青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「其~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~共通 共通~ ~兵 兵~ 兵士~ 兵衛~ ~兵隊 兵隊~ 兵馬~ ~其
其~
其の~ 其他~ ~其処 其処~ 其後~ 其方~ 其時~ 其處~ 具~ 具体~

「其~」 14657, 158ppm, 674位

▼ 其~ (1380, 9.4%)

21 等の 7 と同じ 6 が何, にし, は自分, 以上の 5 が爲, ぢや, となく, と同時に, に對, は, は眞實, を見, を見る 4 から其, が又, が奈何, が為, が爲め, の如く, は彼, を又

3 [16件] から又, が必ずしも, ぞれ, に似, に何, に比べ, に自分, のみならず, は丁度, は勿論, は決して, は貴, を御, 是れ, 程に, 程の

2 [82件] から僕, から半丁, から彼, から間もなく, がため, がどう, がまた, が上, が僕, が全部, が出, が切實, が可, が後, が極, が此, が段々, が為め, が真実, が自分, が貴, きりにな, だから私, と見, には内心, にも係らず, にも拘らず, に中流, に乘つて, に優, に又, に御, に答, に続い, に間違い, のやう, はお, はほんの, はもう, はよく, は何, は兎, は即ち, は可, は大変, は悪い, は教育, は昔, は然, は甚だ, は皮相, は私, は誰, は赤子, は食べない, もある, をば思はで, をぶらぶら, を一人, を享楽, を感じる, を持っ, を此方, を眺める, を知らぬ, を考へ, を見破り, を見破るよす, を許さない, を訴, を買, 丈けの, 丈で, 丈の, 位の, 其れ, 滑稽なる, 然らん, 程までに, 等を, 能く, 謬れる

1 [1039件 抜粋] から, からかけ違っ, からどの, からは長く, からキキイ, からハヾトフ, から一切, から一週間彼, から三曲合奏, から丑之助君, から中堂, から二人, から二日二晩, から仇打, から仏蘭西, から何, から先生逝去後, から其年, から写真代, から取次業者連中, から大きな, から大詰, から姑, から客, から少し, から当時, から後で, から御坊, から懐中, から日本, から書齋, から来る, から東京以外, から民族形成, から甘い, から畳, から皆, から總, から與謝野夫人, から葭町, から衛生委員, から話, から質問, が, がいよ, がすぐ, がその, がどんな, がほんと, がシヤ, がマリー乃ち其處, が一圓二圓, が一番仕合わせ, が一見人, が不, が不断何, が世田ヶ谷騎兵聯隊, が事實, が人生, が今日, が他, が偶参政権問題, が児戯, が其有無, が凉, が出た, が出来ない, が利いた, が前漢經師, が勢, が博徒, が右様, が地, が夜, が大変, が失策, が好き, が始末, が實, が山腹, が平凡, が当て, が怎, が感激, が數, が最も, が本当, が果して, が極めて, が此場合, が死んだ, が気楽, が氣樂, が滑り落ちる, が火, が焼鏝, が爲め今, が用言, が病体, が皆, が皆鬚, が眞, が真理, が矯激, が私人, が端, が終る, が統一, が緒, が背広, が色々, が苦, が行き過ぎ, が西洋式, が貢さん, が車, が遊楽, が隣国, が雨水, が音, が頻りに, が餘, きりピタンと, こそ幸い, こそ彼等, こそ神, さえ最早, じゃア私, ぞれ取調べた, だから彼等, だけでも日本, だけに善い, だけの寛容, だけの景色, だけの美女, だけは力, だけ盲目, でい, でもと言い張る, でも彼等, でも高句麗國, で来た, としても君, とは無し, とは調和, とも一般, とも日本, とも物質, とも鐘, と交互, と共に大, と判然, と同じく, と幾年, と感, と抗論, と比べ, と知らる, と知る, と行き, と見る, なんぞ見える, におの, にくつ, にくらべる, にしたたかキュムメル, について幸い木目見事, にて充分, には一ヶ月前, には何, には別室, には反し, には少なくとも, には愛, には金箔, にも倦怠, によっていろ, に一束, に下寺, に久しく, に乗つた, に乘, に五彩, に京都風, に何で, に余り, に倫敦, に其の, に切腹, に劣らず, に合せ, に喚び出される, に対してさながら, に対して好悪, に少し, に就い, に属する, に巴里, に座った, に彼人, に復, に感じ, に戸外, に托し, に招伴, に支那人, に斯, に旦那様, に曾, に柳, に楽, に此室, に清水, に火, に用, に相違, に私, に箒, に絆され, に習, に背, に自信, に莚, に貴, に載せ, に連れ, に適, に関する概念的, に關, に附, に電灯, のみ心頼, のみ申し, の姿, の祭典, の起原, はかうである, はずッと, はみな, はサウ, は一, は一時, は主として, は久さん, は二度目, は京王電鉄, は今日, は他, は何で, は何事, は余りに, は先づ其, は其, は其頃彼, は別段, は到底, は十分, は古い, は同じ, は君, は唯一人, は夕蔭, は夢, は大抵, は女, は好かつた, は好ん, は寝棺, は小さい, は少女, は左様, は幸福, は徒ら, は御, は忌, は悪, は或, は手, は既, は明らか, は時時, は未完成, は村落毎, は極めて, は樫君, は正確純粋, は此の世界一, は此律賓, は死んだ, は毛, は水, は滿谷, は無秩序, は物足りない, は申す, は男子, は當時, は盛夏, は真に, は眼, は石崖, は祕府略, は立派, は置所, は老婆, は聞き物, は自然主義, は若い, は蒐集, は西郷戦争前, は誠に, は貴君, は貴方, は農, は過つ, は長二, は閣下, は雄, は非常, は魔術, は黒い, ばかりで, ばかり思ひ, へとちび, へと話, へ主治医, へ打たせ, までにする, までに達しない, までは, も一理, も九年前, も余り軽蔑, も可, も好く, も尤も, も延び, も撒かれた, も是, も暫時, も此の際一発展, も気の毒, も疑問, も矢張篠田, も苦, も長屋, も鵜呑, ゆえ私は, よりは室内復音, よりは早く, よりは細く, よりもまア, よりも前, よりも幸福, よりも紅, よりも農家, よりモスクワ川向, より又, より奧, より脉理, より院長, をお前, をお正月近く, をすら職業, をだに白璧, をつけ込ん, をば矢張一種, をば長吉, をまた, をも愉快, をクラシツク, をドリ, を一つ, を争つて買, を云った, を人間扱, を今にも, を他, を以て自己, を借りよう, を全く, を凝視, を凝集, を剪, を十数回, を參考, を取らう, を取囲んだ, を口, を叱咤, を呼ぶ, を喜ばない, を囲んだ, を報告, を失礼, を好い, を嬉しく, を宅, を定める, を実験, を寢床, を小耳, を幸い, を強く, を心, を思ひ止まつ, を悪い, を憎む, を批評, を拒む, を拾, を振り廻す, を排し, を採用, を携, を明るい, を村, を桃割, を植えた, を機関車, を此処, を満喫, を父, を片端, を田舎, を発表, を着る, を知っ, を知らぬで, を研究, を私, を窘め, を紛らす, を結納, を考える, を聞いた, を聞きたい, を聞く, を自ら使用, を至急, を苦しい, を見た, を見つけ, を覗く, を観る, を言葉, を訳し, を試みよう, を説明, を読んだ, を責, を買い, を賛成, を躊躇, を轆轤仕掛, を追, を隔てた, を頭, を食べる, ツ, ポンチ畫中の, 一糸と, 丈は, 三思せよ, 予を, 以上で, 以前からの, 以外にも, 何を以て, 切り一度も, 夕飯よ, 奚んぞ, 惟聖人の, 故に直に, 故尋常, 故彼等, 故決して, 文学者ある, 方向を, 此の, 猶レツシング, 相応の, 程なら, 程不快な, 程子供の, 程無く, 程長い, 等に, 自らに, 自身に, 茶も, 處ぢや, 計りを, 迄ちと, 迄に剃髪, 迄は世間なみ, 迄は辛抱, 造塔の, 限りで, 韈

▼ 其~ (1044, 7.1%)

11 後には 8 ために 6 却て

5 [19件] あの近江, すべての, もう散りはじめた, 中臣, 乾くと, 今日は, 何だ, 何と此世, 何時までも, 口々に, 失せて, 幾かせ, 次第に官人, 為に, 白, 見えたり, 過ぎると共に, 門渡る, 隙間風の

4 [17件] ある, おれだ, その時, ない, はかどらぬ, ほんとは, またふつ, われ, 今日の, 又何, 又此冴, 山越し像を, 後に, 次第に蔓つて, 歴史小説と, 綺堂の, 語部の

3 [11件] どのやう, 何時か, 固定し, 形式化し, 村の, 此廬堂の, 段々変化, 籾山さんだつた, 花の, 見られる, 転じて

2 [33件] あつた, あつて, あります, すんで, だん, ほかひ, まつたく折鶴, わかります, 一転し, 下に, 事実だ, 分化し, 原因で, 唯阿弥陀三尊, 唯阿彌陀三尊, 唱へ, 奈何した, 奈何にも, 彼の, 我々の, 日本の, 此盧堂の, 民族文学の, 済むと, 理由で, 甚だ美しい, 真の, 第一, 葉の, 融合し, 訣る, 願ふ, 駄目だったら

1 [757件 抜粋] あいである, あたり前と, あった, あとかたも, あの此方, あまり琴, あると, あるべきであらうが, ある事, ある時代, ある語, あんじが, いけたので, いつか田植ゑの, いつか神の, うけひに, うたてありである, お夏, かうした, かすかに, ききたい, さう, さうし, しぢ水, しりたいの, そのま, そよいで, たま, ためにも, ちようど雨の, ついた時代, つくと, つくり来る瞬間, ともかく担ぎなり, とりあげられて, とり出される, どうで, どこから, どのよう, どの位, どれ程まで, ないなら, ながめで, なくば, のりと詞である, はいから, ぴよん, ふと王朝時代, まざ, またふっと, また性欲的, まれびとの, もうあんな, もって, よく訣, よしんば沈黙, われわれ男の, ガラ, マスコットと, モラトリアムの, 一つも, 一層地方, 一方には, 一旦開口, 一段の, 一番至尊として, 三味線の, 三方から, 上に, 上方からの, 不思議な, 世が, 中を, 主神に, 九死一生だ, 事実なら, 二つが, 二様に, 五月に, 些と, 亦どうした, 人と共に, 人数の, 人間で, 人間に, 人間中の, 人間界の, 今では, 今でも, 今は, 今以, 今後段々, 今日では, 仏教と, 代が, 代名詞, 仮面にな, 伝は, 伝写を, 伝達の, 低くは, 何だか解っ, 何であり得ましょう, 何処から, 何時からか, 何時頃かといふ, 作用する, 俺で, 假に, 假何樣な, 偶一つだけ, 偶然, 儒艮であり, 兄なる, 先生の, 光彩陸離と, 全内容, 全然空想, 公式の, 六歳と, 其だけ, 其の戀, 其一聯の, 其中でも, 其特徴たる, 其間に, 内国には, 内地の, 内面に, 冬を, 出させる方, 出て, 出来た当時, 分岐し, 判然しない, 判然と, 利いたの, 前にか, 前後に, 割合は, 南満, 単なる弁証, 卜部にも, 即寿詞, 却って源氏, 却つて近代からは, 原形だ, 又ふり顧, 又一つ, 又北印度, 又地平, 又平安朝, 又彼, 又更に琉球自身, 又書かれ, 又此冴え, 又演出, 反対に, 受けたので, 叙事詩, 叙事詩にな, 口惜しさ, 古い時代, 古代歴史の, 古格を, 召されて, 右に, 合理化せられ, 合體し, 同時にそれら, 同時に用言式, 向う岸へ, 呪術に, 味を, 唯の, 唱導文学の, 因に, 固定に, 国々に, 地下の, 地方人の, 増訂を, 変つて来た, 変化し, 外れて, 外蕃との, 多かつ, 多く各種, 多少歌柄, 夥間の, 大きな問題, 大きな鳥, 大分明らかに, 大切な, 大日尊の, 大概自分の, 大直日, 大蛇でも, 大雪の, 天井に, 太鼓を, 奈良朝にな, 奈良朝の, 奥州を, 好い効果, 好きです, 如何云う, 娯楽である, 嬉しかつ, 嬰兒で, 完く, 完成せられた, 実感に, 実現される, 実際どんな, 宮廷に, 宮廷詩人の, 家を, 家庭の, 富みの, 寸分違は, 対句にな, 小さ児, 少いでしょう, 少し引き続い, 少年から, 尚一層変化, 居た, 屈折した, 展開し, 山地に, 山舞を, 岐れ, 崇神朝に, 巫女の, 已に余, 市神, 常夏で, 平安朝に, 平穏である, 年に, 広く遣, 延長せられ, 当然の, 形式化した, 影うつせ, 彼たらしめ, 彼女にとって, 後々には, 後に先進国, 後の, 後ほど族長更迭, 後世堂上派の, 後代の, 得られないで, 復古的だ, 復活転生し, 微かながら, 忘れられた後, 忘れられて, 思いうかびしかば, 思いがけない時, 恩賚と, 恰も初め, 悪かつ, 悪事とは, 惨しげに, 愈紙, 感じられる, 憎まれて, 成立たずに, 我輩には, 或期間, 或部分, 掛合ひ, 採り入れられて, 描いて, 收拾つかぬ, 故に彼女, 教義づけられ, 文学意識から, 文学意識を, 文献時代に, 斉王を, 新しい意義, 新しい意識, 新嘗, 新撰万葉などから, 日常生活の, 日本出来の, 旧語序, 明らかに, 明治にな, 春夏の, 春水の, 時勢に, 時期を, 普通の, 晴代の, 更に, 更にさ, 更に一飛躍, 更に仏説, 更に単に言語, 更に叙事詩化, 更に山人化, 更に後, 更に物忌み, 更に聖者, 更に陰陽道, 更に頽, 更めて, 替へ, 最著しく, 有るばかり, 服従の, 望みだ, 未だに吾, 本当なら, 本領で, 本領と, 来初めて, 果して今, 果して其, 果して此日本, 根柢に, 案山子どもの, 極めて確か, 権臣の, 欠けて, 次第に南面思想, 次第に合理化, 次第に多少形式, 次第に宮廷, 次第に岐, 次第に拡がつ, 次第に熟達, 次第に目的, 次第に蔓, 次第に訣ら, 次第に逆, 次第に進ん, 欲しゅうございます, 止むと, 此を, 此世界, 此歌の, 此歌を, 此花祭りです, 歴史にな, 歴史教育の, 歴史風真実から, 殆歌全体に, 殊に盛ん, 段々のりと, 段々一つ, 段々人々, 段々人間, 段々内的, 段々歴史式, 段々自分, 段々近代, 段々間隔, 毎年の, 毎年捨てられる, 毫も出来, 民謡の, 水を, 永年の, 江戸期まで, 沖縄の, 流派の, 流行を, 海中である, 海人部の, 深くな, 深因, 済まなければ, 済むの, 漂著し, 漂遊を, 漢文訳読体の, 漸く忘れられ, 火の, 為には, 無ければ, 無価値, 父神, 片哥問答, 猿楽能の, 王朝の, 現れるもの, 甚麼機で, 男の, 病院の, 発動し, 発達した, 白い目, 白血, 皆此の, 皆花, 盂蘭盆と, 盆と, 盆の, 直に成長, 相手の, 眞實らしい, 真個の, 知りたかった, 知れずに, 砂煙を, 示されて, 祀られたらしいの, 祖先である, 神に, 神の, 神聖な, 神自体で, 祭りの, 祭文節の, 福井藩上層の, 禮法でない, 私の, 私を, 種々に, 種類用途によ, 空で, 窮極の, 第一語原, 第七期, 笹森氏だった, 精一杯に, 素らしい, 総て文章成分の, 繰り返すこと, 美しい関聯, 習い久しく, 聞きたいの, 職業に, 肉付の, 胸に, 膳椀の, 臨時の, 自分に, 自分の, 舊室を, 芳賀先生の, 落成しよう, 著しく俗化, 虚象を, 蛮人の, 裳を, 西の宮の, 見えると, 見当も, 解った時, 言うて, 記憶にも, 訛つて, 訪問する, 設や, 詩歌合せの, 語形が, 説明に, 読者の, 諸国に, 諺化し, 謡はれそめた, 譬ひ, 讃歌と, 貴人の, 貴君の, 起つて, 身に, 輯録せられ, 辛と, 近世では, 近代ほど, 逆語序, 連結し, 進んだ奈良末期, 過失, 重き瞼, 鋭利な, 長い後, 閉口でしょう, 降服し, 隙に, 雫に, 非常に, 音の, 音を, 項目と, 額に, 類型表現の, 風流で, 食物を, 飾られ組立てられ心, 饗宴全, 馬鹿智慧と

▼ 其~ (874, 6.0%)

25 見て 7 聞いて, 聞くと

5 [11件] おれは, つきあげると, 又幾針, 否む者, 家の, 後に乳母たち, 牀に, 聞かせる者, 聞きながら, 説いたの, 長さ

4 すつかりおれ, 仕へる君, 否む訣, 思ひついたの, 思ひ起して, 績み麻, 見ると, 除けると

3 中心に, 口に, 承知し, 持って, 自分の, 言ふ

2 [33件] した, する事, もつと, やって, 一々手帳, 一まとめに, 別の, 力に, 外へ, 宋の, 完全に, 彼女と, 忠実に, 思うと, 思ふと, 悲しんで, 想像する, 感じて, 持つて, 接待する, 明らかに, 書く気, 気に, 知つて居, 私も, 考へると, 耳に, 草木染に, 言つた, 言ひ得ない, 説明する, 逆に, 隠蔽さう

1 [664件 抜粋] あげて, あつちこつち, いつしか毎年, いろ, うける語, うれしく思うでしょう, お前が, お嫌, お渡り, お聞き申す, お聞き遊ばし, きかされて, きれいな, きツかけ, こわがって, こわす力, さえぎること, さらしものに, して, しなければ, すべて, する, せぬこと, そのま, たっぷり休めない, たべわたし, とう, とがめて, とつて, とり出して, どうする, ながめ忌みと, なぞつたの, ねぎらひあ, のがせなくて, のぞみいくら, はねのけて, まきつける楽し, またさも, まだ, まつ直, まねた村国, もう一度言ひたい, もって, もっともっと強く, もらいましたが, やらなければ, やり通す強情さ, よろこびにも, り神輿, アララギの, 上手と, 下げるには, 下り切ると, 下簾, 与うるを, 丑松は, 主上が, 主張も, 予輩等に, 二階の, 云って, 人々に, 今にな, 今君に, 今茲で, 伊豆山と, 伝つて火が, 伝へた部落・部曲, 伝へるべくどうしても, 伝承し, 伸した結果, 何故途中, 作つた人は, 作つた者は, 作る動機, 使はずには, 使用し, 促す力, 信じて, 信じない, 信ずべき根拠, 修飾する, 借りること, 僕は, 先生が, 兎や, 全然否定, 全然感じない, 共通の, 其ままに, 具体化する, 再説する, 分割し, 分解し, 切出したもの, 刈り込んだの, 利用する, 制したもの, 刻々に, 助ける為, 動かす者, 十分利用する, 又其鏡, 又意識, 又身体, 反面から, 取つて, 取りおとして, 取除けると, 受けた家々, 受ける側, 受取つて一息に, 召忽の, 可厭, 合せて, 合図で, 合理化し, 同書の, 含んだ形, 吾, 命じその, 咥え, 唯一の, 唱へる, 商品と, 問はれ, 噛み切つて, 噛取らう, 四五軒行つた向う側に, 回して, 国なり, 国の, 地下那落に, 坊様が, 埋めると, 境に, 売るらしい, 大きな円形, 大直日, 天子様の, 失つたら, 奈良朝頃の, 女々しく訴, 女房のか, 姑らくかう, 姑息に, 威霊と, 嫌うた国学, 子供にも, 学問的に, 守って, 守りたるにては, 守る為, 完成する, 実と, 実在の, 実現させ, 実現する, 実行し, 実行しなけれ, 宥す, 宮廷では, 宮廷に, 家桜と, 密接に, 対句式に, 尋ねられた時, 尋ねりや, 小丼, 左程にも, 巫女が, 差引くと, 希います, 平気で, 幾分か, 店の, 廃止し, 延長した, 廻つての, 弁解し, 引き放して, 強ひ, 当時誤解した, 当然の, 形式化し, 彼此言う, 待つ迄も, 得ないもの, 得るには, 御読み下す, 心あてに, 心に, 心待に, 心配し, 忌わしく恐るべし, 忘れた歌詞, 応用する, 思いおこしトルストイ, 思いついたの, 思ひ立つてから, 思ふ, 思ふ親, 悟つたか, 悦んでも, 意識しなかった, 感じたの, 感じないもの, 感じなかったか, 慕ふ, 我輩に, 或期間勤め, 手帳へ, 打消した, 打消す汚れ, 払って, 承りああ, 承知しなく, 承認し, 抑へる, 折角の, 抜けると, 押えようとしても, 拒む理由, 拒めなかつたと, 拭ひ消さう, 持ち傳, 指摘し, 振払うよう, 挿して, 捕うと, 捨て, 排斥した, 掘りこまれる様, 掘り起さなければ, 採り出さうと, 掴むや, 提げて, 搬ぶ, 擁く, 改めて云われる, 改めねば, 改造した, 放擲する, 救は, 救ふ, 文學の, 斎うたの, 新しく変化, 日に, 早めるの, 明い日光, 是方で, 是非にと, 暗い音, 暫くぶり, 曳いて, 更にく, 更に洗, 更に語根, 書いた人, 書いて, 書かれた芥川氏, 書きしるした, 最近の, 望まないの, 本堂へと, 机の, 杉浦重剛翁が, 束ね髪に, 棄てない者, 植ゑず三萬五千町以上の, 極めてむき出し, 樂し, 樂に, 模倣した, 横目で, 樹てる, 機会として, 次第に略し, 欲する心, 歌に, 歌の, 止めさせて, 正しく窺, 此ほどまでに, 此方の, 此次は, 此艇の, 段々芸能家, 殺した事, 毀しに, 民間で, 民間伝承即, 水底に, 決するの, 波が, 洞察し, 活用しなけれ, 海の, 深く思はせる, 渡つて地図の, 準拠として, 演じて, 為たら堪へがたい, 為たら自分, 為ること, 為る必要, 為る暇, 焼くな, 熟視め乍ら種々, 燻し, 片づけて, 片手間仕事に, 犬が, 犯したから, 獲得する, 玩賞し, 現金と, 生きた眼, 生き通るならば, 生し立て, 用ゐ慣れ, 申出たとき, 男たちは, 畢生の, 略して, 疑いますか, 発見し, 益, 直せませんから, 直にゆ, 直に気分的, 相共目前, 真にし, 真に受け, 眺めうとも, 眺めると, 眺めるの, 眺め乍ら茶, 知ったの, 知って, 知らう, 知らせる便宜さ, 知らないの, 知らない者, 知らぬでは, 知り過ぎて, 知る事, 知る余裕, 知ツて, 破つて, 確実に, 示して, 祀つた, 神人に, 祭る物部氏, 私が, 私せぬ, 私の, 私語か, 秋祭りと, 積んで, 空しくせざる, 窺ひ見たがる, 竹とりの, 答へる, 簡単にを, 経験した, 経験しない, 結び付けて, 続けて, 綜合し, 緩慢にでも, 繰り返した, 繰り返すこと, 繰返す, 羨む気, 考へたり, 考へて, 考へねば, 考へる度, 聞きつけて, 聞く人々, 聞く度, 聞けば, 聴いて, 聴かうとして, 聴きついだ語部, 聽て, 育て, 育てねば, 胸に, 脱がぬまれびとと間違, 自ら発言する, 自慢に, 自然だ, 自覚し, 若い土方風, 若し彼, 著しく実現, 行ふ, 衣に, 表現する, 裁判する, 補充します, 製作し, 見きわめて, 見せて, 見たい為, 見た瞬間, 見つめて, 見やりつ, 見るが, 見る為, 見れば, 見上げ, 見付けて, 見出し又は, 見出す事, 見棄てて, 見聞くにつけ, 見苔, 覚えて, 観て, 解きほぐして, 解釈しよう, 言うたの, 言つて昔話なぞを, 言は, 言はう, 言はれる, 言ひやす, 言へ, 言へば, 言霊と, 訂正し, 記して, 許した男, 許しませんでした, 訳し分けて, 証して, 証明する, 試みましょう, 話の, 誇として, 誇り顔に, 誘導する, 説明し, 読ませ絵解き, 読むの, 読むほどの, 読め, 読者の, 調べて, 謡うた人々, 護送する, 象の, 買うては, 贖ふ, 超えて, 超絶する, 越えられないこと, 趣味に, 身に, 辯護する, 退散させる, 送って, 逐つて居る, 通さずには, 通つて居る, 通過せぬ, 運んで, 道時から, 違つた形で, 遣ふ人, 遺言に, 部下に, 里人の, 鎮めようとしても, 開封も, 防ぐ為, 除いて, 隠して, 零すけれど, 露骨に, 静かに, 非難し, 鞭撻する, 順にお話, 頼みに, 顎の, 顕さなかつたの, 飜案した, 食ひ, 食べた所為, 饒舌ります, 験べて, 魂と, 黙つて

▼ 其~ (779, 5.3%)

10 其として 5 まだ若い, 別の, 幾人の, 自身と, 蒼黒い, 藤原に, 身も 4 他の, 何だか一目, 同じ年, 寺方が, 彼の, 彼岸の, 昨の, 真の, 私が, 黄金の 3 可い, 明らかに, 神の, 私の

2 [26件] お馨さん, た, みこと, 人の, 他人の, 作家が, 全く意味, 古代の, 唯実際方法, 唯實際方法, 唯現実, 單に, 夢の, 当然である, 彼処に, 必しも, 斯う, 日本の, 昼の, 晝の, 歌の, 海の, 略する, 私たちの, 言はずに, 訣らぬ

1 [630件 抜粋] あたしに, あまり愉快, いって, いは, いろんな心配, おそくなつた, おもに得度, お前が, お待, お道さん, きっと戻っ, ございません, さうでは, しに, すべての, その形骸, それと, そんなに急, たなばた前後から, たやすいこと, だまって, つい近頃, とにかく此, とにかく此神, ともかくとして, とりも, どうしても国学院, どうでも, どうな, どこからか, どちらも, どんな作品, なかつた, なぞる者, はつきりと, はな, ひり, ほのぼのと, ほんの外側, ぼろくそ, また何, まだ実行, まつたく暗, まとまった形, もうずつと, もつと, やっぱりそこ, やはり家, やはり現実, よいもの, よかった, よくない, よほど密接, より重大, わたしが, わるいこころもち, ドングリが, ハラハラした, ブランカが, 一つの, 一分化だ, 一度ならず, 一思に, 一方に, 一方此花, 一番いい, 一目見れ, 一等室は, 丁度田楽, 万歳と, 三つの, 三月の, 不可弁と, 不可能の, 不思議に, 中学三年頃に, 主として仮名序, 主として製造者, 主として軍納品, 主題の, 乙の, 事だ, 事実だ, 二人以上の, 二部に, 二階の, 云は, 五位鷺です, 交換的で, 人間が, 人間界の, 今日の, 今言った, 仏教を, 仕事が, 他に, 他日の, 他日善く, 以前鉛筆を, 伝説である, 住吉に, 何うも, 何だか一目惚れ, 何と, 何より結構, 何れに, 何処の, 何故でございましょう, 余が, 余りに前代, 作家としてよりも, 作者側にも, 信じられないで, 信じられない説, 信念の, 修験者とも, 假り, 偶然の, 僕も, 僻耳であった, 儒者側の, 元服の, 先づあくせんとで表す, 先に, 先月来余の, 先生の, 兎も, 兔に, 全く一言, 全く自然, 八幡神などの, 公孫樹の, 其で, 其人が, 其母が, 其気で, 内容の, 出来ない, 出雲びとおほくにぬしの生活である, 分って, 分らぬ, 刈り上げの, 初めに, 別義, 前代の, 劇的の, 加速度的傾向です, 努力の, 勝手だ, 勿論其の, 勿論思慕, 勿論活動的, 単なる空想, 単に彼女, 単に隠され, 即ち其の, 却つて論理を, 厨川白村氏が, 厳密に, 又変, 取りも, 口には, 口伝せられ, 口語の, 古くは, 古蹟の, 只其那気, 只彼女等特有, 合点合点しない, 同じこと, 同じ事, 同時によ, 吾家の, 告げて, 唯前の, 唯青葉, 問答に, 善郎さんの, 嘸樂, 因果応報と, 困ると, 固より, 固定し, 国民に, 地上の, 地下の, 地名である, 地方の, 埃よ, 埋不, 壬生選定に関する, 変だ, 夏の, 外から, 外でも, 外来の, 多くの, 多く怒り, 多く独白式に, 大きな家, 大きな間違ひで, 大した事, 大宮権現の, 大損です, 大歌所, 大溝, 天つ, 天慶二年の, 奈何に, 女が, 女も, 女性である, 如何那, 妙に, 威霊, 子は, 季節の, 学問の, 完全な, 定めて, 宛も, 宜い, 実に実に大, 実もっ, 宮中勤めの, 宮廷の, 家又は, 寒いから, 寝た, 寺方に, 対手に, 寿詞に, 小さい体, 小栗の, 小説寄生木の, 少くとも, 少しく緩め, 山人が, 山人の, 山近い, 川村杳樹氏の, 己が, 布教と, 希代の, 平安中期からの, 庭の, 張る氣, 当らない, 当然あるべき, 彼らの, 彼自身である, 後々の, 後の, 後世の, 御勝手, 御困りでしょう, 御察し, 御心配, 御意見, 御隨意, 必ずその, 恁う, 恐らくだ, 恐らく兇神, 悪うございました, 惜福の, 意義において, 意識し, 憧れに, 成年戒を, 我々が, 我々の, 或僧, 所謂批評であっ, 承久, 提灯の, 擱き, 支那の, 改めて唯今返上, 文學と, 文法的の, 斎瓮の, 斯うだ, 新しい国学, 新しい好い自己, 既に文壇, 日本文学史並びに, 明かに, 明である, 明らかな, 明治二十三年から, 昔関寛斎と, 春暮の, 是非共さ, 普通舞屋と, 暦の, 曳き船と, 更に茫漠, 書と, 最も光栄, 最も理解, 最壮大, 最高の, 本來, 本式で, 村, 条件だけ, 東歌が, 果して淋し, 柱の, 根本的の, 極簡単, 概念としては, 標準語から, 機関の, 歌を, 止せと, 止を, 正当に, 正気の, 此までの, 此れ, 此地底に, 此日より, 此春の, 此迄の, 此骸骨から, 歴史文学とは, 死刑に, 殆ど滅び, 殆単なる, 殆同じ, 残存し, 母が, 母様が, 氏一人の, 民俗学の, 民謡と, 民間の, 気の毒の, 水江の, 汚き心, 決して, 決して偶然, 決して空華幻影, 浴衣の, 海辺の, 海部の, 消えて, 無事の, 無效, 然う, 然し二月, 父の, 父尚, 牀虫の, 狐の, 独自の, 狭少で, 玉川の, 王朝末にな, 現われる例えば, 現今の, 現実としては, 理想郷の, 理解は, 甚又は, 生産其他を, 田舎から, 申すまでも, 男が, 畢竟愚癡, 異族結婚, 疑へるに, 百合ちゃんは, 皆さんが, 皆な, 皆略す, 盆釜から, 相応は, 真に価値, 真個に, 瞬間の, 知らねど, 知れたもん, 知れ切つた事, 知的な, 石山君の, 破滅の, 確だ, 確に, 祖先の, 神と, 神事が, 神事に, 神嘗祭である, 神我の, 神言伝達である, 神霊に, 私には, 私は, 私共に, 秋の, 秋彼岸の, 秋祭りには, 種類も, 空巣も, 空想に, 窓から, 第一, 筆跡の, 算盤責めと, 細君も, 結論を, 絵解きから, 総ての, 縱令其傳説を, 繪を, 翁が, 翁の, 考へが, 耳から, 肥桶を, 背す, 能く解らなかつた, 臨時の, 自分が, 自分で, 自分は, 自然の, 至極当然で, 至極粗雑, 色も, 荒木さんに, 荷田の, 菅谷君でした, 菜が, 蓋し幼時, 蕎麥よりも, 薩張分らない, 虚子趣味以外の, 街道の, 衣絵さんが, 表向, 表立つて, 要するにこういう, 見えて, 見合は, 覚つかない, 親身な, 観念の, 角の, 言はれる, 言ふも, 言葉の, 言語史の, 話しても, 語根の, 語部の, 誤つて音読, 誰だ, 誰の, 論ずるに, 論の, 譬喩では, 貴方等も, 貴族の, 賛成だ, 軽々しく断ずべき, 近くに, 近江, 近頃印刷局, 途中からの, 通じない, 連歌, 邑君の, 采女は, 金で, 金銀の, 長い間, 長寿に, 長男が, 間違いです, 階級が, 随分いや, 随分辛い, 隣村の, 雜草を, 雰囲気の, 青年の, 非で, 音楽です, 順序は, 順序をかへて, 頭から, 額に, 風が, 駄目, 髪である, 黄金舎らしい

