青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「其の~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

共通~ ~兵 兵~ 兵士~ 兵衛~ ~兵隊 兵隊~ 兵馬~ ~其 其~
其の~
其他~ ~其処 其処~ 其後~ 其方~ 其時~ 其處~ 具~ 具体~ ~具体的

「其の~」 17573, 190ppm, 535位

▼ 其の~ (516, 2.9%)

30 其の他 10 の諸氏 9 の諸 8 のもの 5 に就い 4 いろ 3 の世界, の事, の問題, の者, はこの, を含む, 種々の

2 [26件] がそう, に対してもより, の, のポテンシャル, の事物, の利益, の動物, の多く, の如き, の学校, の弾圧, の形, の意味, の憲法学説, の教養, の点, の部分, の閣員, の點, を含め, 一般の, 両三名, 凡ゆる, 各種の, 數, 間接直接に

1 [377件] いろんな店, から, からそう, からどんどん, からの直接間接, から優に, から観, がそういう, がなぜ, がボルこと, が内務省, が出来る, が又, が含まれる, が問題, が研究, が続々, が続く, が要之助, この豪傑, これから後で名, だという, であって, であり政客, である, であるの, でこそ店頭, でやる, で彼自身, という, というもの, というよう, というジャーナリズム活動, という剰余, という手法そのもの, という現象, となっ, とは決して, と並ん, と並存, と云い, と云っ, と共に長谷寺吟行, と同格, と呼ばれた, と呼ばれる, と大衆, と見える, と領域, どのよう, などを指す, に, にこそつまり, についてもこの, にはまた, には強靱, には櫻, には病気, には誰一人久政, にも家, にやまふ, によって批判攻撃, によるプロレタリア, による憲政擁護運動, による発禁, による通信布告, に一定, に一旦, に一般的, に会合, に先達物故, に分割, に助かる, に及ぼす, に善變, に基く, に太政官, に容喙, に対する批評, に対する注意, に対応, に対比, に對, に就, に持ち, に於, に於ける, に本, に次第に, に測定, に現われる, に発表, に至っ, に表, に譲る, に較べ, に載った, に関するカント, に関する詳しい, のいろ, のお, のこうした, のこと, のどの, のよう, のアカデミー, のイタリア的, のプロレタリア作家, のマルクス主義的, の一つ, の一種, の一般, の一連, の上, の不用, の事情, の事蹟, の亜種, の交通手段, の人, の人々, の何者, の作物, の倒閣運動, の倫理, の先覚, の全集, の兵器, の内, の出版物, の初め, の創作上, の原産地, の厳刑, の収入, の吾, の品物, の哲学, の哲学者, の器物, の國, の國内, の大, の大きな, の学生, の學科, の學者, の學説, の実証科学, の実質的増税, の専門学校, の小, の小説, の川筋, の布片, の弟子, の形式的, の形而上学的世界観, の必要, の惡氣, の意識, の意識形態, の或, の戦線後方, の所有物, の手, の手続, の批評上, の技術, の探険跋渉, の政治的実践, の教育, の教育行政, の文化, の文化反動, の文化技術, の文化的表現, の文化領域, の文学書類, の文学者達, の文芸雑誌, の新興宗教, の日用品, の昆虫, の時, の普通, の景教, の書法, の木, の条件, の東洋思想, の根本問題, の極めて, の正統派共産主義者, の歴史記述, の法令, の淺猿, の物, の生活, の産, の甲虫, の留學, の直覚, の真理認識, の知る, の社会問題, の社会現象, の秋草, の科学, の科学教育, の科學, の種々, の穢, の穢い, の紳商, の紹介翻訳, の結果, の肝煎り, の能力, の自然科学, の與, の舊家, の船, の色々, の色紙, の花, の芸術, の草, の著者, の藩, の蟲類, の観念哲学者, の記憶, の語学, の語彙, の読者, の論師, の諸君, の諸家, の講義, の證據, の返事, の述語, の逆説性, の造型物, の連中, の遊星, の道經, の野菜, の野菜若干量, の関係, の関心, の雑木, の雜費, の青年達, の静的圧力, の非, の項目, の飲食店, の飾身具, はすでに, はすべて, はそう, はとにかく, はもはや, は三四年前, は之, は凡て機械的決定論, は勿論, は各派特別, は実は, は少なくとも, は尽く余りに, は後, は成り立たない, は日本, は独立, は現代インテリゲンチャ, は絶大, は荀子, は計量, への弾圧, への省察, まだ数えられる, までも含む, も, も亦, も恐れない, も歴史的, やんごとなき方々香水, やダット, や風俗壊乱, よりも一月後, をなす, を一貫, を合わせ, を含ん, を品隲, を大衆的, を実際, を引き具し, を思い出す, を特に, を統一, を見よ, を説明, を通しての労働過程, を通じて一九二九年来, アイヌの, カバラーは, キスだの, キネマ, ブルジョア, プロ等によって, ヘリオドオルが, 一々は, 一般文化上及び, 世界の, 世界中の, 之に従う高宮三河守, 事情は, 何たる規定, 何とか学者, 其の他様々, 其の友達, 凡そ一家, 到るところ, 動かすべからざる証拠, 動物等に, 及びこの, 古書等多少, 右翼愛国諸, 各家, 各省とも, 夕刊執筆の, 外感より, 多勢と, 大學, 如何なる流派, 小便所には, 小楢, 布字の, 御城下, 心理学や, 意識されない, 所持の, 手稿なども, 政府の, 文芸学術若く, 是まで, 暴ぶ, 東洋史の, 殆ん, 珍しき歌詞, 相当遊学者を, 短かな, 社会的実際, 種族の, 肥料として, 色々あらう, 草履草鞋を, 葡萄酒の, 西域地方から, 要するに吾, 親友の, 角細工も, 諸先生, 謠曲に, 逸る氣, 道了さまの, 部内にも, 金色の, 関係官一同を, 飛行機, 食卓の, 餅を, 高畠訳資本論に対する

▼ 其の~ (395, 2.2%)

9 はもう 4 である, の私 3 に, に此, の事, の記録, はまだ, は此, は私, 始めて

2 [12件] お友達, お浦, と同じ, にお, には私, に出, に當つて, のこと, の有, の気持, の言葉, は

1 [330件] あまりに前, うとうとと, おつぎ, お千代, お岩, お帰, お菊, からこの, から今, から何, から唯一人, から四百五十年, から必要, から悪魔, から文吾, から直ちに, から知, から秀子, から私, から續, から自分, から谷蔵, から遥か年, から降り出し, が參, が大切, こそは即ち, こそ下谷, こそ初めて, こそ正義, この南海, すぐ養子, そのスリツパ, その時, その静か, ぞっこん惚込ん, たしかこの, だ, だけはそれ, だけは真実此, だといふ, ちらと, であらう, でありました, でした, です, ではない, どんな態度, にあつ, にありました, にそう, にその, にどうしても, になっ, にはあなた, にはし, にはそれ, にはどの, にはもう, にはもつ, にはパン屑, には何, には何卒, には國語, には土地, には大工達, には明, には歴史, には海, には自分, には舌, には蟻, には解いた, にも彼女, にやはり, にや勘次さん, に丹塗, に丹治, に二口, に伽羅大尽, に何等, に初めて, に勘定, に千蔭先生, に又, に受附, に古い, に命ぜられ, に夏子, に大, に宝, に悟った, に於, に既に, に日本, に有らゆる, に朝鮮人, に椿子, に生れ, に甲武信, に當つて出來, に病気, に發音的, に盜跖, に神, に禁衞軍, に私, に若し, に若旦那さま, に行く, に隋書, に革新, に驚い, に鴻, のお, のお話, のやう, のよう, のよ己, の二両, の二人, の作用, の光景, の勝手, の和蘭陀館, の國王, の大食國, の姿, の寂し, の小さな, の少い人, の彼, の彼女, の心, の思ひ, の悲し, の悲しみ, の感じ, の手代, の挙動, の最高能力, の槍, の氣分, の江戸, の泥酔, の泥醉, の現存, の用, の痛苦, の皇室, の目録, の真面目くさっ, の着物, の自分, の苦し, の行い, の衝動, の製作法, の覺, の話, の調子, の貿易, の軍令, の邪気, の錯覚, の音律, はありつ, はいやに, はうろたえ, はお, はおせな, はお前さん, はお座敷, はこんな, はさぞ, はじめて彼女, はすみました, はそんな, はどんなに, はわし, はモウ肩, は一匹, は二人, は二月, は二百十日前後, は五枚, は今夜客間, は伊豆守様自ら, は何, は何うしよう, は何となく, は何時も, は何者, は余程, は俺, は兵營, は其の, は別段, は勘次, は医者, は即ち, は又, は只, は唐以來, は唯, は如何, は宝器, は実方津, は寶器, は尚, は屹度千両, は己, は帰京, は幾ら上, は幾多, は彼等, は従軍記者, は怖い, は悲し, は或いは, は手前, は拙者, は掘り, は斯, は斷念, は既に, は早, は是非, は時計, は木彫, は未だ, は松屋, は此方, は殺される, は濡れた, は然, は爪一つ指, は白島太一, は相坂, は相川様, は空, は総て, は翌日, は自分, は自宅, は自身素ば, は親父, は諦めます, は貴方, は赤面, ばかりは別人, ふと妙, ふと眼, また彼, まだ與吉, までの道連れ, までオペラ, まで何, まで氣, まで無, まで独り, まで私語, まで美少年, まで黙, もう来ない, もぎつと, もどの, も先生, も勘次, も平常, も後, も有る, も矢張り炊事, も私, やさしく言った, やっと気, やつて, や太政官, より今日, よろよろし, を候, を待つ, ハッ, 丁度左様云う, 云った事, 使った糠, 全然同じ, 其の人, 其の前, 其の大臣, 其の日, 其の時, 其の火玉, 初めてインフルエンザ, 初めて拝んだ, 初めて知, 取り落したる煙草入, 受けた疵, 同じ室, 大得意, 寄って, 御亭主, 御奉行, 御奉行様, 忽然とし, 思ふ, 怪しい者, 打たれた疵, 新助殿, 既に遅く, 既に高輪田, 来懸つたの, 某非番, 漸く私, 燃えて, 申し受けた金, 疲れた少女, 直助, 突然, 突然玄關, 突然自分, 老僧, 若し一方, 見た, 訪ねるつもり, 貰って, 迄にまだ, 迄平穏, 逢った一度, 面白さうに

▼ 其の~ (362, 2.1%)

6 の所 5 の名 4 は誰, をし 3 の家, の心, の感情, の爲, の著述, を見る

2 [23件] が張る, が自分, と同じ, に取, に逢っ, に首領的器局, の器, の好運, の存在, の徳不徳, の活力, の生命, の許, の詩想, の身體, の運命, の陰謀好き, の顔, は必ら, は私, は自分, は長く, を徳

1 [279件] ありと, おもほ, からき, から後, から新しい, から湧き出し, がセザンヌ, が二度, が人身御供, が働き, が先生, が初めて, が善し, が嘉興, が嘗て, が天祐, が幸福, が急, が我知らず自己, が所望, が来た, が注意, が湖水, が特に, が特殊, が着物, が知れねえ, が碁, が能力, が英才, が行逢, が諾, が貴女, が通過, が遠慮, が鈍根, が非, が非常, が飛んだ, こそは実に, こそ最, さえもが意外, だけの家庭, だけの本, だ事, であ, であったの, であります, である此, である開, です, で大師, で有ろう, としての感情, としての最高才能, とのあ, と共に發達, と聞け, と落ち合, と誰, と逢った, なの, なら新しい, に, にあっ, にお, にお前, にきょう, になぞらえ, になっ, にはほんとう, には心, によってどの, に一寸, に備わる, に党, に処女膜, に切, に口, に向う, に対し其の, に心, に會つて腕, に比べれ, に決して, に無く, に物質的利益, に現, に禍, に絶, に縋る, に親しん, に谷風, に近寄り, に逢い, に逢う, に逢え, に逢った, に道具, に附い, に限らず, に頼ん, に黨, の, のすぐ, の一部分, の世話, の主観, の事, の事情, の事業, の云う, の人格, の住所姓名, の何, の使いこなし, の其の, の内, の冥福, の出る, の出入, の分限相應, の前, の努力, の動かし, の号, の周圍, の周圍状態, の品, の外, の多く, の天, の天然, の好み, の姿, の娘, の學問, の家庭, の帯, の平, の年頃, の心持ち, の性情, の性情境遇, の性格智識道徳等, の性質, の意識, の手, の承諾, の技倆, の持ち物, の操守, の文學的素質, の日頃, の書, の書きました, の最高能力, の有, の有し, の正面, の氣合, の熱心, の爲人, の特異, の現在, の生活状態, の真, の神疲れ精竭, の立派, の精神, の精神全幅, の系統上, の考, の考次第, の胸, の脚, の腕, の芸術, の著, の血液, の袖のし, の観察力, の許し, の話, の説, の趣味如何, の身, の身分, の身體状態, の金, の限度, の面, の面影, の頭, の顏, はあまり, はおの, はこんな, はつい, はなんにも, はね親類うち, はやがて, はビックリ, は一座, は丁度, は交番, は今, は今日お前様白山, は何処, は出る, は別に, は古典的, は同時に, は外, は女, は已に, は恟, は感心, は慌て, は持ち得られる, は既に, は旧, は昨夜此処, は書, は最も, は横, は漸次, は猶, は竟, は腦, は自ら意識, は自ら新, は自動車, は鬼, へ義理, も少から, も無げ, らしい扮装, らしく見えなかったので, をかかえ起こした, を何と, を侮蔑, を咎めるでしょう, を幸, を幸福, を度外, を待っ, を恨む, を押隠さん, を挙げざるべからず, を擧げざるべからず, を殺した, を殺す, を殺すであろう, を無理, を累, を見た, を觀, を解かずし, を透し, を離れ, を頼みます, 全體, 其の人, 又は他人, 困らせの, 在りと, 常に長, 恰も活ける, 既に福人, 既に讀書不精, 未だ發達, 漸く發達, 猶眞, 甚だしい鈍物, 自個, 若し散る, 蓋し大過, 飲み畢

▼ 其の~ (318, 1.8%)

4 へ入っ 3 にあり, にある, にお

2 [14件] にどう, に御, に於, に時計, に漂, に見出されし, の一つ, の一部分, の最も, の氣, へ彼, へ這入った, を窺い, 亦閣下

1 [277件] いろいろ責められ, からお, からウィムパー, からフラウ・ゾルゲ, から一両, から一匹, から一本, から一體私, から上靴, から半分, から南無阿弥陀仏, から取っ, から歴史的事實, から畳紙, から白骨, から皮, から真鍮製, から蓆, から薬, から頻りに, で, でいつち, でも, でも一番山東, でも例, でも吉田監物, でも急速, でも特に, でも老, でも藥, でプテラノドン, で一人, で一番, で三千米以上, で二崩し, で俊子, で僕, で内, で労役, で南, で寝, で山高, で日月星辰山龍華蟲, で是, で時代思想, で最も, で此, で江戸ッ子, で眼, で経文, で藤本, で雨宝陀羅尼経, で面白い, に, にあった, にあつ, にあらざる, にあれ, におのずから, にお父さん, にがぶ, にたつた, にて杭州, にとり入れさせよう, にどうも, にどん, にはお, にはおの, にはお前, にはまた, には九州以東, には五人, には何, には何でも, には八つ, には劉, には垢, には大, には大きい, には強, には必ず, には悪い, には日, には暗く, には此, には母親, には消えた, には真弓子, には自分, には見逃がし, には詩, には赴任, には雀部, には静か, にぶツ, にまた, にも丁度, にも命, にも彼, にも色々, にも見事, にも雌, にゃア様子, にわい, にわー, にアガメムノーン, にグラニル, に一つ, に一人, に一人情人, に一種, に一縷, に一遍, に丈助さん, に不安, に二つ, に二足, に五, に井田, に交つて, に人類, に仙人, に仙臺, に何, に何やら, に何処, に俥, に先方, に其處ら, に具備, に内乱紛争, に分る, に力, に加わっ, に勘次郎, に包含, に医学士, に千島禮三流石, に叔父, に口伝物, に可也, に吉見屋, に含まれ, に含まれた, に含み, に含ん, に四辺, に土蔵, に在, に坊やん, に夫婦, に好い, に存, に存する, に家, に寐, に寓, に寶永度, に小, に小さい, に尼, に居, に居た, に山, に崔融, に幾百里吹流, に建てた, に影, に彼, に御用, に悪縁, に戸外, に手, に拔, に故, に散見, に數術, に文句, に早, に昔, に時介, に最, に有, に村井勘作, に柳, に案内, に波斯胡寺, に海外, に滿, に火傷, に熔岩, に燦, に現, に甘い, に生き通せ, に疊, に病人, に病気, に痺れ, に發見出來, に眼, に神社, に秦, に空, に立, に立て, に綾, に肩, に自家, に色々, に若者, に萩原様, に蒐集, に藝文略, に蠢い, に諸方, に近畿, に追, に這入っ, に金, に閑吟集, に難易, に電車, に青屋, に高橋, に鬱陶, に鼻, の, のたった, の一冊, の一塊, の一座, の一種, の一等星, の一詩, の一軒, の五人, の五十首, の何者, の八座, の大, の孰, の尚, の幾人, の御, の晏子春秋, の最後, の水, の讚州高松, の錐, は見えません, は面, へばら, へ入り, へ入れ, へ右, へ手, へ捲き込まれる, へ掻巻, へ新しい, へ松脂, へ石炭, へ突込, へ転がり込んだ, へ這入っ, を一本, を一生懸命, を二三間, を取り調べた, を右, を検める, を潛, を貫き, 又お前さん, 或る, 来たいもの, 第一

▼ 其の~ (226, 1.3%)

5 へ眼 3 の実父, は何

2 [14件] がお, が仕合せ, が宜, が申した, が申す, でも, と夫婦, のよう, の手許, は不, は此, へ行つて, も何, を見

1 [187件] か, から出た, から搜つて, から致し, がいい, がお互い, がだ, がどうも, がどれほど, がよかつ, が久しく, が云わん, が仕合わせ, が何, が何所, が余程, が口外, が可, が家来, が将門, が居なく, が強, が当家, が彼, が得心, が御寝所近く, が思うなら, が怪しい, が懐妊中, が我が, が投, が早道, が本当, が案内, が楽, が気, が盗み取ったる, が直ぐ, が私, が緩く, が縁付く, が自分, が見廻るべき, が訴え, が鼬, こそ何, だ, だちも, では, とは親類, と合体, と知っ, と面体恰好, なら君, にはこがれる, には一枚, には更に, にばかり気, に何, に入った, に叔父, に向け, に執着, に奪, に従う, に恐, に折, に振返り, に授かった, に於, に昏, に申, に申し付ける, に相, に眼, に祝し, に近づける, に逢う, に頼む, のお, のとは違う, の主人松蔭, の云う, の代, の伯父, の住ん, の住所姓名, の側, の前, の力, の勤め, の叔父, の名, の夫喜助, の実父角右衞門, の家来, の常々, の手跡, の方, の智恵, の母, の渡世商売, の猫, の琴, の荷物, の親, の部屋, の首, は, はどう, はまあ, は一先こ, は三ヶ年以前, は与, は予, は五十, は人, は何と, は何歳, は何者, は余程, は元, は先刻, は先程, は六尺五寸, は前々, は剣道, は千代, は卑怯, は台所, は四月, は国, は大, は姓名, は庭, は後, は御, は新参者, は書付, は棄置かれん, は武士道, は水道端, は泳ぎ, は爾, は百日遠慮, は監物, は直ぐ, は窮屈, は見ず知らず, は見知り居る, は谷川, は遠慮, は遠慮中妄り, は部屋住, は頼まれ, へ, へだんだん, へ傾い, へ向ける, へ奪, へ導き入れられた, へ引, へ持っ, へ氣, へ行つて一緒, へ走つた, へ遣, へ頼み度い, へ顔, へ馳せ, もそういう, も三十, も斬っ, を世話, を出し, を向く, を御, を我手, を撲, を枕, を見たい, を許し, 不取締, 代って, 助かりは, 御舎弟様, 頼まれたので

▼ 其の~ (214, 1.2%)

5 の事 3 に跟, のこと, は何, は存外, は誠に 2 だん, でお, になつて, になります, に来る, の成り行き, は大層, は御無沙汰, は私, を追

1 [174件] いろ, いろいろ研究, お房, お浦, お目, かういふ學問, からすっとこ, からレオ, から十七八, から大勢, から往, から文金, から火, から茶店, から血, から跟, から道臣, から鏡, だんだん憂鬱, だんだん調べ, で, ではもう, でチラリ, でベンチ, で以, で何, で名, で夏子, で小, で平次, で暫く, で病人, で直ぐに, で鋳掛屋, とうとう縁切, とても屡々留學生, とても皆口, とても長く, とは大差, とも三度, と云, と云う, どうし, どんな男, なん, にお, について挨拶, について行った, になっ, になつ, になつて考, になる, には五条家, には公園, には反動, にも経験, に付い, に來, に出, に刀, に又段々, に唄, に婆, に於きまし, に書し, に段々, に清五郎, に紳士, に自分, に至つて之, に至れ, に連続, に隨, のもそう, のもの, の乘用車, の仕事, の各種, の吾, の変化, の宇宙説, の家庭的困窮疲憊, の時計塔, の有様, の本, の歴史, の母娘, の法隆寺, の煖爐, の皿, の目録, の研究, の羅甸, の評判, の身, の進歩的文化, は, はお前さん処, はお変り, はと, はもう, はエテカ, は一層, は全く, は友野代三主宰, は大いなる, は如何, は家, は寂然, は左樣, は度々, は彼, は打, は日常, は旦那様, は森, は次第に, は此, は知らぬ, は縄, は蟲, は見慣れた, は遂に, へ供, へ歩兵, へ段々, へ源助, へ腰, また労働争議, まだ尋ね, もいっこう, もう来ない, もフィリップス, も低落, も古寺, も幾度, も此, も民子, も発作, も盛, も秀子, も随分, よりゾロ, をなつかし, を奮発, を尾, を忘れ, を秀子さん, を跟, を追いました, を追い掛けね, を追う, を追っ掛け, 一向研究, 一旦此處, 不圖事業熱, 両三日, 全く消息, 再度渡邊外記始め万年町, 小册子, 少し快い, 尚一ヶ月, 尚三十分, 度々墓参, 御便り, 御離縁, 最も盛ん, 某保險會社, 漸, 漸く牢, 猶二百五十年, 約の, 見たこと, 追出された男

▼ 其の~ (210, 1.2%)

5 はまだ 3 のこと, はお

2 [12件] から彼, せまい美術家仲間, だから, であつ, である, のお, の事, の事ゆえ, の情景, の私, は京子, は私

1 [175件] ある公卿, お商人方, お大名, お役目向, お武家, お豊, から, からいつ, からお, から丁度, から今, から係り合つて, から文書, から村中, から気持, から畫, から知りました, から私, から続い, から衰, から青年社會主義, が懐かし, この村, して, では一駄七十五銭, では大した, では方位, では然, では餘所目, でも村中, でも英学, で早, なら僕, にしろ, になる, にはそういう, にはまだ, には小栗, には支那傳來, には晴れた, には松, には海老屋, には通運丸, のおもちゃ, の五月, の人々, の俺ア, の先生, の十両, の名主, の名医, の四ツ, の土地, の夏子, の官員, の山駕籠, の巷談, の往来, の御, の御用聞, の御館, の文人, の新聞, の有名, の東京, の流行言葉, の深川, の源氏山, の男, の私達, の紀伊國屋, の腐つた, の腹, の自分, の花魁, の落首, の証文, の近, の遠国, の雑事, の面差し, はそう, はガク, は一寸, は丁度, は万世橋, は下役, は主, は五ツ, は交通, は人切り包丁, は今, は他, は余り, は其の, は初会, は削りなせる, は前, は動, は勘次, は医術, は只今, は名主, は唯, は商人, は固い, は地, は夕刊, は大いに, は大分, は大層, は女, は家号, は家柄, は少し, は強談, は彼, は彼処, は往来, は御, は御召縮緬, は怨み祟り, は散髪, は未だ, は極, は樹木, は正午, は武士, は武家, は毎夜月, は毎度いろは, は流行, は浦賀, は海, は無学文盲, は町人, は真剣, は素裸体, は紺, は繁昌, は自分, は若殿, は落, は血氣盛り, は誠に, は醫者, は鉄砲, は開けません, は雪駄, は駄菓子店, は駕籠, は黒塗, まだこの, まだ若, まではさう, も場所, よく考へる, より知られ, 丁度教會, 何より優美, 備わって, 其の爐, 出來, 居たお, 居た年嵩, 暑さ, 流行ったもの, 流行った吾妻下駄, 流行った玉紬, 流行った縮緬細工, 漸く親しく, 申しましたが, 考へたこと, 見たま, 近いうち

▼ 其の~ (196, 1.1%)

5 の午後, の夕方 4 は朝, 其の日 3 に追われ, を送っ, を送る 2 に困る, に限っ, のうち, の中, の夕景, の天候, の新聞

1 [155件] お品, お帰り, からでございました, からの親子, から世界, から其の, から再び, から又, から家, から森川町, から此, から生徒, が来た, その日, だけたまたま, だけの割當勘定, だけ看護婦, であったか, になりやす, には都合, に例, に困つ, に困り, に峯松, に捕り, に煤掃き, に燒けた脊中, に變, に起つ, に迫っ, に追, に逐われ, に鉄漿, に食べ, のお客, のこと, の事, の事業, の光, の八ツ, の出来事, の労銀, の午すぎ, の午後九時, の午後叢林, の夕刻, の夕方しめやか, の夜, の夜中, の對米爲替相場, の惨劇, の扶持, の放課後, の斎場, の日記, の明方, の晩飯, の最後, の朝, の朝刊, の未明, の機嫌, の残る, の活計, の生活, の申刻下り, の真夜中, の空模樣, の米, の群衆, の薬代, の赤蜻蛉, の運不運, の食い, はいそ, はいらいら, はこれ, はじめて世界, はそれぎりで物, はもう, は一日, は三時半, は丹治父子, は今, は何, は何事, は先づそれきりとして, は其, は別れ, は別れました, は午前, は四里南, は夏休み中, は大変天気, は孰, は屋敷, は幾許, は心がけ, は恰, は手紙, は昼, は晴れ, は暮れ, は曇っ, は来た, は栗, は歸つて來, は洗馬, は漁, は激しい, は甚助, は畑, は私, は空, は終日生気, は表, は近づいた, は重役, は随分, までに出来なけれ, も, もた, も下駄, も仙二, も其の, も埃, も夕方, も夜, も巡査, も平生, も拂曉, も晝過, も暮れ, も朝四時半頃本, も歸ら, も編輯長, も西風, も餘念, より, をもて, をやっと, を命日, を外す, を定めず, を愉快, を真実, を送りいる, を送ります, を過し, 万ちやん, 其の夜, 同じ處, 教わって, 知ったの, 見たフィルム

▼ 其の~ (159, 0.9%)

3 に又 2 でお, で正々堂々たる, に乗っ, に尚, に履物, の事, を手拭

1 [142件] お小遣い, お役, からお, からぐるぐる, から松, から熱い, から砂糖, ぞつこん思ひこがれる, でいで, でなす, で五分, で何, で先方, で其の, で去るなら, で多助, で巧, で己, で御返事, で情夫, で散々, で本意, で相手, で着手, で研究, で立ち去りましょう, で行われたであろう, ならず不義密通, ならず御, に, にあ, にあらためて, にある, にいろ, にお, にお召縮緬, にそれ, には洗濯物, にも, にもう, にもと, にも用心, にストオヴ, に一宇, に丁度, に万次郎, に並ん, に乘つて, に二百, に何時, に兆民, に出来れ, に利休形, に可, に吾, に善い, に外國, に大きい, に女, に委員会, に嬢様, に居る, に布団, に座し, に座った, に張, に彼, に或, に折り, に掛, に新聞紙, に易書, に更ら, に書きつぐ, に最後, に杉, に板, に梶棒, に標石, に残つた薪, に海, に游宴, に猶, に理窟, に生涯, に登りました, に直す, に私, に種, に築い, に置く, に芸者屋, に英語, に茶色, に薪, に這, に遠山權六, に鉈, に鏡臺, に靈作妙用, に青黒い, に風, に高手小手, の探し, の方, の橋, の疎林, は青空, へごろ, へまた, へ一枚, へ乗, へ乗っけ, へ乗りました, へ五布蒲団, へ城, へ寢轉ん, へ建物, へ手, へ日光, へ片足, へ目標, へ石碑, へ私, へ種々, へ茶道具, へ赤ん坊, へ転ん, へ顔形, もう殖やせん, をこする, をプスリ, を押え, を栗色, を腰ひも, を飛び越し, 何卒もと, 其の下, 堪え難い針先, 寝ても, 御主人様, 御親切

▼ 其の~ (147, 0.8%)

41 な事 3 な人, な気, な筈, な約束 2 な事柄, な余計, な卑劣, な場合, な心, な疑い, な空, にお, に云わず

1 [76件] なお, なお話, なさもしい, な不都合, な了見, な仕向け, な傷, な其の, な刃物, な力, な勿体, な大金, な奴, な宝, な容子, な密告, な巧み, な師匠, な形跡, な御, な恐い, な恐ろしい, な悪事, な悪人, な悪女, な意味, な愛, な感情, な手荒, な批評, な振舞, な時, な暴, な汚らわしい, な清浄無垢, な無, な無礼, な理由, な目的, な穴, な空々しい, な窺, な繁昌, な自慢話, な言い掛り, な証拠, な試験, な誓いが, な近所, な野蛮人, な音, な馬鹿正直, にちゃんと, にびら, に云う, に人, に仰有らず, に名乗っ, に大きな, に式, に憎い, に泣入, に甚, に目, に私, に行け, に言えた, に計った, に諄, の所, は, は恋人, を見, を見た, を見る, 甚だ優長

▼ 其の~ (141, 0.8%)

3 に種々 2 にお, に介在, に何等, に同じ, に於ける, に秀子, をツさん, 屡ば

1 [122件] おまはん, から, からうまれた, から長押, がどう, が人, が何, が長い, だつて, つい, にある, にそれ, にただ四時, にだ, にどうせ, には古史, には必ず, には手酌, には日本, には氣象, には與吉, にもう, にも彼女, にも念佛寮, に一分間, に一生食, に一綫, に三四, に不, に五右衛門, に交つた槭, に人家, に余程, に信一, に個性, に健助, に出来た, に劃壁, に勃發, に博覽會場, に又, に叔父, に各自, に告口, に多少, に天地, に好まざる, に娘, に字, に少し, に希, に微か, に感情, に我々, に或は, に所天, に挟, に支那, に故郷, に文吾, に於, に於いてた, に日本國民, に早, に時々, に村落, に権田時介, に現, に當, に疑惑, に白帽白衣, に目的, に空, に織物, に美しい, に考案, に色分け, に若し, に解らぬ, に質屋, に走っ, に起った, に逃げよう, に逃れ, に通ずる, に達磨大師, に開闢, に頗る, に風呂敷, に飛下りよう, に驚異, に點在, の, の勾配, の婦人, の探究, の時間, の楽, の汽車, の苦痛, の迫った, は仕方, は往来, は日本, は父, は牛乳, へぴつたりとはいつてはいけたものゝ可, ま明, も星, も物悲しく, をくわつ, をわあ, を地上, を水桶, を船, を這入っ, 坐禪組, 御奉行様, 或は錫蘭山, 早く稽古, 約半年, 遠ざかるほど

▼ 其の~ (114, 0.6%)

4 の中 3 のこと 2 から風邪, のうち, のとし子, の事, の明け方, の泊り, はとうとう, は三人, は月, 遅くなっ

1 [87件] おつぎ, お光, からまた, から不思議, から其の, から御, から暫く, から月, から激變, から男, から病気, から翌日, が更け, つぴて, どんなに饅頭, にさ, に當つたの, に限つて自分, の, の一夜妻, の丑三つ, の事件, の二時頃, の亥刻, の光景, の八時すぎ, の六時, の冷たい, の出, の勤務, の十一時頃, の夜半, の御, の悪夢, の星, の決闘, の男, の當人同士, の真, はおそく, はふくる, は一家, は丸山コリミセ, は休ん, は何處, は光り輝い, は其の, は別荘, は割によく, は取り, は大宮宿, は奇妙, は宿るべし, は寝ました, は寺, は旅僧, は明け, は暖かい, は気分, は網代, は肝心, は舊友, は話, は誰, は過ぎ, は雪, は頭巾, まんじりとも, もとし子, も其の, も凝集つて, も旅僧, も暑, も更けた, も氷山, も私, わが腦裡, をはじめ, 一旦家, 其の男, 再び出直し, 又倶, 忍び込み此, 睡が, 蒼いお, 遅く其処, 隣り村

▼ 其の~ (107, 0.6%)

14 にし 7 になっ 2 になつて, 逃げるよう

1 [82件] うーんと, お京さん, お受取り, か, じゃア, するすると, ずん, で, でころり, でご, ではじっと, では済むまい, で保存, で壱銭, で居れたら, で飛び込ん, なら中, にお, にお前さん花魁, にする, になつ, には捨置, には捨置かれん, にウン, に信用, に出せ, に即ち, に同君, に忘, に應用, に懸けられ, に打つちやらかし, に捨て, に採つ, に握り潰され, に残っ, に氷, に消滅, に煩惱, に用, に直, に相, に神, に藤川庄三郎, に逃, に通用, に隠れさせ, のなり, の姿, の形, の情景, の景色, の玉篇, の調子, の速度, むなしく帰っ, を採つた, を輸入, 上りゃ, 伝えて, 伝えれば, 住みついて, 信じ込む程人, 出て, 切り取つたもの, 取り次ぐか, 受け取らないで, 引き返した, 悲しい声, 打捨て, 打捨ておかれたの, 押し上げるもの, 書けばい, 止む訳, 死なすの, 用い来ったという, 行き過ぎて, 見ること, 見捨て, 読めるやう, 載せた, 飛び出した

▼ 其の~ (107, 0.6%)

4 の光景 2 に泣, に立ちすくんだ, へ駈け付ける, を去らず

1 [95件] からフラッシング, から海, から直ぐ, から直ちに, から秀子, から縄付き, から逃げ出そう, から逃げ去った, でとりおさえる, でぶち, で全文, で凡て, で切腹, で射殺, で己, で手打, で文字, で暖炉, で火鉢, で神妙, で私, で腹, で謎, にあの, において手打, にくっつい, になげだし, には落ち, にひつくり返つ, にゴロゴロ, に三尺, に仆, に俯いた, に倒れ, に即死, に取落し, に呻, に喪った, に在り合わせた, に居, に居られ, に居合せ, に居合わせた, に悶絶, に投げ, に捻じ伏せられた, に於, に昏倒, に来合せ, に棒立ち, に着き, に立, に立ちつくし, に立ち上った, に立ち竦んだ, に立つ, に紙, に跳ね起きよう, に都会, に馳せ集まっ, のがれ, の事, の人々, の景色, の様子等, の次第, の空気, の雰囲気, はどうにか, は仏, は済まし, は遁, へのしち, へバッタリ, へ全く, へ悶絶, へ谷崎令妹葉山三千子君, へ飛ん, へ駈け付け, へ駈附け, らしい舞台, をふけ, を円滑, を去らう, を去る, を外し, を外した, を散りました, を済ませ, を立ち去らない, を立ち去る, を立去らう, を立去ろう, を立退き, を紛らした

▼ 其の~ (100, 0.6%)

3 に就い, を言 2 に付い, を知っ, を話した

1 [88件] があ, がく, がわかった, が不承知, が主人, が向う, が心イツパイ, が既に, が知れたら, が研究, が自分, が若い, たるや, でお, でこれ, で彼方此方, とも存ぜな, にこだわっ, にし, について云う, には心付かず, に就, に種々心, の中, の余程, の半途, の如何, は一度, は乳母, は何, は何時頃, は其日, は命, は彼, は成るべく, は既に, は昨日, は本, ばかり思い詰め, ばかり思っ, ばかり考へる, ふる所, までが根底, までも素, も聞いた, より沼田, をお, をここ, をちびり, を云い, を云え, を人伝, を仙太郎親方, を仰つ, を伺い, を住職, を先づ頭, を劉向, を助け, を夢, を実地, を忘れ, を憤慨, を成し得る, を承知, を明, を發表, を皆, を直に, を知らせ, を知り得る, を秒時, を考へます, を聞い, を聞いた, を聞かん, を聞きまし, を見聞, を話し, を説き明かさな, を誰, を調べ度, を謂, を貴女, を貴方, を頼んだ, 多く橘, 無くして

▼ 其の~ (86, 0.5%)

1 [86件] があの, がまだ, が引取め, が愈々, が春画, が死んだ, が氣味, が言っ, が鬼, で, と一緒, と云う, と謀, に, に向, に娶らせ, に実意, に導かれ, に後難あら, に触れる, に誘われ, のいくら, のすぐ, のする, の事, の厚意, の宿, の左, の影, の恰好, の態度, の手, の手許, の方, の来る, の案内, の為め, の眼, の笑み, の肩, の自動車, の誘い, の頭, の顔, の顔中, はさつ, はその, はなにもかも, はなんと, はぬけ出した, はぶる, はやさしい, は一礼, は万事, は不興さうに言, は其処, は切符, は堅く, は大人しく, は天文学, は少し, は彼, は彼女, は早口, は根, は正直, は病気, は白状, は直ぐ, は矢張り口数, は私, は背, は見えなかった, は誰, は足許, は近江, も驚きまし, を上座, を何処, を審問室, を弁護, を引き留め, を憎む, を殺し, を蹴っ, を遠ざけ

▼ 其の~ (84, 0.5%)

2 がまだ, こそは紛れ, の姿, の容色, の顔, は, を呼ばせる

1 [70件] から, から生, が, が人, が人殺し, が低い, が唯, が己, が知っ, が私, が見捨て, が貴方, が蹴躓き, と二人, と其の, におびやかされた, にこう, にすれ違った, にだけそれ, にはお, にやります, に追, に逢, に逢っ, のこと, の人, の兒, の口, の名, の唄, の左, の愛, の柔, の母, の生涯, の甲高い, の穢げ, の色, の足, の身の上, の身上, の遺書, の顏, の鬢, の黒髮, はそれ, はどう, はなに, はわし, は之, は人, は何者, は其の, は到底, は前, は必ず, は決して, は玉音, は生れ, は美しい, は見た, は貴婦人, は非常, を大罪, を御新造, を捨て, を最早, を殺した, を見詰めた, 程美しく

▼ 其の~ (84, 0.5%)

2 が鈍, にすがりついた, を動かし, を取っ, を押さえた, を揮

1 [72件] え叩き折つて了, が丁度, が何時, が溯る, が酷く, でお, で低い, で張, で硝子杯, と手, にすがった, には乗らなかった, には既に, にや行かねえ, に幾個, に成つた大日經, に握る, に無, に麺麭, の下, の傷, の入れ墨, の尖, の放された, はくわぬ, はまた, は全く, は肩, は誰, は食, は食わぬ, も兩方, も映る, をぎゅっと, をねじ, をば打揮, を休めなかつた, を入れた, を動かす, を動かせ, を取り上げ, を取る, を喰う, を密, を少し, を幾ら, を引ける, を引つ込め, を打ち振る, を払っ, を抑え, を押えました, を振り, を振り動かし, を振解き投げた, を捉えよう, を据えた, を掴ん, を揉み合せ, を放し, を放した, を曳い, を曳いた, を止め, を止めなかつた, を直ぐ, を肩へま, を自分, を見る, を開かし, を離れ, を駄夫

▼ 其の~ (83, 0.5%)

2 に坐っ, に私, の年, の日, の時

1 [73件] からあった, から出る, から小学校, から居りました, から私, が畑地, で踊っ, と體裁, につくばった, にはそれ, には學問, には廢工場, には待ち設けた, には空, には線香立て, には銅, にも多少, にも己, にも秀子, に一寸支那, に丸い, に仕事, に來, に供, に供えた, に停まっ, に加, に坐った, に差しかかる, に座, に戰, に握飯, に既に, に現, に確か, に空, に立, に立ち止まる, に置かれたる, に見る, に角力取り, に貴女, に進み, に長い, に關係, に離屋, に雲, のこと, のところ, の八足, の出雲氏, の大正, の書き方, の本, の柱, の隋, は常磐橋御門, へ廻り, へ新橋邊, へ立ち, へ立ち塞がる, へ行く, をすり抜ける, を一, を礼拝, を私, を突切つて, を粛々と, を行き, を通っ, を通らね, を通る, を過ぎよう

▼ 其の~ (82, 0.5%)

3 の主人 2 の女, を出, を相続

1 [73件] から傳授, が亡び, が其の, が零落, だけでも教え, で別, で誰, にお, にお化け, にずる, には何, にも長三, に入, に召し, に堪へられなく, に奉公, に引き留めた, に東山公, に歸, に泊っ, に泊った, に置く, に臨む, に行かし, に近い, に雇われ, のお, のま, の下, の二階, の人, の人々, の何ん, の地理, の壁, の娘, の嬢様ぢ, の小僧, の戸, の打ち出した, の控邸, の末っ子, の玄関, の窓, の農夫達, の零落, の食客, は, はすぐ, は他人, は千艸屋, は土手, は自分, は見えませんでした, は鉄次郎, へ兎, へ入, へ参ります, へ年頃五十位, へ引越した, へ行く, へ運ばれた, へ養子, へ馳せ附けました, まで送り届け, も, も其の, を出た, を家, を敬, を見た, を逃げ出し, を里方

▼ 其のうち~ (81, 0.5%)

4 に叔父 3 に夜, に彼 2 に又, に愈々, に日, の一人

1 [63件] お膳, だん, で那珂先生, にお, にたくさん, にだ, にとう, にとうとう, には分るだろう, には愛, には秀子, にも余, にヤット, に一週間, に三十四五, に二人, に二時五分の上り汽車, に今, に他, に何故か, に倒れ, に先生, に全く, に八つ比, に医師, に半, に呼吸, に四月, に夏子牢死, に奥, に安, に安全, に客, に宴会, に己, に幽霊塔, に彼方此方, に微か, に徳利, に怪物, に手, に探偵, に提灯, に早, に正体, に死んだ, に汽車, に漸く, に火玉, に癒, に益々, に秀子, に美人, に話, に貴方, に酔っ, に隙, に顔, の好, の頭, は八百屋, 又由兵衞, 第一

▼ 其の~ (62, 0.4%)

2 にお, に追, の一人, よりし

1 [54件] だけ伊之助, でも私, なるもの, にだ, にて候, には判っ, には大, には白い, には都合, には随分, に一人, に三人, に二つ三つ船, に二三年, に修繕, に入, に入る, に六月, に勘次, に又, に右, に夜, に姿, に尊公, に少し, に引過, に張元, に彼, に手間, に折角, に検使, に段々, に段々目, に深く, に灯, に病気, に稻, に箇々, に船, に荷拵え, に行く, に足音, に這入れ, に離れ, に雨, に飛び込め, のバラモン姓, の一つ, の一枚, へ這入, もう日, をさがつた, 最も大, 追

▼ 其の~ (61, 0.3%)

3 薬を 2 刀を, 尻の, 屋敷が, 紺の, 言葉で, 言葉は

1 [46件] ぢいさん, ふささんは, やさしきが, 人が, 仙人と, 仲間入りを, 侍に, 刀が, 刀ゆえに, 國は, 夏が, 夏の, 媽さんの, 宅という, 屋敷へ, 屋敷を, 帳場が, 帳場なる, 心の, 志という, 書付には, 杉は, 瀧松五郎ゆえに, 玄関に, 百度の, 積で, 積りで, 筆が, 筆さんと, 筆と, 米さんの, 米を, 荷物が, 言葉を, 連れと, 酉が, 酉と, 酉より, 醫師の, 釵に, 鉄は, 附の, 雑巾次手に, 雛樣の, 顔では, 願ほど

▼ 其のまま~ (60, 0.3%)

10 にし 3 立って 2 去って

1 [45件] あるので, が成仏, ぐっすり寝入っ, じゃない, そっと帰っ, である, ですか, に, になっ, には捨て置かれない, に啖, に山, に彫刻, に成っ, に捨て置きました, に歌, の姿, の身仕度, の顔, ふらふらと, 之れ, 其の根本, 再び寝, 再び寝床, 取り落したの, 呟き呟き星, 売り払うの, 小銀貨, 帰したかと, 帰って, 引きちぎって, 引返して, 止まって, 正さずに, 正述, 歩み続けたが, 泊ること, 立ち去ったが, 立ち去り掛けて, 立ち去る積り, 繰り返して, 落して, 起きて, 連れて, 飛んで

▼ 其の結果~ (59, 0.3%)

2 として内, として生れた, として畏, として立法行政, は再, は妥協, は直に

1 [45件] があまり, があまりに, がなけれ, がロシア文, が時として, です, です牢, として博識, として明治, として漸く, として総べて, として自由党, として自由黨, として裏面, として雑輩, として雜輩, どうかし, なり, なるべし, によって知り得た, によつて, に満足, に照らし, に生ずる, の偉大, はお前達, は上, は何, は共に, は宜, は小細工, は明らか, は此, は甚だ, は私, は遂に, もまた, も著しく, を一応, を公認, を利用, を受けとった, を見た, を齎, 其の子

