青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「具~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~其 其~ 其の~ 其他~ ~其処 其処~ 其後~ 其方~ 其時~ 其處~
具~
具体~ ~具体的 ~具合 具合~ 兼~ 兼ね~ ~内 内~ 内側~ 内儀~

「具~」 1858, 20ppm, 5736位

▼ 具~ (173, 9.3%)

4 持って 2 たずさえて, つけて, 使って, 古例, 塗り進めた, 採みに

1 [157件] おさめる室, かして, かぶりながら, こしら, ことごとく燃, こぼした樣, さげて, して, しめ終ると, すり替へること, そのま, そのままの, つかひたい色彩, つくり武器, つけた兵士人形, つけた至って, つける, つけるの, ととのえ江, ならべて, はずそうと, ひろげて, もてあそびなから, わけなくしめらせて, ガチャリガチャリと, コバシと, チユーブから, ルックザックの, 一つ一つ考え, 一パイ詰めお, 一切自分の, 三文瀬戸物の, 与へ, 乾したり, 仕上げ飛行術, 他に, 付けたるも, 作らせましたが, 作りなす工人, 作りみずから農夫, 作り幾多, 作ること, 作る爲, 作る職人, 使い烹調料理, 使う道, 使用しなくなった, 傍へ, 備ふ, 入れたる儘, 入れたる痕, 入れるの, 全部うっちゃらかし, 六本遣る, 出して, 刎ね, 動かすこと, 取って, 取り下ろすボーイ, 取り揃え玄徳, 取片づく, 右の, 合せたり, 塗つて一つが, 塗つて尻下がりの, 塗りつけて, 始末し, 左手に, 帯びて, 引揚げ, 忘れぬよう, 念入りに, 愛せずと, 手当り次第に, 手押車に, 打ち眼, 打砕いて, 抱えさせられたパーヴェル・パーヴロヴィチ, 担ぐと, 拵えさせて, 持ちだして, 持ち出して, 持つだけ, 持つて, 持運ぶ様, 捏返し, 捨てなくては, 捨てぬは, 捨てわれがち, 揃えて, 携えて, 携へた二人の, 整えて, 敷いて, 明の, 明礬で, 最も効果的, 有して, 枕べに, 案行し, 欠くもの, 求めて, 洗ひ落した, 流す事, 減して, 湯殿の, 溶いて, 溶く手, 片づけるという, 片端より, 用ゐず, 用ゐた, 申そう, 畫面全, 発見し, 盛んに, 着けさて, 着けた兵士, 着けながら, 着けました, 着こみ槍, 着せかけて, 磨き立てて, 称する釣客, 筆に, 精くすべし, 絡ふ, 纏うて, 置くと, 置く室, 聚めて, 背後に, 脱ぎすてて, 自分で, 與へて, 荷車に, 落して, 行楽の, 被いで, 裝ひ, 見せつけて, 見せる習慣, 解かず大庭, 解かず昼夜四交代, 解くひま, 語るよい, 誰が, 足に, 載せあり, 運, 運ぶ, 那, 鋳造せしめた, 陳列した, 預つて, 顧りみず, 點

▼ 具へて~ (166, 8.9%)

27 ゐる 11 ゐた 8 ゐなければ 5 ゐて, ゐるの 4 ゐるが, ゐること, ゐると, 居たに, 居る 3 ゐない, ゐるもの 2 ゐたこと, ゐたと, ゐながら, ゐるから, ゐるに, ゐるので, ゐるのみ, 叙述の, 居るが, 御座る

1 [64件] おいでな, おのづか, きて, その日, ゐたから, ゐたからさ, ゐたといふ, ゐたの, ゐたので, ゐたやう, ゐても, ゐないかも, ゐない漠, ゐなくては, ゐました, ゐます, ゐられました, ゐるあの, ゐるけれども, ゐるし, ゐるであらう, ゐるといふ, ゐるとか, ゐるところ, ゐると共に, ゐるやう, ゐる事, ゐる事実, ゐる処, ゐる場合, ゐる歴史家, ゐる特質, ゐる男, ゐる筈, ゐる處, 以て, 出て, 團栗が, 居た, 居た物, 居て, 居ないといふ, 居ない即, 居なかつた, 居らねば, 居ると, 居るの, 居るもの, 居るやう, 居る事實, 居る生物, 御子を, 御饗, 書齋又は, 有りました, 来た, 来たこと, 来て, 神座の, 立派なる, 而も, 蘇つたのは, 行ふ, 進る