▼ 其~ (525, 3.6%)

34 しても 7 比べると 6 一つは, 伴ふ, 関聯し 5 しては, どれも, 似たほのか, 入りこみの, 向つて, 絡んで, 門が 4 ふるまひ, 今一つ既に, 大勢の, 山の, 此は, 添へて, 珍しい縫ひとり, 疑念を, 違ひない, 隣つた幾つかの 3 つけても, 反して, 基いて, 對し, 就いて, 就て, 次ぐ山桜, 連れて, 関聯した

2 [18件] つれて, とつて, よると, 並んだ箪笥, 交つた, 似て, 先だつて, 加へて, 向って, 引かれて, 当る, 必伴ふ, 志斐姥の, 替る称, 替る稱, 次ぐ山櫻, 答へる, 通じて

1 [328件] あたる, あなたも, あやかつて, あやからうと, あやからせようと, あゝ何とか, うつすつもり, お前なんかは, お前昨夜も, かせいして, かぶれて, きちんと従っ, きめたの, こたえる, さかい, さへ, したところ, してもね, すべてが, すわる人, すを, ついでは, ついで対話敬語としての, ついで考へられた, つきても, つきまして, とこと, とらえられて, どこまでも, なやまされるの, なること, なるの, なる事, はきつと, ふける事, ふさわしい応用, ふで標山, ふるまいの, まさ, もう一つ, やたらと, よりかかって, 一切を, 一心の, 一番尽頭の, 一番適切な, 一茶店を, 上方の, 下屋つきの, 不安を, 不思議が, 不思議は, 与って, 与る神人, 並べて, 並行し, 乗せて, 乗つて, 二人静の, 二十圓の, 五十句, 交つた浪人者が, 交響する, 亦, 亦甲斐, 今が, 今一つ万葉集が, 今一つ考へられる, 仏教の, 仕へるに, 仕へる家, 他にも, 付き隨つて, 代へ, 代る睫毛, 仮托, 伴うた神楽, 伴うた祭礼, 伴うて, 伴って, 伴つて氏族の, 似たこと, 似た木の実, 似た英雄, 似た話, 似た語, 併せて, 供へ, 依って, 信頼し, 倣つてやつた, 倦きた, 傾き寄つた, 儀来の, 元々呪言, 先だつ四十歳, 先つ, 先つて言, 先立って, 先行し, 入る前, 其容れ, 其時村から, 処々麦畑も, 処する力, 出くは, 刻々に, 副詞語尾のにを, 力を, 力添へる, 加える必要, 加つて来た, 加ふる, 加へる, 包んで, 十三四坪の, 又人間, 又石其物, 又種々, 反抗した, 反抗する, 取り掛るが, 叙事詩に, 口紅赤く, 叶うた数人, 呪物が, 呼応すべき, 和した, 嘴を, 因れば, 固有名詞を, 堪えない執着, 堪へられないで, 報い得る, 声楽的の, 夏の, 多くの, 大和宮廷の, 大変加わる, 女將さんところ, 好都合な, 如何うし, 実際当っ, 客を, 宿主ぬり, 寄せた歌, 対抗する, 対立した, 対立する, 尊称語尾を, 對する, 導かれる今一つ, 少し気, 尠く, 就きまして, 就きましては, 居て, 屆か, 属すれば, 山王祭りの, 年よりも, 幾らか似た, 幾分誇張を, 底の, 度を, 引きかへ, 引きよせられるもの, 当るやう, 当面の, 彼奴は, 後れぬよう, 後年此舞台などが, 従ったが, 従ふ, 従ふと, 御分霊, 御病氣擧句, 御祖師花風, 御答, 御覧なさいまし, 志斐, 応へる, 怖ぢ, 急に, 恰も当る, 感応し, 憑り来, 憧れたの, 懐しい印象, 成就した, 所化たちの, 拘らず雀, 持たして, 持ち場, 提灯を, 搦んだ, 敬称を, 新なる, 新古今時代, 旧暦が, 早く織る, 時期も, 書記せられなかつた以前, 替つて勢力, 替るもの, 替る称え, 最初からも, 服従せしめる, 期待を, 机を, 来て, 来合せ命, 根ざして, 梅子などは, 椽が, 次いで, 次いで行, 止らないで, 此処では, 此山姥の, 比べて, 比べては, 比べれば, 気が, 沿うて, 沿って, 注ぎ五尺, 涙に, 添えて, 添は, 満足し, 激昂し, 灯を, 点接し, 為ても, 無条件に, 特殊な, 珍しい縫いとり, 現を, 生きようと, 生活万端やる, 用言的機能をすら, 當る, 盛られた犠牲, 目を, 相当する, 相違ない, 眉目を, 示されると, 神が, 神とも, 私の, 私も, 穢れを, 第一, 答えず, 籠め一枚の, 納まるもの, 紛れて, 終始し, 結ひつけ, 結びついたの, 結び下げた男女三対, 絡んだ人事, 絡んだ呪詞, 継いでは, 続く踏歌式, 続く長い, 続行し, 綱で, 縋つて, 續い, 置かせたま, 耐える建物, 耐える精神, 耐え其, 耳を, 聯絡し, 胸が, 腰うちかけ, 腹を, 自家の, 若さ, 若しこの, 触れた部分, 触れない, 訂正を, 託せられた御歌, 該当する, 語其ものすらも, 語序も, 説明を, 越した嬉しい, 越路へ, 車を, 較べて, 辞託せ, 農具を, 近い位置, 近かつ, 近づけて, 逢著する, 連関し, 遊学の, 達するであらう, 違いあるまい, 違いない, 適した生活様式, 配せられた女, 銀蠅が, 鋏, 関した聖職, 関係が, 関係深い, 関聯したほく, 關聯した, 附加し, 附属し, 附随し, 降るの, 随うて, 随応する, 隣った幾つ, 非常な, 音が, 風化せられ, 髣髴だ, 魔物の

▼ 其~ (272, 1.9%)

7 あつた 6 居て 5 するの, 氏人を, 男女は, 解決が, 貴い所, 郎女の 4 おざります, おざりまする, この山陰, よい, よかつ, 凡都遷し, 思ひ合せられるの, 知つたのは 3 あらう, ゐて, 今日昼の, 私は 2 いいの, またとり, またとり壊した, よかった, 今日晝の, 千羽鶴を, 沢山だ, 見ると

1 [169件] あつた話, あつて, あツ, いい独自性, いつでも, いよ, いろんなさし出, うんと云わせる, おほ, おみ足を, かう色々, きれて, この何時, せう, どうやら供物, は種あかしの, またぼつ, まづ近世, もう一度正式, もつと, やがて発表, よいが, よいだらう, よいという, よいとして, よくわかる, よほど神経, よろしいと, ゐきいおくで, コメディア・フィニタ, 一冊の, 三田文学に, 上京し, 上元の, 世の, 丹比の, 主催者たる, 二人とも, 二足三足づゝ前後左右を, 人間の, 今一度, 今一往反省し, 仏の, 仲間うちには, 伝説の, 住吉の, 佐倉宗吾郎の, 余り我が身, 作者が, 元はまづ, 充分な, 充満し, 先生に, 先生は, 全氣全念, 六地蔵といふ, 其以後の, 其子孫一統正月の, 其樣なに自棄糞に, 凡そ都遷, 分つた, 功徳の, 勝負を, 十分美しく, 又いや, 又さ, 口比売の, 可い訳, 可え, 君は, 土地を, 地方廻りでも, 地方神に, 大正四年まで, 大津西浦の, 天子様の, 女房等の, 好いは, 好い事, 好の, 妙に, 姉さんの, 安心し, 完全な, 宮中に, 宮廷に, 山陰の, 左様言つて, 市が, 幾分咄, 建築に, 引けば, 形式としても, 彼自身飛躍の, 後やらぬ, 後世に, 後漸く, 御座り, 御座ります, 思い合せられるの, 恁う, 恩賚など, 悪霊から, 愚論なら, 所謂賢明な, 手で, 推しても, 揉みぬいたよう, 教則本を, 文献には, 斯う, 新しい表情, 新室と, 新室に, 日本の, 早く神人流離, 易々と, 昔は, 書きたい, 未だお, 村中の, 止めに, 此の, 此を, 此処には, 此処も, 此書の, 此欠陥を, 此物語の, 此話を, 武家が, 歸る, 水に, 水の, 河童の, 海部の, 済んだ, 無うて, 生活し, 田植ゑの, 目あての, 眠りの, 知ったの, 神が, 神と, 私たちの, 私等の, 第三章, 結婚の, 結局第, 考へて, 聞くん, 背山だ, 能く, 自分の, 自然士分の, 至上は, 薬師如来の, 行く, 諺については, 貴族達, 足る訣, 通るか, 酒も, 鎮詞は, 韓国に, 額を, 類例の, 黄泉を

▼ 其から~ (236, 1.6%)

7 見れば 5 どれほど, 一里北の, 二上山へ, 叔父叔母又, 暫らく山の, 見ぬ世 4 して, 其間を, 前の, 後の, 朱塗りの, 順に南 3 其へと, 見ると, 覚めた今 2 三藏は, 出て, 後は, 更に眞南, 更に真, 見ても, 覺めた

1 [152件] あなたの, ある意味, ある露路裏, ぐんぐんと, さいほう, さきの, その女兄弟, その小説, その芸能, その重, ふゆといふ, もう一つ, よく洗つて, タイラーは, 一家の, 一寸眠りました, 丁度三年間といふもの, 七里さきの, 三瀦と, 下げて, 下の, 中根雪江等知己の, 之を, 事実を, 二三時間も, 二人の, 亭主を, 人間の, 人間修業の, 人麻呂の, 今まで, 今一つすべて歌は, 今一つは, 伯爵の, 來る, 僅か數里隔, 其と, 其へ, 其後にも, 其用例の, 其等と, 凡そ一年間何も, 凡百九十年二百年には, 出た, 出たらしい日本紀, 出た歌人, 出た観察点, 出た道行ぶり, 出来たの, 出発, 出発し, 出發, 割出してあつ, 十五錢のを, 半年程, 又寂光院, 又畳, 又神, 又遊ぶ, 又飛び離れた, 叩いて, 名づけられたもの, 向直つて丁寧に, 喉を, 四五年も, 四方八方へ, 土瓶を, 堕国と, 夏まつりが, 大夏, 大将は, 太郎が, 妓館を, 妖怪の, 寂然, 寛闊丹前など, 導かれた独白, 山城の, 帰つたばかしの, 年数が, 幾年間を, 後に, 御所前の, 御飯の, 御飯を, 心を, 志摩に, 情熱的な, 成熟した, 拡つて屋敷, 振つて, 推したつて, 故郷大和国葛城を, 救ひ出した, 敬語法と, 日一日おなじ, 時代, 時代の, 暫くし, 暫らく此が, 曲る, 更にまつ, 更に源氏物語その他, 更に近代生活, 更に連歌, 来る不自由, 来る古代人, 来る好感, 来る所, 林町へ, 梅子さん私一身上の, 植物園の, 次に自由, 此鑛業は, 母神の, 永年私は, 游離した, 溯ると, 煩ひつい, 甲子夜話二二に, 異郷人に対する, 直に若い, 着いた外務省, 神なる, 神事の, 秦酒公の, 稍遅れ, 稲虫の, 第三, 第二, 終止形が, 續い, 脱化した, 脱落した, 色色の, 芳烈な, 藤氏の, 蝉脱する, 赤色の, 起つたなど, 逆に, 過般の, 選択を, 長いこと, 長い錐, 間もなくで, 間もなく由三, 阿母さん, 青枯れた, 類推した, 飛躍する, 高山へ

▼ 其でも~ (160, 1.1%)

5 おれの, どちらかと, 一時は, 八百部の, 其が, 山の, 星明りで, 玉を, 男たちは 4 まだなか, 尚小品, 心の 3 倦まずに, 変に, 彼等は 2 好いと, 尚だ, 綾さんは, 變に

1 [86件] あなたの, げつ, こうやっ, この頃, さうし, そちらの, どうにか終末試驗, どうやら無事終了, なか, ぬるけり, のりとと, のりと本来の, まだなかなか整う, ものを, やがて小さい, やっぱりあの, ペンさんは, 一々下, 三月中には, 下町の, 両方から, 九州方言の, 二十三日だ, 何の, 余り悪口, 作つて見たい, 倦まずさ, 倦まずにさえ, 先方が, 半年目に, 卿たちは, 原義は, 古今に対する, 命数の, 地名の, 地方では, 地方によ, 太十, 奇蹟が, 女中が, 好いか, 媚か, 容易く讀む, 寺が, 小刻, 小狐家, 尚, 尚此香炉, 左に, 幾日雨の, 徳川の, 心は, 懲りずに, 戸の, 斯う, 旧慣によ, 暖かいし, 此が, 此だけ, 此古物語を, 此歌などは, 此祠の, 滅多と, 狐だけは, 生前口約束の, 田の, 相応に, 祭り毎には, 稍明らかに, 細君帰れました, 終著駅らしい, 結構な, 纒まつた, 腰拔でも, 舎人特有の, 薄霧の, 蛙の, 蟇股や, 血が, 裏反し, 詞章の, 近年は, 遣つて, 那の, 青山の, 頭を

▼ 其~ (130, 0.9%)

5 一盛りで, 二三度は, 唯の, 暫らくで 4 もう一時, 尤で 2 よかろう, 一時の, 可から, 後には, 是も, 訣らぬ

1 [90件] あはれの, ありました, あるに, いいかも, おずしやうじん, こ, たつた一疋, だめで, また黒, もう今, もう寝ついた, もの入りだ, やはりさ, よからう, よし蒲鉾, 一人の, 一場合に, 一年の, 一時も, 一種の, 不審し, 中の, 五句が, 亦あるべき, 亦おの, 亦かうした, 亦先生, 亦古代日本全体, 亦同じ, 亦我々, 今まで, 今手入れ最中人かげ, 何か, 何となく気, 何を, 偶然だ, 入手が, 其中の, 出来るか, 分らぬ, 和蘭陀の, 困るが, 固定した, 墨書きや, 夢に, 嬉しく外廓, 宣詞及び, 尤であった, 廻燈籠の, 当時だけ, 後の, 悲哀な, 手さぐりにて, 手数の, 文句が, 断片知識の, 易や, 昔の, 時々だ, 時代が, 有るからね, 来ないで, 松の, 此の, 此も, 物質的な, 發表し, 瞬時で, 知れない, 確でない, 私の, 突かけに, 窮極境に, 純粋に, 聞いた, 薩張分らなかった, 蚊の, 見る, 見渡しての, 言はず語らず, 誰かに, 質の, 遊びについて, 道理よ, 隠れた, 静つてもとの, 静つて水を, 風情である, 高原が, 黍を

▼ 其~ (124, 0.8%)

5 時を 3 おなじ様, ほりはからうて, 同じ事, 聞伝へた, 見て 2 おなじ樣, ほりで, 一向関係, 一向關係, 同じ必極楽東門, 同じ必極樂東門, 言ふ

1 [90件] いくらも, おなじ効果, おなじ性質, おなじ用法, さうし, しも, する様, なく会, なく俤, なく蓮沼, なく返す, なく高柳, なつた, ぴつたりとして來る, ほりに, 一つで, 与に, 今一つは, 今一つわれ, 今一つ私は, 今一つ辞書記述の, 仰るの, 似た形, 似通うた国々村, 併んで, 入り海を, 別に, 別の, 区別する, 反対だ, 同じく古代, 同じく条件文省略, 同じく神事, 同じで, 同じに, 同じ位, 同じ傾向, 同じ意味, 同じ様, 同じ理由, 同じ系統, 同じ訣, 同じ語序, 同じ頃三位殿, 同時にその, 同時に亦, 同時に余り自分, 同時に同族, 同時に土方, 同時に大正, 同時に大秀, 同時に天, 同時に服従者自身, 同時に東観撰修, 同時に橘, 同時に此, 同時に此処, 同時に獣, 同時に男子, 同時に竊, 同時に聖寿, 同時に農作, 同様の, 四神の, 大体時期, 大同小異の, 定めたり, 対等の, 平安朝祝詞で, 意識され, 斗り, 最後に, 歳棚へ, 気が, 無く遠かる者, 熟語を, 看て, 知らずしかも, 知りつ, 知れた, 竝行し, 聞いて, 聯結する, 見た奥様, 見た好奇, 見るや, 言ひ, 話し続けて, 近い意義, 違つて水取りの

▼ 其結果~ (93, 0.6%)

5 はどう 3 に於 2 として所謂, として衆議院, は唯, は如何

1 [77件] お葉, から見る, から言, から論じたら, がひどく, が七面倒, が人間, が今日, が余, が偶, が親, が遂に, さ, といふもの, として, としてプロメトイス, として三年間, として人間, として何, として凡て, として單一, として天地, として尊王攘夷論, として序歌, として当然, として彼, として彼等, として社會主義, として神意, として第, として精神, として蝦夷島民, との太, どうも個人, なるべし, によって打算的, に到着, に得る, のため, のみを見, の不明, の分け前, の恐る, の甚だ, は, はそれ, は井上博士, は何, は何れ, は偶然, は働き, は僕, は前古, は即, は却つて, は安芸, は家國天下, は少く, は強弱, は恒常, は数代数十代, は決して, は父, は知るべきで, は社会, は社會, は經濟界, も同, より成立, を統合, を誤謬, を述べる, ヲ推シテ其源因ニ, 知るべきで率, 見付け出されたもの, 遂に目出度く, 遂に相手

▼ 其~ (88, 0.6%)

2 最モ

1 [86件] 一則ヲ, 一証ヲ, 三分ノ一ニ居ル, 下二振子函アル柱時計ニシテ, 不合理ニシテ, 中ニ, 中ニハ堆積セリ, 主張ヲ, 主權下ニ置クトキ, 主體タル者ナリ, 之レヲ, 事業ガ未, 二三ヲ, 他, 他ニ際シテハ万遺漏ナカランガ為メ, 代表ヲ選ビテ事業, 余ハ推シテ量ル可キナリ矣, 侵害ガ法律上許容セラレヌモノデアルコトヲ意味スル, 俗天下ニ女色ヲ, 保護者トノ爲メニ制限セラルルハ論ナシ, 保護者ヲ, 出願以前ニ於テ公知ニ属スルヲ以テ特許法第, 分配ヲ, 前ニ小屋アリテ人々出入ス, 創立, 名カ通例, 多クヲ着服ス, 女ガ他家ニ嫁シテ餘力アル者ト雖モ, 好ム所ハ, 妙斯ク, 宜ヲ制シ通商ヲシテ其, 実無キ輩ハ, 小窓ヨリ窓外, 差別的能力ヲ, 干與セル株式會社合資會社, 幽室ニ鎖サルヽニ及ンデハ, 建設的理論ニ於テ未, 後慶応年間ニ至ツテ, 所有ガ奪取ナルト否トヲ問ハズ強者, 所有地ガ私有地限度ヲ, 扶養ヲ, 投票神權説ハ當時, 推移ヲ, 提供ノタメニ生レタル利益ヲ, 故ハ何ゾヤ, 故如何, 数オビタヾシキニノボルト云ハレル, 数ヲ増サムトスル現勢ニ鑑ミ本邦ニ於テ之, 暴戻惡逆ヲ, 最モ急進的ナル羅馬字採用, 本ニ, 楽シキニ当, 次ニ, 次ハ, 殺ス勿レ, 殺害ヲ, 母亦, 消費ガ道徳的ナルト酒色遊蕩ナルトヲ問フノ要, 消費セル所ヲ, 為人ニ従ツテ為ス所ヲ, 無用ナル之, 猶豫, 生ミノ父母ハ單ナル保姆, 生長ト共ニ參政權ヲ, 益アルコト知ンヌベシ, 私有財産ナリ, 私有財産ニ求メザルベカラズ, 私有財産ヲ, 私産財産ト賠償公債トノ加算ガ私産限度ヲ, 納付金ヲ, 終了ト同時ニ完全具足シタル男女タルベク更ニ其, 終結ヲ, 翌朝ツマリ三十日朝貴女, 自由ヲ, 色ヲ, 著作物ニ表示セラルルヲ以テ足ル, 見ル所歐米, 請願運動ヲ, 諸ヲ吉原ニ比較スレバ縦, 超過セル土地ヲ, 超過額ヲ, 身ノ, 領土取得ノ, 領有ヲ, 領有者ニ向, 驕侈亂倫

▼ 其れで~ (78, 0.5%)

3 私は 2 現代からは

1 [73件] こそ始め, とうとう四日目, はない, は何やら, は作者, は十時, も何となく, も其の, も其無能, も初めて, も別れる, も好い, も年の功, も猶, も百姓, も肌薄, も良心, も警察, も足らない, も食, ドツしりとして, ネ姉さん, モウ内相談が, 一週間程で, 世間からは, 二万円乃至, 二人減り, 仏蘭西政府は, 会費を, 何かとあらぬ, 借金を, 僕と, 僕は, 其所には, 可い, 和睦の, 土地が, 土曜から, 坑夫共の, 學問させられ, 安心致しました, 宜しいの, 山へも, 平生の, 度度一人で, 彼した, 彼は, 彼等は, 御主人, 日本の, 殊に加藤さん, 滿足と, 父母は, 物の, 生活を, 用が, 疲勞ぬ, 私達は, 筆を, 終ひです, 自分は, 自衛の, 良い蝋燭, 良人が, 若し彼等子女, 若干かの, 裳には, 變る, 貴方に, 道庁でも, 道徳堅固な, 飛行は, 馬車代丈は

▼ 其もの~ (73, 0.5%)

5 である 3 さへ, に就 2 いひを, が決して

1 [58件] あるなり, からし, からよき, から離れた, か里, があちこち移動, が嫌, が嫌悪, が已に, が径一尺, が惟神, が既に, が滑っこく, が示し, が神主, さえ郎女, すらも郎女, であ, であるといふ, です, では, で現代, で研究, として感ぜられ, とする, と桂川, なること, にとつ, には何処, に対して, に至つて, に非, に非ずし, の不可思議, の中, の利用, の前後, の意義, の本, の本質, の権威, の素性, の萠芽, の表象, の運行, は旧, は明治三十八年, は昔, は痕, は舊, は頗る, よりいつも, を以て其本来, を直々, 共が, 即生活条件, 引き捕, 斯くて

▼ 其代り~ (69, 0.5%)

2 に読本作者, に讀本作者, 私は

1 [63件] あゝ云, お前にも, お前の, ここからは, これだけは, として大, として莫大, になる, にはどこ, には其家, には言う, には非常, にゃア, にわたくし, に一つ唯一つ, に三十歳, に今日學校, に古, に奧壁, に将門, に政府, に新, に明日, に来るべき, に熊, に物部氏伝来, に相当程度, に石墨, に絹, に自分, に鉢一面, に馬, ね金鍔, の一徳, みんな話した, もう次, わりを, 以来子としても, 何う, 僕は, 又一び心, 又何処, 又何處, 又少し, 又手苛, 四日の, 堪弁, 大分色は, 大部分, 学校へも, 小さくッ, 御金, 斯うし, 方々の, 明早朝, 曲者の, 此窮窟な, 痒い処, 知らないで, 老僧, 至る所, 遣り損, 阿父様

▼ 其通り~ (67, 0.5%)

11 である 2 して, です, のこと

1 [50件] かも知れぬ, ぞ, だ, だうち, だから, だつた, だよ, であった, であつ, であると, ですから, です今, でせう, でクラブ, で二つ, で兎, で奈良朝時代, で嶮崖, で我, で有, で歴史, で自分, で苟も, とか今更, とも言, と告白, と申立, ならば, にし, になつて, に一口づゝ吸呑, に一旦, に伝へ, に思ひ, に成つて, に相違, に解し, に雑誌, の成行き, の料理, の方, の模本, の結果, も参るまじけれ, を聞い, 仰被, 御聞取, 思うて, 思ふて, 考へて

▼ 其には~ (63, 0.4%)

5 一番大事な 4 難波に 2 ただ私, 理由が

1 [50件] あまり健忘, ある身分, こんなゴタゴタ, さうし, もつと, 一種の, 下女が, 主として照ちやん, 二つの, 二通りの, 人間の, 今一つ日本の, 他に, 先ツぽ, 其年の, 其本処の, 別に理由, 前に, 及ばぬ, 及びませぬ雑巾, 太宰府に, 宮廷の, 心から同情, 心付いて, 必魂ふりの, 抽象性が, 文芸復興によ, 歌垣の, 段々証拠, 沖縄の, 沼を, 発言した, 眼も, 神を, 私も, 自分を, 自転車を, 舞楽の, 花の, 藤原北家長岡大臣, 訣が, 語根と, 近世まで, 過程として, 都合よく, 閉口ね, 除夜の, 面白い二つ, 頓着なく, 魂が

▼ 其理由~ (59, 0.4%)

2 がある, を問, を知る, を考へ, を語ら, を述

1 [47件] からで, が解らない, だけで, であらう, となつ, とを示し, に曰く, の一つ, の二也, の宗教的關係, の尋常, はいろいろ, はかうである, はかの, はわからぬ, は下, は今一寸, は今日, は判断, は我々, は抜き, は挙げてない, は接吻, は昔, は服従者, は発見, は糞, は足掛三年間, は雜誌, は音楽, も探ぐれず, も書く, をこ, を一々, を外, を祖先, を聞かずん, を聞かん, を聞きましょう, を見る, を見出す, を解きかね, を解する, を言, を言はず, を話, を質問

▼ 其時代~ (54, 0.4%)

1 [54件] から培養, としての女性, としては高級, にはこれ, には家, に使, に出来, に如何, に始まつた, に應, に支那, に於, に於い, に於ける, に極めて, に現存, に興, に遇, に関しても両者, のあらゆる, のこと, の世相, の人, の人々, の何, の出来事, の合理観, の同, の娘たち, の學者, の帝, の平民, の文献, の書籍目録, の最も, の有力, の有様, の特殊, の状態, の理想, の空気, の空氣, の言葉, の言語, の詩集等, は何時, は固, は文藝, もまた, を出る, を形, を支配, を論ずる, を迎

▼ 其よりも~ (53, 0.4%)

5 第一, 郎女の 3 もつと

1 [40件] その際, つと古い, まだ原義, アカイアの, 一寸大きい, 一層大きい, 一層歓, 不思議に, 先に, 半世紀, 古い時代, 古く形, 古く這入つ, 大事な, 寧ろ俗歟, 寧前からも, 小さい神, 少し上等, 少し低く, 尚多い, 差当, 恐らく何処, 早く神, 早や, 更にあの, 更にそこ, 更に先だつ, 更に執, 更に大きな, 根本的に, 根本的の, 此の, 注意すべき, 深く没入, 溯つて, 第五句自身, 自分の, 貴嬢, 軽少だ, 高徳の

▼ 其と共に~ (51, 0.3%)

5 姫の 2 藤村は

1 [44件] ある誇り, お断りし, これなどは, さうし, その伝承, 万葉の, 上から, 主君と, 乞食行法で, 今の, 何処までも, 俗臭を, 信友の, 其が, 別の, 動詞の, 又大秀, 外国音楽, 女軍を, 実数の, 宮廷に, 少くとも, 尚一層, 平安朝祝詞, 広狭二義の, 当時都鄙を, 形容詞意識を, 我が古代社会, 文學價値も, 新しい文学, 既に此, 日本演劇の, 服従を, 板挟みの, 此大春日部以下の, 此様な, 現し身, 神楽の, 私は, 考へ, 虚構の, 諺について, 陰陽道, 馬術を

▼ 其目的~ (51, 0.3%)

4 を達する 2 を達し, を達せ, を達せり

1 [41件] が危難, が国, が次第に, として懲らさう, となりし, によつて惡戯, に副, に斃れん, に矛盾, に至, に至り, に近く, のもの, の全部, の大, の学校, の爲め, は, はといふ, はどこ, はやはり, は何で, は凡そ, は唯, は専ら, は幾分, は必ず, は確か, は青年英雄, を以てやる, を何所, を同, を察したれ, を實現, を果し, を果す, を行, を遂行, を達し得, を達し得ざる, を隱

▼ 其~ (49, 0.3%)

4 ことばが, 八重の 2 ほいなる, 定といふ, 竹さんと, 邸へ, 酒が

1 [31件] はなしを, もちやを, 七の, 信が, 倉さんが, 倉さんも, 友人に, 和歌さんと, 國自慢の, 墓の, 媼さんの, 宅です, 師匠さんに, 幸の, 庇か, 庇で, 心が, 心なら, 心は, 方々が, 書き捨ての, 氣むづかしい事と, 犬さまとは, 相撲は, 言葉が, 言葉とは, 言葉は, 言葉を, 返禮, 顏此子が, 龍が

▼ 其一人~ (45, 0.3%)

4 である 2 なり

1 [39件] が口, が彼等, が短刀, が窓, が足駄, だ, だがね, であ, であったが, であつ, であらう, でありこうした, であるかも, でした, に加, に向, に導かれ, に當, に飛掛り初, の仲間, の外, の老婆, の赤兒, はハーバード大學, は三田, は三番目, は千八百グルデン, は家老宮地源左衛門, は数年前, は欠けた, は此方, は法學士, は若く, は逃れ去り, は頻りに, をさす, を妻, を嫁, を證明

▼ 其では~ (42, 0.3%)

4 家の 3 広目天の 2 廣目天の

1 [33件] お前様が, その前, ないの, なく靄, ひどく感じた, 不便に, 久須麻呂が, 何か, 何となく物足りない, 何にも, 何の, 劣作だ, 口で, 可愛さ, 困ります, 國府田さんに, 土産の, 大嘗祭が, 家へ, 幾分意義, 御案内, 御邪魔, 慊らぬ, 汝の, 無いか, 私の, 聊か相, 説ききれぬ例, 説明が, 謂はう, 跛足ぢや, 駄目だ, 魔物が

▼ 其一つ~ (42, 0.3%)

5 である 3 であつ 2 で此時先生, に, は, は家蠅

1 [26件] が想像, が欠けた, だ, だ堆, だ磨き, である二人, で又, で汀, としてもの, と見られる, なの, に米, の中, の祝賀場, の能狂言, の行き, の證據, は何事, は夢, は女芝居, は建禮門院, をばドメニカ聖母, を予, を申します, を言, 兎角商売

▼ 其~ (40, 0.3%)

