出, 八峰天を刺し, 八島国中あまねく問, 八島国所知天皇が大命ら, 八島崎親分にいう, 八島田の恋, 八島神社に参詣, 八を渡っ, 八川面へ乗出し, 八州さまが調べ, 八州一円に名, 八州亭へ入り, 八州今の東京, 八州十手預りの顔役, 八州屋さんはたしかに, 八州屋孫右衛門は雨, 八州廻りの目あかし, 八州役人の支配, 八州心ある者, 八州横領の威, 八州江戸から上方筋, 八州雲の上から見る, 八左喜松芝子丸, 八左様かアハヽヽヽ, 八左衛門古田加助四人蒐りで辛くも, 八左衛門直次大塚喜兵衛種次内藤長十郎元続太田小十郎正信, 八左衛門辻五郎秋山七左衛門警衛として付い, 八左衛門飯淵三郎右衛門大河内三郎右衛門ら五名が家中仕置, 八巻ものの随筆, 八巻三七章にも豕脂, 八巻三十五章に蛇, 八巻中の無礼講, 八巻二八章にカリア等, 八巻二十二章にギリシア人トアス幼時竜, 八巻二十五章にこんな, 八巻二十八品ある大部, 八巻全部携えて, 八巻八一章に兎の毛, 八巻十一章にもインド, 八巻帙百六冊の多き, 八巻本に取る, 八巻農奴の巻九十回, 八市ヶ谷に廻つて, 八市川かつらの女優, 八市野迷庵第九余語, 八帖二階に小座敷, 八帖寺通いも幾夜, 八を解け, 八を解け, 八常三郎十七柏軒十二長八つ, 八幕以上を上演, 八幡佳年の一節, 八幡太郎ここを通り, 八平方キロのうち, 八平方マイルの地域, 八平方マイル区域外の建物一, 八平方粁人口約六, 八年いまも横浜, 八年おいでになりました, 八年おまけにユダヤ人, 八年がかりで印度, 八年ぐらゐは夢のうち, 八年これらの事件, 八年ころのこと, 八年ころメイエルホリドが表現派風, 八年ころ日本の進歩的社会科学者, 八年ごろアメリカの帆走船, 八年ごろフランスでナチス, 八年ごろ本堂が落成, 八年ごろ私が毎日議会, 八年その後モスコーを経, 八年その間にご, 八年それをやった, 八年とらへられ, 八年のちの二十八歳, 八年むかしである, 八年め文政元年に江戸灣, 八年もの間お前を探し求め, 八年アムステルダム板リンショテンの, 八年アリョール県の所有地, 八年イスパニヤ人フランシスコ・ザヴィエルが鹿児島, 八年ウィーン附近に戰, 八年ウヰールの, 八年エジプト遠征を行なった, 八年オスティアの僧正兼カルディナレ, 八年オランダであったと, 八年カルタゴの耶蘇徒, 八年カールが二十歳, 八年クロポトキン事件に坐し, 八年クロムウェルは死んだ, 八年ケンブリッジで名誉総長デヴォンシャヤー公, 八年コンスタンティノポリスの大僧正, 八年シューマン十八歳クララはわずか, 八年ジェラアル・ド・ネルヴァルの名訳, 八年スイス一四七〇年フランス一四七三年オランダ一四七三年ベルギー一四七三年オーストリヤハンガリー一四七四年スペイン一四七七年イギリス一四八二年デンマーク一四八三年スエーデンノルウエー一四八七年ポルトガル一五三三年ロシヤそして北米合衆國, 八年スタアル夫人の管理, 八年スタニスラフスキイ及びダンチェンコ, 八年ズルラ政柄を得つる, 八年ソヴェト同盟には十六歳, 八年ターリアコッツォのあたり, 八年チェイン・ロウが出来, 八年チャールス・ピアスによつて, 八年ニーノピサを去りて, 八年パリ市中に築いた, 八年ピサロが本国, 八年フィレンツェにて馘ら, 八年フィレンツェ人を助け, 八年フランス資本主義に後援, 八年ブリストルでこの, 八年ブルユウの, 八年ヘーゲルとノビリンク, 八年ベルリンで, 八年ボノニア板アルドロヴァンズスの, 八年マデノ支那が前者タル理由ニヨリテ後者タル, 八年ミラーノのポデスタ, 八年モスクワ芸術座で上演, 八年モスクワ風俗までを見せ, 八年ヨハンガストの, 八年ルッカの西北, 八年レオンは小さな, 八年ロシヤを見ない, 八年ロムベルティ家は他, 八年ロンドン刊行でよほど, 八年ロンドン板デンネットの, 八年ロンバルトの暴徒蜂起, 八年一七八二年及び一七八三年, 八年一七四〇年一七五〇年及び一七五一年, 八年一女を産す, 八年一月一日私はゆうぜんと, 八年一月三十一日午前十一時である, 八年一月二十三日に赤十字, 八年一月二十九日であった, 八年一月五日寺田寅彦と毛筆, 八年一月十二日に先だって, 八年一月十二日木曜日の朝, 八年一月十五日にイェス島, 八年一月号の, 八年一月末に, 八年一月私共夫妻, 八年一月號の中央公論, 八年一農夫の偶然, 八年丁酉の歳二月十九日, 八年七〇年と躍進, 八年七十七歳のハイドン, 八年七十九歳で永眠, 八年七十六歳だったの, 八年七月ウゴリーノ及びその, 八年七月一日のこと, 八年七月下旬を期し, 八年七月二十八日に三十七歳, 八年七月六日に歿, 八年七月十八日この物語, 八年七月十四日は私, 八年七月川開きの夜, 八年三万二千町歩五年のちの明治二十三年三百六十五万町歩, 八年三十一歳の若, 八年三十七八年戦役という歴史的, 八年三十七歳で京都, 八年三十九年既う電車, 八年三十二歳で生涯, 八年三十八歳位の時, 八年三十歳のツルゲーネフ, 八年三号等の雑録欄, 八年三月三日の早朝, 八年三月下旬であった, 八年三月九日協和会の声明, 八年三月二十一日堀主水一類, 八年三月二十五日空襲下のパリ, 八年三月二十八日ロシアでは最も古く, 八年三月二十八日中部ロシアのニージュニ・ノヴゴロド市, 八年三月二十六日に茅場町, 八年三月二十六日日本出版文化協会は発展的, 八年三月二十日ノールウェーのスキーン, 八年三月五日の午前, 八年三月先生の巴里, 八年三月六日五十五歳で父, 八年三月前後六カ年にわたり改修, 八年三月十七日に妙解院殿卒去, 八年三月十七日五十六歳を以, 八年三月十三日に蘭軒, 八年三月十三日野間眞綱宛の先生, 八年三月十五日三・一五として歴史的, 八年三月十五日出生隼男と明記, 八年三月大坂の角, 八年三月廿八日十四歳を以て元服, 八年三月攻勢にルーデンドルフ, 八年三月末日にティドール, 八年三月私は陸軍省, 八年三月自ら大軍を率, 八年上であるが, 八年上半期の新刊書数, 八年上宮太子降誕一千三百余年は彼自身, 八年下だ, 八年中学から高等学校, 八年中村座よりの帰途, 八年中頃は所謂三三年型時代, 八年乙酉中秋前後に蘭軒, 八年九年經つてをります, 八年九月スコットランドのストロンサ島, 八年九月一六日のロシヤ法律, 八年九月一日である, 八年九月二十一日に最初, 八年九月二十一日心臓を病み, 八年九月二十八日私ともう, 八年九月五日の国民大会, 八年九月刊行の原本, 八年九月十二日寛永十九年三月七日安永八年九月晦日に起りたる, 八年九月十八日全體, 八年九月十四日より六十九回, 八年九月十日の日記, 八年九月四日午前一時頃我等別荘浅草区橋場町一丁目十三番地留守居の者共夫, 八年九月国際聯盟がいまだ公然, 八年九月東北帝國大學, 八年九月近藤眞琴君の, 八年予神田錦町で鈴木万次郎氏, 八年二十一歳のシューベルト, 八年二号及び八年三号等, 八年二号九年一号及び十年一号, 八年二月はじめの月, 八年二月フランスで二月革命, 八年二月七日先鋒として蒲生氏郷, 八年二月二十一日夜の条, 八年二月二十三日に歿, 八年二月二十三日午後十一時頃高円寺一丁目に居住, 八年二月二十三日野村傳四宛のハガキ, 八年二月二十二日の条, 八年二月二十八日中央公職適否審査委員会は文筆家, 八年二月二十六日西比利亜出征の田中中佐, 八年二月二日町奉行島田弾正忠の邸宅, 八年二月十九日である, 八年二月十二日唯物論研究会はいよいよ, 八年二月十日総辞職, 八年二月大坂において, 八年二月寛先生六十の賀, 八年二月日本海軍が威海衛, 八年五ヵ年計画第一年頃非常, 八年五十七歳で牢死, 八年五十六歳の就任, 八年五年ぶりでソヴェト同盟, 八年五月ごろ書き終えられた, 八年五月わたしが戦地, 八年五月ヨリ十月マデ当方ニ勤務シ住込番人トシテ大過ナキノミナラズ誠実寡慾一徹ナレドモ矯激ノ風ナク, 八年五月一日附けを以て, 八年五月三十一日に死んだ, 八年五月三藏が漸く, 八年五月二十六日クリスチアニアのノールウェー女權同盟, 八年五月二十四日メールスブルク附近に買いもとめた, 八年五月二日だと, 八年五月五日の夜, 八年五月五日一人の骨組, 八年五月偶然のこと, 八年五月十一日まで三百二十四回, 八年五月十四日の真昼, 八年五月十日までに審議終了, 八年五月四日の午後, 八年五月大連湾より帰り, 八年五月妖民伊金を誅す, 八年五月文藝春秋新社刊, 八年五月春陽堂から出版, 八年五月末日コロンブスは六隻, 八年京伝が描ける, 八年人見元徳, 八年仏国ラ・ロシェルに立て籠った, 八年仕事だよ, 八年他の教区, 八年仙台で捕へられ, 八年代どこのホテル, 八年以上間を置く, 八年以來の支那, 八年以前本郷三丁目の藤村屋新兵衞, 八年以前独逸皇帝が土耳其領内遊歴, 八年以前聊の間違い, 八年以後オーストリアとフランス, 八年以後哲学は新, 八年以後大正十年位までの間, 八年以後数々漠北を親征, 八年以後穀物価格がまた, 八年以来お前のため, 八年以来世界の人々, 八年以来世界平和のため, 八年以来因幡の鹿野城, 八年以来国の人口, 八年以来奇妙な自己撞着, 八年以来日本の人民, 八年以来日蓮聖人の信者, 八年以来百余年の長き, 八年以来貧乏世帯を張り, 八年以来馬には防護衣, 八年以降ケルンパリ及びナポリ, 八年伝統との苦闘, 八年位は経過, 八年何か月とかで, 八年何月何日戸締りをし, 八年余りお民, 八年作の, 八年使はなかつた, 八年來學校宴會旅行などにも洋服, 八年修業しなければ, 八年傅安等を帖木児, 八年元旦旅順は落ちた, 八年入国より数, 八年八万キロメートルであったの, 八年八十四歳のとき, 八年八月一日に三男英男, 八年八月七日に友人某, 八年八月三十一日私の住宅, 八年八月二十一日の夜, 八年八月二十三日聖三位号に乗込み, 八年八月二十八日であった, 八年八月二十四日であった, 八年八月五日の夕暮, 八年八月十四日に利章, 八年八月四日病歿大伯母富貴の形見タンス中, 八年八月東京高等学校三年生であった弟, 八年八月比叡山に籠っ, 八年八月自分がレーニングラード, 八年八月芦峅寺から立山, 八年八月高野山の夏期大学, 八年八月魏の王経, 八年六十歳を越えた, 八年六月三十日付のシラー, 八年六月二十八日の暑い, 八年六月初めに出発, 八年六月十七日払暁五時波斯女帝号の甲板, 八年六月十八日に歿, 八年六月大日本印刷株式会社市ヶ谷工場にトラック, 八年六月廿八日フランスはベルサイユ宮殿, 八年六条から今, 八年其医学の師広岡文台, 八年内閣のかわる, 八年内閣属に転じ, 八年円如法師が広, 八年冤枉を叫び通した, 八年冬十月天皇の母弟倭彦命薨, 八年出征以来三児をかかえ, 八年出版運命よりとして國木田獨歩, 八年刊の, 八年初めから一九三二年三月頃, 八年初代豊国歿するや, 八年初刊の, 八年初夏までに作られた, 八年初頭にかけてすべて, 八年前オレにボクシング, 八年前ツーロンの徒刑場, 八年前パリ籠城の輩, 八年前フロイスが初めて, 八年前ポロンソー街でなした, 八年前一八二三年のクリスマス, 八年前三七郎殿に生れた, 八年前三千両の御, 八年前三笠からツワイク, 八年前予英国より帰著, 八年前二十の年, 八年前五十五歳のとき, 八年前五色の野獣派, 八年前五郎次郎に欺かれ, 八年前京都で起こった, 八年前人の噂, 八年前伊豆下田港の沖合, 八年前伸子は父, 八年前佐賀縣のある, 八年前余は独歩嵐山, 八年前健全な結合, 八年前僕が滋賀商業, 八年前北国の方, 八年前博多で殉教, 八年前大学を卒業, 八年前大正三年の六月, 八年前大道にて子供, 八年前妓八重次わが書斎, 八年前媒妁人なしで, 八年前学生時代だ, 八年前家を出, 