青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「凝視~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~冷 冷~ ~冷たい 冷たい~ 冷たく~ 冷淡~ 冷静~ 凄~ 凄い~ 凝~
凝視~
凡そ~ ~凡て 凡て~ ~処 処~ 処女~ ~処置 処置~ ~出 出~

「凝視~」 1113, 12ppm, 9117位

▼ 凝視~ (378, 34.0%)

100 ていた 99 ている 16 てゐる 12 てゐた 8 て居る 5 ながら 3 つつ

2 [11件] たり現に, て, てい, ておりました, てそこ, てその, てゐ, て居た, て来た, ながら私, また恥

1 [113件] あらゆる支那, かつ感情, が頬, こっちが, ことあらじ, しばし時刻, そうし, そこに, そして其処, そして我々, そして立ち上る, その中, その色, その誘惑, それを, たり水, つついう, つつその, つつ一直線, つつ口, つつ底, つつ彼, つつ意気地, つつ断乎, つつ社会心理, つつ色彩板, つつ頭, ていた事, ていった, ていなけれ, ていよいよ, ていらっしゃる, ていらつ, ております, てから静か, てここ, てしみじみ, てじっと, てそれ, てはそれ, ては感嘆これ, てみよう, ても何度眼, てゆく, てよい, てゐれ, てネロ, て云, て云つた, て今, て俺, て元禄天明女流, て叫び続ける, て同じ, て呻く, て夢, て天, て少女, て居ります, て彼, て徐ろ, て得た, て御座った, て我脈搏, て星, て未知, て気, て烈情, て行く, て親しみ, て追憶, て遠く, て飽迄, ながらいった, ながらささやき合った, ながらじっと, ながら云った, ながら低い, ながら太い, ながら娘, ながら彼, ながら徐ろ, ながら忙し, ながら机, ながら理解, ながら砥石, ながら私達, ながら考え込ん, ながら躊躇, ながら雨, にわかに馳せ寄る, 乍ら近づい, 其いふ, 再読三読さらに, 初めた, 力づよく明確に, 待ちうけ, 忠実に, 我々に, 批評し, 把握しよう, 自分までが, 自己の, 自然の, 蜜の, 観察し, 解剖し, 讃嘆し, 讃歎し, 蹌踉と, 遠あかね, 静観し, 魂の

▼ 凝視~ (290, 26.1%)

44 ていた 4133 ている 17 てゐた 13 てゐる 97 たまま, ながら 53 続けた

2 [16件] たが, たの, つ, てい, て居た, て放心, て来た, て歩い, て行く, て黙っ, ながら細く, ながら言, ると, るの, るばかり, 居しが

1 [79件] がつかりした, ずには, たきり, たり乙者, たり透し, たり静か, た光景, つつ, つつあり, つつ脅かす, つづけた, てありし, てある, てあれ, ていなけれ, ていました, ていれ, てごらん, てさて, てちょっと, てね急, ては始終, ては過ぎ, てみる, てやつ, てゐ, てゐたら, てホッ, て佇ん, て初, て尿, て屹, て彼, て悩ましい, て慌て, て斯, て暮し, て炉, て痛ましい, て聞いた, て自分, て藤吉, て見る見る, て附け足した, て頭巾, て頷いた, て頷く, て餘計, て鼓動, ながらぼやけた, ながらよろよろ, ながら一しょ, ながら何, ながら刀, ながら妹, ながら暫く, ながら更に, ながら考えた, ながら言った, ながら訊いた, ながら頭, ながら頷い, ぬ, ねば, はじめた, ましたが, ゆく, られたいと, られるすべて, るうち, るか, るさき, るなりいきなり, るやう, る光, る瞳, る自分, る顔, 出した

▼ 凝視する~ (82, 7.4%)