6 な事 5 なこと 3 な堅い 2 なもの, な処, 時や

1 [20件] なに仰しゃ, なに取る, なに無闇と, なら何故, なら解剖學者, な乱暴, な事ア, な事柄, な例, な問題, な噂, な怖し, な怪談, な物好き, な話, 中でも新次郎どん, 中へ, 時か, 時にや, 時はい

▼ 其だけの~ (39, 0.3%)

5 女子が, 深い凝結 4 望みで, 理由で

1 [21件] ゆとりが, 事実というか, 人間の, 内容を, 効は, 単純な, 変化が, 役者と, 御身分, 心持其だけの, 情熱は, 愛着が, 數が, 歴史的基礎が, 決心も, 注意を, 物が, 真実を, 知識が, 義務は, 負傷を

▼ 其当時~ (39, 0.3%)

3 に於 2 にとつ, に於ける

1 [32件] その工場, では思いつき, としては佳句, としては稍, と同じく, と変った, にこそ余計, に在っ, に在り, の事, の先生自身, の嘉義, の書類, の根津権現さん, の模様, の状況始末書, の目, の青年, はよく, は今, は元, は南面, は孰, は未だ, は松戸, は民家, は路, も自信, 書き留めて, 未だ文殊, 生れた子, 誦した古

▼ 其とも~ (38, 0.3%)

4 この葛城郡, 此お方か 2 何か

1 [28件] お方かと, まだ此, もとは, リボンか, 一つ意外な, 主要な, 亭主の, 人たちを, 人とが, 以前は, 何うだ, 分かず皆, 古い時代, 只我もの, 和銅七年の, 室を, 寛大な, 弔らは, 技芸の, 日が, 此葛城郡に, 河童の, 生活か, 男の, 級として, 結婚する, 誰の, 譬喩として

▼ 其より~ (37, 0.3%)

5 外には 4 先は

1 [28件] もっと大切, 七日に, 三年を, 下つて牛鬼蛇神, 二年ほどに, 以前の, 先の, 前の, 十三年前に, 古いもの, 古い排列, 古く俊頼口傳集上, 四度の, 外に, 外の, 大切な, 少し前, 崩る, 市に, 御國許, 情を, 昔の, 更に上つた時代, 更に十年前, 更に神, 濃くちらりと, 生ずる危險, 長かつ

▼ 其内容~ (37, 0.3%)

2 から見

1 [35件] から本名, が如何, が如何にも, が餘, と経行, には村落生活, に於, に立入る, に重き, に關, に附着, の有益, の機構, の檢討, の殆, の空疎, は不明, は前, は即ち, は古典的電子論, は圖書室, は極めて, は直ちに, は經史諸子等, も亦, よりする, より推し, をさ, を充実, を変更, を強要, を成し, を細か, を言, を遺す

▼ 其思想~ (37, 0.3%)

2 に於, の藩閥, は全, は時代

1 [29件] が彼等軍人政治家, が復, が發展, と衝突, に彼等, の普及, の根柢, の発達, の發展, の皆無, の自ら, は共産的無政府主義, は實, は支那, は既に, は日本, は極めて, は比較的, は決して, は神, は雲, や穏健, や穩健, を, を寫さん, を忌憚, を煥発, を見れ, 頗る變化

▼ 其言葉~ (37, 0.3%)

3 を唱 2 の中, を使う, を僕

1 [28件] が口, が莫迦, で如何にも, と共に簡単, には一定, には非常, に交つて, に従, に従いし, に従って一緒, に從つた方, に順序, のうち, のもつ, の一々, の尾, の調子, は口, は喘ぐ, は少ない, ひとしほ, も様子, を一々, を堅く, を忘れず, を最初, を有難く, を面白く

▼ 其だけ~ (36, 0.2%)

7 では 5 で山 4 で此世

1 [20件] つまり性的, であったら寂しい, で身, 事実と, 元は, 入つて, 切りは, 名詞に, 国語意識が, 地方, 実際用語, 島田の, 懸念と, 文章にも, 替へ, 此話は, 緊密を, 耶蘇教に, 自分の, 錯綜を

▼ 其ほど~ (36, 0.2%)

5 此頃の 3 救ひ 2 先生の

1 [26件] 今残つて, 又直に, 因縁の, 峻烈に, 彼の, 彼は, 感じ深い, 或時, 救い難い, 文学は, 新進作家の, 時代錯誤を, 正確で, 気易い, 海人の, 源氏の, 社会に, 私を, 繁昌し, 臆れ, 自分は, 詳しく考へる, 調和し, 讃美する, 関聯深き, 香炉に対する

▼ 其生活~ (32, 0.2%)

2 の最初, を富まし

1 [28件] から庶民, とには浄瑠璃, とは窺, に向上, に我々, に空虚, に都合, の上, の卑俗, の困難, の方法, の権利, の爲方, の痕, の自由, の要素, の順序, は何等, は少し, は無事, は狩猟本位, を前記国造等, を変, を安全, を完成, を祝福, を脅す, を見る

▼ 其にも~ (31, 0.2%)

3 曾て 2 増して

1 [26件] ある根柢, いが, かかわらずあれ, また心, やった, 二通りあ, 似て, 係らず世間通用, 係らず人々, 優れり, 劣るまいと, 拘はらず世間, 拘らず古い, 拘らず曾, 拘らず遂に, 曽て, 曾ては, 段々議論, 無頓着で, 繋らず常に, 繋らず彼, 繋らず私, 舅たちの, 語又は, 転, 馴れて

▼ 其地方~ (31, 0.2%)

3 の年中行事, の特色

1 [25件] から人物, から起つ, では切り取つた, では恐ろしい, では高山, で勝手, に住ん, に多少, に於ける, に玄菟郡, の住民, の兵營, の北西方, の區分法, の地主, の地震, の墓, の家々, の山名, の文運, の最, の立身一番, の豪族, の道路, を見物

▼ 其証拠~ (31, 0.2%)

2 の一つ

1 [29件] があります, が仲, である, です, ではあるまい, として神武記, とする, とも云う, と見るべき, にはそれから, には信州, には始終, には宿屋, には此俺, には犬嫌い, には素人, には貴下, には足, の残つて, はう, は万葉集, は不確か, は京都近郊, は錐, をばわたくし, を又, を御覧, を総て万葉集, を見せ

▼ 其うち~ (30, 0.2%)

2 に糸織

1 [28件] から段々, である, でも青い, で屡々, で樹枝, にお, にも夜, にも女, にも慕, に僕, に唐代, に後, に書き終つた, に歸つて來, に癖, に私, に笑止しな出來事, の事, の二字, の形, 儲かつて來, 幾分儒生, 待ち設けた御, 最大切, 最語部, 殊に山河, 生憎頻り, 覚えて

▼ 其一例~ (30, 0.2%)

11 である 2

1 [17件] であります, です, として, としてある, として次, として歐洲, として浜野, として濱野, として菅沼, にし, は昔南北朝といつて二百七十餘年間南北兩, を挙ぐる, を挙げ, を擧げた, を示せ, を言, を記憶

▼ 其すら~ (28, 0.2%)

5 其後人の 4 似も, 脇士なる 3 引き続く供養饗宴 2 引き續く, 時としては 1 克く, 判明しなかつた, 却て, 太宰府へ, 屡せられるべき, 斯電報では, 神の, 長い歴史

▼ 其~ (28, 0.2%)

2 から困る, のに何故

1 [24件] あね, からきっと, からこそ今日, からと云っ, から今夜, から何, から僕等, から大, から彼, から自分, けれど私, し殺す, つてと, つても, と何うに, と思, と申す, と考へられる, と蔵屋, と言, ね, のにどうして, のに世の中, のに彼方

▼ 其精神~ (28, 0.2%)

2 は夙に, を異に

1 [24件] と其生活, にはなかつた, に慰安, に於, に貫かず, の内容, の内部, の聲, は少し, は後, を亡, を吐き, を吐く, を採る, を柔らげ, を死骨, を汲まね, を発揮, を能, を言, を誤解, を説明, を酌, ヲ抖

▼ 其勢力~ (27, 0.2%)

2 を控, を統一, 頗る大

1 [21件] が中間, が伝説, が屡々, が牛頭天王, が自由, に於, に迎合, のある, の強, の洪大, は伸展, は全く, は日中, は非常, また昔日, を及ぼさない, を増す, を失っ, を失わん, を恢復, を最も

▼ 其意味~ (27, 0.2%)

2 が忘れられ, する所, を異に

1 [21件] がすぐ, が対手, が推察, が染, が能, が訣ら, が謡う, が變化, が通じなかった, が違, を兄, を同う, を問わずし, を察, を解き聞かせ, を解し, を解釈, を説明, を読者, を釈き棄てた, を面倒

▼ 其ばかり~ (25, 0.2%)

13 では 8 考へて 2 考えて 1 でなくほか, でなく群臣

▼ 其意義~ (23, 0.2%)

5 に於 2 を明

1 [16件] から退化, の尚, の解釋, は不明, は殆ど, は私, を十分, を失う, を尋ねず, を尤も, を明らか, を気分化, を異に, を解したる, を解する, 甚だ明

▼ 其やう~ (22, 0.2%)

2 なけしかけ詞, な奧樣, に仰せ, に甲羅, に茶利, に言つて 1 な心弱い, な無茶, な義理はり, な詰らぬ考, な馬鹿, に延ばし, に無情そぶり, に語彙, の事, の氣ぶり

▼ 其周囲~ (22, 0.2%)

1 [22件] には村, には河骨, には霜, にみやびやかにおとなしい初子, に大きな, に嬉々, に居合せた, に訣, に起る, のもの, の大気, の森, の町, の豪華, へ集, をま, を切明, を厳しく, を廻る, を探れ, を白い, 殊に向っ

▼ 其調子~ (22, 0.2%)

3 がいかにも 2 だ, だし

1 [15件] が何時も, だから, には低く, には何処, には梅子, によつて, に身, に驚ろ, の極めて, は厭, は如何にも, は沈ん, よりも其返事, を亂, を高め

▼ 其とは~ (21, 0.1%)

3 別だらう, 知らぬあはれ, 違ふつもりである 2 自白ける 1 別だろう, 別な, 別に延喜式, 別に稍, 知らず一段と, 知らぬあ, 違うつもり, 違うて, 附添の, 離ればなれに

▼ 其なら~ (21, 0.1%)

1 [21件] おやりなさる, でそ, で蘆, とお, ば今, ば何故, ば自分, 京都の, 仕方が, 其等米国婦人の, 初めから, 又何故, 叙事詩の, 如何う, 寧句を, 差當り, 幾分寒, 彼は, 我々にも, 絶間ない, 貴方は

▼ 其以上~ (21, 0.1%)

1 [21件] ぐらいで有ったろう, との信仰, に何等, に古生層, に考へられる, に鍛錬, に高く, のこと, のもの, の大きな, の手腕, の細かい, の質問, の高い, の點, は作業者, は先史遺物学者, は問, は貴様, を要する, 承つて

▼ 其系統~ (21, 0.1%)

2 に属する, の物語, をいへ

1 [15件] から変化, から妻, に新しく, に近づいた, の, の中, の伝説, の作家, の成句, の社, の語, は歌垣, は直線的, を襲ぐものとしては, を述べざる

▼ 其自身~ (21, 0.1%)

1 [21件] からし, が持つ, が生み出した, その用語例, で見, にある, には如何, に價値, に対する観念, に於い, に美しい, に醜い, の中, の中心, の内容, の持つ, の目的, は後, を疑ふ, 不整備形, 欲する語

▼ 其一部~ (20, 0.1%)

1 [20件] が倒れる, が戦闘, だけを行う, としては数多い, として発生, なの, に含め, の, の実現, の形式, の為事, の責, を上下, を占め, を唱, を抄, を抄写, を採録, を機關雜誌, を買っ

▼ 其附近~ (20, 0.1%)

2 の諸

1 [18件] から登る, が原, であったろうと, にあ, にはローマンケーヴ, には内蔵助, に名代, に居合せた, に銀山, のみ僅か, の今帰仁, の地, の尾根, の町, の開懇土地, は以前, を写生, 約三里

▼ 其だけに~ (19, 0.1%)

4 常の

1 [15件] ある旧, おなじく民俗学的態度, また強い, 一首の, 何やら背越し, 又最も, 又用語例, 古風であり, 就いて, 彼の, 所謂媚仕, 故實, 早く型, 此宮門正, 面從で

▼ 其まま~ (19, 0.1%)

1 [19件] で母屋, にし, にては到底, には理解, に云う, に捨て, に採用, に見, に邸, ゆらゆらと, 別れて, 受けとられようもの, 書き下したの, 死んでも, 疑わずに, 聞かして, 解らずに, 逃れ去る, 黙って

▼ 其一端~ (19, 0.1%)

2 を自身

1 [17件] が窺, で骨箱, には自動開閉, に就, に過ぎなかつた, に青き, をあら, をかの, を強く, を彼處, を発表, を示す, を窺, を覗, を観取せられよ, を論じたる, を露

▼ 其中心~ (19, 0.1%)

3 に於 2 になる

1 [14件] がある, が芳賀先生, であつ, なる宮廷, になっ, には傘, に割込みました, に嫁, に当る, に注ぎ, は何で, は何と, は勿論, より出

▼ 其あと~ (18, 0.1%)

1 [18件] から一人, から上, から此さま, が心持ち, したふアキリュウス, で嬰兒, で看護婦, にい, にて小, にはモニコ, には中, に新, の人々, の家, はどう, は吠えなかった, へ跟, をアートレ

▼ 其位置~ (18, 0.1%)

2

1 [16件] が政宗, と境域, にあつ, に到る, に止まる, は前述, は自由, は良民, をとつ, を保っ, を占めた, を得なかつた, を飛信越, を高め, 全く異, 比較的内地

▼ 其後姿~ (18, 0.1%)

4 を見 2 が目, を吉野, を見上げ, を見送, を見送り乍ら 1 が自分, を勘ちゃん, を眺め, を見送つた

▼ 其態度~ (18, 0.1%)

1 [18件] が如何にも, が極めて, が甚だ, が癪, が違っ, と申条, に値打, に於, の荘重, の莊重, は又, は同, は極めて, は狼狽, をそれとなく, を亂, を卯平, を床しく

▼ 其様子~ (18, 0.1%)

4 を見 2 が何となく

1 [12件] から物言い, が何ん, と其顔, と調子, を怪, を眺め, を衆人, を見せぬ, を見る, を見守つ, を覗き, を隙

▼ 其翌年~ (18, 0.1%)

2 から前述

1 [16件] かに鳥居龍蔵博士, から此村, から肺病, である, になり, には刑法, に鯉字, の三月, の九月九日, の五月, の六月八日, の初夏, の文化六年, の春, の永観元年, も半ば以上

▼ 其影響~ (17, 0.1%)

2 を受けた

1 [15件] から天主教僧侶以外, が單, が粗野, が見られる, によるもの, はみんな我々個人, は大きに, は後代, は自覚的, をとり込ん, を受け, を国民, を生活上, を補正, を離れ

▼ 其意見~ (17, 0.1%)

2 の當否, を公言

1 [13件] が何, が悉く, が政府, について少し, に隨つて, の大略, の当否, は遂に, を変ぜず, を彼, を徴, を徴せられた, を窺

▼ 其積り~ (17, 0.1%)

2 で, で居, で記事

1 [11件] でい, でどし, で下手人, で居ります, で居る, で強, で後, で批判, で申しませう, で辛抱, になつ

▼ 其場合~ (16, 0.1%)

1 [16件] が貴く, にあきつみ, には嫁, には機密書類, には矢張り一般, にも芭蕉, に天皇陛下, に或, に於, に誤, のわたし, の因果關係, は喬木, は襞, も決して, 一寸不明

▼ 其大きな~ (16, 0.1%)

1 [16件] のが, 口を, 声に, 導きに, 桃が, 眼を, 聲に, 茶碗を, 荷物の, 身體の, 身體は, 輪廓と, 違棚へ, 體躯で, 體躯は, 鷲の

▼ 其子孫~ (16, 0.1%)

2 の事蹟

1 [14件] が椙原氏, が相, たる米人, だという, なるもの, に傳, に及び, に言, は永く, も大分界隈, わかれて, を嫌つて, 或は其世, 未嘗不淳耀惇大

▼ 其弟子~ (16, 0.1%)

1 [16件] でコルレヂ・ド・フランス支那學, となった, と稱, なる唱阿性眞, なる記主禪師, に来意, のこと, の乘純, の二歳坊主, の名, の弟子等, の手, の羅漢たち, の隨音, を語つて, 無關

▼ 其理想~ (16, 0.1%)

1 [16件] する所, する紳士, する美人, する英雄, とする, と遠き, なり, の幾分, の生活, は抽象, を実現, を實, を目標, を非, を體, を體現

▼ 其記事~ (16, 0.1%)

1 [16件] が欠け, が見, と, については私, に至る, の天然的解釈, の模樣, の比較的, の豐富, の順序, は先々代, を紙上, を見ました, を読んだ, を讀ん, を転載

▼ 其説明~ (16, 0.1%)

2 を聞い

1 [14件] に, には英国大使, による, に姦淫, に私, の方法, は余, は先ず, は分れ, は簡単, を聞いた, を聞かなけれ, を要する, を試

▼ 其お方~ (15, 0.1%)

5 がお 4 とは思はれぬ 3 の来 2 の來 1 とは思われぬ

▼ 其~ (15, 0.1%)

4 へ無事

1 [11件] へも古い, へも恐ろしい, へも戦, へ亦, へ書け, へ次第に, へ百年前, へ直ぐ, へ知れない, へ苔, へ記憶

▼ 其によ~ (15, 0.1%)

1 [15件] つたと, つておし, つて其地其物成の, つて地靈を, つて彼部曲の, つて教育される, つて新しい, つて時代的権勢家に, つて歴史を, つて生ずる, つて生活気分の, つて身体の, つて部分的に, つて鎮め, ツて

▼ 其~ (15, 0.1%)

4 山間を

1 [11件] ふわ, りの, 一蝶の, 乗つて, 出た, 卓子椅子を, 展く, 山国を, 渡つて聖書の, 移して, 行らつ

▼ 其中間~ (15, 0.1%)

2 に言葉

1 [13件] なる分家, に, に今一つ, に例, に器具紛失, に後, に挿入, に插ん, に於, に殆ど存在, に立っ, を行く, を通らね

▼ 其前後~ (15, 0.1%)

1 [15件] から無二, とは各, と関繋, に北支那, に於, に於ける, に色々, の家長たち, の文句, の時代, の次第さ, の準備, は東京, を省略, を看る

▼ 其必要~ (15, 0.1%)

2 があった

1 [13件] があつ, が無い, が無く, とする, なこと, なるを, に對, に迫られ, も無い, を充たす, を唱, を問う, を感じたらしい

▼ 其こそ~ (14, 0.1%)

3 あつと

1 [11件] あっと言う間に痕形, ベンチは, 一大事です, 世間騒がせだ, 四抱さう, 大事で, 我々を, 数へ, 本気の, 杓子定規である, 水が

▼ 其信仰~ (14, 0.1%)

1 [14件] から人, が伝つて, が普遍, で裏書, に生き, の名残, の末, の為, の生き, は今, は非常, を固める, を宣伝, を遺憾

▼ 其全文~ (14, 0.1%)

1 [14件] で訪古志, は下記, は次, を写し出さう, を写し出し, を写し出した, を写し出す, を写す, を引い, を擧げる, を擧げん, を見むこ, を読み, 若くは

▼ 其問題~ (14, 0.1%)

2 なんで

1 [12件] が心, が落ち, に立, の中, の落著, は一面, は再び, は既に, をさう, を中心, を真面目, を研究

▼ 其存在~ (14, 0.1%)

1 [14件] が疑わしく, が認められる, した処, すら認められ, の事實, の価値, の効果, の意義, の理由, を失う, を失つて仕舞つて, を許され, を認容, 又は進行

▼ 其所在~ (14, 0.1%)

2 を知らない

1 [12件] が分る, の位置, の大寺, の記註, を問う, を失, を失った, を尋ね, を求めよう, を知らず, を詳, を認む可

▼ 其方面~ (14, 0.1%)

1 [14件] から來, とに結ばれ, に出征, に向, に探り, に於, に眼, の事情, の代表的事業, の婦人, の書籍, の最高峰, の神, へ運動

▼ 其由来~ (14, 0.1%)

2 する所

1 [12件] の伝へられた, の古, の忘, の甚だ, はここ, は早く, を此民譚, を知る, を詳, を語つて清子, を説明, 久しく習慣

▼ 其詞章~ (14, 0.1%)

1 [14件] がた, が伝誦者, が断篇式, として召された, の上, の人目, の作者, の原, の根柢, の表現, の長い, は天地, は抜い, を

▼ 其風采~ (14, 0.1%)

2 であらう, は, や質樸無難 1 に欠けり, に缺, は母, も餘程變つて, をも口吻, を一見, を教育者, を眺めた

▼ 其ため~ (13, 0.1%)

1 [13件] にお前, には先づ幼年, には其過程過程, に君主, に壓伏, に娘, に専門, に彼等, に物價, に當時系譜學, に跡方, 各職業, 往々治者

▼ 其に対して~ (13, 0.1%)

1 [13件] さすら, どの位, 交換的に, 反省せん, 外の, 宮廷では, 或は今一つ前, 新しく宮中, 歌順礼は, 皇族以下の, 相手の, 祓へは, 芸術家は

▼ 其らしい~ (13, 0.1%)

1 [13件] し万葉, のである, ものが, ものに, ものは, 匂ひ, 堂守は, 姿は, 店も, 物が, 物は, 痕も, 老人は

▼ 其方向~ (13, 0.1%)

1 [13件] から探り, から洩れ, から雷鳴, に向, に向けつ, に固, に進めた, の正確, は何れ, を異に, を誤り, を転じ, ヲ定

▼ 其最初~ (13, 0.1%)

2 の会長, の印象, の目的 1 から公家武家, から角, なるもの, の花枝, の製作, の難点, は今

▼ 其~ (12, 0.1%)

5 のに目 2 のである, のです 1 がめが, ので殆, もみの

▼ 其~ (12, 0.1%)

1 [12件] ヲ主裁シタル米國, ヲ助, ヲ室内, ヲ所有セシムル凡テノ力ハ國家ナリ, ヲ撃破シテ, ヲ日本ニ, ヲ混ジタルカハ人類學上日本民族ハ朝鮮支那南洋及ビ土着人, ヲ維持スベキ物質的條件, ヲ許サヾランコトヲ終局, 幾許有, 然ルヤ, 自ラノ精神ニ

▼ 其一方~ (12, 0.1%)

1 [12件] が然, が真実, には黒い, に燃え, の代表者, の教, の根拠, を奴隷視, を本源, を渓流, を直ちに, ヘ走

▼ 其事実~ (12, 0.1%)

1 [12件] であったこと, でない事, と空想, なること, に対する妥当性, をあと, をも言わずし, を挙, を挙げむか, を眼前, を知りたる, ヲ枚挙シ

▼ 其名称~ (12, 0.1%)

3 の示す 1 から柱, が現時, により, に於, の如何, の起り, は京阪, よりし, を変化

▼ 其多く~ (12, 0.1%)

1 [12件] の不, の学説, の狂言, の群行, は学生, は家事, は家庭生活, は幻影, は死ぬる, は砂鐵, 獲たるを, 製作せられる

▼ 其文字~ (12, 0.1%)

2 は全く 1 から言っ, と云, に於, は唐, は斯, も半, を忌ん, を本統, を知る, を見る

▼ 其生命~ (12, 0.1%)

1 [12件] さえも惜, の根, の表白, の裏, を失, を失つて, を失つて了, を奪, を寓, を直接, を長, 並びに富

▼ 其秘密~ (12, 0.1%)

1 [12件] である天, の境地, の潜められたる, はどうして, は如何なる, ばかりは言, を侵さ, を保たん, を保つべき, を守ります, を捉む能, を蔵

▼ 其若い~ (12, 0.1%)

1 [12件] のは, のを, 仲間に, 女と, 妻が, 姿の, 尼と, 様に, 男女が, 細君の, 頬を, 高慢氣

▼ 其返事~ (12, 0.1%)

1 [12件] が何時, が参りました, が聞取れない, に, にはそれ, に困つ, に困つた, の中, の内容, を与へる, を促, を與

▼ 其運命~ (12, 0.1%)

2 の窮 1 に先んじ, に就かしめ, の分水嶺, の禍, は一世紀, をば天, を定め, を掌中, を終り, を続け

▼ 其部分~ (12, 0.1%)

1 [12件] が発達, が破れ, が輝き過ぎ, だけは秘密, である, にか, に檜苗, の意義, は凍傷, を口誦, を排除, を示さなかつた

▼ 其部屋~ (12, 0.1%)

1 [12件] から遙, でも処, で作る, に踊場タバラン, の中, の壁, の掃除, は主人, は無く, へ來, へ追, を通り拔

▼ 其でなく~ (11, 0.1%)

5 て語 2 ては此病気, ては此病氣 1 とも単に, ツては

▼ 其として~ (11, 0.1%)

5 昔から 1 よい事, 子供の, 安いもの, 此御名は, 認めざるを, 通って

▼ 其主張~ (11, 0.1%)

2 の誇大, を改めざる 1 のあまりに, の中, の依, の前提, の謬つて, は以前, は誤解

▼ 其主義~ (11, 0.1%)

2 未だ明白 1 からし, でありますが, なる者, の如何, の宣傳, は依然として, を信じ, を捨てた, を普及

▼ 其作品~ (11, 0.1%)

2 の中 1 から見, が何, が作品, が非常, とに就き, に通じ, を作り上げ, を読ん, 即ち小説

▼ 其効果~ (11, 0.1%)

2 の如何 1 の僅少, の著, は他, は国王, は概ね甚だ, を奏する, を奏せり, を挙げる, を秀子

▼ 其向う~ (11, 0.1%)

2 を張らう 1 がお, にある, に坐つ, に奈良田, に椅子, の後向き, は草叢, を劃つて, 隣の

▼ 其子供~ (11, 0.1%)

1 [11件] が別, が私, と遊び, のする, は其何分の一, は即ち, は親方, もよく, らしい足音, を店, を抱

▼ 其性質~ (11, 0.1%)

3 を融通 2 を異に 1 の天晴傾城, を一瞥, を一變, を同, を変じ, を規定

▼ 其拍子~ (11, 0.1%)

2 に昌作 1 に, にビール, に小刀, に少年, に玄関, に玄關, に自分, に螢, を替え

▼ 其文章~ (11, 0.1%)

1 [11件] ですらも, なり句, には, に漏らし, の感觸, の最, の英気, は同, も空霊, を押頂, を推する

▼ 其沙汰~ (11, 0.1%)

2 有り 1 なくて, もなく, も無し, 有りて, 有り今日御前, 有り参訴, 有り向後, 聞えぬ, 被召件箭於御所

▼ 其生涯~ (11, 0.1%)

2 は夐然別種, をし 1 が満足, が著しい, の大事, の後年, の波瀾, の行為, は僅か

▼ 其白い~ (11, 0.1%)

2 一點を 1 壁は, 布を, 横腹を, 横顏を, 波にも, 百合が, 皮膚に, 花が, 顏の

▼ 其組織~ (11, 0.1%)

2 未だ堅確 1 ありて, から見れ, の上, の基礎, の整然條理, も行, や其色彩, を一変, を一變

▼ 其とても~ (10, 0.1%)

1 わりあひ後代, 一週間近く掛つて苦心した, 世間に, 似も, 全部は, 古今の, 合理的に, 埋れたの, 活世間という, 風情かな

▼ 其中央~ (10, 0.1%)

1 と覚しき, なる石級上, には大きな, に一條, に井戸, に四尺, に大きな, に径五寸位, に祝凱旋, を割つ

▼ 其中腹~ (10, 0.1%)

5 と東 2 を少し 1 から長い, が空, を遮断

▼ 其何れ~ (10, 0.1%)

1 かを買, が先着, が本源, とは極めて, にも柄杓はか, に决定, に従う, の点, もの點, を必然的

▼ 其印象~ (10, 0.1%)

1 が消え, が消え失せぬ, が遙, のま, のまだ, の復活, の鮮明, は鮮, を平たく, を得られん

▼ 其古い~ (10, 0.1%)

3 通称は 2 形は, 通稱は 1 ものは, 姿を, 形式の

▼ 其短い~ (10, 0.1%)

3 と言 1 と言える, 一年間自分は, 形のけ, 抒情部分に, 時間も, 間に, 麦の

▼ 其研究~ (10, 0.1%)

1 から利益, が遂に, に従事, の定ら, の筋道, の結果, は少から, をし, をする, をやつ

▼ 其美しい~ (10, 0.1%)

3 顔に 2 眼には 1 女は, 沈黙, 胸に, 輝やき, 顏に

▼ 其習慣~ (10, 0.1%)

1 から天皇, が又, が少し, が此処, が殆ど, が漸く, により, は商人, は平安朝, を成したる

▼ 其自然~ (10, 0.1%)

1 が構成, と己, なり人物, なる地位, に返っ, のどれ, の情態, の美しい, を暴露, を自認

▼ 其著述~ (10, 0.1%)

1 に古今集, に對, に散見, に於, に比すれ, に顕, も極めて, を公, を校訂, を読んだ

▼ 其言動~ (10, 0.1%)

2 の往々, の毫も, の激烈 1 亦放, 亦放胆磊落, 豈尋常一様, 豈尋常一樣

▼ 其責任~ (10, 0.1%)

1 の一半, の半分, は伯爵, をまだ当然, を分ち, を回避, を夫, を盡, を辱, を避けん

▼ 其適例~ (10, 0.1%)

4 である 1 であつ, であります, でありませう, である事, にし, を示し

▼ 其~ (9, 0.1%)

2 へ語其 1 いふこと, と, へなか, へに風, 云う歯がゆ, 云ふ, 言や

▼ 其しるし~ (9, 0.1%)

4 が此ぢ 1 が此, に加, の特徴, はよく, 有りて

▼ 其はじめ~ (9, 0.1%)

4 に於 1 に多く, に記載, の天然的分子, の簡単, は単に

▼ 其ばかりか~ (9, 0.1%)

1 その附近, まやの, 却て, 家持は, 彼女は, 後鳥羽院は, 極微か, 温泉その, 脇能も

▼ 其を以て~ (9, 0.1%)

1 他人を, 北海道に, 呪しつ, 善知識の, 国粋第, 基督の, 彩り絵の, 日本語の, 炉の

▼ 其事情~ (9, 0.1%)

1 がまざまざ, に因っ, の似た, は如何よう, は色々, を思う, を異に, を聞き, 不相分

▼ 其小さな~ (9, 0.1%)

1 口に, 咽の, 墓石の, 島の, 清らかな, 王子と, 白い齒, 穴を, 花にも

▼ 其文句~ (9, 0.1%)

1 に舳羅島, の受け, は伝, は千篇一律, は此, は残つて, や発想法, を窓, を聞い

▼ 其文明~ (9, 0.1%)

1 の有, の末路, の為, の生み出せる, は到底, は曾, も蒙, を研究, を輸入

▼ 其時代助~ (9, 0.1%)

1 の眼, の脳, は, はこの, は三千代, は其絶壁, は婆さん, は左右, は普通

▼ 其権利~ (9, 0.1%)

1 を主張, を保持, を忘れ, を持つ, を有す, を棄て, を獲得, を要求, ヲ保持セシメ

▼ 其活動~ (9, 0.1%)

1 が対象物, とを見, の中心, の區域, の根源, の法則, を停止, を持續, を限つて

▼ 其状態~ (9, 0.1%)

1 がどれ, が永く, が見たい, は恰も, よりも第, を保つ, を表示, を見て取, を調べ

▼ 其腐敗~ (9, 0.1%)

2 したるや固, に任せ, に於, は則 1 し易い

▼ 其行事~ (9, 0.1%)

1 が二つ, が外国, が見えない, に出る, の中心, の詳, を非難, 又は群行, 及び其唱

▼ 其起原~ (9, 0.1%)

