青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「兵隊~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~共に 共に~ 共同~ ~共通 共通~ ~兵 兵~ 兵士~ 兵衛~ ~兵隊
兵隊~
兵馬~ ~其 其~ 其の~ 其他~ ~其処 其処~ 其後~ 其方~ 其時~

「兵隊~」 2277, 25ppm, 4734位

▼ 兵隊~ (307, 13.5%)

3 手に, 立って, 鉄砲弾にあたって, 銃を

2 [17件] あつた, あるいて, いた, いて, いるだけ, 乱暴する, 何人も, 來て, 同行を, 喇叭を, 困苦欠乏に, 捕まへに, 攻めて, 整列し, 来て, 行軍し, 通る

1 [261件] あふれて, あらわれました, ありそれから, ありました, あり薩摩, あると, あるの, ある一, いきなり向, いくぶん足, いず変, いたんだよ, いなくなる, いるよ, いろいろやる, おれたちの, お光, かえって戦場, かなり駐屯, きらいであった, きらひで, ぎっしり乗っ, こいつ怪しい, このよう, この人, この場合, この辺, ころがり出したという, すぐに, するやう, その砲台, その砲臺, そもそも風物, それぞれ重, そんなに走れる, たくさん死にました, でて, どうしたい, どんどん戦線, なくなつた, のべつ幕無し, はいって, ばんごう, ひらかれる新天地, ふえて, まあどうだらう, まりの, まるで少く, みんなトキ子が, もっとたりない, やって来た, やって来て, わざわざ女二人, わしの, ゐたの, ゐたん, ゐるだけ, ゐるぢ, ゐるン, エスコートする, クリークの, クーデタを, ゾロゾロと, チャンと, ツネちゃんを, ドカドカと, メニューを, メートル法では, ラツパを, ローラーで, 一人, 一人ずつ, 一人口を, 一人死にました, 一人死んだ, 一人野生の, 一大隊ほど, 七八名それぞれ分宿し, 七八名比島人に, 三人自分の, 三人靴底の, 三四人は, 下宿する, 両方から, 二三人居ります, 二三人鉄砲を, 二人かけのぼっ, 二人居ります, 二人蹄鐵の, 二十四五名ラサ府へ, 二十歳の, 五人向うから, 五六人か, 五六人居, 体操を, 何万満, 何故モロンプダック, 何物に, 何百倍という, 使役の, 來ない, 便所に, 側で, 傳授した, 働いて, 僕に, 入つて, 入ります, 入り込む落ちた花, 入営した, 六名間違え, 凍え死ぬばかりに, 出征し, 出現し, 別れの, 制裁される, 割ったん, 勘定を, 十人ほど, 千人と, 卓からは, 厭に, 去つて, 口を, 可哀相で, 可愛くて, 可憐しい, 向ふ, 四五人立っ, 四人スコップと, 四十人と, 城介である, 壕を, 多いのに, 多い時, 多く歩く, 多数汽車に, 夜中の, 大きながっしり, 大きな声, 大勢乗った, 大勢急がし, 好きで, 安川も, 安重根, 将校を, 小銃を, 少くて, 居ない, 居る, 岬からも, 帰って, 幽霊を, 幽鬼の, 幾組も, 強いこと, 強いの, 弾丸の, 当時の, 往来一パイに, 心配し, 急いで, 恐ろしい顔, 感心し, 我ままを, 戦争を, 手荷物を, 押しよせて, 押し合って, 押寄せて, 押込むだらう, 押込んだろう, 担架を, 攻めかけて, 政を, 敵に, 旗を, 日の丸を, 日本の, 晴がましく歩い, 木造りの, 未熟の, 朱い, 来た, 来たとても, 来たら或いは, 来るから, 東京近県の, 松葉杖に, 極めて基本的, 歌うの, 歌ったら, 歩いて, 歩き回って, 死にぎわ, 死のうが, 死んでから, 毎日の, 毎日沿岸を, 沢山ゐた, 沢山来る, 沢山集っ, 派遣され, 演習し, 演習を, 澤山通つたあとの, 激しいノルマ, 濟めば, 片づけに, 王様を, 田舎の, 甲鉄艦の, 発砲する, 白い手袋, 百人ほど, 眼に, 眼を, 石州口の, 砂利を, 磧で, 私の, 続々と, 自分自身で, 色々な, 芸者を, 苦しんだこと, 血を, 行軍する, 褌一ツで, 見えまして, 見ゆ, 見張場所, 言ってたっけ, 話して, 話し合う声, 警戒線を, 赤い顔, 走って, 走つて, 起きると, 足く, 車夫に, 車夫を, 軍旗を, 軍歌を, 通って, 通ると, 通行し, 進んで, 遣つて, 重い鉄材, 鉄兜を, 鉄砲で, 鉄砲を, 鐵砲彈に, 隊伍を, 集まって, 雲集し, 靴を, 顔を, 駆け足で

