青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「出した~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~出かけ 出かけ~ ~出かけた 出かけた~ ~出かける 出かける~ 出され~ ~出し 出し~ ~出した
出した~
~出す 出す~ ~出た 出た~ 出で~ ~出ない 出ない~ ~出ました ~出よう 出よう~

「出した~」 9995, 108ppm, 1000位

▼ 出した~ (2297, 23.0%)

262 である 174 です 11873 であった 49 では 292523 だった 22 だが 21 はその 19 であります, ですが 18 はお, を見 17 であるが, を見る 16 はこの 15 だから 14 だと 13 さ, だらう, でした 11 だろう, も無理 10 であろう, はもう 9 であるから, は八五郎, もその 8 であったが, はそれ 7 だそう, でしょう 6 だよ, でありました, ですから, はそれから, はまだ, は何, は全く, は決して, は誰, もある 5 かい, が始まりで, だつた, でも, は今, を見た

4 [12件] か知らない, か私, が, がこの, であろうか, はあの, はつい, はもちろん, は今夜, は例, は彼, もこの

3 [22件] かそれ, かも知れない, か自分, じゃない, だらうと, であると, ですか, と同じ, はここ, はそんな, はどう, はどういう, はガラッ, は前, は勿論, は大正, は彼女, は私, は紛れ, は自分, を聞い, を聞く

2 [86件] かそれとも, かといっ, かと思ったら, かと訊く, かまた, か知りません, がお前, がほの暗い, がよく, が元, が即ち, が失敗, が悪い, が意外, が或, が病みつき, が私, が秋山さん, だけさ, ださうだ, だつたが, ぢや, でございます, ですね, ですもの, ですよ, で御座います, にも係, に気づい, はあまり, はいう, はお前, はこれ, はちょうど, はどんな, はまさに, はやっぱり, はよほど, はガラツ八, は一つ, は一人, は三人, は下女, は中, は主, は丼, は云う, は僕, は六十, は六十前後, は初めて, は取る, は外, は女房, は家, は数年, は數年, は明治二十三年, は村, は次, は此影, は氣, は法律, は父, は番頭, は當, は真紀子, は竹山, は若い, は虎, は賢い, は酒井, もあの, もまた, も事実, も或は, も決して, も高取, を, を一人, を幸い, を怪, を感じた, を知った, を耳, を覚え

1 [834件 抜粋] いつまで, かえ, かこの, かさへ, かしく, かじいじい, かそう, かただし, かとそっと, かとも思われ, かと不思議, かと思いよる, かと思つて, かと疑わず, かと耳, かと質問, かね, かふい, かも知れぬ, かも知れません, から先, かわけ, かコゼット, かロロ, か今朝, か出られちまった, か分らない, か又, か右, か屹度, か幅, か後, か心持顏, か感傷的, か手, か気, か百円, か知ら, か知らねえ, か薄暗, か言つた, か訳, か誰, があります, がありません, がいつか泊り客, がこちら, がし, がその, がなる, がなんで, がまちがい, がれい, がわからなく, がキッカケ, が一八四五年十一月六日, が不思議, が主人, が亀島町, が五月, が今度行, が倖, が分つた, が前列, が南, が四時ころ, が基, が大きな, が大型, が奥, が孔子, が実は, が小箱, が巨大, が幸田成友君, が役人側, が彼等, が怪しから, が怪談がかり, が恥かしくなつ, が悪かっ, が所謂新撰組, が明治二十年, が明治十八年, が最後, が枝, が次第に, が毎晩小屋, が気に入っ, が氣, が消し手, が炭団, が番頭, が白雲, が自分, が自然主義, が警部, が運, が金三百円, が隣, が頑固, が鼠, さえ寒く, その返事, だか, ださうで, だそれ, だったろう, だとは, だなん, だね, だろうか, だろうと, だろうという, だろう位, だ東京, ぢやと, でありましたが, であり政権, であるか, であろうが, であろう立派, でございました, でございましよう, でござる, でしたが, ですそして, です私, でなくって, でなく外, でなく彫工会, とかの, とは違っ, と嘉吉, と理窟, と石碑, と音, ならその, ならば, なら大, について, につれて他, にはがつかりした, にはもう, には一同, には呆れ返った, には驚いた, には驚かされました, にむかつ, にも一向, にも拘はらず, にも無理, に因る, に対してカタリナ, に対して秀吉, に対して雪枝さん, はあえて, はあるいは, はいったい, はいつ, はいつか大阪, はいわれる, はおい, はおもしろい, はお祖母さん, はかえすがえす, はかなり, はかよ子, はこう, はこのごろ, はこんな, はさ, はさすが, はしかし, はしたたか酒, はす, はすぐ, はすでに, はずつと後, はそれだけ, はだあれ, はていねい, はどこ, はなに, はひそや, はほんの, はまことに, はまず, はまるまる, はみんな立派, はもう余程, はもしや, はもとより, はやまぶき, はやや, はよい, はよく, はインガ, はオラムピック準備委員会, はキユヰエエ, はサイン帳, はジプシイ, はスイス, はダアジリン, はツイ今しがた, はノロちゃん, はハドソン, はミスラ君, はユニヴァーサル映画会社, は一たい誰, は一九三五年八月三日, は一家康, は一見, は丁度八十四, は七十歳, は三十前後, は三時四十分, は三浦政太郎, は下谷一番, は不思議, は中学生, は事務, は事務長, は二十一, は二十三四, は二十五兩包, は二十四五, は二十歳前後, は二度目, は五六年前, は五十年配, は亥, は亥刻半, は人物経済眼, は人間, は今にも, は今晩, は伊那, は伯父, は何かしら不安, は何の, は何人, は余人, は余程, は侍従頭, は元成, は充分, は先刻ネープルス港, は先刻柳糸子, は先刻裏, は先日私, は八木原宿, は八百五十石, は六寸, は兵站総監ジエエムス・ドラマンド, は其, は冷たい, は分つ, は別に, は勘三, は十八九, は十六, は千早, は即ち, は去年十一月頃, は古くさい, は古本屋, は古狐, は可, は名誉, は名誉さ, は君, は品行, は商人, は問題, は四十五六, は四十前後, は国々, は土筆屋, は地雷火, は城介, は変, は多分, は大体次, は大方, は大月玄蕃, は大隊副官, は奈良, は奏楽, は女方術師, は如何なる, は妖気, は始末, は子供時代, は実は, は宵の口, は寢卷姿, は寺田寅彦, は将軍家, は小さく弱く, は小さな, は小林氏, は少, は少い, は居士, は岩, は岩丈造り, は平安, は平次, は幸, は幸坊の, は幾片, は引田妙源, は当然, は後の祭り, は御, は徳川幕府取締り上, は思いがけない白い, は思いき, は思ひき, は悠紀, は愉快, は手代, は手拭, は手梱, は拔, は數年前, は斎藤緑雨, は日雇, は明, は明治以後といつて, は明治四十一年, は明治廿三年, は昔, は昨夜, は昨日半日, は昭和六年以降, は書生, は未醒画伯, は村松検事, は梛, は楊梅, は極, は横, は次郎, は正午ごろ, は此方, は殿下, は母親, は江戸中, は池上, は波, は浪人者, は深い, は渡り, は澄んだ, は火傷だらけ, は無論, は猪, は現今, は田山氏, は甲府, は男, は町内, は疲労感, は皆んな上等, は真赤, は矢代自身, は矢木城介, は確か, は神戸, は福, は秀吉, は秋, は程遠から, は突発的, は筋違い, は米国, は紙包み, は細川三斎, は絵師, は置文, は翌, は老, は肴屋, は背, は臺町, は船, は艇長デニー博士, は苦虫, は菓子, は薬, は藤, は蝋塗鞘, は血, は西瓜, は見廻り, は言うまでもない, は言語道断, は誠に, は變ぢ, は赤茶気, は趙太爺, は足利時代, は近頃, は逞しい, は遅い遅い, は金森五郎八, は銀座, は銀杏返し, は錢形, は隅, は隠居, は雁字がらめ, は青嵐居士, は靜修庵, は頬, は顔, は顕著, は駒形, は髯将軍, は魂, は鼠, もありました, もおそらく, もお前, もここ, もじつに, もそれ, ももと, もやはり, も一しょ, も不思議, も与八, も事實, も先住, も其間, も十五日, も可笑しい, も同郷人, も宗太, も掛け合, も有る, も束の間, も癪, も知らず知らず, も祖父, も聞捨て, も親, も貞世, も魯文, も鶴次郎, や青い, らしい, をい, をお, をご存じ, をさいわい, をだれ, をひざ, をぼんやり, をわざと, を丹波, を主膳, を二人, を何, を何がなし, を使い, を初め, を受け取っ, を喜んだ, を女将, を姫君, を寄っ, を弟分, を彼女, を恥ぢる, を或, を披, を整理, を気, を無論, を着た, を知らなかつた, を知りません, を耳木兎, を聞け, を自ら, を見つけ, を見とどけ, を見ました, を見れ, を認める, を誰, を阿, を非常時, を鶴さん, サ, 判るわ, 猿股一つで

▼ 出した~ (613, 6.1%)

11 それは 6 それが 5 これは, 急に 4 お定, これも, 不思議に, 今度は 3 すぐに, それも, 不意に, 兎も, 彼は

2 [16件] その時, その首, それを, モウ三本しか, 今日は, 初めは, 少しも, 後の, 心の, 方角が, 暫くする, 直ぐに, 私は, 自分で, 衣服といつても, 遽かに

1 [523件 抜粋] ああ主観的, あいにく私, あとに, あの二人, あの有, あまり気, あやまりじゃ, あんまり肥っ, いいと, いきなり, いくら描い, いつのまにかまた, いつもめでたい, いつも寂し, いまだに酔い, いま殺られた, いやいやと, いわゆる小国, いわれるまま, おめ, おれは, お今, お光一人, お内儀, お身ら, お高, かうな, かえってさばさば, がんりきの, きっと先生, こういう現代, ここで, ことし信長は, この団扇, この声, この学者, この手紙, この比較, この長持, この頃, これと, これを, こんどは, こんな酒, さう, さすがの, さてどうにも, さて木, しかしその, しぐれの, しばらくたつ, しまいにそこ, しまいには, すぐその, すぐまた, すぐ祖母, すると戸, する程, そこの, そこは, そこへ, そこらへは, そのあと, そのうち, そのざわめき, そのじっと, そのせい, そのとき気, そのとたん, そのま, そのまん中, その一歩一歩, その両手, その中, その予約申込者, その云う, その人達, その冒頭, その出し, その割り, その創刊号, その声, その年, その後外国にも, その後嫁に, その時お玉, その時火, その概要, その様子, その横町, その湯呑, その男, その盆, その眼, その笑, その翌日, その自序, その話, その足数, その速い, その道の, その長, その間に, その間も, その首あたり, それから半町, それでも合羽, それでも請取証, それに, それには, それにも, それまで, それよりも, そんな二度, そんな問答, たいしてそこ, ためである, ちょっと改まった, ちらと, つたのも, とうとう道, とたんにきゃ, とても寒い, とめる気, どうしても思ひ切れなかつた, どうやら後ろ, どう為, なお心外, なぜか, なにぶんにも, にわかにブルッ, はじめの, はたと当惑, はや, ひと目徳太郎の, ひどくそれ, ふとその, ふと立ち止つた, まあ関わず行け, また抜足, また考えた, まだまだ醒めない, まったくの, みんなおれが, みんなは, もうぐっと落ち着い, もうその, もうそれ, もう一度典厩, もう万事, もう世, もう仕方, もう気, もう訊くまい, もう間に合わなかった, ものの, やがてぱったりと, やがてまた, やがてまた丸い, やがてガラガラ, やがて事務, やがて半紙, やがて手, やがて松虫, やがて生欠伸, やがて茶色, やがて顏, やつと, やめる, よかろう, よく調べ, るいといふ, わざと意地, わたしが, わるさ連, ドーブレクは, マツチが, ラビッシユといふ, 一つには, 一分経つ, 一分經つても, 一年足らずで, 一応家, 一錠一朱といふ, 丁の, 三田は, 上の, 不味かった, 不図, 世間一般は, 中途で, 丸山勇仙は, 久しく使用, 之に, 之を, 二三間先の, 二三間行く, 二人の, 二時間と, 二重扉を, 云う迄も, 五六時間も, 五六歩する, 今が, 今では, 今年は, 今見る, 他の, 代に, 以前の, 会津でも, 伝七は, 伸子は, 住所が, 何しろお, 何だか不安, 何だか困っ, 何となくどこ, 何れの, 何れも, 何んと, 何処へも, 何分夕景, 何物にも, 余所の, 僕は, 僕も, 元祖は, 先に, 六助だけは, 其の時, 其れ, 其内田舎住居を, 内外情勢を, 円朝は, 再び林, 出ちがって, 初夏を, 別けても, 別に何, 別に其の, 前と, 力つきて, 加藤医院の, 加藤醫院の, 効性の, 包んで, 医者の, 千葉周作が, 半七, 半蔵は, 博士は, 双方ともに, 叔母さんは, 叔母は, 取って, 取り合われなかった, 句に, 吉五郎の, 向うへ, 吾, 問題を, 善八は, 四囲は, 固くなりかかった, 固より, 国境以外は, 境内中門の, 夕方来る, 多くの, 多勢に, 大アニキ, 天皇は, 夫れ, 奥から, 女は, 女子供に, 女房たちは, 好かろう, 如何さま敵は, 妻君とりら子の, 婆さんは, 嬰寧が, 子規氏は, 宇三郎は, 宗助の, 富岡からは, 富岡は, 寒さ, 寝て, 小さい枕, 少しく追加, 少し降ってる, 尚其行き, 山吹色の, 山嵐は, 岡山地方で, 市街は, 師礼を, 幇間の, 平助は, 平均一時間に, 平家を, 庁の, 当中納言家, 彼の, 彼を, 彼女の, 彼女は, 彼女曰く, 彼等は, 後に, 後のか, 従いて, 御米, 忽ちぎよつとした樣子, 忽ち又, 忽ち驚き悦, 急いでるの, 恥だ, 息子から, 慰撫され, 憤怒は, 懐に, 我々が, 我すら, 或る, 所詮此雷雨, 手が, 手に, 手は, 改めてお前, 散歩が, 敷居を, 新らしけれ, 日本人記者で, 明るむどころか, 昔の, 昨夜は, 昨日の, 智恵子清子静子の, 智惠子清子靜子の, 最も負けた, 最後いくら, 最後それらの, 最後どの, 最後なんと, 最後の, 最後イヤと, 最後思い入れ恥を, 最後支出金の, 最後気ちがいの, 最後永久に, 最後疑う, 最早何事, 未だに返辞, 本会員中, 本当の, 札束が, 杳として, 果して思った, 柔和な, 校門を, 桃の, 横畷少し, 樺太ノダサンの, 櫓を, 次郎は, 歌句は, 此の, 此の方が, 此も, 此日も, 歩いて, 残暑の, 毎号赤字続きで, 気がついて, 気の, 気の毒だ, 気候も, 汁が, 沖縄の, 沢山の, 活動写真を, 流石に, 流石は, 浦河に, 渠自身の, 渡さずに, 火を, 火燵といふ, 灯が, 無いもう, 然し彼女, 燈なし, 父母は, 爺さんには, 物に, 犬を, 生憎の, 田口七郎兵衛は, 申しわけない, 男たちは, 町角の, 皆だれも, 皆目分らない, 皮肉めいた, 目は, 直ぐ次, 相変らず揺れる, 相手は, 県会の, 瞬く間, 知つてゐたら, 知れましたろう, 石ころに, 私の, 秋とは, 称ばれる, 程立っ, 立ン坊君正直に, 竜之, 競売係りで, 箱が, 終ひ, 結局この, 義雄が, 義雄の, 翌朝他の, 考え込まざるを, 而も, 聖書に, 胸の, 腰に, 膝頭が, 自分の, 自動車は, 舌の, 船は, 船頭が, 花形役者に, 芸者は, 落着きが, 蓮太郎は, 蝶子は, 衆議は, 見る, 言い直した余り, 諸将, 警部補は, 譲には, 谷五郎には, 貴様たち何を, 費用は, 賛成者僅かに, 贅沢が, 走せつ, 起き上ること, 起ったり, 足の, 足よりも, 足音を, 跡に, 踊りながらも, 軈てお, 車力が, 軽く出端, 返事が, 途中で, 進むに従って, 遊びに, 醫者の, 野副氏の, 金が, 鎌倉の, 長年奉公し, 間もなくげらげら笑い出し, 間もなく姿, 闇の, 阿部が, 院外に, 階子段を, 雨が, 青いもの, 青ざめきった顰面, 非常な, 音羽の, 頓着せず, 顔には, 風の, 飯は, 首尾好く, 馬道の, 馬酔木の, 驚きと, 高輪田の, 鳥居勢は, 黄忠は, 黒い山, 黒い羽根

▼ 出したので~ (522, 5.2%)

34 あつた 18 せう 14 私は 8 私も 5 ござります, 彼は 4 あらう 3 それを, みんなに, 二人の, 驚いて

2 [20件] さすがの, すぐに, すぐ労力, びつくりし, わたしは, 三吉は, 久能は, 今度は, 出来上がらない前, 到頭私, 城太郎は, 堀を, 彼女は, 思わず三吉, 急に, 日本政府も, 止して, 眼を, 自分は, 隣りの