▼ 其の~ (56, 0.3%)

3 を記憶 2 の如く, 稱の

1 [49件] が世に, さえも懐かしい, と其の, に憧れ, に於, に谷風, のみ美しき, のよう, はただ, は何ん, は公子, は梵語, は聞き知らずや, は見えない, は違つて, は黒土, も一向, も大師, も盛者必衰, も直, も赤羽川, をば大来目主, を以てし, を信ぜし, を徒に, を得た, を念誦, を我記憶, を明かさず, を明かす, を汚す, を直ぐに, を知っ, を知る, を立正安国論, を繰り返し, を聞きます, を聞く, を謳われた, 最も高, 殘り, 畫が, 稱から, 稱が, 稱などは, 稱も, 聲は, 聲を, 譽心の

▼ 其の~ (56, 0.3%)

3 は寝 2 に電話

1 [51件] お久美さん, からお前, からぶらぶら病, から肺炎, だ, だけ何とか, だ寝ずに, でした, にかぎっ, にそっと, に父, に脱出, に限っ, のうち, の中, の事, の内, の料理, の都合, はお, はどこ, はまた, はめでたく, はもう, はもとより, は上, は些, は伊之助, は伏木, は取分け, は夕凪, は寐, は寝んでしまい, は幡半, は明るい, は此家, は泊っ, は蒸し暑かっ, は遅い, は酒, は重助, は鳥居峠, また松葉屋, もう一度行く, も二人, も私, より下女, 果敢なくおなり, 泊り夜, 遅く己, 遅く落合

▼ 其の通り~ (55, 0.3%)

5 にし 32 だと, であ, であるから

1 [41件] せよと, だが, で, であった, であったか, であらう, でありまして, である, である夫, であろう併, です, では無い, でわたし, で何時, で御座います, で手, で真に, で貴方, とすれ, と感心, にすれ, になる, に仕, に信ずる, に先ず, に感ずれ, に手入れ, に描きます, に書きました, に相手, に私, の事, の人, の鶏, 云いましたよ, 参って, 又共鳴, 小兒, 書いて, 書くといふ, 長くも

▼ 其の~ (53, 0.3%)

7 の秋 5 も暮れ 4 の九月, も果て 2 の暮

1 [31件] が分る, になつたら弁, になつて独身, に天滿山官林, の七月, の三月, の上半期, の八月此, の六月十一日, の初, の初夏, の十一月二十九日, の十一月頃, の四月十一日, の天下, の成績, の暮井, の正月興行, の車, の霜, はどう, は不思議, は千四百年位, は家作り, も冬, も明けまし, も暮れ翌年, も相, も経ちまし, 烈しい暴風雨, 老つたお母さん

▼ 其の~ (52, 0.3%)

2 にある, に支那, に此, に輯略, の口, よりし

1 [40件] お目附列座, がはを毀し, にはお, には一つ, には意味, には誰, にまだ, にもう, にも人, にも何とか, にも例, にも大師, にも朝廷並, にも隨分, に何だか, に別に, に又, に小麦, に校讐通義, に現存, に貧富, のもの, の半分, の季節の, の手当, の文學, の方々, の本紀, の皮膚形骸, の編纂官, の金属, の食物, は割合, は即ち, は唯, は皆天火明命, は目録, は縁側, 御小姓, 色々の

▼ 其の~ (51, 0.3%)

3 の事情 2 に置い, の処, は少し

1 [42件] から流れ, であらう, にする, には痩せた, に在ったであろう, に心, に散らばっ, に有名, に枯れ, に猫, に積み重ねられ, に雲, のその, の事, の卓子, の心得, の応対, の思い遣り, の所, の景色, の板葺屋, の森, の混雑さ, の空気, はちと, はよく, は一体, は一面, は先ず, は埃だらけ, は幾重にも, は灰, は禁猟, は調べ, へ眼, をぶら, を斬りはらっ, を検めた, を気味, を游戈, を狂い廻った, を薄暗く

▼ 其の~ (48, 0.3%)

2 の發動, を寄せ

1 [44件] があっ, がなかっ, が一下子, が即ち, が失せね, が少し, が有る, が村人達, が耳, が虫, が通ずる, である, で時々, とか非, に勢, に往來, に恐怖, に順, の中, の作用, の内, の弱き, の苦しみ, の裡, は人, は何者, は南, は声, は常に, は益々, までが遠, を了解, を伝えました, を剔ら, を剪, を問, を帰, を溶かさう, を焦燥ら, を用いる, を痛めた, を苦むることが病, を解く, を騷

▼ 其の~ (48, 0.3%)

2 に眼, の皮, を見, を見る

1 [40件] が異様, が隠れ, で私, と其の, と来たら, と此, には冷やか, には狂者, には相, に包まれ, に手巾, に注意, に見入った, の美し, の醜, は, はだ, は初めて, は判然, は如何にも, は実に, は殆ど幼, は眼, は誠に, は髯, も五体, を, をしかめた, をじっと, をひやりと, を上げる, を作り直し, を凝, を新吉, を然, を見た, を見たい, を覗い, を識, 寂しう

▼ 其の~ (45, 0.3%)

1 [45件] から今度, から円く, から圓, から黒い, がひ, で生まれ, で針仕事, にあった, にいる, にしよんぼり, になった, には又, には桐, にほんの, にまで及ぼす, に不思議, に二つ, に人, に代官, に何, に出, に地, に幾百千, に所謂, に泣くた, に白川御影, に真新しい, に石, に粘土, に老婆, に集つた, の空間, へ往, へ握り飯, へ隠す, をちら, をまわっ, を流れ, を流れます, を見ました, を這, 並んで, 唇は, 必らず, 襲ねの

▼ 其の~ (45, 0.3%)

2 の潔白, を寄

1 [41件] が大, が幽囚, が救われた, が眞白, に加わらん, に懸る, に掛かる, に関する大変, に附い, のある, の不幸, の位地, の大難, の寃罪, の心, の方, の濡衣, の罪, の處, はかたく, は宮谷山信行寺海念和尚, は戸, は直ぐ, も潜っ, をせき留めつ, を動かし, を動かした, を安住, を征伐, を忘れ, を政党, を政黨, を果し, を果す, を殺した, を沒却, を犠牲, を託した, を託する, を遙, 其の儘

▼ 其の時分~ (44, 0.3%)

2 には太子

1 [42件] あの辺, お品, から今, から彼女, から後世, この村, だから, では氏族, でもちと, には何, には兵法, には幾ら私, には眉毛, には降る, に伯父さん, に彼等, に書風, に皇室, のこと, の二十三, の停車場, の君臣, の大きな, の思想, の昔, の書家, の書生, の淡い, の話, の面影, はわし, は今私, は先生, は少い, は山の根笹, は幼少, は思つた, は明治座, は未だ, は浴客といつて, 大きな海鼠, 未だ嫁

▼ 其の~ (43, 0.2%)

6 の日 4 の方 2 の室, の段

1 [29件] が出家, が岩菅, にはこの, にはドクトル, にはメタフイジカ, には事理, には皎, には黒装束, にも又, の唐, の大, の大和, の數術, の文句, の方技, の日彼, の時代, の目, の第, の者, の週, の鏡作, はフイジカ, は世話もの, は元, は功, は南朝, は曲淵甲斐守, を仇首王

▼ 其の姿~ (42, 0.2%)

4 を見る 3 を見

1 [35件] が思はれます, が明瞭, が水, が眞, が見えます, たるやだ旅行服, で手, とを或は, になつ, にグロテスク, の佳, の優, の優しい, は何樣なに, は古城, は敷, は段々, は現われませんでした, は見当らなかった, へだたりて, も消え失せた, や顔色, よりし, をあの, を一目, を凝視め, を思, を打目戍, を暫らく, を獣, を眼, を見た, を見なかつた, を記さ, を運んだ

▼ 其の~ (41, 0.2%)

2 恩の

1 [39件] 主人の, 了見なら, 先払として, 友達に, 姉さんが, 守も, 守護ぢやさう, 家来の, 寺の, 心ぢや, 心の, 心配に, 心配は, 恩は, 恩を, 扮装を, 書を, 樣子を, 法事の, 用事は, 祝儀を, 積りで, 総領の, 臨終の, 茶壺の, 茶壺旅行の, 行動が, 褒美には, 言葉には, 話な, 語いかで, 説には, 講釈なら, 貞心を, 趣意は, 足許は, 離縁状を, 領主様の, 養子が

▼ 其の~ (40, 0.2%)

2 が一番福造

1 [38件] が什, が大, が屋根, が親, が跡, として道連, と云う, と附添, に功滿王, の介抱, の代, の扶, の身の上, の顔, はお前, は信一, は助, は十千根, は同級, は大新河, は御飯, は急病, は恋愛, は打て, は睡つ, は腑, も感心, をひどい, を以て家督, を先方, を嚼, を尋ね, を引き取る, を引受け, を恋, を渡す, を産み初める, を遠

▼ 其の~ (38, 0.2%)

3 の中 2 が出る, をし, を聞き

1 [29件] がむしかえされる, が始まる, につきまし, に春部, に熱中, の事, の内容, の大, の大要, の變化, の進行中, はお, はお前位, はだんだん, は條理, は知つて, は終り, や其の, をお, をしました, をする, を始めた, を碌々耳, を結末, を聞いた, を聞かされ, を聞きます, を聴い, 振にても

▼ 其の~ (36, 0.2%)

2 に驚い

1 [34件] がぴんと, が五位鷺, が妙, が彼長三, が濁り, で伊右衛門, で初めて, と姿, と殆ど同時に, なの, にも顔色, に聞き入り, のぬ, のぬし, の主, の恐れ, の遠く, はいたく, は人間, は何, は宛, は忽ち, は次第に, は確か, は顫, をお, を聞い, を聞いた, を聞きつけ, を聞きつけた, を聞き附け, を聞く, を聴く, 恰も大川

▼ 其の時代~ (36, 0.2%)

3 に於 2 の人々, の生活

1 [29件] が乱れ, が閣竜英, だからと, とに云, と共に呼吸, には一字, には容易, にめずらしい, に支那, に於ける, に用, に相, の世話もの, の人, の例, の教え, の渇望, の生んだ, の相, の習い, の習慣, の若い, の著述家, の霊魂, の風俗, は日本, は治ま, は詰り, を分ける

▼ 其の~ (35, 0.2%)

3 へ往 2 には, に一本

1 [28件] から自分, で各, にある朽ちかけた, にいた, には天狗, には女, には嫡子小松, には猿, に二ツ三ツ境, に大, に座, に扇子, に昼, に来り, に火, に立ち, に立つ, に行き, に行っ, に近づく, に附き切りで, の井戸, の井戸端, の四角, の欄間, へながなが, へ寄る, を滾

▼ 其の~ (35, 0.2%)

2 には涙, の光, の前

1 [29件] が, がいきいき, が真, だけが気, には確か, に同, の鋭い, はいや, はまた, は何時の間にか, は単に, は幾度, は異, は穏やか, は鼻, も今, をあて途, をひからせた, を世間, を人間以外, を奪, を宙, を思ひ出した, を松蔵, を港, を見, を蹙め, を雀部, を鞘

▼ 其の當時~ (34, 0.2%)

3 に於 2 に於い

1 [29件] あります本, あること, からし, から非常, それ程に, にあ, にはそれでは, に西洋, の乞食坊主, の人, の元, の四聲, の國民普通, の大塚氏邸, の形勢, の文化, の方法, の時勢, の目録, の詩式, の議論, の貴族, の遺物, は今, までの詩, 大層必要, 大變流行つて, 考へた人, 迄あ

▼ 其の代り~ (33, 0.2%)

1 [33件] お千代さん, お屋敷, お役, お経なんど, お給金, が幾つ, これから一日, として興るべき, と聞いた, どうか兄さん粂, につい, には首尾, にゃアこ, にペンキ塗り, に何とか, に去年, に名目, に多助, に彼等, に掃除, に時頼, に此, に私共, に頬, ぴたりと, また非常, 云いさえ, 其の方, 出る所, 少し好み, 少し頼み, 打明けて, 驚くほど

▼ 其の~ (33, 0.2%)

2 に反, の名, の得失, を脩めずし

1 [25件] が來, づくところ, なら彼処, なら此処, に, には僕, の初, の成立ち, の抜けた, の源流, の目録, の緑色, の繪, の著者, は, はマラルメ通, は多く, を投出した, を搜す機會, を書いた, を読ん, を逆さま, 來の, 國を, 躰を

▼ 其の~ (33, 0.2%)

3 すべきこと 2 さむと

1 [28件] すところ, である, に功, に多大, に引越し, に張る, に心, に思考, に我々, に支那, に支那民族, に水氣等, に疾病, に相, に着手, に破, に空しく, に空腹, に精神, に耳, に自他, に色々, に言, に需要家, ること, る事, る仕事, る儘

▼ 其の目的~ (33, 0.2%)

3 を達し 2 とする, の空想, を達し得る, を達せず, 未だ成らずし

1 [20件] が一変, が明かであれ, が達せられない, であると, でなければ, に協, の為, の遂行, の達する, は事, は先づ十中, は外, は或, は打ち明けず, は若し, は達せられぬ, を失ひぬ, を完全, を遂げさせなかつた, を達する

▼ 其の~ (33, 0.2%)

1 [33件] から僅か, から土岐家, から承わりました, か将, がなくなった, が分たね, が暴行, が案外, が死にまし, が若気, が親, が随分, に成っ, に逢わしてやろう, に逢われない, に頼まれ, の名, の存在, の生死, の腕前, の身分柄, は二人, は本所辺, は決して, は男の子, は直ちに, を予, を其の, を取押え, を召抱え, を尋ねたい, を本統, を見たい

▼ 其の~ (32, 0.2%)

2 の張る, の象

1 [28件] あり, あるの, が全幅, が張, が竭, たる無形無臭, で歩ばつ, になつて, によつて, によつて衝動刺激, の偏, の大, の弛む, の張, の張つた時, の揉める, の有する, は一切惡氣, は所謂凡常, は龍虎五采, を引く, を張らし, を張る, を有, を誘發, を負, を轉ずる, 張りそれ

▼ 其の~ (32, 0.2%)

4 へ訴え 2 の探偵

1 [26件] から御沙汰, から通知, から逮捕状, では其処, で医者, にて吟味, に捕, の判断, の密偵, の手, の武器, の眼, の耳, の遠慮, はこの, へお, へでも訴える, へ届け, へ押収, へ申, へ突き出す, へ訴えない, へ訴えなけれ, へ訴えました, へ訴える, へ養子

▼ 其の~ (31, 0.2%)

2 を用

1 [29件] ある発展, が文字, が烈しい, が無い, で到頭, と云, ない葉先, の豐富, は同じ, は素直, は衰, も技, をなくし, を一, を以て何故, を伸べる, を保たう, を借る, を及ぼさなかつた, を失はない, を失ひ, を産む, を竭, を落さぬ, を落したら, を試験, を證, を逞しく, 及び力

▼ 其の言葉~ (31, 0.2%)

3 の意味

1 [28件] がなかつた, が通じた, と一緒, にさえ従って, には語句, に従い翌日直ぐ, に従い自分, に従う, に従おう, に従って怪美人, に美人, に胸, に違, の由来, の終らない, の表し, の解釋, の通り, の面白かっ, の響, は地, は真理, は苛酷, も殆ど變つて, を信じました, を底, を忘れない, を自分達

▼ 其の~ (31, 0.2%)

2 を隠し

1 [29件] から取付, が有りません, でどんな, でアイネ, で取りつい, にも手, のあり, の催促, はどう, は何, は使っ, は己, は貴方, をお前様, を二十五両, を以て主人, を使い, を使いし, を半分, を取っ, を取られた, を向, を工面, を我, を持っ, を持参, を盗んだ, を資本, を附け

▼ 其の~ (30, 0.2%)

3 部分は 2 市民たる, 處より

1 [23件] さ釣鐘の, なるは, なる旗竿, を勉むる人, を知らず, を遺る, ザツパで, 乘たる, 地震を, 天狗を, 威力を, 屋根の, 清書に, 畧を, 目的として, 膽の, 處を, 部分の, 音響に, 頭がか, 風呂敷を, 體の, 體を

▼ 其の~ (30, 0.2%)

1 [30件] が塩梅, が至って, だ, で, でな, とを引き取った, と一緒, と手習朋輩, のみゑかえ, の乳, の夫, の為め, の菊, の親父, の話, は上州屋, は何, は幼年, は牢, は立派, は繼母, も犠, を今晩, を奥様, を引っ掴もう, を強く, を見, を貰, を馬道, を駆し

▼ 其の理由~ (30, 0.2%)

2 は極めて, は次, を知らう, を聞きましょう, を説明

1 [20件] が分りました, が明かに, とする, と云う, は, はといふ, はと尋ねる, は彼, は此, は第, は見出せなかつた, も分つ, らしかった, を擧げ, を発見, を真先, を知らない, を覺, を言う, を質問

▼ 其の当時~ (29, 0.2%)

2 にあっ, のこと, の私, の習い, 持つて

1 [19件] からの古い, から現在, そのお転婆, どうして人間, に書いた, の人, の人々, の光景, の書類, の習わし, の習慣, の都, はインフルエンザ, は医師, は生活, は空想, も田舎, 半七老人, 在つた江木

▼ 其の~ (27, 0.2%)

2 に耳, を打消す, を聞いた

1 [21件] がどうか, が地, が已む, が流れる, が激しく, が變, さながら怪しき, でハッ, で正体, に彼, に聞き惚れ, の中, の塔, の方, の示す如く, は犬, を, を伝, を聞い, を聞きつけ, 其の物象

▼ 其の一つ~ (26, 0.1%)

3 である 2 の輯略

1 [21件] がぱつ, が行く, でしょう, です, ですが, として何ん, に數, に過ぎない, に銅, の常, の要件, の餅, は何, は外國, は往年, は文鏡祕府論, は秀子, は貧窮, を娘, を御願, を読ん

▼ 其の意味~ (26, 0.1%)

1 [26件] がか其の, がわかった, が分らぬ, が分るまい, が判りました, が更に, が無く, で言, とは象徴, に於, の責任, は, ははつきり, は分らなかつた, は分りました, は單, は順世外道, をお, を取りち, を捉む事, を考えね, を解し, を解しかねた, 其の情趣, 深い眼色, 深く僕等

▼ 其の翌日~ (26, 0.1%)

3 の夕方 2 になっ

1 [21件] から, から丸田, から再び, から又, から教頭, から諏訪部三十郎様, が熊ヶ谷泊り, でありました, のこと, の事, の午後, はお上, は丁度所, は丸田, は又, は年尾一家, は細田氏, は豊岡, もまた, も帰っ, も翌々日

▼ 其の~ (25, 0.1%)

2 に任す

1 [23件] に以為, に反し, に従い, に従って家, のみ高く, の何たる, の聊か, は判った, は則, をや, を了解, を体, を得ない, を得ん, を憐, を果たす, を立て, 実に此, 専ら猟官収賄, 深し矣, 蓋し惡, 蓋し進歩党不振, 蓋し進歩黨不振

▼ 其のもの~ (23, 0.1%)

2 のよう

1 [21件] から御身, が全く, が平々凡々, である, であるの, にもいろ, に力, に対する注意, に就, に必随, の中, の善悪, の大, の如き, の頗る, はそれ自ら, よりも苦い, を全然, を描き出した, を描く, を直接

▼ 其の~ (23, 0.1%)

4 なり 2 は閣臣任免, を選

1 [15件] たるなからむや, であります印度, である, であるが, です成るほど, とま, と棟, にし, の和蘭館, は人, は住持博奕, は弘法大師, は彼, は有時性, を擧

▼ 其の次に~ (23, 0.1%)

3 出來

1 [20件] なりますと, 三番目に, 二両それから, 今日では, 來る, 其の本, 崩薨無禄卒徂落殪死也を以て, 惡疾と, 最も近い, 来た時, 理科は, 生れましたの, 申しました劉善經, 申します, 申しますの, 發明せられ, 私が, 自分等は, 起る疑問, 階段が

▼ 其の~ (22, 0.1%)

1 [22件] から此, だけは定, であつ, にジャックナイフ, に四五日, の中, の係, の入口, の卓子, の巌, はがらん, は丁度余, は廊下, は昔此, へは這入っ, へ入, へ入れ, へ尋ね, へ行こう, へ見舞い, を出, を尋ねたら

▼ 其の~ (22, 0.1%)

1 [22件] が重く, ですぐ, でぶらぶら, で一身田, で京橋鍛冶町, で勇斎, で同じ, で市役所, で楚国, で無電室, で直ぐ, で直ぐに, で直に, で糸嚢, で西行寺, で飯田在, に絡み付いた, の底, の方, を挙げさせる, を縛つて台, 繁き人波

▼ 其の~ (22, 0.1%)

1 [22件] が常に, とは申し, にはちらほら, に就く, に掛け, に突き進む, に達した, に違うてえ, のもの, の人びと, の人達, の技師, の権威, の權威, の著書, は, や其の, を受けた, を小さく, を弱いたどたどしい, を歩いた, を載せん

▼ 其の~ (21, 0.1%)

4 の事, を子孫 2 だから

1 [11件] では主人, で沢山, なくつ, な事, な心得, になつ, に在らざれ, の目安, の親切, を太子, 見抜いて

▼ 其の一人~ (20, 0.1%)

3 である

1 [17件] が神様, が高足, だつたの, だ所, であつ, ですが, でせう, でも懷, で今, で実は, なり而, に番, の生命, はオックスホード, は之, は石, は突然

▼ 其の内閣~ (20, 0.1%)

4 を組織 2 が直に, にし, の完全, の閣下 1 と議会, と議會, は旧, は舊, は英独協商, は英獨協商, を十余年間, を十餘年間

▼ 其の土地~ (20, 0.1%)

1 [20件] では伊勢, では売れなく, に住, に大, に居, に縁付くなら, に高粱, の傳説, の名家先賢, の支配者, の方々, の歴史, の氣, の者, の者以外, の長者, の關係, を深く, を逃げだした, を離れ

▼ 其の~ (20, 0.1%)

2 にお, に胸

1 [16件] に, にいつ, になよやか, に中道, に他, に伊香保, に僕, に御, に心, に時々, に杉, に父, に眼, を増した, を失はざれ, 怒られましたよ

▼ 其の最も~ (20, 0.1%)

2 長ずる所

1 [18件] 不安心と, 低い棚, 信ずべき有力, 勝れた國, 尊敬する, 常習的な, 悲惨なる, 満足と, 滿足と, 甚だしきもの, 至難なる, 興味ある, 著しいもの, 近いもの, 近い血筋, 近きところ, 重なる文學, 重大な

▼ 其の~ (20, 0.1%)

2 が豫, を聞く

1 [16件] がまた, が刺, が波, に今, に壓, に撼られつ, に聽, に袁, に驚い, は我が, は確, は聞く, は聞覺, は被害者, は遠く, を出し

▼ 其の手紙~ (19, 0.1%)

1 [19件] が落ち, せえ, には羽織, に手, の中, は今, は候文, をうつ, をそっと, をもう, をよこした, を取り, を懷中, を持っ, を私, を見せまし, を見る, を読んどく, を讀んどく

▼ 其の~ (19, 0.1%)

2 一号が

1 [17件] 一が, 一なり, 一は, 一冊目で, 一句で, 一句を, 一号の, 一日は, 一条件として, 三は, 二句の, 二号な, 二盃を, 二項の, 六號の, 四女が, 幾萬幾千幾百幾十幾年より

▼ 其の~ (19, 0.1%)

1 [19件] から云, が薄, にも活計, の勢力, の波, の黒い, は一つ, は緑, は黄, や匂, を変ぜざる, を失ふ, を発揮, を聞し召し, を見せる, 染めたらん, 濃き緑, 白き人, 黒ずみて

▼ 其の~ (19, 0.1%)

1 [19件] から続い, が穴, で粂之助, について行く, は新宮, は穴, は竹藪, は職人, へ, へ原丹治親子, へ私, を断った, を留め, を絶つ, を絶つた, を見, を追, を追って, 追ひ

▼ 其の原因~ (18, 0.1%)

2 は頗る, を以て決して

1 [14件] が人類自身, が何, が増加, と稱, に就い, に遡っ, はいつも, はずつと以前, は鉱毒問題, をもう少し, を知つて, を突きとめた, を蒔いた, を追求

▼ 其の~ (18, 0.1%)

2 の色

1 [16件] が引殘つて, にも又, に投げ, に濡れ溺れない, の佳, の爲, は何, は直ぐ, は蒸発, は谿河, をはらりと, を取っ, を吸, を掛けた, を桶, を飮む時

▼ 其の~ (18, 0.1%)

3 の悪い 2 を外らす

1 [13件] からは悲慘, からもぶ, がピカ, が光つて, して, に觸, の表情, はよく, へ目, を光らせ, を外らした, を志し, を放たない

▼ 其の~ (18, 0.1%)

2 をなすりつけられる

1 [16件] が夏子, に服し, の有無, の為, は免, は消え, は私, を千代, を夏子, を嫁, を罰せられない, を認め, を負わする企み, を赦し, を隠そう, 実に在野

▼ 其の~ (18, 0.1%)

3 ふ所 2 の如く, を孔孟

1 [11件] には政宗今日夕刻, に従はず, に從, に違, は如何, は猶, ふ処, を発し, を發, を盡, を除く

▼ 其の~ (18, 0.1%)

1 [18件] たるもの, だけ仮面, には楯, に往, に蒙り, のない, の一つ, の長き, は倫敦, は大事, や手, をうなだれた, を何所, を我手, を擡げる, を斬り落す, を梟木, を締め

▼ 其のあと~ (17, 0.1%)

2 で私

1 [15件] がいまだにごたごた, が何, について品川駅, に付い, に續, の方, はドタバタドタバタ, へ又, へ持っ, より舞踏手, をつけ, を尾けた, を若旦那, を追った, を追って

▼ 其のため~ (17, 0.1%)

2 であらう

1 [15件] である, にあつかおう, にかえって, に不利益, に前, に可, に尊王心, に急い, に悲観, に最初, に東京, に病気, に精血, の一切, の非常

▼ 其の以前~ (17, 0.1%)

2 に出

1 [15件] から, からお, からの伝説, からも彼, から勘次, から長安, と其の, にも箕子, に一度, に同郷的愛着, に於, の南北朝時分, の古書, は其の, 即ち漢

▼ 其の~ (17, 0.1%)

1 [17件] から飛行機鳥, さながら人, と云, と実質, には個々, に煽る, の厳, の稍似たる, はかしら, はなん, は大きく, は宛然違, は見えず, も殆ど, やどりぎ, を保つ, を顯

▼ 其の思想~ (17, 0.1%)

2 は頗る

1 [15件] があつ, がいけなかった, と共に變, と感情, によつて明, に対する避難所, に触れ, の已む, の由つて來, の由來, の皆無, は大抵, を以て書かれた, を働かせる, 若くは

▼ 其の~ (17, 0.1%)

2 の舌

1 [15件] お内儀さん, が未だに, こんな時, どんな別嬪, の其處, の甘えた, の舌皷, は残つて, やはり内心いくら, 出なくっても, 如才無い眼付き, 恐ろしそう, 汗ばんだくら, 素早い姿, 随分贅沢

▼ 其の~ (16, 0.1%)

1 [16件] に一つ, に七歳, に三味線堀, に丸髷, に侍, に侍す, に坐, に夫人, に居る, に目, に立てた, に長い黒い, へお, を通り, を通り掛っ, を離れざりし

▼ 其の~ (16, 0.1%)

1 [16件] と云う, に依っ, に愛で, は多く, は少く, は行末, も亦, も亦少々, を成し, を成す, を收め, を爲, を終, を遂ぐる, を遂げざる, を遂げし

▼ 其の~ (16, 0.1%)

1 [16件] が城ヶ沼, が映す, が段々, が潜つて, だに無く, にや, に映つ, の巨, はカツキリ, は見えなかった, をうけ, をきざん, を失つて, を落し, を見せぬ, を追

▼ 其の時私~ (16, 0.1%)

2 の画いた

1 [14件] には趙, の言つた事, はそう, はそれ, はまじめ, は十七, は十二, は単に, は少し, は弓, は時子, は猛獣遣い, は秀子, は自分

▼ 其の~ (16, 0.1%)

4 に在る 2 に於ける 1 おつぎ, に限っ, はまだ, は互, は他, は朝, は特に, は褞袍, も三つ四つ石, も其の

▼ 其の~ (16, 0.1%)

1 [16件] が厳島神社, が燃え, が襤褸, が飛ん, に宿つたしるし, に燒, の力, の盛, は手, は朝露, は灸, は燃え, を保つた, を叩い, を消し止める, を消す

▼ 其の~ (16, 0.1%)

1 [16件] から兩側, から流れ, で一杯, にあつ, にはもう, には虎耳草, に家, に落ち, に遊ん, のこと, の公園, の地面, の蛙, の路, は御, を隈

▼ 其の仕事~ (15, 0.1%)

1 [15件] が出来る, が止められなくなり, が面白く, にとりか, に催促, に逐, の報酬, の摸樣, の為め, や子供達, をおし, をサボ, を早く, を続ける, を馬鹿

▼ 其の~ (15, 0.1%)

1 [15件] から云, が染み込んだ, が目, が達する, に照, は明らか, は暗く, は段々, は鋭く, は隙間, を受け, を奪, を撫で, を発する, を觀

▼ 其の~ (15, 0.1%)

2 を持っ

1 [13件] の事, の所在, の為, は今, は金属, へ往, を, をもぎ取ろう, を取った, を取上げ, を取返し, を己, を盗んだ

▼ 其の~ (15, 0.1%)

5 ひを 1 すさまじく支那人大, だけに誰一人深切, で暗雲, にギヤフン, に身, の刷毛ついで, の張る, ひづいた唐鍬, を張る, 必ず加はる道理

▼ 其の~ (15, 0.1%)

2 の在る, を取り出した

1 [11件] が何, が塔, が隠れ, と云う, の意味, は何処, は余, へ目, を取り, を取り出す, を隠さん

▼ 其の~ (15, 0.1%)

1 [15件] との相伴, の小, の少しく, を見たる, を語る, 一生懸命俵の, 兇悪な, 夏子だ, 床の, 彼は, 捜索は, 苦心惨憺の, 輪田夏子だ, 頗る老獪, 高輪田長三だ

▼ 其の性質~ (15, 0.1%)

2 を異に

1 [13件] が出来, ではあたり, にも他人, に具, に和平, の如何, の美, を無くし, を用, を見, を論評, を變化, 全くやどり

▼ 其の~ (15, 0.1%)

1 [15件] がなくなった, が脱, に一々, に堅く, に附いた, の鍵穴, は先, をお開き, をしめて, を引きあけ, を押さう, を明け, を締めて, を開い, を開け

▼ 其の~ (15, 0.1%)

1 [15件] から尚, に御覧, に貴方, のお, の太夫, の座興, の機根相応, の覚悟, はまた, は二枚袷, は御用多端, は悪い, は意外, は未だ, を回想

▼ 其の方法~ (15, 0.1%)

2 を應用

1 [13件] に依, の一, の弊害, はといへ, は二つ, は五倫五常, は單, は東亞諸國, も精神, をもう少し, を一變, を定めね, を考へ

▼ 其の~ (15, 0.1%)

2 を告げ

1 [13件] の指令, をいっ, を云う, を子孫, を届ける, を復命, を打ち明け, を森, を王, を申し込む, を答えよう, を説き, を電報

▼ 其の生活~ (15, 0.1%)

3 の如何 2 に於 1 に一番人格者, に徹する, に於い, に關, の上, の力, の根柢, を同じ, を四段, を知り

▼ 其の白い~ (15, 0.1%)

2 人影の

1 [13件] のは, 一片を, 光が, 光りは, 卯木の, 字の, 手も, 灰が, 犢の, 花が, 藥と, 軸木を, 顔だけは

▼ 其の積り~ (15, 0.1%)

1 [15件] でいる, でいろ, でなくつて, では有る, で久しく, で奉公人根性出さん, で幽霊塔, で得心, で御, で田舎者, で確か, で約定, で行きなさい, で食物, に致しました

▼ 其の~ (15, 0.1%)

3 に小突かれる, は蛭 2 へが段々 1 と實際, へが自分, へが高じ, への閃光, へを引ツ, へを手, を繰返し

▼ 其の~ (15, 0.1%)

2 を見る

1 [13件] だちが, には小皺, に懸る, に見入る, の何處, の色, はいつも, は定か, は見えざりき, も上げさせず, も覺, を視た, を隔てた

▼ 其の一例~ (14, 0.1%)

2 たり, である, で君 1 であった, であるいづれも, であるが, では, として日本大学, なり, は支那, を謂

▼ 其の内容~ (14, 0.1%)

2 は更に, を改造 1 が此, は, は内外, は比べもの, は私慾, も分る, を変更, を變更, 頗る雑駁, 頗る雜駁

▼ 其の周囲~ (14, 0.1%)

2 を廻転

1 [12件] には一木家, には妖怪, には子供, には書籍, にもつ, に集り, の光景, の整理, は却つて寂然, を叢擁, を囲ん, を説き付けれ

▼ 其の~ (14, 0.1%)

2 を鎭め

1 [12件] が亡びた, に留學六ヶ月間, の人, の各, の國語, の小さく, の教育, の貨幣價値, も發展, も衰滅, を成さない, 其の民族

▼ 其の~ (14, 0.1%)

1 [14件] が新, でチッキ, に予め, に遣, に長らく, に骨, の名主, の名産, の婦人, の小, の無い, の特色, を踏む, を離れた

▼ 其の~ (14, 0.1%)

2 のエビル

1 [12件] が機, が河内, が自分, と不義, と成つた, と親しく, の墓, の殺害者, や女, をおい, を奪った, を娶る

▼ 其の~ (14, 0.1%)

2 の行, 決して政界 1 ある壮者, が如何にも, が面白い, に適應, の成らず, の高く, は交通不便, や可, を成し, 実に此

▼ 其の~ (14, 0.1%)

2 蝶々は

1 [12件] と旧, にせね, らしいじんきの, らしいもの, らしい樂書, らしい美服, らしい運動, 勃興階級たる, 左衞門と, 発展を, 舊二つを, 規約も

▼ 其の様子~ (14, 0.1%)

1 [14件] があり, がさっぱり, なき故, に気付い, は余, は変りません, は奥様, は我々, を察し, を窺っ, を聞いた, を聞け, を見せた, を見届ける

▼ 其の理想~ (14, 0.1%)

4 を実行, を實行 2 の同じ, は斯く, を新

▼ 其の~ (14, 0.1%)

1 [14件] が色, しを, に存, の下あたり, の形容, の影, の盛り, はいかなる, は蒼白く, は蕎麦, も小さき, や芽, を亂, を開き

▼ 其の~ (14, 0.1%)

3 を食べる

1 [11件] が一面, に掛け, に映っ, の上, の色彩, の隙, は悉く, を, をからり, を剪, を踏折つた

▼ 其の婦人~ (13, 0.1%)

1 [13件] から恩, が丸部家, が犬猫, が米国, にし, の家筋, の為め, は, は源家, も娘, を主人, を得られた, を連れ

▼ 其の~ (13, 0.1%)

1 [13件] が最初, と我が, に就い, の上, の事, の体たる, の出版前, の由つて來, の説く, の部類, を評し, 必ず観る, 遺した一通

▼ 其の最後~ (13, 0.1%)

2 の勝利, の幕 1 である, にお, のもの, の一つ, の年, の括, の梁山晉望也, の蕎麥, は矢張我々

▼ 其の~ (13, 0.1%)

1 [13件] の二十五日, の二十八日, の光, の十三日, の夜, の寿座, の末, の歌, の社會部會, も変る, も過ぎ, を見る, を見仰ぐ

▼ 其の~ (13, 0.1%)

1 [13件] では今, でも彦七, に下, に常に, に澤田庄造, に相撲, に蓮光寺, の中程, の村長, の検査日, の油屋九平, は前, を呼ん

▼ 其の~ (13, 0.1%)

2 を通して渠

1 [11件] から墜ちる, から立ち去る, から首, が祟る, の下, の前, の口, へ吹出し, へ紅, も容赦, を通つて

▼ 其の美しい~ (13, 0.1%)

2 事と

1 [11件] こと何とも, 事は, 光を, 夢は, 妻百十踏揚姫などを以て, 方が, 聲色を, 肌が, 蟲は, 銀鈿の, 顔を

▼ 其の背後~ (13, 0.1%)

2 に隱

1 [11件] からお, から參, から組付いた, には俗, に潜ん, に跟, に蹲んだ, の屏風, の樹立, は暗室, へ通じ

▼ 其の証拠~ (13, 0.1%)

1 [13件] が有りましょう, にはコレ之, には俺, には此, は何所, を庄司, を得た, を御覧, を捜します, を示し, を私, を見せませう, を見せる

▼ 其の~ (13, 0.1%)

2 を行

1 [11件] がある, となつ, に由り, に通した, の本源, の用, の由來, の起源, は直に, を漢訳, を直接

▼ 其の人格~ (12, 0.1%)

4 に於 2 に大, の色彩輪廓, を異に 1 の全, の感情

▼ 其の人達~ (12, 0.1%)

1 [12件] が若い, の恩, の歓語, はこの間, は平和, は此, は私達, は言っ, も宿, も驚いた, を僕, を皆

▼ 其の人間~ (12, 0.1%)

1 [12件] がついうっかり, が暴虐無道, が良い, によつて, に宿っ, の製造法, の重太郎, は徳利, は甚だしく, は誰, も随分, を譽め

▼ 其の周圍~ (12, 0.1%)

1 [12件] が捲れ始め, であります大師, には此, に居列んだ, に逆行氣流, に雜然, の少し, は悉く, も黒, を偃, を叢擁, を逃げ歩いた

▼ 其の存在~ (12, 0.1%)

3 を認識 2 は依然として, をし, を保つ 1 を否定, を爲す, を見

▼ 其の~ (12, 0.1%)

1 [12件] じんまりと, ひさい背中, を説い, 供が, 供は, 兒は, 左衞門さまという, 手廻しの, 提灯の, 机には, 處より, 錢を

▼ 其の影響~ (12, 0.1%)

2 の及ぶ, をうけ 1 が最も, だの, の或は, の淺, の紛糾錯落, を及ぼす, を受けなかつた, を被る

▼ 其の態度~ (12, 0.1%)

1 [12件] が奈何, が如何にも, とは以前, と狐疑, に就い, に老, の力, の美, はずるい, は異常, を一変, を心憎く

▼ 其の死骸~ (12, 0.1%)

1 [12件] がお, さえ現われぬ, の傍, の前, の顔, は今日, は幽霊塔, を埋る, を懸ける, を池ン中, を鉄砲, を隠し

▼ 其の~ (12, 0.1%)

2 の有罪, を慕 1 が私, とは群集, とを新橋, のリエー, の姿, の手紙, の泣, をし

▼ 其の~ (12, 0.1%)

3 では 1 だったの, に就, に就い, に於い, の如何, はなか, は唯, は貴方, へお気

▼ 其の~ (12, 0.1%)

2 さむと 1 か左右, である, には実は, に一命, に忍びざる, に忘れる, に星, に袖口, に貴, 再び幽霊

▼ 其の為め~ (12, 0.1%)

1 [12件] であ, であった, にキールケゴール, に亜剌比亜女, に出かけ, に叱られる, に変り, に女房, に姉さん, に死んだ, に足, の男親

▼ 其の秘密~ (12, 0.1%)

1 [12件] が果たして, に一方ならず, は世間, は何, は何時, を人, を探り出す, を明かさなかつた, を洩らさなかった, を発見, を見られた, を訴える

▼ 其の美人~ (12, 0.1%)

1 [12件] がとりなし, が何方, が動き出した, に尾行, の左, の身, は何処, は擬, は誰, を尋ね, を踊らし, を逆

▼ 其の言動~ (12, 0.1%)

2 が歴史上, の毫も, の録, は固, は往々 1 の不, の不謹慎

▼ 其の~ (12, 0.1%)

1 [12件] がこの, ざしは, にあり, にだけとどめ, には何さま数十行, に今や, の使, は孤城落日, は烏, は見, も見え, を睨まへ

▼ 其の~ (12, 0.1%)

1 [12件] に浸潤, に添, の中, の方, の辺, へ棕櫚, より半身, をしかと, を包ん, を慕つて, を持つ, を掌

▼ 其の~ (12, 0.1%)

2 に就, に於 1 からし, から云, で日本, に向, は古代織物, は餘程, を先づ, を明らか

▼ 其のこと~ (11, 0.1%)

1 [11件] が何時しか, が最善, が頭, である, に堪へ忍ん, の中, は後, は直ぐ, を己, を忘れ, を直ぐ

▼ 其の以後~ (11, 0.1%)

2 の目録 1 に出た, に連続, に附け, のもの, は初め, は墮落, も數百年間, 更に二萬何千卷, 次第に出

▼ 其の位置~ (11, 0.1%)

2 を希望 1 が決まる, たる尋常一様, によって明かである, を利用, を変, を換, を留め, を移す, 大きなもの

▼ 其の~ (11, 0.1%)

2 になり 1 が行き渡っ, で城趾, というもの, なら家, になった, になつ, になれなかった, を知っ, を負

▼ 其の~ (11, 0.1%)

1 [11件] だ, だ汝, で, である二十四時間, でいけずな, でぽか, で今, で出, よ一寸, よ俺, よ猫

▼ 其の~ (11, 0.1%)

1 [11件] が宛然枕許, といふの, のこと, の余毒, より病人, を, を呑まな, を手, を眺め, を見, を買っ

▼ 其の~ (11, 0.1%)

1 [11件] とを同じ, の為, は緩, を云っ, を伺いましょう, を叔父, を白状, を知っ, を知らねえ, を聞いた, を聞かせ

▼ 其の~ (10, 0.1%)

2 大宿題 1 なり, はもと, は即ち, は政党, は政黨, は殆ど連続, は無, 又粗大

▼ 其の~ (10, 0.1%)

1 から出る, が何, には此, に何, へ, へ栓, を噤ん, を固く, を止めなかつた, 広し此外

▼ 其の~ (10, 0.1%)

2 の文明 1 の人々, の余裕, の各, の娘, の気風性癖, の目的, の立て, を平

▼ 其の如何なる~ (10, 0.1%)

2 内閣たるを, 動機に, 名義に 1 ことを, ものかは, ものである, 者なる

▼ 其の小さな~ (10, 0.1%)

2 活きもの 1 乳房は, 泥だらけの, 玉が, 瓜が, 穴から, 船が, 芝栗が, 遭難者を

▼ 其の~ (10, 0.1%)

1 から高輪田長三, で開こう, に在る, へノメッ, へ死ん, へ漕ぎ附け, へ行った, へ行合わし, へ馳せ, へ馳せ寄った

▼ 其の最初~ (10, 0.1%)

2 の目的 1 に, のもの, の一匹, の主張, の光, の姿, の時代, の束縛

▼ 其の~ (10, 0.1%)

2 の上 1 に取り付き, に縋りつい, のあたり, の反る, は病みおとろ, へ噛, を萌黄, を貫いた

▼ 其の~ (10, 0.1%)

1 のこと, の上, の周囲, の方向さ, の舳, は動き出し, は無花果, は路傍, 待て, 覆りあへ

▼ 其の~ (10, 0.1%)

1 が彼, が百姓, が脈管, が貴方, となり, には氣, は白い, を吸, を啜る, を拭い

▼ 其の~ (10, 0.1%)

1 で無闇, で行かね, なから, のなからん, の核心, をなせ, を以て妻, を學ぶ, を生じた, を行ふた

▼ 其の~ (10, 0.1%)

3 を異に 1 に届ける, は見られない, をも食べる, を一寸, を命令, を唖, を得ず

▼ 其の主張~ (9, 0.1%)

2 を棄て 1 が文藝上, の早晩実行, の早晩實行, を問う, を裏書き, を貫かれ, を貫かん

▼ 其の人たち~ (9, 0.1%)

2 も追 1 が踊り始めた, のまだ, の中, の優し, は無論, は皆, を高楼

▼ 其の位地~ (9, 0.1%)

2 を利用, を支 1 に拠り, に據, を固く, を変じ, を狙つて

▼ 其の~ (9, 0.1%)

2 に乏しから 1 である, でその, でイ列, に就い, の少く, は當ら, を擧げれ

▼ 其の地方~ (9, 0.1%)

1 が支那, に於ける, に残つて, の人, の人々, の人達, の名所旧蹟, の無数, の誇り

▼ 其の境遇~ (9, 0.1%)

2 の順逆如何, を同 1 から日一日, で異なる, に在る如く, の惡變, を享楽

▼ 其の子供~ (9, 0.1%)

1 が十歳, っぽい気取, とを貰, には名, の向き, の姿, の死, は嬉し, を養っ

▼ 其の~ (9, 0.1%)

1 が某日, が軈て, に, に対して宿屋, の誰, は, へ対し, をお, を會

▼ 其の~ (9, 0.1%)

1 に一泊, に同居, に居りました, の和尚, は見えなかった, へ通, をたずね, を抜け, を訪れ

▼ 其の~ (9, 0.1%)

