青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「入っ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

光線~ ~兎 兎~ ~児 児~ 兒~ 党~ 兜~ 入~ ~入っ
入っ~
~入った 入った~ ~入り 入り~ ~入る 入る~ ~入れ 入れ~ ~入れた 入れた~

「入っ~」 15022, 156ppm, 686位

▼ 入っ~ (13890, 92.5%)

779 来た 447 来て 399 いた 387 いる 384 行った 297 きた 231 来たの 210 いるの 157 行くと 155 いった 144 来る 143 しまった 137 きて 130 いて 122 来ました 105 いたの 93 往った 90 行きました 85 行って 83 来ると 74 みると 70 行く 68 見ると 67 いるが 56 いるん 53 くる 52 いると, きたの, きました, 行くの 50 来るの 44 いました 41 しまいました, 来た時 38 いること 36 います, くると, ゆくと 33 いるよう 31 いたが, いって, いるから 29 来たもの, 行ったの 27 いるので, しまって 26 くるの, ゐる 25 しまう, 行ったが 24 ゆきました, 来たので 23 ゆく 21 いたので, いない, しまったの, 来たが, 来た者 20 いなかった, 居る, 来たとき 19 来ても 18 いくと, いたと 17 いるもの 16 みて, 来たという, 来たん, 来ること, 行きますと 15 いたん, いるか, おります, お願いが, 居るの, 来たと, 来た人 14 いるという, いるに, おりました, しまうと, みた, ゆくの, 来たこと, 来るなり, 行くこと 13 しまうの, 寝て, 居ります, 往って, 来たか, 来ない, 行きます 12 いきました, いたもの, いたり, きたとき, そこから, 居た, 来たところ, 行こうと 11 いるところ, きたので, きた者, それを, 来なかった, 見た 10 いったの, いても, いないの, いるとは, おいで, くること, 下さい, 了った, 来たお, 見ますと

9 [11件] いたから, いたこと, いません, いるだけ, きたが, きたもの, みたが, 待って, 来た男, 来ては, 見れば

8 [19件] いたか, いないと, いるうち, いるし, いるはず, くるもの, しまいます, すぐの, みますと, 居たの, 居るか, 居ると, 往くと, 急に, 来たから, 来たり, 来るよう, 行くよう, 行ったとき

7 [14件] いたよう, いないこと, しまえば, それから, それが, みようと, 何か, 来たよう, 来や, 来るもの, 来る者, 自分の, 間も, 頼みたいこと

6 [18件] いそう, いたし, いたという, いないよう, いるのよ, いる時, いる間, おる, きたこと, きた時, ゆくこと, 了う, 出て, 来たのに, 死んで, 私は, 行けば, 隠れて

5 [42件] あなたに, いくの, いたに, いては, いないから, いないで, いなければ, いましたが, いようとは, いるかも, いるのに, いるわけ, いる筈, お願いしたい, くるとき, しまったが, しまったので, そこで, そこの, みましょう, ゆくよう, ゐない, 体を, 参りました, 口を, 帰って, 彼は, 来た一人, 来た二人, 来た彼, 来た様子, 来た若い, 来ちゃ, 来てから, 来るから, 来る時, 私の, 行った時, 見たが, 見て, 遊んで, 食事を

4 [75件] いく, いたかも, いたのに, いったが, いったとき, いないし, いない時, いは, いますが, いるそう, いるぞ, いるだろう, いるでしょう, いるでは, いるばかり, いるらしい, いる人, いる体, いれば, おりません, きたという, きた女, きても, くるから, くるところ, くるので, こい, こない, これを, どこから, みたいと, みよう, やろう, 人の, 仕舞った, 例の, 前の, 城中の, 寝た, 居りました, 居ること, 彼の, 戸を, 敵の, 来い, 来たころ, 来た伸子, 来た女, 来ながら, 来ましたが, 来られた, 来られて, 来るが, 来るという, 来るとき, 来るので, 来るや, 来る前, 来れば, 此の, 汗を, 眼を, 行きながら, 行くところ, 行くので, 行く時, 行ったもの, 見よう, 見ようと, 見るが, 話したいこと, 話を, 足の, 雪の, 飯を

