青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「内外~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~具体的 ~具合 具合~ 兼~ 兼ね~ ~内 内~ 内側~ 内儀~ 内地~
内外~
~内容 内容~ 内心~ ~内部 内部~ 内閣~ 円~ 冊~ ~再び 再び~

「内外~」 1131, 12ppm, 8987位

▼ 内外~ (361, 31.9%)

4 事を, 事情に 3 事情の, 樣子を, 者は

2 [22件] ことを, ファシズムと, 事情を, 交通を, 人の, 人皆半信半疑の, 信用を, 別こそ, 区別を, 宮に, 形勢を, 心労と, 政務を, 政治に, 書物を, 書籍が, 注目を, 温度を, 矩の, 空気の, 遅速が, 重大なる

1 [300件] うごき, うちに, おうごき, こと身明を, すべてに, すべてを, ところさえも, ところを, ほかひ, むつと, ものが, もので, ものです, ものばかり, ものも, ものを, を是非, ゴミや, ファシストと, ファシストによって, ファシズム勢力の, 一段を, 一流の, 一致だ, 上の, 不経済, 不自由な, 不規則な, 世界的スケールで, 両替屋に, 中に, 中初, 中初発以来の, 事に, 事件の, 事情から, 事情によって, 事情は, 事業を, 二三分なれ, 二祖咸な, 二種の, 人が, 人と, 人は, 人人が, 人数であった, 人気も, 人気を, 仏徒の, 仮舎を, 低廉な, 体験は, 作で, 使臣が, 便宜品及び, 傾斜線路を, 光景が, 光景は, 光景を, 入費を, 公魚がか, 兵しか, 典籍を, 出入りの, 判官級の, 刺激または, 刺衝一時に, 力にたいして, 力によって, 力の, 動機は, 動的な, 区別ある, 区別そのものが, 区別は, 医家を, 印刷に, 収入が, 収入である, 収入は, 収穫を, 取りかたづけやら, 取引に, 取次に, 古い大きな, 古典写実, 同情は, 同胞自ら中堅と, 名作を, 名作四十五篇, 名士に, 命婦以上の, 品種数に, 商人は, 噂は, 団体一泊旅行を, 困難に, 図書約, 圏境の, 圧力で, 地位に, 地震が, 均しく認める, 坐像半身大の, 執務に, 多事多端なる, 多難は, 大事すべて御身に, 大勢を, 大西風, 大難を, 大難危急存亡の, 学問や, 学者文士評論家に, 官吏紳士なり, 宣伝が, 家借り, 密教學者を, 實例を, 専門家を, 専門雑誌と, 小娘の, 小説に, 小部落, 局に, 島々において, 差別観が, 差違, 市価を, 市街は, 帆船に, 弥次馬という, 形勢の, 形勢は, 往来が, 御祈祷, 念仏は, 急速度, 悩みも, 悪情勢, 情勢の, 情勢は, 情勢殊に, 情実に, 情況に, 感覚思想が, 戦争挑発に対する, 戯曲にも, 戸締りも, 戸締りを, 手当を, 手数料で, 批判に対して, 持口々, 掃除から, 掃除まで, 掃除も, 掃除を, 掃除をも, 探偵作家が, 探偵小説で, 探偵小説に, 探偵本が, 摩擦の, 政にわたって, 政務が, 政務に, 政局に, 敵と, 敵を, 文化を, 文学書を, 文学論とりわけ, 新書に, 新田に, 新聞の, 新聞を, 新誌, 施政に, 旗本とか, 時勢に, 時間だけは, 景色や, 暑さなほ, 暴力その, 曲折を, 書籍や, 最も進歩的, 有様を, 木々の, 札束が, 柳の, 検査が, 様子を, 模様に, 模様を, 武家屋敷や, 歴史を, 母親の, 沙門と, 治療手術を, 注意を, 泰平は, 活動であった, 活火山を, 海の, 海底という, 混乱は, 混雑を, 火山を, 熱が, 熱心なる, 牛乳を, 物が, 物音に, 犯罪学犯罪史犯罪実話といった, 犯罪記録を, 現代の, 現象生活が, 生活が, 生活に, 生活は, 用とは, 田舎造りでは, 疑懼を, 病原菌に, 皮が, 皮を, 相場で, 相場なり, 相場に, 眼を, 矛盾が, 矛盾を, 短篇探偵小説に, 社員教員相ともに, 福利を, 種々の, 積弊駸々乎として, 筑波や, 米穀なれ, 紛争も, 紛糾とき, 経営孰れ, 経策から, 經濟上から, 經濟共通と, 義務を, 者に, 職業に, 若い者, 苦労を, 苦情は, 英物を, 菊の, 著書は, 蒙古, 衝突が, 衣を, 装飾で, 装飾を, 複雑な, 見張りを, 見通せる鉄柵, 親戚らを, 親睦を, 評判は, 評判も, 誘惑的なる, 誤解は, 諸友, 諸官人, 警衛に, 警邏等の, 資本を, 赤松と, 趣意を, 距離に, 近代作家に, 連絡を, 遅速は, 道中です, 選挙有権者を, 金を, 長丁場を, 間に, 関門でも, 隠密が, 雇人が, 雑役の, 電燈に, 需要を, 面積を, 顕官が, 風致自然の, 食通で, 高山の, 高熱が, 魚学者を

