青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「公卿~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~全部 全部~ 兩~ ~八 八~ ~八五郎 八幡~ 八月~ ~公 公~
公卿~
公園~ ~六 六~ 六つ~ 六月~ 共~ ~共に 共に~ 共同~ ~共通

「公卿~」 1255, 14ppm, 8179位

▼ 公卿~ (221, 17.6%)

3 中で 2 ほうで, 一人が, 中に, 娘が, 官爵を, 家で, 家は, 御息女, 真似を, 邸地でも

1 [198件] あいだで, あいだに, うごき寺院, うちでも, お姫さまの, くせに, ご風貌, ただ一人, ために, たれかの, なかにも, ひとりが, ひとりである, ほかは, やる事, やる國學, やる樣, やる蹴鞠, ような, ように, ツケ目でも, バックが, 一ト群れや, 一人だったら, 一人である, 一名に, 一条経通や, 一般心理だった, 一部でも, 一部に, 上にも, 下に, 下風について, 世なら, 中からは, 中には, 中へも, 中位以上の, 九条殿であった, 二三や, 五六軒も, 人物観に, 体は, 作風から, 使いが, 使用人なども, 倉から, 傘へ, 僧を, 公達か, 出かも, 出です, 出母, 別荘の, 前で, 労を, 卑屈という, 参内も, 参朝停止これは, 反抗を, 収入と, 収賄と, 台所との, 名などは, 名や, 名目で, 四条隆資が, 困ったの, 地位も, 堂上から, 声だった, 多くは, 多さ, 大蔵卿は, 女が, 女で, 女房みな広い, 姓名が, 娘でも, 娘と, 娘らしい, 子か, 子で, 子などとは, 子孫である, 子弟かとも, 子弟と, 子息二十人近くも, 存在価値とか, 宗派の, 家から, 家じゃ, 家に, 家も, 家人は, 家令どもは, 家十六燒けたり, 家族は, 家武将の, 家臣に, 専有物では, 専横も, 居住する, 岩倉三位という, 常盤井殿へ, 庁だの, 座へ, 弁舌も, 弱点を, 従事すべき, 得意と, 御機嫌, 復古運動が, 息女を, 想われ者, 感化を, 感情を, 憂慮でありました, 手を, 扮装であった, 政争に, 方にも, 方は, 有害で, 末席か, 末座殿上人の, 本領を, 来会する, 果てや, 栄耀も, 次男坊だ, 歌風とは, 死罪までを, 注視の, 注視も, 流行と, 深窓からも, 清衡を, 演舌など, 無能と共に, 無視さるる, 熱情的な, 爪牙に, 牛車までが, 物の, 生活に, 生活状態が, 眼は, 祖先である, 祖先は, 私物も, 窮乏も, 第宅, 策動は, 策士らからも, 罪に, 美しい姫, 耳に, 背後に, 落伍はかず, 血が, 血を, 血筋を, 衆議に, 行き仆, 行動は, 行房と, 表門へ, 言動を, 訪問客が, 許へ, 誰もが, 諸大夫, 謀み, 議席へ, 財源に, 身上と, 身装でも, 車を, 車駕が, 通有な, 通行を, 邸が, 邸へ, 邸宅の, 長者であった, 門である, 門は, 間で, 間に, 陰謀だ, 隆資が, 階級から, 頭に, 顕家よりは, 館も, 饗宴を, 首幾つ飛ん

▼ 公卿たち~ (112, 8.9%)

4 の間 3 のあいだ, はみな 2 の中

1 [100件] および尊攘派, および薩長, から将軍入洛以前, があった, がそば, がだまっ, がどうして, がふたたび, がややもすれば, が代る, が侍っ, が寄っ, が歌人, が集まった, が顔色, すらあるらしかった, であった, であらう, である, としばしば, とその, ととても, とは同じ, と文事, と気脈, と結びつき, にさえ清忠, にそんな, にとっておそろしい, にはそれ, には鼻白めく, に対してもはるか, に遊説, のうち, のすさび, のほう, のほか, の一眄, の催馬楽, の前例, の夢, の庵, の最大, の極端, の狼狽, の目, の策動, の群れ, の腹, の観念, の評, の説, の車馬, の通行, の関東反対, の館, は, はあと, はこの, はびっくり, は一せい, は一言, は多く, は急造, は恃む人, は悉く, は意外, は戸帳, は新しい, は昼夜, は正成, は言っ, は鎌倉, は雲上人, は食べる, は馬の背, へは彼, へも若い, へ手, へ献金, までをびっくり, もあらまし姿, もあれ, もここ, もこの, もびッこ, もむっと, も多く, も夥しい, も数, も皆, も稀, や戟, や知己, よりは囚, をつかわす, をはじめ, を異に, を買収, を驚かし

