青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「出かける~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

処女~ ~処置 処置~ ~出 出~ ~出かけ 出かけ~ ~出かけた 出かけた~ ~出かける
出かける~
出され~ ~出し 出し~ ~出した 出した~ ~出す 出す~ ~出た 出た~ 出で~

「出かける~」 1802, 19ppm, 5897位

▼ 出かける~ (218, 12.1%)

19 である 159 です 5 だった, だと 4 か, かい 3 が常, だから, だが, であった, でした, では, を待っ 2 かね, か師匠, だったが, だろう, であります, でしょう, はお, を見, を見た, を遠慮

1 [116件] かその後, かそれとも, かと庄太, かと思う, かね今夜, か古い, か知らず, か知りたく, がよろしかろ, が一番いや, が人間, が何だか, が何より, が例, が億劫, が多く, が大儀, が恒例, が慣し, が昔, が普通, が楽しみ, が毎日, が気がかり, が近所, が遅く, さ, さちょい, だその, だつた, だという, だとは, だよ, だらうな, だろうと, だ今, であったが, であるから, であるそして, である途中, でしたから, ですか, ですが, ですよ, と同じ, ならば, なら必ず, について山, にはいちばん手頃, にも黙っ, に化粧, に手間どり, はいつも, はさらに当然, はそう, はもっとも, はもっともっと, はよそう, は一月, は今日, は卑しい, は危険, は吉原, は大抵, は工場, は年取っ, は往き, は御免, は折々, は晴れた, は私, は酷く, は随分, もある, もひと, ももう, も一仕事, も今日, も仕事, も何だか, も何と, も何となく, も厭, も坂, も彼, も忘れ, も月初め, も見, も進まず, をことわった, をこのごろ, をたのしみ, をとめられ, を令嬢, を妨げた, を彼女, を待つ, を心配, を急いだ, を悟らせぬ, を悲し, を新, を日課, を旧道, を異様, を病床, を紫, を老人, を見かける, を見る, を見合せ, を見送りました, を躊躇, を辛く, を遠く, ん待ちかね

▼ 出かけること~ (208, 11.5%)

29 にした 17 になった 13 になっ 9 になりました 8 にし 5 にしよう, もあった 4 にする, もある 3 が多く, になつ, になる 2 がある, が出来る, であった, にしました, にしましょう, に決めた, に決心, に致しましょう, もなく

1 [87件] があ, がありました, がいかに, がかえって, がたびたび, がだんだん, が先, が出来た, が出来ませんでした, が勇ましい, が既に, が滝野, が面繋くも, だ, では, と信じ, と致しましょう, などめつた, にいたしましょう, にきめ, にきめた, にきめる, にしてる, にします, にしようで, になつたの, になり, になるだろう, によっていよいよ, に極め, に決め, に略確定, に評議, に話, の最も, はいけません, はかえって, はすこぶる, はちょっと, はできた, はできない, はできないであろう, はとりやめ, はねえ, はほとんど, はまことに, はまず, はむつかしい, は出かけた, は出来ぬ, は承知, は殆ど, まで僕, もあり, もありました, もありましょう, もあるらしい, もあれ, もいたしませんでした, もいらない, もたいそう, もできませんでした, もできる, もない, もないだらう, もなかつた, もならねえ, も出, も出来ない, も出来る, も多い, も好き, も無かっ, も終る, をおす, を云い出した, を先刻, を全く, を夢想, を思ひ, を承知, を日課, を早く, を知っ, を肯, を見合せ, を面倒

▼ 出かける~ (173, 9.6%)