八年前帰省した頃, 八年前彼が兄, 八年前後の彼, 八年前後八箇年の努力, 八年前文部省の留學生, 八年前明治元年越後柏崎の戦い, 八年前本郷三丁目藤村屋新兵衞という刀屋, 八年前札幌植物園の巖, 八年前桔梗河原の大, 八年前欧羅巴へ発つ, 八年前死亡しそれ, 八年前江戸へ出, 八年前浜松の城下, 八年前海賊が突然, 八年前現在の家, 八年前田島屋は御上, 八年前画学生の逸作, 八年前相州鎌倉の御, 八年前私が初めて, 八年前秋雨の寂しい, 八年前竹の屋主人, 八年前素人の間, 八年前花は見, 八年前親父の仕事, 八年前誰やらが, 八年前貴様も知っ, 八年前門番の勘藏, 八年前除籍された, 八年前鳥右さんが托鉢, 八年助教授として六年, 八年勤続者などには非常, 八年十一月ごろの作, 八年十一月カールほか二人の同志, 八年十一月七日ドイツの無条件降伏, 八年十一月二十五日西賀茂の神光院, 八年十一月二十八日敵の摘発, 八年十一月二十四日磐が五十七歳, 八年十一月六日と書し, 八年十一月十九日同十二月二十一日, 八年十一月十六日三十一歳で死ん, 八年十一月四十三号まで出し, 八年十一月廿九日霜白き曉, 八年十一月福島市の公会堂創立, 八年十一月米國桑港に至り, 八年十二月三十一日大晦日の夜, 八年十二月三十日私は歳末, 八年十二月二十一日は来りぬ, 八年十二月二十九日フランスの議会, 八年十二月二十四日のクリスマス前夜, 八年十二月六日藤原宮に遷居, 八年十二月六日長崎の森路, 八年十二月十三日のこと, 八年十二月十九日大阪未決監獄において時に, 八年十二月四日の条, 八年十二月東京市により建設, 八年十二月頃には嫌疑者それ, 八年十年というみじかい, 八年十日はれる, 八年十月プレシチェーフ宛の手紙, 八年十月七日にはこれ, 八年十月佐渡流罪の折, 八年十月十三日に六十二歳, 八年十月十九日ローマにてとしてま, 八年十月十五日はそれ, 八年十月十八日に有信, 八年十月十四日ノ午後一時カラ二時, 八年十月十四日午後一時頃釜山公会堂に於, 八年十月十日相模の依, 八年十月牡鹿山の城攻め, 八年半であること, 八年半ばごろ厳重なる法律, 八年半彼女が実家, 八年南部藩沿岸に三隻, 八年単行書として出版, 八年博文館から創刊, 八年卯月の月日, 八年印度のある, 八年合衆国ペキン駐在の公使官書記, 八年唐の長安, 八年商人に扮, 八年嗣子月潭に遺訓, 八年四月三十日上海を発し, 八年四月二十三日四条通り御幸町西へ行った, 八年四月二十三日私の父, 八年四月二十四日出帆南西モンスーンにのっ, 八年四月二高の独語主任青木, 八年四月五日賻物を賜った, 八年四月十六日から同月十九日, 八年四月四日に千住, 八年四月村の高等科, 八年四月東都成城学園大いに紛擾, 八年四月海誉法印の霊夢, 八年四月病死した, 八年国家保安部によって摘発, 八年國學院大學部豫科に入, 八年夏一たび来りき, 八年夏六月武庫浦を出帆, 八年夏横浜の佐伯藤之助氏, 八年夏眩暈と頭痛, 八年大久保藤五郎に命じ, 八年大仏の鋳造, 八年大坂攻めを遊ばした, 八年大晦日の夜, 八年大破裂の際新造, 八年大陰謀が発覚, 八年大體の準備, 八年天皇後醍醐が即位, 八年太守劉表は前, 八年太宰府観世音寺の造営就, 八年奉公して, 八年女學校の卒業式以來一度, 八年始皇帝が洞庭湖, 八年安政六年に送った, 八年宗谷に移り, 八年家禄の奉還, 八年寛政九年北邊事情が子平, 八年寛政元年同じく三年吹上, 八年小田原城陥る, 八年小田原攻めの時, 八年就任が一九一三年, 八年尾州丹羽郡青木村字天摩なる神社, 八年己亥十月朔日桜島火を発し, 八年幕府瓦解して, 八年平山先生について学ん, 八年年正に三十一, 八年度予算でも軍事費, 八年度文壇は貴下, 八年度最終の出版整備, 八年建設当初に河鍋暁斎, 八年式のライフル銃, 八年強とし, 八年当時陸軍少尉で首里, 八年後いまは姉, 八年後光秀のクーデター, 八年後半期の作, 八年後日露戦争当時明治天皇が奉天, 八年後機関銃の音, 八年従三位に進み, 八年徳の長子精, 八年徳川家康将軍宣下と共に徳川幕下, 八年応仁の乱, 八年恰ど二月三日, 八年悪魔はフランシス・ザヴイエル, 八年戊申と寛政十一年己未, 八年我輩がアメリカ, 八年戦争の終へた年, 八年戦争当時は実に, 八年托児所の寝台, 八年攻勢の指導, 八年日清戦争の最中, 八年春いい機会, 八年春クスコに攻め上り, 八年春三月工部尚書厳震安南, 八年春頃より大乗院, 八年昭和十九年昭和二十年いやもう, 八年時代に正しい, 八年最上氏改易後はほとんど, 八年有余教育も先方, 八年朝賀の樣, 八年未満の間, 八年末徳川幕府は全国, 八年末竣成して, 八年来一度も顔, 八年来信階の女幾勢, 八年東京市会議員選挙に立候補, 八年板を出した, 八年板デンネットの, 八年板増舎大梁, 八年柚は九年, 八年案内者をし, 八年榛軒長安の歿後五年, 八年欧洲一般の風潮, 八年正月三日徳川殿謡初にかの兎, 八年正月二十日に氏政, 八年正月十七日である, 八年正月十五日に抽斎, 八年正月十四日に五十七歳, 八年正月四日となっ, 八年正月奈良の都, 八年正統のミカド, 八年正造が岩手県, 八年正造隣村酒屋の番頭, 八年此程漸く許され, 八年武蔵は忠利, 八年歿した役者, 八年母と結婚, 八年毎に週日, 八年毎日の山, 八年比田島金次郎翁が叡山, 八年民法編纂委員を命じ, 八年江戸に移る, 八年法師丸が十三歳, 八年法然六十五弁阿三十六の時吉水, 八年法隆寺の印刷物, 八年海軍少佐ガロウニンは本, 八年漱石の, 八年版コリングウッドの, 八年版ゴムの, 八年版ジャク・グレヴァン・ド・クレルモンの, 八年版スプールスの, 八年版ハーチングの, 八年版ラムシオの, 八年牛津大学に移る, 八年現在の三越支店, 八年生まれのフリードリヒ・メルゲル, 八年癸丑の年, 八年発行の, 八年発表と同時に, 八年百合子十九歳のとき, 八年監獄におかれた, 八年目彼は三十, 八年目文化十四年に記念, 八年眞志屋の火災, 八年碁に耽つ, 八年社会民主労働党が結成, 八年神戸の病院, 八年秋七月の条, 八年秋政府は富農, 八年程後斯少し下流愛宕, 八年稱徳帝の始, 八年空襲猶甚, 八年竣工北白川宮の台臨を仰い, 八年米国海軍南極探検隊による爆発試験, 八年組織を変, 八年結婚生活をした, 八年經つか, 八年美濃に生れた, 八年耕地面積は戦前, 八年腰ぬけ同様, 八年自ら総理大臣と為り, 八年自ら總理大臣と爲, 八年芥川の紹介, 八年英国北部ノ一寒村タル, 八年茶山は寛政四年, 八年著者二十一歳の時, 八年葡萄牙の有名, 八年藩校進脩館の興る, 八年蛾眉に登り, 八年衛青が歿, 八年襄年十八叔父頼杏坪に従つて東遊, 八年西方に大, 八年西暦で云, 八年説に御, 八年起稿して, 八年越しの中風, 八年辛卯の生, 八年辛巳の春, 八年連れ添つた妻の瑚, 八年運動としての形, 八年里昂の初版, 八年金剛智三藏の入唐, 八年長安に入り, 八年閏二月八日に神辺, 八年閏二月十四日に女, 八年間あちらで何, 八年間そこに暮し, 八年間それも一年, 八年間一千二百曲の生産, 八年間一般世人が三千三百万, 八年間使はれて, 八年間使い馴らした椅子, 八年間君が僕, 八年間在京いたし荊妻, 八年間在職しましたが, 八年間天下をお, 八年間妖術者キルケの為め, 八年間康煕帝の勅, 八年間手塩にかけて, 八年間日本人に使われ, 八年間横浜に居る, 八年間横濱に居る, 八年間此の役, 八年間洋服というもの, 八年間監禁されて, 八年間私は仕合せ者, 八年間私どもには結婚式, 八年間私自身は殆ど年, 八年間種々転変しつつ, 八年間苦労をし, 八年間菅氏の養子, 八年間見ず知らずの他人, 八年間諸国をめぐり, 八年間馬鹿あがきの疲労, 八年陸奥出羽の鎮護, 八年霜月の十九日, 八年霧月十八日のこと, 八年露領アストラカンの黒死病猖獗期, 八年頃やつと技術的基礎, 八年頃デビーが再び, 八年頃ヴィタミン研究が歐米, 八年頃二十六七歳の若, 八年頃年三十余歳の時, 八年頃愛人を追って, 八年頃東京築地で生れ, 八年頃歐米の學界, 八年頃浅草の寺内, 八年頃渋谷の御, 八年頃渡来したまま, 八年頃白根が盛ん, 八年高力家は所領没収, 八年高橋清吾北沢新次郎の両, 八年鶴岡の城主最上源五郎義俊, 八年齋藤巡査と稱, 八幽界の神社, 八の上, 八店先へ腰, 八庚申正月八日とある, 八度あたりまで進む, 八度あまりの熱, 八度ぐらゐの結婚ですんだ, 八度それを繰り返した, 八度一二分から九度四五分の間, 八度一分に上る, 八度一分十一時にはそれ, 八度三五分となっ, 八度三分に過ぎなかった, 八度九分あった, 八度九分の発熱であった, 八度二分熱が出ました, 八度二分脈九十呼吸十八だった, 八度二十三分まで行った, 八度五分位熱を出し, 八度五分位腹も背, 八度以上熱が出ちまっ, 八度以下になっ, 八度八分の熱は午後, 八度六分脈百十呼吸二十六であった, 八度内外を上下, 八度前後に及ぶ, 八度北緯四度のあたり, 八度半で氷山, 八度台に昇る, 八度四五分あつた, 八度四分にすぎなかった, 八度夜間七十四五度なりしが, 八度奉公先を代, 八度弑逆が試みられ, 八度戦争に出, 八度拜みて, 八度熱があれ, 八度産褥で生, 八度線化を予想, 八度色を変, 八度西経百八十七度の所, 八度附近で濃霧, 八座中には明らか, 八座二千三百米以上九座二千四百米以上五座二千五百米以上四座二千六百米以上三千米以下六座三千米以上六座総計六十三座を数, 八座八省の公卿百官, 八座布團で口, 八を見, 八建築なければ, 八弁のもある, 八弁一寸位の小さい, 八弗也のイイストマン, 八弗二分の一となつ, 八弗半まで上つたの, 八つたなア, 八弾いずれも甲板, 八弾薬八十三確実なる男, 八百匁御所と, 八で貴方, 八当分河内屋から眼, 八当然びっくりした, 八彦三郎は二十六, 八彪隊の将, 八往来へ出た, 八待ちなよ, 八學の, 八後学のため, 八得意の力業, 八得物を隠し持っ, 八御苦労だったな, 八復讐に帝國ホテル, 八を着, 八徳何のとりえ, 八で呟いた, 八心得たる顏, 八心思兼でなければ, 八心當りを, 八心電図には三日, 八を法, 八忘れないうちに, 八忘れ物じゃない, 八忘れ物ぢやない, 八のため, 八念入りに捜し, 八怒るより本当, 八思いのほか底, 八思いの外突っ込んだ事, 八思ひ付いたことが, 八思わず破顔した, 八急げツ, 八入つた, 八恐らく相當, 八も絶え絶え, 八悠然とパイレート, 八悪くすると, 八愈々面白くなつた, 八は呪詞, 八意思兼となつ, 八意識内容は意識, 八さに, 八懷中も輕, 八懷中煙草入はこの, 八を知りそめ, 八成るだけ女, 八我儘一パイに育つた, 八戒みたいな寝相, 八戒以下になり, 八戒俺と我々三人, 八戒悟浄の如き, 八戒悟淨の如き, 八戒沙悟浄等の恐ろしく, 八戒自体は天竺, 八戒自身に似, 八本歌, 八戦車兵団全滅す, 八戸締りに異常, 八戸袋の側, 八房もろとも伏姫, 八房伏姫を背, 八所和歌集裏書きの意訳, 八手裏表の練習, 八手負けの塚田八段, 八手近のところ, 八手配を頼む, 八才以下の天分, 八才位の, 八才南田が痩せっぽち, 八才子が六方, 八才正男が五才, 八才計りの子供, 八ひぢ, 八の藁, 八の解説, 八す, 八折本らしい包み, 八抜かるな, 八拍子の序破急, 八かるな, 八拳垂るまで, 八拳須心前に至る, 八拳髯胸前に垂れ, 八拳鬚心前に至る, 八拾三歳とある, 八拾九銭なぞと云, 八拾円ニテマント新調二百円ニテ衣服ト袴ト白足袋ト一揃イ御新調, 八拾歳ましましき, 八拾箇ほど求め, 八拾錢で可, 八挺十六挺の櫓櫂, 