2 を何処 1 なる古, に疑, のある, の暗示, を支那, を歳時, を説明

▼ 其長い~ (9, 0.1%)

1 ところから, 年數の, 時間の, 歴史の, 睡眠から, 睫毛の, 間を, 體を, 髭を

▼ 其青銅~ (9, 0.1%)

5 の槍 1 の利き, の胸甲, の鋭, をかする

▼ 其からは~ (8, 0.1%)

5 此二つの 1 段々七宝, 物吉, 落第の

▼ 其まで~ (8, 0.1%)

2 だ, だが 1 うつちやつて, 三人も, 人の, 十年ほどは

▼ 其一本~ (8, 0.1%)

1 が盤, に繋ぎ, は杉箸, は枯れ, は殆, を今日, を取れ, を見たい

▼ 其事業~ (8, 0.1%)

1 が大, に取り掛かれり, に同情, に沒頭, の半, の立脚地, は深く, を論ずる

▼ 其仕事~ (8, 0.1%)

1 にか, にまぎれた, の捗り, の爲, をさせる, をする, を是非, を止め

▼ 其働き~ (8, 0.1%)

1 だ, の当, の指導, の結果, の間, を云, を初め, を食用動物

▼ 其内閣~ (8, 0.1%)

2 は勉め, は超然, を認め 1 に対しては藩閥, に對

▼ 其初め~ (8, 0.1%)

1 から組唄, と終り, に出来た, に比, に自署, のが, は肉情, 実に第

▼ 其前年~ (8, 0.1%)

1 かに宮古島, に家, に悉く, の暮, は予, 即ち天元五年七月十三日, 即安永五年, 来た時

▼ 其半身~ (8, 0.1%)

1 が車外, と邂逅, に, の尋ね, の種子さん支局詰, の近づき, を求め, を求める

▼ 其土地~ (8, 0.1%)

2 を喰 1 を売られ, を奪, を愛し, を持ち, を治める, を褒め

▼ 其容貌~ (8, 0.1%)

1 が丸, とは其處, のうち, の厳格さ, の如く, の變, を見る, 及び絃

▼ 其心持~ (8, 0.1%)

2 はこつち, はわたくし 1 の外, の悪い, は分る, を怪しまなけれ

▼ 其成立~ (8, 0.1%)

1 した時代, には尚, の事情, の本旨, の歴史, の順序, を異に, を考へよう

▼ 其手段~ (8, 0.1%)

1 として父, として金, には極めて, の善悪, の善惡, は毒瓦斯, を逆, を選ばざりき

▼ 其時間~ (8, 0.1%)

1 が來, に入った, に労働, に遅れぬ, は一閃電, は下級, を利用, を待っ

▼ 其根柢~ (8, 0.1%)

1 に情史的, に於, に疑問, に肉体, に變化, より動揺, を奪, を置く

▼ 其為事~ (8, 0.1%)

31 が案外, に与, に失敗, は, を補佐

▼ 其甲斐~ (8, 0.1%)

2 もなく 1 あらばこそ, がなかつた, なくて, なく遂に, の國, はなかつた

▼ 其留守~ (8, 0.1%)

1 には吉田松陰, に妹, に妻, に駐在所, はあの, は何なに静, へ尋ねた, を見

▼ 其神話~ (8, 0.1%)

1 には二樣, に於, に関係, の中, の方, の根柢, を大要, を詳

▼ 其約束~ (8, 0.1%)

2 も極めて 1 に信, はとても, は一年, は約束, は近年, を果さね

▼ 其赤い~ (8, 0.1%)

2 火影が 1 大きな花, 火が, 舌を, 色が, 色は, 莖の

▼ 其高い~ (8, 0.1%)

5 隙から 1 声が, 所は, 蜀黍の

▼ 其あたり~ (7, 0.0%)

1 から谷間, と想われる, に立働く, の天, の雲, は往来, を飛び過ぎ

▼ 其さき~ (7, 0.0%)

5 の日 1 は寫, は平野

▼ 其~ (7, 0.0%)

1 つと目, や, やいけやせん, や三代船大工, や何と, や何ん, や滿足出來

▼ 其です~ (7, 0.0%)

1 か, かえ, から失禮, から彼女, から此那, が江戸時代, んで行くだろう

▼ 其どころ~ (7, 0.0%)

6 では 1 じゃあない

▼ 其について~ (7, 0.0%)

1 一々述べない, 信じずしかも, 又色々, 廻ると, 思ひ起すの, 書いたが, 語って

▼ 其一切~ (7, 0.0%)

1 である, の虚禮, の財寶, を侮り, を怠り, を敵, を獲ん

▼ 其一片~ (7, 0.0%)

2 の公孫樹 1 が支配階級, と雖, に聞き, を作つて, を摘ん

▼ 其不思議~ (7, 0.0%)

2 なるは 1 なる岩陰, な働き, な出来事, な実験, な恋愛悲劇

▼ 其事件~ (7, 0.0%)

1 に沒頭, に現在関係, の内容, の本体, や苦痛, を公判, を新聞紙上

▼ 其人格~ (7, 0.0%)

2 に於 1 となつ, と事業, の何如, をし, を完成

▼ 其傾向~ (7, 0.0%)

1 が他, が多い, について観察, の愈々, を募らせ, を多分, を進める

▼ 其刹那~ (7, 0.0%)

2 にわし 1 によく, にドン, に児, に肉体, の經驗

▼ 其反対~ (7, 0.0%)

1 であったか, に出, に山頂, に心理律動, に荒れ果て, の年, の素質

▼ 其同じ~ (7, 0.0%)

1 処に, 性質が, 手で, 瓜でも, 用例を, 處に, 門を

▼ 其報告~ (7, 0.0%)

1 が実際, が私共, です, をする, をヘクト, を得, を齎ら

▼ 其変化~ (7, 0.0%)

1 が一つ, に伴う, のうち, の内容, の方法, の様, の途

▼ 其大要~ (7, 0.0%)

21 の宜しき, を云, を掻, を摘め, を述べ

▼ 其天然的基礎~ (7, 0.0%)

1 たる火, の共に, の土, の天, は月光, は海, は青白き

▼ 其好意~ (7, 0.0%)

1 に從, に感泣, の愈々, を感謝, を謝, を謝し給う, を謝する

▼ 其少年~ (7, 0.0%)

1 が総て, に荷物, のお祖父さん位, の名, の日, の群, は今

▼ 其巫女~ (7, 0.0%)

1 たる処女, といふもの, としての呪術能力, と共にする, のいふ通り, の信仰形式, の年

▼ 其心配~ (7, 0.0%)

2 も要らぬ 1 といふの, はた, は要らん, も殆ど, を忘れ

▼ 其息子~ (7, 0.0%)

1 が大, が此港, が海蛇, が甘藷, が花林糖, の悔悟, の福助

▼ 其意思~ (7, 0.0%)

1 の壯大, の爭, は決して, も表現, を傳達, を現, を産み出す

▼ 其根本~ (7, 0.0%)

4 に於 1 になるべき, は勿論, をなす

▼ 其色彩~ (7, 0.0%)

1 が強く, が日中, こそ少し, に於い, の美, の美しい, を明

▼ 其行動~ (7, 0.0%)

2 を健 1 と云, と伝承, に注目, の意義, 両つ

▼ 其記憶~ (7, 0.0%)

1 が一層, すへきこと, と囘想, の灰, は可, も薄れ, を強く

▼ 其趣味~ (7, 0.0%)

2 に於 1 から作り出した, は遥, を反映, を探らん, を解せぬ

▼ 其運動~ (7, 0.0%)

2 を倶 1 が靜, に多少, に市中, の性質, を説く

▼ 其~ (6, 0.0%)

1 ず二百斗, はり作文は, はり生命を, はり眼には, はり私も, ひを

▼ 其これ~ (6, 0.0%)

1 に敵する, を与うる, を求めざる, を給する, を議論, を賤

▼ 其なごり~ (6, 0.0%)

4 が今 1 だと, で其時

▼ 其に対する~ (6, 0.0%)

1 不安を, 処置を, 心持は, 憧憬と, 調査報告集を, 返申

▼ 其ほとり~ (6, 0.0%)

1 なる民族, に堅香子, に据ゑさせ人, よりアテーネー, を行く, 住みアビードス

▼ 其ほどの~ (6, 0.0%)

5 威力を 1 区別は

▼ 其また~ (6, 0.0%)

1 一つを, 同時に最大罪悪, 次には, 次は, 父は, 陪臣に

▼ 其れなら~ (6, 0.0%)

1 ば伯母さん, ば姉さん, ば此講演, 五時迄に, 好かったけれ, 我輩も

▼ 其一日~ (6, 0.0%)

1 が卯平, が過ぎ, だけは見, の爲め, の間, も早く

▼ 其主人公~ (6, 0.0%)

1 が薄志弱行, なるイバン, の山犬, は京水, は概ね, をし

▼ 其価値~ (6, 0.0%)

1 によつて此主義, は固, を保つ, を定め, を損する, を損害

▼ 其利害~ (6, 0.0%)

2 より見れ 1 を一, を云, を問, を比較

▼ 其前途~ (6, 0.0%)

2 を危, を危ん 1 に落ち, のため

▼ 其名前~ (6, 0.0%)

1 に特別, は申されません, や何, を打, を書, を聞

▼ 其固定~ (6, 0.0%)

2 に到る 1 した俤, した内容, した卜部, した時

▼ 其基礎~ (6, 0.0%)

1 があつ, になつ, の幾分, の月光, を, をなす

▼ 其如く~ (6, 0.0%)

1 おまえの, よごと, われを, 僕は, 君に, 清き餅

▼ 其容子~ (6, 0.0%)

3 を見 1 が滑稽, を見たい, を見る

▼ 其小説~ (6, 0.0%)

3 の校正者 1 の中, は偽, は急所

▼ 其廻り~ (6, 0.0%)

1 に九ヶ所, をトン, を取卷いた, を取巻いた, を囲んだ, を圍ん

▼ 其弊害~ (6, 0.0%)

1 あらむこ, が餘, なきに, のみを多々, も小人, を鑿

▼ 其御子~ (6, 0.0%)

1 と結婚, に掛け, に触れられる, をば豪族, を治養, を生み置き

▼ 其成功~ (6, 0.0%)

1 に沈酔, に貢献, の為, の覺束, ヲ見, 不成功

▼ 其手綱~ (6, 0.0%)

6 を放せ

▼ 其抱負~ (6, 0.0%)

2 の不倫, の偉大, の凡

▼ 其挙動~ (6, 0.0%)

1 が吹き出さず, の意表, は頗る, を慎み, を見聞, を詬罵

▼ 其日記~ (6, 0.0%)

1 が相, に, に出, は今日, を取出した, を私

▼ 其時刻~ (6, 0.0%)

1 にさ, になつ, になる, には何, には目, を計

▼ 其替り~ (6, 0.0%)

5 天井は 1 変化の

▼ 其権威~ (6, 0.0%)

2 の絶頂 1 を以て予, を感じる, を感銘, を認められた

▼ 其次第~ (6, 0.0%)

2 を記し 1 は率, を嫁, を届け出で, を申

▼ 其歩武~ (6, 0.0%)

2 を同 1 の気力, を整斉, を整齊, 進むか

▼ 其用途~ (6, 0.0%)

1 が混同, によつて別名, に宛てられ, はもつ, は未だに, は次第に

▼ 其知識~ (6, 0.0%)

2 を開発 1 により改良, を惹き出さない, を愛する, を正確

▼ 其祭り~ (6, 0.0%)

1 が京近辺, に奉仕, の度毎, の時, の為, も分れ

▼ 其種類~ (6, 0.0%)

1 は限り, より言, を分た, を擧げる, を示せる, を選ぶ

▼ 其続き~ (6, 0.0%)

2 をく 1 だが, にそのかみ, にもある, をくわしく

▼ 其背景~ (6, 0.0%)

2 になつ 1 とは明治十五六年代, の力, を彩る, を有し

▼ 其自由~ (6, 0.0%)

1 に任せ, の余地, の重み, を詩人, を通り越し, ヲ建設スル價値ナキ者ナリ

▼ 其著しい~ (6, 0.0%)

2 点は 1 ものだ, ものである, 例で, 例である

▼ 其行方~ (6, 0.0%)

1 を失, を探り得なかった, を眺め, を知らず, を知らずなりぬ, を突き止め

▼ 其親しみ~ (6, 0.0%)

4 故だけ 1 からばかりで, が著しく

▼ 其詳細~ (6, 0.0%)

1 に就, に関しては尚, はもとより実際, は中尊寺文書, を聴く, を述

▼ 其語る~ (6, 0.0%)

2 や大抵, 所は 1 処を, 所に

▼ 其輪廓~ (6, 0.0%)

1 だけは完成, に於, の持つ, の美, をはつきり, を画き得た

▼ 其~ (6, 0.0%)

2 さに 1 さで, さにより, さの, さ六七貫目以上に

▼ 其関係~ (6, 0.0%)

1 するところ, は旧, を察, を男女, を続け, を繹

▼ 其障子~ (6, 0.0%)

2 に映つた 1 が一枚, が開い, には火影花, の蔭

▼ 其からと~ (5, 0.0%)

4 言ふも 1 言うもの

▼ 其こと~ (5, 0.0%)

1 に付, のため, をききたがる, を心配, を話した

▼ 其じゃあ~ (5, 0.0%)

1 おかあさま, 働けないから, 失礼致しましょう, 親類でも, 貴女はって

▼ 其とて~ (5, 0.0%)

1 はっきりした, 全体に対しての, 別に根拠, 町人と, 皇親

▼ 其ひと目~ (5, 0.0%)

5 が此世

▼ 其ほか~ (5, 0.0%)

1 にもかわった, にも一人, に早, ひが, ひたち

▼ 其~ (5, 0.0%)

1 はしを, はりには, はりを, への年, まあの

▼ 其までは~ (5, 0.0%)

1 宛然恁う, 宮廷の, 皆相手を, 着物に, 聊か達す

▼ 其みこ~ (5, 0.0%)

2 とを発した 1 の一代, の一生, の此世

▼ 其もと~ (5, 0.0%)

1 が段々, が田遊び, に引き留め, に舟, は霊魂

▼ 其~ (5, 0.0%)

1 どつた木, まびと, 僕も, 是やの, 是やを

▼ 其~ (5, 0.0%)

1 の処女, の経緯, はすべて懺悔, は万葉集, を一種

▼ 其れより~ (5, 0.0%)

1 かお, ぞ, 下つて国貞芳年, 以下に, 後七十三年文化四年に

▼ 其れらしい~ (5, 0.0%)

1 ものの, 人は, 家を, 沃野を, 症状は

▼ 其不安~ (5, 0.0%)

2 の興奮 1 な一語, の究極, は人

▼ 其不平~ (5, 0.0%)

1 の意, は人, を慰めた, を法皇, を色

▼ 其主要~ (5, 0.0%)

3 なるもの 2 の目的

▼ 其亡き骸~ (5, 0.0%)

5 は大和

▼ 其人品~ (5, 0.0%)

2 を評し 1 と云, の如何, の異

▼ 其人民~ (5, 0.0%)

1 に幸福, の衣食, の間, を放逐, を追出し

▼ 其代表的~ (5, 0.0%)

2 なもの, のもの 1 に発達

▼ 其兄弟~ (5, 0.0%)

1 との不在, に事, の一人, を怒る, を愚者

▼ 其出身~ (5, 0.0%)

2 たること 1 の学曹, の學校, は熊野

▼ 其分布~ (5, 0.0%)

1 の徑路, の範囲, は非常, も亦, 甚だ廣くし

▼ 其努力~ (5, 0.0%)

2 の苦痛 1 が常人, の重なる, は艀

▼ 其動作~ (5, 0.0%)

1 がひどく, が吾乍ら誇張, も比較的, をあら, をする

▼ 其同僚~ (5, 0.0%)

1 が官物, の傍, の愛情, の手, を勵

▼ 其周匝~ (5, 0.0%)

2 には五六人 1 には粗末, の水, を一疋

▼ 其呼吸~ (5, 0.0%)

1 が合, は空気, は薄紫, を呑込ん, 迫るを

▼ 其大切~ (5, 0.0%)

1 なるもの, な兼次, な時機, な現世, な詩

▼ 其女子~ (5, 0.0%)

1 と通じ, に乳人加藤次兵衛, の婿, の氏名, を深く

▼ 其宗教~ (5, 0.0%)

1 に其思想, に於, を世界的平等觀, を信, を知る

▼ 其実質~ (5, 0.0%)

2 に於 1 よりいへ, をたしかむる, を異に

▼ 其家職自身~ (5, 0.0%)

5 が新しい

▼ 其容れ~ (5, 0.0%)

1 物, 物が, 物として, 物に, 物の

▼ 其寂寞~ (5, 0.0%)

5 たる光りの

▼ 其小屋~ (5, 0.0%)

1 に居, に泊め, の板敷, の裏山, へ食事

▼ 其巡査~ (5, 0.0%)

1 から気の毒相, が帰り, の話, の顏, の顔

▼ 其意志~ (5, 0.0%)

1 なくし, の命ずる, の象徴, を読む, 弱しその

▼ 其感じ~ (5, 0.0%)

1 があつ, がまだ, が当時, の強く, は次第

▼ 其所属~ (5, 0.0%)

1 として口ずさみ, に従い, の叙事詩, の部曲民, 全く一般神話

▼ 其政治家~ (5, 0.0%)

2 として成功 1 として失敗, の狡獪, は一

▼ 其方々~ (5, 0.0%)

5 からも何分

▼ 其智識~ (5, 0.0%)

1 の上, も其器械, を得る, を移し得た, を開発

▼ 其本体~ (5, 0.0%)

1 は火山, は矢張り満足, を何等, を摸索, を水界

▼ 其本来~ (5, 0.0%)

3 の性質 1 の位置, の意味

▼ 其果て~ (5, 0.0%)

5 に女

▼ 其標準~ (5, 0.0%)

1 が変り得る, たるべきもの此四畳半, で新しい, の完美, を一つ

▼ 其死体~ (5, 0.0%)

1 がゆるがぬ, に取附い, の見当らぬ, を埋葬地, を舁き上げ

▼ 其消息~ (5, 0.0%)

1 の一端, はよく, や宇宙, を傳, を解する

▼ 其準備~ (5, 0.0%)

1 のため, は十二月, も時代的, をし, を永く

▼ 其用意~ (5, 0.0%)

1 して, に蕎麥, はちやん, も致候, を持つ

▼ 其疑い~ (5, 0.0%)

2 を避 1 の鎮まりし, を藻西, を言

▼ 其発生~ (5, 0.0%)

1 が皆, した呪詞時代, の基礎, の時代, は既に

▼ 其相好~ (5, 0.0%)

5 が誰

▼ 其矛盾~ (5, 0.0%)

1 に堪え, の所, の痕, を細密, を補綴

▼ 其種子~ (5, 0.0%)

1 の毛, の重み, は俊成, は炒り, を得

▼ 其紀行~ (5, 0.0%)

1 に書い, の冒頭, は, を, をものされた

▼ 其結構~ (5, 0.0%)

3 に於 1 の宏壯, を工夫

▼ 其老女たち~ (5, 0.0%)

5 すら郎女

▼ 其自体~ (5, 0.0%)

1 ではたより, に於, の中, の本来, を是認

▼ 其親切~ (5, 0.0%)

1 が忘れられない, なる言葉, な仕方, を疑はう, を謝

▼ 其親戚~ (5, 0.0%)

1 で八王子, と手紙, の人, の男女ら, の若い

▼ 其話し~ (5, 0.0%)

2 は止め 1 の方, の種, は一々

▼ 其語原~ (5, 0.0%)

2 の当否 1 から見, に就, を探

▼ 其謬見~ (5, 0.0%)

2 や大, を指摘 1 の謬見

▼ 其資格~ (5, 0.0%)

1 が永続, で神職, の上, を得よう, を段々

▼ 其起り~ (5, 0.0%)

1 がある, が乱暴, といへ, は性質, は神憑きの狂乱時

▼ 其距離~ (5, 0.0%)

1 は十間, は天, ほどに他, ほどに先んじ, を近くせん

▼ 其鋭利~ (5, 0.0%)

2 なる三 1 なる槍かざし, なる筆, にし

▼ 其青年~ (5, 0.0%)

2 は頗る 1 が兎角, は村, を眺めた

▼ 其青田~ (5, 0.0%)

2 に灌漑, を貫い 1 の畦

▼ 其おま~ (4, 0.0%)

4 へさま

▼ 其おも~ (4, 0.0%)

1 かげの, かげをも, て, て皺

▼ 其きりぴつ~ (4, 0.0%)

4 たり戸

▼ 其~ (4, 0.0%)

1 ぢが, ぢと, ぢの, は極めて

▼ 其~ (4, 0.0%)

1 ぐひなしといふ我國の, ねつた, ね牽牛花, びにさういつて母様に

▼ 其~ (4, 0.0%)

1 はいけない, ゥば, 位なこた, 切に成つた

▼ 其といふ~ (4, 0.0%)

3 のが 1 のも

▼ 其なりに~ (4, 0.0%)

1 うと, どうやらすこしずつ, 又下り, 甲斐が

▼ 其へと~ (4, 0.0%)

1 纏らない, 話しつづけて, 辿つて反省, 饒舌り散らす

▼ 其ほどに~ (4, 0.0%)

4 約束を

▼ 其までの~ (4, 0.0%)

1 國學には, 長雨忌み, 間に, 間は

▼ 其~ (4, 0.0%)

4 墓の

▼ 其れだ~ (4, 0.0%)

1 からいちばん根源的, から仕損じる, から此附髷, と私

▼ 其一個~ (4, 0.0%)

1 でも流失, の名称, も無事, を剖

▼ 其一命~ (4, 0.0%)

1 の盡きし後, を亡, を失, を終

▼ 其一種~ (4, 0.0%)

1 であ, である, の古い, は艇

▼ 其一角~ (4, 0.0%)

1 に當, に立つ, をば鋸, 既に崩落

▼ 其一言一句~ (4, 0.0%)

2 を苟も 1 をも審, を真

▼ 其一身~ (4, 0.0%)

1 に於, に無数, は則, を領したる

▼ 其一通~ (4, 0.0%)

1 は此月二十六日, を地, を山上, を水

▼ 其三日目~ (4, 0.0%)

2 の日曜 1 の午後, の晩

▼ 其不幸~ (4, 0.0%)

1 な青年, に終る, を悲, を訴

▼ 其両親~ (4, 0.0%)

1 に遠ざかる, の治療, を焼き尽せり, を焼く

▼ 其丸い~ (4, 0.0%)

1 ホヤから, 光が, 者と, 者を

▼ 其主義政綱~ (4, 0.0%)

1 は大, は大体, を発表, を發表

▼ 其仔細~ (4, 0.0%)

1 を尋ねる, を承わり, を理解, を訊

▼ 其代表者~ (4, 0.0%)

1 である, としての天津罪, として山, となれり

▼ 其伝統~ (4, 0.0%)

1 と効験, は僧心越, を構, を襲いだ

▼ 其使命~ (4, 0.0%)

1 の幾分, を帯び, を果した, を果たし

▼ 其偉大~ (4, 0.0%)

1 なる天才, なる性質, なる神格中, な体躯

▼ 其偶然~ (4, 0.0%)

2 が或 1 と無頓着, を刈除

▼ 其優れた~ (4, 0.0%)

4 山の

▼ 其先頭~ (4, 0.0%)

1 にアレース, に立つ, に身, の船

▼ 其光り~ (4, 0.0%)

1 の中心, の此雲彼雲, 様で, 樣で

▼ 其内情~ (4, 0.0%)

2 を暴露 1 は下, を察し

▼ 其写生~ (4, 0.0%)

1 に取りかかりました, に徹し, を譲っ, を雪枝

▼ 其前半~ (4, 0.0%)

1 には試驗任用, に於, の史料, は村上氏

▼ 其前日~ (4, 0.0%)

2 の主張 1 がよみ, に高

▼ 其動力~ (4, 0.0%)

1 が第, となつ, は常に, は第

▼ 其去る~ (4, 0.0%)

1 も亦, や極めて, 所亦, 時來る

▼ 其反動~ (4, 0.0%)

1 が起り, で二円, として自分, の余勢

▼ 其善く~ (4, 0.0%)

2 彼れ, 議場を

▼ 其困難~ (4, 0.0%)

1 たるや, と危険, な事情, 一方ならずで

▼ 其報酬~ (4, 0.0%)

1 として独乙, によつて收入, に神, を旅費

▼ 其境涯~ (4, 0.0%)

1 に入る, に落ち, をさほど, を左

▼ 其境界~ (4, 0.0%)

1 とのため, に迫る, より見れ, を代

▼ 其大意~ (4, 0.0%)

1 は甲, を三首, を述べる, を領せり

▼ 其天然~ (4, 0.0%)

1 に従, の性, の麗質玉, ノ旧

▼ 其女性~ (4, 0.0%)

1 なる遊行女婦, に相, の死, を攻撃

▼ 其女房~ (4, 0.0%)

1 から, が箕, に咬みついた, は裏戸

▼ 其奴隷~ (4, 0.0%)

1 がやはり, となる, は立派, は隣

▼ 其学校~ (4, 0.0%)

1 に籍, に行つて, に通, は潰れ

▼ 其完成~ (4, 0.0%)

1 の中心, の域, は即, を見なかった

▼ 其家庭~ (4, 0.0%)

2 を改造 1 の属する, の屬

▼ 其希望~ (4, 0.0%)

1 があやしく, も今, や大, を容れない

▼ 其形骸~ (4, 0.0%)

1 だけでも久しく, にあ, のみが辛うじて, ヲ現

▼ 其得意~ (4, 0.0%)

2 とする 1 なる破壊的政策, の位置

▼ 其心事~ (4, 0.0%)

2 を同う, を吐露

▼ 其怒り~ (4, 0.0%)

2 が又 1 が恐ろしい, に触るべし

▼ 其性情~ (4, 0.0%)

1 なり其理想, に従うの外, の儘, を穿ち

▼ 其性格~ (4, 0.0%)

1 から來, が閃, は第, を示す

▼ 其情夫~ (4, 0.0%)

1 が坊主, が此辺, で咄此貞之進, に逢

▼ 其手拭~ (4, 0.0%)

1 で泥足, は浅草, は確, を奪

▼ 其批評~ (4, 0.0%)

1 の手段, の標準, を聞きます, 大方甚不厳正

▼ 其抑揚~ (4, 0.0%)

1 が出る, を完, を眞, を真似る

▼ 其拠る~ (4, 0.0%)

3 所を 1 ところを

▼ 其教授~ (4, 0.0%)

1 たる人, に任, に選ばれた, の卵子

▼ 其文書~ (4, 0.0%)

1 には種々, の全文, の内容, の軽妙

▼ 其旅宿~ (4, 0.0%)

2 に泊つた事, の主人

▼ 其日本~ (4, 0.0%)

1 がどうして, に伝, に負, の恩義

▼ 其明り~ (4, 0.0%)

2 ですかし 1 で之, の中

▼ 其最大~ (4, 0.0%)

1 なるもの, なる場合, なる要素, の活動力

▼ 其来る~ (4, 0.0%)

1 こと珍なる, までの間, や極めて, 所固

▼ 其根拠~ (4, 0.0%)

1 なきに, に於, の鞏固, を未開民族

▼ 其極致~ (4, 0.0%)

1 なり万有的眼光, は絶対的, を見る, を見るなり

▼ 其歴史~ (4, 0.0%)

1 とは別, もいくら, を知る, を見れ

▼ 其流れ~ (4, 0.0%)

1 について下っ, の岸, を望む, を汲む

▼ 其煙草入~ (4, 0.0%)

2 を出し 1 と紙入, や財布抔

▼ 其父母~ (4, 0.0%)

1 と既に, に語り, に返, を拜

▼ 其現在~ (4, 0.0%)

4 の位地

▼ 其理屈~ (4, 0.0%)

1 は一切, は到底, を知らぬで, を肯い

▼ 其生徒~ (4, 0.0%)

1 が夜, は杖, も渥美, を賞め

▼ 其用事~ (4, 0.0%)

1 が大抵, に差掛り, の何, を兼ね

▼ 其男女~ (4, 0.0%)

1 が年頃, の仲, の貞操, をし

▼ 其相談~ (4, 0.0%)

1 であつ, といふの, のあつ, は老人

▼ 其眷属~ (4, 0.0%)

1 とも考へられる, とも言, の何, の物語

▼ 其空想~ (4, 0.0%)

1 で実感, に沈ん, の国, は繁り

▼ 其立派~ (4, 0.0%)

1 な劇場, な善行, な庭園, な風彩

▼ 其終り~ (4, 0.0%)

1 て出来る, の處, は仙, を愛情

▼ 其編纂~ (4, 0.0%)

1 が反, に腐心, の直後, ノ重任

▼ 其美し~ (4, 0.0%)

1 さ, さは, さを, さ此器量で

▼ 其職務~ (4, 0.0%)

1 について完全, のため, の全, の餘暇

▼ 其萌芽~ (4, 0.0%)

2 を持つ 1 はどこ, を発せ

▼ 其表現~ (4, 0.0%)

1 する神自体, の如何, の目的, を見出し得る

▼ 其見る~ (4, 0.0%)

1 に足らざる, 所の, 所同じ, 所同一であった

▼ 其解き棄て~ (4, 0.0%)

3 になつ 1 になった

▼ 其解決~ (4, 0.0%)

1 に依, の道, を求めん, を試みなけれ

▼ 其言質~ (4, 0.0%)

2 を作る, を執らへらる

▼ 其計画~ (4, 0.0%)

1 し若く, を中止, を止め, 未だ成らざる

▼ 其訪問~ (4, 0.0%)

1 に接し, は全く, は当然, を忌避

▼ 其説く~ (4, 0.0%)

1 ところ各々, 所の, 所は, 所高遠に

▼ 其談話~ (4, 0.0%)

1 の中, の終り, は一, を筆記

▼ 其身体~ (4, 0.0%)

1 にもあてさせぬ, のみならず, の色, を虚弱

▼ 其近く~ (4, 0.0%)

1 に住む, に在る, に居た, のタフネル

▼ 其過失~ (4, 0.0%)

1 に対する責任, に對, をも弁護, をも辯護

▼ 其都市~ (4, 0.0%)

1 の劣敗者, の堅き, を攻め落さん, を燒

▼ 其都度~ (4, 0.0%)

1 お雪, に重蔵, 堅い信念, 嬉しげ

▼ 其配置~ (4, 0.0%)

2 は一 1 が此歌, に就く

▼ 其限り~ (4, 0.0%)

1 あり, ある時間, か, を知らず

▼ 其電文~ (4, 0.0%)

2 が心配, にはカナダ

▼ 其音楽~ (4, 0.0%)

1 の師, はあらゆる, も鳴物, を以て溢

▼ 其風俗~ (4, 0.0%)

1 に見, は官吏, を移した, 不淫

▼ 其風呂敷包~ (4, 0.0%)

2 は三つ 1 から梨, を抱

▼ 其~ (4, 0.0%)

2 さを 1 さが, さは

▼ 其あまり~ (3, 0.0%)

1 として院, に狡黠くつ, の肉

▼ 其あり~ (3, 0.0%)

1 のま, を省い, 様にても

▼ 其ある~ (3, 0.0%)

1 ものは, 二三人づれの, 者は

▼ 其おかげ~ (3, 0.0%)

1 であの, で何時, で賞讃

▼ 其お隣~ (3, 0.0%)

21 の反比例

▼ 其かと~ (3, 0.0%)

1 言うて, 言つて其が, 言つて日本語成立の

▼ 其かみ~ (3, 0.0%)

1 の事, もまた, 俊慧法師の

▼ 其きり~ (3, 0.0%)

1 つと緊つた筋肉, でしょうが, ぴったり戸

▼ 其だけが~ (3, 0.0%)