3 [159件] いくこと, いたでは, いたとき, いたらしい, いた女, いた箱, いた者, いったこと, いっても, いないが, いないん, いなかったの, いなくては, いなさるの, いますよ, いるお, いるかの, いるとき, いるよ, いるらしい様子, いるわ, いるトランク, いる事, いる大きな, いる彼, いる様子, いる箱, いる者, おいでに, おいでやした, お願, きたお, きたわけ, きたん, きては, ください, くるという, くるよう, くる前, くる学生, くれば, くれ給え, こなかった, しまったもの, しまったん, しまわれた, そこに, そこへ, そこを, そちに, その場, まいりました, みたいという, みたこと, みました, みれば, ゆく伸子, ゆく気, ゆっくりし, ゐた, ゐないので, ゐるの, ゐるので, 一つの, 人を, 今まで, 今度は, 働いて, 参りますと, 始めて, 孔明の, 家の, 寐た, 寝たが, 寝台の, 居たん, 居て, 居なかった, 居よう, 居りますから, 居るから, 居れば, 山姥の, 床の, 往くの, 往こうと, 後を, 御相談, 御覧なさい, 悠々と, 扉を, 描き出して, 日が, 日本の, 暮して, 朝から, 本を, 来そう, 来たのよ, 来たらどう, 来た三人, 来た人影, 来た最初, 来ないよう, 来まして, 来よう, 来ようと, 来るところ, 来るなんて, 来るん, 来る人, 来る客, 来る水, 来る訳, 枕に, 様子を, 死んだと, 殿様に, 火を, 炉の, 焼けず水, 煙草を, 玄関の, 畳の, 眠りました, 胸の, 膝を, 薪を, 虎と, 行かなければ, 行きましたが, 行くが, 行くとき, 行く気, 行けないの, 行ったお, 行ったけれども, 行ったと, 行ったという, 行ったところ, 行ったので, 行った伸子, 行っても, 襖を, 見たり, 見た事, 見ても, 見なさい, 見ること, 話が, 調べて, 貰おうか, 酒を, 隅の, 障子を, 雨の, 静かに, 頼んだ, 馬を