八挺櫓で飛ばし, 八挺舳に八挺, 八捕つたか, 八捕縄の端, 八捜して来, 八を八人, 八掛け八十円だけの製造, 八あり, 八掬脛社というの, 八揃いの手拭, 八して, 八撫で肩に腰, 八擒八縦の備え, 八擒流であった, 八支店いろは牛肉店といふ飲食店, 八支聖道と名, 八支里の城壁, 八とかに割當, 八教区においては三四, 八敷居の穴, 八文お前のところ, 八文はんどない, 八文はん向うに廻し, 八文三分に定め, 八文三分の定め親指, 八文上々醤油一樽が四百四十八文, 八文上酒五升で四百三十文, 八文二代将軍の病気, 八文只の写本, 八文宇都宮なら食わずにでも, 八文様に黙っ, 八文様々だ有難くっ, 八文此処え上せ, 八文風情にお, 八斉九佳十灰と云った, 八斎戒を保つ, 八斗あとで返す, 八斗はずん, 八斗二升五合になり, 八斗五升となる, 八斗目方にし, 八斗米五斗を引き, 八斗者右是者大藏一覽はんぎの衆, 八斤あらめ二百六十斤等をもっ, 八斤かつお三十五斤烏賊三十斤紫のり四十八斤あらめ二百六十斤等をもっ, 八斤入りよりも高価, 八斤八百屋もの少々, 八斤強の平均, 八新しい戯曲の, 八新吉は三十, 八新式の藁屋, 八方ドッチを見, 八方仏子柑の山間ぢ, 八方式のもの, 八方投附けるかも, 八方眼に狙, 八方耳も目, 八方英里の土地, 八旅職人の風つき, 八日СССРの工場, 八日あたりまで爆発, 八日あと一足で下野, 八日あまりして, 八日がかりでやっと, 八日きのふ別府の港, 八日きょうから友ちゃん, 八日ここにおっ, 八日ごとに市, 八日ごろ熱射病となり, 八日その他も多く, 八日ぢやありません, 八日づつあつて四年目に二十九日, 八日なほ川のほとり, 八日のちボルドーを出発, 八日の出來事で祕閣, 八日アインシュタイン教授夫妻は東京駅, 八日アッタスンは博士, 八日エレアーナ女王の登極, 八日ガ大安デ, 八日コリン附近でダウン, 八日スイスの勝, 八日セビリャ出発後二年三カ月であった, 八日ダイヤ二十三個白金二十二オンスなぞと解体, 八日ダイヤ十八個紅宝石十二個六月二十八日ダイヤ二十三個白金二十二オンスなぞと解体, 八日デジネフピーアールウェールスか, 八日ニ参り同, 八日ニューヨークのレキシントン座, 八日ニューヨーク市の東区, 八日ニ夫人毘藍尼園ニ住ミ無憂華, 八日ハルビンに戒厳令, 八日ハンベリイ街のアニイ・チャプマン, 八日ピアツェンツァ附近に於, 八日ファルマウスを出帆, 八日フランスはベルサイユ宮殿, 八日プラーグを攻略, 八日プラースラロケットでこの, 八日プレエシアで再演, 八日ベルリンに著い, 八日ベーリング島で臨終, 八日ペルリが日本, 八日ホテルは二十五日, 八日マウント・モウリス町共同墓地に於ける, 八日マガリャンスの船隊, 八日マッカーサアの東京進駐, 八日マニラに着き, 八日マルチニック島プレー山の噴火, 八日ミュンヘンにて, 八日レオベンの休戦条約, 八日ロダンさんは自分, 八日ロベスピェール外九十三人靴工アントアンヌ・シモンも含め, 八日一つの事件, 八日一つ車に寝起き, 八日一ぱいその航海, 八日一ノ関の嗣子, 八日一八日二八日に出る, 八日一家総出で見ました, 八日一度に死んだ, 八日一杯位に書き上げ, 八日一通り皆を調べた, 八日丁の通り, 八日丁丑晴左大将家御直衣始, 八日三で長期, 八日三代目瀬川如皐死す七十六歳, 八日三代目関三十郎死す六十六歳, 八日三河国に着いた, 八日三浦さんのマネージャー井上, 八日上京仰せいだされ候, 八日上使板倉内膳正が到着, 八日上田を発す, 八日上野の人千種太郎, 八日上院の貴族, 八日下田に達し, 八日不安の裡, 八日不意に暴風雨, 八日丙戌霽子剋, 八日中央公職適否審査委員会は文筆家, 八日中部ロシアのニージュニ・ノヴゴロド市, 八日主犯として青森県東津軽郡小湊町御嶽教教師須藤正雄, 八日主膳厠中より煩, 八日之を記せり, 八日乙巳相模国相漠河の橋数ヶ間, 八日乙酉将軍家以下二所より御, 八日九日みごとに晴れ渡った, 八日九日両日門弟中からの発起, 八日九日十日になった, 八日九日見事に晴渡った, 八日予之を予, 八日事につみし, 八日二人で大阪, 八日二八日に出る, 八日二十一日二十五日二十八日と三鷹事件, 八日二十一歳の年, 八日二十八日の戊日, 八日二島相並び又湧出, 八日二条城に入っ, 八日二週間ほどの豫定, 八日五九年の記録, 八日五代目市川寿美蔵死す六十二歳, 八日五代目菊五郎死す六十歳, 八日五十一歳の多岐, 八日五月の三日, 八日亥の刻, 八日京伏見山科大阪赤穂などに散在, 八日京城發電は嚴妃, 八日京洛の春, 八日人に逢わん, 八日仁和寺法親王延暦寺座主明雲亦武士, 八日今日の婦人デー, 八日付東京朝日新聞の社説, 八日付法令第三十一条, 八日付近探索中の蕃地警察官, 八日代議士田中正造は第, 八日以上四十日も留守, 八日以外に二月, 八日以後帝国の高貴さ, 八日以来風向きに気がつく, 八日以降の足利勢, 八日佐佐木茂索君は, 八日信長は長政, 八日信長家康両旗, 八日俺は松林, 八日倉知叔父自動車にて着, 八日傷からしみ出し, 八日入京仕候, 八日兩度の市, 八日八晩の間, 八日八瀬の里, 八日六十歳を以てわが, 八日六尺五寸の悪霊, 八日共犯として住所不定大内末吉, 八日内裏にて肆宴, 八日写経の水, 八日冷水町へ移転, 八日出立と承知, 八日分五円六十銭払った, 八日切支丹国禁外国教師追放を発令, 八日初代市川女寅死す二十八歳, 八日到来の経房, 八日前後何の意, 八日前後秀吉はどこ, 八日前言の期, 八日功に逸っ, 八日勅免の宣旨, 八日勢至丸は黒髪, 八日医科大学の丹波敬三氏, 八日十三人の子供達, 八日十五日二十二日二十九日署名一~三は一記者, 八日十五日除目三月三日四月の祭り, 八日十八日二十八日の戊日, 八日十四歳を以て元服, 八日十日十二日と店, 八日午の刻, 八日午前まず大学前, 八日午前〇時三十九分私は山陰線八鹿駅, 八日午前一時に出立, 八日午前七時半の汽車, 八日午前三時に浅井軍, 八日午前二時であった, 八日午前二時休戦条約が成立, 八日午前二時半私は山陰線浜坂, 八日午前二時画用の黄, 八日午前十時横濱に歸りつ, 八日午前四時二十分病気のため当地, 八日午前四時十五分母は八十六年, 八日午前零時貴殿宅へナグリコミヲ掛ケル所存ニ付, 八日午后二時という炎暑真中, 八日午後三時ごろだつた, 八日午後三時ネン駅で待つ, 八日午後二時から大東学園, 八日午後二時四十何分かの汽車, 八日午後八時か, 八日午後八時ニューヨーク発車翌日バッファローに降車, 八日午後八時五十五分同じく九時二十分の二回, 八日午後六時から七時の間, 八日午後同艦は港, 八日午後四時ボンベイに着す, 八日午後峰の茶屋, 八日午後河口氏とともにカルカッタ, 八日卯の頃, 八日友人石井勇義君来訪一の珍瓜, 八日合戦はこうして, 八日吉見平山庄司連判状に署名, 八日名古屋で木村升田三番勝負, 八日和歌の浦, 八日四時留守居役方え御出, 八日国を発シ上京, 八日園子より光子, 八日土佐国浦戸港にマニラ, 八日土佐堀の藩邸, 八日土曜日でこの, 八日土浦へついた, 八日地にしく, 八日地租増徴案は衆議院, 八日坂東家橘死す四十八歳, 八日垂柳子住み込みぬ, 八日城の運命, 八日基ちゃんと青山, 八日堂と言っ, 八日塔と称し, 八日墺国皇嗣フランツ・フェルディナンドが妃, 八日壊血病にて斃, 八日壬午晴姶めて御, 八日夏目さんの宿, 八日夕方から, 八日夕方千草さんの殺された, 八日多くの弟子達, 八日夜八夜を遊び, 八日夜十時ちかいころ, 八日夜地震のため水道浄溜池破壊, 八日夜私は今日一日, 八日夜自宅のクローク, 八日大和御所町における差別撤廃講演, 八日大坂の方, 八日大坂城へ帰り, 八日大審院長は特別權限, 八日大山崎と申所, 八日大手勤番被仰, 八日大手勤番加番面番被仰, 八日大手拓次君病歿妻と行き, 八日大本営発表としてサイパン島守備, 八日大林入口のシムラ, 八日大泊港を出帆, 八日大渡をつき破り, 八日大野治房同じく道犬等, 八日大雨の暗夜, 八日夫人は遥々, 八日奏覧を終えた, 八日奥座敷を出ず, 八日妻安産仕女子出生, 八日妻籠お小休み, 八日婦人デーにはもはや, 八日安倍野を過, 八日官三人の罪, 八日官軍の先鋒, 八日家出の当日, 八日宿房の大黒, 八日寛は着, 八日将軍家の御, 八日尊良宗良の二皇子, 八日小手差原にて戦い, 八日小母様のところ, 八日小田県に而家禄奉還金, 八日小船に乗っ, 八日小花羽黒公爵家へ奉公, 八日尾上菊之助死す三十歳, 八日尾州清洲の植原次郎右衛門, 八日尾瀬中納言卒去骸骨ヲ沼ノ上ニ納メ, 八日屋根へ目籠, 八日山上火有り土石, 八日山入厳禁の命, 八日山崎をすぎ, 八日山県内閣が組織, 八日左大将御直衣始, 八日己酉天霽鎌倉中に兵, 八日巴里にて, 八日巴里市外サント・ドミニック修道院に於, 八日巻の時計, 八日常陸国上根本村の百姓, 八日常陸國平潟の港, 八日幕命を以て天狗方, 八日平八郎以下二十人を鳶田, 八日平和のため, 八日平氏在西國, 八日年は六十七, 八日幸徳がその, 八日広島へゆきました, 八日庚子晴戌剋鎌倉中聊か騒動, 八日庚戌御所に於, 八日府中の城下, 八日廿九両日邦楽座に於, 八日弘前に於, 八日当地の植物採集会, 八日往生する, 八日後小塚検事に証拠, 八日御前岳へ往復, 八日御地に参上, 八日復の小野泉蔵, 八日快晴午前十時何十分かにかなり, 八日悴良安儀, 八日愛宕御参詣, 八日戊戌相州広元朝臣を招請, 八日戊辰霽伊豆国の飛, 八日戌の刻, 八日成実は人質, 八日戦捷祝賀の行列, 八日戲曲座で開演, 八日戸隠の頂上, 八日押入つたのは八名川町, 八日抽斎は始, 八日拘留されるよりも, 八日探偵小説家海野十三氏によって書かれた, 八日政府は左, 八日故国ポーランドの首都ワルシャワ, 八日救世主のエルサレム入城, 八日教務打合せのため, 八日敵の摘発, 八日新堀仲之助氏の口きき, 八日施餓鬼祭を致します, 八日旅順に於, 八日旗鼓さわやかに小牧山, 八日日の天道花, 八日日向の小林, 八日日曜曇折々日光, 八日日本満州国の全土, 八日早朝出発しようと, 八日早朝父故人某のもと, 八日昌造氏を保釋, 八日昔のボヘミア, 八日春部梅三郎は非番, 八日晦日大晦日都の年の瀬, 八日晴前田君と例, 八日暁六時跡部平山を江戸矢部定謙, 八日暴風雨を突い, 八日曜礼拝の時刻, 八日最後の旅程, 八日月曜夕刻より官宅, 八日月輪殿で出家, 八日朝そちらへ出かけ, 八日朝アラビア号よりヴィクトリア号, 八日朝アントワープ港に遊ぶ, 八日朝チリ国バルパライソ港に入, 八日朝ベルファストを去り, 八日朝刊によって有島武郎氏, 八日朝日蓮自ら法華経を読誦, 八日朝経助ガ学校ニ, 八日朝被害者の実父, 八日朝霜にさえゆく, 八日朝霧いと深し, 八日朝鞆までこし侍る, 八日朝餉を終え, 八日未明ホンコンに着す, 八日未明西太平洋において米英軍, 八日本短歌の第一人者, 八日本語ノ学修, 八日本部において二三, 八日本郷丸山本妙寺から起った, 八日杉平に宿し, 八日材木を積, 八日村役人一同登山スルノ例有, 八日来漸, 八日東ユダヤ人劇団の俳優イーザーク・レーヴィー, 八日東南の方, 八日東部プロイセンのケーニヒスベルク, 八日松方内閣はみずから瓦解, 八日柏岡源右衛門同伝七署名, 八日某々二君に面会, 八日校了の夜, 八日校長より学生, 八日根岸庵に子規, 八日條約成立, 八日森枳園は閏五月二日, 八日榎本は責任, 八日横浜へはいる, 八日正二時弘前市の菩提寺, 八日正午左記の病院, 八日正造もついに, 八日死刑に処し, 八日死去いたしました, 