青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「具合~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~其処 其処~ 其後~ 其方~ 其時~ 其處~ 具~ 具体~ ~具体的 ~具合
具合~
兼~ 兼ね~ ~内 内~ 内側~ 内儀~ 内地~ 内外~ ~内容 内容~

「具合~」 1992, 22ppm, 5343位

▼ 具合~ (633, 31.8%)

36 して 19 なって 5 なつて 3 である, なるの, 目を, 私の, 突起し

2 [31件] いたく興味, したもの, すぐ切り棄て, すこしうとうとしだした, すると, なりました, なります, やつて, ゆかなかった, ユレニエフ氏へ, 僕を, 切々として, 器用に, 彼が, 得も, 息を, 手を, 揺れるか, 植込みの, 相手と, 私は, 話しが, 話して, 話すの, 調子が, 進行し, 遊んで, 配置すれ, 集まります, 首に, 鼻に

1 [496件] あくまでもねばり, あしらって, あらはれたかを, あらわされるか, あるいは人間, あると, あわただしく, いかない, いかないの, いくもの, いちいち疑問, いっしょに, いれなければ, いろいろ見当, うまく早速, おさめたという, おれまがるから, お互いに, お安く, かくれて, かなり手広い, かぶりまた, からみつける, くるりと, ぐるっと一, こきつかわれて, こっちの, この奇怪, この家, この私, この種, この難関, これまでも, これを, こんぐらかって, ごく気, ごく鐙, さすので, しきりに飲ん, しめつけると, すっかり四方, すべての, すべて真実仏教の, するの, するん, する丈, すれば, そつくりだつた, その地方地方, その時劇場, それからそれ, それを, だれにも, だんだん低く, ちやんと, つかったらいい, つぎから, つぎつぎに, つけて, つづいて, つるはしは, です, ですか, では, ところどころ石, とてもその, どこか, どこに, どれを, なかなか大きく, なったから, なっとるねん, なっとるん, なつた, なつち, なめらかに, なりますよ, なり君, なり酔い, なり鳥, なる, なるが, なること, なるであらう, なるわ, なれば, なんでも, にやにやと, にやにや照れ乍ら, はっきり心, はまる, ひつくり返る, ひどく縛られた, ひどく雪, ひねくり廻した物, ひびいて, ぴたりと, ぶらぶらやって来, ほとんど一夜, ぼつぼつと, まいりますと, まとまりません, もう鳴き, もぐもぐ唇, もつれて, やさしく言っ, やって, やつた, やらなければ, やる, やるかね, やると, やるので, やるん, やれよ, よい器, キリキリ舞いを, クネクネと, シャッターの, シュウッシュウッと, ヂッと, ハゼが, ピョンと, ブルジョア新聞が, ユーモアの, 一つ一つ日附が, 一人ずつ, 一年後先に, 一方弁証法的神学, 一枚の, 一癖あり, 三人が, 三番目はくの, 三転四変し, 上手に, 下女は, 両手を, 並べて, 主体的に, 予定の, 予定を, 事業を, 二つが, 二つの, 二十七ヶ所の, 二重にも, 互いに高邁, 互に啓発, 五郎の, 亡くなったも, 交媒した, 交錯しはじめた, 人に, 人間神経の, 会話を, 住んで, 何か, 何かの, 何ともいえぬ, 何遍か, 使うね, 使はれ, 使わないからこそ, 使用したい, 依つて, 俺の, 傾いて, 僕の, 入るもの, 全く庶民的立場, 其を, 其処には, 円くし, 再び前, 冷, 処女が, 処理され, 処理し, 出來, 出来て, 出納が, 分配され, 刎ね, 列ねて, 前から, 前よりか, 前進を, 加十の, 加十は, 動いた, 勵まされた, 区切って, 区別しよう, 十字形を, 単一でない, 