青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「内~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

其時~ 其處~ 具~ 具体~ ~具体的 ~具合 具合~ 兼~ 兼ね~ ~内
内~
内側~ 内儀~ 内地~ 内外~ ~内容 内容~ 内心~ ~内部 内部~ 内閣~

「内~」 21700, 234ppm, 420位

▼ 内~ (6922, 31.9%)

53 於て 42 入って 41 住んで 25 私は 24 横たわる 22 あって, 於ては 21 入ると 20 あるもの 19 ある 16 彼は, 這入って 15 ありて, あるの, 入りて, 潜んで 14 いて, 何か, 入れて, 自分の 13 含まれて, 私の, 蔵し 12 あっては, 入った, 入つて, 入る, 彼の 11 あり, 入ること, 入れば, 居て, 帰って, 於いて 10 あつた, して, ひそんで, 入りぬ 9 あると, もって, 横たわるの, 置いて 8 あった, いる時, 一人の, 持って, 限られて 7 あったの, いるの, これを, 一種の, 入らんと, 向って, 妾を, 存在する, 日が, 来て

6 [11件] あります, いた, 一つの, 人の, 姿を, 我々は, 横たわって, 残って, 生きて, 自己を, 道場を

5 [29件] あれば, いると, とどまって, はいった, ゐて, 一定の, 下の, 人が, 今度は, 僕は, 入るを, 包んで, 向かって, 女の, 存する, 座を, 抱いて, 於ても, 暴風である, 満ちて, 潜伏し, 生活し, 省みて, 秘めて, 種々の, 自分は, 足を, 追, 隠れて

4 [37件] あっても, あつて, ありと, あるが, あること, あるわけ, あるん, こもって, しては, そく, もう復, 一切の, 二つの, 二人の, 二人は, 住む限り, 例の, 先生の, 入つた, 入るの, 出入し, 動く心もち, 向つて, 向ふ, 外に, 夜が, 夫の, 居るの, 彼を, 数えられて, 残して, 流れて, 生じた死牛馬, 自分を, 自然と, 見出すこと, 閉じ籠って

3 [86件] あるという, ある者, いたの, いた時, いる, おいで, お君, かくれて, どこか, なくては, はいれば, ひらいた, ふと気, ゐても, 今の, 侵入する, 働いて, 僕の, 光を, 入ったの, 出て, 別れて, 動いて, 又お, 収めた, 同居し, 向は, 否定を, 在て, 在るの, 坐して, 埋めて, 子供を, 居る者, 居る身, 属すること, 山の, 彼女は, 忍びこんで, 忍び入って, 急に, 悪いの, 政府の, 於てしか, 日は, 書いて, 有って, 枕を, 横たわらねば, 次の, 止って, 段々と, 母が, 求めて, 求められねば, 洛陽の, 消えて, 漂うて, 潜在し, 率て, 発達した, 監禁し, 眠って, 私が, 立って, 立派な, 籠って, 終って, 綺麗に, 腹を, 自から, 船は, 蓄えて, 見られる, 起って, 起つた, 車は, 退いて, 這入った, 這入つて, 這入ると, 部屋の, 隠されて, 静かに, 非常な, 非常に

2 [398件] あったと, あった年, あなたの, あの夫婦, あらわれて, ありては, あるか, あるに, あるもん, あるよう, ある納屋, ある美, ある花, いたお, いたく痩せ, いたという, いても, いるか, いるに, いるよう, いる許宣, いる間, うたふ, おくこと, おびき出して, お互に, お婆さんは, お時間, かくして, かくれた, きつと, くり返し例, このよう, すれ違って, その人, その家, その第, それが, それは, ただ一人, だんだんと, ちらちらと, つかへ, つながれて, つぶやきながら, できた死牛馬, でなければ, とじこめられて, とどめて, とまを, どうした, どう云, どこかの, なければ, なって, なにかしら, のこって, はいったが, ひそむヴィナス, ひそめて, ふと義姉, ほんのりと, また好い, また来る, もう彼, もう彼女, もう歩き出し, もう魔法, やつて, わたしの, わだかまって, わるいという, ハッと, ヒョイと, ワシリは, 一の, 三つの, 三人の, 不意に, 不断に, 二回牽く, 人々は, 人は, 人を, 仏とても, 仏像を, 仕掛を, 仕舞い置かれた, 他の, 住居し, 体が, 何と, 何とかなるだろう, 何の, 何んとか, 何時か, 余は, 來る, 侵入し, 侵入した, 偉大なる, 僕が, 充満し, 充満する, 入つて來, 入て, 入らば, 入り, 入りけるが, 入りたり, 入りながら, 入りに, 入りますと, 入るとき, 入る者, 入れたり, 入れられないと, 六里ばかり, 具えて, 出して, 出来て, 分布し, 制限せられ, 前に, 前刻, 力を, 動きの, 勘次は, 包まれて, 包含する, 匿われて, 十円とられ, 危しい, 又手, 又是非, 反響し, 取つて, 受持を, 右の, 向いて, 向けて, 向て, 含むこと, 含む匿, 含んで, 含蓄され, 吸収される, 咲いて, 唯物史観の, 在って, 在つた, 在ては, 在りて, 在るが, 在るとして, 在る或, 多くの, 多少の, 多数の, 夜に, 夜は, 夜も, 大なる, 大金儲け, 大阪の, 夫と, 女が, 女は, 女房が, 女房は, 妓は, 妙子は, 妻は, 存すること, 存するもの, 存する他, 存在し, 安置された, 安置し, 官僚の, 家へ, 家を, 宿る射道, 寝かして, 小鈴, 少しずつ, 少なくない, 就ていは, 居たって, 居つても, 居ても, 居るお, 居るもの, 居るん, 居る時, 居る身狹乳母, 居住し, 展開された, 属するもの, 川手氏は, 己が, 引き入れて, 引き留められること, 引入れて, 強い朝鮮, 強烈な, 彼女の, 御覧に, 必要な, 忍びこむ前, 忍び込んで, 忍んで, 忘れて, 思つた, 急いで, 怪の, 恃む所が, 恋を, 悪いという, 情無い, 意外な, 愚かなりける, 感じて, 感ずる外, 懐の, 我々の, 我を, 或古本屋, 手が, 手引する, 手引の, 抑えて, 抑へ, 押し込んで, 指定する, 斯う, 新子の, 於ける一方, 於ける存在, 於ける自然, 於ける諸, 於てのみ, 日を, 日本の, 早速この, 昼寝を, 時間が, 月も, 板場の, 様々の, 横たわるならば, 横たわる処, 横に, 次第, 此の, 歩み入って, 殆ん, 段々日が, 母は, 母を, 母様の, 母親は, 気が, 求めること, 汽車は, 泊って, 洋一は, 活きて, 浜へ, 涙声に, 深く残忍, 湛えて, 溢れて, 漸, 潜む驚くべき美, 潜めいたる先生, 潜在する, 灯は, 無尽の, 無限なる, 煙が, 熟するもの, 燃えて, 燃ゆる, 物が, 牽いて, 猪首の, 現われて, 現われる, 甚七は, 生きる男女, 生じて, 用事が, 男は, 留まって, 異常な, 病人が, 発見した, 発見する, 目を, 真実の, 眼が, 眼を, 知る人, 私と, 私を, 秘密の, 移させるが, 移して, 移し植ゑたものださうだ, 突出し, 突然彼等, 突然自分, 立つて, 竹が, 組織的に, 結局は, 線路の, 縁故の, 繁茂し, 罪ある, 置かれて, 置かれるの, 置く, 置くこと, 耳をも, 自然科学の, 舟は, 船が, 船出する, 色々な, 色々の, 色が, 茫然と, 萠芽し, 落ちて, 葬ること, 蔵した, 蔵造の, 藤野と, 蟄し, 蟄居した, 行燈の, 裲襠姿の, 覆没する, 見いだして, 見て, 見出そうと, 誰も, 貴方の, 走り入りぬ, 起った事件, 起った出来事, 起居し, 起居する, 起臥し, 跼蹐し, 身を, 身体は, 近所の, 退院し, 逃げ込んだこと, 這入る者, 進み入ると, 進入し, 遂行せ, 遊びに, 運動場を, 遠慮し, 都合の, 酒が, 鉄冠子は, 鎮座まします, 閉じこもること, 閉じ込められて, 開いた, 間近な, 降ろすの, 限らないで, 限られる, 隠して, 隠れた, 集って, 集まって, 雑居し, 雨は, 電車は, 露出し, 青年の, 響いて, 顧みて, 風呂敷を, 飛び込んで, 食卓を, 馬車は, 骨を, 鬱積する, 鮮やかに

1 [4721件 抜粋] あが, あったもの, あった永遠, あなたに, あまり人が, あらんが, あり合わせた人馬, あるから, あるなり, あるを, ある中央, ある各自, ある多く, ある小さな, ある新緑, ある樹齢数百年, ある生命, ある絹, ある輪鍵, ある食卓, いえる五臓, いさせて, いたらなんと, いた間, いつか娘は, いつの間にかもう人家, いては, いやはり, いるから, いるよりか, いる扮装, いれ二人, うぬ, おかれて, おさめて, おどろくの, おりますか, お二人, お前を, お弟子, お目にかかりたいん, お誘ひ申します, お靜, かき立てた感覚, かすれて, きっと返し, こう申し, この中, この経験, この騒ぎ, こもりて, こんなこと, ごたごたを, さよう胡乱, しぼり込みそして, じっとし, すっかり日, すると, そうさせた, そなえて, その位置, その廻し者, その白い, それぞれの, そんな動揺, ぞくするの, たたみこんで, ためたる蹴上げよと, だんだん愉快, ちょこちょこと, ついその, つつまれて, とある一室, とどまった系統的研究, とりあげて, どうしてやって来なかった, どたりと, ないと, なく外界, なりひびき客席, はいったこと, はいり沢庵, はせいたか, ひきあげるとき, ひとつまみの, ひびきわたりました, ふとリツプ, ふと眼, へし折つて, まず独, また始める, また電話, みちたの, もうお, もう一度舞台, もう使用ッ, もう桐, もちながら, やがて, やはり昔, よく現われ, わるいの, ゐませんから, アトリエを, カウンシル・オブ・サイエンス・ポリシイが, グワラリと, ジャーナリズム, トリックを, パタゴニア人は, フト気づいた, マッチでも, ルパンは, 一つ立派な, 一人も, 一刻も, 一度に, 一本以上の, 一滴の, 一郡騷動を, 万一捕われ, 三十七羽の, 三度まで, 上り破れし襖, 不幸を, 世を, 並び番号, 主計官は, 乗合は, 乳の, 事件の, 二カ月ばかり, 二十五日の, 二週間の, 五町と, 交感する, 仇の, 仏を, 付近の, 伏兵を, 伝達する, 住まうこと, 住む人々, 何う, 何となく力, 何処にか, 余り悲しい, 侵略を, 保ち得たりと, 俯向き伏したる, 停めて, 催促に, 働く者, 儲けた財産, 充実させる, 光が, 入つて帽子, 入らしめんため, 入りこませたスパイ組織, 入りたる, 入り前庭, 入り得たとしても, 入り防禦, 入るるとき, 入れずに, 入れないよう, 入れる機会, 入ろうとして, 全然現われ, 共産党員太平洋委員長ケレンコおよび, 其所を, 内部と, 写す, 凡そ五百里も, 出るぢ, 出直して, 切口の, 初めての, 到られた, 割り当てられた分, 助役が, 動く心, 包み背部, 北川氏の, 十時二十分だ, 午後六時に, 南米より, 即ち悪, 又もや風, 又行く, 反復常無しであった, 収め万全, 取り上げられれば, 取入れられたり, 召使に, 同じく一義的, 同氏の, 向う川岸, 向っての, 含まれた諸, 含むとは, 吸いこまれて, 吹きこんで, 呟かれて, 命を, 唇の, 善と, 喰い入って, 四ヵ所も, 団結を, 国中へ, 在つて眼, 在るぞ, 在る消防署, 地の, 埋没され, 堪へられない苦しみ, 壁へ, 変り事, 外出の, 多岐多様な, 大きな喜び, 大勝十字架あり, 大打撃, 大陸の, 天朝の, 夫人は, 女らしい氣色, 奸逆あれ, 妻子眷属下女等まで, 娘の, 子守の, 存するので, 学問形態の, 安三と, 完成する, 実在的要因と, 室を, 容れたる楕円, 宿るところ, 富五郎は, 寝台の, 封じられた火焔, 導きて, 小太郎は, 少し寒, 尽きるもの, 居った時分, 居なくな, 居ること, 居る日, 屋形は, 山人と, 巣を, 巴里を, 帰つて頂戴よ, 帰るはず, 常住淀ん, 幽居, 幾百年も, 座する著名, 建てるという, 式は, 引き揚げる合図, 引っ返して, 引込んで, 張りて, 当然な, 彼も, 往々一種, 後口の, 御執権, 復たやっ, 忍び入った, 忍び込むと, 思いを, 思わぬ異端者, 怪しき気, 恐らく大きな, 悦んで, 想起し得る, 感じると, 感覚が, 成就致しましょう, 我は, 戻って, 手古奈の, 托児所を, 投げ入れられたる, 抱えて, 押込めて, 拡った, 持ち込み或いは, 挽入れたり, 掛けるに, 描いて, 收めこの, 数えて, 数学が, 敷き詰めた多摩川砂利, 新しい生命, 於いても, 於ける位置, 於ける夢中遊行, 於ける新旧思想, 於ける細胞独特, 於ける階級, 日本南海岸の, 早く東京, 明智は, 是が, 時計が, 暇を, 曇りを, 書きつけて, 最も純粋, 有して, 有耶無耶に, 木襖更に, 朽ちしめるよう, 来れば, 果して右様, 桃紅梅椿も, 梯子段の, 植えられて, 楕円と, 権阿弥と, 横たわるという, 横須賀と, 欠けるところ, 歐羅巴風の, 止まれば, 此を, 死す, 死ぬ処, 残るので, 段々更け渡り, 殿を, 毛生ず, 水あび, 求めた, 求めるの, 池に, 沈んで, 油から, 波瀾を, 泰助めが, 流れ入る, 浴みを, 深い思想, 深まった愛, 渡り廊下の, 湛へ, 満ち溢れた, 滑りこんで, 漲つた, 潜み出してから, 潜伏させる, 濛々と, 火勢強く, 炎症が, 無断で, 照りかえしては, 燃える創作欲, 爺や, 犬が, 独立した, 現じ, 現われるの, 理性が, 生かせて, 生の, 生長し, 男の, 留り外, 疚ましき, 病気之者御, 発せられた模様, 発見しよう, 白色の, 皮肉なる, 目にと, 直観空間の, 省み充実, 真の, 眠れども一たび幸, 矛盾を, 砂も, 磅, 祀るの, 神父は, 私徳の, 秘めた郵便物, 秩序だ, 移り住めば, 種子が, 空を, 突然何処, 窓下の, 立つこと, 端なく, 算えられ, 籠っての, 籠り詰めカチカチカチカチ, 精出して, 納め大石, 終るとか, 経験した, 絶食し, 編み入れられたもの, 縋って, 繰返して, 置き菓子, 羊を, 翌六年, 考へて, 聲を, 脩まりて, 臥さしめ自分, 自分に対する, 自由の, 船長は, 花吹雪が, 若しもこの, 英雄を, 菰田家内外の, 落付いた, 蒟蒻黒し, 蔵するところ, 藏す, 蚊帳を, 蟄居し, 行く, 行われたこと, 行衛が, 裹まれて, 見た, 見られるかも, 見出されるこの, 見出した, 規定され, 計算した, 設けほとんど, 詰めるだけ, 誘いいや, 読んだ本, 謀反人が, 護られて, 貯えられて, 費せる時間, 購買組合を, 起こったので, 起った内緒事, 起るの, 越後獅子の, 踏み入れやう, 軍を, 轟が, 迎いに, 返します, 追い込まれて, 送られて, 逃げもどろうと, 這入つた以上, 這入る凡て, 通り過ぎて, 連れ来れり, 進化し, 運ばれて, 運動し得る, 遠い廊下, 還り入り, 配合し, 重力という, 鈴鹿を, 鏡は, 長男が, 閉ぢこめ, 開けば, 間違ひもなく, 降れる雨滴, 限りて, 階級的な, 隠居の, 集まりたる賽銭その他種々, 雛を, 雪が, 電子を, 霧酒笹の, 面白き処, 頒ちし, 額に, 風は, 飛込んだ所, 飾つてある, 養われ内, 馳せめぐるおおらか, 駈入り, 高低参差と, 鬱没と, 黄金を

▼ 内~ (3249, 15.0%)

45 様子を 16 空気は 12 どこかに 11 者が 10 空気を, 者は 9 方へ, 方を 8 一人が, 前を, 空気が, 者に 7 ものが, ものは, 一人は, 家の, 者の 6 ことで, ものを, 一つを, 人々は, 光景を, 女房は

5 [16件] ことに, ことを, ものの, ような, 一つの, 一部に, 他の, 光景は, 方から, 様子も, 物の, 節奏, 邑の, 郎女は, 長屋に, 顔を

4 [16件] お長屋, ことは, すべての, ようすを, 一人で, 二人が, 光景に, 声は, 大捜索, 大臣家の, 姿を, 或る, 様子は, 気配を, 水は, 讀方は

3 [43件] いろいろな, お雪, ことです, なかが, 一人の, 一室に, 一隅に, 事で, 事は, 事を, 人々に, 人々を, 人間は, 出来事である, 出来事を, 動きの, 可哀, 各個体, 夜の, 捜査を, 方が, 方の, 杉の, 森の, 模様を, 橋を, 水を, 温度が, 焔が, 物を, 生活に, 生活の, 生活は, 節奏と, 者か, 者と, 者とは, 者にも, 者も, 誰かが, 道を, 門を, 電子の

2 [190件] あちこちに, ある者, おかみさん, おもしろい談, お上さんに, ことである, こととして, ことにて, せがれの, どこにも, どれか, どれを, どんなささやか, もの, ものだ, もので, ものである, やうな, やつは, よろこびと, グリーンランドおよび, チンピラは, ファラデーの, 一つが, 一つは, 一人に, 一人を, 一切の, 一室を, 一方に, 一枚は, 一角で, 一軒の, 三人は, 上屋敷に, 下女なる, 中でも, 丸利に, 事だ, 事です, 事情を, 井戸を, 交際は, 人気を, 人達の, 仕事の, 仕事を, 任意の, 体を, 体裁だけを, 余戸の, 便所の, 促に, 個体の, 光の, 光景, 光景が, 兵は, 内なる, 分子の, 前まで, 勝手を, 勢力が, 古廟, 各部に, 同志の, 囚人に, 國の, 土蔵の, 声, 大衆の, 大評判, 奥の, 女中に, 女中の, 女子供, 女房が, 女房も, 女連は, 奴あ, 奴は, 妻の, 姉の, 娘は, 娘を, 子供が, 安全週間の, 家を, 容子を, 対立抗争を, 小使を, 山が, 山の上の, 市民は, 幾つかを, 広場で, 広場に, 座敷には, 庭には, 形像の, 形式だけ, 彼の, 御主人, 心を, 手足と, 指導者と, 捜索が, 控えと, 文さんは, 文字は, 方だ, 方に, 方は, 旦那は, 景教碑を, 暗い処, 有様を, 条件は, 柱に, 梅花の, 楓樹は, 樂しく, 模様が, 模様は, 樣子父母の, 横手の, 樹木を, 橋の, 段, 気圧は, 水圧の, 池の, 消費熱量, 温度は, 瀦水に, 灯が, 灯は, 父の, 片隅に, 物まで, 犬に, 現象の, 理想に, 理想家に, 環とが, 甘酒屋で, 男女同権の, 異様な, 相当な, 相當, 祠の, 空地に, 空孔は, 紅葉館に, 納屋に, 紛紜では, 者だ, 耳に, 胸を, 茶店の, 蒲團の, 藩閥者流なり, 装飾は, 見取図を, 親方には, 親方は, 話を, 誠之館に, 誰にも, 諸大名, 足跡を, 返事は, 道場において, 部屋へ, 都合で, 重爆, 重要な, 金が, 長屋へ, 闇が, 隅々まで, 雑事を, 雛が, 雷鳴の, 電燈は, 静子の, 面積は, 顔は, 騒ぎを, 騒動は

