青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「出た~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~出かける 出かける~ 出され~ ~出し 出し~ ~出した 出した~ ~出す 出す~ ~出た
出た~
出で~ ~出ない 出ない~ ~出ました ~出よう 出よう~ ~出る 出る~ 出世~ ~出入

「出た~」 13387, 145ppm, 736位

▼ 出た~ (2122, 15.9%)

185 である 82 です 78 であった 6562 では 4533 だから 32 だが 27 だった 25 であるが 23 であろう, ですが 22 だと, はもう 20 であります, でした 16 でございます, はその 1513 はお 12 だろう, であったが 11 だそう, はそれ 9 ですか 8 であるから, でしょう, ですから 7 だろうと, でも 6 かも知れない, はこの, もその, を見る 5 かもしれない, さ, だらうと, であって, でありました, であろうと, はまだ, は宵, もこの, を見

4 [13件] かな, だったが, だらう, だろうか, ぢや, でしょうね, ですよ, と同じ, はそれから, は夜, は日, は昼, を見た

3 [21件] かい, かね, がこの, がちょうど, が十二時, だつた, だよ, だろ, だろうが, でござる, でしたが, ですけれど, はいい, はこれ, は五時, は何時頃, は十二時, は彼, は朝, は誰, を知つて

2 [107件] かえ, かその, かそれとも, かと思っ, かもしれません, かも知れぬ, か何, か分らない, か又, が, があの, がもう, がよく, が三人, が不思議, が九時, が惡, が眼, が肉, じゃ, だか, だという, だとは, だな, だね, であるか, であろうか, であろうが, であろう自分, でございましょう, でございますが, でございませう, でござろう, ですがね, ですもの, でなければ, で御座います, と伏見屋, には驚いた, はあくる日, はあの, はいつごろ, はかれこれ, はたしか, はたった, はだれならぬ, はもうかれこれ, はやがて, はわたし, は一時, は一枚, は三十, は三時, は主人, は二人, は二時, は人間, は何時, は俺, は先刻, は全く, は八時, は其の, は前, は十三日, は十二時近く, は十時, は大方八時半頃, は女, は娘, は子, は実に, は或, は日蔭, は明治, は明治三十四年, は昨夜, は昨年, は正午, は氣, は水, は町, は石原, は確か, は私, は竹町, は背中, は蟇, は街路, もあの, もまた, も其の, も同様, も巧, も無理, らしい, をみ, を合図, を幸, を幸い, を心苦しく, を悔いた, を機会, を皆んな, を聞い, を覚え, を頗る

1 [802件 抜粋] お席, かあるいは, かいろいろ, かお松, かけじめ, かしらぬ, かそう, かそこ, かそれ, かそれら, かとその, かと思, かと思った, かと早朝人, かと聞きました, かと計る, かどちら, かどっと, かねえ, かねと叔父, かもしれませぬ, かも分らない, かも分らねえ, かも解りません, かも計られぬ, かわからない, かネ, か仏兵助, か入った, か其辺, か半, か合点, か否, か妾, か小走り, か彼, か日, か杳, か白い, か知らない, か知らぬ, か私, か答える, か腰越, か茫, か裏, か酒, か針箱, があった, がいかなる, がいけなかつた, がかっきり, がかの, がこけ, がさ, がしかし, がその, がそんな, がない, がまだ, がまぶしい, がやはり, がタダ時, が一時頃, が七月二十九日, が万一, が三年前, が三時, が世の中, が二時半, が二番粉三番粉, が五日, が今, が先月, が八月十五日, が六ツ, が六月, が内, が内務省, が分る, が刊本, が十一時, が十字十分, が十時, が午前一時半頃, が午前三時ごろ, が午前十時半, が午後十時, が午過ぎ, が古金, が四時, が夜更, が大正十二年, が天幸, が嬉し, が嬉しかっ, が寛永四年, が居る, が師走, が幸, が当の, が後に, が恵心僧都源信, が惜し, が挽肉, が文政十一年, が昨日, が更に, が最も, が有りまし, が朝, が松平越中守, が母, が母親, が畳, が直, が真紅, が精一杯, が終演, が葦, が行基菩薩, が見えた, が躁ぎとなった因, が遲, が酉刻半頃, が阪急, が零時五分, さえ十数年前, じゃあいくら, じゃけれ, じゃないでしょう, じゃ今, だきっとまた, だけれど, ださうだ, だそれ, だぞと, だったらと, だって云った, だとい, だなどとは, だの江戸, だらうかなどと, だろうから, だろう花木, だ例, だ文明, であったか, であったから, であったので, であるかは, であるかも, であるそれ, であると, であるまことに, である生きるもの, である自分たち, であろうかと, であろうとも, であろう傍ら, であろう平井山, であろう得物, でございますまあほんとに, でござるな, でしたね, でしょうよ, ですぐつかまつて, ですと, ですね, ですの, です穴水, です脱, でない, でないかと, でなかったこと, でなくて, でなく実際, というの, とで少なから, とで見る, とは違う, とめったに再び, と何, と変り, と引き, と知るべし, と錢形平次, ならば, なら先生, なら或, なら自分, なら逢いそう, にたいしてのことば, にはわが, には佃島, には見た, には驚きました, にゃお, に対してそぞろ, に引込まれ, に驚いた, に驚き, はあれ, はいずれ, はいつ, はいよいよ, はうま, はおり, はかの, はかッ, はきょうだいたち, はけさ, はここ, はこの同じ, はごかい, はさっき窓, はすべて遠藤氏, はそう, はたんなる, はだれ, はほんの, はまさか, はまっか, はもはや, はよい, はよかっ, はウェストン氏, はガラツ八, はバア, はムダ, は一, は一九二三年, は一人分, は一刻, は一座, は一時すぎ, は一時半, は一時過ぎ, は一月四日, は一襲, は七つ時, は七時, は丈夫, は三十前後, は三年, は三月七日, は三輪, は下女, は不可思議千万, は不吉, は中間者, は丹塗り, は之, は九時すぎ, は九時近く, は事, は二十三日, は二十二, は二十八歳, は二十四日, は五六十枚, は五十年, は五時過ぎ, は亥刻半, は亥刻過ぎ, は人形, は今, は今しがた乳母どの, は今日, は他, は仮に, は伝六, は佐野さん, は何だか, は何処, は何刻ごろ, は何故, は何日, は信玄, は僅か, は元治元年三月二十一日, は先手, は光明, は八五郎, は八時前, は八時半, は六つ, は六十年輩, は六時頃, は出た, は刃渡り八寸, は初夜, は前髪立ち, は十一時半ごろ, は十一時頃, は十七八, は十五歳, は十八, は十八歳, は千世子, は千八百八十九年, は午ごろ, は午前, は午前九時頃, は午後, は午後三時頃, は半年前, は半歳, は南部坂下屋敷, は去年, は可, は同じ, は同月七日, は咳, は四, は四切, は四日, は四時, は土手, は夕がた, は夕七つ, は夜中, は夜明けがた, は大, は大分定刻, は大槻さん, は大正六, は天保十年, は奧, は妙, は妹, は姉娘, は婆, は婦人, は子分, は安永三年, は小さい, は小林少年, は小野川秀五郎, は山の神, は席, は平安京, は幼少, は幾時, は座敷牢, は建物, は強い, は当然, は彼ら, は彼女, は彼是, は徐庶, は必定, は思いがけなく, は恐らく, は意外, は戌刻, は成, は我善坊, は拵, は捨て, は支配人, は數, は文化五戊辰年, は日本, は明治二十一年十一月, は明治十一年, は明治十八年五月二日, は明治四十二年九月十三日, は春, は昨日, は暁方, は暗く, は書物, は最早, は木曾御岳, は本年, は某, は桜, は此時, は死体, は池田良斎, は沢屋, は渡辺金兵衛, は無理, は熟しきった, は玄関下足番, は用人, は用人木原伝之助, は白無垢, は皆んな, は皆男, は相川, は眞夜中過ぎ, は神戸, は空模様, は突然, は精, は紙片, は美しい, は翌朝ここ, は翰, は胸, は自分, は與謝野寛年譜, は舟, は良固, は葉っぱ, は薄暗く, は藤本, は蛍狩, は蝋色朱磯草研出し, は説経本来, は警官, は遊び, は酉刻, は醜い, は金側時計, は金堀村, は間違ひも, は隊長, は雁, は飴色, は騒, は鳥獣, は黒革, もあり, もえらい, もそこ, もたぶん, もペリー来航, も一昔前, も一緒, も二つとも, も二十四年, も動かぬ, も大, も尤, も怪しく, も是等, も此, も歸つたの, も皆これ以後, も納得, も終止言, も見, やが, やらアカーキイ・アカーキエウィッチ, や諸, や顎, を, をいまだに, をおれ, をきっかけ, をこれ, をたしかめる, をだれ, をはじめ, をはつ, をふい, をむしろ, をやっと, をわざわざ, をヴェリチャーニノフ, を一目, を人々, を今, を叱られ, を嗅ぎ知った, を圧, を女房, を嬉し, を師匠, を思ふ, を怪しむ, を感じました, を歎, を泥坊, を皆, を眺める, を着, を知ってる, を知らず, を知る, を穿かされた, を蛇体, を見せ, を見つけだした, を見れ, を見付, を親類, を買っ, を途中, を鼠, んです, ア初めて, 人魚の, 出ないの, 大蛇が, 手足が

▼ 出たもの~ (741, 5.5%)

43 では 38 である 1815 であった 14 だった, です 10 だと, のよう, らしい 9 に相違 8 だから 7 があった, であつ, であらう, であるから, であること, ですから, と思はれる, はない 6 がある, であろう, とすれ, と思われる, と見える 5 か, だが, だろう, であるが, であると, でしょう, なの 4 だろうと, であって, でこの, でしょうか, でないこと, と見る 3 が多い, であ, であろうと, でしたから, と見え, ならば

2 [36件] かその, かそれとも, かどう, かはつきり, がない, ださうだ, だったが, だつた, だという, であっては, でありその, でありますから, であるか, であるかを, であるという, である事, であろうが, でございます, でございますから, でございまする, でした, でない事, でなくまた, でなければ, でも, とする, とみえ, と考えられる, と見, の方, はあの, はございません, はなかっ, は先刻, は無, を纏め

1 [317件] かあばた, かおぼえ, かこの, かそれ, かたくさん, かとおもわれる, かとそれ, かとろ, かと人, かと思う, かと注意, かと迷っ, かな, かは容易, かも知れぬ, かも知れませぬ, かを子供心, か余燼, か八幡, か分らない, か判然, か奈良朝, か女, か小屋, か平次, か悪意, か日本, か暫らく, か特に, か甲斐, か甲板, か留守, か肥前平戸, があり, がありました, がありません, がちび, が仏教, が十人, が午飯時, が卯の花, が多, が小説, が帰り, が斬らず, が旅先, が時々, が横町, が次第に, が無く, が無数, が皆, が相当, が示し, が続, が聯想, が葛藤, さ, じゃと反駁, じゃと思う, じゃな, じゃわし, すなわち国家, ただわれ一人, だけが記され, だけでもエンゲル, だったと, だな, だらう, だらうと, だろうかという, だろうな, だ相, で, であったから, であったこと, であったの, であったらしくそれ, であったろう, でありながら, でありましょう, でありましょうとも, であります, であります殊に, であり仏教界, であり国民, であり従つて国民生活, であり或は, であるいは, であるとの, であるとは, であるとばかり, である以上, である復讐, である限, であれば, であろうか, であろう位, であろう自分, でいくたり, でこれ, でございましょう, でござる, でしかも, でしょうが, でせう, でその, でそれ, でただ, でないかと, でないと, でないという, でなく何だか, でなく単に, でなく彼等江戸ッ子, でまるで, でを, でアイヌ人, でケ, でドイツ語, でヤカタ, で主上, で争う, で余, で兄さん, で兄淡路守, で其, で其の, で前項, で動機, で南, で吾, で国, で外出先, で大原村, で床岩, で形式, で必らずし, で敏子, で春琴女, で晋作, で朝夕この間, で松ばやし, で永い, で法律的, で牧野富太郎, で神話, で祭礼, で私, で胸奥, で自分, で葉, で靜, で鼠, といいます, というほか, といっ, とかまたは, とさっき, としか思われません, としか考えられない, としたなら, としてよそ, としてオッペルト, として特長的, として考えた, として諸方, としなけれ, とするなら, とせね, とはい, とはいえ, とはいわれない, とは古代, とは少し, とは思わず, とは思われない, とは思われなかった, とは考えられない, とばかり思っ, とばかり思つて, とばかり考へられ, とみえる, とみゆる, とも相手, と云い伝えられ, と仮定, と信じます, と信ぜざる, と同様, と思っ, と思はれ, と思はれぬで, と思ふ, と思わるる, と思われます, と思われまする, と申し聞かせられ, と知っ, と考え, と考えね, と考えれ, と考へ, と考へられない, と聞い, と見えまし, と見えました, と見えます, と解し, と解釋, と言っ, と認める, など大分, ならまだしも, なら堂々, なら大阪, なら鞍縁起, なるは, なんか卒業, に, にちがい, には山田美妙斎, には現代精神, には違, には違い, にほかならない, にアズサ, に下っ, に他, に能楽, に過ぎぬ, に違, に違い, のうち, のみが善い, のやう, の中, はありません, はある, はいや, はさ, はずっしり, はその, はたとい, はどうしても, はなく, はひとり, はまだ, はまね, は一人, は三井寺, は仕方, は何, は余計, は児島, は全く, は全部, は北村大学, は唯一軒, は土鍋, は夕方, は大, は宗法, は封建, は山女, は幽霊, は感謝, は手, は敬太郎, は早, は服装, は歸國, は死んだ, は漆, は無い, は皆, は相当, は石塊一ツ, は立派, は縦横, は翌朝どこ, は華麗, ばかりで, もあった, もなかっ, もひとり, もへえった, もゐるらしい, も交っ, も半次, も多い, も少く, も戻, やらさっぱり, よ, よりは体言的, らしいが, らしい手巾, らしい郵便局, らしくかの, らしくは, らしく何度, らしく典拠, らしく午後二時半頃, らしく思はれるけれど, らしく思われる, を, をすつかりつん, を今さらどう, を今更, を勝ち, を帰る, を歌, を総括的, を裏, 某音楽学校, 程よくなっ

▼ 出た~ (690, 5.2%)

10 それは 6 彼は 5 これは 4 それを 3 これも, そのとき, その時, それが, やがて帰っ, 今度は, 宜いか太郎, 彼の, 途中で

2 [40件] いずれも, ここでも, さいご, すぐに, そこで, そこに, そこの, そこは, その中, それに, それには, それも, だがどんな, どう考え, どこに, どこを, なにぶんにも, まだ飾瓦斯, わたしも, カツも, 二人の, 何か, 其には, 出ると, 出掛に, 又引き返し, 女が, 屈んで, 彼女は, 後から, 暫くし, 最後に, 木の, 歩いて, 流石に, 私は, 苦しくない, 足は, 足を, 途中から

1 [558件 抜粋] あの二円, あの報告, あの足, あまりの, あまり逢う, ある夜, ある時, あわてて, あんな日, いい考え, いい顔, いかにも春めいた, いけなくなったの, いまだに位置, いろいろな, おかげで, おれは, お母様の, お葉, かいもく行方, がまんを, きっと近所, ぐつとおさへつけた, こいつは, ここでは, ここらの, このころ, このとき, このま, このまま, この夜, この少年, この日, この武者修行たる, この若き, これから先, これが, これぞ飯田, これについて, これを, これ以上くどくど, こんなにいい, さすがに, さっき見た, さてどこ, しかしお, しかしこの, しかしみんな, しばらく扉際, すぐには, すぐ帰る, すぐ引きかえし, すぐ講談雑誌, すつかり, そうなると小歌, そこでは, そこでも, そこにも, そこらも, そしてそれ, そのあと, そのうち, そのついで, そのとき一道, そのとき大尉, そのなか, その十三戸, その夜食, その小, その帰り路, その庭, その日, その時おれ, その時例, その時広間, その晩, その朝, その本, その橋, その相当, その祟りで, その空地, その裏側, その足どり, その都度江戸, その青山, それからハタ, それから階上, それだけ古い, それっきり居なくなっ, それっきり暫く, それでも其, それでも出, それで俺, ただ登る, たちまちに, だんだんこっち, だんだんその, ちょうどそこ, ちょうど通りかかった, つたが, つてなにか, つてるんだい, つてゐる, つて居る, とかく足, とかげが, とたんに大, どういうもの, どうしたら, どうしていい, どうしても下宿, どうせ当分, どうも気, どうも気分, どうも義雄, どうも鉄面皮, どこかへ, どこから, どこの, どこへ, どんより空, なか, なかなかない, なにかガン, なにしろ物凄い, なにを, にわかに溌剌, はあ俺, はっと気, ひとりが, ひどい烈風, ひょこりと軒下, ふたりは, ぶらぶら歩き, べつだん中央, ほっとした, ほとんど玄蕃, ほんの一瞬間, ますます上天気, まず継母, またある, まただんだん, また引き返し, まだ四囲, まだ夜, まだ最初, まだ気, まだ活気, まだ腹, まてしばし, もうそれ, もう其の, もう前, もう季節, もう相手, もう車, もう遅かっ, もしかしたら, もとより後かた, もはや高級店, もろくも, やがて五, やがて量炭, やっぱりふるえた, やはりパ, やはり困っ, ゆくゆくは, ゆるゆる歩い, られ桜井秀君, わかれぎわになって, わが相棒, わしんところ, わずかに, われ汝と, カン違いし, コミンフォルムの, ニコニコし, ポンと, ローマの, 一万円と, 一人あたり冷酒一合五勺にも, 一体に, 一同は, 一座の, 一旦人殺し, 一生爪を, 一番古い, 一通り見物も, 一面の, 丁度寮長, 三つ重なった, 三宅島から, 三時頃歸つて來て, 下役人が, 下級の, 世間の, 中でも鐘, 中学時代までは, 主人はちよつと, 久光殿をば, 之なぞは, 之亦, 二人は, 二日ばかり, 二時間あまりも, 云いだし兼ねた, 五六間ほど, 五反田驛まで, 五条の, 亦林中, 京都には, 今さら江戸, 今に音信, 今のが, 今まで, 今までの, 今やまったく荒廃, 今夜出張に, 今年は, 他に, 他の, 他殺の, 伊八を, 何だらう, 何となくこの, 何と思つて, 何にも, 何よりも, 何処が, 何処に, 何処へ, 何処までも, 何故かもう, 佳一は, 侍女や, 便宜上これ, 俺は, 僕の, 元気なし, 兄の, 先が, 先生の, 先頃, 光悦は, 入交って, 入學試験, 入院し, 全く何, 六に, 其のま, 其の後両度, 其儘帰つて来ない, 其処はいちめんの, 再び澁谷驛, 出たところ, 出るとき鍵さし, 分類法としては, 切米手形の, 別に, 別にどこ, 別れるとき, 前に, 劇場横町の, 勇助, 勇造の, 医者から, 十五万円で, 十時ごろには, 半蔵門まで, 協議中たまたま, 南条の, 又ぬき足, 古い神社, 古墳には, 同時にべつ, 向う岸の, 四ツ, 四囲の, 四方山また, 四時には, 固より, 均平も, 執念深く二人, 外に, 多くの, 多く伝わっ, 夜は, 大分反対論が, 大太刀, 大小の, 大膳坊は, 大道に, 大音寺は, 契約期間が, 女達は, 好いと, 婆さん一向, 実に愉快, 家の, 富岡は, 實行されず, 寺の, 寺への, 専制的である, 小田原で, 小舟は, 少女の, 居酒屋の, 山の, 山田は, 山路とは, 屹と, 己も, 幾らか機嫌, 廊下には, 廊下を, 廟は, 廻役の, 引かえ, 張は, 強情を, 彼等は, 往来の, 後を, 後嗣は, 徳利の, 心では, 心の, 心配で, 思い出した用, 思ひかへ, 思わしくなかった, 恰も満月, 我慢を, 戦争の, 扇屋の, 扉の, 扉を, 払暁に, 指定の, 振り返り, 振仮名の, 振返ると, 挿絵は, 掌の, 敢て, 数馬の, 文芸部の, 旅に, 早いか, 早速仕事, 昨夜の, 是で, 是は, 時間が, 暑くて, 暗い夜, 曲って, 更に更に流転状態, 曹操は, 最後と, 最後なん時戻っ, 最後居所などを, 最後恐ろしい, 最後拙者関係らぬ, 最後眼の, 月の, 朋輩の, 朝倉先生は, 木沢医師を, 板倉周防の, 栄之, 校長何となく, 桂子は, 案の定燃出, 横街の, 欄干へ, 次の, 次の間で, 歩きながら, 死骸は, 殿樣の, 母の, 氣つけの, 水道の, 汗で, 汝が, 沢山に, 泣くこと, 泣けて, 洗濯を, 洗面道具を, 海岸へ, 海陸すでに, 淀附近まで, 湾に, 満潮だった, 火の玉は, 火加減に, 為に, 無益に, 無論この, 照れくさい感じ, 父が, 父さまの, 牧の, 犬に, 狼藉者の, 猫行火に, 珍らしく, 現今の, 理論に, 田圃は, 町はずれまで, 疲れが, 病体だ, 白い牙, 白縮緬組七人の, 皆忌々し, 盆暮に, 監督が, 直ぐに, 直ぐ帰, 相変らず, 眼の, 矢張当も, 秀吉は, 私には, 秋山と, 秋川たちと, 空中で, 窟前から, 第三ルンゼ, 管を, 精米所の, 約束事で, 純一君は, 素人演劇だ, 結局早打ちの, 結局碇泊中の, 結局穏かに, 絶壁にも, 続いて, 美貌と, 義理の, 翌日に, 老人は, 老拱, 肉でも, 胸が, 腕は, 自分の, 自動車にも, 自己の, 船の, 色々手間どっ, 芝居が, 草鞋の, 菜種の, 菜食主義の, 萩野は, 見ると, 見るもの, 詞章の, 貞之進とても, 買い手が, 赤児を, 趙貴翁の, 足が, 跡の, 跨いだ足, 踏辷った, 身の, 車が, 車屋が, 途ついでに, 遊ぶ気, 道誉好みの, 銃声を, 間もなく宿, 間もなく復休刊, 間もなく死体, 闇一筋の, 隣りは, 雨戸を, 非常に, 面白くない, 顛覆した, 風が, 風は, 飾り立てた部屋部屋, 駕籠を, 高徳は, 魚ばかり, 鳥居本では, 鶏は, 鶴さんが, 黄昏の, 黒衣婦人の

▼ 出たこと~ (466, 3.5%)

25 がある 19 のない 13 がない, もない 9 があった, がなかっ, では, はない 7 である 6 のある 5 がありました, だ, であらう, もある, もなく 4 であった, はなく, は明らか 3 があつ, があります, がなく, だが, だと, なの, は出た, もあった, もあつ

2 [36件] かも知れない, があり, がありません, がありませんでした, がい, が無い, だった, で, であったから, であって, であるから, であろう, です, でも, ならお, なん, にし, になっ, にもならない, に違い, のなかつた, はありません, はある, はなかっ, は一度, は無い, は知らない, は確か, は見, もあり, もあります, もなけれ, も正三, も無い, を知っ, を知りませんでした

1 [211件] ある問題, いうまでも, かそして, かと彼, かも知れません, からその, から一人, から其許, が, があっ, があっただろう, がありませんで, があるらしい, がございました, がございません, がなかつた, が事實, が報告, が奏功, が後悔, が想像, が決して, が浮き浮き, この竪川, さえ知らなかった, じゃありません, じゃない, たあ, だか, だから, だけである, だったら, だとしても, だらう隨分, だろうその, であったけれど, であります, であり學問, であるか, であるが, であるどうか, であるので, であろう前田利家, でこの, でございます, でしょう, ですから, ですが, ですって, でその, でつまるところ, でないこと, でないという, でなくって, でホントウ, で下々, で以後, で厚葬久喪, で女体, で委細承知, で彼, で後, で本当, で身上, としか思われなかった, とてない, と今, と全, と思つて, と想え, と想像, なかった, なぞが思ひ出される, などには気がつい, などもあったらしい, などを憶, など思い合せ, など思ひ合せ, なので, なら勿論, なり漸く, なんとなくブラブラと, にあった, にした, にちがい, についてはそして, についてもきっと, になつ, になり, になる, には決して, にほかならない, にももうずっと, に悔い, に氣, ねえもん, のなかっ, の喜び, の無, の無い, は, はあと, はあるまい, はいいかえれ, はいう, はいま, はお詫び, はこういう, はこれ, はし, はそもそも, はたしか, はないでしょう, はなえ, はなかつた, はねえ, はねえだ, はめったに, はもう, はよろこぶべき, はマア, は世界, は云う, は何と, は兎角, は古代, は同じ, は周知, は実に, は家来, は志, は我々素人, は数える, は疑っ, は疑ない, は確, は私, は稀, は絶対, は練吉, は著者自身, は言, は誰, は近頃, は間違い, は間違えねえ, まではわかつ, までは覚え, もありません, もあるだろう, もこの, もございません, もどう, もなし, もまた, もわかる, も亦, も判った, も婦人有権者, も後, も有りました, も注意, も知らない, も確か, も驚く, や, やこの, やそれら, やらとこの, や鼻, よ, よ妙, を, をあなた, をおもっ, をお知らせ, をかなしむ, をさえ証明, をすこしも, をすなわち, をその, をそれで, をそれほど, をまだ, をよく, を仕合せ, を喜ぶ, を孔子, を少し, を心から, を思い出した, を怪人丸木, を恐ろしく, を悔いた, を愉快, を承知, を柿沼, を知った, を知つて絲, を知らされた, を知らせた, を知らない, を知り, を突きとめ, を見, を覺, を記憶, を話し, を詳しく, を説い, を非常

