青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「出入~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

出で~ ~出ない 出ない~ ~出ました ~出よう 出よう~ ~出る 出る~ 出世~ ~出入
出入~
~出入り 出入り~ 出掛け~ ~出来 出来~ 出来ず~ ~出来た 出来た~ ~出来ない 出来ない~

「出入~」 1563, 17ppm, 6738位

▼ 出入する~ (342, 21.9%)

18 ように 13 のを 9 ことを 7 ことが 6 ことの 5 ことは 4 ことも, のは 3 やうに, 事を, 日本人の, 毎に

2 [16件] だけで, という噂, につれ自然, に徴, のでこれ, 不道徳の, 人々の, 人物の, 女の, 奴が, 客の, 意義も, 樣に, 者が, 者を, 諸将

1 [232件] いろいろな, うさん臭き分子, うちに, うちマクス・ブロートの, おとなしそう, お客からは, お杉, からで, から真名古, があたかも, くらいまして, ことと, ことなどは, ことに, ことについて, ことによって, こと四度陳に, こと能はず妹芳子が, こと頻繁に, この家, ごとに, しその, そうであった, そうです, たった一人, ために, だけのもの, とあんなに, という, ということ, というの, というん, という家, とか申す, ときと, とき家内の, ところであり, とすれ, とは殿様, と同時に, などいう, などということ, などというの, なよ, に朝, に過ぎない, に開けなけれ, のか, のかなあ, のが, のだ, ので, のであった, のです, のでたえがたく, ので或, のと, のにかならず, のに履物, のに山川牧太郎, のに扉, のみ, のみで, のみならず, のも, の要, はずが, は余, は王, ばかりで, ほどな, ほどの青年男女, まめやかなる, ものが, ものとしか, ものに, やライフ, よ, わが家の, を八九回, を見, んだ, カフェーへも, セライ・アムチー, 一知人が, 不潔な, 不良青年少女を, 中で, 事が, 二三の, 人々であり, 人々について, 人々にも, 人々は, 人々を, 人か, 人その, 人たちが, 人にも, 人の, 人は, 人びとの, 人人は, 人達を, 人間である, 人間を, 以外に, 佐々木文仲と, 作家に対して, 個所は, 僧俗の, 元気の, 兄は, 兵隊も, 内外の, 口も, 古本屋あり, 周囲には, 唯一の, 商人やら, 商人間における, 士どもを, 変人は, 外一切普通の, 夜學校の, 大患と, 夫の, 女に, 女は, 奴は, 娘らの, 学校の, 官吏あるいは, 客は, 客達の, 室で, 宴会場や, 家で, 宿の, 将校や, 将校達の, 居士は, 山路愛山で, 工場の, 幕賓連中迄, 幾多の, 度に, 心組の, 必要も, 志士風の, 情報局蒐集官たちは, 意味に, 慣習養成の, 所の, 文科大学生小川三四郎なる, 新聞記者等の, 時の, 時世だ, 景色は, 本町, 東京には, 様に, 様子です, 機会が, 機会と, 機会も, 民衆の, 気などは, 気色の, 汽笛や, 浪人の, 港口なり, 烏森あたりの, 煙草吸殻商の, 特権を, 猟師であった, 猟師清五郎と, 珈琲店に, 由私は, 由縁から, 男だけを, 男で, 男では, 男と, 男の, 男は, 當時別に, 目星い, 目的物なる, 短距離なる, 研究員を通じて, 社交界で, 程の, 程度の, 穴が, 穴という, 空気の, 童等に, 簡單な, 老若の, 者だ, 者には, 者の, 者は, 者昼夜絶えなかった, 脇の, 自動車の, 芸者達が, 若い詩人, 若手の, 菊次と, 行儀正し, 許可を, 話を, 資格が, 車屋の, 辨当屋の, 通力を, 連隊は, 進の, 運河の, 道を, 長屋門から, 阿諛的儒者大奥と, 限りでは, 青年で, 青年を, 非常口から, 靴音が, 馬車の, 鳥屋の, 鼻だの

