青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「六月~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~八五郎 八幡~ 八月~ ~公 公~ 公卿~ 公園~ ~六 六~ 六つ~
六月~
共~ ~共に 共に~ 共同~ ~共通 共通~ ~兵 兵~ 兵士~ 兵衛~

「六月~」 2434, 26ppm, 4428位

▼ 六月~ (515, 21.2%)

8 末に 6 或る 5 夜の, 末から 4 ある朝, はじめから, 初めに, 末で, 末頃から 3 初に, 初めであった, 末には, 末の, 雨の

2 [44件] ある夕方, ある晴れた, ことで, ことであった, ときと, はじめで, はじめの, はじめ慎太郎さんと, パリの, ブル, 一日で, 三十日が, 上旬に, 下旬に, 交に, 初で, 初であった, 初めには, 十七日から, 夜を, 太陽の, 始めに, 或日, 或朝, 旅の, 日の, 日は, 日射くらき, 暑い日, 暴動は, 最後の, 朝の, 末であった, 末でした, 末日が, 梅雨の, 棕梠の, 空に, 終りの, 若鮎の, 陽が, 雨, 雨は, 頃に

1 [368件] あかるい世界, あかるい眞晝, ある午後, ある日, ある晩, ある素晴らしい, ある雨, あれは, おついたち, おなじ夕, お朔日, お祭り月, ことだった, ことである, ことでした, こと偶然楊先生に, ころまで, ころ土地で, すえ尊氏は, すばらしさも, たつきの, つごもりいと, つやつや光る, とある日, なかばで, なかばの, なかばロンドン博物館附属動物園の, はじめあの, はじめと, はじめに, はじめには, はじめは, はじめまだ, はじめ和田左衛門尉さまが, はじめ大町の, はじめ突然, はじめ頃に, ばらが, ふた月, まぶしい太陽, みつばちゃ, むしむしする, アカシヤの, ドニイ夫人を, ドレスは, パリ一揆が, フィロソフィカル・マガジンに, 一揆の, 一日に, 一日は, 七日で, 三十日頃に, 三日の, 三陸の, 上京をも, 上旬ある, 上旬あわれな, 上旬成牡の, 上洛の, 下旬から, 下旬ごろの, 下旬だ, 下旬だった, 下旬である, 下旬には, 下旬祖母の, 中ごろから, 中ごろと, 中ごろに, 中ばとは, 中旬しばらく, 中旬だ, 中旬であった, 中旬に, 中旬の, 中旬頃から, 中旬頃の, 中頃だらう, 中頃だろう, 中頃です, 予行演習の, 事だつた, 事であった, 事でございました, 事なりき, 二十一日まで, 二十七日に, 二十三日と, 二十九日の, 二十二三日頃には, 二十二日で, 二十五日には, 二十八日, 二十六日と, 二十四日には, 二十日から, 二十日に, 二十日頃に, 二日か, 二日岐阜を, 二箇月が, 五日, 五日だ, 交安済丸という, 人類學雜誌佐々木喜善氏の, 会に, 何日だ, 何日であった, 作である, 作詩で, 佳い宵, 侯竹藪樹林下あるいは, 候いとも, 候が, 候を, 候枝梢の, 僕でなかつた, 光は, 光を, 光線に, 六日村民一同は, 出来事であった, 初には, 初め, 初めから, 初めこちらへ, 初めごろには, 初めつかた, 初めで, 初めでなけれ, 初めの, 初め京都の, 初め伯母に, 初め僕の, 初め木屋町に, 初め頃に, 初め頃ユリ子から, 初旬に, 前衛たる, 十七日, 十五日に, 十五日は, 十八日に, 十六日と, 十六日に, 十四日, 十四日に, 十日, 十日が, 十日と, 十日という, 十日に, 十日過ぎに, 午後, 午後の, 午後人藥水を, 半ばだった, 半ばに, 半ば過ぎに, 半ば過ぎはる子等は, 半ば頃私が, 半頃から, 反抗の, 史学雑誌には, 同じ夕, 名古屋の, 善い収穫, 四日, 四日であった, 四日に, 土用も, 地さへ, 地震には, 地震の, 地震は, 声を, 夕だ, 夕方日が, 夕暮の, 夜が, 夜だつた, 夜と, 夜に, 夜半に, 大地は, 大暑, 大火に, 大祭を, 大阪における, 天いろ洩るる, 天なれ, 天気だ, 太陽で, 太陽とで, 太陽に, 太陽は, 如し, 始め, 始めで, 始め金を, 始め頃飛沫を, 宝塚としては, 宝塚の, 宵, 宿命的な, 尖鋭な, 山中の, 山脈を, 島田は, 左近大将拝賀の, 巨大な, 底, 庭の, 強い太陽, 御誕生日, 微風に, 悲惨な, 感想, 或晩, 戦いに, 摂津平には, 旅に, 旅は, 日が, 日ぐれ, 日てり, 日に, 日も, 日光が, 日劇案は, 日射しが, 日本晴の, 日盛りである, 時も, 晦日頃は, 暑い日盛り, 暑さ, 暴動市街戦革命児アンジョーラ下水道中の, 月を, 月夜の, 月影を, 月日が, 朔の, 朔日から, 朔日であった, 朔日と, 朔日に, 朝を, 朝単なる, 朝陽は, 朧月夜であった, 末, 末からは, 末が, 末その, 末であっ, 末である, 末では, 末でも, 末という, 末とは, 末は, 末もう, 末ドクトルハバトフは, 末ドクトルハヾトフは, 末二人で, 末以来始め, 末帰国した, 末志丈は, 末新暦で, 末樹の, 末母に, 末近く, 末頃に, 本誌, 条に, 東京で, 某夜浜町, 某日に, 柔らかな, 梅雨季だつた, 植えつけから, 植民地よ, 樹木と, 正午の, 歩道に, 水の, 氷ま, 江戸出府以来四月近くも, 海は, 海よりも, 炎天に, 父の, 爽やかな, 牡丹の, 生れで, 生気を, 田植え頃に, 町の, 真昼が, 碧空が, 神今食の, 祭りを, 秩父には, 空には, 空の, 空は, 空を, 第一日曜, 粋を, 終りか, 終りで, 終りであった, 終りに, 終わりに, 練兵場, 自然が, 良夜なりとは, 花の, 花は, 若い栗, 若木の, 若葉が, 若葉の, 苦行で, 草木の, 蒼い空, 薄紫の, 血腥い騒動, 行啓に, 表情を, 解禁の, 記に, 詩会は, 調べには, 豆蒔の, 身重だった, 身重であった, 軟かな, 輝く青空, 長い金色, 長兵大挙上洛, 陽の, 陽を, 陽炎に, 雑誌二冊ふところに, 雜誌展望に, 雨さえ, 雨上りの, 雪, 電燈の, 霖雨の, 青空は, 青葉の, 静かな, 面会の, 頃で, 頃までさ, 頃行ふ, 風の, 食料品指数は, 食糧危機を, 飮食に, 騒動は, 驟雨は, 高原には, 鳥, 麦の