11 しよう 4 しようか

2 [11件] いって, いふわけ, すぐ父, すれば, もうどんな, 云うの, 云ったって, 云って, 土地の, 老人は, 西の

1 [136件] あき, いい, いいわ, いう, いうので, いうのに, いうほど, いったって, いつた男, いつまでも, いつもきまった, いふこと, いふところ, いふの, おもったぜ, お絹, お銀, きっと二三匹, きまってから, きまつて, きょうも, きわめて自然, さつき視詰めた, したらどんな, したらどんなに, しましょう, します, しませうか, しょうか, しようかな, じき湯屋の, すぐお, すぐの, すぐ入れ違い, する, そこに, そこの, そこへ, その上, その途中, それきり帰っ, それきり帰つて来なかつた, それと, それほどの, ちやんと, ちょうど遅く, なぜか, なって, なると, なれば, はたして御成街道, ひどい雪, またし, またその, またもや烈風強雨, やいぶんゆっくり, ソワソワです, フト見掛けた, マア二時間費します, ロクな, ローザは, 不安で堪らなくなる, 両人は, 主人は, 乙女が, 二匹の, 二軒目で, 云うだけの, 云うので, 云う小林氏来訪, 云う年, 云う日, 云う風, 云った, 云った時, 云っても, 云つてゐた, 云つてゐる, 今まで, 仕事が, 件の, 何だか知れない, 何と三枚目, 児太郎は, 入り八分, 前にも, 前の, 前もって言っ, 却って女, 同じやう, 向うからも, 多くの, 夜が, 夜遅く, 女子供が, 安心した, 山下で, 屹度何かしら失敗しなさる, 平吉を, 幾子が, 弥兵衛は, 彼の, 彼は, 必ずその, 急に, 料理屋じゃ, 方々の, 日本人に, 書き残した紙きれ, 案外にも, 横井源太郎と, 此の, 流れ玉にあたって, 父は, 申したところ, 男は, 白雲は, 知ったら酒, 私は, 程なく森, 致そうかな, 花どきの, 蝦蟆の, 表は, 見せて, 言いましたかい, 言ったら一緒, 路傍の, 途中で, 重役連一人も, 間もなく倉造, 間もなく業平橋, 間もなく母, 雨に, 電信柱の, 鹿は

▼ 出かける~ (68, 3.8%)

4 はいつも 2 のよう

1 [62件] あかかさず, いつも彼, お媽さん, かであった, から, から何となく, その採集品, その赤児, だった, だつて, と同じ, と晩帰, どんな樣子, などは随分, に, にお家, にそれ, になつて, にはかならず, にはつまらない, にはもう, には何, には侠気, には原稿, には司教, には大かた現場, には家, には庭, には必ず, には我が, には持っ, にまた, にも山, にわ家, にピストル, に主人, に又, に壁, に女中, に始め, に小, に手渡し, に持っ, に断っとい, に源氏, に私, に至り, のプログラム, の姿, の慌しい, の用意, はきつ, はそれ, はふだん, はチョウチン, は帰るなら帰る, は暗夜, は電車, ほどの元気, まで空室, も今晩, を待っ

▼ 出かけるところ~ (55, 3.1%)

32 であった, でした, らしい商人風

1 [46件] か, か誰, が書かれ, さ, だからと, だが, だった, だったん, だつた, だつたん, だと, だツ, で, であったか, であったが, であったので, であった訳, である, であろう, でお, でご, でございます, でしょうが, ですが, でちゃんと, でちょっと, で御座います, で玄關, で迎い, と云ったら, と見える, と覚しく, なの, にはちょっとした, はさぞかし, へお, へなり, も同工異曲, よ, らしい, らしかった, を家人, を引きとめなかつた, を発見, を見, を見届け

▼ 出かける~ (55, 3.1%)

118 です 5 ですか 4 だから, だが 3 だろう, ですかい, ですよ 2 だからね, だろうね 1 ださうです, だぜ, だった, だと, だとさ, だな, でしょう, ですけど, ですね, ですの

▼ 出かける~ (52, 2.9%)

2 にお, に彼

1 [48件] からの諜, か何, そっと寝室, ちょっと裏, でもそこ, でバタバタ, で立った, とすんだ, と帰っ, に, におかき, にお前, にきみ, にこう, にそう, にちょっと, にちよ, にはあなた, にもっとよく, によく, に井谷さん, に俊夫君, に俵屋, に先ず, に哀れ, に岡, に広告, に御者, に念入り, に我々, に書く, に東京, に苦心, に茹で上げ, に酒, に鉢, に雨戸, に面白い, に風呂, のあいさつ, の中間, の初夏, の快活, の晩, の朝飯, 一度一緒, 刻の, 晩も

