青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「六つ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

八~ ~八五郎 八幡~ 八月~ ~公 公~ 公卿~ 公園~ ~六 六~
六つ~
六月~ 共~ ~共に 共に~ 共同~ ~共通 共通~ ~兵 兵~ 兵士~

「六つ~」 1119, 12ppm, 9088位

▼ 六つ~ (324, 29.0%)

8 眼を 5 眼が 4 子供の, 年に, 年の, 男の子が 3 時の, 歳に, 鍵を, 鐘が

2 [20件] ときに, ナポレオン, ペトロが, 回転する, 太鼓が, 子の, 子供が, 子供に, 年から, 年まで, 年少にて, 映写幕を, 曲を, 瀬戸ものの, 灯が, 点の, 男の, 目が, 部屋を, 鐘の

1 [243件] あさましい骸, いたづら, うち五つまで, うち大き, お婆ちゃん子, お子さんだ, かどと田舍聲, かねじゃ, が入る, ころかわいがっ, ころじゃった, ころ母に, その影, ちまたの, ときから, ときでした, とき父は, ひとみが, まるい穴, りんごが, イスが, サクラ子といふ, サックから, シンフォニーの, ソナタを, ダイヤモンドと, テレビジョンで, テレビジョンの, テレビジョン眼を, デルタに, バラ銭を, パイプが, パンが, ブロックの, ボールを, 一郎の, 三月でした, 世界的な, 交響曲が, 人形のこらず, 仮装行列が, 光が, 光りの, 兎が, 六月から, 刃の, 劃の, 十六分音符を, 千木を, 卓の, 叔父甥は, 口から, 可能な, 同位元素の, 命を, 善言に, 四重奏曲の, 図形の, 地獄の, 垣を, 場合を, 場所から, 境界という, 壁と, 壁龕の, 外に, 大きな厨房工場, 大窓, 太吉という, 女の子です, 女の子と, 女の子四つの, 妙子が, 娘が, 娘は, 子どもだって, 子を, 子供さえ, 子供である, 子供では, 子供とは, 子供にとって, 子供を, 孔が, 学校へ, 孫が, 孫娘を, 宮, 家の, 家族が, 寝台が, 小さな室, 小学校を, 小曲, 小説は, 小都市, 小鼻が, 岩が, 峰頭が, 島で, 工場までが, 平面を, 年長であった, 年頃に, 幼童の, 弾を, 御県, 息子の, 悪戯盛りで, 懐中電灯が, 手を, 指を, 提灯を, 数で, 数を, 文化が, 文字が, 文字に, 新聞から, 方角が, 方角の, 映写幕の, 映写幕へ, 時から, 時だったであろう, 時であった, 時でした, 時に, 時亡くなりました, 時分から, 時分は, 時孫の, 時期に, 時母が, 時毎日遊ん, 時父親の, 時雪の, 時麻疹を, 暗い影, 曲とに, 末つ, 条件は, 枠の, 桝は, 桶も, 棚寝床を, 横町と, 樽を, 橋を, 機影が, 歌は, 歌謡曲, 水瓜頭が, 汁を, 港へ, 漁船の, 演壇が, 焦げた人形, 爆弾やら, 爆弾を, 狐火が, 猿が, 玉に, 玉銀の, 甥がいでも, 男の子では, 男の子を, 町に, 町の, 町は, 町を, 発動機を, 目で, 目を, 眼に, 眼の, 石が, 神話物語を, 種類が, 穴が, 穴の, 空いたテエブル, 窓しか, 窓の, 窗に, 粥の, 組では, 縦隊を, 翼を, 耳の, 肖像, 胡桃の, 花びらだ, 荷が, 行が, 襤褸を, 見方によって, 見方を, 親睦連絡協議機関なる, 解釈の, 記号の, 貨車が, 車の, 輝く翼, 農場と, 通りを, 遊星も, 部落の, 酒樽の, 酒樽は, 酒樽を, 酒瓶を, 鈴の, 鉱山を, 銀貨を, 鍵の, 鐘を, 門とが, 門や, 雄々しくて, 電燈が, 面が, 響きを, 頃お, 頃から, 頃で, 頃と, 頃の, 頃は, 頃まで, 頃よく, 頃林町の, 頃結うたう, 頑丈な, 頑是ない, 頭を, 顔が, 風景が, 鮨が, 黒い頭, 黒い顔, 鼓を, 鼻を

▼ 六つ~ (81, 7.2%)