八日歿す俗名宗清民, 八日比叡山へ登り, 八日水戸へ参りまし, 八日永遠にかえらぬ, 八日江府から松平豆州, 八日河北新報社の村上辰雄君, 八日法学士の称号, 八日洛中を引きまわし, 八日浅野家がこれ, 八日浜谷由太郎氏の好誼, 八日浦戸より漕ぎ, 八日浮腫はいよいよ, 八日清澄の谷, 八日清澄山頂の旭, 八日潜伏教師をかく, 八日灌仏会にお, 八日無条件で独軍, 八日焼け跡の灰かき, 八日父の第, 八日独立国家として国際場裡, 八日生だから, 八日生れの四女陸, 八日田中正造は予戒令, 八日甲子陰寅刻大地震, 八日甲州に至る, 八日甲府より, 八日甲斐は船岡, 八日疑問の憤死, 八日病革まるや, 八日病床の中, 八日癸亥快晴将軍家相州御亭, 八日白濱より黒神村上方, 八日白石在の安子島氏, 八日皇帝の別居, 八日盛大な国葬, 八日目以上を食べ頃, 八日目位になっ, 八日目彼が窓, 八日目頃である, 八日真珠湾の翌日, 八日眼もあてられぬ, 八日石井露月逝く, 八日神尾君ウユルツブルヒに立つ, 八日神戸着上陸諸友, 八日神田和泉町より出火, 八日神田美土代町の基督教青年会館, 八日祭のお, 八日福山著廿四日執政を罷め, 八日秀吉は沼津, 八日秀次公比叡山へ女房共, 八日程したらウィイン, 八日空が晴れ, 八日立前になります, 八日立秋と暦, 八日竹島より出帆, 八日筑波山に登り, 八日箱根の山, 八日篠町着にて御, 八日米子へ皈, 八日經つた或, 八日維時その月二十八日夜, 八日總會も亦, 八日織田信長が徳川家康, 八日義眞國え御暇, 八日義雄が札幌, 八日臨終正念の往生, 八日航海するよりも, 八日船は安, 八日芒の穗, 八日芝の増上寺, 八日花曇りの空, 八日花柳寿輔死す八十三歳, 八日英一の机本箱, 八日茨田高橋署名す, 八日衆議院の予算, 八日街で買物, 八日裁判は一時中止, 八日裏山の観音堂, 八日見山ト唱ヘ又, 八日詩人メーリケはス市, 八日講因講までを数える, 八日起訴されたの, 八日路といわれ, 八日辛卯伊賀前司朝光, 八日近藤が上京, 八日逓相官邸における電気委員会, 八日遊記支那文明記支那漫遊記支那仏教遺物支那風俗支那人気質燕山楚水蘇浙小観北清見聞録長江十年観光紀游征塵録満洲, 八日過ぎに約束通り, 八日郵船淺間丸でアメリカ, 八日郷里の妻勝子, 八日酒井邸へ召され, 八日釈迦仏誕日の夜記, 八日釋迦佛誕日の夜記, 八日長崎沖にあらはれた, 八日開校式の際私, 八日開通と云う, 八日間イーハトーヴォ海岸地方に出張, 八日間フロイスを匿, 八日間一睡もしない, 八日間三百五拾四円余ちと高い, 八日間休養した後, 八日間入院し年末, 八日間毎夜七時より十時, 八日間毎日毎日白州に呼び出されました, 八日間牢頭は毎日, 八日間病床に横たわる, 八日間精進のこと, 八日間説教をきく, 八日闇市の雑閙, 八日陰晴定めなき季節, 八日雪山しるす, 八日露国の満, 八日青木堂で干, 八日青村かへる, 八日青根温泉にて, 八日頃二三日後に二百二十日, 八日頃女学校の入学試験, 八日頃私が手紙, 八日養泉寺に移つた, 八日餘作と共に寛, 八日馬で天童, 八日馬上のロベスピエール, 八日高崎駅に下車, 八日高嶺の雪, 八日高杉に書, 八日高知市を襲った, 八日高野山へ上り給, 八日鬼怒川を下り, 八日魏州に舎利塔, 八日鹽尻峠を越え, 八日黒沢口下山福島へ九時間, 八明朝寅の刻, 八昔話と和歌, 八星座が公認, 八星形が猶, 八星霜居常法律を学びし, 八星霜平氏は此陰謀, 八春秋を経, 八夜船に, 八昨夕から暁方, 八昨夜石原の金十郎, 八昨夜離屋へ來, 八時々ジリジリと締め, 八時〇五分につく, 八時がらみで向, 八時きみは宝冠, 八時これが二人, 八時ころ家を出, 八時ころ彼の穴居, 八時ごろいずれも泥, 八時ごろお隣の女中さん, 八時ごろそれに気づいた, 八時ごろほろ酔いのブローカー, 八時ごろゆうべと寸分, 八時ごろオトメさんが押しかけ, 八時ごろバスは人見, 八時ごろパリ行きの列車, 八時ごろロッジへ帰ったら, 八時ごろ二十めんそうは目, 八時ごろ伊達な兄, 八時ごろ使いの者, 八時ごろ八十松クンは車, 八時ごろ加納さん見える, 八時ごろ博士邸にへん, 八時ごろ四十五度ぐらいにし, 八時ごろ女中が私, 八時ごろ家へ帰る, 八時ごろ小林君は山男, 八時ごろ帰つたが, 八時ごろ政商加納五兵衛が仮装舞踏会, 八時ごろ日比谷公園の, 八時ごろ村の方, 八時ごろ河竹を殺す, 八時ごろ湖水会の管理人, 八時ごろ湾のほう, 八時ごろ病院から抜け出した, 八時ごろ着の由, 八時ごろ私はいつも, 八時ごろ篠崎始君のお, 八時ごろ起出て, 八時ごろ野原さんが見える, 八時ごろ門を叩いたら, 八時すぎのが一つ, 八時すぎ上野からおなかぺこでかえって, 八時すぎ九時ぐらい, 八時すぎ井上へ榊, 八時すぎ家へかえる, 八時すぎ就床いたしました, 八時すぎ床に入った, 八時すぎ御免下さい女, 八時すぎ日曜日でももう, 八時すぎ東宝の秦, 八時すぎ板倉見まい, 八時すぎ清が眼, 八時すぎ無事御帰館, 八時すぎ藤山も起き, 八時すぎ藤枝は私, 八時すぎ警戒管制のとき, 八時すぎ迎へ来り, 八時すずかけの木のかげはしる, 八時ちよつとすぎ, 八時ぼくは次郎, 八時ウルグアイ国首府モンテビデオ港に着す, 八時サンキス号は護衛艦隊, 八時シアトル港に着す, 八時タクシイでケエ・ドルセエ, 八時テラー村に着陸, 八時ニューヨーク発車翌日バッファローに降車, 八時バベルマンデブの海峡, 八時プレスコで篭の鳥, 八時ベナレスに着す, 八時ベルゲンを発し, 八時ベルリン行きの急行, 八時ベーリング行の列車, 八時ホラ大変というわけ, 八時ボートの用意, 八時ポツポ船で名護屋, 八時マンチュリヤの税関, 八時モヤ床に入っ, 八時モルレーに於, 八時リット提督はついに, 八時一寸過ぎに着いた, 八時七分前迄芸談, 八時三分だった, 八時三十二分だったと, 八時三十二分の汽車で立つた, 八時三十五分出発熊岩十時十五分長次郎頭十一時二十分着十一時四十分出発, 八時三十分の汽車で出発, 八時三十分の銅鑼は通常朝食, 八時三十分アフイミアは汁, 八時三十分セバストーポリ発ハリコフに向う, 八時三十分以後に刃, 八時三十分爆聲止む續, 八時三十分発急行列車富士号の方, 八時三十分英男お父母様, 八時三十分頃警視庁の中村捜査係長, 八時三十四分でかえり, 八時三四十分であったろう, 八時九時時分には女, 八時二は同, 八時二十一分かの上り, 八時二十三分になつ, 八時二十三分發で伊勢路, 八時二十二分であった, 八時二十五分の伊東行の普通列車, 八時二十五分來られるなら其の, 八時二十分ごろでした, 八時二十分三は十二日午後一時, 八時二十分出発して, 八時二十分岩屋の大, 八時二十分発バルパライソへその, 八時二十分雁坂の山頂, 八時二十分頃には田郷さん, 八時五分前面に展開, 八時五分頃と推定, 八時五十一分で出発, 八時五十二分を指し, 八時五十二分の汽車には間に合いませんでした, 八時五十二分三十一秒です, 八時五十五分五十六分五十七分の附近では湿度, 八時五十五分発上り列車でした, 八時五十分ごろですよ, 八時五十分の電車で熱海, 八時五十分ノルゲ号は静か, 八時五十分頃のこと, 八時五十四分の汽車で着いた, 八時今市発の汽車, 八時今朝へ, 八時代のわし, 八時以前だったの, 八時何十分かにすぐ, 八時信州北佐久郡御代田駅に汽車, 八時元勲伊藤公の坐乗, 八時全国に防空令, 八時八分着第, 八時六人揃って, 八時六分でその間十六分きり, 八時出勤一分おくれても, 八時出発二見まで歩く, 八時出発朝飯が足らなかつた, 八時出立京都へ, 八時出立右に山, 八時出立尻からげ一杯ありがたく頂戴, 八時出立由布院へ歩く, 八時出立直方までは歩いた, 八時出立礫浦まで送られ, 八時出立途中まで紅闘二兄, 八時出立電車で駅, 八時前十五分を, 八時前後お前は一体, 八時前御見舞に来, 八時十三分長次郎谷の出合, 八時十二分かの汽車, 八時十二時入相夜の十時, 八時十五分すぎまでの間, 八時十五分のもあれ, 八時十五分前からもう, 八時十五分広島市中央部の上空, 八時十五分過ぎには十五マイル, 八時十五分過ぎ位である, 八時十五分頃そこを出, 八時十分前みんな集る, 八時十分前目黒駅前ですか, 八時十分小田原へ箱根三河屋, 八時十分東京駅へ女房, 八時十分私の乗った, 八時十分過ぎを示し, 八時十分頃だったろうと, 八時十四分大噴火盛に熔岩, 八時十時より十二時, 八時半ここを出発, 八時半ごろ家へ戻っ, 八時半ごろ支局の若い, 八時半ごろ本郷真砂町の中橋別邸, 八時半ごろ柳ずしに現れ, 八時半ごろ無事に帝国ホテル, 八時半ごろ研究室の鍵, 八時半すぎに, 八時半すぎ徳山が迎, 八時半のにおき, 八時半カングリ警部は私たち洋館居住, 八時半テスト迄の時間, 八時半トルガッテン島に着船, 八時半ハネると, 八時半バネってこと, 八時半九時半なり, 八時半出発して, 八時半名古屋着三藤旅館ての, 八時半喪主遺族近親築地代表者は四谷自宅, 八時半始業だった学校, 八時半就寝で私, 八時半峠の上, 八時半平林を発足, 八時半新橋を発す, 八時半早坂勇の卓上, 八時半東とカブ, 八時半汽車は音, 八時半病人に朝食, 八時半発の列車, 八時半着の急行, 八時半箱形の小, 八時半自動車来り雷門, 八時半跣足で庭, 八時半迎へ来り, 八時半門松も枝, 八時半頃ノックヲセズニ恐ル, 八時半頃ロイドと自室, 八時半頃三鷹附近で事件, 八時半頃其処で立ち働い, 八時半頃東京駅へつき, 八時半頃蓬莱亭へ行った, 八時半頃野蒜につきぬ, 八時半頃頂上に着いた, 八時半領事館芝崎菅原両氏とともに電車, 八時半食堂へ流石, 八時原子爆弾にあいました, 八時名前のわからない, 八時四十七分に出た, 八時四十何分京都着一先づ松吉旅館へ落ちつく, 八時四十分ごろ私は事務所, 八時四十分の汽車で立つ, 八時四十分奥羽線上り急行列車が田端駅附近, 八時四十分観測員は北極星, 八時四十分頃に同家, 八時四十四分発にて長野, 八時夕四時そして朝, 八時多年召使ひたる老婆しん病死, 八時多数の知友, 八時大久保利通は麹町, 八時大阪に立つ, 八時太鼓の音, 八時如松は総, 八時始めの学校, 八時姫路スキーの連中, 八時宇宙艇はついに, 八時安東で税関, 八時寝室の寝台, 八時小汽船に駕, 八時就寝たっぷり十一時間, 八時山へ, 八時岩村田の街, 八時川口上陸久しぶりに大阪, 八時左近のいわゆる, 八時帰居それ, 八時帰庵野蕗君を待つ, 八時幾分かの急行, 八時当地出発の予定, 八時後雲ことごとく消し, 八時急行で南京, 八時旅館に集つた, 八時昼は十二時, 八時時分でございましたでしょうか, 八時月曜の朝, 八時東京監獄より押送吏, 八時東京駅を滑り出, 八時東宝へ菊田, 八時柳橋の白菊, 八時案内者と共に白骨温泉, 八時標高三千十四米突の一峰, 八時比駒込神明町行の市電, 八時汽船の五, 八時浄吉ガ病室ヲ覗イタ, 八時現在の報告書, 八時発のにすれ, 八時真近かに, 八時眼がさめ, 八時私が彼, 八時緑平居を出る, 八時船に乗る, 八時花巻にて, 八時芸術座の手前, 八時藤山等と一緒, 八時読書九時散歩十一時それからそれから, 八時谷間の少し, 八時起床今日は快晴, 八時近くロッジに帰る, 八時近く前川が友達二人, 八時近く宮本さんと重吉, 八時近く文藝春秋祭の日比谷公会堂, 八時近く滝村来る, 八時近く食堂へトマトクリーム, 八時過ぎやうやく小, 八時過ぎ出立する呼子町, 八時過ぎ母より一足さき, 八時過ぎ神戸発新橋行の急行列車, 八時過ぎ私は目, 八時達ちゃん入隊したわけ, 八時郵船会社八幡丸に相, 