青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「兼~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

其処~ 其後~ 其方~ 其時~ 其處~ 具~ 具体~ ~具体的 ~具合 具合~
兼~
兼ね~ ~内 内~ 内側~ 内儀~ 内地~ 内外~ ~内容 内容~ 内心~

「兼~」 2636, 28ppm, 4121位

▼ 兼~ (271, 10.3%)

4 噂に 3 用意の, 覚悟を

2 [11件] より福澤先生自伝, 仲へ, 好い刀, 子規氏から, 御約諾, 懇意の, 知って, 聞いて, 聽い, 自分の, 覚悟の

1 [239件] いたが, いて, いるの, いろ, おります, おりますが, おん身の, お前は, お楽, お照, お話した, お附, お隅, かかって, ぐずぐずし, そこの, そこらを, そっとその, その娘, その旨, その本, その様子, それが, なり, また邦楽調査会, より, よりお, よりこ, よりの, より企て, より写し, より妾, より尊王, より幕末外交, より彼, より懇意, より有, より望, より知る, より称心, より聞きつれ, より花月主人, より鎖国論, より長崎, ゐた, ゐる, キョトンと, ヘルンは, マア兎も, 一度京, 一緒に, 一面識位は, 三万五千部ある, 不快の, 中に, 中へ, 丹治殿が, 予想し, 二人は, 五十九歳に, 交って, 人から, 人を, 今日は, 仲に, 企つるといふ, 企つる軍事上の, 來たらしい, 偶然往來で, 傍より, 僕らの, 入口の, 其所へ, 其支那人を, 凖備せし, 助ける風, 医を以て, 医者の, 医術を, 十太夫の, 厚く相, 又横合, 取引を, 口を, 同所に, 和主が, 嗜き, 嗣子と, 噎返る, 塾の, 売子と, 夜着に, 大塚の, 天満に, 妻の, 娘に, 存じ居るであろう, 學生の, 宇平に, 宗教その, 家族の, 寒いお, 寺の, 封建の, 小説などにて, 少し居合, 少し覚え居る, 居りまする, 居りまする様, 居り尼, 居る事, 山三郎の, 山陵の, 岩城隆喜の, 工夫せられたる, 工夫慘憺の, 帝國軍艦高雄の, 引いて, 引替御用を, 御休息所, 御存じの, 御持參, 御案内, 御為筋, 御相談, 御話し申し, 心配し, 思い定め, 思つてを, 思ひなば, 恩顧の, 想像し, 慰めて, 或アイノ, 手の, 打ち合せたやう, 承る彼, 承知し, 抱いて, 拝承し, 持つもの, 排斥した, 接穂なく, 教えられて, 日本人の, 日本新聞や, 早く其身代, 有爲, 望の, 望みの, 朝廷より, 期したる監督官, 期せし所, 期定されたる, 未見の, 末造が, 東照宮の, 松代藩へ, 松陰吉田氏の, 棺材まで, 極めてあつ, 此の, 此方面に, 母との, 母の, 氏に, 水戸の, 決心の, 注目せる, 海底戰鬪艇の, 狙って, 用意を, 申し上げたとおり, 申上置候通り多けれ, 申付たる, 病気と, 痘科を, 發動藥液の, 白状する, 白縮緬を, 白翁堂の, 相識れる, 真赤に, 睡り難く, 知った近道, 知て, 知りたく思った秘密, 知り合いで, 福島の, 私たちに, 筆墨初め種々の, 聞きしかど, 聞きたる藻西太郎, 聞き及ぶが, 聞き知って, 聞く櫻木海軍大佐, 聞及居候一事有之, 肉体を, 脚本を, 腕に, 自分とは, 花山の, 茶山の, 藤野翁からの, 藩から, 衣服少なき, 表に, 袖を, 見知れる老人, 覚悟が, 親の, 計画の, 設けられたる海岸, 話を, 誂へ, 謀って, 豫定した, 貯えの, 赤倉に, 軍の, 軍人遺族を, 迎える人, 逃所を, 途中の, 通商の, 醗酵したる, 金儲けと, 長官へ, 門人の, 静岡に, 須永から, 預けて, 頼み附の, 顏見知りの, 願って, 風を, 飛んで, 香以の, 馴染の

▼ 兼~ (149, 5.7%)

2 すぐ助けられ, 少し水, 年を, 黙って

1 [141件] いかにも意外そう, いったん断ろう, いつまでも, いよいよ力, おちおち眠られなかった, おなおさん, お蘭, きょうの, これを, さすがに, さらに声, しきりに頭, じっと娘, じっと見, じれったそう, すぐに, ずっと遠い, せがれ長之助の, そっと助, そのとき三十五歳, その弱腰, その村, その言葉, それから, それに, それ以上の, どうした, どぶ, ひとり娘で, ふしぎなよろこびを感じた, ほっという, またあの, また訊いた, また黙っ, もういちど夜, もうずっと遠く, もうそこ, もう助, 上りまして, 不思議そうに, 久ぶりで, 云って, 仏教信者でも, 何も, 何条見, 俄かに, 先ずお, 先頃浅草の, 公である, 出て, 出戻りの, 出掛けます, 到頭觀念, 助なあ, 勿論この, 厭味の, 叔母の, 含み笑いを, 囁いた, 四十三で, 四十女の, 四辺を, 執拗にの, 堪かねて, 大きい斧, 大口を, 大夫が, 女中たちの, 妻に, 嬉しげ, 嬉しそう, 子を, 存じて, 学校の, 安からず, 安二郎に, 安二郎を, 定めし苦しかっ, 定連, 将門の, 尋常ならず, 少し顫, 屹と, 帯も, 平次の, 年嵩らしく, 彼の, 彼を, 心得て, 忙しさうに, 急に, 恭一と, 意気込みます, 意氣込みます, 戸棚を, 抱着くが, 掌に, 放蕩者の, 斜面へ, 新参の, 新庄の, 既う, 既に三人, 早く起き, 来ませんか, 栄三郎を, 横に, 横山権守時広の, 歌の, 母の, 気を, 江戸屋半, 清養寺の, 煩ひでも, 甲板へ, 白湯を, 目出度く夫婦, 真青に, 知つてるだらう, 石井, 神通川に, 立去りあえず頭, 素足に, 続けた, 縁側を, 腰巻ひとつの, 荒い息, 菜葉服と, 藪睨みの, 衝動的に, 走り寄っ, 足利家六世の, 跣足で, 身を, 遠島その他の, 金切声を, 銀煙管を, 門口に, 顔の, 鬼女の, 黒い歯茎

▼ 兼さん~ (144, 5.5%)