▼ 内外~ (155, 13.7%)

2 あふれて, して, 心を, 於ける彼, 於て, 最終戦争が, 高名なりし, 鳴子を

1 [139件] あったこと, あって, あふれた, あらわに, あるとき, ある物, あろうとは, いる日向ぼっこ連, いろ, うろついて, およんで, これを, さらさなければ, その名, つき入って, ともかくいる, はっきりさせ, ひろがって, ほとばしるもの, みえる, よく気, アリも, ゴッタ返し, 互に競争, 亘る急迫, 些少だ, 人だかりが, 人の, 今を, 伝わるよう, 何か, 保つため, 信じさせようとして, 信用を, 充満し, 光度の, 出没する, 分ち甲馬, 勇名を, 厳しい固め, 厳重な, 叙述する, 同志を, 向かって, 向つて, 向つて自分, 喧伝せらる, 執行する, 増加した, 多事に, 大きな勢力, 大騒擾, 奇巌の, 妾などを, 宣言いたしました, 居た, 山の, 常時の, 幼ない, 建築材料が, 引さく作用を, 当時お, 彳んで, 往還する, 御心配, 復活するであろう, 恋の, 惜しまる, 慌ただしい地上勤務兵, 懸けられます, 成長し, 押し掛け居たり, 拡がって, 擴が, 於ける知覺, 於ける總, 暴威を, 朝まで, 来るであろうとの, 某処, 横行した, 機を, 檣頭の, 殘つて居る, 気兼ねを, 求めながら, 決勝戦が, 決勝点に, 決死を, 流れて, 温めたロック氏液, 溢つる怒罵, 溢れたいろんな, 溢れて, 溢れ返って, 無数の, 用うる, 相関連, 眼を, 知られて, 私を, 私服警官隊の, 積んで, 空屋が, 立ち騒いで, 紹介した, 群り鳴く, 聞えて, 聞こえた強力豪剣, 見せて, 見たの, 観るべき古代, 触れ浄光明寺, 誇り示した, 誇るに, 誇示しよう, 認められるよう, 論なく, 起りて, 起るであろうと, 起るであろうという, 起るとは, 轟かした, 迫る不調和, 通ずるの, 過ぎない, 過ぎないが, 過ぎませんから, 達しその, 配布し, 配置する, 金銀宝石の, 錠を, 降れる花, 隠れて, 隨分多, 集つた, 飾つたのでした, 高くなつた

▼ 内外~ (122, 10.8%)

