青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「兵馬~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

共に~ 共同~ ~共通 共通~ ~兵 兵~ 兵士~ 兵衛~ ~兵隊 兵隊~
兵馬~
~其 其~ 其の~ 其他~ ~其処 其処~ 其後~ 其方~ 其時~ 其處~

「兵馬~」 3247, 35ppm, 3337位

▼ 兵馬~ (1237, 38.1%)

33 それを 12 それに 9 ここで 7 お君 6 それが, そんなこと 4 お銀様, その晩, またも, 二人の, 憮然として, 金剛杖を

3 [18件] お松の, かえってそれ, これを, ぜひなく, そのこと, その声, その時分, 七兵衛の, 二人を, 何とも答えない, 例の, 刀を, 手を, 眼を, 能登守の, 見て, 覚えて, 足を

2 [71件] いろいろの, こういっ, こう言っ, ここに, ここへ, この女, この時, この辺, こんなこと, そこに, その女, その手, その方, その時, その翌日, その駕籠, つづいて, どうした, ひらりと, ハタと, ワザと, 一人で, 一見し, 主膳の, 仏頂寺の, 以前の, 何か, 何と, 先に, 半身を, 呆れながら, 呆れ果てて, 和尚が, 唖然として, 嘉門の, 変な, 天を, 女の, 寝返りを, 居合腰に, 強いて, 思いきって, 思い切って, 急に, 敵の, 旅日記を, 最初から, 机竜之, 柳の, 気が, 涙に, 無事に, 無言で, 眉を, 神尾の, 立って, 竜之, 笑い声で, 美作を, 聞いて, 膝を, 自分が, 自分で, 自分の, 舌を, 苦りきって, 茫々然, 蒲団の, 蒲団を, 金助の, 金助を