▼ 出入~ (289, 18.5%)

39 ていた, ている 11 てゐた 9 てゐる 7 て居る 5 て居た 4 初めた 3 て其の

2 [13件] がたいもの, て, てそれ, てゐ, てゐました, て伯, て其処, て大いに, て女優, 一たびは, 世人を, 俳優と, 彼の

1 [146件] あまつ, いや出入, この大陸, しかしてその, その才智, その連歌, たりした, たりする, たり乞食物貰い, たり研究会, たり賭博, ついには, つつあった, てい, ていない, ていまし, ていました, ていられる, ているらしい, ております, ておる, てお家大事, てかき乱し, てその, てどこ, ては年月名利, ては自分, ても単に, ても触っ, ても誰, てゐるある, てアナトオル, てグチエレス長老, てシッポ, てスパイ, てマリイ・アントワネット, て万緑叢中紅一点, て下手, て不思議, て不純, て中, て二人, て互に, て亡き, て低い, て例, て働い, て働く, て兩者, て其言語, て出頭状態, て利, て勝手向, て勿論, て十一年, て召使, て場数巧者, て変らなかつた, て夜, て奇異, て女官, て婚礼, て家, て家風, て居られた, て居りました, て居るで, て島津齊彬侯, て広間, て当人慥, て彼, て彼ら, て彼自身, て心胆, て恰度自分, て憲政党内閣, て憲政黨内閣, て或, て教, て既に, て殖民地, て毎晩十二時一時ごろ, て決して, て洒落, て淡泊, て的, て盗んだ, て盛ん, て直樹, て社會主義, て筆生, て糧秣, て細君, て維新, て自然親, て花粉, て若い, て虹, て蝋燭, て複雜, て諸国, て赤髯, て連日, て関係, て鹽山附近, ながらいつか近代的, ながら昼すぎ, はじめ組合の, まことに収入, ますます眷顧, またしばしば, プラトンアナクレオンアリストートルユーリビテスソフオクレイスを, 一人前の, 万国の, 且つ又, 他の, 位は, 何れに, 動揺し, 十五分ごとに, 同博士, 多くの, 大なる, 大伴家へも, 幽靈, 往々, 悪人同志は, 悪疾に, 旅行を, 日本赤十字社の, 曾て, 歌舞伎の, 気弱とか, 海軍船艦を, 煙草の, 珠玉の, 當時諸, 端なく, 給仕女に, 職工に, 芸者に, 若くは, 西洋人に, 詩酒徴逐の, 誰が, 逍遙する

▼ 出入~ (234, 15.0%)

