青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「保~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

便り~ ~便利 便利~ 便宜~ 便所~ 係~ ~俄 俄~ 俊~ 俗~
保~
~保つ 保つ~ ~保存 保存~ ~保証 保証~ ~保護 保護~ 信~ ~信じ

「保~」 2576, 26ppm, 4555位

▼ 保~ (312, 12.1%)

5 ために, 部屋の 3 心の, 頃に

2 [22件] ことが, ことは, ばか, ぽってりした, ように, 三男純, 分骨を, 夏の, 奉職し, 家に, 心には, 心を, 戴宗が, 戴宗を, 昔に, 次女冬が, 死という, 死を, 気持が, 貼紙の, 身に, 頃から

1 [252件] あの不思議, いったこと, いのちをも, いるの, いる座敷, うれしさ, からだを, こころの, こころもちは, こころもちを, ことであった, ことばと, ことを, このみ, この書肆, ころべに, ころ芝居で, こんなこころ, ご和談, したこと, そういう合理的, そういう声, そういう選択, その心, その異様, その言葉, そばを, ためである, ためにと, ためには, ための, ところまで, なかには, ふっくりと, ほか里見新, まぶたは, むかしの, むかし服部南郭が, ものの, ゆえに, ような, 一生と, 一部分な, 三女乙女さんが, 上には, 下に, 下宿に, 不思議に, 丹絵漆絵より, 云うこと, 云うよう, 五人組帳前書を, 人間性の, 仲間が, 伽藍等興隆の, 体の, 作ノエル, 俤であった, 俤は, 兄恒善よりは, 内心には, 几帳面さから, 分骨が, 初々しい和毛, 初て, 初の, 初めに, 初冬, 初大岡越前守忠相, 初年である, 初年に, 勉強場が, 勉強机の, 勉強部屋に, 勉強部屋の, 勉強部屋へ, 原始的なる, 友人たちには, 友人の, 友武田準, 友達たちは, 友達に, 同級には, 同級生は, 名は, 名を, 命は, 唯一の, 問題に, 喜舌の, 四女紅葉が, 土蔵への, 在職中には, 報らせです, 墓に, 大あむしられ, 大きい字, 大岡越前ほどの, 如きも, 妾で, 始めの, 始め頃和泉屋権四郎なる, 姿, 姿が, 子熊蔵, 字だ, 字は, 室の, 家には, 家庭教師である, 家庭教師に, 家庭教師について, 家庭教師の, 容貌は, 密使が, 崎はも, 年齢の, 廊下に, 役にでも, 微妙な, 心に, 心は, 心もちが, 心もちを, 心持そのものに, 心持も, 思い出が, 思慮の, 感覚に, 戴宗さんは, 戴宗です, 戴宗とも, 戴宗に, 戴宗は, 戴宗も, 手紙に, 抽象癖が, 改鋳金を, 文を, 文書などには, 方法を, 日ごろの, 日頃から, 日頃の, 昔から, 昔で, 昔でも, 昔の, 時代永享十一年十八歳で, 書いて, 書きぶり, 最勝閣, 月忌例会は, 末つかた, 末は, 末年浮世絵は, 来るの, 柔かな, 柩の, 次男繁次が, 死から, 死と, 死に, 死について, 死の, 死は, 死んだしらせ, 死んだ前後, 死んだ知らせ, 母を, 母子が, 母子は, 気もちと, 気分を, 気質は, 法則が, 浦に, 浦びと, 温和な, 父母は, 物語という, 生れつきを, 生活が, 生活の, 生活は, 生活ぶりと, 生活気分は, 生父, 留守居で, 目で, 眼を, 短い生涯, 示した判断, 秘密の, 秘密を, 笑って, 第二回目, 純情に, 純粋を, 絣の, 考えは, 職は, 肉体についての, 肩を, 背後に, 胞衣を, 胸を, 自殺から, 芸風を, 若々しい上唇, 若々しい精神, 若いおさない心, 若くて, 苦労の, 葬式について, 薨去と, 表情から, 表情とは, 表情には, 言葉としては, 許に, 証言, 話を, 講習会を, 跡を, 軽いペン, 辿った路, 通学し, 道に, 遺骸の, 部下だった, 部将が, 部屋である, 銘が, 長男三吉が, 門人と, 陣屋の, 陣所として, 霊が, 青春には, 面影を, 頃だ, 頃であった, 頃まで, 頃より, 頃長崎の, 頃関西に, 頃麹町二丁目に, 顔つきと, 顔は, 馬亮公が, 骨を

▼ 保~ (248, 9.6%)

