青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「其処~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

兵士~ 兵衛~ ~兵隊 兵隊~ 兵馬~ ~其 其~ 其の~ 其他~ ~其処
其処~
其後~ 其方~ 其時~ 其處~ 具~ 具体~ ~具体的 ~具合 具合~ 兼~

「其処~」 6120, 66ppm, 1726位

▼ 其処~ (1980, 32.4%)

40 立って 16 あつた, 坐って, 立つて 13 あった, 置いて, 身を 11 腰を 10 何か 9 あるの, 倒れて, 待って 8 一人の, 住んで, 出て 7 佇んで 6 坐った, 居るの, 自分の, 行って 5 つっ伏して, つっ立って, 一種の, 何の, 坐つて, 残して, 眼を 4 ある, 在った, 在る, 居た, 居て, 屈み込んで, 屈んで, 落ちて, 釘付に

3 [25件] あったの, あります, あると, いたこと, いつまでも, いるの, なると, ゐて, 何等の, 入って, 坐つた, 安住する, 寝そべって, 居たの, 居合は, 戻つて, 来て, 此の, 現れて, 私の, 立ちつくして, 腰掛けて, 行くと, 足を, 転がって

2 [123件] あるから, あるもの, あるやう, ある籐椅子, ある陶製, いちゃ, いて, いると, いるん, うずくまって, さうし, しや, はっきりと, ぼんやりと, また一つ, わが国での, ゐた, ゐなかつた, ゐる, ゐる人達, インキの, シムメトリイが, 一時間以上も, 一本の, 下りて, 並んで, 人が, 人生の, 休んで, 佇んだ儘, 佇立した, 何を, 停車し, 僅でも, 働いて, 入る時, 冷めたく堅い, 出した, 化石した, 十人に, 卓上電話が, 在つた, 地獄の, 坐り続けて, 埋められると, 夕がたまで, 大なる, 大勢の, 夫人に, 妙な, 始めて, 姿を, 季の, 家を, 寝て, 寝台が, 居たこと, 居たん, 居る, 居る人, 居ろ, 居合せなかったら自分, 居合せなかつたら自分, 床が, 彼と, 彼女の, 待たして, 手を, 抉出される人々, 投げつけたくなった, 投げ出されて, 投り出し, 持って, 散りけむ, 昨日と, 暫く立っ, 書いて, 有合せた, 来ると, 横たわって, 死んで, 残って, 気が, 泊つて居る, 滞在し, 無かった, 現はれた, 生きて, 生じて, 生まれるの, 男の, 白金の, 目に, 眠って, 着いて, 神の, 私が, 私は, 空いて, 突つ立つ, 立ちすくんで, 立ち停まって, 立ち悚, 立ち止って, 立ち止まらずには, 立ったまま, 立止った, 若い男, 茂って, 茂つてゐる, 行て, 西洋歴史の, 見えた, 記念の, 転が, 近づいて, 遊んで, 運んで, 酔倒れ, 降りて, 陣取って, 集って, 顔を

1 [1358件 抜粋] あっただろう, あった二台, あった坐蒲団, あった木箱, あった瓦, あった蕎麦屋, あった鼓, あり, ありましたヌタ, あるとも, あるわ, ある人物, ある分子, ある大観, ある径一寸, ある椅子, ある水道栓, ある牀, ある草, ある隙間, ある高等女学校, いかにも平和, いたの, いた多く, いた筈, いても, います, いらっしゃいますが, いられましたが, いるだけの, いるよ, いる女, いる訳, うち伏し, うらぶれたエトランヂェ, おいでよ, おりゅう, おる其処, お嬢さんが, お杉, お露, かしこまつ, がらがらした, ぎつしりくつつき合つた歩兵大隊にな, ぐたりと坐った, この山, ころがされて, さくら屋といふ, して, じいさんばあさん差し向いで, すこしばかり, そういう私達, そなた, その森, それ宜しく, たうとう, ただ一つ, たづね, ついた時, つけられて, つっ立てる昌作, どんな珍しい, なかった, はたはた揺らめい, ぴたりと, へんな, ぼんやり佇ん, ぽつくり, また世古, また活, まだ見え, むごたらしく殺られ, もと九段坂上に, やどること, ゐすくんだなり我知らず, ゐたら何うし, ゐた兄, ゐた客達, ゐた懇意, ゐら, ゐること, ゐる事, ゐる女王蜂, ゐる犬殿, アイリスが, カフェーの, ジイッと, チラホラ見える, バイエルン国の, ボンヤリ立っ, ママの, ロテイに対する, 一つ此処に, 一人きり残し, 一人ゐた, 一匹の, 一条の, 一杯に, 一組の, 一群れを, 一軒此処に, 丁度隣り, 三人そろつ, 上さんが, 上坂の, 下るに, 不審を, 並々でない, 中林梧竹翁の, 予てそういう, 二人は, 二匹の, 二日滞留し, 二階への, 五分間も, 人を, 人知れず生れ, 人間の, 人麿が, 今回の, 仰ぎ倒れて, 伯父が, 似而非現実主義, 佇んだなり時々, 住み慣れさ, 住む六左衛門, 住む宗教的, 住めりと, 何, 何かの, 何とも, 何やらぼんやり, 何等必然的, 余程の, 保子が, 俺の, 倒れた種牛, 停まる, 健在であろう, 偶然の, 働く多く, 優しい深切, 先刻叔父が, 入つて, 入りながら, 入れて, 六軒カラ, 其人が, 再び顔, 凍傷を, 凡ての, 出して, 出ると, 出席する, 出懸けたり, 出羽神社が, 初めて一団, 初めて恐る, 前顕, 動いて, 務めて, 匐ってる, 千町田の, 即製の, 参列した, 反映し, 取寄せしが, 可なり, 各々の, 同居し, 向いた注意, 向つて集中, 君臨し, 呪われた運命, 唐茄子を, 善も, 営林署の, 四俵大俵が, 囲って, 土俵で, 在った長い, 在ること三年, 在る一軒, 坐ったが, 坐りかけたが, 坐り込んだ, 坐ると, 埋めた訳, 基調を, 塚が, 夏に, 多く見出される, 夜明とも, 大きな手, 大きな蛇, 大変な, 大木の, 天の, 奥平が, 女子は, 妖僧が, 存じて, 学校の, 安住しなけれ, 安置する, 実に素晴, 客待ちし, 家が, 宿を, 寄つてこぼす, 寄り集, 寝泊りし, 対した愚劣, 小さい一つ, 小さな乗越, 小僧弁天という, 小康が, 少しの, 尽きて, 居たたまらなくし, 居た仁兵衛, 居た女中, 居た折, 居ちゃ, 居ついて, 居ない方, 居ますね, 居らんければ, 居るかっ, 居るならちょい, 居る中, 居る人々, 居る全部, 居る若い, 居れ跡, 居並ぶ誰, 居合わす人々, 屈み込むか, 屋根を, 展開した, 川上という, 差出して, 席を, 帰るかも, 帳面を, 常住し, 幼い時, 幾度か, 座つて居る, 座る一人, 建ち並んで, 建設された, 引取られ, 張り込んで, 役行者自作の, 彼は, 彼女を, 待つて, 律照寺と, 御出, 心を, 忍んで, 思い至らなかったとは, 急いで, 怪しげな, 恐らくは其処, 恐ろしい現代人, 悚んで, 意外に, 感光の, 感慨を, 我が同志, 或余裕, 戻つて机, 手持不, 打倒した, 投り出す, 投出して, 抛げ, 招じた, 按腹揉療治という, 据えた水がめ, 据付けて, 控へ, 揃って, 撲り倒されたよう, 救難所の, 教育博物館という, 新しい清々しい元気, 新しい運命, 於いて, 旗の, 旨く路, 映ずる凡て, 春が, 春日が, 時間的の, 暗指し, 暫く厄介, 書き入れようと, 有った火鉢, 朝, 期待し, 木虱を, 本人の, 本質的な, 杢左衞門が, 来ますよ, 来合せたもの, 松が, 根が, 案山子ども, 梓川が, 棒立ちに, 横たわってるの, 橋の, 次第が, 正しい譲歩, 残った, 段々合理化, 比較的ハッキリと, 気がついたから, 気が付いて, 気味悪く光る, 水中の, 汚い着物, 沈黙の, 沢山点を, 河野が, 泊つて貰ふ, 泣きわめきの, 泣伏しぬ, 泳いで, 活動と, 流れ落ちたる汗, 浸水する, 淡島風の, 深い処, 深い生命, 清い水, 清琴楼と, 温い人情関係, 源爺の, 激烈な, 瀟洒な, 然様いふ, 父は, 物思わしげ, 牽かれて, 独特の, 玉の, 現れた, 現わそう, 現われた有無, 現存し, 生えたいろいろ, 生き効, 生れまし十六, 生後まだ, 男女の, 留守居を, 疑問が, 痩せさらばつた一人, 登場する, 白翁堂勇齋という, 皐月さんの, 盥が, 盲の, 相応に, 看板が, 眠るだけの, 着物を, 矛盾した, 礼拝堂を, 祈らないでは, 神意の, 私を, 秘密が, 移つた, 種々仔細, 積み重ねられた魚, 空間を, 突立った, 窺はれる, 立ちすくまずには, 立ちどまつて, 立ち上った, 立ち暮らしたが, 立ち止まった, 立ち留った, 立ち竦んだが, 立ったこと, 立てるを, 立留つた, 立退いて, 端然として, 粗末な, 粛索と, 結合する, 続いて, 総括的な, 置いては, 置きざりに, 美人が, 耀ふ, 聊も, 背の, 胡座を, 脱衣婆が, 膝を, 臀を, 臨みて, 至ったの, 至りしに, 興味も, 良助を, 芥子や, 芳子は, 若し林檎, 茶碗が, 荷物を, 落した, 落ち散って, 落散って, 著くと, 蒐まっ, 薄気味の, 虫の, 蜂が, 行くという, 行けば, 行つたら, 行つて泊る, 行輔といふ, 袖摺れた, 見えさせ給う, 見えない, 見えなくなるので, 見なさい, 見られる, 見る事, 見出すの, 見物人たちの, 解き棄てて, 言い知れぬ哀れ, 設計図と, 証拠立てられて, 誠に好い, 読者を, 誰も, 豊富な, 贈物が, 走りついた時, 起き上って, 起って, 足が, 跪いた, 踏み止まつて, 蹲って, 車が, 転生し, 辿りつきたいと, 近づく事, 迷って, 送つて終焉, 通じて, 通掛った, 連れられて, 達せねば, 部落でも, 重三郎は, 野営する, 鉄の, 長くつ, 長火鉢や, 閉籠る, 間もなく自分, 阿母さん, 陣取つて, 隠して, 隠れて, 雄渾極りなき, 集つた人々に, 集つてこれ, 集つて居る, 集まつた, 集る人々, 電灯が, 震えつつ, 非常に, 面白からぬ, 頭の, 顔洗ひ, 飛ぶ純潔, 飼われて, 飾付て, 駈けて, 魂が, 麁朶が, 黙って