1 [382件] あたし吃驚した, あっけに, あっしが, あっぱれ紅葉館は, あつしが, あつたなら, あつて, あづま踊りの, あとのは, あの髯, あらうかと, あるならば, いさ, いささか意外, いやおもしろい, いろいろと, おかん, おどろき今度, おや, おやおや今時分, おんぶし, お梅, お浜, お涌, これからは, これには, これも, こんな吊, さあこれ, さすが武骨, さつ, さてはやっぱりそうだった, しばらくみつめ, しばらく二人, すっかり驚い, すつかり, ずいぶんびっくり, せう白い, せっかく浮き出した, そこの, そのとき, そのま, そのままその, そのままどかん, そのまま戦場, その中, その後は, その方向, その聞き, その金兵衛, それが, それでパン, それに, それの, それは, それまで, それッと, それ等を, そろそろ日, たじたじと, ちょっと見た, とうとう翁, とても可愛らしく, とりあえずドーニング夫人, どうかする, どうしたい, なんにも, にわかに殺意, はござりませぬ, はっとして, ひょいとその, ひょっとする, びくっと, びつくりしました, ふり返った, ほつと, ほんの一瞬間, ますますおどろい, まず川俣伊予之進, また歩き出した, まわりに, みんなすっかり, みんなびっくりしました, もうどうにも断わる, もう一度見る, もう歴史, もう疑う, もとより好き, やっとアイヌ, やむをえず煮え切らない喧嘩, やむをえず痛い, ゆき子は, ようやく我, よく見る, よく調べ, よんどころなく下車, りん弥, ろくろく敦賀, わたくしは, わたしの, ウルフは, オヤと, カッと, ジッド夫人は, ストーン氏は, ダラリと, トシは, トムさんの, ナイフを, ナマコの, ネリは, ヒョロ子も, ホテルの, ボーイが, ボールは, マイダスは, ルボンは, 一同おぼえず, 一同は, 一座が, 一座の, 一本腕は, 一瀉千里に, 一郎は, 三人の, 三田の, 上機嫌だった, 不味くて, 不審に, 不敵者の, 中腹の, 主人も, 久能が, 二人が, 二人は, 井の, 井上と, 人々が, 人々を, 人間も, 今でも, 今度本に, 今日こそは, 今日は, 今日も, 今水を, 伊右衛門の, 伏目に, 休さん気を, 佐次兵衛も, 何だか気, 何となく言, 何とも勝手, 何事かと, 何事も, 何分にも, 係官の, 信子が, 信玄は, 傍に, 傘を, 僕は, 僕も, 先生が, 先生は, 先鋒は, 入江は, 六十八銭出し, 其以前は, 凡てそれに, 到頭バニカンタ, 前後の, 助った, 労働者は, 勘蔵も, 医師が, 十郎兵衛ついぐっと, 半三郎, 半蔵は, 危篤と, 去年の, 又咽喉, 友仁は, 取ろうと, 取敢, 受取って, 吃驚し, 向い合って, 向うでも, 否応なく, 味も, 噴飯そうと, 四組ほどの, 城内は, 城将は, 外記も, 夜中鼬に, 大に, 大変な, 天文学者は, 天気が, 奴も, 好意が, 妾は, 娘達は, 嫖客の, 学校を, 宇津も, 宗助は, 実に訳, 実際自分, 客人は, 家じゅうの, 家中ごった返し, 富岡も, 寛三は, 小さな丘, 小さな漁夫, 小児らは, 小間使風の, 少しお, 少し硬く, 己は, 巻き上げて, 帰途に, 幸なる, 床の, 庸介は, 彦太郎も, 彼の, 往来に, 後を, 御親切, 復た, 忠明は, 忽ち吹き飛ばされ, 忽ち新た, 怒りに, 思わず眼, 息を, 態, 手を, 按摩は, 捻くつてい, 政法も, 敏感な, 教へ, 数えて, 文次郎も, 新高さんは, 於通も, 旗本は, 早くも, 明日は, 春に, 書かれた文字, 有名である, 東助も, 梶川が, 検事は, 槍へ, 檢温器を, 正時は, 此夜は, 此対話の, 武蔵は, 歩いて, 歳子は, 残り少なくなっ, 母の, 母は, 気の, 気の毒だ, 気持を, 泣出す, 流行歌は, 渡邊は, 湖畔亭の, 湯気を, 源六玉を, 演壇から, 漸う静か, 無意識に, 無論遅く, 煙草の, 熊川忠範は, 爾雅, 物に, 王は, 王莽時代の, 玲子は, 甚内も, 番頭は, 異様な, 病人たちは, 癪に, 皆が, 皆は, 皆一度に, 皆一斉に, 皆賛成, 盃を, 目が, 相手も, 眼が, 石子刑事は, 碩寿翁も, 確証が, 祖母は, 禁じる旨, 私が, 私共も, 秋子は, 空気が, 答へとしては, 終りまで, 綱利は, 美智子と, 群集は, 老人も, 聞く人, 胃も, 膽を, 自分で, 自然相手との, 臺所の, 船窓から, 良兼が, 良吉の, 芯を, 若い代用教員, 若者は, 葉子は, 薬師岳へ, 藤吉郎は, 見物人は, 見直して, 計画の, 詩に, 誰が, 警視庁では, 買うたま, 赤ちゃんが, 起こされる今日, 越前の, 車中は, 車掌の, 輪講は, 近所の, 近所へ, 迷うこと, 退去に, 通りすが, 通行人が, 通行人は, 道臣と, 道臣も, 遠い幻想, 部屋の, 重厚の, 門番も, 階下で, 随分荒い, 隣席の, 雄二は, 雪からは, 電話室の, 露八が, 非常に, 靴の, 頗る当惑, 頭を, 顔を, 騒ぎは, 驚いたの, 驚かされたの, 驚きました, 高木が, 魯粛は, 鱗は, 黄祖は, 黙蛙堂

▼ 出したもの~ (446, 4.5%)

38 である 3427 です 24 ですから 15 がある 13 だから 10 であった 7 もあった 5 だと, であらう, では, らしい 4 があつ, だった, のよう 3 があった, だが, だそう, だろうと, であつ, であります, であること, であると, と見える, に相違

2 [18件] か, かこの, かそれとも, かどう, かもしれぬ, があります, だつた, で, であ, でありますが, であるが, ですが, と見えます, に違い, の中, は君, よ, を引き込める

1 [180件] かいつ, かからきし, かこれ, かとただ, かと胸騒ぎ, から順々, かをきい, かアン, かプツリ, かマ司令部, か何, か十郎次, か卓子, か固唾, か日本, か暫く, か暫らく, か根, か此, か無意識, か肥, か腰, か迷う, か道庵, があまり, があり, がありました, がい, がいた, がおれ, がこの, がただ, がとても, がない, がなかっ, がユダ, が有った, が有る, が決して, が清子, が色々, さ, さえありました, じゃ, じゃない, ださうであと, だという, だとして, だね, だらう, だろう, だろうか, だろうかという, だろうが, であったが, でありますから, であり後者, であり自分, であるから, である組, であろう, であろうが, であろう手, でげす, でこの, でした, でしたから, でしょうか, ですね, ですよ, でそれ, でそんな, でとにかく, でないこと, でも, で一千八百十六年, で一寸類, で三月頃, で三百年後, で世間, で地球上, で天, で天神, で此処, というの, というよう, といえよう, といわね, としてそれ, としてゐられる, とすれ, とみえます, とみえる, とも想像, と二様, と劣等感, と存じます, と思います, と思った, と思はれる, と思ひ, と思ふ, と思われる, と考え, と考えられる, と見, と見え, と見られる, と言, なの, なのよ, なら何處, なるを, なれば, なん, に, にすぎない, にすぎぬ, にち, について彼此, にはたくさん, には金, にほうび, にも名誉, に向, に外, に対して白鳥, に就い, に更に多少, に過ぎなかつた, に違, ね, のやう, はどんな, はない, はほとんど, はカント, は一通, は他, は出した, は出世, は取り消し, は堆, は実は, は年の暮れ, は御, は房, は材料, は自由, は遅く, は食べる, は黄色い, ばかりじゃない, もある, もいました, もそのまま, もちゃんと, も内, も少く, も無い, ゆえ亡き, よりもさらに, よりも更に, らしいから, をみんな, を以て刻々, を再び, を出来る, を喰, を引つこめる, を引込ます, を漆絵, を片端, を発表, を突返, を見, を見ない, を見る, を近所, 別に案ずる

▼ 出したこと~ (340, 3.4%)

27 がある 11 がない 10 はない, はなかっ 9 があった, のない 6 があつ, です, もある 5 であった, もない 4 だから, だろう, である, はなかつた 3 がなかっ, でしょう, では, もあった, もなかっ, を後悔, を思い出した

2 [15件] があります, が無い, だ, だった, だらうな, でせう, でも, なの, の無い, はたしかに, は前, は私, は言, も村, も無い

1 [169件] あひ, か, かは知らない, からであった, から今, から始まり, から實, から我童狂死, から敵方, が, がありました, がありません, があるだらう, がこの, がございます, がなく, がよく, が二度, が今, が彼, が怪しから, が意外, が聞かれ, が萩野, が誰, こそ夢, さえ昔, それからその, だが, だけは本当, だけは知っ, だらう, だらうが, であったが, であろう, でした, でそれ, で今頃, で知る, なぞを言った, などあつ, などあらう, などがあった, などは, などは大体, などは忘れ, などを報告, などを思い出し, などを考へ, などを話した, など小田さん, など思ひ及ぶ, など知らせた, なので, なん, にある, にあるらしい, にし, になる, にはならない, にはにかむ, には本, には理由, には繼母, にも十兵衛, にも十兵衞, によってたった今, によって破れ, によつて, に依っ, に始, に始まっ, に慌て, に於, のなかっ, のねえ, の中, はあくまで, はあった, はありゃしない, はいう, はこう, はこの間, はそれ, はたしか, はどんな, ははせ出した, はむしろ, はやり通す, は一歩, は人々, は仲, は側, は先生, は出した, は勿論, は十六人, は周知, は山, は弥九郎, は彼, は必ず, は拙著, は方法, は明らか, は時代, は決して, は浩, は物の怪, は病後, は稀, は聞いとる, は聞え, は自然, は若い, は誰, は隣組, もありました, もあります, もありません, もあッ, もすっかりけろりと, もなく, もなけれ, も何, も初め, も市村, も彼, も明らか, も気がつかず, も珍, も認められない, も酔っ, やら糺し, や多病, や習字, や荒っぽく, より生ずる, をそれとなく, をなるべく, をまた, をもわれわれ, をヘナン, を中途, を伯父, を何, を午後, を告げた, を告白, を土台, を思ひ出した, を恥, を恥じた, を想っ, を感じた, を挙げれ, を深く, を照子, を白状, を知っ, を知った, を知りません, を知る, を私, を考へ, を話す, を貴女否定, を通そう, 重々しく呼び起こしてる

▼ 出したやう~ (250, 2.5%)

196 に云 4 に又 3 であつ, にかう, にこんな, にまた, に力ちや, に手, に時々, に見えた, に言

2 [18件] である, なもの, にある, にあゝ, にいつた, にし, にその, にはた, に何, に大きい, に娘, に帯, に帶, に彼, に彼女, に思はれた, に歪んだ, に見える

1 [158件] だ, だ二人, で, です, でまた, で眞珠太夫, な, なこと, ななつかしみと, なぼんやり, な口風, な古雅, な咳, な容子, な心苦し, な性質, な文学, な気, な泣き方, な火花, な石燈籠, な紺青色, な結果, な罪, な調子, な貧乏, な関係, な非凡, な顏, な鮮さ, にああ, にあけ, にう, におと, にぎくりと, にくるり, にこの, にすう, にそこ, にそつ, にそんな, につかつか, にとぼけた, ににつこり, ににつこりさせる, にの, にはたはた, にはつきり, にばら, にひどく, にふらつ, にぶらりと, にみなさん, にも聞えます, にゆうべ, にガタ, にコト, にゴクツ, にゾツ, にヒヨコ, にポケット, にミツシヱル, にリスボア, に一郎, に上体, に二階, に云つた後, に今, に仲間, に前, に勝, に危, に右手, に坐る, に基一郎, に壁, に奥, に宙, に寢言, に小, に小さい, に小刻み, に少し, に常子夫人, に平次, に庭石, に延び出し, に引き返し, に快く, に怒鳴る, に思, に思つて, に愛想, に懐しい, に懐中, に房一, に折折, に振り, に振返つた, に斯, に新鮮, に時子, に時計, に書きつけ, に木, に机, に杉枝, に枯木, に歌, に歌麿式, に歯, に水, に泣き止ん, に海, に火, に炬燵, に煎じ, に燐寸, に狹, に玄関, に甚だ, に男達, に疲れた, に眉, に突出, に立ちあがる, に縁側, に置かれ, に美奈子, に膝小僧, に苦痛, に茶, に華やか, に袂, に見え, に見えます, に訊いた, に訊ねた, に訊ねる, に詩, に話し続けた, に起き, に足, に身, に鉦, に鏡子, に長, に附け, に降る, に雁首, に雨戸, に雪, に電話器, に頭, に顔, に食ひもの, に鳴く, に麁朶

▼ 出した~ (232, 2.3%)

15 思うと 10 思ふと 8 見えて 6 いう, なると, 云って, 云ふ 5 あっては, すれば 4 いふ 3 いうだけ, いうので, 思ふが, 言ふ

2 [11件] いうから, いって, いふので, すると, 云う, 云うだけ, 云つた風で, 思つ, 見える, 見るや, 言つた

1 [127件] あっちゃ, あつちや, ある, あるが, いうが, いうし, いうじゃあねえか, いうて, いうな, いうに, いうほど, いうものの, いうよりも, いつて, いふよりも, いふらしいな, きいた缶チヤン, したところ, したら, したらああ, したらかりに, したらさだめし, したらそれ, したら決して, したら深山, します, する, せざる以上, そういう話, そう解釈, それだ, そんなふうに家, つぶさにもやう, なったらもう, ならば, なれあ人間, ほとんど同じ, みえて, みえるな, みえ半年, みるま, わかるんだい, 世間から, 丹下船長は, 云うの, 云うので, 云うわけ, 云う処, 云った, 云ったな, 云つ, 云つた, 云ひ, 云ふべし, 云われて, 云ッて, 伝えられて, 伝わって, 假定し, 出づ, 同じ事, 同時に乘, 同時に寺, 同時に清吉, 同時に眼, 同様一向, 弁解する, 役所の, 後は, 怒って, 思いそういう, 思いますすっかり, 思いますると, 思うね, 思う中, 思う途端, 思ったばかり, 思ったらふいに, 思ったら小黒部, 思ったら直ぐ, 思ったら間もなく, 思った次ぎの, 思って, 思つて菊次さんは, 思はれたの, 思はれて, 思はれる, 思われたが, 思われたけれども, 思われる, 思われるよう, 思召せ, 想像せられる, 書いて, 気附いた, 氣が, 申しますの, 男は, 知る事, 窺は, 考えるに, 考へられて, 聞いたこと, 聞きましたが, 自慢し, 見え, 見えと, 見えとうとう, 見えますね, 見えるね, 見え半年, 見せかけ怨み, 見なしても, 見るとき, 見るの, 見るより, 見る間, 見れば, 觸れる, 言いたいが, 言いはった, 言い出したの, 言った, 言ひ, 認めるより, 語り蛇, 風の

▼ 出した~ (201, 2.0%)

3 ある文士, だった, にはもう

2 [12件] である, に, には, にはその, には私, にも長井, に何, に彼, の態, はどちら, はもう, は自分一人

1 [168件] あたかも私, あらば, いつもよく口, お兼さん, かの声, かの聲, からすぐ, からなんだか, からは殆, からもう, から両親, から忽然と, から無意識, から鈴江, が人生, この小説, この鼠崇拝, こんな破屋, さすがの, さらに眉, しなければ, そのまま飛び, その兵, その本, その瞬間, その雑誌, だつた, だつて, だろう, ちょっと首, でした, とは心, と同様, なお書院, なぞは軍服, にさすが, にする, にそういう, にそれ, にのみこちら, にはいろいろ, にはお, にはそういう, にはそれ, にはそれ程, にはちゃんと, にはつまらない, にはみんな, には不意, には他, には兎, には列車, には同じ, には女, には屹度照子, には左, には幸夫さん, には彼, には心から, には早苗さん, には更に, には沼, には涙, には無礼, には猶, には生き残った, には生れぬ, には聴衆, には自分, には見物, にふつ, にも何, にやおれ, にようやく, にわし, に一座, に与八, に主膳, に亀吉, に先輩, に六尺幅, に其處ら此處ら, に半分, に取, に大事, に女たち一同, に当, に後, に悄々, に書きませう, に歌つた弟, に父, に用, に私, に私以上, に突然, に花, に闇路, の, のまま, のよう, の乱れた, の外, の姿勢, の小屋全体, の希望, の彼, の彼女, の心持, の心細かっ, の感じ, の様子, の気分, の用心, の縫助, の自分, の記憶, の身ごなし, は, はさあ, はさすが, はす, はその, はほんとう, は万事大阪, は丑松, は両人, は中, は中村不折君, は僅か, は六時半頃, は其処, は半蔵, は大砲, は実にどうも, は弁護士, は当人, は手, は日頃, は曲者, は朝江戸, は本郷元町あたり, は自分, は覚え, は錢形平次, は音羽屋ア, は高円寺, ふと気がつい, ほど彼, まっ先に目, も, もう先刻, もそうした, も最初, も気, も飯, 丁度ロザリー, 先ず母夫人, 再び, 思い切って, 或いはその, 折返して, 故ら, 殊に一八二九年, 白いハンケチ, 織次, 言った, 酷く減つて畢