3 いった, 死んだ, 死んで 2 その一つ, どういうこと, 何と, 保の, 保らしく, 慶応義塾の, 枳園の, 母の, 自分の

1 [221件] あらわな, いつも素直, おそらくあんなに執拗, おそらくは東村上分, おそらく自分, おだやかに, かくの, かつ読み, きょうも, くりかえし, こういう生れつき, こういっ, こう思った, こう書い, このごろも, この年六月, この給費, この計画, この間佐々は, こまかいふき, これより, これらの, これを, ごくたま, しばらく立った, すぐ, そう考えた, そこに, そのとき, そのよせ書き, その人, その姿勢, その学生, その意, その日, その父母, その言, その遊び, その電車, そんな話, そんな風, ともかくわかる, どうしていつもそして, どうしても四人前, どうにかし, どこへも, なお更, なお進ん, なぜか, なんとなくその, ねそ, はじめて, ひどく嬉しそう, また当路者, まだ十六歳, もう生き, もっと勝手, やがて口, ストーヴの, ハガキで, ベンサムの, 一人の, 一人感じつめた, 一層大きく, 一月二十七日に, 一本気に, 七月一日に, 三十歳松は, 三時頃に, 三月の, 三月三日に, 三月下旬に, 三河国宝飯郡国府町に, 下宿屋住いの, 両手で, 主犯人として, 主観的に, 二十七歳であった, 二十五歳の, 二十日間の, 二度たよりを, 二月九日の, 五百の, 五門と, 人間らしい外気, 伸子から, 伸子が, 伸子と, 何かの, 何の, 係官の, 僅に, 兄山田脩が, 先ず職業, 先頃父に, 入舎を, 八月三日に, 内大臣まで, 内心で, 出て, 初め文部省の, 前の, 前年の, 前年来, 勉強机に, 勉強机の, 十一日の, 十九歳で, 十二月九日学校の, 十四歳であった, 十時ごろ伸子の, 単に五百, 即座に, 号に, 合格し, 和毛の, 喜び諾, 四月に, 国府に, 坊主に, 報を, 多少の, 多計代, 大学へ, 奇蹟と, 婦人科の, 子供らしく, 存生堂に, 学問修行の, 客を, 小学生の, 少年らしい, 山田屋に, 島田を, 島田三郎沼間守一肥塚龍らに, 島田篁村を, 師範学校の, 帰って, 広島の, 床を, 廊下に, 弘前に, 彼の, 彼を, 後年に, 後藤と, 怒気を, 愉快そうに, 戦死し, 攻玉社の, 新居を, 新聞社の, 旧幕臣静岡県士族佐野常三郎, 映画の, 映画雑誌シネマ時報の, 更に印東玄得, 来年学校の, 東京に, 東京の, 東京博文館の, 枳園に, 柔和な, 森枳園に, 楊の, 次第に暁鐘新報社, 次第に母, 正親町三条から, 此の, 歩きながら, 死んだという, 死んだとか, 母と, 母に, 母五百を, 水栽培で, 活溌に, 浜松表早馬町四十番地に, 深く英語, 温室の, 湯作新を, 父の, 率直に, 生きて, 畳廊下において, 病の, 盛に, 目新しそう, 直ちに録, 矢島優に, 知って, 研究的に, 社長準, 神田仲猿楽町五番地豊田春賀の, 窃に, 箱の, 簡単な, 絶対の, 職を, 肯定した, 芝烏森町一番地に, 花作りが, 英語を, 薪を, 見て, 覗きこんで, 訴えるよう, 誘いを, 謙って, 越智と, 越智を, 遠く柏軒, 鈴木の, 隠忍し, 静岡安西一丁目南裏町十五番地に, 頭を, 首を, 高校の, 高校生であった, 高町, 高等師範学校に, 黙って

▼ 保さん~ (165, 6.4%)

3 である, の云, の記憶, の話, は母 2 いる, がいう, が蔵, のお子さん, の姉水木, の言, は, はその, は来

1 [132件] あずかってよ, いそがしいの, いつから, いなかったわよ, から獲た, がおいで, がみんな, がわたくし, が五百, が姉, が官衙, が弟, が此年, が此時父抽斎, が父, が知っ, が種々, が金, この簡単, ぜひ一緒, そういう話, そんなに調停, だけにあて, で父, という御, との姉弟, とはいつ, とわたくし, と会見, と墨汁師, と清助, と游さん, どうしてこんなにキューキュー, などに至る, なども同行, に, にお, に下, に抽斎, に父, に聞い, に聞く, に聞け, に蒲焼, に蘭語, に話した, に語つた所, に読書, のいいっ, のこしらえ, のさっき, のところ, のよう, の事, の五, の今, の住所, の作らん, の健康, の博渉, の女冬子さん, の如き, の子, の家, の役, の意中, の成善, の所在, の所蔵, の手, の教, の方, の日記, の書する, の書状, の東京高校, の母五百, の精力, の考え, の語った, の語る, の部屋, はこちら, はこっち, はこれ, はそう, はね土蔵, はまた, はまだ, はわたくし, は上野図書館, は両, は二十八歳, は今に, は今一つ, は今年大正五年, は叱した, は嘗て, は少時帆足, は島田篁村, は幼い, は当時, は当時成斎, は彼, は後, は快諾, は抽斎, は来る, は東京, は果して, は此話, は母山内氏五百, は父, は生れた, は生物学上, は穉, は考え, は自らこれ, は著述家, は陣幕久五郎, もこれ, も母五百, よりもっと, をおとずれ, をし, を学医, を父抽斎, を牛込, を訪おう, を訪ね, を識, 珍しくおそかった

▼ 保~ (162, 6.3%)

4 死んで 3 死んでから 2 ああし, 亡くなってからの, 伸子に, 家に, 帰って, 生きて, 自殺し

1 [141件] あると, いい友達, いうので, いたらと, いつもくりかえす, いないで, いなくなって, いなくなってから, いまどきの, いれられて, うちに, ききかえした, こしらえて, この夏, この家, この年, これからは, そういうギーギー, そう云っ, その学校, その晩, そんなに純真, ちがった生れつき, どうしてもむき出し, どうなろう, どう思っ, もういない, もって, よく云った, よろこぶかと, よろこんで, ドイツ語を, メロンの, 一人で, 一層保, 一諸, 七月十三日に, 七月十二日に, 三河国国府を, 上野行に, 久しく帰らぬ, 九月に, 二三日往かず, 二階から, 云ったよう, 五月十五日に, 使いに, 保なりに, 偲ばれた, 傍に, 全部は, 八月三十日に, 六十三歳で, 内輪からの, 出て, 初めその, 助教授に, 十七歳の, 卒業し, 友人と, 同級生から, 同級生たちを, 名を, 和一郎と, 和毛の, 国府の, 坐して, 多計代, 大学で, 姉, 姉の, 学校に, 尋ねて, 山田脩の, 崎いた, 崎いやしろじろに, 崎君が, 師範学校から, 師範学校に, 帰るの, 彼よりも, 心配な, 怒ったこと, 急に, 恋愛から, 揺れる薪, 数行かい, 敷居ぎわで, 机に, 来て, 東京に, 東京高校へ, 枳園を, 柵の, 横網町の, 死にその, 死に和一郎, 死んだ, 死んだしらせ, 死んだという, 死んだとき, 死んだ失望, 死んだ知らせ, 死んでからの, 母の, 母親を, 気を, 津軽人だ, 涼しいからと, 熱心に, 生きられるよう, 留守番だ, 発見された, 瞑想と, 知ったとして, 立った, 筒袖の, 紺絣の, 総指揮, 自分で, 自殺した, 花壇の, 見えなかった, 見つかったとき, 見て, 覚えず, 親しくし, 訪ねて, 誘惑に, 赤いポンポン, 赤い毛糸, 辞退する, 通って, 重野成斎に, 長四畳, 長椅子の, 頓狂に, 駈け去る, 高校へ, 高校入学祝に, 麹町の