▼ 其処~ (676, 11.0%)

11 行って 7 置いて 6 来ると 5 入って, 出て, 往って, 来て, 行くと 4 出かけて, 持つて, 腰を, 連れて 3 倒れて, 坐って, 姿を, 寄って, 彼の, 行くの, 行て

2 [36件] お滝, ゆくと, 一台の, 下りて, 仆れ, 伴れ, 俺が, 出ると, 坐った, 実験台の, 寄せ付けなかつた, 小間使に, 席を, 引移る, 弟が, 持って, 振り飛ばし, 新一, 旦那様が, 村瀬が, 来た時, 横に, 歩み寄って, 立ち竦んだ, 立って, 置くと, 脱ぎ捨てて, 自分が, 行く, 行けば, 行こうと, 行つた, 見舞いに, 訪ねて, 身を, 飛び込んで

1 [518件 抜粋] あなた方が, あの黒い, いきなり声, いっしょに, いって, いらし, おでまし, お久, お入来, お前が, お前を, お前様が, お参詣, お島, お掛け, お残し遊ばし, お爺さんと, お登り, お荷物, お袖, かかると, こう陣取りまし, この涙, ころりと, ござって, ごろりと寝, さう思ひつつも, さっきの, ざくざくと, したら好い, しや, その晩, ぞろぞろと, たおれて, たたきつけられた木の葉, ちやんと, ちらちらと, つくばって, つけて, ですよ, とまりに, どう, ひざま, ひっくり返して, ふいに, べたりと坐っ, べったりと, ぼんぼりを, ぼんやりとして, また引張っ, また赤, まだまるで紅顔, もつて, やって, やって来たの, やって来た侍, やって来て, やつて, よくお, よく遊び, らの, ゐすくまつて, アルマンが, シル, スタ, トマトの, ドサリと, ノソリと, バタ, ヒョッコリ七兵衛氏が, ボールが, マス君との, メキメキと, レリヤは, 一つ覚と, 一人の, 一人男の, 一升壜を, 一本差した, 一泊し, 丁寧に, 丁度此, 三尺帯を, 上野の, 下した, 不意に, 丑村刑事が, 両手を, 並んだ, 予て心安立, 二つの, 二番町の, 五右衛門が, 交互に, 人通りが, 以て, 休ませ申し門前, 佇んだまま, 住んじまえば, 住んぢ, 何も, 何を, 侍が, 保子が, 倒れそう, 倒れたなり, 倒れました, 倒れますと, 倒れること, 倒れるばかりに, 倒れる虚無僧, 側の, 僕達夫婦が, 先日から, 先生が, 入った, 入ったから, 入つて, 入りながら, 入ると, 入るもの, 入るん, 入れかは, 入れて, 入れる, 其の品, 兼, 兼子と, 冬子が, 出かけるまでに, 出たとは, 出なくなります, 出ましたが, 出やんしょうこれ八右衞門さん, 出ること, 出る方, 出入し, 出動し, 出合いが, 出掛けて, 出掛けること, 出掛る振を, 出雲の, 利用し, 到着する, 到達しないなら, 前に, 割り込むと, 割り込んで, 勇ましい洋服着, 医専の, 十八九に, 半円形に, 参ると, 又警部, 友達が, 叔父の, 取落して, 吉本屋の, 同じ部落, 同居し, 向くめでた, 君の, 呼ばれて, 呼んだ, 和上の, 坐っちゃ, 坐つたなり, 坐らした, 坐らせて, 坐りながら, 坐る, 坐るなり, 坑内の, 埋めて, 埋葬し, 境の, 壮い, 声を, 外から, 多勢の, 女が, 女中も, 妊婦を, 妹娘の, 婢が, 婦人の, 婿君が, 嫁子が, 宅悦の, 宮本仲氏, 宿を, 寄りて, 寄港し, 寐に, 寝かして, 寝た, 寝ろ, 寝転んだ, 尋ねた所, 小娘の, 小肥りの, 小間使いが, 尻餅を, 屈み込んで, 届いたの, 山内も, 山田の, 工場を, 差し込んで, 差蒐った, 帝が, 帰つ, 帰つたパーシユーズは, 帰つて来, 帰る事, 平日着の, 幸ひ, 幸福なる, 座らせまいと, 庭に, 廻って, 引き倒しました, 引っ越して, 引つぱつて行, 引移っ, 引続い, 引越したので, 引越して, 張番でも, 彫像を, 影の, 彼女の, 彼女を, 彼等の, 往きましょうか, 往くと, 往く所, 往く按摩さん, 往った, 往ッて, 往来の, 待たして, 後から, 忍びこんだ真面目, 忍び込んで, 思いがけなく杜鵑, 懸けては, 戻った時, 戻らうと, 戻ろうと, 打倒れた, 投げた, 投げ付け草鞋, 投げ捨てた儘, 投り出し, 折よく, 抛り出して, 抛り出し慌てて, 抛り出すと, 押し込んで, 押籠められる, 担いで, 持ち出された, 持ち運んで, 持出された, 捨てようと, 捨て放しに, 据えつけられた彫刻, 据えられたの, 捻込んだ, 掛けさせた, 掛けて, 掛けなさい, 掛けようと, 掛けるが, 掛け給, 提灯を, 支那宮廷の, 斯うい, 新たに, 新神, 時々やって来る, 普請を, 暫く休ませ, 書いて, 書きました婦人, 書林から, 来いと, 来かかつた, 来たところ, 来た理, 来る毎, 来合せたお, 来合わせた夜会服, 東京から, 松太郎も, 某採, 柿色の, 校長が, 根本が, 桑を, 棒立に, 棒立の, 検事が, 検事局から, 横合の, 次ぎの, 此の, 歩み寄った晩成先生, 歩み寄つた晩成先生, 残されて, 残ったけれども, 殿を, 殿上人らしい, 気が付かれるとは, 汝が, 泊まるの, 泊るも, 泣倒れます, 浜田が, 源助が, 源助さんが, 片足を, 猫が, 玉の, 王が, 現はれた, 現れて, 現れないこと, 現われると, 瓦を, 甲比丹ブルックが, 留守居を, 登ること, 登るの, 登場する, 白身を, 白髪頭の, 皆で, 監督が, 目星を, 直ちに天, 看護婦が, 眼を, 着きますと, 知らず識ら, 石川依, 秋山長兵衛と, 移ったの, 移ってから, 移ってからは, 移つた, 移つて来た, 稼ぎに, 穴が, 穴を, 突っ俯, 突っ込んで, 突如じ, 突然の, 突然足許, 突立って, 突込み上から, 立ち出でた, 立ち現れ, 立ち現れた, 立ち竦んだが, 立っちゃ, 立つて, 立つと, 笈を, 第一, 紀元前一七〇〇年頃から, 結びつけたの, 緑美しき, 置き放しに, 置くが, 置くこと, 老婆が, 聚まっ, 胡坐を, 腰抜け同様に, 腰掛けて, 臥る, 臥倒れる, 自由に, 船に, 船の, 花片の, 茶を, 荷馬車挽き, 落ちたの, 落ちては, 落ち合えるよう, 落武者に, 落込ん, 葛飾が, 葦原醜男が, 葬って, 行かう, 行かうと, 行かれること, 行きた, 行きたいといふ, 行きつく事, 行きましょう, 行きますとね, 行くから, 行くこと, 行くだけの, 行くつもり, 行くという, 行くまでに, 行くまでには, 行くん, 行く支度, 行く最も, 行く者, 行く若, 行けおれ一人, 行けと, 行こうかと, 行った, 行つ, 行つたの, 行つた者は, 行つては, 行つて見る, 衝き坐って, 衝立った, 規矩男が, 親切気を, 記入す, 警官が, 谷山が, 貯金は, 貰われて, 走って, 赴こうと, 趣く, 足を, 転居し, 近隣の, 返すの, 追い込むまいと, 逃げて, 這入つて, 通う路, 通された時, 通された親類縁者, 通った, 通りかかる, 通りが, 連て, 連れ立って, 進み寄って, 進み寄ろうと, 遊びに, 道庁に, 達して, 達するそう, 遥かに, 都合よく, 醜女の, 釈迦が, 野牛が, 野菜を, 金子を, 関口官蔵と, 降りやう, 陥いりましたは, 階下から, 隠れたろうと, 隣室の, 集った, 集つてゐた, 集つて来, 雛でも, 雪崩れ, 雪洞を, 静子の, 靡く湯気, 順序も, 須世理姫が, 顔を, 飛びこんだ男, 飛び込んだ, 飛下りると, 飛脚が, 飛行機を, 養母によって, 饒舌家の, 饗庭, 駈けつけて, 駈けつけること, 駈け込んだ, 騒ぎを, 鰻捕る, 鵜瀞が

