青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「信玄~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~信ずる 信ずる~ 信一郎~ ~信仰 信仰~ 信州~ 信心~ ~信念 信念~ 信濃~
信玄~
~信用 信用~ 信者~ ~信長 信長~ ~信頼 信頼~ 俥~ 修業~ 修行~

「信玄~」 1026, 10ppm, 10530位

▼ 信玄~ (337, 32.8%)

4 死を 3 中軍へ, 死が, 死は, 隠し湯から, 首, 首を

2 [18件] そばへ, ために, ように, 一族で, 前に, 勝利と, 存在は, 弟, 影, 心に, 旗本めがけ, 本陣は, 棒道, 死後も, 目当の, 眼が, 頭上に, 顔を

1 [279件] いる八幡神社方面, いる帷幕, いる所, いる本営, いる本陣, いる甲府, かぶと, こと, ことだ, ことばに, こぶしから, さしずじゃ, どこやらに, ふたりが, ほうへ, まえで, まえに, まわりに, まわりは, むすめ婿, ゆるしを, ようだ, ような, アトトリの, 一代記に, 一面だけを, 一騎討は, 万一を, 上に, 上洛を, 下には, 不道人奴, 中軍から, 中軍には, 中軍は, 中間に, 主たる目的, 主力よりも, 令を, 体は, 体も, 作った掟, 作として, 作戦に, 側には, 傍には, 全盛期である, 全部を, 八面六臂な, 兵法は, 再来, 再来だろう, 出陣は, 出陣を, 前へ, 勢力下であり, 勢力下へは, 勢力範囲であった, 危機間一髪に, 古法, 右腕に, 名にたいしても, 名を, 君前に, 周囲から, 周辺人なく, 命令に, 問いである, 喪は, 営中に, 国へ, 圧迫北からの, 在世は, 在世中稀れ, 声が, 大きな影法師, 大兵は, 大軍は, 天沢への, 女を, 如くあらねば, 如く速断見切りを, 姿が, 姿は, 姿を, 威力を, 威徳を, 威風に, 嫡子の, 嫡子太郎義信の, 嫡子太郎義信は, 嫡男太郎義信に, 子ぞと, 子だ, 子義信, 存生中に, 孫が, 孫じゃ, 孫だけ, 孫どのも, 孫むす, 孫伊那丸とやらが, 孫伊那丸も, 孫伊那丸を, 孫兵法に, 孫天性そなわる, 孫武田伊那丸である, 家法信玄一代記家臣の, 家臣では, 容子は, 寛度によって, 居城甲府の, 居城躑躅ヶ崎の, 居室書院評議の, 居所築山泉水毘沙門堂など, 左右の, 帰依し, 帰依の, 帷幕に, 幕営のみを, 幕営へ, 床几の, 床几を, 座所たる, 弟が, 弟だ, 弟典厩信繁の, 弟典厩信繁も, 弟武田典厩信繁であった, 後継ぎを, 御首, 心も, 心労は, 心持ちは, 心理的経路が, 怒りを, 思慮に, 恩に, 恩顧に対する, 息が, 息女を, 意慾図だ, 感情を, 感状なども, 感能は, 戦ぶりは, 所在を, 手勢に, 持つあの, 持つて, 指揮ひとつで, 掘りッかす, 援兵が, 放った間諜, 政治的手腕は, 方が, 旗本が, 旗本の, 旗本は, 旗本も, 旗本軍も, 旧法を, 旧蹟を, 時代に, 時御, 智略に, 智義を, 曾孫武田寿庵の, 有力な, 木像が, 木像を, 本営の, 本営は, 本陣に, 本陣地, 来るの, 棒道へ, 次男の, 歌である, 歌に, 武勇を, 死, 死と, 死などは, 死の, 死も, 死んだあと, 死後にも, 死骸の, 死骸は, 歿後嗣子の, 気性に, 治下に, 治領の, 為し置かれたまま, 牙営と, 猩々の, 率いる勢, 生きて, 甲州に, 病気は, 相剋は, 眉は, 真蹟であれ, 眼は, 眼を, 知りたいこと, 石棺が, 石棺を, 石碑なども, 石碑へ, 碑の, 秘蔵の, 第六女, 第四子勝頼, 精鋭は, 総軍, 老臣高坂弾正信昌が, 耳は, 肚は, 股肱として, 肩先に, 背後を, 胸づもりである, 胸に, 胸の, 腕を, 自信を, 舎弟典厩と, 苗裔だ, 落着きかたを, 落着き振りと, 血は, 血を, 衣鉢を, 言葉に, 質問は, 身辺すら, 身近へ, 軍が, 軍勢が, 軍国政治なども, 軍法を, 近侍の, 返辞は, 進路は, 遺命は, 遺法, 遺法どおり, 遺臣として, 遺言と, 遺風を, 采配は, 重臣で, 鋭鋒を, 陣中に, 陣中へ, 陣前へ, 陣営に, 陣域深く, 陣立ては, 隠し湯あたりで, 隠し湯という, 隠し湯に, 隠し湯を, 霊に, 青貝の, 面に, 面にも, 領地へ, 頭脳の, 顔は, 館が, 館では, 館の, 館は, 首でも, 首打ちとった, 麾下に