▼ 保~ (115, 4.5%)

18 して 9 されて 6 する 5 すること 3 します, し難い, するもの, をし, を得 2 されること, しませぬ, に立つ, は出

1 [54件] ができよう, が出, が附け, させさて, された可能性, される, されるで, されるまで, しかねる, した, したこと, しても, してを, しますがね, しますぜ, しろと, し乍ら, し得るか, し得るの, すべき實例, すべき鐵案, するで, すると, するの, するやう, する丈, する唯一, する樣, する氣, する譯, する通り, する限り, せねば, せらるべきである, であった, であり從つて自ら, できません, できる, で天主教, など入らず, にはなりません, によつて, に漸く, に立つた, に身, の印, の限, はすでに, は易者, は決して, もなし, をやつ, を懇願, を附け

▼ 保~ (66, 2.6%)

21 の乱 7 平治の 2 の亂, の頃, や平治, 平治物語の, 物語に

1 [28件] からです, と平治, の乱三年後, の亂後, の兵乱, の合戦, の因, の弓勢, の昔, の時, の焦土, ノ乱, ノ乱以前, 乱が, 元年法然二十四の, 平治以前の, 平治以後の, 平治以来戦乱によって, 平治時代よりも, 平治物語, 平治物語を, 平治盛衰記義経記などの, 文の, 文年代に, 文時代の, 申年十一月廿八日かと, 祿, 記平治物語吾妻鏡など

▼ 保~ (64, 2.5%)

2 が未だ, の師

1 [60件] が往生伝, が撰, が日本往生極楽記, が池亭, が脱, が長年, であった頃, である若い, でも我, という人, と順, などと読む, には向, には有縁, には然様, に対しては親王, のよう, の兄保憲, の如き, の妻, の弟, の往生伝, の慈仁一遍, の所為, の方, の旦暮, の是, の時, の父, の白氏, の評語, の身近, の面目, は, はこれ, はハラハラ, は人, は仏教, は入道, は夙く, は大, は実に, は師, は弥陀如来, は性来慈悲心, は我が, は或, は日々斯様, は是非, は試, は遂に, ばかりでなく, ほどの善信, ももとより, も六条, も採録, らしい好み, を先輩, 世に内記, 即ち寂心

▼ 保~ (57, 2.2%)

4 向って 3 至りて 2 いるの, 対面する, 温室を

1 [44件] あんなにきれい, いたっては, いるなら見せて, かいたばかりの, かいた手紙, かわいそうだ, きらわせるよう, たまひ, ふさわしい母, シュッ, スペルリングを, 会うつもり, 似て, 何か, 保管を, 儀保殿内を, 入りては, 及ぶまで, 婿を, 寄する, 影響した, 必要な, 手で, 手紙を, 握られて, 書いた伸子, 死なれたの, 死なれた親たち夫婦, 死なれ生れた家, 渡し自分, 生きるに, 紹介を, 絶えて, 自分の, 自殺の, 至っては, 至りては, 至り漆絵, 至るまで, 見せたらどんなに, 謝した, 退社後なお, 長い計画的, 鵞鳥も

▼ 保~ (53, 2.1%)

2 つれて, 呼んで, 盛に

1 [47件] あがめ立てその, いじらしく思っ, おいて, さがして, さがすこころ, じっと見守っ, すつかり占めた大, つれまわること, とめて, なぐさめ愧, むき出しに, よび出した, 一人おい, 一人に, 伸子から, 先登に, 冷遇した, 切りは, 喪った父, 失ったこと, 失った多, 家庭に, 山下の, 崇高な, 心の, 思い出して, 想像する, 愛した, 愛して, 感じて, 抱きとって, 招いて, 教頭に, 日ごとに, 望むの, 東京に, 欲する心, 濠として, 生かさなかった環境, 発見した, 登用し, 立て其後此莊園, 筏へ, 行乞し, 訪うた, 遇した, 過ぎ

▼ 保~ (52, 2.0%)

3 の幕 2 の体

1 [47件] が畑, が驚い, という侍, と娘, などを大阪, にじゃま, にも子供, に助けられた, に向かっ, に渡しました, に渡します, に飲ませ, の姿, の家来, の物狂い, の狂亂, の血だらけ, の足, はいいました, はいつの間にか, はいよいよ, はかっと, はすっかり, はそのまま, はそれ, はほっと, は五六人, は困っ, は大, は子供, は心, は情け深い, は毎日親切, は気の毒そう, は畑, は目, は驚い, もこれ, も体中刀傷, も好評, も家来たち, も真っ青, を憎みました, を放し, を殺し, を聞く, を踊り

▼ 保~ (47, 1.8%)

8 登は 2 はどう, をここ, 先生, 先生が

1 [31件] がいなくなる, がその, が妹娘, が怒り, だけがきめ, とはいつも, と入れ替った, にとっては遊学, にまちがい, に貰っ, のお, のこと, の一人っ子, は, はいい, はおれ, は先生, は断わった, もずいぶん, もだいぶ, も聞いた, をよこす, を呼んだ, 先生だ, 先生って, 先生です, 先生も, 登が, 登だ, 登と, 登を

▼ 保一くん~ (40, 1.6%)

2 か健吉くん, は売薬業

1 [36件] がかわいかっ, が二十四歳, が令嬢, が女, が投じた, が某所, が死体, が請け出した, とあなた, と同じ, と違っ, にしろ, にとって非常, に嫌疑, のその, のため, のところ, の事情, はあの, はいかに, はどういう, は久しく, は二十九日, は令嬢, は兄, は初志, は売薬店, は大学, は幼時, は当然, は悲しく, ばかりでなく, もその他何人, も医者, も母, を産み