▼ 其処~ (540, 8.8%)

7 彼は 6 私は 4 何を, 僕は, 待って 3 まどろんで, 彼女は, 私の, 遊んで, 酒を

2 [17件] バスケツトを, 一寸踏み止まる, 一緒に, 二人は, 仕事を, 何か, 俺は, 十分暖まっ, 待つて, 後から, 我等は, 新宿行の, 突然勝平, 自分も, 自然の, 見て, 長い時間

1 [466件] あなたの, あにし, ある期間, いくらかの, いった叫び, いつからとは, いまちょっと, うまと, お由, お相手, お答, お米, お茶代りの, かたはらへ, かれは, ぐい, こくりこくり, こっそり教え, このアン・ルロイ, この山伝い, この能, この虫, これから鯛, さまざまな, ざぶんと沈める, しずかに, しづかに, じたばたする, すまして, その七百両, その上, その夜, その帰り途, それを, たたみ一畳ひと一人, ちょっと転んだ, ぢつ, ぢや, つい拙者, つい足, どういうん, どうも是, なら誰, はからずも世に隠棲, はじめの, ひたすら酒, ぷつりと自分の, ほんとうの, ほんの僅, また急, むすこと, もう所詮叶, やっと完全, やめに, よくお話, よし失, アセチリン・ランプをも, アンの, イロハニホヘトを, エンマは, コト, コーヒーココアパイナップル等を, ジンギスカン以後の, スケッチする, タイピストとして, ダンスにつれて, ハイカラな, ハタと, バクレツと, ベエシル・ハルワアドの, 一つその, 一つの, 一つ山を, 一つ鍋の, 一人の, 一同は, 一寸立止つた, 一層はげしく, 一層都合, 一日も, 一晩泊っ, 一泊した, 一片の, 一策を, 三ヶ月修行し, 三十分の上待たされ, 三拾両, 三百円という, 上がらるるとき, 上演される, 不平も, 中断する, 乗換へ, 乗替を, 九郎右衛門は, 乳しぼり, 事実上旋回する, 二人が, 二人の, 云った, 云って, 五六人の, 井戸掘りの, 人々は, 人形やら, 人殺しが, 人目を, 今まで, 今夜彼奴の, 今度は, 今日に, 仏蘭西に, 仕事の, 他愛も, 以前から, 休むため, 休むつもり, 休んだ, 伝奇と, 伯父さんが, 何かの, 何度でも, 余は, 使わないもの, 便船を, 倉蔵が, 催された, 働いて, 働くの, 働く人達, 僕も, 先ず四人, 先に, 先生にも, 兎の, 入り壻, 其の中小僧, 其の木像, 其の魔性, 其日政宗から, 再び彼等独有, 再び樒, 再び残忍, 冷却される, 凡てが, 出逢った女, 出逢つた一群, 切れるですもの, 初めて完全, 初めて静か, 別れかねて, 別れそれ, 別れる事, 制作し, 割れて, 加工した, 勉強する, 動かなくなって, 匿名など, 十五分位だ, 印刷させる, 卵を, 卿と, 又た, 又同じ, 又第, 叔父さんは, 取る自分達, 受けられる事, 口を, 古い方, 同じ世話もの, 同藩士, 同行の, 向直って, 吾人は, 告白し, 咋日の, 商売に, 啖呵を, 喬介は, 嗽ひ, 四五年も, 四人の, 四角な, 坐つたま, 夏も, 夕刊を, 夜明しを, 夢の, 大いびき, 大きくなった, 大きな鳥打帽, 天神に, 太平洋汽船会社の, 太鼓は, 夫婦が, 奇月は, 女房は, 好い漁, 始めて, 始めて発せられ, 娘に, 孝太郎は, 官吏を, 宜しい此処, 実は少し, 家に, 家を, 寄附金じゃが, 富子, 寝たいと, 寝るが, 寺子屋の, 小僧が, 小屋掛の, 小生は, 少し交睫, 就いた, 山だの, 岸田劉生と, 巡覧券を, 帯を, 帽や, 平常の, 平次は, 年寄共が, 幸福な, 延びるわけ, 弁解らしい, 彫像の, 影絵を, 彼の, 彼奴のと, 彼等の, 待ち合って, 待合す, 後始末の, 御所と, 御簾中が, 御飯を, 復活祭の, 心で, 恁う, 悪口は, 愈々お, 感染する, 憩つて居る, 成育した, 成長した, 我等の, 或る, 戦死した, 房州相模は, 手酌で, 拝を, 捨てられたそのうち, 搾りぬかれた仲間等, 摘む, 支えられるの, 改めて慎重, 放たれた者たち, 斃死した, 斬られたという, 新らしい, 日本の, 早や, 早速頭, 昔習い覚えた, 昼を, 昼食に, 時ならぬ, 景子は, 智的で, 暗がりから, 暫くの, 暫く休ん, 暫く歔欷, 暫く稼, 暫く見, 暮し其処, 曾て, 月々の, 木の実草の, 本でも, 杏丸を, 村の, 東京から, 枯れたの, 栗の, 梅子嬢も, 棺の, 植物を, 樹枝が, 樽野は, 機の, 止った, 止まったと, 止めたか, 此の, 此度は, 此辺の, 死ななければ, 死体を, 歿く, 殿下の, 母と, 母親や, 泊って, 法衣商を, 泡盛を, 泣いたわよ, 泣く子, 浪子が, 消えて, 消したらしい, 消費された, 深味を, 渋りながら, 湯屋の, 源吉は, 滝の, 演じて, 烟草を, 無限の, 煮物を, 父は, 父君を, 独りで, 甘えて, 生きて, 生れた者, 生れて, 生徒に, 生産しよう, 田園の, 男に, 留ったそして, 異常な, 疲れて, 疵だらけに, 病身な, 白状し, 百姓にでも, 皆んなは, 皇太子中大兄の, 直接彼に, 真蔵は, 眠るので, 着物の, 石炭代りの, 破壊された, 確かに, 祈祷の, 祖母が, 秀吉に, 私が, 私たち二人は, 私だけ, 私どもは, 私も, 稲荷鮨を, 稼ぎも, 積雪量を, 立ち佇って, 立ち働いて, 立ち尽した, 立つて, 米や, 粟の, 糸に, 終る, 結婚した, 結晶は, 縛って, 繁栄は, 群を, 老人は, 老爺, 考えたこと, 考えたらいい, 耕した所, 聞いたに, 聞けば, 肝要な, 肩の, 育ったの, 腐れて, 臨時の, 自分で, 自分は, 自動車の, 自国の, 自殺した, 自由は, 花粉や, 英文学を, 草臥れたと, 落合ふ, 落命した, 薄く笑った, 蜂の, 蟻は, 蟻共は, 行き仆, 行われて, 袿の, 見た, 見た田楽, 見出して, 見物せい, 角板が, 解決を, 話しかけました, 話すこと, 誓約文を, 警官に, 負惜みの先生, 貴所の, 賢人セムボビチスの, 質問を, 足跡が, 路は, 身の上話を, 転びましてな, 農耕を, 迎えて, 追い詰められた牝鹿, 追ひ詰られた, 送った, 送り先を, 逢ったという, 逢つた, 逢つた三人連の, 過した, 過した数回, 道綱を, 酒の, 野寺の, 野郎も, 金田一先生の, 釣橋を, 鈴を, 鑿と, 長左衛門様の, 開いた口, 開きました, 降りると, 降りるの, 集結する, 雉子が, 雪害の, 静子と, 非常に, 面識が, 鞣皮工ペンキ職教師等の, 順番の, 頒ける, 頭の, 顕微鏡を, 食べるなよ, 養父と, 養生した, 騒いで, 鯉の, 鶉か

