青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「兵衛~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

六月~ 共~ ~共に 共に~ 共同~ ~共通 共通~ ~兵 兵~ 兵士~
兵衛~
~兵隊 兵隊~ 兵馬~ ~其 其~ 其の~ 其他~ ~其処 其処~ 其後~

「兵衛~」 6631, 72ppm, 1573位

▼ 兵衛~ (1673, 25.2%)

19 自分の 15 それを 10 言った 9 云った 7 手を, 眼を 6 すぐに, 声を, 急に 5 どうした, 黙って 4 上の, 何か, 先に, 首を

3 [14件] あわてて, おどろいた, お粂, ここに, 不思議そうに, 主人の, 例の, 刀を, 女の, 心を, 息を, 手に, 腹を, 頭を

2 [88件] いつまで, おめ, こういう, こう云っ, ここで, これは, これを, すでに隠居, せせら笑って, そのとき私事, その刀, その日, その時, それと, それに, それへ, どうし, どこに, ひそかに, もうこの, もう蠅, よろこんで, ジロリと, 三島の, 両手を, 云って, 京内を, 人を, 先へ, 先年病死五兵衛の, 半蔵の, 口を, 吐き出すよう, 周馬の, 唇を, 天の, 容易に, 居酒屋の, 左の, 帰った, 平三郎の, 平助を, 幸運でした, 彼の, 彼女の, 怒鳴りつけた, 思った, 恋そのものには, 意外に, 折葉を, 折葉十二の, 探るよう, 政界を, 明日の, 槍を, 毒気を, 気が, 決して大, 浅草の, 無言で, 無論に, 畳の, 相手に, 相手の, 礼を, 空を, 空地を, 笑いを, 笑った, 答えた, 素直に, 総理に, 考えて, 胆を, 腰に, 腹の, 自分で, 舌うちを, 落付い, 血の, 言って, 走り出した, 足を, 踊りの, 身を, 重吉の, 静かに, 顔色を

1 [1344件 抜粋] あくまでも反対, あしらいよく, あっと, あの子, あの通り日の出, ありったけの, あわただしく二, いかが, いちいち草履, いちはやく屋根, いつのまにか横, いましがた, いよいよいま, いよいよ何, いよいよ最後, いよいよ高笑い, いろいろ野球, うなずいて, うるさがり, おかしく思った, おちついたもの, おどおどし, おもて, おれには, おろかにも, お内儀, お杉ばば, お糸, お預けに, かしこまった, かならず手, からかうよう, かれら兄弟, きっと受合う, きもを, くれぐれも頼ん, ぐびぐびと, こういう死地, こう自慢, こう訊いた, ここの, こっそり喧嘩, ことばに, この一夏, この古, この始末, この混雑, この義理, この頃, これ幸い, ごぐっと, さきへ, さりげなく, しきりにその, しびれを, じっと見, じゅうぶんに, すぐと, すぐ飛ん, すこし考え, すっかり煙, すでに何者, すばしこく刀, すばやく後ろ, ぜったい絶命, そう吹く, そう宥め, そこで, そこの, そこを, そとへ, そのとき三十歳, そのまま二人, そのまま気絶, その中, その儘引, その前, その叫び声, その声, その小, その後重く, その昔近郷, その機, その痩身, その言葉, その過去, そばの, それから, それでもない, それほどにも, そろそろ案内役, そんな面倒, たじろいだ, ただおろおろ, ただひとり, ただ身, たちまち野盗, だか, ちょっと半蔵, ちょっと言葉, ついにこう云い出した, ついに無残, つづけた, できるだけ低い, とうとう発狂, とぼけた爺さん, とんまです, どうしても肯かなかった, どうする, どうも宜しく, なおも話しつづける, なにかわけ, なによりも, なんと云った, なんにも答えなかった, にわかに笑い出し, のけ反らんばかり, はじめてかれ, はっと振り返った, ひざを, ひとか, ひとりで, ひとり裏山に, ひどく痛い皮肉, ひよい, ふいと, ふたたび暗闇, ふと聞きとめる, ふりかえって, べつな, ほかに, ほろ苦く笑い, まえにも, まず供, またいった, また別, また唸った, また考えなおした, また降り, まだこの, まだほんとう, まだ夜, まだ湯, まったくひとつ, まんまとこの, むかしの, むっとした, もう二つ三つ, もう情心, もう生まれ変った, もう驚かなかった, もとよりなみいる, もと御, ものを, やっとまんぞくそう, やはり気分, やはり首, やや張合いぬけし, ゆるい足どり, ようやく我, よび戻して, らんらんたる, わざと大仰, カッと, キリキリと, グッと, コックリと, ジリジリした, ズバリと, ソワソワと, ニッタリと, ハッキリと, ホッと, ムッと, 一と, 一人離れ, 一同に, 一度も, 一旦自分, 一番若くっ, 七歳の, 三位卿の, 三日に, 上段の, 下の, 下腹を, 不在であった, 不気味そうに, 両の, 中央に, 主張する, 乾児の, 二つも, 二人に, 二十五歳七兵衛は, 云ったま, 云われる如く, 五十三娘は, 五十三歳を, 五年前に, 井戸へ, 京内の, 人相書の, 今も, 今夜こそ, 仕様ことなし, 付いて, 代官松の, 伊那南殿村への, 会所の, 何を, 何十年前に, 余りに唐突, 余り嬉し, 使番格周迪は, 俄かに, 側へ, 傷を, 元来いい, 先ず冬, 先刻から, 八九年前に, 六十を, 六十四歳に, 内心喜ん, 再三咳ばらい, 冷汗を, 刀の, 分別者であった, 別れようと, 刻一刻と, 割羽織を, 努めて, 勿論ほか, 十一の, 十郎兵衛で, 升屋の, 半病人, 単に隠居, 危険に, 又こう, 友を, 反対に, 古い丸瓦, 台所の, 右に, 吉利支丹そのものを, 同じよう, 吹くの, 周防に, 呼びとめた, 唇だけを, 商人根性という, 喜びに, 喧嘩に, 嘉門に, 四人を, 四十七だった, 土俵の, 土地を, 土手を, 地だ, 地上から, 坐ったまま首, 壁の, 士卒を, 変死友蔵と, 多年炭薪を, 夜は, 大に, 大坂の, 大広間から, 大槍, 大社の, 天から, 奥に, 女房と, 女房を, 姿を, 娘の, 子独楽, 宇兵衛夫婦を, 安政五年の, 定右衛門一家, 家から, 寄って, 富士の, 寺の, 小枝の, 小面憎く思った, 少しまごつい, 少し心配そう, 少し足, 尻端折りし, 山に, 峠村の, 巻き奉書, 師匠から, 帰り去った, 帳場ご, 帳場へ, 平八郎父子を, 平気な, 年来大, 幾たびか, 広くも, 店の, 引きしまって, 引手茶屋の, 強いて請う, 役人を, 待ち兼ねて, 後に, 後日知人に, 復習が, 心にも, 心中すくなから, 忌々し気, 忽ち算盤, 怒りも, 思いの外若く, 思い返した, 思わず声, 思わず身顫, 怪力も, 恐ろしそう, 悄気て, 悲しそう, 愛子の, 憎さ気, 所詮支え得ぬ, 手早くその, 打ち消して, 抜き身を, 持ち合せ, 指しました, 放縦な, 文久元年に, 新町辺で, 日本の, 早くあやまれ, 明らさまな, 明日にも, 昨夕城下へ, 暗愚でも, 暫く沈黙, 有り金を, 木の間を, 木村助九郎に, 本能的に, 来年が, 東兵衛としても, 松の木を, 某所で, 楽屋口を, 標札に, 横山町の, 歓喜の, 正雪, 歩みよった順, 死に身, 死人の, 殴りかた, 毎朝七時に, 気がつかなかった, 気の毒が, 気色ばんで, 汗を, 江戸者か, 没落する, 泣き出しそう, 洒落で, 浪人した, 深い皺, 温順し, 漸く正気, 瀬戸物町の, 炬燵に, 無数に, 無遠慮に, 煙の, 熱でも, 父の, 牢屋へ, 物故し, 狂人だ, 猿の, 獰猛な, 甚太夫と, 生れ付き剛気の, 用意が, 甲斐の, 申し上げます浅草, 男盛りの, 留守仮令, 疑った, 発病し, 皺だらけな, 目に, 直ぐに, 直ちに馬首, 眉一つ動かさず, 真っ青に, 眼が, 知って, 研ぎすました山刀, 祝言の, 秋からの, 空地へ, 突嗟に, 立ちあがって, 立ち上がって, 立ったまま, 竹中采女の, 笛師春日平六という, 筋違いの, 篤実なる, 組子を, 維新まで, 縫箔屋の, 罠の, 群衆から, 義理の, 考えたの, 聞き捨てならぬ娘, 肚の, 肩に, 胸を, 脇差で, 腕く, 腫れあがった顔, 腹心の, 膝の, 自分から, 自慢らしく, 舌なめずりを, 船から, 若い時分, 若者に, 苦り切って, 苦笑します, 茨木の, 荒廃した, 莞爾に, 萎れ切って, 蒲団から, 薙刀を, 蚯蚓腫に, 蛮音を, 血走った眼, 表の, 表門へ, 裸体の, 襖落しと, 見え隠れし, 見事に, 親分の, 言い訳ばかりの, 言葉を, 訊く, 訴え出, 誇るよう, 誰に, 谷の, 貰い娘, 足ずりし, 路傍の, 踵を, 身辺の, 軒昂と, 農人群の, 迷信者だ, 逃げも, 通された, 進んで, 遠い炎, 酌いで, 重い口, 金の, 鉄格子から, 銭形の, 長右衛門, 間もなく鈴ヶ森, 陣笠陣羽織姿で, 雨の, 青史に, 面白そう, 頬の, 頷いた, 顔を, 飯の, 馬を, 駆け出した, 驚いて, 高らかに, 高岡郡の, 髪結いの, 鳥渡考えた, 黒板消しを, 黙然と立っ

▼ 兵衛~ (1232, 18.6%)

23 家に 12 顔を 10 ところへ, 姿を, 家へ 9 姿は 8 顔は 7 家の, 手に 6 ような, 前に, 方は, 方へ 5 すがた, ところに, 名を, 声は, 家は, 家を, 影が, 首を 4 ために, 前へ, 口から, 娘お, 娘の, 心を, 手を, 死体は, 腕を

3 [19件] からだは, 世話に, 名が, 声を, 女房お, 子が, 小手を, 店では, 手下に, 方から, 笠を, 耳を, 胸は, 襟が, 言葉は, 言葉を, 頭巾を, 顔の, 顔へ

2 [90件] あとを, ことは, ことばを, ことを, そういう姿勢, だんなが, ところから, ところの, ふたりが, ほうで, ほうに, ほうへ, まえへ, ゆくえを, 一味が, 一味の, 一族を, 事を, 伝記を, 伝記編纂に, 住居の, 体へ, 倅の, 倒れた場所, 刃が, 切ッ尖, 切腹は, 前には, 加茂は, 右の, 名代として, 声であった, 女房の, 女房は, 姿が, 娘で, 娘は, 娘を, 子で, 子である, 子分に, 子孫は, 家, 家には, 居所も, 居所を, 左の, 後に, 思想でも, 悩める私事, 手が, 手の, 手沢品や, 折衝は, 指へ, 故山の, 方が, 方を, 機転でした, 生首を, 甥の, 目から, 眼から, 眼には, 眼を, 耳に, 肩を, 胸に, 脇腹に, 腕に, 腹中に, 舟は, 親爺様が, 言葉には, 許に, 足を, 遠縁の, 邸へ, 醜態不手際にも, 長男であり, 頭が, 頭に, 頭巾の, 顔, 顔が, 顔に, 首級を, 馬の, 駕籠は, 髷に