▼ 公卿~ (70, 5.6%)

3 これを

1 [67件] いう, いうが, いかなる特別, いつぱん, おおかた吉備彦, おなじ列, おれを, おろか, こう説明, さきに, さびしくつぶやいた, さまざまの, しばしば遍歴, しぶとく攘夷, すでに近衛大将, すべてで, すべての, せっかくの, その言葉, ない, また顔, みな, みな青白く, もとより隅, 三ヶ月に, 世界の, 五摂家などに, 京都でも, 伝馬の, 公卿ちゃアんと, 公卿で, 公明な, 内心みな徳川贔屓じゃ, 危ぶみまた, 反幕, 吸物三種肴五種なり, 四条少将隆兼だった, 地方の, 大した財力, 天王さんに, 天皇家と, 孝明天皇の, 密勅を, 後醍醐が, 後醍醐の, 徳川幕府から, 恐懼に, 斬られみか, 日本民族に, 昨日と, 栄華に, 気を, 節句の, 義満にたいして, 背に, 華族と, 薩長を, 藤原姓の, 表面武人に, 見得坊, 誰かと, 諸家に, 足利義満にたいして, 身を, 鋭利な, 雲客坐, 顔を

▼ 公卿~ (54, 4.3%)

4 ある 2 武家の, 衣冠を, 身を

1 [44件] あったこと, あって, ありますそう, いさぎよい自害, うじゃうじゃし, その任, たずさえて, はいって, ふと書物, 一人何度も, 一度ほととぎす, 一朝天皇親政, 七八人二三月の, 乗せられ警固, 何用あ, 出来上るだけ, 召連れ, 各々自分こそ, 各雄藩, 夥しく没した, 奏した, 姿を, 密, 密議を, 居なら, 居流れる, 後醍醐の, 得たりとばかり, 日記にも, 日頃に, 武家に対する, 江戸に, 淫を, 牛車で, 皆この, 皆退出, 真顔に, 見えたと, 説いて, 贋勅使として, 蹴鞠の, 近く差し控え, 長州藩の, 順次両

▼ 公卿~ (40, 3.2%)

3 して 2 身を

1 [35件] あったこと, いたるまでのみや, お株とられ, お生れ, しちゃあ, しては, すぎまい, とがめられても, 上った者十余名, 似合わぬ大声, 公卿威張り, 列した, 取り入ろうと, 口誦さまれた, 向って, 向ってすら, 売り渡したこと, 宣わく, 尊王の, 建策し, 復命した, 比して, 生ましめたか, 生れず鎌倉武士, 生れ殿上, 算えられる, 終るだろう, 縁ある, 謁せん, 賓師と, 賜わったという, 贈金, 連なるわけ, 遊説し, 非りし

▼ 公卿~ (35, 2.8%)

2 ある

1 [33件] あったし, あって, ありはや, あるだけの, いわゆる花鳥風月, おのおの素, さまざま, そう, たくさんおなじ棟に, たくさん来, また公卿, みかどのこもられた, みな旧, みな跣足である, みな身が, 二人の, 何か, 六波羅へ, 冠を, 多くは, 居る時世, 斬られ天皇, 有ったと, 朝廷も, 武を, 武人も, 武門も, 段々飯, 殺伐の, 若きは, 見えた, 馬に, 駈けつけては

▼ 公卿さま~ (34, 2.7%)

2 の善光寺辰

1 [32件] から下, から唐織十反, がいたっ, がいっそう, がお, がお召, がからだ, がしきりに, がどんなに, がまず, がまっ, がまめまめしい, が存外, が幕下, だからって, だと, だとて, であろうとも, です, といっしょ, との縁組み, と学者, にいいました, にてつだわさせた, に命じました, に白羽, に笑われる, のお姫さま, の御, もちょこちょこ, を呼ん, を小さく

▼ 公卿~ (31, 2.5%)