▼ 出かけるよう~ (37, 2.1%)

6 になった 3 なこと

1 [28件] だったら留守, だね, では, なもの, な世の中, な人目, な処, な心持, な意気込み, な気持, な燕尾服, な装い, にし, にしなく, にしまし, にする, にと命令, になり, になりはじめた, になりました, には成った, に促しました, に再び, に前, に命令, に懐中, に旅立っ, に父

▼ 出かけるつもり~ (32, 1.8%)

3 だつたが 2 だ, だつた, なん

1 [23件] が途中, じゃない, だが, だったの, だったので, だと, だよ, で, であった, であったが, である, でいた, でいたんです, でいなさる, でいました, でしょう, です, で出, で着, なのに, なのよ, はあるらしい, らしい

▼ 出かけるという~ (32, 1.8%)

4 ことに 2 ことを, ような

1 [24件] うれしい返事, ことが, ことだった, ことの, つもりで, ところでした, ところまで, のが, のと, のは, わけには, 事であった, 合図を, 子供だ, 日の, 月給取, 有様に, 朝, 訳さ, 話を, 返電が, 風で, 風であった, 風に

▼ 出かけるとき~ (32, 1.8%)

2 に, になっ

1 [28件] お琴, がある, だいぶ出かけ, だけで, ではない, で小熊さん, とはちがっ, どんなこと, にいつ, にそういう, にはいつも, にはその, にはもともとゆっくり, にはもはや, には大きな, にチコ, に柱時計, に門口, のこと, の母, はなるたけ, はメイキャップ, は大抵, は巴里, は必ず, は暖, は船酔い, ほんの赤児

▼ 出かけるから~ (25, 1.4%)

1 [25件] あとは, いつしよ, お前も, せめて少しは, そう思え, そこで何, その時, それまで, ちよいと, である, やはりこれ, コロンバンで, サッサと, 七月の, 乗物の, 佛像を, 俺ァ, 壮健で, 夕食を, 天狗が, 娘と, 後でいっしょ, 暫らく待つ, 留守を, 見ること

▼ 出かける~ (22, 1.2%)

5 にしよう 4 にした 3 がある 1 が出, とは成った, と思います, にいたしましょう, にし, になつ, になりました, になります, になる, もつい

▼ 出かける~ (21, 1.2%)

3 いい

1 [18件] あとは, ある時, いつもギリギリ一杯, そういう時, ついて, 今晩は, 仏道に, 別に恐ろしい, 可い, 君は, 夜半には, 宜い, 帰りは, 思う, 或いは今夜, 支度を, 早いか, 早いもん

▼ 出かけるわけ~ (18, 1.0%)

4 には行かない 3 にも行きません

1 [11件] がない, だ, でなく唯, にはいかなかった, には行かぬ, にもいかず, にもいかない, にも行かず, にも行かない, にも行かなかった, にも行かなかつた

▼ 出かけるので~ (17, 0.9%)

2 あつた

1 [15件] いそいで, こんな始末, しまいには, そちらを, それに, 今日ぜひ, 声が, 彼女を, 済まないけれども, 畑の, 盛に, 私を, 近衞家, 途中まで, 鑑賞といふ

▼ 出かけるもの~ (16, 0.9%)

2 もあった

1 [14件] か, がある, だから, とに分れます, と思っ, ならさっさと, はありませんでした, はこれ, は京都人, は出, は多く, もあります, もある, もみな

▼ 出かける~ (16, 0.9%)

1 [16件] か笊, がしなかつた, だえ, でい, でいた, で寒い, で貴様, になっ, になった, にならなかった, になりかねる, にはなれません, にもなれません, はすゝ, はない, らしく藍玉

▼ 出かける途中~ (15, 0.8%)