八時都を出, 八時釜山着案外寒から, 八時開会というの, 八時間これを二週間, 八時間ぢやア, 八時間づつ勘定して, 八時間づゝ聖アンブローズだの聖クリサスタム, 八時間ストについで, 八時間ブッ通しの仕事, 八時間一ルーブリ六十カペイキの煉瓦, 八時間一浴して, 八時間七時間労働だから, 八時間三五分三〇秒が使用, 八時間中ずっと静か, 八時間九時間になる, 八時間二十時間二十二時間の夜, 八時間交替で夜勤, 八時間以上労働する, 八時間以上十二時間は寝る, 八時間以内には立派, 八時間以来自分をとらえ, 八時間休養して, 八時間余を要す, 八時間余ブッ通して, 八時間制トシ日曜祭日ヲ休業シテ賃銀, 八時間前金曜の夜, 八時間労働市民の自由, 八時間勞働要求の時, 八時間午前と午後, 八時間半であったかと, 八時間基準の労働日, 八時間女八時間の社会的, 八時間山の中, 八時間打通しの労働, 八時間教育をうける, 八時間東京にいる, 八時間汽車に乗, 八時間熟睡したそう, 八時間目にやっと, 八時間睡眠ししかして, 八時間足らずでやれます, 八時間近くも荒天, 八時間進駐を延期, 八時間道は少し, 八時間青森にい, 八時集合となる, 八時青森に着き, 八時青森港出帆夜五時過箱館著船, 八時頃あたしが桃割れ, 八時頃うちを飛び出した, 八時頃お迎えに行きました, 八時頃ちよつと母, 八時頃やつと起きる, 八時頃われは先生, 八時頃ドイツの回答, 八時頃ホイットミイ氏の家, 八時頃ホールで武者さん, 八時頃ヤーセという駅, 八時頃一栄宅から大石田, 八時頃万安へ行く, 八時頃三造が風呂, 八時頃下から登っ, 八時頃下谷の姉さん, 八時頃伊勢丹へゆきベル, 八時頃伸子の病室, 八時頃体があく, 八時頃体温は卅八度五分位, 八時頃何事もなく, 八時頃倉持運転手が部屋, 八時頃元気な声, 八時頃先方の家, 八時頃光子さん来る幽霊, 八時頃八合満となり午後九時前後, 八時頃出発九時乗車名古屋へリンゴ舎, 八時頃前方に深い, 八時頃北室院に著, 八時頃千住の紙工場, 八時頃千疋やの大きな, 八時頃古田が若い, 八時頃古田君が蛤橋, 八時頃堀の内を発足, 八時頃夕餉をな, 八時頃大津駅前秋月旅館の玄関先, 八時頃天来の音楽, 八時頃宅へ警視庁, 八時頃家に帰った, 八時頃家内に案内, 八時頃宿に着いた, 八時頃小池さんが起き, 八時頃屋久島が見え始めた, 八時頃山王の山, 八時頃山田は秀子, 八時頃帰国されました, 八時頃弁当を持っ, 八時頃当直の看護婦, 八時頃彼は暗く, 八時頃心窩部より胸骨背面, 八時頃急に円タク, 八時頃所用で福井市, 八時頃新聞を見, 八時頃旅館の番頭, 八時頃明旦順風になれ, 八時頃昼間三谷の指図, 八時頃本田医学士が婆, 八時頃東京に着い, 八時頃東宝グリルで開かれた, 八時頃松山さんに送られ, 八時頃柳容堂からの電話, 八時頃歸つた, 八時頃海岸へ着いた, 八時頃独りで出かけた, 八時頃看護婦が三疊, 八時頃眼がさめ, 八時頃神宮の南, 八時頃私共は一つ机, 八時頃舟へ向った, 八時頃良一は川村さん, 八時頃荒物屋を出る, 八時頃警戒警報が解除, 八時頃車軸の轟く, 八時頃迎いに来た, 八時頃隣家の田宮特高課長, 八時頃電話をかける, 八時頃食堂へ下り, 八時食堂へ和食, 八時餓鬼の田, 八の間, 八普段着の姿, 八暫らく見えなかつたぢ, 八暫らく此處を頼む, 八書一記一考一墓誌一雑二となる, 八最後に一七九二年, 八の字, 八會同におきまして彼等, 八會場はこちら, 八に村雲花, 八月例の米騒動, 八月間の準備, 八月頃あらしに撃破, 八月頃犬は恋愛, 八有難てえ, 八有頂天で飛出した, 八然和上, 八つぱらから, 八木立禮大人の詩経, 八本お通し六十三人前イセエビ五皿タコ二十八人前マグロサシミ二十五人前果物五皿シャンペン一本スシ十人前それにサービス料二割, 八本づつ乱して, 八本めに失敗, 八本プラリブラリとぶら下っ, 八本下の落し, 八本以上にも見えた, 八本位袂から出る, 八本全部見逃せない作品, 八本共に揃う, 八本前歯が六百枚, 八本大事さうに抱へて板屋家, 八本大正十三年には六百本ぐらゐはあつたらうとのこと, 八本式に女, 八本当のところ江戸中, 八本当にその女, 八本彼方此方に淋しく, 八本目にようやく, 八本矛の形, 八本製作という数字, 八本趾で普通, 八本通つてゐるの, 八本針位は使, 八材木置場の古, 八村みな桃なる一大美觀, 八か, 八束台の上, 八束脛などが山人, 八条七百八十九条八百一条第八百十三条, 八条二項に, 八条以下とに別条, 八条四ツ塚の辺り, 八条大将保忠は承, 八条女院の女房, 八条年也という名前, 八条朱子語録の中, 八条池殿小松殿泉殿東は二条三条, 八条法性寺柳原の天, 八条猪熊の女衒, 八条院の御, 八来い捕ったぞ, 八杯攫らいました, 八杯目のウイスキイ, 八杯続けざまに飲んだ, 八松の木に吊られた, 八松太郎の二人, 八松屋で聞い, 八松平葵宗家の発祥地, 八松永町の三次郎, 八板橋からの御, 八枚のは唯, 八枚ぶん差しだした豪, 八枚テーブルの上, 八枚一時に書き上げた, 八枚三十六面は長大, 八枚中わづか, 八枚分を今, 八枚平げるの, 八枚皮の疊八枚, 八枚皮畳を六枚, 八枚絹の疊八枚, 八枚肩の駕籠, 八枚赤矛八竿を以て墨坂, 八枚軍服あり平装の, 八枚金銀装横刀一口鏡一面倭文二端白眼鴾毛馬一匹白鵠二翼造顔師一人御贄五十舁, 八枚雨戸なしだ, 八が急性肺炎, 八枯れぬはねつるべ, 八柏軒並妻俊四十三妾春二十八鉄三郎四つ女洲十二国九つ安一つ, 八柏軒二十二長十八, 八柱櫓のよう, 八柱目の神, 八で疲れ, 八柳橋で左ヅマ, 八株半持って, 八で変つて, 八桂三分考へて, 八桂今までにある, 八桑枝の如く, 八にも同じく, 八梃櫓の鯨舟, 八助頭取, 八じゃねえ, 八梯子を借り, 八棟造りを建つる, 八を開け, 八を平らぐ, 八植木屋では夜光, 八検屍のやり直し, 八椿さんは下手人ぢ, 八業中これにまし, 八楼十門を繞, 八楽器のため, 八榛軒未亡人志保六十三であつ, 八構うことは, 八構わないから引っ括っ, 八様子を聞いた, 八樣用心棒と言つて, 八権平等を座敷, 八横浜メーター計量株式会社としるし, 八橋七堀八堀と水, 八橋花魁よっぽど悪い, 八機敵は十二機, 八機死にものぐるいの逆襲, 八機猟犬のよう, 八檀林中の随一, 八檢屍のやり直し, 八と云つて一番左側, 八次第によっては十手捕縄, 八次第に寄つては, 八歓楽街のクラゲ座, 八止さないか, 八止せ見つともない, 八止せ飛んでもない, 八止りで一寸, 八寺ヶ谷の, 八正に一言も, 八正直なる事, 八正説元文生, 八此上は十手, 八此穴をあけた, 八此鋸屑はどう, 八歩うしろを見る, 八歩学士に添っ, 八歩手前で立ちどまった, 八歩目に直ちに, 八歩関係人数四九七八名でこれ, 八歳どちらも社長, 八歳ウェッセールは四十三歳, 八歳クララはわずか, 八歳メーリケよりは七歳年長, 八歳一燈忽ち滅, 八歳一箇月以下で死亡, 八歳三男が六歳, 八歳上の二十五, 八歳上坂西村を抜い, 八歳両親の家, 八歳九歳のころ, 八歳九歳後から暗い, 八歳二箇月なの, 八歳五番お辰, 八歳五百が三十七歳, 八歳他人は一生, 八歳以上二十七八歳までの真面目, 八歳以上五十三歳までの男, 八歳以上五十歳以下の男子, 八歳以上十二三以下の児, 八歳何方もこの, 八歳信心者で毎日神仏, 八歳信条よりすれ, 八歳元服の時, 八歳元気溌剌たる時, 八歳先妻の子, 八歳先生の代, 八歳全国児童就学のため, 八歳八年間天下をお, 八歳八歳天の下, 八歳内藤小町とうわさ, 八歳前後の幼年期, 八歳印刷工場の女工, 八歳右尋ね当て, 八歳名は日出雄, 八歳命は自害, 八歳商業出の俸給六十円, 八歳四十七年間もの長い, 八歳大正九年五月九日病死す, 八歳天保十年のこと, 八歳女乙女さんは十七歳, 八歳女房おみね, 八歳妹は五歳, 八歳妻益三十二歳で子供, 八歳姉に優る, 八歳姪は二十一, 八歳宗太は六歳, 八歳家を毀つ, 八歳寅の年生れ, 八歳富穀の子道悦, 八歳小兵ではあった, 八歳小生はくすぶった, 八歳山之助, 八歳市兵衛は六十六歳, 八歳席順に, 八歳常三郎は七歳, 八歳年上であるところ, 八歳幾勢が二十五歳, 八歳弟は六歳, 八歳弟子が十歳, 八歳当歳の寝息, 八歳後に政永, 八歳戊寅の年, 八歳文盲電車にも一人, 八歳旗本の娘, 八歳日本画壇の年齢番附, 八歳此は十二歳, 八歳此悲境に落ち, 八歳母方の姓, 八歳母飯田氏益が二十二歳, 八歳水木二歳専六生れて, 八歳父君にともなはれ, 八歳現代風に満, 八歳生徒の私, 八歳生間流の大家, 八歳甲午の年, 八歳男児は二十歳, 八歳筋骨たくましい御, 八歳篠部淡路守が浪游, 八歳細君に子供, 八歳聡慧愛スベシタダソノ早成, 八歳背のたかい, 八歳良は二十二歳, 八歳花も恥じらわ, 八歳蘭軒が三十歳, 八歳被衣をかぶり, 八歳農家の女房, 八歳通油町の地本問屋蔦屋重三郎, 八歳道の為, 八歳長女のお, 八歳隨分鳴らした大, 八歳面長中肉江戸型の美貌, 八歳革命の動乱, 八歳頃以後は政界, 八歳高等学校の一年生, 八歳黒田吉兵衛長政の十六歳, 八歸つて來たか, 八段々わかつて, 八段ウウウウ頻りにうなる, 八段グイと膝, 八段セキバラヒか, 八段タオルをとつ, 八段ハラワタが煮え, 八段九十六分考へて, 八段五分考へて, 八段五十四分考へて, 八段便所から戻り, 八段十分考へて, 八段右手をタタミ, 八段名利の欲望, 八段大根が兵士, 八段左手を膝, 八段持参の自慢, 八段的攻撃と称する, 八段眼鏡を外し, 八段石を握る, 八段腹痛のやう, 八段階位が色界, 八段餘の荒蕪地, 八殺しの下手人, 八は三十四, 八を盛られたらしい, 八毘沙門と勝軍地蔵, 八毛三栗中上不来, 八毛柄次に一厘柄, 八氏ブラックプリンス引上げに関し若し, 八氏中九州説は白鳥博士, 八氏大名の子弟, 八氏東道のもと, 八を付ける, 八汐路難き沖, 八の乾く, 八の此度, 八汝等の父, 八江島屋七兵衛殺しの下手人, 八江戸っ子は手習い, 八江戸ツ子は手習, 八沢村紀久八などという顔触れ, 八河江比賣, 八河辺の小竹, 八河長梅川亀清柳屋柏屋青柏大中村と庇, 八油斷するな, 八の細かい, 八法大二六早大二六慶大二四関大一九立大一六東大一三計二九六名, 八法王を選定, 八洒落が素通り, 八洗いざらしの単, 八洲亭渋谷の石川亭, 八洲先生などがよく, 八洲内から八勝, 八洲国豊葦原瑞穂国葦原中国玉墻内国細戈千足国磯輸上秀真国或いは虚, 八洲天皇詔旨の代り, 八洲成生の伝説, 八の建前, 八流兼学の大, 八流心形一刀流甲源一刀流柳剛流東軍流卜伝の遺風, 八の経済速度, 八海荒沢大鳥岳の連嶺, 八海部側の者, 八海里を走る, 八淋しがる年, 八深川生れを自慢, 八清元のけいこ, 八清元千蔵同仲助, 八清松は二十六, 八清蔵五郎兵衛ねずの, 八を越えぬ, 八温かい味噌汁に, 八湯屋の五平, 八源十をまじえ, 八源吉四方はもうすつかり暮れ, 八源左衞門の弟, 八溜飮が下, 八溜飲が下がったろう, 八溝連山が鮮やか, 八溪金砂を流す, 八滿更惡い心持ぢ, 八漆間八郎右衛門の両人, 八潜水艦一隻だけです, 八の稱, 八瀬大原帰りに鞍馬, 八瀬小原辺にて甚幽邃, 八瀬村まで送, 八瀬記にそう, 八点エッチングが三十点, 八点野崎は三十七点, 八点鐘が鳴り, 八無念斎であった, 八無理をし, 八照賢鞍手助左衛門正親倉橋伝十郎直行粕屋甚七常定神原茂左衛門基治で年齢, 八煩惱自から消え, 八熊吉という若い, 八燈籠の行事, 八の電気, 八爺いは夜, 八版みみずのた, 八牛込の怪談, 八物惜みを, 八物惜しみをせず, 