▼ 信玄~ (178, 17.3%)

3 それを 2 うなずいて, その本陣, 云った, 声を, 審し, 聞いて, 頬を

1 [161件] あくまで物理的, あたかもわざと道草, うしろを, かえって, かたわらの, くわっと睨めつけ, こう訊いた, この国, この水, さすがに, すぐ甲館躑躅ヶ崎, そういう人物, そう考えた, その僧, その出陣, その勝栗, その報, その後も, その旌旗, その用意, その顔, その鷲, それに対し, それへも, そんなこと, ちと大事, どうして, にらみ下ろして, またそれ, また同じ, また思い直し, むっつりと, やはり信玄, やや離れた, わざと小, 一言の, 一部隊を, 三河野田の, 不孝の, 不安そうに, 不安らしかった, 不思議そうに, 不機嫌な, 中央の, 久しく鳴, 事態の, 今そこの, 何よりも, 余が, 余の, 作戦の, 侍臣を, 依然諸州, 信濃に, 信長に, 八幡社の, 再び部下, 再読三読した, 刀を, 十分に, 十数人の, 厚い膝, 厭な, 厳然と, 去ぬる, 吃驚し, 呼びたてて, 嘲笑うよう, 四十一歳謙信は, 四十二である, 四辺を, 多分な, 多年, 大嫌いである, 大挙し, 大胆に, 天文九年から, 天沢を, 太郎義信の, 好奇心も, 小田原の, 少しも, 就いて, 常に後, 度々たずねた, 庭園に, 強力な, 彼の, 徳川方の, 心には, 心の, 怪訝そうに, 我から, 戦術の, 持ち前の, 敢て, 数万の, 暗然と, 本堂の, 東海を, 果断直行に, 楯無しについて, 機嫌よく, 次第に無口, 死んだと, 死んでを, 殆ど床几に, 殿として, 毒矢を, 毘沙門堂の, 決して晏如, 沈黙し, 浜松の, 海津城に, 深くうなずい, 深味の, 深謀に, 然し大, 牀几に, 理解する, 甲斐一国を, 皆まで, 眉を, 眼を, 突嗟右手の, 立ち上がった, 立って, 素絹の, 続いて, 総くずれの, 義昭に, 羽を, 聞くと, 背後を, 背面より, 脇息に, 腰を, 自分の, 自分も, 舌を, 虎口を, 誡めて, 謙信の, 謙信を, 足でも, 身を, 軍配を, 途端に, 酒宴を, 釈然として, 鉄砲の, 陣幕の, 陣形を, 頷いた, 顔を, 飯綱どころか, 飯綱山に, 馬上から, 高坂弾正に, 黒糸縅し, 黙々として

▼ 信玄~ (92, 9.0%)

2 死んでから, 歿し, 生きて, 生れた日

1 [84件] あらゆる智略, あり上杉謙信, いずれの, こんどは, そう出, その肘, それに, ただの, つねに, どう楠, なおうごく, ふかく心契, ふと呼び立てた, むすめ, よく用いた, わが方, 万軍を, 三方ヶ原へ, 三方ヶ原まで, 三遠, 上京し, 上野に, 世の, 云った, 五男五郎信盛が, 亡い, 亡くなって, 亡くなつて, 今川家から, 会うと, 余の, 信濃に, 先頭に, 兵を, 典厩の, 凱旋の, 出馬し, 利用に, 原隼人正へ, 周章てて, 地蔵峠を, 多年の, 大軍を, 川中島で, 左様な, 平地から, 床几から, 度々国境, 座右の, 建立した, 彼を, 忽然と死去, 掘り出した莫大, 曾我五郎の, 死んだという, 死んだらそれら, 死んで, 死んでも, 流石に, 海道筋へ, 然し今日我々, 甲山の, 甲府を, 直属の, 直感した, 知り得たこと, 破ること, 笑って, 自然死である, 茶臼山から, 茶臼山に, 茶臼山の, 行きまた, 詳しかった, 足長なら, 軍用に, 退いてからは, 逝いてから, 重厚精強であれ, 重用した, 領内の, 駿河へ, 驚いたよう, 黙って

▼ 信玄~ (57, 5.6%)

