青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「元年~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

億~ ~儘 儘~ 優~ ~優しい 優しい~ 優しく~ 優れた~ ~元 元~
元年~
元来~ ~元気 元気~ ~兄 兄~ ~兄さん 兄さん~ ~兄弟 兄弟~ 兄貴~

「元年~」 1164, 12ppm, 9061位

▼ 元年~ (212, 18.2%)

5 ことである, 夏の, 項に 4 正月に 3 ことであった, 条に, 條, 條に

2 [11件] 七月越後の, 三月に, 二月から, 二月なかばである, 六月を, 四月に, 大坂陣の, 大坂陣までを, 春, 條下に, 秋新

1 [159件] ことだ, ことで, ことでした, こと左衛門志藤原宗貞という, この日, ころ, ころに, はじめより, まへ, ような, 七月に, 七月末, 三月から, 三月であっ, 三月一日, 三月幕府銅山の, 丑私の, 九月, 九月ことしの, 九月で, 九月と, 九月に, 九月彼女は, 事件も, 二十一歳まで, 二回の, 二月に, 二月には, 二月の, 二月二十九日は, 二月末, 二月私が, 五月に, 五月には, 五月一日この, 五月上野に, 作, 作に, 元日に, 元旦は, 八月で, 八月に, 八月には, 八月内藤新宿の, 六月五日, 六月前, 六月十一日の, 六月十一日御, 内藤庄右衛門宝暦六年の, 冬だった, 冬には, 冬の, 冬北京へ, 冬在京中讒者の, 冬山門大, 冬御, 冬洋行する, 冬病を, 冬罪が, 冬臨終正念に, 冬重, 出版で, 出生七十歳で, 前の, 北山御遊の, 十二月だった, 十二月に, 十月きょうは, 同月に, 同月二十九日には, 和宮様の, 和宮様御, 和睦, 四月には, 四月の, 四月十三日に, 変で, 夏は, 夏又, 夏君の, 夏多くの, 夏大旱あっ, 夏家臣と共に, 夏深川に, 夏留守中に, 多事な, 大坂落城を, 大震の, 太政官符に, 太政官符にも, 奥書きあり, 奥羽戦争の, 学令に, 年の, 庚寅年の, 建立に, 後半期あたり将軍辞職の, 御条文, 拝賀の, 改元の, 日記に, 昔に, 昔も, 春であった, 春に, 春の, 春は, 春暮なんと, 春茶山が, 春頃から, 暮でした, 暮近く京都で, 末から, 条には, 条及び, 條の, 條參看, 正月から, 正月で, 正月であった, 正月の, 正月へ, 正月を, 正月五日, 正月十日義仲は, 正月天暦いらい, 正月彼の, 正月早々伏見の, 正月早々信長から, 正月頃から, 比かとよ, 生で, 生まれである, 生れで, 生れというは, 甲子年であった, 石清水行幸にも, 禁門戦争, 禁門戦争の, 秋ごろには, 秋だった, 秋二十四歳の, 秋八月であった, 秋北米合衆國に, 秋海外の, 秋紅葉の, 秋自分が, 秋英一が, 秋鎌倉で, 第二次乱, 紀に, 維新の, 著なる, 詔の, 誓紙条文そのまま, 閏二月, 頃は, 飛騨入りを以て, 騷動は

▼ 元年~ (184, 15.8%)