▼ 保~ (39, 1.5%)

1 [39件] いう, いえば, いふに, いふ者が, くっつけようと, しゃべったり, その妾, 三越に, 三越へ, 九つ年が, 二人きりで, 二人への, 同いどしな, 同じく慶応義塾, 同じく本科, 同じ本質, 同居する, 同年位であった, 対蹠する, 川俣踏絵が, 川俣踏絵の, 後藤を, 手に, 接待の, 改めた, 改元, 改元に, 正反対の, 湯作新と, 父と, 相識に, 竜華寺を, 肩を, 脩とが, 脩とは, 自分とで, 自分との, 話した話, 龍華寺を

▼ 保~ (36, 1.4%)

2 の街

1 [34件] が陥落, して, でやられた, で戦傷, で識, などと違つて, なら保定, にし, にた, にまさる, に乗り込ん, に行きたい, に近い, のその後, の南, の南方, の占領, の城内, の城門, の町, の觀工場, の諸, へそれから, まで今, まで自動車, を一例, 入城から, 入城前後の, 城外の, 失われん, 定県附近, 第一, 第二夜, 警察局といふ

▼ 保~ (29, 1.1%)

2 なり

1 [27件] がうつ伏せ, が家じゅう, が新聞社, が濡れた, が酔いつぶれ, が門, ってもん, でも彼得, というやはり, によって孔子, に遊歴, のほう, の噂, の姿, の寺, の悪, の横顔, の説いた, の身体, はそっぽ, はキャラコさん, はクッション, はピクッ, は三つ, は壁, は時々, は濡れた

▼ 保年間~ (27, 1.0%)

1 [27件] が中心時期, にございました, には元年, に三つ, に八代将軍, に初めて, に尾州領内, に我邦, に此種, に田中丘隅様, に私, に越後, に輪王寺宮公寛法親王, に飯沼, のある, のその, の上名古屋辺, の五人組帳前書, の人物, の刻, の名, の岩手噴火, の帯巾, の火事, の義民伝まがい, 屡渡海, 後堀川院

▼ 保~ (22, 0.9%)

3 共に泣き

1 [19件] それにつれて, つや子も, はいって, まじえて, 七年とは, 仲間に, 伸子も, 内大臣までは, 処分されただろう, 和を, 和一郎も, 四年と, 姉が, 母の, 火野葦平も, 稚いつや子, 聴いた, 見えず真青, 読んだだろう

▼ 保~ (22, 0.9%)

1 [22件] とはまるっきり, と奥方, と朝霞, と申, に嫁い, のいきさつ, のこと, の一件, の側, の僕, の友人, の家従, の昔, の親子, の部屋, はいよいよ, はことさら, はもと山城, は事, は口, は幼, をそのまま

▼ 保食神~ (20, 0.8%)

3 の頂 2 は何故

1 [15件] が牲, である, であるという, の屍体, の無礼, の目, の腹中, の許, は五穀, は本来ウケ, を撃殺, を祭る, を訪ねさせし, 即ち稲荷, 実に已に死

▼ 保元平治~ (18, 0.7%)

2 の乱, の二度, の大乱

1 [12件] ああいつ, から平家物語, にわたっての未, のむかし, のよう, の乱以後, の亂, の二乱, の二次, の昔, の時代, もつらぬい

▼ 保元年~ (18, 0.7%)

2 に八十三歳

1 [16件] とする, となった, と改元, に七十八歳, に上土出村, に再興, に生まれ, に生れ, に謫, のこと, のま, の二月, の冬, の冬罪, の帳, の項

▼ 保三年~ (15, 0.6%)

1 [15件] だが, と寛政十一年, には火災, にも江州甲賀郡森尻村, に八十三歳, に出た, に天部村, に肅公綱條, に薨, の七月, の冬, の冬東, の噴火後, まで約, 同四年

▼ 保二年~ (15, 0.6%)

1 [15件] から三年, から八年, である, にはだんだん, には正月, に十五歳, に正明, のお正月, のこと, のころ, の五月, の夏五月端午, の後二十七年, の頃, より元

▼ 保井進~ (15, 0.6%)

1 [15件] がいい, が学生時代, が目, が足もと, と同じ, と結婚, についての佐藤, の頬, はうすく, はひくく, はひとつ, はわらった, は佐藤, よりさらに, をみ

▼ 保~ (14, 0.5%)

2 ともえ, の家 1 が羽織, の腕力, はさ, はしかた, は一方, は丸地, は悠々, は裸足, は野見, は黙

▼ 保~ (14, 0.5%)

1 [14件] からで, から新しい, に, には相応, に流行, に見え, の人, の坊さん, の大坂所司代支配下, の学者, の文書, の諸式, までも, 迄の人物

▼ 保から~ (12, 0.5%)

2 寄越した手紙 1 かくしては, また一枚, 久しぶりに, 今度大変いい, 何かに, 宝暦の, 実際問題, 感じる圧迫感, 来たその, 話させずに

▼ 保という~ (12, 0.5%)

1 [12件] のが, のは, ものを通じて, 人が, 人です, 侍に, 名で, 名は, 子爵家の, 存在を, 荘園の, 観念は

▼ 保~ (12, 0.5%)

2 の家, は 1 と二人, と佐藤, と結婚, にくどく, にも話し, はねマリ, はぼく, は家

▼ 保~ (12, 0.5%)

1 [12件] か案外, がああ, がその, が女, が設計, でした, です, などもとじこめられ, のおとうさん, のにいさん, の名, もまじっ

▼ 保以前~ (11, 0.4%)

5 の古 1 で山地, に出来た, のこと, の近松, への復古, までの彼

▼ 保年中~ (11, 0.4%)

2 の事, の編纂 1 その居館, になつて, にひらい, に中国, に植えし, の辻, 迄頂戴

▼ 保~ (10, 0.4%)

