青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「冷~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

冗談~ 写生~ ~写真 写真~ ~冠 冠~ ~冬 冬~ 冴え~ ~冷
冷~
~冷たい 冷たい~ 冷たく~ 冷淡~ 冷静~ 凄~ 凄い~ 凝~ 凝視~ 凡そ~

「冷~」 3093, 33ppm, 3513位

▼ 冷~ (794, 25.7%)

54 風が 15 水を 10 汗が 8 水で, 汗を, 空気を, 顔を, 風に, 風の 7 水が 6 空気が, 雨が 5 感じが, 感じの 4 タオルを, ビールを, 冷い, 手で, 眼で

3 [16件] のみもの, のを, ベンチに, 冬がまゐります, 壁を, 戦慄が, 手を, 板敷に, 水の, 水は, 汗の, 涙が, 炎の, 眼の, 空気に, 舌の

2 [62件] からだ, のが, やうな, ように, 両手で, 人間ぢや, 冬の, 十二月の, 口調で, 土の, 壁に, 女とも, 寝床に, 寝床へ, 山風が, 床板を, 廊下を, 微笑を, 心で, 心にも, 思いを, 態度に, 戦慄を, 手拭を, 挽割飯と, 料理の, 月の, 朝の, 朝風に, 檻の, 母だ, 気取りは, 水に, 水へ, 氷の, 汗とを, 汗に, 海水の, 潮風に, 畳の, 眼が, 眼に, 石塔に, 硝子の, 秋の, 空気と, 空気の, 笑ひ, 粉の, 細雨が, 茶で, 茶を, 表情を, 語調に, 足を, 酒を, 雨の, 頬に, 風, 風を, 飲物と, 鼻を

1 [446件] おいしい私, おお冷い, お茶を, かすかな, からだらう, けちな, けど仕方, けれども胸中, ことや, この冬, しぶきが, しぶきを, すきま風が, すぐ洗え, そこで髪, だらう, つもりの, ではありません, ところと, と極めた, ながら酒, にごり酒を, のじゃ, のであな, のでりよ, ので一分間, ので十分許, ので熱く, ので目, ので立った, ので背中, ので腰, ので風呂, のによる, ばかり清く, ほど強く, ほど真白, むらが, やうに, オレンヂ・ジユースを, キスを, ギロリと, コンクリの, コンクリートに, コーヒーと, コーヒーを, シヤワーを, セルロイドの, ゼリーを, ソースです, トーチカの, ビールと, ビールの, ビールは, ミネルヴアは, ロシアは, 一瞥で, 一言花房一郎は, 三和土へ, 三日月さまに, 下宿の, 不知火を, 両手を, 中に, 中にも, 乳首の, 事氷の, 人だつた, 人は, 人間だった, 人間は, 他人の, 仲に, 仲を, 作家の, 修身の, 僧堂が, 光と, 光の, 光を, 冬が, 凝視を, 処では, 医者の, 十二月一月の, 半月が, 卓子を, 卓子黒ずんだ, 南氷洋で, 単に客観的, 厳しい, 取扱いを, 同志林田の, 唇から, 唇に, 固いその, 固い感じ, 土器に, 地上に, 地下水を, 地面や, 場所へ, 墓と, 壁の, 声で, 声を, 夕方の, 外気を, 夜が, 夜更誰か, 夜気が, 夜露が, 夜風が, 大きな眼, 大姿見, 大根おろしを, 大気中に, 夫婦生活の, 女であった, 奴の, 字を, 孤独な, 孤獨を, 密雲に, 寝床を, 寝汗が, 寝汗で, 屋根を, 山には, 山の, 岩が, 岩肌の, 島田が, 幾片かは, 床の, 座席に, 弁当飯で, 強さ, 影の, 御飯に, 微風や, 心, 心が, 心なら有つ, 心の, 心地が, 快さ, 思いなどは, 性質の, 恥に, 感じだ, 感じだつた, 感じを, 感化院だつた, 感情で, 態度で, 憐憫を, 戦争だ, 戦争という, 戦慄は, 所に, 所へ, 手だ, 手だった, 手だらう, 手ね, 手の, 手は, 手拭で, 手触りの, 拳を, 拳固を, 指であった, 指を, 掌だった, 接吻は, 握手する, 握手を, 敵意の, 旅舎に, 日, 日で御座いました, 日光が, 日蔭に, 日蔭を, 星が, 時期の, 時雨が, 晩春の, 晩秋の, 月光に, 有様や, 朝日の, 朝霜を, 朝風を, 木の, 杯を, 板を, 枕の, 林檎を, 柳の, 梅の, 椅子は, 様子を, 横柄な, 横顔を, 残りの, 母親らしくし, 気味の, 気持が, 気流その, 気温に, 水と, 水溜り, 水蒸氣が, 水道の, 氷よ, 氷上を, 汗, 汗さへ, 汗でし, 汗とで, 汗どす, 汗にな, 汗は, 決意を, 沈黙を, 河の, 河水を, 河風の, 泉で, 法規の, 泡で, 浅黄と, 海だ, 海で, 海水が, 涙で, 涙を, 液体が, 清水が, 渋茶を, 湯気と, 湯氣と, 湿気が, 満月が, 滴が, 演り, 潮が, 潮に, 火では, 火に, 火を, 灰を, 灰白色の, 炭酸水を, 焔と, 無表情で, 焼餅らしい, 燐火が, 父親の, 牛乳か, 牛乳に, 牢獄の, 物が, 物の, 物の怪に, 独想家で, 猛烈な, 玉かと, 現實, 理性で, 理性である, 理性の, 甘いの, 甘い露, 甘さ, 甲板上に, 男にな, 男の, 男自分の, 町だ, 留置場の, 番茶を, 白々しい景色, 白い月, 白い肌, 白い霜, 白い頭, 目で, 真鍮の, 眼を, 眼付だった, 眼付で, 着物に, 瞳の, 石で, 石室に, 石畳の, 石門の, 研究所の, 硝子に, 硝子板で, 硝子板を, 硝子窓からも, 磯の, 神々しい感じ, 私の, 秋がまゐります, 秋雨に, 稲妻に, 穴が, 穴蔵から, 空へ, 空中に, 空気だつた, 空気との, 空気とを, 空気や, 空氣が, 空氣を, 笑いを, 筋金が, 籐畳の, 粒が, 糸の, 紋着で, 細流を, 絶対に, 絹の, 緋鹿子真白な, 縁側を, 美しい水, 翼の, 耳は, 肌ざわりにゾッと, 肌を, 肩を, 背中を, 脂の, 自分が, 舌が, 色し, 色を, 花を, 苛酷な, 若木の, 苦笑をさえ, 蒲団だつた, 薄暮の, 薄縁の, 藍色だ, 虚無です, 螺旋階段の, 血は, 血汐の, 街路を, 表情で, 裳の, 西北の, 覚悟が, 親爺に, 観察の, 観照眼が, 触感が, 触覚と, 訓話に, 語学研究生は, 語調で, 語調であった, 調子で, 貧乏人が, 足の, 軽蔑に, 輝きを, 返事など, 返辞を, 透明な, 運命の, 道を, 部屋だろう, 部屋に, 部屋畳は, 酢の, 重い屍體, 金物の, 鉄く, 鉄の, 鉄梯子に, 鉄梯子へ, 銅板の, 銅面の, 鋼板の, 鋼鉄の, 鏡の, 鐵の, 闇の, 闇のみの, 険は, 険を, 障壁が, 隧道の, 雨, 雨脚から, 雨脚が, 雨風が, 雪は, 雫が, 雲が, 震動が, 霧それが, 霧の, 霧雨が, 靄に, 青い鬼, 青苔, 静かな, 面ざし, 靴を, 音で, 音を, 頑固な, 頬と, 頬へ, 頸を, 頸元に, 頼りない, 額を, 顏し, 顔し, 顔に, 顔にも, 風と, 風との, 食糧は, 飯を, 饅頭笠の, 香水が, 體とな, 高慢な, 魅力が, 麥茶を, 麦茶を, 麦飯も, 黒髪の, 鼻頭を