7 なる男の子 3 なったばかり, なって, なるの, なる子供 2 なります, なるお, なるならず母親, なる女の子, なる弟

1 [52件] しては, なった, なったか, なったの, なった年, なつた, なられました, なりし時, なりましたの, なりますと, なり幼稚園, なる, なるおん, なるたった, なるまで, なるイワーシ, なるカウスリップ, なるスミレ, なる一粒種, なる三尺, なる三郎, なる信次, なる可愛い, なる子, なる孫, なる孫娘, なる忘れ形身, なる惡戯者, なる末, なる洋ちやん, なる親類, なる高, ジャガ芋を, 一回深夜に, 九つの, 交差し, 仕切った罫, 出立と, 分けて, 分類します, 区切られて, 区切りそれぞれ東京, 和田弥太郎は, 始まって, 晃, 渡って, 締まるん, 變れ, 近い頃, 近所へ, 開いて, 限ったという

▼ 六つ~ (61, 5.5%)

4 年上の 2 あるよう, ある駅毎, 七つも, 越えて, 通りましたからね, 隱し

1 [45件] あって, ある長屋, いつしよ, こしたかと, ずらりと白い, つくって, つづいて, ならんで, ふけて, もらって, ペロペロと, 一つなぎに, 下さいましたわね, 並べられて, 並んだ, 伝わって, 十あまりもうす, 取り揃えるの, 増設し, 嵌めて, 年上である, 年下だった, 年下である, 年下の, 年嵩の, 影を, 持って, 持つこと, 掛けて, 掛け物落ってるだ, 改めて, 浜に, 溜められる道理, 眼に, 続けて, 老けて, 聞かされたには, 若いから, 若くみえる, 薬局の, 見えた, 買うて, 貼つたり, 越して, 附けて

▼ 六つ七つ~ (42, 3.8%)

3 の時 2 と順々, になる, の室

1 [33件] ありますから, ある, から十歳止りくら, と穴, に見える, のときはやり, のとき流行, のわたし, の土地, の女, の女の子, の娘, の小さい, の小分け, の岩峰, の年ごろ, の提灯, の時祖母, の段々, の灯り, は当り前, は未だ, ばかりに侍りし, ばかりの猶, ばかりの美しき, までは發育, まで累々, 並べた中, 持って, 潰しますね, 若いでしょう, 若いの, 若く拔目

▼ 六つ~ (36, 3.2%)

11 七つの 3 七つぐらいの 2 しかろう

1 [20件] しい役, しからう, しかるべきを, しきを, しき事にも, しき時の, しさうです, そこらの, たまつたのは, 七つか, 七つくらいに, 七つくらいの, 七つぐらい, 七つだ, 七つにも, 七つも, 七つ時分祖母が, 七つ重ねる, 七つ頃の, 七歳で御座いました

▼ 六つばかりの~ (28, 2.5%)

7 男の子が 2 女の

1 [19件] お子さんが, その息子, とき母が, とき父が, 俵が, 女の子が, 女の子の, 姉娘の, 子供だ, 小さな女の子, 小さな子供, 弟が, 新しい俵, 時母の, 正月, 男の子を, 男の子小柄で, 赤いジャケツ, 銀器に

▼ 六つある~ (17, 1.5%)

1 [17件] うちの, が中, が土地, そうだ, っきり, という論文, のに二輪づつ花, ばかり, ややこしい百軒長屋, 刺葉の, 墓石の, 大白象の, 大蟇, 筈な, 部屋には, 階段を, 首の

▼ 六つ~ (17, 1.5%)

1 [17件] いうと, いっても, いへば, それから小, なった, バタ附き, 九つの, 五つと, 五つに, 五つの, 五つは, 同時に一合入り, 四つである, 木之, 皮を, 買って, 載せて

▼ 六つかしく~ (16, 1.4%)

3 なりました

1 [13件] いや一つ, さう, て判るまい, て愚圖, ないが, なかつた, なった, なったが, なって, なり相, なる, なると, 坐りました

▼ 六つ~ (15, 1.3%)

1 [15件] かしらに, ここで, ちっと回った, 下に, 凶き, 合図として, 合圖に, 打って, 打つと, 撞いて, 撞き出すころ, 無茶苦茶に, 突きつぶすの, 聞いたらもう一度, 食い尽し最後

▼ 六つ~ (12, 1.1%)