1 [944件 抜粋] あすは, あとを, あの芝, あまり不思議, あらゆる緩慢悪寒, ありそう, あわてて, いいつづけようとしてか, いかんとも, いざ別れよう, いったが, いつでも, いつも堅く, いま枕について, いま石段から, いよいよますます慇懃, いよいよ呆れ返っ, いよいよ好い, いよいよ済む, いるか, うつらうつらと, えりん, おしいただいて, おじさんと, おとなしく頼む, お先へ, お絹, お雪ちゃんと, かえって意味, かなりいい, かの天蓋, きまりが, こうして山崎譲, こうつぶやく, こう言い, こくめい, この, このごろ吉原通いが, この一刻, この人, この場合, この夜, この好, この家, この少年, この御殿, この泣きたい, この男, この種類, この者, この蒲団, この間の, この頃, これから一層芹沢, これが, これに, これは, これ幸い, こんなジリジリ, こんな温泉, さだめて拙者, しかと見定め, じっとただ, すべて彼の, すれ違いに, ずかずかと, そういう気, そうも, そう思案, そう深刻, そう言われる, そこで息, そこで福松, そこへ, そっとあと, そのあられ, そのあわただし, そのだらし, そのまま帰っ, その上, その二品, その例, その前路, その和尚, その夜, その大, その屍骸, その後ろ姿, その思い, その日発足, その槍, その機会, その点, その現実, その異様, その目的, その絵馬, その羽目, その翌朝, その腕, その金剛杖, それからそれ, それから小, それでいちおう, それでやや, それどころで, それにも, それほどまでに, そんな感じ, たかが一疋, たしなめるよう, ただこうして一歩一歩, ただその, ただ苦々しい, たちどまりました, たちまち徐州, たよりなき, ちょっと動き, ちょっと宿, ついこの, ついにうつむい, ついにその, ついに堪え兼ね, ついに浴場, つかれて, つと飛び退っ, とある家, とりあえず宿, どうしても多少案内, どうしても見逃す, どうもこんな, どうやら覚え, どのぐらいの, なお何, なお手強く, なにげなく二階, なるべく音, なるほどと, なんだか白骨, なんとなくいよいよいい, にわかに腰, ひとたびは, ひとり温泉の, ひとり起き直っ, ふと何事, ふと彼等三人, まことに宙, まじめに, まずこの, またそこ, またぞっと, またもや笑った, またも暫らく木, また弁信法師, また淀, また苦し, まだ四十臺, まだ日脚, みな許都からの, もう, もうよかろ, もう全身, もう猶予, もはや金助, やがて寝, やはりそれら, やはり呆気, やはり渦巻く, やはり腕組み, ややあっ, やり過して, ゆくりなく吉原, ようやく女, ようやく筆, よけいな, よろめきながら, アルプス方面の, カッと, グッと, スカされ, テレ隠しを, ニヤリニヤリと, ネチネチと, バネの, ヒヤリと, ムッと, 一つところを, 一定の, 一文字に, 一時それの, 一歩進んだ, 一種の, 一種異様の, 一膝つめよせる, 一足進む, 万字楼の, 上に, 下から, 不幸に, 中房あたり, 主膳を, 事実苦しい, 二度目には, 二階で, 井村を, 今かつい, 今はじめて, 今夜の, 今日まで, 仏頂寺弥助と, 仏頂寺弥助の, 低い声, 何ぶんにも, 何物かの, 依然南, 信長を, 傘を, 兄の, 全く不用意, 全く機先, 兩眼を, 内心非常に, 再びお, 再び二階, 出かけたもの, 切っ先を, 別に一人, 刺すよう, 前以, 加賀能登方面に, 勇の, 勘定奉行の, 北原賢次が, 北国街道を, 十六歳, 十津川から, 南条から, 南条が, 即ち朝廷, 厚く礼, 反問しました, 取合わずに, 可愛ゆい, 合点が, 合点の, 同じところ, 同じ方法, 君江へ, 呆れて, 呆れ返ったのみ, 咄嗟の, 咎めて, 嘆息しました, 城外に, 増強され, 壮快な, 変に, 多分これから思い起した, 多少心中, 夢の, 大いに疲れ, 大木戸あたりに, 天の, 天守台の, 天正五年十月二十三日以降西へ, 奇妙にも, 女が, 好奇心と, 嬉しい人, 孤身漂零として, 実に不審, 実に度し難い, 実際自分, 宮川を, 容易に, 寝たまま, 寝も, 寺の, 小さな声, 小提灯, 小石を, 小首を, 少しおかしい, 少しく身, 少しばかり, 少し離れ, 少なくともそれ, 尺八だけは, 山路の, 峠の, 己れ, 巻きかけた右, 帰るとも, 平湯の, 幾度か, 府外に, 引返すうち, 強くても, 強大だ, 当時宗猷寺に, 当然の, 彼等を, 往来に, 後れじと, 後ろを, 後を, 微笑し, 心の, 心得て, 心急がれ, 心苦しくも, 忖度し, 怖れ, 思いながら, 思いました, 思い合わされて, 思案し, 怺え, 恐縮し, 愕然として, 慚愧と, 慢心和尚の, 憤然として, 懐しく思っ, 我に, 戦くばかりの, 戸袋の, 手に, 手強く詰問, 手放して, 打ち込まないで, 抜け目が, 押し返した, 挨拶を, 携帯の, 改めてこの, 教えられた通り, 新お代官, 早くお松, 早立ちの, 早速二階, 明るい月, 明日出立の, 暫く待たせられました, 最初の, 最後に, 望月家の, 木蔭から, 札の辻の, 机に, 松吉へ, 案内知ったる, 極めて怪しい, 極めて無事, 横合から, 橋の, 正直だ, 正直に, 死屍を, 残念の, 気がつけば, 気の毒と, 汗を, 決心し, 河原道を, 流鏑馬の, 浅水江尻水落長泉寺鯖江府中今宿脇本さば波湯の, 渚の, 湖を, 激怒に, 火事の, 炉辺に, 無意識の, 無理を, 焦心り込ん, 熱鉄を, 燈下に, 物の怪に, 獄に, 王子の, 王子へ, 甲府へ, 番町の, 病気という, 痛切に, 白山を, 目の, 直ちにそれ, 相も, 相変らず, 相扶, 真蒼, 眠くなり, 瞬く間, 知らない, 知らない人, 石を, 社の, 神尾主膳を, 禁門に, 福松を, 秋草を, 空しく先刻, 突きつめた心, 立ち上りながら, 笑止げに, 答えて, 答えないで, 篤とその, 粛々彼の, 紀州の, 紋也の, 紙と, 経験が, 続々送られ, 繰返して, 義経の, 老女の, 耳新しく聞い, 聞きよう, 胸に, 脆くも, 脚絆を, 腰掛に, 自信が, 自分ながら, 自然過, 自身風雲児を, 興味を以て, 色の, 苛立って, 苦々しそう, 苦笑いし, 苦笑ひ, 茫然として, 荒々しく, 落着い, 薄化粧を, 薬缶や, 蠅を, 褥を, 西片上の, 要路の, 覆面した, 見えぬ眼, 親切な, 計らずして, 計らず都合, 訊いたの, 訝りましたけれど, 調べられて, 諦めいっそ, 譏笑的, 賊の, 起きて, 足もとで, 足許から, 踵を, 身には, 身を, 身仕度を, 身軽く, 軽く, 迎えるよう, 近江に, 返事が, 迷惑そうに, 追い詰め米友, 逃げ惑, 逆の, 逞しく長江, 逸りきった犬, 過ぎ行く乗物, 遠征の, 邸を, 重ね重ね苦々しい, 金包を, 金蔵の, 金蔵を, 長くそこ, 長火鉢の, 限られた城郭, 陸路を, 障子を, 隠そうとしても, 雪を, 露路露路を, 静かに, 頭を, 飛びかかったが, 飛び越えて, 飛騨の, 飽かずに, 駒井能登守から, 駒井能登守を, 駕籠を, 驚いたのみ, 驚かなかった, 驚嘆し, 黒

▼ 兵馬~ (560, 17.2%)

12 面を 11 ために 9 前に 6 姿を, 方へ 5 権を, 胸に 4 刀が, 眼の

3 [15件] あとを, ことを, 事に, 前へ, 名を, 声は, 寝て, 手に, 手を, 方で, 方に, 眼には, 袖を, 足を, 部屋を

2 [44件] あいだに, ためにも, ほうを, ように, 両刀を, 事を, 先に, 刀を, 夢が, 姿は, 左の, 帰りを, 座敷へ, 心が, 心を, 方が, 槍先が, 権, 権は, 眼から, 眼と, 眼にも, 眼前へ, 稽古ぶりを, 立って, 籠手を, 耳に, 耳には, 股を, 胸には, 胸へ, 胸を, 膝を, 言葉が, 身の, 身の上の, 部屋の, 隙を, 音が, 頭が, 頭に, 頭には, 首に, 首を