▼ 出た~ (456, 3.4%)

12 はもう 8 である, と同じ 5 のやう 4 に, にはその, のこと, のよう, の事, は裳 3 でした, にはもう, には何, には彼, は私

2 [33件] からもう, から途中松風, だった, であった, にその, にそれ, にはあたり, にはさすが, には依然として, には白髪頭, には皆, にまだ, に何, に外, に誰, のあの, のとおり, のまま, の妻, の容子, の自分, の馬琴, はこの, はまだ, は主筆, は夜半, は嬉しかっ, は急, は死骸, は驚きました, 代助, 少々芸者買, 暗い風

1 [318件] ある人々, いろいろ考えた, お清, お繁婆さん, お銀, からすでに, からつけ髯, からのべつ, からの憂鬱, からチャン, から一つ, から三条大橋, から他, から伯父, から岸本, から工合, から常, から彼, から忘れ, から朝子, から源氏, から解, から贅澤, から都会, から音, か大切, ぐらいは楽, こそ妻子, この家, そのおばさん, その遠い, たうとう, だ, だかに, だけ御, だろう, つひ二人, であつ, であります, であるが, です, でもがあわてる, とうにバス, としても先触れ, とその, との相違, とはちがっ, とは全, とは反対, と当代一流, などかけつ, などはふと, などは差向い, などは茶気, などは鋪装道路, なんか警察, にあいつ, におじいさん, にこの, にこれ, にさうな, にすまない, にせよ, にだ, にちよい, にでもお, にの聞い, にはいつか夜, にはいつも陰ながら, にはお, にはかれこれ, にはこれ以上, にはそれ, にはぞっと, にはだれ, にはちょうど, にははじめ, にはぶん殴りてえ, にはもうすっかり, にはソーンダイク, には三人, には三時半, には三種, には三谷, には二町, には何だか, には余, には全, には兵野, には出来る, には十人, には厄落し, には厚い, には吾人, には四辺, には四隣, には困りましょう, には国内, には地雷, には堺さん, には夕映, には外, には大切, には女形, には妻, には寒い, には小太郎, には尼, には彼是日, には悲しくっ, には所々, には既に, には末造, には無一物, には特色, には琥珀色, には皆吻, には相手方, には確か, には私, には窕子, には笞四十, には藁, には見ちがう, には酔った, には隣り, には雪, には食卓, には髪の毛, には鼠色, にまたも, にも, にもう, にもたしか, にも妻, にも必ずしも, にやっと, にやや, にやア, にワアァ, に之, に二人, に云った, に仕事, に伝馬, に先生, に入江, に其知己, に友人, に声, に大菩薩峠, に学校生活, に尋ね, に小路, に彼, に彼等, に心苦しかっ, に心覚え, に所長, に明暗二つ, に春の風, に本, に此, に水夫, に海, に病気, に直ぐ, に私, に私たち, に自分, に若い, に草鞋, に薄暗い, に見, に言った, に訪ね, に送っ, に逆らったら, に金子, に金拾五圓也, に院, に雇つた妾, に青地錦, のいでたち, のつつまし, のま, の乱れた, の人, の仁義, の光景, の出来心, の勝負, の勢, の夢, の如く, の始末, の姿, の小郷, の山師坊主, の廣告文, の成績, の旅, の最初, の様, の様子, の歌, の気持, の用心, の用意, の着附, の親, の記憶, の詩壇, の話, の追懐, の通り, の部數, の骨格, は, はあぶない, はお, はかれこれ, はこりゃ, はじめて我, はその, はそんなこんな, はちょうど, はない, ははっと, はまっ暗, はパリ, は一升, は三百二十四隻, は世界各国, は中形, は主, は主従, は久振り, は五時, は何となく, は何処, は僅, は剣, は召使, は右, は四月, は大, は大分夜, は大変, は大抵, は女房, は小姓, は平次, は心臓, は必ず, は思わず, は手, は政府, は旅合羽, は日吉, は東西, は橋, は此, は流石, は演説嫌, は漸く, は炎天, は無論, は生れ變, は眞冬, は秋晴れ, は笑, は笑ツちや不可, は腹, は薄暗く, は見, は赤い, は髷, は黄昏, ふと, ふと背後, まだ日の出前, まだ日出前, まだ線路工事, まで彼, みつけて, もう冬, もう魂, もっと早く, もひどく, も同様, も思うさま, も既に, も潤三郎, も肥っ, よりもまた, よりも險惡, 其の遠い, 初めて世, 初めて自分, 始めて, 宜道, 小高い丘, 思い切って, 掘って, 既に宇宙, 暫く茫然, 更にまた堪えがたい, 更に又堪へ, 汚れたん, 沢山ある, 渡さうと, 突然津田, 第二世, 言い出した, 討って, 返して, 遠くない

▼ 出た~ (384, 2.9%)

20 思うと 15 見えて 11 すれば 9 いう 7 いふ, 云ふ 6 いうので, 思ふと, 言って 5 すると, 云って, 言ふ 4 いいます, いうが, いって, いふが, したらそれ, する, なると, みえて, 思って, 聞いて 3 ある, 云うこと, 云うの, 云う事, 思う, 思つたら, 書いて, 見える

2 [20件] いうから, いうよりも, いえば, いふので, するの, みえる, 小使が, 思いました, 思ったらいきなり, 思ったらすぐ, 思はれるもの, 思ふ, 思われる頃, 聞いたが, 聞いたこと, 聞くと, 見えます, 見ると, 見るまもなく, 言ひます

1 [178件] あっては, あらば, あれば, いいますね, いいまた, いい今, いい景気, いうても, いうのででも, いうのに, いうばかり, いうまで, いうんで, いったが, いってから, いっては, いつたぢ, いつてのう, いね, いひ印度, いふよりは, おっしゃったよう, おぼえて, おもう時分, お代官, お思い, お思いなさい, きくの, この塀, さうい, しきゃあ, したところ, したらあの, したらその, したらどう, したらどんな, したら娘, したら探偵, しますそのもの, するならば, する思想, つい今, なってるから, なつたら, ならば, なりゃ僕, なれば, へんてこりんな, みえ最近, みえ木, みえ森, みるや, わかると, わかれば, 云う, 云うお話, 云うから, 云うので, 云うよう, 云うん, 云う一事, 云う可笑しい, 云う時, 云う蚊帳, 云う話, 云った, 云ったこと, 云ったの, 云った工合, 云つても, 云はれ, 云はれた, 云へ, 云われちゃあ, 仰っしゃるのか, 仰有ったが, 伝えて, 伝ふ, 伸子は, 信じた言葉, 信じられる伝説, 信ぜられて, 先生が, 冷やかすの, 判りました, 判れば, 又本当にすこし気持, 受けて, 同じ時間, 同時に奥蔵, 告げる者, 奥平にも, 彼が, 後世に, 忽ち顏, 忽ち顔, 思いたまえ, 思いなさい, 思いなさませさ, 思いねえ, 思います, 思いますか, 思いますが, 思うて, 思うね, 思うの, 思うほか, 思うほんのり, 思うより, 思う間もなく, 思えないこと, 思った, 思ったの, 思ったのに, 思ったらその, 思ったらそれ, 思ったらそれっきり, 思ったら今朝声, 思った時杉山, 思った次, 思った門, 思ってる時, 思つたのだ, 思つたは, 思つてゐた, 思はれた, 思はれるの, 思ひ感興, 思ふとたん, 思ふ点, 思われぬは, 思われるの, 思われる五十両, 思われる普通, 思われる者, 情なく感じた, 感じた, 感じた歓び, 明瞭に, 物質問題までが, 申して, 称し妻, 答えました, 義雄は, 考う, 考へる様, 聞いたらただちに, 聞いた時, 聞きました, 聞くや, 聽い, 見え, 見えたとき, 見えんのさ, 見え少し, 見え庭, 見て, 見へて, 見ゆ, 見るの, 解せられて, 触れ歩き, 言う, 言うこと, 言うん, 言っても, 言つても, 言つて居る, 言わるる彼, 言われそれ, 言われたらこの, 言われて, 言われぬまでも, 言われる, 記憶し, 説くの, 連中は, 門に

▼ 出たので~ (368, 2.7%)

26 あつた 5 あらう, せう, 私は 3 あらうか, これも, それに, 御座ります

2 [12件] あらうが, ござりまする, せうか, 人々は, 今では, 前の, 参詣人は, 彼は, 彼女は, 得董の, 急に, 紀代子は

1 [291件] あたりを, あつて, あの時, あぶなくデック, あらう傍ら, あらう家, いいかげん頭, いささか言, いたく刺戟, いつもおずおずしとおし, いよいよまごついた, いよいよ佐藤さんの, うまく釣り出せた, おやおや, お十夜, お城, お尋ねに, お徳, お沢, お目, お綱, きくと, きっと家賃丈, くやしいよう, げしょう大勢, この残忍, この虫, この鳥追, これでは, これは, これを, こわごわあたり, こんなめ, ござります, さすがの, さては喧嘩, しばらく保養, しまいに紳士, すぐこっち, すぐ同じ, すぐ夕方, すこし照れた, すばらしい冬, すべて天地間の, せうね, せめてそれ, そこらに, そのため, その思出, その折, その材料, その者, それからは, それが, それだけ気分, それでその間, それらを, それを, それ迄は, ちょっと平静, ちょっと遠慮, どうも実に御, どきつと, なくして, なんだ, ふと思いつい, ぼくは, まず安心, また縮くみ, もうこれ, もう十分, やがてその, やつぱり先から, やめたん, やれ人柱, やれ嬉し, よい機, ようやく安心, わたしは, われながら, ツイ持ち前の, ポチは, 一つこの, 一人で, 一寸因縁, 一杯遣った, 一行は, 一躍有名, 七時の, 三条の, 且耳の, 世間の, 久我も, 事情を, 二人は, 二人共ちょい, 二百人近くも, 五郎左は, 些とも, 今しも, 今の, 今は, 今も, 今朝は, 今金の, 以て, 何か, 何とかやりくれました, 何となく童名, 何年ぶりかの, 何気なく引き延ばし, 俯向いた, 僕も, 兄が, 先ず爺, 全く真理, 兩方の, 八月四日奉行より, 公は, 公園を, 其によ, 其の煙, 其処へ, 其材料を, 内地へ, 冗談を, 出版元から, 到頭ぼく, 前から, 勝入, 勿論, 千葉だの, 半七, 厶います, 参るの, 古代信仰では, 可か, 司法主任は, 同じ様, 呼ぶプク, 喫驚した, 嘘を, 四名は, 大いに受ける, 大いに安心, 大きに鬱ぐ, 大に, 大和の, 大変うれしゅう, 女は, 女客や, 女房たちも, 女房の, 好評を, 嬉しい, 嬉しかった, 子珍, 学校よりも, 孫兵衛も, 宅に, 實に, 将士が, 小ヴォローヂャ, 小唄にも, 小田刑事は, 少々尻込み, 少し和, 川口が, 工場通いの, 帰りの, 帰りは, 常磐も, 当時の, 彼も, 彼らの, 彼奴は, 從つて堯舜に, 從來の, 御座居ます, 御飯も, 必ずしも恥, 怒れる熊, 戻って, 手拭いで, 手足は, 手軽に, 折角の, 拙者の, 振向いた, 改まつて面会, 政府は, 新蔵も, 旅先で, 日本芸能社では, 早速読んだ, 春とは, 時すでに, 時を, 時間は, 暫くは, 曲舞の, 曹洞の, 有った, 朋輩と, 木下君たちが, 本当にたべ, 村の, 東京から, 東吉は, 楚王これを, 次第に胎龍, 歓声を, 正月の, 武蔵は, 殺し尽して, 毎年の, 気が, 気分が, 気象状態は, 氣の, 決意を, 沈黙て, 波は, 海には, 混沌状態を, 測候所も, 源三郎中っ腹だ, 準備完了し, 滅茶苦茶に, 滝本が, 熊川忠範は, 熱心に, 特別という, 狐の, 番頭も, 百人余に, 皆ゾッと, 皆驚いた, 目白から, 直ぐに, 相当に, 相手の, 眠られぬまま, 眼が, 短銃という, 私たちの, 私も, 管理人は, 紀久子は, 細井氏へ, 結局する, 縁談の, 自分ながら, 自分の, 自然知合で, 船宿は, 英国でも, 荘主フォルス卿急ぎ人を, 蜂が, 街路で, 襟首を, 見つかって, 調べて, 警部は, 豹一は, 買って, 起きあがり家, 越前が, 踊りは, 近所の, 追い廻して, 途中で, 通筋の, 道も, 遽かに, 阿仁合川を, 陳矯も, 陸軍省と, 隊員は, 雲飛も, 面くらった, 面会人の, 面喰った, 頓て, 首を, 駅に, 駒足を, 驚いた, 高橋さんは, 鳥渡疑いを, DDT

▼ 出たよう~ (233, 1.7%)

18 な気 8 です, なもの 65 である 4 な声 3 だった, なこの, な心持ち, な様子, に思う, に目

2 [16件] す, すです, で, であった, でした, なこと, なの, な形, な感じ, な次第, な気持, な顔色, に云う, に彼, に熱く, に見えた

1 [134件] じゃが, じゃと申, だから, だが, だったけれど, だったぜ, だったらいつ, だと, だね, であったが, であるから, であるが, でございます, でございますが, でございますな, でございますね, でしたが, でしたね, でしょう, ですな, でその, でね, ではっと, でも, でもあった, で山の上, で無理, で苦しく, ないろいろ, なさびしい, なさわやか, なその, なそんな, なところ, なめでたい, なもん, なネル, な一面, な人間三分, な例, な俊吉, な呑気, な大きな, な天女型, な女, な妖気, な幸福感, な心もち, な心地, な心持, な恰好, な断髪, な気丈夫, な男, な異様さ, な目ざししたが, な福助頭, な立体的, な童, な肉体, な自由, な艶, な落付き, な蜀軍, な記憶, な話, な遣り方, な音, にあつい, にいや, にうとうと, におずおず, にぐずぐず, にしっとり, にすらすら, にただ, にとぼけ上手, にどこ, になお, になっ, になんとなく, にぱっと, にひろ子ら, にまず, にまた, にもう, にも思えた, にわたし, にわたし達, にペコ, に三四人, に上, に上った, に下知, に人々, に今, に今夜, に傍, に原稿料, に心, に思いました, に思います, に思える, に思っ, に思った, に思われ, に思われた, に思われました, に感じる, に慌て出した, に折, に散, に歩き出し, に浅黒い, に浪人者, に漣, に濃い, に白い, に真中, に眼, に究局, に立すくみ, に縁, に美しい若, に考えられぬ, に自分, に見える, に見違えない, に覚え, に言った, に部屋, に静か, に顔中拭廻, に黒い

▼ 出た~ (229, 1.7%)

3626 です 12 ですよ 9 だから, ですか 8 だよ, ですが 7 だが 6 だね, ですから 5 だろう 4 だそう, だと, だな, でしょう 3 じゃない, だもの, ですがね, ですって

2 [11件] じゃ, だか, だがね, だけれど, だぜ, だらう, ですかい, ですとさ, ですの, ですもの, でも

1 [47件] か, かい, じゃあねえか, じゃある, じゃあるまい, じゃけっして, じゃなかった, じゃア昨夜, じや, だえ, だがな, だけれどもね, ださうです, だし, だちょっと, だって, だって皆, だという, だところが, だとよ, だらう明日あたり, だろ, だろうか, だろうが, だろうと, だろうナ, だろう明日あたり, だアネ, だ出たん, だ出るの, だ水戸, だ麻布, でありますが, である, でございますよ, でござんしてね, でしょうかね, ですけれども, ですぜ, ですつて, ですね, ですのに, です案の定, でやしょう, なら結果, は十一時過ぎ, やのうて

▼ 出たとき~ (197, 1.5%)

4 のこと 3 だった, にはもう, に半, はもう 2 であった, に, にその, には彼, には日, に労働, に私, のまま, は

1 [163件] あの女主人公, あの微笑, いち早くくり, おどろいたの, おや野間, お庄, からお, からこ, からたった, からつけてた, からの昔馴染, から一人, から伸子, から列車, から新しい, から死, から気, から瀕死, から見えかくれ, かれら, が十四挺, が家出, このおやじ, この寿満丸, さえそう, すぐそば, そう思った, そのあたり, そのとき, その人たち, その傾斜地一帶, その山, だけであった, だけでもいくらか, だけ真面目くさっ, ちょうどそこ, でありそれから, である, でもなけれ, とつぜん地震, とは幾分, と事情, と同じ, と草競馬, どういうよう, どうして逃げた, どうすれ, どの方面, など三四度, など清子, なにか云いた, なの, なんという, にお, にこんな, にそれ, にどういう, には, にはすでに, にはたくさん, にはたれ, にはわたし, にはモレロ, には二人, には五時, には仕事, には何だか, には大変, には大辻, には思わず, には春雨, には注意, には活動, には真先, には若い, には足, にわが国自由法運動, に人, に僕, に北海道, に小袋明神, に年子, に彼, に必ず, に忽ち, に梶田さん, に浩, に白日, に眼, に矢代, に窺う, に老人, に聞いた, に限り, に青々, のま, のやう, の三分ノ一以下, の乗物, の仕度, の元気, の出來事, の勇気, の半日, の口ぶり, の気持, の浴者, の男, の通り, の間道, はあの, はかれこれ, はきっと, はさしも, はその, はそれでも, はちょっと, ははや, はもう全く, はリュックサック一杯, は即座, は夜, は夢, は大, は戦場, は既に, は私, は職業柄昌造たち, は誌上, は達磨, は降っ, は驚いた, ふと秀次, ふと雑沓, ほど氣, またそれ, また案内人, まだ明るかっ, まっさきによろこん, も党内, も同じ, も彼, も秋山, も落ちつい, やってきて, より幾分, を選ん, ホッと, 仕入, 初めてこれ, 売るよう, 大きな建物, 始めて, 始めてこの, 少しも, 御隱殿裏, 思い当ったよう, 怨めしいとも, 曇った夜, 痩せた下腹, 突然造花屋, 言いだすよう, 隣りの

▼ 出たという~ (176, 1.3%)

8 ことが 7 ことは 6 のは 5 ことを 4 ことに, のだ, 話を 3 のです, ような, わけで

2 [12件] こと, ことであった, ことです, ことも, のか, のであった, のである, のも, ふうで, 様な, 記事が, 話です

1 [105件] あの話, うわさが, うわさの, うわさを, ことすら, ことその, ことだ, ことだけは, ことだった, ことで, ことでした, ことには, ことや, こと或は, そういう消息, その良人, それが, ところ, ところから, ところだ, ところだった, のかしら, のかな, ので, のであります, のでしょう, のを, ものが, ものさ, ものは, やつじゃ, ように, わけ, わけである, んです, ショールだ, 主人の, 事など, 事に, 事は, 事実は, 人が, 例が, 例これは, 例も, 先方の, 先生の, 再度の, 口碑が, 号外や, 名高い確か, 噂が, 噂だけは, 噂です, 噂は, 噂も, 姿だ, 家だ, 寸法な, 将門の, 差出人無名の, 平凡極まる, 心持が, 恰好であった, 意味であろう, 感じ, 感じが, 所から, 文章が, 日でした, 時刻は, 書置だ, 書面だ, 根拠の, 次第, 武蔵の, 気の, 注進を, 浜島茂は, 満足の, 点これも, 王在, 現場と, 現場不在証明と, 用事は, 確かな, 確証が, 経歴の, 興味を, 行動は, 言い伝えは, 訳でありません, 訳です, 証拠は, 話, 話で, 話も, 説さえも, 説など, 軍の, 通知が, 飛報は, 騒ぎで, 騒ぎの, 験を

▼ 出たところ~ (163, 1.2%)

4 に人 2 だった, で, で一人, で私, で私たち, をさらう, を脇差, を見, を見る, を誰

1 [139件] があっ, があつ, がある, が全, が神保町, だ, だあ, だけでも開い, だと, だという, ちっちゃなマリヤ・ゲラーシモヴナ, であったが, である, であれ, であろうと, でお, でお上, でお前, でこの, でございました, でございます, でさ, でさっさと, です, ですと, でそこで, でその, でどう, でどうにも, では躾, でふと, でザイル, でスペイン, でタキシ, でムイロフ, で仕方, で何, で何うに, で何ん, で別れた, で勢, で原稿料, で取りあげ, で坐, で寿女さん, で對抗覺束, で左, で帰っ, で後方, で手助け, で支えられた, で曾根, で格別差支, で池, で泥だらけ, で泳い, で焼鳥屋, で真に, で空車, で蒲生源左衛門以下, で言語, で調査, で逃げみち, で隣り, で雨戸, で頭巾, など女, なん, に, にあった, にある, にはしかし, には溝, にわたし, にイチハツ, にセーヌ河, に一号室, に例, に停っ, に出, に古い, に始まります, に岩, に最近改築, に根津八重垣町一帯, に植込み, に白い, に露路, の, のもの, の左側, の往来, の明き地, の横町, の法王, の部, はいま, はその, はたいてい, はたしかに, はケルントナー, は南町奉行所, は本陣, へかぜ, へそっと, へそつ, へどこ, へ君たち, へ折, へ突然, へ貴殿, まではよかっ, もうその, やはりどことなく艶かしく年ごろ, をくわえられた, をです, をよく, をわたくし共, を付け入らせる, を何者, を博士, を君達, を味方, を喰, を多勢, を巧み, を待構, を掴まえられ, を泰軒, を物蔭, を確か, を縛れ, を脇下, を自分, を足袋, を通行人, を野郎, 御月番家老黒田大和殿, 迄だ

▼ 出たばかりの~ (147, 1.1%)

4 幼さ 3 堅塩川 2 ところであった, 堅鹽川, 太陽の, 所だった, 月が, 朝の, 瑠璃子には, 若さ, 青年が

1 [122件] うぶな, お坊ちゃん, お酌, お風呂, ころで, そのお茶屋, ときだった, とき背後で, ところだった, ところだって, ところでした, ところな, ところに, まだ三十, まだ二十五歳, ものだった, ものであるなら, やうな, タタキ大工な, ポビェドフという, 三州屋早刷り瓦版, 二十五歳で, 二十五歳次兄は, 二十歳前の, 人も, 人達だった, 人間同士の, 何処かの, 僅, 僕からは, 内海に, 初夏の, 前科者な, 勘次である, 外科医者で, 女の子でも, 女中こそ, 娘が, 娘たちを, 娘と, 嬰児が, 子供と, 子供みたいな, 小さな肉塊, 小林多喜二が, 少女が, 少女は, 少年たちの, 少年や, 岸本には, 市村座の, 彼が, 後であった, 忠直卿は, 所だつた, 所で, 才媛, 採炭坑の, 敬太郎に, 文学青年で, 新参者で, 旭が, 時その, 時だ, 時だった, 時である, 時僕の, 月に, 月の, 月は, 月光に, 朝日は, 朝陽が, 松山さんと, 次女の, 海軍士官の, 淋しい頃, 淡装, 清浄な, 満月が, 煙の, 特急列車富士号が, 瑞々しい花, 甘やかされた無邪気, 生命の, 生絹が, 男の, 私には, 私の, 私は, 細君を, 継母は, 綺麗な, 美人だった, 美男子の, 者でござる, 者に, 自分の, 船は, 若い人, 若い人たち, 若い蔓, 薄赤い, 蘆の, 蝶々の, 街角に, 豊太郎が, 赤ん坊の, 酒も, 醫學士で, 野良帽子を, 鑑識を, 雛に, 雛鳥よ, 青い蝉, 青二才の, 青年だった, 青年であった, 青年である, 青臭い自分, 頃日に, 鳴海司郎から

