青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「像~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

僅~ ~僅か 僅か~ ~働い 働い~ ~働き 働き~ ~働く 働く~ ~像
像~
~僕 僕~ 僕ら~ ~僧 僧~ 僧侶~ ~儀 儀~ 億~ ~儘

「像~」 3708, 38ppm, 3017位

▼ 像~ (878, 23.7%)

11 見て 6 描いて 5 持って 4 刻んで, 安置し, 彫って, 想見する, 描くと, 見ぬの, 通過する 3 作ったの, 刻むこと, 壁に, 拝し, 見ても, 見ると

2 [60件] ありがとう, いふの, つくった, ながめて, 仰いで, 作つた, 作ること, 作るという, 写すこと, 刻し, 取って, 圧する品格, 墓の, 壓する, 安置す, 左から, 彫刻し, 思い出した, 思出した, 抱いて, 押頂き, 拜んで, 拝する, 持つて, 指し勝手, 捧げて, 採用し, 描いた, 映して, 書いて, 構成し, 海底の, 現わし, 用いて, 画いた物, 白鳳の, 盗み取って, 眺めて, 石に, 神輿に, 祭って, 私に, 空虚で, 立てた, 立てる, 結ぶという, 置いて, 育てあげたので, 背負って, 胸に, 見た時, 見よ, 見るに, 見上げた, 記せるあり, 説明する, 越して, 送って, 鞍皮に, 頭の

1 [690件 抜粋] あざ笑うまでに, あとかたも, うけ取った, うつし, うつして, おいて, おどろかせます, おろしたが, お作り遊ばせ, お寺の, かくしてマリヤ, かく特性づける, かけたり, かざしながら, かついで, かんじた, きざんで, くみたてる, こしらえて, このよう, この世に, この東洋, これに, ささげて, さしあげると, さへ, した者, して, じっと見入っ, じっと見据えました, すえさせた, すてたという, すりガラスの, そのさまざま, そのまま正統派, その傍ら, その生きた, その頃作らせ, その駒形堂, それ程欲し, たえず虚空, ためつすがめつして, ちょうだいに, ちょっと顔, つくったもの, つくって, つくつたり, つくらなければと, つくらむと, つくること, つくるなんて, つくるの, とおして, とじこめた花氷, とらへること, とり出して, どこへ, ながめた, ながめた後, ながめなおした, ならべ懸けたり, のせた聖ヨハネ寺院, はずして, はずしまた, ひつくりかへ, ふいと, ほって, ほとんど眼中, ほめる人, まことに重宝, またずして, まだ見ない, まつった笈, まつりました, まつる桃太郎, みがいて, みたとき私, みつめながら, みるとき, むすんで, もって, やぶったとき, やぶって, われわれに, われわれの, アが, イジくる, カフカが, ゼームス・ワットの, トラックに, ナースチャは, 一つは, 一体くださった, 一体は, 上の, 上方の, 与へて, 中央に, 中央の, 二人の, 二枚かけと, 二枚ひとつつみに, 人が, 今でも, 仏教の, 仕上げたところ, 仰ぎ見たる時, 仰ぐべきである, 仰臥せしめ, 何とかし, 余念なく, 作った, 作って, 作つて, 作つて居ります, 作らせて, 作りあげて, 作りあげるといふ, 作りしを, 作りそれ, 作り上げしかも, 作り上げたの, 作り世間, 作り蕪文, 作り誓文, 作ると, 作るに, 作るよう, 作れと, 作れり, 佩びてまず, 供養したる, 依頼した, 修繕し, 俺の, 借りずには, 借りねば, 借り受けて, 元の, 先に, 先刻から, 先駆と, 入れた重い, 入れ畑, 具する例, 写した, 写そうと, 凝視し続けた, 凝視する, 出し諫鼓鳥, 出す, 出すの, 分析する, 刻した, 刻みかけて, 刻みて, 刻みはじめた, 刻み出したミケランゼロ, 刻み込むよう, 刻み附けたる十字架, 刻む時, 刻む材料, 刻もうと, 刻んだと, 刻んだもの, 刻んでは, 前に, 創りやしなかった, 創建せね, 助け造らんと, 務めて, 務める勇敢, 務める騎士級, 印したる紐, 厨子に, 反射する, 取られた方, 取りあげた, 取りながら, 取りのけたから, 取り出し淵, 取る, 取上げこれ, 取上げると, 取出して, 取囲み怖, 受取って, 受取つて老爺は, 呈する, 呼出して, 和尚さんが, 喜ばしめる理由, 回向し, 囲繞し, 地に, 地上に, 埋めて, 堺の, 墓側に, 多く見る, 大きくし, 天平から, 天平時代の, 天照大, 奪ひ取り, 女としての, 好んで, 安置した, 安置せる, 実物, 宿して, 寫したもり上るやう, 寫生した, 対置する, 対象として, 専ら礼拝, 小さいお, 少年の, 展げて, 左に, 幾つと, 廣場で, 建てさせよ, 建てられる程, 建てるまでに, 建立した, 建設し, 引きずり下ろして, 張って, 弾いて, 形作って, 彫ったという, 彫つて, 彫りかけて, 彫りに, 彫り出した石盥, 彫ろうと, 彫刻した, 後ろから, 得たであろうか, 得た時, 御存じでございます, 復原しよう, 微かに, 忠実に, 思い出したほど, 思い出だ, 思ひ出した, 思ひ出すので, 思わせました, 恭しく指した, 惜しんで, 想像させる, 想像し, 慇懃に, 憂慮し, 懸けたるもの, 或る, 扉より, 手に, 手を, 打ち仰ぐ者, 把って, 把握する, 抱いた, 抱きながら, 抱へて, 押しこんで, 押頂く, 担いで, 拜んだ, 拝した, 拝したであろう, 拝す一英人ビル族二人藪, 拝みながら, 拡大した, 拾いあげて, 拾いあげるや, 持ち出し大川, 持ち片手, 持つの, 指さした, 指ざし, 挙げずとも, 挾んだ二人, 捉え物如, 捧げポルトガル商人水夫総勢揃つて金銀, 据えたの, 据えた部屋, 据ゑたる長き, 据ゑつけ, 授け門, 排列せり, 掘りあてた人, 掛けさせ護摩壇, 掛けて, 掩う, 描いたの, 描いた絵巻物, 描いた高い, 描かねば, 描きたま, 描き出し, 描き終った, 描く, 描くつもり, 描くもの, 携えた白い, 撫すること, 撫ぜ幼い, 撮影したがっ, 支へて, 日本的特質の, 映すの, 普遍化し, 最もよく代表, 有すること, 有って, 朦朧と, 机の, 柄頭に, 柱の, 構成する, 模した, 次々と, 正叙, 武蔵の, 残して, 残すのみに, 毀した者, 毀して, 求むべく努力, 求める傾向, 法然自, 洗ひかけた, 浮びあがらせほか, 消して, 涜した, 添うるも, 濃青色, 無数に, 焼いて, 焼却する, 照らして, 片っ端から, 物せり, 物理学の, 献上いたしました, 獲たと, 生物学者は, 生身の, 用いたらしく, 画いた額, 画いて, 画き種々, 画く, 畫かしめんと, 異様に, 痛ましく損ねた, 発見するであろう, 百あまり, 盗み取ったばかり, 目で, 目標として, 真に生ける, 眺めたらつまり, 眺めたり, 眺めながら, 眺める父, 眼中に, 知恩院へ, 石膏に, 研究する, 碑下に, 示し給, 祀って, 祀つて運座, 祀りたる堂, 神に, 神業の, 神體と, 祭るを, 祭会の, 秘かに, 移したもの, 種々に, 立てざるなく, 立てたるもの, 立てて, 竝べ, 竝べたものに, 端近くかけ, 竹一に, 竹紙へ, 納めたいと, 納めること, 納めると, 紙袋の, 細川忠興夫人の, 結ばせると, 結ぶかという, 結ぶこと, 結んだ, 結んだ一瞬, 縛って, 縛るは, 繞って, 置かしめたと, 置きその, 置こう, 考へられないの, 背中から, 膝の, 自作し, 自分の, 自己の, 舞わして, 荒ご, 蔵めあり, 藏し, 表はせる, 製作した, 製作しろ, 要求します, 見さえ, 見せねえん, 見せる, 見た, 見たが, 見たこと, 見たとき, 見たの, 見たり, 見た事, 見つける, 見つめて, 見ながら, 見ましたが, 見る, 見るだろう, 見るよう, 見ゐる, 見んと, 見上げて, 見出して, 見勝道上人, 見守って, 見守る半身像, 見得まいという, 見知って, 見知つて, 視るに, 観て, 観ること, 観照する, 觀る, 觀念と, 計測し, 試みるとしては, 認めあゝ, 認めました, 認めるに, 譲って, 讃えるため, 貞観時代の, 賣つた南蠻, 足に, 踏ませるの, 載せ左手, 迎えて, 造った, 造った者, 造らう, 造りそれ, 造り上げた, 造り得るに, 造り立て手, 造り終えた, 造ること, 造るであろう, 造るの, 造る習俗, 造れるなり, 選ぶもの, 選んだの, 還した時, 鑿を, 門口に, 陣頭に, 雲間に, 面白そう, 飛鳥の, 飾った祭壇, 飾って, 飾りました, 飾ること, 飾付け, 首の, 馬糞だらけな, 髪に