▼ 兵隊~ (304, 13.4%)

14 ように 11 シモンは 9 やうに 7 やうな 4 かたちが 3 ような, シモンが, 方は, 服を

2 [22件] かたちを, ことに, ところへ, なれの, シモン肥満の, 一行が, 中に, 古外套, 失敗文化人との, 女房で, 宿, 早業に, 時に, 死の, 生活を, 真似を, 者随行致候間其台下通行の, 行列が, 足は, 靴の, 額の, 顔を

1 [203件] あがりであるを, あたま, あろう筈, いうよう, いそう, いるところ, いるのに, おかげです, おじさん, がれだつた, くせし, こころを, こんだいずれ, ごときも, すがた, すぐれた射撃, すること, するやう, そばに, たくさんが, ため生捕りに, とき大陸で, なかで, ならんだつくえ, ひとりかと, ひとりに, みんなが, めしを, やうである, やうです, ようで, ようです, サーベルに, シモンと, シモン係の, ズボンみたいな, ボロ服, ユニホームを, ラッパと, ラッパ位いの, ラツパかと, ラツパなんて, ワアッワアッという, 一人が, 一人たっ, 一人は, 一人一人へ, 一組が, 一部だ, 一部に, 一部は, 上に, 上着を, 並んだやう, 中で, 中には, 中へ, 久米部である, 乘り棄てた, 仕事な, 作戦の, 作者が, 侵略が, 俸給と共に, 兄に, 兄も, 写真とが, 列に, 前に, 努力を, 労苦を, 勇気なき, 占領に, 叔父さんに, 口髭が, 古長靴, 古靴, 名は, 名前さへ, 命を, 噂話は, 声であった, 女房だ, 女房に, 女房の, 女房フィオーナの, 女狩り, 如く丸坊主, 姿は, 姿を, 宿で, 宿を, 将か, 小猿, 尿の, 居さ, 居る処, 屑, 屑だ, 屯です, 年齢は, 廃品に, 強さ, 形を, 影が, 後から, 後を, 後横へ, 御亭主達, 復命を, 心に, 心中と, 心中を, 悩みだけしか, 手を, 拠るところ, 持つて, 数, 数だけの, 数に, 数は, 方が, 方で, 旗も, 時も, 時間の, 服着, 期間が, 様子を, 歩調の, 死ぬる, 死ぬるやあ, 死因を, 残して, 気勢を, 気嫌まで, 河合さん, 河合さんさ, 河合と, 河合という, 泊った朝, 波で, 為に, 爲に, 犠牲に, 珍らしい, 生命を, 疲労を, 目も, 直吉, 真中に, 糧食に, 紀念地として, 組織は, 経験は, 絵の, 絵本を, 群れに, 者を, 耳に, 背に, 背の, 背中を, 背嚢から, 背嚢だの, 行列である, 行列と, 行列によって, 行列を, 行進で, 襟章を, 視線を, 観兵式を, 話が, 話や, 調練の, 警備せるあり, 賃銀と, 足つきや, 足なみが, 足許を, 足音が, 跫音を以て, 身に, 身を, 身分で, 通るの, 銃剣に, 銃口の, 間を, 隊士が, 集散地だったらしい, 雑兵から, 靴音が, 頃, 頭にも, 額から, 顔色は, 類の, 馬鹿威張り, 魂陛下の, 麦飯も, 鼻先へ

▼ 兵隊さん~ (293, 12.9%)

6 を慰める 4 だな 3 と何方, のやう, のよう, 助けて

2 [18件] が大勢, が来, と同じ, にきい, の出代り, の前, の原稿, の姿, の小説, の手, の方, の顔, はこの, は舟, や, よ有難う, をたくさん, を指導

