青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「優~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

僕~ 僕ら~ ~僧 僧~ 僧侶~ ~儀 儀~ 億~ ~儘 儘~
優~
~優しい 優しい~ 優しく~ 優れた~ ~元 元~ 元年~ 元来~ ~元気 元気~

「優~」 1042, 11ppm, 10010位

▼ 優~ (137, 13.1%)

3 が生れた, はこの 2 が隠居, の事, の五人, の友塩田良三, は, は本所緑町, は矢島氏

1 [117件] がいった, がこの, がこれ, がその, がため, が共に, が十七歳, が台所町, が埼玉県出仕, が失踪, が宰領, が家, が山田椿庭, が川口, が庶務局詰, が悶, が持出した, が改悛, が新, が東京, が活花, が浜町中屋敷詰, が渋江, が父兄, が莫大小, が行末, が責任, が身上, が雪中, が養子, が養父, が駅, であるから, で三年前辛亥, とが塾頭, とが遺っ, とは榛軒, とは親善, と一, と塩田氏, と妻鉄, と鉄, なるもの, にこの, には塩田良三, には屁, にも愛せられた, にも聞いた, に命じた, に献じたい, に薦められ, に起請文, のあり, のため, のまさに, の修行中, の兄, の名, の夥伴, の妻, の妻鉄, の態度, の所在, の未定稿, の未来, の移った, の背後, の身の上, の養父矢島玄碩, の骨董商時代, はいわゆる, はほど遠から, はやす, は七月十七日, は三十三歳, は不行跡, は二十一歳, は二十七歳, は二十歳, は八月十八日, は初午, は前年, は前年以来矢島氏, は十二月四日, は可哀そう, は吉原, は妻鉄, は宴会, は少時放恣佚楽, は山田, は山田昌栄, は廉, は弘前, は当時三十六歳, は東京, は松川飛蝶, は浦和県, は渋江一族, は破格, は等外一等出仕宮本半蔵, は纔, は遂に, は鉄, は門, は陸, も来, も良三, を, をし, を呼ん, を山田, を帰らせた, を県令, を訪う, を鉄, を除く, を面責

▼ 優~ (70, 6.7%)

2 理想的大隈内閣を

1 [68件] あがれり, あった, あらうかと, ありさうな古めかしい, ありそう, いたるまでを, いろ, うごかすこと, うたひなば, かかります, して, そう語っ, なまめく, ぬきんづ, やさしい, やさしい一面, やさしい体気, やさしい勝負事, やさしい喜ばしい悩ましくも, やさしい堤千代, やさしい女性, やさしい嫩草山, やさしい景色, やさしい美男, やさしい風情, やさしき心, やさしき殿御振り, やさしくお, やさしく前, やさしく水際立った, 一家を, 一巻と, 三万は, 三十以上に, 三十個, 下げ摺皮, 二三十年間は, 他を, 傷を, 六尺ゆたかの, 出そう, 別乾坤, 到ると, 哀れなる, 培養れた, 大学と, 大政党, 大政黨と, 存在し得る, 容れること, 愛しいこの, 成立し得る, 成立する, 拵へて, 敷けるであろうと, 旨を, 相応の, 立って, 致命傷と, 艷めかしい插画, 芝居に, 若かず, 蜀軍の, 表し得る男, 親んで, 買うこと, 部厚い, 願書を

▼ 優婆塞~ (59, 5.7%)

2 ならもっともっと, は帰っ

1 [55件] その人, であった, であるといふ, であるまいか, でもある, で京都因幡堂, とのその, とは役, ともあろう, と今, と名, と呼ん, と美男, と酷似, に対し憎悪, に逢った, に魅せられ, の亜流, の像, の全, の大神呪, の容貌, の石像, の肩, の輩, の顔, はある, はいない, はおもむろに, はさも, はひた走った, は優しく, は動かなかった, は叫びつづけた, は合掌, は巡錫, は彷徨, は微笑, は恋人, は憐れむ, は教団, は歩き出した, は湖水, は窓, は立ち, は立ち上がった, は訊いた, は走り出した, は起きなかった, は静か, へ懺悔, へ近寄った, や自, を除外, 第四優婆夷

