青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「使っ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~作者 作者~ 併~ ~使 使~ ~使い 使い~ ~使う 使う~ ~使っ
使っ~
~使った 使った~ 使命~ ~使用 使用~ ~使者 使者~ ~來 來~ ~例

「使っ~」 3923, 38ppm, 3073位

▼ 使っ~ (3589, 91.5%)

130 いる 121 いるの 105 いた 39 いたの 32 いると 27 いるが 25 いるよう 22 下さい 21 いたが, いて 20 ある 19 いるん 18 しまって 16 います, くれと 14 いるから, いること, いるので 13 いたので, いない, しまった 12 いるところ, いる人, やって 11 いるという, いるもの 10 みて 9 あった, あるが, いたもの, いました, いる言葉, みると 8 いたこと, いるわけ, しまうの, それを, みた 7 あって, いたという, いても, いるうち, いるらしい, みても, 自分の, 見せて 6 あるの, いたと, いたよう, いなかった, いますが, いるか, しまえば, しまったの, 下さいと 5 いましたが, 居ります, 居る, 居るの, 私は, 見て

4 [20件] いたから, いたし, いたそう, いたって, いたん, いた女中, いるかと, いるし, いるのに, いる者, ください, くれという, くれる人, これを, みたり, もらいたいと, やること, やろう, よいか, 何か

3 [45件] あるから, いたわけ, いないの, いるのよ, いるばかり, いるよ, いる事, いる人たち, いる女, いる男, いる部屋, おいて, おいでに, おくん, おらぬ, おりました, おります, くれて, しまうから, しまうと, しまったが, しまったん, しまっては, みせたの, みたいと, みたいの, みたが, みること, もっと楽, やっても, やるの, やれば, やろうという, 下さいな, 人を, 住んで, 居ると, 彼を, 敵を, 暮して, 東京へ, 物を, 生きて, 見ようという, 見事に

2 [144件] あったが, あったり, あべこべに, ありましたので, ありますが, ありますね, あること, あるところ, あるので, ある字, い, いいか, いいと, いい金, いたあの, いたため, いたところ, いたらしい, いた二階, いた人, いた大きな, いた婆, いた手燭, いた書物机, いた村, いた物, いた男, いた若い, いた言葉, いた部屋, いては, いないん, いなかったが, いらしたの, いるそう, いるだけの, いるとの, いるに, いる人々, いる人形, いる処, いる姿, いる子供, いる家, いる工業, いる所, いる音, いれば, いろいろの, おくの, おって, おりますが, くださいませんか, くれた, くれたの, くれるよう, こわれるか, しまいました, しまうもの, しまうん, しまえと, しまったという, すまして, するに, そいつを, その上, どこかを, なにを, みせた, みせました, みたこと, みたの, みたん, みましたが, みよう, みようと, もらうわけ, もらうん, もらった, やった, やったり, やらう, やる, やるから, やるつもり, やるん, やる仕事, やる遊技, やれ, ゐる, 下さいまし, 下さいませんか, 下さって, 下せえ, 丹念に, 事を, 事物を, 二つの, 今に, 仕事を, 使って, 俺を, 僕を, 出て, 口上を, 呉れと, 呉れる人, 哲学の, 奔走した, 実物の, 居たこと, 居るので, 巧みに, 差支ない, 手続を, 描いて, 明石郡新保村の, 暮らして, 本を, 本当の, 来たが, 用が, 田を, 立派な, 立派に, 米ばかり, 葉子を, 見せる, 見た, 見ると, 言えば, 言った, 説明し, 調べて, 貰うと, 貰えれば, 貴女の, 追い返した, 通信を, 雛形を, 電話を, 静かに, 飛んで, 鳥を