8 のお 4 の坊主頭 2

1 [43件] が一類, が勝千代時分, が北条, が好まれる, が御, が甲斐, が観桜, このかた, ご在世, ではなかっ, と平場, にあの世, におかせられまし, には鉄砲, にも仕え, にも眼, のお家, のご, のみ代, の名, の姫君, の姿, の御, の御子, の御諚, の手形, の時, の時代, の申さるる, の身内, は戦好き, は智略, もいずれ, もそれ, も困った, より謙信公, をし, 卒するの, 御在世以来, 御法事, 御証文, 御随身, 討たれたもう

▼ 信玄~ (39, 3.8%)

2 三方ヶ原で, 十に, 降伏する

1 [33件] あいさつし, あり謙信, お坊ッちゃん, きかれて, きりつくる, しても, せよ天下麻, ただした, なると, 仕えた法眼日泰, 似あわしからぬ, 似て, 劣らないもの, 劣らぬ文武兼備, 召抱えられるとき, 向って, 塩を, 大きな警告, 威服し, 強いの, 愛せられたところ, 攻略された, 服し今度勝頼, 死なれて, 比し二者協力, 油断させおった, 破られ浜松, 聘され, 著しいわけ, 負けた四十, 近々と一, 近寄った謙信, 遠く及ばない

▼ 信玄~ (29, 2.8%)

2 有無の

1 [27件] その一族, その直属部隊, ちょんびり出立の, 上杉謙信と, 上杉謙信との, 上杉謙信は, 両旗, 云う人格, 取り交して, 呼ぶよりも, 国定忠次という, 型が, 家康さまとが, 家来との, 款を通じて, 決戦せざる, 相反く, 結び朝倉, 義昭と, 謙信が, 謙信とには, 謙信とは, 謙信の, 豊臣秀吉の, 越後の, 軍を, 長年戦っ

▼ 信玄~ (29, 2.8%)

2 さげ筑波山, して

1 [25件] さして, さしてである, つとめること, はじめ苦戦に, ひとは, よく知る, 亡っては, 仰いだ, 信じること, 傷つけられ自分, 呼びかけた, 好敵手と, 愛し謙信, 斬れ, 毒を, 牽制する, 神様として, 祭って, 祭つてあつ, 英雄的概念から, 襲わんと, 見るまでは, 討ち取ろうと, 討ったと, 誘き出したの

▼ 信玄~ (27, 2.6%)

2 上杉謙信も

1 [25件] うごかず家康, ここは, こころよく思い残り, すでに身, その子太郎義信, ついに野尻湖以北, また舌打ち, まだ曾, 亦上洛, 今は, 困って, 困惑した, 天下を, 太田道灌も, 少からず, 思えなかった, 打解けて, 異論は, 眼を, 知らぬでは, 竦然と, 義元も, 舌を, 覚えて, 豪かった

▼ 信玄には~ (9, 0.9%)

1 いたく気に入ったらしかった, この三月中, ものものしい要害, 七人の, 信長を, 八人の, 大切な, 天下といふ, 山伝いに

▼ 信玄以来~ (9, 0.9%)

3 の宿将 1 のこと, の名刹, の智勇, の甲州人, の股肱, の自負心

▼ 信玄~ (8, 0.8%)

1 その他の, 信長や, 団十郎の, 山本勘助の, 真田昌幸が, 老臣たちの, 謙信が, 謙信の

▼ 信玄自身~ (7, 0.7%)

1 が指揮, は, は先発一万二千, は八千, は謙信, も, を刻んだ

▼ 信玄から~ (6, 0.6%)

2 塩せんべいを 1 下は, 授けられた武田家, 発言を, 酒肴を

▼ 信玄~ (6, 0.6%)

1 です, に進む, の敵, の月日, の沈勇, の軍法

▼ 信玄~ (5, 0.5%)

3 はない 1 あつた, も上杉謙信

▼ 信玄より~ (5, 0.5%)

1 なんといっ, また駿府, 改宗を, 申しやって, 遥かに

▼ 信玄亡き~ (5, 0.5%)

3 あとの 1 あとも, のちの

▼ 信玄~ (5, 0.5%)

1 さえ西征, という一世, のご, の棒道, は父

▼ 信玄謙信~ (5, 0.5%)

1 という人たち, とはともかく, と争, に向っ, も晩年

▼ 信玄としては~ (4, 0.4%)

1 かならずや謙信, その老練, 万事予想どおりであった, 念に

▼ 信玄との~ (4, 0.4%)

2 一戦にも 1 一戦に, 血戦を

▼ 信玄とは~ (4, 0.4%)

1 三年前の, 並ならぬ, 心契の, 軍の

▼ 信玄~ (4, 0.4%)

1 こう早口, しきりと, 向け小気味, 達したと

▼ 信玄時代~ (4, 0.4%)

1 では惣蔵昌恒, には上下一般, の支出程度, の政治

▼ 信玄その~ (3, 0.3%)

1 人が, 人を, 武功を

▼ 信玄という~ (3, 0.3%)

