青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「兄さん~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

優れた~ ~元 元~ 元年~ 元来~ ~元気 元気~ ~兄 兄~ ~兄さん
兄さん~
~兄弟 兄弟~ 兄貴~ ~充分 充分~ ~先 先~ ~先ず 先ず~ 先代~

「兄さん~」 4970, 51ppm, 2257位

▼ 兄さん~ (1009, 20.3%)

8 僕を 6 僕の 5 何を, 自分の, 黙って 4 そこに, 私が

3 [14件] いいました, いつでも, これを, その時, それを, どうした, どこに, 何うし, 何でも, 嫂さんを, 急に, 私の, 私を, 行って

2 [70件] ああいう, あなたを, あの女, あれだ, あれで, いったい嫂さん, いって, おだやかに, こう云う, ここで, ここに, すぐに, すっかり怒っ, そうな, そう言っ, その中, それだ, それに, そんなこと, そんなに僕, そんな事, だんだん落ちつい, ともかくお前, どうしました, どうだい, 不二雄さんと, 今どこに, 仰言った, 佐伯へ, 何の, 何処へ, 何歳に, 例の, 僕が, 僕などよりも, 僕よりも, 兄さんは, 口を, 呆れてるから, 四年生だ, 土間へ, 増俸の, 壁に, 変な, 大いに尊敬, 嬉しそう, 屹度熱海か, 帝大の, 帰って, 帳場の, 御自分, 悪党です, 死なれる間際, 死ぬかも, 死場所を, 牛を, 碁を, 私から, 私たちの, 私に, 笑いながら, 笑い出した, 笑って, 腹を, 自分で, 身持放埒で, 陸軍中尉で, 雹を, 非常に, 飛行機病と

1 [790件 抜粋] ああいけずだ, あたしを, あたし達が, あっさり言った, あっちへ, あなたと, あなたに, あなたより, あの人, あの夜時報, あまりの, あまりよい, あれが, あれを, あんないい, あんな妙ちきりん, あんまり考え過ぎる, いちいちこまかい, いったい何, いつか進には, いつもそば, いつもむつかしい, いつ帰る, いつ見, いましたか, いま隣室で, いやがりますのよ, いわれました, うまいでしょう, おそらくあなた方, おっしゃいませんでした, お二階, お前たち二人を, お前に, お前を, お医者, お嫁さん, お宝が, お父さんが, お父さんに, お貞さん, かごを, かまわずどしどし, きっとああいう, きっといい, きっとそれ, きのうから, きのうりんごの, ぐうぐう寝, けっして結婚, こういった, こう断言, ここへ, このこと, このごろずいぶん, このひと, この人, この頃, これで, これほど, こんな名, こんな所, さう, さっきあの, さっきから, さつきから, さらりと, しいの, しかしだめ, しきりに口笛, しばらく碁盤, じゃ弥之, すぐあれ, すぐちかくの, すぐ立ち上っ, すでにお父さん, すまして, ずるいわ, ずるい人, せんの, そういう, そう云う, そう返事, その三千ルーブル, その向う見ず, その女, その宵, その底, その時電車, その瞬間, その笛, その細君, その翌年, その誠, その重荷, その鐘, それから, それだけ嫂さん, それでもよく, それについて, それ以後まるで, そんなにあばれる, そんなに動いたら着せられ, そんな欲ばり, たいへんおどろきました, たしなめるよう, ただあなた, ただイコジ, ただ微笑, ただ機嫌, ただ自分, たちまち私, だまって, ちえっ, ちっとばかし, ちゃんと金五郎さん, ちょっと考え込んだ, ついこの間, ついにピストル, つと体, つまらないこと, つまるところ二つ, とっくに起き, とてもこわい, とてもフザケ, とても意地悪, とても頑張ります, とんで, どうお, どうし, どうしたでしょう, どうしていらっしゃるだろう, どうしてそう出, どうしてそんな, どうしても帰省, どうしてやっ, どうしよう, どうする, どうな, どうなすった, どうやらあなた, どこかの, どこへ, どんな友達, なぜまた, なぜ落第, なんとなくさびし, なんに, なんにも訳, なんの, にやにや笑い, のこのこ奥, のんきそうに, はたしてこう云い出しました, ひそかに, ひどく佐野喜, ひどく酔っぱらっ, ほとんど歯, ほんとに私, ぼくたちの, まじめに, まず演劇, また今日, また改めて, また杉野さん, また無言, また父, また足, まだお, まだ來, まだ帰らない, まだ廊下, まだ来ない, まだ知らない, まだ行かない, まったく気の毒, まるで自分, みんなの, みんな心得, もうかえってこられない, もうじき, もうどこ, もう之, もう出た, もう帝大, もう演奏, もう要らない, もう起き, もしかしたら, もっと実験, もっと正直, やさしい方, やっぱり何, やっぱり頭, やまがらに, ゆだ, よくねむれます, よっぽど馬鹿, わたしに, わたしの, わりに新, ウイスキーと, オレよりは, グウグウね, グラスの, ジャケツを, スメルジャコフの, ソッと, チョッピリ女史を, ニセモノな, ビールを, フョードル・パーヴロヴィッチの, ボルシェビキだった, メッカチメッカチと, ユメカワでしょう, レインコートも, 一と, 一日も, 一昨日から, 一瞬けげんな, 一言も, 一週間に, 上の, 下谷の, 不意に, 両方とも, 乞食に, 二三日うちきっ, 二人とも, 二十分ばかり, 二百圓の, 二階の, 云つてゐる, 云われた, 人間に, 今ちょい, 今にも山, 今まで, 今僕を, 今度支店長に, 今御勉強, 今日は, 今朝お立ちよ, 今講道館の, 以前懸賞の, 但馬守だ, 何と, 何とも, 何にも, 何処で, 何分にも, 何故こんな, 何故学校, 何時ごろに, 何時までも, 何時帰つて来る, 何時帰るだらう, 來年に, 俳諧とかに, 偉い, 偽り云うので, 僕に, 僕より, 優しくて, 元来正直, 兄さんだけの, 兄さんで, 先刻から, 先刻そういう, 兎も, 兵隊に, 内氣, 別かも, 別として, 力いっぱい働い, 勉強です, 勿論私, 北君そりゃ困る, 午後から, 単独で, 博士では, 危険だ, 又逃げ, 反対は, 叔父さんが, 口笛を, 可哀そうな, 可愛らしいでしょう, 向うへ, 君も, 命令でも, 喫驚された, 噴き出した, 固い一方, 変だ, 夏夫と, 夜も, 夜釣りに, 大テーブル, 大丈夫大丈夫と, 大學, 大層口惜し, 天誅に, 失踪直前の, 女と, 好きよ, 如何なさる, 妾に, 妾達に, 姉さんより, 始めの, 始終僕, 婿に, 嫂さんより, 嫌ひよ, 子供な, 子供を, 学問が, 学問も, 宗教家に, 室の, 家に, 寐たりや, 寝坊ね, 寝床に, 将校だ, 小野さんよりも, 少しその, 少しの, 少し意地, 少し酔った, 山羊の, 岡田さんを, 左様な, 市川兵五郎さんを, 帝大, 帰りがけに, 平気だ, 幸福に, 幾らか赤い, 底の, 弓にばかり, 弟が, 弟の, 役場へ, 後で仏蘭西, 御亭主, 御存じの, 徳山の, 徹底した, 必ず殺され, 怒って, 怒ってるん, 急所を, 怨んでは, 悪い病気, 愛嬌が, 戦死なすった, 手堅い一方, 手応の, 支度も, 放つて, 敵を, 斯う, 日本の, 旨いもの, 早晩宗教の, 昔と, 昨夕僕らが, 昨日から, 昼と, 時々普通, 時々雑誌, 時を, 暑い日盛, 曖昧な, 書物を, 最後まで, 最早解, 望み通りの, 朝から, 朝寢好きで, 未だ少しも, 未だ行かない, 本当に今, 本当に幸子さん, 本當, 来て, 来るかしら, 来月から, 東京に, 果報者よ, 案外それ, 正しいのよ, 正どん, 正直です, 歸らない, 死ぬまで, 残念そうな, 殺された, 毛織物か, 永久に, 汚らわしいと, 沼津で, 泣いて, 泣くの, 泳ぎが, 洪将軍や, 淋しいで, 淋しそう, 満洲, 溜息を, 無事です, 物識りだ, 物静かな, 犯人では, 独りぼっちで, 甘い, 甘んじて, 男だ, 疑いだした, 痩せた足, 目を, 目的も, 相変らず, 真剣の, 真面目です, 眠くなっ, 眠って, 眼から, 眼を, 矢張り, 知って, 知つとる, 知らなかったの, 知らぬ振り, 知りも, 知りゃしないん, 神でも, 私たちから, 稽古着の, 突然立ち上っ, 突然足下, 立川の, 笑った, 笛の, 答えられた, 策士だ, 結婚し, 絶対に, 義理堅いから, 聡明な, 脱走し, 自分が, 自分も, 自殺する, 航空兵だ, 良い方, 落ちついて, 藤尾さんの, 蝮の, 袷を, 褞袍を, 見たぞ, 見つけ次第に, 見掛けは, 親しい私, 言うが, 言って, 訳の, 語りました, 読んで, 誰に, 誰の, 警察でも, 變人よ, 豪い方, 負けて, 貴夫の, 赤い紙, 赤外線写真が, 軍人だ, 近来何を, 近頃どうだ, 遠慮深い, 遺品として, 銀時計も, 銭湯へ, 錢湯へ, 門の, 門口まで, 随分口, 隣室で, 震えて, 頭が, 顔は, 首を, 首肯いて, 鷄の, 黙つと

