青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「侯~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

依然として~ ~依頼 依頼~ 価~ ~価値 価値~ ~価格 価格~ ~侮辱 侮辱~
侯~
侵入~ 便~ 便り~ ~便利 便利~ 便宜~ 便所~ 係~ ~俄 俄~

「侯~」 3323, 32ppm, 3680位

▼ 侯~ (948, 28.5%)

10 理想に 8 本意に, 理想を 6 ために, 現在の

4 [14件] 内閣を, 前に, 心事を, 志を, 思想は, 意思と, 手に, 指導に, 政友会を, 政友會を, 最も得意, 系統に, 系統を, 邸に

3 お妹君, ことを, やうに, ように, 御命, 欧化政策は, 聘に, 邸へ

2 [177件] お屋敷, お長屋, ような, 一派に, 上に, 上邸に, 下屋敷の, 下屋敷へ, 不忠不, 世界主義に, 中心の, 京城に, 人物を, 人物及び, 企て及ばざる, 位を, 位地なり, 位地は, 位地を, 侯たる, 光明磊落なる, 公明磊落なる, 冀望のみ, 内閣に, 内閣開放は, 出づるや常に, 初めに, 別莊, 前途の, 剴切周到なる, 創立したる, 動も, 勢力を, 勢力を以て, 勢力善く, 印を, 反感も, 同意を, 命を, 命令の, 喜怒に, 四天王の, 失ひたるもの, 失望亦, 奏陳を, 如きは, 如きも, 如き有力, 如く再, 姿を, 威信は, 娘が, 実力を, 家に, 家老成瀬隼人が, 容易に, 實力を, 居間は, 屋敷の, 屡々失敗, 山荘以来の, 己を, 幕下たり, 幕下に, 庭中に, 庭園だ, 後を, 得意と, 御供を, 御出立, 御封内, 御用達を, 心事に, 志に, 忘恩も, 意亦, 意志では, 意思は, 意見に, 愛を, 愛好する, 愛婿として, 成功の, 成功を, 成算未だ, 所謂る, 手足たらしむべき, 才能なく, 承認を, 指導行はれざる, 推挽に, 措置は, 提出したる, 政党組織を, 政友は, 政敵たる, 政敵は, 政治家たるに, 政治的系統, 政略こそ, 政見を, 政黨組織を, 施設は, 明固より, 智嚢たり, 曾て, 最も意, 最も親善, 最も遺憾, 最初の, 本意には, 本意にも, 柄に, 機を, 歴史に, 死活問題なり, 殿人とき, 決心の, 為す所, 為に, 為めに, 爲す所は, 爲に, 特別待遇を, 特質として, 狼狽想像する, 現位地, 理想と, 甚だ懼, 用意を, 目的なり, 直接に, 直系に, 眼中に, 睚眦反目を, 磊落なる, 系統の, 統率の, 老獪のみ, 老練と, 耳に, 能く, 自由意思に, 色に, 苦衷を, 薫陶に, 藩閥を, 行動に, 行動を, 解散手段を, 訓戒を, 謀士として, 謦咳に, 資望勢力に, 起たざるを以てのみ, 軍勢の, 迂濶, 近状果し, 退隱, 進歩的思想を以て, 進退如何な, 運動の, 遽かに, 邸内に, 野心勃々たる, 野心測られざる, 銅像の, 銅臭なく, 長所に, 門下生なれ, 雄弁は, 領有に, 顔を, 風流は, 風流韻事なく, 風神なく, 首の