2 [422件] あたりを, いいの, いきます, いくとき, いくよう, いたお, いたこの, いたそう, いたでしょう, いたとは, いたよ, いたろう, いた外, いた木箱, いった自分, いっては, いないか, いないという, いないところ, いなかったこと, いますので, いませんでした, いようが, いらっしゃいな, いらっしゃるの, いるかと, いるかな, いるかを, いるきり, いるけれど, いるこの, いるしかし, いるせい, いるそれ, いるだけの, いるつづら, いるつもり, いるな, いるなんて, いるには, いるフルトヴェングラー, いる一種, いる人形, いる写真, いる哲丸, いる国, いる大, いる小, いる小さな, いる幾つ, いる庭, いる徳利, いる戸棚, いる所, いる手紙, いる方, いる材料, いる棺桶, いる様, いる物, いる男, いる眼, いる籠, いる自分, いる袋, いる訳, いる顔, うとうとと, うれしいと, おいでな, おくれ, おはなし, おりましたか, おりましたが, おりましたので, おりましょうが, おりますが, お目にかかりたいと, お目通り, お話し申したい, お願いし, お願いに, お願いの, お願い申す, お願い致したい, きたか, きたところ, きたほう, きた一人物, きた他, きた壮漢, きた客, きた男, きてから, きは, きます, きや, くるなり, くるに, くるはず, くる女, くる小さい, くる様子, くる筈, くる者, くれと, くれるか, くれるの, ここから, こないという, こなければ, こられた, これは, これも, こんどの, ご相談, ご飯を, しばらくの, しまいたいと, しまうし, しまうという, しまうよう, しまうん, しまおうと, しまったり, そのお, その夜, その家, った, どうした, どうする, なければ, ひとりで, ふるえた, ほかの, ましょう, まだ幾日, みたい, みたり, みても, みましょうか, みますか, みや, みようという, みる, みるか, みること, もらいたいが, もらって, やがていくつ, やさしい言葉, ゆかねば, ゆきましたが, ゆく姿, ゆく自分, よく見る, ゐたの, ゐたので, ゐて, ゐないの, ゐました, ゐるが, ドアを, パリに, ボコボコと, 一生の, 一緒に, 三吉は, 下を, 中堂の, 主人の, 主人を, 了い, 了って, 事を, 二つに, 云えば, 人と, 人間の, 今は, 仕事を, 仙人に, 以来の, 休んだ, 休んで, 休息し, 何かの, 來た, 來ました, 來る, 働くの, 僧と, 先生の, 博士の, 参ります, 取出した青銭, 右の, 右側の, 向うが, 向うの, 向直って, 呉れと, 困って, 坐った, 坐って, 坐れ, 垢を, 壁を, 声を, 夜は, 大学の, 天下の, 女道士, 好きな, 姿は, 子供の, 家へ, 寝ました, 寝ると, 寝込んで, 居たけれ共, 居たこと, 居た方, 居ちゃ, 居ない, 居ました, 居ます, 居ますから, 居りこの, 居りは, 居りますと, 居りません, 居るけれども, 居るこの, 居るだけ, 居るです, 居るもの, 居るよう, 居るん, 居る筈, 居る間, 左側に, 左側の, 左手に, 帰ろうと, 往くよう, 後に, 後の, 後手に, 復た, 心に, 心を, 心静かに, 急所を, 手を, 持って, 探して, 描いて, 書いて, 木を, 机に, 机の, 来いと, 来たかと, 来たけれども, 来たこの, 来たため, 来たに, 来たばかり, 来たらその, 来たろう, 来たろうと, 来た事, 来た人々, 来た伸子たち, 来た入口, 来た客, 来た廊下, 来た方, 来た旅, 来た旅装, 来た日, 来た時分, 来た母親, 来た淑貞, 来た画家, 来た素子, 来た経路, 来た連中, 来た闖入者, 来ちゃあ, 来ないん, 来ない事, 来は, 来ましたから, 来ましたよ, 来ます, 来ませんでした, 来ようとも, 来られたの, 来られた時, 来るそれ, 来るだろう, 来るでしょう, 来るに, 来るまで, 来るらしいの, 来るわけ, 来る人間, 来る位, 来る加, 来る娘, 来る猿ヶ石川, 来る風, 柏崎の, 横に, 樹を, 死ぬ, 殆ん, 気に, 水を, 水木ワッと, 治療を, 泣いたり, 湯を, 漁を, 灯を, 炬燵に, 独りで, 猛獣を, 猟し, 玄関へ, 生命を, 痛くて, 白娘子と, 益々その, 真っ先に, 眠って, 眠りに, 確かに, 私を, 秘密の, 立って, 立派な, 笑うの, 第二, 節子は, 網を, 綺麗に, 考えて, 聞いて, 聴いて, 肉の, 腰を, 自分で, 自分も, 自由に, 英語を, 茶を, 蕎麦を, 蛤と, 行かれた, 行かれる, 行きそう, 行くお, 行くか, 行くでは, 行くには, 行くのよ, 行くもの, 行くん, 行く姿, 行く必要, 行く笹村, 行く道, 行こう, 行ったこと, 行ったばかり, 行ったん, 行った女, 行った彼, 行った後, 行った方, 行った様子, 行った浅井, 襖際へ, 見たい, 見たいと, 見た時, 見る, 見るもの, 見るよう, 見る事, 見る気, 言った, 話して, 読んで, 貴公と, 身の毛一つも, 身を, 道を, 金銀珠玉衣服の, 雨が, 雨は, 電燈を, 静かな, 非常に, 頂戴, 頓に盛ん, 頭から, 頭の, 頼みが, 頼みたいの, 頼むの, 頼んだの, 顔を, 願いたい事, 食物を, 飯田に, 飲んで, 首でも, 鵝ペンに