1 [365件] あいだを, あたりを, あとに, いななきを, いる一間, うごきだ, うごきは, ここへ, こと, ことには, ことは, この心づかい, この頃, こもって, ごとき租税, さして, すべてに, その凝結, そばへ, たてる音, ため陣やすみという, ところへ, なすところ, はそれ, はとにかく, わけて, ドテラ, 一味から, 一徹な, 一眼を, 一行です, 一行を, 上に, 上へ, 不審がる, 不意の, 中にばかり, 予想通りで, 争いは, 五臓六腑まで, 人と, 仕業であります, 体へ, 使命は, 便りは, 修練は, 修行を, 傍には, 働きとして, 兄と, 充実資金の, 先廻り, 入浴中を, 兵馬たる, 凍死する, 出かけた先, 出入車馬舟楫の, 刀の, 刀は, 列が, 列は, 到らない戦塵, 前も, 前を, 前路, 剛刀に, 剣術ぶりを, 剣道には, 力では, 力によって, 力を, 勢威は, 去り行くあと, 友人で, 双刀, 取越し苦労, 口から, 口許へ, 口調は, 吉原へ, 名, 周囲に, 哮び, 唯一の, 問いに, 問いを, 喧騒が, 囁きを, 囚われて, 在所を, 坐って, 場合は, 声が, 声で, 声でありました, 声です, 声には, 声を, 夜目に, 大半は, 大本を, 大移動, 大群は, 失望した, 奔流と, 奴隷と, 姓名だけは, 姿から, 姿が, 姿勢は, 威力, 娘お, 安否を, 客と, 室へ, 寝床へ, 寝息あちらでは, 寝鎮まるの, 寝間へ, 尋ねたいの, 小腕, 左右へ, 巷だった, 巷に, 幻覚は, 座敷の, 弓箭は, 弱味が, 弱味でしょう, 強大は, 影が, 影で, 影の, 影も, 後ろに, 後ろへ, 後ろ姿を, 後を, 得意と, 得意は, 心では, 心に, 心には, 心にも, 心は, 心持が, 心持ちであろう, 心持ちと, 心持も, 心頭に, 念頭から, 怒るより, 思案に, 意気込むにつれて, 感心する, 態度が, 懐中には, 懸念と, 手から, 手を通じて, 手並に, 手並を, 手許に, 打込み, 抱いて, 抱えて, 押し手を, 拡充を, 拳が, 挙動は, 推察は, 損傷は, 政なり, 政を, 数こそ, 敵では, 方から, 方を, 旅装を, 旅費までも, 昂奮が, 朝糧は, 本意で, 机へ, 来ること, 来るところ, 来るの, 東奔西走を, 枕許まで, 枕許を, 棟梁一世の, 槍は, 権とやらは, 権に, 権の, 権をも, 権を以て, 権他人の, 権力, 権力を, 権幕に, 横面を, 横顔を, 權に, 權を, 歩みは, 死骸が, 殺気が, 気が, 気に, 気負いただならず, 決心が, 沈黙が, 浮かぬ面色, 消息を, 渾身の, 準備だ, 無心を, 熟睡を, 物々しさ, 現在は, 理想は, 用心がかへ, 用意は, 用意を, 留守の, 留守中用あり, 疑点が, 疲れを, 病気は, 目ざわりに, 目的には, 相談役も, 眉間へ, 真面目に, 眼, 眼で, 眼は, 眼を, 眼前に, 着物を, 知ったこと, 知らない話, 知ろうとして, 神主讃美の, 移動が, 稽古し, 積込みも, 空想を, 突き出した槍, 突き詰めた顏, 立ち姿が, 立ち姿を, 立去ったあと, 竹刀それよりも, 竹刀を, 笑殺的な, 第一, 答へには, 組と, 統領たる, 総督を, 編制を, 置手紙を, 義理の, 耳と, 耳にまで, 耳にも, 耳へ, 耳へは, 聲が, 肩へ, 胸にも, 胸の, 脳中に, 腕の, 腹に, 腹は, 膝に, 舌が, 芝居を, 若い心持, 苦心や, 苦心焦慮した, 苦痛を, 英雄に, 英雄の, 荒淫らしい, 落ちて, 行くてを, 行動に, 行方を, 衣服大小の, 表情は, 袖に, 袴の, 装備を, 言いわけ, 言葉の, 言葉を, 訓練は, 訪問を, 許へ, 許婚を, 話しぶりを, 語るところ, 説明を, 調練軍需の, 諸君に, 資財は, 質問に, 起きぬけの, 足あとを, 足が, 足どりそれを, 足もとに, 足許に, 足許へ, 足音と, 足音を, 跫音に, 身では, 身に, 身の上にも, 身体を, 身許を, 輩は, 迅さそれは, 近頃の, 追って, 通って, 通れるよう, 連れの, 道づれの, 部屋に, 重ねて, 野心勃々と, 金剛杖は, 長者, 間に, 隊伍成る, 面と, 面上に, 面影かり, 面影が, 音に, 頭では, 頭の, 頭は, 頭を, 頭上に, 頭燃に, 頭脳に, 額に, 額を, 顔の, 風采と, 首だ, 首根っこに, 馬という, 馴染に, 駐屯や, 髪は, 魂が, 鳴らした舌打ち