1 [31件] あっちこっちで, こんな失礼, さそい攘夷, して, その家々, その小柄, のぞく, 中心人物としての, 交じえた相当, 問わず浮浪, 堺へ, 始め土岐頼兼, 引ッ張り出せ, 意味し, 招く饗宴, 指すと, 支配的地位から, 救恤する, 殺そうという, 相手に, 置き朝臣, 要せずして, 見て, 見るもの, 見る愚眼, 訪い朝廷, 護送し, 踊らす者, 追ひ, 遣わして, 養う事

▼ 公卿~ (28, 2.2%)

2 いえば

1 [26件] いえ武家, いっても, いわず武将, なると, 三名の, 公方との, 周旋し, 大勢の, 天皇を, 忌まれて, 志士の, 武人との, 武人とを, 武人殊に, 武家と, 武家との, 犯人しか, 申せば, 禁裡しか, 薩長人とは, 薩長派の, 西国の, 西国大名の, 酒を, 雄藩の, 額を

▼ 公卿~ (28, 2.2%)

1 [28件] しきである, しきの, その家族たち, 一味の, 上達部たちに, 僧にも, 僧侶には, 僧官根性に, 典侍らの, 善男女たちと, 嬪媛は, 宮中の, 寺院の, 武士どもを, 武将が, 武将に, 武将を, 殿上の, 殿中人を, 浪人どもは, 浪人や, 爲政者も, 経済面にくらい, 舎人に, 薩長人らは, 西国からも, 豪族が, 郎党の

▼ 公卿~ (25, 2.0%)

2 も主

1 [23件] からは何ん, からまた, が奥方様, だと, だとは, でいらっしゃる, というもの, との対局, などはそれ, にもこういう, にも無かろう, に対して非常, のお供, のよう, の姫君, の指揮, の育ち, へ, へ送りました, も有志, や諸国, わっし, を取扱う

▼ 公卿百官~ (20, 1.6%)

2 を始め

1 [18件] から従者, から武臣たち, から滝口, がこぞって, がしゅく, であった, のあいだ, のうち, の車馬, の邸宅, の驚きよう, はおる, はもちろん, は宴, は帝, は思わぬ, は草, もみな

▼ 公卿さん~ (18, 1.4%)

1 [18件] があつ, が斬られた, と相, と見える, なぞにそんなに, には珍しい, にもあれ, にも出色, に免じ, に籠絡, に縁づいた, のお, のよう, の中, の冠, の生れ, の若手, は位

▼ 公卿ばら~ (16, 1.3%)

1 [16件] が, が自分たち, のみお, の御, の心, の悲憤, の方, の野心, の間, の陰謀, は動顛, は有頂天, は逆, もかたっぱし, もみな, をますます

▼ 公卿~ (16, 1.3%)

2 のお, の者

1 [12件] が通る, が集められた, では烏丸光広さま, との意志, など不, に交わり, の一部, の御, の間, は賢明, も, も御

▼ 公卿~ (16, 1.3%)

1 [16件] から預かった, が来往, が清凉殿, とでも云いたげである, などなら知るまい, にだって三十人, にも科, に弾圧, のうち, のやう, の中, の妄動, の正気, の質, はお供, までが先立っ

▼ 公卿~ (12, 1.0%)

2 の青地清左衛門 1 か所司代付き, であろうと, で如才, で文武兩道, といっ, の一行, の住居, の子, の顔, は

▼ 公卿大将~ (12, 1.0%)

2 の千種殿 1 がそのうえ, が心もとなく, たるの, の位置, の千種, の大勢, は千早, も多かっ, も討たれ, 気どりで

▼ 公卿日記~ (11, 0.9%)

1 [11件] だね, で名だかい, とか參考書, などにはとんと, などに参照, にし, にも秘計, のどれ, の方, の筆者たち, はみな痛

▼ 公卿には~ (10, 0.8%)

1 あったろうが, あらゆる監視, いよいよ審かしく, どんな過激, 人物として, 信頼され, 多分な, 強い, 日野姓が, 聞きすてならない

▼ 公卿~ (10, 0.8%)

1 が式, しからぬ荒公卿, にはもともと, に論功行賞, の参加, の謀略, の間, はその, は争っ, は薩長派

▼ 公卿~ (9, 0.7%)

1 この系派, すら身の毛, 今の, 廟堂の, 御稜威に, 毎年四月日光例幣使の, 笑いの, 第一, 至って

▼ 公卿~ (9, 0.7%)