1 [476件] おしるし, おそれるだけ, おため, おとり, おもいもの, お下屋敷, お下邸では, お乗物, お供を, お出入醫師, お召し, お召を, お名, お妹, お妹姫, お抱, お気に, お留守役, お耳, お行列, お言葉, お話で, お長家下, お首, くちぶり, こと, ことが, ことその, ことで, この態度, ご内意, ご命, ご命令, ご愛孫, ご期待, ご用人, それと, それに, ためその, つくり, つくり-矢, ところへ, とは最も, と御, は大, は最も, ほうから, まま見えた, もとへ, やうな, よい春, ようすで, エライのに, マクベス様, 一人は, 一人楊令公の, 一挙一動を, 一擧一動を, 一族で, 一行が, 三ツ星の, 三幅を, 下に, 下城する, 下屋敷が, 下邸から, 下邸だ, 下邸では, 世子で, 中流呉起が立策, 主張であろう, 乗物を, 九曜の, 予期する, 人と, 人入れで, 今囘発起, 今囘發, 仏蘭西学に, 代拝者, 令嬢が, 仰せには, 佛蘭西學に, 作戦計画を, 作戰計畫を, 侍医であった, 侍医であり, 侍医と, 侍医を, 侍医留川周伯と, 供先に, 側室にあたる, 側近を, 傍流の, 催せる雨聲會, 儒臣鈴木宜山である, 優遇は, 先代孫策の, 先祖が, 先祖は, 党首の, 入京お, 全軍, 八人の, 公論を, 共鳴も, 内命ニて, 再来でも, 冤罪を, 出かたによって, 出処進退に, 出處進退に, 分家で, 切腹を, 切腹其れ, 別邸稲荷堀に, 利益の, 前で, 前の, 前へ, 劇談会, 力ある, 力を, 勧誘に, 勸誘に, 医官である, 医官とな, 医官三沢玄間である, 医官安富寄碩同, 単名を以て, 単意, 印と共に, 印綬を, 原唱, 厩の, 厳命である, 参覲には, 参謀と, 參謀と, 口ぶりでは, 名が, 名物切と, 名物切は, 名物切も, 周旋で, 周旋を, 周防に対する, 命で, 命に, 命に対して, 唯一崇拜家たる, 唯一崇拝家たる, 單名を以て, 單意に, 営址を, 嗣子が, 国の, 国民協会ありき, 国民協会を, 國史經籍志を, 國民協會ありき, 國民協會を, 城塞の, 城塞内に, 塀下を, 塚であるらしく思われた, 声援に, 声望と, 外に, 夢に, 大切な, 大身に, 大軍が, 夫人と, 夫人の, 夫人侍女家臣等が, 夫人現, 夫人綾子刀自である, 奔走が, 奥から, 奧づとめむかしと, 妹が, 妹玄徳の, 嫡子へ, 子で, 子息の, 字は, 守護職とか, 官僚軍閥に, 家の, 家へ, 家を, 家中が, 家中にて, 家来に, 家来の, 家来成斎が, 家柄だ, 家臣で, 寵臣であり, 封を, 尽力による, 居間に, 居間の, 屋敷でございます, 屋敷へ, 屋敷へも, 屋舗跡で, 屋鋪うちに, 属望したる, 屬望したる, 崇拜家と, 崇拝家と, 巡邏方且つ, 帰東も, 庭園で, 廟内に, 建議に, 弔詞は, 徒士と, 御前で, 御取, 御同勢, 御執心ぶり, 御妹君, 御宝蔵, 御家中, 御家来, 御意を, 御抱え, 御支配, 御旗下, 御本邸, 御殿に, 御殿には, 御隠居, 御領内, 御首, 徹底的政策の, 心に, 心には, 心事実に斯く, 心事實に, 忘れ窓, 忠告に, 忠実なる, 忠實なる, 思いつきであろう, 思う壺, 性質は, 悲惨な, 意中が, 意表に, 慈善事業も, 態度でも, 憲政党と, 憲政黨と, 憶い, 所へ, 所司代と, 手を, 手許に, 手足も, 招宴を, 挂冠の, 指導下に, 挙動を, 提撕に, 揮毫を, 撞木杖の, 擧動を, 政党組織に, 政党論に, 政治的才略に, 政黨組織に, 政黨論に, 故道, 文化主義は, 文明尊重に, 新に, 方へ, 旗下勢と, 日常を, 旧邸, 時, 時に, 晩餐に, 書が, 書でも, 書は, 書生であっ, 書生を, 書簡を, 未だ実行, 未だ實行, 未だ清国, 未だ清國, 未來は, 未來を, 未来は, 未来を, 来るの, 来る前, 東下, 松平正敏様で, 果敢と, 桟敷でも, 椎の木屋敷と, 機関たる, 機関紙たる, 機關たる, 機關紙たる, 次韻, 欧化策は, 歌の, 江戸邸は, 治療に, 浩養園も, 浪人司馬又助, 浪人平賀源内御, 消息については, 消息は, 清国より, 清國より, 潛勢力, 潛勢力に, 潜勢力, 潜勢力に, 潤わせぶり, 爲めに, 爵に, 爵を, 物語りに, 独裁たる, 獨裁たる, 現在未來, 現在未来, 生涯と, 生誕地だ, 用人だ, 留守居役出, 疑いに対しても, 病の, 病を, 発表したる, 発言は, 発起に, 發表したる, 發起に, 目にも, 目的は, 目的模範政党を, 目的模範政黨を, 直参たり, 直參, 直命, 相続者として, 相續者, 相談役であった, 眼には, 睨みが, 知遇を, 示唆による, 禄を, 私に対する, 私設秘書みたいな, 立場です, 立場とは, 立憲政友会に, 立憲政友會に, 築地の, 練塀立ちつづく, 美なる, 老母呉夫人に, 考えも, 考へでは, 聘を, 聡明能く, 聰明能く, 聲援に, 肚だろう, 肚では, 胸として, 胸中を, 臣なら, 臣は, 臣剣名最も, 臨席私は, 自筆自署だ, 舎兄に, 舞台に, 舞台へ, 英断を, 英斷を, 落胤ださうだ, 葉書の, 蔵する所, 薨去当時井侯の, 藩中で, 藩医茂蕃の, 藩邸などという, 藩邸を, 藩邸小石川なる, 藩閥に, 藩閥に対する, 蘭軒に, 處で, 行列が, 行列であろう, 行列らしい, 袖を, 覚えも, 親族である, 言葉こそ, 言葉は, 訃を, 計画は, 計畫, 討手が, 診察に, 話しも, 誕生日には, 調和者として, 謹愼を以て, 謹慎を以て, 象眼豊面に, 象眼豐面に, 豪華なる, 豫期する, 賞を, 賢良なる, 贈り物だ, 足軽であった, 身内小沢庄次と, 辞令は, 辭令は, 近くへ, 返辞は, 返辭, 追手は, 追討軍を, 退隠は, 退隠を, 通行せらるる, 通行とを, 通謀によって, 進言には, 逸聞が, 遺産だ, 邸の, 邸へも, 邸内には, 邸地から, 邸宅の, 重臣のや, 金子御用達であった, 銅像除幕式を, 門仁義存す, 閲を, 隠居を, 雄辯, 雨声会が, 面を, 音の, 音吐朗徹声調抑揚ある, 音吐朗徹聲調抑揚ある, 領分だ, 領分を, 領地という, 頼むだの, 額の, 養母清照院の, 駕わきを, 騎兵は, 鯖に, 黨首の

▼ 侯~ (488, 14.7%)

12 此の 6 曾て 4 党首の, 勉めて, 固より, 彼れ, 此等の, 黨首の 3 外に, 實に

2 [100件] グラツドストンたるを, ビスマークの, 一切の, 一年中の, 一朝此, 三尊中最も, 三策を, 伯に, 何が, 何時なり, 保守的思想を, 信仰を, 健康未だ, 公卿華族の, 其の宿, 其思想性格に, 决し, 初め之を, 到底大隈伯, 到底政治家, 到底虚名, 前後共に, 勢力を, 即刻出奔父, 命に, 唯だ, 啻に其の, 善く之, 善く此, 多くの, 大に, 大久保攻撃の, 大局の, 大隈伯に, 大隈伯の, 大隈板垣二老を, 大隈板垣伯等の, 天賦の, 太平時代の, 威儀を, 宮廷政治の, 寧ろ居留日本人, 将軍家側衆であった, 局面展開に, 得意の, 必らず, 必らず喜び, 快活なる, 快豁, 怒りは, 憲法立案者の, 我師父と, 所謂る, 政党内閣の, 政治上の, 政治上最も, 政治家として, 政治家としての, 政治家としては, 政黨内閣の, 文明式の, 既に自ら公言, 既に藩閥, 日本の, 日本人を, 明治十七年公を, 明治十四年大隈伯と, 明治年間第, 更に熟考, 板垣伯と, 果して善良, 果して衆議院, 桂内閣が, 桂内閣と, 此に, 水到り, 江湖の, 決して他, 決して大隈伯, 決して未だ政界, 決して藩閥, 決して逆, 現に伊藤内閣, 磊落滑脱の, 私恩を, 稍此二人に, 自ら野に, 自宅に, 自己の, 自由に, 自負心に, 英雄を, 藩閥を, 詳細に, 超然主義の, 進歩的思想を, 遽かに, 閣下に, 閣下の, 韓廷の