▼ 像~ (725, 19.6%)

39 前に 27 ように 14 ような 10 やうに, 前で 7 中に 6 下に, 美しさ 5 場合の, 手に, 開眼が 4 やうな, 上に, 前の, 前へ, 方は, 画因は, 約束を 3 下の, 代りに, 前には, 如きもの, 微笑は, 方が, 方へ, 畫因は, 額の

2 [50件] ことを, そばの, ために, ところへ, まえに, ようであった, 一枚を, 下より, 不思議な, 中へ, 二時は, 作家が, 光背の, 前につける, 台石に, 周囲に, 天つ, 如きは, 幅が, 底に, 後頭部に, 御厨子, 新様式, 新樣式, 方に, 様な, 樣な, 正確さを, 残るもの, 殘る, 深さ, 生白い片腕, 由來と, 由来と, 画因を, 畫因を, 真を, 眼か, 立ち処さへ, 立ち處さへ, 立って, 足に, 輪郭を, 過度なる, 銘文は, 間に, 面を, 頭を, 額に, 額を

1 [436件] あったこと, あった時代, あはれに, あひだ, ありとあらゆる振舞い, あるあたり, あるうち, ある処, ある壁, あわれ, いかに, うえに, うちでは, うちには, うちの, うち夜光の, うち真に, うつって, おのおのの, おもかげ, おん手には, おん手を, かおが, かくし場所, かけられた下, かはり, が一ばん上等, ことで, ことについて, ことや, これこそ, こわれたもの, ごときもの, ごとき天然, ごとき決して, ごとく人体, すべてが, その一, そばに, それである, それの, ための, ついたメダル, ついた噴水, ついた看板, つながり関係も, できたところ, とがった角, ところまで, どこに, どの点, なかで, なかへ, はいった小, はなしで, ひとつは, ほうを, ほかに, まえで, まえでは, まえを, まだうら若い, まへに, まわりを, ま下, むこうの, もとで, ものであった, ようじゃ, ようだった, ようで, ようでした, ような赤茶けた, わきに, ウラル大理石の, エキスプレッションが, ガラスぶたには, キリストと, ギヤーマンの, モデルとしても, リズムに, 一つが, 一つに, 一つ一つが, 一つ読者諸君も, 一人に, 一群で, 一群に, 一躯が, 丈の, 上にすら, 上の, 下そこには, 下なりき, 下にて, 下へ, 下まで, 下を, 下んとこ, 不可思議は, 不規則さの, 与える感じ, 世にも類, 両側に, 中から, 中で, 中には, 中五祖像に, 中央に, 中心として, 主クリスチャン五世, 主要な, 事が, 事は, 二つを, 二時については, 二枚については, 京都に, 人を, 仕上げの, 代金と, 体が, 余地は, 作られた来歴, 作家は, 作成の, 作者が, 作者は, 依頼を, 信用すべき, 値打は, 傍に, 傍らから, 傍らに, 傍らの, 優しく力づよい, 光の, 光りと, 光背銘文である, 全技巧, 円満特殊な, 写しを, 写真などを, 写真撮影は, 凄味を, 処置に, 出現に, 制作に, 制作を, 刺激の, 前, 前では, 前にも, 前は, 劍に, 力強さ, 功徳によって, 功績は, 助けを, 勢と, 半跏思惟, 単一性などに関する, 単純な, 印象が, 印象として, 反転である, 口辺に, 古りたるは, 台座の, 台石の, 右側に, 右手に, 右眼だけが, 同心環が, 周囲を, 命題を, 唇は, 喪失の, 噴泉が, 図を, 地点へと, 場合でも, 場合にも, 場合も, 塔あり, 壁上より, 壇にだけ, 壇の, 壇下に, 変遷を, 多いの, 夜光の, 大きさ, 大写しには, 女だ, 如き, 如きも, 如き絵, 如く一人で, 如く儼然, 如く其眸, 如し, 姿に, 姿を, 姿態は, 存在は, 宗教的価値とを, 宝冠にも, 寄り神を, 寫眞の, 小さなブロンズ, 工手は, 左の, 布置も, 幽遠の, 建つた時, 弟子日源等である, 形において, 形の, 形は, 形成には, 形成要素, 形覚え, 彫りには, 彫り上げには, 彫刻が, 彫刻を, 影から, 影を, 後に, 後の, 後ろが, 後ろへ, 後一万年と, 後光だ, 後光と, 後光は, 後光や, 御利益と, 御前に, 御袖, 微笑も, 微笑を, 思惟は, 急激な, 性格だ, 怪異で, 悪いまま, 悪いナオミ, 悪い人, 悪い人つて, 悪い米友, 悪さ, 感性に, 手から, 手先, 手足胸腹を, 打ち砕かれた額, 技巧の, 持つ美, 持続性を, 掛軸であり, 描いて, 数を, 數知らず, 新しい生面, 方を, 映じたところ, 時の, 暗示に, 最も少き, 月事に, 木型が, 木彫の, 本質的な, 来歴を, 柔らかい台, 柔和な, 柱に, 構圖が, 構成に, 様に, 模写模型を, 模様を, 樣に, 樣には, 横に, 橋柱に, 正体を, 正面に, 正面へ, 波形と, 活けるが, 浮彫が, 涙なら, 涙を, 源が, 無いの, 無比なる, 熱き御, 片手が, 片端に, 片腕が, 犯人であった, 生成については, 生活の, 由来である, 痛いけ, 目の, 目を, 相として, 相好について, 真に迫った, 眼を, 短銃に, 破片の, 碑について, 神々しさ, 秋, 秘密, 秘密を, 種類を, 立たせまするやう, 立ち処さえ, 立体感は, 第一作, 第一肋骨, 粉本と, 系列としての, 素描を, 統一という, 統一の, 統一は, 絵やら, 縞が, 置かれて, 群の, 義, 義より, 者を, 耳が, 肉づけ, 肌の, 肩から, 肩に, 肩の, 肩を, 背後で, 背後に, 背後には, 胴体に, 胸を, 脚に, 脚下に, 腕を, 腹に, 腹の, 膝や, 膝を, 自賛の, 臺座の, 臺座を, 色に, 芯の, 芽ばえて, 荘厳の, 著衣は, 衣の, 衣を, 表現に, 製作に, 製作は, 複製は, 要点に, 観念に, 観照に, 角度は, 記録を, 誤って, 豊満なる, 豊満味が, 賛を, 起源は, 足の, 足もとに, 足を, 足下に, 踊りも, 身體に, 近くの, 近傍に, 造型へと, 造型感覚が, 進歩も, 進行を, 部には, 金箔の, 銅板や, 銅版画ばかり, 銘文や, 長処, 間で, 限界内に, 除幕式には, 陰に, 陰影を, 陳列である, 雄姿, 青白い幻, 面から, 面の, 面影は, 面影を, 面相は, 頃であった, 頬に, 頭から, 頭にも, 頭上から, 頭上に, 額から, 額が, 額なんか, 額縁絹紐煽, 顔や, 顔面の, 飛んで, 飾って, 首が, 首を, 香, 馬の, 馬場先門外に, 高笑の, 鮮明さで, 鼻は

