青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「俺~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

修業~ 修行~ 俯~ ~俳優 俳優~ ~俳句 俳句~ 俳諧~ 俵~ ~俺
俺~
倉~ 個~ 個々~ ~個人 個人~ ~個性 個性~ 倍~ ~倒れ 倒れ~

「俺~」 31605, 314ppm, 309位

▼ 俺~ (10074, 31.9%)

115 俺の 67 言った 58 それを, 自分の 49 お前の 40 何も 26 思った 23 お前を 22 俺は 20 そんなこと 19 お前が, それが, 言って 18 何を 17 さう 16 何にも, 俺で, 生きて, 知って 15 お前に, 気が, 知らない 13 このとき, 君が, 此の 12 あの女, ここで, その時, 今まで, 急に 11 いやだ, ここに, これでも, どうしたら, 一体何, 何の, 俺だ, 君の, 神田の, 見た 10 あいつの, そんな事, 厭だ, 心の, 手を, 貴様の, 黙って 9 ピストルを, 一人で, 俺に, 歸る, 確かに, 首を

8 [20件] あの時, この女, これで, これを, ひとりで, もう何, 今の, 今夜は, 何か, 何という, 何んにも, 君に, 大變, 最初から, 此處に, 死ぬの, 波子に, 波子の, 眼を, 腹を

7 [22件] あいつを, あの男, お上の, こ, これまで, その方, 人を, 今日は, 何といふ, 俺が, 俺を, 外に, 大変な, 女の, 子供の, 安心し, 彼の, 思ったが, 斯んな, 知らないよ, 腹が, 顔を

6 [29件] あの人, きつと, こんなこと, すつかり, そうは, その間に, どうした, なんという, もう駄目, 下手人は, 今でも, 何うし, 坊主に, 大丈夫だ, 妙な, 嫌いだ, 平次だ, 彼女の, 彼等に, 息を, 明日から, 照子が, 町方の, 知らんよ, 考えた, 自分が, 自分で, 言ったが, 貴女の

5 [50件] あいつが, あれを, お前と, かうして, こう思う, ここの, この部屋, この頃, そいつを, そのこと, その場, その音, それよりも, ちょいと, どなった, なんだ, もう, もう少しで, 一人の, 中へ, 丸万に, 人間を, 今から, 今に, 何と, 偉くも, 兎に, 前に, 口に, 夢を, 女を, 好きだ, 嫌だ, 思う, 急いで, 慷堂の, 斯う, 斯うし, 昔から, 此処に, 死んでも, 生れて, 知らぬ, 砂馬に, 聞いた, 自分に, 覚えて, 貴様を, 金を, 駄目だ

4 [86件] あの娘, あの家, いいが, いったい何, いつでも, いつも何, おまえを, かう云, ここを, この娘, この男, これが, して, じっとし, すぐに, そうと, そこで, そこに, その男, その話, それに, それより, そんなつもり, そんなもの, ちゃんと知っ, ちよいと, どうしてこんな, どうしよう, どんなこと, カインだ, クララの, パンを, フラフラと, 一と, 一度も, 丸万から, 人に, 今までの, 今日まで, 他に, 何う, 凡ての, 出て, 初めから, 医者だ, 十手を, 十手捕, 唇を, 唸って, 変な, 外の, 夜の, 大方察した, 天下の, 家の, 帰る, 彼が, 御免を, 御存じの, 思うの, 思つた, 恋を, 感じた, 憤然として, 本當, 此等の, 毎日この, 氣が, 江戸の, 波子を, 泣いて, 獣として, 現在の, 癪に, 直ぐに, 立派な, 自分を, 自殺する, 裏の, 貧乏人だ, 貴女を, 酒が, 酒を, 阿母, 頭が, 馬の

3 [196件] あれから, あんなところ, あ奴, いい気持, いったいどうした, いったい誰, うそぶいた, うなだれて, おまえの, お前へ, お国, ここへ, このまま, この世に, この人, この先, この手, この通り, これからどうなる, これだけの, こんなところ, すべてを, そういう人間, そうだ, そこまで, そのため, そのとき, その中, それから, それについて, そんな男, だまって, ちやんと, つくづくと, どうし, どうする, どうだ, どうなっ, どうなる, どこに, どこへ, どこまでも, なにも, ほんとうに, まだ若い, まだ見た, もうお前, もうこの, もう下手人, もう死ぬ, もう生き, クララが, クララに, ロクの, 一つの, 一体どうしたら, 一言も, 三輪の, 不意に, 世間の, 云って, 人の, 人殺しを, 人間が, 今この, 今年で, 他人に, 他人の, 何が, 何でも, 何よりも, 何時でも, 俺と, 俺自身の, 俺自身を, 偉大だ, 先刻から, 兎も, 八丁堀へ, 十手捕縄を, 卑怯な, 博士が, 又お前, 又俺, 口の, 叫んだ, 吉原へ, 吉野君の, 同志の, 向うへ, 君を, 呆気に, 呪って, 嘘は, 外へ, 夜中に, 太吉の, 女が, 女に, 奴の, 妙に, 子供なんか, 家へ, 寂しい, 小さい時, 屡, 山野の, 帰るぜ, 帰るよ, 強いぞ, 強いぞと, 彼らに, 彼女と, 彼女に, 彼女を, 彼等の, 心に, 忙しい, 怒鳴った, 思うん, 思ったの, 思って, 悪人だ, 悪党だ, 悲しいの, 持つて, 指を, 斯ん, 日本一の, 明日の, 本を, 本当の, 本望だ, 此処へ, 歩いて, 歯を, 死ぬかも, 死ぬん, 死んで, 毎日の, 汝に, 汝を, 活動を, 浅草の, 海と, 滅多に, 照子に, 照子の, 照子を, 父の, 独りで, 生れてから, 生れながらに, 用が, 甲府へ, 白状する, 眉を, 眠いよ, 知ってるぞ, 知らなかった, 知らん, 砂馬の, 砂馬を, 立派に, 笑って, 糸瓜が, 約束を, 絶対に, 罪人だ, 考えたよ, 考えて, 自分でも, 苦しい, 苦笑し, 虫が, 行くまでも, 行って, 袋叩きに, 裏から, 見たこと, 見て, 誰が, 誰にも, 誰の, 身体を, 退屈で, 途中で, 違うん, 金が, 長い間, 静かに, 頭の, 頭を, 馬鹿, 馬鹿に, 魂と

2 [766件 抜粋] あいつと, あのお篠, あの二人, あの彦太郎, あの桜, あの福屋一家, あの美し, あの話, あの頃, いいよ, いったいどうしたら, ううんと, おとなしくその, おまけに, おめ, お人, お倉, お前え, お前だ, お前にも, お前達に, お前達の, お染, お江野, お粂, お茂, かねて, からかって, ぐいぐいと, こうやっ, こう貧乏, この, この俺, この城, この家, この房吉, この手紙, この時, この結婚, この行為, この過ち, この野郎, この鍵, この頃何, これからその, これから女郎買い, これに, これより, こんな人間, こんな愚劣, じりじりし, すぐにも, そういうこと, そういう話, そうにらんだ, そう呟い, そう思っ, そう思った, その女, その晩, その瞬間, その豚, それで, それらの, そんなさもしい, そんな人間, そんな心掛け, そんな根性, そんな気, そんな覺, だらしが, つい堪りかね, てめえの, とうとう感, どうあっ, どうしてあの, どうしてコンナ, どうもその, どうも腑, どこまで, どんなに気, どんな事, なぜか, のら犬を, はっとした, ばかだった, ひどい目, ひょっとする, びつくりし, ほんとに必要, またお, またし, また何處, まだこの, まだ二三度, まだ知らない, まだ顔, もうお, もうこれ, もうじき, もうそんな, もうどこ, もうイヤ, もう世の中, もう中坂, もう人, もう今, もう俺, もう出かけなく, もう子供, もう少し此處, もう少し起き, もう御免, もう早く, もう歸, もう死ん, もう湯元, もう獣, もう目, もう胸, もう行者, もう飛付い, ものを, やるぞ, よく知っ, わあつ, アノ乞食の, イヤだ, カッと, キヤラバンだ, ソウ思う, ツ, ツイ今しがたまで, テロリストだ, ドン, ハツと, ハラハラし, フラレた, フランスの, ペンペン草と, ホッと, マシュースの, 一つ明日は, 一人じゃ, 一人前の, 一体どこ, 一喝し, 一夜鬱積した, 一文も, 一日として, 一歩を, 一生懸命平次親分を, 一足先に, 三度まで, 三晩つづけ, 三村屋へ, 下の, 不覚にも, 世の中に, 世界で, 世界一の, 中を, 丸万が, 丸万を, 丸屋へ, 事に, 二た, 二人の, 二重に, 云う, 云った, 五十に, 人殺しじゃ, 人生が, 人間の, 人間様だ, 今こそ, 今は, 今光一を, 今初めて, 今年四十五です, 今忙, 今日から, 今日の, 今晩こそは, 今朝あの, 今漸く, 今考へる, 今迄, 仙之, 代べんし, 仲屋の, 佐助も, 体を, 何かの, 何だ, 何だって, 何とも, 何に, 何んだ, 何んと, 何事も, 何処へ, 何分あまりにも, 何等の, 例の, 俺一人で, 俺忰は, 俺自身で, 偉いの, 傲然と, 先に, 先祖の, 全く泥酔, 八丁堀まで, 再び暴力, 凝として, 出かけて, 出來, 別だ, 前の, 勝手だ, 北海道へ, 半年も, 半襟一と, 厩の, 又女, 友を, 反対に, 口を, 口をへの, 口説きも, 叫んで, 呆然として, 呪われた, 命が, 唖然と, 唯の, 單に, 嘘を, 噫俺は, 因果な, 地獄に, 坊主にでも, 堂宮を, 堅気の, 変に, 外から, 多少の, 夜明けまでは, 夜闇に, 夢の, 夢中に, 大したこと, 大丈夫な, 大作を, 大名の, 大急ぎで, 大河今, 太平洋の, 奈何でも, 女などと, 女房の, 好きに, 妻の, 娘が, 嫌いな, 嫌ひだよ, 子供が, 子供に, 孫伝芳だ, 安心した, 宗匠を, 宝壇から, 家に, 寝て, 寝返りを, 寢て, 小夜菊の, 小泥棒, 少しも, 少し頭, 山でなきゃ住ん, 山内に, 山野が, 岡っ, 左程, 帰ろう, 帳場へ, 平気だ, 平気で, 幸にも, 幸福だ, 廊下に, 強者だ, 彼に, 彼の世から, 彼を, 彼奴の, 彼奴を, 待つて, 後へ, 心を, 心配し, 忘れない, 怎し, 怖ろ, 思い出した, 思い切って, 思ふん, 怪我や, 悟空の, 悪いこと, 悪事を, 悪魔の, 惚れてなんか, 惨めな, 意気地の, 愛する者, 慷堂が, 慷堂を, 憤慨する, 憤然と, 房州まで, 手で, 手紙を, 承知し, 押されて, 押しも, 持って, 捕えられて, 捨鉢に, 政治は, 救濟の, 散歩を, 敵の, 断じて酒, 断乎として, 旅へ, 日本の, 明日は, 昔を, 昨夜火星に, 時々頸, 暮しに, 最近に, 有害な, 木枯に, 木枯の, 本など, 東京の, 東福で, 根室へ, 構はん俺は, 横山町から, 欲し, 正しい, 此処で, 此惱みと努力と, 此處で, 歩けり, 死な, 死にぞこないの, 死にたいと, 死の, 死を, 殴ること, 殺されるの, 毛根の, 気狂ひ, 水の, 汗を, 池の, 決してお前, 決して俺, 河童の, 法律を, 泳いで, 洋食店に, 浪人者を, 海の, 涙が, 涙を, 清三の, 渾良夫だ, 激しく怒つ, 火を, 灰色の, 無理を, 無論ある, 煙草を, 物に, 特別な, 特殊から, 独りに, 猛烈な, 獨り, 玉塚を, 用意した, 番頭が, 病人だ, 病床で, 痣の, 監獄で, 相国寺の, 相変らず, 眞理を, 真先に, 真実を, 矢萩を, 知った, 知つての, 知つてゐる, 知らないの, 知るもの, 確に, 社会上の, 神様に, 禁酒を, 穴の, 窮屈だ, 筆を, 答えること, 算盤は, 素通りが, 結婚し, 絞首台に, 絶望し, 縛らずには, 縛られるが, 縛る氣, 罪を, 考えたの, 考へたよ, 聴いたん, 聴きたいの, 胸を, 腕を, 腹でも, 自分勝手に, 自由の, 臭いと, 興奮によ, 良心に, 芝居を, 芸が, 若旦那の, 草の, 葉巻が, 行くまい, 行者の, 要らなくなるし, 見たい, 親から, 親不孝者だ, 親爺の, 言い直した, 言ったの, 言葉に, 誰に, 負けたん, 貴女から, 貴島が, 賭事は, 足が, 踏込んで, 身体が, 軍刀を, 退屈だ, 遊びに, 遊んで, 道を, 遠からず, 遺憾なく, 酒に, 酒倉の, 酒倉へ, 酔っ払って, 酢の物は, 金で, 金原に, 鏡の, 鐵砲の, 闇の, 闘志を, 隣の, 頑としてそれ, 頭から, 飯を, 餘計な, 馬鹿だ, 馬鹿だった, 馬鹿な, 騙せない, 驚いたが, 骨を, 鬼だ, 鰯の, 鶯谷の, 黒雲五人男の

1 [5860件 抜粋] あ, あくまで, あつちから, あのとき, あの初太郎, あの峠, あの椎の木, あの看護婦, あの踏絵, あべこべに, あるいて, あれに, あんなこと, あんな氣違, いい子, いきなり障子, いっその, いっぱい食わされた, いつもこう思っ, いつ大納言, いまやっと, いよいよ, いろいろと, うなずいた, おかしくて, おやじから, お前さんを, お前より, お役ずみ, お経, お願いする, かつて一度, きっといちいち女房, きつく帯, ぐらぐらする, こいつを, こうして働い, ここ一二年侍の, このおふくろ, このめ, この下手人, この仕事, この口, この小父さん, この暗号, この池, この自然, この間聞い, これある, これからウン, これから警察, ころんだ, こんなに馬鹿, こんな片, さいしょ幾松が, さっき犯人と, さらに帽子, したこと, しばられる, じっと見つめ, すぐ車坂, すっかり変っ, すつかり忘れ, ずうっと, そいつへ, そうする, そう聴いた, そっと立, そのとき窓, その一所, その前, その姫, その指図通り, その橋, その留置場, その言葉, その間の, その頃, それだけで, それ以上問わなかった, そんなに舐める, そんな処, そんな施し, そんな覚え, たしかに君達, ただその, ただ働, ただ眼, たった今まで, たまにアパート, だんだん馬の脚, ちつとも, ちょっくら, ちょっと惑乱, つくづくその, つぶやいた, でないねという, とくの, とにかく一人, とんでもねえ, どうしてもそうなれない, どうして食いもの, どうなるだろう, どうも字, どなって, どんなおもい, どんなに能率, ど助平, なにものよりも, なんでも, にらんでる, はっきりきい, ばかを, ひどく弱った, ひんしゅくどころか, ふと思い出し, へんな, ほんとうの, ぼんやりと, まあ見ない, まぜっかえすよう, また二つ投, また女, また氣, まだあの, まだ二十二歳, まだ悪魔, まだ用事, まだ風浪, まるで囚人, みんな献金し, もうあんなに泣けない, もうすっかり絶望, もうスケート, もう一度大, もう九郎, もう前, もう女, もう少し捜, もう幾歳, もう文壇, もう決してじっとし, もう知らない, もう誰, もう食べられなかった, もっと知りてえ, やうや, やっぱりここ, やはりこの, やられちゃった, ようやくに, よっぽど若い, わざとそんな, アメリカへ, エゴイストに, カニの, クロークに, ゴーホが, ジャンパーを, ズブズブ沼土を, タオルが, ヂツとして, テーブルの, ドキン, ネクタイを, パリーっ, ファバントゥーという, ヘーンと, マアそういう, ヤーさまに, ロクに, 一つだけ, 一人考へ, 一体弱い, 一刻もじっ, 一寸靈岸島, 一応もっとも, 一杯飲ん, 一生競馬は, 一途に, 丁度途中, 三下として, 三千円, 三百年も, 上海などへ, 下品な, 不安だ, 不敏だ, 与えたぞ, 両方考へ, 丸万と, 久良に, 事件と, 二人を, 二度目だ, 云ったよ, 五日考えた, 人並みよりも, 人間以上の, 今さう, 今にな, 今二重に, 今夜お前の, 今小説, 今後どうして, 今日で, 今日以後, 今日洗濯物を, 今更科学者, 今朝新聞の, 今無財産, 今若木, 他には, 仮面を, 会いに, 佐竹君を, 何たる見下げ果てた, 何だか次第に解つて來, 何とも思, 何れの, 何事にも, 何故此樣なに體, 何物をも, 余ツ程, 保証する, 俺でない, 俺達皆が, 側で, 元から, 先だつて, 先刻鍼と, 全くい, 全く面, 八五郎に, 六字という, 其処で, 再度と, 出なけりゃならねえ, 分厚いコップ, 刑期を, 初耳だった, 別荘番の, 剣を, 努めて, 動物学者で, 勿論まず第, 北槻大尉と, 十手に, 半年振りで, 博士と, 即刻奴に, 参事官でも, 又吉を, 反感を, 古い古い宗教, 可笑しくつて, 吃驚する, 同じ村, 吐き出した, 吸い残り, 周さんが, 呼んで, 唯ドン, 商売の, 喜三太の, 嘘吐か, 困った, 土臺もう, 堅く信じ, 売卜者に, 多くを, 夢みながら, 大久保の, 大悪党, 大竜院泰雲という, 天才でない, 太郎に, 失業者では, 奴を, 如何うかし, 始め身体が, 嫉妬で, 嬢次少年を, 孤独に, 守って, 官軍の, 実の, 実際この, 宮前屋敷の, 寝ずに, 寢待ち, 尋ねて, 小室と, 少し君, 少し淋しい, 少し酔いかけ, 居残って, 山を, 岡つ, 左吉松の, 布團を, 帰ろうと, 常日ごろ, 幸之進に, 幾度か, 座敷中を, 弟と, 強くならう, 役人だ, 彼女等に, 待って, 御免蒙る, 復讐してやろう, 心から求めた, 必死に, 忙しい薬草, 怖がりに, 思い直した, 思はずお前, 思ふナ, 思わなかったよ, 怪しい人間, 恐々ながら, 恥じた, 悪い気, 惑つて困つ, 愉快に, 意識的だった, 愛子が, 感激に, 憤慨した, 我知らず立上った, 手さぐりで, 手棒に, 投爆班の, 持った覚え, 捕えられた, 揺られながら, 改めて矢萩, 教養が, 文枝さんも, 断った, 新しく讀書, 旅の, 日本へは, 旦那様に, 早速申出る, 明神下の, 昨夜一體何人斬つた, 時々ここ, 時折出逢う, 暫くやらない, 曉方まで, 最初まだ, 月下の, 朝鮮を, 未だ嘗て見た, 本当に呆れかえった, 本部屋に, 村中きっ, 東馬だ, 果物屋の, 格子に, 棺桶さ, 横窓から, 次第に君達, 止めんぞ, 此では, 此年に, 此祈りに, 此頃何に, 歸す, 死にたくない, 死ねると, 殆ど直覚的に, 段段悒欝, 殺人犯として, 毎年冬は, 毛布を, 気は, 水泳なら, 江戸っ子いちばん好きや, 決して役人, 決闘した, 波の, 泥棒にな, 浅傷の, 消音ピストルだ, 淺草橋の, 滅法儲けた, 灌木の, 無学で, 無籍者と, 照子と, 爰から, 牛飼を, 特別の, 独りぽ, 獄窓に, 王侯の, 現金を, 生きては, 生命保険の, 用達に, 男として, 異性の, 病室に, 発明家に, 白痴に, 皆んなに, 盗みも, 直ぐ前線, 相談に, 真先き, 眠くなつ, 眼ばかり, 矢張りあの, 矢萩大蔵を, 知らないから, 知らねえけど, 知る限り, 破産した, 神明に, 秘密を, 空席を, 立ち会わない方, 笑いだしたし, 第三の, 精巧な, 細君に, 絶望の, 繰返して, 美くしう, 考えずには, 考へ直さなきや, 聞きたく無い, 職工係りだ, 背中に, 脱走しちゃった, 臆病な, 自分に対する, 自殺が, 自白する, 舌打ちした, 花を, 若し, 苦手だ, 莫迦な, 蔵書を, 蚊の, 血なまぐさい話, 行くよ, 表の, 襲われたの, 見た月あかり, 見向, 親孝行者だらう, 言おうとして, 討てぬ, 試験部へ, 誓つたので, 誰は, 警戒し, 負けたの, 責めたくは, 貸す, 走って, 路地に, 身うけしてやるだらう, 軍の, 辻講釈で, 近よって, 迚も, 逃げて, 逡巡し, 遂に敵, 運転手に, 道子の, 遠州, 部屋の, 酔えないん, 醜いからな, 野放しの, 金原を, 銀行や, 長椅子の, 間違っちゃ, 降り積った雪, 隣りの, 雪子が, 青木の, 革命家を, 頷いた, 飛行島の, 食料に, 飽くまでも此立脚地, 馬車の, 驚きの, 鬼に, 麗人の

▼ 俺~ (6013, 19.0%)

75 ところへ 66 方が 65 顔を 58 心は 51 方で 48 ような 46 心に 43 ことを, 心を 42 家へ 37 心の 31 方は 24 ものだ, 方を 23 やうな 22 ために 21 前に, 家の, 耳に 20 中に, 手に, 方へ, 知ったこと, 言ふ 19 眼に 18 事を, 名を, 方から 17 ように, 姿を, 眼を, 頭の 16 ものに, 云うこと, 頭を 15 ことだ, 知つた 14 眼の, 言うこと, 言葉を, 頭は 13 ことは, 心が, 手で, 生活は, 眼が 12 いうこと, ほうが, 顔に 11 ところに, 前で, 勝手だ, 家は, 所へ, 生活の, 胸に, 頭に, 魂を 10 うちに, 云ふ, 女房に, 子供の, 手を 9 やうに, 妻に, 娘を, 家に, 方に, 眼から

8 [12件] ところの, ドン, 人格は, 口から, 心には, 手から, 方にも, 方も, 為に, 眼は, 耳には, 話を

7 [20件] せいじゃ, ほうから, ほうで, 代りに, 体は, 処へ, 力で, 口を, 外に, 女房だ, 家だ, 家には, 家を, 手が, 生活が, 知って, 身体は, 顔が, 顔は, 魂は

6 [25件] ところには, 事だ, 云う事, 仕事の, 仕事は, 名前を, 周圍に, 姿は, 嫁に, 子だ, 家まで, 弟だ, 手には, 此の, 気持を, 生涯を, 目は, 考えが, 考えて, 胸の, 胸を, 腕を, 苦手だ, 訊くこと, 許へ

5 [42件] うちの, おやじの, そばに, ところにも, ところへは, ピストルを, 仕事が, 側に, 傍に, 力が, 名は, 名前は, 命を, 問題は, 大事な, 女房は, 好きな, 家で, 役目は, 愛の, 愛は, 感情は, 手は, 手柄に, 方の, 最後の, 欲しいの, 死を, 母親が, 番だ, 胸が, 胸は, 腑に, 言う通り, 言葉に, 財産を, 身に, 身を, 部屋に, 部屋の, 部屋へ, 鼻を

4 [50件] うしろに, すること, だ, ところへも, もんさ, 上に, 中の, 体を, 作だ, 前へ, 力に, 力は, 友達の, 名も, 場合は, 声を, 女を, 娘が, 家でも, 弟子に, 心から, 心持は, 惱み, 手へ, 方だ, 昔の, 様な, 気の, 物だ, 目の, 目を, 真心で, 肉体を, 脚は, 自由に, 血を, 行く先, 行く道, 衷に, 親友だ, 言うの, 足に, 足の, 身体が, 身体を, 隣りの, 頭には, 頼みを, 顏を, 鼻に

3 [135件] あとを, かわりに, ことか, ことで, ことなんか, ことも, この胸, したこと, ぢや, ところは, ところまで, ものな, ものを, やったこと, わずか七枚, 一切の, 一生の, 中にも, 事は, 事業を, 云う通り, 人格を, 今の, 今云, 仕事に, 仲間が, 作品の, 作品は, 作品を, 來る, 傍を, 優越感は, 内部に, 処に, 出て, 前を, 勝手じゃ, 友達が, 友達だ, 友達は, 名前が, 向脛, 唯一の, 問題に, 女房の, 女房を, 娘と, 娘なら, 子を, 子供を, 家も, 巣を, 帰りを, 役目も, 後から, 後を, 心持が, 心持を, 心臓は, 思想と, 性格の, 想ひ, 手下に, 指の, 敵だ, 敵は, 方ぢや, 方でも, 書いたもの, 本名を, 本当の, 正体を, 死によって, 気が, 気に, 気持が, 気持としては, 気持は, 求めて, 涙が, 犠牲に, 狙って, 生きて, 生れた家, 生命は, 生命を, 生活を, 生涯は, 病気が, 真似を, 眼には, 眼前に, 知った事, 知らない言葉, 知らぬ間, 立場を, 精神を, 罪を, 考えは, 考へ, 肉体は, 肩が, 肩に, 背中に, 脚本の, 膝を, 舌は, 良心は, 葬式を, 血も, 袷を, 見當, 言う事, 話が, 負けだ, 身の, 身体も, 身分を, 運が, 運命は, 過去の, 道を, 道楽は, 酒の, 鎖を, 間に, 阿母, 領地だ, 頭が, 頭腦の, 顔ばかり, 顔色を, 饑よ, 首を, 魂の