▼ 兵馬~ (350, 10.8%)

5 それを, 見ると 3 何故に, 言いました 2 それとは, ハッと, 帰って, 引受けて, 急に, 気に, 立戻っ, 竜之, 触書を, 近寄って

1 [314件] あった, あったという, いいきった時, いったい何騎, いて, いない, いないで, いました, いよいよもてあまし, いれば, うごくの, おとなしく言う, お前様を, お松には, お銀様, お雪ちゃんの, かなり忍びやか, かわいそうです, こういっ, こうしてついつい, こうして艱難辛苦, ここに, ここへ, こっちへ, このとき, この家, この村, この温泉場, この白骨, こみ入って, これが, これを, こんな思案, さっきの, さとりました, さとります, しばしば驚かされつけ, すかさず, せき込んで, そこに, その一室, その前, その声, その巨船, その槍, その衝, その間へ, それこそ, それへ, そんなこと, たしかに自分, たずねたの, ちょっとかわし, ついて, ついまた, とっても, どうした, なにげなくこの, のぞいて, はいって, ひそかに, ひっかかって, ひっそりと, ほとんどおぞ, またも考え込んだ, また訪ね, みな乗る, みな師直, むっとし, むっとしました, むらむらと, もう一層近く, もしやこの, もてあましたところ, もどかしがっ, もろくも, やって来た時, やって来ました, やっとこれ, やはり途方, わざと名乗らない, わめいた時, われに, ゾッとした, 一喝した, 一応室内, 一旦まく, 一歩進む, 一緒に, 上をのみ, 下の, 不憫で, 中へ, 久助に, 二三枚の, 二階へ, 五目の, 仇を, 今わたしの, 介錯を, 仮りに, 佇んで, 体形を, 何か, 何とつかず, 何心なく, 例の, 修行時代に, 充満し, 充満ち, 先です, 先に, 入った, 入門の, 再びこの, 再びトン, 再び吉原, 出きったとたん, 出たあと, 切って, 初めてその, 別の, 別方面, 前の, 助かる, 単身で, 去ってから, 去れば, 口ごもって, 叱ったけれども, 吉原の, 呆れました, 呆れ返って, 呉を, 呼びかけた時, 呼びかける, 呼び留めると, 呼び醒まされたの, 問わず語りに, 嘲ると, 執念いために, 変な, 夜具蒲団の, 夜歩きを, 夢の, 女の, 好きで, 好んで, 委細を, 存外あ, 実は内心, 寛怠, 寝ついたの, 射空砲, 小腕, 小賢しい物, 小首を, 少しじれった, 少し気色ばん, 少し進ん, 屑屋を, 屯した, 山科に, 山門を, 川を, 年が, 度胸を, 強いて, 彼の, 待つ心地, 後を, 怒ると, 怖いか, 思いました, 思います, 思い当ること, 思い起したの, 思うには, 思う間, 急いで, 恵林寺に, 悶えて, 意外の, 感じました, 感心を, 手さぐりに, 手拭を, 手脚を, 打った石礫, 抜き討ちざま, 抜き身, 拾い上げたまで, 指したの, 振り上げた時, 控えて, 改まって, 改めてお松, 改めて感得, 新しい感興, 新造に, 旅日記を, 書いた甲州図, 最初の, 望むだけの, 未だこの, 机竜之, 柱にも, 植田丹後守を, 横目に, 此方へ, 歩みを, 殺して, 気ぜわしいうち, 気を, 気味悪く思いました, 沈黙し, 涙に, 深く思い入れ, 潜んで, 濠橋を, 燃えさかる頭, 燈心を, 特にその, 特に見覚え, 犬を, 玄関先で, 生真面目に, 甲州松里村を, 申しわけを, 異様に, 畳みかけて, 疲れて, 疲れないで, 白骨から, 眠って, 眼を, 着いた日, 知らないのみ, 神尾主膳であるなら, 立去って, 竜神村を, 笑う, 笑止がりました, 笑止に, 答えて, 答えると, 箸を, 米友に, 紙屑買いを, 絵馬の, 美作に, 美作へ, 考えて, 考え直したと, 聞いたって, 聞き合せたところ, 聞くと, 聞けば, 胸へ, 脛を, 腕を, 自分たち一族の, 興ざめ顔, 芸者の, 芸者を, 苦々しく思いました, 苦しそう, 茶代を, 行くと, 行った時, 行手を, 行燈の, 表面鷹狩と, 見つけた時, 見て, 見のがすこと, 見下ろされた, 覚りました, 言いますと, 言わない先, 誰にも, 走せ出すと, 起き直ろうとして, 足を, 身を, 追ッ, 通りかかったと, 通りがけに, 連れられて, 道庵を, 道行の, 遮って, 金蔵の, 長持を, 閑々として, 間違ひ, 閾を, 離屋の, 面を, 風呂から, 飄然として, 飛びかかって, 飛騨の, 駈けつけて, 駈けて, 駐屯した, 驚きまた, 驚くの, 驚嘆しました, 黄塵を, 黎陽を, 黒, 黙って, 鼓と共に