参りましょう, 双生児の, 取り計らって, 取るの, 受信機には, 口を, 口癖に, 各々独自, 同じ球, 向うから, 向うへ, 向上しなけれ, 君と, 否定する, 吹雪いて, 味が, 命令する, 唸り出して, 喧嘩も, 四寸も, 四方屋の, 四種ほどの, 回想し, 固まって, 国体と, 土を, 地下戦車の, 地取りし, 坊主は, 声が, 声を, 変ずるけれども, 変ったか, 変な, 外から, 女中が, 好味, 姉は, 始終移動, 姿を, 子供が, 安, 実施指導を, 客観的能力が, 宵闇だ, 将棋の, 少し機密費, 尻が, 尾行し, 嵌って, 巡り会いどんな, 市では, 市の, 帯の, 帰して, 常にある, 常住では, 平次と, 平気であった, 幾重にも看, 建築設計を, 弁護士に, 弟の, 彎曲し, 当り触り, 彼の, 彼を, 彼女の, 彼等全部の, 往々に, 後ろに, 従つて仕事に, 御互同志, 恐ろしく頑丈, 情況は, 愚痴を, 感じて, 手ごろな, 手ン手ンに, 手探りし, 手離す, 扱って, 括りつけて, 持ちかけて, 持ちかけ平次自身, 持ち寄って, 持込んだ, 振れ, 捏ねるです, 揃へ, 搾られて, 撓る, 撫でて, 救って, 教え込まれて, 教室の, 教育した, 敬語に, 整えられて, 敷きつめて, 文明人ほど, 斷つた, 旅人の, 日本人は, 昔の, 映ったの, 暖い, 暗くし, 曲げると, 最初に, 最後に, 有効に, 未来に, 本所の, 板が, 林の, 枝が, 柵外へ, 楽に, 横の, 機械的につき, 此の, 死なれたの, 死んだかな, 殆ど熊本, 残りが, 段々と, 毎日一カ所ずつ, 比企先生が, 民間に, 氾濫拡大され, 江戸の, 沢山御馳走を, 泣くこと, 泥棒が, 泰さんは, 流れ込み溶けて, 流動の, 消えて, 渡し込む, 満船, 漁つて見よう, 潜伏所とも, 煉羊羹鬢付油と, 燃殻が, 牛が, 物も, 猿はらっき, 現われるので, 現代的価値自身の, 瑕物に, 生きて, 生活を, 田圃から, 町の, 畠に, 病気に, 白い雲, 直ぐ縛られ, 相談し, 真名古としては, 眠くなった, 眠つた子供の, 眼の, 眼蓋の, 着られて, 知ったかぶりを, 研究し, 社会施設によって, 祈りに, 私共は, 移動した, 移動する, 稍小きざみに, 種々な, 空想が, 空間学とでも, 突き上げるには, 立ち直つて, 立ったらいい, 立行かぬよう, 竝べて, 等々十個の, 簡単ながらも, 精妙に, 純化し, 累加し, 細い紐, 組み立てるの, 結べて, 結合され, 結婚や, 続くわけ, 続けますと, 縛られて, 罠に, 罪の, 置いて, 置くと, 羽毛が, 考えたと, 考えること, 考へまして, 聯想の, 脛押しを, 腕の, 臘燭の, 自分が, 自分の, 自在に, 自然に, 自身の, 至って平気, 舌で, 舞台以外の, 船中の, 艦は, 苦心した, 茶羅化す, 草が, 荷馬か, 葬むら, 葺いたもの, 行かない, 行かないと, 行かない結局, 行かぬから, 行かぬと, 行きそう, 行きつこは, 行きますかね, 行くの, 行けば, 行つた, 行つたとて, 行れ, 行われたか, 行われたかは, 行脚し, 衝突し, 褒めたもの, 見えましたか, 見える, 見えるから, 見せたかつたの, 見せて, 見覚えが, 解けて, 解釈し, 言い出した, 言うの, 言われたの, 言語と, 討ち止めたか, 話さないと, 話し出されて, 話を, 説明し, 調子を, 議場に, 貴郎, 賢かつ, 足を, 跳ね廻って, 転居しました, 轉んで, 辿って, 返りました旦那, 述べ立てら, 逆上せて, 通ったか, 造って, 造られて, 連中へ, 適合せぬ, 都合を, 酒を, 酒呑童子を, 酔いを, 重そう, 金の, 長さ一尺二寸, 間が, 附いて, 随分まちまち, 集めて, 雨も, 雲が, 霊の, 青紫の, 静かに, 非常に, 鞭を, 頭の, 飛んで, 馬は, 骨を, 魚が, 鳥は, 鳴る牛, 黒塗の