▼ 像~ (459, 12.4%)

14 ある 8 立って 7 あって, 安置し 6 あった 5 あつた, 据ゑてあつた 4 ついて, 一つの, 出て, 成立した, 立つて, 置いて 3 あるの, 欠けて, 飾って

2 [16件] ありその, あります, できあがったの, どれだけ, われわれの, 作られるところ, 十ばかりも, 安置され, 懸って, 我々の, 残って, 生きた人, 眼に, 立ちあらわれた, 精神の, 貞観時代の

1 [342件] あったか, あったという, あったの, あったので, あってね, あつて, あの幽遠, あらはれる, あらわれその, ありました, ありましたけれども, ありますからなあ, あり中, あり光りの, あり千年, あり得た, あり棺, あるでしょう真っ黒, あるという, あるとの, あるのみ, あるばかり, ある又, ある許, いつか或, いつも目, いつ頃どこ, いやに, いよいよでき上がった, うき彫り, うごいて, うちたてられたが, うつって, うつりはじめた, うつること, うるさいほど, おかれて, お天守, かかって, かけて, かけられその, かすかに, かたそうな, ここに, この人たち, この正, この落着, ころがって, こわれて, こんなに自分, ございます, しだいに薄れ, しゃがんで, じっとこちら, すえて, すえられて, すがすがしく逆光, すでに明らか, ずっと年代順, そそり立ち雪花石膏, そのすぐれた, そのなだらか, その例, その円盤, その時, その辻堂, それも, そんな功徳, たおれないよう, たって, ちらついて, できる, どういう印象, なぜか, なんである, のって, はつきり残る, はつきり眼に, ばらばらに, ひとつある, ひとりで, ひびわれはじめたの, ふと鮮やか, ほほ笑えん, ほりつけて, ほんの風見, まさに熱火, またそれ, まっぷたつに, まつられて, まるで突然強まった, もう二つ, もし他人, もはやその, やみの, よろしゅうございましょう, わかるくら, われわれに, われわれを, アゼンに, サロンに, ニョキニョキと, ハヴィエルだ, レジオン・ドンヌールの, 一つあった, 一つ眼を, 一つ錦襴の, 一寸八分の朽木であるごとく, 一杯に, 一枚かかっ, 一枚これが, 一枚目に, 一種の, 一軸懸っ, 丁度活動写真, 七日の, 与八の, 世界観として, 両腕, 並んで, 丹である, 二つあっ, 二つあり, 二つある, 二つ海から, 二ツあります, 五六体同じ, 五六十個も, 交錯した, 人間波浪から, 今にも飛び出, 今奉行所, 今度は, 何かの, 何となく親しみ, 何故に, 作られたの, 作り出され其の, 修繕に, 倒れた, 側面に, 傑作である, 光源と, 六つあっ, 六個ほど, 其處に, 再現され, 写実を, 出来あがるわけ, 出来る分量, 出来上がった, 出来上って, 出来上りますと, 出来上る, 分かるくらい, 分っただろうに, 分裂を, 初めて仏教芸術, 動いた, 千変万化する, 半分に, 卓子の, 取りつけて, 古人の, 台石から, 吉祥天像である, 呪縛され, 問答師の, 四つ並び, 四日を, 圍める, 在る, 堂々と, 塑像である, 壁に, 壊れて, 夕焼の, 多い読経, 夢に, 大写しで, 天平時代と, 奥深くすえられ, 安置せられた, 安置せられなく, 完成し, 宗教の, 実に美しい, 室の, 小倉の, 少しも, 希望と, 幕面に, 平民の, 幸に, 幾つも, 建って, 建て, 建てられるといふ, 引金を, 当つた, 当つて, 彩色, 彫って, 彫りつけられて, 彫り出されて, 彼の, 御堂の, 御身たちに, 必ずしも弥勒, 忽然と消え失せ, 思惟によ, 思惟によって, 急に, 恰も高, 悪いぜ, 悪いです, 悪いと, 愈々生き, 感覚的な, 懸つて, 手を, 抜け出すの, 拝まれると, 持ちこまれたの, 持ちこまれた日, 持ち出されて, 据えて, 据ゑられて居た, 掛かって, 掛けて, 掲げて, 掲げられて, 描いて, 描かれたという, 揺れかえって, 文学に, 日記である, 昨日今日鑿で, 普遍的の, 月の, 有た, 朝鮮作の, 木であり, 本堂脇に, 架に, 根を, 極限にまで, 欄干に, 欲しかつ, 正装を, 正面の, 歩いてるよう, 残った, 残つてゐる, 殺したん, 永仁年間に, 浮き出て, 浮びその, 浮彫に, 消えて, 消えるの, 涜される, 淋しく微笑ん, 無数に, 焼きつけられたの, 燻ゆる, 片足を, 物を, 特によくできてる, 特に不鮮明, 現われなければ, 生きて, 生きてるなんて, 生を, 略服を, 皆規則正しい, 盗まれた時, 盜まれた, 目に, 直立し, 破れて, 硝子戸の, 祭つてあつ, 私に, 私の, 突っ立っ, 突然パッチリ, 立ち下, 立ってる, 立つた, 立つと, 立て, 立てられたの, 立てられて, 立てられわが, 等身に, 箱から, 紅の, 置かれて, 聳えその, 膝だめに, 自作で, 自分の, 良弁の, 芝生の, 苦悶の, 薬師三尊よりも, 衰へ, 裸の, 製作の, 見えたり, 見えないよう, 見えなくなって, 見ゆるな, 見られる, 言わば成熟, 質屋の, 赤い舌, 走馬燈の, 起る訳, 身を, 追放されはじめた, 造られなくては, 遠い蝋燭, 金持の, 金目銀目を, 金箔の, 鏡に, 鐵砲を, 附いて, 降りて, 除かれて, 雨雫の, 雲を, 電燈の, 頑張って, 頭に, 風も, 飛んで, 飛鳥的でない, 食堂の, 首を