32 が答えた, に云った, の事, の家, はまた, は何, は岡田, は帯, は愛嬌, は自分

1 [121件] お兼さん, お早よう, かえ, から不意, から消息, から病院, か蠣船, がお寺, がかかる, がこう, がちょっと, がまた, がよろしく, が上っ, が十口物, が宿屋, が指, が死にかかった, が評した, が顔, だけは依然として, という男, といふ人, とか云, とは大変仲, と云っ, と向き合っ, と巫山戯, と直接, と言え, と話し, と電車, にしよう, にすまない, にとってそうした, には叶, にもさう思ひ込ませ, にもそう, によろしく, に地理, に小米さん, に気の毒, に答える, に聞いた, の, のお客, のお父さん, のつけ込み, のつむり, のよう, の一酷, の他, の声, の愛嬌, の態度, の所, の手, の方, の白い, の白粉, の着せ, の署名, の赤く, の足音, の返事, の顔, の髪, はある, はいつの間にか, はいつの間にかもう, はいつも, はこう, はこんな, はすぐ, はそこ, はちょっと, はてんで, は上り口, は人, は他人, は佐野, は勝手, は同じ, は地理, は奥様, は富士額, は微笑, は急, は攻める, は旦那, は本当に, は格子, は洋傘, は澄まし, は玄関, は眉, は立ち, は笑い, は笑い出した, は素知らぬ, は絽, は繰り返し, は薄化粧, は親しみ, は迚, は面白, は黒い, もこっち, もそれ, も木, も洋傘, も笑い出した, も綺麗, やお力さん, をもっと, を奪う, を時々, を的, を評, を詰まし, を連れ

▼ 兼~ (108, 4.1%)

6 野郎が 3 顔を 2 字を, 手を, 言つた, 話は

1 [91件] ある茶店, いらないところ, おどろきにまで, おやじが, お類, ことが, ことで, ことであった, そぶりで, ない日, ほうへ, ほうへは, ほかに, も本当, ゆくえは, 一生懸命の, 世を, 主方の, 云った言葉, 何やら言, 兄の, 兵の, 処に, 出て, 利いた風, 勢力を以てさえ, 北野の, 反對, 口から, 合力を, 名を, 声が, 声も, 外には, 多い暮し, 大力が, 天ぷら, 女伏見院の, 女髪結, 姿, 家人であった, 家人と, 家人として, 局に, 廂髮の, 後妻に, 必要を, 悪口を, 情夫江戸屋半, 意見に, 態度は, 手に, 手びきで, 承安, 指した流しの, 掌の, 撰で, 新仏姿を, 新佛姿, 方から, 末の, 死骸の, 油断を, 男の, 相手の, 眼鏡に, 着物を, 立去ったの, 笑い顔が, 筆恐くは, 耳に, 肩を, 菩提寺では, 親切に, 親爺は, 言ふこ, 言葉と, 言葉は, 足元へ, 部屋が, 野郎と, 野郎は, 野郎呉れつ, 長女が, 頸に, 顏が, 顏を, 顔さえ, 館で, 館に, 麾下に

▼ 兼~ (90, 3.4%)

5 がやつ 4 の方 3 の顏, はその 2 のこと, の眼, は言

1 [69件] からの使, からはか, がそこ, が久しく, が歸, が深く, が狩衣姿, が行く, が言, が話した, が車, が顏, すらさ, でないの, とその, との仲, との關係, と窕子, と自分, にし, に取, に感じさせず, のため, のもと, の何處, の側室, の好色, の愛し, の父, の笑顏, の腕, の腹, の行列, の衣, の許, の達者, の頭, の額, は, はこのごろ, はそこ, はそつ, はそれ, はまだ, はむしろ, はやがて, はわざと, は何, は全く, は却つてそれ, は呉葉, は容易, は忙し, は急, は昨夜來, は男, は眼, は笑, は莞爾笑つた, もし, もそれ, もはつきり, もほか, もやつ, も物忌, も笑つた, も道綱, や中宮, を見詰めた

▼ 兼~ (89, 3.4%)

5 や桑作 3 の老母 2 であった, に逢った, を先

1 [75件] から聞かされた, がお前様, がため, がもう一度, が一番, が下手人, が何, が來, が取入れ, が往, が文字春の家, が浴衣, が牛, が生, が百姓, が買っ, が近所, が鞘ごと, だやりそく, だよしや, つあん, です, で通用, と似, と店, と職人, にげんこ, にさし, に二俵, に引かせ, に注い, のおふくろ, のみか待つ, の名, の母, の無心, の目, の相談, の答える, の虚無僧姿, はなる, はほうき, はわめく, はグルリ, は一番年上, は仔細, は出雲屋, は半蔵, は即座, は口, は呉港, は委細構はず家, は得意, は手柄顏, は此稼業, は泣き出し, は申譯相, は自分, へ手紙, へ送り越した, も下り, や桑作同様, よりとはさてさて, をやっつけました, をよん, を伝法院, を内, を助けたかつた, を呼出し, を指した, を無理, を表, を見, を追, を連れ

▼ 兼~ (86, 3.3%)

3 はすこし 2 の案内, はいよいよ, はそれ, は眼, は笑い

1 [73件] が俗縁, が河原づたいに横しぶき, であった, であること, とここ, との刃傷事件, とは叔父甥, とは違っ, と一緒, と少将, と連れ舞う, などの柔弱者, に親しい, に言った, に迫られ, に頼んだ, のため, の三七日法会, の使い, の恋人, の文, の方, の晴れ, の本心, の死, の烏帽子, の眼, の耳, の袖, の誉れ, の頬, の頭, の頸, はあわて, はおろか, はさ, はすぐ, はだる, はどうしても, はなんだか, はひやりと, はほっと, はむしろ, はもう, はやや, はわざと, は俄, は唯にやにや, は少し, は悲しい, は扇, は牛車, は玉藻, は相手, は石, は肉, は肚, は迷惑そう, は顔, ばかりでない, ほどに頼もしい, まだそこ, もかね, もきょう, もさすが, もそこ, もほっと, ももう, も一緒, も持て余した, も藁褥, を切り殺し, を殺したらしい

▼ 兼~ (78, 3.0%)

12 して 2 しながら, するの, するよう, せずに, 中心に, 始めとして, 始め二人

1 [52件] しいしい一時, しいしい折々, したか, したの, したり, した様, しなくて, しなくては, しなければ, しやしまいかと, し過ぎる, するほど, する事, する以上, する必要, する者, ためすの, つれて, なじった, なすった臼杵先生, はじめ家内の, まことの, もって, やっつけた理由, 丹沢山の, 乳母として, 仕直すより, 働かせて, 働かせる事, 呼んで, 囲んだところ, 大将と, 女房に, 帰すなんぞという, 引いたら後, 想うこと, 探し出して, 殺して, 絞め殺しそれ, 絞め殺して, 縛り附けて, 縛付けた, 草花の, 葛木の, 見たって, 訪うこと, 誘い出したと, 誘って, 軽蔑し, 追捕すべき, 途中に, 連れて