1 に開帳, の中, の巓, の形, の藪, もりに, も其の, を越し, 之助

▼ 其の~ (9, 0.1%)

2 の底 1 に映る, に東山温泉, に死し, に沈ん, に灰, まで読み合っ, 知れぬ深

▼ 其の心事~ (9, 0.1%)

2 や渾然, を余, を推す, を秘密 1 に目的

▼ 其の~ (9, 0.1%)

1 が立つ, と蔓, の上, の代り, の生え, の陰, の齢, は古く, へ登れる

▼ 其の~ (9, 0.1%)

1 に刀, に逃げられた, みに, をのみ待っ, を待て, を得, を見, 熟し時, 熟し時來

▼ 其の正体~ (9, 0.1%)

3 を見とどけ 1 も認めず, を理解, を確かめ, を見とどけなけれ, を見とどけよう, を見分け

▼ 其の生涯~ (9, 0.1%)

2 は頗る, を異に 1 の伴侶, の孤獨, の晩年, も詩人風, を文学

▼ 其の研究~ (9, 0.1%)

3 の為め 1 には相当, の態度, の方法さ, の第一歩, は餘程微細, を進められたい

▼ 其の~ (9, 0.1%)

1 から潜り込め, から直接, から落ちこぼれる, の中, へ潜り, へ目, へ近づい, を掘った, を探し

▼ 其の~ (9, 0.1%)

1 で巻かせ, で布, に巻き殺させる, に露, の端, は長く長く, へ此, を埋める, を足

▼ 其の約束~ (9, 0.1%)

1 がいや, に因り, に従い何時, の解ける, をさえ得れ, を取り消しました, を守った, を守る, を承諾

▼ 其の~ (9, 0.1%)

21 に有りつく, のきれ, の上, を啖, を喫, を欲する, を異に

▼ 其の~ (9, 0.1%)

2 はれざるに 1 と申しまする, によつて一種不思議, によつて神, ひ放逸, ひ是, ひ能, を共に

▼ 其の途中~ (9, 0.1%)

1 でバアトン, で放蕩, で歩き, で籠, にかし山, に南瓜畑, に無, の敵城, の日本人

▼ 其の部屋~ (9, 0.1%)

1 から今度, から降り, には既に, の何処, の何處, の床下, は茶, を中心, を使

▼ 其の顔形~ (9, 0.1%)

1 は既に, をなくし, を以て秀子, を何, を力, を要し, を見た, を見較べ, を見較べれ

▼ 其の~ (9, 0.1%)

1 が幾らか, っ引き, にし, に習い, のアテ方, は渓, は黒く, を聞い, を釆

▼ 其のあたり~ (8, 0.0%)

1 から山, で大きく, に, のバー, の堀割, の揚荷, を徘徊, を紅く

▼ 其の一方~ (8, 0.0%)

1 から死骸, が缺, だけが塞がれ, では水, には粗い, の家, の感ずる, は崩れ

▼ 其の一部~ (8, 0.0%)

1 が未だ, である, というの, に足, の説, は好逑伝, を受取, を擔當

▼ 其の~ (8, 0.0%)

1 なるもの, なる原因, なる理由, なる者, に対しては失礼, の行こと, もなる, を待っ

▼ 其の主義綱領~ (8, 0.0%)

2 が時勢, は即ち, をし 1 は進歩党, は進歩黨

▼ 其の二つ~ (8, 0.0%)

1 あいじゃ, の祝典, の管, の綱, の記事, の譬喩, の電気, は余

▼ 其の二人~ (8, 0.0%)

2 の女 1 が悲しみ, が苦笑, の弟, の者, はどう, を楽

▼ 其の他一切~ (8, 0.0%)

1 のもの, のコスト, の変種, の文化, の文化圏, の文化現象, の話合, の諸

▼ 其の~ (8, 0.0%)

1 がスーッ, だが, と喰い合おう, と喰い合っ, に貰った, の容恰好, の後, を取押え

▼ 其の價値~ (8, 0.0%)

1 に於, の絶對, は半減, は減ずる, や既に, を穿鑿, を言う, を認めず

▼ 其の~ (8, 0.0%)

1 て来た, 來た, 來なかつた, 來事は, 來榮は, 定後語に, 發點の, 處進退亦

▼ 其の同じ~ (8, 0.0%)

2 心を 1 きものは, 力と, 性質が, 江海でも, 牢屋の, 足で

▼ 其の大要~ (8, 0.0%)

2 を此 1 は帶方郡, を得, を挙げ, を擧げ, を最も, を述べ

▼ 其の~ (8, 0.0%)

1 に主婦, に入らざる, に大きく, に廐, の善哉屋, の奧, の方, の樹

▼ 其の學問~ (8, 0.0%)

1 が大阪, は其の, も既に, を代々傳, を傳, を支那, を教授, を認め

▼ 其の実は~ (8, 0.0%)

1 お筆, これ俗中の, ちよつと, 同じ眉, 同じ者, 谷風なく, 養母殺しの, 驚くべき華奢贅沢

▼ 其の~ (8, 0.0%)

2 の生ずる 1 が黒く, は事, は他, は招い, を結ばう, 頗る老獪

▼ 其の~ (8, 0.0%)

1 から送, で獣, といふの, に人間, の番頭, の赤い, へ入っ, も繁昌

▼ 其の~ (8, 0.0%)

1 で槍, に握らせた, に秘めた, に采, の上, を忘, を拡げた, を膝

▼ 其の~ (8, 0.0%)

1 には粥河圖書, の巧妙, の直, を引い, を落し, を見る, を車, を開い

▼ 其の施設~ (8, 0.0%)

2 したる所, の多く且大, の漸く 1 毫も観る, 毫も觀

▼ 其の~ (8, 0.0%)

2 を伸張 1 に及び, は鬚状, を乾燥, を切つて, を張り枝, を治む

▼ 其の~ (8, 0.0%)

1 にするする, に光, に熟した, に蒼い, のあたり, の紅, やがては, よりも遙

▼ 其の~ (8, 0.0%)

2 内閣を 1 く困難, つて居らぬ, に達し, は睡眠, は詰り, 禮儀や

▼ 其の~ (8, 0.0%)

1 と共に滅する, と同時に, に臨む, に至る, の共犯的責任者, は極めて, を致す, を豫想

▼ 其の~ (8, 0.0%)

1 に合, に從, の尚, の結果, を傳, を玩味, を盗んだ, を研究

▼ 其の~ (8, 0.0%)

1 が亡くなります, が何者, が毎日鶯, の位, の武勇, の話, は感, や兄弟

▼ 其の疑い~ (8, 0.0%)

2 を秀子 1 が秀子, の掛かる, はいよいよ, は直ぐ, を蹴散し, を輪田夏子

▼ 其の~ (8, 0.0%)

1 にあらず, の原因, の性質, は既に, を得よう, を忘れ, を自, を自分手

▼ 其の相手~ (8, 0.0%)

1 になっ, にならなけれ, の如く, の村上松五郎, の欠陥, の現われる, はたちまち, は城内

▼ 其の~ (8, 0.0%)

2 を教育界 1 と美, の勢力, はしい, をつく, を味, を濟

▼ 其の翌年~ (8, 0.0%)

2 には待ち設けたる 1 から再び, になりまし, に貢さん, の九月, の二月藤屋, 直に馬首

▼ 其の~ (8, 0.0%)

1 からし, に出来た, のところ, の子, の痛み, へ出来た, より活, 慰せであるかの

▼ 其の自分~ (8, 0.0%)

1 で勝手, の商, の子供達, の室, の弁証法, の意見, の身持, は余りによく

▼ 其の若い~ (8, 0.0%)

1 女の, 妻とは, 時の, 溌溂と, 男が, 男を, 細君の, 者が

▼ 其の製作~ (8, 0.0%)

1 に取り, に取り掛らね, に就い, は款紋色沢, は相, を匿名, を妨げ, を評され

▼ 其の途端~ (8, 0.0%)

1 である, に上方者, に婦, に引鉄, に欄間, に袂, またメリ, 四角い穴

▼ 其の長い~ (8, 0.0%)

1 手袋を, 糸を, 触角で, 触角の, 間三年でも, 間國家的に, 間引續き, 髮が

▼ 其の~ (8, 0.0%)

1 が今, にはガルスワーシー, には山伏, にやきつけられ, の前, へと上つて, を交叉, を微か

▼ 其のよう~ (7, 0.0%)

1 な, なこと, な事, な激情, な状態, な蜻蛉, な話

▼ 其の主義~ (7, 0.0%)

1 から謂, がドウ, に在る, の善悪, の根本, を実行, を實行

▼ 其の事情~ (7, 0.0%)

1 が判明, により, はよく, は自分, を払い退けます, を訴え, を調べた

▼ 其の人々~ (7, 0.0%)

1 が必ら, が自己, が驅, の中, の室, の思, の持っ

▼ 其の仔細~ (7, 0.0%)

1 は叔父朝夫, は私, も分らぬ, を知らぬ, を知る, を訊きます, を詰れ

▼ 其の~ (7, 0.0%)

1 うも, だ, であるか, の一方, の故に, の章, も私共

▼ 其の~ (7, 0.0%)

1 の二百八十二回, はなりません, は単に最も, は極めて, は総べ, も多く, をば弟子檀那等

▼ 其の勢力~ (7, 0.0%)

2 は固 1 の存, の莫大, の許, を人, を拡大

▼ 其の~ (7, 0.0%)

1 に曰く, の持つ, は全く, を反覆, を口, を唄, を獨

▼ 其の~ (7, 0.0%)

1 が空, の前, の辺, はひどく愉し, は西浦賀, へ詣で居た, まで其の

▼ 其の~ (7, 0.0%)

3 の方 1 に媚びん, の善哉屋, は板の間, を探

▼ 其の~ (7, 0.0%)

1 に住ん, の土手, の水, の水源, の石, を何時の間に, を隔てた

▼ 其の~ (7, 0.0%)

1 で工學士, で村, にいた, に居た, に臨む, に配つた, の上

▼ 其の心持~ (7, 0.0%)

1 からで, が当時, が永く, でいる, は宛, を失わない, を考えます

▼ 其の心配~ (7, 0.0%)

1 かな, の中, の種, もなく, も今, を坐視, を掛けさせ

▼ 其の意見~ (7, 0.0%)

2 を容れずし, を行 1 であります, の多く, は自己

▼ 其の手段~ (7, 0.0%)

2 にも乏しき 1 だけを見せ, として自分, に露骨, の為, を見せ

▼ 其の~ (7, 0.0%)

1 に因り, に因れ, に社会, は外, は後者, は馬, を問う

▼ 其の~ (7, 0.0%)

1 が七本, なり, の多い, はおんなじ, は勘定, は無限, を指

▼ 其の~ (7, 0.0%)

1 なり, の夥し, を尠, を當, を知らざりし, を知らず, を記すべき

▼ 其の文字~ (7, 0.0%)

1 に綉段, の解釈, の鮮明, を究むる必要, を見, を読む, を讀み得ざる

▼ 其の方面~ (7, 0.0%)

1 に向, に於ける, の人間, の侠客, の女, の教育, の経験

▼ 其の本領~ (7, 0.0%)

2 の亦, は目前 1 で此人, まで戦場, を発揮

▼ 其の~ (7, 0.0%)

1 にしつかり, の一部分, の紅梅, は幾年, をのばす, を口, を通して段々

▼ 其の~ (7, 0.0%)

2 の欄干 1 の上, の向う, は大綱, を渡りか, を渡りかける

▼ 其の次ぎ~ (7, 0.0%)

2 の日 1 がプチー, にまた, に産, の床, の空いた

▼ 其の~ (7, 0.0%)

1 であった, なかなか有名, は故郷, を見ない, 南の, 流行った縮緬細工, 興を

▼ 其の流れ~ (7, 0.0%)

1 て文辞, の一部, の末, はどう, は怪しい, を汲んだ, を西岸

▼ 其の爲め~ (7, 0.0%)

1 であ, に何等, に出, に前漢, に村, に道, に金

▼ 其の病気~ (7, 0.0%)

1 がいつの間にか, には何, のため, のなほった, の所以, の時, を吾

▼ 其の~ (7, 0.0%)

1 で圧, の下, の蔭, は建築用, は明治四五年, を履ん, を投げる

▼ 其の~ (7, 0.0%)

1 として祀らる, に事, の頂, は只二位, へ願わず, を祭る, を称し

▼ 其の~ (7, 0.0%)

2 を分つ 1 の道, の配分, を享受, を取り, を收

▼ 其の種類~ (7, 0.0%)

1 が非常, によって分析, に屬, の多い, の議論, は, は非常

▼ 其の~ (7, 0.0%)

2 る日 1 くる日, る夜, 十八年の, 暁には, 歳より

▼ 其の~ (7, 0.0%)

1 在留の, 敍傳に, 發的活動により, 覺の, 體に, 體より, 體以外の

▼ 其の自然~ (7, 0.0%)

2 の結果, の運命 1 に現れ, の經過, を失ひたる

▼ 其の苦痛~ (7, 0.0%)

1 から遁, に堪へない, は單, は無くなるだろう, をへらす, を償, を忍ん

▼ 其の蚊帳~ (7, 0.0%)

2 の中, を持っ 1 の内, を吊り, を肩

▼ 其の~ (7, 0.0%)

1 から衣嚢, に五斗俵市, に籠り居り, のしう, の小山, は直ぐ, を見せ

▼ 其の話し~ (7, 0.0%)

1 て居られました, に身, は次, は止しましょう, をし, をしよう, をつづけ

▼ 其の~ (7, 0.0%)

1 さが, さを, 其の怪, 処弱処を, 所なる, 陋なる, 陋寧市中の

▼ 其の金子~ (7, 0.0%)

1 はもと, は幾ら, をも大, を以て米薪, を御用達, を手前, を路用

▼ 其の附近~ (7, 0.0%)

1 には同, には瓢箪屋, に住む, に住ん, に氤, に行, を狂い歩い

▼ 其の~ (7, 0.0%)

1 が正月, なす指, の思ひ遣らる, の薄, は故郷, より白く, 香しく立處

▼ 其の面影~ (7, 0.0%)

2 は今 1 は面長, も澄み行け, を, を失っ, 其の姿

▼ 其のお話~ (6, 0.0%)

2 をする 1 とやらも出来ますまい, の出来る, は倦きちやつ, をし

▼ 其の~ (6, 0.0%)

1 はり夏は, はり旧から, はり昨日, はり糸七の, はり貴方に, へり道

▼ 其のつもり~ (6, 0.0%)

1 でお, でどんなに, でも, で居る, で相談, で聴い

▼ 其のとき~ (6, 0.0%)

1 に普通, に逃げよう, のこと, の王樣, やって, 既に辞職

▼ 其の一端~ (6, 0.0%)

1 が雪田, には最も, に過ぎない, は穴, を一度京都大學, を窺

▼ 其の主人~ (6, 0.0%)

1 が居合せまし, が私, の体, の商利, の家, を懷つたの

▼ 其の事業~ (6, 0.0%)

2 よりいへ 1 に光彩, は一口, は其の, を取らん

▼ 其の作者~ (6, 0.0%)

1 が現代, たること, の北沢楽天さん, の氣, は家橘, は清原業忠

▼ 其の儘息~ (6, 0.0%)

4 は絶えました 1 が絶えました, の絶えた

▼ 其の~ (6, 0.0%)

1 に粉米, の方, の石段, へ真しぐら, を屈曲, を茶碗

▼ 其の~ (6, 0.0%)

1 人口を, 精神は, 顆を, 體の, 體は, 體をも

▼ 其の~ (6, 0.0%)

1 の中, の大きな, を其の, を取られ, を渡す, を開け

▼ 其の反対~ (6, 0.0%)

1 になる, に才, に父, に飽, の即ち, の方

▼ 其の~ (6, 0.0%)

1 さが, さに, さの, に在, へのあはれ, 杉の

▼ 其の~ (6, 0.0%)

1 の尽きない, の美, も佳, を分ち, を発する, 辛し然

▼ 其の~ (6, 0.0%)

1 に惚れ, の出所, の良い, はお, は何, を持っ

▼ 其の場所~ (6, 0.0%)

1 が利用, に落し, の探索, は下総, も大, や同勢

▼ 其の外形~ (6, 0.0%)

2 からつく 1 が依然として, に就き, の儀式文爲, は甚だ

▼ 其の大きな~ (6, 0.0%)

1 のに, 息子を, 男の, 眼は, 葉が, 體躯を

▼ 其の奥様~ (6, 0.0%)

2 は大層 1 が若様, てえな, を助ける, を恙

▼ 其の威力~ (6, 0.0%)

1 に脚, の壮大, を増し, を失ふ, を減じ, を遮

▼ 其の宿~ (6, 0.0%)

2 見を 1 では澤山, に来た, の内儀, の名

▼ 其の密旨~ (6, 0.0%)

1 とは人, の到底, の届く, は叔父, を誰, を達した

▼ 其の度毎~ (6, 0.0%)

1 に女達, に彼, に改元, に目先, に蓋し, に表情

▼ 其の張る~ (6, 0.0%)

2 氣の, 氣を 1 氣と, 氣は

▼ 其の形式~ (6, 0.0%)

1 が一つ, の内, の古鏡, の点, は宋風, を改めなかった

▼ 其の必要~ (6, 0.0%)

2 ある所以 1 とする, な物, を感じ, を認むる

▼ 其の意義~ (6, 0.0%)

1 の上, を失わずし, を檢討, を異に, 其の根拠, 甚だ多く

▼ 其の~ (6, 0.0%)

1 ものは, るもの, る区, る空想, 者は, 者否

▼ 其の批評~ (6, 0.0%)

1 の仕方, は一向に, は殆ど, は然し, をした, を書く

▼ 其の持説~ (6, 0.0%)

2 と認められたる 1 を一変, を一變, を変更, を變更

▼ 其の~ (6, 0.0%)

2 とする, にも味方 1 を復し, を跳ね除け

▼ 其の文章~ (6, 0.0%)

1 に詩的, の組織, は無論, を修飾, を見た目, 亦おのずから

▼ 其の新しい~ (6, 0.0%)

1 俵の, 先生は, 命を, 家の, 手桶へ, 自己が

▼ 其の~ (6, 0.0%)

1 のお, の首洗, は家老, は數多, は聞えた, 第一

▼ 其の時間~ (6, 0.0%)

1 だけも御新造, には紋切型, に椋島技師, に自宅, に隣り, を割い

▼ 其の本人~ (6, 0.0%)

1 が坊主, が殺され, だと, の金之助, を突き留め, を突き留める

▼ 其の材料~ (6, 0.0%)

1 がごく, が出, と云, によつて歴史家, を尽さしめ, を盡

▼ 其の根本~ (6, 0.0%)

1 から自分, に腰, に遡り, の主義, は自分, を去る

▼ 其の~ (6, 0.0%)

2 の心 1 に曰く, の中, を奏, を肌

▼ 其の武士~ (6, 0.0%)

1 が笑う, が笑うてよつた, が都鳥, は小堀伝十郎, は部役, を釣

▼ 其の法律~ (6, 0.0%)

1 には盲從, に支配, に順つて, の如何なる, の定案, の精神

▼ 其の狭い~ (6, 0.0%)

1 中庭の, 事は, 事狭い, 処から, 空地へ, 範囲内で

▼ 其の生命~ (6, 0.0%)

1 あること, とする, の力, を奪, を奪おう, を恢復

▼ 其の甲斐~ (6, 0.0%)

2 がない, はない 1 は即ち, もなく

▼ 其の~ (6, 0.0%)

1 に其の, の専門, は冷めたい, へ來, や坑道, を埋め

▼ 其の~ (6, 0.0%)

1 の虎, を丈夫, を剥いだ, を剥ぎ, を取つ, を脱ぐ

▼ 其の~ (6, 0.0%)

2 献酬する 1 に顕, をみる, 争ふて, 爭ふて

▼ 其の瞬間~ (6, 0.0%)

1 お体, からフィリップス, だった, にはいろいろ, に経験, の趣

▼ 其の私生涯~ (6, 0.0%)

2 と公生涯, に於 1 は醇粋, は醇粹

▼ 其の~ (6, 0.0%)

1 からかつて, だつたの, の, の楽しかっ, の盆, らしい葉

▼ 其の種属~ (6, 0.0%)

3 をし 1 によつて, ばかりに限られた, を急

▼ 其の~ (6, 0.0%)

1 が錻力, に昔, の方, を口, を指, を知る

▼ 其の~ (6, 0.0%)

1 は, は久方振り, を成し, 又, 猶一言, 緩くり

▼ 其の精神~ (6, 0.0%)

1 とする, の上, は皆, は著述, を理想, を露

▼ 其の細君~ (6, 0.0%)

1 と隣室, にひどい, の尻, の居る, の山田わか子君, は飾氣

▼ 其の~ (6, 0.0%)

1 に足, の間, をお, をぶち, を探, を脱し

▼ 其の美し~ (6, 0.0%)

3 さは 1 さが, さと, さを

▼ 其の翌朝~ (6, 0.0%)

3 のこと 1 は常に, は電車, は静

▼ 其の~ (6, 0.0%)

2 に口 1 をすまし, を喰, を支配, を騷

▼ 其の~ (6, 0.0%)

2 に手 1 へかけた, を並べた, を打つ, を見た

▼ 其の~ (6, 0.0%)

1 が細, を今度, を俺, を取, を押えた, を携

▼ 其の自信~ (6, 0.0%)

2 ありや, を枉げざる 1 が土台下, に便つて

▼ 其の良心~ (6, 0.0%)

2 を喪 1 に発火, に發火, を壊敗, を壞敗

▼ 其の衣嚢~ (6, 0.0%)

1 は何, は何所, は最う, を入れ, を検め, を裏

▼ 其の~ (6, 0.0%)

2 畫の 1 畫した, 畫は, 畫も, 畫を

▼ 其の~ (6, 0.0%)

1 が中, であれば, の仰し, の心底, は斯, は隣

▼ 其の評判~ (6, 0.0%)

1 がはいらぬ, がパラオ土民, が高く, だから, も聞い, を同

▼ 其の趣味~ (6, 0.0%)

2 は或 1 の徹頭徹尾, を味, を解せざる, を談ぜざれ

▼ 其の~ (6, 0.0%)

1 つたもん, で, で何ん, には古道具屋, を少し, を眞ツ

▼ 其の關係~ (6, 0.0%)

2 を利用 1 から出, の破, よりいふ, を明らか

▼ 其の~ (6, 0.0%)

1 がありません, に太く, に家内, に横合, に私, の来る

▼ 其の隣り~ (6, 0.0%)

1 には果物店, に明き, のウェスト・バージニア, の生木割, の老子様, は芸者屋

▼ 其の~ (6, 0.0%)

1 が時雨れ, と別, の中, の掛らん, の色, の赤い

▼ 其の頃私~ (6, 0.0%)

1 のやりかけ, の宅, は, はこ, はまだ, はパラオ民俗

▼ 其のお方~ (5, 0.0%)

1 が私, が通らんけれ, のお, のお供, はお前

▼ 其のお蔭~ (5, 0.0%)

1 だよ, でアルジエリア, で此, で私, で舎監達

▼ 其のやう~ (5, 0.0%)

1 な事, な物, な遊戲, にくびれ, にし

▼ 其の下手人~ (5, 0.0%)

1 も分らず, を捜し出さ, を探し出し, を探索, を突き

▼ 其の主要~ (5, 0.0%)

1 なる原因, なる所, な部分, の目的, の目的實

▼ 其の~ (5, 0.0%)

2 あるは, れを 1 を考へずし

▼ 其の事件~ (5, 0.0%)

1 が職員室, のあった, の内容, の推移, は其の

▼ 其の事實~ (5, 0.0%)

1 に相, に觸, も必らずし, を書きまし, を書きました

▼ 其の亭主~ (5, 0.0%)

1 が聞いたら, が邪魔, なる男, の為, の足

▼ 其の人となり~ (5, 0.0%)

1 も知れよう, や凝, を尽す, 吃に, 知る可

▼ 其の住居~ (5, 0.0%)

1 から持つ, せる早稲田, せる早稻田, の方, を引き

▼ 其の~ (5, 0.0%)

1 には歌, に書い, の気脉, をする, を放擲ツ

▼ 其の作品~ (5, 0.0%)

1 から吾人, のプロット, の女, の愛読者, を朗読

▼ 其の使者~ (5, 0.0%)

1 と入れ, と入れ違い, の口, の座席, の職

▼ 其の価値~ (5, 0.0%)

1 が低級, と称する, に軒輊, を保つた, を疑われ

▼ 其の傳記~ (5, 0.0%)

1 に一段, に對, は十年以前, を世に, を淡海三船

▼ 其の働き~ (5, 0.0%)

1 が目, が過敏, です筋, に於, の面白く

▼ 其の全部~ (5, 0.0%)

1 ではありませぬ, の影, を破, を破壊, を見

▼ 其の~ (5, 0.0%)

1 になつて, には父, に關西旅行, の今年, の季節

▼ 其の割合~ (5, 0.0%)

2 に世 1 に党勢, に小さく, に黨勢

▼ 其の努力~ (5, 0.0%)

1 が伴わなかったら, と功績, によつて, に因つて, を助ける

▼ 其の効果~ (5, 0.0%)

1 は著しい, を別, を収むる能, を收むる能, を滅茶滅茶

▼ 其の動機~ (5, 0.0%)

1 でありますから, については好意, に就い, の底, は事業

▼ 其の動物~ (5, 0.0%)

1 に比し, の本性, の眼, の負担, を虐待

▼ 其の~ (5, 0.0%)

1 各々の, 子が, 宗匠の, 家來又家來と, 拍子木が

▼ 其の~ (5, 0.0%)

4 對の 1 對に

▼ 其の~ (5, 0.0%)

2 に従った 1 に從, を助けやらん, 拒みがたく

▼ 其の~ (5, 0.0%)

1 の了, はしねえ, やね, をする, を聞き

▼ 其の~ (5, 0.0%)

1 に立ち, に苦しみ通さね, を乾燥, を掘っ, を洗

▼ 其の~ (5, 0.0%)

1 數に, 數の, 數は, 數即ち, 樣の

▼ 其の多く~ (5, 0.0%)

1 が桃太郎, はロンドン, は仏教, は婦人小児, は我々

▼ 其の~ (5, 0.0%)

1 が段々, の中, の徴, の覺め際, を本当に

▼ 其の~ (5, 0.0%)

1 に向, に親しく, の健康, をほろぼす, を神様

▼ 其の夫人~ (5, 0.0%)

1 が若いうつくしい, と先生, の記念, は, を恋する

▼ 其の女房~ (5, 0.0%)

2 お蘭 1 に娘, のおきよ, の菩提

▼ 其の学校~ (5, 0.0%)

1 には六十五人, にゐ, はホテル・ド・ルウロオプ, は子供, を訪ねる

▼ 其の~ (5, 0.0%)

1 の核心, の深から, は皆傳統的, やに精進奮勵, を曲げた

▼ 其の屋敷~ (5, 0.0%)

1 に在る, の並木道, の菩提寺, へ奉公, へ年始

▼ 其の~ (5, 0.0%)

1 が私, の上, の根, も皆, を少し

▼ 其の~ (5, 0.0%)

1 で唯一人, に来る, の中温柔, の有名, へ志す

▼ 其の~ (5, 0.0%)

2 果して奈何 1 はエリボルス, は僅か, は盖

▼ 其の~ (5, 0.0%)

2 の根元 1 から離れる, をあら, を取り巻い

▼ 其の幾分~ (5, 0.0%)

1 をば弟妹親戚等, を他人, を冥, を殘, を直に

▼ 其の~ (5, 0.0%)

2 の極 1 の最も, の顯著, や救

▼ 其の後彼~ (5, 0.0%)

1 の娘, は何処, は此, は歸國, は直屋

▼ 其の後私~ (5, 0.0%)

1 の仕た, は松本, は爺さん, は禽語楼さん, は野村

▼ 其の~ (5, 0.0%)

2 を傷 1 に向, を減ずる, を表する

▼ 其の性格~ (5, 0.0%)

2 は陰謀, を説かざる 1 を理解

▼ 其の~ (5, 0.0%)

1 に乘, は忘れません, も思はんで, を報ぜん, を忘れ

▼ 其の感じ~ (5, 0.0%)

1 から脱, が云, が嫌, が薄らい, を受容

▼ 其の感情~ (5, 0.0%)

2 も皆 1 の其の, の衝動, や感覚

▼ 其の所爲~ (5, 0.0%)

1 か今日, か餘計, だな, で散策, の價値

▼ 其の~ (5, 0.0%)

1 に連な, ふる処, へ方, や其の, を聞き

▼ 其の方向~ (5, 0.0%)

1 に振向いた, に用, に舟, の定まらない, へ彼

▼ 其の時自分~ (5, 0.0%)

1 が欲, の入, の國, の身, は父

▼ 其の書物~ (5, 0.0%)

1 が昨年パリ, には明, に對, のパンチヤタントラ, を取上げ

▼ 其の~ (5, 0.0%)

2 純良なる 1 と静か, よき標本, 始に

▼ 其の木像~ (5, 0.0%)

1 が動く, でも無い, の胴, は父, を抱緊め

▼ 其の~ (5, 0.0%)

2 の上 1 は之, は必ずや, は漸く

▼ 其の~ (5, 0.0%)

2 の枝 1 のうら, の根, の根方

▼ 其の~ (5, 0.0%)

1 がギー, にのつた, の上, へ手, も無残

▼ 其の~ (5, 0.0%)

2 を通つて 1 に机, に豐原, の方

▼ 其の~ (5, 0.0%)

1 が不思議, が根, の根, は其処, を仰い

▼ 其の深き~ (5, 0.0%)

1 を勉めなけれ, を得る, を致さん, を致し, を致し得

▼ 其の~ (5, 0.0%)

2 を拂 1 に遠, の中, の裙

▼ 其の牝牛~ (5, 0.0%)

2 から乳 1 の乳, の群, の話

▼ 其の~ (5, 0.0%)

1 の滑稽茶番狂言, を視る, 寧ろ憫む可, 恰も緋色, 我が國

▼ 其の~ (5, 0.0%)

1 い區域, い周圍, い戸口, い空地, く險

▼ 其の~ (5, 0.0%)

1 や栄え, を保つ, を得る, 境に, 餌を

▼ 其の~ (5, 0.0%)

1 は吾人, も知, や消極的, ゐて, 欠けんと

▼ 其の用意~ (5, 0.0%)

1 がない, はし, は出来, を始め, 其の苦心

▼ 其の相談~ (5, 0.0%)

1 に行かう, の未だ, の無益, はどう, もしたい

▼ 其の~ (5, 0.0%)

1 に従つて, の運動, は千差万別, は滅絶, を播き

▼ 其の系統~ (5, 0.0%)

2 を承けたる 1 を, を國外, を論ずる

▼ 其の終り~ (5, 0.0%)

2 を善く 1 あるに, へ一際, もこんな

▼ 其の~ (5, 0.0%)

2 の下 1 で来た, なり, に繋がる

▼ 其の~ (5, 0.0%)

2 ゆるの 1 たる屍, 吏獄を, 婦人はと

▼ 其の老人~ (5, 0.0%)

1 が某, はパラオ, は今, は壮, は幾分

▼ 其の~ (5, 0.0%)

1 だか, に彼等, の方, を姉, を撫でる

▼ 其の~ (5, 0.0%)

2 く上下, く首相 1 く自ら

▼ 其の芝居~ (5, 0.0%)

1 に取り, の最中, の重要, は片手, を見

▼ 其の苦悶~ (5, 0.0%)

1 が激しけれ, の世界, は次第に, は自然, を人

▼ 其の~ (5, 0.0%)

1 の葉, はどんな, も更に, を盗ん, を食つて

▼ 其の薄暗い~ (5, 0.0%)

1 中に, 奥の, 奧から, 家の, 物象と

▼ 其の~ (5, 0.0%)

1 の将来, の頭, を叮寧, を捕まっ, を蚕

▼ 其の行く~ (5, 0.0%)

1 えを, や, 事を, 可き, 處飛ぶ

▼ 其の表面~ (5, 0.0%)

1 が固まつ, に存する, の辞柄, の辭柄, を裝飾的

▼ 其の~ (5, 0.0%)

1 に何等, に室内, に心, に漸く, に無数

▼ 其の~ (5, 0.0%)

1 になつ, の処, をひつ, を二人, を踏ん

▼ 其の~ (5, 0.0%)

1 が薄弱, たるや, の当, の終る, は誤り

▼ 其の調子~ (5, 0.0%)

1 が何うに, には何処, に惹かれ, は呵, は長吉

▼ 其の議論~ (5, 0.0%)

1 に就い, の実行, は當時, は覇氣, を讀む

▼ 其の身体~ (5, 0.0%)

1 の直ぐ, の表面, は横, を吊した, を蹴返し

▼ 其の連中~ (5, 0.0%)

1 が上, が合唱, であります, の下命, の独立

▼ 其の~ (5, 0.0%)

1 が見えない, で其の, で戸, をお, を方々

▼ 其の~ (5, 0.0%)

1 に入, の所, の橋, を出, 其の邊

▼ 其の~ (5, 0.0%)

1 の僅, をト唇, を分け, を含んだ, を嚥

▼ 其の~ (5, 0.0%)

2 りの 1 のもの, は總, りに

▼ 其の~ (5, 0.0%)

1 の尻, はおなじ, をさすり, を受け取った, を撫で

▼ 其の~ (5, 0.0%)

1 の張り切り沸, までも地獄, を何処, を奪い, を開い

▼ 其の黒い~ (5, 0.0%)

1 中折帽子を, 影で, 確かな, 穴の, 絎紐で

▼ 其の~ (5, 0.0%)

1 が最も, の先, を引, 通る許, 長く獅子岩

▼ 其の~ (4, 0.0%)

1 ひ, へ彼, へ怪談全集, へ鼻音性

▼ 其のくら~ (4, 0.0%)

1 ゐだけれども, ゐなもの, ゐなん, ゐな事

▼ 其のほか~ (4, 0.0%)

1 にいっそ, に尚, に秘伝, に貰い湯

▼ 其の一本~ (4, 0.0%)

1 には必ず, の下, の蝋燭, を択

▼ 其の一種~ (4, 0.0%)

1 で海底, の性格, の潛勢力, の潜勢力

▼ 其の~ (4, 0.0%)

1 に処する, に立っ, に老い事, に處

▼ 其の中間~ (4, 0.0%)

1 に位, に在る, の寄泊地, をぶらつい

▼ 其の事実~ (4, 0.0%)

1 に非, の竟, を知っ, を認めさせよう

▼ 其の~ (4, 0.0%)

1 ひやう, ふに, ふま, ふ事

▼ 其の人夫~ (4, 0.0%)

1 の中, の先頭, の間, の頭

▼ 其の他之~ (4, 0.0%)

1 に似た, に近い, に類した, に類する

▼ 其の~ (4, 0.0%)

1 に一杯, に残忍, はり肥料が, また何様

▼ 其の代り己~ (4, 0.0%)

1 がお前, が喰い込め, の娘, は仕事

▼ 其の伊藤侯~ (4, 0.0%)

2 と合, の行動

▼ 其の作家~ (4, 0.0%)

1 が現実, が誠実, なの, の生涯

▼ 其の作用~ (4, 0.0%)

1 に順應, を以て圓滿, を氣, を發

▼ 其の~ (4, 0.0%)

1 が余りに, は幾等, を問, を差上げます

▼ 其の偉大~ (4, 0.0%)

1 であり寛厚, なもの, なる過去, な6

▼ 其の~ (4, 0.0%)

1 な米, な錢, に存, に持つ

▼ 其の~ (4, 0.0%)

1 が御身たち, には血, の事, を担い

▼ 其の~ (4, 0.0%)

1 なら尚, のお, は, はとかく

▼ 其の光輝~ (4, 0.0%)

1 ある意義, に暈, を失つた, を競ふ

▼ 其の~ (4, 0.0%)

1 なら毎日, の成人, の未だ, をお

▼ 其の全力~ (4, 0.0%)

1 でもつ, を尽した, を挙げ, を擧げ

▼ 其の公衆~ (4, 0.0%)

2 に知られむこ 1 に歓迎, に歡迎

▼ 其の~ (4, 0.0%)

1 へ十一歳, へ國, を安んずる, を知らず

▼ 其の~ (4, 0.0%)

1 には, の僧, を周公, 久努に

▼ 其の初め~ (4, 0.0%)

1 に當, は今日望遠鏡, は別に, 或人

▼ 其の制限~ (4, 0.0%)

1 と仕事, に反すれ, の中, を撤廃

▼ 其の~ (4, 0.0%)

1 しい眩し, としての内容, の上, の演ずる

▼ 其の勇氣~ (4, 0.0%)

1 はない, は今, も其の, を稱

▼ 其の医者~ (4, 0.0%)

1 と約束, に話しかけた, は何処, を同道

▼ 其の友達~ (4, 0.0%)

1 が来, が災難, と何時も, の上

▼ 其の叔父~ (4, 0.0%)

1 が丁度, というの, の定次郎, の銚子屋

▼ 其の古い~ (4, 0.0%)

1 梨の木に, 楓が, 樫の, 郷土の

▼ 其の名前~ (4, 0.0%)

1 が, が思, の人, は水司又市

▼ 其の向う~ (4, 0.0%)

1 から人, にも洗場, の無花果, は鰐

▼ 其の呼吸~ (4, 0.0%)

1 が聞える, に少し, も止, を内儀さん

▼ 其の~ (4, 0.0%)

1 は此, は蝮, は顫, をつけ

▼ 其の唯一~ (4, 0.0%)

1 の娯樂, の目的, の途, の道

▼ 其の因縁~ (4, 0.0%)

1 が有る, に疑無い, の糾纏錯雑, は知りませぬ

▼ 其の国民~ (4, 0.0%)

1 が闘っ, に味方, の行くべき, を奮起

▼ 其の土橋~ (4, 0.0%)

2 を渡っ 1 が危, に向

▼ 其の地位~ (4, 0.0%)

1 から退かしめる, から退く, から除い, に立つた

▼ 其の均しく~ (4, 0.0%)

2 貴族的姿致ある 1 博覧多, 博覽多識なる

▼ 其の坊主~ (4, 0.0%)

1 が話した, に逢, の姿, はお前

▼ 其の場合~ (4, 0.0%)

1 いかにも権威, には無く, にも猶, に自分

▼ 其の~ (4, 0.0%)

2 には夫人 1 のこと, の頃

▼ 其の外交上~ (4, 0.0%)

2 の技倆 1 に寄与, に寄與

▼ 其の大き~ (4, 0.0%)

1 さと, さに, さ形色濕り, さ車輪である

▼ 其の大事~ (4, 0.0%)

1 なこれ人間, な家, な火, の

▼ 其の大意~ (4, 0.0%)

1 は是, を抄出, を述べ, 満洲

▼ 其の女子~ (4, 0.0%)

1 が病母, の親戚, は数日前, を可愛がる

▼ 其の如き~ (4, 0.0%)

1 ものを, 場合を, 薄弱貧小な, 説を

▼ 其の如く~ (4, 0.0%)

1 お詫, で其他旗本, で小作人, に捻っ

▼ 其の~ (4, 0.0%)

1 が顏, ばかり, を乘, ツンと

▼ 其の~ (4, 0.0%)

1 が塩原, した家, の人, を離縁

▼ 其の学生~ (4, 0.0%)

1 の口, は寄宿舎, は提灯, を知っ

▼ 其の官職~ (4, 0.0%)

1 に在, の名, を受, を帶びて

▼ 其の宜しく~ (4, 0.0%)

2 超然主義を 1 改進党との, 改進黨との

▼ 其の実質~ (4, 0.0%)

1 が如何に, は何, は薄弱, 概して狷介

▼ 其の家庭~ (4, 0.0%)

1 がまるで, の内部, の問題, を解く

▼ 其の宿屋~ (4, 0.0%)

1 が春部, は竹丸, へ女, へ行く

▼ 其の将来~ (4, 0.0%)

1 どころか現在, にとって更に, の帝国外交, を推測

▼ 其の~ (4, 0.0%)

2 數の 1 數者は, 許の

▼ 其の少女~ (4, 0.0%)

1 が好き, が母, が貴く美しい, に切ない

▼ 其の屋根~ (4, 0.0%)

1 の下, は見え候, を壓, を見渡し

▼ 其の島民~ (4, 0.0%)

2 の家 1 の附, は次

▼ 其の~ (4, 0.0%)

1 にと, の材料, を作る, を造る

▼ 其の幸福~ (4, 0.0%)

1 と云う, に遇, を十分, を取り返さなけれ

▼ 其の~ (4, 0.0%)

1 で解け, に連, を外した, を退きました

▼ 其の座敷~ (4, 0.0%)

1 のかかりであった, の夏季, へはいつも, を窃

▼ 其の弟子~ (4, 0.0%)

1 であ, の一人, の窺基, の聖雲

▼ 其の後何~ (4, 0.0%)

2 の故障 1 うした, うなすった

▼ 其の後半期~ (4, 0.0%)

2 に於, を費やし

▼ 其の後姿~ (4, 0.0%)

2 を見送っ 1 を見送る, 仰ぎて

▼ 其の復讐~ (4, 0.0%)

1 さえも出来, に, の復讐, をし

▼ 其の必然~ (4, 0.0%)

2 の組織, の結果

▼ 其の~ (4, 0.0%)

1 が来た, を助長, を断つ, を断らんけれ

▼ 其の~ (4, 0.0%)

2 誠に憐む可 1 なる者, を笑

▼ 其の~ (4, 0.0%)

2 思し料簡 1 の無い, を深く

▼ 其の或は~ (4, 0.0%)

2 久しからずし, 極端なる

▼ 其の所信~ (4, 0.0%)

1 を断行, を斷行, を行, を貫く

▼ 其の所為~ (4, 0.0%)

1 かも知れぬ, であらう, で恐ろしい, で私

▼ 其の手拭~ (4, 0.0%)

1 で向う, を何, を向う, 被つて

▼ 其の手足~ (4, 0.0%)

1 に懸つ, を動かし, を支え, を検める

▼ 其の提灯~ (4, 0.0%)

1 がむく, ばかり, を借り, を点け

▼ 其の政治思想~ (4, 0.0%)

2 の保守的 1 に一大発展, に一大發展

▼ 其の政略~ (4, 0.0%)

2 の弊害, 及び行動

▼ 其の效果~ (4, 0.0%)

1 あるが, が段々, が無い, も十分

▼ 其の教師~ (4, 0.0%)

1 が懷, の机, の話, を常

▼ 其の方角~ (4, 0.0%)

1 から歌声, が立たない, へ行っ, を振り返つた

▼ 其の旗幟~ (4, 0.0%)

2 を鮮明, 甚だ鮮明

▼ 其の日私~ (4, 0.0%)

1 はお母さん, は一ばん先, は何, は彼

▼ 其の時傍~ (4, 0.0%)

2 にいた 1 の盥, の闇

▼ 其の書き方~ (4, 0.0%)

1 が初め, が如何にも, と云, の氣

▼ 其の有様~ (4, 0.0%)

2 を見 1 を察, を見る

▼ 其の未だ~ (4, 0.0%)

2 位に 1 惡變せざる, 至らざる所

▼ 其の末路~ (4, 0.0%)

2 は常に 1 に救, を示し

▼ 其の本来~ (4, 0.0%)

2 の地盤 1 の器能, の色

▼ 其の本能~ (4, 0.0%)

1 の満足, は一方, は彼等, を衝動

▼ 其の~ (4, 0.0%)

2 の下 1 の根, 其の桂

▼ 其の~ (4, 0.0%)

1 に堪へ, の善惡, の成れる, を継ぎ

▼ 其の極度~ (4, 0.0%)

1 に到着, に至らざる, に達し, の無

▼ 其の極端~ (4, 0.0%)

2 なる個人主義 1 なるを, な現れ

▼ 其の構造~ (4, 0.0%)

1 が少々, の基礎的要素, は贅澤, を視察

▼ 其の~ (4, 0.0%)

1 のせゐかも, の中, の梢, は其の

▼ 其の次第~ (4, 0.0%)

1 だけ知り, を一通り, を届け出, を承わり

▼ 其の歴史~ (4, 0.0%)

2 よりいふ 1 を書き直し, を話す

▼ 其の母親~ (4, 0.0%)

1 からは何ん, と一緒, に対したと, の

▼ 其の気分~ (4, 0.0%)

1 と不時, の中, を読ん, 出来して

▼ 其の活力~ (4, 0.0%)

1 の存する, は平常, を存分, を減じ

▼ 其の満足~ (4, 0.0%)

1 を得る, を求め, を求める, を遂げ

▼ 其の滿足~ (4, 0.0%)

2 の持續 1 も亦, を享受

▼ 其の~ (4, 0.0%)

1 が背中, で松, に背, を見つめ

▼ 其の~ (4, 0.0%)

1 勇に, 名人の, 智な, 禮講と

▼ 其の無謀~ (4, 0.0%)

2 固より, 無算

▼ 其の父親~ (4, 0.0%)

1 が惚れる, の二人, の話, を失っ

▼ 其の物音~ (4, 0.0%)