▼ 六月~ (185, 7.6%)

9 なると 4 なって, 発表した 3 なった, なっても, なろうと, アメリカから, 入って, 入ると, 私が 2 なってからは, なつたばかり, ならねば, アメリカの, 入ってから, 歿した

1 [135件] ある, いたって, おこなわれたが, おしめり, かかった, しては, なさる方, なってから, ならなければ, なりました, なりも, なれば, なろうという, はいったばかり, ひよつこり鎌倉へま, まとめたいの, ケンサなら, パリで, 一度ドイツ軍, 一度東京, 三陸同年八月に, 上京し, 下田を, 乙卯の, 二人で, 亘つて四十余日の, 亡くなった, 京都より, 伊木は, 伊藤内閣と, 佐野学鍋山貞親を, 保釈で, 兄は, 先生が, 入ったのに, 入ってからでも, 入っての, 入っても, 入つた, 入つて, 入りて, 入れば, 入手し, 冬と, 出たの, 出て, 創刊し, 労働党の, 北海道の, 十二代将軍の, 卒業する, 南裔和尚が, 咲きみちるリラ, 因幡守に, 地主が, 大師は, 失せられぬ本書, 夷舶の, 女房も, 姓佐伯沼田連を, 寿江子に, 小説代りにと, 山籠りした, 帰国し, 帰府十二月には, 帰朝し, 広島文理科大学の, 引きましたよ, 引揚げ, 弘法大師が, 弘法大師降誕會が, 当たる, 御出しなさる, 復た, 応召の, 指名を, 日本橋通一丁目二丁目が, 景教碑の, 書いたもの, 書かれた, 木曾長政が, 東京から, 東京の, 東京博物局の, 東京同年十月に, 武蔵下野この, 死別し, 比べて, 江戸へ, 江戸湾を, 海保竹逕が, 滿谷國四郎氏の, 漸く日本本土, 瓜を, 生まれた共子, 生れる赤ん坊, 當時湖廣總督で, 痢病で, 発行した, 百日咳に, 皇太后陛下が, 石楠花が, 禁裏に, 福井の, 福建の, 秀忠は, 私は, 立ち去って, 立去って, 米国の, 素子が, 総裁と, 署兩江總督周馥から, 肺病で, 至って, 至ってまとめ, 至って戸部侍郎卓敬, 至りて, 至るまで, 至る竹里, 茅ヶ崎の, 落ち会おうぜ, 行田に, 袷を, 起つた事, 這入つて, 這入り梅雨期, 限る, 難波津を, 霜が, 飯田町補習学会及神田猿楽町有終学校の, 馬嵬で, 駿府加番の, 高等工業の, 麹町下六番町の

▼ 六月には~ (63, 2.6%)

3 いって, いると 2 いってから, よほどの, 三崎座が

1 [51件] あんなに元気そう, いっても, いる気候, その火花, たかちゃんが, ひると, まだどの, コペンハーゲンで, テルニに, フランスの, 七〇の, 三年の, 中大兄の, 主君家康の, 乙卯の, 二人は, 佐竹の, 何も, 作手田峰などを, 信長が, 先生も, 公方様は, 六歳で, 六波羅から, 共産党の, 南の, 和蘭の, 和蘭文法書, 四二万人余に, 外史を, 大阪に, 大隅国神造新島弘仁九年七月には, 山城を, 日本新劇史上劃期的の, 早や, 村の, 来ないで, 正木の, 江戸に, 洗馬から, 百七十六・三一で, 皆留守, 相模の, 石見同, 稲の, 第二稿, 紀伊の, 羽前羽後に, 高橋氏にも, 魏未だ, 魏王曹丕の

▼ 六月一日~ (39, 1.6%)

1 [39件] からでない, からの日劇, からセル類, から九日, から日劇, から村, が来りゃ, だけ来, であったと, ですか, にいたっ, にはじめて, にカルカッタ, に兵庫, に出かけた, に大阪, に御, に朝, に来る, に箏, に至り, に鮎, に鳥取, のお, の午前十時十五分, の応召, の早朝, の第, の解禁日, の銀行ギャング事件, の鮎, の鮎漁解禁, の鮎漁解禁日, は午前, も堺泊り, を以て江戸, 同じく岡田国老, 晴れかつ, 第四回

▼ 六月六日~ (38, 1.6%)

2 の夜

1 [36件] あの暴動, からかぞえる, がよう, が迫る, であつ, でした, にはそちら, には北条時政, には島田, にようやく, にアラスカ, に七十二歳, に下水道内捜索, に及び, に必ず, に忠英, に挙行, に當市, の, のため, の分, の前日, の午前十一時ごろ, の午後, の土曜日, の夜フィーユ・デュカルヴェール街, の夜半過ぎ, の宵, の日, の朝, の空気, は狗, ふと思いたっ, までの間, をすます, 迄の分

▼ 六月から~ (34, 1.4%)

4 七月にかけて

1 [30件] こちらへ, この模造碑, 七月にかけては, 七月にな, 七月へ, 七月頃にかけて, 三十五年三月まで, 九月まで, 二十三年の, 二十六年三月号までが, 今日まで, 佐賀の, 八月と, 八月の, 八月までに, 十一月にかけて, 十二月まで, 十二月までにわたって, 十月ごろまで, 十月の, 十月まで, 始まつて, 学校を, 家を, 往くと, 更に大学南校, 現れた, 稽古に, 箏を, 表面に

▼ 六月十九日~ (34, 1.4%)