1 [240件] あのとき, いい加減な, いきなり壁, いつも迎, いま天下第, うまくもみ消された, おろか終始, からからと, かん, この一冊, これが, これを, さすがに, さぞかし怒られた, さぞ満足, そこを, そのお, そのつもり, そのむかし, その日, その時私, それが, それを, そんな思い切った, ただ御, ただ石, たつたひとり, ついにがまん, ともかくも, どうした, どこまでも, どんな物, なにを, なんと云われた, ひじょうな執心ぶりで, まえから, また幕府, また幕府閣老, まだ若く, わが兄, アルライが, オランダ, ダルメイダを, トマトの, ハイドンの, 一万石ばかりの, 一切口を, 七十歳に, 三十万石分与の, 世間の, 中央を, 久しく既成政党, 久しく既成政黨, 二三年以來頓に, 二三年以来頓に, 二晩とやら, 云われた, 亡き伊豆守, 人を, 今から, 今日自由党に, 今日自由黨に, 会われなかったの, 会員を, 伽羅の, 何故に, 使嗾された, 元來政黨, 元來馬上, 元来政党の, 元来馬上, 先づ十分政友会を, 先づ十分政友會を, 先日養子の, 先生の, 党派に, 党首たるには, 党首としては, 八の, 其扇を, 再び過失, 出ないの, 出処に, 出處, 前月すでに, 十善人の, 厩橋侯を, 又旧, 又舊自由黨, 名手と, 君の, 呂蒙, 周囲の, 周圍の, 命びろいをしたよと, 団十郎を, 国家の, 国民の, 國家の, 在府中である, 執事を, 外に対して, 大酔し, 天性神経過敏なれ, 天性神經過敏なれ, 失脚しました, 好意でした, 実に之, 実に公, 実に憲政, 寺社奉行より, 屡々高島嘉右衛門, 屡々高島嘉右衞門, 屡ば, 幕命を, 平然と亀千代君, 廿八日国を, 当代ならびなき, 当代十善人の, 彼が, 彼に, 彼女に, 彼女を, 御病弱, 御老中, 心に, 忘れて, 急に, 意気軒昂我れ, 意氣軒昂我れ, 慶喜が, 憲政党内閣時代に, 憲政黨内閣時代に, 戦陣に, 持合せの, 改正選挙法通過の, 改正選擧法通過の, 政党に, 政党にも, 政党の, 政党内閣を, 政友会の, 政友會の, 政黨に, 政黨にも, 政黨の, 政黨内閣を, 敗北を, 新たに, 新吉原, 既にドイツ, 日本帝国の, 日本帝國の, 旧勢力, 早く陸奥守さま, 明らかに, 景の, 會員を, 有馬から, 朝廷が, 本多隠岐守康融である, 条約改正の, 松平越中守定永で, 止むなくフロイス, 此一册を, 此方に, 此未開国の, 此未開國の, 此点に, 此點に, 水戸城において, 津軽承, 漢の, 潛勢力なき, 潜勢力なき, 物足りなさ, 特に一種, 独り此の, 獨り, 王子の, 現に幕府, 由來神經質の, 由来神経質, 知ったん, 知らぬという, 石を, 私たちには, 私の, 窃かに, 竊かに, 立花鑑寛である, 笑って, 筑波以来の, 細川侯を, 翻然として, 老中の, 老中第, 腰を, 自分だけの, 自由党に対しても, 自由黨に, 舊勢力と, 茶山の, 蒲団の, 薩長二藩が, 蘭医に, 蘭軒の, 言ひ, 誂え向き, 誰でも, 諸事ご, 謹厳端実の, 謹嚴端實の, 謹愼周密の, 謹慎周密の, 貴方の, 近かき将来, 近かき將來, 遂にフロイス, 金口であった, 間もなく和歌山, 間もなく疾, 霊廟の, 非常の, 韓国上下の, 韓国統監に, 韓國上下の, 韓國統監に, 頃日帝国党の, 頃日帝國黨の, 領土拡張の, 領土擴張の, 顔色さえも, 飜然として, 首を, 首相独裁の, 首相獨裁の, 黨派に, 黨首たるには, 黨首としては

▼ 侯~ (304, 9.1%)

8 彼れ 3 内閣を, 政友会を, 政友會を, 政柄を

2 [52件] ひそかに, 一方に, 三十年間に, 丸腰に, 主として此, 之れ, 京都の, 今囘締結, 今日の, 今次の, 位地の, 信用を, 元老たるの, 先年加賀地方を, 内閣開放を, 別に局面展開, 前後全く, 在るだけ, 地租問題に, 外に, 大隈板垣両, 大隈板垣兩伯を, 如何なる塲合, 妥協の, 容易に, 局面展開の, 憲政有終の美を, 憲法制定の, 政府部内及び, 日本に, 日本ビスマークを, 日韓協約締結の, 曾て, 此の, 死んで, 毫も是, 永訣を, 河野を, 淡泊に, 無事の, 特に居留日本人, 特別の, 現内閣, 田口卯吉氏に, 第二次内閣, 自ら内務大臣を, 自ら骸骨を, 藩閥の, 藩閥を, 藩閥家の, 解散し, 閣下等の