1 [12件] いって, うまかつ, おかれて, だれか, わけなく隠れること, 一目に, 何の, 年上だ, 異様な, 若くなつた, 見に, 非常な

▼ 六つから~ (11, 1.0%)

1 [11件] 七つと, 上つける, 九つぐらゐの頃だ, 二十歳ぐらいの, 十三まで, 十歳位いまでの, 夜の, 少くても, 暮の, 暮れの, 泣き出した空

▼ 六つかしい~ (10, 0.9%)

1 が器楽, でせう, とは心細い, と言う, な, なと腹, ので定まる, 仕事に, 手続や, 迄に犬

▼ 六つ~ (10, 0.9%)

1 で私, のこまっ, のその, のとき, の児, の小坊主, の帽子, の時, の饅頭形, の髮

▼ 六つばかり~ (9, 0.8%)

1 あつた, 一人で, 入って, 咲いて, 妙に, 年下の, 提げて, 買って, 飲み乾すと

▼ 六つ年上~ (9, 0.8%)

1 だった, に見えた, のはず, の伸子, の叔母, の女房, の小池, の少女, らしかった

▼ 六つ~ (8, 0.7%)

1 ころ機織そめ, ござりました, まだ片言, もう年寄り, 本郷小学校へ, 私は, 行った頃, 買えたもの

▼ 六つまで~ (8, 0.7%)

1 きくこと, この暑い, 人を, 存するは, 居間で, 焼きて, 育てられ戻った時, 解く宮

▼ 六つぐらいの~ (7, 0.6%)

1 いたずららしい, 大きさ, 子どもが, 子供で, 男の子や, 組は, 頃の

▼ 六つほど~ (7, 0.6%)

1 あるが, 一っかたまり, 下な, 並んで, 先に, 取って, 幼少の

▼ 六つ~ (7, 0.6%)

1 すこしまわった, であった, といふ, に八軒屋, に目, に立つ, 刻から

▼ 六つ~ (6, 0.5%)

1 おもな, 六つとも, 大した懸隔, 鳴って, 鳴つたら王子, 鳴るの

▼ 六つ~ (6, 0.5%)

1 だかの, だったかに, になつて, の左側, の神殿, まで来た

▼ 六つあっ~ (5, 0.4%)

2 てその 1 てこれ, てごらん, て黄色い

▼ 六つにも~ (5, 0.4%)

2 なって 1 ならないのに, なる坊ちゃん, 黒い地上

▼ 六つ並べ~ (5, 0.4%)

1 そのそば, ておきます, て丁稚, て見せ, て香

▼ 六つしか~ (4, 0.4%)

1 ついて, ない, 年の, 挙がって

▼ 六つずつ~ (4, 0.4%)

1 一団に, 十二の, 大火を, 提げました

▼ 六つならべ~ (4, 0.4%)

1 てありました, てある, て描い, て描き

▼ 六つ~ (4, 0.4%)

1 だと, であるし, の十三ぐらゐだつた, の女

▼ 六つ越した~ (4, 0.4%)

1 かと見える, と思われる, のです, 母親が

▼ 六つくらいの~ (3, 0.3%)

1 女の子の, 子の, 子供の

▼ 六つぐらい~ (3, 0.3%)

1 だった或, でしたろうか, 物語の

▼ 六つごろ~ (3, 0.3%)

1 からやんだ, だった, にみな

▼ 六つ~ (3, 0.3%)

1 のの, よ, 蕊も

▼ 六つだった~ (3, 0.3%)

1 が伜ども, んです, 頃祖父の

▼ 六つとも~ (3, 0.3%)

1 朗らかに, 残らず見物, 立派な

▼ 六つばかりに~ (3, 0.3%)

1 なりたる己, 成る色, 見えた

▼ 六つほども~ (3, 0.3%)

2 お年下 1 飛び出して

▼ 六つもの~ (3, 0.3%)

1 おもち, ポケットだ, 谺にな

▼ 六つより~ (3, 0.3%)

2 下の 1 餘程重く

▼ 六つ七つ八つ九つ十~ (3, 0.3%)

21 もほつ

▼ 六つ並ん~ (3, 0.3%)

1 でいた, で緑色, で腹

▼ 六つ~ (3, 0.3%)

2 を取った 1 が下

▼ 六つ年下~ (3, 0.3%)

2 でまだ 1 の荒木英也

▼ 六つ汽車~ (3, 0.3%)

2 を見送つた 1 を見送った

▼ 六つ続け~ (3, 0.3%)