2 古代の 1 一応全部

▼ 其だけで~ (3, 0.0%)

1 以て, 山村に, 痺れるばかり

▼ 其だけでも~ (3, 0.0%)

1 ちがうわね, 世に碌々, 処女と

▼ 其~ (3, 0.0%)

1 方に, 方の, 蒼な

▼ 其ついで~ (3, 0.0%)

1 に, に女, に蒸かし

▼ 其である~ (3, 0.0%)

1 が膳所, ことを, 小鳥では

▼ 其ではと~ (3, 0.0%)

1 ほらぬ時代, 勇気づいて, 大鍋

▼ 其にて~ (3, 0.0%)

1 取續, 可きなり, 可し

▼ 其はがき~ (3, 0.0%)

1 は彼, を受取った, を持った

▼ 其むかし~ (3, 0.0%)

1 の恋しう, 久しく仕, 約し盟

▼ 其れでゐ~ (3, 0.0%)

1 て其の, て私, て足音

▼ 其れなり~ (3, 0.0%)

1 向うの, 家中には, 彼は

▼ 其をば~ (3, 0.0%)

1 天子様は, 少しづゝ, 覚えて

▼ 其一半~ (3, 0.0%)

1 は兀兀三十余年, を割い, を負担

▼ 其一巻~ (3, 0.0%)

3 がどう

▼ 其一旦~ (3, 0.0%)

1 禍惡に, 進歩党の, 進歩黨の

▼ 其一枚~ (3, 0.0%)

1 が何, の切符, を選ん

▼ 其一軒~ (3, 0.0%)

1 に生れ, の背戸畑, は東

▼ 其一顰一笑~ (3, 0.0%)

2 が家 1 を得ん

▼ 其三分の一~ (3, 0.0%)

1 すら辿る, といふ程, も覚束

▼ 其不義~ (3, 0.0%)

1 を消す, ヲ維持セントス, 惨酷

▼ 其不足~ (3, 0.0%)

1 の字ハ御手許, を補, を補っ

▼ 其主意~ (3, 0.0%)

1 と云う, に於, は乾隆帝

▼ 其人数~ (3, 0.0%)

1 がひどく, も非常, を引受け

▼ 其仕度~ (3, 0.0%)

1 といえ, に帆木綿, をし

▼ 其企て~ (3, 0.0%)

2 が又 1 を擲つ

▼ 其保護~ (3, 0.0%)

1 をうける, ヲ請願スルヤ, ヲ請願スルヤ有司ハ警吏ヲ派シテ

▼ 其保護者~ (3, 0.0%)

2 の死んだ 1 の水

▼ 其信念~ (3, 0.0%)

1 が堅, が心一ぱい, を形

▼ 其傑作~ (3, 0.0%)

1 は却, を奉くれ, を鑑賞

▼ 其僚友~ (3, 0.0%)

1 にさしのべつ, の事, を認め得つ

▼ 其儀礼~ (3, 0.0%)

1 との関聯, の威力, は野趣横溢

▼ 其優劣~ (3, 0.0%)

1 は如何, を判ずる, を定める

▼ 其光景~ (3, 0.0%)

1 は多く, を明, を遠く

▼ 其処女~ (3, 0.0%)

1 が神, の兄, は何

▼ 其出発点~ (3, 0.0%)

1 から知識的, に於, を異に

▼ 其分派~ (3, 0.0%)

1 と思ふ, の状態, の間

▼ 其切り~ (3, 0.0%)

1 でギャッ, で私, 割かれたる部分

▼ 其判定~ (3, 0.0%)

1 は主として, をのり示す, を巧妙

▼ 其判決~ (3, 0.0%)

1 の理由, はない, をやつ

▼ 其制度~ (3, 0.0%)

2 に於 1 之支配

▼ 其功力~ (3, 0.0%)

1 ある所以, なきのみ, 多しと

▼ 其効力~ (3, 0.0%)

1 は四方八方, を均しく, を増し

▼ 其北方~ (3, 0.0%)

1 から宮廷, に一隆起, 古礼沢

▼ 其単純~ (3, 0.0%)

1 なる思想, な生涯, な眼

▼ 其叔母~ (3, 0.0%)

2 に捉 1 は清川玄道

▼ 其合戦~ (3, 0.0%)

1 が済む, の模様, の終り

▼ 其同志~ (3, 0.0%)

2 と共に伊藤首相 1 にてありし

▼ 其同意~ (3, 0.0%)

2 を得なけれ 1 を得

▼ 其名義~ (3, 0.0%)

1 に至り, の撰択, の撰擇

▼ 其唯一~ (3, 0.0%)

1 に重んずる, の被害者, の連絡

▼ 其喧嘩~ (3, 0.0%)

1 の対手, の對手, の種

▼ 其器械~ (3, 0.0%)

1 が無気味, の音, も歩

▼ 其団体~ (3, 0.0%)

1 が常に, が週期, で一杯

▼ 其国土~ (3, 0.0%)

1 の伸びる, の霊, を父

▼ 其国民~ (3, 0.0%)

2 も亦 1 が当初

▼ 其執念~ (3, 0.0%)

1 が残つて, の募り行く, を散ずる

▼ 其堂々たる~ (3, 0.0%)

1 冲天の, 宣言実に, 宣言實に

▼ 其堅牢~ (3, 0.0%)

1 な意志, の塔, の都市

▼ 其天職~ (3, 0.0%)

1 を有し, を畢, を空

▼ 其失敗~ (3, 0.0%)

1 に憤る, の甚しき, の過去

▼ 其好む~ (3, 0.0%)

2 所に 1 所の

▼ 其如何なる~ (3, 0.0%)

1 ことを, に至り, ものなる

▼ 其子女~ (3, 0.0%)

1 に対するが如き, の模範, ヲ殘賊スル者ナリ

▼ 其字句~ (3, 0.0%)

1 の下, を定め, を説く

▼ 其季節~ (3, 0.0%)

1 で無いに, に彼等, を失はん

▼ 其守護~ (3, 0.0%)

1 によつて, の記念, を仰いだ

▼ 其官有狗~ (3, 0.0%)

3 古智卑狗

▼ 其実行~ (3, 0.0%)

1 に当らん, に於, に関ら

▼ 其実際~ (3, 0.0%)

1 に当て最も, に施設, を見る

▼ 其宴席~ (3, 0.0%)

1 にいや先, の爲, へ例

▼ 其家族~ (3, 0.0%)

1 が一般, との江戸, は太

▼ 其容姿~ (3, 0.0%)

1 の如く, よかりき, 甚だ麗

▼ 其対象~ (3, 0.0%)

1 となる, になつ, も鹿

▼ 其小さい~ (3, 0.0%)

1 手一つで, 次男の, 硝子窓から

▼ 其小川~ (3, 0.0%)

1 に泳いだ, の両側, へ洗濯

▼ 其少女~ (3, 0.0%)

1 と夫婦, にいひかけ, にいひかけたる

▼ 其屋根~ (3, 0.0%)

1 に眼, は矢張り樹, を崩し見れ

▼ 其屍体~ (3, 0.0%)

1 は何れ, を再, を町

▼ 其帰途~ (3, 0.0%)

1 である, であるとの, とある路傍

▼ 其年月~ (3, 0.0%)

1 を知らない, を詳, を載せぬ

▼ 其建設~ (3, 0.0%)

1 する所一, は明治十七年, を待

▼ 其当時私~ (3, 0.0%)

1 に太閤, は思いました, は感じた

▼ 其形勢~ (3, 0.0%)

1 を見, を見る, を観る

▼ 其後ろ~ (3, 0.0%)

1 から叫ん, に連亘, に金峰山

▼ 其愛情~ (3, 0.0%)

1 が純粋さ, は不言, を全う

▼ 其感情~ (3, 0.0%)

1 になつて, を和らげ, を損ね

▼ 其感想~ (3, 0.0%)

1 はそれ丈, を現, を語

▼ 其感触~ (3, 0.0%)

1 が交つて, は恰も, は洗煉

▼ 其感銘~ (3, 0.0%)

1 は受け, を認識, を辿り

▼ 其成長~ (3, 0.0%)

1 して, するに, に至る

▼ 其所有權~ (3, 0.0%)

1 を買上げ, ヲ保障シ享樂セシメントスルニ, ヲ喪失シタル者

▼ 其技術~ (3, 0.0%)

1 の低下, は出, を信じ

▼ 其持つ~ (3, 0.0%)

1 てゐる, て居る, 限りの

▼ 其改革~ (3, 0.0%)

1 に従事, に從事, を計らう

▼ 其故郷~ (3, 0.0%)

1 の地名, を思慕, を見出す

▼ 其教育~ (3, 0.0%)

1 の程度, はなか, を重んじ

▼ 其文學~ (3, 0.0%)

1 の背景, は後, を讀む

▼ 其新聞~ (3, 0.0%)

1 には野口雨情君, に載せる, の俳句

▼ 其方法~ (3, 0.0%)

1 を比較分解, 及び助力, 同しから

▼ 其時期~ (3, 0.0%)

1 になる, に古代, に女房

▼ 其暗い~ (3, 0.0%)

1 中に, 書割の, 障子に

▼ 其期間~ (3, 0.0%)

1 は別, は神, を更新

▼ 其本質~ (3, 0.0%)

1 と反り, に於, もほ

▼ 其材木~ (3, 0.0%)

2 の端 1 よりおりし

▼ 其条件~ (3, 0.0%)

1 が遂に, は光子, を履行

▼ 其根本的性質~ (3, 0.0%)

3 に於

▼ 其機械~ (3, 0.0%)

1 が如何なる, は機械, を向ける

▼ 其次ぎ~ (3, 0.0%)

1 に, のウヰリアム・ルブルック, 出逢つた時は

▼ 其次男~ (3, 0.0%)

1 が生れ, として寛政四年, に命名

▼ 其正しい~ (3, 0.0%)

1 ことを, 使用と, 用語例である

▼ 其死骸~ (3, 0.0%)

1 のある, をば海底, を引

▼ 其母親~ (3, 0.0%)

2 は去年 1 とは遂に

▼ 其混雑~ (3, 0.0%)

1 して, なるは, は一通り

▼ 其烈しい~ (3, 0.0%)

1 厭惡の, 戦争の, 戰爭の

▼ 其燦爛~ (3, 0.0%)

1 の兵車, の戰裝, の戸

▼ 其特有~ (3, 0.0%)

1 の形状備, の粋美, の蠻勇

▼ 其状況~ (3, 0.0%)

1 を描写, を暫時熟視, を眺める

▼ 其由る~ (3, 0.0%)

3 所を

▼ 其男子~ (3, 0.0%)

1 が婦人, に対するの軽重, は良人

▼ 其病気~ (3, 0.0%)

1 の時, の為, を民衆

▼ 其病院~ (3, 0.0%)

1 と通信, に入院, の養子

▼ 其直接~ (3, 0.0%)

1 と間接, に授けられた, の目的

▼ 其眉毛~ (3, 0.0%)

1 に近い, は不思議, は濃く太く

▼ 其真似~ (3, 0.0%)

1 は仕度, をする, 出来ず

▼ 其真実~ (3, 0.0%)

1 なるを, の言葉, を断ずる

▼ 其眼球~ (3, 0.0%)

1 の軽微, の輕微, を荒野

▼ 其祝詞~ (3, 0.0%)

1 が完全, とが神楽化, を唱

▼ 其神聖~ (3, 0.0%)

1 な動物, の川, の頭

▼ 其程度~ (3, 0.0%)

1 である, の相違, 迄認めなけれ

▼ 其穢れ~ (3, 0.0%)

1 に会, を清め, を祓

▼ 其窮屈~ (3, 0.0%)

1 な所, な海岸, はいかなら

▼ 其範囲~ (3, 0.0%)

1 で物色, の及ぶ, より見れ

▼ 其粘り気~ (3, 0.0%)

3 の少いさくい

▼ 其経験~ (3, 0.0%)

1 のない, を分解, 多き鑑識

▼ 其罪悪~ (3, 0.0%)

1 の永世不滅, の結果, を拡大

▼ 其考え~ (3, 0.0%)

1 に依っ, に都合, は廃

▼ 其聯想~ (3, 0.0%)

1 から口実, は斷, を浮べる

▼ 其自己~ (3, 0.0%)

2 を世の中 1 を見まする

▼ 其自記~ (3, 0.0%)

1 に拠つて, に拠る, の文

▼ 其舞台~ (3, 0.0%)

2 は必ず常に 1 の人間界以外

▼ 其船脚~ (3, 0.0%)

1 の悽, は尋常, も餘程

▼ 其芝居~ (3, 0.0%)

1 が足かけ三年, の筋, を忘れ

▼ 其茶碗~ (3, 0.0%)

1 へ湯, を倒, を落した

▼ 其草原~ (3, 0.0%)

2 は四季 1 で辨當

▼ 其血統~ (3, 0.0%)

1 を伝え, を維, ヲ存スルカ

▼ 其行き~ (3, 0.0%)

1 とどいた精神, 亘らなかつた地方, 方を

▼ 其行く~ (3, 0.0%)

1 可き, 所を, 道に

▼ 其行進~ (3, 0.0%)

2 を見た 1 を眺めた

▼ 其覚悟~ (3, 0.0%)

1 がある, であったので, で家

▼ 其親近~ (3, 0.0%)

2 に語 1 の人

▼ 其観念~ (3, 0.0%)

1 なるもの, の確立, を更に

▼ 其言う~ (3, 0.0%)

1 儘に, 処善し, 所美なる

▼ 其誤謬~ (3, 0.0%)

1 に充ちた, を残し, を駁せ

▼ 其調べ~ (3, 0.0%)

1 がすむ, が寸分, は止め

▼ 其講義~ (3, 0.0%)

2 の終り 1 を聽

▼ 其謹慎~ (3, 0.0%)

1 なる点, の場所, の天分

▼ 其財宝~ (3, 0.0%)

1 は仏菩薩, をひらい, を出さしめ

▼ 其責任者~ (3, 0.0%)

3 は余

▼ 其趣向~ (3, 0.0%)

1 が文學的, の滑稽, 頗る高尚

▼ 其趣意~ (3, 0.0%)

1 を厚く, を敷衍, を貫徹

▼ 其辺り~ (3, 0.0%)

1 にて自害, の聖なる, へ又

▼ 其近傍~ (3, 0.0%)

1 には寄り附く, にも天然, に其

▼ 其道理~ (3, 0.0%)

1 から考へる, が解らなけれ, に服した

▼ 其鋭い~ (3, 0.0%)

1 同情が, 声が, 感受性から

▼ 其非常~ (3, 0.0%)

1 な利益, な美しい, に変化

▼ 其非行~ (3, 0.0%)

2 を咎め 1 を諫め

▼ 其面積~ (3, 0.0%)

1 の大, も餘程廣, 甚だ広く

▼ 其風情~ (3, 0.0%)

1 ある後姿, ある首, をしるされざる

▼ 其風習~ (3, 0.0%)

1 が深く, は中絶, は何時頃

▼ 其風聞~ (3, 0.0%)

1 が伝つた処, に辟易, の耳

▼ 其風貌~ (3, 0.0%)

1 はさながら, は著, も其勇

▼ 其あくる日~ (2, 0.0%)

1 は兄夫婦, より美登利

▼ 其あらまし~ (2, 0.0%)

1 にし, を言

▼ 其あわれ~ (2, 0.0%)

1 おもしろく書かせ, さ八幡命かけ

▼ 其いづれ~ (2, 0.0%)

1 かを選ばね, を見

▼ 其うえ~ (2, 0.0%)

1 語其もの, 語其ものさえ

▼ 其うし~ (2, 0.0%)

1 てお, てもつひ

▼ 其うた~ (2, 0.0%)

1 の部分, を二様

▼ 其うつくしい~ (2, 0.0%)

1 翼のは, 菊の

▼ 其お寺~ (2, 0.0%)

1 から帰っ, の門前

▼ 其かんばせ~ (2, 0.0%)

1 に匂, はさながら

▼ 其か弱い~ (2, 0.0%)

2 身に

▼ 其~ (2, 0.0%)

1 づれ, づれの

▼ 其くら~ (2, 0.0%)

1 ゐな日數, ゐ内地

▼ 其こゑ~ (2, 0.0%)

1 の大, の大いなる

▼ 其さえ~ (2, 0.0%)

1 時々急ぎ, 無事に

▼ 其さた~ (2, 0.0%)

2 なくて

▼ 其さま~ (2, 0.0%)

1 は又, 猶雲

▼ 其~ (2, 0.0%)

1 て一尺許りす, をらしき

▼ 其しらべ~ (2, 0.0%)

1 の苦, は寺家流

▼ 其すぐ~ (2, 0.0%)

1 向ひ, 後に

▼ 其そこ~ (2, 0.0%)

1 にひそめる, の底

▼ 其そば~ (2, 0.0%)

1 に, 近く寄り

▼ 其だけは~ (2, 0.0%)

1 ないが, 古人たちの

▼ 其っきり~ (2, 0.0%)

1 だから, という風

▼ 其であり~ (2, 0.0%)

1 ながら其の, 舞の

▼ 其という~ (2, 0.0%)

1 のが, 小娘が

▼ 其どれ~ (2, 0.0%)

1 と言, もが当

▼ 其なか~ (2, 0.0%)

1 にお, に十三四

▼ 其なり~ (2, 0.0%)

1 さら, ゆきを

▼ 其なれ~ (2, 0.0%)

1 ばこそ弘化三年生家, ばこそ顏

▼ 其はず~ (2, 0.0%)

1 であつ, である

▼ 其はて~ (2, 0.0%)

1 に, は

▼ 其~ (2, 0.0%)

1 たちの, をニ隣家

▼ 其ひつぎ~ (2, 0.0%)

1 のみこ, のみこの

▼ 其ふつ~ (2, 0.0%)

1 くらした頬, さりと

▼ 其への~ (2, 0.0%)

2 字が

▼ 其まんま~ (2, 0.0%)

1 で寝, で控綱

▼ 其めぐり~ (2, 0.0%)

1 厚く雲霧, 蠅の

▼ 其もどき~ (2, 0.0%)

1 と言, の姿

▼ 其ものの~ (2, 0.0%)

1 主要の, 美しさ

▼ 其よし~ (2, 0.0%)

1 は将軍廿一日参内, を申上

▼ 其よりは~ (2, 0.0%)

1 古めかしい, 寧ろ後者

▼ 其よろしき~ (2, 0.0%)

1 おへら, を得ない

▼ 其りゃ~ (2, 0.0%)

1 色々な, 面白いもの

▼ 其りや~ (2, 0.0%)

1 お解, 始めて承はる

▼ 其れである~ (2, 0.0%)

1 と云, と説いた

▼ 其れでなく~ (2, 0.0%)

1 てやはり, ば火薬

▼ 其れで居~ (2, 0.0%)

1 て妙, て知らなけれ

▼ 其れな~ (2, 0.0%)

1 のである, のであろう

▼ 其れによつ~ (2, 0.0%)

1 ても二つ, て長吉

▼ 其わき~ (2, 0.0%)

1 に廻る, 方に

▼ 其をも~ (2, 0.0%)

1 おにと, まるきり敷き写す

▼ 其アイアース~ (2, 0.0%)

1 その楯, 目ざしつつ

▼ 其コンゼクエンツ~ (2, 0.0%)

1 を檢査, を討

▼ 其トランク~ (2, 0.0%)

1 に納め, は彼女

▼ 其ナポレオン~ (2, 0.0%)

2 に似た

▼ 其フライリーフ~ (2, 0.0%)

2 に左

▼ 其モリエエル~ (2, 0.0%)

1 の傑作, は未成品

▼ 其レト~ (2, 0.0%)

1 全ク別個, 同ジキ存亡問題ナリ

▼ 其~ (2, 0.0%)

1 侵略セントセシガタメニ破, 渡ラン乎

▼ 其~ (2, 0.0%)

1 なら妻, な事

▼ 其一たび口~ (2, 0.0%)

2 を開く

▼ 其一つ一つ~ (2, 0.0%)

1 が確り, に寄せ

▼ 其一つ前~ (2, 0.0%)

1 にも岩野泡鳴, の暦

▼ 其一代~ (2, 0.0%)

1 の風雲, を守り申す

▼ 其一利一害~ (2, 0.0%)

2 の多少

▼ 其一寸~ (2, 0.0%)

2

▼ 其一年~ (2, 0.0%)

1 の消息, ばかり前

▼ 其一年間~ (2, 0.0%)

1 に於ける, の成績

▼ 其一得一失~ (2, 0.0%)

2 何ぞ曾

▼ 其一念~ (2, 0.0%)

1 でも破壊, の直らぬ

▼ 其一挙一動~ (2, 0.0%)

1 は少なから, は総べ

▼ 其一株~ (2, 0.0%)

1 を乞うた, を踏まれ

▼ 其一生~ (2, 0.0%)

1 が平均三ヶ月, が幸福

▼ 其一疋~ (2, 0.0%)

2 の螢

▼ 其一節~ (2, 0.0%)

1 は漢書, を引用

▼ 其一篇~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 其一組~ (2, 0.0%)

1 の監督, は近隣

▼ 其一躍~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 其七八~ (2, 0.0%)

1 である, に

▼ 其三人~ (2, 0.0%)

1 がメルリン, の病症

▼ 其三年~ (2, 0.0%)

1 には上野, には前

▼ 其上ろう~ (2, 0.0%)

2 ま方言

▼ 其下の句~ (2, 0.0%)

1 を吟ずる, を金文字

▼ 其下宿~ (2, 0.0%)

2 といふの

▼ 其下知~ (2, 0.0%)

1 に従う, に随

▼ 其不仁~ (2, 0.0%)

1 なるを, の悪習自然

▼ 其不意~ (2, 0.0%)

2 を襲う

▼ 其不法~ (2, 0.0%)

1 を償, を責め

▼ 其中心人物~ (2, 0.0%)

1 として長い, は島

▼ 其中旬頃~ (2, 0.0%)

2 とも下旬頃

▼ 其中途~ (2, 0.0%)

1 で既に, で變化

▼ 其主我的意思~ (2, 0.0%)

2 と衝突

▼ 其主義政見~ (2, 0.0%)

2 を同う

▼ 其主義綱領~ (2, 0.0%)

2 は大抵

▼ 其主題~ (2, 0.0%)

1 の傾向, を解説

▼ 其乙女~ (2, 0.0%)

1 と本条, 常に種々

▼ 其事蹟~ (2, 0.0%)

1 に似, は大

▼ 其五日目~ (2, 0.0%)

1 の午前, の朝

▼ 其交情大~ (2, 0.0%)

2 に融和

▼ 其交渉~ (2, 0.0%)

1 があつ, の展開

▼ 其交際~ (2, 0.0%)

1 の外形, を広く

▼ 其人口~ (2, 0.0%)

1 の減耗, ノ減耗

▼ 其人民永世不朽~ (2, 0.0%)

2 の和親

▼ 其人物等~ (2, 0.0%)

2 の外廓線

▼ 其人間~ (2, 0.0%)

1 の自由, は自然自分

▼ 其人間其言語一切皆克~ (2, 0.0%)

2 く雨

▼ 其代りすず子さん私~ (2, 0.0%)

2 も以前

▼ 其代り今~ (2, 0.0%)

1 から誡め, じゃスッテンテン

▼ 其代り子供~ (2, 0.0%)

1 の戸籍, の時分

▼ 其代償~ (2, 0.0%)

1 がド, として先

▼ 其代表~ (2, 0.0%)

1 とも見るべき, に立つ

▼ 其会社~ (2, 0.0%)

1 のまあ, の支配人

▼ 其伝承~ (2, 0.0%)

1 した叙事詩, して

▼ 其伝播~ (2, 0.0%)

1 の最も, を束縛

▼ 其伝来~ (2, 0.0%)

1 のみことに, を誇示

▼ 其伝記~ (2, 0.0%)

2 を補

▼ 其低い~ (2, 0.0%)

1 聲が, 芝生の

▼ 其住民~ (2, 0.0%)

1 と交, は君迎

▼ 其体裁~ (2, 0.0%)

1 は略, より言

▼ 其何時~ (2, 0.0%)

2 見ても

▼ 其余り~ (2, 0.0%)

1 に近眼, の無意義

▼ 其使用方~ (2, 0.0%)

2 を盛ん

▼ 其例証~ (2, 0.0%)

1 として此種, を挙ぐること

▼ 其便利~ (2, 0.0%)

1 な用語例, は以

▼ 其保守的~ (2, 0.0%)

1 な性質, な概念

▼ 其信仰様式~ (2, 0.0%)

1 がしきたり, は古く

▼ 其信任~ (2, 0.0%)

2 する所

▼ 其修め得た~ (2, 0.0%)

2 處の

▼ 其修業~ (2, 0.0%)

1 の不完全, の爲め

▼ 其俳諧~ (2, 0.0%)

1 に, にはことなり

▼ 其個人~ (2, 0.0%)

1 とが地, の屬

▼ 其倫理~ (2, 0.0%)

1 でした, の標準

▼ 其健康~ (2, 0.0%)

1 はまださして, を保障

▼ 其傾斜~ (2, 0.0%)

1 に連なる, の緩い

▼ 其働きぶり~ (2, 0.0%)

1 が母親, を見る

▼ 其先生~ (2, 0.0%)

1 お屋敷, といふの

▼ 其先輩~ (2, 0.0%)

1 から田舍者, の田楽

▼ 其先途~ (2, 0.0%)

2 は大河也

▼ 其先駆者~ (2, 0.0%)

1 だ, は小町

▼ 其全体~ (2, 0.0%)

1 は大, 並びに固定

▼ 其内部~ (2, 0.0%)

1 は知らない, を窺

▼ 其冊子~ (2, 0.0%)

1 の小, を人

▼ 其冷静~ (2, 0.0%)

1 な哲学者的, にし

▼ 其凄まじい~ (2, 0.0%)

2 轟々たる響き

▼ 其処分~ (2, 0.0%)

1 の乱暴, を考究

▼ 其処置~ (2, 0.0%)

1 には全く, を施す

▼ 其出処~ (2, 0.0%)

1 を知らぬ, を論ぜ

▼ 其出版~ (2, 0.0%)

1 の事, を見

▼ 其出自~ (2, 0.0%)

1 が一処, が漢種

▼ 其分裂~ (2, 0.0%)

2 の機

▼ 其分野~ (2, 0.0%)

1 を支配, を異に

▼ 其列んだ~ (2, 0.0%)

2 火の

▼ 其初め亡き人~ (2, 0.0%)

2 の弟

▼ 其初志~ (2, 0.0%)

2 を貫徹

▼ 其初日~ (2, 0.0%)

1 に当る, は正月十三日

▼ 其判断~ (2, 0.0%)

1 に苦, に迷うた

▼ 其利用~ (2, 0.0%)

1 が非常, に至り

▼ 其到着~ (2, 0.0%)

1 する死, を喜ばる

▼ 其前提~ (2, 0.0%)

1 としての野山, として祓

▼ 其前期~ (2, 0.0%)

1 と後期, ヲ各

▼ 其剣幕~ (2, 0.0%)

2 に驚き

▼ 其割合~ (2, 0.0%)

1 に内実親愛, よりも大き

▼ 其勃然~ (2, 0.0%)

2 として一たび自席

▼ 其勇ましい~ (2, 0.0%)

1 唸きの, 唸き聲

▼ 其勉強~ (2, 0.0%)

1 の結果, を促す

▼ 其動物~ (2, 0.0%)

1 に助けられた, の形態

▼ 其勝敗~ (2, 0.0%)

1 が定, を神

▼ 其勤勉~ (2, 0.0%)

1 に報うる, ヲ持續シ得ル者ニ

▼ 其十一~ (2, 0.0%)

1 に曰く, の

▼ 其十二~ (2, 0.0%)

1 として山陽, の樽

▼ 其半ば~ (2, 0.0%)

1 にも及ばざるなり, を占めた

▼ 其卒業論文~ (2, 0.0%)

2 として責任内閣論

▼ 其南方~ (2, 0.0%)

1 に深い, に開口

▼ 其去就~ (2, 0.0%)

2 を定めたる

▼ 其及ぶ~ (2, 0.0%)

1 ところ単に, 限を

▼ 其反抗~ (2, 0.0%)

1 の無益, は常に

▼ 其叙事詩~ (2, 0.0%)

1 と呪言, は初め

▼ 其口調~ (2, 0.0%)

1 を緩, 好くし

▼ 其各種~ (2, 0.0%)

1 の慾心, を表示

▼ 其同化力~ (2, 0.0%)

1 の欠乏, の缺乏

▼ 其同情~ (2, 0.0%)

1 が変じ, を失墜

▼ 其名字~ (2, 0.0%)

1 を留めざる, を知らず

▼ 其名残~ (2, 0.0%)

1 であるかも, と思われる

▼ 其向背~ (2, 0.0%)

2 を同

▼ 其否定~ (2, 0.0%)

1 と異ならなかつた, を伴うた

▼ 其周旋~ (2, 0.0%)

1 で或, によって匿名

▼ 其善き~ (2, 0.0%)

2 歌と

▼ 其喜び~ (2, 0.0%)

2 を何時

▼ 其喬木~ (2, 0.0%)

2 には更に

▼ 其嗜好~ (2, 0.0%)

1 して, を取る

▼ 其嗣子榛軒~ (2, 0.0%)

1 には嘉永五年十月二十一日, の応

▼ 其四年間~ (2, 0.0%)

2 の渠

▼ 其四枚~ (2, 0.0%)

2 の黒板

▼ 其四肢~ (2, 0.0%)

1 はみな塵埃, 緩ましむ

▼ 其因果~ (2, 0.0%)

1 の重み, は覿面

▼ 其因由~ (2, 0.0%)

1 の知る, は他

▼ 其囲われ~ (2, 0.0%)

2 て居る

▼ 其国家~ (2, 0.0%)

1 の利害, は即ち

▼ 其~ (2, 0.0%)

2 と汗

▼ 其堤防~ (2, 0.0%)

1 を片付ける, を築かせます

▼ 其夕方~ (2, 0.0%)

1 俄然アンドレイ, 始めて

▼ 其外ぢ~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ 其多数~ (2, 0.0%)

1 が比, は従来

▼ 其夢みる~ (2, 0.0%)

1 様な, 樣な

▼ 其大将~ (2, 0.0%)

1 の家, の漢文

▼ 其大概~ (2, 0.0%)

1 を合点, を知る

▼ 其天井~ (2, 0.0%)

1 は二階, を露す

▼ 其天子~ (2, 0.0%)

1 が処女, の御

▼ 其天寿~ (2, 0.0%)

1 の半, を短縮

▼ 其天真~ (2, 0.0%)

1 に帰るべき, の爛

▼ 其夫婦~ (2, 0.0%)

1 のし, の一方

▼ 其失政~ (2, 0.0%)

2 の大

▼ 其奇怪~ (2, 0.0%)

1 なる昆虫, を極めた

▼ 其奇遇~ (2, 0.0%)

2 に驚いた

▼ 其奴ら~ (2, 0.0%)

1 が嘗て, が懐いてる

▼ 其好ん~ (2, 0.0%)

2 で口

▼ 其妻女~ (2, 0.0%)

1 の美しい, 防ぎ護れと

▼ 其妻妾~ (2, 0.0%)

1 に加えし, の事

▼ 其妻子~ (2, 0.0%)

1 との會見, を併せ

▼ 其姦淫~ (2, 0.0%)

1 から精神的偉大, を告白

▼ 其姿勢~ (2, 0.0%)

1 で立った, にも似ず

▼ 其姿見~ (2, 0.0%)

2 を覗く

▼ 其娯楽~ (2, 0.0%)

1 を共に, を味

▼ 其婚姻~ (2, 0.0%)

1 があつ, がしかも

▼ 其字義~ (2, 0.0%)

1 によつて解釋, を釈説

▼ 其学識~ (2, 0.0%)

1 を信じ, を衒

▼ 其宗教性~ (2, 0.0%)