2 [404件] あとから, いうの, いう事, いたところ, うちには, うちへ, おふくろの, おやじは, お蔭で, からだに, けら着ろ, この世の, この気持, この癖, して, するの, せいで, せいみたいに, ためには, ためにゃ, だと, とこへ, ところだって, ところなんかへ, ところへまで, は十五日, は烏, ふところに, ものだった, ものは, もんや, やり方が, やるの, よい所, を, を貸し, カタキだ, カンに, コップを, コモイダスの, センベツだ, トランクを, ニラミに, パクパクを, ポケットに, ヨシコに, ヨシコの, ヨシコを, リン病も, 一存で, 一家の, 一寸した, 一生が, 一生は, 一生よりも, 一番の, 三尺なんか, 上衣を, 下で, 不機嫌, 世界には, 両親の, 両親は, 中には, 事じゃ, 事ぢや, 事に, 事まで, 人格の, 人殺しの, 今度の, 今悟入, 仏頂面を, 仕事だ, 仕事も, 仕事もけ, 他に, 代りを, 代理に, 仲間に, 仲間の, 会社の, 住居だ, 住居は, 住居を, 体が, 体に, 体の, 係りの, 信じて, 側を, 備前物の, 兄哥の, 兄弟だ, 先生の, 全財産, 全身を, 全部の, 内に, 出社した, 分まで, 分も, 前には, 前や, 前身を, 前非を, 創造は, 力でも, 力にも, 力を, 勝さ, 勢力を, 卑しさ, 叔父が, 叔父さんが, 口からは, 口は, 口実な, 古馴染の, 可愛い錐, 名が, 名だ, 名儀, 名前から, 名前に, 周囲に, 周囲には, 周囲の, 命だ, 命でも, 命は, 命も, 命令を, 唇は, 商売は, 問いに, 国の, 地だ, 場合に, 声だった, 声は, 外套だ, 外套の, 外皮を, 夢物語だ, 大失敗, 大手ぬかり, 天分を, 女だ, 女の, 女房が, 女房と, 好奇心を, 妾に, 姉は, 姿が, 子であり, 子として, 子に, 子は, 字は, 存在が, 存在は, 実の, 家から, 家へは, 小品が, 小説を, 尻を, 居るの, 居間の, 干渉を, 弟は, 弟を, 役目が, 役目だ, 後脳に, 復讐の, 心と, 心境を, 心臟を, 心象は, 志を, 思うよう, 思想に, 思想は, 性に, 性質で, 恋人だ, 恋人に, 恋心は, 恥だ, 息子です, 悄然たる, 悪口でも, 悪口を, 惚れた女, 惡口を, 意に, 意識の, 意識を, 愛が, 愛を, 態度を, 憤怒の, 戦功は, 所に, 手ぬかりさ, 手の, 手をの, 手拭を, 手提金庫に, 手柄だ, 手柄と, 手柄なんかに, 手柄を, 手落ちだつた, 手落ちに, 手首に, 持って, 指した野郎, 探して, 支配する, 故郷だ, 救にも, 文学な, 文章は, 文身は, 斯んな, 方じゃ, 旦那が, 旧悪を, 旧知を, 時代は, 最初の, 望みは, 未練だ, 本心を, 机の, 柄ぢや, 柄に, 柿や, 柿やと, 様に, 樣に, 機嫌の, 欲望は, 死んだおふくろ, 死後に, 殺意が, 母親は, 気分が, 気持ちは, 決心を, 注意を, 活力を, 流儀で, 為には, 為めに, 父と, 父は, 父親を, 物と, 物な, 物に, 犬は, 現在に, 現在の, 理性が, 理想の, 生きる道, 生命の, 用の, 男が, 画の, 画は, 留守中何も, 番に, 目が, 目に, 目的は, 眞正の, 真心を, 眼からは, 着て, 着物は, 睨んだところ, 知らない間, 知らぬ世界, 社会的位置は, 社会的名誉を, 祖先は, 祝福を, 神経の, 禁酒は, 窓から, 立つ瀬がねえ, 立てた目印, 立てた筋, 第六感は, 節操が, 紙入に, 素性を, 絵を, 經驗した, 縄を, 繩張りだ, 羽織が, 考えでは, 考えの, 考えを, 考へて, 考違でした, 者だ, 耳の, 耳もとで, 耳を, 肉体に, 股間が, 胃の腑の, 背後に, 背後には, 胸から, 脈は, 脚の, 脚本を, 脳味噌をも, 脳裡に, 腹の, 腹の中には, 腹の虫が, 膝に, 舌三寸で, 色男は, 若い血, 若き生命, 苦痛を, 行くの, 行く方, 行為の, 行為は, 要求する, 要求は, 見たもの, 見て, 見当じゃ, 見当では, 見込みが, 見違い, 視界を, 視線を, 親父が, 親父は, 解釈を, 言うとおり, 言って, 言葉が, 言葉は, 計画は, 計算に, 記憶の, 許婚だ, 許婚を, 誤りだ, 財産だ, 貴女に対する, 足は, 足を, 跡を, 身は, 身代りに, 身体に, 返事を, 運命が, 遣方, 邸へ, 部下に, 部屋は, 金が, 金の, 金は, 金力を, 錯覚か, 隣に, 隣りに, 面を, 面倒を, 音楽を, 頭だ, 顏は, 顔と, 顔の, 顔も, 食慾を, 飢餓よ, 飯を, 馬に, 馬の, 馬を, 髭を, 髷節に, 魂に, 魂には, 魂をても

1 [2564件 抜粋] あいかたという, あたり前の, あの菓子, いいたいこと, いうとおり, いって, いの一番の, いる所, いわば忠誠, うちでは, おしゃべりの, おやじが, お得意様, お祖父さんに, お袋はい, かかと同じ, からだの, が一番素晴, ことじゃ, ことどんな, ことに, こと笑っ, この宿酔, この殺意, この腕, これまでの, さげとる軍刀, ざまを, してる事, すぐ後, せめてもの, そのよけい, その顏, だって, つけ目だ, つみじゃね, とこへよ, とっつぁま, どこさ, なすべき事, に湧いた, のは, はまったくふらふら, は又, は敵, は苦しい, ひいき客だ, へそくりの, ほうだった, ほうも, ほんとうの, まわりに, もとめて, ものである, もんなら, やつた, やり場の, よき半分, アタマは, ウチへ, カマも, ジャムの, チョッキに, ハッタリさ, パンまで, ベンチに, モノスゴイ胎動を, ライフは, レコだろう, 一代の, 一家が, 一族は, 一番仲の, 三十年の, 下に, 不安は, 不機嫌な, 世の中へ, 世話に, 両眼, 中心問題は, 主義だって, 了簡一つで, 事が, 事なんか, 事業と, 二の腕を, 二重人格を, 云うことどこ, 云ひ, 人格に, 人生だったら, 人間的完成, 今までの, 仏蘭西語は, 仕事な, 仕事以外の, 仕業は, 仲の, 仲間らしい, 伜を, 住むところ, 体へ, 作った強, 作品に, 依頼を, 修行は, 俺も, 個性の, 健康な, 傍へ, 働きだ, 兄さん達の, 兄貴だ, 先祖の, 入った留置場, 全生活, 兩頬が, 内又は, 内面生活を, 処世の, 出し物, 出入さきで, 出現に対し, 分だけ, 分隊で, 初恋の, 利益にも, 前だ, 前歴だけじゃ, 割つて, 力だ, 功は, 動脈瘤は, 勞苦は, 印籠を, 友人から, 友達にや, 反抗は, 取るべき道, 口の, 口調は, 召使だ, 右の, 同僚が, 同郷の, 名では, 名前だ, 名譽, 君に, 周囲から, 周圍を, 味方な, 命令さ, 品物だ, 商売の, 喜捨金だ, 四十という, 土地だ, 城, 堪忍は, 場處は, 壕は, 声名と, 外套から, 夢中遊行を, 大好物, 大福を, 失敗の, 女で, 女房から, 女房には, 好奇心へ, 妹だ, 妻である, 妻のな, 始末を, 姪の, 姿勢から, 娘だ, 娘月姫だ, 嫉妬を, 子じゃあねえよ, 子な, 子供だけに, 子供位に, 存在など, 学ぶべきところ, 孫だ, 安心は, 官能は, 実父と, 家が, 家にも, 家内が, 家出を, 容貌の, 寂寥が, 寝床は, 寿命は, 專心なる, 小姓に, 小説で, 尾行を, 居間へ, 山さ, 巡礼だ, 巻き添えを, 席の, 常套手段を, 幸福の, 幼馴染と, 店先に, 弁当を, 弟子しかも, 弱らないよう, 弱點, 形学で, 役割に, 往きようが, 後ろに, 後脳が, 従来の, 復讐は, 心づくしさ, 心や, 心意気は, 心機は, 心配は, 怒鳴ったの, 思い及ばないこと, 思うには, 思ふやう, 思想人生観の, 思索は, 性分を, 性格には, 怨みが, 恥でも, 息の根を, 息子を, 悪念を, 情婦を, 意味と, 意志一ツで, 意識と, 愛した奴ら, 愛には, 感情も, 態度から, 憎むの, 懐に, 懷の, 成績を, 戸籍は, 所と, 所へなんか, 所有に, 手つきも, 手ぬかりだった, 手下実は, 手古に, 手柄じゃ, 手腕は, 手記を, 才気は, 拒否に対して, 持ち長屋, 持病な, 指図を, 掌の, 推察通りだ, 放った第一声, 教えた通り, 敵に, 料理は, 方からかうし, 方にだけ, 方程式は, 日々は, 旦那の, 星で, 時計では, 智慧じゃ, 書齋の, 月給では, 木兎が, 本を, 本心だって, 本能は, 本陣の, 村の, 来るまでは, 枕元へ, 根性は, 楽しみも, 様子に, 機械的定命論の, 歌つたやつらの, 正体は, 武力を, 死ぬの, 死んだこと, 死期も, 母親さんに, 気に入った, 気に入るたち, 気を, 気持だった, 気持ゃ判らねえらしい, 水筒を, 決意は, 法力を, 泰然自若は, 流儀ぢや, 浮気は, 満足が, 為だ, 焔硝, 煙草入が, 爪先から, 爺さん, 片腕に, 物ぞ, 特別任務さ, 犯罪は, 狂乱した, 狼狽という, 現實, 生きる所, 生は, 生命が, 生存する, 生活する, 生活上の, 生涯で, 生涯忘れられない, 用事なら, 申すところ, 画だ, 留守の, 留守中憲兵に, 番といふ, 疑心暗鬼であった, 病気は, 痴態を, 発病で, 白眼みよ, 盛名を, 目から, 目当じゃ, 相手だ, 看板だ, 真実が, 眠つてゐる, 眼と, 眼瞼は, 着替を, 瞳に, 知ったこッ, 知ってる野郎, 知らない事, 知らぬもの, 知友の, 硝子入替えの, 神を, 神経病にも, 秘策に, 稼業も, 空腹を, 競争者しかも, 第一防禦線, 管轄だ, 精神が, 純情を, 素晴らしい楽園, 組立に, 綱渡りが, 縄張うちへは, 縄張り内を, 縄張内を, 繪は, 罪だろう, 罪まで, 美くしい, 考, 考えと, 考え間違って, 考へてること, 考へも, 耕ってる, 耳もとに, 聞き違い, 職業は, 肝の, 胆を, 背中の, 胸だ, 胸もとに, 胸三寸に, 脚を, 腑を, 腕前を, 腹の中を, 腿に, 膝元へ, 自家用という, 自慢話の, 自由には, 舌の, 良心が, 芋を, 芸術至上主義が, 苦しみを, 英吉利ヅボンの, 荒仕事が, 蘭学を, 蝋燭が, 行き先は, 行先が, 行為と, 衣嚢から, 袋の, 製作所を, 見てる中, 見分けが, 視線と, 親愛する, 親爺とは, 親類も, 言い分なんか, 言ったこと, 言つ, 言ひたい, 言葉には, 計画した, 記を, 記憶を, 許も, 訳した, 詩稿を, 話にだけ, 誕生日だ, 説でも, 論難攻撃が, 讀書の, 負けかいな, 財布が, 貧しさ, 責任だ, 買ひ得た, 赤裸裸の, 足が, 蹤け, 身の上や, 身体の, 身分に, 身辺を, 車さ乗っ, 迂闊で, 返り討, 逃げるの, 遊びの, 運命も, 過去に, 遠い親戚, 邪魔だ, 部下が, 部下二名が, 郷里広島は, 酒友だ, 酔態などといふ, 金主という, 鋭どい, 鑑定通りだ, 門下の, 間拔けさは, 阿母さん, 隙を, 隠語が, 集団農場ある, 青春は, 面ばかり, 靴を, 頓智が, 頬っ, 頭と, 頭ん, 頼みが, 顔か, 顔とは, 顔まで, 飯が, 館まで, 首へ, 馬の脚も, 騒ぎで, 髪だけは, 鳩ぢや, 鼻息が

▼ 俺~ (3181, 10.1%)

34 悪かった 23 行って 18 言うと 14 持って 12 出て 11 悪かつ, 生きて 10 それを 9 引受けて, 悪いの, 見て, 連れて 8 お前を, ついて, 一人で, 何を, 叱られて, 死んで 7 口を, 知るもの 6 ここに, 俺の, 持つて, 教えて, 行つた, 買って

5 [15件] お前の, ここで, ここへ, つけて, やる, 不承知だ, 代って, 引受けた, 引受けるから, 殺したの, 殺したん, 相手に, 知って, 行つて見よう, 起きて

4 [28件] この俺, そう言っ, そんな事, 一と, 今, 今まで, 何も, 先に, 八五郎に, 出して, 助けて, 取って, 君の, 声を, 島から, 帰って, 引受ける, 悪い, 手に, 手を, 死んだつて, 殺して, 聞くと, 行くと, 言ったの, 貴女を, 顔を, 黙って

3 [66件] あの女, いって, お前に, この家, この眼, したの, してやる, するよ, そう言う, それに, どうした, どんな事, やって, やつて, わからねえの, ドン, 一緒に, 代つて, 余計な, 俺が, 先き, 出かけて, 出向いて, 困る, 家の, 少しでも, 山野の, 引き受けて, 引き受ける, 引受けたぞ, 彼女に, 悪いん, 惡かつ, 承知しねえ, 承知だ, 持つ, 斯ん, 此の, 此処に, 歩けば, 死んだらと, 死んだらどう, 殺す, 生命を, 直接に, 相手だ, 知るもん, 砂馬に, 考へて, 聞いたの, 腹を, 自分で, 自分に, 自分の, 行く, 行ったところ, 行っても, 行つて見る, 見る, 言つてやらう, 責任を, 貰って, 迷惑する, 送って, 預つて, 頼んでも

2 [216件] あすこで, あと責任もって, あのお嬢さん, あやまって, あやめ踊りを, あれと, あれほど, あれを, いった通り, おぶって, おまえを, おれだ, お上から, お富, お駒, お高さん, かくかくの, かれこれ言う, こうやっ, この地, この部屋, これだけ, これまで, こんなこと, したいと, そんなこと, ただ一条に, たまらない, だ, ついてる, どうしてこんな, どうにでも, どこかへ, どんな人間, どんな悪い, ひとりで, もぐって, やうな, やっつけて, やろう, よく話した, わかるか, わざ, ゐるから, クララに, チャンと, 一人死ん, 一代に, 一番よく, 一番先に, 一肌ぬぐ, 下手人が, 世話し, 世話してるちう, 予期し, 二貫やる, 云って, 云ひ, 井戸へ, 今書きかけ, 今迄, 他の, 付いて, 代つて言つて, 伽を, 何だらう, 何と見える, 來て, 來る, 保証する, 俺がの, 俺に, 俺を, 入って, 入つた, 出しや, 出る幕, 分らないの, 別の, 口に, 口説いたら何, 叱られるから, 叱られるでな, 命ずるの, 嘘を, 外した障子, 夢を, 女を, 奴と, 奴に, 始めて, 始末を, 子分だ, 家に, 容子を, 寝も, 居たところ, 居なくなつ, 巷へ, 帰るの, 年来の, 引き受けた, 引受けますよ, 彼奴を, 思い出したの, 思って, 成つてやるだ, 成人する, 戻って, 手で, 払って, 捜して, 控えて, 推薦した, 握つて, 敗けるもの, 斬られても, 斯う, 斯んな, 書いて, 来たからって, 来た時, 来て, 根室に, 案内し, 止まれば, 死ぬ時, 死ねば, 死んだ後, 死んでも, 殴れないこと, 毎晩家へ, 水谷さんの, 泊ること, 湯治に, 無暗, 無産階級の, 照子の, 片瀬から, 物好きで呑む, 独りで, 王主人の, 生きようと, 癪に, 目を, 直すに, 真すぐ, 眠って, 矢萩からも, 知った事, 知つてる, 礼を, 神戸で, 禁酒会員を, 結婚したら, 結構な, 考えた通り, 考えて, 考へても, 聞いた手口, 聞いても, 聲を, 脇差の, 腕を, 腰を, 自殺したら, 花婿に, 虎に, 行くぞ, 行くに, 行くまで, 行く前, 行つ, 行つてやらう, 見てさえ, 見ても, 見ると, 言うの, 言った, 言ったとおり, 言って, 訊いてるん, 訊くの, 討って, 討つて, 許さぬ, 話を, 詳しく復習, 誰か, 誰だ, 誰よりも, 調べる, 談判し, 貰った, 貰ふ, 貴女の, 貴様の, 赤井左門に, 足の, 踊って, 迎えに, 迎ひ, 迷惑だ, 逃がして, 酒を, 酔って, 金が, 附いて, 降りて, 預かって, 顏を, 飛んで, 飛出すわけ, 馬を, 馬鹿な, 驚いて

1 [2097件 抜粋] ああいう, あきれると, あたり前なら, あの剃刀, あの梶川悲堂, あの部落, あまり詳しく, あれの, あんなにむしゃくしゃする, あんな馬鹿, いいかげんな当てず, いい妓, いかに狼狽, いけないといふ, いたから, いっしょけんめいやってる仕事, いつお前, いつ後ろ, いの一番に, いま合図を, いやん, いるぞ, いる以上, うなずくと, ええ具合, おさ, おまえに, おもち, お作, お大尽, お母さんを, かう思, かえってくる, かね, きっと救っ, こいつよりも, こうしてのこ, こうして病気, こさ, ことを, こないだ見た, このまま, この三, この事件, この巨大, この渋紙船長, この間の, これから一人, これこれの, これ迄, こんなに不愉快, こんな出世, こんな目, ごまかしてると, さう考へたの, さっきから, さらって, して, しよう, すっかり心, ずぶの, そいつらを, そうだった, そこで, そっぽを, その中地, その大学生崩れ, その席, その晁蓋, その生れつき, そんな話, たった一人ぎり, だぜ, だ昔流儀, ちゃんと知っ, ちょっと圧倒, ついてる間, つくろう思いきって, つれて, とこちつ, どうかしてやる, どげ, どんなに割りこもう, どんなに贔屓目, ど助平, なさけない部屋, なること, なんで重い, なんにも, ねらつて, はいると, ひいきだ, ひとつ横から, ひやかすと, ほくそ笑むこと, まかり出て, また後で, また貰っとい, まるで狂ひで, みんなと, もうよい, もしもここ, もし無籍者, もっと大きい, ものと, やくざだって, やったよう, やってるの, やつと, やられたら後, やること, ゆる, よくそう言っ, よく見, よしんば死なない, わかったん, わるかった, ゐるの, イプセンの, カメラの, ギュウという, クララの, コロシを, シャバから, スモッグを, ソヴェートに, テロリストの, バクチを, ビクつく, フェージャぐらい, ポックリ死んだなら, リュックに, ワザワザ出掛け, 一たまり, 一つためしに, 一つ肥車引い, 一つ談判し, 一人死ぬ, 一升買ふ, 一度往って, 一枚看板みたいに, 一番乗出し, 一番指し, 一番馬鹿者かも, 七カ月頑張った, 三十年若, 三輪の, 上海を, 下座の, 世の, 世間的歡樂に, 中国人を, 中条の, 丹精し, 主水, 乗りだして, 乘出し, 九郎兵衛を, 事など, 二度の, 云い逆え, 云ったもの, 云つた言葉を, 京城に, 人を, 仇に, 今お前に, 今この, 今ほんとうに, 今夜にでも, 今度行つても, 今投げた, 今日此処へ, 今死に, 今相手, 今茲, 他人の, 付け込むの, 代りに, 仲直りを, 会わねえ先, 似て, 何が, 何と言, 何んにも, 何故と, 何時泥棒を, 使ったぞ, 來てから, 信用できない, 俺自身ちょっと, 倒れては, 借りるもの, 側について, 優勝の, 先達て先祖の, 入ろうと, 兩方から, 其を, 冗談に, 処置を, 出しゃ張っても, 出たら手前, 出よう, 出席する, 出陣する, 切支丹だ, 初めて来た, 判るだろうな, 前以, 創造の, 助かりゃ文句, 勘弁しねえ, 勝つ, 北寮へ, 十二歳に, 十月事件などに, 半分助け, 占有したら, 厭な, 友達が, 取る筋, 口も, 召し上がって, 可愛い, 合図を, 同志から, 名も, 君と, 吩咐けたから, 呶鳴り出す, 命ずる, 和助から, 唸ったの, 喧嘩してた, 嘉代に, 四度も, 困るという, 在所の, 坊やを, 場立ちに, 売るのに, 外套の, 夢中な, 大人気も, 大好物, 大杉栄の, 天才である, 夫婦に, 女の, 好いと, 好きに, 妃を, 娘さんに, 嫌ぢや, 子, 字を, 宗春の, 家は, 寄附し, 尋ねると, 尻を, 居ては, 居なくなれば, 居る家, 属い, 山猿なら, 岩に, 差出口を, 帰りしな, 帰るまで, 年とった, 幾歳の, 引きうけた, 引きうけて, 引き受けたからには, 引つさらつて, 引受けるなどと, 引請けた, 張継に, 当って, 彼方へ, 後ろを, 御用を, 心には, 必ず討っ, 怒られる, 思い立ったら最後成就, 思つてやる, 思わず感嘆, 怪しいって, 恥かしい, 悪いに, 悪魔の, 惡いん, 愉快な, 愛して, 慷堂の, 憤慨した, 懲役に, 戸田家の, 手下を, 打って, 払うから, 承知せん, 投函し, 抱き止めて, 拵へ, 持つと, 指導し, 捕まったらキット貴様, 掘つた, 探りを, 搜し出し, 撃ったの, 支那人だったら, 敗けたと, 散髪に, 文学報国会なんて, 斬る, 新潟へ, 旅へ, 日傭で, 早く死ね, 昔ゴロに, 昨夜吉原へ, 時々教え, 暗闇の, 書いた偽, 書くから, 最も働いた, 朋輩の, 末座から, 本物の, 来いと, 来たの, 来る以前, 東京に, 栃沢の, 棒の, 権だ, 欲しい今, 止めだて, 此意識を, 此處へ, 歩いて, 歸つたとは, 死なないよう, 死ぬまでも, 死のうと, 死んだつて人, 死んだなら一つ, 死んだらあの世, 死んだらだいいち, 死んだら世間, 死んだら大雨, 死んだら民衆, 死んだ時, 殺されたらそう, 殺したよう, 毎晩泊つたろ, 気づいたという, 気違いだって, 水車は, 江戸の, 汽車から, 法学士なら, 注文した, 浅草から, 渡り越えたの, 漕ぐ, 無事な, 無意味な, 無縁だった, 煙たくて, 片付けて, 物好きでもね, 猪の, 王弟だ, 理解する, 生き残るか, 生れると, 田舎へでも, 町から, 異国へ, 癩患者だ, 白, 皆の, 盗み聞きした, 目付け, 相済まん, 眞新らしい, 眼で, 知ったの, 知ってる婆さん, 知りたいの, 確信し, 禁厭を, 稼ぐ, 窯を, 竜宮の, 第一番, 組合の, 縛らなきや, 縮尻らなきゃ, 罵られたとき, 考えた方法, 聞いたら, 聞きの, 育て, 腕ずくで, 自分でした, 自殺でも, 自腹を, 良心の, 若いから, 若し悪魔, 若紫の, 茶碗を, 落っこちて, 虚弱だ, 衆人環視の, 行かなくては, 行くとき, 行く事, 行ったら電話, 行つても, 行つて覗い, 装ったの, 見たの, 見張つて, 覚えてるだけでも, 親身に, 言いたいの, 言ったこと, 言った拍子, 言つたら, 言は, 計ろう, 討たれて, 許すから, 註文した, 話に, 説いて, 調べようと, 謀反人とでも, 議会に, 豚か, 貧乏で, 貰うなんて, 貰つて行く, 買い込むつもり, 赤坂の, 起しに, 踏み留つて, 身代りにな, 車を, 轅門の, 迎いに, 返すまで, 追ひだす, 退院し, 逃げ込んで, 通つたら, 遊びだ, 道子を, 達引くし, 邪魔を, 酒の, 酔っとるならお前, 醉つて居た, 野蛮人だつたら, 金持だったら, 鈴木だ, 長崎へ, 閉めるから, 間借を, 闇で, 附いてる, 集める, 雪見を, 面が, 靴を, 預かろう, 頭の, 頼む, 頼んだのに, 風巻に, 食いなと, 食つ, 飮む, 飲んだら貴様, 首を, 駈けつけるまで, 驚いたよう, 高等学校の, 髷を, 鴫澤主水という, 默つてゐる, 黙らしてやろう