4 である 2 に生れた, に誕生, の生れ

1 [24件] から開始, で即ち, に小, に息, に提出, に歿, に沈められる, に発向, に自分, に茶山, に行っ, の, のこと, の公演, の北海道, の夕刊, の大阪, の文化連盟, の日本プロレタリア文化連盟拡大協議会, の早朝, の晩, の検挙, 即ち忌避却下, 第二審

▼ 六月~ (34, 1.4%)

4 の或 2 のこと

1 [28件] から十月始め, から始めよう, から野火, であつ, ですから, で切れ, にはトマト, には八寸, に先, に友人ピック, に山, に短, のある, の予定, の夕方, の挙兵, の新聞, の日, の暑い, の某, の蒸暑い, の雨, の風, はもう, までに纏めたい, までの話, までサナトリアム生活, まで一年

▼ 六月十五日~ (32, 1.3%)

2 になっ, に初めて, の三陸, の夜, の朝

1 [22件] から九月十五日, から円石, この日, だ, だそう, とても良い, にたけ八丈, に一カ月足らず, に幡, に抽斎, に於ける, に筑前國福岡, のこの, の同, の四ツ半, の機関紙, はその, は小, までに自筆, を期し, 初めて小菅刑務所, 折りから

▼ 六月七日~ (30, 1.2%)

3 である 2 に棠軒

1 [25件] から二十九日, と八日, にはあやうく, に京都, に在京委員数名, に奉天, に岡西養玄, に成善, に歿, に江戸, に洋行, に至る, の, のあの, のよう, の仕損じ, の合戦, の夜, の夜半みたい, の晩, の未明, 再造新富座開業, 浅宵, 第十二回, 第十二回公判

▼ 六月二日~ (30, 1.2%)

2 の朝

1 [28件] からちょうど, が暗に, その横浜開港一周年, であった, で山崎合戦, といふ日, と四日, になっ, には是非, には赤松円心, にまだ, にイタリア, に召され, に右大臣織田信長, に完結, に横浜, に當, の一火, の出来事, の大阪朝日会館, の当日, の忌日, の本能寺変, はあいにく, は故, より事始め, を期し, 再びロンドン

▼ 六月十三日~ (30, 1.2%)

3 の公判 2 に母, の母, は母

1 [21件] であつ, である, になつて, にぬがされ, には四たび静, に九男政之助, に始めて, に持病糖尿病, に肺, に藩知事, に諸人御岳, の会合, の夕, の夜, の晩, は大変, まで不在, よりかね, 同亭会, 後堀河天皇, 第三次卒業試験

▼ 六月~ (30, 1.2%)

2 になる

1 [28件] からこの, からそろそろ, からはぱったり, から十月頃, から松, から清国義和団匪, が彼, でしたろうか, でないと, と思う, にかけてのこと, にその, になっ, には江戸, には震災, にも浪人, に生れた, に相当, に聴いた, に青, のある, までに据付けられる, までに数回, までの世界, まで巴里, まで横浜, 出した緑郎, 出るその

▼ 六月十八日~ (29, 1.2%)

2 の夜

1 [27件] から十九日, その土地, その遺恨, である, という日付, とは今日, にはじめて, には何, には雨, にマクシム・ゴーリキイ, に僅か, に弘前藩士, に彼, に戦った, に提出, に歿, に生れ, に福山, のワーテルロー, の払暁, の日附, の朝歿, の条, の様, の騒乱, より三十日, 迄に一反半

▼ 六月~ (27, 1.1%)

5 暮れて

1 [22件] こもるあめ, すぎて, 一八三二年六月よりも, 七日と, 三年の, 何であった, 出ないと, 十三日が, 十日間久しぶりの, 弘法大師降誕会七月は, 忙しかった, 描けたが, 旅へ, 日劇へ, 晩春の, 朝まだきから, 水の, 水泉温かである, 浮世絵師鈴木春信百五十年忌に, 羽搏く, 農園の, 雨が

▼ 六月二十日~ (27, 1.1%)

2 に民衆, の強震, の東京地震

1 [21件] からウィーン, から二十八年五月十一日, から今年五月十一日, が金曜講演, になつて, にはわづか, には内村鑑三, に七十二, に卒し, に専六, に書かれた, に翠暫, に自分, の世界日報紙上, の午前何時, の夜, の日記, の朝, の総務会, ばかり道太, また出立

▼ 六月十日~ (27, 1.1%)

2 のガラマサどん, の午後, の晩

1 [21件] かかる千里, から二週間, である, で引越, にあたりひと頃, には江戸湾, に一篇, に三合目以上, に折柄来訪, に着いた, に緒方洪庵先生, のこと, の夕, の夜, の文書, の新聞, の薄暮, までに帰れ, 同二十五日, 突如陸奥, 遠州組三人

▼ 六月三十日~ (26, 1.1%)

2 であると, に袷, の深更

1 [20件] から七月一日, から七月二十九日, と云, と云う, と定め, にその, には四十三弗四分の三, には少し, に保, に四十三弗四分の三, に私, の夏越, の夜七時, の定案, の御祓, の日曜日, の日本内地, までを粉鉱, を限り, 第十一回目

▼ 六月三日~ (25, 1.0%)

2 である, の朝

1 [21件] からまず, から先ず, が土用, でさえ, に一千四百九十八首, に三十九歳, に故国, に父, に神戸入港, に給, に衆議院, のこと, の夕刻, の夕方, の晩以来, は動物愛護デー, は十六台, も平常, 即ち太陽暦, 同サナトリウム, 在瀋陽

▼ 六月下旬~ (25, 1.0%)

2 の日射

1 [23件] からずっと, から七月, から七月上旬, である, とみ, にパリ, に検事, に無期懲役, に議会, に軽井沢, に須美子, の事, の午後, の小包, の或, の火災, の若葉, は久米正雄, までずっと, までは毎朝上流, まで滞, より疝積其上足痛相煩引込, 植えつけ

▼ 六月~ (23, 0.9%)

2 いえば, 八月の

1 [19件] いうに, いっても, なり帰り路, ぶっ続けじゃ, よばれる月, 七月との, 三つきも, 云うおどろいて, 云ふも, 今日とでは, 十二月と, 十二月とに, 十二月とにも, 十二月の, 同じよう, 引き続いて, 晩秋の, 言つても, 読まれた白峰赤石