5 歿した 4 至って 3 京都に, 生れて, 病死した 2 なって, なつて, 京都で, 八十三歳で, 司馬遷の, 生れた, 至るまで, 薨じた

1 [150件] あたって, あたる, いたる同, この地方, この訳語, して, なりましたが, なり元年, なり花世, なるから, なると, また職務俸, やはり尼御台さま, ようやくこれ, イギリス船へも, ヴォルガ河の, 丁, 七十八歳で, 七十六に, 七十四歳で, 三世瑞仙直, 三十七歳とは, 三十九歳で, 上土出村を, 上洛した, 世を, 主侯と共に, 二万三千五百句を, 二十一歳で, 五十歳に, 亡くなつて, 京都へ, 伊予守正教の, 伏見院から, 使いを, 儒官に, 充てたの, 入って, 八十歳で, 六十八歳で, 六条清輔が, 再び江戸, 再興した, 出仕を, 出家した, 前年からの, 北朝の, 十二歳で, 十六歳で, 南島から, 友だちの, 唐に, 四十八歳で, 壽四十二歳を以て, 変ったと, 夜の, 奏者番に, 宇佐より, 家臣横瀬国繁に, 寂した, 将軍家茂に, 小田原で, 山城河岸の, 帰朝した, 帰朝致し, 建安郡の, 当たる, 当る, 当山派の, 後嵯峨院, 従五位上を, 従五位下を, 御相続, 徳川家が, 慈興上人が, 掛けて, 撰つた, 新庁, 於て, 昌三郎を, 明国に, 有名な, 李善長等の, 東京大学の, 東涯は, 校正した, 桜田を, 権令林左門が, 武帝が, 歿く, 歿し, 歿せり, 江戸で, 江戸に, 江戸灣に, 泰澄和尚が, 浅野家から, 漢土へ, 為兼は, 為家は, 焼けたなり, 焼けて, 父が, 版に, 生まれたが, 生まれて, 生れたこと, 生れたと, 生れた日本, 生れた芭蕉, 生れた説, 生れ仲, 生れ天文六年八十三歳, 生れ弘化三年, 生口, 産れた, 甲斐国より, 病気と, 眞志屋十二代の, 竜池父子の, 米使との, 米沢で, 粂野美作守高義公国替で, 結婚した, 絶交を, 胡僧摩羅難, 胡地で, 至っては, 至つて五郎兵衞と, 至つて始て, 至つて完成せる, 至りまして, 至る武鑑, 至る迄, 茶山の, 薨じ, 薩摩が, 蘇武が, 行われた源頼朝, 見たの, 謫せられた, 豐臣氏が, 躋寿館の, 近世詩林一巻を, 近衛天皇が, 郭欽元康九年に, 采女の, 長安に, 阿弥陀如来が, 駿河の

▼ 元年には~ (42, 3.6%)

2 大村領の

1 [40件] その重, まだ二十歳, やうやく, ようやく十二歳, イスパニヤが, 二十三歳で, 二条為氏五十四京極為教三十七, 五百の, 例の, 倭名類聚抄の, 十歳に, 印刷工場を, 和泉屋すなわち, 四十六歳で, 大阪に, 天皇は, 実に唐船百十七艘, 実隆の, 家断絶, 将軍家は, 尾張越前より, 従前の, 既におと, 晋国公に, 柴田勝家と, 梅屋鶴寿が, 榛軒詩存に, 正月に, 為氏五十四為教三十七為相十三である, 瑞英の, 百零二歳で, 福井三橋町に, 若江に, 蘭軒が, 行基の, 辻花雪が, 長崎会所から, 長男瑞長が, 阪東諸国に, 韃靼の

▼ 元年~ (41, 3.5%)

4 いえば 2 なった, 改められた

1 [33件] あらためた, あらためられた, あらため先王孫堅, された, したまいぬ, して, すると, するも, なす, なったが, なったの, なった三月, なって, なっては, なつて, なり織部正, よぶこと, 云うが, 云えば, 云ひ, 変った春, 改まった, 改まるころ, 改めた, 改めた東照宮二百五十回忌, 改めて大いに東照宮, 改元された, 改元し, 改元に, 為さんと, 為す, 相成り其の, 見て

▼ 元年から~ (23, 2.0%)

2 三十七年間人に, 五十一歳小倉の, 始まって

1 [17件] いえば, ちょうど九十年目, 下は, 二年の, 二年へ, 二年への, 二年まで, 二年三年と, 五十年間ばかりは, 元中九年, 各地に, 天明五年に, 山村座が, 慶安元年まで, 慶応四年八月死ぬる, 承久二年, 昭和五年に

▼ 元年~ (21, 1.8%)