▼ 冷~ (270, 8.7%)

35 なって 9 なつて 6 なった 5 なつた 3 澄んで

2 [17件] するの, ない, なりかけ, なるの, ひとり首肯した, むごいの, 光つてゐる, 吹いて, 容易に, 感じた, 曇りない一点, 浪の, 生きて, 答えた, 言い放った, 軽蔑し, 鼻筋が

1 [178件] あっても, あれを, かかって, かすみ額には, かび臭い風, さめ切った, する社会組織, そう答えた, そしてぼつ, その言葉, つぶやいた, てしっとり, てとても, てひんやり, て底, て手, て木の芽, て気持, て氣持, て活気, て澄み, て燃える, て甘い, て翡翠, て陰気, とも體内, ないかも, なく實驗的, なったい, なったせい, なったたい, なったので, なった子供, なった寝床, なった有合わせ, なった猪口, なった珈琲, なった空気, なっちゃ, なつたり, なつた盃, なつた紅茶, なつた自分, なつた茶, なつた足先, なつてお母さん, なつて來, なつて指, なつて滯, なりかかって, なりパン, なり過ぎて, なる, なるでございましょう, なるでございませう, なるまで, なる石炭, はある, はない, はなかっ, ひやひやし, ひろがりたった, やはら, わらいました, わらひました, グラグラ煮え返り, ジロリと, ボカし, 三つ列記した, 不気味に, 且強い, 並んで, 伏せて, 何処にも, 光った, 光った眼, 光って, 光つて走り出した, 光り道, 光るの, 光るデスク, 冴え渡って, 冴え返った月夜, 凍って, 凍りついた目, 出ると, 厳かな, 厳粛な, 又ジメジメ, 取りすました, 取り澄した, 取扱はれ, 叢を, 固まつて, 坐って, 夕づい, 外套を, 大理石に, 女房の, 少しこごみ, 尖つて, 山は, 形式的で, 彼に, 心地の, 思つたのは, 意地悪そうに, 感じられたおんな, 感じられる, 慄気と, 成った, 成つて死人同, 成つて紀念の, 手に, 手を, 払つた, 指摘された, 挨拶した, 据ゑてグリグリ, 握って, 映るかと, 時々雨, 次第に寒く, 汗ばんだ男, 流れて, 涼く, 清らかだ, 湛えた水, 澄み渡って, 澄み返り所々, 濡れて, 瀧の, 焚火の, 煮えくり返って, 父の, 爽に, 生の, 目を, 相手に, 石の, 空の, 笑った, 笑つた, 素気なく寂し, 絡んだ雪, 美しく剥製, 肌に, 胸の, 胸を, 莞爾と, 蒼ざめその, 見えたそう, 見えるの, 見える冷さ, 見据えて, 見直し二本の, 言います, 言ひ放つた, 読んで, 走る, 足の, 踵に, 輝いて, 輝きはじめる, 透明な, 途中は, 通って, 邦子を, 電燈の, 静に, 静まり返って, 静り返っ, 音も, 頬に, 颯と通る, 飜つて引け, 黙殺され, 鼻を

▼ 冷かに~ (181, 5.9%)