1 [2071件 抜粋] ああいう, あげるから, あったと, あなたは, ありしかも, あります, あるいは法律, あるでは, あるもの, あるんで, ある古い, ある熱, あれは, あんまりこまっ, いいわけ, いくらか特色, いたいわ, いたずらを, いただきたいと, いただけようもの, いたとき, いたらしいもうすっかり, いたアルカザール, いたディラトメーター, いたモデル女, いた与力, いた仙太郎, いた出入り, いた古典的, いた壁, いた太刀, いた実際, いた少年, いた彼ら, いた敷布類, いた時分, いた机, いた民族, いた特大皿, いた番頭, いた神, いた糸車, いた若者, いた西洋家具, いた道具, いた鉛筆, いた離れ座敷, いた馬, いっしょに, いないうえ, いないボデイ・ライン, いない小屋, いない離れ, いまして, いますがね, いますよ, いませんでしょう, いやがら, いようとは, いらっしゃいました, いらっしゃるよう, いられちゃ, いられるもの, いるお, いるくせ, いるさま, いるだけに, いるでは, いるとばかり, いるには, いるほど, いるやつ, いるらしく押入れが, いるエンジン, いるバラック建築, いるモデル, いる丁字染め, いる上, いる下役杉浦喜左衛門, いる二階, いる人達自身, いる侍, いる冠蔵, いる十五六, いる召使, いる国, いる士分, いる大型バス, いる大阪弁, いる女事務員, いる子どもたち, いる家司, いる工場, いる常識, いる式, いる手, いる文化, いる日本料理, いる時, いる最中, いる材木, いる樫, いる水仙色, いる点, いる男たち, いる畳庖丁, いる短篇, いる立場, いる紋作, いる若い, いる虎, いる諸, いる連環, いる部屋子, いる銀行, いる間, いる霊媒, いる鵞ペン, いる黒衣, いろいろ考案, うなぎ飯を, おいたの, おきながら, おったあの, おめ, おらぬという, おられたシルクハット, おりましたから, おりますから, おりませぬと, おるよう, お兄さん, お前達を, お目, お角, お鳥目, かおりの, からだを, きたもの, くだきくだきして, くだされば, くどくどと, くれすっかり, くれっと, くれないか, くれないん, くれねえか, くれようかと, くれる, くれるって, くれるところ, くれるん, くれれば, くれ無理, けずる, ここまで, こつこつ実験, このガン星, この国, この沼, この筏, これが, こんな悪戯, ごまかそうと, ごらんに, さっさと起こし, ざあざあ背中を, しきりに噂, しまいましたがね, しまいますゆえ, しまい無くなると, しまうだろう, しまうには, しまう決心, しまったこと, しまったらまた, しまった時, しまわないと, じろりと平三, すでに非常, する支度, する遊び, そうした金牌, そこに, そこを, そのくせ, その十, その最も, その背中, それで, それにも, そんなもの, ただちに二十貫, ちょうどいい, つつましく暮し, できるだけお互い, どうして剃った, どちらにも, どんなこと, なお詰めかける, なければ, なるほど親切, はおられない, ひそかに, ぴんぴんした, ほっと一息, まずあの, みせたり, みせるの, みたい向き, みただけ, みたわけ, みましたところ, みようという, みる身分, もう一方, もっと実質的, ものを, もらいたいという, もらうべ, もらえないだろうかと, もらおうと, やったという, やっとお前, やらない, やりましょう, やるところ, やる勝負, やる道, ゆく, ゆけるか, よくよく疲れきっ, より以上前進, らっしゃるお, わるかった, ゐるん, アイヌ研究を, カリストゥス地下聖廊を, グッと, コキ使っ, コンナに, ジロジロ見, セエラの, トランクを, ナポレオン軍の, パスしなかった, フロイスを, マアお寺の, ミスタ・サヤマを, レンズの, 一人二役を, 一匁の, 一斉に, 一狂言を, 一週間ばかり, 万一私, 上野へ, 下さい私, 下さる, 下さるわけ, 下せえまし流石, 不用に, 両腕, 主人が, 乳母が, 二人を, 云うと, 井戸を, 人に, 人間狩を, 今後の, 仕合せでした, 他の, 休憩の, 体から, 何もかもやっ, 作品を, 便所へ, 修理請求を, 働かなきゃならないなんて, 像を, 充分遣っ, 全国を, 其処から, 写すよう, 凝集し, 刑事さんの, 初対面の, 削ったの, 加藤清正の, 勉強する, 十年来の, 南極における, 参謀は, 取り返すも, 可いか, 可能性の, 名津子さんの, 吟じたの, 吾輩の, 呉一郎に, 呼び出したり, 員数を, 問題を, 喜びを, 噛み切ったので, 困難な, 地形までも, 夏分の, 大がかりの, 大ぜ, 大木を, 大金を, 夫の, 奏せられたもの, 女を, 妥協条件を, 娘と, 宅の, 安心し, 定式や, 実験した, 宴会騒ぎを, 寄こさず男らしく, 将軍家が, 小枝, 居た, 居た京都生れ, 居た町人風, 居りながら, 居りません, 居るから, 居るまで, 居るん, 居る大, 岩石を, 布を, 平然として, 床に, 店を, 建てさせた屋敷, 引き合うだろうか, 当該曲馬団の, 彼女の, 律子さんに, 御しまいに, 御馳走した, 忠実に, 怪しみませんが, 情けない気兼ね, 感傷多き, 慰撫する, 成功を, 扉を, 手塩に, 手荷物なぞに, 抽象的に, 捕えられた, 探って, 揉む, 支那官憲の, 文を, 断ると, 方々に, 日光を, 日本鱒を, 映し出して, 暫くじっと考え, 曲げを, 更に第, 書かれ普通, 最後に, 月題を, 朝飯を, 本当にごつごつ岩, 本統に, 来たから, 来たイデオロギー論, 来ました, 根や, 楽に, 模倣し, 機械人間を, 欲しくって, 死んだという, 殴られて, 殺人を, 毒殺する, 気が, 気配を, 江戸くんだりから, 泥を, 活躍し, 浪路を, 消えうせたの, 清潔に, 溶液が, 漸くパラフィン紙ごと, 無いもの, 無駄を, 煮炊きした, 父娘二人さし向いの, 物狂わしく, 猿沢の, 現場を, 田沼の, 町内では, 疑いの, 発信者の, 登ること, 益, 盗み出しそう, 直径が, 相当進んだ, 看板に, 睡って, 知を, 硝子壜の, 私が, 私達は, 稼ぎ出される儲け, 空き家を, 突放して, 立膝で, 箱入り娘にでも, 純金の, 細い道, 結ぼうと, 総一郎を, 繊細なる, 置きながら, 美味料理の, 而も, 聞き出したは, 自分かつて, 自分も, 自害と, 舌の, 良いから, 芸を, 英語数学地理歴史などの, 菖蒲や, 藁人形の, 血だらけに, 行き取りたて, 行く事, 表現する, 製造いたしました, 見せたので, 見せようという, 見せる生徒, 見たくて, 見たところが, 見たらどう, 見てくれ, 見よう見まね, 見るとじつめい, 見る見る髭, 見屆けたん, 親しく丸木, 計算した, 話したてた, 誤魔化しても, 説明を, 諏訪栄三郎へ, 貰いその, 貰いたいね, 貰えないかい, 貰えッ, 貰へ, 贅沢な, 赤シャツを, 踊りを, 軽い中食, 近くで, 逃げて, 這い廻るなんて, 進むので, 遠慮なく註文, 遣る可, 醗酵させた, 野外で, 鉄を, 錆させた, 開けるほどの, 阿波へ, 陶に, 隙間から, 雨滴の, 雲水僧の, 霧が, 非難者らを, 頂きたいと, 頂くつもり, 頭と, 風の, 食べものの, 騎馬戦術を, 鳥網を, 黄色味がかった