1 ものが, 大入道が, 支柱を

▼ 信玄とも~ (3, 0.3%)

1 云われようもの, 分らない仕組, 叡山とも

▼ 信玄以上~ (3, 0.3%)

1 だつたの, であつ, という評

▼ 信玄相手~ (3, 0.3%)

2 の戦争 1 の田舎戦争

▼ 信玄ここ~ (2, 0.2%)

1 にあり, に謙信

▼ 信玄にも~ (2, 0.2%)

1 やや時運, 比すべき人物

▼ 信玄に対して~ (2, 0.2%)

1 この際, 和親の

▼ 信玄に対しては~ (2, 0.2%)

1 なお遺憾, 間隙を

▼ 信玄ほど~ (2, 0.2%)

1 な大, な年

▼ 信玄めがけ~ (2, 0.2%)

1 て打ちおろした, て殺到

▼ 信玄よりは~ (2, 0.2%)

1 恐ろしいよ, 遥かに

▼ 信玄~ (2, 0.2%)

2 名の

▼ 信玄仕込み~ (2, 0.2%)

1 の戦, の老練

▼ 信玄入道~ (2, 0.2%)

1 である百姓町人, の禅室

▼ 信玄存する~ (2, 0.2%)

1 間家康公も, 限りその

▼ 信玄死後~ (2, 0.2%)

1 と雖, 暫く喪

▼ 信玄~ (2, 0.2%)

1 という低地, の裾

▼ 信玄父子~ (2, 0.2%)

1 は傷ついた, も傷つき

▼ 信玄越後~ (2, 0.2%)

1 の上杉謙信, へ攻

▼ 信玄麾下~ (2, 0.2%)

1 のうち, の諸

▼1* [101件]

信玄あることを, 信玄いらい恩顧の, 信玄さまのおん, 信玄しんが, 信玄すら文化的な, 信玄そのものばかりでなく, 信玄たちまち鉄砲を, 信玄から太閤, 信玄そこかっ, 信玄でなければできない, 信玄でも手が, 信玄といった風である, 信玄とが短くつながっ, 信玄として其実力に, 信玄とてもそれほどやすくは, 信玄どのも驚かれた, 信玄のであった, 信玄などもう姻戚, 信玄などは明らかに, 信玄にとって所詮好奇心, 信玄にとっても信長は, 信玄に対しこれを, 信玄ばかりでなく甲斐武士, 信玄ほどの人物も, 信玄が, 信玄よりも遙かに, 信玄わずか三百騎にて, 信玄コノ城ヘ取懸, 信玄一代の失策, 信玄一代記と山本勘助伝, 信玄一代記家臣の言行録, 信玄一流の大き, 信玄三増山の備え, 信玄く西国, 信玄以下諸将, 信玄以外の敵, 信玄以来真田の居所, 信玄何処に, 信玄何者ぞ, 信玄健在なりとして, 信玄入京のあて, 信玄入道田夫野人の為, 信玄公以来の弓矢, 信玄公以来不敗の名, 信玄公内の親玉, 信玄公時代からの古い, 信玄公聞召し, 信玄公被管の内, 信玄公謙信公と同格, 信玄公謙信公信長公などが覇, 信玄公軍法の御, 信玄動くと聴き, 信玄のウム, 信玄勢力圏の一端, 信玄只一人その坊主首, 信玄同様に大事, 信玄味方の信濃衆, 信玄在世の頃, 信玄坊主と好んで, 信玄の畷, 信玄大いに喜び斥候, 信玄家法長曾我部元親式目とか黒田長政遺言, 信玄帰依の名僧, 信玄幕下の諸, 信玄弓箭では意, 信玄の子, 信玄当時の槍法, 信玄御坊と数度, 信玄慓悍な謙信, 信玄攻撃に転ずる, 信玄政治は却って, 信玄新蔵の武田勝頼, 信玄では見当, 信玄旗本八千を以, 信玄晴信の征圧, 信玄に相違, 信玄死なずと世, 信玄死後五年目謙信もまた, 信玄歿し関東, 信玄殿この太刀, 信玄治下の甲府城下, 信玄無道にし, 信玄が高かっ, 信玄牀几の辺り, 信玄ですが, 信玄盛時の自尊心, 信玄経営の兵器廠, 信玄自身子の義信, 信玄自身鍵を取っ, 信玄西条山へ寄せ, 信玄親しく附き添って, 信玄将と, 信玄謙信あたりと掛け合わせ, 信玄謙信なみにほ, 信玄謙信氏康信長の四巨星, 信玄軍陣の守本尊刀八毘沙門, 信玄辨當を風呂敷, 信玄近くにあり, 信玄懸の, 信玄が加味, 信玄高坂弾正飯富兵部馬場民部真田幸隆等に一万二千