2 の人 1 であり下, な人, のもの, の毒, の総髪, をまね, を嫌

▼ 公卿にも~ (8, 0.6%)

1 およそ六波羅, 一人くらいは, 一半の, 似あわぬ快活, 似た馴致, 似合わしからぬ態, 吹聴し, 武家にも

▼ 公卿~ (8, 0.6%)

2 むかって 1 くれぐれ皇后, こう告げた, わずかな, 何ほど, 見せた, 連絡にでも

▼ 公卿堂上~ (8, 0.6%)

1 だけの悪口, に贈り物, のうち, の取次ぎ, の門, へは出入り, へ多く, を動揺

▼ 公卿~ (8, 0.6%)

2 と美しい 1 が眞珠色, が霞ん, ですが, で柔かい, で睫毛, に柔かい

▼ 公卿ども~ (7, 0.6%)

1 が懲りよう, には無く, の素足, はこの, は和歌, へお, をもかたらっ

▼ 公卿屋敷~ (7, 0.6%)

1 だと, でやり初めた, の奉公人, の築地, の裏門, の門先, らしい

▼ 公卿殿上人~ (7, 0.6%)

1 から端, の中, の息女, の歌, の歌風, の間, は言はず

▼ 公卿~ (7, 0.6%)

1 が偶, ととても, と迚, の如何, はお許し, は日当たり, は皆声

▼ 公卿でも~ (6, 0.5%)

1 そう信じない, 中以上の, 商人や, 武士でも, 藤原一族でも, 親王でも

▼ 公卿華族~ (5, 0.4%)

2 の如く 1 はあった, を訪ねました, を除いた

▼ 公卿~ (4, 0.3%)

1 その名, 何か, 富裕の, 武将か

▼ 公卿~ (4, 0.3%)

1 がと将門, という理由, な, なんかと陰口

▼ 公卿という~ (4, 0.3%)

1 ものか, ものは, 人達じゃ, 公卿は

▼ 公卿との~ (4, 0.3%)

1 交渉にも, 密契宮中内々の, 寵児と, 対立が

▼ 公卿などの~ (4, 0.3%)

1 ほかに, 態度を, 歌風をも, 生活状態から

▼ 公卿僉議~ (4, 0.3%)

1 である, ではたれ, にも, に宣

▼ 公卿~ (4, 0.3%)

1 であったから, の母, の気位, の華族

▼ 公卿列座~ (4, 0.3%)

1 のすべて, の上, の中, もすべて清涼

▼ 公卿~ (4, 0.3%)

1 などにはなにか, のうごめき, はあきれた, まですべて複雑怪奇

▼ 公卿~ (4, 0.3%)

1 でさえこんな, では, に吹き込む, の内情

▼ 公卿から~ (3, 0.2%)

1 宮人の, 武家に, 海から

▼ 公卿である~ (3, 0.2%)

1 かと思う, が八挺, ことが

▼ 公卿より~ (3, 0.2%)

1 列侯以下万国航海仕り, 武士へ, 武家士民まで

▼ 公卿~ (3, 0.2%)

1 での名門, でも特に, の非

▼ 公卿仲間~ (3, 0.2%)

1 では晴季はじめ, に如才, もみな冷ややか

▼ 公卿~ (3, 0.2%)

1 がイソップ物語, との天下, の方

▼ 公卿~ (3, 0.2%)

1 したとは, したの, して

▼ 公卿~ (3, 0.2%)

1 と云う, の標本, の目

▼ 公卿振り~ (3, 0.2%)

1 が今様, の朝臣, も知らぬ

▼ 公卿武士~ (3, 0.2%)

1 などの土地, のご, の清左衛門

▼ 公卿~ (3, 0.2%)

1 では見える, の中, の先入主

▼ 公卿衆方~ (3, 0.2%)

1 が時世, に仰せられる, に対して幕府

▼ 公卿~ (3, 0.2%)

1 司の, 大名から, 大夫諸

▼ 公卿~ (3, 0.2%)

1 の一つ, の雲集, もあと

▼ 公卿集議~ (3, 0.2%)

1 と来, にはもそ, の日ごと

▼ 公卿くずれ~ (2, 0.2%)

1 にちがい, みたいに

▼ 公卿すべて~ (2, 0.2%)

1 が流竄, も動顛

▼ 公卿だった~ (2, 0.2%)

1 が晴季, ことの

▼ 公卿づきあい~ (2, 0.2%)