▼ 兄さん~ (854, 17.2%)

16 ところへ 12 ような 10 方が 9 ために 8 顔を 7 お友達, 方は 6 ように 5 やうに, 声が, 方へ, 馬鹿 4 お墓, 所へ, 方で, 蟹は, 話を, 頭を

3 [14件] お嫁さん, ことを, この言葉, 事を, 前で, 口から, 家に, 手に, 手を, 方を, 機嫌は, 死んだ時, 言うこと, 説に

2 [81件] いうこと, いう事, お言伝, お迎い, お部屋, ことだ, ことで, ことは, ことも, したこと, した事, すること, ためにも, ほうは, やうな, アア王は, イワンは, 三之助が, 三之助は, 与茂四郎, 事も, 事よ, 二郎が, 仇敵を, 会社の, 傍に, 前に, 劇詩は, 名は, 変った証拠, 妹です, 委託に, 姿を, 家で, 家は, 家へ, 寝て, 後に, 心を, 心持が, 心持を, 忌も, 怨みを, 恨みを, 意地悪, 所に, 所へも, 所為だ, 方の, 松吉が, 死は, 死んだ日, 気に, 為に, 生きて, 留守に, 眼から, 眼には, 知人と, 祐助さんが, 立場として, 細君が, 臨終に, 自殺を, 血で, 言うと, 言う事, 言葉を, 話が, 誤を, 説教でも, 説明を, 谷山二郎君だ, 足が, 身に, 遺言と, 遺言を, 部屋へ, 頭は, 顔に, 顔は

1 [531件 抜粋] あるもの, いいとこ, いうとおり私, いうよう, いう通り, いらっしゃるのに, いる店, いわゆる物, いわゆる生き甲斐, うちにも, おいでを, おうた, おかげだ, おかげで, おっしゃったよう, おっしゃる事, おっしゃる審問官, おっしゃる通り, おとなしい性質, お仕事, お使い, お供を, お便りの, お側ちかく, お側について, お友だち, お名前, お城, お宅, お家です, お家にか, お家の, お帰り, お描き, お気に, お気持, お留守, お相伴, お礼の, お給仕, お総菜, お腹は, お膳, お詫びが, お話と, お話は, お金じゃ, お雛様ぢやあない, お顔, かい, からだ, が一ばん好き, が始まった, くせに, げたを, こつたから, ことが, ことばには, ことよ, このうえ, この態度, この質問, こもって, ごく親しい, ごはんで, ごはんとは, ご決心, しかたは, しかめつら, して, じゃありません, すがた, すすめに, ためじゃ, ためだって, ためと, ためよ, だ, だから, とこへ, ところに, ところや, ところを, とそれから, なんな, は, はそれだけ, は他, は何かしら三味線, ばか, ほうが, ほうでしょう, ぼけは, まえに, まわすコマ, もとに, ものは, ようだ, ようには, わがままから, ゐない間, ゐる店, アアと, アア王と, アア王の, キチガイ, サアが, サア王の, シモンについて, ジユウルも, ジユウルや, タラスについて, ドタ靴と, ドタ靴ひどい, ドミトリイさんが, ドミトリイ・フョードロヴィッチに, ドミートリが, ハンカチが, ハンカチだった, バカ, プライドを, リューマチも, ルルに, ルルの, レヤチーズなどは, ロバートに, ワイシャツが, 一人ぎめによるのだった, 一挙一動を, 一身は, 一部分な, 三之助で, 下宿の, 下宿は, 下宿へ, 下宿まで, 世界中でた, 世話に, 世話を, 主人が, 乏しいサラリー, 乗って, 予期通りに, 事が, 事さえ, 事で, 事です, 事どんだけ, 事件つて, 事業を, 云うこと, 云うよう, 仇を, 仇敵らし, 仕事は, 代りに, 仮面の, 仲良しに, 何処に, 作り事さ, 使ったまま, 便りを, 保羅, 健ちゃんは, 健ちやんは, 傍を, 働きが, 働きで, 元気な, 入用の, 処に, 凧を, 出て, 出征を, 出征中は, 出立が, 分は, 切りきざまれた, 前です, 前では, 前へ, 創作に, 勉強という, 勤めは, 北原白秋の, 友達だ, 友達の, 反吐を, 反対なんか, 反省を, 口を, 口吻を, 口調だった, 召し上ったの, 名を, 名前なんか, 名誉に, 吸う煙草, 告別式が, 命の, 唇から, 嘘の, 困るの, 堕落として, 場合お, 声だ, 声を, 夏帽子が, 大きい男の子たち, 大学へ, 大川氏と, 大本教信者の, 太田玉茗という, 奥さんと, 奥さん子供と, 女房であった, 女房の, 好いて, 好きだった, 好きに, 好物や, 妹分に, 妻に, 姉さんな, 姿は, 媒口を, 嫁と, 嫁に, 嫁は, 嬰児の, 子ぢ, 子供なんかが, 宝物の, 室は, 家と, 家の, 家ニハきず, 家庭が, 家庭に, 家庭には, 寛大な, 寫眞がの, 将来について, 将来の, 小泉さんの, 居ない世界, 居所に, 山本松之助氏が, 帰りは, 帰るの, 帰る前, 帽が, 平生を, 年と, 幸福を, 庄作さんで, 店からは, 弓を, 役所の, 役目が, 後について, 後見人とでも, 御好み, 御對手, 御父さん, 御生活, 御用で, 徳ちゃんが, 心です, 心なら, 心の, 心事は, 心持ちを, 心持の, 心持は, 心持一つで, 心臓に, 心配を, 心配自体が, 忠三郎君の, 怒るの, 思い出を, 思う坪, 性質ぐらい, 怪我は, 恐ろしさ, 恥辱では, 悪口は, 惣兵衛ちやんは, 意味は, 意見じゃ, 意見で, 意見や, 愚劣な, 態度から, 態度が, 態度は, 所から, 所属し, 手の, 手もとを, 手帳かい, 手足と, 才子も, 打った球, 拉典語の, 持地所といふ, 指図に, 挙動には, 推定どおり秘書兼女中とでも, 推測としては, 教会なんかを, 教会には, 敵だって, 敵と, 敵は, 文學には, 文章の, 料簡は, 方からも, 方じゃ, 方だ, 方だって, 方だらう, 方だろう, 方ぢや, 方どう, 方へは, 方へも, 方も, 旨を, 春夫さんは, 時計を, 書くもの, 書斎へ, 月給なんぞに, 有一君が, 朝比奈は, 来なさるッ, 来るまで, 松吉と, 枕元で, 林助さんは, 柳原伯が, 桃太郎に, 極端に, 様に, 欲しいだけ, 正ちゃんの, 正体, 正太郎さんでございます, 此頃の, 死を, 気に入った所, 気むずかしい事, 気性としては, 気持に, 気組が, 気質の, 汽笛だって, 泳いで, 浅さん, 温厚な, 無事を, 特別の, 特色に, 特色を, 猿が, 現実の, 理解力に, 甚三さんは, 生命は, 田でしょう, 甲子太郎さんを, 申込みとは, 留守へ, 病気などで, 病氣を, 白地の, 百年の, 眉間にも, 眼なんか, 眼を, 着物を, 矛盾を, 知って, 知人に, 石投げ, 祐助君が, 祐助君に, 神さんと, 秘密だ, 秘密の, 秘密を, 稼ぎも, 竹中氏とが, 答は, 精神の, 紋十郎という, 結論としては, 給料の, 絶対という, 網に, 縁談とは, 縄で, 繩で, 繪が, 義理は, 羽衣とかの, 老審問官, 考えてるよう, 考えという, 考では, 耳に, 肚から, 肚の, 肩に, 胸に, 能力を, 腕を, 腹の虫にゃ, 自殺した, 自由観なんか, 若いお, 若旦那で, 苦しみを, 苦しむの, 苦痛が, 茂木氏から, 茶碗は, 茶碗を, 草刈りに, 荷物は, 血でない, 血では, 裕助君が, 覚悟を, 親友で, 解釈は, 言う苦しめる審問官, 言う通り, 言う通り今, 言ったよう, 言った事, 言ふ, 言われるよう, 言葉で, 言葉に, 言葉は, 言行にも, 計略を, 許婚であった, 詐が, 話に, 話ね, 話の, 話は, 語を, 説を, 調子にも, 謀反は, 講義は, 足もとに, 足音だけが, 身体から, 身体へ, 身体を, 身元には, 身長を, 近頃の, 透さんも, 道さんが, 道楽は, 道樂は, 邪魔に, 部屋が, 金時計だけは, 鉾先を, 間違ひでは, 関係で, 雪穴へ, 雪穴までは, 霊も, 頭が, 頭と, 頭には, 頭の, 頸を, 頼りに, 題目は, 顏を, 顔だけしか, 食事は, 食物なんか, 首つ, 體を, 高等学校時代の, 鳥は, 鶴が, 鼻の

▼ 兄さん~ (643, 12.9%)

11 いいました, 帰って 5 出て, 寒いでしょう 4 いて, 云います, 私の 3 生きて, 聞きました, 自分で, 訪ねて

2 [47件] あとを, あるなんて, お帰り, こんなにかわいい, そこへ, そっちの, とつぜん眼, また聞きました, みんな食べ, 云いました, 云ひました, 亡くならないで, 仕舞湯から, 他の, 体が, 何か, 入らつし, 匕首か, 叫びました, 吐くから, 大事に, 女の, 居て, 帰つて来ました, 忙しかった, 提灯を, 教えて, 来て, 死なれる直ぐ, 死んだから, 潔白と, 無事に, 畑から, 留守勝で, 私を, 答えました, 臆病な, 自分の, 自動車で, 藤尾さんを, 豆を, 責任を, 達者で, 遭難された, 鞄から, 髷節に, 魚を