1 [4794件 抜粋] ああし, あったもの, あの研究ノート, ある大きな, いい心持, いかれる, いくだけでも, いけないもの, いずれの, いたかは, いたって, いたのよ, いたら勿体ない, いたボール箱, いた処, いた学校, いた形跡, いた日本左衛門, いた田圃, いた空き缶, いた金貨, いっそう気, いった僕, いった最初, いつしかグーグーと, いないかと, いないのに, いない失望, いない癖, いない部屋, いなかったら君, いねえよう, いました何でも, いませんし, いよいよ本ぶり, いらして, いられました, いるええッ, いるからね, いるちゃんともう, いるどの, いるびん, いるらしい壺, いるインド, いるソヴェト・ロシア, いるボール, いる一器, いる人たち, いる光景, いる十一月, いる同僚, いる地下牢, いる大牢, いる宇宙艇, いる引出し, いる抱きついて, いる最も, いる死んだら故郷, いる漢字, いる着物, いる絆纏, いる茶碗, いる身, いる電車, いる飴チョコ, いろんなもの, うっかりその, うれしうございます, おくん, おねがいしたい, おらぬの, おり, おりますえ, おりゃァ, おるとな, おろうぞ, お伴が, お宮の, お母さんと, お紅殿, お遊び, お願いも, かえって来ました, かつておとずれた, きたかも, きたふきだしたくなるの, きた一同, きた呉用学人, きた技術, きた水, きた程, きた見知らぬ, きた須山, きましてね, ぎんが, くるだろう, くるなんて, くるんだかんな, くる外, くる時, くる点, くる色, くる鮭, くれて, ぐったり寝た, ここの, こっちを, こなかったとしても, この坂, この湿気, こよう, これから旅立つ, ごたごたした, さかんに, さらに中重, しきりなり, しばらく休息, しまいたとえ, しまい勝手, しまうので, しまったきり, しまった作家, しまった門, しまわれては, じいんと鼓膜, すぐ南側, すぐ眠らず, すみからすみまで, そういう唄, そこで私, そっと出, そのよう, その前, その学問的地位, その最も, その精髄, それからさめ, それだけに, たずねたいのに, たって, ちゃんと口, っても, でたらめに, どうして櫛, どの原著, ながめると, ねたの, のちも, はじめての, はや比良, ひとりの, ふと見る, ほんとうの, ますかい, まず第, また深刻, まもなく二人, みたくなったな, みなさいと, みようよ, みるわ, みろちゃんと, もう二ヵ月, もはや如何, やがて首尾, やっと泣き止んだ, ゆかない限り, ゆき隙, ゆくより, ゆく余地, ゆく建物, ゆけそう, ゆっくり休み, よく兵機, らっぱに, わたしの, ゐないで, ゐるやう, イルマンと, ガラッ八, サッと渡る, スフィンクスの, チベットの, ハタと, ピストルの, ブラ下がっ, ペン先の, モオリーを, ローマ等の, 一の, 一千円, 一年半ばかり, 一時間以上も, 一番に, 一間へ, 三割かた職工の, 三浦半島を, 下さいまし, 下女の, 与一兵衛どのの, 中土間, 主としてインテリ層, 之に, 了いました, 二三日凄まじく, 二度目の, 互に交った, 井に, 人にも, 今では, 今朝まで, 他と, 以来薬研堀の, 休み給え, 但馬に, 何が, 何やら手回り, 余を, 俄かに, 俺の, 偶然かしましい長, 僧に, 先刻持ち出した, 入学試験の, 八代まで, 六月の, 其処を, 再び復活, 凄く響く, 切れ切れの, 到頭それ, 功を, 勉強なさい, 化粧を, 十一時半傍聴席へ, 十銭の, 卒業し, 博奕を, 参りますし, 取り次ぐ人, 古書を, 右へ, 合戦に, 向側に, 和尚の, 四万温泉の, 四里四方けがれなき, 国防に, 坐る所, 堀田伊太夫という, 変った内生活, 外へ, 夢みた竜宮, 大分経った, 大手を, 天ぷら蕎麦を, 夫を, 女の, 好いお, 姉の, 子供に, 学校の, 完全なる, 実習服を, 家督に, 寇の, 寝たよう, 寝んで, 封建制は, 小さくなる, 小永井屋敷の, 少し休みましょう, 尾を, 居たらどんなに, 居た紙くず, 居な, 居ねむりしたり, 居らるるよう, 居りますので, 居るお前, 居るって, 居るとも, 居る之, 居る家以外皆家, 居ろうかと, 山童と, 岸本は, 市ヶ谷中原中島大場と, 帝国ホテルに, 帰られるの, 干飯俵, 幸福に, 床下から, 廊下から, 当分梳, 彼方此方の, 往けそれ, 後までも, 後病気, 御無心, 御馳走を, 心鍛を, 怪量が, 患者が, 感心し, 我が国が, 扉も, 手網で, 押伏せ, 振り返ると, 探検しなけれ, 播州へ, 救われん, 数歩の, 斯う, 新知識, 日和山を, 早くから待っ, 明智城を, 是非買う, 暖い, 暫く用箪笥, 曇った空, 書簡を, 朝までに, 木竹部と, 机上に, 来そうで, 来たぞ, 来たひと, 来たらしい様子, 来たら自身, 来たんだい, 来たチャーミングさん, 来た三十五六, 来た人物, 来た何藩, 来た出入口, 来た危難, 来た外国, 来た姿, 来た山林区署, 来た感じ, 来た日暮れ方, 来た松本市, 来た浪士, 来た白い, 来た細い, 来た若, 来た証拠, 来た雅楽頭, 来てからの, 来ないところ, 来ない眼つき, 来なさるが, 来ましょう, 来やあ, 来られたら大変, 来られる様子, 来るし, 来るとおり, 来るほか, 来る乗客, 来る先生, 来る声, 来る手紙, 来る様子, 来る男連, 来る絢子, 来る軍隊, 来る饑, 来給え, 松を, 枕の, 柄にも, 校長さんに, 梅若太夫の, 極めて悪性, 横通岳へ, 欲しく思います, 武蔵の, 死んだの, 段々縫い縮めた, 毎日の, 気づかう母, 求めた, 河童と, 泣いて, 活きた虎, 海浜音楽隊の, 涙は, 清らかな, 渡り北, 満身の, 溺れぬ金剛不壊, 激しい変貌, 無いよ, 煙草入を, 牛頭栴檀を, 犯人推定の, 獄中の, 現わ, 生活する, 田沢の, 畑の, 病勢が, 登り路を, 百姓ばらの, 監視船に, 直々貴殿に, 相談でも, 眠った, 眼八が, 砂利を, 磐城に, 神前へ, 私が, 稍黄食んだ, 突きあたってから, 窓に, 竜之, 筆を, 精神的に, 素子は, 紳士は, 結構です, 縁先に, 羽を, 耶蘇教を, 肩から, 腐らして, 腰掛けへ, 自ら眼を, 自由改進等いわゆる, 色づいた木々, 芸者ガールを, 苦しがっ, 荷役終了を, 落ちて, 蓄音機を, 虎と共に, 蝶の, 行かれました, 行きましたらいきなり, 行き女中, 行くそこで, 行く入野, 行く心支度, 行く母, 行く白い, 行く講武所, 行く鼠, 行けなくて, 行ったおっかさん, 行ったとき壁ぎわ, 行ったら中の間, 行った事, 行った場所, 行った旅, 行った細君, 行を, 装甲を, 見えなくは, 見たらふと, 見ます, 見事な, 観察し, 試験の, 語りながら, 調停され, 谷間に, 貰ひませう, 赤い縞, 跪坐んだ, 軍機にわたる, 逢引を, 遊ぶの, 道誉に, 郡中を, 酔いを, 金の, 釘に, 銃か, 長い旅, 開けようとしても, 関羽を, 陽の, 隣の, 雨降, 露天の, 青虫を, 頂きたいん, 頼みたい儀, 顔の, 風呂敷包を, 飲めんの, 驚いたけれども, 高幹, 鳴り出した, 麻の