▼ 兵馬~ (260, 8.0%)

7 して 4 強からしめる 3 待って, 見て, 見ると, 訪ねて

2 [15件] まとめて, めがけて, 休ませて, 休めて, 強からしめね, 抑えて, 残して, 殺す, 相手に, 睨んで, 練れば, 調練し, 顧みて, 駐め, 驚かせました

1 [207件] あげて, あずけて, いじめないよう, うごかさなかった, うごかされるなどとは, うごかし給うな, うごかすでないぞ, うごかすの, おくところ, お養い下さい, かえして, かたくだきしめ, かたらい切り取り, からかったり, さけ自身, すすめて, すすめ給う, そこへ, そそのかして, たよるよう, つれて, ととのえ徐州, とどめ米倉山, とらえて, ながめて, なだめて, ならべ立てたが, はじめて吉原, ひきい進んで, ひきつれて, ひそめたまま, ほっと救っ, まともに, むかえた, やすめまた, やすめ最, やるかという, 一室に, 不審がらせる, 中に, 中心に, 二つの, 二階の, 休ませたの, 休ませるが, 休めその, 休めた, 休めてでも, 休める遑, 休めろ, 休め兄上, 休め兵糧, 休め数日来, 促し二人, 促し立てました, 充満し, 入れる余地, 兵馬として, 再編制, 出したこと, 出すの, 別間へ, 前に, 助けんが, 助け出した奇異, 動かすこと, 取囲みました, 取捲いて, 口説いて, 口説きに, 可愛がった, 可愛がり可愛がられて, 可愛がるよう, 司るの, 君が, 吹きまくして, 呉の, 呼びかけました, 呼び止めて, 呼んで, 唆か, 地面の, 坐らせて, 学ばせて, 尋ねる人, 導いたところ, 導いて, 小倅と, 尻目にかけて, 帰してから, 引いて, 引き具して, 引張り廻すの, 引留めて, 張って, 強くせん, 強め河川, 強大に, 待ち兼ねて, 後に, 徐州の, 従えて, 心強がらせ, 怖れ, 怖れしめない, 悉く岸, 憩わせて, 懲らしたという, 打って, 抱えながら, 押し退けて, 拉して, 持たせて, 持ち有頂天, 持つ地位, 指揮し, 授けたまえ, 探し出さば, 揃えて, 損じ民, 斜めに, 斬って, 斬つて後, 斬るか, 斬ること, 斬れば, 曹操の, 机竜之, 桜井に, 止めて, 歩ますか, 殺し近藤, 殺すぞよ, 母屋の, 消耗し, 激励した, 犠牲に, 率いて, 用いず庶民, 用いて, 用意し, 異常に, 疲らすよう, 痛がらせた, 監視し, 目蒐けて, 睨みつけて, 睨みました, 睨む, 磨きて, 福松は, 突き飛ばすと, 立て陣容, 糾合し, 糾弾すべき, 統べ政事上, 練って, 練り食糧, 自分の, 蜀中へ, 行軍に, 見かけた, 見たが, 見ない所, 見ぬ所, 見ました, 見る, 見るに, 見る眼, 見上げて, 見下ろして, 見定めようと, 見捨てて, 見燈, 見知って, 討ち取ること, 託すに, 訪ねたこと, 誘引したらしい, 誘惑し, 誘惑した, 説きつけたもの, 費う, 蹴って, 載せた四つ手駕籠, 迎えて, 迎えるよう, 迎え市, 追って来た, 送って, 連れて, 進ませて, 進めしかも, 進めて, 進めるなどは, 長嶋へ, 階段の, 集めて, 音も, 養うて, 養って, 養わしむ, 驚かさないわけ, 驚かしたこと, 鷹の, 麾いた仏頂寺弥助, 鼻で

▼ 兵馬~ (162, 5.0%)