▼ 俺~ (1526, 4.8%)

23 それを 14 一緒に 9 お前も 8 そう思う, 俺も 7 そうだ, 男だ, 驚いた 6 最初は, 知って 5 これで, 安心だ, 後から, 手を, 見た 4 そう思っ, そのつもり, 今それを, 今度こそは, 自分の, 行く, 驚いたよ

3 [27件] あの時, お前の, ここで, この頃, そう考え, その一人, それが, それに, そんな事, つく, やって, 今日は, 伴れ, 何か, 感心した, 此の, 気に, 然う, 知らぬ, 考えて, 考へて, 腹が, 腹を, 若え, 行って, 行つて見る, 貴様を

2 [95件] あの吉三郎, あの蜘蛛, あの頃, いっしょに, いやだ, お前に, お品さん, お蔭で, お辰, こいつを, この稼業, これが, さう思, さう思ふよ, さっきから, しんから, じゃ, そう思った, そこに, そのこと, その術, そんなこと, みんなで, よく, ギョッと, 一つ書い, 一と, 一度は, 一時は, 一疋釣らし, 下手人は, 人が, 人に, 人間としての, 今まで, 今年は, 今度は, 今迄の, 仲間に, 何とかし, 何んだ, 出て, 北海道だ, 可なり, 同じこと, 君も, 器量が, 外交に, 大いに雄飛, 始めて, 始めは, 嫌がる貴女, 實は, 少しばかりの, 少し溜める, 少し考へ, 岩木も, 彼女に, 彼奴の, 御用聞冥利と, 徳松に, 心を, 心配を, 感無量と, 昔は, 来年は, 板倉屋を, 気が, 火の, 男の, 眼を, 睨んで, 確かに, 立つ瀬が, 考えたの, 聟の, 腕を, 色々と, 虎こ山の下まで, 行きたいな, 行くから, 行くぞ, 行こう, 見て, 解らねえが, 訊いて, 詮方なく, 金之丞を, 釜でも, 銭形平次の, 長い間お上, 首を, 駄目に, 髪の毛を, 黙って

1 [1107件 抜粋] ああかな, あとから, あとの, あの市來知, あの男, あの首, あるいはその, あれから, あんな面付, いいたいこと, いおう, いくの, いささか驚きました, いたずらの, いっそう気, いつしか自分, いつもの, いや気が, いよいよ後, いよいよ釜, いるん, いわば群れ, うあの, う俺, おいと, おしまいだ, お仲間, お前たちと, お前と, お前には, お前を, お前様ほんとうの, お客様だ, お杉さん, お父, お裾分けで, かうだから, かかあ, かつぎ家, きっと船, くにへ, こいつは, こうして出, こうやっ, こう見え, ここへ, このまま, この前, この地, この山, この男, この詩, この身体, この辺り, これ, これから往, これから行つてみや, これじっかり, これまでかなとも, これ三期ぶっ, こんだけ, こんなおいらん, こんなところ, こんな人間, こんな意見, こんな運命, こんな非道, さうだ今にさ, さう思つた, さう思つてたん, さっきは, しかし若宮, しないで, じれったいよ, すこし歩い, すこし睡, ずいぶんと, ずいぶん殺生, ずゐぶん久らく酔ひ心地, せめて二三年前, そいつを, そうしない, そうにらん, そう思いたい, そう思ってる, そう聞いた, そこを, その中, その人, その場, その歓楽, その苦し, その試練, その道産子, そりや, それではこれから, そろそろ身, そんな冗談, たいてい察し, ただは, たまらない, だんだんシナ人, ちっとも来ない, ちょっと不安, ちょっと隠れ, ついぞ行った, つくづくと, つくづく岡, とうから, とうとう飛んだ, とぼけて, どうかし, どうな, どうやら人生, どうやら蛸壺, どこまでも, ない, なかなか大した, なにかそんな, なんとかやっ, ねえから, のぞきこむと, はっとした, はやく剣術, ひとつ今日こそは, ひとつ時計を, ひとつ軽い, ひとりぼっちだ, びっくりした, ぶらぶら歩く, へんに, ほんとに怖く, ほんとは, まあおっ, まじって, またこの, また俺, まだ若い, みんなも, もういつ, もうお前, もうこ, もうすこしマシ, もう一度おとし, もう少し若き, もう手, もう看護婦, もしかする, やがて殺される, やっぱりせっせと鎖, やつて, やはりテロリスト, やられた, やる, やろうか, よくもまあ命拾い, よく知っ, よけいな, よほどどうかし, わりによく喋り, ウカウカし, エンチャントレスに, グッスリ, ジイイーンと, セッカクお前に, ソロソロめしに, ツルリと, ニヒリストだ, ハッと, フラフラと, ホンの, ヤマセ気味で, ルパンと, 一しょに, 一つ一緒に, 一つ出, 一つ欲しい, 一つ骨を, 一ツ橋家の, 一人の, 一人縛つた, 一刀流の, 一向平気, 一寸どうしていい, 一寸可笑しく, 一寸顏, 一度覗い, 一所に, 一折食っ, 一昨日あの, 一生の, 一生懸命に, 一箇の, 万, 三年越しの, 上京し, 上海へ, 下手人を, 不思議な, 不覚な, 中気で, 久しいこと江戸, 二人の, 二重の, 五十二に, 亦ただ一言, 亦時に, 亦照, 京城に, 人並に, 今こそかの, 今そんな, 今にな, 今云, 今年こそ, 今度こそ, 今度といふ, 今度思立って, 今月から, 付き合う, 仲人に, 何かで, 何なり, 何も, 何処かへ, 余程どうかしてる, 俺が, 偉くなった, 働かねえ遊ぶ遊ぶ遊んで, 元気付い, 兄貴から, 充分に, 入会しよう, 全く見, 全部食っ, 八五郎の, 兵隊に, 其毒惡な, 内心此奴の, 出せとも, 出るッ, 初めてさ, 初めの, 判ったよう, 判らなかったよ, 刻って, 功徳に, 加勢する, 助かるらしいぞ, 勘太を, 十七年も, 危うく扉口, 厭だ, 友達である, 取る年, 古本屋を, 可笑しいと, 吃驚した, 同じよう, 同感らしい, 同様だ, 名古屋から, 君と, 君達の, 周子と, 困るし, 地下足袋だ, 地圖太踏みたい, 坊主に, 変つたわい, 外の, 多分さうだらう, 夜明けに, 大いに与, 大分焼が, 大概わかつた, 大間抜け, 好い, 好きだ, 娘さなく, 嫌えな, 嫌ひだそんな, 嬶に, 子供に, 子供を, 安心した, 定九郎, 実に困った, 実は御, 実際そう思っ, 寝る, 察した, 寢そべつて, 小山田と, 小金を, 少しお前, 少しは, 少し旅行, 少し聴き出し, 居候に, 山芋でも, 帯広に, 帰らうか, 年を, 幼心に, 弱ったよ, 彼女も, 往生し, 御輿を, 心強いといふ, 心配し, 忘れては, 忙しいがん, 怖ろ, 思う, 思つた, 思ふ, 悪い, 悪いこと, 悪魔だ, 悲しいやら, 惡かつ, 愈々やられる, 意地が, 愛する者, 懲りつちや, 我がま, 戦争に, 手伝うと, 手前の, 手紙出す, 招かれて, 拾ひ, 捜し歩いて, 探すよ, 改めて宣ろう, 敵に, 敵状視察と, 斎田さんから, 旅に, 旗を, 日本橋に, 明けねえうち, 昔その, 是公と, 暑い思い, 曖昧な, 會社の, 朝倉, 本当に気, 本気で, 来るよ, 東京で, 林の, 柄にも, 根室に, 楽さ, 次の, 止むを, 此処は, 此処を, 武州の, 死にたくな, 死ぬぞ, 死ぬ時, 死んだ方, 段々酔っ, 気に入ったね, 気は, 気持とは, 永年猟師を, 江戸つ, 沙漠先生も, 泊るの, 波子と, 泣けさうに, 涙が, 済まないと, 瀬多, 為やう, 無学だ, 煎餅組に, 照れて, 物好き, 犬には, 獨だ, 甘いもの, 生きて, 生れつき二本差と, 畑仕事が, 異常な, 痛いの, 發狂する, 百姓には, 監視船に, 直き, 相当鞠躬如たら, 眞から, 真実の, 眠れない, 睾丸の, 矢張りその, 知っては, 知つてゐる, 知らないよ, 知り過ぎるほど, 砂糖を, 破滅だった, 秩父香具師の, 稼げる男の子, 立ち去るお前, 立上つて, 笊組の, 笑って, 納得した, 素田でも, 素町人だ, 継母が, 美しくなった, 考えなけりゃならねえ, 考え直して, 考へるが, 聞いて, 聞きたくねえよ, 聴いたこと, 聽いた, 肥えるの, 胸を, 腕にかけて, 自分一人で, 自首し, 舟を, 花見だ, 若い頃, 若くは, 荷担し, 行かう, 行きたいなあ, 行くもの, 行こうか, 行つて見よう, 街へ, 見たこと, 見たという, 見たわけ, 見た俺, 見當, 覗きに, 覚えて, 親内と, 親類廻りは, 覺悟を, 解つた心算だ, 言うから, 言葉を, 誤って, 諦める, 負けては, 貧すれ, 貴島の, 買って, 起きようか, 身体は, 軍曹だ, 轟九蔵だ, 迷つた, 追ん, 逃げるから, 途中で, 速かに, 逸まった, 道子と, 遠からず, 遣ろう, 酔って, 酔ふと, 金儲けの, 鉄砲には, 鎌倉殿の, 長い旅, 長い間十手, 阿母, 降りて, 隆の, 随分智慧, 隠居だ, 隨分永い, 青梅の, 順し, 顏が, 顔を, 風巻も, 飛んだ幸福者, 食おう俺, 飲む, 餌が, 馬鹿だった, 馬鹿に, 鬼子か, 黒いぞと

▼ 俺~ (1460, 4.6%)

22 見て 17 愛して 16 馬鹿に 8 助けて 6 信じて, 待って, 殺そうと, 誰だ, 連れて 5 こんな目, どうしよう, 呼んで, 殺すつもり, 知って, 見た, 見ると 4 ここへ, どうする, 呼んだの, 忘れて, 恨んで, 憎んで, 打って, 殺しに, 裏切って, 見ろ

3 [27件] こんなふう, だしに, つけて, ばかに, やつつける, 人殺しと, 仲間に, 侮辱し, 出し抜いて, 呼び出しに, 喜んで, 大切に, 平次と, 引っ張って, 探しに, 救って, 敵と, 殺して, 殺し得んや, 殺すこと, 殺すの, 相手に, 睨みつけて, 睨んで, 見据えて, 訪ねて, 軽蔑する

2 [100件] あてに, うらんで, かくまって, からかったな, こ, こっちから, そそのかして, そんなに不安, だまそうと, つかまへて, つけねらって, どう思う, ねらって, ひどい目, へべれけに, みつめて, よろこばすもの, アビルの, センチメンタルに, 一人に, 不安がらせた, 不機嫌に, 人間として, 何にも, 侮辱する, 信ずる者, 信用し, 冷静に, 加えて, 助けるの, 包んで, 厭がる, 呼べ, 哀れんで, 嘲笑し, 売つたな, 妙に, 嫌って, 嫌つてゐる, 家へ, 宿めて, 幸福に, 庇って, 引張つて來, 待つて, 御覧よ, 忘れは, 怒らせないで, 思って, 怨むなよ, 怨むの, 悩ますこと, 悩ますと, 抑へた, 招いて, 探して, 探す, 掴まへ, 放免し, 敵の, 昂奮させた, 案内し, 欲しがる, 死刑に, 殺したいと, 殺したの, 殺すという, 殺す気, 殺せば, 殺そうとして, 気狂ひ, 理解し, 生かして, 睨んだ, 矢萩の, 笑つ, 縛って, 聟に, 背負って, 脅迫し, 脅迫した, 苦しめたの, 苦しめようと, 苦しめようという, 苦しめるの, 莫迦に, 見たの, 見ながら, 見忘れたか, 買収しよう, 迎えて, 追いかけて, 邪魔でも, 除いて, 陥れるの, 陥れる罠, 飽くまでも馬鹿, 騙したな, 騙して, 鴨だ

1 [1011件 抜粋] あくまで傷つけ, あの日, あれに, いい二本棒, いい軍士, いじめや, いっぺんにぶっ, いつも誘惑, いよいよ夢中, うさん臭そう, うまくひっかけ, えらんだ, おそったが, おっかながっ, おびき出す氣, おびやかす, お呼びな, お斬りなさる, かついで, かみ殺すに, からかう気, からかって, がっかりさせた, ここまで, この矢萩, この窮境, この身分, こんなに嫌い, こんなに永い, こんなに苦しめる, こんな家, こんな荒野, さえ置き残して, さも大物扱い, さんざん飜弄, しよぴくやうにして此方, じろりと見, すっかり迷わせた, すてて, ぜひにと, そう紹介, そっちのけで, その中, そわそわさせ, た, たしなめるよう, ただの, たぶらかしやがって, だ, だます氣, だ悪漢, つかまえたなり, つかまえること, つかみ取った, つけ狙って, つぶさないの, つれちゃ, とっさに, とめるつてこと, どうし, どうして平次, どう考え, どきどきさせた, どろぼう, なぐれ, なぜこんな, なめて, にらみつけて, にらんで, のけ者に, はじめ多くの, ふりきって, ぺてんにかけて, ほめたが, ほんとの, またか, まねいて, みんなが, めがけて, もう追い越し, やっつけること, やっといて, やりこめるまで, よべ, ウブに, カリガリ博士の, グツと, ケムったがっ, サシたら, ヂツと, ドシンと, ニヒリストに, バカに, バラそうと, ヒヤカシに, 一つの, 一ぺい嵌めよう, 一人前の, 一体何, 一層むっとさせよう, 一廉の, 一歩づゝ人生の, 一生懸命に, 一番幸福な, 一角と, 不思議がった, 中学へ, 之ほどまで, 乱暴に, 人の, 人間だ, 今にも殴りつけん, 今度は, 介抱し, 伴れ, 何か, 何だって, 何とかし, 何に, 何處へ, 使うて, 侮辱し切っ, 促した, 信じないの, 信じろ赤, 信用も, 俺の, 倉川に, 傷つけた, 傷つけるやう, 兄と, 児の, 入れろ, 公平に, 凶暴に, 出し抜こうたって, 出来るだけ, 切っては, 切支丹だ, 別にケム, 刺そうと, 前線へ, 助けた, 助けよう, 励ますつもり, 勉強させる, 勾坂甚内と, 医者にばかり, 占い, 厭がらせる, 反噬し始めた, 取り巻いて, 取巻く色んな, 口説いて, 召捕るか, 可愛がって, 叱りとばしたし, 右翼と, 向うに, 吹き砕け, 呪ったあの, 呪詛っ, 呼びとめた, 呼び棄ての, 呼び止めたの, 呼ぶからには, 呼ぶもの, 呼ぶ波子, 呼べば, 呼んだは, 呼出さなかったん, 呼出す迄も, 和泉の, 咎めるその, 喜ばせたが, 嗤うん, 嘲弄し, 嚇かしつけ, 嚇そうと, 困らすの, 困らせる積り, 圧倒しよう, 圧迫した, 地主だ, 坊主に, 塩漬けに, 壓追する, 売ったの, 売つたかと, 売りやしないだろうな, 外へ, 大事に, 大菩薩, 夫の, 女で, 好いてるわけ, 好かなくなりやがったん, 威かして, 嫉妬し, 嫌うなら嫌って, 嫌つては, 嫌ふなら, 嬲る気, 守って, 宗皇帝の, 家の, 寧ろ幸, 射ち殺そうという, 尊敬したら, 尋ねて, 導いた, 尾行し, 尾行るらしい, 島流しの, 巾着切だ, 帰らせたいふう, 幕府の, 庇うと, 廊下に, 弄んだ, 引き合, 引っかけようと, 引っ張り出したこと, 引っ張るの, 引つぱり, 引ぱり出す, 引出そうという, 引張るやう, 弟子に, 張出さう, 強くし, 強請りに, 強迫した, 役者だ, 待ち待ち, 待ってる気遣い, 待つもの, 待ツて, 心から待った, 心の, 忘れたの, 忘れるッ, 怖る, 思い出した, 怨むな, 怨む事, 怨んでは, 恋するやう, 恐がらなくっても, 恐れて, 恨んでも, 悩ましに, 悩まし殺そうと, 悪党だ, 悲しませて, 惑わして, 惱まして, 意気地無しと, 愚弄した, 愛さず絶えず, 愛した事, 愛しては, 愛するよう, 慰めて, 憎む, 憎むの, 憐れがっ, 憐れんで, 所有し, 打ち倒せ, 打つとも, 抑えつけ眼, 抜いて, 抱きしめよ, 抹殺する, 拒むみたい, 招いたの, 拜んだ, 拾つてよ, 振り捨て行方, 捉まえ, 捕へた, 捕まえて, 捕まえようとして, 捕まえれば, 捨た, 捨てるの, 探してるん, 探偵し, 掲げて, 描いたん, 握つて, 撲っただけ, 撲って, 支えて, 支配し, 放せ自由, 放て, 救い出すと, 散々餓え, 敬って, 敬遠しよう, 斬ったな, 斬るため, 日本一の, 明け暮れ苦しめる, 木偶だ, 束縛し得る, 案じて, 棄てた時, 棄てるか, 欺いて, 欺そう, 止めた, 此穴から, 死人扱ひ, 殴ったの, 殴れ, 殺さすつもり, 殺さぬなら俺, 殺しちまった帰れ帰っちまえ, 殺し得んやと, 殺すかも, 殺すん, 殺そうとは, 毒殺したい, 気絶させおった, 氣の, 汚贖, 汽車に, 泊めろ, 満州へ, 滑稽人物か, 無理に, 無礼討に, 無縁の, 無視しよう, 照ちゃん同様に, 父親の, 牢から, 犬に, 狙うか, 狙つた和蘭渡りの, 狼狽させ, 王様だ, 理解する, 生きた人, 生むと, 生んだ母, 生意気だ, 番頭は, 疑い出したん, 疑うだろう, 疑うもの, 病人と, 白い眼, 盗ッ人と, 盗児と, 目付け, 盲目だ, 直視し, 眺めて, 睨みながら, 睨んだが, 睨んだ中尉, 瞞そう, 知ってるはず, 知つてるだらう, 知らなきゃもぐり, 知らねえか, 砂馬に, 確認し, 突き飛ばした, 突っ放して, 窓から, 窮地から, 笑うという, 笑わせるない, 紹介し, 組立て, 絶えざる脅迫観念, 総理大臣に, 縛ること, 罪に, 罷めさせられるには, 考えさせて, 肺炎で, 背負うて, 腐らせた, 與一兵衞に, 船長の, 苛だたしてやろう, 苦しめたこの, 苦しめた奴等, 苦しめる, 苦しめる不動様, 荷物に, 藤棚の, 蟲ケラの, 行かせて, 袖なんぞに, 裁判所へ, 裏切るだろう, 褒めるとは, 襲うて, 襲って, 見おろして, 見たから, 見たらへん, 見つけ出して, 見てね, 見てる娘っ子, 見る, 見る時, 見わすれたか, 見下げ果てて, 見守って, 見張つて, 見抜いてや, 見捨て走り去った, 見損なったな, 見棄てまいな, 見立てて, 見込んで, 見限り下界, 覗くん, 親分とこそ, 言ひくるめた, 討たぬつもり, 討つこと, 討つ気, 訪問した, 許嫁の, 診察し, 話相手に, 誘き出そうと, 誘ひ出した樣子, 誘惑する, 誰と, 警察へ, 負って, 買ひ, 賊の, 赦したがって, 起こすん, 起しに, 路地に, 踏みつけても, 踏みつぶせよ, 踏付けやが, 蹴れば, 軍と, 軽蔑してる, 辱か, 迎えに, 迎へて, 迫害する, 追い出したかったの, 追い立てたので, 追い越して, 追っかけた浪人, 追って, 追つかけ, 追ひ廻して, 追掛けやがる斑犬, 逃がしたの, 逃げさせて, 通した, 連れ出さうと, 進めお, 遊ぶ心算, 道學先生には, 遣って, 選んだの, 邪険に, 酔っ払いだと, 酷い目, 醜男だ, 釣りあげる奴, 釣ろうとの, 鉄格子越しに, 銭なし, 長男に, 附けて, 陥れて, 隠して, 隠密に, 面白がらせ, 頭に, 頼つて居る, 風巻は, 香具師だ, 馬鹿の, 馬鹿者に, 験す気, 騙したろう, 騙しやがった, 驚かせた, 驚かせた照井静子, 黙らせたの

▼ 俺~ (1313, 4.2%)

19 言った 9 とつて, 向って 8 しても, まかせて, 任せて 7 とっちゃ, 話して 6 何か, 言って 5 だつて, 似て, 何の, 眼を, 訊いたって, 訊いたつて, 酒を 4 したって, 丸万は, 取つて, 告げる, 従いて, 恥を, 教えて, 相談する, 迫って

3 [17件] こんなこと, して, むかって, 何が, 取って, 告げた, 必要な, 手を, 気が, 渡して, 用が, 矢萩を, 知らせて, 見せて, 言はれた, 話した, 逢ひ

2 [100件] あるん, あんな憎悪, いやな, お前の, お嫁, お辞儀を, かくして, くれ, これを, こんなもの, ささやいた, しちゃ, してからが, すれば, そう言っ, そつくりぢや, それが, それを, そんな見識, とっちゃあ, どうしろ, なんの, まかせろ, めんじて, ゃあわかってる, やつて, よこせ, わかるもの, リン病を, 与えるよう, 云わすれば, 人間らしい心, 仇を, 仕えて, 代って, 会ふ, 会見を, 何を, 俺が, 俺は, 借りて, 出した, 別れの, 勲章を, 取っては, 向つて, 問うか, 執っては, 声を, 嫁を, 寄り縋る者, 對する, 少し考え, 尻を, 弁護士に, 思わせた, 悪態を, 感謝する, 敵対する, 来る者, 泣いて, 濡れ衣を, 狼狽を, 用事が, 畜生道の, 白羽の, 相談を, 紹介した, 罠を, 罰を, 考えが, 聞けと, 色目を, 見せまいと, 言う何, 言ったこと, 言った言葉, 言わせると, 言わせれば, 言葉を, 訊きたいこと, 詫びた, 話しかけるのに, 説教する, 読んで, 譲って, 責任を, 貸して, 貸せ, 足腰を, 返さなければ, 迫ったの, 逢いたいと, 達引い, 邪魔された, 附いて, 降りられないこと, 随い, 隠れて, 隱し