▼ 出たから~ (120, 0.9%)

6 である 4 です 3 ついでに 2 これは, ですよ, 取りに, 吃驚し, 喃, 岸に, 明細見

1 [93件] あの女, い, いよいよ蕪村句集, かならずしもよい, きっとあなた, そう言う, そのおじいさん, その中, それで嫌ひだ, それに, だ, だそう, だった, だと, だという, つて波が, であった, であります, であるの, では, でみんな, どんな花, なんの, また心持, まぶしがり, 不思議な, 久しぶりで, 争われねえ島田, 些とは, 今夜も, 仙太郎は, 会葬者は, 何うし, 何か, 何かと見る, 何も, 何時には, 作者は, 僕は, 僕一人で, 其儘正面に, 初めは, 双方あっけに, 可い, 可笑, 君も, 吾輩が, 命が, 喜んで, 大師の, 妻は, 安心しろ, 宜い, 宜いが, 少し待っ, 工場で, 師匠の, 帰って, 序に, 廃そう, 弁解が, 心も, 心得たので, 悦んで, 悪いん, 悪かった, 扨は, 押さえて, 斬ったの, 早く帰ん, 明巣覘いが, 映画師が, 是れ, 晩方は, 死ぬと, 気がついたので, 熱いお茶, 直にお客, 私の, 給仕に, 肌である, 船端の, 良かつ, 茶屋の, 見物は, 諸君も, 軽々しく原状回復, 辯解が, 農村の, 逃げるん, 馬車に, 驚いて, 驚くで

▼ 出た~ (105, 0.8%)

9 のない 5 があつ 4 がある, がない, はない 3 があります, がありません 2 あり, だと, である, でなくては, になる

1 [63件] かいずれ, か今, があらう, があろう, が分る, が判った, が有ります, が考へられる, が解る, さえ一二度, さえ稀, だけは確か, だ成るほど, つたらなかつたさ, で, であらう, であろうから, であろうが, であろうと, ではなはだ, で嬢, とは云い, とは御存知, と存じます, などが思出, などは今, など思い出し, ならば, なるべくまた言わぬ, なん, になります, はありません, はなく, は下女, は出た, は出ました, は察せられる, は御, は疑ひ, は直に, は確か, は聞い, は読む, ばかりである, ばかりはききのがさなかつた, まで大仰, もある, もかうし, もない, もなく, も伝聞, も既に, も無かっ, も珍, をできるだけ, を全然, を初めて, を当今, を悔いる, を承知, を新聞, を知つて, を露骨

▼ 出た~ (100, 0.7%)

9 どうか 3 出ないかは 2 え, ッ, 出ないかも, 知りませんが

1 [80件] いやまだ, え孝, かんてきの, さっぱり分らなかった, さまざまに, して, ずっと古い, その出所, それともただ呼ん, それとも他, それとも伯父等, それには, それを, とおも, とにかく, どうかと, どうかの, どうかは, どうかも, どんな心, はつきりは, へりに, もう新ら, やす子の, よろしいよろしいそう, りき, ろうし但馬殿も, ろうでは, わからなかったかい, わからなかつた, わからなくなる, ハッキリと, 不明である, 人気は, 何う, 何人も, 兩國で, 出かけの, 出ないかの, 出ないの, 出ない未亡人, 出なかつたか, 出ぬか, 出んか, 出んの, 分からぬよう, 分りませぬ, 区々として, 古い椽, 執念の, 大判事, 容易に, 少しも, 崖から, 左馬介にも, 帰雁の, 御察し, 或は日光, 搜し, 数ヶ処別々に, 死んだか, 死人に, 火事な, 申して, 知らなかったと, 知れない, 私ゃ知らない, 竜之, 素人には, 老妻, 考へましたよ, 聞いて, 自分でも, 蛇でも, 西涼の, 見當, 誰に, 錢形の, 門番の, 隣室の

▼ 出た~ (87, 0.6%)

8 はない 5 がある 4 はなかつた, は無い 3 は誰 2 に不意, はありません, も入

1 [57件] がその, がやめられ, が中尉, が伊藤さん, が作つたの, が大, が大勢, が日々勤務, だよ, です, でないと, では, としか覚えませぬ, としてまた, にそれ, にとって忘れ得ぬ, に会わせ, に比し, に証人, のある, のない, のみが強い, の女, の無かっ, の關係, は, はあります, はある, はお, はござりませなんだか, はさすが, はなかっ, は一人, は二三人, は多い, は帰っ, は弾正様, は彼女, は斬る, は東大, は漁業, は無かっ, は紅, は紅白粉, は還つ, ばかりである, もありません, もある, もおりまする, も決して, も無, も祈祷所, も神尾, よりも, をあんなに, を一ぺん, を見ない

▼ 出たかと~ (86, 0.6%)

37 思うと 4 思ふと 3 思って 2 いうと, おもうと, 思うほど, 見ると

1 [34件] いえば, いふこと, いふに, みられるふし, 云ふ, 今更らしく, 問うから, 問ひ, 思いました, 思いまして, 思う, 思うが, 思うその, 思うほどの, 思うよう, 思うん, 思う様, 思う私, 思ったらまた, 思はれた, 思ふほど, 思ふやう, 思われた, 思われた時分, 思われるたおやかさ, 思われるばかり, 思われる位, 思われる強情, 怪しむに, 申して, 聞かれた事, 見える, 言うの, 言われても

▼ 出たばかり~ (86, 0.6%)

4 です 3 であった, である, でまだ 2 だから, だが, だった, であつ, ですぐ, なのに

1 [61件] じゃ, じゃが, だそう, だったが, だつた, だと, だという, で, であった父, であった蒸汽力, でありますが, であるが, であるしかし, であるのに, であるらしい蠅, であれ, でございますの, でござる, ですし, でないか, ではやく, でふんわり, でまた, でもうこ, でエニセイ河, でハイカラ, でポカポカ, で世間知らず, で二十五歳, で何, で勤めた文部省, で十分, で和服, で学生気, で定まる旦那, で御座いますよ, で恰度神戸, で方針, で本当, で次, で汗, で生々しい, で田畑, で相手, で知合, で細工, で蒼, で誰, で軟かく, で野面, で顔, なので, なん, なんで, な女, のである, らしい女給, らしい暖か, 位の, 空地には, 群衆は

▼ 出た~ (86, 0.6%)

2

1 [84件] お夏, からお, から先刻, か先, がこ, その後ろ姿, だった, だろう, だ一夜, ちまでも, でああ, であった, であっては, であつ, でお前, でさえなお, でした, です, でそうっと, でそつ, でその, ででもあるいは, でなければ, ではあった, では私, では諸君, でまでわたし, でようやく, でガラツ八, で僕, で半, で外, で持ち去った, で持っ, で提琴手, で此, で私, で耕吉, で藥罐, で誰, で高木, と雖, なので, にあの, にたいそう, になっ, にはわざわざ, には愈, に作られ, に夫, に女, に来た, に気がついた, に道臣, に饅頭, のこと, のよう, のノラ, の二人, の家, の成績, の手, の時間, の港, の漱石氏, は下女, は旋風, へついた, へふたり, へ何, へ六波羅, へ小宮, へ来, ほっと一息, ほつと, まもなく先生, も, もただ, もつい, を見る, を訪ねた, 全然學校, 御府外, 詠んだもの

▼ 出たあと~ (81, 0.6%)

2 ですぐ, の部屋

1 [77件] うまく母さん, お内儀さん, から半, だったし, であったから, でおれ, でこの, でそこ, でその, でだんだんに, でね, でねえ, では清三, でもお, でよせ, でよろしい, で一枝, で三日, で今夜, で仲よく, で再縁, で冷, で声, で大分, で妻児, で子分, で張, で彼, で彼女, で徐四, で死体, で水, で米友, で若, で貴婦人, で隣, なので, には蓮, に味, に夫, に憲兵, に火, に錠, のがらん, のこう, のふす, の井戸, の安静, の富子, の快感, の棺桶, の波止場, の窓, の荊州, の電氣, の静けさ, はおおびら, はその, はもう, はカラ, は母, は自分, は野, へはいっ, へひと足違い, へ一人, へ忍ん, へ文学新聞, ぽっつり独り, まで餘響, らしいし, をあらためて, をお松, をしめざま, を女, 怒つて, 程なく来た

▼ 出た~ (78, 0.6%)

4 の話 32 である, です, はその

1 [65件] があります, がある, がその, がほとんど, が何故もっと, が容易, が急, が押し合っ, が格好, が殺したで, が気まり, が病気, が相当, が真摯, が須田町, そう思わしい, だから, だが, だけがああ, だけにお, だと, だよ, で, であるが, ですね, でなければ, ではある, ではない, で後, で画家, で編集事ム, とではかなり, などが好く, などは皆部屋, なのよ, なん, に, にこんな, にはあまり, には代り, にもつ, に会いました, のこと, のよう, の中, の姿, の娘, の家, の瞬間, の行方, の顔, の飛ぶ, は, はあります, はありません, はいつ, はそこ, はそのまま, はないでしょう, は在, は小橋, は誰, もあります, よりも珍しく, をまつ

▼ 出た~ (73, 0.5%)

32 くみは, 夏さんの, 延は, 時に, 菊を, 銀様が

1 [58件] かよは, さよ婆さんであった, せいの, てつの, ひさの見た, ほくに, ケシも, 久美は, 亀が, 京を, 内儀さん, 勢, 千代婆さんの, 友だちに, 君, 吸物ほど, 妙ちゃんの, 孃さんの, 孝が, 富が, 小姓は, 常の, 延という, 志保は, 悦の, 敏さんが, 救いの, 時が, 月は, 月樣を, 民や, 浦は, 源を, 瀧ね, 爨婢も, 甲は, 留守へ, 絹しばらく, 絹の, 綱と, 艶を, 葉の, 薬です, 藤, 蝶の, 角は, 言葉であろう, 言葉の, 豊は, 越が, 越の, 通の, 銀が, 銀の, 銀は, 雪と, 雪は, 鳥は

▼ 出たやう~ (66, 0.5%)

7 です, な感じ 3 だ, な気 2 だが, である, に静か, に靜

1 [38件] だし, だぞ, であつ, でございます, ですが, ですそれ, でも, で全く, で肉, なこと, なの, なもの, なわざとらし, な勢, な叫び, な様子, な深川, な見たばかりでも, な観, な青い, に, にきこえた, になつ, にペコ, に何, に又, に孤立, に思はれた, に思はれる, に思ふ, に揉手, に笑つた, に笑つて, に終に, に聲, に自分, に見えた, に覺

▼ 出たそう~ (60, 0.4%)

7 である, です 6 だが 5 ですが 4 だ, な 3 ですから, ですね 2 ですよ, よ

1 [17件] じゃあありません, じゃない, だけど, だこれ, だな, だね, だよ, だ私, で, でございますね, ですからと, ですし, ですわ, でねて, で御座いますが, な人, にご

▼ 出たって~ (54, 0.4%)

1 [54件] ああ船, あれを, いいじゃ, いいん, いうの, おんなじ事, ことに, このさま, この瞬間, こわがっては, それが, それは, どこだって, どこへ, どっちの, よさそう, んで, コワがらない, 丁稚奉公を, 事件は, 云いますがネ, 今年なんか, 今逃げ, 仕方が, 他人の, 他国人の, 仰っしゃっていた, 会うもの, 全然困り, 出したの, 勤まりっこありゃしないからね, 勿論どこ, 十人に, 夜だけ, 好いこと, 平気です, 引けを, 御ジャンボー, 御山へは, 恥ずかしい心持ち, 押しも, 新子ちゃんの, 構わないわ, 構わない七年目, 熊が, 私の, 精, 自分を, 言いますぜ, 誰も, 遠くの, 電話が, 電話がか, 馴れ馴れし過ぎる

▼ 出たついで~ (49, 0.4%)

3 に渋谷 2 だ, に彼

1 [42件] じゃやっと, だから, などに文字春, にいろいろ, にここ, にこの, にこれ, にそこ, にそこここ, にそちら, にそっと, にのり, にふと, にジリー, に下妻左衛門尉, に主潮流, に何, に動坂, に原稿料, に大胆, に妙子, に孔明, に宇治, に廻っ, に彼女, に旅行案内, に根津, に次回, に用達し, に石油代, に立ち寄った折り, に美味い, に言う, に買っ, に近所合壁, に送っ, に野, に銀座, に飛行機, に高津, 故そのまま, 故ちょっと

▼ 出た~ (48, 0.4%)

8 しても 6 相違ない, 違いない 4 ちがいない 3 違ひない

1 [21件] かかわらずヘーゲル主義者, かかわらず月, したところ, したところが, した所, しましても, しろ別に, すぎないの, せよちょっと, せよ墨子, せよ罪, はつざくら, 似ず書物, 本づく, 相違ご, 相違なく, 相違無い, 過ぎない, 過ぎないの, 過ぎなかった, 違ひないらしい

▼ 出た~ (48, 0.4%)

2 であるが

1 [46件] から遠く, が富島町, が少し, が川口町, が我軍, が有る, が森田町, が黒く, すら彼自身, だけを捉, であった, であつ, でありますので, でだ, では批謗, でまア御, で充分, で岩, で提燈, で魏, にあり, に廊下, に弁当仕出, に縁, に草鞋, に隠れ, のもの, のバイカル, の崖際, の復古的精神, の故郷, の椅子, の母, の系圖, の角, ははげしい, はコロマンデール, は仕合谷, は何となく, は茗渓, もありました, もある, や角, をしきりに, を見廻す, を追いすがるごとく

▼ 出たまま~ (47, 0.4%)

7 帰って 4 になっ 2 まだ帰っ

1 [34件] いくら待っ, いまだに帰らない, ずつと帰らない, その日, だ, であるか, でこれ, です, で今, で夜, で姿, で帰っ, で帰らない, で彼女, とうとうお, のよう, の居間, の由, の着物, の顔, まだお, まだ帰らない, まだ戻っ, まだ開い, を口, を聞い, 一向報, 久しく帰国, 乗って, 帰らない, 戻らずしばらく, 未だ帰らぬ, 未だ帰宅, 遂に戻つ

▼ 出た~ (45, 0.3%)

2 に先刻, はもう, は日

1 [39件] からいろいろ, からそろそろ, から晴代, から碾茶, から高木敏雄君, だつたから, です, と表面, に, にはお, にはそれ, にはふしぎ, にはもう, には之, には子ども, には山峡, には暮れ, には遅く, にひ, に一人, に手, に認められなかつた, の作, の彼, はそれ, はそんな, は先生, は八月, は叔父, は夕方, は女, は実に, は恰も, は未だ互に, は水道橋, は蘭学, は雨, を堺, 大いに疑われた

▼ 出たわけ~ (44, 0.3%)

10 では 4 である 3 だ, だが, であるが, なの 2 の一つ

1 [16件] さそれ, じゃない, じゃ無い, だった, であります, でお, でございまする, でした, です, ですが, でも, で更に, なん, は, は両親はじめ親類中, よ

▼ 出たきり~ (43, 0.3%)

2 だった, ですよ, でその, のホテル・エソワイアン, 帰って

1 [33件] だ, だったので, だつたので, ついに太田, つひに, でしたので, ですがね, でその後, ではある, でまだ, で学歴, で帰らない, で特別, で肩, で親, と言っ, なので, になつたの, のバルザック, の川装束, の辨當, もう二週間, もどらぬと, 動かなかつた, 帰らないと, 帰らないので, 帰らないよ, 帰らない若松屋惣七, 帰らねえて, 帰らねえので, 帰らねえん, 戻らない波瑠子, 見えないので

▼ 出た~ (43, 0.3%)

5 目出た 2 かきも, かぶも, で下りるだろうから, ももも, 頭上を

1 [28件] あぶないと, あんなきれ, いまも, それから君たち, だ, ほかでも, また, また鹿児島空港, ラジオでも, 人が, 十七世紀初頭の, 商会は, 大丈夫の, 子供の, 家は, 数年まえ, 斯う, 會社勤めも, 死者も, 町の, 目出たし, 目出たしか, 第一日, 織次, 足も, 部長ん, 隱し, 飜訳校訂も

▼ 出たその~ (40, 0.3%)

2 日から

1 [38件] ことが, すぐ傍, ときの, ところで, 事件に対しての, 二日の, 二本芽の, 人間の, 兵士の, 呱々の, 地層から, 夜から, 姿は, 姿を, 娘が, 子は, 子秀綱は, 家の, 寺では, 小舟は, 年から, 悲しげ, 文句が, 旅先の, 日に, 時から, 時私と, 時私は, 時西村氏は, 汗から, 液体を, 男は, 短かい, 結果と, 結論とに, 翌年に, 自動車が, 黒い覆面

▼ 出たといふ~ (39, 0.3%)

3 のか 2 ことが, ことを, のだ, のも

1 [28件] ことだけは, ことで, ことに, ことは, ので, のでした, のは, より痙攣, わけか, 一人に, 事が, 事は, 事も, 事を, 報道も, 姿で, 廉で, 形を, 後また, 恐ろしく氣, 意味は, 理由で, 觸込で, 話, 話ぢや, 話には, 話を, 譯では

▼ 出た~ (39, 0.3%)

6 を命日 4 のこと 2 だった, 遠く来た

1 [25件] からかえる, からどうしても, であった, である, なん, にね, には, には彼, には徒士目付, には悪友たち, に書いた, に符合, のはなやか, の光, の前後, の前日, の後, の異常, の第, の翌日, は裸, は雨, は駕籠, もわたし, を聞い

▼ 出た言葉~ (37, 0.3%)

4 である 2 であらう

1 [31件] かも知れぬ, か知らなかった, だけで言いたい, だと, だとしても, だとは, だよ, だらう, であって, であつ, であるか, でかつ, です, でないよう, ではあるまい, ではない, では無い, で私, なの, にはその, による暗示, に吃驚, に添った, に責任, はこれ, ははげしい, は何もかも, は立派, らしいが, を呪い押し込めたくなる, を噛み殺した

▼ 出た~ (36, 0.3%)

8 がいい 2 がよい, はございません

1 [24件] が, がい, がいくら, がさっぱり, がまし, がまだ, がもっと, がメチャメチャ, が好い, が安全, が柄, が疑われず, が目, が良い, が近い, が近う, が近道, が道, が都合, ですね, に向ける, の点, もない, 出られた方

▼ 出た~ (35, 0.3%)

3 の顔 2 があった, の行方

1 [28件] がある, がおれ達, がこんな, がひとり手ぬぐい, が前, が招魂祭, が敷島, が無, だよ, であらう, です縫物, に, にも東京, の中, の事, の児, の剪髪禁止, の声, の姿, の手, は其後, は南部, は皆無政府主義者, は近藤つね, は追っ, もかなり, を直ちに, を知らない

▼ 出たのに~ (32, 0.2%)

2 違いない

1 [30件] あの方, こんな目, じぶん, その弟, たずねる人, わけも, 一本不足の, 下りも, 中村君が, 仰天した, 傍の, 利章一人は, 劇に, 女が, 客も, 愕き, 方々で, 昼の, 未だ帆, 未だ納得, 求める敵機, 相違ありません, 竜之, 職が, 自らおどろいた, 辟易し, 迎いさあ, 逢つた時もう, 運命が, 餘り

▼ 出た~ (32, 0.2%)

3 だと 2 であつ, とは言い

1 [25件] か冬物, じゃ, だ, だから, だもの, だ詮方, であったに, でいた, でこの, ですね, でだれ, でどう, で衣, で誰, というよう, という諺, とはいい, とはいえ, とは云い, と思う, と思え, なの, のやう, をやがて, を身

▼ 出たかも~ (31, 0.2%)

5 知れない, 知れないが 4 知れぬ 2 知れぬが, 知れません

1 [13件] しれない, しれないと, しれぬ, しれませんが, よくわかります, 存じませぬ, 知れないし, 知れないと, 知れないという, 知れぬといふ, 知れませんよ, 知んねえが, 覚えが

▼ 出たとか~ (28, 0.2%)

2 野菜が

1 [26件] いい得るよう, いう, きょうは, でその, でひどく, で丁度家, で昨夜, で牛, で芝居, まあ堅気, 三造の, 云う声, 云はれ, 前日に, 又山, 噂の, 大鳥が, 帝劇が, 後年長谷寺へ, 怨者が, 或はどこ, 東京へ, 縁の, 聞いて, 腫れて, 髪の毛が

▼ 出た~ (28, 0.2%)

2 の近く

1 [26件] いささか懐中, が三和土, である, でけろりと, でチヨン, で往来, なん, にぽ, にまた, に一銭, に下駄, のやう, の乾物屋, の狭い, はさいわい, はそんじ, はまるで, はケンウッド, は未来派尖鋭, は絶勝, へ小使, へ貴下, を捌いた, を羽生村, を透かし, 悪くする

▼ 出た~ (28, 0.2%)

2 だ, で黒

1 [24件] がある, がひょっこり, がゐる, が家, が虔, だから, だつたが, だもの, で兜町, で手織り, に勧められ, に危く, のする, のやう, の人, の姿, の裸, はわたくしたち, は一目算, は何者, は左右, は概して, は腕, も大

▼ 出た~ (28, 0.2%)

73 だが 2 です, ですよ, はない

1 [12件] だった, で, であつ, である, ですが, なん, の山キ, の次, の玄関, の男, はなく, やと

▼ 出たこの~ (27, 0.2%)

1 [27件] あんぽ, ちょいと, ストルキオと, 一行連の, 一週間の, 事実を, 会社の, 作品の, 作家が, 半年間に, 問は, 娘稗女などとは, 家の, 御言葉, 思想を, 悪魔は, 方言を, 時西北の, 災いは, 物語の, 田舍言葉を, 男の, 花は, 菌を, 言葉に, 言葉を, 野面を

▼ 出た~ (26, 0.2%)

1 [26件] がキングス・カレッジ, が最も, だった, と久闊, には以前, の医学士, の塩田真氏, の声, の心, の死骸, の母, の演技, の眼, の第一歩, の素顔, の肩, の舌打ち, の詩, の魂, はこれからどう, はすでに, はその, はホッ, は彼自身, は日頃, を見る

▼ 出たとは~ (25, 0.2%)

1 [25件] いえ一つ, いえ大事, いえ甲州一国, いわないが, おのおの方ゆだ, この事, どうかし, みえない, 云へ, 何という, 偽り実は, 思えない甘い, 思えなかった, 思はれなかつた, 思われないくらいの, 思われないこと, 思われないので, 思われぬ, 思われぬ話, 最初の, 気附い, 見えず, 言はれない, 言はれぬ, 言へ

▼ 出た時分~ (25, 0.2%)

1 [25件] から男, です, で明治三十年代, で私, で窓, といふこと, と思います, に, にお, にお前, にはなにげない, にはバラバラ, にはムク犬, には早稲田, には短い, にゃァ, に壬生, に月, に枝, に雨, に黒闇, はさてさて, はもう, は旦那さん, は詩文

▼ 出たころ~ (24, 0.2%)

1 [24件] からぽつぽつ, から千鶴子, から次第に, すでに南洋, だ, であるが, であろう, でしょう, です, にはそこら, にはもう, には強い, には風, に寿平次, に消防夫梯子乗り, の夕食, の若々しい, はあ, はそこ, はもう, は女, は家, は木曾, は本陣

▼ 出た~ (22, 0.2%)

3 うだが 2 うだ, うです, うですよ

1 [13件] うだし, うだな, うだなどと, うだね, うだよ, うだ呆れたバカ共, うで, うであります, うですから, うでほんの, にはあきれた, に語尾, びとはいひながら仲

▼ 出た樣子~ (22, 0.2%)

6 です 4 もありません 2 だ, はありません 1 でございます, でしたが, はない, はなかつた, は無い, もない, 若い女, 見ると

▼ 出た~ (22, 0.2%)

3 なれば

1 [19件] ですが, の列車, の方, は, はその, はどこ, は不意, は円山公園, は死神, は相良徳三, は眩し, は簡単, は解放, は迷子, は鐵門, へのかずかずなる, も松江, も素子, を轢き殺そう

▼ 出たけれど~ (21, 0.2%)

2 これにも

1 [19件] うかうかと, そうした希望, そこには, だれも, まだつかまらない, まるで日曜, もしも省作, よくは, 何時か, 余の, 僅かに, 僅に, 周次は, 大げさな, 大工の, 現在銀行に, 胸は, 遂に三谷, 遂に言い切らなかった

▼ 出たものの~ (21, 0.2%)