▼ 具體的~ (137, 7.4%)

6 なもの 4 にいへ, の經驗 3 な存在, な物, な話, に云, に言 2 なる交渉, なる存在, なる現, に一, に把握, に示し, に説明, の姿

1 [92件] であり, であり實, であり現, である, です, で實證的, で生々, となり, なこと, なるしかも, なるもの, なる人間, なる人間學的, なる仕方, なる全, なる唯一, なる唯物論, なる地盤, なる意味, なる根源, なる歴史的, なる生, なる眞理, なる規定, なプラン, な世界像, な人間, な作品, な例, な例證, な個人, な地盤, な場合, な形, な悲痛哲理, な把捉, な教育場面, な方法, な死, な流行, な現, な環境, な生, な生命, な生活, な相違, な社會, な秩序, な解釋, な計, に, にあら, にあれ, にいひたい, にいふなら, にいろいろ, にする, にそして, になつ, になつて, になつて來, にはなつ, には特に, には言えん, には言わなかつた, に世間, に司馬遷, に如何, に如何なる, に形, に概念, に現, に研究, に究明, に考へ, に聞いた, に解決, に話した, に話す, に諸君, に證明, に述べ, に限定, の事情, の人倫關係, の實際問題, の方針, の現, の議論, の運動, 及び抽象的, 相對的

▼ 具~ (131, 7.1%)

6 中に 3 中から, 類を

2 [12件] つめたさ, ものである, ものまた, ように, 塚の, 屆けられた, 方に, 概念から, 狂言座元夜半亭と, 目的と, 謂である, 間に

1 [95件] あること, うちでも, かぎりと, こはれ, ほかには, ほかは, やうに, イカの, バッグを, 一つが, 一つだ, 一つで, 一つとして, 一片れ, 一驛を, 上げ下ろしまで, 上に, 上の, 下に, 不足とに, 不足は, 中へ, 乾かないうち, 乾物も, 事に, 亜鈴や, 仕入, 仕掛けを, 傍に, 備への, 光といふ, 写真機に, 功力を, 勘定に, 匂ひでは, 原料と, 四月十九日と, 図解カタログとともに, 外国産の, 夥しく取散らした, 如し誰か, 小函, 広告で, 店をも, 形に, 手入れなど, 手箱に, 数も, 整列裡では, 數は, 明徳を, 最初の, 板と, 清らかなる, 渠に, 準備を, 用意すら, 用意も, 用意を, 甲冑を, 相談に, 看板は, 看板を, 秘密を, 積んで, 算段なりとして, 箱なども, 箱は, 約束から, 約束だ, 約束に, 細巻の, 繕いが, 置き場所にな, 裂が, 調製その他炊事一切の, 買ひ足し, 通りであります, 部に, 部屋の, 配色は, 銃は, 鋤鍬と, 錫筒粗末なる, 鏡の, 陳列場とも, 雄姿三十年来幾度十幾度毀し, 音が, 音を, 響それらに, 領域を, 風車を, 骸骨のみ, 鳥が, 鳩笛を

▼ 具~ (111, 6.0%)