八物置へ行つて見てくれ, 八犬傳三國志水滸傳などを又, 八犬子を生む, 八犬後談で切り離すべきである, 八犯ぢやぞ, 八狐付添て己, 八独特の蝋細工, 八の大蛇, 八狸佐渡の団三郎狸, 八は飛んだ, 八猫背で獅子鼻, 八献十献又太郎, 八獅子舞について関心, 八玉井彦三などの旗本精兵, 八の彫刻, 八王二六歩二七歩四八銀まで三十八手, 八王子を中心, 八現場へ行つて, 八に武夫, 八環刀を佩い, 八即ちおよそ, 八生井北風胸悪ハクショウ, 八生命が危ない, 八用心しろ, 八田山鉄彌二十九日夕, 八田高容さんや井口華秋さん, 八由五郎は居職, 八甲組廻了の数二十三, 八町そこから河, 八町ところどころの盛り場, 八町ひとわたり一円, 八町ゆきたる處, 八町わきの村方, 八町ヶ原から甲武信岳, 八町三反歩といふの, 八町上りたる處, 八町上流だ, 八町下りたる所, 八町二反三畝歩なれば, 八町人里もなく, 八町余りにし, 八町余里見氏より以来, 八町信州の天竜峡, 八町八反の地主, 八町十二町である, 八町南北四町と案内者, 八町只の一軒, 八町合計十町二段を給せられる, 八町向うの質屋, 八町吝嗇漢のお, 八町堀牛草橋の晴雪楼, 八町堀竹島町に住ん, 八町夜道には少し, 八町女体山より廿五町半, 八町宿形ちを, 八町寂として廓, 八町岡田から松本, 八町岩層の小高い, 八町手も八町, 八町最高峯の頂, 八町東門から西門, 八町横は三里, 八町畷を砂ッ塵, 八町目と記し, 八町碓井峠の険しい, 八町藤原村と峰, 八町走りの走り雨, 八町距たった大, 八町逆もどりだな, 八町高まくらってえ, 八画伯も, 八ということ, 八で落ちる, 八番からめ手詮議のつる, 八番ぢやありません, 八番のとたいそう, 八番もののあいきょうぶり, 八番デューカーの, 八番九番を下, 八番二十八番は六号, 八番勧進帳のいわば, 八番右の兼盛, 八番地在住はわが, 八番地室十五号に住ん, 八番坑のへしゃがれた, 八番天文地文人相家相あらゆる知識, 八番恩山寺遥拝第十九番立江寺拝登, 八番斎藤と極めた, 八番桂馬飛びという, 八番物になる, 八番目のも違う, 八番目毎に性質, 八番茶も出花という十八, 八番薔薇の花びら, 八番足も滅法, 八番部長の帯来, 八異様な動機, 八畳いっぱいに鬱金, 八畳きりの座敷, 八畳くらゐで, 八畳ぐらゐの広さ, 八畳ぐらゐの対局場ができ, 八畳これが座敷, 八畳じきぐらいの岩, 八畳すみに小さな, 八畳つりぐらいの蚊帳, 八畳づりの蚊帳, 八畳ジキという, 八畳一杯に拡がっ, 八畳一杯赫と陽気, 八畳一間きりの長屋, 八畳一間六畳二間四畳一間の離家, 八畳三畳のその, 八畳三畳一畳という草庵, 八畳二間六畳一間四畳半二間それに湯殿, 八畳以上の座敷, 八畳六畳三畳三畳台所風呂場其に十三四坪, 八畳六畳四畳半というたった, 八畳十五畳という部屋, 八畳十畳といふ三部屋, 八畳十畳床の間と云う, 八畳四畳半三畳だけれども, 八畳四畳板の間つきの客室兼物置, 八畳女中部屋が三畳, 八畳寝間によ, 八畳座敷中に故, 八畳控え三畳等々たくさんな部屋数, 八畳敷これに和布, 八畳敷位の大き, 八畳敷狸を想う, 八畳東と南, 八畳東二十畳次八畳控え三畳等々たくさんな部屋数, 八畳蚊帳の下, 八畳許りの, 八畳釣りの蚊帳, 八畳間一ぱいに氾濫, 八畳間位の室全体, 八畳間其奥にも一つ六畳間, 八畳雨戸を細目, 八當分河内屋から眼, 八疊お勝手も便所, 八疊ぐらゐの二間ぎりで會合の, 八疊一と間, 八疊三疊一疊の小さい, 八疊四つ取つて, 八疊座敷でみやげ物, 八疊眞ん中に床, 八疊程の廣さ, 八疊續いて, 八疋ぐらゐまで梟がとまっ, 八疋十疋のみ成功, 八疋唐錦九尺紗一疋青摺衣二領鞋十足などもあげられ, 八疋立の一棟, 八疱痘になっ, 八病気はどんな, 八癖ぼんやりしてる時, 八登ってみな, 八白根山の巻, 八白状すると, 八百〇一年に完成, 八百〇二年の, 八百〇五年ゼノアに生る, 八百〇十〇年の春, 八百〇四年迄には約, 八百あまり蒐集して, 八百それに三間半, 八百ぢやない, 八百ふみうづたかくのせて人丸, 八百ほかの諸派, 八百キロメートルの向う, 八百グラムの吐血, 八百グルデンの俸給, 八百フィート四方位であろうが, 八百ポンドの金, 八百ポンド以上の水分, 八百マイルのロケット, 八百マイル近くもある, 八百メートル余ということ, 八百メートル先に例, 八百ヤードの海峡, 八百ルーブリ出したもの, 八百七十〇年の夏, 八百七十マイルの洋中, 八百七十一万余坪で前掲, 八百七十一年の普佛戰爭媾和, 八百七十一年一月にアフリカ東海岸, 八百七十七八年の交, 八百七十七年前後のあたり, 八百七十七段ありますと, 八百七十三人遠謫配流, 八百七十三年か四年, 八百七十三年一月十日でムネ・シユリイ, 八百七十三年五月一日の夜明け, 八百七十九年出版アンダアソンの著, 八百七十九年十二月二十一日のこと, 八百七十九年十二月四日コーペンヘーゲンでである, 八百七十九年四月イブセンはデンマルク, 八百七十二人の史上, 八百七十五年三月一日午後十時同所で死ん, 八百七十余人負傷者は炎日, 八百七十余体の死骸, 八百七十八年チャールス・ピアスによつて, 八百七十八年十月といふ日附, 八百七十八年十月十九日ローマにてとしてま, 八百七十六メートル男體よりも六メートル, 八百七十六坊僧二万八千九百九十一人尼一万四千百八十四人ありしも, 八百七十六年五月二十七日タンガニイカ湖畔のウヂヂ, 八百七十四年九百年九百九年の文書, 八百七十四年十一月十三日彼はザンジバル港, 八百七十四年四月十八日盛大な国葬, 八百七十尺余り距離は直径, 八百七十年代の半頃, 八百七十年以来仏蘭西と独逸, 八百七十石以上この畠, 八百七名の友, 八百七米の三角点, 八百万づの神, 八百万キロメートルの距離, 八百万トンすなわち二億トン, 八百万ドルすなわち百三十七億円, 八百万フランを示し, 八百万ペセタくらいの金, 八百万世のオール, 八百万人集まつて, 八百万俵であったに, 八百万倍ある, 八百万円事件というの, 八百万円以上の予算, 八百万円以内で製作, 八百万分の一地図で樺太, 八百万留の支出, 八百万石お上が御, 八百万石三百諸侯旗本八万騎のご, 八百万神たちもろともに聞し召せ, 八百万神天安之河原, 八百万罐蟹工船に七百八十万罐, 八百三さんが家族, 八百三人に給, 八百三位まである, 八百三十一呎八これは九七〇二米, 八百三十七年の歳, 八百三十万トンすなわち九一・九%, 八百三十二年十一月二十九日出生場所は米国ペンシルバニア州, 八百三十五人の片, 八百三十五人乗馬は百十五頭, 八百三十余万人の戦災者, 八百三十八年の七月, 八百三十四字之を私たち, 八百三十四年アメリカのデヴイツド・ブルース, 八百三十四年ドレスデンに生れた, 八百三十四年三月六日の事, 八百三十四米七の峰, 八百三十尋其樣な深い, 八百三十年に生れ, 八百三十年ブルボン朝の最後, 八百三十年代の浪漫主義, 八百三米の山巓, 八百上りたりと, 八百両あまりの金, 八百両何家かで家尻, 八百両貴殿にお, 八百九〇年サガレンに出かける, 八百九十一二年の頃, 八百九十一年に出, 八百九十一年六月自由劇場でその, 八百九十一年州の事業, 八百九十一米の広河内岳, 八百九十七年にジェミエ, 八百九十七年三月エコリエ社で上演, 八百九十七年版以後のもの, 八百九十三年に出, 八百九十三年ニユーヨーク州において始めて, 八百九十九人の内, 八百九十九年五月十八日から和蘭, 八百九十九年創立当時の計画, 八百九十九貫九百匁運ばないと, 八百九十二人男女の割合, 八百九十二年に露国, 八百九十二年以来学校補助費三万ドルに対し公立図書館, 八百九十二法と六十サンチーム, 八百九十五年の八月, 八百九十五年十二月即明治二十八年, 八百九十八年三月巴里フィガロの小, 八百九十八年五月二十六日クリスチアニアのノールウェー女權同盟, 八百九十六円七十銭一ヶ月七十四円七十二銭ということ, 八百九十六年一月發行の, 八百九十六年北斎伝出でしが, 八百九十六年歐羅巴ハンガリーの都ブタペスト, 八百九十六年編纂の目録, 八百九十名の代表, 八百九十四年作者三十一歳の時, 八百九十四年四月二十日ジムナーズで女優レジャーン, 八百九十年代である, 八百九十年以来東京においては, 八百九十年六月十二日とあります, 八百九十米清水からは八百五十米, 八百九年乃至千九百十一年, 八百九枚目まで書きちらすだろう, 八百九沢に見, 八百二十マイルあり, 八百二十一年版のバイロン, 八百二十七人この二藩, 八百二十七名と称し, 八百二十七米九の三角点, 八百二十三人だけしか生き残らなかった, 八百二十八人女は廿九億九萬四千八百三十人, 八百二十八年三月二十日ノールウェーのスキーン, 八百二十八米でいずれ, 八百二十円の通帳, 八百二十尺の下部, 八百五人だが, 八百五六十年はたっ, 八百五十メートルの高, 八百五十ヴォルトの電流, 八百五十七尺石狩岳が六千五百七十三尺, 八百五十万円を浮かし, 八百五十三年九月十二日ところはクロワッセ, 八百五十九匁の鉛, 八百五十九年に死する, 八百五十九年七月二十三日巴里で死んだ, 八百五十二回に上っ, 八百五十二年に米國, 八百五十二年十月に同, 八百五十二米の峰, 八百五十五米の僧ヶ岳, 八百五十人という新, 八百五十倍の鏡, 八百五十兩より鐚一文, 八百五十八マイルを過, 八百五十八円で売買, 八百五十八年安政六年に送った, 八百五十六フランは特別大切, 八百五十六年東海岸のキリマネ, 八百五十匁十五年目で二尺三寸余一貫四百匁, 八百五十四年にはザンベジ河, 八百五十年にロンドン, 八百五十年一月十四日ロテイはロシユフオオル, 八百五十方マイル人口二千五十人なれば, 八百五十法のうち, 八百五十浬もあります, 八百五十石取りの旗本, 八百五十米の登り, 八百五十萬戸明の隆慶時代, 八百五年以来ちやんとワイマアル, 八百五拾圓ヲ得, 八百人あまりの大, 八百人いずれも高々, 八百人マエ・ターサンには二千五百人, 八百人以上に上った, 八百人余は中軍, 八百人余りの労働者, 八百人余り勝家の供侍三百余, 八百人分の註文, 八百人加賀藩の手, 八百人近く年産額二千四五百万円といわれます, 八百人鉄砲足軽を真っ先, 八百人隊長のブブリウス・アクヴールス, 八百代小田にうつろ, 八百以上らしいのよ, 八百位までの怠けもの, 八百何十何年七月十日の事, 八百何十年もまえ, 八百何十枚か入った, 八百何圓とかで, 八百何年前に死んだ, 八百余万円を浪費, 八百余万斤二十三年には九百七十余万斤, 八百余人舶長さ四十四丈広さ十八丈, 八百余人負傷二千余名と数えられた, 八百余円が支出, 八百余口過ぐる所, 八百余坪に大小, 八百余年の久しい, 八百余年前の支那人, 八百余枚ほどご, 八百余石のご, 八百余里のあいだ, 八百余里芦荻にかくれ, 八百例これを大きく, 八百例中の百三十例, 八百俵以上を二百俵, 八百億トンの石炭, 八百億ルクルの金, 八百兩外に貸金, 八百八というの, 八百八十一年にコペンハーゲン, 八百八十一年九月はじめて演ぜられた, 八百八十一年十一月ペテルスブルグでまた, 八百八十一年度ヴインナ大學病院最近處方, 八百八十七年買つた場所はストランド, 八百八十七条に至る, 八百八十三カ所ありしと, 八百八十三マルクローマ宗百二十九万七千三百六マルクなり, 八百八十三メートルのエベレスト山, 八百八十三呎幅員九十二呎半龍骨から船橋, 八百八十三年に大, 八百八十三年ペテルブルグの師範学校, 八百八十三年十二月かの女優モッヂェスカ, 八百八十九年チューリン市で初めて, 八百八十九年三名の委員, 