6 蘭軒歿後第

1 [15件] その頃, やや事, 六十八歳で, 味取で, 夏の, 実に千八百三十年ブルボン朝, 実は次, 御即位, 我が天智天皇, 抽斎の, 正月に, 泰平で, 蘭軒歿後十五年である, 阿仁の, 陸中の

▼ 元年より~ (15, 1.3%)

1 [15件] 三年間石経山房を, 二年にかけては, 今日に, 元治元年に, 四十一年前に, 始めて, 後二年に, 數へて, 文明九年まで, 楊雄が, 毎年二月と, 現在まで, 約三十年前, 茲に, 逆算し

▼ 元年~ (14, 1.2%)

1 [14件] あらう, この歌, 五十年も, 今より, 信政の, 勘次郎は, 北条泰時執権の, 大阪の, 尊王攘夷佐幕開港日本の, 川本幸民が, 平洲, 桜田の, 江戸城あけ渡しから, 西暦の

▼ 元年十月~ (12, 1.0%)

1 [12件] には土佐, に京城, に帰朝, に武蔵守輝国, に清水寺, の両度, の中央公論, の二十一日, の和宮さま, の生れ, の鎌倉將軍宗尊親王, を初発

▼ 元年正月~ (12, 1.0%)

2 の初め 1 かの地, からひろく, で場所, にも同, に小判三万両, に此伊木, の第, の鳥羽伏見, は早々, を以て

▼ 元年十一月~ (11, 0.9%)

1 [11件] に三十五歳, に入, に親父白猿, の, のこと, の事, の末, の条, の長州服罪, より翌年七月, 御法事

▼ 元年四月~ (11, 0.9%)

3 の地震 2 には山城 1 と記し, において文覚上人, には越後, に三家老, に相模, より繋がれ

▼ 元年三月~ (10, 0.9%)

1 から十月, には日光山, には近衛将曹従六位下勲六等間人直足人, にも大, に薨, のこと, の末, の条, より三十三ヶ月, 御年十六歳

▼ 元年~ (10, 0.9%)

1 である, であるから, でこの, で三十三歳, で明和七年, として四十二, の人, の平蔵, の維嶽, の青年

▼ 元年~ (9, 0.8%)

1 丁度辛酉, 二十一歳で, 二年に, 八つの, 十歳で, 甲子であります, 茶山蘭軒の, 辛酉でありまし, 辛酉に

▼ 元年七月~ (9, 0.8%)

1 となった, には山城, には紀伊, に長崎, のこと, の上旬, の始, より恵帝, 大地震速見高崎山

▼ 元年六月~ (9, 0.8%)

1 には和蘭, には羽前, に福井, のこと, の地震, の末頃, の条, の調べ, 狭

▼ 元年まで~ (8, 0.7%)

1 いわゆる志士, かつきり百年, ざっと数え, 二十余年の, 五六年の, 千七十五年間の, 殆ど落ちつい, 生存し

▼ 元年~ (8, 0.7%)

2 一〇〇と 1 司馬遷の, 基準に, 後るる, 距る, 迎えた時, 迎え越前

▼ 元年二月~ (8, 0.7%)

1 であるが, には伊豆, には美作, には義元, に亡くな, に小川町, の大, 即ち私

▼ 元年九月~ (7, 0.6%)

2 の末 1 とあります, には安治川尻, に家督, の出来事, の行幸

▼ 元年十二月~ (7, 0.6%)

1 であるから, にも文化三年三月, に奏覧, のこと, の事, の大晦日, の日露条約付録

▼ 元年あたり~ (6, 0.5%)

1 からその, で四十二歳位, にはもうそろそろ, のこと, は平家, を平田派全盛時代

▼ 元年~ (6, 0.5%)

1 からさう, からやはり, か二年, としてある, とせ, と伝へられ

▼ 元年五月~ (6, 0.5%)

1 で三十六歳, には遠江国, の地震, の条, は二十, 異國船

▼ 元年八月~ (6, 0.5%)

1 にその, には会津, に皇后, に至る, の二日, の地震

▼ 元年即ち~ (5, 0.4%)