▼ 入ってから~ (273, 1.8%)

6 である 5 であった 4 私は 2 それは, であるが, 後の, 話そう

1 [250件] あまり静か, あらゆる物価, ある日, あんまり安く, いくらも, いつも学校, いやな, いろいろ書く, おそくなっ, お兼, お玉と, お蝶, お計らい, かき出す積り, かのこと, きっと一所, ここが, こと新しく, この味, この小使, これを, しだいにこれ, すぐである, すずめを, すっかり信用, ずっと使える, そう云う, その土橋, その実例, その室, それとも, だそう, だったが, だを, ちょっとの, つる公が, であろう, でしょうね, です, です尤も, でそれ, でて, でなくば, では, でも, で富士講, で文科, とくに一九四八年, どこで, どこへも, のを, はじめて部長先生, はね九日以降, ひどい辱しめ, ふといい, ふとん, ほぼ完全, まずあと, まず叔父, また何, また知らなかった, まだ二刻, まだ十分, まぶしいほど, まるで森, みんな大変無邪気に, もう七, もう三ヵ月, もう二十日位, やっと凌げる, ゆっくりしよう, ゆっくりと, よく想像, よく見る, サエは, ジトジト降っ, ストーヴを, セリフを, ハンザ商人に, ヒトラーの, プレス, レコードした, 一子ジークフリートを, 一寸も, 一年ほど, 一度も, 一日も, 一月半近く経った, 七八ヵ月ほど, 三十分も, 三週間と, 世界の, 久しい間, 九日頂いた, 二人は, 二十分ぐらい, 二年目の, 二年続け, 二年間は, 二日ほど, 二百二十年ばかり, 五年目の, 五月一日を, 五百らは, 今まで, 今や四十九年, 今日まで, 仕事の, 他に, 以後の, 伸子は, 佐伯八郎ほか三名を, 何れも, 何処へか, 使いに, 兄さんや, 先生の, 其の新任教師, 再び山, 出来た新開, 出願を, 列強の, 初めて手, 初めは, 勉が, 包みを, 十回以上繰り返し, 十年間喜田川氏の, 千世子は, 半年あまり, 半年も, 半月目には, 又, 又お送り, 只一人うつむき, 和一郎は, 哲学を, 地方の, 変更せられなかった, 夕食まで, 夙くも, 多少角, 夜更けまで, 大ぜ, 大学を, 始めてこの, 実は不, 実際に, 家へ, 宿る所, 密夫を, 寐附かず, 寝着くまで, 寿女は, 小夜子の, 少しずつ, 少しは, 少しウツウツ, 尨大な, 市島という, 市川に, 帰って, 帰る母親, 幕府は, 彼の, 彼女が, 後あの, 後に, 後も, 後世だんだん, 急に, 悪達者な, 悲鳴を, 或る, 戻すつもり, 所在に, 手足に, 撒いて, 支配権力の, 数週を, 新しく髪, 日本に, 日本文化に対する, 明朝自分達を, 昼間見た, 時々腹, 曾つて見ない, 最も凉, 最も涼しい, 来たもん, 東京に, 楽な, 次の, 次第次第に, 母たちが, 毎日服んだ, 民主的な, 気がついたん, 気づいたこと, 永楽保全という, 湯でも, 照明の, 特に国鉄, 猛烈な, 瑠璃色に, 甚だ頻繁, 生産理論の, 疲れ切って, 登山者が, 目が, 碌に, 私の, 私共が, 科が, 科は, 種々混み入った, 空腹を, 笹村に, 紋着の, 絶命する, 義仲の, 考えた, 聖武天皇の, 胎龍の, 脚本を, 膝を, 自分は, 舌を, 芳子は, 苦痛堪え難き, 茶の間の, 蚕も, 行祐が, 言った, 誰も, 追, 連絡の, 都合よく, 銃器から, 長岡温泉や, 間もなくの, 間もなく手, 間もなく雨戸, 降らないの, 陰った日, 随分その, 雨も, 青山の, 頻繁に, 食事を