▼ 兼~ (72, 2.7%)

2 なくって, 云った, 御奉公

1 [66件] あった, あったので, あつた, いうから, お供を, お前に, お拂, お茶代, この時, そうで, そっと金龍山下, つまらない氣, なくなって, なんの, にぎって, びっくりし, ほかの, また, もう奉公, わるう御座升, 一人で, 下駄を, 何とか云っ, 何んでも, 先に, 先日の, 入つて來, 出だす晩, 剃刀を, 助けて, 勅使の, 半治, 参りましたよ, 受合うたら指一本, 問掛けると, 喜びますよ, 噺か, 大きな束髮, 姿を, 嫡男であっ, 将門等の, 小綺麗な, 居なくちや仕事, 山に, 帰ると, 店へ, 店を, 廂の, 承久, 早速座布團, 来た, 氣を, 涙ながら, 無名指から, 立って, 箒を, 自分の, 色の, 若衆頭で, 越えた新庄, 跣足で, 通りかかった, 進る, 階下の, 雨に, 黒い目

▼ 兼~ (42, 1.6%)

5 の柄 2 の朱鞘, の鞘, を腰

1 [31件] が手近, が抜き放され, だ, だけは駕籠, で買った, と道場, なの, に一反り, に暮れ, のこと, の刀面, の引き合わせ, の由来, の鍔, の鍛える, はがっ, を, を今, を伴大次郎, を佩, を取り直そう, を喰らっ, を帯, を引っさげた, を抑え, を抜い, を振りかぶっ, を横, を躍らせ, 抜けば, 鍛えるところ

▼ 兼~ (38, 1.4%)

2 の女, の如く, の後, の玉葉

1 [30件] が, が合戦直前, が崩れる, が月輪殿, さえ, さえその, その子, というの, という九条家始祖, とか仁和寺, とその, とは違い, なども義経, のむす, の墓, の娘玉日姫, の弟大僧正慈円, の日記, の請, の議, もその, も後, も歌人, も藤原氏, や左大臣経宗, や慈円, をちょっと, 卿, 嘆じ, 自身においては

▼ 兼ぬる~ (37, 1.4%)

1 [37件] かしこき舅君, が次第に, ことでありました, ことに, ことは, ことを, で, とあるなら, という自意識, と若武者, と言, と謬, に物理, に高節, のではござりますまい, のみなりき, の別, は過りなり, ほこさきに, ものたらしめた, ものなり, やう也, ドジを, 事をば, 人は, 処へ, 心持な, 所から, 文明的典型を, 新後家, 有様であった, 次第で, 美術家は, 者, 者多し, 訳で, 譯では

▼ 兼~ (35, 1.3%)

2 それを, なしに, 苦労も

1 [29件] いっしょに, いるまい, お杉, けっして軽い, ございません, ないと, ないという, ないやう, ないよう, ない自由, なく, なく一所, なく娘時代, なく自由奔放, 何も, 十七だ, 半治, 同じこと, 嬉しがっ, 少し舸, 心置きも, 忘れて, 慥かそこ, 憚りも, 手伝って, 木の, 笑ふ, 箸を, 足掛二年彼の

▼ 兼~ (35, 1.3%)

4 を連れ 3 がこと 2 はおす

1 [26件] がいきなり, がおす, が一件, が思ひ切, が浮かれ出した, が見えなく, が隣, とおすがの, とおすがを, との間, ならどうも, について居る, の乾いた, の家, はひどい, はひよつこり, は依然として, は散々, は歸つて來, は親爺, は鍬, をよこさぬ, を出し, を呼んだ, を見る, を騷

▼ 兼~ (33, 1.3%)

1 [33件] お聞き, かう言, くらべて, くるりと, しても, よく似, 一寸其の, 万事一任した, 事の, 云った, 十両貸した, 十円借り, 導かれたよう, 恋を, 惚れて, 感じないで, 手引を, 暇が, 比ぶれ, 渡した切り, 渡して, 焼打ちされた, 聞いて, 聞けば, 訊いて, 話して, 話を, 迫られその, 逢った加賀, 連れられて, 金口煙草を, 頓着なく, 頼んで

▼ 兼博勞~ (30, 1.1%)

2 はいつ, はいつた, は後, は態と

1 [22件] が勘次, が顧みた, の側, の向側, の近く, はうまく, はがぶり, はけろりと, はちよい, は一聲殊, は促した, は其, は口, は口速, は帶, は慌て, は懷, は手, は直に, は米, は遠慮なく, へ投げた

▼ 兼~ (29, 1.1%)

1 [29件] からこの, から来た, が愕, が胸, などは妹, ならば, なら政子, の一族, の命, の妻, の宴席, の祈祷, の耳, の血, の足もと, の邸, の面目, の首級, は一族, は前後, は幸い, は歯, へ一書, をその, を知っ, を血祭り, を討ちもらす, を討ち取ったら, ヲ殺戮シ

▼ 兼~ (27, 1.0%)

1 [27件] から外, がお, が兎, が少なくとも, が直接, けれどナニ失望, ことは, ことを, といふ, と云, によって永, のだ, のである, のです, のでやがて, ような, ように, 事に, 事ばかり, 代價, 心地する, 性質の, 所が, 程の, 親子の, 訴へ, 都合で

▼ 兼~ (27, 1.0%)

1 [27件] と弥生, なる主, のおん太刀, のことば, のほう, のよう, の一刀, の一言一語, の低, の声, の太刀, の如き, の妹, の子孫, の手, の業物, の物語, の逆, はあわて, はじつに, はすぐれ, はたして流, は夜泣き, は突如, をし, を名乗る, を差し添えた

▼ 兼~ (24, 0.9%)

3 お鶴 2 お柳, 二人で

1 [17件] いって, なつた, よびて, 云う女, 云ふ, 内約が, 寝た男, 水守の, 申す御存知, 疾う, 相談づくでした, 破落戸漢の, 言い合せて, 謂ツて, 貴様は, 隱居の, 馴合い

▼ 兼ちゃん~ (23, 0.9%)

1 [23件] お出掛, がお, がどう, が思い切ってずうっ, が独り, が行く, というの, のお供, の前, の実例, の家, の幽霊, の悲し, の着物, の青ざめた, はお, はもう, は何, は児柄, は手拭, は自分, は見えなくなった, は黙っ

▼ 兼ての~ (19, 0.7%)