1 [235件] あがりの, いや失敬, おめ, から女衆, があちら, があちらこちら, があります, がある, がいります, がかけ, がき, がききました, がこの, がさわいでる, がする, がずぶ, がせめれ, がそれ, がつい, がはじめ, がやぶ, がギヨーサン居, がトラック, がペット, が一人, が三人, が二三人, が二人, が出征, が前, が剣付き鉄砲, が向う, が声, が夢, が少く, が帰省, が常時, が彰義隊, が整列, が来た, が汗, が沢山, が湖畔, が私, が立っ, が絶えず, が膝, が誤っ, が調練, が谷間, が足, が蹲んでゐた, が集つて, そう悄気, だ, だが, だけで, だけでなく, だけには白い, だっていざ, だね, だわ, でござんすねえ馬子, でしょう, ですから, ですもの, でちよ, でも, というの, ときめ, とどう, とは誰, と女學生きり, と子供, と心中, と馬, どうか, などで胃病, なの, に, にあげ, にうんと, にお, にか, にさ, にじゃれ, にでもへい, になっ, になら, になる, になれない, になん, にねてる, には何, にぼろく, にむかつ, にも行かれない, によびかける, にコツン, にハガキ, に出かけ, に出す, に危い, に取付ける, に女, に済まない, に私, に赤さん, に頼ん, に餅, のお, のおかげ, のお客さん, のお父さん, のお陰, のそば, のところ, のなか, のはず, のはなし, のほう, のスカート, の事, の仲間, の厚ぼったい, の友達, の名前, の喇叭, の噂, の多く, の大きな, の巡査みたいもん, の影, の役, の慰問, の慰問演奏, の書いた, の服, の案内, の歌, の汗, の泥, の留守宅, の皓, の目, の笑い声, の細君, の缶詰, の腕, の苦労, の行列, の行軍, の親, の足どり, の送別会, の通訳, の集っ, の馬, の魅力, の黄色, はあたし, はいつ, はえらい, はその, はどう, はな, はなかなか, はにっこり, はまるで, はみんな, はみんな無茶先生, はみんな片方, はもう, はもの, はネバマイン, はベッド, は一寸, は一生, は不思議そう, は同じ, は恐い, は横, は機関銃, は此, は泊められ, は玄関, は私, は立つ, は腹の中, は行軍, は見る, は赤羽, は頭, は首, まで大変, もいました, もこれ, もやがて, も一緒, も慰問演奏, も根負け, も食っ, やあれ, やいろ, やの, や兵隊さん, や従軍看護婦, や特務部, や軍需工場, よあゝ, らしくな, ゐねむりしてんだい, をこ, をなぐさめる, をのせ, をはじめて, をひきとめ, をへとへと, を乗せた, を人ごみ, を呼び, を呼ん, を慰め, を慰めよう, を招待, を泊め, を眺め, を褒める, を見送っ, を貰, を送っ, 大いにやっ, 来て, 来やは, 見えはりましたえ

▼ 兵隊~ (267, 11.7%)

12 行って 11 なって 9 とられて 4 出て 3 して, しばられて, とられること, なりました, なる

2 [11件] ちがいない, とられ, とられたの, なったという, なったの, なられたら馬鹿, なるの, なれと, 取られて, 行くとき駅, 負けたの

1 [194件] あったの, あの沢山, あるの, あるまじ, いかないでも, いきたがるの, いきなか, いくまで, いったら下士官, いって, およその, させられあげく, させられるから, されて, したいほどの, したの, しなくちゃ, しなだれかかりたくて, しようと, するん, たのんだ, ちが, つきものの, でる者, とらないよう, とられそれから, とられたが, とられたと, とられたら今, とられてる人間, とられなかったの, とられなかつたと, とられなかつたわね, とられやしないかと, とられる, とられるかも, とられるの, とられるよう, とられ考える苦し, なった, なったらどんな, なった時, なってから, なってると, なつた, なつたら, なつて, ならずに, ならなければ, なりきれず庶民的, なりたがる奴, なりゃ殺されること, なり兵隊, なり四人, なるか, なること, なるもの, なる感想, なる時, なれませんよ, なれよ, なれるの, なろうと, ひき出されて, ひもじい思い, まずなっ, まみえた奴等, もたせて, や, やって, やらせて, やるか, やると, よく似た, よけいな, わかるもん, ジュウリンされ, 一日がかり探され, 乗り移る, 云い付けて, 代って, 似かよ, 似かよったよう, 入らなくては, 出した家, 出して, 出すの, 出たって, 出たに, 出た三人, 出てるから, 出ようとは, 出る年, 出れば, 剣付鉄砲で, 劣らない, 取られたかと, 取られたせい, 取られたでねえ, 取られたと, 取られちやつた, 取られぬよう, 取られましたので, 取られる, 取られること, 取られること自身, 取られると, 取られるなあ, 取られるもの, 取られる一つ, 取られる方, 取られる頃, 取りまかれて, 取り巻かれて, 取囲まれて, 取巻かれて, 召集せられ, 合格すぐ, 同じこと, 喫わしても, 天皇陛下万歳と, 好意を, 如かなかったの, 容易には, 導かれ私, 徴られ, 慣れない腰掛, 懇願し, 成つて居る, 手の, 払う給金, 担架を, 採られては, 採られるの, 日本の, 是が, 書面を, 村中を, 杭と, 母の, 汽車から, 渡つてゐる, 真の, 眼くばせ, 礼を, 聞いたので, 苦痛を, 行かないこと, 行かなかったので, 行かなくても, 行かなければ, 行きこの, 行きそう, 行きゃ必ず, 行き徴用, 行くかも, 行くと, 行くの, 行くので, 行くやう, 行くより, 行くん, 行くン, 行く前, 行く直前, 行ったころ, 行ったみたい, 行ってたン, 行つた, 行つたと, 行つたのを, 行つてそいつを, 行つてた, 行つては, 行つて戻, 行つて来, 行つて死にやした, 行つとる, 見せまいと, 見とがめられたという, 言って, 話しかけた, 貢ぐの, 買われて, 貸すこと, 起されて, 蹴られるやら, 追っかけさせなくては, 送る罐詰, 運動資金として, 道を, 酒を, 食わして, 首を