5 者が 3 商人に, 商人の, 者で, 者も

2 [12件] たびに, できるよう, 人の, 人を, 八百屋の, 大八百屋, 大工が, 者に, 職人の, 車夫には, 金高を, 骨董屋の

1 [193件] あった時, ある電話口, お医者, お百姓, お邸, ことなぞ, さかなやの, たれかれと, たんび, できるの, できるもの, できる一軒, できる身, ときに, ひとたちに, ひとに, ものが, もので, ものどもに, ものに, ものの, ものへも, ものや, ものらしい, ものを, もの一同に, もの指折れ, スキを, 人々の, 人々も, 人々を, 人が, 人に, 人も, 人数を, 人達, 人達には, 人達の, 仕立もの, 便りを, 便を, 八百屋から, 八百屋が, 八百屋にでも, 出来ないこと, 出来るよう, 出来事は, 別荘から, 医者に, 口は, 古本屋が, 古本屋にも, 古本屋の, 合ったお, 呉服屋から, 呉服屋を, 品委曲に, 商人から, 商人が, 商人などは, 商人にでもと, 商人には, 商家からなども, 多いいつ, 多いこの, 多い女, 多い宮仕え, 多い座敷, 多い料理屋, 多くなった, 多そう, 大工に, 大工の, 大工を, 太助爺さんが, 太鼓医者竹内だ, 女なりし, 女も, 始末だけでもは, 家なり, 家の, 少い土蔵造り, 左官に, 左官の, 左官大工まで, 左官屋へ, 差甚だ, 幕だけ, 床屋が, 度に, 度数が, 廊下が, 弟子達とは, 御用聞なぞまで, 心易い, 怨みを, 戸も, 戸口から, 戸口へ, 所から, 按摩の, 按摩久斎といふ, 料理屋の, 方も, 明細表を, 時機を, 最も多い, 松坂屋へ, 植安の, 植木屋で, 植木屋に, 植木屋を, 横に, 海郎の, 激しい幾重, 激しい渦, 激しくなつた, 物品に, 獨身老人に, 男が, 町人で, 町人の, 番ばかり, 百姓が, 百姓とか, 百姓とかの, 百姓によって, 秘し戸, 米屋さんとか, 米屋に, 絶え間も, 織るやう, 耀かしさ, 者から, 者それから, 者だけ, 者であろう, 者などに, 者の, 者は, 者へ, 者まで, 者一と, 者共を, 者医師警察官急を, 者等には, 職人だった, 職人商人も, 自由な, 自由を, 芸妓を, 若い大工, 若い女優, 衝であった, 表具師や, 襖あり, 要津, 見物人に, 許可を, 諸将, 護照を, 越後者の, 車夫と, 車夫を, 車宿から, 車宿が, 車宿名殘なく, 車屋や, 道が, 都度それを, 酒や, 酒屋と, 關門と, 隙も, 際には, 際猶予の, 際視線を, 電気屋として, 露見, 面師に, 駕籠屋を, 骨董屋が, 骨董屋で, 魚屋に, 魚屋の, 魚屋酒屋など, 鳶の者に, 鳶の者や, 鳶の者を, 鳶の者植木屋の, 鳶頭が, 鳶頭の, 麹町辺の

▼ 出入~ (142, 9.1%)

14 して 6 禁じて 3 するから, すること, するよう 2 した, しないの, しないよう, する, するが, するので, する家, 致して, 許されて, 許して

1 [93件] いたします不調法者, おしるよう, お止め, させた上, させて, させなけりゃさせて, させる事, させ其の, したがる女, したこと, したもの, した事, した者, しないこと, するか, するたび, すると, するに, するねと, するの, するのに, するばかり, するもん, する一段, する上荷頭, する年寄った女学士, する手合, する日本橋辺, する様, する橋, する老幼男女, する訳, なさるん, やりましてん, 一々誰何, 中止した, 便利に, 停止, 刑事に, 加へ, 勤めて, 厳に, 厳禁し, 厳重に, 差控える, 差留る, 憚る, 改める, 断ちここ, 書いた, 書いて, 止して, 止めたが, 止めます, 止めろとか, 氣を, 申しつけた気, 監視し, 禁じありたる呉家, 禁じた事, 禁じた野, 禁じられて, 禁じ雑草, 禁ずるのみ, 禁ずる理由, 禁止された, 納めに, 締出したせゐですか, 自由に, 致しまして, 致すの, 致すもの, 致す山平殿, 見るや, 見る度, 見張って, 見張つて, 見晴らす絶好, 許さないという, 許さないの, 許さないよう, 許されたの, 許されるだけ, 許されるやう, 許され他日, 許した, 許すこと, 許すらしかった, 誰何し, 警戒した, 赦された, 間違うこと, 頼んだのに

▼ 出入した~ (79, 5.1%)