1 [799件 抜粋] あたま, あとに, あとについて, ありのままな, いうが, いう通り, いくところ, いった通り, うしろから, うしろへ, うらないに, うわさばかり, おかみさん, おろした半分, お伽噺を, お妾, お獅子さん, お神さん, からだ, からだが, からだも, ことで, ことなぞ, ことばかり, ことばに, ことまで, ことをも, ごとき曲者, さしずで, さらひあり, すぐ側, そういう構え方, そういう言葉, その頭巾, そばへ, だんな寺へ, つぶやきだけは, つぶやきに, となりへ, とりなしも, はらわたは, ひがみが, ひとりごとです, ふところから, ふところも, ふり廻す, ほうの, ほかに, まっかな, もとであった, やつが, やつどう, ゆくえが, ようすを, サイセン箱へ, ロマンスと, 一件以来伝蔵の, 一味達は, 一家です, 一族また, 一行が, 一行である, 一行三人は, 三名が, 三女に, 三男要蔵といへる, 上げた大音, 下りて, 不成功, 世話で, 両人が, 両名, 主君松山新, 乗って, 乾児, 事蹟が, 二の腕を, 二人であった, 二使が, 二将は, 二階, 云って, 五体はじき返し, 人を, 人別を, 仇, 仇は, 仕事を, 仕業という, 仕業に, 代に, 代理格で, 会て, 伝で, 伸剣を, 住居, 住居にすら, 体が, 体は, 使って, 修行を, 倅が, 倅へ, 側へ, 側まで, 偽手紙, 偽者と, 元に, 兄である, 兄の, 入れ知恵だろう, 入牢し, 兵も, 処に, 処へ, 出た事, 出入りを, 出迎えの, 刀を, 分家にて, 列を, 初めてしる, 判断も, 前で, 前へぬ, 前を, 前後から, 創は, 剽軽の, 力は, 助力の, 努力は, 千四百兩を, 危惧を, 参詣を, 口の, 口より, 口述として, 叫びに, 叱咤が, 各兵部, 名の, 名まで, 名前を, 吟味も, 命婦など, 咽喉ぼとけ, 喚いた言葉, 四人は, 四角張った顔, 在所は, 坊も, 報告を, 場合と, 墓の, 声が, 声だった, 売って, 変りようそこには, 外には, 大きな鼻, 太鼓, 奥の手, 奥二階, 女房が, 女房だった, 女房で, 女房に, 女房へ, 女房を, 女房子供が, 女房店の, 奴も, 好みに, 妖術だ, 妹お, 妹が, 妹という, 妹壻が, 妻と, 妻同様清太郎にも, 妻女, 妻女に, 妻小梅の, 妾の, 姿だ, 姿であった, 姿という, 姿な, 姿勢は, 娘か, 娘その, 娘も, 娘ゆき子は, 娘毛与, 婆に, 媼も, 子か, 子どもたちは, 子の, 子供でございます, 子供を, 存在を, 孝助への, 宅で, 宅の, 宏大な, 家が, 家です, 家へと, 家内の, 家出も, 家族たちも, 家族は, 容子を, 宿は, 密告は, 寝台の, 寝息を, 寺詣でに, 小屋では, 小指を, 小脇を, 尾について, 居間には, 居間へ, 屋敷の, 屋敷を, 屍に, 山の, 左手を, 巨躯を, 帰りを, 幻惑です, 幻術では, 幽霊, 店に, 店へも, 店先に, 座右の, 弟で, 弟である, 当惑顔を, 形じゃわ, 役は, 後嗣と, 後家よねといふ, 心から, 心は, 心配, 応対折衝も, 快を, 忰に, 怒りは, 性格は, 怪力に, 息と, 悩みは, 悪意では, 情事を, 情心妄想あるき, 意見で, 愛する八寒嘯, 態度が, 所へ, 所在が, 手で, 手の甲に, 手もとから, 手下と, 手下どもに, 手下の, 手並にも, 手代この, 手紙が, 手紙には, 抱で, 指の, 指は, 指尺通りに, 挙動です, 挨拶だ, 振舞を, 探知によって, 放埒も, 敵では, 斧に, 断刀を, 新居に, 方で, 日常の, 旧なじみ, 曾祖父が, 最初に, 本身でござる, 来ないよう, 枕もとに, 案内で, 検視に, 槍は, 様子を, 横たわって, 欲張り高い, 歎き, 武功第, 死に, 死体の, 死後には, 死後祖母が, 死骸は, 死骸を, 残党どころか, 殺念, 殺気を, 母が, 母イサベラ様の, 毒舌を, 気の, 気を, 水龍隠れの, 永い間, 法力には, 活躍は, 流儀で, 消息は, 溺れたあたり, 煙の, 片腕を, 物だろう, 独住居は, 獅子を, 生命を, 生死確かめ, 生死確かめよ, 生首には, 甥に, 甲斐性ない, 申立てに, 男ぶりが, 白状ぶりを, 盞を, 目である, 直弟子の, 相手では, 真っ向へ, 眠って, 眼ざし, 眼にも, 眼は, 瞋恚の, 知恵を, 祖先は, 神経を, 禿頭め我が, 立ち話に, 立ち退いた跡, 立場茶屋で, 笠が, 筋を, 答える声, 策は, 素朴な, 素行調べに, 網に, 縁端に, 縄尻を, 縄張りを, 罪は, 翻筋斗という, 老母が, 考えでは, 耳へ, 肉へ, 股肱溝尾五右衛門であった, 肱を, 胆煎りで, 胸ぐらを, 胸の, 胸板を, 脅迫状を, 脇を, 脇腹を, 脚もとへ, 腑甲斐な, 腕く, 腕ぶし, 腰へ, 腹心の, 膝を, 膳に, 臆測は, 舟が, 舟では, 船頭宿で, 若殿を, 苦痛, 茶席で, 茶碗を, 菩提寺という, 葬式に, 葬式の, 蚊帳の, 蜘蛛を, 行く方, 行方不明は, 裏切りを, 製陶所に, 襲撃を, 見込で, 親切気にも, 親爺さんが, 親爺と, 言い草が, 言うと, 言である, 言伝を, 言葉であった, 言葉である, 計画に, 記念として, 訪ねて, 設けた陽吉, 許すべき韋駄天, 訴え状にゃ, 話が, 話したところ, 話だった, 話で, 話に, 話ぶりに, 話を, 語調たるや, 説くところ, 説明を, 豊芥子は, 財宝を, 質は, 質問に, 赤裸が, 趣味として, 足あとも, 足は, 足もと目がけ, 身としては, 身の, 身体を, 軍も, 軍師格と, 辞退を, 返辞は, 述懐として, 逐天した, 通り名で, 運命を, 遠術, 遺族には, 遺産いっさいを, 遺産いっさい家屋敷有り金蔵の, 邸は, 部下が, 部下なる, 部下四千五百に, 酒は, 金玉の, 銀蛇に, 鋭さは, 鎗先を, 鑑識が, 長女で, 長女として, 長子である, 門口から, 開店した, 陣も, 隊士あとは, 隠れ家を, 隠宅までが, 隠家, 隣室に, 霊を, 頭上を, 顎下へ, 顔さえ, 顔も, 顔色土の, 顛倒した, 風貌は, 食膳へ, 養子伊之助と, 饒舌を, 首は, 首級に, 首級は, 駕籠を, 騒ぎです, 骨折りでできた, 髭だらけの, 魂は, 鯉口を, 麦は

▼ 兵衛~ (601, 9.1%)

7 云った 6 出て 3 いった, 声を, 来て, 眼を

2 [19件] こんどは, そこに, たずねて, たどって, ひだりの, わなに, 一切の, 不足かも, 先代の, 呼びすてに, 家業に, 帰って, 持って, 来ぬよう, 江戸へ, 落付い, 言うには, 身を, 野原で

1 [538件 抜粋] ああは, ああ申します, あとを, あの刀, あやつったよう, あらわれた, ある, あんな甘, あんまり平気, いい足す, いかに執念, いきり立って, いく勝頼さま, いた, いつて, いつのまにか小ざっぱりと, いつまでも, いつもの, いなかったら家, いま上方に, いるでは, いろいろに, うっぷして, うまうまとこちら, うらなうって, うらみ骨髄にて, うろうろし, おかしさ, おひと, おれを, おろおろ声, お前に, お島, お気に入りゆえ, お粂, かくれて, かけたまま, かしこまって, からからと, かわいそうに, かわさば, きき返しましたので, きのう箱根を, きまじめな, こう元気, こう唄う, こう焦き立てる, この城内, この幕, この疵, これからも, これと, これに, これも, こんなこと, こんな所, ご前, さか, さけびしめたと, ささり出て, しっかり肚, しぶしぶと, しゃべって, じぶん, すばやく影, そういったよう, そういった時, そう申した, そこへ, そのあと, その夜今戸, その日, その流言, その組頭, その老巧, その肥った, それとなくお, それとなく小次郎, それについて, たしなめるよう, だんだんたずねる, ちょうど中, つかまつたの, つけ廻して, つづけて, とらわれたので, どうして御, どう陳, どこを, どなる, のっそり五日目, はいって, はじめた水車, はじめて稽古場, ひどい山訛り, ひょっこり旅, びっくりした, ふところに, ふと見付け出し, ぼんやり帰っ, まず騒ぎだし, また右門, また焦らしました, また駈け込ん, もう一度そう繰り返した, もどりかけると, もの珍しそう, やった仕業, やめないで, やられました, ゆうべの, よい手本, よく話し, よろめきながら, よんで, わしと, わしを, わらじを, ゐたに, ゐたの, イヤに, グッと, ズケズケと, チラと, ハッと, フト昨夜の, ヨロけて, ヨロケこん, ヨロリと, ワラで, 一つの, 一人外出する, 一文銭を, 一生涯の, 一番の, 一行に, 丁度昨日, 三人も, 上機嫌な, 下総へ, 下谷の, 不忠者かと, 不意に, 不服そうに, 世話を, 両使, 両刃の, 両国の, 両手を, 丸多の, 主人の, 主君に対して, 二十二歳の, 云うと, 云うので, 亡父の, 交代で, 交際って, 京橋の, 京都へ, 人に, 人の, 人穴城を, 今の, 今君侯の, 介錯した, 他人なら, 代って, 代の, 仮装舞踏会の, 伊達家の, 伏見屋の, 伜の, 住み馴れた柳橋, 何か, 何となくこそ, 何を, 何者にか, 偉かった, 催促し, 催促でも, 先ず逃走, 先に, 先方の, 先立ちに, 先達で, 入家, 入牢し, 六十三歳で, 切腹し, 切腹部屋の, 前後を, 剣術使いで, 加助を, 勝手に, 勧修寺の, 十五両に, 千駄ヶ谷の, 南蛮錦の, 博士の, 厠へ, 去ったあと, 参りました, 参るべきところ, 取捨てたと, 取次いで, 取返しに, 口を, 口車に, 古稀の, 叫びながら, 叫んだ, 叫んだ時, 吉左衛門の, 同じ手段, 同藩士中六左衛門, 向うの, 向うへ, 呪いの, 呼びとめた, 命がけで, 命限り根かぎり薙ぎ廻る, 和助殺しの, 唖然と, 善人でも, 喋舌って, 嘆願します, 四十一歳女房の, 土蔵の, 垣根の, 城中の, 堕込んだ, 報告いたしました, 増蔵に, 変な, 多すぎる, 夜の, 大きい眼玉, 天道様に対して, 失火を, 失踪した, 奉行所へ, 奥の, 女を, 如才なく, 娘の, 娘はつ十七歳今から, 娘を, 婿の, 嫡子に, 嫡子を, 子供を, 子孫遺恨を, 守り役, 守るところ, 守将と, 宵に, 寄って, 寝所に, 小屋を, 小屋方一同に, 少し意外そう, 屈み加減, 屋内に, 山を, 巌之, 左前に, 差しつけて, 師範で, 席に, 帰ったあと, 帳場で, 常夜燈, 平伏して, 庭石の, 引き退がろうと, 弟子団野は, 弟政吉の, 強く変った, 強力を, 当惑し, 役を, 彼女の, 後ろ楯に, 後を, 後妻を, 得意と, 心から愉快, 心の, 応じて, 怒号した, 怖かつ, 思わずうめいた, 思案を, 急ぎ足で, 急を, 恐懼し, 扇を, 手ずから仏壇, 手づか, 手を, 手策を, 承諾する, 投げ入れたとおり, 投じたもの, 折入っ, 折檻され, 拒否した, 挨拶に, 探りかけると, 改心する, 放遠, 教壇へ, 旅へ, 日ごと夜ごとの, 暖簾を, 暴れ出した, 最後に, 末胤酔え, 来てから, 来ないので, 来なくなる訳, 来るたび, 枕元へ, 林蔵の, 桑名から, 横から, 横合から, 次に, 此系図を, 武士だ, 武太夫と, 歩いて, 歯ぎしりし, 死なずに, 死ぬ, 死んだ以上, 死んだ昨日, 殺されたと, 殺されたに, 殺されたの, 殺されて, 殺されれば, 殺害された, 殿さまと, 気が付く, 気づかいだから, 気遣いだ, 水に, 水気魚陰の, 汗水たらし, 沖船頭の, 注いだ盃, 浦上に, 涙を, 淀橋へ, 湯へ, 無理に, 焼死し, 爪を, 父の, 片手に, 特に右門, 狼狽した, 猪と, 甚太夫の, 生きたに, 生れました, 生前に, 申すには, 畳の, 病死したら, 癪に, 登場した, 白酒売と, 相手に, 相談した, 真っ白に, 真蔭流, 睨みつけた, 知らせる新九郎, 石山さして, 祖先は, 祟るん, 祥光院へ, 福島の, 私の, 私宅の, 秘蔵子息の, 空に, 突き進む横, 立ちさったのち, 立ち去って, 立ち去ると, 立て替えたもの, 立去りましたので, 竿を, 策戦を, 箱根の, 籠もっ, 糸を, 納屋の, 続く, 続けました, 纔に, 美妙で, 美妙斎よ, 老後の, 聞き兼ねて, 背を, 背後に, 脾腹を, 腰を, 自分から, 自分に対して, 自由に, 芝翫油屋の, 若い時, 茫然と, 茶を, 茶碗を, 荷ご, 蒸気船より, 蔵書を, 虫の息で, 蚊帳の, 蛮流幻術の, 蠣殻の, 街道ばたの, 裏門から, 裾野を, 覊絏を, 見届けて, 見逃さう, 言うと, 言うん, 言えば, 言った, 言ったが, 言って, 言下に, 討たれてから, 討つ気, 討死した, 記念として, 訪ねて, 詰めかけて, 話を, 誓って, 誰かに, 調停者として, 請合いまする, 諫めて, 護送し, 買って, 赤い舌, 踏み込んだ, 迎いにも, 追って, 追従笑いを, 送って, 逃げて, 逃げのぼりましたぞ, 這入ッ, 逞しい顔, 遣つて, 邸内の, 部屋で, 酒を, 金の, 長い間支配人, 門の, 門人に, 開け放しに, 関口屋の, 陰で, 青くなった, 非業の, 面を, 預かった, 預かったが, 頑丈な, 頬杖を, 頻りと, 飄然大矢野島へ, 飄飄然, 飛び下りて, 馬を, 駆けて, 駈けつけると, 駈け走って, 駕でという, 驚いたの, 驚きました, 鯨を, 鷹揚な, 黒ん坊に, 黒ん坊を, 鼠を, 鼻を