▼ 六月五日~ (23, 0.9%)

1 [23件] および六日, から六日, づけの, である, になる, には独軍, に亡くな, に彼女, に思ひ切つ, に所謂暁, の, の前日, の夕, の戦い, の早暁, の晩, の朝, の条, の読売新聞, は彼等, は晴雨, また降, を思い返し

▼ 六月十二日~ (21, 0.9%)

2 に結婚, の北平

1 [17件] であった, である, に, にこの, には七十ポンド, には第, にわが, に二子優善, に今川槐庵, に始, に首尾, のこと, の夜, の日附, よりふと, より喀血, より発症咳血也

▼ 六月二十五日~ (20, 0.8%)

2 だった, のこと, の晩

1 [14件] お亡くなり, から林町, である, には, には那珂郡野口村, に出, に国内戦, に法隆寺西園院, に破られた, の, の午後五時, の朝, の条, 漸く露国

▼ 六月十一日~ (20, 0.8%)

2 即ち河北省問題

1 [18件] であつ, である, に, にお, にはお, に亡き人, に八項目, に犯人, に瑞長妻東氏金, に蘭軒, に還つた, の二回, の出来事, の四条河原, の明け六ツ過ぎ, の項, 又一島湧出, 御目附

▼ 六月~ (20, 0.8%)

1 [20件] から, からであった, が一冊, が掲載, だ, でマーニン夫人, で言, にルナアル, に八頁, に於ける, に松谷久男氏, に片岡鉄兵氏, に発表, の, のスペイン戦線, の批評, の田中英光氏, の裏, は売切れ, へ本篇三

▼ 六月~ (19, 0.8%)

4 来た 3 過ぎて 2 二十五日と, 来て 1 來た, 初刊で, 半ばすぎに, 多いと, 春な, 来たなつかしい, 来るね, 過ぎた

▼ 六月~ (18, 0.7%)

3 末に

1 [15件] あると, いた, はじめに, もう末頃, 二三日で, 半ば過, 将に, 朔日の, 末にな, 末の, 終り故郷, 終ろうと, 終わりの, 過ぎかけて, 過ぎて

▼ 六月はじめ~ (17, 0.7%)

1 [17件] には市民病院, のあさ, のひるもや, のマロニエ, の午前, の吉日, の夕方, の夜, の或, の日光, の暑い, の月曜, の朝, の田圃, の解禁早々, 反枢軸軍, 小喀血

▼ 六月初旬~ (17, 0.7%)

1 [17件] から始めよう, から当, その乗艦, であった, になっ, になるでしょう, に三頭山, に冬もの, に鈴木総裁, の夜, の撮影, の映画, の暁, の由, は夜, は小学校, よりなれ

▼ 六月四日~ (17, 0.7%)

2 に私

1 [15件] および二一日, だった, になつ, にはダンケルク陥落, に一人, に去つた, に古, に寄合戸田政五郎家来納戸役金七両十二人扶持川崎丈助, に差出した, に松村, に死ん, に法事, の新聞, の朝, より桜島

▼ 六月~ (15, 0.6%)

2 あつた

1 [13件] あらう, おりて, このうち一番巣, こんなだから, 七月七日に, 九月下旬大阪の, 切れるので, 博文館から, 彼の, 手当は, 漱石が, 直江津富山間は, 花が

▼ 六月中旬~ (15, 0.6%)

3 の事

1 [12件] から八月下旬, から八月中旬, で標高三千尺, ときめ, には諏訪, に亀千代さま, に八千餘騎, のある, の初め, の後夜, までの間, まで全国各所

▼ 六月十七日~ (15, 0.6%)

1 [15件] あさ, から十八日, で蘭軒, にいよいよ, に老中, に裁判官忌避, に阿部正弘, の午後, の放送, の晩, の朝, の調べ, まで太陽雙兒宮, より柏軒, 第九番目

▼ 六月十六日~ (15, 0.6%)

1 [15件] から七月十五日, から新, から清廷, に, にここ, になっ, に五十四歳, に勝久, に棠軒, に玄碩, のこと, の事, の午前四時, の夜舟, の手紙着

▼ 六月二十八日~ (14, 0.6%)

1 [14件] からブロート, だから, づけの, であらう, には鶴岡放生会, に姉須磨, に歿, の下田, の午後六時, の夜船, の暑い, の朝, まだ夜, よりはじまつたおう

▼ 六月十四日~ (13, 0.5%)

1 [13件] である, には棠軒, には母寿松, に一人, に五十五歳, に六十九歳, に彼, に昭和九年十二月末現在, に棠軒, の晩, の条, の祇園, は利章

▼ 六月朔日~ (13, 0.5%)

1 [13件] であったこと, には市中, に改易, に燎火, の夜半, の晩, の未明, の氷室, の雪, は一日じゅう京都, は近年, を期し, を氷室

▼ 六月二十三日~ (12, 0.5%)

2 の朝 1 だ, である, に, には例, に姉, に起った, の事, の晩, の爆発, の記事

▼ 六月上旬~ (11, 0.5%)

2 へかけ 1 から友釣り, だ, ならば, に姿, に至る, の未だ, の梅雨, の頃, より病気

▼ 六月九日~ (11, 0.5%)

1 [11件] から十九日位, とし, にはペルリ, に帰宅, に当時復活, に赴任, のこと, の夕, の日曜, やはり湖辺, 長い旅

▼ 六月二十七日~ (11, 0.5%)

1 [11件] である, にはその, に各省大臣, に子, に死, の新, の条, の第, を以てロンドン, 同二十九日, 生国上州新田郡細谷村

▼ 六月二十二日~ (11, 0.5%)

1 [11件] から九日間, で北山行幸, には関東, にも御, に信明, に明州, に江戸, に瑞長, の夏至, の微, の月

▼ 六月ごろ~ (10, 0.4%)

1 いらつし, から住ん, から女, から著しく, でなければ, になる, には親子二人, のごとし, の晝間, までは九州種子島方面

▼ 六月~ (10, 0.4%)

1 一, 七, 三, 九, 二, 五, 五日, 八, 六, 四

▼ 六月まで~ (9, 0.4%)

1 二た, 出て, 所内の, 浅草の, 私の, 約半年間松山, 約四ヶ月間, 続いた, 農閑期を

▼ 六月~ (9, 0.4%)