▼ 像~ (318, 8.6%)

4 比叡の 2 口髭の, 我々日本人の, 昨晩の, 見世物小屋の, 飛鳥の

1 [304件] ありありと, ありがたい訳, あんまりよく出来すぎた, いかに嬰児, いかん, いくたびかぼんやりとなり, いずれも, いつか自分の, いつもくずれず, いつもにこにこ笑つて, いつもシュミット, おそらくこの, おもえば, お墓, かき消すごとくうせて, かく見れ, かしこなる, かなり不規則, かぶって, かような, かれに, かれの, きょうから, こういう意味, ここばかり, このほとんど, この原型, この外, じつは, すぐに, すべて, すべて檜材を, すべて等身大の, そういう心情, そういう異国, そういう風情, そう気高く, その大, その昔梁, その時, その背後, その裙, それが, それぞれ一すじの, それでは, それほどの, それ故, たいてい二三尺くら, ただ一つ, ただ白い, ちっとも湿れ, ついぞ一度, ついに中世, つく, どうだ, どこか, どれも, なか, なかなかいい, なくて, なんだか僕たち, はっきりと, はるかに, ひらひらと, ほぼ彼, ほんとうに, ほんの小さい, まことに物わかり, まさしく二次元, まさに傷つける, まずどうにかこうにか, またどういう, また日本的特質, また格段, まだ捉えられぬ, みて, みな妙に, むきだしに, むしろユウモラス, もう人間, もとの, やかましいこと, ゆらゆらする, よけいに, わが国観音を, わずかに, われわれの, ゐない, インドの, ギリシャの, ツル草に, ユラユラと, ユリウス, リリシズムを, 一体と, 一八九八年前後八箇年の, 一定の, 一年を通して, 一見し, 一面に, 三尺あまりの, 三輪山の, 上野鈴本演芸場喫煙室内に, 下町に, 世にない, 世界の, 世間普通には, 久しく旅包み, 久遠である, 二つだ, 二に, 二個の, 云う迄も, 人間が, 人間に, 人間の, 人間を, 今の, 今は, 今一つの, 今僕の, 今附馬牛村, 代診自ら買っ, 代診自ら買つて此所に, 何かに, 何を, 何んだろう, 何時行つても, 作られたの, 依然として院本式, 僧形なりとぞ, 先王ルウドヰヒ第, 八臂で, 兵士が, 再び秘仏, 写真で, 冷たい薄笑, 出来上, 出来上った, 分らないが, 切支丹宗徒が, 勿論倒像, 十一月号から, 千賀子の, 半透明, 南洲を, 単線スペクトルに, 取り外されて, 只この, 只だ, 和尚の, 唇頬そして, 四寸ばかりの, 四日経つ, 土地の, 墓の, 多くの, 大きくても, 大きな音, 大分問題に, 大変面白い, 大川の, 天馬座と, 太宰府天満宮の, 奏でて, 妹仏である, 妾の, 姿を, 娘の, 嬰児の, 子供の, 子供ほどの, 完成と共に, 実に二次元的, 実際の, 客観的な, 寸分の, 專阿彌陀佛と, 山茶の, 巡礼の, 常に主観的芸術, 幕府の, 平安朝の, 弓を, 当分兄が, 彫刻の, 影も, 彼女が, 彼女の, 彼女自身の, 後に, 得られないだろうが, 怪奇至極な, 悪魔の, 愚にも, 成ったの, 成立つ, 或る, 推古時代の, 描かれぬ如くかつて, 救い主の, 数え切れないほど, 數多あり, 新しい, 新しいもの, 日本の, 日本彫刻美の, 日本画の, 明らさまに, 昔ながらに, 昔の, 昔専光寺の, 最初着衣より, 木の, 木型だけは, 木立ちと, 未曾有の, 本の, 本所五百羅漢寺の, 本来観音像である, 桑の, 楠公が, 横から, 次第にはっきりし, 正倉院, 此に, 此の, 殊に見事, 永久に, 永瀬義郎君の, 決してだから, 決してユークリッド幾何学的, 活きて, 流石人に, 浪を, 浮び, 海牙市街の, 涼しきひま, 湮滅し, 漢人にも, 点々と, 熊本より, 特徴の, 獨逸ミユンヘンに, 王城の, 現在し, 甚だ幼稚, 生花の, 田舎写真師の, 由来分らず, 百兩で, 百済観音とは, 百濟の, 皆我心に, 盗難に, 目も, 目を, 盲させ, 相変らず, 眼には, 着物が, 着物の, 矢張り短銃を, 石だたみの, 確かに, 祭の, 私には, 稍真に, 第一, 結ばれずに, 結びません, 耳男が, 聖徒の, 聖徳太子の, 肩に, 育つと, 背後に, 胴の間へ, 自から, 若々しくとりすまし, 虎を, 裸体に, 褐色を, 見られずに, 見事な, 誰の, 諧調的な, 跣足だ, 軽騎兵司令官, 輪廓もっとも, 追, 邪統派の, 重き石衣を, 金より, 金嚢その他の, 鎌倉期の, 顏は, 顏面のみを, 飛鳥的でなく, 首が, 骨を, 高徳の, 高村光雲が, 鶴の