5 たもの, た人間 4 たるもの 3 た男 2 ざるに, たるを, たれど, たれば, た歌人, た肉, つ, なければ, 徳量は

1 [76件] ざるいは, ざるが, ざるは, ざるべからず, ざる可らざれ, ざれども, しむ, し杯盤, ずに, その道徳, それが, それによ, た, たいと, たかの, たが, たまふも, たものの, たるが, たるならむ, たるは, たる室かれ, たる者でなけれ, たる骨あり, た一つ, た作家, た俳優, た副詞句, た女性, た官位, た尊い, た小, た物, た猛獣, た生物, た相好, た神様達ぢ, た神樣達ぢ, た美少年, た老, た草, た長歌, た馬簾つき, た魂, た魔物, た麒麟児, つけた一さ, つてかうです, てあつた, ないで, ない数字, なかつた, なく陰湿, ねば, また理性, られし古今, られたらむに, られた天照大神, 一つは, 不放逸, 中には, 八雲御, 出した, 出して, 出すの, 小なる, 旋盤塲には, 更に油断, 正しく實語, 決断に, 決斷に, 立派なる, 自己實現を, 言行中庸を, 譽と, 飾りまた

▼ 具~ (85, 4.6%)

3 ている, てゐる 2 てお, て上手, て妻, て落ち, て閣下

1 [69件] て, てい, ていなけれ, ておなじく, ておらない, てさらに, てすぐ, てそこ, てその, ての夕涼み, てもなお, てゐた, てゐない, て一劃, て上, て下らう, て下られよう, て中, て乗り込ん, て任国, て入洛, て其中, て博覽, て参る, て呈した, て城, て城外, て威張り込ん, て小笠原忠眞, て小笠原忠真, て居られた, て山, て当局, て御慶, て急, て戰場, て掲載, て摂, て数人, て文部省, て深山, て玄徳, て率, て現われる, て現象, て発足, て相, て秘か, て立上り, て自ら開発, て至れり, て舟, て荒べる, て蒼惶, て行く, て行け, て言上, て訴訟記録, て貧人, て退会, て道理, て都城, て釣り, て雛, て飛ぶ, て飯盛山, て鮎, 諸国遊歴とは, 諸國遊歴

▼ 具~ (80, 4.3%)

4 して 2 使用する, 供される, 供し, 供した

1 [68件] あくまで仕えなく, おむつが, したがるの, した訴状箱, しやぶれた都籠, しようと, しようとでも, すぎなかったので, する, すると, するの, なって, ならなかった, なるか, ばかされ申候, ぶつかる, 作られた種子壺, 使うてるの, 使おうと, 使てる, 使われたらしい, 使われて, 供され, 供さんとさえ, 供しなければ, 供しよう, 供す, 供するを, 供せられたること, 供せられるが, 供せん, 備わるの, 備わるのみ, 全く似せし, 向って, 地球儀を, 夢中の, 奉公する, 小さくな, 就いては, 引き付け説く癖, 惡用する, 早く諦め, 有名な, 模様が, 派手を, 用いたか, 用いられるもの, 用いるぐらい, 用いること, 用ゐられる, 瞻る, 立派な, 紐つける, 置くの, 至るまで, 語りつつ, 身を, 載せて, 過ぎず本書, 過ぎない, 過ぎぬ, 適する, 酸素吸入器を, 附いて, 限つてゐる, 黄泉神と, 黛和名万由須美

▼ 具~ (65, 3.5%)

8 つてゐる 5 つて居る 2 つてゐた, つてを, 格別余の, 獨り

1 [44件] いうに, いうも, お寒う, ことに小さく, これつ切りかえ, すべて持っ, つた気品を, つた牢固として, つて, つてゐ, つて兩者の, つて居, つて居らね, どうする, ないかと, ならないところ, り同じ, るが, る最も, る被, 何, 古の, 單に, 平生ちょっと, 幾度にても, 弓箭に, 戛然として, 扈従の, 持って, 挙げて, 携帯しなかった, 数限りも, 敷いたま, 珍重すべき, 現今使っ, 石油ランプであった, 素っ気ない, 翼に, 良経に対して, 草汁らしい, 言ふ, 音を, 風に, 黒の

▼ 具~ (61, 3.3%)