1 [21件] あきらめ切れないで, あれは, こんなこと, しばらくは, だよ, とにかく父, とり方によ, 一刻も, 今夜から, 何もかもが, 如くその, 少年時代から, 少年時代からずつと, 思うに, 既に脚, 男振りより, 私は, 紋也の, 自らは, 行くところ, 野崎には

▼ 出たはず~ (20, 0.1%)

2 だが, はない

1 [16件] がない, じゃなかった, だ, だのに, である, です, ですが, なの, なのに, にご, の公使ら, の楽翁, の洋傘, の金助, の障子, もない

▼ 出た女中~ (20, 0.1%)

2 が, は愛知

1 [16件] がいつか, がまだ, が山, が座蒲団, が蓄音機, が頻りに, でございます, とを跡, には人形, に一通, に小山, に彼, に渡す, の感じ, の話, は二十七八歳

▼ 出たもん~ (19, 0.1%)

4 だから, ですから

1 [11件] じゃろうなあ, だと, だなと, だろうのう, で, です, ですからね, です行きますとも, では, で鉄, や

▼ 出た~ (19, 0.1%)

2 だと

1 [17件] かと思う, があった, だろうという, であった, であって, であらう, であり別に, である, であると, であるとしても, ですなわちまた, で一つ, で冠, で歌舞妓踊り, なん, のごとく書いた, も知れない

▼ 出た~ (19, 0.1%)

3 だと 2 である

1 [14件] かそれとも, か分らない, だ, だった, であるならば, であろう, で快活, とにかれ, と半ば興, と見る, はひどく, をかみころし, をかみしめ, を使っ

▼ 出た~ (19, 0.1%)

1 [19件] からヒュッ, だが, だと, であつ, で父政苗, には丁度, に戻っ, のもの, の厠, の者, の話, の門, はそんなに, は豊か, へ二度, へ再び, へ帰っ, も好し, を斥

▼ 出た~ (19, 0.1%)

1 [19件] が皆, が終, じゃア其様, であつ, で河童, で祀の, といえ, と思ふ, と日本, にし, に相違なかッ, のみに限っ, のよう, の外, はある, はなん, は永遠, をよく, 干台

▼ 出た留守~ (19, 0.1%)

2 を訪ねた

1 [17件] だった, であった, にその, には客, にピッコロミリ夫人, に二人, に倉地, に初めて, に屋根, に自分, に赤子, の昼, の晝過, はお, を狙っ, を見, を覘

▼ 出た~ (19, 0.1%)

2 なん, や四人

1 [15件] か云わなかった, であるとだけは, でしょう, で大略, で本来, と思います, なの, なら五千円, による, に引っ張られ, のよう, は旅人, らしい, をした, を作っ

▼ 出た~ (18, 0.1%)

4 出たぞ 2 なし

1 [12件] どこから, オ, ッ, ッ後ろを, 八, 八お前は, 口を, 地震地震と, 坊主も, 怪人が, 束髪も, 海へ

▼ 出たんで~ (17, 0.1%)

1 [17件] あだ, げすが, ござえやすか, ござります, さては青月代, しよう, しようね, すっかりびっくり, 三輪の, 何時動き出した, 全く天, 幾分か, 感覚が, 此方の, 福が, 電報の, 非常に

▼ 出たけれども~ (16, 0.1%)

1 [16件] こちらは, さしあたり仲裁, さて次, どうした, なにを, 今の, 何と, 出てから, 到頭又市, 宿役も, 竜之, 自分の, 誰も, 道庵先生の, 開国の, 間もなく戻っ

▼ 出た二人~ (16, 0.1%)

2 であった, の胸

1 [12件] がその, が真面目, じゃほどにの, の女, の希望, の若い, の跫音, はあれ, はついに, はまた, は先ず, を自身

▼ 出た姿~ (16, 0.1%)

4 が終日 3 であつ 2 を誰 1 があり, が大, であったの, である, にもう, は笑止, を見かけた

▼ 出た様子~ (16, 0.1%)

1 [16件] か, だか, だった, で, です, で小さい, で程なく, に泉殿, はありません, はさすが, はない, は無い, まで手, もない, もなく, もなし

▼ 出た~ (16, 0.1%)

2 ではない, のよう

1 [12件] からいろいろ, がこった, がどれ, が乾い, が板, つ, ではなく, なの, に擬わし, も吐く, も混, らしいもの

▼ 出たため~ (15, 0.1%)

1 [15件] かあんなに, か風邪, しがなく社会一般, しもない, にずいぶん, にたおれた, に不発, に国民, に役所, に負け, に頬, に黙っ, またし, 一度町, 又ひろい

▼ 出た~ (15, 0.1%)

2 な男

1 [13件] あゝいう分らない阿, こんな角, しむかなしむなどは, た者, だ, なおせん坊, な娘, ぼくたちは, ホエールホエール, 八, 其處へ, 海竜が, 金の

▼ 出た~ (15, 0.1%)

1 [15件] では甚, でゆっくり, で云う, で室外, で巡査, で復今更, で此, で聞く, のアザブタ, の木立, はよく, は別れ別れ, は平田家, へ何, 大した御馳走

▼ 出た~ (15, 0.1%)

2 の光, は

1 [11件] がその, がもう, が森, が空, に照らし, のかの, の世界, の光りで, の出, の明, は輝き

▼ 出ただけ~ (14, 0.1%)

1 [14件] それだけこの, ただ儲け, だ, であと, であるが, でしか, でした, です, では, でわれ, で大した, で宵の口, で専門技術家, なの

▼ 出たっきり~ (14, 0.1%)

3 帰って 2 でその後 1 あんまり長びく, いなくなったので, だから, でもどっ, 帰らないという, 帰らないチョビ安, 帰らない波瑠子, 帰らねえので, 帰らねえん

▼ 出たなと~ (14, 0.1%)

2 思つたら

1 [12件] いうよう, おもつ, なりゃすぐ, 平気な, 思うだけ, 思うと, 思ったとたん, 思った時分, 思ふと, 気がついた, 知るところ, 紀久子は

▼ 出た彼女~ (14, 0.1%)

1 [14件] の体, の兄, の厚い, の心, の応答, の態度, の談話, の足, はつい, は今度, は寄道, は寒い, は手摺, も出

▼ 出た~ (14, 0.1%)

2 に思った

1 [12件] だと, で坐に, ないぶせくいたましい, なその, な声, な気味, な膳所, な迹方, に思い, に民族性, に真裸, に言

▼ 出た~ (14, 0.1%)

2 の女, は直ぐ 1 が, がかわききった, が二, である, で地面, は会社, は大気, は牛乳, ぶくれの, も日

▼ 出た~ (14, 0.1%)

1 [14件] がある, だつた, でお玉, で他, で宇平, で手, で更に, で若草, で門口, に天, のねえ, の東町奉行所, をそっと, 赤い肉

▼ 出た途端~ (14, 0.1%)

1 [14件] すべって, にあの, にけろりと, にちょうど, にばったり, にふと, にまたもや, にボオッ, に右手, に幾島, に目, に突然, に豹一, 思いついて

▼ 出たじゃ~ (13, 0.1%)

5 ないか 3 ねえか 2 ないの 1 ありませんか, ござんせんか, ないかって

▼ 出たとの~ (13, 0.1%)

2 こと, 事 1 うわさを, お話で御座いました, ルーター電報は, 事で, 事であった, 事である, 噂が, 話を, 飛報は

▼ 出た人々~ (13, 0.1%)

1 [13件] がぞろぞろ, とみえ, と云, にも目, のうち, の様子, の著述等, はなみ子, は二行, は香以, もあり, も少年たち, を脚燈

▼ 出た~ (13, 0.1%)

2 である, の秋 1 すら誤算, であった, に, にちょうど, には新聞社, に平治, に雇つた妾, のこと, の秋ごろ

▼ 出た時私~ (13, 0.1%)

1 [13件] が辛, は, はお嬢さん, はこれ, は初めてじっと, は彼, は心, は早速, は皮肉, は私, は苦しい, は行きつけ, も求め

▼ 出た若い~ (13, 0.1%)

3 女の 1 ひとと, 人が, 命墓場の, 女, 婦人と, 将校の, 御婦人, 樫の, 武士の, 男は

▼ 出た~ (13, 0.1%)

1 [13件] でせかせか, でふと, でふらふら, でまず, でわたくし, で何氣, で僕, で河原町通り, の下, の物, を一歩後, を愛宕下, を態

▼ 出たそして~ (12, 0.1%)

2 泥棒猫の 1 きみらの, それから, ぶきりょう, 可成り, 右を, 外に, 大菩薩峠の, 恐ろしさ, 毎日發熱した, 睡そう

▼ 出ただけの~ (12, 0.1%)

1 [12件] お蝶, ことで, ことである, もので, ものも, 娘さんである, 子供の, 学歴では, 彼が, 無学な, 響は, 魅力は

▼ 出た~ (12, 0.1%)

1 [12件] いいが, どうした, よいが, よほど古い, わが兄弟, パサパサに, 出たものの, 別段悪意, 多少アフリカ, 容易な, 無邪気の, 荷足の

▼ 出た自分~ (12, 0.1%)

1 [12件] がまたも, だと, のことば, の兄弟, の名, の国, の愛生, の手文庫, の身構え, の顔, は今度, は太早計

▼ 出たあの~ (11, 0.1%)

1 [11件] きみょう, 三沢の, 大時計, 奇怪な, 娘の, 島へ, 晩の, 河間でなく, 海岸の, 軽業の, 頬冠り

▼ 出たからには~ (11, 0.1%)

1 [11件] いくらかまとまった, これで, どやつ, のぞみを, 何事も, 劉君何も, 彼女についても, 東北でも, 生きて, 痛い思い, 遠からず

▼ 出たとしても~ (11, 0.1%)

1 [11件] すでに議会, どちらへ, 今の, 必ずその, 此所から, 決して不審, 発頭者の, 目あての, 誰が, 郵便物の, 重吉が

▼ 出た~ (11, 0.1%)

1 [11件] えだ, だから, であったが, でございまするが, で御座いますが, なもん, のとき, の事, の品物, の者, 鋭いもの

▼ 出た~ (11, 0.1%)

1 [11件] がその, だその, であって, であろう, でせう, どうか受け取っ, なの, はほとんど, も少ない, を持つ, 黙って

▼ 出たかの~ (10, 0.1%)

2 ような, ように 1 ごとく紅, ようであった, 娘つ, 様に, 洞白の, 藤田重右衛門が

▼ 出た~ (10, 0.1%)

3 せう 1 あらう, あらうと, あらう歟, せうか, そっとその, また気, 腥いもの

▼ 出たとたん~ (10, 0.1%)

1 である, にかなた, にその, にたちまち, にどこ, に江戸中, に白髪, に白髮, に社長さん, に黄巾賊

▼ 出たとも~ (10, 0.1%)

1 あるが, いう, いえる二人, 出たとも, 分らないよう, 口前から, 思わなかった, 申すこと, 知らなかったが, 統計から

▼ 出た~ (10, 0.1%)

1 お客来, ここは, すると, 出は, 坊主, 坊主熱, 物が, 裏の, 豫言者, 野へ

▼ 出た~ (10, 0.1%)

1 しは, のない, の紙片, の黄色い, はない, は二つ三つ平次, は少ない, は日本, もありません, を示し

▼ 出た子供~ (10, 0.1%)

1 が見つける, が遊び, だろう, のあと, のよう, の様子, の顔, の體, は先生, を生んだ

▼ 出た平次~ (10, 0.1%)

1 が下女, とガラツ八, の手, は二度びつくり, は何, は八五郎, は小さい, は思はず, は直ぐ, は路地

▼ 出た当時~ (10, 0.1%)

2 のこと 1 からすでに, から方々, にはフランス, のユダヤ民族, の女, の彼, の粗野, はこんなに

▼ 出た~ (10, 0.1%)

1 ある事情, からすでに, なんぞ一筆, に, にな, には, にひとり, に一體先生, に誰, は一度

▼ 出た次第~ (10, 0.1%)

2 でございます 1 でお, です, ですが, で要するに, で隔意, にかっ, を云, を話し

▼ 出た~ (10, 0.1%)

2 のよう 1 がそのまま, が十分, が夜, の上, はケープホーン, は流, は袋, を追いかけ

▼ 出た~ (10, 0.1%)

1 がおわる, が二輪, であった, であろうとも, で断じて, と天使, のごとき, の全体, の頭, はかれ

▼ 出た~ (10, 0.1%)

2 である 1 で, であって, であります, であるらしい, で後, で蓑, には相違, よりもすさんだ

▼ 出たことば~ (9, 0.1%)

1 がある, でもあろう, でわれら, におどろき, はお礼, は常々, を取り返す, を言い, を言い直し

▼ 出たそれ~ (9, 0.1%)

1 で当った, にはこう, に間違い, はこう, はノズドゥリョフ, までは大師, を引き上げ, を皆, 出た

▼ 出た一人~ (9, 0.1%)

1 でせう, の人物, の修験, の卒業生, の女, の武士, の獵師, の若い, 残って

▼ 出た二つ~ (9, 0.1%)

1 とも若い, の乳房, の人影, の囚人輿, の時計, の眼, の絵日傘, の花, の踏み

▼ 出た以上~ (9, 0.1%)

1 どんな成りゆき, はもはや, は唯, は本家, は自己, は落ち, もう手, もう田鶴子, 出たあくる

▼ 出た場合~ (9, 0.1%)

1 である, でも時に, という大局, には次, に大身, に法律, に警察官, のため鎮静水薬, は委員中

▼ 出た~ (9, 0.1%)

1 がある, がつかまらねえ, が一年六カ月, だ, だけでもどれ位, で私たち, にございます, は以前, もいる

▼ 出た~ (9, 0.1%)

1 が父, というの, と虹ヶ浜, に手紙, に通り掛った, のよう, の中, は翻訳文学書, を留め

▼ 出た~ (9, 0.1%)

2 を匙 1 があれ, で牛蒡人参糸蒟蒻椎茸竹の子簾麩, へスープ, へメリケン粉, をソース, を上, を前

▼ 出た~ (9, 0.1%)

4 では 2 だね 1 でも, で御座いますが, で無え

▼ 出た~ (9, 0.1%)

1 そしてそれら, であんぐり, など観光地, にまつ, は三十七, をあげ, をみる, を振仰ぐ, を焦らせ

▼ 出たくらい~ (8, 0.1%)

1 だ, だから, だったか, であるが, です, でその後, なら今日ら, なら夜中

▼ 出たほう~ (8, 0.1%)

2 がいい, がよい 1 がまず, が何, が許都, が読者

▼ 出たほど~ (8, 0.1%)

1 それほど男爵, だが, であったと, なのに, 切なく苦しく悲しいの, 外國船の, 幸福な, 明るくなる

▼ 出た場所~ (8, 0.1%)

2 の判らない 1 とは全然, にあった, の土, は, を捜し, を順序

▼ 出た~ (8, 0.1%)

1 からきょう, が源氏, などは山村, に訪ね, の反響, の花, の記憶, は

▼ 出た~ (8, 0.1%)

1 じんまりと, 侍に, 信は, 冊子が, 区画が, 悪人そう, 物見では, 鋏とを

▼ 出た帰り~ (8, 0.1%)

1 などに寄っ, にはきまって, にユーハイム, に僕, に妹君, に必ず, に思いがけない, に故

▼ 出た時彼~ (8, 0.1%)

1 が或, の古, の惑乱, の眼, は始め, は粗末, は自分, は身

▼ 出た~ (8, 0.1%)

1 があっ, が青山, で山火事無用, で焼き捨て, で薬鑵頭, の塊まり, はまたたく間, はもう

▼ 出たかという~ (7, 0.1%)

3 ことは 1 ことだった, ことである, ような, 意味である

▼ 出たかは~ (7, 0.1%)

1 こ, 不明である, 定め難い, 歴史や, 知らぬこと, 知れませんが, 考うる

▼ 出たからと~ (7, 0.1%)

3 いって 2 云って 1 言うん, 言つて磯五郎が

▼ 出たせい~ (7, 0.1%)

1 か, かまだ, か吹曝し, か心地よく, か深い, だの, もあらう

▼ 出たんぢ~ (7, 0.1%)

2 やありません, やない 1 や, やあるまい, や居ん

▼ 出た三人~ (7, 0.1%)

1 であった, のうち, の生命, は四時半畠山着, は来た, は濠端, は途中

▼ 出た人間~ (7, 0.1%)

1 かのよう, が一人, なの, に勘定, の自由思想, は太陽, は窓

▼ 出た~ (7, 0.1%)

1 にレコード以外, のお父さん, のことば, の祖父, の顏, は下駄, も取り

▼ 出た~ (7, 0.1%)

2 に代 1 にリユウ・ド・パラヂイ・ポアソンニエエル, に久振り, に今晩, に孫, に萩原様

▼ 出た~ (7, 0.1%)

1 がしきりに, が不意, が愛子, だろう, で光君, にうつった, の可愛らし

▼ 出た時代~ (7, 0.1%)

1 からぐっと, それから美術, であるから, で先生, と比べ, の事, の村全体

▼ 出た~ (7, 0.1%)

1 がある, だけを読まれ, では無く, で節, に心, も人々, らしい歌

▼ 出た~ (7, 0.1%)

2 になっ 1 がした, がしました, がする, になった, のゆるみ

▼ 出た白い~ (7, 0.1%)

1 ペンキ塗りの, 七八羽の, 手は, 歯並が, 脛から, 蛇が, 雲の

▼ 出た~ (7, 0.1%)

1 とその, に颯と, のとおり, の大きい, はおどろく, 出たが, 出たの

▼ 出た~ (7, 0.1%)

1 がつねに, じゃと身, であった, であつ, ではずみ, と云, と云う

▼ 出た~ (7, 0.1%)

2 りの 1 の所, りであ, りであつ, りで青雲, りなの

▼ 出た青年~ (7, 0.1%)

1 が明日バクチ, だ, です, で学校, のあの, は桜, は茂った

▼ 出たからとて~ (6, 0.0%)

1 はたしてこの, べつだん自慢, 世人が, 天下の, 幕違いの, 百人千人は

▼ 出たそこ~ (6, 0.0%)

1 の息子, の材木屋, の柱, の路地口, は納屋, を小野派

▼ 出たつもり~ (6, 0.0%)

1 だったが, であつ, では, でも, なの, の仮り

▼ 出たとかいう~ (6, 0.0%)

2 のは 1 ことは, ことも, 評判でございました, 話だ

▼ 出たとして~ (6, 0.0%)

1 その娘, どんな利益, 放校された, 甚麼利益が, 知合にも, 駕籠なら

▼ 出たには~ (6, 0.0%)

2 相違ない 1 出たが, 相違ありません, 違いない, 違い有ません

▼ 出たばかりで~ (6, 0.0%)

1 まだ一定, まだ教える, まだ蜂, 困って, 留守だった, 遊んで

▼ 出たばかりと~ (6, 0.0%)

1 いうから, いつた景色, いふ, 思われるよう, 言った好, 言って

▼ 出た~ (6, 0.0%)

1 うした, かの噂話, かの者, か政治的, でも藝妓, とも言いよう

▼ 出た八五郎~ (6, 0.0%)

1 が, はチヨロチヨロ, は少し, は恐ろしく, は眼, は面喰

▼ 出た叫び~ (6, 0.0%)

4 である 2 だった

▼ 出た小鳥~ (6, 0.0%)

4 のよう 1 の如く, の群

▼ 出た~ (6, 0.0%)

2 で何 1 である, でした, と同じ, に見える

▼ 出た新しい~ (6, 0.0%)

1 事を, 作家たちの, 作家である, 句を, 女房な, 文学への

▼ 出た~ (6, 0.0%)

1 であつ, なれば, な氣味, な聲, にヌッ, に言

▼ 出た瞬間~ (6, 0.0%)

1 とかあるいは, に, に私, に部屋, のキン張, 思わず立ちどまった

▼ 出た~ (6, 0.0%)

6 之助

▼ 出た~ (6, 0.0%)

1 一の, 一号に, 一号の, 一集, 二の, 四号を

▼ 出た経験~ (6, 0.0%)

4 のある 1 があったらしく, は生れ

▼ 出た結果~ (6, 0.0%)

1 が次代, だった, の記録, はどう, をちょっと, を解釈

▼ 出た~ (6, 0.0%)

2 の所 1 に交番, に店, の六片店, の宝来旅館

▼ 出た連中~ (6, 0.0%)

1 がい, が帰っ, だつた, であるが, で宗次郎, のうち

▼ 出たこれ~ (5, 0.0%)

1 が一ばん, が森, はもう, は武田信玄, も賞め

▼ 出たすぐ~ (5, 0.0%)

1 あとであった, その足, のところ, 右手の, 角の

▼ 出た~ (5, 0.0%)

1 えよう, くらゐ, けれっつの, だつて, だという

▼ 出たといった~ (5, 0.0%)

1 ところで, ほうが, ような, 形で, 顔で

▼ 出たとき伸子~ (5, 0.0%)

1 は, はありのまま, はおぼつかない, はそこ, はやっぱり

▼ 出たとて~ (5, 0.0%)

2 大事には 1 おとよは, その人格的生活, 容易には

▼ 出たのち~ (5, 0.0%)

1 たちまち肺, には体, にまで源氏, もずっと, 同州ランダ市

▼ 出たばかりに~ (5, 0.0%)

1 こんなこと, ずっと年上, 婆さんは, 私の, 見える若い

▼ 出たまでの~ (5, 0.0%)

2 こと 1 ことさ, ことです, 事です

▼ 出た一つ~ (5, 0.0%)

1 の島, の幻, の新しい, の若い, の顔

▼ 出た二本~ (5, 0.0%)

2 の足 1 の木釘, の立派, の電線

▼ 出た動機~ (5, 0.0%)

1 が素子, にはかうした, には修業, には修行, は母親

▼ 出た~ (5, 0.0%)

1 とやさしい, の中, の悪い, の達者, 長い手足

▼ 出た~ (5, 0.0%)

1 か名, だつたり, だと, ですよ, のよい

▼ 出た~ (5, 0.0%)

1 梁, 猩々, 禿頭は, 雪崩が, 音楽家として

▼ 出た大きな~ (5, 0.0%)

1 岩石の, 廣告を, 掛物を, 紅葉の, 苔の

▼ 出た女房~ (5, 0.0%)

4 のお 1 や子供

▼ 出た~ (5, 0.0%)

2 にはその 1 にはまた, には文典, 触で春

▼ 出た~ (5, 0.0%)

4 である 1 の裾

▼ 出た手紙~ (5, 0.0%)

1 だ, で日付, によって北島春雄, の署名, は海

▼ 出た時刻~ (5, 0.0%)

1 と被害者, は午前六時ごろ, は午後十一時, を知つて, を訊く

▼ 出た最初~ (5, 0.0%)

1 から路, の数語, の時, の皿, の言葉

▼ 出た最後~ (5, 0.0%)

2 の言葉 1 の台詞, の日, の願い

▼ 出た~ (5, 0.0%)

1 だと, ですが, のよう, はもう, も立派

▼ 出た村方~ (5, 0.0%)

3 の手芸 2 の手藝

▼ 出た~ (5, 0.0%)

5 をつい

▼ 出た~ (5, 0.0%)

1 から名刺, に, の不, の手紙, への劬

▼ 出た~ (5, 0.0%)

2 は出た 1 が雨, のよう, の中

▼ 出た甲斐~ (5, 0.0%)

2 はそこ 1 がない, には, はやはり

▼ 出た~ (5, 0.0%)

2 の近く 1 でまつ, で君たち, のやう

▼ 出た~ (5, 0.0%)

4 は潜んでしまつた 1 は潜ん

▼ 出た~ (5, 0.0%)

2 を取り返す 1 が多い, も口元, を呑ん

▼ 出た~ (5, 0.0%)

1 だ, で私, とやらかかる, のある, もあれ

▼ 出た途中~ (5, 0.0%)

1 でこんな, でふと, で偶然, なの, を要撃

▼ 出た~ (5, 0.0%)

2 は花道 1 がある, と合, を却って

▼ 出た~ (5, 0.0%)

1 が痛く, と前, の大きい, の活躍, を持っ

▼ 出たある~ (4, 0.0%)

1 広告に, 時でございました, 時一隊の, 近代調と

▼ 出たおなじ~ (4, 0.0%)

2 気持ち 1 氣持, 氣持ち

▼ 出たおり~ (4, 0.0%)

1 かは, かはゐない, に日比谷, に私

▼ 出たからって~ (4, 0.0%)

1 おれの, そう風物, 楽は, 逢引とは

▼ 出たからは~ (4, 0.0%)

1 もしこれ, よも御, 云い怯じい, 元通りの

▼ 出たかを~ (4, 0.0%)