▼ 像~ (276, 7.4%)

7 なって 6 して, しても 5 向って 4 到る間, 見るよう 3 なると

2 [17件] したたらせた, したところ, なったの, 似て, 接吻した, 於ては, 比すれば, 目を, 礼拝する, 紛らは, 紛らわしい物, 至って, 至っては, 重ね合せようと, 題す, 食事を, 香を

1 [207件] あたりちらすこと, あるネルソン, えがいて, おじぎを, おらっしょした, お燈明, お祈りを, かう云, かかるもの, かけ餅, かたどつて, かぶせた, きいて, きまった, くれて, けぶりしつ, こういう説明, しげしげと見入った, しっくりと, しろショール, しろ宝篋院, すぎなくなる, すっかりラヴ, そして再び, その頃の, とてもよく似た, ならうも, なりたり, なるだろうがね, なるわけ, にぎわされる眠り, ひきつけられた, ひれ伏して, ふりかけること, ぶっつかって, ほかならなかつたよ, みつめて, みら, めぐり会うであろうかという, よく似, よれり聖書, ろくなもの, オウギュスト・ロダンを, グードバイでも, 一瞥を, 一致し, 両腕, 今日見る, 似たもの, 似たるありしが, 似たるもの, 似た簡素, 似た肩, 似ること, 似んこと, 似居る故, 作られたが, 作り上げそれ, 供えました, 値を, 偉大な, 共鳴し, 出会ふとい, 到達すべき, 刻みあげて, 刻んだもの, 割りこんで, 包まれた娘達, 化けた曲者, 十字を, 取りかかる事, 向かって, 向つて言葉, 向ひ, 呪咀われ, 味噌たてまつる, 咀われ, 坐って, 塗ったり, 塗りつけました, 声は, 変装した, 夢みる思ひが, 大きな睾丸, 天平の, 媒介された, 専念な, 對し, 小さな旗, 就て, 底力が, 当て靴跡, 当嵌るべき, 彫り上げられた一塊, 彼は, 彼らの, 後光が, 後光まで, 後光を, 從つてこの, 必ず三猿, 必ず竜, 必要である, 恋いしヴィーナス, 恋した, 恋して, 恋を, 惚れ込んだ, 感激した, 慣れて, 懇篤の, 我魂の, 戦士と, 指先で, 捧げると, 接するとき, 於けるその, 於ける人間, 於ても, 映って, 時おりその, 欠けて, 殆ん, 比して, 比するとき格段, 比べると, 比べ技法的, 注いだ油, 注がれて, 添えて, 満たされて, 物神の, 独悩める, 猫像を, 現れて, 現われたよう, 現われて, 現を, 画き換えあらゆる, 画き換えても, 病人の, 相違ない, 眺め入ること, 眼を, 着せて, 着せ申したの, 瞳を, 礼拝し, 祈祷を, 私は, 科学的な, 突然の, 符合する, 等しかつ, 精魂かたむけ, 糸子が, 納めてから, 絵具を, 美しさ, 背を, 興味を, 茫然と, 蠱惑を, 補刀を, 襤褸布の, 見いって, 見えない, 見る冷美, 見入って, 親しませるの, 親しむにつれて, 触れた瞬間, 訊かう, 訴える, 調和する, 象って, 賛し, 起源し, 輪光が, 近い天智天皇, 近きもの, 近く大きい, 近づきそれ, 近づくだけ, 近より, 通じて, 造り做, 逢わずに, 過ぎない, 過ぎないの, 釘づけ, 開眼し, 関係した, 限って, 隠されるもの, 隠して, 集約され, 青磁の, 静かな, 非常に, 頼るべき力, 題する言葉, 類せる, 類似の, 飛び懸りて, 饌さ, 黄色いきれ

▼ 像~ (116, 3.1%)

3 なって, なつて 2 いって, なつた, 來迎圖との, 来迎図との, 金箔を

1 [100件] あがめて, ある, ある通り, いいここ, いいまた, いい現代, いうが, いっても, いへども, いへば, いわなければ, いわれる画, お静, お靜, この観音像, しそうして, したつて, して, しなかった秀抜, しなった背中合せ, その娘, その辺, それから右手, それから色紙, なったと, なりうるの, なりけり, なり一, なり睨み, なり神秘, なる, なるという, なれば, よく似た, マルクスの, 一つの, 一つ一つの, 七本枝の, 三つの, 並んで, 二つ揃っ, 二匹の, 云うほか, 云えば, 云ったもの, 何か, 何の, 作者の, 像の, 写像との, 厚みの, 原の, 可愛らしい香折, 同じ壁, 同一の, 同居し, 四人の, 地蔵尊の, 大日如来の, 太子像とを, 女神の, 婚する, 嬰児を, 実物との, 実物とを, 寸分も, 少しちがった, 左右に, 成つた時膝に, 所謂世界観との, 拝察せられ, 時鳥の, 書物数巻とを, 欧洲戦争記念物の, 殿堂とに, 比較し, 相対した, 相対立, 相等に, 考えられる時, 花が, 花子の, 花瓶燭台あり, 花瓶燭台とを, 藁の, 裕佐の, 見えざるまで, 見たもの, 見る説, 言い伝えられて, 言われるだろうか, 言葉との, 訳します, 連想的に, 金太郎という, 闘いつつ, 陰像とが, 陰像とを, 靈水盛りたる, 音響は

▼ 像~ (77, 2.1%)

5 女人の 3 あった 2 亦敢

1 [67件] あって, あつた, あまり好い, ある, あるの, いいが, おまえに, お値段, かような, この絵, これほど, さだめて, そうだった, その傾向, その女身, その間に, それぞれ一方の, なかなかいい, なく国史, また単に, また同じ, また飛鳥彫刻, みな同じ, みな物に, みんなその, ガネサより, 一体に, 二列に, 今宵の, 出来れば, 同じからず, 同じく問答師, 同じ運命, 基督の, 安心し, 密教芸術の, 寺の, 常に居る, 庭も, 彫りましょうと, 彼には, 心足らへる如く見えき, 必ず斧, 成り立つこと, 或は砕かれ焼かれる, 早くブロンズ, 是非おきたい, 朧に, 椅子も, 樹も, 決して拙い, 消散し, 深い水中, 点字機も, 痩せた腕, 皆それぞれに, 竹内先生が, 素足を, 老僧, 薬師寺の, 蘇我氏によって, 見えました, 見るま, 見事に, 見及ばぬ, 雪の, 飛び散る