2 なすなどは, なったの, なるに, 呼んでも

1 [53件] いうよりは, いふ, された時期, して, し歌会, するある, すること, なさしめる為政者, なした事, なしやすい, なす, なすならば, なすに, なすよう, なった, なって, なりあるいは, なりて, なり一事一物, なり不, なるべきなり, なるもの, なる程, なれば, みなして, テレビン油とに, 一所に, 一緒に, 化して, 化し得たならば, 同じく血だらけ, 太い線, 成したの, 成つて次, 接戰の, 書いて, 書きかえさらに, 書きかえた例, 書き後, 最大限な, 死体の, 湯巻は, 為し閣下, 爲し, 白ムクなど, 相併立せり, 看做し活差別相, 素土の, 薬の, 見られて, 見過ごすべきでは, 観ずるわけ, 食糧との

▼ 具~ (45, 2.4%)

2 だった, の輿, はつい

1 [39件] からもっと, から諸州, がある, が六波羅, が告げ, が問いかけた, には心, には見え, のす, のよろこび, の一夜, の口, の墓石, の姿, の手, の眼光, の笙, の胸そのもの, の顔いろは, は, はうなずいた, はきのう, はことし四十二, はさっき, ははじめて, はやっと, は公卿, は囚われ, は容易, は彼ら, は息, は憤然, は看破, は青芒, へ, へたいして, もまた, も虚空, を斬る

▼ 具~ (33, 1.8%)

1 [33件] あり経机, あれば, いつもより, おいて, お粗末, それが, ついて, とりだされめいめい, もう五, ゆらゆらと, 一パイ, 伸びて, 俄然方向, 出来ると, 出来上らないでは, 出来上ると, 和蘭渡りと, 塗って, 多いの, 展べて, 手と, 散らばって, 楯を, 次第に世間人, 此家の, 物々しく立並べられ, 物置の, 積込まれた, 納いこまれ, 置かれ袋, 調理され, 迸り出でて, 隠されて

▼ 具~ (32, 1.7%)

2 にその, に伊賀守, に平凡, に書い, に辛苦, に辛酸

1 [20件] にこの, にご覧, に下総国, に写したら, に別, に四人, に彼, に怠慢, に情, に承知, に知る, に緯度, に美しく, に自覚, に衣食, に言い, に記録, に話した, に調べた, に陳べしむ

▼ 具~ (29, 1.6%)

1 [29件] すっかりくっつけ, せう, どうしても写実, カンバスを, 一つは, 並列せしめられた, 出せるだけ, 分らなかったが, 厚くでこでこ, 塗つたもの, 塗つた二枚合せの, 塗られて, 大高源吾が, 存分に, 手も, 更に面白い, 書くの, 染めた提灯, 模樣を, 汚らしい拙いやう, 火事が, 皆震え上がっ, 緑に, 菊石を, 華やかな, 記入する, 貸座敷の, 赤や, 長持も

▼ 具~ (28, 1.5%)

1 [28件] ありました, あるうえ松本, あわただしくすべて辻, これである, その弟通光, たちまちその, できあがった, ひと通りは, 一と, 何も, 出来上りました, 十二分ならず, 召さずに, 張ってない家, 新たな, 暖かに, 木紅の, 樂器も, 此である, 片すみに, 特別に, 發見せられた, 發達した, 相当ある, 貧しく至つて粗末, 買われるはず, 鑑て, 雑多だった

▼ 具として~ (20, 1.1%)

1 [20件] であるから, ひとつの, ゐるまでの, ジャーナリズムを, 他に, 作品を, 出来も, 御進物, 持つて, 政府から, 教練音楽とともに, 有效, 生れて, 用ひられ, 用ゐられ, 用ゐる, 考えられる未来, 芸術を, 見ざるべからず, 觀て

▼ 具って~ (19, 1.0%)

3 いた, いるの 2 いたの

1 [11件] いたため, いたと, いないもの, いる, いるから, いるよさ, いる人, いる女, おらん事, 居る, 来ると

▼ 具體化~ (19, 1.0%)

1 [19件] させる記念, したやう, した人, した人物, した如き感, した建築物, した生活, して, し自己, すると共に, するの, するやう, するやう努力, する事, せられて, せるに, としての合法的暴力, のため, を完成