3 一と 2 ドライブした, 上下する, 合わせて, 問ふこ, 綺麗に, 見て, 見ると, 見廻せば, 調べました, 隈なく

1 [99件] あざむいて, あまねく眺め, あらために, うかがって, くまなく探検, くわしく見せ, この上, さがし廻った, さわがしたる罪, して, たえず督軍, つつむ悲憤, のこる隈, みだし主上, もう一度念入り, もっともっと見, やがて自分, やたらむやみ, ドライヴ, 一とわたり, 一人で, 一巡し, 一貫し, 上下し, 争い亡君, 争い御, 二百八十名と, 全部修理された, 兼ね識三才, 写生した, 出入りし, 分つべき閾, 切つて廻す, 劉向の, 包むの, 区分し, 厳重に, 取りまぜて, 司る管家婆, 周覧す, 問はず時の, 問わずその, 問わず耳, 嗅ぎ廻して, 固めて, 固め重, 始め神楽坂, 巡覧した, 巡邏せしめる, 念入りに, 愕かせた, 感じ合わせて, 払うて, 探しあぐねた連中, 探しに, 探しまわって, 探し廻った, 探し廻わっ, 描き格子戸小庭, 搜し, 改装し, 散歩する, 断じ, 横行し, 歩き話し立ったなり, 残るくま, 添えて, 焼かれ遍, 熟視する, 特設の, 猛烈な, 疎略の, 研究し, 窺った, 窺って, 自由に, 荒して, 荒すという, 行つ, 見せて, 見たり, 見はって, 見まわったが, 見る景色, 見れば, 見廻しながら, 見廻つて來, 見廻りましたが, 見張つて, 見極め台所, 観まわったが, 調べた上, 調べて, 警戒したる, 警衛する, 走り廻り, 鐵桶の, 馳せ合せて, 駆けめぐり

▼ 内外~ (44, 3.9%)

2 すべてが

1 [42件] あった, おろかお, この世ながらの, この話, さう, それらの, とても晴れやか, まったく暗い, わきかえるよう, ゴツタ返す, ピシャンコに, 上を, 人で, 以前あった, 余りに短い, 共にひつそり, 兵士たちの, 勿論荷物, 哀号の, 夜なら, 大混乱, 少しずつ, 平素と, 必ずここ, 怒濤, 思ひの, 急に, 戦火を, 損失を, 日ならずし, 日脚の, 最早既に鑑識課, 毎晩か, 水を, 無人の, 煮えくり返るよう, 甚だ物騒, 生まれかわった, 石原の, 立錐の, 総立ちと, 警官隊で

▼ 内外~ (32, 2.8%)

2 殆ん

1 [30件] あつた, あらう勿論, あらゆる不摂生, お粂, どなた様かと, ウッカリしなく, サヴエート国内で, ラタークの, 上は, 下駄を, 人類の, 仕事を, 体は, 偶然彼女と, 十分警戒しよう, 千二百度にも, 受けた熱傷, 実際上, 御免蒙る, 戦争を, 斬られ殺されて, 次の, 母と, 民主的という, 立ち葉, 藩主をも, 見受ける文化住宅, 足ると, 長年対戦中の, 騒ぎ出しましたゆえ

▼ 内外から~ (27, 2.4%)

2 錠を

1 [25件] うけとられて, その穴, 一丈ばかりに, 二百三四十円と, 喪失し, 国中まで, 声が, 変革させ, 影響され, 思いも, 注視された, 當つて見ました, 破綻した, 立つ炊煙, 締が, 色々の, 蒙る衝撃, 裂いた竹, 調べましたが, 調べる様子, 起って, 起りました, 鎮って, 顔を, 魔の

▼ 内外~ (25, 2.2%)

1 [25件] から受けた, にいわれた, のあいだ, の人気, の借地, の共, の写真七八枚, の商舗, の大, の女たち, の心, の教授達, の斉, の椿岳蒐集熱, の注意, の眼, は毎日見物, への欺きであった, をもっ, をアッ, を問わず, を驚かし, ノ覧閲, 取交ぜて, 約二千人

▼ 内外には~ (24, 2.1%)

1 [24件] あらしの, ぎッしり人が, またようやく, 一夜の, 京極方の, 人力車が, 何等異常, 別に, 十二分の警戒陣が, 厭らしい, 及ぶもの, 大改革が, 巡査を, 帳や, 数百年の, 曝されたるさりとて, 樹木が, 沢山の, 澤山の, 篝火が, 荷車釣り台など, 証拠と, 邸内一面の, 関係が

▼ 内外とも~ (22, 1.9%)

3 に多事

1 [19件] なかなか複雑, に出来上がりまし, に四方八方, に平穏無事, に揺り動かし, に柔らか, に水, に沸く, に清美, に無産, に物議, に金色, に顧み, に餘, 二つの, 全く静粛, 実にむずかしく, 少からぬ, 部族の

▼ 内外~ (11, 1.0%)

1 [11件] にこれ, にどれ丈向上, になんら, に人外, に出来上がりまし, に和気, に多事, に攻め寄せる, に最近, に未だ, に破滅

▼ 内外~ (10, 0.9%)