2 迎えた 1 主と, 境として, 期して, 正月に, 節として, 迎えるころ, 迎へ

▼ 六月二十一日~ (9, 0.4%)

1 か, から九月二十二日, である, とおっしゃった, に出, に法律, のこと, の消印, は昼

▼ 六月~ (9, 0.4%)

1 が過ぎる, ですの, には出, に主人夫婦, に人, のおまえ, の岩田帯, の端緒, の頃

▼ 六月一杯~ (8, 0.3%)

1 だけい, でお, でおしまい, で尺, で終, にかけて早く, にはどうしても, 迄この

▼ 六月八日~ (8, 0.3%)

2 には遂に 1 で大阪, にサンフランシスコ, に家禄, に寂心, に発行, の條

▼ 六月~ (7, 0.3%)

2 という 1 からこの, から瞿麦, っけか暑い, つていふ, と云う

▼ 六月なかば~ (7, 0.3%)

2 でも若い衆たち 1 のパリ, の夕方, の宵, の梅雨, まで一ヶ月

▼ 六月~ (7, 0.3%)

4 かけて 1 はいったある, 入ってからも, 入つて

▼ 六月~ (7, 0.3%)

2 の重要 1 と言えよう, に探検, に食いつくした, は中止, より疝積

▼ 六月二十六日~ (7, 0.3%)

2 の晩 1 には弟泉三郎忠衡, に出立, の午すぎ, を期し, 本普請

▼ 六月二十四日~ (7, 0.3%)

2 の晩 1 があまり, であった, の, のメルキュール紙, はすでに

▼ 六月二十九日~ (6, 0.2%)

2 の朝 1 には蘭軒, に歿, の午後九時前後, を迎える

▼ 六月初め~ (6, 0.2%)

1 には公娼, のこと, のむしむし, の夕焼け時, の蒸暑い, の雨

▼ 六月にかけて~ (5, 0.2%)

1 一カ月あまりの, 一カ月ばかり, 女の, 急に, 高根の

▼ 六月より~ (5, 0.2%)

1 七月に, 七月上旬へ, 二十二年六月まで, 八月に, 十月に

▼ 六月乙卯~ (5, 0.2%)

2 とあ 1 と記してない, の日, は正しく

▼ 六月半ば~ (5, 0.2%)

1 ですから, になっ, のある, の事, の陽

▼ 六月にな~ (4, 0.2%)

2 つてから 1 つても, つて出はじめる

▼ 六月にも~ (4, 0.2%)

1 やってきた, 七月にも, 大降雪, 甲斐の

▼ 六月までは~ (4, 0.2%)

1 一番気楽な, 出帆する, 火を, 烽烟剣光の

▼ 六月七月~ (4, 0.2%)

1 そろそろ藪蚊, となる, には明治天皇, 暑い頃

▼ 六月二十二日日曜日~ (4, 0.2%)

2 の九時以後 1 の朝, の朝九時ごろ

▼ 六月歌舞伎座~ (4, 0.2%)

1 で, にて市川, にて市川団蔵, にて福地桜痴居士作

▼ 六月~ (4, 0.2%)

1 は刑期, は十七年振り, は妻, は祖母

▼ 六月興行~ (4, 0.2%)

1 で, で名題, にも創作歌劇, の入場料

▼ 六月~ (3, 0.1%)

1 七月かにも, 七月ぐらいな, 七月だった

▼ 六月~ (3, 0.1%)

2 七一年五月の 1 そこい

▼ 六月二十五日朝鮮~ (3, 0.1%)

2 に動乱 1 でのたたかい

▼ 六月以後~ (3, 0.1%)

1 の三ヵ月, は四時半, よし

▼ 六月始め~ (3, 0.1%)

1 から終戦, のころ, の朝

▼ 六月~ (3, 0.1%)

1 が二十三歳, は弟子, より一つ年上

▼ 六月晦日~ (3, 0.1%)

1 にはその, の晩, の朝

▼ 六月発行~ (3, 0.1%)

1 の, の白井光太郎博士著, の雑誌

▼ 六月からは~ (2, 0.1%)

1 兼て, 出羽国亀田の

▼ 六月では~ (2, 0.1%)

1 あったけれど, あったけれども

▼ 六月という~ (2, 0.1%)

1 もの返事も, 年号が

▼ 六月にかけての~ (2, 0.1%)

1 ことな, 大旱魃

▼ 六月にわたって~ (2, 0.1%)

1 またもや六回, 又もや六回

▼ 六月七日午前六時頃~ (2, 0.1%)

2 にベッド

▼ 六月七月八月~ (2, 0.1%)

1 と毎月, の三箇月間

▼ 六月三十日完全~ (2, 0.1%)

2 なる

▼ 六月三日ソ~ (2, 0.1%)

2 満国境楊森子付近

▼ 六月三日丑剋将軍家御寝~ (2, 0.1%)

2 の際

▼ 六月三日深夜~ (2, 0.1%)

2 のこと

▼ 六月上旬病死~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 六月両国~ (2, 0.1%)

2 の広小路

▼ 六月二十六日広田外相~ (2, 0.1%)

2 を外務省

▼ 六月倭女王~ (2, 0.1%)

1 遣大夫難升米等, 遣大夫難斗米等

▼ 六月入梅~ (2, 0.1%)

2 の頃

▼ 六月~ (2, 0.1%)

1 までや毎晩ここ, 将軍頼経を

▼ 六月十一日付~ (2, 0.1%)

1 で東京音楽学校助教授, として江戸屋敷

▼ 六月十九日生れ~ (2, 0.1%)

2 の宿命

▼ 六月~ (2, 0.1%)

1 から七月, にはもう

▼ 六月半ば梅雨晴れ~ (2, 0.1%)

2 の午前

▼ 六月廿一日~ (2, 0.1%)

1 には眞鍋, の條

▼ 六月廿八日~ (2, 0.1%)

1 からだ, 御広間番

▼ 六月廿六日~ (2, 0.1%)

1 その日, は

▼ 六月廿日~ (2, 0.1%)

1 あまりいく, 再び左千夫氏

▼ 六月~ (2, 0.1%)

1 にお, に亡くなりました

▼ 六月新富座~ (2, 0.1%)