1 が轟然, に平太郎, に驚い, の始まる

▼ 其の犯人~ (4, 0.0%)

1 ではありません, としては車夫仲間, として日本警察, を博士

▼ 其の状態~ (4, 0.0%)

1 が一月, は殆ど死人, を眼前, を見

▼ 其の用事~ (4, 0.0%)

1 が目的, で行った, を果した, を足し

▼ 其の用心~ (4, 0.0%)

1 せよとの, で丁, とても此, の深

▼ 其の痛み~ (4, 0.0%)

1 が減じ, の去る, の為, は彼女

▼ 其の~ (4, 0.0%)

2 の上 1 は実に, を毀した

▼ 其の目標~ (4, 0.0%)

1 は主として, を失, を失った, を置かず

▼ 其の目録~ (4, 0.0%)

1 では有りません, に載つ, の學問, を作る

▼ 其の~ (4, 0.0%)

1 つ先, の流通活溌, 似を, 新しいの

▼ 其の~ (4, 0.0%)

1 の意義, の理由, を写し得, 疑は

▼ 其の真似~ (4, 0.0%)

2 をし 1 をする, を始める

▼ 其の眼前~ (4, 0.0%)

1 に恰も, に現れた, に蝋燭, へ現われた

▼ 其の着物~ (4, 0.0%)

1 が昔, が残つて, と云, の着

▼ 其の~ (4, 0.0%)

1 にはそれほど, は夕月, は輝き, を動かす

▼ 其の~ (4, 0.0%)

1 にあたって一匹, のため, も一つ, を放て

▼ 其の~ (4, 0.0%)

1 の好き, の家, の方, の話し

▼ 其の程度~ (4, 0.0%)

1 で以つて押, と現れ, に適した疑ひ, のボンヤリ

▼ 其の立派~ (4, 0.0%)

1 なること, な上衣, な観物, な髪

▼ 其の筆記~ (4, 0.0%)

2 が載せられた 1 に従事, を読ん

▼ 其の~ (4, 0.0%)

1 の紐, は, を取り卸した, を受取り

▼ 其の~ (4, 0.0%)

1 へは髭, をはじめ異形, をファニイ, を二人

▼ 其の~ (4, 0.0%)

2 ならんこと 1 を尚, 敏堅実

▼ 其の~ (4, 0.0%)

1 の破, を保護, を破る, を開い

▼ 其の~ (4, 0.0%)

1 が, とが彩, に芍薬, の方

▼ 其の終局~ (4, 0.0%)

2 の目的 1 に於, も地質学上

▼ 其の結論~ (4, 0.0%)

1 として, に於い, は子, をつかむ

▼ 其の統一~ (4, 0.0%)

2 を維持, を鞏固

▼ 其の經過~ (4, 0.0%)

1 が永, を測量, を知らすれ, を觀

▼ 其の織物~ (4, 0.0%)

1 たること, の性質上, は今日, を綉段

▼ 其の~ (4, 0.0%)

1 であろうか, で今, で地獄, を受けない

▼ 其の~ (4, 0.0%)

1 に持つ, の必死, はいつも, は萎れ

▼ 其の胸中~ (4, 0.0%)

1 には済国安民, には濟國安民, の悶々推測, を臣下

▼ 其の~ (4, 0.0%)

1 には藁, に不動様, の土塀, へ髑髏

▼ 其の~ (4, 0.0%)

1 のもと, の先, を失ひ, 動かざるに

▼ 其の~ (4, 0.0%)

1 が粉, の白い, の蜜, は滑

▼ 其の自由~ (4, 0.0%)

1 な活動, な高貴, の發動, を束縛

▼ 其の~ (4, 0.0%)

1 が味, に酷く, の鋭き, を鳴らし

▼ 其の色彩~ (4, 0.0%)

1 が全く, で蹂躙, に始めて, の濃度

▼ 其の~ (4, 0.0%)

1 がだんだん, をいた, を出さし, を摘み去り

▼ 其の苦しみ~ (4, 0.0%)

1 です, をし, を受け, を為

▼ 其の~ (4, 0.0%)

1 にまたは, にゆ, に端麗さ, に鳴いた

▼ 其の行先~ (4, 0.0%)

2 はチヤン 1 が分りません, の淫売宿

▼ 其の行方~ (4, 0.0%)

1 は地球上, を知った, を知る, を見送っ

▼ 其の表情~ (4, 0.0%)

1 に弁解, の縹渺性, を失, を失つて

▼ 其の裂隙~ (4, 0.0%)

1 から自然主義, が出, を何, を何とか

▼ 其の~ (4, 0.0%)

1 て来た, も知り, 窄らしい, 証の

▼ 其の規則~ (4, 0.0%)

1 にある, に關係, をやかましく, を書きました

▼ 其の~ (4, 0.0%)

1 から頼み, が世間体, が遣ろう, に会わし

▼ 其の言論~ (4, 0.0%)

2 の力 1 の余りに, の餘

▼ 其の~ (4, 0.0%)

2 の中 1 も僅か, や歌

▼ 其の證據~ (4, 0.0%)

1 には自著, には阿倍仲麿, は此, は現存

▼ 其の費用~ (4, 0.0%)

2 は亦 1 も春子, 悉く族中課出

▼ 其の~ (4, 0.0%)

1 にと反身, に乘, を尾, を顛覆

▼ 其の運命~ (4, 0.0%)

1 が傾い, なるもの, は悲慘, を負

▼ 其の道中~ (4, 0.0%)

1 といふもの, の宿場, の錦葉, をば二人一緒

▼ 其の遠い~ (4, 0.0%)

1 果てが, 西山の, 道のは, 音と

▼ 其の~ (4, 0.0%)

1 つた形を, 功を, 植の, 響が

▼ 其の都度~ (4, 0.0%)

1 に怒気, 報じて, 実に軍人, 断つたと

▼ 其の~ (4, 0.0%)

1 なる事象, 三と, 相な, 篤患者に

▼ 其の野郎~ (4, 0.0%)

1 が共謀, の襟首, は刀, も雷

▼ 其の金属~ (4, 0.0%)

1 だけを使はず, によつて, に出来る, を醜く

▼ 其の開展~ (4, 0.0%)

4 するや

▼ 其の間彼~ (4, 0.0%)

1 と卯平, は何, は只, も默つて

▼ 其の閣員~ (4, 0.0%)

2 には亦 1 の多, の多数政友会

▼ 其の~ (4, 0.0%)

1 が私, の空地, の老人, も玩具

▼ 其の頭脳~ (4, 0.0%)

1 とあの, に於, は一定, は独自一己

▼ 其の顔色~ (4, 0.0%)

1 とともに灯, の青い, は同じ, は実に

▼ 其の風采~ (4, 0.0%)

2 の酷, を想望

▼ 其の~ (4, 0.0%)

2 を甘し 1 ひ扶持, ふ所

▼ 其の~ (4, 0.0%)

1 が露, を嗅がざるべからず, を放ち, を聞く

▼ 其の鸚鵡~ (4, 0.0%)

1 の一言, の釵, を空, を肩

▼ 其のうしろ~ (3, 0.0%)

1 にはお, に西洋館, へ往

▼ 其のお前~ (3, 0.0%)

1 に死なれ, は何だえ, を育てた

▼ 其のお金~ (3, 0.0%)

1 で吉原, は油屋, を奪っ

▼ 其のくらいの~ (3, 0.0%)

2 事は 1 ことは

▼ 其のさき~ (3, 0.0%)

2 を私 1 は咳

▼ 其のそば~ (3, 0.0%)

1 に立寄つた, の大きな, の木の根

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 も度々, 又めされ, 腹痛等にて

▼ 其のまま余~ (3, 0.0%)

1 の胸, は中, は煖炉

▼ 其のゆくえ~ (3, 0.0%)

1 が知れない, の知れない, を眺め

▼ 其のわけ~ (3, 0.0%)

1 が解らない, を云っ, を訊ねた

▼ 其の一匹~ (3, 0.0%)

1 の襟首, はすぐ, は必ず

▼ 其の一挙手一投足~ (3, 0.0%)

1 がちっとも, に至る, は殆ど常識

▼ 其の一枚~ (3, 0.0%)

1 だけは兎, でも手, の蒲團

▼ 其の三人~ (3, 0.0%)

1 が其處, の息子, は親子づれ

▼ 其の不思議~ (3, 0.0%)

1 な事蹟, な特徴, な結構

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 の手, 岸に, 眼は

▼ 其の中心~ (3, 0.0%)

1 に当る, を京都, を冥想盲模

▼ 其の事柄~ (3, 0.0%)

1 が極, が若し, を可笑し

▼ 其の人物~ (3, 0.0%)

1 に對, の意見, も實際

▼ 其の他人~ (3, 0.0%)

1 にせまい, の意志, の過失

▼ 其の任務~ (3, 0.0%)

2 を全う 1 を遂行

▼ 其の会員~ (3, 0.0%)

1 の指導訓練, は会報, を率い

▼ 其の作物~ (3, 0.0%)

1 が一冊, が俵, 即ち原稿

▼ 其の使~ (3, 0.0%)

1 したる, には誰, に出よう

▼ 其の~ (3, 0.0%)

2 を楽む 1 を去る

▼ 其の信任~ (3, 0.0%)

2 ありや 1 を得

▼ 其の信用~ (3, 0.0%)

2 を傷けむ 1 を薄弱

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 また較, をも止めない, を歴然と

▼ 其の健全~ (3, 0.0%)

1 なる発達, なる發達, な為め

▼ 其の傍近~ (3, 0.0%)

1 の, の國, の種族

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 に支, をかぶつ, を後

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 が有る, が生長, の所

▼ 其の傾向~ (3, 0.0%)

2 があるで 1 は年

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 は上州沼田, は五卷書, 園町の

▼ 其の兄弟~ (3, 0.0%)

1 と協力, の者非命, を怒る

▼ 其の先生~ (3, 0.0%)

1 が壇, であるフッセルル, は見事

▼ 其の光景~ (3, 0.0%)

1 が吉原, は蓋し, を語る

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 に加, の意思, 与を

▼ 其の党人~ (3, 0.0%)

1 と為り, を戒むる, を視る

▼ 其の全文~ (3, 0.0%)

1 は, を再, を写し取

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 さで, じい吹雪の, じさと

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 が突串, に塗っ, の下

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 を守り, 前以上に, 定せられたる

▼ 其の分類~ (3, 0.0%)

1 が同一, の仕方, の大切

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 に文字, を私方, 尖が

▼ 其の利益~ (3, 0.0%)

1 で斯く, で鷄卵, はどう

▼ 其の制度~ (3, 0.0%)

2 の確立 1 の内容

▼ 其の前年~ (3, 0.0%)

1 の九月, の八月, の暮

▼ 其の前後~ (3, 0.0%)

1 には黒小袖, に群, の時

▼ 其の前途~ (3, 0.0%)

2 知るべきのみ 1 に於ける

▼ 其の剣術~ (3, 0.0%)

1 に縋, の極意, 遣えが

▼ 其の勇気~ (3, 0.0%)

1 が無く, が逞しく, も其の

▼ 其の勞力~ (3, 0.0%)

1 に依, をする, を偸

▼ 其の包み~ (3, 0.0%)

1 の一方, を脊負, を解き始めた

▼ 其の医師~ (3, 0.0%)

1 がどうも, が父, を撲り殺し

▼ 其の午後~ (3, 0.0%)

2 の温度 1 もそんな

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 が如何, をと言, を見せう

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 に讓, に讓ら, に遇わず

▼ 其の~ (3, 0.0%)

2 なるを 1 愛想な

▼ 其の各々~ (3, 0.0%)

1 の年數, の時代, を中心

▼ 其の~ (3, 0.0%)

2 時代の 1 氣の

▼ 其の名目~ (3, 0.0%)

1 が同, に於, は隋書

▼ 其の君國~ (3, 0.0%)

3 に殉

▼ 其の和尚~ (3, 0.0%)

1 が私, の可, を追出す

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 には誰方, の箇條, を梅三郎

▼ 其の品位~ (3, 0.0%)

1 に於, を保たしめね, を保つ

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 の件, の終らぬ, ふ處

▼ 其の唐鍬~ (3, 0.0%)

1 の四角, を打つ, を暫く

▼ 其の商人~ (3, 0.0%)

1 が怪物, は一銭, は本当

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 し居つた, ばかりし, をひどく

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 であるか, でない強, を面白い

▼ 其の四つ~ (3, 0.0%)

1 の中, の内, の聲

▼ 其の國語~ (3, 0.0%)

1 から重, は, を淨め

▼ 其の圓滿~ (3, 0.0%)

2 な功徳 1 を保たざる

▼ 其の坊様~ (3, 0.0%)

1 なら宵の口, は何と, は大

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 に向, のひ, の裏

▼ 其の変化~ (3, 0.0%)

1 に富んだ, の為め, の甚しき

▼ 其の外側~ (3, 0.0%)

1 から眺める, の濠, を傳

▼ 其の多助~ (3, 0.0%)

1 と云う, の気, の身

▼ 其の多数~ (3, 0.0%)

1 の反対, は何時, は依然として

▼ 其の夜私~ (3, 0.0%)

1 はたった, は或, は部屋

▼ 其の大勢~ (3, 0.0%)

2 未だ定ら 1 の人間

▼ 其の大略~ (3, 0.0%)

2 を語らむか 1 を領すれ

▼ 其の天下~ (3, 0.0%)

2 を有する 1 に誥ぐる

▼ 其の失敗~ (3, 0.0%)

2 は未だ 1 の迹

▼ 其の好む~ (3, 0.0%)

2 所に 1 所の

▼ 其の好意~ (3, 0.0%)

1 に感謝, を無, を謝

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 から三十間位, が其の, の一人

▼ 其の子供達~ (3, 0.0%)

1 と同じ, は小さな, を叔父さん

▼ 其の季節~ (3, 0.0%)

1 に逆ら, の外, を假令自分

▼ 其の學生~ (3, 0.0%)

1 が現在, は喜んだ, も協力

▼ 其の宜しき~ (3, 0.0%)

3 を得

▼ 其の実際~ (3, 0.0%)

1 の有様, を知, を知っ

▼ 其の室内~ (3, 0.0%)

1 で道子, の事, をグルグル

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 の前, の御子, をさながら

▼ 其の家族~ (3, 0.0%)

1 が日, の目, を維持

▼ 其の容貌~ (3, 0.0%)

1 と其姿, に於い, も峭刻

▼ 其の專門家~ (3, 0.0%)

1 が調べる, に人間, を掛り

▼ 其の小さい~ (3, 0.0%)

1 範圍に, 虎を, 門の

▼ 其の小児~ (3, 0.0%)

1 の事, は何, は成長

▼ 其の小刀~ (3, 0.0%)

1 でお, の輝くま, を雪様

▼ 其の少し~ (3, 0.0%)

1 の間, 以前義淨三藏の, 手前に

▼ 其の少年~ (3, 0.0%)

1 の其那, の時, は人參百兩

▼ 其の~ (3, 0.0%)

2 に安 1 を北

▼ 其の属僚~ (3, 0.0%)

1 の侯, の為め, を有する

▼ 其の屬僚~ (3, 0.0%)

1 の侯, の爲め, を有する

▼ 其の左手~ (3, 0.0%)

2 の肱 1 に家根

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 が己, が片, を置い

▼ 其の希望~ (3, 0.0%)

1 が幾分, と其の, の光

▼ 其の師匠~ (3, 0.0%)

1 の供, は手前, へ証文

▼ 其の帰り~ (3, 0.0%)

1 だった, に志丈, に汽車

▼ 其の平生~ (3, 0.0%)

2 の抱負 1 深く自信

▼ 其の年代~ (3, 0.0%)

1 に關, は後代, を定

▼ 其の幼虫~ (3, 0.0%)

1 は白い, は蕁麻, を養

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 致は, 靈は, 韻は

▼ 其の幽霊~ (3, 0.0%)

1 が盗, が蔦芳, を再び

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 と並ん, の前, は印刷

▼ 其の庭園~ (3, 0.0%)

2 に瀟洒 1 の向

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 で己, によって再び, を押したら

▼ 其の建物~ (3, 0.0%)

2 の中 1 は二階造り

▼ 其の強い~ (3, 0.0%)

1 だけそれだけ, 力を, 手の

▼ 其の形骸~ (3, 0.0%)

1 は滅茶苦茶, を守り, を守る

▼ 其の後任~ (3, 0.0%)

2 としてチヤーレス 1 を選ぶ

▼ 其の後幾度~ (3, 0.0%)

2 となく 1 も竜宮界

▼ 其の後此~ (3, 0.0%)

2 の塔 1 の家

▼ 其の御札~ (3, 0.0%)

2 を剥し 1 を家

▼ 其の心術~ (3, 0.0%)

1 に一点, に一點, を考へれ

▼ 其の性情~ (3, 0.0%)

2 から出た 1 拗戻辛辣

▼ 其の恩義~ (3, 0.0%)

1 を忘れ, を打, を知らんで

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 が吐けません, の臭い事, は発喘むのであつた

▼ 其の悲し~ (3, 0.0%)

1 さう, さに, 味の

▼ 其の意匠~ (3, 0.0%)

1 の優れたる, は波斯意匠, を加

▼ 其の意志~ (3, 0.0%)

1 に逆らう, の強弱, の独立

▼ 其の意思~ (3, 0.0%)

2 や公義 1 は本

▼ 其の意気~ (3, 0.0%)

1 の壮, の有る, を振い立たせる

▼ 其の意氣~ (3, 0.0%)

1 は愛す, を照らす, 即ち軍陣

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 で秀子, の力, の巣

▼ 其の應用~ (3, 0.0%)

1 とを教, に於ける, を教

▼ 其の成り行き~ (3, 0.0%)

1 は如何, を見とどけよう, を見守る

▼ 其の成功~ (3, 0.0%)

2 を祝せしめたりき 1 と不

▼ 其の成績~ (3, 0.0%)

2 を著大 1 を公表

▼ 其の所見~ (3, 0.0%)

1 を下, を発表, を發表

▼ 其の所謂~ (3, 0.0%)

1 る党則改正, る黨則改正, 我が信

▼ 其の所謂胡語~ (3, 0.0%)

1 とは决, とは如何なる, と云つた

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 には觀世綟, に手, の一つ

▼ 其の手帳~ (3, 0.0%)

1 が紛失, を盗んだ, を見

▼ 其の手袋~ (3, 0.0%)

1 は自分, を奪い取り, を引き抜こう

▼ 其の批評者~ (3, 0.0%)

2 ともな 1 の批評

▼ 其の折々~ (3, 0.0%)

1 の劇評, の流行, の自分

▼ 其の抱負~ (3, 0.0%)

2 の盛大 1 を異に

▼ 其の持つ~ (3, 0.0%)

1 てゐる, て居る, 歓びと

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 から何時, をお, を切つて珠

▼ 其の掛軸~ (3, 0.0%)

1 の絵, はどこ, を売つた

▼ 其の揚句~ (3, 0.0%)

1 が肺炎, にあんな, まづく

▼ 其の政府~ (3, 0.0%)

2 の政策 1 又は碩学

▼ 其の故郷~ (3, 0.0%)

1 の話, の長州, を追放

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 がなかつた, さらになし, は決して

▼ 其の文化~ (3, 0.0%)

1 の通過, を取り入れ, を命懸け

▼ 其の文語~ (3, 0.0%)

1 に定, の方, の爲

▼ 其の方たち~ (3, 0.0%)

1 と同じ, にお, にはもう

▼ 其の方達~ (3, 0.0%)

1 は余程, も心得居ろう, 両名

▼ 其の旅行~ (3, 0.0%)

1 の途中, は一八五二年, は続い

▼ 其の日一日~ (3, 0.0%)

1 かかって, は床, をまち

▼ 其の旦那~ (3, 0.0%)

1 てえの, なるもの, の変死

▼ 其の春秋~ (3, 0.0%)

2 漸く高く 1 の中

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 あるは, なるを, を実行

▼ 其の時々~ (3, 0.0%)

1 に来た, の事, の境遇

▼ 其の時何~ (3, 0.0%)

1 と云ったい, と返事, の涙

▼ 其の時刻~ (3, 0.0%)

1 ともなれ, に屹, に梅田

▼ 其の時外~ (3, 0.0%)

1 の壁際, の濡れ縁, の男

▼ 其の時期~ (3, 0.0%)

1 に精神的疾患, を景行天皇, を見

▼ 其の時此~ (3, 0.0%)

1 の婆, の家, の野郎

▼ 其の時計~ (3, 0.0%)

1 が丁度, の長短二本, を捲いた

▼ 其の晩年~ (3, 0.0%)

1 の光栄, の光榮, までには必ず

▼ 其の智識~ (3, 0.0%)

1 により巧み, の基礎, は燦然

▼ 其の~ (3, 0.0%)

2 に於ける 1 は暮

▼ 其の會員~ (3, 0.0%)

1 に加, の指導訓練, を率

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 樣な, 樣は, 脊椎動物で

▼ 其の有る~ (3, 0.0%)

2 所の 1 と云

▼ 其の~ (3, 0.0%)

2 を美し 1 は英国

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 は無い, を煽る, を達し得

▼ 其の望み~ (3, 0.0%)

1 に従いお, は本意, を許した

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 の方, は山谷堀, へもつ

▼ 其の本性~ (3, 0.0%)

1 としなけれ, のま, を遂げし

▼ 其の本然~ (3, 0.0%)

1 の女らしい, の性質, の要求

▼ 其の本質~ (3, 0.0%)

1 がない, は人間, を失はない

▼ 其の条件~ (3, 0.0%)

1 で承知, とはしない, を出しませぬ

▼ 其の林檎~ (3, 0.0%)

1 が年々, の果實, の皮

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 の根, を寝かせ, を攀ぢ

▼ 其の根柢~ (3, 0.0%)

2 の深 1 が空虚

▼ 其の植物~ (3, 0.0%)

1 の先天的命數, は絶えず, や動物

▼ 其の標準~ (3, 0.0%)

1 が立たない, は人, よりも古い

▼ 其の権利~ (3, 0.0%)

1 を侵害, を対抗, を行使

▼ 其の権幕~ (3, 0.0%)

1 が恐ろしい, に流石, の強い

▼ 其の機会~ (3, 0.0%)

1 を与えよう, を多数, を生み出しました

▼ 其の機會~ (3, 0.0%)

1 を極力, を窺つて, を與

▼ 其の正義人道~ (3, 0.0%)

1 に対する思想, に對, を看板

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 の十一月二十二日, の暮十二号, まで眼鏡

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 は黄老, るや, を同じ

▼ 其の殺された~ (3, 0.0%)

1 人が, 人は, 室へ

▼ 其の殺した~ (3, 0.0%)

1 人を, 方の, 者の

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 に口, に怒られ, に銀杏

▼ 其の民族~ (3, 0.0%)

1 が國, の, を貫く

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 を以て痺れ薬, を垂らし, を飲ん

▼ 其の決して~ (3, 0.0%)

2 公の 1 南山を

▼ 其の決心~ (3, 0.0%)

1 と云う, も決して, を打ち忘れ

▼ 其の決意~ (3, 0.0%)

2 の堅固 1 もにぶっ

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 の臭い, を火傷, 好して

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 が伸び, が何だか, の眞中

▼ 其の洞穴~ (3, 0.0%)

2 が裂くる 1 の中

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 に屬, の人々, の典型的

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 の石, も淀む, を受けた

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 があの, がセーヌ河, のうち

▼ 其の淋しい~ (3, 0.0%)

1 屋敷町を, 末路が, 歩を

▼ 其の淵源~ (3, 0.0%)

1 する所, たる時代, は甚だ

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 が乘つて, が風, にくる

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 は中, は支那劇, を発した

▼ 其の準備~ (3, 0.0%)

2 であつ 1 からし

▼ 其の火鉢~ (3, 0.0%)

2 のぐるり 1 では始終

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 も紅, らざる, りと

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 で嚇, で銅, に堪へない

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 扉に, 股だけ, 袖は

▼ 其の特徴~ (3, 0.0%)

1 が認められれ, のある, を現す

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 の方, の死體, を救った

▼ 其の生れた~ (3, 0.0%)

1 処からは, 場所と, 時代を

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 つて, を甚蔵, を糺さるべき

▼ 其の~ (3, 0.0%)

2 を得た 1 に然るべき

▼ 其の病源~ (3, 0.0%)

2 は不明 1 を知る

▼ 其の発生~ (3, 0.0%)

1 し其の, するに, を検出

▼ 其の發達~ (3, 0.0%)

1 の餘地, は停止, を助成

▼ 其の白妙~ (3, 0.0%)

1 がめされ, に紅, を仰ぐなる

▼ 其の百姓~ (3, 0.0%)

1 の家, は奥, は好人物

▼ 其の~ (3, 0.0%)

2 坊は 1 坊が

▼ 其の相棒~ (3, 0.0%)

1 が研究, と云う, へ之

▼ 其の眼鏡~ (3, 0.0%)

1 は私, を取り外し, を懸けた

▼ 其の研究法~ (3, 0.0%)

1 が完成, が當時, は解放的

▼ 其の社会的境遇~ (3, 0.0%)

1 の寂寞, は曾, は甚だ

▼ 其の社會的境遇~ (3, 0.0%)

1 の寂寞, は曾, は甚だ

▼ 其の神様~ (3, 0.0%)

1 ってえ, にはお前, は秀子

▼ 其の秀子~ (3, 0.0%)

1 が知った, の化けの皮, の清浄

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 を取った, を吹き落す, を鳴らしたら

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 の用, は妙, を下す

▼ 其の筋肉~ (3, 0.0%)

1 を使, を原形, を養

▼ 其の~ (3, 0.0%)

2 を民政主義 1 をとる

▼ 其の精髓~ (3, 0.0%)

1 に達し得た, まで味, を得た

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 となく, と思ふ, の幕

▼ 其の紅い~ (3, 0.0%)

1 光は, 処が, 絲で

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 が強く, を顎, を首

▼ 其の細い~ (3, 0.0%)

2 手の 1 しなやかな

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 に天子, に臨, や蓋し

▼ 其の組織~ (3, 0.0%)

2 の果して 1 及び実際

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 の女, をしまっ, を眺め

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 から脱, の底, を引張つ

▼ 其の總論~ (3, 0.0%)

1 といふもの, として目録學, には書物

▼ 其の繊維~ (3, 0.0%)

1 がわけ, の屑, を一本

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 に入る, に近づい, の中一人

▼ 其の群集~ (3, 0.0%)

1 の聲, の間, は勘次

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 しさ, なし, ならん

▼ 其の義理~ (3, 0.0%)

1 にも一寸枕, を果す, 其の意味

▼ 其の翌晩~ (3, 0.0%)

1 また芝神明前, もやって来た, 又来

▼ 其の習慣~ (3, 0.0%)

1 が残っ, が決して, 其の人

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 に藍, の時々, を一寸

▼ 其の膨脹~ (3, 0.0%)

1 が繼續, した經濟界, を妨げる

▼ 其の臣下~ (3, 0.0%)

2 に大 1 に対しては

▼ 其の自ら~ (3, 0.0%)

2 欺くの甚しき 1 来て

▼ 其の自動車~ (3, 0.0%)

1 で自分兩國, は今何処, へ一斉

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 の船體, の近く, は光

▼ 其の芸術~ (3, 0.0%)

1 の効果, は彼等労働者, を娯

▼ 其の若様~ (3, 0.0%)

1 が変死, が窓, を突落した

▼ 其の苦惱~ (3, 0.0%)

1 も忽ちに, を苦惱, 其の怨

▼ 其の茶碗~ (3, 0.0%)

1 を取上げ注いだ, を把, を洗っ

▼ 其の著作~ (3, 0.0%)

1 にしたしみつ, の上, の何

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 ではない, の下, を取

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 の缺乏, をほどきかけた, を窃

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 でないから, に就いた, を選びたれ

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 がぱツ, のやう, は悉く

▼ 其の~ (3, 0.0%)

2 の声 1 もひつそり

▼ 其の蝋燭~ (3, 0.0%)

1 の尻, の火, を受け取つた

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 の態, の羽, はヴアネスサ・イオ

▼ 其の蟇口~ (3, 0.0%)

1 は側, をいじっ, を拾い上げ

▼ 其の行動~ (3, 0.0%)

2 を異に 1 には余り注意

▼ 其の行爲~ (3, 0.0%)

1 たるや, のある, や果して

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 に免じ, の身, を取らしめ

▼ 其の衣服~ (3, 0.0%)

1 でおいで, はお, を伊右衛門

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 に灯, の端, を捉えた

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 にしがみつき, のあたり, を捉

▼ 其の裏面~ (3, 0.0%)

1 に驚くべき, を知らない, を覗つて

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 にか, の所, を握

▼ 其の視線~ (3, 0.0%)

1 が刑事, は纔, を避ける

▼ 其の親切~ (3, 0.0%)

1 に羈, をすまない, を買っ

▼ 其の親戚~ (3, 0.0%)

1 としては餘事, の者, は自分

▼ 其の言う~ (3, 0.0%)

1 ところは, 所行う, 語と

▼ 其の言行~ (3, 0.0%)

2 絶えず公衆 1 や奇拔

▼ 其の言語~ (3, 0.0%)

2 の才 1 を聞く

▼ 其の計画~ (3, 0.0%)

1 の破天荒, の迂なる, は佐

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 の如く, の調子, は三年先

▼ 其の詩想~ (3, 0.0%)

1 に同化, を忘れず, を移す

▼ 其の語る~ (3, 0.0%)

2 所を 1 ところの

▼ 其の誤謬~ (3, 0.0%)

1 を指摘, を正し, を正す

▼ 其の説明~ (3, 0.0%)

1 が十分親切, が非常, の代り

▼ 其の説話~ (3, 0.0%)

1 を直, を聞く, を親聴

▼ 其の談話~ (3, 0.0%)

1 は福地源一郎君, を聞き, を聞き逸し

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 は唐, を考, を訊ねる

▼ 其の財布~ (3, 0.0%)

1 には六両, を包んだ, を外

▼ 其の責任~ (3, 0.0%)

2 を負 1 を糾弾

▼ 其の貴い~ (3, 0.0%)

1 姿を, 第二世金龍, 輝きを

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 なん, の優れた, は畢

▼ 其の赤い~ (3, 0.0%)

1 土の, 帶が, 花は

▼ 其の赤く~ (3, 0.0%)

1 成つた足に, 立ち颯と, 黄に

▼ 其の赤児~ (3, 0.0%)

1 は病気, をば捨児, を拾っ

▼ 其の趣旨~ (3, 0.0%)

2 に於 1 であって

▼ 其の足跡~ (3, 0.0%)

1 が林間, について木立, は少し

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 の周圍, の手, や歌

▼ 其の身の代~ (3, 0.0%)

1 とやらで, の二百両, をそっくり

▼ 其の近所~ (3, 0.0%)

1 に方々, に用達, へ席

▼ 其の運動~ (3, 0.0%)

2 を支配 1 の一着手

▼ 其の過去帳~ (3, 0.0%)

1 から彼, の中, を皆

▼ 其の道徳~ (3, 0.0%)

2 も其の 1 は偽善

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 かな向う, か以前, けき

▼ 其の部分~ (3, 0.0%)

1 だけはつまり, の空気, をすつかり

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 を, を出さつ, を拾はつ

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 で, の蓋, を見る

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 が幾度, を擧げ, を除

▼ 其の鋭い~ (3, 0.0%)

2 眼で 1 資質の

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 で俺ら借金, を出された, を財布

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 がどんなに, の中, を洗つて

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 の端, は切れ, を握っ

▼ 其の門下~ (3, 0.0%)

1 の宮本孝庸, は周, を去る

▼ 其の門戸~ (3, 0.0%)

2 を開放 1 を得ん

▼ 其の隙間~ (3, 0.0%)

1 からスルスル, から潜り込め, から細い

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 にどんな, の為め, を見なかつた

▼ 其の難局~ (3, 0.0%)

2 を匡救 1 に當ら

▼ 其の電報~ (3, 0.0%)

1 が即ち, に付い, を讀み

▼ 其の青い~ (3, 0.0%)

1 中に, 光を, 火は

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 に驚い, は近所, を消滅

▼ 其の響き~ (3, 0.0%)

1 かも知れぬ, か震, で今

▼ 其の領土~ (3, 0.0%)

2 を保全 1 を保ち得る

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 に平左衛門, の辺, へ乱れた

▼ 其の頭腦~ (3, 0.0%)

1 に於, は一定, は獨自一己

▼ 其の風俗~ (3, 0.0%)

1 が欧米, ですぐ, も今日

▼ 其の食物~ (3, 0.0%)

2 は皆人 1 は狩

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 を不, を口, を喰べた

▼ 其の養子~ (3, 0.0%)

1 とか云う, に手紙, に身

▼ 其の養蟲園~ (3, 0.0%)

1 と云う, へ余, へ行っ

▼ 其の~ (3, 0.0%)

1 のすゝむにつれて, の進む, を熟

▼ 其の騒ぎ~ (3, 0.0%)

1 に眼, に遂に, は並大抵

▼ 其の麦殻~ (3, 0.0%)

1 はでんぐり返, は今, をすつかり持ち上げなけれ

▼ 其の黒髪~ (3, 0.0%)

1 の中, を切つたの, を戦がし

▼ 其の黨人~ (3, 0.0%)

1 と爲, を戒むる, を視る

▼ 其のあくる日~ (2, 0.0%)

1 から火, も愉快

▼ 其のあの~ (2, 0.0%)

1 人間の, 垣根の

▼ 其のいくら~ (2, 0.0%)

1 か前屈み, か手當

▼ 其のいずれ~ (2, 0.0%)

1 か安く, もなかっ

▼ 其のいづれ~ (2, 0.0%)

1 の相, をも妻

▼ 其のうえ~ (2, 0.0%)

1 で, は飛びおりる

▼ 其のおし~ (2, 0.0%)

1 まひに, まひの

▼ 其のお前様~ (2, 0.0%)

1 を捜し, 白い顔

▼ 其のお嬢さん~ (2, 0.0%)

1 が手前, にイヤ

▼ 其のお嬢様~ (2, 0.0%)

1 などお, も左様

▼ 其のお守~ (2, 0.0%)

1 は金無垢, を盗み

▼ 其のお寺~ (2, 0.0%)

1 で法事, を訪ね

▼ 其のお父さん~ (2, 0.0%)

1 が只, とも私

▼ 其のお礼~ (2, 0.0%)

1 です私, のことづかり

▼ 其のかわり~ (2, 0.0%)

1 暗くなる, 被るもの

▼ 其のくらい~ (2, 0.0%)

1 ならなぜ, な覚悟

▼ 其のたび~ (2, 0.0%)

1 に秀子, に通動機

▼ 其のつくる~ (2, 0.0%)

1 ところを, 處を

▼ 其のとき彼~ (2, 0.0%)

1 の紊, れは

▼ 其のどうも~ (2, 0.0%)

1 取廻しなり口, 手当に

▼ 其のなか~ (2, 0.0%)

1 にある, に異

▼ 其ののち~ (2, 0.0%)

1 も其の, 果たしてヨーク家

▼ 其ののち何~ (2, 0.0%)

1 う成った, の様

▼ 其ののち幾度~ (2, 0.0%)

1 も実用, も縁談

▼ 其のはずみ~ (2, 0.0%)

1 に船, に行燈

▼ 其のひょう~ (2, 0.0%)

2 しに

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 ことの, はりの

▼ 其のまま其処~ (2, 0.0%)

1 へ倒れ, を走り出た

▼ 其のまま次~ (2, 0.0%)

2 の室

▼ 其のまま身体~ (2, 0.0%)

1 が化石, が痺れた

▼ 其のまわり~ (2, 0.0%)

1 で見付け次第, には青い

▼ 其のまんま~ (2, 0.0%)

1 に仕, 貰うたとかいふ

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 で齎ら, 苦に

▼ 其のわざ~ (2, 0.0%)

1 を, を取り

▼ 其のコデ~ (2, 0.0%)

1 と為すべき, の任命

▼ 其のダッジ~ (2, 0.0%)

1 のセダン, を取り巻い

▼ 其のチヤムバーレーン~ (2, 0.0%)

2 の自治案

▼ 其のトランク~ (2, 0.0%)

1 の保留, を一刻

▼ 其の一たび佳境~ (2, 0.0%)

2 に到れ

▼ 其の一たび重大~ (2, 0.0%)

2 なる時局

▼ 其の一ツ~ (2, 0.0%)

1 しか無い, のザアッ

▼ 其の一個~ (2, 0.0%)

1 は新境, を取った

▼ 其の一切~ (2, 0.0%)

1 に共通, の附屬文學

▼ 其の一大原因~ (2, 0.0%)

2 たり而

▼ 其の一族~ (2, 0.0%)

1 の今日, 及び旗下臣下等

▼ 其の一日~ (2, 0.0%)

1 だけは自己, を完成

▼ 其の一旦~ (2, 0.0%)

1 党籍を, 黨籍を

▼ 其の一段~ (2, 0.0%)

1 の婦人, の畫

▼ 其の一片~ (2, 0.0%)

1 の動く, をも止めない

▼ 其の一番~ (2, 0.0%)

1 膨れて, 高い所

▼ 其の一膜~ (2, 0.0%)

2 を剥ぎ

▼ 其の一行~ (2, 0.0%)

1 にはお, に加はり

▼ 其の一語~ (2, 0.0%)

2 も残さず

▼ 其の一部分~ (2, 0.0%)

1 にて開校, を證據

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 は政党, は政黨

▼ 其の三分二~ (2, 0.0%)

1 を休会, を休會

▼ 其の下女~ (2, 0.0%)

1 が下男, と名づけ

▼ 其の下流~ (2, 0.0%)

1 につき, のひよろ

▼ 其の不幸~ (2, 0.0%)

1 な人々, を見ない

▼ 其の不気味~ (2, 0.0%)

1 な序幕, な底

▼ 其の両方~ (2, 0.0%)

1 に通ずる, の出入口

▼ 其の両親~ (2, 0.0%)

1 と云う, は一般

▼ 其の中学~ (2, 0.0%)

1 を市中, を終え

▼ 其の主人公~ (2, 0.0%)

1 がスヰッツル, たる自己

▼ 其の主因~ (2, 0.0%)

2 たりし

▼ 其の主眼~ (2, 0.0%)

1 が違, とする

▼ 其の主義政見~ (2, 0.0%)

1 を犠牲, を犧牲

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 つて来た, 替えの

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 の海, や肉

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 ひは, ふ所

▼ 其の二匹~ (2, 0.0%)

1 か或は, の虎

▼ 其の二者~ (2, 0.0%)

1 に対するの厚薄, を兼ねた

▼ 其の五十金~ (2, 0.0%)

2 を持っ

▼ 其の交迭~ (2, 0.0%)

2 の機終

▼ 其の交通~ (2, 0.0%)

1 の状態, の關係

▼ 其の人品~ (2, 0.0%)

2 或は議す

▼ 其の人如何~ (2, 0.0%)

2 に巧慧機敏

▼ 其の人形~ (2, 0.0%)

1 の色彩, は手

▼ 其の人情~ (2, 0.0%)

1 に遠き, を穿ちたる

▼ 其の人民~ (2, 0.0%)

2 の思想感情

▼ 其の人物技倆亦松田氏~ (2, 0.0%)

2 と同日

▼ 其の人自身~ (2, 0.0%)

1 の意, も不満

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 ならん, を成す

▼ 其の今囘自ら~ (2, 0.0%)

1 起て立憲政友会, 起て立憲政友會

▼ 其の今日~ (2, 0.0%)

2 に於

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 へた國の, へた家の

▼ 其の他何~ (2, 0.0%)

1 によっても分類, の問題

▼ 其の他多数~ (2, 0.0%)

1 に及ぶ, の

▼ 其の他種々~ (2, 0.0%)

1 な學問, な菓物

▼ 其の他等々~ (2, 0.0%)

1 の性格, の方寸

▼ 其の代りこれ~ (2, 0.0%)

1 といふ新, を突

▼ 其の代り首尾~ (2, 0.0%)

1 よく遣っ, 好く持っ

▼ 其の代償~ (2, 0.0%)

1 としてはどうせ, は何処

▼ 其の代表的~ (2, 0.0%)

1 なもの, な言葉

▼ 其の以外~ (2, 0.0%)

1 では東京, の結婚法

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 の兄, を割いた

▼ 其の仲間~ (2, 0.0%)

1 に入, に加

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 でない, は何方

▼ 其の任免~ (2, 0.0%)

1 の大, の大権

▼ 其の伊藤内閣~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 其の伝記~ (2, 0.0%)

1 に一段, は十年以前

▼ 其の低い~ (2, 0.0%)

1 枝の, 聲が

▼ 其の住む~ (2, 0.0%)

1 こと幾時ぞや, 小屋は

▼ 其の住民~ (2, 0.0%)

1 の倭種たる, の階級職業

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 を抱き上げた, を置く

▼ 其の何れ~ (2, 0.0%)

1 が前, をも択びかね

▼ 其の何人~ (2, 0.0%)

2 に依

▼ 其の余波~ (2, 0.0%)

1 がカラカラ, にや昨日

▼ 其の作意~ (2, 0.0%)

1 に依, を以て坐する

▼ 其の使命~ (2, 0.0%)

1 と自分, を果たし

▼ 其の供養~ (2, 0.0%)

2 は百歳

▼ 其の俗論~ (2, 0.0%)

2 たる所以

▼ 其の信ずる~ (2, 0.0%)

2 所を

▼ 其の信仰~ (2, 0.0%)

1 を動かす, を強く

▼ 其の修正案~ (2, 0.0%)

2 の全部

▼ 其の修行場~ (2, 0.0%)

2 などを実地

▼ 其の修行者~ (2, 0.0%)

1 に取, は剣術

▼ 其の俳優~ (2, 0.0%)

1 の扮装, を人形

▼ 其の個人~ (2, 0.0%)

2 としての性格

▼ 其の個人性~ (2, 0.0%)

1 に薄, に薄気味

▼ 其の個人的位地~ (2, 0.0%)

2 よりいへ

▼ 其の候補者~ (2, 0.0%)

1 にとり, まで作

▼ 其の借りた~ (2, 0.0%)

1 手間を, 羽織と

▼ 其の停車場~ (2, 0.0%)

1 は北米合衆国, を更へた位

▼ 其の健康~ (2, 0.0%)

1 が囘復さる, を保たせ

▼ 其の側面~ (2, 0.0%)

1 には真, を護られ

▼ 其の傳授~ (2, 0.0%)

1 の根本, は皇室

▼ 其の傷痕~ (2, 0.0%)

1 を一目, を見付けられない

▼ 其の僅か~ (2, 0.0%)

1 なもの, の被覆物

▼ 其の僅少~ (2, 0.0%)

1 な前借, な厚意

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 が鈍らされる, も見ない

▼ 其の働き工合~ (2, 0.0%)

1 に大きな, は同じ

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 が好き, の姿

▼ 其の儘それ~ (2, 0.0%)

1 に吸, を父

▼ 其の儘太子~ (2, 0.0%)

2 の耳

▼ 其の儘意識~ (2, 0.0%)

1 を失い, を失っ

▼ 其の儘身~ (2, 0.0%)

1 を延す, を沈め

▼ 其の優しい~ (2, 0.0%)

1 手から, 手で

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 なる男, の一人娘

▼ 其の兄さん~ (2, 0.0%)

1 が弟, はつと

▼ 其の光り~ (2, 0.0%)

1 の中, や黄色い

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 の外, を殆ど死

▼ 其の党勢~ (2, 0.0%)

1 の思ふ, の振

▼ 其の入口~ (2, 0.0%)

1 の正面, を指示

▼ 其の兩者~ (2, 0.0%)

1 の間, はいづれ

▼ 其の公人~ (2, 0.0%)

2 たると

▼ 其の公人生涯~ (2, 0.0%)

2 に入りし

▼ 其の公生涯~ (2, 0.0%)

2 の前半期

▼ 其の六十有二~ (2, 0.0%)

1 の高, の高齢

▼ 其の共同者~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 其の冀望抱負~ (2, 0.0%)

2 常に新た

▼ 其の内側~ (2, 0.0%)

1 には細い, に潜ん

▼ 其の内閣一たび成立~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 其の~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 い心, き血

▼ 其の凝る~ (2, 0.0%)

1 氣と, 氣の

▼ 其の分量~ (2, 0.0%)

1 の多い, の少なき

▼ 其の初刊~ (2, 0.0%)

2 の紙上

▼ 其の初心~ (2, 0.0%)

1 を点検, を點檢

▼ 其の利害~ (2, 0.0%)

1 は国家, は國家

▼ 其の利弊~ (2, 0.0%)

2 とを知れり

▼ 其の刹那~ (2, 0.0%)

1 に下, に於い

▼ 其の前半期~ (2, 0.0%)

2 に於

▼ 其の前生~ (2, 0.0%)

1 の唱名, は何

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 にし, には學生

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 の手, を癒す

▼ 其の力士~ (2, 0.0%)

1 が紫, に天下一

▼ 其の力量~ (2, 0.0%)

1 の若く, 其の手腕

▼ 其の助手~ (2, 0.0%)

1 となっ, に切り捨て

▼ 其の労働~ (2, 0.0%)

1 と智恵, の成功

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 に至り, 無きが

▼ 其の~ (2, 0.0%)