2 を要求, を見る 1 のあらん, のなき, はただ, を神, を認め得よう, 又救出者

▼ 保叔塔~ (9, 0.3%)

2 の聳え, へお, へ焼香 1 である, と云う, らしい影

▼ 保四年~ (9, 0.3%)

1 から数, である, の, の九月, の二月, の六月, の六月二十日, の秋, も早

▼ 保證人~ (9, 0.3%)

1 として先方, になつて, になつて貰, にならう, になり, に対して私, に対する私, を打出し, 無くつ

▼ 保時代~ (8, 0.3%)

2 にはまだ 1 です, と申しまし, の仲の町, の娘, の美人, は江戸

▼ 保狸口~ (8, 0.3%)

2 がやられた 1 が飛出し, という男, と呼ばれた, のアナウンス, はこれから, は云う

▼ 保險會社~ (8, 0.3%)

1 ちふと, に通勤, のある, の一使用人, の出張所, の社員, の診査醫, を設立

▼ 保五年~ (7, 0.3%)

1 となり, に出家, に高, の七月, の春, の歌合, の正月

▼ 保~ (7, 0.3%)

2 するを以て 1 される, し得るため, し得る形, し生かすため, 出来た

▼ 保~ (7, 0.3%)

2 の心 1 だ, であった, という横ざま, と同じ, の霊魂

▼ 保~ (7, 0.3%)

1 か, に加入, に掛け, の外交員, の本, はつけといた, を付けない

▼ 保たるべき~ (6, 0.2%)

1 もので, ものと, ものは, 原理の, 寺の, 或る

▼ 保十一年~ (6, 0.2%)

1 には最早, には江戸, に先, に再び, の調べ, より僅か

▼ 保~ (6, 0.2%)

1 と対談, に期待, の, の病気見舞, の病窓, の苦心

▼ 保羅さん~ (6, 0.2%)

2 に礼奴さん 1 が市井, が鎧扉, の寝息, は何

▼ 保とは~ (5, 0.2%)

1 全く反対, 出て, 十六カ月を, 国府に, 指人形の

▼ 保七年~ (5, 0.2%)

1 に来た, に隅田堤, のこと, の冬, の正月右大臣

▼ 保以後~ (5, 0.2%)

1 から明治維新, の増加率, の特別, はいろいろ, わずかに

▼ 保八年~ (5, 0.2%)

1 に幕府, に歿, に至っ, に至り, まで連綿

▼ 保六年~ (5, 0.2%)

1 に二度目, に生れ, の三月, の留書, も将軍家

▼ 保勝会~ (5, 0.2%)

1 が先ず, というもの, の小笠原氏, の皆様はじめ, を代表

▼ 保~ (5, 0.2%)

1 という息子, に働きかけた, の公達, は冷静, への恋

▼ 保~ (5, 0.2%)

1 とし, と思われる, と見, と障碍物, の守備者

▼ 保字金~ (5, 0.2%)

1 なぞの当時, ならば, の半値, や古, 約三百六十三万両

▼ 保~ (5, 0.2%)

2 その弟中納言敦忠 1 の例, の歿年, は承

▼ 保~ (5, 0.2%)

1 が薬, というもの, は半井瑞策, は江戸, は由顕

▼ 保物語~ (5, 0.2%)

1 どうです, などにし, に, にし, は噺

▼ 保~ (5, 0.2%)

1 する旨, にすべきだ, になつた, の身, を願

▼ 保~ (4, 0.2%)

1 ということ, とさとった, とせ, と伸子

▼ 保ちゃん~ (4, 0.2%)

1 が病床, は, 見て, 長金花

▼ 保~ (4, 0.2%)

1 あてて, あて手紙, その手紙, 書いた伸子

▼ 保への~ (4, 0.2%)

1 いとしさ, 供養が, 手紙を, 残酷に

▼ 保~ (4, 0.2%)

1 つや子は, 和一郎の, 川公一, 後藤の

▼ 保~ (4, 0.2%)

3 てゐる 1 て行かれる

▼ 保九年~ (4, 0.2%)

1 から後, の序, の検地, の秋

▼ 保井夫婦~ (4, 0.2%)

1 についてはしあわせ, について考え, の幸福, はそれ

▼ 保十二年~ (4, 0.2%)

1 に当る, に至り, の冬, の大

▼ 保十五年~ (4, 0.2%)

1 この時, になった, に去つ, の正月

▼ 保十八年~ (4, 0.2%)

1 とする, に京都六条村年寄, に富士, に至りまし

▼ 保十四年~ (4, 0.2%)

1 に若水, の版本, の重, 広南国

▼ 保叔塔寺~ (4, 0.2%)

4 へ往

▼ 保名主従~ (4, 0.2%)

1 はしばらく, はそろそろ, は幾ら, を取り囲みました

▼ 保~ (4, 0.2%)

1 となっ, には後, の霊薬, の鼻毛

▼ 保命酒~ (4, 0.2%)

2 のよう 1 がありました, の本場

▼ 保因者~ (4, 0.2%)

1 がある, である嘆き, でも当人, でアレクサンドラ皇后

▼ 保平殿~ (4, 0.2%)

1 が奥方, の供, は私, へお

▼ 保だって~ (3, 0.1%)

1 いるのに, 世話に, 旅行に

▼ 保~ (3, 0.1%)

1 あつた, は愚劇, 戦い敗れ

▼ 保との~ (3, 0.1%)

1 存在を, 浜松へ, 関係が

▼ 保に対する~ (3, 0.1%)

1 はげしい独占的, 心痛と, 自分の

▼ 保~ (3, 0.1%)

1 が相, はこれ, は浜松

▼ 保らしく~ (3, 0.1%)

1 つや子は, 反応せず, 注意ぶ

▼ 保井家~ (3, 0.1%)

1 に向かう, の便所, へ向かった

▼ 保以下~ (3, 0.1%)

1 にいたり, にこれ, の諸

▼ 保~ (3, 0.1%)

1 が仙台藩, に資, を江戸

▼ 保儀使~ (3, 0.1%)