2 腹案を

1 [17件] 不平も, 内存, 宿願を, 希望が, 志望で, 手筈に, 手筈の, 望みでした, 決心なり, 決心も, 知り合ひだ, 約束なれ, 約束は, 約束も, 覚悟あるべき, 覺悟で, 鼻茸を

▼ 兼~ (18, 0.7%)

3 ように

1 [15件] お願, からぽ, から仲, から助けた, とみえ, のか, のだ, もんです, ような, 事柄だった, 問題が, 夫人の, 挨拶とばかりは, 美しい主館, 風に

▼ 兼~ (17, 0.6%)

1 [17件] が好き, でも未だに, と肴屋, に頼む, の噂, の家, はあ, はおれ, はもう, は久し, は六丁, は居ねえ, は平生花, は職人, を水夫食堂, 半公, 居るか

▼ 兼てから~ (16, 0.6%)

2 話の

1 [14件] これと, その眼つき, わが座敷, 下女に, 不平に, 主人に, 二人の, 思って, 文人達の, 歌など, 湊屋仁三郎と, 祖母が, 藤尾に, 顔と

▼ 兼実は~ (16, 0.6%)

1 [16件] これを, その日記, その翌年摂政, むろん内々これ, 上述の, 俊成の, 剛毅で, 文治二年から, 日記の, 深くこれ, 清盛嫌いで, 清輔を, 終に建仁二年, 藤右衛門尉重, 跣足で, 頻りに歎

▼ 兼~ (16, 0.6%)

3 の歌

1 [13件] がかわゆ, だとて, と別れ, と手, に一時, の, の女, の方, の胤, の血, の集, は卅六歌仙, は吾子

▼ 兼~ (15, 0.6%)

1 [15件] あのちょっと, お千鶴さん, お茶を, お鶴, きまりの, 何う, 何だ, 勘作や, 狼狽や, 良正が, 誠に暫く, 誠に面目次第, 誰か, 遠慮ばかり, 遠慮や

▼ 兼六公園~ (13, 0.5%)

1 [13件] で誰, で驚いた, と共に日本三公園, と別れる, にある, にさ, にての作, のところどころ, の傍, の写真, は今, へ行つて, も何となく

▼ 兼~ (12, 0.5%)

3 といふ人 1 が感じた, が真, と云, などのやう, なども其點, なども當時, の日本紀纂疏, は正徹, は門徒宗

▼ 兼~ (11, 0.4%)

1 [11件] たり時, て, ているらしい, ておび, てぐずぐず, て何, て何とも, て小さな, ながらもなお, ながら暮した, 風情にて

▼ 兼五郎~ (11, 0.4%)

4 の家 1 の女房, の所為, の細君, は奥座敷, は腰, は隣家, を召喚

▼ 兼という~ (10, 0.4%)

1 お婆さんは, 人足が, 十八の, 吉相だ, 女中が, 年増の, 旦那も, 矢場女で, 芸者この, 道具商が

▼ 兼~ (9, 0.3%)

1 じゃねえ, でがす, なる関, の刄, もこの, を出し, を取っ, を突, 二尺六寸の

▼ 兼寝室~ (9, 0.3%)

1 だ, であったの, であつ, で様式, で英国製, として借り, と定め, にはいる, へ通す

▼ 兼~ (9, 0.3%)

1 が重ね, といふの, といふ養, と娘, はほぐれる, は押入, も力, を介抱, 大肌脱

▼ 兼婆さん~ (8, 0.3%)

1 いきなり泰軒先生, が給仕盆, にグングン, のくどくど, の声, の大声, もまさに, も孫七

▼ 兼料理屋~ (8, 0.3%)

1 さ, その代りパンパン, というよう, になっ, の吉野屋, へと車, らしかった, をし

▼ 兼から~ (7, 0.3%)

1 いよいよ形容, 七円に, 七圓に, 引込思案に, 徳利を, 我々に, 際立って

▼ 兼~ (7, 0.3%)

1 し第, といふ, のって, よ, 御厄介, 新田の, 番頭さんを

▼ 兼~ (7, 0.3%)

1 いらつし, おそるおそる訊ねた, それに, ゐら, 厶います, 御座ます, 手拭で

▼ 兼客間~ (7, 0.3%)

2 になっ 1 でした, で午後, に通された, の八畳, の天井

▼ 兼旅館~ (7, 0.3%)

2 が並ん 1 に芝浜館, の山水館, の石段, の若, へ行っ

▼ 兼~ (6, 0.2%)

1 と, と云いました, 忠義無類の, 是れ, 末技小芸と, 粗布製の

▼ 兼~ (6, 0.2%)

1 が在京, には遥, の事件, は教頭, は薬丸家, も定めし

▼ 兼書斎~ (6, 0.2%)

1 だが, であったらしい, である, ではある, にした, に受賞式

▼ 兼苦労~ (6, 0.2%)

1 という点, の実感, は一, は多少, をする, を生れる

▼ 兼する~ (5, 0.2%)

1 こと無し, しそれ, ので気, やうな, 風に

▼ 兼なし~ (5, 0.2%)

2 に青年 1 に時, に正木, の一筆

▼ 兼ます~ (5, 0.2%)

2 がある 1 からどうか, が, 程でございます

▼ 兼~ (5, 0.2%)

2 つあんは 1 あん摘んで, つあんはや, つあん構ア

▼ 兼~ (5, 0.2%)

1 と申す, ひの, も考えなけれ, を気, 見たいな

▼ 兼実験室~ (5, 0.2%)

1 で暖炉, の中, の扉, を訪ね, を訪ねられました

▼ 兼居間~ (5, 0.2%)

1 である, と寝室, のお, の四畳半, の方

▼ 兼~ (5, 0.2%)

2 の佛間 1 の手代, の臺, の貧乏浪人

▼ 兼応接間~ (5, 0.2%)

2 のよう 1 にし, に通じ, の洋室

▼ 兼~ (5, 0.2%)

1 も承り, も申候通り壱人, 参ると, 思ひ付おり申候, 来ると

▼ 兼~ (5, 0.2%)

1 にかり, へ追, を帯び, を武蔵, ヲ用ヒキ兼重ハ臨終ノ

▼ 兼さま~ (4, 0.2%)

1 に仰せつけ, の三千余騎, の率, はその

▼ 兼ない~ (4, 0.2%)

1 がお, と云, よ今日, 男で

▼ 兼なく~ (4, 0.2%)

1 お心, 安心し, 窓を, 自分の

▼ 兼ジヤアナリスト~ (4, 0.2%)

1 としてのクリスト, の猶, を完成, を發見

▼ 兼~ (4, 0.2%)