▼ 具合~ (392, 19.7%)

13 悪かった 11 わるい 10 悪いの 9 悪いから, 悪かつ 8 悪い, 惡く 7 悪いと, 悪いよう, 悪いん, 悪くて 6 好い, 悪いので 5 わるかった, 惡い 4 いいので, よかった, よくない, わるくて, 好くない 3 いい, 悪くって, 悪くなった, 悪くなつた

2 [23件] うまく行け, どうもよく, へんだ, よい, よくなった, よろしい, わるいの, わるいので, 似て, 何だか故, 奇妙だ, 好いから, 好いね, 強すぎる, 悪いそれ, 悪いな, 悪いもの, 悪いやう, 悪くなっ, 悪くなり, 惡いと, 猿の, 面白くない

1 [196件] あまりに見事, あんなに応揚, いいか, いいかい, いいという, いいの, いいもの, いいや, いいよう, いいん, いかにもうま, いかにも亀, いかにも快適, いけない, いけなくなった, ええで, おかしいので, おもしろくない, ことさらに, さっき板橋の, しっかりとは, すこしへん, すこし変, すなわち態度, そういう連想, たいへんい, ちがって, とくに現代, とても可愛い, とても良, とろりと, どうかした, どうかなっ, どうだ, どうも四十以上, どこにも, どんなに苦しい, なかなか手腕, はげしく一日, はなはだ幼稚, へんに, ほぐされたところ, よいと, よいので, よかったら, よくって, よくて, よくでき, よくないらしい, よくなく, よくなっ, よくなります, よくなる, よくねえだ, よく解らなかった, よしおととい, よろしいそう, わるいこと, わるいつて, わるいです, わるいと, わるいとは, わるいね, わるいもの, わるいよ, わるかつ, わるくな, わるくない, わるくなっ, わるくなり, わるく三晩, 一個の, 乙でげす, 亦た, 仏蘭西蘇格蘭折衷式の, 仕上げを, 何う, 何うも, 先つき板橋の, 全く一変, 全体に, 凄じ過ぎる, 分かんねえから, 北村君の, 可い, 変だ, 変った, 変であった, 変でございます, 変な, 変に, 変わったの, 変わって, 変挺で, 大事だ, 大分悪い, 大変いい, 大変違う, 大變, 女の, 好いだらう, 好いだんだん, 好いと, 好いとか, 好かつた, 好かつたし, 好くなかった, 好さ, 如何にも亀, 妙だ, 妙で, 宜しいと, 少し不審, 少し変, 少し念入り, 少し悪い, 平常と, 思ひ出せないん, 思わしくなくて, 恐くて, 悪いか, 悪いかしら, 悪いからな, 悪いからねえ, 悪いけれど, 悪いこと, 悪いせい, 悪いそう, 悪いだらう, 悪いで, 悪いでし, 悪いです, 悪いという, 悪いといふ, 悪いとか, 悪いとかで, 悪いとき, 悪いもん, 悪いらしい, 悪いわねえ, 悪い由, 悪うて, 悪かったら, 悪かったり, 悪かん, 悪くすべて機械的, 悪くそして, 悪くってね, 悪くつて不可, 悪くつて仕方, 悪くつて妹, 悪くな, 悪くなつ, 悪くなる, 悪くまだ, 悪く夜光虫, 悪く宵, 悪く附添さん, 悪さ, 悪さうに, 悪そう, 悪る, 悪るいん, 惡いから, 惡いとい, 惡かんべ, 惡くつて, 惡さうに云つた, 手に, 手風琴に, 日劇を, 日増に, 日本の, 月番家主八百屋と, 有て, 極めて敏感, 死人の, 気に, 決定的な, 甚だよろしくない, 看護婦連の, 眼鏡の, 示されまた, 美に対する, 至極うまい, 良いか, 良うおなりはつ, 良かろう, 良くない, 苦しいから, 見られる, 變だ, 逆に, 違つて来る, 鉛筆の, 非常に

▼ 具合~ (211, 10.6%)