▼ 像~ (48, 1.3%)

4 あつた 2 あつて, ござります, その前

1 [38件] おそらく生殖, これは, さえ側堂, して, すまされるが, すら, その影供, その裏, でも, どうやら宗派分裂, はからずもその, ぶつきら, まさしく膝, また鎌倉時代石佛, 充分に, 八号か, 双手を, 周囲が, 左の, 帽子は, 晩年も, 普通の, 暖炉を, 書かれた自画像, 最も感服, 桜岡三四郎という, 異国から, 相対性の, 示されたの, 立ったけれども, 縞物の, 難破し, 雲月斎玉兎女史の, 面積二エーカーほど, 顔も, 飯の, 飾られて, 飾ろうと

▼ 像~ (47, 1.3%)

2 子規の, 彼岸中日の

1 [43件] そのほかマイダス, その前, その堂, その背後, ゲーテや, ダ・ヴィンチの, ツァーの, モツァルトの, 世界観の, 仏の, 佛具を, 別の, 動物の, 古碑, 四十人体仏の, 基督さまの, 壺の, 変りやすい, 夢殿の, 女の, 所謂百済観音像や, 敬虔な, 数多くの, 柱頭幾世紀もの, 様様の, 樣樣の, 江の島の, 獅子位の, 畫を, 祠を, 綱封蔵の, 繪畫には, 老年の, 聖堂が, 肖像を, 胸像も, 脇侍たる, 銅像の, 鎌倉の, 開山堂の, 関寺小町の, 高周波振動を, 龕や

▼ 像には~ (46, 1.2%)

4 自ら約束として 2 喪章が, 血が

1 [38件] あらゆる宗教的, お蝋燭, かような, この人, しずかな, ずっと大きい, その, その種, その美, その足, ただの, どこか, ユマサ, 不審な, 両手に, 依然として変り, 先づ事欠かない, 四つが, 実隆の, 少しの, 工匠達が, 当時の, 形態が, 思惟する, 感傷的な, 感心しなかった, 新に, 既に大陸, 牛だ, 皆来歴が, 相当に, 見向きも, 起居が, 足が, 附近の, 馬が, 高さ四インチ, 髮を

▼ 像である~ (29, 0.8%)

2 ことは, という, のか

1 [23件] かそれとも, かなどということ, かのよう, かもしれなかった, から上背, がその, がそれ, がわし, が古来世人, ことも, そうだ, ということ, とか或いは, とか東京郊外, とともにそこ, と云, と共に今日, と思つた者, と思はず戦いた, と見, にもかかわらず, 中にも, 最初に

▼ 像~ (19, 0.5%)

2 と私

1 [17件] から担ぎ出し, が非常, これが, そらこうして, つてさうだ, という, といっ, といふ, といふ右, とかを刻みます, とか正月, と云う, と思つて, と思われる, のが, のを, よ

▼ 像~ (14, 0.4%)

4 何か 1 それともマリヤ像, なにかだろう, または祖師迦葉, 何かを, 何ぞの, 分れ難き, 単純な, 吉祥天女に, 或は又恐らくは, 知らないが

▼ 像では~ (14, 0.4%)

2 ない

1 [12件] あるが, この日常性, ないの, なかつた, なかつたこと, なく世間, なく宗祖, もう顔面, ベートーヴェンは, 案外な, 殆ど消え去ろう, 浄瑠璃寺のが

▼ 像にも~ (14, 0.4%)

2 夫人の

1 [12件] たれて, まして自分, 似たもの, 似た姿, 似て, 何か, 優るとも, 崇高と, 見られる, 認められると, 違ひなかつた, 鎖されて

▼ 像という~ (13, 0.4%)

2 のは, 観念構成に関する 1 ものが, ものは, ものを, モチーヴから, 写真版が, 概念を, 物凄いほどの, 記念像も, 資格を

▼ 像として~ (12, 0.3%)

1 [12件] それは, であって, 伝えられて, 伝来し, 有名な, 田舎の, 眺めたこと, 瞑想の, 線や, 自分の, 見るならば, 訴えて

▼ 像~ (12, 0.3%)

2 には狗狸, を刻んだ, 当さ 1 に肖せたる, の註文, は最も, を作つて, を画いた, を許さざる

▼ 像から~ (11, 0.3%)

2 円光を 1 二寸ばかり, 例の, 内陣の, 唐紙の, 変化した, 大は, 脱け, 赫灼たる, 頭部と

▼ 像~ (11, 0.3%)

7 の歴史観 1 の三時, の思想, の教説, の格別

▼ 像とは~ (10, 0.3%)

1 どういうふう, もちろん受け取れない, シンクロナイズした, 世界に, 伯母さんの, 似なりと, 別物な, 実は体系, 悪い, 見えないの

▼ 像とを~ (9, 0.2%)

1 ことばで, とりいれて, 一瞬時に, 交互に, 彫刻し, 比べると, 比較すれ, 畫き, 造り奉仕

▼ 像~ (9, 0.2%)

1 かけて, つ, まず拝, 上げる蝋燭, 供養の, 具像化する, 寂しさ, 移行する, 組みついて

▼ 像あり~ (8, 0.2%)

2 白皙に 1 その下, てこの, て暮れ, と聞き, と聞け, 一面に

▼ 像でも~ (8, 0.2%)

1 ない, なかつた, 何でも, 歩いて, 漆塗の, 生きて, 立てたよう, 見るよう

▼ 像によって~ (8, 0.2%)

1 まったく占められ, わずかに, 初めて個性的, 得た新旧, 木炭の, 浅い場所, 頭目の, 鮮やかに

▼ 像~ (8, 0.2%)

1 が天井, にささえられ, のよう, の一つ, の一本, の如く, の破片, を肩

▼ 像だけは~ (7, 0.2%)

1 その印象, わしは, 事実で, 執り出して, 寺院の, 是非とも受け出し, 確と

▼ 像との~ (7, 0.2%)

3 間には 1 吾, 比較は, 落差を, 間に

▼ 像などは~ (7, 0.2%)

1 その姿勢, それぞれの, ない, 一尺八寸ばかりも, 凡てこうした, 寒い時, 立派に

▼ 像に対して~ (7, 0.2%)

2 一同は 1 そういう基礎, 或は厳しい, 持つ関係, 此を, 礼拝を

▼ 像より~ (7, 0.2%)