1 いい恥, すべったころん, といふ若い, の愛嬌

▼ 兼三郎~ (4, 0.2%)

2 といっ 1 という者, の作家

▼ 兼三郎氏~ (4, 0.2%)

1 が帰っ, のいる, の依, は重役

▼ 兼~ (4, 0.2%)

1 べしと, ま, も計り, よし其外

▼ 兼六園~ (4, 0.2%)

1 といっ, などはこれら, の席貸し, の池

▼ 兼~ (4, 0.2%)

1 修院長パッヘンハイム, 婬で, 法師, 飲家白井小

▼ 兼大工~ (4, 0.2%)

2 の弟子, を説き落し

▼ 兼小使~ (4, 0.2%)

2 の東作 1 だが, と云う

▼ 兼清博士~ (4, 0.2%)

1 が壱越調呂旋, の蓬屋, の講演, は幸田節三

▼ 兼~ (4, 0.2%)

1 が乗組ん, が伯父さん風, は坂東山償原別所, を追

▼ 兼詩人~ (4, 0.2%)

1 たる今日, だつたフランソア・ヴイヨン, である, の某

▼ 兼~ (3, 0.1%)

1 休み処といつた家を, 休息所さ, 女中さんな

▼ 兼こと~ (3, 0.1%)

1 可愛いから, 怒んだ, 連れて

▼ 兼でも~ (3, 0.1%)

1 お近, して, 伴れ

▼ 兼には~ (3, 0.1%)

1 孫七という, 己が, 手を

▼ 兼~ (3, 0.1%)

2 まじい 1 まじい処

▼ 兼~ (3, 0.1%)

2 諸官 1 煮食フ

▼ 兼下男~ (3, 0.1%)

2 の為木音也 1 の地位

▼ 兼主筆~ (3, 0.1%)

1 であ, として無理やり, は燒

▼ 兼~ (3, 0.1%)

1 がぬ, の世話, の手引き

▼ 兼~ (3, 0.1%)

1 が白河口, とは日ごろ, や里村紹巴

▼ 兼~ (3, 0.1%)

1 そんなに頭, の受取った, はどう

▼ 兼座敷~ (3, 0.1%)

2 にし 1 とその

▼ 兼~ (3, 0.1%)

1 という小間物, と書き, の郎党六十余人

▼ 兼応接室~ (3, 0.1%)

2 の扉 1 のよう

▼ 兼~ (3, 0.1%)

1 だけが大坂方, の死, よりはずっと

▼ 兼~ (3, 0.1%)

1 は僥倖, もいた, やまた

▼ 兼茶の間~ (3, 0.1%)

1 といった四畳半, に飾る, へ戻る

▼ 兼軍用~ (3, 0.1%)

2 の旅舎 1 の客舎

▼ 兼~ (3, 0.1%)

2 は子供 1 に挨拶

▼ 兼食堂~ (3, 0.1%)

1 に二階, に使用, の卓

▼ 兼お前~ (2, 0.1%)

1 の巣, は巾着切

▼ 兼~ (2, 0.1%)

1 に本陣, 行くん

▼ 兼せん~ (2, 0.1%)

1 と養生, ならんこと

▼ 兼だけは~ (2, 0.1%)

1 常の, 留守番を

▼ 兼ちゃんと~ (2, 0.1%)

1 二人し, 思い込んだの

▼ 兼てこ~ (2, 0.1%)

1 の山, の村

▼ 兼といふ~ (2, 0.1%)

1 その女, のは

▼ 兼との~ (2, 0.1%)

1 あいだに, お話を

▼ 兼ねと~ (2, 0.1%)

1 思いますが, 思いウナ

▼ 兼~ (2, 0.1%)

1 わざと送り届け, 行く

▼ 兼みち~ (2, 0.1%)

1 と云つて, の初

▼ 兼~ (2, 0.1%)

1 がぎゃア, が大

▼ 兼め気持~ (2, 0.1%)

1 のいい, の好い

▼ 兼~ (2, 0.1%)

1 が近来強大, 何だえこんなに

▼ 兼らしい~ (2, 0.1%)

1 娘が, 娘の

▼ 兼アーメン~ (2, 0.1%)

1 かい, とこ

▼ 兼下宿~ (2, 0.1%)

1 の下宿, の奥二階

▼ 兼~ (2, 0.1%)

2 大小神祇乍恐同心合意候間一切災害不加正直忠信之人祈願仕候間其地吾一家に

▼ 兼作者~ (2, 0.1%)

1 として奮闘, となった

▼ 兼保養地~ (2, 0.1%)

2 に遊ぶ

▼ 兼候節~ (2, 0.1%)

2 は如何なる

▼ 兼~ (2, 0.1%)

1 にし, は弁護士たら

▼ 兼内弟子~ (2, 0.1%)

1 で藥箱持ち, の弥吉

▼ 兼助手~ (2, 0.1%)

1 たるファラデー, をし

▼ 兼~ (2, 0.1%)

1 と云, の名前

▼ 兼外交事務官たる~ (2, 0.1%)

2 に過ぎざりき

▼ 兼大蔵~ (2, 0.1%)

1 大輔従四位守管原朝臣重信, 少輔

▼ 兼女中~ (2, 0.1%)

1 というよう, とでもいった

▼ 兼女房~ (2, 0.1%)

1 なの, の仇

▼ 兼娯楽室~ (2, 0.1%)

1 であった, とも称すべき

▼ 兼~ (2, 0.1%)

1 の大, の大した

▼ 兼客室~ (2, 0.1%)

1 でありそれ, へ来る

▼ 兼~ (2, 0.1%)

1 の, は其玉葉

▼ 兼居酒屋~ (2, 0.1%)

1 にも集まっ, の暖簾

▼ 兼左京大夫~ (2, 0.1%)

1 である惟光, に

▼ 兼帳場~ (2, 0.1%)

1 の入口, へ来

▼ 兼弘氏~ (2, 0.1%)

1 が他, と外

▼ 兼~ (2, 0.1%)

1 して, の若党

▼ 兼性慾~ (2, 0.1%)

1 だ, とこの

▼ 兼手前~ (2, 0.1%)

1 は昨夜, も縛る

▼ 兼批評家~ (2, 0.1%)

1 だつた正岡子規, の場合

▼ 兼~ (2, 0.1%)

1 したるもの, したる當時

▼ 兼~ (2, 0.1%)

1 お猿畠, が火

▼ 兼教部省~ (2, 0.1%)

1 と称するなり, なるもの

▼ 兼料理店~ (2, 0.1%)

1 であった, を開業

▼ 兼春吉~ (2, 0.1%)

2 お房蝶子四

▼ 兼~ (2, 0.1%)