2 の宣賛 1 といえ

▼ 保十七年~ (3, 0.1%)

1 には寄合, に銭座開発, の八月二十九日

▼ 保十三年~ (3, 0.1%)

1 に, に渡来, に生まれた

▼ 保命館~ (3, 0.1%)

1 に御, は此辺, を出

▼ 保妻子~ (3, 0.1%)

3 の臣

▼ 保宝暦~ (3, 0.1%)

2 を経 1 の紅絵

▼ 保小判~ (3, 0.1%)

1 と申しまし, の一枚, の全体

▼ 保年代~ (3, 0.1%)

2 からの御 1 からの老舗

▼ 保~ (3, 0.1%)

1 にあり, の主義, は利己主義

▼ 保殿内~ (3, 0.1%)

2 なる巫女 1 を建てさせました

▼ 保活里~ (3, 0.1%)

1 と共に滿洲, の末孫, は耶懶

▼ 保~ (3, 0.1%)

3 して

▼ 保~ (3, 0.1%)

1 して, すること, せられたの

▼ 保~ (3, 0.1%)

1 は一向, は光栄, は平安朝

▼ 保~ (3, 0.1%)

1 専一に, 御迎春可, 黙祈之至

▼ 保~ (3, 0.1%)

3 の神

▼ 保からの~ (2, 0.1%)

1 たよりが, ハガキを

▼ 保~ (2, 0.1%)

2 附くこなし

▼ 保さんあなた~ (2, 0.1%)

1 こそ青春, 本当に何

▼ 保~ (2, 0.1%)

1 がたい自身, てどうしても

▼ 保し得ん~ (2, 0.1%)

2

▼ 保たる~ (2, 0.1%)

1 と, といひ

▼ 保とが~ (2, 0.1%)

1 どんなに一枚, 寄席に

▼ 保とともに~ (2, 0.1%)

1 それを, 心ゆくばかり

▼ 保には~ (2, 0.1%)

1 こうやっ, もっと率直

▼ 保にも~ (2, 0.1%)

1 パリや, 弾を

▼ 保まで~ (2, 0.1%)

1 来て, 残つてゐた

▼ 保より~ (2, 0.1%)

1 なお哀切, 長ずること七

▼ 保~ (2, 0.1%)

1 ていた, てゐた

▼ 保~ (2, 0.1%)

2 のついた

▼ 保~ (2, 0.1%)

1 の遊女玉菊, の頃

▼ 保二十年生~ (2, 0.1%)

1 として四十三, として推算

▼ 保井さん~ (2, 0.1%)

1 がごまかし, のお

▼ 保井真理子~ (2, 0.1%)

1 の告別式, は私

▼ 保以後無学~ (2, 0.1%)

2 無識

▼ 保~ (2, 0.1%)

1 するところ, する即

▼ 保元年生~ (2, 0.1%)

1 で明和七年, の維嶽

▼ 保先生~ (2, 0.1%)

1 の云う, は達人

▼ 保十九年~ (2, 0.1%)

1 に七十七歳, の出来事

▼ 保十六年~ (2, 0.1%)

1 には橘町, の四月

▼ 保十四年九月十九日~ (2, 0.1%)

1 に家, に致仕

▼ 保合っ~ (2, 0.1%)

1 ているらしい, てくれる

▼ 保~ (2, 0.1%)

1 から福岡市, の建案

▼ 保四年六月~ (2, 0.1%)

1 まるで乞食, 実朝二十五歳

▼ 保婆奈~ (2, 0.1%)

2 可保我波奈

▼ 保導協会~ (2, 0.1%)

1 なるもの, にも保護観察法

▼ 保~ (2, 0.1%)

1 にて, や吉田川

▼ 保平が朝霞~ (2, 0.1%)

1 のところ, の寝殿

▼ 保年中長崎~ (2, 0.1%)

2 より上京

▼ 保年度~ (2, 0.1%)

2 からの名古屋一藩かぎり

▼ 保~ (2, 0.1%)

1 には二所, に大きな

▼ 保~ (2, 0.1%)

2

▼ 保~ (2, 0.1%)

1 に家, のころ

▼ 保延三年~ (2, 0.1%)

1 に起筆, を第

▼ 保廿年正月~ (2, 0.1%)

1 とはなつ, に同時に

▼ 保我波奈~ (2, 0.1%)

2 がある

▼ 保~ (2, 0.1%)

1 はむろん, は照れかくし

▼ 保本さん~ (2, 0.1%)

1 ですかと, に伝え

▼ 保本良庵~ (2, 0.1%)

1 といっ, とは古く

▼ 保~ (2, 0.1%)

2 行に

▼ 保自身~ (2, 0.1%)

1 が例, にとってどれ

▼ 保要求~ (2, 0.1%)

1 の完全, の最初

▼ 保證出來~ (2, 0.1%)

1 ぬが, ぬもの

▼ 保證書~ (2, 0.1%)

1 を一月, を直ちに

▼ 保~ (2, 0.1%)

1 とジョン, と川俣踏絵

▼ 保釋出所~ (2, 0.1%)

1 した古賀, は容易

▼ 保~ (2, 0.1%)

2 の公費患者

▼ 保險業者~ (2, 0.1%)

1 として私, になる

▼1* [392件]