1 さまに, てした, 打に

▼ 六つ置い~ (3, 0.3%)

3 てある

▼ 六つ若く~ (3, 0.3%)

1 すると, なって, 見える処

▼ 六つかしか~ (2, 0.2%)

1 つた, つたので

▼ 六つこれ~ (2, 0.2%)

1 で七つ, は上高地温泉

▼ 六つです~ (2, 0.2%)

1 か, から人見知り

▼ 六つでも~ (2, 0.2%)

1 いいぼくら, 出て

▼ 六つには~ (2, 0.2%)

1 店を, 起せ大

▼ 六つほどの~ (2, 0.2%)

1 女の子の, 黒い頭

▼ 六つ七つづ~ (2, 0.2%)

2 つ日

▼ 六つ~ (2, 0.2%)

1 じゃない, の二十二歳

▼ 六つ五つ~ (2, 0.2%)

2 なる女の子

▼ 六つ入っ~ (2, 0.2%)

1 ていた, ている

▼ 六つ~ (2, 0.2%)

1 ていた, てそいつ

▼ 六つ加え~ (2, 0.2%)

1 て一時間余, て粒

▼ 六つ年若~ (2, 0.2%)

1 な女, の二十四

▼ 六つ手薊~ (2, 0.2%)

1 の模様, をそのまま

▼ 六つ揃わ~ (2, 0.2%)

2 ば眼

▼ 六つ書く~ (2, 0.2%)

2 と筆

▼ 六つ白い~ (2, 0.2%)

1 壁が, 實の

▼ 六つ積み~ (2, 0.2%)

2 かさねて

▼ 六つ~ (2, 0.2%)

1 につい, には火

▼ 六つ賭ける~ (2, 0.2%)

2 さかい豹ぼん

▼ 六つ踊る~ (2, 0.2%)

1 やうに, ように

▼ 六つ近い~ (2, 0.2%)

1 ころに, であろう

▼1* [239件]