1 [2371件 抜粋] あちこちから, あらゆるくさ, あらゆる処, あらゆる燈火, ありさま, ある寺院, いうこと, いずれか, いとものしずか, うす暗さ, うわごと, おもしろからぬ, お千代, お安さん, お家流墨痕鮮かに, お母さんだ, お繁婆さん, お蝶さん, かくの, がどう, ことであっ, ことについては, ことらしく, この楓, さっき見残した, しきたりによって, すぐ近く, そこここを, それぞれの, ただ一種が, だれか, ところに, どこかで, どこで, どれに, はいっこくで気, ばっぱはない, ひろびろした, ほかの, まの, もっともな, ものであっ, もの二三人にて, やり口を, よき芽, インテリゲンチャの, エレベーター仕掛の, カール一つを, ゴシップは, チリひとつない, ニウスに, ヘリウム, ミズクサの, リズムが, 一つに, 一つ角を, 一二の, 一人だった, 一人と, 一冊かも, 一同が, 一員が, 一室から, 一寺院淡路市村の, 一教場に, 一木一草に, 一派の, 一疋は, 一羽で, 一言で, 一部を, 一隅では, 万燈は, 三人といふ, 三尺式台の, 上の, 上顎から, 不和を, 不滅なる, 世界の, 丘に, 中から, 中を, 主人も, 主意説論者, 争いの, 事に, 事丈な, 事実を, 二三枚だけ, 二女お, 五個所から, 井戸中へ, 交代巡視, 亭主は, 人々の, 人員としては, 人民どもも, 人気は, 人通りの, 人間を, 仏性を, 仕事で, 令名に, 会社なんかの, 伯父と, 住居が, 体育部の, 何の, 何役の, 作家の, 使いから, 依怙情実, 個々の, 倶楽部では, 僧侶相会するなり, 優秀者にたいしてばかり, 兄弟子の, 光景も, 入口という, 公方軍は, 其処此処に, 内まで, 写生画も, 出来ごとという, 出来事については, 出血が, 分子數は, 刑場で, 制度旧式が, 前へまで, 割れ目や, 労働者が, 動きについて, 動揺の, 勢力として, 北に, 医師が, 十常, 半分通りは, 協力内閣が, 単純な, 占領も, 厚いの, 又意識, 反革命分子, 叔父さんが, 取締りは, 古い大通り, 召使などに, 右岸に, 各国の, 各地方ソヴェト, 各年, 各点, 吉良の, 名人を, 君が, 命じるま, 唐橋から, 商民である, 問題として, 喞筒で, 器物の, 四割以上, 図形が, 国手が, 土地四十余町歩を, 土藏ん所け, 圧力から, 地を, 地所いと, 地蔵様の, 坂も, 型に, 場面を, 墓場へ, 壁に, 士気を, 変化が, 多くは, 大きい楼, 大切な, 大官へ, 大手を, 大河を, 大衆が, 大飯と, 夫も, 奇才を, 奥ふかく, 女が, 女は, 女房の, 如く火打鉄砲, 姉さんとこ行て, 姐さんから, 姿が, 娘と, 娯楽設備を, 婚約の, 婦人作家の, 子供たちが, 子供達は, 孤独は, 宅へ, 安全通行券を, 宗匠に, 定位と, 実際の, 宵闇の, 家へ, 家内は, 宿泊者全部を, 寂しさ, 富を, 寝息を, 対手に, 対立分化相剋抗争の, 封建的な, 小さな庭, 小侍, 小名で, 小屋の, 小林善吉と, 小都會, 少女の, 局面に対しては, 山でも, 山野に, 岩の, 岸は, 巡邏隊は, 左右を, 市隠, 帽子花簪事件以来警察当局にては, 幻想そんな, 広さ, 庭に, 庭座敷などでは, 廃園の, 建造物と, 張出し窓で, 形像に, 影響の, 径に, 後裔と, 御兄弟喧嘩, 御新造様を, 御歩き, 御辞儀, 微粒との, 心持の, 忰を, 思想なり, 恐ろしさ, 悪少年, 情勢が, 情状である, 惨状は, 意欲の, 愛嬌者だった, 感情を, 成巽閣の, 戸は, 所信を, 手に, 手前と, 手薄たる, 拘置所へ, 拷問蔵で, 掃除も, 探険に, 攪乱を, 放心的態度は, 教授室で, 数多い倉, 整理を, 文は, 文化活動に, 文学研究会から, 文学研究会指導を, 文献には, 料理屋で, 方々へ, 方には, 方向へという, 日常生活の, 旦那さまが, 旦那衆に, 旧大名邸, 明るさ, 春は, 時間は, 暑さ, 暮しを, 最も手軽, 最善の, 有司と, 朝臣として, 本多三四郎といふ, 本道を, 杜爾伯特札賚特郭爾羅斯諸旗の, 林ん, 柱には, 校長さん方でも, 案内所が, 棚の, 植木溜めである, 極く, 楽しみも, 構造も, 様子父母の, 権威と, 樹や, 樹立や, 檻の, 此の, 武運長久あしき, 残り少ない兵, 殿楼庭園の, 母屋では, 毛に, 民百姓にまで, 気受けも, 水の, 水車で, 沃土に, 沿岸へ, 泥坊でない, 活動を, 浅い緑色, 浮浪人から, 海とは, 消費より, 清潔と, 温度零下五十二度, 満開の, 演劇博物館で, 火の番に, 火山作用は, 灯りが, 為事で, 無為と, 熟練労働者は, 燈火は, 父様なんかな, 物と, 物品が, 特別な, 犬小屋だけ, 状態の, 独り合点だった, 狼は, 猫は, 玉座の, 現実は, 理に, 理想家とも, 理髪屋で, 生暖かい重い空気, 生活に対する, 生活費なども, 生産手段は, 甲斐絹屋へ, 男夢中で, 町道場も, 留守に, 異動に, 病牛馬が, 白と, 白肉は, 百姓に, 皆火, 省三が, 真夜中を, 瞳に, 矢は, 石の, 砂利が, 研究会で, 社会生活を, 神は, 神社の, 祠を, 私設監獄に, 秘密なんと, 秘密室に, 移転などで, 稽古を, 空地だ, 空気の, 空気中には, 窓といふ, 竣工を, 箪笥の, 精虫の, 紅葉館という, 紛争等も, 紛議や, 細い線, 組織が, 絶筆だった, 総羽二重夜具, 縫取, 羊みたいに, 美術館博物館を, 習慣だ, 老爺を, 者だろう, 者ども, 者を, 者共の, 聯隊病院は, 胆が, 腐敗を, 臆測は, 臣も, 自己批判は, 臭いだ, 芝生には, 花子という, 若い者, 苦悩を, 茶店へ, 菜園を, 蒸した淡, 薄暗く書斎, 藤棚の, 藪畳から, 蚊は, 血痕洞窟の, 行動に, 装束邸の, 裏に, 裏庭を, 西の, 見聞であったろう, 親方の, 親類端だつた, 言葉は, 許に, 詩人, 話も, 誰の, 諸事万端に, 諸所, 諸道具, 警官を, 讀方が, 豪華を, 貧農の, 貴人を, 質問だった, 足軽らに, 身もだえに, 軒から, 農家へは, 近くまで, 通用語と, 遊戯として, 道具の, 道場尚, 邸宅へ, 部屋で, 配電線の, 重役には, 金山は, 鎔岩が, 長屋で, 門と, 開展が, 間隔回数に, 闘いの, 阿母さん, 隅々を, 階級を, 隠居でございまし, 集会が, 雑多な, 雨戸を, 雰囲気を, 電灯の, 電燈の, 霊廟を, 静かな, 面を, 革命的プロレタリアートと, 頭を, 風浪と, 食堂の, 飲食店で, 首尾が, 馬出しの広場に, 馬賊を, 騒ぎと, 高声器, 鮎川が, 麁匆火であった, 黄金なども

▼ 内~ (1431, 6.6%)

82 入って 57 はいって 35 入った 21 入れて 20 はいった 15 内へと, 帰って 14 はいると 10 入ると 9 引っ返して 8 這入って 7 這入つた, 馳け

6 [11件] 入つた, 入れた, 入ろうと, 帰ると, 招じ入れた, 持って, 来て, 行って, 這入ると, 通って, 連れて

5 入つて, 帰れば, 引いて, 逃げこんで, 這入った, 遊びに

4 かくれた, はいったが, もどって, 入ったが, 入ること, 向けて, 案内した, 知らせが, 逃げ込んだ, 顔を

3 [13件] あがると, かくれて, はいること, 姿を, 帰った, 戻って, 足を, 逃げ込んで, 連れ込んで, 飛びこんで, 飛び込んで, 駈けこんだ, 駈けこんで

2 [71件] お連れ, かけての, かけ込んで, ついと引っ込ん, はいりました, はいる, 乱入し, 乱入した, 來て, 倒れかかって, 入っては, 入りかけると, 入りながら, 入る, 入る時, 入れたもの, 入れては, 入れぬよう, 入れるよう, 出た, 出て, 向いて, 告げた, 告げて, 呼び入れて, 射しこんで, 尋ねて, 帰ったり, 帰つた, 帰ります, 帰る時, 引っ込んで, 引っ返すと, 引返して, 往って, 忍び入った, 忍び込んだの, 忍び込んで, 戻ると, 投げこんだ, 持ち込んで, 来た時, 来た病人, 来ると, 来るの, 案内し, 潜入し, 生れて, 療治を, 腐り込まれた毒素, 落ちて, 走りこんだ, 躍り込んだ, 身を, 逃げこんだ, 逃げこんだの, 這入つて, 這入らうと, 這入る, 這入ろうと, 通された, 通った, 運んだ, 隠して, 電話を, 飛び下りた, 飛び込むと, 飛び込んだ, 駈け入った, 駈け込むと, 駈込んで

1 [814件 抜粋] あがった, あてはめて, あまりやすやすと, いいつづけた, いそいだ, いれずに, おいでなさる, おすすみ, おはいり, おはいんなさい, おひきあげなされまし, およそ三十人, お仲間衆, お体, お入りなされ, お入り下さい, お呼び申す, お帰, お引込み遊ばされる, お潜みなされ, お纏まり, お許しも, お逃げなさい, お通いつけ, お遷座, かえっていました, かえって読ん, かかえ込むと, かかると, かかろうと, かき消えて, かくかくと, かくれた様, かくれると, かくれるよう, かけ込みそこ, かつぎ入れた宰領, がら, けちが, こう告げた, この珍客, ころがり込む, ころげ込んで, さあさあ内, さそいこんで, さらにまた, しまいこんだの, しまって, じき帰ります, すべりこんだ, すべりこんで, ずばっと, その由, その石, つきはなし抑, つれて, つツ, とぐろを, とじこめられたこと, とって返した, ともなわれる, どうしてあの, どなると, なげ入れて, なだれこんだが, なだれ入った, におって, のこして, はいったとき, はいった事, はいった筈, はいらせまいと, はいらない, はいりかけた主, はいりたまえ, はいりましょう, はいり座敷, はいり式台, はいり様子, はいれるらしい, はいろうと, はら, はらはらと, ひいて, ひきかえして, ひきずって, ひそめた瞬間, ひびくと, ふみこまない態度, ぶちこんで, まぎれこんで, まくれ込むと, まっさ, まわって, むりに, もどるが, もらわれて, やって来いと, やりたくて, よく来た, よんで, ろうそくを, ギイと, ズカズカと, セルロイド製の, チョットひく, ツウと, 一人で, 一台ずつ, 一女人がは, 一歩突き進ん, 一献差上げたい, 上がって, 下りて, 乗りこんで, 乗り分れた, 乗込もうと, 乱入し兼ねまじき, 二人は, 云った, 人や, 伴ひ入れ, 伺候した, 住み込んだ, 來てから, 來る, 侵入される, 侵入する, 侵入せしめる, 倒れ込む, 先廻りを, 入ちゃった, 入ったら僕, 入った便所, 入った処, 入った父君, 入った茅野雄, 入ってからも, 入っても, 入つて來, 入つて行, 入らうと, 入らせ給うて, 入らんとも, 入りかけるころ, 入りて, 入りました後, 入りましょう, 入りまもなく, 入り奥庭づたいに奥, 入り来たって, 入り給, 入り行きぬ, 入り込みました, 入り込もうとして, 入り込んだこと, 入り酒, 入るが, 入るなどとは, 入るに, 入るの, 入るべからずもし, 入るるなと, 入るんで, 入る足袋屋, 入れずに, 入れず一切人, 入れたの, 入れた彼女, 入れてから, 入れないし, 入れなかった, 入れば, 入れましょう, 入れます方, 入れようとは, 入れると, 入れるな, 入れるもの, 入れる事, 入れんよう, 入れ家, 入れ燭, 内へ, 出向いて, 出張所を, 初々しく頭, 加えて, 加わった, 勧化にでも, 匍い出した, 卵を, 参りました, 参りましたの, 友軍が, 反ったしゃくん, 収まるやいなや, 取りに, 右の, 向う見ずに, 向って, 向っては, 向はせた, 向わなかったため食事, 吸い込まれた, 呼びあげて, 呼びかけて, 呼びよせて, 呼び込んだり, 呼び込んで, 呼入れて, 喚戻す, 埃だらけの, 報じる, 壻入の, 大分入っ, 大股に, 奉公を, 奔り込み, 嫁し, 嫌々駈けこん, 安置され終んぬで, 宛てて, 宿めて, 寄って, 寄り三荘, 密会所を, 寝かされた, 封じこめられて, 射入, 射込んだのち, 導いたので, 導かない, 導くと, 左右から, 差し向けると, 帰して, 帰ったがね, 帰ったの, 帰ってからも, 帰つ, 帰つてねませう, 帰つて見る, 帰らない覚悟, 帰らなけりゃならねえ, 帰られるよう, 帰りついて, 帰りましても, 帰り下女, 帰る, 帰ること, 帰るん, 帰る度, 座を, 廻すって, 引いた, 引きながら, 引き入れたり, 引き入れられ仮に, 引き移ったばかり, 引き籠ったので, 引き込んだ, 引き込んだ藝者, 引く勢, 引っ張り込まれても, 引っ込み呟く声, 引っ込んだあと, 引っ返そうと, 引入れて, 引入れると, 引取る, 引張つて, 引摺込まれ, 引越したよう, 引込む, 引込んだの, 引込んで, 引返した時分, 強請りに, 彼を, 往きたか, 往き始めし比, 往つてラゴプス鳥を, 従いて, 御入り, 御奉公, 御車が, 御通し致し, 忍びこんだの, 忍びこんで, 忍び入りぬ, 忍び込み御, 忍び込むこと, 忍び込んだ, 忍び込んだ一人, 怒濤, 怪け, 感じためるだけで, 慣れなれしく入って, 手おちなく伝えられた, 手を, 手紙も, 投げ込まれて, 投げ込みヤッ, 折り曲げると共に, 抛りこまれた, 抛りこむと, 抛り込んだ, 抜乗り者を, 抱え込むと, 押しとおって, 押し込むこと, 押し隠されて, 押入る組, 担い上げて, 招き入れて, 招き入れられた, 拾いあげた, 持ちこんで, 持ち込みては, 持来した, 捧げて, 捲き込んだの, 掛合って, 掻込む, 放たれると, 数年間を, 斬り入れ, 旅だつた振り, 映画芸術と, 普請を, 曳き入れまた, 曳網を, 本堂再建の, 来たっきり, 来たの, 来なくなったの, 来るめ組, 来るよう, 案内された, 案内せられた, 案内せられる, 歩を, 歸つた, 歸る, 気分は, 気息を, 池の, 泊にでも, 泊めて, 流れこんで, 流れ入ると, 流れ込もうと, 消えこんだこと, 消えた, 消えて, 混み入ったこと, 混み入ろう, 漢文を, 潜みかけたが, 潜んだ, 火を, 無断で, 煽ったん, 生かして, 生き物の, 留めおかれますか, 着くと, 秘蔵し, 移って, 移居の, 穿物を, 突き入っ, 突き入れる, 突入しかけた, 竈でも, 筑波の, 納まって, 納めると, 絵本売り, 縁あっ, 繋いで, 置かれて, 置て, 罷り通ること, 聞えたの, 聞える, 聞かせたさ, 自分の, 自由に, 舁込んだ, 落し入れる, 蚕蝕し, 行き又, 行くか, 行くこと, 行った, 行ってから, 行つてやれ, 襲って, 西向きに, 記入しおかるべし, 訪ねて, 許されるという, 誘い入れた, 誘い入れられた, 請じ, 走り込んだ, 越すん, 跨ぐとき, 踏み入って, 躍りこんだ九鬼弥助, 躍り込みました, 躍り込もうと, 転げないで, 転陣の, 辷り込まれるん, 迅り去った, 追いこまれて, 追い込まれそこで, 退かせた, 退ッ, 送りこまれた, 逃げこみすぐ, 逃げこむ, 逃げこんだまま行方, 逃げこんだ容疑者, 逃げこんだ男, 逃げて, 逃げ入った, 逃げ込みました, 逃げ込んだと, 逃げ込んだという, 這い込んだ, 這入ったら何, 這入った果して, 這入ってまで, 這入つた後, 這入つて水, 這入て, 這入らないの, 這入り様子, 這入り込んで, 這入るかと, 這入る方法, 這入れば, 通さなかつたと, 通しこ, 通した, 通じる狭い, 通ると, 通を, 連れ込みました, 連れ込むこと, 進み入るなり, 進んだ, 進んで, 遁げ込む, 運びこまれる, 運びこむつもり, 運んで, 遠慮なんか, 遺失した, 還つたと, 邪魔を, 野獣の, 針為事に, 銀製の, 鑿り抜け, 閉めました, 隠し向う, 隠れた時, 隠れて, 集って, 雪崩れ入っ, 雷が, 響き渡った, 響ける, 頬張って, 顕われる, 飛びこんじまった, 飛び上がった, 飛び込む, 飛び降りた豚小屋みたい, 飛んで, 飛下りる, 飛込んだその, 食い入って, 馬車を, 駆けこんで, 駆込んで, 駈けつけた, 駈けもどった信長, 駈け入ろう, 駈け込む, 駈け込んで, 駈込んだ, 鬼は, 鳴き行くなる, 黙って

▼ 内から~ (1125, 5.2%)

24 出て 11 外へ, 戸を, 開けて 8 扉を 7 開いた, 開いて, 顔を 6 嚴重に, 錠を 5 声が, 外の, 湧いて, 鍵を

4 [11件] あいて, 一人の, 何か, 外を, 女の, 念入りに, 締めて, 起きて, 返辞が, 障子を, 雨戸を

3 [15件] あけて, がらりと, それを, では, はや善き, 云って, 窓を, 締つて居た, 自然に, 見て, 見れば, 錠が, 鍵が, 門を, 首を

2 [63件] サツと, 一つの, 一座の, 下宿料や, 二つの, 人の, 例の, 働いて, 厳重な, 厳重に, 叫ぶの, 吾, 呶鳴る, 喚び起されること, 城門を, 外から, 外に, 大きな声, 廓外へ, 引開け, 彼を, 応ずる気勢, 愛し合った国, 或る, 戸が, 戸締りを, 戻って, 押して, 春挙さんは, 棹なんぞ, 正面の, 理解し得ない, 発生した, 白娘子の, 盗み出して, 破って, 立直らなければ, 細目に, 結び得る国, 締って, 締つてゐた, 締つて居りました, 締つて居る, 締めて置いた, 締りを, 聞える声, 見ても, 覗いて, 辞して, 返事が, 追放する, 選ばれて, 釘が, 鋭い声, 鎖鑰が, 閉つて居た, 閉めて, 開き, 開けられて, 障子が, 靜かに, 頻りに水, 飛込んで

1 [792件 抜粋] ああし, あけに, あたまに, あなた方を, あるいは現在, あれこれの, あんな物凄い, いう, いったの, うごかすの, えんりょなくさいそくをする, おどりでた一壮漢, お声, お粂, お絹, お菊さん, お針子が, かいて, かすかに, かたく閉められ, かなり身巧者, かなり遠い, きこえて, きたの, ぐず, こう云っ, ここまで, この暗, この概念, この雪, こぼれ落ちるの, こみ上げて, こんなこと, さえぎって, ささやかれて, さした魔, さし招いた, さっきの, さまざまな, さも映し, しきりにほえ, しっかりと, しゃがんで, すぐに, せき立てられるよう, そこを, その価値, その対立物, その戸, その異常, その緒, その足音, そびえ立って, それに, たずねた, たった一ト足, だん, だんだん肌寒く, ちゃんと閉め切っ, ちょうどその, であった, とざされた, とざしたの, どこかの, どれか, ながめて, なら楽, なる洋風審美, にじみ出た民族的, ぬけ出して, はずしたが, はずして, ひらいて, ふいに, ふさいで, ほとんど人通り, ほのめく, まじめで, まるで何人, まろび出た, むくれ上って, むさんに, もう目, もり上がって, やうやうこの, ゆたかな, ゆったり垂れた, よく締めてあつ, よむところ, わらわらと, カギや, カラリと, サロンの, ジッと, ゾロゾロ吐き出され, ドンドンたたい, バッと, ピアノが, ピシピシという, ベラベラと, ボートを, ラジオの, 一の, 一人その, 一処に, 一切の, 一定の, 一斉に, 一札の, 一般人と, 一足出る, 一里半の, 一陣の, 丁度に, 三月の, 下級の, 中止に, 主体的に, 主殺し, 之だけの, 九郎右衛門の, 事実上校長が, 二三丁ばかり, 二人で, 二度目の, 二階へ, 云わば, 云われた襖, 五十恰好の, 亡びるべき原因, 亭主が, 仏前の, 仰せに, 任意に, 伏兵の, 何, 何んの, 何者か, 余り好き, 余り好きで, 促されて, 借りて, 僂麻質が, 働くという, 働くの, 優良児を, 元気な, 光らかして, 光りを, 公子の, 典型的な, 内応する, 内隣同士おうおう, 出かけて, 出して, 出たの, 出たり, 出た人, 出まして, 出る, 出ること, 出る者, 切つて出たら, 切り崩しが, 初めて今日, 到来を, 劉備の, 助け出して, 動いて, 動かないの, 勤めて, 十五円ばかり, 十人衆という, 十錢でも, 南は, 卯木を, 原理的なる, 去らなかった, 取れたやう, 取外しの, 叩きます, 叫いた, 叫ぶ, 叱った, 右の, 向島の, 吹き飛ばすべき使命, 呉れた金, 呼びかえした, 呼び出して, 呼んでも, 問いました, 啓い, 埋葬の, 堰あふれ, 外して, 外す分, 外海へ, 大きい樹木, 大きな榎, 大混乱, 大衆的に, 天ヶ丘の, 女中が, 女中らしい, 妻が, 妻への, 姦通せい, 姿を, 嫁入, 学校通いを, 定つて, 密通い, 密閉され, 射した明るい, 導き出すこと, 小さな人, 小さな頸, 小づくりの, 小舎の, 少しづゝ払, 少し抜い, 少なからず動かされ, 少なからぬ, 左に, 差込ん, 已に恋い渡る, 幣帛を, 年取つた番頭らしい, 度々見, 庭に, 庭上における, 廓外への, 弁当を, 引き摺りこみあうもの, 引っ掻いて, 引例し, 弦之, 弾き飛ばすも, 形を, 形成された, 彼の, 待ち人です, 従者に, 御堂格子を, 御用意, 必然に, 必要ある, 忍ぶよう, 忠作よりは, 思い思いに, 急速に, 悪戯もので, 意味不明の, 感じて, 懸けたの, 戸の, 扉へ, 手引きした, 手引きする, 手招きする, 手許に, 打って出た春長軒村井長門守父子, 抑揚を, 投げて, 抜け出しどこ, 抜け出し何処, 押せば, 持出したもの, 捜って, 掛けて, 掛金が, 探し出さなくては, 掲げながら, 掻き消えたの, 提灯を, 握って, 搜つて判らない, 携帯式の, 散り散りに, 文学の, 斯る, 新しい社会常識, 於通も, 日中でも, 明けようと, 映って, 暫く覗い, 暴れ出た皇子宗良, 曳かれたこと, 更に又, 書いて, 會社へ, 月子の, 木刀を, 木連格子を, 来たか, 来たと, 東に, 枢を, 架かつて, 柵外へと, 柿の木で, 案内し, 棒を, 棧が, 楽屋へ, 楽屋口を, 此處を, 武者の, 母親が, 気の, 江戸城を, 法則を, 泣いた, 泰伯篇を, 浮き出た姿, 消え去る理由, 湧き上がって, 湧き出したいもの, 湧く美, 湧く豊か, 湯は, 滅多に, 漸く工面, 潜り門の, 潜戸を, 火を, 焔が, 無理に, 照らしたの, 照光器の, 燃える豊か, 燈が, 片脚, 物体を, 特にある, 特に価値, 特に吾, 特に形式論理学, 牽き出されると, 狂人に, 猫の, 玉藻の, 現実社会へ, 生かして, 生まれ社会, 生れる溌溂, 生長し, 甲高い女, 町内の, 発した情熱, 発するに, 発展させる, 発生する, 発見する, 白い人影, 白光を, 百万円だけを, 皮膚を, 盗み出すなんて, 盛んに, 目が, 直ぐ玄関先, 直觀的, 相應, 矛盾の, 短刀を, 破れて, 硝子戸が, 神を, 突き落し, 突如大勢, 窃かに, 窓が, 立って, 答えた, 答えますと, 紙の, 経験的乃至, 絶えず表現, 締つてゐる, 締つて居ちや外からは, 締めきつ, 締めた, 締めたと, 締めたりよ, 締めて開けさせません, 締めること, 縁側に, 美しいの, 義経に, 羽子の, 耳の, 聞えそれ, 聞えて, 聞える女, 聞こえた, 聞こえる, 聲を, 育て, 育てたの, 腹稿を, 自ずと開きました, 船を, 若い子分, 若い西洋人, 落した奴, 蒸発する, 蔡瑁は, 蔵前の, 血汐の, 衝と, 表の, 西北の, 覆されて, 見せて, 見られた, 見られた殿さま, 見出されなければ, 見出されるの, 覗いたの, 親どもの, 観念と, 言つた, 訊いた, 誰かの, 論理の, 謎の, 費った, 走りだして, 起き九時頃仙台市, 起こったもの, 起ったもの, 起った戦, 起る欲望, 転ぶよう, 転寝を, 輝かして, 輪鍵が, 迎える声, 迫り出て, 迫り出るよう, 追い払うこと, 追い立てられる, 追放される, 送られる電気力, 逃げ転び悲しみ, 遁れよう, 道とかいう, 選ばれた代表, 選りすぐった美姫, 邸町の, 酒の, 酒を, 金子の, 金網戸を, 鉄砲や, 鍵こそ, 鎖されたまま, 長安の, 門に, 門扉を, 閂でも, 閉されて, 閉じられて, 閉って, 閉つて居る, 閉めきつた離屋, 閉め切ったまま, 開かせた, 開かれて, 開きました, 開き一人, 開くこと, 開けさ, 開けたもの, 開けられるには, 開けると, 防禦の, 降り出したしめやか, 隔意なく, 雛鶏の, 雨戸が, 雪は, 青白い灯, 音も, 頓狂な, 顏を, 颯と開い, 颯と開いた, 飛んで, 飯でも, 馬喰町四丁目まで, 駅の, 駕の, 高い門, 魔が, 鳴りだした, 麻布狸穴へ