1 と共に早, を失ひ

▼ 其実子~ (2, 0.0%)

1 なる秀輔, にし

▼ 其宮廷~ (2, 0.0%)

1 に正史, の祭

▼ 其容易~ (2, 0.0%)

2 に之

▼ 其対照~ (2, 0.0%)

1 が著しい, に置かれる

▼ 其寿命~ (2, 0.0%)

1 のみを保ち得, を人格

▼ 其尊い~ (2, 0.0%)

1 実行の, 方の

▼ 其小宮~ (2, 0.0%)

1 の嚊, の嬶

▼ 其尾根~ (2, 0.0%)

1 が一度, の上

▼ 其屋敷~ (2, 0.0%)

1 の一, の石垣

▼ 其展開~ (2, 0.0%)

1 と, を考へ

▼ 其山猫~ (2, 0.0%)

2 の人化

▼ 其山腹~ (2, 0.0%)

1 に横, を射る

▼ 其岩窟~ (2, 0.0%)

1 なる物, に棲む

▼ 其工事~ (2, 0.0%)

1 に對, を終らず

▼ 其左右~ (2, 0.0%)

1 には与力, に立たり

▼ 其巧拙~ (2, 0.0%)

1 をも比較, を問

▼ 其~ (2, 0.0%)

2 に背いた

▼ 其師匠~ (2, 0.0%)

1 と仰い, のゐる

▼ 其帰り~ (2, 0.0%)

1 にあまり路, には茄子

▼ 其帰着~ (2, 0.0%)

1 する運命, を同

▼ 其平たい~ (2, 0.0%)

1 顏の, 顔の

▼ 其平和~ (2, 0.0%)

1 の必要条件, は决

▼ 其平均~ (2, 0.0%)

1 をとつ, 厚さ

▼ 其年歯~ (2, 0.0%)

1 には諸, を算

▼ 其年輩~ (2, 0.0%)

1 に於, らしい老婆

▼ 其庖丁~ (2, 0.0%)

1 で白く, のとん

▼ 其店頭~ (2, 0.0%)

1 に客, の旗

▼ 其廉潔~ (2, 0.0%)

2 を信じたる

▼ 其建築~ (2, 0.0%)

1 の細い, の費用

▼ 其弱い~ (2, 0.0%)

1 心の, 蒙古人

▼ 其強化~ (2, 0.0%)

2 の提唱

▼ 其当座~ (2, 0.0%)

1 いつもした, は腹

▼ 其当時直~ (2, 0.0%)

2 きに

▼ 其形容~ (2, 0.0%)

1 し難い, を留め

▼ 其後半~ (2, 0.0%)

1 が分家伊沢, は伊東氏

▼ 其徒費~ (2, 0.0%)

1 のため, を繰返し

▼ 其復活~ (2, 0.0%)

1 は信仰, を圖らむとする

▼ 其復興~ (2, 0.0%)

1 の方, は仏

▼ 其心地~ (2, 0.0%)

1 が次第に, は奈何

▼ 其心根~ (2, 0.0%)

1 は, 羨ましくなりぬ

▼ 其心肝~ (2, 0.0%)

1 をかきみだす, を冷やすべし

▼ 其心血~ (2, 0.0%)

1 を注ぎ, を絞る

▼ 其応用~ (2, 0.0%)

1 に重き, の適否巧拙

▼ 其思想以~ (2, 0.0%)

2 て相

▼ 其思想性格~ (2, 0.0%)

2 に於

▼ 其思想感情~ (2, 0.0%)

2 は寧ろ

▼ 其思想界~ (2, 0.0%)

1 に多数, の文士

▼ 其思慮~ (2, 0.0%)

1 の無い, は

▼ 其性情必らずし~ (2, 0.0%)

2 も極

▼ 其性行~ (2, 0.0%)

1 は概ね, 正しく妻

▼ 其恩恵~ (2, 0.0%)

1 に浴する, を蒙ろう

▼ 其悪い~ (2, 0.0%)

1 と思ふ, 方の

▼ 其悪態~ (2, 0.0%)

2 不止而転

▼ 其悪魔~ (2, 0.0%)

1 が私, の仕業

▼ 其悲しみ~ (2, 0.0%)

1 も殆, を此語

▼ 其悲哀~ (2, 0.0%)

1 に泣かし, を深く

▼ 其悲恋~ (2, 0.0%)

1 に刺されん, に近

▼ 其悲惨~ (2, 0.0%)

1 なる事実, な最後

▼ 其悲鳴~ (2, 0.0%)

1 が唯一聲, して

▼ 其意味ぢ~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ 其感覚~ (2, 0.0%)

1 が余りに, が無

▼ 其憂慮~ (2, 0.0%)

1 する所, は道理

▼ 其憎むべき~ (2, 0.0%)

1 口開きアートレ, 害蟲を

▼ 其懷疑主義~ (2, 0.0%)

1 とはドウ, の程度

▼ 其懺悔~ (2, 0.0%)

1 の式, を語る

▼ 其所信~ (2, 0.0%)

2 を固守

▼ 其所在地~ (2, 0.0%)

1 に於ける, は東方

▼ 其所有~ (2, 0.0%)

1 の借, の樹園

▼ 其手前~ (2, 0.0%)

1 には丘陵, は杓子岳

▼ 其手帖~ (2, 0.0%)

1 が世, が因

▼ 其扮装~ (2, 0.0%)

1 から知れます, を見

▼ 其承諾~ (2, 0.0%)

1 を受け, ヲ得タル次第ニ御座候

▼ 其技巧~ (2, 0.0%)

1 の変化, の自由

▼ 其抱擁~ (2, 0.0%)

1 する谷, を乞

▼ 其挨拶~ (2, 0.0%)

2 に困

▼ 其授業~ (2, 0.0%)

2 を休み

▼ 其採鉱製銅~ (2, 0.0%)

2 ノ際ニ生ズル所

▼ 其損害~ (2, 0.0%)

1 の幾分乎, を償

▼ 其改良~ (2, 0.0%)

1 と進歩, を企て

▼ 其放胆~ (2, 0.0%)

2 不諱

▼ 其政治~ (2, 0.0%)

1 の補益, は時として

▼ 其政治的手腕~ (2, 0.0%)

1 は眞, は真に

▼ 其教訓~ (2, 0.0%)

1 を忽, を重んずる

▼ 其整理~ (2, 0.0%)

1 された五音, の任

▼ 其文体~ (2, 0.0%)

2 は各々

▼ 其文学~ (2, 0.0%)

1 が旅行, の価値

▼ 其文言~ (2, 0.0%)

1 は中, を見る

▼ 其新しい~ (2, 0.0%)

1 力に, 雜誌少女界の

▼ 其方言~ (2, 0.0%)

1 が想像以上, を使

▼ 其方針~ (2, 0.0%)

1 で少し, を取つ

▼ 其施行~ (2, 0.0%)

1 ヲ延期ス, ヲ禁ジ

▼ 其旅行器~ (2, 0.0%)

1 が国々, をほかひと称

▼ 其旦那~ (2, 0.0%)

1 で其情夫, に忠告

▼ 其是非得失~ (2, 0.0%)

2 を問

▼ 其時務~ (2, 0.0%)

1 を弁ずる, を辨ずる

▼ 其景況~ (2, 0.0%)

1 の大略, 並びに千島

▼ 其智慧~ (2, 0.0%)

1 の光, をかりた

▼ 其暗示~ (2, 0.0%)

1 を以て神文, を知らう

▼ 其曲り角~ (2, 0.0%)

1 には塵旋風, の處

▼ 其書いた~ (2, 0.0%)

1 ものに, 物の

▼ 其月夜~ (2, 0.0%)

1 である, のこと

▼ 其服従~ (2, 0.0%)

1 の極, を誓

▼ 其朝餐~ (2, 0.0%)

2 の時

▼ 其期限~ (2, 0.0%)

1 は相立, も来るべし

▼ 其本名~ (2, 0.0%)

1 も其住所, をも其生立

▼ 其本意~ (2, 0.0%)

1 において相, は既に

▼ 其本紀~ (2, 0.0%)

1 を綱紀, を言うた

▼ 其枕元~ (2, 0.0%)

1 に坐り込んだ, の方

▼ 其果報~ (2, 0.0%)

2 を受

▼ 其枯葉~ (2, 0.0%)

1 を吹き散らさね, を烈しい

▼ 其柔和~ (2, 0.0%)

1 な小さな, な顏

▼ 其校歌~ (2, 0.0%)

2 を歌

▼ 其校歌採用~ (2, 0.0%)

2 の件

▼ 其根本的意義~ (2, 0.0%)

2 を異に

▼ 其椅子~ (2, 0.0%)

1 にたどりつき, を佐治君

▼ 其極めて~ (2, 0.0%)

1 多言なる, 短かき

▼ 其概念~ (2, 0.0%)

1 を得, を得る

▼ 其構造~ (2, 0.0%)

1 の要, の餘

▼ 其歌詞~ (2, 0.0%)

1 に嫌味, をとつて

▼ 其歎美~ (2, 0.0%)

2 す可

▼ 其正体~ (2, 0.0%)

1 を見定める, を見届ける

▼ 其正当~ (2, 0.0%)

2 の順序

▼ 其正直~ (2, 0.0%)

1 なる所以, な告白

▼ 其歩み~ (2, 0.0%)

1 を此路地, を運ん

▼ 其歩合~ (2, 0.0%)

2 を計算

▼ 其殉死~ (2, 0.0%)

1 には情死者, には誠實

▼ 其殺害~ (2, 0.0%)

1 の命令, を敢

▼ 其気象~ (2, 0.0%)

1 は支那人, を受継いだ

▼ 其決定書~ (2, 0.0%)

1 と共に檢事總長, は午後六時木名瀬典獄

▼ 其法律~ (2, 0.0%)

1 を持出し, を用

▼ 其泣く~ (2, 0.0%)

1 を見, 兒を

▼ 其注文~ (2, 0.0%)

1 の品, を曖昧

▼ 其活溌~ (2, 0.0%)

1 たる詩眼, ならんこと

▼ 其流行~ (2, 0.0%)

1 に関係, の祖宗

▼ 其消散~ (2, 0.0%)

2 亦有

▼ 其~ (2, 0.0%)

2 さは

▼ 其深い~ (2, 0.0%)

1 交際に, 調子に

▼ 其深刻~ (2, 0.0%)

2 なる批評

▼ 其温かき~ (2, 0.0%)

2 信用と

▼ 其満足~ (2, 0.0%)

1 も文学史, よりも其状態

▼ 其演出~ (2, 0.0%)

1 の影響, は原作

▼ 其演説~ (2, 0.0%)

1 をし, を聴き

▼ 其漢文~ (2, 0.0%)

1 には閉口, に老けたる

▼ 其漸く~ (2, 0.0%)

1 間断, 間斷

▼ 其激烈~ (2, 0.0%)

2 なる反感

▼ 其為す~ (2, 0.0%)

1 所は, 所人身売買に

▼ 其無礼~ (2, 0.0%)

1 を尤め, を謝

▼ 其無能~ (2, 0.0%)

1 の子, の私

▼ 其無謀~ (2, 0.0%)

1 であるかを, なること

▼ 其焼く~ (2, 0.0%)

1 心を, 手際が

▼ 其父母其人~ (2, 0.0%)

2 を知らまく

▼ 其犠牲~ (2, 0.0%)

1 になつ, を即座

▼ 其狂乱~ (2, 0.0%)

1 に屈伏, は次

▼ 其独特~ (2, 0.0%)

1 な点, の武器電光霹靂

▼ 其狼狽方~ (2, 0.0%)

2 が故意

▼ 其猛威~ (2, 0.0%)

1 に慴伏, 増すばかり

▼ 其猛烈~ (2, 0.0%)

2 なる作用

▼ 其獅子~ (2, 0.0%)

1 のやう, は猛

▼ 其現れ~ (2, 0.0%)

1 である, 方は

▼ 其現象~ (2, 0.0%)

1 が違, は皆自然

▼ 其甘い~ (2, 0.0%)

2 悲哀に

▼ 其生存中~ (2, 0.0%)

1 に於ける, は袋物屋

▼ 其生田さん~ (2, 0.0%)

1 の居る, を忘れ

▼ 其生育~ (2, 0.0%)

1 する高, に相違

▼ 其生長~ (2, 0.0%)

1 の年, は頼まれず

▼ 其用例~ (2, 0.0%)

1 から認容, の習慣

▼ 其由緒~ (2, 0.0%)

1 はかうである, を陳弁

▼ 其甲板~ (2, 0.0%)

1 からは絶えず, を守らん

▼ 其申込~ (2, 0.0%)

2 を撤囘

▼ 其異常~ (2, 0.0%)

1 な天分, の何

▼ 其疑惑~ (2, 0.0%)

1 は直に, 多き各

▼ 其痛み~ (2, 0.0%)

1 を堪え, を忍ばなく

▼ 其痩せ~ (2, 0.0%)

2 て千年

▼ 其発明~ (2, 0.0%)

1 さえ無けりゃ, の鴻恩

▼ 其百合~ (2, 0.0%)

1 の花粉, をいきなり

▼ 其百折~ (2, 0.0%)

2 撓まざるの

▼ 其皇子~ (2, 0.0%)

1 の名義, の私有

▼ 其盛ん~ (2, 0.0%)

2 に見えた

▼ 其盛岡~ (2, 0.0%)

2 に居た

▼ 其目的唯~ (2, 0.0%)

1 だ破壊, だ破壞

▼ 其目的通り~ (2, 0.0%)

1 に僕, に出

▼ 其直ぐ後~ (2, 0.0%)

2 を以前

▼ 其相互~ (2, 0.0%)

1 の感情, の関係

▼ 其相応~ (2, 0.0%)

1 に適当, の処分

▼ 其相貌~ (2, 0.0%)

1 に於, の何處

▼ 其看板~ (2, 0.0%)

2 は即ち

▼ 其看護婦~ (2, 0.0%)

1 が受持, との間

▼ 其真偽~ (2, 0.0%)

1 は固, を疑い

▼ 其真面目~ (2, 0.0%)

1 な眼付, のため

▼ 其短銃~ (2, 0.0%)

1 は云々, を何

▼ 其石段~ (2, 0.0%)

1 の上, まで爪さき

▼ 其硝子戸~ (2, 0.0%)

2 を開け

▼ 其祖母~ (2, 0.0%)

1 の遺骨, は萬延元年

▼ 其祝福~ (2, 0.0%)

1 の爲, の詞

▼ 其神格~ (2, 0.0%)

1 に対する畏敬, を褒めた

▼ 其祭祀~ (2, 0.0%)

1 する者, の儀禮

▼ 其私生児~ (2, 0.0%)

1 を残し, を負っ

▼ 其稿本~ (2, 0.0%)

1 は井上頼国, を五行

▼ 其空虚~ (2, 0.0%)

1 には朧気, の中

▼ 其立憲大臣~ (2, 0.0%)

1 の予告, の豫告

▼ 其端緒~ (2, 0.0%)

1 を探り得たる, を開い

▼ 其竹山~ (2, 0.0%)

1 が來, が来る

▼ 其筋肉~ (2, 0.0%)

1 が急, をつんざけり

▼ 其粘り~ (2, 0.0%)

2 氣の

▼ 其精微~ (2, 0.0%)

1 の極, ヲ悉クスノミナラズ

▼ 其糟粕~ (2, 0.0%)

2 を嘗め

▼ 其紙屑~ (2, 0.0%)

1 に火, を取つ

▼ 其素養以~ (2, 0.0%)

2 て相

▼ 其経営~ (2, 0.0%)

1 に筋, の大体

▼ 其経過~ (2, 0.0%)

1 には必ずしも, の後

▼ 其結合~ (2, 0.0%)

1 の強固, の状態

▼ 其結果其功用~ (2, 0.0%)

1 に過ぎずし, のみを標率

▼ 其結果種々~ (2, 0.0%)

1 な不都合, の不幸

▼ 其統率~ (2, 0.0%)

1 せる政党, せる政黨

▼ 其絶頂~ (2, 0.0%)

1 であらう, の峯

▼ 其継嗣~ (2, 0.0%)

1 なる成緒, にも親近

▼ 其維新後~ (2, 0.0%)

2 に於ける

▼ 其綺麗~ (2, 0.0%)

1 な白い, に磨かれた

▼ 其縁故~ (2, 0.0%)

2 によつて

▼ 其縁起~ (2, 0.0%)

1 が後世, には

▼ 其美貌~ (2, 0.0%)

2 祟りを

▼ 其羽織~ (2, 0.0%)

1 の紐, を著

▼ 其聞苦しい~ (2, 0.0%)

2 訛にも

▼ 其職務中~ (2, 0.0%)

2 に加

▼ 其自ら~ (2, 0.0%)

1 感じた不愉快, 或は其以上

▼ 其自我~ (2, 0.0%)

1 が出, を削殺する

▼ 其自由党~ (2, 0.0%)

1 に総理, を挙げ

▼ 其自由黨~ (2, 0.0%)

1 に總理, を擧げ

▼ 其色合~ (2, 0.0%)

1 とが器械, ひが

▼ 其苗字~ (2, 0.0%)

1 が確か, の外

▼ 其若干~ (2, 0.0%)

1 の古い, は合衆國

▼ 其苦し~ (2, 0.0%)

1 さや, さ私は

▼ 其苦労~ (2, 0.0%)

1 が誰, を分ち

▼ 其英雄~ (2, 0.0%)

1 と同格扱, は最大至純

▼ 其草履~ (2, 0.0%)

1 とがあった, は墓地

▼ 其荷鞍~ (2, 0.0%)

1 の島, を叩き

▼ 其落第~ (2, 0.0%)

2 の時

▼ 其著作~ (2, 0.0%)

1 した理由因縁, を修飾

▼ 其薄紫~ (2, 0.0%)

1 の穂, の花片

▼ 其行政~ (2, 0.0%)

2 の才

▼ 其行為~ (2, 0.0%)

1 の結果, を以て訓戒

▼ 其行程~ (2, 0.0%)

1 も甚だ, を進め行く

▼ 其行進列中~ (2, 0.0%)

2 の一人

▼ 其装飾~ (2, 0.0%)

1 された山谷, や設備

▼ 其補助学科~ (2, 0.0%)

2 たる可

▼ 其製作~ (2, 0.0%)

1 の前後如何, を刊行

▼ 其製造~ (2, 0.0%)

1 というは小刀, をも極めて

▼ 其要求~ (2, 0.0%)

1 によりて肖像畫, を満たし

▼ 其要素~ (2, 0.0%)

1 が悉く, を具

▼ 其見本~ (2, 0.0%)

1 に盲従, に盲從

▼ 其規定~ (2, 0.0%)

1 に対して曾, を異に

▼ 其規模~ (2, 0.0%)

1 の大小迚, を狭

▼ 其親友~ (2, 0.0%)

1 であつ, の骨

▼ 其親父~ (2, 0.0%)

2 さむはと

▼ 其解職願~ (2, 0.0%)

2 を出し

▼ 其言葉通り~ (2, 0.0%)

1 にし, になる

▼ 其記文~ (2, 0.0%)

1 の間, を発表

▼ 其記載~ (2, 0.0%)

1 する所, の事實

▼ 其記述~ (2, 0.0%)

1 せる事實, との間

▼ 其訴訟~ (2, 0.0%)

1 の手続, の手續

▼ 其証拠金~ (2, 0.0%)

1 を払込まない, を返し

▼ 其誇張~ (2, 0.0%)

1 が過ぎ, の適例

▼ 其誓約~ (2, 0.0%)

1 の今, を果さず

▼ 其誘因~ (2, 0.0%)

1 としては壊れ, として語られた

▼ 其誤り~ (2, 0.0%)

1 たる理想, や単に

▼ 其説話~ (2, 0.0%)

1 の大要, の結構

▼ 其論文~ (2, 0.0%)

1 の構造, は最近日本

▼ 其論理~ (2, 0.0%)

1 をたぐつ, を追求

▼ 其諷誦~ (2, 0.0%)

1 によつて, の動作

▼ 其講釈~ (2, 0.0%)

1 が始つて, を聞き

▼ 其警戒~ (2, 0.0%)

1 は空, を解く

▼ 其議員~ (2, 0.0%)

2 に不意打

▼ 其象徴~ (2, 0.0%)

1 として神, なる顕神

▼ 其貨幣~ (2, 0.0%)

1 を入れる, を澤山

▼ 其資料~ (2, 0.0%)

1 となつ, を閲読

▼ 其起伏~ (2, 0.0%)

1 の様, の樣

▼ 其起因~ (2, 0.0%)

1 するところ, となる

▼ 其足跡~ (2, 0.0%)

1 に跟, は子供

▼ 其路傍~ (2, 0.0%)

1 の夏草, の松蔭

▼ 其迂闊さ~ (2, 0.0%)

1 を思う, を笑う

▼ 其迅速~ (2, 0.0%)

1 なのに, なるを

▼ 其途上~ (2, 0.0%)

1 に何, のこと

▼ 其通称~ (2, 0.0%)

1 であつ, 後に為春院

▼ 其連合~ (2, 0.0%)

2 の力

▼ 其進退~ (2, 0.0%)

2 は天下

▼ 其進退動~ (2, 0.0%)

2 もすれ

▼ 其遊戯~ (2, 0.0%)

1 の恰好, の方法

▼ 其運用~ (2, 0.0%)

1 の自在, を助ける

▼ 其過半~ (2, 0.0%)

1 は氏名, は現に

▼ 其過去~ (2, 0.0%)

1 には離すべからざる, を語り

▼ 其過程~ (2, 0.0%)

1 に桙, を含ん

▼ 其道具立~ (2, 0.0%)

2 の一つ

▼ 其選挙区民~ (2, 0.0%)

1 に演説, より贈与

▼ 其遺稿~ (2, 0.0%)

1 に題する, をも刊行

▼ 其遺習~ (2, 0.0%)

1 であ, である

▼ 其遺蹟~ (2, 0.0%)

1 に相違, を訪ねる

▼ 其遽し~ (2, 0.0%)

2 さ草から

▼ 其郷土~ (2, 0.0%)

1 がどんなに, に送還

▼ 其配列法~ (2, 0.0%)

2 が最初

▼ 其配合~ (2, 0.0%)

1 によつて其處, の最古

▼ 其重い~ (2, 0.0%)

1 言葉の, 響を

▼ 其重大~ (2, 0.0%)

1 なるもの, なる儀式

▼ 其重苦しい~ (2, 0.0%)

1 沈默の, 沈黙の

▼ 其重荷~ (2, 0.0%)

1 の下, を負

▼ 其重要~ (2, 0.0%)

1 な要素, な食料

▼ 其銘文~ (2, 0.0%)

1 によつて, の拓本

▼ 其鋭き~ (2, 0.0%)

1 嘴に, 衝角は

▼ 其長き~ (2, 0.0%)

1 に驚ろか, 舌に

▼ 其長子~ (2, 0.0%)

1 が米庵三亥, は図按家

▼ 其開通式~ (2, 0.0%)

2 に赴く

▼ 其限度~ (2, 0.0%)

1 であるらしい, よりも低い

▼ 其隣り~ (2, 0.0%)

1 の男, は往来

▼ 其雪駄~ (2, 0.0%)

1 の片, を穿い

▼ 其電報~ (2, 0.0%)

1 を取, を取つ

▼ 其青い~ (2, 0.0%)

1 地模様と, 壁が

▼ 其青葉~ (2, 0.0%)

1 の青, を食

▼ 其養育~ (2, 0.0%)

1 の任, の厚き

▼ 其香気~ (2, 0.0%)

1 は梅花梨花, を愛

▼ 其馬鈴薯~ (2, 0.0%)

1 の花, は九月

▼ 其馬鹿~ (2, 0.0%)

2 に立派

▼ 其騒ぎ~ (2, 0.0%)

1 が余り, はどー

▼ 其驚き~ (2, 0.0%)

1 は仔細, 其周章悲しい

▼ 其驚愕~ (2, 0.0%)

2 の意

▼ 其骨子~ (2, 0.0%)

1 に於, はよく

▼ 其魅力~ (2, 0.0%)

1 は無比, を投げ始め

▼ 其鷹揚~ (2, 0.0%)

2 な官吏的

▼ 其鼠賊共~ (2, 0.0%)

2 が暗中

▼1* [2733件]