1 千八百三十年に, 大師の, 慶応四年明治改元の, 我が延暦二十四年, 西暦千七百三十六年の

▼ 元年~ (4, 0.3%)

1 二年あたりの, 二年かに, 二年頃の, 文久一二年頃昌造三十七八歳の

▼ 元年すなわち~ (4, 0.3%)

1 かの浜主, 大坂落城の, 彼の, 戊辰の

▼ 元年~ (4, 0.3%)

1 の三十五歳, の朝鮮陣, は三年, は六十八歳

▼ 元年その~ (3, 0.3%)

1 二十歳の, 年に, 御計画

▼ 元年とも~ (3, 0.3%)

2 六年とも 1 併称された

▼ 元年にも~ (3, 0.3%)

1 あって, 既に一度, 治承

▼ 元年八月二十九日~ (3, 0.3%)

2 に八十歳 1 に歿

▼ 元年~ (3, 0.3%)

1 即位の, 宴に, 年十三に

▼ 元年かの~ (2, 0.2%)

1 とのとり, 事だ

▼ 元年である~ (2, 0.2%)

1 がその, けれども実は

▼ 元年にかけての~ (2, 0.2%)

1 事で, 信玄は

▼ 元年を以て~ (2, 0.2%)

1 世を, 始まると

▼ 元年三月二十一日~ (2, 0.2%)

1 には彼ら, の暁方

▼ 元年三月二十五日辰~ (2, 0.2%)

1 の刻, の刻生れ

▼ 元年九月十二日~ (2, 0.2%)

2 の宵

▼ 元年二年~ (2, 0.2%)

1 にわたって激発, は豊作

▼ 元年五月安南船長崎~ (2, 0.2%)

1 に到着候時, に到着候節

▼ 元年八月二十六日~ (2, 0.2%)

1 に七十二, より二十八日

▼ 元年八月二十四日~ (2, 0.2%)

1 なり, に

▼ 元年六月三日丑剋将軍家御寝~ (2, 0.2%)

2 の際

▼ 元年六月二十八日~ (2, 0.2%)

1 だから, まだ夜

▼ 元年六月十三日~ (2, 0.2%)

1 である, 後堀河天皇

▼ 元年六月十五日~ (2, 0.2%)

1 になっ, の夜

▼ 元年十一月十六日~ (2, 0.2%)

1 だから, より十八日

▼ 元年十一月四日~ (2, 0.2%)

1 と二年十一月二日, 及び同

▼ 元年十月三日~ (2, 0.2%)

1 に安房国, に死

▼ 元年~ (2, 0.2%)

1 の初め, の頃上皇

▼ 元年大阪夏~ (2, 0.2%)

2 の陣

▼ 元年従四位下~ (2, 0.2%)

1 を贈られ, 実近

▼ 元年~ (2, 0.2%)

2 の二十九日

▼ 元年法然~ (2, 0.2%)

1 が土佐, に従って出家

▼ 元年生れ~ (2, 0.2%)

1 だと, であった父

▼ 元年甲子~ (2, 0.2%)

1 の冬, の年

▼ 元年~ (2, 0.2%)

1 が中津, は現在

▼ 元年~ (2, 0.2%)

1 から二年春, の事

▼ 元年~ (2, 0.2%)

1 唐大使粟田真人に, 建忠校尉梯携等奉

▼1* [369件]