1 [15件] だから, であった, でその, で兄, で別れ, で呼掛けられました, で投げこまれた, で林謹直, で近所, で青木, ならば, なん, に寄った, の一杯, まで例

▼ 出かけるには~ (14, 0.8%)

1 [14件] あたらない, ちがいない, どこへ, 伴の, 出かけたが, 及ぶまい, 夕方を, 如何にも都合, 寝室を, 彼は, 相当に, 絶好である, 茨城県の, 食堂を

▼ 出かける時間~ (14, 0.8%)

1 [14件] が迫る, だと, だのお客, だのに, であること, なんか予定, になっ, になった, の節約, の都合, はない, は大体午前九時三十分, も少なく, を得た

▼ 出かけるやう~ (12, 0.7%)

3 になつ 2 やくに 1 なかたち, なざま, な時, な片寄つた熱心家, にこ, にし, になりました

▼ 出かける仕度~ (11, 0.6%)

3 をし 2 をしなけれ, をしました 1 しながら, に取かかる, に部屋, を始める

▼ 出かける~ (9, 0.5%)

1 とおも, どうか, どっちに, はりに, 何か, 土地の, 昵みの多い, 紙芝居を, 見當くら

▼ 出かける~ (9, 0.5%)

2 何時も美登利, 相違ない 1 しても, しろ伸子, ちがいない, 就いて, 越したこと

▼ 出かける支度~ (9, 0.5%)

2 をし, をしました 1 です, にとりか, に取り, をした, をすっかり

▼ 出かける用意~ (9, 0.5%)

2 をし 1 ができ, にかかった, をいたしました, をしました, をしろ, をし給え, を命じ

▼ 出かける~ (9, 0.5%)

2 もある 1 ある始末, があります, がある, は少う, もあれ, もなかなか, も真心

▼ 出かける~ (8, 0.4%)

1 たくでも, たくなぞ, たくを, りっぱな, 先年も, 出かけると, 新橋の, 濫費する

▼ 出かけるついで~ (8, 0.4%)

2 に入浴 1 にうどん玉, に大塚病院, に新聞, に理髪, に買物, の道すがらわざわざ

▼ 出かけるそう~ (7, 0.4%)

1 だ, で, である, です, ですから, で達治さん, なちっと

▼ 出かけるそして~ (7, 0.4%)

2 払へる 1 七日ぶりに, 今年も, 湯田まで, 米と, 酒と

▼ 出かけるにも~ (7, 0.4%)

2 あたるめ 1 おせいは私, よいなりを, 及ばない, 坂を, 手間が

▼ 出かけるはず~ (7, 0.4%)

1 だったと, だつたぢ, であって, になっ, の女子, の時間, もなかっ

▼ 出かけるかも~ (6, 0.3%)

1 しれない, しれぬ, しれませんね, 知れない, 知れないから, 知れませんの

▼ 出かけるよりも~ (6, 0.3%)

1 ぢつ, 以上に, 危険である, 室の, 数等幸福と, 根気よく

▼ 出かける~ (6, 0.3%)

2 であると 1 だ, だと, である, を見

▼ 出かける~ (6, 0.3%)

2 でしたのよ 1 で土地, で途中, の陳, も無

▼ 出かける約束~ (6, 0.3%)

1 だから, だったの, でもし, で朝, になつ, をした

▼ 出かけるなんて~ (5, 0.3%)

1 いうこと, ことになつたん, そりゃ大胆, 卑劣だ, 稀有な

▼ 出かける~ (5, 0.3%)

1 が続きました, でいっぱい, はめったに, は多い, もある

▼ 出かける~ (5, 0.3%)

1 がある, だ, であったろう, を急, を秋山男爵

▼ 出かける必要~ (5, 0.3%)

2 もない 1 がある, があろう, はない

▼ 出かける時分~ (5, 0.3%)

1 だと, には乗合, には人間, には屏風, には雪

▼ 出かける準備~ (5, 0.3%)

3 をし 2 をした

▼ 出かけるため~ (4, 0.2%)

1 に夕食, に少しく, に庭, に身仕度

▼ 出かけるとか~ (4, 0.2%)