▼ 出した~ (199, 2.0%)

5822 です 10 だよ 8 だから 7 ですよ 6 だな, だろう 4 だか, だね, ですがね 3 じゃない, だが, だそう, だと, ですから, ですが 2 だもの, だらう, だろうね, ですか, ですね

1 [42件] かい, じゃあない, じゃなし, じゃもう, じゃ間にあわねえ, じや, だからと, だからなあ, だがの, だけど, だけれど, だけれども, ださ, ださうだ, ださうですよ, だし, だぜ, だつたかな, だとばかり, だどう, だなと, だろうか, だろうと, だろう自分, だわ, だナ, だ八, だ浦河, でございます, でしょうそれ, ですそれでも, ですつて, ですな, ですもの, ですわ, では, でも, なら幽霊, にきまっとら, に違, はあいつ, やない

▼ 出したよう~ (179, 1.8%)

9 なもの 7 に見える 6 です, な気 5 に見えた 4 である 3 だ, だった, であった 2 な声, な感じ, な顔, に思われる, に感じた, に血, に見え, に覚え

1 [117件] か, だが, だよ, であったが, であります, であるが, でさっぱり, ですこの, でも, でもあった, でわけても, なあたりまえ, なこの, なこれら, なしおらしい, なしかも, なその, なみじめ, なものの, なようす, なわけ, な体格, な夕霧, な奥深い, な子供, な安易, な家, な岩石, な形, な心持, な思い, な性質, な恰好, な想像, な懐旧的, な振り, な有様, な気持, な泣き方, な滑らかさ, な状, な狼狽, な苦しい, な蒼い, な血, な訳, な話, な関係, な陽気, な露天, な高麗縁, な黄色い, に, にいう, にうつり合いました, にお, にしか思われなかった, にそう, にそちら, にぬっと, にみごと, にもえ, にもぞり, にも聞きなされた, にも見える, にフトときめき, に一面, に会員名簿, に動き続け, に呟いた, に呼びたてた, に喜ん, に噴出, に塵, に家, に思え, に思えた, に思った, に思われ, に思われた, に思われました, に急い, に慄, に斜, に止度, に死刑, に母様, に母親, に毎日火鉢, に現れた, に田代, に白い, に皆, に私, に科学, に笑い出した, に笑った, に美しく, に葉子, に見えました, に言, に言った, に記憶, に誰, に赤札, に赤煉瓦, に起き上っ, に躍り出し, に軽蔑, に軽部, に輝い, に返事, に銚子, に青い, に頭, に風, よ

▼ 出したから~ (113, 1.1%)

31 である 6 であった 5 です 42 それを, で, であつ, 何処へ, 私は

1 [57件] あんまりジャーナリスティック, いけなかったし, お前も, お角, こいつ胡散だ, この辺, これ以上は, こんなもん, しめたと, そのとき, それだけで, それで落とし穴, それについて, それには, たしかあの, だつた, ついでにその, つて別に, であらうか, であること, でした, ですぺ, でどことなく, でも, でラシイヌ, まアわたし, やめに, よっぽど珍景, よろしく伝へ, サ, ヤマベなんぞ, 今度は, 仏頂寺も, 佛語で, 僕からも, 僕の, 先に, 先の, 兵部の, 其所に, 受け取って, 呼んだ女, 堪りません, 將來大, 小林君に, 市内の, 当夜も, 御覧を, 悪いので, 旅に, 益々分らなくなりまし, 見ると, 見合せた, 見物は, 買っといたが, 集まった雲水たち, 餘程氣輕に

▼ 出したという~ (113, 1.1%)

6 ことは, のである 4 ことを, のです, のは, 話を 3 ことが, ことに, ような, んだ 2 ことだ, ことの, のが, ので, ものです, 噂を, 話だった

1 [59件] いかさま女子には, こと, ことだった, ことで, ことであります, ことです, ことにだけは, ことまた, ことも, ことよりも, せいばかり, のかい, のであります, わけか, わけな, わけは, アメリカの, サーカス化の, 一事だけでも, 事であった, 事である, 事です, 事に, 事は, 事実が, 事実に対して, 噂が, 因果関係を, 報せを, 報道が, 工合です, 形容は, 心持ばかりが, 恐ろしい噂, 恐ろしい紀念, 恰好です, 意味では, 感動が, 新聞記事を, 書付だけ, 月の浦は, 次第と, 消息の, 清水が, 知らせであった, 福隆火柴公司の, 程な, 種類の, 義雄兄をも, 聖書の, 記事が, 記録品の, 話で, 話であった, 話に, 説が, 軽い後悔, 順でした, 風にも

▼ 出したところ~ (87, 0.9%)

5 を見る 2 だった, だつた, だと, であった, による

1 [72件] から来, がどんな, が無効, じゃああいつ, だ, だから, だし, だろうね, つい五六日前, で, であ, であまり, であります, である, であれ, でぐっと, でぐつ, です, でそこ, でそれ, でたいした, では, でもう, でわれわれ, でチベット内地, で何, で何ら, で千フラン, で単に, で安, で客止め, で此處, で自分, で船長, で花見船, で見, で見つかり, で見劣り, で誰, で隱, にタイタニック号事件, に他, に塩野, に意味, に秘密, のもの, の森林, はどんな, はなんとも, は恐れ入った, へ四五人, へ彼, へ横丁, へ返る, へ遥か, までお話, までは実に, まはり, もあった, も過ぎました, を, をみれ, をむんずと, を主人, を又, を取上げられ, を引, を毛利, を見, を見はからい, を間抜面, 元来経済難

▼ 出した~ (85, 0.9%)

4 それは 2 それが, 山之, 眼を, 知らないが, 知らぬが

1 [71件] あの婆, あれは, いつの, え, お抱え鍛冶の, お文, ことに金子, こんどの, したとき, して, しれなかつた, そこまでは, その原因, その扉, その訳, それさへ, それとも短兵急, それも, それを, たぶん増村, どうか, どうかも, びのやうなものなんですね, または余, ろうでは, わかって, わからなかつたの, わかりません, わかるまい, クララ自身も, ゴクリと, ニーッと, 一ツ祇園を, 一寸奇異, 今判らんです, 何う, 先鋒は, 全身に, 其は, 其訳を, 分らないが, 分らないらしく黙って, 判らぬが, 匕首を, 女から, 女隱居は, 孔雀は, 小さな消し炭, 小戻り, 思はず聲, 怪しからん奴ども, 或はここ, 文七と, 暫らく絶句し, 格子戸が, 榮之, 疑問を, 白い雲, 相好を, 知らずあの, 知らねえが, 私の, 箱の, 細い鉄, 細い鐵, 舌が, 見えなくなりました, 解る筈, 隱した, 雷干, 須賀口へ

▼ 出した~ (85, 0.9%)

5 があつ, がある 4 がない, のない 3 である, はない 2 からである, がありました, が有る, によつて, もあります

1 [51件] かは知らなかった, かは知らぬ, か私, があった, がそう, がなかっ, がわかった, じゃない, それからその, だと, であったし, であろうか, でございます, で一, で固, で思ひも, で頭上, とて仲, などを思い出し, なの, については既に, について警察署長, のある, はとうとう, はどうも, は六七歳, は其の, は子供, は想像, は明らか, は明治二十五六七年, は面白い, もあった, もある, もあれ, も夫人, や本膳, らしい, をお, をただ, を云, を判断, を憶え, を決して, を知ってる, を自分, を記しとどめる, を話した, を變替, を述べた, を非常

▼ 出したかと~ (60, 0.6%)

27 思うと 9 思ふと 5 いうと 2 いへば, 思われる

1 [15件] 云うこと, 云えば, 思うよう, 思う間もなくたちまち, 思ったの, 思って, 思つてゐる, 思はれる位, 思ふばかりに, 思われるほど, 思われるよう, 思案中です, 疑はれて, 社が, 見る間

▼ 出した~ (57, 0.6%)

4 がある, もある 3 である, の名 2 があっ, があった, であった

1 [37件] あるを, があり, がありました, が多, が来た, が自分, が誰, さえある, だ, だが, だろうかと, ではなかっ, で往来, で歴史, としてもよく, としてわたし, などはない, なの, に対して可否, のよう, の中, の口, の名だか, の意志, の言葉, はその, は一人, は劇評家, は多く學問, は山崎操, は揉, は誰, への恩返し, もありました, もいる, もやがて, を見る

▼ 出した手紙~ (54, 0.5%)

6 の返事 2 だ, の文句, の調子

1 [42件] かも知れない, が一囘, が三吉, が彼女, でありもう, である, ですねえ, といふの, などみんなウソ, なん, に, にたいしての返辞, には, には或, にも返事, に一言, に對, に就, に計, のこと, の二, の内容, の宿所, の抜粋, の端, の返辞, の追いかけ, はちようど入れ違い, はよまない, は今日こちら, は思い通り, は東京, は無論, をもっ, を五本, を取りだしました, を御覧下, を渡した, を自身, を見たら, を読ん, 重三

▼ 出した~ (54, 0.5%)

14 がある 5 があった 3 があつ, もあった, もある

1 [26件] があ, があっ, があり, がありました, がいました, がおのれ, が犬, が途中, では, で硯友社, というもの, の承諾, はいない, はほとんど, はホッ, は主, は勿論, は永久会員, は眼, は誰, もあります, もい, もなかっ, も一様, も出さない, を徒刑一年

▼ 出したとき~ (46, 0.5%)

3 である

1 [43件] お島, からし, からその, からでございます, からもう, から絶えず, から自然, があったろう, その両, その手, その説明, だった, だつた, であの, どウウウウ, にお, にちょい, にはやはり, には多少, には黒い, にも持ちこんだ, にわたし, にドレゴ, に一階上, に向う, に師匠, に御, に登山, に眠, のその, の渋る, は, はわく, は高氏以下, ふと傍, も土台, 何より先, 初めてバチバチ, 死んで, 突然彼, 聞いたおそろしい, 覚えず胸, 遠い陣地

▼ 出したのに~ (42, 0.4%)

4 気が 2 ちがいない, 又子供達, 見るの

1 [32件] あとあとまで, いつまでも, うんともす, ざっと一濡れ, ちげえねえ, みごと当てが, よく似, ハガキ一つ寄さない, 今日は, 今日も, 何か, 何の, 十五六本ぐらいは, 反しその, 和し, 度胆を, 急に, 怪船が, 本人が, 梨の礫で, 気附いた, 犬が, 男は, 着かなかったの, 私達は, 答へて, 返事が, 違ひない, 遭遇した, 頓着の, 驚かされたの, 驚かされました

▼ 出した~ (41, 0.4%)

4 になる 2 であつ, 突然空中

1 [33件] から宴, から私, だった, だつた, であった, であって, である, にどう, にはかの, には国家, には庵風, には既に, には月, には源之助, には漸く, には父親, には空, に出来た, に振り返, のこと, の作, の島崎氏, の或, の敬慕, はるか丸子河, は久しぶり, は俄雨, は出版界, は實, は山田美妙, は彼女, は遂に, を見計らっ

▼ 出したって~ (39, 0.4%)

1 [39件] いうん, ここは, こっちの, しかたが, じっと底光り, すぐに, だめだ, ちっとも恥, つまらない, はじまらない, もう一人前, スチームの, 五万円出した, 今日大酒盛だって, 今水遊び, 何にも, 何の, 向の, 君は, 士大夫の, 妾は, 少し手, 彼等には, 恥ずかしいこと, 昼を, 比例を, 済まないよ, 滅法界に, 立ち行かないん, 立派だ, 筋だろう, 要するに道楽, 言いますぜ, 話だ, 赤シャツは, 間に合わないよ, 間に合わんでしょう, 駄目だ, 驚きゃしません

▼ 出したその~ (36, 0.4%)

2 ドアの, 頃の

1 [32件] うしろの, ざまを, 一声を, 中に, 人たちの, 人は, 人俵の, 人間の, 企ては, 受け帳, 台の, 坊さんの, 声が, 大男であった, 婆さんに, 忌味を, 悲劇から, 新聞て, 日に, 昔から, 時に, 栄光の, 歌を, 殺人者は, 清い目, 空箱が, 翌日から, 肉体の, 良人は, 花瓶は, 話市次郎の, 顔を

▼ 出した~ (35, 0.4%)

5 相違ない 4 違ひない 3 ちがいない 2 しても, すぎない, 相違ありません, 違いない

1 [15件] きまつてると, しろその, 不拘, 他ならない, 似合わずそれ程, 因んで, 帰りも, 拘らず次の間, 相違あるまい, 過ぎない, 過ぎないと, 過ぎないという, 過ぎないもの, 過ぎなかった, 過ぎなかつた

▼ 出した~ (33, 0.3%)

2 がい, が可, が読者, が讀者

1 [25件] がいい, がいかなる, がええ, がお前さん, がどれ丈, がよい, がよかっ, が便利, が効果, が勝利, が妙味, が宜, が後, が後味, が得, が當人, が相方都合, が賢明, が道徳的, の, の耳, は仔細, は振り, は振り向い, を見た

▼ 出したといふ~ (31, 0.3%)

2 ことを, のか, のは

1 [25件] ことが, ことだ, ことなく, ことは, ことも, ぢや, ところだらう, のが, のです, のも, やうに, わけさ, 原稿料が, 好い男, 強い若, 恰好です, 感じで, 程では, 計画性は, 訳かなと, 話が, 話しだった, 話と, 證據を, 點が

▼ 出したばかりの~ (30, 0.3%)

2 若草は

1 [28件] お新, その道路, とき発行元であった, ねばっこい若葉, まずい日本語, まんじゅうからは, ように, 四人も, 姿や, 巴里が, 広い緑野, 春の, 暖炉の, 最新鋭武器, 朝の, 松は, 楓や, 様な, 男の子で, 癖に, 私の, 竹でも, 紅紫と, 草の, 角を, 記者は, 頃の, 麻雀を

▼ 出したそう~ (29, 0.3%)

74 です 3 である 2 でございます, ですが

1 [11件] じゃない, だが, だなんて, だよ, だテ, であるが, な手, な素振り, な顔, にし, にした

▼ 出した~ (29, 0.3%)

5 がある 2 である

1 [22件] が, があった, があつ, がいる, が四五人, が首, だ, だから, であらう, ではありません, にさい, にむかっ, に向, の名前, の有為転変的, は, はまるで, は随分, をつと, を捕へ, を見, を闇

▼ 出した~ (27, 0.3%)

2 の手紙, の目, の顔

1 [21件] であった, には出立点, に少し, に気がつく, の, のあと, のよう, の加速度, の唯心的, の声, の女, の特製本, の親友京都便利堂主人中村弥左衛門君, の足, の身體, の隊, はいくら顔, はしかし, はその, は立泳ぎ, もこれ

▼ 出した~ (25, 0.3%)

2 品は, 延は

1 [21件] しょさんの, つりと, 余乃の, 千世は, 君さんの, 咲が, 増の, 妙ちゃんは, 島さんは, 延の, 手柄の, 敏に, 時を, 留に, 禮に, 美夜ちゃんだった, 艶が, 菊の, 蓮は, 銀といふ, 養父さんと

▼ 出したもん~ (25, 0.3%)

103 ですから 2 だから 1 じゃねえ, だこっち, だそれ, だなあ, だね, で, でがす, ですネ, で苦しく, やらしい

▼ 出した~ (25, 0.3%)

2 で代, で父

1 [21件] あのホテル, から忍び込んだ, から言語, ですぐ, でまた, で何処, で又, で自分, というもの, に, にて直ぐ, に四世薪水, に峻巖, に蛙, の寝床, の彼, は, までも妹, をどう, を元成, 死んだ種子

▼ 出したかも~ (24, 0.2%)

7 知れない 3 知れなかった 2 しれない, わかりません, 知れぬ 1 しれない問題, 知れないわ, 知れなかったの, 知れなかつた, 知れなかつた程, 知れぬが, 知れねえ, 知れませんが

▼ 出したばかり~ (24, 0.2%)

3 では 2 である, らしい暖炉

1 [17件] だ, だが, だつた, だでなあ, だのに, であるから, であるが, でなくその, でなく看護, でなく自分, でなく隣家伏見屋二代目, で上, で大して, で窓下, なので, なん, 菊次郎の

▼ 出したとも~ (23, 0.2%)

3 なしに 2 なく

1 [18件] いえるよう, いはれて, いわない, なくそんな, なくまた, なく吹雪, なく昔, なく母, なく無, なく矢がすり, なく自分等, なく船橋, なく降り出し, わからないが, わからぬ一つ, 思われません, 聞いたやう, 見えない

▼ 出したまま~ (22, 0.2%)

1 [22件] いった, うんざりし, だ, だった, である, で津田, どういう閲歴, にし, になっ, になつて, の佐兵衞, の材木, はじかれたよう, まだ深い, 伸びて, 動かなくなること, 帰って, 忘れて, 握り返さず黙って, 永く東京, 答えなかった, 考えて

▼ 出した~ (22, 0.2%)

2 で顎, を空

1 [18件] がツイ, でしきりに, と同時に, にはあついあつい, にはっと, に縋っ, の上, は寂しい, をまた, を今度, を引いた, を引っこめない, を引込ます, を握った, を握つた, を止め, を火傷, を身体

▼ 出した~ (22, 0.2%)

2 に此間

1 [20件] だった, だつた, である, であるが, でよう, な塩梅, な無上, な鈍, な顔, に, に何処, に寐, に思われた, に思われます, に早口, に棺, に犬, に絶望的, に金, に雨