5 あつた 3 自分の 2 かまるで, こいつは, その白い, それが, それは, 到頭埋もれ, 大変大きく, 妙に, 朝餐も, 私は

1 [183件] ああなるん, あの支那人, あらうよ, あんなに見えた, いく通り, いつの間にか疲れ, いつも見えない, いながら, うまい按排, おかみさんに, お互いに, お千代, かけずり廻った甲斐, きめたの, ここへ, この当時, この穴, これは, すつかり外れ, そこに, そのむかし, その場所, その晩, その煤, その翌日, そりや, それらが, それを, ただだらしなく延びる, ちょうど昼時, つまりちょうど, ときどき顔, どうでも, どうにも筆, どうも歴然, な, なかなか歩けない, なかなか直らない, なしには, なにかシミッタレ, なんだか皆んな莫迦, なんとも決しかね, ふくろの, ふと思ひつい, ほんのりと, ぼつぼつと, まい日, また創作家, まぶしい感じ, みんな羽根を, もう気の毒, わたしは, イライラと, チャンと, ランプを, 一人で, 三四時間も, 三年に, 三方四方から, 三日に, 上下二本の, 不思議に, 事が, 二人の, 互に魔法, 五十人百人の, 人形どうしは, 人間の, 今さら引込み, 今尚, 今日の, 休むと, 伝平は, 何とも気, 何れ忍男に, 何を, 作右衛門方を, 修業によって, 俺には, 僕らの, 先方の, 光るの, 其目の, 内から, 創作家の, 化物海豹めが, 医者の, 同じお, 君の, 唐の, 喫茶店は, 国内が, 堀口生は, 夜と, 大概見当が, 太郎は, 夫, 婆さんの, 學問の, 完全に, 実に彼ら, 寄る浪, 少しの, 少し頬骨, 少年の, 年中セリ合っ, 当局は, 彼は, 往年の, 後から, 必ず窮屈, 思はずド, 悦んだ, 悪霊が, 感じられる, 我々の, 我輩の, 或いは赤紫, 手に, 搖れるの, 敦子さまは, 新婚の, 星の, 木の葉が, 木洩れ日が, 柳沢は, 極めたの, 正三君と, 正気なる, 此の, 死に切れぬ時, 死ぬの, 段々芸, 気軽に, 流れの, 浮ぶかは, 浴槽の, 漢字は, 熱心に, 玻璃を通して, 甘かったり, 男である, 痛み出すに, 白が, 直覚した, 相手の, 私が, 私と, 私の, 空気が, 筋の, 糸の, 終了した, 結局故郷の, 自他の, 自殺した, 自由党征伐の, 自転車の, 英国へ, 荷物は, 處, 見えないの, 見て, 見るもの, 見舞に, 誤りなく, 變つたさうです, 農家が, 間の, 閣下と, 隅の, 離れない, 電燈の, 電車は, 青く透き通る, 非常に, 韻文に, 頼む相手, 頼朝は, 顔を, 高くなっ, 魚の, 黄色い花

▼ 具合~ (100, 5.0%)

6 見て 5 見ると, 調べて 4 悪くし 2 眺めて, 見た上, 験べ, 験べたり

1 [72件] いけなくして, お調べ, しきりに気, しらべ, しらべた, しらべて, ともすると想わせる, とりかへ, なおして, ながめたり, ながめ入りましたが, のぞいて, もう一度念入り, やめなかった, よく観, 乞ひ, 凝と, 利用し, 収税吏と, 回復し, 尋ねたり, 彼の, 恢復した, 惡くし, 感じそれ, 損ねて, 損ねましよう, 検べ, 熱心に, 物理的に, 直した, 直したり, 直す, 眺めた, 眺めたの, 知って, 研究する, 窺つて星月夜が, 紙に, 考へながら, 良くする, 見た, 見たかつたん, 見たの, 見つめて, 見てから, 見ても, 見ながら, 見に, 見ましたが, 見ようという, 見るかたち, 見るため, 見るの, 見定めて, 見損, 見比べて, 観察し, 観察する, 言って, 試したり, 話し合う, 話すだけ, 語って, 語つてゐるらしい, 調節し, 調節する, 鑑定する, 間違いなく申し立て, 験べた, 験べて, 驗べて

▼ 具合~ (89, 4.5%)