1 [180件] あつて, あの音叉, あり一ノ関, いたという, いつだつた, いつに, いつも音叉, いる真壁, いわゆる中津川会議, うしろ楯に, おられたから, ご承知, ささげて, しんじつ一ノ関さまを, すばやく云われた, そのみずから種, その婿, その御, その打合せ, その臣李, その責, それぞれ蟠踞し, それを, たれびと, どこで, ふたたびお, ふた声, まだ聞太, もっともよし, よびとめました, フランスの, フリシュモンと, 一ノ関に, 一ノ関の, 三本マストの, 主宰し, 争ふ, 二晩とやら, 井, 亡くなると, 京町へ, 他界し, 企んだと, 伊達本家に対して, 会堂用地として, 住まるる麻布, 何の, 何十万石の, 優しい顏, 優しい顔, 充分安心, 先ず俊輔聞多, 党人に, 党首として, 全権として, 凱旋大, 凱旋大観兵式に, 出されたよし, 出世しました, 出陣し, 列席された, 前の, 勝手な, 十二万石の, 南葵文庫を, 単名を以て, 反抗の, 單名を以て, 嘆賞せし, 団十郎を, 図らずも, 国家元老の, 國家元老の, 地獄に, 外務大臣を, 外国から, 大老と, 大阪侯に, 大阪通行に, 奴の, 媒介者と, 官僚軍閥に, 実業家を, 宴を, 家宝売り, 封を, 将軍側衆として, 島の, 幕府から, 当今第一流の, 当時の, 従来藩閥と, 従来養ひ来れる, 從來藩閥と, 從來養ひ, 御存じの, 恭, 悪いの, 悪くなっ, 戸狩の, 手に, 掘りかけた金鑛, 政党の, 政党改造を, 政黨の, 政黨改造を, 故陸奥伯, 故陸奧伯, 新政党, 新政黨を, 日常みずから庖丁を, 旧自由党, 明治十八年自ら総理大臣と, 明治十八年自ら總理大臣と, 明治十四年來藩閥控制の, 明治十四年来藩閥控制の, 昨夜遊びに, 昨日遊びに, 時の, 月番老中だ, 有名な, 来て, 松山に, 松山を, 死んだとき, 江戸登城の, 涌谷さまを, 清国漫遊の, 清國漫遊の, 港口を, 満足される, 滞泊, 激, 申されたの, 當今第, 発言された, 盃を, 知ったか, 硝子の, 私たちと, 秋毎に, 程ヶ谷で, 米国で, 素晴しい, 総理大臣を以て, 總理大臣を以て, 義勇兵として, 老中の, 聞太だった, 自ら陣頭に, 自慢な, 自由党と, 自由党の, 自由黨と, 自由黨の, 舊自由黨に, 薨御に, 薫という, 許すまい, 証明する, 謝罪の, 近來政黨, 近来政党に, 進歩自由両派の, 進歩自由兩派の, 逼塞に, 陛下の, 雅楽頭の, 非凡な, 韓国統治者としての, 韓国統監としての, 韓國統治者としての, 韓國統監としての, 音叉を, 頃ろ政党改造の, 頃ろ政黨改造の, 駄目で, 黨人に, 黨首として, 龍造寺鍋島大隈一党の

▼ 侯~ (258, 7.8%)

29 して 6 向て 5 会って 4 封じた, 望むに, 比すれば 3 仕えて, 向って

2 [39件] 仕へ, 仕へて, 依て, 倦まれたるのみ, 勧むるに, 勸むるに, 向つて, 呼び付けられて, 命じて, 在ては, 委するの, 容れら, 容喙する, 寄せたるもの, 封じて, 封ぜられた, 對し, 對する, 恩顧ある, 慊焉たら, 招かれて, 捧げたる人, 接するもの, 接近し, 接近したる, 最も接近, 望まざるを, 期するに, 期する所, 深厚なる, 深縁, 窮状を, 背き去れるを, 背くも, 背く能はず, 見るに, 親まずし, 近かく, 非ず

1 [122件] あっては, あらざるものの, おかれては, お暇乞い, お目, お目にかかった, お還し, さずけた呉子, してやろうという, そういわれる, そう云われ, その責任, それから仙台六十四郡, ちといや, なってから, なにか一言お話, なにやら哀訴, なりますと, ひと当て, まみえよう, みいだされたの, めぐまれて, よばれて, 一応の, 与へたりと, 乗り替へ, 乘り替, 亜げり, 亞げり, 交渉し, 仕えたため, 仕えた父甫仙, 仕え光琳, 仕へながら, 代って, 代つて序文, 会い継嗣問題, 会うの, 伝えて, 依らんと, 入党を, 入黨, 切腹を, 加賀百万石東海道から, 勧めて, 勧める, 半弓を, 反対する, 反對, 取りついて, 取次ぐ言葉, 召し抱えられその, 召還せられ, 向かって, 呼ばれて, 変えること, 奉られた, 対立する, 封じその, 封じたが, 封じまた, 封じ当座, 封じ給う, 封じ食邑萬戸, 封ずという, 封ずとの, 封ぜら, 封ぜられさんざ, 封ぜられましたが, 封ぜられ年來, 封ぜられ春料, 封ぜられ益州, 封ぜん, 帰したの, 幕府から, 強硬な, 復命されたら, 忿懣を, 戴かしめた, 扈随し, 扮すること, 扶持され, 招れ, 指揮された, 擬して, 放蕩を, 斬って, 斬り附けると, 於ける関係, 於ける關係, 服従したる, 服從したる, 楯突かうと, 楯突こうと, 死を, 求めたが, 渡す, 獻じた, 申しました小石川, 申し伝えい, 盲従し, 盲從し, 相済むまい, 盾を, 祿仕せしめられ, 與へたりと, 苦情を, 藩臣として, 見染められたの, 親近する, 託して, 話せしこと, 誰が, 請うて, 請ひ, 謁した, 譲与し, 讓與し, 貶されて, 近侍し, 降るの, 高覧を

▼ 侯~ (146, 4.4%)

12 して 8 目し 4 擁して 3 評して

2 [30件] 其の首領, 呼戻し現, 外に, 大磯に, 尊信する, 得たるが, 徳として, 指名せ, 推す可, 援助する, 擁するの必要, 擁立し, 擁立せ, 攻撃する, 救ひ出だす, 朝廷に, 死地に, 炙と, 累は, 視るに, 訪問する, 認めて, 誘ふて, 誤解する, 誤解せしめたる, 議せざるなし, 議せむとせり, 起して, 離れて, 首領として

1 [59件] あらわして, おさえつけるの, お伴に, かなりよく知っ, この宿場, こんどの, まるで一国, まるで知らない, エスプランディアンは, 主賓として, 今日より, 介抱し, 信じて, 備後町の, 八月の, 出し抜きたる復讐的手段, 出し拔, 出ず車数乗, 利用し, 叢囲せる, 叢圍せる, 哭し前年, 失い現在, 奉じて, 妬んで, 始め呉の, 崇拜せざる, 崇拝せざる, 帝国の, 帝國の, 得て, 得事, 必要と, 思うもの, 悩ますところ, 憚られる, 手管に, 招待し, 斬ったの, 曲輪へ, 猛獣に, 率いて, 療する, 相手どっ, 真っ先に, 罵つて国賊, 罵つて國賊, 背景に, 苦しめ金沢, 補佐し, 見損つて政友会, 見損つて政友會, 覘う, 覘って, 訪ねたこと, 訪ねては, 辱めたもの, 頼む, 顧みる時代

▼ 侯~ (122, 3.7%)

10 大隈伯とは 6 一ノ関との

2 [24件] それを, なるのに, 一ノ関とで, 伊東男との, 倶に, 切て, 利害休戚を, 合は, 合ひ, 大に, 大隈伯, 大隈伯ある, 彼れ, 憲政, 提携したる, 政敵たるを, 桂子との, 漸く其の, 皇帝との, 絶交せ, 聯合内閣を, 衝突し, 見を, 諡し