1 にて尾上梅五郎, の本

▼ 六月~ (2, 0.1%)

1 であったこと, ですなわち

▼ 六月月次祭~ (2, 0.1%)

1 などの祝詞, の祝詞

▼ 六月末頃~ (2, 0.1%)

1 から収穫, になっ

▼ 六月東京~ (2, 0.1%)

1 は歩けない, へ帰任

▼ 六月生まれた~ (2, 0.1%)

1 士郎が, 香屋子という

▼ 六月生れ~ (2, 0.1%)

1 のほんとう, の女児

▼ 六月発兌~ (2, 0.1%)

1 と有, の二編

▼ 六月~ (2, 0.1%)

1 の文章倶樂部, の草稿

▼1* [511件]

六月あたりから有志, 六月いきれにすえた, 六月うちでその, 六月おなじみ蝶花楼馬楽の会, 六月おのが父, 六月かぎりで七月, 六月かつて人に, 六月かにケンサが, 六月かねがね娘たちも, 六月ぐらいになったら売れるでしょう, 六月この座で, 六月ころ僕丁度上海, 六月ごろオキナワにまわされ, 六月ごろ三尺に余る, 六月ごろ基本財産完備せずとも, 六月ごろ平清から駕籠, 六月その時には, 六月そろそろ盆地特有の, 六月であったからおもう, 六月であることから, 六月できれるわけです, 六月でしたか, 六月ですから花盛り, 六月としてはい, 六月との詩会の, 六月のでその, 六月なかば左千夫氏の來状近く山百合氏, 六月なんて云う暖, 六月において幕府が, 六月における日清の, 六月にでもなつたら, 六月のうすら曇った日, 六月はじめ立山から富山, 六月ふたつきは何やら, 六月ほどになる, 六月ほんの僅かな, 六月まさに大暑である, 六月までに五千五百四十七社を, 六月まる二年振りで, 六月まるで乞食の, 六月やはり歌舞伎座で, 六月よりもはるかに, 六月らしい日の, 六月を以て死せり, 六月アラスカから北極, 六月アレッツオのギベルリニ黨フィレンツェ, 六月イプセンの, 六月エトロフにつき, 六月エレン・ケイ等の招聘, 六月カムパルディーノの戰, 六月カ五月末カト思ッタガ九州ヨリ虎ガ兄弟ガ江戸ヘキタカラ毎日毎日行通イシテ世話ヲシテ江戸ヲ見, 六月シュワルツワルドに往き, 六月ジイド全集に, 六月スウエデンの片田舍, 六月ストックホルムで開かれた, 六月ドイツのサクソニー, 六月ニ花ヲ開ク, 六月ハヒ出しの被害, 六月ハルピンまで出かけ, 六月フランスが降参, 六月ブドリはイーハトーヴ, 六月ペリーの, 六月レオンはルイ・リュショネー, 六月レーニングラードに開かれる, 六月ロンドンで第, 六月以テ生ズ春青ク夏紫ニ秋白ク冬黒シト葛洪ガ抱朴子ニ云ク芝ニ石芝木芝肉芝菌芝アリテ凡ソ数百種ナリ云々, 六月ヴェルチェルリに於, 六月一ぱいまでは何, 六月一二日本郷座にて清国留学生, 六月一寸した用件, 六月一日あたりのもの凡て, 六月一日プラークのシュトラースニッツ・ユダヤ人墓地, 六月一日一年十二ヶ月の中, 六月一日今日成願寺に移る, 六月一日午前八時頃一栄宅から大石田, 六月一日午前四時にパーチェ駅, 六月一日彼は場河原, 六月一日政變の最中, 六月一日明日はキングさん, 六月一日舞子ホテルにて雨, 六月一日近衛文麿に大命降下, 六月一日長子が週末, 六月一日開票される, 六月一日颱風の中, 六月一日館山灣の北, 六月七十一歳にし, 六月七日ここを夜討ち, 六月七日事件は南禅寺, 六月七日午前五時に出立, 六月七日午前十時から全, 六月七日暫御差留同日丸山学問所へ罷出, 六月七日正造はたまりかね, 六月七日死生年不詳家説を以て考, 六月七日芝宇田川町に生れ, 六月七日西インド諸島の中, 六月七月八月九月十月十一月と丁度半歳, 六月七月八月九月十月十一月十二月だ, 六月七月東亞之光第五卷第六號第七號, 六月七月私たちのため, 六月三人の男, 六月三十日付のシラー, 六月三十日付大蔵少輔伊藤博文, 六月三十日四千輛よりなる, 六月三十日朝早く露西亜, 六月三十日汝え親父, 六月三十日雨のパラ, 六月三国越えを, 六月三形王のお, 六月三日パリで, 六月三日マリユスは夜, 六月三日久しぶりにぐつすりと一夜, 六月三日天気よく二人, 六月三日子の刻, 六月三日宇治橋の戦, 六月三日将軍家が御, 六月三日森春雄約之墓, 六月三日米国軍艦は舳艫相銜, 六月三日重大なる事変, 六月三浦氏滅亡の條, 六月三益が何, 六月の博物局員一行, 六月上京して, 六月上旬若鮎の遡, 六月上旬鮎の遡, 六月下旬号に, 六月下旬大辻としては四日間, 六月下旬天下の形勢, 六月下旬妹オトラの世話, 六月下旬東京保護観察所よりの来状, 六月下旬警視庁の調べ, 六月中ごろだそう, 六月中ばにやつ, 六月中前記三カ村の有志たち, 六月中旬中島伍作氏や宮坂富九氏ら, 六月中旬僕は大村先生, 六月中旬頃になる, 六月中村座の二番目, 六月久昭の東京, 六月九日夜下關, 六月九日朝九時特急つばめで東京駅, 六月九日米ノ水師提督ペルリ氏ガ吾ガ幕府ナル井戸石見守浦賀奉行戸田伊豆守等ガ衝ニ, 六月九日紅葉館で開かれた, 六月九日美濃信州を中心, 六月九日願は満たされ, 六月九月は南西, 六月二二日わたしは紺がすり, 六月二十一日午後伊庭想太郎と云, 六月二十一日平戸王女優数輩を従え, 六月二十一日朝食後きのうの探検, 六月二十一日附で次, 