▼ 出しただけ~ (20, 0.2%)

2 だった, では, でチラ

1 [14件] だ, だったが, であ, であと, である, でじれったく, です, ですぐ, でそれっきり, で別段, で自分, なの, なん, まるで寄りつきゃせ

▼ 出したわけ~ (20, 0.2%)

7 では 2 である

1 [11件] がわかった, がわからん, だが, であった, であるが, でしょう, ですよ, にございまする, はこないだ, は二年, もそこ

▼ 出した時分~ (19, 0.2%)

3 だつた

1 [16件] が全盛, だった, であったの, であつ, である, には, にはそれ, には僕, には皆, には直ぐ, には私, には芭蕉, にひょっこり, に兄, の舞踏仲間, は何がな

▼ 出したとか~ (17, 0.2%)

1 [17件] いう, いって, しないとか, それも, でだいぶ, どうとか, 一人の, 出さぬとかいう, 家屋や, 御小人同士, 意地の, 武勇傳も, 池大雅は, 襖の, 言って, 謀叛人の, 面白くない

▼ 出した~ (17, 0.2%)

1 [17件] がある, がその, が善事, が男, であるが, でいわば, でそれ, で猶, に由る, のその, の女眞族, の董其昌, は洞, へ二人, もあつ, をいきなり, を見る

▼ 出した様子~ (17, 0.2%)

5 である

1 [12件] がない, が何, だった, であった, でした, ですが, で云, なので, に中, は世帯, を私達, を見る

▼ 出したあと~ (16, 0.2%)

2 へ一人

1 [14件] すぐに, で, でした, でブランシュ, で僕, で春, で迷, につづいた, のかれ, の押入, の風呂敷包, は, はくもり, へ忍び入り

▼ 出したけれども~ (16, 0.2%)

1 [16件] さて自分, その構え, その相手, その結果, また暗, 中, 主膳は, 去年井谷に, 名前は, 学生看護婦の, 學問が, 煙突男では, 私は, 自分ながら, 運の, 難易の

▼ 出したため~ (16, 0.2%)

2 でしょうか

1 [14件] か昂奮, その静けさ, です, にたいへん, に信子, に時, に殊更, に無益, に現在, の悲鳴, やはりそいつ, 危うい命, 捨ておけずと, 遂に見つかっ

▼ 出したんで~ (16, 0.2%)

2 せう

1 [14件] あつしも, あツ, げすか, ごぜえます, さあ, せうね, どしば, わし抱き起し, 少し驚いた, 濡れながらも, 百両くれ, 私あ, 連れて, 驚いちまったの

▼ 出した~ (16, 0.2%)

2

1 [14件] が何, が府庁, が間もなく, だけはたとえば, だつたので, ですよ, でそれ, でどうせ, で今, で仔細, の一つ, はいよいよ, をあっと, をば清五郎

▼ 出した~ (16, 0.2%)

1 [16件] があった, が赤ん坊, であった, であろうと, でお, となり撮す, なん, のところ, の人, の人相書, の声, の背, はそれ, はたった, はふりっかえらない, は立膝

▼ 出したあの~ (15, 0.2%)

1 [15件] 一本も, 仕草です, 八五郎の, 影法師の, 恐ろしい気配, 拙い字, 日本の, 時でも, 時分が, 本の, 歌などには, 茸の, 赤い髪, 面は, 黄昏時の

▼ 出した~ (15, 0.2%)

2 の女

1 [13件] にとってはこの, の側, の強烈, の怪人物, はその, はまた, はやがて, はわけ, は変, は容易, は私, もそこ, れは

▼ 出した~ (15, 0.2%)

1 [15件] から小寺政職以下, にはたまるまい, にはちょっと, にはブチ, には手, には此, には死人, にゃたまりません, にゃア, にゃ他, に永田, の光り, はお, までにはまだ, を考え

▼ 出したかの~ (14, 0.1%)

3 やうに, ように 2 ような 1 ごとく, やうな, ようだった, ようであった, 女の, 様朱塗の

▼ 出したからには~ (14, 0.1%)

2 私も

1 [12件] こっちに, どうにも消しよう, のつ, ハッキリ云ったら, 万更気に入らん, 事務長勢いよく, 勝手に, 君は, 泣いても, 等しく相手, 腰の物は, 誰であろう

▼ 出した~ (14, 0.1%)

2 だつた

1 [12件] に, にあなた, にあゝ何だ, につい, に一日熱心, に先刻, に打ち寄せる, に泣き, に片側建, に番頭, に立ち上つた, に立上つて隣

▼ 出した途端~ (14, 0.1%)

2 未だ学校

1 [12件] につづら, にピシリ, に両手, に主膳, に伊都子, に家, に犯人, に簾, に行燈, に裏, ひやりと頸筋, をぽか

▼ 出したきり~ (13, 0.1%)

2 でその

1 [11件] それから夜中頃歸, だった, だつた, であった, であつ, でこの間, でした, でなにごと, でみごと, で腕, の由

▼ 出したけれど~ (13, 0.1%)

1 [13件] さうし, それは, どうしても食べる, はたしていつ, また後, 五六年も, 今年の, 何時だって, 容易に, 忠作は, 未だ立ちあがる, 柔らかな, 用事の

▼ 出したこの~ (13, 0.1%)

1 [13件] あっさりした, お金は, バークシアの, 一例から, 一編の, 作家は, 儘で, 度びの, 時期は, 満員電車に, 言葉が, 青人形が, 駅に

▼ 出した~ (13, 0.1%)

1 [13件] いいが, とたんに怪人丸木, どうです, アイオワ市に, 三両, 出たとして, 可いが, 弁才坊で, 志を, 旧弊であります, 汚れた風呂敷包, 猿智恵か, 短兵急に

▼ 出したほど~ (13, 0.1%)

2 だった, である 1 お久美, であった, であつ, な行軍難, 幸福だった, 広い田野, 登るに, 精霊は, 部分的に

▼ 出したものの~ (12, 0.1%)

1 [12件] これでは, その戸籍面, もともとほんとう, 一つに, 元来伝二郎, 全く逃げ場, 別に話し, 地面が, 彼らの, 直ぐに, 薄々聞い, 被害民たちの

▼ 出した~ (12, 0.1%)

1 [12件] にこの, にそれ, になんにも, にパッフ・アッダー, に中村宗十郎, に十徳, に大将, の棒, は半, へ団扇, 時々その, 研ぐその

▼ 出した~ (12, 0.1%)

2 であった, よ 1 だ, であつ, である, ですから, ですが, に, にしか感じない, のもの

▼ 出した~ (12, 0.1%)

2 であつ 1 がその, が一軒, に向っ, のおっ, の前, の格子戸, の者, もある, を見た, を見つけた

▼ 出した~ (12, 0.1%)

2 の言 1 あ覚えてる, があつ, が捨て売り, だと, には天幕, も残っ, をうっちゃっ, を箱, を自分, を見る

▼ 出した~ (12, 0.1%)

2 を一 1 に手, も飲まない, をすすった, をグッ, を喫, を婆, を注ぐ, を讃め, を飲む, を飲ん

▼ 出した~ (12, 0.1%)

1 [12件] がある, であるから, でそれ, で酒, と判, は一銭, は官, を一層, を几, を取り, を受け取, を持つ

▼ 出した~ (11, 0.1%)

2 を聞く 1 が弱々しく低く, が聞える, だった, なので, の意外, の突拍子, は年, は顔, を判別

▼ 出した時代~ (11, 0.1%)

2 である 1 だ, である武蔵, でもあった, に, にこの, に造られた, の犠牲, の産物, は日本

▼ 出したじゃ~ (10, 0.1%)

2 ありませんか, ないか, ないの, ねえか, アない

▼ 出した二人~ (10, 0.1%)

1 とが先発, のほか, の男, の駕籠, の鼻先, はお, は五, は仲, は新宿, は漸次

▼ 出した以上~ (10, 0.1%)

2 はその 1 かれの, これからかかる, その百両, はお, はもはや, は失望, は横, もう執拗

▼ 出したくらい~ (9, 0.1%)

3 です 1 だ, だから, だが, では, もう何もかも素直, 容赦なく取り扱われる

▼ 出した~ (9, 0.1%)

1 これで, それきりあとは, 何もかもが, 俳優では, 同時に所謂ハイカラー, 吹きつける雪, 安心も, 實際夜も, 片岡鉄兵訳の

▼ 出しただけの~ (9, 0.1%)

2 ことさ 1 ところを, ものは, 事は, 品を, 小石を, 金は, 魚の

▼ 出したところが~ (9, 0.1%)

1 こんな物, どれも, みるみる六十万円, 大そう歓迎, 客の, 案の, 腕白小僧は, 自殺説が, 調べて

▼ 出したとて~ (9, 0.1%)

3 今更に 1 お松の, どうして手, もう貴様等, 大抵戻っ, 決して残酷, 開けられそう

▼ 出した一人~ (9, 0.1%)

3 の男 2 の女 1 の同僚, の正岡子規, の盲法師, はずんぐり

▼ 出した子供~ (9, 0.1%)

1 があった, が面白く, にも苦学, のうわさ, のお父つぁん, の顔, はそれ, を抱い, を見

▼ 出した~ (9, 0.1%)

2 をそっと 1 であつ, にどんな, の売れ口, は依託, やで四冊, をしきりに, を積み重ね

▼ 出した~ (9, 0.1%)

5 土垣を 4 土垣といふ

▼ 出した自分~ (9, 0.1%)

21 の今, の手紙, も何, をきまり, をセヽラ笑つて, をモデル, を自分

▼ 出した~ (9, 0.1%)

1 がサッと, くび, で一日三十里梶棒, の爪先, の発散, はひとりでに, は家, を急, を止め

▼ 出した~ (9, 0.1%)

1 だけが残っ, で丹三郎, で師匠, で暫く, で鍋, などは一間半, は自分, は質素, もない

▼ 出した~ (9, 0.1%)

1 がみぞ, に少し, に気, に氣競つて, に風, の音, はいまだに, は未, は残り

▼ 出した~ (9, 0.1%)

1 だけの皮, と対し, は見知, や後, をお節, をチラリ, を御, を支える, を膝小僧

▼ 出したそれ~ (8, 0.1%)

1 から二日目, がいけない, がおかしい, はまさに, ばかり, を慰め, を早く, を言つて貰

▼ 出したつて~ (8, 0.1%)

2 も今日 1 あんな良い, こつちは, 凄くも, 恥しくは, 獲れぬもの, 驚くもの

▼ 出した名刺~ (8, 0.1%)

1 には五号活字, には警部補正木信三, をみる, を受け取り, を蒲團, を見, を見た, を見る

▼ 出した小さな~ (8, 0.1%)

1 帳面を, 泉が, 町が, 紙袋から, 角店を, 財布から, 鏡を, 鳩が

▼ 出した時彼~ (8, 0.1%)

1 はそば, はまた, は周章て, は女, は妻, は念, は漸く, は無理

▼ 出した言葉~ (8, 0.1%)

1 か知れない, が, だ, といえ, にちがい, は夫以外, を用いる, を聞く

▼ 出した~ (8, 0.1%)

1 から転出, じゃない, だったのに, などし, にとりあわなけれ, にはどうも, はかうだつ, もそんな

▼ 出した~ (7, 0.1%)

2 うぢ 1 うして, うすると, うにし, にあの, にガラツ八

▼ 出した~ (7, 0.1%)

1 で出席, にこの, にはぽんぽん, に昔, を, を沼, を調べ

▼ 出した樣子~ (7, 0.1%)

2 です 1 でお仙, で自分, はなく, は唯事ぢ, も無い

▼ 出した~ (7, 0.1%)

2 で観る 1 がそれ, とそれから, の色, はなかなか, を囲ん

▼ 出した白い~ (7, 0.1%)

2 絹の 1 カフスの, 布を, 板が, 紙引拔く, 首筋に

▼ 出した~ (7, 0.1%)

1 がその, が庭, が暖地, に足駄, の結晶, の道, はまだ

▼ 出したかという~ (6, 0.1%)

1 ことと, ことに, ことは, ような, 事と, 径路から

▼ 出したかは~ (6, 0.1%)

1 分らないが, 尠く, 彼女に, 村の, 知らん, 説明が

▼ 出したころ~ (6, 0.1%)

1 この地方, そろそろ陸, だしぬけに, だったので, には彼ら, の私

▼ 出したつもり~ (6, 0.1%)

2 であったが 1 であった, であらう, である, でわざとらしく

▼ 出したとでも~ (6, 0.1%)

1 いえば, 云つた様子だつた, 解釈し, 言うの, 言ふ, 言へる

▼ 出したとの~ (6, 0.1%)

2 風評 1 こと, ことであります, この二つ, 愚見が

▼ 出した~ (6, 0.1%)

1 お前が, よく小, 両国河岸に, 何うし, 珍妙な, 重大な

▼ 出したまでは~ (6, 0.1%)

2 いいが, 覚えて 1 公けには, 知って

▼ 出した八五郎~ (6, 0.1%)

1 が拇指, です, の伯母, の手, の考へ, は相

▼ 出した~ (6, 0.1%)

2 がある 1 がない, がほんとう, が居る, で花

▼ 出した~ (6, 0.1%)

1 がありました, に用事, のお, のお節, の手, を無理

▼ 出した~ (6, 0.1%)

1 供らが, 笊へ, 筥を, 羊の, 魚に, 鵯に

▼ 出した~ (6, 0.1%)

1 だ, である, にさされてたいう, になった, に見える, を見

▼ 出した彼女~ (6, 0.1%)

1 でした, の姿, の肉体, はせかせか, はたと, は気の毒そう

▼ 出した時私~ (6, 0.1%)

1 はこの, は何とも, は光子, は思わず, は急, ももとより

▼ 出した~ (6, 0.1%)

1 かもう, であります, である, でしょう, に作, に寺

▼ 出した~ (6, 0.1%)

2 今の 1 であった, であったが, であつ, 投げ棄てた

▼ 出した覚え~ (6, 0.1%)

2 がない 1 がある, はない, もない, もなかっ

▼ 出した~ (6, 0.1%)

1 だつた, で先刻伯父, で土間, で言, にこうこう, も僕

▼ 出したかを~ (5, 0.1%)

1 眺める事, 知る者, 觀る, 計器で, 話せば

▼ 出したとたん~ (5, 0.1%)

1 にこちら, に力一ぱい首, に提げ, またもや鎧櫃, 待って

▼ 出したとは~ (5, 0.1%)

1 ありそう, いうものの, その時, 思われません, 馬鹿らしい

▼ 出したなり~ (5, 0.1%)

1 ちょうど蛙, でぬるく, で一向, で無茶苦茶, 丁度蛙

▼ 出したには~ (5, 0.1%)

1 相違ない, 違ひあるまい, 降参した, 面喰った, 頓着せず

▼ 出したハガキ~ (5, 0.1%)

1 が屆, が途中, ついた, なども有る, を見る

▼ 出した主人~ (5, 0.1%)

1 だ, に飛びかゝり, の主税, の伊三郎, の萬兵衞

▼ 出した人間~ (5, 0.1%)

1 があり, が悪い, の本音, の言葉, はそれ

▼ 出した~ (5, 0.1%)

2 の背中 1 と雖, に取, の手紙

▼ 出した平次~ (5, 0.1%)

1 とガラッ, の前, はいきなり, は口, を見る

▼ 出した広告~ (5, 0.1%)

1 だ, なの, の一つ, の文字, をいつ

▼ 出した~ (5, 0.1%)

1 が技巧, でもあらう, で海, の一つ, をアララギ

▼ 出した~ (5, 0.1%)

1 があるだらう, が三年前, が三杯共歸つて來, と力, を見たい

▼ 出した~ (5, 0.1%)

1 と変り, の花, や青い, を藉, 織の

▼ 出した蟋蟀~ (5, 0.1%)

3 の声 2 の聲

▼ 出した論文~ (5, 0.1%)

1 だけでも四つ, の中, の数, をファラデー, を別校

▼ 出した~ (5, 0.1%)

1 だ, だ別に, で, で君の, 唸つて

▼ 出した~ (5, 0.1%)

1 の腹, の首, は, はつやつや, は殊に

▼ 出したからと~ (4, 0.0%)

1 いって, いっても, いふやう, 云つてと

▼ 出したそして~ (4, 0.0%)

1 しまいには, 爺さんも, 諸行無常を, 隣の

▼ 出しただけで~ (4, 0.0%)

1 あつた, 一九一三年の, 品切れだった, 廃し

▼ 出したついで~ (4, 0.0%)

1 にさ, にちょっと, に一昨年, に水

▼ 出したとしても~ (4, 0.0%)

1 照子は, 理屈が, 肘鉄砲を, 要するに彼

▼ 出したなと~ (4, 0.0%)

1 いって, 思いながら, 思う間もなく, 意識する

▼ 出したのさ~ (4, 0.0%)

4 へ寒く

▼ 出したまでの~ (4, 0.0%)

1 ことじゃ, ことです, こと剃刀は, 事である

▼ 出した~ (4, 0.0%)

1 それは, 幸ひ, 揺りながら, 答えが

▼ 出した一種~ (4, 0.0%)

1 である, のた, の不安, の悪戯

▼ 出した仕事~ (4, 0.0%)

2 ですから 1 があの, であるから

▼ 出した~ (4, 0.0%)

1 かを売る, かを漏れ, も彼, を云つて

▼ 出した~ (4, 0.0%)

1 があり, がない, のお召, もなく

▼ 出した原因~ (4, 0.0%)