5 ものは 4 のは 2 ことを, 人々の, 幾千と, 男女の, 者は

1 [60件] かもしれない, からと言っ, か話し, がある, がそれ, がため, が今度, が大学卒業後半年, が明応三年九十四歳, が然し, ことが, ことだつたらう, ことは, ことも, ことや, せいに, そうである, ために, という話, のが, のだ, のでどういう, ので今, ので芝居, ものか, ものが, ものである, ものの, んやろ, カッフェーには, 事さえ, 事に, 人々を, 人たちが, 人でした, 人の, 人物は, 大名の, 宗祇は, 家でも, 幾つかの, 形跡が, 形跡は, 彼の, 後僕は, 怪しい男, 所が, 方が, 歌, 稲垣夫婦なぞも, 筆工の, 者切戸の, 記事が, 訳であった, 跡も, 連中を, 遊び人の, 関係から, 関係も, 魚商である

▼ 出入~ (49, 3.1%)

2 之れ, 出來, 勝手口ばかりから

1 [43件] あるの, いっさいなかっ, お駕籠, こちと, しばらくの, その足型, そんなこと, できないの, できない筈, できませんが, なか, ならんぞ, はげしかった, みなあそこから, パリーの, 三日間の, 三馬以來大目に, 不明という, 今朝ッから, 他の, 厳禁せられ, 嚴禁せられ, 地味な, 多いん, 大變, 完全に, 常法が, 当番の, 数度の, 極度に, 派手な, 無かつ, 皆藩主の, 目に, 禁止する, 稀で, 絶対不可能である, 自由だ, 致しません, 西の, 途絶えたかも, 道義に, 随分激しく

▼ 出入~ (48, 3.1%)

2 あった, ある, 多くて

1 [42件] あったが, あり殊に, あり氏名, さぞ籠むだろう, できない, できないこと, できないの, できぬ, できますからね, はげしいから, ふえるよりも, まだ許されない, やかましいの, やかましく厳重, 全く不可能, 全部見晴し, 八方に, 出來, 出来たなあ, 出来ました, 出来ます, 出来るやう, 多かった, 夥しく凡そ, 忙しい, 急に, 気軽い, 沢山ございまし, 激しいので, 烈しいため, 甚だ頻繁, 町の, 絶えない, 絶えなかった, 続いたゆえ, 繁いの, 繁く取込んでるらしく, 考えられないと, 著るしく, 許して, 頻繁な, 頻繁に

▼ 出入~ (41, 2.6%)

2 ペンペン草に, 氣を

1 [37件] きまってボール紙, この児, しろ少し, そこらの, その家, なったの, なつて, よけれども, よほど不自由, 一人の, 一段落が, 不便を, 何にも, 使つた小判形の, 便なる, 厳重であった, 口無, 少しは, 就いて, 御米, 握手する, 桟橋費一噸につき, 注意を, 生ずる変化, 罷成り則, 罷成候, 茶の, 蒸気を, 蒸汽を, 見かけただけ, 近い処, 都合が, 防音扉を, 随って, 面倒だっ, 飽き果てた宗三郎, 黙諾を

▼ 出入~ (24, 1.5%)

1 [24件] ある中, させて, できない, ない世界, やめたそう, 今迄より, 余計なし, 元々どおりに, 劇しし, 可なり, 多いからと, 多いし, 多く子供, 多く此邊, 差止められたら難儀, 店の, 栖方一人の, 極く, 知らねえじゃあねえ, 私生児も, 稀に, 自分の, 自由であった, 苦しいと

▼ 出入~ (14, 0.9%)

1 [14件] から何品, であるから, で本郷五丁目, で歿, で納屋, に塚山さん, の同心, の囲われ, の煙突, の芝, の食卓, へ預けた, をどう, を廻る

▼ 出入しない~ (11, 0.7%)

1 [11件] から職工, が妙, ことに, でいる, ので容易, までも最う, ように, 事に, 又幕府, 奥書院に, 測量部員は

▼ 出入には~ (11, 0.7%)

1 [11件] さう, その頃, 差支えないの, 常に鉄甲, 特に目, 苗床が, 警蹕し, 足音さえ, 輦を, 金花の, 鸞輿に

▼ 出入できる~ (8, 0.5%)