六月二十七日ホトトギスの催能, 六月二十七日全部の功, 六月二十七日土人イカイラン熊の子二頭, 六月二十七日家康約五千余騎, 六月二十三日場所は本郷一丁目, 六月二十三日月曜日の朝, 六月二十三日本郷の春木町, 六月二十三日癸卯天下飛語あり諸州, 六月二十二日ムウニッヒの市, 六月二十二日僕が算術, 六月二十二日山門から人, 六月二十二日新富座に結党式, 六月二十二日東京神田に於, 六月二十二日衣笠なる北山殿, 六月二十五日のと, 六月二十五日ペタン首相が演説, 六月二十五日仏国中部の古都ツウル, 六月二十五日以後どこにどの, 六月二十五日以来信二はおそれながら, 六月二十五日以来青少年の窃盗事件, 六月二十五日休戦成立した, 六月二十五日八十日間の検束, 六月二十五日小石川三石坂に蛇, 六月二十五日強制疎開によって私たち, 六月二十五日朝大阪を出立, 六月二十五日法隆寺西園院にて観, 六月二十五日間宝塚七月も二十日間, 六月二十八日ダイヤ二十三個白金二十二オンスなぞと解体, 六月二十八日ペルリが日本, 六月二十八日三代目瀬川如皐死す七十六歳, 六月二十八日不意に暴風雨, 六月二十八日午前三時に浅井軍, 六月二十八日墺国皇嗣フランツ・フェルディナンドが妃, 六月二十八日尾上菊之助死す三十歳, 六月二十八日本部において二三, 六月二十八日織田信長が徳川家康, 六月二十八日長崎沖にあらはれた, 六月二十八日青木堂で干, 六月二十八日頃までで, 六月二十六日上洛取り紛れ半ば, 六月二十六日二代目尾上多賀之丞, 六月二十六日井上竹次郎死す六十歳, 六月二十六日十二分に準備, 六月二十六日午前九時より堺生, 六月二十六日朝のお, 六月二十六日鳥居峠お野立, 六月二十四日大阪の牧周左衛門氏, 六月二十日午前五時秋水のいわゆる, 六月二十日夜戌の刻堂内, 六月二十日本籍はいらんです, 六月二十日深夜までにその, 六月二十日發行の金五圓, 六月二十日自分は一枚, 六月二十日逝去せられたが, 六月二十日頃より連載予定, 六月二四日ベルリンで, 六月二日京都本能寺に在った, 六月二日今日武佐より言上, 六月二日仙洞歌合の一巻, 六月二日以前の彼, 六月二日夜の陰々, 六月二日成余六十七歳にし, 六月二日条にその, 六月二日附のはお, 六月二日音楽演習相催し候間同日午後一時より御, 六月五日ごろから本格的, 六月五日亡父跡式無相違, 六月五日六日の反乱, 六月五日六日ラマルク将軍の葬式, 六月五日後醍醐天皇は王政復古, 六月五日新堀の浪花屋, 六月五日朝九時ヴィクトリヤ・ステーションから巴里, 六月五日条に, 六月五日私は三度横浜, 六月以上なる能, 六月以下の懲役, 六月以後去年の五月, 六月以後皆無となりし, 六月以来堪えられぬほど, 六月以来久保田万太郎岩田豊雄両氏並に私, 六月以来今年は主, 六月以来休場して, 六月以来山谷の里方, 六月以来本能寺山崎と打ちつづいた, 六月以来頻繁な諸, 六月以降京都に寓居, 六月条約に, 六月に至ら, 六月伊代は有名, 六月何日に根岸庵, 六月何日頃か, 六月信州から立山, 六月信州北穂の天狗, 六月信長逝き中旬, 六月か昼間, 六月鹿は, 六月八日到来の経房, 六月八日午前一時に出立, 六月八日山崎をすぎ, 六月八日新堀仲之助氏の口きき, 六月八日比叡山へ登り, 六月八日田中正造は予戒令, 六月八日秀次公比叡山へ女房共, 六月六日シャン・ゼリゼー川岸通りの大, 六月六日ドイエップ行の急行, 六月六日七年間病床にあった, 六月六日大溝渠の鉄, 六月六日東大寺に於, 六月六日栃木を通り, 六月六日発行の, 六月六日郊外からきた, 六月に彼, 六月再び江戸の, 六月処女航海を行った, 六月發外遊し, 六月出版ですが, 六月初めてこれらの, 六月初め京都の本圀寺, 六月初版の巻頭, 六月北陸道鎮撫使を罷め, 六月十一日墺軍とブレスラウ, 六月十一日大手勤番水之手, 六月十一日崩りたま, 六月十一日左の答弁書, 六月十一日朝四時に起き, 六月十一日読売新聞の, 六月十一日運命はついに, 六月十一日附の手紙, 六月十一日顕治は市ヶ谷刑務所未決, 六月十七十八の両日, 六月十七夜椹野河原は人出, 六月十七日仙駕亭会の宿題, 六月十七日午下刻に瞑した, 六月十七日及追加として十九日, 六月十七日安藝宮島の市, 六月十七日尾道油屋の夜宴, 六月十七日山階宮晃親王殿下の若宮菊麿王殿下, 六月十七日帰郷之御, 六月十七日払暁五時波斯女帝号の甲板, 六月十七日於掛川死去脚気腫之由, 六月十七日歌舞伎座にてコッホ博士歓迎観劇会, 六月十三であった, 六月十三日午前九時と定めた, 六月十三日梅雨空の陰鬱, 六月十三日母の危篤, 六月十三日母危篤のため急, 六月十三日牧田氏都留氏同行東水の尾, 六月十三日静宜亭宿題, 六月十九日二万有余の大軍, 六月十九日夜六時半会場は旭座, 六月十九日夜夢に再び, 六月十九日宗家を継いだ, 六月十九日昼間の出来事, 六月十九日此の第, 六月十九日沙門源空と署名, 六月十九日深夜の出来事, 六月十九日附で全, 六月十九日青森県北津軽郡金木町に生れた, 六月十二日プーチヤチンの來航, 六月十二日予は独り新富座, 六月十二日小浜に着く, 六月十二日巳の刻, 六月十二日彼は喀血, 六月十二日朝十時半ロンドン・ユーストン停車場を発し, 六月十二日条に, 