元年ぐらいの頭と, 元年ここにあ, 元年このかたは熄んで, 元年ごろでしたが, 元年ごろ歳晩にも一度, 元年であったか二年, 元年であります西暦七百十三年であります, 元年でござるぞ, 元年ではなく紀元前四年, 元年ということに, 元年とか二年とかの, 元年なんでも十二月二十七日, 元年にかけてはもうその, 元年にわたるあいだこの, 元年ひとまず和議が, 元年また二年なり, 元年までが六十五年実に, 元年までのおよそ百十二年間, 元年ほどなく暮れた, 元年わたしが初めて, 元年アメリカへ日本使節, 元年ペルリは再び, 元年一月末のこと, 元年七十一歳まで寿, 元年七十九歳を以て歿, 元年七十五歳致仕に至る, 元年七月九日と改めて, 元年七月二十七日に後鳥羽上皇, 元年七月二十七日当時土佐の藩獄, 元年七月二十日の朝, 元年七月二十日正午時刻のこと, 元年七月二日に歿, 元年七月十三日罷出候而罷帰, 元年七月十九日犀川河畔の戦闘, 元年七月十八日に御, 元年七月十六日に此職, 元年七月廿七日の禁令, 元年七月長崎の通譯本木昌造, 元年七瀬さんが山本直正氏, 元年三井寺焼打ちの際, 元年三十一歳のとき, 元年三月三日は黎明, 元年三月中旬より二年六月上旬, 元年三月二十七日筑波山に立, 元年三月二十五日に八十三歳, 元年三月二十日津軽の大浦, 元年三月十七日の夕六ツ頃, 元年三月十三日のしかも, 元年三月十二日に完成, 元年三月十二日条に, 元年三月十五日五十四の時出家, 元年三月十八日の夜, 元年三月十四日律師が訪ね, 元年三月十日に寂, 元年三月病を以て参与, 元年三月神奈川条約なるもの, 元年三月金子重助と共に蹈海, 元年上総国に生れた, 元年上野国司となっ, 元年丑年の十二月十四日, 元年丑年十二月十四日の夜, 元年に武陵, 元年中島鋳銭座址, 元年中関東の騒乱, 元年序候へど, 元年九月一日西軍五万余人は大挙, 元年九月丙午天武天皇は浄, 元年九月二十九日の序, 元年九月二十八日土佐国浦戸港にマニラ, 元年九月六日に初代瑞仙独美, 元年九月十一日に明瞭, 元年九月十三日夜の亥, 元年九月十二日三十七歳にて落飾, 元年九月十月の交, 元年九月發表の, 元年二十七歳にし, 元年二十四歳のとき, 元年二十歳では, 元年二月なかばの曇った, 元年二月七日一ノ谷の合戦, 元年二月中旬白石の陶器販売店, 元年二月二十七日にはもうこ, 元年二月二十七日正二位このころ, 元年二月二十二日叙従四下承元々, 元年二月二十八日を以て江戸市ヶ谷合羽坂尾州分邸, 元年二月二十四日に諸, 元年二月二日に菅波喜太郎, 元年二月八日条には有馬温泉場, 元年二月内國事務參與職ニ補セラレ尋デ公議院, 元年二月十三日に行われた, 元年二月諸王に詔, 元年互いに爾後は, 元年五月一日に與, 元年五月一日薨去年は七十八, 元年五月七日の朝, 元年五月九日越中国府の諸, 元年五月二十七日の条, 元年五月五日の条, 元年五月亡卒せる義盛以下, 元年五月六日馬関へ長, 元年五月十三日で竣工, 元年五月十二日幕吏は突如, 元年五月十二日生れの嫡男専之助, 元年五月十二日越中国守の館, 元年五月十五日の夕刻, 元年五月十四日の午過ぎ, 元年五月安南国から香木, 元年五月連年蝦夷地の防備, 元年井伊大老の事変後, 元年京都の内外, 元年仙石秀久築城寛保二年大水のため流失, 元年以後の事蹟, 元年以後二十餘年に亙る, 元年以後再起した尊攘志士派, 元年以後日本で最初, 元年以来の流行唄, 元年以来五十余年で廃絶, 元年伊藤豊前守忠綱, 