▼ 具~ (18, 1.0%)

2 をはじめ

1 [16件] か, がその, が亡き, が尊氏, しかりである, でお, の一子, の一子貞載, の献言, の軍兵, はこの, はだまった, はなに, は初対面, は畏, もこんど

▼ 具~ (18, 1.0%)

16 ひいて 2 を引い

▼ 具~ (14, 0.8%)

1 [14件] がある, で後年柳生但馬守, という当主, とかいう上手, とか大和, に会っ, の助命, の眼, の紹介, は卜伝, は師, もその道, も討死, も遂に

▼ 具へる~ (12, 0.6%)

2 ことが 1 ことに, ことによ, ことは, とすれ, とは限つて, に至つた過程, のに, ほとり到り着く, 樣にな, 酒食取る

▼ 具~ (12, 0.6%)

1 [12件] と編物, の葢, へスケッチ板, をあけた, をのせる, をぶら下げ, を小脇, を柵, を汽車, を片づける, を片付け, を片付ける

▼ 具つて~ (11, 0.6%)

2 ゐるの 1 はをら, ゐないから, ゐるが, ゐるところ, 初めて詩, 居た訣, 来た, 来た傾向, 来る

▼ 具~ (11, 0.6%)

1 [11件] ちよい, よだれ掛, カンヴァスも, ブラッシュを, 刀掛けの, 医療器械や, 武器を, 物々しい騎馬旅装, 穀物の, 調度にも, 通光も

▼ 具うる~ (10, 0.5%)

2 に至る 1 が故に, こと普通の, てふ, にも関わらず, に至, ので前後足, ので照, を意味

▼ 具せる~ (10, 0.5%)

1 にエジプト, ものは, を指摘, を見る, ヘクトール又, 兜を, 聖き, 脛甲の, 身を, 身をへ

▼ 具ふる~ (10, 0.5%)

1 こと, ことなし, ときは, ところ, もの如何ぞ, もの果して, を善し, 乎, 兜その, 所に

▼ 具った~ (9, 0.5%)

1 ものである, 人間なら, 場所で, 家風の, 歴史の, 珍しい天分, 神々しい表情, 論理的矛盾を, 顔だった

▼ 具はる~ (9, 0.5%)

1 が故に, この他者性, この意味, もので, 他者性は, 天性が, 是非辨別の, 暗示性を, 觀念に

▼ 具などを~ (8, 0.4%)

2 持ち込んだ者 1 収めて, 咲かせて, 持ち出すにも, 枕として, 美しくそろえ, 踏みこえ踏みこえ尋ねまわった

▼ 具觀念~ (8, 0.4%)

1 こそ本, といふもの, と稱, に反, に數, のなか, の問題, の説

▼ 具~ (8, 0.4%)

2 した仰せつけ 1 して, と充實, にしたる, に示し, の世界, の數

▼ 具まで~ (7, 0.4%)

1 きれいに, じっとりと, 一揃いそこへ, 丁と調, 備わらずという, 出來, 小供

▼ 具~ (7, 0.4%)

1 がじっと, でこういう, の眼, は, はおごそか, はすでに, は意外そう

▼ 具~ (7, 0.4%)

1 で袈裟法衣, で貰った, の前, の商売法, へはひつ, へ当人, を調査

▼ 具部屋~ (7, 0.4%)

1 でヨアンネス少年, に帰り, へ入れ, へ入れときました, へ引, へ引返し, へ押込

▼ 具なども~ (6, 0.3%)

1 ありました, 人足らが, 余すなく, 名品に, 屍体からも, 田舎風の

▼ 具體性~ (6, 0.3%)

2 に於 1 である, に留まつ, を伴はず, を失ふ

▼ 具である~ (5, 0.3%)

1 から著者, が, ことを, ものすなわち, 事には

▼ 具でも~ (5, 0.3%)

2 あり女 1 あつた, あり一途, 通すの

▼ 具とも~ (5, 0.3%)

1 なったの, なり得るの, なる, 呼びました, 成りぬべし

▼ 具には~ (5, 0.3%)