▼ 入ったり~ (219, 1.5%)

79 して 18 した 8 出たり 4 するの 3 する 2 したが, したので, しながら, すること, するもの, するよう, 散歩を, 食事を

1 [91件] あるいはそば, あるいは入口, いろいろの, うろうろする, ここいらつけ廻し, こっちまで, されるから, したあの, したか, したと, したの, したよう, した後, した頃, しちゃ, しつつ, してから, しては, しばらく坐る, しましたが, しましたけれど, するから, するくらい, すると, するので, するばかり, するワ, する人々, する俗, する島田, する毎, する男女, する自分, する音, そして眼, そのまた, それからまた盛ん, でつい, なかなか忙し, なすった癖, なんかすると, また出, まるで田舎者, テニスを, モスクを, ラジオを, 一つの, 一人の, 不断著を, 今では, 令嬢糸子さんを, 僕は, 兎に, 入ったり, 剥げたり, 単に桶, 又それ以前, 小料理屋で, 庭に, 彼女らの, 恐ろしい不安, 憧れたり, 所謂経験渉り, 整列し, 料理屋に, 晩が, 母が, 河床へ, 泥炭の, 浅草辺を, 海水帽を, 湯上がりの, 珈琲店や, 皆で, 立ったり, 篝火を, 粥の, 線路ぞいの, 自分の, 蟻が, 血液の, 走って, 金陵の, 附きまつわったり, 雑事に, 霧の, 静かな, 面白い現に, 飯を, 高い塔, 髪を

▼ 入っても~ (201, 1.3%)