▼ 兵隊~ (199, 8.7%)

3 一時に 2 おもいました, やはりずんずん歩い, 一列に, 何か, 余程ひどく, 別だす, 滅茶苦茶に, 疲れはてもう, 耐乏の

1 [178件] ああでなくっ, あかあかと, あしたの, あまりたくさん獄門, いやな, おびえて, お宮の, かわいらしい踊ッ子, きこえないふう, ここに, こさえない, この夫婦, この島, これを, さすがに, しきりにクサイ大砲, しっかりと, そこに, そつと, その大, その時刻前, その見なれない, そら恐し, だから皆, だれも, だんだんとろけ, だんまりで, ちいさなすず, ちっともと, ちよつと, ぢいつ, つくえ, でも一生けんめい, どうして浮ばれる, どんどん祝砲, どんな歌, なかった, なかなかみんな勇敢, のこらず箱, ひょろひょろし, ふと病気, ほかの, ほとんどと, ますます調子, またそれぞれ, まつたく宇宙そのもの, まるで戦争, みな若く, みんな一人づつ妹弟の, みんな担送患者であり, みんな背が, みんな親切だった, みんな足を, みんな鉄の, みんな飲んだくれで, むすめ, もう疲れ, もう金米糖, もといた, やはりせん, やはり寝た, よき軍人的, よく誤, よろこんで, アドの, オオハコベを, キャメルを, クルクル簀, シモンの, スヤスヤと, チベット国人に, ドンゴロスと, 一たい何の, 一つの, 一人について, 一人も, 一大群衆に, 一本足でした, 一銭五厘の, 三人や, 三階から, 主力の, 二日で, 人殺しを, 人生の, 人間では, 何も, 何時しか口笛, 兵隊といった, 別に注意, 勿論球江たち, 十九だ, 半裸体, 友人に, 反射的に, 唄を, 城下で, 城介から, 壕の, 実に立派, 寒いところ, 寒い所, 尻の, 己達を, 帰国した, 常にぐる, 弱者への, 強い兵器, 急に, 恋人と, 悪いが, 戦争する, 手ぬるいの, 故郷をは, 教練に, 敬礼を, 新聞の, 日の目を, 日本といふ, 朝鮮人よりも, 橋を, 歌を, 歩きづらい, 死んで, 死人に, 死刑よ, 殺されると, 気合は, 水の, 沢山要らない, 活動写真なぞ, 海で, 深い親心, 無学だ, 無言で, 片足を, 皆一時に, 皆何か, 監督する, 突貫も, 窓の, 笑ったが, 罪の, 翼と, 自分の, 自分達が, 色々, 花の, 若い者, 苦笑し, 虜に, 街へ, 見つけたもの, 許さない, 貧弱で, 足拵えが, 踊ッ子の, 身ぎれいに, 身体中を, 軍服の, 辛い, 辛抱づよくて日本でも, 逃げ出しシモン王一人, 途, 連隊きっ, 鉄砲や, 鉄砲を, 闇間に, 防空壕を, 隊では, 青空の, 非常に, 音楽を, 食通です, 養命保身の, 首まで, 驚いた, 黙って

▼ 兵隊~ (170, 7.5%)