1 [58件] いう, おれと, おれには, お屋形さま, した, なってからの, なにが, なのってか, ならずんば, なりたり, なり伯, ガンに, 一ノ関さまが, 一ノ関とが, 一身同, 一身同体の, 三千歳高麗三郎の, 争ひたる, 云ふも, 云ふんで, 井上侯の, 交渉するであろう, 伊達家とは, 会われました, 反対の, 反對, 同車した, 国民協会との, 國民協會との, 大隈伯其他は, 密, 対決し, 常に出遇っ, 彼の, 往来する, 思い当るよう, 新島氏との, 昵懇の, 書くべきだが, 未曽有, 爭ひたる, 直接に, 相対し, 相對, 相談の, 私だけ, 競争し, 結託し, 能登守との, 自由党との, 自由黨との, 血縁が, 言って, 話さんと, 進退趨舍を, 進退趨舎を, 音叉の, 高家の

▼ 侯~ (88, 2.6%)

2 は片

1 [86件] か, かその, から呼ばわる, がすぐ, が一同, が危篤, が帳, が数十騎, そのほか十余将, であるな, であろう, とわたりあい, と曹仁, などことごとく, なので, には, に育てられ, に追いついた, に追いつき, のお, のす, のほう, の三万騎, の人数, の十万騎, の口上, の大軍, の左, の弟, の所領, の正面, の甥, の疾風隊, の眼, の舞刀隊, の軍勢, の部下秦, の陣地, の面, はいずれ, はいない, はおどろいた, はこの, はすぐ, はすこしも, はそば, はそれ, はどろどろ, はふたたび, はまっ先に, は一笑, は先手, は兵, は初めて, は勝ち誇っ, は十万, は口, は呂布, は大いに, は大音, は庁上, は徐庶, は感服, は曹操, は死ん, は片目, は耳, は荒ぶる, は襄陽, は軍中, は進ん, は馬上, もついに渋々, もつづい, もよく, も曹仁, も来た, も渓川, よなと関羽, をあと, をかえりみ, をよん, を先鋒, を大将, を総, 満寵

▼ 侯~ (78, 2.3%)

2 が討たれた, であった, と張, の首, は, はこれ, は性急

1 [64件] が, がもし, が三千, が大軍, が手もと, が猛烈, が相手, が答え, であって, ですから, という兄弟, としても放っ, とはちと, とは似, とは余りに, とは兄弟, と一手, と出会っ, と戦わすであろう, に, には及ぶまい, に伴われ, に内応, に報告, に対して命, に扶, に挟撃, に見え, に討たれ, のため, のもと, の一部隊, の両, の二将, の二軍, の子, の子ら四人, の手勢, の死, の讐, の返書, の飛槍隊, はいつか, はその, はどう, はみずから馬, はわずか, は主, は兄, は半数, は単なる, は固く, は大いに, は対山, は必ず, は片, は矢, は耳, は自分, は語気, は顔色, は驚きあわて, へ使い, 大いに驚き

▼ 侯~ (45, 1.4%)

2 かなり物識り, 亦一代, 亦之, 亦前年曾, 亦曾, 亦然, 現太子, 田中翁も, 自由党も, 自由黨も

1 [25件] おり川越, これには, どうおっしゃる, ニナール姫について, 中世紀ごろ, 亦其挙, 亦其擧, 今夜は, 国論には, 実に大事, 幕府閣老の, 心配さう, 我輩と, 我輩までも, 手玉に, 拍子五つほどが, 数学に, 日頃から, 武田らの, 浪士らの, 無事で, 現内閣, 等しくそこ, 腕に, 雅楽頭と

▼ 侯~ (35, 1.1%)

1 [35件] がなるべく, がはいっ, が矢倉, すでに敗れ, である, と馬遵, などは一鼓, にも真偽, に励まされ, に見せる, の使い, の前, の旗手, の親書, の軍容, の軍立て, の首, は, はひと, はよろこん, は大いに, は心, は手, は檻車, は涙, は籠, は蜀, は軍議, は韓徳, は頽勢, は魏, も防ぐ, をゆるし給わるなら, を一つかみ, を生

▼ 侯~ (29, 0.9%)

1 [29件] がある, がまさに, が敵, とともに新手, との俘虜交換, と換えん, どの敵, に韓玄, の両, の意気, の軍, はかえって, は勇ん, は命, は彼, は直ちに, は答え, は計略通り, は追いまくっ, は関前, は防ぐ, は韓浩, は黄忠, や徐晃, をつれ, を呼ん, を殺められ, 挙陽泉侯劉豹治中従事楊洪昭文博士伊籍学士尹黙, 韓浩に

▼ 侯~ (27, 0.8%)

1 [27件] がいる, が助け, が気がつい, という大将, といえ, に, のごとき, のため, の三千余騎, の背, の衣, の馬, はあざ笑っ, はなお, はや参れ, は全身, は唇, は枕頭, は歯ぎしり, は聞きつけ, は脱出, は血, は酒五瓶, や宋憲, をいたわっ, を呼べ, を斬れ

▼ 侯孫権~ (26, 0.8%)

2 だった, にまみえ

1 [22件] から一書, から錦, が曹操, にたいしては, にまぎれ, に拝賀, のいる, のご, の弟孫瑜, の怒り, の怒り方, の直属, の素姓, の陣, の鬱憤, は, は寄手, は諸, へ次, も入城, も畏敬, をはじめ

▼ 侯から~ (18, 0.5%)

1 [18件] お雪, この問題, さようなお, ひそかに, 上洛を, 五日まえ, 五百兩の, 出て, 召されまして, 大きな梅鉢, 密使が, 座元に, 御盃, 恥辱を, 村田与三は, 畫筆を, 荊州の, 領内一般の

▼ 侯~ (18, 0.5%)

1 [18件] おいで, おすすめ申す, お預けという, すがって, 奉公ずみ致し, 差しだした, 差し上げたので, 御合力, 手渡さねば, 手紙を, 払い下げと, 申し伝えられい, 行ったらよかろ, 請願書を, 贈賄し, 返せば, 酒井家の, 音物として

▼ 侯とは~ (17, 0.5%)

2 亦切, 其人格に, 内閣を

1 [11件] かねてから, ずいぶん昔, なんの, まえに, まだいちど, 或は此人, 気心が, 華族社会の, 華族社會の, 親族と, 誰びとです

▼ 侯~ (16, 0.5%)

2 の靈, をガッシ

1 [12件] から礼, たり後進, となり, にし, には食前方丈侍妾數百人, に負, のお伴, の中, の声, の治, もお, を集め

▼ 侯~ (13, 0.4%)