1 せいぜいそんな, どこか, もしまた, 出かけないとか

▼ 出かけるのに~ (4, 0.2%)

1 あなたから, やぶさかでない, 大臣へも, 頗る足

▼ 出かけるほどの~ (4, 0.2%)

1 勇気も, 時を, 膽力は, 色師です

▼ 出かける~ (4, 0.2%)

1 が意気投合, の入営送別句会, の姿, は丸ビル

▼ 出かける姿~ (4, 0.2%)

1 を想像, を時々, を見かけた, を頬

▼ 出かける~ (4, 0.2%)

1 である, の前夜, まで此処, 取などの

▼ 出かける~ (4, 0.2%)

1 でゐた, になった, になつ, になりました

▼ 出かける~ (3, 0.2%)

1 房が, 気持ちには, 約束だった

▼ 出かけるからには~ (3, 0.2%)

1 やはり前, 一嵐あり, 父の

▼ 出かけるって~ (3, 0.2%)

2 どこへ 1 いったいどこ

▼ 出かけるといった~ (3, 0.2%)

1 ところで, ふうだった, 豪勢な

▼ 出かけるとは~ (3, 0.2%)

1 これは, よっぽど金, 呆れて

▼ 出かけるどこ~ (3, 0.2%)

1 へでも行きあたり, へといふあて, も水兵さん

▼ 出かけるばかりの~ (3, 0.2%)

1 ところである, 忙しそう, 時に

▼ 出かける~ (3, 0.2%)

1 ぎわに, づ, づ千体仏へ

▼ 出かけるまで~ (3, 0.2%)

1 バルザックの, 時間が, 毬藻の

▼ 出かけるまでは~ (3, 0.2%)

1 ぼんやりし, 何にも, 起きあがらなかつた

▼ 出かける今日~ (3, 0.2%)

1 はまさに, は二人, も道すがら

▼ 出かける勇気~ (3, 0.2%)

1 があります, のある, はわれわれ

▼ 出かける場合~ (3, 0.2%)

1 にはいつも, にはどんな, にはブライトン

▼ 出かける~ (3, 0.2%)

2 に於い 1 すらある

▼ 出かける~ (3, 0.2%)

3 へるだけ

▼ 出かける時彼~ (3, 0.2%)

1 だけは一人, は, は妻

▼ 出かける~ (3, 0.2%)

2 がなけ 1 も御座いません

▼ 出かける様子~ (3, 0.2%)

2 だった 1 であったが

▼ 出かける気持~ (3, 0.2%)

1 になった, にならなかった, はなかっ

▼ 出かける~ (3, 0.2%)

1 があった, がある, になった

▼ 出かける買物~ (3, 0.2%)

3 いろ

▼ 出かけるかな~ (2, 0.1%)

1 うん, これ顔は

▼ 出かけるからと~ (2, 0.1%)

1 云われて, 言つて座を

▼ 出かけるけれども~ (2, 0.1%)

1 そこばかりは, 行つても

▼ 出かける~ (2, 0.1%)

1 うですよ, 待つてるよ

▼ 出かけるそれ~ (2, 0.1%)

1 はやつぱり酔興, はガムシャラ

▼ 出かけるため京浜電車~ (2, 0.1%)

2 の停留場

▼ 出かけるだけ~ (2, 0.1%)

2 である

▼ 出かけるだけの~ (2, 0.1%)

1 ことな, 生活の

▼ 出かけるちよ~ (2, 0.1%)

1 つと一杯ひつ, つと農学校

▼ 出かけるといふ~ (2, 0.1%)

1 女が, 騒ぎである

▼ 出かけるなど~ (2, 0.1%)

1 あんまり無謀, 全く普通

▼ 出かけるなどといふ~ (2, 0.1%)

2 ことは

▼ 出かけるなどは~ (2, 0.1%)

1 ずいぶん御念, 領民のて

▼ 出かけるについては~ (2, 0.1%)

1 万一の, 何か

▼ 出かけるのよ~ (2, 0.1%)