▼ 其処には~ (472, 7.7%)

11 誰も 3 いって, 何か, 何にも, 何の, 何も, 私の

2 [18件] あった, かれの, どんな人々, もう優しい, 一つの, 一人の, 両側の, 何等かの, 先刻信一郎が, 居なかったの, 彼の, 恋人からの, 才覚という, 日本の, 火花が, 血の, 通路を, 電車の

1 [407件] あの実直, いたづら, いつて, いなかった, いなかったの, いること, お婆さんには, お染, お清, お滝, この夫婦, さう, さっきの, ざっと酒肴, すぐ前, そう言われ, その見知らぬ女, それだけの, ただ三四尺, ただ暗い, ただ清浄, ただ空しい, ただ青, ただ静か, ちゃんと跡, どう云, なかつた, なく北寄り, なつかしき母上, なにか理窟, なんにも無い, はっきり桐そのもの, ひろびろと, びツくりした, ほとんど, また数限, また新た, また異な, まだ幾匹, まだ男, まだ第, まだ色づき切れない, まだ見世物, もう人家, もう倫理, もう十六, もう大分詩人, もう肝腎, もう誰, もう辻斬, もう金力, もつと, もはや何, もはや俳句, もはや生, もはや羽島さん, やはり何, わたしが, オランダの, スペイン人イタリヤ人が, ナポレオン帽を, バケツや, バナナと, パチコが, ピカドル, ブン, ペンキ塗りの, ボチセリイの, 一定の, 一帯に, 一幅の, 一枚の, 一疋の, 丁度赤, 七星の, 三人立っ, 三尺四方位いの, 三尺角ほどの, 下屋敷が, 下流の, 下田街道の, 不似合, 不思議な, 不相変黄包車, 中年の, 中西が, 主人の, 乞食の, 了簡が, 予め手紙, 二つの, 二丁程, 二十五六の, 二十歳位の, 二輌の, 二通りばかりの, 云いたい事, 五六人の, 五分苅頭の, 五十位の, 五輪に, 亦生活, 人の, 人間と, 今まで, 今日告別式を, 他の, 他人が, 伐倒された杉, 伯父の, 住んで, 何が, 何んな, 何んにも, 何んの, 何人かが, 何様な, 作者の, 併し, 使捨てた, 例の, 停車場らしい, 側師の, 偶然が, 偽善も, 僅かばかりの, 僕等の, 兄妹の, 充分の, 先き, 先刻或, 先方の, 先生の, 先般学会で, 光りも, 児を, 全石, 全部白, 八つの, 八重に, 其の頃研究座, 冬子の, 凡ての, 切灯台の, 前から, 前夜の, 劇しい, 勝次郎と, 十二人の, 千仞の, 千年前の, 半ば埋もれた, 単なる時間上, 厚い布団, 又どんな, 又千百事情, 友達が, 古い印袢天, 古い印袢纏, 只だ, 可愛らしいジャンダーク, 右二ツの, 同じ一点, 同時に又, 君の, 和洋雑多な, 喜兵衛が, 四頭の, 土に, 土手が, 場末らしい, 多量の, 夜が, 夜目にも, 夢の, 太陽が, 夫婦二神の, 妻が, 姿を, 姿見が, 婦人も, 実にさまざま, 実にクラリモンド, 実に丸々と, 実に奇麗, 実に複雑, 実際この, 家令らしい, 寄りつかず請人, 寝床が, 対手に, 小さな棚, 小さな渓川, 小唄の, 小平が, 小石を, 小網町や, 小船も, 居なかった洋燈, 居なかつたので, 居合は, 居合わさぬ妻, 届かず朱, 山を, 山寄りに, 岩佐清水と, 川を, 巡査や, 己の, 希臘の, 帰途の, 平次と, 平次の, 幽雅, 幾つかの, 幾つと, 幾多の, 広い睡, 廷章の, 弘法大師と, 影の, 彼を, 彼等の, 待つとは, 後立山山脈の, 心の, 必しも, 志津子の, 思い掛けず友子さん, 思い掛なく, 思ひも, 怪しい畸形, 恋に, 恋の, 恐怖が, 悉ゆる, 愛慾しか, 感じられないでも, 感覚の, 我ら四人の, 所夫の, 投げだされた鉄器等, 推移そのものの, 敬称と, 数々の, 数人の, 数多い室, 敷きっぱなし, 文平が, 新しく考へた, 新聞記者が, 方向を, 方法も, 既う, 既に二三尺, 日ごろ顔見知り, 早や, 早朝に, 明日の, 明珍長門家政作の, 昼の, 昼夜の, 村の, 松平侯爵邸県庁裁判所県会議事堂などが, 桃園が, 桔梗色の, 楽むとも, 権兵衛が, 櫟林に, 此処と, 此処の, 此処よりも, 此女を, 此方を, 死といふ, 死人の, 殆ど無数の, 残されて, 殺された岩太郎, 母の, 水で, 水に, 水も, 沢山の, 油で, 洋燈が, 洗濯物が, 浜の, 涼しい蔭, 淋しいよう, 淡く煙った, 深い懐しさ, 漏電しかけた, 澄子が, 火の気も, 火鉢や, 無かった, 無数の, 無残な, 無闇に, 焼岳が, 熟した麦, 熱湯を, 燈火が, 燈籠は, 牡丹の, 物質に, 特に目, 猪とか, 玻璃製の, 珊珊が, 現しさ, 理屈が, 生きた, 生も, 生存競争場裡の, 田代君夫婦が, 男の, 白い砂原, 白く菊花, 白粉を, 白金の, 白銀色の, 真新しい落葉, 真白い衣服, 矢張かれと, 磁器を, 私たちの, 私よりも, 私服の, 突っ立っ, 竜見長庵と, 箪笥やら, 簪を, 紀元前六世紀頃からの, 紅茶と, 紐で, 絵画としての, 総てが, 総之, 群馬栃木の, 老人の, 老婆の, 背の, 自ら別な, 自分の, 自分自身に対する, 自負や, 舟底枕が, 色々な, 若い女, 荒廃した, 萱だの, 薄つ, 藤十郎が, 蘆荻の, 蚊帳が, 蝦蟇は, 血潮の, 行燈の, 行燈は, 見えなかった, 見られなかった, 言葉に, 責任を, 貸本の, 賽太歳大王と, 赤泥んだ, 起らなかったそうした, 越えた処, 足の, 踏んで, 身の丈けほども, 身体の, 車掌と, 轆轤首の, 轡虫が, 迎いの, 遣水が, 釜の, 針葉樹の, 鉛筆の, 鏡台が, 長い, 長い間, 長谷川という, 阿諛, 陰火が, 陰陽道, 雪が, 青い焔, 青い空, 静脈と, 面倒な, 音とも, 願がけの, 饒舌の, 高利貸の, 高山植物が, 鬼ならぬ, 魚の, 魚や, 鴨居に, 鹿島槍ヶ岳が, 麗々しく, 黒い庭木, 黒い鉄橋

▼ 其処~ (409, 6.7%)

21 出て 9 出た 6 離れて 5 去つた 4 出たの, 出ると, 歩いて, 通って 3 去つて, 立ち去って, 立つて, 見おろす山の上, 通り過ぎて, 通ると, 飛び出した, 飛び出して

2 [25件] 出なければ, 去った, 引き上げて, 明けては, 立ち去った, 立ち去った後, 立って, 立つた, 立去つた, 見る眼, 覗くと, 走り出た, 辞した, 辞したが, 通つた, 通りか, 通り過ぎました, 通る度, 通抜け, 過ぎると, 避けて, 閉って, 離れた, 離れなかった, 離れ出した