1 [904件 抜粋] ぁ, ああされ, ああした最後, あいつの, あくわしい, あずけて, あちゃんと, あったらそれ, あって, あの二度目, あやまって, あやまるよう, ある, あるよ, あれが, あんな思い切った, あ用, いくらで, いたずらを, いったよ, いつまで, いまもしも, いわせりゃどう, いんねんでも, うたせよ, うどんを, うむと, おかみさん, おくつて貰ひたい, おっ惚れてな, おぶされ, お吉, お茶を, お頼みし, かかせろよ, かならずサック, くつの, くれいとか, くれた人, くれて, くれないか, くれや, くれるという, くれんか, くんないかね, くんろ, こう云いかけた, こう言っ, こっそり女, このおしゃべり, このやう, このリン病, この女, この旅舎, これ以上もう, こんなに小粒, こんなに迷惑, さからうよう, ささやきかける灯, しっぺ返しを, しては, しろもう, すりゃア, せがむよう, そうした気持, そうとは, そうなる, そう言う, そそがれた運転手, その問題, その話, その身, それ程の, そんなところ, そんな借り着, そんな面白い, たずねた, たのむ以上, たまげた, だつて云, だつて自分, ちょいと, つきあうか, つきまとう, つきまとってるん, つづけ, つれそって, できるの, とってと, とれば, どんな復讐, どんな罪, どんな責任, なぐり殺されるより, なぜ親切, なびいて, なるぞ, なるの, なんだ, なんとも言えない, ねだつた小麦, はいらないという, はいらないといふ, はまるで神聖, ひどくあたる, ふしぎな, ほんとに惚れた, まかして, まかせなくては, まだ人, めしを, もしもの, もし子供, ものを, ゃあちゃんとわかってるんだ, ゃあわかってると, ゃもうやっていけなくなった次の, ゃよくわからねえちって逃げを, ゃよくわからねえどうも, や, やあよく, やあエドワァドさまの, やって, やっぱり惚れ, よく似た, よこしたらいい, わからないと, わかりそう, わざわざリン病, オトナに, サナトリウムには, ネムラせ, パイ一飲ませなけりゃ, ベンカン, ワーリャを, 一つ二つ訊かし, 一分の時間を, 一揖した, 一目おいた, 一言それを, 一言云っ, 一頁書かし, 万一の, 三円の, 下手人の, 不斷, 与えた, 与えて, 与えられた時間, 与へ, 中ったらこの, 乗りうつつ, 云い中, 云ったって, 云ったの, 五六十は, 交際つてゐない, 人を, 今夜一と, 仕えぬか, 仕事を, 以上の, 任して, 任せといて, 任せるん, 任せろ, 会いたがって, 会いに, 会ひたかつた, 会わせたい男, 会心の, 似た喰逃, 似てるかなあ, 似てるの, 似やがった, 似るの, 体あたりを, 何かを, 何と, 何にも, 何も, 何事も, 來る, 依ツ, 信心深, 信頼が, 借したの, 働けと, 入れなんて, 内密で, 出て, 出てけ, 出来ない法, 出来なかったの, 出来ると, 出頭命令が, 刃向っ, 分らない筈, 分るもの, 判らなかつたらう, 判るわけ, 制作を, 前もって言っ, 剖かれる, 加えるが, 助けられた連中, 勇気と, 勝ち目が, 勝てると, 勝目は, 匂わせた, 半分くれる, 厭がらせ, 反いた, 反感を, 取ツ, 取ツちや眞箇偶然, 召しとられるお, 同意を, 向かわせる気, 君の, 呉れたん, 告げたが, 呑み込ませ度, 味方する, 呼びかけたの, 呼び起すため, 命令し, 咄し, 問い詰められると, 問ひ詰められる, 喧嘩を, 嘘を, 囁く, 執っちゃあ, 堪え得る事, 場所を, 売って, 売り付けたの, 売れその, 夢遊病の, 女の, 好い感じ, 好く似, 如何なる孤独, 妻子が, 委して, 子供が, 学費を, 寄り添った四・五・六, 小さな家, 少し解しかねる, 局長の, 川上機関大尉の, 差し出して, 帰るところ, 当ったという, 当りゃお, 当分ここの, 彼奴が, 従順に, 心の, 応援に, 忠義の, 念を, 思い出させた中年, 思わせる, 思案が, 怪訝の, 恋して, 恐ろしいの, 恥をか, 恩を, 悪い気の毒, 情熱的に, 惚れたん, 惚れて, 意見を, 愛を, 愛情みたいな, 愛想を, 感じさせたが, 感じさせる声, 感化された, 感心した, 懲りねえの, 戻るの, 手傳ふ, 手渡した, 才智が, 打ち明け死んで, 打克った, 投げかけて, 投げつける気, 抱かして, 抱きついて, 指でも, 挑戦し, 捧げた, 接吻を, 接近し, 握手を, 教えた, 教えないん, 教えようと, 教へ, 散歩を, 文学を, 斬って, 斬りかけて, 斬りかけようと, 斬りつける氣, 斯うし, 新派の, 早く死ん, 是れ, 暇を, 書く舞台, 有利な, 朝倉の, 来たる者, 来るの, 楯突こうという, 構うな, 構わず行って, 正案, 死ぬ気, 残されて, 残りを, 殺された男, 比べて, 気がつくん, 気づかなかったの, 気づくと, 決断が, 泊って, 泊つ, 波子の, 注いで, 洩らされたん, 海を, 渡さなかったん, 渡さなかつたん, 渡すと, 漲ったせい, 濡衣を, 火つけ, 無断で, 無駄を, 独力で, 玩具に, 生き面, 生写し, 生活者に, 用事か, 疑いを, 疑はれる因, 疑われたと, 病気にでも, 百成は, 目星を, 直ぐ来い, 相談し, 相談しろ, 相違な, 眼配せ, 睨まれたが, 知らして, 知らせずに, 知らせなさい, 知られるの, 砂馬の, 示した, 示して, 礼の, 祟るから, 祟る堂, 突き飛ばされて, 笑いを, 第二, 素直について, 紹介したつ, 紹介する, 組みしかれた, 続け, 編輯を, 縁故の, 縋るよう, 考えさ, 考えさすという, 聞いた, 聞かして, 聞かれたが, 聞くので, 聟に, 肱鉄を, 腕を, 自分の, 與へ, 興味の, 若しもの, 苦痛を, 萬一の, 蘇えらし, 虫を, 行くとこ, 行って, 襲って, 見せたあの, 見せたいばかり, 見せな, 見せようという, 見られた, 見付かつ, 見附つたが, 覚えさせた点, 親切だ, 解らない, 解るもの, 言う, 言うが, 言うみたい, 言ったが, 言った通り, 言はせ, 言はせる, 言ふ, 言わせるの, 言わないん, 訊いた, 訊いてからに, 訊くこと, 訊くまでも, 託した手紙, 許された唯一, 許された最, 許したと, 訴えて, 話さなかったん, 話したこと, 話し度, 話すが, 談判を, 謎々を, 謝罪っても, 譲つた返礼として, 譲れ, 讓与せよ, 負けては, 貸せッ, 貸金の, 賑やかな, 跟い, 軽く頭, 近づいて, 返したが, 返せ, 迫りたくは, 追い縋った, 逃げましたかと, 造れる, 逢って, 進めた奴, 違ひねえ, 遠慮は, 適しない, 都合の, 酌を, 酒の, 金が, 金儲けを, 銀時計を, 銃を, 開けられないもの, 間違いはねえ, 関係する, 関聯し, 関連させ, 附けさせろつうので, 降されて, 限つた, 陰膳を, 陸路を, 隠して, 隱してる, 難事件を, 面白かった, 預けたん, 頭が, 頼みが, 頼んで, 顔を, 食って, 食は, 食慾が, 飲ませて, 魔が, 默つて, 黙って, 黙ってるだが

▼ 俺~ (958, 3.0%)

10 の酒倉 9 の仲間, の方 8 の手, は 7 と同じ, は何 6 のやう, の世界, の眼 5 の組合, は俺達

4 [11件] と一緒, のもの, の前, の力, の敵, の生活, の胃の腑, の運動, はこの, はその, は負けた

3 [13件] が行く, じゃない, と一処, の代表者, の先祖, の胸, の身体, の顔, はそんな, はな, は今, は自分, を馬鹿

2 [59件] がお, がこの, がこの世, しか味方, だ, にしろ, にとつて, には俺達, には謎, に用事, のこと, のする, のため, のよう, の仕事, の代表, の分, の国, の国土, の工場, の教会, の数, の村, の歴史, の深い, の火の手, の目的, の耳, の腕前, の血, の複雑, の親父, の計画, はここ, はこんな, はどう, はみんな, は侯爵, は先, は出来る, は力, は地獄, は愉快, は最後, は朝鮮, は無意味, は現代, は結婚, は色々, は輝かしい, は食えぬ, へ飛付いた, まで川, みて, も仕事, よりわるい, より四半刻, をどう, を侮辱

1 [671件 抜粋] あみんな, あもう, あ仕様, あ何, あ止しやしねえ, あ美しい, あ許婚, あ食う, からなん, から愚痴ッ, から欲しい, がいつも, がお前, がお天道様, がけえ, がこう, がこれから, がしつかりしなけ, がちょっと, がどんな, がなんだか, がひどい, がみんな一緒, がゐる, がガンバラ, がホント, が一番仁田四郎, が一番先, が作り上げた, が來, が働かなかったら, が八方, が勝手, が厭, が口, が召集令, が味方, が夢, が好い, が妻子眷族, が差詰め, が帰れる, が強く, が悦び, が拵, が捜し, が撃ち合っ, が明日, が来る, が松吉, が此処, が此處, が死ぬ, が気付かなかった, が江戸, が病気, が眼, が知らねえ, が破る, が窓, が米, が美, が聞い, が自分達, が若し, が蔵, が調べよう, が警察, が谷, が酒場, が長尻, が預かってる, が飢え死に, が飲ん, が首, こそ村瀬さん, この全部, だけじゃない, だけでぶつ, だってこれ, だって奴, だという, でする, でも往來, としては何とも, とすれ, とは大, とは親, とは違, とは違つて, と他所他所, と俺達, と同道, と附き, ならとう, に, にとっての福音, にとっては死んだ, にとって見れ, にはてんで, にはよく, には冬, には判らない, には向かない, には特典, には発意, には相応, には神棚, には解らぬ, には食物, にばかり働かせや, にもち, にもよく, にも芸術, にも見せ, にゃそれ, にゃァ, にゃ一文, にゃ分らない, にや, にやとても, にゆとり, にャ, に一臠, に不足, に事務所, に咎, に安全, に尾けたの, に引き渡せ, に当てつけ, に手, に手傳, に掠奪, に気づかぬ, に祟る, に義理, に聞かせない, に見せびらかす, に言つて, に話し, に跟, に酒, の, のあしおと, のうち, のこの, のこれ, のそのまま, のつけ目, のどこ, のなくした, のば何ん, のやつ, のオヤジ日本共産党万歳, のガン張り, のドリアンぢ, のピケ, のポケット, の一, の一座, の三人, の上, の世紀, の両親, の中, の云う, の云った, の交渉, の仲, の仲間十五人, の任務, の作った, の俸給, の元, の党, の初め, の勝利, の勝手, の友情, の合宿所, の名, の味方, の商売, の団結, の圏内, の執拗, の大事, の太股, の女, の好意, の如く, の威力, の子供, の孫子, の居場所, の建設, の役目, の後, の得る, の御, の忍び込んだ, の忙, の思う, の急所, の恋, の恩人, の憂, の憂鬱, の戦力, の手柄, の手足, の持っ, の掛合, の掛合い, の支持者, の故郷, の方ぢ, の時分, の最初, の朋友親戚, の本, の本当, の枝, の正義, の歩哨, の歩哨戦, の気, の気嫌, の清興, の漁場, の煖炉, の状態, の理想, の生きた, の生れた, の申し合せ, の目, の真赤, の知, の知った, の知らない, の知り合い, の社会, の祖先, の空想, の窟, の笛, の米, の糞力, の考え, の考える, の耕地, の能力, の腕, の腹, の船, の芸術運動, の苦しみ, の行き, の行列, の親愛, の言葉, の誰ひとり, の谷国, の足音, の身躰, の農場, の達者, の邪魔, の部落, の酒宴, の酔, の重荷, の鋭利, の鎖, の間, の陣, の陣営, の隠忍, の頭上, の頼り, の飲代, はあくまでも, はあらかた, はいつ, はお, はおしまひ, はおどった, はお蔭, はき, はこ, はすきこのん, はすっかり, はそう, はそこ, はその他, はとう, はところが, はどんな, はもう, はもの, はやけに, はウヌ, はソレッキリ伊那少年, はビラ, はメリケン粉, はロールツヒ先生, は一人, は一体, は一足先, は万葉人達, は世にも, は両親, は之以上, は二回戦, は五月祭, は人, は今宵, は今年限り, は何より, は何度, は何故, は何時, は余り, は余りに, は例, は働く, は兩親, は刃物, は別, は前衛闘士, は半殺し, は厳重, は各々, は吻, は命, は喧嘩, は囁き合った, は困る, は土人軍, は地下, は堂々, は外, は大, は大分酔つて, は大変, は大急ぎ, は夫, は妨害, は子供, は家, は少々, は弾丸, は待っ, は後, は徹底的, は怒鳴られる, は怖, は恐らくは, は息, は戦略, は揃い, は敵, は斃, は早, は暮し, は柱, は案外まだ, は楽しい, は此処, は死のう, は死ん, は毎年一度, は毎日, は江戸, は汽車, は泥坊, は清, は生れ, は生甲斐, は町方, は百姓, は皆, は真実, は知らなかった, は石神様, は立上, は紫塚造船所, は考えた, は聞いた, は胸, は自由, は芸人, は茶館, は薄く, は西洋流, は見た, は誰, は負ける, は貧困, は赤旗, は踊っ, は逃げなけりゃならん, は逃げ出した, は遠く, は酒, は鋼鉄, は闘争, は除草機, は集合, は飛ん, は食う, は食っ, は騷ぎ, は黒ずみうずくまる, は黙っ, は鼻, ばかりだ, ばかりのよう, ばかり愉快, ばかり眠, ばっかりコンナ, へ主人, へ呉れやがる, までも皆, もはあ, も一番改心, も乱暴, も人間, も今に, も仮面, も危ない, も君, も君等, も左, も年, も引, も探し, も早々, も早く, も歌, も此処, も殆, も海岸, も煙草, も生き, も銀ブラ, やとても, や南瓜, よりずっと, よりも悧口, より凡そ二三段下つて, より勝れてる, より十倍, をお, をからかっ, をしこたま, をしめて, をだし, をつくる, をにらん, をば非道, をめん, を一様, を何者, を出しぬい, を助ける, を咎め, を売り飛ばした, を失った, を妙, を威圧, を待つ, を怒鳴りつけた, を思想悪化, を打つ倒さう, を批判, を救っ, を殺せ, を牛馬, を眼, を知っ, を破壊, を縛った, を裏切り, を見, を解放, を討っ, を贔屓, を運ん, を騙す, んところ, ァあの, チョット困ら, ノ敵, 本当に殺される, 死んでからも, 第一小作, 食うか

▼ 俺~ (763, 2.4%)

13 の方 5 おめ, はこの 4 がにや分んねえ, だ, のこと, はまた, は俺ら, 見て

3 [16件] がここ, がな, そんなこと, と一緒, には解らねえ, の家, の手, の胸, の身, はあの, はお前, はここ, はこれから, はまだ, は何, は知らねえ

2 [56件] か俺ら, がその, がそれ, がひとり, が悪い, が見, だから, だつて, で相談, とつて, と二人, と同じ, と約束, どうした, なんぞは木下流, におくれ, にし, にとっ, には訳, に御馳走, に相談, のお, のため, の仲間, の前, の力, の商売, の女房, の役目, の文明, の耳, の言う, の身分, はあ, はお前さん, はその, は一人, は心配, は旅, は米友, は考えた, ほの, もこん, もそう, もその, もはあ, もはア, ももう, も仲間, も此処, も行く, や姥, を打った, を擦っ, を縛る, 知らねえ

1 [556件 抜粋] あおめえん介抱, あただ, あどうも, あの人大好き, あの女, あもう, あれさ, あ一, あ仲間, あ佳味えつ, あ俺, あ嚊, あ壯, あ家, あ感, あ戦争, あ押売, あ知つて, あ若い, あ酔った, いつそ, え, おとつ, かうい, かう見えても, から聞い, から身ぐるみ, がきっと, がする, がそっと, がちゃんと, がどういう, がどこ, がなん, がなんとか, がには来くさらぬ, がにも越せ, がにや引つた, がむしやらな, がもん, がも困るだ, がウン, がマジダ, が一生, が世話, が事誰, が今, が今ここ, が付い, が仲間, が來, が先, が十, が口, が口惜しい, が嘗め, が困る, が城, が天満宮, が家, が座主, が後ろ, が怖い, が急ぎ, が急所, が悪かっ, が悪者, が担い, が掛合い, が方, が智恵, が本所, が来, が来た, が柳原, が欲しい, が申しわけ, が町, が知つた, が筆, が背中, が自分, が蝶々, が行こう, が解い, が豪勢, が身上, が身投げ, が送っ, が逃げりゃ, が通っ, が都会, が金, が隠, が骨, きっと役立たせ, こげえな貧乏家, こつちの, こつちの方通, こんで, こんでも, こんなに肉刺, こんな身の上, して, じゃあねえ, じゃない, じゃねえ, すんだら, その人, その公事, それ程で, そんなこ, そんな噺, だけで片付けます, だけは知っ, だってまるっきり, だって好ん, だって烏合, だつて大, だつて成, だまって, だらさうだいや, だら勘次等位, だら生かしちや, だら立派, だ喧嘩, ついうとうとし, でこれ, で自前, といういわば, ときた, とのいい, とは代り番こぢ, とは働き様, とムク, と仲よく, と兄貴, と同等ぢゃねえか, と思う, と杉さん, と来たひ, と行く, どうせ癒, どつち, どんなに心配, なぞは宵, なぞは昔, なら位置, なんにも, なんぼなん, にこん, にさ, には, にはそんな, にはどう, にはどうも, にはね, には何より, には全く, には意味, には愛想, には気恥しくっ, には金, にも幸福, にも明かせ, にも知れよう, にゃもうわかってる, にゃア手, に一口, に中継ぎ, に仕返し, に会いたがる, に何, に委せる, に手, に最初, に気の毒, に続け, に縄, に聞かせ, に聞かなくっ, に逃げ, に逆らった, に酒, のお伴, のお株, のこの, のこれから, のすき心, のすじょう, のところ, のほか, のやう, のよう, の一座, の上, の上った, の上納米, の仇, の仇名, の仕事, の代り, の仲, の例, の収穫, の口, の古巣, の唄う, の国, の声, の太陽, の好き, の姉さん, の姿, の嫁さん, の尋ね, の小, の幼, の引込み, の心臓, の思う, の性, の性分, の恩人, の感情, の懐中, の所, の所為ぢ, の敵, の旗, の昔, の本心, の村, の槍, の歩きつき, の歯, の死んだ, の泊る, の浜路さん, の演壇, の獲物, の生きとる, の番, の着物, の知, の知った, の竿, の精神, の腕, の腕っぷし, の船, の芸, の行手, の親分, の親方, の身体, の追い剥ぎ, の追分, の運勢, の部屋, の金, の面, の頼み, の食い物, は, はあいつ, はあ要らねえ, はいい, はいつも, はいま八幡様, はうれし, はお前たち, はお前達, はお礼, はこういう, はこれ, はこんなに, はさ, はさっき, はそう, はそこ, はその間, はただ, はただこうして, はただ金, はちっと, はちょっと, はできねえ, はどう, はどうも, はなあ, はほんとに, はもう, はもっと, はもつ, はやった, はア, はアメリカ人, はムク, はモウ小遣銭, は一体, は一寸, は一文無し, は一生懸命, は不賛成, は主人, は井戸, は伊勢, は会社, は出る, は別, は勇敢, は去年, は善人, は大嫌い, は大湊, は天才, は奉公, は女, は嬉しく, は宙乗り, は山, は広小路, は従兄妹, は御岳, は急ぎ, は悪人, は戦争, は手前ら, は捕らねえ, は早く, は明日, は本来兇状, は此辺, は海, は片足, は物貰い, は獣人族, は生活そのもの, は甲州, は疲労, は癪, は真剣, は知らねえけん, は素敵, は総立, は習っ, は自衛, は血走る, は行く, は裟婆, は裸, は褒美, は酔, は醜男, は鉄砲打, は鉄門, は隠, は飲めねえ, は饑, は駕, ばかり悪い, ほんとに嬉しい, ほんとに安心, ほんにごせ, ほんにはあお, ほんにやんだ, まあだち, また, またこつ, むかつくこと, もあれ, もう一文, もう十三, もう少しで, もおかしい, もお伴, もお前, もこ, もこう, もそれだけ, もつと, もつれて, もどうか, もな自分, もはじめ, もひどい, もよ, もようやく, も二三人, も今ん, も利口, も助太刀, も危なかっ, も吃驚, も同じ, も咽喉, も品, も実は, も当分, も悪い, も手, も探す, も槍, も水, も浜松, も燈籠, も知らなかった, も知らねえでた, も突き落され, も繋がる, も習っ, も聞きたい, も若け, も落胆, も行ぎてえわ, も身体, も近頃, も面, も驚いた, やあつ, やるん, よめねえよ, を, をこんなに, をひどい, をよく, を仲間, を何ん, を使い廻す, を使っ, を働かせ, を取, を叩き落そう, を嬲るのけ, を引張っ, を打ち据えおった, を捨てよう, を斬る, を暫く, を横眼, を死罪, を気の毒, を狩り立て, を生かしちゃった, を疑っ, を診, を調戯, を追, を酒, ァいや, ハッキリ睨んだ, 仕やう, 偉いこと, 働くにゃ, 働くもの式, 全協, 其の手拭, 其の雀班, 出すめえな, 困るん, 帰ると, 張ったの, 強かつたかんな, 忘れて, 忘れてたつけ, 怒つたつ位遁げ, 思ふんぢ, 急いで, 恥しいの, 恥ずかしがり, 持つて, 探して, 暗いとこ, 暫くこつち, 暫くやんねえ, 暫く來, 本當, 止めた, 止めた売れ残り, 死んだつて関, 決して冗談, 盗み出したの, 直ぐアジプロ部, 真平だ, 知らないから, 知らねえで居た, 知らん, 知んねえ, 聞いて, 聞いてたな, 若しもの, 被んねえよ, 裏返り美人局, 要らねえや, 見た笹, 迎えに, 逃げるぜ, 頼まれた, 飛びてえなあ

▼ 俺には~ (762, 2.4%)

12 腑に 10 俺の 8 わからない 7 解らねえ 6 何が, 何も, 見当が 5 それが, 出来ない 4 どうも腑, 分らない, 見當 3 おもち, この女, そんなこと, 一人の, 不思議な, 別の, 自分の, 解らぬ, 関係の

2 [55件] お前が, けして, これが, そうは, その美し, それを, そんなよう, とてもつい, どうもお前, どうもそんな, どうも彦太郎, どうも解らねえ, どうも面白い, ない, なかった, はがゆくも, ほんとうだ, よく分つ, よく判っ, 一向覚え, 不思議でならない, 何うし, 何とも云はず, 何んにも, 全く悉くが, 初めから, 判らねえが, 十分な, 堪えられん, 少しばかり, 少しも, 少し望み, 惨劇が, 想像が, 手掛りが, 本當, 楽しみが, 段々判つて來, 気に, 漸く曲者, 無い, 物を, 目に, 縛る力, 縛れない, 自信が, 興味が, 解って, 解らない, 解らないどうして, 解らないよ, 解る筈, 訳が, 諦めて, 金が

1 [548件 抜粋] あきらめられない, あのおもち, あのニヒリスチック, あの女, あの婦人, あの男, あの邸, あらゆる女, あれが, あんな戦ひ, あんまりよく, いやな, いよいよ判らなく, うまく言えない, おきないだろう, お主, お前と, お前といふ, お前に, お前の, お前を, お前達が, お菊ちゃん, かなりの, からくりが, くやしかった, こういう処置, こういう惨憺, ここを, この世が, この世の中, この方, これで, こんなバカ, さう, さっぱり見当, さつぱり, しかしその, しよつちうそんな, そうしたこと, そぐわないしっくり, そのて, そのよう, その了簡, その仔細, その小娘たち, その方, その泥棒, その相手, その言う, その資格, それだけが, それだけの, それは, それ以上を, そんなふうに感じられた, そんなもの, そんな予感, そんな度胸, そんな形式, そんな心あたり, そんな暇, そんな気, そんな気持, そんな氣, そんな物打, そんな生気, そんな能力, そんな話, そんな銭, ぞっとする, たしかに不運, ただ決心, だらけた生活, だん, だんだん分っ, だんだん判っ, だんだん解っ, ちっとばかり, ちっとも解らない, ちっとも訳, ちゃんと住所, ちゃんと分っ, ちゃんと名前, ちゃんと成算, ちゃんと解っ, ちやんと, ついこの間, つきり, できた, できない, できない俺, できねえ, できねえでございます, とうとうわからなかった, とっくから, とてもこんなに巧み, とてもできねえ, とても出来ない, どうしても, どうしてもできない, どうしてもできん, どうしなけり, どうする, どうにもできない, どうも判らない, どうも呑, どうも恐ろしい, どうも見, どうも見当, どうやら解けたらしい, どぶろくだけが, どれほど羨し, どんなこと, ないはず, なじみの, なんだかさっぱりわからない, なんの, はなはだ物, ひとりの, ひどく魅力的, ふさわしくない, へえ何, べつにいい, ますます判らなくなっ, また却, また腑, まだはっきり信ぜられなかった, まだはっきり分らない, まだわからない, まだ一つ, まだ居る, まだ左腕, まだ希望, まだ未練, まだ死ぬ, まだ渡さぬ, まだ片付けなき, まだ腑, まちがえば, まったくなんにも見えなかった, まるで縁, みんな解っ, むかむかっと, めでたくない, もうあの, もうこれ以上, もうそれ, もうなんらの, もうわかつた, もう何, もう右足, もう親父, もっと別, もっと良い, もはや少年, やって来ないかも, やつぱし自分の, よくわかつ, よく分らない, よく分らねえ, よく分らん, よく意味, よく理解, よく腑, よく解, よく解っ, よく解った, よく解つて, よく解る, れつき, わかって, わからないよ, わからない何ん, わからぬ, わからねえが, わからねえん, わかりませぬなあ, わかるよ, わけが, デビル・フィツシユさへ, ハッキリ見え, フェエナゴ, ワケが, ン, 一つだけ, 一つの, 一コペックごとに, 一切恐怖は, 一向解らない, 一寸出來ない, 一挙両得な, 一本の, 下手人は, 不可能である, 不可解だった, 不思議だ, 不服は, 不本意, 不満だった, 不用の, 不要な, 与えられて, 世話が, 之を, 乾児など, 二つも, 二度不運が, 云えない, 人間の, 今度の, 仔細を, 仕事が, 他に, 伯父の, 佐幕の, 何とも言, 何にも, 何の, 何もかも判った, 何もかも物珍しく, 何もかも解, 何もかも解った, 何よりも, 何んの, 何一つ希望, 何事も, 余りに十分, 保存慾は, 信じられない, 信じられぬ, 俺自身からの, 俺自身を, 借金が, 優しい感情, 充分な, 光らうか, 全く何, 全然意味, 出さねえところ, 出来かねる, 出来さうも, 出来そう, 出来ないがな, 出来ないといふ, 出来ねえ殺生, 出来るといふ, 分ってる, 分ってるん, 分らないが, 分らないよ, 分らなかった, 分らなかったが, 分らねえ, 分らねえよ, 分る, 切腹なんぞ, 初耳だ, 判って, 判らないこと, 判らん, 判るぞ, 到底あいつ, 刺戟が, 力が, 勇気が, 勢力が, 勤めが, 南風が, 単独の, 即ち幸福, 却って嬉しい, 却って幸い, 厭な, 友達も, 反対に, 古沼, 可愛かった, 右足が, 名なんか, 名前が, 向かぬ, 君の, 君は, 呑みこみにくい, 呑み込めねえ, 呑み込めねえこと, 咲かないの, 堪らなかつたん, 変に, 夙から, 夜が, 夢の, 大事な, 大分わかつ, 大声で, 大変な, 大抵判つて居る, 大方わかつ, 大方下手人, 大方判った, 大方判つた, 大方見, 大方見当, 大概見当が, 失敗した, 女は, 女難が, 好きだ, 好きな, 好都合な, 娘が, 嬉しくそれ, 嬶が, 子供を, 宗教的の, 宝の, 実に好ましい, 家の, 宿命であったろう, 寝ぼけ眼が, 寧ろ太吉, 小作が, 小敵だ, 少しわかりかけた, 屁でも, 左だ, 常に喜び, 常に理想, 年とった, 引けない, 引出せない, 強いて, 彼の, 微塵も, 心が, 心地よかった, 必要なくなっ, 志が, 忘れられない詩, 忘れられねえ味合, 快い気持ち, 怖い, 思い切れぬ, 思へないよ, 思われるの, 怪しく思われ, 恐ろしい, 惚れて, 意外な, 憎し, 懐しく思われ, 我慢が, 手が, 手下は, 手前え, 手足纏ひだ, 扱い兼ねる, 拝ませても, 故郷など, 救ひ, 敵うまい, 敵わ, 文字という, 文章は, 斬れない, 斬れないの, 旧知の, 明りなんか, 明瞭に, 曲者の, 書くこと, 書けぬ, 書斎が, 最初から, 有難い, 未曾有な, 構うな, 構はずに, 正当に, 正当の, 此の, 此世が, 此儘に, 此大なる, 此點に, 武器がねえ, 歯がゆかった, 死を, 死神が, 残念な, 段々判っ, 段々解っ, 段々解つて來, 母を, 気がかりな, 気にいって, 気に入った, 気に入らない, 気分なんか, 気取る事, 滿足し得ざる, 熱狂的同志に対して, 物珍しかった, 物語の, 特別に, 犬が, 猶, 猶心身, 猶此外, 玉塚の, 理解できない, 用の, 用は, 用はねえ, 由縁の, 異性との, 疑問だ, 百ルーブルとは, 皆な, 皮肉を, 目星が, 矢つ, 矢萩が, 矢部の, 知己も, 確信が, 祟りも, 竜吉を, 策略が, 絶対に, 絶望が, 縁の, 義兄弟じゃ, 義理の, 翼が, 考えが, 聞えなかったが, 聞き取れなかった, 聞き取れなかったが, 肉体が, 腹に, 腹異, 良い女房, 色男の, 苦手と, 苦痛な, 菜の花が, 行き処, 見えざった, 見える, 見られたから, 見当も, 覚えの, 親分も, 親切だ, 親戚として, 角が, 解つてゐる, 解らないが, 解らない事, 解らない事だらけ, 解らなかった, 解らなくなった, 解ること, 解る大, 言ひ, 言出せなかった, 許嫁が, 訴へ, 話の, 読んでも, 議論が, 財産が, 貴様が, 貴様の, 買われねえ, 身に, 身体の, 近頃いろんな, 近頃色ンな, 追って, 送れないん, 逃げる場所, 通用しねえ, 運命的な, 違ひない, 遮られて, 重大問題な, 長男巳之助が, 随分つくし, 難しいこと, 面を, 面倒くさくって, 面白いさあ, 面白くない, 面目ない, 順一より, 駄目だ, 鹿の子という