▼ 使っても~ (112, 2.9%)

4 構いません 3 よい 2 いいが, いいじゃ, いいの, よいという, 使っても, 内容を, 可い

1 [91件] い, いいか, いいかも, いいだけの, いいという, いい訳, いる, えいぜ, おん羮おん小蓋の, お砂糖, この荷物, さしつかえない, さしつかえないこと, さらに大いに笑われる, すまされたの, その不都合, それは, それを, どうしても取りきれない, なおかつそうな, なくならぬ, はらの, ひき合わないから, まだ剣法, もう自分, もう遅, よいが, よいこと, よいと, よいの, よいよう, ようございます, よく, よく互いに, ディルタイの, ハイカラ或いは, 一人前が, 三十日分しか, 上手と, 不穏当とは, 中毒を, 仕事が, 何に, 何の, 余り損は, 使いきれまい, 使い切れぬ金, 使い足ったとか, 出て, 出来ますが, 味が, 品行は, 四十七字の, 困難な, 変な, 大抵六七年の, 好くってよ, 尽きること, 差支えないという, 平気である, 役者が, 彼奴が, 後で新子ちゃん, 心残りの, 悪口に, 手を, 揉み消そうと, 描きよう, 描写する, 数段の, 来年の, 構わないとまで, 構わぬが, 殆ん, 池上の, 火星に, 無効の, 白い歯, 監督の, 目が, 直き, 笑われますから, 組合さえ, 結構です, 自由です, 見た, 見たくならァ, 豆の, 逃げ廻って, 途中で, 長いあいだ