あかるいのに何と, 其あたり数町の間, 其あつさりした, 其あと逐ひせむる, 其あなたに水, 其あはれを更に, 其あまりに大事である, 其あやまちは幼, 其あらゆる同情を, 其づれもであつたかもしれない心の, 其いざなみすら, 其いざこざを消した, 其いたずら童子に失敗的逸事, 其いづる所を, 其いにしへを忍び, 其いひ樣も, 其いふことの, 其いふ通り暫くは, 其いもとお, 其いやさきの門, 其うえ顔は一面, 其うたげが時代, 其うちお袋は死んち, 其うち世は漸次, 其うち中俺等の所, 其うち二階では, 其うち保平と申, 其うち善兵衛が娘, 其うち左の足, 其うち平安朝に専使, 其うち廊下で腹立たし, 其うち文太郎は眼, 其うち早や後, 其うち村中が集, 其うち松山中の俳句, 其うち物価は次第, 其うち神田佐久間町の広場, 其うち自分も退院, 其うち覆面の惡者, 其うち逢はれる, 其うつそみは, 其うつくしきお顏, 其うねりの低まった, 其うらには又, 其うらめしさも, 其うるみいよいよ深く, 其おつきの都, 其おのおのに繋がれ, 其おはこであつ, 其おばあ様, 其おまえさますらもう, 其おもにアーンチロコス向, 其お伴をした, 其お嬢さんが遣, 其お腹に出, 其お花畑を支配, 其お菓子料に添える, 其お蔭で長足, 其お談義役に立つかも, 其かけあひ趣味を, 其かげの痛ましい, 其かしらの婆さん, 其かたへには諸, 其かね合を, 其かばねである事, 其かよわき身に, 其からが峠に, 其からでも読んだ色々, 其からといふものは, 其かわり何ぞ御, 其かわり以前の強味, 其かわり君の将来, 其かわり夏の出水, 其がさ一件ぢや, 其がずつと溯つた時代, 其がてえと貴方, 其がへい成, 其がもや, 其きざはしの花, 其きたない顏に, 其きり彼女は姿, 其きり拔きを, 其きり涕汁も引か, 其きり跡の斷, 其きれぎれが聞こう, 其くどき言らしい, 其くやしさも, 其ことばである, 其ことほぎを軽く, 其ころ十六七になる, 其ころ大名の通人, 其さびれた村, 其された枝, 其さわぎの時, 其さ真個か何, 其ざまつたら無, 其しかばねを, 其しとやかな低い, 其しなやかの被服, 其しもやはり土台, 其すかんぽの一群, 其すぐれた肉体の, 其すぐれたる騾馬二頭, 其すつぱいことといつたら顫ひあがる, 其すべてをこめ, 其すらも解らなくな, 其すゝけたる, 其ずつと前からの, 其せゐではあるまい, 其そば衆軍は群がり, 其そば近く疾風の速き, 其たくましき双の, 其たぐいなしという, 其たけ六尺あまりにて老い, 其ただちとどろく巻波, 其たねつきたり, 其たびに肩, 其たび毎に甲, 其ため国力の衰, 其ため強硬の談判, 其ため祓への太祝詞, 其ため胸中に酒食, 其たるみの間, 其だけかなさて, 其だに何故客, 其だらうと思ふ, 其だるい京訛を, 其つき方は, 其つく杖に, 其つまらぬことが, 其つもりで万葉集, 其つれが今, 其其の城, 其てくにくによる, 其でさえピンチな, 其でなきゃ夜も, 其でなければ又, 其でねえようだ, 其でもよかつた, 其とおりはかろうて, 其とかはらなかつた, 其とかくの事実, 其とかげ金色の王, 其ときの生産力, 其とき誰かがどんと, 其ところが疵に, 其とてつもなく古い伝説の, 其とてもグラグラして, 其とばしりが私, 其どころかある点, 其どちらもの顔一杯, 其なげやりぶしの拍子, 其なだらかな坂, 其なだれの中間, 其なつかしい津田先生の, 其なつかしきつれなき程猶, 其ならさせて御覧, 其ならやめろと云われる, 其なら遣ったらよかろう, 其なりけりに済ん, 其なりの別殊, 其なるは黄金, 其については志賀さんの, 其になつて居りました, 其にはも一つの, 其によって自己の, 其によっては出入りが, 其による自分は, 其ば玉, 其ぬりのみ自分, 其はじめヘクトール嚇し進みて, 其はじめ東方より伝わりし, 其はじめ此七個月間の冬期, 其はじめ此女神を得ん, 其はじめ比較神話学派に属せし, 其はじめ集議の席, 其はぜる響を, 其はつぎの伝承, 其はと窮る, 其はやしの中心, 其はらつぱといふ事に, 其ばかりと思ふと, 其ばかりを祈って, 其ひさごの実, 其ひととなり, 其ぴつたり合一せぬ点, 其ふかしを與吉, 其ふるさとをば眺め玉, 其ぶらんこには何となく, 其へりに觸, 其へんニ京橋有日野屋孫兵衛と, 其べとついた手を, 其ほうは心, 其ほどは如何か, 其ほのかに白い, 其ほんとうの姿, 其ぼうつとして, 其ぼふずになり, 其まつりごとの結果, 其まつるは正確, 其までながらさもなければ私, 其までに思ふもの, 其までには考へなくとも, 其までにも小當, 其まといを振り, 其まのあたり我曰はむ, 其ままズイと押出し, 其ままヘタヘタと捨石, 其ままホンヤクされれば, 其まま児童に信ぜしめる, 其まま川へとび, 其まま感興も消え失せ, 其まま此処にお, 其まま永久に家, 其まま留置されて, 其まま石のよう, 其まま貴族の家, 其まま身に纏う, 其まれびとが神に仮装, 其まれびととの関係を忘れた, 其みだれ髮わがねつ, 其みつはが出, 其むかしリュルネーソスを陷, 其むかし一人住みしける折, 其むかし岩窟に, 其むかし親の眼, 其もう一つ前の, 其もさ刻んだの, 其もどき役の方, 其もみぢ葉の影, 其やさしい戯れと共に, 其ゆゑ国造であ, 其謂ひ, 其ような高い, 其よしかきてよ, 其らしく同じ糸, 其りや一ときは面白い, 其りや幸ぢや我輩一つ媒酌人, 其りや成程僕, 其りや極つて, 其りや色々な手合, 其りや野郎可哀さうな様, 其れつ切で畢, 其れつ切り二人の間, 其れでありながら些, 其れでした成程, 其れですかどころぢ, 其れですつかり安心した, 其れでなければあ, 其れで建てたと云う, 其れで払ってくれ, 其れで観たいと思ふ, 其れで賣買値段を, 其れとりとめもない, 其れはね弓弓や, 其れ切り左も, 其れ切りですかまだ, 其れ実なる哉, 其れ聞かざるか, 其わけ知らせぬが, 其わざのさかえ行こと, 其をかへり見た, 其をだに君が, 其をの残り三わげ残りけれ, 其をを尋ね行きて, 其を通じて観る人, 其ん中え置くだ, 其大抵ぢ, 其アイアコス神の裔, 其アキリュウス戰鬪の, 其アレースに見られじ, 其イカリオスは葡萄, 其イキなん, 其イディオロギーを内部, 其ウチ一星ハ終ニ隕チテ還ラズ, 其エネチアナポリシシリヤ等の諸, 其カキアゲ土手のやう, 其カスレた声, 其カルハース慇懃の思, 其カンテラの前, 其ガツガツと食う, 其ガルハニ氣を興し, 其キッと堅く, 其キツと堅く, 其キトウスの山, 其キャッと云っ, 其コロップを衣嚢, 其シヤツの端, 其ショーウインドの硝子, 其ジヤスチニアンの法典, 其スタイルが違, 其セ話おする, 其ゼントルマンシップに於, 其ダラケさフン縛って, 其ダルダノス生みたるは, 其ヂンマとづい, 其ッ平らになっ, 其ツきり道時も何, 其ツ切聞えずに, 其ヅボンの太い, 其ナイーブな心, 其ナイーヴな點, 其バターを食べられない, 其バラモンが此, 其パンと云, 其パンダロスリカオーンの勇武, 其ビールの零れた, 其ビール樽のやう, 其ビヽエン街に達します, 其フロツクコートを取寄せた, 其ブリヤントな容姿, 其プラツトホームで一時間以上, 其プロバビリテイとポツシビリテイ, 其ヘクトール門外に, 其ペーロオスを更に, 其ホテルをお, 其ポリテースに身, 其メツシアスを拜, 其メムバーになつたの, 其モルモットの箱小舎, 其モンテネグロ和蘭波斯葡萄牙羅馬尼亜露西亜塞耳比亜暹羅瑞典那威瑞西土耳其勃牙利の二十六ヵ国, 其ヤ女の身, 其ヤ課長無理ですよ, 其ヨーロッパあたりから蒙, 其ラムネの玉, 其リボンを手, 其リワルたる森田節斎, 其リンネルの褶, 其ルビは数人, 其ルーソーより聯想, 其レガ然ルベク, 其レガ左傾スルニセヨ右傾スルニセヨ前世紀的頭腦ヨリスル是非善惡ニ對シテ應答, 其レガ高利貸ニヨルト忠實ナル勞働ニヨルトヲ考査セズシテ等シク守錢奴ト詈リ侵略者ト誣ユルハ昏迷者ノ狂言ナリ, 其レサヘ識ラヌ者多ク, 其レスタウランは街外れ, 其レニ雇傭サルル肉體的精神的勞働者ヲシテ, 其レヲモ廢止スルガ故ニ, 其レヲ買フ有婦ノ男子ハ, 其レーイトス追ひ迫る, 其レ言ハント欲スル所ロ有ル耶, 其ヲフヱリヤとの問答, 其一くさりが畢, 其一たび基督教に入, 其一つ二つを書い, 其一ヶ所に恐しい, 其一也其形勢を観る, 其一事を以て佐治君, 其一事ニノミ述ルノ能力ハアレドモ推シテ他ニ及ボス, 其一人ペラスゴス人レートスの, 其一人子であつ, 其一人息子の生れた, 其一人数人の長老, 其一人本文に, 其一人食を求めん, 其一代記を書したる, 其一件さへ首尾, 其一分の利は占むるぞかし, 其一口を是非, 其一同に打ち勝てり, 其一名にて主人, 其一喝した自分, 其一女の名, 其一子を托した, 其一家の歴史, 其一座の人, 其一揆は中, 其一日私はいつも, 其一時の急, 其一時間が經, 其一晩で定, 其一期を持ちし, 其一杯は食べ, 其一條は盾, 其一歩は次, 其一段が甚だ, 其一段一節を切り取る, 其一派並に其傳統, 其一滴の水, 其一番新しい変化, 其一番初めのもの, 其一番後から降り, 其一番最初として申します, 其一番適切な証拠, 其一直線に言, 其一瞬のあと, 其一章に, 其一羽を斃, 其一聯の詩, 其一致を保て, 其一葉をだ, 其一行があつ, 其一見不愛想, 其一言はかうである, 其一言一行は世人, 其一軸を仔細申聞, 其一週年とでも云, 其一週忌に当, 其一部ニ源因ヲ施セバ他, 其一銭でも真心, 其一閃の光, 其一首の歌, 其七十五種の浴衣, 其七営を破っ, 其七律を録する, 其七日目まで此, 其七月疫疾の爲, 其七絶は, 其七首は, 其万葉を最愛, 其丈夫な體, 其三つの地, 其三倍の長, 其三分の一程もある, 其三分の二を全, 其三分一位であるこれ, 其三十人は彼, 其三十圓の金, 其三四年間ばかりの間, 其三尺四方の溝, 其三崎小笠原の生活, 其三巫女の代理, 其三日間はわし, 其三期間は全く, 其三百万冊を小車, 其三角の白帆, 其上りで如何, 其上層は人, 其上方の一部, 其上洛の際, 其上連て居た, 其上部の岩壁, 其下り到る可, 其下婢も矢張鍵, 其下宿住居を點出, 其下手には細かい, 其下手人は, 其下段の隅, 其下等な動機, 其下落する所, 其下駄を借さした, 其随意或は, 其不利有害の記憶, 其不可を尤めん, 其不可抗力の声, 其不可能を以て思い止むべき, 其不可解の點, 其不和争擾の衝, 其不安定な動的, 其不得手な學課, 其不快以上の歓び, 其不恰好な頭, 其不愉快を忘れ, 其不敬を難詰, 其不格好な頭, 其不正ヲ理解セシム, 其不正ナルコトヲ説キ示シ生徒ヲシテ其不正ヲ理解セシム, 其不治なるを, 其不法非道の攻撃者, 其不注意なこの, 其不満を説い, 其不滅則の成立, 其不祥のおとづれは願はく耳, 其不純な活用, 其不調和な處, 其不都合なる事多, 其与川その他の木曾谷, 其両方を兼ね, 其両翼になつ, 其並び方は一列, 其中井卦を除く, 其中堅をなした, 其中央部もしくは煙突, 其中心勢力になつ, 其中心問題として選ぶ, 其中心地方に移る, 其中心情調をなし, 其中正説可申上候, 其中武芝の従兵等, 其中毒で死ぬ, 其中程に一すじ, 其中腹千五六百米附近と思われる, 其中間道程として民族的農, 其串柿を外し, 其主体となる, 其主因の舊時, 其主宰する雑誌, 其主宰神の女, 其主義中のドレ丈, 其久しい時間に対しては, 其久しきを以て人これ, 其久しく之れ, 其乏しい中から, 其九つの年, 其乱暴が生得, 其乱雑な光景, 其乳房状に尖った, 其乾いた落葉を, 其了解に至り, 其予期したる, 其予約者と継続者, 其予言的中の大, 其事件云々ヲ委曲, 其事務を補助, 其事務員がお客さん, 其云う所精細一様ならず, 其云為には周章, 其五人迄を失ひました, 其五十嵐の言葉, 其五尺の身, 其五彩の鳳輦, 其五穀魚鹽生焉とある, 其井田さんとかいふ方, 其些細の点, 其亞非利加等のスンニ派徒, 其亡くなった姉を, 其交互の關係, 其交情を全う, 其交換を了, 其交遊の中, 其京都の土, 其人事に就, 其人命あらば, 其人工の生命, 其人差指を前, 其人形は久しく, 其人恋しくなると共に, 其人文現象のみを意味, 其人文的発達に於, 其人文進捗の上, 其人民ヲシテ国法ヲ会議セシムルノ通義, 其人種相似たりと云, 其人身攻撃までに及んだ, 其人間界に出現, 其人間的性質を脱却, 其仁慈化育の心, 其仁義の徳, 其仇浪の立騷ぐ邊海鳥二三羽夢, 其仕掛に多少, 其他人に花木, 其他意無きを, 其仙境を何時, 其代りあとの會話, 其代りかねて宿望, 其代りアイリッシユ人が常に, 其代り三千代に対しては一点, 其代り中川のヨ太公, 其代り二人で寄席, 其代り人から御, 其代り今夜のは本当に, 其代り今度は左, 其代り公平に願ひたい, 其代り其様な客, 其代り冬は滅多, 其代り危いところへ間, 其代り古人の圈, 其代り君の兄さん, 其代り國としては大した, 其代り失敗てもう, 其代り屹度辛抱をしなくつ, 其代り帰つても落ち, 其代り幸ひに, 其代り引つれて來, 其代り当らず障らずの材料, 其代り往昔の海賊船, 其代り後で樣子, 其代り所謂宗匠に視せる, 其代り所謂百年を期する, 其代り止めますから今, 其代り此腕環を貰う, 其代り氏の温泉スケツチ, 其代り氏郷も酷い, 其代り沙漠のはて, 其代り生活に必要, 其代り真夏にも寒菊, 其代り米塩の資, 其代り細君を奪, 其代り耳に接した, 其代り脇差程も幅, 其代り自分と同じ, 其代り自分ぐるみ書斎を街頭, 其代り袂の貝, 其代り諸君にも幾らか, 其代り雨は少し, 其代り静かで落ち, 其代わりに渋面, 其代理人はなき, 其令弟で小樽, 其以上説明出来ないのね, 其以北に走る, 其以来唯記憶, 其以来些とも泣かなくなった, 其以来何処へ隠れた, 其以来土地の者, 其以来彼を山小屋, 其以来書生の世話, 其以来此一党では正月, 其以西備中まではあまり, 其仮装者に神格, 其仲間なりの交際, 其任務とする, 其伎倆を試みん, 其会話の語調, 其会話其趣味を探らん, 其伝えを失え, 其伝へた詞章の, 其伝承中に数個, 其伝承詞章の威力, 其伝播力感染力は驚くべく, 其伝統者と同, 其伝言者の発する, 其伝記中に認識, 其伝説に関する知識, 其伝道に由, 其伯父を殺させし, 其伯父錦橋錦橋の妻沢, 其伴侶は若い, 其伸び盛る筈, 其伺える賊の, 其似た点から, 其位牌堂にひろげられた, 其位置上部に寄り過ぎ, 其住んだ家は, 其住居を尋ねね, 其住居其姓名まで知, 其体裁措辞は大概窺知, 其何分の一と云, 其何分の一奴隷は其何分の一, 其何割を仏蘭西, 其何山であるかを, 其何秒の間, 其何秒時の間に藤野さん, 其余波を受けた, 其余裕がない, 其余計に持っ, 其作られた時代が, 其作り山の意義, 其作家が老熟, 其作戦計画の単純, 其使用は面部, 其使途に就, 其侍女の娘, 其供奉并置一法堂とある, 其価値二三畝千万銭なるに, 其侵害を蒙りつ, 其便宜を与えられる, 其俊秀なる当代, 其保存に年年, 其保守的傾向ある所謂私徳, 其保証頗る疑わし, 其保養を厚う, 其信仰伝承が衰微, 其信仰儀礼に馴らされた, 其信仰威力を戻す, 其信仰者個人の主, 其信条の為め, 其修正ヲ行フカ為メ明治二十九年十二月三十一日マテ其施行, 其修飾部分の効果, 其俳優といふの, 其俳句を示さう, 其俳話に聽, 其個個が有, 其候補者には誰, 其値段は言, 其偏頗不公平唯驚く, 其停留場に近い, 其健全なる発達, 其健闘の精神, 其傍若無人の行動, 其傍証となる, 其催促が甚だ, 其催告に応ぜざる, 其傾く事を, 其傾覆と新, 其僅少な金銭, 其働く処に, 其僻んだ心の, 其儘凝と視詰めた, 其儘取ッて堅く, 其儘坐敷をすべり出し, 其儘採入れて, 其優しい言葉を, 其優れたたましひである, 其優劣遽かに判じ, 其優雅な島, 其元気を恢復, 其兄弟中に四人, 其兄弟神とす, 其兆候の適中, 其兇暴の眼, 其兇行と兇戻, 其先ぶれがあの, 其先住者に與, 其先天的不具がかれ, 其先導者となつ, 其先生其師匠のゐる, 其先祖が同じ, 其先鋒は其辺, 其先駆けであつ, 其光りで下を, 其光彩を喜ぶ, 其光彩日に亜ぐ, 其光景もとよりわが, 其光芒を仰ぐ, 其光輝長へに有情, 其党規を紊乱, 其入りたる後, 其入り口と覺しき穴, 其入定僧の屍骸, 其全く變質し, 其全快と別宅住ひと, 其全然消失の, 其八月にぶらりと, 其公使館が哈達門, 其公平と否, 其六丁を持っ, 其六年を已に, 其六日目の夜, 其六皇子を抱き, 其六首を録す, 其兵糧の窮乏, 其具体化に焦慮, 其具足を取り上げた, 其兼業が善い, 其内外の趣意, 其内容文章共に英文, 其内容見本のソソリ文句, 其内部機構の曖昧さ, 其再び上陸したる, 其再縁を主張, 其冒頭には, 其写本の行方, 其冥護をぞ願, 其冬木の姿, 其冷笑を受け, 其冷遇する所, 其凄惨な労働, 其几帳面な性質, 其処世の道, 其凱旋の途, 其凶暴を逞しく, 其出た本国, 其出処進退の巧み, 其出品は重, 其出品中に薫子, 其出張所になつて, 其出来揚りの, 其出来た場合の, 其出来栄えは誰, 其出港を防圧しこ, 其出版屋某が倒れ, 其出版書店へ再版, 其出版者長崎次郎氏に面會, 其出獄の時如何, 其出現は日本武尊東夷征伐, 其出立後に受取つた其等, 其出立間際種々多事取込, 其出血を見, 其出雲人の系図, 其分岐点あたりに小島氏, 其分布割り合に狹, 其分捕を將, 其分流近く葬られた, 其分離の条件, 其分類に不, 其切りぬきの綴じ込み, 其切り私は一文, 其切取り方と, 其刊本は同館, 其刊行の事, 其初めて氣の, 其初め實に第, 其初夏には父親, 其初心な擧措, 其初頭を證, 其別れの歌, 其別荘に仮り住, 其別離の情, 其利子で行く, 其利害得失の如何, 其制限とは即ち, 其刷毛の方, 其刹那人人は鋒, 其刹那高楼の四方, 其刺戟や事情, 其前世の髑髏, 其前兆ではあるまい, 其前夜に此書, 其前年六月に山, 其前年私も写した, 其前後博奕大に行, 其前方に進み行く, 其前日二十六日に彼等夫婦, 其前日十七日の夜東組同心平山助次郎, 其前日十風の睡つ, 其前日夫妻で唖, 其前漢にあ, 其前身の越後屋時代, 其剛健の腕, 其剛愎執拗な方面等, 其副産物たる關東州事情上下二卷, 其創始者ザメンホフ博士の人類愛, 其創建の縁起, 其創意に成つた滋野式飛行機, 其創意實に感ず, 其創立者はみな一代, 其劇烈な痙攣, 其功利の理想, 其功労に大小軽重, 其功徳に依り, 其加算ガ私有財産限度ヲ超過シタル者ハ前掲ニ, 其加護によりて首尾, 其助力を受けた, 其劫掠受けしこと, 其効能の最も, 其勃牙利の二十六ヵ国, 其勇武は常, 其動く度に, 其動詞化したもの, 其勝負を決, 其勢いに制せられ, 其勢力充実して, 其勢力範囲を拡張, 其勢力範圍を擴張, 其包み紙の萎えたる, 其包囲に陥らざるべから, 其化生に関しては何等, 其北岸狗邪韓國七千餘里始渡一海千餘里至對馬國其大官曰卑狗副曰卑奴母離, 其北条氏起原説を採つ, 其北條氏を回護, 其北狄の心情, 其匹儔を見出す, 其区別なし, 其区域を藤岡町, 其医師は遂に, 其医方を, 其十一時二十分にしよう, 其十一月に榛軒信厚, 其十一歳と八歳, 其十万の予約者中, 其十三庄兵衛と云, 其十九日の夜, 其十二ヶ月も移り行き, 其十二月に私, 其十倍づゝ内心に悦ぶ, 其十八歳は文化十四年, 其十六二十五三十四四十三五十二六十一は文政己卯, 其十分な覚悟, 其十分ノ三ヲ録シ以テ山林高隠, 其十四として茶山, 其十字の里程標, 其十數名は處刑, 其十斤だけの分量, 其千僧供の爲め, 其半分以上は過去, 其半島國たる形勢, 其半途まで綱渡り, 其卑しい動機から, 其卑近の一例, 其南方起原を証明, 其単独のもの, 其単調な偉大さ, 其博士が先導, 其博覧会の実質, 其印刷は不鮮明, 其印象さへ間, 其危きこと累卵の如き, 其危害を防い, 其危殆を免れたい, 其危険を避け, 其即興詩の題, 其卵子を捕り, 其厚意を感謝, 其厨子の縁起, 其厳粛荘重の有様, 其及ばざること甚だ, 其及ばぬ所との, 其及ぶべからざるを, 其及ぼす所を, 其友情を顧みず, 其友邦の陣, 其双眼は蓋, 其反射は狹, 其反覆讃歎をせね, 其反響を社会, 其収入でやう, 其叔父が居り, 其取らないのが, 其取扱を誤っ, 其取扱方法ヲ定, 其取澄ました様子を, 其取調べたる訴訟記録に, 其叙景の歌, 其叙説の順序, 其口元には何となく, 其口絵の中, 其口髭のある, 其古きものの, 其古びたのを, 其古ぼけた羽織を, 其古めかしい處木立の, 其古典に似よつた, 其古泉癖を伝へた, 其古稀以後の弟子, 其古蹟には山, 其古風な門, 其句集を見る, 其叫びの洩れる, 其召使が誤っ, 其可愛い子供の, 其可憐な様子, 其可能におどろきます, 其可能性を試し, 其史実化したの, 其右岸の高い, 其合理的な考へ方, 其同列地位の人, 其同宿の折, 其同居人は初め五郎作, 其同志中の或, 其同胞の言, 其同行者にも及んだ, 其名利を超脱, 其名刺を引込めた, 其名字等は津田繁二さん, 其名実ヲ覈シ集メテ以テ, 其名山の業, 其名文を読み返し, 其名残狂言らしくおも, 其名称自身が宮門, 其名言にて, 其向きも亦, 其君臣国家の政務, 其吟味を済す, 其周りが變ら, 其周り凡一町半とい, 其周囲街道なりに楕円形, 其周章悲しい聲, 其呪力ある詞章, 其味方をなし, 其呼び聲の, 其命ずる儘に, 其咲く時の, 其咽喉たる福原, 其哀愁を味, 其哀憐を求むれ, 其哀訴を聞き, 其品行を維持, 其哲理を練り, 其唐突滑稽なる人, 其商品を此, 其商才に屬, 其啓蒙式な書き方, 其啜る音が, 其善い片方を, 其善い尊い部分が, 其喇嘛教は非常, 其喜ぶ顔を, 其喫茶店で取つた, 其営みとを忘, 其営業渡世法の大体, 其嗣子の子, 其嘲罵する所, 其噛む程好な, 其嚆矢であろう, 其嚮導を務める, 其囀る聲を, 其四代目の孫女, 其四分の一を上げる, 其四分一の十万位, 其四年倭王復遣使大夫伊聲耆, 其四日前即ち七月十四日, 其四月母の九十, 其四男に生れた, 其四阿へ衣物, 其四隣縣より甚だ, 其四面楚歌の聲, 其因果孫彦に報, 其因果幾程もなかるべき, 其因習がどうしても, 其因襲的の尊称, 其団長或は族長, 其図譜以外の撰述, 其固有の文化, 其国民的英雄クラルエヴィッチマルコの帰り, 其国防に関しては常に, 其土地々々の兇悪, 其土地人民を領有, 其土地土地の色, 其土地家屋等大半を買収, 其土木補助費災害土木補助費と云, 其在庫品に対して何等, 其地主に向, 其地域の昔, 其地層が引つ繰返つ, 其地方人民の禍害, 其地理を調べる, 其地蔵様に向い, 其地震學上から見た, 其坊主頭の醫者, 其城主のみ之, 其城主等が心, 其執事遠藤某をし, 其執行ヲ停, 其基本最久し, 其堅固なる魚頭, 其堕落費を奉納, 其報償を手あたり, 其報告書を作る, 其報復を欲する, 其場合其神の名, 其場合正式には短文, 其場所なければ, 其堺港の歴史, 其壮烈果敢桜田の挙, 其声楽方面の二つ, 其売れる売れないとは毫も, 其売れ高より言え, 其壹岐より水路, 其変りかたとは同じ, 其変動に対して何, 其変形したもの, 其変態であつ, 其変説世に知らる, 其変遷の兆, 其夏休み中に小, 其夕べまで嚴存, 其夕方尊者来臨の方式, 其外出するや, 其外套は風, 其外孫たる三歳, 其外山や峰, 其外来魂をとり入れ, 其外見頗異る所, 其多き者を, 其多少を論ぜず, 其多彩なる精妙, 其多情の為, 其多感なる心, 其多方面なる點, 其夜半から看護婦, 其夢幻から目ざめ, 其夢見の為, 其夥しい明光が, 其大きさ二里三里にも, 其大きいものに, 其大事は僕, 其大人ぶった挨拶が, 其大人踐跡長卅餘歩, 其大仏餅屋の一軒, 其大任を果す, 其大体に於, 其大半は曾能子刀自, 其大和の魂, 其大国を日本, 其大学生の江馬, 其大審院の判決, 其大島小學校とやらいふ, 其大川の分流, 其大成ヲ期シ洵ニ此学必須ノ偉, 其大胆なるに, 其大臣がいろ, 其大衆性の故, 其大言壮語も亦, 其大言壯語も亦, 其大阪もとつ, 其大食は師友, 其天地開闢説に就, 其天孫が日向, 其天然ニ備ハラザルコトナク皆其本能ニ依テ知ラズ識ラズ其本分, 其天然的方面を忘却, 其天然的解釈の可能, 其太い葉を, 其太く落着きたる, 其失せし妻を, 其失策を世間, 其奇想を養, 其奇異な現象, 其奉行の在勤中, 其女の子の肩, 其女子たちの互に, 其女性自身の作, 其女房孝行に苦笑い, 其女神を淡島明神, 其奴隷共は又, 其好い声を, 其好奇心に駆られ, 其如くだつた, 其如意亭に遊ぶ, 其妖魔の家, 其始まりのもの, 其始め彫, 其始原に於, 其始末を報告, 其始祖には何, 其始終を懷想, 其姑息な療法, 其威力ある故, 其威容に驚, 其娑婆に在っ, 其婀娜な女, 其婦人室へ良人, 其婦徳に過ち無り, 其媒酌人たること, 其嫉妬なる文字, 其嫌疑の為め, 其嫡子榛軒は此年文政五年十月二十九日, 其嫡男ださうで幼名, 其子どもが自分, 其子供等は小学, 其子孫一統正月の飾り, 其子孫皆其方便に従うた, 其子安常は棠辺, 其子弟をし, 其子煩悩な美くし, 其存亡と土器, 其存在価値はあらゆる, 其存続が保障, 其孤独を守つて, 其学問本身之発展, 其学問芸術の方面, 其宇宙觀の性質上, 其安住の地, 其安全を謀り, 其安全さを危ぶん, 其安息が何人, 其安易な白石, 其安曇氏の移動, 其安泰を知る, 其安産を祈る, 其安穏寺の坊さん, 其宗徒の手, 其宗教思想は未だ, 其宗教的分子を含む, 其宗教的良心なり道徳, 其宗教的部分が長く, 其宗教論の如き, 其宜しく恕すべき, 其実体には固, 其実例によって考察, 其実力形貌共に果し, 其実況を知悉, 其実現した状態, 其実証実例を列記, 其実践性にも拘らず, 其宣伝の肩, 其宣言書の一条, 其宮廷直属の由来, 其宮廷祝詞を奏する, 其宮殿をも掩つて, 其宰領が山部宿禰, 其害毒を増大, 其家主等の疫病, 其家事に忙しく, 其家庭教育の開放的, 其家族中の最も, 其家臣も大いに, 其家臣オートメドーンに令, 其宸翰全部は明治天皇, 其容態はどうしても, 其宿る場所, 其宿望遂ニ抑フ可カラズ僅カニ一介書生, 其寂寥たる様, 其寄る處の, 其寒い部屋に, 其寝息を聞い, 其寡黙も次第に, 其審理は傍聽, 其審美學の根本, 其寫す鏡が, 其寫眞を徳, 其対偶を求むる, 其対抗運動として自分, 其対策が自ら, 其封蝋の青き, 其射干の花, 其尊卑を殊, 其尋問に答, 其小さき耳の, 其小使を呼び, 其小僧の尻, 其小児のゐる, 其小山の頂近く, 其小引とに載せ, 其小松の緑, 其小説一二巻を取り, 其小説三派及梓神子をみ, 其小野の神主, 其小野某と云う, 其少し藪睨みな, 其少しく前伯元等, 其少尉の一人, 其尺度で測っ, 其尺牘一則を以てしよう, 其屈強な材料, 其屈折の激しい, 其屋敷跡だそう, 其屍骸の中, 其展望は一層, 其山ふところの行止り, 其山奥と云うた, 其山姥及び山人, 其山容も名, 其山崎の神主, 其山毛欅の木, 其山脈は左右, 其岩礁に物, 其岳父其夫の三人, 其島民の人文, 其島田をば丸曲, 其崩れ落た壁に, 其巡査さんの細君, 其巡行の中心, 其工業に働い, 其左近の宅, 其巨大な抛射物, 其巨巖に架つて, 其巫女教時代の俤, 其差別ありとならば, 其市民より受けたる, 其布教の徑路, 其布教路は中山道, 其帆走船との行衞, 其希望其生命の表白, 其希望通りに書く, 其師承を詳, 其師走の大祓, 其帰る時には, 其帰国に当, 其帰朝せるの, 其帰途病を得, 其帰途福島市に立寄り, 其常世の国に対する事, 其常世神に伴, 其常勝の劔, 其常用文句は, 其常闇の国, 其平らな入江, 其平安朝ですらも遊戯化, 其平易化した形, 其平素憂慮苦心せる事柄, 其平素牧畜をやつ, 其年俸を受取, 其年月詳かならず, 其年貢の米, 其年齢は一定, 其幸徳秋水と千駄ヶ谷町九〇三番地, 其幻滅のレボリユシヨン, 其幼い望みを, 其幼女をさ, 其幼女とら第四霞亭, 其幽玄の趣, 其幾個の人家, 其幾倍かに擴, 其広き庭より, 其広く長い葉が, 其広告を読んだ, 其広大な慈悲心, 其広狭のため, 其庇護を受けし, 其序文に, 其序詩は初め, 其底意は善, 其店番に向い, 其座敷を振り返つ, 其廃嫡其全快と別宅住ひと, 其建ち竝ぶ, 其建て主又は其邑落, 其建て物の様, 其建築費の見積り, 其弓弦を食, 其弓矢もて身, 其引き続きとして平安朝, 其引き綱が今日我々, 其引出しをあけ, 其弟子宗信覺善覺淳慶順乘專存覺并びに善鸞法善, 其弟子實成房も亦, 其弟子彼に問, 其弟子等は更に, 其弟子蓮阿等, 其弟子鐵山等と共に專ら豐後, 其弱々しい痩躯を, 其強い地熱で, 其強き手の, 其強力ヲ失ヒテ其所有權, 其強度と壓力, 其強暴猛烈なる性質, 其強迫觀念に觸, 其当主である, 其当初の目的, 其当座競馬の馬券, 其当時信濃国に百済人, 其当時僕は何所, 其当時名も知らなかった, 其当時国師岳と呼ん, 其当時平岡から兄, 其当時役者で好き, 其当時政府に居つた, 其当時村中の人, 其当時此文に感興, 其当時父の眼, 其当時珍らしからぬ事, 其当時自分の尊, 其当時身に一寸, 其当時飛騨国の地頭職, 其当然が矢, 其形容詞語尾と発生径路, 其形影を見失ひぬ, 其形見と考へられる, 其形象に関はる, 其彫刻は矢張り端麗, 其役割を抄, 其彼岸は既に, 其往く可き, 其往復とも高知伊野間三里, 其往来殆虚日なきが, 其待合を出, 其待遇法も大分変, 其後世貶帝號號爲王とあるの, 其後任を自分, 其後山に登つてわざ, 其後指たる義, 其後景行の朝, 其後継者に推戴, 其後見衆を始め, 其後足には皆, 其後身なる田楽, 其後釜の右大臣, 其従属に多く, 其得失を論ずる, 其得手物で新婦, 其得点全部を期日間際, 其御堂は軈て, 其御山御霊屋御年番御用, 