▼ 内~ (1029, 4.7%)

7 何か 6 繰り返して 5 女が 4 待って 3 する, つぶやいた, 一つの, 一荘やり, 云った, 云って, 働いて, 彼は, 発生した

2 [31件] すべての, つぶやいて, 一杯飲む, 云つた, 変死した, 大分変化し, 奇怪な, 寝て, 心張棒を, 思った, 恋する, 教えられた事, 此の, 殺したの, 毎晩がさがさという, 生活し, 畳の, 相互に, 眼を, 私の, 繰り返した, 聞いて, 聡明でも, 行なわれた, 行われるの, 見たもの, 言った, 起った奇妙, 青年の, 飯を, 騒動が

1 [918件 抜粋] ああ次々, あらう, いい賭場, いくらも, いちどは, いつも人間性, いや乱脈, いわゆる, うとうと横, うろうろし, おえらい, おそろしい反対, おもしろかった, お下婢, お世話を, お今ちゃん, お小姓とんぼ組, お泣き, お百度, お祖母さんと, お話しました, お辞儀を, お逝, がさがさいたします, きょうは, くちゃくちゃやっ, こう言, こしらえた人, このさい, この一二年, この人口, この場の, こみ合って, これから面会, これだ, これの, これまで, こんな事, さけんだ, しかし猶, しくしくと, すぐ披, すすり泣くよう, すらこの, すら爆竹, すると, せめてスターンバーグ, そうだ, そのまま, その傀儡師, その日, その月, その生活, その隣, それでも廻転棒, それ自身の, そんなに前後, そんな物, たいせつな, たしかお松様, ただ一つ, たった一人矢崎, たべたん, だいぶ幅, つい聞い, つくる, つじつまは, つぶやいだ, つぶやきました, てんでにつきまとった, できるだけ気流, とっくに覚悟, どうにもなる, どちらか, どのよう, どんなもの, なおして, なおすわけ, なされますか, なるべく人, なんとかし, ね一つ所, はたらいて, はない, ひょっくり浮き上がる, びっくりし, ぶつくさ呟き, ぶつぶつ云った, ほんとに闇, ほんの少し, まごついた調子, まず八人, またその, まだ動い, まとめる事, もう御作, もしそこ, もっとも強い, やった自分, やつた, やや階級, やるので, よかつ, わしに, わめき狂って, イギリス文明史を, エ一本の, ギッチョンと, コトッコトッコトッと, サーチライト動かし, スリ変えられた, チャシウメンや, トロツキイストたちの, ドンドンドンドン赤さん, バクチを, ベストを, ムンク程, ルバーシカを, ワーっと, 一個の, 一名, 一應顏は, 一段際立っ, 一番の, 一番よく, 一番出色の, 一番年上だ, 一番破り易い, 一番聯想し, 一目その, 一等多い, 一等広く, 一等感動させられた, 一般性を, 一荘大いに, 一騒動を, 万事済ましたい, 三人相談し, 三荘やり, 上座郡左右良の, 下女と, 不測の, 世話を, 中, 中木場, 乗越切符書換し, 二年ずつ, 云われる現象, 亡くなつた, 人民の, 人足を, 今も, 今日復興し, 仕事を, 以前ば, 休んで, 会議に, 低い利潤率, 何かが, 何らか, 何家にか, 作ること, 作ると, 作用を, 例の, 保護を, 信長の, 傘を, 僅少な, 働き出す, 償いさえ, 兄弟たちには, 先生の, 八文字で, 内藝妓, 冗談でも, 凱旋気分を, 出来たので, 出来るの, 分かちがたく, 分解し, 別段異, 努力し, 労働強化に, 十分活動する, 千石の, 卒倒しました, 占めて, 占める高み, 卵を, 厳しい用心, 参考に, 双方とも, 反対が, 取次だ, 古るい歴史, 叫んで, 可能な, 同じ四人, 同じ本, 吹きまくらねば, 呟いた, 呟くと, 唱えながら, 喰うの, 営まるべきもの, 器械の, 困って, 囲って, 固定しかけ, 地方を, 坊さんが, 売り問屋, 多少の, 夜半の, 大きい法螺貝, 大きな舵, 大ぶ, 大変裕福な, 大次郎と, 天下の, 奇妙な, 女性の, 女房衣を, 好もしい映, 妻に, 姉さんや, 威張っても, 婬し, 嬉しかつ, 学位を, 学的に, 完全に, 実行され, 実験すれ, 客の, 宴会を, 宿奈麿の, 寝るが, 寝台を, 寶物と, 射殺せられた, 将軍家を, 尊氏の, 小さいながら, 小三郎が, 小川の, 少しばかり, 屍体を, 山楽は, 工人を, 左側に, 市街戦が, 帰ッて, 常識の, 年を, 役割を, 彼が, 待ってて, 待期し, 従って, 得度を, 御師匠さん, 念佛を, 思つた, 思想を, 性欲的教育を, 恐らくその, 息苦しがっ, 惚れたなんて, 愛した, 愛情を, 感じられる実際, 慰めて, 應仁の, 我が滝本総領事, 戦う旨, 戦死を, 所謂好男子では, 所謂知識階級と, 手も, 扨は, 技術と, 押込めに, 抽象される, 拵えると, 拾った南京虫, 持って, 指を, 採れた大きな, 採集した, 揉み合って, 摂政基房の, 敏腕の, 文法の, 斬られたとの, 斬られる筈, 新たな, 新刊書を, 旅に, 時めかして, 晝食の, 普請を, 暖まらずその, 暮らして, 暮らすよう, 曹操に対し, 最も大切, 最も學才, 最も尊重, 最も根本的, 最も権力, 最も発達, 最も複雑, 最も重大, 最も露骨, 最善を, 最長の, 有名な, 朧に, 本を, 来たなと, 桐山小六と, 極めて多く, 極左的傾向を, 橘の, 歌いました歌, 歌合を, 正座させる, 此處が, 死なせて, 死んだ, 死んだの, 死んだほどの, 死滅, 殺人を, 毎日飽かず, 氏の, 気配が, 永い間, 決しられて, 河岸の, 法王政府に, 泣かぬ者, 洩らす事, 消えて, 深かった, 混迷しつづけ, 湯を, 演じられます, 漬ける漬物, 濃尾, 灯されて, 炬燵に, 無味無臭無色無, 焼かれた二千名, 燃焼し, 片づけられる, 特にこの, 特に理論的価値, 独立した, 現に場内, 現実的に, 理解された, 生つた李, 生活の, 用いる番附, 男女共肩から, 畜生あつかい, 異国趣味を, 病死した, 発見した, 監督らしい, 直に食物, 相愛し, 相次いで, 着て, 知って, 研究する, 祈念し, 神社からの, 私と, 私に, 秘密な, 空想的効果を, 窯焚き, 立派に, 第一番, 第一等, 筆を, 答えたもの, 納めたいところ, 細く静か, 紹介しあっ, 組織された, 結婚の, 継起し, 縊れて, 繰返すの, 罪人を, 置き替えるなら世界観, 罵ったが, 考えること, 而も, 聞いても, 聞きます, 聞く鹽原角右衞門, 職工として, 育つよりも, 脱げ引, 自分で, 自分は, 自己の, 自給自足し得る, 興味の, 舌を, 色々に, 花見を, 花鳥の, 苦しんで, 茂樹にも, 荷を, 葬式の, 蕭然と, 薬を, 行うもの, 行なわれて, 行われた, 行われたん, 行われました或, 行われること, 行われ長, 行為させ, 衣を, 見あきて, 見たという, 見たよ, 見た覚え, 見られること, 見るとは, 見受けた食物, 親たちが, 親の, 解決しよう, 言って, 言つて夢の, 許される想定, 詞に, 詰腹を, 話が, 話を, 読書子や, 誰一人知らぬ, 諸将, 謡を, 讀み取れること, 谷間田は, 責められたか, 買って, 赤さんが, 起きる場合, 起つたこと, 身じたくを, 軍議に, 返事を, 逢ったの, 連続的に, 進歩乃至, 遊んで, 過すつもり, 遠慮勝に, 適切に, 都合の, 配分を, 采粒を, 鈴木田正雄時代から, 銀座の, 長嘆し, 開き滋賀, 開くこと, 間に合う言いつけよう, 陽気に, 隠れて, 雑談に, 雪は, 雲中語といふ, 音楽の, 風船虫の, 飛んでも, 食べる規則, 食わないか, 馬に, 馬を, 騒いで, 鬼脇という, 鰻めしを, 鳴らしましたよ, 鳴り出したの, 鶯の, 麺包を

▼ 内~ (1026, 4.7%)

6 寂として 5 それを, ひっそりし, ひっそりと 4 いつもの, ほらほら外 3 どうした, まだよかっ, 大騒ぎに, 引越らしき, 急に, 静かである

2 [52件] お腰の物, しんとして, どこです, ひそと, わいは, シンと, シーンと, 一刻も, 上を, 人間の, 仕方が, 他の, 何を, 侃諤の, 例の, 俄かに, 俄に, 偽善と, 内で, 厨にて, 反つて温柔滑脱, 反つて細心, 夢の, 如何に, 寂と, 寂然と, 廣く, 彼の, 思い沈んで, 我とも, 手が, 既に潰敗, 昼でも, 暗かった, 森閑として, 民を, 水を, 浮線綾の, 火の, 煙草の, 申すに, 男の, 真の, 真暗だ, 私も, 突当りまで, 統一の, 薄暗い, 薄闇く, 見えにくい, 親の, 黙って

1 [875件 抜粋] あえぐが, あとをも, あの男, あの通り, あれから, いい齢, いきなり, いきなり当, いくら広く, いつもしん, いつも笑っ, いつも笑顔, いぶかしそう, いま復興の, いよいよ荒れ, いろいろ人の, いわゆる烏羽玉, うらうへに, うるさいから, うんざりした, お菊, お金蔵方, かかる気持, かなりな, からりと, がやがやと, がらんとすい, ぎょっとした, けっして気持, ここだけや, この一言, この日, この男, この言葉, こんなおまえ, こんなお歴々, こんな冗談口, ごたごたな, さっきも, さっそく兵糧, しいんとする, しずかである, しばらくの, しばらく沈黙, しんと静, すっかり髪容, すでに仄, すべて電灯に, ずいぶん荒れ, そう云う, そこから, そこに, その前後, その声, その時以来, その臭気, その間に, それが, それでも他, それでも芸術, それらの, そわ, そんな事, そんな恐怖, ただじゃ, ただ今どこ, ただ真暗, ただ頭, だいぶお, ちっともいい, ついに一語, つき合いさえ, とかく何事, とても我邦, どうしても中, どうしても人, どうも安心, どこも, どんなもの, どんなもん, ないでしょうか, なかなか広く, なかなか面倒, なぜか, なるべく題材, にわかに重苦しい, はにかんでばかり, ぱっと先, ひとりその, ひどく荒れ, ふたたび富士裏, ふたたび青青, まことにひ, またお, また真暗, また薦, まだしもなれ, まだよ, まだヒックリ, まだ夜明け前, まだ好, まだ暗かっ, まだ蒸し暑い, まっくら, まっ暗だった, まるでこの世, まるで夢, まるで戦争, むしろ静か, もうほとんど真暗, もう呪い, もう真夜中, もう薄暗, もう鼻, もちろん近村, もっと沸騰, もとよりの, もめる毎夜, やっぱり何とかし, やはり同様, やや慌て, よくよく気, ろくな夫婦喧嘩, ろくに雇人, わきから, わたしの, ガランとして, ガラ空か知らん, ゴシツク式建築の, シーンとして, スチームの, ソハソハと, ハタと, ヒッソリ閑と, ビクとも, ビクを, ホラホラ外は, 一人の, 一切馳走を, 一呵せり, 一尺ほど, 一層暗く, 一廻も, 一日に, 一時この, 一棟を, 一生懸命に, 一面に, 万世不易の, 三和土で, 三日目の, 三輪の, 上ってたん, 上機嫌だった, 下にも, 下らぬと, 不殘, 両わきの, 中央に, 丸く納, 丸髷に, 主君土佐守の, 主膳が, 乳の, 二人を, 二室ぐらいしか, 二階三階の, 云いしれぬ鬼気, 云うまでも, 五十少し, 亡魂屋の, 交換局の, 人など, 人も, 人子一人なき, 人民に, 人通りの, 今し, 今まったく, 今度は, 伊之助が, 伯母の, 何かと窮屈, 何ぞ, 何でも, 何とかし, 何と申し, 何に, 何も, 何時でも, 余りに拡げられなかった, 余り行, 依然として悪臭, 俄然として, 偶然と, 傲然と, 儂と, 先日朝鮮戦乱の, 入る, 入門を, 全焼その, 六つのかどと, 兵士であり, 其の騷ぎ, 内懐に, 冗談でなく, 决し, 冷えびえした午後の, 凡て岡氏自身の, 出来るだけの, 分別なし, 列侯士民の, 別な, 利き目, 前後も, 剛, 力に, 勝手に, 勿論ひっそりし, 勿論世間, 勿論支那朝鮮亞米利加歐羅巴, 勿論邸外, 十幾人の, 去るまじと, 反つて険, 反対に, 古寺の, 只清潔, 只静か, 可なり, 右往左往の, 右手から, 君權を, 吹こうにも, 和楽し, 哄笑し, 唖然と, 唯だ, 嘉門の, 四ツ谷の, 四肢を, 国民に対し, 土間に, 坊ちやんを, 堪りかねて, 墓場みたいに, 士氣を, 外より, 夜が, 夜の, 夜叉権という, 夢だろう, 大きな泉水, 大の, 大声で, 大変孝行な, 大師の, 大抵他人, 大物は, 大里, 奇妙な, 奥の, 奥方の, 女どもが, 好い加減に, 始は, 姿を, 子供が, 存外瞑想, 安き心, 安心出来ぬ, 宮苑である, 宵の, 家も, 家出を, 容易に, 寂しくなつた, 寂寞に, 寝静まって, 察して, 寺院にでも, 尊氏ならぬ, 少しく二百二十日前, 少し痺れ気味, 少し闇, 岩と, 巧みに, 差支へ, 帝國女子大學の, 幕府の, 幾たびも, 幾度とも, 広い青畳, 広く離家, 広場の, 床板も, 建築物では, 張合も, 当って, 役所で, 後者を, 復雜然として, 心が, 忠心の, 念入りに, 忽ちにし, 思い出して, 思った, 急にがや, 恐怖より, 息を, 悽愴の, 愚かこの, 慌てずあせらずもむ手, 憑かれたよう, 我慢が, 或る, 所詮忠義, 拙者の, 捉えられたの, 捨て石に, 損毛ばかり, 改まったよう, 政府の, 敷物几寝台に, 文科の, 新蔵, 日本が, 日頃の, 早速承知, 春外は, 春景色かな, 昼も, 時々船室, 晝食の, 景気立っ, 暖く, 暗く成った, 書紀から, 最も危険区域, 朝から, 木にも, 朱塗であります, 机を, 東洋一水深く, 松原十右衛門の, 柱の, 柳町菎蒻閻魔の, 梨地である, 森として, 楊儀外は, 極楽外地獄まことに, 様子が, 正太の, 武士の, 武家の, 死にたくは, 死んだやう, 殆ど真の, 殊に厳重, 殺生でございます, 毎週一回校正の, 気味悪く静か, 気密室に, 水分が, 決して止まぬ, 決して署名, 沢または, 注文が, 流石に, 浪が, 海真, 涙ぐんだ, 深山の, 混乱の, 混雑し, 清浄を, 溜息を, 漕ぎ出されません, 漸, 火鉢の, 灯一つ見えなかった, 無かった, 無し子供, 無念そうに, 無限大の, 熊襲の, 熊野三山へ, 燈を, 物思ひ, 物静かである, 物音一つ聞えず, 独り茶を, 王これを, 生きかえったよう, 生死の, 男坂を, 留守だ, 疑って, 発音としては, 白昼の, 百姓の, 盆地で, 目下非常な, 相変らず, 相当に, 眉を, 眞暗, 真っ暗, 真暗, 真闇, 真顔に, 瞋恚に, 研究者自身にだって, 社会は, 祖父また, 神田お玉ヶ池の, 秀郷竜宮入りの, 私の, 私はしが, 科学論に, 穴の, 空気が, 突放して, 笑った, 籠って, 納戸の, 細註の, 総員の, 締まって, 義賊といった, 耳うるさく, 能登守の, 腕を, 膝を, 自分でも, 自分を, 至る所非常, 苦りきつて, 苦痛を, 荒涼として, 蕭条として, 薄暗くな, 薄暗くなり, 薄暗くなる, 血しぶきで, 行衛が, 裁判官に, 西と, 見えなかった, 見返りながら, 角町の, 言ひ, 言語道断の, 誰しも, 誰憚らず, 諸藩, 變つた土地に, 貧乏だ, 貪慾と, 買って, 赤松重造の, 跡を, 路地の, 身を, 身震いする, 車夫が, 軌道敷地の, 辯解らしく, 途方に, 通路が, 道具一式を, 遠慮し, 遥かの, 酸鼻に, 鈍い色, 長い桐, 閑々たる, 闇討ち, 降参すまい, 隈なく, 随分豪奢, 雄の, 雅典市を, 雨風吹け, 震える口, 青木さんを, 静かであった, 静まり返って, 非常に, 頓着なし, 額の, 顏見知りの, 飛び上った, 首を, 馬の, 騒然として, 高笑いを, 麦の, 黙りこくって

▼ 内~ (916, 4.2%)

29 覗いて 22 歩いて 20 のぞいて 9 外に, 窺って, 見て 8 見廻した 7 出て, 見ると 6 隈なく 5 あちこちと, 静かに 4 のぞくと, 照らして, 眺め廻した, 見せて, 覗くと

3 [13件] うか, うろうろし, くらぶれ, のぞいた, 守ること, 散歩し, 明るくした, 治めて, 照し, 納めて, 見まわって, 覗いた, 較ぶれ

2 [52件] あっちこっちと, くまなく, のぞかずには, のぞきながら, のぞきました, のぞくよう, 一と, 仔細に, 出たの, 制し公, 匍匐する, 召しつれて, 右往左往する, 埋めて, 字余りに, 巡視する, 当も, 忍びあるくという, 抜け出して, 探って, 案内した, 檻の, 歩いた, 歩きながら, 歩き廻った, 眺め廻して, 窺うと, 窺う者, 窺く, 窺ひ, 経て, 虚に, 見た, 見ま, 見まわした, 見まわして, 見よ, 見廻って, 覗う, 覗きこんで, 覗きながら, 覗き込んだ, 覗き込んで, 覗く, 覗けば, 覗込ん, 調べさせて, 透し, 通って, 通りぬけ, 通る場合, 離れ来