2 もすれ

▼ 其の動作~ (2, 0.0%)

1 は余り, を異に

▼ 其の勝敗~ (2, 0.0%)

1 を紀念, を豫想

▼ 其の勢い~ (2, 0.0%)

1 に驚き, の暴き

▼ 其の勢力孤弱~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 其の勢力自ら天下~ (2, 0.0%)

2 に展

▼ 其の勢威~ (2, 0.0%)

2 を有し

▼ 其の~ (2, 0.0%)

2 は今日

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 には祭事, に入る

▼ 其の区別~ (2, 0.0%)

1 は相対的, を知っ

▼ 其の千円~ (2, 0.0%)

1 の持参, の持参金

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 にも届くまい, 腹に

▼ 其の卓子掛け~ (2, 0.0%)

1 に包みました, は確か

▼ 其の~ (2, 0.0%)

2 を判ぜしめた

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 が孵化, を生む

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 祿重賞を, 顏に

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 つぱ, を美作国久米郡南条村

▼ 其の厳しい~ (2, 0.0%)

1 監視の, 門を

▼ 其の友人~ (2, 0.0%)

1 がこの, は最近

▼ 其の友染~ (2, 0.0%)

2 を密

▼ 其の反覆表裏~ (2, 0.0%)

2 の心術

▼ 其の反証~ (2, 0.0%)

1 が全く, は既に悉く

▼ 其の受納力大~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 し方, するところ

▼ 其の古今~ (2, 0.0%)

2 を呑吐

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 に延びた, の薬指

▼ 其の右手~ (2, 0.0%)

1 には汚, のこと

▼ 其の合同~ (2, 0.0%)

2 を破りたる

▼ 其の同志~ (2, 0.0%)

1 と与, と與

▼ 其の名利~ (2, 0.0%)

2 の範疇

▼ 其の名声~ (2, 0.0%)

1 は漸次, を通じて常に

▼ 其の名望~ (2, 0.0%)

2 の高き

▼ 其の名著~ (2, 0.0%)

1 に驚かしめたる, 異稱日本傳

▼ 其の名音~ (2, 0.0%)

1 に逢った, は最初泉

▼ 其の向上精進~ (2, 0.0%)

2 毫も保守

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 の財産, の通

▼ 其の否定~ (2, 0.0%)

1 がある, を導き出した

▼ 其の命令~ (2, 0.0%)

1 を受け入れね, を待っ

▼ 其の咒文~ (2, 0.0%)

2 を暗誦

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 の響き, を防ぎます

▼ 其の咽喉~ (2, 0.0%)

1 を扼せ, を掴んだ

▼ 其の品質~ (2, 0.0%)

1 が劣っ, に見るべき

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 ひには, ひを

▼ 其の問題~ (2, 0.0%)

1 に就い, に限らず

▼ 其の善導~ (2, 0.0%)

2 し易き

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 をもつ, を要之助一人

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 を伸し, を逸し

▼ 其の器物~ (2, 0.0%)

1 に對, の生れた

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 がハツキリ頭, を除け

▼ 其の団体~ (2, 0.0%)

1 の大, は大戦当時

▼ 其の困難~ (2, 0.0%)

1 に当ります, は田畦

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 を一目, 迂図

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 い眼, を保たぬ

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 を上り下り, を下り

▼ 其の坊さん~ (2, 0.0%)

1 の要求, は大変

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 は今日, は黄褐色

▼ 其の~ (2, 0.0%)

2 を啓ら

▼ 其の基礎~ (2, 0.0%)

1 たる智識, を置こう

▼ 其の報償~ (2, 0.0%)

2 を要求

▼ 其の報告~ (2, 0.0%)

1 はペトログラアド, をする

▼ 其の場かぎり~ (2, 0.0%)

1 の嘘, の気安め

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 の土, の穴

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 に至る, ははつきり

▼ 其の壓迫~ (2, 0.0%)

1 から遁, を感ずる

▼ 其の売る~ (2, 0.0%)

1 所と, 所は

▼ 其の変形変色~ (2, 0.0%)

2 の底

▼ 其の夕刻~ (2, 0.0%)

1 から俄, は六文錢

▼ 其の外交~ (2, 0.0%)

1 に関しては文明, に關

▼ 其の外人~ (2, 0.0%)

2 に知らる

▼ 其の外套~ (2, 0.0%)

1 の脇の下, を彼方

▼ 其の外援~ (2, 0.0%)

2 すら今や漸く

▼ 其の多き~ (2, 0.0%)

1 に堪えないであろう, に居りし

▼ 其の多感~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 其の夜何~ (2, 0.0%)

1 かで挑発, か二人

▼ 其の大体~ (2, 0.0%)

1 の風度, を学ん

▼ 其の大功~ (2, 0.0%)

2 を滅せ

▼ 其の大名~ (2, 0.0%)

1 に当らざる, の憚つて

▼ 其の大工~ (2, 0.0%)

1 のなりわい, の長老様

▼ 其の大金~ (2, 0.0%)

1 は喜悦税, を絞り取られる

▼ 其の天分~ (2, 0.0%)

1 に発見, に發見

▼ 其の天守~ (2, 0.0%)

1 に向, の壁

▼ 其の天才~ (2, 0.0%)

1 の面白味, は何人

▼ 其の天然~ (2, 0.0%)

1 の旧, を開發

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 さ燐寸の, 甚しき者に

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 なるや, を求めずし

▼ 其の女主人公~ (2, 0.0%)

1 に見出した, の性格

▼ 其の女性~ (2, 0.0%)

1 の一人, は家内

▼ 其の如何~ (2, 0.0%)

2 にもし

▼ 其の妍醜瑕瑜大概露見~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 なる宇宙, を呈する

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 が老, の有名

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 と言, のお

▼ 其の姿勢~ (2, 0.0%)

2 で受け口

▼ 其の威信~ (2, 0.0%)

2 を失ひたる

▼ 其の威力勢力~ (2, 0.0%)

1 に對, を人

▼ 其の威勢~ (2, 0.0%)

1 は大した, を加

▼ 其の婆さん~ (2, 0.0%)

1 の怖い, の財布

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 かしいの, と云

▼ 其の嫉妬~ (2, 0.0%)

1 が余, の起った

▼ 其の嬉しい~ (2, 0.0%)

1 ほどいけず, 容子を

▼ 其の子孫~ (2, 0.0%)

1 が発達進化, であつ

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 すること誣, するところ

▼ 其の存立~ (2, 0.0%)

2 の長期

▼ 其の孝心~ (2, 0.0%)

1 に依, を考え

▼ 其の学者~ (2, 0.0%)

1 と謂, は云

▼ 其の学者達~ (2, 0.0%)

1 の研究, は蜂

▼ 其の學校~ (2, 0.0%)

1 の上, の卒業生

▼ 其の安眠~ (2, 0.0%)

2 とも安心とも

▼ 其の完全~ (2, 0.0%)

1 なる精神勞作, を傷つけず

▼ 其の官吏任用~ (2, 0.0%)

1 に対しては資格限定, に對

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 に入, 窯の

▼ 其の実地~ (2, 0.0%)

1 を見, を見届けた

▼ 其の宣言及綱領~ (2, 0.0%)

1 を発表, を發表

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 にも拘はらず, をおさへる

▼ 其の害毒~ (2, 0.0%)

1 の程度, は或

▼ 其の容れられたる~ (2, 0.0%)

2 は是

▼ 其の容子~ (2, 0.0%)

1 がをかし, はこれから

▼ 其の寂しい~ (2, 0.0%)

1 状を, 軒下に

▼ 其の寂寞~ (2, 0.0%)

1 は忽地, を破る

▼ 其の密書~ (2, 0.0%)

1 は秀子, を見た

▼ 其の密義~ (2, 0.0%)

1 とした, の出來やう

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 を拵へた人, 既に山河

▼ 其の寝台~ (2, 0.0%)

1 が有る, の上

▼ 其の寝床~ (2, 0.0%)

1 は木靴, へ再び

▼ 其の實質~ (2, 0.0%)

1 は薄弱, 概して狷介

▼ 其の實際~ (2, 0.0%)

1 に施爲せん, の心得

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 は何処, へ往

▼ 其の寺院~ (2, 0.0%)

1 に名音, は一名吉祥草院

▼ 其の対手~ (2, 0.0%)

1 たる警官, になっ

▼ 其の対象~ (2, 0.0%)

2 となる

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 に勝たん, に敗れん

▼ 其の尊敬~ (2, 0.0%)

1 された由來, し若く

▼ 其の對局下子~ (2, 0.0%)

2 の時

▼ 其の小事~ (2, 0.0%)

1 に聡明, に聰明

▼ 其の小料理屋~ (2, 0.0%)

2 を出た

▼ 其の小説~ (2, 0.0%)

1 はアルフレツド大王, は読者

▼ 其の小麦~ (2, 0.0%)

1 で幾日, の粒

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 について又, に跟

▼ 其の~ (2, 0.0%)

2 を結び

▼ 其の居城~ (2, 0.0%)

1 に來つて休息あれ, に到り

▼ 其の屍體~ (2, 0.0%)

1 が地, は其の

▼ 其の展開~ (2, 0.0%)

2 したる大

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 竜搏虎の, 龍搏虎の

▼ 其の屡々~ (2, 0.0%)

2 外務の

▼ 其の岩石~ (2, 0.0%)

2 を懐

▼ 其の岳父井上伯~ (2, 0.0%)

2 が伊藤侯

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 に, に臨ん

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 へ峯, を余した

▼ 其の川上~ (2, 0.0%)

1 に富士見, は日向見川

▼ 其の工夫~ (2, 0.0%)

1 にも困る, は別に

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 の手, の目

▼ 其の左右~ (2, 0.0%)

1 に燃えたる, に連続

▼ 其の已に~ (2, 0.0%)

1 挙げられて, 擧げられて

▼ 其の巻物~ (2, 0.0%)

1 を手, を開け

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 を, を取り除き

▼ 其の席上~ (2, 0.0%)

1 で相識, で端

▼ 其の帰り道~ (2, 0.0%)

1 に偶然警察署長, に遁

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 に挾ん, ぶる聲

▼ 其の常夏~ (2, 0.0%)

1 の花, を知らねえだ

▼ 其の常識~ (2, 0.0%)

2 を行

▼ 其の年齡~ (2, 0.0%)

1 に應, に達した

▼ 其の幾人~ (2, 0.0%)

1 が真に, は自分

▼ 其の庄屋~ (2, 0.0%)

1 と同じ, の家

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 に勘次, に餘計

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 いの, く秀

▼ 其の強健~ (2, 0.0%)

1 で且擴大, な身體

▼ 其の当人~ (2, 0.0%)

1 に聞きました, 及び親族等

▼ 其の当初~ (2, 0.0%)

1 から覚悟, の理想

▼ 其の形代~ (2, 0.0%)

1 の像, を持つ

▼ 其の彫像~ (2, 0.0%)

1 を, を城趾

▼ 其の後それ~ (2, 0.0%)

1 が濟むと醫科, に類似

▼ 其の後ろ~ (2, 0.0%)

1 の山, の部屋

▼ 其の後一~ (2, 0.0%)

1 と月, と言

▼ 其の後今~ (2, 0.0%)

1 の字, まで何れ

▼ 其の後影~ (2, 0.0%)

1 ながめ遣りたる花吉, を一睨

▼ 其の後彼女~ (2, 0.0%)

1 は相当, は陳慧君

▼ 其の後復~ (2, 0.0%)

1 た書籍, 再び借用

▼ 其の後支那~ (2, 0.0%)

1 の旧い, の目録

▼ 其の後身~ (2, 0.0%)

1 たる政友会, たる政友會

▼ 其の後逢~ (2, 0.0%)

1 はざれ, はなかつた

▼ 其の後鷹見家~ (2, 0.0%)

1 でしんばり棒, の後裔

▼ 其の徒爾~ (2, 0.0%)

1 に属する, に屬

▼ 其の御所柿~ (2, 0.0%)

1 の樹, を取り

▼ 其の御籤~ (2, 0.0%)

1 の中, を引い

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 なるは, に造らざる

▼ 其の徳澤~ (2, 0.0%)

1 を世に, を後世

▼ 其の心中~ (2, 0.0%)

1 の状態, を確かめる

▼ 其の心底~ (2, 0.0%)

1 に最も, を圖書

▼ 其の心得~ (2, 0.0%)

1 で居りました, で居れ

▼ 其の志す~ (2, 0.0%)

1 ところが, 所の

▼ 其の怒り~ (2, 0.0%)

1 をば意, を陽

▼ 其の思い違い~ (2, 0.0%)

1 は何処, をば秀子

▼ 其の性質上記~ (2, 0.0%)

2 の如き

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 を聞かう, 実に形容

▼ 其の怪し~ (2, 0.0%)

1 さは, の者

▼ 其の怪しい~ (2, 0.0%)

1 人間は, 形の

▼ 其の怪腕~ (2, 0.0%)

2 を現状打破

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 に代える, は愈々

▼ 其の恋愛~ (2, 0.0%)

1 が途中, をし

▼ 其の恐ろしい~ (2, 0.0%)

1 のは, 人生の

▼ 其の恩人~ (2, 0.0%)

1 にむかっ, の寵愛

▼ 其の恩恵~ (2, 0.0%)

1 に浴, の下

▼ 其の恩返し~ (2, 0.0%)

1 に密旨, の為

▼ 其の息子~ (2, 0.0%)

1 がまだ, の天南

▼ 其の悦ぶ~ (2, 0.0%)

2 可くし

▼ 其の悪人~ (2, 0.0%)

1 が器用, の妻

▼ 其の情婦~ (2, 0.0%)

1 が死ん, とを呪った

▼ 其の惑亂~ (2, 0.0%)

1 した心, し溷濁

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 い事, い習

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 ましさ, を以て祖先

▼ 其の愉し~ (2, 0.0%)

2 さを

▼ 其の愉快~ (2, 0.0%)

1 も極めて, 甚だ大

▼ 其の意識~ (2, 0.0%)

1 に依, に入

▼ 其の愛妻~ (2, 0.0%)

1 を敵, 及び十歳

▼ 其の成る~ (2, 0.0%)

2 と成らざる

▼ 其の成敗~ (2, 0.0%)

2 は則

▼ 其の成熟~ (2, 0.0%)

1 が後れた, の期

▼ 其の成立~ (2, 0.0%)

1 に就い, の上

▼ 其の戦術~ (2, 0.0%)

1 に従う, は飽迄

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 に死した, を聞居

▼ 其の所持品~ (2, 0.0%)

1 を奪い取った, を奪い取る

▼ 其の扉口~ (2, 0.0%)

1 に眼, を通りすぎ

▼ 其の手の甲~ (2, 0.0%)

1 を引き寄せ, を駄夫

▼ 其の手先~ (2, 0.0%)

1 から飛ぶ, も痛く

▼ 其の手腕~ (2, 0.0%)

1 の非凡, 其の文才

▼ 其の手配~ (2, 0.0%)

1 にか, をした

▼ 其の手際~ (2, 0.0%)

1 と謂ツ, は良く

▼ 其の~ (2, 0.0%)

2 を比べ

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 對つた, 手に

▼ 其の扮装~ (2, 0.0%)

1 が誠に, を見上げ見下し

▼ 其の批判~ (2, 0.0%)

2 は果して

▼ 其の技倆手腕~ (2, 0.0%)

2 に畏服

▼ 其の技巧~ (2, 0.0%)

1 が非常, には充分

▼ 其の技術~ (2, 0.0%)

1 が低下, を習得

▼ 其の拍子~ (2, 0.0%)

1 に何, に後

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 を漏れ, を解き

▼ 其の持續~ (2, 0.0%)

1 し易い, するの

▼ 其の持論~ (2, 0.0%)

1 を一変, を一變

▼ 其の挿絵~ (2, 0.0%)

1 には是等, の工合

▼ 其の排外的暴動~ (2, 0.0%)

2 を煽

▼ 其の提携~ (2, 0.0%)

2 の亦

▼ 其の揚句極刑~ (2, 0.0%)

1 に処し, に處

▼ 其の撃ちたる~ (2, 0.0%)

2 ところは

▼ 其の支度~ (2, 0.0%)

1 に急, をし

▼ 其の支配~ (2, 0.0%)

1 から脱し, が出羽

▼ 其の改正案~ (2, 0.0%)

2 を成立

▼ 其の放蕩~ (2, 0.0%)

2 は一生

▼ 其の政党~ (2, 0.0%)

1 と国家, の首領

▼ 其の政友~ (2, 0.0%)

1 を売り, を賣り

▼ 其の政宗~ (2, 0.0%)

1 の見込, を恐れる

▼ 其の政治~ (2, 0.0%)

2 の方面

▼ 其の政策~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 其の政見~ (2, 0.0%)

2 を異に

▼ 其の政黨~ (2, 0.0%)

1 と國家, の首領

▼ 其の教徒~ (2, 0.0%)

1 の熱心, は或は

▼ 其の教授~ (2, 0.0%)

1 として傍ら考古學, とする

▼ 其の教旨~ (2, 0.0%)

1 は今日歐州, は前

▼ 其の教育~ (2, 0.0%)

2 を受

▼ 其の敬す~ (2, 0.0%)

2 可くし

▼ 其の文明~ (2, 0.0%)

1 の建設者, の特徴

▼ 其の文采言語~ (2, 0.0%)

2 の多き

▼ 其の文面~ (2, 0.0%)

1 に, にもお

▼ 其の新聞~ (2, 0.0%)

1 にもある, を相手

▼ 其の新鮮~ (2, 0.0%)

1 な変化, な蔬菜

▼ 其の方如何様~ (2, 0.0%)

2 に陳

▼ 其の方陪臣~ (2, 0.0%)

1 の身, の身の上

▼ 其の旅僧~ (2, 0.0%)

1 がその, はどんな

▼ 其の旅畫師~ (2, 0.0%)

1 の描いた, はカタ

▼ 其の旅路~ (2, 0.0%)

1 といふの, に上つた

▼ 其の旅館~ (2, 0.0%)

1 の, まで同じ

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 の色, を北平

▼ 其の日暮し~ (2, 0.0%)

1 の者, の親達

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 事を, 勢力を

▼ 其の旧悪~ (2, 0.0%)

1 の一, をすら信じ

▼ 其の旨義~ (2, 0.0%)

2 に於

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 が目, を掻立つて貰ひたい

▼ 其の明白~ (2, 0.0%)

1 なる証拠, なる證據

▼ 其の明達~ (2, 0.0%)

2 の見

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 の末つ方, の詩歌

▼ 其の時丁~ (2, 0.0%)

1 どお, ど父

▼ 其の時不意~ (2, 0.0%)

1 に先, に煖炉棚

▼ 其の時先生~ (2, 0.0%)

1 はハア, は愈

▼ 其の時分千日前~ (2, 0.0%)

2 は墓場

▼ 其の時医師~ (2, 0.0%)

1 が私, は何故

▼ 其の時向山~ (2, 0.0%)

2 を通り

▼ 其の時女~ (2, 0.0%)

1 の声, は屹度袖

▼ 其の時女房~ (2, 0.0%)

1 は狸, は非常

▼ 其の時家~ (2, 0.0%)

1 の中, の周囲

▼ 其の時屏風~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 其の時廊下~ (2, 0.0%)

1 に山吹, を通り

▼ 其の時復讐~ (2, 0.0%)

2 をしられる

▼ 其の時急~ (2, 0.0%)

1 に此, に黒い

▼ 其の時機~ (2, 0.0%)

2 を得たる

▼ 其の時殿様~ (2, 0.0%)

1 が御, を船

▼ 其の時氣~ (2, 0.0%)

1 がつく, が氣

▼ 其の時限り~ (2, 0.0%)

1 お浦, の話

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 見余り, 見餘

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 と余裕, を得

▼ 其の書付~ (2, 0.0%)

1 を当人, 持つて

▼ 其の書名~ (2, 0.0%)

1 は載つ, を傳

▼ 其の書籍~ (2, 0.0%)

1 はありませぬ, も出

▼ 其の書風~ (2, 0.0%)

1 などのこと, の段々

▼ 其の~ (2, 0.0%)

2 て敵視

▼ 其の有無~ (2, 0.0%)

1 の二端, を査べた

▼ 其の服装~ (2, 0.0%)

1 をみ, を見る

▼ 其の服裝~ (2, 0.0%)

1 は他, を

▼ 其の朝発足~ (2, 0.0%)

2 したとある

▼ 其の朝野~ (2, 0.0%)

1 に亘り, に亙り

▼ 其の期待~ (2, 0.0%)

1 は外れ, は見事適中

▼ 其の未亡人~ (2, 0.0%)

2

▼ 其の未来~ (2, 0.0%)

1 の短, を談ず

▼ 其の末文~ (2, 0.0%)

2 に言

▼ 其の末端~ (2, 0.0%)

1 が油煙, の入口

▼ 其の本尊~ (2, 0.0%)

1 が霞ん, たる男女

▼ 其の本当~ (2, 0.0%)

1 の意志否定, の話

▼ 其の本相~ (2, 0.0%)

1 とし, として居る

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 の葉, は火

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 の選擇, を認められ

▼ 其の材木~ (2, 0.0%)

1 が立掛け, に葉

▼ 其の村方~ (2, 0.0%)

1 の名主, を御

▼ 其の来る~ (2, 0.0%)

1 時の, 迄次

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 には形, を征せ

▼ 其の東北~ (2, 0.0%)

1 に在る, 諸夷

▼ 其の東夷~ (2, 0.0%)

1 の中蝦夷是, や識性暴強

▼ 其の東隣~ (2, 0.0%)

1 の室津, の門

▼ 其の松樹~ (2, 0.0%)

1 にし, の種子

▼ 其の松谷秀子~ (2, 0.0%)

1 がよ己, の居る

▼ 其の板垣伯~ (2, 0.0%)

2 と異

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 に包まれ, や木立

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 あり, なし

▼ 其の果して~ (2, 0.0%)

2 能く

▼ 其の果して然~ (2, 0.0%)

2 るや

▼ 其の果物屋~ (2, 0.0%)

1 は私, を紹介

▼ 其の架空的~ (2, 0.0%)

2 にあらざる

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 の木の葉, の花

▼ 其の根元~ (2, 0.0%)

1 には死骸, は虫

▼ 其の根基~ (2, 0.0%)

1 に於, を我邦土

▼ 其の根底~ (2, 0.0%)

1 がぐらつい, に於

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 の枝まつはりたる, は玉

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 の下, を初めて

▼ 其の極遂に~ (2, 0.0%)

2 之れ

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 であの, で突

▼ 其の標的~ (2, 0.0%)

1 とせん, を自意識

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 なこと, な人

▼ 其の樣子~ (2, 0.0%)

1 がどうも, を見る

▼ 其の権能~ (2, 0.0%)

1 は絶対, を要求

▼ 其の横顏~ (2, 0.0%)

1 を憎々しい, を睨め付け

▼ 其の横顔~ (2, 0.0%)

1 はダンテ, を覗い

▼ 其の機宜~ (2, 0.0%)

2 を誤

▼ 其の機関~ (2, 0.0%)

1 たり, には非

▼ 其の機關~ (2, 0.0%)

1 として働く, には非

▼ 其の~ (2, 0.0%)

2 の根

▼ 其の權能~ (2, 0.0%)

1 は絶對, を越え

▼ 其の次の間~ (2, 0.0%)

1 にも二三人, に年齢十六七

▼ 其の款心~ (2, 0.0%)

2 を失

▼ 其の武力~ (2, 0.0%)

1 が海陸共, を用いなけれ

▼ 其の武器~ (2, 0.0%)

1 である, は法律

▼ 其の~ (2, 0.0%)

2 を進めざるべからず

▼ 其の死人~ (2, 0.0%)

1 に此奴, を家族

▼ 其の死後~ (2, 0.0%)

1 に語っ, の名

▼ 其の死滅~ (2, 0.0%)

1 するの, の影

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 は幾重にも, は誠に

▼ 其の殿~ (2, 0.0%)

1 に火, の内

▼ 其の比倫~ (2, 0.0%)

2 を求め

▼ 其の比翼指輪~ (2, 0.0%)

1 が今, の一つ

▼ 其の比較~ (2, 0.0%)

2 が彼女

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 といふもの, の確か

▼ 其の気持~ (2, 0.0%)

1 の悪, を誇張

▼ 其の汚名~ (2, 0.0%)

1 は消えます, も一日

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 には鮒, もない

▼ 其の汽笛~ (2, 0.0%)

1 の声, の威嚇

▼ 其の汽車~ (2, 0.0%)

1 で余, を見

▼ 其の沈痛~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 其の沈黙~ (2, 0.0%)

1 の一人, は直ちに

▼ 其の沢山~ (2, 0.0%)

1 ない事, の葉

▼ 其の波紋~ (2, 0.0%)

1 が及ん, が静まる

▼ 其の泣く~ (2, 0.0%)

1 所以なる, 聲が

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 に汚れない, を盥

▼ 其の注意~ (2, 0.0%)

1 の至, を惹起

▼ 其の活動~ (2, 0.0%)

1 の時代, の状

▼ 其の流派~ (2, 0.0%)

1 は五つ, を擧げ

▼ 其の浪人~ (2, 0.0%)

1 が持っ, が私

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 での鱈, の彼方

▼ 其の消息~ (2, 0.0%)

1 を悟り得よう, を窺

▼ 其の消費~ (2, 0.0%)

1 に對, の餘

▼ 其の液体~ (2, 0.0%)

1 の食べ物, を引き延ばした

▼ 其の淡泊~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 其の深い~ (2, 0.0%)

1 樹立の, 真因である

▼ 其の混雑~ (2, 0.0%)

1 のなか, はどー

▼ 其の清廉潔白~ (2, 0.0%)

2 なる美質

▼ 其の清浄潔白~ (2, 0.0%)

1 の女, を世に

▼ 其の清浄無垢~ (2, 0.0%)

1 が世に, の華やか

▼ 其の清濁~ (2, 0.0%)

2 を論ぜず

▼ 其の清貴~ (2, 0.0%)

2 の性質

▼ 其の清醇~ (2, 0.0%)

2 なる分子

▼ 其の測る~ (2, 0.0%)

1 こと難き, 可から

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 のやう, の底

▼ 其の滅亡~ (2, 0.0%)

1 の跡, を嘆惜

▼ 其の演説~ (2, 0.0%)

1 に少し, を評し

▼ 其の潔白~ (2, 0.0%)

1 の証拠, を証明

▼ 其の濡衣~ (2, 0.0%)

1 を乾し, を乾す

▼ 其の為す~ (2, 0.0%)

1 所を, 所一も

▼ 其の烏合~ (2, 0.0%)

2 の群衆たる

▼ 其の無礼~ (2, 0.0%)

1 なこと, を問掛け

▼ 其の無稽無謀~ (2, 0.0%)

2 の太甚しき

▼ 其の無能無力~ (2, 0.0%)

2 なるが

▼ 其の無言~ (2, 0.0%)

1 の微笑, 無物

▼ 其の煩悶~ (2, 0.0%)

1 は餘程熱烈, を忘れよう

▼ 其の熱心~ (2, 0.0%)

1 なコレクター, を以て人

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 を剥ぎ, を己

▼ 其の爪先~ (2, 0.0%)

1 に蹴られ, は白う

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 ひは, ふ所

▼ 其の爲事~ (2, 0.0%)

1 が濟む, が詰らぬ

▼ 其の父母~ (2, 0.0%)

1 とは暫らく願念寺, もしくは祖父母等

▼ 其の牢屋~ (2, 0.0%)

1 が開かれ, の跡

▼ 其の物凄い~ (2, 0.0%)

2 事は

▼ 其の特別~ (2, 0.0%)

1 な性癖, を以てね例外

▼ 其の特性~ (2, 0.0%)

1 の作用, を發揮

▼ 其の特有~ (2, 0.0%)

1 な力, の大きな

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 であらう, を追

▼ 其の狂人~ (2, 0.0%)

1 と向, を救助船

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 に云った, は其の

▼ 其の猛烈~ (2, 0.0%)

1 な勢, は実生活

▼ 其の猟師~ (2, 0.0%)

1 と炉, は重

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 の様, は樹

▼ 其の玄関~ (2, 0.0%)

1 に立っ, へ引っ返し

▼ 其の率意~ (2, 0.0%)

1 の處, の點

▼ 其の率由~ (2, 0.0%)

2 する所以

▼ 其の現場~ (2, 0.0%)

1 の見取図, を見とどけ

▼ 其の現状維持~ (2, 0.0%)

2 に倦み

▼ 其の瓶内~ (2, 0.0%)

1 に充てる, の空虚

▼ 其の甚だ~ (2, 0.0%)

2 喜ばざる所

▼ 其の生々しい~ (2, 0.0%)

1 腕が, 腕へ

▼ 其の生前~ (2, 0.0%)

1 に帝國, の気節

▼ 其の生存~ (2, 0.0%)

1 と繁殖, の時代

▼ 其の生贄~ (2, 0.0%)

1 として取り, を献げ

▼ 其の生長~ (2, 0.0%)

1 して, を續

▼ 其の産出~ (2, 0.0%)

1 が尠, の多

▼ 其の由来~ (2, 0.0%)

1 なきに, を審

▼ 其の申出~ (2, 0.0%)

2 は唯

▼ 其の画像~ (2, 0.0%)

1 がひらひら, を借り受け

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 からさ, からの收益

▼ 其の留守~ (2, 0.0%)

1 にし, の間

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 の價値, も何處

▼ 其の畫題~ (2, 0.0%)

1 たる花, のほか

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 な香, 樣に

▼ 其の異同~ (2, 0.0%)

1 の少から, を告げられし

▼ 其の當時行~ (2, 0.0%)

2 はれて

▼ 其の當體~ (2, 0.0%)

2 と本

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 は執拗, を解く

▼ 其の疑問~ (2, 0.0%)

1 が滋, を解きたい

▼ 其の疑惑~ (2, 0.0%)

1 は融けぬらしい, をその

▼ 其の痕跡~ (2, 0.0%)

1 をすら稀, をも

▼ 其の癖四邊~ (2, 0.0%)

2 にかくれる

▼ 其の癖馬鹿~ (2, 0.0%)

1 に幅, に體面

▼ 其の発明~ (2, 0.0%)

1 する所, をした

▼ 其の発達~ (2, 0.0%)

1 し来った本国, を阻害

▼ 其の發明~ (2, 0.0%)

1 する所, にか

▼ 其の發生~ (2, 0.0%)

1 するに, を檢出

▼ 其の白き~ (2, 0.0%)

1 もの施こせる, を履

▼ 其の白く~ (2, 0.0%)

1 廣い, 眞ん

▼ 其の白骨~ (2, 0.0%)

1 を本当, を高野

▼ 其の皮膚~ (2, 0.0%)

1 の白, を顔

▼ 其の監獄~ (2, 0.0%)

2 に携

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 た, にさしける

▼ 其の目先~ (2, 0.0%)

2 の早い

▼ 其の相撲取~ (2, 0.0%)

1 をたのむ, を頼み

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 に中, の両端

▼ 其の眞理~ (2, 0.0%)

1 の攻究, の鍵

▼ 其の眞相~ (2, 0.0%)

1 を現す, を過つなり

▼ 其の眞面目~ (2, 0.0%)

1 な人間, 腐つた顏

▼ 其の眞黒~ (2, 0.0%)

1 な管, な翼

▼ 其の真中~ (2, 0.0%)

1 の一個, の蓋

▼ 其の真偽~ (2, 0.0%)

1 を弁ぜざる, を正す

▼ 其の真相~ (2, 0.0%)

1 を掴む, を窺いたい

▼ 其の知人~ (2, 0.0%)

1 は既に, は笑い

▼ 其の知識~ (2, 0.0%)

1 は絶対的, を有

▼ 其の短銃~ (2, 0.0%)

1 をお, を差向け

▼ 其の石段~ (2, 0.0%)

1 を上っ, を降り初めた

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 から生えた, を掘つ

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 に對, を郷里

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 に来なす, 無きを

▼ 其の社交~ (2, 0.0%)

2 に色彩

▼ 其の祖父様~ (2, 0.0%)

1 では, の御

▼ 其の神聖~ (2, 0.0%)

1 な休息, を損

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 あれども, は沼

▼ 其の禍源~ (2, 0.0%)

2 は猶

▼ 其の禿頭~ (2, 0.0%)

1 によろしく, の老人

▼ 其の私情~ (2, 0.0%)

2 を利用

▼ 其の秩序~ (2, 0.0%)

2 を整

▼ 其の種子~ (2, 0.0%)

1 は二指, は地

▼ 其の種族~ (2, 0.0%)

1 の事情, を十分

▼ 其の稿料~ (2, 0.0%)

1 で大崎村, で拵

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 で何分, で居

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 を伐つた, を縛つて

▼ 其の穴川~ (2, 0.0%)

1 と云う, に逢う

▼ 其の空気~ (2, 0.0%)

1 も一緒, よりはもつ

▼ 其の空氣~ (2, 0.0%)

1 が弱い, を吸ツ

▼ 其の空隙~ (2, 0.0%)

1 に噛み, を彼

▼ 其の突当り~ (2, 0.0%)

1 がグランド, が昨夜

▼ 其の窶れた~ (2, 0.0%)

1 目の, 軟かな

▼ 其の立場~ (2, 0.0%)

1 として支那民族發展, を異に

▼ 其の立憲政治~ (2, 0.0%)

1 に関する思想, に關

▼ 其の立案~ (2, 0.0%)

2 に成れる

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 ひを, ひ声

▼ 其の笑顔~ (2, 0.0%)

1 の美し, を思ふ

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 を歩行, 既に落ち

▼ 其の策源~ (2, 0.0%)

2 の彼

▼ 其の策略~ (2, 0.0%)

2 は大抵

▼ 其の範囲~ (2, 0.0%)

1 は一府八県, を拡大

▼ 其の範囲内~ (2, 0.0%)

1 では毎時, の型

▼ 其の簡單~ (2, 0.0%)

1 なる直線, な設備

▼ 其の米俵~ (2, 0.0%)

1 を両手, を置き

▼ 其の精力~ (2, 0.0%)

1 を傾注, を恢復

▼ 其の糸車~ (2, 0.0%)

1 だ, のま

▼ 其の糾合~ (2, 0.0%)

2 せる同志

▼ 其の紛擾~ (2, 0.0%)

1 に対して自ら責任, に對

▼ 其の結果脳~ (2, 0.0%)

1 も少し, を悪く

▼ 其の結構~ (2, 0.0%)

1 な部屋, の偉

▼ 其の給金~ (2, 0.0%)

1 が段々, を取ります

▼ 其の絶頂~ (2, 0.0%)

2 に達した

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 を解い, を透し

▼ 其の綺麗~ (2, 0.0%)

1 なこと, な方面

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 の色, の草木

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 へは墨, を牽き動かしつ

▼ 其の編纂~ (2, 0.0%)

1 された次序, する時

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 法ぐらゐは想像し得られる, 法を

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 は工場, をつくる

▼ 其の美くし~ (2, 0.0%)

1 いお嬢さま, い窓

▼ 其の美しい白い~ (2, 0.0%)

2 顔が

▼ 其の美しく~ (2, 0.0%)

1 生れたため, 青々と

▼ 其の美女~ (2, 0.0%)

1 が居た, を前

▼ 其の美麗~ (2, 0.0%)

1 にし, を極

▼ 其の群衆~ (2, 0.0%)

2 に及ぼす

▼ 其の翌年私~ (2, 0.0%)

1 は或, は沼津

▼ 其の翌日僕~ (2, 0.0%)

1 はやっと, は六ヶ月

▼ 其の翌月~ (2, 0.0%)

1 の九月, の十一日出発

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 に相, を矯めね

▼ 其の翻譯~ (2, 0.0%)

1 が素願, に從事

▼ 其の老い~ (2, 0.0%)

1 朽ちかけた姿, 硬ばつた一葉

▼ 其の老妓~ (2, 0.0%)

1 が呼ばれる, と婢

▼ 其の老婆~ (2, 0.0%)

1 はにこにこ, を見た

▼ 其の老骨~ (2, 0.0%)

2 を排し

▼ 其の者等~ (2, 0.0%)

1 の行方, の身体

▼ 其の聖鑒~ (2, 0.0%)

2 を蒙り

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 を尽さざる, を継い

▼ 其の職業~ (2, 0.0%)

1 の趣味, も私

▼ 其の肉体~ (2, 0.0%)

1 の障害, は動い

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 が清淨, の色

▼ 其の能事~ (2, 0.0%)

1 を尽くしたれ, を盡くし

▼ 其の脅かす~ (2, 0.0%)

2 所と

▼ 其の脇差~ (2, 0.0%)

1 を抜い, を提げ

▼ 其の脇指~ (2, 0.0%)

1 が朱鞘, のこと

▼ 其の~ (2, 0.0%)

2 と手

▼ 其の腐敗~ (2, 0.0%)

1 の区域, の區域

▼ 其の膏血~ (2, 0.0%)

1 はよも, を絞り

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 に倒れ, に萌黄

▼ 其の自ら助成~ (2, 0.0%)

2 したる内閣

▼ 其の自負~ (2, 0.0%)

2 に相応しい

▼ 其の臭気~ (2, 0.0%)

1 で其, は大分

▼ 其の興味~ (2, 0.0%)

1 を感ずる, を解する

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 を守らない, 即ち居り

▼ 其の舞台~ (2, 0.0%)

1 の上, の装置

▼ 其の良から~ (2, 0.0%)

1 ずと, ぬこと

▼ 其の色々~ (2, 0.0%)

1 な固有振動, の調査物

▼ 其の色んな~ (2, 0.0%)

2 事件が

▼ 其の色調~ (2, 0.0%)

1 と云う, よりも画題

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 がほころびる, 蒸す欄干

▼ 其の苛責~ (2, 0.0%)

2 の為め

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 え男, 夫婦に

▼ 其の若旦那~ (2, 0.0%)

1 とかいうの, の病

▼ 其の若者~ (2, 0.0%)

1 に云うた, はくるり

▼ 其の苦笑~ (2, 0.0%)

2 を浮かべた

▼ 其の苦行~ (2, 0.0%)

1 をやつ, を成就

▼ 其の茂み~ (2, 0.0%)

1 の中, は花

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 の外套氏, も五人前

▼ 其の茶屋~ (2, 0.0%)

1 で休んだ, までのした

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 であるとか, を痛め

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 の雪, を多く

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 の抱朴子, わすところ

▼ 其の著作物~ (2, 0.0%)

1 に表示, を複製

▼ 其の葛籠~ (2, 0.0%)

1 へ入れ, をあらためる

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 にも錠, を押

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 の日, を送

▼ 其の蔬菜~ (2, 0.0%)

1 が庖丁, の缺乏

▼ 其の薄志弱行~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 其の藝術~ (2, 0.0%)

1 が動, の進境

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 ばかり呉れてた, を得たい

▼ 其の蜘蛛屋~ (2, 0.0%)

1 とか云う, へ行っ

▼ 其の蝙蝠傘~ (2, 0.0%)

1 の此方, をお

▼ 其の蟻達~ (2, 0.0%)

1 はみんな体, は地

▼ 其の行く先~ (2, 0.0%)

1 きを, をはっきり

▼ 其の行手~ (2, 0.0%)

1 へ走りよる, を遮る

▼ 其の行程~ (2, 0.0%)

1 を日數, を案ずる

▼ 其の表書~ (2, 0.0%)

2 なア

▼ 其の表題~ (2, 0.0%)

1 に大委國上宮太子, は稍時代

▼ 其の袖口~ (2, 0.0%)

1 がほんのり, の赤ひのや

▼ 其の被害地~ (2, 0.0%)

1 の上, を歩く

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 と綿入, に一枚づゝ帶

▼ 其の裁判~ (2, 0.0%)

1 が全く, を見

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 に忍び, の触る

▼ 其の複雑~ (2, 0.0%)

1 なる内容, の気持

▼ 其の襖際~ (2, 0.0%)

1 から氷, に気勢

▼ 其の要旨~ (2, 0.0%)

1 を摘記, を述べる

▼ 其の要求~ (2, 0.0%)

1 の当否, をはじめて

▼ 其の見地~ (2, 0.0%)

2 を異に

▼ 其の見方~ (2, 0.0%)

1 は言, も一応

▼ 其の見解~ (2, 0.0%)

2 を異に

▼ 其の観る~ (2, 0.0%)

2 可き無き

▼ 其の観察~ (2, 0.0%)

1 から隠れ, と判断

▼ 其の討議~ (2, 0.0%)

1 の為, の爲

▼ 其の記憶~ (2, 0.0%)

1 がなかっ, がなかつた

▼ 其の記録~ (2, 0.0%)

1 によりて焔羅王, のない

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 が尋常一様, を集めた

▼ 其の証拠品~ (2, 0.0%)

1 と云う, は裁判所

▼ 其の詩歌~ (2, 0.0%)

1 の中, の文句

▼ 其の詰らぬ~ (2, 0.0%)

1 ことの, 事に

▼ 其の語類~ (2, 0.0%)

1 に於い, に爾

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 には動かされた, の罪人

▼ 其の説く~ (2, 0.0%)

1 ところ概ね, ところ正に

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 とも判らぬ, と云う

▼ 其の調~ (2, 0.0%)

1 の高き, を為さ

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 ふがま, を拒まない

▼ 其の論文~ (2, 0.0%)

1 にし, の別刷

▼ 其の論旨侃諤首相~ (2, 0.0%)

2 の無

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 はれを, は歌道

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 の樣, の自動車

▼ 其の謦咳~ (2, 0.0%)

2 に接せざる

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 を賛, を贊

▼ 其の議員~ (2, 0.0%)

1 を饗応, を饗應

▼ 其の護衛~ (2, 0.0%)

1 の騎兵百人, を削り

▼ 其の讀方~ (2, 0.0%)

1 は低き, を伊時

▼ 其の變化~ (2, 0.0%)

1 の甚しき, も亦

▼ 其の谷川~ (2, 0.0%)

1 の上手, の音

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 は張る, は殆ど

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 は貴い, を取り

▼ 其の貨殖~ (2, 0.0%)

2 に巧み

▼ 其の貴族院~ (2, 0.0%)

2 に於

▼ 其の賃錢~ (2, 0.0%)

1 によつて, は仕事

▼ 其の資性~ (2, 0.0%)

2 も比較上廉潔

▼ 其の資望~ (2, 0.0%)

2 は尚

▼ 其の贅澤~ (2, 0.0%)

1 の程, を行ツ

▼ 其の赤裸々~ (2, 0.0%)

2 の素ツ裸

▼ 其の超然主義~ (2, 0.0%)

2 を標榜

▼ 其の足らざる~ (2, 0.0%)

1 処を, 所を

▼ 其の足音~ (2, 0.0%)

1 が長吉, を存じ

▼ 其の趺宕~ (2, 0.0%)

2 の性

▼ 其の跫音~ (2, 0.0%)

1 は次第, は立ち止る

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 が尽き, を一人

▼ 其の蹙め~ (2, 0.0%)

1 たやう, るやう

▼ 其の身の上~ (2, 0.0%)

1 が幸福, にも深い

▼ 其の輔弼~ (2, 0.0%)

2 の責

▼ 其の輪廓~ (2, 0.0%)

1 を拡大, を擴大

▼ 其の輪田夏子~ (2, 0.0%)

1 だと, の清浄潔白

▼ 其の輪郭~ (2, 0.0%)

1 だけを述べた, の一端

▼ 其の近辺~ (2, 0.0%)

1 では丸部, の事柄

▼ 其の返事~ (2, 0.0%)

1 だ, の如くなれ

▼ 其の返答~ (2, 0.0%)

1 に差, に差支えた

▼ 其の~ (2, 0.0%)

2 を見れ

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 に上つた, を得ざる

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 さを, ならんこと

▼ 其の連れ~ (2, 0.0%)

1 に附き, は余り

▼ 其の連名~ (2, 0.0%)

2 の一人

▼ 其の進歩~ (2, 0.0%)

1 が徐々に, の漸

▼ 其の進行~ (2, 0.0%)

1 は廢絶, をつ

▼ 其の遠く~ (2, 0.0%)

1 から來, と云う

▼ 其の適任者~ (2, 0.0%)

2 を求む

▼ 其の遺言~ (2, 0.0%)

1 で身代, にある

▼ 其の那方~ (2, 0.0%)

1 が那方, の説

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 へ行つて, を初めて

▼ 其の部落~ (2, 0.0%)

1 では各戸, に足

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 其の上, 其の鄰

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 の中, を段々

▼ 其の醇駁~ (2, 0.0%)

2 を判じ

▼ 其の醗酵力~ (2, 0.0%)

2 の消滅

▼ 其の野性~ (2, 0.0%)

1 を発揮, を遠慮なく

▼ 其の釣鐘草~ (2, 0.0%)

1 が一茎, の交つたの

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 の枠, の赤い

▼ 其の鉄板~ (2, 0.0%)

1 が少し, を検めた

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 のソース鍋, の鍋

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 は姉さん, を馬

▼ 其の鋭利~ (2, 0.0%)

1 なる批評, なる観察

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 の処, を出し

▼ 其の鑑定~ (2, 0.0%)

1 がつき, はどうも

▼ 其の鑛毒~ (2, 0.0%)