▼ 俺たち~ (649, 2.1%)

8 の仲間, の手 7 は俺たち 6 はその 5 のよう, の方 4 のほう, の敵 3 といっしょ, と同じ, のこと, のところ, の眼, の考え, の邪魔, の顔, は, はまた

2 [41件] がこうして, が先, が当たった, が死に, だ, だって何, と一緒, にはもう, には武器, に一人, のもの, の仕事, の会話, の同志, の商売, の悪い, の意志, の理想, の生活, の目的, の腕, の話, の車, の運動, の運命, の間, はああ, はいま, はお前, はここ, はどこ, はもう, は上, は働く, は別に, は労働者, は安心, は極度, は袋, は誰, を追い出す

1 [490件] あ, お国, から見る, があの, がいま二人侍, がお前, がかうし, がここ, がすぐ, がその, がその頃, がだれ, がてんで, がね, がはいる, がみなごろ, がみな仕置き, がやってのける, がよし, がケチ, がハッパ, がボル派, が交, が今, が今ここ, が何もかも, が何故, が使いはじめた, が借り, が助からねえ, が君家, が天下, が娘さん, が幼少, が弱い, が強権的共産主義, が愛, が掠奪, が暴れ, が最後, が朝方, が本当に, が来る, が検束, が此処, が歩い, が現, が生きられる, が皆, が考えた, が良民いじめ, が若かっ, が襲うまえ, が買っ, が贅沢, が金, が高等二年, が黄金, ぐらい豪い, こそ大, じゃない, たあ, だけで行かれる, だけで防げねえ, だけのこと, だってやろう, だって少し, だつて, だと, でさえもいい, ではあった, でやっ, といっ, といっし, とは別世界, とは手, とは異, と交際, と兄弟, と同道, と彼, と手筈, と斬り結ん, と相撲, と話ししてりゃ, なんかは丸呑み, なんぞ熊, にいちばん, にお, にこの, にささやく, にしろ, にそそい, にそんな, にだ, にだって義理, にちら, につい, にとっての悪, にとっては聖典, にとっても大事, になん, には, にはとても, には不思議, には使ひも頼み, には察しられる, には年, には悪い, には感じられる, には敵, には火, にもかかっ, にもこれ以上, にもよく, にも一国, にも備え, にも禁物, にやわからねえ, にわー, に不信, に与え, に与えられ, に代っ, に任し, に何, に勝味, に反感, に向かっ, に向け, に尾, に引渡す, に弾薬, に意見, に感謝, に打明けた, に放っ, に死, に沈黙, に泣きつい, に渡し, に眼, に祟っ, に義理, に聞かせない, に腕, に言わせる, に訓示, に訴えない, に金, に難儀, の, のあいだ, のあと, のいう, のいる, のうしろ, のお父さん, のお菜, のお陰, のする, のせい, のつけ目, のまえ, のもん, のやう, のケヅメそつくり, の世代, の主義主張, の乗っ, の亀鑑, の事, の交際, の仇敵, の企て, の作った, の使いはじめた, の信条, の冒険史, の刑, の制裁, の前, の前衛, の力, の勝つ, の十年分, の口, の古巣, の号, の司令官, の味方, の命, の命令どおり, の唯一, の問答, の国, の墓場, の声, の夢, の天下, の始終, の家, の家庭, の家財, の対手, の巣, の工場, の建て前, の後, の後だて, の心, の思い, の思っ, の持っ, の持舟, の敵性, の旗幟, の時世, の暮し, の最初, の有様, の本当, の村, の来た, の根城, の桃, の毎日, の淺薄, の無, の無能力, の狭い, の番号, の相手, の真似, の知った, の知りたい, の破廉恥, の祖先, の米, の組合, の組織, の結婚, の総, の職場, の背後, の自由, の苦力, の行動, の行為, の護衛, の赤ん坊, の身, の連坐, の部屋, の銃剣, の闘い, の關係, の隊, の隣り, の青春時代, の面, の革命, の革命的エネルギー, の靴, の頭, の頼み, の黄包車, はあそこ, はあんな, はいつか, はいろ, はお, はおいてきぼり, はおじいさん, はがっかり, はきっと, はこうして, はこっそり, はこの, はこれ, はこれから, はこんなに, はさっき, はしかし, はしゃにむに, はすくなくとも, はそのまま, はその同じ, はそれだけ, はそんな, はたたき, はちゃんと, はともかく, はどうか, はどんな, はなローマ, はばか, はまだ, はまんまと, はみんなおまえがた, はみんなプロレタリア, はみんな人間, はみんな窒息, はみんな達人, はむしろ, はもうずいぶん, はもう少し, はもっと, はもつ, はもともと, はやっぱり, はやはり, はアナーキスト, はキッド, はザンゴウ, はズバチョオ, はバクーニン, はボル派, はモングリ, はロシア, はロマンス, は一, は一人びとりさんざん手傷, は三人共, は三百人, は二倍, は二十五人, は二階, は人間, は今, は今夜, は何と, は何時, は倉庫, は出来る, は助かっ, は吉原, は同志, は命からがら, は和室, は員弁郡, は図太い, は大衆蜂起, は太陽, は妾, は家畜, は座敷, は憎ん, は戦った, は手, は捕縄, は掠奪, は敗ける, は早変り, は昨夕ここ, は最上, は東京, は案内, は歩い, は死にぞこない, は毎々, は毎晩, は民衆, は海岸通り, は爆弾, は物好き, は独立家屋, は生き, は生きのび, は生涯, は産まれ, は産ん, は百人力, は皆, は直接行動, は真, は眼, は私有財産否定, は粟, は結婚, は統制派, は繃帯, は脈, は自分, は船頭, は落人, は行動, は被告, は見られた, は見付けた, は言ってる, は負けた, は貴様ら, は足腰, は軍, は辻川博士, は近くここ, は退散, は連坐, は酒飲み, は降りた, は陣どった, は陰気, は静か, は飽くまで, は騙され, まで一緒, も, もおっつけ, もこれ, もさすが, もその, もそろそろ, もとんだ, ももうこんなに, もヌクヌク, も一先づ横須賀, も一昨年, も今, も今に, も別荘, も口, も善く, も喉, も夜, も工場, も座敷, も悪かっ, も武勇奉公, も武装, も死刑, も湖賊, も生き, も申しつかっ, も虎, も行く, も誕生日, や杉林, や甲賀家, よりは幸福, より上, を, をおびやかし駆り立てる, をごまかそう, をたよっ, をつれ, をどう, をなん, をぬらす, をもっと, をコンナ, を一層, を三拝, を世, を人非人みたい, を助け, を叩き込ん, を召抱えたい, を呼び, を困らせた, を尾行, を引っ張っ, を恨ん, を憎い, を打ち取ろう, を押しふせよう, を拝む, を捕える, を搾りやがる, を攻め, を攻める, を暗々裡, を歯牙, を氷, を治めてる, を産んだ, を留置場, を知らない, を翻弄, を裏切った, を裏切るなら, を見つめ, を見殺し, を見舞う, を誰何, を馬鹿正直, を騙す, を鼻つまみ, んところ, ァもう

▼ 俺~ (475, 1.5%)

4 俺あ 3 お前の

2 [23件] ここで, これで, そいつを, それば, そんなこと, つらいです, もうたくさん, もつと, やって, ホントに, 人を, 何も, 初めてだ, 厭だ, 嬉しくつて, 泣けて, 百姓は, 睨んで, 知らねえ, 知らん, 腹が, 見てたん, 言ったん

1 [422件] ああ言う, あすこに, あちこちし, あの, あの一家族, あの大将, あの女, あれから, あれを, あんな好い, あんな婆, あんな狐鼠狐鼠野郎, い, いいが, いいだろ, いいよ, いいん, いやだ, いよいよ燃え, いらねえよ, うれしいよ, うれしくって, お供は, お前が, お前さんの, お迎えに, きらいだ, こういうもん, こうと, こげえな百姓づれ, ここの, ここへ, こたえる, このほり物, このまま, このペン, この手, この淋しい, この秋, この腕, この辺, この遺恨, この間毛唐人の, これからすぐ東京, これから加賀屋, これから勉強, これから呼ばれ, これから敦子さま, これから海尻, これから越前, これから金吾, これだけの, これでも, こんど兄さんに, こんなとこ, ごめんだ, ご覧の, さっきから, さつて, じき五十だ, じゃ古池先生, じょうぶ酔っ, すぐと, すぐ山, すぐ手紙, すっかり捕えたい, すてきな, そいつの, そいで, そういう事, そうだった, そう思わねえ, そったら人間, そのため, その春子さん, その時, その時々, その深雪さん, その甚伍左, その辺, それで満足, それ程には, そんな, そんな体, ただこの, ただナニ, たまらん, だまされた, ちいっとばかし, ちっとべ, ちやんと, ちょっくら, ちょっとこの, ちょっと前, ちょっと水, ちよつくら, ついでに, てめえが, どうしても諦らめ, どうせ上州無宿くらやみ, どうせ落窪, どうで, どうでも, どうも今夜, どこまでも, どんだけ, どんなに嬉しい, どんな人間, なさけ無い, ならずもん, なんだか春子おばさん, なんにも, なんにも理屈, ぬすっと, ねお, ね他人, ね日本人, はっきり覚え, ほかの, ほんとに腰骨, まあいいけん, まあ四十人, また博多節, まだ人間, まだ女房, まちがって, まつぴらだな, むしろそれ, もうこうなりゃ, もうへえ, もう一度来る, もう先刻, もう嫌, もう帰る, もう知っ, もう組合費, もう腹, もし貸し, もともとこんな, もともとバクチ, もともとヱコールつて奴, もともと百姓, やっとこの, やっぱり百姓, やつぱりうどんがいい, よく知らなかった, よっぽどよそう, アレから, アワを, カツギ屋だ, ガッカリも, キツト此処で, ギョッと, クサクサしちまった, ケツの, ゴロツキは, ゴロツキ山師だ, サッキから, サヤマを, スリだ, チャンと, チャーンと, チョックラ出かけ, チヨツトひと仕事やらう, チヨツト寄つて見た, チヨツト訳が, ハッと, バカだ, ビツクリした, ファインダアから, フラフラに, ベストを, ホンモノの, メリケンは, ヤット一月前に, 一件の, 一個の, 一度こいつに, 一度日本人, 一日だつ, 一生女房もらわねえ, 上州無宿の, 下手だ, 下男だ, 不思議でならない, 中学校は, 丹下左膳て, 丹下左膳てえ, 久しぶりに, 乾杯したい, 二三日ついて行っ, 二十五日だ, 二日分でも, 二番の, 云うたが, 云うね, 五銭で, 人に, 人の, 人は, 仁三郎より, 今きい, 今でこそ, 今の, 今は, 今四年だ, 今年や, 今度こそ, 今日の, 今日中に, 今日横浜へ, 今晩ここに, 今朝初めて, 今朝午の, 仙太公にゃ, 以前から, 伊賀者の, 何うし, 何か, 何です, 何と, 何もかも知つて, 信用する, 俺だけの, 兄き, 兄きの事を, 先に, 党員じゃ, 八千円と, 出来るだけの, 初めに, 初め館山で, 前垂れを, 勘考しやす, 十四両の, 取らん, 受けた事, 口不調法で, 口惜しい, 口惜しいけれど, 口惜しくて, 可愛さ, 君や, 命を, 唐変木だ, 善悪を, 嘘や, 地蔵様を, 地道に, 型なし, 壁隣り, 士は, 声揚げ, 太鼓判を, 嫌んだ, 嬉しいぞ, 嬉しいん, 実行組合に, 宵の, 家へ, 小便を, 屹度えい屹度, 帰つ, 帰る, 帰るまで, 平気で, 幾晩も, 引上げて, 引越しの, 当節贔屓に, 彼奴の, 彼奴を, 彼奴等の, 御馳走に, 徹夜が, 心配に, 志願した, 思うがなあ, 思ってなあ, 急ぐから, 悪かつ, 悲あしゅう, 惚れて, 惜しくて, 憎くて, 憐んで, 戦争には, 戦争の, 拝んでやら, 持つとらん, 描いて, 方々で, 旅から, 日本人だ, 日本人の, 日本酒だ, 早耳三次だ, 明日っ, 春子さまに, 昨夜は, 時計バッカリ見よった, 時間に, 朝から, 朝の, 未だ未だ画, 李山に, 村へ, 来年早々, 構はん, 横っ飛びに, 歌でも, 此処まで, 此船へ, 死にきれねえん, 死にたいよう, 死ぬん, 死んだの, 殺されると, 毛利の, 水が, 水谷さん嫌ひなんだ, 泣いても, 泥棒は, 渡世に, 渡世人だ, 源太郎が, 用事は, 男の, 画は, 画を, 留公にも, 留公の, 留吉と, 疑ひを, 痛くねえ, 痛くも, 百姓に, 盆踊りの, 盥で, 真っ平だ, 真人間に, 真剣な, 真壁で, 真壁に, 知っちょ, 知ってる野蛮, 知りませんねえ, 確に, 立って, 笑えねえ, 笑えねえです助役さん, 絶対に, 習ってな, 考えたね, 考えた事, 考えて, 考えるん, 耐えて, 耻かしくつてなあ, 聞いて, 職工に, 職長として, 肚の, 育ったん, 肴を, 胡弓は, 胸が, 腑に, 腕節は, 腹あ, 腹を, 臆病だ, 自分の, 舐めても, 良い事, 茶釜と, 血を, 行かぬ, 行く, 行って, 製板の, 西洋洗濯の, 要らん事, 見たこと, 覚えて, 親孝行だ, 言ってるん, 言ふ, 試験場が, 諦めて, 谷山家に, 貴様の, 質問が, 赤じゃ, 足利で, 踊るぞ, 踏みてえん, 軍が, 辛いんで, 迎えに, 途方も, 遊女の, 酒を, 酔うと, 醜態を, 金を, 阿呆だ, 階下に, 雨に, 露助の, 頸子にも, 食は, 飯たい, 飲むより, 飲めないよ, 馬鹿だ, 馬鹿に, 駄目だ, 驚いて, 骨が, 黙つちや, 龍代に

▼ 俺~ (457, 1.4%)

59 一緒に 14 したこと 11 いえども, 同じよう 7 お前は, しても 6 お前が 5 いっしょに 4 お前の, して, それを, 一しょに, 一所に 3 お主, お前と, 一処に

2 [26件] てめえは, もう一人, キスしよう, 一緒では, 一緒の, 二人で, 仲の, 俺が, 俺の, 八が, 勝彦とを, 君とは, 夏彦とは, 夫婦に, 小三郎は, 思うか, 甚, 石原の, 言ふ, 話して, 話を, 貴公の, 貴様は, 較べて, 類似した, 鮎釣に

1 [256件] あいつとが, あいつは, あれとの, いうから, いうものの, いたいなら時々, いっしょにいたじゃねえか, いつしよ, いふ者が, おない, おのし, おふくろが, おッ嬶, お信さん, お前さんの, お前でない, お前とは, お前ばかり, お品さん, お山との, お源, お父さんとで, お豊, お里の, きたら, ここに, このジョン, この土地, この株内, この母屋, この犬め, この男, この畳, これで, したつて意地, したつて我慢, しちゃ, しちや確, してからが, そしてお前, そちと, そっくりで, その俺, その男, それから父, それに, それは, ちがって, ちょっと議論, つれ添うの, とど助さん, どこかへ, どこが, はつっ立ったまま, べたつきに, もう一ケ月, やろう, イツシヨに, クララは, クレハの, ダボハゼと, チンドン屋にでも, ナエーアは, 一つつき合え, 一等運転手と, 一緒について, 一緒にでも, 一致する, 一騎討の, 三百合まで, 三輪の, 丑松とは, 世帯を, 並び立つ者, 並称され, 丸万の, 久美子が, 久良は, 九十郎とで, 争うこと, 二人きりに, 二人にとって, 二人の, 云ふ, 云ふも, 交際つてからは, 他人の, 他国し, 仲よしの, 会うつもり, 会った, 伜の, 伯父さんと, 伯父さんとは, 似て, 何の, 何時までも, 修治と, 俺とが, 倅は, 傾向を, 全く無関係, 八で, 八は, 八五郎が, 八五郎の, 八五郎は, 八五郎も, 八五郎親分と, 出来たって, 分ったらしく, 別れようと, 前後し, 勘兵衛とは, 勝負だ, 北山先生とだけしか, 卿は, 友たり, 取ッ, 右衛門とは, 吉野君との, 同い年だ, 同じい, 同じく初めてな, 同じく参ってる, 同じこと, 同じでおんつ, 同じなん, 同じやう, 同じホテル, 同じ北海道, 同じ厭, 同じ境遇, 同じ山本商会, 同じ強, 同じ欲望, 同じ水呑み百姓, 同じ物, 同じ病気, 同じ蜆, 同じ齢, 同一平面上に, 同商売, 同年配, 同様に, 同様人間と, 同窓で, 同級生でも, 向ひ, 君との, 君の, 君達夫婦と, 喜助夫婦と, 喧嘩した, 四つに, 四人し, 夫人との, 夫婦には, 女將の, 好い仲, 姉さんを, 姥との, 娘は, 婆さんと, 寝る前, 山嵐は, 山影とは, 張り合おうと, 彼らとの, 彼女と, 彼奴とは, 彼等との, 思うても, 思うの, 思った一瞬, 我々三人は, 戦え, 戯曲との, 手前は, 抱き合って, 捨吉は, 握手を, 支那へ, 敵対を, 文圭との, 旅川周馬と, 春子おばさんに, 會つた時何にか, 来たらしんみり, 来た日, 東京に, 松さんとで, 林と, 林蔵とは, 楯を, 槍術の, 武蔵が, 武蔵は, 歩いて, 歩きは, 殆ん, 母とは, 毎晩あるいた, 毎晩飮んで, 毎晩飲ん, 比べて, 気の, 氣の, 江戸へ, 波子が, 猪之, 相撲を, 睨み駕籠取り返し, 睨めつこ, 知って, 知らずに, 社会とは, 立合わせろ, 笑子が, 等しく凡下, 結婚し, 結婚した, 結婚したい, 結婚しよう, 船長の, 藤木と, 虎を, 行き違い, 行動を, 親方が, 言った, 言って, 言ひ交した, 話しを, 語るよう, 貴公だ, 貴公とが, 貴公とは, 貴様とは, 貴様の, 逃げる筈, 逢った時, 逢わなかったの, 逢引する, 道子の, 違うて, 違って, 那箇が, 間違えて, 間違へて, 関係が, 關係あつ, 顏を, 顔を, 高円山の, 鼓賊とが

▼ 俺~ (236, 0.7%)

227 つて 43 が, よ俺, 俺だ

2 [12件] あ, あよ, からいい, からその, つた, つて咳は, つて大病人だ, つて歩く, ともさ他, と思う, と思っ, ツて

1 [170件] ああいう, かどっち, からいつ, からとても, からな, からよく, から出来る, から構う, から許し, がくら, がここ, が何, が曲者, が残り, が浪人, が生きる, が締めた, けれどそのうち, この一角, こんなのらくら, しお前, ぜ, ぜ兄さん, ぞッ, ちのしなけ, ちのする, ちのも, ちのような, ちの仕事は, ちの仲間の, ちの仲間は, ちの囚人運動は, ちの方法を, ちの目的だ, ちの眼は, ちの義侠心も, ちの義侠心を, ちの貧乏どうして, ちの関係で, ちゃちっと, つたとは, つてあの, つてお, つておだやかに, つてぐづぐづしてゐるわけぢやないンだ, つてこれくらゐ, つてこんな, つてさ, つてその, つてそのうち, つてそれも, つてそれを, つてそんな, つてだから, つてどう, つても, つてもと, つてもとより, つて一人で, つて一個の, つて今夜は, つて何も, つて何時な, つて偶にや, つて兵隊に, つて内地へ, つて出来ない, つて別に, つて勝手にすら, つて口惜しい, つて同じ, つて大, つて好く, つて好ん, つて実際, つて家にや, つて引揚げだ, つて快活な, つて怖い, つて悔いだらう, つて悲しから, つて惚れ, つて拵へる, つて斯んな, つて日頃の, つて最初から, つて朝起きぐらゐはわけのないことだ, つて渡の, つて父つ, つて生活力が, つて男だ, つて畜生ツ, つて知つてる, つて知つてゐる, つて稀には, つて立派な, つて腰を, つて色々, つて衣服が, つて親に, つて親殺しを, つて誰れ, つて貴女が, つて赤井と, つて軍屬でも, つて遠慮を, つて金盥から, つて銛なら抛る, つて附き, つて青い, つて面白い, つて首が, つて驚く, ということ, というの, といっ, といつも, といふやう, とてお, とてこんな, とて二三日前, とて無駄, となった, とは気が付かなかったろう, とみえる, と云っ, と分っ, と思ってた, と白状, と言, と言い出しあがる, な, のと, のに人, のに貴様達, もの, もの俺の, もんなあ, よう, よおれ, よお前, よへん, よフレッド, よルパン, よ勘助, よ卜伝, よ彦兵衛, よ彦兵衞, よ村井, よ正義, よ江戸, よ爺さん, よ藤波金三郎, ッ, ッて, 俺が, 俺に, 俺の, 山県紋也だ, 思わずそう言っ, 愚痴も, 文次だ, 新だ, 早く戸, 浪人を, 自慢じゃ, 薬礼を, 金吾だ, 金吾でやす, 銀五郎だ

▼ 俺にも~ (196, 0.6%)

5 分らない 4 わからない, わからねえ, 判らないよ 3 見當, 解らないよ

2 [16件] ある, やはりそれ, よくわからない, わからねえこと, 分らないよ, 分らないん, 判らない, 判らないが, 判らねえよ, 少し考え, 料簡が, 考えが, 覚悟が, 解らない, 解らねえ, 解らねえ二日