八百八十九年初演オランダのアムステルダム, 八百八十二メートルのエベレスト峯頂上, 八百八十二年といへ, 八百八十二年イギリスのロード, 八百八十二年伯林工芸美術館においてその, 八百八十五年に生れ, 八百八十五年ボストンにて再刊, 八百八十五年ユーゴーの逝ける, 八百八十五年三月ロンドンの一素人劇クラブ, 八百八十八と御, 八百八十八人であった, 八百八十八年三月六日五十五歳で父, 八百八十八株半持って, 八百八十六年九月の, 八百八十六年六月十三日の夕, 八百八十四年三月三日ロンドンの王子座, 八百八十四年英国倫敦発刊の某, 八百八十年一月八日戲曲座で開演, 八百八十年二月に初めて, 八百八十年二月十七日ミュンヘンにて, 八百八十年二月十八日ミュンヘンにて, 八百八十年五月何日かの日暮れ方, 八百八十年以後の日本, 八百八十幾年かの物, 八百八十本の毛髪, 八百八十歳になります, 八百八屍の死骸, 八百八屍将軍と綽名, 八百八業中これにまし, 八百八狐付添て己, 八百八狸佐渡の団三郎狸, 八百八町ところどころの盛り場, 八百八町ひとわたり一円, 八百八町只の一軒, 八百八町吝嗇漢のお, 八百八町高まくらってえ, 八百八病の外, 八百八米の丹後山, 八百八衙万歳の響, 八百六人溺死す野根浦, 八百六十一年の新年, 八百六十一年十一月二十日わが手, 八百六十一年女史の三十歳, 八百六十七年実に十九世紀, 八百六十七年ビスマークの力, 八百六十三年ニユウヨオクのハアバア書肆, 八百六十三年ペテルブルグで生まれた, 八百六十九年五月三十日に出された, 八百六十九年十月アメリカのニューヨーク・ヘラルド新聞, 八百六十二年私は日本, 八百六十五円をお返し, 八百六十人一朝事あった場合, 八百六十余人という家士, 八百六十八年二月大坂において, 八百六十八年幕府瓦解して, 八百六十八米の峰頭, 八百六十六万六千三百二十二人居た事, 八百六十六五千まで数えれ, 八百六十六年フランスに生まれ, 八百六十六年ボオドレエルの狂疾, 八百六十六年三月末のこと, 八百六十六年以来諸外国政府, 八百六十六年四月亞歴山二世がサムマア・ガアデン, 八百六十六年彼はまた, 八百六十四年の詩集, 八百六十年二月一日に死にました, 八百六十年六月二十五日仏国中部の古都ツウル, 八百六十年生れでこれ, 八百六十度から千百七十度, 八百六十米の圏, 八百六十里七町四十九間半とあり, 八百六十首の中, 八百六年拿破里に斬首, 八百円がた悪いと, 八百円ぐらゐは要りますので, 八百円これはマル公, 八百円ベース決定以後購買力は著しく, 八百円一枚着換えるごと, 八百円以上の負担, 八百円余分の金, 八百円基準の生計費, 八百円女人達は九百円づゝ, 八百円着換えが二百円, 八百円程度になる, 八百円許り受取りました, 八百円貯金して, 八百分の一に当る, 八百分の一位の金, 八百分の一八百分の一位の金, 八百勘湖月帝国ホテル精養軒抔といふ所, 八百匁三十年目で三尺二貫七百余匁, 八百匁以上でよかっ, 八百匁程度の風呂敷, 八百十三人という狂気, 八百十三年モスコーの一敗, 八百十二マイルメルボルンよりここ, 八百十二万両安政二分判二百三十七万両正字金九万両合計一四二一万両と推定, 八百十二条に夫婦, 八百十五人ということ, 八百十五年正月十六日の事, 八百十人に及び, 八百十何年かの話, 八百十六切小判で四万九千五百両, 八百十六米の小, 八百十年代の, 八百千年ありこしこと, 八百友の女房, 八百吉どんだけ, 八百名以上であります, 八百名自由行動だってさ晴れたら歩くだろう, 八百呎ばかりのところ, 八百哩も遠ざかっ, 八百善位のもの, 八百善吉原の兼子, 八百善平清川長青柳等の料理屋, 八百噸前に言った, 八百四メートル作りルイ十八世は五千七百九メートル, 八百四十メートルだ, 八百四十一年イギリスのウェールズ, 八百四十一年代の新聞, 八百四十三萬六千圓此外まだ埼玉縣, 八百四十三萬圓ではどうしても, 八百四十九頁の大冊, 八百四十五年ぐらいのところ, 八百四十五年七月十九日午前八時モルレーに於, 八百四十五日を費した, 八百四十八年ロンバルトの暴徒蜂起, 八百四十六年バアゼルの出版, 八百四十六部彼れが, 八百四十呎これは前者, 八百四十四年パリの商家, 八百四十四年十月十二日有名なる詩人テニソン, 八百四十回転をやる, 八百四十年前それから基衡, 八百四十米をいくら, 八百四十米突の山脊, 八百四十餘名は明治八年宗谷, 八百四年パリーの春, 八百四条に至る, 八百回転まで油圧, 八百圓九百圓と云, 八百土よし, 八百地底で生き埋め, 八百坊が伽藍, 八百坊東北の高野, 八百子市川荒次郎合同の歌舞伎劇, 八百字ぐらいの短文, 八百室その一室, 八百尺上で千円, 八百尺余の高地, 八百尺温泉宿の裏山, 八百屋など日々, 八百平方ヤードの帆布, 八百年代型のボンネツト, 八百年以後の記述, 八百年以後英國人で支那學, 八百年余にわたる長い, 八百年前後このあたり, 八百年前清盛が二十歳, 八百年後の今日, 八百年明の三百年足らず, 八百年来安住して, 八百年来桃源の夢, 八百年西洋の八世紀, 八百年近くも昔, 八百幾円しか呉れない, 八百政の灯, 八百斤宛の重量, 八百方里内外の面積, 八百日日はあり, 八百會にハレヤ, 八百期の末年, 八百末年の出版本, 八百杉田玄白の女, 八百枚余りありまする, 八百枚甚しきは千枚, 八百株と申します, 八百株薄田十五頃がある, 八百次郎と申す, 八百比丘尼妙椿を出す, 八百浬もあります, 八百浬アラスカのダッチハーバー, 八百燈をな, 八百物屋や雑貨店, 八百物市に赴く, 八百留日本大使館へかえす, 八百畳三重が六百畳, 八百発のねらい撃ち, 八百石位でもあった, 八百磅の収入, 八百秒に割當, 八百稲千稲にひき, 八百米突内外その向う, 八百米足らずの三峠山, 八百粁の見事, 八百粛々として附い, 八百萬圓とした, 八百萬年正月元日の日附, 八百萬神も代々日本, 八百萬神達は天安河原, 八百萬里四方の摩天樓, 八百葉に及ん, 八百蔵さんでしたが, 八百蔵大へいこ, 八百蔵女寅染五郎などに女形, 八百蔵女寅染五郎新蔵舛蔵などの青年俳優, 八百蔵市川寿美蔵市川新蔵中村伝五郎嵐和三郎中村勘五郎中村鶴蔵岩井松之助などという顔触れ, 八百蔵新蔵勘五郎で在来, 八百蔵染五郎などを加え, 八百蔵桐の谷門蔵, 八百蔵等の上, 八百蔵羽左衛門市蔵高麗蔵女寅梅幸吉右衛門松助菊五郎などという顔ぶれ, 八百足になる, 八百足らずの人口, 八百部転読でよかろ, 八百里傷いました, 八百鑵に附き, 八百露里からの道, 八百頭だそう, 八百餘ありしも, 八百餘卷に上る, 八百餘町を一, 八百騎大島峠にも三, 八的原にかかった, 八的浪花節的哀傷を帯びてる, 八なの, 八皆んな奧の部屋, 八を説く, 八監内かに置かれた, 八の大礼, 八目刺しないしは菱鉾, 八直接および間接, 八相当の亭主, 八相応の変装術, 八相生町の音次郎, 八省十二門のうち, 八省四十八街のその, 八省百官の制, 八省門へ入る, 八省院の前, 八県聯合の共進会, 八眼附もどこ, 八のかぐ, 八矢張りお里といふの, 八矢張り仕掛はあつ, 八石のもあり, 八石三斗の力, 八石二十石とそこ, 八石井依右衛門, 八石余とみえ, 八石原の子分達, 八石平からあちら, 八砲台との二つ, 八確かに奇月宗匠, 八を合併, 八社会党誕生す, 八社会学専攻の一学生, 八社会的の文明, 八祖菩提達磨に至った, 八神仏を尊, 八程も持っ, 八秒いくらかぐらいで, 八秒四の世界, 八秒完全潛入四時四分八秒出現雲のため, 八秒完全潜入四時四分八秒出現雲のため, 八もちて, 八秩衰骸少一年, 八はおらぬ, 八程度に過ぎない, 八程縦横三万余里鶏鳴狗吠白日も聞え, 八種天罪ということ, 八種曲芸の馬, 八種村の騷ぎを後, 八種牛や馬その他家畜動物, 八種英語六種その他ロシア語スウェーデン語トルコ語等なりという, 八積んである, 八穗さんや深田久彌氏, 八穴倉へ案内, 八に蓋, 八空き腹だろう食いたい物, 八立てるのみ, 八立稲神社と称せしめ, 八竜王のごとき, 八章一節にいう, 八章三十一二節とを併せ, 八章下巻十章を数, 八章六六にいわく, 八章学箴九首家人箴十五首宗儀九首等を読め, 八章末尾の鴉, 八章節倹の必要, 八競走までに五つ, 八競馬か九競馬目位, 八竹中さんもお力, 八竹刀を放し, 八竿飛は一丈三尺, 八笹野の旦那, 八等スゴイのばかり楽屋, 八等分したくらいの, 八等官コワリョーフは寝台, 八等官プレミャンニコフの娘, 八等官レオーノ・キュースト氏はあなた, 八等官年齢本籍現住この通り, 八等料理場の方, 八等星の速度, 八等書記が死, 八等飯にもお腹, 八に声, 八は方今天下, 八か, 八箇寺あったという, 八箇年の努力, 八箇所卅三番へもお札, 八箇所巡礼の国, 八箇月ぶりに故郷, 八箇月内に完結, 八箇條に分け, 八箇瀬で今, 八箇章を占め, 八箪笥の裏, 八節以後においてはヨブ, 八篇何れも無, 八篇高知で大竜家, 八米一にしか達し, 八米三の武尊山, 八米六の木賊山, 八粁距ったここ, 八粒十六粒三十二粒と次々, 八粗忽なきよう, 八糎速射砲の無気味, 八糸緞ヲ, 八の鋏, 八紅顔の武者, 八紅顱巻をかなぐっ, 八納洞の木鹿, 八納洞長の木鹿王, 八級七級だから俸給, 八級下等が八級, 八級位に分け, 八級八級七級だから俸給, 八級制度の頃, 八級生とする, 八素人だと, 八素姓もわからず, 八索一個を捨てれ, 八細い口髯も, 八細面の色白, 八紺地斜綾の吾妻コート, 八組みまでは大川, 八絋一宇精神にしたがえられ, 八結婚の手続き, 八結婚旅行の長短, 八綱田屋五郎次郎よりは少し, 八綺麗とは言えない, 八線路の傍, 八縁側に居る, 八を解い, 八つて, 八の備え, 八縦横といったの, 八縮れ髪たっぷりの, 八辷りの, 八があった, 八のチャスター, 八羅漢の像, 八美少年は馬上ゆたか, 八美術閣翁は白髪, 八群臣百官は早く, 八群馬県邑楽郡渡良瀬村の村長谷富三郎, 八義寧元年の條, 八羽横にずらりと, 八羽豚が四匹, 八聴いてくれる, 八聴いたか, 八聴いたろう日が, 八股文など所謂繁文縟礼, 八肩幅のわり, 八をつぶした, 八の高い, 八胡同と西四牌楼北報子胡同, 八脇勝久で皆稲葉家, 八も喰べた, 八で前, 八自他ともに恨みかこつ, 八至一六九八年間康煕帝の勅, 八至極の御, 八の自動車, 八臺荷車ががた, 八之助, 八は上手, 八艘潜水艦が三隻, 八艦隊計画が行なわれた, 八十六, 八色蒼黒く気味が悪い, 八色虹の如く, 八花世は十一, 八花鏡といふ形, 八芸術としての映画, 八芸術社というの, 八樣の, 八若旦那は誰, 八英仏人の遊び, 八英里をもっ, 八英雄を得る, 八ずつ挟ん, 八茶屋對山臨溪清談半日席上余謂博士曰花易散人易老君亦須及, 八草薙家の遺族たち, 八荒みなわが故郷, 八荒井啓五郎の二代議士, 八荒井啓五郎木暮武太夫堀越寛介藤田吉亨郎等に参集, 八荒井啓五郎木暮武太夫田中正造栃木県会議員関口忠太郎群馬県会議員荒川音三郎ほか六名被害民総代弁護士新聞記者等五十余名が会合, 八荒兵乱の相, 八荒坊一人の方, 八荒天地乾坤のその間, 八荒神の十左, 八なる永見徳太郎, 八荘司のうち, 八荘司はじめ郷民たちは動揺, 八菱形の四方, 八菱形十三層の磚身白堊, 八萬七千五百七十二人の多, 八萬三千餘人を徴, 八萬五千九十九枚で毎日, 八萬五千餘町に上り, 八萬兩位で出, 八萬兩許りの, 八萬六千坐を, 八萬句とかを八萬遍, 八萬圓九萬六千圓六百五十萬圓合せて, 八萬圓借財をし, 八萬圓六十八萬圓九萬六千圓六百五十萬圓合せて, 八萬圓其四十八萬兩も公平, 