1 の松源寺, の牛方

▼ 兼松三郎~ (2, 0.1%)

1 である, は後

▼ 兼死別時僕~ (2, 0.1%)

2 は慇懃

▼ 兼父子~ (2, 0.1%)

2 である

▼ 兼珈琲店~ (2, 0.1%)

1 に女中, に寄つた

▼ 兼監督~ (2, 0.1%)

1 の詰め所, をし

▼ 兼目付~ (2, 0.1%)

1 として藩, に後

▼ 兼看護婦~ (2, 0.1%)

1 が入っ, をし

▼ 兼~ (2, 0.1%)

1 でしょう, の言

▼ 兼舞台監督~ (2, 0.1%)

1 たる水蔭, として今度

▼ 兼舞踏会~ (2, 0.1%)

1 が開催, の指揮者

▼ 兼良公~ (2, 0.1%)

1 の尺素往来, の顔

▼ 兼~ (2, 0.1%)

1 せるが, せるものの

▼ 兼輔め~ (2, 0.1%)

1 が人待ち顔, と連れ立っ

▼ 兼通訳~ (2, 0.1%)

1 の資格, をし

▼ 兼~ (2, 0.1%)

1 の邸, もあの

▼ 兼~ (2, 0.1%)

1 は実に, を以てしぬ

▼ 兼鍛冶~ (2, 0.1%)

1 が頼みつけ, のとこ

▼ 兼鎮撫総督~ (2, 0.1%)

1 の一行, の先駆

▼ 兼雨除~ (2, 0.1%)

1 というよう, といふやう

▼ 兼食卓~ (2, 0.1%)

1 の上, の大きな

▼ 兼駄菓子屋~ (2, 0.1%)

2 の店

▼1* [582件]