2 の一つ 1 になる, はほぼ

▼ 出した~ (4, 0.0%)

1 南瓜ね, 椿事の, 物見の, 艦隊の

▼ 出した女房~ (4, 0.0%)

1 がある, にいきなり, のお, も宜しく

▼ 出した~ (4, 0.0%)

1 の事, の空閨, は, を言葉

▼ 出した~ (4, 0.0%)

2 でポン 1 で長, に置いた

▼ 出した~ (4, 0.0%)

1 かい, が偽もの, だって, の束

▼ 出した模様~ (4, 0.0%)

1 じゃな, になっ, の花, もありません

▼ 出した~ (4, 0.0%)

1 の影, の枝, の涙, の間

▼ 出した~ (4, 0.0%)

1 である, であるらしく糞, で御飯, を煮つめたら

▼ 出した~ (4, 0.0%)

1 が枕, でした, でも信吉, も今

▼ 出した理由~ (4, 0.0%)

1 と原因, なの, に気, の一半

▼ 出した瞬間~ (4, 0.0%)

1 からすぐ, であるウラスマル, にはまだ, に限るごとく

▼ 出した程度~ (4, 0.0%)

2 のもの 1 にしか見えない, の醉

▼ 出した~ (4, 0.0%)

1 だ, のよう, の上, を引込め

▼ 出した若い~ (4, 0.0%)

1 嫁, 武士は, 番頭の, 背の

▼ 出した~ (4, 0.0%)

1 と膏, の赤い, も酒, をすっかり

▼ 出した~ (4, 0.0%)

1 が分らん, だ, です, でない何れ仔細

▼ 出した~ (4, 0.0%)

3 ではない 1 と考へられる

▼ 出した~ (4, 0.0%)

1 が拵, であろうか, に申しわけ, れが

▼ 出した高麗縁~ (4, 0.0%)

4 の畳

▼ 出したあげく~ (3, 0.0%)

1 やっとの, ようやく職業的闘牛士, 御説法

▼ 出したおかげ~ (3, 0.0%)

2 でこの 1 で彼

▼ 出したお茶~ (3, 0.0%)

1 の葉, も飲まない, を飲もう

▼ 出したお金~ (3, 0.0%)

1 ではございません, は悲鳴, を取り戻さう

▼ 出したからは~ (3, 0.0%)

1 いかに詑び, いかに辞退, 己も

▼ 出したけど~ (3, 0.0%)

1 お祖母さま, 何を, 途中で

▼ 出した~ (3, 0.0%)

1 や, 思ひ出したぞ, 随分息

▼ 出した~ (3, 0.0%)

3 やありません

▼ 出したつけ~ (3, 0.0%)

21 のよ

▼ 出したとも無し~ (3, 0.0%)

1 に, に彼女, に羅生門横町

▼ 出した~ (3, 0.0%)

1 ちょいと, わたしに, コバエテ

▼ 出したのみ~ (3, 0.0%)

1 である, で伊香保, ならず熱泥流

▼ 出したはず~ (3, 0.0%)

1 だ, はございません, はない

▼ 出したやつ~ (3, 0.0%)

1 かもしれません, だろう, なん

▼ 出したハンケチ~ (3, 0.0%)

1 で汗, で親し, で鼻

▼ 出した一事~ (3, 0.0%)

1 で, である, は何

▼ 出した一枚~ (3, 0.0%)

1 の印刷物, の絵図面, は胸

▼ 出した一箇~ (3, 0.0%)

1 の世界, の犬そのもの, の者

▼ 出した~ (3, 0.0%)

2 で倒れ 1 でも食欲

▼ 出した三人~ (3, 0.0%)

1 の偵察兵, の子供, へ

▼ 出した下男~ (3, 0.0%)

1 の友吉, の森三, を呼ん

▼ 出した事実~ (3, 0.0%)

1 の一節一節, は肯定, を見る

▼ 出した五人~ (3, 0.0%)

1 の亡者, の怪物, の新撰組

▼ 出した亭主~ (3, 0.0%)

2 は十手 1 の涙

▼ 出した人々~ (3, 0.0%)

1 の歓声, はどこ, は右

▼ 出した人物~ (3, 0.0%)

2 があった 1 に相違

▼ 出した作品~ (3, 0.0%)

1 がある, が或は, 例えば御

▼ 出した写生図~ (3, 0.0%)

1 でも判る, は人像, は宿屋

▼ 出した動機~ (3, 0.0%)

1 はわしら, は大体, は彼女

▼ 出した~ (3, 0.0%)

1 が中, が秀逸, でも二

▼ 出した問題~ (3, 0.0%)

1 はこういう, は私達, を遺

▼ 出した場合~ (3, 0.0%)

1 が多い, と決して, にその

▼ 出した大きな~ (3, 0.0%)

1 掌に, 桶に, 病院の

▼ 出した容子~ (3, 0.0%)

2 が鷹揚 1 はなかなか

▼ 出した~ (3, 0.0%)

1 のよう, の膚, を二ツ三ツ

▼ 出した巻煙草~ (3, 0.0%)

1 に火, の火, を吸い始めた

▼ 出した~ (3, 0.0%)

1 ですから, で両方共銀賞, で百十二ポンド

▼ 出した~ (3, 0.0%)

1 だから, に住民, に例

▼ 出した~ (3, 0.0%)

1 が五軒, が舐め, ですわね

▼ 出した心持~ (3, 0.0%)

1 が今日, は根, を主

▼ 出した~ (3, 0.0%)

2 者は 1 一頁を

▼ 出した所以~ (3, 0.0%)

1 です, のもの, もこの

▼ 出した提灯~ (3, 0.0%)

1 の影, の明り, は軒

▼ 出した支那人~ (3, 0.0%)

2 の女の子 1 の持っ

▼ 出した~ (3, 0.0%)

1 らしいコールタア塗, らしい生命, 思想を

▼ 出した新しい~ (3, 0.0%)

1 世界観組織の, 正本では, 試みの

▼ 出した日本~ (3, 0.0%)

1 としてはなんら, の本, の民主化

▼ 出した~ (3, 0.0%)

1 の事, の人, 懐かしい話

▼ 出した最初~ (3, 0.0%)

1 の恩人, の産物, の白い

▼ 出した気持~ (3, 0.0%)

1 が判らぬ, だった, に蘇ります

▼ 出した~ (3, 0.0%)

1 っ玉, の滴, 汲みの

▼ 出した~ (3, 0.0%)

1 から考える, では, にある

▼ 出した番茶~ (3, 0.0%)

1 に喉, のよう, をすすり

▼ 出した~ (3, 0.0%)

1 をあげ, をつぶつて点々, をコスリコスリ

▼ 出した~ (3, 0.0%)

1 であつ, と全く, と謂つた意義

▼ 出した神尾主膳~ (3, 0.0%)

1 はこの, はそれ, はどこ

▼ 出した秘密~ (3, 0.0%)

1 だけは解りません, な仕事, の糸

▼ 出した~ (3, 0.0%)

1 からプイッ, からホイッ, の方

▼ 出した素子~ (3, 0.0%)

1 の動機, をルケアーノフ, を見た

▼ 出した結果~ (3, 0.0%)

1 がどう, である, に拠る

▼ 出した線香~ (3, 0.0%)

2 が一束 1 の煙

▼ 出した老婆~ (3, 0.0%)

1 は大釜, まで張合, もやはり

▼ 出した~ (3, 0.0%)

2 は顏 1 に驚い

▼ 出した~ (3, 0.0%)

2 が何 1 がある

▼ 出した裏口~ (3, 0.0%)

1 で石, の方, は真直

▼ 出した親戚眷族~ (3, 0.0%)

2 の悲慘 1 の悲惨

▼ 出した~ (3, 0.0%)

1 と散文, はこう, はまだ

▼ 出した詩集~ (3, 0.0%)

1 にはぼく, の中, の伊太利

▼ 出した通り~ (3, 0.0%)

1 に, に李, に監督

▼ 出した速達~ (3, 0.0%)

1 が間, だった, 見て

▼ 出した電報~ (3, 0.0%)

3 の返事

▼ 出した露店~ (3, 0.0%)

2 のカンテラ 1 のいかがわしい

▼ 出した~ (3, 0.0%)

1 にわざと, は, を見守

▼ 出した黒い~ (3, 0.0%)

1 マスクを, 人影が, 人影は

▼ 出したいくら~ (2, 0.0%)

1 ゐだ, ゐの

▼ 出したいろいろ~ (2, 0.0%)

1 な露店, の影像

▼ 出したおばあさん~ (2, 0.0%)

2 の手

▼ 出したからって~ (2, 0.0%)

1 あなたの, 別に名誉

▼ 出したからにゃ~ (2, 0.0%)

1 あ忌, いくら泣いた

▼ 出したからにや~ (2, 0.0%)

1 男だ, 誰が

▼ 出したくら~ (2, 0.0%)

1 ゐだから, ゐでした

▼ 出したことば~ (2, 0.0%)

1 であった, である

▼ 出したさあ~ (2, 0.0%)

1 それを, 荷物は

▼ 出したさうな~ (2, 0.0%)

1 笑ひ, 素振り源太早く

▼ 出したすすき~ (2, 0.0%)

2 の野原

▼ 出したせつな~ (2, 0.0%)

1 である, に彼

▼ 出したその後~ (2, 0.0%)

1 で眼, へ長い

▼ 出したそれから~ (2, 0.0%)

2 約一年後

▼ 出しただけでも~ (2, 0.0%)

1 彼の, 読者の

▼ 出しただけに~ (2, 0.0%)

1 その人気, 同じく維新

▼ 出した~ (2, 0.0%)

1 い, え日

▼ 出した~ (2, 0.0%)

1 がす, 小説でも

▼ 出したといった~ (2, 0.0%)

1 ほうが, ような

▼ 出したときそれ~ (2, 0.0%)

1 まではついむっつり, をうけとった

▼ 出したとき彼女~ (2, 0.0%)

1 の胸, は呼びとめた

▼ 出したとき男~ (2, 0.0%)

1 と女, は羞恥

▼ 出したとき私~ (2, 0.0%)

1 が八ツ手, はこう

▼ 出したなどといふ~ (2, 0.0%)

1 ことも, 話は

▼ 出したについて~ (2, 0.0%)

1 これ等の, ほかの

▼ 出したにも~ (2, 0.0%)

1 かかわらず顔, 何にも

▼ 出したのよ~ (2, 0.0%)

1 南に, 源さんの

▼ 出したばかりに~ (2, 0.0%)

1 そうまでは, 彦六め又

▼ 出したばっかりに~ (2, 0.0%)

1 おれとも, とうとう家産

▼ 出したふう~ (2, 0.0%)

1 だった, でいった

▼ 出したまで~ (2, 0.0%)

1 だ, で君の

▼ 出したままそこ~ (2, 0.0%)

1 にがつくり, に立っ

▼ 出したまま前~ (2, 0.0%)

1 にのめり, の広場

▼ 出したまま高山植物~ (2, 0.0%)

1 の鉢植え, の鉢植ゑ

▼ 出したまんま~ (2, 0.0%)

1 腹立たしそう, 蒸すので

▼ 出したみんな~ (2, 0.0%)

1 の合併絵葉書, は妹

▼ 出した~ (2, 0.0%)

1 同じです, 誰の

▼ 出したもう~ (2, 0.0%)

1 引退まえ, 死んだ人たち

▼ 出した~ (2, 0.0%)

1 うだつた, ないか

▼ 出した~ (2, 0.0%)

1 あせると, 一行も

▼ 出したんぢ~ (2, 0.0%)

1 やあるまい, やらう

▼ 出したんでへ~ (2, 0.0%)

1 ツ, ツへ

▼ 出したインド~ (2, 0.0%)

1 における綿花生産, のコブラ・デ・カペロ

▼ 出したガラツ八~ (2, 0.0%)

1 と平次, はハタ

▼ 出したパン~ (2, 0.0%)

1 は実に, をほほえみ

▼ 出したビラ~ (2, 0.0%)

1 だ, を見る

▼ 出した~ (2, 0.0%)

1 と坪, は河口湖

▼ 出した一つ~ (2, 0.0%)

1 の影, の話

▼ 出した一艘~ (2, 0.0%)

1 の船, の花見船

▼ 出した一軒~ (2, 0.0%)

1 のカフェー, の喫茶店

▼ 出した一通~ (2, 0.0%)

1 がわたくし, と一面

▼ 出した上伜~ (2, 0.0%)

1 の染五郎, を殺し

▼ 出した~ (2, 0.0%)

1 つ引, 唇の

▼ 出した~ (2, 0.0%)

1 斷着などが, 統一な

▼ 出した不換紙幣~ (2, 0.0%)

1 はその後何百年, は其後何百年

▼ 出した世界~ (2, 0.0%)

1 でない, に彼

▼ 出した両手~ (2, 0.0%)

1 の指, の間

▼ 出した~ (2, 0.0%)

1 なる著書, は五郎吉

▼ 出した久慈~ (2, 0.0%)

1 に一寸, に矢代

▼ 出した事件~ (2, 0.0%)

1 というの, についてはこん

▼ 出した二三~ (2, 0.0%)

1 の女, の靴音

▼ 出した二尺~ (2, 0.0%)

2 の濡れ縁

▼ 出した人達~ (2, 0.0%)

1 でもっ, は氷河期以前

▼ 出した仏像~ (2, 0.0%)

1 を押しいただい, を枕もと

▼ 出した以前~ (2, 0.0%)

1 に編纂, の小間使

▼ 出した~ (2, 0.0%)

1 にむっくり, は耳

▼ 出した保釈願~ (2, 0.0%)

1 に対する却下書, は大正十一年十月

▼ 出した~ (2, 0.0%)

1 が千年, もそれ

▼ 出した元気~ (2, 0.0%)

1 な若者たち, 好い看護婦

▼ 出した光景~ (2, 0.0%)

1 にはさすが, はまことに

▼ 出した其手~ (2, 0.0%)

2 で矢庭

▼ 出した~ (2, 0.0%)

1 だけは手, を残らず

▼ 出した刹那~ (2, 0.0%)

1 にスクルージ, は聖武天皇

▼ 出した~ (2, 0.0%)

1 も尽した, を後

▼ 出した匕首~ (2, 0.0%)

1 を布団, を挾ん

▼ 出した半島~ (2, 0.0%)

2 の黒く

▼ 出した半紙~ (2, 0.0%)

1 の上, を一枚

▼ 出した~ (2, 0.0%)

1 のあんまり, も少し

▼ 出した古手紙~ (2, 0.0%)

1 が皺, が皺くちゃ

▼ 出した吉野~ (2, 0.0%)

2 は直ぐ

▼ 出した命令~ (2, 0.0%)

1 にはなんら, はこれ

▼ 出した地図~ (2, 0.0%)

1 で左側, や中華国語

▼ 出した報告~ (2, 0.0%)

1 に, には

▼ 出した場面~ (2, 0.0%)

1 が二つ, を目前

▼ 出した多く~ (2, 0.0%)

1 のもの, の句

▼ 出した大きい~ (2, 0.0%)

1 柳の, 海亀を

▼ 出した大人~ (2, 0.0%)

1 の認識, もその他

▼ 出した大型~ (2, 0.0%)

1 のケース, のスケッチブック

▼ 出した太い~ (2, 0.0%)

2 岩石の

▼ 出した太陽~ (2, 0.0%)

1 の下, を探究

▼ 出した~ (2, 0.0%)

1 の手紙, を執

▼ 出した女達~ (2, 0.0%)

1 がザル, が五六人

▼ 出した如く~ (2, 0.0%)

1 に九日, に木馬様

▼ 出した~ (2, 0.0%)

1 のこと, へ彼

▼ 出した始末~ (2, 0.0%)

1 ですから, は大正四年

▼ 出した姿~ (2, 0.0%)

1 としての性質, に似

▼ 出した婦人~ (2, 0.0%)

1 の一応, の基本的文化

▼ 出した子孫~ (2, 0.0%)

1 がみんな幸福, だから

▼ 出した学者~ (2, 0.0%)

1 がある, が阿

▼ 出した宗之助~ (2, 0.0%)

2 はもう

▼ 出した~ (2, 0.0%)

1 の威力, を包容

▼ 出した小説~ (2, 0.0%)

1 を必ず, を見た

▼ 出した少年~ (2, 0.0%)

1 である, を後目

▼ 出した少数~ (2, 0.0%)

1 の本, の詩集

▼ 出した屋根~ (2, 0.0%)

2 の下

▼ 出した~ (2, 0.0%)

1 の色, の見えぬ

▼ 出した巨大~ (2, 0.0%)

1 な勢力, な英国

▼ 出した幽霊~ (2, 0.0%)

1 がその間, なん

▼ 出した幾ら~ (2, 0.0%)

2 でもない

▼ 出した当人~ (2, 0.0%)

1 で仕方, もこれ

▼ 出した形跡~ (2, 0.0%)

1 がない, すら発見

▼ 出した~ (2, 0.0%)

1 は豹, を見る

▼ 出した彼自身~ (2, 0.0%)

1 の幸福, を叱ろう

▼ 出した徳利一本~ (2, 0.0%)

2 には毒

▼ 出した~ (2, 0.0%)

1 に拍車, の声

▼ 出した恰好~ (2, 0.0%)

1 が大, に見えた

▼ 出した悪い~ (2, 0.0%)

1 帯の, 貼紙で

▼ 出した情慾~ (2, 0.0%)

2 の波

▼ 出した意外~ (2, 0.0%)

1 な事実, の表情

▼ 出した成績~ (2, 0.0%)