2 印, 命が 1 全象活眼此也, 命不可同年而語不, 命秦誓の, 命秦誓をも, 命秦誓二篇而已合而讀之, 命秦誓五篇者幼嘗受其義於葆, 清俗紀聞, 置皐陶進伯夷代, 賜宜

▼ 侯との~ (12, 0.4%)

2 物別れと, 間に 1 交渉の, 契約は, 昔がたりを, 決鬪の, 関係, 関係に, 關係, 關係に

▼ 侯にも~ (11, 0.3%)

2 井上伯にも, 伊藤侯にも, 信任せられたる人なれ, 親密の 1 お願いし, 及ぶだろう侯, 来るの

▼ 侯には~ (10, 0.3%)

1 かかわりの, たしかに酒癖, たやすく否定, どこまで, 今から, 会わせないという, 公用人澤田源之進井上喜右衞門兩人に, 公高という, 新らしい, 雲山を

▼ 侯を以て~ (10, 0.3%)

2 メツテルニヒの, 憲法中止論者と, 文部大臣に, 自家の 1 英国の, 英國の

▼ 侯~ (10, 0.3%)

2 は馬 1 がまた, という一大将, にお, にすぐ, はすぐ, はとたんに, は何事, は命

▼ 侯より~ (9, 0.3%)

2 下町人 1 そちの, 岡田総督始人夫迄之, 氷献上お, 試問周防その, 迎への, 金三方を, 鷹司関白家の

▼ 侯正精~ (9, 0.3%)

2 の賞詞 1 である, の召状, の此十六字, の臣, は丙子, は此年文政二年十一月二十七日, は病気届

▼ 侯~ (8, 0.2%)

1 から詳しい, ということ, と薛永, のはなし, の係, はおちょぼ口, はやき, は旗

▼ 侯~ (7, 0.2%)

2 と, とか大隈伯 1 が実は, よ, 直接この

▼ 侯~ (7, 0.2%)

1 シャボー公爵や, 井下伯を, 小林如泥荒川鬼斎などの, 山県侯を, 桑名侯と, 正卿孔叔圉等, 騎士の

▼ 侯~ (7, 0.2%)

2 恐らくは其の, 自ら取, 豈多少の 1 之を

▼ 侯~ (7, 0.2%)

2 預りの 1 下屋舗の, 人数乗組, 横行, 自身から, 自身が

▼ 侯~ (7, 0.2%)

1 が大分, に会見, はうなずき, は健気, は悠然と, を馬, 大いに驚き

▼ 侯たる~ (6, 0.2%)

2 もの亦, もの又, 所以の

▼ 侯伯子男~ (6, 0.2%)

1 と雛壇, と順序, の新, の方々, の華族さん, を片端

▼ 侯~ (5, 0.2%)

1 おわすか, これまた, すら家中仕置不行届, すら寛大, 数学に

▼ 侯という~ (5, 0.2%)

2 姓の 1 大身に, 根は, 身分に

▼ 侯~ (5, 0.2%)

2 于の 1 于が, 于とて, 于は

▼ 侯及び~ (5, 0.2%)

2 伊藤井上の 1 板倉侯を, 自由党の, 自由黨の

▼ 侯~ (5, 0.2%)

2 の逸人 1 でありながら, に属した, の臣下

▼ 侯惇夏侯淵~ (5, 0.2%)

1 という兄弟, に挟撃, の一部隊, の二将, の二軍

▼ 侯~ (5, 0.2%)

1 などかわるがわる, などの幕将, なども列侯, などを連れ, も

▼ 侯~ (5, 0.2%)

1 でかしこく, などへ出入, の怪事件, の通り, も今

▼ 侯~ (4, 0.1%)

1 下屋敷と, 二方の, 城に, 玄関さきより

▼ 侯です~ (4, 0.1%)

1 か, かおめにかかりたかった, がこれ, ぞ

▼ 侯とも~ (4, 0.1%)

2 其の境遇 1 ある人, いうそう

▼ 侯などが~ (4, 0.1%)

1 いた, 考えて, 農場を, 集ったとき

▼ 侯などは~ (4, 0.1%)

1 いいほう, 二年も, 六十余万石の, 正夫人なみ

▼ 侯一子~ (4, 0.1%)

2 が文相更迭問題, が閣僚

▼ 侯井上~ (4, 0.1%)

2 が薨去 1 の欧化政策時代, はその

▼ 侯~ (4, 0.1%)

1 に何事, のふた, の二将, の兄弟

▼ 侯~ (4, 0.1%)

1 と戦っ, などのあいだ, などの魏軍, は関平

▼ 侯或は~ (4, 0.1%)

1 此未開国を, 此未開國を, 自由党に, 自由黨に

▼ 侯~ (4, 0.1%)

1 が後, の婦, の爲, 及びその

▼ 侯松平越中守様~ (4, 0.1%)

2 のお 1 とは日頃, まことにいかさまこの

▼ 侯正寧~ (4, 0.1%)

1 に侍, に次, の館, は使

▼ 侯~ (4, 0.1%)

1 といつ, の暴虐, の維新, を率い

▼ 侯自身~ (4, 0.1%)

2 の如き 1 からし, はこの

▼ 侯覇夏侯威~ (4, 0.1%)

1 に何事, のふた, の二将, の兄弟

▼ 侯~ (4, 0.1%)

2 が出奔 1 とは異腹, は甥

▼ 侯からの~ (3, 0.1%)

1 ご書簡, 拝領物だ, 礼物を

▼ 侯などの~ (3, 0.1%)

1 人物を, 後援で, 間に

▼ 侯ひとり~ (3, 0.1%)

2 の分 1 の思案

▼ 侯をも~ (3, 0.1%)

1 同道し, 得たその, 辞せし也

▼ 侯ウイルヘルム~ (3, 0.1%)

1 の先鋒銃兵ホイエルスヴェルダ, の劣悪, はその

▼ 侯~ (3, 0.1%)

1 家という, 臣ナリ, 蔵品ハ長持幾棹トカ有

▼ 侯~ (3, 0.1%)

1 それから孟勝, ノ子, ヲ興スベキデハナイカ

▼ 侯~ (3, 0.1%)

1 であったか, に佩かせ, はかの

▼ 侯松平越中守~ (3, 0.1%)

2 の家臣 1 より将軍家

▼ 侯正弘~ (3, 0.1%)

1 である, に仕へた, の遺子某

▼ 侯~ (3, 0.1%)