1 だけが奇術, だけで, というの, やうな, ような, 扉が, 浦では, 隙間が

▼ 出入商人~ (8, 0.5%)

1 が父, で出かけた, にも変り, の御用, の手形, の種々, や従業員, 若くは

▼ 出入~ (7, 0.4%)

1 あつた, 命の, 惱まされ, 控所全体を, 混雑を, 誂えるの, 飛び出すくらい

▼ 出入町人~ (7, 0.4%)

1 となっ, の世話, の亭主, の処, の家, はございます, は手前

▼ 出入~ (6, 0.4%)

1 なると, 同じであった, 稱する, 言つて稲を, 金の, 雑用を

▼ 出入禁止~ (6, 0.4%)

1 だ, の定め, の意, の私, は痛かっ, をされた

▼ 出入自在~ (6, 0.4%)

1 その日, である, であるよう, なれば, な寺域, にし

▼ 出入すべき~ (5, 0.3%)

2 窓を 1 人では, 身では, 通路を

▼ 出入にも~ (5, 0.3%)

2 腕を 1 その静か, 相当気, 鎖を

▼ 出入~ (5, 0.3%)

1 と證文, に毛, をつけ, を調べた, 書く事

▼ 出入してる~ (4, 0.3%)

1 ここで, の, 岡部が, 者が

▼ 出入し得る~ (4, 0.3%)

1 お糸さん, とすれ, の点, やうな

▼ 出入せし~ (4, 0.3%)

2 むる現在の 1 むる鴫沢の, 呉服屋井筒屋の

▼ 出入~ (4, 0.3%)

1 だ, とか, の度, の歸

▼ 出入出来る~ (4, 0.3%)

1 場所に, 程の, 訳だ, 門の

▼ 出入自由~ (4, 0.3%)

1 である, で同時に, なあるビルヂィング, ならずとも

▼ 出入すべく~ (3, 0.2%)

1 もあらず, 覺え, 館の

▼ 出入~ (3, 0.2%)

1 あの十畳, という, と云う

▼ 出入でも~ (3, 0.2%)

1 すこぶる苦, するよう, 店先に

▼ 出入とも~ (3, 0.2%)

1 に昨今, に駕籠, 自動車だ

▼ 出入などに~ (3, 0.2%)

1 さうし, そうした男性, 関係した

▼ 出入~ (3, 0.2%)

1 その他の, 場面の, 室の

▼ 出入屋敷~ (3, 0.2%)

1 なる水戸家, の武士横淵官左衛門, も数多く

▼ 出入差止め~ (3, 0.2%)

1 だ, になり, を喰

▼ 出入~ (3, 0.2%)

2 から始まっ 1 がある

▼ 出入扶持~ (3, 0.2%)

1 には猶, を享けた, を以てせられ

▼ 出入さえ~ (2, 0.1%)

1 多き中, 見掛けた事

▼ 出入さき~ (2, 0.1%)

1 でやりやがっ, で稼ぎ

▼ 出入させ~ (2, 0.1%)

1 そして機械, たりそのうち

▼ 出入したら~ (2, 0.1%)

1 そんな事, 變に

▼ 出入しなかった~ (2, 0.1%)

1 といえる, 筈は

▼ 出入しなく~ (2, 0.1%)

1 なつた彼, なつて

▼ 出入しなけれ~ (2, 0.1%)

2 ばならぬ

▼ 出入~ (2, 0.1%)

1 傍人見し, 可きの海浦

▼ 出入せられる~ (2, 0.1%)

1 のを, 殿舎を

▼ 出入って~ (2, 0.1%)

1 ござれば, 博徒の

▼ 出入できない~ (2, 0.1%)

1 というわけ, という奇術

▼ 出入なす~ (2, 0.1%)

1 つたで, を許しません

▼ 出入~ (2, 0.1%)

2 禁ズ

▼ 出入~ (2, 0.1%)