7 云った 5 笑って 3 流れこんで, 笑つた, 答えた, 答へ

2 [14件] いった, なつた, 云って, 商品の, 嘲るが, 打笑める, 殺気を, 眺めて, 立って, 笑ふ, 落ち付いて, 襟元から, 見て, 言つた

1 [129件] いい放した, いひおとしめしを, かう言, かう釘, かつ峻厳, けらけらと, こう話頭, これを, されどわが, その運命, それに, つっ立って, とりなして, なって, なりかかったの, なりそれら, なり照るとは, クリストを, セエラに, 三浦は, 云つた, 傍観し, 先生の, 光ったベアリング, 光つてゐた, 其顏を, 其顔を, 冬は, 刃の, 判ずるよりも, 制御し得べき, 前の, 去らむとせしが, 受けて, 同志の, 周囲を, 問題を, 墳墓ハ乱る, 夜は, 如何に, 安らけ, 寝た, 少しく笑つた, 御答え, 微笑し, 微笑んで, 憎々しかった, 成つた, 我銀の, 批判的に, 承知した, 抜いて, 撫でて, 旧の, 智恵子の, 智惠子の, 木犀かをる朝庭の, 来りけり, 檢温器の, 残れり, 沈黙し, 滑っこい感じ, 澄み, 澄み切って, 澄んだ光, 澄んだ曇りに, 片頬, 現にさる, 目礼する, 相手の, 真剣に, 眠るさすらい人, 眺めた, 眺める人, 着物の, 睨んで, 瞳を, 瞻り, 石を, 私に, 私の, 秋が, 空き器を, 竹藪めぐる, 笑いしが, 笑いしに, 笑う, 笑うたり, 笑うて, 笑うと, 笑った, 笑つたのでも, 笑つてまともに, 笑つて軈て, 笑ひ, 笑ひし, 笑みて, 答えました, 糾紛せる, 考へて, 聞えたから, 肉朽ち, 自らの, 艶な, 落着い, 蒼めて, 行き過ぎし人, 見えた, 見ゆる落着さ, 見る如水, 見遣り乍ら, 見降さうと, 触る, 言い捨てて, 言つて, 言つて定めた, 言放つた, 訪問を, 醒めさ, 重い音, 雲とびわたる, 頷いて, 顔を, 颯々と, 駅内を, 黙って, 黙つて, 鼻に, 3と

▼ 冷~ (173, 5.6%)

6 は何 5 はかうし, はその, はそれ, は何だか, は自分 3 はこの, はやがて, は口, は母

2 [15件] はかう, はこんな, はさ, はさつき, はどんな, はもう, はもう一度, は女, は寢, は氣, は看護婦, は蒲團, は言, は間もなく, は頭

1 [100件] がこの, がその, が今, が自分, が蒲團, が言, が零した, とこの, と向, にはすべて, にはもとより, には何だか, には少し, には最, に言, のゐる, の來, の側, の左側, の直, の知り得る, の肩, の這入つた, の陳述, は, はあの, はあり, はあれきり人, はいつ, はいつも, はこ, はさうらしい, はする, はそれきり, はそれきり默つて, はそれなり, はそんな, はどうしても, はもしか, はもじ, はわざと, は一ん日二日獨, は上, は下, は仕方, は例, は傷, は僅, は入口, は入院患者, は別に, は動く, は勝手, は午後, は可笑し, は右, は周圍, は堪へられぬ, は壁, は室, は少し, は徒に, は心, は忌々しく, は思, は我, は捩, は探られる, は昨夜, は時々, は最う, は極り, は母たち, は汽車, は物, は物蔭, は獨, は甘く, は生れ, は病院, は目, は窓, は終日, は繃帶, は袂, は見えぬ, は言つて, は診察, は診察室, は退屈, は隣, は順序立て, は馬鹿げ, も今, も小さく, も癪, を下, を坐らせ, を看護婦, を見る

▼ 冷かな~ (163, 5.3%)

6 空気が 5 風が 4 眼で, 眼を 3 もので, 態度を, 調子で, 顔を

2 [13件] ものが, 夜風が, 大気が, 如く言葉そのもの, 微風が, 批判の, 挨拶と, 接吻を, 朝風が, 波に, 空気を, 表情を, 鬼の

1 [106件] のである, ほどの清い美し, ものだった, ものであった, ものに, ものを, 三人を, 二月の, 井戸水を, 交際ぶりだった, 仕打を, 傲然たる, 内田は, 凄い目, 口を, 嘲るよう, 壁は, 夜気が, 大理石の, 夫婦生活そんな, 好奇心と, 始終対手, 嫂から, 寒風が, 小池の, 山気が, 岩は, 廢人の, 形式のみの, 微笑が, 微笑を, 微風との, 微風も, 心持が, 心持で, 情に, 情熱と, 憎悪を, 憐憫の, 手は, 打算と, 批判者として, 数日の, 星の, 暗を, 朝で, 朝の, 東北の, 様子で, 横目で, 正確な, 歴史の, 死が, 気が, 氷の, 清徹さに, 湿っぽい大気, 火影が, 炎か, 無情な, 無感心, 熱性を, 物の, 犬儒趣味が, 現實, 理性の, 理智に, 用件のみの, 看護婦の, 瞳が, 私の, 秋が, 秋の, 秋晴に, 空気に, 空気の, 空気霜の, 空氣で, 空氣を, 空虚が, 笑いを, 笑の, 笑みが, 笑を, 答えを, 細君の, 美しさ, 義務の, 肉体に, 背を, 苦笑を, 薄い藍色, 裸像が, 言葉が, 評価的な, 調子は, 調子を, 足よりも, 銀色を, 鋭いもの, 鋭い光り, 鐵の, 霧が, 露苔の, 顔の, 風は

▼ 冷~ (82, 2.7%)