1 [617件 抜粋] あけて, あけてはと, あちこち歩い, あっちへ, あなたに, あらためたが, あらためませねば, あるく神, いかがなされる, いそいで, いたわりいたわり, うかが, うかがい一夜, うかがい木戸, うかがう, うかがったり, うちあけられたこの, うち眺め, うながして, うろうろなさいました, おびきだして, おびき寄せたはず, お母さんの, お銀様, かけまわって, かけめぐって, かけ回る競馬馬, きょろきょろ見廻し始めた, くわしく見, ぐる, ぐるぐる探し廻っ, ぐるぐる歩き出した, ぐるっとまわっ, こじあけて, さがす捜索隊, さがつた, さぐって, さしのぞいて, さし覗いたり, さそわれ出て, さまよう曲者, しずかに, しだいしだいに, して, しのび抜けて, しばらく散歩, しらず外, しんと支配, じろじろと, すっかり預っ, せき立て共に, そこここと, そこへ, そっと覗い, そっと訪ね, そのままに, そッと, たっぷり暮したい, たのむの, ちょいと, ちょっとのぞきこんだ, ちょっとみ, ちよいと, ちりひとつ, つらぬき群星地, つれて, とびまわって, どう行く, なつかしそう, なんとなく歩い, にぎやかして, ぬけ塩町, のぞいたの, のぞきそこ, のぞき込みました, のぞく, はいはじめた, はきごみ, はじめ岐阜に, ば幾周し, ひゅうんと呻, ひょいと飛び出した, ひらかぬこと, ふり返っ, ぶらぶらし, まずそっと覗い, まずはようやく, まるく回転, まわりながら, みたら或は, もう一, ものなつかしく, やるの, ゆるがす笑声, よんで, ウロウロし, キヨロキヨロ見廻した, ジロ, ジロジロ覗き, スイスイと, テイネイに, モサクする, 一とおり見, 一ぱいに, 一周せん, 一寸見物, 一巡し, 一巡りする, 一廻りし, 一応は, 一応見廻した, 一昨夜か, 一目みたい気が, 一目見, 一通り見めぐり, 丁寧に, 上田敏氏と, 下って, 乞うたが, 二に, 二分し, 二枚重ねたらしい, 人力車を, 仕切って, 仕切つてある, 仕留めてから, 会場として, 伺いのぞく, 何か, 何かに, 何とかしたい, 修むるに, 俳徊し, 入れて, 入ろうとして, 全部しらべろ, 出されても, 出される事, 出た, 出たり, 出た方, 出た時, 出てから, 出ないの, 出れば, 切売りする, 制す, 動物園の, 占領し, 参照, 参観す, 及び腰に, 受けた時, 召しつれたけれども, 可懐し, 叱りました, 司どる婦人, 合戦の, 向いたり, 吹きながれた, 吹き抜ける夜風, 呼び戻して, 呼ぶため, 唯ひとり血刀, 喰うこと, 固める手付き, 圧した, 城代の, 填めて, 外の, 大切に, 大河内とかよは, 太鼓と, 奇麗に, 始めと, 嫉んだり, 字餘り, 季節季節に, 守らしめて, 守るという, 守るもの, 完全に, 尊びて, 尋ね廻った, 少し脹らせ, 巡回し, 巡行する, 巡視し, 巡講する, 左内を, 差覗きける, 差覗き白翁堂は, 差覗く, 庭がかりに, 庭づたいに走り, 廻った, 廻って, 廻つて指揮する, 廻りましたの, 廻るが, 廻ること, 引きずりながら, 引き下ろしました, 引締めた, 彷徨し, 彷徨って, 彷徨は, 彷徨ふ, 往っ, 往つ, 往返した, 御制服, 御歩きなすっ, 御用立てする, 御覧に, 御覽, 忍びやかに, 思い外, 急足に, 恨む者, 悦び定, 情夫ゆえに, 想像する, 意味する, 憚って, 或る, 手捕り, 打あける, 打ちあけて, 抜け出て, 抱き直して, 拜見する, 拝みに, 持たせて, 指さした, 捏合わせた, 捜し出して, 捜索し, 掃き袋戸棚, 掃き門, 掃くこと, 掃除に, 掃除致し, 探したところ, 探しまわったの, 探しまわり書棚, 探すに, 探りたまいし, 推量せず, 掻きまわしあるいは, 揮り向い, 撈せり, 改めたが, 改めていました, 改めるため紐, 散歩しました, 散歩する, 数寄屋河岸の, 方々探した, 旅の, 明けて, 明るくし, 普く尋ね, 曳きずり, 望めば, 朦朧と, 朦朧として, 本家に, 柔かくおさえる, 案内され, 案内し, 案内に, 楽しくし, 横断し, 横行させ, 横行し, 歩いたり, 歩き, 歩きま, 歩きまわって, 歩き初めた時, 歩き回って, 歩き回るの, 歩き廻りながら, 歩き廻るため, 歩く直樹, 歩こうと, 歩む, 歩むと, 歩むにも, 歩廻ツて, 歩行する, 殺したるの, 殺して, 毎月五円宛会社の, 水平であるごとく, 氷河が, 沢山写生, 治むる内君に, 治め男子, 治め社稷, 注意し, 浮動させられる, 深くし, 清掃しよう, 清潔に, 温めて, 潜つ, 濶歩し, 点検した, 焼きこがして, 照し出した, 照せり, 照らし出すと, 熱くした, 物寂しく照, 特に選ん, 理解する, 環顧する, 生簀の, 監督す, 監督する, 目ざしつつ, 相変らず, 省みて, 真和志の, 眺めた, 眺めると, 眺め廻した時, 眺め廻しながら, 睨むの, 睨むよう, 睨んで, 破綻せしめず, 示す詞, 私を, 空虚と, 突ッ走っ, 窺い, 窺いいる, 窺い見つつ, 窺い見る余, 窺う, 窺うて, 窺うは, 窺ったが, 窺ってから, 窺っても, 窺ては, 築くこと, 紅白青紫目の, 統御する, 継がせるという, 綿密に, 縛ったら牛込見附, 縛ること, 罩めた, 考えるの, 聽いた, 聾の, 胡乱つい, 脅かし流言, 脱せんとして, 臨みて, 自分の, 自己回転する, 自由人として, 花魁の, 荒し廻った, 荒すであろう, 荒らされてる様, 荒らしゃあがったか, 莨の, 薄暗くした, 虐殺した, 行けば, 装飾する, 見, 見かえれば, 見ざるもの, 見しに, 見せました, 見せるの, 見たが, 見なくては, 見なければ, 見なさいますとね, 見まわしながら, 見まわすと, 見まわるの, 見るあたわず灯外, 見ると共に, 見るのみ, 見上げ芝生, 見下ろして, 見入りたるに, 見回して, 見回るまでには, 見廻したので, 見廻したり, 見廻して, 見廻るに, 見廻わ, 見廻わし, 見或は, 見抜いて, 見放けたまひ, 見極めようと, 見物し, 見眺めました, 見着けた, 見込むや, 見込んで, 覗いたが, 覗いたという, 覗いたなら内, 覗いたり, 覗かれて, 覗きおくの, 覗きこみ, 覗きそう, 覗きまわって, 覗き女童, 覗き愛賞措かざる, 覗き破れ笠, 覗き見して, 覗き込むやう, 覗くこと, 覗くに, 覗くわけ, 覗こうと, 覗ひ, 覘い, 観せ説明, 記憶で, 訪ねて, 訪問する, 許されて, 診察いたしおき, 詮索しなけれ, 話さして, 調べたる所, 調べる為, 警戒し, 警戒する, 警護し, 護衛し, 貫いて, 貫きその, 貫く街道, 貫ぬき通る, 買ひ, 賃借りする, 賑かに, 赤い絵日傘, 赤く照らし, 足もとにおいて, 跳ね廻る一匹, 踊って, 身も, 逃げて, 逍遥の, 透かして, 透かすと, 通つて大きな, 通りかかった円命阿闍梨, 通り抜けさせて, 通り過ぎて, 通り過ぎる修道僧たち, 通り過ぎる旅人, 通る光, 通る範囲内, 通れば, 通過せる, 遊び回ったある, 遊歩する, 遊覧せん, 過ぐ, 遡る, 重んぜぬの, 重用した, 開放し, 開発すべきであります, 隅々まで, 隈無く, 隙か, 隠して, 隠れ家から, 雁字がらめに, 離れるまではと, 領し, 顧みざるが, 顧みて, 顧みるも, 飛び出して, 飛び出してから, 飛び廻って, 駈けあがると, 驚かした, 驚した

▼ 内には~ (810, 3.7%)

18 いって 8 いると 6 なんの, 人の 4 人が, 桶の, 自分の 3 いつて, 生を, 自分が

2 [32件] だからどんな, だんだん貧乏, どんな怪我, なくて, われわれの, 一人の, 一人も, 主人の, 二つの, 井の, 今後支那軍を, 何か, 何の, 前借りを, 呉一郎母子と, 噂に, 声が, 寂然として, 少しも, 従来簒奪征服に, 柳が, 母の, 沢山の, 洛陽の, 無意識の, 白布を, 目の, 罪人の, 言ひ, 誰も, 返事が, 雑草が

1 [687件 抜粋] あったろうかと, あの画技, あまり出, ありえないの, あり得ないと, あるいはあたり, ある懇意, いずれも, いたりがたから, いないと, いなかったでしょう, いられぬと, いる, いる唯一, いる証拠, うらわかきと, おせい, おのずからロゴス, お互, お国, お國, お師匠様, お戻り, お種一人, お還り, お金が, がらんと, きつと, きのふから, くるなと, こういう人, この佐久間氏, この俺, この唯物的歴史哲学, この種, この聖人, この誠実さ, こんもりと, さびしい秋, すっかりなくなっ, すつかり, すでに, せいりぬ, そういうもの, そうせざる, その危機, その家, それつきり, それとは, それらしい, そんな奇怪, たいてい神学部, ただ教師, だん, だんだん子供達, ちょっとわれら, つねに数十人, てきめんに, どうやら骨, どことも, どの部屋, なお中宮, なお彼, なるん, はいって, はじめ極, ふたり力を, ほかに, まきの, またもや暗い, また大木, まだふしぎ, まだ一人, まだ人, まだ開業当時, まるで目, むずかしいが, もう誰, もしかする, やっと明り, やはり市之丞, やはり毛皮, わずか二人, カムツァン, ケイス・ウェッシントン夫人が, スコットランド常識学派も, スッカリ腐っ, ドッと, ドーベルマンと, バクテリア灯らしい, ピストルが, フランシス, ボンボン時計も, モンストラスな, ヤブシーと, レトリカルに, 一せいに, 一ぴきの, 一塊の, 一撃に, 一枚も, 七分目ほどの, 七千円も, 万一熊谷蓮, 三子二女が, 三流文士として, 下駄の, 不安の, 不思議に, 世々八条院の, 世間でも, 主の, 主人なき, 久し振りで, 予言か, 事に, 事業の, 二, 二ヶ月前から, 二元が, 二度ばかり, 二組か, 五六人の, 五雄蕊と, 京浜第, 人口重力が, 人影が, 人間の, 今や政府, 今年の, 他の, 低能で, 何かしら, 何だかモヤモヤした, 何とかなる, 何ひとつ派手な, 何トンという, 何十遍何百遍かに, 何者も, 例えば部屋, 便所は, 俗論聞く, 俥が, 俳優も, 健康な, 傘や, 僧坊が, 元来自由, 元気よく, 先生の, 入って, 入らで始, 入りません, 入水された, 全く見えない, 全体が, 八十歳前後の, 六千人の, 六文銭の, 兵を, 兵隊の, 出ないだろうよ, 分った, 判って, 判るだろうと, 勅任から, 勝家と, 北一輝其他の, 協和の, 博士一人が, 却, 原本を, 参詣人も, 又私, 又行きます, 取り計らいかねます故, 取散したる跡, 古い椿, 只だ, 只悔, 召上っ, 可笑しいと, 右之, 各々二つ宛, 吊り燈明, 同じよう, 名代の, 否様の, 吾, 唐破風造の, 唯気分的, 唯鶏, 喜悦と, 嘗て挫折, 四千七百あるべし, 国内の, 執事の, 夏蜜柑の, 外から, 外国人の, 多少は, 多少得る, 大きな良識, 大丈夫犯人を, 大功は, 大小無数の, 大抵行けるだろう, 大蛇が, 天子を, 天理天道など, 夫婦梅といふ, 女が, 女としての, 女一人しか, 女中と, 女共が, 女房と, 如何にか, 妹と, 子供たちも, 存在し, 存外, 宅地も, 実は可, 宵に, 家令の, 寂しさ, 寝道具と, 寺院が, 小さな木, 尚一人, 居ない, 屠殺され, 屡, 崩れ行く封建制度, 左衛門お, 巨大な, 已に御, 帰らうと, 常に正, 常規, 平家に, 平田学の, 年取った婦人, 幸いに, 幾棟かの, 広い空地, 庭は, 弁護士と, 弟子の, 当地にて, 役者に, 彼の, 往々に, 御参府, 御家中, 御陵を, 心も, 心得違の, 必ずある, 必ずしも歴史的, 必ずナヂェージダ・フョードロヴナ, 必ず本, 怖ろ, 怪しい唸, 恐怖も, 情を, 意外に, 憐て, 憤慨する, 懶惰台所の, 成都の, 我が輩, 我を, 或は清國分割, 戦争も, 戦前の, 手紙も, 払い戻して, 承知しない, 持って, 振鈴の, 支那の, 教育映画に関する, 教養が, 数えられない, 数える程, 数個の, 敵の, 敷島の, 新しい感じ, 新規に, 方様も, 旗ばかり, 既に獄中, 日本の, 日頃おなじみの, 明らかに, 明るい電灯, 昨夜骨牌会が, 是非君の, 昼夜の, 時と, 時として巫女, 智徳を, 暗い中, 暗い冷, 暗黒に, 書生の, 月が, 有りうち, 有りません, 木の, 木賊刈る, 未だ角, 李太郎が, 来ようから, 松の, 松本方面への, 枕が, 柳生と, 根に, 格闘の, 桜は, 桟道を, 梅でも, 梅の, 棕櫚の, 次第に惑い, 正丁二人, 此の, 此方も, 歸參ものだらう, 死ぬと, 死んだ兄, 死者が, 段々にあなた, 段々宗旨, 母が, 民也の, 気分が, 水一滴も, 水兵たちの, 水門を, 求めること, 池が, 決して尠, 油の, 法悦信楽の, 流木あり, 液体が, 深い存在関連, 溝状に, 漢学を, 漸く植付, 火の, 灯を, 為さねば, 無くつて, 無妻主義, 無知な, 無論そんな, 無論怪我人, 煙草の, 煩悩の, 燈明き室あまた, 燈火も, 燭火の, 牛車の, 牧師の, 物の, 狐狸の, 狼狽する, 猿との, 玄関の, 王九媽と, 生きて, 生れて, 生徒の, 申上度事の, 町長だの, 畑が, 畳一枚を, 疑問であった, 白いハンケチ, 白刃を, 皆改まっ, 直ちにそれ, 直りませうあなた, 相不変鬱勃, 真の, 真壁大, 眼を, 眼隠しとして, 石盤を, 社会の, 祖母が, 神を, 秀吉の, 私し, 秋海棠に, 稀に, 種々と, 窓の, 竈の, 立ち入らないよう, 竜子が, 競争が, 笠を, 籠りがたい, 粗末な, 精神なき, 素人抜け, 素質としての, 結句さっぱりし, 綱紀の, 美しい灯, 老人夫婦が, 肅然として, 自ら俳友仲間の, 自ら彼等の, 自分で, 自然その, 自然や, 良訳も, 色々の, 花が, 芸術的文学, 若し自分, 若殿の, 草を, 草一本も, 菅公は, 菊池技師も, 萬感が, 薄々知っ, 藁を, 藪蚊が, 虫の, 蜀江の錦呉均の, 行燈が, 西南地方の, 西洋の, 見す見すお, 見つからないの, 見られない処, 見出されなかった処, 見出すべき異状, 親に, 親にも, 言うに, 読経する, 誰か, 諸々の, 講堂も, 警備司令部の, 豪華を, 貴下は, 賢臣みな誅せられ, 農民が, 迎へ, 近来まで, 這入らないもの, 進んで, 違いなかった, 遠いむかし, 遠侍, 邦人の, 都合よく, 酪と, 金玉の, 金銀貨を, 鉄床が, 鉄瓶さえ, 鋪石など, 長さ八フィート, 長閑に, 関門が, 闇が, 陽気な, 随分乱暴者, 随分有り, 随分沢山, 集の, 集葯的に, 雛の, 雨も, 雨戸を, 非凡な, 非常配置に, 音信が, 風雨霜雪の, 饗宴の, 馬や, 馴れて, 驚く程美事, 高利貸を, 鮎より, 黒人と, S子も

▼ 内~ (311, 1.4%)

9 わを 8 わから 7 わの 6 わには 5 わに, わは 2 かわいそうだ, くしから, ざわめいて, わへ, 仕事に, 大河内と, 大違い, 寄寓してる, 急に, 明るくなっ

1 [251件] あけたあと, あつくなっ, あまりに草深い, あり頼鴨崖, ある, あるッ, あんまり面白, いいじゃあねえか, いくらか明るく, いつのまにか陽気, いつまで, いよいよ静けさ, いる, いる多, おくゆかし大津坂本, おしはかられて, お付き添い, お嬢様の, かなり明るく, がやがやし, きゅうに, きょう間もなく, くしに, ここに, このお, このごろは, この刀, こんなに混雑, ごうごうと鳴つ, ごたごたしてる, ささやくよう, さわがしくなっ, さんざん, ざわめき出した, しんと, しんとして, すぐ主人, すっかり見下される, その実, その父, たかが市井, たまらなくなっ, ちょうどいつぞや入っ, どうにか成つたつて, どんな顔, ないと, ならんで, なんともいえない, はなした遠矢, ひっそりと, ひっそり静まった, ほかの, ぼッ, まだ海岸, まったく不案内, みな天ぷらを, むずかしい顔, むづかしい顏を, もめまする, わがあつく, わだ, わにかけ, わにたらし, わにつけ, わにピンで, わに切っ, わに卯の花が, わに大石を, わに歯の, わに流れ, わに閉塞される, エンジンの, カーンと, ガランと, ゴタゴタゴタゴタし出し, ポカンと, モウモウと, モヤモヤし, 一つ闕候ても, 不安定と, 中ノ坪の, 丸見えです, 乗って, 二十四, 云った里げしき, 五六段石段を, 人生の, 今ここに, 今に何, 今の, 仕立ておろしの, 伜に, 伯耆の, 住みこんで, 住めそう, 何とも言えない, 何処にも, 余り寂然, 俄に, 先に, 兎や, 全く別, 全部出払う, 其處に, 内々で, 内職を, 出て, 出鱈目などを, 分かって, 刑死した, 勝点を, 十二の, 十畳の, 卑しそう, 参って, 可い, 台なし, 吝嗇じゃから, 吝嗇ぢやから, 善作に, 四谷の, 変な, 変死の, 外の, 大事なら, 大勢の, 夫婦親子睦じ, 奥の, 好きだった, 好きな, 妙だ, 姿であります, 嬉しくて, 安定を, 家の, 家を, 寂しくなった, 寂しくなりました, 寂しく成った, 対立人物と, 小さな区画, 尾州様御, 帰りませんでした, 帰ると, 廣いの, 引きとるの, 急がしそう, 息の根を, 悍馬猛虎に, 憂鬱らしい, 戀しくなる, 戦場に, 抱くと, 拙者に, 持ち出し幸内, 持って, 指したの, 推参致しました, 攪乱された, 整然と掃除, 明るいので, 明るくなった, 晝間の, 暖く, 暗いので, 暗くって, 暗くなる, 最もだれきった, 最も適当, 最後に, 朱塗外が, 机の, 東京に, 母と, 母の, 母親には, 氷の, 泥棒に, 泥棒を, 津志田家の, 浮かれ立って, 海水で, 清和源氏に, 火の, 焦立って, 然ら, 焼ければさ, 熱くなっ, 熱くなり, 熱つて重く, 燃えるよう, 父の, 片付いた, 物騒がしいよう, 生々して, 田舎の, 留守に, 番する, 痛い, 眼張ってれ, 着物に, 石見の, 社員の, 空に, 立ちあがった, 答えると, 給仕に, 締まりましたよ, 美味うございます, 聲を, 脇に, 膳を, 自信の, 自由の, 自身で, 色めき立ったかと, 苦しいもん, 苦しいよう, 荒れた気, 薄暗くなる, 薄暗く見える, 行く行く人, 製造元だ, 見えて, 見えない, 見えるはず, 見たいもの, 言いたくッ, 説明し, 賑かに, 躁が, 身代りに, 込んで, 近くなる, 迷って, 逃げた, 里の, 鋭いので, 長崎表からの, 陰森として, 集まって, 雨戸の, 静かだ, 静かに, 面白くなかった, 頭から, 駕の, 騒がしかった, 騒がしくで, 騒がしくなっ, 黒煙濛々の

▼ 内では~ (295, 1.4%)

2 ありませんが, あるが, それを, ない, スエタアと, 天井に, 母とも, 王主人の, 男の, 第一

1 [275件] あったが, あらゆるもの, あるけれど, あるまい, いい伝え, いつに, いつもの, いつも須永, いよいよ苦しみもがく, うつらうつらとでも, うるさそう, おもむろに, お清, お火鉢, かういふ大胆不敵, かけ橋で, きめた手順, くすくす笑う, くつろぐわけ, こたつに, この一段落, この両者, この問題, この寺, この点, この話, この長州, これは, これも, これを, さすがに, すでにマルクス主義哲学, すでに現, そういう嗜癖, そういう無理, そこで私, そのよう, その愚昧, その時, それからまたしばらく, それが, そんなこと, そんな女, たいへんめでたい, たった一人, たった三匹, だれも, ともかくも, どうなる, どうにもいたし, どこの, ないが, ないこと, ない何で, ない近所, なかった, なかなか鎮まらない, なくその, なんだか大騒ぎ, なんの, ねえでが, はなはだ落つ, ひどく狼狽, ぴたりと, また西洋, めったにこんな, もう何, もぬけの殻と, よく蕎麦掻, コッソリと, コトコトと, ネンプタと, 一人も, 一切穿物を, 一時と, 一番そうぞうしい, 一番の, 一番遠い, 一種の, 丁度この, 七蔵が, 上下を, 下等社会よりも, 不思議に, 九郎右衛門が, 二つの, 二組に, 互いに斬り結ぼう, 些とも, 人々は, 人の, 人種と, 人間の, 今が, 今儀式, 他の, 仮の, 低い唸り声, 何の, 何やら答える, 何を, 元成の, 先づ一二位の, 全部が, 冬でも, 分らぬ節穴, 別に芸者家, 動揺的である, 北四川路の, 十数名の, 半球と, 単に醵金, 又た, 叔母の, 古い者, 各自の, 同じ言葉, 同時とも, 喫煙は, 噂とりどりであった, 囚人服の, 四十二歳における, 埋葬用洞窟である, 外よりも, 外国の, 大いに驚き, 大喜び, 大心配, 大急ぎで, 大成功者, 大抵誰, 大衆の, 太宰さん御, 姑と, 媚めいた, 子供が, 安国寺さんと, 完全な, 実に私, 実際上, 実際問題, 家老であり, 容易に, 封建經濟その他の, 小声で, 小角板が, 少しし, 屡々斯ん, 己の, 巾着と, 年寄連が, 弓の, 弾丸も, 当人同士と, 彼が, 彼方でも, 彼等ほど, 後世には, 後継者の, 御祈祷, 必死に, 必要な, 思いながらも, 思いも, 思うが, 怠ける, 急速な, 恐らく百人, 悦んだ, 愕いた, 放射線粒子の, 数値は, 料理屋へ, 斯ん, 斯んな, 斯様な, 旗本の, 旧位置, 昔から, 昼と, 時の, 時計も, 普通の, 景気が, 書生さんが, 最も私, 月の, 有力な, 有効な, 有名な, 有名の, 朝夕どれだけ, 梟帥を, 椿の, 極めて後, 機械学者として, 歓送の, 歡迎されぬ, 正体も, 死んだキツチナア元帥, 殆ん, 毎日仕事の, 毎時ペテン, 比例関係は, 水入らずの, 法王を, 湯屋熊と, 無理を, 無罪として, 煮るの, 父が, 牢名主を, 特別の, 特等訊問の, 独りからからと, 甚だ謂, 生活出来ない, 男が, 目を, 眠そう, 祝言の, 禁酒であり, 私たちに, 私の, 立派な, 竜土と, 競争心を, 答えが, 締めたつもり, 義貞以上にも, 翁の, 考えて, 脱帽しない, 膳に, 自然貞盛と, 興味と, 船乘彌三郎の, 若い者, 茶番みたいな, 落ちつきと, 蓄音機レコードの, 蓑浦中将が, 蛾の, 螺旋型を, 衆臣が, 衣物を, 褌ひとつの, 襦袢の, 見えないが, 見たこと, 見聞する, 親にさえ, 角板が, 評論を, 話し合って, 話すこと, 話の, 認めて, 語学は, 誰も, 誰よりも, 誰一人真名古の, 議論が, 貨物の, 轎の, 逆に, 酒なら, 鈴の, 鉛の, 間違って, 陛下の, 階級的立場の, 集団婚で, 離れの, 順序よく晩餐

▼ 内にも~ (253, 1.2%)