あいてに情熱的, 保ありすなわち人, 保河野ウメ子かに, 保からもかくして, 保ぐらいの若い人, 保さまだよ, 保さんここはじめてでしょう, 保さん和一郎さんとあなた, 保した者までを, 保し得るや, 保すらもその在職, 保だけまるで一人, 保だけにあてて, 保だけをのこして, 保ちゃん今日はもう, 保つや子と佐々一家, 保であったらすぐよっ, 保であるまいとし, 保であれば多, 保でさえ伸子の, 保として生きて, 保としては珍しく決断, 保とも呼べり, 保とを連れて, 保と共に渋江塾を, 保のか, 保なりに保流に, 保なるイエス, 保についていつも気がかり, 保については姉である, 保につきやられて, 保にでも入って, 保にとっての人生的な, 保によってプロレタリア文学を, 保に対して越智は, 保に関するちょっとしたヒント, 保のよけくを, 保へと降りて, 保または文化文政の, 保むけのその, 保よりも一層の, 保らしく生きそして死んだ, 保ずること, 保キトク保シキョの電報, 保シキョの電報, 保シヨウして, 保シ自由ヲ求メ幸福, 保チ南東ニ飛行中ノ敵, 保チ血壓ノ安定, 保ッテオイデデストアノ人ガ云ウノヨ, 保ッ瓜生保っ, 保ツベキ新政府ヲ立ルモ, 保ツヨリモ重キコトナリト, 保その妹, 保一人のみであった, 保一人大西家は十, 保一辛酉左に四月十日, 保七年三年目の冬, 保七年九月七日に寂し, 保七年二月八日の條, 保七年五月からのこと, 保七年八月八日に七十四歳, 保七年四月中旬上方の客仲の町, 保三丙申年霜月十六日の事, 保三年七月には信濃, 保三年九月二十日の晩, 保三年九月十日の事, 保三年五月十八日双方共呼出され淡路守殿彦兵衞, 保三年五月四日の午下り, 保三年六月に痢病, 保三年十一月の末, 保三年十二月廿一日朝より大雪, 保三年某月二十六日に寂, 保三年正月の五日, 保三戌年二月二日成し幼年, 保下田の久六, 保世継世家世など皆世, 保中僧似雲, 保乙卯生と云, 保九年七月迄に金二千七八百兩餘遣, 保九年二月二十五日橋本町八右衞門一件一同呼出に付皆, 保九年六月頃天部村の小, 保九年春も三月, 保九年正月三日竹本政太夫の方, 保二丁酉年五月十八日南町奉行大岡越前守殿白洲へ一件, 保二十年に成った, 保二十年七月将軍吉宗公中川狩猟の時徒兵, 保二十年乙卯五月二十二日に生れ, 保二十年乙卯生に符合, 保二十年板其碩の, 保二十年生れ寛政六年六十で死んだ, 保二十年錦橋生れて, 保二年一月三日には日向, 保二年七月二日に歿, 保二年三井寺炎上の時, 保二年九月には周防, 保二年九月廿一日大岡越前守殿町奉行始めての, 保二年二月三日附で新た, 保二年二月二十六日に花園天皇, 保二年二月二十六日仏門に帰せられ, 保二年五月廿六日双方共明廿七日辰の刻評定所, 保二年以来十年以上もここ, 保二年六月下旬大岡越前守殿役所へ神田豐島町居酒屋, 保二年六月五日の夕船, 保二年六月廿八日一同申口調べ上, 保二年十二月廿五日一同白洲, 保二年四月十八日越前守殿には今日村井長庵, 保二年四月廿七日今日は九助, 保二年四月廿四日を以て六十八歳, 保二年壬戌に怙, 保二年大岡越前守町奉行と成, 保二年大水のため流失, 保二年錦橋八歳は享保二十年乙卯生, 保二年閏十月の饑饉, 保五六年の将軍家, 保五六年あたりからあの, 保五年七月九日五十七歳で卒, 保五年三月にも同, 保五年三月七日なり時, 保五年三月五日油屋五兵衞并びに同, 保五年二十歳で従四位上左権中将, 保五年六月に京都, 保井お前はお前, 保井お前さん流の善い, 保井便所の地図, 保人等が窮余, 保以後あたりからで, 保以来宿村の庄屋一人, 保任し真髄を, 保任せられるものである, 保伎保吉とよも, 保何年かの三月十五日, 保余三人保の講習会, 保修工事が焦眉, 保のため, 保元以後頭角をあらわし, 保元年あたりにはもうそろそろ, 保元年三井寺焼打ちの際, 保元年二月には伊豆, 保元年二月二十七日正二位このころ, 保元年五月の地震, 保元年何月迄勤め, 保元年八月十八日歸らぬ旅, 保元年十月に清水寺, 保元年正月十一日に家, 保元年癸酉のとし, 保元頃日向守通憲が伝えた, 保八年七月二十八日に三十七歳, 保八年七月十六日にて盂蘭盆, 保八年十月十一日彌, 保八年十月夷子講前には金二百兩不足, 保八年霜月十八日入牢となりし, 保六年二十七歳の年, 保六年以後毎六年目に実施, 保六年八月一日から評定所, 保六年正月より承, 保六年火災に逢う, 保初年の頃, 保初年以後であつ, 保初年調べの江戸, 保刷毛目各種の茶碗, 保の証人, 保前後からあつたらしく, 保があった, 保助器は内務省, 保助金二百円一人ますごとに百円, 保十一丙午年の十一月廿一日町奉行所, 保十一丙午年六月十日の早天, 保十一丙午年十一月廿一日右の通り裁許相濟其外金子, 保十一丙午年四月十一日天一坊は供揃, 保十一丙午年正月七日の夜, 保十一午年九月廿日に京都, 保十一午年九月廿日天一坊が京都出立, 保十一年七月五日重四郎の段右衞門一件, 保十一年三月に死んだ, 保十一年丙辰六月七日死生年不詳家説を以て考, 保十一年二月に至り, 保十一年六月七日に歿, 保十一年十二月右係り合の者共一, 保十一年正月二十三日右一件につき又, 保十七八年の飢饉, 保十七年三月十八日御殿山にて花見, 保十七年五月の, 保十二年九月三日の夕方, 