1 と豪商ども, などは

▼ 公卿では~ (2, 0.2%)

1 烏丸光広卿などで, 花山院師賢あぜちの大納言公敏北畠具行侍従の

▼ 公卿として~ (2, 0.2%)

1 働くこと, 重く用い

▼ 公卿とでも~ (2, 0.2%)

1 いふやう, 申すもの

▼ 公卿とは~ (2, 0.2%)

1 その意気, 何人である

▼ 公卿なみ~ (2, 0.2%)

1 にいや, の優遇

▼ 公卿ふたり~ (2, 0.2%)

1 は縁, へ一書

▼ 公卿までが~ (2, 0.2%)

1 あのよう, こんなこと

▼ 公卿一味~ (2, 0.2%)

1 の, の数

▼ 公卿一般~ (2, 0.2%)

1 に蘇生, の先入主

▼ 公卿二人~ (2, 0.2%)

1 へはべつ, また公宗

▼ 公卿~ (2, 0.2%)

1 山の, 武士の

▼ 公卿勢力~ (2, 0.2%)

1 を左様, を挽回

▼ 公卿十七家~ (2, 0.2%)

1 の処分, の閉門

▼ 公卿大僧正~ (2, 0.2%)

2 をはじめ

▼ 公卿大原重徳~ (2, 0.2%)

1 は江戸, を慫慂

▼ 公卿大臣~ (2, 0.2%)

1 といえ, の車

▼ 公卿官人~ (2, 0.2%)

1 が執務, はみな

▼ 公卿~ (2, 0.2%)

1 に居, のうち

▼ 公卿~ (2, 0.2%)

1 とはどう, よ

▼ 公卿武将~ (2, 0.2%)

1 の家々, も例外

▼ 公卿殿上~ (2, 0.2%)

1 の生活安定, は非常

▼ 公卿溜り~ (2, 0.2%)

1 では左大弁資明, まで恟々

▼ 公卿生活~ (2, 0.2%)

1 と女院, にもどっ

▼ 公卿相手~ (2, 0.2%)

1 だ, の茶坊主

▼ 公卿社会~ (2, 0.2%)

1 にも関係, の人間

▼ 公卿社寺~ (2, 0.2%)

1 に配当, の荘園

▼ 公卿~ (2, 0.2%)

2 の雪頂笹

▼ 公卿縉紳~ (2, 0.2%)

1 と密接, の徒

▼ 公卿諸侯~ (2, 0.2%)

1 が一夜, の訪問

▼ 公卿貴紳~ (2, 0.2%)

1 に親しむ, のあいだ

▼ 公卿輿~ (2, 0.2%)

1 や牛車, を舁いた

▼ 公卿門跡~ (2, 0.2%)

2 が悉く

▼ 公卿~ (2, 0.2%)

1 へ後家見舞い, や死

▼1* [188件]