13 外にも 3 感情と 2 あった, この叔父, 入交り, 堪へず外, 大勢の, 懐から, 現われて

1 [223件] あたりへ, ありそれ, ありまた, ある, あるが, あること, あるもう, あるやう, ある親譲り, いそがしい時, いたたまれなくなっ, いつ何時, いないと, いられなかった, いる, いるという, うごいて, おぞ毛, お互, お互いを, お絹, かつて見た, かばかり長い, こういう考え, こうしたブルジョア自由主義的文学主義, このカテゴリー, この世では, この事, この仕事, この文献学主義, この顔, さまざまな, しばらくいた, そういう事件, そういう馬鹿, その一部, その時, その気概, その迫った, それが, それに, そんな希望, つながれけるが, どこに, どっかつんと, なお部分的, なければ, なるほど小田, ふっくりと, ほかに, また生, また鎌倉, まだしも穏, まだ何分, まだ時機, もう見る, やはり文化部, やや物質的, より高き, わずか十日, キリスト教徒の, シバルリーは, ストライキが, ファウストは, 一八郎へ, 一度貢さん, 一應知られ, 一時は, 一本葉書なりと, 一町村内にも, 一郡内にも, 上原の, 上杉勢の, 不同意, 事務員は, 事変いらい, 二重三重に, 人が, 人間の, 人間を, 何だか後, 何となく涼爽, 何となく若若しい, 作り出すこと, 停ま, 光が, 入りて, 共用の, 共通な, 其の沼, 内事の, 別に疵, 厳秘の, 反覆主張され, 収め難い, 只管勘次を, 同じもの, 同じよう, 吾, 咲いて, 在る, 墓の, 外の, 多少の, 夜が, 大勢控え, 大悦び, 大雪下れ, 女中が, 客の, 客観性を, 家禄には, 寓居し, 寺の, 小塚原あたりに, 小禄の, 居たたまれずほか, 居やあ, 左右に, 左衞門尉の, 巷にも, 師匠が, 師直の, 常に偶像, 幕府方と, 平常から, 度々起る, 強く感じ, 彼の, 彼奴は, 御病人, 御着, 必しも, 必ずしもお, 必ずやその, 必然的な, 忌な, 忍ぶ二人, 応急策は, 恐るべき危機, 愛らしい所, 感心に, 我等の, 手古奈は, 捌けた方, 日は, 日光は, 明りが, 春らしい, 時々心得違い, 時は, 時刻は, 普遍の, 暁の, 書いて, 最も社会常識, 村閭の, 東京博物館の, 柳屋の, 桜が, 極めて少ない, 横溢した, 段々と, 水嵩は, 河口慧海という, 活きて, 流れて, 涙こぼれ候て, 準之助氏に, 火は, 父が, 物事明晰な, 物音が, 特に彼, 特に署名, 狐狸とか, 狛犬あれ, 現象学的精髄を, 生垣の, 甲府にも, 発見されなかった, 発見し, 発見し描き得る, 相当に, 確かに, 祖先を, 私の, 秋は, 移し入れること, 窺は, 立ち入った, 綱の, 縁談の, 聴方には, 臧兒の, 自ずから強弱種々, 自らなる, 自由, 船は, 落ちるが, 落ちる何, 行きやしたけんど, 襤褸切や, 西と, 見いだしたと, 見える, 見て, 見出される, 見出されること, 見出すこと, 説いて, 貴方の, 跡を, 身の, 過ぎたこと, 部屋は, 限りなき, 随処に, 頻りに水面, 顧問乃至, 顧問客員や, 飛んで, 魔法使の

▼ 内~ (214, 1.0%)

18 外とで 13 外との 10 外で, 外とに 9 外から 7 外とを 6 お菊 5 外とから 4 外と, 外の, 外を, 讃へ 3 外に, 言ふ

2 [12件] なって, 一所に, 下座で, 吉住求馬は, 外, 外では, 外とが, 外とは, 岩壁の, 申しても, 言う者, 言っても

1 [90件] いいかつ, いい鶯, いえども, いえるので, いって, いふものの, した痕跡, すまいしが, すること, すると, そうして自分, その娘, それから目, ちがって, なつて, なります, もう一人, よんだ用人, 一緒に, 丹女との, 云う口実, 云う小字, 云う有様, 云う者, 云つても, 云ふ, 云へ, 初子とが, 別れたこと, 別れると, 吉住求馬, 吉住求馬女乘物を, 同じこと, 同音だ, 名のれ, 名乗った男, 向かい合って, 呼ばれた武士, 唐人と, 國外關係を, 変称し, 外かぎりなき, 外が, 外とか, 外には, 外まで, 外主観と, 外天魔太郎は, 外界と, 外見えぬ, 孫の, 密通し, 察せられ申候, 対蹠的人物として, 庭とで, 形像とを, 心得て, 思い込んだの, 思へば, 成瀬九十郎は, 打保の, 敦子とが, 明るい車室, 星は, 来たらまるで, 権太夫は, 添ってから, 申す, 皮と, 睨み合つ, 知りませんから, 称した, 称したわけ, 稲吉は, 第三幕, 若くて, 見えて, 親しくなった, 言う処, 言っちゃ, 言つた, 言つても, 言つてもよ, 讃えられて, 豆を, 追尾の, 錦祥女と, 関係が, 附近の, 首を

▼ 内でも~ (195, 0.9%)

5 外でも 2 優れた美人, 手拭を, 最も急進的, 特殊に, 評判に

1 [180件] あっち側は, あつた, あの御, ある, いろいろの, おどろいたの, お会いなされ, お律, ことに半蔵, この深夜, この間僕が, そこの, そのあと, その学力, その実権, その若手, それに, それは, そろそろ燈火, たぶんそうらしい, となりの, とりわけ不思議, どうにもしょうが, どこまで, なん時どんな, ののしり返すばかり, はたと蓆機, へえどうにもこう, また小, まだその, まだ世, みずから進ん, みなみな, みな人の, みんな知っ, やはり共同便所, ろくに飯米, ゼシュイット派の, ブルジョア, ミサ子は, 一つ屋根の, 一番奥まった, 一番忠義者で, 一番綺麗で, 一等一般的に, 中心的な, 主として社会科学, 主人は, 之を, 二つの, 云わば, 些と, 亦時には, 人からは, 仁義に, 今日最も, 今月二十六日の, 仲, 会わないこと, 低度, 何が, 作者の, 例えば七, 偉出した, 優れた学者, 其才が, 其方の, 切らすこと, 医学乃至, 危険を, 又特に, 古典を, 古参な, 台所の, 同じ事, 同様である, 哲学は, 噂した, 四人の, 変り者で, 多くの, 多介子, 大きなの, 大学高等学校の, 失業の, 奉行人たちへの, 女の, 好い位置, 容易に, 少し根負け, 少ないん, 尤も海に, 就職の, 屈指の, 巾の, 常に極秘, 引っこぬきなんか, 彼れ, 後には, 心配してるずら, 恟々と, 意地の, 撰ぶより, 既に猜疑心, 日本の, 早晩郷居する, 時々には, 時々話, 暦師として, 更に最も狭い, 最も力, 最も強硬, 最も濃淡, 最も火, 有名な, 有数な, 有数の, 柴野の, 根本的な, 案じるであろうから, 歩いて, 段々厭き, 母は, 母屋と, 比較的イタリヤ, 比較的純粋, 気持の, 水泳の, 江戸からは, 消滅し, 深夜の, 火鉢が, 片付けて, 牛馬犬猿鶏の, 特に, 特に一般関係, 特に原始的, 特に好ん, 特に実証的積極的, 特に客観的存在, 特に知能, 特に蒙, 特別に, 申したよう, 相当噂には, 真実に, 知る者, 私は, 私的, 空也は, 第四, 約五分の一消失, 経験される, 美緒の, 羽振りが, 老巧の, 薄々承知, 薬師十二神将の, 見れば, 親達が, 角力の, 触れて, 評判の, 調練が, 諸国の, 諸説紛々という, 買わなければ, 赤飯を, 起きて, 足の, 過渡的に, 遠く今浜, 選りすぐった美女十人, 里でも, 重臣の, 防諜上には, 非合法的な, 食わされた, 高時を, 麝鹿の

▼ 内なる~ (165, 0.8%)

7 美の 6 ものが, ものは, 美 4 ものを, 美が 3 世界の, 人の, 生命の, 美を

2 [13件] ものに, ものの, 一切の, 巫女の, 心を, 感情が, 朝鮮に, 歴史が, 真実の, 稽古の, 臆病な, 自己と, 自然の

1 [94件] お声, お蘭さん, がまだ, さまの, は君, は治子, ものである, ものの醜く, もの乃至, やその, アダムの, アルドブランデスコ, ゴイートの, 一堂へ, 一頭の, 丸の, 主人へ, 二人が, 二人は, 五百の, 人については, 人は, 人格完成の, 人類という, 他の, 体験を, 光, 光は, 光明を, 入口のみ, 力である, 力中なる, 千万無量の, 千萬條の, 古井戸, 各部の, 否応ない, 呼び掛けが, 呼び掛けであり, 呼び掛けに, 和歌子を, 善の, 実在の, 封建性と, 尊き物皆, 小き, 小人を, 尼前の, 屯倉同格に, 岩の, 平一郎を, 弁信の, 彼女の, 敵, 敵心の, 本能の, 栗や, 業縁を, 水入らずの, 池の, 火が, 灯で, 煩い合せ, 物を, 獸の, 生命力に, 痍は, 真実であっ, 真実を, 神, 神が, 神とは, 神に, 神は, 神を, 私は, 秩序の, 穹窿の, 統一と, 罪人を, 美しい幻想, 美と, 者食禄五百石班中老に, 自然にまで, 芸術への, 若い女性, 装飾の, 親爺自身を, 諸川の, 貴さ, 野人の, 長椅, 魂の, 龍顔を

▼ 内~ (159, 0.7%)

34 外も 5 都に 3 何となくうら淋しく 2 中, 死絶えた, 震へるばかり

1 [111件] ああ我, うどん底へ, おど, お可哀相, からりと, この年, さみしくなった, さる者容易に, すでにいなかった, ずいぶん苦しんだらしい, その噂, それから, それぞれ退き取っ, それで, ただならない, だいぶ変わった, ちょいちょい紛失, ないと, ないもの, ない孤児, なくすっと, なるべく早め, ひっそりし, ひっそりだった, ひっそりと, ひどく荒れ, ひどく荒れ果てました, まだまったく鎮まった, まるで国家, みな寝静まっ, もどかしくいかなる, オオッと, 一方ならぬ, 一杯煤だらけで, 一汽車遲れ, 丈夫に, 上級の, 並んで, 中堀も, 主人が, 主水も, 二人の, 今では, 今は, 今日は, 何か, 余ほど, 六角牢へ, 勤めきれんからね, 十七八までは, 同様な, 呻くよう, 呼んだ, 地下道も, 城外も, 奇麗に, 妻の, 娘は, 寝覚, 広いこと, 広いの, 御簾の, 心が, 心は, 忙しいなど, 悪い弟子, 愉快だ, 手を, 掃除を, 放肆な, 早いが, 明るく成つて立ち, 昨今は, 暖い, 森然, 楽どころで, 此の, 武家の, 毎日ぶらぶら, 氣色ば, 水を, 決して悪い, 混雑し, 火だ, 無人に, 猶其音, 玄関先の, 珍らしくなくなった, 男が, 白い柔かい手, 破れ外, 稲吉もぐ, 緊張した, 考えられます, 臆病風, 色めき立って, 芙蓉萩蓮華つ, 荒涼とは, 蜂須賀党の, 裂けんばかりの, 襖の, 見て, 調はず国の, 賑ふ, 足を, 近ごろ覚えた, 近所も, 開いた口, 青い物, 高山右近が, 默つて顏を

▼ 内より~ (156, 0.7%)

4 政治を 3 外に, 戸を 2 して, 外へ, 敗れたとき, 直接に, 直観できる, 藩閥を, 表現を, 見れば, 門を

1 [128件] おごそかな, かえって心配, くるもの, これに, すでに府県社五, そもいかに, ぞっとし, ついと顕れ, によつと, はたと鎖, ひらき既に, ほかあるまい, やぶる栗, カラリとして, ミイラ現, 一つは, 下女代はりに, 不思議の, 世界を, 両人の, 事の, 何分か, 先づ二三枚の, 六十萬俵餘の, 内応し, 内訌の, 出せる一包, 出で, 分泌する, 力づけ活発, 十円お前の, 取り出す華美, 取り合わせるか, 右折し, 合図を, 吉田五郎三郎は, 吾人の, 告り, 呼ぶ, 塗渡る, 声を, 外記は, 大きな構, 大器英才あり, 妻なり, 子供を, 宿助成としての, 射して, 小さき姫出, 幽霊の, 弾けたりけり, 往来の, 御所望, 必然に, 必然性を, 怪しき光り, 成就する, 成就する能わず, 扉を, 打たるれば, 押し出そうと, 指嗾した, 振り落されたる鬼, 支那兵の, 明けて, 枢外す, 樂の, 歌よみした, 洩れけるにぞ, 温める熱, 湧きあらゆる, 湧き出させるの, 湧く力, 湧く生命, 溢れて, 漏れ出ぬ, 炭俵や, 燃ゆる, 燈提げ, 現われしこそ, 産み出す開展, 発するもの, 発する者也, 発する道, 発生する, 發生する, 直観せらるる, 破る栗, 碧火を, 突き破かれし, 細き声, 総崩れを, 縄付きを, 美くし, 聲を, 腐蝕せん, 至極手軽, 藤枝外記廿五歳の, 蝕い破る, 見たる自然, 見ると, 見るとき霊, 誰ぞ, 貯めて, 起って, 起るの, 起れば, 起れり, 輝き出づる光である, 迫る必要, 進みいでられ国々, 遁し, 道を, 遠く消え去らん, 鎖しありきと, 鎖して, 鎖を, 鑰を, 長七も, 開かれ, 開かれて, 開展し得べき, 障子開く, 離れ来り往来, 音も, 駈け抜けて, 高安平四郎を, 鼬の

▼ 内での~ (71, 0.3%)

1 [71件] あらゆる段階, あれから, ことで, ことであった, ことです, この種, だんまり一幕, めずらしい対面, ジタバタ騒ぎに, 交渉で, 人々の, 今年の, 仕事の, 修業, 働きに, 党派的対立における, 勧善懲悪文学を, 半年の, 単なる時間つぶし, 吉野川の, 問題に, 売買は, 大きな造り酒屋, 大多数, 失敗という, 婦人の, 存在であった, 実験の, 實權を, 専門家また, 少数では, 巧拙である, 常識が, 形を, 彼の, 待遇が, 御引きずり, 必然と, 必然の, 愛嬌者に, 或る, 批評は, 新しい仕事, 新発生, 模様を, 激しい偏差, 災害を, 現象としてしか, 生活に, 生活に対する, 生活は, 男女対立の, 相当の, 相談に, 知己である, 研究または, 科学的に, 科学的精神の, 移りを, 第一, 範囲で, 経験的資料と, 蜜槽と, 行事及び, 評判の, 読書は, 豊富さを, 貧農同士としての, 責任を, 進歩である, 重さ輕さ

▼ 内にて~ (65, 0.3%)

2 とんぼ獲る, 之を, 云ひし, 爲らる

1 [57件] この優しき, これは, さる百姓分, つまらぬ批評眼, なにものが, もう遅い, もっとも新, もつとも楽しく嬉しき, フランス精神を, 一の, 一碗の, 三四十日被, 互に縁組, 休息す, 俄かに, 候う, 候よし, 兄弟相互に, 光村某と, 共に飲食, 切支丹宗門の, 又もや三味線, 又もや淨瑠璃, 吟じ試みて, 図らぬ御, 夢見心地に, 大臣と, 奴隷の, 子供の, 學者の, 將棊を, 平和を, 当年は, 往来に, 御寢, 怜悧なる, 意想外の, 暮しける故, 最も目立つ, 有力者と, 有名な, 歌ふ, 死する身, 演説の, 獸と, 相征, 祐筆と, 粗食にて, 義太夫の, 聖寿万歳の, 菜大根及び, 起居し, 閲覧せし, 食事, 首を, 高声, 高座に

▼ 内において~ (55, 0.3%)

3 自己が 2 人を

1 [50件] いくらかの, いささか心付いた, これまで, しなければ, その力, できうるまでに, どのよう, なお二派, ながしあう血, 一人だけが, 一週間に, 世界を, 云う事, 交通連絡の, 人形を, 今日の, 例えばある, 出来るだけ, 出来得る限り, 取り返すを, 国政を, 増加し, 女が, 学問的研究を, 巡邏を, 彼女ほどに, 打算し, 指揮官たる, 政権を, 最もよき, 最高の, 泥棒根性を, 津軽近江を, 海王星が, 減少し, 知意を, 研究した, 置くの, 自己の, 自己分裂の, 行動し, 補助金を, 許される限り, 説くもの, 諸学, 超越的な, 軍人で, 限りなく, 食すべし, 飼養せらるる

▼ 内~ (52, 0.2%)

2 の記録

1 [50件] あって, から直接, がおし, が姿, が徐々, が沈滞, が豊富, であって, とその, とは何ぞ, とは実際全く, と深い, と表現, にあの, については何, に与える, に參, に對, に発する, に発するごとく, に貫徹, に転じ, に食い入っ, の分裂, の前, の告白, の問題, の幼稚, の底, の思出, の流動, の浅薄貧弱, の満足, の異常, の純潔, の表現, の重大, の雑駁, はそれ, は此間, は真理, は非常, もまた, よりも単純, をも持っ, を共生, を深めた, を生命, を示す, を表現

▼ 内~ (49, 0.2%)

4 と申します 2 から, 大急ぎで

1 [41件] からかうし, から先, から勿体ない, から大丈夫, から尋ね, から恟, から昨日, から最う, から月夜, から犬, から若, が, がこれ, がしかし, がね, が余り, が呼ばぬ, が御三家, が狂犬め, けれどもこれ, ぞ, ぞお, つたから, という二階家, といや, とか梅田, とする, と云, と急, と申し, と考える, と見える, ね, もう大丈夫, よ, よ旦那岸田右内, んな, 久米内だ, 大層変った, 大層變つた話, 賑やかな

▼ 内における~ (48, 0.2%)

3 彼の

1 [45件] いっさいが, かわったこと, ウダールニクの, サルタンと, ニユー・デイール國際的には, 一時的売上げ増進策を, 一種の, 人工交配は, 佐野教授の, 偶然と, 偶然の, 公立小学校に, 分子が, 分子配列と, 労働は, 動作という, 双生児の, 各員の, 回転運動が, 地方的民族的特殊性として, 多数, 女の, 婦人の, 婦人代議士の, 小学校に, 小市民性, 摂政関白などの, 日本人の, 日露の, 植民地の, 槙三の, 父親の, 状態は, 礼式をさえ, 秩序或, 組織的活動軍国主義と, 統一の, 自己批判の, 自然増である, 虚数だ, 變異の, 貴族との, 関係です, 関心は, 電子の

▼ 内へは~ (47, 0.2%)

3 いつて 2 一寸も, 滅多に

1 [40件] いつたことさ, いる, いるが, いるところ, おそらくきれ, お入り, その他の, ただ見慣れぬ, とどかなかったの, ひつて, ひらむ, ひると, ひれの, もう叔父, もう多く, わしが, 一切の, 一切物売を, 上げること, 入らないお, 入らなかった, 入れなかった, 入れぬ, 入れません, 刃物は, 勿論は, 君と, 容易に, 帰られぬこと, 敵も, 敵を, 来ないらしい持場, 男と, 置かれやしねえじゃ, 置けないから, 聞こえないらしい, 行かないと, 踏み入ること, 迂濶, 這入り込んで

▼ 内~ (40, 0.2%)

2 は, は何, は妾, へお

1 [32件] からは流言, から離れられない, がいる, がお, がご, がだれだ, が機嫌, が真面目, でも, とあなた様, とお, としてはお, とのご, とは身分, と添わせ, なら知って, について七日, にはご, にはちっとも, に取りもっ, に宜しく, に親切, のこと, のよう, はそれ, は御, へ泣き, へ申し上げましょう, まで粂之助, も子分衆, を恋し, 行って

▼ 内からは~ (37, 0.2%)

2 何の

1 [35件] あれきり鼓の, この松, しばしば内応者, そちの, その価値, なかなか取次, なるべく早く, またお前, やっぱり返答, 今度は, 何にも, 何處の, 侍者の, 千ちゃんが, 反響が, 女房の, 女房らしい, 寂として, 少くとも, 必ず虚偽, 暫くする, 椎の, 殆ん, 氣が, 泣き声が, 灯を, 癩病病院と, 膿んで, 近い, 返事が, 返事を, 返辞が, 道義観念を, 開けられないやう, 雨の

▼ 内~ (37, 0.2%)

2 ア, 外に, 外を

1 [31件] あい, お前が, お嬢さんの, そのつづき, その他へ, ないぞ, ぬかして, ぬかしてからに, 一八郎を, 云うけど, 云うたか, 云うたてはっきり, 京わらべの, 何かが, 兵太も, 四五人の, 床しき爪弾, 店先で, 庭園内を, 建物を, 往来などでも, 所々には, 株内が, 株内や, 極端な, 瀑布の, 玄関まで, 琴笛の, 表通りを, 親類じゅうの, 野外に

▼ 内へと~ (36, 0.2%)

4 遊ばされ 2 入る神秘, 申せ, 知らせる

1 [26件] こもって, しずみがち, しのびこみました, それを, めりこんで, キャベジの, 入りました, 向く彼, 吸収し, 執拗く, 引込ませられた, 急いだ, 拡り燃え, 持運ぶ, 探り入り持っ, 沈み込んで, 深く食い入る, 渡す仕組, 熱を, 白せ, 籠らせる性質, 走って, 逃げ這入つた, 達した, 都合三方へ, 鍵の

▼ 内まで~ (36, 0.2%)

2 入って

1 [34件] お見, きこえたよう, じゃりじゃりさせる, ちょっとはいった, ついて, はっきり分る, もうすこしお, もうすこしお願い, ザラザラと, 一走り使いに, 乱入致し, 入れば, 冠つて入, 射し込んで, 尾を, 引きつけでも, 引き入れて, 徒歩て, 持込む事, 朱くし, 歸つて行きました, 用たし, 私が, 突通ったが, 立ち入って, 聞ゆ網引すと, 行つた, 迎え入れた, 送つて, 通って, 連れて, 運ぶについて, 響きました, 馳け

▼ 内からの~ (34, 0.2%)

2 力と

1 [32件] ものが, 光に, 力で, 力みたいな, 反省と, 呼び掛けが, 呼び掛けであり, 土産, 声に, 手紙だった, 支配力が, 活力に, 準備の, 熱情で, 爆発で, 生長による, 発信は, 緊縮も, 美が, 衝動すなわち, 裏切は, 要求に, 話声は, 輝きが, 金額が, 銃火は, 錠を, 非難も, 革新衝動が, 食物を, 騷ぎなので身體が, 魔でありました

▼ 内~ (30, 0.1%)

7 くしから 32 外か, 鳥居前か

1 [16件] あん, お宿, かく有らで, くしの, くしへ, ぶとを, またはその, または外, らちよろり, 下女, 何か, 外かね, 庭かに, 懐かしかった, 扉の, 石室の

▼ 内です~ (30, 0.1%)