其御言詔持ちなる地上, 其御許御病気, 其御返事先月廿日比いたし, 其復古の情熱, 其微細な表情, 其徳利を手, 其徳義と云う, 其徴候を呈せなかつた, 其心ばせの眞率, 其心事實に斯く, 其心事微妙の辺, 其心事憐む可くして憎むべき, 其心労は果して, 其心境を愛し, 其心尽しの奉仕, 其心情の偽, 其心理は彼, 其心理作用は固, 其心裏に反撃, 其心配苦労は果して, 其必要ナル程度ニ於テ借財ヲ為シ以テ一家, 其必須条件たること, 其忌諱に触れた, 其志ざしに対しても女房, 其志望や大, 其忘れっぽい私で, 其忘れる癖を, 其忙しい事が, 其応対とを奇, 其応接間が空, 其忠言を聞き悟り, 其快楽を乱せるならむか, 其思召でお, 其思惑資金だけの金, 其思想所有者の性格, 其思想運動の經過, 其思想高尚なれば, 其思考の問題, 其急峻な山, 其性情行径亦各同じ, 其性格理想の幾分, 其性質一ならざるも, 其性質及其史料としての價値, 其性質大にプロメトイス, 其性質日本人及ひアイヌ, 其性質此の如くなる, 其怨念が友引き, 其怨恨の情, 其怪しいのが, 其怪しき夢は, 其怯懦を寫し, 其恋愛に真実味, 其恋愛観を批判, 其恐る可き, 其恐るべき禍の, 其恐ろしき眉の, 其恐怖の情, 其恢復の為朝鮮, 其恥ずべく忌むべく恐るべきは, 其恥ぢ処に, 其恩沢を蒙った, 其息女三人トモニ携越前ニ帰ルノ時秀吉, 其息子たちはそんな, 其悔恨はひしひし, 其悠然が駈つこしてる, 其悦びの羞, 其悪口が面白い, 其悪弊を矯めん, 其悪行の結果, 其悲しい聲は, 其悲しき死顔を, 其悲憤の情, 其情けの心, 其情夫誰なるや, 其情調とである, 其情趣とを失へ, 其惨めさがそれ, 其想像したる原形如何, 其愁殺するところ, 其愉快といふもの, 其意匠を仕立屋, 其意向を轉, 其意味さへ十分, 其意思論は蓋し, 其意想外なるに, 其意義本領を強調, 其意識なしに, 其意識以上の我, 其愚かしき性根とは, 其愚直は軽率, 其愛好者の一生, 其愛婿のプロイトス, 其愛子は特に, 其愛子ヘルメーアスに向, 其愛情益発達するとも, 其愛撫に小, 其感動を拍手, 其感受力を自分, 其感奮の情, 其感得を人, 其慣用動詞をめど, 其慣用手段たる孤軍長駆, 其憂いを深く, 其憂ひ比するにもの, 其憎くまるヽ, 其憎体さと云ったら, 其憔悴しさ, 其憤激を抑, 其憲政黨を同化, 其懊悩はもう, 其懐かしい村近く, 其懐しさは, 其懷疑的傾向を代表, 其懸念が絶えず, 其懸隔は全く, 其成就を欲せ, 其成敗利鈍は悉く, 其成熟の意味, 其成立クロノス並びにツォイス, 其成立事情の似た, 其成績の果して, 其成績優良なれば, 其我儘も中, 其戦争から真に, 其所在頗曖昧であるが, 其所懐を述べ, 其所有権を侵さる, 其所有物である校舎, 其所為であるかも, 其所蔵不過緊要必読之書, 其手ほどきになつ, 其手続を簡単, 其手続万事を依頼せり, 其手綱彼の手, 其手許を見, 其手足を截, 其手間で早く, 其手際なりしか目科, 其打合せは斯, 其扱いだ藁, 其扱きあげられた肩は, 其批判の任, 其批評的破毀的の議論, 其技能を知れり, 其抄本に跋, 其抑圧者の強奪政策, 其抒情文に依つ, 其投げだしたのは, 其折れ目を, 其折れた棕梠の, 其折助へは酒手, 其抜身で死骸, 其披露の饗宴, 其担任に係る, 其拓本の種類等, 其招きに応じ, 其招待状が屆, 其拝む度数が, 其拠り処と, 其括りつけた萱や, 其持ち出す際の, 其指す方を, 其指定したる場所, 其挙措に於, 其振作を圖, 其振動の緩急, 其振動ぶりは最初, 其振舞いは私, 其捕縄に就い, 其据膳につく, 其授与式の日, 其授業時數の大多, 其掛りの書生, 其採掘がどの, 其探検の筆, 其探究は他日, 其接吻を, 其接続語化しようとして, 其推定の果して, 其推察察し得て, 其掩護に乗じ, 其措置一時は政府, 其掲載された雑誌, 其揚言する学芸開放, 其損失以外にそれ, 其摂関たると, 其擁護者の家, 其操守を曲げた, 其擦れたところは, 其支度は朝湯, 其支度大方は出来, 其支払を何, 其支流幽, 其支渓を辿っ, 其支離滅裂な点, 其改善される時, 其改革顧問たらしめ我政治家, 其放散する風韻, 其放蕩と勉強, 其政事の才, 其政体乃ち協和なり邦国統治, 其政党をし, 其政府はどう, 其政治上の事業, 其政治的地盤とし, 其政治的生命の上, 其政治的監督牧師伝道師等に無き, 其政治社会が紛糾錯雑, 其救援を祈願, 其教理の本源, 其教科書は各国語, 其教義も少し, 其教育事業を樂, 其教訓其訓誡を論ずる, 其散る事を, 其散漫を二重, 其数倍の大き, 其数年の間, 其数年前に於ける, 其数日前から既に, 其数日前実父の病気見舞, 其数条を続, 其数頁を繰つた, 其整合的調和にあり, 其敷き写しとも, 其文体語勢平生読む所, 其文化が他, 其文字次第で大, 其文字此罪唯僧能治非一二三人, 其文字言語をも棄てよう, 其文學其美術等に徴, 其文才で瞞, 其文明国民たる知識, 其文理に於, 其文章詞賦の斧正, 其文章通り先祖のした, 其文通した人々, 其斑紋の美しい, 其料理人の拵, 其斡旋に勤めた, 其断りに来た, 其断層線上に仰い, 其断篇なる由縁, 其新しき物には, 其新たに取つた, 其新作許りを, 其新聞切り拔きを, 其新聞紙上で俳話, 其新鮮なる姿, 其施術者が受術者, 其旅程も次第に, 其旅行に事件, 其旅行記の中, 其族人の遊行, 其既往の失策, 其日常の点, 其日数より長, 其日暮シ其年碁シノ生活ヲナサシムル者ト考フルガ如キハ現實的改造, 其日本村へ渡つた人々, 其日本輿地図に題した, 其日本通は實, 其日記たるの性質, 其旦那様はまだ, 其旧習と其情趣, 其早く散るの, 其早晩自由党の大, 其早晩自由黨の大, 其昇進の事必, 其明くる日には連中一同, 其明くる日競馬場に這入る, 其明けの日, 其明る日も, 其明るい光りが, 其明証は楝軒詩集, 其昏迷を描く, 其映画のはじまる, 其昼寝したり, 其時世を越え, 其時世装の上, 其時代唯一の婦人文藝雜誌, 其時代外に全く, 其時代婦人の自, 其時代山田花子といつた, 其時勢あり, 其時春さんは能, 其晩方誰れとも, 其普請に傭, 其智勇絶倫にし, 其智識思想に相, 其暑い頂点を, 其暖かな日, 其暖かき日光を, 其暗き不自然の, 其暗礁から引きずり上げ, 其暴挙であるが, 其暴漢を抑, 其書き続がれ, 其書きかけはどう, 其書き方を見る, 其書き物は宮廷生活, 其書架に飾られた, 其書牘は文淵堂蔵, 其曾孫が三沢六郎為長, 其最奥にあるなり, 其最小事件即ち拙者, 其最終の目的, 其最近の生活状態, 其最高峰を駒ヶ岳, 其月見の四五日前, 其有力な一つ, 其有無の融通, 其有耶無耶になつ, 其有識階級の者, 其朋友等相共に広言, 其服装以上に明らか, 其望みを繋, 其望み通り和泉守にしてやった, 其期待を少し, 其期間親は当然, 其期限明言シ難キモ来月五月一日ヨリ三ヶ月間若クハソレ以上ニ渉ル事アルベシ, 其木立をひかえ, 其木綿とり垂でた枝, 其未亡人の噂, 其末孫が豐某, 其末尾に附加, 其末梢には更に, 其末流並びに伝説, 其末裔との事, 其本体論の後件, 其本元の薬湯, 其本姓を知らない, 其本字に從つて之, 其本山だけで買つて, 其本然の質, 其本義を忘れ, 其本能を満足, 其本能ニ依テ知ラズ識ラズ其本分, 其本能本性に立ち入り, 其本質的意義に於い, 其朱唇で笑つて, 其朴訥なるや, 其来られる神を, 其来り投ずるものは, 其来由を説く, 其来臨の稀, 其東夷傳は主として, 其東方の流布, 其東方湯の濱, 其松原から今日人, 其松平定信に与, 其果実の重量, 其枯れた木末に, 其栗毛蟲を落し, 其校友會からの御, 其校友會館でだるま揮毫, 其校正を持っ, 其根元たる中, 其根拠地を出発せり, 其根方を樒, 其根株に止った, 其格子戸をく, 其栽培に頼る, 其栽培法を調べ, 其案内されたの, 其梗概だけでも述べ, 其植物に躓かれた, 其業務の度毎, 其極りをつけね, 其極端なの, 其楽しさ, 其楽しい心地に, 其概括力に加, 其構想に於, 其構造及裝飾から吹き, 其槍術まさる民族, 其様子合を合点, 其標本はハイカラー, 其模倣だと, 其模範を示される, 其模糊たると, 其横暴を免れしめたる, 其横綱の男ぶり, 其樹立の結果, 其機嫌を取らん, 其機能は知れぬ, 其機関長とに別, 其機関雑誌に掲出, 其櫛笥の中, 其次の間に満ち, 其次第に分化し, 其欲望の湧き上る, 其歓楽の一方, 其止まる所を, 其止る所毎に, 其正しき目方を, 其正本が出る, 其武備機関の制度, 其武士に愧, 其歳暮の詩, 其歴史其文學其美術等に徴, 其歴史化した方面, 其歴史的事情とその, 其死んだ時に, 其死処を得た, 其死因が専ら, 其死屍は以, 其死活ヲ制スルモ亦許ス, 其死骸一人もみへ不, 其残酷な待遇, 其段だらの腹, 其殺戮の手, 其殺那焔のやう, 其毀誉相半の批評, 其母体なる物語, 其母堂とは御, 其毎年の收, 其毎年議会開会前後に於ける, 其毎年議會開會前後に於ける, 其毒害を及ぼし, 其氏子は正月三个日, 其民俗を行, 其民俗国情に随, 其民衆化は容易, 其気味あひ, 其気味あいが出, 其気品の如何, 其気品高からずし, 其気品高尚にし, 其気持ちが平生, 其気象台員の談話, 其気魄と精力, 其氷りたる脊椎を, 其永久に彼, 其永劫の面影, 其永遠を見凝, 其氾濫せる水の上, 其汎称としては臣, 其汚れた世に, 其汚れたる卓子に, 其決断を乞, 其決算の模樣, 其決闘は私, 其沈んだ姿を, 其沈痛な低い, 其沈着を取りもどす, 其沈黙はホン, 其沙汰不可停滯歟云々, 其河原の石, 其沿岸が大分, 其沿岸居民の慘, 其沿革を細説, 其泡沫を射, 其泡立つた乳を, 其波瀾を掛念, 其泥土的状態を神格化, 其注射器によって長吉, 其洗濯物が干される, 其洗煉せられた樣式, 其洞窟の口, 其洪水は寧ろ, 其活動振りに於, 其派手な模樣, 其流動性はこの, 其浄土をなる, 其浄瑠璃は旧, 其浦島子の幸福, 其浮華なる文辭, 其海岸にある, 其海岸線の全部, 其海賊仲間と或, 其海賊船といふの, 其海軍所に稽古学問, 其涼しい気持ったら, 其淋しさは, 其淋しい横顔を, 其深い深い愛の, 其深山へ持つ, 其深浅を知らず, 其淵源甚古くし, 其混乱を避ける, 其清い目に, 其清冽な水, 其清潔なる境地, 其済まない前は, 其渡り場には二人, 其渡渉ヲ厭ハズ, 其渡航者の群, 其温かな巣, 其温かい關係の, 其温泉或ハ湯花, 其渾然と仕上げられた, 其湖畔の道, 其満腔の愛国心, 其源泉に滾, 其源義家に吾, 其滅亡の期, 其滑らかなる葉, 其滑稽な樣子, 其演ずる藝も, 其演奏の前, 其演奏種目が殖え, 其潜行を持續, 其激しさを, 其激怒續けて休む, 其濁水に沒入, 其濃い緑葉の, 其濫觴ならん, 其為る所は, 其無事なの, 其無作法に驚きしならん, 其無学なるが, 其無益たるは, 其無邪気にし, 其無頓着である自然, 其焼失がそれ程, 其煙草とは調和, 其熱い時でなけりゃ, 其熱心なの, 其熱望したる, 其熱烈な意気, 其燃えるやうな, 其燃やして居る, 其爆発力の表現手段, 其父母妻子兄弟姉妹己が生命, 其父母生存者を導かん, 其父祖の功労, 其牛頭天王の垂跡, 其牡鹿半島を一々, 其物すごさは, 其物凄き光景を, 其物忌みの例, 其物案じがすむ, 其物理的内容の闡明, 其物理的解釋は全く, 其物語られる詞は, 其物語歌の性質, 其物象だけに就い, 其物質文明に眩惑, 其特殊な趣味, 其特殊事をさ, 其特異なる眼, 其特許状は家老連署, 其特質ありて, 其犯行頗ぶる重大, 其狡猾なる事言語, 其独立游離する様, 其独言が響く, 其狭い室の, 其狼狽して, 其狼藉に放任, 其猛勇の業, 其を豕, 其獣行翁の死後, 其獰猛を謡, 其獲るところ必しも, 其率いる所の, 其玉蜀黍を括つ, 其王女ヲ乞食, 其玩弄に沙山, 其玻璃器の大, 其現れる部分を, 其現場に駆け付け, 其理想中に適用, 其理想主義と云, 其理想人たるに適, 其理想其議論を語る, 其理想派たり写実派たる, 其理想的享楽生活を楽しん, 其理想的娯楽即品位, 其理想通りの形, 其理想郷も今日, 其理由ハ智力單素ナルヲ以テ知覺スベキ關係ハ夾雜組織セル者ニ相應給スルコト能ハザルニ在リ, 其理解が聴きたく, 其瑕瑾を発きたる, 其生きると云う, 其生ける時戰場を, 其生ずる處の, 其生みの親と云つて, 其生れるのを, 其生れ故郷に於, 其生れ立ちの奇瑞, 其生存の最高, 其生成が新しい, 其生成力を男女性, 其生来獰悪人であったが, 其生活のも一つ奥, 其生活基礎タル土地ヲ奪取セラレツツアルヲ, 其生活法を嫻つてさ, 其生活風習思想言語に於, 其生物に屬, 其生理と性理, 其生理的に不自然, 其生理的作用に於, 其生産とを予祝, 其生育如何は自問, 其生誕の何年, 其生長発育の順序, 其産出の上, 其産婆の許, 其用途さへ著しく, 其由来不明な釆部, 其由来甚ダ遠キモノノ如ク現今却テ, 其甲冑を脱し, 其甲府図幅が手許, 其甲斐万が一にも無, 其男子太郎ハすこしさしきれなり, 其界隈は封建, 其畏怖と懊悩, 其留守中に腹膜炎, 其留守前日より分らずし, 其留守宅を訪うた, 其留守宅ニ相当ナル資産アリテ生活費ニ充ツルコトヲ得, 其留守居の霞亭, 其留針で一寸, 其略伝を聞く, 其異同は各々, 其異様な網, 其畳んだ紙を, 其疎らな草, 其疑問は決せられ得べし, 其疲労は甚, 其痒い處を, 其痛罵も的, 其痼疾に悩まされ, 其発想上の曲節, 其発生点を追求, 其発行は応さ, 其発行部数は莫大, 其発表したる意見, 其発言を聞かざる, 其発足点を根, 其発電者は好意上, 其発音が我々, 其発頭人の一人, 其登りが莫迦, 其登庸昇進必ず能否, 其登攀隊に随行, 其白い優しい手の, 其白き生絹の, 其白河に今, 其白髪を染, 其白髪頭の名前, 其百万の一, 其百姓に使, 其百姓家へ移つた, 其皮肉の低, 其盛装した令夫人, 其監修を為し, 其目出度さも, 其目指す點が, 其目的地に達し, 其目的彼の如く, 其目的点に達せ, 其目録あり甚だ, 其目鼻を移動, 其盲動から達した, 其直ぐ側の兼, 其直前の, 其直属でないもの, 其直覚的烱眼に於, 其相続者摸擬者等の文学上, 其相聞歌的に飛躍, 其相聞贈答の短歌, 其相談相手になつ, 其真勇を睹, 其真意は日本, 其真摯なる時, 其真珠と紅宝石, 其真義を尋ねざりし, 其眷顧ヲ全, 其眺望と景観, 其着想の奇, 其着想奇逸にし, 其矛盾不合理を摘發, 其知らざる物理をも, 其知らせがシバ, 其知らぬ美人の, 其知り得たる上にて, 其知れる所を以て, 其知識慾を充たす, 其短歌とてもある, 其短歌成立の動機, 其短歌若干首之を敲け, 其短篇の第, 其破れ汚れんこと, 其破壊を恐れ, 其破壊的の一面, 其破壊的作用をのみ見, 其硝子一重の外, 其確かな意識, 其社殿さへわづか, 其祀る神にも, 其祖父の隆信, 其祖父米庵に就い, 其祖神なるお, 其祝いをし, 其祝意をうけ, 其祝詞以外に呪詞, 其神事の風, 其神意をば動かさず, 其神智の事共, 其神秘的な美し, 其神聖観の加, 其神職諸君に此上, 其神話中に天然物素争闘, 其神話解釈の唯一, 其祟りからアテン, 其祭事が段々, 其祭壇はわが, 其祭文によつて, 其福助さ, 其禿頭だの足, 其秀麗の面汚し, 其私塾は江東義塾, 其秘伝を受けついだ, 其租税によつて其民, 其秤量重シト雖ドモ, 其称呼を存, 其称賛の声, 其移住ヲ禁ジ, 其移住以前の本郷, 其移動が其後, 其移植の月日, 其稀有なる厳格, 其程よく解らない, 其程度先ヅ三大原則, 其種々な叫び, 其種姓を陳べ, 其種本ではあるまい, 其穏やかな眠, 其穢い穴の, 其空間に挿入, 其突出の力, 其突然起った今日, 其窪んだ眼の, 其窮極の達, 其立ち場に立つ, 其立てた膝に, 其立て場のあつ, 其立腹の理非, 其章句の不, 其競争者というの, 其竿頭から三方, 其筆意を取らん, 其筆頭はフィンランド, 其答えを得よう, 其管絃を奏で, 其節奏は固, 其節度あるべし, 其範囲内に生長, 其簡抜択用或は政党員, 其米川氏がどう, 其粉飾を脱し去れ, 其粗暴な言葉, 其粗末な小さな, 其精力過絶, 其精巧なもの, 其精神元気を改造, 其精神其内容が如何, 其精神的要求と同じく, 其精神酷だ相似たる, 其精緻に驚きし, 其精華なるシバルリー, 其糺問を扣, 其紅葉ではなかっ, 其紅雀の天窓, 其純潔すら疑, 其純粋な古代精神, 其紙質墨色書體よりする, 其素志は攘夷, 其素朴性を喪失, 其素行について少し, 其細いくるくると, 其細かな粒, 其細川の下, 其細微の部分, 其細腰には黄金, 其紹介状を貰つて小石, 其紺碧の水, 其終始附纒つた功名心は, 其終焉の月日, 其終章に曰く, 其経典に取りし, 其経営交際を名, 其経巻の貝, 其経済雑誌が世上, 其経緯は面白, 其結び玉になるべき, 其結ぶ實の, 其結婚が法律上不都合, 其結尾は第, 其結果すつかり態度, 其結果下句の抒情, 其結果事實網は新, 其結果二億圓以上の在外資金, 其結果修飾部が叙述部, 其結果僕と僕, 其結果其功用其的を観察, 其結果出版法だか, 其結果却て自身, 其結果吉と出れ, 其結果如何は前論, 其結果学問によつて身, 其結果宋から元代, 其結果彼は結婚以前, 其結果心剰つて語, 其結果我國の金利, 其結果支倉は百円, 其結果最後に其怒, 其結果歌が著しく, 其結果歌垣の終り, 其結果此本の編者, 其結果此頃になつ, 其結果殆ど荒誕無稽に陷, 其結果比良坂の絶誓, 其結果河を名, 其結果源氏は須磨, 其結果當時の著述, 其結果皇族を臣下, 其結果矢張り十五圓といふ損失, 其結果社會に迷惑, 其結果祝詞の表現法, 其結果禹が真, 其結果自由民権の説, 其結果賓客と連帶, 其結果金峰山から東, 其結果随て同じ, 其結果隨て同じ, 其結論を応用, 其統一は四囲, 其統治を受, 其統率者であつ, 其統轄隷屬する關係, 其絶句のみを録する, 其絶壁の横, 其經過を待つ, 其継続者は政府, 其綺麗さは何, 其綾子さんの監督, 其緊張と共に二人, 其総べてを包羅, 其総体の分量, 其緘黙は蓋し, 其編成の次第, 其編纂者の思想, 其編輯局へ行つて, 其編集に万全, 其編集局へ行つて, 其練り物の名, 其縁戚の一少年, 其繁簡の度, 其繁華大に衰, 其繁雑がと, 其織物の見えぬ, 其繰り返しをもどき, 其繰り返へすと云, 其置く場所を, 其羅紗が買, 其美しい勇ましい臨終に, 其美女も, 其美術は唯, 其美術家と職工, 其美術等に徴, 其群舞一つは叙事詩, 其義務兵役から生ずる, 其義務年限の間, 其翌年丁巳経を執っ, 其翌年七月朔日水中に没す, 其翌年三月に至って, 其翌年天子親祠したの, 其翌年小野篁伝天明に移りまし, 其翌年最愛の妻, 其翌年賭博現行犯で長野, 其翌年鶴千代丸に元服, 其翌月二十六日其交換を了, 其翌月私のやう, 其翠緑の衣, 其老婆の一切, 其老練な愛嬌, 其老臣等によって注意, 其老衰の身, 其老親ノ扶養, 其考案の實施如何, 其考証精密なる学者風, 其耐震價値を傷つけ, 其耕作の勞, 其耳元に照ちやん, 其聖堂には六年前, 其聚落の有る, 其聳えた下の, 其聴いただけを合計, 其職務上記注する所, 其職掌を尽し, 其職責を禁ぜられ, 其肉食を嫌, 其肝腎の部分, 其肝要なところが, 其肢体を縛っ, 其肥大の躯, 其肥満の体躯全部, 其胸壁を崩すべく, 其胸奥に自然, 其胸襟闊達物として相, 其脂肪アキルリュウスは取り出し, 其脇腹を貫け, 其脳天を小さく円く, 其脳髄を以て恐し, 其腫れぼったい瞼は, 其腹癒せに人, 其臣民ニ満足ヲ得, 其臥床を他室, 其臨終の情懐, 其自体人間の或, 其自信に強き, 其自尊自大と云, 其自殺を諷す, 其自然其物の有難い, 其自然木の息杖, 其自然法を自ら利用, 其自由貿易と云, 其自身完全なもの, 其自身文学だと, 其自身針葉樹林の小, 其致仕後の称, 其興奮から一種, 其舞踊を伴うた, 其舞踊者の転詠, 其船尾に記され, 其船頭は悠然, 其船首を左方, 其芸能は小吏, 其芸術が一見, 其苗裔に至り, 其若々しい横顏と, 其若き子の, 其若草の陰, 其若葉は此あたり, 其苦楽を共に, 其苦笑にはどう, 其苦行をし, 其英才はいよいよ, 其英雄たるの質, 其茂みの中央, 其茶入は秀吉, 其草木は只, 其草葺の屋根, 其草鞋をとん, 其荒い隙間から, 其華奢麗沢も自, 其華麗の軍裝, 其萌しは此時以後, 其萎れた姿を, 其落ち付き払つた態度に驚ろか, 其落葉へ雨, 其著しき例である, 其著作者の性格, 其葡萄の木, 其葡萄樹を撓, 其葬る場所に, 其葬儀の委細, 其葭簀を透かし, 其蒼いのも, 其蒼天へ向い, 其蒼白い旗影は, 其薄命を憫, 其薔薇色なりし頬, 其薨去せしとき, 其薫りクロニオーンの青銅, 其藤野が近頃, 其蘊蓄を評する, 其虐待侮辱の下, 其虫けらにそれ, 其蝋燭既に燃尽, 其蝦夷を以てコロボックル, 其螺旋は自然, 其血肉を掴む, 其行き方の異, 其行き着く土を, 其行儀の悪い, 其行動兩つながら, 其行方さへ知れなくなる, 其行衛は如何, 其衣食住は殆ど, 其表出のすべて, 其表現法は此, 其表現発想の方法, 其表象能力を備, 其衷情憐むに堪へ, 其衷情憐むべし, 其被告は犯罪, 其被害投書がイクラ, 其裂け目を完全, 其装幀の美, 其補筆は枳園, 其製作当時に於, 其製作形状等に付, 其製品は名人, 其複合組織せられたもの, 其複数なること是, 其複雑な線, 其褒美を得ん, 其襟髪を取ろう, 其襤褸を取りひろげ, 其襲名を憚つた実例, 其西方に連嶺, 其西洋の文明, 其西洋人を合せ, 其西瓜であるかの, 其西郷ハ島流の上ニ其地ニ, 其要件が調う, 其要請する地位, 其見えない女の, 其見たものを, 其見物したこと, 其見物人といふの, 其見知らぬ人は, 其見積りの代価, 其見習士官が發, 其見聞接觸する所, 其規則を宛てはめ, 其規約の作製, 其親子に非, 其親戚朋友ヲ伐, 其親戚知人との外, 其親指を上, 其観察の深く, 其解り難いと, 其解脱を説きたる, 其解説者としての宿老, 其解釈が国, 其言い伝えもなく, 其言挙げに因つて惑, 其言葉通り婿にした, 其言葉附から妹, 其訂正を求める, 其計りを思ひ, 其計画通りに強, 其計算法が宜, 其訓誡を論ずる, 其記事中に, 其記事何れも簡單, 其記事文の尤も, 其記念を永久, 其記憶中にあり, 其記憶力を養成, 其記者をも記事, 其設備を意味, 其設置を語りぬ, 其許しを乞うた, 其許可を得れ, 其註解ですそして, 其註釈としてはなるべく, 其詐偽を行, 其詔勅が下れ, 其試みが嵩じ, 其試写会に立会った, 其試験が出来, 其詩壇を擔當, 其詩想を発揮, 其詩文には多く, 其詩篇が一々, 其詩話の正篇, 其詮議は極めて, 其認定した事実, 其認識を新た, 其誓文はひき抜かれた, 其誕生当時すでに大, 其誕辰に開かれた, 其誘惑に従はん, 其語りにも色々, 其語り人の神格化, 其語り物の仮り, 其語れる事を, 其誠実を肯, 其誠心を感じ, 其誤解を解かん, 其説明中に, 其説経には重い, 其読書の嗜好, 其読書力には際限, 其とも知れぬ, 其調和を失う, 其論及する所, 其論旨まで買, 其論理上必須の結果, 其論説を翫味, 其諷刺の原料, 其諷誦宣布した詞章, 其諷誦文を大江匡衡, 其諷誦法うたふからうたひと, 其謂れなく候間, 其講演は決して, 其講究に注意, 其謝絶に次いで, 其謬見中にては自然, 其讚美の語, 其豊富な海, 其象嵌でない部分, 其豪勇の諸, 其貞操問題が平安朝, 其負傷して, 其財政難なりき, 其財産が凡て, 其貧しさを, 其費やすところの, 其貿易は甚だ, 其資本を運転, 其資産勝ちたる者の手, 其賠償を受け, 其賠償トシテ三分利付公債ヲ交付ス, 其賠償トシテ三分利付市債ヲ交付ス, 其質問で予, 其質素の中, 其購入に定め, 其贈答の話, 其赤ら顔は酒, 其赤子之心者也, 其赴くが儘, 其起りし日にかけて, 其起居挙動の野鄙, 其超過額丈ケ賠償公債ヲ交付セズ, 其趣味主張を一切胸, 其趣旨ヲ察スルニ, 其足らざる所を, 其足利時代と鎌倉時代, 其足許に地, 其足駄を運ん, 其跳梁を止め, 其踊りのやまと, 其踊り歌の聯毎, 其身元を洗う, 其軌を一にす, 其軍律の嚴然たる, 其転変から醸し出される, 其転結に, 其軽快を祈る, 其輪廓さへも書く, 其輪郭は廣重的, 其農夫は草, 其辻占を一つ, 其近き畑にて, 其近く下に瀑, 其近傍作性之官具, 其近親某に寄せた, 其返しハ後より, 其返礼に大概, 其返答疏なるは, 其述作する所, 其迷いが募っ, 其迷宮に拘束, 其迸るが儘, 其追懐で持切つた, 其追記の部, 其逃亡を阻ぐること, 其通りダリユシカは密, 其通りチャンと生き, 其通りチヤンと生き, 其通り与右衛門さんは神仏, 其通り何も話す, 其通り何時まで迎, 其通り十年も掛, 其通り古代に用, 其通り娑婆にいる, 其通り後前互違, 其通り敏に傳, 其通り況んや曾, 其通り無礼背徳だ, 其通り當座にこし, 其通り目の下のどす黒い, 其通り腰曲つたので, 其通り行方解らずなり, 其通り角が無かっ, 其通り迚も戀愛, 其通信の一行, 其速きこと思ひ, 其造らうといふ, 其造りなるを, 其造れる天地の, 其連子で義理, 其連山の高低, 其連続について問題, 其進歩党は更に, 其進歩改進の小, 其進歩黨は更に, 其進航を續けた爲め, 其進行を阻む, 其遂行の途中, 其遊び場所の最も, 其遊戯其会話其趣味を探らん, 其運びをするで, 其運動塲に驅, 其運動機械及び之, 其運動状態を變, 其運動自身が起るべき, 其運命實にかく, 其運行に任すべき, 其運転手の独逸人, 其運送船が丁度, 其過ぎ行く邑落において, 其過去帳を持回つた, 其過渡の時間, 其過程過程が省みる, 其道徳から逆, 其道徳文學等も良く, 其道義感と文学, 其道義的意義が客觀的, 其遠い山々の, 其遠慮なきは即ち, 其遠祖の兄弟三人, 其遡行の大略, 其選んだ妻を, 其選挙に干渉, 其遺品も今日, 其遺品非常に多き, 其遺恨と云う, 其遺文を下, 其遺言状は箇條書, 其遺訓をも拝聴, 其還りし後と, 其還り来りし時は, 其邪魔をしよう, 其部民或神人, 其部落の伝説, 其郵便が日本, 其都度お茶をだし, 其都度一語の変化, 其都度二人は同じ, 其都度女の人たち, 其都度形容する煩, 其都度復活の力, 其都度意見弁明を求めたる, 其都度母様に教, 其都度私は左右, 其都度紛失物が出, 其都度老爺は笑, 其都度雪を汚し, 其配偶神との葛藤, 其配合物は偶然, 其酒席に侍, 其酔漢は父, 其醜態を満, 其醜行を咎むるは嫉妬, 其里程の短距離, 其重みの下, 其重み些の煩, 其重傷を時, 其重用せらる, 其重症者は皆, 其野口君が札幌, 其野宿が何, 其野山の間, 其金子を渡し, 其金箔にした, 其釣合を得, 其銀杏の蔭, 其鋒鋩を挫, 其鋭さが日本現代, 其錯簡を疑つた, 其鍛錬の技術, 其鎮座の所, 其長子六堂恒善との教, 其長子政太郎は文化四年生れ, 其長文なるを, 其長期の禁欲生活, 其長男が徴, 其長野の馬鹿, 其門弟に列す, 其門戸及宗族尊卑各有差序, 其門扉は我が, 其開いた葉の, 其開墾の仕事, 其開発の年代, 其開祖と仰がれる, 其閑散を狙つて來, 其間山脇道作の男玄智, 其関係上前便封書にて該家, 其関係比例を頭, 其閲読を煩さ, 其防ぎにサリスベリー野, 其附属して, 其陋醜を遺, 其限度内ニ於テ確實ナル所有權ヲ設定サルルコトハ國民的人權ナリトス, 其除いた諸篇, 其除夜の詩句, 其陰陽五行説の本, 其陰陽道の方式, 其険阻なのに, 其陽気な調子, 其隆起せる山頂, 其階段を降り, 其随伴をした, 其障子外に発生, 其障礙を数, 其隠居之処也, 其隠遁生活の記録, 其隣りでは表, 其集合概念としてあらはれた, 其集合點を他, 其雑沓の中, 其雑誌屋の前, 其雑踏を掻き分け, 其離れて近づく, 其離れ屋を取卷き, 其離婚のこと, 其離縁は無, 其難問に答, 其難易を説く, 其雨季はもう, 其雪渓は直ぐ, 其雷同者とかの列, 其電報体から暗示, 其震動は主, 其青き眼を, 其青年共に世界, 其青春のつや, 其青空をすら余さじ, 其静かな月, 其非違を分明, 其面倒は容易, 其面持も見る, 其面白味を十分, 其面貌を見なかつた, 其革命運動は即ち, 其革砥の音, 其鞏固を得べき, 其音信を為せる, 其音韻變化がま, 其音響は固, 其音頭をとられた, 其響き手に至る, 其順境らしいの, 其預言者等を以て聖書, 其頑固なのに, 其頒布自由なりしもの, 其頓狂な下品, 其頗る便ならざる, 其領袖西周津田真道森有礼等に因り, 其頻繁の度, 其願文を草, 其類似を云う, 其類似一致の第, 其類似点が明らか, 其類例が少から, 其顧問に成つて, 其風体の句, 其風体各々異なれど, 其風呂が氣盡しな他人, 其風土を審, 其風土記にも知られ過ぎた, 其風姿の美, 其風景の補, 其風景画は完全, 其風格に相違, 其風采容貌の欧洲本土, 其風采言行の非常, 其飛行場へ一度案内, 其飛行家は総て仏国, 其飛躍転用する方法, 其飛鳥都すら高天原広野姫尊様, 其食事の世話, 其食堂に坐った, 其飲食遊戯の時間, 其飼主と村民, 其飽くまで氣高かい, 其養子にせられた, 其餓鬼に対しての名称, 其首途に, 其香木に登り, 其馬脚を露, 其馬鹿気さ加減の程度, 其駱駝を盜, 其騒々しい声すらも, 其驕慢の照覽, 其驚くべき戰鬪力について, 其驚異すべき処女作小説, 其驥足を伸べ, 其骨髄を穿つ, 其高きなる, 其高く竿頭に, 其高く優しき行為を, 其高尚な永久, 其高山滞在は極めて, 其高級巫女の下, 其高言に憤り, 其高足弟子たりし, 其高麗百済新羅人等, 其髪の毛なら手前, 其鬱憤を洩す, 其鬱積した心, 其鬱結を散ずる, 其魂魄を和める, 其魔術師の工夫, 其鳴くや哀し, 其黄色い齒を, 其黄金が果して, 其黄金機会がない, 其黄金機会ツていふ, 其黒い点ばかり, 其黒きに反映, 其齎す詞章が