▼ 優~ (56, 5.4%)

3 であった 2 たるもの其許, として動物, の特権, の風

1 [45件] が弱者, が戦争, が生存, が進む, たるべき本質, たる資格, だけに劣者, だと, であります, である, であると, であるという, である如く威張り散らすの, である男子, で半分, として彼, として徐々に, とする, となっ, と劣者, と同様, になり得た, に対して, に対する本能的, に對つて爲, に角, のみが生き残る, のみを生存, の余裕, の影響, の生存, の矜持的, の舞台, の舞臺, の進歩, の道, は優者, は勝ち, も劣者, も自分, らしいあわれむよう, らしい微笑, らしく振舞って, を主人公, を忽ち

▼ 優つて~ (45, 4.3%)

5 ゐる 2 ゐること, ゐると, ゐるの, 居ても, 居る

1 [30件] も居ない, ゐたかの, ゐたで, ゐたの, ゐたやう, ゐても, ゐないところ, ゐるか, ゐるかと, ゐるであらう, ゐるもの, ゐるやう, 居た, 居たと, 居たとも, 居たので, 居つた, 居つたが, 居つたの, 居つて, 居ない之, 居ります, 居るか, 居るそれで, 居るであらう, 居ると, 居るとは, 居るに, 居る間, 聞える

▼ 優しみ~ (37, 3.6%)

11 のある 3 がある

1 [23件] があり, があります, がにじみ, が拡がった, が溶け, が現れ, それらを, といふ点, に充ちた, に欠け, のない, の多い, の感じ, の表情, もない, も若, をもち, を加, を含め, を含めた, を持っ, を持った, を湛え

▼ 優~ (33, 3.2%)

2 地に

1 [31件] いった, この容貌, この年八月二十七日, この年十月十八日, この年四月十二日, この頃家, そのころ売り出し盛り, なお勧め, もっと奥, 一旦浦和, 休みにて, 何時斬髪した, 再び浦和, 勿論やす, 南方人たる, 四十九歳に, 大柄の, 少し早く, 情誼に, 暇を, 札幌に, 母に, 浦和から, 無妻, 筆札を, 職を, 蕩子であった, 蛮界に, 誰その, 部下百人に, 黒い鬚髯

▼ 優~ (31, 3.0%)

2 ために, 形が

1 [27件] お葉, ことを, ものいや, 一たび君を, 体を, 前妻鉄は, 史伝を, 名をば, 名技, 型を, 家に, 家には, 成績を, 手下である, 扮する, 推薦が, 擧止の, 救援に, 未定稿である, 死と, 特質が, 狂言幕明幕切の, 素顔と, 統率の, 聟や, 芸風を, 顔を

▼ 優~ (30, 2.9%)

2 のを, 眉の

1 [26件] のが, 人ったら, 声で, 声は, 婦は, 小歌に, 役者の, 微笑, 正直な, 気立で, 点が, 目で, 目の, 眉が, 真心の, 花が, 花だ, 花です, 芽を, 言を, 言葉ひとつ聞いた, 連弾は, 鈴さんと, 顏を, 顔で, 鼻を

▼ 優~ (29, 2.8%)

1 [29件] があくび, だ, だと, であつ, である, としてゐた, として色々, と世情, にあり, においてはさ, には遊び, にも内々乍ら通人, に求める, に自由, に違うた, のいかなる, の一人, の敏感, の芸, の芸質, の表現, は中村鴈治郎, は優人, は常に, は皆, ほど此傾向, も輩出, をつくり上げる, を喚ん

▼ 優さしい~ (20, 1.9%)

3 言葉を

1 [17件] お嬢さんの, ところで, のとの, もので, 名前が, 女らしさ, 女性式の, 姿が, 御風貌, 手触りに, 柔い, 瞳を, 美事な, 若者で, 表情を, 言葉には, 遊びも

▼ 優さん~ (19, 1.8%)

2 の骨

1 [17件] といふの, と一所, と娶合せられ, と娶合せる, と死のう, の, のため, の唄, の澄まし, の聟, の行方, はこの, は媚, は肌襦袢, は肩, もおなじ, も言う

▼ 優なる~ (19, 1.8%)