5 な態度, に見る 2 な, になつ, に觀察, に鑑賞, を取戻した

1 [62件] であり得る人間, である, です, で平常, と寛大, なの, ならしめ沈鬱, なりき, なりき乾燥, なる客觀性, な反省, な客觀的, な方向, な樣子, な目, な眞理, な眼, な笑, な聲, な藝術的鑑賞, な表情, な調べ, な調子, な顏, な顏附, に, にいろ, にし, にぢ, になり, にはなつ, に世間, に事件, に取りすまし, に推理, に物, に生活, に疑, に突, に立ち還つ, に考へよう, に考へる, に見, に見なけれ, に見れ, に見得る, に言, に認識, に謂ツ, に返, に返る, に過ぎる, に間, に集中, の理路, の目, の資, の頭腦, を保つ, を取戻しました, を裝, 過ぎるほど

▼ 冷~ (81, 2.6%)

35 とした 19 とする 2 とさせ, と来た

1 [23件] とさした, とさせました, とさせられる, とさせる, として日向守, として眺める, として貝細工, として飛び上った, として黙し込ん, としました, とします, とつめたい, と中り, と光ってる, と来る, と水, と為る, と當, と肌, と静まる, と頬, と風, 円髷の

▼ 冷~ (48, 1.6%)

2 だった, なるか, なるに, なる汗, なる答

1 [38件] だし, であった, であったか, でありまた, である, であるから, であると, でなくては, ならざるを, なりし, なりゆゑに人, なること, なること石, なるため, なるなほ, なるも, なるゆえん温か, なるよ, なる事実, なる吸子, なる女子, なる心, なる扉, なる日暦これ, なる村, なる波, なる生れつき, なる眼, なる秋風, なる笑, なる笑みさ, なる虚礼虚儀, なれ, なれば, 時代を, 熱か, 過ぎたせい, 過ぎる

▼ 冷~ (48, 1.6%)

3 を覺 2 が爽, が腹, を覚えた

1 [39件] が傳はつ, が悔いられた, が感じられ, が指, が気味悪く, が満身, が足裏, が身, だった, であつ, ではない, で私, と, とを, とをそのまま, とをもっ, なので, に凍てつい, に堪えた, に堪へた, に戸, に戻, に触れ, のため, の凄味, はわし, はタカ, は人情, は熱, は非, も何となく, も感じないらしく, を堪え, を堪へ, を感じ, を石, を肯定的, を誰, を頬

▼ 冷~ (41, 1.3%)

3 汗を 2 愁と

1 [36件] はみけり, ゆえん井を, 人の, 冬の, 刃あり, 城に, 夢の, 奥山の, 宝石の, 寶玉の, 影を, 意志を, 春さり, 枝の, 水に, 汗の, 汚辱の, 清水に, 湿気死人の, 片頬, 理髪の, 皿の, 石にては, 綿に, 縁に, 胸を, 虹の, 血の, 血暗き, 酒のむ, 露の, 韓紅, 風に, 風呂敷の, 風颯然として, 黄金である

▼ 冷~ (41, 1.3%)

2 する秋風, ほうが, 気を

1 [35件] する寒, する曇った冬, する板敷, する梅二月, する様, する空気, する雪, ためか, ま, ままちび, ままの, まま茶碗を, まま飲ん, を茶碗, シロッコに, 光は, 光を, 出るの, 大に, 姿を, 害, 意あり, 方が, 死灰を, 水天下に, 淵に, 火も, 牛乳を, 男に, 空間的変化が, 酒を, 鑛泉を, 間を, 雪の, 顔を

▼ 冷いもの~ (38, 1.2%)

2 が私, を

1 [34件] がある, がスーッ, がタラタラ, が上, が伝わった, が流れ, が流れた, が流れました, が猛烈, が背中, が脊筋, が落ち, が襟, が触りました, が触れた, が走, が身體, が這い上った, だ, に思われる, に感じられる, に抱えられ, に見よう, はない, は一切口, をそれ, を包ん, を感じ, を感じた, を手, を覚えた, を身, を食べ, を飲ん

▼ 冷~ (38, 1.2%)

6 して 2 笑ツて

1 [30件] あらずと, いと蕭, いふ, なって, なつて, なりて, なりセルさ, 云った, 代らうとして, 傍より, 光つて居た, 其の所行, 其石や, 兼ねて, 壑深く, 崇め奉って, 御暮し, 極てあら, 目を, 眺めながら, 笑つた, 等しい程, 虫の, 装ひ, 言ふこ, 謂ツて, 過ぎたかな, 鋭き眼, 頤を, 風邪でも

▼ 冷なる~ (37, 1.2%)

2 列の, 石卓の, 鈴の, 風は

1 [29件] が爲め, こと氷の, こと海水の, こと石の, こと秋の, に我頭, の処, はなく, は我が, ものとは, ものを, 唇を, 墳墓に, 學校の, 山おろし, 後に, 手は, 手もて, 故心地さわやか, 既に好き聽衆, 日暦之を, 汗は, 池の, 波なりき, 物の, 眼もて, 瞳を, 石の, 神気を

▼ 冷~ (34, 1.1%)

2 せり, 的に

1 [30件] かいずれ, かし返された, し, し出した, すから僕, だけを胸, として見れ, との眼, な調子, の囁き, の奥, の微笑, の心, の意, の的, の語, をつづける, をふくむ, を事, を含ん, を極め, を浴せかけた, を編笠, を試み, を鼻, 気分から, 気分が, 熱罵, 的にわ, 縦横翻弄し

▼ 冷~ (28, 0.9%)

2 なもの

1 [26件] ではない, でもない, で心苦しかっ, とを見, なの, なる事実, なる自然, なる醫師, なる靜かさ, な人, な人間, な嘲の, な性質, な愛子, な批評, な考, な顏, な顔, な驕慢, にもならず, に不, に生れ, に落ち, の極, の極み, もしくは深刻

▼ 冷~ (24, 0.8%)

3 水が

1 [21件] ので人, 京の, 人間の, 侮蔑と, 天の, 峰が, 平の, 態度で, 技巧である, 日光が, 早朝の, 朝焼けとは, 水は, 流れの, 流を, 海風も, 笑いかたを, 表情を, 雪解の, 顔を, 風が