1 が骨折り, はという

▼ 出した手の平~ (2, 0.0%)

1 をぴしやりと, を引込まさず

▼ 出した手巾~ (2, 0.0%)

1 で濡れた, を何

▼ 出した手拭~ (2, 0.0%)

2 やら半襟

▼ 出した拍子~ (2, 0.0%)

1 にひとまわり, に赤井

▼ 出した拙文~ (2, 0.0%)

1 に大概, はガルトン始め諸国

▼ 出した指令~ (2, 0.0%)

2 の文

▼ 出した挙句~ (2, 0.0%)

1 にいよ, にいよいよ

▼ 出した新聞~ (2, 0.0%)

1 は翌々日, を見

▼ 出した方向~ (2, 0.0%)

1 というの, は失わず行きたい

▼ 出した日附~ (2, 0.0%)

1 に不審, を見ます

▼ 出した~ (2, 0.0%)

1 が新聞, を告げました

▼ 出した明るい~ (2, 0.0%)

2 家の

▼ 出した~ (2, 0.0%)

1 にしましょう, の色

▼ 出した時入口~ (2, 0.0%)

2 の障子

▼ 出した時期~ (2, 0.0%)

1 があつ, である

▼ 出した時村教育~ (2, 0.0%)

2 の前途

▼ 出した時自分~ (2, 0.0%)

1 はもどかし, は多少

▼ 出した時誰~ (2, 0.0%)

1 か穴, も知らなかつた

▼ 出した書付~ (2, 0.0%)

1 の内容, を見る

▼ 出した書面~ (2, 0.0%)

1 をみる, を無造作

▼ 出した最大~ (2, 0.0%)

1 のダイヤ, の理由

▼ 出した最後~ (2, 0.0%)

1 にこの, の集

▼ 出した~ (2, 0.0%)

1 を引込め, を横

▼ 出した~ (2, 0.0%)

1 の枝, を運ぶ

▼ 出した松明~ (2, 0.0%)

1 を両手, を路傍

▼ 出した~ (2, 0.0%)

2 倉院の

▼ 出した~ (2, 0.0%)

1 の二つ, の五大

▼ 出した~ (2, 0.0%)

1 が現れ, を眼

▼ 出した残り~ (2, 0.0%)

1 で来春, は移動本部

▼ 出した民謡~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 出した~ (2, 0.0%)

1 がした, がする

▼ 出した水色~ (2, 0.0%)

2 の唐縮緬

▼ 出した~ (2, 0.0%)

1 を拭い, を拭き

▼ 出した江戸~ (2, 0.0%)

1 の中期以後, の便り

▼ 出した~ (2, 0.0%)

1 にまみれ, や土

▼ 出した浴衣~ (2, 0.0%)

1 の肩, をひろ子

▼ 出した清助~ (2, 0.0%)

1 をはじめ, をも見

▼ 出した清吉~ (2, 0.0%)

1 寝ぼけるな, 寝惚

▼ 出した~ (2, 0.0%)

2 の頭

▼ 出した源助~ (2, 0.0%)

1 が人柱, の顔

▼ 出した滑らか~ (2, 0.0%)

1 な光沢, な白い

▼ 出した火力~ (2, 0.0%)

2 が私達

▼ 出した火成岩~ (2, 0.0%)

2 ですよ

▼ 出した~ (2, 0.0%)

1 が部屋, ですよ

▼ 出した煙管~ (2, 0.0%)

1 に煙草, を卯平

▼ 出した照子~ (2, 0.0%)

1 に調子, を心底

▼ 出した父親~ (2, 0.0%)

1 の歌, の留助

▼ 出した猪口~ (2, 0.0%)

1 にお, へ相手

▼ 出した珈琲~ (2, 0.0%)

2 を大

▼ 出した現実~ (2, 0.0%)

1 が取り, の一面

▼ 出した生徒~ (2, 0.0%)

1 は気, は氣

▼ 出した産物~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 出した當時~ (2, 0.0%)

1 の心持, の日本

▼ 出した白髪頭~ (2, 0.0%)

2 の老女

▼ 出した皮製~ (2, 0.0%)

2 の万年筆

▼ 出した~ (2, 0.0%)

1 かはらず, ですよ

▼ 出した矢代~ (2, 0.0%)

1 に鍵, の話

▼ 出した祝儀~ (2, 0.0%)

1 に利息, の手拭

▼ 出した~ (2, 0.0%)

2 の虫

▼ 出した~ (2, 0.0%)

1 は夕方, は夢中

▼ 出した竪穴~ (2, 0.0%)

2 のところ

▼ 出した~ (2, 0.0%)

1 なりの雲, を受け取っ

▼ 出した~ (2, 0.0%)

1 八潜水艦の, 四首は

▼ 出した~ (2, 0.0%)

1 だ, だが

▼ 出した~ (2, 0.0%)

1 である, による

▼ 出した~ (2, 0.0%)

1 の中, や引出

▼ 出した~ (2, 0.0%)

1 にはいささか, はやはり

▼ 出した簡単~ (2, 0.0%)

1 な級数, な装置

▼ 出した米国~ (2, 0.0%)

1 の学者, の雑誌記者

▼ 出した糸錦~ (2, 0.0%)

1 のこれ, の帯

▼ 出した紙片~ (2, 0.0%)

1 になにかスラスラ, の皺

▼ 出した細君~ (2, 0.0%)

2 は代

▼ 出した絵葉書~ (2, 0.0%)

1 であったが, は三人

▼ 出した~ (2, 0.0%)

2 を丁寧

▼ 出した纏頭~ (2, 0.0%)

1 のまずい, もさまざま

▼ 出した~ (2, 0.0%)

1 とか美学, への真理

▼ 出した~ (2, 0.0%)

1 る年, る朝

▼ 出した~ (2, 0.0%)

1 の一片, は薄く

▼ 出した~ (2, 0.0%)

1 だけで, を自分

▼ 出した~ (2, 0.0%)

1 が松, をつかまえ

▼ 出した~ (2, 0.0%)

2 の一本一本

▼ 出した~ (2, 0.0%)

1 の當, を揃え

▼ 出した~ (2, 0.0%)

2 の向う

▼ 出した~ (2, 0.0%)

1 でなければ, ではなく

▼ 出した若き~ (2, 0.0%)

2 舞踏者の

▼ 出した茶色~ (2, 0.0%)

1 の大, の巾着

▼ 出した荷物~ (2, 0.0%)

1 がころがり, は支那鞄

▼ 出した菓子~ (2, 0.0%)

1 であった, は飾

▼ 出した~ (2, 0.0%)

1 の間, は前年

▼ 出した葉書~ (2, 0.0%)

1 が屆, だつた

▼ 出した~ (2, 0.0%)

1 よく鉄砲虫退治, 明るい憂鬱

▼ 出した~ (2, 0.0%)

1 がジージー, 喰いの

▼ 出した~ (2, 0.0%)

2 えの

▼ 出した記憶~ (2, 0.0%)

1 がある, に関する新説

▼ 出した赤児~ (2, 0.0%)

1 を, を慕っ

▼ 出した足音~ (2, 0.0%)

1 があがった, がした

▼ 出した距離~ (2, 0.0%)

1 にその, も遂に

▼ 出した遺族~ (2, 0.0%)

1 として八谷家, の人達

▼ 出した~ (2, 0.0%)

1 でも飲みちらし, をガブ

▼ 出した野郎~ (2, 0.0%)

1 がある, がもう

▼ 出した金看板~ (2, 0.0%)

1 を読む, を讀む

▼ 出した鈴虫~ (2, 0.0%)

1 と松虫, の声

▼ 出した銀二郎~ (2, 0.0%)

1 である, は守人

▼ 出した錢形平次~ (2, 0.0%)

1 が呼出されました, と八五郎

▼ 出した長い~ (2, 0.0%)

1 旗が, 綱に

▼ 出した~ (2, 0.0%)

1 の峯, をごらん

▼ 出した静子~ (2, 0.0%)

1 に上, に対してさえ喜代子

▼ 出した~ (2, 0.0%)

1 の大, の色

▼ 出した~ (2, 0.0%)

1 を両手, を吹きわたる

▼ 出した願い~ (2, 0.0%)

1 この場, というの

▼ 出した願書~ (2, 0.0%)

1 の控, を許可

▼ 出した風景~ (2, 0.0%)

1 と静物, と靜物

▼ 出した高い~ (2, 0.0%)

1 檐に, 瓦に

▼ 出した魂魄~ (2, 0.0%)

1 が六条院, を呼び戻そう

▼1* [1620件]