5 悪いこと 3 悪いもの 2 い, いいこと, いいの, わるいこと

1 [73件] いいたこ, いいという, いいところ, いいよう, いい冬, いい古, いい安楽椅子, いい湿気, いい話, いい論法, おかしい所, ところです, ものである, よいもの, よい準備完了, よい窓明り, よい釣合い, よからぬ, よさそう, わるいところ, わるいの, わるい奇策, わるい宿命, わるい時, わるい点, わるそう, プラスに, 一種刺戟を, 上で, 仕事を, 佳さ, 好いところが, 好いもの, 好いソフア, 好い寸づまり, 好い軽い野布袋, 好い鏡, 好い雨, 好く出来, 好さそう, 山が, 御意見, 恐龍, 悪いこの, 悪いたこ, 悪いとき, 悪いところ, 悪いラヂオ, 悪い不首尾, 悪い事, 悪い入歯, 悪い原因, 悪い戸, 悪い時, 悪い状態, 悪い錠, 悪い間柄, 悪い頭, 悪い顔, 悪かった, 悪くなった, 悪さ, 惡いこ, 惡さに, 感じられて, 時しか, 熾烈な, 狼狽さ加減で, 窮屈な, 経験の, 良い外套, 顔を, 馬場で

▼ 具合~ (69, 3.5%)

4 どうだ, どうです 2 いかがです, どうな, 平常の, 悪いの

1 [53件] いい, お父さんに, すでに直っ, どうか, どうかね, どうじゃ, どうじゃの, どうぢ, どう見, どんな, どんなでした, なかなか他, なんとも, ぴたりと, ほどよい特色, まだ我々年輩, みな単に, よくなりました, 上ン土の, 世界中の, 何うだ, 何ともいえない, 何んな, 俺達に, 僕だけにしか, 僕にと, 兎も, 全く偉, 判りません, 前条の, 可ささう, 可さそう, 変りも, 好くなる, 實に, 少しは, 少許, 常の, 弱々しくな, 急に, 掌の, 春の, 未だ何ん, 本当でない, 極めて悪い, 正しく真理, 滅多に, 漫々と, 直ったの, 眼に, 見へ, 速くしない, 餘計だ

▼ 具合よく~ (47, 2.4%)

2 して

1 [45件] あの男, いきまして, いすに, いって, いってるの, いつて, くだけない中, すすんで, するすると, その孔, その料理道, なって, ゆくかと, ゆくかも, 事件を, 作品論を, 入る代, 写って, 出来て, 地が, 寝ようと, 岩が, 引っぱり廻され運, 張った糸, 彼女と, 後へ, 応答された, 敷きこんで, 方三尺ほど, 晴れ上がって, 母を, 洗い流して, 繕うた, 繕つて永く, 聞いて, 落ちた, 行きそう, 行けば, 行はれ, 裂くという, 調節され, 迅速に, 通って, 順, 館の

▼ 具合~ (33, 1.7%)

1 [33件] あまりよくなし, あるので, い, いさ, いなせなり, きのうから, さいわい今朝, すっかり好く, そんなに不, たしかめずに, また同断, よぼよぼの, 分化し, 北山だらう, 善かつ, 変ったので, 妙に, 寝不足でます, 常とは, 悉く違う, 悪かった, 悪くこの, 悪く思われ, 想像出来る, 手伝って, 暫く不在, 申しぶん, 知らせて, 自から, 至極よろしい, 華麗な, 落付か, 郷里へ

▼ 具合~ (28, 1.4%)

3 云ひ 2 庭の, 政治の

1 [21件] いいその, いいどうも, いい並々, この落ちつき, そっくり似た, その皮膚, によつて, 一分一厘違わず, 云い初めて, 云い是, 似て, 剣とを, 山が, 来たら実に, 来ては, 汽船が, 激流との, 申すか, 続き具合, 自分に対する, 言つても

▼ 具合~ (27, 1.4%)

2 がことに, つた, と思っ, ね

1 [19件] かお, から日本, から空室, から道具, から青木, つた出, つて斯んな, つて脚の, というの, とする, とよく, と危険, と思う, と感じました, と末, なと思い, のという, のを, よ鰌

▼ 具合から~ (20, 1.0%)