六月十二日独逸皇孫殿下が新富座, 六月十二日雨持つ空, 六月十五日ごろだったかしら, 六月十五日オランダ国境を突破, 六月十五日今は七月, 六月十五日以来この方面, 六月十五日昔は神田明神, 六月十五日本校に於, 六月十五日猴集まって, 六月十五日猴集って登山, 六月十五日蒼美をおとし, 六月十五日贄海神事の時舟子, 六月十八日ごろまで警察, 六月十八日コリン附近でダウン, 六月十八日一つの事件, 六月十八日尾州清洲の植原次郎右衛門, 六月十八日彼は砲数, 六月十八日村役人一同登山スルノ例有, 六月十八日馬上のロベスピエール, 六月十六日のは戻りました, 六月十六日八十三歳の高齢, 六月十六日六十二歳東京の監獄, 六月十六日午前五時に非常, 六月十六日午後三時南アフリカ喜望峰を解纜, 六月十六日拝借御長屋附, 六月十六日網走刑務所へ送られる, 六月十四十五日は永田馬場, 六月十四日二代目尾上菊次郎大阪に死す, 六月十四日今年は日枝神社, 六月十四日午前三時雨を冒し, 六月十四日午前九時より開場, 六月十四日条に祇園, 六月十四日独軍パリに入城, 六月十四日遠洋航海の途次, 六月十四日長泉寺避暑寺在丸山, 六月十日付の海軍中佐ジェームス・グリン, 六月十日前の頃, 六月十日又一は札幌, 六月十日過ぎまで滞在, 六月十日霧の旅会創立, 六月半ば頃からまた, 六月博文館發行の, 六月受驗のため, 六月叛旗をたて, 六月号そこには私, 六月号到来はつらつたる, 六月号所載川上喜久子氏の, 六月号瀬沼茂樹の作品評, 六月同所發行の縮刷本, 六月同郷の志賀潔さん, 六月喫茶部開設となり, 六月四日エルサレムを立ち, 六月四日オンム・アルメ街にやってきた, 六月四日ホーヘンフリードベルクの会戦, 六月四日海に死す, 六月四日発行の, 六月四日越中魚崎の陣, 六月土用に入り, 六月土用中に綿入, 六月地長へに寒し, 六月増大号と, 六月の盛り, 六月であつ, 六月大伴家持は亡妾, 六月大学刮目に自序, 六月大祓へと同じ, 六月大阪の市川右団次上京, 六月大食國吐火羅國南天竺國南天竺國遣使朝貢, 六月天気が続く, 六月夫妻は満, 六月が乳癌, 六月始め本能寺に, 六月学校の講義, 六月朝二十五歳である, 六月宮本の父, 六月は伏古, 六月岩氏人柱に立つた, 六月島津三郎の兵力, 六月崩御せられた, 六月川上音二郎藤沢浅二郎の書生芝居, 六月市川九蔵は七代目市川団蔵, 六月市村座六月興行の入場料, 六月帝国劇場でわたし, 六月をけっ, 六月廿七日近頃になく, 六月廿九日のよし, 六月廿二日から五日間, 六月廿二日条に, 六月廿五日に細野君, 六月廿五日神戸を発っ, 六月廿八日フランスはベルサイユ宮殿, 六月廿八日大手勤番被仰, 六月廿八日常陸國平潟の港, 六月廿日東京帝國ホテルに開催, 六月には蘭軒, 六月後円融院が二条為, 六月父の, 六月愛知川の宿, 六月未だ絶海, 六月日, 六月改元あって, 六月新国劇の明治座興行, 六月新富座新築の開場式, 六月新潟今町国上出雲崎各地に遊ぶ, 六月日本に亡命, 六月早稲田文学に, 六月明治記念博覧会が名古屋, 六月昭憲皇太后の入内治定, 六月晦大祓の詞, 六月晦日御祓の頃, 六月の堀端, 六月書いたもの, 六月初まり, 六月朔日不思議にも雪一重, 六月朔日以降二日も三日, 六月朔日土用のさなか, 六月朔日賜氷の節, 六月望月らが死し, 六月朝廷より将門, 六月末カロリイヌが附添つてケエラ, 六月末以来小牧から帰っ, 六月末敵の空襲, 六月末日年の半期, 六月末池の水草, 六月末露軍がオーデル河畔, 六月本土爆撃がいよいよ, 六月札幌市議会が集会保安条令, 六月で書いた, 六月東京文理科大学内に開催, 六月東京築地の山田病院, 六月参謀本部部員から, 六月桶狭間の合戦, 六月検事の職, 六月檜物町の芸妓叶家歌吉とい, 六月正造はその, 六月武庫浦を出帆, 六月歸朝し直接行動論, 六月死すと, 六月死去されたが, 六月が逝い, 六月水泉温なり, 六月を飲んだ, 六月江州彭沢の丞, 六月浅草駒形堂附近の隅田川, 六月滅法鰹の, 六月の緑, 六月燕師浦子口に至る, 六月が不幸, 六月疎開のつもり, 六月發行の, 六月百瀬慎太郎氏と二人, 六月皇后崩ぜられし時, 六月皇后磐之媛命, 六月皇太后陛下御下命, 六月目七月目の腹籠, 六月相撲部領使某の従者, 六月社会党を首班, 六月今食祭, 六月福岡へ, 六月物云は, 六月突然急痾, 六月二會, 六月維新政府はついに, 六月緒方先生不幸のとき, 六月職工の待遇, 六月臨平山下路と云, 六月自由劇場でその, 六月英国のバークンヘッド, 六月の首, 六月莎鶏羽を振ふ, 六月衣川に釣, 六月該場開業之砌, 六月豊田貢閏六月より七月, 六月賊関に入る, 六月越後の住人, 六月軍務官知事として会津征討越後口総督, 六月農事のもっとも, 六月房州の, 六月近い強雨の, 六月逓信省は放送事業法案, 六月進歩党自由党合同して, 六月遂に終った, 六月過ぎて水, 六月遠方の或, 六月金華山へあがった, 六月長崎奉行荒尾岩見守は老中阿部伊勢守, 六月開校と同時入学, 六月閣老より天下, 六月霖雨の候, 六月青山へ墓参, 六月青葉の頃, 六月頃文芸春秋に, 六月の解禁, 六月の名, 六月は枯れ, 六月黒海艦隊に叛乱