1 思えば, 知る必要, 考える必要, 説明しよう

▼ 出た~ (4, 0.0%)

21 新聞広告にも, 生娘の

▼ 出たとき私~ (4, 0.0%)

1 は, はいろいろ, は玉乗り, もこの

▼ 出たとやら~ (4, 0.0%)

1 でこの, でどうか, で大久保某, 沙汰し

▼ 出たなどと~ (4, 0.0%)

1 分れば, 噂された, 法螺を, 誘惑を

▼ 出たほどの~ (4, 0.0%)

1 人物で, 人物なんめり, 作は, 女です

▼ 出た~ (4, 0.0%)

21 ことという, づ風呂には

▼ 出た~ (4, 0.0%)

1 ないもん, 一つ赤い, 其の結果, 同然で

▼ 出た一名~ (4, 0.0%)

2 の親仁 1 の潜水隊員, の瀟洒

▼ 出た一本~ (4, 0.0%)

1 の丸木橋, の刀, の細い, の芥子

▼ 出た人物~ (4, 0.0%)

1 が実は, である, の中, は筑水

▼ 出た~ (4, 0.0%)

1 の自分, の言葉, は二人, は真昼

▼ 出た~ (4, 0.0%)

2 助には, 助は

▼ 出た作品~ (4, 0.0%)

1 だけをもと, であるが, です, は一つ殘ら

▼ 出た信吉~ (4, 0.0%)

2 の顔 1 はロシア人バラック, は洋服

▼ 出た切り~ (4, 0.0%)

1 で歸つて來, まだ歸宅, 帰って, 帰らないの

▼ 出た化尼~ (4, 0.0%)

4 として原因

▼ 出た古い~ (4, 0.0%)

1 大甕の, 時代の, 歌人の, 雪崩の

▼ 出た品物~ (4, 0.0%)

2 を調べ 1 が店, であります

▼ 出た~ (4, 0.0%)

1 である, に対してはその, の将来, は育て

▼ 出た~ (4, 0.0%)

1 てえの, なん, のよう, は総体

▼ 出た心持~ (4, 0.0%)

1 でいる, で無ければ, になりました, も分る

▼ 出た拍子~ (4, 0.0%)

1 にがたん, にちら, にまた, に扉

▼ 出た~ (4, 0.0%)

1 か毎朝床離れ, だらう冷たい, だろう冷たい, でもある

▼ 出た~ (4, 0.0%)

2 さきで心 1 に変わり, の男

▼ 出た時急~ (4, 0.0%)

2 に眼 1 に寒く, に心臓

▼ 出た朝日~ (4, 0.0%)

1 がもう余程, だつたかの, の光, を受け

▼ 出た~ (4, 0.0%)

2 の枝 1 の片, の粉

▼ 出た~ (4, 0.0%)

1 のたいして, の枝, の根, の梢

▼ 出た氷河~ (4, 0.0%)

2 が一本, と左側

▼ 出た汽車~ (4, 0.0%)

1 にもあ, にもあいませんでした, の屋根, の窓際

▼ 出た~ (4, 0.0%)

1 にどんと, の手紙, の白髪, はむだ話

▼ 出た理由~ (4, 0.0%)

1 がある, がなん, はご, も分ります

▼ 出た~ (4, 0.0%)

1 だつた, であった, であるが, に残念

▼ 出た~ (4, 0.0%)

1 から入りました, がしきっ, さえ一つ, の戸

▼ 出た立派~ (4, 0.0%)

1 な人, な内容, な著述, な証拠

▼ 出た細君~ (4, 0.0%)

1 にお, の手, の目, は昨夜

▼ 出た胸臆~ (4, 0.0%)

2 のづゝしりした 1 のずっしり, のづつしりした

▼ 出た~ (4, 0.0%)

1 侍たちは, 侍たちも, 侍であろう, 芝の

▼ 出た行為~ (4, 0.0%)

1 ではなかっ, なら格別, の当然, を遠慮なく

▼ 出た覚え~ (4, 0.0%)

3 はない 1 がある

▼ 出た~ (4, 0.0%)

1 が国道, のなか, の走る, は皆

▼ 出た~ (4, 0.0%)

4 の汁

▼ 出た~ (4, 0.0%)

1 に這入つた, の外, の柱, を急

▼ 出た門野~ (4, 0.0%)

2 が足音, は意外

▼ 出た~ (4, 0.0%)

1 に咬み殺された, は一日部屋, も二三度, も定め

▼ 出た~ (4, 0.0%)

1 とは此, のよう, の二人, の赤い

▼ 出た黒い~ (4, 0.0%)

1 人影が, 岩などが, 樹の, 電線は

▼ 出たいくつ~ (3, 0.0%)

2 かの谷 1 かの文献

▼ 出た~ (3, 0.0%)

1 おます, 存じまする, 存じます相

▼ 出たおせん~ (3, 0.0%)

1 の裸像, の裾, はどこ

▼ 出たがって~ (3, 0.0%)

2 両手を 1 早く大きくなりたがっ

▼ 出たぎり~ (3, 0.0%)

1 だ, で今朝, で帰らない

▼ 出たぎりでまだ~ (3, 0.0%)

2 帰らないと 1 帰らないという

▼ 出たくらいの~ (3, 0.0%)

1 のっぽう, もので, 色の

▼ 出たすき~ (3, 0.0%)

1 にボール, に自転車, まに

▼ 出ただけで~ (3, 0.0%)

1 あらう, 懲りたけ, 脱力させられ

▼ 出ただけに~ (3, 0.0%)

1 いっそう重大, しては, 効果の

▼ 出た~ (3, 0.0%)

3 やない

▼ 出たところが~ (3, 0.0%)

1 がけの, やはり川下, 吐月峰どころか

▼ 出たところ勝負~ (3, 0.0%)

1 で結構, で買っ, の感

▼ 出たとでも~ (3, 0.0%)

1 思うて, 申しましょうか, 言ふ

▼ 出たなり~ (3, 0.0%)

1 いつまで, 今夜も, 未だに帰っ

▼ 出たなんて~ (3, 0.0%)

1 いふん, ことを, 触れて

▼ 出たのみか~ (3, 0.0%)

1 これから膝ぐみ, 公卿の, 城中には

▼ 出たのよ~ (3, 0.0%)

1 あれから, 何か, 直き

▼ 出たはずみ~ (3, 0.0%)

1 にくるりくるり, に此, に秀吉

▼ 出たばっかりに~ (3, 0.0%)

1 あんなこと, すぐ悦ん, ひでえ

▼ 出たまた~ (3, 0.0%)

2 出た 1 麦酒が

▼ 出たまで~ (3, 0.0%)

1 である, でほんとう, で堕落

▼ 出た~ (3, 0.0%)

1 うだつた, それは, 大盃

▼ 出たよと~ (3, 0.0%)

1 そう感, 云ううち, 申しましたそんなに

▼ 出たよりも~ (3, 0.0%)

1 もつと, 一層驚駭, 驚かされた

▼ 出た~ (3, 0.0%)

1 へえ, 怯えまいか, 揖斐川の

▼ 出たわたし~ (3, 0.0%)

2 は誰 1 はそのまま

▼ 出たッきり~ (3, 0.0%)

1 なん, よなし, わからなくなったが

▼ 出た一族~ (3, 0.0%)

1 であらう, の結合和親, の者

▼ 出た三つ~ (3, 0.0%)

1 のこと, の宝物, の小説

▼ 出た~ (3, 0.0%)

1 であこう鯛, に太閤さん, に端

▼ 出た~ (3, 0.0%)

1 に今, 水は, 體は

▼ 出た主人~ (3, 0.0%)

1 が不意, に挨拶, を見失っ

▼ 出た事柄~ (3, 0.0%)

1 であって, でたとい, に自分

▼ 出た井戸~ (3, 0.0%)

3

▼ 出た今井~ (3, 0.0%)

2 である 1 の宅

▼ 出た今日~ (3, 0.0%)

1 が日, どう云い開こう, の大阪屋

▼ 出た仲間~ (3, 0.0%)

1 が帰っ, である, では第

▼ 出た低い~ (3, 0.0%)

1 小舎の, 川楊の, 軒の

▼ 出た~ (3, 0.0%)

1 いきなり守人, は山岡頭巾, は貴様

▼ 出た信長~ (3, 0.0%)

1 の列, はその, は自然

▼ 出た~ (3, 0.0%)

1 はたちまち, は敵, もある

▼ 出た兵馬~ (3, 0.0%)

1 であった, の名, はどう

▼ 出た~ (3, 0.0%)

1 であること, ですよ, もしくは節

▼ 出た名称~ (3, 0.0%)

1 であったよう, で此, と見られませう

▼ 出た命令~ (3, 0.0%)

1 はどうしても, はなんと, もよく

▼ 出た~ (3, 0.0%)

1 から煙, で鯉, の大

▼ 出た~ (3, 0.0%)

1 であろう, ならだが, のよう

▼ 出た~ (3, 0.0%)

1 だ, の人間, はどこ

▼ 出た土地~ (3, 0.0%)

1 であるが, で墳墓, の人達

▼ 出た多く~ (3, 0.0%)

1 の人々, の學術的, の海員

▼ 出た太い~ (3, 0.0%)

1 唇の, 腕を, 鎖の

▼ 出た~ (3, 0.0%)

1 ながらひと, に返事, の里子

▼ 出た~ (3, 0.0%)

1 が多少, と供, は待ちかねた

▼ 出た婦人~ (3, 0.0%)

1 があっ, が名, で先生

▼ 出た小さな~ (3, 0.0%)

1 松の木の, 芦の, 門の

▼ 出た小一郎~ (3, 0.0%)

1 は仰天, は枯草, は考え

▼ 出た小僧~ (3, 0.0%)

1 の勇吉, は傘, も亦

▼ 出た少年~ (3, 0.0%)

1 が先, のその, の頃

▼ 出た工合~ (3, 0.0%)

2 も実によく 1 が見越入道

▼ 出た当座~ (3, 0.0%)

1 の豊饒, は定め, まだ今

▼ 出た形跡~ (3, 0.0%)

2 がない 1 はありません

▼ 出た~ (3, 0.0%)

1 子息久しぶりに, 注意だった, 禊川に

▼ 出た~ (3, 0.0%)

1 の火花, の表情, の言葉

▼ 出た感じ~ (3, 0.0%)

1 がした, であった, 悪い

▼ 出た~ (3, 0.0%)

1 がおおよそ, の和, はまぎれ

▼ 出た新聞~ (3, 0.0%)

1 の特別版, を母親, を送っ

▼ 出た~ (3, 0.0%)

1 から, に折, に自宅

▼ 出た有名~ (3, 0.0%)

1 なマルコ, な文句, の学士

▼ 出た~ (3, 0.0%)

1 からばし, から秋, の新聞

▼ 出た机竜~ (3, 0.0%)

3 之助

▼ 出た~ (3, 0.0%)

1 だったの, の一人, の人々

▼ 出た~ (3, 0.0%)

1 ですでに, の込んだ, やゴツ

▼ 出た次手~ (3, 0.0%)

1 にお, に怖, に立ち

▼ 出た~ (3, 0.0%)

1 の時, の時叔父, の短冊

▼ 出た武蔵~ (3, 0.0%)

1 には今朝, の言葉, もまた

▼ 出た気持~ (3, 0.0%)

1 でいかにも, になった, のうち

▼ 出た泰軒~ (3, 0.0%)

1 が塀, とお, は瓦町

▼ 出た津田~ (3, 0.0%)

1 と小林, の足, はぶらぶら

▼ 出た消息~ (3, 0.0%)

1 かと半蔵, が書き加えられ, だそう

▼ 出た火事~ (3, 0.0%)

1 で此処ら, に大道一筋, は前

▼ 出た~ (3, 0.0%)

2 に衝突 1 か研究的

▼ 出た~ (3, 0.0%)

1 でもある, に後, に語部

▼ 出た~ (3, 0.0%)

1 の山, の蓋, は新

▼ 出た~ (3, 0.0%)

1 の小娘たち, の角, をその

▼ 出た目的~ (3, 0.0%)

1 の旅, を忘れ, を思い合せれ

▼ 出た直後~ (3, 0.0%)

1 のある, のこと, は世界

▼ 出た~ (3, 0.0%)

1 だが, です, ですから

▼ 出た~ (3, 0.0%)

1 だ, との二つ, へと入りました

▼ 出た~ (3, 0.0%)

1 です, の洋杖, の車

▼ 出た美しい~ (3, 0.0%)

1 おじょうさんです, 花の, 言葉の

▼ 出た翌日~ (3, 0.0%)

1 からほとんど, とつぜん病院, のこと

▼ 出た~ (3, 0.0%)

1 執事は, 詩人で, 賊の

▼ 出た老人~ (3, 0.0%)

1 があった, で頸, は一服

▼ 出た老婆~ (3, 0.0%)

1 に滞在, は繰返し, をうしろ手

▼ 出た~ (3, 0.0%)

2 だと 1

▼ 出た~ (3, 0.0%)

1 が一杯, が半ば, は枯れ

▼ 出た若干~ (3, 0.0%)

1 の例, の公債, の火花

▼ 出た~ (3, 0.0%)

1 と花, はぎつしりと, 之助

▼ 出た証拠~ (3, 0.0%)

1 である, に聢, は幸い

▼ 出た評論~ (3, 0.0%)

1 には彼自身修正, に関してクラフト氏, より大学

▼ 出た~ (3, 0.0%)

1 先生の, 大名の, 話の

▼ 出た赤い~ (3, 0.0%)

2 月が 1 月の

▼ 出た~ (3, 0.0%)

1 がかり, であるの, のなりゆき

▼ 出た部分~ (3, 0.0%)

1 であって, は青く, や其

▼ 出た長い~ (3, 0.0%)

1 の, 手が, 服を

▼ 出た~ (3, 0.0%)

1 が早, が気, は山

▼ 出た~ (3, 0.0%)

1 のない, をおさえ, を指

▼ 出た~ (3, 0.0%)

1 に頸, のあたり, ひきつめた髪

▼ 出た~ (3, 0.0%)

1 が荒い, の送る, は何

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 たくしですが, ーッ

▼ 出たあくる~ (2, 0.0%)

2 日から

▼ 出たあたし~ (2, 0.0%)

1 の買いもの, を抱きあげ

▼ 出たあたり~ (2, 0.0%)

1 に行, の壁

▼ 出たあと私~ (2, 0.0%)

2 は近く

▼ 出たあなた~ (2, 0.0%)

1 の, は身体

▼ 出たあれ~ (2, 0.0%)

1 が開いたら, である

▼ 出たいま~ (2, 0.0%)

2 のさき

▼ 出たいや~ (2, 0.0%)

1 なよくもまあ, はや子供

▼ 出たうち~ (2, 0.0%)

1 で松山, の母

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 出たらお目にかかろうじゃ, 馬車の

▼ 出たお前~ (2, 0.0%)

1 でもない, を裸体

▼ 出たお婆さん~ (2, 0.0%)

1 が味噌汁, は無事

▼ 出たお方~ (2, 0.0%)

1 です, ではあります

▼ 出たお菓子~ (2, 0.0%)

1 は桜, や果物

▼ 出たお話~ (2, 0.0%)

1 で, をご存じ

▼ 出たお金~ (2, 0.0%)

1 と債券, のよう

▼ 出たきり今~ (2, 0.0%)

1 に帰っ, に帰らん

▼ 出たこういう~ (2, 0.0%)

1 意味の, 系脈から

▼ 出たさび~ (2, 0.0%)

1 さ, だよ

▼ 出たしかも~ (2, 0.0%)

1 この宿, 夏雲の

▼ 出たすぐ後で~ (2, 0.0%)

1 唱歌を, 起ったこと

▼ 出たそら~ (2, 0.0%)

1 あすこを, 銀に

▼ 出たそれから~ (2, 0.0%)

2 大きな一片

▼ 出たぞと~ (2, 0.0%)

1 絲を, 驚き慌て得右衛門

▼ 出たたった~ (2, 0.0%)

2 一人の

▼ 出たちょうど~ (2, 0.0%)

1 そのとたん, その時

▼ 出たつて~ (2, 0.0%)

1 ね, ねえ

▼ 出たつての~ (2, 0.0%)

2

▼ 出たとかという~ (2, 0.0%)

2 事実も

▼ 出たときそこ~ (2, 0.0%)

1 から後, に寝

▼ 出たとき二人~ (2, 0.0%)

1 はもう一度, は何もかも

▼ 出たとき彼~ (2, 0.0%)

1 は叫んだ, は箸

▼ 出たとき笹村~ (2, 0.0%)

1 はお, は張り詰めた

▼ 出たとき細木夫人~ (2, 0.0%)

2 は自分

▼ 出たとき美奈子~ (2, 0.0%)

2 は何うに

▼ 出たとき自分~ (2, 0.0%)

1 が知らず, の年齢

▼ 出たとこ~ (2, 0.0%)

1 まかせだと, を浅草

▼ 出たなあ~ (2, 0.0%)

1 たかだかお前染吉, どういう気

▼ 出たにも~ (2, 0.0%)

1 かかわらず他人, 関らず

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 例の, 親分

▼ 出たはじめ~ (2, 0.0%)

1 から碌々, といつ

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 いで死んだか, ーコンは

▼ 出たほどに~ (2, 0.0%)

1 皆さんお, 興奮し

▼ 出たまでは~ (2, 0.0%)

1 よかったれど, 覚えて

▼ 出たまま行衛不明~ (2, 0.0%)

2 になっ

▼ 出たまんま~ (2, 0.0%)

1 とんと行方, まだ帰らねえ

▼ 出たもう~ (2, 0.0%)

1 一台の, 冬近く

▼ 出たやや~ (2, 0.0%)

1 常套的な, 遠くは

▼ 出たようす~ (2, 0.0%)

1 はありません, もない

▼ 出たよとか~ (2, 0.0%)

1 モモの, 手短かに

▼ 出たわが子~ (2, 0.0%)

1 へも人生, を愛する

▼ 出たわけぢ~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ 出たわし~ (2, 0.0%)

1 がかえって, も処分

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 りの, 誰も

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 い, ど

▼ 出たアルコール漬~ (2, 0.0%)

2 の父親

▼ 出たコゼット~ (2, 0.0%)

1 にとってはプリューメ街, は非常

▼ 出たゴシップ~ (2, 0.0%)

1 でそんな, で青く

▼ 出たゴーリキイ~ (2, 0.0%)

2 に向っ

▼ 出たショパン~ (2, 0.0%)

1 のこと, の馬車

▼ 出たフランス~ (2, 0.0%)

1 の或, の雑誌

▼ 出たマン~ (2, 0.0%)

1 の後, はそのまま

▼ 出たユカタ~ (2, 0.0%)

1 が変っ, は大男

▼ 出た一同~ (2, 0.0%)

1 はぞろぞろ, は伝馬船

▼ 出た一団~ (2, 0.0%)

1 の人群, の雲

▼ 出た一派~ (2, 0.0%)

1 の語部, は董其昌

▼ 出た一種~ (2, 0.0%)

1 のジャアナリスト的横柄さ, の澄み切った

▼ 出た一軒~ (2, 0.0%)

1 の農家, を発見

▼ 出た三日月~ (2, 0.0%)

1 のこれ, のよう

▼ 出た三本~ (2, 0.0%)

2 のならんだ

▼ 出た下女~ (2, 0.0%)

1 の小女, の顔

▼ 出た下手人~ (2, 0.0%)

1 といふの, を見のがす

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 図した, 在中に

▼ 出た不思議~ (2, 0.0%)

1 な事件, な花

▼ 出た与次郎~ (2, 0.0%)

1 はまた, は赤い

▼ 出た丸い~ (2, 0.0%)

1 手の, 電燈の

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 が大, はお

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 なん, のあたり

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 と言ったら, 之介

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 の, の生命

▼ 出た事件~ (2, 0.0%)

2 をすぐ

▼ 出た事実~ (2, 0.0%)

1 でしたが, のうち

▼ 出た二挺~ (2, 0.0%)

2 の駕籠

▼ 出た人影~ (2, 0.0%)

1 があります, が傾斜

▼ 出た人達~ (2, 0.0%)

1 がみんな, が新しく

▼ 出た人骨~ (2, 0.0%)

1 は普通, を調べます

▼ 出た代物~ (2, 0.0%)

1 ではない, には全然

▼ 出た以後~ (2, 0.0%)

1 である, の腑

▼ 出た伯爵~ (2, 0.0%)

1 は手, は直ぐ

▼ 出た伸子~ (2, 0.0%)

1 と素子, はそば

▼ 出た作家~ (2, 0.0%)

1 というもの, もその後これ

▼ 出た使徒~ (2, 0.0%)

2 であると

▼ 出た信吾~ (2, 0.0%)

2 の心

▼ 出た個人的作~ (2, 0.0%)

1 は疾病, を代表

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 の夜着, もう十日

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 の顔, は冬

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 から本庄鬼六, も調べ

▼ 出た先生~ (2, 0.0%)

1 という言葉, の談話

▼ 出た先輩~ (2, 0.0%)

1 だから, の名

▼ 出た光景~ (2, 0.0%)

1 が想像, は夢にも

▼ 出た兵士~ (2, 0.0%)

1 と裁判官, に戦争談

▼ 出た処勝負~ (2, 0.0%)

1 じゃ, に石段

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 でまるで, に反

▼ 出た分け~ (2, 0.0%)

2 の合図

▼ 出た列車~ (2, 0.0%)

1 が, が木曽路

▼ 出た動物~ (2, 0.0%)

1 とは, は利己心

▼ 出た十七~ (2, 0.0%)

1 になる, の自分

▼ 出た千世子~ (2, 0.0%)

1 が云った, は皆

▼ 出た半次郎~ (2, 0.0%)

1 の取, の取乱した

▼ 出た原因~ (2, 0.0%)

1 のため, もこ

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 旅へ, 自身以外の

▼ 出た友人~ (2, 0.0%)

1 からの手紙, に逢う

▼ 出た吉野~ (2, 0.0%)

1 の帰, の歸つた時

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 一腕白, 地方の

▼ 出た名前~ (2, 0.0%)

1 だと, で高岡市

▼ 出た名目~ (2, 0.0%)

1 はおそらく, は恐らく

▼ 出た問題~ (2, 0.0%)

1 である, を論じ

▼ 出た喜び~ (2, 0.0%)

1 にその, は自由

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 ならいい, もある

▼ 出た四つ這~ (2, 0.0%)

2 ひの

▼ 出た四人~ (2, 0.0%)

2 りは

▼ 出た地獄~ (2, 0.0%)

1 に永久, の絵

▼ 出た壁紙~ (2, 0.0%)

1 の下, も妻

▼ 出た夏珪~ (2, 0.0%)

2

▼ 出た大きい~ (2, 0.0%)

1 顔が, 齒でございました

▼ 出た大将~ (2, 0.0%)

1 がある, だったが

▼ 出た大阪弁~ (2, 0.0%)

1 に弾みつけられ, に弾みづけられ

▼ 出た太郎左衛門船~ (2, 0.0%)

1 にはその後細川家, のこと

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 は, もまだ

▼ 出た夫人~ (2, 0.0%)

1 に彼, の作品

▼ 出た奇怪~ (2, 0.0%)

1 な女, な顔

▼ 出た奇蹟~ (2, 0.0%)

2 をば信ずる

▼ 出た娘達~ (2, 0.0%)

1 の話, はそこで

▼ 出た婆さん~ (2, 0.0%)

1 が出しゃばっ, が駆け込む

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 はと見る, は下膨れ

▼ 出た婦人作家~ (2, 0.0%)

1 というもの, の一人

▼ 出た学生~ (2, 0.0%)

1 のやう, の姿

▼ 出た安全~ (2, 0.0%)

2 の策

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 七は, 飛脚の

▼ 出た宝物~ (2, 0.0%)

2 とは何

▼ 出た家来~ (2, 0.0%)

1 が今, と言

▼ 出た宿~ (2, 0.0%)

1 のお上さん, の男

▼ 出た密書~ (2, 0.0%)

1 の筆蹟, を持っ

▼ 出た小指~ (2, 0.0%)

1 というの, を吸い

▼ 出た小枝~ (2, 0.0%)

1 が折れ, に鶺鴒

▼ 出た少女~ (2, 0.0%)

1 が奇妙, とまだ

▼ 出た尾根~ (2, 0.0%)

1 に当る, を下り

▼ 出た尾花~ (2, 0.0%)

1 など夜, の下

▼ 出た山路~ (2, 0.0%)

1 には遅, を越し

▼ 出た島田~ (2, 0.0%)

1 はこう, も出た

▼ 出た左門~ (2, 0.0%)

1 が日本, を認め

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 の駕, 大講堂

▼ 出た帰り途~ (2, 0.0%)