1 と鑛毒, の區域

▼ 其の長屋~ (2, 0.0%)

1 の前, の差配

▼ 其の長所~ (2, 0.0%)

2 に非らざる

▼ 其の長者~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ 其の門下生~ (2, 0.0%)

2 に富む

▼ 其の門口~ (2, 0.0%)

1 から入っ, に窺い寄る

▼ 其の間々~ (2, 0.0%)

1 に殊更, に隠れ

▼ 其の間撤兵問題蘇丹事件等~ (2, 0.0%)

2 ありしも

▼ 其の関係~ (2, 0.0%)

1 は極めて, よりいふ

▼ 其の闘争~ (2, 0.0%)

1 とを相, の機関

▼ 其の降つ~ (2, 0.0%)

1 て来る, 掛けは

▼ 其の階段~ (2, 0.0%)

1 に違い, の下

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 に小松緑, に詰りいろ

▼ 其の際侯~ (2, 0.0%)

2 は此

▼ 其の障子~ (2, 0.0%)

1 の破, を開け

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 を救, を逃れた

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 は大きく, も勤めなけれ

▼ 其の電灯~ (2, 0.0%)

1 の傍, は石

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 で蔽, の如く

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 が這, を踏む

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 を示す, を祭つたの

▼ 其の~ (2, 0.0%)

2 を鳴らさ

▼ 其の非道~ (2, 0.0%)

1 の所行, をも思わず

▼ 其の頃一人~ (2, 0.0%)

1 の座頭, の息子

▼ 其の頃上高地~ (2, 0.0%)

2 に行く

▼ 其の頃肋膜~ (2, 0.0%)

2 を少し

▼ 其の頑愚~ (2, 0.0%)

2 を冷笑

▼ 其の領袖たる者~ (2, 0.0%)

2 の如何なる

▼ 其の頭取~ (2, 0.0%)

1 に饗応, は曾

▼ 其の頭目~ (2, 0.0%)

2 とも見るべき

▼ 其の頭髮~ (2, 0.0%)

1 を埋め, を少し

▼ 其の額際~ (2, 0.0%)

2 より頬

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 をしめ附け, をば拉げる

▼ 其の願い~ (2, 0.0%)

1 に任せ, を捨てず

▼ 其の顛末~ (2, 0.0%)

1 が話された, を記載

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 に同じ, の違

▼ 其の風体~ (2, 0.0%)

1 が既に, は全体

▼ 其の風呂敷~ (2, 0.0%)

1 の中, の桔梗色

▼ 其の風呂敷包~ (2, 0.0%)

1 を抱, を置いた

▼ 其の風格~ (2, 0.0%)

1 は如何なる, は推知

▼ 其の飛出した~ (2, 0.0%)

1 やうな, 眼球が

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 に養, のこと

▼ 其の首領~ (2, 0.0%)

2 たらしめん

▼ 其の首領たる~ (2, 0.0%)

1 を辞する, を辭

▼ 其の馬車~ (2, 0.0%)

1 の中, は早

▼ 其の騷ぎ~ (2, 0.0%)

1 の聲, を聞きつ

▼ 其の驚き~ (2, 0.0%)

1 がぬけませんでした, が過ぎ去っ

▼ 其の驚くべき~ (2, 0.0%)

1 事実なる, 迅速な

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 ばかりの頬, を蔵す

▼ 其の骨董~ (2, 0.0%)

1 に当時五万両, は零雑

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 に貼し, は既に

▼ 其の體裁~ (2, 0.0%)

1 の類書, を學ん

▼ 其の高慢税~ (2, 0.0%)

1 の額, は所得税

▼ 其の高楼~ (2, 0.0%)

1 から瞰, を何処

▼ 其の高貴~ (2, 0.0%)

1 なる所以, なる部分

▼ 其の魔法~ (2, 0.0%)

1 の不思議, の杖

▼ 其の~ (2, 0.0%)

1 を捕る, を木

▼ 其の鮮麗~ (2, 0.0%)

1 な淺緑, な緑色

▼ 其の鳥居~ (2, 0.0%)

1 の柱, は只今

▼ 其の麁朶~ (2, 0.0%)

1 をお, を取っ

▼ 其の黄玉~ (2, 0.0%)

2 や鷄血石

▼ 其の黄色~ (2, 0.0%)

2 を失ふ

▼ 其の黄色い~ (2, 0.0%)

1 大きな花, 薄板が

▼ 其の黒き~ (2, 0.0%)

1 事漆の, 袖を

▼ 其の黒幕~ (2, 0.0%)

2 として頗る

▼ 其の黒雲~ (2, 0.0%)

1 がじり, が村全体

▼ 其の黨勢~ (2, 0.0%)

1 の思ふ, の振

▼ 其の鼻先~ (2, 0.0%)

2 に突きつけ

▼1* [4897件]