1 きびしく調べられるだろう, つまりその, まるで, 寂然する, 最適である, 緊張し, 賑わって, 遽かに, 釣り人から, 鳴動した

▼ 内外~ (10, 0.9%)

1 あり葉, あるが, あろう, ざわめいて, しんとなった, 今宵は, 伐り出しました, 各役所, 寂しい, 磨きあげたよう

▼ 内外~ (8, 0.7%)

2 なる 1 なり心臓状円形, なり最後, 空想した, 言う, 踏んで, 間取りの

▼ 内外にも~ (8, 0.7%)

5 幾つと 2 満ち溢 1 当りましょうか

▼ 内外~ (8, 0.7%)

3 界の 2 界相合し 1 方面の, 界中間の, 界相合して

▼ 内外~ (7, 0.6%)

1 かけて, はこびあつめた, 働きかけ各自の, 拡まった, 水を, 表白する, 飛び交って

▼ 内外では~ (5, 0.4%)

1 共産派の, 局外批評論が, 屡無頼, 槍の, 触れなば

▼ 内外である~ (4, 0.4%)

1 からここ, からこの, けれど登山者, のに藤堂家

▼ 内外より~ (4, 0.4%)

1 十五六歳までは, 深く観察, 組織せられたる, 蜀軍を

▼ 内外を通じて~ (4, 0.4%)

1 あれだけ, 大事には, 私の, 第一等

▼ 内外多事~ (4, 0.4%)

1 な時, に向かい, に当っ, の際

▼ 内外特に~ (4, 0.4%)

1 人肌地蔵の, 人肌地蔵を, 人肌地藏の, 人肌地藏を

▼ 内外~ (4, 0.4%)

3 応じて 1 待て始めて

▼ 内外~ (3, 0.3%)

1 という, ということ, ね

▼ 内外において~ (3, 0.3%)

1 広大な, 日本の, 騒然たる物論

▼ 内外呼応~ (3, 0.3%)

3 して

▼ 内外學者~ (3, 0.3%)

1 の御, の研究, の著述

▼ 内外~ (3, 0.3%)

3 の廉売

▼ 内外表裏~ (3, 0.3%)

2 の矛盾 1 に矛盾

▼ 内外いたる~ (2, 0.2%)

1 ところに, ところも

▼ 内外その~ (2, 0.2%)

1 向うが, 熱心喜ぶべし

▼ 内外だろう~ (2, 0.2%)

1 ということ, と思います

▼ 内外なる~ (2, 0.2%)

1 に比すれ, 歴史性への

▼ 内外わけても~ (2, 0.2%)

2 間取りの

▼ 内外ビルディング~ (2, 0.2%)

1 が丁度, に居

▼ 内外一面~ (2, 0.2%)

1 に拡がっ, に染みる

▼ 内外二者~ (2, 0.2%)

1 ともにその, の接合

▼ 内外兩面~ (2, 0.2%)

1 の障礙, を滑

▼ 内外多端~ (2, 0.2%)

1 の時, の際

▼ 内外学者~ (2, 0.2%)

1 の言語学上, の詳しい

▼ 内外形勢~ (2, 0.2%)

1 の変化, の變化

▼ 内外情勢~ (2, 0.2%)

1 に照, を見

▼ 内外~ (2, 0.2%)

1 から出る, から出版

▼ 内外~ (2, 0.2%)

1 古, 古ハ支那

▼ 内外~ (2, 0.2%)

1 政情と, 関係を

▼ 内外陣左辺右辺~ (2, 0.2%)

1 のとり, のとり扱い

▼ 内外陣左邊右邊~ (2, 0.2%)

2 のとり

▼1* [174件]