1 さほど古くは, なほ右に, ほかに, 思ひ付き, 成る高, 更に下る, 知らない私

▼ 像としては~ (6, 0.2%)

3 まづ 1 あまりに可愛く, まず此程, まづ此程

▼ 像~ (6, 0.2%)

2 のである, んだ 1 のであった, んです

▼ 像などが~ (6, 0.2%)

1 はいって, 三百余りも, 二ツや, 生干しに, 著名である, 規律よく

▼ 像なども~ (6, 0.2%)

1 あった, あやしき厨子, 中央では, 明白に, 詰らない遣り方, 骨董屋の

▼ 像において~ (6, 0.2%)

4 新しいほど 1 嬰児の, 後者は

▼ 像にて~ (6, 0.2%)

2 彩色の 1 その愛, なた, ポンテ・ヴェッキオの, 山城國高雄山神護寺に

▼ 像~ (6, 0.2%)

2 が私 1 に従って作られた, に從つて, を担う, を擔

▼ 像末法滅~ (6, 0.2%)

3 の時機 2 濁悪 1 の時

▼ 像こそ~ (5, 0.1%)

2 拝まれたれ 1 くせ者な, その心持, 日本人固有の

▼ 像であっ~ (5, 0.1%)

1 てこれ, てしかも, て世界観, て作者, て西金堂

▼ 像であり~ (5, 0.1%)

1 その前, または何, 仏画も, 写真の, 従って半ば仏像

▼ 像とが~ (5, 0.1%)

1 交互に, 比較せられた, 瓜二つどころじゃ, 相互に, 聳えて

▼ 像とも~ (5, 0.1%)

1 なる顔, 三十四種都合三十八種あり, 云いうるの, 云ふべき, 見えるし

▼ 像など~ (5, 0.1%)

1 何も, 少からず, 幾種と, 描いて, 皆これに

▼ 像についての~ (5, 0.1%)

2 傳へは 1 伝えは, 伝へは, 出来事である

▼ 像のみ~ (5, 0.1%)

1 であろう, まへに, まへにて, 前に, 現われるという

▼ 像よりも~ (5, 0.1%)

1 優れて, 天平の, 更に血, 椿子の, 遙かに

▼ 像末史観~ (5, 0.1%)

1 の有する, の重心, は仏滅後, は親鸞, を含ん

▼ 像ある~ (4, 0.1%)

1 フィレンツェの, ポンテ・ヴェッキオ, 家ごとに, 貨幣の

▼ 像だけに~ (4, 0.1%)

1 すがって, なり其処, 埃が, 質屋に

▼ 像などを~ (4, 0.1%)

1 並べた下, 拝観した, 蔵し, 見ますと

▼ 像によ~ (4, 0.1%)

2 つて表象される 1 つた同, つてまつたく占められ

▼ 像を以て~ (4, 0.1%)

1 この堂, せり, 天下を, 飾られ

▼ 像~ (4, 0.1%)

1 下ニ, 姿ニオイテ見, 形ニオイテ見, 線彫

▼ 像末三時~ (4, 0.1%)

2 の思想, の教説

▼ 像この~ (3, 0.1%)

2 許多の 1 像城内に

▼ 像その他~ (3, 0.1%)

1 いろ, 優にエヂプト, 小金銅仏

▼ 像たる~ (3, 0.1%)

2 人間が 1 や世にも

▼ 像だけを~ (3, 0.1%)

1 私は, 荷づくりし, 頭の

▼ 像だった~ (3, 0.1%)

1 のだ, のである, のです

▼ 像といふ~ (3, 0.1%)

1 のは, ものです, ものを

▼ 像とか~ (3, 0.1%)

1 または昔, 夢想の, 太刀とか

▼ 像としての~ (3, 0.1%)

1 作品です, 意識, 物を

▼ 像と共に~ (3, 0.1%)

1 その無窮, 今は, 別に

▼ 像などの~ (3, 0.1%)

1 写真を, 模型を, 貌容に

▼ 像なら~ (3, 0.1%)

1 ば村費, ば睨み返し, ば神社

▼ 像においては~ (3, 0.1%)

1 この種, ひたすら先人, 目は

▼ 像においても~ (3, 0.1%)

1 同じ差別, 認められると, 認められるという

▼ 像にでも~ (3, 0.1%)

1 ありそう, なるハドリヤヌス橋, 見恍

▼ 像にまで~ (3, 0.1%)

1 仕上げた時, 現して, 盛り上る

▼ 像に対する~ (3, 0.1%)

1 妾の, 愛着も, 愛着心を

▼ 像ばかり~ (3, 0.1%)

1 でその, 奇しきは, 得意に

▼ 像よりは~ (3, 0.1%)

1 ずっと前, はるかに, 確かに

▼ 像~ (3, 0.1%)

1 屡反復スルニヨリテ長ジ, 描カントスルモノソノ想像ノ, 深彫

▼ 像神體寶~ (3, 0.1%)

1 であるが, とは寶骨, ノ大

▼ 像あたり~ (2, 0.1%)

1 から本当に, から発生

▼ 像かも~ (2, 0.1%)

1 知れぬ, 知れねえと

▼ 像~ (2, 0.1%)

1 てゐる, て戴きたい

▼ 像そして~ (2, 0.1%)

2 一般に

▼ 像その~ (2, 0.1%)

1 下に, 右手の

▼ 像そのもの~ (2, 0.1%)

1 ではなく, の感じ

▼ 像それ~ (2, 0.1%)

1 はもう, は裲襠姿

▼ 像だけが~ (2, 0.1%)

1 おかしいという, まだもと

▼ 像だけで~ (2, 0.1%)

2 沢山な

▼ 像だの~ (2, 0.1%)

1 いろいろの, 位牌だの

▼ 像った~ (2, 0.1%)

1 ものは, 悪人の

▼ 像であった~ (2, 0.1%)

1 こと死体を, のだ

▼ 像であろう~ (2, 0.1%)

1 といいました, と思う

▼ 像です~ (2, 0.1%)

1 から煤, わね

▼ 像などに~ (2, 0.1%)

1 見るよう, 近づく時

▼ 像なり~ (2, 0.1%)

1 天女美女よしや, 建物なり

▼ 像なんかを~ (2, 0.1%)

1 使用した, 使用する

▼ 像について~ (2, 0.1%)

1 考えただけでも, 詳しい説明

▼ 像についても~ (2, 0.1%)

1 いえること, 言えるであろう

▼ 像のみが~ (2, 0.1%)

1 いわゆる雛人形, 照らし出される

▼ 像ほどに~ (2, 0.1%)

1 典型的な, 成功し

▼ 像また~ (2, 0.1%)

1 あまたの, 仏弟子の

▼ 像または~ (2, 0.1%)