76 かえ 2

1 [15件] かありがとう, かい, からと云, からねえこんな, から威張っ, から御簾越し, から沢山, から辰伊勢, かッ, ぜ, ね, よこれ, よ辻萬兵衞, 四階へ, 是へ

▼ 内~ (29, 0.1%)

1 [29件] がかつて, が平生, が御, が遠, にある, にも似ず, に比し, の, の一声, の俤, の墳墓, の声がかり, の御, の心証, の思うつぼ, の思顧, の文名, の靈位, の鴻恩, は病み疲れたる, は雄略百万, へ加担, へ急いだ, も始終, も暫く, をはじめ, を並大抵, を敵, 常真様

▼ 内~ (28, 0.1%)

2 に関聯

1 [26件] というもの, にも通じ, に詳, のほど, はこの, は一人, は知る, までをつぶさに, も調べ, をあたかも, をうかがおう, をお, をさぐっ, をさぐった, をそれとなく, をよく, を存分, を山崎, を打ち明ける, を捜, を探り, を最も, を気の毒, を発き, を知る, を詳

▼ 内からも~ (25, 0.1%)

8 外からも

1 [17件] こういう一時, 働く, 出られないやう, 出水戸, 多くの, 寝返り軍の, 尊氏の, 屈強な, 技術家が, 殆ど人の, 氣を, 洩れて, 発したので, 透いて, 金繍綾羅珠翠珍宝山を, 鍵が, 門や

▼ 内へも~ (25, 0.1%)

2 呼び入れられて

1 [23件] すこしばかり, どっと吹き込ん, ほどなく赤松円心, 中食が, 侵入し, 入らずお, 入れて, 加えた, 圧倒的に, 小舟を, 或る, 投げ入れ天井, 書いて, 来たわ, 水の, 沢山漬けた, 礼を, 聞えて, 行かずに, 行くこと, 遊びに, 道誉は, 降り梅屋

▼ 内~ (25, 0.1%)

2 で俯向き勝

1 [23件] じゃあねえか知己, で温順, ながら二ツ三ツ杖, ながら判然, ながら媚, な声, な女, におじぎ, におとなしやか, にし, に可愛らしい, に吸いつけ, に吹き, に屈め, に引被い, に打解けた, に掻, に片, に組んだ, に襟, に障子腰, のもてなしぢ, の樣子

▼ 内~ (24, 0.1%)

2 に干渉

1 [22件] が分っ, その事小, でも天下, にまで指図, に任じた, に対して多少共に, に比し, に立ち入ろう, の調え, はそ, は何事, は吾輩, は大井, は張昭, は総て大井, や私行, をゴッチャ, を与り聞いた, を司どる, を洩らし, を知らぬ, を経営

▼ 内~ (23, 0.1%)

9 古の 2 古放牧地帯

1 [12件] に出動, 古, 古とに, 古に, 古はま, 古へ, 古を, 古・五原市, 古今日, 古各地, 古春おぼろ, 古途上

▼ 内~ (23, 0.1%)

2 に現れた, の番兵小屋, の苑, の門

1 [15件] が建築, に召使, に稲実屋一宇, の前, の大, の巫女, の廊, へすすみ, へ伴, へ伺候, へ侍女, へ運ばせ, を捨て, を立ち去るであろう, 大火口

▼ 内という~ (22, 0.1%)

2 のは

1 [20件] ことは, ところは, のなら, のも, ものが, 主人公, 人の, 兇賊を, 処に, 名を, 奥州浪人は, 屋敷町で, 御家来, 武士であった, 男は, 祝いの, 者が, 若侍, 語は, 鍔作りの

▼ 内にと~ (22, 0.1%)

2 急がれたの

1 [20件] いって, ぢ込め, ぢ込められた, まを, 一刻も, 取つて, 口で, 引き取ったわけ, 心配を, 思い, 思いながら, 思います, 思って, 思つてゐる, 急ぎて, 手附金を, 挨拶も, 沈潛し, 神戸の, 言つた具合に

▼ 内~ (22, 0.1%)

1 [22件] が来, であった, という観念, とかいう哲学上, と外官, と考える, にとりはからわれ, に命じ, に対比, に就い, のこと, の十, の弊悪, の形式, の推薦, の方, の讒, はみんなそれ, は懺悔, は竇, を腐蝕, を遣し

▼ 内最も~ (21, 0.1%)

2 得意な, 根本的な

1 [17件] 吾, 大きなの, 大なる, 平和な, 微妙な, 意味の, 日常的に, 時事的な, 激烈を, 特色の, 異色ある, 発達した, 精密であり, 美しいの, 美麗なる, 荒唐無稽で, 著しい

▼ 内~ (20, 0.1%)

3 にし 2 の苦情

1 [15件] が独り留守, が病身, が自分, たる者, となら, と水兵服, には, に対して交情, の不平, の里, は貞, は身, を無視, を耶蘇教会, を親愛

▼ 内さん~ (19, 0.1%)

1 [19件] あの観音さん, いますか, がお, ぐらいの温和, では, とお嬢様, とこい, と同じ, どうもこの, のおかみさん, のほか, の云っ, の言う, はそれ, はそんなに, はコボシ, も一緒, よくおいで, をお

▼ 内である~ (19, 0.1%)

2 から半, のが, のでこの

1 [13件] か, かそれ, かはつきり, から入店, から店, から首都, ことが, ということ, という事, ので此小路, はずだ, 作者が, 薪割りでも

▼ 内なら~ (17, 0.1%)

1 [17件] いざ知らず, ちっとも分らん, とにかく見知らぬ, ともかく一軒, どうにもなるだらう, ばその, ば何, ば各, まだしも, 何う, 大仏陸奥守さまで, 承知も, 理屈の, 私も, 秋毫も, 第一, 胸の

▼ 内~ (17, 0.1%)

2 のゆふつかた火, 見せたる

1 [13件] から老人ふたり, がおり, に浸, に玉虫色, に畿内, のもの, の気配, の理性, の秘密, は覗けぬ, へと御, まで見える, まで駆け出し

▼ 内にこそ~ (16, 0.1%)

2 なかった, なければ, 思想の 1 あったわけ, ある筈, 事実の, 初めてある, 初めてインテリ, 存する, 存するという, 政治的な, 横たわる, 生命の

▼ 内こそ~ (15, 0.1%)

1 [15件] いとも腹, そこに, どんなにも, わが冢穴, ビクビクもの, 不誠実な, 二三度訪ね, 如何やう, 実に惨, 峯は, 御法度を, 憐れと, 母も, 知りたいもの, 露をも

▼ 内~ (15, 0.1%)

3 のだ, んだ 1 の, のである, のでここ, のでございます, のでしょう, ので地理, のわし, んです, 生命の

▼ 内~ (15, 0.1%)

1 [15件] 世界撞球選手, 事業ニ於テ將來半, 人民ヲ, 分配ヨリモ國際間ノ, 地主對小作人ノミヲ, 小地主ニ對シテ土地, 小地主對小作人, 建築図トヲ残スノミナリ, 旗艦, 欲スル場所ニ於テ九坪乃至, 無産階級ガ組織的結合ヲナシテ力ノ, 物價ガ世界的原因則チ世界大, 白人ト黒人トノ如キ人種的差別アル者ニ非, 陵, 革命黨ハ依然

▼ 内~ (15, 0.1%)

3 して 2 があった 1 が警視庁, におよぶ, によって牢内, に依り, の手だて, もあった, をよん, を受け, を受けた, を早く

▼ 内発的~ (15, 0.1%)

2 に展開

1 [13件] であって, である, であると, ででも, でない外発的, でなければ, と云う, なの, な力, に変化, に経, に進ん, の開化

▼ 内だけ~ (14, 0.1%)

2 では

1 [12件] その区域間, その鼻, だ, だった, でなお, でなくその, で寝る時分, わずかに, 一二時間づつ机に, 伊之助は, 廻って, 眺めてること

▼ 内にのみ~ (14, 0.1%)

1 [14件] あって, あるの, かくれて, かじりついて, こもらせられた旧習, なしうべき, 屈曲し, 横たわって, 真実に, 研究され, 自分の, 閉じ込められて, 限るべきに, 限る製造業者

▼ 内じゃ~ (12, 0.1%)

1 [12件] お座敷を, そうも, どう闇, ないの, ねえかね, ねえん, バタの, 二人三人寄る, 年よりを, 当てに, 成りたけ内証, 芸妓屋さんへ

▼ 内とは~ (12, 0.1%)

1 [12件] いえ何, お口, この一郭, 一里も, 何らか, 全く反対, 思われないよう, 思われなかった, 言いながら, 逆な, 道中の, 違う雰囲気

▼ 内にばかり~ (12, 0.1%)

1 [12件] いますから, いらしっても, いると, 坐って, 居る者, 引籠んでを, 引込みきり, 籠って, 籠り切り, 閉じ籠って, 閉ぢ籠つて倉の, 閉籠っ

▼ 内使~ (12, 0.1%)

1 [12件] が見える, であること, としてま, に立った, のあらう, の口上, ひ歩き, を以, を以て大島討入, を立てた, を立てる, を迎

▼ 内~ (12, 0.1%)

2 の顔 1 とか申す, と云, にとっても決して, のため, の自尊心, の鼻, はそう, はまず, は沙弥, は蔀

▼ 内~ (12, 0.1%)

3 の不 1 の一点, の問題, の正邪, を慎まざる, を慎まずし, を慎む, 不取締, 不始末, 決して潔

▼ 内~ (11, 0.1%)

1 [11件] から西北, が円く, が眼, が頭, という白峰連山, と縦走, に登る, の上, の頂上, の麓, もここ

▼ 内~ (11, 0.1%)

1 [11件] が御, の事, の座敷, の持った, の目, の頭, は加藤, は福羽氏, も往く, を寝かさなかった, を寝かさなかつた

▼ 内~ (10, 0.0%)

1 とから責められ, とがあらためられ, とには大勢, とにもめづら, とによく, とに小, とに忘れない, とに誰, との首尾, とを足場

▼ 内においては~ (10, 0.0%)

2 彼らは 1 一切の, 人間の, 博士の, 国民の, 攘夷家の, 法則として, 私権を, 血族の

▼ 内一人~ (10, 0.0%)

1 か二人, で会う, として怪しい, の寝, の方, の方寸, は四五日前暇, は是非, は瑪瑙座, は鎖

▼ 内~ (10, 0.0%)

1 ですから, で出し, で大勢, なおとなしい, な娘, な彼女, な方, の人, らしい弱々し, らしい眼

▼ 内~ (10, 0.0%)

2 六を 1 一と, 一に, 一の, 一は, 一ノ, 三と, 二番の, 五十八番の

▼ 内だけで~ (9, 0.0%)

1 ひそかに, 三件医院の, 世界の, 使う事, 働かして, 婚姻を, 活動させる, 考えて, 通用する

▼ 内にゃ~ (9, 0.0%)

1 あんたクツクツ煮え, あ居ません, あ日, 入れない, 小塚ッ原で, 少い女たち, 慈母さんが, 百円と, 親方も

▼ 内ばかり~ (9, 0.0%)

3 では 1 でなくよそ, でなく住宅問題, でなく広く, でなく日本国中夜, でなく表, 高見の

▼ 内~ (9, 0.0%)

1 から簾, から鍵, になつ, に開い, のもっと, へ揃え, へ曲がっ, へ開いた, ヘ札束

▼ 内~ (9, 0.0%)

1 が云った, が口, が帰る, と青山新七, は今, も先, も用事, をよん, を三日

▼ 内~ (9, 0.0%)

2 又は内部知覚 1 がやがて, して, という文字, と何, と呼ん, のみによって宇宙, 即ちやがて

▼ 内殿~ (9, 0.0%)

2 との父子 1 と十兵衛, と貴殿, にお目にかかろう, に期限, の模様, の秘密, も意地悪

▼ 内~ (9, 0.0%)

2 とし 1 とか外篇, とする, と外篇, と致します, に遐覽篇, の五部, を五つ

▼ 内~ (9, 0.0%)

1 でビール, で借り受け, で母, にし, の拂, の眞理, の話, デ一ト足先ニ日航, デ一ペン

▼ 内にては~ (8, 0.0%)

1 コックリに, 乱髪壊形し, 公然と, 古来牛村馬村と, 張壁煖爐用煉瓦煙突等の, 桁梁の, 罪人にをか, 進むも

▼ 内までも~ (8, 0.0%)

2 侵入し, 入込まんづ勢 1 入つて, 流れ込んで, 舞込んで, 赤くし

▼ 内先生~ (8, 0.0%)

1 が山科街道, が明和七年正月十六日, が眼, の所, は, へ行っ, も, も余り

▼ 内~ (8, 0.0%)

1 されず把握, した神意, して, し味識, するが, せられざる遭逢, せられたる知識, と人格

▼ 内~ (7, 0.0%)

1 すみどの, 勢が, 勢の, 君が, 妙は, 糸を, 風呂にでも

▼ 内だけに~ (7, 0.0%)

1 とどめて, 働きしかも, 棲息する, 特に重力, 終始しよう, 跼蹐し, 限られて

▼ 内であった~ (7, 0.0%)

1 かその, が帰る, が食事, し庄吉, し舅, ために, のかも

▼ 内にしか~ (7, 0.0%)

1 あるまい, ないこの, なく而, 歩かせられない, 求めること, 見出しようが, 見出せないだろう

▼ 内にまで~ (7, 0.0%)

1 入って, 労働者を, 巣食って, 持ち込んだ時, 討ち入って, 遠慮なく飛びこん, 遡った鱒

▼ 内ぶところ~ (7, 0.0%)

2 に秘め 1 に書き置き, に頭, へ手, をさぐり始めた, をしっかり

▼ 内への~ (7, 0.0%)

1 して, そっと獣, 乱入を, 境にも, 御還幸, 浸水を, 用には

▼ 内首相~ (7, 0.0%)

2 が登壇 1 が再び, にしろ, の子息, の答弁ぶり, は降

▼ 内かと~ (6, 0.0%)

1 ぞんじられます, たずね返し, 思って, 熟と, 疑った, 疑われるほど

▼ 内これ~ (6, 0.0%)

1 にか, にかかり, は如何, も徳川家, を, を最も

▼ 内その~ (6, 0.0%)

1 中心的な, 代表的なる, 外側に, 夫人に, 妹聟に, 形体処々功能多き

▼ 内だった~ (6, 0.0%)

1 すこし人通り, ところに, のである, のです, のは, んです

▼ 内でさえ~ (6, 0.0%)

1 あれば, すべての, 二三軒ある, 尚お, 煙の, 西郷どんが

▼ 内でだけ~ (6, 0.0%)

1 可能である, 成り立つの, 批評の, 把握し, 真理である, 豊かに

▼ 内どの~ (6, 0.0%)

1 か, が犬死, が的, が組, さあ大変, どうであろう

▼ 内どれ~ (6, 0.0%)

1 かから逃げた, かにきめ, か目的, が一体, が能動的, を見

▼ 内なれ~ (6, 0.0%)

2 ばさして 1 ばこそ八転四通, ばともかく, ば宜, ば氣

▼ 内にだけ~ (6, 0.0%)

1 あるの, 感じられるもの, 推移した, 横たわる, 横たわるよう, 現われるかの

▼ 内にても~ (6, 0.0%)

1 ことに山奥, 一等官の, 主人には, 右伴天連の, 彼の, 懸絶致し

▼ 内よりは~ (6, 0.0%)

2 燈が 1 ひ出でて, 外が, 明るい眞白, 猶燈

▼ 内~ (6, 0.0%)

1 かで金, か持っ, か有物, に譬へん方, の事, の変わりたる

▼ 内~ (6, 0.0%)

1 が暮れ, が暮れた, さす都, は暮れる, は消, 刺す都

▼ 内~ (6, 0.0%)

1 からこの, だな, では, に話し, はもう, も比企氏

▼ 内~ (6, 0.0%)

1 だけが百二十人, と違つて, の兵備, の水, はこの, をのみ果てしなく

▼ 内~ (6, 0.0%)

2 を乞い 1 を求めざる, を求めました, 万一右ヶ所, 帳貧民一件その他が

▼ 内~ (6, 0.0%)

4 翁の 1 の, 翁は

▼ 内うら~ (5, 0.0%)

5 までそんな

▼ 内からでも~ (5, 0.0%)

1 外から, 外からでも, 容易に, 忍べるが, 開けられますが

▼ 内この~ (5, 0.0%)

2 年の 1 二つ丈けが残され, 二三年程という, 妹の

▼ 内しよで~ (5, 0.0%)

1 そつと, よけた, 一杯の, 悪いこと, 自家製の

▼ 内じゅう~ (5, 0.0%)

1 が寝静まっ, が起き, の大きな, は当然, を細か

▼ 内とか~ (5, 0.0%)

1 何とかに, 吉田松陰とかが, 知人間, 竹垣の, 老僧

▼ 内として~ (5, 0.0%)

1 ある, その勢力, まず今日, 使役され, 其妻が

▼ 内とも~ (5, 0.0%)

1 いふ, なれば, 家の, 思えぬくらい, 言うた

▼ 内においても~ (5, 0.0%)

1 人は, 従来の, 有力な, 起こすべき仕事, 通常の

▼ 内にさえ~ (5, 0.0%)

1 それに, ほの, 幾つと, 民衆の, 発生し

▼ 内にや~ (5, 0.0%)

1 何とかなる, 打つ張るか, 打ん, 落んな, 雷獣を

▼ 内ふと~ (5, 0.0%)

1 ある驚くべき考え, 今日は, 伊東が, 俳句と, 眼に

▼ 内へでも~ (5, 0.0%)

1 匿し, 往けば, 走り込んだに, 這入って, 隠れようと

▼ 内~ (5, 0.0%)

1 から遂に, と云, の二項, の際ロシヤ軍, を鎭めしとき乘

▼ 内何れ~ (5, 0.0%)

1 かが彼女, かが特に, かに從, か犯し, を先

▼ 内~ (5, 0.0%)

1 共和国の, 器官の, 村を通して, 村及び, 町村と

▼ 内日誌~ (5, 0.0%)

1 にはちゃんと, にはわずか, を見, を調べ, を開いた

▼ 内早く~ (5, 0.0%)

1 と急ぐ, 何うかせね, 小刀を, 往って, 金を

▼ 内未亡人~ (5, 0.0%)

1 がほんの, の署名, はその, は束髪, は突然はらはら

▼ 内深く~ (5, 0.0%)

1 の繁み, ひそんで, へすべて, 逍遙って, 這入つて

▼ 内~ (5, 0.0%)

2 の婆, は桐 1 のお婆さん

▼ 内膜炎~ (5, 0.0%)

1 で四十度あまり, で私, という病気, とを併発, を患っ

▼ 内~ (5, 0.0%)

1 だから, にし, にしよう, の沙汰, を致しました

▼ 内蔵之助~ (5, 0.0%)

1 がある, という三千石取り, という人, の演劇, の馬

▼ 内證事~ (5, 0.0%)

1 で, でへツ, は思ひ, まではわかりません, を知つて

▼ 内~ (5, 0.0%)

2 眼の 1 眼すべない, 眼はかなく, 眼を

▼ 内~ (5, 0.0%)

1 して, などした, に付容体書, 差出如左, 差出左

▼ 内きっ~ (4, 0.0%)

1 ての最も, ての有力者, ての美男子, ての老練家

▼ 内くま~ (4, 0.0%)

2 なく調べた 1 なく探し, なく探した

▼ 内だけでも~ (4, 0.0%)

1 よろしいから, 死者数万人の, 燃やして, 近ごろ勢力を

▼ 内だらう~ (4, 0.0%)

2 かなと問 1 しリリアン・ギツシユ, と思つて

▼ 内でした~ (4, 0.0%)

1 からそこ, が公園, が夕方, よ路

▼ 内といふ~ (4, 0.0%)

1 のが, のを, ものは, 人が

▼ 内どちら~ (4, 0.0%)

2 にしろ 1 かが間違い, が王様

▼ 内にでも~ (4, 0.0%)

1 おおきなさい, 加えて, 安置し, 臥せって

▼ 内にな~ (4, 0.0%)

2 つてゐた 1 つて居, 還り入り

▼ 内よりの~ (4, 0.0%)

1 帰りと, 歸り, 火焔で, 道徳個性の

▼ 内よりも~ (4, 0.0%)

1 しんしよ, 先に, 却って多く, 外よりも

▼ 内をも~ (4, 0.0%)

1 あちこちと, はばからずひそひそ, 善く治める, 焼き払うだろう高島

▼ 内~ (4, 0.0%)

1 て浪士等長崎ニ, 常ニ保温セシメ置クモノナリ, 暗シ如此, 消ユ

▼ 内一番~ (4, 0.0%)

1 に食事, よい五月, 大きいの, 小さいけれども

▼ 内二つ~ (4, 0.0%)

1 に一つ, の均衡価格, は七歳, は彼ら

▼ 内二人~ (4, 0.0%)

1 だけそろわなかった, の動作, は品行, は座

▼ 内具する~ (4, 0.0%)

1 ものと, 特殊の, 能力は, 道得が

▼ 内~ (4, 0.0%)

1 刀を, 孔子派の, 石刀に, 革命分子は

▼ 内~ (4, 0.0%)

3 片附け 1 に願

▼ 内四人~ (4, 0.0%)

1 の暮らし, は将軍, は將軍, は東西南北

▼ 内~ (4, 0.0%)

1 とか踏歌, などがあっ, などが終わる, の席

▼ 内左衛門~ (4, 0.0%)

1 でふたり, の一勢, は数日, は阿倍野

▼ 内廊下~ (4, 0.0%)

1 から日本座敷, で初めて, へ来るだろう, やいくつ

▼ 内~ (4, 0.0%)

1 そうして更に, の現れ, の緩やか, をひき出す

▼ 内~ (4, 0.0%)

1 主人の, 咄し仕, 融和美しく, 越いただき候やうくれぐれも

▼ 内~ (4, 0.0%)

1 には上方, のお, をあなた, を披露

▼ 内生活~ (4, 0.0%)

1 に入, に関してのみ注意, の記録, を拓く

▼ 内~ (4, 0.0%)

1 か, かと云った, による, の強権力

▼ 内~ (4, 0.0%)

1 の掻巻引, の蒲団, または時花小紋, 又は時花小紋

▼ 内~ (4, 0.0%)

1 に影響, の不平, はとどろきぬ, もその

▼ 内随一~ (4, 0.0%)

1 と云, の名手, の御, の聞え

▼ 内からと~ (3, 0.0%)

1 すれば, 思って, 考えても

▼ 内じゃあ~ (3, 0.0%)

1 きっと何楼, ないか, 商売人の

▼ 内だけは~ (3, 0.0%)

1 ビールよりは, 内科と, 空前な

▼ 内だんだん~ (3, 0.0%)

1 わかるさ, 夜も, 日暮に

▼ 内~ (3, 0.0%)

1 国と, 子に, 方の

▼ 内であっ~ (3, 0.0%)

1 てその, てもここ, ても村

▼ 内でございます~ (3, 0.0%)

21 があなた

▼ 内でばかり~ (3, 0.0%)