▼ 兵衛~ (292, 4.4%)

4 殺して, 見て, 連れて 3 先に 2 して, 呼んで, 生けどったり, 見ると, 訪ねに, 誘って

1 [265件] あいてに, あざむき夜陰, あそばせて, あんたの, うちとり小角, うって, おとずれた, おどして, おどろかすよう, おびき出し古傷, かくまって, からかった, ここに, ここへ, この三重, この上ない眼きき, これへ, ご承知, しりへに, じらして, じろりと睨んだ, そこに, そっちのけに, たしなめるよう, たずねて, たのんで, つかんで, つけ狙う敵打, つけ狙った, つれて, とり逃がしたと, とんまの, なぐり付けて, なぶりもの, のがさじと, のせた剣, はじめその他の, はじめ丹羽昌仙早足の, はじめ丹羽昌仙轟又八その, はじめ卜斎半, はじめ天ヶ丘の, ふり顧, よびとめて, よびよせて, よび寄せて, よべ, よろこばそうという, よんで, キリキリと, ドンと, 一と, 一目で, 一突きに, 下に, 下手人として, 世話してやろう, 中心に, 乗せたままツウ, 乗せた雨夜, 乱軍の, 二階に, 介抱し, 介抱しろ, 伴って, 伴に, 何かの, 使い玉次郎, 使者に, 供に, 便所に, 倒したのみに, 先頭に, 其家に, 内へ, 出し抜いて, 初め店の, 利口に, 利用し, 刺したの, 前に, 副将と, 助けよう, 助けようか, 包んで, 叔父と, 取りおさえろ, 取り巻いて, 取り押えたわけ, 取り押さえたが, 取り調べること, 取り逃がしたと, 口説き落して, 召し抱えた, 召し連れて, 召寄せて, 呂宋兵衛と, 告訴する, 呪訴する, 呼び出した, 呼び出して, 呼んだ, 呼出したろう, 呼出して, 呼出しました, 呼出し内密, 多宝塔のね, 大将として, 奥の, 守って, 害めた, 家の, 屋根屋新道の, 山中に, 師匠に, 廃業し, 引きこませわざと, 引き取らせる事, 引き日本, 引き立てて, 引ったてた, 待ち続けた, 待って, 怒らせたる素因, 恋の, 恨んで, 悩ましたの, 悩ますという, 慰めたので, 手こずらして, 手に, 手先に, 手捕り, 打たなければ, 打った覚え, 投げ出して, 抱いた山吉新八郎, 抱きこんで, 押えるよう, 押し伏せて, 押し除けて, 拘引する, 持直す間もなく, 振顧, 捕へること, 捕へるため, 捕虜に, 探しに, 探すくだり, 推す, 描ける一枚絵, 撃ち込んで, 敵と, 暫く寝かし, 楯に, 次の, 残して, 殪すに, 殺させたという, 殺させて, 殺しそう, 殺したに, 殺したの, 殺したばかり, 殺した下手人, 殺した小柄, 殺しました, 殺し又, 殺すつもり, 殺す手筈, 殺す気, 殺そうて, 殺そうとして, 添えて, 溺らせた人, 演じて, 焼き殺すため, 父に, 甘くみた, 生かして, 生けどり多宝塔, 生捕っ, 生捕りに, 番士の, 番屋へ, 白眼み, 監督し始めた, 目がけて, 相手に, 盾に, 真先に, 睨みつけた, 睨みつけて, 睨み付けた, 睨み付けて, 睨み蹴られないため, 睨んで, 破ったそう, 稼いで, 立つるとき, 筆頭として, 組に, 経て, 絞め殺したの, 縛ったら, 縛らなかったんで, 罵った, 苦しめた得体, 虐んで, 表へ, 襲った手段, 見た, 見たならば, 見つけて, 見るよう, 見上げました, 見送ってから, 覗いて, 観たが, 討たせたは, 討ち取った一件, 討ち果たし候時, 討ち止めるとともに, 討つの, 訪ねた, 訪ねました, 訪ねよう, 訪ひ, 許すの, 詮議し, 誘いあわせその, 誘いまた, 説かせれば, 説くと共に, 請じあげた, 識って, 贔屓に, 起こしまわって, 跟け, 蹴落して, 近くに, 追い廻して, 追うかの, 追って, 追って行った, 追ひ廻したが, 送って, 逃がさねば, 逆に, 逐い帰すと, 逐い払った, 逐ひ, 逐ひ帰す, 邪魔の, 銀猫お, 門内に, 関東へ, 頂上に, 預けた, 頼って, 頼んだんぢ, 顧みた, 顧みて, 顧みました, 駕籠に, 高輪の

▼ 兵衛~ (285, 4.3%)

7 いって 6 一緒に 5 云ふ, 顔を 4 申す者 3 お杉, 不義を, 云って, 書いて, 申しまして, 申します

2 [14件] いえば, いった, であった, 万次郎と, 云う男, 云う者, 云ふも, 名告, 数馬は, 瓢箪, 申すもの, 相思の, 蚕婆は, 訳が

1 [212件] あとで, ある, あるの, あるべきである, いいお, いいまた, いい団丸, いい此, いい織田殿以来, いうが, いうよりも, いえる二人, いっしょに, いわるる仁, いわれるおれ, おくみ, おなじ年頃, お常, お徳, お稲, お辰, お露, さしむかい, しるした家, そちとに, その下役, その他の, その女房, その影武者, その忰四郎兵衛, その手, その手下ども, その麾下たち, それから余, ただ二人粟や, どうのこうのぐらいの, なおした, なって, なつたり, なのる田舎者, なりましたこん, なりますな, なると, なるまでに, にがりきった菊池, ふたり離れ離れに, またまた一緒, もうすもの, もうす者, よびならわして, わたくしとは, ジュリアン次, 一人の, 一処に, 一緒であった, 一角の, 七兵衛は, 三たびまで, 三位卿だ, 三本勝負を, 上下あわせ, 与市と, 両人にて, 中村兵庫の, 久左衛門と, 二三言話を, 二人きりで, 二人だけで, 二人より, 云い伝えて, 云う人, 云う刀屋, 云う商人, 云う大, 云う天保頃, 云う廻船屋, 云う私, 云われて, 人も, 今峰頼母, 代官松と, 伊之助とが, 伊助に, 伜の, 倅の, 八百蔵の, 兵馬の, 出会おうとは, 出会って, 力を, 助左衛門第, 勘兵衛とが, 勘兵衛との, 北組年寄の, 半助, 半蔵とは, 参詣し, 口論を, 可児才蔵が, 可児才蔵である, 右近とは, 同じもの, 同じ舟, 同国者で, 同年輩の, 同数の, 同格で, 名乗って, 名乗りようやく, 名声を, 向き合って, 周馬の, 周馬を, 呼ばずに, 呼ばれたかと, 呼びかえて, 呼ぶもの, 問屋の, 問答し, 啓之助が, 善助が, 善助とが, 善助へ, 変名し, 大友伴立という, 太鼓の, 女房の, 女房は, 娘お, 孤芳との, 宣りながら, 宿の, 対立し, 対談を, 小川与三左衛門の, 小間物屋の, 平次は, 庄田と, 弥七とは, 御両人にて, 心中しない, 忠八が, 所名まえ, 手を, 改めまた, 数馬とは, 文字友は, 文字友を, 斎藤刑部の, 旅川周馬であった, 旅川周馬ふたたび, 昌仙なにごとかと, 有村また, 机竜之, 来ては, 松原十右衛門が, 果し合いを, 栗山善助と, 栗山善助の, 桝田屋の, 渡辺七兵衛が, 渡辺七兵衛と, 源次郎は, 甚七を, 田原屋と, 申しますが, 申しますだ, 申しまするが, 申しまするは, 申しまする端役者, 申すとんぼ, 申すの, 申す方, 申す漁師, 申ものあり, 番太の, 番頭度を, 眼を, 睨んで, 知らないの, 称して, 結婚し, 絞殺した, 聞いた, 自雷也床, 芸者ふたりは, 苦難を, 茶道の, 菊池半, 蚕婆で, 蚕婆の, 見当は, 言いて, 言うん, 言う人, 言う半, 話が, 話を, 譲とは, 辰蔵に, 逆行し, 連れだち, 連れだって, 連立つて, 遊ぶ者, 遠く離れた, 金吾で, 錺職の, 関係が, 頼母と, 駒三郎と, 黒穂の