3 ことを, ような, ように 2 ことが, ことしばし, ことによって, のであった, のでした, ばかりであった, 時は

1 [59件] うちに, か地, ことさえ, ことで, ことに, ことによ, ことは, こと良久しく, ごとに, その目, その眼, と, とあながち, とあらゆる, という事, といふ, とおどろいた, ときは, とそれ, と急, と成, と東宝, と気, と画, と祖先, と魚, なり, に堪へない, に止まらなかつた, に馬匹, のが, のだ, ので, のでありました, のである, のは, のみ, のみで, の風, ばかりだ, ばかりで, 事が, 事によって, 人々の, 作者の, 実人生, 専念の, 態度で, 時間を, 煙草の, 眼が, 眼さへ, 立場に, 粘りづよさを作家に, 精神の, 苦悶の, 観客席の, 鈍重に, 静かな

▼ 凝視~ (68, 6.1%)

4 続けて 2 つづけて, 彼は, 投げつけて, 避けるため

1 [56件] あつめた, あわてて, いつまでも, くれつつ, しながら, する奴, そろえて, ちから, つづけずには, つづけた, つづけたの, つづけながら, はなすから, まざまざと, もって, 一度でも, 久しゅうし, 休めず言い続けた, 保ち結果, 側へ, 受けて, 向けたが, 哲学の, 嘲り返すかの, 垂れ, 妨げも, 始めた, 怠っては, 恐れて, 感じたかの, 感じつづけて, 手段と, 投げて, 放って, 放つて, 浴びせられる, 浴び別, 浴び藤次, 源さんの, 男の, 相交わし, 私たちに, 私の, 続けた, 続けながら, 続けようと, 起すにも, 起すよう, 越前守の, 足下の, 返して, 送りはじめた, 送り敢, 長老に, 集めて, 飄乎たる面上に

▼ 凝視した~ (50, 4.5%)

2 がその, ので一知, まま唇を

1 [44件] か, からである, がそれ, がまた, が分らなかった, が潺湲, が眼, けれども形, けれど一向に, ことは, ことも, とき夫人は, のだった, のちふたたび, のであった, のでありました, ま, まま, ままいつまでも, まましばし, ままその, ままで, ままほとんど, ままガラス玉の, まま一寸の, まま一時茫然として, まま二日でも, まま出来る, まま動かない, まま大きく, まま奇妙に, まま死ん, まま点頭いた, まま立ちつくした, まま躍り, まま顎を, まま黙りこくっ, 儘私は, 切り顔を, 後逃げ去る, 時我国の, 有様から, 者が, 阿修羅にな

▼ 凝視~ (40, 3.6%)

5 眼を 3 意味が, 意味だけは 2 なかに, 下に, 中に, 的であった

1 [21件] ため複視的に, ままここで, ままだった, やじりを, 上に, 不足は, 世界が, 主はだれ, 前に, 前にとって, 名人である, 季節専念の, 癖が, 的と, 目を, 眼は, 眼もとから, 眼光と, 瞳には, 量と, 間に

▼ 凝視~ (26, 2.3%)

3 いたが 2 いる, いるうち, いると, ゐる, 黙って

1 [13件] いた, いたり, いられる太子殿下, いるきり, いるよう, おられました若旦那様, おりました, ゐると, ゐる時, 佇って, 在らしつた奥様, 居た, 立ち停りました

▼ 凝視~ (14, 1.3%)

1 [14件] あって, つかれて, ふさわしいもの, もえて, 僕は, 凝視を, 姿を, 射すくめられた, 曝した時, 気づくと, 氣づく, 筆足を, 逢うと, 遭うと

▼ 凝視~ (12, 1.1%)

1 [12件] あまり續, ある, うるさくなっ, おろそかに, 伸子を, 因で, 意識に, 感じられるはず, 断えなかつた, 現われる, 続いた, 足りず随

▼ 凝視~ (10, 0.9%)

1 その知的, 云う場合, 原始林の, 味いと, 咆哮との, 死とを, 気でも, 涕涙と, 瞑想の, 静観とによって

▼ 凝視~ (10, 0.9%)

1 その白い, それでよ, それ以外を, つづく, 好奇的で, 存在論で, 対象を, 往々に, 手紙の, 法水に

▼ 凝視から~ (5, 0.4%)

1 のがれるため, 一時解放される, 産れる, 逃れること, 離れて

▼ 凝視しつづけ~ (5, 0.4%)