元年使を遣, 元年使節を遣わし, 元年來航のオランダ軍艦, 元年徳二年文明五年慶長五年の, 元年元明天皇御製歌である, 元年と六つ違ひで, 元年尚は, 元年八十三歳まで勤続, 元年八十二歳を以て歿, 元年八月一日聖壽五十二にて崩御, 元年八月上旬に吉水, 元年八月乙酉參河國に慶雲, 元年八月二十三日筑波に見, 元年八月二十二日に娶った, 元年八月二十六日午後四時過ぎ俺は今, 元年八月二十四日天皇は俄, 元年八月十五日に至っ, 元年八月十八日の条, 元年八月十四日日蓮在判, 元年八月十日のこと, 元年八月四日を以て萩城, 元年八月皇后とならせたまい, 元年八月蓮生は, 元年八月長門国萩城の東郊, 元年六月二十一日に出, 元年六月二十七日に子, 元年六月二十八日織田信長が徳川家康, 元年六月五日は彼等, 元年六月六日に七十二歳, 元年六月十一日の明け六ツ過ぎ, 元年六月十七日の調べ, 元年六月廿八日御広間番, 元年六月越後の住人, 元年六月頃に完成, 元年再興され嘉永年間, 元年冬十月紀伊国に行幸, 元年冬竹亭は三十四歳, 元年出生候て三歳, 元年のもの, 元年創業と自称, 元年力寿は再び, 元年勝山の御, 元年勢多郡で死んだ, 元年北條氏の皇位継承, 元年十一月七日と書い, 元年十一月三十日に九十一歳, 元年十一月二十一日に治之, 元年十一月二十二日に七十一歳, 元年十一月二十六日京都守護の任, 元年十一月二十六日年七十一歳でこれ, 元年十一月以來つまり下田談判, 元年十一月十三日であつ, 元年十一月十九日のこと, 元年十一月十二日芽出度い往生, 元年十一月十八日内裏にて肆宴, 元年十一月四日五日六日にわたる地震, 元年十一月廿六日夜道友会に於, 元年十三回忌とした, 元年十三歳の時, 元年十二月三日長慶天皇の叡覧, 元年十二月九日のこと後鳥羽院, 元年十二月二十三日に亡くなった, 元年十二月二十八日には長男恒善, 元年十二月二十六日の激戦, 元年十二月二十六日午前十時に芳賀博士, 元年十二月二十四日の出来事, 元年十二月二日大雪に乗じ, 元年十二月八日だった, 元年十二月八日勅免の宣旨, 元年十二月十九日に奏覧, 元年十二月十二日に往生, 元年十二月十五日で年, 元年十二月十八日の談判中, 元年十二月大伴家持の作った, 元年十二月松平越後守お預り所, 元年十二月越後に永正, 元年十二月野山の獄中, 元年十六歳で猶, 元年十月三日死を賜わった, 元年十月三日訳語田舎で死, 元年十月三日附の名西郡上山村棟附, 元年十月二十一日は福山, 元年十月二十七日の日附, 元年十月二十六日御受戒, 元年十月五日はこの, 元年十月勅撰集に擬せられる, 元年十月十五日に藩公, 元年十月十六日である, 元年十月来公武合体派たる誠忠組, 元年十月蒸汽軍艦渡來のとき, 元年千幡八歳のとき, 元年卯之正月急駿府, 元年古稀の長寿, 元年同じく三年吹上に, 元年草郡大領紀直国栖, 元年和田伊賀守を討ち, 元年和蘭の, 元年四五月の交, 元年四十七歳にし, 元年四十三歳の年, 元年四十歳のとき, 元年四月七日の条, 元年四月上旬を以て跋上, 元年四月二十一日太政官布告の政体書, 元年四月二十三日夜の五ツ, 元年四月二十九日だった, 元年四月北陸の雪, 元年四月尊氏兄弟は博多, 元年四月疾を得, 元年四月百官に賜われる, 元年圓朝二十六歳の夏, 元年増永文治發行の, 元年壬辰に生れ, 元年夏八月の, 元年に天女, 元年地震, 元年大仏殿において群臣, 元年大坂方と対戦中, 元年大浦に天主堂, 