▼ 使ったり~ (100, 2.5%)

16 して 5 するの 2 したの, 何か

1 [75件] あるいはある, いかがわしい女, おどしの, お面, した, したこと, しただけの, したところ, しながら, しますが, しや, する, するあたかも, するから, すること, するもの, する必要, する気, する源吉, する為め, する理由, する白い, それのみか, そんな小, ならず者を, まことに確信, またバタバタ, また箒, また電扇, まわりくどくて, ゲルセミウムを, セロファンテープで, ライスカレーなぞを, 下等に, 五年に, 仏語や, 休憩し, 使われたり, 分家や, 印鑑を, 呉れたり, 太い幹, 子供の, 左を, 式が, 彫刻の, 影武者を, 復た, 心ばかりの, 散々手間と, 日に, 映画の, 来客と, 植込の, 槌を, 気が, 滅多に, 漆を, 無駄な, 玄関払いを, 用事を, 私なんかは, 立ち上がって, 竹箸で, 素裸体に, 肩や, 胡麻を, 自分の, 色々俗世間的, 菓子に, 誇張した, 読書に, 酒を, 重役は, 鉋を

▼ 使っては~ (55, 1.4%)

3 いけないと, ならない 2 いないかと, いるが, ならないの

1 [43件] あったけれど, ありますが, ありませぬ, いかがかと, いけない, いけないこと, いけないだろうが, いけないの, いけないん, いけません, いた, いただけまいかと, いなかった, いまいと, いません, いるけれども, いると, すまないが, なかなか入費, ならないきっと, ならないぞ, ならないと, ならないという, ならない時, ならない水車御法度, ならぬ, ならぬと, ならぬという, ならん, なりません, なんだか心持, よくない, ドロドロに, 上方で, 可け, 営業は, 始末が, 尤もな, 悪いという, 果報負けが, 気の毒であります, 気位ばかり, 男勝りの

▼ 使ったって~ (17, 0.4%)

2 かまわないの, 誰も

1 [13件] お駒, きっと払っ, だまされやしないわ, へるよう, もう食堂, 一人じ, 一文の, 利き目, 女湯の, 文句は, 構わないのよ, 泥坊と, 減るもん

▼ 使っちゃ~ (11, 0.3%)

2 いましたわ 1 いけない, いけないもし, いけないよ, いねえよ, いましたよ, しょうがねえ, 晦日が, 燧石なんぞは, 駄目

▼ 使っての~ (9, 0.2%)

1 ことである, こんな惨, 会話だ, 戦術と, 新世帯, 犯行と, 生活むきは, 田辺博士の, 研究なら

▼ 使ってさえ~ (5, 0.1%)

1 この位, 二日も, 始める時, 戴ければ, 草臥れますから

▼ 使ってまで~ (4, 0.1%)

1 人を, 何故卜翁, 大和の, 軍の

▼ 使っちゃあ~ (3, 0.1%)

1 いなかったかな, 悪うござん, 詰らんじゃ

▼ 使ってから~ (3, 0.1%)

1 例の, 相伝え, 風呂へ

▼ 使ってさ~ (3, 0.1%)

1 すべてハイ, その土地, それできむずかし

▼ 使ってばかり~ (2, 0.1%)

1 いた, いて

▼ 使ってや~ (2, 0.1%)

1 がったの, がる

▼1*

使ったってもべつに減る, 使ったりなんかして, 使ったりはしなくなりました, 使ってか迂回を, 使ってと思うと, 使ってないっその, 使ってなど苦しいこと, 使ってなどといると