2 の三人猟師 1 は予州

▼ 侯あり~ (2, 0.1%)

2 て始め

▼ 侯この~ (2, 0.1%)

1 お方以外ほかには, 獣を

▼ 侯じきじき~ (2, 0.1%)

1 お手当, に会いたい

▼ 侯すなわち~ (2, 0.1%)

1 他国の, 松平出雲守様出雲守様と

▼ 侯であった~ (2, 0.1%)

1 かある, ということ

▼ 侯であり~ (2, 0.1%)

1 侯の, 自分は

▼ 侯である~ (2, 0.1%)

1 ことは, とない

▼ 侯といふ~ (2, 0.1%)

2 のは

▼ 侯なら~ (2, 0.1%)

1 このくらいの, 恐らくこれ

▼ 侯なり~ (2, 0.1%)

1 と, 某は

▼ 侯についての~ (2, 0.1%)

2 話しを

▼ 侯にても~ (2, 0.1%)

2 善し大隈伯

▼ 侯にと~ (2, 0.1%)

1 つては, びかゝりました

▼ 侯にとっても~ (2, 0.1%)

1 おれは, 必要であろう

▼ 侯によって~ (2, 0.1%)

1 なされナポレオン, 覆えされたが

▼ 侯に対して~ (2, 0.1%)

1 今日唯だ, 皇叔が

▼ 侯に対する~ (2, 0.1%)

1 世間の, 絶交書とも

▼ 侯に迄~ (2, 0.1%)

2 守り育てたの

▼ 侯のみに~ (2, 0.1%)

2 非ず

▼ 侯クローマー~ (2, 0.1%)

2 及びラネツサン

▼ 侯一たび~ (2, 0.1%)

2 之れ

▼ 侯亡命~ (2, 0.1%)

2 の砌

▼ 侯以上~ (2, 0.1%)

2 の首領

▼ 侯以下~ (2, 0.1%)

2 或は曾

▼ 侯以来~ (2, 0.1%)

1 の伝統, の山上御殿

▼ 侯其人~ (2, 0.1%)

2 に傾倒

▼ 侯品川子~ (2, 0.1%)

2 の二人

▼ 侯~ (2, 0.1%)

1 より経験, より經驗

▼ 侯大隈伯~ (2, 0.1%)

2 などは伯

▼ 侯尚も~ (2, 0.1%)

1 御参, 韓浩も

▼ 侯~ (2, 0.1%)

1 の五言絶句, は多分

▼ 侯~ (2, 0.1%)

2 た出でて

▼ 侯惇曹洪~ (2, 0.1%)

1 の両, の二陣

▼ 侯曰く余~ (2, 0.1%)

2 は一介

▼ 侯果して~ (2, 0.1%)

1 憲政党に, 憲政黨に

▼ 侯椶軒~ (2, 0.1%)

1 が其面, 正精

▼ 侯毎年六月朔日雪~ (2, 0.1%)

2 を献じ

▼ 侯氏學~ (2, 0.1%)

1 の夏侯勝, の夏侯建

▼ 侯水軍~ (2, 0.1%)

1 副都督, 大都督

▼ 侯淵曹仁曹洪~ (2, 0.1%)

1 などの幕下, など直

▼ 侯笑つて曰く事~ (2, 0.1%)

2 の公徳

▼ 侯自ら~ (2, 0.1%)

1 も見物, 御やりなさい

▼ 侯若し~ (2, 0.1%)

2 此の

▼ 侯~ (2, 0.1%)

1 としての位, をあきらめた

▼ 侯~ (2, 0.1%)

2 破奴

▼ 侯遠く~ (2, 0.1%)

1 近衛公に, 近衞公

▼ 侯~ (2, 0.1%)

1 に限れる, の姓

▼ 侯関羽~ (2, 0.1%)

2 である

▼ 侯韓延年~ (2, 0.1%)

1 のため, の率いる

▼1* [282件]