1 [278件] あけて, いずること, お考, お通しし給え, お通り, お通り下, かけ出して, がらり明け, くぐった, くぐって, こだまの, さして, さへ, すうっと, そういう風, そう往, たずねた, ちょいと, なんし, のり超えて, はっきりさせない, はなれなさいました, ひとり歩きながら, ぴったり, ぴったり閉め, ふと覗く, また, やつれた顔, やめて, やられたこと, わずかに, 一つお, 一つの, 一つ勘弁なすっ, 一つ幾重にも, 一つ考え, 一つ見つけ, 一人の, 一坪竹矢来で, 一寸も, 上から, 上って, 下って, 下りたと, 与茂七, 二度往き来した, 人が, 住家に, 何う, 何も, 何時に, 借りて, 借りること, 入ると, 出た自分等夫婦, 出づること, 出てから, 出で, 出ました, 出ようと, 出る時, 出発した, 出立しました, 切りぬける事, 切上げた平次, 切穿り, 動きそう, 占領し, 去って, 去らずに, 去りかねた様, 去り得なかった, 去る, 去る時, 去ろうと, 又滴, 口ずさんで, 叩いたら姙娠, 叩くてえ事, 右へ, 名高い大, 吹いて, 器用に, 堪へるも, 壊して, 大目に, 宛然作者自身も, 尋ねて, 小石川から, 山続きの, 工夫し, 左に, 帰って, 干潟に, 幾度と, 廻り得るか, 引きあげても, 引き上げずには, 引揚げた, 彼は, 彼等の, 往来する, 後から, 徒渉し, 得て, 御津の, 御示し下さい, 志して, 思ひ浮べた, 慮って, 手に, 抜け出すこと, 押えつけて, 押えて, 拭きはじめた総, 持って, 指して, 捕まえさえ, 掃いた, 探して, 掩い, 旨く切り抜け, 明けちゃ, 書斎に, 最期の, 根拠と, 極めること, 横切つて南北, 歩きながら, 歩めるの, 気に, 泊り場所, 流れて, 滑かに, 潜り抜けたが, 煮えくり返して, 父の, 特に頼みたい, 犠牲に, 狙って, 独り歩い, 生徒監が, 申します其処, 畑に, 登ってからも, 登りますと, 目当てに, 目懸け, 相手から, 磯の, 神の, 称へ, 移して, 突き当って, 突切って, 突止めたいの, 立たねば, 立ちかねて, 立ちましたなれども, 立ち上がりそう, 立ち出, 立ち出でた, 立ち去つたさうだ, 立ち去つて母, 立ち去らうと, 立ち去りて, 立ち退き, 立つと, 立出でました, 立去った, 立去っても, 立去りかねて, 立去りました, 管理し, 素通りに, 結晶が, 締めろぴったり, 考えなければ, 考へたん, 考へて, 考へれば, 耕して, 脱け, 自分の, 船を, 蝙蝠傘を, 見せると, 見たよう, 見つけ所, 見て, 見なおした, 見るに, 見るを, 親元に, 言うの, 訪うて, 訪ねた人間, 訪れたと, 訪れたポオル・ヴァレリイ, 訪れた時, 訪問し, 誘い入れて, 諦める為, 警察とは, 譲って, 貴女また, 起ち砂山, 起ったお, 起点に, 越すと, 越ゆる, 踏みしかば, 辞したの, 辞して, 辞去し, 迂回する, 退いたら可, 退かないという, 退きな, 退くと, 退け, 逃が, 逃げて, 逃げ出したこと, 逃げ出して, 逃げ出すこと, 逃れ出したの, 逃出し, 通った, 通った覚え, 通つたのだ, 通つたら, 通つた時斜めに, 通つて見る, 通らなければ, 通りかかりふと, 通りこし, 通りすぎました, 通りながら, 通りぬけ, 通りました, 通り合は, 通り懸つた, 通り抜けると, 通り掛て, 通り越して, 通り過ぎた, 通り過ぎると, 通り過し, 通る事, 通る人, 通る時, 通る毎, 通る積り, 通る頃, 通れば, 通過する, 過ぎた, 過ぎればさしたることなく頂上, 遠ざかった, 遠退きかけた, 遥かな世離れた, 鋭く刺した, 鋭く洞察, 閉めたが, 開けて, 開けますと, 開けようと, 開けるの, 降つて, 降りて, 離して, 離れながら, 離れると, 飛び出すと, 飛出したの, 馘に, 験べて

▼ 其処から~ (400, 6.5%)

3 出て, 頻りに人

2 [23件] 二里ばかり, 仰ぐと, 光が, 入って, 出ると, 出発し, 右に, 吹き入る雨, 家の, 左に, 帰って, 彼の, 本当の, 東に, 祭場に, 自分の, 色々な, 見渡される広い, 身体が, 這入って, 鈍い蠕動, 雪の, 首を

1 [348件] あちらへ, ある選者, おりるべく祭壇, こんどは, して, じっと覗いた, じよらうぐも, すこし離し, すべての, すらりと, ずっとやって来た, その人, その舟, てくてく歩い, でも, どらん, どんな穀物, ならば, はいって, また彼, また更め, みよちゃんの, もさう云, やって来た, ゆるゆると, よく見える, ツカツカと, ヒントを, 一二丁先小高い, 一人で, 一度海に, 一昨日は, 一時間ばかり, 一歩踏み出し, 一段高く, 一番早く, 一番近い, 一種の, 一里に, 七千ヴォルトの, 丈夫な, 三町程度進む, 三里ばかり, 三里も, 上げて, 上るが, 上る道, 上陸させた, 下の, 下りるの, 世界を, 両神山に, 両腕, 二三尺の, 二三間下の, 二十町は, 二十碼ばかり, 二里の, 二里ほど, 五六十間も, 五六間しか, 五十哩ばかり, 今一度病める, 今日の, 仰いだ富士山, 何が, 何の, 何物か, 作者の, 先きのその, 先へは, 光明が, 入つて斎部, 入れ, 入ろうと, 其の鎌, 凡ての, 出して, 出たもの, 出でた結果, 出る, 出る不意, 出る武蔵野線, 出立し, 切りぬける事, 初まる, 初めて新しい, 初めて甲武信岳, 初めるの, 力の, 力声が, 動かずに, 動かなかつた, 動かれなくなるやう, 動くこと, 動くの, 勝手に, 匐ひ上り, 北に, 十五分許進んだ, 十町許も, 十里ばかりの, 千本峠花折坂など, 南に, 南へも, 南アルプスの, 又, 又一丁場西, 又或, 又船, 友達の, 右の, 右へ, 吊された一筋, 吹起る, 周囲の, 四五丁上に, 四五里も, 四周の, 四方へ, 四里に, 四里近い, 地上の, 外へ, 外を, 外側が, 多くの, 大分離れとります, 大洞山, 天駆り, 始まるん, 始めの, 始終煤煙, 学校へは, 富士が, 小さい光, 小半町, 小鳥の, 少し左, 少し行く, 少し離れた, 尾根を, 局に, 居なくなって, 屋根裏へ, 展望した, 山を, 山稜を, 岸へ, 川の, 川筋を, 左へ, 左折し, 帰える, 帰る途中浅草, 広茫, 庭に, 庭へ, 廊下を, 引きずり出されること, 引き返した, 引き返して, 引っ返して, 引越して, 引返しざまに, 引返して, 強いて, 彼は, 後へ, 御姿, 御社へ, 必ず何, 忍び出, 快い風, 怪しい蠱惑, 恰度泉水を, 成長せぬ, 戸外へ, 手取川に, 手紙を, 投げ出された小作人達, 抜け出して, 持って, 改めて人生, 改めて振返っ, 散歩に, 数丁離れた, 数歩離れた, 文学世界の, 新坂を, 日の出が, 明治女学校へ, 昔奴隷として, 曇った朝, 曖昧な, 更にもと, 更に祭場, 更らに, 望んだ行手北の方, 木立の, 未見ぬ, 来たと, 来たもの, 来た女, 来るの, 来る哀愁, 来る神, 来る魂, 東京まで, 東南に, 松葉掻枝拾い, 板塀の, 林だの, 棒の, 構内へ, 標語と, 次第に対象, 歓声が, 正直な, 此処へと, 池の, 汽船で, 汽車が, 汽車で, 汽車を, 流の, 海岸の, 深い淋しさ, 深まり根本, 湖寄りには, 湖水に, 湧き起らうとは, 湧くか, 滲み出したちょろちょろ, 滴る血, 漂つて来る, 火を, 灯が, 灯までは, 焼岳を, 燦然として, 狙って, 現実界を, 生きて, 生れて, 生臭い鬼魅, 甲武線の, 男と, 町の, 発展した, 発生した, 登って, 登山した, 白に, 目を, 直ぐ本, 直ぐ金沢町, 直観空間とは, 真直ぐに, 瞰下す, 神楽の, 私たちの, 秩父へ, 突然, 突然崖, 窓の, 立ち去った, 立ち去ること, 立上らう, 立体的に, 立昇り立昇っ, 筧の, 糊塗しきれない, 紫色の, 細い紫, 絶頂まで, 続いた一筋道, 続いて, 聖母の, 聞えて, 脱出した, 自然に, 自由性を, 臼を, 花田は, 芽す, 蒲田の, 蒼い手, 薄暮の, 蝶が, 裏口へ, 裏露地を, 襦袢の, 西へ, 西南に, 西南へ, 西方の, 西浦一家の, 見えた赭松, 見えなかったの, 見えるあらゆる, 見られる山, 見られる黒部川, 見当を, 見透しの, 見降すと, 解放される, 誤つた内容偏重論, 谷の, 起るの, 起る色々, 足を, 車に, 近いといふ, 逃げた, 逃げるよう, 逃げる事, 逃げ出したという, 逃げ出して, 逃れしめたの, 逃出そうと, 途方も, 這い込んで, 通ずるバルコニー, 進んで, 運ばれたに, 遠く遠く離れ, 遠ざかつてしまつた, 遠退い, 鈍い光り, 阿部川町の, 降りられるか, 陽の, 離れないこと, 電車に, 青々と, 静に, 鞍山運鉱線の, 風が, 飛び出して, 飛騨へ, 驀地に, 鬼火が, 魂が, 麗人奈々子を, 麹町の, 黒い血, 黒ん坊の