▼ 冷~ (22, 0.7%)

8 やりと 3 やりとして 2 やりして 1 やりしきつ, やりしたやう, やりした夜, やりした奇怪, やりした玄関, やりした空気, やりした邸, やりとうす, やり侍

▼ 冷~ (22, 0.7%)

1 [22件] がいいました, がみごと, がやって来, が顔, とが午, とは崔範, にとっては空, の前, の肩, の顔, はうなずきました, はふい, はハンカチ, は墓参り, は声, は答えました, は頭, は顔, は顔色, は黒い, は黙っ, への贈物

▼ 冷ゆる~ (21, 0.7%)

2 まで, 夜頃や

1 [17件] が末, こと石の, とも, とや, に, の意, は世, ばかりであった, ばかり冷た, ものである, 哉, 思いが, 思ひが, 日なり, 時, 涙も, 處に

▼ 冷~ (19, 0.6%)

3 送り来たり

1 [16件] あおっては, して, しては, しないだけでも, するなと, 取るため, 帯ぶる, 思い梅が枝, 感じはじめた, 極めて手足, 覚ゆ, 走り行き, 送り秋気船窓, 送る, 防いだ, 防ぎけるに

▼ 冷~ (19, 0.6%)

5 して 2 した, したならば 1 されること, される時, しながら, し一時莫逆, する, する程, せられ無, と蔑視, をそそぐ, を以て迎えられ

▼ 冷かさ~ (17, 0.5%)

3 があった 2 を感じ

1 [12件] がある, がそれに, が一層, が互に, が大気, に対して腹立たしい, に静まり返っ, や反感, をまた, を含ん, を感ずる, を感ぜしめ

▼ 冷たかつた~ (16, 0.5%)

1 [16件] がもうそんなに, が彼, が柳小路, が消え, が温泉, けれど入浴, し, し寢亂, し床, それだけうら, と狩屋三郎, のですぐ, ので笑つたの, ほど昼, 寒いといふ, 筈だ

▼ 冷~ (16, 0.5%)

2

1 [14件] がいつ, がひたひた, が増す, が氣持, が漸く, が身, とに當つて, と空腹, に育くまれ, はどう, はオホツク海, は酢, を感ずる, を消し

▼ 冷~ (16, 0.5%)

2 な心持

1 [14件] だと, であるの, でう, ではなさ, で半分, で知らない, と云う, なの, な男, にし, になった, には見, に構わず, に見る

▼ 冷~ (16, 0.5%)

1 [16件] などこもごも, に当り, の勝色, の陣, はその, はそれ, は大, は帰らない, は帰る, は翌, は逃げ走る, も見失っ, を捨て, を自身, を討たれ, を説い

▼ 冷~ (15, 0.5%)

3 一杯

1 [12件] いいよ, いいん, その酒, どうも寒い, 一杯ついで, 一杯所望し, 二三杯引っかけた, 二三杯引つかけた, 岩面に, 注いで, 謂ふこ, 鮮烈であった

▼ 冷いも~ (14, 0.5%)

5 のが 2 のでない 1 のだったろう, ので触られた, のにイヤ, のに抱, のの, ののまない, の飲みつ

▼ 冷コーヒー~ (14, 0.5%)

3 を飲み 2 とみつ豆, をのみ 1 にケーキ, にロイヤル, に菓子, のみてレヴィウ話, のみて出る, のみ座, 飲みつ

▼ 冷~ (13, 0.4%)

1 [13件] あった, した, したり, して, しますから, する日, ではあつ, とう, よくならない, 一幅に, 一番悪い, 感ぜられた, 迫つて來て

▼ 冷えび~ (12, 0.4%)

2 えと明け 1 えと何, えと來, えと冴え, えと夜涼, えと曇り立ちけり, えと白い, えと窪ん, えと蠢い, えと静まり返っ, えと顫

▼ 冷~ (11, 0.4%)

1 [11件] えなアお手伝いで, え人間, え土, え女, え汗, え目明し, え雨, ガタガタ慄えだした, 了う, 寒からう, 行きつつ

▼ 冷~ (11, 0.4%)

2 うなって 1 うなった, うなった飲みかけ, した夜氣, した朝靄, なりて, 上に, 客観は, 熱とが, 肌寒かつ

▼ 冷やり~ (10, 0.3%)

4 と顔 1 と手, と紐穴, と雨, と風, ナースチャの, 風の

▼ 冷笑う~ (10, 0.3%)

5 ように 4 ような 1 理智の

▼ 冷靜さ~ (10, 0.3%)

2 を取戻した, を取戻す 1 でしつかり, で帶, に歸ら, も母, を失つて, を失ふ

▼ 冷~ (9, 0.3%)

1 とか復讐, と滑稽, な目, な眼, にどやされ, の光, や気色ばみ, をこめた, を漂わせ

▼ 冷かで~ (8, 0.3%)

3 あつた 1 何かと言つて, 其詞は, 我れ, 私こんな, 而かも

▼ 冷くし~ (8, 0.3%)

21 たりし, た聖降誕祭, た麥湯, て固き, て待つ, て透明

▼ 冷やっ~ (8, 0.3%)

3 こいところ 2 こい手 1 こい, こい汗, こい物

▼ 冷~ (8, 0.3%)

1 が勝, が去る, が心臓, である, の彼方, の故, の美, をうける

▼ 冷~ (8, 0.3%)

5 自知 1 は古人, は飲ん, を自

▼ 冷~ (8, 0.3%)

2 でも言 1 にも体中, のため, の中, をまっ, を聞き尽くしたる, を驀向

▼ 冷~ (7, 0.2%)

1 といけない, といけねえ, と往生, と熱い, のが, ので牛肉, まで当分博賭

▼ 冷~ (7, 0.2%)