保十二年以後は大和丹波市外六人, 保十二年十二月大岡殿白洲に於, 保十二年十月十日原澤村を出立, 保十二年十月双方惣呼出しの人々, 保十二年病死せし故, 保十二年金銅塔婆建立の供養, 保十二未年棟付御改帳に見懸, 保十五年六月中旬の後夜, 保十八年三十七歳で京都, 保十八年九月十三日の朝, 保十八年十月十八日に有信, 保十八年若狭酒井侯に仕えた, 保十六年十一月なりしが, 保十六年四十二歳に到る, 保十四年三月五日の事, 保十四年九月一日武州井之頭, 保十巳年も暮明, 保十巳年十二月二十六日の事, 保十年の春, 保十年九月七日越後高田の城主榊原家, 保十年八月廿四日双方呼出しの面々, 保十年十一月五日牢内より傳吉公事宿, 保十年十月十六日酒井讃岐守殿先供通り掛らんと, 保十年十月廿九日願人憑司夫婦を南町奉行所, 保十年夏五月青葉薫ずる一夜, 保午浴佛日呈壽阿上人蓮座, 保の中, 保吉田板取揖斐の各, 保名狂乱といったよう, 保名狂乱もどきにボンヤリ, 保名親子の願い, 保君等の諸君, 保命薬なの, 保命酒等面白い, 保和一郎と余, 保和君と共に国漢, 保善寺に一樹, 保嗣が急に, 保四年三月二十九日に歿, 保四年三月十八日に書いた, 保四年三月廿二日一同呼出され大岡殿, 保四年九月廿日の條實朝大江廣元, 保四年二月に自, 保四年二月十二日大岡殿の白洲, 保四年五月九日に五十八歳, 保四年大岡越前守等の立案, 保四年極月十三日の夜, 保四年極月十六日初めて文右衞門, 保四年閏六月二十日に七十二, 保氏は, 保在した事無数だ, 保堂あたりにいぜん, 保阿母志良礼, 保嬰活命丸は賈家濟世老店, 保字小判なぞの当時, 保定大同徳州などいふ, 保寿と呼ばれた, 保寿大姉という戒名, 保寿官眼が監察官, 保寿院殿浄如貞松大姉は直, 保少年はおり, 保というの, 保にこもっ, 保己ちゃんの流儀, 保平が十八になる, 保平が安房へ引込んだ, 保平さまが下着, 保平玄間は未だ, 保年中一時の窮, 保年中大岡越前守忠相殿勤役中數多の裁許, 保年中甲州原澤村に佐野文右衞門, 保年代西川風の, 保年間下總國古河の城下, 保年間五条大黒町に住, 保年間京都に住ん, 保年間徳川吉宗が将軍家, 保年間編成の松崎祐之, 保幾年何流の誰, 保延七年の二月定明, 保延三年八月遁世之時秀郷朝臣以来九代嫡家相承の兵法焼失, 保延享の頃, 保延享寛延に至る, 保延六年で真言宗, 保延六年二十七歳で述懐百首, 保延四年和泉前司道経, 保廿一年神農の像, 保弁護士が法律家, 保忠大瞋兮取件箭, 保忠郎從兩三輩中此箭保忠大瞋兮取件箭, 保性院さまが一ノ関, 保せよ, 保成口越後口よりする, 保我自利に偏する, 保戴宗は加州小松, 保摂奉祷候, 保とか西力, 保に降り, 保文政嘉永それから明治, 保文社とかかえる, 保時分酒樽は別に, 保曾呂倶世利というの, 保末年より宝暦末年, 保本おまえこの柏屋, 保本おれのやり, 保本さん自身ですよ, 保本人間は毒草, 保本天野の両, 保村大字川額と額, 保村山鳥葛山なんという, 保松原に伯良, 保松男の様, 保の, 保柔かい和毛の, 保検地以来のこと, 保がお, 保様申しわけございません, 保死去の前後, 保氏立宇自加支興等によつて齎ら, 保氏魚形水雷に比する, 保民官なりカエサル, 保水木の三人, 保江保藏もこれ, 保治郎氏でありひとり, 保活里四世の孫, 保にそれ, 保渋川景佑等の手, 保盈, 保の唯一, 保狸口君手筈どおり全国アナウンスをし, 保田守太郎氏の報, 保田山日本寺の千二百羅漢様, 保甲組織だのそういう, 保甲青年団にも少し, 保之爾, 保を唱, 保矢島優陸水木比良野貞固飯田良政ら, 保とか保教, 保の子, 保九九二号, 保には軒, 保等保登之爾, 保等登藝須發行所人は初め七人, 保篠龍緒君訳する所, 保篠龍緒氏村島帰之氏, 保篠龍緒阿部誠太郎坂本義雄天岡虎雄牧逸馬浅野玄府鳥井零水若目田三郎, 保終吉の両, 保維国威顕彰の大, 保綿打ノ入道義昭, 保線区であったせい, 保に妙, 保繕工として優れ, 保して, 保羅さんあなたですか, 保羅さんいまいろいろうかがっ, 保羅城畔客車停朝来, 保羅市に客車, 保羅自身の耶蘇教, 保者出現の確固たる, 保胤のは慈念, 保胤みずから予少きより, 保胤伝にも緋袍之後, 保胤其人を見る, 保胤四十八九歳ともおもわれる, 保胤往生の後, 保胤往生伝を作り, 保胤撰と署名, 保胤等の文, 保胤自身を累, 保自存のため, 保自身自分のうけとり, 保をとる, 保して, 保華聚等終に朝陽門, 保などについて大いに, 保蔵する外は, 保の女, 保藤卿の御, 保螺貝の曲, 保許根だの穴彦, 保許根禿鷹などへかたく, 保證さへし, 保證すといふもの是, 保證みたいなもの, 保證シ婦人ガ男子ト平等ノ國民教育, 保證人二名をこし, 保證物として, 保證私有的保護を破, 保證金を入れる, 保をし, 保輔使用の宝器, 保輔源平時代には熊坂長範, 保追可牟於夜能於久都奇波之流久之米多, 保遐年同我生民, 保入道西忍が, 保都城北路樹満昼陰陰, 保都市の北, 保金子洋文鈴木泉三郎藤井真澄水木京太能島武文等があつ, 保銘物帳にも記載, 保險料を納める, 保險會社代理店の看板, 保險銀行時報といふ新聞, 保險附だ, 保險馬車を出し, 保頃ここに若い, 保食神どころでは, 保食神牛馬を生じたる, 保の徳蔵さん, 保鷹山ニ在シ