▼ 其処~ (387, 6.3%)

4 主人が 3 壁に, 家に, 息子が

2 [14件] お神さん, ところから, 処は, 墓石の, 小さい桃花心木, 店で, 座に, 扉を, 棚に, 炉棚の, 生活を, 白い砂地, 硯を, 風景を

1 [346件] ある女給さん, いつも箒目, おじさんは, お蕎麦屋, が負傷者, ことを, たたきに, とうちゃん, とこもうちょっと, ところが奇妙, ところに, ところは, とても綺麗, カフエーの, カフエーへ, ガレーヂの, スターである, タイピストに, テントに, ドアを, ドンヅマリに, プラットホームで, ベンチにも, 一人娘ぢや, 一区劃だけは, 一段に, 一段低い, 一段高い, 三味線を, 上が, 上の, 並木に, 並木を, 並木路の, 中学の, 中障子を, 主人と, 主人宮松三之助と, 主宰神の, 二日町と, 二階に, 二階へ, 井戸端に, 交叉点に, 亭主が, 亭主で, 亭主の, 人たちに, 人口は, 人達の, 仏壇に, 仮檻, 伐採中で, 伝説を, 住み手, 住民と, 住職に対する, 何十人かの, 係りの, 倒れた松, 停車場で, 傍に, 僕の, 入口の, 入口は, 具足を, 写真を, 処が, 切りそいだ, 別当は, 前に, 前まで, 劇場も, 助教授か, 勝手許に, 卓を, 卓子にも, 博物館を, 厩に, 参観者とも, 台所口で, 名主並に, 名物の, 唐物屋の, 喫茶店が, 四日市屋と, 四辻は, 土堤を, 土民は, 土間から, 地図を, 地形などにも, 地面に, 垣根に, 堤上に, 場図で, 墓地に, 墓地の, 壁の, 夜店街の, 大きな卓子, 大学の, 大洋の, 天井から, 天井裏から, 夫人に, 女あるじ, 女中から, 女主人公, 女房が, 姐御, 委嘱で, 娘と, 娘は, 室へ, 家で, 家と, 家を, 宿屋に, 宿屋へは, 寺には, 寺男が, 対岸の, 小さい崖, 小作人達は, 小山の, 小犬に, 小路は, 屋上起重機は, 屋敷に, 屋根瓦に, 山で, 山の, 山ほど, 山吹町の, 岩鼻は, 峰彼処の, 川の, 川何処の, 川原に, 工合が, 工合は, 床の, 店へ, 庫裡の, 廊下に, 廊下の, 建築は, 弁士の, 応接間の, 或る, 戸の, 戸を, 房の, 所が, 折り曲げられるしきたり, 折戸の, 折戸を, 押入に, 押入を, 敷ものには, 敷居に, 斗満, 料亭で, 旅宿へ, 旅館へ, 日向に, 日本部には, 旦那様に, 明るい電灯, 景色に, 暖炉に, 暖簾を, 暗い処, 暗がりを, 暮しは, 曲り角に, 書生部屋に, 有様が, 木の根に, 木立の, 本屋で, 机の, 杉の, 村の, 村校の, 松の, 松の木に, 松並木の下の, 松蔭此処の, 枝折戸を, 柱の, 柱へ, 校長とか, 格構も, 棒杭に, 椅子に, 椽側に, 椿の, 横町だ, 横町は, 横町を, 樽野の, 橋を, 次男が, 次男は, 歌舞伎座の, 此方から, 気附で, 気風は, 水門に, 水際に, 水際の, 汀の, 池へ, 沢から, 河舟には, 活動写真で, 流れは, 海であろう, 海員周旋屋の, 海岸で, 渓向うの, 渚には, 温泉宿から, 湯に, 滝壺で, 演奏者の, 濡れた壁, 火灯で, 灰を, 煉瓦塀の, 状態に, 狭い控所, 猫を, 玄関に, 甃石の, 生徒に, 生活には, 生活様式が, 田舎の, 男女を, 畑の, 畠に, 番手桶に, 番頭にな, 百本杭あたりで, 皮膚には, 盛りです, 直ぐ下に, 真上の, 眺めは, 眼上に, 石の, 砂地の, 砂地を, 砂浜の, 破れた生垣, 秣架に, 積藁の, 穴は, 空気に, 空気を, 窓縁で, 窪みの, 立木に, 篠田さんナ, 紅葉は, 素床に, 細君と, 細君も, 総領で, 縁側から, 美容院へ, 美術館で, 美術館と, 職員として, 腰かけに, 臣と, 自動車会社に, 芝生に, 花子という, 花蔭此処の, 若いマダム, 茶屋で, 草つ, 菱提灯に, 落葉の, 落葉松の, 蓬若芽を, 蔀を, 蔵に, 蕎麦屋で, 蕎麦屋の, 蘆は, 街の, 街頭に, 裏手の, 裏門の, 裏門より, 襖を, 親父や, 角に, 角には, 角の, 角まで, 角を, 角屋敷の, 言葉は, 話を, 調子が, 豪家, 賤しい, 路上に, 路次先に, 近い, 近くに, 近所に, 道理を, 道端で, 郊外の, 部落を, 酒樽の, 金盥の, 鈍い円錐形, 鈴卯旅館と, 長が, 長屋を, 門口から, 門口を, 門柱には, 院長さんが, 隅ツコに, 階段の, 障子の, 障子を, 雑木林や, 電燈の, 電話室で, 風陰を, 骨が, 骨太な, 鳥屋へ, 麦からが, 黒糸だ, 鼻さきに

▼ 其処~ (238, 3.9%)

2 [14件] まだ別れる, もう三丁目, 何処な, 六畳敷位の, 切りたつた崖, 可なり, 多分は, 山の, 晋陽の, 暗黒である, 書物棚に, 道が, 道幅が, 非常に

1 [210件] いつも非常, いとも奇妙, いひやう, おらが, お前が, お料理家, お花畑である, かなりの, きまって鹿, その夏, そんな風, ちょうど資生堂, どうしても山, どう云, ふさが, ふだん使わない, もう, もう呪われた, もう壺, もう惨, もう玉の井, もう白色, もう雨漏りどころ, もはや生物, やや平坦, アピア市の, キチンと, グランド広場へ, シーク・ドランカーの, ソレ情合だ, メシナの, 一段高い, 一等船室である, 七八町歩の, 三尺四方の, 三角定規の, 三階下は, 下手へ, 丘上で, 並木の, 主家来, 乃ちミユツセが, 京の, 人間の, 今しがた出, 仏間にでも, 代々畳屋を, 以前から, 仮託が, 住居と, 佐竹さんの, 佐野という, 体裁で, 何となく物佗びしかった, 何とも云え, 何と無く, 何時でも, 俗に, 偃松に, 先程の, 全くの, 全く私, 八千尺を, 八畳位の, 六畳の, 六畳は, 其処許の, 内気だけに, 分らんが, 分りませんので, 勇吉に, 博物室と, 危険な, 又相談ずく, 叉杖風に, 古の, 台所の, 右も, 四国巡礼二十四番の, 四百米も, 四辺が, 城ヶ沼と, 多忙で, 大きなランプ部屋, 大倉組と, 女の, 女湯の, 子供でございます, 子供心で, 宜しく, 家の, 家族が, 寂しい冬, 寒いから, 寺の, 小さな二, 小さな聚落, 小さな舟著場, 尾谷川の, 山門から, 峰の, 川から, 工場であった, 左が, 左に, 己の, 巴里市内の, 平吾の, 広い平, 広い街, 強烈な, 当人の, 彼が, 怖ろ, 思いがけぬ嶮, 急に, 愛知県渥美郡泉村江此間の, 戸数五十近くの, 所謂観音力で, 支那の, 敵の, 文三性質が, 斗の, 新しく市内, 旨く行っ, 旨く話合い, 早や, 月の, 本部の, 東支鉄道の, 柱の, 森の, 橋の, 止るべからざる所, 此の, 歩きにくい, 死んだ細君, 毎晩夜店の, 水底の, 汚のうございます, 江戸子だ, 池の, 活動写真の, 深川法乗院門前で, 湖水が, 滅多に, 濁, 濡れて, 焼跡に, 熊, 特に私達, 田圃より, 男女の, 町すみの, 町裏の, 病院の, 白, 盲人でも, 直ぐ薬局, 石段が, 破れ壁から, 硝子張りに, 神女の, 私には, 私の, 秘密を, 端近先ず先ず, 竹藪の, 篤実温厚だけに, 紅葉館の, 素より悪才, 絡繹と, 絶頂では, 綺麗に, 線路が, 緩い傾斜, 繁茂した, 羊歯の, 群集を, 義理ずくだ, 翁の, 老婆の, 聞かんが, 職掌で, 能く, 自分にも, 自分達の, 舞台の, 茶の間であった, 蚊が, 蛛網の, 血肉を, 見るからに, 貴方が, 越後屋重吉と, 辰之助に, 這入る処ぢ, 通勤女給という, 通路を, 重々済まない, 野原な, 釣綸を, 開けません事, 陰謀の, 険しい切り, 雨が, 非御家人, 駅まで, 高円寺駅付近の, 鱈の