2 こい眼 1 こい, こい人, こい家庭, こい手, こくな

▼ 冷~ (7, 0.2%)

1 とし, とした, な, な反省, な感, な渓流, の鬼気魄

▼ 冷笑っ~ (7, 0.2%)

3 ている 2 ていた 1 ていたらしい, ているらしかった

▼ 冷いと~ (6, 0.2%)

1 いうもの, いうより, だけ思った, みえて, 思つた頃は, 思ふも

▼ 冷てえ~ (6, 0.2%)

1 から此, のは, のを, もんかよ, や何ん, 井戸水で

▼ 冷~ (6, 0.2%)

2 とする 1 こいが, こいの, こい手, こい水さ

▼ 冷湿~ (6, 0.2%)

1 な年柄, な混凝土, な砲台監獄, な風, の気候, の触感

▼ 冷いの~ (5, 0.2%)

1 かしら, が, とそれ, と村, ね

▼ 冷いやり~ (5, 0.2%)

2 とした 1 としてハツ, とする, と吹きわたる

▼ 冷かつ~ (5, 0.2%)

5

▼ 冷たる~ (5, 0.2%)

1 や冷血動物以下, を茶漬, 儼たる, 救ひ, 鈴の

▼ 冷つい~ (5, 0.2%)

3 て参ります 2 て參

▼ 冷~ (5, 0.2%)

2 いつしか過ぎ 1 ひどかった, 感心しねえ, 氷よりも

▼ 冷~ (5, 0.2%)

1 がギラリ, が思い合っ, で斬っ, のよう, を逆

▼ 冷~ (5, 0.2%)

2 重襲 1 なもの, の苦, をかんじる

▼ 冷~ (5, 0.2%)

1 から約, という浅川山, の川, の炭焼小屋, の落口附近

▼ 冷笑い~ (5, 0.2%)

1 ながらいいました, ながらぐんぐん, ながら率方, ながら顔, 何が

▼ 冷いか~ (4, 0.1%)

1 といふ, と思った, な, 日和下駄を

▼ 冷かでは~ (4, 0.1%)

2 決してない 1 あつて, ない

▼ 冷~ (4, 0.1%)

1 き世, き樹, き流れ, き石

▼ 冷こい~ (4, 0.1%)

1 ものが, 大戸の, 水だ, 汁に

▼ 冷~ (4, 0.1%)

2 こい 1 こい気持, こい水

▼ 冷つく~ (4, 0.1%)

1 ね, ので羅紗, ような, 繖形花わたしは

▼ 冷むる~ (4, 0.1%)

2 をも顧みず 1 が如く, を待てり

▼ 冷~ (4, 0.1%)

1 なん, をひらめかせたらしく, をよこざま, 相射

▼ 冷~ (4, 0.1%)

2 とした 1 する風, と肌寒

▼ 冷~ (4, 0.1%)

1 から訊くべき, なる盲目, なる運命, な朝

▼ 冷~ (4, 0.1%)

2 陰険な, 陰険なる

▼ 冷~ (4, 0.1%)

1 な性質, にかえる, に短, の道

▼ 冷~ (4, 0.1%)

1 だった, などの業, な人間, な神

▼ 冷~ (4, 0.1%)

1 して, しようと, すると, はできません

▼ 冷かった~ (3, 0.1%)

1 にも拘らず, のです, 光が

▼ 冷くっ~ (3, 0.1%)

1 て, ては人, ても千五百石

▼ 冷く固く~ (3, 0.1%)

2 なって 1 沈黙し

▼ 冷こく~ (3, 0.1%)

2 宛然網の 1 なって

▼ 冷つこい~ (3, 0.1%)

1 夜の, 底意地の, 薄明り

▼ 冷コンソメ~ (3, 0.1%)

1 とラヴィオリ, にコールド, 次にトルネード

▼ 冷スープ~ (3, 0.1%)

1 にする, には何, を掻き込ん

▼ 冷~ (3, 0.1%)

1 の眼, の色, をただよわせ

▼ 冷嘲し~ (3, 0.1%)

1 てゐます, て居る, て穏

▼ 冷嚴和尚~ (3, 0.1%)

1 はこの, は法衣, は自身わざ

▼ 冷~ (3, 0.1%)

1 なる, のしぐさ, を發散

▼ 冷~ (3, 0.1%)

1 な眼, になっ, に澄まし

▼ 冷~ (3, 0.1%)

2 の妙 1 とした

▼ 冷紅茶~ (3, 0.1%)

1 とトースト, のん, デアル

▼ 冷~ (3, 0.1%)

1 なところ, な医院, な態度

▼ 冷豆腐~ (3, 0.1%)

1 でんがく, に醤油, の皿

▼ 冷金子~ (3, 0.1%)

1 が一ぷく, は蝙蝠傘, をうながしたて

▼ 冷鉱泉~ (3, 0.1%)

1 にゆっくり, をのん, を売っ

▼ 冷~ (3, 0.1%)

1 で黒い, に美玉, を嘗むること能

▼ 冷~ (3, 0.1%)

2 を有する 1 を誇り

▼ 冷~ (3, 0.1%)

2 の心 1 の姿

▼ 冷いが~ (2, 0.1%)

1 じっと腰掛け, 時めくばかり

▼ 冷いこ~ (2, 0.1%)

1 と, とも悪く

▼ 冷いそ~ (2, 0.1%)

1 のビール, の水

▼ 冷いとこ~ (2, 0.1%)

2 だとは

▼ 冷いとも~ (2, 0.1%)

1 寒いとも, 思はず頭

▼ 冷い光り~ (2, 0.1%)

1 が流れた, の中

▼ 冷い死骸~ (2, 0.1%)

1 となっ, にし

▼ 冷えっちまう~ (2, 0.1%)

1 じゃない, てば

▼ 冷かにも~ (2, 0.1%)