内外あるいはこれ以下の, 内外いずれからも使用, 内外いまやその混雑さ, 内外いよいよ多事の, 内外おのずからに陰鬱, 内外かければ一通り, 内外からどつと湧いた, 内外この騒ぎ, 内外これだけでも被害, 内外へ續, 内外しか出さないこと, 内外しかも飛躍的進歩は, 内外じつに複雑だ, 内外なは, 内外すべてみな同様なてんやわんや, 内外そして日本盤を, 内外そのものが与える, 内外それはあの, 内外であったので市価十円, 内外であり無機成分は, 内外でも茂太郎の, 内外とは莊子に, 内外どこを捜し, 内外なるべく人跡絶えたる, 内外にて達するを, 内外になつてし, 内外にまで減少し, 内外にわたる国策を, 内外に対する心づかいの, 内外に関する事実を, 内外のこるくまなく, 内外ばかりうろついて, 内外ひっそりとした, 内外または忠臣蔵曾我十番切並に, 内外まで膝の, 内外みな驚かされました, 内外一尺三寸八分の石室の, 内外やっと落着いた, 内外ゆるがせならぬ場合だ, 内外よりの定期臨機に, 内外を以て普通と, 内外区別ヲ立ツルハ笑フ可, 内外ビルなんぞは最初, 内外毒シテ終ニ大, 内外一切の采配, 内外一同寄つてたかつて, 内外一和衆力一致他方もちろん熟練, 内外一坪当り約六円, 内外一如的であるの, 内外一方ならず騒擾, 内外一致した恋愛生活, 内外万全のご, 内外上下の間, 内外上下相結合して, 内外両方からしめ切っ, 内外両様の別, 内外両院にわけ, 内外両面の区別, 内外二つに分け, 内外二ヶ所の門, 内外二列をなし, 内外二十円に達する, 内外二科或為収生, 内外五六町となり, 内外五六間の距離, 内外交通開発の恵み, 内外人ニヨリテ正義ヲ二ニセザルコトヲ, 内外人民の交際, 内外人間に少し, 内外仰いで伝戒, 内外倉庫の主簿, 内外に守る, 内外全ての実相, 内外兩樣の意味, 内外共に同じ, 内外共多事の幕末, 内外共通の点, 内外に通じた, 内外典中その徳, 内外刻刻の多忙, 内外午後は三時頃, 内外協力して, 内外博通智行兼備念仏宗の先達, 内外衙門に, 内外各国の実地, 内外各所の酒場料理店, 内外同一なること, 内外同時に覆滅し, 内外呼應の愉快, 内外和助が殺された, 内外商品の取り引き, 内外商賈の輻輳, 内外国法の衝突, 内外國人の年賀, 内外土地の開未開, 内外塵一つ落ちて, 内外多くの文献, 内外多事ヨーロッパでは文化, 内外多忙とても元日早々, 内外多数の迫害, 内外多用なるが, 内外多難の時代, 内外小事と, 内外大蔵大臣が麦三百六十石, 内外奉公人の顔触れ, 内外学界図書館の国際的交渉, 内外官舎人民居廬罕有全者, 内外とが棟, 内外寂しく静かで, 内外小路の両側, 内外の長, 内外山積の難問題, 内外左膳と軍, 内外市場に著しい, 内外幾千萬の群集, 内外幾多の新聞皆口, 内外座中一たいに一人, 内外往来頻繁の場所, 内外径三寸ばかりもあり, 内外徒歩して, 内外忙しいもン, 内外忠別川を溯り, 内外戦火を予期, 内外打成一片にし, 内外新紙の広告, 内外新聞の外交, 内外日本橋京橋新橋を焼い, 内外書籍の貧弱, 内外然と, 内外正味の利益, 内外比価の差異, 内外氏子一同悉く消灯, 内外汽船忙シク奔リ汽車忙シク馳セ郵便来去忙シク電信往復忙シ, 内外流派色調の如何, 内外浄土の逆茂木, 内外湯屋での樣子, 内外特殊の研究家, 内外瓦斯の光明昼, 内外生活を後に, 内外百官此旨を奉体し, 内外的原因によって過った, 内外相合してこの, 内外矛盾したレアリズム, 内外社出版の, 内外種々の事情, 内外絵図と宝暦版, 内外能登の浦づたいをしないと, 内外臣民を呑食, 内外行かれる処だけは, 内外評判よろし, 内外諸宗にわたつ, 内外諸政宮中のこと, 内外諸方へ軍艦用, 内外財界の不況, 内外貨物に対する戻, 内外貴顕紳士淑女で会場, 内外のおり, 内外連絡のこと, 内外達識の士, 内外野武士で埋まった, 内外鉄桶のごとき, 内外さ八九尺に, 内外關係をべつ, 内外陰時常ならずして, 内外まで探し廻った, 内外なく見廻りました, 内外隔絶挙族愁歎した時, 内外こごり積む, 内外静かであった, 内外静謐であって, 内外革新への国民協力, 内外もない, 内外餘程御六ヶ敷, 内外齋藤秀三郎先生が當時創設