出しただよ, 出したああこの最初, 出したあとガラス扉はがたん, 出したあと五十を越した, 出したあと僕はいや, 出したあなたへの伝言, 出したあれは何, 出したいまは何, 出したいや何となくその, 出したいわば勝手な, 出したいわゆる蘭法華岬, 出したうちはまだ, 出したうとうみんなドツと, 出したうめが階子, 出したおかあさんがいそいそ, 出したお前もエライ, 出したお召の羽織, 出したお寺からの手紙, 出したお方は, 出したお松に思いとどまる, 出したお節の話, 出したお蔭である, 出したお詫びをする, 出したかいもなく, 出したかが分からない, 出したかぎでガラス, 出したかぎりどんな会合, 出したかぞつと身, 出したかについて訝った, 出したかねて寵愛の, 出したかめの首, 出したからうでは, 出したからとて暗殺主義なりと, 出したからのことで, 出したきのう住吉の打物屋鳶七, 出したきり一日二日と愚圖, 出したきり何も出さなかった, 出したきり北川氏の新居, 出したきり関とも五郎, 出したぎりで何時となく, 出したくさい糊の, 出したくせにす, 出したくつたつて, 出したくもなしあの, 出したくも料理人が味, 出したくらいのものだったでしょう, 出したくるぶしを痛めた, 出したぐらいです, 出したぐらいのことでしょう, 出したこいつが上方筋, 出したこうなると, 出したここは表通り, 出したこそ不思議の, 出したことあれしませんし, 出したことそれ自身に問題, 出したことぢやない, 出したこと以上には申し上げません, 出したこと結局前後十日間朝鮮にい, 出したこれで黒, 出したこれらの二つ, 出したころ俊亮がまた, 出したころ朝倉先生が人力車, 出したこんな手紙が, 出したさくらがいつか花時, 出したさすがの川越ッ子, 出したしるしであった, 出したじゃあないか, 出したがたの, 出したすがすがしい計画から, 出したすぐ前の, 出したすべてのもの, 出したすると今度は, 出したせいのみで, 出したせっかくここまで, 出したそうすると亀先生は, 出したそこの内儀, 出したそこで遭遇した, 出したそば屋の出前, 出したそれらの雄々しい若い, 出したそんな奇怪な, 出したただ一本の書留郵便, 出したためしの無い, 出したため佐久間騒動などという一揆, 出したため千鶴子だけ先, 出したため山猫減じ野鼠, 出したため彼女がとっ, 出したため折からの炎暑, 出したため賊は書斎, 出したため遠方から声, 出したたんをポケット, 出しただが頑固な, 出しただけじゃねえか, 出しただけはこの日, 出しただれかれの, 出したちやんとええ, 出したちょうどいいかげんの, 出したちょっとした夕食を, 出したちょろちょろ水は, 出したっけなお京, 出したっても恥では, 出したっぱなしで汽車, 出したつけ物を下, 出したつてことね, 出したつて五万円出したつて, 出したつて些ともあなた, 出したつて何が始まる, 出したつて恥かしくないや, 出したつて比例をし, 出したつて話ですから, 出したつまり一番新らしい, 出したつむじの白髪, 出したつや子の膝, 出したてからあんまりありがたい, 出したてんで飛び出し, 出したでっぷり紳士で, 出したでもいい, 出したといふだけ奉公人にも, 出したといふのかい, 出したといふやふな, 出したときあなたのおっしゃった, 出したときあれだけの答, 出したときうしろに棟梁, 出したときさっき帰って, 出したときひろ子は自分, 出したときクーボー大博士, 出したときメグは, 出したときラエーフスキイが言った, 出したとき今まで薄暗かっ, 出したとき伸子は全力, 出したとき信夫は更に, 出したとき傍の人, 出したとき刺青のため, 出したとき勘次は秋三, 出したとき千鶴子は機, 出したとき帆村がつと, 出したとき彼は自分, 出したとき戸籍謄本と履歴書, 出したとき明子は寧ろ, 出したとき百姓どもはぎょっと, 出したとき目が醒めた, 出したとき縁の障子, 出したとき美和子は姉, 出したとき腹部の異状, 出したとき西洋のにおい, 出したとき諸国の大名, 出したとき長崎県でいちばん, 出したところ二十三日二十六日二十八日づけの, 出したところ五六個ほど註文申込, 出したところ先生なら, 出したところ港の漁夫ら, 出したところ章子の浅黒い, 出したところ陣十郎に見付けられ, 出したとたんド・エスコバアルは急, 出したとたん屋根の上, 出したとたん彼女はわれ, 出したとともに内容が, 出したとばかり喜んだの, 出したとやらで見物, 出したとよの様子を, 出したどこかの酔っぱらい船長, 出したなお火を, 出したなつかしい母親の, 出したなどもその手, 出したなんて奈何し, 出したについての極洋に, 出したぬるま湯で輕, 出したのち金剛普賢両院の山伏, 出したのと三つを, 出したのね来て, 出したはい松の, 出したはじめには小児, 出したばかりか待ち設けた老女, 出したばかりといって, 出したばかりにやちつた痛, 出したばっかりか笠屋町の, 出したばっかりの鉄ごて, 出したひとはみんな自分, 出したひとつのこと, 出したほうがまし, 出したほかあまり以前, 出したほどなその騒動, 出したほどの梶新左衛門までが, 出したほんとの謝肉祭, 出したぽつんとした稗蒔, 出したふゆゑは, 出したまきが町向う, 出したままボンヤリと焼け, 出したまま上体を仰向け, 出したまま両手のなか, 出したまま双方睨み合いの, 出したまま奉書や水引, 出したまま左右に延ばした, 出したまま後は口, 出したまま悠くり歩いて, 出したまま方々で枯れ, 出したまま歳月を経た, 出したまま眼を閉じ, 出したまま窓から空, 出したまま能く眠っ, 出したまま芋畑の方, 出したまま若者を睨みつけ, 出したまま裏口に立った, 出したまま躄のよう, 出したまま静に私, 出したみきがやめかける, 出したみつ子のそれ, 出したむき出しの腕, 出したむぎわら帽の火星人, 出したもとより二人, 出したものこれはお, 出したものシェレーが愁思郷, 出したもみくちゃの紙片, 出したやくざ野郎はほどなく, 出したやらとびっくりした, 出したよとおっしゃるん, 出したわけぢやありません, 出したわりに広治, 出したんでねそのうち, 出したん見えへんかった, 出したアイヌの舟, 出したアルトニヤ人にこの, 出したインゲ百貨店製の上等, 出したカソリック教の総, 出したガウンを羽織り, 出したガラツ八日本橋を越し, 出したキスの手紙, 出したキチガイ病気の, 出したキリスト教の一派, 出したキリスト教婦人同盟の運動, 出したクミを引立て, 出したクラックホイートハムネージャミヤタピオカその他の西洋食品, 出したグラスにシャートルーズ, 出したグリツプは二人, 出したグリンドボーンの, 出したケースに手, 出したコップの冷酒, 出したコン吉がその, 出したコーヒーを引き散らかした, 出したサンドヰツチを指先, 出したシニャックとヴィンセント, 出したシムソンの顔, 出したシュナイダア夫人は機嫌, 出したシートの状, 出したジョイスにしろ, 出したジョンには日本人, 出したススキがその, 出したスパイが妹, 出したスーザンの手元, 出したスープを啜っ, 出したセエラの返事, 出したタバコをぽんぽん, 出したダニが一疋, 出したダヴィドの絵, 出したチェリイの箱, 出したてしかた, 出したテエブル掛の上, 出したテーブル掛を雑作, 出したテラの, 出したネクタイを一本購, 出したバルコンでみんな, 出したパセリをそへたサンドヰッチ, 出したパラリと出した, 出したビョルンソンとは今日, 出したビールをじろりと, 出したビール瓶の手紙, 出したピストルを引込めなけれ, 出したピッコロに合せ, 出したフイイレンチエに来, 出したフェリクスをどうして, 出したフランク大尉の緊張, 出したプランは現在, 出したポスターを見なかった, 出したミケランゼロの心, 出したムク犬は左舷, 出したモデルといふの, 出したユムヌの一語以外, 出しただわ, 出したヴィヨロンの唄, 出したヴェラガ公爵の闘牛場, 出した一九一〇年産のブルゴーニア, 出した一件で, 出した一個の惑星, 出した一刀平次は引つこ, 出した一叢の紅薔薇, 出した一同その後について行く, 出した一家臣が三珠院, 出した一寸法師でした, 出した一幅の帯, 出した一幹の柳, 出した一握りを鶏, 出した一方口を硫黄, 出した一書があつ, 出した一本の銚子, 出した一札とかあるいは, 出した一朱金小粒銀, 出した一束の手紙, 出した一滴乃至二滴, 出した一疋の黒猫, 出した一等運転手と肩, 出した一組があった, 出した一羽のペンギン鳥, 出した一葉は同時に, 出した一部のプロレタリア作家, 出した一隊があった, 出した一騎がある, 出した七人の十四本, 出した七寶炳耀として光, 出した七月十日附の返, 出した七輪に枯枝, 出した万七冷笑気味な口吻, 出した三十恰好の男, 出した三千六百噸の独逸巡洋艦エムデン, 出した三又土筆のこと, 出した三四郎をちょっと, 出した三女は姉, 出した三尺なめし, 出した三島町は全滅, 出した三艘の船, 出した上半身で自分, 出した上後ろから一刀, 出した上支度金が三十兩, 出した上演喜劇集中に加, 出した上通学して, 出した上願書なるもの, 出した下女のお, 出した不運な溝鼠, 出した与吉振り返って, 出した丑の刻参り隠れ祈りの場所, 出した眼と, 出した両側の飲食店, 出した両親を置い, 出した並行であり碁石打つ手, 出した中学生がうすい, 出した中尉は, 出した中年過ぎの男, 出した中臣一族だけを考へる, 出した中身のこと, 出した串談には三吉, 出した丸い顔だけは, 出した丸帯緋綸子の長襦袢, 出した之丞, 出した主君の心, 出した主脈にし, 出した乞食があった, 出した乳房とを一所, 出した乾児も多かっ, 出した予防命令を誹謗, 出した事情も遣る, 出した事柄と当然, 出した事見聞した事, 出した二か所の波止場, 出した二三部の作, 出した二人前の膳部, 出した二冊の背皮, 出した二分心の下, 出した二十めんそうのけん, 出した二十六日の冬, 出した二十日鼠のよう, 出した二年後であり祖父, 出した二本の木剣, 出した二枚の紙幣, 出した五つの駕籠, 出した五六間先の道端, 出した五円札が贋造紙幣, 出した五十位の女, 出した五足ばかりを一飛び, 出した五郎助を追, 出した亡霊のよう, 出した交通機關の發達, 出した京都西陣小学校で児童, 出した人出入の少い, 出した人工の時間, 出した人形のごとく, 出した人影がある, 出した人波の中, 出した人為的な雰囲気, 出した人生に対する, 出した人種はバイカル, 出したとなっ, 出した今年三十になる, 出した今度は某, 出した今日でもやはり, 出した今頃何をし, 出した仏頂寺は二三度, 出した付け合わせと情, 出した仙吉の顔, 出した代りにそこ, 出した代物をたった, 出した代金を引つたくる, 出した以上ここの有力者, 出した以上それを綺麗, 出した以上どこまで行っ, 出した以上家来の方, 出した以上老人などは置き去り, 出した以上豊後守も引っ込む, 出した以上身柄は向う, 出した以外に薬, 出した仮説は一時人, 出した伊勢屋の主人, 出した伊豆の伊東, 出した多きは, 出した伝統は並み, 出した伝統破壊の記録, 出した伯母と称する, 出した伸子の心持, 出した伸子たちはすっかり, 出した住宅風の建物, 出した佐吉に妨げられた, 出した何処か東洋種, 出したは印気, 出した佛教の經文, 出したである, 出した作りである, 出した作り物ですよ, 出した作曲者の人物, 出した作物の中, 出した使といふの, 出したを指す, 出したの男, 出した便乗ということば, 出した信州随筆といふ本, 出した信用の置かれる, 出したの両, 出した個々のもの, 出した個人欄広告の代金, 出したの二百両, 出した値うちがあった, 出した停車場へ着いた, 出した側面毎に薄肉彫刻, 出した偵察者にもその, 出した傍若無人な生活態度, 出した傍觀者の利己主義, 出したにはいろう, 出した傾向がある, 出したではありません, 出した儘娘は微笑, 出した優越感に充ちた, 出した元手の金, 出した元来が自分免許, 出したに二人, 出した先生の声, 出したの渦巻, 出したを動揺, 出した入道雲は夕日, 出した全部ですが, 出した兩國のお, 出した八十馬に追いすがり, 出した八文字舎のこと, 出した八重桜の老樹, 出した六歳ばかりの可愛らしい, 出したも待て, 出した兵馬がこの, 出したで二足三足づゝ, 出したの長, 出した冷汗は隱, 出した几帳であらう, 出した出版業をこの, 出した出版界が何, 出した出端をその大きな, 出した出花なので, 出したにおびやかされ, 出した分泌物のよう, 出した切実な声, 出した切符を引込めなかった, 出した切髪を途中, 出した初めは実に, 出した初夏の日光, 出した初音の鼓, 出した利得をこの, 出した刷りものを見る, 出した刺繍に過ぎぬ, 出した前後から不思議, 出した前駆の人たち, 出した元社, 出した創作の批評, 出した助手に云った, 出した労働者がいった, 出した勅書にそれ, 出した動作が要約, 出したでうしろ, 出したを拡げ, 出した包みものそれ, 出した化猫見たいなお, 出した北海道旅の栞, 出した北風に木, 出した医者はいとも, 出した医術と音楽, 出した十余年前氏独り菊五郎に反対, 出した十六歳の少年, 出した十萬圓の金, 出した千八百二十一年版のバイロン, 出したクラウン銀貨を, 出した半月の数, 出した半白半黒, 出した半紙横綴の帳面, 出した博信堂主人が一度悉く, 出した博奕で儲けた, 出した博奕兇状持よりは少し, 出した卯平の手, 出した印材には何百年, 出した即興歌に対して女方, 出した即題をわたし, 出した卷煙草の火, 出した厄介の貝六, 出した厚い胸の, 出した去年の暮, 出した参右衛門は糖黍, 出した友達を無理, 出した双子山は絹, 出した絵の, 出した反射式ののぞき, 出した反物が却, 出した収斂級数で表わされ従っ, 出した叔父の歴史, 出した受取書を発見, 出した口上書なるもの, 出したフィルムを, 出した古い女物糸織を, 出した古本屋を覗き込む, 出した古風な老屋, 出した可愛らしい封筒に, 出したの次第, 出した右近が, 出した号令の無意味さ, 出した消防署の, 出した合理化の力, 出した合計三十七ポンド十五シルの勘定書, 出した吉彦さんが鐘, 出した題の, 出した同じその強権によって, 出した名作五体だけにし, 出した名簿誰には一つ, 出したふ見ずの, 出した向きあいの桶板二枚, 出した向井霊蘭を父, 出した吾妻拳を打ち出す, 出した呉軍が退路, 出した告知人がすなわち, 出した周馬があっ, 出した和琴を調子, 出したで洲股, 出した哀婉な抒情詩, 出したですから, 出したは泥, 出した唐衣をかさね, 出した唯七の袖, 出した唸りに対して死点, 出したを危く, 出した問答はわかり, 出した啓示を以て之, 出した善八を一番先, 出した善美を尽した, 出した喜兵衛は早速, 出した喜界島の二十三夜様, 出した喧嘩などが初, 出した嘆願書には自分ら, 出したの中, 出した四ツ目の紋, 出した団扇で煽いだ, 出した図面に示す, 出したより二人, 出した国書の別, 出した圓朝はいつしか, 出したの生活, 出した土民には通じる, 出した土産物を手, 出した地声が少し, 出した地方もめずらしい, 出した地球の比重, 出した地蜂の巣, 出した坂口の姿, 出した坊主は頭がい, 出したの附かぬ, 出したである, 出した埃まみれの韮, 出したを其方, 出した城兵と押太鼓, 出した執着の反動, 出したのよう, 出した報告文の中, 出した場所でした, 出した塗盆の上, 出した塩野の包み, 出した塵屑とだけでした, 出したの前, 出したを執っ, 出した声カタロンとオーヴァーン, 出した売約帳には昔, 出した夏菜類の瑞瑞しい, 出した夕食がこんなにわずか, 出したに船, 出した外国貿易に開港, 出した多分太沽沖に, 出した多門はいいかけ, 出したの街, 出した夜会のなり, 出したなの, 出した大々的の広告, 出した大事の切符, 出した大仏次郎氏の, 出した大伴坂上郎女の歌, 出した大勢の男, 出した大小二つの人影, 出した大島先生から直ぐ, 出した大火のため, 出した大理石像のよう, 出した大男を追いかけ, 出した大皿にボール, 出した大砲の殷々, 出した大福餅をもう, 出した大迫玄蕃カタカタカタとふるえ, 出した大阪拘置所が警察, 出した大雨は夜一夜, 出した天才歌人人麻呂を一時, 出した太郎が短い青い, 出した夫婦は焦茶色, 出した奈良県下の部落名, 出した奉書にあんた, 出した奏摺を檢, 出した奔湍の音, 出した奥さんは誰, 出した奥女中たちが三艘, 出した奥深く煤けた柱, 出した女中は面, 出した女事務員一同宛, 出した女将が雷, 出した女連の男, 出した女雛そろっての, 出した奴武藝のたしなみ, 出した奸夫に怨み, 出したの声, 出したに捻った, 出したを見, 出した妻子もあろう, 出した妻恋坂のお, 出した始めで半, 出した姫君は親しく, 出した姿勢のま, 出した婚約のこと, 出した婚約取消についての伊達さん, 出した婦人作家がやがて, 出したは更にずっと, 出した嬰児の両足, 出したで書かれ, 出した学位請求論文によって哲学博士, 出したと抱き, 出した宇佐美直記は裏門寄り, 出した宇宙の根本生命, 出した安らかな昏迷, 出した安二郎の話, 出した安房の国, 出した宏子の顔, 出した宗助にはよくも, 出した宗教を離れ, 出したで下谷, 出した客観的事情がある, 出した室町屋の女房, 出した宮子の様子, 出した家並みの通り, 出した家族はたつた, 出した家畜に似, 出した寅吉は安から, 出した密書だろうッ, 出した富士の頂, 出した寛文十一年の正月, 出した寺男の八助, 出した専門的で同時に, 出したが, 出した小作人の青年, 出した小刀ほどの小さい, 出した小型の注射器, 出した小太郎は階段, 出した小姓の挙動, 出した小学校の先生, 出した小家を差し, 出した小屋の中, 出した小枝のさき, 出した小者があった, 出した小肥りな女, 出した小船の一隻, 出した小説家が來, 出した小谷は, 出した小車の店, 出した小野川が谷風, 出した小鬢をゆらりと, 出した少女は実際, 出した少女時代の思い出, 出した就職希望者の第, 出したの名, 出した屍体検案書の刷物, 出した展覧会というもの, 出した山上の空, 出した山口の顔, 出した山手形を役人, 出した山椒の魚, 出した山独活を鉢, 出した山腹を横, 出したつ引, 出した岡本兵部の娘, 出したに集まっ, 出した島田の女, 出したを廻った, 出した川中島の接戦, 出した工女の群, 出したの腕, 出した左膳の眼, 出した市街の灯, 出した布テープを見れ, 出した布告はだれ, 出した布袋さんなどを安置, 出した希望に向っ, 出したの上, 出した帰りの空車, 出した帽子を拾っ, 出した平林たい子の作風, 出した平民新聞をこんなに, 出した年中行事などは日本, 出した幻影の様, 出したな馴染, 出した幾つかの指令, 出した幾艘の花見船, 出した広い空気を, 出した度胸なんぞはまことに, 出した座蒲団を敷い, 出した弁当も受け取らず, 出した弁当屋の女中, 出した引出ものを一度, 出した引続き前のと共に, 出した弟子の藤吉, 出した弥吉振り向いて, 出した弦月の光, 出した張本人だろう, 出した強談場だし, 出した弾丸をホームズ, 出した当の本人に, 出した当時の有様, 出した役者もなかなか, 出した彼のも出した, 出した待受の三人衆, 出した待合や, 出した後上へ一面, 出した後外へ駈出し, 出した後数日弥次郎の父, 出した後省線電車の乗り換え, 出した後詰めの兵, 出した従容たる態度, 出した得印兼光は突如, 出した当人が, 出した復一はおよそ, 出した徳利から心, 出した徳川殿などへこれ程, 出した心地だった, 出した必要品はその, 出した志望を容れ, 出した快い結果を, 出したそうに, 出した思い付きの一言, 出した性格でありデュパン, 出した怪我をする, 出した怪盗で警戒, 出した恋愛がどんなに, 出した恋文を紀代子, 出した恋聟よ, 出した恍惚たる瞬間, 出したかしさ, 出した息子たちをはなはだしばしば, 出した悪戯の目的, 出した情報こそは, 出した惡鬼のやう, 出した意味は君, 出した意見である, 出した意見書の眼目, 出したそうしてそれ, 出した感傷にひたつ, 出した感情は益す荒む, 出したを露骨, 出した態度を見る, 出した慾張り屋の与右衛門さん, 出した懇ろな手紙, 出した懇親なの, 出した懐中鏡で気持, 出した懐炉に手, 出した戦死通知を何十通, 出した戸口のとこ, 出した戸外の景色, 出した所本人は何, 