2 して, 見ると

1 [16件] この板橋, これは, してた, だろう大便, 云って, 何から, 作者は, 口の, 土の, 太陽も, 平生より, 推すと, 耳の, 見て, 見ても, 言ふと

▼ 具合では~ (20, 1.0%)

2 なかった, 書生部屋に

1 [16件] いまに, しようがない, どうしても発火後二三十分経過, どうやら茶屋, ほとんど残り少な, まだ息, もういちどはじめ, 一体おれ達は, 一度も, 千両箱は, 少々の, 必ず多少の, 曲者が, 毛利先生は, 洋服よりも, 疲労の

▼ 具合には~ (20, 1.0%)

2 行かない

1 [18件] とても参らぬ, なりませんよ, 出来なからうと, 単なる動向, 参らぬ, 大なる, 思想動員は, 知らず知らず注意, 行かず錢形平次, 行かなかった, 行かぬ, 行かぬもの, 行かん, 行かんと, 行きません, 行きませんぜ, 説明出来ない, 跪まれない

▼ 具合~ (18, 0.9%)

2 口吻が, 彼等の

1 [14件] シルクハットの, 何かで, 動作の, 四辺の, 帯の, 影の, 湯の, 然しどう, 煙硝の, 重たさ, 頬骨の, 顎が, 鬘の, 鼻の

▼ 具合~ (15, 0.8%)

4 のです 2 のだ, んだ, んです 1 いきさつで, のだろう, のである, 元気さで, 食堂には

▼ 具合でも~ (12, 0.6%)

5 悪いの 2 悪いやう 1 今度の, 何でも, 悪いんぢ, 自由自在な, 見たらまた

▼ 具合です~ (11, 0.6%)

41 かね, からちっとも, からザヴィエル, から一般, けれど手紙, ね, 既に天然

▼ 具合~ (10, 0.5%)

2 急に 1 それとも女, それとも自分, わけても女, 中山は, 僕には, 抜けて, 来がけ, 腹を

▼ 具合によって~ (9, 0.5%)

1 あらゆる帽相, いかなること, いちがいにも, いろいろな, 兄弟の, 日本で, 普通の, 特に最も微妙, 紫色に

▼ 具合などは~ (8, 0.4%)

1 おほか, お末, まだ目, まるで女, 値段よりも, 我々は, 日本内地の, 柔道の

▼ 具合まで~ (8, 0.4%)

2 俺に 1 そつくりです, 加えると, 悪くなった, 申分なく, 訊いて, 鑑定し

▼ 具合だった~ (6, 0.3%)

1 からなるべく, から大志, な, ね, のだろう, んです

▼ 具合でした~ (6, 0.3%)

21 から芥川, から長火鉢, から高橋, があと

▼ 具合などを~ (6, 0.3%)

2 見て 1 八五郎と, 念入りに, 気に, 話す気持

▼ 具合にも~ (6, 0.3%)

1 そんなに不仕合せ, なって, よるだらうが, 何にも, 行かないから, 関係し

▼ 具合など~ (5, 0.3%)

1 まことに死, よくそうし, 君でも, 描き取って, 赤ん坊對手の

▼ 具合わるく~ (5, 0.3%)

1 これには, て困る, ノドチンコが, モズモズした, 同棲し

▼ 具合じゃ~ (4, 0.2%)

1 ない, まだ腹具合, 一時は, 仕様が

▼ 具合であった~ (4, 0.2%)

1 かと尋ねた, から峯子, か感激, のである

▼ 具合である~ (4, 0.2%)

1 かといふ事, から佛國人, が一方, が憶良

▼ 具合~ (4, 0.2%)

1 に他愛, に青年顏, のいい, はい

▼ 具合悪い~ (4, 0.2%)

1 からハネ, といつた, らしいので, 角度を

▼ 具合悪く~ (4, 0.2%)

1 なった之, 奥へ, 戻さぬも, 食慾な

▼ 具合~ (3, 0.2%)

1 悪い由, 悪くなられ, 言葉の

▼ 具合だけ~ (3, 0.2%)

1 でどんな, で走つて, 直して

▼ 具合~ (3, 0.2%)

1 やそんな, や二梃刄, や矢並行方

▼ 具合なぞは~ (3, 0.2%)