1 そしておばあさん, 行かずに

▼ 出かけるばかりに~ (2, 0.1%)

1 して, なると

▼ 出かけるより~ (2, 0.1%)

1 外ない, 外娯楽は

▼ 出かける下駄~ (2, 0.1%)

1 の歯, の音

▼ 出かける二ヶ月以上~ (2, 0.1%)

2 も前

▼ 出かける二人~ (2, 0.1%)

1 の日本人, を呼び止めた

▼ 出かける人々~ (2, 0.1%)

1 で街路, の朴歯

▼ 出かける人達~ (2, 0.1%)

1 もあった, をうらめしい

▼ 出かける~ (2, 0.1%)

1 によつて一杯, の如く飲む食べる

▼ 出かける~ (2, 0.1%)

1 には何, はなかつた

▼ 出かける平次~ (2, 0.1%)

1 でも, の後ろ

▼ 出かける御馳走~ (2, 0.1%)

1 になつ, を頂戴

▼ 出かける息子~ (2, 0.1%)

2 の聖人

▼ 出かける~ (2, 0.1%)

1 だから, はやめられない

▼ 出かける時お父さん~ (2, 0.1%)

1 がそれ, はそわそわ

▼ 出かける時私~ (2, 0.1%)

1 はいつも, はよく

▼ 出かける~ (2, 0.1%)

1 に限つて, は惣十郎町

▼ 出かける~ (2, 0.1%)

1 どうも天気模様, の快活さ

▼ 出かける決心~ (2, 0.1%)

2 をした

▼ 出かける用事~ (2, 0.1%)

1 がある, が終ったら

▼ 出かける習慣~ (2, 0.1%)

1 があった, をつくつた

▼ 出かける~ (2, 0.1%)

1 にもゆかない, に行かない

▼ 出かける迄に~ (2, 0.1%)

1 これを, 又

▼ 出かける迄も~ (2, 0.1%)

2 ありませんでした

▼ 出かける電車~ (2, 0.1%)

1 の中, の席

▼ 出かける~ (2, 0.1%)

1 のところ, もうポツポツし

▼ 出かける餘裕~ (2, 0.1%)

1 がある, はない

▼1* [313件]