元年大阪夏陣の時, 元年大阪落城の後, 元年天皇に政, 元年太守弓遵遣建中校尉梯儁等奉詔書印綬, 元年孫十一歳にし, 元年定信卒す襄乃ち文, 元年実隆が権大納言, 元年家康の攻略, 元年将軍義教は重臣赤松満祐, 元年尊氏のあつかい, 元年山門の争乱, 元年山陽白兎を得, 元年嵩山に封じた, 元年工藤右衛門尉祐貞を蝦夷, 元年左近衛の大将, 元年帝雲南の永嘉寺, 元年帰朝霊亀二年伯耆守神亀三年頃筑前守天平五年の沈痾, 元年幕府に召され, 元年にも英佛獨, 元年庚寅三月晦の作, 元年庚戌は六十六歳, 元年廣州即ち廣東, 元年当時の形, 元年彦根城で能, 元年彼女は七十八歳, 元年宇多法皇も, 元年徒士頭にすすみ, 元年心敬の供, 元年戊申八月二十九日と書し, 元年我が後一条天皇の, 元年旧同藩士の, 元年旱災の際, 元年昌造が八丈島, 元年明朝が亡び, 元年からの騒ぎ, 元年春姑洗之月, 元年春水本国広島藩の聘, 元年昭和五年の三度捕獲, 元年曙覧十九歳の時, 元年朝鮮陣の起った, 元年末南座の, 元年東大寺の僧, 元年松前氏より家臣, 元年板其碩の, 元年桂内閣の時, 元年櫻田の變, 元年正月一日難を比叡山, 元年正月七日叙従五位上三月六日任右近少将同二年正月五日正五下, 元年正月三日から六日, 元年正月上御靈, 元年正月二十七日前夜から雪, 元年正月二十五日条に, 元年正月二日に歿, 元年正月五日場所は浅草, 元年正月五日正三位同二年十二月十日従二位, 元年正月以来五年振りのお, 元年正月初旬まで約, 元年正月十一日に家, 元年正月十三日御年五十三, 元年正月十八日に始まっ, 元年正月十八日前言の期, 元年正月太閤秀吉は海陸, 元年正月官軍三井寺攻めに, 元年正月建文帝観音大士を潮音洞, 元年正月朔の作, 元年正月燕王長史葛誠をし, 元年正月生れの今年二十五歳, 元年武州に鼠, 元年武州浦和伊勢屋清蔵の家, 元年歿釈清妙童女とされた, 元年殿に御, 元年江戸が東京, 元年法然二十四の年, 元年の康熙十二年, 元年清軍が關, 元年渡欧に際して見聞, 元年測量したばかりの, 元年滋賀県の長浜, 元年のみまかりける, 元年の山陽詩註, 元年生まれの七十三歳, 元年甲子二十五歳の時, 元年甲申にいたる, 元年甲申仲秋改版のもの, 元年の七月八日, 元年申歳の生れ, 元年に依, 元年癸酉のとし, 元年社寺御改, 元年祭祀料十六戸を付せられ, 元年秀郷はまだ, 元年秋一度に止る, 元年秋七月に帰朝, 元年秋八月従亡諸臣, 元年秋結成のフューザン会, 元年筑波党に参加, 元年紀州藩に仕, 元年綸旨によって許された, 元年織田右府公浅井朝倉退治の時神祖, 元年義経都落ちの条, 元年耿炳文に従い, 元年臘月七十四を以て示寂, 元年英船再び浦賀湾, 元年萩園主人千浪という人, 元年藩政改革の時, 元年蛤御門の戰, 元年襄胸痛を患, 元年西暦の一五九二年, 元年護国寺建立の敷地, 元年護國寺建立の敷地, 元年赦されて還り, 元年の大徳, 元年越後平家の城, 元年越後柏崎の戦い, 元年足利尊氏が九州, 元年辛丑となるらしい, 元年辛丑冬本藩有司伝命, 元年辛卯を耶麻郡新宮, 元年辛酉である, 元年道修町の薬種屋, 元年道頓堀筑後の芝居, 元年遣唐使に従い少, 元年遷化した筈, 元年酉歳の生れ, 元年鈴木重尚の, 元年鎭西八郎が運, 元年開店の当日, 元年閏七月になっ, 元年閏七月九日豐後薩摩地大震次で慶長九年十二月十六日薩摩, 元年閏五月六日以来旱となっ, 元年には平忠恒, 元年露国使節レザノット長崎に来り