1 [493件] ああおっしゃる, あった, あって, あっても, あつた, あつて, あてられるぜ, あなたを, あの雲, ありましたけれど, あるだけ, あんじよう言うて, あんなに受合っ, あんなに困っ, あんな風, あんまり小林さん, いい時計, いうよう, いくら何, いけないん, いけなかったん, いけません, いたずら盛りであっ, いって, いつかお金にも, いつかそう, いないと, いなかったら, いなかったら一晩中, いなかったら僕, いなくなったでしょうけれど, いなくなった後, いひ始めたが, いま家に, いま帰っ, いやそりゃ, いらっしゃいましてね, いらっしゃったらきょう, いらっしゃらないから, いらっしゃるまで, いらつし, いるかと, いるけれど, いるとか, いわれたので, うちの, うまくやつ, おこりや, おっしゃった試験, おっしゃるとおり十時半神宮外苑, おどしました, おなくなり, およこしなすった, お伺い, お前さんを, お前を, お困り, お寝み, お留守がち, お破り, かえ, かわりの, かんそくし, きつと, きらいです, こういう些細, こういう風変り, こういう風変わり, こう強い, ここに, ここの, ここへ, この一封, この判断, この前後, この手紙, この眠から, この紫石街, この間も, これまでに, こんだは, こんなこと, こんな姿, さう云, さきに, したの, しっかりし, しばらく見えない, ずいぶんひどく, せい子さんに, せきを, せんなら僕, そういう気, そういった, そうぞ, そう仰し, そう御, そう認める, その手紙, その鍵, そばへ, そりゃ御前, それじゃ, それほど興奮, それを, そんなじゃ, そんなぢ, そんなに気, そんな事, そんな厭, ちゃんと外交官, ちょっと眼, ついて, つづいて, つまらない心, どうかした, どうしました, どうせ貰うなら, どんな挙動, なかったなら, なくなったから, なくなったので, なぜその, なぜ人事上, なにか大, にこにこ笑い, はいれたさ, はっきり断った, はっきり説明, ばかに, びしびしと, ほんとうに, またあぶない, またはいっ, また何, まだ生き, もう大丈夫, もう少し強かっ, もしや御, もしや浮き上り, もどって, やって来た, やって来て, やりて, よくない, よく知り, よけいな, よっぽど困れ, わからないかい, わざとこうし, わざわざ催促, わたしを, わらいました, わるいん, ゐて, ゐるん, オソノちゃんの, オーイオーイと, ドタ靴は, ピストルで, モスクワへ, ラムを, リューマチという, 一ヶ月前まで, 一人いる, 一人お, 一人で, 一人居, 一生涯戦争を, 一番大事な, 一目でも, 万一, 三条あたりに, 下宿屋を, 不可解に, 中学校へ, 中村佳吉さんの, 丸ビルへ, 主張します, 久しく山, 乘る, 乱暴する, 二人づれで, 二人で, 二人と, 二十くらい, 云った, 云って, 云われるよう, 亡くしたよう, 人殺しを, 今から, 今に, 今夜一寸歸つていらつ, 今日ドミトリイを, 今生きてりゃ, 今迄, 仔鹿の, 休みの, 会いに, 何うし, 何とかで, 何とか云っ, 何とか云つて, 何と云う, 何を, 何んにも, 何度も, 余計お湯, 余計な, 來て, 來る, 便所に, 俺に, 借りに, 停車場まで, 傍から, 傍の, 兄さんらしくし, 其処に, 其手紙を, 冗談を, 凱旋し, 出世慾を, 出征した, 刃物を, 切符を, 切腹しなけりゃならない, 初めからの, 前後し, 劇詩を, 勉強し, 動かないので, 勧めるの, 危険を, 去年発明した, 又はひっ, 取って, 受合うん, 受合ったら好い, 叱りつけた, 同じ屋根, 向うで, 向うへ, 向ふ, 呼びに, 呼びました, 嗅ぐん, 四年前に, 困りますよ, 困るでせう, 固くって, 国, 圍ひなんかに, 地の, 売つてしま, 変った証拠, 変な, 外へ, 外務大臣で, 大きな声, 大分お前の, 大好きで, 大工さんだって, 大急ぎで, 大統領に, 大變心配, 奪って, 好い肉, 好きか, 好きで, 好きであった, 好きな, 妹に, 妹の, 妾達に, 威張つて, 嫁さんを, 嫌じゃ, 嫌らしい, 学問以外の, 学校へ, 家に, 家の, 家庭教師を, 容色望みで, 宿ってるん, 寒そう, 小屋を, 小言を, 小説を, 少しの, 少し風邪, 居そう, 居ないと, 帰ってから, 帰っても, 帰つたの, 帰つたら, 帰還された, 幼さ, 広田先生の, 庭の, 建てられたという, 引っぱられて, 弟を, 強情な, 当主と, 役所の, 彼女を, 待ち構えて, 待って, 後から, 御前に, 御着きなさっ, 御自分, 心持よく, 必要の, 応じません, 怒つたの, 怒られるわ, 思いつめた人, 思い出して, 思い切りが, 急に, 急所々, 急病で, 悪いん, 悪かった, 戰死さへ, 戻ったらほん大切, 手招きし, 手紙で, 承知な, 折ったの, 折角, 挨拶を, 掘った穴, 敗北する, 新音楽協会, 方丈さまの, 明るい面白い処, 昔, 昨夜その, 暗い石段, 暴れだしたところ, 書くと, 會社で, 朝比奈を, 期待した, 未来の, 本当の, 来たつて, 来たとき, 来たの, 来てるかと, 来ると, 東京へ, 東京駅へ, 板チョコを, 棒の, 機関車に, 次の, 欲しいと, 止めて, 正しいか, 此処に, 歸つて來さへ, 歸つて來た, 歸つて來たら聞い, 死んだこと, 死んだので, 死んだら自殺, 死んだ幸子さん, 死んだ時, 死んで, 死んでから, 死んでも, 殺された時, 殺された時刻, 殺されて, 殺されると, 殺ったん, 毎日日記を, 毎晩お, 毎晩そとへ, 気に, 気を, 汽車に, 洋杖を, 洗濯などまで, 海へ, 演劇に関する, 火箸を, 牢へ, 物理学校在学中である, 特別に, 犯人を, 玄関に, 生きたいと, 田舎から, 田舎の, 甲斐性なし, 留守なら, 留守中に, 疳癖玉を, 病氣で, 目を, 直しに, 真似を, 着物を, 知ってるでしょう, 知つたら, 知らないとき, 私と, 私に対して, 穴の, 突然後, 突然手, 立って, 笑いながら, 笑うとは, 笑って, 答えます, 答へ, 粥河よりも, 約束通りに, 納得の, 終戦後又, 結婚された, 絵の具代が, 繰り返すの, 義姉さんを, 考えこんでる時, 考え過ぎるから, 考へて, 聞いたら嘸, 聞きに, 聞く, 脳病で, 自動車を, 自宅へ, 自暴に, 舳に, 色々に, 若返った気持, 蚊を, 行かれたの, 行かんの, 行くん, 行ったらいい, 行ったらすぐ, 行ってから, 行方不明であれ, 行方不明に, 被入つ, 裸にな, 見たそう, 親の, 親切な, 言いそう, 言って, 訪問しませんでした, 誤って, 誤つて, 読んだら泣くだろう, 誰にも, 謀反の, 負けたとき, 貰わなければ, 貸して, 賛成しない, 違いますよ, 違うと, 違うん, 選んで, 重々無理だ, 金で, 金貨や, 鉄砲で, 銀座の, 鐘を, 長崎の, 隊へ, 雪姉ちゃんの, 静岡の, 頼むの, 顔を, 飛行機から, 養家先へ, 馬鹿に, 高等官に, 龍馬に

▼ 兄さん~ (379, 7.6%)

8 向って 4 なって 3 して, そんな事, 似て, 御目, 聞いて, 話して, 連れられて, 頼んで

2 [20件] けしかけられて, ちがいない, つれられて, めぐりあうこと, よろしく, 代って, 会いに, 会って, 会わして, 伴れ, 何か, 御馳走に, 捕まえて, 決闘を, 當る, 肖て, 迷惑は, 逢って, 関係は, 頼まれて