▼ 兵衛~ (251, 3.8%)

5 むかって 3 しても, 泣かされました, 眼を, 訊いて 2 ささやいた, 先じ, 凡ならざる, 叱られたの, 声を, 死別れ, 深手を, 目を, 知られるな

1 [216件] あう, あずけて, あずけ自身, あてたもの, あてて, あとを, いった, いわせれば, いわれたところ, いわれて, うらぎられたが, おまえの, かぶれて, ぎょろりと睨まれる, ここの, こっそりはたしあい, この名誉職, この四, ございますが, ござります, さがって, されて, したがう山犬武士ども, して, しろこれ, しろポツダム宣言, しろ英語, せいたか, せいたかの, そういありませぬ, その仲裁, その面影, それを, そんなもの, たずねた, ところも, なにか特別, ひかされて, ふくませた, ふたたび授け, ふッつり, ぶつかったが, まぎれも, やったので, ゆずり吉良荘, よく仕え, よく似, よばれて, よびよせられたこと, れいの, 一切を, 一時疑いを, 三味線は, 世話した, 両方とも, 二十両で, 云った, 仕えて, 代って, 仲裁の, 会いかれの, 会うて, 会わば, 伴れられ, 伴われて, 伴われ高田村, 似たよう, 何故に, 何流であれ, 依頼し, 候, 傾倒した, 出た, 出て, 分け自分, 到って, 勘づかれねえよう, 勝を, 十両の, 取っては, 取られて, 取合おう, 口添えを, 叱られて, 叱責される, 向うへ, 向かって, 向ひ, 周馬は, 問い糺した吉宗, 囁きます, 因縁を, 土蔵へ, 報告する, 売られたん, 売られるとは, 売り渡すこと, 外ならない, 大友伴立とか, 天ヶ丘へ, 太鼓の, 女が, 妹が, 始末を, 娶合せ升屋, 嫁した, 子供の, 寄り一時頃帰宅, 導かれて, 小言を, 尾い, 属した鷹匠たち, 当って, 往来で, 後添いを, 御免じ下さいまし, 御逢いでしたろう, 急を, 意見を, 手を, 手柄を, 打明けた数日, 扮し, 折りかさなり歯, 抜け荷, 抱きとめられた, 招かれても, 持たせ雲龍寺, 挨拶し, 挨拶した, 振り向けて, 接待を, 接近し, 救われたの, 散財を, 文事が, 斬り捨てられたとばかりに, 斯くと, 新宅を, 旦那旦那と, 書を, 柔術は, 案内され, 比べると, 気を, 洩らして, 渡った金高, 火消し頭の, 狙われると, 申しつける, 男も, 疑いは, 目交ぜを, 相談を, 相違ない, 着せる魂胆, 瞞され, 示したの, 示して, 科は, 突き落とされたの, 箱が, 紛れなかった, 縊り殺され, 聞かせるな, 聞くと, 脱疽を, 膝詰め談判を, 自分の, 蚕婆だ, 蝶昇の, 襲われ浪速あやめ, 見せて, 見せると, 言うには, 言った, 言って, 訊いた, 訊かれて, 訊こう, 訊ねました, 訊ねると, 討たれたらお前, 託して, 診察し, 試合を, 話しかけたいよう, 諫められ, 豊といふ, 責めさいなまれるの, 走り寄っ, 軍師丹羽昌仙もう, 転じて, 辻斬りを, 近寄った者, 近寄って, 退陣を, 逐一を, 逢いたいと, 逢いましたよ, 逢った, 逢って, 違ひない, 遺恨が, 金を, 金子を, 非ずや, 預けた, 預け甚次郎, 頼まれたん, 頼まれて, 飲ませたの, 騒ぎ出され大勢, 麦の, 麾かれて, 黒穂を

▼ 兵衛~ (248, 3.7%)

5 それを 3 さすがに

2 [15件] あとを, いた, いて, これには, その肚, 右近も, 呆気に, 奥から, 死んだので, 町の, 眉を, 立って, 米吉も, 負けては, 驚いて

1 [210件] あちらへ, ありゃしません, あるかも, あれで, あわて出した, いくらかてれた, いささか驚い, いささか驚き, いやな, いよいよ困った, うなずいたが, うろたえて, うッ, おどろいた, おどろいて, お二人, かなり贅沢, こいつは, こう聞かされ, ここに, ここの, この時, さすがだ, しかたが, しびれを, しまいには, じっと怪しい, すぐに, すぐ六, すこし張合い抜け, すこし顔, そう見た, そこい, そこに, そのうち, その一人, その周囲, その紛失, それから半蔵, それに, そんな下手, たたかいたたかい血, とうとう召し捕られました, なかなか流行, なかなか譲りませんでした, なんだかいや, なんだか薄気味悪く, にわかに興味, はやくから, ひそかに, ひどく心配, びっくりし, ふたりの, ふだんから, ほかの, ほとほと持て余した, また丹羽昌仙, また周馬, また持ち前, もう一度塀, ものうそう, やっと蒼白い, やはり其の, やはり畢, やや薄, ゆるやかに, よく知らない, ズルズルと, 一旦は, 三位卿も, 上がって, 上の, 不平らしく, 九月の, 予期どおりなつぼ, 今までは, 他の, 会葬者の, 伴天連の, 何か, 元来は, 六右衛門も, 共にまだ現役, 内々まんざらで, 内々注意し, 内から, 劣らじと, 勘兵衛も, 勝助家照が, 勿論承知, 半信半疑であった, 半蔵を, 吃驚した, 吉左衛門と, 同商売, 吟味を, 周りの, 喜び, 困った, 固唾を, 土地では, 多くの, 多勢の, 大いに喜ん, 大事を, 大和生命の, 太刀の, 失望した, 女房の, 好んで, 嫉妬心を, 嫌だって, 実は前身, 客に, 少しくその, 少しイヤ気, 少し凡眼ッ, 市太夫も, 帯刀様も, 帰って, 平助も, 年が, 幽霊を, 庄屋らしい, 弥七も, 弱った, 弱腰に, 当りまえな, 当惑した, 後戻りを, 心配は, 忠弥ほど, 思い出したよう, 思わず弾き飛ばされた, 思わず身の毛, 思案に, 恭しく彼, 息は, 想い当たるよう, 意外であった, 手ぐすね引い, 手さげの, 手を, 手代も, 手伝って, 手勢五百を, 捨て, 改宗を, 故あっ, 旅の, 旅川周馬も, 既に歿後, 日ごろから, 昌仙も, 最初は, 朝晩に, 村田与三も, 栗山善助も, 次第に考えた, 次第に顔色, 死にものぐるいです, 殺されたという, 殺されたん, 母屋に, 気分が, 汗を, 江戸へ, 焦れて, 特別うま, 用心が, 留守でございました, 知って, 神妙に, 程よく酔った, 笠を, 縛られようとは, 罠へ, 考えたらしいん, 臆病な, 自ら庭に, 舌を, 色を, 若い衆たちも, 茫然, 茶なぞを, 蚕婆も, 行く, 見遁, 言い知れない恐怖, 負けずに, 起ちその, 路傍の, 踵を, 近づいて, 釣り込まれて, 長い滞在, 間道から, 附き添って, 面白そう, 頗る渋面, 頷き声, 顔が, 顔を, 飛び返った, 飛び返ったが, 飛んで, 首を, 駕籠に, 高山右近も, 鮎舟の

▼ 兵衛さん~ (194, 2.9%)

5 のところ, の家 3 のお 2 が帰っ, だと, のこと, のほう, の一家, の前代未聞, の晩酌, の次男, の言い草, はあなた様

1 [161件] あの半蔵, があと, があんまり, がお, がおれ, がこんな, がそれほど, がパリパリ, が今夜, が兄, が口, が古屋敷, が大変, が天狗様, が曲つた腰, が来, が来やがった, が正, が死ぬる, が真白, が祖母, が紺, が見たら, が見舞い, が顔, が顔色, こういうめずらしい, こそその, じゃない, そのお, その事, そら真箇, だ, だから, だが, だけは感心, だってとても, だよ, だろう, て人, で, で代表, で思い出した, という家, といっし, といった松本秀造, といふ家, といふ永年, とこの, とご, とも一人, とよばれた, と来たら, と私, と言う, なぞで, なぞに言わせる, なぞはありがたく, なぞはさしずめ, なぞは世話, にあの, にお, にこうこう, にことわっ, にだまされ, になつて, にはおかしく, にはお礼, にはまた, には何時, には女, にもあっ, にもお話し, にも何, にやはり, に引かされる, に手伝っ, に是, に見立てられた, に限った, のえらい, のお伽噺, のやう, のよう, の一族, の事, の会所, の兄さん, の名前, の場合, の女房, の妹さん, の妻君, の妻君弘子さん, の家族, の寺子屋時代, の店頭, の悴, の晩酌時, の服装, の母親, の狭く, の生活, の秀造おじさん, の細君, の言い, の言った, の退役願い, の逸事, の長男, の長男楠次郎さん, の閉口, の顔, はいない, はうらない, はおいでません, はおかみさん, はお前, はお金, はことし六十七, はこのごろ, はさしも, はそれ, はどう, はなかなか, はまた, はわたし, は三つ四つお辞儀, は亡くなっ, は六尺豊か, は名, は呑気そう, は声, は大柄, は如才, は子細, は当選, は後見, は性的, は恵比須さん, は旦那, は此金子, は氏神さま, は淀君, は焼けな, は自分, は説明, は鼻, へお, ほらあの, もうその, も世話好き, も大事, も少し, も物故, も綺麗, も言わなく, も進ん, や, 大層遅い, 行かう

▼ 兵衛という~ (151, 2.3%)

5 者が 4 のは, 男の, 男は 3 ものを, 商人が, 男に, 者の

2 [13件] のが, のです, 二人の, 人は, 人物は, 名を, 奴は, 弟が, 男を, 百姓の, 老武士, 老賊, 者を

1 [96件] あだ名を, おやじだ, お方は, ことは, のだ, のでございます, のも, ひとり息子博奕は, ものが, もので, ものに, もんです, やつそれが, 中老人が, 人が, 人でした, 人の, 人物に関して, 人物を, 人買の, 仇名の, 信心深い, 兇状持ちには, 先輩の, 六十ぐらいの, 古参が, 古本屋には, 名, 名が, 呉服太物商が, 呉服屋が, 堅気で, 壮士身分は, 大物を, 奴が, 奴で, 奴を, 奴理知聡明学者然, 姓名では, 家の, 家来は, 少年を, 弁才坊, 御細工所頭, 怪人である, 悪いやつ, 戸長の, 方は, 日本人の, 旦那が, 本屋である, 植木屋の, 浪人が, 浪人上りの, 浪人者だ, 浪人者は, 狐どじな, 男が, 男その, 男で, 男である, 男と, 町奴であった, 番頭が, 番頭は, 百姓は, 皮肉な, 目明しは, 立派な, 筆紙商の, 綽名が, 綽名で, 老いぼれめ, 老人が, 老人そんな, 老人のみが, 老人は, 者あり, 者であった, 者も, 者今, 腰の, 膂力の, 興行師であった, 茶人で, 蒲鉾の, 賊の, 道具屋であった, 道具屋である, 郷士だった, 酒屋の, 野武士の, 金持が, 金貸しを, 長崎から, 風で

▼ 兵衛ちやん~ (60, 0.9%)