1 [141件] ああいう, あるらしい, あんな阿, いえないこと, いくらか, おくれやれ, おぬいさん, お前にも, お前は, お酒, この白痴, これ以上の, そいつばかりは, そういうこと, そういう経験, そっと愚痴, それを, そんな話, ちょっと覧, とてもけちけちするだろう, どうしてい, どうだ, どうにも, どうも腑, はっきり分らない, ひしひしと, ひとつという, ほかに, まだ篤く, もう恐ろしく, よくは, よくわからねえ, よく判っ, わからないが, わからないね, わからないよ, わからねえの, わからんよ, チョックラ吸わし, ハツキリとは, ロクに, 一つ, 一つお前の, 一つ作っ, 一つ手役が, 一寸剃刀, 一抹の, 一本渡し, 一杯の, 一目顔を, 一言喋らせろ, 一部送っ, 一銭のを, 万更仕事が, 不平は, 云えないで, 亦此種, 似げ, 何だかそんな, 何処かに, 余程天理教, 働かせずこんな, 六つかしい, 具体的に, 出来るだらうか, 分らないこと, 分らないでは, 分らねえが, 分らん, 分らんね, 判らないかも, 判らなかったよ, 判らなかつたよ, 判断が, 別の, 半分この, 古い記憶, 呑込めない, 善根を, 執つて, 娘が, 少しは, 少し考, 尻尾が, 弁護人に, 当は, 思ひも, 恭位の, 抑えること, 持たせないニギリ, 斬らせろ, 昔は, 未だ充分, 来たの, 来ないかと, 死ねる立派, 段々判っ, 漸く分っ, 煙草を, 狂言まで, 相当な, 相談だけは, 確然とは, 経験が, 考へが, 聞かせて, 聞かせろ, 聴えて, 腑に, 苦手だ, 行け一緒, 見えないの, 見せて, 見せろよ, 見当が, 見当は, 見得が, 解って, 解ってる, 解らないサ, 解らない只, 解らなかったん, 解らなくって, 解らなくつて弱つて, 解らぬの, 解らねえが, 解らねえの, 解らねえよ, 解りさ, 解るが, 解るよ, 解る様, 話して, 読せ, 読める, 貸せ, 闇に, 隱し, 飯を, 飲ませろ, 餘程天理教の

▼ 俺~ (163, 0.5%)

5 の仲間 3 は俺等 2 のためなんど, の内地, の味方, も明日盛岡さ行ぐど

1 [147件] がみんな, がやめなきゃ, がやめりゃ, がわざわざ, が主人, が乗っ, が今, が俺等, が入用, が剣, が向う, が唄, が女房, が奴等, が悪い, が支那, が本当に, が来とる, が桟橋通り, が此, が死ぬ, が死んだ, が永年作り, が献納, が現に, が生きとる, が産神, が行く, が貰う, そんな絵, だ, だけが部分的, だっていつ, だって支那, だって賃銀, だよ, ちゃんと用意, とあんまり, として仕事, として出来る, と同, なあ行李, にも本当に, にゃいくら, にゃその, にゃ支那人, にゃ竹, にゃ結婚申込, にや解らん, に何, に働かす, に無理, に祟っ, のあの, のご, のよう, のコッ, のコンムーナ, の一族, の世界, の主人, の事, の偽札, の出兵反対, の力, の半生, の反対, の商売, の地方, の小便, の巣, の師団, の役目, の心, の性分, の所, の手, の探索, の村, の武器, の物語り, の田, の目あて, の羽, の脳味噌, の若い, の言葉, の話, の話した, の辛, の運命, の邪魔, の部落さ来, はい, はこっ, はた, はたのしい, はどう, はどんなに, はもう, はヤケ, は二年間, は何, は何で, は使わん, は売らぬ, は多く, は帰る, は月七円, は村, は行かう, は誰, は負けた, は貧乏, は身体ぐち, は運, は鬼, みて, みで, もう一度あそこ, もそれ位, もそんな, もやっぱし, もやん, もブルジョア, も乗せ, も乘, も人間, も田原, も行かんなら, も買おう, をう, をかえさん, をからめ手, をこき使っ, を乾, を何所, を使いやがる, を夜, を怒り, を犠牲, を踏台, んとこ, 前もって言いつけられ, 考えたもの, 聞及んだ昔, 行って

▼ 俺だって~ (162, 0.5%)

5 何も 4 知って 2 お前が, 命は, 自分の

1 [147件] あのボーイ, あんたに, いい小説, いっぱしの, いて, いま現在俺の, いやだ, うてるよ, おぬいさん, お前に, お前の, お前を, かなり野性, くやしかった, こうしては, ことが, この二重マント, この忙しい, この状態, この穴, この頃, これでも, こんなところ, こんな泥棒猫, こんな生活, こんな顔, ざまあ, そうさ, そうだ, そうつけさせ, そうウブ, そう見くびった, そこまでの, そのうち一人, それは, そんなこと, そんなに馬鹿, たった一人, ちゃんと考えてる, ちゃんと読ん, ちょっと気味悪く, どうする, どうにかなる, どこかで, ひっ叩かれて, ひとたまり, まんざら木, まんざら考え, みんなから, もう直ぐ死ぬん, やれば, センチメンタルに, トンチキでない, バスケットを, 一つ持っ, 一人で, 一向にかまわない, 一度は, 一晩中立ち通した, 一生に, 七つや, 三下だ, 二十二だ, 人の, 人間だ, 今ごろは, 今少し, 何不自由は, 信用って, 其処まで, 出来ねえ事, 初めてだ, 功六級だ, 化物じゃ, 十円や, 十四の, 十日は, 十日掛った, 半日も, 却, 可愛いい, 同じくらい, 同じこと, 夢なんかが, 夢中さ, 大いにまごついた, 嫌えじゃ, 子供じゃ, 子供だ, 実は東京時代, 屑鉄屋に, 帝国軍人だ, 張り合いが, 弾けると, 当ると, 心がけだけは, 恋しく思うで, 憎むもの, 手助けを, 承知しない, 持って, 有りも, 有難いこと, 望まないこと, 来春は, 根からの, 根気は, 棄てたも, 此行李と, 死ぬかも, 死物狂いだ, 毎日遅く, 気が, 気持ちが, 油断が, 焼討ち, 照ちゃんを, 父好, 犬だ, 生きて, 生臭いにおい, 男だ, 畜生ッ, 疑いたくなろうじゃ, 相応に, 知ってるけれども, 考えを, 自由だ, 虫けらた違う, 見ちゃ, 親父だ, 誰の, 誰れ, 貴女が, 貴様, 貴様俺だって, 逃げるもの, 遊んじゃ, 適当な, 銛なら, 青い壁, 頭が, 食い物には, 馬鹿馬鹿しくって, 馴染み甲斐に, 驚いたよ, 黙って

▼ 俺~ (156, 0.5%)

5 らは 2 の家来, の手, ゃ君が, ゃ生き, らが, らにゃ

1 [139件] うめえ, え, えそれから, かいや, かんぜん捻拵え, があんまり, がいない, がどんなに, がにやえ, がやって来, がやる, がよ心, が人殺し, が人間, が今度, が今度旅, が何, が南瓜, が口説いたら, が我が身, が毒, が満, が知つて, が達者, が風呂敷ぢ, が齒ぢ, ぐつと身體にや, げ食はせる, じゃとても, そつから, たちの, だって好き, だって賛成, と俺, と同年齡, と燒, にかくし, には高取, にゃどう, にやかた, にや打ち出されつ, にや本, に掛つ, のこの, のやつ, の一家, の兄弟, の全, の処, の加わった, の方, の本心, の親父, はあよう, はお前, は人間, は何, は何もかも, は其の, は其爲め一文, は希臘人, は歸, は狐, ばかり藥箱, まあ噺, も, もこの, もこんな, もそれ, もやられた, も今, も其の, も出, も困つ, も生き過ぎ, も硬, ゃあいつの, ゃいやだ, ゃお前に, ゃこの, ゃそんな, ゃちゃんと, ゃちゃんと覚えとる, ゃどうして殺される, ゃどうも見当が, ゃもう, ゃ一番風呂に, ゃ二ツ三ツ引金を, ゃ人を, ゃ今や, ゃ今日こそは, ゃ処女で, ゃ勝手に, ゃ家へ, ゃ希臘人が, ゃ帰る, ゃ歩哨線の, ゃ殺される, ゃ真面目に, ゃ知らん, ゃ自分が, ゃ行く, ゃ金鵄勲章だ, より深, らから, らこら, らだって, らの, らを, ら自身の, をみつめた, アの, 一つ打つ, 云つた, 今入え, 何だとう, 卯平だら, 家の, 小忌, 役場で, 惡りいこた, 手懷, 抑め, 旦那に, 毎日酒ぴん飮んだ, 濟まねえ, 煙管と, 片口で, 目玉の, 確乎しろ, 笑つ, 糞攫ん, 背中こす, 腹掻裂えて, 自分で, 蜀黍伐つた, 貰つてえ, 辨償は, 野らから

▼ 俺~ (104, 0.3%)

2 お八重さん, 少しも, 知らねえ, 知らねえよ, 飛んで

1 [94件] あのお, あの時, いつの間にか立派, いよいよ思い切る, えらさうに言ふた, おっ母ア, おもう, お園さん, くやしくって, くらせるという, こうしてせっかく, この冬, この前, この店, この男, この話三遍聽, これからガラ倉, これから六部, しよんべん, ずるけて, その手伝い, そんなこ, そんなこと, たった一つ, だ, だぢ來, ちゃんと調べ, つまらねえ東京, とても忙しい, とんだ貧乏籤, どうすべ, どうも判らない, なるべ, なア, にはこの, ぬす, のお, の主張, の勝手, の取った, の時分ぢ, の畑, の若い, の言葉, の馬, はもうどうも, またおっ, また理財科, まだ二十一, まアあの, もうちゃんとこの, もうちやん, もうふん, もうやめた, もうやめる, もうチャー坊, もう今度, もう学校さ, もう日本, もう此ん, もう無一物, もう目, もう行く, もう飯, もなる, やっぱり葉ちゃん, ハッキリ視た, 乗らねえ, 乗らねえ俺ア, 今喧嘩, 何だか気持, 何より辛い, 其の西, 別れるぜ, 別段どうとも, 別段何, 助かったの, 善いこと, 大好, 寄るぜ, 心細いん, 急ぐから, 改めて詫び, 断るよ, 本当に怒る, 来る時, 死んでも, 決して決してあんな, 真に心配, 知らんぞ, 見たが, 阿母, 随分痛, 黙っちゃあ

▼ 俺自身~ (97, 0.3%)

2 が, がその, だ, になる, の生活, もその

1 [85件] からの脱出, から彼女, があの, がある, がそう, が何, が俺, が原因, が孤独者, が愛惜, が持つ, が断乎, こうしたテロリスト, だったの, ちょっとためらっ, でさういふ, でしなければ, で或, で糺したい, との怨恨, と同じ, なの, にかっと, にさえ明らか, にし, にとっては大変, にとつ, には関係, にも分らない, にも考へられない, に云, に仮面, に俺, に即し, に子爵家, に対して俺, に対して言訳, に課せられた, に関する一切, のこと, のため, のほう, のセイ, の一片だに後, の一生涯, の事, の体臭, の内部, の内面的必然性, の同, の心得違い, の思想, の惱, の意志, の戸籍, の無力さ, の生計, の破滅, の答, の經驗, の言葉, の運命, の香味, はあまり, は何者, は大胆不敵, ばかりだ, もこの, もアナーキズム, も亦, も心, も悟った, をつつん, をなだめ, をもほしい, を信じ, を呪った, を妖艶, を感じた, を憎んだ, を放棄, を殺す, を知つて, を見る, を見窮め

▼ 俺から~ (84, 0.3%)

2 主人へ, 先に, 去って, 宣ると

1 [76件] あげるの, いうと, いふと, うばひ返さう, お前へ, お前達へ, その全部, はじまって, はじまる俺, はつきりと, みても, よくそう言っ, トットと, トランクを, 一層緊張, 云わせりゃ甘え, 云わせると, 五渡亭に, 何に, 何んとでも, 出して, 分離した, 又お, 取り上げて, 取り上げること, 口ど, 喜劇役者に, 大殿様, 失われたとき, 奪い取って, 奪ったつもり, 奪った匣槍, 奪った物, 奪つた物, 始めそんな, 宣ること, 宣ろうか, 引いて, 指定した, 数人ほど, 新たな, 書面を, 望むところ, 横どりした, 残ること, 永生の, 物を, 生れた思想, 眼を, 聞いたと, 聞きたいところ, 見えないよ, 見れば, 見れやあ, 解放され, 言われたって, 訪ねて, 話す, 話を, 謂つたら, 財産を, 足を, 逃げかくれて, 遠い, 遠ざけて, 離れいい, 離れて, 離れようとは, 離れること, 離れるでねえ, 離れるな, 頼む笑って, 頼んで, 顔を, 飛び去った, 馬を

▼ 俺一人~ (79, 0.2%)

5 では 32 が現場, で澤山, で行く, の手落ち

1 [63件] かも知れない, がラツパ, が何, が元, が彼, が抜けた, が楽, が知ってる, が装飾, が黒旋風, ぐらいの犠牲, しか居ない, じゃあ気, じゃ出来ねえ, だから, だけで逢つて, だけ腐つ, だつた, だらう, で, であの, であるよう, であろうと, でそ, でそう, でたくさん, でないこと, でもよかろ, でやる, で世話, で出来る, で帰れ, で死ぬ, で片, で片付け, で背負っ, で裏切りたい, で走っ, で送っ, で闘っ, なの, なら飛び出して, にある, にあれ, にかかり, にとつて, になった, のこと, のもの, の仕業, の問題, の思案, の思案ぢ, の手, の智慧, の生活, は今夜, をすらもてあまし, を引張っ, を手, を目の敵, 行って, 醒めて

▼ 俺はな~ (61, 0.2%)

3 俺はな 2 お前に, お前の, 平次親分その, 昨夜新, 浅墓, 貴様の

1 [46件] あそこの, あの了, いま邸内へへ, うちの, こう思っ, こう見え, ここらで, この伊勢屋, この伊勢屋新兵衞, これまで, そこから, そんなつまらない, ほんでさ, やっぱり諦めよう, ヘンポンポン, 一度だけ, 一眼見た, 乃木が, 久しく探し, 人を, 今から, 以前は, 八, 八当分八五郎の, 十二の, 南町奉行所吟味与力の, 吉良兵曹長, 善人だ, 子供の, 学問も, 小四郎だ, 後ろ暗, 忘れたか, 忠君愛国の, 武士だ, 泉嘉門と, 薩州島津家の, 街灯を, 見ん恋, 親父の, 誰にも, 貴様達の, 赤穂藩とは, 身分の, 身動きも, 随分いい

▼ 俺より~ (59, 0.2%)

3 偉大な 2 おくれても, お前の, 他に, 外には, 大力で, 高く雇つた

1 [44件] いいなり, えらいから, ずっと不味い, ほかに, また馬鹿, もう一つ, もっともっと悪, よいもの, 一と, 一年上で, 一枚上手らしい, 一足だって, 三つ四つばかり, 上座に, 上手だ, 二つ三つ歳上だ, 二ツ下だ, 人間の, 他には, 他の, 信用厚き, 偉いよ, 先に, 先にな, 六つ年上である, 利口だ, 外に, 外の, 安石の, 年の, 強いもの, 強い者, 急に, 早く宿った, 正直者だ, 百姓の, 立派な, 背が, 若いから, 若いやう, 酷くねえ, 餘つ, 馬鹿だ, 高いよう

▼ 俺とは~ (57, 0.2%)

2 極懇意, 関係の

1 [53件] いったいなん, かなり親交, この木蔭, ずっとずっと昔, とてもお, どういう点, ばかに, まるで反対, もうここ, やっぱり一人, やはり別々, わけが, ドウし, 一切合財あべこべであり, 一度の, 云われないな, 仕事が, 他に, 仲よくしよう, 何か, 何の, 何も, 全くなじみ, 共に浅野家, 切ッても, 別人の, 去年此処で, 反対だ, 反対に, 古いなじみ, 同僚だ, 大の, 天分において, 学校友達じゃ, 日頃からの, 昔から, 昨夕の, 根本的に, 正反対の, 歯が, 気が, 氣が, 浅い縁, 種族が, 競争相手にも, 筋の, 縁の, 縁も, 義理ある, 身分がちが, 違って, 違つた考へに, 電燈株式会社を

▼ 俺~ (55, 0.2%)

16 とこの 9 とこへ 3 とこは 2 だよ, とこで, とこまで, ところに

1 [19件] ことを, だら阿呆, ちが, ちじゃ, ちまで, とこじゃ, とこだ, とこへは, とこみてえ, とこも, ところじゃ, ところには, ところの, ところはね, ところへ, どこに, どこの, もな, 家へ

▼ 俺にゃ~ (52, 0.2%)

2 解らねえ

1 [50件] ああんな, あこの, あの宙乗り, あ三杯, お前の, すること, そこい, それに, ちょいと, とてもあの, どうしてもソヴェト権力, どうしても出来ん, どうも, なんの, もう駄目, よくわからん, わかんねえ, ア巡っ, ア見えねえ, ア解らねえ, チャンと, ペニー不足に, 一家の, 一言も, 予言の, 何にも, 出来ない, 分らないから, 分らねえよ, 分らん, 判らんが, 合点が, 土地がねえ, 大事な, 女房もつ, 思えるよ, 残念だ, 用がねえ, 痛くも, 相当な, 自分の, 色っぽく目, 苦手な, 葉子は, 覚悟が, 読めねえ, 近頃そいつが, 過ぎてらあ, 金が, 雉子の

▼ 俺~ (46, 0.1%)

2 今日は, 止めたん

1 [42件] いやだ, かねがね聞きたい, だめだ, どうせ学問, なあキットいつか, の時分, はァ, ひとつ榛の木畑の, びっくりした, まりぢゃ米は, まりは, まり来, もうスッテン, もう浮かび上る, 三十に, 不賛成じゃねえ, 乾性に, 今から, 俺なりの, 全くがっかりしちまった, 嬶とられちゃった, 幾括だ, 東京さん行っ, 次男に, 段々稼げなくなる, 気に, 気味が悪いで, 泪も, 知って, 知ってるん, 知らねえ, 繭が, 考へた, 草の, 行きたくねえや, 覚えてから, 話を, 辰さんよか, 酒を, 馬に, 鰯を, 黙っとるが

▼ 俺にとっては~ (40, 0.1%)

2 思い出の

1 [38件] あんなに大切, いい経験, これ位有り難い貴い, そのこと自体, それは, 一生忘れられぬ, 何んで, 俺が, 凡てが, 初耳だ, 勿怪の幸い, 可愛い大事, 唯一の, 大きなショック, 大きに大, 妻と, 実に致命的, 心理的に, 恩人だ, 感動だ, 手本に, 方向が, 曲ったこと, 梅コマは, 無上の, 生も, 生れて, 生命の, 眼の, 石地蔵の, 確かに, 紙帳は, 絶望だった, 縁故の, 苦手だ, 苦笑ものだ, 過去の, 面白かった

▼ 俺~ (36, 0.1%)

3 さへ, 勝手に 2 役に立つ事

1 [28件] あつた, ありうるの, あんたに, さえそう, すらと卓一, すら十足, ただならぬもの, なけや, もちよい, やろう, ヘロは, 交際し, 人妻に, 俺の, 出来ること, 出来るだけの, 勝手な, 又別, 又名越, 又自ら, 口書を, 女中が, 幸い他, 考えとる事, 胸の, 腰を, 臨機応変と, 裁ける積り

▼ 俺だち~ (31, 0.1%)

2 はその, 二人の

1 [27件] がこうして, が義侠心, だってビール, だって泣い, にとっては本来, にどんな, にふさわしい, に婆あと馬の脚, に起させる, は, はお, はだから, はどうしても, は俺, は同志, は喜んだ, は強き, は朝六時半, は死ななけれ, は生きる, は生命, は義, は途中, は鉄, ばばかりの力, もここ, を欺

▼ 俺でも~ (31, 0.1%)

5 ないや 2 いやだ

1 [24件] あるめ, お前主人が, そのほか, ちったあ, ないのに, まっ平ご免, やる, 世話を, 乱暴を, 十分な, 大人並, 女に, 奴等を, 悪いといふ, 惚れとる, 擔い, 福本位いな, 羨しくも, 考える, 誰でも, 踊るが, 辻斬を, 這入りたいが, 隨分あれ位の

▼ 俺みたい~ (31, 0.1%)

5 な人間 3 な者

1 [23件] なだらし, なやせた骨, なドジ, な仏様, な大きな, な奴, な師匠, な年寄, な悪党女, な惡黨女, な新入り, な汚い, な真似, な若僧, な青二才, にし, にその, になっちまう, になつたらい, にコロシ, に常に, に醜, に飲め

▼ 俺よりも~ (30, 0.1%)

2 確かな, 遙に

1 [26件] あんたが, お光ちゃん, ずツ, そんなこと, づぼらかもしれぬ, もっと偉い, よく知っ, よっぽど弱い, モットモット念入りの, 三分も, 仕事が, 倍も, 偉い, 偉大な, 友田に, 天分においては, 女学生の, 妻の, 小さな者, 少し先, 年は, 年上だ, 年上らしい, 早いこと, 死にたが, 資格が

▼ 俺という~ (29, 0.1%)

4 人間を 2 ものは, ものを, 人間の, 人間は, 存在に

1 [15件] この人間, のが, ものの, ゴヤ風の, 人間, 人間が, 人間こだわる, 人間何と, 奴は, 岡引が, 愚かものは, 支配人が, 最大の, 男は, 者も

▼ 俺~ (29, 0.1%)

2 お前に, 手前の

1 [25件] あな気が, お久, お前から, お前ぢ, お前の, け糞, だお前ら二人, なあんた方, まったく困った, もう息災, 信号を, 俺と, 其方に, 君みたいな, 啓之助様が, 変に, 夜中に, 婆さんの, 惣治を, 泣く, 燗つけるだ, 知らねえ名前, 砂馬は, 腹の, 金五郎や

▼ 俺との~ (25, 0.1%)

4 間には 2 議論だ

1 [19件] これは, 仲を, 会話に, 再会の, 只一人の, 存在もか, 対座に, 性根が, 恋愛が, 武技の, 真剣勝負手を, 約束なんか, 約束は, 約束を, 縁は, 関係は, 関係を, 闘いだ, 馴染も

▼ 俺にとって~ (25, 0.1%)

1 [25件] あらゆる人間界, いかにも腹立たしい, この恥ずべき, これが, たった一つ, どれだけ, 何の, 何等味覚上, 好都合だ, 彼が, 彼は, 得策では, 思想な, 恐ろしい敵, 文字通りニセの, 新鮮極まる, 最も喜ばしい, 無関係な, 生きた現実, 眼前の, 自分の, 致命傷だ, 致命的な, 金で, 黄金よりも

▼ 俺としては~ (24, 0.1%)

1 [24件] いわば前もってきたない, かならずそこ, このまま, この上海行き, そうした波子, それが, そんな大口, ただいろんな, だね, 出なかったであろうよ, 受けられない, 口の, 娘の, 家賃や, 思うの, 恩に, 愛情を, 懺悔と, 狭くるしいこの, 珍しくおさえ, 相応趣向も, 自分から, 自分で, 自分の

▼ 俺じゃ~ (23, 0.1%)

5 ない 3 ないか 2 ねえが

1 [13件] どうかな, ないぜ, ないでは, ない親分, なくて, なくなったん, ねえか, ねえだ, ア, ア駄目かな, 助太刀の, 袈裟太郎じゃ, 雨戸を

▼ 俺まで~ (23, 0.1%)

2 だしに, 泥棒の, 釣られて

1 [17件] こうしてばか, もうアゴ, リン病に, 何だか変, 倒れたら大変, 傍から, 叱られるぜ, 庄左衛門の, 引合いに, 引合に, 引合ひ, 引張り出さうとは, 捕れなくなつ, 殴る, 殺す気, 苦しいと, 騙されるところ

▼ 俺~ (22, 0.1%)

2 の言う, は今日

1 [18件] がこうして, がどれほど, が先, だけのこと, にとっては法外, には商人, には道楽, のする, のほう, の眼, の聞く, の趣意, はいい, はこの, はそれほど, は一日がかり, は俺, は元来金

▼ 俺だけは~ (22, 0.1%)

2 忘れないやう, 忘れないよう, 死んで, 玉砕せず

1 [14件] この言葉, こんな汚い, そばに, なれないの, 兎も, 出たい, 別に膳, 天下を, 断じて闇屋, 汝を, 生きて, 癌では, 誑かれねえ, 駄目だった

▼ 俺では~ (22, 0.1%)

7 ない 2 ない何とか, ない命, ない寄る, なかった 1 あるが, あるぞ, ないけれど, ないぞ, ないよ, なくて, ねえかしら

▼ 俺~ (22, 0.1%)

7 のだ 4 んだ 2 のである, のにそれ 1 ざ毎月の, のか, のにこれ, のにそんな, のにまるで, んだろう, ア俺アの

▼ 俺なら~ (22, 0.1%)

2 背と, 雛箪笥へ

1 [18件] あんな事, これ一本で, こんな痩馬さ, せめて一日, その半分, その時期, そんな, そんな場合, どうした, ば大丈夫, ば天, ば江東, もっと巧, ドンと, 七人の, 大丈夫あべこべに, 大好きな, 東京っ子の