出かけるあとからつい, 出かけるあの広っぱの, 出かけるあれこれ買物そして, 出かけるいたずら者が自分, 出かけるうちつい王さま, 出かけるうどんを食べる, 出かけるうどん玉でも買う, 出かけるうまい酒うまい, 出かけるえいだっペ, 出かけるおばあちやん, 出かけるお母さんとでありました, 出かけるからこそこんなこと, 出かけるからという返事でした, 出かけるからね寝るなと, 出かけるきのふおばさんの諒解, 出かけるくらいなら今朝, 出かけるくらいのいでたちで, 出かけるけれどすぐに, 出かけるこちらではカキス, 出かけること自分の故郷, 出かけること頻繁であったので, 出かけるころにはともかく, 出かけるこんどの旅, 出かけるこんな日は, 出かけるごとに蒲焼, 出かけるさいに彼女, 出かけるさすがにこの, 出かけるしんみり観賞し, 出かけるすぐ前その同じ, 出かけるそこで一杯また, 出かけるその仕度であった, 出かけるッ, 出かけるぞと合図し, 出かけるたびに, 出かけるたんびに前, 出かけるだけにさえどれだけの, 出かけるちっとも不思議な, 出かけるちようど日曜日だつた, 出かけるというはそれだけでも, 出かけるとき何の気, 出かけるとき俺は和服, 出かけるとき先生のお母さん, 出かけるとき六時のサイレン, 出かけるとき妻がボタンホール, 出かけるとき戌刻の鐘, 出かけるとき繰返し申しましたが, 出かけるとき街路で球, 出かけるとき達ちゃんのお, 出かけるとき門の前, 出かけるとこをやっつけよう, 出かけるとしても先で, 出かけるとて書きのこして, 出かけるとてもうら, 出かけるどちらへ行かう, 出かけるなでしこを幸, 出かけるなでしこ四銭それから, 出かけるなどという億劫な, 出かけるなんぞと近辺に, 出かけるについて向うへ, 出かけるの今は楽しみ, 出かける必定ゆえ海老で, 出かけるばかりだよ, 出かけるひどい雨である, 出かけるほとんど半月ぶりの, 出かけるほど栄蔵も, 出かけるまでが何となく氣, 出かけるまでに一度節子, 出かけるまでにはなかなか手間, 出かけるまでの話であっ, 出かけるまでもなくモロ警部, 出かけるままに放っ, 出かけるまるし食堂で, 出かけるみたいね, 出かけるむちやくちやに飲み歩くほどに, 出かける否や, 出かけるまたあせ, 出かけるよりはこの方, 出かけるわけぢやね, 出かけるイージーゴーイングな自分, 出かけるジェソップ氏の伴, 出かけるステーションへ, 出かけるテル子であつ, 出かけるトンビを質, 出かけるニユースといふの, 出かけるビール飲みながら, 出かけるブラームスであった, 出かけるボートに乗せ, 出かける一二の労働者, 出かける一時のバス, 出かける一洵和蕾無水君を訪ね, 出かける一洵居に寄る, 出かける一週間ぶりの湯, 出かける一隊の準備, 出かける三日ぶりである入浴, 出かける上郷駅まで歩い, 出かける井田君の, 出かける下相談をしませんでした, 出かける中津川の商人, 出かける中納言はいっそう, 出かける久しぶりにほん, 出かける予定になっ, 出かける二銭五厘の遣, 出かける五分位に一人二人, 出かける人たちがなかなか, 出かける人間というもの, 出かける今月最初の行乞, 出かける以上は転ん, 出かける以外ふだんの日, 出かける以外土を踏む, 出かける会者五六人遠慮なく話し, 出かけるだつた, 出かける位不可能とは思われません, 出かける余裕がなかっ, 出かける作家たちにとっては自分, 出かける価値はない, 出かける元気もない, 出かける八つばかりの私, 出かける八日ぶりの会話, 出かける切手四銭ハガキ二銭そしてなでしこ四銭, 出かける前与力の笹野新三郎, 出かける前人生のフェア・プレイ, 出かける前命令を復唱, 出かける前小杉未醒氏と話し, 出かける前旅行から帰洛, 出かける前日に城内, 出かける前栄さんに眼医者, 出かける前青葱の汁, 出かける勇氣を失, 出かける動機も数ヵ月, 出かける北海道松を受取る, 出かける十一時間労働の娘さん, 出かける十年前の地獄, 出かける刻ほど, 出かける参詣人がつ, 出かける口実を作る, 出かける古町まで歩い, 出かける向きもありました, 出かける命令を受けた, 出かける問題も立ち消え, 出かける四五日も前, 出かける地下足袋を穿い, 出かける場面で大胆至極, 出かける夕立水のあふれ, 出かける外套の下, 出かける外芝居へも寄席, 出かけるの時間, 出かける天の川まうへ, 出かける天南をばそれ, 出かける天然記念保護物に指定, 