1 [303件] あげたお金, あげて, あげようと, あげると, あげるよ, あなたみたいな, あの嫁, あまり頼らず, あやまって, あわして, いいつけ口, いいました, いって, いひました, いろいろ注意, いわれて, うち明ける, うむと, おっしゃったよう, おっしゃって, おつ, おつかまり, おなり, お会い, お別れ, お刺身, お早うを, お目, お目にかかってな, お話し, お話した, お雛様を, お願, お願いし, お願いした, かえして, かかって, かくれて, かけました, かわって, きいたって, きょうの, くっつけるよう, こう云っ, ここで, こっそりお詫び, こんな問答, こんな手紙, ご相談, さう云つて, さへ, しかられて, したって, しちゃ, しっかりし, しっかりつかまる, しろ私, しんから, すすめられて, すっかりかつがれ, するよう, そう言っ, そっくりじゃ, そっくりだ, そんなお金, そんなこと, そ言っ, たきつけるの, たずねて, たのむか, たのむの, たのんで, だつて, だまされたよう, ついて, つかって, つがせたらいい, つがせて, とどけて, とびついて, なぐられても, なだめられる始末, なったん, ならないと, なるたけおいしい, なんか云つて, なんに, はね才能, まかしと, まるで石, めぐりあった, めぐりあわなければ, もう一旗, もし取り, やられた原因, やり込められて, よく似, よろしくって, よろしく云, わかりますか, わかるとき, わかるの, ギタを, タカルような, チョェン・ジョェが, チョッキを, マラルメの, 一つ話し, 一刻も, 万一の, 不親切に, 与えたいの, 云いました, 云おう云おうと, 云った, 云わしたらまた, 今度の, 代つて家, 会える, 会ったぜ, 会ひたい, 会ふために, 会わねえうち, 伺ったくらい, 伺ったん, 似たところ, 何もかも話し, 何やら大きな, 來た, 候如斯きもの幾年厭きし, 借りたさ, 僕を, 先に, 先生か, 分るもん, 判を, 占領され, 及ばないという, 取って, 召集令の, 可愛がられるだけ, 叱られた, 叱られたけれど, 合せる顔, 同じ話, 同居させ, 向いました, 向かって, 嘘を, 報告した, 報告する, 塗りつけこんど, 売りとばされたん, 多少非難, 大いに活動, 如才も, 宜敷く, 家は, 尋ねようと, 小遣を, 山田清といふ, 島田の, 差上げて, 差上げる世間並, 平らげられて, 引っぱられて, 強姦された, 当てつけて, 当るの, 当る人, 御挨拶, 御渡, 御用立てする, 御苦労, 御覧の, 御話したい, 心配させない, 忠告し, 忠實過ぎる, 悪いと, 悪いばかりじゃ, 悪るく, 惡いわ, 手を, 手伝って, 手向かいを, 手紙を, 打ち明けようもの, 打明けて, 抱かれて, 指一本ふれたら, 捨てられたの, 操を, 教えられたよう, 教へ, 文芸協会の, 早く詫, 昨晩あいました, 是非会いたい, 時々手紙, 来て, 武者振りつきたかった, 殺されやしないかと, 母親の, 毎月五十円だ, 毒だ, 気の毒だ, 気まずい思い, 気兼を, 沸流王といふ, 泣かされました, 済まないから, 渡して, 申しわけが, 申訳なく思う, 異存の, 目くばせ, 相続させれ, 相談した, 相談したい, 相談したつ, 相談したら, 相談の, 相談を, 看破され, 知らせた, 知らせたら大, 知らせに, 知らせること, 私の, 秘密だ, 突然こう云いかけます, 立て替えを, 笑はれ, 答えて, 約束が, 組みついた, 聞いたら可, 聞かれたなんて, 聞くん, 腹を, 至っては, 苦しい思い, 苦められた, 苦言を, 行き逢って, 褒めて, 見せつけて, 見せ相談, 見て, 見られるの, 親しい性質, 解って, 解らないとこ, 言わないで, 言われたより, 言われましたか, 言われやしませんでしたか, 訊いて, 訊ねたわよ, 話したい用, 話したの, 話したので, 話しました, 話を, 話掛けたり, 誓言し, 読んで, 談判し, 負けないつもり, 買つて貰つた指環でも, 買つて貰ひたい, 賛成した, 較べて, 近寄る機会, 返して, 追いついて, 逆らいたくは, 通じて, 通じようとは, 逢いたいもの, 逢いたくなって, 逢うこと, 逢うの, 逢う前, 逢えないと, 逢ったと, 逢ったら俺, 逢ふ, 逢わずに, 遇いさ, 門口まで, 隠した, 面喰わし, 音信を, 頼まないん, 頼まなくても, 頼みたいこと, 頼んでも, 飛びかかったん, 食べさせようと, 餘つ, 骨折って

▼ 兄さん~ (215, 4.3%)

3 僕も, 姉さんも, 私も

2 [12件] ある事, お前が, この頃, 下谷の, 余っ程, 姉ちゃんも, 忙が, 朝出, 来て, 私には, 見たの, 馬鹿に

1 [182件] あとで, いいかげんに, いつかひどい, いつしかやまがら, いつまでも, いよいよわたし, いよいよ大人, いらっしゃると, うすうす感づいてる, うなずいて, おいしいと, おいそがしい, おいでな, おもしろいこと, お元気, お前の, お姉さん, お母さんも, お父さんに, お父さんも, お腹を, お酒, かえってい, かえって来たし, きいたの, きっとよろこん, ここに, こしを, このごろは, このまま, このまま一生不幸, この節, この通り頭, この頭, こんどの, ご自分, さう言, さう附ききり, さすがに, しきりにあれ, すっかり人, ずいぶん変人, そういう方, そういっ, そうする, そうでしょ, そう思うなら, そう言っ, そう言った, そちらへ, その時分, その部類, それが, それで, そろそろ帰りたい, そんなにし, たしかにきょう, たしか知っ, だいぶんよくなりました, だつたの, つまりお釈迦様, どうし, どうぞそこ, どうぞその, どうぞ元気, どんなにか, なかなか大胆, なんだか奥歯, なんでも, のんきだ, のんきです, ばかな, べそを, ほかの, まあまあ待っ, またあなた方, また存在, また家じゅう, まだ, みんなが, みんなもう, もうお, もちろん, やっぱりあなた, やはり昨夜, やられた, よろこぶだろうよ, わざわざ御苦労さ, わたしも, タケノコやっ, 一しょに, 一緒に, 三部な, 不覚だった, 云つ, 互いにツンと, 今夜は, 休んだほう, 会社以外は, 何とか姉さん, 何処かで, 來れ, 僕と, 兄さんだ, 先月大学の, 其時分だ, 出京, 出征した, 勿体を, 参考には, 叔父も, 呆れかえって, 困つてるん, 大へん, 大学では, 大沢さんや, 好きな, 妹も, 学問を, 少々心細い, 帰って, 幸福でしょう, 幸福に, 弟も, 弱虫ね, 当惑し, 御両親, 御嫌い, 御心配, 御達者, 心よう納得し, 悪い点, 愈々発狂, 我を, 戦争に, 打っちゃっては, 探偵作家に, 改心した, 早くお, 早くその, 杉野さんを, 来たの, 来る筈, 死ぬ気, 洩らしたよう, 浜地さんなら, 淡泊に, 温室やってる, 犯人の, 狼の, 目を, 真剣に, 真面目に, 眼の, 碁石だけは, 私たちの, 穏健な, 笑いましたが, 笑いませんでした, 繁夫さんの, 老人と, 自分で, 興覚め, 舞踏会に, 芸術家に, 苦笑し, 行かないかしら, 言って, 話せるよう, 賛成し, 賛成だ, 賛成なすった, 近頃は, 那美さんも, 金でも, 阿父さん, 陽気が, 随分呑気, 隨分呑氣ね, 顔を, 馬鹿よ, 黙って

▼ 兄さん~ (207, 4.2%)

10 一緒に, 二人で 8 相談し 4 僕と 3 いっしょに, 一しょに, 同じよう, 呼んで, 私は

2 [14件] お嫂さん, 一処に, 一緒なら, 云ったの, 云ふ, 同じこと, 坊やを, 姉さんが, 姉さんに, 木島さんが, 言ふ, 言ふよ, 貴方と, 違って

1 [132件] あなたと, いえば, いくら議論, いっしょになど, いって, いわれて, うなずき合って, おんなじじゃ, お別れ, お呼びし, お父さんとが, お親, お親しい, くっ付いて, こうして差向い, こう問答, ここで, しきりに軍隊, したこと, それから, とてもつまらぬ, なんか, ねえさん毎日の, ふたりで, もうはっきり違った, よく神, よんで, 一緒だ, 七つに, 三人で, 並んで, 争って, 二人なら, 二人は, 二人昨夜は, 二階で, 云い姉さん, 云ううち, 云うの, 云って, 云われて, 仲が, 何かこそこそ, 何を, 僕が, 僕とは, 別れたり, 別れて, 別れなければ, 同じくらい, 同じだろう, 同じに, 同じ工場, 同じ着物, 同棲される, 呼ばれた主人, 呼ばれて, 呼び綾子, 呼ぶの, 呼べとの, 呼べる間柄, 喧嘩し, 喧嘩した, 喧嘩なんか, 坊やが, 声を, 姉さん, 姉さんとの, 姉さんの, 姉さんは, 嫂さんとは, 嫂さんを, 宗近, 寄ると, 川へ, 差向いで, 平三を, 店さきで, 引きかえて, 彼を, 御一緒, 心安くし, 心置きのう, 思えば, 思って, 思わないかい, 戦争を, 手紙で, 木島さんと, 来たらお話, 東京で, 染ちゃんと, 死骸を, 毎晩おそく, 汝の, 満蔵, 甲野さんと, 相対し, 睨んで, 砂浜の, 碁を, 私が, 私ぎりだから二人で, 私とは, 私の, 約束した, 結婚し, 結婚した, 義姉さんと, 荷物の, 蒲団を, 蓮華寺へ, 行くよう, 裕福な, 見知らぬ女, 親しくなっ, 解つ, 言うの, 言って, 言っても, 言ひ, 言ふんだ, 話して, 話してたん, 話すの, 認めて, 遊ばずに, 鈴岡さんが, 銀座へ, 間違へて, 附いて, 飛騨が

▼ 兄さん~ (183, 3.7%)

4 疑って 3 助けて, 愛して, 殺したの, 相手に

2 [15件] ニセモノと, 侮辱する, 促して, 信じて, 大事に, 尋ねて, 弄んだ婦人, 弄んで, 早う向う, 殺した犯人, 知らない, 知らないでしょう, 見た事, 見て, 連れて