公卿あがりの浪人者, 公卿あらかたと山徒, 公卿あらましは捕虜, 公卿および六波羅の, 公卿からはみなその, 公卿からも贅美な, 公卿がたをながめまし, 公卿ことごとく攝津國難波の, 公卿さては大膽, 公卿さまたちがみんな, 公卿さま背たけに似合わず, 公卿さん気質の罪, 公卿さん達の好い, 公卿じゃなし挿花, 公卿じゃといわるるそう, 公卿すらも弓箭を, 公卿ずれの才覚, 公卿ぜんたいへお, 公卿たち九名はすぐ, 公卿だけの力で, 公卿だの大名づら, 公卿ちゃアんと差別, 公卿ていの者, 公卿であり現に新帝, 公卿でなく吉野ノ, 公卿といった方が, 公卿としてもきわめて栄, 公卿ともみえぬ皮膚, 公卿とを捕えた, 公卿と共に別院に, 公卿どのを相手, 公卿ので正成, 公卿などとは散財ぶりが, 公卿などに授けられ始めて, 公卿などはけっこうはしゃい, 公卿などへそのことば, 公卿なら誰でも, 公卿なり縉紳なりに, 公卿なればどこ, 公卿においてもやはり同様, 公卿にさえ聞えたこと, 公卿にて一条の, 公卿ばかりでない, 公卿ばかりで謀れるもの, 公卿ぶりが著しく, 公卿へも平身低頭し, 公卿ほか随身をいれ, 公卿ほどな風流でも, 公卿まで運びきたった, 公卿みな懸念いたして, 公卿やら法師や, 公卿よりもいっそう頻繁, 公卿らしく大容, 公卿をば斬れと, 公卿グループとはちょうど, 公卿ニモ非ズ, 公卿一同へ言いのこした, 公卿一統へ廻覧, 公卿七弁の高官, 公卿三名と舎人雑色, 公卿中納言にて伶人, 公卿主従への面当て, 公卿京紳の文化人, 公卿をふやせ, 公卿以上でなくば, 公卿以下の短歌, 公卿任官で名, 公卿伯爵の公達鍋小路行平, 公卿侍祈祷僧は法來坊, 公卿侍者をもあわせ, 公卿侍臣たちは抱きあっ, 公卿侍青地清左衛門の手, 公卿供奉の輩, 公卿侮辱に出る, 公卿個人の日記, 公卿は絶対者, 公卿側近や野, 公卿僧侶へも一せい, 公卿僧侶武士どもも追, 公卿僧武者輩とは誰々, 公卿公役または武士, 公卿公役それに武士, 公卿出身者はいずれ, 公卿十餘人殿上三十餘人其他衞府諸司數十人, 公卿武将とも, 公卿及び東軍の, 公卿の姦し, 公卿台閣の誇り, 公卿同盟には大, 公卿の書簡, 公卿坊主らの処刑, 公卿ではない, 公卿堂上人の冷たい, 公卿堂上方のうごき, 公卿士庶人の間ヨリ, 公卿大名の密使たち, 公卿大夫のある, 公卿大官から内奏, 公卿大将ばらはうろたえ, 公卿大将輩みな勝ちに酔っ, 公卿大納言冷泉為相卿のご, 公卿女院もみな六波羅, 公卿威張りの虚栄, 公卿官人らの接触, 公卿官女僧侶らの, 公卿宮人を連れ, 公卿家中のもてあまし, 公卿家庭に育てられ, 公卿専横の御, 公卿将卒に前後左右, 公卿将士尽く門下, 公卿将軍およびその他, 公卿小僧にこの, 公卿小姓に入った, 公卿小間使重役自由労働者下士官居候舅末つ子, 公卿も武士階級, 公卿山門の実状, 公卿岩倉らはこの, 公卿広やかな邸, 公卿廷臣がこの, 公卿当局がここ, 公卿往来がみえ出した, 公卿後家がいかに, 公卿心理でもあった, 公卿志士の悲調, 公卿念仏をたれ, 公卿思想そのものを代弁, 公卿手紙も四季, 公卿指揮者滝口の兵, 公卿捕虜の仲間, 公卿教養はひととおり, 公卿文化の芸術, 公卿新人を刺戟, 公卿方堂上人上達部いずれその, 公卿の内外, 公卿朝臣の家人, 公卿様禁裏様にお, 公卿武人茶家文雅の輩, 公卿武士らの殊勲者, 公卿武家数千人が列し, 公卿武将庶民の巷, 公卿武臣参列の大衆, 公卿武門のかぎり, 公卿武門町人諸職, 公卿殿の立場, 公卿殿上人らすべて供奉は徒歩, 公卿気質ともいえる, 公卿法師らなどのせわし, 公卿浪人の策動, 公卿を示さ, 公卿を乞い, 公卿理想にしろ, 公卿百寮仏眼を開はし, 公卿的日常から個性, 公卿眉鼻の下, 公卿真似の優雅, 公卿秀吉淀君蒲生氏郷などの生理的症状, 公卿一の, 公卿は流行, 公卿経済との結びつき, 公卿育ちの芋, 公卿自ら衝に当られ, 公卿がつよく, 公卿ぎみの, 公卿華胄の公達, 公卿衆大名衆紹巴昌叱などの, 公卿衆泊りけり天の川, 公卿行列を見送る, 公卿行綱が袴, 公卿裁きでも, 公卿補任に載る, 公卿補任中の人, 公卿補任等には全く, 公卿記録にさえ明らか, 公卿評議ですから, 公卿詮議の議定, 公卿諸侯これより心中, 公卿諸侯大夫士庶人ヲ以テ, 公卿謀議が宮中, 公卿豪族が持つ, 公卿は, 公卿近衛の騎馬, 公卿階級の悲哀, 公卿階級通有の拍子, 公卿雑人のほか, 公卿にそのまま, 公卿顕官の策動, 公卿風これを堂上方