▼ 俺~ (22, 0.1%)

2 のお, のな, の鵞鳥

1 [16件] さ飼っ, では何時, でもおび, でも馬一匹, ど言う, のおっ, のたけ子奴病気, の伜, の婆様, の庄五郎, の爺様, の西洋鵞鳥, の酒屋, の鶏ども, は代々, もよくなんべから

▼ 俺ひとり~ (21, 0.1%)

2 でやる

1 [19件] か, がただ, が先, が斯, だ, だつた, でどう, ではこれら, では淫売窟, でも戦っ, で勝手, で踏み込ん, になっ, により他, のため, のだけを抜き取る, の天地, の胃の腑, 俺の

▼ 俺~ (19, 0.1%)

6 俺は 2 俺はな

1 [11件] おいらあ, この世の中, それともこんなに, よう, アッハハハそうしたら, 俺あ, 俺よりか, 俺ア人丸左陣だ, 其れ, 心配するなっ, 猪之

▼ 俺はね~ (19, 0.1%)

2 君が

1 [17件] あんな奴等, いつも言う, お前さんが, この箱, どんなに酔っ, ゆき子に, フリントが, 今六ヶ敷い, 仕事を, 俺は, 土百姓じゃ, 女房が, 心が, 戦争へ, 東京時代にね, 此処へ, 臆病な

▼ 俺~ (19, 0.1%)

3 喰つてか

1 [16件] おっしゃった一言, くれたの, くれるが, ぶつかったん, 取り付け, 姫を, 弟子入りか, 形見ば, 悔みを, 手紙が, 渡せ, 見せようとしてな, 言葉を, 詫びなくたって, 詫びなくたつて, 話して

▼ 俺だけ~ (18, 0.1%)

32 その御沙汰, では

1 [11件] だあ, ではと, ア何んも, 一人余分に, 外すという, 葬って, 行って, 行つて來る, 貧乏してる, 走る, 頭数に

▼ 俺~ (18, 0.1%)

6 やない 5 やねえ 2 や無い 1 やどう, やね, や助太刀, や手, や駄目

▼ 俺にだって~ (18, 0.1%)

1 [18件] ああいう, ある, い, いいじゃ, かなわなかったお前ら, それぐらい, ついては, できる, わからないこと, わかるぜ, 今にサンタクロース, 分って, 分るさ, 夢は, 女房が, 嬶や, 死ねないとは, 薬は

▼ 俺なんか~ (17, 0.1%)

2 酒は

1 [15件] いい塩梅, とても資格, ペンキで, 今夜は, 師匠を, 手紙一本よう書かへん, 欺されない, 歳暮の, 當り, 若い時, 醜いさ, 面白いぞ, 顏を, 飲む金, 駄目だ

▼ 俺とこ~ (16, 0.1%)

2 が母屋

1 [14件] が恩, はもう, は困る, は山本, へやって来, へ来, へ来た, へ来よった, へ無理, へ置いとけ, へ転げ込んだ, へ連れ, まで穢しやがっ, を母屋

▼ 俺~ (15, 0.0%)

1 [15件] 体温ハ適当デアルシ, 内面ト外面ト, 友達, 呼吸ハ平常デ, 希望ハ甘美クアル, 悪口ヲ, 歩調ハ継続スル, 涙ハ雪デアルベキダ, 生キル道ダ, 生活ヲ, 皮膚ハレプラニナル可能ガアル, 眉毛ヤ俺ノ, 神経ハ娼女ヨリモモツト貞淑ナ, 精神ハ金銭デハ堕落シナイゾ, 行動ニツイテ昼間飛行島デ

▼ 俺~ (15, 0.0%)

1 [15件] がちゃんと, が克明, が大将, が森, が黙っ, だ, だが, に見せなきゃ, の名前, の天下, はな強い, は天眼通, は智恵者, ほど金持, も人間

▼ 俺こそ~ (14, 0.0%)

1 [14件] お前達を, かえって部落, そのパン, それを, チットは, 世界一の, 偽善者では, 守り主, 庄司甚内だ, 本来の, 真っ先に, 貴様の, 金地院範覚だ, 関守よ

▼ 俺だつ~ (14, 0.0%)

3 てお前 2 て何, て勿論 1 てい, てそれ位, てまだ, てもう, て初めて, て君以上, て彼奴

▼ 俺にや~ (14, 0.0%)

2 無い

1 [12件] いくら一生懸命, そんな金, とても文学, どう言, わかるん, 何處の, 判らねえん, 判らん, 当分画が, 画なんか, 聞えるん, 腑に

▼ 俺ら家~ (14, 0.0%)

2 のお

1 [12件] から持つ, でも葱, で行, なんぞぢ, にや, の, のとっさん, の奴等外聞惡い, の婆奴等構あな, の麥, や田植, を出

▼ 俺に対して~ (13, 0.0%)

2 横領の

1 [11件] いつも一目, どんな侮蔑, ふくんで, 何の, 失敬だ, 快く思っ, 悔悟するなら, 憎むか, 敵意を, 明かに, 油断する

▼ 俺ばかり~ (13, 0.0%)

5 では 2 ぢや 1 だ, だろう, でも, 百合子さんを, 責める, 馬鹿に

▼ 俺さま~ (12, 0.0%)

2 がお, を見習 1 から始める, が奢る, が立てる, が違う, にした, の手, の道, をとっちめた

▼ 俺だけが~ (12, 0.0%)

1 [12件] 口やかましいよう, 地上の, 彫心鏤骨の, 怪しく見え, 恐ろしく幸福, 悪いの, 歩が, 無罪放免という, 知らなかったの, 芸術家だ, 見えた, 許されて

▼ 俺とが~ (12, 0.0%)

1 [12件] ここで, こッそり阿波へ, 一緒に, 不和だ, 入れかわって, 同じもの, 夫婦ならぬ, 宿賃が, 山分けに, 珍らしく, 真黒く睨み合つた儘, 食堂で

▼ 俺~ (11, 0.0%)

1 [11件] いって, うは, へゐれ, へ出れ, へ良けり, 一言の, 交通妨害を, 俺には, 天神様の, 悪口してやがっ, 悪口を

▼ 俺について~ (11, 0.0%)

6 来い 1 こい, 來る, 来いと, 来るん, 歩くな

▼ 俺にと~ (11, 0.0%)

7 つては 2 つても 1 つて唯一の, つて深い

▼ 俺達二人~ (11, 0.0%)

2 が江戸, は長い 1 が揃っ, の一生, の恋, の者, は此方側, は煙たがられ, 頑張つて

▼ 俺といふ~ (10, 0.0%)

2 ものは 1 人間が, 人間は, 個人が, 個人に, 個人性を, 特殊な, 男の, 言葉が

▼ 俺に対する~ (10, 0.0%)

2 態度を, 憎悪と 1 あらゆる呪い, ローランドの, 世間の, 裏切りを, 誤解を, 面当も

▼ 俺れこ~ (10, 0.0%)

1 すつて, たはあ, た忘れなかつたつけ, た怒んねえ, とさう, とせ, と厭, と忘れた, と打つ飛ばし, と邪魔

▼ 俺たち二人~ (9, 0.0%)

1 が年来, とも利口, に宿命, に氣, に用, の所業, の着物, は火, を乗せた

▼ 俺などは~ (9, 0.0%)

1 いつも一張羅, そんな遊び, まだ学問, 上ったり, 創作と, 去年の, 幾年経っ, 極道に, 正直すぎた

▼ 俺もう~ (9, 0.0%)

1 お前の, つかりして, 何とも, 吃驚し, 命は, 子供ぢや, 家に, 帰らあ, 落語家を

▼ 俺からも~ (8, 0.0%)

1 おた, お慈悲, すぐに, よろしくと, ビンピ, 口を, 礼を, 禮を

▼ 俺でさえ~ (8, 0.0%)

1 あの三人, こりゃア, こんなな, そうと, ぞくぞくする, 久しぶりに, 変な, 貴様の

▼ 俺にとっても~ (8, 0.0%)

1 こいつらは, これ以上の, 一敵国だ, 仇の, 同じだ, 尊敬すべき, 涙の, 邪魔な

▼ 俺~ (8, 0.0%)

2 とこの, のもモウ恁 1 ちで剃つて, とこと, ところ, の家

▼ 俺~ (7, 0.0%)

1 きかんから, たった今すぐなん, どうせゴロツキ, の爺, 可愛いから, 少し唸りました, 言わんよう

▼ 俺あの~ (7, 0.0%)

1 下宿に, 口元が, 好かん岡村, 時の, 時一寸, 蜜柑畑の, 親方が

▼ 俺あへえ~ (7, 0.0%)

1 あのありがとうご, この人, ただこうしてお, 三百六十五日帯い解い, 年貢が, 捜したり, 食わずに

▼ 俺だけじゃ~ (7, 0.0%)

2 ないん 1 ない, ないお父さん, ないだろう, なかったな, なかろうじゃ

▼ 俺だけの~ (7, 0.0%)

1 ことで, ことを, 了見で, 大風呂敷, 苦しみじゃ, 葉ちゃん, 虚勢が

▼ 俺だったら~ (7, 0.0%)

2 サッサと 1 と思った, 今の, 初めに, 指を, 自殺する

▼ 俺~ (7, 0.0%)

1 が畑, が蒔い, が蚕豆, も一辺, も壮健, も小便, も豆

▼ 俺とで~ (7, 0.0%)

1 わざわざ名古屋, テニスを, 一つやらう, 一騎打ちそれで, 二人組にでも, 懇, 梁山泊へ

▼ 俺など~ (7, 0.0%)

1 ほんとうに, 問題に, 天気の, 敵い, 構って, 皆な, 目を

▼ 俺にだけ~ (7, 0.0%)

1 ほんとの, 名のらせ, 指輪の, 渡れないという, 聞かして, 言ってる言葉, 話を

▼ 俺なんぞ~ (6, 0.0%)

2 見ろ 1 世話役なんぞ, 相手に, 眼中に, 駄目だ

▼ 俺ほど~ (6, 0.0%)

1 お前の, こんな無遠慮, やくざな, 強い人間, 強く怒り, 道子に

▼ 俺よりは~ (6, 0.0%)

1 ぐつと工面が, 上手だ, 偉かったらしい, 算術は, 自由だ, 軍の

▼ 俺達三人~ (6, 0.0%)

2 は皆んな莫迦者 1 だつたが, でこの, の兄弟, はぼんやり

▼ 俺あお~ (5, 0.0%)

1 ことわりし, だてには, めえ, 豊さん好きだ, 雪が

▼ 俺からは~ (5, 0.0%)

1 ちと, どうも君, 哨風の, 撥雲の, 見えないが

▼ 俺その~ (5, 0.0%)

1 中で, 刀を, 者は, 苦労の, 連判状を

▼ 俺そんな~ (5, 0.0%)

2 ことしねえ 1 ことは, の知らない, もの買っ

▼ 俺たち夫婦~ (5, 0.0%)

1 が四年, にならなく, の性分, の留守, を板ばさみ

▼ 俺でなく~ (5, 0.0%)

21 たって, てはできん, 玉塚の

▼ 俺ども~ (5, 0.0%)

1 には悔い, の方, もこれ, もさい, も立ち直る

▼ 俺なぞは~ (5, 0.0%)

1 どうすれあいい, もうそんなに長く, もう時代, テニスを, 毎晩休む

▼ 俺なども~ (5, 0.0%)

2 羅針盤の 1 上野の, 去年傷を, 竜神の

▼ 俺なんかは~ (5, 0.0%)

1 その一人, そんなこと, 何か, 俺の, 無論例外

▼ 俺なんて~ (5, 0.0%)

1 ものは, 初めの, 始終ふん, 用なし, 社長に

▼ 俺はなんて~ (5, 0.0%)

1 愚かな, 愚劣な, 間抜けな, 阿呆な, 飛切り上等の

▼ 俺はも~ (5, 0.0%)

1 いちど敵へ, いちど生き直っ, 少しで, 少しよくできる, 少し寝

▼ 俺~ (5, 0.0%)

1 そんなこと, そんなところ, また銃, まだ起られ, 知らんぞ

▼ 俺らこと~ (5, 0.0%)

1 おんつぁんのとこに, なんか鼻汁, 捜しぬいてるところ, 死ぬまで, 連れて

▼ 俺らしい~ (5, 0.0%)

1 お色気, からな, と気, 勉強な, 失敗だ

▼ 俺ら方~ (5, 0.0%)

1 が泣け, の井戸, の土地, へはまあだ, 見て

▼ 俺ア酒~ (5, 0.0%)

1 え飮むのさ邪魔, え飲む, でも飮ん, でも飲んだ, の為

▼ 俺~ (5, 0.0%)

2 ちは, ちを 1 ちには

▼ 俺今日~ (5, 0.0%)

1 こそ思ひ切つ, さしたら後, は先, 片づけて, 頼みさ

▼ 俺以上~ (5, 0.0%)

1 に不幸, に光る, の余命, の悪党, の月給取り

▼ 俺お前~ (4, 0.0%)

1 が好き, の, のこと半焼, のその

▼ 俺からの~ (4, 0.0%)

1 感化が, 注文は, 脱出でなかったら, 脱出と

▼ 俺この~ (4, 0.0%)

1 小父さんの, 方が, 辺で, 頃では

▼ 俺こんな~ (4, 0.0%)

1 お嬢さんに, もんや, 事皆の, 行儀の

▼ 俺さえ~ (4, 0.0%)

1 冷汗を, 助かったの, 吃驚する, 折れて

▼ 俺たちゃ~ (4, 0.0%)

1 そこで明日, 山ん, 明日から, 立ち腐れに

▼ 俺でない~ (4, 0.0%)

1 ところの, と出来ぬ, ものに, 様に

▼ 俺と共に~ (4, 0.0%)

1 しッぱらえ, みんなも, 地獄に, 居る

▼ 俺なぞ~ (4, 0.0%)

1 かうして, から見れ, ずいぶん喰っ, ガキの

▼ 俺にまで~ (4, 0.0%)

1 喰って, 喰つてか, 小笠原流を, 祟るとは

▼ 俺のせゐ~ (4, 0.0%)

2 ぢや 1 ではない, なんかぢ

▼ 俺ばかりじゃ~ (4, 0.0%)

2 ない 1 あるめ, ないかしらん

▼ 俺への~ (4, 0.0%)

1 お咎め, お礼おいお, それが, 怒りに

▼ 俺までが~ (4, 0.0%)

1 あの籠城, 一生仕事の, 今は, 鼻が

▼ 俺らそれ~ (4, 0.0%)

1 から五百匁位, から喧嘩ぢ, こそ張り, 仕入

▼ 俺らア~ (4, 0.0%)

1 この上, そんな甘い, 働いたんだい, 初めてだ

▼ 俺ら今日~ (4, 0.0%)

1 は日, は肥料, 帰るん, 見て

▼ 俺をから~ (4, 0.0%)

1 かつた, かつたり, かつてゐやがる, かつて呉れる

▼ 俺をも~ (4, 0.0%)

1 其一人に, 含めた一つ, 救おうと, 欺こうと

▼ 俺ア何~ (4, 0.0%)

1 うすべ, か悪い, が惡, も知らず

▼ 俺ハア~ (4, 0.0%)

2 校長さアに 1 あんで, すっかり酔いましただ

▼ 俺~ (4, 0.0%)

1 から天狗, でも忘れねえ, でも思ひ出す, までの自分

▼ 俺今夜~ (4, 0.0%)

1 あの前, こけへ, はどうか, 随分無茶言

▼ 俺~ (4, 0.0%)

2 しゃべったかな 1 もし, を喋つて

▼ 俺~ (4, 0.0%)

1 あの蜜柑畑, の教えた, は, も人

▼ 俺~ (4, 0.0%)

1 にも見当, の方, の為, は何

▼ 俺達一同~ (4, 0.0%)

2 は五月 1 が寄ん, は手前達

▼ 俺ああの~ (3, 0.0%)

1 田圃を, 男は, 野郎の

▼ 俺~ (3, 0.0%)

1 つきあいは, 大師さんから, 美津に

▼ 俺がに~ (3, 0.0%)

2 用事かね 1 やさういに

▼ 俺がにや~ (3, 0.0%)

1 どうも解らねえ, 此ん, 胸が

▼ 俺がの~ (3, 0.0%)

1 てんやわんやが, 天下は, 買取つたぢや

▼ 俺~ (3, 0.0%)

1 くっつけて, も一杯, 降りかかって

▼ 俺これ~ (3, 0.0%)

2 迄十六年 1 で大した

▼ 俺これから~ (3, 0.0%)

1 信州へ, 吉ん, 益満の

▼ 俺しも~ (3, 0.0%)

1 お前に, お前の, 寝ると

▼ 俺じゃねえ~ (3, 0.0%)

1 あの女, 俺は, 大名なんかへ

▼ 俺だった~ (3, 0.0%)

1 がかえって, っけ, とはあんなに

▼ 俺だろう~ (3, 0.0%)

1 がどこ, と顔, 俺だろう

▼ 俺って~ (3, 0.0%)

1 人間は, 奴ア不運な, 奴今日は

▼ 俺とも~ (3, 0.0%)

1 あろうもの, そのうち仲良くし, つき合

▼ 俺とを~ (3, 0.0%)

1 一緒に, 慷堂は, 隔てようと

▼ 俺どう~ (3, 0.0%)

1 したん, しっぺえ, すりゃええかったのよ

▼ 俺どこ~ (3, 0.0%)

1 のア, の豊作, へでも飛ん

▼ 俺なんかも~ (3, 0.0%)

1 その一人, 十年一日の, 忠義や

▼ 俺なんざ~ (3, 0.0%)

1 こうやっ, そいぢ, ァ日露戦争

▼ 俺なんず~ (3, 0.0%)

1 もあの, をだました, 可愛が

▼ 俺によ~ (3, 0.0%)

1 つて, つて力を, つて照された

▼ 俺のみ~ (3, 0.0%)

2 だと 1 なりは

▼ 俺はと~ (3, 0.0%)

1 他巳吉, 夏川は, 彼は

▼ 俺ほんとに~ (3, 0.0%)

1 世の, 売った覚え, 芸の

▼ 俺までを~ (3, 0.0%)

1 司馬懿と共に, 干乾しに, 殺しは

▼ 俺~ (3, 0.0%)

2 てえ 1 てえな木びき

▼ 俺もう少し~ (3, 0.0%)

2 草集め 1 で腰さ

▼ 俺もな~ (3, 0.0%)

1 今じゃ, 婆様ひでえ, 此頃は

▼ 俺らあいつ~ (3, 0.0%)

1 が憎め, が憎らしい, は止め

▼ 俺らお前~ (3, 0.0%)

1 の年, の頼み, を信じる

▼ 俺らさ~ (3, 0.0%)

1 うい噺ぢ, うだ手拭, うだ鮨

▼ 俺ら何~ (3, 0.0%)

1 のため, も不服, も訊い

▼ 俺ら先刻~ (3, 0.0%)

1 からさう, から見, 見た時

▼ 俺ら可~ (3, 0.0%)

1 いて, 怖え, 怖から厭

▼ 俺ら明日~ (3, 0.0%)

1 から一つ, が日, の日

▼ 俺ら自分~ (3, 0.0%)

1 でやつ, で自分の, の處

▼ 俺アこれ~ (3, 0.0%)

1 が本当, でも世界中, 迄にちょいちょい

▼ 俺ア厭~ (3, 0.0%)

1 だ, だよ, だ俺

▼ 俺ア葉ちゃん~ (3, 0.0%)

1 が好き, に訊きたい, の顔

▼ 俺何だか~ (3, 0.0%)

1 わけが, 気拙く, 行くの

▼ 俺何時~ (3, 0.0%)

1 かあきれた, か甚さん, でも不思議

▼ 俺自ら俺~ (3, 0.0%)

1 の鎖, を縛っ, を縛る

▼ 俺ぁ前~ (2, 0.0%)

2 になんぼ

▼ 俺あすこ~ (2, 0.0%)

1 に立ちどまつ, へ出

▼ 俺あなお前~ (2, 0.0%)

1 から頂戴, なんぞから呼び捨て

▼ 俺おんつ~ (2, 0.0%)

1 ぁんが, ぁんの

▼ 俺かの~ (2, 0.0%)

2 俺は

▼ 俺かも~ (2, 0.0%)

1 知れない, 知れんて

▼ 俺がか~ (2, 0.0%)

1 あ, ばつて

▼ 俺がなあ~ (2, 0.0%)

1 一遍宗道へ, 真黒に

▼ 俺がにも~ (2, 0.0%)

1 困んべな, 是非一枚

▼ 俺がね~ (2, 0.0%)

1 先の, 堀口の

▼ 俺くらい~ (2, 0.0%)

1 だよ, なもの

▼ 俺ここ~ (2, 0.0%)

1 のうち, ん泥

▼ 俺じゃあ~ (2, 0.0%)

1 ないと, 行くから

▼ 俺それ~ (2, 0.0%)

1 は極左的, は肚

▼ 俺~ (2, 0.0%)

1 うとう令状來, ちゃあそれほど

▼ 俺たちみたい~ (2, 0.0%)

1 だな, な日蔭者

▼ 俺たちアナーキスト~ (2, 0.0%)

1 が泥棒, はボル派

▼ 俺たち仲間~ (2, 0.0%)

1 のこと, のめいめい

▼ 俺たち友人~ (2, 0.0%)

1 にだけでもけち, のどれ

▼ 俺だけでも~ (2, 0.0%)

1 粗末に, 金の

▼ 俺だつたら~ (2, 0.0%)

1 指を, 生理的な

▼ 俺ちの畑~ (2, 0.0%)

1 で, は窪地

▼ 俺ちゃんと~ (2, 0.0%)

1 しといた, 知ってるん

▼ 俺としての~ (2, 0.0%)

1 個人的存在を, 本心は

▼ 俺とともに~ (2, 0.0%)

1 ある, して

▼ 俺などと~ (2, 0.0%)

1 ちがって, 交際する

▼ 俺などには~ (2, 0.0%)

1 何も, 関係の

▼ 俺などを~ (2, 0.0%)

1 巻添えに, 巻添へに

▼ 俺なりの~ (2, 0.0%)

1 使い道が, 革命の

▼ 俺なんかの~ (2, 0.0%)

1 出しや, 出る幕ぢ

▼ 俺なんかを~ (2, 0.0%)

1 迎へに, 頼りに

▼ 俺なんぞも~ (2, 0.0%)

1 これで, 若いさ

▼ 俺にさえ~ (2, 0.0%)

1 彼女が, 物を

▼ 俺にはよ~ (2, 0.0%)

1 うく解, つぽ

▼ 俺にばかり~ (2, 0.0%)

1 しゃべらしておかずに, 依らず直接

▼ 俺のじゃ~ (2, 0.0%)

1 ない, ないん

▼ 俺はよ~ (2, 0.0%)

2 つぽ

▼ 俺はわ~ (2, 0.0%)

2 あっ

▼ 俺ほどの~ (2, 0.0%)

1 男ぶりに, 者が

▼ 俺まだ~ (2, 0.0%)

1 足腰の, 鰈に

▼ 俺までも~ (2, 0.0%)

1 殺して, 破滅しなく

▼ 俺みた~ (2, 0.0%)

2 ような

▼ 俺もと~ (2, 0.0%)

1 皆が, 言って

▼ 俺もなあ~ (2, 0.0%)

1 あの時鵜沢連隊長殿, ひどい目

▼ 俺よか~ (2, 0.0%)

1 年上だ, 酔ってや

▼ 俺らそん~ (2, 0.0%)

2 だが

▼ 俺らたち~ (2, 0.0%)

1 が悪い, に罪

▼ 俺らんところ~ (2, 0.0%)

1 でちっと, で出来

▼ 俺ら一日~ (2, 0.0%)

1 に十六度手水場, に卅枚

▼ 俺ら今ぢ~ (2, 0.0%)

1 やこ, や汝

▼ 俺ら今朝~ (2, 0.0%)

1 はたべた, 少し工合

▼ 俺ら何ん~ (2, 0.0%)

1 でもし, とも思

▼ 俺ら先~ (2, 0.0%)

1 にはいる, へ出た

▼ 俺ら厭~ (2, 0.0%)

2 だよ

▼ 俺ら壯~ (2, 0.0%)

2 の頃

▼ 俺ら家ぢ~ (2, 0.0%)

1 やまあだ, や元日

▼ 俺ら手~ (2, 0.0%)

1 が出ねえ, が利かねえ

▼ 俺ら爺樣~ (2, 0.0%)

1 せえ, に鐵火箸

▼ 俺れで~ (2, 0.0%)

1 も寄せてん, も知ってる

▼ 俺アそつ~ (2, 0.0%)

1 たらこと, たら事

▼ 俺ア今~ (2, 0.0%)

2 夢見て

▼ 俺ア先刻~ (2, 0.0%)

1 も約束, も見た

▼ 俺ア此頃~ (2, 0.0%)

1 少し急, 少許急

▼ 俺ア老人~ (2, 0.0%)

2 だで

▼ 俺ア赤痢~ (2, 0.0%)

1 に取り附かれた, に取付

▼ 俺ケイサツ~ (2, 0.0%)

1 に用, ば訴え

▼ 俺~ (2, 0.0%)

1 だっていざ, にゃあわからねえ

▼ 俺ンの~ (2, 0.0%)

2 を使つたの

▼ 俺一人位~ (2, 0.0%)

1 のこと, はいい

▼ 俺一人奈何すべ~ (2, 0.0%)