1 [137件] あくまでも信じ, いじめるの, いやに, うらんで, おどかしに, お助けください, お呼びに, お庭, お斬りなさい, きっと幸福, ここへ, ことごとくこの, この苦痛, これで, さがして, さがしに, しかるの, そこへ, そっとし, そのままに, そんなに怒らない, ただの, だまして, つかまへて, とめて, どういう人, どうにかし, なくした諭吉, なだめるよう, はじめあなた方全部を, びっくりさせる, ぶっ斬っ, またもと, ドミトリイ・フョードロヴィッチを, ホンモノと, 一度呼ん, 上に, 下谷へ, 伴れ, 何んで, 信じたい, 信ずるだいじょうぶ, 信仰の, 傷つけた罪, 傷つけること, 兄さんの, 兄さんらしくできる, 写して, 切諌なさる, 助けると, 取りかへ, 呑み込んだ上, 呼ばうと, 呼んで, 好いて, 好い兄さん, 好かないん, 安心させる, 小馬鹿に, 底まで, 引きつけたのよ, 引っ張り出すに, 引張り出して, 引張り出すに, 当に, 心から恨めしく, 心得た私, 忠実に, 思いつめて, 思い留らせるよりも, 思索家と, 怨んだ, 恋して, 恋すなんて, 恋すること, 恐れるの, 恨んだわいなあ, 悩ました昨夕, 愛したこと, 憎く思いました, 打ったり, 打つなんて, 打なんて, 抱いて, 捜し出す必要, 探し出したやう, 撃ったとは, 撃ったピストル, 撲つたり, 救い出したいと, 旅行させる, 旅行に, 書きました, 東京へ, 楽しみに, 此の, 残して, 殴って, 殺した訳, 殺して, 殺しは, 消音装置の, 無理に, 理解し, 理解する, 産んだ人, 用いて, 眠らして, 眼の, 福, 私の, 私は, 窓から, 縛つて行つた, 置去りに, 胴締めに, 苦しめて, 行かせないで, 見かえして, 見すてないでしょうよ, 見たいだろう, 見た時, 見に, 見送って, 親愛する, 訪ねて, 訪ねるつていう, 誘いに, 誘い込みました, 説き伏せた, 説伏し, 誰が, 軽ん, 辱めるやう, 辱めるよう, 連れ込んだの, 驚かして

▼ 兄さんには~ (71, 1.4%)

3 なんでも 2 内所だ, 知らせたくない風

1 [64件] あたしが, あなたの, おかしく響く, おわかりでしょう, お前の, お友達, お気に, かえってお前, かなわないらしい, ここが, ことに顔, すぐその, その理窟, それを, ないしょだ, なおさら痛切, ほんとうの, また兄さん, もう御, もちろんお母さん, よいよう, よく呑み込め, よろしく, わからない, 何か, 僕から, 僕の, 冐險心が, 冒険心が, 凄い才能, 分らないん, 分りません, 分りゃしないよ, 匿し, 困つた, 大いなる疑問, 大沢という, 妾から, 始めから, 学校なんか, 学校の, 小鳩か, 少しも, 往生しやんした, 御気に入らないでしょう, 悪いけど, 殆ん, 殿様に, 済みません, 無論秘密, 甲でも, 私から, 縫って, 美術家としての, 自分の, 苦痛な, 草庵めいた, 見えないん, 見当が, 解ってる, 解らんでしょう, 遣らないの, 関係の, 黙って

▼ 兄さんから~ (69, 1.4%)

2 見れば

1 [67件] あれを, いい言葉, いわれて, おゆるし, お聞きなさい, お貞さん, お金を, かごを, きいたので, こうやっ, こう詰, こう論じかけられた, じっと見られ, すすめられた方, そのとき, その時, それを, た, たしなめられた, ですか, なって, なの, ひどく怒られ, まだゆるし, もらったもの, フロウレンスへ, マタイ六章の, 事件の, 云ったら一日, 云つたら, 仔細の, 伺いましたよ, 何か, 何と愛すべき, 何べ, 借りて, 借りられるし, 偽の, 兄さんの, 冷笑かされ, 反問された, 御言伝, 忠告を, 思いがけない宗教観, 愛想を, 戴いた金, 手紙が, 教わって, 断って, 暖かな, 猪が, 神さまを, 神を, 私は, 算術の, 聞いて, 聞かせられた, 聞かないだって, 葉書が, 行こう行こうって, 見ると, 詳しく説明, 貴方, 電報を, 預って, 頭を, 龍馬に

▼ 兄さん~ (50, 1.0%)

432 つて, もの, よ

1 [37件] からお前, からまた, から今度, から好い, から次郎, から顔形, かヒモ, か見分け, がね, こと, しさ, し私, ぞという見得で, つてあゝ, つてとても, つて冥土で, つて妾には, という事, とさつ, と云う, と云つて, と仰有る, と分る, と判断, と告げた, と思ったら, と無茶苦茶, と認める, な, なあ, のって, のであったろう, ものな, よあんな, よ何, ツて, 能く

▼ 兄さん~ (48, 1.0%)

6 姉さんの 4 御父さん 3 姉さんが, 私は 2 お前には, 姉さんに, 姉さんは, 姉さんを

1 [24件] お姉さん, お父さんが, お父さんたちが, お父さんなどの, お父さんも, そんなこと, 代書屋を, 僕の, 大沢さんにも, 妹は, 姉さんたちが, 姉さんたちは, 姉さんたちまで, 姉さんたちを, 姉さん達の, 姉さん達も, 姉さん達御, 嫂さんが, 嫂さんに, 弟たち殊に, 母さんと, 義姉さんは, 親御さんたちと, 銀さんから

▼ 兄さんたち~ (34, 0.7%)

2 だ, はお, はよく, は十一歳以下

1 [26件] からもそんなに, が釣り, さえ気, と一緒, なん, にその, に孝行, に憎まれ, のお, の仲直り, の所, の話, の連中, はこの, はそれ, はなかなか, はまだ, は憤る, は立派, は自分, まで時々, もその, もね, や弟, を救いだし, を置いてる

▼ 兄さんにも~ (33, 0.7%)

2 済まないが, 話して

1 [29件] あやまって, いちど逢いたい, お願いし, そういう親しい, そんな愚痴, たいてい見当, たれて, どうこの, どうぞ分け, よくよくつたえ, わるいし, 一つあげない, 会つて先々の, 告げないあなた, 宜しくいっ, 御亭主, 御茶, 御迷惑, 濟ま, 現在の, 相談しない, 相談しました, 聞かして, 自信が, 見せて, 話したの, 逢わしてやるから, 随分会, 随分会わない

▼ 兄さんだって~ (28, 0.6%)

2 一ツ蚊帳には

1 [26件] あのかや山, うっかりしてた, このごろは, こわがること, じゃ自分, そうおっしゃる, そう御, それを, ちっとも勉強, もう他人, もう少し都合, もう書生, やはりあなた, やはり千ルーブル, 下谷の, 今に, 何も, 冥土で, 大沢が, 妾には, 心の, 心持よく, 泣いてるじゃ, 知って, 社から, 鼻の

▼ 兄さん~ (27, 0.5%)

2 目に

1 [25件] きき届けに, なつかしゅうなど, ひとりの, めえ, 久さんは, 仕事の, 兄さん, 兄様の, 喜佐さんも, 姉さんと, 姉さん弟さん妹さんと, 宅です, 寄り, 待たせ申して, 志だ, 止しなさいな, 水を, 汁が, 濱さんも, 父様の, 酒が, 酒は, 願ひだから, 食べなさい, 香代さんと

▼ 兄さん~ (26, 0.5%)

2 でした

1 [24件] から言, が学校, が此, が無理, が結婚後二人連れ, といつ, とちがっ, と一緒, に話, のこと, のする, のため, のよう, の白衣, の連中, の部屋, はこの間, は引っ, もいっしょ, もいる, もくたびれたでしょう, も何処, も帰っ, も招

▼ 兄さん~ (23, 0.5%)

1 [23件] あつた, あの人, おとなしい人, お前の, くろうと好みの, げすよ, すらまるで, すら小さい, シナ人の, チー・リンボチェという, 伴大次郎じつ, 岡山から, 平岡大尽の, 戦死を, 早稻田, 末始終力, 本当なら, 本當, 来たて, 横の, 自分の, 通って, 鹿を

▼ 兄さんです~ (22, 0.4%)

8421 かときかれた, から, か弟, がその, って, つて, ものそうして, わ

▼ 兄さんとは~ (20, 0.4%)

3 兄さんが 2 一所に

1 [15件] いえ, けっして呼ばなかった, そののち, どの道衝突, まるで違っ, われの, 一方ならん, 中学校の, 似て, 反対で, 女学校に, 性分が, 此の, 私も, 遊ぶもん

▼ 兄さん~ (19, 0.4%)

2 はどうも

1 [17件] が奉公, が逃げた, これから三越, どうしたら, にまかせ, にも兄さん, に金色, のため, はあなた, はお父さん, はこれ, はとにかく, はね弱い優しいおとなしい, は承知, は死, は車掌, も

▼ 兄さんこの~ (16, 0.3%)

1 [16件] ひとつたら, 事については, 人形は, 字は, 手紙を, 暗号を, 残り餌を, 細い道, 通りだ, 道は, 金魚は, 針で, 間中は, 頃一生の, 頃何うしてる, 鳥は

▼ 兄さんもう~ (14, 0.3%)

2 ストライキは

1 [12件] いいじゃ, ご飯よ, よして, 九時だ, 仕舞はんで, 何処へも, 寝ようよ, 帰ろうよ, 日本へ, 浜さいくだ, 疑いが, 皆寢みませう

▼ 兄さん~ (14, 0.3%)