3 またこの 2 お君, 一時は, 今は, 心得て, 思いきって, 自分が

1 [147件] あの話, いっそう張合い, いること, うたた感心, うつけ者では, おのずから固唾, お雪ちゃんも, お雪ちゃんを, こう答え, このうえ, このごろは, このところ, この和尚, この女, この室, この宿, この者, これが, これは, これはと, これを, これ以上の, これ以来註文なし, さして気, さすがに, さとって, しばしその, すっかり見聞, そう答えざる, そこにじっ, そのままで, そのまま障子, その人々, その唸り声, その好意, その時, その相手, その親切, その話, その驚かされた, それと, それを, ちょっと身, ちょっと返答, つい勧められる, つい足, つづいて, どうしてもこの, なるほどそう, ばかに, ひそやかに, まじって, またお雪ちゃん, またこれ, またそう, またなんとなく, また何とも, また力ずく, また同じく, また微笑, また有力, また相当, やがて眠り, ようやく倦ん, 上田寅吉も, 不安を, 不審を, 人波の, 今から, 仏頂寺丸山も, 伸, 備中へ, 充分に, 先生に, 全くあしらい兼ね, 全く悩ませられる, 再び尋ねなかった, 刀を, 分別しました, 勇仙も, 動揺しない, 去り仏頂寺, 友吉の, 同じく木の葉, 同じよう, 同じ思い, 呆れるほど, 嘉門の, 困りました, 多少の, 女を, 実際この, 容易くそう, 宿には, 宿を, 少し案外, 已むこ, 帰って, 強いて, 思いました, 思い当るところ, 思わず興味, 悪い奴, 悪い感じ, 意外の, 我ながら, 我を, 振り返って, 机竜之, 東雲も, 歩き出した, 歳が, 気を, 漫然と, 無下に, 無論その, 無論土, 疲れて, 相手が, 眼前この, 知らない入って, 竹刀を, 笑い出して, 答えると, 米友を, 続々と, 綱田五郎次郎も, 考え出して, 聞き耳を, 腹を, 若いから, 苦笑いし, 茫然として, 要る, 詮方なし, 誇り立ち戦気, 足を, 迷いましたけれども, 逢いたくも, 鍛えて, 鎌倉大軍の, 面を, 駕籠舁も, 騒音も, 驚いたが, 驚いたの, 驚きました

▼ 兵馬~ (131, 4.0%)

10 向って 2 休養を, 向い, 挨拶を, 礼を, 米友を, 飛びかかって

1 [109件] あっても, お任せ下さる, お茶を, きられたの, この幸運, これも, しがみつきました, すすめました, すすめられたもの, たずねたもの, たずねられると, つれられて, とって, どうして感じよう, なると, ひと息つかせ, ぽー, また三百両, まともに, もうこれ以上, ツルゲーネフと, 一封の, 一層深く, 不利に, 介抱された, 他の, 令し, 会うこと, 会えようとは, 会わせては, 依存する, 価する物, 保護され, 充分の, 切り付けられたが, 力を, 助けられたお, 去られたこと, 向いさも, 向けて, 呼びかけられて, 問われて, 圧迫される, 埋めて, 宛てた手紙, 尋ねられない先, 小手を, 少し骨っぽい, 強く手首, 思い出が, 愛想づかし, 感心な, 憎らしいところ, 手渡されます, 手渡したの, 抑えられたお, 押えられて, 押えられても, 押されて, 挨拶した, 挨拶なし, 授けました, 提出した, 斬られるか, 暫時の, 有縁の, 本望を, 来て, 槍を, 気の, 気の毒で, 気兼ねを, 油断が, 浴びせて, 満つる営庭, 無言で, 然るべき主取り, 畳みかけて, 痛いもの, 着せて, 知らせたいこと, 稽古を, 糧と, 縄を, 耳を, 聞かせるつもり, 良き水, 裏切りを, 見せました, 見のがして, 見ること, 言いかけました, 誓って, 語りました, 語り聞かせます, 語るはず, 説かれたもの, 蹂躙せられ, 近づいて, 近藤土方らが, 返して, 追い詰められた時, 逐われて, 道を, 遭うこと, 附託し, 飛びかかろうと, 飲ませました, 駈け荒らされて

▼ 兵馬~ (79, 2.4%)

8 お君 4 七兵衛は 2 いうか, お銀様, 福松とが

1 [61件] いえども, いって, お松と, お角, お雪ちゃんとの, このよう, そのほか, なると, なんらの, ぶつかった時, みれば, ムク犬との, 一緒に, 七兵衛と, 三年の, 与八とが, 仏頂寺丸山の, 仏頂寺弥助と, 別れた七兵衛, 別れて, 前後し, 化したかの, 南条なにがしとが, 友吉との, 同じ疑い, 同室に, 同年輩だ, 向い合って, 室を, 旌旗が, 旗だった, 東雲との, 東雲の, 深く契つた女, 源兵衛とは, 玉枝は, 申される恐ろしい, 申します, 申しまする, 申すお, 申す未熟者, 申す者, 男装の, 矢柄源兵衛と, 福松, 福松との, 福松とは, 福松とを, 福松は, 聞いて, 肩を, 腹違ひ, 虐められながら, 行き逢いました, 行動を, 記された署名, 連れの, 鐙小屋の, 闘って, 雖も, 面を

▼ 兵馬さん~ (57, 1.8%)

2 が盗賊, の兄さん, の心, はあの

1 [49件] お帰り, お目ざめ, が, がいちばん, がこの, がちゃんと, が先輩, が御, が病気, が縛られ, が訪ね, これからだ, というの, とはまるっきり, にも好かれます, に苦労, のため, の因果, の姉さん, の娘, の方, の明り, の許, の身, はいる, はおっしゃった, はこの, はそんな, はわたし, は下手人ぢ, は口惜しい, は決して, は落着, は赦されまい, ほどの人, までがまた, をお, をもと, をダシ, を助ける, を助け出す, を喜ばせる, を当分, を御, を指導, を牢内, を盗み出し, を盗み出す, 少しお待ち

▼ 兵馬には~ (54, 1.7%)