1 このやう, 嬌を, 私は

▼ 内とかいう~ (3, 0.0%)

1 奴何の, 所へ, 泥棒あれは

▼ 内とが~ (3, 0.0%)

1 万太郎に, 囁き合い金田一, 立ちこっそり

▼ 内とを~ (3, 0.0%)

1 二人一緒に, 勤めて, 独自ら愬へ

▼ 内ながら~ (3, 0.0%)

2 渠は 1 水の

▼ 内などの~ (3, 0.0%)

1 反対組が, 地震御見舞として, 身分では

▼ 内においての~ (3, 0.0%)

1 この殿様, みその, 直証

▼ 内においてのみ~ (3, 0.0%)

2 自由で 1 行動を

▼ 内にすら~ (3, 0.0%)

1 京都の, 当時の, 潜んで

▼ 内にだって~ (3, 0.0%)

1 九割以上は, 局外文芸批評家として, 親切を

▼ 内へまで~ (3, 0.0%)

1 のさばり込んだらしい, やって来た, 恐れ気

▼ 内ほど~ (3, 0.0%)

2 温かで 1 いいところ

▼ 内まだ~ (3, 0.0%)

1 かおも, ほんの十粒位, 説明を

▼ 内までが~ (3, 0.0%)

1 あら壁, 人肉の, 変に

▼ 内~ (3, 0.0%)

1 微カニ笑ッタ声ガシタ, 込合ウ故, 颯子ガ安ッポク取

▼ 内~ (3, 0.0%)

1 家作ヲシテ妾マデ持タシテヤッタラ家内, 投ゲ込ンダソレカラ直, 過ク

▼ 内七名~ (3, 0.0%)

2 は去年 1 はその

▼ 内三人~ (3, 0.0%)

2 までは命 1 は棒

▼ 内~ (3, 0.0%)

1 がこの, が輪, に地鳴り

▼ 内~ (3, 0.0%)

2 の道 1 の正道

▼ 内~ (3, 0.0%)

1 なる同人雑誌, に理科, 脳者の

▼ 内事情~ (3, 0.0%)

1 と對外關係, などについては私ら, は一應

▼ 内~ (3, 0.0%)

1 と知られ, の手前, 之疏

▼ 内~ (3, 0.0%)

1 にある, の一人, の人々

▼ 内何となく~ (3, 0.0%)

1 寂然として, 物淋しく先生独り令息俊郎和郎, 色めき立ち密か

▼ 内兵衛~ (3, 0.0%)

3 遠光

▼ 内~ (3, 0.0%)

1 といふ篇, に, の文

▼ 内匠氏~ (3, 0.0%)

1 でないと, の死骸, は死ん

▼ 内~ (3, 0.0%)

1 ペンさんに, 梯子を, 西に

▼ 内同じ~ (3, 0.0%)

1 姓は, 家来に, 車室に

▼ 内~ (3, 0.0%)

1 にと振舞っ, に内場, に見積つて

▼ 内~ (3, 0.0%)

1 事件の, 混乱の, 眼玉を

▼ 内夫婦~ (3, 0.0%)

1 の仲, の和歌, の食麦三斛六斗米一斛余

▼ 内容共~ (3, 0.0%)

1 に亦, に奇抜, に寿詞的

▼ 内密事~ (3, 0.0%)

1 で満ち, を解く, を話し

▼ 内~ (3, 0.0%)

1 において虚無主義, は政府, も知らない

▼ 内或は~ (3, 0.0%)

1 二階建三階建等の, 東両国回向院前等に, 言葉の

▼ 内~ (3, 0.0%)

1 などといふ景, のこと, の有様

▼ 内最初~ (3, 0.0%)

1 の隠, の頌辞, 思い立ちいた小

▼ 内~ (3, 0.0%)

1 だから, にかけ片方, のハマザクラ号

▼ 内~ (3, 0.0%)

1 か, である, なる態度

▼ 内~ (3, 0.0%)

1 にばかり飛びつく, を挿し, を流行らせ

▼ 内洛外~ (3, 0.0%)

1 の寺院, はおろか, を歩きまわり

▼ 内清孝君~ (3, 0.0%)

1 がこの, で同君, を識

▼ 内特に~ (3, 0.0%)

1 わが戸沢図書虎家, 夫が, 桑は

▼ 内~ (3, 0.0%)

1 であつ, は素問, を崇

▼ 内自身~ (3, 0.0%)

1 であった, でもはっきり, にも分らなかった

▼ 内~ (3, 0.0%)

1 物産の, 竜に, 英字新聞に

▼ 内貼り~ (3, 0.0%)

2 がし 1 の紙

▼ 内~ (3, 0.0%)

2 なく探しました 1 なき地

▼ 内~ (3, 0.0%)

3 は外

▼ 内あたり~ (2, 0.0%)

1 は人気, を通らす

▼ 内ある~ (2, 0.0%)

1 ものは, 日の

▼ 内~ (2, 0.0%)

1 号の, 遊びに

▼ 内いたる~ (2, 0.0%)

1 ところに, 所に

▼ 内いっぱい~ (2, 0.0%)

1 にある, にはちきれ

▼ 内いつ~ (2, 0.0%)

2 ぱいに

▼ 内お前さん俺~ (2, 0.0%)

2 んとこ

▼ 内かくし~ (2, 0.0%)

1 に池上, の紙入れ

▼ 内かの~ (2, 0.0%)

1 牝馬を, 親切な

▼ 内かも~ (2, 0.0%)

1 しれぬと, 知れぬ

▼ 内からという~ (2, 0.0%)

1 ので, 時自己は

▼ 内からのみ~ (2, 0.0%)

1 でしょう, 発生する

▼ 内がわと~ (2, 0.0%)

1 外が, 鎧の

▼ 内こと~ (2, 0.0%)

1 さらに礼壇, に原子核内

▼ 内~ (2, 0.0%)

1 兄さん, 行くべし

▼ 内さま~ (2, 0.0%)

1 が付い, もああ

▼ 内さんとこ~ (2, 0.0%)

1 で遊ん, やいや

▼ 内しよ~ (2, 0.0%)

1 でカストリ, 話

▼ 内そこ~ (2, 0.0%)

1 は不承不承, へ婆

▼ 内ただ~ (2, 0.0%)

1 その飛, わずかに

▼ 内だけが~ (2, 0.0%)

1 そんなに嫌ひなん, 残されて

▼ 内だけの~ (2, 0.0%)

1 冒険家, 繁栄を

▼ 内だけを~ (2, 0.0%)

2 庭らしくし

▼ 内だって~ (2, 0.0%)

1 お小間, そう関わなかった

▼ 内~ (2, 0.0%)

1 やある, や大

▼ 内であり~ (2, 0.0%)

1 また何, 信長の

▼ 内でこそは~ (2, 0.0%)

1 ありませんでしたが, くる

▼ 内でし~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ 内でしか~ (2, 0.0%)

1 起きは, 運用できない

▼ 内でしょう~ (2, 0.0%)

1 ある種, か

▼ 内でなかったら~ (2, 0.0%)

1 今日中には, 知らぬ顔を

▼ 内といった~ (2, 0.0%)

1 ところで, 順序に

▼ 内とに~ (2, 0.0%)

1 共に交誼, 局限され

▼ 内との~ (2, 0.0%)

1 前に, 話が

▼ 内どこ~ (2, 0.0%)

1 でもお, を見

▼ 内など~ (2, 0.0%)

1 であろう, 武井さんに

▼ 内などが~ (2, 0.0%)

1 その代表者, 万太郎の

▼ 内などという~ (2, 0.0%)

1 歴乎たる, 泥棒では

▼ 内なども~ (2, 0.0%)

1 尾に, 旨く拵

▼ 内なみ風~ (2, 0.0%)

2 おこらずして

▼ 内ならで~ (2, 0.0%)

1 は知る, は醸さざる

▼ 内なるい~ (2, 0.0%)

1 のちが, のちの

▼ 内にかの~ (2, 0.0%)

1 山中の, 島へ

▼ 内にはと~ (2, 0.0%)

1 また四五日, 手紙ばかりを

▼ 内によって~ (2, 0.0%)

1 きわめて微妙, 代表される

▼ 内にを~ (2, 0.0%)

1 り候, 意味しやしない

▼ 内に対して~ (2, 0.0%)

1 かくの, 新しい歴史

▼ 内に対する~ (2, 0.0%)

1 件数目手分けに, 雁金の

▼ 内のみ~ (2, 0.0%)

1 でなく石炭, でなく門

▼ 内へへ~ (2, 0.0%)

1 えって, えりおったとて

▼ 内~ (2, 0.0%)

1 じゃ, にご

▼ 内もっとも~ (2, 0.0%)

1 大きく信用, 崇められたは

▼ 内~ (2, 0.0%)

1 うく見せ, 気の毒だ

▼ 内わけ~ (2, 0.0%)

1 は何, は左

▼ 内サークル~ (2, 0.0%)

1 と結合, への結合

▼ 内~ (2, 0.0%)

1 以テ誘引可有之, 明ルクシタ

▼ 内~ (2, 0.0%)

1 の小, も承認

▼ 内一つ~ (2, 0.0%)

1 は偶然私, を出そう

▼ 内一円八十銭~ (2, 0.0%)

2 で銘酒一本

▼ 内一度~ (2, 0.0%)

1 も便り, 点けた明り

▼ 内一本~ (2, 0.0%)

1 だけは花崗岩, 根から断っ

▼ 内一般~ (2, 0.0%)

1 の僧侶, の評判もの

▼ 内一通~ (2, 0.0%)

1 は北京, をピンビタン

▼ 内七つ~ (2, 0.0%)

2 まで羽二重

▼ 内三郡~ (2, 0.0%)

1 だけを呉, だけを返す

▼ 内上る~ (2, 0.0%)

1 つもりだって, にも踏む

▼ 内二十両~ (2, 0.0%)

1 だけお, はぴったり

▼ 内井戸~ (2, 0.0%)

1 で轆轤, にはいま

▼ 内京町一二丁目~ (2, 0.0%)

2 の西側

▼ 内人影~ (2, 0.0%)

2 の手

▼ 内人心~ (2, 0.0%)

1 を固め, 不居合抔

▼ 内~ (2, 0.0%)

1 と云います, に顔

▼ 内使一件~ (2, 0.0%)

1 については父, は後

▼ 内修理比企一隆斎天童利根太郎~ (2, 0.0%)

1 の三羽烏, をはじめ春藤幾久馬

▼ 内僅か~ (2, 0.0%)

1 に八畳, 四五カ月

▼ 内~ (2, 0.0%)

1 に手, を見せる

▼ 内入り~ (2, 0.0%)

1 が大事, に同意

▼ 内全焼~ (2, 0.0%)

1 でした, という記録

▼ 内全部~ (2, 0.0%)

1 が雨戸, を捜索

▼ 内八ツ~ (2, 0.0%)

1 になり, の鐘

▼ 内~ (2, 0.0%)

2 放れよく

▼ 内~ (2, 0.0%)

1 にヤソ処刑, にヤソ降誕

▼ 内~ (2, 0.0%)

1 すそが, 十篇を

▼ 内勝平~ (2, 0.0%)

2 に対しては決して

▼ 内又は~ (2, 0.0%)

1 他所より, 外に

▼ 内同居~ (2, 0.0%)

1 を断る, を斷

▼ 内四十八ヵ所~ (2, 0.0%)

2 の篝屋

▼ 内~ (2, 0.0%)

1 あるいは九納堂, の辺り

▼ 内~ (2, 0.0%)

1 へ出ろ, 両大臣以下検察当局一統

▼ 内多く~ (2, 0.0%)

1 は外, もあらぬ

▼ 内~ (2, 0.0%)

1 が明け掛つた, の明く

▼ 内~ (2, 0.0%)

1 は至極, も子

▼ 内奉納~ (2, 0.0%)

1 の絵額, の額

▼ 内~ (2, 0.0%)

1 のたま, の本質

▼ 内~ (2, 0.0%)

2 の害

▼ 内子丑寅卯辰巳午~ (2, 0.0%)

2 の七つ

▼ 内子供~ (2, 0.0%)

1 が母親, が生れ

▼ 内学校~ (2, 0.0%)

1 がまた, を卒業

▼ 内~ (2, 0.0%)

1 の方, へ一泊

▼ 内官ども~ (2, 0.0%)

1 の馬, をことごとく

▼ 内官姜錫鎬~ (2, 0.0%)

1 及び参領李敏和, 及び參領李敏和

▼ 内~ (2, 0.0%)

1 として急, として音

▼ 内~ (2, 0.0%)

1 と同時に, と直観

▼ 内少し~ (2, 0.0%)

1 気分が, 遣って

▼ 内~ (2, 0.0%)

1 れと, れに

▼ 内府どの~ (2, 0.0%)

1 が御覧, を相手

▼ 内府公~ (2, 0.0%)

1 の加勢, の御

▼ 内~ (2, 0.0%)

2 だか

▼ 内~ (2, 0.0%)

1 いう杜漏, の荷物

▼ 内~ (2, 0.0%)

1 から出した, を探

▼ 内~ (2, 0.0%)

1 る意味, 日の

▼ 内捜索~ (2, 0.0%)

1 が始まった, の命令

▼ 内政友~ (2, 0.0%)

2 に信任

▼ 内文三~ (2, 0.0%)

1 の十四, は血相

▼ 内明照日光~ (2, 0.0%)

1 のごとく, のごとくだった

▼ 内暗き~ (2, 0.0%)

1 に人, 洞穴は

▼ 内最後~ (2, 0.0%)

1 の孔子廟, の読経

▼ 内果皮~ (2, 0.0%)

1 から容易, を残し

▼ 内極めて~ (2, 0.0%)

1 美なる, 醜なる

▼ 内正面~ (2, 0.0%)

1 には泰松寺, に安置

▼ 内武士~ (2, 0.0%)

1 だけの事ハ, の血脈

▼ 内江戸~ (2, 0.0%)

2 にて此塔

▼ 内~ (2, 0.0%)

1 の改良, の深憂大患

▼ 内法師~ (2, 0.0%)

1 の胸, を先

▼ 内~ (2, 0.0%)

1 に至っ, の防波堤

▼ 内演説館~ (2, 0.0%)

1 において同, において福沢先生

▼ 内牛蒡蕁草野麻~ (2, 0.0%)

2 などの簇

▼ 内物價~ (2, 0.0%)

1 ノ暴騰, ノ調節

▼ 内生命~ (2, 0.0%)

1 の潮, の神秘

▼ 内~ (2, 0.0%)

1 は二人, は小瓶

▼ 内~ (2, 0.0%)

1 という静か, の中

▼ 内百余~ (2, 0.0%)

1 の人命, の命

▼ 内~ (2, 0.0%)

1 の力, の徴候

▼ 内~ (2, 0.0%)

1 の前, はいよ

▼ 内神田~ (2, 0.0%)

1 の平次, はこん

▼ 内~ (2, 0.0%)

1 はァ, は内

▼ 内篇外篇~ (2, 0.0%)

1 あり晏子, に分つた

▼ 内紅く~ (2, 0.0%)

2 紫くろき

▼ 内~ (2, 0.0%)

1 の褞袍, を売買

▼ 内~ (2, 0.0%)

2 の形

▼ 内自分~ (2, 0.0%)

1 はもウ客座敷, もその

▼ 内色許~ (2, 0.0%)

2 賣の

▼ 内色許男~ (2, 0.0%)

2 の命

▼ 内薄暗き~ (2, 0.0%)

1 ところには, 日も

▼ 内藏助~ (2, 0.0%)

1 が, と云

▼ 内~ (2, 0.0%)

1 が一番, が犯罪者

▼ 内證話~ (2, 0.0%)

2 であつ

▼ 内~ (2, 0.0%)

1 は南支那, を書いた

▼ 内通い~ (2, 0.0%)

2 にする

▼ 内遂に~ (2, 0.0%)

1 今囘, 多年蛍雪の

▼ 内都合~ (2, 0.0%)

1 の好い, をし

▼ 内闘争~ (2, 0.0%)

1 にまで高める, をやっ

▼ 内院火口~ (2, 0.0%)

1 にへばりつい, の西壁

▼ 内~ (2, 0.0%)

1 袋から, 袋へ

▼ 内隣同士~ (2, 0.0%)

1 おう, おうおうと

▼ 内~ (2, 0.0%)

1 と名のり, の名

▼ 内飛行場~ (2, 0.0%)

1 ですね, を意味

▼ 内高音~ (2, 0.0%)

1 というお, と申す

▼ 内~ (2, 0.0%)

1 に手, の足どり

▼1* [1105件]