3 出して, 満載した, 置いて, 見て, 読んで, 連れて 2 そこに, つかまえて, つくえ, つけて, 傭って, 肩に, 集めて, 集めました

1 [136件] あつめて, いただいたの, おくった家族, おくって, おつれ, おろしました, お呼びにな, かき後, こさえさせて, こさえたらお前さん, こさえませんでした, こしらえて, こしらえようという, こしらえること, こっちで, さし向けて, さし向けると, して, しばしば見た, じろじろ眺め, ずっと并, それぞれの, たくさん集め, つかむ兵隊さん, つかわしました, つかんで, つれて, つれないで, どこから, のせたまま, のせました, ふたたび帰らぬ, みんなつれ, みんな集め, やつて, やめます, やる, よき兵隊, よこして, テイブルの, ネパール政府は, ヒッパタク蹴とばす, 上官に, 両手で, 二三人つれ, 仕込んで, 付けて, 作らねば, 作ること, 使いに, 使ったん, 借して, 全く解散, 再三見, 出させ通行, 出すこと, 出すよう, 助ける時間, 動かすだけでも, 募って, 卒業する, 南進させよる, 呼び集めました, 四五人連れ, 差し向けるの, 得ること, 志願し, 急に, 恐怖させた, 感じさせるの, 手に, 打殻, 扱うよう, 拘束する, 持って, 指図なさる, 指図を, 指揮した, 指揮する, 指揮を, 揃える手はず, 揶揄した, 整列させろ, 整列し, 書いて, 木端微塵に, 横隊に, 歓迎した, 殴って, 殺戮したら, 泊めること, 泊めるの, 派して, 満載し, 無事に, 狩り集めて, 率ゆる, 生むとして, 産出する, 町の, 直接指導し, 直接握っ, 相手に, 立たせて, 繰り出して, 繰り出すしかし, 繰出して, 繰出すよう, 置かなかったの, 置くよう, 自宅へ, 見つけて, 見るたび, 見物する, 見返しました, 観察し, 訓練し, 誘致し, 載せた板橋火薬庫, 載せた板橋火藥庫, 迎へに, 送った家族, 送り出す, 送ると, 逆様に, 逐ひ散らし, 随えて, 集めての, 集めに, 集めましょう, 非常に, 養うだけ, 養うですから, 養っては, 養ふです, 麦打ち場へ

▼ 兵隊たち~ (82, 3.6%)

2 が, がみな馬, のオモチャ, は, はいちばんはじ, はたてがみ

1 [70件] がはじめて, がみな灰, が入, が化粧鞄, が村, が無能, が皆, が穀物, が通った, といっしょ, と直接, と自分, にこの, には九州, には汚名, にも生え, にも話しかけ, にグランドピアノ, にセンベイ, に命令, に国中, に峻拒, に茶, に音楽, のため, のやすん, の人気者, の姿, の意識的, の手, の欲しい, の歩く, の行賞, の鉄, の顔, はおや, はがっかり, はだれ, はとうとう, はどんどん, はひもじかっ, はふるえ上っ, はま, はみんな, はみんな一時, はみんな耳, はよろこん, は一日二日, は勢い付い, は天皇, は女の子, は帰っ, は常に, は後, は心配, は戦争, は箱, は腰, は艱苦, は軍歌, は近寄れなかった, は進ん, は音楽, は飢餓, へ酒, まで, ももう, も酒, をあと, を引きとめ

▼ 兵隊~ (53, 2.3%)

2 いたが

1 [51件] あったこと, あつて, ありまた, あるが, あれば, いたし, いなくなって, このタンク, これだけは, これに, これほどまでに, にこにこし出す, はじめて死に, ひどく負傷, まけずに, みなゲラゲラ, みな仮面の, よい火野葦平万々歳, ゲラゲラ笑い出し, シルエットである, ラツパも, 何か, 何人かいた, 健康さう, 其公使館が, 同僚が, 向うの, 呑気で, 大将も, 居る位, 帰陣し, 後に, 忽ち眼, 意外な, 日陰の, 歓迎された, 渾名を, 準士官, 濟むし其上で, 甲鉄艦の, 皆んな忘れ, 終日船底で, 苦力と共に, 見た, 誰も, 軍律も, 軍艦も, 送って, 鉄砲に, 馬も, 驚いて

▼ 兵隊~ (46, 2.0%)

4 なって 3 一緒に 2 云ふ, 同じよう

1 [35件] いうより, なりたる夢, なりノイブルグ, なり出征, アメリカの, オーソドックス, ゴロ寝, 一般テニスなんて, 云うもの, 人夫と, 仲良しにな, 取り扱って, 同じだ, 同じに, 同じもの, 同じ運命, 天皇, 悶着を, 戦つた事も, 戦争貞吉の, 武者人形などは, 民主主義, 海の, 犯罪者と, 独逸の, 白虎隊, 自衛団が, 衝突した, 見えたに, 踊ッ子の, 違ひ, 違ふところは, 金とを, 金を, 銃後に

▼ 兵隊~ (26, 1.1%)

2 そのほか兵隊, 兵隊を, 警官が

1 [20件] さまざまな, ゴムの, 何かを, 大将どもを, 女も, 将校の, 将軍は, 巡査でも, 巡査なぞは, 巡査なんぞが, 巡査までが, 押込み強盗の, 案内や, 水兵の, 氷詰の, 灰色の, 軍屬が, 金である, 難民の, 馭者や

▼ 兵隊~ (22, 1.0%)

2 一杯です, 便利の

1 [18件] いっぱいだってから, いるよりは, そうです, でも, ほんとの, 一パイに, 一緒です, 中国の, 五年も, 余程瓢軽, 四日前に, 国が, 堅めた, 宗教の, 満洲, 特攻隊は, 鍛えたから, 高等教育を