2 をそんなに

1 [12件] うして, かお, かこうハラハラ, か一つ, か御用, か拵え, して, にもお, のため, をし, を其様, を見

▼ 兄さん兄さん~ (14, 0.3%)

1 [14件] とお呼び, と云う, と呼ばれ, と呼ん, と平三, と彼, と汝, と見知らぬ, と言っ, はもう, は何処, は将校, は幸子さん, 居て

▼ 兄さんあなた~ (13, 0.3%)

1 [13件] がやれ, なぜあたし, には別に, の事業, の代り, の美し, はあの, は悪い, は昔, は私, もそう, 早くいっ, 早く行っ

▼ 兄さん夫婦~ (12, 0.2%)

1 [12件] がこの, がすっかり, が悪い, とお, と一緒, には事後承諾, に報告, の名前, の小, もいる, もひどく, を呼びたい

▼ 兄さんこれ~ (11, 0.2%)

2 なのよ 1 じゃサルコフ号, でも謀反, でわたし, は妹, は貴方, よりひどい, を読ん, を警視庁, 何だか分かる

▼ 兄さんという~ (11, 0.2%)

4 人が 1 お友だち, のが, のは, 人の, 人も, 勢力で, 烈しい煩悶家

▼ 兄さんぼく~ (11, 0.2%)

2 にやらし 1 が悪い, が悪かっ, だ, ですこの, に義務, はもう, は危険, は小さい, もつれ

▼ 兄さんじゃ~ (10, 0.2%)

2 ないか 1 ありませんか, ありませんよ, ない, ないかしらと, ないぜ, ないよ, もう一つ, 目鼻が

▼ 兄さんでも~ (10, 0.2%)

3 来て 1 あたしは, あんな死に, お前さんの, 一緒に, 半分宛わけ, 捕まれば, 話せるよ

▼ 兄さんどう~ (10, 0.2%)

2 なすったの 1 したの, したもん, したん, したんだい, しましたか, しよう, するの, でしょう

▼ 兄さん~ (10, 0.2%)

1 あ君, これからちょっと用事, ですわかりますか, に出し, はちょっと, はふと, は元気, は兄さん, は正々堂々, もつれ

▼ 兄さんなんか~ (9, 0.2%)

1 すばらしいもん, そんなえら, だめだ, とうてい叶わない, どうでも, 何んな, 国の, 気が, 相手に

▼ 兄さん~ (8, 0.2%)

1 いや飛んだ, おっ母さん, 何かの, 姉さんかが, 姉さんは, 弟の, 比田さんに, 誰かは

▼ 兄さんその~ (8, 0.2%)

1 ように, プッジングを, 兄さんを, 帯の, 暗号が, 林檎を, 竹は, 荷物は

▼ 兄さんちょっと~ (8, 0.2%)

2 待って 1 お嬢さんに, 御話, 手を, 来て, 私の, 電話を

▼ 兄さん~ (8, 0.2%)

2 んだ, んです 1 ことが, の, のだ, んでしょう

▼ 兄さん~ (8, 0.2%)

1 うれしいから, から飲んだ, のお話, の女, は御, まで君, まで通り, 帰りましたよ

▼ 兄さん今日~ (8, 0.2%)

2 は何 1 からご, はどう, は一働き, は御願, は本当に, は頭

▼ 兄さんあの~ (7, 0.1%)

1 ウロンスキー云う, 事は, 人から, 時から, 竹を, 調子で, 軍艦は

▼ 兄さんでは~ (7, 0.1%)

2 ない継子さん 1 ありますまい, ありません, ないの, なかった, なくやっぱり

▼ 兄さんに対して~ (7, 0.1%)

1 あたしが, して, 僕が, 僕の, 具合いの, 同情が, 密夫らしい

▼ 兄さんに対する~ (7, 0.1%)

2 僕の, 私の, 責任を 1 執着を

▼ 兄さんみたい~ (7, 0.1%)

1 なニヒリスト, な気, な良心的, に, にかしこい, に神経質, に立派

▼ 兄さんよりも~ (7, 0.1%)

2 大柄の 1 お父さんに, このノロマ, もっと悪者, 大きいの, 落ちついて

▼ 兄さんこそ~ (6, 0.1%)

1 そんなに金時, 淡泊でない, 狂信者じゃ, 私に, 違ったの, 酔って

▼ 兄さんそれ~ (6, 0.1%)

2 ばかりはどう 1 じゃ褒め, は余り, は誰, を知

▼ 兄さんだけの~ (6, 0.1%)

1 ことが, 中毒は, 事なら, 室じゃ, 考へも, 食べ物です

▼ 兄さんとの~ (6, 0.1%)

1 仲も, 約束なんて, 話が, 話の, 話を, 間だけの

▼ 兄さんにや~ (6, 0.1%)

2 解らねえ, 解らねえん 1 人の, 分らないで

▼ 兄さん姉さん~ (6, 0.1%)

3 の敵 1 になる, は, も草葉

▼ 兄さんあたし~ (5, 0.1%)

1 だって平和, ねヴァンクウヴァ, はこれ, は困った, 持って

▼ 兄さんえらい~ (5, 0.1%)

1 お待たせし, 大構え, 大雪だ, 済んま, 難儀な

▼ 兄さんお前~ (5, 0.1%)

1 が頼み, の頭, はまた, はまだ, は盗賊

▼ 兄さんここ~ (5, 0.1%)

1 に一つ大切, はお手伝いさん用, はもと, は無人島, 温かいよ

▼ 兄さんたら~ (5, 0.1%)

1 お家と, ないわ, 僕男だ, 探偵作家に, 自分が

▼ 兄さんだけ~ (5, 0.1%)

1 お茶一しょに, だ, ですッ, 先に, 心の

▼ 兄さんとこ~ (5, 0.1%)

1 じゃ工場, へでせう, へでも行つて, へ来, へ行こう

▼ 兄さんとして~ (5, 0.1%)

1 どういう考え, マアおかみさんが, 次郎君に, 温情と, 電気工学の

▼ 兄さんについて~ (5, 0.1%)

1 これは, 今まで, 今迄, 同じ経験, 過度の

▼ 兄さん早く~ (5, 0.1%)

1 いらつし, お逃げなさい, 召し上りませんと, 引張って, 蜜蜂見せ

▼ 兄さんあれ~ (4, 0.1%)

1 が鳥, でも顔, をおもらい, 見なれない潜水艦

▼ 兄さんいい~ (4, 0.1%)

1 の, ものを, 人が, 力だ

▼ 兄さんお前さん~ (4, 0.1%)

1 がこの, はこれから, はどっち, もし急ぎ

▼ 兄さんからも~ (4, 0.1%)

1 おねがいし, さう, そう云っ, 聞いて

▼ 兄さんそんな~ (4, 0.1%)

2 ことを 1 おかたい, こと鬼頭さんに

▼ 兄さん~ (4, 0.1%)

1 なにし, 呼ぶの, 奴が, 慾の

▼ 兄さんである~ (4, 0.1%)

1 という, と知った, 増田氏は, 林さんから

▼ 兄さんとも~ (4, 0.1%)

1 それで, よく御, よく相談, 相談し

▼ 兄さんなに~ (4, 0.1%)

1 が幸福, しに, をあなた, をいおう

▼ 兄さんなら~ (4, 0.1%)

1 お母さんの, ゆっくり話し, 下総に, 粋な

▼ 兄さんなんて~ (4, 0.1%)

1 いうん, ことを, 厄介な, 言つて貰ひ

▼ 兄さんまだ~ (4, 0.1%)

1 お疑い, それを, 寢て, 箪笥へ

▼ 兄さん貴方~ (4, 0.1%)

2 に少し 1 は死ん, ひと思い

▼ 兄さんあんまり~ (3, 0.1%)

2 憤らないで 1 だらしの

▼ 兄さんいつ~ (3, 0.1%)

1 までもうだつ, 時計を, 頃演らはりまん

▼ 兄さんいよいよ~ (3, 0.1%)

1 できあがったから, 最期です, 生き甲斐の

▼ 兄さんおっ~ (3, 0.1%)

1 ぱいにさわってはいけませんよ, 母さんが, 母さんは

▼ 兄さんからの~ (3, 0.1%)

2 言伝を 1 本も

▼ 兄さんこないだ~ (3, 0.1%)

1 のい, の晩, も此処

▼ 兄さんそう~ (3, 0.1%)

1 あなたが, しなくても, なりましたら私

▼ 兄さんだち~ (3, 0.1%)

1 がこれ, になりかわっ, も何

▼ 兄さん~ (3, 0.1%)

1 やあ, やねえか, や目鼻

▼ 兄さんとか~ (3, 0.1%)

1 何とかどうにも聞い, 直樹兄さんとか, 言った

▼ 兄さんどこ~ (3, 0.1%)

1 い行ってたの, へいっ, へ行った

▼ 兄さんなんぞは~ (3, 0.1%)

1 またどうして, 學資は, 高山第

▼ 兄さんにだけは~ (3, 0.1%)

1 このこと, もう少し気, 相談し

▼ 兄さんにゃ~ (3, 0.1%)

1 こんな話, わからない, わかりゃしねえだろう

▼ 兄さんはね~ (3, 0.1%)

1 この冬, 純ちやん, 藤尾さんを

▼ 兄さんばかり~ (3, 0.1%)

1 だよ, でありません, 釣りに

▼ 兄さんよく~ (3, 0.1%)

1 お出かけでした, 光るね, 無事でながらえ

▼ 兄さんより~ (3, 0.1%)

1 偉いという, 先に, 普通一般に

▼ 兄さんらしい~ (3, 0.1%)

1 ぞ, ところを, 人と

▼ 兄さんわたし~ (3, 0.1%)