1 石人石馬などが, 示威運動の

▼ 像まで~ (2, 0.1%)

1 あなたの, もち出して

▼ 像までが~ (2, 0.1%)

1 そんな光線, 全く不可解

▼ 像みたい~ (2, 0.1%)

1 でしたが, にプッスリ

▼ 像りまし~ (2, 0.1%)

2 たりいろ

▼ 像スフィンクス~ (2, 0.1%)

1 の傍, を呼び出す

▼ 像一躯~ (2, 0.1%)

1 が安置, を造り奉る

▼ 像~ (2, 0.1%)

1 に流れ出, に面し

▼ 像~ (2, 0.1%)

1 に満, のシンボル

▼ 像~ (2, 0.1%)

1 の一つ, の聖徒

▼ 像全体~ (2, 0.1%)

1 にかかる, の横幅

▼ 像及び~ (2, 0.1%)

1 聖人像に, 釈迦像の

▼ 像居士像等~ (2, 0.1%)

2 には狗狸

▼ 像~ (2, 0.1%)

1 との関係, な美しい

▼ 像~ (2, 0.1%)

1 三は, 四号も

▼ 像羅漢像等~ (2, 0.1%)

2 を刻んだ

▼ 像自身~ (2, 0.1%)

1 が巡錫, を知っ

▼ 像製作~ (2, 0.1%)

1 の少し, の際

▼ 像見れ~ (2, 0.1%)

2 ばほれぼれ

▼ 像赤い~ (2, 0.1%)

1 カーテンの, 襦袢鹿の子の

▼ 像~ (2, 0.1%)

1 からうける, では鼻

▼1* [202件]

ありしが多分, 像あるいは陰像の, 像いかにして, 像いずれも稀代, 像いま見れば, 像および天文台あり, 像かたへにする, 像かと思わるる節, 像かのように, 像かべとゆかの, 像がわりに動かし, 像こそは泰西の, 像これに懸り, 像ごとに長明燈籠, 像ういふ, 像さえない, 像さては位牌, 像さびしげに, 像したの上座, 像じゃ日本では, 像すでに多く破損, 像すべてを真実, 像するという自, 像せっかく被せて, 像せんもんの, 像その他チョコチョコ存在するが, 像たらんは, 像だけでも約五十, 像だろうと想像, 像つきたるを鎖, 像つたら妾は, 像であったらしいが今, 像である描かれた日記が, 像でしかなかった, 像でしょうが泰二君, 像でなくつて全然, 像でなくなって影, 像といつても別に, 像とかいうようで, 像とかを売る露店, 像としても別所長治夫人の, 像とや謂ふべき, 像どころか白い衣, 像どもがこぞって, 像どりその上, 像なき紀念碑を, 像なぞはこの女神, 像なぞを飾る習慣, 像などといくぶん似た, 像などにおいては特殊な, 像などには一種の, 像などにもやはり共通, 像なにか印象に, 像なる人なる, 像なれば瞻視, 像なんかはどうだい, 像なんかよりも僕は, 像なんぞ目を, 像における力学的各, 像にしか使われない, 像にとっては写実的透徹は, 像になつてボルゲーゼの, 像によりても想像され, 像に対しては之に, 像に関して斯う, 像に関する伝説が, 像のみで相手を, 像ばかりはどうも間に合せ, 像ばかりはと言って, 像への讃嘆が, 像までもじっと目, 像めいても感ぜられ, 像めいた姿勢を, 像らしいものは, 像らしくさもなければこの, 像をかへり見るに, 像をさえ私の, 像をば禁じないの, 像をも文字をも, 像ををがみ, 像アルノの水, 像オルフェウストリスタンキリスト受難体操その他すべてのもの, 像シュアレスの句, 像ソノ向ッテ右ニ観音, 像ヂヨツトのマドンナ, 像似タモノヲ描カセル, 像全ク完全ニ保存サレテイル, 像モデルが成り立たない, 像モナリザを描いた, 像ヤ菩薩像ノ線, 像一九三〇年のメーデー, 像一体とある, 像一基の塔, 像一幀代価千両なり, 像三つありき, 像三四枚の肖像, 像上杉重房像源実朝像などが著名, 像世界観や更, 像中宮寺の如意輪観音, 像図, 像二つあり, 像二ツですが, 像京都曼殊院の束帯像, 像の嵯峨清涼院仏像等, 像仏器仏壇等幾百種あるを, 像作りの仕事場, 像より誰, 像からざる, 像其他何とも判断, 像其儘の鬢, 像へ草木, 像円柱の上, 像凝視が因, 像出来道中安全出荷という, 像出来るのであつ, 像出雲大社の奇稲田姫, 像の紅玻璃燈, 像に自然, 像するには, 像十字架像の上, 像千手の指, 像半身像を据ゑつ, 像厨子什器皆現に徳さん, 像から仏体, 像一躯, 像后町のきらびやか, 像城内にある, 像多くあるを, 像大倉喜八郎男夫妻の坐像, 像より出, 像姑相公同音相通ず, 像守山角上野介福島伊賀守山角紀伊守依田大膳亮南條山城守など三万余騎, 像の技, 像少しく剥げたるを, 像屋根を支, 像の傍, 像山城六波羅蜜寺の法体像, 像師岡正胤主恵贈, 像に一度涅槃会, 像があっ, 像彩塑で何, 像彫刻のよう, 像として見ざるべからず, 像彼処に立てられた, 像神體の, 像とうかべり, 像た眼, 像或は敵たる, 像整然たる並木道神話を, 像文学のリアリティー, 像日善日像の弟子日源等, 像有り浄土の, 像末五濁の, 像末法の旨, 像の輝り, 像にのっ, 像榊原康政の像, 像構成要素が映画, 像法隆寺の九面観音像, 像流行を奪, 像浮び上りて頭, 像涼しきひま童女像は, 像源実朝像などが著名, 像を点じた, 像を作られ, 像牡牛にのっ, 像牧羊神像なぞを飾る, 像独自の甘美さ, 像由來記を合した, 像由緒ありげ, 像があえて, 像画工芸品の類, 像の如き, 像百穗作といふ, 像的知性でありその, 像は此有名, 像石信仰が其, 像立海牙城市中身起賤民成碩学応知翁亦一英雄, 像から地下, 像がのこのこ, 像を澄, 像彫の, 像の錠, 像茶色の法衣, 像蘭軒の像等, 像西側と北側, 像西金堂に坐ます, 像具をも, 像護法堂の有名, 像をした, 像象首一牙で四手, 像に, 像起塔を盛ん, 像起塔等のこと, 像に綱, 像の下, 像農民の家, 像近くに一つ, 像遺骨であるゆえ, 像釦金ピン等はみな手法, 像電波を発射, 像風景等を描い