あすこで源蔵, 兼あまにどれ, 兼いい男だ, 兼お前暇があるなら, 兼さア此方, 兼かえ知って居る, 兼からの言伝を, 兼からもよろしく, 兼こうしようとにかく, 兼こたあうつちやん, 兼ことぶつころすなんて, 兼これがこの, 兼さうにあけた, 兼さうに云つた, 兼さえなければ, 兼させたりする, 兼さんこれこれと始終, 兼さんすつかり惚られつちやつた, 兼さんちよつと來, 兼さん何でもない, 兼さん等自分で這入ん, 兼ざる剣幕なれ, 兼じゃないか, 兼じゃあないか, 兼すべき小姑を, 兼すら眼を, 兼せずに研究, 兼そうに舞台, 兼その他いろいろの, 兼たり好事家手足を, 兼たる喜悦の, 兼たる者にし, 兼だけをのけ者に, 兼だってみんなあなたの, 兼ちゃあん此処, 兼ちゃんお待ちよ珠数, 兼ちゃん何うです大変, 兼ちゃん此の通り, 兼ちやん余り, 兼ちやんも誰, 兼やない, 兼っ子に一貫目何銭, 兼かふる, 兼つて皆んな来て, 兼ていとお, 兼ていう如く内気, 兼てえもんで, 兼てか親切な, 兼てさう思つて, 兼てはゐるに, 兼でございますと云った, 兼でしたよ, 兼ですよ, 兼とうとう絞りの, 兼とか矜持とか, 兼とが何か, 兼とくッついて, 兼とでもいうもの, 兼とはそれぞれの, 兼とばかりだらうと, 兼どてらを着た, 兼どんお蒲団, 兼気持ちで, 兼などごく内輪, 兼などに見付けられる前, 兼などのきらいな, 兼なる美男あり, 兼にまで一寸言伝を, 兼によつて明らか, 兼に対しては飼犬よりも, 兼ぬるからそれらに, 兼ぬるゆえいっそう, 兼ぬれば口惜しき, 兼ねえ男だ, 兼ねたでせう, 兼はまるつきり氣が, 兼はんに今, 兼あやの, 兼ましたからつか, 兼ません事に, 兼みたいなもん, 兼め後から追掛け, 兼もう一つ訊く, 兼やもう御言で無, 兼ゆえ恟りして, 兼よし折枝さんが, 兼よりもお鶴, 兼らしくこそこそと, 兼られるが廿五歳, 兼るではない, 兼る如き悲みの奥底に, 兼ば, 兼ゐたらなあちよ, 兼アカデミイ会員, 兼エンジニアだと, 兼カツギ屋になつ, 兼カフヱに自分, 兼カルディナレに任, 兼カンシャクの神様, 兼遠州, 兼コックがお, 兼コック兼バアテン兼給仕兼運転手兼その他いろいろの, 兼サアから魚, 兼チャブ台も作った, 兼早く手, 兼テ二段ノ加算, 兼ト云ウ男ニ聞イタ兼ガ遠州, 兼ヌル人モ儘是無キニ, 兼ネテ今月今日此ノ処ニ来レリ, 兼ネ備ヘタル秀麗ノ君子人トナス, 兼ネ遠慮ナク自分丈ケ存分ノコトヲナスベシトノ趣意ナリ英語ニ之ヲ, 兼ノートといふ風変り, 兼バアテン兼給仕兼運転手兼その他いろいろの, 兼バリトン歌手の, 兼マスコットに絶大, 兼レストランがある, 兼一パイ飲み屋をやっ, 兼一族だけで, 兼三さんが満州, 兼三人何れも, 兼三郎俗に近, 兼三郎兼三郎といっ, 兼三郎外山長蔵金田兼次郎三河屋幸三郎などという貿易商, 兼並侵審論始識適幽, 兼世帯女である婆さん, 兼世話役について来た, 兼世間の人, 兼到, 兼丹後守になる, 兼主事としてその, 兼主力艦隊長官ケレンコ大将か, 兼主役の吾輩, 兼へその, 兼之氏今は文部省, 兼搾夫, 兼事務員としよう, 兼二階の天井, 兼云ってみな, 兼人事課長現在京城, 兼人間研究のため, 兼仁義みたよう, 兼から仕度, 兼仕事テーブルで塩, 兼仕事場になっ, 兼以上の五人, 兼以下の謀叛, 兼以存知之間守其役人斬仲章之首, 兼のごとく, 兼仲買人のやがて, 兼仲間のもの, 兼伊予守に拝せられ, 兼休憩所との仕切り, 兼会計は大川時次郎, 兼会計係をし, 兼柏軒, 兼住宅はおよそ, 兼住居にし, 兼作家の生活, 兼作爺が案内, 兼侍従の施薬院, 兼侍読となつ, 兼の二人, 兼俳優兼舞台監督たる水蔭, 兼俳優教師たること, 兼候え共本日御, 兼候お斷り, 兼候ヘバ其通り仰被, 兼候得バ猶重役, 兼候所よりの事ニ御座候, 兼候處より相, 兼候趣申立手代並妻女を縛りあげ, 兼傅役として松寿丸, 兼備えて薔薇, 兼備えた調子の, 兼僧正の弟子, 兼元兼清兼吉初代兼光はすぐれ, 兼元無銘刀研代, 兼光らなど指, 兼光一団の申し出, 兼光老士は門弟, 兼責任者, 兼八敵に物, 兼公おれの顔, 兼公人間には見こみ, 兼公心配するな, 兼公議人となり大学本校少博士, 兼六公園内の成巽閣, 兼其上甥鎌作儀病身に付, 兼せざるは, 兼兼坊お前は一体, 兼内務大臣陸軍中将従二位勲一等伯爵山県有朋を筆頭, 兼内科医で現に, 兼出前もちです, 兼則兼久兼貞兼白兼重などもすべて上手, 兼加賀介建永元年二月二十二日叙従四下承元々, 兼助監督として私, 兼勘作とつぎ, 兼が筑波, 兼化粧室に移させた, 兼医師スチュワード・エルドリッチを四千ドル, 兼十一世の孫菊亭右大臣晴李, 兼十世の孫景綱, 兼十何年か後, 兼千三屋の男, 兼午睡処とすれ, 兼過失が, 兼卜筮者であった巫女婆, 兼厨夫がたくさん, 兼及我源語竹取宇津保俊蔭等書, 兼友兼行兼則兼久兼貞兼白兼重などもすべて上手, 兼取押え方を, 兼古今未曾有式超特急, 兼台所と土間, 兼右中弁正経, 兼右近衞大將, 兼合外套を着, 兼合奏会がありまし, 兼吉らと共にチラチラ, 兼吉三人の身元, 兼吉気の毒がり一中, 兼吾君やつぱり本省の方, 兼元欽, 兼哲兼通兼雄を経, 兼哲学者で著述, 兼哲学青年になつ, 兼哲學者紀元四八〇年頃ローマに生れ, 兼唐絵目利に任官, 兼問屋後見として彼, 兼問屋後見役小竹金兵衛忰として付き添い二人, 兼喫煙室らしくそれ, 兼囑託醫として大いに, 兼回漕問屋の店, 兼囲炉裏で左右, 兼図案家常にウシマレス大王, 兼國際論文記者が口, 兼地主たりかつ, 兼坊お前は一体, 兼報告と云った, 兼売捌場に充て, 兼変態性慾とも名, 兼外務に大隈重信, 兼外務取り扱いとして江戸, 兼外務大臣として台閣, 兼外国事務取調掛りなる東久世通禧, 兼外国奉行に任ずる, 兼外相ウイッテ伯を縮み上らせた, 兼外科医の二番目, 兼多治見国長などの犠牲者, 兼大学であった, 兼大蔵大輔にあてた, 兼大隊長加藤武彦の二人, 兼女何女らの女らしい, 兼女将の居間, 兼伴侶が, 兼と御, 兼でその後, 兼娯楽場や, 兼婆さん暗がりをまたい, 兼婦人部長になつ, 兼孝さんに至つたの, 兼の琵琶, 兼季拍子は左大臣, 兼學天地神明に通ずる, 兼學藝部に二年, 兼といふ人, 兼守衛さ, 兼安がぴたり微動, 兼安が手にない, 兼安光次郎という人, 兼安弓削家代々の名刀, 兼官房長官として入閣, 兼実にして, 兼実俊恵寂蓮隆信の絶讃, 兼実験場の管理人, 兼家僕兼コック兼バアテン兼給仕兼運転手兼その他いろいろの, 兼家庭教師である彼女, 兼家政婦の岡本, 兼寛三浦謹之助両氏, 兼寛博士の説, 兼寛氏である, 兼寛男は水兵, 兼實行者であつ, 兼審判官として決闘, 兼封英六楚人滅六臧文仲謂皐陶庭堅不祀, 兼専務取締役というよう, 兼射的場をひらい, 兼将門は両立, 兼博物館に, 兼小売屋へハイカラ, 兼小説家だつた独歩, 兼小間物店があった, 兼少し助けて, 兼居室で普通, 兼居間兼寝室だ, 