5 ようござん 4 いい 3 痛くない 2 いいし, 宜いかえ, 黒の

1 [183件] СССРに, あとは, い, いいかい, いいかという, いいこと, いいです, いいと, いいという, いいの, いいのね, いいよ, いくらかは, いつもの, いつも私, いまいと, いやである, いらなくっとも, いらなくても, おとりが, お差支え, お役, お待ちし, かまわないかね, からりと, きませんでしたが, ぐっすり睡れない, ことさらの, この笑い, これを, そう容易, そのまま生き, その初期, その印象, その場, その誘惑, その通り, それきり杳として, それなら, どうしても落ちなかった, なおほてり, なお且つ, なかなかあれこれ, なんだか落付, また卓上, また畑, まだ一ト粒, まだ気, やまなかった, よいけれど, よいと, ようございます, ようござんすかい, よくって, よくってと, よろしいと, わるいと, モスク, ワグナーの, 一ノ宮城は, 一向戸外, 一向無, 一度人間, 一日に, 世人の, 中, 中庭の, 主人三五兵衛の, 二人は, 二度と同じ, 人々は, 今日は, 仏法に, 仕方が, 他処もの, 伝わって, 何時まで, 便所に, 先ず一, 入らなくても, 八日吹き, 内地人経営の, 初めは, 別に, 別に死, 別段苦痛, 勝負は, 十一月の, 卒業式の, 只無茶苦茶, 同じこと, 同じである, 四五盃ずつ, 基督教に, 大事は, 大概の, 女は, 好いん, 学校の, 宜い, 宜いかえと, 宜しゅうござりましょうか, 客足は, 容易に, 寝つかれず異様, 審判の, 居る, 左の, 差支なかろ, 帰らぬからには, 平気な, 当然で, 彼は, 後に, 忰が, 憂鬱そうに, 戸を, 手が, 手を, 抜かるよう, 捜査課長室から, 政府で, 日本の, 早く消化, 早瀬と, 明らかに, 未だ彼女, 未だ正太, 未だ許されなかった, 来ぬ様子, 来ようという, 枕の, 果して耐久力, 気の, 気温は, 水底を, 決して汚れ, 沈黙を, 治安維持法の, 渺として, 満足の, 溺れる気遣い, 物食いでは, 用心の, 直ぐと, 眼が, 睡れなかったので, 神の, 秀吉は, 私の, 私は, 空気は, 絵画などは, 縁側も, 聴き入れずとうとう本当に, 腹の, 自分は, 自分を, 舞台へ, 若僧や, 見た, 見覚えの, 親子であり, 調べを, 起らなかった, 身体が, 躯が, 退かず明, 遅くありますまい, 遅くないでしょう, 道教に, 酒を, 関興が, 関興だけが, 降って, 雨は, 雪渓を, 霙が, 風は, 飲んだ酒, 驚いちゃ, 髪結床へ, 魚介と

▼ 入っては~ (160, 1.1%)

9 郷に 4 いけません, ならぬ 3 いけない 2 いけないこと, いけないという, いまい, いるが, ならぬという, 大変だ, 往来も

1 [126件] あるが, いかん魔物, いけないな, いけないの, いけない社長, いけぬレオンティーヌ, いけぬ入っては, いけまいと, いずしたがって, いずブリキ製, いないただ, いなかった, いなかったが, いなかったん, いよいよその, いよいよ大事, いよいよ持病, いよいよ物凄い, いよいよ白熱化, かけない, くっきりと, くるの, こないよ, こなかった, こらえかねて, これまでの, こんなこと, さすがに, さらに細川越中守, しきりと, せっかくの, ただ月, たちまち出, たまらない, どうかと, どうじゃ, どうする, なおさらの, ならない, ならないと, ならないという, ならない線路, ならぬと, ならぬの, ならん, ならんという, なりません, ますます悪化, また山童, もう万事休す, もう二円半, もう今更引っ返し, よろしくない, わるそう, タンホイザアの, ニージュニの, ビョルンソン会館に, ヨーロッパという, 一大事である, 一等船室の, 三浦一族の, 三間とは, 二重三重の, 仕方が, 佐々木家へ, 使い走りだまっ, 全くどうする, 全く独特, 別に往来, 前代の, 十年の, 危い, 参りましたが, 口も, 可け, 坐薬を, 声を, 大医, 天気が, 女自由自在融通無礙に, 富士も, 寒いよう, 少鬢, 尚々お上, 居ません, 居りません, 岷山山脈と, 島津家に, 幕将, 往くこと, 従四位上少将高家の, 悪しかろう, 折々目, 拙者の, 旅の, 更にギリシア系, 更に進ん, 朝を, 来なかったし, 桶の, 梅の, 気候も, 河童の, 甚だ寂しい, 確率誤差の, 社会的性格の, 私は, 絶えず羽ばたき, 自ら確めた, 自然に, 船の, 蒲団に, 蒲団を, 薩長土肥の, 見たれど, 見られなかったが, 見られませんでした, 豊島の, 赤色の, 遂に文学性, 郷に従うの, 郷の, 都で, 陰々として, 面倒だ, 鼠ヶ関

▼ 入っての~ (60, 0.4%)

4 頼みです 3 頼みだ 2 おはなし, 御願い, 相談が, 話が, 頼みが, 頼み男の

1 [41件] お帰り, お話も, お頼み, お願いが, お願いで, お願いです, お願いの, ここ両, ことであった, はじめての, 仕こなし, 作の, 使いそも何事, 儀だ, 儀で, 初冬の, 勤番支配の, 城攻めは, 夏の, 夜の, 大潮を, 工合よろし, 御用向とは, 打ちあけばなし, 歌留多遊びに, 生活は, 申し入れに, 相談で, 端午の, 親族会議, 話だ, 談合だ, 頼まれごと, 頼みじゃが, 頼みで, 頼みでした, 頼みと, 頼み平次の, 頼み平次も, 願いだ, 願いという

▼ 入ってからは~ (51, 0.3%)