4 季節感が 2 もので

1 [13件] は上田君, ものである, ものと, をいへり, 姿に, 姿睦つる, 弁財天の, 歌記さん, 武士等犇し, 武士等花の, 毬栗頭であっ, 破格だった, 者は

▼ 優~ (17, 1.6%)

1 [17件] いつぱい, いろいろの, 二三います, 何時まで, 夕食頃に, 外科の, 官吏であっ, 寄席に, 怪しんで, 推薦した, 昨夜眞夜中過ぎ何者とも, 本所相生町の, 登庁する, 舞台稽古を, 起ち上がって, 開拓使の, 頭取を

▼ 優~ (13, 1.2%)

1 [13件] これへ, もらったこと, 優と, 兼ねたるダンテ, 呼び入れて, 囲み入れ蛮歌, 少くとも, 引きすえて, 抜いて, 振り向いた, 斬つたの, 殺して, 絞め殺したり

▼ 優~ (11, 1.1%)

2 塞が行 1 塞がいかに, 塞がいたればこそ, 塞がどんなに, 塞が他人, 塞が依然として, 塞が俗人, 塞が修行, 塞が常住坐臥, 塞が遍歴

▼ 優~ (10, 1.0%)

2 左を 1 する公論, 呼ばれた立廻り, 改めたの, 改めた人, 杯を, 比良野貞固, 決心し, 聖と

▼ 優曇法印~ (10, 1.0%)

3 の堂 1 でしょうか, というの, の場合, はそう, は揉, は立ち上がっ, は許されました

▼ 優~ (10, 1.0%)

2 な事 1 なおもむき, なる能わず, な文句, な黒紋付姿, にし, にしちゃいられない, には見ゆる, の輩

▼ 優~ (9, 0.9%)

1 でビクター, で幽玄哀艶, なること舞妓, なる詞藻, な姿, な江戸情緒, な肉体, に抱き合おう, の文字

▼ 優~ (8, 0.8%)

1 事など, 便をだに, 優き, 光は, 声と, 声の, 御心根, 心根を

▼ 優さ男~ (8, 0.8%)

2 の茂七 1 でした, です, でずいぶん, は何時, 成るほど, 素より余

▼ 優なら~ (8, 0.8%)

41 む彼の, む汝の, め, めやがて

▼ 優~ (8, 0.8%)

2 に頭 1 な物腰, に, に現れた, に迎え, の円髷, やか

▼ 優つた~ (7, 0.7%)

2 ものと 1 から容易, ことで, ものが, もので無い, 新しい

▼ 優~ (7, 0.7%)

1 しける也, して, するやう, する極楽浄土, せるは, の限り, を藩公

▼ 優~ (6, 0.6%)

1 しかった人, しくいろいろ, しくニツ, しく私, しく遇, で心

▼ 優~ (6, 0.6%)

1 せず劣, わっと, 劣も, 座の, 朶思大王も, 重なる怨み

▼ 優~ (6, 0.6%)

2 かさで 1 かさ艶や, 土までも, 良という, 踊り子たちが

▼ 優強者~ (6, 0.6%)

1 たる自我, とし, としての努力, とならね, の勝利, の憚

▼ 優越せる~ (6, 0.6%)

1 も決して, を覺, 一大特色で, 力は, 性格でなけれ, 近代文化面の

▼ 優~ (5, 0.5%)

1 でご, で眉毛, の神經質, の美男子, の背丈

▼ 優しかりし~ (4, 0.4%)

1 をばわが, 方様の, 母君の, 越し方の

▼ 優~ (4, 0.4%)

1 が人, が使, が使い馴れぬ, という考え

▼ 優~ (4, 0.4%)

3 して 1 迫らず有りたいです

▼ 優かりし~ (3, 0.3%)

2 眼を 1 を柏井

▼ 優がた~ (3, 0.3%)

3 の浪人

▼ 優くし~ (3, 0.3%)

1 ていられない, て下さる, なつた

▼ 優さし~ (3, 0.3%)

1 くされると, さで, そうな

▼ 優しか~ (3, 0.3%)

1 つた, つたのか, 分れへん

▼ 優という~ (3, 0.3%)