5 の家 2 がいつた, がお母さん, の紙鳶, はミツちやん

1 [47件] がいふ, がみんな, が出, が家, が得意, が怒鳴つた, が持つ, が栄蔵, が紙鳶, が見る, と友達, にしろ, にそつ, にはあの, に予告, に持つ, の仕事, の六つ, の弟, はきかなかつた, はしばらく, はただ, ははい, はまた, はまるで, はまるでもう, はもう, はもつ, は一生懸命, は土蔵, は弓, は得意, は惣兵衛ちや, は新太郎ちやん, は栄蔵, は疲れ, は着物, は矢, は竹, は綿, は顔, は首, は驚いた, もびつくり, を呼んだ, を奥, を驚かせ

▼ 兵衛さま~ (46, 0.7%)

2 とし

1 [44件] お帰り下さいまし, から立派, から軍配, が, がお, がおっしゃっ, が御, すこしもはやく, でございます, では, というお方, といっしょ, とにかく早く, とやら, とやらがお, にあげ, にお知らせ, に知らせ, のあと, のお, のおん, のこと, のところ, の手先, の身内人, はああ, はお, はその, はやくここ, はわたくし, は三年前, は決して, は見上げた, へお供え, へこの, までをもなん, もうこうは, もお, も一国一城, も帰らぬ, も手傷, をお, をすて, を捨て

▼ 兵衛には~ (35, 0.5%)

2 面白くなかった

1 [33件] あの秘冊, あまり重き, こう思われざる, この綴じ紙, それが, まだ何, よくわかった, 一里も, 不思議でならなかった, 何だかお, 何の, 何よけむ, 係り合いが, 分った, 剣鬼の, 天堂などを, 女房子が, 子供が, 宇都宮に, 思われたので, 思われて, 意味が, 意外だった, 早や, 末始終なん, 特技が, 目も, 笑いも, 罪は, 見当が, 詩を, 譲るまいと, 返辞した

▼ 兵衛から~ (34, 0.5%)

2 聞いて

1 [32件] いろいろと, いわれるや, くれぐれも, こう持ちかけられ, して, だいぶ借り, であった, ゆき子の, よっぽど借りた, わたされた攻軍, 云い聞かされて, 仕丁頭中へ, 催促し, 奪ったお金, 委細を, 定九郎, 引かされて, 張り番を, 後は, 息子幸吉が, 推挙し, 推薦の, 放逐される, 明四日千住骨ヶ原にて, 知らされて, 禁物に, 花見の, 誰か, 譲られた家, 金でも, 金三郎等に, 頼まれた小次郎

▼ 兵衛~ (32, 0.5%)

2 栗山善助などの

1 [30件] あい, その手下ども, はるかの, まあここ, 一角の, 万次郎の, 勘兵衛たちが, 勘兵衛を, 右衛門も, 吹針の, 周馬に, 善助が, 妻に, 小次郎の, 平助と, 平助と共に, 後藤右衛門などが, 捕手の, 敵の, 昌仙とともに, 有村が, 村井河内守などが, 栗山善助が, 栗山善助の, 梅の, 梅川忠兵衛の, 紀文の, 衣笠久左衛門へも, 貴殿は, 霧隠

▼ 兵衛殿~ (31, 0.5%)

2 か, を探し

1 [27件] が一晩暇, でござったか, といい, とでございました, とは巻き, と京丸, と呼ばず, と記し, どうした, には土州, には自身, に手紙, のさがし, の思われ, の死, の死骸, の臨終, の邸, は, は呆れ, は気の毒, へはその, へ被, をもぜひ, を助け出せ, を我ら, を至急

▼ 兵衛~ (27, 0.4%)

1 [27件] いった, その眼, つぎこもうと, まわすよう, わかれ際, 一寸寄り, 伝えて, 向って, 命じました, 声を, 宿替, 寄りふんだんに, 新助, 注意した, 用命しよう, 眼を, 移し下げて, 穏かに, 立ち向かった, 約束の, 背を, 落著, 行き好物揚シュウマイ, 言葉を, 転陣, 近寄って, 連れて

▼ 兵衛~ (27, 0.4%)

2 がお, の御, はまだ

1 [21件] おなくなりあそばす, から戻り, が, がとうとうすっかり, で, でございましたか, ではござりませぬ, というお方, とおっしゃるおかた, とを対立, にはてまえ, にはもはや, には忠誠丹心, のあの, のお, のお世話, のご, の軍勢, は何ん, は日頃, は駒場

▼ 兵衛~ (23, 0.3%)

1 [23件] ありました, かれは, がす, げすよ, ございます, そのまま引っ返し, はない, はなおさら, 一旦姿, 佐々成政の, 例に, 例の, 其補筆は, 大いに食, 寛文三年頃から, 彼は, 清兵衛の, 甚しく, 貰ったの, 酒なし, 食事, 馬鹿で, 鳥なべ

▼ 兵衛どん~ (23, 0.3%)

2 の兄貴

1 [21件] がお, がおとめさん久振り, がなんぞお, が捨てた, が胸, でも知らっし, にそれとなく, のお, のところ, のフシギ, の倉, の婆さん, の家, はなんとなく, はもう, はオイドン, は令夫人, は戻っ, も漸く, を前, を抱きとめよう

▼ 兵衛どの~ (22, 0.3%)

2 の手

1 [20件] おり入って, がお, が子ゆえ, が早速, が言い訳, とやらを大急ぎ, につかわす, につかわせ, にも軍師, によろしゅう, の伊皿子, の御, の案内, の知合, の門内, はきょう, はここ, は宿直, もいた, をお

▼ 兵衛~ (21, 0.3%)

4

1 [17件] いかにも百両, いふどのも, からである, から人, から思わず, から近, かハッキリ, がお, がその, ぞ, ということ, とは知るまい, どうして自由, な, なあ旦那, ね, よ示現流

▼ 兵衛にも~ (21, 0.3%)

1 [21件] あの惣右衛門親子, さっぱり元気, どうにも, ましておそろしい, まして鮮, もう少しも, 今夜は, 出逢った, 分って, 別れた, 十年振, 告げた, 命じて, 寝耳に, 手伝わせて, 打ち明けなかった, 数馬にも, 旨を, 知らさずに, 読めた, 龍巻にとっても

▼ 兵衛とは~ (19, 0.3%)

1 [19件] いかなる人, いわせませんぜ, かたみ, この村, その同じ駅路, その方, なお熱心, めったに顔, 二人で, 何者と, 名のる, 新九郎が, 旧宿場時代以来, 極端に, 残念そうに, 白酒荷の, 石川五右衛門の, 談話半ばに, 遠き縁

▼ 兵衛~ (16, 0.2%)

3 はよく 2 のため, の行為 1 が捜し, が駕籠, と共にあの, には一ノ関, の忠志, の祈祷, の背後, はこの, は知らない

▼ 兵衛~ (15, 0.2%)

1 [15件] ですから, ですら, に亡くなった, に及ん, に古, に当分宿泊, に長州人, に集まる, の囲炉裏ば, の店先, の棟上げ, へ辿りつき, へ集まっ, より菊重方, 及び縄手

▼ 兵衛~ (15, 0.2%)

1 [15件] からはその間, が草田, である, に飛びかかり, の半生, の夫人, の親たち, はいくら, はまだ, はハイカラ, は帽子, は日本毛織, も当時, を相手, 現釜山日報主筆

▼ 兵衛たち~ (14, 0.2%)

2

1 [12件] がおおきな, がその, がそれ, がまっくろく, が隙, に襲われ, のぬけ, の四名, の話しぶり, はこの, は一行四, へ泣きぬれた

▼ 兵衛なる~ (14, 0.2%)

3 者が 2 ものが, ものに対する 1 もの, ものまことに, 律儀者を, 由ききぬ, 者あり, 者は, 者を

▼ 兵衛~ (14, 0.2%)

1 [14件] だった頃, であった, ですが, とは話, などにお目にかかる, などは初め, などもお, などをつかわした, の御, の方, は勾欄, は口, もとうとう, を選ん

▼ 兵衛老人~ (14, 0.2%)

2 のこと, の姿, の店先 1 である, と並ん, なり, は宇都宮, も決して, も自業自得, を拘引, を援助

▼ 兵衛といふ~ (13, 0.2%)

1 [13件] のは, ものが, ものの, 五十あまりの, 人市内京橋区, 人物は, 名だつた, 名前が, 姓名では, 標札が, 炭焼が, 男が, 農夫が

▼ 兵衛夫婦~ (13, 0.2%)

1 [13件] がどうして, がまだ, が出, とお, とせがれ, に合せる, のあいだ, の気組み, はちっとも, は何やかや, は奥, ばかりつくねんと, も共に

▼ 兵衛正成~ (13, 0.2%)

1 [13件] がさい, が再来, が家の子郎党, と申す, と貴僧, なるもの, の生存, はこの, はそう, はわたくし, も幼少, をさす, をたずね

▼ 兵衛爺さん~ (13, 0.2%)

2 も立ち上りました

1 [11件] が高笑い, それだけの, の仕事, はにこにこ, はまた, は一度, は懸命, は気, は汗, は馬, も元彦

▼ 兵衛~ (11, 0.2%)

1 [11件] から改, が, と香山, などは, に千石, のことば, のはなし, は, はそう, は待っ, をはじめ

▼ 兵衛~ (11, 0.2%)

1 [11件] が掘っ, が禁裡馬術, どの, に付, に任じた, に武術, に甲斐国福地, へ隠, をし, を呼ん, 常秀

▼ 兵衛これ~ (10, 0.2%)

1 で秘密, にあり, におります, には驚いた, はマル三, は怪し, は日頃藤吉, は面白い, よ平兵衛, を見い

▼ 兵衛その~ (10, 0.2%)

1 ほか姫路からも, ほか石垣築の, ほか穴山の, 人と, 利腕を, 名を, 者だ, 者は, 辺は, 黄金の

▼ 兵衛と共に~ (10, 0.2%)

2 馬籠の 1 この掲示, この時代, 二百の, 去る, 案内され, 社頭の, 退役を, 馬荷に

▼ 兵衛佐頼朝~ (10, 0.2%)

2 のす 1 という者, に示した, のこと, は, はがく, は二十万, やその, をし

▼ 兵衛この~ (9, 0.1%)

1 たびは, ほうが, 三人の, 刀に, 守りに, 時ズイと, 期に, 者共の, 辺に

▼ 兵衛とか~ (9, 0.1%)

1 いった一家, たくさんおる, 十内とか, 寺田甚与茂とかという, 小西牢人の, 御池太田黒などという, 栗山善助などの, 申し生まれつき, 申すの

▼ 兵衛坊主~ (9, 0.1%)

1 がその, がたっ, で, で直, と言う, に対しても穏, の家, はお前さん, を真

▼ 兵衛~ (9, 0.1%)

2 胤が, 胤の, 胤は 1 胤へ, 胤も, 胤を

▼ 兵衛~ (9, 0.1%)

1 というの, とも称する, と比較, について教え, にも不作, は探し, を天下一品, を教え, を産

▼ 兵衛とも~ (8, 0.1%)

2 云う 1 あらう豪, あろう者, いう, 余り話を, 違い隣家, 違って

▼ 兵衛~ (8, 0.1%)

1 からはがき, から文楽君, に面会, はゐ, は留守, は鼻, や照次郎君, よりの聞書

▼ 兵衛~ (8, 0.1%)

1 が御前, であって, などがまいっ, などを陪乗, は南, は姉, は高官, へ任命

▼ 兵衛とが~ (7, 0.1%)

2 二人とも 1 この寮, この街道, 北条美作や, 立ち去った時, 綴じ紙

▼ 兵衛との~ (7, 0.1%)

1 あいだには, 二人が, 四人である, 縁談が, 試合, 長話に, 間に

▼ 兵衛清秀~ (7, 0.1%)

1 はここ, はその, はたしかに, はよく, は光秀軍, をとりかこむ, を始め

▼ 兵衛ここ~ (6, 0.1%)

1 ぞとばかり大, にいる, におった, は大丈夫, へゆらりと, へ登っ

▼ 兵衛である~ (6, 0.1%)

1 いやそう, か, かも知れず, かも知れぬ, ことに, と名乗った

▼ 兵衛では~ (6, 0.1%)