六つあげだようだ, 六つあったけどそれ等, 六つあつた, 六つあまり七つか八つ, 六ついたずら七八九十はよみ書き, 六ついづれも荒物屋, 六ついろんな物を, 六つうごき一人は, 六つうち七つうたばと, 六つ絹の, 六つおりて, 六つかけ連ねて白い, 六つかしくそれを迎, 六つかしく厳めしい本, 六つかしく私が書かされた, 六つかし気な本, 六つかし氣な知識, 六つかし相だから, 六つかたまっておち, 六つかで下の, 六つかの幼童では, 六つぎりぎりという, 六つくらいだったろう, 六つくらいまではある, 六つぐらいになる子供, 六つぐらいも部屋が, 六つぐらゐになる子供が一人, 六つぐらゐの女の子の手, 六つぐらゐの子供をつれ, 六つころから十六, 六つて, 六つしかも乾ぶどうの, 六つそれを書く, 六つただの檳榔毛車, 六つだけ余計ある, 六つだったでしょうよく中野, 六つだつたかで, 六つだつたはずの, 六つだらうからこり, 六つだらしなく並べられてある, 六つちがいや, 六つちがうわけだ, 六つづつ三ツ別々に揃つて, 六つであった子供等が, 六つでしかなかった, 六つではない, 六つという負け越しで, 六つとかになる女, 六つとで腹いつ, 六つとにかく昔西片町の, 六つとりだしてのひらに, 六つなつの, 六つなら上げるよ買, 六つなるべし紫矢絣の, 六つにしか考えませんけれど, 六つになつたなら, 六つにもなつてゐる, 六つはじめに伏見, 六つはずしてしまっ, 六つばかりと中位な, 六つばかりも年下らしい, 六つぱっと放りだされました, 六つらの, 六つぶっつけてそこで, 六つほどに分れて, 六つまでは歯を, 六つむかしの夢, 六つめすなはち, 六つゴリ五ついつもの, 六つステーションを通りすぎ, 六つパンツもはい, 六つブロックを進んだ, 六つボートが浮ん, 六つ一種風致のある, 六つ七つ一人の子供, 六つ七つ主人の清左衞門, 六つ七つ二段になつ, 六つ七つ位ずつのこされる, 六つ七つ余り骨細く振袖, 六つ七つ備へつけ, 六つ七つ八つくらいまでは何とか, 六つ七つ八つ九つまで往く, 六つ七つ八つ十だらう, 六つ七つ十二と俵, 六つ七つ庭の廣, 六つ七つ竝べて番人, 六つ七つ食い満腹した, 六つ七八つ続けざまに小腰, 六つ上下すると, 六つ下がりです, 六つ下がりどきでぬんめり, 六つ下りに戸, 六つには転, 六つ井物産会社の役員, 六つ位好い加減な大き, 六つ位室があっ, 六つ位発表したと, 六つ交った時, 六つ入れたのを, 六つ安の, 六つ六つも掛け物, 六つぐらいのに卒業証書, 六つ列記して, 六つに始まった, 六つから起き, 六つ十二の翼, 六つ半時に出向いた, 六つ半時ごろになっ, 六つをむだ, 六つ取ったよりも大きな, 六つ取り出して見せる, 六つ向うのテーブル, 六つ呉れて一セント, 六つ四つの弟たち, 六つ四角な枠, 六つ国三つ其他長は三十三, 六つまって, 六つっことし, 六つ売れると水, 六つの夜, 六つ女国二十五安十七柏軒の妾春四十四, 六つ妾春三十六榛軒未亡人志保六十一であつ, 六つは五つ, 六つを重ね, 六つが当歳, 六つも持っ, 六つ寂しくゆらめいて, 六つりや, 六つ寝るとまた, 六つ小皿に盛つて, 六つ少し前飛脚馬も, 六つ年嵩で私, 六つ年輩でもあり, 六つ年長の兄, 六つ年長者で私立, 六つ引いた四十四だけが, 六つ引用して, 六つ張ってある, 六つ手は, 六つをつく, 六つから出した, 六つ或は八つを, 六つ打って居る, 六つ打つと間もなく, 六つ投げつけられたま, 六つ抛って下さい, 六つ押しならんで, 六つふ毎, 六つ拾つて出て, 六つ拾ツて出, 六つ持ってきた, 六つ持つて來, 六つに見えなけれ, 六つにのせ, 六つ採集して, 六つ提げてすっと, 六つ揚っている, 六つ日の出を見れ, 六つ時計一つというまことに, 六つ書いた末に, 六つ書き止めて, 六つ最年長十六の間, 六つ最後の八つめ, 六つがまとまる, 六つ柏軒と妻俊, 六つ柏軒並妻俊四十六妾春三十一男鉄三郎七つ女洲十五国十二安四つ, 六つ染め附けられて, 六つによせかけ, 六つ横倒しに並べられ, 六つ橋麻生津をまだ, 六つの馬場, 六つは七つ, 六つ次子常三郎は五つ, 六つ残ってるからこれ, 六つ残らず食べてしまえる, 六つ泥だらけの石ころ, 六つ洲十四国十一安三つ, 六つ火鉢をかこんだ, 六つ点在して, 六つ片手に持っ, 六つ牛鍋の中, 六つくらいであろう, 六つ玉川などと我々, 六つ現われている, 六つ琴三つ妾春三十三榛軒未亡人志保五十八であつ, 六つ瓜畑の中, 六つしいの, 六つ生み七番目には鉄, 六つ男鉄三郎一つ蘭軒の女長三十六, 六つ目玉を光らし, 六つが堆, 六つの前, 六つ程に分れて, 六つ積み重ねてある, 六つ窓際から廊下, 六つ立ちはだかり無言で, 六つ絞りが四つ, 六つ置かれてある, 六つ老けていた, 六つのうしろ, 六つ船床のある, 六つ良四つ全安, 六つをつけ, 六つが一つ, 六つ落しこんだ, 六つ落ち合う広場の, 六つを曲っ, 六つ記してある, 六つ読みかけている続き, 六つひぬ, 六つ赤い色の, 六つ起こって勝次郎, 六つ越えておりましょう, 六つ越えたらしい小さな老母, 六つ越してそして, 六つしてあつ, 六つ載せてみた, 六つになります, 六つ過ぎにやつ, 六つならおかしかなし, 六つ違いでおい, 六つ違いますわねえ, 六つ違つてゐたけれども, 六つ違ひで生れて, 六つ部屋を通り抜け, 六つなつて, 六つが並べ, 六つは二つ, 六つ附いて居た, 六つ集ったものとが, 六つ頃天長節の団子坂, 六つ食べた実に何, 六つ飾ってある, 六つ鳴りましてあと, 六つ鳴るわけです, 六つ黄ろい秋, 六つ黄粉を包んだ, 六つ齢上の二十七歳, 六つ齢下の甥さん