1 にフト, に田圃路

▼ 出た年恰好~ (2, 0.0%)

1 が似, の背

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 の上, をひらひら

▼ 出た幼虫~ (2, 0.0%)

1 といふ其の小さな, は親

▼ 出た幽霊~ (2, 0.0%)

1 の正体, の跡

▼ 出た広い~ (2, 0.0%)

1 通りは, 道を

▼ 出た広場~ (2, 0.0%)

1 にはあちら, は歩廊

▼ 出た店員~ (2, 0.0%)

1 が入口, に名前

▼ 出た弁信~ (2, 0.0%)

1 という口, の姿

▼ 出た強い~ (2, 0.0%)

1 發音が, 糸切歯を

▼ 出た後僕~ (2, 0.0%)

2 は又

▼ 出た後六年~ (2, 0.0%)

2 の間苦行

▼ 出た御家人~ (2, 0.0%)

1 くずれの, の株

▼ 出た怪し~ (2, 0.0%)

1 の者, 火だ

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 が音, のまだ

▼ 出た愚か~ (2, 0.0%)

1 な伜, な旅人

▼ 出た我々~ (2, 0.0%)

1 を一目, を好奇心

▼ 出た我が~ (2, 0.0%)

1 子の, 足は

▼ 出た戯曲~ (2, 0.0%)

1 が舞台, は初期

▼ 出た才媛~ (2, 0.0%)

1 がゐる, で会社

▼ 出た提灯~ (2, 0.0%)

1 がなかば, の數

▼ 出た故郷~ (2, 0.0%)

1 の親, へ二人

▼ 出た教育~ (2, 0.0%)

1 と経験, に關

▼ 出た文学~ (2, 0.0%)

1 でこの, の形態

▼ 出た文章~ (2, 0.0%)

1 であって, をベートーヴェン

▼ 出た新九郎~ (2, 0.0%)

1 が今, は朝まだき大川端

▼ 出た日曜~ (2, 0.0%)

1 に自分, のこと

▼ 出た時一人~ (2, 0.0%)

1 が鼠, の女

▼ 出た時何~ (2, 0.0%)

1 か従兄, を思った

▼ 出た時奈々子~ (2, 0.0%)

2 は姉

▼ 出た時将軍~ (2, 0.0%)

1 とは知らず, の手

▼ 出た時廊下~ (2, 0.0%)

1 であわただしく, に荒き

▼ 出た時時~ (2, 0.0%)

2 を移さず

▼ 出た時期~ (2, 0.0%)

1 であった, を思わせる

▼ 出た時自分~ (2, 0.0%)

1 の弱点, は風

▼ 出た時車掌~ (2, 0.0%)

2 が入っ

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 であるという, であるとしても

▼ 出た書物~ (2, 0.0%)

1 の巻頭, は

▼ 出た書生~ (2, 0.0%)

1 がそっと, の山木

▼ 出た書類~ (2, 0.0%)

1 でかの, を地下室

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 のまま, のズボン

▼ 出た東歌~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 はその間, 新聞社勤めの

▼ 出た模様~ (2, 0.0%)

1 で現にかなり, はありません

▼ 出た~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 の姉, の晩

▼ 出た歌人~ (2, 0.0%)

2 を喜ばした

▼ 出た歓び~ (2, 0.0%)

1 と一種, のうろたえであった

▼ 出た正義~ (2, 0.0%)

1 と公憤, にもとづく

▼ 出た武家~ (2, 0.0%)

1 はお, は黒無地

▼ 出た武鑑~ (2, 0.0%)

1 とを蔵, と三月

▼ 出た死体~ (2, 0.0%)

1 を三年間土中, を小林貞

▼ 出た死骸~ (2, 0.0%)

1 がフト私, でねえかね

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 じゃねえ, 取だったが

▼ 出た母親~ (2, 0.0%)

1 のお, は驚い

▼ 出た気配~ (2, 0.0%)

1 でぼんやり, もない古い

▼ 出た水曜日~ (2, 0.0%)

2 の列車

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 が急速, のやう

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 の一つ, の間

▼ 出た洋服姿~ (2, 0.0%)

1 の年, の明智

▼ 出た洒落~ (2, 0.0%)

1 に押し出される, を呑込み

▼ 出た浴衣~ (2, 0.0%)

1 かそれ, だ

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 はすぐ, は指

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 である, の音

▼ 出た火花~ (2, 0.0%)

2 だよ

▼ 出た為め~ (2, 0.0%)

1 かそれとも, か先生

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 はこれ, は人間

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 なん, はいつ

▼ 出た犯罪~ (2, 0.0%)

1 のこと, を後悔

▼ 出た独活~ (2, 0.0%)

2 を瑠璃子夫人

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 がごろごろ, の汗

▼ 出た玉葱~ (2, 0.0%)

2 があたり

▼ 出た生命~ (2, 0.0%)

1 の汗, は一片

▼ 出た生徒~ (2, 0.0%)

1 が実業, は入学試験

▼ 出た用語例~ (2, 0.0%)

1 から見れ, が正確

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 その女, 朝来各社

▼ 出た男の子~ (2, 0.0%)

1 の制服, や女の子

▼ 出た男女~ (2, 0.0%)

1 の客, の影

▼ 出た略語~ (2, 0.0%)

1 だと, で口

▼ 出た病人~ (2, 0.0%)

1 のよう, の好きさうな重詰もの

▼ 出た百姓~ (2, 0.0%)

1 がぞろ, の息子

▼ 出た真実~ (2, 0.0%)

1 であります, のよう

▼ 出た着物~ (2, 0.0%)

1 がきちんと, を女

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 かいスカート, 枝に

▼ 出た~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 出た磯五~ (2, 0.0%)

1 とかいう呉服屋, のす

▼ 出た社会的刺激~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 の接尾語, は伊勢

▼ 出た神尾主膳~ (2, 0.0%)

1 は子供たち, を提灯

▼ 出た神戸~ (2, 0.0%)

1 の得物, の武器

▼ 出た秀才~ (2, 0.0%)

1 だったが, でかっぷく

▼ 出た積り~ (2, 0.0%)

1 だったのに, だよ

▼ 出た突厥~ (2, 0.0%)

1 の他, の君主

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 だったの, だと

▼ 出た米吉~ (2, 0.0%)

2 に刺させた

▼ 出た経歴~ (2, 0.0%)

1 のある, も持っ

▼ 出た結論~ (2, 0.0%)

1 でなく境遇, に疑ひ

▼ 出た罪人~ (2, 0.0%)

1 との中間, の心

▼ 出た義雄~ (2, 0.0%)

1 の文句通り, の談話筆記

▼ 出た羽毛~ (2, 0.0%)

2 と云

▼ 出た翌朝~ (2, 0.0%)

2 も清二

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 であるので, へであらう

▼ 出た肉刺~ (2, 0.0%)

1 は二日, を見

▼ 出た背骨~ (2, 0.0%)

2 を中心

▼ 出た脂肪~ (2, 0.0%)

1 が金色, の上

▼ 出た自然~ (2, 0.0%)

2 の書き散し

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 だ, でありました

▼ 出た良人~ (2, 0.0%)

1 が丁度, の行先

▼ 出た芝居~ (2, 0.0%)

1 だつたのさ, の背景師

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 のよう, を二つ三つ

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 が病衰, のやう

▼ 出た草履~ (2, 0.0%)

1 がちゃんと, はありませんでした

▼ 出た草花~ (2, 0.0%)

1 の花, は他

▼ 出た荒木~ (2, 0.0%)

1 と出ぬ, の老臣たち

▼ 出た荘厳~ (2, 0.0%)

2 な顔

▼ 出た莊嚴~ (2, 0.0%)

2 な顏

▼ 出た藤吉~ (2, 0.0%)

1 の声, は敷居際

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 は残した, は殘

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 が出た, のもてなし

▼ 出た血潮~ (2, 0.0%)

1 でベトベト, の海

▼ 出た行動~ (2, 0.0%)

1 であること, とは家臣たち

▼ 出た街道~ (2, 0.0%)

2 が我孫子

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 のドア, へ廻った

▼ 出た褞袍~ (2, 0.0%)

1 なぞを取出し, を着

▼ 出た親切~ (2, 0.0%)

1 か, であつ

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 でありどれ, ひ習

▼ 出た記念~ (2, 0.0%)

1 すべき最初, に縁

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 だ, ではない

▼ 出た諸手突き~ (2, 0.0%)

2 は実に

▼ 出た議論~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 出た豪傑~ (2, 0.0%)

1 があります, が人気

▼ 出た返事~ (2, 0.0%)

1 である, はいつも

▼ 出た遠い~ (2, 0.0%)

1 昔を, 汽車の

▼ 出た采女~ (2, 0.0%)

1 が酒盃, もまだ

▼ 出た野末~ (2, 0.0%)

2

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 で開く, とお

▼ 出た陶宗儀~ (2, 0.0%)

2

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 に電人, を見

▼ 出た~ (2, 0.0%)

2 にもうすこし

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 の部屋, 近処

▼ 出た露西亜~ (2, 0.0%)

2 の音楽家達

▼ 出た静子~ (2, 0.0%)

2 に彼

▼ 出た順序~ (2, 0.0%)

1 は考へられる, を直様意義分化

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 と頭, らしいもの

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 が全身, が牽い

▼ 出た騎士~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 から想像, の尖

▼ 出た骰子~ (2, 0.0%)

1 と三, と二つ

▼ 出た骸骨~ (2, 0.0%)

1 を檢, を装っ

▼ 出た高い~ (2, 0.0%)

1 枝, 枝に

▼ 出た高萩村~ (2, 0.0%)

1 に属し, の博労達

▼ 出た髪の毛~ (2, 0.0%)

1 が温い, とは質

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 のさしみ, の頭

▼ 出た~ (2, 0.0%)

1 が, の捨場所

▼1* [2337件]