1 字が, 字の, 者が

▼ 優とか~ (3, 0.3%)

2 艶とかいふ 1 佳とか

▼ 優とも~ (3, 0.3%)

1 に予想以上, 若盛りで, 述懐に

▼ 優~ (3, 0.3%)

1 のは, 暮らしを, 面ざし

▼ 優まみ~ (3, 0.3%)

2 の日 1

▼ 優~ (3, 0.3%)

2 てるの 1 て美

▼ 優善さん~ (3, 0.3%)

1 の奮っ, は一時, は二十六歳

▼ 優~ (3, 0.3%)

2 な所 1 である悪心

▼ 優婆塞様~ (3, 0.3%)

1 はお, は帰っ, をお守り

▼ 優~ (3, 0.3%)

2 するを 1 として時機

▼ 優~ (3, 0.3%)

1 で他, の男, はすべて公有

▼ 優いも~ (2, 0.2%)

2 ので起居

▼ 優~ (2, 0.2%)

1 とこである, もてに

▼ 優かな~ (2, 0.2%)

1 のと, 身体と

▼ 優かに~ (2, 0.2%)

1 あいさつした, かき抱きつべきふっくり

▼ 優かも~ (2, 0.2%)

1 知れない, 知れぬ

▼ 優さ形~ (2, 0.2%)

1 なるが, のおとなしい

▼ 優した~ (2, 0.2%)

1 大繁盛, 美しい碧色

▼ 優との~ (2, 0.2%)

2 間は

▼ 優らしい~ (2, 0.2%)

1 その言い草, 人間じゃあ

▼ 優交易~ (2, 0.2%)

1 に付, の発端

▼ 優人たち~ (2, 0.2%)

1 が特に, のこと

▼ 優~ (2, 0.2%)

2 の舞台

▼ 優~ (2, 0.2%)

1 大王の, 王経の

▼ 優婆塞優婆夷~ (2, 0.2%)

2 の合唱

▼ 優婆夷~ (2, 0.2%)

1 か悩む, である

▼ 優婆掬~ (2, 0.2%)

2 多尊者

▼ 優游自適~ (2, 0.2%)

1 の生活, 其の好む

▼ 優~ (2, 0.2%)

1 として長閑, と内

▼ 優目見~ (2, 0.2%)

2 のもの果

▼ 優~ (2, 0.2%)

2 を授け

▼ 優艶さ~ (2, 0.2%)

1 があっ, には言葉

▼ 優貿易~ (2, 0.2%)

2 の発端

▼ 優~ (2, 0.2%)

1 なる信仰, を賞賛

▼ 優陀夷~ (2, 0.2%)

1 が結納, その因縁

▼ 優陀摩仙~ (2, 0.2%)

1 が一たび神足, が転生

▼ 優陀摩子~ (2, 0.2%)

1 を敬, 然るべし

▼ 優雅やか~ (2, 0.2%)

1 な事, な若

▼ 優駿~ (2, 0.2%)

1 が放牧, であったろうこと

▼1* [180件]