1 が傘, はあなた, はお前

▼ 兄さん一人~ (3, 0.1%)

1 だけを決して, で来た, の頭

▼ 兄さん~ (3, 0.1%)

1 の一生, を探す, を殺した

▼ 兄さん堪忍~ (3, 0.1%)

2 して 1 してね

▼ 兄さん少し~ (3, 0.1%)

2 御話 1 悠りさせ

▼ 兄さん~ (3, 0.1%)

1 をしっかり, をつけなき, を注

▼ 兄さん~ (3, 0.1%)

1 が船室, は, へはいる

▼ 兄さん自分~ (3, 0.1%)

1 から好ん, で縫つて, の事

▼ 兄さん自身~ (3, 0.1%)

1 がそう, ですわ, にとっても悲しい

▼ 兄さん~ (3, 0.1%)

1 の次郎なぞ, をし, を洗う

▼ 兄さんあたい~ (2, 0.0%)

1 にはまだ, はいや

▼ 兄さんいけない~ (2, 0.0%)

1 っていえる, と思う

▼ 兄さんいっ~ (2, 0.0%)

1 ちゃいけない, てらっしゃい

▼ 兄さんいったい~ (2, 0.0%)

1 それは, 肝ぐらい

▼ 兄さんうち~ (2, 0.0%)

1 でも言ってる, のいそがし

▼ 兄さんお願い~ (2, 0.0%)

1 じゃからよ, です

▼ 兄さんかと~ (2, 0.0%)

1 少し意外, 驚いた

▼ 兄さんかも~ (2, 0.0%)

2 知れなくってよ

▼ 兄さんがね~ (2, 0.0%)

1 こんど台湾へ, どうしてももうあたし

▼ 兄さんこりゃ~ (2, 0.0%)

1 とても一時間, もう済んだ

▼ 兄さんこれから~ (2, 0.0%)

1 だよ, 温泉へ

▼ 兄さんさあ~ (2, 0.0%)

1 おでんを, 甘酒を

▼ 兄さんしばらく~ (2, 0.0%)

1 でございます, 待って

▼ 兄さんすぐ~ (2, 0.0%)

1 にもこの, 自動車を

▼ 兄さんそっち~ (2, 0.0%)

1 い行って, の児

▼ 兄さん~ (2, 0.0%)

1 うとう, 大変ッ

▼ 兄さんだけが~ (2, 0.0%)

1 後方に, 着物を

▼ 兄さんだけで~ (2, 0.0%)

1 他は, 沢山だつたわ

▼ 兄さんだけを~ (2, 0.0%)

1 特別扱いに, 真実愛し

▼ 兄さんだった~ (2, 0.0%)

1 が死に, ね

▼ 兄さんだろう~ (2, 0.0%)

1 と今, な

▼ 兄さんちと~ (2, 0.0%)

1 ご運動, 頭を

▼ 兄さんちよ~ (2, 0.0%)

1 つと待つ, つと来

▼ 兄さんといふ~ (2, 0.0%)

1 嬌声, 小さな必死

▼ 兄さんとお~ (2, 0.0%)

2 よびするのもへんですわね

▼ 兄さんとしては~ (2, 0.0%)

1 可能を, 当然そう見られる

▼ 兄さんとを~ (2, 0.0%)

1 持ちながら, 早くたすけ

▼ 兄さんどうぞ~ (2, 0.0%)

1 弟の, 私の

▼ 兄さんなぜ~ (2, 0.0%)

1 あたいの, もつと

▼ 兄さんなど~ (2, 0.0%)

1 あんな立派, 大勢改札口の

▼ 兄さんなる~ (2, 0.0%)

1 人物に, 男も

▼ 兄さんにか~ (2, 0.0%)

1 かつてはじめて, 弟かに

▼ 兄さんにでも~ (2, 0.0%)

2 来て

▼ 兄さんにね~ (2, 0.0%)

1 いつだった, 言いたい事

▼ 兄さんはな~ (2, 0.0%)

1 こう見えた, 日本中を

▼ 兄さんはやく~ (2, 0.0%)

1 あの品物, 出ましょうよ

▼ 兄さん~ (2, 0.0%)

1 万年筆を, 電報を

▼ 兄さんほんとに~ (2, 0.0%)

1 お氣, 何か

▼ 兄さんまた~ (2, 0.0%)

1 お出でよ, 戦争でも

▼ 兄さんまで~ (2, 0.0%)

1 ひきや, 僕と

▼ 兄さんまでが~ (2, 0.0%)

1 いったので, 殿様に

▼ 兄さんみた~ (2, 0.0%)

1 ような, ように

▼ 兄さんもし~ (2, 0.0%)

1 お金にでも, 堀の

▼ 兄さんゆうべ~ (2, 0.0%)

1 の末広町, は遅

▼ 兄さん~ (2, 0.0%)

1 ござんすか, でもその

▼ 兄さんよりは~ (2, 0.0%)

1 まだましでした, 多いだらう

▼ 兄さんわざと~ (2, 0.0%)

2 大きく吐いてる

▼ 兄さん久三郎さん~ (2, 0.0%)

2 があまり

▼ 兄さん二人~ (2, 0.0%)

1 が叱られ, と

▼ 兄さん以上~ (2, 0.0%)

1 に不幸, の知己

▼ 兄さん~ (2, 0.0%)

1 に見えた, の男の子

▼ 兄さん佐伯~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ 兄さん何処~ (2, 0.0%)

1 かへ行ら, なの

▼ 兄さん~ (2, 0.0%)

1 のいない, の留守中

▼ 兄さん午後~ (2, 0.0%)

1 からお, から釣り

▼ 兄さん~ (2, 0.0%)

1 で云う, を利い

▼ 兄さん実は~ (2, 0.0%)

2 二三日中に

▼ 兄さん寂しい~ (2, 0.0%)

1 でせう, のよ

▼ 兄さん寄つて~ (2, 0.0%)

1 いらつし, よ上つて一杯

▼ 兄さん尾道~ (2, 0.0%)

1 の家, の私

▼ 兄さん後生~ (2, 0.0%)

2 だから

▼ 兄さん御免~ (2, 0.0%)

1 なさいと, よ兄さん

▼ 兄さん忘れなさん~ (2, 0.0%)

1 なよとおら, なよ今夜

▼ 兄さん思い~ (2, 0.0%)

1 のお, の様子

▼ 兄さん悪い~ (2, 0.0%)

1 ことを, じゃありません

▼ 兄さん昨日~ (2, 0.0%)

1 の額, も日

▼ 兄さん~ (2, 0.0%)

1 て, てよ

▼ 兄さん此方~ (2, 0.0%)

1 へお, へお出で

▼ 兄さん行っ~ (2, 0.0%)

1 てきます, てくる

▼ 兄さん見た~ (2, 0.0%)

1 ように, 樣に

▼ 兄さん金魚~ (2, 0.0%)

1 は弱い, 売りですよ

▼1* [388件]