2 それが, よくわからない, 不可解であった

1 [48件] あえて苦, いちいちそれ, いちいち納得, おかしい, おかしく思われた, お浜, ここ幾日かを, この女, この少年, こんなばかばかしい, すぐに, その不安, その人, その意味, そんなこと, なんだかおかしく, なんだか実にわからなくなっ, のみこめない, もっと突きつめ, わからなかったらしい無言, 一向わからない, 一言の, 人に, 今の, 他の, 何だか物臭太郎, 女の, 姫君姿の, 小次郎の, 山崎譲を, 忘るる, 思えないで, 想像される, 感ぜずには, 押隠し自分, 昔なじみの, 期待し, 来るもの, 歯痒くて, 琵琶に, 直ちに気取られ, 稽古中から, 罪が, 美作の, 聞くに, 見ろとも, 解決が, 飲めとも

▼ 兵馬とは~ (20, 0.6%)

1 [20件] いうまい変名, おっしゃいませぬかな, この日, この時, ふと面, 交叉された, 十分しめし合わせた, 向い合った鳥居, 嘉門の, 山城大和伊賀紀伊の, 後に, 構えを, 比較に, 盛り返して, 相携え, 親しくその, 誰だ, 金蔵の, 闇を, 驚いて

▼ 兵馬という~ (19, 0.6%)

2 ものを, 者が

1 [15件] の, ものが, ものだけが, ものにとって, ものは, 人は, 人物を, 前髪だろう, 名は, 名を, 武士に, 者です, 者を, 若い人, 若い侍

▼ 兵馬にとっては~ (19, 0.6%)

1 [19件] あんまり嬉しく, かなり重い, この一言, この上, この女, この雨, 不足でも, 好都合の, 少しも, 意外千万の, 旧知の, 楽な, 美快, 聞いて, 自分は, 芝居どころで, 苦痛であります, 苦痛でない, 親の

▼ 兵馬から~ (15, 0.5%)

1 [15件] こんな無心, その身の上, 厳しくこう, 受取った路用, 委細の, 宣られたればこそ, 尋ねられて, 尋常に, 折入っ, 机竜之, 物おだやかに, 聞いた, 若干の, 苦しそう, 音沙汰が

▼ 兵馬としては~ (14, 0.4%)

1 [14件] こういう旅, この予想外, この城山, これより, これらの, その掌, やはりこの, 似合わしからぬ狸寝入り, 図々しく, 座興でも, 早かった, 求むるもの, 贅沢な, 驚いて

▼ 兵馬~ (12, 0.4%)

1 [12件] がそう, これから毎日, であります, であるやらないやらは, という方, とてまんざら, と尋常, の代, の身の上, はただいま, もし何, を私

▼ 兵馬倥偬~ (11, 0.3%)

3 のあいだ 1 に成長つた方, の世, の中, の塵, の日常, の間, の際, を極める

▼ 兵馬~ (9, 0.3%)

1 この結末, 厚く守られ, 埋まった, 快くそれ, 揺れあい渦まく吠えの, 混みあって, 眼が, 蹂躪する, 輻輳し

▼ 兵馬~ (9, 0.3%)

2 お君 1 あいと, 代官松の, 代官松めに, 大船が, 町の, 薙刀の, 贈り物の

▼ 兵馬では~ (7, 0.2%)

2 ありません 1 あったけれど, ない, ないか, なくて, なく力自慢

▼ 兵馬とが~ (7, 0.2%)

1 お狂言師, この二品, 今悠々, 向かい合い美作, 歩いて, 相携え, 碁を

▼ 兵馬にも~ (7, 0.2%)

1 いちいち合点, わかる, 多少の, 少し休養, 感ぜられたと, 糧食の, 見当が

▼ 兵馬自身~ (7, 0.2%)

1 から仕向け, こそお化け, にもその, によくよく, に女, の行動, は決して

▼ 兵馬として~ (6, 0.2%)

1 それを, 和尚の, 明らかに, 案外な, 詳しく問いただすべき, 骨の

▼ 兵馬~ (6, 0.2%)

1 いった, ぶつかろうと, 今宵次の, 向いて, 身近く, 追い付いて

▼ 兵馬をも~ (6, 0.2%)

1 同じ人, 引止めないで, 微笑させました, 悦ばせずには, 拉して, 携えて

▼ 兵馬である~ (5, 0.2%)

1 がその, が斬っ, が闇, ことに, と知っ

▼ 兵馬にとって~ (5, 0.2%)

1 奇異なる, 好意を, 容易ならぬ, 最も思い出, 自分の

▼ 兵馬とても~ (4, 0.1%)

1 かかり合いは, 同じよう, 彼等を, 理由なし

▼ 兵馬に対して~ (4, 0.1%)

1 これだけの, どうやら済まない, 一言も, 敵意を

▼ 兵馬一人~ (4, 0.1%)

1 ある以上, じゃ, であったはず, を見つめ

▼ 兵馬さえ~ (3, 0.1%)

2 なくば 1 いたならば

▼ 兵馬さんお前~ (3, 0.1%)

1 が机竜, だって本心, はあの

▼ 兵馬~ (3, 0.1%)

1 からあんまり, からそんな, が将門

▼ 兵馬であった~ (3, 0.1%)

1 からよい, がなに, のです

▼ 兵馬としても~ (3, 0.1%)