て大, 侯および委員に, 侯お気に入りの平賀源内氏, 侯登城した, 侯からは仏蘭西の, 侯からもよろしく言葉, 侯ぐらいのものであっ, 侯こそ憧憬の, 侯ことなど有, 侯これは田沼様, 侯藩中服部範之丞殿に, 侯たり雲氣, 侯て種々, 侯じゃという評を, 侯するといふ語, 侯その女に, 侯その他わずか数名, 侯ない, 侯たるべし某は, 侯だけが譴責された, 侯だけにやること, 侯だつたら代りに, 侯だの枢密院公爵だの, 侯ってだれですか, 侯宿老の, 侯でござったか, 侯ではないので, 侯というは頗る風流, 侯とかはそんなばかばかしい, 侯とがその上, 侯とてお怒り, 侯となつてからの, 侯とを指斥した, 侯と共に国に, 侯どうも日光は, 侯などお通り, 侯にまで封ぜられことに, 侯に対しては常に敬愛, 侯に対しても会堂へ, 侯に対するや随が, 侯のみならず係り家来, 侯はじめ久世侯土屋侯板倉侯稲葉侯申次として町奉行, 侯はずや, 侯ばかりでなく幕府ぜんたい, 侯ばかりは泰然として, 侯が少時, 侯へども未だ朝廷, 侯への国際証書を, 侯へは昨夜盗賊が, 侯へもお出入り, 侯ほどでは, 侯ほどどつさり持つて, 侯またご出世, 侯まで動かす計画, 侯みずからの生活, 侯むきだ, 侯よりは世間から, 侯の懇望, 侯や, 侯エルンスト・フォン・ザクセンのむす, 侯カアル・テオドルが仮面, 侯ガミギンは小, 侯ステパン殿は波蘭王, 侯チッバルドこれを援, 侯もお, 侯パリーがブールボン家, 侯ピットのごとき, 侯ユーゴーによって建てられた, 侯リュデスハイムの話, 侯一つ幕府に対して御, 侯一ノ関腰元などの見る, 侯一人が政事, 侯一家の家族, 侯上屋敷内自宅の二階三室, 侯世子有馬忠郷柳川侯世子立花忠茂佐賀侯弟鍋島元茂等, 侯世子立花忠茂佐賀侯弟鍋島元茂等, 侯伯に, 侯両立せざるの, 侯より彼, 侯乗車の像, 侯と印刷, 侯乱行の噂, 侯予州の牧, 侯と愚考, 侯井上侯柳沢伯小笠原伯大木伯樺山伯牧野男有馬伯佐竹子などは呂昇贔屓, 侯井下伯その他故郷の先輩, 侯京極侯の桟敷, 侯や奴隷, 侯令嬢の女給ぶり, 侯令嬢国子その妹秀子, 侯以後羹に懲り, 侯伯士太夫の爵位, 侯伯子の誰夫人, 侯伯子男爵の女性, 侯伯延聘シテ講ヲ聽キ, 侯伯等の間, 侯位勲爵の制, 侯余りに長文に, 侯の門仁義, 侯保科正之を征討使, 侯健蕭譲金大堅ら, 侯備前の池田侯, 侯僅かに富みたまう, 侯入国の始め, 侯兩伯に比し, 侯や悪, 侯公用人より一々, 侯御一議, 侯其許をこそ智慧伊豆, 侯内藤政樹も数学, 侯内藤様は下がり, 侯内藤豊後守の領内, 侯内閣が姑息, 侯出公は子, 侯劉恋ヲ生, 侯劉禄ヲ生, 侯劉英ヲ生, 侯劉豹治中従事楊洪昭文博士伊籍学士尹黙その, 侯劉貞ヲ生, 侯司隷校尉領予州の牧劉備, 侯城戦争有之, 侯同座のうえ, 侯名代の服部半蔵殿, 侯呉傑江陰侯呉高都督都指揮盛庸潘忠楊松顧成徐凱李文陳暉平安等に命じ, 侯呉妹のご, 侯呉高を永平, 侯呉高都督都指揮盛庸潘忠楊松顧成徐凱李文陳暉平安等に命じ, 侯の臣, 侯呼び還して今後, 侯の二人, 侯国以下との間, 侯より入る, 侯土屋侯板倉侯同座のうえ, 侯土屋侯板倉侯稲葉侯申次として町奉行, 侯とか楽山, 侯城代稻葉勘解由へ聞糺, 侯壇上の忘れ物, 侯事件の, 侯大臣も伏し, 侯夫人綾子も老い, 侯夫妻まで部屋, 侯奥山大学は不参, 侯如何に傳吉其方, 侯御処置有, 侯家中で勘定方, 侯家中某方に奉公中, 侯容堂の造船企畫, 侯密貿易を行わせ, 侯富豪我れこそは, 侯小野蘭山の本草綱目啓蒙, 侯左将軍の印, 侯広野のその, 侯廃絶の策, 侯廖権の子, 侯が捉え, 侯弟鍋島元茂等, 侯張信等事に当りし, 侯彊柢を無情, 侯御存じでしょうか, 侯徳川茂承の愛妾, 侯徳韓浩が討たれた, 侯を協, 侯思わぬ長広舌に, 侯恵夏侯和の二人, 侯惇これにあり, 侯惇その他曹操幕下の勇将, 侯惇一手は曹仁, 侯惇于禁李典などの諸, 侯惇以下謹んで再拝, 侯惇呂虔李典の三名, 侯惇善戦はし, 侯惇夏侯淵曹仁曹洪など直, 侯惇張遼などはその間, 侯惇曹仁の輩, 侯惇曹仁たちも, 侯惇曹仁曹洪などであった, 侯惇曹仁李典などもあと, 侯惑溺の説, 侯慶永も亦, 侯所有の歴史, 侯所蔵ですし, 侯に一人, 侯打倒の機, 侯招宴一条の如き, 侯擁立の宣言, 侯である, 侯の或, 侯方可然哉之旨申聞候, 侯昔女人国が他国, 侯昨夕御参著無, 侯暫く工夫有り, 侯曹彰の君, 侯曹植様には丁儀, 侯松平の, 侯松平伯耆守へ訴, 侯松平慶永の親任, 侯松平正敏様田沼殿のお, 侯松平越中守定信侯このお方以外ほか, 侯松風のごと村雨, 侯板倉侯同座のうえ, 侯板倉侯稲葉侯申次として町奉行, 侯柳升をし, 侯柳沢伯小笠原伯大木伯樺山伯牧野男有馬伯佐竹子などは呂昇贔屓, 侯校刻前の孔伝, 侯棕軒の評語批圏, 侯楙字は子, 侯からもう, 侯正右に仕, 侯武侯の時, 侯毛利慶親の前, 侯の流れ, 侯水戸様お目代, 侯江戸の邸, 侯池田家に縁故, 侯沐晟岷王梗の不法, 侯淮陰侯にあらざる, 侯淵夏侯惇曹仁李典などもあと, 侯淵姜叙楊阜の軍, 侯淵左翼の曹仁, 侯淵徐晃曹洪などの曹軍中, 侯淵曹洪など面, 侯淵李典楽進と押しすすめ, 侯渡辺国武子金子堅太郎男の三氏, 侯渡邊國武子金子堅太郎男の三氏, 侯の封爵, 侯御見廻, 侯熊楠の言, 侯父子の争, 侯父子皆画ヲ能クス, 侯や盧生, 侯申次として町奉行, 侯篤しと, 侯白初めいまだ名, 侯見たか, 侯盧二生と日夕往來, 侯禦夷州に出, 侯ヶ谷の, 侯稲葉侯土屋侯板倉侯同座のうえ, 侯稲葉侯申次として町奉行, 侯竹藪樹林下あるいは芝地, 侯管敢という者, 侯節山板倉勝明撰の墓碑銘, 侯細川忠利に聘せられ, 侯耳聾して, 侯耿炳文を大将軍, 侯臣兄弟共泉豊洲門人なり, 侯侈其家世而天之所興人力不, 侯自ら腰を低め, 侯舊津輕侯の屋敷, 侯が葬式萬端, 侯茶山の評, 侯薨去当時故侯, 侯は張飛, 侯蘭護軍の韓浩, 侯虎伯虎將軍ナドミナ豪イ人ノ代名詞デス, 侯補筆頭の桐生工高, 侯覇兄弟は, 侯覇敵にさとられぬ, 侯豆州侯お二方, 侯賢君に在, 侯越中守様は賢, 侯を捕捉, 侯逐出しを企ん, 侯造船場にゐた, 侯斎片桐貞信の, 侯遺臣ニシテ幕府有司ニ含ム所アリ主トシテ大名旗本, 侯都督には如何, 侯鄭玄何晏等二三の学者, 侯酒井日向守酒井大学頭, 侯銅像前で学生大会, 侯長州の毛利, 侯長臣町野平介初名, 侯又五十金, 侯間内外百官此旨を奉体し, 侯阿部備中守正精に仕え, 侯阿部正倫が林述斎, 侯阿部正弘である, 侯雲長関羽としるした, 侯霞崖の書, 侯頼宣の孫, 侯がすっと, 侯に扈