2 例の

1 [49件] いつも仕事, きょろ, この記録, この間お話した, さすがに, じき年ちゃんは, そうした考え, その落城, それぞれの, そんなに露骨, ますます著しく, 一定の, 丹波の, 人っ子一人通らなかった, 今まで, 今回のが, 俳句会の, 傾斜が, 全くの, 前述の, 各種通信社の, 土地の, 夕方が, 夕方の, 大抵区別, 大河の, 妹だ, 実川永田両君が, 小男と, 幾度と, 彼女は, 心も, 急に, 昼間でも, 歩くよりも, 殆ん, 殊にひどく, 毎日の, 激しい驟雨, 私一人で, 著しく盛ん, 血取, 計温, 身の, 軽くすんだ, 迚も, 途は, 金の, 顔を

▼ 入ってからも~ (39, 0.3%)

2 白娘子の, 私は

1 [35件] うかれこれ八年, この類, その時分, それが, だらしなく泣き続け, どうもカ, ぼんやり同じ, 下流から, 不思議な, 中, 初の, 初めの, 別に, 夜の, 大ハシャギ, 女同志の, 子路の, 容易に, 少し長い, 岸本の, 幾度通った, 弟が, 彼は, 捜索の, 晴れた日, 暫く裏, 毎時の, 稀には, 種々工夫を, 続きすでに, 自分の, 若い妻, 読んだ, 雨模様の, 頭巾を

▼ 入ってからの~ (31, 0.2%)

1 [31件] こと, ことであった, ことである, ことには, この人, この伎芸, 一般的現象, 事は, 他の, 企画など, 吹込みでは, 唐沢氏は, 変異は, 大蘇芳年, 天気順が, 太田は, 婦人の, 寒さ, 年月において, 後醍醐は, 心構えについて, 手紙は, 母親との, 法然は, 私は, 第二, 編纂である, 花火の, 若い時代, 雨模様の, 雪とは

▼ 入っちゃ~ (24, 0.2%)

2 いけないって, いけねえ

1 [20件] いけない, いないいま, いないん, いられない, えらい, つまらないからと, どうです, どんな事, ならないぞ, ならぬという, ならねえ, ならん, アいけない, アいけません, アなら, 大したこと, 居ないか, 悪いか, 生命が, 駄目です

▼ 入ってさえ~ (6, 0.0%)

1 いた, しまえば, ドコに, 人は, 眠れなくなること, 行けば

▼ 入ってや~ (5, 0.0%)

1 がる, しないと, しないよ, しねえやい, アしない

▼ 入っちゃあ~ (4, 0.0%)

1 おられん, どういうもの, ならない真暗, 不可えと

▼ 入ってからが~ (4, 0.0%)

1 いいの, なかなか辛抱, 二足三足しか, 最も激烈

▼ 入ってからでも~ (4, 0.0%)

1 まだ天皇, まだ幾ら, 夜間暇を, 摂氏の

▼ 入ってと~ (4, 0.0%)

1 いうからには, 申して, 申しますと, 角兵衛は

▼ 入ったって~ (3, 0.0%)

1 困るだろうという, 手前には, 聞いて

▼ 入っちょ~ (3, 0.0%)

1 りますか, る, れ

▼ 入ってこそ~ (3, 0.0%)

1 作物が, 初めて大観, 科学の

▼ 入ってでも~ (3, 0.0%)

1 しまいたいほど, なお金太郎, ゆくかの

▼ 入ってとは~ (3, 0.0%)

1 よくよくの, 何の, 何事です

▼ 入ってという~ (2, 0.0%)

1 ことに, 奴が

▼ 入ってな~ (2, 0.0%)

1 その敏子さん, 見な

▼ 入ってばかり~ (2, 0.0%)

1 いた, いるよう

▼ 入ってよ~ (2, 0.0%)

1 いらっしゃらない, 坊やさあ

▼1* [24件]

入ったらしく思えるが, 入ったりなんかして, 入ったりにうめの, 入ったりばかりして, 入ってからかはっきりしない, 入ってからと云うもの, 入ってからというものは, 入ってからね母様が, 入ってからまで唐人漂着の, 入ってさ山出しに, 入ってさえも我々の, 入ってすらもその覆面, 入ってとかいう言葉は, 入ってなどという言葉と, 入ってなんかこないの, 入ってねまきを, 入ってねえオコオコする, 入ってのみはいなかった, 入ってはと存じ部下, 入ってまで祖母は, 入ってまでも養父母を, 入ってもよござんすか, 入ってやら一心に, 入ってを云々したごとき