▼ 兵隊さんたち~ (21, 0.9%)

1 [21件] がなにか, が戦争, が泊つて, が道, こそほんとう, とくらべ, と間違, にだって申し訳, の, の云, の我慢, の欲望, はその, はだれ, はみんな一食づつきまつた配給, はみんな陽気, は三日二夜食, は手, までその, もこれ, をお

▼ 兵隊~ (20, 0.9%)

4 の音

1 [16件] が入り乱れ, くらいの差, です, で半分, にし, のごとく, のよう, の爪先, の片足, の足音, はただ, をつまみあげた, を着用, を穿いた, を背負っ, を踏み返し

▼ 兵隊~ (18, 0.8%)

2 はそれぞれ

1 [16件] がそれ, が旧家, はみんな, は一時, は三度三度, は何, は子守女, は心細, は戦争, は死, は皆, は靴音, は鼠一匹, もめいめい, を慰問, を見

▼ 兵隊~ (17, 0.7%)

2 からな

1 [15件] かすぐ, からその, からとて百人, からね, からオレ, から召集, し強い, そうである, ぞ, つたのを, つた直吉は, といふ, としたら, ねえ, ッ

▼ 兵隊から~ (13, 0.6%)

3 帰ったばかり 2 帰って 1 もどると, 宝塚を, 帰ったばかりの, 帰つて来る, 戻って, 戻つたら別, 流行した, 金を

▼ 兵隊上り~ (13, 0.6%)

2 で張作霖, の小使, の色 1 が数十名寄り, だな, だの, であつ, の, のアンデルソン, の失業者

▼ 兵隊~ (13, 0.6%)

2 を着, を着た 1 が全然, にズダ袋一つ背負つた恰好, に対してどんな, は平凡, をとほし, を著, を買い, ヲ着用セシムベシト云フト一般, 着て

▼ 兵隊には~ (12, 0.5%)

2 そんなもの 1 その足, なれまい, ゆかないの, 呑気者が, 大晦日が, 少し窮屈, 敵は, 無理を, 給料が, 行かいでも

▼ 兵隊生活~ (10, 0.4%)

2 をし 1 させられたという, でどういう, で制裁, で反駁, のうち, は捕虜時代, をした, を送つた

▼ 兵隊として~ (9, 0.4%)

1 はじめて洋式調練, まつすぐ, 南方に, 幾分でも, 愛す, 蓄音機の, 走り廻っ, 過ごして, 附近に

▼ 兵隊ども~ (9, 0.4%)

2 の列 1 がのそのそ, が不平勝ち, になる, に戦争, はまだ, はみんな, は自分たち

▼ 兵隊だった~ (7, 0.3%)

1 とでしょう, とは実に, と云う, のかと, ので降伏, 事も, 方の

▼ 兵隊では~ (7, 0.3%)

1 ないと, ないの, なかつた, なく兵器, 戦争の, 泣いたよ, 競爭は

▼ 兵隊~ (7, 0.3%)

1 出して, 渡って, 為御, 為慰労御酒四合づつ御, 行ってたもの, 行っても, 頂戴相成

▼ 兵隊さん達~ (6, 0.3%)

1 が来, が満足, に親切, のこと, の群, はもうすっかり

▼ 兵隊~ (6, 0.3%)

1 が私, に引き立てられ, は一, は営庭, は声, は皆一度

▼ 兵隊じゃ~ (5, 0.2%)

1 あんめえ, ない, ないらしいが, ないん, ない普通

▼ 兵隊みたい~ (5, 0.2%)

1 だが, で註文, な給仕, な赤, に固く

▼ 兵隊サン~ (5, 0.2%)

2 助ケテ 1 だったの, と近ごろ, を連想

▼ 兵隊あがり~ (4, 0.2%)

1 のやはり, の名物男, の男, の貧乏士官

▼ 兵隊だって~ (4, 0.2%)

2 誰だって 1 見栄坊さ, 食わずにゃ

▼ 兵隊であった~ (4, 0.2%)

1 かと感じる, が宇治, ところで, 折に

▼ 兵隊です~ (4, 0.2%)

1 か, からまア, の, のよ

▼ 兵隊でない~ (4, 0.2%)

1 もので, ものまでが, 一般人でも, 市井人の

▼ 兵隊でも~ (4, 0.2%)

1 死の, 監獄でも, 送る時, 運命判断には

▼ 兵隊という~ (4, 0.2%)

1 のが, のは, ものが, 型だった

▼ 兵隊としての~ (4, 0.2%)

1 主な, 強味を, 戦場生活に, 要領の

▼ 兵隊~ (4, 0.2%)

1 のださうだ, のだらう, んだろう, んです

▼ 兵隊にも~ (4, 0.2%)