▼ 其処まで~ (142, 2.3%)

7 行って 6 来て 4 一緒に 3 考へて, 行けば, 送って, 進んで 2 考えて, 行くうち

1 [109件] あきらめりやあ, あなたの, いっしょに, いったとき, いったのに, いった時, いらしつて, おされて, おとなしく来, お供いたします, お越し遊ばす, くると, せんでも, ついて, でありますよ, では, で後, やると, ゆかないと, ゆく畑道, われを, 上つた, 下りる気, 云いかけると, 云った課長, 云わぬ方, 介添に, 僕を, 出ること, 出世し, 判って, 動いて, 単独の, 参るには, 射し込んで, 導いて, 届いて, 引あげる, 引ずられて, 往きて, 御一緒, 思い廻らす暇, 掘りあてると, 攀じ登ろうと, 書いて, 来い, 来ない内, 来ると, 来れば, 歩いて, 歩こう, 歩んで, 母に, 決心が, 登って, 登るには, 研究した, 私が, 私を, 突きとめないうち, 突き留め兼ねる, 突っ込んで, 立ち入るわけ, 立って, 老人と, 考えさせる, 考えた時, 聞えて, 艀を, 落すこと, 落ち込んで, 行かないで, 行かなければ, 行きたいの, 行きましょう, 行きます途中, 行き着けば, 行くこと, 行くと, 行く振り, 行けないもの, 行けなければ, 行ったん, 見送って, 見送るつもり, 解釈を, 言って, 詮索する, 話す暇, 読めば, 買物に, 走って, 辿り着いて, 送つて, 送らう, 送りましょう, 這ひ出し, 這入るとき, 通じて, 進もうと, 進んだ暁, 遊びに, 達した時, 遣って, 隙間も, 雪を, 飛んで, 首に, 高くなかった

▼ 其処~ (116, 1.9%)

2 で夫, にそれ, に居る, の小間物屋, の物, をうろうろ, を歩き廻った, を片付けた, を見廻し

1 [98件] から始, が明るく, が線香, が落, で, で声, で月江, で立, で笑, で聞く, で若い, で野宿, にうず, にうろつい, にさまよっ, につん, にでも見当る, には人々, には割薪, には大勢, には気が付かんで, に一二軒, に何, に動い, に執り着く, に巡査さん, に引かかっ, に徘徊, に抛り出され, に散らばっ, に散らばつ, に散乱, に有る, に落こ, に落ちてる, に蛞蝓, に見えなかった, に起らう, に転, に道行, に飯桶, の叢, の寄席, の岩肌, の樹木, の物音, の田圃, の石, の籔, の草むしり, の荒れたる, の荒物屋, の隙, の雑木藪, の青, は一面, は矢鱈, へべッ, へ倒れた, へ小, へ捨て, へ樹上り, まで一緒, まで足, をあさり, をあるき廻っ, をうろ, をきょろきょろ, をぐるり, をさまよい歩いた, をぶらぶら, をほ, をブラブラ, を一巡, を取, を尋ね, を尋ね廻った, を引摺り, を探し, を探しまわった, を探し歩いた, を歩い, を物思, を疳性, を縺れ廻っ, を見まわし, を見まわした, を見まわす, を見廻しました, を視廻す, を覗く, を足掻き廻っ, を迂路付き, を透かし, を飛び廻っ, を駈け廻りたく, 暗い処, 駆廻らしつたもの

▼ 其処此処~ (103, 1.7%)

2 から起つた, で見かけた, にある, に小さな, に散乱, に星, に時々, に群, に製造場, を見まわし

1 [83件] からきこえ, から白い, から起る, でなぐり合い, で人夫, で聞えた, で見掛けた, とさま, とポチポチ灯り, と刈られ始め, と尋, と徘徊, と戸棚, と探し, と探しまわっ, と検めた, と残した, と父, と獲物, と草, にさらに, にしほらしく咲い, にじくじく, にちらかっ, にはまるで, に一, に叢, に叢生, に売, に多く, に大小, に宿泊, に居る, に擦傷等, に散らば, に散らばっ, に新しい, に柿紅葉, に流れ, に浮き出, に点々, に焼け, に燃えた, に現れた, に発見, に真黒, に立っ, に立ってる, に立つ, に紅葉, に置かれ, に聳え, に虫, に赤, に赤い, に銀杏, に閃く, に陽, に集つて, に飼われた, のくさ, の井戸端, の凹, の夫婦喧嘩, の嫌い, の家庭, の岩間, の庭, の河, の熱灰, の番所, の茶屋小屋, の部落, の門口, より男, をさま, を尋ねた, を懸命, を歩き, を歩き廻っ, を示し, 滴らすから, 片付けて

▼ 其処~ (100, 1.6%)

3 私の 2 すっかり唐黍畑

1 [95件] いけないよ, いやで, お風呂, しきたりと, すぐ, すなは, その頃の, どうも不思議, ない, まだ子供, むずかしいと, もう番小屋, イワン・クリロフの, ピンぼけで, ヘエ何で, ユンクフラウヨッホ, ロオランスの, 人が, 人情じゃ, 併し, 傲慢に, 凡夫の, 前に, 化けるん, 千八百八米の, 即ち文学, 即ち景, 又直ちに, 各所に, 呼吸ものだ, 地球と, 城跡かと, 壁である, 変態性慾者の, 大きな鯉群, 大した傷, 大先生, 大切だ, 大名育ちだ, 大通から, 天地の, 奴の, 好きで, 嫌に, 宝の, 室内で, 岬の, 崖の, 布団部屋に, 庭に, 徒渉地点である, 思はぬ怒田村, 怪談万事不可思議の, 感激派の, 才子な, 故郷でした, 日向の, 日向大谷で, 日本な, 旦那様の, 昔の, 未だ日本, 本家まだ, 東破風の, 格子戸作りの, 此田舎町の, 歩廊では, 歯痒い気, 気に, 気の, 気懸り, 水で, 水流が, 氷河の, 温泉宿だ, 滑稽歌の, 病え, 私には, 素描の, 義理じゃ, 臨機応変仏教の, 自分には, 良子と, 見える, 親切という, 親馬鹿の, 調子が, 金剛寺坂という, 開いた形, 開くから, 阿弥陀堂だ, 阿魔, 非常に, 食堂いや, 駅の

▼ 其処にも~ (62, 1.0%)

23 此処にも 2 是処にも

1 [37件] あった, お清, すでに深い, そうたんと残っ, その原因, できて, ない幽暗な, なんの, また同じ, また呪うべく, やって来て, 人の, 咲いて, 四五人が, 多量の, 夫人の, 弱味や, 影が, 彼の, 彼は, 書いて, 有りますが, 流れて, 無い, 牛が, 男湯の, 留らで書斎, 疵が, 私たちの, 秋の, 秋月の, 美しい彼女, 美しい情人, 葉の, 虎杖の, 誇らしげに, 階段が

▼ 其処では~ (61, 1.0%)

2 凡てが, 召使を

1 [57件] おのずから高, お互, お紋, これからだ, すべてが, どんなこと, どんなに涼し, どんな恐ろしい, よくテニス, 一人の, 一度別れ, 一種の, 一週間も, 人が, 今は, 何か, 何もかもが, 何んな, 何時でも, 余り食いも, 個性が, 充分な, 其処なりに, 刑事が, 只今何事が, 各の, 夏の, 夏も, 姉の, 帽子を, 底に, 彼等は, 心が, 怒れず顔, 恰度イプセンの, 慌ただしげ, 救助と, 斯んな, 既に未来, 有るが, 水曜と, 燿いた, 田舎に, 皆様へ, 私は, 秩父四百竃の, 細長い板敷, 舞台建造物が, 色んな人々, 蜜飯の, 話が, 誰にも, 醜悪な, 重大な, 雨が, 風が, 風葬の

▼ 其処までは~ (33, 0.5%)

2 わかりません, 想像も, 手が, 気が, 照らして

1 [23件] まだわからない, ハッキリ判らない, 一二度行った, 一目瞭然なれ, 人力車で, 伝わって, 判って, 参られませんよ, 可い, 届かないの, 届かねえ, 平次の, 気が付かない, 無事でした, 目が, 確められなかった, 考へないで, 考へられない, 能く, 行きませんよ, 行って, 解らない, 訊きませんよ

▼ 其処~ (27, 0.4%)