1 何が, 供し, 供しなかった, 用いて, 輪が

▼ 具躰的~ (5, 0.3%)

1 なるを, に表, の功, の形, の形式

▼ 具~ (4, 0.2%)

1 とある, と雖, などいう, 大なる

▼ 具にも~ (4, 0.2%)

2 技術への 1 女房たちの, 残つて居た

▼ 具はらぬ~ (4, 0.2%)

1 ものであり, ものとして, 時代には, 最下等動物

▼ 具張氏~ (4, 0.2%)

1 と共棲, はなっ, は寂しい, は居

▼ 具観念~ (4, 0.2%)

1 が有った, にぞくする, はあり得ない, を単に

▼ 具という~ (3, 0.2%)

1 ものを, 両刀の, 村が

▼ 具とか~ (3, 0.2%)

1 兵糧その, 呼ばれる雑器, 本有とか

▼ 具としての~ (3, 0.2%)

1 玉を, 言葉即ち, 鉱石の

▼ 具など~ (3, 0.2%)

1 して, 弄び居たり, 結いつけて

▼ 具やら~ (3, 0.2%)

1 缺擂鉢が, 食糧やら, 香木煉香髪油に

▼ 具を以て~ (3, 0.2%)

1 全軍偽装, 畫き, 視る可

▼ 具~ (3, 0.2%)

2 ドッシリ付ケテ 1 改メ有

▼ 具~ (3, 0.2%)

1 に入れた, に在り, の王者

▼ 具~ (3, 0.2%)

3 して

▼ 具~ (3, 0.2%)

1 という名, という名称, と称える

▼ 具教卿~ (3, 0.2%)

1 は卜伝直系, より奈良, を訪ねられ

▼ 具~ (3, 0.2%)

2 という沼 1 といふ

▼ 具~ (3, 0.2%)

1 すべき筋, は教授会, を待たず

▼ 具~ (3, 0.2%)

1 につけ眼鷹, に着けつ, より剥ぎかかる

▼ 具~ (3, 0.2%)

2 の命 1 の王

▼ 具體案~ (3, 0.2%)

1 か實踐, があらう, を示さざる

▼ 具から~ (2, 0.1%)

1 ついた名, 調度は

▼ 具され~ (2, 0.1%)

1 て, 茶や

▼ 具した~ (2, 0.1%)

1 全体として, 男で

▼ 具その他~ (2, 0.1%)

1 あらゆる種類, をたずさえ

▼ 具たらしめ~ (2, 0.1%)

2 むと

▼ 具たる~ (2, 0.1%)

1 ことによ, ことを

▼ 具~ (2, 0.1%)

1 からこれ, という

▼ 具ってる~ (2, 0.1%)

1 から自分, のよ

▼ 具であり~ (2, 0.1%)

1 また楽器, 更に又

▼ 具とな~ (2, 0.1%)

1 さむと, せり彼等

▼ 具~ (2, 0.1%)

2 僕が

▼ 具などが~ (2, 0.1%)

1 ならべて, 縁に

▼ 具などの~ (2, 0.1%)

1 不自由から, 音と

▼ 具なり~ (2, 0.1%)

1 また羊白腰, 挽手というは

▼ 具なんか~ (2, 0.1%)

1 一つも, 要りません

▼ 具ふれ~ (2, 0.1%)

1 ど, ば到る

▼ 具へたりと~ (2, 0.1%)

1 自ら思ふ, 見ゆ

▼ 具へてを~ (2, 0.1%)

1 りながら, り色々

▼ 具~ (2, 0.1%)

1 かに黄泉神, ぬ隠者

▼ 具~ (2, 0.1%)

1 のは, の義

▼ 具をも~ (2, 0.1%)

1 ッぱらに, 収集せり

▼ 具~ (2, 0.1%)

1 柄上二乃至, 柱頭長ク二分ス花穂

▼ 具一切~ (2, 0.1%)

1 が古い, が陳列

▼ 具~ (2, 0.1%)