2 ないか 1 あると, あるまいという, ない, やむを得ない

▼ 兵衛~ (6, 0.1%)

3 のであった 1 のだ, のである, ので二

▼ 兵衛などの~ (6, 0.1%)

1 ように, 一隊尾野路山の, 八九人しか, 奉行や, 附き人, 顔は

▼ 兵衛~ (6, 0.1%)

1 が人穴城, でございます, に私, はいずれ, はまだ, は腕

▼ 兵衛後家~ (6, 0.1%)

2 のお, の家 1 が海馬, を踏み殺した

▼ 兵衛~ (6, 0.1%)

1 から北紺屋町, から正月早々, につづく, の火事, へ出, を出番

▼ 兵衛自身~ (6, 0.1%)

1 でこう, の身の上話, はこう, は決して, も掴まへた, も馬鹿七

▼ 兵衛でも~ (5, 0.1%)

1 い, もう袋, 例年通りの, 持ちそう, 見るよう

▼ 兵衛など~ (5, 0.1%)

1 あの連中十四, かれを, 入れ代り, 大番頭衆, 見せて

▼ 兵衛などは~ (5, 0.1%)

1 かれの, それと, 年こそ, 最も手ひどい, 正直朴訥の

▼ 兵衛にとっては~ (5, 0.1%)

1 その点, 仕官の, 何物よりも, 悪戯どころの, 面白くも

▼ 兵衛一人~ (5, 0.1%)

1 しかいない, であった, でございます, の悪戦, を捕へる

▼ 兵衛一家~ (5, 0.1%)

1 の上, の基, の留守番, の者, やその

▼ 兵衛尉さま~ (5, 0.1%)

1 からお話, が御, のお, は御, をお召

▼ 兵衛殺し~ (5, 0.1%)

1 なんか忘れ, の下手人, の真相, の罪状, を手柄

▼ 兵衛いきなり~ (4, 0.1%)

1 弦之, 膳の, 踏込みの, 障子を

▼ 兵衛~ (4, 0.1%)

1 かやお, まちの, 白洲をも, 糸親娘を

▼ 兵衛こそ~ (4, 0.1%)

1 多少蛮流, 日本一の, 適任, 飛んだ災難

▼ 兵衛それ~ (4, 0.1%)

1 から大槻玄卿, が平生, にすがっ, に番頭

▼ 兵衛とても~ (4, 0.1%)

2 吉左衛門に 1 この人, 親としての

▼ 兵衛より~ (4, 0.1%)

1 すこしおくれた, 一足先に, 出でたの, 耳に

▼ 兵衛らしい~ (4, 0.1%)

1 侍が, 侍の, 梵論子の, 男の

▼ 兵衛一族~ (4, 0.1%)

1 が天ヶ丘, の列, の焼けだされ, を火あぶり

▼ 兵衛~ (4, 0.1%)

1 つね其外西村利三郎を, 吉太夫の, 紀六左衛門の, 茂兵衛の

▼ 兵衛女房~ (4, 0.1%)

1 お菊, がお, の在所, の達者

▼ 兵衛宗清~ (4, 0.1%)

1 では, の弥陀六, の本物, 暫く待て

▼ 兵衛思わず~ (4, 0.1%)

1 ブルブルッと, 大声で, 大声に, 畳へ

▼ 兵衛~ (4, 0.1%)

1 と塩谷村, は全身, は妙, は漆黒

▼ 兵衛~ (4, 0.1%)

1 の勧, の大, の職, を頭

▼ 兵衛~ (4, 0.1%)

1 に対, のこと, は駐在所, を一度

▼ 兵衛お前~ (3, 0.0%)

1 とお前, は十九, もよく

▼ 兵衛~ (3, 0.0%)

1 どれが, 井戸が, 今日は

▼ 兵衛だけは~ (3, 0.0%)

1 こっちへ, 久しぶりで, 弦を

▼ 兵衛だの~ (3, 0.0%)

1 伊那丸だの, 新参の, 近藤弥之助だの

▼ 兵衛であり~ (3, 0.0%)

1 そのほか徳川家, もう一人, もう一名

▼ 兵衛とて~ (3, 0.0%)

1 工面の, 彼らごとき, 生れ落ちた時

▼ 兵衛とで~ (3, 0.0%)

1 きっと弦, さすが名物, もらった

▼ 兵衛とを~ (3, 0.0%)

1 よく比べ, 加えて, 数えんが

▼ 兵衛なぞ~ (3, 0.0%)

1 が第, は一足飛び, は驚い

▼ 兵衛などが~ (3, 0.0%)

1 いるはず, 来て, 舌鋒を

▼ 兵衛への~ (3, 0.0%)

1 お使い, 嫌がらせで, 手向けと

▼ 兵衛へも~ (3, 0.0%)

1 ついでやり, 約束を, 高山右近へも

▼ 兵衛ほか~ (3, 0.0%)

1 に手下, の二人, の芸人

▼ 兵衛ほどの~ (3, 0.0%)

1 人間も, 強か者も, 豪の

▼ 兵衛まで~ (3, 0.0%)

1 やけ半分に, 七十四歳で, 上の

▼ 兵衛よと~ (3, 0.0%)

1 また呼んだ, 仰せられ左右, 呼んだ

▼ 兵衛ら三人~ (3, 0.0%)

1 の暗殺者, の行為, をどう

▼ 兵衛ら三名~ (3, 0.0%)

1 が親, は暗殺, を訊問

▼ 兵衛以外~ (3, 0.0%)

1 にない, には一個, の者

▼ 兵衛先生~ (3, 0.0%)

1 の名, の武者ぶり, をむかえ

▼ 兵衛善助~ (3, 0.0%)

1 などとともに謹んで, のふたり, の影

▼ 兵衛~ (3, 0.0%)

1 か何, にフロツク, の頭

▼ 兵衛~ (3, 0.0%)

1 仏小兵衛長兵衛部下の, 女郎お, 川又左衛門等左右を

▼ 兵衛~ (3, 0.0%)

1 で偶然ライフル, に同じく, に寝

▼ 兵衛~ (3, 0.0%)

1 に取, も出さず, を打っ

▼ 兵衛新田~ (3, 0.0%)

1 から十万坪, と称し, にいる

▼ 兵衛正清~ (3, 0.0%)

1 が, はそう, は琵琶

▼ 兵衛真山刑部~ (3, 0.0%)

1 そして目付役, という顔ぶれ, の二人

▼ 兵衛~ (3, 0.0%)

2 光であった 1 光は

▼ 兵衛ある~ (2, 0.0%)

1 を以てなり, 一日

▼ 兵衛いよいよ~ (2, 0.0%)

1 ここに, 増長し

▼ 兵衛おじいさん~ (2, 0.0%)

1 が張っ, が股

▼ 兵衛からの~ (2, 0.0%)

1 めずらしい消息, 急使が

▼ 兵衛さん君~ (2, 0.0%)

1 には察し, はこの

▼ 兵衛そち~ (2, 0.0%)

1 がいい, は邪悪

▼ 兵衛そのもの~ (2, 0.0%)

1 の体, も縄

▼ 兵衛たった~ (2, 0.0%)

1 一人で, 一人な

▼ 兵衛だけ~ (2, 0.0%)

1 だと, では

▼ 兵衛だろう~ (2, 0.0%)

1 が変り, が忠兵衛

▼ 兵衛~ (2, 0.0%)

1 ものいわす, 四郎兵衛

▼ 兵衛っていう~ (2, 0.0%)

1 おにいさん, 奴の

▼ 兵衛でさえ~ (2, 0.0%)

1 むずかしい一木一草, 昼も

▼ 兵衛としては~ (2, 0.0%)

1 五百両なげだした, 弟を

▼ 兵衛とに~ (2, 0.0%)

1 すり取られた, 急いで

▼ 兵衛とやら~ (2, 0.0%)

1 慥には, 申したな

▼ 兵衛どう~ (2, 0.0%)

1 した, 思うな

▼ 兵衛どうして~ (2, 0.0%)

1 之を, 八重の

▼ 兵衛などに~ (2, 0.0%)

1 なると, 蔭で

▼ 兵衛などにも~ (2, 0.0%)

1 さてこそ, 悪くは

▼ 兵衛なども~ (2, 0.0%)

1 みな居合せ, 平気で

▼ 兵衛なら~ (2, 0.0%)

1 この血, んという

▼ 兵衛にとっても~ (2, 0.0%)

1 この事実, 最上なる

▼ 兵衛ふたり~ (2, 0.0%)

1 して, を乗せた

▼ 兵衛~ (2, 0.0%)

1 お前が, 杢十よ

▼ 兵衛よりも~ (2, 0.0%)

1 かえって若々しく, 王仁と

▼ 兵衛をも~ (2, 0.0%)

1 招いて, 驚かしたの

▼ 兵衛一世一代~ (2, 0.0%)

2 の大事

▼ 兵衛一味~ (2, 0.0%)

1 がい, の残党

▼ 兵衛丞どの~ (2, 0.0%)

1 やその他, 御挨拶

▼ 兵衛~ (2, 0.0%)

1 より十年前中村座, 峰頼母

▼ 兵衛以下一族~ (2, 0.0%)

1 のもの, の立

▼ 兵衛佐殿~ (2, 0.0%)

2 の調略

▼ 兵衛~ (2, 0.0%)

1 でて, 尻清兵衛小

▼ 兵衛則秀~ (2, 0.0%)

1 か拝郷五郎左衛門あたり, も

▼ 兵衛~ (2, 0.0%)

2 の者商人

▼ 兵衛同じ~ (2, 0.0%)

1 ことなら, ような

▼ 兵衛~ (2, 0.0%)

1 の娘, 十ら十六人江戸へ

▼ 兵衛奴水槽~ (2, 0.0%)

2 の前

▼ 兵衛~ (2, 0.0%)

1 は寛政九年, へ丁稚奉公

▼ 兵衛尉朝盛さま~ (2, 0.0%)

1 が珍, の御

▼ 兵衛尉義経~ (2, 0.0%)

1 という史上, と称する

▼ 兵衛~ (2, 0.0%)

1 ころし此又伯円, の殺し場

▼ 兵衛平助~ (2, 0.0%)

1 の二人, 共に半蔵

▼ 兵衛弥五郎六右衛門~ (2, 0.0%)

1 との五人, の五人

▼ 兵衛旅川周馬~ (2, 0.0%)

1 その三人, というふたり

▼ 兵衛景通~ (2, 0.0%)

1 から四代目, と申候

▼ 兵衛次郎兵衛弥五郎六右衛門~ (2, 0.0%)

1 との五人, の五人

▼ 兵衛~ (2, 0.0%)

1 助みんな五十に, 茂の

▼ 兵衛正成どの~ (2, 0.0%)

1 と申されます, はとうに

▼ 兵衛~ (2, 0.0%)

1 いかに猛, が盗人

▼ 兵衛法名吸松斎宗全~ (2, 0.0%)

2 といふ茶人

▼ 兵衛~ (2, 0.0%)

1 というの, という流儀

▼ 兵衛渡辺七兵衛~ (2, 0.0%)

2 そして小者

▼ 兵衛~ (2, 0.0%)

1 と来た, に鐘

▼ 兵衛自邸~ (2, 0.0%)

2 の舞踏会

▼ 兵衛菊五郎~ (2, 0.0%)

2 の墨染

▼ 兵衛親子~ (2, 0.0%)

1 が無事, を斬った

▼ 兵衛~ (2, 0.0%)

1 によって短歌会, や田舎芸術家達

▼ 兵衛餅百俵~ (2, 0.0%)

1 を表記買入れ, を買い入れ

▼ 兵衛~ (2, 0.0%)

1 を左方, を貸せ

▼1* [614件]