1 その金倉, の久吉

▼ 出入~ (2, 0.1%)

1 に心, 定御移

▼ 出入~ (2, 0.1%)

1 の御, も無え

▼ 出入差引きし~ (2, 0.1%)

1 て余り, て幾百幾千円

▼ 出入~ (2, 0.1%)

1 なり, は海事局

▼ 出入盛り~ (2, 0.1%)

2 にて賑

▼ 出入起居~ (2, 0.1%)

1 にもゆかり, を窺

▼1* [122件]

出入あれば眺望, 出入いたされて余りに, 出入いるから彼, 出入縄張りか, 出入この酒屋から, 出入へ余り, 出入さしたということ, 出入させたものだ, 出入させる事に対して, 出入されては困る, 出入しかける頃突然, 出入したがる彼女にとって, 出入したれば子供, 出入しなくなると一人, 出入しますよ, 出入し出してからでも先生, 出入し動きて輒, 出入し始めたのは, 出入するなれば噂, 出入すれば予期, 出入せざる家なれ, 出入せず且火気に, 出入せぬから奉公人, 出入せられ何事も, 出入せる鰐淵の, 出入そんな疑わしい事実, 出入ただ時による, 出入だけを見て, 出入だの労働の, 出入であった関係から, 出入できたのである, 出入では人に, 出入という言葉を, 出入といったような, 出入とか云ふ, 出入とは実に冥加至極, 出入どころか自分から, 出入なき水平的肢節, 出入なければ何卒至急, 出入なぞ出来る筈, 出入などなさらなかったと, 出入などがあまりにごたごたと, 出入などということも, 出入などを厳に, 出入なら駒次郎兄哥などが, 出入ならぬ由云ひ, 出入なりとて重, 出入につれて大通りから, 出入によってしっきり, 出入に対して二三言を, 出入はげしい港で, 出入はなはだしくまた所々, 出入ぶりをながめる, 出入まで悉くが, 出入もさほどには目立たない, 出入やら究理機械の, 出入コントラバスケースの出入, 出入セシ時ノコト, 出入叶という, 出入交際の人々, 出入介在して, 出入候位にて, 出入以外には寄らない, 出入候筑前船之便に而, 出入借金貯金等のこと, 出入傍人見否無也, 出入先吉原の佐野槌, 出入全く自在で, 出入出来なかったのである, 出入出来ますしお嬢さん, 出入と云う, 出入半月ばかりの旱続き, 出入に進めた, 出入司小姓頭目附役の順序, 出入商人始めはいかにも, 出入商人納屋小左衞門方へ忍ばせた, 出入商人職人等の近事, 出入困難とされ, 出入坐臥飲食ともに音, 出入に有る, 出入変遷もある, 出入多くして, 出入大名の屋敷, 出入は全開, 出入客来他出等尋常日記に載すべき, 出入の者, 出入小作の者, 出入居處宮室樓觀城柵嚴設常有人持兵守衞, 出入往復風を払っ, 出入往来を厳禁, 出入御免被仰, 出入御用商人を呼出し, 出入になつて, 出入扶持十人扶持を給, 出入損益はある, 出入方空手で帰らぬ, 出入の金つば, 出入殘らず洗, 出入法度たるべく取締, 出入無く津軽領はなはだ, 出入物資の購入, 出入町人岡本政七の妹娘, 出入町人秋田屋清左衞門という者, 出入相伴同遊莫逆, 出入れな家庭, 出入に彼是申威し金子為, 出入等有之, 出入簿に図書館, 出入絡繹する群集, 出入の控え, 出入自ら門あり進退曲折, 出入致し候間当, 出入致すことが, 出入の気, 出入差許候上者劇道の, 出入車馬舟楫の利便, 出入通り抜け勝手, 出入遊ばし御密談, 出入醫師であつ, 出入に取立て, 出入頻繁であつ, 出入騒々しくかたがた妨げに