あしたではもう, 内ありのままに俊寛様, 内あるいは不正の, 内あわせて五人暮らし, 内いきなりこちらは, 内いささかも手, 内いずれかの裔, 内いつか都合のい, 内いつしか夢路に, 内いつの間にやら道, 内いつの間にか先生の, 内いつもの連中, 内いづれか四箇月, 内および郵便局内を, 内お供に立つべき, 内お前さんに約束, 内お天気にでもなつ, 内かいと寄った折, 内かかる貴人に, 内かっさらって, 内かつて私の, 内かなそれとも隣屋敷, 内かなあその孫, 内かなんかの柔らかいやつ, 内かは余に, 内からこそその価値, 内からさえ思想家らしい, 内からだけ書いた感想, 内からともなく外, 内からよりましな, 内がはに立ち千代子, 内がわのかべの, 内きつと自然, 内きわめて清楚壁に, 内こそは今どう, 内こたえなければ千度, 内これ江戸の俗謡, 内もりの, 内さぐる心地に, 内さざめきてたどる, 内さしあげ申候間した, 内さし当り代表的な二つ, 内さんあんたの絵エ, 内さんあんたきんの道頓堀, 内さんおやじがお, 内さんわたしいっその, 内さん所やくの事, 内さん福富町の旦那, 内さん若殿のお, 内しかお知り, 内しきりに思ひに, 内してやろうと思ってる, 内しばらく静かである, 内しょ話をしゃべっ, 内しんとなりぬ, 内じゃがえんに, 内じゃろうで, 内つかり喜んで, 内すこし狼狽し, 内すでに姦淫したるなり, 内すやすやとまた, 内するすると竜, 内せいぜい喋り溜めて, 内せめては御, 内そうした身分の, 内その他手広い建物, 内それよりは肴屋, 内たつた一度でも, 内たりしなり, 内たると外たる, 内だけでの政治的関係や, 内えだす, 内ちやほやされるなん, 内ちょうどこの十日, 内作内っ, 内ついでの時, 内ふ言葉, 内でありまして王, 内でこそその必然性, 内でござるよ, 内でだけしか仕事が, 内ででもこんなに勝手, 内でない事は, 内でなくとも他, 内でのみ語らるべきである, 内でぶなかし, 内でもてんでんに, 内でもというので, 内でやすけど, 内とある路次の, 内といふに同じ, 内とうとうのびて, 内とかってお侍, 内としては不愉快だ, 内としても立ち去るより, 内とても奥底まで, 内とやら申す破牢罪人, 内とやらにたんと水, 内とやらは逃げたそう, 内と共に哀訴嘆願, 内つちか, 内どうとも都合, 内どうかなるだろうって, 内どっちかを択ぶ, 内ながらも雪の, 内なきがごとく, 内なぞはおつきあい, 内などで自然癖に, 内などではその居候, 内などとともに長崎表に, 内などはいづれも, 内なにかホッとする, 内なら知らずもう上洛途上, 内なり事務室の, 内なりへ入つて, 内なる泣く小兒, 内なる火照にぬくめられ, 内なる生きた神なり, 内なんのなにがし, 内なんぞがオレを, 内なんぞもまだこんなに綺麗, 内なんぞを照すには, 内なんとかなる, 内にあたりは段々明るく, 内においてさえそれら誠実な, 内においてさえもいかに乏しかっ, 内においてしか測定する, 内においてもという内容で, 内にか又は意識, 内にかっけになって, 内にかと俄の, 内にかという者あり, 内にじっとしてはいられません, 内にぞ引き入れたる, 内にだに返弁, 内にての女豪傑, 内になどあるの, 内になどはいないの, 内にねぢ込みありし, 内にのたれ死, 内にばかし居るん, 内にもはツ, 内にわかに颯と暗くなっ, 内に対しては幕府の, 内に程を測り箱, 内のてがみには, 内のみで生起する, 内のみに限られると, 内のみの現象を, 内のみやびから, 内はから呑気で, 内はからず思当った, 内はじめ家来どもは翌朝, 内はとて見お, 内はに見積つて以上の, 内はの太一は, 内はやまた曲, 内はらはらとせし, 内ばかりが無腰の, 内ばかりじゃない今, 内ばかりの事にて, 内ばかりは早くも, 内ひっそりとなっ, 内ひどいのに, 内ひょんなことからこの牢屋, 内へさえその影響, 内へだって新聞は, 内へなんぞ来るん, 内へもな何で私, 内へより積極的に, 内へを連発する, 内べんけいじゃ, 内ほとんど三分の一は, 内ぼやぼやと火, 内けつとから, 内まいりの男, 内まさに人道を, 内また見付かったから, 内または新屋敷あたり, 内までは分らないけれど, 内までを一望に, 内みなの衆にあれ, 内めがけて逃げ出しました, 内もう日は, 内もうどうしたら可, 内もし北島が, 内もだえの熱, 内助けて, 内ゃ可いけれど, 内やがて刃物切物鉄砲持参手覚えの, 内やさうはえ, 内やって来ますよ, 内やって来るに違い, 内やっと近頃西鶴の, 内やで俺が, 内やと定って, 内やや広くなり, 内ゆえふとお気づき, 内ゆえ天罰主罰報い来って, 内よく見え透きて, 内よし月の, 内よばれた所より, 内よりぞ佛燈は, 内らしい親内も, 内らしくないではない, 内わずか数分だけ, 内わたりに夜, 内われ等の生活, 内をと暗に当り, 内をめぐって大広間の, 内を通じてまたは少なくとも, 内中へ, 内ん中のゴタゴタ, 内イ誰方様のウ, 内ウダールニクを組織, 内ガラスに額, 内ガラマサ出勤のカット, 内ガ修マラヌカラ困ッテイタラ, 内クマなく探しまわった, 内クムビラてふ, 内スウーットンと襖, 内セキショウアヤメの満開, 内タマス・ケリイは黒人, 内チニテ鳴ル時, 内チヤンと此の方, 内テーブルの上, 内ト咽喉部ヲ丁寧ニ含嗽スル, 内ト雖モ之ヲ施行スルコトヲ得, 内ドサリと音, 内ドッコイショと降り, 内ドンドンドンドンと天井, 内ナエイよりナイ, 内ナミという生徒監, 内ニキシロカインガ這入ッタリスレバ, 内ニチューブヲ入レテ酸素, 内ニチューブヲ差シ入レラレル時, 内ニ一律ナル公語ヲ決定シ彼等ガ日本人ト語ルトキノ彼等, 内ニ不法ナル土地兼併が行ハレテ, 内ニ其儘止リテ打出シト共ニ群衆ニ紛レテ脱出セヨ, 内ニ在郷軍人團ナキヲ以テ國家任命ノ改造執行機關ヲシテ土地資本財産, 内ニ大兵ヲ送, 内ニ大洲の船, 内ニ小弟先日中風けニ, 内ニ居住シ又ハ國民權, 内ニ常備兵ヲ設ケタリ, 内ニ往所ニ停車場ニ旅行中ニ宿屋下宿屋ノ女中ニ番頭ニ, 内ニ掲出ノ, 内ニ於ケル異民族ニ對シテハ義勇兵制, 内ニ於ケル將校ト兵卒トノ物質的生活ヲ平等ニスル所以ハ自明, 内ニ於テハ階級的表章以外ノ物質的生活, 内ニ於テモ到ル処, 内ニ於テ存在シ且遍ク知ラレタルトコロニシテ例エバ奈良唐招提寺金堂ニ保管セラレアル千手観音立像ハ四十臂ヲ有, 内ニ於テ確實ナル所有權ヲ設定サルルコトハ國民的人權ナリトス, 内ニ於テ義手或ハ義足ガ, 内ニ本邦植物図志ヲ著, 内ニ盈ツルヲ, 内ニ私兵ヲ養ヒテ私利私欲, 内ニ薄片多シ, 内ニ血壓ノ変動ガカヨウニ激シイノハヨロシクナイ, 内ノーベル賞でも貰う, 内パッと云う, 内フランスの作家達, 内ポケットに掏摸, 内ユークリッド幾何学に於, 内ヨリ大キナ盛ンナ句ノヤウニ思フタノデ今日, 内ヨーロッパに留学中, 内ロオマ字で記される, 内ロースで一頭, 内ン中の鮑ッ貝, 内一パイに漲つた, 内一万石の土地, 内一二の舊家, 内一二疋は必ず, 内一人いわくただ一人能, 内一人忙ぎ歸つて大臣の男, 内一件は旗本屋敷, 内一体幾冊を見出す, 内一切の相談, 内一割とか二割, 内一同もほとほと, 内一名づゝを召し, 内一婦人快気に至り, 内一寸法師と昨夜山野夫人, 内一巡という触れ出し, 内一帯静かであろう, 内一年に子供, 内一応静かに, 内一挺車台付小筒三挺其外鑓旗太鼓火薬葛籠具足櫃長持等であつ, 内一揆蜂起の事, 内一日保高が, 内一時ちょッと過ぎた, 内一枚は夫人, 内一港に官吏, 内一番先に醫者, 内一目逢ひたい私の心, 内一策を考え出した, 内一般ニ的当セル法令, 内一艘は競争用, 内一萬三千町背負込んで, 内一面の巴旦杏, 内一領を保ちえたら, 内一馬より落ちたる, 内丁度私共が, 内七万八千円は神戸, 内七十二町一里五十町一里ありと, 内七百二十九軒の間脇階級有, 内万戸の市民, 内三ヵ所にある, 内三九七人は予科, 内三人半扶持を減し, 内三分の一を此方, 内三分の二の空席, 内三十万石をあて行う, 内三四个月しか島, 内三四人が男, 内三四名は端, 内三四巻で仕舞う, 内三四度も忍び, 内三崎町の所, 内三日理由なく休んだ, 内三枚ばかり今, 内三段へ麦, 内にたたずむ, 内上層と下層藩士, 内上帝彼を愍, 内上田白井孝右衛門の甥儀次郎, 内下田港へ相, 内下腹が引きつる, 内図した, 内不便だろうから, 内権仆るべし, 内中間勝造それに二人, 内中間勝造庭掃の三吉爺, 内主人の子, 内乃至身邊に, 内事大安心候, 内乗込んで原籍, 内九万余戸とひと口, 内九人までが軽薄, 内九十五人は町人形儀, 内九十首を棄て, 内九百九十九人までその, 内九首を棄てた, 内乱入のせい, 内亀卜に達した, 内亂外患の罪, 内ふと指, 内事われわれの知る, 内事件指起可申詰りの, 内事務所に坐っ, 内事決せずんば, 内事的経過よりし, 内二三の例, 内二三人の足音, 内二人っきりになった, 内二億五千万円はこの, 内二冊で出, 内二割を税, 内二十疋だけ殺し, 内二室に立, 内二山の間, 内二時間は休めます, 内二月末ニもなれ, 内二派に分れ, 内二百五十万円が, 内二百石の馬廻り某氏, 内二階級の試験, 内五人までは母, 内五十二人溺死して, 内五千フランは修道院, 内五千俵を割い, 内五合は飯米, 内五名は戦死, 内五尺八寸という鯛, 内五斛は田, 内五百万円を損, 内五色鼠は白鼠, 内亜米利加旅行自談, 内京都派のため, 内人令郎君おさよ, 内人口の大半以上, 内人土屋氏は昔槌屋, 内人幾百人と其の, 内人民を堕落, 内人間の中指, 内今夜でも此, 内今年も明日, 内仕置場で執行, 内つて打て, 内代りを探さう, 内代る代る護衛し, 内代等にかかる, 内代議士夫人その他があつまっ, 内令郎様方おさよどの, 内以外の諸, 内仰天し乍ら, 内任意のどれ, 内伊那丸方の山県蔦, 内伯母は戻, 内住民の受持ち, 内佐伯部売輪は実に, 内何すれぞ悟達の, 内何ちか一つは験, 内何やら含んだもの, 内何んとした, 内何事も変らず, 内何人が心, 内何処だか, 内何処其処へ斯, 内何方が正しい, 内何百ヶ村を毛見, 内余り異風な, 内の安置, 内侍従医長の住宅, 内供奉翻経大徳として崇められた, 内供鼻語第二十, 内に冱, 内修理が唸った, 内修理比企一隆斎鏡丹波らを先頭, 内が掘り出し, 内倔強なるもの僅か, 内倹約を申し合わせ, 内停留場にでも貼られ, 内健三が一人前, 内傳染の患者甚, 内はほとんど, 内元金千五百萬を引き, 内の熱, 内先ず一九〇五年の, 内先生創製するところ, 内光泰にご, 内室へ, 内全く夜に, 内全ての財産, 内全焼次は天保八年, 内八万坪五十三名の地主, 内八人室に洗面器, 内八崎ありと, 内八方耳も目, 内八百両貴殿にお, 内六人はわたくし共, 内六人譽め四人誹るもの, 内六円家賃敷金三ツの平屋, 内六分引を以て給する, 内六名は重症者, 内其後途中にて御, 内其翌朝になつ, 内内閣の議会, 内内閣解散近衛内閣組閣中商工大臣に小林一三, 内再度の使, 内写真館です, 内出札の婦人四〇名, 内出血をし, 内初めの二十三册, 内別室に伴い, 内別荘へ知らぬ, 内前者を捨て去る, 内前金を遣ります, 内剛毅相互扶助の気質, 内剥ぎに剥ぎ, 内少し気, 内労働者の或, 内であった, 内まことに寛濶, 内勇助も帰っ, 内勝手の方, 内化知識の本性化, 内がわ, 内北の方に火事, 内北町奉行所の御, 内医学博士は約, 内医官東安同補, 内十一段まで崩れた, 内十七マイル半を歩き, 内十七八の女毎度馴, 内十万億土ほど遠く, 内十九名は売, 内十二度夜二十五度位の儀, 内十五両を故郷, 内十五人は皆馬, 内十人の者, 内十六町の地域, 内十四人を除い, 内十里四方に達す, 内千住の通り, 内千歳村の石山氏, 内半年或は八ヶ月經つた, 内半熟の卵, 内卑外の感情, 内南奉行所に急ぎました, 内南洋を侵す, 内南町奉行所に飛ぶ, 内印外印の玉璽, 内七豎子来相語曰是亀比売之, 内即ち今の, 内厚い壁に, 内厩卒来りてかの, 内厭きても来る, 内去る者日々に, 内参観を許す, 内及び宵の口中, 内叔玉木外叔久保らが相, 内叙景詩には優れた, 内た今, 内い処が, 内御使, 内台基廠の杉氏方, 内台所の土間, 内右隣の男, 内又十郎, 内同じく横目付を, 内同士でかける, 内同書三〇六に雲南, 内例律と, 内君いろいろなこと, 内君七年のレウマチス, 内君金を出し, 内が空っぽ, 内哲里木盟の札薩克図王旗, 内唐穴になっ, 内唯一の官幣社, 内唸り声もどうにか, 内問題もよそ事, 内のつくり, 内嚢壁の部, 内四つ五つをあてがわれ, 内四五の会堂, 内四十軒の捻, 内四枚は, 内つた事に, 内へ手紙, 内国家を統一, 内国民の要求, 内へ手紙, 内國人の眼中, 内國外から雄, 内國學の方, 内を連れ立っ, 内園子ト綿貫栄次郎トハソノ各, 内圓明園の文源閣, 内土人が作った, 内土地風稼方相覚仮成, 内土蔵の中, 内地産の竹類中, 内地震學教室にあ, 内の途中, 内坂本の小, 内坂本さんのところ, 内将軍, 内坐して食え, 内城田村上久具にその, 内堀井博士に就, 内堂々たる紳士と, 内報的に建業城, 内報者の中, 内場破れが起こっ, 内の屋根, 内境静かにし, 内境靜かにし, 内増田仁右衛門すこし若い, 内増田甚兵衛同じく玄札, 内士女填咽, 内壬生の神泉苑, 内の夜, 内外字新聞社に配布, 内外宮を始め鶴岳, 内外相應ずる之を二重, 内多人数が立出, 内多数の人間, 内大きな泉水が, 内大伴氏物部氏は失脚, 内大将のご, 内大工を頼ん, 内大成殿に仮館, 内大手より十六町, 内大正三年となつて, 内大沢黒崎その他のこる, 内大矢野に此中御座, 内大藏は掌, 内大騒ぎとなりゃ, 内暗く暴風至り戸, 内天井の高い, 内太郎藤内次郎という屈竟, 内夫人園子より光子, 内夷事も日々禍, 内奈良豆比古神社, 内から押しかけ, 内妙子さんの部屋, 内姿は船, 内が一人, 内娯楽掛り森本様とした, 内娼妓や酌婦, 内婆さんに近づき, 内孔子の関, 内存在において考察, 内存外來の高等, 内宅地杉林櫟林を除い, 内守護の任, 内安からずあたふた, 内官たちと共にうろたえ, 内官一同を召集, 内官十三人を列侯, 内は上着, 内宴その他の宮中燕安, 内に飼った, 内家中の一婦髪, 内家庭内の封建的, 内宿禰は殺された, 内宿禰白恐我大神, 内寂寥たり, 内密事友人らの内, 内は内, 内寛永十四年嶋原征伐, 内實政府が怯懦, 内寧波の范氏, 内を唯一, 内寺煙草二三服馬士張りの煙管, 内専念寺にある, 内尋ねて行つて, 内尋ねるからと云っ, 内小作人側から小作継続, 内小川正子女史宛送附され度, 内小磯と三代, 内小金吾頻に, 内少くも二千首, 内兵館という, 内が五十名, 内居住普通民を除く, 内居合不申, 内と別れ, 内屋さんと呼ん, 内屋根をのぞみ, 内ばコアカソ, 内の陰, 内山村から桃原, 内岩波の或, 内岸松太郎林彦三郎の三人, 内峨々たる岩壁, 内川俣茂七郎等八十人はおくれ, 内巡察もすませ, 内巡査講習所の英語教師, 内巡講の際, 内の半分以上商, 内左傳も公羊傳, 内左千夫はなほ自説, 内左右各二面, 内帝劇へでも御, 内師匠をのけ, 内師弟関係の利害感情, 内帰らぬ旅に, 内より大きな, 内常に五百金銭を, 内の流行, 内平河さんのお, 内平穏ならざるもの, 内が暮れ, 内年号は明和, 内幾回となく, 内広からず設備可, 内広がつて来る, 内広く花木多く, 内庄吉は何ん, 内を一つ, 内府在天の靈, 内府殿の扨, 内座方の中, 内のあちこち, 内廊下のだ, 内廓清の功, 内く花木, 内建物と板塀, 内廻り線の池袋駅, 内弁外弁八座八省の公卿百官, 内式部らであった, 内式部ら数十人の勤王家, 内引き取った方が, 内強うして, 内当地で本郷, 内当麻への街道, 内に見, 内に待った, 内従僕の子, 内従弟の中行, 内たりと上, 内御礼は致します, 内なうし, 内応接間というよう, 内快刀乱麻の手伝い, 内忽ち眼に, 内思上法とか霊飛六甲内思通霊上法, 内思想指導の方針, 内思考一番すれば, 内恋人でもでき, 内恐らく最も常識の, 内息佛者の調息數息, 内の苦し, 内惜しきは姿, 内愛妾のお, 内感的哲学の基礎, 内懷中からズルズル, 内も折, 内戸田能登守の家来野澤源作, 内手近かにある, 内打ち寄って取り押え, 内打首と同じ, 内を見, 内担当の係員, 内拙者一足先へ参っ, 内拜殿を正面, 内持ってく, 内捕えられてこの, 内捜して置い, 内捜査と時限爆薬, 内捨てる神あれ, 内揺クハ繋ゲル駒伏セル鼠先聖コレヲ悲シンデ法, 内撲たれぬ処も, 内支那にも非凡, 内支那兵の肉弾, 内改服に而出仕可致旨, 内攻めにはいつも, 内政治機關の改造, 内救助されたもの僅か, 内から云え, 内数十ヵ所から兵火, 内数行は原本, 内数首を挙, 内整理が第, 内と闘う, 内敷香などの町, 内なし漢, 内文学言語部によって彼, 内斎藤法務官殿に引渡します, 内斜視の老眼, 内四六判二八六頁, 内新しい住宅で, 内新婦が婿, 内新宅に於, 内新緑にし, 内方様下宿や住居, 内旅団参謀はまだ, 内既に撞著あり, 内日本の底, 内日本兵の白兵戦創, 内旦那から更め, 内明らけく, 内明るく父上も, 内明日にも出, 内を見いだし, 内になった, 内是非一つ行って, 内時節が参ります, 内景臟腑ノ結構, 内暁方近く屠者, 内が出来たら, 内暑く悒鬱く, 内暗くなりて, 内になる, 内曲りの鼻, 内て侍奉公, 内最もよく保存され, 内最大の振幅, 内月チト暗カリケル処ニテ, 内月ニ二度位ズツ評定所ヘ出, 内有力者某々等をし, 内有数の深雪地, 内木曽伯耆山村七郎馬場半左衛門, 内未婚の婦人, 内本当の夜, 内本木昌造樣へも御, 内本来無名の民衆, 内本線より私設線, 内本船が何時, 内杉林の中, 内李鎰自身も怪しく, 内杏所甚五郎の許, 内材料が参りましたら, 内の人々, 内村上八郎左衛門石原太郎左衛門鳥越五郎兵衛河内太郎左衛門等三十四人の勇士, 内村愛宕山法輪院址の山腹, 内東京に於ける, 内東京帝室博物館の正門, 内東洋宝石商会の社員, 内松助の大屋, 内松原の一方, 内松毬の園, 内果して三寸ほどの, 内にもなく, 内某氏より寄せられたる, 内柳屋画廊の女, 内柵外の木々, 内校長先生である, 内根源的なもの, 内の馬場土方, 内桐山の大根田部落, 内森脇いづかた, 内検地詰存外の上, 内でそこ, 内楚軍宋を囲み, 内概言の第, 内様令郎二位へ宜, 内様即座にお, 内機会を得, 内機敏に貯水, 内機械が故障, 内機械油の煤, 内次郎という屈竟, 内正月節句風雨の阻, 内正確にその, 内此二三年の間, 内此方では手前, 内武者の摂, 内の数, 内死骸の引取人, 内殊に神原五郎治四郎治の, 内残るは麦城, 内段々時日を, 内母獣両ながら病ん, 内毎半葉十二行行十八字乃至二十二字, 内氏夫人等に会い, 内民間の適材, 内気温異様に急上昇, 内決してあること, 内決して先ず本人の, 内沙漠先生何と思, 内波及といはむよりは, 内波木井郷の戊亥, 内注射はどう, 内にいわずもがな, 内浮いて来る, 内雲天を, 内のところ, 内深き処粛として, 内深谷に臨んだ, 内清風会発行の, 内て燃え, 内に入る, 内湿りおるに目, 内準備が遲, 内漸く一つが, 内潜入のうごき, 内に溺れ, 内之見, 内の火, 内助斎木文礼, 内無き者なり, 内無事に暮し, 内も東京, 内捨致し, 内焼香が終わっ, 内燈台の影, 内燕尾服が無く, 内もいよいよ, 内爺さんがどっか, 内牝牡の騾, 内物好きな連中, 内が不満, 内状すべてに精通, 内状城下の景気, 内狩猟の対象, 内い板敷, 内猿橋から上野原, 内獄中に発病, 内玉突と寫眞, 内玉置子爵の旧, 内玉蟲厨子の扉, 内の口, 内現存の労力, 内甘藍枝豆玉蜀黍馬鈴薯南瓜蕎麦大根黍の餅, 内生涯と云う, 内生産技術に直接関係, 内はやっと, 内甲府を二日, 内男體の額, 内異国とか或いは, 内の上, 内疫病にかかり, 内えという, 内發動機の作用, 内白くなって, 内白川の辺, 内百六十戸ほどを焼いた, 内百円余り旅行の準備, 内百姓衆皆様のうえ, 内がクサカ, 内皆々様には御, 内皆様へ宜, 内皇后の, 内益々明朗である, 内盗った二千両に, 内監察に任じた, 内相談が定, 内看守押丁ら打ち寄りて, 内行院に, 内の正月, 内着陸を敢行, 内知れやうから, 内知政の始, 内礪杵道作等卅余人を捕ふ, 内は後者, 内神戸の百姓, 内秀歌選の再版, 内私十円だけお, 内私家を変ろう, 内になった, 内をさぐる, 内秩序を保ち, 内仰せ付けられ候, 内稍薄暑も催候処, 内稲穂が大半, 内の商略, 内空気一掃の必要, 内突入の旗, 内突然四辺が, 内は開放, 内窓外を樂, 内立入りお断り, 内立派な先生, 内童貞の刑, 内端ぢやお前様, 内の者, 内にした, 内管理部の隣, 内篇二十篇外篇五十二篇という大部, 内篇六七が外篇, 内篇卷二左傳春秋釋疑の文, 内篇四に山中寅日, 内篤と聞き合, 内米六勺外米一合の割当, 内粘液が空気, 内の価五十貫江戸, 内紀州の方, 内紅き朝の, 内紅葉山に配置, 内紙屋川端の小屋者, 内だ, 内細君の御, 内経歳不枯取置沙土中以水澆之俄頃復活, 内結国内を固め, 内結婚数一万四千五百六十九件に比する, 内もちろんお, 内休みだ, 内総動員を行, 内総理の今度, 内縁側の端, 内縁日の商い, 内繁華の地, 内羽目板から火, 内といっ, 内聞きに来る, 内背中がぞくぞく, 内胡瓜南瓜甘藷や茄子, 内く治まり, 内の構造一番人, 内を起し, 内に挟んだ, 内に草, 内膜炎珍らしくは, 内であると, 内臟圖が描かれ, 内から潰解せん, 内自ら兵威を極, 内自ら解体せむとする政府, 内自分宛書留速達の分厚い, 内自宅の二階三室, 内自然不用心にもなる, 内至る所に, 内與助は年, 内舎人という者, 内航路とでもいふべき, 内船大工之者三四人有之其餘大工鍛冶心得候者有, 内良民ノ名, 内芝居茶屋舟宿柳橋兩國の盛り場, 内芸妓は四〇五, 内芸者の総, 内若くは親類, 内若干の生き残った, 内苦悶の発作, 内英仏伊日の四国, 内英国人は六, 内英学女工場と唱, 内菊太夫が娘, 内菊池用達組販売部という紫, 内華魁が上草履, 内萩原入から秩父, 内落ち色蒼白くありし, 内蒙でも興安嶺, 内蒸暑くして, 内蔵吉氏の考え, 内蔵相は拡げる, 内蝙蝠広河内, 内に人死, 内行くからねえ, 内衣兜に入れ, 内装備の通話用, 内裡歌合の八番右, 内裡歌合せは女房歌合せ, 内西村左馬允岡田大介岡半七等, 内見ごとに晴れた, 内見させろといったら, 内見ると今葉卷, 内見回りのため, 内親娘ですよ, 内親類へも行かう, 内言わねばならぬ, 内計らずも洩らした, 内を發, 内訴これありそうろう条, 内を拝, 内詩的なもの, 内に, 内を囁きつづけ, 内語みたいなもの, 内誠に世話に, 内説話は漸く, 内誰一人としてそれ, 内誰一人南満州鉄道の大, 内調べて見ましょう, 内談義が及び, 内も質問, 内は日に日に, 内警告の一条, 内譯人の名前, 内象牙の英語, 内貰うはずの, 内通寺の, 内貴方が御, 内貸間に行く, 内資本主義乃至資本家, 内賛成十四票賛成でもなく, 内赤いのは, 内越山翁に話術, 内の病毒, 内身辺の客観的, 内躬恒が歌, 内車砲十二門馬力百二百十噸というすばらしい, 内には千種, 内軍医や三輪, 内轟九蔵氏自室の場面, 内辰韓といふの, 内近村に久しく, 内迫りついに一種, 内追払おうかさりとて, 内退屈じゃ, 内通った山田から, 内通辞を通じてカピタン, 内はう, 内進駐の諸, 内進駐軍の一大将, 内遊歴の折修繕, 内遊覧の所望, 内運動場の一隅, 内過激思想にかぶれ, 内達之助の二人, 内遠い処に, 内適当な何処, 内邪視が利かなくなる, 内を出, 内部屋へ泊った, 内の世, 内醫者はどうして, 内金剛の山々, 内鉄道従業員組合ウチーク・そこが編輯所, 内鍾馗にしろ, 内が見える, 内開会の日, 内閣將に成らん, 内を昇り, 内魔, 内の民, 内附近に潜み, 内障子にガラス戸越し, 内隠しの底, 内雑木山がありまし, 内雑誌ですでに, 内離合呪印之文, 内離室の縁, 内電話のベル, 内電話機がある, 内静かである, 内静寂を破つ, 内音楽会劇場縁日随分見た, 内須留田山之西, 内預けぐらいにはされた, 内けてあげる, 内願之通勝手次第被仰, 内顧みてその, 内風呂場や臺所, 内食料は近隣, 内飾りがその, 内養いもせぬ, 内養子が戦争, 内養老の滝, 内首相退職組閣の大命, 内の鼻息, 内馬喰町四丁目淡島伊賀掾菅原秀慶謹製とあった, 内駕籠にて出入御免, 内驢ども発明自覚して, 内高利貸しの前, 内高等女学校に入学, 内鮮人ハ平等ノ權利ニ於テ其, 内麻井大七郎, 内黄ニシテ外赤シ故ニ紅黄草ト云紅黄草二種アル, 内黄白色ニシテ堅ク味甜ク美ナリ或ハ熱湯ニ, 内をヒクヒク, 内龍光院に御宿陣