あしくなった, 優いが張のある, 優いですが番犬, 優いなんて, 優い怒が籠った, 優内俯, 優秀だったらしい, 優かさも少し, 優世話を, 優くいって下さる, 優くも高く麗くも, 優くも言葉を添, 優この女も, 優さがたの彼女, 優さしくすなほな, 優さしく起こしてやつ, 優さしみを湛え, 優さっている, 優さるのであった, 優さん冥途へでもどこ, 優しかるべきはずの, 優した冴えた腕前ほんとに, 優しみある空に, 優じゃなど叫ぶ時, 優がたを, 優そのほかの, 優たちが華やか, 優つた二人の激越, 優つた出来で聴衆, 優つた古風の気魄, 優つた成績と評判, 優つた文化を有し, 優つた方法を考, 優つた生命ある形代, 優つた男であつ, 優つた立派なもの, 優つて卓越して, 優つて吾人の修養, 優せう, 優でありまするから魚田, 優であると一途, 優でござんす, 優ですからね, 優といふ語は, 優として出演し, 優とを開拓者の, 優などに當つて歩きたい, 優なるながめなり几帳を, 優なれば, 優にはづかしきけしき, 優によってはじめて女史, 優のみは母の, 優びたる鎧直垂を着, 優びやかな文字を見る, 優ふくんだような, 優らしく手を, 優るる者ならずや, 優をばわれも, 優シイ言葉ヲカケテヤリ囲イノ外カラ菓子ヲ投ゲテヤッタコトガアッタ, 優シイ言葉ヲカケラレルトモウ溜ラナイ拭イテモ拭イテモ眼鏡ガ濡レテ来ル, 優シキ者キミヲ畏敬シ, 優シダ私ガ御案内シマショウト京二郎ガ云ウ, 優ニ妻子ノ生活, 優レタモノガ出テイルソウダケレドモ日本デハチョット入手困難ダソウデ木村ノ持ッテ来タモノハ期限, 優レタル天分素質ヲ有, 優レタ藝術家デアレバアルホド断乎トシテ刎ネツケハシナイデアロウカ, 優人その他識者の, 優人なれども別に, 優人下賤の説, 優人中解釈力に優れた, 優人其始皆以侏儒爲之, 優人杜生の話, 優人生活の裏打ち, 優人立て物のみじめさ, 優人等を蔑視, 優人自身と雖ども予知, 優人蔑視と日本民族, 優人諸君にしげ, 優人階級が明, 優を望む, 優の徒, 優し人心, 優に十余名, 優十数名も居る, 優ならん, 優ともして, 優を呼ばれ居る, 優とか云う, 優と嘆賞, 優善三十四歳の六人, 優善二十四歳四女陸十二歳六女水木六歳五男専六五歳六男翠暫四歳七男成善二歳の四子二女, 優善伊沢徳安などが居合せた, 優善十五歳四女陸三歳五女癸巳一歳の六人, 優善塩田良三の二人, 優善塩田良三等の茶番, 優善当時の矢島, 優善後の優, 優善徳安の二人, 優善成善の名, 優善清川安策わたくしなどの青年, 優にふけりし, 優婆塞うちめぐる, 優婆塞たちが天狗, 優婆塞・山ぶしなど, 優婆塞一人へ襲いかかった, 優婆塞優婆夷象獅子麒麟などが四壁, 優婆塞失踪のため, 優婆塞姿であり旧来, 優婆塞潘仙童胡国人安如宝崑崙国人軍法力瞻波国人善聴その他を合わせ, 優婆塞貢進の解状, 優婆夷優婆塞うちめぐる, 優婆夷象獅子麒麟などが四壁, 優嬉戯して, 優嬉戲して, 優を襲用, 優の類, 優な趣, 優を賜う, 優尸羅を求むる, 優帯来など眷族, 優強國になる, 優強威力者の幻影, 優強者政治の必要, 優せずんば, 優のため, 優もあった, 優をばさも, 優技者の続出, 優なエキスパート, 優振りを発揮, 優常に勝たず, 優数輩を従え, 優を以て御, 優星学の談, 優曇法印昂然として少し, 優曇鉢と称える, 優不自在, 優楽自在なるを, 優の遊, 優なお嬢さん, 優波離が仏, 優游シテ以テ歳ヲ卒ルベキモノ唯我ガ技, 優游常在恩光裏, 優游自適居然として一頭陀, 優は無く, 優物跡を絶ち, 優睨みで凜, 優禅尼国の王子月婆首那, 優及び初級師範及中學堂, 優級品だ, 優級品のもく, 優な忍耐, 優者獨占して, 優に手, 優脩勝久の三人, 優をかい抱く, 優艶典雅等の情的, 優艶天地を撼かす, 優艶富麗の七五調, 優藝者力士の似, 優りは, 優を与え, 優貞淑なる令夫人, 優賞牌黒田選手に呈す, 優の品物類, 優感, 優越しはしなくなるであろう, 優遊期百歳先過二十九年身, 優遊自適だつた, 優鈿大王とか饂飩大王, 優鉢羅の花, 優鉢羅華香に火, 優長武士に一泡, 優陀夷比丘又は六群比丘, 優陀羨王の子軍王立, 優陸水木比良野貞固飯田良政ら, 優の質, 優になっ, 優顔競べといふかたりあり, 優なもの