兵衛あおじろい額から, 兵衛あたりの人, 兵衛あとで大, 兵衛あやうしと見, 兵衛あるいは天狗党に, 兵衛いきなり猛然と大刀の, 兵衛いざるように, 兵衛いつまでこう, 兵衛いつのまにかお前の, 兵衛うしろに徳川勢, 兵衛うんともすん, 兵衛おじさんの船, 兵衛おとなしく答えた, 兵衛おぼえている, 兵衛おやじの蒼い, 兵衛および四郎兵衛を, 兵衛からもいつぞやお側衆, 兵衛がとくいの, 兵衛がはははそうじゃ, 兵衛がまことの具眼者, 兵衛きょうこそはかならず, 兵衛くすぐったい笑いを, 兵衛ぐらゐのものであとは消息, 兵衛こいつも甲斐, 兵衛こいつアおもしろい周馬, 兵衛ことじつは同志, 兵衛ひゐきに, 兵衛ごときを斬る, 兵衛今お帰り, 兵衛さえ不覚を, 兵衛さおれはもう, 兵衛さお前もここ, 兵衛さだめし明日は, 兵衛さま意外なところ, 兵衛さま裏手のほう, 兵衛さも嬉しそう, 兵衛さんこれこそ前代未聞, 兵衛さんたくさん溺れたろうね, 兵衛さんぢやない, 兵衛さんわたしも命拾い, 兵衛さんわたしたちもぽつぽつ, 兵衛さん今日はお, 兵衛さん半死半生で戻っ, 兵衛さん娘が, 兵衛さん家の, 兵衛さん川へ鰹節, 兵衛さん手をお, 兵衛さん死だ妻, 兵衛さん知つてるだらう, 兵衛さん私は貴方一人, 兵衛さん貧窮組が納まっ, 兵衛さん身ぶるいして, 兵衛さん馬籠の宿, 兵衛さアん, 兵衛ざまを見ろ, 兵衛したたかに肩, 兵衛しっかりしろ, 兵衛してやったりとほくそ笑ん, 兵衛しばらくだったなあ, 兵衛しんみりとなった, 兵衛ゃあるめえし汝定, 兵衛じつはいたって, 兵衛じゃああおまえ, 兵衛じゃあねえらしい, 兵衛じゃがこれは, 兵衛すぐ行って, 兵衛せいたか藤兵衛, 兵衛ぜひとも今夜は, 兵衛そっくりだが, 兵衛その他のもの, 兵衛その他七名の者, 兵衛その他多くの直門, 兵衛その後から猾そう, 兵衛それから山村紋左衛門ちと, 兵衛それに四ツ目屋の, 兵衛そんな手合も, 兵衛たたみかけて訊ねる, 兵衛ただ腹を, 兵衛ただ一人であった, 兵衛たちのいたところから, 兵衛たちみんな着替えを持ってるだろう, 兵衛たち三人の影, 兵衛たち五人のもの, 兵衛たびたびの手柄, 兵衛だからそこを, 兵衛だけが吉左衛門の, 兵衛だけといっても, 兵衛だけになった, 兵衛だけをのせて, 兵衛だって遠く及ばない, 兵衛ちやんであれ, 兵衛ちょうど折よく, 兵衛ついぐっと片腹痛く感じた, 兵衛ついでがあったら, 兵衛つぎにまだ, 兵衛つづいては牛込, 兵衛づきの中小姓, 兵衛てえお人, 兵衛であった善兵衛は, 兵衛でございます大鳥井紋兵衛, 兵衛ですよ, 兵衛でなく宇都宮の, 兵衛といや源五巻き, 兵衛といった人青山主膳の, 兵衛といふは二度目の, 兵衛とかいう狐どの, 兵衛とかっていう妙な, 兵衛として見れば, 兵衛としてもわしと, 兵衛とともに間道門のて, 兵衛とやらの娘とか, 兵衛どの哀れと思い買いとり, 兵衛どの折角だが, 兵衛どんいるかね, 兵衛どんお前是から焼場, 兵衛なかじま九郎次郎, 兵衛なきのち居すわる, 兵衛などと第二, 兵衛などについてはことにその, 兵衛などまで途, 兵衛などよりは火の, 兵衛などを勤めたの, 兵衛なりは他, 兵衛なんかうっちゃって, 兵衛なんぞ呼ぶ門人, 兵衛における赤裸は, 兵衛にだけ見える幻, 兵衛について来い, 兵衛にてもあれば, 兵衛にでも言わせたらそれ, 兵衛にとってお側は, 兵衛に対し発揮した, 兵衛に対して菊之助の, 兵衛に対しては感じこの, 兵衛ねずの三武, 兵衛のちに荒木左衛門, 兵衛のみは風で, 兵衛はいぜんとして目, 兵衛はからだの, 兵衛はかッと眼, 兵衛はじめその他の宿役人, 兵衛はじッとたたずん, 兵衛はつぎにその, 兵衛はと見ると, 兵衛はもいちどそう, 兵衛はや天命は, 兵衛はんだっせ, 兵衛ひとりは裾野, 兵衛ひょいと気がついて, 兵衛ふいと眼, 兵衛ふたたび上げた顔, 兵衛へどもどして, 兵衛へはその手, 兵衛ほどな武者, 兵衛まことに神妙な, 兵衛または次太夫, 兵衛またも一膝進めた, 兵衛まだ今日まで, 兵衛まだなにかいうつもり, 兵衛まったったあい, 兵衛までが引っぱり出された, 兵衛むっくと起きて, 兵衛めんどうなりと見た, 兵衛もう恍惚と, 兵衛もう少し話しても, 兵衛もとより武功, 兵衛もろくも仰むけ, 兵衛やらの碑が, 兵衛よく見えたの, 兵衛よりはずっと末席, 兵衛ら七人が十三夜, 兵衛りっぱなもの, 兵衛ッと, 兵衛わざと力も出さずに, 兵衛わしのいおう, 兵衛を以て御尋, 兵衛ア坊主になら, 兵衛ガ吉田ヘ来, 兵衛グーと無理, 兵衛スルスルスルスルと下った, 兵衛ズルズルと畳, 兵衛ゾクゾクと慄, 兵衛タッタ一人で, 兵衛チラリチラリと雪踏, 兵衛ハ如何ニモ一生懸命デ全力, 兵衛ヒョイとふりかえっ, 兵衛ピンと胸, 兵衛マチヤス太郎右衛門が順次, 兵衛ムズとつかんだ, 兵衛は青根, 兵衛一つ二つ軽く手, 兵衛一人麦煎餅を五銭代許, 兵衛一名を河太郎, 兵衛三ツ扇屋の亭主, 兵衛三代が安政四年, 兵衛三保松源蔵藤岡の慶助, 兵衛三千五百の人数, 兵衛三太が二三人朋輩, 兵衛上原全八郎, 兵衛下女お久, 兵衛下津浦の治右衛門, 兵衛世良田兵庫助など屈強, 兵衛名を, 兵衛中黒達弥の三人, 兵衛などといふ連中, 兵衛丹羽昌仙などというやつら, 兵衛久しぶりの酒, 兵衛久佐衛門善助たちもそれ, 兵衛久左衛門をかえりみ, 兵衛墓, 兵衛乗馬の黒鹿毛, 兵衛乙部九郎兵衛萩田主馬, 兵衛九つになった, 兵衛九輪の銅柱, 兵衛亀亭等から私, 兵衛事死罪御赦免, 兵衛二七四票その他民政党連中はほとんど, 兵衛二番水先頭与之助帆係下一番猪三八同上一番清蔵楫取弥之助, 兵衛云い出したものである, 兵衛京都の公卿伯爵, 兵衛今日の戦, 兵衛今福浄閑土屋右衛門尉秋山伯耆守原隼人佐小山田備中守跡部大炊介小宮山丹後すなわち御, 兵衛という仁, 兵衛以下一同のもの, 兵衛以下三千七百人部将皆郷士豪農, 兵衛以下二番手の勢, 兵衛以下十名ぐらいな藩士, 兵衛以下大勢の手代, 兵衛以下役人囚人もろとも二十三人, 兵衛以下数人の手代, 兵衛以下数百の兵, 兵衛以下旗本の士四百騎, 兵衛以下楠木一族あらましは死にたえました, 兵衛以下野獣のごとき, 兵衛伊丹大隅守海賊係の人々, 兵衛伊那丸方にさる者, 兵衛会おうか, 兵衛伜源七という書置, 兵衛佐佐理その子, 兵衛佐侍従大夫などという人ら, 兵衛佐允純へ永, 兵衛佐元久元年正月七日叙従五位上三月六日任右近少将同二年正月五日正五下, 兵衛佐太夫の君, 兵衛佐平定文と云, 兵衛佐為盛さま右馬権頭頼茂さまなども京, 兵衛佐藤原伊衡平希也など僅か, 兵衛佐道純家来竹内玄同, 兵衛何んだか, 兵衛何条もって, 兵衛何蔵に瓜二つ, 兵衛余儀なく大きく頷いて, 兵衛と銘, 兵衛俊兼戸隠山九頭竜権現の申し, 兵衛信澄の家老, 兵衛信茂原隼人佐を加え, 兵衛信茂跡部大炊助勝資等, 兵衛信行に伝えられ, 兵衛側用人兼松伴大夫目附兼松三郎である, 兵衛がない, 兵衛先代伊之助それらの故人, 兵衛先生ウンとご, 兵衛入道以上大将軍六人戦場を遁, 兵衛入道爲蓮佛之承, 兵衛入道西仏等の面々今, 兵衛公儀のお, 兵衛六右衛門弥五郎甚太郎権十の七人, 兵衛六右衛門甚太夫とてとし, 兵衛とは人種, 兵衛其他の如き, 兵衛った息杖, 兵衛岡敬治岡崎恭輔なぞの, 兵衛初め津之助, 兵衛則秀ふたりとも柴田譜代, 兵衛則秀金森五郎八長近原彦次郎房親拝郷五郎左衛門家嘉長九郎左衛門連龍安井左近太夫家清など, 兵衛加納求馬が兄分, 兵衛助太刀の湧井道太郎, 兵衛勝則になっ, 兵衛勝嘉殿に頼みおき候, 兵衛北山常吉折原逸太郎の名, 兵衛千二百石あたごの下, 兵衛七半兵衛久兵衛と, 兵衛半蔵の父吉左衛門, 兵衛南山を小倉孫作, 兵衛卜斎のふたり, 兵衛原与左衛門市川梅印城伊闇多田治部右衛門遠山右馬介今井九兵衛江間右馬丞関甚五兵衛小幡又兵衛大熊備前守三枝新三郎長坂釣閑曽根内匠曽根喜兵衛三枝勘解由左衛門すなわち足軽大将, 兵衛参ったか, 兵衛参上いたさせ候ところ, 兵衛又の名を大, 兵衛友治をよび出し, 兵衛をもっ, 兵衛古主の息子金谷金五郎, 兵衛只今竹の間, 兵衛召されることに, 兵衛右門の三人, 兵衛吉田三郎兵衛などが盛名, 兵衛吉田喜四郎河田郡兵衛坂乃木磯八の四人掛り, 兵衛同じく野村庄兵衛が, 兵衛同様の神護, 兵衛君塚龍太郎その他覇気満溢, 兵衛呂宋兵衛汝いかに猛, 兵衛鳴れ呶, 兵衛咄嗟のま, 兵衛哭き悲しんでみた, 兵衛嘉兼のほう, 兵衛嘉兼これがこの, 兵衛四十五六歳炉の前, 兵衛四角く畏った, 兵衛之助, 兵衛団子孫右衛門猿之助女房オ庄宗十郎多兵衛団, 兵衛坊主坊主治兵衛だなあ, 