出かけるをさすが, 出かける夫人や令嬢, 出かける女子競技の連中, 出かける女達が彼, 出かけるじゃな, 出かける妻吉物語はよかつ, 出かける娘子軍がゐる, 出かける学校に寄つて米二升, 出かけるが多く, 出かける宮市はお祭気分, 出かける寒いことだけが, 出かける寒月がよかつ, 出かける小郡にもガソリンガール, 出かける少し借りる, 出かける山口まで急行, 出かける山科へ行こう, 出かける岐陽君を訪ねる, 出かけるとった御, 出かけるに毎日, 出かける張合ひも持てなくなつ, 出かけるがない, 出かける後姿を見る, 出かける心算だそう, 出かける心臓の弱, 出かけるを忍ん, 出かける愉快な酒, 出かける意思を聞い, 出かける我慢しきれなくて, 出かける手軽さとは, 出かける支度中の長藤君, 出かける敬君を訪, 出かける数日前の夜, 出かける文字通りの一浴一杯, 出かける新天地でニユース映画, 出かける新聞夏帽シヨウガ壺を買, 出かける日曜日はもう, 出かけるを返事, 出かける時みたいなはしゃいだ調子, 出かける時コゼットは喜び, 出かける時ベビーにミルク, 出かける時一騒動が起る, 出かける時二階の書斎, 出かける時何をあわてた, 出かける時刻ではございません, 出かける時厳重に鍵, 出かける時夫は大概在宅, 出かける時岩瀬氏の在宅, 出かける時彼女は辻馬車, 出かける時折に家, 出かける時来週まで欠勤届, 出かける時池田は, 出かける時番傘をさして, 出かける時誰かほか, 出かける時間ぢやない, 出かける時間午後にし, 出かける時餞別をどうして, 出かける暗い湯だ, 出かける暢気な大将, 出かける月草と石ころ, 出かける朝去年の暮頃, 出かける朝暁に起される, 出かけるのハイカラ, 出かける東宝撮影所スタッフ一同とこっち, 出かけるはまだ, 出かける椹野川尻の六丁, 出かける椹野川風景も悪く, 出かけるになつたの, 出かける樹明兄が冬村, 出かける機会はいくら, 出かける歸つて來ると, 出かけるに会わない, 出かける母上見物で同乗, 出かける母親にも便宜, 出かけるに祖母, 出かける民間代表はでは, 出かける気力もなかつた, 出かける気持ちになるであろう, 出かける気配いでも, 出かける氣力はなかつた, 出かける油買ひに, 出かける源氏の姿, 出かける漁夫が雨, 出かける火鉢がこ, 出かける水居で, 出かける無謀な勇気, 出かける煙脂屋で村, 出かける玄関口まで来た, 出かける玉祖神社に参拝, 出かけるもあっ, 出かける用先を控え, 出かけるです, 出かける由ロシアの支那, 出かけるの若い, 出かけるのため, 出かける目標も気乗り, 出かける相談などは出来, 出かける着物にきかえ, 出かけるのもの, 出かける積りでゐた, 出かける端書と石油, 出かける一窟から, 出かけるは買, 出かける米買ひに, 出かける精神は落ちつい, 出かける紅梅林でしかも, 出かける緑平老へ第, 出かけるでさ, 出かける肴屋達だつた, 出かける背中へ岡本, 出かける脱肛の出血, 出かけるを極め, 出かける自分ながら好々爺, 出かけるです, 出かける若者もある, 出かける英雄もいる, 出かける行乞相はよかつ, 出かける行事であるが, 出かける裝束ぢやない, 出かける西園寺侯に勧める, 出かける要件をすまし, 出かける見事な野菜, 出かける覚悟はない, 出かける計画が発表, 出かけるだ, 出かける誰か二人ばかり行っ, 出かける豆腐買ひに, 出かけるの利, 出かける赤阪の待合, 出かけるをとめ, 出かける足音のほか, 出かける身仕度をする, 出かける車馬の行列, 出かける途上老乞食, 出かける途上野菜を買, 出かける途中上野駅に下車, 出かける途中旦那がひょっこり, 出かける途中松林をぬける, 出かける途中玉蘭に遇った, 出かける途中突撃教練の動作, 出かける途中薔薇の花さ, 出かける通り道だから, 出かける道すがらグラン・ジュールナルの, 出かけると飯, 出かける酒好きは呪, 出かける酒樽の誘惑, 出かける酒魚御馳走を拵ら, 出かけるの留守, 出かけるがない, 出かける間際ではあり, 出かけるがなかっ, 出かける際彼らは親分, 出かける雪五郎と雪太郎, 出かける青年などを見受けました, 出かける青年達の一番, 出かけるがあった, 出かける風呂に入れ, 出かける風習がある, 出かけるでしたが, 出かける騒ぎとなった, 出かける騒動馬鹿と言おう, 出かける高橋さんの奥さん, 出かける鬼怒川上流から会津, 出かけるは捕らない, 出かける鶏肉はうま