其のさが, 其のあいだに利益, 其のあとしんとして雨氣, 其のあまりで両脚, 其のありさまは, 其のある時代の, 其のあれだ手短, 其のいきさつを記述, 其のいじらしい妻の, 其のいたましさが, 其のいはれを聞かう, 其のいひ澱んだことを, 其のいましめを背かない, 其のうえ斯んな身重, 其のうえ観音裏で与, 其のうけうりを, 其のうしろ姿を見送る, 其のうち一つは毒薬, 其のうち一ヶ所は今上, 其のうち一角の息, 其のうち偸盗戒といっ, 其のうち凡そ一時間の余, 其のうち年も果て, 其のうち幾分を取, 其のうち床を出し, 其のうち店の者, 其のうち才はじけた一少女, 其のうち此方へ膳, 其のうち酒肴が出, 其のうまい滴りの, 其のうるさい重荷の, 其のうるさくて忌々しい, 其のえらがりと, 其のおかげで吾, 其のおさな顔に, 其のおもむきが異なつ, 其のお代は戴きません, 其のお前さん力に思う, 其のお化けのやう, 其のお好ちやんで, 其のお婆さんが聲, 其のお客を取る, 其のお客様でお座敷, 其のお宮の主, 其のお手本に傚つて, 其のお歌を一寸, 其のお盆は伊香保, 其のお祭りに參列, 其のお納戸色の型附半襟, 其のお腰を拝見, 其のお腹立は重々, 其のお釈迦様がかうし, 其のお銭が此, 其のかげになつて, 其のかし山の峠, 其のかそけきを, 其のかみさんに目, 其のかよわい手を, 其のからだを動かし, 其のかわり屹度旦那様の仇, 其のかわり汝の指, 其のかわり漁があれ, 其のはどい, 其のきいちやんの處, 其のきりつと緊つた身體, 其のきれいな猫, 其のくだけた服装にも, 其のくちびるの蕾, 其のくれえのことは, 其のけんまくの怖, 其のこそつぱい笊の, 其のころ書生気質は評判, 其のころ私の家, 其のごとき場合を, 其の撫子を, 其のさかしいのに, 其のさかなをまず, 其のさま卑しからぬ, 其のさもしい心の, 其のしなやかさと柔か, 其のしるし御座したり, 其のじゃりじゃりと云う, 其のが, 其のすぐ傍の, 其のすじ向うの角, 其のする事に, 其のせつない中にも, 其のせめても雫, 其のたぐいでしょう, 其のたばね菜の, 其のたまげた顔を, 其のため播磨の国, 其のため教会へ行かない, 其のたもとを引く, 其のたれの入, 其のちらしを信号灯, 其のつもりぢや来た, 其のづぶ濡の色, 其のてつぺんに出入口, 其のほりの, 其のとおりじゃ, 其のとき惨めな自分, 其のとき時子は発作, 其のとき柵山南条という二等兵, 其のとき矢口が訪客, 其のとき闇のなか, 其のとき馴染の校書, 其のとたんに月, 其のとろけた眼づかい, 其のどうせ来年の, 其のどす黒い地べたに, 其のどちらかの虫, 其の商業の, 其のなき母を, 其のなく声を, 其のにこやかな顔, 其ののち二日ばかり影, 其ののち代々子も孫, 其ののち米国へ行った, 其ののんどりと和み, 其のはずれに大, 其のひきだしに持つ, 其のひとり娘をむざと, 其のひどい有樣, 其のひまな時間, 其のふくよかな彼女, 其のふくれた腹へ, 其のふつさりと, 其のぶかぶかの靴, 其のほか他の部分, 其のほか塔の秘密, 其のほか峯打ち当て身, 其のほか物を貯蔵, 其のほか鴨や山鳥, 其のほとりのベンチ, 其のぼろを隠す, 其のまさかが既に, 其のますます蛮化した, 其のませを馬, 其のまた次の, 其のまま下へ降り, 其のまま主人を見殺し, 其のまま二言といわず, 其のまま今度は玄関, 其のまま修繕して, 其のまま其處の長椅子, 其のまま医学士は進ん, 其のまま叔父に向っ, 其のまま呼吸が絶えた, 其のまま外へ出, 其のまま夫人の居室, 其のまま姿は浸み入る, 其のまま実物にした, 其のまま家の方, 其のまま家業を継い, 其のまま寝台へ上った, 其のまま寺へ転げこんだ, 其のまま庭前へ廻っ, 其のまま往ってしまった, 其のまま戸表へ駆出した, 其のまま日本でもやるべし, 其のまま有耶無耶になっ, 其のまま権田に分れ, 其のまま気が遠く, 其のまま気絶した, 其のまま無言って了, 其のまま熱が出, 其のまま眼を閉ぢ, 其のまま私を訴え, 其のまま筆記して, 其のまま背戸山へ出, 其のまま胸に浮ん, 其のまま自分の室, 其のまま蓋を閉じ, 其のまま蚊帳の中, 其のまま衣嚢に入れ, 其のまま鳥を懐, 其のまるでお話の, 其のまアお前の, 其のみならず佛の, 其のめがねで召抱, 其の一ツの, 其のもみぢに交, 其のやせた細腕が, 其のやり口も形, 其のよしを言, 其のよろこびの涙, 其のよろしく頼むといふ, 其のとに於, 其のわからねえ話を, 其のゐない方の, 其ののこ國訛, 其のアサマに浅間, 其のイムプレッションを考え, 其のウインクが私, 其のエソツプ物語と名づけ, 其のオイお土産, 其のカカ勝ったんで, 其のカッフェーに立寄った, 其のカヌーから船, 其のカラコロの調子一つ亂, 其のガスの中, 其のガラス障子は何事, 其のキッカケだ, 其のキールケゴールは今日, 其のグラニルの液, 其のケチな男, 其のコスモポリタンになつて, 其のコダックのスナップシャット, 其のサリー地方の朝倉, 其のザアッといふ音, 其のシグナルはまことに, 其のシツペイのため, 其のシーボルトの, 其のシヽデンの菜, 其のスコツトランドの墓地, 其のストームの玉子, 其のスラリとした, 其のスヰッチが往々, 其のズウフラで往来, 其のソフォクレースの表, 其のゾッキ屋の主人, 其のタオルの中, 其のダマスコ途上驚絶の天光, 其のツ位だから, 其のテクニツクが古い, 其のテーブルクロースの隅々, 其のドン底に潜む, 其のニュウ・ハンプシャア街へ駈け付ける, 其のノートには又, 其のハイランド街六一五の家, 其のハヅミに博士, 其のバイヲリンがまた, 其のバスケットを買上げ, 其のバチルスを殲滅, 其のバーに再び, 其のパン屑をたべ, 其のビルデイングの入口, 其のピストンを押しません, 其のフアシズムの前, 其のフラッシングの建築場, 其のフリント市の共同墓地, 其のプロセスを採りつ, 其のプールの縁, 其のペンシルバニア停車場へ行きます, 其のページを見詰め, 其のホテルの下, 其のボウトに掴まっ, 其のポルトレを描い, 其のマア女が糸, 其のマネージャアの如き, 其のミセスの事, 其のメッセイジを書い, 其のラシェルをかっ, 其のランカスター家の最後, 其のランプを熔, 其のリフレインをききたい, 其のリンズサヤといふ, 其の一たび入るや, 其の一つさへ滿足, 其の一つ一つが珍しい, 其の一つ二つを云え, 其の一七日を過ぎ, 其の一下子の可否, 其の一二を擧, 其の一代の事業, 其の一件は相, 其の一册が發見, 其の一刹那に講師, 其の一半は眞, 其の一口に申せ, 其の一句を反覆の, 其の一句一句を蜜, 其の一因である, 其の一地方の夜話, 其の一塊物の其處, 其の一変して, 其の一夜を今, 其の一大天才とは何人, 其の一大文豪たる世もと, 其の一家は鄭国, 其の一年半の間, 其の一度とは死ぬ, 其の一把の藁, 其の一指を擧げ, 其の一擧手一投足は殆ど常識, 其の一斑を記述, 其の一方面の休養的教養, 其の一日前の暮方, 其の一昨年の春, 其の一是及び一非, 其の一時前の仄明り, 其の一晩中行方のしれなかつた, 其の一本竹を踏, 其の一杯に開いた, 其の一枝をお, 其の一株去年より勢, 其の一毛を拔, 其の一派傳統のあつ, 其の一点が総て生れ, 其の一現象と見るべし, 其の一理由である, 其の一瓶の酒, 其の一町四方は晝間, 其の一画毎に何, 其の一番上の箱, 其の一番大事な実相, 其の一番大切な性質, 其の一瞬時強烈な光, 其の一粒さえ半, 其の一群れの中, 其の一致した敵愾感情, 其の一致的活動なり, 其の一致點を見出す, 其の一般に行, 其の一襲ねの色衣, 其の一角で少々, 其の一角ごとに一個, 其の一言を聞け, 其の一讀を勸めん, 其の一輪の薔薇, 其の一里は我が, 其の一錢を頂いた, 其の一隅に油だらけ, 其の一隕石等の如き, 其の一面にはお, 其の一顆よりは又, 其の一館に有名, 其の一點より論じ, 其の一點頭一投足も亦, 其の丁と二人で, 其の丁髷が明治以後, 其の七人の子供達, 其の七日前に傲然, 其の丈十丈に余んぬる, 其の丈大蛇の如き, 其の三つとも隈, 其の三個の古い, 其の三分の二は贋金, 其の三味や太鼓, 其の三四分を讀み, 其の三四年前即ち元治元年, 其の三四日は姿, 其の三崎村にいる, 其の三年前に亡, 其の三度めの時, 其の三方は悉く, 其の三族とは瞿曇族迦葉族, 其の三此等の事情, 其の三百萬圓の抵當, 其の三者の佳致, 其の三藏と言う, 其の三角形に割れた, 其の三角形蟇口を落し, 其の三部といふの, 其の三重濠で二の丸, 其の上いろはのい, 其の上お力になる, 其の上にこやかで横着, 其の上の空一面をば無理, 其の上下に今, 其の上世辞がありまする, 其の上主が居, 其の上今迄引, 其の上代価の所, 其の上侍の娘ゆえ中, 其の上兵糧玉薬は年来, 其の上可然被, 其の上周圍のどこ, 其の上多くの武士, 其の上多分のお, 其の上大平御覽, 其の上太陽はこれ, 其の上好奇心にも駆られた, 其の上巳南楼に登る, 其の上幕府において断然と, 其の上当人も酒, 其の上役お作事奉行, 其の上彼の湯壺, 其の上手を越し, 其の上手紙一本よこさねえで吉原, 其の上旅窶れの, 其の上最初の掛合, 其の上柔和で主人, 其の上殿様思いで殿様, 其の上無理恋慕を言, 其の上盗人根性がある, 其の上祝儀が貰えりゃ, 其の上秀才でした, 其の上私は剣術, 其の上米さへ喰うてる, 其の上結局は不, 其の上綺麗な奥様, 其の上美男でご, 其の上蚊帳までも持っ, 其の上蜘蛛の巣, 其の上部に平, 其の上野の果, 其の上金にあかし, 其の上雙方とももの, 其の上靴で坐, 其の上齢すでに六十, 其の下んとこを, 其の下劣平凡の家庭, 其の下婢が万事切盛, 其の下宿は君, 其の下男どもが出直し, 其の下着ぢや, 其の下部よりし, 其の下駄を穿かう, 其の斷に, 其の不具にし, 其の不利を蒙る, 其の不動の真理, 其の不動様へ心願, 其の不十分な牛, 其の不可を鳴らし, 其の不可言の恩愛, 其の不心得を叱つた, 其の不快を極, 其の不思議さは何, 其の不慮の災難, 其の不成績に対する教師, 其の不換紙幣の発行者, 其の不治の病に罹る, 其の不自由な手, 其の不規則的の部分, 其の不調和なヤコフ・イリイッチ, 其の不通の通達, 其の不道徳を詰問, 其の不都合を感じ, 其の且美なの, 其の世の中の規則, 其の世上の, 其の世上道學先生の所説, 其の世代の標式, 其の世子妃嬪を執, 其の世態人情を写す, 其の世話役をした, 其ののよう, 其の両側には斑点, 其の両手は満足, 其の両者を読み比べ, 其の並びには飴菓子屋汁粉屋飯屋, 其の中あなたの御, 其の中お母様も亡くなっ, 其の中一卷が校讐, 其の中一回は現に, 其の中一週の日, 其の中三婦人の像, 其の中上野の夜, 其の中二回ほどまわる, 其の中今木神といふの, 其の中六略だけが本, 其の中十五日がまいる, 其の中吉崎様のお嬢さん, 其の中和電気を分解, 其の中四卷半ばかりは昔, 其の中堅は社会主義倶楽部, 其の中央部と左右翼, 其の中宋史の藝文志, 其の中小僧にドンナ事, 其の中島が素ば, 其の中座光寺源三郎の家, 其の中御家内様へお, 其の中徳川勢稍後退した, 其の中折を膝, 其の中新田城に陣取った, 其の中正を失, 其の中灯火がつきます, 其の中皆なが, 其の中盛に書論, 其の中瞿曇族の一人, 其の中私の方, 其の中程から曲る, 其の中程はとにもかく, 其の中肝腎のこと, 其の中負け角力は僅, 其の中軍を指揮, 其の中途は常に, 其の中間帶方郡より狗邪韓, 其の中雜記の書, 其の中馬方はシャン, 其の丸い顔が, 其の丸窓に映る, 其の丸部の養女, 其の主力艦は既に, 其の主宰者の彼, 其の主役は其の, 其の主成分として居るで, 其の主旨は甚だ, 其の主権者となり得ますでしょう, 其の主観的なるが, 其の久地の梅, 其の久遠洪大の結果, 其の乗りたる車, 其の組んだ艦, 其の九割は疵物, 其の九日の夜, 其の乞食すらも満足, 其のを平, 其の乳房に縋, 其の乳母と云う, 其の乾いた心が, 其の乾燥した肌膚, 其の乾草が若草, 其のれた髮, 其の了簡なら私等, 其の予定の運命, 其の予期したる大蔵大臣, 其の予期通りの現実, 其の争いに先方, 其の争論と彼等, 其の事イツパイ其の事, 其の事以上の事, 其の事変に逢う, 其の事小なるが, 其の事計り申して, 其の事項を書い, 其の二万円の持参金, 其の二三日前からし, 其の二十年前の事, 其の二十篇中の章句, 其の二叉の枝, 其の二年程前, 其の二度目の襲撃, 其の二度目七日に行った, 其の二心を疑へる, 其の二所謂二所とは, 其の二条の線, 其の二番目の棚, 其の二等室に入, 其の二號の血清, 其の二階でした, 其の云い方が, 其の互に笑うの, 其の五両を取っ, 其の五位鷺が翼, 其の五兩を突き返した, 其の五十万の兵, 其の五年目の夏, 其の五敗兆を具, 其の五番目に数えた, 其の井戸の中, 其の井戸端へお, 其の亞拉比亞に傳, 其の亡くなる前にも, 其の亡びる原因が, 其の亡滅を取る, 其の亡父の恩, 其の亡骸をここ, 其の交替推移する状, 其の交際の大要, 其の享楽は粗雑, 其の京橋辺の数寄屋河岸, 其のの周り, 其の人々歸り果て, 其の人々自身が保管, 其の人あらむ学習院の措画経営, 其の人あらむ學習院の措畫經營, 其の人らの云う, 其の人一たびは我と, 其の人一生を詩酒, 其の人事の全, 其の人今何処にいる, 其の人假令鈍根なりとも, 其の人入れ親方なるもの, 其の人力量の及ぶ, 其の人參を中, 其の人多くは散り, 其の人實に既に, 其の人形容都にし, 其の人彼處に蝶鳥, 其の人懇篤にし, 其の人格風評等を話し, 其の人次第の家庭, 其の人波に呑まれ, 其の人物経歴共に未だ, 其の人物經歴共に未だ, 其の人種もと蝦夷人種に係る, 其の人等の本, 其の人萬事の觀察施設, 其の人蔘を尋ね, 其の人買の手, 其の人金澤で何ん, 其の人長火鉢を此, 其の人類が知識, 其の仁蔵には直, 其のに成る, 其の仇討を立派, 其の今様は大, 其の介抱疲れや新聞社, 其ののまえ, 其のを收むるにも, 其の仔豚の饗宴, 其の仕方を異に, 其の仕業だろうと, 其の仕組みは或いは, 其の他これに連, 其の他さまざまの道具, 其の他一ダースのそうした, 其の他三代集から段々, 其の他不景気の問題, 其の他二三のこの, 其の他二箇所ばかりにそれから, 其の他何処の渡船, 其の他何物でもない, 其の他佛教に通じ, 其の他印度及び波斯, 其の他古今圖書集成四庫全書考證等を納め, 其の他国定教科書の改正, 其の他大まかに云った, 其の他幾万の常識, 其の他様々に云われ, 其の他沢山に歌, 其の他瑣細な點, 其の他眞僞は疑, 其の他色々に云った, 其の付法の弟子惠果, 其の仙人に連れられ, 其の仙境で局, 其の代りお嬢様に少し, 其の代りイヤ生え際が聊か, 其の代り一時的のもの, 其の代り事成就なせば, 其の代り人には決して, 其の代り今日はお詫び, 其の代り他人に云う, 其の代り何ですぜ, 其の代り余が脱, 其の代り初めは嚇し, 其の代り創口が余り, 其の代り土手の甚藏, 其の代り多分のこと, 其の代り夢でも可, 其の代り大人物でもない, 其の代り女にはお産, 其の代り店のひける, 其の代り彼の人, 其の代り御意に入れ, 其の代り手前を横須賀, 其の代り晝間だと, 其の代り柘榴に於, 其の代り此の市四郎, 其の代り此方の縞, 其の代り汝も殺し, 其の代り無代で宜, 其の代り田舎育ちだから, 其の代り私の身, 其の代り菓子は食う, 其の代り賭博だの何, 其の代り辛抱をしろ, 其の代り金を三十両, 其の代り銘々が自家, 其の代り隨分難儀もした, 其の代わり彼の眼, 其の代わり道九郎君は嬢, 其の代価に苦むと, 其の代物を見ず, 其の代表的実例となした, 其の代言人が明日, 其の代金は警察署, 其の令嬢も昨夜叔父さん, 其の令嬢今年二十二歳となり, 其のて聖人, 其の以上を越し, 其の以前医者の家, 其の以前東京に居る, 其の以太利たるは依然として, 其の以来曾て斯, 其の仮面を, 其の仰せに従いまする, 其の仲立は今, 其の仲裁を試みる, 其の仲間入りをし, 其の件下田から白浜, 其の企も聊かは, 其の伊勢參りの, 其の伊右衛門は同じ, 其の伊皿子とやらのお, 其の伊達に持つた, 其の伎倆を認められ, 其の伏木港から直江津, 其の休んでゐる, 其の休養の爲, 其の休養的教養の対象, 其の会則に拠れ, 其の会合の間, 其の会社の規則, 其のです輪田夏子, 其の伝吉を呼ん, 其の伝承の方法, 其の伝教を遣, 其の伝統の中, 其の伯母は私, 其の伯父が病, 其のとは監獄, 其の位牌を持っ, 其の位知つてらな, 其の微なる, 其の低く平べ, 其の住んでゐた, 其の住宅の中庭, 其の佐藤の屋敷, 其の体様を異に, 其の体躯が小児, 其の何うしよう恁うしようといふ悪気, 其の何だ宇宙間の, 其の何とも寂然と, 其の何んや年齡, 其の何人たるを詳, 其の何年に出, 其の何所ン所だった覚えて, 其の何時でも放さない, 其の何様いうところ, 其の何等の物, 其の何階目であつ, 其のしさ, 其の余まり何ともな, 其の余りに人臭いのに, 其の余光を分った, 其の余分の食糧, 其の余地が無い, 其の余瀾は万里, 其の余累を及ぼす, 其の佛曉のこと, 其の作つた富は自分, 其の作られた歴史も, 其の作り法の支那, 其の作中に現れたる, 其の作法も自然廢, 其の作者先生物に気, 其の佳水を得る, 其の使いは帰っ, 其の使用人の中, 其の使用人等は勞力相當, 其のれるは, 其の來歴が各, 其の侍女が廊下づたひに, 其の侍湖水の景色, 其の侍醫と共に試驗, 其のをし, 其のて立つ, 其の便々たる腹, 其の便利な道, 其の保持者に王者たる, 其の保証の為, 其の保護を受ける, 其の信ずべきを見る, 其の信任大内譜代の老臣陶, 其の信念の充実, 其の信者でない者, 其の修業が足りない, 其の修業的旅行という事, 其の修業者に習つた言, 其の修驗者の姿, 其の向いた拍子, 其の俸給表を前, 其のが若人, 其の倉庫と云つて, 其の個処は可, 其の個物の側, 其のを返す, 其の借金だけは向, 其の値段で賣, 其のを見ざる, 其の倭國傳の記事, 其の假名遣と, 其のなる清き, 其の偉観想い見る可, 其の側女日ごろ野辺の若, 其の偶像に対した, 其の偶然の結論, 其の傍ら己の書斎, 其の傑作を生む, 其の傲慢を圧, 其の傳神の妙處, 其のを沒却, 其の傾くところに, 其のの野心, 其の僧侶の日, 其の價値等を測つ, 其の僻まうとする, 其の僻論に感染, 其の儀軌其の綱要, 其のを棄て, 其の儒教的支那思想を以てスマイルス, 其の儘あとに残し, 其の儘アイヌであること, 其の儘サザンプトンの港外, 其の儘バタリと斃, 其の儘一義的に実現, 其の儘下にとび下り, 其の儘事実らしく物語ったもの, 其の儘人魂である, 其の儘何ともいえない, 其の儘作品の上, 其の儘傳へれば, 其の儘再現されて, 其の儘出てゐる, 其の儘前方に差し出た, 其の儘又引き返して, 其の儘又座敷の机, 其の儘反かえりました, 其の儘反覆してさ, 其の儘取纒めた愚作, 其の儘受入れること, 其の儘名主様へ届け, 其の儘吐露しただけの, 其の儘向ふへ, 其の儘囲つたもの, 其の儘国外に駆り去らしめた, 其の儘國外に驅, 其の儘土手の草, 其の儘型ばかりの香華, 其の儘塙の家, 其の儘大地へへた, 其の儘実現されたの, 其の儘家へ帰るで, 其の儘寐んでしまひました, 其の儘屋敷へ帰りました, 其の儘山之助, 其の儘崩折れる様, 其の儘左手は出し続け, 其の儘帽子も脱がず, 其の儘往って仕舞いました, 其の儘房枝の処置, 其の儘採つて居られたから, 其の儘採り用ひました, 其の儘斬倒される是, 其の儘旅疲れと見え, 其の儘朝まで寝入っ, 其の儘桑港へ引き返し, 其の儘棚へ置いた, 其の儘槍を元, 其の儘正抒しそれ, 其の儘正規分娩にまで進ませ, 其の儘此方へ出し, 其の儘死骸は知れず, 其の儘殘して, 其の儘気に留めない, 其の儘気息は絶えました, 其の儘泣伏しますを, 其の儘注視して, 其の儘浪宅をさまよい, 其の儘海洋という千古, 其の儘用ひ催眠作用, 其の儘瞑目して, 其の儘秀子の耳, 其の儘私の幻覚, 其の儘種族の名, 其の儘窓際へ行つて, 其の儘立帰る, 其の儘紙捻を, 其の儘置去りにし, 其の儘肯定しての, 其の儘船の中, 其の儘藏されて, 其の儘蝋の仮面, 其の儘表へ駈出す, 其の儘袋ぐるみ腰に差し, 其の儘許して, 其の儘読者の脳裏, 其の儘踵を返した, 其の儘身体を廻そう, 其の儘返事に詰っ, 其の儘退きしと云, 其の儘遂に変る, 其の儘遠方に落ちる, 其の儘都に置き, 其の儘鍔鳴を, 其の儘駈出し高橋を渡っ, 其の儘駐在所へ驅, 其の儚い生存を, 其のにや金, 其の償いのつもり, 其の優しさ, 其の優美な心根, 其の優越は当然, 其の優麗を加, 其の儲けた金で, 其の元気寧羨むべし, 其の充分な試驗室, 其の充分油が乘, 其の兆候は明, 其の先代から受繼ぎましたので, 其の先出の書, 其の先唱者にし, 其の先祖の神社, 其の先端は青, 其の先鋒諸隊, 其の先頭の虫, 其の光彩を失いかけ, 其の光明に心跳, 其の畏の, 其の免れざるところなり, 其の児ども枯葉をもやし, 其の兒童が成人, 其の党務に堪, 其の党多人数に至り, 其の党籍を脱し, 其の党首としての行動, 其の會を, 其の入り口の方, 其の入会を辞謝, 其の入唐留學の期間, 其の入浴は衞生上, 其の入道ののそ, 其の全ての考, 其の全紙を埋め, 其の兩親が承知, 其の兩親親族とのこと, 其の兩足から下腹, 其の八州が追掛け, 其の八本の肢, 其の八疊に轉寢, 其の公園の森, 其の公平な態度, 其の公羊傳を讀んだ, 其の六人が一緒, 其の六十近い老人, 其の六十五人の子供達, 其の六十年の生涯, 其の六十歳の中, 其の六國を滅す, 其の六月朝廷より将門, 其の六略を其の, 其の六間借りて, 其の共同生活に由つて, 其の分れて, 其の兵七十騎を従え, 其の兵力に頼る, 其の兵務を執らし, 其の兵器を鳩集, 其の兵家の中, 其の兵数は一万, 其の兵隊を誘致, 其の典謨に於, 其のて期せし, 其の兼吉と云, 其の内一人か二人, 其の内一割とか二割, 其の内主に理科, 其の内二十両だけお, 其の内儀の行衛, 其の内八ツの鐘, 其の内前金を遣ります, 其の内外の文化, 其の内容及興行方法に就, 其の内幕をみる, 其の内年号は明和, 其の内廊下へ来るだろう, 其の内彼いう杜漏, 其の内暮になる, 其の内村の者, 其の内此方では手前, 其の内私も往く, 其の内篇を五つ, 其の内股に注意, 其の内與助は年, 其の内船は漸, 其の内華魁が上草履, 其の内訳はどう, 其の内部に生じた, 其の内雑木山がありまし, 其の円い線の, 其の円天井が破れる, 其の冊子を読む, 其の官の, 其の冒険の予想, 其の写実的半面は狂言, 其の写真の方, 其の冠たるものであろう, 其の决心の態, 其の冷えが障つた, 其の冷たい風に, 其の冷水の一杯, 其の凄い雲の, 其の凄き蒼白を, 其の凄まじい色彩は, 其の処分を強請, 其の処決を勧告, 其の凸凹を有用的, 其の凹める處は, 其の出入りを注意, 其の出処を確, 其の出処進退亦巧みならず, 其の出口から遥, 其の出家の言, 其の出師の期, 其の出所が分りました, 其の出方を成るべく, 其の出来る条件な, 其の出水を來, 其の出現を待つ, 其の出発点の功名心, 其の出資者の信憑, 其のは滑, 其の刃先の鈍く, 其の刃物をたたき落し, 其の刃頭が皆妙蓮華, 其の分けた金を, 其の分つところの, 其の分るものを, 其の分れた時に, 其の分別あること, 其の分国の兵, 其の分家が己ア家, 其の分封太侈を論ずる, 其の分類保存法は博士, 其の切なき胸を, 其の切り口に灰, 其の切り端は其の, 其の切り詰めた時間で, 其の切れを地炉, 其の切れた目尻に, 其の切株を掘り取る, 其の初めて上げた顔, 其の初め亞細亞中央の高原, 其の初め終りを話す, 其の初め魯を王, 其の初代の多助, 其の判らない話の, 其のの音, 其の別家は吉城川, 其の別当は真言宗, 其の別荘に住む, 其のを加, 其の利用するところ, 其の利益金の三割, 其の刪潤の方法, 其の到着点の死, 其の制動機とが据え, 其の制裁を受ける, 其の刹那此の人生, 其の刺戟から蛙, 其の刺繍は極, 其のを越えざる, 其の削り方の, 其の前五代の目録, 其の前兆べい, 其の前六日間職業に勉めし, 其の前半は豪雨, 其の前夜御奉行様, 其の前夜要之助と一緒, 其の前後徳川征討の密勅, 其の前提は人心, 其の前文でありますから, 其の前日の十二日, 其の前殿と申す, 其の前祝いだと, 其の前身は藝者, 其の前面の海中, 其の剣ヶ峰の雪, 其の剣難は何, 其の剥方を知ずし, 其のり去りし魏略, 其の副食物を求める, 其の割前に与る, 其の創立當時の五同志, 其の創設の当初, 其の劇甚地に至り, 其の劇詩の中, 其のの下, 其の力それこそは神様, 其の力力の因, 其の力強い腕に, 其の功利主義の伝統的暗示, 其の功力に依っ, 其の功労は主として, 其の功勞は主として, 其の功徳かし, 其の功業遺徳を讃歎, 其の功績は孝徳天智, 其の加害者は何れ, 其の助六がせりふ, 其の労働部屋は四畳半, 其の労力に仕, 其の効力は頗る, 其の効用を発揮, 其の効神の如し, 其の勃興したる平治, 其の勇ましき姿こそ, 其の勇侠の行爲, 其の動き方は殆ど, 其の動く度に, 其の動員態勢を崩さず, 其の動搖のあ, 其の動物種属自身の内, 其の動物自身の意志感情, 其ので分る, 其の勘定は確, 其の勝たむこと必ず然, 其の勝つたのはほんの, 其の勝れた才徳を以て, 其の勝負の由る, 其の勞働者と些ツ, 其の勤め空しく忘れ, 其の勤務先をつきとめた, 其の勧告の切偲, 其の勲功の報酬, 其の勳位を受け, 其の勵精して, 其の勸告の切偲, 其の勾配の最も, 其の包んだままで, 其の包圍を破つた, 其の匕首はあの, 其の化粧に就, 其の北固山を経, 其のは漸く, 其の区域を外れ, 其の区画の六個, 其の医学士とすれ, 其の區別が判然, 其の十一は中, 其の十七個に多少, 其の十五町餘の耕地, 其の十五錢のなか, 其の十分の一も勤まらぬ, 其の十萬圓を借りる, 其の千代松のところ, 其の千百萬分の一, 其の午前の汽車, 其の午後彼は独艦ビスマルク号, 其の半ばにだ, 其の半分を割つ, 其の半数ぐらいは女給, 其の半枚を講義, 其の半生は明らか, 其の半纏はとつて木, 其の半面には文雅, 其の卑劣を痛罵, 其の卑賤の地位, 其の卒塔婆には俗名民谷伊右衛門, 其の卓然として自立, 其の協韻の方, 其のには長留, 其の南西の風, 其の衣を, 其の博覽にし, 其のは名人, 其の危篤の時, 其の危険から救つて, 其の危險から救つて, 其の危難に近き, 其の卷數も體裁, 其の卿大夫の前, 其の厚い心を, 其の厚志敢て輿, 其の厚顔に驚きたる, 其の原因動機の何たる, 其の原型を失はない, 其の原形なる言語, 其の原文は波斯國人拂多誕, 其の原本があります, 其の原稿はある, 其の原稿料で家賃, 其の原語の名, 其のは今, 其のがるの, 其の厳正不仮借, 其の去るを惜, 其の參詣に行きたい, 其の參贊たらしむ, 其の又家来共に少し, 其の及ばざるを恥, 其の友等の熱心, 其の友義交情久しく且つ, 其の双六に対向, 其の双六巌に似た, 其の反感を挑発, 其の反撃に逢, 其の反映が面白い, 其の反覆を尤む, 其の反面には金, 其の収檻された人達以外, 其の収賄行動に対しては此等弊竇, 其の取り扱ひ, 其の取りたる路に, 其の取乱した姿を, 其の取引のきつ, 其の取締り方を頼ん, 其の受人がなくっ, 其の口入屋があつ, 其の口實とする, 其の口止めとして恭, 其の口気甚だ憎む, 其の口約束に従ってコマ, 其の口語と云, 其の口説き文句を聴かされ, 其の口調を強く, 其の古代より舟行必由, 其の古代人は斯, 其の古典劇を持つ, 其の古屋に永久落着, 其の古山お酉, 其の古風の塾, 其の句調とを懷, 其の叫び声をやめなかった, 其の可憐な首すじ, 其の台所道具を日向, 其の史眼は必ず, 其の史記の記事, 其の右側の大半, 其の右肩の部分, 其の右胸部を突く, 其の篇の, 其の吉兵エが一昨日来, 其の吉凶如何と尋ねられた, 其の吉岡君が来, 其の吉左衞門の子, 其の吉村という人, 其の吉田屋の總領, 其の同一属僚をし, 其の同一屬僚をし, 其の同伴者であるから, 其の同僚から, 其の同勢でぞろ, 其の同国と遺物, 其の同心管の内側, 其の同情を国家大, 其の同族と考へる, 其の同窓等が一, 其の同窓間の無邪気, 其の同胞をお前さん, 其の同胞新聞と云, 其の名主様ともある, 其の名乗りに使, 其の名女王を壹與, 其の名妓の伊王, 其の名所旧蹟にある, 其の名望勢力実に一時, 其の名望勢力實に一時, 其の名称の標準, 其の名誉心の頗る, 其の名門が清貴, 其のて詩藻, 其の吐月峯を叩く, 其の向う岸即ち内藤家, 其の向側に一臺, 其の君江というの, 其の君臣を間, 其の否定文から引き出され, 其の吸殼は決して, 其の吹き渡る間は, 其の吹く方へ, 其の呆れ顔を, 其の呑まれたやうに, 其の呪文其の儀軌, 其の呻きごえが, 其の命日は月, 其の命覺束なし, 其の咒語を暗誦, 其の咳拂ひも其の吐月峯, 其の哀れにて思ひ出だせ, 其の品有平糖の缺, 其の品物を取り脱し, 其の哲学的根拠は如何, 其の哲學を攻究, 其の唐突な事, 其の音は, 其の商人体の男, 其の商量は遂に, 其の問いはくど, 其の啜り上ぐる声涙の, 其の善いものを, 其の善後策を講ずる, 其の善美精細なること, 其の善良なお, 其のとも云うべき, 其の喉笛にでも啖, 其の喚いてゐる, 其の喜びも愛, 其の喧しい響きは, 其の喧噪さを憎ん, 其の喫茶店に来, 其の單衣に身, 其の單調を破る, 其のに造り, 其の嗜好に適した, 其の器度才幹に於, 其の噴出する場所, 其の囃し聲に, 其の囘數の多い, 其の四ツの端, 其の四分の一以上は歸化人, 其の四十万人が皆, 其の四十九日に当っ, 其の四囲の自然, 其の四季との關係, 其の四疊半は茶室仕立, 其の四角い穴から, 其の四通の内, 其の四通りに分けた, 其の四部の目録, 其の四阿をさがり, 其の因縁性相體, 其の困惑さも亦, 其のゐのそとの, 其の囲い者になっ, 其の図体は山, 其の図面をな此処, 其の固い決心から, 其の固定した部分, 其の固陋な障壁, 其の国人海東にあり, 其の国人男女並に椎結文身, 其の国人長臂国と近く, 其の国情を調査, 其の国民党員は彼, 其の国語を習う, 其の圈外に跳出, 其の國力の強, 其の國土が相, 其の國境を侵し, 其の國字を有つて, 其の國家を簒奪, 其の國情を調査, 其の國民にし, 其の國民黨員は彼, 其の國王印の如き, 其の國綱が出れ, 其の圓天井へ屆, 其のを著書中, 其の團體の大, 其の土人形が勢余つて, 其の土地官員の好い, 其の土地柄の美し, 其の土地状態温泉成分海潮刺激等が有, 其の土地解放の精神, 其の土地限りで有ります, 其の土塀と磨減つた石段, 其の土壤の養分, 其の土工の放ける, 其の土左衛門は何処, 其の土着民族によつて變形, 其の土袋の細君, 其の土間にはまだ, 其の圧力を受け, 其の野党としての, 其の在るところは, 其の在所も分り, 其の在野黨としての勢力, 其の地上にぱっと, 其の地中尾と称する, 其の地主を憚, 其の地勢などは委しく, 其の地図を窺いた, 其の地声を聞い, 其の地所の隣地, 其の地方的傳説が隨, 其の地蔵が不意, 其の地蔵尊が前, 其の地點を通り越し, 其の坊さんつて云ふの, 其の坐つて居る, 其の坑夫達は大工仕事, 其の坑道といふの, 其のを見, 其の城址は市, 其の埒外に逸する, 其の執るところが, 其の執念の深い, 其の執行權を與, 其の基調として, 其のに上つた, 其の堅い蒲団の, 其の堪へ難い懊惱, 其の堯曰篇に有る, 其の報いだと, 其の報告者は其の, 其の報道を得た, 其の報酬として渠, 其の場きりのもの, 其の場合急に静か, 其の場末の常設映画館, 其の場限りとして仲, 其の場面には花園用, 其のの大, 其の塀越しにすっきり, 其のの中, 其のの今, 其の塗り方を, 其の塞處を未, 其の塩原多助といふ者, 其の塩梅の悪い, 其の境涯を格別, 其の墓なほ新たなるは, 其の墓石を地中, 其の増えるのは, 其の増大の極度, 其の墜ちた人は, 其の墨色の薄い, 其の壁画の美, 其の壁面を簾, 其のい女, 其の壮佼達に頼ん, 其の壮烈朝倉の真柄直隆, 其の声さへ寂しい, 其の声咽喉に沈み, 其の声尻が軈て, 其の声惻々として人, 其の声音迄が明, 其の売声を珍し, 其のに見入つた, 其のなトランク, 其の変るところを, 其の夏頃から市中, 其の夕刻ダヴィッドスン警部とライアン刑事, 其の夕方何喰わぬ顔, 其の夕方天幕が張られ, 其の夕方家へ歸つて, 其の夕焼を見上げた, 其の夕靄にぽ, 其の外一の谷で討死, 其の外一種妙な鄙俗, 其の外井上先生の今, 其の外交政略は徒ら, 其の外交的辞令に嫻, 其の外交的辭令に嫻, 其の外今の漢書, 其の外内外學者の御, 其の外十四五人居りますばかり, 其の外南印度では龍樹菩薩, 其の外収蔵の物, 其の外周囲をぐるり, 其の外国伝に朝廷, 其の外國史書の文, 其の外家の子郎等に至る, 其の外戀を木居, 其の外方々にある, 其の外發音の必要, 其の外百人余りも其所, 其の外着古しの小袖, 其の外科たるは人間, 其の外米ゴム椰子油などの産物, 其の外色々のもの, 其の外荷主様に戴いた, 其の外觀如何ばかり勵精, 其の外長年の藥, 其の外雑多な工場, 其の外駄菓子はお, 其の多勢の人々, 其の多能なるや, 其の夜すがら三坂峠を越え行く, 其の夜七郎が群集, 其の夜三藏の妹, 其の夜下宿にかえった, 其の夜丑三つの頃, 其の夜中過ぎ彦七の家, 其の夜二時頃に突然, 其の夜令史堂前の幕, 其の夜仮りに要之助, 其の夜勘次の家, 其の夜十二時から二時, 其の夜千代松が來, 其の夜南の女房, 其の夜国太郎に漏した, 其の夜塒に就いた, 其の夜夢幻のやう, 其の夜大寺に当てられた, 其の夜天滿與力の何某, 其の夜妻の不貞, 其の夜帝都の灯火管制, 其の夜庄造は親切, 其の夜床を並べ, 其の夜新橋で別れ, 其の夜明けから母, 其の夜映画館に居た, 其の夜更けからしばらく, 其の夜深更に及ん, 其の夜温度が著, 其の夜狸は庄造, 其の夜玄竹は塔頭, 其の夜着を右, 其の夜終夜病人の前, 其の夜罪人を入れ置く, 其の夜自分は誰, 其の夜若者共に加えた, 其の夜蚊燻しの支度, 其の夜貞雄はわが家, 其の夜通して針仕事, 其の夜部屋に這入っ, 其の夜長者の総領, 其の夢みた人の, 其の夢夢の何と, 其の夢想の人物, 其の大きい事は, 其の大きくなるに, 其の大分に複雑, 其の大切な萩原様, 其の大半は欧州, 其の大地の上, 其の大場は同, 其の大変に驚く, 其の大夢なるを, 其の大学を観, 其の大将は退役後此, 其の大小の差, 其の大小軽重形貌精神一切を挙げ, 其の大師が參考, 其の大意滿洲を開放, 其の大手を通っ, 其の大方を一變, 其の大木に確乎結, 其の大概を説いた, 其の大海の上, 其の大瀧の雪, 其の大火に, 其の大砲を撃つた, 其の大胆の財政規模, 其の大臣が色々, 其の大言壮語到る処亡国論, 其の大言壯語到る處亡國論, 其の大輪の藍, 其の大連から浦潮, 其の大野惣兵衞はお, 其の大阪府判事神奈川県知事租税権頭及び元老院幹事等, 其の大阪府判事神奈川縣知事租税權頭及び元老院幹事等, 其の天井が少し, 其の天南といふ男, 其の天地の中, 其の天外より落ちた, 其の天子が廃, 其の天幕の中, 其の天性の器用, 其の天滿與力は玄竹, 其の天照大神から崇神, 其の天秤棒を片付け, 其の天職あるなり, 其の天臺に象つた, 其の天辺から村中, 其の太い手で, 其の太った赭ら顔には, 其の太一と天地陰陽四時, 其の太政官て何, 其の太閤が如何, 其の太陽當體地球當體は甚だ, 其の夫君が出張, 其の夫婦約束までし, 其の失つた良状態が得た, 其の奇々怪々を極めた, 其の奇怪な流暢, 其の奇特に感じ, 其の奇臭を發揮, 其の奉じて來, 其の奉公して, 其の奉書包みに全く, 其の奉行を以て人生究竟, 其の奏聞に對, 其の奥さんが又, 其の奥方だか, 其の奥殿に到らず, 其の奥深く流るるところ, 其の奮って聖賢, 其の女たちの涙, 其の女コデと為る, 其の女下駄の側, 其の女二人居た處, 其の女年はじめて十六, 其の女瀧の中, 其の奴國即ち博多, 其の奸悪を除かん, 其の惡を, 其の好ましからぬ場合, 其の好事に驚いた, 其の好例である, 其の好奇心のない, 其の好運を招き致し, 其の如来様はどっか, 其のに過る, 其の妓緑珠が事, 其の妖怪に逢っ, 其の妙子が以前, 其の妙技への期待, 其の妙處を發揮, 其の妙趣に達する, 其の妨げるものに, 其の妻エビルの話, 其の妻君には澤山持參金, 其の妻子を大坂, 其の姉分に和泉式部, 其の姉君なる貴, 其のの不実, 其の始めとし, 其の始め奇異の感, 其の始め火の塊, 其の始期が最, 其の始末です私, 其の始終蒼白い顏, 其のを見, 其の姓名は私, 其の姓氏は或は, 其の姓氏佛號を記す, 其の委曲が画け, 其の姨捨山と云, 其の姪淑望が漢文, 其の姫君は可, 其の姿息子の眼, 其の姿態を見, 其の威しの利かぬ, 其の威厳あるなり, 其の威嚇の下, 其の威嚴を傷つけず, 其の娘さんはちやう, 其の娘分に續, 其の娘子を侍, 其の娘聟に銭, 其のの持っ, 其の婚儀を勧めた, 其の媒酌人が佛弟子, 其の嫁どころの騒ぎ, 其の嫁子に惚れた, 其の嫌疑の無根, 其の嫩莖を貪り, 其の嫩葉に在る, 其の嬰児が特, 其の子たる者の斯, 其の子並に其裔, 其の子供等の飢え, 其の子供等抔は皆患者, 其の子信實又引き, 其の子政豊に一切, 其の子爵夫人の束髪, 其の子猿を家, 其の子生まはむ, 其の子隆元元春, 其の孔明が書, 其のの意義, 其の存佚を覈, 其の存否を驗, 其の存廃を決する, 其の存廢を決する, 其の孝行と貞節, 其のに對, 其の学問の諸々, 其の学政に関しては国民, 其の学科が出来過ぎ, 其の学院の飢えた, 其のだから, 其の孵化地に囘, 其の學徳の高き, 其の學政に關, 其の學科の種類, 其の學統を尋ね, 其の學統さへ全く, 其の學者としての地位, 其の學術より獲得, 其の學説が起つ, 其のを護らしむ, 其の安からぬ顔, 其の安心が左様, 其の安眠不足などの所為, 其の完全周浹なること, 其の完成されて, 其の宏壮な優妙, 其の宏壯な書院造, 其の宗内で寶物, 其の宗室を會, 其の宗家なり, 其の宗教的一面はこの, 其の官邸に住ん, 其の定義を論ずる, 其の定見が総て, 其の宛轉たる各, 其のきを, 其の宝器でございまして, 其の宝物というの, 其の実に於ては, 其の実例を挙げる, 其の実個人主義的態度を持続, 其の実力及び位地, 其の実子は父, 其の実家に帰り, 其の実情を知る, 其の実戦争を予期, 其の実施を見た, 其の実業に関しては農商百工, 其の実況を見る, 其の実相をいま, 其の実矢叫の如き, 其の実行にとりかかる, 其の実行躬践の分量, 其の実見捨ての, 其の実解散は政友会, 其の実質的に必要, 其の実践としてそういう, 其の実験というの, 其の客人は原丹治, 其の宣伝の方, 其の宣宗に紹ぎたまいたる天子, 其の室全体を取壊し, 其の室戸港を開修, 其の宴会に使う, 其のに地方, 其の家々に配つて, 其の家伝来の書画, 其の家内がお, 其の家姑と婦, 其の家居するや, 其の家屋に放火, 其の家庭問題を彼是, 其の家庭趣味を談, 其の家政學である, 其の家来の岸田右内さん, 其の家發展し其の, 其の家系と親族等, 其の家裏を領, 其の宸翰は誠に, 其の容体は薬, 其の容体訝しげに眺め入り, 其の容半ばにし, 其の容積は膨張, 其の容貌健なるには, 其の宿り場所にする, 其の寄寓が多い, 其の寄生虫共を仮借, 其の密使を案討, 其の密接切實の處, 其の密教の盛大, 其の密教的宗教の中心, 其の寒山の作つた詩, 其の寝不足の目, 其の寢姿に取り付いた, 其の寢顏に見入つて, 其の實七八分通りまでは事實, 其の實例である, 其の實先生は極めて, 其の實力及び位地, 其の實支那の建築, 其の實晝の間, 其の實業に關, 其の實現が出, 其の實田舍から出, 其の實行の形式, 其の實行躬踐の分量, 其の實解散は政友會, 其の實證となるべき, 其のを御, 其の寫しを見せられた, 其の寫眞も赤く, 其の寫眞版が近頃, 其の寮官であつ, 其の寵姫の肩, 其の寵遇を受けた, 其の寶物を交換, 其の寺號は何故, 其の対坐に坐っ, 其の対岸にあたる沿海県, 其の対称物の性質不明, 其の対立者とに会う, 其のを去り, 其の専制を用, 其の専有に帰し, 其の専門の学科, 其の専門家の説, 其の専門歌人臭の無い, 其の射殺された猿, 其の将監さまの小, 其のに起らん, 其の將來の帝國外交, 其の專制を用, 其の專攻部面にのみ之, 其の專門の研究者, 其の尊い資格を, 其の尊き宝であるべき, 其の尊び方が, 其の對抗作用が振興, 其の對象が違, 其の小さく蹙めた, 其の小僧は確か, 其の小包を此方, 其の小坂の処, 其の小娘で有る, 其の小家の中, 其の小峯がどう, 其の小指がひり, 其の小日向の旗下, 其の小枝繁葉を除去, 其の小米と云, 其の小船は何, 其の小野川の憎体, 其の小高いのは, 其の小鳥の話, 其の少々以前で, 其の少い人は今, 其の少ない客を, 其の少佐の胸, 其の少年一人の仕事, 其の少年時代から私達, 其の少数の訪問者, 其の少時に於, 其の尖つた顋の, 其の尖端に攀ぢ, 其の尸羅迷伽と云, 其の尻馬に騎, 其の尽力は成功, 其の尾震ひ脚, 其の局部に餘分, 其の局限の此方, 其の居どころを知らない, 其の居るところ宣府の, 其の居室までもやり, 其の居處春陵を望ん, 其のを出さなけれ, 其の届けを致そう, 其の屋外の光線, 其のを埋めた, 其の屍体見物の列, 其の屑屋を連れ参つ, 其の属性的判断との結合点, 其の属邦たること, 其の属陸奥出羽にあり, 其のむべき, 其の屬邦たること, 其の山伏をよん, 其の山口屋の音羽, 其の山川廣と云う, 其の山懐に唯一本, 其の山懷に蔽, 其の山手の方, 其の山木のお嬢様, 其の山河もちがふ, 其の山腹に刻まれた, 其の山路を一散, 其の山頂こそスティヴンスン, 其の山颪里に來, 其の岩岨に線, 其のを大蛇灘, 其のには天狗, 其の峯松てえ, 其の島ぢや遁げ, 其の峻烈な寒氣, 其の崇拜する所, 其のには瀧, 其のは與吉, 其の川向にあっ, 其の巡査も後, 其の巣窟を出, 其の工事監督をし, 其の工合と思はれまする, 其の工場内規の如何, 其の工妙其の品位, 其の工藝は多く, 其の左側の家々, 其の左衛門の陣あたり, 其の巧者な塩梅, 其の巨きい頭を振, 其の巨人の群集, 其の巨大な藍灰色, 其の巫臣に女, 其の差し図に従い病気, 其の差図に従い一々, 其のの広い, 其の巾五尺仁王の顔, 其の巾着の内, 其のへあつまっ, 其の市外の子, 其の市民としての品位, 其の市演得迦と云, 其の布団の上, 其の帝国政府の威信, 其の帝國政府の威信, 其の帝徳録と云, 其のたるあなた, 其の師金剛智三藏の生, 其の席末に列, 其のの上, 其の帯ぎわは半, 其の帰りがけ長吉に残した, 其の帰り途なり斯, 其の帰るや直に, 其の帰参に骨, 其の帰着点の栄達, 其の帰著を同, 其の帰趣を考, 其の帰路にヤラ, 其の帷中の婦, 其ののある, 其の幅八寸五分にし, 其のを開き, 其の幕の内に居た, 其の幕下の將軍, 其の氣さの, 其の平常の化粧, 其の平気な静か, 其の平等は高い, 其の平面圖めいたもの, 其の年一月節いまだ大寒, 其の年凡太は次々, 其の年十一月二十日の晩, 其の年十七になる, 其の年寛政十年押詰つて師走の幾日, 其の年正月九日長逝す享年四十六歳, 其の年紀上の方, 其の年霜月十日は予て, 其の年頃特有な気持, 其の年頭の希望, 其の年齢では有るまい, 其の幸運を牽き, 其の幹莖を蹂躪, 其の幻惑力は自, 其の幼儀雑箴二十首を読め, 其の幼児よりも実は, 其の幾何も存在, 其の幾粒かをこぼしたらしい, 其の幾部分でも要求, 其のさに, 其の広々した庭園, 其の広い額を, 其の庄造が病気, 其の庇髪を掴んだ, 其の床几の隅, 其の序文に於, 其の底部との対照, 其の店先に立て, 其の店員たちが交代, 其の店子と云え, 其の店頭に立っ, 其の度々黒い油煙, 其の度びにひそかに考へて, 其の度何の反響, 其の度合いの取れない飛び上った, 其の座蒲団へ手, 其ので踏み留まった, 其の庭上に一, 其の庭内境静かにし, 其の庭内境靜かにし, 其の廃墟の上, 其の廃黜する所, 其の廊下の上, 其の廢黜する所, 其の廣州に入, 其の延縁せる面積, 其の建築のざつとした, 其の廻る度に, 其の弁舌の秀でたる, 其の弁論の直截明晰, 其の弁護士は斯, 其の引き出した度数と, 其の引き去るに当り, 其の引合に色々, 其の引揚作業のため目下アピア, 其の引責辞職を未然, 其の弟傷を負, 其の弟子たちとピリポ・カイザリヤ, 其の弟子天心の筆記, 其のを張つて箭, 其のさは, 其の弱い脳髄は, 其の弱点とか欠点, 其のは山, 其の張本は彼, 其のさを, 其の強力な電波勢力, 其の強弱と其の, 其の強迫觀念に觸, 其の強靱な纎維, 其の彊里を限りた, 其のなり, 其の当主にアノ咒語, 其の当否を鑑別, 其の当座は宛, 其の当座幾日の間, 其の当日から三日, 其の当日宴会の刻限, 其の当時兜町で成り金, 其の当時幾度も秀子, 其の当時往来して, 其の当時被告は聖書会社, 其の当時開通しあらざりし電車, 其の当然の結果, 其の形づくられる前に, 其の形体を維持せり, 其の形儀の標的, 其の形式的方面は古今不易, 其の形態が現, 其の形無し用弁は声色, 其の形状は常に, 其の形盤の如く, 其の形相の物凄, 其の形象によつて名, 其の形體を維持せり, 其のの巧, 其のに使, 其の役人になる, 其の役所の向, 其の役目を云い付けられる, 其の役者を通じて, 其の彼奴と云う, 其の彼方に古ぼけた, 其の彼等の努力, 其の往復の書信, 其の律照寺は四国巡礼二十五番, 其の律義さは余程, 其の後○○の野戦病院, 其の後これは石灰岩, 其の後つくし餅草摘みに私たち玉川, 其の後どこかで見付けた, 其の後のも右, 其の後アメリカに逃げた, 其の後ウラスマルの新鮮, 其の後ワラタの失踪, 其の後一時平靜に復つたシャク, 其の後一週間も寝, 其の後三学期即ち一年半, 其の後両度ほど松五郎, 其の後事情があっ, 其の後二ヵ年間にどれ, 其の後二三年のあいだ, 其の後二人とも何処, 其の後五六年して, 其の後五日ばかり続い, 其の後亭主に死, 其の後何百年も経つ, 其の後係官の厳重, 其の後信長安養寺に此, 其の後元祖藤四郎という人, 其の後入唐をし, 其の後入道があっ, 其の後六日間の予備, 其の後医者に聞い, 其の後半年許りたって, 其の後半部は日常生活, 其の後印度の方, 其の後問題になりかかった, 其の後嘉永の始, 其の後因明と云, 其の後国表から一度便り, 其の後圃へ入り来れり, 其の後土地の一件, 其の後塵を拜, 其の後売薬規則の改, 其の後大殿お逝去, 其の後天保になっ, 其の後奥様がお, 其の後奥様附で牛込, 其の後女性は妻, 其の後如何でございますか, 其の後学者たる立場, 其の後宋の太宗, 其の後家のおやじ, 其の後對米爲替相場は金解禁後, 其の後山田徳兵衛君から送, 其の後巴里へ来, 其の後年が段々, 其の後引続いて, 其の後後堀河院御時勅, 其の後御無沙汰いたして, 其の後悔というもの, 其の後應仁文明以後の亂世, 其の後政府財政の緊縮, 其の後数日にし, 其の後日尊に取立てられた, 其の後日本の内地, 其の後旦那様にお, 其の後明治以後になつて, 其の後杳として彼, 其の後江戸で元, 其の後浅草仲町の富田屋, 其の後浪宅において切腹, 其の後渡邊織江が同年, 其の後漁夫の一人, 其の後片山氏京に住, 其の後理論が出来上った, 其の後當分の間, 其の後皆此の法, 其の後盛んに芝居, 其の後目録の分け, 其の後矢張り同僚の一人松本博士, 其の後石原正明の, 其の後私共は仔細, 其の後米国へ渡った, 其の後綱右衛門はお, 其の後縁あつて, 其の後肢で糸嚢, 其の後自国の領事, 其の後色男と共に外国, 其の後蘇東坡の頃, 其の後蝦夷は着々, 其の後褄を引, 其の後諸種の生物, 其の後谷先生は如何, 其の後赦免と稱, 其の後轆轤首の反吐, 其の後道臣とお時, 其の後長者の墓, 其の後阮東はどう, 其の後面會に來, 其の後首級は二十日市, 其の従人等人を殺し, 其の従弟が業体, 其のたる材料等, 其の得たる所の位地, 其の得るところと, 其の得失を覧, 其の從來の症状, 其の從弟を誘ひ, 其の御名は尊き, 其の御手洗の高い, 其の御者さえ猶, 其の復写を作らせた, 其のる所, 其の循環に於, 其の微分子の如き, 其の微動して, 其の微妙な色彩, 其の微笑を見た, 其の微笑む時一人の, 其の徳利の中, 其の徳風になびいた, 其のを求むれ, 其の徴候が見はれ, 其の徹底した守錢奴ぶり, 其の心がけでやっ, 其の心もちと取るべきである, 其の心地の得, 其の心境を打ち開けた, 其の心得違ひから起つた事, 其の心掛けは有, 其の心操に感じ, 其の心栄の美しい, 其の心根が如何にも, 其の心理が有力, 其の心算にし, 其の心血を濺い, 其の心部に見える, 其の必ず彼等の, 其の必然性として国民性, 其の忌わしいことには, 其の忍び出る様, 其の志さへ失はない, 其の忘我まで自分, 其のがしい, 其の応接間に迎, 其の応用との関係, 其の応答を俟, 其の忠言に従う, 其の快癒に向う, 其のが桐生, 其の念頭から沒, 其の怒ること其の, 其の怒気を帯びた, 其のしい頭, 其の怜悧で機変, 其のをします, 其の思いがけ無き早帰りを, 其の思いつきが, 其の思ひはまた, 其の思出の深い, 其の思召しを, 其の思念が現, 其の思想余りに秩序的, 其の思想慣習が次第に, 其の思想餘りに, 其の怠納の場合, 其のを救った, 其の性状のみならず, 其の性能は花, 其の性能精氣をもつ, 其の性説などは殆ど佛教, 其の性質上さう, 其の性質上形式も無, 其のを起す, 其の怨誰に訴, 其の怪き物の, 其の怪しき形骸を, 其の怪力の按摩, 其の怪振動は一秒間三十万回, 其の怪物の姿, 其の怪計画が不幸, 其の怪談の評判, 其のなるを以て, 其の恋人に捨てられた, 其の恐しい顔, 其の恐るべき先は, 其の恐れの中, 其の恐ろしい強い張る氣, 其の恐ろしく長い大脇指, 其の恐怖に執着, 其の恐怖心に驅, 其の恢復が認められ, 其の恢復期を此, 其の恨みが今, 其の恩典に浴する, 其の恩惠の下, 其の息子パーシユーズとがある, 其の息苦しさは, 其の恵心の弟子同様, 其の悠長な手, 其のふる所, 其の患者の一生, 其の詩なる, 其の悪事だけの罪, 其の悪戯に多く, 其の悪者をいろ, 其のみこそ, 其の悲しい運命を, 其の悲しみというもの, 其の悲哀は時, 其の悲鳴をききつけ, 其のの其方, 其ので饑ゑず, 其の情ない傷を, 其の情夫の定次郎, 其の情実を考へれ, 其の情熱を以て多く, 其の情趣其の應用, 其の惡習を除く, 其の惡見者を漂蕩, 其の惨状の寧ろ, 其の惰性によつて忘失, 其の惱みの幾歳を經, 其の惱輕からず, 其の想像を逞, 其の惻隠の意, 其の愉快げな風, 其の意不明にし, 其の意外は決して, 其の意實に此, 其の意專ら獵官收賄の行動, 其の意明らかならねども, 其の意気込みで出懸けた, 其の意繋縛せらる乳, 其の意義内容は不断, 其の意見家の場合, 其の意黄子澄斉泰を非, 其の愚かさを顧み, 其の愚かしい顏に, 其の愚者に及ぶ, 其の愛しきを外, 其の愛人に望遠鏡, 其の愛娘を救, 其の愛情を獲たい, 其の愛惜憂懼, 其の愛書狂の中, 其の愛神の如し, 其の愛讀者の一人, 其の感想が全く, 其の感激に対する憧憬, 其の感興は更に, 其の感覚が残らぬ, 其の感覺が鋭敏, 其の感覺力は偶然, 其の感觸は深刻, 其の愧ぢたるに在り, 其のは何, 其の態度今日より之, 其の慎みが出来ん, 其の慘めな姿, 其の慣習を形作る, 其の慰安となり, 其のを分つ, 其の憂いに堪え, 其の憂慮さに, 其のさげな, 其の憎い念は, 其の憐れむべき兒の, 其のる所, 其の憤ること即, 其の憧憬の念, 其の應接間に迎, 其の懐かしい女の, 其の懐中を肥す, 其の懐抱する理想, 其のを減じまい, 其の懷中に鏡, 其の懷抱する理想, 其の懷紙を後, 其の懸隔が餘, 其のでご, 其の戀塚とやらに立寄り, 其の成実を強要, 其の成書あるは, 其の成行を窺っ, 其の成行きを實驗體, 其の成長から語る, 其のま, 其の我が神と, 其の戒名だけ覚え, 其の戯句を繰返し, 其の戯曲の作者, 其の戯曲的価値が空しく, 其の戰鬪の場, 其の戲曲に於, 其の戸帳を閉め, 其のの毛, 其の所以如何といふこと, 其の所在が分つた, 其の所帶は意氣, 其の所得に於, 其の所有であり得る, 其の所望に任せ, 其の所業に至つて, 其の所番地も知らなかつた, 其の所行を観察, 其の所謂一致と云, 其の所謂天位の覬覦者, 其の所謂我々の時代, 其の所謂氣なるもの, 其の所謂禁厭の断り, 其の所長はごく, 其の所限りで後, 其の手下の出來, 其の手代は二階, 其の手代共が惡, 其の手伝いに頼まれた, 其の手傳ひを, 其の手品の種, 其の手心次第で何うに, 其の手振り足振りの優し, 其の手掛りは弘法大師, 其の手柄の獲物, 其の手毬を取返され, 其の手燭の上, 其の手続きを, 其の手習ひ子, 其の手術といふの, 其の手近なの, 其の手違いは最も, 其の手首からは血, 其の才媛が其の, 其の才気で以, 其の才氣で以, 其の才略抜群で後, 其のをする, 其の批判的方法にある, 其の批評家には未だ, 其の承諾を得, 其の進まぬ人, 其の技倆を認め, 其の技能や經驗, 其の抄本を日本, 其のもの元, 其の抑揚が出る, 其の抒情的なるが, 其の投げ足が, 其の折何処か脾腹, 其の折敷の穴, 其の折沼田の下新田, 其の折父早川三左衞門殿には正義, 其の折物語の悲し, 其の折私達は船長, 其の折貴公様にお, 其の抜けがらに, 其の択取したる至粋, 其の披露の席, 其の押入れの直ぐ, 其の拂拭を懈, 其の拍手に黒髪, 其の拙劣なこと, 其の招待を拒絶, 其の招聘に應, 其の拠る所の, 其の拾遺といったよう, 其の持ち前の物静か, 其の持って居る, 其の持主の名札, 其の持前の味以外, 其の持病を苦, 其の指す所の, 其の指揮宗麟を誅し, 其の指点を経る, 其の指環や着物, 其の指端が冷たく, 其の指輪それか, 其の指頭の神經細胞, 其の挙止端整なるを, 其の振り上ぐる顏を見れ, 其の振分髪まろが丈, 其の振舞い見れば, 其の振舞謙遜で, 其の捨札をよん, 其の捲き方を, 其の捲き起こる原因を, 其の掌中に共同団体, 其の出物を, 其の掘鑿し難い, 其の掛物へ瑾, 其の掛行燈の前, 其のにた, 其の探偵に賭けた, 其の接眼の縫目, 其の控所の中, 其の推量の通り, 其のふべからざる明証, 其の掻くにつれて榛の木, 其の描く世界が, 其の描写の方面, 其のに指, 其の拳で, 其の握つた小さなヒーザア, 其の握りの中, 其の損害を償い, 其の損得という奴, 其の損得沙汰を心, 其のへ歸, 其の搾取つた甕をば頭, 其の摸倣であること, 其の撫子が早, 其の播磨へ行った, 其のる所, 其の擧動は活溌, 其の擧句が異な, 其の擬古の詩, 其の擴げられた紙, 其の攝取する食物, 其のへ柱, 其の支流は虎ヶ窟, 其の支流イブリ谷を登り詰め, 其の支配権力を文化的, 其の支配階級を滅, 其の支障をこつ, 其の獲の, 