兵衛塚原六右衛門すなわち城内, 兵衛の盛, 兵衛多少の疵負, 兵衛の市郎兵衛, 兵衛大儀だのう, 兵衛大和の豪家村島長兵衛父子, 兵衛大坂城の一番乗り, 兵衛大夫の外立派, 兵衛大夫どのが手, 兵衛大手を拡げ, 兵衛大脇文衛三村道友園原小源太, 兵衛大輔とした, 兵衛大輔どの野々村又右衛門どの丸毛兵庫守どのなど御, 兵衛天堂一角この以外, 兵衛太五作も足, 兵衛太五作式になった, 兵衛失礼ながら気に入りました, 兵衛好みからバンクロフト, 兵衛妻籠本陣の寿平次, 兵衛から知らせ, 兵衛始め姉弟共一同種々意見, 兵衛のお, 兵衛娘雛当年十八歳右尋ね当て, 兵衛婆さんだ, 兵衛を尋, 兵衛守る処の, 兵衛安備と墨色鮮やか, 兵衛安積小四郎香山半兵太船曳杢右衛門井戸亀右衛門木南加賀右衛門などとよぶ, 兵衛宗春尉という人, 兵衛宗清不思議なところ, 兵衛宗清四十余歳今は仏門, 兵衛室佐という四ッ橋, 兵衛家利が娘, 兵衛家定でござる, 兵衛宿屋稼業は致し, 兵衛宿酔でもした, 兵衛寄合五百石平左衛門使番大番頭五百石多賀一学, 兵衛富岡豊吉佐藤範次郎の三人, 兵衛富田与五郎木村三蔵など十数名, 兵衛寺川左馬助の二人, 兵衛尉どのは法華, 兵衛尉不破彦三山路将監宿屋七左衛門拝郷五左衛門以下八千騎隊伍粛々として余呉, 兵衛尉公氏将軍家の御, 兵衛尉和田新兵衛尉等参入, 兵衛尉教之殿その人, 兵衛尉斉明という若者, 兵衛尉朝盛さまさへこの, 兵衛尉朝盛其聞甚だ胤長, 兵衛尉朝親さまが京都, 兵衛尉清定といふ工人, 兵衛尉清綱さまが京, 兵衛尉清綱昨日京都より下, 兵衛尉等参入す女房相, 兵衛尉等屏の中門, 兵衛尉義勝とあります, 兵衛尉義清であるが, 兵衛尉義重六郎兵衛尉義信七郎秀盛以下の張本七人, 兵衛尉葛西十郎筑後六郎和田三郎土肥先二郎佐原太郎多多良, 兵衛尉跡部大炊助等も別, 兵衛尉須賀川をば田丸中務, 兵衛尉須賀川城には田丸中務, 兵衛小姓組の松平源次郎, 兵衛小幡又兵衛大熊備前守三枝新三郎長坂釣閑曽根内匠曽根喜兵衛三枝勘解由左衛門すなわち足軽大将, 兵衛小松数馬里村狂蔵の四名, 兵衛小橋蔵人などとよぶ, 兵衛小畑山城守など続々, 兵衛少しも驚かない, 兵衛屋敷あとだの大毛島, 兵衛山寺藤右衛門広瀬剛三などに取囲まれ, 兵衛岡部九郎右衛門の二人, 兵衛につかむ, 兵衛左兵衛の子, 兵衛差し出がましゅうござるが, 兵衛巳之助清蔵初三郎, 兵衛市太夫五太夫七之丞, 兵衛市川江左衛門矢野弥平治などで主人, 兵衛帰宅して, 兵衛など幾つ, 兵衛平カベケ原五郎平もしくは双六平, 兵衛平生敵に識, 兵衛平野屋五兵衛等の大, 兵衛庄司仙三郎近藤幹雄中坊陽之助, 兵衛店小物師与惣次の家, 兵衛の下人, 兵衛へ下り, 兵衛之, 兵衛になった, 兵衛弥五郎六右衛門甚太郎権十の六人, 兵衛っての頼み, 兵衛待兼顔に挨拶, 兵衛久作と, 兵衛後出の清ベエ, 兵衛後段右衛門と称した, 兵衛後藤右衛門などとともに馬, 兵衛得意の口術, 兵衛願い申す, 兵衛御徒目付土田半右衛門, 兵衛御池十郎左衛門小橋蔵人太田黒兵助などという古参門下, 兵衛忠重榊原小平太康政などその, 兵衛として付き添い二人, 兵衛忰両人にて役所, 兵衛のため, 兵衛の外, 兵衛怪しき膳部を, 兵衛息づまるような, 兵衛感心したの, 兵衛戦死の報, 兵衛敵中に馳せ, 兵衛敷居際に平伏しました, 兵衛新九郎新左衛門いずれは新, 兵衛新案の人形町川木, 兵衛方斬込み事件が行, 兵衛旦那の浮気, 兵衛からである, 兵衛景定同吉太夫景, 兵衛景延の代, 兵衛景貞の六千, 兵衛景雄井上五郎兵衛景貞の六千, 兵衛望み見て, 兵衛木村三蔵にこれ, 兵衛木村三蔵その他数輩は力戦, 兵衛本名は関屋孫兵衛, 兵衛杉山三右衛門もっとも業に秀でました, 兵衛村上右門知遇を受けた, 兵衛村上和泉守などの人々, 兵衛松村介石の二十名, 兵衛松田又市柿権八などを顧み, 兵衛と信之, 兵衛柴田の内幕話, 兵衛とかや, 兵衛栗山善助のふたり, 兵衛栗山善助井上九郎の三名, 兵衛栗山善助衣笠久左衛門などもひと足先, 兵衛桑名のご, 兵衛梅川などわが, 兵衛様五升お貸し, 兵衛様弥左衛門としるし, 兵衛権佐がある, 兵衛機会だぞ, 兵衛を撓わせ, 兵衛と云, 兵衛次第に目まいが, 兵衛次郎兵衛六右衛門弥五郎甚太郎権十の七人, 兵衛次郎兵衛弥五郎六右衛門甚太郎権十の六人, 兵衛正恒穂積権九郎宗重熊谷小五八照賢, 兵衛正清と金王丸のふたり, 兵衛正清平賀義信などであった, 兵衛此処におる, 兵衛武勇談はややもすれば, 兵衛を食いしばる, 兵衛せる場合, 兵衛死んだと思っ, 兵衛死首ながら立派, 兵衛歿す, 兵衛の場, 兵衛殿あんたが真先, 兵衛殿品川まで見送られ, 兵衛殿四国を廻っ, 兵衛殿気永く待つ, 兵衛殿等も其場, 兵衛殿花村殿の狩倉, 兵衛殿覚兵衛殿あんたが真先, 兵衛毘沙門の紋太, 兵衛氏政相模介らも共に, 兵衛に為ず, 兵衛気の毒だが, 兵衛江間右馬丞関甚五兵衛小幡又兵衛大熊備前守三枝新三郎長坂釣閑曽根内匠曽根喜兵衛三枝勘解由左衛門すなわち足軽大将, 兵衛池田信輝高山右近などからさえまだ何ら, 兵衛決して威張りは, 兵衛河内太郎左衛門等三十四人の勇士, 兵衛河内山宗俊の四役, 兵衛治兵衛其他の如き, 兵衛洞窟の奥, 兵衛浅ましい獣心の, 兵衛浅井石見そのほか, 兵衛清兵衛の子, 兵衛湯柄杓を退け, 兵衛瀬田の中間, 兵衛を持て, 兵衛火急に白木, 兵衛為永といふもの, 兵衛焦躁て八方, 兵衛煙草色のウブ毛, 兵衛父子は軽く, 兵衛父次郎兵衛千二百石あたごの下, 兵衛猪口兵衛ごひゐき, 兵衛玉井数馬助二人, 兵衛の精神, 兵衛生真面目な顔, 兵衛用人兼松伴大夫は帰国, 兵衛田中之墓, 兵衛田付理介等の勇士, 兵衛町あたりを流し, 兵衛町崖上の地所, 兵衛町表通宮内省御用邸塀外に老, 兵衛町野左近将監三番に五手組, 兵衛町野左近将監新参ではある, 兵衛町野左近等何躊躇すべきしおらしい, 兵衛益々殺意を, 兵衛盛高の二銘刀, 兵衛盛高一尺四寸の小刀, 兵衛盛高脇差は備前祐定, 兵衛監禁の六角室, 兵衛懸けて, 兵衛直々には恐れ多い, 兵衛直弘とよぶ, 兵衛相津左兵衛三千五百の人数, 兵衛真弘と云う, 兵衛督俊実子におくれ, 兵衛督内大臣家の頭中将, 兵衛督右大弁で参議, 兵衛督国朝で世に, 兵衛督殿に仕え, 兵衛石棺はあった, 兵衛神妙に渡し, 兵衛神父様の御, 兵衛神田の鉄物屋近江屋九郎右衛門, 兵衛秀業の長子, 兵衛種村伝左衛門という二人, 兵衛立派ですぜ, 兵衛竹森新次郎栗山善助などの股肱, 兵衛笑って牛, 兵衛三陣は, 兵衛筆幸というその, 兵衛等二三人を招い, 兵衛箕浦大内蔵, 兵衛系統の新進, 兵衛ノ六左衛門, 兵衛紫藤軒と号, 兵衛縮緬ぞッ, 兵衛義何方の穢多, 兵衛義高となっ, 兵衛である, 兵衛老爺また落ち, 兵衛聞けよその与えられた, 兵衛肩口をおさえ, 兵衛脱兎のごとく, 兵衛腹ばいがくたびれた, 兵衛腹切って死んだ, 兵衛臍緒書の粂次郎, 兵衛自殺せしとなり, 兵衛自身一切れ試食して, 兵衛の用意, 兵衛蒼くなって, 兵衛藤井の生地, 兵衛藤堂粂三郎ら乾雲の一団, 兵衛藤堂粂三郎山内外記夏目久馬等全十七人, 兵衛見たいでずかずかと, 兵衛親分がいつ, 兵衛親娘殺しを白状, 兵衛親子ふたりを殺した, 兵衛には清洲会議, 兵衛語るところの, 兵衛諸に手を, 兵衛講釈に聞い, 兵衛贄川の平助, 兵衛赤のを指し, 兵衛路頭に立つ, 兵衛踊れりなんとせう, 兵衛転んだに相違, 兵衛追跡に関する記録, 兵衛逆蜻蛉権兵衛が種, 兵衛遊女かしく三人同時に斬られた, 兵衛の辻版小屋筋違い前, 兵衛酒屋の話, 兵衛酒店にて午餐, 兵衛景や, 兵衛重治として妹, 兵衛重種という者, 兵衛野村庄兵衛が続い, 兵衛金森五郎八などが陣, 兵衛金森五郎八長近佐久間三左右衛門勝重原彦治郎不破彦三総勢八千五百雪の山路, 兵衛銭形の平次, 兵衛長い籠城だった, 兵衛長兵衛部下の錚, 兵衛長治の子, 兵衛長火鉢の前, 兵衛門下太兵衛君から文楽君, 兵衛閑居のくだり, 兵衛閣下は帰郷, 兵衛阿部仁右衛門山川兄弟などに対, 兵衛の小姓, 兵衛のなか, 兵衛をあげい, 兵衛面目に存じます, 兵衛須原屋茂兵衛共同出版の袖珍十九丁もの, 兵衛頑として肯く気色, 兵衛の鉢, 兵衛頭直義をはじめ, 兵衛頼有といっ, 兵衛飛びだして小手, 兵衛餅ひとすじであって, 兵衛の戸, 兵衛馬丁六松であること, 兵衛馬簾を守れ, 兵衛馬谷庄二そうして石渡三蔵, 兵衛高倉テル私など少数, 兵衛高山右近もすでに, 兵衛高山右近池田信輝蜂屋頼隆等みな同様に心, 兵衛高山右近池田勝入堀秀政などの諸, 兵衛高山右近黒田孝高蜂須賀彦右衛門などと膝, 兵衛高麗三郎の孫右衛門, 兵衛髪結い直次の前, 兵衛黒衣に蛮刀