2 ていた 1 ていました, ている, て来

▼ 凝視には~ (5, 0.4%)

1 ずうずうしいという, もう堪えられない, 却って堪えかねた, 却つて堪へかねた, 誰も

▼ 凝視しなけれ~ (4, 0.4%)

2 ばならぬ 1 ばならない, ばならなかった

▼ 凝視すれ~ (4, 0.4%)

1 ども眩から, ば, ばする, ば益々

▼ 凝視って~ (4, 0.4%)

1 いた, いる, いるうち, しまった

▼ 凝視~ (4, 0.4%)

1 ゆびさきの噴水, をみそなはす, 力も, 程何といふ

▼ 凝視され~ (3, 0.3%)

2 ている 1 てゐる

▼ 凝視される~ (3, 0.3%)

1 ことによって, と彼等特有, と感情

▼ 凝視せよ~ (3, 0.3%)

1 そこには, と云っ, 愛を

▼ 凝視~ (3, 0.3%)

1 まま今朝からの, まま何回も, まま石像の

▼ 凝視だけ~ (3, 0.3%)

2 では 1 で作品

▼ 凝視という~ (3, 0.3%)

1 ことも, ことを, ような

▼ 凝視めたま~ (3, 0.3%)

1 までお, まで動かなかつた, まで莞爾

▼ 凝視~ (3, 0.3%)

1 だが, であるとき, な影

▼ 凝視解剖~ (3, 0.3%)

2 する冷酷 1 並びに嫌厭

▼ 凝視してる~ (2, 0.2%)

1 のを, 幽鬼

▼ 凝視しない~ (2, 0.2%)

1 ではゐられない, 訳には

▼ 凝視しはじめた~ (2, 0.2%)

2 のである

▼ 凝視しよう~ (2, 0.2%)

1 とした, としてゐた

▼ 凝視し得た~ (2, 0.2%)

2 人の

▼ 凝視し続け~ (2, 0.2%)

2 ている

▼ 凝視せず~ (2, 0.2%)

2 にゐられなかつた

▼ 凝視~ (2, 0.2%)

1 この一点, 以て

▼ 凝視との~ (2, 0.2%)

2 世界から

▼ 凝視ながら~ (2, 0.2%)

1 その時, 両方の

▼ 凝視なら~ (2, 0.2%)

2 睨み返し得る

▼ 凝視むれ~ (2, 0.2%)

1 ば, 一心に

▼ 凝視めし眼~ (2, 0.2%)

1 よりは冷ややか, を深く

▼ 凝視~ (2, 0.2%)

1 この青年, なく話されたる

▼ 凝視られ~ (2, 0.2%)

2 てゐた

▼ 凝視分析~ (2, 0.2%)

1 し続けて, の研究

▼1* [43件]

凝視こそ望ましい, 凝視させないでは措かない, 凝視させられている, 凝視させられた事でした, 凝視されたならば如何なる, 凝視しあっている, 凝視しいしい台所の, 凝視しすぎたため或, 凝視しつづけたのである, 凝視しばらく崋山は, 凝視しほほ笑みそのはげしい, 凝視し出したのである, 凝視し居りしに其女, 凝視し続けてる檜山の, 凝視し続けるには私, 凝視すべてまさしく一流中, 凝視せざるを得なかった, 凝視せしむるに, 凝視そのものが私, 凝視たりこれキリストが, 凝視これは, 凝視つつ三人は, 凝視であり韋駄天に, 凝視であると強調, 凝視とでも云う如何にも, 凝視など外国十九世紀の, 凝視にこそ氣づかなかった, 凝視にも耐えた, 凝視によつて表は, 凝視むる小さな銀側時計, 凝視むるうつくしき黒瞳にも寂し, 凝視むるやらむ一種の電気, 凝視むる金茶の眼, 凝視めていなすったッ, 凝視め冷えわたるよう, 凝視め恍惚として夢現, 凝視め我居り, 凝視め赫耀の波動, 凝視何故其が, 凝視を持つ, 凝視を口頭詞章, 凝視等々の降, 凝視にとって如何