1 かかる馬力, なれず病床, やれないの, 行つた

▼ 兵隊事件~ (4, 0.2%)

1 の, の計画, はこの, をたのみ

▼ 兵隊検査~ (4, 0.2%)

1 でごわす, について見, に帰った, に行った

▼ 兵隊ごっこ~ (3, 0.1%)

1 かなにか, しよう, をする

▼ 兵隊との~ (3, 0.1%)

1 相の, 間に, 間柄においては

▼ 兵隊に対する~ (3, 0.1%)

1 反逆が, 反逆による, 軍医は

▼ 兵隊ほど~ (3, 0.1%)

1 こなれないが, 嫌ひなものは, 恐しい

▼ 兵隊~ (3, 0.1%)

1 にいる, に白木, は丘

▼ 兵隊帰り~ (3, 0.1%)

1 の喪主, の大学生, の様子

▼ 兵隊~ (3, 0.1%)

1 の庇, をかぶつ, を阿彌陀

▼ 兵隊~ (3, 0.1%)

1 のある, のよう, を出抜ける

▼ 兵隊~ (3, 0.1%)

1 とは, はもう二度と, やな

▼ 兵隊長靴~ (3, 0.1%)

1 はややともすると, をはい, を打ちつけ

▼ 兵隊あがりで~ (2, 0.1%)

1 生徒監督を, 腕っぷしが

▼ 兵隊~ (2, 0.1%)

1 役人が, 比島の

▼ 兵隊~ (2, 0.1%)

2 つこ

▼ 兵隊~ (2, 0.1%)

1 行けば, 行ったら毎日芋

▼ 兵隊さんあすこ~ (2, 0.1%)

2 にある

▼ 兵隊さんここ~ (2, 0.1%)

1 に河豚鍋, へおかけ

▼ 兵隊さん兵隊さん~ (2, 0.1%)

2 助けて

▼ 兵隊さん西郷~ (2, 0.1%)

2 に追われ

▼ 兵隊って~ (2, 0.1%)

1 あるか, ええもの

▼ 兵隊である~ (2, 0.1%)

1 か私, ことの

▼ 兵隊であろう~ (2, 0.1%)

1 がなかろ, となかろ

▼ 兵隊なぞも~ (2, 0.1%)

2 ほめて

▼ 兵隊なんぞは~ (2, 0.1%)

1 どこから, 無用の

▼ 兵隊にな~ (2, 0.1%)

1 つて伏見の, つて自分自身が

▼ 兵隊のみ~ (2, 0.1%)

2 ならんや

▼ 兵隊ばかりが~ (2, 0.1%)

1 人間らしかった, 戦さを

▼ 兵隊まで~ (2, 0.1%)

1 こぞって嘲り, つとめたら番頭

▼ 兵隊より~ (2, 0.1%)

1 シャリアピンの, 元気が

▼ 兵隊よりは~ (2, 0.1%)

1 学生の, 悲壮に

▼ 兵隊よりも~ (2, 0.1%)

1 ずっとたくさん, ぼんやりした

▼ 兵隊らしい~ (2, 0.1%)

1 猥褻な, 男が

▼ 兵隊一人~ (2, 0.1%)

1 ずつ出させました, ずつ飛び出し

▼ 兵隊外套~ (2, 0.1%)

1 が長, なんぞを

▼ 兵隊姿~ (2, 0.1%)

1 の隆吉, をじろじろ

▼ 兵隊将棋~ (2, 0.1%)

1 もいや, やトランプ

▼ 兵隊屋敷~ (2, 0.1%)

1 は点々, をずつと離れ

▼ 兵隊帽子~ (2, 0.1%)

1 にゴム長, に新

▼ 兵隊整列指揮~ (2, 0.1%)

2 を可被

▼ 兵隊~ (2, 0.1%)

1 りが, りの

▼ 兵隊~ (2, 0.1%)

1 にお, に荒っぽく

▼ 兵隊~ (2, 0.1%)

1 に限っ, やらジャンジャカ三味線

▼ 兵隊~ (2, 0.1%)

1 がつい, というの

▼ 兵隊~ (2, 0.1%)

1 で, で言え

▼ 兵隊諸君~ (2, 0.1%)

1 の溜り, も唖然

▼ 兵隊~ (2, 0.1%)

2 をする

▼1* [157件]