1 ここに, 今までに, 頼まれた新お

▼ 兵馬との~ (3, 0.1%)

1 会見は, 碁を, 間に

▼ 兵馬どの~ (3, 0.1%)

1 が不憫, 拙者の, 馬に

▼ 兵馬ほどの~ (3, 0.1%)

1 乗り手では, 腕利きの, 護衛者を

▼ 兵馬より~ (3, 0.1%)

2 山県紋也殿へ 1 若かろう

▼ 兵馬よりは~ (3, 0.1%)

1 二ツ三ツも, 先に, 駕籠を

▼ 兵馬殿~ (3, 0.1%)

1 せっかく剣術, どうか拙者, へはま

▼ 兵馬ある~ (2, 0.1%)

1 ことに, ところに

▼ 兵馬その~ (2, 0.1%)

1 人に, 者の

▼ 兵馬そのもの~ (2, 0.1%)

1 が旅疲れ, よりもひとり

▼ 兵馬だけは~ (2, 0.1%)

1 単に狼, 引離れ

▼ 兵馬であり~ (2, 0.1%)

1 この炎暑, もう一人

▼ 兵馬でなく~ (2, 0.1%)

1 てもそれ, てもほか

▼ 兵馬としての~ (2, 0.1%)

1 全体を, 受け答えは

▼ 兵馬とやらは~ (2, 0.1%)

1 いくつに, どこに

▼ 兵馬と共に~ (2, 0.1%)

1 扇屋を, 甲府の

▼ 兵馬~ (2, 0.1%)

2 のか

▼ 兵馬なる~ (2, 0.1%)

1 ものが, ものを

▼ 兵馬はは~ (2, 0.1%)

1 はあもうこ, はあ物臭太郎

▼ 兵馬みな~ (2, 0.1%)

1 渇して, 黙し野面

▼ 兵馬らしい~ (2, 0.1%)

1 同情の, 声が

▼ 兵馬を以て~ (2, 0.1%)

1 呼び兵馬, 応う

▼ 兵馬様私~ (2, 0.1%)

1 はこれから, はさいぜん

▼ 兵馬~ (2, 0.1%)

1 とお, の子

▼1* [94件]

兵馬あたりの耳, 兵馬君の, 兵馬お松お君, 兵馬からの果し状でありました, 兵馬これは斬れまい, 兵馬ごときはどう, 兵馬さんそれはわかっ, 兵馬さんわしの後ろ, 兵馬さんわたしは近い, 兵馬さん島田先生は死にました, 兵馬さん年をとる, 兵馬そうそつのさい, 兵馬それがまあ, 兵馬たるゆえんかも, 兵馬つづいて八千余人, 兵馬人は, 兵馬であって紙片, 兵馬であったろうと思われる, 兵馬でありますけれどお, 兵馬でござるかどうして, 兵馬でなかろうものなら, 兵馬でもありません, 兵馬といった方が, 兵馬といふ御浪人, 兵馬とかいう悪侍, 兵馬とに邂逅しなけれ, 兵馬とへ味方を, 兵馬ともにまったく, 兵馬とやらにそう申せ, 兵馬とを相手に, 兵馬なき平和を, 兵馬なじみの芸妓, 兵馬などであつた, 兵馬などといういやらしい名前, 兵馬などはどうで, 兵馬にだけ淡泊に, 兵馬に対してはすくなからぬ, 兵馬のみでは, 兵馬ばかりでは, 兵馬への依存は, 兵馬ほど怪しまれるもの, 兵馬よりも残されたお松, 兵馬ら二人は足, 兵馬一万に前後, 兵馬云々の点, 兵馬仏頂寺と丸山, 兵馬以外にはただ, 兵馬倉卒の間, 兵馬充満して, 兵馬にりんり, 兵馬兵糧の料, 兵馬兵馬宇津木兵馬がもしや, 兵馬剛壮之を敵, 兵馬剣槍の瞬間, 兵馬匆卒の際, 兵馬十万の精鋭, 兵馬君君はここ, 兵馬唯意の如く, 兵馬大元帥となり, 兵馬大船を動員, 兵馬大軍とて何, 兵馬宇津木兵馬がもしや, 兵馬になっ, 兵馬弩弓をすぐ, 兵馬恋しさの, 兵馬招討使に任じ, 兵馬政権をうごかし, 兵馬数万を華やか, 兵馬最早この世に, 兵馬柵門営舎の布置, 兵馬様あなたを覘, 兵馬様わたしはこんな, 兵馬様今日はお, 兵馬武器の類, 兵馬殿わしが家, 兵馬殿失礼ながら御身, 兵馬とやら俤, 兵馬氏飯を持っ, 兵馬民財を有, 兵馬浅瀬を計り兼ね, 兵馬海手はいか, 兵馬漸進の足なみ, 兵馬玉枝の姿, 兵馬糧米を徴発, 兵馬をつぶした, 兵馬の中, 兵馬軍糧そのほか, 兵馬軍船も大半以上損傷, 兵馬輜重がいちどに, 兵馬都巷に満ち, 兵馬都監李處耘の部下, 兵馬鉄槍が事, 兵馬闘争の法, 兵馬騒乱の中