2 と思つて

▼ 俺~ (2, 0.0%)

1 けはどうしても, けを信頼

▼ 俺~ (2, 0.0%)

1 に出掛け, に行っ

▼ 俺~ (2, 0.0%)

1 に聴いた, に見た

▼ 俺~ (2, 0.0%)

1 っこく, 圓太師匠を

▼ 俺工場さ~ (2, 0.0%)

1 でも行っ, 行くだ

▼ 俺~ (2, 0.0%)

2 は忰

▼ 俺~ (2, 0.0%)

1 の母親, は畑

▼ 俺~ (2, 0.0%)

2 なしで

▼ 俺毎月五円~ (2, 0.0%)

1 ずつは送っ, ずつ送っ

▼ 俺独り~ (2, 0.0%)

1 お留守居, で酔

▼ 俺~ (2, 0.0%)

1 だから, に触った

▼ 俺~ (2, 0.0%)

1 がまひ, を放さない

▼ 俺知らねえ~ (2, 0.0%)

2

▼ 俺知らん~ (2, 0.0%)

1 が茂作, けど

▼ 俺等二人~ (2, 0.0%)

1 を出し抜い, を警察

▼ 俺聖なる~ (2, 0.0%)

2 呑んだくれは

▼ 俺自身自分~ (2, 0.0%)

1 の肉体, もしたい

▼ 俺見たい~ (2, 0.0%)

1 に怠たつ, に毎日

▼ 俺許さ泊め~ (2, 0.0%)

2 て呉ろづな

▼ 俺達ゃ機械~ (2, 0.0%)

2 じゃねえんだよっ

▼ 俺達五人~ (2, 0.0%)

1 がいち時, の者

▼ 俺達兄弟~ (2, 0.0%)

2 の怨み

▼ 俺達全部~ (2, 0.0%)

1 は全部, を引き渡し

▼ 俺達四五人~ (2, 0.0%)

1 いれば, でお前

▼ 俺達夫婦~ (2, 0.0%)

1 が生き, はまだ

▼ 俺達百姓~ (2, 0.0%)

1 のこと, の手

▼ 俺達貧乏人~ (2, 0.0%)

1 にはもっ, の闘士

▼1* [785件]

ぁいまたしかに象の鼻, 俺ぁそんな眉つばものの全体, 俺ぁまじめな気持, 俺ぁトテモ苦手なん, 俺ぁルンペンのヨタ, 俺ぁ今言ってる, 俺ぁ今日突如と, 俺ぁ娘ッ子は苦手, 俺あいつも口不調法, 俺あええ敦子さま, 俺あきいたぞ俺, 俺あご恩は腹, 俺あしたからね父ちやん, 俺あせんに居た, 俺あなもともとウヌ一人, 俺あなお雪百姓するなあ, 俺あなんかまだ大事, 俺あな俺あなもともとウヌ一人, 俺あまた風の音かと, 俺あまりくさくさするから, 俺あもうあの女, 俺あやまる気が, 俺ありそうだって, 俺あれだど, 俺あんな学校に, 俺あ可厭だ, 俺あ大八楼の, 俺あ直き見分けら, 俺何時だ, 俺いい流行の, 俺いきそうも, 俺いくつ位にみえる, 俺いなくて田植大変, 俺いまに鉄親方, 俺いやだ, 俺いよいよとなれ, 俺いろいろ見たよ, 俺いわねえったら首が, 俺そこさ, 俺おっ母ちゃんの, 俺おっかなくなって, 俺おやぢが, 俺おんつぁん, 俺かい俺は, 俺かと笑を, 俺かへすでお, 俺からとあっては, 俺かりそめにも, 俺がから鎧櫃を, 俺がさ蔵前の, 俺がでうるさいまでの, 俺がと手折った枝, 俺がとは砂粒よか, 俺がどいつもこいつ, 俺がな都合次第, 俺がには水車番が, 俺がまんじゆうやなんかを, 俺がやッつけッちまう, 俺がやに下って, 俺がよくさう言, 俺くやしかったよ, 俺ぐうつと頭ふん掴めえて, 俺ぐらい自由自在な, 俺ぐらいにあやかるよう, 俺ぐらいの俳優に, 俺げもちつと出, 俺げ食はせん, 俺こいつから聞い, 俺こそが客を, 俺こそは彼の, 俺ことさきにかえれ, 俺ことによると, 俺この間一遍入つて, 俺この間途中でたいへん, 俺こんなに大切に, 俺さつきから向方, 俺しかないの, 俺しっかりやる, 俺しのしつけが, 俺しよつてえ, 俺じゃという遺書を, 俺すきこのんでこつたら, 俺すぐ一っ走り, 俺ずるいよ, 俺せっかく買って, 俺そいつ気に入らねえ, 俺そう思う, 俺そげえに耄碌, 俺そのものの脳味噌, 俺ただひとり, 俺たちのは頭, 俺たちみたような, 俺たちみんなだ, 俺たちゃあこうして後を, 俺たちアこつちから, 俺たちア大丸のおやじ, 俺たちテロリストの裏切り者, 俺たちプロレタリアート・ボルシェヴィキーが盗人, 俺たち一同で袋叩き, 俺たち一家と二階, 俺たち三人が足場, 俺たち五人のもの, 俺たち人間は煙草, 俺たち全体のコケン, 俺たち土着の人間, 俺たち悪友どもに向, 俺たち抜きでも何とか, 俺たち日本人の知っ, 俺たち東京の人間, 俺たち正月からこっち, 俺たち犬の同類, 俺たち生命がけだぜ, 俺たち男どもは戦い, 俺たち自身のせい, 俺たち貧乏になった, 俺たち貧乏人の小, 俺たち道普請や荷担ぎばかりして, 俺たち青年はそこ, 俺たち首を縊, 俺たち黄巾党の勢力範囲, 俺たった一人の, 俺たった今まで自棄, 俺だからいったでねえかよ, 俺だけじゃねえ山に, 俺だけでたくさんだ, 俺だけに察しが, 俺だけを相手に, 俺だちだもの, 俺だつたら裏切露顕を, 俺だらうが誰, 俺だ見渡したところ貧窮組の, 俺ちっとも言わねえと, 俺ちの崖の下, 俺ちの陸穂もやつ, 俺ちみてえな野かじ, 俺ちよつと遅く, 俺っちに一杯, 俺達を, 俺ついて走ら, 俺てえものが, 俺であるからと彼, 俺でさえも怪我を, 俺でなかったら今日なんざとても, 俺でなくたつて, 俺でなけりやもつまい, 俺でなければ何人, 俺でねえのか, 俺とか君とか, 俺ときゃつ等の間, 俺とこ以上にぎつしり書物, 俺とこ好きなよう, 俺として闇の, 俺とだけのものに, 俺とて承知だ, 俺とではとても食いきれねえ, 俺とな仲間との, 俺とにかく牧の, 俺げえな思いし, 俺どうしてあんなに人間の, 俺どうしても迎ひ, 俺どうやら見すてられたらしいぞ, 俺どんなに褒められるか, 俺なぁまるで生みつけられた, 俺なあ婆様そうして, 俺なあに手で扱い, 俺なぞから見ると, 俺なぞとちがって, 俺なぞの貧乏籤と, 俺なぞより気の, 俺などから見ると, 俺などが来て, 俺などに目も, 俺などの出る所, 俺などよりずっと上, 俺なら見遁が, 俺なら黙って行, 俺なりに生きて, 俺なるものは, 俺なんにもいらねえ, 俺なんかがすきな, 俺なんかと結婚する, 俺なんかよりいい男, 俺なんざあ何で捕まった, 俺なんざあこれで一度だって園, 俺なんざあね青々と, 俺なんざあ三十年も銅, 俺なんざあ昨日からキザエモン, 俺なんざあ遠くの方, 俺なんざア一夜にし, 俺なんざ一番に腹の虫, 俺なんざ今でもむつかしい, 俺なんざ屑鉄だ, 俺なんざ毎晩女を殺してら, 俺なんざ秀才の秀才, 俺なんぞの知つた, 俺なんぞを輕蔑しろ, 俺なんてに恵まれて, 俺なんとかするから, 俺にあたる弾丸は, 俺においては見事に, 俺にかけかまいは, 俺にかへして, 俺にたいして子供とは, 俺にだけはわかって, 俺にていよく, 俺にでも書けると, 俺にとってこそ本当の, 俺になづき切つて, 俺にはちゃあんと, 俺にはとつても, 俺にばかりしか見えないの, 俺にばっかついて, 俺に関しての行動に, 俺のこたあまとも, 俺のせゐじやあねえや, 俺のぼて笊, 俺はいやけも, 俺はかーっと, 俺はからかつてやつ, 俺はがつくりと, 俺はきゃつに邂逅, 俺はけだもの, 俺はじめは笑ったです, 俺はずつと以前ほんとに, 俺はぞーっと, 俺はたうとう現実, 俺はのこのこと, 俺はのう自分が, 俺はやつかい者, 俺したいこと, 俺ばかりか妻までを, 俺ばかりが歩が, 俺ばかりじゃねえみんなも, 俺ばかりはキチガイじゃ, 俺ばんだ持ってねぇの, 俺ひとりさそれに今日, 俺ひとりぢややつぱり, 俺ひとり下宿屋にやり, 俺びっくりして, 俺ふだんから若, 俺へばりついてもこの, 俺ほどには思ふまいが, 俺ほんとは手前, 俺ほんとうに少し, 俺ほんとによくは知らねえ, 俺まるつで本当, 俺まアとにかく帰っ, 俺めあてに出, 俺もかと思うと, 俺もたずさはつ, 俺もちよいと, 俺もという気に, 俺もね子供を, 俺もねえ貴樣, 俺ゃまた大事の燗徳利, 俺ゃまだ銃がかつげない, 俺ゃもう決して此暗, 俺ゃサヤマの死刑, 俺ゃシベリアに残される, 俺ゃ勘定ずくでして, 俺ゃ支那人と異う, 俺ゃ最初から白山, 俺ゃ死ぬるわ, 俺ゃ永久も此處, 俺ゃ野西春行を落, 俺やくざもんだ, 俺やちッとも, 俺やっつけたら自分も, 俺やってきたんだ, 俺やるから姉, 俺ゆうべそんなに酔, 俺よく知らないけど, 俺よっぽど草津から, 俺よりかお前の, 俺よりはずつと大面だつた, 俺よりもずつと先に, 俺らあすこの小屋, 俺らあそこに傭われ, 俺らあな虫の報せ, 俺らあの世で二人, 俺らいまつと大, 俺らいま外から歸つて來, 俺らおふくろに相談, 俺らお前さんに餞別, 俺らげよこしたつて, 俺らげんなあお前んげ, 俺らこれさのせ, 俺らしいではない, 俺らたち二人を泥棒, 俺らとこだって, 俺らなにも嘘, 俺らなんざこんで隨分, 俺らなんざこんな處ぢ, 俺らなんざ上つた酒だつて, 俺らなんざ腹さ藏つて置くから, 俺らなんざ蛇でも毛蟲, 俺らやうな婆, 俺らゆんべワカサギ燒くの, 俺らようまづぢや八九年, 俺らんとこへ來, 俺らア弱味を見せ, 俺らア馬ア進めただア, 俺らキキンで親爺, 俺らコンムニストにだまされた, 俺らゴーリキーはすき, 俺らサヴェートの子, 俺らトロ押せねえだ, 俺らハタいて, 俺らロシア人じゃねえ, 俺ら一つ手つけて, 俺ら一両だっていい, 俺ら一生人の頭, 俺ら一錢もねえ, 俺ら三十銭じゃ気, 俺ら世界のプロレタリアート, 俺ら世辭いふわけぢ, 俺ら二人を亭主, 俺ら云はん, 俺ら人に後指, 俺ら今つからでも, 俺ら今年は裸体, 俺ら今日うめえ處聞, 俺ら以上の悪党, 俺ら仰天して, 俺ら仲間の処刑, 俺ら作日等見て, 俺ら作物ばかし困んだ, 俺ら信州の高島, 俺ら信者に化け込ん, 俺ら俺れでやんべと, 俺ら俺らあれさ, 俺ら借金も無くなる, 俺ら働えた錢, 俺ら其處んとこ, 俺ら其處さ入れて, 俺ら初めからそんな, 俺ら力は強か, 俺ら勘次さんに聞いた, 俺ら十五日下痢つて癒つたが俺ら, 俺ら博奕なんざ何, 俺ら只ぢや歩い, 俺ら向こうで見, 俺ら呼吸つかずだなあに呼吸, 俺ら唐箕は強く, 俺ら嘘いふな, 俺ら土噛つてもそんな, 俺ら夢にも知らなかった, 俺ら大丈夫有ると, 俺ら大儀い, 俺ら大層よくなつたん, 俺ら嫁樣の衣物, 俺ら嫌えだ畑, 俺ら学校の帰り何時, 俺ら家族の奴等げなんざぐづ, 俺ら山男という, 俺ら岩さんを迎い, 俺ら川の水, 俺ら年イ拾うて, 俺ら幾らも耕, 俺ら弟子はいくらでも, 俺ら彼ん時に, 俺ら得をした, 俺ら心にすみましねえ, 俺ら心配するもな, 俺ら恁んで腹疫病くつ, 俺ら悄気てるの, 俺ら戦には反対, 俺ら新やん家, 俺ら方ぢや土手, 俺ら日がな, 俺ら日本から来た, 俺ら旦那に見放され, 俺ら明日川向さ行つて來べと思ふ, 俺ら昨日は重たく, 俺ら晩稻作んだから, 俺ら朝つぱら, 俺ら朝っぱらからだ, 俺ら杖を売る, 俺ら東京へゆく, 俺ら櫟根つ子, 俺ら此處へ來, 俺ら歸つて牛蒡でも拵え, 俺ら死ぬる時, 俺ら汝に絹, 俺ら汝ツ等がだ, 俺ら汝等げみじめ見せて, 俺ら沼波から旦那, 俺ら泥棒はしねえ, 俺ら火あたつてたら, 俺ら爺と火, 俺ら猟師だよ, 俺ら理窟抜きに好き, 俺ら生口寄せて, 俺ら田地を買う, 俺ら町人なんかはどんな, 俺ら白え藥貼, 俺ら白河の市, 俺ら百姓だが, 俺ら直ぐに麥, 俺ら相当悪事をし, 俺ら碌に飮ん, 俺ら窩人ばかりがこの, 俺ら管あねえ, 俺ら米ばかし脊負つてつて明日, 俺ら約束したっけな, 俺ら聽かねえ, 俺ら腕ばかしぢ, 俺ら自身がさう, 俺ら莫迦な目, 俺ら蕎麥打つてん, 俺ら藏ぢや此上, 俺ら蛇は嫌え, 俺ら行つてんべ, 俺ら親方と膝, 俺ら覺えてから, 俺ら誰の世話, 俺ら軽業の一座, 俺ら道に迷った, 俺ら鉋の持たねえ, 俺ら銭こ一文も持たねえ, 俺ら錢出しもしねえで, 俺ら隨分辛え目に逢, 俺ら青柳さ行つたとき, 俺ら餘計者だ居やしねえから, 俺ら首になる, 俺ら馬曳いて, 俺ら麥打ん時唐箕立て, 俺りゃ気持が, 俺れた口も, 俺れだと思, 俺れでやんべと思つてん, 俺れなくつちや闇だ, 俺れもさうは思, 俺れやんべそんぢ, 俺れんちにもこんな, 俺れんちの薪を積む, 俺れ打つ飛ばしてから質, 俺れ持つて來, 俺れ死ねばえ, 俺れ注いでやつ, 俺れ癒してやつ, 俺れ知らねえと思つて, 俺れ聞いて見なくつ, 俺れ見てえ, 俺違うと, 俺わざわざ聞きに, 俺をかーっと, 俺をからかひたくな, 俺アいやだ, 俺アお前に飽き, 俺アここの鰊場ア, 俺アせんの方, 俺アそこんとこ, 俺アなんぼ醉拂つたつて, 俺アびっくりしたぜ, 俺アびつくりしたよ, 俺アキット殺されるべよ, 俺アゾオッとしちゃった, 俺アハイ今日限り殺生は止め, 俺ア一時氣拔けのやう, 俺ア一生の算盤玉, 俺ア不幸だよ, 俺ア丸で狐, 俺ア人丸左陣だ, 俺ア今夜は貴様達二人, 俺ア今度こそ人間並み, 俺ア今朝も校門, 俺ア仕事サボるん, 俺ア何アんもしねえ, 俺ア何日の間, 俺ア來る時, 俺ア俺アだ, 俺ア初めッから睨ん, 俺ア十二三に水海道, 俺ア善良な青年, 俺ア大急ぎで遁げ, 俺ア大蔵ヶ谷右衛門よ, 俺ア奴の尻尾, 俺ア嫁に貰いたい, 俺ア嫌えだア, 俺ア子供だから, 俺ア学務委員の一人, 俺ア學務委員の一人, 俺ア小浜の旦那, 俺ア師匠の名, 俺ア年だで, 俺ア彼奴とは一生口, 俺ア必然仇を取っ, 俺ア感心した, 俺ア手前んとこの, 俺ア承知せんで, 俺ア指輪をめ, 俺ア斯うなれば, 俺ア斯んな山, 俺ア昔から気違い, 俺ア杖だ負けるもの, 俺ア毎度田原町ともそれから, 俺ア毛虫の次に, 俺ア気に喰わん, 俺ア泥棒だアぞう, 俺ア熊かと思, 俺ア百姓ツ子だよ, 俺ア皆んなに褒められる, 俺ア盛岡さ行つて, 俺ア盛岡さ行つて來るす, 俺ア眞實に汝ア, 俺ア真実に汝ア, 俺ア眼の前, 俺ア矢ッ張り乞食をする, 俺ア笛と法螺, 俺ア肚は社会主義, 俺ア脳味噌が変った, 俺ア若旦那ぢやねえ, 俺ア葉ちゃんと夫婦, 俺ア虫唾が走る, 俺ア行つて来るからな, 俺ア覺えてから, 俺ア詫びに来た, 俺ア路知つてゐるだで, 俺ア近所親類へ合す, 俺ア遂此間迄信者様, 俺ア阪東薪十郎笠屋仙之一座, 俺ア霜だと, 俺ア頭も何, 俺ア駄目だあ, 俺ア鼠小僧が大好き, 俺ウント酒を飲む, 俺ガラスキーに身内, 俺ッちの地獄の責苦, 俺ハ世間カラキラハレタ人間ダカラ世間カラキラハレタレプラ療養所デ働ク決心ヲシタ, 俺ハ双生児ノ片, 俺ハ君ヘ語リカケ, 俺ハ彼等ノ軋轢, 俺ハ無垢ノ女, 俺ハ目ヲ開イテ, 俺ハ結核菌ノ所有者デアルガ, 俺ハ考ヘル所ガアツテ好キ勝手, 俺ハ誰ノ子, 俺ハ遙ルカナ雲ヲ測, 俺ビクともしない, 俺ホントに日本人, 俺モウいちど水車小屋へ帰る, 俺レコードなんて大, 俺指シテ孤独デ, 俺ンめっけて来る, 俺ン今まで鳥獣, 俺ン家は平屋だい, 俺っ走り, 俺一つの方, 俺一つ歌ふかなア, 俺一人それが出来ず, 俺一人ぢや心配, 俺一人彼奴らと異う, 俺一人後生楽を定め, 俺一人連中を離れ, 俺一人頑固にそれ, 俺一個の立場, 俺一寸行って, 俺一己のため, 俺一流のカン, 俺一生に一度, 俺一番駄目なん, 俺一緒にならない, 俺三日ばかり碌, 俺三遊の圓朝さんみたい, 俺三遊亭圓生の弟子, 俺三遊亭小圓太の名前, 俺不審に思っ, 俺の物, 俺今夜師匠に会っ, 俺今度左の腕, 俺今金ないん, 俺以下のもの, 俺以外の人間, 俺面白い愉快, 俺何てこッたろう, 俺何とかして, 俺何んでもする, 俺個人の肉体, 俺働かねば嬶, 俺働こうここで, 俺先生だって綾子, 俺先途太い太い義太夫, 俺を起こし来た, 俺其者は至つて, 俺出したのよ南, 俺出刃包丁がいきなり, 俺出来ない子を, 俺初めて聞いて, 俺助かるでしょうか, 俺勝手に一人, 俺北海道の土, 俺医者様へ行っ, 俺を利く, 俺可笑しくつて仕様が, 俺樣の, 俺同様の誤算, 俺哀れと思い, 俺一人暮し遂に, 俺啖呵を切っ, 俺喜んで手, 俺嗅ぎつけて知っとったで, 俺四谷のほう, 俺困るな, 俺夜っぴて寝られねえもの, 俺夜中にカルメン, 俺大きな声で, 俺大崎など死ん, 俺て腐れ, 俺が馬鹿, 俺物事あり, 俺如今耐うべからず, 俺からむしり取っ, 俺姉さんの肩, 俺嫌いだ, 俺嫌ひだよ, 俺子供の頃, 俺安いと思っ, 俺宛てにじゃねえ, 俺が生る, 俺家出てもら, 俺寄席へ出, 俺小樽から帰っ, 俺小遣い銭などいらねえ, 俺少し考えて, 俺尻餅を搗いたです, 俺居ねえけりや, 俺山茶花などどう, 俺屹度停車場でとつ, 俺工場でせ, 俺の女房, 俺平吉より強, 俺年イ取った, 俺までわかってる, 俺はといったもん, 俺怒つちやゐないだろ, 俺悪気でいう, 俺情ないことや, 俺くする, 俺愚図だが, 俺成る程よく, 俺我慢が出来ねえ, 俺托児所さ枕と敷布, 俺折角別にしてた, 俺握り飯ひとつ食べないで, 俺へてやる, 俺散髪に行ける, 俺日本には帰らない, 俺明日から, 俺暑くつて, 俺最初から見, 俺月給取るよう, 俺朝働きに出る, 俺杉野川瀬などの創作家志望, 俺栄坊ちやんが今何, 俺梅干で行か, 俺棄児だからな, 俺様々断つて, 俺様達の耳, 俺模範青年になってる, 俺だつて勉強, 俺此処で地道, 俺此間オブロモフといふ小説, 俺歩いて行く, 俺死ぬ時汝は, 俺死んじゃったかなあ, 俺死んだ方が, 俺死んだらなあ棺桶, 俺殺されるのは, 俺殺してやる, 俺毎日ケイサツさ行って, 俺毛唐人だけは真, 俺江戸っ子じゃねえ, 俺決定た, 俺洋服着たり靴, 俺だ, 俺湯ん中から獺, 俺燧石はまだ, 俺と二人ばり, 俺り浪語, 俺としてさ軽蔑, 俺まで一走り, 俺異分子に用, 俺病気なん, 俺がほしかっ, 俺を着けた, 俺目違いをした, 俺真っすぐに田さ行ん, 俺真打になりてえ, 俺知つてゐるん, 俺知んねえよ, 俺になっ, 俺神仏に手, 俺秩父の方, 俺程の度胸が, 俺等お前の話, 俺等ドンドン後をつけ, 俺等一つでやめよう, 俺等一人で踏ん込んで, 俺等二度目をやられかけた, 俺等何も芸, 俺等子供の時, 俺等晝間疲れて, 俺等母子の幸福, 俺の無くならねえ, 俺紫色でねえで水色, 俺膃肭臍の悲し, 俺自ら陋しい賤民, 俺自体の力, 俺自信が, 俺自身内心いささか恥, 俺自身帰宅の第, 俺自身洗濯屋へ持っ, 俺芸者は嫌ひだ, 俺草履買ひに, 俺つ來, 俺行かねよ, 俺行ってくる, 俺行ったコタネエ, 俺裏口からおんつ, 俺見かねたから手伝った, 俺見たことも, 俺見たいな物でも, 俺見込んでこねえだ, 俺解剖だつて, 俺言ったて馬, 俺話して出, 俺話したばかりなん, 俺謝罪つてやつかん, 俺讃めるな, 俺走るでええもん, 俺は生来, 俺近いうちに, 俺連れてんから, 俺連れ戻してくる, 俺達ぁ負けるべくして, 俺達あいつも不自由だらけ, 俺達あなうぬ, 俺達げすの考える, 俺達ぢや無, 俺達みたいな襤褸船, 俺達一緒に行っ, 俺達下々の者, 俺達五反百姓, 俺達人民にゃホント, 俺達人間のもの, 俺達仲間で人数, 俺達全体の社会, 俺達六人にあやつられ, 俺達十人ばかりで, 俺達同人は新しい, 俺達国民の味方, 俺達安心して, 俺達日本犬の手際, 俺達正面の敵, 俺達武士にお, 俺達犬社会では毛唐種, 俺達男にはわからない, 俺達町へ行くだ, 俺達皆が一體, 俺達禿鷹が一番, 俺達総がかりでやっ, 俺達臨時に御用済み, 俺達自身をおいてけぼり, 俺達若者は言ってるです, 俺達虫けらの虫, 俺達覚えの悪い, 俺達資本家共の方, 俺達軍医の第, 俺達途中でやめれる, 俺達飲仲間からはす, 俺都合つけるぜ, 俺酔っていない, 俺酔ってるかな, 俺でも溜め, 俺鉄道の砂利積み, 俺四畳に, 俺間違ってるだべえ, 俺阪井さんを迎, 俺父さんの, 俺阿呆かなア, 俺からずつぷり, 俺頼まれた通り夕飯さ拵え, 俺飴玉買った, 俺高田の萩野