2 の山

1 [25件] ががや, と言ふか, にある, にざら, にもくさ, に下っ, に来, に立つ, のもの, の山中, の山川草木, の樹, の樹木, の藪, の野原, の霞, は丁度, へ陳べ, を, をも片付け, を捜した, を捜したら, を探した, を突つき, を薄々

▼ 其処からは~ (23, 0.4%)

1 [23件] もう学校, よく伸びた, ビルヂングの, 一丁程しか, 丁度その, 両方に, 事務所の, 何等犯罪的, 例の, 夜具の, 明るい田圃道, 時と, 最早一歩, 村の, 海の, 焼岳が, 物音一つ聴え, 直ぐ眼, 相模湾が, 見えない檻房, 見えない生垣, 通さない, 鶏の

▼ 其処~ (23, 0.4%)

2 此処も

1 [21件] こ, よかろう, 一種の, 何だか気味が悪い, 全然形跡, 南に, 奥御殿の, 嫌に, 安住の, 小さな山襞, 少ない, 思う様, 矢張り軽い, 立ち去って, 考へて, 通りぬけ, 通過し, 防ぎきれなくなると, 非常に, 首尾よく, 魔所ぢやと

▼ 其処だけ~ (16, 0.3%)

2 雨戸を

1 [14件] あけ放って, だという, でよかっ, わざ, 不意に, 切り離して, 切破, 広がって, 明るく浮上, 特に朱, 肉が, 莠と, 解けずに, 鳥渡食い込んだ

▼ 其処です~ (16, 0.3%)

2 から, よ, 其処です 1 それを, て, て何しろ, という, と怒鳴った, と答える, よ富山さん, よ理想, よ銭形, 老爺さん

▼ 其処~ (14, 0.2%)

3

1 [11件] し彼処, て, と松島, はサ, よ, よこんな, よ今夜, よ僕, テ其処を, 其処が, 君

▼ 其処でも~ (12, 0.2%)

2 此処でも 1 この呪, また, 二人は, 僕は, 再び酒宴, 厩橋と, 忘られ, 有名の, 矢張りいくら人間が, 途方に

▼ 其処~ (12, 0.2%)

2 のだ 1 のぢ, のである, の日蔭町, んだ, んです, 家では, 小僧奴なんざ朝から, 御坊様に, 流れを, 男女を

▼ 其処へは~ (12, 0.2%)

2 ひると 1 いつて, いるや, とても潜り込む, はいれない, ひつて, また外, やって来なかった, 余り行った, 天井の, 行きたくなかった

▼ 其処~ (10, 0.2%)

1 ずっと這入っ, らを, 又貴方, 寝泊りする, 往って, 待ちて, 腰イかけ, 足イ踏掛け, 蹲な, 這入って

▼ 其処~ (9, 0.1%)

2 らが, らに, らを 1 らで, らの, らは

▼ 其処より~ (8, 0.1%)

1 他に, 他の, 天馳り, 床下へ, 此処の, 自己に対する, 起る雑然たる, 逆落しの

▼ 其処~ (8, 0.1%)

1 がゆっくり, が都, には興味, の一曲, の想像, は他国, も後学, りは

▼ 其処~ (8, 0.1%)

1 ゆくには, 出張って, 届かぬので, 御分り, 病的な, 行かう, 行くには, 辿り着き気息奄々

▼ 其処だけは~ (7, 0.1%)

1 いくら上海, もう真, 城壁の, 安全な, 点さなかつた, 自然に, 除けたが

▼ 其処ら中~ (7, 0.1%)

1 がその, で見掛けた, にバケツ, の若い, へ無心状, を訊い, を這い廻った

▼ 其処ここ~ (6, 0.1%)

1 と照, に, に捉, に散のこる, の商店, の杉柏

▼ 其処へも~ (6, 0.1%)

1 或日, 紫が, 聞き合わせに, 行って, 迫って, 顔を

▼ 其処~ (6, 0.1%)

1 にゐる, に幾つ, に立っ, の金, をいじっ, を見廻

▼ 其処~ (5, 0.1%)

4 此処かと 1 ここかと

▼ 其処からも~ (5, 0.1%)

3 此処からも 1 どろどろと, 出て

▼ 其処とも~ (5, 0.1%)

1 なく裏小路, なく鋸, 分かず松風, 分らぬ, 判らない

▼ 其処にて~ (5, 0.1%)

1 当方より, 思念した, 氷を, 沢山御, 種々の

▼ 其処彼処~ (5, 0.1%)

1 でこうした, で黒い, に舞踏, に見受けられる, より観光

▼ 其処じゃ~ (3, 0.0%)

1 ないけれど, アねえ, ア話が

▼ 其処~ (3, 0.0%)

1 やい, やいかにも, やない

▼ 其処~ (3, 0.0%)

1 心易い, 思うこと, 隣接し

▼ 其処どころ~ (3, 0.0%)

1 じゃない, で無いと, の沙汰

▼ 其処にが~ (3, 0.0%)

2 くりと 1 あたろが

▼ 其処までの~ (3, 0.0%)

1 ことは, 処でも, 確かな

▼ 其処からの~ (2, 0.0%)

1 下りの, 光りが

▼ 其処からのみ~ (2, 0.0%)

1 その性格, 出るという

▼ 其処だろう~ (2, 0.0%)

2 と云われ

▼ 其処での~ (2, 0.0%)

1 大気焔, 知合ひだといふ

▼ 其処とは~ (2, 0.0%)

1 どこだ, 反対の

▼ 其処どころぢ~ (2, 0.0%)

1 やに因つて私, や無い

▼ 其処につき~ (2, 0.0%)

1 倒して, 坐ったまま

▼ 其処にのみ~ (2, 0.0%)

1 あると, 彼等の

▼ 其処にばかり~ (2, 0.0%)

1 映るよう, 美しい波

▼ 其処までで~ (2, 0.0%)

1 可い, 私は

▼ 其処までも~ (2, 0.0%)

1 行く気, 行って

▼ 其処らじゅう~ (2, 0.0%)

1 掻き掴むよう, 明るくガラン

▼ 其処ら一面~ (2, 0.0%)

1 に漂う, に澱ん

▼ 其処ら此処ら~ (2, 0.0%)

1 で見舞物, に虫

▼ 其処ン処~ (2, 0.0%)

1 の棒杭, は体裁

▼ 其処以外~ (2, 0.0%)

1 には何処, には考えられない

▼ 其処動く~ (2, 0.0%)

1 な, なッ

▼ 其処等一面~ (2, 0.0%)

1 の岩, の群集

▼ 其処迄は~ (2, 0.0%)

1 相当の, 聞もらした

▼1* [90件]

其処いら待つて貰, 其処放しよ, 其処からずつと脊を, 其処がさそれ御, 其処がと云って, 其処きりで鱒, 其処へはては, 其処さ縁側で案内, 其処や間, 其処ぞと見えて, 其処だけが気随に, 其処だけには藤棚にも, 其処ついうしろに, 其処であったしし, 其処である卵の, 其処でござんすからちょい, 其処でへい麓, 其処どすよつて, 其処なく退て, 其処なり文明の, 其処なりに全ては, 其処において帰って, 其処にけふも三四人, 其処にこそ現実が, 其処にすら浴衣がけに, 其処にずつと並んで, 其処にだけ一塊の, 其処にては物みなその, 其処にでも行くより, 其処にとり残されて, 其処にどたりと枕を, 其処にね橋本さん貴方が, 其処にまで深め得た力, 其処により道を, 其処のね奥, 其処のみに凝集させた, 其処はいちめんの泥濘, 其処ばかりであった, 其処ばかりがあらはに, 其処ばかりじゃない, 其処ばかりはものの, 其処ばかりを劃つて四五本の, 其処へでも行つてや, 其処へとなると, 其処への行きあし, 其処ほどは知らねど, 其処ほら見えるでしょう, 其処までが一峰で, 其処までに到る迄の, 其処まではと親方の, 其処までを言ひ, 其処彼処の, 其処此処よと, 其処よと捜し廻る中, 其処よりは立山の, 其処らあたりにうようよぞろぞろ, 其処らしい場所へは, 其処らじゅう水だらけになっ, 其処らぢう灰だらけ, 其処ら一帯の地域, 其処ら一杯にはびこつてをり, 其処ら日あたりの可, 其処ら辺のもの, 其処をだに無事に, 其処をば棲居と, 其処をも散々遣散し, 其処を以て一条の, 其処を通して青々と, 其処ア情合だ己, 其処カラ君ヲ看, 其処ところ, 其処ン所は何とも, 其処中それ巡拝札を貼り散らした, 其処依田学海先生が別荘, 其処動きそ, 其処是処の光景, 其処此処七八人ずつ漁夫, 其処此処御礼まわりなどに歩い, 其処此処手帳を翻反, 其処此処水溜があり, 其処相場を聞き合わせ, 其処知っているでしょう, 其処等あたりと思っ, 其処等中へ染込ん, 其処等中一杯に家財道具, 其処等散歩をする, 其処等辺を散歩, 其処茲処と植木屋, 其処辺一面に漂い, 其処近辺を幾日