其の收賄行動に對, 其の改名後の名, 其の改進党を組織, 其の改進黨を組織, 其の語を, 其の放れた指の, 其の放蕩生活にも興味, 其のを謀らず, 其の政体は父権政治, 其の政友会を模範政党, 其の政友會を模範政黨, 其の政府党らしきもの, 其の政府黨らしきもの, 其の政治的自由に就い, 其の救うた人と, 其の救命帯の紐, 其の救済は鉱業停止以外, 其の敗れはその, 其の教えを乞い, 其の教会では矢張り其処, 其の教授法も生徒等, 其の教會法の下, 其の教案は一週間前, 其の教條と其の, 其の教法を設, 其の教祖は, 其の教義を唱, 其の教訓は男子, 其の教訓變遷の工合, 其の教説の批難, 其の教頭は隨分頑固, 其の散り方は, 其の敦賀金ヶ崎までこれ, 其の数ヶ月前医者坊主の山本志丈, 其の数年後隣村の火事, 其の数日前何処からともなく, 其の敵党に対する戦法, 其の敵同士の処, 其の敵黨に對, 其の數代後を肖, 其の文中に何, 其の文句は, 其の文字金色に輝く, 其の文学上の価値, 其の文学社会が暴騰暴下, 其の文學の根本, 其の文弱が高遠, 其の文才其の貢献, 其の文書を差出した, 其の文樣が氷柱, 其の文法は支那語, 其の文獻に現, 其の文筥文使ひといふ, 其の斥けて聴かざりし, 其のを揮つた時, 其の斧柄を振り上げ, 其の斬った奴は, 其の新三郎が新, 其の新任教師は私, 其の新吉が此方様, 其の新宅の二階, 其の新聞切り拔き帳, 其の新著出る毎, 其の新身の刀, 其の新造の乗初, 其の斷片的の意見, 其の斷片零句を拾つて, 其の方らを調, 其の方一代ぐらいのお, 其の方亭主喜助に毒酒, 其の方住所姓名は何, 其の方何様に陳, 其の方例の係り役人, 其の方兄五郎治から言付けられ, 其の方兄五郎治兄弟の者, 其の方処分を受けんけれ, 其の方出生は何処, 其の方天命は心得, 其の方奉行を嘲弄, 其の方寸としては最初江戸, 其の方己がお, 其の方弁まえて, 其の方心に掛け, 其の方支配を致す, 其の方昨夜外庭見廻りの, 其の方昨年十一月三日亭主番人喜助に毒酒, 其の方水にせかる, 其の方法手段であります, 其の方法擧施は今日, 其の方父織江儀御用に付き, 其の方生国は何処, 其の方見知りの者, 其の方諫言を致せ, 其の方針として居る, 其の方養子となり, 其の施済のかくれん, 其の施爲に於, 其の旅商人に婦人, 其の旅客は何處, 其の族人を召す, 其の族長を奉ずる, 其の族類を得, 其の旗下が女, 其の旗印とし, 其の旗手が再び, 其の既に體驗した, 其の日ひと日は樓上, 其の日アムブロアジヌお婆, 其の日丘助手は午前中大学, 其の日中村座へ往, 其の日予定の時間, 其の日二月某日の夜, 其の日以来ギラ・コシサンとリメイ, 其の日兩親たち夫のまだ, 其の日出會つた白地の單衣, 其の日大藏は麻上下, 其の日平太郎の家, 其の日我々の連中, 其の日日曜にて宙外君, 其の日暮らしに追われ, 其の日書溜めた分, 其の日本名のもの, 其の日本的風土化もつまり, 其の日本紳士は流暢, 其の日浴場に行つて, 其の日稼の事, 其の日自分乗車せざりし電車, 其の日荷物を造り, 其の日記に此, 其の日道子は東京, 其の日雄蝶の役, 其の日高橋はさつ, 其の旧作の中, 其の旧友にし, 其の旧式な考, 其の旨意が甚だ, 其の旨警報を発せしめた, 其のの方, 其の早桶を持っ, 其の早業太神樂の鞠, 其の昆布を携, 其の昇進は受け, 其の明い静な, 其の明くる日から私, 其の明け様でお, 其の明日双六谷の途中, 其の明治十五年東京専門学校の名, 其の明治十五年東京專門學校の名, 其の明治大正の文芸, 其の昔前田利家在城, 其の昔権現様戦場お持出し, 其の昔覺悟まできめた, 其の昔譚にある, 其の昔足利の時代, 其のの下, 其の映じ出された美人の, 其の春攝州多田院に開帳, 其の昨夜お嬢様が突然, 其の是非を判, 其の時いっしょに往, 其の時おれが古い, 其の時お前が旦那, 其の時お前さんが来, 其の時お話が大変, 其の時これを甲乙丙丁, 其の時それと同じ, 其の時どきの成行き, 其の時のは船, 其の時はつと袖屏風, 其の時ほんたう, 其の時ほんとうに同情, 其の時ゃア私は我慢, 其の時オウオソの中学校, 其の時カリフォルニアに帰っ, 其の時ガルスワーシーは北側, 其の時キャリフォルニアン号ではあの, 其の時ドカドカと驅, 其の時フィリップスは未だ, 其の時一号法廷ではもう, 其の時一枚の短冊, 其の時一藝一能あつて, 其の時一輛後車室の窓, 其の時丁度六歳になる, 其の時七十五歳であ, 其の時丈は勘次, 其の時三十三歳であったこと, 其の時世祖は十一歳, 其の時中に入った, 其の時中村座に関係, 其の時中毒作用は丈太郎氏, 其の時二人の心, 其の時二年も前, 其の時二更の鐘, 其の時二階から階段, 其の時今いつたやう, 其の時仕事が支, 其の時代一般の傾向, 其の時以来再びあの, 其の時伊藤君は人麿, 其の時伊香保の山, 其の時会社は竣工期限超過, 其の時伴蔵は彼, 其の時住職の頭, 其の時何うにかし, 其の時何処からともなく, 其の時何處から現, 其の時俺も帰る, 其の時假令其の爲事, 其の時元の藪, 其の時八五郎は松, 其の時六郎鎌鑓にて真柄, 其の時分五六人の小, 其の時分仲間が顏, 其の時分佛教の意味, 其の時分太政官は金龍, 其の時分幾度繰返したか, 其の時分漢では朝鮮全部, 其の時分父が洋行, 其の時分玉蜀黍説には僕, 其の時分私達が, 其の時分藥局生や其他, 其の時分風呂へ行つた, 其の時刻盤の裏, 其の時劍持は電話口, 其の時勢から申します, 其の時北條が攻め入っ, 其の時十六歳であった, 其の時卓子の一つ, 其の時右側の漁師, 其の時向うの方, 其の時君は形余り大, 其の時告白したところ, 其の時周三の頭, 其の時噛合った血だらけ, 其の時四つになる, 其の時四年級ぢやつた, 其の時地炉の火, 其の時坂の上, 其の時坊主から聞いた, 其の時多吉の後, 其の時夢中に彼, 其の時妹子にも返, 其の時妻に対していくら, 其の時姉のお, 其の時嫌はれぬ用心, 其の時宛も室, 其の時家主は景子, 其の時家臣の熊谷伊豆守, 其の時寝台で熟睡, 其の時山三郎は仲, 其の時巣鴨にいた, 其の時左手の人差指, 其の時己も八歳, 其の時師匠から貰った, 其の時平左衛門の一人娘, 其の時店先へ立, 其の時弟子が其處, 其の時張のそば, 其の時強烈な硫黄, 其の時彼は真面目, 其の時御新造は日, 其の時恥辱と恐怖, 其の時我々の傍, 其の時戸外には余程, 其の時押収された道子, 其の時拝借した提灯, 其の時方々から買い集める, 其の時旦那の帯, 其の時普請役所に残っ, 其の時望遠鏡の円い, 其の時朝倉家に於, 其の時林の中, 其の時検使に立ちました, 其の時権兵衛が新港開鑿, 其の時権田は私, 其の時此方から来た, 其の時死骸に首, 其の時母は皺, 其の時気が付いたら, 其の時沙と礁, 其の時漢の疆域, 其の時片方の手, 其の時獨りつくづく, 其の時王の命令, 其の時用事あって, 其の時畑には刷毛, 其の時皿を打毀し, 其の時直ぐに店, 其の時眼の前, 其の時秀子は余, 其の時秋山長兵衛が走る, 其の時空は少し, 其の時耳近く, 其の時聴衆咸言って謂, 其の時職員室の窓, 其の時背広をきた, 其の時背後の方, 其の時臨場の軍医, 其の時自己の氣力, 其の時與吉はもう, 其の時草茫々とした, 其の時菊五郎はお, 其の時蒲團の中, 其の時薫から女給, 其の時蜀山人即ち四方, 其の時警司グリインの一行, 其の時谷間へ落ち, 其の時豫て校庭, 其の時貴所方から千両, 其の時酌に出た, 其の時酒井は, 其の時醤油がごつ, 其の時金入をお, 其の時釜場へやって来た, 其の時鉄が純, 其の時長吉はまるで, 其の時長命寺辺の堤, 其の時門口へお, 其の時間中は短波長通信, 其の時間前後は何, 其の時間頃には一足, 其の時限り何うした, 其の時雪の林, 其の時電気に感じ, 其の時顏色で黄昏, 其の時騒ぎをきいた, 其の時高円寺の襤褸家, 其の時麥が青く, 其のの寢床, 其の晝後に物凄き, 其の晩ハスラツク氏の招宴, 其の晩一年中の臟腑, 其の晩一晩だけの假, 其の晩九ツの鐘, 其の晩二人を泊めました, 其の晩勘次は二人, 其の晩妙に瞼, 其の晩山田川へ筏, 其の晩彼は遂, 其の晩彼奴は何処, 其の晩此の辺, 其の晩源次郎がまいり, 其の晩牛切の小屋, 其の晩現像して, 其の晩蒲団の中, 其の晩辻の夜番, 其の晩道臣は千代松, 其の晩重助の宅, 其の晩隣の室, 其の晩養子武田重二郎は傳助, 其の晩高橋は何, 其の普及の程度, 其の普請に掛っ, 其の景色の美し, 其の晴朗は無感覚, 其の智識如何にも注意, 其の相な, 其の暗夜から風, 其の暗闇の中, 其の暗黒の中, 其の暢情快心, 其の暮松蔭大藏は五十石, 其の暴力の範囲, 其の暴威に触れない, 其の暴風雨の前, 其の曲り角に遠く, 其の曲解に基く, 其の書き置きは何所, 其の書信を庄司, 其の書法の一變, 其の書生等が惡い, 其の書置に私, 其の書體が對等, 其の曾祖父の遺骸, 其の替りには貴方幾日何十日お宅, 其の替り今ね寝, 其の替り便利にはお, 其の替り日本へ帰れ, 其の替り身体で働きます, 其の替り頼みがある, 其の最初編成されて, 其の最古の碑, 其の最大なる門, 其の最愛しさ, 其の最高権威で名, 其の最高潮に達した, 其の會則に據, 其の會場に當, 其の會話の内容, 其の月信の來去, 其の月限りのもの, 其の有っていた, 其の有らゆる関係者に, 其の有力な仲間, 其の有効成分マンドラゴリンはわが国, 其の有罪を信ずる, 其の有限なるは, 其の有難くばかり存じます, 其の朗読は平常, 其の望み通り何んでも, 其の望む所の, 其の朝倉の兵, 其の朝午前七時四十五分着の, 其の朝夕の景色, 其の朝急に異常, 其の朝神田昌平橋の船宿, 其の朝私は新聞, 其の朝野廻りに出る, 其の朝鮮に張, 其の期間の仕事, 其の期間劇場映画館の閉鎖, 其の木かげへ往, 其の木の葉一枚づゝ君來よと染むるにや, 其の木兎で, 其の木挽の與吉, 其の木曾の掛橋, 其の木札は二三日神符, 其の木材の蔭, 其の木棺の一, 其の木標は新, 其の木理のは他, 其の木綿で縫つた頭陀袋, 其の木虱の管, 其の木陰の麥, 其の未來の短, 其の未成年者にはどんな, 其の末子である, 其の末尾の大過顛也以下數句, 其の末梢的な装飾部分, 其の本丸に到らずし, 其の本国の語, 其の本国人によって其の, 其の本場なる支那, 其の本文は六朝風, 其の本旨正道を逸し, 其の本殿の構造, 其の本物の人間, 其の本統の罪人, 其の本色なり, 其の本邸に帰った, 其の本郷菊坂下へ捨児, 其の本館から下方, 其のもなくなり, 其の朽貝腐殻如今なほ, 其の材勇を惜, 其の材幹力量は多, 其の材武称許せら, 其の村上松五郎と申す, 其ので殴打, 其の杖右の手首, 其の杞憂や絶望, 其のが兩端, 其のようが, 其の来た晩に, 其の来ぬ者が, 其の来客と何, 其の来援を乞う, 其の来歴を少し, 其のを獻, 其の東京にお, 其の東山義政のお, 其の東方の白沢岳, 其の松の木を電光, 其の松五郎と申す, 其の松竹と云, 其の松葉掻きの, 其のを推し破った, 其の板の間に小さな, 其の板橋を渡つた, 其の枕蒲團掻卷の朱鷺色, 其の枕許で椅子, 其の果て銀灰の, 其の果報者は何処, 其の枝ぶりを見ざるべからず, 其の枢軸である, 其の枢軸国の旅行者, 其の枯枝を大事, 其の枯芝の間, 其のが折れ掛った, 其の某邸で斷, 其の染る事という, 其のな肉付, 其の柔かなる膚, 其の柔和な眼色, 其の柳橋の番傘, 其の柵山二等兵を斬殺, 其の柵矢来の裏手, 其のを鵜呑, 其の柿の木に登りかけた, 其のの光輝, 其の栄任を祝せ, 其の校長の惡口, 其の校長さんの世話, 其の核心に達せ, 其の根幹莖葉を張つて, 其の根引き主は貴公ぢ, 其の根性は中, 其の根拠を繹, 其の根方に拠っ, 其の根本的の目的, 其の根気さえなくなっ, 其の根深い原因を, 其の栽培加工使用法等に至る, 其の案内人が甚だ, 其の桟橋へ戻つ, 其の桟留縞の布子, 其の條件として患者, 其のの一片, 其の梨の木の幹, 其の棄て去られた輕い, 其の棋品の高下, 其の棕櫚の毛, 其の森蔭の御手洗, 其の棺臺の上, 其の椅子へ腰, 其の植ゑられたる福は甚だ, 其の業務と家事, 其の極りを付け, 其の楽しい途から, 其の楽しみを改めず, 其の楽器からは寒, 其の楽屋に出入り, 其の概説のみ, 其の榎木の蔭, 其の槃特が相, 其のは邏沙檀, 其の樂みや如何ならむ, 其の樂書を悉皆, 其の標本箱の中, 其の権力範囲を拡張, 其の権勢を喜び, 其の権変の才, 其の権田に成り代わる, 其の横たわって居る, 其の横径の中途, 其の横笛の音づれ來, 其の横綱を免許, 其の横風な人, 其のの葉, 其の樹姿の人工的, 其の樹木の鬱蒼, 其の樹肌白く鳶色, 其の橋一つにも可, 其の橋渡しを頼もう, 其の機嫌が恢復, 其の機微を穿つた, 其の機械として対手, 其の機能を発揮, 其の機運が見え, 其の機関紙をし, 其の機關紙をし, 其の檢査を遙, 其のの色, 其の權六という者, 其の權利を濫用, 其の權力範圍を擴張, 其の權勢を喜び, 其の權變の才, 其の欠点を指示, 其の欠磨のあと, 其の欠點を指摘, 其の次々の事, 其の次兄というの, 其の次男の小, 其の次第に増加する, 其の次肇の来た, 其のする所, 其の欲望を制した, 其の歌舞伎劇自身の魅力, 其のきは, 其の歓ぶ者を, 其の止途無い涙, 其のを得ざる, 其の正午生きて, 其の正反對の, 其の正嫡と生れ給, 其の正当の地位, 其の正確なる出処, 其の正系本統では, 其の正義であった生活, 其の正邪善惡を洞察, 其の正面と側面, 其の正面一帯の水, 其の此世に於, 其の此方には職人, 其の武家の顔, 其の武者にはどれ, 其の歩き方は, 其の歩きつ振を真似, 其のの痕, 其の歳末の嗟歎, 其の歴史的価値の最も, 其の歴史的價値の最も, 其の歸着點の榮達, 其の歸著を同, 其の歸趣を一, 其の歸途である, 其の死するや薄く, 其の死せんと, 其の死に様に関して, 其の死に目に逢, 其の死んだ後は, 其の死体まで掘り出し, 其の死因も分らず, 其の死後四五年間の惨憺, 其の死後多くの候補者, 其の死後百五十年海外の日本, 其の死顔は穏, 其の歿後に刊行, 其の殆ど總ての場合, 其の残った臣下の, 其の残りの物, 其の残り少ない葉を, 其の殘缺したもの, 其の段取りの一部分位, 其の段格は全, 其の殺人女だとは, 其の殺伐はや, 其のがそつ, 其の毆ぐられた方の名前, 其の母オルクニーの王妃, 其の母屋の中, 其の母様は尋ねない, 其の毒瓦斯に気管, 其の毒薬を持っ, 其の比喜多村さんは道頓堀, 其の比旦那寺の住職, 其の比稀れ也, 其の毘陵の人, 其の毛むくじゃらの手, 其の毛糸を針, 其のを利せ, 其の民たるに極まる, 其の民心に浸潤, 其の民族特有の美, 其の民衆芸術の当然, 其の民衆芸術論を労働運動論, 其の気候の事, 其の気勢がやがて, 其の気絶した傷, 其の気色に顕れけれ, 其の気質だけは温和, 其の氣たるや駁雜, 其の氣取つた樣子で新しい, 其の氣弛みて, 其の氣懸は少時, 其の氣色を直, 其の氣象を體得, 其の水上の方, 其の水出しを他人, 其の水司又市に逢わんけれ, 其の水害を受けた, 其の水引には京紅, 其の水松はおなじ, 其の水溜の沼, 其の水滴が稀代, 其の水疱に頭髮, 其の水蒸気が一定, 其の水行二十日は筑後河, 其の水路を里人, 其の水車の手前, 其の水車小屋の蔭, 其の水量増加せりと, 其の水門が崩れた, 其の水音に消され, 其の水飴を召上, 其の禪と, 其の永い事それから, 其の永久の運命, 其の永楽帝の賽児, 其の永遠広大無辺の勘定, 其の求めに應, 其の汚れた包みを, 其の江湾なる品川, 其の決定的な姿, 其の決心覚悟と云, 其の決行が出, 其の沈み勝ちな様子, 其の沖洲で出, 其の沙汰を致すべき, 其の沙漠の中, 其のに架かる, 其の河嶽英靈集の序文, 其の河流及び江湾, 其の河辺に松の木, 其の油断を見済せ, 其の油絵と伝兵衛, 其の治療前と比較, 其のれた簀の子, 其の沿岸の商家倉庫, 其の法則と云, 其の法律智識は未だ, 其の法恩寺の境内, 其の法衣の色, 其の波浪の活動衝激, 其の波瀾が何, 其の波頭が忽ち, 其の注ぐ草木の, 其の注した部分は, 其の注文の通り, 其の注目するところ, 其の注連繩の下あたり, 其の泯びたことは惜むべきであるが, 其の泳いで行く, 其の洋傘を花籠, 其の洋服代も美奈子, 其の洋犬が御, 其の洋盃を取っ, 其の洒落は古い, 其の洗場のうしろ, 其の洪水以来山を穿つた, 其の活きものは, 其の活動的ならざる他, 其の活溌なる説話, 其の活用の便, 其の活眼には敬服, 其の派手な花, 其の派遣官即ち後世, 其の浅黒さを, 其の浪人者が仲裁, 其の浮世の波, 其の浮彫を見せた, 其の浴衣の青い, 其の浴衣地を着, 其の海岸に寄った, 其の海市に似, 其の海邊の親類, 其の悶の, 其の消えか, 其の消えんとする, 其の消すといふ字, 其のが雨, 其のに茂っ, 其の淡紅の波, 其の深い強さは, 其の深夜に行われた, 其の深川の芸者ども, 其の深見新左衞門, 其のい皿, 其の淺葱なる淺みどり, 其の淺薄を疑はれ, 其の清らかな涼しい, 其の清水まで客, 其の渇望が充, 其の済むまで待つ, 其の渉覽せる萬卷, 其の減つて行くの, 其の渦中の矮人, 其の清なる, 其の温かい愛の, 其の温暖といふ點, 其のは今, 其の渾沌の裡, 其のの一方, 其のを覗き, 其の湯山隆信等が居た, 其の湯槽は肥溜, 其の湯武に關, 其の湯気の頼母, 其の湯氣には得ならぬ, 其の湿んだ眼は, 其の源泉は隠れ, 其の準備たるの觀, 其のへ腰, 其の滿腹を羨んだ, 其の演奏会に出席, 其の演戯に出た, 其の漱石さんが私, 其の漸次接近親和すべきは, 其の潜勢力にし, 其のは水底, 其の潮流が平風恬波洋々, 其の澁色の橋, 其の澄んだ眼は, 其のを増しける, 其の澤山のもの, 其の濃く暗い奥から, 其の濃厚な緑, 其の濃霧から遁, 其の濡衣たるや養母殺し養父殺し, 其のが荒れました, 其の火の見階子に垂, 其の火事と結びつい, 其の火勢火力の増殖, 其の火明命を祀つ, 其の火玉を斬っ, 其の火葬場にゐた, 其の灯影を遮つた, 其のを掻, 其の灰皿の中, 其の災難の事, 其のは新しい, 其の炉辺には先刻, 其の為呼吸を引, 其の為本日の市会, 其の為私の神経組織, 其の烈しさも, 其のは近く, 其の焚火の料, 其の無事を祝した, 其の無効を怒号, 其の無実と云う, 其の無意識の裡, 其の無数の牛, 其の無法漢は仁蔵, 其の無理は遂に, 其の無稽なること, 其の無茶にはちやん, 其の無邪気さを愛する如く, 其の焦燥を捨て, 其の然ることを認める, 其の焼法を教えた, 其の煎じた汁を, 其の煙突からは煙, 其の煙管は私, 其の煤煙がそろそろ, 其のを六三郎, 其の熱い息が, 其の熱那處かに存, 其の燃えた提灯を, 其のでお, 其の燈光をたより, 其の燒跡に留むる者, 其のを幇, 其の營養分たる水氣, 其の燦爛たる膳部, 其のの灰, 其の爪牙たるに過ぎず, 其の爪皮の泥, 其のに到らしめ, 其の爲すべからざること, 其の爲す所を知らざる, 其の爲す所一も常識, 其の爲人と所説, 其の爲體は, 其の父兄の手, 其の父此の無, 其の父母等は古, 其の爻辭には卦名, 其の片側には下駄箱, 其の片手間に一つ, 其の片言隻語を誤, 其の片足を片, 其のでか, 其のが老, 其の牛屋に坐っ, 其の牝牛共を囲, 其の牡丹燈籠に貼りついた, 其の牡牛は百年, 其の牧場は一枚, 其の物ごし物言いにも段々, 其の物語の中, 其の物象に一種謂, 其のを, 其の特別財産を引き出す, 其の特性気質をいかにも, 其の特権とし, 其の特權を利用, 其の特殊な狭い, 其の特色の景色, 其の特長を発揮, 其の犠牲になっ, 其の犬どもの耳, 其の犯罪人が秀子, 其の状涙にうるむ, 其の狂態を見物, 其の狂暴を訴, 其の狂濤は四年, 其の狐格子を開けます, 其の狙撃の法, 其の狠毒の極汚穢, 其の独りを慎ん, 其の独占権を有せ, 其の独立資格を認める, 其の独自中正の脚地, 其の猟人が駆付け, 其の猪口を洗ぐの, 其の猫騒動のため, 其のを放し, 其の獨創清新の意匠, 其の獨占權を有せ, 其の獨得を言明, 其のものの, 其の獲るところと, 其の獲物を殺す, 其の玄関口で訪れ, 其のが宇之助さん, 其の玉串を捧げ, 其の玉蟲色笹色に一寸, 其のの名, 其の王仲縉感懐の韻, 其の王様に頼ん, 其の珍重すべきを, 其の現況に接する如く, 其の現象がおの, 其の理論的たると, 其の理路を考へる, 其の瑣細なこと, 其のを年輪, 其の瓢箪が百両百貫, 其のを取り上げた, 其の瓶子を振つ, 其の甘いもんは, 其のく衰弱, 其の甚さは貴方, 其の甚しきを見る, 其の甚だしきものなり, 其の生けるや勤め, 其の生れて世に, 其の生存競争に有利, 其の生徒共は待構, 其の生殖作用を急がう, 其の生活そのものは作品, 其の生産する所, 其の生血の滴る, 其の産業のため, 其の産衣をも襁褓, 其の甥達に小さな, 其の用水辺にボサッカ, 其の用語が非常, 其の用足しをし, 其の用途も思ひ, 其の田島に対するを見よ, 其の田舎の叔母さん, 其の田邑を自由, 其の由緒に就, 其の甲兵を見ずし, 其の甲板にグリゴリー・ペトニコフ, 其の甲虫を悲惨, 其の申訳の為, 其の男の子を孕んだ, 其の男女の言語, 其の男達の面皮, 其の町内に自身番, 其の町角の本屋, 其の画家さんをここ, 其の画面に眼, 其の界隈での大きな, 其の留守中に夫人, 其の畜牛共を自分達, 其の畜生に違えねえ, 其のをひよつ, 其の番傘にお茶, 其の番頭が愚図, 其の畫像が光線, 其の畫儼然として壁, 其の畫家が畫題, 其の畫法の如き, 其の畫風は唐代, 其の異様な手袋, 其の當下には人, 其の當事者當事者の家庭, 其の當人の心象, 其の當初の理想, 其の當座兩人はこツそり其處ら, 其の當日に成る, 其の當時一般の人, 其の當時之を俗歌俗謠, 其の當時京都に大, 其の當時多分氣が着かれ, 其の當時庫にこれ, 其の當時支那に於, 其の當時日本で六朝, 其の當時日本人が保存, 其の當時朝に夕, 其の當時本を集める, 其の當時樂の家, 其の當時玄惠法印に新しい, 其の當時目録を編纂, 其の當時綿密に讀んだ, 其の當時輸入の困難, 其の當時風は荒, 其の當時餘り行, 其の疆域を擴め, 其の疎らな垣根, 其の疑懼の念, 其の疲れた身を, 其の疵口を咬んだ, 其のさ, 其の疾苦を問, 其の病いがお, 其の病まざる前の, 其の病人を見る, 其の病人たるの故, 其の病室へ行き, 其の病症に突貫肉薄, 其の病的な幸福, 其の病者を社會, 其の痒い事は, 其の傷の, 其の痩せた凋びた手を, 其の痩せ衰えた胸を, 其の痩腕では迚, 其の痩躯をかつて, 其の痲痺する力, 其の痴之れに, 其の瘡痍を勦, 其のを探り直す, 其の療治を頼んだ, 其のゆるまでに, 其の癖お前は俺, 其の癖はじめは運轉手, 其の癖何處かとろんと, 其の癖佳薫のする, 其の癖山道は歩きつけ, 其の癖座敷と座敷, 其の癖新体詩家である保雄, 其の癖此方はお, 其の癖眞身に彼, 其の癖綸は今年, 其の癖醉つた, 其のにさはる, 其の発病の為, 其の発覚を恐れ, 其の発言は往々, 其の発起者たる伊藤侯, 其の発頭人なる者, 其の登り詰に松林, 其の發展の状態, 其の發見によつて却, 其の發言は往々, 其の發起者たる伊藤侯, 其のえ藥, 其の白堊の建物, 其の白無垢何うして, 其の白色を蛇, 其の白黄まぜまぜの, 其の百両の金, 其の百人余りの盗賊, 其の百匹がめいめい, 其の百合の花持添, 其の百日紅の左, 其の百般の表, 其の的證である, 其のの音, 其の深い顔, 其のを少し, 其のをも得た, 其の盗賊が知れません, 其の盛んな所, 其の盛飾せる革帯, 其のした愛想, 其の盡力は成功, 其の監査を頼み, 其の目前の女性, 其の目尻の下, 其の目撃者たる画工自身, 其の目方から数, 其の目次だけを比較, 其の目的地にまっすぐ, 其の目論見を妨げ, 其の目録學の根柢, 其のの音楽家, 其の盲目の不便, 其の助も, 其の直下得も寝, 其の直接の答, 其の相互の廣袤幅員, 其の相互関係に何等, 其の相反して, 其の相方らしい若い, 其の眉白銀の如き, 其の眉目生動の御, 其の看板には其の, 其の看病を致します, 其の看護も出, 其の看護者として附隨, 其のと地球全体, 其の眞ん中に着座, 其の眞僞は知りませぬ, 其の眞實の感謝, 其の眞意を發揮, 其の眞意義に悟入, 其の真先に立つ, 其の真剣さにも尊敬, 其の真実性を守った, 其の真心には及びません, 其の真情をも弄んだ, 其の真意は, 其の真面目で熱心, 其の真黒な群れ, 其の眠りの安, 其の眼中には君主, 其の眼中國利なく民福, 其の眼光は爛々, 其の眼力が心細く, 其の眼容に壓, 其の眼色を早く, 其の着想が既に, 其の着手着意の處, 其の着附仕草などの参考, 其の瞬刻に置かれるべきでございますまい, 其の瞬間さつと顔色, 其の瞬間危くベンチから飛び立たせ, 其の瞬間後の方, 其の瞬間棒はぽく, 其の瞬間法華僧は縁側, 其の瞬間男の恥, 其の瞬間私は両, 其の瞬間驚き易い彼等, 其の瞼辺は少しく, 其の瞼邊は少しく, 其の知らせに此, 其の知りたがり聞きたがる性情を, 其の知恵者より成れり, 其の知覚鋭敏にし, 其の知覺鋭敏にし, 其の知言にし, 其のかい間に, 其の短い生涯の, 其の短刀は鎧通し, 其の短所のみを論ずる, 其の短波長送受信機に附い, 其の短篇なるが, 其の石塔の前, 其の石材も比較的, 其の石碑に実父鹽原角右衞門, 其の石質の白味, 其の砂利が病院, 其の砌某所墓地近くを通りかかり, 其の研ぎ減らした唐鍬の, 其のの里, 其の壞の, 其の破れ傘が輪, 其の破れ目を走り抜け, 其の破壊の主因, 其の破滅の悪日, 其の破片を持っ, 其の破綻に對, 其の硝子に面, 其の硝子蓋の中, 其の硫黄や清水, 其の硯箱を仏壇, 其のは漸く, 其の碧なす鏡のうち, 其の確かなもの, 其の確乎と身, 其の確固なるもの, 其のは地名, 其の磨滅した文字, 其の礎石さへも見る, 其のはゆらり, 其の社中の変遷, 其の社会の各, 其の社会国家の種々, 其の社会状態が小, 其の社會の各, 其の祈祷式に預, 其の祕訣に達する, 其の祖子致と云, 其の祖母さんの墓, 其の祖父殿はの山伏, 其の神代の記事, 其の神樣に占領, 其の神殿の前, 其の神社のお, 其の神秘な木像, 其の神秘的具象的事相の万一, 其の神経が鎮まった, 其の神通力によつて月, 其のの日, 其の祭るべき神乃至, 其の祭祀は毎年二月, 其の祭神が如何なる, 其のを破られた, 其の禁ずるのは, 其のを断ち, 其の福利を蒙る, 其のがたつた, 其のの治水, 其の私心熾なるが, 其の私行を洗われた, 其のの始皇, 其のの似, 其の稀有奇怪なる氣, 其の税法を広行, 其の稚児が居た, 其の稜稜とした, 其の種本とも謂, 其の種落を謂つて余戸, 其の稻塚がひ, 其の稽古を見る, 其の穀梁傳に精し, 其の積み上げたる芻秣をば, 其のを, 其の穢い夜具へ, 其の穢く汚れて, 其の穩健な上下, 其の穴川甚蔵であるの, 其のの下, 其の空ツぽを, 其の空中に消え, 其の空地で芝居, 其の空所を通っ, 其の空疎なるを, 其の空白状態伝統を見, 其の穿物が重い, 其の突き出した方の, 其の突き当りの二階家, 其の突き當りに, 其の突當りを, 其の窪んだ茶色の, 其の窮屈さ能く言語, 其の窮屈そうな様子, 其の立たせられた處が, 其の立ち優った美貌, 其の立ち上った瞬間隣室の, 其の立ち去る風は, 其の立言正平なるを以て, 其の立論が總, 其の立身出世をたすけた, 其の竪矢の字, 其の端緒を開いた, 其の端麗な顔, 其の競争に余, 其の競争者と屋根, 其のや欅, 其ののやう, 其のを背負つて, 其の笑聲を後, 其の符牒で黙, 其のの雪, 其の筆墨を吝, 其の筆法の術語, 其の筆耕は山田, 其の筆鉾を讃め, 其の筋立てをすぐ, 其の筒袖の優しい, 其の答えを伸したい, 其のが勘次, 其のを同じ, 其のから生血, 其の箭先にかういふ, 其の箱淵へ尋ね, 其の節平城天皇の御子, 其の範圍も種類, 其の篇數など内容, 其の篇首の殷齊中也, 其のの濡れた, 其の簑笠の装, 其の簡淨痛快にし, 其のは, 其のを開け, 其のに中った, 其のは窮迫, 其の粉薬の包紙, 其の粉雪を地ぐるみ, 其のなるもの, 其の粗末な姿, 其の粗野な沈欝, 其の粘土をこすりつけ, 其の精兵は日一日, 其の精巧な言語, 其の精敏堅實なる事務的能力, 其の精神状態をも良好, 其の精神風采を摸する, 其の糟粕を嘗めた, 其の系統上に於ける, 其の系統論に依らずし, 其のを果す, 其の紅葉を活け, 其のな本性, 其の純粋の体言, 其の紙上にプラーゲ, 其の紙包を開けり, 其の紙洗大尉は二十分, 其の第一, 其の級中の年少者, 其の紛れに逃延びました, 其の紛紜からもしか, 其の素地のもの, 其の素志と云, 其の素性を聞き, 其の素捷いことは, 其の素晴らしさが, 其の素有の善, 其の素盞嗚尊と支那, 其の素質が朝鮮人, 其の紫玉が手, 其の累々たる巌, 其の帯を, 其の細かい研究と, 其の細かしい規則を, 其の細きランプの, 其の紳士も云, 其の紹介で友達, 其の終るのを, 其の経典の一頁, 其の経営措画に至, 其の経歴を異に, 其の経略の手, 其の経路を出来る, 其の経験を出来得る, 其の結果それを集め, 其の結果ヂヤ無いか, 其の結果伏見城方では十人, 其の結果和田先生の御, 其の結果外国著作権の侵害事件, 其の結果将来日本の深憂大患, 其の結果板垣党が生れずし, 其の結果板垣黨が生れずし, 其の結果裁判沙汰となる, 其の結果親店とも相談, 其の結果長吉は遥か, 其の結願の日, 其の給仕や酒, 其の統合律が57, 其の統治者は漢人, 其の絵姿の眼, 其の絵巻物を披見, 其の絶対の権威, 其の絶対的性質とを保持, 其の絶對權の有る, 其の絶望の余り, 其の絶滅の機会, 其の絹切れを手, 其の絹紙筆墨を費す, 其の經歴やら家庭的, 其の継目から草, 其の綱要其の一切, 其の緊張に極点, 其のの袴, 其の緋鸚鵡が高らか, 其の本家たる, 其の総てを真夏, 其の総務委員の陳弁, 其の総裁の就任, 其の編成が出, 其の編次に最初, 其の編者は賞め, 其の編輯をする, 其の縁下よりは悪臭, 其の縁合で此家, 其の縁続きの美男, 其の縁臺がめい, 其のの帯, 其の縄張り地内としてその, 其のを楽む, 其の總務委員の陳辯, 其の總裁の就任, 其の總評の仕方, 其の榮若く, 其の繁栄の絶頂, 其の繃帯は何, 其の繊弱き双, 其の繊細な白い, 其の織る人の, 其の繩張りとして甚だ, 其のを今, 其の續紀等の序文, 其の缺乏した米, 其の缺擂鉢塵芥襤褸切釘の折, 其の缺點はどう, 其のを捲いた, 其の罪人が有りました, 其の罪實に在野, 其の罪悪の主, 其の罪惡の主, 其の罪滅しをせんけれ, 其のから此方, 其の署長が警察署, 其の罵詈悪言, 其の羅越は老, 其の羊毛を掴ん, 其の羊羮といふもの, 其の美しい強い香にも, 其の美処を描きたる, 其の美味かりし事今, 其の美妙さは全, 其の美所なるが, 其の美擧を賛成, 其の美色を失ふ, 其の美術や音樂, 其の群れはおしまひ, 其の羨むべきを悟らず, 其の義侠の心, 其の義務を果させ, 其の摺れに, 其の羽生村で父さん, 其の羽翼を去り, 其の翌々日に其, 其の翌年先の内儀さん, 其の翌年寛政十年となり, 其の翌年復た神, 其の翌年金五郎は傷寒, 其の翌日上野へつい, 其の翌日伴藏がお仕置, 其の翌日十九日の聴取書, 其の翌日嚊とカチヤ, 其の翌日四人の登山者, 其の翌日旅店の主人, 其の翌日本郷から見舞, 其の翌日横浜行の汽船, 其の翌日知行米加増を出した, 其の翌日難波の停車場, 其の翌日風呂桶が屈, 其の翌晩小原山と申す, 其の翌朝各自が自分, 其の翌朝草花を配達, 其の習性が面白く, 其の翠緑を反映, 其の老体を持ち, 其の老君道徳經は乃ち是, 其の老女の亡魂, 其の老子様を描く, 其の老年を準備, 其の老成の大事取り, 其の考えは丁度, 其の考究は他日, 其の考証は後日, 其の者どもは皆夫, 其の者余の姿, 其の者共の申口, 其の耕作に当り, 其の聖典のコーラン, 其の聖教序は今, 其の聖書の巻尾, 其の聚つた聲は空, 其の聞きたがり知りたがり噺したがる, 其の慧なりし, 其の聰明を擁蔽, 其の聴覚も衰, 其の職人に日本, 其の職務の記録, 其の職業以上の教育, 其の肉体性を超越, 其の肉冠は著しく, 其の肉體は其の, 其の肌確に雪, 其の肖像を寫し, 其の股引を脱い, 其の肩先を掠った, 其の肩書も奉天定難功臣開府儀, 其の肩越に田, 其の胃液を分泌, 其の胃袋は大きく, 其のの小, 其の背中にお, 其の背景であり其の, 其の背面に落ちる, 其の胎兒は死んだ, 其の胎内に彼, 其のを掴んだ, 其の胴体の一部, 其の胴巻を袂, 其の胸倉を取れる, 其の胸甲に迫り, 其の胸算用をし, 其の胸苦しさは, 其の能力を揮, 其の能整合者たるに存する, 其の能狂言は徳川時代, 其の能舞者たるは其の, 其の脈數が増す, 其のを取れ, 其の脊丈恰好が, 其の脚力の及ぶ, 其の脚色者も想像, 其のを舐, 其の脳力も眼力, 其のの辺, 其の腕ひとつ抱きしめたま, 其のの血量不足, 其の腫物が段々腫, 其のである, 其ののあたり, 其の腰元の濃い, 其の腰巾着のやう, 其の腹巻の多く, 其の腹立たしさやら, 其の膏汗で自分等, 其の膏薬を剥がす, 其の膝水面を躍り上がれ, 其の膨脹力を増し, 其のに向つたの, 其の膽勇殆ど人間の類, 其の臍の緒の書きつけ, 其の臟器を解剖, 其のを薦むる, 其の臥蓐なり外界, 其の自ら來て信服, 其の自主自由の權, 其の自己の手の裏, 其の自意識の旺盛, 其の自慢の下, 其の自殺を懼, 其の自由党に於ける, 其の自由自在でおもしろい, 其の自由黨に於ける, 其の自若として無慙, 其の自身も犬猫同然, 其の臭えことが, 其の臭気夥多しい一同, 其の至るところ又, 其の至大至神至眞至聖のもの, 其の至純至美の愛, 其のの腹, 其のに力, 其のみする所, 其の興国の要素, 其の興國の要素, 其の舊勢力を復活, 其のに關, 其の舞楽と云, 其の舞踊の中, 其の舟師を率, 其のに造られた, 其のにか, 其の舷側と平行, 其の船出の夜中, 其の船宿の何処, 其の色いまも忘れ, 其の色善氣喜氣等は其の, 其の色潤ひ觸感, 其の色澤に於, 其の色男と共に裁判所, 其の色紅なるが, 其の色香を保つ, 其のは一つ, 其のなの, 其のの出店, 其の芋茎へ火縄, 其のを二三羽, 其の花吉と申す, 其の花園のはずれ, 其の花片は置けなかつた, 其の花生の形, 其の花畑の下, 其の花籠は又, 其の花車が死ん, 其の芳香をも猛毒, 其の芸人が嫌, 其の芸妓のこと, 其の芸妓屋に於, 其の芸術上のレアリズム, 其の芸術座の演劇, 其の芸術綜合の信念, 其の芸術論をも生活論, 其の苟も鉱毒事件に関する, 其の若干を摘み取つ, 其の若年寄に便宜, 其の若衆の顔, 其のに堪へ, 其の苦しい病気まで, 其の苦味を以ての故, 其の苦心は尋常一樣, 其の苦心實に慘憺, 其の苦悩の果, 其の苦辛の結果, 其のに斜, 其の英名を不朽, 其の英才は何れ, 其のだ苺, 其の茘枝の詩, 其の茶壺は茶壺, 其の茶室の跡, 其の茶屋町の縫, 其の茶店の婆さん, 其の茶碗疵がある, 其のが一づゝ芥子, 其の草木の一日, 其の草稿を送り返し, 其の草花の外囲い, 其の草花屋へ駆け込ん, 其の草鞋を頂く, 其の荒海に漾, 其の荒物屋の軒, 其の荘厳雄大なる景象, 其のを拵えた, 其の荷物が己, 其の荷馬車がひつくり, 其の莊重な自然, 其の莚旗を挙げた, 其の莫迦げた依頼を引受けない, 其の菊五郎は文化年代, 其の菊屋であつ, 其の菊水という家, 其の菊石の上, 其の菖蒲が咲いた, 其のが大根, 其の菜種油のやう, 其のに於, 其の華工の寄宿舎, 其の華麗壯大なるに, 其の萌芽は十分, 其の萌黄なの, 其の萬年青なるもの, 其の付いた態度, 其の落書は皆得意, 其の落葉を散, 其の葉書を卷い, 其の著しき例である, 其の著者は歴史的服装, 其の著者服部撫松は都下, 其の蒸氣の中, 其の蒼い頬げたに, 其のの切, 其のを執っ, 其の蓑紛々として桃花, 其のをし, 其の蔦屋へ參, 其の蕃殖をする, 其のは實, 其のを, 其の薀蓄の斷片零碎, 其の緑の, 其の薄い脣に迄, 其の薄化粧したきめの, 其の薄命と無残, 其の薄弱な意思, 其の薄汚い窓掛は, 其の薄衣を仰ぐ, 其の薔薇色の泡, 其の薩長であると, 其の薫わしい若々しい, 其の薫陶に余念, 其の薬剤には印度, 其の薬籠中の物, 其の薬罐にさめた, 其のや粟幹, 其の藁屋の廂, 其の藁屑や粟幹, 其の藁敷の桟敷, 其の藏書の甚だ, 其の藏書十萬四千卷を盡, 其の藝妓の心掛, 其の藤野屋の裏手, 其の藥箱の不用, 其の藥籠中の物, 其のの爲め, 其の藪垣の間, 其のがくれ, 其の生った時, 其のの變種, 其のに食われる, 其の處分を強請, 其の處女性を破らう, 其の處決を勸告, 其の處置を做, 其の虚偽に罪悪, 其の虚無僧さんの話, 其の虫共は本能, 其の虫干の意味, 其のの如き, 其の蚊帳質屋へ持っ, 其のの巣, 其の蜀黍は何處, 其の蜘蛛の諺, 其の蝋燭屋の裏, 其のを眺め, 其の螢籠は何ん, 其のを自衛, 其の蟄伏の状態, 其の血脈の中, 其の行き止りの八疊, 其の行儀僧にもあらぬ, 其の行列は二条富小路, 其の行列虫の巣, 其の行政區域内に包括, 其の行星に對, 其の行李を棚, 其の行為を殊勝, 其の行爲者に於, 其の行者という奴, 其の行蔵を以て人, 其の行藏を以て人, 其の術語は誰, 其の衛兵を減じ, 其の衝立を二重, 其の衣物は, 其の衣絵さんの白い, 其の表現は人心, 其の表現俳優の演伎, 其の表現法とを以て描いた, 其の表紙の裏, 其の衵服を見せた, 其の衷心の所信, 其のも既に, 其のつた手拭と, 其の被害程度を縮, 其の被害者は片腕, 其の裁判所構成法第百三十六條第一號, 其の裂き竹には, 其ので馬, 其の装置のそば, 其の裏口を探し, 其の補助であるに, 其のひ是, 其の裝ひでもまた, 其の裝束は世の常, 其の裝飾が無くし, 其の裝飾法も永く, 其の裸體が珍, 其の製作品又は樂曲, 其の製品を持ち, 其の製造の手伝, 其の複写を何, 其の襲名を断つた, 其の懸けの, 其の西の村, 其の西側よりは越中沢落合, 其の西北隅に, 其の西南隅にあつ, 其の西學凡であ, 其の西応房は尾州中島郡一の宮, 其の西欧二千年の文献, 其の西鶴の書いた, 其のは, 其の要望に應, 其の要綱は全, 其の要領を教, 其の覆滅を来さざりし, 其の見えざるの手, 其の見なければならない, 其の見事なに, 其の見本だ, 其の規則的の部分, 其の規則通り實行されたもの, 其の規模の宏大, 其の規矩に出入, 其の規約に書い, 其の聽を, 其の覗ツたところ, 其の覚悟のこと, 其の覚束無い光の, 其の親分なるもの, 其の親夫に盡, 其の親孝心に愛で, 其の親孝行の者, 其の親御がお, 其の親株と, 其の親行が書き方, 其の親達の心事, 其の観光目的地に連れ, 其の観察者の態度, 其の観覧料も映画中, 其の悟ある, 其の覺悟で何, 其の覺醒を促され, 其の觀察と判斷, 其の角右衞門の家, 其の解剖室で威張る, 其の解決に達する如き, 其の解説を加, 其の解釈の争い, 其の解釋として必要, 其の触接したる同, 其の觸接したる同, 其の言い立てが通りました, 其の言ツ振が, 其の言下に大悟, 其の言散見するありて, 其の言葉何うか, 其の言葉尻の明らか, 其の言葉自身より外, 其の言葉通りにお, 其の言葉通り仮面の裏, 其の言訳は斯, 其の言辭のやう, 其の言附は犬, 其の計量から独立, 其の訓詁を窮め, 其の託児所の医師, 其の記中往々文体, 其の記事各新聞紙上, 其の記事中の絢子先生, 其の記念ださうであります, 其の記念碑の表面, 其の記憶力は絶倫, 其の記標として用, 其の記載例を見る, 其の設馬は今史局薩摩, 其の許可を求める, 其の許嫁のお嬢さん, 其の訳文は立派, 其の訳本も在来, 其の証人申請の件, 其の証明が出来るだろう, 其の証言を拒む, 其の詠ずるところの, 其の試みは失敗, 其の試合の觀方, 其の試験や実行, 其の試驗をやりました, 其の詩人の想像, 其の詩人等を惜しみ, 其の詩材となす, 其の詩風を受けた, 其の詮索は今, 其の詮議は擱, 其の話した事柄との, 其の話す通りに, 其の話たるや後々, 其の該博を見し, 其のなること, 其の詳しい考證が, 其の誕は, 其の語先頃其方が儕輩, 其の語尾の怪しく, 其の語氣から察, 其の語源が漢, 其の誠実に忠, 其の誠実さは勘定高い, 其の誤りを見付けます, 其の誤算に気付き, 其の読み続きを読ん, 其の読書を止めさす, 其の調和を御, 其の調査を命じ, 其の談判に取り掛かる, 其の談敵たらしめ其の, 其の請求の貫徹, 其のの拠点, 其の論彝倫を敦くし, 其の論旨は肯綮, 其の諫言が却って, 其の尊に, 其の諸国とは何処何処, 其の謀略を用いる, 其の謂わゆる教養戦争と共に, 其の謂われが有る, 其の講明が乎演説, 其の講義は尊重, 其の講説を録, 其の講題を蒐め, 其の謝罪の叶う, 其の識慮余りに進歩的, 其の識慮餘りに, 其の識見の高き, 其の警官が云った, 其の警察署で保護, 其の警衛の方々, 其の警部補のする, 其の議会の演説, 其の議案の中, 其の譲受人からの請求, 其の護謨球の冷えた, 其の譽れ並ぶもの, 其の讀み方は, 其の讀書が一貫, 其の讀書眼の卓拔, 其のり方, 其の變易の状如何, 其の變遷に遲, 其のの凹, 其の豊かに開く, 其の豊富な財源, 其のが六畜, 其の豪快は及ばず, 其の豫想に本, 其の豫期したる大藏大臣, 其の豹変の倏忽, 其の豹變の倏忽, 其の貝殻をあける, 其の貞淑従順善良そのものなの, 其の負傷もなく, 其のが竭, 其の財産は父, 其の財貨を保つた, 其の貢献と云, 其の貧しい所得の, 其の貧困のどん底, 其の貧弱な會話, 其の貧相な路次, 其の貯蔵室へ入れる, 其のさを, 其の貴公子が此, 其の貴重な呼吸器, 其の貼り方が, 其の貼紙を見る, 其の資金が相, 其の賜詩三首の一, 其の賣る所と, 其の賤蔑する所, 其の質素な田舎びた神殿, 其の贋鼎の一足, 其のや青, 其の赤ン坊は今, 其の赤猪子天皇のみこと, 其の赤肉を選, 其の赦罪を乞, 其のく成つた枯葉, 其の走るもの汽車に, 其の起伏消長の情状, 其の起原は唐代, 其の起因は大工, 其の起居振舞に際し妙, 其の起源は僅か, 其の超越的偉大に驚き, 其の趣きを異に, 其の趣向が都, 其の趣好に適しなかつた, 其の趣意を貫い, 其の趣相似たるもの也, 其のる所, 其の足痕で崖, 其のつけられた流れ, 其の跋扈と云, 其の跡池となる, 其の跣足でそ, 其の路地に住ん, 其の跳梁を俟, 其の踊りの第, 其のには鍍金, 其の身の上話を聞きてえ, 其の身一代に二千貫しこ, 其の身代を横領, 其の身分の如何, 其の身相当の幸福, 其の身長をくら, 其の身體に影響, 其の身體精神の状態, 其のが恁云, 其のでせう, 其の躰裁に至り, 其の車中に在, 其の軌道は環形, 其の軍勢は三千五, 其の軍陣の内, 其のの土間, 其の軒下に文吾, 其の軸木の先, 其の軸物の前, 其の忽なる, 其の軽快な舸, 其の軽重を計っ, 其の輕快した時, 其のやかしい面, 其のが擴, 其の輪郭外の横, 其の輸入又は摸倣, 其の輸入語の外, 其の輸廓を近づけ, 其のを揃, 其の辛いのを, 其の愈, 其の辞令の立派, 其の辞職なるもの, 其の辭令の立派, 其の辭職なるもの, 其の辮髮の仕, 其のずるの, 其の辯論の直截明晰, 其の農事も十分, 其の農夫にし, 其の農家の小, 其の込み入つたるもの程, 其の迂遠にし, 其の処を, 其の近いところには, 其の近くに坐, 其の近づいた時でも, 其の近郊に拡が, 其の返しとして良人, 其の返り討に, 其の返電なり何, 其の迷信の一つ, 其の迷子札に深見新吉, 其の逃ぐるに任せた, 其の逃げる時に, 其の逃げ路を遮つ, 其の逃げ込んだ奴等が, 其の逆さ杉には雨, 其の透間へ鼬がち, 其の逐えば逃げ, 其の途中深草を通る, 其の途次氷川神社の境内, 其の途端玄竹はいつ, 其の途端蒲團が狹, 其の通り一徹の心, 其の通り信がなく, 其の通り報酬を約束, 其の通り姉さんは僕, 其の通り海の餌, 其の通り火事場で彼方此方, 其の通り田舎気質の結構, 其の通り花魁に話した, 其の通り華美な扮装, 其の通性は書物, 其の通處を既徹, 其の速力や負担力, 其の造詣は疑ふべき, 其の逢坂が我々, 其の連中大手の眞中, 其の連山のふところ, 其の連添う夫に, 其の連鎖を捕捉, 其の進みは非常, 其の進み入る道筋だけ, 其の進む方は, 其の進修の功, 其の進潮は進潮, 其の進退条件が政見, 其の進退條件が政見, 其の逸話は措い, 其の遊ぶ處を, 其の遊女の所, 其の遊民に智識, 其のを試, 其の運動さへ一度, 其の運用の不純さ, 其の過ぎ行くに及び, 其の過ちは総て愛, 其の過去の殘骸, 其の過敏な神經, 其の過程の後, 其の道すがら茨か, 其の道たるや一, 其の道傍に榛の木, 其の道家といふもの, 其の道徳的價値に於, 其の道程にのみ終始, 其の道程實に二十七里, 其の道筋さへ新, 其の道衍と識, 其の達するところを, 其のひが, 其の遠く廣いあたり, 其の遠く連つた山々の頂巓, 其の遠慮中の身, 其の瀬な, 其の適例なり, 其の適応性優秀性を意識, 其の遭遇する各種, 其のに当り, 其の選擇の當, 其の遺されたる夫が, 其の遺つたものが, 其の遺児を顧, 其の遺制は近代, 其の遺失主へ知らせよう, 其の遺書には自分, 其の遺物から推し, 其の遺言状を書き直さぬ, 其の遺跡を見物, 其の遺風を存したれ, 其のくべから, 其の那個のもの, 其のを罵り, 其の邪気ない顔付, 其の邪法を行なっ, 其の邪馬臺はなほ異説, 其の邸内にとどまっ, 其の邸宅は何れ燒, 其の郡治より起算, 其のの痛み, 其の部分的なもの, 其の郷国の思想, 其の郷土の愛国者たる, 其のに居つ, 其の都市に対して金力, 其の都度トンちやんの消息, 其の都度ハツと隠れ忍ん, 其の都度ヒヤリとして針, 其の都度何かしら身辺に事故, 其の都度僕は一つ, 其の都度少年は従姉, 其の都度庄造の枕許, 其の都度新らしい笑, 其の都度災害がいちじるしく, 其の都鳥ぢや, 其の配下の調度, 其の配列が幾何学的, 其の配所の様, 其の配百十踏揚姫は私達, 其の醜い其の固陋, 其の醤油は打, 其の醫學生に憑, 其の醫者は鉛筆, 其の釈統三篇と後正統論, 其の釋しかたが簡單, 其のに向っ, 其の重荷をおろし, 其ののうへに, 其の野心を充, 其の野末を離れ, 其の野蛮人に食物, 其のが冬, 其の金ア此の野郎, 其の金五百円にてお, 其の金光の一道, 其の金城坊の西, 其の金塊は巻き上げ, 其の金太郎と云う, 其の金物屋さんで名前, 其の金環より中心, 其の金貨が千枚づつはいつた十, 其の金貨一枚は十二フラン, 其の金貸へ手, 其の釣れる期間が, 其のを抜い, 其の鈍色を破, 其ののやう, 其の鉄床の上, 其の鉄柵の中, 其の鉄砲を打つ, 其の鉛色の手, 其の鉱石を分解, 其のの鎖, 其の銀行頭取を知っ, 其の銅鐸の手本, 其のも歐陽通, 其のを保つ, 其のの形, 其のの淵, 其の鍋中の物, 其の鍛冶屋は外, 其の鍛錬した筋力, 其の鎗術の世話心得, 其のの, 其の鎧直垂に就い, 其の鎮守の正面, 其のの如き, 其の鐵柵の上, 其の鑑識眼は實技上, 其の時の, 其の長く黒い髪と, 其の長ずるところ也, 其の長兄阿古迺の末孫, 其の長刀持ちたる, 其の長大な躯幹, 其の長安寺の和尚さん, 其の長寿の相, 其の長引く様が, 其の長手紙には, 其の長育を助け, 其の門人に斬られた, 其の門内へつ, 其の門前へ掲示, 其の門墻も亦, 其の門番の勘藏, 其の開墾に第, 其の開拓者または最初, 其の開校式を挙げた, 其の開花抽芽の時, 其の閑雅な趣味, 其の間それを傍観, 其の間みな官營病院の醫師, 其の間カヤンガルの浜辺, 其の間ホテリングは何, 其の間一心に燒けた鍋釜, 其の間人事不省の幾時間, 其の間何人にも面會, 其の間僅少ばかりで, 其の間半町将に賊将, 其の間大小様々のこと, 其の間奉公に陰陽, 其の間己は家長, 其の間棺桶の中, 其の間海の方, 其の間碌に口, 其の間老人の後, 其の間近な火, 其の間違の無い, 其の間飮まず食, 其の関係者の一方, 其のを越す, 其の闊大荘重の景象, 其のの時, 其の關係状態に順應, 其の關係者の一方, 其の關所役人のやう, 其の防いで遣る, 其の阿国のやりました, 其の附加竄入のある, 其の附屬とを斷, 其の附近一帯の広大, 其の附近地方の周圍, 其のき者, 其の降る中を, 其の限界内での豊富さ, 其の陣鐘が沈没, 其の除幕式には当時米国, 其のにかくれた, 其の陰鬱凄凉, 其の陳套の故, 其の陳腐にし, 其のを發くに, 其の陽光の強, 其の陽發快活の光景, 其のの方, 其の隅ツ子の端ツコ, 其の隊長と思ふ, 其の其の柱, 其の階級的自覚を与える, 其の随員などが伝へた, 其の隕石に比例, 其の際僕の身, 其の際此の密書, 其の際氣がせき, 其の際涙ながらにもうとても, 其の際軽度乍ら酔って, 其の際限の無い, 其の隠れ家を見付出された, 其の隠居所のお, 其の隣りなる釣り手に, 其の隣室の書斎, 其の隣座敷に居りました, 其の隣接する谷中, 其の隨一の旅館, 其のし終, 其のは己, 其の雀の宮へ下車, 其の雀班見せえ, 其の雄偉豪傑の本領, 其の集つた握り飯の手桶, 其の集學所に居る, 其の雇主の命令, 其の雑沓を眺め, 其の雜誌を再興, 其の雜談の牛耳, 其の雜踏は非常, 其の離婚と云, 其の離島へ行, 其の難儀を忘れねえ, 其の雪洞の蝋燭, 其のを切つたの, 其の雰囲気が何, 其の雲林を見る, 其の需要を満たす, 其のの常夏, 其の霊魂は何処, 其のを解かし, 其の霜解の中, 其のも赤から, 其の靈光神威に勵, 其の靈藥を尋ね, 其の青年や俗衆, 其の青年會ちうもん, 其の青年画家と駈け, 其の青年等によって階級戦争, 其の青柳の葉, 其の青白い大きな顏, 其のな中, 其の静かな美しい, 其の非常な慈悲心, 其の非行を数, 其の面白さは, 其の面目が躍如, 其の面積は吾, 其の面親に似ぬ, 其の面魂頼母しい, 其のをぬい, 其のに手, 其のには小豆, 其の韓国に施設, 其の韓國に施設, 其の音さへ途留, 其の音信の聞きた, 其の音古雅にし, 其の音声が乎, 其の音波を伝え, 其の音譯を原語, 其の響かないのを, 其の響けで永禪和尚, 其のからは多く, 其の頂いた幻の, 其の頂きは天頂距離三十度以内, 其の頂点に達した, 其の頃ゆえ麻裏草履を結い附け, 其の頃スティヴンスンは父, 其の頃ペストの流行, 其の頃ポルトガル國から初めて, 其の頃ヴエスヴイアスから遠く, 其の頃ヴエスヴイアス山は何事, 其の頃一ツ橋に在った, 其の頃一家連れでよく, 其の頃三年で拾両, 其の頃下谷では名高い, 其の頃世界に一番勢力, 其の頃世間に輩出, 其の頃会津辺から, 其の頃侍は威張った, 其の頃入唐した弘法大師, 其の頃内職に飜譯, 其の頃十両と申す, 其の頃十五の女の子, 其の頃十歳の竹丸, 其の頃千両からの金子, 其の頃友人の誰, 其の頃向島の白髭, 其の頃大名の御, 其の頃天滿山官林に天狗さん, 其の頃奧州の得平, 其の頃女学生だつた姉, 其の頃彼の女房, 其の頃愛敬角力で贔屓, 其の頃政友会の幹部, 其の頃教師と生徒, 其の頃散髪になりました, 其の頃数寄屋町にいた, 其の頃新五郎は年, 其の頃日本で梵語, 其の頃朝廷に出入り, 其の頃松平越後守様の御, 其の頃梅を大層, 其の頃武家が頭, 其の頃殆ど純正化学と応用化学, 其の頃殆ど色絲を織る, 其の頃毎夜の如く放浪, 其の頃沼田下新田と申し, 其の頃流行の犯罪心理学, 其の頃湯島切通しに鋏鍛冶金重, 其の頃無理に習つた難, 其の頃由三は叔父, 其の頃番所の見, 其の頃疊が敷い, 其の頃百二十両に身, 其の頃相談るの, 其の頃真弓さんがお母様, 其の頃研究座に出る, 其の頃私達唯一の愛讀雜誌, 其の頃緒につきかけ, 其の頃老女を勤め, 其の頃脩行中の事, 其の頃脱疽の療治, 其の頃自分は不思議, 其の頃舞踏場で知り, 其の頃花月園へ月曜, 其の頃葭葦の生え, 其の頃藁店の勢, 其の頃西浦賀の陣屋, 其の頃評判の遊女屋山口七郎右衞門, 其の頃諸侯の側室, 其の頃贅沢な女郎, 其の頃遊人と云っ, 其の頃道子と非常, 其の頃道心堅固の尼, 其の頃鉋屑の如く, 其の頃高橋の細君, 其の頃麹町元園町, 其の項目を申, 其の順序は經書, 其の順礼のお, 其の頑固な性情, 其の頓才に満座俄, 其の領内に流通, 其の頭ぐらゐと思ふ, 其の頭上には怪しき, 其の頭巾冠ったの, 其の頭脳余りに窮屈, 其の頭脳精神の強健, 其の頭腦精神の強健, 其の頭腦餘りに, 其の頭蓋骨を破った, 其の頭陀行の中, 其の頭髪がだ, 其の頸筋へ閃い, 其の頼み主の素性, 其の頼み切った家臣の, 其の頼信紙を見せ, 其の頼母しいの, 其のを稱, 其の題名にも頗る, 其の題目は, 其の顏觸の豪華, 其の顏面を曇翳, 其の顔つきがまた, 其の顔付は極端, 其の顔容其の振舞い, 其の顔色御存じの方々, 其の顔面を曇翳, 其のを容れ, 其の願ふところは卑, 其の顱巻を取れ, 其の風儀の壊廃, 其の風呂敷包みを見, 其の風態は想像, 其の風景によつて感興, 其の風流の優し, 其の風附が何, 其の飛んで行く先, 其の飛騨の山越, 其の飜刻も出, 其の食料を除い, 其の食費は知れた, 其の飯つぎや重箱, 其の飯櫃持つて, 其の飴屋という者, 其の飾りでなければ, 其の餅屋が見たい, 其の養女も時々, 其の養母の事, 其の養生の為め, 其の養育を人手, 其のつき方, 其の餌食になる, 其の餘流の人々, 其の餘累を及ぼす, 其の餘裕がない, 其の餘計に洩れ, 其の饂鈍食ふ駅員, 其の首筋へ, 其の首脳部に対する手入, 其の香味を滿, 其の香氣に於, 其の香爐より松脂, 其の香雪の中, 其の香風の中, 其の馬脚を蔽, 其の馬鹿暴い性格, 其の馬鹿正直に嘘, 其の馴染の女, 其の駈けて行く, 其の駕籠は軒下, 其の駭絶の意識, 其のを脱, 其の騒がしい事汚い, 其の騒動は一方, 其のがある, 其ののえらい, 其の驍勇慓悍をしのぶ, 其の驚絶の事実, 其の驟雨はいつも, 其の骨折に免じ, 其の骨折りを日本, 其の骸さへ無, 其の骸金鎧一縮して, 其の髑髏は成, 其の體式已に古, 其の體格が惡, 其の體樣を異に, 其の體變らで續, 其の體躯の小さい, 其の寿で, 其の高い空から, 其の高みから, 其の高座の前, 其の高張提灯の傍, 其の高潔なる愛情, 其の高輪田が死ん, 其の高雅妙巧の威, 其の高風大業を挙げ, 其のの金色, 其のを抑, 其のを扱い, 其のとすれ, 其のに当った, 其のに非ずし, 其の魂胆とすれ, 其のと交通, 其の魔性の家, 其の魔手から遁, 其のを王, 其のの獲れる, 其のを求めた, 其のな細工, 其の鮮やかな瑠璃色, 其ののやう, 其のを担つて, 其のがもう, 其の鳥打帽を掻取, 其の其の文筥, 其の鳴き方少しく異, 其のを見せ, 其の鶏冠の上, 其のを籠, 其の麾下に包攝, 其の黄天泰平と號, 其の黄駝といへる唐人, 其の黒く塗られた板塀, 其の黒人も, 其の黒塀に眞俯向け, 其の黒煙の見えた, 其の黒羽二重の着物, 其の黒髮を散らした, 其の點火器を弄つて, 其のの意思, 其の黨務に堪, 其の黨籍を脱し, 其の黨與を挈, 其の黨首としての行動, 其のがころつ, 其の鼻ツ頭へ風, 其の鼻尤も鳶に似たる, 其の鼻音性だけを初め, 其の齒牙にかくる, 其の齒痛の禁厭, 其のを見積る, 其の齢幾干なるを, 其の龍燈に就, 其のabmnなどの文字