2 あらず熱く

▼ 冷くさ~ (2, 0.1%)

1 えざえとしながら, せる感じ

▼ 冷くつぼん~ (2, 0.1%)

1 でいる, でゐる

▼ 冷く白い~ (2, 0.1%)

1 壁に, 月が

▼ 冷く硬~ (2, 0.1%)

1 ばった額を, ばって

▼ 冷この~ (2, 0.1%)

1 あたりでは, 頃は

▼ 冷たいこ~ (2, 0.1%)

1 うまんちきな, てを渡す

▼ 冷たかり~ (2, 0.1%)

1 けれ, とも

▼ 冷~ (2, 0.1%)

1 ぁが, のと

▼ 冷っと~ (2, 0.1%)

1 するよう, する風

▼ 冷つこ~ (2, 0.1%)

1 さうな瓜実顔, さとが

▼ 冷です~ (2, 0.1%)

1 よ, よ燗

▼ 冷とうございます~ (2, 0.1%)

1 から早う, んでなにしろ

▼ 冷ならざれ~ (2, 0.1%)

2 ども少なくとも

▼ 冷びやと~ (2, 0.1%)

1 沁みて, 流れて

▼ 冷~ (2, 0.1%)

1 こんで, た茶

▼ 冷やき~ (2, 0.1%)

1 石の, 風の

▼ 冷やけき~ (2, 0.1%)

1 土地に, 頃とは

▼ 冷ゆべき~ (2, 0.1%)

1 断崖が, 斷崖がの

▼ 冷ゆれ~ (2, 0.1%)

1 ば, ば液

▼ 冷~ (2, 0.1%)

2 笑って

▼ 冷パイ~ (2, 0.1%)

1 なんぞよりももっと, を取りよせ

▼ 冷光灯~ (2, 0.1%)

1 かがやく壁, であった

▼ 冷光院殿~ (2, 0.1%)

1 この上, の前

▼ 冷光電燈~ (2, 0.1%)

1 がつけられ, はエネルギー

▼ 冷~ (2, 0.1%)

1 の先, をぬく

▼ 冷地農業~ (2, 0.1%)

1 の権威, の目

▼ 冷~ (2, 0.1%)

1 の如き, の様

▼ 冷~ (2, 0.1%)

1 につづく, を以てし

▼ 冷~ (2, 0.1%)

1 などをした, の時

▼ 冷淡き~ (2, 0.1%)

2 はまる

▼ 冷~ (2, 0.1%)

1 な空気, な顔立ち

▼ 冷~ (2, 0.1%)

1 に宿酔, に甘

▼ 冷~ (2, 0.1%)

2 の水

▼ 冷素麺~ (2, 0.1%)

1 ならば, にし

▼ 冷~ (2, 0.1%)

1 さと, と言つて

▼ 冷艶素香~ (2, 0.1%)

2 の美

▼ 冷蔑し~ (2, 0.1%)

1 て, 五年前の

▼ 冷製魚肉玉子掛汁~ (2, 0.1%)

1 および寒天寄物, は鮭

▼ 冷~ (2, 0.1%)

1 を放っ, を浴せられ

▼ 冷~ (2, 0.1%)

1 のよう, を突き立てた

▼ 冷靜そのもの~ (2, 0.1%)

2 のやう

▼1* [290件]