1 ともある, とクグツ

▼ 具~ (2, 0.1%)

1 からざるもの, せず

▼ 具~ (2, 0.1%)

1 のある, より

▼ 具~ (2, 0.1%)

1 排布遠, 羅列其近傍作性之

▼ 具奉行~ (2, 0.1%)

2 の佐備正安

▼ 具~ (2, 0.1%)

1 で張られた, の薄き

▼ 具~ (2, 0.1%)

2 つたやう

▼ 具~ (2, 0.1%)

1 と云, と名付けた

▼ 具~ (2, 0.1%)

1 な不動, に内密的

▼ 具~ (2, 0.1%)

1 に浸る, を叩きつけた

▼ 具~ (2, 0.1%)

1 し得た真実相, をもった

▼ 具~ (2, 0.1%)

1 が山間, を携え

▼ 具簡ら~ (2, 0.1%)

1 にも, の油断

▼ 具~ (2, 0.1%)

1 とでも申すべき, は破れたる

▼ 具~ (2, 0.1%)

1 の内, の手入れ

▼ 具行卿~ (2, 0.1%)

1 をよろこばせ, を六波羅

▼ 具販売店~ (2, 0.1%)

1 があった, の男

▼ 具足せる~ (2, 0.1%)

2 にあらず

▼ 具~ (2, 0.1%)

1 にしたる, の形

▼ 具~ (2, 0.1%)

1 の幽愁, の美

▼ 具~ (2, 0.1%)

1 のよ, は確り

▼ 具~ (2, 0.1%)

1 から申しましょう, にする

▼ 具體的内容~ (2, 0.1%)

1 を缺, を與

▼ 具體的表現~ (2, 0.1%)

1 が理論的, である

▼1* [229件]