兄さんああ肩に, 兄さんあたい着物なんかいらない, 兄さんあたしここに持っ, 兄さんあたしこれで胸, 兄さんあたしたちはいったいどう, 兄さんあたし学校やめて, 兄さんあと一刻経たないうち, 兄さんあと一刻經たない, 兄さんあなた何をおっしゃる, 兄さんあにをするだ, 兄さんあれ本当の人間, 兄さんあわてている, 兄さんあんたも, 兄さんあんたはんももう, 兄さんいくら兄弟の, 兄さんいつかの薬, 兄さんいま原っぱに建てかけ, 兄さんうぐいすをとっ, 兄さんうまいわねと言, 兄さんおい兄さん, 兄さんおいらがきっと, 兄さんおばあさんの名, 兄さんおまえ御苦労だが, 兄さんお前さん何をごらん, 兄さんお前さん旅をし, 兄さんお祈りしたこと, 兄さんお腹減つたべ, 兄さんお話しなさいよ, 兄さんかてなんにも聞い, 兄さんかなやしない, 兄さんかぶれでぬたくった, 兄さんからは帰るの, 兄さんがといっても, 兄さんがはひつて, 兄さんきかなくって, 兄さんきっとそう, 兄さんきっとそうでございますよ, 兄さんきり兄弟はない, 兄さんこいを買っ, 兄さんこう暑くては, 兄さんこういうわけだ, 兄さんこそは本当に自分, 兄さんこっちの方, 兄さんこと暇さえあれ, 兄さんこのごろのあなた, 兄さんこれからすぐ警視庁へ, 兄さんうすればい, 兄さんさう初めから, 兄さんさえよけれや, 兄さんさぞかし今ごろは, 兄さんさっそく顕微鏡の, 兄さんしか知って, 兄さんしだいです, 兄さんしっかりして, 兄さんやない, 兄さんじつはお別れ, 兄さんすこし待って, 兄さんすごいですね, 兄さんすまないがこれから, 兄さんすまねえがおれ, 兄さんすんでのこと, 兄さんずいぶん魚が, 兄さんせがれなどと呼ばれた, 兄さんぜひ一度おい, 兄さんないくよ, 兄さんそりや違, 兄さんそれだけじや, 兄さんそれっきりなの, 兄さんそろそろまた外国行き, 兄さんそんなに疳を, 兄さんそーら中をご覧, 兄さんたいへんなこと, 兄さんただいま帰りました, 兄さんたち五人のお, 兄さんたまにはリュックサック, 兄さんだから僕は, 兄さんだけじゃないあんな, 兄さんだけに上げるという, 兄さんだってもやはりほか, 兄さんだの姉さんだの, 兄さんちつとも覚え, 兄さんちょうどあのお父さん, 兄さんちよいと, 兄さんつてば, 兄さんつてばね威張つてしやう, 兄さんていうひとは, 兄さんであった貴方と, 兄さんでしたからだから, 兄さんでしょうか, 兄さんでないことは, 兄さんでなくって誰, 兄さんでなけれやどう, 兄さんでねえか, 兄さんといずくへかこの, 兄さんとかいう人に, 兄さんとがやって来て, 兄さんときたら天性の, 兄さんとけつかったな, 兄さんところへ行つて, 兄さんとこ慎市ちゃん試験どうしやした, 兄さんとさえ云って, 兄さんとしか云へ, 兄さんとしての津田には, 兄さんとで手を, 兄さんとでも思うの, 兄さんとやらはお上の, 兄さんとんでもない, 兄さんと共に葛城家へ, 兄さんどうかこれで, 兄さんどうも今迄は, 兄さんどっかへ持っ, 兄さんどのような, 兄さんなどと名乘, 兄さんなどに比べれば, 兄さんなどもいるので, 兄さんなにか話を, 兄さんなりに何か, 兄さんなんかとつても, 兄さんなんかに負けないわよ, 兄さんなんぞについて行つたら, 兄さんなんぞのお手, 兄さんなんとこの自分, 兄さんにあたる郷里の, 兄さんにからかはれるん, 兄さんにさえ御金, 兄さんにだけ危険を, 兄さんにだって分りっ子ない, 兄さんにばっか学問を, 兄さんに対してだけは妙に, 兄さんに対しても嫂さんに対しても, 兄さんもう一遍, 兄さんねえさんを呼ん, 兄さんのってどれ, 兄さんはじめてだと, 兄さんはずゐ分お父さん, 兄さんはネお母さん, 兄さんばかりじゃないわ, 兄さんひとつ頂戴よ, 兄さんひとりプールへ入っ, 兄さんひとり下谷の家, 兄さんひどく元気が, 兄さんふながあんなに, 兄さんぶりでそれに, 兄さんへでも相談し, 兄さんへの大切な, 兄さんへは家で, 兄さんほかの事, 兄さんほどの文科的才能が, 兄さんほんたうに不自由, 兄さんほんとうに楽し, 兄さんまずこの先生, 兄さんまでもしょせん無事, 兄さんもっと真っ直ぐ, 兄さんやったらそんな考, 兄さんやっとお燗, 兄さんやっぱり僕の, 兄さんよして, 兄さんよりや私にや, 兄さんらしく成つたと, 兄さんらしくして下さらなくっ, 兄さんらしくしたかったのです, 兄さんらしくできる機会が, 兄さんらしくないからです, 兄さんらしく撮れた泉太の, 兄さんこれな, 兄さんわたしゃくやしいと, 兄さんをと言う人たち, 兄さんを通してわが国の, 兄さんアア王とサア王, 兄さんエコリャどうなさりました, 兄さんキャラコさんにそう, 兄さんズボンを寝押し, 兄さんダメだわ, 兄さんチーズ食べない, 兄さん行っちゃ, 兄さんツルゲネーフの散文詩集, 兄さんテンピといっ, 兄さんドミトリイ・フョードロヴィッチの赤裸々, 兄さんネクタイをほどい, 兄さんハ島の真, 兄さんパイレートの絵, 兄さんベッドの上, 兄さんマグロアールの言ってる, 兄さんマッチある, 兄さんマル公の値段, 兄さん一つ困ること, 兄さん一人参加を拒んでる, 兄さん上手に乗れる, 兄さんの奥さん, 兄さん下総の筵芝居, 兄さんは汚, 兄さん久し振りだねえ, 兄さん二人姉さん一人みんなちりぢりに, 兄さん二階へいらつ, 兄さん京都の姉, 兄さん今回の事件, 兄さん今夜はお家, 兄さん今度の旅行, 兄さん今時の女, 兄さん今晩は早く, 兄さん今朝もまた, 兄さん仔細はない, 兄さんのもの, 兄さん以外に好いてる, 兄さん仮名をトン, 兄さん佐野さんていったい, 兄さん何だか鳥越の, 兄さん何んだか, 兄さん何様事があった, 兄さん俊太郎さんの船, 兄さん僕らも木村さん, 兄さん僕五人で日比谷, 兄さん兄さまお兄さん, 兄さん兄さん口を利い, 兄さん兄さん真実に考え直し, 兄さん兄様ただ一言謀反, 兄さんに寝, 兄さん先日もそう, 兄さん六時の汽車, 兄さん写真機は持つ, 兄さんであろうのに, 兄さん分かってるはずじゃ, 兄さん到頭やったん, 兄さんから気がつい, 兄さん医者まで行く, 兄さん取っといて下さい, 兄さん口惜しいみんなも, 兄さん上るなら麦酒, 兄さん可哀そうに今度, 兄さん同郷つてわけね, 兄さんふの, 兄さん告別式のとき玄関, 兄さん団子を買った, 兄さん困つたことに, 兄さんで飲ん, 兄さん多津姉さん愛人ができた, 兄さん賛成だ, 兄さん大分廻つてる苦し, 兄さん大嫌ひだ大嫌, 兄さん大層まア年, 兄さん大急ぎだ, 兄さん大抵初めの, 兄さん天下到る所, 兄さん天勝の奇術, 兄さん失敬なこと, 兄さんは兄, 兄さん姉さまの追善供養, 兄さん姉さんたちに甘やかされ, 兄さん姉さん処へ行つて, 兄さんですよ, 兄さん子供たちは, 兄さん孝行ですこと, 兄さんを言, 兄さん寝てるからと言, 兄さん小さい兄さんが, 兄さん小山さん御夫婦, 兄さんてあげませう, 兄さん居たら返事を, 兄さん山脇の姉さん, 兄さん川上糸子が果たして, 兄さん左様なら, 兄さん幸子さんはただ, 兄さん海さんの, 兄さん庄原と言ったら, 兄さんに居, 兄さん庵室つてこんなに何, 兄さんという, 兄さん彼女の方, 兄さん彼等にも亦, 兄さん待ちこがれていた, 兄さん後家の後見, 兄さん堪忍ね, 兄さん御存じないの, 兄さん御存知でせう, 兄さん御機嫌はどう, 兄さん御苦労だが, 兄さん御苦労さまあのね, 兄さん御酒をつけます, 兄さん御飯でせう, 兄さん御馳走を用意, 兄さん怒っちゃいけ, 兄さん怒ってるの, 兄さん怒つたんです, 兄さん怒るな, 兄さん恍けとるのね, 兄さんよくあった, 兄さん振って僕, 兄さん探偵鞄を出し, 兄さん敷かないの, 兄さん新宿のマメちゃん, 兄さん早くいい先生の, 兄さん最う帰りませう, 兄さん未だお土産, 兄さん當の, 兄さん本当だね, 兄さん本当に心配かけた, 兄さん東北でしょうと, 兄さんが云った, 兄さん棕櫚の花, 兄さん極道極道と頭ごなし, 兄さん構わないじゃありません, 兄さん正己も当分, 兄さん正義のため, 兄さん此処は潮, 兄さん此間中は何だか, 兄さんにはせん, 兄さん毎晩おそく帰ります, 兄さん毒虫に螫, 兄さん気候が寒い, 兄さん気取りで子守役, 兄さん気晴らしに一遍遊び, 兄さん氣分は惡, 兄さん泊めてね, 兄さん泣いてなんぞいない, 兄さんぼたるという, 兄さん清さんにお, 兄さん済まないけれどもネお前, 兄さんみませんお呼び立て, 兄さん濡れたって詰らねえ, 兄さん火事だよ, 兄さんぼたるなん, 兄さん用心棒みたいな兄さん, 兄さん用意ができた, 兄さん田地買戻すんぢ, 兄さん田舎の警察, 兄さんを下げた, 兄さんを上げ, 兄さん病人があつ, 兄さん病氣をした, 兄さん痛くはない, 兄さん白くなつたら困るだらう, 兄さんが出, 兄さん相合傘とやりましょう, 兄さん真実に考え直し, 兄さんがさめ, 兄さん矢張り來て下す, 兄さんつとるの, 兄さん知らないよ, 兄さん石川さんが, 兄さん私兄さんのお, 兄さん私悪かつた, 兄さん空中戦が始まる, 兄さん立派でしょ, 兄さんふんだもん, 兄さんを可愛がっ, 兄さん終戦後の兄さん, 兄さん組合の委員, 兄さん縁起のわるい, 兄さん縫つてお呉れ, 兄さん聞いてらっした, 兄さん背骨がかゆう, 兄さんく入ら, 兄さん自動車を呼ん, 兄さん藤の木ばかり気, 兄さん血痕の検査, 兄さん行きませうよ, 兄さん行つて寝よう, 兄さん被入しゃい, 兄さん見たいに訳, 兄さん親孝行のため, 兄さん親方さんじゃない, 兄さん角右衞門様という人, 兄さん証拠のこれ, 兄さん豊さんは賢い, 兄さん身投げですよ, 兄さん送つて下さい, 兄さんひ度, 兄さん道中は無, 兄さん遠くまでいらっしゃる, 兄さん醫者迄行く, 兄さん開けてよ, 兄さん降りるまでもない, 兄さん雨乞踊りがあります, 兄さん電話ですつて, 兄さん電車に乗りはりますやろ, 兄さん青年ということ, 兄さん青木さんをつれ, 兄さん面白い話が, 兄さん顕治さんということ, 兄さん飲まないほうが, 兄さん飲もうよって言い, 兄さん養子の口, 兄さんっ吊りするって, 兄さん首尾よく捕まえ, 兄さん馬鹿ね, 兄さん駄目よ早く, 兄さんの御馳走, 兄さんのおじさん