八萬圓拂ふて河, 八萬宮に對, 八萬幾らあると, 八萬遍繰返して, 八萬餘卷を藏, 八萬騎の旗本, 八葉剣輪違いの紋服, 八葉山蓮華寺のうち, 八蓮歩を運ぶ, 八蔓草類なる墻, 八蔵ッと力任せ, 八蔵交代に八橋楼, 八蔵八蔵と呼, 八蔵受身になり, 八蔵奴に毒, 八蔵心可笑しく, 八蔵朧気に見, 八蔵柏原与兵衛などが軍功, 八蔵殿が前, 八蔵氏ですが, 八蔵銀平時分はよし, 八蕎麦ののびた, 八の最初, 八藤兵衛は御, 八藤兵衞は御, 八藩信濃の十一藩, 八藩遠江の四藩, 八虐中の惡逆, 八から私, 八號位の畫布, 八蛇遣い星座の第, 八の框製, 八蝋燭も拔, 八とか八元八, 八行二十四字詰めのを石川, 八行以下にこの, 八行分きって, 八行十二列に並べ, 八行註參照ウェルギリウス未だレーテ, 八行詰の原稿紙いっぱい, 八衙万歳の響, 八衣紋にも変り, 八表ニ仁風ヲ熾ニシ, 八の筋金, 八なんか引つ, 八裂狼藉を極めた, 八裏口へ廻れ, 八を皆んな, 八西洋人の迷信, 八要するに巡回文庫は, 八見つともねえそんな, 八見るがいい, 八見世物にされ, 八見廻したが古道具屋, 八覚られるな, 八覚悟はいい, 八覚書という写本, 八親分いかがです, 八親分覺えてお出で, 八親分隨分久し振りね私, 八親指を九, 八親方さまだ起きた, 八られるな, 八は太史公, 八角形それを白堊, 八角形煉瓦造其上の二階, 八角時計の仰向け, 八角柱であり白, 八解ったよ, 八言九言の交じる, 八言等にて写しおきたれ, 八証四節三項を分ち, 八詠楼のある, 八詰めたボール箱を, 八誰か外に待つ, 八誰ガ家ノ女, 八請合い三日に一度, 八諸侯は王匡, 八證據は皆んな擧, 八識無記心にし, 八警保局の朝景色, 八議會に於, 八議會開くるや, 八變ぢやない, 八谷さんと大西さん, 八谷さん貯蓄を八谷さん, 八谷保がいきなり, 八谷保楯典二遠山茂の三君, 八谷津富三郎亀井朋治荒井嘉蔵が自宅, 八貞子は三十九, 八負けず劣らずの美し, 八貫めもあった, 八貫メ欠けて, 八貫七百五十文が得分, 八貫五六百しかない, 八貫以上もあるだろう, 八貫以上下着なども普通, 八貫位の由, 八貫八貫と十ウ, 八貫八貫八貫と十ウ, 八貫前後取れるの, 八貫匁位になりました, 八貫十二カン全然純粋とき, 八貫小僧のよう, 八貫江戸の大関, 八貫目予が先立ち, 八貫目人足荷五貫目である, 八貫私の生涯, 八貫芥川夫人は十六貫, 八貫近くもあつ, 八貴様のぼせあがっちょ, 八の時, 八賀能の前日, 八赤道以南の所見, 八赧ら顔で大兵肥満, 八起きろよ大, 八起上り合方よろしくあっ, 八足業にかけて相手, 八足臺の上, 八足門の前, 八足靴下が三十ダース, 八跛足で背, 八跡此筥乎開而見手歯如本来家者将有, 八は砂塵, 八身体が暇, 八身体中傷だらけじゃない, 八身投げだ, 八身體中傷だらけぢやない, 八車孔雀草天竺牡丹昼照草丁子草薄荷などあり, 八の憲兵, 八軍団に彼, 八軍団後備五旅団半騎兵六師団を使用, 八軒七百八十九人は百九十三年後, 八軒先の向い側, 八軒奥の方, 八軒宛並んで, 八軒家高麗橋から出た, 八軒皆二階建にて上口, 八軒目ぐらゐを通から少し, 八軒看板を並べ, 八軒祝を貰つて, 八軒立慶河岸の水, 八転四通の左膳, 八は暫らく, 八軽井沢の或, 八載放勲乃ち徂落せり, 八が徒歩, 八辰蔵の態度, 八の原, 八辻ヶ原へと急いだ, 八辻斬退治をする, 八職業を, 八迄の部分を, 八迄は其等で, 八近所の衆, 八近江屋へ真っ直ぐ, 八返りの仕掛け造り, 八返事をしなかった, 八追っつけ旦那方が, 八送り返せといふ, 八逃げられちゃ大変, 八逃げ出さうとした, 八通目の緑色, 八の御簾, 八連尺あきない, 八週年忌の祭, 八遅くとも二十ごろから, 八然の, 八達岐路縦横再び人里, 八達嶺は雲鎭む, 八達嶺下の鉄道線路, 八來の, 八遺言ノ執行ニハ賀古鶴所, 八郎それを遮っ, 八郎はじめ多くの若, 八郎めほとんど野獣, 八郎三十四五の男, 八郎丸を苛め, 八郎二十三歳ふゆは二十一歳, 八郎五郎など側物見六名, 八郎俵一八郎かれは, 八郎兵衛これは日頃藤吉, 八郎兵衛どのにつかわせ, 八郎兵衞さんの氣持, 八郎右衛門とが連立つ, 八郎右衞門を始め, 八郎太よりも親しみ, 八郎宮崎車之助武井忍助なぞ, 八郎庭先へ曳い, 八郎次さまは至って, 八郎為朝が上陸, 八郎爲朝が大島, 八郎爲朝ぢやある, 八郎等八軒屋に至り, 八郎等四人にはぐれた, 八郎通弁官は中浜万次郎, 八郡南五郡の北畠, 八部冥官冥衆も驚き騒給ふらん, 八部印行したこと, 八部応護の眦, 八部衆二組の四天王, 八部衆傑僧の諸, 八部衆十大弟子, 八部衆天竜夜叉の次に, 八部讀賣が十三部, 八部門からそれぞれ, 八郷八荘司のうち, 八郷十津川地方は昔, 八都風俗のあでやか, 八酌婦一〇二四女工は一四二七, 八も用意, 八里ここは村, 八里上流の前記小鱸, 八里久々で俊和尚, 八里九州肥後熊本五十四万石細川侯の行列, 八里九里も男, 八里二分に当る, 八里余かなりの道程, 八里余り進んだには, 八里八町人里もなく, 八里六時の汽車, 八里半分は汽車, 八里厚狭町小松屋といふ安宿, 八里大阪へ二百三十五里, 八里奥にある, 八里小沼を合せ, 八里山を越す, 八里彦根から六里, 八里御用道中ですから, 八里星越山麓あさひや, 八里東は信濃, 八里松本市の方, 八里百十五歩南北十五里百七十五歩の長方形, 八里荒海で恐ろしく, 八里足らずの道, 八里距てたる竜神大字, 八里都合およそ二百三十三里, 八里間に亘っ, 八里零圍氣を振舞, 八重お玉お北, 八重がらみになる, 八重これで力一杯, 八重さくらが盛りで, 八重ざくらが爛漫, 八重ざくら淋漓と花, 八重それらの者, 八重ひとりの受持, 八重むぐらが繁って, 八重むぐらに生いしげりおまけ, 八重めを窮命, 八重わしに従い, 八重バザーの為, 八重七合に流れ, 八重丸を付け, 八重今は襷がけ, 八重以外には知る, 八重坊が好き, 八重垣クラブへ行っ, 八重垣姫茜屋のお, 八重垣旅館へ押しかける, 八重垣流の鎖鎌, 八重垣神社がある, 八重垣落しの断崖, 八重天蓋と称する, 八重姉弟の様子, 八重姐さん時分ですから, 八重姫に恋, 八重家のこと, 八重岳の群巒, 八重強情は張らぬ, 八重木曾乃はそれ, 八重机の上, 八重染めかさねても, 八重桐へ引き入れ, 八重桐一つ廓の紵巻太夫, 八重梅の紋, 八重次さんわたしこんな妹, 八重次藝者をやめ, 八重海老塚及び小用, 八重百合というの, 八重福幸に親, 八重福明治屋の西洋菓子, 八重福春着裾模様のま, 八重自身の口, 八重花さんと仰し, 八重花羞かしき乙女, 八重言代主の神, 八重達を誘つて, 八重錦の羽子板, 八重霞一重はあま, 八重鞠の両人, 八野口春蔵矢島幸作さらに犬伏町, 八野洲川安兵衛などあの, 八野郎かあわて, 八敷きである, 八金パチリとやる, 八金上ル七九馬五七金スグ同, 八金位に当る, 八金左五六飛四八金上ル七九馬五七金スグ同, 八金藏は麻裏草履, 八金製のエバーシャープ, 八金龍は二十七, 八釜しゅう娘の婚礼仕度, 八釜敷ことばかりいつ, 八釜敷勘次に使, 八釜敷言ふもんぢ, 八鈴ヶ森の段稽古はじむ, 八鉄三郎四つ女洲十二国九つ安一つ, 八鉢旅館の事, 八銀行襲撃事件の主犯中村遼一, 八から五十銅, 八銅寄席のお座料, 八銅髪結銭が廿八銅, 八銭こちらが十銭, 八銭これも漬物, 八銭それが先ず, 八銭タバコ六銭シヨウチユウ四銭そして入浴, 八銭一合五勺買へば十分二合, 八銭七銭五銭合せて, 八銭三杯食べると, 八銭也と書い, 八銭也半分煮て, 八銭二マイル十六銭とす, 八銭二人分が僅か, 八銭以上のこと, 八銭以上ビール一杯二十五銭とす, 八銭八厘也可うが, 八銭均一の小, 八銭平均三十銭で真夏, 八銭弱の争奪戦, 八銭当りで上陸, 八銭油津では二十五銭, 八銭男が十二銭, 八銭米四合途中も行乞, 八銭自由購入による支出一, 八銭茂吉授業料正二二ヶ月分, 八銭葱が五十二銭, 八銭見当の俥, 八銭配給係の大西夫人, 八錠位でしょうが, 八錺徳を呼出し, 八鎌鼬は刃物, 八の太守, 八の音, 八長四郎の子, 八長塚節三十七芥川龍之介三十六嘉村礒多三十七, 八長屋の男, 八長近のふたり, 八長近佐久間三左右衛門勝重原彦治郎不破彦三総勢八千五百雪の山路, 八長近原彦次郎房親拝郷五郎左衛門家嘉長九郎左衛門連龍安井左近太夫家清など, 八門十二斤砲二門臼砲三十門であった, 八門市中の衛門, 八門必殺のふくろづめ, 八門懸崖に雁木坂, 八門遁甲九星方位人相骨相家相墨色御鬮, 八門鉄壁のなか, 八門魚雷発射管は二十一吋四門, 八間あとから歩い, 八間あまり隔てた場所, 八間うしろの道, 八間下を碓氷川, 八間余になる, 八間吃水線上の高, 八間向こうのやみ, 八間四方の竹矢来, 八間奥行これに叶う, 八間岩といふ大, 八間幅一間余の緋羅紗, 八間幅七間二十四反帆, 八間廂はある, 八間彼方なる木蔭, 八間後の草ムラ, 八間横十八間吃水線上の高, 八間燈や宿屋, 八間石燈籠をあしらい, 八間砂洲之に連なる, 八間藤蔓の輪, 八間行燈の掛かった, 八間許りの, 八間通りになります, 八間道路は前橋市, 八間違ひは, 八間陸前海岸の平野, 八間雇人も何十人, 八の女, 八關口の子分衆, 八附読売新聞より, 八陣隠れ杉の見世物位, 八の美文, 八が入った, 八隅家に仕え, 八隅見山といった, 八隅遁れんとて遁, 八階ぢやない, 八階ベッドぎらひが熱あるの, 八階七階六階と各, 八階二十五号室の表, 八階建のその, 八階建てになり, 八階目にいた, 八階窓硝子をふい, 八の地, 八の天童太郎, 八隱居の榮左衞門, 八隻以上であったと, 八隻以下百五十隻の大, 八隻快速の小艇十余艘, 八隻新式駆逐艦五十隻の破壊, 八隻碇泊して, 八の下, 八雑上の部伊勢, 八雑支出というの, 八離すなッ, 八に赴く, 八の降り出した, 八雪江さんと追っつ, 八雲霧の仁三, 八露里もある, 八青物町の久三郎, 八青髯の跡, 八青麦を二本, 八非凡の美し, 八面体十二面体の面, 八面壁画とに帝室アルバアト歌劇場, 八面嵯峨たる谷, 八面敵味方の境, 八面炎と化した, 八面白かつた, 八面白かったな, 八面神などといったの, 八面鉄刀に囲まれ, 八面鉄壁な斜め青眼, 八面長な顏, 八の詩, 八頁以下の欄外, 八頁清正が夫人, 八頁目の詩, 八頃種がなく, 八頓狂な黄色い, 八頭位連れます, 八頭曲芸師が三十, 八頭芋みて, 八頭豹が二十五頭, 八頭郡八上の地, 八頸椎に当る, 八頼み度いこと, 八頼んだものは, 八顆都て収拾, 八風流では, 八風流気のない, 八風流氣のない, 八飛んだ清々した, 八飛出さうとする, 八飛成同王, 八を嘗め, 八飴屋の定, 八はまるで, 八饂飩屋の床几, 八首目にあり, 八香木を取りよせ, 八馥郁たる香気, 八といふもの, 八馬力を出し, 八馬関の風景, 八馬鹿だな, 八駿その名, 八騎歩卒三四十人に過ぎない, 八騎歩卒十数名という微々たる, 八驚かずに伴い, 八の右手, 八高出であった, 八高出身の桑田氏, 八はおすべらかし, 八を解い, 八を吹, 八を捕る, 八鳶頭を搜, 八鵜葺草葺合へず, 八をと御意, 八黒田茂吉大朏善平, 八黒田茂吉野村千代蔵中田善次郎小泉忠三郎福地彦蔵田名網忠助堀口源吉庭田駒吉永沼政吉麦倉亀太郎原福太郎井汲幸蔵原弥太郎川島民八漆原慶治小野熊次郎横塚治三久小曽根信吉, 八默つてゐろこれ, 八默つて聽け, 八黙っていろ, 八黙示図の考察, 八點三分北日本は六點二分, 八%一九〇五年で三〇%, 八.五センチとしてそれだけ, 八~一〇月房州甲斐諏訪木曽を経, 八~九月松島山形新潟佐渡などを約