出たあいきょう者ともどもうしろへ回っ, 出たあいだ離れて, 出たあかつきは万事, 出たあくびをじっと, 出たあとたまに家, 出たあと三十分ほど経っ, 出たあと八幡前の占, 出たあと半年ほどし, 出たあと女房は膳, 出たあと安心して, 出たあと本田に帰っ, 出たあと栄三郎がひとり, 出たあと海中からとつぜん, 出たあと縫子がローソク, 出たあと蜂谷と伸子, 出たあと過熱のため, 出たあなた様がどうして, 出たあまり好評では, 出たあまり柄の良く, 出たあやしい男は, 出たあらゆる痕跡を, 出たいたずら小僧の様, 出たいちばんの理由, 出たいつでも姉ちゃん, 出たいつの間にはずしたか, 出たいろいろな人十七人, 出たいわく百五十年ほど前, 出たうす紫の, 出たうそでした, 出たうめき声のよう, 出たうわごとに, 出たおこよに預ける, 出たおしゃべりでありどれ, 出たおもひでを, 出たおりふし水の温む, 出たおれが兼さん, 出たおん母に似た, 出たお嬢さんだわ, 出たお客にちがい, 出たお客様が三人, 出たお松の手, 出たお母さんの特別土産, 出たお爺さんは二三町, 出たお爺さん漁師がモーター, 出たお祖父さんお諏訪様, 出たお祝いを兼ね, 出たかさえ解れば, 出たかしらとみると, 出たかたちだね, 出たかて取ったれへんぞと, 出たかとも思うが, 出たかね芽が, 出たからのことな, 出たがってにやあごにや, 出たがどもう見覚え, 出たがらん人が出, 出たがんだから, 出たがんりきを先登, 出たきみら痩せたる知識人, 出たきり今日の出幕になっ, 出たきり何の沙汰, 出たきり便りも知れなかった, 出たきり六日も帰っ, 出たきり努力ひとつで教師, 出たきり宛もなく, 出たきり朝迄帰らない, 出たきり歸つて來ないので, 出たきり消息の知れない, 出たきり私は文字通り御無沙汰, 出たきり糸が切れた, 出たきり行き先も居, 出たきり行方が知れません, 出たきり行方不明になった, 出たきり音沙汰なしだから, 出たきり鼓の音一つ, 出たきれいな声, 出たくちゃくちゃになった寝, 出たくらゐの, 出たくらいにあわれであった, 出たぐらいで通るもの, 出たぐらいな男で, 出たぐらいの小商人, 出たぐらゐで座は何となく, 出たこっちへ鬼, 出たこつこつの咽喉骨, 出たことお前に迷惑, 出たことそこから土器, 出たことそれを弟, 出たことひやひやする縁側, 出たこと丈考えて, 出たこと相手をうらむ, 出たこと眞素木にワク, 出たこの世においてどこ, 出たこの間の降りつ, 出たこれら降伏士族に云った, 出たころ一同を甲板, 出たころ二十ぐらいの生意気, 出たころ係二十人一斉に自転車, 出たころ婦人たちが遅れ, 出たころ露伴の, 出たご存じのレミントン式, 出たさい恵日寺の乗円房, 出たさきで負傷, 出たさて何処へ, 出たさび欲がさせた, 出たさま林檎の影, 出たしかし心配ほども, 出たしげ子の笑顔, 出たしとある, 出たしという筋書である, 出たしといふ筋書である, 出たしとのみ望んだ私, 出たしのわけです, 出たしんを止め, 出たすくなひこなの, 出たすじかひ, 出たすべての勅撰集, 出たするとその拍子, 出たずくめになっ, 出たずるずるべったりで取りかえしつかなく, 出たそういうありさ, 出たそしてまた彼女の, 出たその同じ六十七議会に, 出たそれほど自分の, 出たそんな物を, 出たぞというように, 出たぞよ鬼が, 出たたくましい手が, 出たたそがれやつぱり見知らぬ青年, 出たたびに何, 出たためしはなく, 出たため三万の兵, 出たため二人の会話, 出たため検断所から何やら, 出たため比較するの, 出たため源女のその後, 出たため附近一帯二百五十人ほどの者, 出たたんぽぽを, 出ただけでも同等の, 出ただけは分って, 出ただぶだぶの腹, 出たちよんびり, 出たっきりどこへ行っ, 出たっきりなんの音沙汰, 出たっきり三日三晩というもの, 出たっきり何の音沙汰, 出たっきり十二時過ぎまで帰らなかった, 出たっきり朝方までとうとう, 出たっきり電話もかけない, 出たっけかなお母さん, 出たっていうじゃないの, 出たってんであっしが, 出たつい昨日あたりまで, 出たついでそこに犬, 出たつくり話では, 出たつてかまはない, 出たつてわけだね, 出たつて云ひますがネ, 出たつて其れが, 出たつて可いわ, 出たつて平気だね, 出たつて惡くないだらう, 出たつて申開きが立つ, 出たつて言つてお呉れ, 出たつまらない感傷は, 出たつや子の顔, 出たつるはさらに, 出たては至極穩, 出たでたらめでありますが, 出たとおりにやっ, 出たとおり外に飛びだした, 出たとおり髪もピンチ, 出たときあたりの土手, 出たときあまりの思いがけな, 出たときいつかもうあたり, 出たときいまを盛り, 出たときうしろの堤, 出たときおりがあっ, 出たときさいしよにいつた, 出たときそこらで人, 出たときそれはあらゆる, 出たときつや子は, 出たときとよ子が急, 出たときどおりの三人組, 出たときぼくはせっかく, 出たときよそに嫁い, 出たときわけもなく, 出たときわたしは絶え, 出たときゲエテは獨, 出たときコオライトというもの, 出たときタネリのおっかさん, 出たときタラヴェラ・デ・レイナの闘牛場, 出たときニカノールは坂, 出たとき一台の円タク, 出たとき一度はつい, 出たとき三吉と大辻, 出たとき上野が向う, 出たとき丘は一軒, 出たとき二十一歳とは云い, 出たとき五十メートルほど前, 出たとき佃の凡庸さ, 出たとき佐保子はきわめ, 出たとき何か白絹, 出たとき何度かあたり, 出たとき信吉はなるほど, 出たとき俺は泥, 出たとき俺達四五人でお前, 出たとき六十あまりの一徹そう, 出たとき噂を聞い, 出たとき団子が喉, 出たとき地べたが足, 出たとき大吉がまっさきに, 出たとき客間のほう, 出たとき床に入っ, 出たとき弱冠の忠三郎氏郷, 出たとき彼女が訊いた, 出たとき後足をあげ, 出たとき急にはっきり, 出たとき拝領の山風, 出たとき新進作家集としてその, 出たとき朝早く外, 出たとき村人の一人, 出たとき松平家の他, 出たとき梯子の中段, 出たとき武藤は七, 出たとき池田隊の使番二騎, 出たとき注意されて, 出たとき浅井に話しかけた, 出たとき海岸通りには人影ひとつ, 出たとき源十郎は大刀, 出たとき狩猟の折, 出たとき猟師の犬, 出たとき玄関先に突立つて, 出たとき男はびっくり, 出たとき痛切にシンガポール, 出たとき白旗の旦那, 出たとき真紀子は手帖, 出たとき秀吉の大軍, 出たとき私共はよろこび, 出たとき秋山宇一は, 出たとき築地小劇場の連中, 出たとき紋次郎君が猫柳, 出たとき素子はぼんやり, 出たとき草の根をわけ, 出たとき証拠の品, 出たとき誰かにしゃべった, 出たとき越前守の面, 出たとき身体を拭き拭き, 出たとき部屋に残っ, 出たとき部長刑事から命令, 出たとき雨が少し, 出たとき電話をかけ, 出たとき霰はまた, 出たとき露八は初めて, 出たとき馬耳は其処, 出たとき龍介はギョッ, 出たところ大沼が湛え, 出たところ平家方の畠山重忠, 出たところ彼の物悋, 出たところ敵は見た, 出たところ木材を盛, 出たところ辺にいる, 出たとしか思われなかった, 出たとしては余りに生意気, 出たとたん丁坊は大きな, 出たとたん雪の上, 出たとともに人や, 出たとにそこからす, 出たとばかり思って, 出たとばかりにあちらからも, 出たとんで出た, 出たどうも様子が, 出たどくだみの四五本, 出たどこへゆきたい, 出たどころの騒ぎ, 出たどす黒いくすんだ顔, 出たどんな枝と, 出たなぞと言って, 出たなぞということが, 出たなど斷定する, 出たなどという旧来の, 出たなにしろこれが, 出たなまぐさい腐れ水ばかり, 出たなんか当然な, 出たなんぞってそんなの, 出たねえそのとき下, 出たのにと今に, 出たのみならず胡語ソクデヤ, 出たのみの私の, 出たはかない哀愁の, 出たはじめてのことば, 出たはなしですよ, 出たはるのはあの, 出たつかりなん, 出たばかしで御座いませう, 出たばかしの花嫁は, 出たばかりかと思う小さな, 出たばかりから美味い紅茶, 出たばかりぐらいのふっくりとして, 出たばかりといふ風態だ, 出たばかりよ東京で, 出たばっかりなんだ, 出たばっかりぐらいの若い娘, 出たばつかりに己, 出たばらっど, 出たひさしだね, 出たひとだった, 出たひとりの新入生, 出たひとりごとだつたが, 出たひと言の心, 出たひと達が戻, 出たひどい悪評, 出たひなの転, 出たひよろひよろになる, 出たふうに見せた, 出たふしは男, 出たふたごの片割れ, 出たふりして, 出たほかひ, 出たほろ酔きげん, 出たぼくの宿題, 出たまあ何て, 出たまことの寸法, 出たまずしい小心者が, 出たまだ若い人, 出たまつ川の主人, 出たままどこともなく, 出たままゆくえ不明になっ, 出たまま一度も姿, 出たまま今朝も戻っ, 出たまま何処に居る, 出たまま倅まで青楼, 出たまま半年以上も姿, 出たまま噂にさえ居所, 出たまま夜ふけになっ, 出たまま夜更けまで帰らず, 出たまま旅先プリマスの宿, 出たまま晩になっ, 出たまま気が向く, 出たまま湖水にはまっ, 出たまま胸と顔, 出たまま行方が判らなくなっ, 出たまま行方不明となり, 出たまま電燈の下, 出たまま音沙汰なしに, 出たまんまいつまで経っ, 出たみすぼらしい三階建で, 出たみっともないほど嗚咽, 出たみどりの霊, 出たもうことになる, 出たもっとも以前から, 出たもの今現われつつ, 出たもの以外の此等, 出たもの国民の思想, 出たもの洞元部は太, 出たもの証人として福島, 出たやうぢやない, 出たやす子があれ, 出たやつだそれ, 出たやら存知ません, 出たゆえさてはと, 出たゆえんのもの, 出たよう扱帯で褄取らぬ, 出たよう芳賀博士の攷証本, 出たよき行為とのみが, 出たよってに頼んだ, 出たよなどと申して, 出たりき三橋といふ所, 出たわというような, 出たわれも出た, 出たんでね直ぐ上, 出たアイデアだったかも, 出たアダムは又, 出たアトラントサウルスといふ蜥蜴, 出たアリョーシャは母夫人, 出たアンモニアとで自分, 出たイチノベノオシハの王, 出たインテリがやつ, 出たイヴと, 出たウイッテ伯の回想記, 出たウォルター・ビザントの, 出たエネルギーはせち辛い, 出たエリオットの, 出たエーモニエーの, 出たオットセイの親, 出たオランダ代理公使ブロックとその, 出たカリダアサの戯曲, 出たカレンダアがぶら, 出たカンカン帽をいきなり, 出たカングリ警部が一人, 出たガボリオーのルコック, 出たガラッ八間もなく, 出たガラツ八間もなくつま, 出たギリシア名ケフォスラテン名ケブス等のケ, 出たギロリとした, 出たクロポートキン公の, 出たケチくさい応急策, 出たコックとお手伝いさん, 出たコトエはどう, 出たコンキといふカフェ, 出たコンスタンチンの, 出たゴオガンの, 出たサナダ虫をば並べた, 出たサビと諦らめ, 出たサヨは半ば本気, 出たサラミヤ姫が涙, 出たシベリア鉄道がバイカル湖, 出たシャンティリに対する辛辣, 出たシルクでさえその, 出たジェネレーションについて, 出たスサノヲの命, 出たストラパロラの, 出たセエラの細い, 出たゼミナールで使われた, 出たソソリ文句を並べる, 出たタケトヨハヅラワケの王, 出たタナテまたよく, 出たタネだという, 出たタベルに相対, 出たチチコフが道, 出たチョビ安は浅草, 出たチョン髷も出た, 出たとまた, 出たッきりパンの半, 出たッ切り帰らない人, 出たッ切り今以て帰らず, 出たトタンに皇后さま, 出たナマコの限り, 出たネラはアン, 出たノッペリとした, 出たノツペリとした, 出たハッキリすると, 出たハンケチと鼻紙, 出たババロアの味, 出たフォイヤーマンのセロ演奏会, 出たフリーマンの, 出たブハーリンに対する日和見主義, 出たブランデスの論文, 出たブリキ製の御飯蒸し, 出たベッキイは今, 出たベロアルド・ド・ヴェルヴィユの, 出たベロアル・ド・ヴェルヴィルの, 出たベントレイの雪, 出たベートーヴェン伝の緒言, 出たペンペン草の長い, 出たボツクスの上, 出たボーイさんに頼ん, 出たポドモアの遺著, 出たマス君は数語, 出たマレー氏の写真, 出たミカドアイスクリームというの, 出たミサ子の優越感, 出たミネルヴァの昼, 出たムクは今度, 出たモンキーなる英語, 出たモンテ・カルロのルウレット, 出たモンマルトルの一帯, 出たモン族は一年, 出たヤシの実, 出たヤリ口だそうな, 出たライオンのよう, 出たランボオに関する研究書, 出たルマニアの伝説, 出たルルウの, 出たロクロ首の見世物, 出たロシア女シミーダンスの得意, 出たワカタケルの王, 出ただよ, 出たヴィユウ・コロンビエ座の首脳ジャック・コポオ, 出たの変り品, 出た一二本の腕位, 出た一例なども近頃, 出た一個の銃弾, 出た一匹の小さな, 出た一拍子に泰軒, 出た一揆なんてもの, 出た一日あと私が本当に, 出た一束の白髪, 出た一民である, 出た一滴の卵形, 出た一番最初のもの, 出た一種名状すべからざる演技上, 出た一種圧迫的な怒気, 出た一節の後, 出た一組が凍え死んだ, 出た一群の人々, 出た一行は更に, 出た一行七八人の同勢, 出た一行十人ばかり白衣, 出た一角が, 出た一言ちよいとした, 出た一記事には, 出た一語にはまったく, 出た一通の書留, 出た一隊の中, 出た七人は廊下, 出た七名の代表者, 出た七日の月, 出た万力甚五郎は船, 出た万太郎が袋地, 出た万延寺の和尚, 出た万葉の竹, 出た払う, 出たの輪, 出た三名の臣道, 出た三品は西洋風, 出た三四百人の兵, 出た三好勘左野瀬二郎などの若者, 出た三寸ぐらゐの細長い石, 出た三尺幅くらいの堅物, 出た三挺の列ね, 出た三日目だつた, 出た三日目に呼ばれ, 出た三月いらい, 出た三津太郎とは三津五郎, 出た三百人あまりの同窓生, 出た三菱へ話, 出た上り下りの帆前船, 出た上り坂になる, 出た上り船がそろそろ, 出た上外部からある, 出た上強つてお禮, 出た上村艦隊が暴雨, 出た上閉会後入場料総計算, 出た上鴛鴦の衾, 出た下半句を聞いた, 出た下男から伝, 出た下男めはじめは通すまい, 出た下駄に違, 出た不在であったから, 出た不埒を述べた, 出た不審の一句, 出た不幸な子供, 出た不折氏の手前, 出た不気味な汗, 出た不注意と無頓着, 出た不義者の子, 出た与八は手桶, 出た与吉はずッと立っ, 出た世の中が予想, 出た世間並の悔み, 出た腕を, 出た両人が席, 出た両手は氷, 出た両足はただ, 出たの給料, 出た中京名古屋の一客, 出た中学なん, 出た中津川の友人香蔵, 出た中谷君の, 出た中野実の長篇, 出た丸髷も出た, 出た丹波丹六はこれ, 出た主人役が蛙, 出た主人達の夫婦喧嘩, 出た主張である又, 出た主従は電車, 出た主税は堪りかね, 出た主膳の家来ども, 出た久助であった, 出た乗物を奪わせよう, 出た乘合は先, 出た乘客の流れ, 出た九ツばかりの男, 出た乞食だよ, 出た乾分の駒蔵, 出た乾杏や梅, 出た亀井戸駅の駅長, 出た亀田先生は急, 出た了簡でございまして, 出た事三時間も續, 出た事事件の起きた, 出た事許である, 出た二の腕をドスンドスン, 出た二ツの人影, 出た二三日あとで私, 出た二事である, 出た二人連の中折帽, 出た二人連れの武士体, 出た二十一篇あるいは二十篇, 出た二十二両の金, 出た二十五六の内儀, 出た二十面相もさすが, 出た二千両を今, 出た二千十八号の自動車, 出た二対の魂, 出た二将はすぐ, 出た二年後の明治二十年, 出た二日後伸子たちは一通, 出た二枚のルノアル, 出た二様の様式, 出た二艘の幕府, 出た二重廻りの帯, 出た二隊までが恐らくは, 出た五つの赤い, 出た五ヵ国譲渡と清水宗治, 出た五人の乗っ, 出た五六間先からは堅田, 出た五分刈も出た, 出た五助は忘れもの, 出た五十ぐらいの頑丈, 出た五十鈴川のお, 出た五枚の金貨, 出た些細な不, 出た亡者のよう, 出た交訪ではなく, 出た交際の規則, 出た京吉はわびしい, 出た京家の青侍ども, 出た人たちです, 出た人数は東南, 出た人材の多く, 出た人相書を砧右之助, 出た人足が千人, 出た人間万事かくの通り, 出た人魂のよう, 出た仁科六郎の名前, 出た今年徴兵適齢の五人, 出た今日当番の瀬田, 出た今月より上った, 出た今朝ふと気がつい, 出た今村氏は当時, 出た仏像を拝ませる, 出た仏陀と車匿, 出たの家族, 出た他人の作, 出た仙波父子へ討手, 出た代りに国際文化局, 出た代診はクスクス, 出た代議士が大臣, 出た令夫人が次, 出た以上きょうは商売, 出た以上そこを尋ねなけれ, 出た以上それが何より, 出た以上恭順論者も諦め, 出た以上愛人と別れた, 出た以上海野甚三郎にはもう, 出た以上社に迷惑, 出た以上結婚しなくちゃ, 出た以上罪科を行わない, 出た以上親の敵, 出た以前に纏足禁止令, 出た以来のこと, 出た以来テエマ小説の語, 出た仰山な脅し文句, 出た仲仕の中, 出た仲働の口, 出た仲間たちや御用火消し, 出たはまったく, 出た伊兵衞というもの, 出た伊勢の奄芸郡, 出た伊勢參りの, 出た伊東は宝沢, 出た伊達を凛然, 出た伊達軍の総, 出た会社員の亭主, 出た会話の教師, 出た伝七はゆっくり, 出た伝統でないとは, 出た伝統的な文化人, 出た伝言の文句, 出た伝説だか, 出た伝馬は一艘, 出た佐々の六人, 出た佐々木勢の軍勢, 出た佐佐紀の山, 出たをよこ, 出た何日には何處, 出た何時書きしもの, 出たのこと, 出た佛國の某, 出たによい, 出た作り事で彼女, 出た作家群久保田菊池山本久米といふやう, 出た作戦は, 出た作業員たちはみんな火星, 出た作物が頭, 出た作者はその, 出た使者は平和時, 出た侍女どもはなん, 出た侠客とは名, 出た俊助にはこう, 出た俊和尚を訪ねる, 出た俊基の姿, 出たが帰っ, 出た保吉は別人, 出た信仰である, 出た信州の豪農, 出た信念じゃ, 出た信濃から来る, 出た信者はあの, 出た信雄との単独講和, 出たを止め, 出た俸給以外に紙幣, 出た倉永部隊の, 出た個人の特色, 出た値上げのこと, 出た倭建命の歌, 出た偉人の性格, 出た偉大なもの, 出た健三は足, 出たのぢ, 出たれた文学者, 出た傑物は佐久間象山, 出た傘鉾にだし, 出た催し事だと, 出たであるその, 出た僕たちの顏, 出た儒学者の中, 出た儘拭ひもせぬ足, 出た儘遁げて来た, 出た優等生だ, 出たがそれ, 出た兄弟のうちウォルタア, 出た兄弟分の私, 出た先刻の若, 出たでその, 出た光子の身なり, 出た光線が球形宇宙, 出た光郎の手紙, 出たの樣, 出たが四肢, 出た全く夜にな, 出た全国俳諧師の番附, 出た全身がブルブル, 出た兩人の寄書, 出た八五郎格子を勢ひよく, 出た八百億円だけについて話, 出た公判廷の模様, 出た六人の棒, 出た六尺あまりの斑竹, 出た六時十分に絶頂, 出た六波羅の密牒, 出た共産党がだいぶ, 出た兵卒が歌, 出た其の足で, 出た其夜は祭日, 出た其家長は其際水辺, 出た其正直な告白, 出た其瞬間に於い, 出た内庭の垣, 出た円本もヤハリ, 出た出陣の, 出た再版の脚註, 出た冒険の第, 出た冗談だったが, 出た写真できみ, 出た准后の廉子, 出た処間がわるく, 出た出来事である, 出た出雲屋に婿, 出た刃光一閃小太郎の脇, 出たの果実, 出た分家の人々, 出た分限者で島, 出た切り髪の女, 出た切帰つて来ません, 出た切髪の女, 出た刑事はこれ, 出た初めである, 出た初め頃より沈痛, 出た初瀬の耳, 出た初荷のトラック, 出た別嬪は年, 出た別形であらう, 出た別手の奴等, 出た制度であります, 出た刹那の感じ, 出た前年日本では明治五年, 出た前後の模様, 出た前後検事局の態度, 出た前期末頃からの傾向, 出た前科者の老人, 出た前科調書の裏, 出たにや分, 出た割合に旧式, 出た劉禅の余生, 出たは信念, 出た加賀屋の提燈, 出た郷といふ, 出た助五郎は足早, 出た助手の滝山, 出た労働組合の武藤, 出た労農通信員それでなければ, 出た勃凸の姿, 出た勇気の者, 出た勝則がどんな, 出たで大きく大きく, 出た勤め人には自炊, 出た勧心とかいう者, 出たの慶庵, 出た化学染料が色調, 出た化石に命名, 出た北原ミユキはふた, 出た北村があがり, 出た北風の火事, 出た医学士でその, 出た匿名の月評, 出た十三丁目の重, 出た十九世紀の末, 出た十二機の, 出た十五六名は, 出た十六七の小女, 出た十六夜の月, 出た千人ぢかい軽, 出た千代之助, 出た千代子の姿, 出た千曲川のテーマ, 出た千種十次郎は闇, 出た千穂子がこうした, 出た黒人も, 出た卓子を引, 出た又の, 出た南日君と自分, 出た南朝には二条, 出た南条と五十嵐, 出た単純生活と前, 出た単行本は今, 出た卵細胞の一, 出た原則や流派, 出た原始人類もやや, 出た去年の十一月下旬, 出た去年あたりは水戸家, 出た参覲交代制度の変革, 出たの身の上, 出た友だちに引け, 出た双生児でもこう, 出た反復を引用, 出た取次は修験, 出た叙事が立体的, 出た口元に言われぬ, 出た口尻の右側, 出た口状の類, 出た口許を手, 出た襟が, 出た古今集といふ歌集, 出た古代芸術のかの, 出た古典として平家, 出た古石場の家, 出た古藤の所, 出た古銭の数品, 出た叫び声にちがい, 出た叫声は, 出た可愛らしい英譯本が, 出た台湾館の行方不明, 出た台紙のない, 出た叱責に近かっ, 出た右側の男, 出た右近とお, 出た右門が廊下, 出た合図も見ぬ, 出た吉田忠左衛門と出会っ, 出た吉里はまた, 出た同じ血液型の, 出た同じく内気な, 出た同僚が又, 出た同士とか同じ, 出た同姓の男, 出た同家の執事, 出た同族であろうと, 出た同窓の間, 出た名人はフェアプレーどころ, 出た名代の女, 出た名優久女八は別, 出た名刺に大場連斎, 出た名器の出世話, 出た名詞で口, 出た名誉の皿, 出た名馬とのいい, 出た岸の, 出た向こうの踏切番, 出た君子は汽車, 出た呪式の重複, 出た呪言の神, 出た味方と呼応, 出た呻吟の言葉, 出た咄嗟には幻, 出た和尚も左右, 出た和田仁十郎と高木市助, 出た和算家の総数, 出ただ世間, 出た哀れな家庭, 出た品位を保っ, 出た哲学宗教思想や文学芸術, 出たを聞かぬ, 出た唇奴等もつと, 出た唇左右に長く, 出た唐紙の表紙, 出た唯夫だけの事, 出たの泡, 出た善男善女がその, 出た善良な行爲さ, 出た喜助は老人, 出た喜左衛門へ女房, 出た喜田川三郎氏は電話, 出た喜舎場翁の, 出たの大, 出た單行本又は雜誌, 出た四年の間, 出た四年生がずらかっ, 出た四月の頃, 出たはもちろん, 出た図面には, 出た国境の山々, 出た国家老として名君, 出た国民各自の医療費, 出たであると, 出た國學者達は之, 出た園長の帽子, 出た土器から名, 出た土州人の安岡珍麿, 出た土竜のやう, 出た土雷の神, 出た圭一郎は組み合せた, 出た地丸左陣はその, 出た地点と釘勘, 出た地球のそれから, 出た地誌と言, 出た地面から離される, 出た坂東者や若人, 出た坊さんが白河, 出たを担い, 出た執着の悪念, 出た基督教はなお, 出た堂々たる遊廓式の, 出た報告を工場, 出た報告そのものの主題, 出た場合自殺であろうと, 出た士卒や供, 出た壮丁のうち, 出た壮厳な顔, 出た変化であります, 出た夕月を見つ, 出た外見は奇妙, 出た外観上だけの結果, 出た多四郎であったが, 出た多津が大形, 出た夜光珠の短刀, 出た夜具の乱れた, 出た夜素子は吉之助, 出た大井卜新氏は数多い, 出た大兵の士, 出た大助は初めて, 出た大動脈がコンナ, 出た大地に向い, 出た大宮殿を照らす, 出た大層お古い, 出た大川端の寂しい, 出た大木の方, 出た大杉君と共訳, 出た大根河岸などでした, 出た大正七年に恒春園, 出た大正二年から今, 出た大正老人の, 出た大沼喜三郎が習い, 出た大福帳の端, 出た大船の上, 出た大西がふりかえっ, 出た大身たちがぞくぞく, 出た大野川である, 出た大阪のその, 出た天狗が出た, 出た天蓋の附いた, 出た太郎には分りません, 出た太陽の光, 出た夫婦の身体, 出た奇抜な見世物, 出た奇麗な人, 出たの院, 出た女君の手, 出た女子はどう, 出た女子衆がバタバタ, 出た女官につれられ, 出た女将に今夜, 出た女気の凝り塊, 出た女王であったと, 出た女神ゆえの名, 出た女神ゆゑの名であらう, 出た女装の男, 出た女達のする, 出た奴隸道徳が破, 出た好奇心に過ぎなかった, 出た妄想を其の, 出たな処, 出た妻戸から老女, 出た始めての眠り, 出た姚名達並びに四川, 出たのやう, 出た姫だるまが手拭, 出たやさん, 出た婆アやが来, 出た婢衆らしい女, 出た婦人作家達も歴史的, 出た嬉しさで, 出た子供らとに投げ, 出た子供等を彼等, 出た子女が侮辱, 出た子孫に同, 出た孔子は第, 出た孔明がその, 出た学生処分のこと, 出た学芸の好き, 出た孫軍曹は箇旧, 出た學問の根本, 出た學校をお尋ね, 出た宇智野の歌, 出た宇治山田の米友, 出た宇津木兵馬はすれ違い, 出た重根が, 出た安倍貞任が花道, 出た安兵衛が戻っ, 出た安堵と憐憫, 出た安房旅館といふの, 出た安部の貞任, 出た定明は父, 出た定紋入りのボタン, 出た宛て字で壽詞, 出た宝来なるもの, 出た実はお浦, 出た実家へ帰っ, 出た実感が思わず, 出た実物それは生物, 出た実験を書く, 出た室内に机, 出た宮廷の文化, 出た宮方勢が, 出た宮様というの, 出た家中の顏, 出た家刀自を一夜づま, 出た家庭悲劇の著例, 出た家康の軍, 出た家筋ですが, 出た家老の堀田道空, 出た家鴨を通りがかり, 出た容子であつ, 出た宿命生い立ち今, 出た宿屋に入, 出た富士の残雪, 出た富永新六郎はだましすかし, 出た富田入道勢源の一族, 出た富田勢源の一門, 出た寺僧はけげん, 出た寺内には一杯露店, 出た寺奴であらう, 出た寺島良安の, 出た寺男ではなく, 出た寿女が学校, 出た封建思想の幽霊, 出た将士も面, 出た将軍家の愛妾, 出たでに紅葉氏, 出た小さい肉塊です, 出た小倉の角帯, 出た小倉流も歌, 出た小判はざつと五, 出た小姓頭の男, 出た小室智恵子という一人, 出た小川君を僕, 出た小座敷を買入れ, 出た小林氏は直ぐ, 出た小栗虫太郎は今後, 出た小次郎であるが, 出た小沢は阿倍野橋, 出た小波の田所種直, 出た小禽のよう, 出た小粒を三つ四つ, 出た小舟が白帆, 出た小船の中, 出た小袖を着, 出た小言ではない, 出た小金をみんな, 出た小間物屋へ爺さん, 出た少々心配, 出た少しの熱, 出た少年らは池, 出た少年少女は殆ど, 出た尤も歌を, 出た尺度をこの, 出た屋台と手古舞, 出た屋形造りの一艘, 出た屋敷が即ち, 出た屋根彼はその, 出た山の端に松, 出た山人のほら, 出た山嶽よりも古い, 出た山椒大夫一家の討手, 出た山椒魚ならば, 出た山田の書斎, 出た山県紋也の心持ち, 出た山陽は腰, 出たの上, 出た岡田が金蓮, 出た岡田夫婦を捕まえ, 出たの上, 出た岩垣松苗の, 出た峯子は住居, 出たの上, 出た川井久徳の草稿, 出た川越街道へ合, 出た巡礼がようやく, 出た左膳萩乃を引きずり, 出た巨人の姿, 出たを棄て, 出た己酉の歳, 出た帆船で銚子港, 出たなどをしめ, 出た帰りしなにそっと, 出た帰り途街道で見かけた, 出た帰り道麹町の探偵事務所, 出た帰掛に途中, 出た帰路を歩い, 出た帰途にこの, 出たを猫, 出た常夜灯の眩しい, 出た常磐御前も放し, 出た幕軍の第, 出た平塚さんの新, 出た平林たい子が, 出た平次上になり, 出た平次半開きの雨戸, 出た平次縁側の下, 出た平田門人の一人, 出た平野屋茂吉は高価, 