あせを掻いた, 冷いあぶら汗が, 冷いうで玉子, 冷いお手だ, 冷いからいけないと三度, 冷いが日当りで暖, 冷いが風がなく, 冷いくらゐの, 冷いしゃちこばった顔付が, 冷いでしょうな, 冷いところとがいっしょ, 冷いまで血, 冷いやりさせたがさすが, 冷いやりしないでもなくなる, 冷いようだがいや, 冷いわね, 冷い刺すような, 冷い参木の, 冷い死体の触感, 冷い湿ぽい裡, 冷い痩せた指を, 冷い眠られぬがちな, 冷い総毛立つような, 冷する風, 冷うございますがナニ沢山, 冷うさして, 冷うして虚空蔵, 冷うなるまでに室, 冷えと寒さ, 冷かく私の, 冷かったりする, 冷かなりと候, 冷かな中に温み, 冷かな臭を一度, 冷かな鏡の裏, 冷かにのみは見ずいつも, 冷かに面を打つ, 冷かの今に, 冷かや湯治九旬の峰, 冷からず朧夜, 冷ききらめきに任, 冷きっている, 冷きった体に, 冷きつた世, 冷きびし夜に, 冷きものは口, 冷きわまる清水甘露の, 冷くありませんか手拭, 冷くさう答へ, 冷くしかし美しく照, 冷くしびれている, 冷くしめっぽい金庫, 冷くするの, 冷くすましていられる, 冷くそして, 冷くなる指先へ, 冷くなるし脚は, 冷くも寒くも, 冷くよそよそしく私は, 冷く堅いような, 冷く強い意志を, 冷く快かった入口, 冷く断られてもしかし, 冷く暗い海の, 冷く深く澄んで, 冷く痛く頬に, 冷く白くひろがって, 冷く薄暗い其の襖際, 冷く装うてはいる, 冷く言わむ方なき, 冷く鋭い風に, 冷く鋭き解析と, 冷く鼻じろんだ顔を, 冷ええ気持, 冷こんで死んだ, 冷さだかなるあかり戸, 冷さまざまの料理, 冷さん目がさめた, 冷する風が, 冷せるといっ, 冷そうに氷, 冷たかつた澄んで明るい, 冷たかりき蜘蛛の, 冷たげな小さい, 冷ただならぬもので, 冷たり長楽の, 冷っともしたし, 冷つきますから定め, 冷であるが故に, 冷での強い風, 冷ではいけません温かい, 冷でもいいから, 冷とうなりあがって, 冷とうござんすわいな, 冷ない中に, 冷なりしが幸, 冷なるべきもほとほと, 冷なれど本願寺墓地, 冷な切るような, 冷うちに, 冷びえした渚を引き返した, 冷びえした赭土を踏ん, 冷びえする寝心地の好い, 冷びえと冴えて, 冷びえと雨がさ, 冷まじく師を, 冷沁みは, 冷めしを食べ, 冷軟も, 冷やけく茶の, 冷やけく澄んで居る, 冷やっこをべつに, 冷やりさせたのと, 冷やりしてゐ, 冷やりした蚊帳の, 冷べみ, 冷ゆらしも, 冷ゆるごとく暖気一たび到っ, 冷れいたる茶室, 冷い風, 冷アンポーを二三日, 冷イ無愛想ナ顔ヲシテイタ, 冷エシタ彼女ノ髪, 冷エテシマウノデ枕元ニ熱湯ヲ運ン, 冷エルトイケナイカラオ止シナサイト婆サンハ頻ニ止メタガ, 冷エル時ハ大キナタオル, 冷エ冷エシタ彼女ノ髪, 冷エ方ガ一層激シクナル, 冷エ方モコレホドニナルト痛ミト, 冷カルピスがぶ, 冷コーヒー伊東屋へ寄っ, 冷コーヒー結局みやこの, 冷シトナスコトナカラシメ常ニ保温シ得ル等, 冷タイ明眸ニブキミナ微笑ヲタタエル君ノ, 冷タイ青ザメタ顔ヲシテイルノヲ, 冷ッこかッ, 冷ハム卵とガランティン, 冷メタイ板ガ少シ, 冷やりした一室, 冷一熱衞生上よいか, 冷上らないことだつた, 冷の缸, 冷倒するやからに, 冷光翠髪を薙ぐ, 冷光花林のごとく, 冷光院殿御尊讐吉良上野介殿討取るべき志これ, 冷冷しい雨に, 冷冷した夜風の, 冷軽靄収, 冷たる光, 冷凉陰気な面, 冷凍っていた, 冷凍る拳握りつめ, 冷凜烈なる高層, 冷切っている, 冷との雰囲気, 冷刺したるがごとく, 冷刻さと云われる, 冷の刃, 冷印社という印肉屋, 冷といふ, 冷厳徹どだい人間, 冷吉お前が私, 冷吉お前こちらの目, 冷吉のにはたんび, 冷吉一寸起きて, 冷和香以鯉角梅阿弥等と号, 冷嘲ける樣な光り, 冷嘲されますことの, 冷嘲したんだ, 冷嘲したいような, 冷嘲すように, 冷嘲するような, 冷嘲する如く無用の, 冷嘲で打消して了, 冷すれども, 冷固したるもの, 冷固まらしている, 冷の中, 冷堪ふべからず直ちに上り來, 冷寒枯藏の氣行, 冷尽す限り, 冷岩寺の前, 冷に長く, 冷徹りたる手を, 冷な感じ, 冷の姿, 冷な広い, 冷感ハナイガ何トモ不思議ニ重ミガカヽリ, 冷感性かとも思われる, 冷抜いてしまう, 冷括吠えずして噛む, 冷散するとも別に, 冷早しくろぐろと, 冷月居尼とし, 冷月西村の死骸, 冷を買っ, 冷極まりなき最後の, 冷極り無き最後, 冷まで帰っ, 冷殺しようにも打倒, 冷殺するやうな, 冷も彼の世, 冷氣身にしむ, 冷氣雨と共に肌, 冷氣骨に透す, 冷凍る夜半, 冷氷庫になっ, 冷をかけ, 冷な態度, 冷沢西俣を登っ, 冷浴十度この日終日精神爽, 冷浴機械体操及び軍用ラツパ, 冷の女, 冷涼しさを, 冷涼しく煌めき出した, 冷淡い今朝の, 冷だけでありました, 冷漠さを見る, 冷澹秋花を抱く, 冷のよう, 冷すぎるお, 冷もござりますが, 冷なる哲人, 冷理冷血な人間, 冷理緻密な真名古, 冷瓏虚無の真中, 冷とでもいう, 冷を頭, 冷なる理窟, 冷空ジャガア・エンジン三個により推進, 冷笑い顔の月, 冷笑うごとくあいつの, 冷笑われて行親, 冷紅茶三十銭とる茶房, 冷素麺それはかうする, 冷なる傲漢, 冷罨剤これを塗る, 冷美さを失わない, 冷美といつてもよい, 冷羮残炙を, 冷をかけ, 冷に徹する, 冷にし, 冷にし, 冷なおもて, 冷艶雪の顔, 冷艷類ふべきなきと, 冷苞勢の横, 冷苦辛酸の現れ, 冷といっ, 冷が炊白鶏, 冷蕎麦菓子と比較, 冷藏庫に紅茶, 冷の名, 冷な感情, 冷製混肉および冷製饂飩粉, 冷製饂飩粉入鳥肉, 冷視シテ己レ獨リ美酒佳肴ヲ列ベシハ一, 冷視嘲笑嫌忌の甘受慾, 冷や触覚, 冷や觸覺, 冷の前, 冷豆府これは飮め, 冷豆府どころで朝振舞, 冷豆腐それを味, 冷豆腐薬味摺り生薑に青, 冷込みでしょうから, 冷込みますからナ, 冷込んだ手を, 冷の批評, 冷通るとまでこじつけず, 冷造金属球の設計者, 冷して, 冷酷きはまる半, 冷酷烈なる, 冷を突き立てた, 冷な面持, 冷に到っ, 冷は解けなかった, 冷なり, 冷露雨の如く, 冷靜清淨精緻明確その物, 冷頭靜思せざるべからず, 冷飯喰ひだが腕, 冷と譯, 冷の銹, 冷とシャベット, 冷食べむ, 冷齋夜話是は能