1 どうやら似通っ, 先の, 割合に

▼ 具合なら~ (3, 0.2%)

1 ば日光, ば私, ば第

▼ 具合によ~ (3, 0.2%)

2 つて今年の 1 つては

▼ 具合よろしから~ (3, 0.2%)

3

▼ 具合一つ~ (3, 0.2%)

1 で向, で向う, にもきわめて

▼ 具合好く~ (3, 0.2%)

1 胴体の, 長四畳, 陽を

▼ 具合~ (3, 0.2%)

3 そうに

▼ 具合~ (3, 0.2%)

1 いといつた態度, く戻さぬも, し暫らく横

▼ 具合かと~ (2, 0.1%)

2 聞いても

▼ 具合これ~ (2, 0.1%)

1 ほどの光線, ほどの肉

▼ 具合これら~ (2, 0.1%)

2 を精密

▼ 具合とか~ (2, 0.1%)

1 何とかそういう, 窓の

▼ 具合とを~ (2, 0.1%)

1 合体せしめる, 見て

▼ 具合などが~ (2, 0.1%)

1 おもかげ, 美しく巧み

▼ 具合なども~ (2, 0.1%)

2 見せて

▼ 具合にだけは~ (2, 0.1%)

2 二つの

▼ 具合にては~ (2, 0.1%)

1 梅雨の, 筆は

▼ 具合にな~ (2, 0.1%)

1 つてし, つてゐた

▼ 具合まことに~ (2, 0.1%)

1 よからず, 悪し

▼ 具合までが~ (2, 0.1%)

1 まったくお, 無頓着で

▼ 具合までも~ (2, 0.1%)

1 ソックリそのまま, 守吉は

▼ 具合よろし~ (2, 0.1%)

2 安心

▼ 具合少し~ (2, 0.1%)

1 い, 鷲に

▼ 具合少年心~ (2, 0.1%)

2 にも面白い

▼ 具合悪し~ (2, 0.1%)

1 今日は, 夜熱を

▼1* [87件]

具合あの走る姿, 具合おこし具合で少し, 具合かなどと己の, 具合かも知れませんよ, 具合ががわるくて, 具合がな愛嬌が, 具合がよかつたら出掛け, 具合がをかしい, 具合ことごとくその時, 具合さえ良ければ, 具合しっかりとよく, 具合すれば杖, 具合そして尻尾の, 具合その後どうだ, 具合それから第四句, 具合たれ醤油の, 具合だったらまったく申し分, 具合だらうか, 具合だろうと手, 具合でありますけれどもこれ, 具合でございましたからこれ, 具合でないと名文, 具合といふことに, 具合とは全く別, 具合どうしても高泉としか, 具合なぞの研究は, 具合などと悩ましく考える, 具合などに興味を, 具合などには眼も, 具合ならびにその気分等, 具合なれば気, 具合なんか盲目の, 具合について遠慮なく批評, 具合についても何一つとして, 具合にて斯く明, 具合にまでは行つてゐなかつた, 具合によってはその複雑, 具合ひといひ, 具合また葉の, 具合までは知りませんが, 具合もう大丈夫, 具合やら彼らの, 具合さ, 具合よからずと, 具合よくスラリとあきました, 具合よりみれば, 具合らしく発表された, 具合らむとらしめりと, 具合わりくてな, 具合わるいので先, 具合わるしと, 具合スッとせず, 具合ポンポン言われたの, 具合以上の感じ以外, 具合何処に一つ, 具合によつて, 具合全くいけず安来節, 具合別荘の多い, 具合剃り毀つには堪へられない, 具合呼吸の仕方等, 具合の感じ, 具合に好し, 具合を含んだ, 具合の作り方, 具合当人も頗る, 具合戸締りなどを調べました, 具合手巾の下, 具合揚げその他どうである, 具合の割目, 具合淺黄裏ぢやありません, 具合燈心おさ, 具合物憂げに, 具合い庭, 具合の玉, 具合眼つきに人, 具合の紐, 具合の蓋, 具合の卷き, 具合細かく呼吸し, 具合の多い, 具合の抜き具合, 具合良くしっくりと, 具合色事の掛り合, 具合の具合, 具合蝋色のほ, 具合面貌までが頗る, 具合の二疋