出た年ごろのきれい, 出た年仲平は小川町, 出た年増女で無い, 出た幸運な女王, 出た幹枝でもみな, 出たが加わった, 出た幻想をみつめる, 出た幾条もの奔流, 出た海屋夫婦, 出た広告文字の中, 出た庄司三郎兵衞は四十五六, 出たの上, 出た序でだと, 出た店先から思いきっ, 出た座員一同に二十円, 出た座布團一枚の身上, 出た座蒲団など, 出た庶民の群れ, 出たを楽舎, 出た廊下の北窓, 出た建物がある, 出た弁内はいつも, 出た弁当の余り, 出た弓之助は寂然, 出たの勇, 出た弥生は待っ, 出た弦四郎が上野, 出た弱点を指され, 出た強く深い機運に, 出たはもう, 出た弾力と美し, 出たみに, 出た当初述べれば, 出た当座地方の中学, 出た当座小遣取りにそんな, 出た当時小石川のある, 出た当時検視した医師, 出た形式のある, 出た彦兵衞の眼, 出た影法師がた, 出たでもなかっ, 出た役人によって取り扱われる, 出た役割の市五郎, 出た役者のよう, 出た彼岸の國土, 出た彼等夫婦はまだ, 出た往来先で不意, 出た待合の側, 出た後それにつづい, 出た後リッジをバットレス下, 出た後五平は半蔵, 出た後僞繪圖面を神棚, 出た後午前一時我々は床, 出た後平四郎も又すぐ, 出た後廃刊となる, 出た後彦太郎は油, 出た後日本橋通の或, 出た後村のため, 出た後死骸を見付ける, 出た後看護婦として教育, 出た後締りのない, 出た後衣食を得る, 出た後警視庁へ行き, 出た従兄の如き, 出た得難い名奉行, 出た御召縮緬下着は同じく, 出た御子左の家, 出た御家人崩れの勘弁勘次, 出た御用の松茸, 出た微かな響き, 出た心持ちがした, 出た心理学に関する書物, 出た心祝のつもり, 出た必然であった, 出た忍びの術, 出た忍術者だったまで, 出た志津子さんは夫, 出た忠告があつ, 出た念仏と共に土, 出た念仏芸能の観察, 出た念仏踊りが田楽, 出たろしい, 出た思いがけない言葉であった, 出た急襲といえなく, 出た怪しい白衣の, 出た恋愛の讃美, 出た恐しい顔, 出た息子が万事, 出た恰度その時刻, 出た恵心僧都はこれ, 出た悦びで一杯, 出た悪口で当時彼ら, 出た悪魔の眼, 出たは江戸, 出た情景を想像, 出た惡口は信用出來, 出た想像に本, 出た愉快なやつ, 出た愉悦の情, 出た意味もそれ, 出た意義の無限大, 出た意見の歴史, 出た愛情のこもった, 出た感じ何に譬えたら, 出た感嘆の声, 出た感情を内心, 出た感興になっ, 出た感覚のまざまざ, 出た慈善市の光, 出た慈姑をひょいと, 出た態度がグッ, 出た慶四郎がどうして, 出たなの, 出た程いい, 出た成良親王をし, 出た酒宴で, 出たのやう, 出た戻りらしい妙秀尼, 出た房一は殆ど, 出た所ルイズに出会った, 出た所以も納得, 出た所作だと, 出た所業であるが, 出た所謂天保の大改革, 出た手勢はことごとく, 出た手首が延び, 出た技巧として見る, 出た投稿をする, 出た折森どのがしきり, 出た折竹が折, 出た折衷派である, 出た折関白どのとお, 出た拝領仮面です, 出たがぱっと, 出た指環や金釦, 出た指針の言葉, 出た捜査課長はいった, 出たが開い, 出た掛物は甲府, 出た探偵小説にはこの, 出た掻巻のそれ, 出た提灯位にしか見えない, 出た揚言であった, 出た握飯を噛み, 出た支配人が友達たち, 出た改革意見であること, 出た政治家があっ, 出た故人は案外, 出た故山に対しいかに, 出た故手前に取られ, 出た救世の叫び, 出た教養はある, 出た散策であろう, 出た散髪も出た, 出た数名の側臣たち, 出た数字のところ, 出た敵討ものの批評, 出た數臺の鐵道馬車, 出た文句であるが, 出た文子は歩き, 出た文字以外の文字, 出た文学士でこの, 出た文学運動の方向, 出た文學者になる, 出た文武の大人物, 出た文珠屋主従をはじめ, 出た文章家だ九段上, 出た文芸とはその, 出た文芸復興調とでも命, 出た料理の中, 出た断定は誤謬, 出た新入生で馬車, 出た新八は隣り, 出た新刊書の一つ, 出た新曲である, 出た新聞広告を今, 出た新進の才人, 出た方縁あって, 出た方面の叢林, 出た施設に由っ, 出た旅人の浴衣, 出た旅先でケプラー, 出た旅行家などは回顧的記事, 出た旅館の裏手, 出た日おじいさんが持っ, 出た日一日は盛ん, 出た日僕の姉, 出た日夏耿之介氏の明治詩史中, 出た日彼はひどく, 出た日本が精神上, 出た日本一太郎の指先, 出た日本美術協会の年中行事, 出た日本耶蘇会出版の諸, 出た日本語の巧み, 出た日頃の分別, 出た旧い家へ, 出た早稲がそよい, 出た早苗は母校, 出た早馬は蟹江城, 出たくる年, 出た明け方さわやかな朝日, 出た明るい点の, 出た明智の先鋒, 出た明智小五郎がいつも, 出た明治三十二年といえ, 出た明治四十年頃青鞜社の時代, 出た明治四年八月より僅か, 出た明治時代の文明, 出た明治維新当時と今日, 出た昔気質の職人肌, 出たをいくらか, 出たの旅, 出た日大窓から, 出た時々雨が, 出た時あなたはしきりに, 出た時おばあさんは顏色, 出た時お前の脳天, 出た時お客さまをよく, 出た時ここで最初, 出た時さだ子がピヤノ, 出た時それは釜谷, 出た時つまの蓼, 出た時みんなは一度, 出た時もうこの時カルーゾー, 出た時ゃ涙で出た, 出た時わしから父上, 出た時カリスフォド氏は力, 出た時ジィドの, 出た時フォン・リンリンゲン夫人はこう, 出た時フロルスはこれ, 出た時ホームズは一同, 出た時マニーロフが言った, 出た時ロッティはそっと, 出た時ワラジを脱いだ, 出た時一台の乗用, 出た時上杉景勝が五万石, 出た時不意に一艘, 出た時丑松の肩, 出た時並木の暗い, 出た時人に見附, 出た時以上の苦しみ, 出た時伯父は, 出た時何喰はぬ, 出た時何者か道, 出た時余は先生, 出た時保吉の心, 出た時信吉の顔, 出た時僕は母, 出た時内務大臣マカロフはこう, 出た時写真屋を見つけ, 出た時分幾分日が蔭, 出た時分湯呑一杯の湯, 出た時割註を入れ, 出た時加賀屋横丁を曲った, 出た時半分以上は顔, 出た時危く氏を轢き殺そう, 出た時原口さんは, 出た時名を変, 出た時夜の暗黒, 出た時夢うつつに膝, 出た時大根一樽に糠六升, 出た時大阪の新本取次書店, 出た時女はお, 出た時女将の目, 出た時如意輪の御, 出た時宗近君, 出た時少女は一寸, 出た時島田はそれ, 出た時川面の水明り, 出た時己は却つて廊下伝, 出た時帝はステパン, 出た時幸四郎が, 出た時彼女は安里, 出た時彼等は假聲, 出た時後を振り返っ, 出た時御者は話, 出た時微かに苦笑, 出た時徳川家が何萬圓, 出た時愛子の車, 出た時懇意に為す, 出た時戯陽速は既に, 出た時戲陽速は既に, 出た時昨夜松葉屋の門, 出た時是公はやあ, 出た時晩飯を食べる, 出た時書庫から, 出た時朝餉の後, 出た時杉浦君は, 出た時村の東境, 出た時東武の門人たち, 出た時柿の実, 出た時横浜にいた, 出た時次郎は広島, 出た時水道の水, 出た時沓脱石の眞中, 出た時法蔵寺横町だとか, 出た時焼出されの, 出た時照降町, 出た時照彦様は, 出た時牛肉を食わなかった, 出た時玄関で会った, 出た時用うべき七輪, 出た時発田の身体, 出た時相手の稽古着, 出た時真暗らだと, 出た時矢野公使は明日, 出た時石山の老, 出た時社会は彼, 出た時竊に泣いた, 出た時笹村はかなり, 出た時細君は物, 出た時羽織の紐, 出た時耳をすまし, 出た時背後の席, 出た時自動車の中, 出た時舎る家, 出た時芝田さんは借金, 出た時芸道舞台上では, 出た時街路には人影, 出た時親分乾児は一つ, 出た時計は一時十五分, 出た時谷崎氏は, 出た時貧民たちの窮状, 出た時赤と白, 出た時車へ乗り込んだ, 出た時輝しい瞳, 出た時道に砂利, 出た時都下の或, 出た時酒の席, 出た時重吉はおだやか, 出た時釣瓶の底, 出た時鉄柵の中, 出た時間もあります, 出た時関係方面の人々, 出た時雪中の墓地, 出た時霧の如き, 出た時順造は急, 出た時頬や衿筋, 出た時顔を黒く, 出た時高村軍曹はまた, 出た時高輪でフイ, 出た時髪結は活溌, 出たの文公, 出た晩人つ子, 出た晴着である, 出た智恵子は無意識, 出た智惠子は無意識, 出た智慧のよう, 出た暗い海岸は, 出た暗がりの横町, 出た暗示に罹っ, 出た暗鬼で実際, 出た暮しをし, 出た暴擧と取れない, 出た暴風雨である, 出た曲者が外, 出た曹軍の夏侯惇, 出た曾丹後が渾名化, 出た最早十一時を, 出た會元及び三及第者, 出た月光のやう, 出た月杖という俳諧師, 出た月江は磯, 出た有島氏のイブセン, 出た有野村の百姓大尽, 出た有馬家文書の島原, 出た有馬家文書中の一資料, 出た朝凧をあげた, 出た朝陽が光, 出た朝顔がかね, 出た木の根を引っこぬい, 出た木片ぶきの, 出た木組ながらこの, 出た木臼の上, 出た木部の顔, 出た木鋏を構え, 出たに関氏, 出た末ここの秩父, 出た末他家へ片付け, 出た本位田又八の母, 出た本名の威力, 出た本当の遠慮, 出た本文の暗号, 出た本歌だけに, 出た本草学の爛熟時代, 出た本誌の論文, 出た本陣の娘, 出た朱塗りの膳, 出た朱粲のこと, 出た杉本さんのあと, 出た材料ではない, 出た材木は使用, 出た村長や百姓たち, 出た杓子も出た, 出た束髮に取り上げ, 出たは打ち, 出た東京行き急行列車がホーム, 出た東北の町, 出た東家という芸者屋, 出た松虫草の花, 出た板張りの床, 出た林之助はここ, 出た林倭衛の, 出た林彦三郎は一應宿元, 出た果し状を見せました, 出た果樹や杉, 出た枝上に互生, 出た某氏の自分, 出た柔かい土と, 出た柳田平治にとっては予想, 出た柳田氏の, 出た柴田が恐らく, 出た柴田勝家のそれ, 出た柿崎六郎兵衛は旅籠町, 出た柿江は創成川, 出た栗飯が出た, 出たという娘, 出た桂子のなかなか, 出たの枝, 出た桃色のネル, 出たを見, 出たを, 出たにのっ, 出た森君は後戻り, 出た森野の胸, 出た椅子でもいや, 出た椎茸の揚物, 出た楠木多聞兵衛正成をさす, 出たく上等, 出た極度の大声, 出た楽がきのごとく, 出たの手元, 出た槍なだらかな南岳, 出たの枝, 出たか栂, 出たの傍, 出た権太郎はぬき足, 出た横綱と噛み合わせ, 出たの木位, 出ただつた, 出たにかれ, 出た次兵衛が纔, 出た次第にございまする, 出た欧州航路の船, 出た歌風さうし, 出た玄家等の, 出た正成の姿, 出た正教員のぱりぱり, 出た正直なところ, 出た正行はすぐ, 出た此上に年々修繕費, 出た此伝説は何, 出た此宿の客, 出た武士が皆面部, 出た武士気質はなかなか, 出た武者声であるまいか, 出た歴史に関する書物, 出たり近道, 出た歸路迦旃延が坐, 出た死人の写真, 出た殉死とは違う, 出た殊に当家の, 出たるの, 出た殿で何, 出た殿様の一行, 出た毛だらけの素足, 出た毛細管の鮮やかさ, 出たとしてはニーチェ, 出た民俗が大変, 出た民子の後, 出た気勢が微塵, 出たづかれとでも, 出た水上で製作, 出た水夫長のうしろ姿, 出た水島家の伝書, 出た水無瀬女は浅黄, 出た水草としか思われない, 出たを包んだ, 出た永く臥て, 出た永井荷風の, 出た江戸歌舞妓では大, 出た江漢老先生, 出た池田氏兄弟は兄, 出た池部の一番, 出た汽船が著く, 出た沓脱ぎの石, 出た沙汰か, 出た河内介と云う, 出た河勝と桃太郎, 出た河原の岸, 出た河津氏と最後, 出た油ぎってニチャニチャする様, 出た油汗が大きな, 出た泊瀬の檜林, 出た法政騒動談を読ん, 出た法案なるもの, 出た波多野家の諸, 出た波路の白い, 出た泥水がものすごい, 出た注意という, 出た注進によって玄心斎その他, 出た泰造と多, 出た洋服をき, 出た流れを汲ん, 出た流言も歳, 出た流説とは誰, 出た浅井君はほっと, 出た浅慮どうぞわたし, 出た浜辺から祈る, 出た浪人が台所, 出たは見えない, 出た海老団治は卑屈, 出たを布巾, 出た淋しい新妓, 出た淡泊な訪問, 出た深雪が益満, 出た清十郎はもう, 出た清岡の身, 出た清澄の茂太郎, 出た清麿はう, 出た渡舟のうち, 出た渡船には職工, 出た温かい深い配慮から, 出た温湯で次々, 出た温順篤実な男, 出たはそれぞれ, 出た渺々とした, 出た満月ぐらいの大き, 出た源三郎は, 出た源内は七, 出た源吉はこんなに, 出た源空すなわち浄土宗, 出た滝太郎はすっくと, 出た漁船の群れ, 出た漢委奴國王の金印, 出た漢文の, 出たの音, 出た瀬戸焼きの便器, 出た火の手は放火, 出た火山の産, 出た火影に映る, 出た火焔の末, 出たは西行, 出た為め工場で過っ, 出た髪の, 出た無名の青年, 出た無形の自分, 出た無知の方, 出た無茶だから, 出た無蓋二輪の馬車, 出た無論金製である, 出た煎茶を客, 出た煙はじゅくじゅくした雨もよい, 出た煙山は先ず, 出た照天姫を挿入, 出た熊さん八さんでも, 出た熟語いづる湯, 出た熱情が固く, 出た燈火の光, 出た爆薬だってこと, 出た父九郎右衛門の跡, 出た父母がとっくに, 出た父親が手, 出たいさんが, 出た爺さんも余り, 出たはずし, 出た片岡君の文章, 出た片端に面影, 出た版権法修正案が大学, 出た牛蒡の種, 出た物ゆえ竜が直し, 出た物置の外, 出た特殊の商売, 出た特赦の第, 出たや馬, 出た犬歯が何となく, 出たの進藤延一, 出た状況で最も, 出た狂人の表情, 出た狂気の幕府, 出たのよう, 出た独り言にほかならず, 出た独創と云, 出た狼狽であること, 出た猪八戒先生が, 出たのよう, 出た猿田彦をもまた, 出た獅子の口, 出た玄徳の車, 出た率直な叫び声, 出た玉井勝則が原田家, 出た玉鬘夫人が見, 出た王彦昇である, 出た王莽といふ大, 出た王達とを並べ, 出た玩具の鳴物, 出た珍物を愛で, 出た實主義物質主義に, 出た現在のお, 出たであったの, 出た瓦版じゃ瓦版, 出た甘いものを, 出た甘味と粘着力, 出た生きがいをしみじみ, 出た生徒達は上手, 出た生活に疲れた, 出た生真面目の意見, 出た産児制限ですね, 出た産科小児科医だそう, 出た用人は飽, 出た田村と云う, 出た田村論の駁論, 出た田楽や猿楽能, 出た田楽師であつ, 出た田畑財産は段々, 出た田舎びとが京, 出た田部井氏はどう, 出た田部岡林及岡町行乞往復六里少々草臥れた, 出た由来を申しあげた, 出た由顔つきまるで違った, 出たと乙, 出た申立の外, 出た男児だ人間, 出た男爵は, 出た男衆とが米友, 出たに出た, 出た留守伜の文次郎, 出た畜生を煙管, 出た番太郎がみすみす, 出た番頭にも按摩, 出た異分子も入, 出た異様なわけ, 出たが敷い, 出た當初の鮮かさ, 出た當座の意氣込み, 出た當時のこと, 出た當時一高にゐた, 出た當時十分彼の一身, 出た疎らな人影, 出たひの, 出た病気だ下手, 出た痕跡が明らか, 出た痛切な叫び, 出たに毎日, 出た発想法が他, 出た発掘物の中, 出た発明は詰らぬ, 出た発財をポン, 出た登山路はすっかり, 出た白い細い上品な, 出た白刃であった, 出た白刃そのものをぶらさげ, 出た白拍子舞も曲舞, 出た白旗を取り上げ, 出た白髪の郎等, 出た百蔵あたりがかなり, 出た一応入り, 出た皇子の御歌, 出た皇子宗良の姿, 出た皇帝が立ち, 出た皮肉も交じっ, 出たは受けません, 出た監視船の隼丸, 出た目明しの万吉, 出た目標の一つ, 出た直ぐあとだったので, 出た直ぐわきの陸奧館, 出た直ぐ後で矢張り町内, 出た直後博士が起き, 出た直枝である, 出た直衣で裏, 出た相川良之介の遺書, 出た省略やら最初, 出たくぼんだ小さな, 出た眉毛を顰め, 出た看守の顔, 出た真喜が遊び, 出た真正面へはた, 出た真知子にはその, 出た瞬間目まひを感じた, 出た矢張この作者, 出た短い髯に, 出た石ころ道を少し, 出た石器時代からの古い, 出た石子刑事の足, 出た石山の婆さん, 出た石田清左衞門の顏, 出た石膏のかけら, 出た砂金や土産, 出た砲弾と殆, 出た破廉恥漢の醜, 出たであった, 出た社会主義思想家と第, 出た社会的環境の偶然, 出た社会組織上の古語, 出た祈りの歌, 出た祖先からのなら, 出た祖母の後, 出た神主が蚊, 出た神名だと, 出た神官は尾州, 出た神山外記が云う, 出た神樣はクニノトコタチ, 出た神秘な精神たち, 出た神経的な特異, 出た神經を更に, 出た祭りに対して勢力, 出た禰宜様宮田の目, 出た私たちをタキシ, 出た私ども家内が, 出た私ア死ぬ苦み, 出た私兵か, 出た科学物体がまだ, 出たへである, 出た種子が灌木, 出た種目も出来る, 出た種類にスキヤ, 出た穀物を国中, 出たには銀河, 出た空想ではない, 出た空罎にはいろんな, 出た突き当りの広やか, 出た窮策であった, 出た竊盗囚が再び, 出た立ち樹の枝, 出たの話, 出たに鶴, 出た端山間に遠い, 出た竹塚東子の, 出た笠井にちょっと, 出た第一歩に強か, 出た笹村は足, 出た笹田が見えない, 出た筈三日目の九月十二日, 出たが乗り捨て, 出たは多く, 出た箱屋迄が, 出た築地の塀, 出たをのぞい, 出たによって一藩, 出た米友がこんな, 出た米田先生の論文, 出た米田庄太郎先生のいくつ, 出たを極, 出た粉熟であったが, 出た粋茶屋らしい一軒, 出た粕谷で唯一人, 出た粗い二本の, 出た粮米方の武士, 出た精虫の一, 出た精霊と巫女, 出たを細い, 出たを指, 出た紋十郎がこれ, 出たを前方, 出た造の, 出た純粋な古代論理, 出た紙入れをあらため, 出た紙片は金藏, 出たはいずれ, 出た素子は四時頃, 出た素晴らしい別嬪でございます, 出た細い巷路を, 出た紳士青年商人学生取り交ぜの, 出た紹巴や宗祇, 出たであるから, 出た経済学部の一学生, 出た経済安定本部の経済白書, 出た経路であり同時に, 出た結婚の真相, 出た絛蟲と絛蟲, 出たは片, 出た綺羅子はナオミ, 出た綺麗なお, 出た綿入れは大島, 出た総代と共に半蔵, 出た総領のよう, 出た緑盤の動く, 出た緑色の文字, 出たこそ女史, 出たによつて, 出た縁側から飛出しました, 出た織田信長偉い武将, 出た織田信長殿よりほか, 出ただ, 出た罪悪である, 出た署長を制し, 出た美人は敷居, 出た美学者の本, 出た美男になる, 出た美貌を行燈, 出た義雄論を反駁, 出た義髄は京大坂, 出た羽織は脱ぎたい, 出た羽織芸者の夢八, 出た翌々年のこと, 出た翌年かに巌本善治氏夫妻, 出た翌年千八百八十年でコーペンヘーゲン, 出た翌年近藤夫人の尽力, 出た翌月であらう, 出た習慣が出来た, 出たのすきとおる, 出た老子の如き, 出た老母や子供達, 出た老臣が, 出た考えだと, 出た者達で三人四人, 出たして, 出た職務であつ, 出たをまた, 出た肉わたくしの最愛, 出た肉体を目がけ, 出た肉腫で肩, 出た肉親の帰り, 出たの辺, 出た背中をジッ, 出た胎盤だったの, 出た能力の結晶, 出た脂汗を拭う, 出た脚絆を締め, 出たに淺葱縮緬, 出た腕木が折れ, 出た腕飾も出た, 出た腸石胆石等は憂鬱病, 出たとブランデーやけ, 出た腹水と膜嚢, 出た膃肭臍の樣, 出た臓腑をかき分け, 出た臨時列車で満州, 出た惚だ, 出た自ら閉門謹慎の意, 出た自信がある, 出た自分たちというもの, 出た自分等夫婦は杜鵑亭, 出た自分鰻屋の出前持, 出た自動車の運転手, 出た自嘲の言葉, 出た自己嫌悪の旗印, 出た自由というけち, 出た自虐的な好奇心, 出た與助男の鼻血, 出た與吉はづツ, 出た舞人は宮廷, 出た航海の日, 出た船而かも真夜中, 出たの黒い, 出た色彩が施され, 出た芥川が, 出た芥川家の女中, 出た花嫁の行列, 出た花嫁君を見る, 出た花聟と悲嘆, 出た花車はもう, 出た芳年の画いた, 出たなの, 出た芸者女中がそんな, 出た芸者屋が立ち並ん, 出た芸能である為, 出た芸謡ではなかつた, 出た芽生えに向ける, 出た若党のご, 出た若冲の御物, 出た若山丸は無事, 出た若手幇間になった, 出た若者の死骸, 出た苦労人である, 出た苦衷も何, 出た英也も続い, 出た英名パシルトリーは肉食採卵, 出た英文の著作, 出た英語の達者, 出た英雄豪傑を有難がらねえ, 出た茂吉の, 出た茂太郎は弁信, 出た茂野が怪しく, 出た茄子の燒きがどこ, 出たは私, 出た茎先にとまります, 出た草地に足, 出た荒壁に投げつけた, 出たでもキチン, 出た荷方の仙太郎, 出た菅子は髪, 出たの枝, 出た葉腋にあっ, 出た董一家の者, 出た葬いをもう一度, 出た葬列はおよそ, 出た蒔絵の箱, 出た蒲団が遠慮なく, 出たの花, 出た蓮太郎は湯気, 出た蓮太郎今は戸板, 出た蔡文姫がその, 出た蔵人を兼ねた, 出たのやう, 出た蕎麦のこと, 出た蕎麦切が縺れ合っ, 出た蕭照も年, 出たの幾箇, 出た薄い煙が, 出たの一名, 出た薔薇の枝, 出た薙刀の一颯, 出たの外, 出た藝者の聲, 出た藝者たちから私, 出た藤吉勘次彦兵衛の三人, 出た藤尾にさえ調子, 出た蘆刈りの件, 出た蚰蜒じゃありません, 出たのよう, 出たは新, 出た蜃楼海市か忽然と, 出た蜃氣樓のやう, 出た蝙蝠のよう, 出たを執拗, 出た蝶々髷も出た, 出たが飛ぶ, 出たという身, 出た血族者間の話, 出た血溜りが丁度, 出た血痰も薄まり, 出た行事に相違, 出た行商群の一人, 出た行宮の近衛武者, 出た行方不明の, 出た行為動作もしくは立場, 出たで, 出た表向きの蛇たち, 出たの方, 出た裏門から紫陽花, 出た裸体の赤児, 出たのあわ, 出た褒美だ, 出た襟脚の可, 出た西周の, 出た西洋間の食卓, 出た要求を自分, 出た覆面はお寺, 出た見事なる朱柄, 出た見習警官が云った, 出た親しい友だちの, 出た観世清次は白, 出た観客のやう, 出た観察点に至つて, 出たえが, 出た角兵衛獅子の一行, 出た角力共々に, 出た解釈かも知れぬ, 出た言わば儀礼的な, 出た言動に範, 出た言葉頬の色, 出た計りで次, 出た計画と見える, 出た記事が最近, 出た記録ではない, 出た訳本も数, 出た註文を不意, 出た証人もある, 出たの全集, 出た詩人達は彼女, 出た詩集の一, 出た詫びでもある, 出た語り歪めでは, 出た語尾でなく却つて村, 出た語気は彼, 出た誠にかえってより多く, 出た誠一の足, 出た誤りではあるまい, 出た誤聞であります兼吉, 出ただろう, 出た説教節や幸若舞曲風, 出た説明のできない, 出た説経の, 出た読売の方, 出たか出ず, 出た調合葡萄酒が出た, 出た調子で, 出た諸国大小名, 出た諸説を攷, 出た謝混がその, 出た譯ぢやございません, 出た護謨輪は電車通り, 出た讀後の感想, 出た象牙細工のよう, 出た豪毅な気性, 出た豹一の顔, 出た販の, 出た財宝は今誰, 出た財布の錢, 出た貧しい人の, 出た貧相な男, 出た貪婪さが溢れ, 出た貴方は物音, 出た賀来子の顔, 出た賑やかな町, 出た質問である, 出た賽の目を信じた, 出た赤松の枝, 出た赤格子の巨船, 出た赤瀬春吉は窓, 出た赤絵鉢の中, 出た赧ら顔が鏡, 出たがある, 出た趣意が立たねえ, 出た足利直義の本軍, 出た足取りもよかつ, 出た足袋をはい, 出た跡ゆえ向でも容易, 出た跡尾花屋からかかりし, 出たはこの, 出た蹄鉄をつけ, 出た身の丈抜群な男, 出た身寄か親類, 出た軍人だが, 出た軍配虫それ等から想像, 出た軍需や足がかり, 出た軒下にビリヤード旭亭, 出た軽い嘲笑を, 出た農兵の召集, 出た辻斬は女, 出た近侍の小姓, 出た近所の売子, 出た近江の守, 出た近頃い, 出たで近所, 出た剥ぎの, 出た用例で, 出た途上でこれ, 出た途中まわり途をし, 出た途端妾になる, 出た途端弓子は一人, 出た途端旅人の眼, 出た途端田丸活平は自分, 出た途端自分が殺人犯人, 出た通りを行為, 出た通り何か仕事, 出た通り竜の属, 出た通知状は巴里, 出たましい両, 出た逞しい筋肉だ, 出た遊び人風の男, 出た遊女も大勢, 出た過去の幽霊, 出た道すがら偶然茅葺屋根の, 出た道庵もまた, 出た道端で太宰さん, 出た道行ぶりが記, 出た遠賀川のほとり, 出た遺書は誰, 出たりが, 出た邦夷らは再三, 出た部屋でその, 出たで, 出た鄭濂と云, 出た酌婦へ江戸, 出たが出た, 出たふた元気, 出た酔いどれ紳士かなんか, 出た酔客がまだうろうろ, 出た釆女はそこら, 出たなる歴代, 出た重い露を, 出た重太郎は今や, 出たの美し, 出た野侍としか見えない, 出た野婆の腰間, 出た野獣のよう, 出た野菜の店, 出た金五郎が町角, 出た金目のもの, 出た金菱の態度, 出たが打たれた, 出た釘拔のやう, 出た針問屋にあたる, 出た針金が二本, 出た針金越しに別, 出た釣り眼の長, 出た鉄扉がずらりと, 出た鉄瓶大の石, 出た鉄道の局員, 出た鉱石がそもそも, 出た銀三が, 出た銀之丞千六の二人, 出た銀杏返しも出た, 出た銃猟家を四五人, 出た銅貨はほんの, 出たと自分, 出た鋪装道路の上, 出た錆お前さんには同情, 出た錆ぢやない, 出た錆私としては早く, 出た錢易の, 出た鎔岩が遂に, 出た鎖国政策はヒステリック, 出たが本当に, 出た鐘楼でがんがんと, 出たさは, 出た長岡家の家士, 出た長方形の箱, 出た長次郎が休ん, 出た長篇小説でその, 出た長蔵さんが振り返っ, 出た門下たちに肚, 出た門口へ二度と, 出た門徒勢のため, 出た開拓の方法, 出た閑枝は朝, 出た間もなくこれから新聞社にでも, 出た間投詞又は語尾, 出た関羽張飛の両, 出た闘牛士を追っかけ, 出た阿賀妻は目, 出た附近の地理, 出た限り帰らない時, 出た限り二十有余年の間, 出た除毒催吐の効, 出た陰謀だ, 出た陳彩はたった, 出た陳調元の優勢, 出た陸地測量部の三角点, 出た陸地測量部員が去年, 出た陽気で簡明切実, 出たは僅か, 出た階級的な新聞, 出た際勝家から最初, 出た障子が廊下, 出た雀ずしを夢声さん, 出た雄蕊がみんな下, 出た雑言じゃたわけ, 出た雑誌の創刊号, 出た雛妓とわたくし, 出た雜誌鵜川の編輯者, 出た雨傘を持っ, 出た雨落ちの石, 出た之丞, 出た雪車は路, 出た電燈が見つ, 出た霊魂は多く, 出たの精, 出た露天ホームまでは届かず, 出た青磁色の, 出た青筋にさえうかがわれ, 出た青葉でもなく, 出た静脈の走る, 出たとが悠長, 出た非常の時, 出ただけがともかく一応, 出た面白いものが, 出た面白味がある, 出たはおかみさん, 出たの韓非, 出たのよう, 出た音吐朗々ではない, 出た響きがあった, 出た頃サヴァイイから帰る, 出た頃ミシガン大学の総長某氏, 出た頃下の方, 出た頃乗合いのうち, 出た頃原は眺め入っ, 出た頃歸ると, 出た頃看板に書かせた, 出た順路の日取り, 出た頬骨の下, 出たのあたり, 出た額ほっそりした頤, 出た顔つきでひろ子, 出た願いでないという, 出た風習と思ふ, 出た風説やら越前守, 出た飛行場員達が後で, 出た飛行船は, 出た飛鳥の黎明, 出た飜譯は千八百八十二年イギリス, 出た飯尾さんの眼つき, 出た飼主に鼻面, 出たの肌, 出た養子の娘さん, 出た饗膳にも裏日本, 出た首里大巫, 出た馬春堂が何, 出た馬遵は城外三十里, 出たじゃ, 出た駒井船長は北上, 出た駒吉は濱町, 出た駕籠にちげ, 出た騎兵たちは死んだ, 出た高巌寺の銀蔵, 出た鬼才パラセルズスはダイヤモンド中毒, 出た鬼熊は何代目, 出た鬼熊そっちを突ッ, 出た鬼熊ソレ出た鬼熊, 出たのよう, 出た魔物のよう, 出たのよう, 出た魚師かなにか, 出たの川, 出たのよう, 出た鯨肉の水たき, 出た鳥沢の粂, 出た鳶魚先生の, 出たを追いかける, 出たがが, 出た鶴吉は直ぐ, 出た鶴雄は木屋町通り, 出た麦畑の間, 出た黄ろな顔, 出た黄金づくめ, 出た黒子の一件, 出た黒影はいよいよ, 出た黒繻子の帯, 出た鼻血でありました, 出たの上齒ぐき