兵隊あがりらしい面つきや, 兵隊あり人民これを, 兵隊おくりの帰りどっせ, 兵隊かなどと聞くの, 兵隊がたうとうやって来た, 兵隊ぐらいのものだ, 兵隊ぐらしも捨てた, 兵隊こさえて, 兵隊ことに見失った兵隊, 兵隊さえありゃ何, 兵隊さとられちまってはあ, 兵隊さんそれも日本, 兵隊さんだつてい, 兵隊さんなんぼでもやつ, 兵隊さんらは日曜ごと, 兵隊さんコツンしたん, 兵隊さんチヨツトもお, 兵隊さん一番つまらなか, 兵隊さん何か便り, 兵隊さん何時帰って, 兵隊さん式にオチニオチニ, 兵隊さん慰問文がお, 兵隊さん来やはりました, 兵隊さん見えんと五郎はん, 兵隊さん雨に濡れ, 兵隊さ嫌んだ人, 兵隊さ行ぐものばかりが色々な訓練, 兵隊すきなん, 兵隊すこし目を, 兵隊その列に, 兵隊たる佐伯部の, 兵隊だけだわ, 兵隊だけに限らず更に, 兵隊だけは帰って, 兵隊だの死にかかった馬, 兵隊だらうが御酒, 兵隊だろうなどと考えた, 兵隊ってなんていう, 兵隊てえものは, 兵隊であったりした, 兵隊でさえ口に, 兵隊でして持てる, 兵隊でもが持つやう, 兵隊といったふうに, 兵隊といふものを, 兵隊とか工場に, 兵隊とが対峙し, 兵隊としてはありそう, 兵隊とどつちが, 兵隊とは言えないという, 兵隊とばかり一緒に, 兵隊とりやがる, 兵隊とをつれて, 兵隊どうだべな, 兵隊などには会うまい, 兵隊などの人形の, 兵隊などは教育の, 兵隊などまで実に物々しい, 兵隊などもいらんわけ, 兵隊などを作ること, 兵隊なみにひきし, 兵隊ならない方, 兵隊なら帰れる見込みが, 兵隊なら思はず知らず不動の, 兵隊なりあるいは遊牧民, 兵隊なんか大きな刀, 兵隊なんてものが, 兵隊にだって俺達と, 兵隊についていくらでも, 兵隊につきものである, 兵隊にゃなりません, 兵隊によってゆり起された, 兵隊に対して狙撃も, 兵隊のみを精神病と, 兵隊はんの抜け, 兵隊ばかりであった, 兵隊ひとりに七合二勺五才, 兵隊までが仮装と, 兵隊ものとの間, 兵隊もよかつた, 兵隊やら馬やら, 兵隊兵隊よ, 兵隊がいきなり, 兵隊らしくないところが, 兵隊アリ重傷シテ肩ヲ借, 兵隊シモンのところ, 兵隊ハ救助車ヲ待ツ, 兵隊バンドには代用, 兵隊一人肩ニ, 兵隊三人と知合, 兵隊三百人御繰出, 兵隊三百人以上長い列, 兵隊で佐藤肋骨氏, 兵隊人形のよう, 兵隊人間に生れなけれ, 兵隊以來フアストの惡魔以來, 兵隊仲間やそい, 兵隊では重役, 兵隊共此奴を王宮, 兵隊は駄目, 兵隊勤めをし, 兵隊十人許り即死, 兵隊即ち卒が, 兵隊よろし, 兵隊口調で尋ねました, 兵隊同士が, 兵隊同様しっかりと, 兵隊同道に而来, 兵隊商売即ち戦争, 兵隊墓名物おやき, 兵隊外套連の交歡, 兵隊奉公の兄, 兵隊女軍突進さながらに, 兵隊好きらしく彼女, 兵隊完全なる兵器, 兵隊宿舎増田旅館に落ちつく, 兵隊へ来ない, 兵隊にぶっきらぼう, 兵隊後家でも張りあっ, 兵隊徴用にゆく, 兵隊を自覚, 兵隊慰問用の寫眞, 兵隊戦争の生活, 兵隊戦死の墓延命寺, 兵隊数名にも別れる, 兵隊料理であつ, 兵隊新撰組の後ろだて, 兵隊時代の仲間, 兵隊服のだん, 兵隊服上下を買い, 兵隊東京府迄引揚可申旨, 兵隊永久に戻る, 兵隊独特の操り人形, 兵隊の弾丸, 兵隊はこの, 兵隊出警衛相成, 兵隊羅紗が敷きつめ, 兵隊脚絆をはい, 兵隊自身も一九二一年, 兵隊英語に訳し, 兵隊をまで照らし, 兵隊落語小三治, 兵隊の襲撃, 兵隊軍艦にて入港, 兵隊送迎は別, 兵隊逃亡すること, 兵隊のすゝめ, 兵隊附きのジョリジョリ屋, 兵隊難民諸嬢, 兵隊靴リュックをかつい, 兵隊靴下だったので, 兵隊靴元気な様子, 兵隊靴右手に日本刀, 兵隊の男, 兵隊養子に往, 兵隊饅頭鶏卵入の滋養麺麭, 兵隊に乗っ