出した所詮アテに, 出した扇屋熊谷の一役, 出したの隙間, 出した手前田丸はいささか, 出した手套を受取り, 出した手帳に又なにか, 出した手形や借用証, 出した手提袋やトランク, 出した手紙二十八日に着いた, 出した手記や願書, 出した手順を訊く, 出した手頸を食え, 出した批評につながる, 出した批評家は, 出したといふこと, 出した折わたしはどうか, 出した拙稿の大意, 出した招待の信箋, 出した拡散に関する数式, 出したの先ほど, 出した指先に反古, 出した挙動というもの, 出した挙句親譲りの財産, 出した捨石のごろごろ, 出した掛圖がずつと並べて, 出した掲示が其儘, 出した掻巻の俵, 出した提灯それを受取つて塀, 出した揚句結局このまえ, 出した撰者の名, 出した支那古代の刺繍なぞ, 出した支那産の絨毯, 出した政友会が挙国一致どころ, 出した救助ボウトを待たなけれ, 出した教授の手段, 出した敬太郎を恨んだ, 出したの何分の一位, 出した数個の化粧品容器, 出した敵意を如何にも, 出した敷物が一枚, 出した敷藁が広げられ, 出した數日前の出來事, 出したの返し, 出した文三のお, 出した文具店が一軒, 出した文化は天地間, 出した文面の意味, 出した料理店の椅子, 出したう云, 出した新しさに, 出した新九郎の鬢, 出した新刊の本, 出した新吉は人, 出した新居格氏はユネスコ, 出した新聞名は, 出した新聞広告にあんがいさっそく, 出した新聞社へ頼め, 出した新聞紙の一部, 出した新賀峰雄にちがい, 出した新進作家で妹, 出した方たちに大変, 出した方法とばかりは受け取れない, 出した方面と今, 出した旅人宿を両国, 出した旅人風の後ろ影, 出した旅籠屋には椽側, 出した既に政府は, 出した日お前の後, 出した日呂木は不思議, 出した日和下駄を突かけ, 出した日本人に気がついた, 出した早く来ないと, 出した早春のモスク, 出した早瀬が一大事, 出した早馬にちがい, 出した明治三十九年七月頃の同誌, 出した昔懷かしい話, 出したの色, 出した昨夜のこと, 出した昨日の味方, 出したが九号, 出しただから, 出した昼間の提灯, 出した時おれが容易く, 出した時がんりきはどこ, 出した時これは立派, 出した時さだ子さんもつづい, 出した時みんなびっくりした, 出した時やあとただふり, 出した時クリストフはもう, 出した時シャクは暫く, 出した時ナポレオンはおどり上がった, 出した時フゥフィーボー博士は大きな, 出した時一方は立ち聞き, 出した時世粧の特徴みたい, 出した時両親が快く, 出した時中口佐吉が言いました, 出した時代ゴーゴリを出した, 出した時代大師が飛翔, 出した時伍長は, 出した時会計の女, 出した時何かに行き当っ, 出した時倶係震卦教は説明, 出した時兄は怒った, 出した時分それを無造作, 出した時分一葉のところ, 出した時分中村はある, 出した時分頃からしばしば, 出した時刻から微行, 出した時問屋の若い, 出した時大名よりは増屋, 出した時妻は, 出した時宵からの生あたたかい, 出した時家中皆んな旦那樣のお, 出した時己は実に, 出した時平次と八五郎, 出した時年はわずか, 出した時康雄は立ち上っ, 出した時念のため, 出した時扇ヶ谷の方, 出した時日を遮った, 出した時時の征夷将軍, 出した時杏平は殆, 出した時次の歩み, 出した時次兄さんがどんなに, 出した時武蔵は, 出した時火は既に, 出した時父親は丁度, 出した時竜之助, 出した時節子は座, 出した時繃帯をした, 出した時繩を切つて矢, 出した時船ははや, 出した時茂太郎の唇, 出した時解決されるだろうと, 出した時計を出し, 出した時越中守の首, 出した時須永と千代子, 出した時馬琴はにわかに, 出した晋吉の様子, 出したの事, 出した晩御飯の御馳走, 出した景色は軽井沢, 出した晴ればれと, 出した晴衣に着, 出したさに, 出した暖かい茶を, 出した暴力を民主的, 出した曇り空の海上, 出した曠漠たる飛行場, 出した書留の手紙, 出した書簡は, 出した書翰といふの, 出した最大剪断応力の趨向, 出した最大者であるは, 出したが鈍く, 出した有力な策士, 出した有名な大原, 出した有様の絵, 出した服紗の銀, 出した朧月夜の日本情調, 出したの茂み, 出した木具が皆, 出した木彫科の鉢, 出した木曾福島をはじめ, 出した木村の新案もの, 出した木柱に比べる, 出した木賃宿もある, 出したが地所ぐるみ人, 出した末期の水を夢中, 出した本人じゃない, 出した本位田又八という人物, 出した本当の心持, 出した本牧辺の表通り, 出した材料である, 出した材木を流し, 出したの豪農, 出した村香奠の礼, 出したなど何度, 出した東京の姿, 出した東京監獄のあの, 出した東作の顏, 出した東洋人と均しく, 出した松五郎は徳太郎, 出した松井家にはたしかに, 出した果實のやう, 出したを, 出した架空の話, 出したい若葉, 出した柳屋のも柳屋, 出した栖方は剣, 出した根元は何, 出した根気のいい, 出した桃色の封筒, 出した梁田弥二右衛門が, 出した條件は穩健そのもの, 出したの声, 出した梨丸や走り下部, 出した棟梁達は元, 出したの家, 出した楽屋番とも顔馴染, 出した榊原などはむかし, 出した槍ヶ嶽の絶巓, 出した様子鼻息で水, 出した標山などは此神事, 出した標準で批評, 出した標識とも見られる, 出した横木を示し, 出したは和泉, 出した機智式の趣向, 出した機械の震動, 出した檜皮葺の軒先, 出した欄干である, 出した止金とをうつした, 出した此人相には最早, 出した此渓流は到, 出した此頃の頭, 出した武士獄卒たちは, 出した武州多摩郡の附近, 出した武田麟太郎氏のよう, 出した武蔵が間, 出した武蔵太郎の柄, 出した歴史のまっ, 出した歴史的な一時代, 出したの澄みとおった, 出した母親はこの, 出した母親自身さえ笑い出す, 出したの花, 出した毒虫のよう, 出したむくぢ, 出したがだから, 出した民主の試み, 出した水ぎぼうしの株を, 出したのよう, 出した求室広告に案外, 出した江北一帯に夏雲, 出した江戸ッ児の薬剤師, 出した江渡幸三郎君のよう, 出した決意も手持無沙汰, 出した汽車の上, 出した沖積層からできた, 出した沙翁の翻訳, 出した河野の身の上, 出した河鹿の声, 出したの話, 出した波濤の音, 出した泥団子の様, 出した注進の早馬, 出した洋刃を閃かし, 出した洋服屋の存在, 出した洗張りをした, 出した洞白の仮面, 出したの国屋, 出した洲崎の金六, 出した派手なテエブル掛, 出した流行病の煩い, 出した浅草の境内, 出したはとある, 出した浩平のお, 出した浪人者がある, 出した浴衣がけの若い, 出した海綿蟹を一つ貰つて, 出した淡島氏の家系, 出した深い感動が, 出した深夜のこと, 出した混血児のお, 出したしい色, 出した温い茶を, 出した温暖な雨, 出したに対する感動, 出したが跳, 出した湯たんぷを渡せ, 出した湯のみを枕もと, 出した源十郎は深夜, 出した源次郎はやがて, 出した源氏は脇息, 出した滑稽なる精神的怪物, 出した漁師であつ, 出した漁業に大, 出した漱石氏の手紙, 出した潮時をお, 出したつぽい, 出した灌木を眺め, 出した火の元用心の觸, 出した火元とか噂, 出した火山の上, 出した火鉢をすぐ, 出したの影, 出したの山, 出した灰色の幌の, 出した災変を面, 出したの火, 出した点メイエルホリド一流の好み, 出した為めに殊更, 出した為め大阪名物の一つ, 出した為め近所の大騒ぎ, 出した為心臓麻痺を起した, 出した無力な人形, 出した無数の鱗, 出した無責任な東洋史教科書, 出した煎餅も弟たち, 出した煙突様の小さい, 出した煙草入れ押戻しさま, 出した煙草屋があつ, 出した煙草盆やない, 出した熊吉を叱り飛ばし, 出した熔岩の流れ, 出した燦々とした, 出したを見つめ, 出したも見えた, 出した爲めに近眼, 出した爲め其一族が外戚, 出した爲私のすぐ, 出した爺さんも坊主頭, 出した片手を額, 出した片足の上, 出した版本から始まる, 出した物理學の見方, 出した特有に社会的, 出したを剥い, 出した犯人の態度, 出した犯罪なの, 出した狭長骨であって, 出したと兄弟分, 出したい袷, 出した猟師の惣太, 出したのやう, 出した玄関には犬, 出したと逃げる, 出した玉子の殼, 出した王朝末にすら既に, 出した珊瑚は板, 出した理窟は頗る, 出した瓶子と茶碗, 出したの先, 出した生活の為め, 出した生産物であって, 出した産児制限法の禁令, 出した用事としてはすでに, 出した用件に就い, 出した用箋をひろげ, 出した田丸主水正, 出した田舎の姐さん, 出したやっぱりすべて, 出した由良を助け, 出した由適当にやっ, 出した甲谷の顔, 出した申分ない媚色, 出した男の子に駆け, 出した男らしく京吉は, 出した男女平等の道, 出した男連れが当り触り, 出したの有志, 出した町役人共を尻目, 出した番頭の伊之助, 出した疑問へ立ち戻る, 出した病人が寝, 出した病気とは云え, 出した病魔やその, 出したがあり, 出した痕跡があっ, 出した痩せぎすの武士, 出したに何ん, 出した発頭人である為, 出したの仕事着, 出した白丁の酒, 出した白刃一閃阿波の国, 出した白地の縮み, 出した白旗もある, 出した白沈丁花の枝, 出した白銅の油壺, 出した白雲を見, 出した百兩の小判, 出した百姓に一瞥, 出した百日紅の樹, 出したをまだ, 出したを振向い, 出したのなか, 出した目代邸の火の手, 出した目吉の化物屋敷, 出した目玉の動く, 出した目的がある, 出した目鼻のない, 出した直後ではあり, 出した相手の横着さ, 出した眞田紐の不, 出した真実の懴悔, 出した真新しい看板の, 出した真田昌幸の兵, 出した真赤な眼球, 出した真黒な土瓶, 出した眼光でハッタ, 出した眼球破れた着物, 出した着物を着られます, 出した瞬間眼の前, 出したのため, 出した矢先芝居の絵看板, 出した知らせを忘れず, 出した知り合いも彼, 出した知識を逐一もっとも, 出した短刀を蕎麦箱, 出した短文というの, 出した短篇の原稿, 出した短篇集を開い, 出した石盥があつ, 出した砂糖を元, 出した砕岩を検査, 出した硝子張りの額, 出した碁笥に手, 出した社会の一般文化, 出した社会層に由来, 出した祝ひでもし, 出した神山と小夜子, 出した福草履にはきかえ, 出した私学は官学, 出した私達は, 出した稀代の人物, 出したを神, 出した稲妻の尖端, 出した積りらしく言, 出した積極なもの, 出したから六名, 出した立志伝中のもの, 出した立派な品, 出した之助, 出した竜手様を汚な, 出した竹造を見送る, 出した第三者の私, 出したの葉ずれ, 出したと紙, 出した筆記帳を, 出したでした, 出した筋書と少し, 出したなの, 出したがあり, 出した篠懸の間, 出した米友の顔色, 出した米商いに, 出したが白く, 出した粗末な絨毯, 出した精神科学の内容, 出した紅い雫も, 出した紅椿の上枝, 出した紅皿が二つ, 出した紅組の馬車屋, 出した紋付は薄い, 出した純粋江戸ッ子粘り気なし一, 出した純粋江戸ッ子粘り気無し一で無ければ, 出した紙きれを彼, 出した紙入れを善吉, 出した紙切れには何, 出した紙包を振っ, 出した紙幣を当初, 出したの幕, 出した紫陽花の一, 出した細い腕は, 出した紳士のま, 出した経緯まで詳しく, 出した経験を有する, 出した結果争議になりかかった, 出した結果恐水病をふせぐ, 出した結果血圧が高, 出した結果観念のこういう, 出した結論に関する限り, 出した絨毯を敷い, 出したのある, 出した絶壁の辺, 出した維摩を文殊, 出した綾衣のゆくえ, 出した綿入れを着, 出した綿糸がまるで, 出したは氈, 出した緑郎の手紙, 出したであった, 出した緬羊の円い円い円い, 出したの上, 出した繊維がその, 出したは話, 出した繪葉書はもう, 出した繻珍の丸帯, 出したの栓, 出した亡ぼしの, 出した罪案の骨子, 出した羅宇は恐ろしい, 出した美くしい手帛, 出した美しい星影を, 出した美しく不思議な, 出した美人の姿, 出した美吉屋の家, 出した美術音樂には粉本, 出した群衆のいくら, 出した羽根の色, 出した羽織が気に入らない, 出したの間, 出した管理人には, 出した老境になつて, 出した老爺がいる, 出した老眼鏡を出し, 出した者それに倶肥羅, 出した者許りだ, 出した耳たぶは霜焼け, 出した聲色で, 出した肉体は其後今日, 出した肉屋が, 出した肖像畫を熟, 出した肘さきにもまんまるい処女, 出した胴巻には金, 出したのあたり, 出した能登守はややしばらく, 出した脚本があの, 出した脚本九篇と十冊, 出した脱線ぶりには誰, 出した脳漿形の積雲, 出した腰掛の上, 出したをし, 出した腹いせにあんな, 出した膝近くにうつぶし, 出した膿盤を押し退け, 出した自分たちの責任, 出した自分自身があれ, 出した自分達にし, 出した自己本位の本能, 出した自由にたいする信念, 出した自身を可笑しく, 出した舞台へじっと, 出したの前後, 出した良い月夜に, 出した色々の禁令, 出した色彩は気品そのもの, 出した芝居の人物, 出した芝生が茵, 出した芥川のもの, 出した芳太郎の母親, 出した芳江姫の声, 出した芸術であらね, 出した若干の写生, 出した若者ばらはすでに, 出した苦肉の策が所謂彼, 出した英文版がまだ, 出した英気風発の貴公子, 出した茂太郎が, 出した茶がまを手, 出した茶碗へまた, 出した茸山の感じ, 出した草刈真太は, 出した草地ですよ, 出した草鞋の爪, 出した荒畑が, 出したは山, 出したのさき, 出した菓子折を一つ宛, 出した菓子箱はその, 出した菓物鉢の数々, 出した萩桔梗女郎花などの褄, 出した萬吉は五, 出した落ちは, 出した葉巻の吸い, 出した葛岡とわたくし, 出した葡萄の畑, 出した葡萄酒の杯, 出した蒲団の後, 出した蓄音器を表現舞台, 出した薄日の光, 出した薄汚い畳が, 出した薔薇色の薄, 出した藤棚の下, 出したは水面, 出した蘆洲のところどころ, 出した蘆荻や茅, 出したはうごい, 出したの文身, 出したの流れ, 出した蟷螂君の傍, 出したが黒光り, 出した蠅男の脅迫状, 出した血刀を部下, 出した血書の嘆願書, 出した血痕生々しい陣刀, 出した行動ドーブレク誘拐手段は, 出した行員が頻りに, 出した行李支那鞄信玄袋を車夫, 出したは真夜中, 出した衣服を二つ, 出した衣類を一時, 出した表面に働作, 出した袋入りの白鞘, 出したの色, 出した裁縫店もあります, 出した裏庭を皆, 出した裸ローソクの揺れる, 出した裸一貫の男, 出した裸体もこの, 出した裸馬の背, 出した製本体裁すべて手製の第, 出した製氷所が失敗, 出した西洋菓子の残り, 出した西陣の丸帯, 出した次郎の, 出した要求を経営者側, 出した要素がそれぞれ一種, 出した見え出した, 出した見世物小屋も一軒, 出した見事なもの, 出した見廻役が博多辻, 出した見物村役人五人組の者, 出した見送り人の中, 出した規模壮大な一人, 出した視察者の一人, 出した視線の鋭い, 出したがない, 出したの感じ, 出した親たちに争議, 出した観世縒を抜きとった, 出した観音様の中, 出した角屋七郎兵衛の生涯, 出した計画に一体, 出した記事と弁論, 出した記念だとか, 出した記念日を忘れる, 出した設備や催し, 出したりで入れるもの, 出した訴えに過ぎない, 出した証拠だと, 出した詩人のあつ, 出した詩歌が必ずしも, 出したり證文, 出した話蓮の葉, 出した詳細なドイツ現代文学史, 出した誓文の抹消, 出した語学だと, 出した調子をこちら, 出した論文原稿に著者, 出した論稿や著書, 出した論著を讀む, 出した新聞紙上の, 出した諸君によって西鶴調, 出したの男, 出したはもと, 出したで非常, 出したの精, 出した象牙の根付, 出した象牙細工のよう, 出した豪刀濡れ燕の柄, 出した豹一に多鶴子, 出した財布には小粒, 出した責任の重大さ, 出した貴い脂を, 出した貸し褞袍を見せ, 出した貸間広告で来た, 出した資本の分, 出した資本主義搾取の二重, 出した資金をすっかり, 出した質屋の店先, 出した賽粒というもの, 出した赤ら顔の人, 出した赤インキとしか見えない, 出した赤帽を見たら, 出した赤痢と云, 出した赤飯の紙包, 出した起重機の頂, 出した趣味がコンナ, 出した踊りの環, 出した踊子の露西亜娘, 出したをぐるり, 出した躁狂患者だらうか, 出した身上話とは次, 出した身体じゅうで, 出した軍鶏とか家鴨, 出した辞職届も女たらし, 出した辰次を跟, 出した農夫たちを避け, 出した農夫達が一層, 出した農家を訪ねる, 出した農民を描いた, 出した近代野蛮人の功績, 出した逃げ口上だがね, 出した逆茂木へと続い, 出した透谷全集には弟, 出した途端傍をすれちがった, 出した通り西洋は知らず, 出した速達書留で中, 出した造りで下, 出した連中にとっては幾らか, 出した逸話を聞かなくっ, 出した遊客の声, 出したは奈智行, 出した道士を見る, 出した道庵が公衆, 出した道綱はしかも, 出した道臣が息, 出した遠眼鏡をぴつたりと, 出した邦之助手を膝, 出した邸内の壮士二人, 出した部屋だ, 出した部数が多けれ, 出した郷土藝術の琉球燒, 出した都々逸二つ三つしかもまたこれ, 出した都会で浩, 出した酒亭もある, 出した酒客のよう, 出した酒男だちが, 出した醜い表情を, 出した重い書物の, 出した野心が半天, 出した野菜の色, 出した野鼠はびっくり, 出した金山寺屋の音松, 出した金物の事, 出した金米糖のつぼ, 出した金糸入りの檜扇模様, 出した金色の靴, 出した金蔵が血刀, 出した金襴の大, 出した金銀細工の飾り, 出した金銀銅銭をザラリ, 出した金額があまりに, 出した金魚鉢からは泡, 出した釘勘の跳足, 出したを見ます, 出したの門扉, 出した鉛筆書きの葉書, 出した鉱毒問題の質問書, 出した銀座へ出, 出した銀磨の十手, 出した銀貨を男, 出したを拾っ, 出したと琅, 出した鑵詰のあき鑵, 出したを受け取っ, 出したイスを, 出した長持の蓋, 出した長男にもかう, 出した開港通商尊王攘夷ケンケンゴーゴーへん尊王攘夷が笑わせやがら, 出した間借の新聞広告, 出した関羽の遺書, 出した関長はもとより, 出したはこの, 出した阿部正精の辞職, 出した限り行方が知れません, 出した陳列室の中, 出した陶器類ねズラリ, 出した陶磁の破片, 出した随身の声, 出したを, 出した障子いちめんにこまかい, 出した雄弁法師が何気なく, 出した雑草はまだ, 出した雑言だった, 出した雑誌をめくり, 出した雜誌並に手帳, 出した離れであつ, 出した難題をまた, 出した雲母の皮膚, 出した雲霧の心, 出したは益々, 出した電気モーターの音, 出した電気花火とかなんとか, 出した電燈の白い, 出した露西亜絨氈の一角, 出した青い芽, 出した青二才をてめえ, 出した青年だつた, 出した青肴の煮た, 出した面倒やらいろんな, 出した面貌に接する, 出したの一種, 出したは散乱, 出した頃わたしはもっと, 出した頃コスモスをもう少し, 出した頃二葉亭は, 出した頃京吉は再び, 出した頃伊万里焼を倣っ, 出した頃六部はふい, 出した頃極堂氏がせめて, 出した頃泳ぎに疲れた, 出した頃玄徳の使い孫乾, 出した頃遠縁に当たる, 出した順序が違う, 出した須美子は久しぶり, 出したを出した, 出した頭蓋骨が見える, 出した題目でしたが, 出したの下, 出した顕微鏡写真を初めて, 出した顛末をお話し, 出した風体は腰, 出した風呂敷を袖の下, 出した風呂番の嘉七おやじ, 出した飛行機が何時, 出したを婆さん, 出した饂飩屋に飲む, 出しただけがころころ, 出したの原料, 出した香の物にぬ, 出した香潮が白髪小僧, 出した馬小屋なぞの見える, 出した馭者の爺さん, 出した駕籠では敵, 出した駕籠舁が急, 出した騒ぎだ, 出したがなかつた, 出したは十九人分, 出した高尚のふう, 出した髪の毛を分けた, 出したは積極的, 出したのよう, 出したの皿, 出したのやう, 出したの切身, 出したなので, 出した鳥打帽子をかぶっ, 出したの圖, 出した鶴さんは口喧しい, 出した鶴舞公園はスケツチ, 出した鸚鵡のよう, 出した鹿毛にひらり, 出したの畠, 出した麥酒がお腹, 出したの青, 出した麦煎餅を客, 出した黎明の色, 出したの石, 出した黒煙が深川, 出した黒縮緬の羽織, 出した黒表紙のその, 出した黒部五郎岳が火山, 出した黒馬は少女, 出したの先, 出した鼻唄が私, 出した鼻面を載せかけ, 出した然の, 出した龍子の頭, 出した龕燈の下, 出したS子への手紙