ありと雖, 具あるを知らざる, 具うるかのごとく, 具うるごときを別に, 具おもちゃの船, 具煤か, 具じゃが寺で, 具すら解かなかった, 具せざるは明白, 具その妻及男養助歓待恰も, 具その他一切のもの, 具昔し, 具たらしめるやうな, 具だけです, 具だの濡らして, 具だらけの青年, 具つけた武士の, 具つたのも固定, 具つた方だが, 具つた立派な石, 具つた言葉が破壊, 具でありまして全く, 具といった方が, 具といふは男女ともに, 具とが引つ懸つて, 具としてだけ与えられて, 具とのみされて, 具とは思はれなかつた, 具とを繋ぐ不思議, 具どうも少々異国的に, 具なかなかどうして金を, 具なぞをひろげた画家, 具なら自分の, 具にこそ工藝の, 具にさえ繍を, 具にて塗りて, 具にのみ用いること, 具に対する弁護である, 具のみが殆どデツサンなし, 具はじめ家財一切つめこみ信徒, 具はらざる也, 具はりたり少なくとも, 具はれりさはれ, 具ふと爲し, 具ふべきかど, 具ふるらしいのが, 具へたに過ぎなかつた, 具へたりして, 具へた一個の人間, 具へた二體の怪物, 具へた人もあり, 具へた人自身である, 具へた心のカラクリ, 具まだ飾直しも, 具までもねえすれ切, 具までを刻絵した, 具めくものを, 具もて固めを, 具もどきの勢い, 具さえすれ, 具りたれば当代, 具をととのへ, 具をはづして持ちかへ, 具アリテ又其傳嗣蕃育, 具ウル保温室内ニ常ニ保温セシメ置クモノナリ, 具エテイタトシテモ予ガ何ノ目的, 具スト雖ドモ必ズ長短無キコト能ハズ, 具ソノ員ヲ懸, 具ニ至リテハ古式ヲ按ジテ, 具売買ヲシテ内職ニシタガ初, 具ハリタル天性ニシテ人情ニ近ケレバ, 具ハル能力ナリト雖ドモ其依テ源ヲ取, 具ヘテ自ラ其, 具ヘテ教育者ガ被教育者ニ加フル所, 具一ツまで粋, 具一式を贈られた, 具一式船上の大砲, 具万事出心外無理, 具不退転と云う, 具且ツ己ヲ保護スルノ具アリテ, 具並びに楯等を, 具レヲ用テ以テ物ニ克ツノ義ニ取, 具二着と送風ポンプ, 具今や彼れ, 具のため, 具伊賀四郎計退出畢而右京兆者被役御劒之由禪師兼以存知之間守其役人斬仲章之首, 具何かと大量に, 具佛生といつ, 具使用法が如何, 具使用法改良研究者に属する, 具と共に, 具倉母屋もはや炎, 具としての物, 具像化するには, 具入れとせし, 具共研鑽自此之後離合, 具利山と命名, 具十五事を作らしめた, 具十八種の中, 具取って扇ヶ谷, 具取片づけ断膓亭に, 具取鎧うて草摺長, 具寐台汚れた, 具提扶, 具合えから見る, 具合ったらありませんね, 具同様な十手, 具で昔, 具でも外療器械, 具という女, 具又は長老, 具壽道教の信徒, 具変遷の魅力, 具を作る, 具を飛, 具せるもの, 具尻からげで坐った, 具に卓上畫架, 具屋等と生徒, 具という島, 具せる學者數人, 具は, 具慧靜慮するに, 具戒者の香, 具戒靜慮するに, 具ならん, 具たる時不如意, 具持つて居れ, 具捨ててよい, 具整えて施された, 具は剥がん, 具ではなかつた, 具旅装の絢爛, 具時としては旬日, 具となっ, 具来該升宗または組合宗, 具栄氏の令妹靖子嬢, 具栄氏所蔵の, 具欠乏を告げ, 具比売とを遣せ, 具暦であります, 具少故外面半截, 具漁家の具, 具修無, 具父子が加, 具瓔珞を種々, 具瓦色の薔薇, 具的表現を最も, 具皿小鉢のいくら, 具の後継ぎ, 具相する心此人の, 具相せられようとする, 具相円満の自分, 具着けていた, 具碁手の銭, 具積聚成岡時人取大, 具之, 具簡島津道鑑大隅忠能そのほか河田, 具より備わらず, 具が白け, 具組立の材料, 具組立てが始まりました, 具置場になっ, 具職人の子, 具の研究, 具蒲團とか掻卷, 具薬品等を横浜, 具行らまで, 具行侍従の公明, 具衣裳箱一つを宮, 具や襲, 具裝整へつ, 具製作に手伝っ, 具乃懷所謝知と, 具と忍び, 具之我皇室, 具観念的合理主義は, 具觀測器械無電の發信器, 具するの, 具衣宮殿なる, 具載され大騒動, 具運送店で荷物, 具避暑具防湿具頸巻手袋耳覆ひ呼吸器, 具那以下に鮹旗廿頭, 具酒器などない, 具鎧った山本時綱の, 具の音, 具防湿具頸巻手袋耳覆ひ呼吸器, 具陣絵図にいたる, 具雜品を手船, 具電線労務を徴発, 具も自分, 具などを若者, 具頸巻手袋耳覆ひ呼吸器, 具であって, 具顕して来た, 具顕者としてその, 具を売ります, 具飛行術の腕比べ, 具食糧なども何とか, 具食糧品を合せ, 具香炉書架の書巻, 具馬具の類, 具馬壱疋をた, 具體事實の一つ, 具體思想は最も, 具體的世界と云, 具體的主義主張を以て爭はん, 具體的事實を説明, 具體的交渉のある, 具體的個體的内容に復活, 具體的動機の一つ, 具體的存在との聯關, 具體的實際的作品を擇, 具體的形を與, 具體的形容とこの世, 具體的形態の背後, 具體的徹底的な定説, 具體的性質が不明, 具體的方法として一つ, 具體的施設に入り, 具體的本質である, 具體的消極的となる, 具體的經驗内容の不安, 具體的表示にてティマイオス, 具體的觀念の外, 具體的譬喩的表現が空間性, 具體的通俗的の意味, 具體的運動に着手