兼屋外博物館があっ, 兼展覧会をやった, 兼山城を, 兼を越える, 兼工場と店, 兼工店という方法, 兼工房だった建物, 兼帆艀だったの, 兼師世師夏師幸師景などみな武装, 兼師匠として報酬, 兼帳付けであ, 兼平貞盛等の訴, 兼の極, 兼并大を致す, 兼幻師軽業師で歌舞乞食, 兼幻灯屋をやっ, 兼広告欲も手伝っ, 兼康友悦の場末, 兼康横町とも呼び, 兼弁護士の免状所有者, 兼弁護士ランドルフ・タリスマン氏は頑強, 兼引付頭人となりて国政, 兼弗箱と呼ばれ, 兼当直室でとうとう, 兼待合である, 兼後見で忙し, 兼従僕にし, 兼従者を先立て, 兼買物方御, 兼御身はあ, 兼人と, 兼思想的の別, 兼恋情に堪えず, 兼惣七の帳場, 兼愛す選士大射す, 兼愛嬌者である, 兼戯曲作家に遠く, 兼手伝いに出かけた, 兼手術室が会計室, 兼すること, 兼る意, 兼掃除男として御, 兼して, 兼排日団体の首領, 兼援兵が雲霞, 兼播磨守陸奥大国造正四位上道嶋宿禰嶋足, 兼支配人ということ, 兼政治家として人物, 兼政治家式の家元中心制度, 兼教師は, 兼数千の兵, 兼数学者なればこそ, 兼整形外科の医院, 兼文学青年となっ, 兼文淵閣大学士徐文定公墓前十字記, 兼文芸部長の品川一平, 兼文藝部長兼婦人部長になつ, 兼文部省なるもの, 兼新聞記事の差止め料, 兼新聞記者といふ肩書, 兼の憎悪, 兼旅人宿は花見時, 兼日本一の茶人, 兼日本最初の探偵恐怖劇興行者, 兼日用意せしめ見参, 兼明りとりの天窓, 兼映画カントクが来朝, 兼映画館の前, 兼昼食がはじまる, 兼昼飯をすませた, 兼時小字は平二郎, 兼暗殺者のオッチリーユ, 兼書店につとめ, 兼書生といったよう, 兼書齋に直り, 兼本院新院の御所, 兼として製造, 兼という名, 兼東印度艦隊司令長官に任命, 兼松弥次助, 兼松若涙ぐみつつ, 兼松若三人枕を並べ, 兼果物屋で大道, 兼校主の高い, 兼植字機その他參考せる蘭書等, 兼検見方として千曲川, 兼検閲官だから, 兼模範的恋人として香, 兼模範的戀人として香, 兼次郎君からも承っ, 兼次郎夫妻は幾らか, 兼歌人兼批評家だつた正岡子規, 兼がおります, 兼武家の型, 兼母子のこと, 兼氏さまは五十二, 兼氏兼重兼定兼元兼清兼吉初代兼光はすぐれ, 兼気苦労を重ねた, 兼水守の常陸六郎良正, 兼水泳監督という役, 兼法螺の日下開山ピント, 兼波多野三郎横山五郎以下数十人の親昵従類等, 兼洋酒類煙草屋は震災前, 兼洗濯場の悪い, 兼活字引ともいうべき, 兼海底要塞司令官たるわし, 兼に在り, 兼済したるを, 兼演出家の横沢太郎氏, 兼漕手として料理人, 兼したる, 兼炊事場があり, 兼熊谷工場営業部長という肩書, 兼牛乳店で食事, 兼置きに, 兼物置をズッ, 兼物頭名越左源太から起された, 兼物頭近藤隆左衛門か, 兼王立協会記事の副, 兼現代稀有の邪妖劇名女優, 兼用心棒として江戸, 兼用談をする, 兼申し居りまするさア速, 兼申候得共如何様とも工夫, 兼男衆がたつた, 兼番人で佗, 兼番人かたがた妾宅の方, 兼番頭の辰さん, 兼発行所とし, 兼白兼重などもすべて上手, 兼白血球であります, 兼の食堂, 兼盗人の仲間, 兼て居, 兼研究室であった, 兼研究狂である吾輩, 兼研職で商売用, 兼社會部長となり, 兼祈祷師兼卜筮者であった巫女婆, 兼神學者の一, 兼神田兩替組頭長崎屋幸右衞門の豪勢, 兼の次男, 兼秀で兼秀の, 兼秀才でおまけ, 兼がわびたる, 兼秋随身の秦久武, 兼秘書の渡邊, 兼称する事と, 兼竹内三竺喜斎等がその, 兼等汝りや俺れことせ, 兼細君候補生として入り込む, 兼紹介の意味, 兼経営者として協同協力, 兼給仕の宮崎, 兼給仕兼運転手兼その他いろいろの, 兼給仕長の圭さん, 兼は豊家, 兼続発性脳髄炎との長い, 兼乾し場, 兼総領事として滞在, 兼総領事パアクス仏国全権公使ロセス伊国特派全権公使トゥール普国代理公使ブランドオランダ公務代理総領事ブロックそれに米国弁理公使ファルケンボルグ, 兼編纂者としての三宅嘯山, 兼編輯部長に連れられ, 兼編集の名義人, 兼編集局長であった鳥居素川先生, 兼編集長幸田節三の秘策中, 兼の女, 兼美兼哲兼通兼雄を経, 兼翻訳家の桑山竹夫, 兼而ハ戦場と申セバ人, 兼而三航蝦夷日誌にしるし, 兼而仏蘭西の, 兼而勤仕之者申合於定福寺, 兼而召つれ候人ニてハ, 兼而召つれ候人数を御, 兼而存居候所とや実に, 兼而存込の事故, 兼而後藤も老母, 兼而御同意の事故, 兼而御申越ニてよろしき, 兼而御示の如く, 兼而御聞に入, 兼而御聞ニ入置候通り, 兼而御聞ニ達セし人, 兼而御話御坐, 兼而思付所をせい, 兼而手筈いたし置候様, 兼而承候処は船, 兼而江戸に遊びし, 兼而海軍の志在, 兼而申上妻龍女ハ, 兼而眩暈之気味, 兼而被仰出候日限, 兼而論ずるが如き, 兼而通常人の形斗西洋, 兼而長州の政府, 兼而雅兄が御, 兼而難渋之上, 兼而高名なる幕府人物勝安房守, 兼職工が笑っ, 兼肥後守にせられ, 兼脳髄学の大, 兼自作農の伜, 兼自叙伝の印税, 兼舎監の先生, 兼般元仲に至り, 兼船頭旅館の主人, 兼良から來た, 兼もの寄席, 兼花柳界消息通になつ, 兼苦労而已をし, 兼茂藤原俊蔭出羽守藤原経邦兵部少輔良峰, 兼茶話会みたよう, 兼荷担ぎの若い, 兼荷持は, 兼落語家快楽亭ブラックの口演速記, 兼著述家ソニヤコワレフスカイヤ夭死せる詩人風, 兼蒐集家たる木村巽斎, 兼薔薇作りの名人, 兼薬局らしい, 兼薬屋を剰す, 兼藝妓屋でもあ, 兼藤紀子さんと四人, 兼蝗取りもその, 兼行路の大道, 兼仰付, 兼被告人という一人二役, 兼裁判所のよう, 兼見台といったよう, 兼見張所である, 兼覚悟しろ, 兼親睦会長でハンブルグ, 兼ひて, 兼評論家は最近, 兼す, 兼誇大妄想狂に相違, 兼調理台とが真白, 兼警察医ポウル・シェリダン博士が現場, 兼警視総監というところ, 兼護衛でも雇っ, 兼貞兼白兼重などもすべて上手, 兼貞盛良正等の力, 兼の, 兼輔ひとりの力, 兼農家の主, 兼通兼雄を経, 兼通字は子, 兼造幣局技師たりし, 兼連絡掛として某, 兼遊芸人さんは何, 兼運動をやる, 兼運転手兼その他いろいろの, 兼運送係りつて仕事で飯, 兼遍路さんは興味, 兼遠慮もいらん, 兼邦君の父君, 兼のとりかた, 兼醤油屋の主人, 兼重役であり中内忠, 兼野郎なア立派, 兼鎮撫総督らの進出, 兼の子, 兼長兼長の子, 兼防水扉は直ちに, 兼郎月, 兼阿闍梨重円大徳, 兼陸軍中佐の堀盛, 兼隆卿は上人, 兼を経, 兼へ嫁いだ, 兼雑役夫としてさらに, 兼雑誌記者ハンガリーの舞台監督, 兼雑貨店へ案内, 兼睡夜夜夜, 兼静養をし, 兼の残軍, 兼顕斎藤内蔵助村越三十郎天野源右衛門そのほか老臣旗本たち, 兼飯屋がある, 兼首相であった白原圭吾氏, 兼馬丁兼厨夫がたくさん, 兼馬作は芳町, 兼驚き還ってかの, 兼骨董商近竹, 兼というもの, 兼高岡忠郷花井卓蔵の各, 兼高等官は某, 兼鳶の者は受合旁, 兼黒幕としてはルーズヴェルト氏自ら采配